TOP

黒井白子「当麻お兄様ーーーーーーーっ」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 00:17:23.68 ID:JPb+lR8a0

お兄様ー!

上条「ん? この声……」

黒子「当麻お兄様ー!」 だきっ

上条「し、白井!?」

黒子「ああお兄様お兄様」 すりすり

上条「な、なんだ! なんの冗談だ!」

黒子「冗談などではありませんの。わたくし、心からお兄様を慕っているんですのよ!」 すりすり

上条「は、離せよ白井……」

黒子「もうっ。名前を間違えるなんてお兄様はいじわるですの」

上条「は?」

黒子「白井ではなく黒井ですの。黒・井・白・子」

上条「え?」

黒子「白子とお呼びしてくださいましー」 すりすり

上条「……?」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 00:24:57.47 ID:JPb+lR8a0

上条「どういうことだ? ……あ」

美琴「あ」

上条「御坂! いい所に来てくれた。白井がなんか変なんだ」

黒子「く・ろ・い、ですのー」

上条「な? お前からも悪ふざけはやめるように言ってくれよ」

美琴「ぺっ」

上条「え? み、御坂……?」

美琴「気安く話しかけないでくれる? ただでさえあんたが視界に入って不愉快なんだから」

上条「み、御坂さん?」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 00:36:11.94 ID:JPb+lR8a0

黒子「あらあら。それはこちらの台詞ですの。不愉快でしたらさっさと失せてくださりません? 美坂御琴さん」

上条「白井……?」

美琴「言われなくてもそうするわよ。二度と会わないことを願うわ。……同室だからそうもいかないか。
 あー、やんなっちゃう。なんでこんなのと一緒の部屋なのかしら」

黒子「ふん。負け犬の遠吠えってやつですの」

上条「な、なぁ、どうしたんだ? お前らケンカでもしたのか?」

黒子「いいえ? どうしてそんなことを訊くんですの?」

上条「だって、お前、あんなに御坂のこと慕ってたのに……」

黒子「わたくしが? 美坂さんを? まさか。出会って以来ずーっと毛嫌いしてますのに」

上条「? ? ?」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 00:43:55.29 ID:JPb+lR8a0

上条(一体何が起きて……まさか魔術?)

「か、上条」

上条「? お前……」

ステイル「や、やぁ」

上条「! お前が俺の所に来たってことは、やっぱり魔術か!?」

ステイル「? なんのことだい?」

上条「違うのか? じゃあ、何の用だよ」

ステイル「い、いや、その、休みがとれたものでね、それで……」

上条「ああ、インデックスに会いに来たのか」

ステイル「インデッスク……? よしてくれ。アレに会いに行くなどと。怖気がする」

上条「? それも違うのか。じゃあ、なんで」

ステイル「そ、それは、その……君の顔を見に……」 もじもじ

上条「!?」 ぞわわっ



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 00:58:16.72 ID:JPb+lR8a0

黒子「……お兄様。こちら、お兄様とどういった関係の方ですの?」

ステイル「君こそ、上条とどういう関係だ」

黒子「黒井白子と申しますの。親愛なる当麻お兄様の妹分ですの。以後お見知りおきを」

ステイル「僕はステイヌ=マグルス。上条の親友だ。親! 友! だ。どうぞよろしく」

上条「妹分……? 親友……!?」 ぞわぞわ

ステイル「上条、この後予定はあるかい? も、もしよかったら食事でもどうかな。奢るよ」

黒子「あら、残念ながらそれはなりませんの。お兄様はわたくしと一緒に過ごすことになってますの。
 ねー? お兄様」 ぎゅっ

上条「い、いや……」

ステイル「おいっ! 上条にべたべたと触るな! 嫌がってるじゃないか!」

黒子「照れているだけですの。ねー?」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 01:04:25.07 ID:JPb+lR8a0

ステイル「放せと言っているんだ!」

黒子「ほほほほほ! もしかして妬いてますの? そういったアブノーマルな趣味の方ですの? 変態ですの!」

ステイル「ち、違う! ぼ、僕は上条の友人だ。それ以上の感情は決して……」 ちらっ

上条「?」

ステイル「け、決して……」 ぽっ

上条「……っ」 ぞわわわわっ

黒子「あ、鳥肌。寒いんですの? 暖かい所へ行きましょうか」

上条(よ、よくわからんが、これはたぶん不幸だ)

ステイル「寒いのかい? よし、火をおこすよ」 ボッ

ステイル「さ、さぁ、僕の近くに寄るといいっ」

上条「不幸だ」 ボソッ

黒子「お兄様?」

ステイル「上条?」

上条「不幸以外の何物であってたまるかぁぁぁぁぁぁぁ!」 ダッ



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 01:17:55.02 ID:JPb+lR8a0

……

御坂妹「声をかけるのはやめてくれませんか、とミサカは虫を見るような目であなたにお願いします」

……

上条「不幸だ……」

……

小萌『上条ちゃーん、今日の補習は来なくていいです。というかもう学校来なくていいですよ』

……

上条「不幸だ……!」

……

上条「ただいまっ! インデックスッ!」

インデックス「あ゛ー?」 じろっ

上条「……!」

インデックス「何? 大した用じゃないなら呼ばないでほしいんだよ」

上条「あ……ああ……!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 01:25:53.77 ID:JPb+lR8a0

上条「……お、お前も俺のことが嫌いなのか……?」

インデックス「はぁ? 何言ってんの、とうま」

上条「! お、お前はいつも通り――」

インデックス「とうまだけじゃないよ」

上条「え……?」

インデックス「私はこの世の全てが嫌い。大っ嫌い。みんな死ねばいいんだよ」

上条(あ、あの博愛主義のインデックスが……!)

上条「うわあああああああ!」 ダッ

インデックス「うっさい。……あー、隕石が落ちてきて人類滅べばいいのに」

スフィンクス「フシャーッ!」

インデックス「あっち行け、駄猫。目障り」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 01:46:20.65 ID:JPb+lR8a0

……

上条(……何も考えず走ってたら、学校に来てしまってた……)

上条(いじめらるんじゃないかと怖くて、教室に入れないが――)

小萌「えー、ここの化学式はこう変化して……後は自習でいいです?
 先生、頭の悪いみなさんに勉強教えるのだるいです」

青髪「女なんぞに上から目線されるこっちがだるいっちゅーねん……」

小萌「青髪ちゃーん、何か言ったですかー?」

青髪「なんも言うてませんよー。耳鼻科行った方がええんちゃいますの?」

「うぜえ」 「死ね」 「お前が死ね」 ざわざわ…

吹寄「うっさいわね、あんたたち! 勉強の邪魔よ! やる気がないなら帰りなさい!」

姫神「はぁ……」

上条(――学級崩壊してる……。みんな仲のいいクラスだったのに。本当に……いいクラスだったのに……!) ぐすっ



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 01:59:10.71 ID:JPb+lR8a0

上条(……どうやら俺が好かれた嫌われたじゃなくて、みんなの好き嫌いが逆転してるみたいだな。
 ということはやっぱり魔術……?)

「カミやん」

上条「! 土御門」

土御門「土……? まぁ、いいや。カミやん、オレのこと嫌いか?」

上条「いや、別に……って、そんなことを訊くってことは、お前もステイルみたいに……!?」

土御門「その様子だとカミやんは無事みたいだにゃー」

上条「お、お前はいつも通りなのか!?」

土御門「いや、どうやらオレも影響されちまってるみたいだぜよ。いつもと変わらんのは、たぶんカミやんだけだぜい」

上条「え? でも、お前、俺を嫌ってるようには見えないけど……」

土御門「オレ、特別カミやんに好意を抱いてるわけじゃないからにゃー。ちょっと気に食わないとは今感じてるけど」

上条「そ、そうか。なんか喜んでいいのか悪いのか複雑だな」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 02:08:43.29 ID:JPb+lR8a0

土御門「もう気づいてるみたいだけど、これは魔術による現象だ。
 世界中の人間の好意と悪意が反転しちまってるんだぜい。カミやんは右手のおかげで無事って訳だにゃー」

上条「やっぱりそうだったのか。……あ、名前は?」

土御門「ああ、姓名も一部混濁してるらしいぜよ。カミやん、さっきオレを土御門って呼んだろ。
 オレ自身の認識では、オレの名前は元御門土春ってことになってる」

上条「も、もとみかど……?」

土御門「土御門がオレの本来の名前かにゃー……。うーん、しっくりこないぜよ。ま、そんな話はどうでもいい。
 この現象を解決するように上から言われてるんだ。カミやんにもその手伝いをさせろって」

上条「お、おう! 俺はこんな世界は嫌だ! 一緒にがんばろう!」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 02:17:34.42 ID:JPb+lR8a0

土御門「……」

上条「……土御門?」

土御門「すまん。なーんかやる気出ないんだにゃー」

上条「は? 何言ってんだ、お前!」

土御門「というか、なんでオレがこんなことしなくちゃいけないんだ?
 複数の組織の多重スパイなんて危ない真似、なんのためにやってたんだっけ……?」

上条「しっかりしろ! お前はお前の妹のために……あ」

土御門「妹ぉ? ああ、アレのことか。別にアレがどうなろうがオレの知ったことじゃないぜよ」

上条(俺は別に禁断の兄妹愛を応援してる訳じゃなかった。なかったが! こんな土御門を見たくもなかった!) ぐすっ

土御門「まぁ、仕事は仕事。やる気の問題じゃないな。行くぞ、カミやん」

上条「あ、ああ……」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 02:31:15.13 ID:JPb+lR8a0

……

土御門「さてと」 ピッ

上条「電話? 誰に……」

土御門「もしもし? ステイヌ、元御門だぜよ」

上条「!」

ステイル『なんだ!? 僕は今上条を探すのに忙しいんだ! 手短に頼む!』

土御門「カミやんなら今オレのそばにいるにゃー。仕事――」

ステイル『か、上条がお前のそばに!? それはどういう意味だ元御門ぉ! どこだ!? どこにいる!?』

黒子『お兄様!? お兄様ですの!? ええい、あなた、代わりなさい!』

ステイル『邪魔するな! 元御門、場所を言え! 変な真似はするなよ!』

黒子『お兄様! すぐに白子が会いに行きますの! 待ってらしてぇ!』

……

土御門「ふぅ。ステイヌのやつ、なんであんな興奮してたんだ?」

上条「……」 ガタガタガタ…

土御門「? カミやん、酷い顔色だぜい。大丈夫か?」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 02:46:22.60 ID:JPb+lR8a0

……

シュン!

黒子「おっ兄っ様ー!」 ガバッ!

上条「うわっ!」

土御門「お?」

黒子「お兄様、お兄様、お兄様! わたくし、寂しかったですのー!」 ぎゅー

上条「や、やめろ、白井!」

黒子「黒井だと何度も言ってますのに、お兄様のいじわる。でも、そんな所も素敵ですのー」 すりすり



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 02:59:45.33 ID:JPb+lR8a0

上条「い、いいかげんにしないと……殴るぞ!」

黒子「え……?」 ピタッ

上条「お、俺は殴ると決めたら女だって殴るからな。わかったら、離れ――」

黒子「お兄様は、わたくしのことが嫌いなんですの……?」

上条「え? いや……」

黒子「……」 じわっ

上条(な、涙!?) ギクッ

黒子「……」 ぽろ ぽろ

土御門「うっわ、カミやん、さいってー」

上条「あ、あの、その……」 おろおろ

黒子「……ひっく……っく……」 ぽろぽろ

上条「しら……じゃなかった、黒井、ごめん! 殴るなんて言って悪かった。……本当に最低だよな。ごめん……」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 03:07:52.51 ID:JPb+lR8a0

黒子「……お兄様……ひっく……わたくしのこと、怒ってませんの……?」 ぐすっ

上条「あ、ああ。怒ってない」

黒子「わたくしのこと、お嫌いですの……?」

上条「き、嫌いじゃねえよ」

黒子「ほ、本当ですの!?」 ぱぁっ

上条「!」 どきっ

上条(な、なんだ? 白井の笑顔がすごくかわいく感じ……待て。落ち着け。冷静になれ) どきどき

黒子「お兄様ー!」 だきっ

上条「こ、こら!」

黒子「えへへ、お兄様ー」 ぎゅー

上条「っ……」 どきどき

ダダダダダ…

上条「? 何の音――」

ステイル「うおおおおおおお!」 ダダダダダ

上条「うわ……うわあああああああ!?」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 03:18:14.39 ID:JPb+lR8a0

ズザー!

ステイル「ぜー……ぜー……」

土御門「やっと来たかにゃー」

上条「ス、ステイル……」

ステイル「上条! 探した――!?」

黒子「お兄様ー。お兄様ー」 ごろごろ

ステイル「……」

黒子「お兄様っ。お兄様っ」 にゃんにゃん

ステイル「……に」

上条「ステイル……?」

ステイル「灰は灰に……塵は塵にっ! 吸血殺しのっ! 紅十字ぃ!」 ゴォッ!

黒子「ほへ?」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 03:29:26.96 ID:JPb+lR8a0

上条「なっ!? くっ……!」 バキン!

黒子「炎がお兄様の前で弾けて……はっ! 身を呈してわたくしを守ってくださいましたの!?」 じーん…

上条「なんの真似だ、ステイル!」

ステイル「どけぇっ、上条! そいつ殺せない!」

黒子「お兄様ー!」 だきっ

上条「わっ」

ステイル「……! 世界を構築する五代元素の一つ! 偉大なる始まりの――」

土御門「いいかげんにしろ」 ガンッ!

ステイル「がっ……」 バタッ



99:間違えちゃった:2012/05/12(土) 04:20:21.19 ID:JPb+lR8a0

……

土御門「――という訳だにゃー。把握したか?」

ステイル「ああ、理解した。だからさっさとこの縄を解け」

黒子「お兄様。お兄様ぁ」 べったり

上条「ははは……」

ステイル「ふぎぎぎぎ……!」 ギリギリ…

土御門「カミやん、その子をどうにかしてくれ。今ステイヌを自由にしたら同じことを繰り返さなきゃならん」

上条「あ、ああ。しら、黒井、ちょっと大人しくしててくれ」

黒子「はいっ、お兄様っ」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 04:21:21.36 ID:JPb+lR8a0

土御門「よし」 シュル…

ステイル「ふー……。……いい気になるなよ、発情犬」

黒子「あーら、狂犬が何か吠えてますの」

ステイル「……」 ゴゴゴゴゴ…

黒子「……」 ゴゴゴゴゴ…

土御門「もてる男は辛いにゃー?」

上条「はは……はぁ……」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 04:30:59.40 ID:JPb+lR8a0

プルルルル…

土御門「ん? もしもし、どちらさま?」

土御門「……。ああ、わかったぜよ。……。うん、それじゃ」 ピッ

上条「どうした?」

土御門「別働してたやつらが目標の位置を突き止めた。今から合流することになったぜよ」

上条「別働……誰が?」

土御門「天草式だ。ねーちんとお供が一名」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 04:44:16.70 ID:JPb+lR8a0

……

佐天「泣き虫! もやし! ちんちくりん!」

初春「無能! マヌケ! 性犯罪者!」

上条「……」

一方通行「殺す! 一人残らずぶっ殺す!」

打ち止め「できるものならやってみればぁ? ってミサカはミサカはまたまた演算補助をボッシュート!」

一方通行「かっ……あ……が……」 ぴくぴく

打ち止め「あははっ、芋虫みたいだよ、ってミサカはミサカは笑い転げてみたり!」

一方通行「くそったれがァ……!」

上条「……」

土御門「カミやん、何してる。急ぐぞ」

上条「あ、ああ」

上条(街中が全部こんなだ……。一刻も早く、元に戻さなきゃ……!)



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 04:57:39.33 ID:JPb+lR8a0

……

土御門「ねーちん、待たせたな」

神裂「元御門。ステイヌも。それに……」

上条「よ、よぉ」

神裂「……」

上条(露骨に嫌な顔してる……)

神裂「……こちらの少女は?」

黒子「黒井白子と申しますの。当麻お兄様の妹分、そして将来は……ぐふ、ぬふふ」

ステイル「未来永劫ただの妹分の黒井くんだ。仲良くしてやってくれ」

黒子「あぁん?」

ステイル「おぉ?」

神裂「まさか一般人を連れてきたのですか!? 元御門!」

土御門「カミやんにぴったりついてきて、振り切れなかったんだにゃー」

神裂「つまり、あなたの責任ですか、上条当麻」 じろっ

上条「う……」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 05:07:14.78 ID:JPb+lR8a0

上条「お、俺は、危険だから来るなって何度も……」

黒子「お兄様ある所わたくしありですの。危険が伴うというならなおさら。わたくし、風紀委員ですから」

土御門「まぁ、この際だから協力してもらおうぜい。優秀な能力者だしにゃー」

神裂「し、しかし、秘匿しなければならない情報が……」

土御門「それなら大丈夫だにゃー」

黒子「お兄様。ああ、お兄様。お兄様」

土御門「あの通り、こっちの話は右から左だから」

神裂「……わかりました。黒井白子と言いましたね。私は火裂神織と申します」

上条(かざきかんおり……!? 語呂わるっ)

上条「そういえばもう一人って……」

神裂「ああ。来なさい、和五」

五和「……はいはい、女教皇様ー」

上条(わいつって五和!? もっと語呂悪い! そして態度悪い!)



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 05:26:50.96 ID:JPb+lR8a0

五和「……」

上条「よ、よぉ」

五和「……。……」 ぼそぼそ

上条(聞き取れなかったけど悪口だ。絶対そうだ。……あ、やべ、泣きそう、俺……)

土御門「それじゃ、作戦を説明するぜよ」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 05:29:07.47 ID:JPb+lR8a0

……

土御門「――で、カミやんにはこのポイントに向かってもらい、例の術式を破壊してもらう」

上条「わかった」

土御門「だが、当然、敵はここを重点的に守っているはずだ。そこで、三人を陽動に回す。
 残りの二人はカミやんの護衛だ」

ステイル「ふむ。ということはもちろん……」

黒子「お兄様と一緒に行くのは……」

土御門「ねーちんと和五に頼む」

ステイル・黒子「「!?」」

神裂「嫌です」

五和「お断りします」

上条(泣いていいよね……?)



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 05:52:54.56 ID:JPb+lR8a0

ステイル「二人とも乗り気じゃないみたいだし、やはり僕がやるべきだな。
 なんと言っても僕と上条のコンビネーションは完璧。
 ザウレオルス=イアードを倒したのも、トリアナ=オムソンを捕らえたのも、僕と上条の絆の力によるものだ」

上条(チームワークなんて記憶にございません)

黒子「あらあら、あなたの出る幕じゃありませんの。わたくしとお兄様は一心同体、以心伝心。
 土人形を使う侵入者を撃退したのも、淡標結希らの計画を阻止したのも、わたくしとお兄様の愛の力あってこそ」

上条(どっちも一回会っただけのはずだよな)

土御門「却下だ。色々無効化しちまうカミやんの護衛だからな。素で強いねーちんと和五が適任だぜい。
 二人とも、死ぬほど嫌だろうと割り切ってもらうぜよ」

神裂「……仕方ありませんね」

五和「……わかりました」

上条「よ、よろしくな」

神裂「……」

五和「……」

上条「はは……」

土御門「それじゃ、行動開始だにゃー」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 06:09:25.36 ID:JPb+lR8a0

上条「よし……」

黒子「お兄様っ」 だきっ

上条「お、おい」

ステイル「おいっ!」

上条「黒井、こんなときにふざけるのは……」

黒子「……」

上条「黒井?」

黒子「わたくしはお兄様を信頼してますの。ですが、くれぐれも無茶はなさらないように。
 お兄様に何かあったら、わたくしは……っ」 ぎゅっ

上条「……」

黒子「……きっと、無事に帰ってくると約束してくださいまし」

上条「……ああ、約束する。お前も無茶するなよ」

黒子「はいっ」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 06:20:46.83 ID:JPb+lR8a0

ステイル「行、く、ぞっ」 グイッ

黒子「ああん。お兄様、わたくし、お兄様との再会を心待ちにしてますから!」

上条「ああ」

黒子「勝負下着を穿いて待ってますから、楽しみにしてくださいましねー!」

上条「ぶっ!?」

ステイル「こっ、この淫乱!」

黒子「あら、純愛でしてよ?」

上条「……よ、よし、俺たちも行こう」

神裂「戦場で惚気るとは恥知らずな」 ぼそっ

五和「不潔……」 ぼそっ

上条「……」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 06:28:42.86 ID:JPb+lR8a0

……

土御門「頼むぜい、瞬間移動能力者」

黒子「お任せあれ」

……

シュンッ!

「!? ど、どこから――」

ステイル「炎よ……巨人に苦痛の贈り物を!」 ボッ!

……

ドガンッ!

神裂「好機ですね。行きましょう」

五和「遅れないでくださいよ」

上条「おう!」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 06:41:53.55 ID:JPb+lR8a0

……

神裂「七閃」 ガガガガガガガッ!

「「うわあああああああ!」」

上条「す、すごいな。……あれ喰らってよく生きてたな、俺」

五和「よそ見しないでください!」 ブンッ!

「ぎゃっ!」

上条「あ、ありがとな」

五和「不本意ながら、仕事ですので」

……

黒子「少し火力を抑えてくださいまし! わたくしの前で人死には許しませんの!」

ステイル「チッ、やりづらい――! 魔女狩りの王!」

イノケンティウス「オオオオオオオオ!」

「ぐわっ!」

黒子(! 背後に敵……気づきませんでしたの)



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 06:53:18.06 ID:JPb+lR8a0

黒子「……もしかして、助けてくださいましたの?」

ステイル「くだらないことを言ってる暇があるなら働け!」

黒子「その通りですわね。失礼いたしました」

イノケンティウス「オオオオオオオオ!」

黒子(それにしてもすごい能力ですの。発火能力ってこんなこともできるんですの?)

土御門「ふ、二人ともー! オレ、ピンチだぜい。助けてくれにゃー! うわっ!」

黒子「はいはい、今行きますのー!」 シュンッ

……

神裂(……近い。そろそろですね)

神裂「上条当麻! 和五と共に先へ。道を開きます」

上条「お前は!?」

神裂「敵の足をここで止めます。問題ありません」

上条「……わかった!」

神裂「七閃!」 ガガガガガガガッ!



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 07:07:42.06 ID:JPb+lR8a0

五和「やっ! せいっ!」 ブンッ! ブンッ!

「ぐえっ!」 「がはっ!」

上条「うおおっ!」 バキン!

「な、何故魔術が消え――ぶっ!」 ドサッ

五和「……ふー……」

上条「はぁ……はぁ……。ここが……?」

五和「術式の中心のようですね。さっさと済ませてください」

上条「ああ」

ゴオオオオオオオ…

上条(これに触れば、全部元に戻せる。クラスのみんな……インデックス……。……白井も……)

五和「?」

――お兄様――

上条(……未練か。現金なやつだなぁ、俺って)



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 07:26:42.15 ID:JPb+lR8a0

五和「どうかしたんですか? 早く……」

上条「わかってる。この幻想は、もう終わりにしよう」

ゴオオオオオオオ…

上条(……じゃあな。……黒井白子) パシッ

パキン…

……

美琴「ん……?」

……

御坂妹「ははははは。もっといじめてやりなさい、最終信号、と……ミサカ、は……。……?」

……

インデックス「嫌い。嫌い。みんな大嫌……あれ?」

……

小萌「子供なんて顔を見るのも……ふえ?」

青髪「やっぱりボクを癒してくれるんは男だけ……なんやて?」



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 07:37:47.67 ID:JPb+lR8a0

……

佐天「この腹黒……え?」

初春「私、今まで何を言って……」

一方通行「……どォいうことだ、これは……」

打ち止め「ミサカは……ミサカは……!」

……

神裂「……終わったようですね」

……

土御門「……」

ステイル「……」

黒子「……」

土御門「う……!」 わなわな

土御門「うおおおおおおおお! 舞夏あああああああ! 好きだあああああああ! 愛してるううううううう!」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 07:44:54.12 ID:JPb+lR8a0

ステイル「し……死にたい……!」 ガクッ

ステイル「死にたい。死にたい。死にたい」 ゴンッ ゴンッ ゴンッ

ステイル「死にたいぃぃぃ!」 ゴンッ! ゴンッ! ゴンッ!

黒子「わ、、わたっ、わわわたくし、わたくし……!」 ボッ

黒子「わー! わー! わー!」 ぶんぶん

土御門「舞夏あああああああああああああああ!」

ステイル「殺してくれえええええええ!」

黒子「わー! きゃー! きゃー!」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 07:55:18.81 ID:JPb+lR8a0

……

上条「……終わったのか? 五和、お前はどうだ?」

五和「……」

上条「五和?」

五和「……っ」 ぽろぽろ

上条(泣いてる!?)

上条「ど、どうした? 怪我したのか?」

五和「わた、し……ひっ……上条さんに、酷いこと……いっぱい……っく……」

上条「あ、ああ! 気にするな! お前のせいじゃないし、俺、全然気にしてないから!」

五和「ごめん、なさい……。ごめ……なさい……ううっ……」

上条「……おかえり、五和」

五和「! うわあああああああん!」 ひしっ

上条「お、おう……」 どきどき



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 08:06:46.81 ID:JPb+lR8a0

……

五和「……ぐすっ」

上条「落ち着いたか?」

五和「はい……。ご迷惑、おかけしました……」

上条「じゃ、戻るか」

五和「はい……」

……

神裂「二人とも、ご苦労様でした」

五和「女教皇様……! ごめんなさいぃ! うわあああああああん!」

神裂「いいのです。こちらこそ、すみませんでした」 よしよし

神裂「上条当麻……あなたにも、酷な仕打ちをしてしまいました。すみません」 ぺこり

上条「頭下げるなんてやめてくれよ。気にしてねえからさ」

神裂「……こ、この借りは、必ず返しますから……! あなたが望むなら、あの衣装を着て……!」

上条「き、気にしてねえってば! この話は終わりにしよう! な!?」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 08:19:14.47 ID:JPb+lR8a0

上条(そろそろ土御門たちの所かな。……どうしよう。会うのが怖いぞ。
 土御門はともかく、ステイルと白井は反動でどうなってるか……)

黒子『よくもわたくしを辱めてくださいましたねぇ! 命で償っていただきますの!』 シャキーン!

上条「……」 ブルッ

上条「はぁ……」

……

土御門「舞夏あああああああ! ……ん? 足音。カミやんたちかにゃー?」

ステイル・黒子「「!?」」

土御門「こっちだにゃー!」

ステイル「くっ……」

黒子「わ、わたくし……! て……!」

土御門「て?」

黒子「て……て、て……空間移動!」 シュンッ!

土御門「……逃げた……」

ステイル「ひ、卑怯だぞ能力者ぁ! せめて僕も連れていけよぉ!」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 08:35:39.08 ID:JPb+lR8a0

上条「あ、いたいた」

土御門「お疲れだにゃー」

上条「ああ、お疲れ」

ステイル「……」

上条「……あー、ステイル、その……」

ステイル「忘れろ」

上条「え」

ステイル「全て忘れろ。一かけらたりともその脳細胞に残すな」

上条「お、おう」

ステイル「もし口外でもしてみろ。殊にあの子に知られるようなことがあったら、
 焼き殺して地獄に落として、その後もう一度焼き殺してやる……」

上条「わ、わかった。絶対言わねえよ」

上条(言いたくもねえよ、こんなこと)

上条「……あれ? 白井は?」

土御門「あー……なんと言えばいいかにゃー……」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 08:53:37.29 ID:JPb+lR8a0

インデックス「おいで、スフィンクス」

スフィンクス「にゃー」 ごろごろ

インデックス「えへへ」 なでなで

……

小萌「ふえ、みなしゃん……ごめんなさいですぅー! うわあああああああん! 先生、子供が好きです!
 生徒が好きです! みなさんのことは大好きですぅー!」

「泣かないでー!」 「俺たちも好きだー!」 「大好きだー!」

青髪「小萌ちゃん、愛してるでー!」

小萌「みなさん……! ぐすっ、先生どうかしてたです。こんないい子たちを嫌いになっちゃうなんて」

青髪(そ、そうや、どうかしてたんや。言いかけたアレは一時の気の迷いや!)

青髪「ボクは女の子が好きなんやあああああああ!」

小萌「うわあああああああん!」

吹寄「騒いでないで授業を……ま、たまにはいいか」

姫神「ふふっ」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 09:03:42.96 ID:JPb+lR8a0

……

初春「ごめんなさいっ! 私……私、心にもないことを……っ」

佐天「……あたしはさ、心にもない……訳じゃなかったりして……」

初春「えっ!?」

佐天「心にもないことなら口に出ないもん」

初春「……。……私も、そうだったかもしれません」

佐天「でもさ、たまにはこういうのもいいんじゃない?」

初春「え?」

佐天「本音をぶつけ合うのもさ。その後ちゃんと仲直りできるなら。……友達なんだから」

初春「佐天さん……」 じわっ

佐天「仲直りしよっ」

初春「佐天さんっ!」 だきっ

佐天「初春ー!」 ぎゅっ



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 09:19:39.02 ID:JPb+lR8a0

打ち止め「ごめんね……。ごめんねって……ミサカは……ミサカはぁ……」 ぐすぐす

一方通行「だァから謝ンなっつってンだろ! ぶちこ……ぶち転がされてェか!」

打ち止め「だって……だって……!」 ぐすぐす

一方通行「だから……! くそっ!」

打ち止め「ひっく……ひっく……」

一方通行「……帰るぞ。……ほら」

打ち止め「え……?」

一方通行「そンなに悪いと思ってンなら、手ェ引っ張って歩行の補助しろっつってンだよ!」

打ち止め「……! う、うん! ミサカに任せて、ってミサカはミサカはあなたの隣に立って、手を握る!」

一方通行「……ケッ……」

……

御坂妹(ファイトですよ、最終信号、とミサカは他の個体たちを代表して、謝罪の気持ちと共にエールを送ります)



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 09:27:25.89 ID:JPb+lR8a0

……

シュンッ

黒子「……」

美琴「あ……く、黒子、おかえり」

黒子「お、お姉様……」

美琴「その……ごめん! 酷いこと言って! どうかしてたわ。本当にごめん」

黒子「そ、そんな……! わたくしの方こそ、お姉様に暴言を……」

美琴「仲直り……してくれる?」

黒子「お姉様……! お姉様あああああああ!」 だきっ

美琴「……うん」 ぎゅっ

黒子「ああ、お姉様、お姉様、お姉様ー!」 すりすり

美琴「うん」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 09:36:13.20 ID:JPb+lR8a0

黒子「お姉様……うひ、ふひひ……」 さわっ

美琴「!」

黒子「お姉様、ふひ、心が通じ合った今こそ、次のステージへうへへへへ……」 さわさわ

美琴(……ま、たまには許してやるか)

美琴「な訳ないでしょ、ゴラアアア!」 ビリビリビリビリ!

黒子「ああああああああん! し、あ、わ、せぇー!」 ビビビビビビビ

美琴「まったく、すぐ調子に乗るんだから」

黒子(ああ、やっぱりこれですの。わたくしは、白井黒子はこうでなくては……)

美琴「あ、ところでさ……」

黒子「なんですの?」

美琴「あ、あいつと、随分仲良さそうだったけど、何かあったの?」

黒子「え」

美琴「ほら、あいつのこと、お、お兄様、なんて呼んでたじゃない」

黒子『お兄様ー。きゃはは、うふふ』

黒子「きゃああああああああああああ!?」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 09:46:55.17 ID:JPb+lR8a0

黒子「うわー! うわー! うわー!」 だだだだだ…ぴょんっ ぼふっ

美琴「ちょっと、黒子……?」

黒子「ううううう……!」 むぎゅううう…

美琴「そんなに枕に顔押しつけたら窒息するわよ!」

黒子「それでも構いませんの! このままでは……は……は……!」

美琴「歯……?」

黒子「……恥ずかしさで……死んで、しまいますの……っ」 カァァ…

美琴「うわっ! 顔真っ赤! な、何!? あいつと何があったの? ねえ!」

黒子「思い出させないでくださいましー!」 ばたばた



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 09:57:53.01 ID:JPb+lR8a0

……

上条「ただいま」

インデックス「あ……とうま、おかえり……。……ごめんね……」

上条「今日は謝られてばっかりだな」

インデックス「え?」

上条「もう、気にしてない。もう終わったんだ」

インデックス「……?」

上条「よし、飯作るか。何かリクエストあるか?」

インデックス「う、ううん。えっと、私も手伝う」

上条「なんだよ、珍しいな。別にいいよ。テレビでも見て――」

インデックス「手伝うのっ」

上条「……わかった。じゃ、頼む」

インデックス「うんっ」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 10:01:55.55 ID:JPb+lR8a0

「舞夏あああああああ!」

「兄貴いいいいいいい!」

インデックス「な、何? 今の声……」

上条「お隣さん、取り戻した愛を確かめ合ってるのか」

「舞夏あああああああ!」

「兄貴いいいいいいい!」

上条「こりゃしばらく続きそうだ」

……

「舞夏あああああああ!」

「兄貴いいいいいいい!」

上条「うるせえぞっ! 今何時だと思ってんだ!」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 10:13:41.44 ID:JPb+lR8a0

……

小萌「上条ちゃん、昨日は……」

上条「いいんです。ほんと、気にしてません」

上条(この台詞もう何回言ったんだろうか……)

小萌「……今日は学校来てくれて嬉しいのです! 先生、上条ちゃんのこと大好きです!」

上条「ど、どうも」

青髪「小萌せんせー! ボクはー!?」

小萌「はい! 青髪ちゃんも他のみんなも大好きです!」

「「うおおおおおおおおおおお!」」

上条(クラスもすっかり元通り……元通りか?)



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 10:26:10.69 ID:JPb+lR8a0

……

土御門「事後報告だにゃー。事後処理は全て問題なく終了したぜい」

上条「そうか」

土御門「……ただ、あの一日で破局した夫婦やカップルは数えきれないほどいるらしいぜよ」

上条「だろうなー……」

土御門「た、だ、し。術式が破壊され、元に戻ったことでみーんなよりを戻したそうだにゃー。前よりも熱々になって!」

上条「……親父から電話が来たよ」

刀夜『なぁ、当麻。弟がいい? それとも妹がいい!? 父さんは娘が――』

上条「途中で切ったけど」

土御門「愛は試練によって激しく燃え上がるんだにゃー!」

上条「……義妹とはほどほどにな」

土御門「やだー、カミやんってば、盗み聞きしてたの?」

上条「耳塞いでも聞こえてくるんだよ、馬鹿!」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 10:51:19.18 ID:JPb+lR8a0

……

黒子「はぁ……」

黒子(わたくし、昨日はどうしてあんなことを……。……気の迷いですの。そうに決まってますの)

黒子「うー……」

黒子(気の迷いですのに……どうしてあのとき逃げたりしちゃいましたの。
 残って、一言言って、堂々と帰ればよかったのに。……これではまるで、照れ――)

黒子「いや。いやいやいやいや。違いますの。ありえませんの。そんな訳……」 ブツブツ

黒子「そうですの! 絶対にありえませんの! だから堂々とすればいいんですの! ふふははははは!
 白井黒子は逃げも隠れもしませんの! 今度会ったら毅然とした態度で――」

上条「白井?」

黒子「わひゃ!?」 ビクッ

上条「一人で大きな声出して、どうかしたのか……?」

土御門「こんな所で会うとは奇遇だにゃー」

黒子「え、あ、や、そのっ……」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 11:00:50.75 ID:JPb+lR8a0

黒子(ど、堂々と! 毅然とした態度で!)

黒子「お、おに……」

上条「……鬼?」

黒子「こほん。ごきげんよう、上条さん、土御門さん」 にこり

上条「あ、ああ」

土御門「ごきげんにゃー」

黒子(いける! いけますの! 完璧ですの!)

黒子「昨日は大変お世話に……」

黒子『お兄様ー』

黒子「……昨日は……」

黒子『お兄様ー』

黒子「大変……お世話、に……」 カァァ…

上条「?」

土御門(これは……)



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 11:14:28.56 ID:JPb+lR8a0

黒子(何してますの、白井黒子! クール! クール! クールですのぉ……!)

上条「白井?」

黒子(言うんですの! 「昨日は大変お見苦しい所をお見せしました。しかしあれはただのおふざけ。
 わたくしが本気であなたを相手にするなどありえませんの。くれぐれも勘違いなどなさらぬように」と!)

黒子「き、きの……は……」

上条「ああ」

黒子(言え、白井黒子!)

黒子「か、か、勘違いしないでくださいましね! あ、ああ、あなたのことなんかこれっぽっちも、これっっぽっちも!
 気にかけてなどい、いないんですのよ!」

上条「……あ、ああ、そうか」

黒子(よし! 言えた! ミッションコンプリートッ!)

黒子「ほ、本当にっ、なんとも思ってないんですからねっ!」

土御門「くく……くくく……っ」 ぷるぷる



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 11:24:09.90 ID:JPb+lR8a0

上条「御坂とは仲直りできたのか?」

黒子「へ? あ、当たり前ですの。わたくしとお姉様は堅い絆で結ばれてますの。
 あ、あなたが心配するようなことじゃないんですのよ」

上条「そっか。よかったな」

黒子「……! わ、わたくし、私用がありますのでこれで失礼させていただきますの」

上条「ああ。またな」

「それー! 仲直りのスカートめくりー!」

「やめてくださいー!」

「待てー!」

黒子「? この声……」

佐天「あ、白井さん。よーし、ついでだ! 白井さんにも友情のスカートめくり!」 バサッ!

黒子「え――」

上条・土御門「「!?」」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 11:33:45.64 ID:JPb+lR8a0

ふわ…ふわ…

黒子「……」

上条・土御門「「……!」」

佐天「おおっ、これは……! さすが白井さん。初春のとは色気の次元が違いますなー」

黒子「……!? っいやあああああああっ!」 はしっ

初春「佐天さんっ!」

黒子「さ……さ、佐天んんんんんんんっ!」

佐天「あ、あれ? 怒ってる。白井さんって下着見せどんと来いって人じゃなかったの?」

黒子「ひ、人をなんだと思ってますのっ!」

佐天「あはは……ごめんなさい」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 11:41:44.36 ID:JPb+lR8a0

黒子「! み、見ましたの……!?」

上条「いっ、いや……」

土御門「ばっちり」

上条「おいっ」

黒子「っ……」

上条「……えっと……もしかして、今のがアレ?」

黒子「アレ?」

上条「勝負下着」

黒子「なっ……! ち、違いますの! こ、こんなのっ、普段から穿いてるやつですの!」

上条「ふ、普段からそれを……」

黒子「わたくしの勝負下着は、もっと……」

上条「も、もっと……?」

黒子「! な、何を言わせますの、何想像してますの、この変態っ!」 バキッ

上条「ぐはっ!」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 11:53:31.38 ID:JPb+lR8a0

黒子「今日のところはこれで勘弁して差し上げますの! 今度こそ本当に、失礼いたしますのっ」

上条「お、おう……」

黒子「それではごきげんよう、お兄様」

上条「え?」

初春「お兄様?」

佐天「お兄様?」

黒子「……あれ? ……!?」

上条「お前、今――」

黒子「っっ……!」 シュンッ

上条「あ……」

土御門「また逃げられたにゃー」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:08:53.45 ID:JPb+lR8a0

佐天「さよなら、白井さんのお兄様ー」

初春「失礼しますー」

上条「……なんだったんだ」

土御門「よかったにゃー、カミやん、かわいい妹分がまだ慕ってくれてるようで」

上条「何言ってんだ。魔術の影響で俺にあれだけ懐いてたってことは、今はもう心底嫌われてるに決まってるだろ」

土御門「わからんぜい。そのときの気持ちが偽物でも、過ごした時間は本物だからにゃー。
 勘違いから始まる何かってのもあるんじゃないかにゃー」

上条「……」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:16:44.18 ID:JPb+lR8a0

土御門「いやー、それにしても、いいものたくさん見せてもらったぜよ!」

「ほーう? 随分と楽しそうだなー、兄貴ぃ」

土御門「え」

舞夏「こんなにかわいい義妹をつかまえておいて、別の女の下着にご執心とは……まったく、兄貴は大した器だなー」

土御門「あれー……?」

舞夏「これは教育が必要だなー」

土御門「誤解だよ、舞夏。お兄ちゃんは、この鈍感が服を着てるような友人のためにキューピッドを買って出ただけで、
 やましい気持ちは一つも――」

舞夏「言い訳は署で聞こう」

土御門「ま、舞夏あああああああ!」 ずるずるずる…

上条「……俺も帰るか」 ぽたっ

上条「……今になって鼻血が……」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:39:46.70 ID:JPb+lR8a0

……

黒子「――! ――!」 ばたばた

美琴「え? 何? 帰るなりまたそれってどういうこと?」

黒子(不覚! 一生の不覚! 最後の最後でお兄様だなんて……お兄様、だなんて……) ボッ

黒子「――!」 ぼふっ ぼふっ

美琴「ま、枕壊れちゃうわよ? ……あいつ絡みなの? な、何があったの?」

美琴(黒子に限ってそんな……いや、まさか……あああああ、気になるうううう!)

黒子(下着を見られた。見られた! くうぅ……屈辱ぅ……!) むぎゅううう…

黒子(つ、次はこうはいきませんの。次に会ったときは……! 次に会うときは――)

黒子(どんな下着を穿いておくべきですの?)

黒子「は……!?」 ボッ

黒子「――! ――!」 ぼふっ ぼふっ ぼふっ



おしまい



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:41:27.46 ID:OsLNCTj60


え?え?これからだろ?



230: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2012/05/12(土) 12:42:08.52 ID:5BGiLc020

第一章だろ



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:43:23.03 ID:ePaTCROy0

うん…?



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:43:32.21 ID:ZqYGyfw5i

いやいやいや



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:45:01.65 ID:XJrVFgHH0

乙乙
これはこれで



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/12(土) 12:58:01.68 ID:ePo3WaSL0


次回も期待してます



転載元
黒井白子「当麻お兄様ーーーーーーーっ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336747766/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. MCC
          • 2014年01月12日 15:41
          • 5
            めっさオモロかったで!!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:03
          • 5 すんばらすぁぃーー!
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:13
          • ステイル→すていぬでワロタ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:20
          • ぶち転がす一方通行さんかわいい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:21
          • 懐かしいな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:23
          • 黒子は可愛い
          • 7. 以下、VIPにかわりまして当条 上麻がお送りします
          • 2014年01月12日 16:23
          • 5 あ?全然おもしろくねーわ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:25
          • さいっこうですわーーーー!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:26
          • ※8「おのれ魔術師!」
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:37
          • いいね
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:42
          • 5 ま、まあ普通ね。
            こ、この程度のSSでは私のハートはゆさぶられないわ。(アシガクガク
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:57

          • ※11
            よおビリビリ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 16:58
          • 5 つまンねェSSだったなァ
            続きなンか全然期待してねェからなァ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 17:04
          • 5 あーつまんねぇ
            時間無駄にしたわ

          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 17:25
          • まった懐かしいものを
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 17:29
          • 黒子の潜在的ヒロイン力の高さは異常。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 17:41
          • 一時期上黒SSって無茶苦茶多かったよな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 18:11
          • 二次SSの醍醐味だよな、こういうのは
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 18:12
          • 5 ホント糞だな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 18:35
          • 続き読みたいな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 19:29
          • 5 なんだ、この※欄ツンデレ多いな。
            まあ、それほど面白くなかったな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 19:48
          • 5 精々星一つが精一杯だな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 19:50
          • 5 ほんと、上黒SSの中でも最低の駄作の一つだよ
            一回しか読んでないけど1㎜も萌えないわ・・・
            続きなんて書かないでほしい
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 20:04
          • 誰か新約新刊よんだ人オティヌスSS書いちくり
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 20:05
          • なんなんだよこの米欄・・・
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 20:13
          • ブチ転がすで吹いたwww

            黒子書くのうま過ぎだろ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 20:44
          • 面白かった(粉ミカン)
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 20:53
          • タイトルに突っ込むのは野暮なのだろうか
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 21:01
          • 野暮も何も突っ込む必要性がない
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 21:38
          • やはり黒子は可愛かった
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 21:41
          • 5
            おのれ魔術師




            いい仕事するじゃねーか
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 21:57
          • 心が温まる。最高だぜ。
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 21:58
          • つーか米欄魔術効きすぎだろお前ら目を覚ませwww
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 22:12
          • なんだかんだで黒子が一番可愛い
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 22:26
          • 4 よし、序章終わりっと

            第一章マダー?
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 22:47
          • 5 こんなに面白くないSS何年振りだよ…
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 23:12
          • 5 あーおもんな。星ゼロで
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月12日 23:53
          • もっと皆からフルボッコな上やん見たかった
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 00:38
          • 5 とあるssで最高だった
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 01:11
          • 7

            言葉ではそう言ってても体(星)は正直だな
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 01:50
          • 5 中途半端に終わったな
            おもんなかった
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 12:07
          • (結局この魔術の目的は何だったんだろう…?)
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 14:17
          • これ木原一族が聖人になってカエル先生が殺人鬼になんねーか
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 15:53
          • 5 続きはよ!
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 18:59
          • 吹寄だけ変わってないから犯人のフラグだと思ったけどそんなことなかったぜ!
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 19:07
          • 5 ツマンネ
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 19:27
          • 続けよ

            続いてください
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 20:51
          • 素晴らしかった
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 21:53
          • 黒子が上条に入れ込むの多いのはちょっとな…
            とてもたくさん読みたいのですよ
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 22:35
          • 上黒の中でも上位に入る良さだな
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 22:48
          • 5 ツンデレだったり魔術にかかった奴が多いな。
            ツヅキマダー?
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 22:54
          • 5 上黒はいいなぁ
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 01:51
          • 5 つまらなかった。続きなんかあっても読みたくないわー
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月14日 07:31
          • 最後まで読んでみたけど、※はツンデレばっかで内容無いし、ここまで
            高評価なのかよくわからん

            つまらない・・・というほどではないが微妙。反転も中途半端で理解し
            づらいし、余計な描写が目立ったと思う。もう少し長い話の予定が描き
            きれなかったのかな。
            はじめて上黒読んだが、結構な数あるのね。原作はそういう描写は無い
            ようだけど、誰が最初に始めたのやら
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月15日 00:20
          • 5 なんだこの程度かたいしたことないな
            続きなんか全然読みたくないぜ
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月16日 22:42
          • 良きかな
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月27日 03:47
          • 5 こういうの結構好き、続きが読みたかった

            あとこの手のssの土御門の便利ポジションはもはや伝統なのか
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月29日 13:08
          • 5 いや~このSS最低だったね
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月30日 05:22
          • 5 なんだこのSSつまんね
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月03日 11:57
          • 黒子かわいいよ黒子
            久しぶりに夢中になれた作品だったわ。
            今度は逆に上条だけが毒を吐きまくるのが見てみたい
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 18:58
          • 5 屑だったな
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月24日 18:26
          • しょうきに もどったインデックスと打ち止めかわいい
            黒子はどっちもかわいい
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年05月28日 04:25
          • 姫神なんも変わってなくね?
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月11日 00:28
          • 5 このssの作者は人として文才が終わってる
            二度とss書くなよゴミ 目が腐るわ
            続きが仮に有っても全然読みたくならない
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年08月02日 02:46
          • 影響受ける人多いな
            俺は魔眼のお陰で無効化できてるが

            まぁもっとも 俺の魔眼をもってしても黒子の可愛さの無効化は出来なかったがな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ガルパン】みほ「新生徒会のお悩み相談…?」
        • 【グリム童話×るろうに剣心】ヘンゼルとグレーテル「おかしい家だ!」宇水「何が可笑しい!!!」
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ