TOP

イケメン「へえ、最強を決めるトーナメントか……」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:32:43.74 ID:RKn0QGBz0

町──

ヒロイン「ねえねえ、イケメン君! あそこの看板見て!」

イケメン「ん?」



『 “最強”を目指す強者よ集え! 第二回最強トーナメント開幕! 』



イケメン「へえ、最強を決めるトーナメントか……」

ヒロイン「優勝賞金100万ゴールドだって! 出てみたら!?」

イケメン(前の仕事を辞めて格闘家になって以来、収入も心細くなってたしな……)

イケメン「そうだな……修業の成果を試したいし、出てみようかな!」

ヒロイン「そうこなくっちゃ!」

イケメン「それじゃさっそく、出場申し込みに行こう」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:37:14.10 ID:RKn0QGBz0

受付──

イケメン「今からでも出場できますか?」

受付「はい、ちょうどあなたで出場枠が埋まります」

イケメン「おお、ラッキー」

ヒロイン「よかったね!」

すると──

ライバル「お、見たツラだと思ったら、イケメンとヒロインちゃんじゃないか」

イケメン&ヒロイン「!」

ライバル「よう、久しぶり」

イケメン「ライバル!?」

ヒロイン「ライバル君じゃない!」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:42:09.56 ID:RKn0QGBz0

ライバル「ったく、前の職場を辞めた時はビックリしたぜ」

イケメン「ごめん……」

ライバル「ま、俺もお前を追うように辞めちまったけどな。今はお前と同じく格闘家さ」

ライバル「ところで、もしかして……お前もトーナメントに出るのか?」

イケメン「うん、そのつもりだよ。 ──ってもしかして、君も?」

ライバル「ああ、俺も出る」

ライバル「この大会でどっちが上か、決着つけようぜ!」

イケメン「ああ!」

ヒロイン(ライバル君も出るのかぁ……)

ヒロイン(もし二人が対決することになったら、どっちを応援しよっかな……)



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:46:27.93 ID:RKn0QGBz0

会場──

ガヤガヤ……

イケメン「出場者はボクたち含めて8人か……ずいぶん少ないな」

ライバル「なにしろ、素手であること以外はほとんどルールがないからな」

ライバル「いくら賞金がよくっても、出る奴なんかそうそういねえさ」

ライバル「俺や、お前みたいな物好きじゃなきゃな」ニヤッ

イケメン「ハハッ、いえてる」

ライバル「さて……他の6人はいったいどんな奴なんだ?」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:51:15.91 ID:RKn0QGBz0

記者「今大会の自信のほどは?」

エリート「もちろん、私の優勝で間違いありませんよ」

オォ~……!



イケメン「一人だけ大勢の記者に囲まれて……。すごい自信だな……」

ライバル「前回優勝者らしいぜ。ダントツの優勝候補ってヤツだな」



巨漢「ぐへへへ……どいつもこいつもぶっ潰してやる!」ズシンッ



イケメン「大きい……身長2メートルはあるんじゃないか?」

ライバル「ありゃ、典型的なパワータイプだな。捕まったらオシマイだぜ」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 22:55:09.73 ID:RKn0QGBz0

老人「ホッホ……久しぶりに現役復帰といくかのう」



イケメン「あんなお爺さんも出るのか! 大丈夫なのか……?」

ライバル「年寄りの冷や水だな……試合中にポックリいっちまうんじゃねえか?」



博士「小生の計算と理論の正しさを証明する!」



イケメン「理論で戦うタイプっぽいな」

ライバル「ふん……理論が正しくても体がついていかなきゃ、どうしようもねえさ」



青年「うわぁ~……緊張するなぁ……」ドキドキ…



イケメン「まだあどけなさが残る子だね」

ライバル「あんな大人しそうな奴が、ホントに戦えるのかよ……」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:00:09.86 ID:RKn0QGBz0

仮面「…………」



イケメン「!」ゾクッ

イケメン「不気味な仮面をつけた上に、全身を黒い服で包んでいる……」

ライバル「よほどツラに自信がないんだろうな」

イケメン(いや……奴が仮面をつけてるのはそんな理由じゃない!)

イケメン(なんて禍々しい気だ……。なんというか人間とは思えない……!)



係員「それでは組み合わせを決めるくじ引きを行います!」

係員「選手の皆さまはこちらにどうぞ!」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:04:05.90 ID:RKn0QGBz0

トーナメント表──

20140109001


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:11:18.78 ID:RKn0QGBz0

控え室──

ライバル「イケメン、俺と当たるまで負けるんじゃねえぞ! 決勝で会おうぜ!」

イケメン「もちろん!」

巨漢「ぐへへへ……」ズイッ

イケメン&ライバル「!」

巨漢「ずいぶん気の早い話をしてるじゃねえか」

巨漢「残念ながら、テメェらが決勝で会うことはねえよ!」

巨漢「なぜなら、そっちの軟弱ヤロウは一回戦で俺にぶっ潰されるんだからな!」

イケメン「やれるものなら、やってみろ!」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:14:15.75 ID:RKn0QGBz0

試合場──

ワアァァァァァ……!

「まだかーっ!」 「早くしろーっ!」 「待ちくたびれたぞぉっ!」

実況『大変長らくお待たせいたしました!』

実況『ただいまより第一試合、イケメン対巨漢戦を開始いたします!』

ワアァァァァァ……!

ヒロイン「イケメン君頑張ってー!」

客「クックック……」

ヒロイン(な、なにこの不気味な奴……)

客(さあて、まずは観戦といこうか……)

客(人間のレベルがどの程度のものか、品定めさせてもらうぞ)



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:19:32.17 ID:RKn0QGBz0

<一回戦第一試合 イケメンVS巨漢>

審判「両者、前へ!」

イケメン「いい試合をしよう」

巨漢「予告してやる。テメェは一分でぶっ潰す!」グッ

イケメン「どうかな……」ニッ

実況『さあ、いよいよ試合開始ですッ!』

審判「始めっ!」バッ

巨漢「挨拶代わりだァッ!」

ズドンッ!

実況『巨漢選手のボディブローが、イケメン選手の脇腹にヒットォ!』

オォッ……!

イケメン「…………」

巨漢「なっ!?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:24:16.82 ID:RKn0QGBz0

イケメン「アバラ二、三本イッちゃったか……」

巨漢「お、おい……」

イケメン「いや四本か……。うぐぅぅぅぅぅ……!」ガクン

イケメン「ギ、ギブアップ……」ゲホッ

審判「それまでっ!」バッ

巨漢(なんて脆さだ……挨拶代りのパンチだったのに……!)

巨漢「オイ、立てるか?」

イケメン「肩を貸してくれると、ありがたい……」ヨロッ…

巨漢「すまねえな、やりすぎちまった」グイッ

実況『巨漢選手、勝利だァ~~~~~!』

実況『しかし、敗れたイケメン選手も、素晴らしい試合を見せてくれましたァッ!』

ワアァァァァァ……!

ヒロイン「ウソ……負けちゃった……」

客「クックック……」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:26:13.06 ID:SU8Q9izV0

まさかの展開



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:29:16.84 ID:RKn0QGBz0

<一回戦第二試合 エリートVS老人>

エリート「これはこれは……お年寄りが相手とは、私としてもやりづらい」

老人「お手柔らかに頼みますぞ」

エリート「ご安心下さい」

エリート「20%の力でお相手して差し上げましょう」

老人「ホホ……それはありがたい」

実況『前大会覇者と80歳を過ぎた老人の対決!』

実況『果たして試合になるのでしょうか!?』

エリート(なるわけないだろう……。ジジイが……一瞬で終わらせるッ!)

審判「始めっ!」バッ



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:33:07.93 ID:RKn0QGBz0

エリート「はあッ!」シュッ

ベシッ!

実況『エリート選手の鋭いキックが炸裂ゥ!』

老人「ぎゃふっ!」ドサッ…

老人「あうっ……うぐっ……がはっ……」ピクピク…

審判「それまでっ!」バッ

エリート「えっ」

実況『やはり試合にはなりませんでしたァ~~~~~!』

実況『しかし、ご老体でありながら、このような大会に出場したガッツは素晴らしい!』

パチパチパチパチパチ……!

老人「こ、このっ……! お手柔らかにといったじゃろうが!」ギロッ

エリート「す、すみません……」

エリート(5%で相手すべきでしたね……これじゃ悪役だ)



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:38:27.90 ID:RKn0QGBz0

<一回戦第三試合 仮面VS博士>

博士「コンピュータで計算したところ……」

博士「小生が勝利する可能性は……97.15%だ」

仮面「…………」

審判「始めっ!」バッ

博士「はっ!」

バキィッ!

博士「かっ!」

ドゴォッ!

博士「せえっ!」

ズガッ!

仮面「ぬうっ……!」ドサッ…

実況『博士選手の必殺技“サイエンティスト三連打”が決まったァ!』

「すげェ!」 「こりゃ勝負あったな!」 「さっすが博士!」

ヒロイン(いえ……あの仮面の男、まだ力を隠しているわ!)



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:41:44.69 ID:RKn0QGBz0

仮面「なるほど……このままでは勝てんか……」

博士「!」

仮面「ならば、正体を明かそう……」ピシッ

実況『おっと、仮面選手のつけていた仮面にヒビが……!?』

仮面「そして──」ピキピキッ

パキィンッ……!

悪魔「正体を明かしたからには、貴様は死あるのみだ」

博士(なんだコイツ……化け物じゃないか!)ゾクッ

ヒロイン「あれは人間じゃない……悪魔だわッ!」

実況『なんと仮面選手の正体は悪魔だったァ~~~~~!』

博士(バ、バカな……悪魔だと!? 計算違いだ……!)

博士(いや、落ちつけ……! すぐに再計算しなければ……!)

悪魔「死ね」

ギュアッ!



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:45:42.88 ID:RKn0QGBz0

博士(再計算……完了!)

博士(小生が勝利する確率……99.83%!)

博士「はかせいッ!」シュッ

ベキィッ!

悪魔「ぐおあっ……!」ドサッ…

実況『博士選手の奥義“サイエンティスト手刀”がまともに入ったァッ!』

悪魔「ぐぐっ……おのれぇっ……」ググ…

悪魔「この私が……人間如きに敗れるとは……」ガクッ

審判「それまでっ!」

博士(そうか……。仮面が取れた分、防御力が下がり、勝率が上がったのか……)

実況『博士選手、悪魔を下し、堂々の二回戦進出ですッ!』

ヒロイン「ライバル君の二回戦の相手はあの博士か……要注意ね」

客(ふん……悪魔の恥晒しめが)



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:52:42.62 ID:RKn0QGBz0

<一回戦第四試合 ライバルVS青年>

ワアァァァァァ……!

実況『いよいよ一回戦も、残り一試合!』

実況『二回戦進出の最後のキップを手にするのは』

実況『ライバル選手か!? それとも今大会最年少の青年選手か!?』

ライバル(イケメン……お前の分まで、この俺が勝ち抜いてやるぜ!)

青年「よろしくお願いしますっ!」ニコニコ…

ライバル「よろしく」

ライバル(なんだコイツ……試合直前だってのに、ニコニコして……)

ライバル(ま、一回戦から苦戦してられないよな!)

ライバル(コイツはすぐに片付けて、一気に優勝してやる!)

審判「始めっ!」バッ



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:55:48.79 ID:RKn0QGBz0

ライバル「シッ!」シュッ

バチッ!

青年「へぶっ!」

ライバル「せいいっ!」ブオッ

ドゴォッ!

青年「がふっ……!」

実況『軽いジャブからの左ハイ、緩急あるコンビネーションが炸裂ゥ!』

青年「フフフ……やりますね」ニヤッ…

ライバル「!」

ライバル(効いてないだと……!?)

青年「まさか、一回戦から“あれ”を使うことになるなんて……」

ライバル「え? “あれ”っていったいなんなんだよ?」

ヒロイン「!」ハッ

ヒロイン「に、逃げてぇっ!!! ──危険だわッ!!!」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/08(水) 23:59:39.04 ID:RKn0QGBz0

青年「帝王流秘奥義“魔炎咆哮絶命──」

ライバル「“あれ”って……なんなんだよォ!?」ギュオッ

青年「へ?」

ドゴォンッ!!!

青年「ぐは……っ!」ドサッ

審判「それまでっ!」バッ

ヒロイン(ああ……やっぱり……)

ヒロイン(ライバル君は何かに疑問を抱いた時、普段の10倍の力を発揮するの)

ヒロイン(その状態のライバル君の攻撃は、非常に危険なのよ……!)

青年「あが、が……」ピクピク…

実況『青年選手、完全にノックダウン! 白目をむいています!』

ヒロイン(もう少し叫ぶのが早かったら、助けられたかもしれないのに……)

実況『以上で一回戦は終了ッ! 二回戦開始まで、しばらくお待ち下さい!』



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:07:19.89 ID:PQMG+YV00

客席──

ヒロイン「さてと、二回戦が始まる前に、お手洗い済ませておこうかな」スクッ

客「クックック……そろそろオレの出番かな」

ヒロイン(この人……いったい何をしようというの!?)



医務室──

ライバル「よう、イケメン」

イケメン「ライバル、二回戦進出おめでとう!」

ライバル「お前は負けちまったが……俺がお前の分まで勝ち抜いてやるから安心しな!」

ライバル「ところで、お前もヒロインちゃんと客席で観戦したらどうだ?」

イケメン「いや……ボクはもう少しここにいるよ。やることがあるからね」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:11:55.35 ID:PQMG+YV00

<二回戦第一試合 巨漢VSエリート>

巨漢「ぐへへへ……ちっとは骨のありそうな相手だな」ザッ

エリート「フフフ、楽しませて下さいよ?」ザッ

実況『実力派同士の対決! 果たしてどちらが勝つのかッ!?』

審判「始め──」

客「ちょっと待った」フワッ…

実況『!? ──何事でしょう、客席から人が降りてきました!』

エリート「おやおや……行儀がよくないお客さんですね」

巨漢「大会のジャマすんじゃねえ! とっとと出ていきやがれ!」

客「クックック……“大会”か。そんな茶番はもう終わりだ」

巨漢「ンだとォ!?」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:16:50.46 ID:PQMG+YV00

客「ただし、茶番とはいえ、この大会の世間からの注目度は大きい」

客「ようするに、我ら悪魔の力を見せるには格好の舞台というわけだ」

エリート「悪魔……? ということは、もしや先ほどの仮面の仲間ですか」

客「仲間とは心外だな。ヤツなど最下級の悪魔に過ぎん」

巨漢「なんだと!? アイツほどの実力で最下級なのかよ!?」

客「ちなみにオレは最上級悪魔……オレの戦闘力はおよそヤツの100倍だ」

エリート「100倍……!?」

客「手始めに……巨漢とエリート、キサマら二人を血祭りに上げる」

実況『な、な、なんと最上級の悪魔が試合に乱入だァ~~~~~!』

巨漢「なめんなよ……!」ギリッ…

エリート「いきなり現れて、我々を血祭りに上げるですって? ふざけた輩だ」

客「オレが恐ろしいか? なんなら二人がかりでもかまわんぞ」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:20:35.60 ID:PQMG+YV00

巨漢「お、おもしれえ……やってやる!」ザッ…

エリート「ならば、二人がかりでやってあげましょう!」サッ…

客「来い」ニヤッ

実況『乱入者、巨漢選手とエリート選手を、同時に相手するようです!』

巨漢「とっとと出ていきやがれ!」ブンッ

エリート「はぁっ!」シュバッ

ドゴォッ! バキィッ!

客「ぐはァ……っ!」

客(つ、強すぎ……る……)ドサァッ…

実況『乱入者、あっという間にKOされたァ!』

実況『さぁ、気を取り直して試合再開といきましょう!』

審判「始めっ!」バッ



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:27:23.03 ID:PQMG+YV00

巨漢「ぬおりゃッ!」ブウンッ

ドゴォッ!

エリート「ぐうっ……!」ズザザッ…

実況『巨漢選手、凄まじいラリアット! ──が、エリート選手も倒れない!』

エリート「私の番ですね」バババッ

ガガガッ!

巨漢「ぐおぉ……っ!」ヨロッ…

実況『エリート選手の連続蹴りッ! タフな巨漢選手がよろついた!』

巨漢「ぐへへぇ……やるじゃねえか!」ザッ…

エリート「そちらこそ……。久々に出させてもらいますよ、100%の全力をね」ザッ…

「こいつら、すげえ!」 「最高の戦いだ!」 「どっちも頑張れッ!」

ワアァァァァァ……!



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:31:43.37 ID:PQMG+YV00

バキィッ! ガッ! ゴッ! ドゴッ! ベシィッ!

実況『速いッ! 重いッ! 激しいッ! 止まらないッ! ──凄まじい攻防ですッ!』

実況『まさに最強を決めるに相応しいバトル!』

実況『会場のボルテージも最高潮ォォォァ~~~~~ッ!』

ワアァァァァァ……!

「どっちが勝つんだ!?」 「どっちも譲らねえ!」 「興奮してきたァ~!」

巨漢「さすがは前回優勝者……しぶてえなあ」ハァ…ハァ…

エリート「ここまでタフな相手は初めてですよ」ハァ…ハァ…



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:35:41.07 ID:PQMG+YV00

巨漢「だが……そろそろ決めるぜぇ!」

エリート「私こそ、最大の技でお相手しましょう」

実況『両者、決着をつけるつもりだァ~~~~~!』



客席──

ライバル「よう」

ヒロイン「あ、ライバル君! 一回戦はおめでとう!」

ヒロイン「ところでこの勝負、どっちが勝つと思う?」

ライバル「…………」

ライバル「お互いに打撃技が得意だからな……」

ライバル「ラストは、巨漢は拳、エリートは足技で勝負に出るだろう」

ライバル「となると、破壊力の勝る巨漢が有利……!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:42:20.10 ID:PQMG+YV00

巨漢「ぬおりゃッ!」ビュアッ

実況『巨漢選手、なんとあの巨体でハイキックを繰り出しましたァ!』

エリート「セイィッ!」ギュンッ

バキィッ!

実況『が、エリート選手がキックをかいくぐり、カウンターでパンチを決めたァ!』

巨漢「うがっ……」ヨロッ

エリート「はあっ!」バッ

実況『さらにエリート選手、巨漢選手の右腕に飛びついて──』

実況『腕ひしぎ逆十字を決めたァ~~~~~! これは抜けられないッ!』

巨漢「ぐああああっ! 参ったァ!」ミシミシ…

審判「それまでっ!」バッ

実況『決まったァ~~~~~!』

実況『エリート選手、パンチから関節技のコンビネーションで決勝進出ゥッ!』

ワアァァァァァ……!

ライバル「……やっぱな」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:47:55.94 ID:PQMG+YV00

医務室──

イケメン「いよいよ、二回戦だな」

ライバル「おう、必ず勝ってくるから安心しろ!」

イケメン(ライバルの実力なら、博士って相手なら問題なく勝てるはず……)

イケメン(だが、なぜだろう? ライバルが戦って勝つ姿が想像できない……!)



ワイワイ……

巨漢「どっちが勝つ方に賭ける?」

老人「ワシは博士に100ゴールドじゃ」

青年「じゃあボクはライバルさんに100ゴールド!」

悪魔「私はライバルに100ゴールド」

客「オレは博士に100ゴールド」

イケメン「コラコラ、皆さん安静にしてないと」

巨漢&老人&青年&悪魔&客「はぁ~い!」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:52:36.46 ID:PQMG+YV00

<二回戦第二試合 博士VSライバル>

実況『さあ、試合場に両雄出揃いました! 試合開始待ったなしッ!』

博士「一回戦でライバル氏のデータは全て収集した……」

博士「そのデータと小生の戦闘力を計算した結果、小生が勝利する確率は──」

ライバル「…………」ゴクッ…

博士「0%……」

博士「というわけで棄権します」クルッ

審判「それまでっ!」バッ

実況『あァ~~~~~っと、ここで博士選手、棄権!』

実況『科学者らしい、実に合理的な選択といえましょうッ!』

ワアァァァァァ……!

「やるじゃねえか!」 「さっすが博士!」 「一味ちがうぜ!」

実況『観客も大いに盛り上がっています!』

ライバル(あと一試合か……。イケメン……約束通り優勝してやるからな!)



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 00:58:37.04 ID:PQMG+YV00

<決勝戦 エリートVSライバル>

実況『ついにこの時がやってまいりましたッ!』

実況『最強の座に名乗りを上げた8名の選手も、いよいよ残り2名!』

実況『この一戦に勝利し、トーナメント優勝の座に輝くのは──』

実況『すなわち“最強”の座を手にするのは、いったいどっちだ!?』

ワアァァァァァ……!

審判「始めっ!」バッ

ライバル「なぁ、エリートさん。ずっと気になってたんだが──」

ライバル「格闘エリートであるアンタが……なぜこんな危険な大会に出たんだ?」

エリート「…………」

エリート「私には……病気の妹がいるのですよ……」

──────

────

──



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:04:05.03 ID:PQMG+YV00

~ 回想 ~

妹「ケホッ、ケホッ……」

エリート「大丈夫か?」

妹「……お兄ちゃん、またあの大会出るの?」

エリート「もちろんさ」

エリート「なんたって、そのために格闘技のエリートと呼ばれるまでに腕を磨いたんだ」

エリート「お前の病気は、いいお医者さんなら治せる病気なんだ!」

エリート「優勝賞金で、いいお医者さんを見つけてやるからな」

エリート「お兄ちゃんが必ずお前の病気を治してやる!」ガシッ

妹「うん……でも無理しないでね」

妹「私のせいで、お兄ちゃんがケガでもしたら……イヤだから」

エリート「大丈夫だよ」

エリート「前回大会と同じく、あっという間に優勝してみせるさ!」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:10:16.37 ID:PQMG+YV00

──

────

──────

ドゴォッ!!!

エリート「ぐはァ!」

ドサァッ……!

実況『決まったァ~~~~~!』

実況『エリート選手がなにやら物思いにふけっているスキを突いて』

実況『ライバル選手の一撃がヒットォ!』

実況『準決勝でのダメージが残っていたエリート選手、完璧にダウンッ!』

博士(しかも、ライバル氏はエリート氏に疑問を抱いていたため)

博士(10倍パワーアップしていた……あれを喰らったらひとたまりもあるまい)

ライバル「よっしゃァ~~~~~~~~~~!!!」

エリート(す、すまない……妹よ……)ガクッ

ライバル「──ん?」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:15:29.22 ID:PQMG+YV00

ザワザワ……

実況『おや……? なにかアクシデントがあったもようです』

審判「どうしたのかね?」

ライバル「…………」

ライバル「脈拍と心拍、確認……」スッ…

ライバル「どっちも……止まっている! 呼吸もしていない……!」

ザワッ……!

ヒロイン「ウソでしょ……!?」

ライバル「おい、起きてくれ! しっかりしろ! 目を覚ませっ!」ユサユサ…

ライバル「妹さんのためにも、こんなところで死んじゃダメだ!」ユサユサ…



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:20:51.38 ID:PQMG+YV00

医者「あ~……こりゃダメですな。ご臨終です」

ライバル「そ、そんな……」ガタガタ…

実況『なんとォ~~~~~! エリート選手、死んでしまいましたァッ!』

実況『対戦相手であるライバル選手、顔面蒼白になっておりますッ!』

巨漢「マジかよ!?」

博士「エリート氏が……死んでしまったとは……」

老人「惜しい男を亡くしたのう……」

悪魔「ちくしょう……なんてことだ……! この世に神はいないのかッ!?」

青年「エリートさん……。ライバルさん……」

客「クックック……人の命とは、儚いものだな」グスッ…



「──いや、まだだッ!」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:26:15.34 ID:PQMG+YV00

イケメン「昔を思い出すんだ、ライバルッ!」

イケメン「エリートさんは、まだ死んじゃいないッ!」ダダダッ

ライバル「イケメン!?」

イケメン「心肺停止から三分以内に必要な措置を取れば」

イケメン「後遺症なくエリートさんを救うことが十分に可能だ!」

ライバル(そういえばそうだ!)

イケメン「だが、救命措置は時間との勝負だッ!」

イケメン「ヒロイン、すぐに強心剤投与の準備を!」

ヒロイン「うんっ!」ババッ

イケメン「ライバルは急いでタンカを用意してくれ!」

イケメン「タンカの用意が済み次第、エリートさんを病院に運ぶ!」

イケメン「他の選手は、近くの病院までの道を確保してくれ!」

ライバル「……分かったぜ!」タタタッ



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:31:47.32 ID:PQMG+YV00

イケメン「戻ってこい……」グッグッ…

イケメン「戻ってこい……」グッグッ…

ヒロイン「強心剤、投与開始します!」チュゥゥ…

イケメン「戻ってこいッ!」グッグッ…

ザワザワ…… ドヨドヨ……

実況『イケメン選手が救命措置を施しておりますが……果たして……?』



巨漢(すげえ……アイツ、すげえよ!)

巨漢(俺にアバラを折られてるのに、あんな激しい心臓マッサージを……!)

巨漢(そういや、医務室でもアイツが治療してくれたおかげで)

巨漢(俺を含めた負けた奴らは、すぐ喋れるぐらいまで回復することができたんだ!)

博士(そういえば、あのイケメンという選手──どこかで見たことがある)ハッ

博士(まさか!?)



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:37:09.74 ID:PQMG+YV00

博士(若くして医学界の誰よりも優秀な医師となったが──)

博士(利益よりも患者を優先する姿勢が、上層部の反感を買い)

博士(半ば追放されるように医学界を去るはめになった、Dr.イケメン!?)

博士(となると近くで助手を務めるのは、伝説のナース、ヒロインか!)

博士(そういえば、ライバル氏も元は彼に次ぐレベルの医者だったハズ……)

博士(医学界を追放された若武者たちに、このようなところで会えるとは……)ゴクッ…



ドクンッ……

エリート「──がはっ!」ゲボッ

イケメン「よし、心拍と呼吸が戻った!」

イケメン「だが、念のため病院に輸送して、精密な治療を行う!」

巨漢「おうよ、輸送は任せとけ!」

ライバル(俺は心肺停止を確認した途端──)

ライバル(医者時代のイヤな思い出がフラッシュバックして)

ライバル(パニックになっちまったが……さすがだぜ、イケメン……!)



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:43:09.07 ID:PQMG+YV00

病院──

エリート「どうもありがとうございます……」

エリート「あなたがいなければ、今頃私は死んでいたでしょう……」

イケメン「いえ、医術を学んだ者として、当然のことをしたまでです」

エリート「ところで……虫のいい話なのですが……」

イケメン「妹さんのことですか?」

エリート「えっ……」

イケメン「ライバルから話は聞いています」

イケメン「このボクとライバルが共同で治療して、あなたの妹さんは必ず治します」

エリート「あ、ありがとう……ございます……!」

エリート「すぅ……すぅ……」

イケメン(……緊張が解けて、眠ってしまったか)

イケメン「もう大丈夫でしょう。あとはよろしくお願いします」

医者「任せて下され」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:48:36.24 ID:PQMG+YV00

試合場──

イケメン「ライバル、優勝おめでとう!」

ライバル「おお、来てくれたのか!」

イケメン「エリートさんも容体が安定したし、一言だけでも祝福を、と思ってね」

ライバル「イヤ……」

イケメン「?」

ライバル「俺はトーナメントの優勝を辞退したんだ……」

イケメン「ええっ!? ──じゃあ、優勝はエリートさんか?」

ライバル「いいや、違う……」

ライバル「優勝者は、お前だよ!」

イケメン「!?」

ライバル「病院で眠ってるエリートも、会場の皆も、そう思ってるハズさ」

ライバル「そうだろ、みんな!」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:55:59.65 ID:PQMG+YV00

巨漢「へっ、アンタにゃかなわねえよ」パチパチ…

老人「素晴らしい救命措置じゃった……天晴れじゃ!」パチパチ…

悪魔「悪魔であるこの私を泣かせるとはな……」パチパチ…

博士「もしよければ、君らの医学界復帰を支援させてくれ。力になれるハズだ」パチパチ…

青年「かっこよかったです!」パチパチ…

客「クックック……見事だ」パチパチ…

審判「感動させてもらったよ」パチパチ…

「すごかったぞォッ!」 「アンタが一番だ!」 「感動をありがとうッ!」

ヒロイン「おめでとう……イケメン君!」

ライバル「お前がナンバーワンだ!」

イケメン「みんな……ありがとう!」



実況『第二回最強トーナメント優勝者は、イケメン選手に決定いたしましたァッ!』




                                   <おわり>



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/09(木) 01:57:57.03 ID:c2T2yIYK0

最後に勝つのはやっぱイケメン



転載元
イケメン「へえ、最強を決めるトーナメントか……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1389187963/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (26)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 08:22
          • 面白かった
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 08:27
          • うーん
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 08:33
          • エルフを狩るモノたち思い出したわ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 09:01
          • どうせなら最後まで貫いて欲しかった…
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 09:15
          • ヒロインが何気にビッチ
            なんかプロットみたいな作品だったな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 10:12
          • 予想を裏切ることにばかりこだわると肩透かしにしかならないってことがよく分かるSSだった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 10:29
          • ギャグ漫画日和っぽいな
            面白い
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 10:33
          • 最初の方は意外性が面白く感じたんだけどなぁ…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 10:49
          • いや、最後までわりと楽しめたよ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 11:01
          • 予想外の展開にしとけば盛り上がるだろ的なジャンプの読み切り漫画以下のSS
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 11:08
          • ギャグSSなんだから逆をついた予想外の展開でしらけて肩透かしをくらうのがいいんじゃないか
            プロットっぽさもギャグ漫画日和的な感じがでてて良かったよ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 13:14
          • 漫画の評論家気取りでこんなところにドヤ顔でコメントしてる糞共よりましだろ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 15:00
          • ???「よもやこのような結末になるとは、我が眼をもってしても見抜けなかった!」
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 15:00
          • 何だこの延々と展開される釈然としない感は。
            面白いじゃねーかw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 15:36
          • 予想外過ぎてつまらない
            という所が面白いな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 16:39
          • ※12
            出、出たーwww
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 16:45
          • 5 面白かった。
            楽しく読み流せる良い作品。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 19:34
          • 予想外の予想内展開でワロタ
            確かに普通だったらこうなりそう
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月09日 22:07
          • 予想通りで終わるかと思いきや最後にご都合主義の医者パワーが出るという展開があったから俺は好き
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月10日 04:55
          • セオリーの逆をついたとはいえ先が読めなくてわろた
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月10日 12:59
          • イケメンって凄い改めてそう思った
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月11日 04:03
          • 釈然としねぇ…
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月11日 13:12
          • クソワロタ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月22日 22:37
          • イケメンは正義だと痛感しました。
            オチは予想通りの予想外だった。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月19日 21:36
          • 4 ワロタ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月14日 22:59
          • バトル漫画のスゲェェェってなった場面だけをつなげて野菜炒めにしたみたいな話

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 【バンドリ】今井リサ「友よ、末永い希望を」
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • 真壁瑞希「恋するアセロラ・サイダー」【ミリマスSS】
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • メカゴジラ「オイ、アンギラス」 アンギラス「なんだい?」
        • アバッキオ「ジョルノ君だっけ?まあ座って話でもしようや(ジョロロロロ)」 店員「キャアア!この人ティーポットに小便してるわァァ!!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがエスパーダに!?」藍染「そうだ」
        • ヴェノム「なぁエディ」エディ「なんだよ?」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        • 【ミリマス】未来「ポッキーの日、再び」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ