TOP

桐生ダイゴ「ブレイブだぜ!」左翔太郎「ハードボイルドだ!」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:04:52.41 ID:Wie++4H0o

レッド「ガブガブキック!」

ブラック「パラサショット!」

ブルー「ステゴシールドパーンチ!」

グリーン「斬撃無双剣!」

ピンク「ドリケランス!」

ゴールド「雷電、飛翔切り!」

シアン「ウォー!」

グレー「アターッ!」

バイオレット「はっ!」

シルバー「であ!」

ゾーリ魔達「ヌルー!」

キョウリュウジャー達は、今日も、デーボス軍と戦い続けていたっ!

レッド「トドメだ!」

『バモラカーニバル!』

レッド「獣電カーニバルフィニッシュ!」

カンブリ魔「ぐわぁ!」

レッド「ブレイブだぜ」

キョウリュウジャーによって周囲にいたデーボス軍は全て倒された



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:06:33.71 ID:Wie++4H0o

ブラック「これで全部か、まったく、年末の忙しい時期に困ったものだぜ」

ブルー「まあいいじゃないか、デーボス軍の大掃除ってことで、ソウジ君頼んだよ」

グリーン「ノッさん…」

ピンク「でもゾーリ魔とカンブリ魔だけで助かったわね」

ゴールド「しかし変ではござらぬか、我らが10人揃っているときにそやつらだけなど」

シルバー「ああ、それに異様な気配を感じる…」

レッド「異様な気配?」

シルバー「ん?」

レッド「どうしたトリン」

シルバー「みんな避けろ!」

全員「うわぁぁ!」

突如、キョウリュウジャー達に向けて何者かが攻撃を仕掛けてきた!
ダイゴ達が振り返ると、そこには4人のいかにもダークな感じの戦士がいた!

ダイゴ「何者だ!」

???「俺はW」

???「オーズ」

???「フォーゼだ」

???「ウィザード」

W「俺達は仮面ライダー、貴様らを滅ぼす者だ」

レッド「仮面ライダー?」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:08:32.24 ID:Wie++4H0o

ブラック「oh my…また新しい敵が現れやがったか」

グリーン「でもこいつら、どこかヒーローっぽいような…」

ブルー「ヒーローもどきは、もーどきなさい!」

グレー「つまらんギャグを言っている場合ではない」

レッド「行くぜ!」

全員「おう!」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:09:14.95 ID:Wie++4H0o

W「ふっ、さぁ数えてもらおうか、絶滅までの時間を」

レッド「そんなもん数える必要ねえ!岩烈パンチ!」

W「ふん」

Wはダイゴの攻撃を軽く受け止めそのまま蹴りを入れた

レッド「バカな…俺の攻撃を簡単に…」

W「そんなんじゃ煮えてない半熟玉子しか砕けないぜ」

レッド「何だと…ならこれならどうだ!」

そういうとダイゴは3本の獣電池を取り出した

『アミーゴ、カーニバル!』

レッド「カミツキチェンジだ!」

『ドゴドゴ、リンチョ!ブンブン、リンチョ!ガブガブ、リンチョ!』

レッド「ファイヤー!」

『バモラカーニバル!アーッチョッチョッ チョチョチョチョッ!』

カミツキチェンジでカンフーカーニバルへと姿を変える

レッド「キョウリュウレッド!カンフーカーニバル!」

W「貴様らのデータは全て閲覧済みだ」

Wは白い大型のメモリを取り出す

『ファング!』

レッド「恐竜?」

『ファング!ジョーカー!』

白と黒の形態、ファングジョーカーへと姿を変えた

W「貴様とはこの方が向いている」

レッド「どういう意味か知らねえが、ファングって俺とまるかぶりじゃねえか!」

W「力まで同じかどうかは別だ」

Wはタクティカルホーンを2度押した

『アームファング!』

レッド「舐めやがって、アンキドンハンマー!」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:12:45.62 ID:Wie++4H0o

『トリプル、スキャニングチャージ!』

オーズ「セイヤー!」

オーズはオーズバッシュを使いイアン達5人を攻撃した

5人「わぁっ!」

ブラック「oh my…なんて強さだ…」

グリーン「今までの相手とは桁が違う…」

ゴールド「各々方、弱気になっては駄目でござる」

ピンク「ウッチーの言うとおりよ」

ブルー「そうだ、僕達がここで負けたらみんなの明日を守れない!」

オーズ「残念だな、お前たちに明日は無い」

『ライオン!トラ!チーター!ラタラタ、ラトラーター!』

オーズはラトラーターコンボへと姿を変えた

ブラック「こいつ、姿を変えられるのか!」

ブルー「何だ、今の歌」

オーズ「歌は気にするな」

『スキャニングチャージ!』

オーズ『セイヤー!』

ガッシュクロスでイアン達を攻撃

グリーン「こいつ素早い…」

5人「うわぁっ!」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:13:57.48 ID:Wie++4H0o

『チェーンソー、スパイク、オン』

フォーゼ「食らえ!」

チェーンソーとスパイクを装備したフォーゼがシアン達3人に攻撃を仕掛ける

3人「わぁっ!」

バイオレット「何て強さなの」

グレー「こちらは3人、向こうは1人というのに」

フォーゼ「人数なんて関係ねえ、所詮人間は1人で生きていくものだ」

シアン「それは違いマース、仲間がいるから、人は戦えるのデース」

グレー「ああ、スピリットトリオの力、見せてやる!」

バイオレット「だから私生きてます…」

フォーゼ「くだらねえ!」

フォーゼはNSマグフォンを取り出した

フォーゼ「割って、挿す!」

『Nマグネット!Sマグネット!NSマグネットオン!!リミットブレイク!』

マグネットステイツへと姿を変えリミットブレイクを発動

フォーゼ「ライダー超電磁ボンバー!」

3人「うわぁぁぁぁぁ!」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:16:21.33 ID:Wie++4H0o

『フレイム、ドラゴン!ボーボーボーボーボー!チョーイイネー、スペシャル、サイコー!』

ウィザードはフレイムドラゴンへと姿を変えスペシャルリングでドラゴスカルを装備した

ウィザード「はっ!」

シルバー「ぐわぁぁぁぁ!」

ウィザード「あんたも絶望したらどうだ」

シルバー「断る!私は閃光の勇者、輝く希望だからな」

ウィザード「希望なんて無意味だ」

『ドラゴタイム、セットアップ、スタート!』

『ウォータードラゴーン!ハリケーンドラゴーン!ランドドラゴーン!』

ドラゴタイマーを取り出し4体に分身するウィザード

シルバー「何…」

ウィザード(フレイムドラゴン)「フィナーレだ」

『ドラゴン、フォーメーション!』

ウィザード×4人「はっ!」

ドラゴンのパーツを装備した4人のウィザードの同時攻撃が炸裂する

シルバー「ぐわぁぁぁぁぁぁ!」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:20:07.98 ID:Wie++4H0o

『ファング、マキシマムドライブ!』

W「ファングストライザー!」

レッド「うわぁぁぁぁぁ!」

W「今からでも数えたらどうだ、絶滅までの時間を」

レッド「ふざけるな…」

9人「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

レッド「みんな!」

W「終わりだ、キョウリュウジャー」

『エクストリーム!』

『プテラ!トリケラ!ティラノ!プットティラーノザウルース!』

『コズミック!コズミックオン!』

『インフィニティー!プリーズ!ヒースイフード、ボーザバビュードゴーン!』

4人のライダーは強化形態へと姿を変える

レッド「まだだ…ビクトリー獣電池!」

ゴールド「心得た、マキシマム獣電池!」

「「直列!」」

「「「「「ビクトリーブレイブイン!」」」」」

「「「「「マキシマムブレイブイン!」」」」」

W「無駄だ」

『サイクロン、ヒート、ルナ、ジョーカーマキシマムドライブ!』

W「ビッカー、ファイナリュージョン!」

全員「うわぁぁぁぁぁぁぁ!」

Wの攻撃によって、キョウリュウジャーの必殺が妨害されてしまった



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:23:16.09 ID:Wie++4H0o

W「トドメだ」

『サイクロン、ヒート、ルナ、ジョーカーマキシマムドライブ!』

『ゴックン!プットティラーノヒッサーツ!』

『リミットブレイク!』

『ターンオーン!ハイタッチ!シャイニングストライク!』

W「ビッカー、チャージブレイク!」

オーズ「セイヤー!」

フォーゼ「ライダー超銀河フィニッシュ!」

ウィザード「食らえ!」

シルバー「まずい、私の力で脱出しよう!」

トリンは翼を広げた、しかし奴らの攻撃のほうが1テンポ速かった

全員「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ウィザード「ふぃ~」

フォーゼ「やったぜ」

オーズ「いや…」

見るとそこにキョウリュウジャーの姿は無かった

フォーゼ「奴ら、ギリギリのところで逃げやがったか」

W「だが奴らはきっとバラけた、潰すなら今がチャンスだ」

この戦いの様子を物陰から見ている者がいた
怨みの戦騎エンドルフと白い服を着た謎の男だ

エンドルフ「逃がしたか、頭がいてぇ」

白服を着た男「まあいい、作戦はここからだ」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:28:25.81 ID:Wie++4H0o

ダイゴ「ここは一体…確か俺達は仮面ライダーに襲われて…それでトリンが…」

とある街の浜辺、そこにダイゴは飛ばされていた
見ると仲間たちの姿は無かった

ダイゴ「みんな!いるなら返事をしてくれ!」

浜辺を探していると誰かが倒れているのを発見した

ダイゴ「あそこにいるの…まさか…」

そこにいるのはキョウリュウジャーの1人、弥生だった

ダイゴ「弥生!しっかりしろ!」

弥生「…ここは…あっ、ダイゴさん…」

ダイゴ「無事でよかった」

弥生「みなさんは…」

ダイゴ「駄目だ、脱出するときみんなばらばらになっちまったみたいだ」

弥生「そうなんですか…大丈夫ですかね」

ダイゴ「あいつらも強き竜の者だ、心配ねえだろ、問題は奴らだ」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:31:51.68 ID:Wie++4H0o

弥生「仮面ライダー…彼らはデーボス軍の手先なんでしょうか」

ダイゴ「それはわからねえ、だがそれよりも…」

弥生「ダイゴさん?」

ダイゴはガブリボルバーを取り出し発砲した
発砲した先にはゾーリ魔を含む多くの怪人たちがいた

弥生「デーボモンスター!いやそれだけじゃない…」

ダイゴ「ああ、見たことねえ奴らがうじゃうじゃいる」

更に白服を着た男達が現れた

ダイゴ「何者だおまえら!」

男A「エージェントからの命令だ、貴様らを始末する」

男たちはUSBメモリの様な物を取り出しスイッチを押した

『マスカレイド!』

そして体に挿し怪人へと姿を変えた

弥生「人間がモンスターに…」

ダイゴ「驚いてる場合じゃねえ、行くぞ」

???「待ちやがれ!」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:35:16.27 ID:Wie++4H0o

背後から謎の戦士が現れ跳び蹴りで前方にいた怪人たちを撃破した
右半身が緑、左半身が黒の戦士だ

???「その白服、またお前らか」

マスカレイド「それはこちらの台詞だ」

弥生「ダイゴさんあれって」

ダイゴ「ああ、でも何であいつが」

2人は驚きを隠せなかった
なぜならそこに現れたのはキョウリュウジャー達を襲った奴らの1人
仮面ライダーWだったからだ

W(翔太郎)「行くぜ?フィリップ」

W(フィリップ)「ああ、翔太郎」

マスカレイド「おのれ!」

Wは怪人たちを次々となぎ倒していった

マスカレイド「ぐわっ!よくもやってくれたな」

W(翔太郎)「この街を泣かせる奴は許さないぜ」

ダイゴ(「街を泣かせる奴は…許さない…?」)

マスカレイド「ならば…」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:39:11.38 ID:Wie++4H0o

マスカレイドは果物のついた錠前を取り出しロックを解除した
その瞬間ジッパーが現れ中から怪人が現れた

シカインベス「ぐぉ!」

W(翔太郎)「何だあれ、見たことねえ奴らだぞ」

W(フィリップ)「前に検索したことがある、あれはある街でゲームの道具に使われているロックシードとインベスだ」

W(翔太郎)「明らかに怪しいだろあれ、風都みたいな街が他にもあったなんてな」

マスカレイド「やれ!」

シカインベス「ぐぉ!」

W(翔太郎)「おりゃ!」

風を纏ったWの連続蹴りが炸裂
インベスに大ダメージを与えた

シカインベス「ぐぉ…」

W(翔太郎)「意外とたいしたことねえなあいつ」

W(フィリップ)「ああ、マキシマムだ翔太郎」

Wはベルトの左側からメモリを引き抜き腰にセットした
『ジョーカー!マキシマムドライブ!』

W「「ジョーカーエクストリーム!」」

シカインベス「ぐぉ!」

マスカレイド「ぐわっ!」

必殺キック、ジョーカーエクストリームが炸裂しマスカレイドごとインベスを倒した

W(翔太郎)「決まったぜ」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:42:58.43 ID:Wie++4H0o

Wはダイゴ達の元へ歩み寄った

W(翔太郎)「危なかったな…って…」

弥生はWに向けて銃を向けた

W(翔太郎)「おいおい…何のまねだよ…」

ダイゴ「落ち着け弥生」

弥生「ダイゴさん、仮面ライダーは私たちの敵ですよ」

W(翔太郎)「えっ」

W(フィリップ)「どういう意味なんだい」

ダイゴ「いや弥生、こいつらは俺たちの敵じゃねえ」

弥生「何を言ってるんですかダイゴさん、仮面ライダーは私たちに攻撃してきたじゃないですか」

ダイゴ「ああ、でもさっきの戦いを見て感じた、仮面ライダーも俺たちと同じだってな」

弥生「私達と同じ?」

ダイゴ「ああ、俺たちと同じ、この星を守る戦士だってな」

ダイゴ「だから俺はあんたたちを信じてみる、絶対、俺たちの敵じゃないと」

弥生「ダイゴさんがそこまで言うなら…わかりました、私も信じてみます」

W(翔太郎)「どういうことだ?フィリップ」

W(フィリップ)「詳しい話が聞きたい、翔太郎、彼らを事務所まで案内してくれ」

W(翔太郎)「わかったよ」

Wは変身を解除した

翔太郎「というわけだ、ついてきてくれ」

ダイゴ「わかった」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:46:52.97 ID:Wie++4H0o

都内のとある公園、1人の男がドーナツを食べていた
彼の名は操真晴人、魔法使い・仮面ライダーウィザードだ

晴人「やっぱはんぐり~のドーナツはうまいな、しかしあいつ遅いな」

はんぐり~店長「あらはるくん、これからデート?」

晴人「いや、ちょっと懐かしい友人と待ち合わせでね」

店長「あらそうなの、私でいいならデートしてあげるわよ」

晴人「遠慮しとくよ…お、来たか」

???「久し振りだな!」

晴人の目の前に学ランを来たリーゼントの青年が現れた
如月弦太朗、仮面ライダーフォーゼだ

晴人「話って何だ」

弦太朗「いや、俺も先輩から呼ばれてそれであんたにも」

晴人「先輩ねえ、学校のか?それとも…」

弦太朗「勿論、」

弦太朗が何か言いかけたときパンツを持った1人の青年が現れた

???「ゴメンゴメン、飛行機が遅れてて」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:51:21.63 ID:Wie++4H0o

弦太朗「久し振りっす!映司さん!」

火野映司、彼もまた仮面ライダー、オーズだ

晴人「あんたがオーズか、前はコヨミを助けてくれてありがとう」

映司「いいんだ、ライダーは助け合いだからね」

店長「あらいらっしゃーい、ねえこれ食べていかない?新作の恐竜ドーナツ!」

晴人「恐竜!?」

店長「そう、ティラノサウルスにパラサウロロフス、ステゴサウルスにヴェオキラプトル、トリケラトプスにプテラゴードンもあるわよ!」

晴人「プレーンシュガーおかわり」

弦太朗「じゃあ俺もそれで」

映司「俺も」

店長「ちょっとはるくん!」

店員「やっぱり買ってもらえないんですね…」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:54:01.98 ID:Wie++4H0o

晴人「それで、俺たちを呼んだ理由っていうのは」

映司「ああ、弦太朗君、財団Xのことは覚えているよね」

弦太朗「はい!」

晴人「財団X?」

映司「数々の組織に資金援助をするかわりにそこにある技術を利用するという謎の財団だよ」

晴人「そういや、笛木の人造ファントム製造所に謎のXマークがあったって凛子ちゃん言ってたな」

弦太朗「その財団Xがまた動き出したんすか」

映司「ああ、つい最近鴻上さんのところに財団Xが来たんだ」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 17:56:21.52 ID:Wie++4H0o

鴻上「なるほど、我々に資金援助をする代わりにセルメダルをくれと」

白服を着た男「ああ、どうだ、悪い話ではないだろう」

鴻上「素晴らしいっ!目的は知らんが何かを成し遂げたい、それも立派な欲望だ」

白服を着た男「交渉成立か」

鴻上「いや、悪いが君達に協力することは出来ない、私と君達の欲望はどうやら正反対みたいだからね」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:03:12.49 ID:Wie++4H0o

映司「鴻上さんは断ってくれたみたいだけど他にも色々なところに声をかけているらしいんだ」

映司「何が目的なのかはわからない、でも恐ろしい計画をたくらんでいるみたいなんだ」

弦太朗「あいつら…今度は何を…」

晴人「それで俺達に協力を求めたってわけか」

映司「ああ、財団Xは手ごわい、前も7人ライダーがやられてしまうほどだったからね」

晴人「7人ライダー…噂には聞いたことある、彼らを倒すなんて…」

そのとき、何かが落下したような大きな音がした

映司「何だ今の音」

弦太朗「向こうの森からっす!」

晴人「行こう!」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:06:17.27 ID:Wie++4H0o

何かが落下したその場所に人の姿が見えた
イアン達だ

イアン「いてて…みんな大丈夫か!」

ノブハル「何とか…」

ソウジ「トリンのお陰で何とか助かったな」

アミィ「でもトリンは?」

空蝉丸「鉄砕殿、ラミレス殿、弥生殿、それにキング殿もいないでござる」

イアン「oh my…無事だといいんだが…」

ソウジ「キングなら大丈夫さ、トリンたちもきっと」

アミィ「それに、まずは仮面ライダーのことよ」

空蝉丸「まったく歯が立たなかったでござる」

ノブハル「あいつら…なんで僕達を…」

???「食らえ!」

空蝉丸「はっ!何奴!」

突然イアン達に向けて何者かが攻撃を仕掛けてきた
とっさに空蝉丸が攻撃をはじき返した

???「デーボスジャンプ!」

ソウジ「ゼツメイツ!」

イアン「oh myまた蘇ったのか」

ナガレボーシ「そうだ、貴様らへの復讐のためにな」

ウイルスン「俺たちの怨み、今晴らしてやる」

ヒョーガッキ「行くぞ、怨みによってパワーアップしたゼツメイツの力をみせてやる!」

空蝉丸「怨み…まさかエンドルフの作戦か」

ソウジ「それよりも、ゼツメイツとゾーリ魔以外に色々いるぞ」

アミィ「あいつら、今までデーボス軍にしたかしら?」

イアン「よくわかんねえけど、行くぞみんな」

ナガレボーシ「その消耗しきった体でか?」

イアン「く…」

???「そこまでだ!」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:09:36.84 ID:Wie++4H0o

そのとき、背後から3人の男が現れた

ナガレボーシ「何だ貴様等!」

映司「ヒーローは助け合いでしょ!」

弦太朗「俺は如月弦太朗!全てのスーパーヒーローと友達になる男だ!」

晴人「希望を守る魔法使い、いや仮面ライダーだ!」

イアン「仮面ライダーだと…」

映司「君達は下がってて」

晴人「さあ行くぜ!」

晴人は右手に嵌めている指輪をベルトにかざした

『ドライバーオン!プリーズ』

続けて映司・弦太朗もドライバーを取り出した

『シャバドゥビタッチヘンシーン!シャバドゥビタッチヘンシーン!』

『3・2・1!』

「「「変身!!!」」」

『タカ!トラ!バッタ!タ・ト・バ、タトバ、タ・ト・バ』

『フレイム、プリーズ、ヒーヒーヒーヒーヒー!』

掛け声と共に3人のライダーの変身が完了した



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:12:15.55 ID:Wie++4H0o

フォーゼ「宇宙…キターッ!」

ウィザード「さぁ、ショータイムだ!」

オーズ「はっ!」

オーズはメダジャリバーを使い敵を切り裂いてゆく

オーズ「セイヤー!」

屑ヤミー「ぐぉ!」

『ロケット、オン!』

フォーゼはロケットモジュールで敵をなぎ倒してゆく

フォーゼ「ライダーロケットパーンチ!」

ダスタード「ぐわっ…」

『ビッグ!プリーズ』

ビッグで腕を巨大化し敵をなぎ払うウィザード

ウィザード「これが俺の魔法だ、はっ!」

グール「うっ…」

ナガレボーシ「バカな、あのお方から貰った怪人軍団が一瞬で…」

オーズ「あのお方?」

ウイルスン「貴様らには関係ない!」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:15:22.68 ID:Wie++4H0o

ナガレボーシ「デーボス滅ボールだ!」

そういうとナガレボーシは滅と書かれたボールを取り出した

ウィザード「なら俺たちも合体技といこうか」

『ハリケーン、ドラゴン!ビュービュー、ビュービュービュビュー!』

『エレキ、オン!』

『クワガタ!トラ!バッタ!』

負けじとライダー達もガタトラバ・エレキステイツ・ハリケーンドラゴンへと姿を変えた

ナガレボーシ「アタック!」

『スキャニングチャージ!』

『リミットブレイク!』

『チョーイイネー、サンダー、サイコー!』

フォーゼ「ライダー100億ボルトシュート!」

オーズ「セイヤー!」

ライダー達の電撃攻撃とデーボス滅ボールがぶつかり合う
だがライダー達の方が威力は上だった

ゼツメイツ「ぐわっ!」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:17:57.09 ID:Wie++4H0o

アミィ「ねえイアン、あれって」

イアン「ああ間違いねえ、俺たちを襲った奴らだ」

ソウジ「でもどうして、そいつらが俺たちを」

ノブハル「何か狙いがあるに違いない」

空蝉丸「いや…」

ウィザード「フィナーレだ」

『チョーイイネー、スペシャル、サイコー!』

『エレキ、ドリル、リミットブレイク!』

『トリプル、スキャニングチャージ!』

フォーゼ「ライダー電光ドリルキック!」

3つの必殺技がゼツメイツに炸裂

ナガレボーシ「ゼツメイツがまた絶滅するなんて…」

ゼツメイツ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

ウィザード「ふぃ~」

戦いを終え、3人のライダーは変身を解いた



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:20:49.87 ID:Wie++4H0o

映司「大丈夫だった?」

イアンとソウジは映司達に銃を向けた

映司「えっ」

イアン「どういう風の吹き回しだ」

ソウジ「さっきは俺たちを襲って、今度は俺たちを守るなんて」

弦太朗「喧嘩売ってるなら買ってやるぜ」

晴人「どっちも落ち着けって」

イアン「落ち着いてられるか、お前らのせいで俺達は仲間とも…」

弦太朗「仲間?」

映司「ちょっと待って、一体何があったんだ」

アミィ「とぼけないで、私たちはあなたたちに攻撃されたのよ」

ノブハル「そうだそうだ!」

空蝉丸「各々方、待つでござる」

イアン「ウッチーまで何言ってるんだ、こいつらは俺たちを」

空蝉丸「しかし彼らは、傷ついた拙者たちを本気で守ってくれたでござる」

空蝉丸「悪の手に落ちた拙者を救おうとしてくれたキング殿や、各々方と同じ様に」

イアン「ウッチー…」

空蝉丸「拙者は、お主達仮面らいだを信じてみるでござる」

アミィ「ウッチーがそこまで言うなら…」

ソウジ「でも、俺たちを襲った奴らは…」

イアン「ああ、それが解決できなきゃ…」

映司「ねえ、その君達を襲った仮面ライダーについて教えてくれないか」

晴人「もしそいつらが偽者なら、俺たちも気分が悪いんでな」

弦太朗「仮面ライダーの名前を使って悪さをするなんて、許せないぜ」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:24:34.58 ID:Wie++4H0o

トリン「みんな…無事でいてくれ…」

とある地方都市、トリンはそこに飛ばされていた

鉄砕『すまないトリン、俺達はスピリットの回復のためしばらく活動できない』

ラミレス『spirit power、回復したら、直ぐに駆けつけマース』

トリン「ありがとう、ゆっくり休んでくれ鉄砕、ラミレス」

トリン「しかし、どうやってダイゴ達を…」

そのとき、トリンの前に怪物たちが現れた

トリン「なんだ貴様等、デーボモンスターではないな」

インベス「ぐぉ…」

トリン「私が相手だ!うっ…」

かなりダメージを受けていたトリンは動けなかった

インベス「ぐぉー!」

トリン「まずい…」

???「よっと!」

インベス「ぐぉ…」

トリン絶体絶命のそのとき、背後から青いパーカーを来た青年が現れた



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:27:01.54 ID:Wie++4H0o

???「大丈夫か鳥さん」

トリン「君は?」

???「俺は葛葉紘汰、アーマードライダー鎧武だ!」

トリン「アーマードライダー?」

???「紘汰さん!」

さらに1人、青いパーカーを来た青年が現れた

紘汰「来てくれたかミッチ」

光実「はい、行きましょう!」

2人はドライバーを取り出し腰へセット、その後ロックシードを取り出した

「「変身!」」

『オレンジ!ブドウ!』

空にオレンジとブドウが現れる

『ロックオーン!ソイヤッ!ハイーッ!』

『オレンジアームズ!花道、オンステージ!』

『ブドウアームズ!龍砲、ハッハッハッ!』

2人はアーマードライダー鎧武、龍玄へと変身した



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:29:47.77 ID:Wie++4H0o

鎧武「ここからは俺たちのステージだ!」

龍玄「行きましょう紘汰さん!」

トリン「アーマードライダー…仮面ライダーとは違うのか」

鎧武、龍玄は迫り来るインベスたちを次々となぎ倒してゆく!

『オレンジスカッシュ!』

『ブドウスカッシュ!』

鎧武「食らえ!」

龍玄「はっ!」

インベス「ぐぉ!」

龍玄「これじゃ埒が明かない」

鎧武「これでどうだ!」

『イチゴ!』

龍玄「そうか」

『キウイ!』

『ロックオーン!ソイヤッ!ハイーッ!』

『イチゴアームズ!シュシュッと、スパーク!』

『キウイアームズ!撃・輪、セイヤッハッ!』

2人はイチゴ、キウイへとアームズチェンジした



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:33:25.54 ID:Wie++4H0o

鎧武「シュシュッと!」

龍玄「これでどうだ!」

インベス「ぐぉぉ…」

鎧武「輪切りにしてやるぜ!」

『一・十・百!イチゴチャージ!』

『キウイスカッシュ!』

鎧武「セイハー!」

龍玄「はっ!」

インベス「ぐぉ…!」

鎧武「やったなミッチ!」

龍玄「はい!」

トリン「何てブレイブな強さだ!」

トリンはお得意のフィンガースナップを決めた



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:35:25.21 ID:Wie++4H0o

紘汰たちは変身を解いた

紘汰「大丈夫か、鳥さん」

トリン「私の姿に驚かないのか」

光実「確かにこの人、インベスに似ているような…」

紘汰「ああ、でも何か知らないけどわかるんだ」

紘汰「あんたは悪い奴じゃないってな」

トリン「私を…信じてくれるのか…」

紘汰「ああ」

トリン「ありがとう」

トリン(「似ている、強き竜の者たちに」)

紘汰「ところで、何でこんなところに」

トリン「それは…」

トリンは自分たちに起きた出来事を全て話した

紘汰「仮面ライダーがあんたたちを?」

トリン「ああ」

紘汰「そいつらはきっと仮面ライダーじゃないと思うぜ」

トリン「どういうことだ」

紘汰「俺は前、ある仮面ライダーに出会った」

紘汰「そいつに教えてもらったんだ、仮面ライダーって言葉の意味を」

トリン「言葉の…意味…?」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:37:05.54 ID:Wie++4H0o

鎧武「仮面…ライダー?俺が?」

ウィザード「全ての人の自由を守る、戦士の名だ」

ウィザード「助けを求める声があれば、必ず駆けつける」

鎧武「ふーん、助けてって言う声が聞こえてきたんだ」

ウィザード「俺と一緒だ、必ず助ける、そう答えた、だからここに来たんだ」

ウィザード「だからお前も、仮面ライダーだ」

鎧武「へー、なら俺は、仮面ライダー鎧武、ってことか?」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:40:53.38 ID:Wie++4H0o

光実「そんなことが…」

トリン「同じだ…」

紘汰「え?」

トリン「君達仮面ライダーは、強き竜の者たちと同じだ」

トリン「君が私を信じてくれたように、私も君達を信じる、ありがとう」

紘汰「強き竜の者?なんだかよくわかんねぇけど、礼ならいいって」

トリン「私はもういく、仲間たちを助けるために」

紘汰「だったら俺たちも行く、だよなミッチ!」

光実「はい!」

トリン「ありがとう!共に戦おう、人々の自由のために!」

再びトリンはお得意のフィンガースナップを決め、紘汰たちと共に空へ飛び立った



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:43:10.25 ID:Wie++4H0o

とある場所、ここに奴らのアジトはあった

白服を着た男「仮面ライダー共も動き出したか」

エンドルフ「奴らだけでも憎いというのに、頭がいてぇ…」

???「これは何の真似だ!」

エンドルフと謎の男の下に白い戦士が現れた

エンドルフ「誰だ」

白服を着た男「これはこれは…ユグドラシルの貴虎さんじゃないか」

斬月「ロックシードを沢芽市の外に持ち出してもらっては困る」

白服を着た男「普段とは違う環境で使用すれば、新しいデータが手に入るかもしれないだろ?」

斬月「それだけじゃない、何故インベスが実体化している」

エンドルフ「わりぃわりぃ、それは俺の怨みの力だ」

斬月「怨み…?」

白服を着た男「なぁ貴虎さん、態々ここに来たってことは例の物、持ってきているんだよな」

斬月「ああ、約束のロックシードだ」

白服を着た男「ご苦労さん、これだけあれば十分だ」

白服を着た男「行くぞエンドルフ、作戦を次の段階へと移行する」

エンドルフ「へいへい、じゃあな、メロン」

斬月「め、メロン…だと…」



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 18:45:44.14 ID:Wie++4H0o

ダイゴと弥生は翔太郎に連れられてある場所に来ていた
かもめビリヤード場2階、鳴海探偵事務所だ

翔太郎「ここが俺たちの探偵事務所だ」

ダイゴ「あんたたち探偵なのか」

翔太郎「ああ、おいフィリップ、連れてきたぜ」

フィリップ「やぁ、キョウリュウレッド、桐生ダイゴにキョウリュウバイオレット、弥生ウルシェード」

弥生「どうして私達の名前を」

翔太郎「こいつは地球の本棚っていう地球の記憶が秘められた場所にアクセスできるんだ」

フィリップ「僕は今、獣電戦隊キョウリュウジャーに世界で1番…とは言わないがかなり詳しい人間となっている」

ダイゴ「すげぇなアンタ」

翔太郎「俺は左翔太郎、ハードボイルドな私立探偵だ」

フィリップ「嘘はよくないよ翔太郎、君はまだ煮えてない半熟玉子、ハーフボイルドじゃないか」

翔太郎「何だとてめぇ!」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:17:14.19 ID:Wie++4H0o

弥生「何かあの人、ダイゴさんみたいですね」

翔太郎を見ながら弥生はそう言った

ダイゴ「そうか?確かにすごいブレイブは持っているみたいだが」

弥生「まあ、ダイゴさんの方が魅力的ですけど」

ダイゴ「何か言ったか弥生」

弥生「いえ、何でもありません」

翔太郎「挨拶はこれくらいにして、俺達の姿をした仮面ライダーを名乗る奴らのこと、詳しく教えてくれ」

ダイゴ「ああ、あれは俺たちが敵と戦っていたときのことだ」



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:18:08.32 ID:Wie++4H0o

風都某所
超常犯罪捜査課の刑事、照井竜は何かの調査をしていた

照井「やはり財団Xが動いていたか、だが奴らの目的は一体…」

???「そこまでだ、照井」

照井「お前は…」

照井の前に何者かが現れた
彼は驚いた
なぜならそこに現れたのは風都で共に戦う戦士、Wだったからだ

照井「何のつもりだ左、フィリップ!」

W「見てわからないのか、貴様を倒しに来た」

照井「またドーパントの罠に落ちたか、いやそれとも…」

照井はドライバーとメモリを取り出した

『アクセル!』

照井「変…身!」

『アクセル!』

照井はアクセルへと変身した



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:20:24.22 ID:Wie++4H0o

アクセル「振り切るぜ」

W「ふん、さぁ数えてもらおうか、絶滅までの時間を…」

アクセル「左?」

W「おりゃ!」

アクセル「ぐわっ…」

Wの猛攻にアクセルはダメージを受ける

アクセル「お前は左とフィリップではないな、何者だ!」

W「知ったところで貴様の敗北は決まっている、」

アクセル「舐めるな…」

『アクセル!マキシマムドライブ!』

W「これで決まりだ」

『ジョーカー!マキシマムドライブ!』

両者共にマキシマムドライブを発動する

W「ジョーカーエクストリーム」

アクセル「はっ!」

両者の必殺キックがぶつかり合う
しかしWの方が威力は上だった

アクセル「ぐわっ…」

W「意外とたいしたことないな、照井」

アクセル「偽者の分際で俺の名を呼ぶな!」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:22:37.45 ID:Wie++4H0o

鳴海探偵事務所

フィリップ「確かに君達を襲ったのは、W・オーズ・フォーゼ・ウィザード、この4人のライダーで間違いないようだ」

翔太郎「おいフィリップ、俺たちは何もしてないだろ」

フィリップ「ああ、彼らはクローンか何かだろう」

ダイゴ「偽者だったのか、お陰ですっきりしたぜ」

弥生「だとしたら一体誰が…デーボス軍が作り出した物には見えませんし」

フィリップ「恐らく財団Xだ」

ダイゴ「財団X?」

翔太郎「俺たちと何度か戦ったことのある組織、死の商人だ」

フィリップ「さっき君達を襲った白服の連中、あれも財団Xだ」

ダイゴ「そんな奴らがデーボス軍と手を組んだってことか」

翔太郎「クローンライダー共を倒して財団Xの野望をとめないと…」

フィリップ「だがクローンとはいえ強き竜の者10人を圧倒したということはかなりの力を持っているということだ」

ダイゴ「ああ、今まで戦ったどの相手よりも強かった」

翔太郎「許せねぇ…俺達の名前を使うなんて…」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:24:38.32 ID:Wie++4H0o

ダイゴ「こいつを使うことが出来たらな…」

弥生「それってカーニバル獣電池ですよね」

ダイゴ「ああ、さっきの戦いで使ったからチャージ切れになっちまった」

弥生「ここじゃ獣電池のチャージが行なえない、カーニバルが使えないとなるとかなり厳しいですね…」

フィリップ「いや、1つだけ方法がある」

ダイゴ「えっ?」

フィリップ「エクストリームメモリでカーニバル獣電池を取り込む」

フィリップ「空になったとはいえ恐らく微妙にスピリットは残っているはず、それが極限まで活性化すればまた使えるはずだ」

ダイゴ「すげぇ!」

そのとき、翔太郎の持つスタッグフォンが鳴った



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:27:09.38 ID:Wie++4H0o

翔太郎「もしもし、照井か」

アクセル『左、やはり俺の目の前にいるWは偽者か』

翔太郎「照井、まさかクローンWと」

アクセル「ぐわっ!」

翔太郎「照井!」

電話はそこで切れてしまった

翔太郎「今助けに行くぞ照井」

ダイゴ「俺も行く」

フィリップ「待つんだ、今行くのは無謀だ、せめて対策を立てないと」

翔太郎「対策なんて、動いてから立てればいい、そうだろ?」

ダイゴ「ああ、それに今動かないのはブレイブじゃねえ」

弥生「ダイゴさん…」

フィリップ「そう来ると思ったよ、だが僕はこれをチャージするという作業がある、しばらくはジョーカーで戦ってもらうことになる」

翔太郎「問題ねえ、それまで耐えればいいだけの話しだ」

ダイゴ「さぁ、ブレイブに荒れようぜ!」

翔太郎「ああ!」

2人は探偵事務所を飛び出していった

フィリップ「翔太郎の反応は予想通りだったが、桐生ダイゴ、彼も中々凄い奴だ」

弥生「ええ、だってあの人は私達のキングですから」

フィリップ「キングか…弥生ウルシェード、僕達も始めようか」

弥生「はい!ダイゴさんのために…」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:29:49.44 ID:Wie++4H0o

その頃、映司たちもイアン達から敵のことを伝えられていた

映司「確かに、君達が戦った連中は俺達そのものだ…」

弦太朗「許せねぇ…仮面ライダーの名前を使うなんて…」

ソウジ「なあ、どうして仮面ライダーって名前にそうこだわるんだ」

アミィ「そもそも、仮面ライダーってどういう存在なの?」

晴人「全ての人の自由を守る、戦士の名だ」

映司「誰かが助けを求め、手を伸ばしたら、必ずその手を掴みにいく、それが仮面ライダーだ」

弦太朗「だからこそ許せねぇ…みんなが付けてくれたこの名前を汚す奴が…」

空蝉丸「やはり、拙者たちと同じでござるな」

アミィ「yes!私たちもデーボス軍に襲われている人を見たら、放っておけないものね」

ソウジ「でも…」

???「くだらないな」

映司「危ない!」

突如、何者かが攻撃を仕掛けてきた
映司達は変身しイアン達を庇った

3人「ぐぁっ!…」

空蝉丸「大丈夫でござるか!」

???「人を守る戦士?笑わせるな、俺たちは全ての希望を絶望に変える者だ」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:32:04.52 ID:Wie++4H0o

ウィザード「おいどうなってるんだ…」

フォーゼ「何で俺達の目の前に…」

オーズ「俺達が…」

彼らの前に現れた奴ら
それはどこか闇に染まったオーズ・フォーゼ・ウィザード、3人のライダーだった

イアン「奴らだ…俺たちを襲った仮面ライダーっていうのは…」

オーズ「やっぱり俺達の偽者か」

オーズ(闇)「ああ、今はお前らの偽者だ」

フォーゼ「今は…?」

フォーゼ(闇)「ここで貴様らを倒せば、俺たちが本物になる」

ウィザード(闇)「さぁ、ショータイムと行こうか」

ウィザード「俺の決め台詞までパクリやがって…」

オーズ「こいつらは俺たちで何とかする!」

イアン「でも!」

フォーゼ「大丈夫だ、自分のことは自分が1番わかるからな、タイマン晴らせて貰うぜ!」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:34:23.04 ID:Wie++4H0o

『コネクト、プリーズ!』

『コネクト、プリーズ!』

両者コネクトを使いウィザーソードガンを取り出した

ウィザード「はっ!」

ウィザード(闇)「ふん」

ウィザード「ぐわっ!」

ウィザード同士による攻防が続く
だが晴人の方が押され気味だ

ウィザード「何故だ…」

ウィザード(闇)「所詮、希望なんてまやかしなんだよ」

『キャモナスラッシュシェイクハンズ!フレイム!スラッシュストライク!ヒーヒーヒー!』

ウィザード(闇)「食らえ、はっ!」

ウィザード「ぐわぁぁぁぁ!」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:36:36.67 ID:Wie++4H0o

フォーゼ「ライダーロケットパーンチ!」

フォーゼ(闇)「ライダーロケットパンチ」

ロケットモジュール同士がぶつかり合う
しかしこちらも闇の方が勝っている

フォーゼ「うわっ…」

フォーゼ(闇)「諦めろ、お前に勝ち目は無い」

フォーゼ「うるせぇ!ダチのために、俺は負けるわけにはいかねえんだよ!」

フォーゼ(闇)「友情か、くだらない」

フォーゼ「くだらねぇだと…」

フォーゼ(闇)「ああ、仲間なんてタダの足枷だ」

『ドリルオン!ロケット、ドリル、リミットブレイク!』

フォーゼ(闇)「ライダーロケットドリルキック」

フォーゼ「だったら…」

『シールド、シールドオン!』

フォーゼ(闇)「遅い、はっ!」

フォーゼ「ぐわっ!…」

弦太朗はシールドモジュールでガートするも闇のフォーゼの攻撃はそれを貫いた



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:39:51.15 ID:Wie++4H0o

オーズ同士の対決
こちらも闇の猛攻に映司は押されていた

オーズ「くっ…なんて強さだ…」

オーズ(闇)「貴様らのちっぽけな力じゃ俺たちを越えることなど出来ない、食らえ!」

『トリプル、スキャニングチャージ!』

オーズ「ぐわっ!」

フォーゼ「あいつら…半端じゃねえ…」

ウィザード「同じ力なら互角、いや戦いなれてる俺たちの方が上なはずなのに…」

ウィザード(闇)「教えてやろう、俺たちは財団Xのクローン技術とデーボス軍の力で誕生したクローンライダーだ」

オーズ「クローンライダー…?」

フォーゼ「やっぱり財団Xか!」

フォーゼ(闇)「しかもこの力は、貴様等仮面ライダーとキョウリュウジャーへの強い復讐心によるものだ」

オーズ(闇)「オリジナルの力など軽く上回るほどのな」

ウィザード(闇)「今こそ怨み晴らすときだ、キョウリュウジャー、仮面ライダー共」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:43:01.89 ID:Wie++4H0o

氷結城

カオス「エンドルフ、今回の君の作戦、デーボス様もお喜びだ」

エンドルフ「財団Xの力を借り、奴らを潰す、ここまで順調で頭がいてぇぜ…」

白服を着た男「我々としても、目障りな仮面ライダーを潰せるのは助かる」

カオス「引き続き頼んだぞ、我が怨みを果たしてくれ」

エンドルフ「へいへい」

カオス「みんな、エンドルフの作戦を手伝ってやってくれ」

アイガロン「はいよ!カオス様!」

キャンデリラ「うーん…」

ラッキューロ「は、はい…」

カオス「お前もだぞ、ドゴルド」

ドゴルド「く…わかりましたよ、旦那…」

エンドルフ「というわけだ、あんたたちにはこれを押してもらう」

エンドルフは白いガイアメモリを取り出した
そこには何故か何も描かれていなかった

アイガロン「こいつを押すだけでいいんだな?」

エンドルフ「ああそうだ、お前もやれよ、鎧」

ドゴルド「たく…腹立たしいぜ!」

ドゴルドはエンドルフからメモリを1つ奪い取りスイッチを押した
突如メモリは赤くなりガイアウィスパーが鳴り響く

『怒り!』

ドゴルド「な、何だこれは」

白服を着た男「こいつは我ら財団Xが開発した最初に押した者のイメージしたものを記憶する特殊なガイアメモリ」

エンドルフ「こいつにあんたたちの持つ感情を記憶させれば、デーボス様に似た力を出すことが出来る」

ドゴルド「デーボス様にだと…」

エンドルフ「さぁ、あんたたちも押してくれ」

アイガロン「はいよ!」

ラッキューロ「どうします?キャンデリラ様」

キャンデリラ「うーん…いいわ、押しましょう」

『哀しみ!喜び!楽しみ!』

アイガロンたちもメモリを押しそれぞれの感情が記憶された

エンドルフ「さぁて、復讐のときだ、キョウリュウジャー」

白服を着た男「ああ、待っていろ、仮面ライダー共」



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:45:27.77 ID:Wie++4H0o

その頃、フィリップと弥生は探偵事務所で作業を行なっていた

弥生「準備完了です、後はエクストリームメモリにカーニバル獣電池を取り込めば…」

フィリップ「ああ、それじゃあ始めよう、君の大好きな人のためにね」

弥生「ど、どうしてそれを…」

フィリップ「言ったはずだろ?僕は今君達にかなり詳しい人間だと、それに君の反応を見たら誰だってそれぐらい察しがつく、桐生ダイゴ本人を除いてね」

弥生「やっぱり…」

フィリップ「何故だ、何故君はそこまで桐生ダイゴの事を想える、君だけじゃない、君達獣電戦隊は何故彼を信じられるんだ」

弥生「あの人はブレイブそのものなんですよ、どんなに辛いときでも、ダイゴさんがいたから私たちはここまで戦ってこれたんです」

フィリップ「ブレイブか、僕は君達の全てを検索した、それなのに君達に世界で一番詳しい人間になることは出来なかった」

フィリップ「記憶を閲覧しただけではブレイブを理解することが出来なかったからだ」

弥生「フィリップさん…?」

フィリップ「だが、君の話を聞いてますます興味がわいてきたよ、君達を動かす原動力、ブレイブについて…」

フィリップ「早くチャージを済ませよう」

弥生「はい!」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:49:08.58 ID:Wie++4H0o

風都某所

アクセル「なんて…強さだ…」

クローンWにより大ダメージを受けアクセルの変身が解除されてしまった

W(闇)「この程度か…」

ダイゴ「そこまでだ、偽者野郎!」

ダイゴはガブリボルバーでWに攻撃、しかし全てはじかれてしまった

W(闇)「キョウリュウレッド、態々やられに来るとはな」

翔太郎「大丈夫か!照井!」

照井「左…すまない…」

W(闇)「本物まで現れやがったか、まあいい、手間が省けた」

翔太郎「許せねぇ…俺達の姿で…」

ダイゴ「チェンジだ!ブレイブイン!」

ダイゴは1番獣電池にブレイブを込めガブリボルバーへとセットした

『ガブリンチョ!ガブティーラ!』

翔太郎「行くぜ…俺」

翔太郎はジョーカーメモリとロストドライバーを取り出した

『ジョーカー!』

ダイゴ「キョウリュウチェンジ!」

翔太郎「変身!」

サンバのリズムに合わせてダイゴが踊る
同時に翔太郎も変身プロセスを踏む

ダイゴ「ファイヤー!」

『ジョーカー!』

2人はキョウリュウレッドとジョーカーへと変身した



57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:51:34.90 ID:Wie++4H0o

W(闇)「片割れだけか、俺も舐められたものだな」

ジョーカー「あいにく、フィリップなら今ちょっととりこんでてな」

レッド「行くぜ!」

W(闇)「さっさと始末するか」

『ルナ!トリガー!』

クローンはルナトリガーへとメモリを変えた

W(闇)「消えろ!」

レッド「おりゃ!くわっ…」

ジョーカー「く…まだだ!」

接近する翔太郎とダイゴに対して銃弾を撃つクローン
ガブリボルバーで応戦するも威力はクローンの方が勝っている

W(闇)「さっさと終わらせるか」

『トリガー!マキシマムドライブ!』

ジョーカー「まずい、よけろ!」

レッド「ああ!」

W(闇)「無駄だ、トリガーフルバースト」

2人「ぐわぁぁぁぁぁ!」

2人は避けようとするも光弾の追尾によって攻撃を食らってしまう
そこにエンドルフと白服の男が現れる

エンドルフ「諦めろ、貴様らに勝ち目は無い」

レッド「エンドルフ!やっぱりお前の仕業か」

白服を着た男「所詮我が怨みの前には貴様等は無力だ」

ジョーカー「財団X…」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:53:58.03 ID:Wie++4H0o

照井「あいつ…そんなまさか!」

ジョーカー「どうした照井、あいつのこと知っているのか?」

照井「ああ、奴の名は田端、加頭の部下だった男だ」

ジョーカー「加頭の部下だと」

田端「流石、風都署の刑事だ」

照井「だが貴様はT2ガイアメモリを輸送する際、NEVERに襲撃され自爆したはずだ!」

田端「ああ、だが俺は自爆の瞬間このメモリを使った」

田端はメモリを取り出した
そこには死神のようなデザインをしたDの文字が描かれえていた

ジョーカー「あれはデスメモリ」

田端「そう、俺はデスメモリの力で亡霊となり生き延びることが出来た」

エンドルフ「4ヶ月ほど前、そんな奴を俺が拾って怨みの力で完全に蘇らせたってわけだ」

レッド「何だと…」

田端「復活した俺は財団Xに戻り準備を進めた、貴様らに復讐するためにな」

エンドルフ「本当ならもっと早く実行したかったんだがな、わりぃわりぃ」

田端「まあいい、今頃貴様らの仲間もクローンの餌食になっているはずだ」

レッド「イアンたちが!?」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:56:28.45 ID:Wie++4H0o

その頃映司たちもクローンに苦戦していた

『ブラカーワニ!』

オーズ「セイヤー!」

オーズ(闇)「やれやれ、蛇苦手なんだよな」

『タカ!イマジン!ショッカー!ターマーシー!タマシー、タマッシー!ライダー、魂!』

映司はブラカワニコンボ、クローンはタマシーコンボへと姿を変えた

オーズ(闇)「はっ!」

オーズ「ぐわっ…そのコンボは…」

オーズ(闇)「俺は貴様の力の全てを使うことが出来る、こいつはパラレルワールドのオーズが使ったコンボみたいだがな」

オーズ「なんだと…」

『スキャニングチャージ!』

オーズ(闇)「食らえ!」

オーズ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁ!」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 19:59:28.85 ID:Wie++4H0o

『ロケット、ドリル、リミットブレイク!』

フォーゼ「ライダーダブルロケットドリルキック!」

フォーゼ(闇)「無駄だ」

『ランチャー、ガトリングオン!リミットブレイク!』

フォーゼ(闇)「ライダー超電磁ボンバー、一斉掃射!」

フォーゼ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁ!」

弦太朗はロケットステイツで応戦するがマグネットステイツとなったクローンに苦戦

フォーゼ「そんな…俺と撫子の力が…」

フォーゼ(闇)「だから言っただろ、絆など無意味だ」

フォーゼ「だがマグネットは、俺と賢吾の絆によって誕生した力だ!」

フォーゼ(闇)「くだらん!」

『リミットブレイク!』

フォーゼ(闇)「ライダー超電磁タックル!」

フォーゼ「ぐわぁっ!」



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:01:41.81 ID:Wie++4H0o

ウィザード(闇フレイムドラゴン)「はっ!」

ウィザード(フレイムドラゴン)「ぐわっ…」

ウィザード(闇ウォータードラゴン)「食らえ」

『チョーイイネー!!!ブリザード!サンダー!グラビティ!サイコー!!!』

ウィザード(闇ハリケーン・ランドドラゴン)「はっ!」

ウィザード(ウォーター・ハリケーン・ランドドラゴン)「ぐわぁぁぁぁぁぁ!」

両者ドラゴタイマーで分身するも晴人はクローンに圧倒されていた

ウィザード(フレイムドラゴン)「何て力だ…」

ウィザード(闇フレイムドラゴン)「絶望のときだ」

『ファイナルターイム!オールドラゴーン!プリーズ!』

ウィザード(闇)「はっ!」

ウィザード×4「ぐあぁぁ!」

ウィザードの分身体は消滅してしまった



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:03:58.37 ID:Wie++4H0o

ウィザード(闇)「諦めろ、貴様らに勝ち目は無い」

ウィザード「あいにく、魔法使いは諦めが悪いんでな」

オーズ「今諦めたら、絶対後悔する、俺はそんなの嫌だ」

フォーゼ「俺達の青春銀河は、まだここからだ!」

オーズ(闇)「笑わせるな」

ウィザード(闇)「フィナーレといこうか」

クローンライダー達は強化アイテムを取り出した

『プテラ!トリケラ!ティラノ!プットティラーノザウルース!』

『コズミック!コズミックオン!』

『インフィニティー!プリーズ!ヒースイフード、ボーザバビュードゴーン!』

オーズ「だったらこっちも!」

『タカ!クジャク!コンドル!タージャードルー!』

『コズミック!コズミックオン!』

『インフィニティー!プリーズ!ヒースイフード、ボーザバビュードゴーン!』

オーズ(闇)「タジャドルだと?」

オーズ「ああ、お前はこれで倒さなきゃいけないと思うんだ、力を貸してくれ、アンク」

映司は割れたタカメダルを取り出しそれを握り締めた

フォーゼ「みんなの絆で、宇宙を掴む!」

フォーゼ(闇)「宇宙は、1人で掴む物だ」

ウィザード「絶対にお前たちを倒す、俺達が最後の希望だ!」

ウィザード(闇)「だったらその希望、へし折ってやる!」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:06:29.53 ID:Wie++4H0o

映司達は力を振り絞り、クローンライダー達に挑む
しかし、結局は彼らに圧倒されてしまう

オーズ(闇)「はっ!」

オーズ「く…」

フォーゼ(闇)「おりゃっ!」

フォーゼ「ぐわっ…」

ウィザード(闇)「食らえ」

ウィザード「ぐぉ…」

ウィザード(闇)「往生際の悪い奴らだな」

オーズ(闇)「何故諦めない」

ウィザード「お前たちのせいで、仮面ライダーを信じられなくなった奴らがいる」

オーズ「彼らに俺たちを信用してもらうには、言葉ではなく、行動するしかない」

フォーゼ(闇)「そいつらは所詮赤の他人だ」

フォーゼ「他人なんかじゃねえ、あいつらも俺たちと同じ、人類の自由と平和を守る戦士、立派なダチだ!」



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:07:55.42 ID:Wie++4H0o

イアン達は物陰からその様子をみていた

イアン「あいつら…俺たちのために…」

ソウジ「俺たちは彼らを疑ったのに…」

ノブハル「仮面ライダーは僕達のために戦ってくれた、だったら今度は僕達が彼らのために戦おうよ」

アミィ「そうね、このまま見てるだけなんて出来ないわ」

ソウジ「疑った罪滅ぼしもしなきゃいけないしな」

空蝉丸「イアン殿、拙者たちは覚悟出来たでござる」

イアン「ウッチー…みんな…」

オーズ(闇)「トドメだ、仲良く地獄へ行け!」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:10:19.52 ID:Wie++4H0o

『ガブリンチョ!アロメーラス!メラメラーン!』

火炎がクローンライダー達を襲った

オーズ(闇)「ぐわっ…何だ!」

空蝉丸「イアン殿!」

オーズ「君達…」

イアン「俺は一体何を迷ってたんだ…キングなら、迷わずこうしてたはずなのに…」

ソウジ「それは俺たちも同じさ」

ノブハル「よーし、仮面ライダーに助太刀しマスクド!」

アミィ「ワーオ!OK!」

5人は獣電池を取り出した

「「「「「ブレイブイン!」」」」」

『ガブリンチョ!パラーサガン!ステゴッチ!ザクトール!ドリケーラ!プテラゴードン!』

空蝉丸「いざ、尋常に!」

「「「「「キョウリュウチェンジ!」」」」」

リズムに合わせ5人は踊りだす

「「「「「ファイヤー!」」」」」

5人はキョウリュウジャーに変身した



66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:12:56.80 ID:Wie++4H0o

ブラック「大丈夫か」

オーズ「君達…」

グリーン「疑ってすまなかった…」

オーズ「いいんだ」

フォーゼ「あんたたち!」

ピンク「疑ってごめん!」

フォーゼ「いいってことよ、今日から全員俺のダチだ!」

ブルー「ダチのピンチに助太刀だ!」

フォーゼ「あんた、つまんねえな!」

ブルー「ぐさっ…渾身のギャグだったのに…」

フォーゼ「でも嫌いじゃないぜ!」

ウィザード「さて、ここからは俺達のショータイムと行こうか!」

ゴールド「御意!荒れるでござる!」

ブラック「止めてみやがれ!」

オーズ(闇)「こざかしい!」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:16:16.61 ID:Wie++4H0o

『ギン!ギン!ギン!ギン!ギン!ギン!ギガスキャン!』

オーズ「セイヤー!」

『バモラ!』

ブラック・グリーン「獣電ブレイブフィニッシュ!」

『ガッガーン!ザックーン!』

3つの光線がクローンオーズに炸裂する

オーズ(闇)「ぐわっ…さっきより強くなってやがる…」

ブラック「俺達は戦隊でね、仲間がいればパワーアップできるんだよ」

オーズ「仲間と手をつなぎ、お互いを信じあえば、そうすれば俺たちは強くなれる」

グリーン「俺達のブレイブは、お前らの怨みを越える!」



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:18:06.06 ID:Wie++4H0o

ブルー「ノブハルジャンピングキック!」

ピンク「はっ!」

フォーゼ「ライダードリルキック!」

フォーゼ(闇)「ぐわっ…」

3人の同時キックはクローンフォーゼに大ダメージを与えた

フォーゼ(闇)「何故だ…仲間など、ただの足枷のはずだ…」

フォーゼ「俺のコズミックステイツは、仲間との絆の力で変身してるんだ」

フォーゼ「絆を信じないお前なんかに、俺たちが負けるわけ無い!」

ピンク「yes!」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:20:44.33 ID:Wie++4H0o

空蝉丸の加勢で、晴人もクローンウィザードに逆転する

ウィザード(闇)「俺は、お前らと同じ力のはずだ…」

ウィザード「言ったはずだ、俺たちは最後の希望だ!」

ゴールド「ふぃなーれでござるよ!獣電池、3本装填!」

『ガブリンチョ!』

空蝉丸はザンダーサンダーに3本の獣電池をセットした

ウィザード「ああ」

『ターンオーン!ハイタッチ!シャイニングストライク!』

ゴールド「獣電ブレイブフィニッシュ、雷電残光!」

『ザンダー…サンダー!』

ウィザード「はぁ!」

ウィザード(闇)「ぐあぁぁぁ!」



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:23:20.86 ID:Wie++4H0o

ウィザード「所詮偽物が、本物を越えることは出来ないんだよ」

フォーゼ「さぁ、トドメといこうぜ!」

オーズ「ああ、ここは俺たちにやらせてくれ」

ブラック「わかった、頼んだぜ、仮面ライダー」

『スキャニングチャージ!』

『チョーイイネー!キックストライク!サイコー!』

フォーゼ「ライダーキック!」

オーズ「セイヤー!」

ウィザード「はぁ!」

クローンライダー「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

3人のライダーの必殺キックがクローンたちに炸裂、見事撃破した

フォーゼ「しゃあ!」

ウィザード「ふぃ~」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:25:47.66 ID:Wie++4H0o

ブラック「やったな」

オーズ「ああ、でも、これで終わったわけじゃないみたいだ」

グリーン「え?」

ブルー「ちょっとみんな!あれを見て…」

そのとき、クローンライダーの破片が空へ飛び立っていった

ブラック「oh my…完全に倒したわけじゃなかったのか」

オーズ「みんな、あれを追おう!」

ゴールド「ちょっと待って欲しいでござる」

ピンク「どうしたのウッチー」

ゴールド「拙者、使える獣電池が残り1本しかないでござる、ちょっとチャージしてくるでござる」

ブラック「わかった、俺たちは先に行く」

オーズ「そうだ、だったらついでに俺達の仲間と合流してもらえないかな」

グリーン「あんたたちにも仲間がいるのか」

フォーゼ「ああ、すんげぇ頼もしい奴らだぜ」

ウィザード「頼んだよ、お侍さん」

ゴールド「心得た!」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:28:28.46 ID:Wie++4H0o

『ショルダーファング!』

W(闇)「食らえ!」

レッド「ぐあぁ!」

翔太郎とダイゴもクローンに苦戦していた

ジョーカー「てめぇ…ファングも使えるのか!」

W(闇)「ああ、貴様の力は全て使える、怨みの力で強化された上でな」

エンドルフ「どうだキョウリュウレッド、これでも怨みが不要といえるか」

レッド「ああ言えるさ、怨みで得た強さなんて本当の強さじゃねえ!」

エンドルフ「頭がいてぇ…奴をさっさと始末しろ」

W(闇)「ああ、茶番は終わりにしよう」

『サイクロン!ジョーカー!エクストリーム!』

クローンWはサイクロンジョーカーエクストリームに変身した

『プリズム!プリズムマキシマムドライブ!』

W(闇)「プリズムブレイク」

ジョーカー・レッド「ぐわぁぁぁぁぁ!」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:30:34.68 ID:Wie++4H0o

W(闇)「諦めろ、貴様らは俺に倒される、この仮面ライダーにな」

ジョーカー「ふざけんな…偽者が仮面ライダーを名乗るな!」

W(闇)「黙れ、所詮この世は勝った方が正義だ、これからは、俺が本物だ」

ジョーカー「黙るのはてめぇのほうだ!」

W(闇)「何?」

ジョーカー「仮面ライダーはな、この街の人達が、俺たちのためにつけてくれた名前なんだ」

ジョーカー「けっこう気に入ってるんだよ、この名前」

ジョーカー「その名前を汚す奴は…俺がゆるさねぇ!」

レッド「翔太郎!あんた、中々ブレイブだな!」

ジョーカー「ブレイブ?なんじゃそりゃ」

レッド「俺も本当の意味はしらねぇ」

ジョーカー「おい!」

レッド「けどな、自分の名前の誇りを守るために戦う、それがブレイブじゃないなら何になる」

ジョーカー「たく、とんでもねえ理論だな、でもなんかわかるぜ、ダイゴ!」

レッド「キングだ」

ジョーカー「え?」

レッド「なんかどこいってもそう呼ぶんだよ、俺も何だかんだで気に入ってるんだ」

ジョーカー「俺たちと同じって事か、じゃあ行こうぜ、キング!」

レッド「おう!」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:33:56.66 ID:Wie++4H0o

エンドルフ「頭がいてぇ…何言ってるのかさっぱりわからん」

ジョーカー「てめぇには一生わかんねえよ」

翔太郎はジョーカーメモリをドライバーから引き抜き腰のマキシマムスロットにセットした

『ジョーカー!マキシマムドライブ!』

ジョーカー「ライダーパンチ!」

レッド「岩烈パンチ!」

2人のダブルパンチがクローンWに炸裂し大ダメージを与えた

W(闇)「ぐは…」

ジョーカー「これで決まりだ」

『ジョーカー!マキシマムドライブ!』

ジョーカー「ライダーキック!」

レッド「おりゃぁ!」

2人は更に追い討ちをかける

W(闇)「ぐはぁ!何故だ…俺の方が力は上回っているはずだ…」

ジョーカー「Wは2人で1人の仮面ライダーだ、1人で戦うお前にその力の全てを引き出せるわけが無い」

レッド「俺達のブレイブの前に、怨みなんて無意味なんだよ!」

ジョーカー「さぁ、お前の罪を数えろ!」

W(闇)「ふざけるな…そんなこと、あってたまるか!」



75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:35:38.07 ID:Wie++4H0o

『サイクロン!マキシマムドライブ!』

『ヒート!マキシマムドライブ!』

『ルナ!マキシマムドライブ!』

翔太郎たちの背後からスタッグフォン、スパイダーショック、バットショットが現れクローンWに攻撃を仕掛けた

W(闇)「ぐは…誰だ!」

フィリップ「待たせたね、翔太郎」

弥生「カーニバル獣電池、チャージ完了しました!」

ジョーカー「たく、おせえよフィリップ」

レッド「ありがとう弥生!さて、祭りの始まりだ!」

W(闇)「黙れ黙れ黙れ!」

そのとき、クローンWの元に3つの闇が落ちた
イアン達に倒されたクローンオーズ・フォーゼ・ウィザードだ

エンドルフ「頭がいてぇ…奴らやられやがったか」



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:38:10.20 ID:Wie++4H0o

田端「まあいい、所詮こいつらは前座だ」

W(闇)「前座…どういうことだ!」

田端「こういうことだよ!」

W(闇)「ぐはぁ!」

田端はクローンWを手で貫いた
クローンWは田端に吸収されてしまった

レッド「仲間を吸収しやがった…」

ジョーカー「てめぇ、なんてことを!」

田端「貴様らもだ!」

オーズ・フォーゼ・ウィザード(闇)「ぐわぁ!」

3人のクローンライダーも同じ様に吸収された

エンドルフ「わりぃわりぃ、こいつらはライダーとキョウリュウジャーを対立させるための道具だ」

エンドルフ「なのに協力しやがって、頭がいてぇ…」

レッド「とことん趣味を悪い奴だな、エンドルフ!」

田端「だが失敗も想定内だ、貴様らにクローンライダーが倒されればこいつらの怨みは更に強くなる、そうなった奴らを吸収し更にこのメモリの力を加えれば…」

田端は4本のメモリを取り出した



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:40:13.72 ID:Wie++4H0o

田端は4本のメモリを取り出した

ジョーカー「なんだそのメモリ!」

フィリップ「おかしい、本来メモリには中に入っている記憶を示すアルファベットが描かれているはず、だがあれはどうみても漢字だ」

田端「ああ、これには喜怒哀楽、感情の力が込められている、これで俺はデーボスに近い力を得られる…」

レッド「デーボスにだと…」

田端「行くぞ…」

4本のメモリは田端に吸収された

『喜び!怒り!哀しみ!楽しみ!』

田端「そして後はこいつを…」

田端の持つデスメモリが変化した

ジョーカー「メモリが変化しただと…」

田端「ああ、その名も、デーボスメモリだ!」

『デーボス!』

田端はデーボスメモリを取り込みドーパントへと姿を変えた

ジョーカー「何だあのドーパント…」

レッド「本当にデーボスみたいなものになりやがった…」

デーボスドーパント「食らえ!」

デーボスドーパントの放った衝撃波によって全員吹き飛ばされてしまう
ダイゴと翔太郎の変身が解けてしまった



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:43:39.14 ID:Wie++4H0o

ダイゴ「なんて恐ろしさだ…」

デーボスドーパント「終わりだ、キョウリュウジャー、W!」

その瞬間、何者かがデーボスドーパントに向けて発砲した

デーボスドーパント「誰だ!」

イアン「待たせたな、キング、弥生ちゃん」

ダイゴ「イアン!みんな!」

弥生「よかった、みなさん無事だったんですね」

アミィ「yes!」

翔太郎「映司!弦太朗!」

フィリップ「それにもう1人…」

晴人「俺操真晴人、よろしく」

映司「間に合ってよかった…」

翔太郎「映司、こういうときどうするか、忘れてないよな?」

映司「はい、ライダー、いやヒーローは助け合いでしょ!」

弦太朗「しゃぁ!俺達の友情パワーで、奴らをぶっ潰しましょう!先輩!」

フィリップ「先輩…やはりいい響きだ」

ソウジ「彼らに助けてもらったんだ」

ダイゴ「あいつらも仮面ライダーなのか」

ノブハル「そうそう、ダチのピンチに助太刀するいい人達だよ」

ソウジ「ノッさん、それさっきつまんないって言われたばっかの」

ダイゴ「やっぱり安心するな、ノッさんのギャグは」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:47:06.84 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「貴様等!」

更に何者かがデーボスドーパントに攻撃

ダイゴ「ウッチー!」

空蝉丸「各々方、待たせたでござる!」

空蝉丸と共に3人の男が現れた

後藤「待たせたな、火野!」

映司「後藤さん!」

流星「久し振りだな、弦太朗」

弦太朗「流星!」

仁藤「おい晴人!食べ放題なら言ってくれよ!」

晴人「仁藤、残念だがここにファントムは殆どいないぞ」

デーボスドーパント「おのれ!」

???「俺たちもいるぞ」

上空から水色と灰色の光が現れた

ダイゴ「鉄砕!ラミレス!」

デーボスドーパント「何故だ…ライダーは貴様らの…」

鉄砕「あいにく、俺はすこぶる頭が固い男でな、こいつらの熱いブレイブを見たら敵だとは思えん」

ラミレス「Brave、それさえあれば、通じあえるのデース」

ダイゴ「よし!じゃあみんな荒れようぜ!」

???「誰か忘れてないか!」



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:50:07.88 ID:Wie++4H0o

更に上空から何かが降ってきた

ダイゴ「トリン!」

トリン「すまないみんな、君達の居場所を探すのに時間がかかってしまってな」

トリン「だが、私も助っ人を連れてきたぞ」

トリンがフィンガースナップを決めると2人の男が現れた

紘汰「よっと!行くぜミッチ!」

光実「はい!」

晴人「また会ったな」

紘汰「お、指輪の魔法使い!あんたもいたのか!」

弦太朗「知り合いか?」

晴人「ああ、何回か一緒に戦ったことのある仮面ライダーだ」

デーボスドーパント「貴様等、一体何者だ!」

紘汰「俺はアーマードライダー、いや仮面ライダー鎧武だ!」

光実「じゃあ僕は、仮面ライダー龍玄ってことで」

映司「彼らも仮面ライダーか」

晴人「ああ」

翔太郎「いけるか、照井」

照井「ああ、振り切るぜ!」

ダイゴ「じゃあみんな、荒れようぜ!」

「おう!」



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:52:28.52 ID:Wie++4H0o

「「「「「「「「「「ブレイブイン!」」」」」」」」」」

『ガブリンチョ!ガブティーラ!パラーサガン!ステゴッチ!ザクトール!ドリケーラ!プテラゴードン!アーンキドン!ブンパッキー!プレーズオン!ブラーギガス!』

「「「「「「「「キョウリュウチェンジ!」」」」」」」」

「「スピリットレンジャー!」」

10人のキョウリュウジャーが一斉に踊りだす
同時に仮面ライダーたちも変身プロセスを踏む

『ドライバーオーン!プリーズ』

『サイクロン!ジョーカー!アクセル!メテオ!レディ?』

『シャバドゥビタッチヘンシーン!シャバドゥビタッチヘンシーン!』

『3…2…1!』

「「「「「「「「「「「ファイヤー!」」」」」」」」」」
「「「「「「「「「「「変身!」」」」」」」」」」

『サイクロン!ジョーカー!アクセル!』

『タカ!トラ!バッタ!タ・ト・バ、タトバ、タ・ト・バ』

『フレイム、プリーズ!ヒーヒー、ヒーヒーヒー!』

『セット!オープン!L・I・O・N、ライオーン!』

『オレンジ!ブドウ!ロックオーン!ソイヤッ!ハイーッ!』

『オレンジアームズ!花道、オンステージ!』

『ブドウアームズ!龍・砲、ハッハッハッ!』

戦士たちの変身が完了した



82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:55:51.41 ID:Wie++4H0o

フォーゼ「宇宙…キターッ!」

レッド「聞いて驚け!牙の勇者!キョウリュウレッド!」

ブラック「弾丸の勇者!キョウリュウブラック!」

ブルー「鎧の勇者!キョウリュウブルー!」

グリーン「斬撃の勇者!キョウリュウグリーン!」

ピンク「角の勇者!キョウリュウピンク!」

ゴールド「雷鳴の勇者!キョウリュウゴールド!」

シアン「鋼の勇者!キョウリュウシアン!」

グレー「激突の勇者!キョウリュウグレー!」

バイオレット「海の勇者!キョウリュウバイオレット!」

シルバー「閃光の勇者!キョウリュウシルバー!」

「「「「「「「「「「史上最強のブレイブ!」」」」」」」」」」

レッド「10人揃って!」

「「「「「「「「「「獣電戦隊!キョウリュウジャー!」」」」」」」」」」

ゴールド「天怒りて悪を斬る!」

フォーゼ「タイマン晴らせて貰うぜ!」

メテオ「お前らの運命は俺が決める」

ウィザード「さぁ、ショータイムだ」

ビースト「ランチライムだ!」

鎧武「ここからは俺のステージだ!」

W(翔太郎)「さぁ、荒れようぜ!」

レッド「止めてみな!」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:57:34.97 ID:Wie++4H0o

エンドルフ「長い…頭がいてぇ…」

デーボスドーパント「こざかしい!」

田端は大量の怪人達を召喚した
戦士たちも一斉に攻撃を開始する

『ジョーカー!マキシマムドライブ!』

レッド「アームドオン!」

『メッチャムーチョ!』

W「「ジョーカーエクストリーム!」」

レッド「ガブティラ岩烈パンチ!」

必殺攻撃で周囲の敵を撃破する

W(翔太郎)「数が多いな」

レッド「火炎攻撃で焼き払おうぜ!ブレイブイン!」

『ガブリンチョ!アロメーラス!』

W(フィリップ)「翔太郎、僕達もだ」

『ヒート!トリガー!トリガー!マキシマムドライブ!』

レッド「火炎ブレイブフィニッシュ!」

『バモラ!ムーチョ!ガッブーン、メラメラーン!』

W「「トリガー、エクスプロージョン!」」



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 20:59:11.96 ID:Wie++4H0o

ブラック「おりゃっ!」

龍玄「はっ!」

イアンと光実、2人の銃使いも次々と敵を倒していく

ブラック「oh my…ブドウかよ」

龍玄「決めましょう」

ブラック「お、おう」

『ブドウスカッシュ!』

『バモラ!』

ブラック「獣電ブレイブフィニッシュ!」

龍玄「はぁ…はっ!」



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:01:51.87 ID:Wie++4H0o

ブルー「よいしょ!ノブハルパイルドライバー」

『ファ、ファ、ファ、ファルコ!』

ビースト「おりゃっ!ファントムは俺に食わせろ!」

ブルー「君あの怪物食べるの!?」

ビースト「ああ、でないと飢え死にしちまうぜ」

ブルー「マントびっくり!」

ビースト「何だそのギャグ、つまんねえぞ」

『バッファ!ゴー!バッバッバババ、バッファ!』

ブルー「今度は牛!?」

ビースト「バッファだ」

ブルー「よーし、もーう頑張っちゃうぞ!ノブハル体当たり!」

ビースト「おりゃっ!」

2人は体当たりで敵をなぎ倒していく



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:04:03.57 ID:Wie++4H0o

『ハリケーン!プリーズ、フーフー、フーフーフーフー」』

ウィザード「はっ!」

グリーン「食らえ!」

グリーン「中々やるな、あんた」

ウィザード「そっちこそ」

『ハリケーン!ドラゴン!ビュービュー、ビュービュービュビュー!』

『キャモナスラッシュシェイクハンズ!コピー!プリーズ!』

『ガブリンチョ!フータバイン!バイバイーン!』

2人はウィザーソードガンとガブリカリバーをそれぞれ2本に増やした

グリーン「ツイン斬撃無双剣!」

ウィザード「はっ!」

『スラッシュストライク!ビュービュービュー!』

2人は二刀流で敵を次々と切り裂いてゆく!



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:06:04.02 ID:Wie++4H0o

ピンク「はぁ!」

フォーゼ「よっ!」

ピンク「貴方は確かフォーゼね!」

フォーゼ「折角ダチになったんだ、ちょっと手を出してくれ!」

ピンク「what?」

弦太朗はアミィに友情の印をした

フォーゼ「友情の印だ!」

ピンク「ワーオ!」

フォーゼ「決めようぜ!」

『ロケット、ドリルオン!』

ピンク「OK!アームドオン!」

『メッチャムーチョ!』

フォーゼ「ライダーロケットドリルキック!」

ピンク「ドリケランス!」

2人はドリル攻撃で周囲の敵を撃破した



88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:08:30.93 ID:Wie++4H0o

ゴールド「はっ!」

鎧武「よっと!」

紘汰と空蝉丸も敵を次々と切り裂いていった

ゴールド「いくでござるよみかん殿!」

鎧武「鎧武だ!それにオレンジだし」

ゴールド「どう違うのでござるか」

鎧武「とにかく違うんだよ!」

紘汰は無双セイバーと大橙丸を合体させた

『一・十・百・千・万!オレンジチャージ!』

鎧武「輪切りにしてやるぜ!」

ゴールド「ザンダーサンダー飛翔斬り!」



89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:12:25.70 ID:Wie++4H0o

シアン「うおぉー!」

アクセル「振り切るぜ!」

ラミレスと照井も敵を次々に倒してゆく

シアン「決めマースか?Mr.アクセル」

アクセル「俺に質問をするな」

『エンジン!マキシマムドライブ!』

シアン「うおぉぉぉぉぉぉ!」

地面をたたき衝撃波を放つラミレスとエースラッシャーを放つ照井
周囲の敵を撃破した



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:14:26.26 ID:Wie++4H0o

グレー「アターッ!」

メテオ「ホアチャー!」

グレー「貴様も拳法使いなのか」

メテオ「ああ、俺は星心大輪拳の使い手だ」

グレー「星心大輪拳、一度手合わせ願いたいな」

メテオ「面白そうだな、だが運命を決めるのは俺だ」

カンブリ魔「ごちゃごちゃうるさいヌル!」

グレー「ふ、アターッ!」

メテオ「ホアチャー!」

カンブリ魔「ヌル…」

『リミットブレイク!OK!』

流星はメテオギャラクシーにメテオスイッチをセットした

グレー「鉄砕拳、激烈突破!」

メテオ「ホ…アチャー!」

カンブリ魔「ヌルー!」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:17:07.65 ID:Wie++4H0o

バイオレット「はっはっ!はぁぁぁぁぁ!」

『ショベルアーム!キャタピラーレッグ!』

バース「食らえ!」

キャタピラーレッグで前進しショベルアームで敵を倒す後藤
その様子を弥生はどこか興味深そうに見ていた

バース「どうした、バースシステムが気になるのか」

バイオレット「ええ、科学者として少し興味が」

バース「科学者か、紫で恐竜の科学者にはいい思い出がないんだよな…」

バイオレット「え?」

バース「いや、独り言だ、それより奴らを倒すぞ」

バイオレット「はい!」

後藤はメダルポットをバースバスターの先端に取り付けた

『セルバースト!』

『バモラ!』

バイオレット「いきます!はっ!」

バース「食らえ!」



92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:20:07.88 ID:Wie++4H0o

『タカ!クジャク!コンドル!タージャードルー!』

オーズ「セイヤー!」

シルバー「でぁ!」

映司とトリン、こちらも次々と敵を撃破していく

オーズ「さぁ行こう!アンク!」

シルバー「アンク?」

オーズ「ごめん、鳥だったからつい…」

シルバー「いいんだ、君のパートナーか」

オーズ「昔のね、でもいつかの明日で会えるって信じている」

シルバー「いつかの明日か」

オーズ「うん、でもまずは今日だ!」

シルバー「ああ!」

『ギガガブリンチョ!ブラーギガス!ブラーギガス!』

『タカ!クジャク!コンドル!ギン!ギン!ギン!ギガスキャン!』

シルバー「獣電ブレイブフィニッシュ!」

オーズ「セイヤー!」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:22:35.68 ID:Wie++4H0o

戦士たちによって怪人軍団は全滅した

デーボスドーパント「おのれ…」

レッド「どうだ!これが俺達全員のブレイブだ!」

デーボスドーパント「黙れ!はっ!」

ブルー「よいしょ!ノブハルシールド!」

デーボスドーパントは衝撃波を放った
しかしノブハルがそれを防いだ
更に背後から流星と照井が飛び出す

『トライアル!』

『メテオストーム!メテオオン!レディ?』

メテオ「俺の運命は嵐を呼ぶぜ!」

流星はメテオストームスイッチをメテオストームシャフトに取り付けた

『リミットブレイク!OK!』

メテオ「メテオストームパニッシャー!」

デーボスドーパント「ぐわっ…」

アクセル「絶望がお前のゴールだ!」

照井はトライアルメモリを空へ投げ高速で移動
デーボスドーパントに連続蹴りを食らわせる

アクセル「9.8秒、それがお前の絶望までのタイムだ」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:25:21.35 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「ぐは…まだだ…」

フォーゼ「しぶとい奴だな、行くぜ撫子!」

『ロケット!スーパー!ロケット、オン!』

バイオレット「私もいきます!」

『ガブリンチョ!プレーズオン!プレーズオン!』

バイオレット「獣電ブレイブフィニッシュ!」

『ズオーン、ズオーン!』

『ロケット、リミットブレイク!』

フォーゼ「ライダーきりもみクラッシャー!」

ブレイブフィニッシュの光弾ときりもみクラッシャーが1つになった

デーボスドーパント「ぐはぁぁ!」

フォーゼ「まだだ!」

弦太朗は反転キックの要領で跳ね返る

バース「俺たちも行くぞ」

『ドリルアーム!』

ピンク「yes!」

『ドリルオン!ロケット、ドリル、リミットブレイク!』

3方向からドリル攻撃が繰り出される

フォーゼ「ライダートリプルドリルドリーム!」

デーボスドーパント「ぐはぁぁぁぁ」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:27:22.92 ID:Wie++4H0o

『コブラ!カメ!ワニ!ブラカーワニ!』

オーズ「蛇苦手だけど…」

映司はブラーンギーを取り出した
ブラーンギーを吹き頭部からコブラを出現させた

グレー「俺も力を貸そう」

鉄砕は幻術をしようした
それによりコブラが分身、巨大化した

デーボスドーパント「何だアレは…」

オーズ「きゃー!蛇…蛇だぁ…」

グレー「落ち着け、お前が怖がってどうする!」

オーズ「だって蛇苦手なんだもん…」

映司が怖がっている間、コブラがデーボスドーパントに攻撃をしかける

デーボスドーパント「ぐは…」

グレー「行くぞ!アターッ!」

『スキャニングチャージ!』

オーズ「セイヤー!」

2人のダブルキックが炸裂

デーボスドーパント「ぐはぁぁぁぁ」



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:29:36.05 ID:Wie++4H0o

『パインアームズ!粉砕、デストロイ!』

鎧武「パインパインにしてやるからな!」

シアン「うぉぉぉぉぉ!」

『パイン!スカッシュ!』

シアン「スピリット!ハンマー!」

鎧武「セイハー!」

2人は飛び上がりハンマーによる同時攻撃を食らわせる

デーボスドーパント「ぐは…」



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:31:40.23 ID:Wie++4H0o

グリーン「ウッチー、トリン、俺たちも行こう」

ゴールド「心得た!」

シルバー「ああ」

ウィザード「じゃあ俺も」

『ドラゴタイム!セットアップ!スタート!』

『ウォータードラゴーン!ハリケーンドラゴーン!ランドドラゴーン!』

晴人はドラゴタイマーを使い分身体を呼び出した

ソウジ「分身しただと」

シルバー「敵だと恐ろしいが、味方になると頼りになるな」

ウィザード(フレイムドラゴン)「さぁ行くぜ!」

ビースト「俺も混ぜてくれ!」

『キャモナスラッシュシェイクハンズ!フレイム!ウォーター!ハリケーン!ランド!スラッシュストライク!』

『シックス!バッファ!セイバーストライク!』

ゴールド「獣電池、3本装填!」

『ガブリンチョ!』

ソウジと空蝉丸はガブリカリバーとザンダーサンダーに獣電池を装填する

グリーン「獣電ブレイブスラッシュ!」

ゴールド「雷電残光!」

シルバー「トリニティ、ストレイザー!」

ウィザード×4「はっ!」

ビースト「おりゃ!」

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁぁぁぁ!」

8人の連続切りが炸裂、デーボスドーパントに大ダメージを与えた



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:32:53.49 ID:Wie++4H0o

『ガブリンチョ!ディノスグラーンダー!』

『キウイアームズ!撃・輪、セイヤッハッ!』

イアンと光実もディノスグランダーとキウイアームズを装備

ブラック「ディノスグランダー!」

『モグモグーン!』

龍玄「はっ!」

『キウイスカッシュ!』

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁ!」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:34:21.87 ID:Wie++4H0o

更に何かがデーボスドーパントにアタック
ミニティラとエクストリームメモリだ

デーボスメモリ「ぐは…おのれ!」

レッド「祭りのクライマックスだ!行くぜミニティラ!」

『グルリンチョ!』

W(フィリップ)「行こう、翔太郎」

W(翔太郎)「俺達のパワー、その目に焼き付けてやるぜ!」

『Oh!マツリンチョ!カーニバル!』

『エクストリーム!』

レッド「ファイヤー!」

2人はキョウリュウレッドカーニバルとサイクロンジョーカーエクストリームに姿を変えた

オーズ「俺たちも行こう!」

『プテラ!トリケラ!ティラノ!プットティラーノザウルース!』

『コズミック!コズミックオン!』

『インフィニティー!プリーズ!ヒースイフード、ボーザバビュードゴーン!』

映司たちも強化形態へと姿を変えた



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:37:11.08 ID:Wie++4H0o

バース「火野!プトティラで大丈夫なのか」

オーズ「大丈夫です、今の俺ならこの力を…破壊者を守護者に変えれると思います」

フォーゼ「みんなの絆で、宇宙を掴む!」

ウィザード「フィナーレだ!」

『イチゴアームズ!シュシュッと、スパーク!』

鎧武「俺も混じらせてもらうぜ!」

『バモラカーニバル!』

『サイクロン、ヒート、ルナ、ジョーカー!マキシマムドライブ!』

『ゴックン!プットティラーノヒッサーツ!』

『リミットブレイク!』

『ターンオーン!ハイタッチ!シャイニングストライク!』

『一・十・百、イチゴチャージ!』

レッド「獣電カーニバルフィニッシュ!」

W「「ビッカーチャージブレイク!」」

オーズ「セイヤー!」

フォーゼ「ライダー超銀河フィニッシュ!」

ウィザード「はっ!」

鎧武「セイハー!」

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁぁぁぁ!」

6人の必殺がデーボスドーパントに炸裂
しかし完全に倒すことは出来なかった



101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:39:20.24 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「まだだ…」

W(翔太郎)「しぶとい奴だな」

そのとき、何者かがデーボスドーパントに攻撃を仕掛けた
それと同士に上空から5本のメモリが降り注いだ

デーボスドーパント「ぐわっ…誰だ…」

エンドルフ「あれは、白いガイアメモリ…」

W(翔太郎)「いてっ…なんじゃこりゃ」

W(フィリップ)「何も描かれていない…」

鎧武「とりあえず押してみるか」

紘汰が押すとメモリに鎧武のマークが描かれガイアウィスパーが鳴り響いた

『鎧武!』

鎧武「何だ!?こいつ俺の名前を…」

デーボスドーパント「何故貴様らがそれを…」

ウィザード「空からの贈り物だ」

W(フィリップ)「みんな、それを押すんだ」

『W!オーズ!フォーゼ!ウィザード!』

4人のライダーもメモリに記憶を込める
その様子を物陰から何者かが見ていた
呉島貴虎率いるユグドラシルの調査隊だ

調査員A「いいんですか主任」

斬月「あいつらにもう利用価値は無い、データは取れたか」

調査員B「はい」

斬月「そうか、行くぞ」



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:41:20.70 ID:Wie++4H0o

W(翔太郎)「これで決まりだ!」

Wは自分のメモリをプリズムソードに、他4人のライダーのメモリをビッカーシールドに装填した

『W!オーズ!フォーゼ!ウィザード!鎧武!マキシマムドライブ!』

W・オーズ・フォーゼ・ウィザード・鎧武「「「「「「ファイブライダー、ファイナリュージョン!」」」」」」

5人のライダーの力が1になった光線が放たれる

デーボスドーパント「ぐはぁぁぁぁぁ!」

レッド「俺たちも行くぜ!ビクトリー獣電池!」

ゴールド「マキシマム獣電池!」

「「直列!」」

「「「「「ビクトリーブレイブイン!」」」」」

「「「「「マキシマムブレイブイン!」」」」」

ダイゴは2本の獣電池を順番にガブティラ・デ・カーニバルに装填する

『アミーゴ!みんなアツマリンチョ!』

『アミーゴ!メチャメチャアツマリンチョ!』

10人のキョウリュウジャーがVの字に並ぶ
それと同時にWも次の攻撃を繰り出す準備をする

『マキシマムドライブ!スキャニングチャージ!リミットブレイク!チョーイイネー!サイコー!スカッシュ!オーレ!スパーキング!』

「「「「「「「「「「十獣電、ビクトリーマキシマムフィニッシュ!」」」」」」」」」」

「「「「「「ファイブライダー、チャージブレイク!」」」」」」

10人のキョウリュウジャーのブレイブの篭ったエネルギー弾と
5人のライダーの力の篭った斬撃が繰り出され
デーボスドーパントの体を貫いた

デーボスドーパント「そんな…俺の怨みは貴様等を越えるはずだ…ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

見事デーボスドーパントを倒したのだ

レッド「ブレイブだぜ!」

W(翔太郎)「ハードボイルドに決まったぜ」



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:43:02.95 ID:Wie++4H0o

田端「おい…エンドルフ…貴様見ているだけか…」

エンドルフ「わりぃわりぃ、だが、お前はもう用済みだ」

田端「なん…だと…」

エンドルフ「最後にひと暴れしろ」

その瞬間、田端に怨みの力が集まっていきメモリが再生、再びデーボスドーパントとなり巨大化した

デーボスドーパント「ぐわぁぁ!」

ブラック「oh my…なんてことしやがる」

鎧武「あいつは仲間じゃねえのか!」

エンドルフ「頭がいてぇ…所詮こいつもお前らのへの復讐のための道具だ」

エンドルフ「次会う時を楽しみにしていろ、キョウリュウジャー共!」

エンドルフは消えた

デーボスドーパント「許さん…キョウリュウジャー、仮面ライダー!」

そのとき、デーボスドーパントに10本のビームが放たれた
十大獣電竜だ

デーボスドーパント「く…」

レッド「超カミツキ合体!」

『ギガガブリンチョ!』

『ギ・ガント、キョウリュウジン、ギ・ガント、キョウリュウジン』

リズムに合わせ6体の獣電竜が変形、合体する
同時に残った4体の獣電竜も2つの獣電巨人に変形、合体した

『ギガント、キョウリュウジン!』

『プテライデンオー!』

『プレズオー!』

レッド・ブラック・ブルー・グリーン・ピンク・シルバー「「「「「「完成、ギガントキョウリュウジン!」」」」」」

ゴールド・シアン「「プテライデンオー、アンキドン!」」

バイオレット・グレー「「プレズオーブンパッキー!」」

3体の獣電巨人が姿を現す



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:44:21.71 ID:Wie++4H0o

鎧武「じゃあ俺たちも!」

W(フィリップ)「いや、ここは彼らに任せたほうがいい」

W(翔太郎)「確かにな、あんなデカ物今まで戦ったことねえ」

ブラック「ギガントショット!」

右腕のパラサガンから銃弾が放たれた

デーボスドーパント「く…」

続いて空蝉丸たちも攻撃を仕掛ける

ゴールド・シアン「「アンキドンハンマー!」」

バイオレット・グレー「「ブンパッキーボール!」」

グリーン「ギガントスラッシャー!」

シルバー「ギガントクラウン!」

デーボスドーパント「ぐ…」

レッド「トドメだ!」

「「プテライデンオーアンキドン、ブレイブフィニッシュ!」」

「「プレズオーブンパッキー、ブレイブフィニッシュ!」」

『3…2…1!ズ、オーン!』

プテライデンオーの胸から放たれた雷の玉を回転しながらアンキドンハンマーで打ち込む
プレズキャノンから放たれる光線をブンパッキーボールに纏い叩き込む
2つの技が同時に炸裂

デーボスドーパント「ぐはぁぁ!」

「「「「「「超獣電、ギガントフルブレスター!」」」」」」

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁ!」

ギガントキョウリュウジンの胸から光線が放たれ見事デーボスドーパントを倒した

W(翔太郎)「やったぜ!」

ウィザード「ふぃ~」

レッド「ブレイブだぜ!」

はずだった



105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:46:28.69 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「その程度か」

シルバー「何!?」

煙の中から光弾が放たれた

キョウリュウジャー達「ぐはぁぁ…」

ブラック「oh my…無事だと…」

ゴールド「恐ろしい強さでござるな…」

オーズ「アレだけの攻撃を受けたのに…」

レッド「だったらこっちも最強必殺だ!」

「「「「「「「「「「ギガントフォーメーション!」」」」」」」」」」

ギガントキョウリュウジンから背中のパーツとパラサガン・ザクトルが分離
更にプテライデンオーとプレズオーも獣電竜に戻り空蝉丸たちもキョウリュウジンのコックビットに移動
そして中央部のパーツの蓋が開いた

『聞いて驚け!ギガントアツマリンチョで、ガブリンチョ!』

「「「「「「「「「「超獣電、オールギガントエクスプロージョン!」」」」」」」」」」

デーボスドーパント「無駄だ!」

伝説のギガント砲の再現、ギガントキョウリュウジンの最強必殺が放たれた
しかしデーボスドーパントはそれを受け止めた

ブラック「ばかな、伝説のギガント砲が…」

シルバー「まずい、みんな気をつけろ!」

デーボスドーパント「食らえ!」

デーボスドーパントは攻撃を跳ね返してきた

キョウリュウジャー達「ぐわぁぁぁぁぁぁぁ!」

攻撃によって合体が解除されてしまう



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:48:14.68 ID:Wie++4H0o

W(翔太郎)「大丈夫か!」

レッド「ああ、こうなったら数で押すしかねえ!ブレイブイン!」

ダイゴは0番獣電池にブレイブを込めた

レッド「こいトバスピノ!」

『ガブリンチョ!トバスピーノ!』

彼方からトバスピノが現れブーメランで攻撃
しかしデーボスドーパントにはじき返されてしまう

レッド「カミツキ合体!」

ファンファーレの音と共にトバスピノ・ブンパッキー・アンキドンが合体

『スピノダイオー!』

レッド「完成、スピノダイオー!」

シルバー「私たちも行くぞ!超カミツキ変形!」

ブラック・ブルー・グリーン・ピンク・ゴールド「「「「「カミツキ合体!」」」」」

バイオレット・シアン・グレー「ロケット変形!」

残りの8体の獣電竜も音楽に合わせ変形、合体する

『キョウリュウジン!』

『プテライデンオー!』

『プレズオー!』

『ギガント、ブラギオー!』

ブルー・ピンク「「完成!キョウリュウジン!」」

ゴールド・ブラック・グリーン「「「完成!プテライデンオーウエスタン!」」」

バイオレット・シアン・グレー「「「完成!プレズオー!」」」

シルバー「完成!ギガントブラギオー!」



107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:50:10.63 ID:Wie++4H0o

レッド「行くぜ!アンキドンハンマー!」

ブルー・ピンク「はぁ…ふっ!」

ブラック「おりゃ!」

グリーン「はぁ!」

バイオレット「プレズナックル!」

シルバー「でぁ!」

デーボスドーパント「無駄だ」

5大獣電巨人が果敢に攻める
しかしデーボスドーパントには一切ダメージを与えられなかった

レッド「なんて奴だ…」

デーボスドーパント「俺の真の力を見せてやる」

『チョーイイネー!スペシャル!サイコー!』

『ビッグ!プリーズ!』

デーボスドーパントの手に巨大なドラゴンの爪が現れた

ビースト「なあ晴人、あれって…」

ウィザード「ああ、俺の力だ…」

ゴールド「こやつ…仮面らいだの力を…」

デーボスドーパント「ああ、俺はクローン共を吸収したことでそいつらの、仮面ライダーの力を使えるのだ、食らえ!」

キョウリュウジャー達「ぐわぁぁぁぁぁ!」

巨大なドラゴヘルクローで5大獣電巨人を切り裂き大ダメージを与えた



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:52:30.77 ID:Wie++4H0o

グリーン「こいつ…さっきより強くなってる…」

グレー「これが怨みの力だというのか…」

デーボスドーパント「ああ、今度こそ我が怨み、晴らさせてもらう!」

シルバー「怯むな、みんな行くぞ!」

トリンはギガントブラギオーで攻め込む

デーボスドーパント「無駄な足掻きだ」

『チョーイイネー!グラビティ!サイコー!』

シルバー「ぐわぁ…身動きが取れない…」

重力操作によってギガントブラギオーの動きが止められてしまう

ピンク「トリン!」

ブルー「僕達も!」

キョウリュウジン・プテライデンオーウエスタン・プレズオーも攻め込む

『フリーズ、オン!』

フォーゼ「今度は俺の力だ…」

デーボスドーパント「はぁ!」

ブルー達「ぐわぁぁ!」

レッド「みんな!」

ゴールド「しまった…」

バイオレット「身動きが取れない…」

フリーズモジュールで3体の獣電巨人は凍らされてしまう

ブルー「氷にはもうこおりごり…」



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:53:14.92 ID:Wie++4H0o

レッド「こうなったら、鉄砕拳、激烈突破!」

左腕のブンパッキーボールで攻め込むスピノダイオー

デーボスドーパント「悪あがきを…」

デーボスドーパントの周りにクジャクの羽のような物が現れた

オーズ「俺の力まで…」

デーボスドーパント「はぁ!」

クジャクの羽が一斉にスピノダイオーを襲う

レッド「ぐわぁぁぁぁぁぁ!」

シルバー「ダイゴ!」

デーボスドーパント「もう貴様らの力で俺をとめることは出来ない」

『バインド、プリーズ!』

レッド「く…動けねぇ…」

鎖がスピノダイオーを押さえつける

デーボスドーパント「終わりだ!」



110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:55:28.17 ID:Wie++4H0o

その様子をどこか悔しそうに見ているライダー達

W(翔太郎)「俺達に…力があれば…」

鎧武「ああこうなったら!」

紘汰はスイカロックシードを取り出した

龍玄「紘汰さん何を」

鎧武「決まっている、これであいつらを…」

W(フィリップ)「無謀すぎる」

鎧武「でも俺達がやらなきゃ誰がキョウリュウジャーを助けられるんだ!」

龍玄「紘汰さん…」

鎧武「俺にしか出来ないことを成し遂げる、それが大人の言う責任ってもんだろ」

W(翔太郎)「鎧武、お前中々いいこと言うじゃねえか」

オーズ「うん、今手を伸ばさなかったら俺たちは死ぬほど後悔する、俺はそんなの嫌だ」

フォーゼ「しゃぁ!俺達の友情パワーであいつらを助けようぜ!」

ウィザード「ああ、ここからは俺達、仮面ライダーのショータイムだ」

W(翔太郎)「そういうわけだフィリップ、このまま黙ってみてるなんて俺たちには出来ねえ」

W(フィリップ)「そう来ると思っていたよ、これが彼らの言う、ブレイブってものなのかも知れないね」

アクセル「左、俺たちも手伝うぞ」

バース「お前だけには背負いこませないぞ、火野」

W(翔太郎)「照井…そうこなくちゃな」

オーズ「ありがとうございます!後藤さん!」

メテオ「地獄まで付き合うぞ、弦太朗」

フォーゼ「地獄なんか付き合わせねえよ、俺達の絆があればな!」

ウィザード「仁藤!」

ビースト「皆まで言うな」

鎧武「お前はどうする、ミッチ」

龍玄「勿論、僕だって仮面ライダーですから」

W(翔太郎)「いこうぜみんな、俺達のブレイブ、奴らに見せ付けてやろうぜ!」



111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 21:57:18.85 ID:Wie++4H0o

Wはスタッグフォンを操作した
すぐにリボルギャリーが現れ中からハードタービュラーが姿を現す

『クワガタ!カマキリ!バッタ!ガータガタガタキリーバ、ガタキリバ!』
映司はガタキリバコンボへと姿を変え8体に分身する

オーズ「これがコアメダルの力だ!」

それぞれのオーズがコアメダルを取り出しコンボチェンジ

『クワガタ!カマキリ!バッタ!ガータガタガタキリーバ、ガタキリバ!』
『ライオン!トラ!チーター!ラタラタ、ラトラーター!』
『サイ!ゴリラ!ゾウ!サゴーゾ…サゴーゾ!』
『シャチ!ウナギ!タコ!シャッシャシャウーター、シャッシャシャウーター!』
『タカ!クジャク!コンドル!タージャードルー!』
『プテラ!トリケラ!ティラノ!プットティラーノザウルース!』
『コブラ!カメ!ワニ!ブラカーワニ!』
『スーパー!スーパー!スーパー!スーパータカ!スーパートラ!スーパーバッタ!』
『スーパー、タトバ、タ・ト・バ!スーパー!』
8体のコンボが集結した

オーズ「セイヤー!」

メテオ「頼んだぞ、弦太朗」

フォーゼ「ああ、お前の分まで頑張るぜ、流星」

フォーゼは紫色のスイッチを取り出した

『フュージョン!フュージョン、オン!』

メテオの変身が解除されフォーゼとメテオが1つになる
メテオフュージョンステイツだ

フォーゼ「キターッ!」

ウィザード「ドラゴン、力を貸せ」

『チョーイイネー!フィニッシュストライク!サイコー!』

ウィザードの体にドラゴンのパーツが現れる
インフィニティードラゴンだ



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:00:07.46 ID:Wie++4H0o

『スイカ!ロックオーン!ソイヤッ!』

鎧武「ここからも俺のステージだ!」

『スイカアームズ!大玉、ビックバン!鎧モード!』

鎧武もスイカアームズを装備した

アクセル「振り切るぜ」

バース「世界は俺が守る!」

ビースト「さぁ、手助けの時間だ!」

『アクセルアップグレート!ブースター!』

『ブレストキャノン!キャタピラレッグ!ドリルアーム!ショベルアーム!クレーンアーム!カッターウィング!』

『ハイパー!ゴー!ハイハイハイ、ハイパー!』

3人も強化形態へと姿を変える



113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:01:09.60 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパントはWの必殺、ビッカーファイナリュージョンを放つ

レッド「もう…駄目なのか…」

W(翔太郎)「諦めるな!」

『サイクロン!ヒート!ルナ!メタル!マキシマムドライブ!』

W「「ビッカー、ファイナリュージョン!」」

巨大なバリアが出現しデーボスドーパントの攻撃を防ぐ

レッド「W!無茶だ!」

W(翔太郎)「おいキング、お前たちの言うブレイブっていうのはこういうことじゃねえのか!」

レッド「翔太郎…」

W(翔太郎)「今度は、俺達がブレイブを見せる番だ!」

オーズ(スーパータトバ)「セイヤー!」

『マーズ!レディ?OK!マーズ!』

フォーゼ「ホ…アチャー!」

ウィザード「はっ!」

鎧武「おりゃっ!」

アクセル「はぁ!」

バース「食らえ!」

ビースト「おりゃっ!」

龍玄「たぁ!」

ライダー達が果敢に攻める

デーボスドーパント「邪魔だ!」

ライダー達「ぐわぁぁぁぁぁ!」

デーボスドーパントの放つ衝撃波によってライダー達は吹き飛ばされてしまう



114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:02:59.29 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「その程度の力で俺を倒すだと?笑わせるな、いい加減諦めたらどうだ」

W(翔太郎)「諦めてたまるか…」

デーボスドーパント「何故だ…何故貴様らはそこまでして戦おうとする」

W(翔太郎)「風都が…この街が大好きだからだ!」

デーボスドーパント「笑わせるな、この街は己の欲望のためにガイアメモリに手を出す、そんな汚れた街だ」

W(翔太郎)「ああ、確かにこの街の人の中には、メモリに手を出して街を泣かせてしまった、そんな人たちだっている」

W(翔太郎)「でもな、最後には自分の過ちを認め罪を償うことが出来る、そういう街だ!」

デーボスドーパント「くだらん、人間は所詮欲望のままにしか動けない、そういう愚かな生き物だ」

オーズ「確かに欲望のままに動き、自分を見失ってしまう人はいる、でもその欲望をコントロールすることが出来れば、それは立派な夢へと変わる」

オーズ「仲間と手を取り合い、みんなで手を伸ばせば!」

デーボスドーパント「仲間?そんなもの必要ない」

フォーゼ「それは違うぜ、俺たちは何度も、何度も失敗した、けど、誰かが挫ければ誰かが支える、そうやってグルグルと人の思い渦を巻いていく、銀河の様にな」

フォーゼ「仲間がいたから希望を持つことが出来た、仲間がいるから俺は戦うことが出来た!」

デーボスドーパント「希望?そんなもの無意味だ」

ウィザード「違う!希望があるから前に進める、希望があるから人は生きることが出来る」

ウィザード「どんなに辛いときでも、希望を捨てなきゃきっと道は開ける!」

デーボスドーパント「黙れ!貴様らの力など、所詮無力だ!」

鎧武「ごちゃごちゃうるさいんだよ!」

デーボスドーパント「何?」

鎧武「俺達の力は確かに小さいかもしれない、けどな、これが俺にしか出来ないことを成し遂げるために与えられた力なら、俺はその力を信じる!」

鎧武「それが出来たからあんたたちは戦い続けてこれた、そうだろ!」



115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:05:21.23 ID:Wie++4H0o

ブラック「そうだ…俺たちは自分自身の強さを信じ続けていたから戦えた…」

ブルー「希望を捨てなかったから立ち向かうことが出来た…」

グリーン「仲間と共に…」

ピンク「立ち上がるわよ、みんな」

ゴールド「今の拙者たちには、頼もしい仲間がいるでござる!」

シアン「仲間と共に、Braveを信じ、」

グレー「闘志を燃やす!」

バイオレット「絶望を乗り越えるために!」

シルバー「行こう諸君!」

レッド「ああ、燃え上がれ!俺達のブレイブ!」

ダイゴ達はブレイブを燃やし、再び立ち上がった

デーボスドーパント「何故だ…貴様らに戦える力はもう残ってないはずだ!」

レッド「それはな、俺達が戦隊と」

W(翔太郎)「仮面ライダーだからだ!」

デーボスドーパント「何…」

W(翔太郎)「体1つになっても食らいついて倒す、その心そのものが仮面ライダーなんだ」



116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:06:14.04 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「おのれ…ならば二度と立ち上がれないように潰すまでだ!」

鎧武「残念だな!もう俺達が挫けることは無い!」

ウィザード「今の俺達には希望がある、誰にも砕けないほど大きな希望がな!」

デーボスドーパント「黙れ!」

ゴールド「各々方!五連獣電剣でござる!」

ブラック「ウッチーでも!」

ゴールド「ここは拙者にお任せを!」

グリーン「わかった、頼んだよウッチー!」

レッド「でもスピノダイオーが…」

バイオレット「鉄砕さん、ラミレスさん、スピノダイオーをお願いします!」

グレー「いいのか」

バイオレット「今なら、私1人でもプレズオーの全力を引き出せる、そんな気がします」

グレー「わかった、行くぞラミレス!」

シアン「OK!」

鉄砕・ラミレスがスピノダイオー、ダイゴ・イアン・ソウジがキョウリュウジンのコックビットへ移動した

レッド「行くぜ!」

「「「「「五連獣電剣!」」」」」

ステゴッチシールドが変形し五連獣電剣となった

「「「「「獣電剣、ブレイブフィニッシュ!」」」」」

ゴールド「プテライデンオーウエスタン、ブレイブフィニッシュ!」

2つの獣電巨人の同時攻撃が炸裂

デーボスドーパント「ぐわぁ…」



117:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:08:33.94 ID:Wie++4H0o

W(翔太郎)「行くぜ!」

『プリズム!マキシマムドライブ!エクストリーム!マキシマムドライブ!』

『『『『『『『『スキャニングチャージ!!!!!!!!』』』』』』』』

『メテオ、ドリル、リミットブレイク!』

『スイカ、スカッシュ!』

ウィザード「見せてやる、ドラゴンの力を!」

5人のライダーも必殺技を放つ準備をする
そのとき、どこかから風が吹き始める

W(翔太郎)「風だ…行くぜ、フィリップ!」

W(フィリップ)「ああ、翔太郎!」

Wのクリスタルサーバーが金色の輝く
背中に6枚の翼が現れる
サイクロンジョーカーゴールドエクストリームだ

W「「ゴールデンプリズムエクストリーム!」」

オーズ×8「「「「「「「「セイヤー!」」」」」」」」

フォーゼ「ライダーフュージョンドリルキック!」

ウィザード「はっ!」

鎧武「輪切りにしてやるぜ!」

12の技が同時に炸裂

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁぁぁ!」



118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:09:50.88 ID:Wie++4H0o

W(フィリップ)「おかしい、風が止まない…」

W(翔太郎)「まだ風が力をくれるって事か!」

レッド「それだけじゃねえ、なんかメロディが聞こえてくるぜ!」

ゴールド「何か…途轍もない力が沸いてくるでござる…」

グリーン「新しい力か…」

ピンク「ワーオ!きっと仮面ライダーとの絆の力ね!」

ブラック「一体何が起こるっていうんだ」

ブルー「とにかく、やってみようかん!」

鎧武「しゃぁ!いっちょやるか!」

ウィザード「見せよう、希望の力を」

フォーゼ「俺達の友情パワー、今1つに!」

オーズ「行こう!」

W(フィリップ)「何が起こるのか、ゾクゾクするねぇ…」

W(翔太郎)・レッド「俺達のブレイブはここからだ!」

風は一段と強くなり光が5人のライダーとキョウリュウジン・プテライデンオーウエスタンを包み込む
プテライデンオーからパラサガンとザクトルが分離した



119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:11:14.84 ID:Wie++4H0o

吹き荒れる風は各地で見られた

沢芽市某所
戒斗とピエール・アルフォンゾが戦っていた

バロン「はっ!」

ブラーボ「あらあら、確かに強くなったわね、今度こそマンゴープリンにしてあげるわ!」

バロン「舐めやがって!ん、何だこの風は…」

ブラーボ「あら素敵…」

面影堂

瞬平「晴人さん達大丈夫ですかね」

凛子「晴人君と仁藤君なら大丈夫よ、きっと」

瞬平「なんか今日、風強いですね」

天の川学園都市某所

賢吾「コズミックエナジーが活性化している…」

賢吾「頼んだぞ!朔田、弦太朗!」



120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:12:30.42 ID:Wie++4H0o

鴻上ファウンデーション

鴻上「ハッピーバースディートゥーユー、ハッピーバースディートゥーユー!」

鴻上「ハッピーバースディーハッピーバースディー!」

鴻上「ハッピーバースディートゥーユー!」

鴻上「ハッピーバースディー!新しい力の誕生だよ!」

伊達「会長、一体誰の誕生日なんだよ」

鴻上「今どこかでなにやら新しいものが誕生するみたいでね」

伊達「何だかよくわかんないけど、めでたいねぇ」

鴻上の作るケーキにはキョウリュウジャーのマークを中心にその周りに10人のライダーのマークが描かれていた

風都某所

ウォッチャマン「なんか凄い風だねぇサンタちゃん」

サンタちゃん「お陰でプレゼント飛んじゃったよ!」

亜樹子「きっと、仮面ライダーが戦っているんだわ…」

そして戦いの場所にある人物が現れた
桐生ダンテツだ

ダンテツ「ダイゴ、地球のメロディが、お前たちに新たな力をくれる」

ダンテツ「仲間を信じるのだ、そうすれば、地球は答えてくれる」



121:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:14:03.77 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「消えろ!」

デーボスドーパントが光に包まれたキョウリュウジンたちを攻撃する
だが光の中から獣電剣が現れ攻撃をはじき返す

デーボスドーパント「何…」

光の中から黄金に輝くライデンキョウリュウジンが現れた
背中には6枚の翼がついている

グレー「何だあの獣電巨人は…」

シルバー「彼らのブレイブが、新しい力を生み出したのか!」

トリンはフィンガースナップを決めた

コックビットにレッド・ブラック・ブルー・グリーン・ピンク・ゴールド
WCJX、オーズスーパータトバ、フォーゼメテオフュージョン、ウィザードインフィニティ
そして鎧武オレンジが転送された



122:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:15:22.77 ID:Wie++4H0o

レッド「すげぇ!これが俺達の力か!」

W(翔太郎)「ああ、こいつはすげぇ…」

フォーゼ「コックビットキターッ!」

鎧武「テンション上がるぜ!」

ウィザード「お二人さんはしゃぎすぎ、ま、気持ちはわかるけど」

オーズ「やっぱりこういうのいいよね!」

ブラック「oh my…はしゃぎすぎだろあんたたち」

グリーン「でも一体どうしてこんなことが…」

ゴールド「すぺしゃるってやつでござるよきっと」

ピンク「ワーオ!」

ブルー「金ぴかだしね、きっと凄いことがおゴールド!」

デーボスドーパント「貴様等!」

W(翔太郎)「おい来るぞ、フィリップ検索頼んだ」

W(フィリップ)「ああ、この形態、及び敵の全てを閲覧した」

ゴールド「拙者たちにも伝わってくるでござる」

グリーン「俺たちとあいつのデータが、頭の中に…」

W(フィリップ)「どうやらこの形態は僕達の力を使うことが出来るようだ」

ブラック「そんなすげぇことが…」

レッド「さあ、まだまだ荒れるぜ!」

「「「「「「「「「「「「ライデンキョウリュウジンゴールド!」」」」」」」」」」」」



123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:17:37.76 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「おのれ!」

オーズ「はぁ!」

ライデンキョウリュウジンゴールドは凄まじき速度で移動した
オーズ、スーパータトバコンボの能力だ
そのまま獣電剣でデーボスドーパントを切り裂く

デーボスドーパント「ぐわっ…」

フォーゼ「ホアチャー!」

『マーズ!レディ?OK!マーズ!』

右腕に火星型の拳が出現
マーズブレイカーでダメージを与える

デーボスドーパント「ぐは…おのれよくも!」

ウィザード「残念」

デーボスドーパントの反撃、しかしインフィニティースタイルの力でガードする

鎧武「次は俺だ!」

左手に無双セイバーが出現

鎧武「よっと!」

獣電剣との二刀流でデーボスドーパントを切り裂く

デーボスドーパント「ぐはぁ…」

レッド「トドメだ!」

ライデンキョウリュウジンゴールドは空高く飛び上がった



124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:18:54.01 ID:Wie++4H0o

デーボスドーパント「おのれ!ならアイツを打ち落として…」

シルバー「私たちを忘れていないか!」

シルバー「超獣電、ギガブレイブフィニッシュ!」

バイオレット「プレズオー、ブレイブフィニッシュ!」

シアン・グレー「「スピノダイオー、ブレイブフィニッシュ!」」

3体の獣電巨人の必殺が炸裂する

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁぁぁ!」

『パワー、ダイザー!』

突如黄色のロボットが現れる
パワーダイザーだ

流星「俺も見ているだけなんて出来ないんでな、借りるぞ賢吾」

流星「ホ…アチャー!」

流星はパワーダイザーに乗り込み攻撃する

デーボスドーパント「く…」

その後ろから4人のライダーが現れる

ビースト「次は俺達の番だ!」

『ハイパー!マグナムストライク!』

『キウイ、スパーキング!』

『セル、バースト!』

『エンジン!マキシマムドライブ!』

龍玄「はっ!」

ビースト「おりゃっ!」

バース「食らえ!」

アクセル「絶望がお前のゴールだ!」

4人のライダーの必殺が炸裂

デーボスドーパント「ぐわぁぁぁぁ!」



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:20:22.42 ID:Wie++4H0o

『エクストリーム!マキシマムドライブ!』

『スキャニングチャージ!』

『メテオ、リミットブレイク!』

『チョーイイネー!キックストライク!サイコー!』

『オレンジ、スカッシュ!』

ライデンキョウリュウジンゴールドに5人のライダーの力が篭る

W(翔太郎)「財団X田端!」

W「「さぁ、お前の罪を数えろ!」」

デーボスドーパント「罪?そんな物知ったことか!」

「「「「「「「「「「「「エクストリームブレイブフィニッシュ!」」」」」」」」」」」」

デーボスドーパント「そんな…この俺が…ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

5人のライダーと6人のキョウリュウジャーの力が1つになった飛び蹴りが炸裂
デーボスドーパントを見事倒した
戦士たちが喜びの声を上げる

レッド「最高にブレイブだぜ!」

W(翔太郎)「ハードボイルドだ!」



126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:21:47.80 ID:Wie++4H0o

同じ頃、田端たちのアジトでは
貴虎達ユグドラシルの調査隊が証拠隠滅を行なっていた

斬月「全て焼き尽くせ、証拠を残すな」

調査員たち「はっ!」

斬月「そろそろ沢芽市に戻らないとな、光実が待っているはずだ」

貴虎は変身を解いた

貴虎「行くぞ」

調査員たち「はっ!」



127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:22:44.71 ID:Wie++4H0o

戦いを終えた戦士達

ダイゴ「何だが、いい風が吹くな」

翔太郎「だろ?」

イアン「oh my、あの2人もう仲良くなってやがる」

ソウジ「流石キングだね」

映司「今回はありがとう、俺達だけならどうなっていたことか…」

イアン「礼を言うならこっちのほうさ」

ソウジ「それに俺たちは…」

映司「いいんだ、逆の立場なら俺達だって…」

弦太朗「もういいじゃねえか、俺達の友情パワーであいつらを倒した、それでいいじゃねえか!」

晴人「そうそう、過去ばっかり見てると前に進めないぜ」

空蝉丸「左様でござるな」

アミィ「yes!」

ノブハル「これからも、お互い頑張ろオーズ!」

映司「うん!」



128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:24:41.98 ID:Wie++4H0o

トリン「私たち以外にも、この星のために戦う戦士がいたとはな」

後藤「この星か、そんな大きなはいえないな」

照井「ああ、せいぜいこの街が精一杯だ」

仁藤「俺なんか、自分が生きるためにしか戦ってないからな」

光実「僕はチームのために」

鉄砕「自分の守れる範囲を精一杯守る、それも立派な強さだ」

ラミレス「自分のBraveを信じる、それが強さデース」

流星「強さか…」



129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:25:43.82 ID:Wie++4H0o

フィリップ「まさか、翔太郎以外に検索しても理解できない人間がいるなんてね」

弥生「私も、初めてダイゴさんのことを聞いたときはそんな感じでした」

フィリップ「でも今じゃ夢中、か」

弥生「…はい」

フィリップ「君達のいうブレイブ、僕にもようやく理解できたよ、久々にゾクゾクできたよ、ありがとう」

弥生「こちらこそ」

そのとき紘汰は何か考え事をしていた

光実「どうしました紘汰さん」

紘汰「いや、こうやって色んな戦士が力をあわせることが出来たんだ」

紘汰「何時か、戒斗や城之内、初瀬やシャルモンのおっちゃんとも通じ合える日が来るのかな」

光実「紘汰さん…」

空蝉丸「信じれば、きっと大丈夫でござるよ」

紘汰「信じる…か」



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 22:36:30.41 ID:Wie++4H0o

ダイゴ「なぁ、あそこに見えるタワーって何だ?」

翔太郎「ああ、風都タワーっていう、この街のシンボルだ」

ダイゴ「じゃあそこまで行こうぜ!」

翔太郎「ああ!」

ダイゴと翔太郎が走り出す

イアン「oh my、あいつら元気すぎだろ」

アミィ「ワーオ!私たちも行こう!」

映司「うん!」

弦太朗「しゃあ!風都タワーまで一直線だ!」

他のみんなも走り出す
そのとき、2人の男がその様子を見ていた

士「折角通りすがりに来たのに、もう終わってるのか」

マーベラス「いいじゃねえか、37番目のスーパー戦隊、意外と悪くねぇな」

マーベラス「しっかし、本当にいいお宝だな、あいつらの絆」

士「ああ、これまで色んな世界を見てきたが、あそこまで素晴らしいのは見たこと無いな」

士はカメラのシャッターを切った

キョウリュウジャーと仮面ライダーの活躍で、地球の平和は守られたっ!
だがこれからも厳しい戦いは続く、しかし忘れるな!このとき誓った絆を胸に!
戦え!キョウリュウジャー&仮面ライダー!ああワシも出たかった

ダイゴ「ブレイブだぜ!」

翔太郎「ハードボイルドだ!」





135:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 23:31:26.87 ID:Wie++4H0o

最後に補足だけ
キョウリュウジャーはブレイブ42、鎧武は11話及びMOVIE大合戦の後日談です
それぞれの夏映画・MOVIE大戦、ウィザード特別編も正史に含むという設定です
春映画はパラレルワールドの出来事ということにしています
戦闘描写が雑だったと思いますが面白いと思っていただけたら幸いです



136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/12/31(火) 23:43:04.12 ID:Wie++4H0o

重ね重ねすいません
最後に登場した士とマーベラスはそれぞれオリジナルの人間です
世界を自由に渡れる士にとってSH大戦も正史扱いでしたすいません
マーベラスはSH大戦とは別人ですが何らかの形で士と接触したということで
では



137:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/01(水) 00:34:27.25 ID:g59lzwfZo

お疲れ様でした。



転載元
桐生ダイゴ「ブレイブだぜ!」左翔太郎「ハードボイルドだ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388477092/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 14:38
          • どうでもいいけどデーボス軍ってあんま強いイメージないからいっつもキョウリュウジャーにいじめられてるように感じちゃう
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 16:23
          • デーボス軍だけでなくキョウリュウジャーも強そうに見えない
            主役も敵役も歴代最弱だと思う
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 16:30
          • CJからいきなりFJになったあたりで読むのを止めた
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 16:47
          • 地の文の使い方が下手で躍動感が全然ないのが残念
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 16:50
          • 5 こんなにワクワクしたSSはRXがまどかたちを救ってくれたSS以来だったぜ
            よく1スレでまとめたな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 17:10
          • 5 最高にブレイブなものを見させてもらいました!お疲れ様です!!
            それぞれのキャラの絡みが秀逸すぎる・・・!
            もう公式にしか見えない
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 17:49
          • ※3
            その理由は読んでりゃすぐわかるよ。
            ミスじゃない。

            設定関係はだいたい問題なさそうなんだけど、映司がプトティラ使ったのだけは気になったな。
            あれだけは全部割れて手元にないはずだから闇オーズが落としたとかにしなきゃだめなんじゃ。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 18:57
          • 確かにメダルは割れたけど、映画でゴーカイピンクにレンジャーキーを貸したり、ウィザード最後のゲスト出演では実際プトティラに変身できていたはず
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 19:13
          • ※8
            プトティラのレンジャーキーはメダルが変化したものじゃないし、ウィザード特別編のオーズは本編終了後の映二とは確定されてないからその擁護は厳しいぞ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 21:17
          • 公式が~、設定が~、とかいう発言よく目にするけど、公式自体あやふやだったり変わってたりしてるから

            SSは楽しませてもらいました
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 21:34
          • どこかのインタビューで靖子にゃんか誰かが真木の持っていた3枚の恐竜メダルは砕けてないって言ってたからそのメダルが何らかの形で映司の元に渡ったってことじゃない?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 21:41
          • 5 面白かった
            意外と武器と戦い方が噛み合うもんだな

            あんまり細かいことは考えるな、設定の食い違いもテンコ盛りもいつもの劇場版だ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 21:48
          • 地の文が幼稚すぎて読むの直ぐやめたわ

            キモすぎて寒気がする。キモイキモい
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 22:10
          • 東映に渡したらヒーロー大戦の原案として名前を載っけてもらえる位の出来。
            お祭り映画としていい感じになってると思う。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 22:29
          • 5 設定とか地の文とか…こまけぇことはいいんだよ!このしっちゃかめっちゃかなお祭りのような感じが良かったよー!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 22:58
          • え?ボクの出番これだけ??

            アンラッキュー…
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 00:34
          • てんこ盛りのお祭りSSって感じで面白かった(小並感)
            面白かっただけに、同じ技を何度も繰り返したり、最後の方のゴチャゴチャして長い一方的な展開、
            それに文章力をうかがわせる地の文なんかは及第点って感じ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 01:15
          • >>9

            映二ってのは誰かな?
            漢字間違える時点で公式だのなんだのってギャーギャー騒がないで欲しいんだけどwww
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 01:25
          • 話の流れ方とかは、スルスル読めて普通に面白かった。

            ただ、地の文とセリフ回し、「!」と「?」の使い方はちょっとひどいかも。文章力はマジで中学生以下のレベル。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 01:27
          • ※18
            ねえ、恥ずかしくない?ww
            カッコつけて『>>9』とか書いちゃって〜w
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 02:57
          • 5 台詞回しがすごく上手いなと思った
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 05:22
          • Wがちょっと優遇されてるのが気になった
            もうちょい活躍のバランスはとれなかったのかしら
          • 23. MCC
          • 2014年01月02日 09:34
          • 4
            まぁまぁ哉?
          • 24. 断崖の町
          • 2014年01月02日 12:45
          • 5 普通に劇場版だった
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 15:19
          • ガキの妄想垂れ流しって感じだな

            致命的に文章力が足りない
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 17:16
          • 1 分かる、W優遇してるよね
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月02日 20:58
          • こないだのまどかと仮面ライダークロスよりは全然見れる
            …実際のライダーの方もディケイドからこっち、もう5人も増えたからこれくらいは圧縮しないと人数出すのきついだろうな
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月03日 00:04
          • 仮面ライダーのキャラ
            セリフが不自然過ぎる。
            無理矢理使い過ぎ。
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月03日 07:03
          • 4 キャラ多いのにいい感じに劇場版の枠に収まりそうなのが良かった、キャラもたってたし
            あとは地の文がアレかな、思い切って擬音使ったりした方勢い出て良かったかも
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月03日 08:56
          • 目が肥えとるな読者様は
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月03日 09:51
          • ちょっとキャラクターが多すぎたかな
            映像で見ると楽しそうだけど、文章だとちょっとクドい感じが否めない
            まぁキョウリュウジャーがメインのSSなんて初めて見たし、また特撮モノで何か書いて欲しい
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月03日 16:56
          • 5 すげぇ

            映画化希望!
          • 33. 秋塚翔
          • 2014年01月04日 11:31
          • 5 俺の書きたいと望んでた展開が盛り込まれてて315だった。
            メモリ中心に二次創作小説書いてる自分には参考になる作品だねコレ♪
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月08日 14:08
          • 何度も挙げられてるが地の文が酷いの一言に尽きるな
            やりたいことは分かるだけ残念だ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 17:21
          • 5 面白かった!、地の文でいろいろ言われているけれど、ナレーター(恐竜の方の)の声で脳内変換すればなんとかなるよ。
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月11日 19:49
          • 3 地の文はなんとか脳内で修正して読んだ。
            うん、地の文を除けば面白い展開だと思う。
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月15日 18:24
          • 5 なんでWとキョウリュウが主役級なのかなぁ〜と思ったら両方とも三条さんがメインだったからか
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月27日 21:48
          • 5 今の時期だったらイチゴアームズとライデンキョウリュウジンゴールドのところ鎧武はカチドキアームズだね。
            あ、あとSS楽しめました!
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年03月30日 13:04
          • 春休み合体スペシャルが恒例化しつつあるね
            今年のヤツ観てこのSSを思い出した
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月29日 23:20
          • いい劇場版だった。それだけで言葉は十分だ。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【グラブル】グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」
        • 【グラブル】グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」
        • 【グラブル】グラン「蘭子ちゃんを仲間にするぞ―――ッッ!!!」
        • 【乃木坂46】初恋の人を今でも【曲SS】
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ミリマス】福田のり子「待ち合わせ、雨があって、」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」
        • 【ガヴドロ】サターニャ「何もないところからポッキーを出せる能力…?」
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        • 【アイマス】ボイン大好きP太君~アイドルのお姉さん編~
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ