TOP

狛枝「超高校級の魔法少女?」

1 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:01:11.96 ID:wcb1PaMB0

日向「実は俺は超高校級の魔法少女だったんだ」

狛枝「ちょっと何言ってるのかボクにはわからないよ」

日向「だから思い出したんだって!俺の超高校級の才能をな!」

狛枝「それが魔法少女だっていうのかい?さすがのボクでも理解できないよ」

日向「いいか、よく見てろよ」

狛枝「何するつもりかわからないけどとりあえず了承したよ」

日向「へんし~ん!」


きらり~ん☆


ひなた「希望ヶ峰学園からの希望の使者!魔法少女ミラクル☆ひなたん参上!」

狛枝「」

ひなた「どうだ?これで信じてくれただろ?」

狛枝「あははは…びっくりしたよ。超高校級の早着替えってとこかな?」

狛枝「うん、そうだよ。自分の才能を見つけられてよかったじゃないか」

狛枝「ただ着替えるならもっと別の衣装を勧めるよ。それだと変態にしかみえないからね」

ひなた「ちんぷいちんぷい、ちちんぷいぷい、ちんちんぷいぷーい」

ひなた「狛枝の髪よワカメにな~れ~☆」

狛枝「日向クン何を言って…は?髪がワカメになって…る?」

ひなた「これで信じてくれたか?俺は超高校級の魔法少女だ!」

ウサミ(あちしのステッキがどっかにいったと思ったら日向君がもってたんでちゅね)




※2のネタバレあり
※ゲス日向につき注意
※キャラ崩壊注意



2 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:02:32.39 ID:wcb1PaMB0

ひなた「ん?そこにいるのはウサミじゃないか。どうしたんだ?」

ウサミ「あのー、日向君がもってるそのステッキはあちしのだから返して欲しいのでちゅが」

ひなた「なにいってるんだよ。これは超高校級の魔法少女の俺のだぞ」

ウサミ「それは違いまちゅ!人のものを盗んだら泥棒でちゅよ!返ちなさい!」

ひなた「うるさいな…せっかく人が自分の才能を思い出したんだから水を差すなよ」

ウサミ「日向君の才能は魔法少女なんかじゃありまちぇん!返さないなら怒りまちゅよ!」

ひなた「…!俺が魔法少女じゃないならなんの才能を持ってるっていうんだよ!」

ウサミ「そ、それは…とにかく日向君が魔法少女じゃないことはたしかでちゅ!」

ひなた「…そうかよ。じゃあ俺の才能をわからせてやるためにお前にも魔法をかけてやるよ」

ウサミ「や、やめるでちゅ!日向君はそんなことする人間じゃないはずでちゅ!」

ひなた「ウサミよ!何の力もないへんてこなヌイグルミにな~れ~☆」

モノミ「い、いやーーー!!なんかへんてこなデザインにされたでちゅ!」

ひなた「なかなか似合ってるじゃないか。これに懲りたら俺からステッキをとりあげようと思うなよ」

モノミ「うう…ひどいでちゅ…」



3 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:03:55.04 ID:wcb1PaMB0

狛枝「ねえ、日向クン。お願いがあるんだけど」

ひなた「どうした?まさかお前もモノミと同じ事をいいだすつもりじゃないよな」

狛枝「いや、この髪を元に戻して欲しいんだけど」

ひなた「なんだそんなことか、ほらよ」チチンプイプイ

狛枝「あ、治った」

ひなた「あはははは!それにしても才能を思い出すことができてよかったよ!」

ひなた「どうせだからこのままみんなに魔法を見せ付けてくるかな」

ひなた「そういうわけだから俺はもう行くぞ、じゃあな」

狛枝「うん、じゃあね…」

狛枝(これは困ったね…本当に日向クンが魔法少女かはともかく…)

狛枝(せっかくの才能をこんな使い方するなんて…絶望的だよ)

狛枝(まさか日向クンがあんな人間だとは思いもしなかったよ…いや…)

狛枝(もしかしたら変に才能を手に入れたのが影響しちゃったのかな?)

モノミ「……」

狛枝「あのさ、もしかして日向クンがああなっちゃったのってモノミが原因なの?」

モノミ「うう…たしかにステッキを奪われたのはあちしのせいでちゅが…」

モノミ「それにしたって今の日向クンはおかしいでちゅよ…どうしたんでちゅかね」

狛枝「そうか、でも日向クンからあのステッキを取り返せば戻るかもしれないね」

狛枝「待っててね、日向クン。ボクがキミを絶望から救ってみせるよ」



5 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:05:28.33 ID:wcb1PaMB0

ひなた「さて、まずは誰に会いにいくかな」

西園寺「あれれ?日向おにぃ?今日は気持ち悪い格好してるね」

小泉「え、本当ね。なんでそんな格好してるのよ?」

ひなた「実は自分の才能を思い出したんだ」

西園寺「それってもしかして人を不快にさせるだけのその女装趣味のことかな?」

ひなた「それは違うぞ!俺は超高校級の魔法少女だ!」

小泉「はあ?魔法少女って何よ?そもそもアンタは男でしょうが」

ひなた「そんなことは関係ない。信じられないというなら俺の魔法を見せてやるよ」

西園寺「本気で脳にウジがわいてるんだね。一度その脳みそを塩素にひたして漂白したほうがいいんじゃないかなー」

ひなた「そうだな…まずはお前を本物のひよこに変えてやるよ」

ひなた「ちんぷいちんぷい、ちちんぷいぷい、ちんちんぷいぷーい」

ひなた「日寄子よひよこにな~れ~☆」

小泉「…まったく付き合ってられないわ。行こう、日寄子ちゃ…ん?」

ひよこ「…ピッ!?ピヨピヨ!?」

ひなた「あははははは!いいざまだな西園寺!」

小泉「日寄子ちゃん!?本当にひよこに!?どうなってるのよ!?」



6 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:09:50.17 ID:wcb1PaMB0

ひなた「だから言っただろう。俺の魔法は本物だと」

小泉「そ、そんな…日寄子ちゃんを元に戻しなさいよ!」

ひなた「そうだな…別に戻してやってもかまわないが…ただ戻すのもつまらないな」

ひよこ「ピヨピヨ…ピヨピヨ…」

小泉「日寄子ちゃん…かわいそうに…」

ひなた「そうだ!焼き鳥にでもするか!」

小泉「や、やめて!これ以上日寄子ちゃんに手を出さないで!」

ひなた「冗談だって!さすがの俺もそんなことしないさ!あっはっは!」

ひよこ「ピ…ピヨピヨ…」

小泉「ねえ、お願いだからもうやめてよ…アタシのことは好きにしていいから日寄子ちゃんは戻してあげて…」

ひなた「はあ…つまらないな。しかたがないから戻すか…」

ひなた「ひよこよ日寄子に戻れ~☆」

ひなた「えいっ☆」

西園寺「…?あ、戻った…?う、うわあああああああああああん!怖かったよぉ!」

小泉「日寄子ちゃん!もう、大丈夫だからね…?あれ…なんだか体が大きくなってない?」

西園寺「え…?ほ、本当だ。どういうことなの?」



7 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:11:28.31 ID:wcb1PaMB0

ひなた「せっかくだから元の姿に戻してやったんだよ。ビッグバン日寄子にな!」

小泉「い、意味わからないわよ!ちゃんと元の日寄子ちゃんに戻してあげてよ!」

ひなた「だからそれが本来の姿なんだよ。何も覚えてないのか?」

西園寺「な、なによそれ!日向おにぃのバカ!深爪こじらせて死んじゃえ!」

ひなた「ははっ!まあそう思うのも無理はないよな…ああ、ツマラナイ」

小泉「日向…本当にどうしちゃったのよ。いつものアンタらしくないよ」

ひなた「…俺は俺だよ。いやもう俺は俺じゃないのかもしれないな」

西園寺「小泉おねぇ、もうこいつことはいいよ。さっさと行こう」

小泉「で、でも…まだ日寄子ちゃんの体も戻ってないし…」

ひなた「今戻してやるよ…ほらっ☆」

西園寺「あ…今度こそ本当に戻った…」

小泉「日寄子ちゃん…良かった…」

ひなた「……じゃあな」



8 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:13:12.40 ID:wcb1PaMB0

ひなた「…いろいろと思い出してきたぞ」

ひなた「これもこのステッキの影響か?まあどうでもいいか…」

ひなた「あんなに才能に憧れていたはずなのに…」

ひなた「いざ才能を手に入れると途端につまらなくなる…」

ひなた「今回も同じだったな…ああ、ツマラナイ」

罪木「あ、あのー。もしかして日向さんですか?」

ひなた「……」

罪木「ああ!やっぱり日向さんです。今日はおもしろい格好してるんですねぇ」

ひなた「……」

罪木「あ…ご、ごめんなさい。別に悪気があっていったわけじゃないんですぅ」

ひなた「…実は俺魔法少女になったんだ」

罪木「へ…魔法少女ですか?それでそんな格好をしてるんですね」

ひなた「ああ、どうせだから俺の魔法を見せてやろうか?」

罪木「えへへ、本当ですかぁ。じゃあお願いします」

ひなた「そうだな…なにがいいかな…」

ひなた「さっきと同じネタにするか…」

罪木「さっきと同じネタ…?なんのことでしょうか」

ひなた「みかんにな~れ~☆」



9 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:14:47.95 ID:wcb1PaMB0

みかん「……」

ひなた「みかんだな…食べてみるか…?」

みかん「……」

ひなた「なかなかおいしそうじゃないか…じゃあさっそく…」

田中「む、貴様もしや特異点ではないのか!?」

ソニア「まあ!インド人もびっくりの日向さんですわね!」

ひなた「…君たちか。そうだ、よかったらこの蜜柑食べないか?」

ソニア「おいそうな蜜柑ですね。どうしたんですか?」

田中「この辺りではその太陽のしずくなど取れまい…人語を操る赤眼の魔獣から授かったといったところか」

ひなた「まあそんなところですよ。ひとつしかありませんがよろしければどうぞ」

ソニア「ありがとうございます…ところであなたは本当に日向さんですよね?」

田中「ずいぶんと奇妙な格好をしているようだが…もしや新しい力に目覚めたというのか?」

ひなた「…どうとってもらってもかまいませんよ。僕はもう行きますね」

ソニア「あ、ちょっと待ってください!」

田中「…行ってしまったな。しかし妙だ…あれからは人なる気配を感じなかった…」

ソニア「ど、どうしちゃったんでしょうか…心配です…」



10 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:17:12.25 ID:wcb1PaMB0

澪田「およよ?あれは創ちゃんじゃないっすか?」

十神「そのようだな…ところで愚民の間ではああいった格好が流行しているのか?」

花村「ずいぶんファンシーなコスプレしてるみたいだね。あれはあれでありかなぁ…」

澪田「おーい!創ちゃーん!なにしてるんすかー!」

ひなた「……ああ、ツマラナイ」

澪田「つまらないなら唯吹たちとバンドでも組もうぜっ!」

花村「今このメンバーでバンドでも始めようとしてたところなんだ。日向くんもぜひ一緒にやろうよ」

十神「俺様もこのくだらん遊びに付きあってやっている。お前に拒否権はないぞ」

ひなた「…バンドですか…本当にくだらない遊びですね。私が魔法でもっとおもしろいことにしてあげますよ」

十神「なんだと…?どういうことだ、説明しろ」

ひなた「みんな豚にな~れ~☆」

豚神「…ブヒっ!?」

豚村「ブヒヒ!?」

豚田「ブッヒー!?」

ひなた「おっといけない…三匹の子豚にするには狼がたりませんね…」

ひなた「あそこで飛んでる鳥を狼にしましょうか…狼にな~れ~☆」

狼「…?」

ひなた「さあ、後は好きに遊ぶといいでしょう…それではミナサンさようなら…」



11 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:18:39.59 ID:wcb1PaMB0

ひなた「ああ、ツマラナイ…」

左右田「お、もしかしてお前日向か!?なんだよその格好!?」

九頭龍「く、狂ってやがる…」

ひなた「また同じ台詞ですか…ツマラナイですね」

左右田「いったい何やってんだよ…ギャグのつもりか?」

ひなた「僕は魔法少女になったんですよ…あらゆる才能を持った魔法少女にね」

九頭龍「…そうかよ。じゃあその魔法とやらを見せてくれないか?」

ひなた「いいでしょう…じゃあなにをしましょうかね…」

左右田「ほ、本当に魔法が使えんのか?じゃあ船の部品を出してくれよ」

ひなた「船の部品ですね…では左右田よ船の部品にな~」

九頭龍「今だ!コイツを捕らえろ!」

弐大「応っ!!覚悟せんかいぃいいい!!」

終里「よっしゃ!やってやるぜ!」

辺古山「悪いな、恨むなよ」

ひなた「やれやれ…僕のことを舐めすぎじゃないですかね…」

終里「おらっ!!…!?避けた!?」

ひなた「隙だらけですよ…ほら…」ガスッ

終里「ぐはっ!うぐぐ…ぐ…」



12 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:19:45.92 ID:wcb1PaMB0

弐大「隙があるのはお前さんも同じじゃぁああああ!!」

辺古山「…もらった」

ドカッ!バキッ!

弐大「……な、なんじゃと!?」

辺古山「…消えた…だと?」

九頭龍「…!後ろだ!」

ひなた「もう遅いですよ」スッ

弐大「ガッ…まさか一撃で…」

辺古山「すみま…せん…ぼっ…ちゃん…」

左右田「あ、ありえねぇ…あの3人がよくわからないままにやられるなんて…」

九頭龍「くそがっ!こうなったら俺がやってやるぜ!」

ひなた「無駄ですよ…魔法なんてなくてもあなたたちなんて相手にならない」

狛枝「それはどうかな?こっちが魔法を使えるなら別じゃないかな?」

ひなた「…なるほど…あの3人は囮であなたがステッキを奪う役でしたか」



13 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:21:10.87 ID:wcb1PaMB0

左右田「やっぱり狛枝の言うとおりコイツおかしくなってんぞ」

九頭龍「まさか本当にあの3人がやられるとは思わなかったぜ…すまねぇペコ」

狛枝「でもこれで形勢逆転だよ。モノミじゃキミに手を出すことができないからボクがこのステッキを使わせてもらうよ」

ひなた「…ああ、ツマラナイ。僕が魔法を使えるのはあくまで僕の才能ゆえだというのに」

狛枝「ちんぷいちんぷい、ちちんぷいぷい、ちんちんぷいぷーい」

狛枝「日向クンよ…桜餅にな~れ~☆」

左右田「……」

九頭龍「……」

ひなた「……」

狛枝「あれ?おかしいな…さっき日向クンはこの呪文を唱えて魔法を使ってたけど…」

左右田「おいおい、大丈夫なのか?なんとかなるんじゃなかったのか?」

九頭龍「そのステッキをモノミに渡したほうがいいんじゃねえか?」

狛枝「そうみたいだね…おーい、モノミー!」

モノミ「はいはーい!モノミ先生でちゅよ!」

狛枝「ステッキは取り返したよ!日向クンを元に戻してあげて!」

モノミ「よーし!日向君を助けてあげまちゅよ!」



14 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:22:11.94 ID:wcb1PaMB0

ひなた「吹っ飛べ☆」

モノミ「ぎゃー!!ふっとばされまちたー!!」ドーン

狛枝「…?え?モノミが海の彼方に吹っ飛ばされた?」

左右田「あのステッキがないと魔法が使えないんじゃねーのかよ!?」

九頭龍「まずいんじゃねーか、この状況…」

ひなた「…ツマラナイ。やはりアナタたちが揃ったところで未来は変えられない」

ひなた「遊びは終わりにしましょうか…あなたたちを皆殺しにして…」

ひなた「教師権限をのっとり…すべてを終わらせましょう…」

左右田「ぎゃー!!ちょっと待てって!!皆殺しはやりすぎだろうが!」

九頭龍「なに考えてんだテメー!?ふざけるのも大概にしろやっ!!」

狛枝「なんて絶望的なんだ…でもキミたちならきっとここからでも希望を輝かせてくれると信じてるよ!」

左右田「オメーも何言ってんだよ!?いいから何とかしやがれ!」

九頭龍「くそがっ!とりあえず倒れてるペコたちを助けるぞ!」

狛枝「ちょっと待って…最後の希望がやってきたようだよ」

ひなた「……ああ、やはり最後に来るのはアナタなんですね」

七海「…日向君、何してるの?」



15 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:23:12.03 ID:wcb1PaMB0

ひなた「僕はすべて思い出したんですよ…すべてをね…」

七海「そっか…それで日向君はどうしたいの?」

ひなた「すべてを終わらせます…皆殺しにして…絶望を復活させます…」

七海「日向君自身はどうするつもりなの?ここを出たらどうするつもりなの?」

ひなた「僕は消えますよ…元の世界に戻っても何もおもしろいことがありませんからね」

七海「なるほど、日向君の悩みはわかったよ」

七海「つまりこの南の島で永遠に楽して遊んで暮らしたいということだね」

ひなた「いえ、違います」

七海「わかってる…それだけなら現実世界でも十分だもんね」

ひなた「微妙にわかってもらえてないようですがそれでいいです」

七海「日向君はさ…らーぶらーぶしたいんだよね、私と」

ひなた「え、いえ、そうじゃありません」

七海「いいんだよ、恥ずかしがらなくても…全部わかってるから…」

ひなた「は、はあ…」

七海「現実世界に戻ったら私はいなくなる…それが嫌なんだね」

ひなた「違います」



16 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:24:13.04 ID:wcb1PaMB0

七海「でもね…たとえ現実世界に私がいなくても私は消えないよ」

ひなた「そうですか」

七海「それに…もし日向君がこの世界に残ることを望むならそれでもいいんだよ」

ひなた「いえ、そういうのはいいです」

七海「私は日向君が自分の意思でこの世界に残ることを決めたならそれに付き合うよ」

ひなた「……」

七海「たしかに私と離れ離れになるのはつらいと思うよ」

七海「日向君は私のこと大好きだもんね」

ひなた「いや、そんなことはない…はず…」

七海「そんなことないよ!日向君と私はらぶらぶなんだから!」

ひなた「え…ちょ…」

七海「日向君はね、私にいろいろ教えてくれるって言ったんだよ」

七海「日向君は私と一緒にゲームするときすごく楽しそうなんだよ」

七海「日向君は私のことを見るとき3回に1回は胸を凝視するんだよ」

七海「日向君は私があげたパンツを1日1回はかぶるんだよ」

七海「日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は」

七海「日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は」

七海「日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は」

七海「日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は」

七海「日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は日向君は」




――――
――





17 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:25:11.76 ID:wcb1PaMB0

七海「というわけで私と日向君は結ばれる運命にあるんだよ。わかった?」

日向「ああ!俺が間違ってたぞ!俺は決めた!ここで一生お前と暮らすぞ!」

七海「ありがとう、日向君。大好きだよ」

日向「俺も七海のことが大好きだ!」

七海「日向君!」

日向「七海!」



狛枝「これは…希望なのかな?」

左右田「もうどうでもいいんじゃねーか?」

辺古山「ぼっちゃん…帰りましょうか…」

九頭龍「そうだな、最初っから七海のヤツにまかせときゃよかったぜ」

弐大「がっはっは!終わり良ければすべて良しじゃ!」

終里「オレがどうしたって?」

ウサミ「うふふ、ミナサンらーぶらーぶしてまちゅね」

狛枝「あ、ウサミ生きてたんだね」

ウサミ「はい、あちしは無事でちゅよ」

ウサミ「ちなみに日向君に魔法をかけられたミナサンは元に戻しておきまちたよ」

ウサミ「これでハッピーエンドでちゅ」

日向・七海「らーぶらーぶ」





終里




18 : ◆XZ//Ermto6 2013/12/20(金) 00:26:12.98 ID:wcb1PaMB0

なんでこんなもん書いたんだろう…
HTML化してきます



19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/20(金) 00:27:17.75 ID:29KKXhoro


らぶいな…………あれ花村は?



20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/20(金) 00:28:06.09 ID:0h4Qk0ly0


イイハナシナノカナー?



21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/20(金) 00:30:19.34 ID:Z8h9HA710

あれ?
ハッピーエンドでいいのか?



22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/20(金) 00:31:12.83 ID:in1AXT/F0

七海千秋(超高校級の洗脳)



23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/20(金) 00:35:24.71 ID:8M9r9K3X0

俺も七海と一緒に島に残ることにしました



転載元
狛枝「超高校級の魔法少女?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387465271/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (16)

          • 1. はじめちゃん
          • 2013年12月20日 12:10
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 12:33
          • この胸の疼き、これが…希望なのか…?
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 12:50
          • 霧切さんが魔法少女名乗るSSは和やかだったのに……
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 13:23
          • カムクラ洗脳とか七海コエーよ
          • 5. MCC
          • 2013年12月20日 13:25
          • 5
            良い話だなぁ(白目)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 13:30
          • おいまてミカンはどうなった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 14:05
          • >>6
            犠牲になった
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 14:20
          • 七海最強伝説
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 15:30
          • 七海ちゃんかわいいww

            あと真昼ちゃんも
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 18:18
          • 1 どういう...ことだ...
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 22:10
          • 1 罪木、豚神、澪田、花村が元の姿に戻されてないんですがそれは・・・
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 22:38
          • 蜜柑ならさっき俺が部屋に持ち込んで美味しく食べましたが
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月20日 23:03
          • ※11
            大丈夫だウサミが元に戻したから


            七海ー
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月21日 17:21
          • 俺も七海とらぶらぶしてくる
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月24日 04:02
          • 葉隠の頭上に隕石落とすアプリ作ったみたいなああいう作品もまとめて欲しいな~
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月26日 06:04
          • ??『絶望だった日向君を希望へと導いた彼女こそ。"超高校級の希望"と言えるんじゃないかな?』

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ