TOP

俺「VIPから人が消えている・・・?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:15:16.28 ID:YCprEv7a0

女「そうよ」

俺「なんでそんなことに」

女「さぁ・・・具体的な理由はわからないわ」

女「ただ、『彼ら』が動き出したと見て間違いないでしょうね」

俺「あいつらが・・・ついに・・・」

女「どうする?」

俺「どうするって・・・行くしかないだろ」

女「どこに?」

俺「もちろん・・・>>4に!」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:15:35.56 ID:ucfHQUGG0

なんj



3: 忍法帖【Lv=18,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/13(金) 21:15:40.00 ID:VhGwC8mz0

四国



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:15:55.52 ID:cHpVEXSd0

韓国



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:18:08.35 ID:YCprEv7a0

俺「韓国だ!」

女「韓国・・・?」

俺「韓国」

女「行きたくないわ」

俺「まぁ待てよ。あそこには俺の友人がいるんだ」

女「友人?」

俺「ああ、頼もしい仲間だぜ。名前は・・・>>10」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:22:50.89 ID:LSgm7UvH0

チョ・マテヨ



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:26:09.07 ID:YCprEv7a0

俺「その名はチョ・マテヨだ!」

女「チョ・・・?誰それ・・・?」

俺「本当に知らないのか?」

女「知らないわ・・・」

俺「チョ・マテヨ!」

女「・・・・・・?」

俺「本当に知らない?今の渾身のモノマネだったのに」

女「ごめんなさい」

俺「キムタクだよ!木村拓哉!」

女「木村拓哉・・・?どうして韓国に?」

俺「SMAPって韓国でも大人気なんだってよ」

女「でもただのアイドルである彼に何ができるというの?」

俺「会えば分かるさ」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:29:08.13 ID:YCprEv7a0

上空10000メートル

俺「飛行機っていいよな。夢があるよな」

女「そうかしら・・・」


ガガガガガガガ!!!!


俺「!!」

女「!?」


機長「何事だ!?」

副機長「エンジン部にトラブルが発生しました!」

機長「まずい!このままじゃ墜落するぞ」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:32:21.58 ID:YCprEv7a0

俺「いったい何事だ・・・!」

CA「お、お客様!危険ですので立ち上がらないでください!」


操縦席

俺「おい機長!何があった!」

副機長「誰だ君は!」

機長「エンジン部に原因不明のトラブルが生じた!」

女「どうやら私たちも目をつけられていたようね」

俺「みたいだな!」ダッ

機長「どうするつもりだね!」

俺「エンジン部にはおそらく>>22がいる!そいつを叩けばこれ以上の被害は出さずに済む!」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:34:51.36 ID:wuiqFuS20

草なぎ



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:37:11.19 ID:YCprEv7a0

女「・・・見て、右翼の上に誰かいるわ」

俺「あいつは・・・」


草なぎ「マンマンwwwwwwマンゾクwwwww」


俺「チョナン・カン・・・!?」

女「ちょな・・・?」

俺「そんな!なんであいつが・・・!」

女「チョナン・カンって誰?あなた相手の目星がついてたんじゃないの?」

俺「ついてたさ・・・でもあいつは・・・チョナン・カンは・・・」

俺「俺がこの後集める予定だった仲間の一人だ!」

女「・・・!」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:40:04.07 ID:YCprEv7a0

右翼部

びゅおおおおおおおおおお

俺(すごい風だ・・・!気を抜いたら吹っ飛ばされちまう・・・)

草なぎ「マンマンwwwww、マンゾクwwwww」ドターンバターン

俺「・・・おい!チョナン・カン!」

草なぎ「!!」クルッ

俺「それ以上暴れるな!エンジンだけじゃなくて翼ごと折れちまう」

草なぎ「・・・・・・」

草なぎ「マンマンwwwwwwマンゾクwwwwwww」ドスンドスン

俺「おい!やめろ!俺がわからないのか・・・!」

俺「一体何があったんだよ!」

草なぎに何があった? >>26



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:43:13.19 ID:SGFD2V6M0

露出で逮捕



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:45:36.42 ID:uz8Am4+ji

ワロタ



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:48:03.38 ID:YCprEv7a0

俺「一体何があったんだよ!」

草なぎ「マンマンマンゾクwwwwwイッポンマンゾクwwwwwww」

草なぎ「バァーーーーーーーーーーー!!!!」ボッ!!

俺「!!?」ジュウッッ

俺(口から棒状の光線・・・!?)

草なぎ「何があったかって・・・!?お前テレビ見てないのか」

草なぎ「ボクは4年以上前に、夜中の公園で全裸で騒いで逮捕されたんだ」

草なぎ「公然わいせつ罪だぞ!?」

俺「そ、そんなことが・・・」

草なぎ「シンゴー!シンゴー!!」ドスンドスン

俺「おい、やめ・・・」

メシッ・・・

俺(やばい、翼が折れそうだ・・・!)



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:51:25.79 ID:YCprEv7a0

草なぎ「悪いけど木村くんのところには行かせない!この飛行機を落とした後は彼にもボクらの仲間になってもらう!」

俺「お前らはもともと仲間だっただろ!?国民的人気アイドルグループSMAPはどうなったんだ!」

草なぎ「SMAP!?そんなもの知らないよ!」

草なぎ「イッポンマンゾク・バーーーーー!!!!」ボッ

俺「うわっ!」グラグラ

草なぎ「SMAPはもうなくなったんだ!だから木村くんもチョ・マテヨなんて名乗ってる!」

俺「そんな・・・SMAPに一体なにが・・・」

SMAP消滅の理由とは >>33



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:53:03.83 ID:wuiqFuS20

中居の歌唱力



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:56:24.28 ID:HTzXg3Xs0

安価が精鋭すぎるwwwww



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 21:57:45.59 ID:YCprEv7a0

俺「・・・はっ!そうだ、前にこんなスレを見たことがある・・・」


スレタイ:ジャニーズ歌唱力ランキングできたwwwwww


俺「あのランキングでは確か・・・最下位が・・・」


中 居 正 広


俺「まさか、中居のせいで・・・!?」

草なぎ「ああそうさ!中居くんはあろうことか後輩であるKis-My-Ft2の冴えない連中を抱えて『舞祭組』なんてユニットをプロデュースして」

草なぎ「本人は作詞作曲、そしてふざけたカッコして踊ってたんだ!」

俺「そ、それの何が悪いんだよ!」

草なぎ「彼は歌から逃げたんだ!!アイドルが歌から逃げるなんて!そんなの許されると思ってるのか!?」

草なぎ「シンゴオオオオオー!!!」ドスンドスン



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:00:26.42 ID:cIplpDCe0

わろたwwwwwww



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:02:49.71 ID:YCprEv7a0

俺「・・・確かに中居は歌が下手だよ・・・まじめに歌えば歌うほど笑われる・・・そういう奴かもしれない」

俺「だけどな、アイドルってのは歌だけが全てじゃないんだよ!」

草なぎ「なに・・・!?」

俺「いいか、アイドルってのは人を沸かせるための存在なんだ!」

俺「歌にせよ、踊りにせよ、バラエティにせよ、ドラマにせよ、MCにせよ、芸術にせよ、そのすべてで人々を楽しませることができる存在なんだ!」

俺「中居くんは歌が下手だ。だからって人々に嫌われてるか!?」

草なぎ「嫌ってる人はいる!」

俺「じゃあTOKIOはどうなる!長瀬以外はみんな歌なんてゴミみたいなもんだぞ!?」

俺「キンキの光一だって剛と比べたらカスみたいなもんだ!」

俺「だけどなみんな一生懸命アイドルやってんだよ!それを同じアイドルであるお前が批判してどうする!」

俺「裸になって逮捕される!これだってアイドルが全力でやったエンターテイメントじゃないのか!?」

草なぎ「そ、それは・・・」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:07:54.91 ID:YCprEv7a0

俺「中居の歌唱力がひどすぎてSMAPが消滅した!?違うね!」

俺「俺からしてみればSMAPなんて全員下手くそだ!まぁ森くんはうまかったと思うがな」

草なぎ「・・・・・・だ、黙れ・・・」

草なぎ「中居くんのせいでSMAPはもう終わったんだ!僕らの音楽は・・・終わったんだああああ!!」バアアアーーー!!!

俺「違う・・・SMAPを終わらせたのはお前だ!」

俺「お前はSMAPとしてやれることに限界を感じていたんだ!だからあんな不祥事を起こしたんだろう!?」

俺「裸になって何が悪い!一流のエンターテイナーとしての最大の挑戦だったはずだ!」

草なぎ「・・・!」

俺「もうこれ以上、自分を・・・SMAPを否定するのはやめろ!!」


パキーン!!!


草なぎ「う・・・あ・・・」

草なぎ「あ、頭がああああああ!!!」

俺「!?」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:10:22.51 ID:YCprEv7a0

俺「どうした!?剛どうした!?」

草なぎ「離れろ・・・早く・・・あいつが・・・来る・・・!」ヨロヨロ

俺「あいつ・・・?」

俺「ハッ!?」


ゴオオオオオオオオオオッ


俺「ジェット機!?こっちに向かってくる・・・!」

俺「おい草なぎ!あのジェット機はなんだ!誰が乗ってるんだ!?」

草なぎ「あ、あれに乗っているのは・・・ボクにこの飛行機を落とすよう指示をした奴だ・・・」

草なぎ「そう・・・ヤツの名は・・・>>45」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:11:30.14 ID:wuiqFuS20

kskst



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:13:34.39 ID:TIUVm5sw0

剛力彩芽



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:17:25.15 ID:YCprEv7a0

草なぎ「そう・・・ヤツの名は・・・剛力彩芽」

俺「・・・・・・!」ガーン

俺「剛力・・・彩芽・・・」


ねぇ君はもう~友達じゃな~い♪


俺・草なぎ『!!』

俺(ジェット機の上に・・・!)


剛力「哀しいなぁ・・・草なぎくん、私の事裏切ろうと思ったでしょ」

剛力「そんなあなたはもう・・・友達じゃなーい☆」スッ

カチッ


草なぎ「・・・・・・!!」ドンッ

俺「草・・・!?」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:23:00.13 ID:YCprEv7a0

草なぎ「かはっ・・・」ボタボタ

俺「おい・・・!草なぎ!おい!」ガシッ


剛力「無駄だよ~彼の胸部には携帯食パン型爆弾『ランチパック』が装備してあったの」

剛力「ほんの少しの心のゆらぎで起動するんだよ」

俺「爆弾・・・!」

剛力「そしてあなたも・・・どうやら芸能界(このせかい)に深入りしすぎたようだね」

俺「何の話を・・・!」

剛力「ランチパーック!」ズラッ!!

剛力「消し飛んでもらおうかな・・・その変態アイドルと一緒にッ!」

俺「・・・一か八かだ」

ピョンッ

剛力「・・・!?」

剛力(飛んだ!?ここは上空9000m・・・助かる見込みなんて・・・)

剛力「・・・まぁいいわ、自殺願望があるんならそれで・・・」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:26:37.14 ID:YCprEv7a0

剛力「・・・って、草なぎくんもいない・・・」

剛力「まぁいいか、どうせ虫の息だったし」

剛力「さぁて、裏切り者の始末は終わったし帰ってダンスの練習しよっ」


操縦室

女「・・・爆発音が数回聞こえたけど・・・大丈夫なのかしら」

機長「なんとか飛行機は墜落せずに済みそうだ!」

ピリリリリリリ!

女「!」

副機長「君、飛行機内ではケータイの電源を切るようにって・・・」

女「もしもし?あなた今どこにいるの?」


俺「上空だ!」


女「・・・翼から転落したの!?」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:32:34.48 ID:YCprEv7a0

俺「転落っていうか飛び降りた!」

女『どうしてそんなことを・・・あなたが死んだら元も子もないわ・・・!』

俺「賭けには勝ったぜ」

女『・・・?』



草なぎ『悪いけど木村くんのところには行かせない!この飛行機を落とした後は彼にもボクらの仲間になってもらう!』


俺「思ったんだ・・・『飛行機を落とす』『でも自分は韓国に上陸する』そんな方法があるのかってね」

俺「そんで草なぎの体を調べたら、しっかり背中に背負ってたぜ」

俺「ハングライダーをな!」


女『ハングライダー・・・?』



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:35:35.33 ID:YCprEv7a0

俺「ただのハングライダーじゃないぜ。超高性能のだ!カーナビみたいな機能もついてる!さすがジャニーズだぜ」

女「どうするつもりなの・・・?」

俺「このままハングライダーで韓国まで行く!たぶんお前とはしばらく離れ離れになると思う」

女「合流できるかしら」

俺「できるさ!!今ここに草なぎもいる!韓国についたら語学堪能なこいつに道案内してもらうことにするぜ」

女「・・・私は、どうしたらいいの?」

俺「・・・そうだな、じゃあお前には重大な任務を授けるぜ」

女「なに?」

俺「俺は木村拓哉に会うから、お前はもう一人の仲間・・・つまり>>60に会うんだ!」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:36:07.97 ID:YCprEv7a0

ごめんなさい
最安価>>64



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:36:24.89 ID:wuiqFuS20

kskst



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:36:56.96 ID:j6gQCVxs0

金正恩



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:37:32.17 ID:nxdG6EnJ0

慎吾ママ



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:39:06.21 ID:j6gQCVxs0

ワロタwww



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:42:06.49 ID:YCprEv7a0

俺「お前はもう一人の仲間・・・つまり慎吾ママに会うんだ!」

女「・・・慎吾ママ・・・」

俺「分かるな?」

女「わかったわ。でもどうしてチョ・マテヨといい慎吾ママといい本名を語らないの?」

俺「それがエンターテイナーってもんさ」

女「・・・ああ、そう」

俺「じゃあ、韓国で会おう!」

女「ええ」

俺「愛してるぜ」

女「・・・」ピッ

俺「切られた・・・」

俺「・・・しまった、剛力のことを伝え忘れてたぞ」

俺「まぁいいや、なんとかなるだろ・・・な、草なぎ!」

俺「草なぎ・・・?おい、草なぎ・・・!」

俺「草なぎぃいいいい!!?」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:45:12.78 ID:YCprEv7a0

次回予告!

剛力の爆撃によって瀕死の身となった草なぎを救うため、ハングライダーで滑空する俺
>>73で有名なとある街に辿り着いた俺達は、果たしてチョ・マテヨを見つけ出すことができるのか!



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:49:45.54 ID:ucfHQUGG0

慰安婦像



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:56:58.24 ID:YCprEv7a0

びゅおおおおおおおおおお

俺「うおおおおおおおお!」

ズザッザザザーズズッザザザーザッザザッズズーズズザッ

俺「うおおおおお靴の底が擦れて無くなる!!」ザザザザ・・・

ゴォン!!!

俺「痛てててて・・・ん?」

俺「なんだこれ・・・銅像・・・?」

俺「ハッ!そうだ!草なぎ!草なぎは大丈夫か!?」

草なぎ「」

俺「生きている!顔面蒼白で血もドバドバ吐いてるけど辛うじて呼吸はしている!」

俺「誰か!誰か救急車を呼んでくれ!・・・えーと、救急車って韓国語でなんて言えばいいんだろう?通訳の代わりになりそうな草なぎがこれじゃあな・・・」

俺「いいや、英語で通じるだろ・・・Ambulance!!Ambulance!!!」

しーん・・・

俺「・・・なんだ・・・?こんなに人がいるのにみんな無視・・・?」

俺「っていうか・・・これは・・・みんな固まって動かないぞ・・・!?」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 22:59:17.02 ID:YCprEv7a0

俺「どうなってんだ?ちょっとお嬢さん!」ガッ

俺「・・・硬ッ!金属かよ!」

俺「・・・・・・金属?」

俺「まっ・・・」

俺「まさかッここにいる人全員が銅像なのかッ!!」


?「ほう・・・まだ銅像になってない奴がいたのか」


俺「!誰だお前はッ!」


?「私は>>80だ」
※既出の人物以外で



80: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) :2013/12/13(金) 22:59:59.95 ID:B07axM8F0

逝ったな!草なぎ!!



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:00:46.61 ID:YCprEv7a0

>>80は無効なので最安価>>85



85: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) :2013/12/13(金) 23:02:25.60 ID:B07axM8F0

どらえもん



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:05:04.81 ID:YCprEv7a0

「ぼく、ドラえもん~」

俺「・・・・・・」

ドラ「・・・・・・」

俺「あー分かった!てめぇパクリキャラだな!まったく韓国は何でもパクりやがって・・・!」

ドラ「ぼくは本物だよ!」

俺「う、嘘だドラえもんが現実にいるわけがない・・・」

ドラ「嘘じゃないよ。目の前にいるんだから素直に信じてよ」

俺(なんだ・・・どうなってるんだ・・・銅像に頭をぶつけたショックでちょっとおかしくなってるのか?)

いったいどうなっているのか?>>90



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:07:22.47 ID:vlc33sfE0

二次元の世界と三次元の世界が混ざった



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:11:58.01 ID:YCprEv7a0

ドラえもん「不思議そうな顔してるねぇ」

俺「当たり前だろ!」

ドラえもん「それじゃあ教えてあげようか」ゴソゴソ

コォロコォロコミック~(CV:のぶ代)

俺「これがどうした!」

ドラえもん「よく見てごらん」

俺「・・・なッ!」

俺「なんだこのコロコロ!誰もいないじゃないか!」

ドラえもん「う~ふ~ふ~ふ~ふ~」

俺「印刷ミスか!?いやそれにしては妙だ・・・まるでキャラクターだけを切り抜いたような・・・」

ドラえもん「そう、二次元と三次元が融合したのさ」

俺「二次元と三次元が・・・!?」

ドラえもん「この意味分かるかい」

俺「・・・そうか・・・漫画のキャラであるお前がこの三次元に出現できるようになった・・・」

ドラえもん「その通りだよ俺太くん」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:15:20.03 ID:YCprEv7a0

俺「二次元キャラが三次元キャラに・・・」

ドラえもん「ここの人たちを銅像に変えたのはぼくだよ。ぼくがこのゴルゴンの首で・・・」スッ

俺「おわああっ!!」ダッ!!

ドラえもん「あらら」

俺(知ってるぞ!あれは光を浴びたら石化してしまうやつだ!ちょっとしたトラウマだ!)

俺(逃げるしかない・・・!)

ドラえもん「めんどくさいなぁ・・・」ゴソゴソ

タケコプタ~(CV:のぶ代)

ブウウウウウウウウン

俺(げっ!タケコプターってあんなに速いのか!)

俺「クソッ」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:18:55.29 ID:YCprEv7a0

俺「どうしたらいい・・・このまま逃げ続けるなんて無理だ・・・」

俺「どうすれば・・・」


オオ~~ン!


俺「・・・ゴルゴンの首の鳴き声・・・!誰か石化されたんだ・・・」

俺「・・・しまった!草なぎか!アイツの事忘れてた!!」

俺「いや待て・・・落ち着け・・・瀕死の身のあいつならとりあえず石化してるほうがいいのかもしれない」

俺「とにかくドラえもんを・・・ドラえもんに勝つ方法を・・・」

俺「ドラえもんの・・・・・・」


二次元のキャラが現実に


俺「・・・・・・いけるかもしれない」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:22:56.04 ID:YCprEv7a0

数分後

俺「はぁ・・・はぁ・・・」ダダダッ

ドラえもん「・・・」ザッ

俺「!」

ドラえもん「追い詰めたよ俺太くん」

俺「・・・・・・クソ・・・逃げきれるわけなかった・・・!」

ドラえもん「う~ふ~ふ~ふ~」

俺「これじゃ俺は・・・まさに・・・袋のネズミだな・・・」

ドラえもん「・・・俺太くん、その抱えてるの・・・Tシャツかい?」

俺「ああ、くすねてきたんだ」

ドラえもん「なんだか動いてるように見えるけど」

俺「こいつを見つけるのに苦労したんだぜ」バッ

「チュウ!」

ドラえもん「ねねね、ネズミ!?」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:26:14.35 ID:YCprEv7a0

俺「ただのネズミじゃない、体長50cmのでんきネズミ」

俺「ご存知ピカチュウだ!」

ドラえもん「な、なんでそんなものがここに・・・」

俺「さすがに本物は見つからなかったが、ここはパクリ大国だぜ」

俺「ピカチュウ「らしき」イラストが書かれたグッズがちゃんと売ってるんだ!」

俺「そして二次元の存在が三次元に干渉できるということは、Tシャツのプリントピカチュウが現実になるということ!」

俺「いけ!ピカチュウ!10まんボルト!!」

「ビガヂュウウウウウウウウ(CV:大谷育江)」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:30:55.30 ID:YCprEv7a0

俺「ゴルゴンの首と4次元ポケットは回収させてもらうぜ」

ドラえもん「うう・・・せっかく三次元に出てこれたのに、ポケットがなきゃぼくなんてただの置物だよ」

俺「さぁ、説明してもらおうか・・・なんで二次元の世界と三次元の世界が混ざったりしたんだ!?」

ドラえもん「そ、それは・・・」

俺「もしかしてVIPから人が消えてるのと何か関係があるのか!?」

ドラえもん「・・・ぎくっ!」

俺「二次元の嫁が現実に現れる・・・まさに俺達にとっては願ってもない最高の状況だ」

俺「だが当の俺達が消えていっている!」

俺「無関係なはずがないよな・・・説明してもらうぜ!」


ドラえもん「じ、実は・・・>>107」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:34:01.25 ID:ucfHQUGG0

魔法少女になるための契約



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:37:22.94 ID:YCprEv7a0

ドラえもん「じ、実は・・・魔法少女になるための契約なんだ」

俺「・・・は?」

ドラえもん「本当なんだよ」

俺「・・・・・・」

俺「ピカチュウ!でんこうせっ・・・」


?「ちょ、待てよ!」


俺「!!」

俺「そ、その声は・・・」


キムタク「ちょ待てよ・・・待てって」


俺「キムタク!!!!」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:40:40.27 ID:YCprEv7a0

俺「お前・・・どうしてここに・・・」

俺「あ、いや・・・もともとここ韓国にいるのは分かってたけど」

俺「なんで俺の居場所が!?」

キムタク「剛がラインでお前が会いに来てるって教えてくれたんだよ」

俺「ラインって・・・」

ドラえもん「ははぁ、なんだかおかしな動きしてたから石化したんだけどケータイいじってたんだな」

俺「・・・・・・」

キムタク「俺が説明してやるからちょ、待てって!」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:43:59.22 ID:YCprEv7a0

一方・韓国某所

女「空港まで無事に辿りつけたはいいけど・・・これからどうすればいいのかしら」

女「慎吾ママに会えばいいのはわかってるんだけど・・・」

女「今手元にあるのはケータイとお金だけ・・・」

女「まずはこのお金をウォンに両替ましょう・・・」


女の持ち金 >>120 円



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:46:16.43 ID:vecF+bQA0

三千円



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:50:38.36 ID:YCprEv7a0

女「3000円・・・えっと・・・1ウォンが9~10円くらいだから・・・」

チャリーン

女「さ、300ウォン・・・」

女「こんなんじゃタクシーも呼べないわね・・・仕方ないから徒歩で移動しましょう・・・」トボトボ

ざわざわざわ・・・

女「・・・?人だかりが・・・なにかしら」

女「!あ、あそこにいるのは・・・>>124!」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:52:22.39 ID:wuiqFuS20

森君



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/13(金) 23:52:47.52 ID:VVtC5SsW0

リーガルハイの撮影



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:00:28.40 ID:YCprEv7a0

人物ではないので一部訂正

女「あ、あそこでやってるのは・・・」

女「堺雅人・・・ガッキー・・・里見浩太朗・・・間違いない、リーガルハイの収録だわ」

女「本編はもうじき終わるから・・・またスペシャルドラマでもやるのかしら」

女「あ・・・三木一派もいる」

女「どんな内容なのかしら」


古美門「~だこのがに股女ァ!」


女「・・・漫画・・・?を持ってる?」


黛「このキャラクターはどう見てもあのピカチュウのパクリです!これは大問題ですよ先生!」


女「・・・なるほどわざわざ韓国くんだりまで来て収録しているネタはパクリ問題ね」


ハイカーット!!



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:06:57.35 ID:ZTpheRfS0

休憩中

ガッキー「ところでなんでこの漫画、セリフと書き文字だけなんですか?」

堺雅人「後から編集で出せばいいとはいえ普通はこんなことしないよ」

スタッフ「いえそれがですね・・・昨日の時点では確かにちゃんと絵があったんですが・・・」

女「・・・・・・?」


スタッフ「はい香取さん入りまーす!」


女「かとっ・・・!?」バッ


古美門「どうしてわざわざこんなボールから飛び出るモンスターで戦う漫画をお書きになられたのですか?」

香取「仕方ないじゃないですか。編集がそう言うんだから」

古美門「先生あなた嘘はおっしゃらないほうがいいですよ~我々はあなたを弁護しようとしてるのですから」

古美門「何から何まで編集に決められるわけないんですよ~例えば『主人公の相棒を黄色いネズミのキャラにしろ』とか・・・」

女「漫画家役・・・」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:11:10.98 ID:ZTpheRfS0

はいカーット!

スタッフ「曇ってきましたしここでの収録は一旦切り上げましょう」

香取「お疲れ」

スタスタ・・・

女「!」

女(まずい、このまま移動されたら・・・)ダッ


バタン

ブロロロロロ・・・


堺雅人「ソウルで撮影するのはいいんだけどあそこまで人集りができてしまうとはねぇ」

ガッキー「こっちでも1期が放送してるそうですよ」

女「それにゲストがあの香取慎吾だもの」

香取「そうそうなんたってこの香取慎・・・」

一同「・・・誰?」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:14:46.74 ID:ZTpheRfS0

女「離して・・・!」

スタッフ「移動用のバスに乗り込むとは驚いたなぁ・・・」

スタッフ「君日本人だよね?わざわざ収録を見に来てくれるのはいいんだけどこういうところには・・・」

女「私は香取慎吾の娘よ」

スタッフ「くだらない嘘をつくんじゃないよ」

香取慎吾「まぁまぁ」スッ

女「・・・・・・あなたに用があって来たの」

香取慎吾「サイン?握手?」

女「慎吾ママってまだやってる?」

香取慎吾「・・・・・・」

堺雅人「慎吾ママ、懐かしいね」ハハハ

香取慎吾「この子と二人で話がしたい」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:18:21.44 ID:ZTpheRfS0

香取慎吾「そうか・・・彼が俺を」

女「あなただけじゃなくてキムタクも・・・」

香取慎吾「で、彼は今どこに?」

女「キムタクのところにいるはずよ・・・予定通りに行っていれば」

香取慎吾「・・・・・・仲間を集めて・・・それで彼はどうすると?」

女「あいつらを倒すのよ」

香取慎吾「あいつらっていうのは・・・つまりあの連中だね」

女「ええ・・・」


女「>>136よ」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:20:59.76 ID:7S2BbTJV0

AKB



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:22:00.32 ID:Aj0gZ49Y0

壮大になってきたぞ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:27:13.12 ID:ZTpheRfS0

女「AKBよ・・・」

香取慎吾「・・・そこまで分かっているんだね」

女「ええ、だからあなたの力を・・・」

香取慎吾「いーやーだ」

女「え?」

香取慎吾「いやだ」

女「どうして・・・?」

香取慎吾「俺まだ36だよ?SMAPの中じゃ一番若いわけ。なのになんでそんな命掛けなきゃいけないの」

女「怖いの?」

香取慎吾「怖いよ。死ぬなら前科持ちの吾郎ちゃんかツヨポンでしょー」

女「・・・あなたね・・・!」グッ

服部「やや、暴力はいけませんぞ」

女「!?」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:35:57.15 ID:ZTpheRfS0

香取慎吾「・・・里見さん、今カメラ回ってないよね?」

黛「話は聞かせてもらいました・・・本当はこういうのよくないですけど」

香取慎吾「・・・・・・何か言いたそうだね」

「透明人間」

女「?」

「ドク、人にやさしく、新選組」

香取慎吾「・・・・・・」

「忍者ハットリくん、座頭市、西遊記、こち亀、果てはドールのバナナのCM」

古美門「お分かりですよねぇ」スッ

古美門「これらはあなたの出演作です。すべて」

香取慎吾「あの・・・カメラ回ってませんよねって」

古美門「どうですかぁ透明人間にベトナム人に新選組局長・・・」

古美門「Ninjaに孫悟空に両さんにバナナマン!こんな魑魅魍魎を演じるような壮絶な役者を私は他に知りません」

古美門「強いて言うならいつも殺し合いをさせられている藤原竜也くらいでしょう」

香取慎吾「なんの話です?」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:42:57.78 ID:ZTpheRfS0

古美門「こんな・・・様々な役に挑戦してきたあなたが・・・」

古美門「やれAKBだのSKEだのNMBだのJAM(ジュディマリ)だのTMR(ティーエムレボリューション)だの・・・」

黛「先生うしろ二つは関係ありません!」

古美門「とにかく・・・そんなやわな小娘らに怯えていらっしゃるんですかぁ?」

香取慎吾「あなたはCD出したことないから分からないんですよ」

古美門「CDを出したことがないから分からない?んー残念ながらそれは違うんですねぇ」

古美門「我々は芸能人としてテレビに出ている以上どうしても彼女らと張り合っていかなくてはならないんです」

古美門「それがあなた舞台を移せばこんなに臆病になってしまって・・・」

古美門「そんなんでよく日本が誇るSMAPのメンバーを名乗れますねぇ」

香取慎吾「・・・うるさいな」

古美門「そしてあなたはひとつ大きな勘違いをしている・・・」

香取慎吾「・・・勘違い?」

古美門「敵はAKBだけではありませぇん実はまだいるんです」

古美門「ゴリ押し軍団・・・なるものが」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:45:39.82 ID:kWGkprHO0

ごり押しワロタwwwww



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:47:53.21 ID:ZTpheRfS0

\ねぇ君はもう~友達じゃな~い♪/

女「?ケータイ・・・?」

黛「誰ですか?こんなときに」

古美門「私です・・・」スッ

古美門「服部さん、バスの窓を開けてもらってよろしいでしょうか」

服部「ははっ」ガラッ

古美門「こんなもの!」ポーイ

黛「はっ!ケータイを・・・」


ボンッ!!!


香取慎吾「ばっ・・・爆発!?」

古美門「今のテレビ業界を脅かしているのは旧アイドルでもAKBでもありません・・・『ゴリ押し』されている集団です」

古美門「明確な判断方法はありません、とにかく『ゴリ押し』だと思われればその人のもとにスカウトが来る」

古美門「『ゴリ押し』の集団がゴリ押されてると判断された人間を集めているんです」

香取慎吾「何を言ってるんですか」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:50:14.27 ID:ZTpheRfS0

古美門「先日この私堺雅人のところにも使者がやってきました」

古美門「なんでも、半沢直樹の大ヒットでゴリ押しされてる・・・という意見があるとかないとか」

女「そんなことないわ・・・あなたの人気は実力よ」

古美門「ありがとう・・・しかしそう思われてしまったんだからしょうがない」

香取慎吾「意見がある・・・とか・・・そう思われてる・・・とか・・・なんなんです?その情報源は」

古美門「それは・・・・・・」








剛力彩芽「2ちゃんねる」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:53:04.92 ID:OR7CoYyx0

繋がりそうにない話が繋がってきた



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:53:35.05 ID:ZTpheRfS0

剛力彩芽「知ってるよね。有名だもん。あそこの人たちってさぁ」

剛力彩芽「邪魔なんだよね・・・私のことゴリ押しゴリ押しって」

剛力彩芽「だから2ちゃんで『ゴリ押しされてる』候補に上がってる連中をみんな集めて、それ以外の連中を排斥しようと考えてるわけ」

剛力彩芽「あなたも友達になりたいでしょ?だから・・・」

剛力彩芽「裏切り者を始末してきて。今イチオシの>>150さん・・・」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:54:05.66 ID:OR7CoYyx0

小島よしお



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 00:58:20.47 ID:ZTpheRfS0

再び、バス内


ガッキー「に、にちゃんねる・・・」

堺雅人「君のスレッドもよく建っているようだね。君を批判したところで旨味がないから誰も叩きはしないが」

女「・・・2ちゃんねるでゴリ押しされてると判断されたの?あなたが?」

堺雅人「そう感じる人もいるというレベルだろうだから僕のところには使者が来て連絡用のケータイを渡すだけに留まった」

堺雅人「しっかり爆弾なんて仕掛けちゃいたがね」

女「・・・ちょっとまって、ココに来て2ちゃんねるの名前が出てくるということは・・・」

女「VIPから人が消えていることと関係がある・・・?」

香取慎吾「それはAKBの仕業なんじゃ・・・」


ドンッ!!!

女「!?」

香取慎吾「!」

一同「うわぁっ!」

ゴシャアアッ



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:03:22.48 ID:ZTpheRfS0

香取慎吾「いったいなにが・・・」

女「バスが倒れた・・・?」

?「うわ~やっちゃったなぁ~・・・バスを潰して中にいる連中を皆殺しにするつもりだったのに」

?「倒しただけに留まっちゃったよ~」

?「ああ~へたこいた~」orz


ガッキー「あの人って・・・」

里見浩太朗「見覚えがありますな」


デデデン♪デデデン♪デデデン♪デデデン


堺雅人「!!みんな急いでバスから出て逃げるんだ!」


デデデン♪デデデン♪デデデン♪デデデン♪


女「あの海パン・・・」


小島よしお「ホッハッハッハッwwwwフィ~wwwwwwウィ~wwwww」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:05:56.84 ID:OreiNe3J0

小島wwww



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:08:43.32 ID:ZTpheRfS0

小島よしお「始末するのは~wwwwww」

小島よしお「ウェ~イwwwwww」


小島よしお「裏切り者~wwwwwww」

小島よしお「ウェ~イwwwwwww」


小島よしお「だけって命令受けてますwwwwwwww」


小島よしお「でもそんなの関係ねぇ!!!!でもそんなの関係ねぇ!!!!」ブンブンッ


小島よしお「ハイ!オッパッピー!」バッ


ドゴンッ!!!!!


女「ば、爆発・・・!」

香取慎吾「なんで小島よしおがこんなところに・・・」

堺雅人「たとえ旬の過ぎた芸人であっても・・・ゴリ押しされれば再ブレイクもあり得る」

堺雅人「彼は剛力に利用されてる駒だ・・・我々を始末するための・・・」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:15:12.82 ID:ZTpheRfS0

堺雅人「彼の『そんなの関係ねぇ』は正直面白くない」

堺雅人「場には冷めた空気が充満する」

堺雅人「彼は『そんなの関係ねぇ』でそのスベったときの空気を集めて」

堺雅人「ハイ、オッパッピー!で一気に開放させる!」

堺雅人「つまりスベればスベるほど彼の一撃の威力は上がるんだ」

女「ってことは彼のネタを笑ってあげればいいのね!」バッ

ガッキー「いや、逃げましょうよ皆さん」


小島よしお「そうそう、笑ってくれれば・・・」

小島よしお「ダイジョブダイジョブ~wwwダイジョブダイジョブ~wwww」


女「・・・・・・」しらー

香取慎吾「ダメだ・・・まるで機械のように固まってる・・・つまらなすぎる!」

ガッキー「だから逃げましょうよ!」

堺雅人「逃げても無駄だよ。このままスベり続ければ爆発の規模はどこまで拡大していき・・・ソウルは消滅する」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:21:15.84 ID:ZTpheRfS0

女「ごめんなさい・・・どうしても笑えなくて」

堺雅人「いいんだ・・・君は悪くない」

堺雅人「悪いのはこんなやつを呼び寄せることになった裏切り者の私のせいだ」

女(・・・あれ、なんかまたキャラが変わってきてる)

堺雅人「ここは私が食い止める」ザッ

里見浩太朗「私も手伝いますぞ、古御門先生」

堺雅人「今は古美門研介ではありません・・・」スッ

ガッキー「わ、分け目を逆に・・・!」

「小島よしおくん・・・君の今の落ちぶれ方は察する・・・再ブレイクしたいという気持ちもよく理解できるんだ」

「それでも私は役者として君を止めなくてはならない」

「やられたらやり返す」



半沢直樹「倍返しだ!」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:25:55.81 ID:ZTpheRfS0

ガッキー「ああ・・・あれが・・・」

ガッキー「最終回で視聴率40%を超えた伝説のドラマ・・・そしてその主演」

ガッキー「半沢直樹!!」


半沢直樹「倍返しだ!」

ドンッ!!!


小島よしお「そんな・・・俺の爆発を・・・本当に倍にして・・・」

小島よしお「ラスタラスタピィ~ヤwwwww」ドサッ


半沢直樹「里見さん今のうちに彼らを連れて逃げてください」

里見浩太朗「古美門先生」

半沢直樹「だから今の私は半沢だと・・・」

里見浩太朗「リーガルハイ3期。実現するまで死んではいけませんぞ」

半沢直樹「・・・もちろんです」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:34:32.18 ID:ZTpheRfS0

ガッキー「せ、先生・・・」

服部「昔バスの運転手を務めたことがありましてな、他愛もない取り柄でございます。いやはや横転で済んでよかった」ズゴゴゴ

女「倒れたバスを起こす怪力も取り柄・・・?」

服部「さぁ、お乗りになってください、行きますぞ」

女「・・・待って!」

香取慎吾「・・・・・・」

女「なにぼーっと見てるの・・・巻き込まれるわよ」

香取慎吾「どうしてあの人はあんな怖い相手に立ち向かえるんだ・・・」

女「・・・・・・強いて言うなら、プライドじゃない?」

女「視聴率40%を叩き出した男が逃げるわけにはいかないのよ・・・きっと」

女「それに彼は裏切り者なんかじゃない・・・ゴリ押しなんてされてないもの!」

ガッキー「ふたりとも早く乗って!」

香取慎吾「・・・・・・プライド・・・か」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:45:20.56 ID:ZTpheRfS0

小島よしお「倍返し倍返しって芸がないんだよォ!」

小島よしお「って芸がないのは一発屋の俺のほうだった!あぁ~下手こいた~」orz

デデデン♪デデデン♪

小島よしお「フェ~イwwwwwwwウェ~イwwwwwww」

半沢直樹「手強い・・・!五億円の回収と同等・・・あるいはそれ以上に!」

小島よしお「俺はなぁこうやって!何度も何度も下手こいては立ち上がってきたんだ!」

小島よしお「いろんな先輩たちの前でスベって!正月の特番でスベって!地方の営業でもスベって!」

小島よしお「でもでもでもでもそんなの関係ねぇ!!!!」

小島よしお「そんなの関係ねぇ!!!」ボタボタ

半沢直樹「吐血・・・!あなたそこまで無茶をしていたんですか・・・!」

小島よしお「はい!オ゛ッばッビー!!」バッ

半沢直樹「・・・10倍返しだッ!!」


ドゴンッ!!!



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:49:13.62 ID:ZTpheRfS0

半沢直樹「はあ・・・はあ・・・」

そ・・・なの・・・・・・いねぇ・・・

半沢直樹「・・・・・・もう」

小島よしお「そんな・・・んけ・・・ね・・・」ヨロヨロ

半沢直樹「もういいでしょう・・・」

小島よしお「おれの・・・からだは・・・」

小島よしお「フェ~イ・・・」

小島よしお「すでに・・・限界・・・」

小島よしお「ウェ~イ・・・」

小島よしお「内臓破裂も多数あり・・・でもそんなの・・・」

半沢直樹「周りを見ろ・・・!」

小島よしお「・・・かんけ・・・い」


半沢直樹「芸人にとって一番つらいことはなんだ?スベることか?違うでしょう・・・」

半沢直樹「誰にも見てもらえないことですよ・・・」

半沢直樹「ここにはもう誰もいないんです・・・だからもういいんだ・・・」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 01:54:34.60 ID:ZTpheRfS0

小島よしお「・・・・・・」ドサッ

小島よしお「・・・ネタが終わって・・・ひっこむとき・・・投げやりにいつもう言うんだ・・・」

小島よしお「そうすればみんな笑ってくれるから・・・」

小島よしお「・・・お・・・」

小島よしお「おわりっ!」

ぱち・・・ぱち・・・・

パチパチパチパチパチパチ・・・

半沢直樹「ありがとう・・・すばらしい芸を見せてくれて・・・ありがとう・・・」パチパチパチパチ

小島よしお「・・・・・・なんだ」

小島よしお「再ブレイクなんてしなくてよかったんだ・・・こうして・・・拍手してくれる人が一人でもいれば・・・」

小島よしお「それ・・・で・・・・・・」

小島よしお「・・・・・・」ガクッ

半沢直樹「・・・君を利用したヤツは・・・必ず私が倒す・・・」

半沢直樹「無茶なゴリ押しなんてない正しい世界に戻すために・・・」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:03:06.13 ID:ZTpheRfS0

一方、俺サイド

俺「二次元の世界と三次元の世界の融合・・・その目的はなんだ?そもそも誰がそんなことをしてるんだ?」

キムタク「ちょ、待てよ!質問は一人ずつにしろって」

俺「じゃあ・・・誰が裏で手を引いてるんだ?」

キムタク「俺を頼ったってことは分かってんだろ?」

俺「じゃあAKBなんだな・・・」

キムタク「そうだな」

俺「そうすると、VIPから人が消えてるのは、二次元と三次元が融合したからなのか?」

キムタク「そうだ」

俺「・・・・・・」

キムタク「いいか、まず、消えているのはVIPだけじゃなく2ちゃんねらーの大部分だ」

キムタク「運営は規制のせいってことにしてるが規制とはもっと別の所でヤバいことになってる」

キムタク「そしてねらーが消えて得をするのは2つの集団だ」

俺「AKBと・・・?」

キムタク「ゴリ押し組」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:12:17.73 ID:ZTpheRfS0

俺「ゴリ押し組・・・剛力彩芽か」

キムタク「ああ。奴は若手ながらも圧倒的なゴリ押しでドラマの主演やらなんやらを得てきた一流の『ゴリ押しスト』だ」

俺「ゴリ押しスト・・・」

キムタク「そしてそんなゴリ押しストたちがもっとも厄介に思っているのが、ネットで好き勝手言ってる連中・・・つまりねらーだな」

キムタク「・・・・・・あいつらの面白いところは、ねらーが『ゴリ押しされてるに違いない』と判断した芸能人を片っ端から仲間に引き込んでいるところだ」

俺「声をかけられた連中は、当然ゴリ押し疑惑の真偽にかかわらず、それを何とかしたいと思うわけだな」

俺「じゃあここにいる草なぎは?ジャニーズなんて今更ゴリ押しどうこうって話じゃないだろ・・・?」

キムタク「ちょ待てよ、ジャニーズ批判はやめろよ」

キムタク「・・・ゴリ押し組の目的が分かるか?」

俺「ねらーを懲らしめたい?」

キムタク「違う。最終的にはゴリ押しされてる奴らだけで芸能界を支配するつもりだ」

俺「芸能界を支配・・・!?」

キムタク「草なぎは前科持ちだからな・・・こういう負い目がある大物を引き込んで、でかい顔してるんだよ」

キムタク「・・・芸能界ってのはより強い徒党を組んだものが生き残る」

俺「・・・・・・」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:17:43.55 ID:ZTpheRfS0

俺「つまりゴリ押し組ってのは・・・」

俺「まず、自分たちをゴリ押し呼ばわりするねらーを許せないから排除する」

俺「そして、ゆくゆくはゴリ押し組だけで芸能界を支配しようとしている」

俺「ってことか」

キムタク「そうそう」

俺「・・・・・・ゴリ押し呼ばわりを嫌がるくせに開き直って芸能界を支配だと!?腐ってやがる!」

キムタク「・・・・・・」

俺「それじゃAKBのほうは・・・?」

俺「VIPPERを排除できる規模の集団って言ったら今やこいつらしかいない」

俺「だけど2ちゃん全体はさすがに・・・」

キムタク「だから、ゴリ押し組と手を組んでるんだよ」

俺「・・・AKB系列と今なお増殖を続けてるゴリ押し組・・・いったいどれだけの力を持ってるんだ?」

キムタク「そして決め手が二次元と三次元の融合だ。これがねらー排除を加速させてる」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:23:05.10 ID:ZTpheRfS0

俺「そこを詳しく説明して欲しいんだよ」

キムタク「ちょ、待てよ・・・」

キムタク「・・・・・・アイドル叩き。芸能人叩き。二つに共通しているのは三次元への嫌悪感だ」

キムタク「ねらーの多く・・・特にVIPPERはその傾向が強い」

キムタク「そしてもっと言えば二次元へどっぷり浸かってる奴らが多い。ま、一概には言い切れねぇけど」

俺「・・・・・・確かにそうだな・・・」

キムタク「そして、二次元と三次元の融合を図ったのはAKB側だ」

キムタク「奴らはもともと「会いにいけるアイドル」なんて怪しげなことを言っていた」

キムタク「だけど二次元に浸かりこんでる奴は各々のアイドルなんて会いにいけない」

俺「絵だからな」

キムタク「そこで奴らはあるものに目をつけた・・・『二次元版会いにいけるアイドル』だ」

俺「そんなのいるか?」

キムタク「初音ミク・・・」

俺「な・・・に・・・?」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:23:53.80 ID:OreiNe3J0

初音ミクwwww



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:33:39.51 ID:ZTpheRfS0

俺「初音ミクだと・・・?」

キムタク「バーチャルアイドル、なんて言って、ただの絵をホログラム投影したりしてわざわざライブを開く」

キムタク「はっきり言って異常だ」

俺「確かに・・・」

キムタク「だがAKBは・・・奴らはこの技術に目をつけた」

キムタク「引退したメンバーを投影してフルメンバーでのライブ騙ったり」

キムタク「握手も生身じゃなくなっていった」

キムタク「そうして段階を踏んでいって連中は遂に・・・」

キムタク「すべての二次元的存在を三次元に移していった・・・」

キムタク「少しずつ技術をあげ・・・今ここ韓国では実験的に『二次元を三次元に融合させる』装置を使用している」

俺「それでこんなことに・・・」

キムタク「ちなみに韓国の工作員が2ちゃんであるアドレスを貼りまくってるのは知ってるか?」

俺「いや・・・知らない。最近はVIPから離れてたんだ」

キムタク「そうか」

キムタク「アドレスの中身はウイルスだ。見た人間は二次元と三次元が融合したように錯覚する」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:39:04.23 ID:ZTpheRfS0

俺「錯覚!?」

俺「ちょ、待てよ!」

キムタク「それは俺のセリフだぞ」

俺「錯覚って、具体的にどうなるんだ?」

キムタク「居もしない二次元のキャラが傍らにいるように感じる」

俺「そんなバカな・・・」

キムタク「まぁ所詮は錯覚。二次元キャラに夢中になったからって死ぬことはない」

キムタク「だが理想の嫁を手に入れた奴は、少なくともネットに溺れる必要はなくなる」

俺「・・・・・・!」

キムタク「そう、これがVIPから人が消えている一連の騒動の正体だ」

俺「ネット人口を減らすために・・・二次元を三次元に移した・・・」

俺「ウイルスを使って・・・」

俺「そ、その先は・・・?そこから先はどうなる!?」

キムタク「・・・さっき言った装置が、日本に上陸する」

キムタク「錯覚は錯覚でなくなり、本当に虹嫁が手に入るんだ」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:44:16.57 ID:ZTpheRfS0

俺「本当に虹嫁が手に入る・・・?」

俺「それって・・・いいことなんじゃないかな?」

キムタク「いかにも・・・二次元に肩まで浸かった危険な奴の発想だな」

キムタク「だがこれを聞けばそうも言っていられなくなるぞ」

俺「?」

キムタク「さっきのドラえもんがなぜ人を石化させていたか分かるか?」

俺「・・・・・・そういえば、魔法少女がなんたらって」

キムタク「魔法少女っていうのは、三次元でいうところのアイドル的な存在だ」

俺「アイドル・・・」

キムタク「AKB側が作り上げた『次元融合装置』あの装置で三次元に出現した二次元の存在は」

キムタク「人間を殺し、そうして魔法少女になる。そういう契約のもとで三次元化を許されている」

俺「・・・は?」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:49:39.52 ID:ZTpheRfS0

キムタク「そうだな・・・例えば」

キムタク「えるたそ~」

俺「ん?」

キムタク「っているだろ?」

キムタク「あれが三次元に現れたらどのくらいのVIPPERが喜ぶだろうな」

俺「そりゃあの人気だし相当の数が・・・」

キムタク「そうだな」

キムタク「ネットで人気があるキャラは・・・より多くの人間に求められる」

キムタク「そしてそいつらを皆殺しにすれば」

キムタク「ネット人口は間違いなく減少する」

俺「ってことはAKBは・・・俺達をネットから離すだけじゃなくて本当に消すつもりなのか・・・!」

キムタク「ああ。このドラえもんに接した人々も、お前が止なければ直に「石化」ではなく本格的な「殺害」を始めていただろう」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:54:20.98 ID:ZTpheRfS0

俺(・・・声が・・・声が聴こえる)

俺(AKBの笑い声が・・・)


ワハハハッハハッハ

アハハハハハッハハ

キャハハハハハハハハハッハハ

オマエラミタイニ二次元ニ浸カリコンダ人間ナンテ皆殺シニスルベキナンダヨ!


俺「許せない・・・!」

キムタク「・・・・・・俺の知っていることはこれで全部だ」

俺「・・・なぁ、ひとつ教えてくれ」

俺「俺は、お前がいればきっと誰が敵でも問題ないと思ってた」

俺「だけど・・・AKBの目的がこんなことで・・・しかも他にもゴリ押し組がいたなんて・・・」

俺「・・・それになにより・・・」

俺「お前は詳しすぎる・・・!」


キムタク「・・・気づかれたか」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 02:59:15.48 ID:ZTpheRfS0

俺「俺はお前を信じてたんだ・・・SMAPのキムタクを・・・でも・・・」

俺「草なぎがあいつらの手に堕ちていたのを見て・・・」

俺「お前はキムタクだよな!?」

キムタク「俺は・・・・・・」


「安堂ロイドだ」


俺「・・・お前のこと・・・ゴリ押しだなんて思いたくなかった」

俺「でも・・・」

俺「大して視聴率が取れないお前が今でも主演を貰い続けているなら・・・」

俺「ゴリ押しを疑うしかないじゃないか・・・!」


キムタク「やはりお前もネット側の人間だな・・・」

キムタク「残念だ」


ドスッ!!



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:06:25.65 ID:ZTpheRfS0

少し前

ブロロロロロロロロ・・・

女「近いわ・・・GPSが正しければこのへんに・・・」

ガッキー「・・・ね、ねぇ結局何が起きてるの?」

女「・・・ごめんなさい。ガッキー。あなたを・・・いえ、あなたたちを巻き込んでしまって」

ガッキー「・・・・・・」

里見浩太朗「む?人が増えてきましたぞ?」

ガッキー「・・・人じゃない!銅像だよこれ!」

女「止めて!」

キキィッ



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:09:47.22 ID:ZTpheRfS0

里見「・・異常ですな、この光景は」

女「いるわ・・・この近くにいる・・・」

ガッキー「危ないよ・・・何があるかわからないし、このバスの中にいたほうが・・・」

香取慎吾「俺が一緒に行くよ」

女「!・・・あなた」

香取慎吾「木村くんがいるかもしれないんだろ」

女「・・・予定通りにいってれば・・・だけど」

スタスタスタ・・・

女(本当にみんな銅像になってる・・・いったいなにが?)

香取慎吾「あ、あれ・・・」

女「!」

香取慎吾「木村くんだよ!おーい木村くん!無事だったのか!」ダッ

女「待って!様子がおか・・・」


ドスッ!!



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:13:45.43 ID:ZTpheRfS0

俺(刺された・・・血がたくさん出て・・・痛くて・・・痛・・・・・・くない?)

俺「え・・・」

香取慎吾「お・・・」ゴボッ

安堂ロイド「・・・・・・」

安堂ロイド「慎吾・・・?」

香取慎吾「き、きついね木村くん・・・いきなり何するんだよ・・・」ズルッ

ドサッ

女「そんな・・・そんな・・・!」ダッ

俺「・・・女!!」

女「どうして・・・こんなことに・・・!」


安堂ロイド「慎吾・・・?なぜ俺は・・・こいつを刺し・・・なぜ・・・・・・」

安堂ロイド「・・・命令を実行する」バッ!!

俺(!また・・・!今度こそ刺され・・・!)

香取慎吾「やめなよ木村くん」

ピタッ!!



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:16:33.86 ID:JV7vypQV0

うわああああああああああ



211:安価はまたそのうち出すと思います:2013/12/14(土) 03:22:20.92 ID:ZTpheRfS0

安堂ロイド「・・・・・・」

安堂ロイド「か、体が動かない・・・」

香取慎吾「だい・・・たい・・・わかったよ」ドクドク

香取慎吾「君もゴリ押しされてる人たちの側についたんだろ」

安堂ロイド「・・・・・・」

香取慎吾「分かるよ・・・昔はよかったよね・・・俺たち何やっても好視聴率取れた・・・中居くんだってつよポンだって・・・」

香取慎吾「だけど今じゃなかなか視聴率取れないもんね・・・キムタク神話崩壊なんて・・・そりゃやってられないよ」

香取慎吾「でもさ、本当は、そんなものなかったんだと思うよ」

安堂ロイド「・・・?」

香取慎吾「キムタクだから視聴率が取れたんじゃない。キムタクが必死に演じたキャラだから視聴率が取れたんだよ」

安堂ロイド「・・・!」

香取慎吾「俺は今でもそう思ってるよ。香取慎吾だから視聴率が取れたんじゃない。バカみたいな役でも必死にやってたから」

香取慎吾「今の評価があるんだって・・・」



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:27:42.40 ID:ZTpheRfS0

香取慎吾「安堂ロイドだって・・・アンドロイド役なんて、今までのイメージをぶち壊すチャンスじゃないか」

香取慎吾「そういう役でさ、今までの木村くんを今の木村くんが超えたら、みんなも評価してくれると思うんだよ」

香取慎吾「だからさ、そんな」

香取慎吾「しょっぱい奴らとつるむのはやめようよ・・・」

安堂ロイド「しん・・・ご・・・慎吾・・・」

安堂ロイド「ああああああああ!!」バッ

俺(刺すのか!?今度こそ・・・!)

ドスッ!!!

安堂ロイド「・・・・・・」ドロッ

俺「!」

香取慎吾「木村くんなにしてんの・・・」

安堂ロイド「・・・あのにっくいゴリ押し女のつけた爆弾だ」

安堂ロイド「俺の役者としてのプライドと引き換えに、こんな邪魔なもんもらってもな」

安堂ロイド「困るんだよ!」グリッ

ボンッ



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:33:33.77 ID:ZTpheRfS0

安堂ロイド「爆弾は破壊した。これで俺は自由だ・・・だがもう少しこのままでやらせてもらうぜ」

俺「・・・キムタクさ、お前、俺を倒すのが命令だったんだよな?」

安堂ロイド「そうだな」

俺「だったら俺に一から十まで教える必要なんてなかっただろ」

安堂ロイド「・・・・・・」

俺「本心では、最初から逆らうつもりだったんじゃないのか」

安堂ロイド「勝手にきめんなよ」

香取慎吾「あのさ、とりあえず俺のこの傷なんとかしてよ・・・このままじゃ死ぬよ」

安堂ロイド「ちょ、待てよ!まだ死ぬなよ!」


某所

?「・・・剛力、どうやら木村は自らランチパックを破壊したようだぞ」

剛力彩芽「!」

剛力彩芽「ふーん・・・木村君も裏切るんだ・・・彼はもう友達じゃない」

剛力彩芽「じゃあ、あとは貴方達に任せるしかないね」

剛力彩芽「>>217、>>220」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:34:16.79 ID:grG26l8o0

ksk



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:37:47.91 ID:OR7CoYyx0

森君



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:38:31.69 ID:OR7CoYyx0

kskst



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:39:43.02 ID:ZTpheRfS0

一応確認しとくけど森くんってのSMAPの森くんでいいんだよね?



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:39:44.23 ID:y/6QuazFO

松岡修造



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:40:16.52 ID:OR7CoYyx0

せやで



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:46:57.77 ID:ZTpheRfS0

俺「おい!このままじゃ香取が死ぬぞ!」

女「なんとかしないと・・・」

安堂ロイド「慎吾、あれ持ってるよな?」

香取慎吾「当たり前じゃん・・・だれでもいいから俺の鞄の中から・・・」

安堂ロイド「これだろ?」ゴソゴソ

俺「それは・・・!」

女「マヨネーズ!」

香取慎吾「そうそう・・・」スッ

女「それをどうするの?」

香取慎吾「いーたーだーきーまーすー」チューチュー

俺「飲っ・・・・・・」

メキメキメキ・・・

俺「傷が治っていく!」

香取慎吾「おっはーで・・・」

 マ ヨ チ ュ ッ チ ュ !!!



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:52:21.73 ID:ZTpheRfS0

俺「マジかよ・・・」

女「復活した・・・」

慎吾ママ「これがママの真の姿だよ!」

俺「前まではそんな姿じゃなかったのに」

慎吾ママ「俺にはいろんな姿があるんだ。そしてこの『慎吾ママ』は純粋な身体能力なら誰にも負けないよ!」

女「・・・あなた、戦えるの?」

慎吾ママ「・・・・・・」

女「怖い怖いって怯えてたじゃない・・・」

慎吾ママ「いや、今は・・・」

ぶおおおおおおん・・・

俺「ん?車の音?」

女「バスだわ!そうだ、私途中でリーハイメンバーと合流して」

慎吾ママ「いや、バスの音じゃない・・・これは・・・」


安堂ロイド「オートバイ!」

ブオンッッ!!!



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 03:56:16.32 ID:ZTpheRfS0

俺「オートバイ・・・!?」

ギャララララララララララララ・・・・

安堂ロイド「うおおおおおお!!!」ズザアアアアアアアアア

俺「き、キムタクー!」

女「待って!もう一人いる!」

トーン・・・トーン・・・

慎吾ママ「テニスボール・・・!?」


安堂ロイド「このオートバイ・・・お前まさか・・・」


慎吾ママ「周りが揺らいで見えるほどの熱気・・・まさか・・・」


安堂ロイド「森且行ッ!」

慎吾ママ「松岡修造!!」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:05:03.48 ID:ZTpheRfS0

安堂ロイド「森・・・!なんでお前がここに・・・」

安堂ロイド「お前はもうとっくにジャニーズじゃ・・・」

森「ねぇ君はもう~友達じゃな~い♪」

森「そうだかつては俺がジャニーズとして、SMAPとしてリードボーカルをやっていた時期もあった!」

森「だがそれももう20年近く前・・・俺はあの頃とは違う!俺は一流のオートレース選手だ!!」

安堂ロイド「・・・且行ぃ!」

俺「キムタク!俺らどうしたらいい・・・!?」

安堂ロイド「・・・行け!ゴリ押し連中を、AKB共を倒しに!」スッ

ピッ!!

俺「!メモ帳!?」パシッ

安堂ロイド「ここに剛力彩芽がいる!」

俺「・・・ありがとう」

安堂ロイド「こいつは俺がなんとかする!」

俺「・・・死ぬなよ!」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:10:23.57 ID:ZTpheRfS0

松岡修造「もっと熱くなれよ!!」ビシュッ

慎吾ママ「ぐぅ!」バキッ!

慎吾ママ(ボールが焦げ付くほど熱い・・・)

慎吾ママ「どうしてあなたがゴリ押し側に!」

松岡「ゴリ押し側なんて貧弱な連中と一緒にするなよ!俺たちは大物枠なんだよ!!」スマッシュ!

松岡「ネットなんてやってる冷めた連中を迫害するならいくらでも協力するよ!」スマーッシュ

慎吾ママ「くっ」ジュウッ

松岡「もっと熱くなれよおおおおお!!!」

ボオオオオオオオッ

女「周囲が発火しはじめた!?」

俺「女!行くぞ!」ダッ

女「え・・・!?」

慎吾ママ「そうだ、早く行くんだ!この炎はマヨネーズじゃ消せない!」

女「でも・・・」

俺「早く!」グイッ



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:16:36.98 ID:ZTpheRfS0

ダダダダダ・・・

里見浩太朗「やや!ご無事でしたか!」

俺「バスを出して!」

ガッキー「香取さんは!?」

女「彼は残ってるわ・・・」

俺「・・・!」ハッ

俺「しまった・・・忘れ物!」バッ

女「ちょっ・・・どうして戻るのよ!」


松岡「・・・!わざわざ戻ってきたのか!いいぞ!もっともっと熱くなれよーーー!」スマーッシュ!!


俺「あった!これだ!」ガシッ

ギュオオオオオオッ

俺「!」

俺(テニスボール!?ヤバい、狙われてた・・・!)

パシッ



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:21:48.38 ID:ZTpheRfS0

俺「・・・あ・・・!」

「起こすならもっと早く起こしてくれよ・・・」

「それにしても・・・も~う5時か。小腹空いたな・・・」


草なぎ「マンマンマンゾクwwwwwwwwイッポンマンゾクwwwwwwww」

俺「草なぎぃいい!!」

慎吾ママ「!ツヨポン!?」

草なぎ「なんだかずいぶん長いこと眠ってた気がする」

俺「石化してたからな・・・ゴルゴンの首を解除するのを忘れてたんだ」

草なぎ「ふーん・・・で、なんで慎吾がここにいるの」

慎吾ママ「ゴリ押し組を倒すためだよ!」

草なぎ「・・・!」

草なぎ「そうだ・・・俺を爆破しやがった・・・あのゴリ押し女・・・!」

慎吾ママ「ツヨポン!まずはこいつを倒そう!」

松岡「いいよ!そうだよ!こういう熱い戦いがしたくてたまらなかったんだよ!」



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:28:10.12 ID:ZTpheRfS0

慎吾ママ「行くよツヨポン!このマヨネーズを」

草なぎ「こいつに乗せる!」ニュル

俺「!?」

草なぎ「マンマンマンゾクwwwwイッポンマンゾクwwwwww」

草なぎ「マンマンwwwwwマンゾクwwwwwwイッポンマンゾクwwwwww」

草なぎ「バアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!」ボッ


松岡「これいくらなんでも熱すぎ・・・」ジュッ

草なぎ「マヨ付けて、僕、満足!」

俺「すげぇ・・・」

慎吾ママ「さぁ!今度こそ早く行くんだ!俺達は木村君を助けないと・・・」

草なぎ「木村くん?木村くんになにかあったの?」

慎吾ママ「オートバイの男と戦ってる!たぶん森くんだ・・・」

草なぎ「・・・・・・森くん・・・そうか」

草なぎ「彼もまた僕たちとは違う一流!彼を間違った道に進ませてはいけない!」

俺(っていうかなんで木村と森が同じゴリ押し組にいたのを知らないんだよ)



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:30:43.56 ID:ZTpheRfS0

限界っす
寝ます



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 04:32:28.13 ID:grG26l8o0

おつかれ



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:29:51.87 ID:ZTpheRfS0

再開します



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:33:37.35 ID:ZTpheRfS0

あらすじ

ゴリ押し女王・剛力彩芽の使者のゴリ押しに耐えた俺たち
もとSMAPである強敵・森且行をキムタクたち現役SMAPチームに任せ
俺たちはついに敵の本拠地に向かうことになった

ところで敵の本拠地ってどこ? >>300



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:39:15.03 ID:JIYagq5l0

うじてれび



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:45:27.37 ID:ZTpheRfS0

俺「バスを出せ!」ダダダダ

女「戻ってきた・・・!」

女「早く乗って!」

俺「おう!」

里見浩太朗「お二方はよろしかったのですかな?」

俺「キムタクと慎吾なら大丈夫だ!草なぎもいる!」

里見浩太朗「では出発しますぞ!」

俺「待て!まだどこ行くか伝えてないだろ!?」

里見浩太朗「そうでしたな・・・では、どちらへ?」

女「どこへ行くの?」

俺「奴らの本拠地・・・すなわちウジテレビだ!!」



306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:53:39.93 ID:ZTpheRfS0

女「ウジテレビ・・・!そこにAKBとゴリ押し組がいるのね」

里見浩太朗「では日本に戻るのですな?」

俺「いや、その必要はない・・・ウジテレビはここ韓国に存在する第二のフジテレビ!」

俺「しかしその存在は一部の人間しか知らないんだ」

女「なんで?」

俺「地下にあるから・・・!」

女「地下・・・?」

俺「そう・・・これがホントの地下アイド・・・」

ガッキー「でもどうやって地下に行くんですか?」

俺「え!?ガッキー!?モノホン!?」

女「いいから答えてよ」

俺「地下には>>307で行くしかないな・・・」



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:55:25.68 ID:LbCzNGXG0

ソーラーカーだん吉



309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 12:58:32.67 ID:ZTpheRfS0

俺「地下にはソーラーカーだん吉で行くしかないな・・・」

女「ソーラーカー?それで地下に行くの?」

ガッキー「だん吉って・・・?」

俺「いるんだよ。俺の知り合いに重機のスペシャリストが・・・」

女(ソーラーカーって重機なの?)


プルルルルル

?「リーターケータイ鳴ってるよ」

?「あ、ホンマや」

ピッ

「もしもし城島ですけどぉ」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 13:03:48.58 ID:ZTpheRfS0

俺「リーダー久しぶり!俺だよ!分かるか!?」

城島「うっわ久しぶりやな~!」

俺「わけあってあんたの力が借りたいんだ!」

城島「・・・・・・」

城島「ウジテレビを潰すんやな?」

俺「・・・なんでそれを・・・」

城島「あいつらから聞いたんや」

俺「あいつら・・・?」

城島「ほな今からTOKIO全員でそっち行くから待っててな」

俺「えっ全員!?」

ツー・・・ツー・・・ツー・・・

俺「そんなに乗れねえよ」



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 13:26:06.63 ID:ZTpheRfS0

俺「よし、現地集合だ!先に行ってようぜ!」

里見浩太朗「住所を教えていただけますかな」

俺「これこれ」スッ

里見浩太朗「ふむふむ・・・というと・・・地図のこのあたりですな」

ガッキー「韓国の地図が分かるんですか?」

里見浩太朗「昔ここ韓国でタクシードライバーをやっておりましてな、他愛もない取り柄でございます」

ブロロロロロロ・・・



某所地下・ウジテレビ

剛力彩芽「・・・私たちの位置が知られている?」

?「おそらくキムタクあたりが伝えたのでしょう」

剛力彩芽「・・・・・・いいよ、地上からこの地下200mまでの全フロアにゴリ押し組の精鋭を用意しなさい」

剛力彩芽「返り討ちにしてあげるわ」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 13:33:33.46 ID:ZTpheRfS0

数十分後

俺「よし、ここだ・・・」ザッ

女「誰もいないわ」

俺「本社は地下だからな・・・どこかに隠し扉があるはずだ・・・」

里見浩太朗「では私めがその隠し扉を探し当てましょう」スッ

ガッキー「なんですかその・・・曲がった棒は」

里見浩太朗「ダウジングを嗜んでおりましてな・・・」クククッ

里見浩太朗「むっ、さっそくすごい反応が」クククッ

里見浩太朗「!・・・ありましたぞ!」

俺「!!・・・そう、コレだ!このマーク・・・」

mP3VUvP

俺「フジテレビの裏の顔・・・ウジテレビ!!」

女「でもどうやって中に入るの?取っ手も何も見当たらないわ」

俺「・・・やっぱり一筋縄ではいかないか・・・」

ソーノフネェヲコイデユケェ~



324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 13:37:50.06 ID:ZTpheRfS0

俺「?今なんか言った?」

女「・・・何も言ってないわ」

オーマエノテデコイデユケェエ↑~

俺「・・・・・・上?」

ゴウンゴウンゴウンゴウンゴウンゴウン・・・・・・

女「ひ、飛行船・・・?」


城島「来たでぇ~オレらTOKIOが来たでぇ~!」

オマエーガキエテヨロコブモノニ

俺「なっ・・・!」

オマエノオールヲマァカセルナ~

城島「TOKIO専用大型飛行船・宙船や」

ソノフネハ~イマドコニ~

城島「長瀬の歌を原動力にしとるから長瀬が本気で歌えば歌うほどスピードが出るんやで~」

長瀬「ふらふらと・・・リーダー俺だけすげぇキツいよこれ!」



327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 13:47:17.77 ID:ZTpheRfS0

俺「すげぇ!」

城島「ほっ!」ヒューン

スタッ

ゴキッ!!

城島「アカン腰イッた・・・!」

俺「リーダーもう四十過ぎてんだから無理すんなよ」

城島「何言うとんねんジャニーズに年なんて関係あらへんがな」

俺「せやな」

俺「それよりリーダーウジテレビってどうやって入ったらいいのか知ってる?」

城島「俺は知らんけど長瀬なら知ってるかもな。あいつフジのドラマ出てるし」

長瀬「知らないよ!リーダー俺言っとくけど10年フジのドラマ出てないからね」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 13:52:23.58 ID:ZTpheRfS0

女「ソーラーカー?とやらはどうなったの?」

俺「いや俺はリーダーの重機ならなんとかなるんじゃないかと思って」

城島「ああそれで俺を呼んだんやな」

城島「だん吉なら持ってきてるで」

俺「え?」

城島「達也!太一!松岡!」

一同「はいよ」ガコンッ

ヒュウウウウウウウウウン

ドゴンッ

俺「こ、これは」

一同「ソーラーカーだん吉グランドカスタム!」

女「グランドカスタム?」

山口「今度企画でDASH核シェルター作るんだよ」

太一「それまだ言っちゃダメだよwww」

山口「やべぇそうだった!」



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:00:09.31 ID:ZTpheRfS0

松岡(TOKIO)「これがあれば地面も掘れるってわけさ」

俺「おお!すげぇ!」

TOKIO「ただし俺達5人と昭雄さんしか乗らない前提で作られてるから定員は6人!あ、でも北登も乗れるからギリギリ7人!」

俺「北登って犬じゃん」

女「じゃあ・・・」チラッ

里見浩太朗「ささ、我々は気にせずお行きなさい」

女「・・・・・・」

俺「よし、じゃあ行こう」

TOKIO「オオーッ!」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:03:48.23 ID:ZTpheRfS0

城島「だん吉グランドカスタム発進!」グッ

ドゴゴゴゴゴゴ!!!

俺「うおおおお!!」

ドゴゴゴゴゴゴゴゴ

女「本当に地面を掘ってる・・・」


数分後

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

城島「長瀬!今なんm?」

長瀬「えーっと・・・150m!」

山口「もう少しだな!」

松岡「待った、なんか様子がおかしい!」

ゴゴゴゴゴ・・・

ゴゴ・・・

太一「あれ・・・止まっちゃったよ!」



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:05:41.72 ID:sJm1o2Ss0

それ地下っていうか地中なんじゃ



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:16:01.95 ID:ZTpheRfS0

>>337
地下と地中の違いが分かりませんがとりあえず地面の下です!



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:09:07.66 ID:ZTpheRfS0

地下200m ウジテレビ

剛力彩芽「なんですって?無理やり地面を掘ってこっちに向かってきてる?」

?「間違いありません」

剛力彩芽「せっかく精鋭を用意したというのに・・・!」メキメキメキ・・・!

?「ご、剛力様!落ち着いて!」

剛力彩芽「こうなったら私が直々に行くしかないようね・・・」

剛力彩芽「ランチパーッック!」ムシャムシャ

?「ああ・・・剛力様がやけ食いを・・・大変なことになるぞ・・・!」


地下150m

俺「なんで動かないんだ!?」

女「薄々気づいてたんだけど・・・これってソーラーカーなんでしょ」

女「地下深くに潜っちゃったら太陽光が届かないんじゃない・・・?」

俺「!?」

TOKIO「!!」



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:16:01.95 ID:ZTpheRfS0

俺「どうしたらいいんだ・・・」

太一「大丈夫だよ!いざってときのために野菜くずを用意してある!これを燃料にして動かせるんだ」

長瀬「・・・・・」ムシャムシャ

城島「おい長瀬なに食ってるんや」

長瀬「野菜だよ野菜、歌歌ったら喉乾いちゃってさぁ」シャリシャリ

長瀬「このきゅうりとかすげぇみずみずしいんだよ」

松岡「馬鹿おまえそれが燃料だよ!」

山口「しかもほとんど全部食ってんじゃん!」

俺「どうしたらいいんだ・・・マジで」

城島「よし、いったん出るで!」

女「!?」



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:26:35.15 ID:ZTpheRfS0

女「どうするつもりよ!」

城島「俺らはTOKIOやで!村も海岸も、果ては無人島まで切り開いてきた男たちや!」

松岡「素手でも地面を掘るくらい余裕だろ!」

山口「あれ連れてこればよかったね、DASH海岸のエビとか。あいつら地面掘って隠れるし」

太一「あほんとだリーダーこの大根すっげぇうまい!」モグモグ

長瀬「みんなで歌おうぜ!BE AMBITIOUS!!」

ビー!アンビ


グラグラグラグラ


一同「!?」

俺「周りにヒビが・・」

ボゴォン!!


剛力彩芽「ランチパアアアアアアアアアアック!!!」



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:31:35.75 ID:ZTpheRfS0

女「剛力・・・!」

剛力彩芽「よく来たわね一般人諸君!」ガシッ

俺「ぐっ!?」

剛力彩芽「あなたも友達にしてあげる!」グイッ

俺「うおわああああ」

女「きゃあ!」


松岡「中に引きずり込まれた!」

城島「うまいなぁーこれ!」

太一「でしょ?噛めば噛むほど甘みが広がる・・・」

長瀬「ビー!!アンビシャース!」

山口「さっきから自由すぎるんだよそっちの人たち」



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:39:03.10 ID:ZTpheRfS0

俺「うわぁ!」ドサッ

女「こ、ここは・・・!」

剛力彩芽「見覚えがある?この球場のフロアに・・・」

俺「・・・まさか、フジテレビのあの球体部分!?」

剛力彩芽「そう!ここウジテレビも同じものを採用しているのよ!」

剛力彩芽「ここは私の戦場!!!」

俺「戦場だと・・・?」

剛力彩芽「ランチパーック!」バッ

ボトボト

俺「!?」

剛力彩芽「逃げたらこれを爆発させる!」

俺「くっ・・・」


城島「おーい!これ使えー!」

長瀬「俺達TOKIO手作りの必殺武器>>353だ!!」



353: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/12/14(土) 14:43:33.92 ID:ChYqmJs40

対剛力用レールガン



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:49:57.34 ID:ZTpheRfS0

長瀬「俺達TOKIO手作りの必殺武器体剛力用レールガンだ!」ポイッ

女「レールガン!?」ガシャッ

山口「もうこれ以上掘り進めないからだん吉をバラして作ったんだ!」

松岡「みんなもリサイクル精神を忘れるなよ!」

俺「よし!そいつをこっちに・・・」

剛力彩芽「させるかっ!!」スゥッ


剛力彩芽「ね ぇ 君はもう!!!!!!!!」

「友達じゃなあああああああああああああああああああい」


ビリビリビリビリビリビリ・・・


俺「ぐあああ!!」

女(歌声の衝撃波・・・!?)


剛力彩芽「友達より~ふんふんふんふんふん~」モグモグモグモグ



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:53:16.48 ID:oC5QttPG0

歌詞忘れてんじゃねーよwww



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 14:54:36.15 ID:ZTpheRfS0

俺「くそっ・・・なら耳を塞げば・・・」サッ

剛力彩芽「・・・・・・」モグモグモグモグ

俺「・・・?」

剛力彩芽(気のせいか?さっきよりでかくなってる・・・?)

剛力彩芽「気のせいじゃない!」ヒュバッ

俺「!!?」

剛力彩芽「ランチパック・・・パンチラック・・・パンチ!!」ブンッ

俺(早い!)

ゴスンッ

俺「ぐお・・・!」

剛力彩芽「私はランチパックを食べることで押さえつけていた力を解放できる!!」

俺「く・・・」

剛力彩芽「これが私の真の姿!剛力彩芽・剛力体!」

ゴーリキー「通称・ゴーリキー!!!!」バァァァン



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:04:44.46 ID:ZTpheRfS0

俺「あれが・・・剛力の真の姿・・・・・・」

ゴーリキー「ふふふ!ふふふふふふ!!」メキメキメキ

ゴーリキー「ふふふふふふ!!!」ドゴッ

俺「ゲフッ!」

ゴーリキー「ゴリ押しよぉ!このパワーでゴリ押ししてゴリ押ししてゴリ押ししまくってやるわ!」ドゴドゴ

ゴーリキー「ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ!!!」

ドゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッゴゴゴ

俺「・・・・・・」グラッ

ゴーリキー「そして芸能界の頂点に立つのよ!!!」

俺「・・・・・・」ピタッ

俺「頂点・・・頂点だと・・・」

俺「そんな・・・ゴリ押しだけでやって来たお前に・・・」

俺「頂点を取る資格なんてない!!」

ゴーリキー「・・・!」ブチッ



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:10:53.87 ID:ZTpheRfS0

ゴーリキー「言ったなぁアアアアア!!」モグモグモグモグ

俺(さらに巨大化・・・!)

ゴーリキー「見せてやるわ!!ゴリ押しで手に入れた私の奥義!!!」

ゴーリキー「ビ ブ リ ア!!!」ブンッ

ドガンッ!!

ゴーリキー「!?」

俺「あんまり派手に動くからこのフロア自体が揺れてんのさ・・・」

ゴーリキー「くっ・・・!」

俺「このまま続ければきっとこの球体が落下するぜ・・・そうしたらその衝撃でお前の仕掛けたランチパック爆弾も作動する!」

ゴーリキー「・・・・・・ナメてんの!?ランチパック爆弾を解除すれば・・・!」カチッ


女「やっと解除したわね」

ゴーリキー「!?」

女「これで・・・さっきのレールガンが回収できるわ」

ゴーリキー「しまった・・・!」

女「終わりよ!」カチッ



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:13:49.52 ID:ZTpheRfS0

バシュウン!!

剛力彩芽「!?」ドスッ

バチバチバチバチバチバチバチ!!!

剛力彩芽「あああああああああああああああああ!!」バチバチバチ

シュルルルルル・・・

俺(!剛力がもとのサイズに戻っていく)

バチバチバチバチバチバチ

ビキビキビキビキビキ・・・!

俺「!?」

俺「女!それストップ!衝撃で床が・・・」

女「えっ?」

グラッ

俺「落ちる!」

ゴバッ!!!



368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:18:26.04 ID:ZTpheRfS0

俺「うわああああああああ」

あああああああ

ああああ・・・


太一「やばいよリーダー!出力強すぎだ!」

城島「アカンでこれは・・・!達也!松岡!まだ地上と連絡取れへんのか!?」

山口「電波が届かないんだよ!」

長瀬「あー野菜超うめぇー!!」ガシガシ

松岡「なんでまた食ってんだよ!」


超うめぇー!!超うめぇー!!超うめぇー!



地上

\超うめぇー!/

里見浩太朗「やや!?今のは長瀬さんの声では?」



369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:23:13.16 ID:ZTpheRfS0

ガッキー「長瀬さんの!?」

ガッキー「・・・・・・」スゥウウ

ガッキー「っ長瀬さーん!!そっち大丈夫なんですかー!!!」


/大丈夫なんですかー! なんですかー! ナンデスカー・・・\


長瀬「ん!?」

太一「新垣結衣ちゃんの声だ!」

山口「長瀬の声が上まで届いたんだ!」

城島「でかしたで長瀬!」

松岡「いやいやおかしいだろ!」

城島「長瀬、助け呼ぶんや!あの二人が大変なことになってるって・・・」

長瀬「リーダーが言えばいいじゃん」

城島「俺の声じゃ届かへんよ」

長瀬「しょうがないなーリーダーは」

長瀬「おーーい!ガッキー聞こえるー!!」



370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:26:08.84 ID:ZTpheRfS0

俺「うわああああああああ」


ドスンッ


俺「くっ・・・痛ててて・・・」

俺「!こ、ここはどこだ!?」

女「・・・あの球体からずいぶん落ちたみたいだけど・・・何か柔らかいものが下敷きになって助かったんだわ」

俺「これは・・・無数のランチパック・・・!」ガサッ

ねぇ君はも~う♪

俺「!」バッ

剛力彩芽「友達じゃなーい♪」

女「剛力・・・生きてたのね」

剛力彩芽「友達よりー・・・」

剛力彩芽「・・・・・・」

俺「歌えないのか?その先が」

剛力彩芽「!!」



372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:29:52.51 ID:ZTpheRfS0

剛力彩芽「・・・・・・」

俺「ねえ君はもう友達じゃない 友達より・・・」

俺「その先を歌えないのか!」

剛力彩芽「・・・・・・」

剛力彩芽「出てってよ」ギュッ

俺「!!」

剛力彩芽「出てってよ!」ブンッ

バスッ

俺「・・・ランチパックは投げるものじゃない。食べるものだ」

剛力彩芽「うるさい!!」

剛力彩芽「あんたに何が分かるのよ・・・」

剛力彩芽「ゴリ押しされてる私の何が分かるのよ!」

剛力彩芽「自分の意志でなく事務所の意志であちこちに仕事を回されて、そのたびに批判される私の気持ちが!!」

剛力彩芽「あんたみたいな一般人に分かるわけないでしょ!!!」



374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:33:35.02 ID:ZTpheRfS0

俺「・・・確かに俺は一般人だ」

俺「あんたみたいに誰かにゴリ押しされたことなんてない」

俺「いつだって俺の意志で生きてきた」

剛力彩芽「だったら・・・!」

俺「だけど・・・」

俺「あんたの気持ちが、今分かった」

剛力彩芽「・・・分かるわけない・・・私の気持ちなんて!誰にも理解出来ないのよ!!」

俺「だからだろ?」

剛力彩芽「・・・だから?」

俺「だからゴリ押し組なんてものを作ったんだろ?」

剛力彩芽「!」

俺「いつも自分は叩かれてばかりで・・・辛かった。苦しかった」

俺「だから、自分と同じようにゴリ押しされてる人間を集めて、その辛苦を理解して欲しかったんだ」

剛力彩芽「・・・違うッ!」



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:52:17.12 ID:ZTpheRfS0

俺「ねぇ君はもう友達じゃない~♪」

俺「友達より~・・・」

女「・・・・・・大事な人」

俺「・・・そう。この曲は『友達より大事な人』・・・」

俺「それこそがあんたの求めてるモノだったんじゃないのか?」

剛力彩芽「・・・・・・!」

ねえ君はもう 友達じゃない

友達より 大事な人

剛力彩芽「あ・・・!」

俺「いつだって誰かに理解されたかったんだ」

俺「友達より大事な人が欲しかったんだ」

俺「その気持ちは間違いなんかじゃない。だけどあんたは」

俺「・・・そう。少しやり過ぎたんだ」

剛力彩芽「・・・う・・・うう・・・」



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:52:51.18 ID:ZTpheRfS0

俺「しばらくメディアに顔出すのを控えて、ほとぼりが冷めてから戻ってきたらいい」

俺「きっとみんな迎えてくれるさ」

剛力彩芽「うう…」

俺「……さぁ、このハンカチで涙を…」スッ

俺「おっとこれはランチパックだった!ハッハハハハ!!」

女「……」しらー

俺「……」

剛力彩芽「ねぇ…あなたも私の友達に…いえ」

剛力彩芽「友達より大事な人になってくれる?」

俺「…ああ、いいぜ」

剛力彩芽「……ありがとう!あのね、私のことはめごっちって呼んでね!」

俺「めっめごっ…めごっち…?」



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:53:53.57 ID:ZTpheRfS0

女「…やれやれ」クルッ

カツンッ

女「!」

女(この感触・・・?)ガサガサ

女(足元のランチパックで隠れてて気付かなかったけど…この床)

女(ガラス張りになっている…)

女(下にまだフロアが…誰かいる…?)ジッ

女「…!?」

女(これは…まさか…)



387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 15:54:43.29 ID:ZTpheRfS0

女「ねぇ、剛力さん…あなたAKBとも繋がってたのよね」

剛力彩芽「繋がってたって言っても、いつもあるメンバーを通じてやりとりしてただけで…」

女「そのメンバーって?」

剛力彩芽「大前田みな子ちゃんっていう…」

女「大前田みな子なんてメンバーはAKBにいないわ」

剛力彩芽「…え?」

女「つまり…あなたは最初から操られていたのよ…AKBだって本当は…もう…」

剛力彩芽「なに?なに言ってるの?大前田ちゃんはもう友達じゃないってことなの?」

女「下を見て…ランチパックをどかして…この床の下を…」

剛力彩芽「…?」

俺「下…?」ゴソゴソ

剛力彩芽「!?」

俺「なっ…!」

女「…おそらくこれが今のAKBの実体よ」


俺「マネキン…!?100体近くいるぞ…!」



390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:00:54.60 ID:ZTpheRfS0

剛力彩芽「…嘘…もしかして…これって」

俺「!?」

剛力彩芽「AKBサイドで…次元融合装置を作ってたんだけど・・・」

剛力彩芽「三次元に出現した二次元キャラは、未だにその存在が安定していないの」

剛力彩芽「そこで、こういう『マネキン』にデータを移すことで安定化を図る、って・・・」

俺「パーマンのコピーロボットみたいなもんか・・・!」

女「それを聞いて確信したわ・・・AKBは永遠のアイドルとして君臨する、ある一つの方法を考えついたんだわ」

女「それが、このマネキンたちにメンバーたちのデータを移植すること・・・」

俺「・・・つまり・・・」

剛力彩芽「データは年を取らないし劣化もしない・・・つまり永久保存が効くアイドル・・・!」

女「ネットに溺れるアンチを排し・・・そして本人たちは永遠にAKBであり続ける・・・それがAKB側の最終目標だったんだわ・・・!」



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:05:23.00 ID:ZTpheRfS0

『その通り、よく気づいたね』

女「!」

俺「誰だお前は!」

『私はAKB48・・・そしてその新たなセンターとして生み出された究極のアイドル』

剛力彩芽「この声・・・大前田ちゃんだよ!」

俺「こいつが・・・!?」

『すべてのメンバーの特徴を少しずつ受け継いだ・・・私が永遠の女王にふさわしい』

女「ふざけないで!!生身の体を持たぬあなた見たいな・・・!」

『実体ならある・・・この容れ物すべてに私のデータを転送すれば・・・』


ブゥンッ!!

俺「下のマネキンたちの目が・・・!」

女「起動したんだわ・・・!」

剛力彩芽「姿が変わっていく・・・!あ・・・あああ・・・!」

剛力彩芽「マネキン全部の姿が・・・大前田ちゃんに・・・!!」



396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:10:17.35 ID:ZTpheRfS0

俺「こんな・・・こんなふざけた話が・・・!」


大前田『AKB48そのすべての魅力を結集した私こそが本当のアイドル!』

大前田『世界は私だけのモノ!私以外すべての存在がファンになればいい!!』グググッ


女「こっちに来るつもりだわ!!あの数ならこの床を破ってきてもおかしくない!」

俺「早く逃げないと・・・!」


剛力彩芽「・・・うん、二人は早く逃げて」


俺「え?」


剛力彩芽「ランチパック!」

ボンッ!!

ビシビシビシ・・・

俺「剛力!お前なにを・・・!」

剛力彩芽「めごっちって呼んでって言ったでしょ?」

バリィイイイン!!



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:12:34.21 ID:ZTpheRfS0

俺「おい!!落ちるぞ!!」

剛力彩芽「これでいいの。大前田ちゃんたちは私が食い止める」

剛力彩芽「あなたたちは逃げて!」バッ

俺「どうしてそんなバカなことを・・・!」

剛力彩芽「だって」

剛力彩芽「君はもう友達じゃない」

剛力彩芽「友達より大事な人だもん」

俺「・・・!」

剛力彩芽「大事な人なんだから、助けるのは当然でしょ?」



ヒュウウウウウウウウウ



俺「めごっちぃいいいいいいいい!!!!」



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:17:35.01 ID:ZTpheRfS0

女(剛力さんが・・・大前田の群れに落ちていく・・・)

女「早く逃げるわよ!彼女の犠牲を無駄にするつもり!?」

俺「でも・・・でも・・・!」

女「早くっ!!」



ひゅううううううう・・・

大前田『バカねあなたも!わざわざ一人で向かってくるとは!!』

剛力彩芽「ゴリ押しされるとそこが辛いんだ・・・いつだって一人だったから」

剛力彩芽「でも今はもう違う!」モグモグ


ゴーリキー「私はもうひとりじゃない!!ゴリ押し組でもない、本当に大事な人ができたんだ!!」

大前田『私たち以外にテレビに映る人間はいらなあああああああああい!!!』

ゴーリキー「これが最後のゴリ押しよ・・・」

ゴーリキー「B I B L I A(ビブリア)!!!」



406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:20:32.13 ID:ZTpheRfS0

ゴオオオオオン・・・・・・


・・・

・・・・・・


ああ、死んだのかな。私

だってあんなにたくさんいたんだもん。勝てるわけないよなぁ

やっぱり私なんて、おとなしくゴリ押しされてたほうがよかったのかな・・・



「起きろ・・・起きろ・・・!」

「めごっち!」

剛力彩芽「!」パチッ


俺「めごっち・・・よかった・・・間に合ったんだ!」

剛力彩芽「・・・え・・・?私、生きて・・・」



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:26:15.33 ID:ZTpheRfS0

女「たったひとりで20人も倒すなんて・・・さすがにゴリ押しに関しては天才的ね」

女「だけどもう大丈夫」

女「ゴリ押しじゃなくて・・・本当の一流が来たから・・・」

剛力彩芽「本当の一流・・・?」



「かつて君の誘いを断ったことをほんのすこし後悔しているよ。君がそんなに苦しんでいたとはね」

「小島くんの仇を討とうと思っていたが、今の君を攻めることは私にはできない・・・」


剛力彩芽「あ・・・あなたは・・・」



「彼女はたった今間違いなく役者としての本気を見せたんだ」

「君たちのようなまがい物とは違う本物の輝き・・・その価値は120億円はくだらないだろう」

「CDをふざけた売り方してずいぶん儲けたそうだからきっちり落とし前はつけてもらおう」


半沢直樹「やられたらやり返す!」


「1 0 0 倍 返 し だ !!」



412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:30:18.74 ID:ZTpheRfS0

俺「さすがだ・・・堺さん・・・本当にこいつら全員と渡り合えるだなんて・・・」

俺「でもどうして堺さんが?」

女「言ったでしょ・・・リーガルメンバーと合流したって」

女「小島よしおから私たちを守ってくれて・・・それでもう会えないかと思ったけど」

女「また助けにきてくれた」


数分前

長瀬「ガッキー聞こえるー!!」

ガッキー「聞こえまーす!!」

長瀬「二人が大変なんだよー!!誰か助けを」

長瀬「呼んできてー!!!!」

ガッキー「・・・分かりました!」

里見浩太朗「ちょうどよかった。たった今あの方から電話が来たところですよ・・・」

里見浩太朗「すぐに駆けつけるから待っていたまえこのがに股女・・・と」

ガッキー「・・・!!」



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:37:39.91 ID:ZTpheRfS0



ブウウウウウウウウウン


ガッキー「・・・来た!」

古美門「待たせてすまなかったね黛くん」

ガッキー「堺さ・・・じゃなかった」

黛「大遅刻ですよ!古美門先生!」

古美門「なんだと!?これでも森くんのオートバイでかっ飛ばしてきてやったというのにまったく君は失礼なやつだな~!この無礼者!」

黛「・・・森くん!?」バッ

森「・・・よう」

黛「あなた・・・どうして・・・!」

森「木村たちと戦って・・・俺もいろいろ考え直してさ」

黛「・・・あの3人は!?」

森「残念だけど・・・」

黛「そんな・・・!」

森「安堂ロイドのパワーでも慎吾と剛を連れて俺のバイクと並走するのは厳しいらしい」

黛「って生きてるんじゃないですか!」



416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:45:31.87 ID:ZTpheRfS0

古美門「それで?彼らはどこに?」

黛「ここ・・・!この穴の中です!」

古美門「私にこんな薄汚い穴にもぐらのように入りこめと~?冗談じゃない君がやれ」

黛「なに言ってるんですかここまで来て!」

古美門「だいたいねぇ入るのはいいが出るのはどうする?なにも考えずに飛び込むのは馬鹿のすることだまさしく君にお似合いだぁ」

服部「その点なら問題ありませんぞ古美門先生!」

古美門「・・・なんですって?服部さん」

服部「えー実は昔レスキュー隊で活動していたことがありましてな、他愛もない取り柄ではございますが・・・」

古美門「・・・つまりあなたが引っ張りあげると?」

服部「その通りです。ご安心を、私の救助率は100%でございますから」

黛「ですって。これで心置きなく飛び込めますね」グイッ

古美門「いや、え、ちょ・・・」ズルズル

服部「では、グッドラック!」グッ

黛「いってらっしゃい」ドンッ

古美門「いやああああああああああああ!!!」
古美門



418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 16:54:21.63 ID:ZTpheRfS0

俺「・・・って感じでここまで来てくれたのか」

女「そうみたい」

俺「・・・!オイ見ろ!言ってる間に残り一体だ!」

女「!!」



大前田「まさか私を全滅させるなんて・・・この化け物・・・!」

半沢「化け物は人の皮を被ったあなただ大前田センター」

大前田「・・・もういいわ、さっさと私を倒しちゃえば?」

大前田「だけどね、忘れないで。私を倒しても第二第三のAK
半沢「あなたを」


大前田「・・・なによ」

半沢「倒すつもりはありません」

大前田「は?」

半沢「ただひとつ」

半沢「土下座していただきたい」



423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 17:01:50.85 ID:ZTpheRfS0

大前田「土下・・・座・・・?」

半沢「仮にもセンターともあろうお方なら潔いところをぜひ見せていただきたい」

大前田「・・・な、なに言ってるの?土下座・・・?なんで私が・・・?」

半沢「どうしました?」

半沢「・・・一役者に頭を下げるなんてアイドルグループのセンターとしてのプライドが許さない・・・」

半沢「もしそう思っているのなら大きな間違いだ」

半沢「あなたが謝るのは・・・私じゃありません」

大前田「・・・はぁ・・・!?」

半沢「まじめにやってきたのに突然よそのゴリ押しによって不幸にもその地位を奪われたすべての役者に」

半沢「二次元への思いを利用され社会から切り捨てられたすべてのねらーに」

半沢「そして自分が理想のアイドルになるための贄とされたすべてのメンバーに」

半沢「土下座をしてください・・・」

大前田「・・・・・・」

半沢「大前田センター・・・!」


半沢「やれええええええええええええええええ大前田あああああああああああああああああああああああ」



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 17:06:06.32 ID:ZTpheRfS0

大前田「っあああ・・・」

大前田「ぐぐぐぐぐ・・・」

ギギギ・・・

大前田「う・・・あああああああああ!!」ブルブル

ゴスンッ

大前田「っくしぃぃい・・・うぐぐぐぐぐ・・・」

ビシッ・・・

大前田「」バキィン!!


半沢「耐え切れず崩壊した・・・か」スッ

ツイッ

古美門「まーた勝ってしまったようだ今夜は祝勝会だぁ!」


女「さすが一流切り替えが早い・・・」



425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 17:12:31.99 ID:ZTpheRfS0

地上


服部「ふぅ・・・これで全員ですな」

古美門「なんで私を引き上げるのが一番遅かったんですかねぇ」

服部「まずは軽い女性陣から回収しただけでございますが・・・」

古美門「ふん!」


俺「めごっち・・・もうおしまいだ」

俺「ゴリ押し組は解散。AKBも・・・おそらく大前田ひとりで活動してて、他のメンバーなんてとっくにいなかったんだ」

剛力彩芽「・・・・・・」

俺「・・・・・・」

剛力彩芽「言い訳がましいけど、私みたいにゴリ押しゴリ押しって言われて辛い人はたくさんいたと思う」

剛力彩芽「そういう人たちはどうすればいいの?」

俺「自分の力でブレイクできるように努力するとか」

女「ダメな主演より名脇役でいいじゃない」

剛力彩芽「・・・そうだね」



426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 17:20:19.32 ID:ZTpheRfS0

安堂ロイド「うおおおおおおおおおおお!!」

慎吾ママ「木村くん、ちょ待てよ!」

草なぎ「僕たちそんなに体力残ってないんだよ!一本満足も全部食べちゃったし」

俺「キムタク!慎吾!草なぎ!無事だったのか」

安堂ロイド「ああ。森も話せば分かってくれたよ」

森「まぁもともと再ブレイクなんてしなくたって俺はオートレースで十分活躍してたしな」

俺「そっか・・・」

草なぎ「そういえば中居くんと吾郎は最後まで来なかったね」


服部「お疲れ様でした古美門先生」

古美門「なに大した相手じゃありませんよ」

黛「先生忘れてませんよね?まだSPドラマの撮影中ですよ」

香取慎吾「そうだよ俺も出るんじゃん!行かないと」

古美門「・・・そういえばスタッフから電話があったなぁすっかり忘れてた。今どこにいますか、って」

古美門「あと、真っ白だった漫画には絵が戻ったらしい」

女「!!」



428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 17:27:44.21 ID:ZTpheRfS0

一週間後

俺「VIPにもなんとかなく人が戻ってきた気がするぞ」

女「三次元世界に混ざりこんだ二次元の存在はすべて元に戻ったみたい」

俺「さぞかし残念だったろうなここの連中は」

女「そうね・・・」ピッ

女「あ、このCM堺雅人が出てる」

俺「ふーん」

女「あ、今度はガッキー」

俺「ふーん」チラッ

ランチパァック!

俺「!」ビクッ

ねぇ君はも~う 友達じゃな~い♪

俺「めごっちいいいい!!俺だよ!ずっと応援してるからな!」

友達より~ 大事な人~♪


おわり



432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 17:32:55.54 ID:ZTpheRfS0

一応言っておくけど僕は特に剛力すきじゃありません
堺雅人は好きですガッキーはもっと好きです



452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:02:43.76 ID:DWaMeDfm0

おつかれ、面白かったわ



453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/12/14(土) 18:08:52.07 ID:Hj7Imwkh0

おつ



転載元
俺「VIPから人が消えている・・・?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386936916/l50
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 21:18
          • 4 色々ディスってるけど、TOKIOだけは許さん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 21:20
          • 安価は甘え
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 21:26
          • 韓国とキムタクで思い出したけど、キムタックっていう韓国ドラマあるよね
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 21:42
          • 長瀬がいいポジだったので許す
            っていうか安価消化すごすぎだろ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 21:55
          • こんなんじゃ満足できねぇぜ
            もっと満足させてくれよ草なぎィ!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 22:00
          • 土下座で腹筋崩壊したwww
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 22:02
          • イイハナシナノカナー?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 22:20
          • ダミ声音痴禿が歌唱力disられただけで登場しなくて草
            面白かった
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 22:26
          • うまい&デカい&へるてぃ♪
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 22:59
          • 剛力好きになってきた
            これからはめごっちって呼ぶ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 23:24
          • 安価のさばき方もうまくてよみやすかった
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月14日 23:33
          • 安価多用しすぎのSSはやっぱ糞だわ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 00:01
          • 稲垣メンバー(小声)
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 00:35
          • 堺雅人大好きだ
            剛力はどっか芸能界のすみっこで生きててほしい
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 00:46
          • 5 面白い
            良くこれだけの安価をさばけたな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 00:52
          • TOKIOの扱いは毎回こうだろww

            ディすってねぇよ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 01:27
          • まぁ剛力は一時2ch禁止まで言われたからなー、このSSに書いてあることも強ち間違ってないのかもな

            とりあえずなんか悪役剛力かっこよかった
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 01:29
          • ごめん※17に補足

            2ch禁止になったのは剛力叩きを見て病んじゃったから
            そんなの気にしないで与えられた仕事堂々とこなしててくれれば良いんだけどさぁ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 01:44
          • 5 安価の方向性があまりブレなかったとはいえ
            あの出だしからよくこんな壮大な物語に繋げたなw
            これは名スレだわ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 01:44
          • 5 TOKIOの脳内再生率が半端なかったwwwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 02:12
          • 5 ハイクオリティ!
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 03:25
          • 4 小島のシーン良かった
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 03:31
          • 5 よく大きな狂いもなく最後まで繋がったなwww
            もしあそこの安価がこうじゃなかった、とか考えると……
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 04:32
          • 大前田の捌きに感動したわ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 04:33
          • 長編安価ssで最後まで読めたの、これが初めてだわ

            上手く捌いたなぁ、素直に凄いと思った
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 04:34
          • 作者もゴーリキー嫌いなのかよwww

            ツイッターの偽ゴーリキー思い出したわ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 04:53
          • 良い感じのアンカー達だったのに流れ崩すやつマジ消えていいよ まとめ見て単芝生やしとけ新参カス共
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 08:13
          • めちゃくちゃ良かった
            安価も安価のさばきかたも神だわ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 08:43
          • 5 お手本のような安価SSだな
            安価はきちんと処理し、かつ話としてまとまったものにする
            しかも面白い!
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 10:36
          • 5
            安価SSで且つこれを捌ききって話をまとめるって凄いな。これはなかなか
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 10:59
          • 5 安価の繋ぎ方が天才的
            こういう人に三題噺とかやってほしいな
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 11:54
          • 面白すぎ。
            1は上手く安価をまとめて凄いわ、機転が利くなー
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 11:55
          • 5 なんだこの大作
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 12:41
          • 安価なのにちゃんと全部繋げててワロタwwww
            後TOKIOが悪役側じゃなくてよかったなぁと思いました(小並感)
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 14:15
          • 素晴らしい安価捌き
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 16:28
          • 4 面白い…だと?
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 20:03
          • 5 タイトルに半沢や剛力やSMAPが入ってたらもっとコメ伸びたろう
            よく即興でここまで面白くしてまとめたもんだ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月15日 21:34
          • 3 なんだこれ
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月16日 16:17
          • 5 安価が優秀だったってのも大きいが、それを踏まえてもこの>>1は凄すぎる
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月16日 20:08
          • 松岡氏は生きてんの?死んだの?
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月16日 22:12
          • 5 古美門がイケメン過ぎる
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月16日 22:12
          • 5 古美門がイケメン過ぎる
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月17日 06:27
          • 面白そうwww後で読もうwww
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月17日 19:32
          • 5 安価とさばきが素晴らしい
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月18日 08:29
          • 二箇所くらい泣いてしまった…
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月19日 06:54
          • スゲーなww

          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月19日 13:48
          • 女も二次元なのかと思った
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月01日 02:01
          • 長瀬以外ゴミとか…知らねーなら書くなよ
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年10月24日 13:16
          • SMAP解散決定記念カキコ!
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月13日 11:24
          • このカス安価からよく出来たもんだ
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月13日 18:38
          • 剛力vs大前田の熱い展開好き

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 落ち葉の悪戯【ミリマスSS】
        • 落ち葉の悪戯【ミリマスSS】
        • 落ち葉の悪戯【ミリマスSS】
        • 落ち葉の悪戯【ミリマスSS】
        • 落ち葉の悪戯【ミリマスSS】
        • 彡(゚)(゚)「腹減ったなぁ・・・せや、メシでも作ったろ!」
        • 彡(゚)(゚)「腹減ったなぁ・・・せや、メシでも作ったろ!」
        • 彡(゚)(゚)「腹減ったなぁ・・・せや、メシでも作ったろ!」
        • 彡(゚)(゚)「腹減ったなぁ・・・せや、メシでも作ったろ!」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ミリマス】美也「あの~、私になにかご用ですか~?」
        • 【ガヴドロSS】ヴィネット「エンジェル強制操作 ~ラフィを思いのままに操る悪魔のスマートフォン~」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ