TOP

芳佳「髪型を少し変えてから誰かにずっと見られている気がする」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:26:36.40 ID:A3XM1mOT0

芳佳「リーネちゃん、見て見て」

リーネ「あれ?芳佳ちゃん、髪型変えたの?」

芳佳「うん。少し伸びたから整えようと思ったんだけどね」

ペリーヌ「わたくしが、セットして差し上げましたの」

リーネ「ペリーヌさんが?」

ペリーヌ「前々から気になってはいましたの。宮藤さんの癖毛が」

芳佳「えへへ。ありがとう、ペリーヌさん」

ペリーヌ「ふんっ」

リーネ「いいなぁ、芳佳ちゃん。サラサラになってる」

芳佳「リーネちゃんもやってもらえば――!?」ゾクッ

ペリーヌ「……宮藤さん、どうかしまして?」

芳佳「い、今、誰かに見られていたような……」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:30:19.17 ID:A3XM1mOT0

リーネ「誰かって……」

ペリーヌ「わたくしたち以外にいませんわよ?」

芳佳「で、でも……」

ペリーヌ「からかうのはよしてください」

芳佳「ごめんなさい」

ペリーヌ「いいですこと?折角、髪を整えあげたのですから無駄にしないように。毎日のケアが大事ですわよ」

芳佳「え?毎回ペリーヌさんがセットしてくれないの?」

ペリーヌ「誰がそんな面倒なことするものですか。全く。甘えるのは今回限りにしてくださいな」

芳佳「ペリーヌさんからやってあげるっていってくれたのにぃ」

ペリーヌ「おだまりなさい」

リーネ「ペリーヌさん、私も最近少し髪が伸びてきたんですけど……そのぉ……」

ペリーヌ「もう……仕方ありませんわねぇ……」

芳佳「よかったね、リーネちゃん」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:33:16.01 ID:A3XM1mOT0

芳佳「ふんふーん」

芳佳「……!?」ゾクッ

芳佳「誰!?」

芳佳「……」

美緒「宮藤。何をしている?」

芳佳「あ、坂本さん」

美緒「そろそろ訓練の時間だぞ」

芳佳「はい。今から行こうと思ってたんです」

美緒「ならばいいが」

芳佳「……」

美緒「……なんだ?」

芳佳「あの、何かいつもと違うなーって思いませんか?」

美緒「いや。何か違うのか?」

芳佳「……格納庫に向かいますっ」テテテッ

美緒「なんだ、宮藤のやつ……?」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:39:01.43 ID:A3XM1mOT0

格納庫

芳佳「坂本さん、気がついてくれなかったんだよぉ。ひどいよね」

リーネ「髪が跳ねてないから全然違うと思うんだけど」

芳佳「だよね」

リーネ「それにしても芳佳ちゃん、本当にかわいいね。印象が全然違うし」

芳佳「リーネちゃんも前髪ちょっと短くなって、いいね」

リーネ「あ、気がついてくれた?そうなんだぁ。ペリーヌさんがカットしてくれて」

芳佳「いつもよりも髪も綺麗だし。髪は結わないほうがいいかも」

リーネ「そ、そうかな?芳佳ちゃんがそういうなら今日ぐらいは……」

芳佳「ああ、うんっ。そっちも可愛いよぉ」

リーネ「ありがとう」

美緒「宮藤、リーネ。準備は出来ているか」

芳佳「はいっ!」

リーネ「出来てます!」

美緒「では、通常の飛行訓練を行う。ストライカーユニットの装着、急げ」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:43:42.20 ID:A3XM1mOT0

美緒「――そこまで!!」

芳佳「はぁ……はぁ……おわったぁ……」

リーネ「あ、ありがとうございます」

美緒「リーネ。今日は髪型が違うようだが、訓練中邪魔にならないか?」

リーネ「え?ああ、別に……」

美緒「そうか」

芳佳「……」

美緒「なんだ、宮藤?」

芳佳「なんでもないです」

美緒「おかしな奴だ」

リーネ「あ、あの、坂本少佐。芳佳ちゃんも、髪型が変わってて……」

美緒「そんなことは知っている。見れば分かるだろう」

リーネ「え……」

美緒「宮藤の髪は短いし訓練になんら影響がないからな、気にするほどでもないだろう」

リーネ「……」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:47:56.27 ID:A3XM1mOT0

芳佳「……!?」ゾクッ

リーネ「だったら、その、褒めてあげても……」

美緒「髪を少し切っただけだろ?」

リーネ「で、でも……あの……」

美緒「褒めたほうがいいのか」

芳佳「さ、坂本さん」

美緒「宮藤。その髪も似合ってはいるが、私個人としては前の癖毛のほうが好みだ。はっはっはっは」

リーネ「えぇぇ……」

芳佳「あの、誰かに見られてませんか?」

美緒「誰かだと?」

芳佳「今日、ずっと見られているような気がするんです」

美緒「ここにいるのは……」

シャーリー「ふんふふーん」

ルッキーニ「すぅ……すぅ……」

美緒「私たちのほかにはシャーリーとルッキーニ以外いないが?」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:53:28.51 ID:A3XM1mOT0

芳佳「そ、そうですか……」

美緒「シャーリー!!」

シャーリー「んぁ?なんだー?手が離せないんだけどー」

美緒「先ほどまで他に誰かいたか?」

シャーリー「えー?ああ、中佐とハルトマン、バルクホルンは通ったよ。3分前ぐらいに」

美緒「ここにどれぐらい居た?」

シャーリー「通り過ぎていっただけだよ?それがどうかしたかー?」

美緒「いや、なんでもない。気にするな。整備中にすまなかったな」

シャーリー「いえいえ」

美緒「というわけだ。気のせいだろう」

芳佳「そ、そうですか」

リーネ「整備班の人が見てたのかも。ほら、今日の芳佳ちゃんは髪型も変わっていつもより可愛いし」

芳佳「そうなのかな……」

美緒「はっはっは。宮藤はそこそこ人気があるから、ある程度は仕方ないだろう」

芳佳「……」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 17:58:30.35 ID:A3XM1mOT0

キッチン

芳佳「やっぱり、髪戻そうかなぁ」

リーネ「戻すの?私は、いいと思うけど」

芳佳「でも、なんだが背中が気になって――!?」ビクッ

リーネ「え?」

芳佳「だ、誰かが……見てた……」

バルクホルン「……」モグモグ

エーリカ「おいひぃー」

ペリーヌ「食事中ぐらいはお静かに。ハルトマン中尉」

エイラ「サーニャ、口のまわりが汚れてるぞ」

サーニャ「んっ……。ありがとう、エイラ」

シャーリー「おーい。おかわりー」

ルッキーニ「あたしもぉー!!」

リーネ「は、はーい。芳佳ちゃん、大丈夫?」

芳佳「う、うん」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:03:08.52 ID:A3XM1mOT0

芳佳「どうぞ」

ルッキーニ「にひぃ!!ありがとう!!」

芳佳「まだまだあるからね」

ルッキーニ「ところでさぁ、今日の芳佳は雰囲気違うよね?」

芳佳「え?」

シャーリー「ああ。あたしもずっと思ってたんだけど、なんか違うよな」

ルッキーニ「だから、じーっと見ちゃうんだけどぉ」

芳佳「あ……そっか……。見てたのってルッキーニちゃんなんだ」

ルッキーニ「え?」

芳佳「ううん。なんでもないの。髪をね、ペリーヌさんにセットしてもらったんだぁ。どうかな?」

ルッキーニ「あー。いつもの癖毛ないじゃん。だからかぁー」

シャーリー「あぁ。なるほどなぁ。うん。いいんじゃないか?似合ってるぞ、宮藤」

芳佳「あ、ありがとうございます」

芳佳(視線の正体がわかってよかったぁ……)

バルクホルン「……」モグモグ



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:08:01.58 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「トゥルーデ、クリスは元気なのか?」

バルクホルン「ぶふっ!?」

ペリーヌ「ちょっと!?バルクホルン大尉!!食べたものを噴出さないでください!!」

バルクホルン「す、すまない……」

エーリカ「うわ。きたないなぁ」

バルクホルン「何を言い出すんだ。ハルトマン?」

エーリカ「いや、元気なのかなぁってふと思っただけで」

バルクホルン「問題ない。良好だ」

エーリカ「そっか」

バルクホルン「宮藤、拭く物を頼む」

芳佳「はい、どうぞ」

バルクホルン「……」

芳佳「あ、あの……なにか……?」

バルクホルン「……」ギュッ

芳佳「バ、バルクホルンさん……あの私の手じゃなくて……布巾を握ってくれると……」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:17:07.33 ID:A3XM1mOT0

美緒「食事中にすまない。全員、聞いてくれ」

ペリーヌ「なんでしょうか?」

ミーナ「新しいシフト表よ。最近、出撃機会も減っているからこれを機に色々と新しい試みをね」

バルクホルン「試み?」ギュゥゥ

芳佳「はなしてくださいってばぁ」

美緒「宮藤もリーネも少しは腕を上げたからな。組み合わせの幅が広がったのだ」

リーネ「わぁ……ありがとうございますっ」

ミーナ「うふ。それじゃあ、みんなに配るわね。誰が自分のパートナーなのか確認しておいてね」

ペリーヌ「わたくしと少佐という組み合わせもぉ!!」

美緒「それはないぞ」

エーリカ「今まではペリーヌかトゥルーデばっかりだったから、たのしみぃー」

エイラ「おぉ……わたし、ペリーヌとかよぉ……」

ルッキーニ「やったぁー!!初めて芳佳とだぁー!!」

サーニャ「……かわらない」

バルクホルン「シャーリーとリーネか……」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:22:56.36 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「よっろしくぅ」

芳佳「はい。なんだか、新鮮です。いつもは坂本さんとリーネちゃんだったから」

ルッキーニ「にひぃ!!」

シャーリー「なんで、こいつとなんだよ。戦力、偏りすぎてないかぁ?」

バルクホルン「文句があるのか?」

シャーリー「あるから言ってんだよ」

リーネ「あぅ……」

ペリーヌ「わたくしの足はひっぱらないように」

エイラ「あぁ?」

サーニャ「……かわらない」

美緒「はっはっはっは。仲良くな、お前たち」

ミーナ「宮藤さん。私と坂本少佐の食事、お願いできる?」

芳佳「はいっ。すぐに持ってきます!!」

リーネ「私も手伝うよ」

ミーナ「……あら?今日の宮藤さん、クリスさんにそっくりね」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:27:17.28 ID:A3XM1mOT0

芳佳「え?クリスさん、ですか?」

ミーナ「髪の所為かしら」

芳佳「そうなんですか?」

バルクホルン「……別に」

エーリカ「えぇー?」

バルクホルン「なんだ?」

エーリカ「別にぃ」

芳佳「似てますか?」

ミーナ「ええ。以前から雰囲気が似ているのはあったけど、今日はここにバルクホルンの妹がいるみたいね」

芳佳「はぁ……」

バルクホルン「言っておくが、クリスは宮藤より美人だ」

芳佳「そうですか……」

リーネ「芳佳ちゃん!?バ、バルクホルンさん!!その言い方はあんまりです!!」

バルクホルン「なっ……。そ、そうか。だ、だが、私はその、事実を述べただけで……」

芳佳「……」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:31:32.45 ID:A3XM1mOT0

翌日 格納庫

ルッキーニ「巡回、じゅんかーい」

エーリカ「そのあとはおやつだー」

ルッキーニ「やったぁー!!おやつだぁー!!!」

芳佳「がんばりましょうね」

エーリカ「あれ、宮藤?髪型、戻ってるけど?」

芳佳「え?ああ、はい。戻っちゃいました」

ルッキーニ「なんでー?似合ってたのにぃ」

芳佳「セットしては見たんですけど、上手くいかなくて……あはは……」

エーリカ「ふーん」

芳佳「だから――!?」ゾクッ

ルッキーニ「どったの?」

芳佳「……ハルトマンさん、ルッキーニちゃん、今、誰かいなかった?」

エーリカ「え?さぁ?ルッキーニは?」

ルッキーニ「知らない」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:37:59.40 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「昨日から視線を感じるって?」

芳佳「はい……」

エーリカ「……」

ルッキーニ「気のせいじゃないのぉ?」

芳佳「気のせいじゃないよぉ。もう、背筋がゾクってするの……」

エーリカ「トゥルーデが昨日、宮藤を食堂で凝視してたのは知ってるけど」

芳佳「そ、そうなんですか?」

エーリカ「ほら、クリスに似てたからさぁ。昨日はあんなこと言ってたけど、小さな声で「いいなぁ……いいなぁ……宮藤……」って言ってて気持ち悪かったぐらいだ」

芳佳「昨日はルッキーニちゃんやシャーリーさんだけじゃなく、バルクホルンさんも見てたんですね……」

エーリカ「でも、今日は髪型が戻ってるしトゥルーデが宮藤を注視する理由はないはずだけど」

芳佳「……」

ルッキーニ「芳佳ぁ、気にしても仕方ないって。今はもう誰もいないんだし」

芳佳「う、うん……そうだねっ」

エーリカ「よし!それじゃあ、飛行訓練を兼ねた巡回を始めるぞ。私についてこーい。今日はエーリカ隊長とよべー」

ルッキーニ「エーリカたいちょー!!にゃははは!!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:44:18.80 ID:A3XM1mOT0

空中

エーリカ「哨戒中、異常なし。以上」

ミーナ『了解。では、戻ってきて』

エーリカ「りょうかーい。戻るぞ、ルッキーニ、宮藤」

ルッキーニ「あい!」

芳佳「了解!」

ルッキーニ「おっやつー、おっやつー」

芳佳「あはは。ルッキーニちゃんはそればっかり――!?」ゾクッ

エーリカ「……気がついたか」

芳佳「な、なんですか?」

エーリカ「いや、今、真剣に宮藤を睨みつけてたんだよ。コロスつもりで」

芳佳「な、なんでですか?」

エーリカ「そういうのに敏感なら、さっきの話も信じていいかなって思ってさ」

芳佳「ハ、ハルトマンさん……」

エーリカ「誰が宮藤のことを見てるんだろう。気持ちわるいよねぇ、そういうのって」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:51:48.56 ID:A3XM1mOT0

食堂

ルッキーニ「いっただきまーすっ」

エーリカ「今は感じない?」

芳佳「はい。大丈夫です」

エーリカ「それにしても宮藤が気配を感じ取れる才能があるとはね。ナイトウィッチに転身できるんじゃない?」

芳佳「そうですか?」

エーリカ「サーニャは飛び跳ねて喜ぶんじゃない?」

芳佳「それ、見てみたいです」

エーリカ「ま、今は宮藤を付け狙う悪魔を見つけるほうが先だね」

ルッキーニ「でもでもぉ、芳佳のことならぁみんな見てるよね」

芳佳「どういうこと?」

ルッキーニ「キッチンにいるときとかだって、視線は芳佳やリーネにいっちゃうし」

エーリカ「座っている連中を見ているよりかは、厨房で動いてる二人を見てるほうが楽しいね」

芳佳「なら、単純にみんなから見られているのが気になっているだけ……。でも、それだったら昨日から急に感じ始めたのは……」

エーリカ「何か異質な視線があったんじゃない?哨戒中の私みたいにコロシテヤルって想いで睥睨していたとか」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 18:59:43.29 ID:A3XM1mOT0

芳佳「えぇぇぇ!?そ、そんな……わ、わ、私……何か恨まれるような……ことを……!?」

エーリカ「ああ。飽くまでも一例だって。そういう憎悪だけじゃなくて、いやらしいな感情でみていたとかもありえる」

芳佳「い、いやらしい?」

エーリカ「ハァ……ハァ……ミヤフジ、カワイイよぉ……。みたいな」

芳佳「そ、そんな人、この501にいるんですか?」

エーリカ「いるかもよ」

芳佳「えぇぇぇ……」

ルッキーニ「にひぃ。それじゃあ、今日の夕食で私たちが見張っててあげようか?」

芳佳「いいの?」

ルッキーニ「いいよ。その代わり、今日も芳佳が晩御飯つくってね」

芳佳「う、うんっ!!それぐらいなら任せて!!」

ルッキーニ「やったぁー!!!今日も芳佳のごはんだー!!」

芳佳「ルッキーニちゃん、そんなに嬉しいの?」

ルッキーニ「もう芳佳のごはん以外は美味しく感じないもん」

芳佳「そ、そうなんだ。が、がんばってつくるよっ」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:04:19.72 ID:A3XM1mOT0

美緒「宮藤。今日も料理を作るのか?」

芳佳「はい。そういうことになりました」

美緒「そうか。それは楽しみだな」

芳佳「さぁー!!つくるぞぉー!!」

美緒「……」

芳佳「まずは――!?」ゾクッ

美緒「……どうした?」

芳佳「坂本さん、今、私の事見てました?」

美緒「見てはいけなかったか?お前の割烹着姿を見るのが、最近の楽しみになっていたのだが」

芳佳「そ、そうなんですか?」

美緒「ああ。和むからな」

芳佳「ありがとうございます」

美緒「はっはっはっは」

芳佳「……」

芳佳(やっぱり、色んな人に見られているだけなのかなぁ……これって……)



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:09:55.21 ID:A3XM1mOT0

芳佳「……」チラッ

美緒「……」

芳佳(すごい見られてる……!!)

美緒「嫁をもらうとするなら、宮藤が一番だな……」

芳佳「……」

美緒「やはり扶桑の撫子を絵にしたような振る舞いでなければ……」

芳佳「あ、あの!!」

美緒「どうした?」

芳佳「独り言がきこえてますよ……」

美緒「おお。そうか。すまん。はっはっはっは」

芳佳「……」

美緒「宮藤の髪はやはり、いつも通りがいいな」

美緒「だが、昨日のも悪くはなかった」

美緒「ただ宮藤らしさが損なわれていたのが評価を下げることに――」

芳佳「坂本さん、きこえてますってばぁ!!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:22:04.73 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「あれ、少佐だ」

美緒「ハルトマンか。食事はもう少しあとになるぞ」

エーリカ「ミーナが愚痴ってたぞ。書類が終わらないって」

美緒「あいつも大変だな」

エーリカ「何を他人事みたいに」

美緒「お前は何かしていたのか?」

エーリカ「ん?まぁ、色々」

美緒「宮藤が感じている視線の件か?」

エーリカ「……するどいなぁ」

美緒「私も昨日、本人から話を聞いたからな。気にはしている。宮藤で何かよからぬことを考えているものがいるかも知れないからな」

エーリカ「ルッキーニと一緒にちょっと調べてみたんだ。昨日宮藤が視線を感じた場所は自室前の通路、格納庫、食堂って言ったから」

美緒「なに?」

エーリカ「格納庫はともかく、他の場所は私たち以外基本的には居ないはずだろ。どういうことだと思う?」

美緒「整備班や警備兵等ではなく、我々の中にいるのか?宮藤に熱視線を送っている者が」

エーリカ「そうしかないよねぇ。まぁ、トゥルーデが大本命なんだけどさぁ。トゥルーデは昨日、自室前の通路で宮藤を見ることはなかったね。私と一緒に居たし」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:30:55.12 ID:A3XM1mOT0

美緒「……」

芳佳「……!?」バッ

美緒「過敏になりすぎているな。このままではストレスが溜まって、そのうち作戦行動にも支障が出るもしれん」

エーリカ「全員、ここに集めようか?」

美緒「そのために宮藤を台所に立たせたのだろう?」

エーリカ「ま、そうだけど」

美緒「しかし、昨日もそのような怪しい視線を送っている者はいたのか?」

エーリカ「私はトゥルーデしか見てなかったし。でも、食堂では他にシャーリーやルッキーニも宮藤のこと見てたってさ」

美緒「場所によってみている者が違うという可能性もあるな」

エーリカ「みんなして宮藤のこと見てるのか?」

美緒「ついつい目で追いたくはなるのは分からなくもないがな。はっはっは」

エーリカ「ついね……」

芳佳「……!?」バッ

エーリカ「あ、ごめん。続けていいから」

芳佳「はい……」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:37:40.59 ID:A3XM1mOT0

芳佳「……」チラッ

美緒「新しいシフトはどうだ?」

ペリーヌ「どうもこうも……。できれば即時交代をお願いしたいところなのですが」

エイラ「なんだと、こらぁ。私だってお前なんか願い下げだかんな」

サーニャ「……私、かわってません。一人です」

美緒「はっはっはっは。仲良くしているようで何よりだ」

ペリーヌ「そんなぁ……」

ミーナ「成功みたいね。今回の変更は」

バルクホルン「食事の時間には早いようだが、何故全員を集めた?」

エーリカ「いいじゃない。たまにはワイワイ騒いでも」

バルクホルン「おかしいな。この部隊はいつも騒がしいような気がするが」

リーネ「芳佳ちゃん、手伝うね」

芳佳「あ、うん」

シャーリー「ルッキーニはどうだ?宮藤とハルトマンとはうまくやってるか?」

ルッキーニ「うんっ!!だいじょーぶっ!!」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:42:43.02 ID:A3XM1mOT0

リーネ「今日も視線を感じたってきいたけど」

芳佳「そうなんだ。髪は戻したのに、変だよね」

リーネ「芳佳ちゃんのこと好きな人がいるんじゃ……」

芳佳「えー?でも、ここでも――!?」ゾクッ

ペリーヌ「……!」プイッ

エイラ「サーニャ、また一緒に夜間哨戒しような」

サーニャ「うん……」

芳佳「……あれ、今」

リーネ「な、なに?」

芳佳「ううん。なんでもない」

バルクホルン「……」

ミーナ「トゥルーデ?今日は朝から元気がないようだけど?」

バルクホルン「そんなことはない」

ミーナ「そうなの?」

芳佳(ペリーヌさんが見ていたような……)



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:49:31.34 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「……ルッキーニ」

ルッキーニ「あい」

シャーリー「おい。なんだよ?面白いことなら混ぜてくれ」

エーリカ「よし。シャーリーは右から、ルッキーニは後ろから、私は左からいくから」

美緒「私は正面からペリーヌを見張っていてやろう」

エーリカ「――ゴーッ!」

ルッキーニ「うにゃぁー!!!」

シャーリー「おりゃー!!!」

ペリーヌ「え!?え!?ちょっと!!?なんですの!?」

エーリカ「いま、宮藤のことを殺すつもりで見てただろぉ?」ギュゥゥ

ペリーヌ「は、はぁ!?なにを言ってますの!?」

ルッキーニ「じゃぁ、やらしい目でみてたぁー?」

ペリーヌ「そ、そんなわけありませんでしょ!?」

美緒「宮藤を見ていたことは否定しないのか、ペリーヌ?」

シャーリー「で、ペリーヌを取り押さえてどうかしたのか?」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 19:55:16.08 ID:A3XM1mOT0

ミーナ「ど、どうしたの!?」

バルクホルン「おい!!何の騒ぎだ!!」

エイラ「そういうことは部屋でやれよー」

サーニャ「……」

エーリカ「どうして宮藤を見てたんだよぉ?」

ペリーヌ「べ、別に見ていたわけでは……」

芳佳「あ、あの……」

リーネ「どうかしたんですか?」

美緒「先ほど、ペリーヌが何かを目で訴えるかのように宮藤を見ていたからな」

芳佳「やっぱり、ペリーヌさんが……?」

ペリーヌ「なんでもありません!!」

ルッキーニ「うっそだぁー」

シャーリー「わかったぁ。宮藤のことが好きなのか?」

ペリーヌ「何を言っていますの!!!わたくしは少佐一筋ですわ!!!」

美緒「ほう?」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:00:33.37 ID:A3XM1mOT0

ペリーヌ「あ……いぇ……その……」

美緒「ならば、ペリーヌ」

ペリーヌ「は、はい……!」

美緒「何故、宮藤を見ていたのか教えてくれないか?」

ペリーヌ「そ、それは……その……」

美緒「私の目を見るんだ」クイッ

ペリーヌ「しょ、しょうさぁ……」

美緒「答えろ」

ペリーヌ「……宮藤さんの髪が元に戻ってしまっているのが、朝から気になっていました」

芳佳「え?」

ペリーヌ「どうせ、やぼったい宮藤さんのことですから?セットが上手くできなかったのでしょう」

芳佳「そうです」

ペリーヌ「おほほ。やっぱり思った通りですわね」

リーネ「……ペリーヌさん、もしかして芳佳ちゃんの髪をセットしてあげたくて、見てたとか?」

ペリーヌ「……い、いえ、そういうのではなくて……ただ、目が合えば、向こうから懇願してくれるのではないとか、少しばかり考えていただけで……」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:06:32.85 ID:A3XM1mOT0

芳佳「えぇー!?でも、ペリーヌさんは目をそらしたじゃないですかぁ」

ペリーヌ「知りません!!」

エーリカ「なーんだ。そういうことか」

ルッキーニ「芳佳ぁ、どうする?」

芳佳「うーん……。あのぉ、ペリーヌさん?」

ペリーヌ「なんでしょうか?」

芳佳「明日、セットのお願いできる?」

バルクホルン「それがいい」

シャーリー「似合ってたもんなぁ」

エーリカ「いいんじゃない?」

芳佳「ですよねっ。だから、ペリーヌさん。もう一度セットの仕方を教え欲しいな」

ペリーヌ「……仕方ありませんわね。一回の講習料は高くつきましてよ?」

芳佳「えぇー!?友達割引はないの!?」

ペリーヌ「だ、誰が友達ですか!!気安くと、とも、友達なんていわないでくださいな!!」

芳佳「ひどーい!!」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:12:32.26 ID:A3XM1mOT0

ペリーヌ「まぁ、同僚割引なら、して差し上げてもよろしくてよ」

芳佳「それは10パーセントオフぐらいにはなりますか?」

ペリーヌ「そうですわね。宮藤さんの提案通り、10割引で手を打ちましょう」

芳佳「やったぁー」

リーネ「ペリーヌさん、私もお願いします」

ペリーヌ「リーネさんは自分でできるでしょう?」

リーネ「ペリーヌさんにしてもらったほうが、髪に艶がでるんです」

ペリーヌ「もう。面倒ですわね」

リーネ「ありがとうございます」

ペリーヌ「誰もするとは言ってませんでしょう?」

エーリカ「……」

美緒「視線の原因はペリーヌだったな」

エーリカ「今日のはね」

ミーナ「美緒?一体、どうしたの?」

美緒「実はな――」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:18:19.82 ID:A3XM1mOT0

翌日

ペリーヌ「ここをこうして……」

芳佳「えへへ」

ペリーヌ「なんですの。急に笑い出して」

芳佳「ペリーヌさんにこうして貰えるのが嬉しくて」

ペリーヌ「ふんっ。ほら、できましたわよ」

芳佳「わーい!リーネちゃん!!どう!?」

リーネ「うんっ。かわいいよっ。私はそっちのほうが好きかな」

ペリーヌ「宮藤さん。これぐらいのケアはしておかないと、髪はすぐに痛んでしまいますわよ」

芳佳「ペリーヌさん、ありがとー」

ペリーヌ「人の話をお聞きなさい」

芳佳「私の癖毛って強情だから、中々こんなに綺麗に落ちついてくれないから本当にすごいよぉ」

ペリーヌ「まるで毛の一本一本が宮藤さんみたいですわね」

リーネ「ペリーヌさん。私もお願いします」

ペリーヌ「はいはい。こちらへいらっしゃい」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:23:04.98 ID:A3XM1mOT0

滑走路

芳佳「でやー!」ダダダダッ

芳佳「見て!!走っても髪が乱れないっ!!」

リーネ「ペリーヌさんはやっぱりすごいね」

芳佳「うんっ」

エーリカ「みやふじぃー。訓練の時間だよー。はやくこーい」

芳佳「あ、はーい。それじゃ、リーネちゃん。またね」

リーネ「うんっ」

芳佳「ハルトマンさーん」テテテッ

リーネ「……」

芳佳「――!?」ゾクッ

エーリカ「どうした、宮藤?」

芳佳「あ、いえ……」

エーリカ「飛ぶぞ。準備しろ」

芳佳「わかりました」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:29:45.12 ID:A3XM1mOT0

空中

エーリカ「おぉ。宮藤の髪、本当に乱れないなぁー」

芳佳「ペリーヌさんって上手なんですね」

ルッキーニ「いいなぁ。あたしもやってもらおうかなぁ」

芳佳「ペリーヌさんならきっとやってくれるよ」

ルッキーニ「でも、料金取られるんでしょう?」

芳佳「10割引きだから平気だよ」

ルッキーニ「10割もひいてくれるの!?すごぉー!!」

芳佳「ペリーヌさんは今だけって!!って言ってたから早く申し込んだほうがいいよ!!」

ルッキーニ「にひぃ!!もうしこむぅ!!」

芳佳「ルッキーニちゃんはいつも髪を結ってるし、たまには下ろしてみるのもいいと思うよ?」

ルッキーニ「ほんとー?」

芳佳「大人っぽくなるよ、絶対」

エーリカ「いえてるね」

ルッキーニ「そっかぁ!なら、そうしてみよーっと」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:37:08.87 ID:A3XM1mOT0

格納庫

ルッキーニ「申し込みにいってくりゅー」テテテッ

エーリカ「ふわぁぁ。それじゃ、夕食まで待機ね」

芳佳「はい」

エーリカ「……で、宮藤。視線は感じた?」

芳佳「あ……えっと……」

エーリカ「感じなくなったっていうならいいんだけどさ」

芳佳「その――!?」ゾクッ

エーリカ「む!?そこだぁぁぁ!!!」チャカ

シャーリー「お、おい。銃はやめろ……」

芳佳「シャーリーさん?」

エーリカ「あれ?トゥルーデじゃない……」

シャーリー「なんであたしがバルクホルンと間違えられなきゃいけないんだ」

芳佳「なんですか?」

シャーリー「なんでもない。ただ宮藤の髪が気になってさ。ちょっと見てただけだよ」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:44:52.10 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「髪?」

シャーリー「ほら、あたしもさ、髪の癖が強いから。宮藤を見てたら、そういうのもアリかなぁって」

芳佳「それならペリーヌさんに頼んでみればいいんじゃ」

シャーリー「そこまでは考えてないって。ペリーヌも宮藤とリーネで大変だろうしさ」

エーリカ「ふぅん。ただ、見てただけかぁ?」

シャーリー「妄想はしてた。これ以上、綺麗になってしまう自分の恐ろしさとか。なんてね」

芳佳「シャーリーさんも似合いますよぉ」

シャーリー「そう?なら、やってみるかぁ」

エーリカ「にしたって、堂々と見ればいいじゃん。そんなこそこそしてさぁ」

シャーリー「ここで整備してたんだ。仕方ないだろ」

芳佳「ハルトマンさん、いいですから」

エーリカ「それじゃ、私は部屋に戻るね」

芳佳「はい」

シャーリー「あぁ、サラサラはいいなぁ」ナデナデ

芳佳「ペリーヌさん、今だけ10割引らしいですよ?頼むだけでもどうですか?」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:51:04.85 ID:A3XM1mOT0

通路

シャーリー「10割引は魅力だな」

芳佳「はい!!」

ペリーヌ「ちょっと!!待ちなさい!!」

ルッキーニ「ペリーニュゥ!!あたしもサラサラにしてぇー!!」モミモミ

ペリーヌ「あぁ!!どこをさわっていますのぉ!!!」

シャーリー「こーら。ルッキーニ。ペリーヌのは揉んでも大きくならないぞ」

ルッキーニ「うじゅ……ごめんね……ペリーヌ……」

ペリーヌ「そんなことで謝らないでくださいな!!!」

芳佳「ペリーヌさん、あの、私が悪いんです。ペリーヌさんに頼んでみたらって言っちゃって」

ペリーヌ「全く!!わたくしは美容師ではありませんのよ!!」

ルッキーニ「えぇー!?だめなのぉー!?」

ペリーヌ「ダメとは言ってませんわ」

シャーリー「どっちだ」

芳佳「あははは――!?」ゾクッ



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:54:56.64 ID:A3XM1mOT0

サーニャ「……」

芳佳「え……!?」

シャーリー「どうした?」

芳佳「あ、いえ、今、サーニャちゃんが……」

ルッキーニ「サーニャ?」

ペリーヌ「いませんけど?」

芳佳「い、いや、今、いたんですよぉ。確かに。そこの角からこっちを見てて」

シャーリー「まぁ、サーニャが見てたってだけだろ?」

ペリーヌ「大声を出していましたから、気になったのでしょう」

芳佳「でも……」

ルッキーニ「芳佳ぁ?もしかして、見られたの?」

芳佳「多分、私を見てたと思う。ルッキーニちゃんは何も感じなかったよね?」

ルッキーニ「うん」

芳佳「ちょっとサーニャちゃんと話してくる」

シャーリー「あ、おい。宮藤」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 20:58:54.31 ID:A3XM1mOT0

芳佳「サーニャちゃん!!!」

エイラ「おわ!!」

芳佳「あ、エイラさん」

エイラ「なんだよ、宮藤。急に出てくるなよ。危ないなぁ」

芳佳「い、今、サーニャちゃんがいましたよね?」

エイラ「ああ。サウナのほうに向かったけど」

芳佳「ありがとうございます」

エイラ「まて」グイッ

芳佳「な、なんですか?」

エイラ「サーニャに何用だ?」

芳佳「あ、えと……」

エイラ「あぁ?いくら宮藤でも、事と次第によっては……」

芳佳「サ、サーニャちゃんが私を見てたんですよぉ。何か言いたかったんじゃないかって……思って……」

エイラ「……私も行く。早くこい」

芳佳「あぁ!!待ってください!!」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:04:04.13 ID:A3XM1mOT0

サウナ

サーニャ「……」

エイラ「サーニャ!!」ガチャ

サーニャ「エイラ」

芳佳「サーニャちゃん!!」

サーニャ「芳佳ちゃん。どうしたの、二人とも。一緒にサウナなんて仲がいいね」

エイラ「サーニャ、宮藤に何か言いたいことでもあるのか?」

サーニャ「え?」

芳佳「あの、さっき私のこと見てなかった?」

サーニャ「……うん。見てたわ」

芳佳「それはどうして?」

サーニャ「私も芳佳ちゃんの髪を真似してみようかなって……」

エイラ「え……。うーん……あー……よしっ!似合う!!やろう、サーニャ!!」

サーニャ「いいわ。似合わないことは自分がよくわかってるもの」

芳佳「サーニャちゃん、それ本当のこと?」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:07:56.38 ID:A3XM1mOT0

サーニャ「え……?」

芳佳「さっきはそんな風に見えなかったというか……その……もっと……」

エイラ「宮藤、こらぁ。サーニャが嘘をついているっていいたいのか?」サワサワ

芳佳「そ、そういうわけじゃ……。胸を触らないでぇぇ……」

サーニャ「本当よ、芳佳ちゃん」

芳佳「そう。それなら、いいんだけど」

エイラ「よし。出るぞ、宮藤」

芳佳「え?今、入ったばかりですよ?」

エイラ「でるんだ!!」

芳佳「あぁぁ!!サーニャちゃん、またあとでね!!」

サーニャ「ええ」

バタンッ

エイラ「……」

芳佳「あの、エイラさん」

エイラ「宮藤、話がある」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:12:11.02 ID:A3XM1mOT0

芳佳「な、なんですか?」

エイラ「お前からペリーヌに頼んでくれ。サーニャの髪のセット」

芳佳「……え?」

エイラ「え?じゃない。いいな。今日中に頼んどけよ」

芳佳「あの、エイラさん」

エイラ「なんだ?」

芳佳「エイラさんがやってあげたほうがサーニャちゃんは喜ぶと思いますよ」

エイラ「分かってないな。お前。サーニャは髪型を変えてみたいわけじゃない。誰かに変えてほしいんだよ」

芳佳「それは……」

エイラ「その分だけ、会話する時間ができるだろ。で、髪型を変えれば自然とみんなから声もかけてもらえるし、話が盛り上がる」

芳佳「はぁ……」

エイラ「いいか?頼んどけよ」

芳佳「わかりました……」

エイラ「よし」

芳佳「……」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:17:03.90 ID:A3XM1mOT0

ルッキーニ「うにゃぁー!!」

ペリーヌ「なんですか?」

ルッキーニ「シャーリー!!これどう!?」

シャーリー「うん。今のルッキーニはどっかの令嬢みたいだな」

ルッキーニ「にひぃ!!だよね!!」

シャーリー「窓辺でジュースを飲みながら読書をしているようなそんなお嬢様って感じだ」

ルッキーニ「にゃはー!!ありがとー!!」

ペリーヌ「こんなに騒がしい深窓の令嬢がいるものですか」

芳佳「あのー。ペリーヌさん」

ペリーヌ「あら、どうしまして?」

芳佳「サーニャちゃんにもお願いできますか?」

ペリーヌ「サ、サーニャさん?」

芳佳「はい」

ペリーヌ「それは構いませんが」

芳佳「ありがとうございます。10割引のタイムセールはまだ終わってませんよね?」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:23:45.90 ID:A3XM1mOT0

通路

芳佳(一応、ペリーヌさんも10割引でやってくれるって言っていたけど……)

芳佳(なんかサーニャちゃんはそういうのとは違う――!?)ゾクッ

バルクホルン「……」ハァハァ

芳佳「!?」ビクッ

ミーナ「トゥルーデ、こんなところで何をしているの?」

バルクホルン「今いく」

芳佳「び、びっくりした……。なんだったんだろう……。バルクホルンさんもこっちを見てたけど……」

美緒「宮藤」

芳佳「さ、坂本さん」

美緒「視線はまだ感じるか?」

芳佳「はい。なんだか、みんなに見られているみたいで……」

美緒「だが、お前は今気が付かなかったな」

芳佳「何にですか?」

美緒「お前のことを暫く見つめていたのだが、私には気が付かずバルクホルンにのみお前は反応した」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:29:50.81 ID:A3XM1mOT0

芳佳「そ、そうなんですか」

美緒「その違いはなんだろうな」

芳佳「……!?」ゾクッ

美緒「やめろ。ハルトマン。冗談でも同志に殺気を向けるな」

エーリカ「いやぁ、どうもどうも」

芳佳「え?今、坂本さんもハルトマンさんの視線を感じたんですか?」

美緒「感じないほうがおかしいだろうな」

エーリカ「ごめんよ、宮藤ぃ。でも、今のでわかったんじゃない?」

美緒「そうだな。宮藤はやはり何か特別な視線にのみ反応している。ハルトマンの見立ては正しかったようだ」

芳佳「特別な視線ですか?」

エーリカ「前にもいったじゃん。殺気や卑猥な視線を宮藤は敏感に察知してる」

芳佳「そうなんでしょうか」

美緒「ただ見つめていた私に気がつけなかったのが良い証拠だ」

芳佳「でも、それって……あの……」

エーリカ「宮藤が視線を感じたとき、それは誰かが宮藤に何か想っていることがあるってことだろうねぇ」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:38:11.72 ID:A3XM1mOT0

芳佳「私に……」

美緒「まぁ、宮藤に対して悪いことを想っているとは考えられが、今の宮藤は過敏になっているからな。精神的な疲労が取れないだろう」

エーリカ「そうそう」

芳佳「格納庫でのあれはどうなんですか?」

エーリカ「シャーリーのことか」

芳佳「あれはただ私のことを見ていただけじゃ……」

エーリカ「あのときは私が宮藤よりも早くシャーリーのほうに銃口向けたからね。本当は違う場所にいたのかも」

芳佳「あ……」

美緒「心当たりでもあるのか?」

芳佳「えっと……もしかして、なんですけど、リーネちゃんがいたりは……」

エーリカ「リーネ?なんで?」

芳佳「今日、ハルトマンさんに呼ばれて訓練に行こうとしたら、リーネちゃんが私の背中を見ていたような……」

美緒「リーネか」

エーリカ「リーネのとこ、いくかぁ」

芳佳「えぇ!?で、でも、それは私の勘違いだった気もするんですけど……」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:41:20.78 ID:A3XM1mOT0

食堂

ミーナ「そういわれても……」

バルクホルン「しかしだな」

美緒「ミーナ、バルクホルン」

ミーナ「どうかしたの?」

美緒「リーネを見なかったか?」

バルクホルン「こちらには来ていない」

芳佳「そうです――!?」ゾクッ

バルクホルン「……」ハァハァ

エーリカ「いくぞ、宮藤」

芳佳「は、はい」

美緒「邪魔をしたな」

ミーナ「そんなことないわ」

バルクホルン「……シャーリーもつれてこよう。それではっきりする」

ミーナ「分かったわ。お願いね」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:46:09.28 ID:A3XM1mOT0

通路

美緒「リーネ!!」

リーネ「え……」

芳佳「リーネちゃーん。さがしたよぉ」

リーネ「どうか、したんですか?」

エーリカ「宮藤になにか言いたいこと、あるんじゃない?」

リーネ「あ、ありませんっ」

美緒「残念だが、今の宮藤に嘘は通じない」

芳佳「よかったら話してみてよ」

リーネ「なんでもないからっ」タタタッ

芳佳「リーネちゃん!?」

美緒「……」

エーリカ「動揺してたね」

芳佳「行って来ます!!」

美緒「頼む」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:51:32.85 ID:A3XM1mOT0

滑走路

芳佳「リーネちゃーん!!!」

芳佳「ここにきてないのかな――!?」ゾクッ

芳佳「えっと……」キョロキョロ

サーニャ「……」ブゥゥゥン

芳佳「サーニャちゃん!!!待って!!!」

サーニャ「……芳佳ちゃん?」

芳佳「サーニャちゃぁぁん!!!おりてきてー!!!」

サーニャ「どうしたの?」ブゥゥゥン

芳佳「はぁ……よかったぁ……。い、今、私のこと見てた、よね?」

サーニャ「……」

芳佳「ど、どうして?」

サーニャ「その髪が素敵だから――」

芳佳「違うよね。きっと」

サーニャ「え……」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 21:56:32.43 ID:A3XM1mOT0

芳佳「あ、ごめんね。私がなんとなくそう思うだけで……」

サーニャ「……」

芳佳「あの、ありがとう。ペリーヌさんにも頼んでおいたよ。サーニャちゃんの髪も明日――」

サーニャ「羨ましかったの」

芳佳「サーニャちゃん?」

サーニャ「少し髪型を変えただけ、みんなに囲まれてる芳佳ちゃんが……うらやましかった……」

芳佳「あ……」

サーニャ「それだけなの。でも、今の芳佳ちゃんも可愛いと思っているのは本当だから」

芳佳「ありがとう」

サーニャ「それじゃ、行って来ます」

芳佳「……」

芳佳「よしっ」

芳佳「リーネちゃぁぁん!!!どこー!?」

芳佳「リーネちゃーん!!」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:03:09.77 ID:A3XM1mOT0

食堂

ミーナ「そうなの?」

シャーリー「まぁ、見てる限りではね」

ミーナ「……」

バルクホルン「この組み合わせで本当にいいかはどうにも疑問だ。確かに私とシャーリーでリーネを徹底的に鍛えようとするのは分かる」

シャーリー「ただ、リーネはああだから、私たちに囲まれるのは結構辛いんじゃないか?今までは宮藤と一緒だったから負担も少なかっただろうしさ」

ミーナ「だけど……」

バルクホルン「たまには息抜きをさせてやってほしいといっているだけだ。何もすぐにやって欲しいいうわけではない」

ミーナ「二人がそういうなら、仕方ないわね」

芳佳「あの!!」

シャーリー「おー。宮藤ぃ。何か用か?」

芳佳「リーネちゃんは――!?」ゾクッ

バルクホルン「……」ハァハァハァハァ

ミーナ「いいえ。見つからないの?」

芳佳「はい。……ミーナ中佐、お願いしたいことがあるんですけど」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:12:50.42 ID:A3XM1mOT0

ミーナ「あら、何かしら?リーネさんを探してほしいの?」

芳佳「いえ。明日からサーニャちゃんと夜間哨戒に行かせてください」

ミーナ「え……?」

シャーリー「なに言い出すんだ?」

芳佳「私じゃなくてもいいんです。エイラさんでも――!?」ビクッ

バルクホルン「宮藤……」ギュッ

芳佳「あ、あのバルクホルンさん……どうしたんですか……」

バルクホルン「それでこそ宮藤だ」

芳佳「どうも」

ミーナ「何か理由でもあるのかしら?」

芳佳「サーニャちゃんだけパートナーがいないことをとても寂しそうにしていました」

ミーナ「それは申し訳ないとおもっているけれど、サーニャさんはナイトウィッチとしての適正が高いから」

シャーリー「宮藤、それは本当か?」

芳佳「はい。間違いないです。新しいシフトが発表されて、みんなが新しい人たちと仲良くしているのを見て、余計に寂しくなっているんじゃないかって思うんです」

芳佳「だから、私に羨ましいなんて……」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:17:37.04 ID:A3XM1mOT0

>>109
芳佳「サーニャちゃんだけパートナーがいないことをとても寂しそうにしていました」

芳佳「サーニャちゃん、自分だけパートナーがいないからか、とても寂しそうにしていました」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:25:25.89 ID:A3XM1mOT0

シャーリー「ふぅん。中佐、こういう組み合わせはどうだ?」

ミーナ「何かしら?」

シャーリー「夜間哨戒専従班に宮藤とリーネを加えるんだよ」

バルクホルン「シャーリー。何を言って――いや、それもいいかもしれないな」ギュゥゥゥ

芳佳「ばるく、ほるんさん……くるしい……」

シャーリー「だろ?そもそもリーネを鍛えているのは指揮官としての技能を高めてもらうためだし、夜間哨戒の経験もさせておいたほうがいいはずだ」

芳佳「わ、私とリーネちゃんが!?」

ミーナ「危険が大きいような気もするけど……」

バルクホルン「宮藤は既に夜間哨戒を経験し、しかもネウロイとの交戦経験もある」

ミーナ「サーニャさんの負担が大きくならないかしら?」

芳佳「そうですよぉ。エイラさんに任せたほうが」

ミーナ「エイラさんはペリーヌさんともう少し上手く連携ができるようになってもらいたいから、外したくはないのだけれど……」

シャーリー「宮藤、やれ」

バルクホルン「お前ならできる」ギュゥゥ

芳佳「うぐぐぐ……!!」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:31:55.76 ID:A3XM1mOT0

通路

リーネ「……」

エーリカ「わっ」

リーネ「きゃぁ!?!ハ、ハルトマンさん……」

エーリカ「宮藤と話はできた?」

リーネ「いえ……」

エーリカ「宮藤はさぁ、別に私が盗ったわけじゃないよ」

リーネ「……」

エーリカ「どうして遠慮するのさ」

リーネ「折角、バルクホルンさんとシャーリーさんと一緒になっているんですから、相談するなら芳佳ちゃんじゃなくて……その……」

エーリカ「で、相談できてないわけだろ」

リーネ「……」

エーリカ「宮藤はリーネのこと心配してたよ」

リーネ「ごめんなさい……」

エーリカ「何悩んでるかしらないけど、早いほうがいいと思うけどなぁ。そういうことは」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:38:44.64 ID:A3XM1mOT0

美緒「……」

ペリーヌ「あら、少佐?こんなところで何を……?」

美緒「なんでもない。ペリーヌこそどうした?」

ペリーヌ「い、いえ。明日、サーニャさんの髪を整えると約束したのですが、どのようにすればいいのかを聞いておりませんでしたので」

美緒「サーニャはもう夜間哨戒に行ってしまったが?」

ペリーヌ「はい。でも、エイラさんなら何かご存知ではないだろうかと思いまして。いきなりパーマをあててほしいと言われても困るので、色々と準備するために訊いておこうかと」

美緒「……仲良くできているようだな」

ペリーヌ「いえ。エイラさんの協調性のなさに呆れているだけですわ」

美緒「その他は認めているのか」

ペリーヌ「まぁ、実力は」

美緒「本人が聞いたら喜ぶぞ」

ペリーヌ「少佐、ご冗談はやめてください」

美緒「はっはっはっは」

エーリカ「あれ、少佐とペリーヌじゃん。なにしてんの?」

美緒「話は済んだか?」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:43:25.20 ID:A3XM1mOT0

エーリカ「うん。もういいと思う」

美緒「では、行くか」

エーリカ「盗み聞き?」

美緒「そのつもりはなかった」

ペリーヌ「……一体、誰が」

リーネ「はぁ……」

ペリーヌ「あれはリーネさん……?」

エイラ「なにしてんだ、お前?」

ペリーヌ「エ、イラさん!?べ、別に貴女には関係のないことですわっ」

エイラ「相変わらずむかつくなぁ」

ペリーヌ「ふんっ」

エイラ「……もうねる」

ペリーヌ「ああ、ちょっと。明日のことで相談がありますの」

エイラ「あぁ?なんだ、サーニャのことか?」

ペリーヌ「ええ。それで、サーニャさんはどのようにしてほしいと言っていますの?」



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:48:34.20 ID:A3XM1mOT0

リーネ「……」

リーネ「よしっ」

芳佳「リーネちゃん!!いたいたー!!」

リーネ「芳佳ちゃん!?」

芳佳「これ!!見て見て!!」

リーネ「これって……私と芳佳ちゃんが夜間飛行に……?」

芳佳「うん!!これから寝る時間とか大変だけど、がんばろうね!!」

リーネ「……」

芳佳「あ、嫌だった?」

リーネ「ううん。あのね……芳佳ちゃんに話したいことがあったの……」

芳佳「話したいこと?」

リーネ「でも、芳佳ちゃんに迷惑じゃないかなって思って……。今はハルトマンさんとルッキーニちゃんと一緒になったばかりだし」

芳佳「そんなことないよ。何言ってるの?私たち、親友でしょ?」

リーネ「……ごめんね」

芳佳「それで何?」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 22:55:52.95 ID:A3XM1mOT0

リーネ「夜間哨戒の専従班にしてもらおうと思っていたの」

芳佳「え……」

リーネ「でも、私一人じゃ不安だし、サーニャちゃんに迷惑かけちゃうし……だからってシャーリーさんやバルクホルンさんに入ってもらうわけにもいかないし……」

リーネ「芳佳ちゃんも一緒にどうかなって……」

芳佳「どうして?」

リーネ「私があの二人と組むってわかったとき、きっと色々な面で鍛えたいからかなって、思って。ほ、ほら、私って501ではその、一番……やく――」

芳佳「そんなことない!!!」

リーネ「あ……」

芳佳「それ以上言うと怒るよ。もう、怒ったけど」

リーネ「ごめんなさい。えっと、き、期待してくれているから鍛えてくれているんだと思うの」

芳佳「うん、そうだよ」

リーネ「だからね、夜間飛行訓練の時間を自主的に増やさないといけないなって考えてて……」

芳佳「リーネちゃん、すごいねー!!」

リーネ「ううん、私がやくたた――」

芳佳「リーネちゃん!!怒るよ!!!」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:02:05.34 ID:A3XM1mOT0

リーネ「ごめんなさい……。と、とにかく芳佳ちゃんと一緒なら、できそうだから、話そうかどうかって考えてたところだったの」

芳佳「そうなんだ」

リーネ「でも……」

芳佳「うん。もう私も夜間哨戒専従班だから。リーネちゃんが嫌っていっても、一緒に行くよ」

リーネ「芳佳ちゃん……」

芳佳「よろしくね」

リーネ「うんっ!」

芳佳「きっとサーニャちゃんびっくりするとおもうなぁ」

リーネ「そうだね」

芳佳「ちょっと楽しみだよね。私たちだけで夜間哨戒なんて」

リーネ「当日はドキドキして眠れないかも……」

芳佳「大丈夫だよ。案外寝れちゃうよ」

リーネ「芳佳ちゃんと一緒なら、いけるかも」

芳佳「私もリーネちゃんと一緒ならぐっすり眠れるかも」

リーネ「あはは……うれしい……」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:07:13.97 ID:A3XM1mOT0

翌日

ルッキーニ「えぇー!?芳佳、いっちゃうのぉー!?」

芳佳「ごめんね。三日後から夜間哨戒に行くことになって」

ルッキーニ「うじゅぅ……」

エーリカ「いいじゃない、ルッキーニ。ずっとってわけじゃないんだろ?」

芳佳「とりあえず一週間です。そのあとはまたハルトマンさんとルッキーニちゃんと一緒です」

ルッキーニ「あーん!!芳佳のごはんたべれないぃぃ!!!」

エーリカ「あ。それは困るね」

芳佳「えぇぇ。ごはんだけですか?」

ペリーヌ「それでサーニャさん。どのようにいたしますの?」

サーニャ「芳佳ちゃんみたいにしてください」

エイラ「な?私のいったとおりだろ?」

ペリーヌ「分かりましたわ。では、いきますわよ」シャキン

サーニャ「芳佳ちゃんと同じ髪型で夜間哨戒に出るから」

エイラ「私も髪、短くしようかなぁ」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:14:25.54 ID:A3XM1mOT0

ミーナ「リーネさんと宮藤さんを……」

美緒「すまないな。急な変更になって」

ミーナ「美緒の所為じゃないわ。本人がやりたいって言ってきたのだから」

リーネ「ごめんなさい」

ミーナ「いいのよ。謝る必要はないわ」

美緒「それにだ。試してみたいこともあるからな」

リーネ「え?」

ミーナ「でも、それは机上の空論もいいところよ」

美緒「そうか?宮藤のあの能力。夜間飛行には向いてると思うがな」

ミーナ「ネウロイが殺気をだしていたらね」

美緒「それも今度の夜間哨戒で分かるはずだ」

リーネ「あのぉ……」

美緒「リーネ。お前は二人の支援を頼むぞ」

リーネ「りょ、了解っ」

美緒「あとは宮藤がまた一つウィッチとして成長してくれることを願うばかりだ」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:20:39.76 ID:A3XM1mOT0

サーニャ「どう?」

芳佳「わぁ……かわいいよぉ。似合う似合う!!」

サーニャ「エイラ、どうかしら?」

エイラ「ああ!!また違うサーニャがいいぞ!!!」

サーニャ「ありがとう」

ペリーヌ「サーニャさん。貴女ももう少し髪のことを大事にしたほうがいいですわよ」

サーニャ「はい。そうします」

エイラ「ペリーヌ。私も短くするぞ」

ペリーヌ「あら、その美しい髪を切りますの?もったいないですわよ」

エイラ「あぁ?私が切ってほしいって言ってるんだから切れよなぁ」

ペリーヌ「どうして私があなたの命令をきかないといけませんの?」

エイラ「おまえぇぇぇ!!!」

エーリカ「まーた、はじまった」

ルッキーニ「にひぃ!!サーニャ、かわいいー!!サラサラー」

サーニャ「ふふ。いい感じ」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:25:42.33 ID:A3XM1mOT0

芳佳「あははは――」ゾクッ

エーリカ「む?」

バルクホルン「……」ハァハァハァ

エイラ「なんだ、大尉のやつ。あんな物陰から」

エーリカ「宮藤、ちょっと」

芳佳「な、なんですか?」

エーリカ「でやぁー。しゅとぅるむー」グシャグシャ

芳佳「あぁぁぁ!!!!」

ペリーヌ「ハルトマン中尉!!!宮藤さんのそれは結構な手間がかかっていますのよ!?」

エーリカ「はいっ」

芳佳「あぁ……めちゃくちゃに……」

エーリカ「ルッキーニ、どう?」

ルッキーニ「バルクホルン大尉、いなくなったー」

芳佳「え?どうしてですか?」

エーリカ「そんなことより、これから視線が気になるなら髪はセットしないほうがいいかもね」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:32:46.07 ID:A3XM1mOT0

三日後 夜

美緒「では、頼むぞ」

芳佳「はいっ!!」

サーニャ「行って来ます」

リーネ「がんばります」

ミーナ「行ってらっしゃい」

サーニャ「行きましょう」

リーネ「よろしくねっ」

芳佳「わーい」

ミーナ「少し不安ね」

美緒「そうか?私は安心して送り出せたがな」

ミーナ「それはそうと、サーニャさんは元気いっぱいね」

美緒「宮藤の言っていた通り、誰かと夜空を飛びたかったのだろう」

ミーナ「エイラさん以外の誰かね」

美緒「サーニャは新しいパートナーが羨ましかったのだ。私たちに配慮が足りなかった結果、サーニャには寂しい思いをさせた。反省しなければな」



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:37:39.52 ID:A3XM1mOT0

空中

芳佳「サーニャちゃん、その髪型にして何か言われた?」

サーニャ「ええ。かわいいってみんなから言われたわ」

リーネ「よかったね」

サーニャ「でも、起きるたびに整えないといけないのが少し辛くて」

芳佳「わかるよー。なんだか面倒になってくるよね」

リーネ「私は髪を弄るの好きだからそうは思わないけど」

サーニャ「リーネちゃんからも今度教えてほしいわ」

リーネ「え?ダメだよ。ペリーヌさんのほうが上手いし」

芳佳「リーネちゃんから教わりたいんだよね?」

サーニャ「ええ」

リーネ「それなら……うん……。帰ったら、教えてあげるね」

サーニャ「ありがと――!!」ピクッ

サーニャ「ネウロイ……」

芳佳「え……!?」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:44:22.34 ID:A3XM1mOT0

リーネ「あ……あ……」

サーニャ「反応が消えた……」

芳佳「いなくなったの?」

サーニャ「分からない。どうなったんだろう」

リーネ「よ、よしかちゃん……」

芳佳「サーニャちゃんがいないっていうなら大丈夫だよね」

サーニャ「でも……この感じは……」

リーネ「サ、サーニャちゃん、遠ざかったんじゃなくて消えたんだよね?」

サーニャ「ええ」

リーネ「そ、そ、それって、ジャミングをかけられただけかも」

芳佳「それは――!!」ゾクッ

芳佳「下からくるよ!!!」

サーニャ「な……!!」

リーネ「よ、芳佳ちゃん、前衛をお願い!!」

芳佳「任せて!!」



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:48:40.41 ID:A3XM1mOT0

滑走路

シャーリー「帰ってきたぞ!!」

バルクホルン「宮藤!!」

芳佳「バルクホルンさんっ!!」

バルクホルン「よくやった!!」

芳佳「たまたまですよぉ」

シャーリー「怪我はないか?」

リーネ「はい。なんともありません」

バルクホルン「サーニャも無事か」

サーニャ「はいっ」

シャーリー「あはは。でも、髪は無事じゃないな」

サーニャ「はい。折角、セットしてもらったのに……」

バルクホルン「しかし、宮藤。お前がネウロイにいち早く気づいた聞いたが本当か?」

芳佳「なんだか寒気がしたんです。そしたらネウロイがぐわーって」

シャーリー「お前、未来予知もできるようになったのか?」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/16(土) 23:57:37.35 ID:A3XM1mOT0

翌朝

ミーナ「宮藤さん。よくやってくれたわね」

芳佳「いえ。リーネちゃんとサーニャちゃんがいてくれたからです」

美緒「お前のそれはエイラの未来予知というよりも、危機を察知することに長けているといったほうがいいかもしれないな」

芳佳「そうなんですか?」

ミーナ「なんにせよ、素晴らしい力ね。どうやって身につけたのか知りたいぐらいよ」

芳佳「あははは。よく分かりません」

美緒「……そういえば、最近視線は感じないのか?」

芳佳「え?はい。髪型を戻してからはないですね」

美緒「ふむ……。使えないのでは、その能力が衰えてしまうかもしれないな」

芳佳「ああ、どうしたらいいですか?」

美緒「身に付きかけた能力だ。逃す手はない。宮藤、その癖毛は落ち着かせておけ。どうやらそれを好むやつが基地にいて、なにやら悪しき視線を送っているようだから」

芳佳「はい。わかりました。ちょっと怖いですけどそれが訓練になるんですね?」

美緒「その通りだ。ただし、ストレスを溜めない程度でな。辛いと思ったら自己判断でやめて構わん」

ミーナ「……トゥルーデが宮藤さんを強くするってことなの?」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/17(日) 00:09:15.01 ID:qRODlkKf0

ペリーヌ「――はい。できましたわよ」

芳佳「ありがとう、ペリーヌさん」

ペリーヌ「そろそろご自分でなさったらどうなのですか?」

エーリカ「頼られるのが好きなくせに」

ペリーヌ「そんなことありませんわ!!」

芳佳「あの、私、ペリーヌさんに髪を触られるの好きなんですけど、ダメですか?」

ペリーヌ「な……!?何を言っていますの!?いいですか!!女性が髪を触らせるというのは心を許しているということで――」

ルッキーニ「にひぃ。ペリーヌのことをみんなが好きってことだよねー」

エーリカ「宮藤やリーネ、ルッキーニにサーニャはペリーヌに弄ってもらってるもんね。エイラも切ってほしいとか言ってたっけ?」

ペリーヌ「ふんっ。べ、べつに嬉しくないですわ!!!嬉しくなんて!!!」

芳佳「私はペリーヌさんのこと好きで――!?」ゾクッ

エーリカ「宮藤、出たか?」

芳佳「いえ。平気です。訓練ですから」

芳佳(――バルクホルンさん、いつも私を見てる……。もしかして、私のために……。うんっ。きっとそうなんだ。だったら今度、バルクホルンさんに手料理でお礼しなきゃ)

バルクホルン「……」ハァハァハァ
                    END



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/17(日) 00:11:34.14 ID:5XaJK9Ph0

おい、終わっちまったぞ



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/17(日) 00:11:59.08 ID:iC+RH+CS0

これで、これでよかったんだ…



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/17(日) 00:12:34.70 ID:HYS8ok+y0

ハッピーエンド・・・なんですかね



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/17(日) 00:14:03.78 ID:oH08cbVr0

やべぇ…



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/11/17(日) 00:14:21.68 ID:btxamN/Li





転載元
芳佳「髪型を少し変えてから誰かにずっと見られている気がする」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384590396/l50
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 今週の人気記事
  • 先週の人気記事
  • 先々週の人気記事

        記事をツイートする

        記事をはてブする

         コメント一覧 (34)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 04:45
          • 一番星見ぃつけた☆

          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 05:50
          • 少し不完全燃焼気味かな…でも面白かったよ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 07:10
          • 芳佳は可愛いからな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 07:31
          • 全員可愛い
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 07:37
          • さすが大尉だぜ!!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 07:44
          • ガチレズ姉貴恐いっす
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 07:46
          • 大尉ェ…
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 08:59
          • トゥルーデ以外は良かった
            これじゃまるでお姉ちゃんが変態みたいじゃ…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 10:00
          • ミーナはバルクホルンと呼び捨てにしないぞ

          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 10:12
          • ペリーヌさん可愛い
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 12:04
          • ※9
            いや呼び捨てにするときもある
            一期見ろ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 12:43
          • 三期は赤ズボン隊の出番を作ってもらいたい!あとニパも
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 13:39
          • 5 何か、体得した…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 13:42
          • さすがお姉ちゃんだな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 14:04
          • カルスラ組はほぼお姉ちゃんのことトゥルーデ呼びだからなー
            しかしこのバルクホルン大尉は色々と失格すぎてNG
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 14:10
          • ミーナがトゥルーデって呼ぶのは限られてるぞ
            滅多に呼ばないというかエーリカやバルクホルンの前以外で呼んだことは殆どないだろ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 15:17
          • ガチレズシスコンお姉ちゃん…。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 15:37
          • 4 うん、良かったです。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 17:18
          • 自ら悪鬼と化して妹の力になるバルクホルン大尉は姉の鑑
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 17:19
          • 俺がいると思ったら坂本少佐だった
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 17:29
          • ペリーヌさん10パーセントOFFですよ!10パーセント!
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 18:25
          • タダでやるから10割なんだろう
            そんな言い方するペリ犬かわいい
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 18:26
          • ??????「オラオラ芳佳芳佳セイヤセイヤ」
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 19:56
          • 俺のお姉ちゃんがこんなにHENTAIなわけがない
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 20:15
          • ストパンのSSで呼称を指摘してくるヤツって大概自分が間違ってんだよな
            カルスラ組は呼び方数パターン使い分けるからややこしいんだよな
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 00:26
          • ひぇぇえ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 01:28
          • お姉ちゃんの歪みなさに安心する
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 04:32
          • “YES!ロリータNO!タッチ”を実践する大尉殿は淑女の鑑
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 08:56
          • ※28
            △YES!ロリータ NO!タッチ
            ○YES!シスター NO!タッチ
            ◎YES!シスター GO!タッチ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 15:08
          • お姉ちゃんいろいろとこじらせすぎて怖い
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 20:45
          • ハァハァ、じゃねえ・・・
            お姉ちゃん、そのうち罪を犯すなよ
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月29日 02:37
          • あれ、結構頑張ってたのにここんところストパンSSまとめないね
            余所だと新しいの見掛けるから無いわけじゃないんだよな
            ここはコメ欄に人多いし、出来ればここで読んでコメント付けたいんだけどな~
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月29日 19:20
          • 終わった後のスレの雰囲気ワロタ
            お姉ちゃん・・・
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月03日 04:52
          • 5 姉ちゃん変態扱いじゃねぇかww
            最近ストパンSS寂しいなぁ

            ギアスとかもそうだが、また息を吹き返して欲しいな個人的には。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        最新記事
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ