TOP

「キュップイ!」「ギップリャ!」【魔法少女まどか☆マギカ×魔方陣グルグル】

1 :本文 2012/05/09(水) 14:58:44 ID:/BxRCJBo

ほむら「…」パチ

ほむら「…また…駄目だった…」

ほむら(思い返せば、己の無力さを痛感するばかり…私は誰も救えない…)

…ポロ

ほむら(いつも不安を覆い隠そうと、マドカの姿を思い描いて…何度こんなやりとり続けていけば…)ゴシゴシ

ほむら「今度こそ…今度こそ…」ギュッ



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/10(木) 12:56:47 ID:3gYr8N.I

知らない人のためのグルグル講座

ニケ
主人公。勇者なのに盗賊。光魔法キラキラであらゆる物を剣にできる。うんこに行きたくて魔王を倒した。

ククリ
ヒロイン。ドジっ子。闇魔法グルグルの使い手。杖で地面に魔方陣を描いて魔法を発動する。かぼちゃパンツ。

アドバーグ・エルドル
通称キタキタおやじ。キタキタ踊りを各地に広めようと尽力している。腰蓑しか着用しない変態。史上ではこいつが魔王を倒したことになっている。

ギップル
魔法少女のマスコット的存在。見た目は悪くないがマントの下にふんどしを履いている。臭い台詞を聞くと死ぬ。



2 :本文 2012/05/09(水) 15:00:18 ID:cuPlHWrw


ーー
ほむら「さて、と…準備万端。行きましょう…」

ほむら(転校初日も慣れてしまったわ)スタスタ

ほむら「…今回はどうやろうかしら…」ブツブツ

ガチャ

ほむら「…」

バタン

ほむら「…」

ほむら(何か見えてはいけないモノが見えた気がした…半裸に腰ミノのおっさんが…)



3 :本文 2012/05/09(水) 15:02:31 ID:kdnqwi9w

ガチャ…ソー

???「ククリ殿~!勇者殿~!」

ほむら「へ…」

ほむら「変態がいる…」

ほむら(あまり、関わりたくは無いわね…でも今まであんなのは居なかったし…この世界線だけのイレギュラー…)コソコソ

???「ククリ殿~…おや?」

ほむら(なんて不快なイレギュラーなのかしら…ん?)チラッ

???「…」ジー

ほむら(見られてる!)

???「…」ニカッ

ほむら「…」ビクッ



4 :本文 2012/05/09(水) 15:26:59 ID:dMdWaJcc

ほむら(何?こっちに整体した…)

…タッタッタッタッタッタッタ

ほむら「ヒィッ!」カチリ


ーー
ほむら「何だったのかしら…貼り付いた様な笑顔で走ってくるなんて…」ハァハァ

ほむら(恐怖のあまり、時間停止してダッシュしてしまったわ)ハァハァ

ほむら「本当、何なのよ…」スタスタ



5 :本文 2012/05/09(水) 15:29:43 ID:dMdWaJcc

???「アドバーグと申します」スタスタ

ほむら「…」

???「アドバーグと申します」

ほむら「い…」

アドバーグ「い?」

ほむら「イヤァァーー!!!」バチコーン

アドバーグ「何と!」ヒョイ

ほむら(追いかけてきた!?なんてスピードなの!)

アドバーグ「元気なお嬢さんですなぁ、ハッハッハ…しかしこのエドバーグ、まだまだ若い者には負けませんぞ!」クイクイッ

ほむら「あなた、何者?」

アドバーグ「時に、お嬢さん。素敵な踊りに興味はありますかな?」

ほむら「何者なの?」

アドバーグ「私は故あって、キタキタ踊りの後継者を探す旅をしておるのですが…」

ほむら「あれ?この人と会話が出来ない…」



6 :本文 2012/05/09(水) 16:42:05 ID:/XtTOR7Y

アドバーグ「では、ここで挨拶がわりにキタキタ踊りを…」クイクイッ

ピーヒャラ~ピヒラリラ~

ほむら「…」

ほむら「うん、学校に行こう」カチリ



7 :本文 2012/05/09(水) 16:43:03 ID:dMdWaJcc


ーー
メケメケ「イロイロアッタヨ」

…教室

ほむら「…保健係の人にお願いするわ」ガタッ

まどか「あっ…えっと」

ほむら「連れてって貰える?…保健室」

スタスタ

まどか「えっと…暁美さん?どうして私が保健係だって…」

ほむら「早乙女先生に聞いたのよ」

まどか「そう、なんだ…」



8 :本文 2012/05/09(水) 16:45:09 ID:zAlgekII

スタスタ

まどか「…あの…あ、暁美さんの名前って格好いいよね!なんか…こう…」

ほむら(いつもと変わらない…まどか…今度こそ貴女を…)ピタッ

まどか「?」

ほむら「鹿目まどか…貴方は今の…ん?」

まどか「暁美さん…あれ…門の前…」ジー

ほむら「聞いてる?今、結構重要な…」

まどか「あの人…」

ほむら「はぁ…どの人よ」チラッ

アドバーグ「…」

ほむら「…」

アドバーグ「…」クイクイッ

ほむら「…ホブゥゥウウウ!」



9 :本文 2012/05/09(水) 17:29:09 ID:Q8QxBtsc

ほむら(何で!?何であの変態が?)

まどか「暁美さん…知り合い?」

ほむら「知らないわ…」ファサッ

まどか「そう…」

ほむら「知らないけど、鹿目さんは教室に戻りなさい…案内はいいわ…」

まどか「え?でも…」

ほむら「気にしなくて良いから…私は体調不良で早退するから…」グイグイ

まどか「わ、わわ…」

ほむら「私の知り合いでは無いから、あれは忘れなさい…私の知り合いでは無いから…」

まどか「うん…お大事にね?」

ほむら(…ここまで影響した以上、何かのきっかけとしか思えない…でも…)

まどか(知り合いなの…かな?)



10 :本文 2012/05/09(水) 17:29:50 ID:Q8QxBtsc

アドバーグ「…」

ほむら(なんで仁王立ちなのよ!学校職員と警察は何をやってるの?!)

アドバーグ「…」

ほむら(はぁ…覚悟を決めましょう…)



11 :本文 2012/05/09(水) 17:31:00 ID:/uDpzQ2Q


ーー
…放課後、ファストフード店

さやか「初日から早退なんて、転校生大丈夫かな?」

まどか「そうだね」

仁美「元々、こちらにも治療に来てたわけですから…重い病気かも知れませんね…」

さやか「心配だなぁ」

まどか(あのオジサンの事は言わない方が良いよね…)

仁美「…」チラッ

仁美「では私はそろそろ行きますわ」

さやか「また稽古?お嬢様も大変だね」ハハハ

まどか「また明日ね、仁美ちゃん」

仁美「ええ」ニコ

スタスタ



12 :本文 2012/05/09(水) 17:57:50 ID:lz7hX1uM

さやか「…あ~、まどか?…今日もその、えっと…」

まどか「CDだよね?付き合うよ」ティヒヒ

さやか「ありがとう~まどか~」ダキー


ーー
…CDショップ

まどか「…♪」フンフーン

助けて!…助けてまどか!

まどか(…?)スチャ

まどか「何だろう…今の声?」キョロキョロ

ちょ…ちょまっ…誰か!…誰か助けて!…割とマジで、割とマジで!…さやか!…さやかでも良いから!

さやか「すげぇ失礼な空耳が聞こえた…」

まどか「さやかちゃんにも聞こえたの?」

さやか「まどかも?」



13 :本文 2012/05/09(水) 18:01:22 ID:/uDpzQ2Q


ーー
???「…」タッタッタ

QB「…」タッタッタ

???「ハッハッハ、まて~こいつ~」タッタッタ

??「ハァ~、しかしあの生物を追ってどうするんです?」スィー

???「喋るマスコットは、物語が進む重要なフラグだからな!きっとククリの居場所もわかるに違いない!」

??「…謎の理屈ですねぇ」ハァ

QB(何だ、あの浮遊生物は?さっきのテレパシーも感知したみたいだし…)

ピタッ

???「おっ!」

??「諦めたんですかねぇ?」

QB「…君達は何者だい?」

???「フッフッフ、魔王ギリを打倒した勇者ニケだ、崇めろ!」ビシッ

??「ギップルと申します」



14 :本文 2012/05/09(水) 18:31:12 ID:/uDpzQ2Q

QB「僕に何のようだい?」

ニケ「いや、特に…」クイクイ

ギップル「…ハァ~~~~」グニョングニョン

QB「大した理由もなく不快な剣で僕をつつきまわしたってのかい!?」

ニケ「ははは、だいたい合ってる」

ギップル「ムムム…ムム?」グニョングニョン

ニケ「聞きたいんだが、ククリって娘を知らないか?」

QB「初めて聞く名前だね…あと、さっきから、この気味悪い触手をはらってくれないかい?」

ニケ「なんだぁ、知らないのか?ギップルどうだ?」

ギップル「ムムム、この生物は大変腹黒いようですねぇ」グニョングニョン

QB「!?」

ギップル「魔力の反応もありますよ~」グニョングニョン

QB(なんだ?僕の情報が引き出されてる?…これは色々と不味いかも知れないね…)

ニケ「魔力?モンスターなのか?」

ギップル「…あとはですね」グニョングニョン



15 :本文 2012/05/09(水) 18:33:19 ID:zAlgekII

QB(少し注意がそれてる…このまま丸裸にされるのは面白くないしね…幸い地の利は僕にある!……はず)

QB「…」ダッ

ニケ「逃げる気だ!?ギップル!捕まえろ!」

ギップル「ギップリャ!」バサッ

QB「キュップイ!…服が伸びた!?」モゾモゾ

ニケ「…下を縛って…」ギュッ

QB「出られなくなったよ…」モゾモゾ

ギップル「抵抗しますねぇ…あぁ風通しが悪い…」

ニケ「白い生物や…上をご覧なさい」

QB「キュプ?…キュップーーーーイ!!なんかある!なんか見えてはる!」モゾモゾ

ギップル「そういえば、褌は陰干し中でした…」



17 :本文 2012/05/09(水) 19:26:30 ID:MpFxoz9U

ニケ「一つは残しとけよ…白い生物、なぜ、逃げたんだい?」

QB「何も無いよ!誰だって自分の事は隠したがるだろう?」

ニケ「うん、そうだね…ギップルや…お締め上げなさい」

ギップル「ギップリャ!」グググ

QB「ギュブーーー!!!当たってる、当たってる!…ギュブーーーー!!!!」ジタジタバタンバタン

ギップル「おおふ…」

QB「…」カクン

ニケ「静かになった…」

ギップル「気絶した様ですねぇ」

ニケ「やり過ぎたかな…」

パタパタ…タッタッタ…

ニケ(足音?)



18 :本文 2012/05/09(水) 19:28:09 ID:GmPbIxTg

まどか「確か、この辺に…」キョロキョロ

さやか「まどか!…何か浮いてる!」

ギップル「おや、この世界の方ですかねぇ?」

ニケ「な?イベントが進んだろ!」ハッハッハ

さやか「何?こいつら何?」

まどか(なんとも言えない生き物と男の子…同い年くらい…だよね…?)

ニケ「もしかして、飼い主かな…」ヒソヒソ

ギップル「だったら不味いですねぇ」ヒソヒソ

ニケ(固結びしとくか…)ギュー

ギップル「蒸れる…蒸れる…」



19 :本文 2012/05/09(水) 20:19:43 ID:GmPbIxTg


ーー
…路地裏

ほむら(まずはインキュベーダーの排除を考えていたけど…)

ギュブーーー!!!当たってる、当たってる!…ギュブーーーー!!!!

ほむら「…」

ほむら(必要無さそうね…何か知らないけどいいきみだわ…)

アドバーグ「…と、言うわけです」

ほむら「つまり、そのククリって人の魔法が失敗して異世界に飛ばされた…と?」

アドバーグ「信じられませんかな?」ハッハッハ

ほむら(貴方がそっちの世界の英雄と言う話のお陰でね…)

アドバーグ「かなりの爆発でしたので、結構な人数来ておる筈なのですが…」

ほむら「!」



20 :本文 2012/05/09(水) 20:22:26 ID:0/kInzOg

アドバーグ「誰一人会えずとは…これはもうこの世界にもキタキタ踊りを広めよと言う…」

ほむら「ち、ちょっと…その中で戦力になりそうな人はいるの!?」ガバッ

アドバーグ「ハッハッハ、彼らは魔王ギリ討伐に協力してくれた者達ですぞ」

ほむら(これは…)

ほむら「…」

アドバーグ「どうされましたかほむら殿?まさかキタキタ踊りを…

ほむら「わかったわ、こっちでも探してみる。見つけたら貴方の事話しておくわ」

アドバーグ「ではこれを…」スッ

ほむら「何よこれ?笛?」

アドバーグ「吹けば、すぐに行きますぞ」

ほむら「貴方が?」

アドバーグ「すぐに行きますぞ」

ほむら「…」

ほむら(さやかにあげよう…)ゴソゴソ



21 :本文 2012/05/09(水) 20:31:47 ID:0/kInzOg

ほむら「さて」

ほむら(結界も現れる頃だし、まどかの所に行きましょう…)タッタッタ


ーー
…隣町、某所

ククリ「ごめんなさい…」グス

カヤ「謝られても、何も変わらん」

ククリ「うっ」

カヤ「悪いと思うならグルグルで早くどうにかしろ」ギロ

ククリ「うう~」

カヤ(いかん…グルグルは楽しい気分で無いと使えんのだったか…)

ククリ「顔が怖い」ウルウル

カヤ「慣れろ」

ククリ「笑ってくれたら嬉しいです」ニコ



22 :本文 2012/05/09(水) 20:51:44 ID:TQujv68w

カヤ「ホホホ…んなアホな…」ニタァ

ククリ「うう~」グス

カヤ「…」イラッ

???「おい、おっさん。小さい子泣かせて恥ずかしくねぇのか!」

ククリ「え?」

カヤ「おっさん?失礼な奴だな…誰だ貴様?」イラリ

???「杏子ってんだ、その子から離れなおっさん」

ククリ「へっ?」キョロキョロ

カヤ「私は今、虫の居所が悪いんだ。大層な口を聞いてどうなっても知らんぞ?」イライラ

杏子「はっ、やってみろよ?」

ククリ「あの、カヤさん?そっちのお姉さんも…」アワアワ

杏子「安心しな、そのおっさんに少し灸を据えるだけだ」ニッ

ククリ「いえ、あの…」



24 :本文 2012/05/09(水) 20:56:37 ID:GnDz0HgA

カヤ「私は…カヤだ!!」ズズズ

杏子「!?」ゾクッ

杏子(こいつ、何だ?この圧力!)

カヤ「…」スッ

…ゴォォオオアア!!!

ククリ「危ない!」

…メラメラ…

ククリ「あれ?いない?」キョロキョロ

カヤ「ほう、避けたのか」ギロ

杏子「へっ!たりめーだ!」

杏子(何だよ今の…一瞬で火に囲まれやがった!?)



25 :本文 2012/05/09(水) 21:17:46 ID:lZg4TldI

ククリ「変身した…格好いい!…じゃない!カヤさん駄目です!」プンプン

カヤ「…」

杏子(…あれ?)

カヤ「喧嘩を売ったのは奴だ…」プイ

ククリ「お姉さんも…落ち着いてください。私達、仲良しなんです」ニコ

カヤ「違う」

杏子「…何だこいつら?」スタ



26 :本文 2012/05/09(水) 21:19:02 ID:TQujv68w


ーー
ククリ「~と言うわけです」

杏子「う~ん、分かったような…分からないような…」

カヤ「使えん頭なら、無い方がましだな…」

杏子「ぁあ?」ジロ

カヤ「…」ギロ

ククリ「う~」グス

カヤ「…」フイッ

ククリ「うう…」チラ

杏子「あーもぅ!何もしねぇよ!…まぁとにかくあれだ!あんたも魔法少女だって事だろ?」ウンウン

ククリ「?…そうなのカヤさん?」

カヤ「俺に聞くな」



27 :本文 2012/05/09(水) 21:37:12 ID:dMdWaJcc

杏子「とりあえず、困ってるならマミにでも相談するとか…」ポリポリ

ククリ「マミ?杏子さんの知り合い?」

杏子「ああ、世話焼きのお人好しだよ…案内はしてやるから勝手に交渉しな…食うかい?」ポリポリ

ククリ「ありがとう!杏子さん!」ニコー

杏子「おう…」

杏子(ま、グリーフシードを必要としないなら…警戒の必要は無いか…)

杏子「あと、あれだ。杏子でいい…あくまで私はマミの所に…」

ククリ「カヤさん!これ美味しい!勇者様に教えてあげないと!」ポリポリ

カヤ「ふん何を…!…ふむ…」ポリポリ

杏子「聞いてねえ」



28 :本文 2012/05/09(水) 21:40:12 ID:dMdWaJcc

ポリポリポリポリ

杏子「…」

ポリポリポリポリ

杏子「無心で食うな」

ククリ「あっ!ごめんなさい!」

カヤ「…」ポリポリ

杏子「はぁ、じゃあ行くぞ…私は案内しかしないからな…」

ククリ「はーい」

カヤ「…」ポリポリ



29 :本文 2012/05/09(水) 22:23:22 ID:zAlgekII


ーー
…見滝原、商業施設内

ギップル「!」

ニケ「どうした?」

ギップル「いえ、何やら危険な感じが…」ピリピリ

まどか「え?…え?」キョロキョロ

ギップル「それはそうと、もう捨てて良いですか?風通しが悪くて悪くて…」ヒソヒソ

ニケ「少しは我慢しろよ」ヒソヒソ

まどか「?」

さやか「あれ?…転校生!」

ほむら「…」スタスタ



30 :本文 2012/05/09(水) 22:31:10 ID:zAlgekII

ニケ(おぉ、スレンダー美人!…乳は…そうか…)

まどか「暁美さん…大丈夫なの?」

ほむら「ええ、心配してくれてありがとう…」キョロキョロ

ニケ「何かお探しですか?」ニコニコ

ほむら「いえ、ちょっと…」

ほむら(誰かしら…球根みたいなのも浮かんでるし…もしかしなくても、アドバーグの言ってた人達よね?)

ほむら「あなたたち、この辺りに白い生物が居なかったかしら?」

ニケ「!」ギクーン

ほむら「知ってるの?」チラッ

QB「…ん?ここは…」

ギップル「…」モゾモゾ

ほむら「…」ジー

ニケ「…」



31 :本文 2012/05/09(水) 22:56:04 ID:dMdWaJcc

QB(…思い出した!)

ギップル「…」モゾモゾモゾモゾ

ほむら「…」ジトー

ニケ「…すいません、捕まえました」グイ

シュルシュル…グイグイ…

ギップル「固く絞めすぎですよ」

シュルシュル…ズルン…ベチャ

さやか「また変なの出てきた…」

まどか「何か弱ってる…」

QB「うう、酷い目にあった…思わず感情が爆発しそうだったよ…」クラクラ

ほむら「ざまぁ無いわね」

QB(また知らない人間がいる)

QB「君は誰だい?…どうして初対面の僕が捕まったり、罵声を浴びせられなきゃならないんだい?…訳が分からないよ」

ほむら「あなたが屑だからよ」



32 :本文 2012/05/09(水) 22:58:03 ID:/XtTOR7Y

ニケ「クーズ」

QB「…」

ニケ「クーズ」

ほむら「クーズ」

QB「…」イラッ

まどか「暁美さん、あんまり虐めたら可哀想だよ…」ナデナデ

QB「まど神様!」

さやか「転校生は以外と陰湿だなぁ」

ほむら「何言ってるの…こいつが少女達にした仕打ちを考えたら、こんなものじゃ済まないわよ」

QB「!」

まどか「えっと…何したの?」

QB「キュップイ!…願い事を叶える代わりに魔法少女になってもらってるだけだよ。確かに危険が伴うけど、理解した上で契約してるはずだよ!」キュププ

さやか「じゃあ、転校生の逆恨みじゃん」

ニケ(…青い娘は尻が素晴らしいのか…ククリほどじゃ無いけど)



33 :本文 2012/05/09(水) 23:02:39 ID:KWckpTcU

QB「そう!さやかは珍しく良いこと言ったよ!」キュププ

ほむら「魔女化…エネルギー…絶望…」ボソッ

QB「!?」ギクギクーン

QB(なんだこいつ!)

ほむら「ほら、話してみなさいよ」

さやか「?」チラッ

QB「ななな、何も隠してないよ?!」

さやか「動揺してる…」

まどか「む~?」

ほむら「話せないなら、私が説明するわ」

ニケ「ほうほう、聞く聞く」

ほむら「こいつらは少女達の体を都合の良い様に弄って…彼女達に家畜同然の扱いをしてきたのよ…」

QB「誤解を招く言い方はダメー!」



34 :本文 2012/05/09(水) 23:04:56 ID:KWckpTcU

まどか「…本当なの?」ヒキッ

QB「なんでちょっと離れたんだい?」

さやか「本当なのか聞いてんだけど…」ヒキッ

QB「言い方の問題だよ!エネルギーになるまではお世話するんだし…ハッ」

まどか「…」

さやか「…」

QB「…あくまで僕らの為ではなく、宇宙全体の安定の為にしたことだよ?」キリッ

まどか「本当なんだ…」ススッ

ニケ(エロい話か?…エロい話なのか?)

ギップル(はぁ、風を感じたい)



35 :本文 2012/05/09(水) 23:27:45 ID:MaCteHsI

ザワ…ザワ…

ギップル(ん?…おや?)

ギップル「皆さん、何かこの辺りに嫌な魔力が充満し始めたんですが…」

ほむら「はっ!忘れてた!」

…グニャア…

さやか「なんだこれ?回りの景色が!」

ニケ「これは、不思議な趣向ですな」ハッハッハ

ギップル「ムムム、薄暗い魔力を感じますよ!」

ほむら「しまった、手遅れね…皆私から離れないで!」

ほむら(マミが来てないから、少し余裕があると思ったのだけど…)



36 :本文 2012/05/10(木) 00:21:57 ID:8KNL6InQ

ほむら「QB、マミは?貴方呼んだんじゃないの?」

QB「マミも知ってるんだね…呼んでたけど途中で彼らに妨害されたんだよ。今頃、探してるんじゃないかな?」

QB(マミから、こんな魔法少女の話は聞いた事ないけどね…)

ニケ「…」ボケー

ギップル「…」フヨフヨ

ほむら「なるほど…」スタスタ

まどか「暁美さん?どど、どうするの?」フルフル

ほむら「ほむらで良いわ…これは結界と言うものよ、これの発生源を潰さなければここからは出られないわ…だから」

さやか「発生源?」

ほむら「魔女よ…これからそいつを倒すの」

まどか「そう、なんだ…」



37 :本文 2012/05/10(木) 00:23:43 ID:xS9Eq89U

ニケ「ほほぅ、随分と勇者らしいイベントが始まったな!」

ほむら「勇者…って事はやっぱり貴方も異世界からきたのね?」

ニケ「ククリに会ったのか?!」

ほむら「ククリ?私が会ったのはアドバーグとかいう変態よ…」

まどか(あの時の人かな?)

ニケ「あぁ…そぅ」

ニケ「…」

ほむら(露骨に興味を失っていくわね…)



38 :本文 2012/05/10(木) 12:48:51 ID:9YIIDoVg

ニケ(キタキタおやじも来てたのか…)

さやか「…話についてけないの、もしかして私だけ?」

まどか「私もだよ…」

ニケ(置き去りに出来ないかな…)

ほむら「安心しなさい美樹さやか。全員、完全に理解してる人は居ないから」

ニケ「…」ウンウン

QB「…まったく、その通りだね」ウンウン

さやか「それはそれで安心できねぇ~」

まどか「…」ハラハラ



39 :本文 2012/05/10(木) 12:50:48 ID:9YIIDoVg


ーー
ほむら「…」スタスタ

ほむら「…QB?マミは居ないのよね?」

QB「間違いないよ、結界内には居ない…まぁ言いたい事はわかるよ」キョロキョロ

QB(使い魔が倒されてる…)

ほむら(不自然な穴も、たくさん空いてるし)

ニケ(見せ場が無い…)

まどか「わ、わわっ!」ズル

さやか「まどか!」ガシッ

ほむら「まどか!」ハシッ

まどか「ティへへ…ありがと、さやかちゃん。ほむらちゃん」

ほむら「気をつけてちょうだい…奈落に落ちたら私でも助けられないわ…」

まどか「ごめんなさい…」シュン



42 :本文 2012/05/10(木) 13:06:09 ID:wl9qpRl.

ガシャーン…ギー…

QB「どうやら、魔女が攻撃されてるみたいだね…結界が不安定になってる」タッ

ほむら「みんな付いてきて…」タタッ

まどか「あの、えっと…ニケ、さん?」ツンツン

ニケ「ん?」

まどか「あの浮いてた子が居なくなってるけど?」

さやか「本当だ!はぐれたんじゃ!」キョロキョロ

ニケ「ギップル?逃げたんだろ?」

さやか「へ?」

ニケ「かってに戻って来るから気にしなくて良いよ」スタスタ

まどか「…」

まどか(…いいの!?)

さやか(…あの浮遊饅頭、逃げ道があるなら教えろよ!)



43 :本文 2012/05/10(木) 13:10:40 ID:wl9qpRl.


ーー
ほむら「信じられない…魔法少女じゃないのよね?」

QB「少なくとも、契約した覚えは無いし…片方は男だし…」

ほむら(魔女と使い魔をぼこぼこにしながら喧嘩してる…)

バリバリ…ドカーン…

???「ざ・ん・げ!ざ・ん・げ!」バリバリ

ピシャッ…ドカーン ドーン

??「おい!俺まで巻き込むな!」

???「雷くらい避ければ済む話でしょう?」フフン

??「何だお前の態度!俺様は魔界のプリンスだぞ!」

???「プフッ…名前負け」ボソッ

??「…キェー!!」イラッ

??「もっちゃらほげほげ!」ビカー

ボコン…ボコンボコン…ボコン…ギャー



44 :本文 2012/05/10(木) 13:15:26 ID:9YIIDoVg

ニケ「あれ?レイドとジュジュじゃないか」

ほむら「あの二人も貴方達の…まぁ、そうよね…」

ほむら(いま、ちらっと見えたけど…)

QB(魔女が落とし穴に落ちてった…)

バリバリ…ピシャッ

レイド「くっ!」ヒョイ

ジュジュ「あたしを落とそうなんていい度胸ね」

レイド「お前が先だろうが!」

ボコン…ボコン…バリバリ…ギャー…グシャ

ニケ「なんか、断末魔みたいのが…」

ほむら(魔女が落ちた穴に雷が…)

パリーン

ほむら「あ、結界が晴れて行く…」

QB「魔女が倒されたみたいだね…なんだこれ」



46 :本文 2012/05/10(木) 19:50:33 ID:iNs8pgGU

ニケ「お~い!ジュジュ~!」フリフリ

ジュジュ「あらニケ君」

レイド「あっ!ラッキースター!」

レイド「…」キョロキョロ

ニケ「ククリなら居ないぞ?」

レイド「さ、探しとらんわい!」///

ギップル「おや、皆さん無事でしたか」

ジュジュ「褌魔神も居たのね」チッ

さやか(本当だ…急に出てきた)



48 :本文 2012/05/10(木) 19:55:49 ID:CHA0Xnsk

ほむら「あの、あなたたち…」

レイド「?」

ほむら「説明して貰えない?」

QB「僕も気になるね」

ジュジュ「…」ジー

QB「…なんだい?」

ジュジュ「天罰」ピシャッ

QB「訳がわかラナイョ…」バリバリ

ほむら「どうしたの?」

ジュジュ「つい」

ほむら(…異世界の人って、こういうアプローチが普通なのかしら?)シュウウ…パァァ

まどか(…ほむらちゃんと少し雰囲気似てる子だな…)

さやか(転校生がコスプレじゃなくなった…)

ニケ(黒タイツが!)ガーン



49 :本文 2012/05/10(木) 20:32:04 ID:6Hc6oQ/c


ーー
メケメケ「ジョウホウコウカンチュウ」


ーー
ほむら「なるほど、あの変態に聞いてたのと大体合ってるわね…」

QB「凄いね…僕に感情があれば、この驚きを伝えられるのに…」

ほむら(このQBは明らかに感情が…)

ニケ「とにかく、ククリを見付けないことには俺達も帰れないんだ」

レイド「ああ、知らない世界で一人孤独か…ま、ピンクボムの事だから上手くやってるだろうが…」

まどか「わ~、ギップルちゃん軽い!」ヒョイ

ジュジュ「触らないほうがいいわよ…褌がうつるから…」

さやか「褌?」

ギップル「あぁ、そうでした…干している物を回収してきますね…」フヨフヨ

ヒュウウ…バサァ



50 :本文 2012/05/10(木) 20:33:47 ID:6Hc6oQ/c

ギップル「…」バッサァ

まどか「…」

さやか「…」

ギップル「…」

まどか&さやか((褌どころか、モロだった))

ジュジュ「ただの変態じゃない…」スッ

バリバリ…オオフ…

ニケ「迷った人が行きそうな場所とか…」

ほむら「交番とか?」キョロキョロ

ニケ「降板?何に対して?」

ほむら(こんな時に、マミはいないし…)



51 :本文 2012/05/10(木) 21:22:13 ID:dOHiExdQ

ほむら「なんで、マミは来ないのよ…」

QB「呼ぶかい?」

ほむら「そうしてちょうだい…これ以上ややこしくなってから説明するのは面倒だわ」

ニケ「じゃあ、すぐ見つけてもらえるおまじないを教えてやろう」ゴニョゴニョ

ほむら「ブッ…何それ」

ジュジュ「そうね、それで呼んで貰いましょう」

QB「何で、僕がそんなことしなくちゃ駄目なんだい!?」

ジュジュ「ほむらに聞いたわよ…この鬼畜毛玉。これから、貴方が地上に現れる度に雷を落とす呪いをかけても良いのだけど?」

QB「…怖っ。…大体、テレパシーで呼べばすぐじゃないか!効率の問題だよ!」

ほむら&ジュジュ『いいのよ、この際』

ニケ(似てるな、この二人…)

QB(まぁ良いや、今の内に呼んじゃおう…)

ニケ「…」クイクイ

ギップル「どうしました?」フヨー



52 :本文 2012/05/10(木) 21:23:33 ID:RWmMAA/E


ーー
…商業施設内、某所

マミ「この辺りのはずなんだけど…」キョロキョロ

マミ!マミ!

マミ(キュウベェ!…あぁ良かった!心配しちゃったじゃない…何があったの?)

詳しい話はこっちです…から…にかく急いd…ハァ~ギップルギップル…ちょっ…ハァ~ギップルギップル…おm…ハァ~ギップルギップルハァ~ギップルギップルハァ~ギップルギップル

マミ「きゅ、キュウベェ?どうしたのキュウベェ!?」

ヒソヒソ…ジロジロ

マミ(はっ!声に出しちゃった!)

ナニカシラ…コワイワネ…

マミ「…」

…ママーアノヒトー…シッ マミラレルワヨ…

マミ「…」グスン



53 :本文 2012/05/10(木) 21:39:16 ID:v841xpJM


ーー
マミ(もう!あれからいくら呼び掛けても謎の呪文しか聞こえないし!たしか、こっちの方だったは…ず…)

マミ「…」

マミ「…」ゴシゴシ

マミ「…」

QB「イノチダイジニ!イノチダイジニ!」ブンブン

マミ「…何これ夢?」

QB「イノチダイジニ!イノチダイジニ!」ブンブン

マミ(キュウベェが…泣きながら腕を突き出して…それに…)

QB「イノチダイジニ!グス…イノチダイジニ!」ブンブン

マミ(深々とお尻にバケットが…)///



54 :本文 2012/05/10(木) 21:40:34 ID:xsVZB.KM



ニケ「本当に他の人には見えないみたいだな…」コソコソ

ギップル「泣いてますねぇ」

ほむら「とうとう、感情が芽生えたのね」ホロリ

さやか「この状況で感動出来る要素がどこに…」

ほむら「あれ?まどかは?」キョロキョロ

さやか「こういうの止めそうだからって、ジュジュが連れてった」コソコソ

ほむら「ナイス…貴方は平気なのね…」

さやか「魔法少女の事も聞いたしね…それに…」

さやか(単純に面白いし…)

ニケ「誰か近寄ってる…」

ニケ(凄い乳だ…あれ凄い乳やで)



55 :本文 2012/05/10(木) 21:41:17 ID:xsVZB.KM

ほむら「あぁ、あれがマミよ」

さやか「何か話してる…あっ!こっちに来るよ」

ほむら「…」

ほむら「さて、たっぷり楽しんだから私は覚悟が出来てるけど…」

ギップル「…」スゥ

ほむら(逃げた…流石ね)

ほむら「…滅茶苦茶怒られるわよ」

ニケ&さやか『え゙っ!?』



56 :本文 2012/05/10(木) 21:54:08 ID:ltdMhacA


ーー
ほむら「…」セイザ

さやか「…」セイザ

ニケ「…」セイザ

マミ「で?なんで、あんな真似を強要したのかしら?」ニコ

さやか(転校生!…この人怖い!笑顔なのに怖い!)ヒソヒソ

ほむら(さっきも言ったけど、本当の事言っちゃ駄目よ…メンタル酷いから…)ヒソヒソ

マミ「口裏を合わせない!」

さやか「はい!」ビクッ

ニケ(正座は正解だったな…下からのアングルが…)

QB「…」ヒリヒリ

QB(尻が痛い)



57 :本文 2012/05/10(木) 21:54:51 ID:gJBTSkjM

…コソコソ

まどか「ジュジュちゃん…なんで隠れるの?なんか大変そうだよ?」

ジュジュ「話が一通り終わるまで向かっては駄目とお告げがあったの」

まどか「…私も?」

ジュジュ「あなたもよ」

まどか「…お告げって大変だね」



58 :本文 2012/05/10(木) 22:14:53 ID:iNs8pgGU


ーー
カセギ「暇だ」カセギ「攻略されてるしな」

…マミハウス、玄関

杏子「いねぇな」

杏子(結局、私がチャイムまで…)

ククリ「勇者様…」

カヤ「…坊っちゃんは無事だろうか」

杏子「ククリのお仲間は何人くらい来てんのさ?」

ククリ「…」ニコ

杏子「知らないならそう言いな。笑って誤魔化すな」

カヤ「少なくとも、私より近くにいた勇者と巫女と坊っちゃんは来てるだろ…」

ククリ「そっか、レイドも来てるんだ」



59 :本文 2012/05/10(木) 22:16:00 ID:iNs8pgGU

杏子「じゃあ、少なくとも6人はいるんだな…」

カヤ「粗末な頭だな、5人だろうが」

杏子「えっ?ここに3人いるんだから…」

ククリ「え?」

カヤ「?」

杏子「えっ?えっ?お前、無関係なの?」

トマ「…」シクシク

ククリ「あっ、トマ君!来てたんだ!」

杏子「えっ?この道案内の途中で合流しただろ」



60 :本文 2012/05/10(木) 22:18:23 ID:iNs8pgGU

トマ「…杏子さんに会う前から居ましたよ」シクシク

ククリ「えっ?」

杏子「えっ?」

カヤ「知らん」

トマ「…」シクシク

ククリ「えっと…しゃ…喋って無かったからだよ」アセアセ

杏子(フォロー下手すぎるだろ…)

トマ「…そ~ですね」シクシク

ワイワイガヤガヤ

カヤ「…」

ゾロゾロ

カヤ「なるほど、赤毛の感は確かみたいだな…」チラ



61 :本文 2012/05/10(木) 22:20:53 ID:iNs8pgGU

ククリ「あっ!勇者様がいる!」

杏子「っちゃあ…マミもいるか…ってか多っ!」

杏子(あんなに居るのか…)

…ゾロゾロ

ククリ「勇者様~!」ブンブン

ニケ「お~居た居た」フリフリ

ジュジュ「ククリちゃん!」

ククリ「ジュジュちゃん!」

ギップル「これで全員ですかね?」

ニケ「その通りだよ、さぁ戻ろう!すぐ戻ろう!」

ほむら「あの変態ももって帰りなさい」

ニケ「チェッ」

ニケ(この娘もなかなか…魔法少女ってレベル高いのか?)



62 :本文 2012/05/10(木) 22:22:05 ID:CHA0Xnsk

カヤ「坊っちゃん、無事でしたか」

レイド「よぅ、ピンクボム。どうやら無事だったようだな!」ハッハッハ

カヤ「…」

さやか(おっさんの顔がより恐いモノに!)ヒソヒソ

まどか(ほむらちゃん…本当に順応性高いよね)ヒソヒソ

マミ「とりあえず、皆上がって?玄関で騒がれるのはちょっと…」

杏子「…」ソロー

ガシッ

杏子(うっ)

マミ「ほら佐倉さんも…フフフ、久しぶりね」ニコニコ

マミ(こんなに大勢が私の部屋に!!)キャー///

QB(マミ…)ホロリ

ほむら(巴マミ…)ホロリ

カヤ(私だけ、浮いとるな…)



64 :本文 2012/05/11(金) 14:29:24 ID:mf7OlT8o


ーー
さやか「しかし…」

ほむら「五月蝿いわね…」

<キッチン周り>
マミ「じゃあ、これ切って貰える?」トントン

ニケ「…はいよ」スパスパ

ククリ「勇者様!目線!」ギュー

ニケ「痛い痛い!今刃物使ってるから!」

マミ「フフフ…二人とも仲良しね」

ククリ「…」///

ニケ(まさか、着痩せしていたとは…夢が詰まってるなぁ…)スパスパ

マミ「手際も良いし、助かるわ」



65 :本文 2012/05/11(金) 14:30:40 ID:mf7OlT8o

<机周辺>
杏子「腹減った~!飯~!」

ジュジュ「あんた、食事出来るまでなんか芸しなさいよ…」

杏子「おお~」パチパチ

レイド「何やれってんだよ!こんなくそ狭い部屋で!」

レイド(ピンクボムの近くに行きたかったのに…)

まどか「手伝おうにも…台所も定員だしね…」

レイド「!…聞こえてたのか?!」

まどか「うん、少し」///

レイド「!!」プシュー///

杏子「おお~!顔が一瞬で真っ赤に」

ジュジュ「場所を取らない良い芸ね」



66 :本文 2012/05/11(金) 20:20:46 ID:mTA6CeQM

<窓際>
ほむら「にぎやか過ぎない?」

さやか「私は好きだけど?」

カヤ「落ち着かん」

ギップル「あぁ、風が気持ち良い…」バサァ

QB「キュププ…当たってるんだよ!布が!さっきから!」

ギップル「いやいや、気付きませんでした…失礼」ハッハッハ

QB「キュププ…」イライラ

ほむら「仲良いわね…」ホムホム

さやか「一方通行のストレスが半端無い様に見えるけど…」



67 :本文 2012/05/11(金) 20:21:55 ID:mTA6CeQM

ほむら「あ、ストレスで思い出したわ…美樹さやか、プレゼントよ」

さやか「何これ笛?」

ほむら「ピンチの時に吹きなさい」

さやか「え?まさか魔法の武器?」ワクワク

ほむら「そんな所よ…」

さやか「ヒョ~!転校生からの贈り物!さやかちゃんはモテモテですなぁ~!」

カヤ「狭い」

<玄関の隅>
トマ「…」

トマ「…」

トマ「泣こうかな」



68 :本文 2012/05/11(金) 20:52:03 ID:gSkYjzuk


ーー
メケメケ「ゴチソウサマデシタ」

…マミホーム

ほむら「ちょっと良いかしら?」

一同「?」

ほむら「お願いしたい事があるのだけど…」

ニケ(あ、これシリアスな奴だ)

さやか(なんだ?急に真面目な感じ…)

ほむら「これから、およそ一月後に大型の魔女がやって来るの…」

杏子「大型の魔女?」

ほむら「ワルプルギスの夜…」

マミ「!…本当なの?」

ニケ「魔女って、今日みたいな?」

ほむら「えぇ。規模は比べ物にならないけど…」



69 :本文 2012/05/11(金) 20:53:37 ID:mTA6CeQM

マミ「どうしてそんなこと…」

杏子「そうだよ、なんであんたが知ってんだ?」

ほむら(これだけ人がいて…マミの精神も安定してる…よし)

ほむら「これから話す事は全て本当の事よ…信じなくても良いけどね…


中略



70 :本文 2012/05/11(金) 20:57:16 ID:gSkYjzuk

中略


…これが全てよ。私はワルプルギスの夜を倒すために未来から来たのよ」

ほむら(まどかの事に触れずにどうにか説明出来たわね…)

ニケ(なるほど、理解出来ない…)ボケー

まどか「そんな…酷すぎるよ!」グス

ククリ(専門用語が多かったな~)ポヤー

ジュジュ「…Zzz」

マミ「え?嘘…魔法少女が…魔女…?」

杏子「なるほどね…どうも胡散臭ぇと思ってたら…QBが否定しないって事は真実って訳だ…」ギロ

QB「まぁ、否定するほど間違っては無いね…どうして怒るんだい?僕はあくまで宇宙のJ…

ギップル「ギップリャ」バサッ

QB「キュップイ!今、僕の見せ場…」モゾモゾ

ニケ「…」ギュ

QB「ちくしょー!またか!またなのか!」モゾモゾ



71 :本文 2012/05/11(金) 22:23:20 ID:4ZAa3SzA

マミ「魔法少女が…魔女を生むのなら…」ブツブツ

ほむら「不味いわ!」

マミ「皆…死ぬしか無いじゃない!」シュウウ

ほむら「落ち着きなさい!」

…ジャコン

杏子「お、おい!マジか!早まるなマミ!」アタフタ

ほむら「お願い!話を…」

ニケ「カッコいいポーズ!!」キラー

マミ「…いっ!?」ビタッ

ほむら「…」ビタッ

杏子「…カッコいい」ビタッ

ククリ「勇者様、カッコいい!」パチパチ



72 :本文 2012/05/11(金) 22:24:59 ID:mf7OlT8o

まどか「ね、ねぇさやかちゃん…よく状況が分からないんだけど…」

さやか「とりあえず、ニケの正面にいた人は動きが止まってるね…」

ジュジュ「そういう魔法だから…動きを止める…」ムクリ

さやか「あ、ジュジュ起きたの?」

ジュジュ(どっちかって言うと思考が止まるけど…)

ニケ「ハッハッハ!落ち着くまで解除しないぞ!…10分くらいは」

ほむら「と…とりあえず、落ち着きなさい…」ギギ

杏子「うん、そうだ…それが良いよ…」ググ

マミ「…そうね…取り乱したわ…」

ほむら(とりあえず)

杏子(こいつから)

マミ(視線をそらしたい)

ニケ(美女が俺に釘付け…ホッホウ…もう少し楽しむとしますかな…)キラー



73 :本文 2012/05/11(金) 22:32:03 ID:bd2ES.6w



ニケ「落ち着きましたか?」

マミ「落ち着いたわ!落ち着いたから!」 ブルブル

杏子(怯えてる…)クター

ほむら(30分ぶっ通しで見せ付けられるとは思わなかった…)グデ

トマ「…」グッタリ←たまたま視界に入ってた

ジュジュ「…Zzz」

さやか(同じ目に会うのが嫌で止めるに止められなかったよ)ヒソヒソ

まどか(うう…私もだよ…)



74 :本文 2012/05/11(金) 22:34:04 ID:bd2ES.6w

QB「…」

ギップル「蒸れる」

QB「…」

ギップル「外に出てますか…」スイー

QB「僕を解放すれば済む話だろう?!」

ギップル「ギップリャ!」ギュム

QB「ギュプアー!褌が…褌が顔に!」ジタジタ

マミ「でも…だって…」クスンクスン

ほむら「大丈夫よ。絶望する事なんて無いから…」ナデナデ

杏子「そうだよ、あたしらも居るんだしさ、魔女化なんてさせねぇよ!」ポンポン

さやか(本当にメンタル弱いなぁ)

まどか「マミさん…」

マミ「グス…あげみざん…ざぐらざん…」ウルウル



75 :本文 2012/05/11(金) 22:45:05 ID:WBq.E.1g

ゴシゴシ

マミ「そうよね…私もう…ひとりぼっちじゃ無いものね?」

ジュジュ「まぁ、これだけ居るしね…」ファァ

まどか「そうですよ…皆居ます!」

カヤ「で、我々にも協力しろ、と?」

ほむら「お願い出来るかしら?」

ククリ「もちろん!ね、勇者様?」

ニケ「ハッハッハ、任せなさい」

ジュジュ「…」ウツラウツラ

レイド「ワルプルギスの夜…やっぱりカッコいいのか?…名前からして…むぅ…」

…ボクモガンバリマス!



76 :本文 2012/05/11(金) 22:46:32 ID:WBq.E.1g

ギップル「皆さん、頑張ってくださいね」

QB「君は参加しないのかい?」モゾモゾ

QB(そして死なないのかイ?)

ギップル「しませんよ?」

QB(ちっ)

QB「あと、そろそろ解放してよ」

ギップル「ああ、そうでしたね…では黄色い方の目の前に解放すると致しましょう」

QB「…黄色い?…!…待って!待って!」

ギップル「…」ペイッ

コロン

QB「キュプ…待ってって言ったのに…はっ!」クルッ

マミ「…」

QB「…やぁ、マミ。落ち着いたかい?」



77 :本文 2012/05/11(金) 22:48:09 ID:nCA3IKwE

マミ「…」

マミ「…」ニコ



…キュプアーー



78 :本文 2012/05/11(金) 22:55:17 ID:ygn9bEJM


ーー
サッパリ妖精「はぁ~サッパリサッパリ」

…駐輪場、結界内

ククリ「わぁ!本当にお菓子だらけ!すごいね勇者s…」

ニケ「モグモグ…ぺっ…食えない…」

ほむら「お願いだから、少しは躊躇って?」

ジュジュ「…」スタスタ

ほむら「ちょっ…一人で先行したら…」

ククリ「すごーい、鼠さんまで苺だ!まて~!」スタスタ

ほむら「…」

ほむら(私が提案したとは言え…大丈夫かしら)ホワーン



79 :本文 2012/05/11(金) 22:58:37 ID:wtoy.kw6

※回想※

ほむら「これだけ居るわけだし、魔力消費を押さえるために選抜で動きたいのだけど」

マミ「いい案ね」

杏子「じゃあ、魔法少女一人と消費の心配がない異世界組数人で組むか?」

ククリ「構いませんよ」

ほむら「ありがとう。では病院の結界は私がいくわ…」

マミ「あら?どうして?」

ほむら「…」

ほむら(…貴女が行くと、高確率で死ぬからよ)

ほむら「ローテーションよ、最初は私から…」

※回想終わり



80 :本文 2012/05/11(金) 23:09:51 ID:tugNuAdI

ほむら「で?何故、美樹さやかまで付いてきたのかしら?」

さやか「あ、いや~…ここの病院にさ、知り合いが入院してて…」

ほむら「上條恭介ね」

さやか「!?」

ほむら「想い人なのでしょう?」

さやか「げっ…あんた、本当に未来から来たんだね…」

ほむら「普通、病室に行かない?…何故、結界に…」

さやか「言われてみるとそうだね…転校生は賢いな~」

ほむら「…」

さやか「悲しげな目で見るな~!一番堪えるわ!」



81 :本文 2012/05/11(金) 23:10:59 ID:ek/UoGCo

ククリ「さやかさ~ん、ほむらさ~ん!ジュジュちゃんが呼んでるよ~」

さやか「よし、転…ほむら、いきますか!」

ほむら「そうね、美樹さやか」

さやか「名前呼んでよ~」

ほむら「わざとらしいのよ…何が『転…ほむら』よ、もう少し自然に噛みなさい」

さやか「意識させたかったんだよ~」

ジュジュ「はやく来い」

ニケ「これも食えない…と」ペッ



82 :本文 2012/05/11(金) 23:24:12 ID:tugNuAdI


ーー
ククリ「あれが本体?可愛いよ?」コソコソ

ジュジュ「結構な邪気を感じるわ」

ほむら「見た目に騙されては駄目よ、第2形態があるから」

ニケ「実にボスらしいな」

ほむら「行くわよ…さやかは隠れてなさい」

さやか「ほい」

ククリ「…」スッ…パァァァ

ニケ「行くぜ!光魔法、俺の剣!」キラー

ほむら「ニケ君!それで締め上げてくれない?」

ニケ「え!?ほむらを?」

ほむら「魔女に決まってるでしょ、シバくわよ」

ニケ「…ちぇっ」

ニューン…グルグルギュー



83 :本文 2012/05/11(金) 23:25:49 ID:ek/UoGCo

ほむら「上手いわ」パンッ

バスッ…ゲロリ

さやか(魔女が筒みたいなの吐いたーーー!!!)

ほむら「あれが本体よ」

恵方巻き「…」オナカスイター

シュウウ…

ククリ「出来た!皆こっちに!」トン

ゴゴゴゴ…

ニケ「げっ!ベームベーム!」スタコラ

ゴゴゴゴゴゴ…

ほむら「何々なにナニ?!」ピョーン

恵方巻き「…」コレハアカン

ゴゴゴゴ…パラパラ

ベームベーム「…」



84 :本文 2012/05/11(金) 23:30:42 ID:eLyKiXV.

ククリ「久し振りだね、ベームベームちゃん」ニコ

ベームベーム「…」ギロ

恵方巻き「…」ビクッ

ビカー…チュドーン!

ほむら「…」

ビカー ビカー…チュドドーン!!

恵方巻き「…」ピクピク

ビカービカービカービカー…ドドドドドドドドド!!!!



パリーン

ククリ「もう良いよ、ありがとう」ナデナデ

ゴゴゴ…



85 :本文 2012/05/11(金) 23:33:03 ID:eLyKiXV.

ニケ(俺、目立たないなぁ)

ジュジュ「余裕ね」フン

さやか「余裕だったね」ハッ

ほむら「チートだわ…」

ほむら(あんな反則みたいな攻撃出来るのに異世界組は驚いて無いし…)

ほむら「あの…ククリさん?」

ククリ「ククリで良いですよ?」

ほむら「ありがとう…あなたたち皆あんな事出来るの?」

ククリ「勇者様はもっと凄いです!」フンス

ほむら「!?」

ニケ「!?」



86 :本文 2012/05/11(金) 23:33:41 ID:ddCG5P1w

ククリ「ね、勇者様?」ニコ

ニケ「…」

ククリ「勇者様?」

ニケ「お、おぅ」

ニケ(このままハードルが上がり続ければ…まずい事になる…)

ほむら(侮れないわ…)ホムホム



87 :本文 2012/05/11(金) 23:36:44 ID:eLyKiXV.


ーー
…マミホーム

さやか「…と言うわけで凄かったんだから!」

杏子「そりゃ、お目にかかりたいね」

マミ「暁美さん?ベテラン目線としてはどうだったのかしら?」

ほむら「あんなの反則よ…ワルプルギスまでの魔女はあれ一本で行けるくらい」

まどか「凄いなぁ…ククリちゃんは…」

QB「大丈夫だよまどか!君の才能をもってすれb…

ほむら「ギップル」

ギップル「はいはい」バサッ…ギュ

QB「もー」ジタジタ

ジュジュ「息が合ってきてるわね」

ほむら「マミの部屋を汚すわけにいかないしね…」



88 :本文 2012/05/11(金) 23:37:39 ID:eLyKiXV.

ニケ(色々不味い…俺の勇者としての威厳とか…)

クイクイ

ニケ「ん?どうした、ククリ」

ククリ「エヘヘ勇者様、私褒められた」///

ニケ「良かったな」ニコ…

レイド「…」

さやか「…」チラ

マミ「さて、」スック

マミ「次の魔女戦は私よね?」

ほむら「この流れだと次の出現は小さな工場よ」

マミ「フフフ、とりあえずパトロールに行きましょう」

ほむら(安定してるわね…良かったわ)

ほむら(次の問題は…)チラ

さやか「…?…何?」



89 :本文 2012/05/12(土) 13:03:01 ID:D2.zLzVU


ーー
たてじわ鼠「我々が活躍しないとは笑止」

…病院、個室病棟

さやか「それでさぁ、そのニケって奴が…」ハッハッハ

恭介「…」シャカシャカ

さやか「…」

さやか「あの、恭介…何聞いてるの…」

恭介「亜麻色の髪の少女…」

さやか「あ、ドビュッシー…だよね?」

恭介「…」

さやか「私さ、こんなだからクラシックなんて知らないと思われててさ。…たまに曲名なんか当てると凄く驚かれるんだ」ハハハ

恭介「…」

さやか「恭介が…」ゴニョゴニョ



90 :本文 2012/05/12(土) 13:04:20 ID:QohmsnsI

恭介「さやかはさ、僕を苛めてるの?」

さやか「え?」

恭介「どうして、音楽なんて聴かせようとするのさ…」

さやか「…だって、恭介…」

恭介「自分が弾けない曲なんて聞きたくないんだよ!」ガンッ

さやか「…」ビクッ

ポタ…ポタ…

さやか「…っ!恭介!」ガバッ

恭介「…動かないんだ…もう痛みも感じないんだよ」ポロポロ

さやか「大丈夫だよ!…諦めなければ…」



91 :本文 2012/05/12(土) 13:05:15 ID:upCJ7YQ6

恭介「諦めろって言われたのさ…先生から直々に…もう演奏は無理だって…この腕はもう動かない…奇跡か魔法でもない限り…」ポロポロ

さやか「あるよ…」

さやか「奇跡も魔法も…あるんだよ…」

ニケ「はい!その通り!」ガラッ

さやか&恭介『!?』ビクッ

ジュジュ「奇跡も良いけど、魔法もね!」ニョキッ

さやか「ぶぅぅっ!いつからロッカーに!?」

レイド「力が欲しいか!」バリーン

サクサクッ

恭介「ギャァアア!窓ガラスがぁぁああ!!」

…おい!おい!

恭介「なんだ!?ベッドのしたから声が?」

カヤ「…気付け」チラ

さやか&恭介『ブゥゥウウ!!!』



93 :本文 2012/05/12(土) 19:11:33 ID:8jVHxkaI

ククリ「失礼します」オズ

まどか「ティへへ…さやかちゃんごめんね?」

さやか「何人出てくるのよ…」

ほむら「邪魔するわ」スタスタ

さやか「ほむらまで…」

ほむら「さやか…この部屋、暗いと思わない?」

さやか「そう言えば…蛍光灯が…」チラ

マミ「…球切れだと思った?残念!マミさんでした!」ペタ

さやか「マッハァァアア!!」

マミ「早く気付いてよ…ちょっと背中熱かったわ…」スタッ

さやか「天井に張り付いて何やってるんです!!」

マミ「暁美さんナイスアシスト」イエー

ほむら「…当然ね」パン

さやか「ハイタッチじゃねぇェエエ!!!」



94 :本文 2012/05/12(土) 19:19:37 ID:Lci2dW46

ほむら「上條恭介、ここにゴミ箱は有るかしら?」キョロキョロ

恭介「…」ポカーン

ほむら「上條恭介?」

恭介「…!…あぁ、ゴミ箱ならここに…」

QB「訳がわからないよ」ギッチギチ

恭介「ギャァアアァァ!!!」

ギップル(やはり、魔力のジャミングをかけると一般人にも見えるみたいですねぇ…)ヒソ

ほむら(グッジョブ!)グッ

…ガヤガヤ

杏子「楽しそうだな…」スタスタ

杏子(参加すりゃ良かった)

ジュジュ(ケイコウトウって何かしら?)メモメモ



95 :本文 2012/05/12(土) 19:24:47 ID:JornN8bA



ほむら(仕込んだかいがあったわ…)ツヤツヤ

さやか「…まぁ、要するに怪我をどうにか出来るかもって事よね?」

ほむら「そうよ…貴女が契約する必要など無いわ」キリ

マミ「じゃあ、試したい人~」

ハイハイハーイ

さやか「心配だわ」

恭介「何?凄く嫌な予感がするけど…」ビクビク



96 :本文 2012/05/12(土) 19:28:30 ID:JornN8bA


ーー
ニケ「ククリは?」

ククリ「どうだろ…?」

ニケ(まぁ…こっちに来てストレスもあるだろうしなぁ…)

ほむら「マミはどう?」

マミ「うーん…いまいち手応えが無いのよね…」パァァァ

恭介「腕が光ってる…」

恭介(何やってるんだ、この人達…怖いくらい目的を教えてくれないし…)



97 :本文 2012/05/12(土) 19:30:33 ID:SHKXeElQ

さやか「やっぱり私が…」

QB「!」ピク

ギップル「ギップリャ」ガバッ

QB「ア~」モゴモゴ

ほむら「そのまま、外に捨てなさい」

ギップル「ハ~イ」ポイ

QB「ちょっ…ここ6階ダョ…

ヒュー…



98 :本文 2012/05/12(土) 19:34:28 ID:JornN8bA

レイド「こんな時こそ!」

カヤ「闇魔法の出番だな…」

さやか「出来るの!?」

カヤ「人体の再構築など軽い軽い」

杏子「だったら、もう二度と怪我しないように強くできないのか?」

レイド「どうせなら、カッコ良く無いとな!」

ニケ「肩にトゲがあると良いかも」

ジュジュ「壁を一撃で壊すぐらいの腕力とか?」

マミ「キャー☆凄いわ!それなら緊急時の暴走は定番よね!」

…ヤイノヤイノ

ほむら「さやか…今更だけど…」

さやか「…」

ほむら「悪い予感しかしないわ」ファサッ

さやか「ほ、ん、と、に、ね」



99 :本文 2012/05/12(土) 19:40:23 ID:6isCfvx2


ーー
…病院、屋上

QB「魔法少女になっただけでエラく険悪な雰囲気だね…」

さやか「…」

マミ「…うん」

ニケ「…あぁ」

ほむら「…えぇ」

杏子「…おぅ」

ククリ「本当にごめんなさいっ」ウルウル

まどか「ごっ、ごめんなさい!」ウルウル

レイド「…正直すまんかった!」

カヤ「ふん、魔界の美学も分からんとは…」

ギップル「ここは風が気持ち良いですねぇ」バサバサ



100 :本文 2012/05/12(土) 19:49:27 ID:upCJ7YQ6

さやか「まどか達は良いわよ、私と一緒に止めようとしてくれたし…」

さやか「…」

さやか「う…」

さやか「動くようになったのは凄いと思ったけど…」

スゥー…

さやか「腕がバイオリンより大きくてどうすんのさ!!」

さやか「どうすんのさーーーっ!!!」

マミ「その方が…カッコ…よかったし…」



101 :本文 2012/05/12(土) 19:52:59 ID:D2.zLzVU

さやか「そして、あのトゲ!!肩どころかそこらじゅうに生えてたじゃない!!」

レイド「つ、強そうだったろ?」

さやか「おい、そこの老いぼれ」

カヤ「…」

さやか「腕を紫にする意味は何処にあった?」

カヤ「…」フン

杏子「わ、私は紫好きだよ?」

さやか「そういう事じゃねぇーー!!」

杏子「ひっ」



102 :本文 2012/05/12(土) 19:57:36 ID:upCJ7YQ6

ほむら「で、でも…」

さやか「何!?」

ほむら「さやかの願いも問題あったわよ…」

カヤ「そうだな…『腕を元に戻してほしい』とは…」

ほむら「確かに戻ったわよね…怪我までバッチリ…」

さやか「うっ」

カヤ「再度、動くようにしたのは私だ…」

さやか「ううっ」

カヤ「本来は治らない筈だった怪我なのだろう?」ギロ

さやか「うううっ」

カヤ「別の道を考えさせるのも、伴侶の役目では無いか?」

さやか「うえっ?…///…そんな、伴侶だなんて…」

カヤ(こいつ、赤毛以上だな…)

ほむら「…」



103 :本文 2012/05/12(土) 20:03:24 ID:AyGaBSkk

ニケ「まぁ、幸い当人は気絶したんだし夢で納得してくれるさ!」

ほむら(そりゃ、自分の腕があんな事になったら気絶するわ)

さやか「うぅ~…だと、良いけど」

ニケ「ほら、早く行ってあげなよ…怖い夢を見たあとは誰か安心する人が居てやらないと…」ニコ

杏子(こいつら…)

さやか「…そ…そうだね…行ってくるよ!」スタスタ

タッタッタ…

ジュジュ「単純な娘ね」

ほむら「何処に行ってたの?」

ジュジュ「寝てたわ」



104 :本文 2012/05/12(土) 20:08:29 ID:8jVHxkaI

まどか「…でも、大丈夫かな…魔法少女になって…」

ほむら「まぁ…私の話を理解した上で決めたのだから…」

ほむら(それでも、大丈夫だと言えないのがさやかなのよね…)

レイド「だいたい、結果こそ変われど俺らあんなに怒られる事したか?」

マミ「まぁ、そこはほら…期待させたんだし…」

ニケ「…釈然とはしないよな…」

一同『…』



105 :本文 2012/05/12(土) 20:10:43 ID:Lci2dW46


ーー
…夜、工場内

マミ「じゃあ、皆宜しくね」ニコ

レイド「ハッハッハ!任せておけ!」

カヤ「…」

ニケ「…」ジー

マミ「…」バシッ

ニケ「イタッ」

マミ「女の子をジロジロ見るんじゃありません!ククリちゃんに嫌われるわよ?」

ニケ「ハハハ…」

まどか「…」ハラハラ

マミ「鹿目さんが来てくれて助かるわ…男の人ばかりなのも、ちょっとね…」ヒソヒソ

まどか「あ、足手まといですけど…」ティヘヘ



106 :本文 2012/05/12(土) 20:21:25 ID:JornN8bA

レイド「おい、何やら人間が集まってるぞ」

マミ「…魔女の口づけを受けてるわ!」

カヤ「それは何だ?」

マミ「操られてるって事です!」

カヤ「初めからそう言え」

マミ「…」

まどか「あ!仁美ちゃんもいる!」

マミ「知り合い?」

まどか「友達です!」タッタッタ

マミ「あ、ちょっと!勝手に動いたら!」

ニケ「仕方ない…俺が行くんで、マミさん達で魔女を!」スタター

ニケ(ギャラリーが多いなら…こっちの方が活躍できる!)

マミ「わかったわ!鹿目さんを頼みます!」



107 :本文 2012/05/12(土) 20:31:08 ID:eTVBzxNM

バチバチッ

マミ「行くわよ!」

グニャア…

レイド「面白い結界だな…勉強になる…」

カヤ「ぼっちゃん…来ますよ…」

レイド「カヤに任せるよ…」キョロキョロ

レイド(ピンクボムも居ないしな…)フムフム

マミ「ちょっと、少しは緊張感を持ってくれないかしら?」

カヤ「来たぞ、天使の姿とは気に食わん」

パタパタパタパタパタパタパタパタ…

マミ「全員、打ち落としてやるわ…」カチャ

カヤ「伏せていろ」ゾワ

マミ「!」ビクッ…サッ

マミ(何?凄い威圧感…ただでさえ顔が怖いのに…)



108 :本文 2012/05/12(土) 20:39:37 ID:Bz/9HwKU

カヤ「ふん…」ボッ

ボボボボボボボボボッ…

マミ(なにこれ!無数の焔の矢が!格好いいわ!格好いいじゃない!)キャー

カヤ「…」クイ

ヒュヒュヒュヒュヒュ…ボンボンボンボンボンボンボンッ!!

マミ「全弾命中、やるわね…」

カヤ「いや、あの箱が本体の様だな…明らかに素早い…」

ブラウン管「…」イェイイェイ

カヤ「ちっ」



109 :本文 2012/05/12(土) 20:43:41 ID:5PyTxocg

マミ「私が動きを止めるわ」タッ

ブラウン管「!」イェイ!?

マミ「逃がさないわ!」シュルル

ブラウン管「!?」ガシッ

マミ「…止めよ」カチャ

カヤ「よくやった」スッ

マミ「ティロ・フィナーレ!!!」

カヤ「ゴールデン・ハンマー!」

バリーン!!

レイド(あいつら格好いいな…いいな…)メモメモ



110 :本文 2012/05/12(土) 20:46:16 ID:5PyTxocg



マミ「こっちも無事だったみたいね」ホッ

まどか「はい!ニケ君もありがとね」ティヒヒ

ニケ「なんのなんの」ハッハッハ

ニケ(バケツを投げるだけの簡単な仕事だった…)

マミ(しかし、暁美さんの言った通りだわ…身体能力こそ勝ってるけど、魔法の火力は桁違いね…場馴れしてるみたいだし…)

QB「これは何か手を打たないと不味いかもね…」コソコソ

ギップル「そうなんですか?」コソコソ

QB「…」

ギップル「…」フヨフヨ

QB「なんで居るの?」

ギップル「こそこそ出掛けるのが見えたもので…」フヨフヨ

QB「…」

ギップル「ギップリャ」ガバッ



113 :本文 2012/05/12(土) 22:22:56 ID:NmPo1lhA


ーー
…マミホーム

マミ「ただいま」ガチャ

マミ(ただいまと言える幸せ)

ククリ「お帰りなさい!マミさん!勇者様!」ニパー

マミ(お帰りと言ってくれる幸せ!)

ニケ「おう、ただいま」

マミ(貫禄あるわね…私の家なのに…)

ほむら「…まどかは?」

マミ「もう、遅いし帰ったわよ?」

ほむら「…」シュン

杏子「で、ほむら…さっきの話しどうすんだ?」

マミ「さっきの話し?」

ほむら「…ああ、そうね…」



114 :本文 2012/05/12(土) 22:24:04 ID:JUHYwJnI



マミ「と、言うわけで。男性陣にはベランダのテント(ギップル)に行ってもらったけど…」

杏子「実はさやかの事何だが…」チラ

ほむら「…」コクリ

ジュジュ「…魔法少女になったのよね…」

ほむら「そう、今後の指導もそうだけど…それより問題なのが…」

ククリ「?」

ほむら「…おそらく、近いうちに魔女化するわ」

マミ「ブッ…ケホッ…え?え?何で?」



115 :本文 2012/05/12(土) 22:27:32 ID:JUHYwJnI

ほむら「上條恭介に女が出来るのよ…」

杏子「ほむらの話だと退院したあと女に告白されるらしい…」

ジュジュ「それを迷いなく受けるそうよ」

マミ「あ~…距離が近すぎて恋愛対象に見られてないと言うヤツね…」キリッ

マミ(そういうのは、漫画の世界だけじゃないのね…)

ククリ「さやかさん、振られちゃうなんて…」

ほむら「いえ、告白すらしないから…」

マミ「え?してないの?」

ほむら「そうよ、私が見るに告白さえすれば上手く行きそうなんだけど…」

杏子「だから、それをどうにかしようぜって話」



116 :本文 2012/05/12(土) 22:31:20 ID:AyGaBSkk

マミ「何で、告白しないのよ!」

ほむら「臆病なのを棚に上げて、毎回何かしらの理由を付けるのよ…今回の場合は『私、もう人間じゃ無いし』ね…」

杏子「あー」

ククリ「…さやかさん」ウルウル

ほむら「大丈夫よ…何度か魔法少女に成らない世界もあったけど『~~になら任せられるよ』だったから」

ジュジュ「うわぁ」

ほむら「因みに、ワルプルギスまでの彼女の魔女化率は驚異の100%よ」

マミ「…」

杏子「…」

ククリ「じゃあ、どうにか告白させないと…」

ジュジュ「振られたりしてね」

マミ「…」

杏子「…」

ほむら「…」



117 :本文 2012/05/12(土) 22:42:14 ID:6isCfvx2

マミ「コホン…その話…契約前に美樹さんに言っておくべきじゃ無かったかしら?」

杏子「そうだよ!それだよ!」

ほむら「今までで、試さなかったと思うの?」

ほむら「…」

ほむら「…酷かったわ…」

ジュジュ「まぁ、彼女…むきになりそうだものね…」

ほむら「…そう、『私は恭介のバイオリンが聞きたいだけなんだ!』みたいな台詞を吐いて2日で魔女化したわ」

杏子「はやっ」

マミ「精神面が酷いわね」

ほむら(巴マミ…)

杏子「にしても、早くないか?」

ほむら「未来の事なのに、上條恭介を問い詰めて、当たり散らして普通に嫌われたのよ」

ジュジュ「あちゃ」

杏子「そりゃ嫌われるわ」

ほむら「この際、恨まれても良いから告白させたいの…どうすれば良いかしら?」



118 :本文 2012/05/12(土) 22:43:13 ID:upCJ7YQ6

杏子(あたしの幻術で…いや、しかし…)フルフル

マミ(ここは漫画の知識を参考にして…)

ジュジュ「洗脳しちゃえば?」

ククリ「うーん…告白って恥ずかしいもんね」

杏子「とりあえず、一人ずつ試してみようぜ?」

ほむら「そうね…健闘を祈るわ」



119 :本文 2012/05/12(土) 22:45:10 ID:QohmsnsI


ーー
ワンチン「偉大なる次の日」

…病院内、個室病棟

マミ「まずは私なのね…」

マミ(美樹さんに交渉は無理みたいだから、上條君に意識してもらわないとね♪)

コンコン

恭介「どおぞ」

マミ「こんにちわ」ニコ

恭介「えっと…?」

恭介(あれ?夢の中で…いやそんなはずは…)

マミ「私は巴マミ。美樹さんの友人よ」

恭介「あぁ、さやかの…」



120 :本文 2012/05/12(土) 22:51:57 ID:6isCfvx2

マミ「腕の調子はどう?美樹さんが気にしてたわよ…」

恭介「ハハハ…ありがとうございます。すっかり良くなって、早めに退院出来そうなんです」

マミ「良かったわ…美樹さん、貴方の話ばかりするから」

恭介「僕の…ですか?」

マミ(来たわ!)

マミ「そうよ?とても楽しそうに貴方の事を話すの…」

恭介「そっか…さやかが…」

マミ(効いてる!畳み掛けるわ!)

マミ「上條君!」ギュ

恭介「わ、わわ」///

恭介(ちょっ…胸が胸が胸が胸が胸が!?)

マミ「退院する前に…本当に貴方を大切に思っている人の事を考えてあげてね?」ジッ

恭介(胸が胸が胸が胸が上目遣い胸が上目遣い上目遣い胸が…)



121 :本文 2012/05/12(土) 22:53:28 ID:6w7gPOhk





恭介「さやか…」

さやか「どうしたの?」

恭介「巴さんってさ…素敵な人だよね…」

さやか「?」



ほむら「悪化してるじゃない!」ギュー

マミ「ヒタイヒタイ…ホッヘタヒッファラナヒでぇ…」

ジュジュ「魔乳」サワサワ

マミ「ヒョッ!?」///

杏子「次は私だな!」



122 :本文 2012/05/12(土) 23:14:49 ID:QohmsnsI


ーー
杏子「ちょうど夜だ…」

杏子(あいつが魔女化すれば、私に迷惑がかかる…即ちこれはあくまでも自分の為の魔法であって…)モゴモゴ

杏子「…」

杏子「…」///

杏子「…」

杏子「…よし!あの男にさやかが告白してくる夢を見せれば明日からは意識すんだろ!」

杏子「よーし、いっけぇ~!」ウナサレロー




123 :本文 2012/05/12(土) 23:16:43 ID:upCJ7YQ6

恭介「もう、消灯か…」

さやか「…」ボヤー

恭介「わっ!さ、さやか?…何で…こんな時間に…」キョロキョロ

さやか「恭介…」

恭介「な、何?」

さやか「私ね…恭介の事…好きだよ?」

恭介「え?」

さやか「私は、恭介の事が好き…」

恭介「さ、さやか」///

さやか「恭介が好き…恭介が好き…」

恭介「さやか?」

さやか2「恭介が好き…恭介が好き…」ボヤー

さやか3「恭介好き…恭介好き…」ボヤー

さやか「恭介好き恭介好き恭介好き恭介好き」

恭介「う…うわぁぁぁあああ!!!」



124 :本文 2012/05/12(土) 23:18:13 ID:upCJ7YQ6





看護師「上條君ならリハビリから戻って来ないのよね…体動かせるのが嬉しいみたい」フフッ

さやか「そう、ですか」シュン



恭介「さやか…帰ったかな?」ガクガクブルブル



ほむら「な、に、を、し、た、の、よ!」グググ

杏子「インパクトあった方が良いかなって…くるしっ…ギブギブ!」

マミ「次は暁美さんよね?」

ほむら「私、さんざんやって来たけど?」

マミ「だからこそよ…やって無い事もあるでしょう?」

ほむら「…」



125 :本文 2012/05/12(土) 23:49:34 ID:UTHv7Tf6


ーー
ほむら「さやか…」

さやか「何?」

ほむら「上條恭介に…告白しなさい」

仁美「…」

まどか「えっ?えっ?」キョロキョロ

さやか「///…なにさぁ急に…」

ほむら「捕られてからじゃ遅いのよ?」チラ

仁美「…」

仁美「確かに…自分の気持ちには正直であるべきですわ」

さやか「仁美まで…まさか、あんた達恭介の事…」

仁美「…じつh

ほむら「なっ!…あんな、ヒョロヒョロのバイオリン馬鹿を好きになるわけ無いでしょう?私の理想は慈愛に満ちた女神の様な人よ…腕の一本で幼馴染みに当たり散らす様な男に用は無いわ。物好きもいるんだから早めに動けって言ってるのよ!」

ほむら(まどかの前でなんて事言うのよ!この馬ヤ鹿は!!)イラッ



126 :本文 2012/05/12(土) 23:50:35 ID:UTHv7Tf6

さやか「…」

ほむら「あ」

まどか「…ほむらちゃん、今のは…」

仁美「物好き…」

さやか「…」



ほむら「駄目だったわ」ファサッ

杏子「カッコつけんな」

ほむら「あと、ちょっと三人との関係がギクシャクしたわ…」シュン

マミ「ドンマイ!暁美さんドンマイ!」

杏子「次はククリな…」

ククリ「う~」

ククリ「幸せな気持ちを共有できたら、告白もしやすいかも…」



132 :本文 2012/05/13(日) 19:02:24 ID:zKlPPKqo


ーー
タッタッタ

さやか(退院したなら言ってくれても良いのに…)

さやか「!」

~♪~♪

さやか(バイオリン…恭介…)フフ

~♪



133 :本文 2012/05/13(日) 19:03:14 ID:NdFjxEpA

ククリ「わ、おっきなお家」フヨフヨ

杏子「恵まれてるねぇ」

ほむら「これ凄いわね、くれない?」

ヨンヨン「ヨンヨン」フヨフヨ

ククリ「あはは…」ナデナデ

マミ「乗り心地も良いわね…」

杏子「で?どうすんの?」

ククリ「ヨンヨンちゃん、屋根に着けて」

ヨンヨン「ヨンヨン」スイー

ククリ「じゃあ、行ってきますね」ピョン

シュー…パァァァ

マミ「バリエーション豊富なのは羨ましいわね…」



134 :本文 2012/05/13(日) 19:06:47 ID:zKlPPKqo

<夢の回転木馬>

恭介「…」~♪

キラキラ

恭介「ん?あれ…僕いつの間にメリーゴーランドなんかに…」

~♪~♪

幼さやか「きょーすけー」フリフリ

恭介「あぁ、懐かしいな…」

小学さやか「…よかったよ!恭介!」パチパチ

恭介(そうだった…僕の思い出にはいつだってさやかが居て…)

中学さやか「何いってんのさ!きっと治るって!」グッ

恭介(事故の後も、さやかだけは変わらず接してくれたっけ…)

~♪~♪

恭介(なんて心地好い曲…今度…さやかに…きちんと……お礼…を…)ズル

…カラン

ドサッ



135 :本文 2012/05/13(日) 19:11:51 ID:NdFjxEpA

さやか「何?今のおと?!バイオリン聞こえなくなったし!」

ピンポーンピンポーン

杏子「ククリのやつ、何かワタワタしてるぞ」

ほむら「あ…戻ってきた…」

ククリ「病み上がりだって忘れてた…」グス

マミ「?」

…キョースケー!!!!

ククリ「…幻と一緒に衰弱効果があるの」グスン



ピーポーピーポー



136 :本文 2012/05/13(日) 19:19:34 ID:AAvtqbGA



杏子「再入院だって」

ほむら「何はともあれ、グッジョブよ!」

ククリ「え~」

マミ「問題の先のばしにしか思えないけど…」

まどか「…」



137 :本文 2012/05/13(日) 19:40:35 ID:sZGAG3uY

ほむら「あれ?まどかの幻が見える…」

まどか「本物だよ!」

ほむら「え?」

まどか「杏子ちゃんに聞いたんだよ!…そういう事なら、私も混ぜて欲しかったな…」シュン

ほむら「ごごごごめんなさいぃぃ」ゲザァ

ジュジュ「美しい完璧な土下座ね…」メモメモ

杏子「ジュジュも何かやるか?」

ジュジュ「じゃあ、思いで作りに」ニヤリ

杏子「おう、頑張れ」

まどか(みんな、絶対楽しんでるよね…)

ククリ(ジュジュちゃんが一番無茶しそう…)



138 :本文 2012/05/13(日) 19:49:00 ID:GkAF9g.g


ーー
…病院内、個室病棟

恭介「ん?…」パチ

恭介(あぁ…ひさしぶりの練習で熱を入れすぎちゃったかな…ん?)

スー…スー…

恭介「さやか…」

さやか「…」スースー

恭介「ずっと手を繋いでいてくれたのか…」

恭介(また、心配かけちゃったかな…)ナデナデ

恭介「…ありがとう」ボソ

さやか(な…撫でられとる…頭撫でられとるーー!)///

さやか(うとうとしてただけなのに!…起きるに起きれない!何か勿体無い!…う~、私絶対顔真っ赤だ…)///



139 :本文 2012/05/13(日) 20:32:44 ID:vuTHWc0k



ジュジュ「おい」

ジュジュ「おい!」

ジュジュ「うぉい!」

ククリ「まぁまぁ」

ジュジュ「チッ…何か上手い事行きそうじゃない」チッ

杏子(何する気だったんだか…)

ほむら「まだよ…まだ安心出来ないわ…あのさやかなのよ?」

まどか(う…否定出来ないかも…)



140 :本文 2012/05/13(日) 20:34:04 ID:Gv61RJQU

マミ「それでもあの空気は、見てるこっちまで恥ずかしくなってくるわ」///

ニケ「確かに」

杏子「うおっ!?ニケ!?」

ニケ「数日も出番が無いとは何事か」

レイド「まったくだ!」

ジュジュ「奥手ね…早く襲いなさいよ」イライラ

ヨンヨン「ヨン…ヨン」オモイ



141 :本文 2012/05/13(日) 20:36:03 ID:Gv61RJQU



さやか「…」ピクッ

恭介「さやか…起きたかい?」

さやか「///」コクリ

恭介「さやか?顔が真っ赤だよ?」

さやか「う…あぅ…」///

恭介「…」///

さやか「…」///

ガラッ

カヤ「…」



142 :本文 2012/05/13(日) 20:41:04 ID:Gv61RJQU

恭介「…」

さやか「…」

カヤ「違ったか」

ピシャ

…シーン

恭介「…」

さやか「…」



143 :本文 2012/05/13(日) 21:20:30 ID:Gv61RJQU

恭介「…」

さやか「…え?」

ガラッ

ギップル「…」フヨフヨ

QB「ムー!ムー!」ジタジタ

ギップル「おや?ここじゃない?」

ピシャ

…ボクヲトキハナテ!…ボクハキューベーダゾ!

恭介「…え?夢?」

さやか「そうだね…夢だろうね…私帰るね…」



144 :本文 2012/05/13(日) 21:21:32 ID:Gv61RJQU



ほむら「…」

マミ「…」

杏子「あのっ…あのタイミングでっ…」ゲラゲラ

ニケ「…」

ニケ(濡れ場がない…だと…)

ジュジュ「あいつらは…」

まどか(さやかちゃん可哀想)

ククリ「…いい雰囲気だったのに~」ガッカリ

レイド(凹んでるピンクボムも良いなぁ)



145 :本文 2012/05/13(日) 21:30:28 ID:5zuQDveQ



さやか「じゃ…ゆっくり療養しなよ。腕は治ってるんだから焦らない事…」トボトボ

恭介「さやか…」

さやか「?」

恭介「この腕は…奇跡かな?」

さやか「…」

さやか「…きっとね」クス

恭介「それとも」

さやか「?」

恭介「それとも…さやかの魔法…かな?」

さやか「…」

恭介「…」

さやか「…」

さやか「…も~変なこと言わないでよ~!恭介がそんな冗談を言うなんてね~!意外だぞ~!」

ガラッ…タッタッタ…



146 :本文 2012/05/13(日) 21:36:53 ID:AAvtqbGA

恭介「うん、ありがとう…解ったよ…さやかは嘘が下手だからね…」

ギップル「…」

恭介「おうっ!?」

ギップル「『それとも…さやかの魔法…かな?』」

恭介「!」

ギップル「『それとも…さやかの…』」

恭介「わー!何だ君は!」///

ギップル「『魔法…かな?』」

恭介「イヤー!!ダメー!!」///



ソレトモ…サヤカノ…ヤメテー…



147 :本文 2012/05/13(日) 21:39:32 ID:qvzG8mUk

ほむら「まさかまさかの上手く行きそうだわ…」ホムー

ニケ(ギップル…生き生きしてるなぁ)

まどか「ティヒヒ良かった…じゃあ私帰るね」

ククリ「ヨンヨンで送るね?」

まどか「ありがと、ククリちゃん」

マミ(この二人も、雰囲気似てるわよね…)



…病院内、自販機横

QB「訳がわからない…少なくとも突然ゴミ箱に捨てられる事が日常化しているのは問題だよね…」グスン



148 :本文 2012/05/13(日) 21:57:26 ID:5zuQDveQ


ーー
…オフィス街、某所

杏子「やっとあたしの番か」コキッコキッ

さやか「いっちょ、やってやりますか!」

杏子「さやかは魔女戦は初めて何だから、あんま突っ走んなよ…」

ジュジュ「…」ファァ

ニケ「…」キョロキョロ

ニケ(今度こそ…目立つ!)

トマ「皆さん!頑張りましょう!」

ジュジュ「!」ジー

トマ「どうしたんです?目が怖いですよ…」

ジュジュ「本物だわ」

トマ「…」シクシク



149 :本文 2012/05/13(日) 22:04:12 ID:AAvtqbGA



ニケ「うわ~おっきいな~」ホケー

ジュジュ「おっきいわね」

トマ「巨大ですね~」

さやか「あれが本体?」

杏子「だな」

さやか「あれ、大阪に立ってるヤツに似てるね」

杏子「太陽の塔だっけ?」

さやか「そうそう、バクザンが作ったやつ」ポヤー

杏子「あれ、バクザンなんだ~へ~」ポヘー

さやか「バクザンすごいよね」

杏子「凄いよな」

ジュジュ「バクザンは凄い、と」メモメモ

太陽の塔「…」



150 :本文 2012/05/13(日) 22:05:02 ID:sZGAG3uY

トマ「よいしょ…よいしょ…」ガチャガチャ

ニケ「何それ」

トマ「どうです!アラハビカで開発した戦闘用衣類6号です!」

ニケ「…うん、強そうではあるね…」

トマ「そうでしょう、そうでしょう」ウンウン

ジュジュ「だっさ」

杏子「だせぇ」

トマ「!!!!」ガーーーン

QB「…」チラ

QB「なるほど今回は馬鹿だけで組んだんだね」コソコソ

ギップル「学習しないと言う意味では、貴方も変わりませんよ?」フヨフヨ

QB「はっ!?」クルッ



151 :本文 2012/05/13(日) 22:20:09 ID:GkAF9g.g


ーー
ザクザクザクッ…

杏子「なるほど、近付く迄はなにもしてこないのか…」

さやか「でも、あの蔦みたいなのはやっかいだね」スタッ

ニケ(いい感じの空気だな…よし!)

ニケ「ここは俺にm

トマ「僕に任せてください!」

ジュジュ「あぁ、起きたの?」

トマ「寝てませんよ!」

杏子「茫然自失だったじゃねぇか…」

さやか(ボーゼ…?…うん)

トマ「これの威力をお見せします!戦いに重きを置いたので、た、ま、た、ま、デザインは微妙かも知れませんが!」

ニケ「あぁ…うん…好きにしたらいいよ…」

ジュジュ(根に持つのよね…)



152 :本文 2012/05/13(日) 22:22:24 ID:eTh.Npmk

トマ「ありがとうございます!」ダッ

杏子「おいおい、本当に大丈夫か?」

ジュジュ「まぁ、単純な戦闘力はニケ君より上だし…」

さやか「え!?そうなの?以外だね」

エーイ…チュドーンチュドーン…ビィヨヨーン…ガンガン…

ニケ「そうなんだよなぁ…魔技師恐るべし…」

杏子「魔技師?」

ジュジュ「自作の武器や技術で戦う職業よ」

さやか「あっ」

ビィヨヨーンビィヨヨーン…カキーン…ドーン…ウワー

杏子「どうした、さやか?」

さやか「ほむらに魔法の笛を貰ってたんだ…魔法少女になる前だったから護身用に…」



153 :本文 2012/05/13(日) 22:28:53 ID:SsMp2W6I

杏子「へ~、何が出来るんだ?」

さやか「知らない」

ジュジュ「何の魔力も感じないけど?」

さやか「えっ?」

ニケ「どっかで見たような…」

ヒーイヤー…タスケテー…ナンテネ!…ドーンドカーン!!!!

杏子「まぁ、まどかにやるにしても、一回吹いてみろよ」

さやか「…」ワクワク

ニケ「あれは確か…」

…ピーヒャ♪

杏子「間の抜けた音だな」



154 :本文 2012/05/13(日) 22:36:02 ID:NdFjxEpA

ピーヒャラー…

さやか「あれ?吹いてないのに笛の音が?」

ピーヒャ…ピーヒャラー…ピヒラリラー

ニケ(あぁ…思い出した…)

ジュジュ「最悪だわ」

ドドドドド…

杏子「なんだ!魔女の方から…」



155 :本文 2012/05/13(日) 22:47:55 ID:E6CLGE6Q

アドバーグ「お」ドドド…

アドバーグ「よ」ドドド…

アドバーグ「び」ドドド…

さやか「何あの砂煙…ここ結界だよね…」

アドバーグ「で」ドドド…

アドバーグ「す」ドドド…

アドバーグ「か」ドドド…

ドドドドド…バコーン…ギャー

杏子「魔女が吹っ飛んだ!?」

アドバーグ「なーーーー!?!?」ドドド…

ズザザザ…モクモク

アドバーグ「ほむらど…おぉ!勇者殿でしたか!…探しましたぞぉ!!」ダバー

杏子「キャァァァアアア!!」///

さやか「イヤァァァアア!?!?」///



156 :本文 2012/05/13(日) 22:50:40 ID:i67jp9mg

ニケ(以外に可愛い声出すなぁ)

ジュジュ「煩悩除去」ボコン

ニケ「痛い」ゴチン

バリーン

ニケ「あ、終わったみたいだな」

ジュジュ「そうね、終わってるわ…」

杏子「ちょっ///…来るな!来ないの!」

さやか「ヒィィイイ…」ペタン←腰が抜けた

アドバーグ「お二人は躍りに興味はありますかな?」ズイズイ

さやか&杏子『無いです!無いです!』ブルブル

ニケ「終わってるね」

ジュジュ「連れて帰るの?」

ニケ「…」

…ミナサンドウデシタカ?…アレ?…ミナサーン?…ミーナサーン!?



157 :本文 2012/05/13(日) 22:58:02 ID:i67jp9mg


ーー
…少し離れた場所

ギップル「やりますねぇ…」

QB「キュププイ…何度も同じては食わないよ!」ハァハァ

ギップル「それにしては、疲れが見えておりますが…」

QB「っ!…確かに規定の活動領域は越えてるからね、この個体形状では限界があるさ…」ハァハァ

ギップル「では…」

QB「キュップイ!」バッ

ギップル「ギップリャ!」バサッ

ガバッ…ジタジタ…

QB「キュププ…無念…」ガクッ

ギップル「勝った」



ほむら「何だかんだ、仲良いわね…」コソコソ



158 :本文 2012/05/13(日) 23:06:57 ID:E6CLGE6Q


ーー
杏子「さやかに何も教えらんなかった…」

さやか「あの状況では仕方ないよ…」

ほむら「異世界組の力はどうだった?」

杏子「あの存在感無い奴でさえ、魔女を一方的だったし…何より腰ミノだよ…」

ほむら「そう…」

杏子「あのスピード、パワー…あの親父だけは身体能力も私達の上を行ってるね…」

ほむら「そう…そうなのよね」

杏子(ただ認めたく無いんだよな)

ほむら(でも認めたく無いのよね)

マミ「ちょっと良いかしら?」

さやか「なんです?」



159 :本文 2012/05/13(日) 23:09:32 ID:QAJJxjHY

マミ「あのおじさんは

さやか「まぁまぁ」

マミ「まぁまぁ、じゃなくて何でわt

杏子「いーからいーから」

マミ「まさかこのまま泊まっ

ほむら「後はワルプルギスまで目ぼしい魔女は居ないわ」

マミ「…」

まどか「…」ハラハラ

マミ「まず、彼を誰g

杏子「って事は、さやかの教育は使い魔見つけてやんないとだな!」

マミ「…」

ほむら(マミには悪いけど…このまま、なぁなぁにして私は帰らせて貰うわ…)チラ

杏子「…」コクリ

ほむら(うちでの滞在を条件に杏子の協力もある…)ホムホム



160 :本文 2012/05/13(日) 23:19:32 ID:uo8pVZ0I

マミ「…」

マミ「…」ブワッ

ほむら&杏子『!』ビクッ

まどか「…わわ、駄目かも知れないけどパパに聞いてみますね!」

ほむら「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!?」

さやか「驚きすぎだろ」

マミ「良いのよ…気にしなくて良いの…」グスグス

ほむら「そうよ!まどかが気にする事じゃ無いわ!」



161 :本文 2012/05/13(日) 23:22:03 ID:uo8pVZ0I

ほむら(万が一…万が一にでもまどかの所に泊まるような事になったら…)

ほむら(純粋で優しいまどかの事だから…きっと抵抗なく躍りを教え込まれるわ…)

ほむら「…」ガタガタ

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら(そして、まどかが腰ミノを…)

ほむら「…」ギリギリ

まどか「大丈夫!?ほむらちゃん!?」

ほむら「はっ!…大丈夫、大丈夫よ」



162 :本文 2012/05/13(日) 23:23:42 ID:bRztZVN6

ほむら「とにかく、マミと私で話し合うから、まどかは気にしなくて良いわ」ニコ

杏子「ちっ…しょうがねぇか」ハァ

ほむら「貴女も引き続き泊めるから安心して…」

杏子「良いのか?」

ほむら「ええ」

マミ「でも、話し合いって言っても…」

ほむら(決まるはず無いでしょう…)

ほむら「くじよ」

ほむら「…くじで決めましょう」



163 :本文 2012/05/13(日) 23:45:06 ID:Tm6qQo1Q


ーー
ほむら「…」

マミ「あの…」

ほむら「…」

マミ「暁美さん?」

ほむら「…」

マミ「や、やり直そうか?」

ほむら「…」

ほむら「それには及ばないわ…」

…結果
マミホーム/ホムホーム
ジュジュ /ニケ
ククリ  /カヤ
レイド  /アドバーグ
ギップル /トマ



164 :本文 2012/05/14(月) 00:07:31 ID:2JTVCgLc

ほむら「…」

まどか「わ、私ほむらちゃん家に泊まれるか聞いてみるね?」

ほむら「駄目よ!危険だわ!」ブンブン

ほむら(いつもなら最高の台詞なのに…)

杏子「まぁ、私もいるしさ」ポン

ほむら「あんこ…」

杏子「やっぱ、マミん家泊めて貰うわ」

ほむら「冗談!冗談よ!」

QB「僕もそっちに行って良いかい?」

ほむら「珍しいわね…何故?」

QB「…」チラ

ギップル「…」フヨフヨ

ほむら「なるほど、構わないわよ」

ほむら(このQBは、特にまどかに契約を勧める事もしないし…やっぱり感情のせいかしら?)



165 :本文 2012/05/14(月) 00:09:43 ID:BdLl/InE

レイド(ヒャッホー!ピンクボムと同じだ!!しかもラッキースターとは別!今だけはアンラッキースターと呼ばせてもらうぞ!)ニヤニヤ

さやか「心の声が顔に出すぎてる」

ジュジュ「気持ち悪い」

ほむら(楽しそうで何よりだわ)チラ

アドバーグ「…」

カヤ「…」

ニケ(今日からは乳に想いを馳せる事叶わずか…)

ほむら「…」ハァ

ニケ「ため息ですか?夢が詰まってませんものね…」

ほむら「何よそれ」

ニケ「いや、こっちの話」



167 :本文 2012/05/14(月) 12:53:22 ID:2JTVCgLc


ーー
ワンチン「偉大なる夜」

…ホムホーム

アドバーグ「腰をもっとこう」クイクイッ

杏子「アハハハッ!…こうかい?」クイクイッ

アドバーグ「おぉ~!…素晴らしい飲み込みの早さ!このアドバーグ感動ですぞ!」

ほむら(以外にも雑談してるうちに、杏子が意気投合し始めた…)ホムー

ほむら「見てて気付いたけど、それ初めは女性の踊りだったのね…杏子だと違和感がないわ、フラみたいよ?」

杏子「そうか?」ケラケラ



168 :本文 2012/05/14(月) 12:56:03 ID:Y48Hak.c

カヤ「おい」

ほむら「あら、何かしら」

カヤ「まともに話せそうなのが、上手く集まってるからな…状況を細かく聞かせろ」

QB「…」

カヤ「それとも、まだ問題ある者がいるか?」

ほむら「いえ…」

ニケ「…ワルプルギスだっけ?いつ来るんだ?」

杏子「私も混ぜろ…」

ほむら「ちょうど一週間後よ…出現予測地点はここからここまで」スッ

カヤ「この情報はグルグル使いにも伝えておけ…設置型の魔法が使えるはずだ」

ほむら「なるほど、そういうのは助かるわ」

ニケ「結界の中じゃ無いなら、戦いの幅もでる…かな?」



169 :本文 2012/05/14(月) 12:58:44 ID:BdLl/InE

杏子「そういや、あんたら帰る算段はついてるのかい?」

ニケ「…今のところ大丈夫かな」

カヤ「…そのワルプルギスとの戦闘で誰も犠牲者が出なければ、な」

ほむら&杏子『?』

カヤ「グルグル使いの魔法は心の様が強く影響する」

ニケ「悲しんだりして心が不安定なら魔法は上手く行かないんだ」

ほむら「そうだったの…」

ニケ「でも、最近は安定してグルグルも使えてるけど」ハッハッハ

カヤ「そうだ…その分効果は弱くなっている。大人になり始めてるのだ」

杏子「大人になったら駄目なのか?」

ニケ「グルグルは子供の時しか使えないんだよ…」

QB「へぇ、興味深いね」



170 :本文 2012/05/14(月) 13:00:51 ID:S/for9so

カヤ「もっとも心が揺れ動く子供だからこそ、その反動や降り幅がグルグルの原動力となっている」

QB「ますます興味深いね!…エネルギーのシステムは魔法少女に酷似している!!」

ほむら「確かに…」

杏子「なぁ、そもそも正直な話。ワルプルギスには勝てそうなのかい?」

ほむら「ええ、恐らくは」

QB「まぁ、勝てるだろうね」

ほむら「…!…貴方からそんな台詞が出るなんて初めてだわ…」

QB「ほむらは気付いてたみたいだけど、僕はとっくに母星から精神疾患の認定をされてて、リンクも切られてるんだ…母星に肩入れしたり契約に奔走する必要はもう無いからね…」



171 :本文 2012/05/14(月) 13:14:40 ID:0jPz1HxQ

ほむら「それでまどかに契約を迫らないのね…」

QB「頼まれでもしない限り、魔法少女の契約は考えないよ。個体のスペアももう無いしね」

カヤ「ほぅ、異星者だったか」

QB「それからさっきの話だけど、勝てるとしても油断は出来ないと思うよ?それこそ犠牲無く倒せる程に脆い魔女で無いことは解っているだろう?」

ほむら「ええ…」

杏子「マジか…」

ニケ「それも心配だけど、魔法少女の仕組みをククリが理解したのもあるし…」

ニケ(その為の<恋するハート>を発動しようとしたら…)



172 :本文 2012/05/14(月) 13:20:43 ID:9E.hS4kQ

カヤ「ふむ、ついでだ…ほむらと言ったか?」

ほむら「何?」

カヤ「隠している事を話せ」

ほむら「!」

カヤ「そちらにも懸念している不測の事態があるのだろう?」

杏子「えっ?そんなのあんの?…まさか私の魔女化…とか?」ドキドキ

ほむら「違うわ」

杏子「ほっ」

ほむら「…まどかの事よ…」



173 :本文 2012/05/14(月) 13:30:49 ID:9E.hS4kQ


ーー
…マミホーム

さやか「何か私まで泊めて貰っちゃってすみません」ハハハ

マミ「気にしないで、賑やかなほうが楽しいわ」

ジュジュ「彼とは上手く行ってるみたいね」ニヤ

さやか「はっはっは~、何か互いに意識しちゃって大変だよ~」

レイド(まずい…想像以上に居心地悪いぞ)スタスタ…ガラッ

ギップル「おや、涼みに来ましたか?」

レイド「向こうの方が良かったかな…」

レイド(やはりラッキースターはラッキースターか…)



174 :本文 2012/05/14(月) 13:37:55 ID:HJ.XZ8q2

ククリ「…」

マミ「ククリちゃんどうしたの?」

ククリ「…いえ」

マミ「ニケ君が居ないから寂しい?」クス

ククリ「///…そうじゃ無くって…その」

さやか「?」

ククリ「ほむらさんはワルプルギスを越えるのが目的だって言ってたけど…それで魔法少女を辞められる訳じゃ無いですよね?」

マミ「そうね…」

さやか「まぁ、もうそこは仕方ないんじゃない?ククリが気にする所じゃないよ」ハハハ

ククリ「でも…」

ジュジュ「…」



175 :本文 2012/05/14(月) 13:49:06 ID:IvjP8LUQ

マミ「貴女は優しいのね…とても」ナデ

ククリ(今の私に、あの時みたいな<恋するハート>が使えたら…不安や怯えを無くして…そうすれば)グッ

ジュジュ「…」

ジュジュ(心の均衡を保とうとする程、出来てしまえば出来てしまうほど…貴女は子供から遠ざかって行ってるのよ…)

さやか「しかしさ、ニケのどこが良いの?」

さやか(レイドはベランダで何かしてるし聞いちゃお!…何より、暗い空気に耐えられない…)

さやか「ほらほら、さやかちゃんに教えなさ~い!ウリウリ~!」

ククリ「えぇ!勇者様の?」///

マミ「フフ、私も気になるわ」

ククリ「あぅ」///



176 :本文 2012/05/14(月) 13:50:18 ID:IvjP8LUQ

ククリ「…えっと…勇者様は…」

さやか「ふんふん」

ククリ「いつだって…私の手を引いてくれて…守ってくれて…」モゴモゴ///

マミ(可愛っ…)

ククリ「この花飾り!この花飾りも勇者様のプレゼントなんです…」ニパ///

さやか「ヒュー!!」

ジュジュ「ヒュー!!」

ククリ「///」プシュー

ジュジュ「あ、オーバーヒートしたわ」

マミ「フフフじゃあ、そろそろ寝ましょうか…」

さやか「そうですね~」



177 :本文 2012/05/14(月) 13:57:00 ID:2JTVCgLc



レイド「お、落ち着けって」ガシッ

ギップル「離してください!いま、確実に誰かが屁をこきました!」

レイド「殴られるって!俺も巻き込まれるって!」ガッ

ギップル「問い質さなければ!」ググ

レイド「だ、め、だ」グググ



178 :本文 2012/05/14(月) 19:09:13 ID:rGiqYPbs


ーー
…こうして

レイド「地雷をここら一帯に敷き詰めるか」

ほむら「危険じゃない?」

レイド「魔力にしか反応しない」

ほむら「ほむむ、凄いわね」

トマ「魔弾砲台も設置出来ましたよ」

ほむら「…」モクモク

レイド「…」テキパキ

トマ「…うぉい」



179 :本文 2012/05/14(月) 19:10:33 ID:Ru5aD0Xg

…それぞれの

杏子「だから、回復だけに頼んなっての!…急所に受けたら終わりだぞ!」

さやか「わーってるわよ!ついよ、つい!」

アドバーグ「では私と交替しますかな」ハッハッハ

杏子「頼むわ」

さやか「ちょっ!ちょっと!!」

アドバーグ「私に一撃も当てられなければ、踊りを覚えて頂きますぞ」ハッハッハ

さやか(ワロエナイ)



180 :本文 2012/05/14(月) 19:16:08 ID:0jPz1HxQ

…一週間が

マミ「良いわね…光魔法…『光』魔法…憧れね」

ジュジュ「才能はあるみたいだし、いくつか覚えてみる?」

マミ「本当に!?」

カヤ「闇魔法も教えてやろうか?使えるかは知らんが…」

マミ(キャー☆最高だわーー!!)

マミ(光と闇の魔法を共有する魔法少女!凄いじゃない!)

ジュジュ「ではまず、何処と無く視線を感じさせる魔法から…」

マミ「え゙!?」



181 :本文 2012/05/14(月) 19:18:24 ID:Ru5aD0Xg

…過ぎていきました

QB「キュププ…布だけでなく褌まで使ってくるとは…完敗だよ」クタッ

ギップル「まさか、ここまで成長しているとは思いませんでしたねぇ…」

ニケ「もはや、教えることは何も無い」

QB「…君からは何も教わってないよ」

ククリ「も~!勇者様も遊んでないの!」

ニケ「ハッハッハ…すまんすまん」

ククリ「ツチヘビは20箇所くらいで足りるかな?」ウーン



182 :本文 2012/05/14(月) 19:20:12 ID:S/for9so


ーー
ビュウウ…

ほむら「まどかも無事避難したし…」

ニケ「ギップルとQBがついてるから無茶する事も無いだろう」ハッハッハ

さやか「逆に心配だわ」

ジュジュ「…」ウンウン

ククリ「すごい風…ヨンヨン召喚出来ないや」

レイド「こりゃ凄い…魔力の塊だな」

カヤ「ふん、気に入らん」

マミ「全員並ぶと壮観ね」ドキドキ

アドバーグ「ワルプルギス殿はキタキタ踊りを受け入れてくれますかな?」

杏子「じじぃ、ワルプルギスの説明聞いてたか?」



184 :本文 2012/05/14(月) 19:33:05 ID:uWifkzbQ

5

杏子「あとその、より変態的な服は何?」

4

アドバーグ「草の装備ですぞ!」

ジュジュ「防御力を生かして突攻しなさい」シネ

ニケ「それ良いな…オヤジ頑張れ」シネ

2

ほむら「地雷を踏まないようにね」フメ

1

さやか「突攻は確定かよ…」

…パオーン



185 :本文 2012/05/14(月) 19:43:19 ID:s.2lr/yE

ワルプルギスの夜「キャハハハハ!!!」

レイド「第一地雷原に入るぞ!」

ククリ「ツチヘビが一斉に動きだした!」

カヤ「…」ボボボボボボボボボボボボッ

トマ「主砲、いつでも行けます」

マミ「…」カチャ

ほむら「…」ジャコン

チュドーンチュドーン!

ワルプル「キャハハ!?」

マミ「今よ!」バンッ



186 :本文 2012/05/14(月) 19:43:21 ID:bYNaL66o

ワルプルギスの夜「キャハハハハ!!!」

レイド「第一地雷原に入るぞ!」

ククリ「ツチヘビが一斉に動きだした!」

カヤ「…」ボボボボボボボボボボボボッ

トマ「主砲、いつでも行けます」

マミ「…」カチャ

ほむら「…」ジャコン

チュドーンチュドーン!

ワルプル「キャハハ!?」

マミ「今よ!」バンッ



187 :本文 2012/05/14(月) 19:48:09 ID:uWifkzbQ

ドンドンドンドンドン…ヒュー…バスバスバスバスバスバス…ドカーンチュドーン!

ジュジュ「始まったわね…戦闘用祭壇で祈りを始めるわ…」

杏子「護衛は近接組にまかせな!」

ドカーンドカーンドカーンチュドーンドカーンチュドーンドーン…

マミ「ティロ・フィナーレ!!」バシュウゥ

ワルプル「キ、キャハハハハ!」



188 :本文 2012/05/14(月) 19:49:30 ID:s.2lr/yE

バスバスボンドカーン…バスバスバスバス…ザクザクザクッ…

ほむら「まだまだ」ガシャン

杏子「対空ミサイル!?あいつどんだけ仕込んでんだよ…」



189 :本文 2012/05/14(月) 19:51:55 ID:ltILIuwE

ボシュ…ボシュゥウ…バコーン…ドカーン…

ワルプル「キャハ…キャハハ…」ブンッ

アドバーグ「のわー!」ポーン

さやか「今、ワルプルギスの顔の所に変態が居たような…」ゴシゴシ

マミ「本当に突っ込んだのね…」バンバンッ

杏子「あいつ、すげぇな」



190 :本文 2012/05/14(月) 19:59:11 ID:uWifkzbQ


ーー
ビュウウ…ガタガタ

まどか「…」

ギップル「心配ですか?」フヨフヨ

まどか「ギップルちゃん」

QB「あれだけいて、負けることも無いさ…大丈夫だよ」

まどか「でも、誰か一人でも帰ってこなかったら…」

QB「…だったら、君がどうにかすれば良いよ!」

まどか「…QB?」

ギップル「…」ジリ

QB「僕との契約と言う話じゃないよ?」ビク

ギップル「他に手があるんですか?」

QB「僕はね、彼らの話を総合して一つの可能性を見いだした…僕に感情が芽生え、切り離されたからこそ出来る提案なんだけど…」



191 :本文 2012/05/14(月) 20:02:39 ID:ltILIuwE


ーー
レイド「弾切れだぞ~」

トマ「こっちもです!」

ほむら「私もよ…近接戦闘に切り替えるわ!」

ククリ「まかせて!」トン

マミ「何これ?光が広がって…」

ワルプル「キャハ!?」

<レンガのお家・超巨大版>

杏子「こりゃ結界か…」

ククリ「これで物が壊れたりとかは無くなるから…」

さやか「よっしゃー!暴れるぞー!」

ジュジュ「ふふ…ふふふ…」バリバリ



192 :本文 2012/05/14(月) 20:07:56 ID:bYNaL66o

ニケ「よし、やるか!」シュウウ…

ボンボゥン

ほむら(太鼓をだす魔法?)

ニケ「オッポレ!オッポレ!」ボコンボコン

ほむら「…」

バンバンッ…ドゴォ…バリバリ…ピシャー



193 :本文 2012/05/14(月) 20:11:43 ID:s.2lr/yE

ワルプル「キャハ…キャハハ…」ブン

ほむら「避けて!」

さやか「へ?」

ドーーーン…パラパラ

さやか「…いてて…っ!」

マミ「美樹さん…怪我は…無い?」ポタポタ

さやか「マミさん!嘘…私を庇って…」

ニョキ!

ニケ「短ーい!!筍か!おいどういう事だ!?」

ほむら「…」



194 :本文 2012/05/14(月) 20:14:21 ID:3YVa6q7g

ククリ「早くマミさんをこの魔方陣の中へ!」

さやか「う、うん」

ザクザクッ…ブシュア…

ジュジュ「ほらほら!神に許しを乞いなさい!」

バリバリ…ピシャピシャー…チュドーン

(あー、パパ?何?どこにいるの?)

ニケ(いや、異世界だけど…)

(あ~それでか~…植物ネットワークが全然圏外なんだよね~…そう言うわけだから…じゃ、ママにヨロシクね~)ブツン

ニケ「…」

ほむら「…」



195 :本文 2012/05/14(月) 20:19:31 ID:ZTNdzQlo

ニケ「光魔法、火の剣!」ボボゥ

ニケ(やった!火の剣はでた!ありがとう親方!)

ニケ(でも、火力弱いな…全体的に精霊の力が届きづらいのか?…)

ほむら「くっ、これも弾切れ!」バンバン

ニケ(…なら!)

ワルプル「キャ…ハ…キャハハハハ!!」

ほむら「もう少し、もう少しのはずなのに…」



196 :本文 2012/05/14(月) 20:21:14 ID:YVf91aLg

ニケ「ねぇ、誰かあいつの真上まで運んでくれない?」

ほむら「何かあるのね…」

杏子「空飛べるやつなんて居ないぞ?」シュルル

ザクッ…ブシャァ…

レイド「俺が運んでやる!少し時間がかかるけどな!」

カヤ「お守りします」

レイド「頼んだ!ォォォオオオ!!!!」



197 :本文 2012/05/14(月) 20:26:25 ID:3YVa6q7g


ーー
まどか「間に合うかな?」タッタッタ

QB「さあね…」

QB(話が本当なら、犠牲が出た場合上手く行かない可能性もあるしね…)

ギップル「あそこに行くんですか?死んだりしません?」スイー



198 :本文 2012/05/14(月) 20:34:50 ID:YItj4xFI


ーー
レイド「エイヤハー!マイハート!エイヤハー!マイラブ!」ゴゴゴ

杏子「何か凄いぞ!」

さやか「うぉぉ!マミさんのかたきーっ」シュシュシュッ

レイド「エイヤハー!マイハート!エイヤハー!マイラブ!」ゴゴゴゴ…

マミ「勝手に殺さないで…」

ズバババッ

レイド「エイヤハー!エイヤハー!エイヤハー!エイヤハー!」ゴゴゴゴゴゴ…

ボウゥン…バサァ

杏子「スゲーー!ドラゴンになった!」

マミ「キャーーーー!!」ブッシュウ

ククリ「わー!マミさん!興奮しちゃダメ!」



199 :本文 2012/05/14(月) 20:44:48 ID:Y48Hak.c

レイド「これぞ必殺!漢の竜!…いくぞラッキースター」ビュオオ…

ニケ「おうよっ」ガシッ

レイド「重っ!思ったより重っ!なんだその馬鹿でかい剣!」バッサバッサ

ニケ「あ~っ!言うなよ!騙し騙しやって、最後に叫ぶつもりなんだから…」

レイド「モロじゃねぇか!騙せねぇよ誰も!」バッサバッサ

さやか「ゆっくり上がってくね…」

ジュジュ「おっそ」

ほむら「とにかく、注意を反らすわよ!」ダンダンッ



200 :本文 2012/05/14(月) 20:46:12 ID:Y48Hak.c

ワルプル「キャハハ…」ブンブン

杏子「グハッ…」メリッ

トマ「ウワァァアア!」ボコーン

ほむら「杏子!」

杏子「大丈夫…だよっ…」カハッ

ほむら(流石にワルプルギスの射程内はまずいわね…)

ククリ「勇者様~レイド~頑張れ~!!」トン

ピカーー…

ジイサン「…」ズシーン



201 :本文 2012/05/14(月) 20:56:19 ID:YItj4xFI

ほむら「巨大な老人が…」

さやか「でかっ!何これ!?」

ワルプル「キャ…ハハ」ブォン

ジイサン「ポレポレ!」ガシッ

グググ…ギリギリ…

マミ「凄い…わね…受け止めたわ」

さやか「しかも、ジイサンの…」ズン

ほむら「頭に…」ズン

ジュジュ「変態が!」ズン

アドバーグ「キタキタ!」ババーン



202 :本文 2012/05/14(月) 21:01:03 ID:ooYobpG2

ジイサン「ポレポレ!」ガス

アドバーグ「キタキタ!」クイクイ

ワルプル「キャハ!?」グン

ジイサン「ポレポレ!」ボコッ

アドバーグ「キタキタ!」ビシィッ

ワルプル「キャ…ハ…ハ…」ヨロ

杏子「アドバーグが操ってんの?」

ククリ「…」フルフル

さやか「なんだ踊ってるだけか」

ほむら「結局あいつ何もして無いわね…」



203 :本文 2012/05/14(月) 21:18:17 ID:uWifkzbQ



レイド「真上に来たぞ、これで良いのか?」ハァハァ

ニケ「あとは、下で受け止めてくれたらそれで良いよ」

レイド「受け止めも俺がやるんかい!!」

ニケ「ハッハッハ」トンッ

ヒュウウ…

ニケ「…」キリッ

ニケ「喰らえ!光魔法、勇者の剣!!」キラッ

キラキラ…ビカーーーーーー!!

マミ「光…あれが勇者の力…」

杏子「自由落下にしか見えねぇけど」

ニケ(四人の王の力を!)



204 :本文 2012/05/14(月) 21:19:13 ID:ltILIuwE

火の王『最近、鍋が重く感じるようになってきた…』カッ…ボボゥ

ニケ(…老いだろ?いいから力を!)

水の王『水の剣を試すことすらしてない…だと!』カッ…チュルーン

ニケ(…うるさい!協力しろ!)

地の王『そっちの世界の王に頼めバーカ』カッ…ゴゴゴ

ニケ(…)

風の王『その世界は全体的に臭い台詞がみちている』カッ…ビュオオ

ニケ「…」ビッカーーー!!

ほむら「なんて光り…」

ザクッ…ズバババババババババババババッ

ワルプル「キャハーーーーー!?!?」



205 :本文 2012/05/14(月) 21:20:36 ID:s.2lr/yE

ババババババッ!!!

ニケ「…」

レイド「よっ、と」ガシッ

…ザシュゥゥウウ…

ワルプル「キ…ハ……」シュウウ…

さやか「ワルプルギスを真っ二つ…凄…」

…シュウウ…

ニケ「…」スタッ

ほむら「…」



206 :本文 2012/05/14(月) 21:28:50 ID:bYNaL66o

ほむら「勝った…勝ったの?…勝ったのよね?」

カヤ「魔力も消えてるしそうだろうな…」

ククリ「勇者様!かっこよかったよ!」

ニケ「いや…うん…」

レイド「…」

ククリ「レイドも凄かったよ!!」ニコ

レイド「…おぅ」///

さやか「いやいや、凄かったね~って!ほむらが泣いてる!!」

ほむら「だって…だって…」ポロポロ

マミ「良いのよ、ようやく報われたんですもの」ナデナデ

杏子「そうだよな、あんたはよくやったよ」ハッハッハ

ほむら「うっ…ひっく…」ポロポロ

ニケ「…」



207 :本文 2012/05/14(月) 21:33:37 ID:S/for9so



ジュジュ「Zzz」

ニケ「よいしょ、さてジュジュも回収したし…」

カヤ「戻るぞグルグル使い…約束は果たしたんだ、未練はあるまい?」

ククリ「うん…」

ククリ「でも、一度だけ<恋するハート>を試してみたいな…」

マミ「?」

アドバーグ「夢を現実にする魔法ですな!…この世界の住人全てがキタキタ踊r

ジュジュ「…」ゴッ

アドバーグ「キタキタ!」メコッ

レイド「グーだよ…」



208 :本文 2012/05/14(月) 21:54:58 ID:2JTVCgLc

ククリ「その、よけい変になっちゃうかも知れないけど…」

ほむら「…貴女も…優しいのね…」

ほむら(こんな娘ばかりが強すぎる力を持って…)

ニケ「いいんじゃないか?」ニカ

ククリ「勇者様?」

ニケ「駄目で元々!諦めるよりはずっと良いさ!」

ククリ「うん…そうだよね。やってみるね!」ニコ

ククリ「…ありがとう、勇者様!」

QB「だったら、提案があるよ!」



209 :本文 2012/05/14(月) 21:56:07 ID:BdLl/InE

まどか「…」ハァ…ハァ…

ほむら「まどか!」

まどか「良かった…皆…無事で…」ハァ…フゥ…

QB「ククリ!君の魔法にまどかの魔力を使ってみないかい?上手くいけば、この世界の改変と世界間の移送くらい余裕だよ!」

杏子「そんなこと出来るのか?」

QB「ククリの魔法は周囲の感情に左右される部分が大きいからね…影響は十分考えられるよ」

ギップル「あと、さっきからチョイチョイ臭くありまs

ニケ「…」グイ

ギップル「ぐは」



210 :本文 2012/05/14(月) 22:17:31 ID:p4Fe8DJs

QB「まどかだって、このまま力を持ち続けても別のQBに執拗な勧誘を受けるだけだよ?」

ほむら「そうね…良いかもしれない…フフ、貴方がそんな提案するなんてね」

QB「少なからず悔しいじゃないか…あんなにアッサリ見捨てられるとはね…」

さやか「だったら、決まりだね!」

まどか「ククリちゃん、そんな訳だから…」オズ

ククリ「もちろん!じゃあ、まどかちゃん」サッ

…ギュ…



211 :本文 2012/05/14(月) 22:18:32 ID:p4Fe8DJs

ククリ「一緒に踊ろう」ニコ

…カワシタ ヤク ソク…ワスレ ナイヨ…

まどか「うん」ニコ

…メヲ トジ…タシカメル…

ニケ「さて、混ざるか」グイグイ

ほむら「え?ちょっと!私も踊るの?」

…オシヨセタ…ヤミ…

さやか「ま、楽しいならそれで良いよね…」

アドバーグ「今こそ全員でキタキタ踊りを…」

…フリハラッテ…ススムヨ…



212 :本文 2012/05/14(月) 22:19:08 ID:YItj4xFI

ククリ「まどかちゃん…」

まどか「?」

ククリ「恋するハートは心の魔法。だからたくさんの幸せを思い描いて…」

まどか「…」

ククリ「想いのぶんだけ、皆が幸せになれるから」

まどか「うん!」



213 :本文 2012/05/14(月) 22:20:24 ID:oqh5IVZY


ーー
ーーー
キーンコーン…

まどか「ほむらちゃん、一緒に帰ろ?」

ほむら「ええ…さやかは?」

まどか「上條君とデートだって…」ティヒヒ

ほむら「そう…」

まどか「どうしたの?」

ほむら「まだ夢の中みたいで…魔法少女から解放されるなんて…」

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「あんなに望んだ世界なのに…臆病なものね…」

…ギュ

まどか「…ティヒヒ」///

ほむら「まどか…ありがとう」



214 :本文 2012/05/14(月) 22:21:07 ID:YItj4xFI



ほむら「じゃあ、まどか…またあs

まどか「あ!そういえばマミさんのお母さんが明日ケーキご馳走してくれるって!」

ほむら「あら、そうなの?」

まどか「杏子ちゃんも妹連れて行くって言ってたし…楽しみだな~モモちゃんだっけ?」

ほむら「明日が楽しみね」フフ

まどか「うん、楽しみ!明日も明後日もこの先の事ずっと…皆と…ほむらちゃんと過ごせる時間の何もかもが!」

ほむら「…」

ほむら「そうね、私もよ…」

まどか「ティヒヒ」

ほむら「フフ…じゃあ…」

まどか「うん!」

まどか&ほむら『また、あした』



215 :本文 2012/05/14(月) 22:22:49 ID:YItj4xFI


ーー
…おまけ

ほむら「ただいま…」ガチャ

QB「とんでもない改変が行われたね」

QB「まぁ、リンクを切られた僕には影響無くて助かったけど」

ほむら「何をぶつぶつ言ってるの?お帰りくらい言いなさい」

QB「いやね、魔法少女に変わるエネルギー取得環境が分かったんだけど…」

ほむら「?」

QB「キタキタ踊りで発生する不快感や違和感…心のわだかまりなんだよね…」

ほむら「ぶっ!」

QB「今この時も母星ではQB達にアドバーグ直々の踊りの披露、指導が行われているよ…」

ほむら「へぇ…」

QB「…ギップル達の監視の中ね…褌効果で絶賛感情覚醒中さ…」キュププ

ほむら&QB『ざまぁない(わ)ね』

終わり



217 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/14(月) 23:19:09 ID:OZNe115U

乙!
グルグル懐かしかった



218 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/15(火) 15:24:07 ID:zRw8csFs

乙!楽しかったぜ!



219 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/05/22(火) 17:28:24 ID:XCq7.BAI

乙だぜ!
良い終わりだ。次回作も楽しみにしてるぜ!!



転載元
「キュップイ!」「ギップリャ!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1336543124/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (53)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 21:42
          • グルグル懐かしいな
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:00
          • うわ、絶対おもろいだろコレ
            時間ある時、纏めて読もうっと
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:01
          • まず全裸になり

            自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむきながら
                     
            びっくりするほどユートピア!
            びっくりするほどユートピア!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:07
          • 色々おもしろたのしかった!鬱フラグブレイカーだよなあ、グルグル。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:15
          • いやー懐かしい。すごく楽しかった。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:17
          • ここはワンワンののろい
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:20
          • 矛盾点を指摘させてもらえばギリ戦の後ならキラキラの属性剣も既存のグルグルも使えないはずだがな…
            そもそもベームベームも管理地域のジェムジャム大陸でしか使えないし

            そしてキタキタ親父は帰れなかったのかwwww
            まあその内自力で帰るだろ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:22
          • 今連載中のグルグル2より面白い
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:22
          • グルグルSSもっと増えないかなぁ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:33
          • ※8
            今まで親父で突っ走る漫画書いてたんだからもうちょっとリハビリさせてやろうぜ?
            話のクオリティもだんだん戻ってきてるし
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:38
          • カヤって誰だったっけ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:40
          • 褌スゲェな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:47
          • やっぱグルグル面白いわ
            ぎっぷるとインデックスのSSも面白かったし
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 22:58
          • ※11
            恐い顔
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 23:31
          • キタキタおやじ最強伝説
            確か作中で最高のHPだったっけ?
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月15日 23:34
          • ※15
            ギリよりも高いんだよな
            親父がチート過ぎるもんだからジュジュとかトマも結構強いのにあんまり目立たない
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 00:03
          • 魔「法」陣だっつーの。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 00:08
          • 5 最初はキャラ多すぎじゃね? と思ったがどのキャラも万遍なく活躍
            しててうまかったな。トマは知らん

            後魔法の使い方も良かった。読み込んでんだろうな~


            ※7
            つっこもうと思った所が先に書かれてたw やっぱその辺の設定知ってると
            気になるよな
            ただ、原作は特にグルグル関係の設定が大幅に変わっちゃったからね。
            魔神達の設定も今はどうなってるのやら・・・
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 00:14
          • おやじは強いと言うよりゴキブリ的な感じじゃね
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 00:21
          • ※19
            それもあるけど終盤のおやじは躍りの動きだけでモンスターを倒せるんだぜ
            他にも主人公に近いレベルでレアアイテムとか手に入れられる補正あるし
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 00:42
          • 懐かしいなぁ~そしてすごく面白かった。
            キタキタオヤジは相変わらずだったな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 01:43
          • 良い話だった
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 01:59
          • すげえ懐かしかったしグルグル勢の脳内再生率半端ねえww面白かった!乙
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 02:14
          • グルグルの落ち着き払ったシュールはやっぱり好きだ。面白かった。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 02:21
          • 細かい矛盾は置いといて、面白かった
            ちゃんと最後美味しいトドメをニケが持って行ったのは良い
            しかしボス倒すと便意MAXになるのは勇者の特性なんだろうか?
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 02:22
          • ワルプルギスの夜の上から落ちるキタキタおやじの姿が目に浮かぶようだ。

            まどマギクロスはうつが多くて警戒してしまうが、さすがグルグル安心して読めたはwww
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 02:53
          • 5 素晴らしく幸せな気持ちになった
            欲を言えば続きが読みたい
            今度はグルグル側の世界に遊びに来て欲しい
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 04:00
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 06:52
          • 5
            杏子がさりげなく可愛い
            グルグル懐かしいな
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 10:11
          • 面白かった
            この安心感懐かしいなぁ
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 10:15
          • 5 これはおもしろい!
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 12:02
          • ※2だが、うん面白かったし懐かしかったな。
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 13:03
          • スレタイでひどいことにしかならんのはわかっちゃいたんだが、ひどさの完成度が桁外れだった
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 17:43
          • 5 これは傑作
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 19:00
          • これ劇場でやろうぜwwwwww
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 19:18
          • マミホームでの誰か問い質さなければの流れで声出して笑ったわwww
            誰だよwwさやかか?www
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月16日 22:58
          • すげえクオリティだ……
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 00:13
          • 大団円っていいよね
            さて、グルグル読み返すかな
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 02:30
          • 久々にグルグル読み直そうと思ったわ
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 08:32
          • 5
            あー面白かったw

            アニメも見たくなってきたなぁ…
            ジュジュの可愛さ、10割増だよ!

          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 08:38

          • "ククリ、なぜオヤジの尻を見ない!?"
            と、
            "今、ものすごくウ○コに行きたい!"
            の二つが、今でも印象に残ってるセリフだw

          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 11:59
          • ジュジュのキャラが初期キャラだったな
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 12:07
          • ※42
            グルグルでキャラ変わった奴なんていたか?
            ジュジュはククリが好きになった以外は特に変わってないし
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月18日 23:54
          • 良かった
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月20日 19:34
          • すごく楽しかった!
            不覚にもニケとレイドの共闘にぐっときた。あと杏子のキタキタ踊り見たい
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月22日 16:28
          • 5 脳内再生余裕過ぎるwwww
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月24日 15:41
          • オチがいい意味で予想できんかった
            この手のクロスでカヤまでいるのはかなり新鮮
            (暗黒太陽発動させれば瞬殺なのではとちょっと思ったけど)
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月23日 18:49
          • 5 懐かしいし、最高だった。
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 00:15
          • 5 グルグルの世界だと常識人の部類に入りかねないニケのキャラが、異世界に出ていい味出してる。
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月19日 01:18
          • 声出して笑ったwww
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月19日 15:51
          • これは素晴らしいss
            脳内再生余裕
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月14日 23:30
          • 5 脳内再生余裕の出来で、大変面白かった。
            声の配役は旧版だったが。
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年07月13日 09:11
          • 5 ギップルが有能すぎる。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • アスカ「かぐや様は告らせたい?」 弐
        • アスカ「かぐや様は告らせたい?」 弐
        • 【アズレン】指揮官「裏切るのか、アークロイヤル」
        • 村人俺「さて、どう落とし前つけてもらうかな」 けも耳幼女「がうぅ……」
        • 村人俺「さて、どう落とし前つけてもらうかな」 けも耳幼女「がうぅ……」
        • 【FF7】ジェノバ「セフィロス!!いつまで寝てんの!!」
        • 【シャニマス】灯織「モンスターハンター……?」
        • 【ミリマス】エミリーが忘れた日
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        • アイアンマン「この魔法の世界に鉄人を!」【このすば×アイアンマン】【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ