TOP

P「なぁなぁ」

1 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:09:02.75 ID:PaWsU04AO

短編集です

いつも通りゆっくりのんびりな投下ペースですが、お付き合い頂けると幸いです

ちなみに、モバマスのアイドルは765プロ所属という設定です

それでは、よろしくお願いします



2 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:11:27.13 ID:PaWsU04AO

【結婚・春香の場合】

――765プロ事務所

P「なぁなぁ春香」チョンチョン

春香「はい?どうしました?あっ、さっきのクッキーならもうありませんよ?ふふっ。プロデューサーさんったら、美味しい美味しいって言ってみ~んな食べちゃうんですもん、私ちょっとビックリしちゃいました!あっ、でもまた作ってきてあげますからね?」クスクス

P「…」


春香「それで?私に何か用ですか?」ニコニコ

P(これは…マズいか?)

春香「?」ニコニコ

P(えぇい!やってやる!)

P「春香っ!」グイッ

春香「きゃっ!」グイッ

春香「えっ?あの…ぷ…ぷろ…ぷろでゅーさー…さん?」ドキドキ、ドキドキ

P「春香…」

春香「は、はぃ…」ドキドキ



4 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:18:24.52 ID:PaWsU04AO

P「結婚しよう」キリッ

春香「…」

P(さぁ、どうくる?)

春香「……」

P「…」ドキドキ

春香「プロデューサーさん」

P「な、なんだ?」

春香「子どもは何人ぐらいがいいですか?」

P「えっ?」

春香「あっ!私から先に言った方がいいですよね!えへへ…私はですね~、二人がいいです!えっ?なんでかって?私、お兄ちゃんが欲しかったんですよ!だから、かな?私の子どもは、絶対お兄ちゃんを作ってあげようって思って、女のコを後に作ろうって決めてたんです!あっ、でもでも!!娘が産まれたからといって、私や長男のコト忘れちゃ…」スッ

春香「めっ!」ピシッ

春香「ですよ?」クスクス

P(デコピンした後、春香はスキップしてどこかに行ってしまった…)



5 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:22:39.41 ID:PaWsU04AO

【結婚・美希の場合】

P「なぁなぁ美希」クイクイ、クイクイ

美希「んー?なに?ミキ、今忙しいの~」ピコピコ

P「ゲームやってるだけじゃないか」

美希「それでも忙しいの!」

P「…美希」グイッ

美希「きゃんっ><」

P「いいから…聞いてくれ」

美希「は…はにぃ?」ドキドキ

P「美希…」

美希「な、なに?」ドキドキ

P「結婚しよう」

美希「ッ!?」

P「結婚しよう」キリッ

美希「…」

P(さぁ、どうくる?いつものように抱き着いてくるか?)

美希「…」ポロッ...

P「!?」



6 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:25:51.72 ID:PaWsU04AO

美希「うぅっ…ふぇっ…」ポロッ...ポロッ...

P「みっ、美希!?なんで泣き出すんだ!?」アタフタ、アタフタ

美希「ふえぇぇえん…はにぃが…はにぃがやっと言ってくれたの~(´;ω;`)」グスッ...グスッ...

P「なっ?なっ?とりあえず泣き止もうな?」

美希「ふえぇぇえん…うれしぃの…」グスッ、グスッ

P(思ったより乙女チックな反応な美希かわいい)



7 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:32:46.63 ID:PaWsU04AO

【ナデナデ・伊織の場合】

P「なぁなぁ伊織」トントン

伊織「ん?なによ?」

P「伊織、最近よく頑張ってるよな」

伊織「はぁ?いきなり何よ…?」ジトッ

P「いやいや、俺はお前のプロデューサーだぞ?お前の事はちゃんと見てる」

伊織「」キュン

P「だから、な?」

伊織「な、なに?」

P「ご褒美をやろう」

伊織「ごほうびぃ~?」

伊織「はっ!アンタに私を満足させる事が出来るのかしら?」クスクス

P「伊織…」ギュッ

伊織「あっ…」ピクン

P「よく、頑張ったな…」ナテナデ、ナテナデ、

伊織「あふっ…」



8 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:38:25.55 ID:PaWsU04AO

P「そろそろお前も…俺の手から離れるべきなんだろうなぁ…」ナテナデ、ナテナデ、

伊織「えっ?あの…アンタ、それって…」ドキッ

P「あぁ、俺以外のプロデュースもひつy…」

伊織「ふざけないで」

P「えっ?」

伊織「いい?私はね?そ、その…あの…」ドキドキ

P「?」

伊織「あっ、あんたとだから頑張れるのよ!だっ、だから私にも撫でさせなさい!」ガバッ

P「おわっ!」ステン

伊織「ふっ…ふふふ…よくも私をあんなになでなでしてくれたわね?」

伊織「にひっ!覚悟なさい?私もアンタにたっくさんなでなでして、もうさっきみたいなこと言えないくらい骨抜きにしちゃうんだから!」

P(顔を赤くして撫でようとしてくる伊織かわいい)



9 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/20(日) 01:44:47.69 ID:PaWsU04AO

【お茶・雪歩の場合】

P「…」ズズズ...

雪歩「…」ズズズ...

P「…」ズズズ...

雪歩「あちっ><」

P「大丈夫か?ほら、俺のお茶は温めだから、こっち飲みな?」ナテナデ、

雪歩「はい…ありがとうございますぅ…」

雪歩「…(プロデューサーと関節キス…プロデューサーと関節キス…)」ドキドキ

P「どうした?飲まないのか?」

雪歩「えへへ…もうちょっと温くしてから飲みます…」

P「おっ、雪歩のお茶、茶柱が立ってるぞ?何かイイコトあるんじゃないか?」

雪歩「えへへ…もうありました///」ボソッ

P「ん?何か言ったか?」

雪歩「ふふっ。何でもないですよ~だ」クスクス

P「なんだ?雪歩にしては珍しい言い方だな」ニヤニヤ

雪歩「///」ズズ...

雪歩「ふふっ。おいしっ♪」



19 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 00:47:38.52 ID:L67tlGlAO

【充電・貴音の場合】

P「なぁなぁ貴音?」

貴音「なんでしょう、あなた様」チョコン

P「なんで俺の膝の上に座ってるんだ?」

貴音「はて、これは可笑しな事をおっしゃる」クスッ

P「は?」

貴音「わたくしも、あいどるとはいえ一人の乙女。ああも他の娘たちと仲が良いと、嫉妬の一つもしてしまいます」ムスッ

P「…あー、その事か」

貴音「ふふっ。それにしても…」スリスリ

P「うん?」

貴音「充電…とは、上手く例えたものです」クスクス

貴音「わたくしの中の…そうですね、きらりのいうところの…あなた様ぱわー☆が、みるみると充電されていきます」スリスリ



20 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 00:51:40.77 ID:L67tlGlAO

P「…きらりから聞いたのか…」

貴音「ところで、あなた様?」チラッ

P「ん?なんだ?」

貴音「重たい…でしょうか?」

P「…」

貴音「…」ドキドキ...

P「いや、重くないかな。ただ…」

貴音「ただ?」ドキッ

P「あったかい。それに、お前もそういうところはやっぱり気にするんだな」ニヤニヤ、ニヤニヤ

貴音「~///」

貴音「ッ!ッ!」ペシッ、ペシッ、

P「はっはっはっ。可愛いやつめ」ナテナデ、ナテナデ、

貴音「もぅっ!」プイッ

貴音「~///」モゾモゾ、モゾモゾ

P「ッ!」ピクン

P「…」モゾモゾ

貴音「…ッ!」ピクッ

貴音「…」

貴音「ふふっ…」クスッ

貴音「あ・な・た・さ・ま?」ニヤニヤ

P「ッ!な、なんだ?」ドキッ



21 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 00:56:58.05 ID:L67tlGlAO

貴音「なにやら、硬いものがわたくしのお尻に当たっているのですが…?」クスクス

P「あー、いや、これはだな?そう!ケイタイ!ケイタイが入ってるんだ!」

貴音「ふふっ。あなた様のでんわは、すまーとふぉんなのでは?」クスクス

P「いや~、スマホは使い辛くてな?普通のケイタイと二台持ちしてるんだよ!ホントだからな!?」

貴音「あなた様?」クスッ

貴音「ふふっ。慌てなくとも良いのですよ?」

P「…へっ?」

貴音「わたくしは…構わないのですから」クスッ

P「…」

貴音(申し上げて…しまいました…///)チラッ

P「…」

貴音「…///」ドキドキ

P「…えっ?どういう意味だ?」

貴音「はぁ…」

貴音「…えぃ」ムギュッ

P「ちょっ!貴音!向き合ったままでくっつくな!当たる!当たってるから!」

貴音「あなた様は、まっこといけずです!」ムギュッ



22 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 01:01:18.35 ID:L67tlGlAO

【充電・春香の場合】

P「なぁなぁ春香」

春香「はい?私のプロデューサーさん?どうしましたか?」ニコニコ、ニコニコ

P「…お前も誰かから聞いたのか?」

春香「何をです~?ふふっ。ほっこりします」スリスリ、スリスリ

P「その…充電…」

春香「いえ、私は誰からも聞いてませんよ?」スリスリ

春香「ただ…」チラッ

P「ただ?」

春香「えへへ…ず~っと見てましたから///」モジモジ...

P「えっ?」

春香「皆がですね?プロデューサーさんにこうやってぎゅ~ってくっついてるのを見てですね?」

春香「えへへ…///」ギュッ

春香「いいなぁ…私もプロデューサーさんに充電されたいなぁ…って、ず~っと思ってたんです」モジモジ

P「そうか…」

春香「えへへ…だからガマン出来なくなっちゃって」

春香「…めいわく…でしたか?」チラッ

P「…そんなことはないさ。お前は俺の大事な担当アイドルだからな、こんなことぐらいお安い御用さ」ナテナデ、ナテナデ、



23 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 01:03:56.57 ID:L67tlGlAO

春香「ゃんっ///」ピクンッ

P「ははっ。可愛い声だな、頭なでなでしただけだぞ?」ナテナデ、ナテナデ、

春香「んっ…あふっ…もぅっ!プロデューサーさん?」ムスッ

P「んー?なんだー?」ナテナデ、

春香「そうやってですね?カンタンに女のコをなでなでしちゃダメなんですよ?(`・ω・´)」プンスコ

春香「女のコは…勘違い…しちゃうんですから…」

P「勘違い?何を?」ナテナデ、

春香「むぅ~!プロデューサーさん?分かってやってますね~?」ペシッ、

P「はっはっは」ナテナデ、

春香「…」

春香「…いいです」ボソッ

P「うん?」

春香「プロデューサーさん!」グイッ



24 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 01:09:55.52 ID:L67tlGlAO

P「おわっ!いきなり押すなって!ソファじゃなかったら転んでたぞ?」

春香「プロデューサーさん!」ズイッ

P「は、春香?」ドキドキ

春香(うぅっ…プロデューサーさんの顔が近いよぅ…で、でも!)

春香「プロデューサーさん!」

P「はっ、はいっ!」


春香「勘違いしちゃった女のコの想いの強さ…」スッ

春香「思い知らせてあげちゃいますっ!」チュッ

P「はっ、はるか!いまきっ!きす!キスしたろ!?」

春香「はい!しちゃいました!いいですか?プロデューサーさん!」

P「…」ドキドキ

春香「勘違いしちゃった女のコって…と~っても怖くて可愛くて…強いんですからね?」クスッ

春香「責任…とってくださいね?」チュッ

P「ま、また!」

春香「えへへ…///」



25 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 01:13:08.54 ID:L67tlGlAO

【充電・律子の場合】

P「なぁなぁ律子?」

律子「なんです?まだ私のお説教は終わってはいませんよ?いいですか?プロデューサー!貴方はアイドルのプロデューサーなんです!ゴシップ記事の怖さは、誰よりも知ってますよね?」

P「は、はい…」

律子「その貴方が!いくら事務所の中でとはいえ、アイドルを膝の上に座らせるなんて、何を考えているんですか!」

P「いや、あの…律子さん?」

律子「あのもあなもありません!まったく…私が外回りから帰ってきたから良かったものの、あのままだったら最悪ゴシップ記者に写真撮られてましたよ?今ここでプロデューサーがいなくなったら、私は誰を目標にしてプロデュース業を続けていけばいいんですか!」プンスコ



26 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 01:16:30.46 ID:L67tlGlAO

P「律子…」

律子「って、わっ、私のコトなんかどうだっていいんです!今は、プロデューサーの【充電】とやらについて、お説教しなければいけませんからね!」

P「あの…律子さん?」

律子「はぁ…さっきからなんです?言いたい事があるなら、言ってもいいですよ?」ハァ...

P「じゃあ言わせてもらうな?」

律子「なんです?」

P「なんで俺の膝の上に座ってるの?」

律子「?」チョコン

P「いや、なんで『当たり前の事を聞くんですか?』みたいな顔しても通じないから」

P(可愛いけど)

律子「はぁ…いいですか?プロデューサー」

P「あぃ」

律子「プロデューサーとアイドルでは、ゴシップになります。それは分かりますね?」

P「うん」

律子「なら、同僚ならばどうでしょう」クスッ

P「同僚…?」



27 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/25(金) 01:22:56.62 ID:L67tlGlAO

律子「そう。同僚です」フフン

P「どういう意味だ?」

律子「いいですか?プロデューサー。今の私の立場は、何ですか?」

P「プロデューサーだな。【元】アイドルの…」

P「はっ!そういう事か!」キュピーン

律子「ふふっ。気付きましたね?」クスッ

律子「そうです!今の私はプロデューサー。しかも【元アイドル】ですから、ゴシップ記事にはなりません!」

律子「一粒で二度美味しくはありませんか?」

P「言われてみれば…」

律子「だから、ですよ。だから私がアイドルたちに代わって、プロデューサーの膝の上に座り、私の中のプロデューサーパワーを充電してるんです」

律子「プロデューサーは、女の子に座ってもらえて幸せ」

律子「私は、プロデューサーに甘える理由が出来て幸せ」

律子「だから…です」チラッ

P「はぁ…」

律子「…呆れられちゃい…ました?」ショボン

P「…」ナテナデ、

律子「ッ!」

P「ほら、もっとくっつけ」ギュッ

律子「あっ…」グイッ

律子「…」

律子「うんっ!」ムギュッ



36 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/26(土) 00:17:29.26 ID:7TSVDkhAO

【充電・あずささんの場合】

P「なぁなぁ、あずささん?」

あずさ「うふふ。やっとプロデューサーさん、私に敬語を使わなくなってきましたね。まだ少し敬語ですけど」クスクス

P「え、えぇまぁ…なんだかんだで付き合いも長いですし…って、そんな事よりですね?」

あずさ「?」キョトン

あずさ「なんですか?」

P「いや…なんで俺の膝の上に頭を乗せてるのかな~って思いまして」

あずさ「うふふ。プロデューサーさん?」

P「なんです?」

あずさ「そんなことより、また、昔に戻っちゃいましたよ?」

P「昔?」

あずさ「…分からないんですか?」

P「え、えぇ…」

あずさ「むぅ~!さっきまでは『なぁなぁ』とかって言ってくれて、いい感じだったのに…」ムスッ

P「あっ…そういう事ですか」

あずさ「ほらまた」

P「…」

P「あ~、あずささん?」

あずさ「ぷぃっ」プイッ

P「…」

P「…あずさ?」

あずさ「ふふっ。何ですか?プロデューサーさん」ニコニコ

P「何で、俺の膝の上に頭を乗せてるのかな~って」



37 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/26(土) 00:20:23.33 ID:7TSVDkhAO

あずさ「あらあら、若い10代の娘たちには【充電】させてあげて、私みたいな20代には、【充電】させてくれないんですか?」クスクス

P「…なるほど」

あずさ「はぁ…プロデューサーさんの膝枕って、癖になってしまいそう…」ウットリ...

P「…」

あずさ「…」

あずさ「…待ってるんだけどな…」ボソッ

P「えっ?」

あずさ「うふふ。何でもないですよ~だ」クスッ

あずさ「…」

P「…」

あずさ「…」チラッ

P「…」ナテナデ、

あずさ「あっ…」ピクン

P「あずささあずさ「あずさ!」

P「…あずさの髪は柔らかくて、撫でてて気持ちが良いな」ナテナデ、

あずさ「うふふ。そうですか?」

P「ずっと撫でていたいくらいだ」ナテナデ、

あずさ「…いいですよ?」ボソッ

P「えっ?」

あずさ「ふふっ。何でもありません」

P「?」

あずさ「あの…プロデューサーさん?」

P「なんでs…」

あずさ「むぅ…」ジトッ

P「…なんだ?」

あずさ「さっき、敬語を使った罰です!私が満足するまで、膝枕していてください!」



38 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/26(土) 00:21:41.81 ID:7TSVDkhAO

P「ははっ。お安い御用さ」

あずさ「なでなでも…です///」

P「わかったわかった」ナテナデ、ナテナデ、

あずさ「うふふ…しゃーわせ…」

あずさ「んぅ…」zzz...

P「寝ちゃった…か」

あずさ「んっ…」スリスリ

あずさ(しあわせ…)



39 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/26(土) 00:24:28.34 ID:7TSVDkhAO

【充電・小鳥さんの場合】

P「なぁなぁ小鳥?」

小鳥「はい?どうかしましたか?」

P「何で俺は小鳥にあすなろ抱きをしてるんだ?」

小鳥「プロデューサーさんから言い出したんじゃないですか。私を労ってくれるって」

P「いや、確かに言いはしたけど…」

小鳥「それに…」

P「それに?」

小鳥「プロデューサーさんも、いい感じに敬語使ってませんし」クスクス

P「小鳥が言い出したんだろ?今日は敬語を使ったら、俺とお喋りしてくれないって。実際、小鳥に敬語を使わないなんて、違和感ありまくりなんだからな?」

小鳥「むぅ~!だって…」

P「だって?」

小鳥「他人行儀みたいで…イヤ…なんです」チラッ

P「小鳥…」

小鳥「プロデューサーさん…」

P「…」ジッ...

小鳥「…」ジッ...

P・小鳥「「ぷっ!」」

P「あはは!たまにはこうやって敬語を使わないのもいいかもな」

小鳥「でしょでしょ??私たち、恋人同士みたいですよね!私、ドラマみたいな恋愛に憧れてたんです」

P「そうなんだ?」



40 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/26(土) 00:27:13.70 ID:7TSVDkhAO

小鳥「はい。いつか私も素敵な恋をして、自分の子どもに『ママはこんなに素敵な恋をしたんだよ?』って、自慢しちゃうのが夢なんです」

P「小鳥…」

小鳥「でも、ふふっ」クスッ

P「なんだよ?」

小鳥「今はこうやって…プロデューサーさんにあすなろ抱きをしてもらって…私の中のプロデューサーさん愛を充電するのが最優先です」ギュッ

P「あ…」ギュッ

小鳥「ふふっ。プロデューサーさんのて…おっきぃです」

小鳥「ねっ?もう少しだけ…充電させてもらってもいいですか?」

P「…好きなだけ、すればいいさ」

小鳥「はい…」

小鳥(今は…こうやってる事がしあわせ)

小鳥(でも…)

小鳥「でも、諦めませんからね?プロデューサーさん」

P「うん?何を?」

小鳥「ふふっ。ないしょっ」クスクス



47 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:25:10.18 ID:TIskivMAO

【充電・やよいの場合】

P「なぁなぁ、やよい?」

やよい「はい?どうかしましたか?プロデューサー」ナテナデ、ナテナデ、

P「なんで俺は、やよいに抱き締められて頭なでなでされてるんだ?」

やよい「あっ…イヤでしたか?」ショボン

P「い、いや!そんなことはないぞ!むしろ気持ちがいいぐらいだ」

やよい「えへへ…それなら良かったですー」ナテナデ、

P「そ、それでな?」

やよい「はい?」

P「その…なんでかなーって」

やよい「…///」モジモジ

やよい「えへへ~。充電です!///」

P「充電?」

やよい「はい!」

やよい「プロデューサー、みんなのコト充電してくれてますよね?」

P「やよいも知ってたのか…」

やよい「えへへ…伊織ちゃんから聞いたんです。それでですね?みんなの為にプロデューサーは充電してくれてますけど…」チラッ

P「?」

やよい「プロデューサーの分は…充電しなくていいのかな~って」

P「…」

やよい「だから、私がプロデューサーのゲンキを充電しちゃうんです!今の私はプロデューサーの充電器なんです!」

やよい「むぎゅーってくっつけば、私のゲンキをプロデューサーに分けてあげられるかなーって思って…」



48 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:27:47.71 ID:TIskivMAO

やよい「えへへ…私のゲンキ…伝わってますか?」スリスリ

P「やよい…」グスッ...

やよい「私はお姉ちゃんなんですよ?弟や妹たちにもゲンキを分けてるんです。だから、プロデューサーにも私のゲンキ、あげたいんです」ムギュー

P「…」グスン

やよい「わわっ!プロデューサー!?なんで泣いちゃってるんですか!?ギュッてし過ぎちゃいましたか!?いっ、痛かったですか!?」アタフタ、アタフタ

P「やよいはいい子だなぁ…」ナテナデ、ナテナデ、

やよい「わわわっ!プロデューサー!…ダメですよ?」ツンツン

P「えっ?」

やよい「今の私は、プロデューサーのお姉ちゃんなんです。だから、弟はいっぱいお姉ちゃんに甘えないとダメなんです」クスクス

P「そっか…そうだよな…」ムギュ

やよい「はい!だから、今はい~っぱい私に…」ンー

やよい「甘えてね?P」チュッ



49 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:29:50.50 ID:TIskivMAO

【充電・亜美の場合】

P「なぁなぁ亜美?」

亜美「ん→?兄(C)どったの→?」グイグイ、グイグイ

P「なんで亜美は、俺のお腹に顔を押し付けてるんだ?」

亜美「そこに兄(C)がいるから!」

P「そうか」

亜美「うん!兄(C)のお腹ってさ→、な→んかイイ匂いがするんだよね。落ち着くんだ→」

P「そうか」

亜美「そうそう!だから兄(C)は、おとなしく亜美に顔を押し付けられなさ→い!」

P「落ち着くんならちかたないね」

亜美「ちかたないね!」

P(亜美のちっちゃなお鼻がコリコリ当たって気持ち良くなってきた)

亜美「♪」

亜美(んっふっふ→!みんなには負けないもんね→!)

亜美「じゅ→でん♪じゅ→でん♪」



50 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:31:12.13 ID:TIskivMAO

【充電・真美の場合】

P「なっ…なぁなぁ…真美?」

真美「なっ…なに?///」グイッ...グイッ...

P「その…なんだ?お腹に当たってる…んだが…」

真美「…///」

真美「いっ…言わないでよ…真美だって、はっ…恥ずかしいんだから///」

P「…はっ、恥ずかしいなら止めればいいんじゃないか?」

真美「それはイヤ!真美も兄(C)で充電するの!」

P「そっ…そっか…」

真美「う、うん…」ダキッ

真美(兄(C)…あったかいなぁ…えへへ…落ち着く…///)

P(し、思春期って難しい…)



51 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:32:42.17 ID:TIskivMAO

【新婚生活・貴音の場合】

P「なぁなぁ貴音」

貴音「なんでしょう、あなた様」

P「そのあなた様って呼び方な?そろそろ変えてみないか?」

貴音「…はて、何故その様な事を?」

P「いやぁ…もう何年も聞いてきたからマンネリというか何というか…」

貴音「ふふっ。可笑しな事をおっしゃるのですね、あなた様」クスクス

P「だってそうだろ?俺たち、結婚したんだぞ?もう担当アイドルでも、恋人でもないんだ」

貴音「…ふむ。それは一理ありますね」

P「だろ?」

貴音「ならば、一時の間だけでも変えてみましょうか」

P「頼むよ」

貴音「…では」スゥ...

P「…」ドキドキ



52 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:33:13.50 ID:TIskivMAO

貴音「ぱぱ様」クスクス



53 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:35:23.66 ID:TIskivMAO

P「ぱっ!?」

貴音「ふふっ。何を慌てているのです?ぱぱ様は、この娘の父なのです。父ならば、ぱぱ、というのも間違いではないでしょう?」サスサス

P「そっ…それはそうだが…」

貴音「ふふっ。ぱぱ様♪」ギュッ

P「ちょっ!?貴音!?」

貴音「ぱぱ様…お慕い申しております…」

P「…」

貴音「ふふっ。ぱぱ様?どうなさったのです?」クスクス

P「…今まで通りでいいです…当面の間は」

貴音「…ふふっ」

貴音「あなた様は、相も変わらず照れ屋さんですね」ナテナデ、

P「…貴音のソレは、桁違いなんだよ…」

貴音「ふふっ。ですが、もう少しで…まことのぱぱ様になられるのですから、慣れてくださいませね?」クスッ

P「…そうだな。がんばるよ」

貴音「あなた様とわたくしと…そしてこの娘で…」

貴音「しあわせになりましょうね?」



54 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:36:40.46 ID:TIskivMAO

【新婚生活・千早の場合】

千早「プロデューサー、起きてください。朝ですよ?」ユサユサ

P「…」

千早「プロデューサー?早く起きないと、収録に間に合わなくなりますよ?」ユサユサ、ユサユサ

P「……」

千早「…プロデューサー?」ユサユサ、ユサユサ、ユサユサ

P「………」

千早「…えっ?」

P「…」

千早「はぁ…そういう事、しちゃうんですね」

P「…」

千早「起きないのなら仕方がありませんね。今日はおはようのちゅーは無しにしましょう」

P「おはよう、千早」

千早「…」

P「…」



55 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:38:40.30 ID:TIskivMAO

P「……怒ってる?」

千早「…」ムスッ

P「ですよねー…」

千早「やっていい冗談と、やってはいけない冗談ぐらい…分かりますよね?」

P「…ごめんなさい」

千早「反省、してますか?」チラッ

P「はい。ごめんなさい」

千早「…て」ボソッ

P「へっ?」

千早「ぎゅって…してください」グスッ...

P「…ごめんな」ギュッ

千早「恐かったんですからね?また、大切な人を失ったかと思って…恐かった…です」グスッ、グスッ

P「…」グイッ

千早「あっ…」トスン...

P「愛してる」

千早「…」

千早「…ばか」



56 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:39:57.25 ID:TIskivMAO

千早「もっと強く…ぎゅって抱き締めてくれなくちゃ…許してあげません…」

P「千早…」ムギュッ

千早「んっ…」チュッ

千早「ふふっ…私たち、ずっとラブラブですね」

P「そんなの、当たり前だって」

千早「…はい!」



57 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/10/31(木) 00:40:41.57 ID:TIskivMAO

では、少ないですが今回はここまでということで

ありがとうございました



58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/31(木) 04:59:20.48 ID:g69etYigo

お砂糖が湧いて出てくる・・・

乙したー



59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/31(木) 23:04:28.14 ID:TynZFovEo

はちみつががががががが
ハニーィ




60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/03(日) 21:08:40.19 ID:zAWanbMVo

甘すぎて…



61 : ◆ycDKV.3ZYU 2013/11/06(水) 22:56:46.73 ID:AVBHQBAAO

こんばんは。

急ではありますが、今回はここまでで終わりにしたいと思います

またいつか、他のSSを投下し始めた時はまた、お付き合いいただければ幸いです

それでは、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました



転載元
P「なぁなぁ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1382198942/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (44)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:29
          • 誰だよ俺のコーヒーに砂糖入れたの…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:29
          • こういうのってここまでかいたら
            ひびまこも書けよって思うよね
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:31
          • モバマス組関係ない件について
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:31
          • 5 甘い。甘すぎる
          • 5. ひびまこP
          • 2013年11月06日 23:35
          • 貴音や春香の分を響と真に少し分けてあげて…
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:38
          • 貴音大杉内
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:52
          • ※2,5
            作者の立場でいうとSS速報VIPではハブりはよくあること

            理由は
            数日で2,3レスだけとかあるから見る人が減る→作者がやる気無くす→作者の更新が減る→見る人が減る...となる

            このSSは典型的なその例で始め(10/20-26)こそ周りが反応してくれたけど
            >>36以降は最後のレス以外ずっと一人でしょ?
            作者から見ると見てくれる人がいなくなったって思ってブッチしたくなるわけ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:54
          • 口から砂糖ががががが
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月06日 23:58
          • つまり※7で何が言いたいかというと
            作者が響と真嫌いとかではないから作者を叩かないであげて

            見る人のいない、反応する人がいない状態でSSを書くのはただの苦痛で苦痛に耐えられなくなって辞めただけだから

            途中でレス求めても来ないのに作品終了した途端レスが来るのは何とも言えない気持ちになる
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:03
          • ファッキューハルカッス(露骨な対立煽り)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:16
          • やっぱりわた春香さんが一番ですね!一番!
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:18
          • 括弧内でAA使うなよ気持ち悪いから
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:18
          • 甘い、甘過ぎて気持ち悪くなるくらいの甘さだ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:23
          • 食ってた氷が氷砂糖になってしまった
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:26
          • 投下中にレスすると読む人の迷惑になるから控えてるってのもあるんだが
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:50
          • ※15
            大丈夫だ、問題ない
            他は知らんが

            あと俺の水に砂糖入れたの誰?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 00:59
          • このSS作者からすると、笑ってはいけないCGプロのようなSSは嫉妬と羨望の対象なんだろうな…
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 01:02
          • 律子の「うんっ!」にやられたのは俺だけか
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 01:09
          • クッソ甘いなぁ……堪んねェ……
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 01:11
          • 3
            心が折れたのならちかたない。
            きっとまた復活すると信じて。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 01:19
          • 俺のマコマコリンは?
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 01:23
          • ※15
            SS速報VIPは1ヶ月空けてもスレ落ちないからね
            一週間もレスがないとマジで見てる人いないと思ってやる気無くすから
            せめてその日の分の投稿が終わったなと思ったら
            待ってるよーとか見てるよーとか乙とか言ったげて…
            一週間一人で書き続ける苦痛は半端内
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 02:17
          • 何ここのコメント欄w
            無駄に勉強になった
            書き手さん説明感謝

            響真が出なくて残念だけど
            説明聞いて諦められますた
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 04:14
          • 何か細かいとこ微妙だなーって思ったけど
            やよいの天使っぷりでそんな事どうでもよくなった
            早くまこりんとひびきんを書く作業に戻るんだ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 06:35
          • モバマス関係無いじゃん…
            反応が悪かったから路線変更したんだろうけど
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 07:06
          • このPは刺される(確信)
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 07:29
          • いちゃコメは大好きですけれど、「充電」ははしたないと思いました。
            職場でこの様な事をしている人がいたら、私は怒ります。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 07:35
          • 米17
            普通にSS書いてる人間だったらあの人気に多少でも嫉妬しなきゃ嘘だと思うよ
            ジャンルが違うから、ギャグで書いてる人間よりは大したことないだろうとはいえ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 07:45
          • 関節キスで悶絶したw
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 07:56
          • ※7
            元スレ見たら分かるけどこの作者は数日に分けて作品を投下してて、その度に「今日はここまで」ってちゃんと宣言もしてる
            その後に感想スレがいくつか書かれてる その繰り返し >>36以降もまとめてないだけで感想スレはいくつかあったよ
            途中で作者が消えるのはVIPじゃ珍しくないし、見ている側だって他にも多くの作品が投下されているのにいつ続きが来るのか分からないものにずっと張り付いているわけにはいかないから、投下最中の感想スレが少ないのはどうしようもない
            確かにスレの反応は少なかったけど、それが理由で止めるならその人は初めから書くの辞めた方がいいよ
            こういうふうにまとめられたらそこで感想が書かれるわけだし

            ※25
            元スレでは無反応でしたわ
            確かにこれなら仕事で知り合ったとかでも良かったよね
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 08:11
          • いつも通りって書いてあるから酉で探してみたらこれ以外は一個しかなかった……

            これってどの話がつながっていてどの話が完全に短編なのか分かりにくいやね
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 08:57
          • 3 関節キスで頭抱えて以降読めてない
            間違ってるのに意味が通りそうな誤字ってなかなかクリティカルなのな
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 10:05
          • 3 甘過ぎて尿SAN値上がるわ…

            やよいは天使!!(異論は認めぬ)
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 10:54
          • テンカイシュンコウ様は最高ですね
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 11:03
          • 3 ゲロ甘ってかもうゲロゲロっすね
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 12:25
          • 関節キス…膝裏にでもキスしたのかな?雪歩ってば大胆
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 12:28
          • 5 うおおおお甘いよもっと書いてくれよおおお
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 13:35
          • 1 どうかな…
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 14:30
          • エレ速故仕方なし
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 14:55
          • 未完成品挙げておいて反応がないと止めたくなるって変態かよ
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 20:31
          • まこちんのあまあまのゲロゲロを見たかった…
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月08日 17:06
          • ※7,9
            なるほど。

            こういう甘々展開も良いね
            この人には頑張って欲しい
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月10日 01:26
          • 充電て言ったら対面座位でPの端子(オス)をアイドルの端子(メス)に差し込んで、なんて思ってしまった。
            良かったです。
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月14日 16:26
          • さすがにSSだとしても顔文字とか使ってるのをみると寒気がするな
            途中で読む気失せたわ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ