TOP

社長「プロデューサーを見つけてきたぞ!」

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 17:55:33.98 ID:7WPAUkSEO

ちひろ「ついに社長のお眼鏡にかなうプロデューサーが見つかったんですね!」


社長「うむ!一目見たときから彼なら大きなことをしてくれると確信できたんだよ」


ちひろ「事務仕事の負担も減りますし、社長がそこまでいう人ならスカウトの腕も期待していいんできますよ」


社長「ああ!彼の目を見たときから直感したよ……人を見る目、若者の瑞々しいセンス、希望をもった心!その全てを兼ね備えているとね!」


ちひろ(社長ったら本当にべた褒めですね……本当にどんな方なんでしょう?)


社長「まぁ、いつまでも見てもいない人間に賛辞を送っても埒もあかないね……」


社長「では、入ってきてくれ!」

ガチャ

モバP(以外P)「失礼しま…あ痛っ!」ゴンッ


ちひろ「………えっ?」


社長「おおっと……大丈夫かね?」


P「す、すみません……ははは、図体ばかりでかくて申し訳ありません」


社長「いやいや、我が事務所がまだまだ小さいだけだよ……君の大きさはそこまで関係がないよ」


P「小さいなんてそんな!……でも俺がここをもっと大きく改築できるくらい頑張りますね!」


社長「うむ!よくぞ言ってくれた!!事務所のこれからは君にかかっているぞ」


モバP「はい!……あと、そこにいるのはもしかして…」


社長「うむ、前もって説明したとおり彼女が事務員の千川ちひろくんだ」


ちひろ「は、はい……千川ちひろです」


社長「これからは彼女と共にアイドルのサポートから営業、事務仕事などをこなしてもらう!」


P「はい!……ではこちらも僭越ながら自己紹介を…」


P「これからアイドルのプロデューサーとしてこの事務所の一員に加わりました!Pです!これからよろしくお願いします!!」ドーーーーーーン


ちひろ(で、でかい……社長がPさんの胸くらいってどういうこと!?)



2 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 17:57:16.07 ID:7WPAUkSEO

モバマスSSです


でっかいプロデューサーがアイドルと奮闘するだけのほのぼの……にする予定



3 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 17:58:54.27 ID:7WPAUkSEO

あとこのSSは3~5レスくらいの短いお話をつらつら形をとります



5 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 18:08:50.70 ID:7WPAUkSEO

【履歴書】

社長「では、ちひろくんにも彼の履歴書には一度目を通してもらうよ」


モバP「お恥ずかしいものですが……どうぞ!」スッ


ちひろ「はい……では失礼して…」


ちひろ「………」パラパラ…


ちひろ(……身長が213cm、体重が128kg……そしてなぜか記入されている体脂肪率9%…)パラパラ…


ちひろ(日体大卒業……四年間アメリカンフットボール部に所属…ポジションはラインバッカー…)パラパラ…


ちひろ(どうりであんなにガッチリしてるし、大きいのか……)



6 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 18:24:18.87 ID:7WPAUkSEO

ちひろ「あの~……失礼なことをお聞きしますが、Pさんはそれだけスポーツ向きの体型をなさっているのにどうしてまたプロデューサーを?」


P「ああ、たしかに大学卒業時に周りからプロにはならないのか、とかは言われましたけど…」


P「元々俺がなりたかったのは人を、そして自分を成長させる現場で働きたかったんです」


P「だから体育の教師になろうかな、と思ってたんですが……」


P「お恥ずかしいことですけど…実家があまりお金がないものですから」


P「奨学金やら教師になるためのお金を考えると首が回らなくなりそうで……」


P「そんな時に社長にお声をかけていただいたんです!」


ちひろ「そうだったんですか……」



9 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 18:44:07.43 ID:7WPAUkSEO

ちひろ「アイドルをプロデュースするのも立派な成長の現場ですからね」


P「そうですね!舞台は違えど、これからアイドルの子も自分も成長していけるんですよね!」


ちひろ「ええ!これから頑張りましょうね、Pさん」


P「はい!よろしくお願いします!!」


社長「うむ!君たちなら必ずやトップアイドルを生み出してくれると信じているよ」


社長「ではP君、何か他にも尋ねたいことがあったら社長室に来てくれ!」

社長「ではまた後で」バタンッ


P「はい!……ふぅ…柄にもなく緊張してしまいました……」


ちひろ「ふふふ…お疲れ様です
どうぞ、そのイスにおかけになってください」


P「はい、では失礼して……」ギシッ


P「……それにしても本当に自分がプロデュースになったんだなぁ……これからの仕事が楽しみです」


ちひろ「それはなによりです!Pさんの理想の仕事場になれるように私も協力しますね」


モバP「はい!……でも理想の仕事場に必要なものはもうありますけどね」


ちひろ「え?……事務所にはまだそんなに物も置いてないですよ…」


P「ああいえ……物じゃないですよ」


ちひろ「え?」


P「一緒に仕事を共にする綺麗な女性の同僚の方ですよ」ニコッーー


ちひろ「………」


ちひろ(ふ、不意打ちでしたぁ…)カァァァァ



10 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 18:45:31.31 ID:7WPAUkSEO

【履歴書】 終わり



12 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 19:07:54.24 ID:7WPAUkSEO

【担当アイドル】

ガチャ

P「おはようございま……痛っ!」ゴツッ


ちひろ「あ、アハハ……おはようございます…大丈夫ですか?」


P「す、すみません……昨日もこんなことしてしまってましたね…」


ちひろ「まぁ、ドアの大きさもPさんの身長もそうは変わりませんからね……気をつけるしかないですよ」


P「以後気をつけます…」

ガチャ

社長「おはよう、諸君」


P「あ、おはようございます!社長」


ちひろ「おはようございます」


社長「来て早速で悪いが……Pくんにはいよいよ君の担当アイドルと顔合わせをしてもらうよ」


P「……え?ほ、本当ですか?」


社長「うむ、君がくる前から三人のアイドルは私がスカウトしておいた」


社長「今回顔を合わせたら、次回彼女らと顔を合わせたときは早速仕事だ」


社長「初対面は大事とは言うが、君は私が見こんだプロデューサーだ…」


社長「そこまで気負わずとも君なら彼女らとしっかり仲良くできると思っているよ」


P「は、はい!……うう、不安になってきた…」



14 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 19:26:14.61 ID:7WPAUkSEO



P「そ、そうだ、ちひろさん!なにか俺におかしなところありませんか?」


ちひろ「ふふふ……そんなに慌てなくても大じょ……」


ちひろ「ん?Pさん、ネクタイが曲がっていますよ」


P「え?本当ですか……こうかな…?」シュルシュル…


ちひろ「あらら……余計にひどくなってしまいましたよ」


P「む……まだスーツは慣れませんね…」シュルシュル…


ちひろ「う~ん、結び方か違うような気がしますよ……ちょっと失礼しますね」ズイッ


P「え…えっ?ち、ちひろさん?」


ちひろ「ここをこうして……こうと…」シュルシュル


P「あ、あのー……ちひろさん…」カァァァァ


ちひろ「あ、もう少しですから……こうして…よしっ!」キュッ


ちひろ「できましたよ!Pさん……ってどうしたんですか?」


P「あ、あの……近い…です」カオマッカ


ちひろ「え?……あ、あああ!!す、すみません!」カァァァァ


P「い、いえ……ありがとうございました…」


ちひろ(ううう……馴れ馴れしすぎたかしら?)


社長(うむうむ、仲善きことは美しきかな!)



15 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 20:11:01.53 ID:7WPAUkSEO

社長「身だしなみも整えたところで応接室にアイドルの子たちはいるからね……まず私が説明をしておくよ」


P「は、はい……お願いします」


社長「では私が合図を出したら入ってくれ」

バタンッ

P「はい………」


ちひろ「………」


P、ちひろ(どうしよう……気まずい…)


P「………あー…先ほどはすみませんでした、ちひろさん…」


ちひろ「い、いえ……こちらこそ馴れ馴れしすぎましたね」


P「そんなことありません!……どうもまだ女性には慣れてなくてね……あんな反応になっていました」


ちひろ「…え?女性に慣れてないって?」


P「はい……中学高校ともに男子校でしたし、大学の時もアメフトに熱中しすぎて女性と話す機会がなかったもので」


ちひろ(う、嘘……だとしたら初日のあの言葉って…)


社長「……おーい、Pくん!そろそろ入ってきてくれ」


P「あ、はい!ただいま!……ということでちひろさんありがとうございました」


ちひろ「え?あ、はい!頑張ってください」

バタンッ

ちひろ「………うう…顔がさらに…」カァァァァ



16 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 20:21:22.44 ID:7WPAUkSEO

社長「では彼が君たちのプロデューサーになる!仲良くトップアイドルを目指してくれ!」


モバP「よ、よろしくな!皆!」ドーーーーン














凛、卯月、未央(デカッ!!)



17 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 20:23:13.71 ID:7WPAUkSEO

【担当アイドル】 終わり



19 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 20:55:46.57 ID:E2R2kkx10

【初スカウト】

ガチャ

未央「ただいまー、レッスン終えてきましたよー!」


卯月「今日も頑張りました……ふぅ…」


凛「ただいま……卯月、大丈夫?」


ちひろ「おかえりなさい、三人とも
Pさんが三人にってアイスを買っておいてくれたから冷蔵庫からぜひとってきてね」


未央「本当!?やったー、アイスだー!」


卯月「ありがとうございます、プロデューサーさん……ってあれ?」


凛「ちひろさん、プロデューサーは?」


ちひろ「Pさんなら新しいアイドルの候補を探しに行きましたよ」


未央「スカウトだね!てことはプロデューサー初めてのスカウトってわけだ」


卯月「でも…アイドルじゃないにしてもプロデューサーさん自身もかなり目立ちますからね」


凛「そうだね、顔合わせしたときもなかなかの衝撃だったからね」


ちひろ「同感です…しかも日体大ですからね」



20 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:02:53.51 ID:E2R2kkx10

未央「すごいよねー、あの体!すっごいガッチリしてたしね」


卯月「たしかアメフトやってたんですよね!家に帰ってからアメフトについて調べたらあんな激しい競技だって知って、ならあの体でも納得と思いました」


凛「しかもプロデューサーは多分地の運動神経がいいんだろうね……一昨日のはすごかった…」

未央「あー、たしかに」

卯月「ちょっと自信なくすところでした…」


ちひろ「え?なにがあったんですか?」


凛「それがですね、社長がプロデューサーに『担当アイドルの力量を知ることも大事な役目だ』って言って…」


凛「私たちのレッスンを見に来させたんですよ
ちょうど、社長とプロデューサーが来たその時にやってたのがダンスレッスンだったんですけど……」


ちひろ「……もしかして」


凛「多分ちひろさんの予想で合ってると思います」


ちひろ「……すぐに踊れちゃったとか?」


凛「はい……わずか五分で私たちが覚えるべきダンスをマスターしてました」


ちひろ「それは……なんとも…」


未央「でも言い換えればあれだけダンスができるプロデューサーならアドバイスも説得力あるよね」

卯月「たしかにね!…でもその後のレッスンは……」

凛「……まぁ、あれは仕方ないよ」


ちひろ「その後のレッスンっていうのは?」


卯月「ボイスレッスンだったんですけど……その…」


凛「…はっきり言うなら相当なアレだった」


ちひろ「……天は二物を与えずってことでしょうかね?」


未央「アハハ……それにしてもプロデューサー、大丈夫かな?」


卯月「え?なにが?」


未央「スカウトのことだよ……なんかPさんのことだから逆に運動関係の人にスカウト受けそうじゃない?」


ちひろ「ふふふ、いくらなんでもPさんが運動関係のスカウトは………」


ちひろ、凛、卯月、未央(……ありそう…)





一方Pは

P「い、いえ……だから私はプロデューサーで…」


コーチ「いいや!君はこれからの日本のバスケ界を変えれる選手になる!!」



23 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:18:45.00 ID:E2R2kkx10



モバP「うう……ようやく断れた…やっぱ目立っちまうな、俺…」


モバP(やっぱりそのままアメフト続けるべきだったんだろうか……)


モバP(っていかんいかん!なにを言ってるんだ自分!担当アイドルもできたし、社長やちひろさんだって今の俺に期待してくれている)


モバP(ならその期待に答えるのが今の俺の仕事だ……やってるやるぞ!)


モバP「……といってもなかなかスカウトって上手くいかないな~…」


モバP(社長にスカウトのコツみたいなのは聞いたけど……ピンときた女の子に話しかけろと言われたけど……)


モバP「かわいいと思った女の子はいるだけど、社長の言ってたピンときたというのは違う気がする……」


モバP(そもそも女性とお付き合いした経験もない俺がスカウトなんかうまくいくのか!?)


モバP「先行きが不安だなぁ………んっ?」


モバP「あ……あの子は!?」ピンッ


モバP(そ、そうか……これがピンときたってヤツか!!)


モバP(自分が上手く話せるかどうかなんてどうでもいい……とにかくこの子が成長した姿が見たい!)


モバP(よ、よし!!なんとしてでもあの子をアイドルにしてみせる!)


モバP「す、すみません!少しお時間いただけますか……」


モバP「私、こういうものでして………」


モバP「目指すのは……!…」



24 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:33:18.34 ID:E2R2kkx10

…………
……


プルルルプルルルプルルル…

ちひろ「ん?電話……これはPさんから」

ガチャ

ちひろ「はい!もしもし…」


P「あ!もしもし!?ちひろさんですか!?」


ちひろ「はい、ちひろですが……どうなさったんですか?(声が鬼気迫る感じ…)」


P「そ、それがですね!スカウト一人上手くいきましたよ!」


ちひろ「本当ですか?よかったですね、Pさん!」


P「はい!やりましたよ!!……それで早速紹介したいのですが大丈夫ですか?」


ちひろ「はい!ちょうど今なら担当アイドル全員事務所にいますよ」


P「そうですか!ではここからだと……約15分程度あれば着くと思います」


ちひろ「では三人には伝えておきますね」


P「はい!ではまた後で!」


ちひろ「はい、では……」

ガチャ

未央「……大方、スカウトが上手くいったってところでしょ?」


ちひろ「ええ!今からその子を連れて事務所に戻るって」


卯月「仲間が一人増えましたね!嬉しいです!」


凛「でもまだ確実に入るかはわからないですよね?」


ちひろ「そうねぇ……色んな手続きとかあるし、親御さんにも協力を仰がなくちゃならないし」


ちひろ「けど、どうせならPさんの腕を信じましょうよ!」


凛「……そうですね」


未央「それにしてもどんな子なんだろうね」


卯月「プロデューサー自身がインパクト強いですし、そんなに驚くこともなさそうですけど」


凛「それは同感だね」


ちひろ「ふふふ…」



25 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:38:14.02 ID:E2R2kkx10
















ガチャ

モバP「ただいま!この子が新しく仲間になるかもしれない、諸星きらりさんだ!」ドーーーーーン


きらり「おにゃーしゃ☆」ドーーーーーン


ちひろ「」


未央「」


卯月「」


凛「」



26 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:38:52.47 ID:E2R2kkx10

【初スカウト】 終わり



27 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 21:42:14.76 ID:rrF2lTEqo

どうやら、おまわりさんを呼ぶ必要はないようだ



32 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 22:12:06.08 ID:wiiv76ofO

【1レス小ネタ、きらりとP】

ちひろ「正式な手続きも終えてきらりちゃんも我が事務所の一員になったんですが……」


P「おはようごっ……いってぇ」ガッ


きらり「Pちゃーん!おっすおっ……ふみゅう…い、痛いにょわ…」ガッ


ちひろ「……これがいつもの光景で…」


きらり「ね、ねぇ……Pちゃん、今日もアレお願いすぅー?」


P「ん?……あぁ、アレか……それじゃ外に一回出ような」


きらり「うん!はぴはぴすぅー!!」

ガチャ

ちひろ「……きらりちゃんのいう『アレ』というのも…」


P「ほーら!高い高ーい!!」ポーンポーン


きらり「うきゃー!!楽すぃーにょわー☆」


P「ハハハ、それそれー!」ポーンポーン


きらり「にゃふふふーー!」


ちひろ(本当に高い……いやどう考えても高すぎ……)


凛「……またやってるの?」


ちひろ「……そうみたい」


未央「ていいながらもここにいるアイドルと事務員さん全員アレよくやってもらってるじゃん」


卯月「だ、だってあれ予想以上に楽しいですもん!」


凛「……否定はしないかな」


ちひろ(あんなことできるPさんくらいだからついつい…)



33 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 22:12:54.26 ID:wiiv76ofO

【1レス小ネタ、きらりとP】 終わり



42 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 07:38:10.63 ID:+lh8B7yZO

【休日に】

P「さて…今日はプロデューサーになってから初めての休日だ」


P「このまま家でゴロゴロというのは不健康だし、外に出て体を動かそう!」





P「ということで車で一番近い自然公園にやってきました!」


P「久々にアメフトの練習でもしようか……」


P「……ていっても一人じゃできる練習なんてたかが知れてるな…」


P (たしか……今日はきらりがオフの日だって言ってたな)


P(担当アイドルと仲をを深めるいいチャンスだ……きらりの家はたしかここからそんなに遠くなかったし)


P「とりあえず誘ってみようか」

プルルルプルルルプルルル…

ガチャ

きらり「もしもし!Pちゃんおっすおっす!」


P「うん、きらりおっすおっす!」


きらり「あれー?Pちゃん今日はお休みだったはずだにぃ?」


P「うん、だから今◯◯自然公園で体を動かしてるんだ」


きらり「◯◯自然公園かにぃ?そこはきらりもよく行くよー☆」


P「そうか!ならよかったら一緒にスポーツでもしないか?」


きらり「本当ー?超特急で準備すぅーー!!!」


P「急がなくても大丈夫だぞ、きらり」


きらり「平気平気ー☆じゃあ、また後で、Pちゃん!」

ガチャ

P「これでよし、と…」



43 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 09:41:30.93 ID:+lh8B7yZO

……………
………


きらり「Pちゃぁぁぁぁぁん!!!」ドドドドドドド


P「おっ、来てくれたかきら……」


きらり「きらりんダーーイブ!!」ピョーーーン


P「うぉっ!?あ……危ないぞ!きらり!」ガシッ


きらり「うぇへへへー……さっすがPちゃん!きらりんパワーを受け止められるなんてさすがだにぃ☆」


P「ははは、まぁな……でもきらりは大切なアイドルなんだからあまりああいう危ないことはしないようにな?」


きらり「うん!わかったにぃ!」


P「それでよし!じゃあ、さっそく体を動かすか」


きらり「うん!きらり運動すぅー!!」


P「まずは準備体操をしてから……」グッグッ


きらり「よいしょ…よいしょ…」グッグッ


P「軽く肩慣らしにアメフトのボールでキャッチボールしようか」


きらり「あれー?そのボール、潰れちゃってるにぃ?」


P「ちがうよ、きらり
これは元々こういう形のボールなんだ」


きらり「へぇ~……よく見るとなかなかカワイイ形だにぃ!」


P「気に入ってくれて何よりだ!じゃあ、さっそく俺が投げるからきらりはキャッチしてくれ」


きらり「うん!準備バッチシ☆」


P「じゃあいくぞ!それっ!!」ポーーン


きらり「きらりんキャッーチ!…ってあれー?」ポロッ


P「ハハハ、アメフトのボールをキャッチするのは難しいだろ?」


きらり「にょわ……ボールがとがってる所もあるから手の中で跳ねちゃうにぃ…」


P「だからな、アメフトのボールをキャッチするには特別な手の形をしなきゃな……!……!」


きらり「こうかにぃ?……!…?…」



44 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/20(金) 09:45:50.13 ID:+lh8B7yZO

……………
………



P「よし、じゃいくぞ!それー!!」ポーーン


きらり「次こそきらりんキャッーチ!!」ガシッ


P「おおー!上手くできたな、きらり!」


きらり「うぇへへへー☆じゃあ、きらりからいくよー!」


きらり「それー☆」ビシュッ!

シュゥゥゥゥゥ!

P「ナイスパスだ、きらり!」


きらり「きらりんパワーマックスだにぃ☆」


P(というより目算できらりのパス、時速90km出てるな……風を切る音が聞こえるし…)


P「……きらりはクォーターバックとしてなら即戦力だな」


きらり「んー?クォーターバック?」


P「きらりんパワーがあればきらりならすぐにアメフトの選手になれるってことだよ」


きらり「そうなのかにぃ?」


???「あ、あの!!」


P「ん?」


きらり「?……どなた様にぃ?」



48 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 10:24:15.11 ID:+lh8B7yZO

???「いきなり声をおかけしてすみません!!私……」


茜「日野茜というものです!!!!」


P「え……あ、うん…はじめまして、茜さん」


きらり「にょわ…はじめまして茜ちゃんおっすおっす☆」


茜「はい!!はじめまして!!!」


P「(元気な子だなぁ…)うん、それで茜さんはどんなご用件で?」


茜「はい!そ、その……ご迷惑でなければサインをいただけないでしょうか?」


きらり「さ、サインかにぃ?」


P「!?」


P(ど、どういうことだ…?まだきらりは世間への露出も少ない駆け出しのアイドルだぞ……それなのにサインって…)


茜「あ、そこの方もお願いします!!」


P「……へ?俺?」


茜「はい!……私、ラグビーの試合観戦が趣味でして…」


茜「でも、まだ勉強不足なのか……お名前とチーム名を教えてくれませんか?」


P「??……ん~?」


P「…もしかして俺たちのことラグビーの選手と思ってる?」


茜「え……?ち、違うんですか!?」


きらり「きらりはまだ始めたばかりだけどねー、アイドルなんだゆ☆」


P「そして俺はこの子の担当プロデューサーのPって言うんだ」


茜「そ、それは失礼しましたーー!!!てっきり動き方からしてプロかと……」


P「………そんなにすごかったかなぁ…」


きらり「キャッチボールしてただけのつもりだったんだけどにぃ……」


茜「その……ラグビーの試合を何回も見てきましたから動き方とかでプロとかはわかっているつもりです!!」


P「……喜ぶべきか、悲しむべきか…」



49 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 11:14:02.87 ID:+lh8B7yZO

P(んー…でもこの子……)

ジッーー

茜「……?ど、どうかしましたか?」


P(……うん、この子なら!)ピンッ


P「…ねぇ、茜さん……!……」




……………
………



プルルルプルルルプルルル…

ちひろ「ん?……Pさんから?」

ガチャ

ちひろ「はい、もしもしちひろですが?」


P「もしもし、Pです……今日もお仕事お疲れ様です」


ちひろ「いえいえ、大したことはありませんよ
それでなにかありましたか?」


P「それがですね、今日はお休みですし近所の◯◯自然公園に来て体を動かしてたんですよ」


ちひろ「はい…それで?」


P「それで今日はきらりもオフだし、一緒に体を動かしてみるのもいいかなと思って誘ったんですよ」


ちひろ「(Pさんときらりちゃん……すごいことになりそう)はい……」


P「そこである女の子に俺ときらりがプロのラグビー選手と間違えられてサインを求められまして……」


ちひろ「あ、あはは……」


P「誤解を解いたあとにその女の子と話してみたんですが……その子もきらりの時と同じようにピンッときまして…」


ちひろ「…もしかして」


P「はい!スカウトできました!!」


ちひろ「お、おめでとうございます……それで、あの…」


P「今から一旦事務所に向かいますね!ではまた後で!」

ガチャ


ちひろ「あっ……き、切られてしまった……」


ちひろ「……たしか◯◯自然公園ってここから車で10分くらいだったはず……それに合わせてお茶でも煎れておきましょうか」



52 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 11:47:02.45 ID:+lh8B7yZO

……………
………



ガチャ

P「こんにちは、ちひろさん!ただいま到着しました!」


きらり「ちひろさんおっすおっす☆」


茜「お、お邪魔します!!」


ちひろ「(うわっ!き、急に事務所の雰囲気が熱く…)は、はい!皆さんこんにちは…」


ちひろ「……その子が今回言ってた女の子ですか?」


P「はい!では早速自己紹介のほうをお願いします」


茜「は、はい!!私、日野茜といいます!!」


茜「8月4日生まれの17歳!!趣味はラグビー観戦です!!」


茜「どんなことでも全力でトライしていきます!!!これからよろしくお願いします!!!!!」キーーーーーン


ちひろ「(な、なんて声量!)よ、よろしくね、茜ちゃん……私はここの事務員の千川ちひろです」


P「あ、あと茜さんの両親は近くにいたのであらかじめ声はかけておきました」


P「残るは書類手続きだけなので……後日、お願いできますか?」


ちひろ「はい、任せてください」


ちひろ「…なかなかPさんもプロデューサー業に慣れてきましたね」


P「いえいえ、そんなことは……」


P「では、来て早々でドタバタしてますが……また◯◯自然公園に戻りますね」

ちひろ「え?もうですか?お茶も煎れてありますよ」


P「おお、ありがとうございます!ではこれをいただいてから…」ズスズッ



53 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 11:51:27.15 ID:+lh8B7yZO

ちひろ「それにしてもちょっとだけここに来るまで時間かかりましたね
たしかここから◯◯自然公園って車で10分くらいでしたよね?5分くらい遅かったですけど……渋滞してたんですか?」


P「いや、◯◯自然公園からは走ってきましたよ」ズスズッ


ちひろ「ああ、なんだそういうことですか……………ってえっ?走って…?」


P「俺は自宅から◯◯自然公園までは車で来てたんですけどきらりは徒歩で自然公園まで来てましたから」


ちひろ「それで二人に合わせるために走ってきたと?」


P「はい!茜さんも走りましょうって言ってましたしね」


ちひろ「は、はあ…」


P「さて、お茶ご馳走様でした…そろそろ戻りますね」


きらり「ちひろさん 、ありかとうだゆ☆」


茜「わざわざありがとうございます!!」

P「ではまた明日!」

ガチャ

ちひろ「は、はい!お気をつけて……」


ちひろ「そ、それにしてもまた一段とインパクトの強い子が来ましたね…」


ちひろ「……んっ?あの三人、車で10分の道を走って15分で来た?」


ちひろ「……深く考えるのはよしましょう……」



54 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 11:53:21.87 ID:+lh8B7yZO

【休日に】 終わり



55 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 12:45:58.84 ID:QGUEpfJjO

【茜の全力トライ】

茜「おはようごさいます!!!プロデューサー!!!」


P「お!おはよう茜!今日も元気だな」


P「…けど、今日の元気はたったそれだけか?」


茜「!!……いいえ!違います!!!」


P「ならその元気、全力でぶつけてこい!」


茜「今日も行きますよー……うーー!!!ボンバーーーーー!!」

バスッ!!!

P「うん!今日も元気満タンだな、頑張っていこう!」


茜「はい!!ではレッスン行ってきます!!」






凛「……あれもすっかりお馴染みの光景だよね」


卯月「きっとラグビーとかアメフトの仲間が出来てプロデューサーも嬉しいんだよ………あれ?未央ちゃんは?」



56 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 12:50:16.04 ID:QGUEpfJjO

未央「プロデューサー!私もやってみていい?」


P「ん?未央もか?よし!なら来い!!」


ちひろ「未央ちゃんまで……」


未央「よーし!とりゃーー!」

ポスッ

P「……うーん…未央は入り方がまだまだ鋭くないな」


未央「ん?これでいいんだよ」


P「え?どういうことだ?」


未央「こういうこと!」スリスリ…


P「!?……み、未央!?ちょっ…」カァァァァァァァ


未央「えへへー…どうだ、参ったか!」トントン


未央「んっ?肩叩いたのだ……れ…」


凛「……」ゴゴゴゴゴゴ…


卯月「……」ドドドドドドド…


未央「……え、えーと」


ちひろ「ちょっと未央ちゃん…」コォォォォォォ…


凛「応接室でお話でもしようか…?」


卯月「すぐに終わるから…ね?」


未央「」



……………
………


ガチャ

きらり「みんなー、おっすおっ……え?」


未央「」マッサオ

凛「~♪」ツヤツヤ

卯月(プロデューサーに抱きついちゃった!えへへー)ニコニコ

ちひろ「さて、お仕事お仕事」ニッコリ

P「ううう……」カァァァァァ


きらり(な、何があったんだにぃ?)



57 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 12:51:16.17 ID:QGUEpfJjO

【茜の全力トライ】 終わり



62 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 13:47:47.04 ID:QGUEpfJjO

【卯月とお料理】

ガチャ
P「ただいま戻りました!」


ちひろ「おかえりなさい、Pさん」


卯月「おかえりなさい、たしか今日は営業しに行ってたんでしたっけ?」


P「ああ、その通りだ
そして卯月!今回の営業で卯月になかなかいい仕事がきたぞ!」


卯月「えっ?ど、どんな番組ですか?」


P「それがな…◯◯っていう料理番組なんだけど知ってるか?」


卯月「そ、それって私が学校から帰ってくるとやってるからよく見てるんですが…」


P「なら話は早いな、あの料理番組にゲストとして卯月が呼ばれることになったんだ!」


卯月「えぇー!?あ、あれって結構主婦層の人にかなり人気ありましたよね?」


P「うん、だからこそここで卯月を売り込むチャンスなんだ!いけるか、卯月?」


卯月「わ、私そこまで料理が得意ってわけじゃないですよ?」


P「卯月が全てやるわけでもないし、料理人レベルのものをつくるわけでもないからそこまで緊張する必要もないぞ?」


卯月「そ、そうですか……でもやっぱり不安はありますよ…」


P「……よし!ならちょっと待っててくれ」

ガチャ

卯月「え?プロデューサーさん?……行っちゃった…」


ちひろ「ど、どこに行ったんでしょう…?」



64 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 14:10:28.84 ID:QGUEpfJjO

……………
………


ガチャ

P「ただいま戻りました!」ドサッ


卯月「あ、おかえりなさ……どうしたんですか、このスーパーの袋…」


P「よしっ!卯月早速料理の練習をするぞ!」


卯月「えっ?こ、これって……」


P「ちひろさん、ちょっと給湯室のコンロとか流しを使いますね」


ちひろ「え?はい、どうぞ…」


P「じゃあさっそく行くぞ、卯月!」


卯月「え?ちょ、ちょっと待ってくださいー!」


……………
………


P「材料は一通り買ってきたけど……何を作ろう」


卯月「あ、あのー……プロデューサーさん」


P「ん?どうした、卯月?」


卯月「これって料理番組へ向けての練習だったりします」


P「そうだな、卯月に自信をつけるためには練習が一番かなと思ってな」


卯月「あ、ありかとうございます!」


P「まぁ、それにまだ俺お昼ごはん食べてないんだよね…」


卯月「ふふふ、Pさんってばちゃっかりしてますね」


P「それと俺も料理をもっとしっかり勉強したいしね」


卯月「たしかPさんは一人暮らしでしたよね?」


P「ああ、だから自炊するとき美味しいものが食べられたら嬉しいだろ?」


卯月「そうですね!……よしっ!では一緒に頑張りましょう!」


P「おうっ!」


卯月「じゃあ、さっそく………!…?」


P「ここはこの切り方で……!?…!」



65 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 14:40:28.58 ID:QGUEpfJjO

……………
………


卯月「できましたー!」


P「うん、卯月お疲れ!」


卯月「Pさんこそお疲れ様です!どうですか、Pさん?私、ちゃんと出来てましたか?」


P「バッチリだったぞ!これならいつでもお嫁さんにいけるな!」


卯月「お、お嫁さん!?」ボッ


P「うん?どうした卯月?」


卯月「い、いえ…なんでも(隣で一緒に料理してたし、私にお嫁さんになれって言ってるのかと思った…)」


P「それなら早く食べよう!もう俺も限界なんだ」


卯月「ふふふ…そうですね、では…」


P、卯月、未央、凛、ちひろ「いただきます!」


P、卯月「!?」


未央「よしっ!肉じゃがいただき!…うまー!ホックホクだよ!」モグモグ


卯月「あ、あれ?未央ちゃんと凛ちゃんはいつの間に……」


凛「ついさっき帰ってきたの……このほうれん草のおひたし美味しいよ」シャキシャキ


P「そしてちひろさんもってことですか?」


ちひろ「お昼時にこんな美味しそうな匂いが事務所から漂ってれば来たくもなっちゃいますよ!……卯月ちゃん、このお味噌汁の出汁って何使ったの?」ズズズッ


P「まぁ、多めに作っておいたから大丈夫か……」

ガチャ

きらり「ただいまー、帰ってき……ん?この美味しそうな匂いは!」


茜「レッスン終えてきまし……わ!豪華な昼食ですね!!」



66 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 15:07:26.71 ID:QGUEpfJjO

P「きらりと茜も帰ってきたか……まだ二人ともお昼ごはんたべてないだろ?一緒に食べようか」


きらり「にゃふふー!じゃあ、いただくにぃ☆」


茜「ありがとうございます!!ではいただきます!!!」


……………
………



P、ちひろ、卯月、未央、凛、きらり、茜「ごちそうさまでしたー!」


未央「いやー、本当に美味しかったよ!」


凛「卯月、プロデューサー、二人ともありがとう」


ちひろ「久しぶりに自分以外の人の手料理を食べられました」


きらり「卯月ちゃんもPちゃんもお疲れ様だったにぃ!」


茜「ぜひまた機会があればよろしくお願いします!」


P「どういたしまして!」


卯月「喜んでもらえて何よりだよ」


未央「それにしても……ふぁぁ…うぅ…」


凛「あんなにしっかり昼食食べちゃったから……ちょっと眠気が…」


きらり「きらりもねむねむしてきたにぃー……」


茜「たしかに少しまぶたが重いです……」


ちひろ「…そうですね、なら皆仮眠室でお昼寝でもどうぞ」


凛「え?そんなこと…」


P「そうだな、みんなはレッスンもあったしたまにはそういうこともした方がストレス発散になるし……そうさせてもらえ」


未央「…じゃあお言葉に甘えて…」


きらり「ねむねむすぅー…」


茜「眠るときも全力で休みます…」


凛「……そうだね、たまには…」

ガチャ



67 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 15:10:51.56 ID:QGUEpfJjO

卯月「……」


P「ん?卯月もお昼寝しないのか?」


卯月「あ、ああ……それはさせてもらいます…けどその前に」


卯月「プロデューサー……今回はありがとうございました」


卯月「プロデューサーと一緒に料理できて嬉しかったです……えへへ…」テレテレ


P「……俺もだぞ」


卯月「はい!じゃあ、お昼寝してきますね」

ガチャ

P「……」


ちひろ「Pさん、コーヒー淹れておきました……よ?」


P「ううう……」カオマッカ


ちひろ「……ぷっ」


ちひろ(あんな大きなPさんが17歳の女の子に真っ赤にさせられるなんて……ふふふ)



68 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 15:12:05.14 ID:QGUEpfJjO

【卯月とお料理】 終わり



75 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 15:42:12.59 ID:QGUEpfJjO

【未央とお留守番】

ガチャ


P「ただいま戻りましたー」


未央「お!お疲れ様ー、プロデューサー」


P「おう、ありがとうな……あれ?他の皆は?」


未央「うづきんは学校の用事でおくれるって言ってて、しぶりんは家の花屋さんが忙しくて今日はもしかしたらいけないかもってちひろさんに連絡があったよ」


P「そうか……それでそのちひろさんは?」


未央「書類関係で銀行に行かなきゃならないらしいからさっき出ていったよ」


P「それで未央は一人でお留守番だったと」


未央「…寂しかったんだよ?」


P「そうかそうか…ご褒美にカステラでも一緒食べよう 」


未央「わーい!」



77 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 16:29:45.38 ID:QGUEpfJjO

P「はい、ではどうぞ」コトッ


未央「いただきまーす……えへへ、あー幸せ…」モグモグ


P「カステラ一つで幸せなんて大げさな……でも確かに幸せだな」モグモグ


未央「甘いものは人を幸せにするんだよ?それくらい覚えとかきゃね、プロデューサー」


P「まぁ、その幸せを享受しすぎると後で体重計っていう不幸がのしかかってくるけど……」


未央「う……食べてる最中にそういう話はNGだよ」


P「ははは…そうだな」


未央「まったく…プロデューサーは乙女心を理解しなきゃ」


未央(……それにしても今事務所には私とプロデューサーの二人だけかぁ…)モグモグ


未央(う~ん……ちょうどいい機会だし色々と普段聞けないこととか聞いちゃおうかな…)ニヤッ


未央「……ねぇ、プロデューサー」


P「ん?どうした?」モグモグ


未央「もし、プロデューサーがこの事務所の中の誰かとお付き合いするとしたら誰がいい?」


P「んぐっ!?ゴホッ!ゴホッ!!」


未央「あ!?ごめん、むせちゃった?はい、お水」


P「~~ッ!ぷはぁっ…はぁっ…」


未央「あ、アハハ……そんなに動揺するとは思わなかったよ」


P「い、いきなりお前はなんという質問をしてるんだ!?お前は!」


未央「ええ~?だって気になるもん」


P「気になるって…あのなぁ…」



80 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 18:55:42.07 ID:/emWfU0RO

未央「じゃあさ、この事務所の皆のこういうところが好きみたいなのを上げていってよ!」


P「え?なんだそれ…」


未央「そうすれば一番好きなところが上がった人が一番気になるってことじゃない?」


P「そんなこと聞いてから言えるか!」


未央「え~?いいじゃん!」


P「ダメダメ!はい、この話は終わり!!」


未央「ちぇー……なんだよー、一人くらい教えてくれたっていいじゃん……」


P「まったく…」


P「……じゃあ、誰とは言わないが、一人だけ好きなところを上げていってやるよ」


未央「え!?本当に!」


P「……今回だけだぞ」



81 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 20:06:11.51 ID:/emWfU0RO

P「そうだな……その人はいつでもなにかに一生懸命だな…」


未央(一生懸命……ということは茜ちゃんかな……いやでも皆トップアイドル目指して一生懸命だよな…)


P「そのくせちょっと不器用だから……うまくいかなくて周りじゃなくて自分を責めちゃうんだ」


未央(……内面的な話だから誰だかなかなか特定できないな)


P「それでも周りに迷惑をかけたくないのか……なかなか自分が弱くなってるところを見せないようにしてるんだ」


P「……とっても強い人だと思う」


未央(………それって)


P「だからかな……思わず冗談で言った言葉にポロって自分の本心が表れちゃうんだ」ポンッ


未央「あ……」


P「寂しかった……なんて…」ナデナデ


未央「…………」


P「その誰かさんは最近テレビの収録で失敗しちゃったから……お留守番で一人になるとすぐ考えちゃうんだよな」


P「自分が周りの足を引っ張ってないか、とか…」


未央「…ッ……~ッ…」グスッ


P「……誰だって失敗したら周りに影響は及ぼすよ…けどな、その人が一生懸命なら周りはそれを」


P「迷惑なんかじゃなくて、愛嬌だと思うはずだ……それがかわいいって思ってくれるさ…」


P「……誰かさんの好きなところはそんなところかな…」


未央「……う…うわぁぁん……」ポタポタ


P「………」ナデナデ



82 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 20:26:31.04 ID:/emWfU0RO

……………
………



未央「え、えへへ……ひ、人に泣いてるところ見られるって恥ずかしいね…」


P「そうかもな…けど、何か意味があって泣くのなら周りは気にしないぞ?」


未央「わ、私が気にするんです!まったく……本当にプロデューサーは乙女心をわかってないんだから!」



P「それは許してくれよ……こっちは乙女心を理解できるほど女性と接したことないんだから」


未央「なら、これから勉強していかなくちゃ!周りにあれだけ乙女がいる職場なんだから」


P「そ、そうだな……」


未央「……んじゃ…その勉強を教える役は私がやるね?」


P「…えっ?…そ、それ…」


未央「ッ!!に、二度は言わないからね!私、顔を冷ましに外出てくるね!!」

ガチャ

未央「………」


P「お…おい、未央!」


未央「それとね……」


P「えっ?」


未央「その誰かさんは私がよく知ってる人だからプロデューサーに伝えておくよ」


未央「……次こそお仕事成功させて見せるってね」ニコッ

バタンッ

P「………」


P「…は…ははは…はははは!」


P「それでこそ未央だよ……頑張れ」



83 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/20(金) 20:27:02.28 ID:/emWfU0RO

【未央とお留守番】 終わり



91 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 08:02:07.93 ID:VXdaOO/uO

【凛とお散歩】

プルルルプルルルプルルル……

P「ん?携帯に電話が……これは大学時代の後輩の◯◯からか……」

ピッ

P「もしもし、Pですが……」


P「おおー!本当か!?おめでとう!」


P「うん…そうか、予定合わせてみるよ」


P「じゃあ、また後日な!じゃ…」

ピッ

P「そっかそっかぁ……ついにあの二人がかぁ…」


ちひろ「どうしたんですか?ちょっと嬉しそうですけど……」


P「それがですね、大学時代にアメフト部で同じポジションをやっていた後輩が今度結婚するそうなんです」


ちひろ「それはおめでたいですね!」


P「ええ!でも予想通りだったなぁ……」


ちひろ「予想通りというと…?」


P「その後輩と彼女って同じ大学の同級生だったんですけど……本当に周りが気をつかうレベルのバカップルだったんですよねぇ…」


ちひろ「あー……私もそんなカップル見たことありますね」


P「まぁ、だから予想通りでしたし、驚きもしないですね」


ちひろ「そうですか……それにしても結婚かぁ…」


P「ちひろさんなら引く手多数なんじゃないですか?」


ちひろ「いえ、そんなことないですよ……」


ちひろ「それにちょっと目をつけてる人もいるし」ボソッ


P「ん?今なんと?」


ちひろ「いえいえ、なんでもないですよ」



92 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 10:30:52.44 ID:VXdaOO/uO

P「んー……でも結婚式に呼ばれたんだから何か贈り物したほうがいいですよね?」


ちひろ「そうですね、何か贈り物をしたほうが喜ばれるとは思いますよ」


P「といっても何を送るか……」


P「そうだ!俺には力強い協力者が確保できるじゃないか」


ちひろ「え?協力者?……って、なるほど!」


P「明日あたり寄ってきますよ」


ちひろ「そうですね、それがいいと思います」

P「んじゃ、俺もとっとと仕事にとりかかりますか」

……………
………


凛「………っとこんな感じかな」シュッシュッ


凛「お母さん、水はこれくらいでいいかな?」


凛母「そうね……うん、ちょうど色も映えてるし、OKよ」


凛「じゃあ、そろそろハナコの散歩の準備してくるよ」


凛母「よろしくね……あ、いらっしゃいませ!」


P「こんにちは!ご無沙汰しています、Pです」


凛母「あら、Pさん!こちらこそ娘がお世話になってます」


P「いえいえとんでもない……いつも助けてもらってばかりですよ」


凛母「そんなご謙遜を……あ、そういえば今日はどんなご用件で?凛を呼びましょうか?」


P「いえ、今日はお客さんとしてここに来ました」


凛母「あら、そうなんですか……それでどんなお花を?」


P「あんまり花に詳しくないので……贈り物として喜ばれる花、なんて注文でもいいですか?」


凛母「ええ、できますよ」


P「それと……目立つところに一輪、杜若を入れてくれませんか?」


凛母「杜若ですか?わかりました、少々時間いただきますね」


凛「そろそろいってく……ってプロデューサー?」


P「おう、凛!こんにちは」


凛「え、なにか仕事かなにかあったの?」


P「いやいや……お客さんとしてきただけだよ」



93 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 11:49:27.22 ID:VXdaOO/uO

凛「ふーん、お客さんとして来た、ね……」


P「なんだよ、その訝しげな目は…」


凛「だって今まで運動一筋だったプロデューサーが花屋に用ができるなんてね」


P「まぁ、それは自分もそう思ってるよ……でもこれから事務所の皆がランクが上がったり、ライブとか成功したら花を飾ることだってあるしなぁ…」


凛「たしかにそうだね……でも今回は何のために花屋へ?」


P「まぁ、贈り物ってところだな」


凛「そっか………えっ?」


P「うん?どうした?」


凛「い、いや……なんでも…」


凛(え?……プロデューサーが贈り物で花?)


凛(……もしかして女の人?…い、いやそんなことないはず…)


凛(け、けど女の人に慣れてないプロデューサーが初デートなんかに花を贈るとか……)


凛(……やりかねない)


凛「………プロデューサー、時間あるよね?」


P「え?ああ、花ができるまでの間はすることはないな」


凛「じゃあ、ハナコの散歩につきあってくれない?」


P「花って出来るまで待ってなくていいのか?」


凛「いいの、お母さん!プロデューサーと散歩行ってくる」


凛母「え?気をつけていってらっしゃい」



94 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 14:32:59.82 ID:D+dfPM1LO

……………
………


< ワンッワン!!

P「ははは、ハナコはご機嫌みたいだな!可愛いやつめ」ナデナデ


凛「……」


P「それにしてもハナコの散歩コースっていつものここなのか?」


凛「……」


P「…あれ?凛!」


凛「!…ど、どうかした、プロデューサー?」


P「い、いや…呼びかけても返事がなかったからさ……どうかしたか、凛?」


凛「……ねぇ、プロデューサー…」


P「ん?なんだ?」


凛「あの花ってさ……誰に贈るものなの?」


P「ああ、あれは大学時代の後輩へのものだよ」


凛「(…プロデューサーの嘘つき、女の人に慣れてないて嘘じゃん)……そっか……なにかの記念に?」


P「そうだな、それにやっぱりああいう花って贈られたほうが嬉しいだろ?」


凛「そうだね……きっと喜んでくれるよ」


P「そうか!花屋の娘さんに太鼓判を押されたんたがら間違いないな」


凛「うん…私が保証してあげる」


P「そうだな……じゃあ、凛にも花を贈っておくか?」


凛「え?……いいよ、その後輩さんに悪いし…」


P「へ?…あいつに迷惑なんでかからないぞ?」


凛「(そっか…そこまでプロデューサーを信じきってるのか)……なら一輪だけでいいよ…プロデューサーの一番好きな花」


P「そうか?なら、俺の一番好きな杜若の花を贈るぞ」


凛「うん…ありがとう」



95 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 15:15:49.98 ID:D+dfPM1LO

凛「……ここまででいいよ、プロデューサー…一旦私戻るね?」


P「え?帰る場所は一緒なんだし、一通り散歩しないのか?」


凛「……察してよ、嘘つきのプロデューサー…」


P「え?…え?嘘つき?」


凛「……ハナコ、行くよ」ダッ


P「あっ…お、おい凛……行っちゃったよ…」


P(……え?なんか俺悪いことしちゃった?嘘つきって…嘘はついてなかったし…傷つけるもなかったんだけど……)


P「………乙女心って難しい…」


P「……少し時間おいてから戻るか……」トボトボ…

……………
………


P「ただいま戻りました」


凛母「あ、Pさんできましたよ!こんな感じで大丈夫ですか?」


P「おぉ、すごい綺麗ですね……これなら喜んでもらえそうです!」


凛母「それは良かったです……それでこのお花はどなたに贈るものなんですか?」

P「はい、今度大学時代の後輩が結婚をするそうなので……そのお祝いにと」


凛母「あら、それで杜若の花を?粋なことをなさりますね~」


P「いえいえ……元々杜若の花は俺が好きな花なんですよ」


P「と、いうより花言葉もしっている花がそれくらいしかないというのもありますけどね」


凛母「そうですか、ふふふ」


P「ははは……では、この辺でそろそろ…」


凛母「あら、もうこんな時間……では、今後とも娘をよろしくお願いしますね」


P「……はい、こちらこそよろしくお願いします」


凛母「ありがとうございましたー」


P「……帰ったらメールしておくか……はぁ…」



96 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 15:39:05.28 ID:D+dfPM1LO

次の日
……………
………


バンッ!!

凛「……」


P「お、おお……おはよう、凛…どうした、そんなに急いで…」


ちひろ(あの凛ちゃんがあんなに大きい音をたててドアを開けるなんて……なにごと!?)


凛「……プロデューサー?」


P「ど、どうした?(もしかして昨日のことでまだ怒ってる?)」


凛「あの花って部活の後輩が結婚するから贈るもの、ってことだったの…?」


P「あ、ああ……昨日メールでもそう説明しただろ?」


凛「~~ッ」カァァァァァ


凛「も、もう!!」ポカポカポカポカ


P「え?なになに!?イテテテ、なんだ凛!?なににそこまで怒ってるんだ?」


凛「さ、察してよ!!このおバカプロデューサー!!!」ポカポカポカポカ


P「イテテテ!な、なにが!?凛!わからないものはわからないんだよ!!」


ちひろ(…なるほどね…大体私は察しましたよ)


凛(まったくもう!!こんな勘違いさせるなんて!私が赤っ恥かくところだったじゃん!!)ポカポカポカポカ


凛(……まぁ、けどプロデューサーから花を貰ったから今回はこれくらいのことで許してあげるけど)ポカポカポカポカ


凛(杜若の花……花言葉は幸せはあなたのもの…)


凛(…プロデューサーからこの花を貰えたんだもん……私がいつかプロデューサーから幸せを貰うよ)ポカポカポカポカ


凛(………なんてね)ポカポカポカポカ


P「り、凛!無言で叩き続けるなぁ!痛い痛い!!!」



97 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 15:39:43.33 ID:D+dfPM1LO

【凛とお散歩】 終わり



99 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 16:03:42.28 ID:D+dfPM1LO

【1レス小ネタ、Pと両親】


ちひろ「……あれ?Pさん…」


P「はい?どうかしましたか?」


ちひろ「今、事務所の皆の履歴書見返してて気づいたんですけど……Pさんのお父さんって……」


P「ああ、名前見て気づきましたか?俺の親父はハーフなんです」


未央「え!?じゃあ、プロデューサーってクォーターってこと?」


P「まぁ、そうなるな」


卯月「へぇー……ちなみにそのお父さんはどの国の方とどの国の方のハーフなんですか?」


P「親父は日本とアメリカ……厳密に言うとアメリカっていってもハワイ生まれなんだけどな」


凛「……どうりでそんな体格なんだ」


P「まぁ、たしかに親父も2mは超えてるからな」


茜「Pさんの大きさにはそんな秘密があったんですね!!」


P「秘密なんてものでもないけど……」


きらり「つまりPちゃんの大きさはPちゃんのお父さんのきらりんパワーを受け継いだってことかにぃ?」


P「はははは…あんな親父がきらりんパワーなんてメルヘンなものは持ってないよ」


ちひろ「それにしてもPさんの大きさはクォーターのせいもあるってことかぁ……」


ちひろ、未央、卯月、凛、茜「……」ジー


きらり「にょわ?」


ちひろ、未央、卯月、凛、茜(まさかなぁ…)



100 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 16:04:24.70 ID:D+dfPM1LO

【1レス小ネタ、Pと両親】 終わり



103 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 16:50:59.28 ID:D+dfPM1LO

【人助け、それと…】

ちひろ「えっと……これとこれで……よしっ!」カタカタカタ…


ちひろ「Pさん!先月の売り上げが出ましたよ!」


P「おお!どうでしたか?」


ちひろ「ふふふ…それがですねー……なんと先々月に比べるとこんなに伸びましたよ!!」


P「おおお!?すげぇ、折れ線グラフがこんなに右肩上がりに!?」


ちひろ「先月からぐんぐんテレビや雑誌での出演が増えましたからね!」


社長「うむ、よくやってくれたね諸君!」


P「あ、社長!お疲れ様です」


社長「うむ、お疲れ様!ここまで事務所の経営が鰻登りなのも、Pくん、ちひろくん、そしてアイドルの子たちのおかけだ……本当に感謝しているよ!」


ちひろ「そんな……プロデューサーやアイドルならともかく私は…」


P「なにを言ってるんですか、ちひろさん!ちひろさんの収支管理や丁寧な電話口での対応もあったからこそですよ!」


ちひろ「そ、そうですか?ありがとうございます」テレテレ


社長「そこで、これだけの活躍をしてくれたこの事務所の皆に夕食をご馳走しよう!」


P「えぇ?しゃ、社長……さすがにそこまでしていただかなくても…」


ちひろ「せめて私たち三人で割り勘ぐらいになさっても……」


社長「では言い方を変えようか……」


社長「君たちの頑張りを見て、私が君たちになにかしてあげたくなった……それが一番早く実行できそうなことだからご飯をご馳走しようかな、と思った」


社長「つまり君たちへのお願いという形で頼むよ」


P「社長………わかりました!今日はご馳走になります!」


ちひろ「そうですね……ありがとうございます、社長」


社長「ではアイドルの子たちはたしか今日夕方の4時くらいには帰ってくる、という予定で良かったかな?」


P「はい、たしかにその通りです」


社長「ではそれから皆揃っていこうか!」


P、ちひろ「はい!」



104 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 18:49:45.21 ID:yZDQKCyqO

……………
………


社長「よし、それでは諸君出発しよう」


P「はい!じゃあ、皆車に乗り込んで」


未央「はーい、お邪魔します」


卯月「それにしても事務所の全員でお食事なんて初めてですね!」


凛「…たしかにそうかも」


茜「こんなお祝い事が初めての機会って最高ですね!!」


きらり「お腹も心もはぴはぴだにぃ!」


P「シートベルトは締めたな?よし、じゃあ行くぞ!社長、道案内お願いします」


社長「うむ!ではまずこのまままっすぐ出て…………」


……………
………



社長「もうそろそろだね、ここを左折してそのまま突き当たりのお店だよ」


ちひろ「へー……ここら辺、道は狭いけど雰囲気はいいですね」


凛「よくテレビでも言ってたけど路地裏のお店ってけっこう人気あったりするんだよね」


きらり「たしかにこの前凛ちゃんが出てた情報番組でも言ってたにぃ」


茜「さらに楽しみになってきました!!」


未央「もうお腹ペッコペコだよぉ!プロデューサー、早く早く!」


P「…………」


卯月「……プロデューサー?」

キキッ

社長「おおっと!い、いきなり止めるなんてどうしたんだね?」


P「……社長、俺から社長の携帯に電話をかけてきたら警察に連絡してください」

ガチャ、バタン!

社長「お、おい!Pくん!?……け、警察だって?」


ちひろ(ど、どういうこと!?)



106 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 19:35:06.57 ID:9+n/QcWRo

いったいなにがあったんや



112 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 20:06:07.34 ID:yZDQKCyqO

……………
………


???(い、いやぁ~……パトロールの最中に小学生の誘拐現場見つけて一人はシメられたけど……)


小学生「う、うぇぇ……」


男1「ぐおぉ………」


???(まさかこの誘拐が複数犯だったなんて……)


男2「だ、大丈夫か!?男1!!」


男3「く、くそっ……こうなったらこの婦警ごと拉致るぞ!!」


男4「よく見たらこいつもなかなかの女じゃねぇか……早くやるぞ!」


早苗(この片桐早苗、一生の不覚よ……)


早苗「まったく……小学生の女の子一人と婦警一人のために三人も男がかかってくるなんて…人として恥ずかしいとは思わないの?」


男2「は!聞く耳なんかもつかよ!」


男3「とっとと諦めた方がこっちも手荒なことしなくてすむんだぜ?」


早苗(くぅぅ……いくら柔道の段はもってるとはいえこの人数はさすがに無理があるわ……)


男4「さぁ、大人しくしろ!」


早苗(せめてこの子だけでも逃がせなないかな…?)


男2「ほら、頭に後ろに手を回しっ……ぐおっ!!?」ポーーン


男2「うっ…うわぁぁぁ!!!」


ドシャァァ!


男3「な、なんだぁ!?なにが起きた?」


早苗「…え?人が飛んだ?」



113 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 20:31:49.58 ID:yZDQKCyqO

P「………」


男3「な、なんだテメェは!?」


男4「こいつ……デケェ!!」


P「……一度だけ言うぞ?その二人から離れろ」


男3「は、はぁ!?なに言ってやがるんだこいつ!」


男4「と、とにかくこのデカブツをなんとかっ……
バシーーーーーーン!!!!


男3「……は?」


早苗(!!!?
なっ……ただの張り手であの男の体が宙に浮いて吹っ飛ばされた!?)


P「……二度はない……次は容赦なくいくぞ……」


男3「チィッッッ!!!こうなったら……」

チャキン!!

早苗「ば、バタフライナイフ!?」


男3「こ、これは脅しじゃねぇ……これ以上近づいたら刺すぞ!!」


P「………そうか」

ツカツカ…

男3「て、テメェ!?本当に刺っ…」

ガシッ!

男3「は…は?」


早苗「な、何してるの!?素手でナイフを……」


P「一つだけいっておくぞ……こんなちゃちなもので俺を止められると思っていたのなら……」

バキンッ!!!

P「大間違いだ……」


男3「は?……えっ……」


P「……歯を食いしばれ……本気でいくぞ」

ブンッ!!!

男3「なっ………ベキャァァ!!


早苗(う、うわっ……い、今何か割れる音がしたんだけど…)



114 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/21(土) 20:44:51.17 ID:iejnZzL+o

強い(確信)



122 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 21:07:09.23 ID:yZDQKCyqO

P「………だ、大丈夫でしたか?」


早苗「………はっ!?い、いや幸いなにもされなかったけど……あなたこそ手は大丈夫なの?」


P「はい、こんなの蚊に刺されたのと変わりませんよ……そこの子も大丈夫だった?」


小学生「うっ…うわぁぁぁぁぁん!!」ダキッ


P「おっと……よしよし、怖かったなぁ…」ナデナデ


ちひろ「Pさーーん!!」


未央「う、うわっ……なにこの状況……」


卯月「ひ、ひぇぇ……男の人が泡吹いて倒れてますぅ!!!」


凛「こ、これどういうこと!?」


茜「も、もしかして……事件ですか!!?」


きらり「ってうゃぁぁーー!Pちゃんケガしてるにぃーー!!??」


社長「むむ!?それはいかん!警察だけでなく救急車も…」


P「俺は心配いらないですけど……まぁ、この人たちのためには一応呼んでおいてください」


ちひろ「と、とにかくケガした方の手を出してください!応急処置はしておきますから!」


P「ははは……大丈夫ですって…」

ちひろ「よくありません!!!」


P「うわっ!!?ち、ちひろさん?」


ちひろ「……みんな、心配してるんですよ?」


P「……」


未央「プロデューサー…」


卯月「プロデューサーさん…」


凛「……」


茜「む、無茶はしてほしくありません…」


きらり「Pちゃん…」


P「……ごめんな、みんな」


社長「…ケガはしてしまったが、Pくんが無事でなによりだった」


社長「今日はこの後おそらくPくんも含めて、色々いざこざがあるだろうから残念ながら食事の件はまた後日ということにしよう」


P「……はい」



127 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 21:44:37.18 ID:yZDQKCyqO

後日

……………
………


ちひろ「では!みんなのこれまでの活躍とこれからの活躍と」


P「新しい仲間の歓迎としまして……」


社長「乾杯!」


「かんぱーーーい!!」


未央「いや~、美味しそうなものばっかりで目移りしちゃうなぁ…」


卯月「このお刺身美味しいですよ、凛ちゃん!未央ちゃん!」


凛「どれどれ?……本当だ」


茜「味噌カツ美味しいですーー!!これならご飯が何杯でもいけます!」


きらり「この桜の形のかまぼこもかわいいうえに美味しいにぃー!」


社長「はははは!諸君、どんどん食べてくれ!!」


P「本当にありがとうございます、社長!!」




ちひろ(……結局あの後、警察の現場調査のすえ、あの男たち四人の犯行が断定され逮捕された)


ちひろ(Pさんは犯人を再起不能にはしていたが、とっさに婦警さんと小学生を守ったということで警察から感謝状を贈られた)


ちひろ(そして……)


薫「はい、せんせぇ!!かおるがおしゃくするね」トクトク


P「おお、ありがとうな薫」


早苗「じゃあ、私はPくんにお酌してもらおうかな~?」


P「あはは…ほどほどにしてくださいよ?」


ちひろ(その時にPさんが助けた小学生の龍崎薫ちゃん、婦警の片桐早苗さんをスカウトしたのだ)



128 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 21:59:40.52 ID:yZDQKCyqO

ちひろ(……仲間が増えたのは嬉しいことではあるが…)


薫「じゃあ、せんせぇ……これもあーん」


P「え?……あ、あーん……お、美味しいぞ、薫」


薫「えへへ……せんせぇに喜んでもらえた」


早苗「……Pくん!私も私も!」


P「さ、早苗さん……早苗さんにはさすがに無理ですって…」


早苗「なんだよー、薫ちゃんはよくて私はダメな理由でもあるのかー?」


P「そ、そりゃ早苗さんはもう大人ですし……い、意識せざるをえないでしょう?」


早苗「!!……そうかそうか、ふふーん……えい!」ダキッ


P「ちょっ……早苗さん!?」カァァァァァ


早苗「どうかなー、お姉さんのダイナマイトボディはー?」フニフニ


P「う、うわぁぁぁぁ………」プシューーーー


未央「ちょ、ちょっと早苗さん!!?」


卯月「そんなことしちゃダメですよ!!」


凛「……」ムスッ


ちひろ(この通り……助けてもらったせいもあってか、もともとあの二人はアピールが強いのか……)


ちひろ(以前にも増して……Pさんの女性に翻弄される様子をよく見かけるようになった…)


ちひろ(……ちょっとマズイかも…)


きらり「うきゃー、きらりもPちゃんに飛びつくにぃー!」ピョイーーーン


茜「ううう……わ、私もトラーーーイ!!!」トトトトッ


P「ちょっ……誰かー!!!」


社長「はっはっは……美しきかな、美しきかな…」


ちひろ「い、言ってる場合ですか!社長も止めてくださいよ!」



129 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 22:00:31.09 ID:yZDQKCyqO

【人助け、それと…】 終わり



136 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 22:34:58.89 ID:X1fY4XiZ0

【せんせぇと薫】

ガチャ

薫「せんせぇ!おはようございまー!ちひろさんもおはようございまー!」


P「お、薫!おはよう」


ちひろ「今日も元気にあいさつできたわね、おはよう」


薫「うん!せんせぇにもあいさつはしっかりしないといけないよって言われてたから」


P「そうだ、薫!よくできたな!」ナデナデ


薫「えへへー!」ニッコリ


早苗「……本当にPくんって薫ちゃんにはデレデレね…」


ちひろ「まぁ、Pさんも元々は体育教師になりたかったらしいですし……先生って呼ばれるのが嬉しいんじゃないですか?」


早苗「それはPくんからも聞いたけど……ねぇ」


薫「せんせぇ、かおるごほうびに肩車してもらいたい!」


P「そうかそうか、じゃあほいっ」


薫「わぁい!!せんせぇ高ーい!」


P「ははは、しっかりつかまっているだぞ!」


早苗(あれは完全に親バカになるなぁ…)


ちひろ(それにしてもPさんの肩車って……右肩だけで薫ちゃん乗せれるなんて…)



137 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/21(土) 22:36:11.32 ID:X1fY4XiZ0

【1レス小ネタ、せんせぇと薫】 終わり



146 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 13:02:17.48 ID:pqsgrCIAO

【大人組で飲みに】

P「う~ん……違うなぁ…これでもない…」カタカタ


ちひろ「……さっきから結構悩んでますね、Pさん」


P「そうですね……今回は企画の方も完全に事務所に任された自分たちだけで作らなきゃいけないものですからね」カタカタ


ちひろ「アイディアはあるけれどアイドルを売り込みにはインパクトが足りない…とかそんな感じですかね?」


P「だいたいそんな感じであってます……みんなからこんなことしてみたいっていう希望は聞いたんですけど、視聴率もとれないとなぁ…」カタカタ


ちひろ「そうですよねぇ……そういえばみんなの希望ってどんな感じですか?」


P「えーと……卯月と薫が一致してて料理で…」


P「未央がファッション関係……凛が生活の知恵になるようなクイズ……」


P「茜が体を動かすこと、きらりがかわいいものを探したい、とこんな感じですね」


ちひろ「見事にバラバラですね……そして今回早苗さんは早苗さんは出ないってことでしたっけ?」


P「はい、薫のほうはまだ9歳ですしそのままの薫を売り込みにいきたいので出しますが、早苗さんはレッスンで実力をつけてからにしたいので…」


ちひろ「なるほど、それにしてもこの断片的な希望をどうやって企画にするか……これはたしかに難しいですね」


P「そうですねー……う~ん」カタカタ



148 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 20:49:17.24 ID:2NyNbm3tO

早苗「ただいまー!早苗お姉さんが帰ってきましたよー」


ちひろ「おかえりなさい、早苗さん」


P「……」カタカタ


早苗「あれ?Pくん?」


P「……え?あっ、すみません早苗さん!帰ってきたことに気づきませんでした…」


早苗「んー?……けっこう大きな声で挨拶したんだけど……なに今立て込んでるのかな?」


P「はい……この前に言った企画から全て事務所に任せられたものなんですけど……なかなかうまくいかなくてですね…」


早苗「たしかにそうみたいね…Pくん、眉間にくっきり皺がよってるもん」


P「そうでしたか?……一旦休憩しようかなぁ?」


ちひろ「そうしたほうがいいですよ?今日朝からずっとパソコンとにらめっこしてますしね」


早苗「……うーん……そうね!こうしましょう!」


P「はい?どうしましたか?」


早苗「今日はここら辺で仕事に区切りをつけて、飲みに行っちゃいましょ!」


早苗「ちひろさん、今日はもう差し迫ってるようなお仕事はもうないんでしょ?」


ちひろ「あ、はい!今日やるべき仕事はもう終わってますね」


早苗「なら今日は早めに切り上げて大人組で飲んでストレス発散が一番よ!」


P「え?でもそれは……」


ちひろ「……そうですね、今日はそうした方がいいと思います」


P「ち、ちひろさんまで?」


ちひろ「一度仕事から離れてみた方がかえっていいアイディアが浮かぶと思いますよ?」


P「う、うーん…たしかにそれも一理あるけど…」


早苗「ほらほら~、Pくん?こんな美人二人のお誘いを断っちゃうの~?」


P「……わかりました、今日はこの辺にして飲みに行きましょう!」


早苗「そうこなくっちゃ!じゃあ、社長にも話を通しておかないと……」


ちひろ「……あ…そういえば今日社長は出張ですよ」


早苗「ありゃ……じゃあ、社長とはまた別の機会ということにしましょうか」



151 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 22:20:39.39 ID:2NyNbm3tO

……………
………



早苗「それじゃ、ささやかだけど大人組で……」


P、ちひろ、早苗「かんぱーい」

カランッ

早苗「ング…ング…ング……ぷはぁー!いやぁーこの一杯のために生きてるって実感するね!!」


P「ははは……そのセリフはおじさんくさいですよ?」


早苗「なんだとー?こんなかわいいお姉さんに向かっておじさんくさいとはあんまりじゃないかー?」ガシッ


P「わぷっ!!ちょっ、早苗さん!
!」カァァァァァ


早苗「早苗の必殺、ヘッドロック!どうだー、Pくん?」


ちひろ「早苗さん、そこらへんにしておいてあげてください……このままだとPさんがほとんど飲んでもないのに倒れちゃいますよ…」


早苗「それもそうね!」パッ


P「うおっと……ううぅ…」


早苗「それにしてもちひろさんはそんなカクテルくらいでいいの?」


ちひろ「私はそこまでお酒強いわけでもないので……とりあえずはこのくらいのお酒で様子見ですよ」


早苗「それに対してPくんはさっそくウイスキーと……」


P「まぁ、体格もありますけど元から酒には強いですからね」


早苗「前回の歓迎会のときは運転するのがPくんだったし、ノンアルコールビールだったからね」


早苗「今日はガンガン飲みましょう!」


P「でも早苗さんは気をつけてくださいね?いくら売り込み前とはいえもうアイドルですし……」


早苗「まぁ、今日くらいはいいでしょ?それにPくんのストレス発散が今回の目的だし、Pくんが楽しまなくちゃ!」


ちひろ(明らかに早苗さんが一番ハジけてる気がするんですけどね…)



152 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 22:38:47.27 ID:K/BnSTkY0

P「そうですね……じゃあ、このP!大学時代に極めた技の数々をこの場で!」


早苗「おっ!いいぞいいぞPくん!やったれー!!」


ちひろ(まぁ、けどなんだかんだでPさんも楽しんでいるみたいだし……ていうかPさんの技の数々って…気になる!)


P「ではまず軽く……ここに割り箸があります」


P「割り箸を三膳分重ねて、両端を輪ゴムでとめて……」


P「んでこれを……アグッ」


早苗(……くわえた?しかも横に…)


P「ング!!!」

バキッ!!

ちひろ(え!?噛み砕いた!?)


P「……こんな感じでーす!」


ちひろ「ち、力技じゃないですか!?いや、すごいからいいですけど!」


P「はははは、体育会系というとどうしてもこんな下らないことで力比べしたがるんで……」


早苗「…Pくんが噛み砕ける最高に硬いものって一体どのレベルなのかしら…」


P「最高でスイカをそのままですかね……あの丸いままガリガリと」


ちひろ(うわぁ……)



155 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 23:18:09.53 ID:4ZC7YIYq0

早苗「…本当にPくんって規格外よね……私と薫ちゃんを助けてもらったときもそうだったけど」


ちひろ「……あの~、あの時ってどんな感じだったんですか?すぐに駆けつけましたけど」


早苗「ん~……あえていうなら…スーパーマンが本当にいるならこんな感じだろうなぁ、って感じだったなあ…」


P「そんな……大げさですよ」


早苗「いやいやいや……私は元婦警だし、柔道の有段者なんだよ?それなのにあそこまで人がきれいに飛んだって光景は見たことなかったよ」


P「たしかにやりすぎちゃった感じはありますね……あんな状況見てカッとなってしまいましたし…」


ちひろ「教師を目指してたPさんからすれば小学生と女の人が男が囲んでる姿は許せなかった、と…」


P「そうですね……おっと…グラスが空いたな…すみませーん、注文お願いしまーす!」


早苗「あ、私もー!」


ちひろ(けっこうPさんもお酒のペースが上がってきたな……)


……………
………


早苗「う~ん、こんなイケメンさんにお酌してもらうなんて…幸せだねぇ、お姉さんは……」デレーン


P「早苗さん……もうそろそろ止めましょうね…」


ちひろ「あー……ついに早苗さんはダウンですか……Pさんは大丈夫なんですか?」


P「ええ、この程度ではすこしいい気持ちなったかな、ってくらいですよ」


ちひろ(……ウイスキーをロックで3杯、生ビールをジョッキを2杯、ハイボールを4杯のんでまだまだって……)


P「いいストレス発散になりましたし、なにより早苗さんがダウンしちゃったんで……この辺でお開きにしましょうか?」


ちひろ「そうですね」



158 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 23:46:54.17 ID:4ZC7YIYq0

……………
………


アリガトウゴザイマシター
P「さて……会計も終わりましたし…」


ちひろ「ほら…早苗さん、立ってください!」


早苗「うぅ~……ちひろさんは厳しいなぁ~…」


P「……そのまま帰るとはいかないようですね…」


ちひろ「もう、だから飲み過ぎないようにって言ったのに!」


早苗「そんなに飲んでないも~ん……えへへ~…」


P「……しょうがない、ちひろさん……先にタクシー止めておいてください」


ちひろ「え?はい、わかりました」


P「よっと……うっわ、軽っ…」


早苗「うあっ……うふふ…」


ちひろ(ああぁぁ!?そ、そんな……お姫様抱っこなんて…ズルい!!)


ちひろ(くぅぅぅ…あの幸せそうな寝顔……私もあれくらい飲んでおけばよかった………)


ちひろ「……このままにさせておけるか!……Pさん、最速でタクシー見つけてきますね!」ダッ


P「え?あ、はい!足元に気をつけてください!」


P「……まったくもう…早苗さん?だから飲み過ぎはダメって言ったじゃないですか?」


早苗「うゅ~……へへへ…」


P「……ふふふ…幸せそうに寝てますね…」


早苗「…どうだ~、Pくん……楽しいか~…」


P「………」


P(夢の中でまで元気づけようとしてくれてるのかな?……おかげさまで明日からまた頑張れそうです)


P(それに……企画も思いつきましたよ……やっぱりアイドルにさせたいことをさせるのが一番ですね…)


P(早苗さんがあれだけ好き勝手やってても許せちゃうのは周りを笑顔にできるから……それをほかのアイドルの子たちにも学んでほしいから…)


P「…ありがとうございました、早苗さん」


ちひろ「Pさーん、見つかりましたよ!!だから早く降ろしてあげてくださーーい!」


P「あ、はーい!今行きますね!!」


早苗「えへへ……Pくん…」



159 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/22(日) 23:48:23.97 ID:4ZC7YIYq0

【大人組で飲みに】 終わり



173 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 00:40:10.22 ID:nbhnDadx0

【Pの弱点】

ちひろ「……ふと思ったんですけど…」


P「はい?どうかしましたか?」


ちひろ「Pさんに弱点ってあるんですか?」


P「へっ?弱点…?」


ちひろ「いや、考えてみれば…」


未央「早苗さんと薫ちゃん助けた時もそうだったけど、あれだけの成人男性相手に圧倒…」


卯月「社長さんからも聞かされましたけどお酒にもめっぽう強いって」


凛「仕事だって出来ないわけじゃない……そんなプロデューサーに弱点なんてあるのかな、と思ってね」


P「お前ら俺のこと買いかぶりすぎだって……」


ちひろ「じゃあ、弱点って?」


P「……今でも事務所の皆にはタジタジだと思うんだけど…」


未央「……」


卯月「……えー…」


凛「はぁ……」


P「…えっ?なにこの反応…」


ちひろ(そりゃあ、こちらもその分タジタジだからにきまってるじゃないですか…)



174 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 08:56:13.18 ID:FqLPRP78O

ちひろ「と、まぁそれは置いといて……他にないんですか?」


P「えぇ?って言ってもなぁ……自分で弱点とかって…」


ちひろ「虫が苦手とか…」


P「今でも姪っ子と虫捕りを手伝いますよ」


未央「幽霊とか、怪談話とか…」


P「ああいうのはいないって前提でやるから楽しいんだよ」


卯月「ぼ、ボイトレとか…」


P「それは弱点じゃなくて苦手なだけだろ!?というかそのことはあまり言うな……」


凛「嫌いな食べ物とか…」


P「うーん……普通に食べられるものならなんでも食べるぞ?」


ちひろ「……やっぱりないんじゃないですか?」


P「いや、そんなこと……あっ!」


ちひろ「どうしました?」


P「……いや、弱点というか…うーん…」


未央「もったいぶらずに言っちゃいなよ、プロデューサー!」


P「……お恥ずかしながら今でも親父に勝てる気はしないですね…」


卯月「…へ?お父さんですか?」



176 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 10:23:49.72 ID:FqLPRP78O

P「やることなすこと全てがスケールでかすぎて……」


凛「プロデューサーだって十分すごいと思うけど」


P「いやいや……俺なんか足元にも及ばないよ」


ちひろ「プロデューサーですら足元にも及ばないって……」


P「そうだなぁ……俺が小学校の時の話なんですけど」


P「俺の通ってた小学校ってすぐ近くに中学校があったんですよ」


P「んで今の俺を見てもらえればわかるとおり体格がよかってんですよ……小学校時代からそれは顕著に表れてましたから」


P「それで当時、その小学校の近くにあった中学校ってものすごい荒れてまして……」


P「俺が学校から下校途中にその体格からか目をつけられて…」


P「カツアゲされそうになって…でそれを拒否したらボコボコっと」


P「問題はその後ですね……泣かされた状態で帰ってきた俺を見て、それはまぁ、普段とっても優しい親父が烈火のごとく怒って……」


P「……三日後には俺をカツアゲしてきた不良が家に土下座しにきましたよ」


未央「…すごっ…」



177 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 10:57:09.66 ID:FqLPRP78O

P「いや、それだけじゃない……この話には続きがあって」


ちひろ「え?それだけでもすごいと思うんですけど……」


P「普通はそう思いますよね……まぁ、そこらへんがスケールでかいんですけど…」


凛「それで、その続きっていうのは?」


P「ああ……んでその不良を土下座させたんだけど…」


P「中学校の不良って無駄に組織力あったからね……仲間を呼んで復讐しにきたんだよ」


卯月「復讐って……何人くらいでですか?」


P「記憶が少し曖昧だけど……40人くらいだっかなぁ…」


卯月「よっ…40人!?それは復讐なんて言いませんよ!」


P「だよなぁ……けど親父はなんの物怖じもせずにその40人に呼び出された場所まで行って…」


P「膝を擦りむいたくらいのケガで帰ってきた」


凛「……もうそれはスケール大きいとかそういう話じゃないと思う」


P「他にも河川敷に落ちてしまった車を道に戻したり、たまたま通りかかって助っ人として呼ばれた草野球の試合でコールド勝ちしてきたりとか……」


P「なにより俺のことを今だにかわいい息子とくらいしか思ってないあたりですね……」


未央「それってどういうこと?」


P「お年玉やらクリスマスプレゼントを送ってきますね……親子喧嘩もしたことありません…というよりどう考えても親バカなんだよなぁ…」


ちひろ「……果たしてそんなお父さんを弱点というのか…すごく疑問ですけど…」


P「ですよね…ハハハ…」



178 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 10:57:41.21 ID:FqLPRP78O

【Pの弱点】 終わり



184 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 12:30:47.48 ID:FqLPRP78O

【酔わせると……】

早苗「う~ん……」


ちひろ「どうしました、早苗さん?」


早苗「いや、前に大人組だけで飲みに行った時もそうだったけどさ……」


早苗「Pくんの酔った姿って想像できないのよね~」


ちひろ「まぁ、あれだけのアルコール摂取しても酔いませんからね…」


早苗「それ以上にPくんが泣き上戸になったり、グチグチしてところって……ちひろさん、想像つく?」


ちひろ「……たしかに全然つきませんね…普段がああいう感じですから」


早苗「考えれば考えるほどに疑問が湧くわね……」


早苗「……よし、こうなったらPくんを酔わせてみせるわ!」


ちひろ「えぇ~……それは無理かと…」


早苗「いやいや、いくらPくんとはいえ人間なんだから酔うわよ!」


ちひろ「その前に早苗さんが酔いつぶれそうなので」


早苗「……否定できないのが悔しい」


ちひろ「でも、たしかに気になりますね……私も協力しましょう!」


早苗「おおっ!ちひろさんがついてくれたんならいけそうね!」


ちひろ「でも今回は早苗さん、アルコールを飲まないように!」


早苗「……は~い…」



186 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 12:46:03.95 ID:FqLPRP78O

ちひろ「まずは作戦をたてましょう」


早苗「そうね……ただ飲ませただけじゃ酔いそうもないものね」


ちひろ「今回は居酒屋ではなく、宅飲みにしましょうか!Pさんを酔わせるほどのお酒となると居酒屋だとかなりのお値段になりそうなので……」


早苗「といっても宅飲みでもお酒が必要になるのは変わりないんじゃない?」


ちひろ「そこで登場するのが……これですよ、パソコンを見てください」カチカチッ


早苗「ん~?…これは……」


ちひろ「これくらいのお酒ならPさんでも酔うはずです!」


早苗「……スピリタスはいくらなんでもやりすぎじゃない?」


ちひろ「…本当にそうおもいますか?」


早苗「……正直にいうと、これくらいは必要だと思う」


ちひろ「他にもなるべく度数の高いお酒を用意して、私たちは弱いお酒で様子見という形にしましょう」


早苗「そうね……これならさすがのPくんも酔っちゃうでしょ!」


ちひろ「じゃあ、今週末くらいに私の部屋で飲みの約束をしておきましょう」


早苗「おつまみも用意しておくわね!」


ちひろ「ではそういう手はずでいきましょう」



190 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 13:14:07.77 ID:FqLPRP78O

……………
………



ガチャ

早苗「おっ邪魔するよー、ちひろさーん!!」


P「お…お邪魔します、ちひろさん……」


ちひろ「はーい、いらっしゃいませ……さ、上がってください」


早苗「あっははー、もうPくんったらガッチガッチに緊張しちゃってー!」


P「い、いや……そりゃ女性の部屋に訪れるなんて初めてですから…緊張しちゃうのも仕方ないじゃないですか」


ちひろ(え?Pさんが初めて訪れた女性の部屋は私が初めて?……ふふーん、なんかラッキー!)


早苗「もう、Pくんは本当にウブだな~!今度から大人組で飲みに行く時は早苗お姉さんのお部屋にしようかー?」


P「か、勘弁してください……」カァァァァァ


ちひろ「……はいはい早苗さん、Pさんをからかうのはそこらへんにして、お酒とおつまみの準備にしましょう」


早苗「はいはーい!じゃあ、Pくんはそこで待っててね」


P「え…?いや、俺も手伝いますよ?」


早苗「いいのいいの!今回はおとなしく美人二人の手料理を待ってなさい!」


ちひろ「もうっ、早苗さんったら……でも本当に今回はPさんはお手伝いしなくても大丈夫ですよ?」


P「なんだか悪い気もしますが……ならお言葉に甘えさせてもらいます」



191 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 14:43:44.43 ID:hj5c5Z7d0

……………
………


ちひろ「では、おつまみもお酒も用意できましたしので……」


P、ちひろ、早苗「かんぱい!」チンッ


早苗「ではまず、ちひろさんの手料理を……うーん、美味しい!」


ちひろ「そうですか?それはよかったです!」


P「……なんか早苗さんが乾杯の後に一気にお酒を仰がない姿は初めて見た気がする…」


早苗「失礼だなー、Pくん!私だって常識は弁えてるわよ?」


早苗(まぁ、今回はPくんを酔わせるっていう目的があるから控えたぢけだけど…)


P「そうですか……なら、俺はさっそくお酒をいただきますね……ング!?」


P「ケホッ……こ、これなんですか!?アルコールがどぎついんですが!」


ちひろ「ああ、そのお酒はスピリタスですよ」


P「スピリタス!?なんでそんなお酒用意したんですか?」


早苗「いやぁ~……Pくんってお酒も強いから一度でいいから酔わせてみたくて……」


ちひろ「今回宅飲みにしたのもそれが理由です」


P「よ、酔った姿なんて……俺のなんか誰も得をしないですよ!」


早苗「いいのいいの!さぁさぁ、Pくん……」ガシッ


ちひろ「ごめんなさい、Pさん!」


P「ちょっ!……ん、ングッーーー!!!??」グビグビ



194 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 16:08:04.60 ID:1UZ6md4UO

……………
………


早苗「これだけ飲ませれば……」


ちひろ「さすがにこの量ならウワバミでも酔いますよ……」


P「………」


早苗「……Pくん?」


ちひろ「…え?大丈夫ですよね?Pさん?」


P「………」


早苗「え?え!?本当に大丈夫!?Pくん!!」


ちひろ「きゅ、救急車呼びますか!?」


P「………」ムクッ


早苗「あっ!顔を上げたよ!……よかった…けど大丈夫?Pくん?」


ちひろ(さすがに顔が赤くなってる……というかなんか雰囲気変わった?)


P「………」


P「………」ニパーーーー


早苗「えっ?Pくん…?」


ちひろ(すっごい笑顔になった…!?)


P「……ちひろ、ちょっとこっちにおいで」ニパーーーー


早苗「!?」


ちひろ「えっ!?Pさん!?」



196 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 16:28:49.71 ID:1UZ6md4UO

P「いいからいいから、おいで」ニコニコ


ちひろ「…え?えぇ!?これ一体どういう状態なんですか、早苗さん!」


早苗「さ、さぁ……わかんないけどとりあえずPくんに従ってみるしか……」


P「ほらほら」ニコニコ


ちひろ「じゃ、じゃあPさんお隣に失礼しますね……」


P「はい、捕まえた!」グイッ


ちひろ「え!?うやぁ!!」ポスッ


早苗「え!?(ち、ちひろさんをPくんのあぐらの中に引きずりこんだ!?)」


P「ちひろー?」ナデナデ


ちひろ「えっ……ちょっ、あぅぅ……」プシューーー


早苗(ちひろさんのほうが翻弄されてる!?)


P「俺だったからよかったけど、他の人にはあんなことしちゃだめだぞー?」ナデナデ


ちひろ「うっ……ううぅぅ……」プシューーー


P「返事はー?返事をしないと、ダメだぞー?」ポムポム


ちひろ「は、はいぃ……」プッシューーーー


P「はい、よくお返事できましたー!いい子にはご褒美だね!」ギュッ


ちひろ「!!!???…あっ…あああああ…」ボンッ


早苗「」


早苗(ち、ちひろさんが完全にノックアウトしちゃったぁ!!?)


P「……早苗?」クルッ


早苗(こ、こっち来たぁぁぁ!!矛先がこっちに来ちゃったぁぁ!)



197 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 16:58:55.75 ID:1UZ6md4UO

早苗「…い、いやぁ、Pくん?元婦警の私の前でセクハラとは、シメちゃうぞー?(いや、勝てるわけないけど…)」


P「元婦警もなにも関係ありません!悪い子とはちゃんとお話しないと!」グイッ


早苗「う、うわぁぁ!」ポスッ


P「ふふふ……ほら、早苗ー?」ナデナデ


早苗「あっ……うう…」カァァァァァ


早苗(Pくんのあぐら……やっぱり広いし、あったかい…しかも頭まで撫でられて……)


ちひろ「ううぅぅ……」シューーーー


早苗(ちひろさんがこんな状態になっちゃうのもわかるよ……これは…)


P「ほら、早苗?今回自分がどんな悪いことしたか、正直に言ってみなさい?」


早苗「うぅ……Pくんに…む、無理やりお酒を飲ませました…」


P「そうだなー、しかもあんなに強いお酒を……他の人だったら死んじゃうかもしれないぞー?」


早苗「は、はいぃ……」


P「ほら、悪いことしたらなんて言わなきゃいけないのかな?」


早苗「ご、ごめんなさいぃ……」



P「はい、いい子!ちゃんと謝れたね!じゃあ、仲直りの印に……んっ…」デコチュッ


早苗「…え?……えぇぇぇ!?あ、あう……」


早苗「きゅうう……」パタンッ


P「あらら……二人ともお昼寝かな?このままだと風邪ひいちゃうぞ?」


P「仕方ない……じゃあ、こうして暖めてあげるなー?」パサッ


P「じゃあ……おやすみ……なさい……」


P「……」スースー…



201 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 17:29:04.08 ID:1UZ6md4UO

……………
………


P「う~…頭痛ぇ……」


ちひろ「だ、大丈夫ですか?」


P「ははは……さすがにあの量はキツいですね…」


早苗「ご、ごめんなさい…」


P「い、いや二人を責めてるわけじゃないですよ?」


ちひろ「いえ、あれはやりすぎました……本当にすみません」


P「いえいえ……それであの…二人とも俺は怒ってないのでもう顔を合わせてくれても…」


ちひろ「は、はい……!!うあぅぅ……」プイッ


P「え、ええぇ……あの早苗さん?」


早苗「ど、どうしたのかなPく……ッ!!」プイッ


P「あ、あの……」


ちひろ(うぅ…あんなことされた次の日に顔を合わせられるわけありませんよぉ…)


早苗(しかも当人はまったく記憶がないって……一番質悪いパターンじゃない)


P「わ、悪いことしてしまいましたか…?」


ちひろ、早苗(とっくの昔にしてますよ!私たちをここまでにさせちゃんなんて!!)



202 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 17:29:47.74 ID:1UZ6md4UO

【酔わせると……】 終わり



209 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 19:43:05.20 ID:s93Pz7530

【二人の生徒と一人のせんせぇ】

薫「むー……」カキカキ


薫「こうじゃないなー……うーん…」カキカキ

ガチャ

P「ただいま戻りましたー!ちひろさん、このインクでよかったですか?」


ちひろ「えーと、どれどれ……うん、これで大丈夫です!わざわざ買い出ししてもらってありがとうございます」


P「いえいえ……あれ?薫いたのか?」


薫「むー……」カキカキ


P「……薫?」トントン


薫「んぅ?あー!せんせぇこんにちはー!」


P「はい、薫こんにちはー!…それで薫はなににそこまで集中してたのかな?」


薫「なわとびだよー!」


P「……え?縄跳び?」


薫「そう!なわとびの練習ー!」


P「見たところ薫はノートをとってるみたいだけど……」


薫「そうだよー!なわとび実際にやってみて中々うまくいかない跳びかたがあったから、注意するところを書いてみたんだー」


P「ふむ、薫は自己分析ができるのか……えらいぞー、薫!」


薫「えへへ……ありがとー、せんせぇ!」

ガチャ

茜「ただいまレッスンから帰りましたー!!!」


P「その声は茜か?お疲れさま!」


薫「茜さん、お疲れさまー!」



211 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/23(月) 21:52:35.27 ID:s93Pz7530

茜「プロデューサーも薫ちゃんもお疲れさまです!!今日も全力でレッスンしてきました!」


P「それでこそ茜だ!よくやってきたな!」


ちひろ「ふふふ、茜ちゃんお疲れさま…冷蔵庫にスポーツドリンクあったからどうぞ」


茜「あ、ちひろさんもお疲れさまです!!スポーツドリンクありがたくいただきます!」


P「さて……じゃあ、薫!薫に先生が縄跳びの上達するコツを教えようか?」


薫「え?せんせぇが教えてくれるの?」


P「うん、体を動かすことなら任せろ!」


薫「やったぁ!!ありがとう、せんせぇ!」


茜「何のお話をしていたんですか?」


P「ああ、薫が縄跳びを上達させたいらしいから俺が教えようとしたところなんだ」


茜「縄跳びですか……私も混ざっていいでしょうか?私も体を動かしたいです!!」


P「うん?俺はまったく問題ないぞ



薫「かおるも茜さんと一緒にやりたーい!!」


P「じゃあ、外に出て実演しようか!」



213 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 10:19:26.48 ID:vyL2Xs+xO

……………
………


P「動きやすい格好にもなったし、では始めてみようか」


薫「はーい!」

茜「はい!!」


P「まずは二人がどのくらいできるのか、それと今回の目標を言ってくれ」


薫「はい、かおるはこうさとびまでならできます!もくひょうは二重とびをできるようになりたいです!」


茜「私は一通りはできるんですが、二重跳びの回数がなかなか伸びないのでそこを練習したいです!!」


P「二人とも今回の目標はわかったぞ!まずは薫から見ていこう!まずは薫、ぴょんぴょん跳びから見せてくれ」


薫「はーい!えいっ!」ピョンピョン


P「……(かわいいなぁ…本当にぴょんぴょんって効果音が聞こえてくるよ…)うん、一旦ストップだ薫」


薫「はい!どうだった、せんせぇ?」


P「うん、とってもかわいいぴょんぴょん跳びだったぞ!…けどな、ぴょんぴょん跳びってとっても疲れちゃうんだ」


薫「え?かおるまだつかれてないよ?」


P「数回ではさすがに薫も疲れないだろうけどそれを長くやると疲れちゃうんだ」


P「ぴょんぴょん跳びは体全部を使って跳ぶからな……ということでやすめのポーズになって………!…」


薫「こうかなぁ?……?……!」


……………
………



薫「ふっ!うんっ!やぁ!で、できたよせんせぇ!!」ヒュンヒュン


P「やったな、薫!もう二重跳び10回もできるようになったな!」


薫「ありがとーー!!せんせぇ!」ダキッ


P「おっと……よし、薫!ご褒美の肩車だー!!」グイーン


薫「わーい!高い高ーい!!」キャッキャッ



218 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 12:21:44.55 ID:vyL2Xs+xO

P「じゃあ、茜もやってみるか!いくぞ、茜」


茜「……(…私も目標を達成できたらプロデューサーにあんなご褒美もらえるでしょうか!?そ、それならどんなご褒美に……)」


P「……茜?」


茜「は、はい!?全力でやりますよ!!!」


P「お、おう……なら、早速二重跳びを見せてくれないか?」


茜「はい!!せーの……ふっ!」ヒュンヒュン


P「……ふむ…一旦ストップだ茜」


茜「え?もうですか?」


P「ああ、茜の二重跳びの直すべきところは見つかったよ」


茜「さすがプロデューサーです!で、どんなところでしょうか?」


P「茜は一回一回に力を入れる込めすぎてるな……体が緊張しっぱなしだから続かないんだ」


茜「そうですか……ではどうすればいいんですか?」


P「それにはまず、足を曲げる時に………」


茜「こんな感じですか?……!……」


……………
………



茜「ふっ!んっ!ほっ!………」ヒュンヒュン


P「いいぞ、茜!もう50回は越えたぞ!」


薫「すごーい、茜さん!」


茜「や、やりましたよプロデューサー!!」


茜「ありがとうございました、プロデューサー!!!!トラーー……!!」


茜(あああ!!ここで飛びついてご褒美が欲しいんですが、よく考えたら今二重跳びずっとやってたせいで汗がぁ!!)


茜(こんな汗臭い状態じゃ飛びつけない!!うぅう……)



222 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 12:59:51.26 ID:hv5oBI8uO

P「……?どうした茜?いつもの全力トライはこないのか?」


茜「え?……い、いや…その…」


P「ならたまには俺からトライかな?いくぞー!茜!」


茜「ええ!?ちょっ…プロデューサー!」


P「トラーーーイ!」ガシッ


茜「う、うわぁあ!」


P「さらにトラーーーイ!!はははっ!」グイーン


茜「ぷ、プロデューサー!?うわっ!た、高い!!」


P「よくできたな、茜!薫とおなじようにご褒美だ!」


茜「あぅ……あ、ありがとうございます…」


茜(汗臭くないかな……)


P「さて……二人とも練習で疲れただろうから一旦事務所に戻ろうか」


薫「はーい!」

茜「は、はい……」


P「事務所までは……薫もよっこいしょっと」グイーン


薫「え?せんせぇ?」


P「二人とも抱っこで運ぶからな!」


薫「やったー!ありがとーせんせぇ!」


P「じゃあ、いくぞ?しっかりつかまってろよ?」



223 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 13:08:49.96 ID:hv5oBI8uO

……………
………


ガチャ

P「………」


ちひろ「あ、おかえりなさ……い…?」


P「………」シーッ


薫「スー……スー……」

茜「んゅ……クー……」


ちひろ「……疲れたんでしょうか?」


P「そうみたいですね……二人とも一生懸命に練習しましたから……」


ちひろ「それにしても……ふふっ…今のPさん、お父さんっぽいですよ?」


P「…そうですか?なんか複雑だなぁ……」


ちひろ「ふふふ……じゃあ、二人のために仮眠室の布団出しておきますね?」


P「ありがとうございます…」


ちひろ(……それにしても二人とも本当にいい寝顔ね…あんな風に甘えてたころが懐かしいなぁ……)


薫「えへへ……せんせぇ…」


茜「プロ……デューサー…トラーイ…」



224 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 13:09:42.77 ID:hv5oBI8uO

【二人の生徒と一人のせんせぇ】 終わり



228 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 16:09:33.01 ID:gIs3NYLqO

【夢はでっかく、大きく前進】

バタン!

P「み、みんな!!」


ちひろ「うわっ!!ど、どうしたんですか、プロデューサー?」


未央「し、心臓が止まるかと思った……」


P「ついにみんながあの◯◯スタジアムでスペシャルライブを行えることになったぞ!!」


凛「……えっ?」


卯月「……◯◯スタジアムって、あの有名アーティストがこぞってライブで使ってるあの◯◯スタジアムですか?」


P「そうだよ!!ようやくみんなの努力が実ったぞ!!」


きらり「…え、えーと……」


茜「なんだか……実感が湧きません…」


早苗「私もあんなテレビで映ってた世界でライブなんて……」


ちひろ「……Pさん、本当なんですよね?」


P「こんな嘘は言いませんよ!本当です!!」


薫「そうだよ!せんせぇは嘘言ったりしないよ」


ちひろ「あ……あははは…」


未央「本当……なんだよね?…ははっ」


卯月「ふふふ……あはは!」


凛「やった……やったよ!!」


きらり「は、はぴはぴだにぃ!!」


茜「ううぅ…嬉しさボンバーーです!!!」


早苗「な、なんだか夢……見てるみたい…」

……………
………



229 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 17:23:25.72 ID:sEtFDCX10

ちひろ(それからというもの……)

P「はい、もしもし……はい…はい!その部数でお願いします……はい、ではまた…」ガチャ


ーーーーーーーーーー


P「えーと……あちゃあ…入力ミスが……」


P「ここを……こうして……」カタカタ


ーーーーーーーーーー


早苗「Pくーん!今日くらいは飲みに行きましょーう!」


P「ごめんなさい……どうしても今回のパンフレットのデザイン案を今日中に仕上げたくって……」


早苗「……別に飲みだけのためじゃなくて、Pくんを休ませたいってのも本音なんだけど…」


P「ごめんなさい…今はどうしても……」


ーーーーーーーーーー

ちひろ(元々働き者のPさんではあったが、ここ最近の勤務内容はどう考えてもオーバーワークだと周りが思うほどに働いているのだ…)


P「じゃあそろそろスタッフさんとの打ち合わせに行ってきますね……」


未央「ね、ねぇプロデューサー……いい加減に仮眠でもしていきなよ…」


P「ははは、心配してくれてありがとうな……でも大丈夫だ、それにまだまだ仕事は詰まってるんだ…」


卯月「今くらい休んだって誰も文句は言いませんよ!」


P「みんな優しいなぁ……おぉっと…」フラッ


凛「プロデューサー!」


P「大丈夫……ちょっとふらついただけだ…」



230 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 18:04:25.69 ID:gIs3NYLqO

早苗「………きらりちゃん!言ったとおりやっちゃって!」


きらり「ううー…あんまり気が進まないけど……にょわーー!」ガシッ


P「うおっ!?き、きらり……うわぁ!」ズルズル


茜「え!?きらりさんがPさんのことを引きずれてます!!」

早苗「……普段のPくんならきらりちゃんくらい、楽に力で勝てるっていうのに……」


ちひろ「それほどまでに疲弊してたってことですよね……」


P「き、きらり……今は離してくれないか?早く行かないと遅れち……
きらり「だめーー!!!!!」


きらり「ダメ!ダメッ!!絶対に離さないにぃ!!!」ギューーーーー


P「き……きらり?…」


きらり「このまま頑張りすぎちゃったらPちゃんが死んじゃう!!ヤダ!!そんなの絶対にヤダ!!」ボロボロ


P「………」


薫「せんせぇ、死んじゃやだぁーー!」ボロボロ


P「み……みんな…」


早苗「まったく……」

未央「女の子は泣かせちゃダメなんだよ……グスッ」

卯月「……いくら待ちに待ったライブでもプロデューサーさんに無理はしてほしくありません…」

凛「……倒れたりでもしたら許さないよ」

茜「今日ばかりは……Pさんを絶対に止めます!」

ちひろ「…連絡は私がしておきますから」


P「………」


P(何をしているんだ俺は……ファンを笑顔にするアイドルを……なんで泣かせてるんだ…)


P(……休もう…今は休んでみんなを安心させて……それからだって遅くはない…)


P「ごめん、みんな……一旦仮眠室で休んでくるよ」



234 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 19:20:26.33 ID:gIs3NYLqO

……………
………


P(あのことがあってからライブまでの日はしっかりと休みをとりながらも激務に追われる日々を過ごしていった)


P(自分がオーバーワークで倒れかけたのだ……アイドルのみんなにもけして無理はさせず、ライブまでの練習をこなしてもらった)


P(そしてーーーー今…)


未央「みんなー!アンコールありがとっーー!!」


卯月「アンコールにお応えして本当の本当にラスト一曲歌っちゃいまーす!!」


凛「最後の最後まで……付き合ってくれる?」

ワァァァァァァァァ

P(今、そのクライマックスに向けてスタジアムの興奮が最高潮に達している)


ちひろ「えへへ……グスッ……ここまで来れたんですね……」


P「ははは、ちひろさん?泣くにはまだ早いんじゃないですか?」


ちひろ「そ、そういうPさんだって何箇所かウルっときてましたよね?」


P「黙秘権を行使しますねー……まぁ、それでもラストは俺でも泣くと思いますね…ははっ」


ちひろ「ふふふ……それは予想がついてましたよ」


P「いよいよラストですね……最高のフィナーレが見れますよ」




早苗「さて……最後の一曲に入る前にちょっとだけ語っちゃおうかな~」


ちひろ「…え?ラストの前に語りの部分なんて入れてました?」


P「いや……入れてないですね……でもあのアイドルたちですからアドリブは十分考えてましたよ」



235 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 19:33:01.46 ID:gIs3NYLqO

未央「ラストの一曲はみんなにとって……そして私たちにとって一番大きな存在……それといつもの私たちを陰ながら応援してくれる存在に気持ち込めて歌います!!」


P「…え?」

ちひろ「それって……」


卯月「楽しい時間は共有できて……悲しい時は慰めてくれる!」


凛「そんな人がみんなにもきっといる……いないなんてことは決してない!」


P「っ」

ちひろ「………」


きらり「前を向く時も、振り返る時も一緒、そんな時間を過ごしてきた存在に!」


茜「私たちの全てを全速力で届けます!!!」


P「………」

ちひろ「……うぅう……」


薫「ここまでついてきてくれたみんなにも幸せのおすそ分け!」


早苗「それ以上の幸せを願って!ラストの曲は!!」


「お願い!!シンデレラ!!!!」

ワァァァァァァァァァァァァァァァァ

ーーーーーーーーーー

ちひろ「ううぅ……うう……」ポタポタ


P「……まったく…みんなときたら……」


P「………」ジワァ


P「……おかげさまで……ちひろさんと俺の予想が外れちゃったよ………最後に泣くはずだったのにな……」ポロポロ


P「あー……ちくしょう…涙が止まんないなぁ……ううぅ…」ボタボタボタボタ


……………
………



237 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 19:47:21.89 ID:gIs3NYLqO


P「さてと……書類のまとめも終わったし、そろそろ営業行ってきますね!」


ちひろ「はーい、気をつけていってらっ……ん?」


P「…?…どうかしましたか?」


ちひろ「ネクタイが曲がってますよ、Pさん」


P「ありゃ……そうでしたか…じゃあ…」シュルシュル


ちひろ「………Pさん?せっかくだし、私が直しましょうか?」


P「え?…い、いや大丈夫ですよ」


ちひろ「いいですから!私がぱぱっと直し……
未央「ちひろさん!その必要はないよ!私がやっちゃるー!」


卯月「わ、私が直します!」


凛「……二人ともネクタイの結び方なんて知らないでしょ?私がやるよ」


きらり「きらりが一番背が近いから、きらりがすぅー!!」


茜「しゃ、しゃがんでもらえれば私が一番全力で結んでみせます!!!」


早苗「いやいや……茜ちゃん、それは死んじゃうわよ…というよりここは一番年上のお姉さんに任せるべきじゃない?」


薫「せんせぇ!かおるが覚えて毎日するから、かおるに結び方教えてー!」


ちひろ「………」



238 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 20:04:59.21 ID:gIs3NYLqO

ちひろ(あのスペシャルライブの大成功以来、Pさんへのみんなのアプローチが異様に強くなった……)


ちひろ(というのもスペシャルライブは大成功に終わった結果……アイドルのみんなはあらやる方面から引っ張りだこ)


ちひろ(そうなると、みんなPさんと一緒の時間が少なくなってくる……その分、短いうちにどれだけ印象与えるか…そんな流れになってきた)


ちひろ(いくら事務員でアイドルに比べたら一緒の時間が長いとはいえ……このままじゃ…)


ちひろ「はいはい、みんな!Pさんを離してあげてください!営業に遅刻しちゃいますよ」


P「え?あ……あぁ、やっばい急がなくちゃ!!」


P「それじゃ、行ってきます!」

ガチャ、バタン


未央「あらら……いっちゃった」

卯月「今回もうまくいきませんでした…」

凛「……今度顔を合わせるのいつだろ…」

きらり「Pちゃんとはぴはぴしたかったにぃ……」

茜「帰ってきたらトラーイ……し、してみるしかありません!!」

薫「じゃあ、かおるはお料理して待ってるー!」

早苗「こりゃ、飲みに誘うしかないわね……」


ちひろ(……もうみんなこの事に関しては自分がアイドルだって自覚を忘れてますね…)



239 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 20:14:20.53 ID:gIs3NYLqO

ちひろ(……まぁ、でも……あれだけ事務所のみんなから人気のプロデューサーを狙うのをうながしたのはPさんがしたようなものですからね)


ちひろ(あのライブが終わったあと、Pさんが掲げたこれからのスローガンは……)



夢はでっかく、大きく前進! byP



ちひろ(夢はでっかく、なんてまるでーーー)


ちひろ「Pさんじゃないですか……ふふふ」



240 : ◆HaDDLKrJK6 2013/09/24(火) 20:15:55.52 ID:gIs3NYLqO

【夢はでっかく、大きく前進】 終わり



242 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 20:25:03.32 ID:4nXUA4BlO

おっつおっつ。
楽しかったよ。



245 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 20:39:48.58 ID:QTrtgn3Po

おつー
次も楽しみにしてる



247 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/24(火) 21:02:50.24 ID:EW3UNydco

乙乙



転載元
社長「プロデューサーを見つけてきたぞ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379580933/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (61)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:01
          • おはようございました
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:02
          • こういう形式のSS好きだわ。
            ところで、日体大ってアメフト強いの?『ブロンコスのマニングっていう選手は凄い』ってことぐらいしか知らないもので。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:12
          • 前田慶次か何か?(すっとぼけ)
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:13
          • 正義超人Pか。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:19
          • タイトルで社長が響かとおもった
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:35
          • このプロデューサー実家が花屋でカングーに乗ってて翻訳家の友人とかいない?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:40
          • 5 かつての中年Pシリーズを思い出したが、これには是非とも永く続いて欲しいな。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:40
          • バキかな?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:41
          • スピリタスって、80度ぐらいなかったか?
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:41
          • ラグビーボールとアメフトボール違うだろks
            少なくとも投げ方は見間違えるわけがねぇだろks
            まぁ乙だけど
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 22:45
          • ※9
            96度のはず、余りの強さにふたを開けておくとどんどん蒸発してなくなる
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:00
          • もちろん普通はそのまま飲むわけじゃなく割って飲む

            大体はベースに使われるような酒をこのPは……
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:02
          • 怪物だな
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:05
          • ※11
            すげぇ…。
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:08
          • 5 ほのぼのとしてて面白かった(小波感)

            お嬢がいたら完全に俺得なメンバーだった。これは是非シリーズ化してほしい。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:11
          • 文章に引っ掛かる点が多くて内容に集中できなかった…
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:20
          • 5 何故か脳内ボイスが小杉さんとか森川さんで再生された。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:36
          • ラグビーやってた身からすると、アメフトとラグビー混同されること多かったけど腹立つんだよなぁ…
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:42
          • ※3
            原哲夫版前田慶次で195cm前後だからそれよりデカい
            213cmだからラオウ(設定で210cm)だね
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:49
          • 続き早よ!面白かったから早よ!


            ※9ちなみにスピリタスはモノによっては96度あります。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月24日 23:53
          • お前ら驚くかもしれんがライブんとこで俺泣いちまったww(^^;;
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:05
          • なぜかジョナサン・ジョースターで再生されたがよりでかいんだよな…
            でもうぶでかわいい
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:11
          • ※2
            そこそこ。

            このサイズでLBはちょっと考えられないですね。NFLでもこれ程大きいLBはいないでしょう。真っ先にOLかDLやらされて、若し、走力があればFB、パスキャッチができるならTEもおもしろいかもしれません。私は大学社会人でアメフットをやりましたが、90kgの小柄な体でGでした。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:17
          • スピリタスの一気とかまず○ねる
            それよりかなり弱いウォッカでさえ蓋でちびちびやらなきゃいけないはずだし
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:24
          • 5 面白かったよ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:27
          • だめだ高田厚志さんで再生される
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:31
          • 1 なんだモバかよ開いて損したわ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:31
          • このパッション率である
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:42
          • イメージがなんとなく山のフドウ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:45
          • Paだらけの事務所じゃないかw
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 00:55
          • 面白かったぜ。続きにも期待

            ところで、こういうのも筋書き的には俺TUEEEEEE!のモテモテハーレムの気がするんだけど
            あんまり反発がないのは大人だからいくらかは無理さがないってことなんかね
            それとも体格からして規格外だから無茶してもある種の説得力があるってことか?
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 01:01
          • ジャイアント馬場が公称209cm(巨人軍時代は203cm)だから
            どれだけでかいかが分かろうというもの
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 01:20
          • ショタなP、おっさんなP、冷酷なP色々いたがスポーティなPもいいな
            アイドルの個性にあったPあてがうSSは今後いくらでも開拓できるな
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 01:22
          • 長さの割りにさらっと読めた

            ※10
            同じ事を思ったけどそこはスルーしとけ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 01:29
          • きらり出るんだろなと思ったらやっぱ出たか
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 01:34
          • 一つ目の話のオチに引いた
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 02:21
          • 今まで読んだSSで一番の好青年Pかもしれん
            なんか知らんが読みながら頭のなかでドカベンのテーマ曲がずっと流れてたわ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 02:33
          • モバって書いとけ
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 02:55
          • Co勢の出番を期待してたらPaばかりだったでござる。面白かったけど。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 03:03
          • いいなこのPもっと色んな話読んでみたいわ
            顔が怖いPにちょっと似てると思ったけどあっちは見た目ヤクザだったな
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 03:23
          • 213cmで128kg…

            身長だとアイシールド21の峨王よりでかい…(200cm、131kg)
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 03:32
          • 日体大出身の暴力教師を思い出して素直に読めなかったわ・・・
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 03:41
          • 5 中年PもヤクザPも面白かったけど
            アメフトPも素晴らしい!
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 04:15
          • 種目も親の人種とかも違うけど、室伏広治で再生された。SSは面白かったです!
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 06:27
          • シリーズ化なんてしなくていいよ

            これ一本で終わらせればいいじゃん


            中年Pと同じ作者なら
            絶対途中でボロがでてきて米欄で叩かれるからな

            つーか中年Pがここで叩かれたからこの路線にシフトしたんじゃね?
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 09:24
          • 2 なんか他のに比べて惚れるの速すぎね?
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 10:00
          • うちもなぜかイメージがジョナサンだったな…
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 10:53
          • ※45
            そうだとしてもお前ら読者は自惚れすぎ
            何様だよ
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 11:31
          • 自分の好きなアイドルは居なかったけど、すんなり読めるくらい面白かった 照れるPも良いものだね
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 11:54
          • やっぱりジョナサンだよなぁ
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 11:55
          • アイドルでアメフトチームでも作るのかと思ったわ
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 13:23
          • うむ、強面のPとかガタイの良いPの話はどれも好きだ
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 14:26
          • もうスピリタスってバーじゃ出してもらえないんだよな
            そういう意味でも宅飲みか
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 16:00
          • ラグビーとアメフト間違えんな!
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 16:06
          • ※45
            まとめ※欄に湧く自称評論家の害虫の感想なんざ知ったこっちゃないだろ
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 19:06
          • Pが特殊な話は当たりが多いイメージ
            これも面白かった
            しかしスピリタス飲めるとか某神主レベルだな

          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 21:14
          • 4 213cm128kgってアメフトやるには痩せすぎ
            ボブサップみたいなのを想定してるなら体重があと70kg欲しいところ

            ボブサップ 200cm 145kg
            セームシュルト 212cm 136kg
            パーネル・マクフィ(ボルティモアレイブンスのLB) 191cm 127kg

            それはそれとして、話は面白かった
            続きあるのかな?
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月26日 01:49
          • 5 ジャンボPか
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月26日 02:17
          • ※31
            嫌われる原因になる、主人公が活躍するために設置されたかのような障害が少なかったからじゃないか?
            あと、謙遜はしてるけど自分のことを凡人だと思っているわけでもないし
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月26日 08:51
          • ※27※38
            タグ見て判断する頭もないの? だとしても黙って閉じりゃいいものを自分が馬鹿だって告白するの楽しい?

            ※45
            あれは叩きを通り越したいちゃもんだからな 嵐といっしょ 
            どんな続きものでもそういうのがいるから無視できない人はきついだろうね

            お話自体は設定も展開も自分的には微妙だったから特に続き希望はないかな
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月13日 14:55
          • グッド!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(^)(^)「ご飯用意したで」猫「どうも」スリスリ
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ