TOP

じいちゃん「ちょっと三途の川の様子みてくる」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:17:45.52 ID:fmkbgNY80

ばあちゃん「これを持って行ってください」

じいちゃん「これは」

ばあちゃん「六文銭が入っています。川の渡し賃です」

じいちゃん「いつもすまないな」

ばあちゃん「いいえ。私にはこれくらいしかできませんけど」

じいちゃん「・・・」

ばあちゃん「お世話になりました」

じいちゃん「・・・行きたくない」

ばあちゃん「おやおや。あんなに男らしいじいさんは何処へ行ったのかしら」

じいさん「・・・」

ばあちゃん「私も事を済ませたらそちらに行きますので、少しだけ我慢していてくださいな」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:19:22.50 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「お前は、長生きするんだぞ」

ばあちゃん「もう十二分に長生きさせてもらいましたよ」

ばあちゃん「本当なら、あなたと一緒に逝きたかったのですが、あなたったら唐突に逝ってしまうものですから」

じいちゃん「すまない。すまない」

ばあちゃん「家の事も私に任せてください。ちゃーんと片付けてからいきますよ」

じいちゃん「すまない」

ばあちゃん「さあさあ、もういきなさいな。あんまり話していると行けなくなってしまいますよ」

じいちゃん「・・・ありがとう。ばあさん」

ばあちゃん「どういたしまして」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:20:43.60 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「じゃあ、さようなら」

ばあちゃん「また会いましょう」

じいちゃん「・・・」

ばあちゃん「・・・」ニコ

じいちゃん「・・・」タタタ

ばあちゃん「さて、私も片付けを始めないと」

ばあちゃん「孫の顔も、しっかり目に焼き付けておきたいねえ・・・」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:23:00.72 ID:fmkbgNY80

俺「ばあちゃんかぜひいたの?」

母ちゃん「おばあちゃんはインフルエンザにかかっちゃったの」

俺「おれもかかったことある!平気だったよ!」

母ちゃん「おじいちゃんが倒れてからおばあちゃんはずっと忙しそうにしていたでしょ。とても疲れていたみたい」

母ちゃん「それにおばあちゃんはもともと身体が弱いからあなたみたいに簡単には治らないの」

俺「ばあちゃんなおらないの?」

母ちゃん「・・・」

母ちゃん「おばあちゃんが治るように応援しようね」

俺「うん! ばあちゃんはやくおきていっしょにあそぼ!」

母ちゃん「・・・」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:25:28.47 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「ここを渡れば戻れないのだろう・・・」

じいちゃん「向こう側はどんな世だろうか」

じいちゃん「霞んでよく見えない・・・」

じいちゃん「足がすくむ・・・」

男「じいさん。渡りたいのかい」

じいちゃん「あぁ。渡らなければならないようだ」

男「最近はひっきりなしで忙しいなあ」

じいちゃん「冬だからだろう。年寄りは寒さに弱い」

男「そんなもんか」

じいちゃん「そんなもんさ・・・」

男「そんで、渡るかい?」

じいちゃん「・・・」

男「あんた、未練があるんだろ。川が荒れだした」

男「こうなったら俺は渡らせるわけにはいかねえよ」

じいちゃん「未練は・・・ない」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:27:36.99 ID:fmkbgNY80

男「まあ川が鎮まるまで船は出せねえから、向こうで待ってな」

じいちゃん「どれくらい待てばいいか?」

男「そんなこと俺は知らねえ。あんた次第さ」

じいちゃん「いつまでも、川が鎮まらなかったら・・・?」

男「そん時は、あんたはお呼びじゃねえ。しっかり六文銭握って帰んな」

じいちゃん「この世にどんな未練があるというんだ・・・」

男「さあな。まあ大抵の人は家族に心残りがあるってのが理由だな」

男「じいさんにもいるだろ?」

じいちゃん「ああ」

男「ちゃんとお別れ言えたのか?」

じいちゃん「言ったさ」

男「声は届いたか?」

じいちゃん「届いたさ・・・」

男「・・・」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:28:55.12 ID:fmkbgNY80

男「あんたみたいな人は少なくない」

じいちゃん「・・・」

男「三途の川はよく荒れる。置いてきた家族やこの世の事を思い起こして躊躇しちまう」

男「考えに考えて回れ右する人もいれば、歯を食いしばりながら銭を渡してくる人もいる」

男「あんたの人生は完成したか?まだ納得いかないか?」

じいちゃん「やりのこしたことはたくさんある」

男「・・・まったく、大荒れだ」

男「まあよく考えるんだな。六文銭持ってるってこたあんたには渡る権利はある」

じいちゃん「あぁ・・・」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:30:35.06 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「やり残したことがあると言ったが、一体わしは何をやりのこしたというんだ・・・」

じいちゃん「ばあさんはなにをしているのだろうか」

じいちゃん「本当にまた会えるのか」

じいちゃん「今戻れば」

じいちゃん「今戻ったらばあさんは喜ぶかな」

じいちゃん「おかえりなさいと言ってくれるだろうか」

じいちゃん「ばあさんや・・・」

じいちゃん「ん? 袋が無い」

じいちゃん「確か懐に・・・」

じいちゃん「何処かに落としたか。ばあさんがいないとわしゃダメだなあ」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:31:53.20 ID:fmkbgNY80

ばあちゃん「・・・おや」

ばあちゃん「いつの間にか寝てしまっていたようだね」

ばあちゃん「風邪引いてしまう・・・ これは・・・」

ばあちゃん「私もついにこの世とお別れだねえ」

ばあちゃん「私は幸せ者だよ」

ばあちゃん「じいさんは向こう側でまだかまだかとウズウズしているんでしょうね」

ばあちゃん「じいさん、今いきますよ」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:33:51.26 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「おかしいな・・・」

じいちゃん「どの石も袋に見えてしょうがない」

男「どうした?じいさん」

じいちゃん「あぁ、銭の入った袋を落としてしまったみたいで・・・」

男「銭が無いんじゃ渡らせるわけにはいかねえぞ」

じいちゃん「ああ、探すよ」

男「気持ちの整理も兼ねてゆっくり探しな」

じいちゃん「ああ・・・」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:36:08.90 ID:fmkbgNY80

ばあちゃん「ここが三途の川かい」

ばあちゃん「静かな川なこと」

男「渡るのかい?」

ばあちゃん「はい。向こうで、首を長くして待っている人がいますので」

男「ばあさんは幸せ者だな」

ばあちゃん「ええ。もうこの世に未練はありませんよ」

男「あんたみたいな人もいりゃ、家族を思って川を荒らしちまう人もいる」

ばあちゃん「おやおや、困った人ですねえ。 じいさんもきっとその質だったのでしょう」

男「向こうで待ってるじいさんか?」

ばあちゃん「ええ。きっと未練はなかったけど、私と離れるのが怖かったに違いありませんな」

男「待たせちゃ悪いな」

ばあちゃん「そうですねえ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:37:49.94 ID:fmkbgNY80

男「じゃあ渡船料貰おうか」

ばあちゃん「はい。六文ですね」

男「確かに受け取った。 もう引き返せないぜ」

ばあちゃん「最後に少しだけ眺めていいですかい?」

男「川が荒れない程度にな。船を出せなくなったら仕事にならねえ」

ばあちゃん「・・・いい世界でした」

ばあちゃん「・・・」

ばあちゃん「じいさんが待っているだろうし、そろそろ行きますか」

男「もういいのか」

ばあちゃん「はい。あんまり見ていると、未練をつくりだしてしまいそうです」

男「じゃあ、行くか。 船に乗って」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:39:48.95 ID:fmkbgNY80

ばあちゃん「静かですね」

男「ああ。あんたは心に迷いが無いんだろう」

ばあちゃん「そうですねえ」

男「さっきまでは残した家族に未練たらたらのじいさんがいてな、えらい大荒れだったんだよ」

ばあちゃん「そんなものですか」

男「あんたみたいな人も大勢いるさ」

男「あ、ああーあの人だよ。銭袋落としたとか言って。まだ探してんのか」

ばあちゃん「あれは・・・」

じいちゃん「袋・・・」

ばあちゃん「じいさん!」

じいちゃん「!?」

男「!?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:41:32.09 ID:fmkbgNY80

ばあちゃん「ちょっと止めてください」

男「あぁ」

じいちゃん「ばあさん! どうしてこんなところに!」

ばあちゃん「やることは片付けてきたのでねえ」

じいちゃん「もう済ませたのか・・・」

ばあちゃん「心残りはありませんよ」

じいちゃん「なら、一緒に行こう」

男「じいさん、悪いが銭が無いんじゃ渡せねえよ」

じいちゃん「ちょっと待ってくれ。どこかその辺に落ちているはずなんだ」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:43:11.20 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「ばあさん・・・」

男「ばあさんからはもう渡船料を受け取った。後戻りはできねえ」

ばあちゃん「あぁ・・・ あなた、そうだったの・・・」

じいちゃん「この辺に落ちているはずなんだ・・・」

ばあちゃん「あなた。 あの六文銭はもともと私のものだったようだよ」

じいちゃん「へえ?」

ばあちゃん「あなたが三途の川の様子をみてくるなんて言い出すものだから」

ばあちゃん「てっきりあなたのものだと思ってしまったよ」

じいちゃん「わしのじゃなかったのか」

ばあちゃん「あなたの失くした六文銭は私のもとに返ってきました」

ばあちゃん「じいさん、あなたがここを渡るのはまだ早いのですよ」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:44:45.61 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「でも・・・」

ばあちゃん「私は向こうで気長に待っていますから」

じいちゃん「わしはお前がいるなら未練などない」

ばあちゃん「あなただけの未練ではありませんよ」

ばあちゃん「私たちふたりとも逝ってしまったらあの子はどう思うかい」

じいちゃん「・・・」

ばあちゃん「私の変わりに、どうか孫の成長を見届けてくれませんか」

じいちゃん「・・・」

ばあちゃん「土産話を楽しみに待っていますよ」

ばあちゃん「だから待つのは苦ではありませんよ。安心して戻ってくださいな」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:47:04.13 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「・・・いつになるか、分からないけど」

ばあちゃん「はい」

じいちゃん「ずっと待っていてくれるか・・・」

ばあちゃん「もちろんですよ」

じいちゃん「・・・」

じいちゃん「必ず、また」

ばあちゃん「ええ。また会いましょう。それまでの辛抱ですよ」

じいちゃん「う・・・」

ばあちゃん「いってきますね」

じいちゃん「元気でな・・・」

ばあちゃん「あなたも・・・」

じいちゃん「・・・元気でな」

じいちゃん「・・・」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:48:53.11 ID:fmkbgNY80

ピーーーー

母ちゃん「・・・」

俺「ばあちゃん、なんかピーっていったよ」

母ちゃん「おばあちゃんは天国に行ったんだよ・・・」

俺「天国いくとピーってなるの?」

母ちゃん「・・・」

俺「ばあちゃんおきないの?」

母ちゃん「もう起きないよ・・・」

俺「なんで?」

母ちゃん「ながーいおやすみについたの」

俺「いつあそべるの?」

母ちゃん「ずっとずっと先だよ。あなたが大人になって、おじいさんになって、それからまたずっと先だよ・・・」

俺「まてないよ」

母ちゃん「でもね、もうおばあちゃんは起きないの」

俺「・・・」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 16:54:38.97 ID:fmkbgNY80

男「お、歩き出したね」

ばあちゃん「吹っ切れたんでしょう」

ばあちゃん「ちょっとだけ、たくましい背中になりましたねぇ・・・」

男「ばあさんは良かったのかい?」

ばあちゃん「私はいく準備も心構えもできていましたよ」

男「女はつよいねぇ・・・」

ばあちゃん「あの人を支えることが私の仕事ですからね。強くもなりますよ」

ばあちゃん「五十年も付き添っていれば・・・ねぇ」

男「・・・」

ばあちゃん「向こう岸までどれくらいかかりますか」

男「見た目よりもずっと長い。なにせ現世とあの世を隔てているくらいだからな」

ばあちゃん「そうですか。まあ時間はたっぷりあることだし、気長に待ちますか・・・」

ばあちゃん「じいさんや、私は何十年でも待ちますよ。ですから焦らず、あの子の成長を、よろしく頼みます・・・」

ばあちゃん「・・・」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:05:33.37 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「・・・」

俺「じいちゃんおきて!」

俺「じいちゃん!」

じいちゃん「あぁ・・・」

じいちゃん「とても長い夢を見ていたみたいだ・・・」

母ちゃん「お母さんが、今朝方亡くなった」

じいちゃん「そうか・・・」

俺「ばあちゃん天国いったんだって」

俺「じいちゃんも天国いっちゃうかとおもった」

じいちゃん「じいちゃんはまだ行かないよ」

俺「ばあちゃんいなくてさみしくないの?」

じいちゃん「また会えるから寂しくないよ」

じいちゃん「ばあちゃんのかわりにじいちゃんといっぱい遊ぼう」

俺「うん」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:19:56.44 ID:fmkbgNY80

じいちゃん「(ばあさんや。この役割はわしじゃなければいけなかったのかい・・・)」

じいちゃん「(あの六文銭は本当にばあさんのものだったのかい・・・)」

じいちゃん「・・・」

じいちゃん「(本当はもっと長くこの子の成長を見たかったのではないのかい・・・)」

じいちゃん「・・・」

じいちゃん「わしがしっかり見届けておかないとな・・・」

俺「なに?じいちゃん」

じいちゃん「次ばあちゃんと会った時に、お前の話をたくさんするって約束したんだよ」

俺「ばあちゃんにあいにいくの?」

じいちゃん「あぁ、ずっと先にな」

fin.


エンディング "君を飾る花を咲かそう" GARNET CROW




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:21:28.04 ID:Q7GtHp0Ni

34_1



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:40:20.03 ID:fmkbgNY80

ちなみにこれは実話
ガチな実話ってわけじゃないけど、じいちゃんが見た夢なんだって
小さい頃から耳にタコができるほど聞かされた話
じいちゃんは94歳だけど健在
夢の中でのばあちゃんとの約束は守ってる



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:49:17.92 ID:bas3rZqv0

ちょっと爺ちゃんに会いたくなった



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/15(日) 17:52:14.45 ID:i245Mys70





転載元
じいちゃん「ちょっと三途の川の様子みてくる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1379229465/l50
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:18
      • おはようございました
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:19
      • 5 感動した(`;ω;´)
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:31
      • あなたの孫は今こんなもん書いてますよ
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:36
      • 御老体…長生きしろよ
      • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:40
      • イイハナシダナー
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:49
      • ばあちゃんかっけえええええええええ
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:54
      • タイトルからコメディだと思ったら……
      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 15:58
      • エンディング曲なんざやらなかったら素直に良いSSなのに
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 16:04
      • 5 あれっ?
        目から汗が(´;ω;`)
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 16:18
      • 老害とか言ってる奴が今更何言ってんの?www

        やっぱおまえらってすぐ意見変えるよね。気持ちわりい
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 16:30
      • ※10
        世の中にはな、敬えない糞老害と敬る爺ちゃん婆ちゃんがいる
        それが身内なら尚更な訳で…何でもかんでも一緒くたにしてる、お前の頭の中に詰まった糞じゃ理解出来んだろうがな
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 16:53
      • ※10
        世の中にDQNやどうしょうないクズや鬼畜がいるのと同じで、そういうのがそのまんま年寄りになって周りに迷惑かけ続けるケースだってあるんやで
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 16:53
      • ※11
        んん??wwwつまり人によって意見を変えるわけですか?wwww

        やっぱり意見変えてんじゃん
        つまんねぇわお前

        もちっと馬鹿な俺に分かるように説明してくんねーか?
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 16:56
      • 実話・・だと・・?
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:00
      • ※10
        お前らとか言われても、俺はそんなこと一言も言ったことないが?
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:16
      • ※10さん
        もっと大人になればわかる事ですよ
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:20
      • 泣いてしまった
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:28
      • ※13
        意見は変わってないだろ……最初から一貫して
        老人→敬う 老害→敬わない っていう方式なだけ
        老人≠老害 で、その判断基準は人それぞれ
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:41
      • 馬鹿に説明してるほど暇じゃない。

        SS読んでる暇はあるけどな
      • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:41
      • いい最終回だった
      • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:43
      • ちょっとうるっと来た
      • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:51
      • 死ぬんだったら後か先か、最近よく考える
      • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 17:54
      • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 18:11
      • 生まれた時から、母方のじいちゃんしかいなかったし、色々あって最期の方は絶縁状態だったし…
        自分はどうなることやら
      • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 19:31
      • ※13その位は自分で考えろよ、甘えんな
      • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 19:54
      • >>1はじいちゃんを大事にな
      • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 20:36
      • 実話をSSにしたのか…

        いや、悪い意味で言ったのではないけれどね…
      • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 20:50
      • ※8
        まあつべか何かででも聴いてみろよ
        正直ガチハマリだぞ
      • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 21:10
      • 今すぐに会いたいんだよ。 
        現世では貧乏ばかりさせて、惨めな情けない恥ずかしい思いばかりさせてごめんね。
        ただ、そちらまでまた俺みたいな貧乏が一緒じゃ可哀想だから遠慮しとくわ!
        今日ゆわれたよ、もういい加減にあんたをお墓に納骨してあげなさいってさ。 そんなのムリ!
      • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 21:55
      • ※10が馬鹿過ぎてワロタwwwお前の認識はどんだけ狭いんだよ、同じ人間しかコメントしない訳じゃあねえんだぞ?お前が思ってるよりもより多くの人間が見てその中で気が向いた人間がコメントしてるのにお前には全て同じに見えるのなwww
      • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 22:12
      • 一人の人物に対する意見を変える→手のひら返し
        人によって意見を変える→何も間違った要素、悪い要素は無い

        まあ、もう恥ずかしくなってるみたいだしやめてあげようか
      • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 22:56
      • ありゃ、荒れてるな
      • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月18日 22:58
      • ネコを可愛がって大事に飼ってたら大丈夫だって。 ・・ きいたよ!
      • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 00:00
      • やめとけ、何言ったって無駄だ。
        馬鹿につける薬なんてねえんだから
      • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 05:13
      • ※10の中じゃ「自分」と「ねらー」の2人しか存在してないんだろ
        放っておいてやれよ
      • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 05:17
      • ※10
        場違いなやつがいるな
      • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 05:28
      • 4 ※10
        学校でなにかいやなことでもあったのかな?

        それはそうとじーさん長生きだな。よかよか、よかたい
      • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 08:36
      • 5 家のじいちゃん最近なくなったんだよな
        安らかに眠ってくれているのかな……
      • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 09:47
      • 俺のじーちゃん今90。
        今ぴんぴんしてらあ。

        ばーちゃんは俺が5歳の時に死んだ。

        時々懐かしくなるんだよなあ・・・
      • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 12:25
      • 爺ちゃんや婆ちゃんが死んだときどうしようもなく絶望する
      • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 21:05
      • 今日久々におじいちゃんと会ったから感動したんだけど私はおじいちゃんと会った後に何読んでるんだと憤慨した
      • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月20日 00:25
      • うちのじいちゃん八十余歳
        お産直前妊婦みたい
        だけどトラック平気で乗り降り
        荷台と地べたを行ったり来たり
      • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月20日 23:54
      • 宝くじで20億円間も無く当てる
      • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2014年05月25日 13:37
      • 5 長生きして欲しいな
        うちのじいちゃんには
      • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年08月31日 07:29
      • やめてくれ
        こういう話には弱いんだ
      • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月15日 01:39
      • いちいちつっかかる、空気も読めない馬鹿につける薬なんてないんだよなぁ。
      • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2015年12月26日 21:18
      • くっ・・・良い話じゃないか・・・

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    新着コメント
    画像・動画
    • ミリP「うおおおおお!昴!昴!昴ぅぅぅぅ!!」
    • ミリP「うおおおおお!昴!昴!昴ぅぅぅぅ!!」
    • サターニャ「私の生活がラフィエルの奴に覗かれていたなんて……おぞぞぞぞぞ」
    • ガヴリール「おはようマルティ」マルティエル「おはようございます、ガヴさん」
    • モバP「すまん……俺にはやりたいことがあるんだ」未央「……そっか」
    • モバP「すまん……俺にはやりたいことがあるんだ」未央「……そっか」
    • 【ミリマス】奈緒「志保、傘があらへん」
    • 【ミリマス】奈緒「志保、傘があらへん」
    • 【ミリマス】奈緒「志保、傘があらへん」
    • 【ミリマス】奈緒「志保、傘があらへん」
    • 彡(゚)(゚)「台北食べ歩き…?
    • 彡(゚)(゚)「台北食べ歩き…?
    • 彡(゚)(゚)「台北食べ歩き…?
    • 彡(゚)(゚)「台北食べ歩き…?
    • 彡(゚)(゚)「台北食べ歩き…?
    • 彡(゚)(゚)「台北食べ歩き…?
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ