TOP

苗木「ボクは…………セレスさんが好きなんだ」 セレス「!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:17:20.67 ID:hcG7F9ACP

 
セレス「わたくしとした事が、教室に忘れ物をしてしまうなんて……」スタスタ


「いいから言えってのー!」
「ぬっふっふ。自分だけ逃げるというのはなしですぞ?」


セレス「……?」

セレス(教室に男子……みんな集まって何を……?)コソコソ


苗木「わ、分かったよ、言うってば!」


苗木「ボクは…………セレスさんの事が好きなんだ」

セレス「!?」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:23:56.86 ID:hcG7F9ACP

 

大和田「へぇ、結構意外なところついてきたな!」

不二咲「う、うん……僕はてっきり霧切さんか舞園さんかなって……」

葉隠「あと戦刃っちもな! あの戦刃っちが苗木っちとはやたら楽しそうに話してるべ」

桑田「おい本当だろうな!? 舞園ちゃんの事は別に好きじゃねえんか!?」

苗木「う、うん。舞園さんとは中学が同じこともあって、彼女も話しかけやすかっただけだよ」

桑田「そ、そっかそっか!!!」

大和田「そうとうほっとしてるなコイツ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:30:39.22 ID:hcG7F9ACP

石丸「ふむ……それでは霧切君はどうなのだ?
    彼女ともかなり距離が近かったので、僕が不純異性交遊にならないよう注意した事もあったはずだが」

苗木「霧切さんとも何もないってば。ただ一人で居ることが多いから話しかけていったら仲良くなれただけでさ」

十神「ふん、アイツのコミュニケーション能力は壊滅的だからな」

葉隠「それはツッコミ待ちなんか」

不二咲「それじゃあ戦刃さんはぁ……? なんか江ノ島さんにも『お姉ちゃんをヨロシク!』って言われてたけどぉ……」

苗木「戦刃さんも霧切さんと同じ感じかな。
   あの人の場合は過去が過去だから学校自体になれていなかったみたいだから、楽しい所だって知ってもらいたくてよく話したんだ」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:42:13.98 ID:hcG7F9ACP

山田「ぐっ……し、しかしなぜ安広多恵子殿なんですかな! これは強力過ぎるライバルが……」グヌヌ

桑田「そういや山田もセレス狙いだっけか。つーか、いい加減本名呼びやめてやれよまたキレるぞ」

苗木「セレスさんは……最初は遠い存在にしか思えなかったんだけど、だんだん意外と小市民っぽい所も見え始めて」

大和田「そりゃ褒めてんのか……?」

苗木「あはは、でも何ていうか、そういうギャップがいいなぁって思い始めてさ。それに大きな夢に真っ直ぐ向かっていくのも凄いなって」

十神「はっ、いかにも愚民らしい感想だな」

石丸「そんな事はないぞ!! 迷いなく夢に向かっていく人を尊敬するのは当然の事だ!!」

桑田「それでそれで? いつ告るん?」ニヤニヤ

苗木「告っ!?」ビクッ

大和田「なーに驚いてんだよ。好きなんだから告るんだろ?」

不二咲「い、いや、でもそういうのってそんな勢いでするものじゃ……」

十神「そうやって何の考えもなしにぶつかるから十連敗するんだ」

大和田「んだとコラァァ!!!」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:49:42.83 ID:hcG7F9ACP

苗木「え、えっと……ボクは、その……」オロオロ

山田「……あの、僕、苗木誠殿の恥ずかしがる姿を見て……その、下品なんですが」

桑田「うるせえ! それ以上言うなよブーデー!」

石丸「どうした苗木君! 言いたい事があるのならばハッキリ言いたまえ!」

苗木「う、うん。あのさ、ボク」


セレス(も、もう限界ですわ!)ダダッ


十神「ん? 今何か聞こえなかったか?」

葉隠「そっか? 気のせいだべ」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:56:48.83 ID:hcG7F9ACP

 

【セレスの部屋】


セレス「…………」ドキドキドキドキ

セレス(ど、どうしてここまで鼓動が……やはり先程の苗木君の……)

セレス「そんな事ありませんわ! そう、これは…………走ったからにすぎません!」

セレス「…………」

セレス「誰に言っているのでしょう」ハァ

セレス(だいたい、わたくしが苗木君ごときに心を乱される事なんてありえませんわ。
     あんな平凡をそのまま表現したような……まぁわたくしの遊び相手にはなってくれますし、夢の話も真面目に聞いてくれますが……)

セレス「…………///」

セレス(で、でもそれが何だというのです! 苗木君ごときがわたくしをどうにかできるはずがありませんわ!)



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:15:06.54 ID:hcG7F9ACP

 

【次の日 学校】


セレス「…………」ボー

セレス(昨日は中々寝付けませんでしたわ……これも苗木君のせいです)

苗木「おはよっ、セレスさん!」ニコ

セレス「ひゃあ!!!」ビクッ

苗木「えっ、だ、大丈夫?」

セレス「あ……そ、その、おはようございます。すみません、少し驚いただけですわ///」ドキドキ

苗木「そう……? ごめんね、驚かすつもりはなかったんだけど」

セレス「い、いえ、苗木君が謝る事ではないですわ…………それに」チラ

苗木「?」ニコ

セレス「っ!!///」バッ

セレス(ど、どうしてこの方はこんなにも平然としていられるのですか……!///)



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:23:26.40 ID:hcG7F9ACP

苗木「セレスさん? なんか顔赤いよ大丈夫?」

セレス「えっ、あ、だ、大丈夫ですので……」

苗木「ちょっとごめんね」ピト

セレス「!!!」

苗木「やっぱり熱……セレスさん?」

セレス「な、なに……なにを…………!!///」カァァ

セレス(苗木君のおでこが、わ、わたくしのおでこに……!!)

苗木「いや、セレスさん熱っぽい感じだから……それにやっぱり熱かったし……」スッ

セレス「は、離れてください!!」バッ

苗木「あぶなっ……!」

セレス「えっ……?」グラ


ガッシャーン!!


「なんだなんだ?」
「セレスっちが派手に椅子から落ちたべ」
「ちょ、ちょっと大丈夫セレスちゃん!?」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:32:29.13 ID:hcG7F9ACP

 

【保健室】


セレス「ん……」パチ

苗木「あ、起きた? はぁ……心配したよ本当に」ホッ

セレス「苗木君……ここは……保健室?」

苗木「うん。セレスさん、もしかして覚えてない?」

セレス「…………思い出しましたわ。できれば忘れたままで良かったのですが」ガクッ

苗木「あ、あはは……確かにあんなセレスさんは珍しかったかも」

セレス「わ、忘れてください……あんなの一生の恥ですわ……」

苗木「でも、ああいう一面もいいと思うって! 何ていうか、その……可愛い……し」

セレス「…………」


セレス「//////」ボンッ



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:38:47.87 ID:hcG7F9ACP

 

苗木「あれ、セレスさん? なんかまた顔赤くない?」

セレス「……///」シュー

苗木「おかしいな、罪木センパイは心配無いって言ってたけど……おーいセレスさん?」ヒラヒラ

セレス(くっ……苗木君のくせに……苗木君のくせに……!!///)キッ

苗木「……セ、セレスさん? もしかして怒ってる?」

セレス「…………」スーハー

セレス「いえ、何も怒ってなどいませんわよ」ニコ

苗木「そ、そう? でもなんか睨まれたような……」

セレス「苗木君の勘違いです。わたくしは、何も、これっぽっちも、心を乱してなどいません」

セレス(そうですわ……わたくしは超高校級のギャンブラー! 苗木君程度に動揺させられるなどありえません)フッ



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:54:00.30 ID:hcG7F9ACP

苗木「そっか、良かった。セレスさんに嫌われちゃったらどうしようかと思ったよ」ニコ

セレス「っ……そ、そうですか」

セレス(くっ、攻めてきますわね。しかしその程度で)

苗木「うん。だってボクはセレスさんの事を」

セレス「ま、待ってください!!!」

苗木「え?」

セレス「あ、いえ、その……///」

セレス(まさかここで言う気ですか!? どう答えれば……“末永くお願いします”? いえ、なんだか重い気が……)

苗木「えーと……ごめん、何も言わない方がいいかな」

セレス「それは違いますわ!!」

苗木「そ、そう……なの?」

セレス「はい! そこまで言ったなら男らしく最後まで言ったらどうです!」ビシッ

苗木「あ……うん、分かったよ。ボクはセレスさんの事を」

セレス「///」ドキドキ


苗木「尊敬しているんだ」ニコ



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:02:35.11 ID:hcG7F9ACP

 

セレス「あ?」


苗木「……い?」

セレス「ちげえだろビチグソがあああああああああああああ!!! そうじゃねえだろうがよおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

苗木「わっ!! ど、どうしたの!?」ビクッ

セレス「どうした、じゃねえよ!!! テメェ期待させておいて何を…………はっ!!」

苗木「……セ、セレスさん?」

セレス「…………」

セレス(くっ……わたくしとした事が。また少々取り乱してしまいましたわ)



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:10:53.06 ID:hcG7F9ACP

 
苗木「その、ごめん、セレスさん。気を悪くさせるつもりはなかったんだけど……」

セレス「……ふふ、大丈夫ですわ。気など悪くしていません」ニコ

苗木「いや、それは流石にウソ……」

セレス「ウソではありません」ニコニコ

苗木「でも」

セレス「ウソじゃねえって言ってんだろ」

苗木「はい」


【昼休み】


セレス「…………」イライラ


苗木「へぇ、舞園さんってドラマの撮影もあるんだ!」

舞園「あはは、あくまで本業はアイドルの方ですけどね。ただ、事務所的にも断ると……問題があったりするので……」

桑田「な、ま、まさか…………キ、キスシーンとかねえだろうな!?」

舞園「ありませんありません!! そういうのは流石に断っています!! 私のファーストキスは苗木君の為にとってありますので!!」ニコ



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:19:39.77 ID:hcG7F9ACP

苗木「えっ!? あ、その、そういう冗談はホント焦るから……」

舞園「冗談なんかではありませんよ?」ニコ

苗木「……あ、あはは、さすが舞園さん。演技力も凄いや」

桑田「アホアホアホアホアホアホォォ!!! 大体オメーはセレ」

苗木「わあああああああああああああっ!!!」ガシッ

桑田「もがっ!?」

舞園「どうしました?」キョトン

苗木「あ、いや、何でもないよ。あははははははは」ダラダラ

桑田「むごー!!」ジタバタ


セレス「…………ちっ!!」

セレス(何を楽しそうに…………わたくしの事が好きだと言ったくせに)

セレス(……あら? これはもしや…………嫉妬?)

セレス「…………」ブンブン

セレス(ありえませんありえません!! そ、それではまるでわたくしも苗木君の事がす、すす……好きみたいではないですか!///)



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:29:02.97 ID:hcG7F9ACP

セレス(ですが……)チラ


霧切「苗木君。その、お弁当作ってみたのだけど、食べない?」

苗木「え、ホント? ありがと、今日は購買行こうかと思ってたんだ」ニコ

江ノ島「ほら行けっ!」ドンッ

戦刃「わっ!! あ、あの、苗木君!! 私もレーション持ってきたから一緒に食べよ!!」

江ノ島「何でそのチョイスなんだよおおおおおおお!!!」

苗木「え、えっと、うん、戦刃さんもありがとう!」

舞園「あっ、私も作ってきたんで食べてください!!」

苗木「ちょっと待った!! そんな食べられないって終里センパイじゃないんだから!!」

桑田「………………あぽ?」

葉隠「桑田っちが真っ白になったべ」


セレス「ちっ!!!」ガンッ!!

セレス「…………痛い」ズキズキ



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:38:15.76 ID:hcG7F9ACP

セレス(い、いいですわ……そっちがその気なら……!!)


パチン!!


山田「はっ、お呼びですかご主人様」シュビッ!!

朝日奈「はやっ!!」ビクッ

大神「あの動き……なかなかできるな」

腐川「ぐっ……あたしの白夜様への忠誠心の方が強いわよ!!」

十神「やめろ気持ち悪い」

セレス「ロイヤルミルクティーを」

山田「はっ!!」カチャ

セレス「……わたくしがこれを飲み終わるまで話相手になる事を許可いたしますわ」

山田「ほ、本当ですか!? ありがたき幸せ……!!!」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:48:37.77 ID:hcG7F9ACP

セレス(ふふ、どうですか苗木君。あなたはせいぜい醜く嫉妬でも……)チラ


霧切「苗木君。ここに食べカスがついてるわ」フキフキ

苗木「そ、そのくらい自分で取るってば……!」

舞園「あ、こっちにもついてるので、私が舐め取りますね」

苗木「普通に手で取ってよ!?」

戦刃「えっ、あ、じゃあ私は……!!」

江ノ島「あ、口の中に食べカスない?」

戦刃「それなら私が口で取る!!」

苗木「ボクの口の中を!?」


セレス「…………」プルプル

山田「それでブー子が触手に捕縛されましてその後」ペラペラ

セレス「うるっせえんだよ豚ァァ!!!」バシャァァ!!

山田「ひぎゃぁぁぁぁあああああああっづぅぅぅぅううううう!!!!!」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:58:27.01 ID:hcG7F9ACP

 

苗木「ねぇ、セレスさん」

セレス「あ?」ギロ

苗木「え……その……機嫌悪い?」

セレス「いえ別に」プイッ

セレス(誰のせいだと…………決して嫉妬したわけではありませんが)

セレス「それで、何のようですか?」ムスッ

苗木「あ、えっと、一緒に娯楽室で遊ばないかって……」

セレス「…………」

セレス(ふん、今更機嫌を取ろうとしても遅いですわ。そんなの断って…………)

苗木「嫌……かな? 無理にとは」

セレス「いえ、行きますわ」

苗木「ホント!? ありがとう!」ニコ

セレス「っ!///」

セレス(なっ……こんなはずでは……!!)



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:06:02.02 ID:4Q04a5Q5P

 

【娯楽室】


霧切「苗木君、遅いわよ」

舞園「もう、あんまり女の子を待たせたらダメです!」プンプン

戦刃「わ、私は大丈夫だよ! 待ち伏せとか得意だし!」


セレス「…………」

苗木「ごめんごめん! お詫びにジュースでも……」

セレス「苗木君、これは?」

苗木「えっ? いや、みんなと一緒に娯楽室で遊ぶって」


セレス「ふんっ!!」ダンッ!!


苗木「いったあああ!!! セ、セレスさん……足痛い!!!」

セレス「…………」プイッ



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:22:55.49 ID:4Q04a5Q5P

 

ダンッ!!


舞園「わっ、ダーツ上手ですね戦刃さん」

戦刃「うん、ナイフとか投げ慣れてるから……」

霧切「なるほど、さすが超高校級の軍人ね」

苗木「やっぱり戦刃さんはすごいなぁ……」

戦刃「えっ、そ、そんな事ないって///」

セレス「…………ふんっ!!」ヒュッ


ダンッ!!


舞園「ダ、ダブルブル……」

苗木「さすがセレスさん……なんか凄い威力だったけど……」

セレス「…………」プイッ



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:30:19.45 ID:4Q04a5Q5P

 

苗木「ちょっとトイレ行ってくるね」


バタン


「「…………」」


舞園「霧切さん」

霧切「なにかしら?」

舞園「あなたこの前苗木君を事件現場に連れ回したみたいですね。そういうの良くないと思います」

霧切「彼には探偵としての素質があるわ。それに本人が望んだ事でもあるのだから、あなたが口を出す事じゃない」

戦刃「ズルい……苗木君と一緒に居るなんて……」

セレス(なぜ霧切さんのお仕事に苗木君が…………というか、他の女性と関わりすぎでは……)ムカムカ



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:40:31.29 ID:4Q04a5Q5P

舞園「くっ、いいですよ。それなら私だって何とか苗木君と二人きりになりますから」

霧切「それってアイドル的にいいのかしら?」

舞園「大丈夫です、例え私に恋人がいても応援してくれる人は沢山います」

戦刃「す、すごい自信……でも私だってその気になれば!!」

霧切「言っておくけど、捕まえて縛るとかは犯罪よ」

戦刃「そんな事しないよ!!」

セレス「……何ですかあなた達。その話しぶりでは、まるで全員苗木君の事が好きみたいではないですか」

霧切「……? その通りだけど」

セレス「えっ……」

舞園「ていうか、セレスさんもそうなんですよね?」

戦刃「ライバル多いなぁ……」ハァ

セレス「あ、い、いえ、わたくしは……!!」アセアセ

霧切「違うの? それなら助かるのだけど」

舞園「えぇ、悔しいですが、苗木君の様子を見る限りではセレスさんの事を一番気にかけているみたいですし」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 00:50:38.91 ID:4Q04a5Q5P

セレス「…………ふふふ」

セレス(そうですわ、何を焦っているのです。苗木君はわたくしの事が好き。それだけ分かっていれば十分ですわ)

戦刃「セレスさん?」


セレス「まったく、一体何を言い出すかと思えば。わたくしが苗木君の事が好きなどありえません」ドヤァァ


霧切「……本当?」

セレス「えぇ、もちろん。わたくしに相応しい男性があんな平凡な人であるはずがありませんから」

舞園「苗木君の良さが分からないなんて可哀想な人ですね」フフッ

戦刃「で、でもそれならセレスさんは苗木君に告白したりはしないんだよね!?」

セレス「えぇ、もちろん。なぜわたくしが告白など」ハァ

セレス(そうですわ……わたくしが苗木君ごときに振り回されるなどありえないのです!)

霧切「……じゃあもし苗木君があなたに告白してきたら?」

セレス「えっ」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 01:00:27.40 ID:4Q04a5Q5P

舞園「当然断りますよね? だってあなたには相応しくないのでしょう?」ニコ

セレス「あ……そ、そう……ですわね。ま、まぁでも、ナイトとして手元に置くというのも……」

戦刃「そんなのダメ!! 苗木君が可哀想だよ!!!」

霧切「えぇ、そんな苗木君の好意につけこんで奴隷にする真似は、私達が許さないわ」

セレス「……あ、あの……その……わたくし…………」オロオロ

セレス(何を躊躇っているのですか……ハッキリ断ると言ってしまえば……!!)


バタン


苗木「お待たせ…………って、な、なんか空気重くない?」

舞園「そんな事ないですよ」ニコ

戦刃「うん、私達お喋りしてただけだよ!」

セレス「…………」

霧切「(まずは自分の気持ちと向き合うことね)」ヒソヒソ

セレス(そんな事……言われなくても……)



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 01:51:07.94 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日 教室】


セレス(苗木君の態度は一向に変わらず……そもそも本当にわたくしの事が好きなんですか……?)チラ


葉隠「そこで模擬刀の先制攻撃だべ!!」ビシッ

苗木「あはは、それは違うよ」

大和田「あぁ。そこは模擬刀じゃなくツルハシだな」

不二咲「な、なるほどぉ……」

石丸「ダメだぞ兄弟!! ツルハシは人を殴打するものではない!!」


セレス「……はぁ」

セレス(そうですわ、彼がハッキリしないのが悪いのです。だからわたくしもこんな……)

セレス(……いつまでもこうしていても始まりませんわね。仕掛けましょうか)


スタスタ……


セレス「苗木君、少しお時間よろしいですか?」ニコ



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 01:57:21.11 ID:4Q04a5Q5P

苗木「え……ボク?」

大和田「ほぉ」ニヤニヤ

葉隠「まったく、見せつけてくれんべ」ニヤニヤ

不二咲「……ご、ごゆっくりぃ」

石丸「行き過ぎはダメだぞ!! あくまで高校生らしい健全な」

苗木「わあああああ何言ってんの!!! い、行こセレスさん!!!」グイッ

セレス「あっ……は、はい///」

セレス(苗木君の手……思いの外がっちりしているのですね……)


スタスタ……


苗木「それで、話って?」

セレス「…………」

セレス(もう少し喜んだらどうですか……わざわざわたくしが誘ったのに。どうしてそんな困った顔を……)ムスッ

苗木「セレスさん?」

セレス「いえ、何でもありませんわ。用と言っても大したことではありません。遊び相手になっていただきたいだけですわ」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:08:38.15 ID:4Q04a5Q5P

苗木「あー、うん、もちろんいいよ! 何する?」

セレス「ポーカーでいいでしょう。ただし、負けた方にはペナルティがつきます」ニコ

苗木「ペ、ペナルティ?」

セレス「えぇ、負けた方が勝った方の言うことを何でも一つ聞く。簡単でしょう?」

苗木「うっ……いいけど……あんまりキツイのはなしにしてね?」

セレス「ふふ、何を今から負けた時の事を心配しているのですか。勝てばいいんです」

苗木「それはそうだけど相手はセレスさんだし……」

セレス「はぁ……分かりましたわ。わたくしが勝ってもそこまで厳しい命令はしません。安心してください」

苗木「そ、そっか。うん、それじゃやろっか!」


………
……



苗木「んー」

セレス(まったく……顔に出過ぎですわ苗木君。あまりいい手ではないようですわね)

セレス(……ですが、わたくしも人のことは言えませんわね。近頃はポーカーフェイスも上手くいかない時もありますし……主にこの方のせいで。
     それに、わたくしの事を好きと言っておいてそれらしい行動を全く見せない事の理由も全く見当もつきません)ハァ



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:20:35.99 ID:4Q04a5Q5P

セレス(わたくしの手は…………まったく、今回ばかりは自分の才能が邪魔ですわね)

セレス(それなら……)スッ


苗木「はぁ……1ペアだよ」パサッ

セレス「ノーペアですわ」パサッ

苗木「…………え?」

セレス「わたくしの負け……ですか。こういう時もあるのですね」

苗木「ボクの……勝ち?」キョトン

セレス(まさか負けるためにイカサマする日がくるとは思いませんでしたわ)

セレス「ふふ、それでは苗木君。どうぞ何でも言ってください」ニコ

苗木「な、何でもって……!」ゴクッ

セレス「……あ、いえ、その、あまり卑猥な事は……遠慮してください!」

セレス(流石にそういったものはまだ心の準備が……)

苗木「そんな事考えてないって!!」

セレス「…………」

セレス(なんだかこうして正面から否定されるのも納得できませんわね)



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:36:16.63 ID:4Q04a5Q5P

苗木「うーん……そうだな……」

セレス「…………」ドキドキ

セレス(さぁ、またとないチャンスですわよ。これであなたの好意をハッキリさせ……)

苗木「あ、そうだ!」

セレス「っ!!」ビクッ


苗木「じゃあさ、麻雀教えてくれないかな!」ニコ


セレス「…………え?」

苗木「ほら、今度先生と生徒の交流会があるでしょ? なんか学園長が麻雀好きみたいで、みんなで遊ばないかって話になってるんだ」

セレス「へぇ……」

苗木「まぁ、石丸クンなんかは賭け事がどうとか色々言ってたけどね。それでボクもルールを覚えようかなって」ニコ

セレス「…………」

苗木「えっと……ダメかな?」

セレス「……別に構いませんわ」ハァ

苗木「ホント!? ありがとう!!」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:45:49.30 ID:4Q04a5Q5P

 

【交流会】


ザワザワ……


学園長「よし、それじゃあ始めようか!」ニコニコ

苗木「か、勝てるかなぁ……役は何とか覚えてきたけど……」

狛枝「あはは、大丈夫大丈夫。運さえあれば何とかなるよ」

セレス「……まぁ、そこには同感ですわね」

霧切「ねぇ、いくら何でも超高校級の幸運二人とギャンブラーを相手にするのは無理だと思うけど?」

学園長「ははっ、いやいやそんな事はないぞ。それに教師が生徒に負けるわけにはいかないしな!」

舞園「苗木君頑張ってー!」

戦刃「苗木君ならきっと勝てるよ!」

苗木「うん、頑張るよ」ニコ

セレス「…………」ムスッ



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:52:27.91 ID:4Q04a5Q5P

 

………
……



苗木「ロン!!」パタッ

狛枝「ロン」パタッ

セレス「ロンですわ」パタッ


学園長「」


霧切「……はぁ、何だか私まで恥ずかしいのだけど」

舞園「わぁぁっ!! 苗木君凄いです!!」

戦刃「これ苗木君が勝ったの!?」

アルターエゴ『というより、学園長の一人負けだね。ちょうど飛びだよ!』ニコニコ

苗木「麻雀って楽しいね! セレスさん、教えてくれてありがとう!」

セレス「どういたしまして」プイッ

苗木「あ、あれ……?」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:03:38.20 ID:4Q04a5Q5P

 

セレス(……それからというもの)


【体育祭前】


石丸「残りは男女二人三脚だ! 誰かやらないかね!?」

舞園「苗木君、私とやりましょう!!」

霧切「いいえ、苗木君との呼吸なら私のほうが合うわ」

戦刃「私、足なら自身あるよ苗木君!!」

苗木「ちょ、ちょっと待ってって!」

セレス「…………」ムカムカ


桑田「じゃあ苗木とセレスでいいんじゃね!?」


セレス「なっ!!///」カァァ

苗木「え……ボクとセレスさん!?」チラ

セレス「///」チラ



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:05:17.25 ID:OV5i0nBs0

これはできる桑田



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:07:29.90 ID:HgLY86EgP

桑田たまにはやるじゃん



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:10:27.92 ID:4Q04a5Q5P

舞園「何言ってんですか桑田君!! 刺しますよ!!」

桑田「さ、刺す!?」ビクッ

葉隠「いやいや、俺も苗木っちとセレスっちが良いと思うべ」ニヤニヤ

大和田「へっ……それもそうだな」

山田「ぐぬぬぬぬ……いや、ここは僕と」

セレス「黙れ豚」

山田「ありがとうございます!!」

江ノ島「ふーん、あんたらそんなに苗木とセレスくっつけたいの?」ニヤ

戦刃「えっ……そうなの!?」

腐川「それならあたしと白夜様もくっつけなさいよ!!!」

十神「おい黙れ」

朝日奈「え、なになに!? 苗木とセレスちゃんってそういう感じなの!?」キラキラ

大神「ふむ……それならば確かに二人三脚は適任だと言えるな」フッ

セレス「あ……な、何を言って……///」モジモジ


苗木「それは違うよ!」キリッ



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:24:39.03 ID:4Q04a5Q5P

不二咲「ち、違う……? でも苗木君とセレスさんなら……」

苗木「なんか勘違いされてるみたいだけど、ボクとセレスさんはそういう関係じゃないよ。
    ボクは構わないけど、そういうのはセレスさんに迷惑だと思う」

セレス「……そ……それは…………っ!!」

霧切「確かにそうね。セレスさんも苗木君は釣り合わないと言っていたわ」

苗木「……あ、あはは、正論だよ」

セレス「ちがっ……えっと……!!」アタフタ

舞園「いいえ、ハッキリ言ってました!!」

戦刃「うん、私も聞いた!!」

セレス「……ぅぅ」

苗木「それに体育祭は本気で勝ちに行くもの……だよね、石丸クン?」

石丸「あぁ、その通りだ!! 苗木君の場合は相手がセレス君よりも、より身長が近い朝日奈君の方が適任だろう!!」

山田「それに賛成ですぞ!!」

朝日奈「えっ、私!?」

桑田「いや石丸……空気読もうぜ……」ハァ

石丸「むっ……そうか? あっ、なるほど分かったぞ!!」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:41:01.34 ID:4Q04a5Q5P

葉隠「良かった良かった、流石に石丸っちもここは……」

石丸「苗木君と朝日奈君よりも、兄弟と大神君の方が適任という事だろう!!」

大和田「はぁ!?」

大神「我が……?」

石丸「あぁ!! 身長差が少なく、運動能力も高いと言えば君達二人だ!!」

江ノ島「なんかこう……絶望的にズレてるよねあんたって」

大和田「つか待てっての!! 俺と大神だって5センチは差があんぞ!!」

十神「ふん、お前は大神についていく自信がないだけだろう」

大和田「あぁ!?」

不二咲「ケ、ケンカはダメだってぇ……」

腐川「身長差が何よ!! そんなものは愛で何とでもなるわ!!! そうですよね白夜様!?」

十神「安心しろ、例え身長が全く同じでもお前と組むことはない」

腐川「ひぃぃぃ……!!!」

石丸「少し静かにしたまえ!!! 今意見をまとめる!!!」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:49:35.69 ID:4Q04a5Q5P

セレス「あ、あの、苗木君。先程の事は」

苗木「ん、さっきの事って…………あー」

セレス「あれはですね、何というか、その」モジモジ

苗木「あはは、大丈夫大丈夫。分かってるからさ」

セレス「ほ、本当ですか!?」

苗木「うん。そりゃボクだってセレスさんと釣り合っているとは思っていないって」ハハ

セレス「……え?」

苗木「でもさ、友達として……ならいいよね……?」

セレス「あ、いえ!! わ、わたくしは!!!」

苗木「ん?」

セレス「…………」

セレス(わたくしは…………何ですの。何を言おうと……)

苗木「セレスさん?」

セレス「……いえ、何でもありませんわ」


石丸「よし、これで完璧だ!! やはり男女二人三脚は苗木君と朝日奈君でいこう!!!」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 03:55:33.65 ID:4Q04a5Q5P

 

【校庭】


朝日奈「いっちに、いっちに……!!」

苗木「いっちに、いっちに…………うわっ!!!」グラッ

朝日奈「きゃあ!!!」


ドシャァァァァ!!!!!


苗木「いたた……ごめん朝日奈さん…………ん?」ムニュ

朝日奈「ひっ……いやああああああああああ苗木のヘンタイ!!!!!」ポカポカ

苗木「ご、ごめん!!! わざとじゃないんだって!!!」

大神「どうした朝日奈よ」

朝日奈「苗木に胸揉まれた!」

大神「なんだと……?」ギロ

苗木「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!!!!」



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 04:01:38.13 ID:4Q04a5Q5P

 
舞園「苗木君と二人三脚……なんて羨ましい……」ギリギリ

霧切「決まったものは仕方ないわ……ただ、見ていて気分のいいものではないわね」ムカムカ

戦刃「私がもっと小さかったら……」ショボン

舞園「というか、これも全部……」ジッ


石丸「な、なんだか恨みのこもった視線を感じるのだが」

桑田「自業自得だ」

大和田「さすがにこれは庇えねえぜ兄弟……」


セレス「…………」

セレス(なんですの……これは……。苗木君も朝日奈さんもただ体育祭の種目である二人三脚の練習をしているだけですわ)ズキズキ


朝日奈「ほら、もう一回! しっかり!!」

苗木「う、うん!!」


セレス(苗木君も男子。やはり胸は大きい方が好みなんでしょうか)チラ

セレス「…………はぁ」ガクッ



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 04:12:54.47 ID:4Q04a5Q5P

 

【文化祭前】


セレス(相変わらずわたくしと苗木君の関係は何一つ進展なし…………別に期待などしていませんが)

セレス(それに胸の成長の方も…………これも別に苗木君の為というわけではありませんけども)

セレス(まったく、一体どういうつもりなんですの)チラ

苗木「……ん? どうしたのセレスさん?」ニコ

セレス「っ……な、何でもありませんわ!!///」プイッ

セレス(なぜか心を乱されるのは相変わらず……というか前より酷くなったような…………気に入りませんわ!!!)


葉隠「おい、俺の占いの館来てくれよな!!」

朝日奈「えー、胡散臭そう……それよりあたしのドーナツ屋来てよ!!」

戦刃「軍用格闘術講座も……色々役に立つと思うよ……」


セレス(どうやらこの学校では文化祭の出し物はそれぞれに任せているみたいですわね)

セレス(まぁ、そちらの方がこの学校の特質上いいのでしょうが…………)チラ



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 04:34:29.71 ID:4Q04a5Q5P

 

舞園「それで苗木君! 私とステージ出てくれますよね!!」ニコニコ

霧切「待ちなさい。苗木君は私が考えたミステリー劇の主役よ」

戦刃「えっ……苗木君は私の格闘術の相手に……」

苗木「それどれも約束してないよ!! 特に戦刃さんのは絶対無理!!!」

戦刃「」ガーン


セレス(何ですか苗木君はいつもいつもいつもいつも……!!)ムカムカ


スタスタ……


セレス「苗木君、よろしければわたくしと一緒にステージで歌いませんか?」ニコ

苗木「え、ボク!? ていうかセレスさんも歌うの!?」

セレス「えぇ。確かに舞園さんのような知名度はありませんが、それでも彼女よりも歌は数段上手い自信はあります」ドヤァァァ

舞園「……へぇ、言ってくれますね」ゴゴゴゴゴゴゴ

苗木「あー、えっと…………でもほら、セレスさんならカードとか他の事も……」

セレス「こんな文化祭程度では巻き上げられる金額もたかが知れていますわ。わたくし、端金は興味ありませんの」



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 04:49:28.94 ID:4Q04a5Q5P

苗木「……あ、でもそういえばセレスさんって歌上手だったね。この前体育祭の打ち上げのカラオケでは驚いたよ」

セレス「そ、そう……ですわ。分かっているではないですか///」

舞園「なっ……それじゃあ苗木君はセレスさんとステージに出るんですか!?」

セレス「ふふ、当たり前でしょう。わたくしと一緒にステージに立てるなんて、光栄な事ですわ」

舞園「ふんっ、確かにあなたの歌はそこそこ上手でしたけど、あくまで素人レベルです!!」ビシッ

セレス「な、なんですって!?」

霧切「ちょっと、どうして苗木君がステージに出るという事で話を進めているのかしら」

戦刃「うぅ……やっぱり盾子ちゃんの言う通り格闘術講座はやめた方が良かったのかなぁ……」

苗木「え、えーと…………あ、そういえばさ、霧切さんも歌上手だったよね!! それならさ、三人で出るっていうのは」


霧切舞園セレス「「却下」」


苗木「……はい」

霧切「……でも、少しは参考になるわね。ねぇ、それでは三人で競い合うというのはどうかしら?」

舞園「競い合う?」

霧切「えぇ。私達がそれぞれステージでパフォーマンスをして、苗木君に評価してもらうの。一番良かった人は後夜祭は彼と一緒に居られる……とか」



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 04:57:46.00 ID:4Q04a5Q5P

舞園「ふふ……現役アイドルである私に挑みますか。いいでしょう、受けて立ちますよ!!」

セレス「望むところですわ。これでハッキリさせましょう」

霧切「あら、セレスさんはそんなに苗木君と後夜祭一緒に居たいのかしら?」

セレス「っ!! あ、いえ、それは……えっと……///」モジモジ

苗木「あー……ボクの意思とかはないのかな……」

戦刃「ぅぅ……流石に私じゃステージは無理だよ……」

霧切「いいわね、苗木君?」

苗木「わ、分かったよ……じゃあそれまでは戦刃さんの方に行ってるよ」

戦刃「えっ、ホント!? 来てくれるの!?」

苗木「うん。戦刃さんの所だけ行かないっていうのはダメだと思うしさ」

戦刃「やった!! ありがとう苗木君!!」ニコ


セレス(勝てば苗木君と後夜祭…………あら? でもわたくしは後夜祭など出ないつもりだったはず……)

セレス(その前にこの文化祭自体適当に流すつもりでしたが……なぜかステージに出ることに……)

セレス(ま、まさか……苗木君を求めて……いえ、ち、違いますわ!! これはただ自分の力を示すだけです!!)

セレス「…………///」ポー



271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 10:53:57.41 ID:4Q04a5Q5P


【文化祭当日】


戦刃「はっ!!」グイッ

苗木「うわっ!!」グラッ


ドカッ!!!


「すげー」
「まさにプロの技ってやつだな」
「私も護身用に習おうかなぁ」


苗木「……いてて、結構評判良いみたいだね」

戦刃「うん、良かった! 苗木君ともくっつけるし!」ニコ

苗木「え?」

戦刃「あ、い、いや!! 何でもない何でもない!!」

苗木妹「お兄ちゃん、来たよー…………って、えっと…………彼女さん?」

戦刃「えっ!? う、うん、そうだよ!!!///」



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 10:59:53.48 ID:4Q04a5Q5P

苗木「いや違うでしょ! 彼女はクラスメイトの戦刃むくろさん。超高校級の軍人だよ」

苗木妹「わぁぁ、さすが希望ヶ峰学園! いつも兄がお世話になってます」ペコ

戦刃「い、いえ、こちらこそ……!」ペコ

苗木妹「それで、戦刃さんはお兄ちゃんの事が好きなんですか?」キョトン

戦刃「ッ!!///」カァァァ

苗木「こらこら、そんな事あるわけないだろ」ハァ

苗木妹「えー、いや、絶対そうだと思うんだけどなー! 妹の勘だけど!!」

苗木「勘で言うなって舞園さんじゃあるまいし」

苗木妹「あ、そうだそうだ舞園さん! 今日のステージに出てくるんだよね!?」

舞園「えぇ、楽しみにしていてくださいね」ニコ

苗木「ま、舞園さん!? どうしたのステージの準備は!?」

舞園「ある程度済んだのでこちらの様子を見に来たんです」

霧切「えぇ、あなたは放っておくとどの女の子と仲良くなるか分からないからね」

セレス「わ、わたくしは……ただ気分で来ただけですわ……」


苗木妹「…………」ジー



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:05:47.29 ID:4Q04a5Q5P

霧切「それで苗木君。そこで戦刃さんが顔を赤くしてショートしているのはなぜかしら?」

戦刃「…………///」ポー

苗木「え……さぁ……」

舞園「苗木君……まさか格闘術だとか言いながら何か卑猥な事を!?」

セレス「っ!! 信じられませんわこの裏切り者!!!」

苗木「違うってそんな事してないって!!!」

苗木妹「ふむふむ、なるほどなるほど」

苗木「な、なんだよ今大変な所……」

苗木妹「誠死ね」ニコ

苗木「はぁ!?」

苗木妹「あ、ごめん、なんか無性に言いたくなっちゃったの。気にしないでね」

苗木「死ねって言われて気にするなっていうのは無理だろ……」

霧切「それより苗木君。ちゃんと覚えているのでしょうね、今日の勝負の事」

舞園「ふふ、まぁ勝負といっても私の勝ちでしょうけど」

セレス「ふん、審査員は苗木君ですわ。確かに一般人全員でしたらあなたに分があったでしょうが、これならば分かりません」



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:17:32.16 ID:4Q04a5Q5P

苗木妹「やっぱり舞園さんステージやるんだ!! あれ、でも勝負?」

苗木「実はかくかくしかじかで……」

苗木妹「ほうほう……つまり誰がお兄ちゃんと後夜祭を回るか勝負……という事ですか」

霧切「察しがいいわね、流石苗木君の妹」

舞園「可愛いですね……この子が私の義理の妹に……」ニコニコ

苗木「何を言ってるのか分からないよ……」

苗木妹「私としてはお兄ちゃんが何言ってるのか分からないよ」

セレス「…………」


苗木『そうそう、今度妹が遊びに来るから…………といっても部屋も綺麗だし準備する事もないか』

セレス『もう、そういう事は早く言ってくださいあなた。お食事の準備もあるでしょうに』ハァ

苗木『あっ……それもそうだね、ごめんごめん』

子供『叔母さんくるのー!? やったやった、またお小遣い貰えるかなー!』

セレス『こらっ、そんな意地汚い事を言ってはいけません、失礼でしょう!』

子供『うっ……ごめんなさい……』

苗木『あはは……まぁまぁ』



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:25:36.00 ID:4Q04a5Q5P

セレス『あなたもそうやって甘やかすから……』ムスッ

苗木『ごめんごめん。いつもありがとう、愛してるよ』ニコ

セレス『っ……そ、そう言えばどうにでもなると思っていませんか……///』

苗木『そんな事ないよ。本心を言ってるだけだって』

セレス『……ふふ、わたくしも愛していますわ///』ニコ

子供『まーた子供そっちのけでラブラブしてるよこの人達』


セレス「///」ポー

苗木「セレスさん? おーいセレスさん!」

セレス「は、はい!? あ、お食事はシチューにでも……!!」ビクッ

苗木「シチュー? セレスさん文化祭で食べ物ですの?」キョトン

セレス「……はっ!! い、いえ何でもありませんわ!!」アセアセ

霧切「大方、苗木君と結婚後に妹さんを家に迎える妄想でもしていたのでしょう」

セレス「どうして分かったのですか!?」

霧切「探偵だからよ」ドヤッ

舞園「それ微妙に私の持ちネタと被ってません?」



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:33:41.76 ID:4Q04a5Q5P

苗木「えーと……ちょっと意外だな。まさかセレスさんが」

セレス「な、苗木君!! これは、その、違うのです!!///」

苗木「結婚願望持ってるなんて……まぁ相手がボクってのは、今たまたま側に居たからだろうけど……」

セレス「…………は?」

苗木「いやセレスさんって沢山のナイトを従えているイメージはあるけど、誰か一人を選ぶっていうのは浮かばなくてさ」ハハ

苗木妹「とうっ!!」シュッ!!


バキッ!!!


苗木「いったああああああああ!!!!! お、おい何すんだよ!!!」

苗木妹「わざとだよね? わざとやってんでしょ?」

苗木「一体何だよ急に……いてて……」ズキズキ

霧切「そうね、セレスさんは吸血鬼達と城に閉じこもっているのが夢なんだから、結婚なんてしないでしょう」

舞園「あ、苗木君!! 私も苗木君と結婚後の妄想は沢山していますからね!! 子供の名前も考えてます!!」ニコ

苗木「いやだから何でボクなんだってば……」ハァ

苗木妹「もう一発いったほうがいいのかなこれ」



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:42:46.12 ID:4Q04a5Q5P

 

【ステージ前】


澪田「みんなありがとー!!!!!」


ワーワー!!!


苗木妹「凄い凄い凄い!!!!! なんかこう、心にガツンとくる音楽だったね!!」グイグイ

苗木「うん確かに…………ってそんなに引っ張るなってば! ほら、次から霧切さん達だよ」

苗木妹「女のアツい戦いが始まるね!!」

戦刃「…………す、好きだよ」

苗木「え、どうしたの戦刃さん?」

戦刃「だから…………あれ、ここどこ?」キョロキョロ

苗木「どこってステージ前だよ。これから霧切さん達の出番だよ?」

戦刃「……そ、そっか!! ごめんね急に変な事言って!!」

苗木妹「もしかして今のって教室の続き……」

戦刃「わあああああああああ!!!!! 何でもないから!!!!!///」



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:55:26.23 ID:4Q04a5Q5P

 

『うぷぷ、続きましては超高校級の探偵、霧切響子さんだよ!!』


「うおおおおおおおおお!!!!!」
「クーデレ萌ええええええええ!!!!!」


苗木「わっ……結構人気あるんだな霧切さん……」

苗木妹「ミステリアスな美人っていうのに弱いからね男はー」

戦刃「ちょっと残念な女の子は……?」

苗木妹「え……は、はい、それはそれで需要ありますよ、あはは」


♪~♪~


霧切「この美しき残酷な世界では~♪」


苗木妹「……あれ? なんかこの歌聞いたことあるよ。声もおんなじだ」

苗木「あー、霧切さんって最近アニメのエンディング歌ったんだよ。本人は渋々だったけど」

苗木妹「す、凄いじゃん!! それに歌もとっても上手だし!!」



292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 12:00:24.56 ID:4Q04a5Q5P

 

霧切「えっと……聴いてくれて…………その……ここまで言えば分かるわね?」キリッ


ワーワー!!!


戦刃「やっぱり霧切さんはすごいなぁ……」

苗木妹「ホントホント、お兄ちゃんにはもったいないよ」

苗木「ん、まぁそれはそうでしょ」キョトン

苗木妹「…………」ハァ


『いいねいいね、絶望的に盛り上がってきたね!! 次は超高校級のギャンブラー、セレスティアなんとかさんだよ!!!』


セレス「“ルーデンベルク”ですわ!!!」


「きたああああああああああ!!!!!」
「踏んでください!!!!!」


苗木妹「な、なんかマニアックな声援が聞こえるんだけど……」

苗木「お前は聞かなくていいって」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 12:07:43.51 ID:4Q04a5Q5P

 

♪~♪~


セレス「魔法の中であなたを虜にする歌~♪」


苗木妹「…………」ポカン

苗木「おーい、どうした?」

苗木妹「え、えっと……あの人って確か超高校級のギャンブラーだよね?」

苗木「うん、そうだけど……」

苗木妹「いくら何でも歌上手すぎない? 超高校級の歌手でもいけると思うんだけど」

戦刃「カラオケでもセレスさんの後に歌うのは勇気いるんだよね……」

苗木「あー、なんかギャンブラーには歌の上手さも必要だとか何とか」

苗木妹「……ひ、必要なの?」

苗木「らしいけど……」


セレス「ふふ、わたくしの歌に酔いしれてくださったようで満足ですわ」ペコ





295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 12:14:10.37 ID:4Q04a5Q5P

 

ワーワー!!!


セレス「…………」チラ

苗木「ん?」

セレス「!!///」プイッ


苗木妹「今セレスさん、お兄ちゃんの事見たような」

苗木「確かにそんな気が…………まぁ気のせいでしょ」

戦刃「たぶんそんな事はないと思うけど……」


『さぁさぁ、そしてお待ちかね!! 超高校級のアイドル、舞園さやかさんだよ!!!!!』


「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」
「きったあああああああああああああああああああ!!!!!」
「待ってましたああああああああああああああああああああ!!!!!!」
「さやか!! さやか!!」
「好きだああああああああああああああああ!!!!!」


苗木「……何か今知ってる声が聞こえたような」



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:04:34.99 ID:4Q04a5Q5P

苗木妹「流石アイドルだねー、声援すっごいよ」

戦刃「でも、舞園さんは全然動揺してないよ。慣れてるんだね」


♪~♪~


舞園「な~んて、その顔見たかっただけ~♪」ニコニコ


苗木妹「……ねぇ、明らかにずっとお兄ちゃんの方向いて歌ってたよね?」

苗木「そう……かな? もしかしてお前のほうじゃないの?」

戦刃「やっぱり可愛いなぁ、舞園さん……」


舞園「みんなーありがとー!! 大好きだよ!!!!!」


ワーワー!!!


「俺も好きだああああああああああああああああああ!!!!!!」


苗木「……また聞こえたな」

苗木妹「ねぇねぇ、今完全にお兄ちゃんの方向いてたってば」



304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:08:38.75 ID:4Q04a5Q5P

 

………
……



舞園「どうでしたどうでした!?」

苗木妹「みなさんホント良かったです!!!」

戦刃「うん、凄かったよ! 私も歌とかも頑張ってみようかなぁ……」

霧切「ありがとう。それで苗木君」ジッ

苗木「えっ?」

セレス「忘れたのですか? あなたが私達三人誰が一番良かったのか決めるのですよ」

苗木「……やっぱり決めなくちゃダメ?」

「「…………」」

苗木「あ、はい、そうだよね。うーん……」


苗木「セレスさん…………かな」





306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:16:25.49 ID:4Q04a5Q5P

セレス「っ!!///」

舞園「……そうですか」

苗木「あ、いや、舞園さんも霧切さんも凄く良かったよ!!
    でもなんていうか、直感みたいなもので……ほら、ボクは別に音楽に詳しいわけでもないし……」

霧切「構わないわ、それがあなたの答えというのなら。ここは素直に負けを認めましょう」

舞園「くっ……私の歌が負けるなんて……!!」

苗木「いや、だからあくまでボクの感覚だから、他の人は」

舞園「苗木君の感覚で負けたっていうのは私の中では大きすぎますよ……」ショボン

苗木妹「……ふふ、それじゃあお兄ちゃんは後夜祭はセレスさんと一緒なんだね?」ニヤニヤ

セレス「あっ……そ、その、わたくし…………!!///」

セレス(本当にわたくしが……苗木君と二人きり……!?)

霧切「仕方ないわね、ルールはルールよ」

舞園「……言っておきますけど、くれぐれも一線は守ってくださいね」ジロ

セレス「な、何を言っているのですか!!」

戦刃「うぅ……私は盾子ちゃんと居ようかな……」

苗木「……セ、セレスさんと一緒かぁ。なんだか緊張するな」ハハ



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:19:31.81 ID:4Q04a5Q5P

 

【後夜祭】


澪田「まだまだ騒ぎ足りないっすよねえええええ!?」


「「うおおおおおおおおおおおお!!!!!!」」


セレス「あの方、一体何十曲歌っているのでしょう」

苗木「うん……やっぱり超高校級の軽音部だし体力もあるんじゃないかな」

セレス「…………」

苗木「…………」

セレス(な……何か話さないと…………!! いえ、なぜわたくしがこんな気を使わなければいけないのですか!!)

苗木「えーと……他の所にも行ってみる? 外でキャンプファイヤーもやってるみたいだし」

セレス「は、はい……」


ギュッ


セレス「!?///」カァァ



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:28:47.74 ID:4Q04a5Q5P

苗木「えっと……ほら、人が多いしはぐれないように……///」

セレス「……そ、そうですわよね。はぐれたら大変ですものね///」ギュッ


桑田「おっ、苗木に…………ほう」ニヤニヤ

葉隠「随分と仲良さげだべ」ニヤニヤ


セレス「っ!!」バッ

苗木「わっ!!」

桑田「あっはっは、照れてんな!! いいじゃねえか手繋いでてもさ!! .……くっそ、それも舞園ちゃんと」ブツブツ

セレス「な……何を言っているのか分かりませんわね……///」

葉隠「相変わらず素直じゃねえべ! そんじゃ、お邪魔虫は去るとすっか!」


スタスタ……


苗木「……あー、ごめんね。変な誤解されると困るよね」

セレス「えっ!? あ、いえ、そんな……事は……!!」

苗木「大丈夫大丈夫、無理しないでって。それに手を繋がなくてもお互いよく見てれば何とか……」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:35:21.54 ID:4Q04a5Q5P

 

ギュッ


苗木「……セレスさん?」

セレス「そ、それよりもやはり手を繋いだ方が確実でしょう。わたくしは噂など気にしませんわ……///」モジモジ

苗木「そっか……うん、分かった。セレスさんが良いっていうなら」ニコ

セレス(苗木君の手……暖かい……)

苗木「でも……考えてみればそうだよね」

セレス「はい?」

苗木「いや、セレスさんがボクと噂をたてられただけで動揺するはずないなって。鼻で笑い飛ばすのがセレスさんらしいや」

セレス「なっ……い、いえ、そんな事は!!」

苗木「えっ、そうなの? じゃあやっぱり無理を……」

セレス「そ、そうでもなく!! ……………もういいではありませんか!!」グイッ

苗木「わっ、そ、そんな引っ張らないでよ!!」


セレス(わたくし……こうして苗木君と手を繋げる事を喜んでいる……? そ、そんな……まさか……苗木君ごときに……)



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:54:21.61 ID:4Q04a5Q5P

 

【校庭】


ジェノ「白夜様ああああああああああああ!!!!!」ドドドドドド

十神「おい来るな!!!!!」


苗木「……なんか十神クンがジェノサイダーに追いかけられてるね」

セレス「まったく、いつも騒がしいですわねあの二人は」

苗木「十神クンの方は被害者な感じだけどね…………他の人達はフォークダンスか……」

セレス「ま、まぁ、キャンプファイヤーといえば定番ですわ」チラ

苗木「ボク達も踊る?」ニコ

セレス「っ……な、苗木君がどうしてもというのであれば考えてあげなくもないですわ」プイッ

苗木「それじゃ、お願いします」スッ

セレス「……はい」ギュッ



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:59:48.21 ID:4Q04a5Q5P

 

………
……



♪~♪~


セレス「ふふ、ぎこちないですが足を踏まないだけ我慢してあげましょう」ニコ

苗木「あ、ありがと……」

セレス(苗木君、こんなにも一生懸命になって…………まったく、わたくしもどうしてしまったのでしょう)

セレス(こんな平凡な方とダンスなんて……それに、曲だってわたくしの趣味には全然合わないのに……)


セレス(……いつまでもこの曲続いて、終わってほしくない。そう思っていますわ)


苗木「何ていうかさ、セレスさんは本当に凄い人だよ」

セレス「今更ですか? そんな事はとっくに知っているものだと思っていましたが」

苗木「うん、もちろんそうなんだけどさ……話していく内に身近に感じるようにもなったんだ。でもやっぱり、セレスさんって遠い人なんだと思う」

セレス「……えっ?」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 14:20:34.91 ID:4Q04a5Q5P

苗木「もちろんギャンブルの腕もそうだよ。ただもちろんそれだけじゃない。今日の歌だってそうだしね。
    それに、セレスさんは今の場所に満足しないで、ただひたすら夢に向かって歩いていく強さもある」

セレス「……と、当然ですわ」

苗木「だから、こうしてセレスさんと踊れるなんて光栄な事なんだと思う。本来はボクはキミの隣に立てるような人間じゃないから……」

セレス「そんな事ありませんわ!!!」

苗木「え?」

セレス「別にそこまで距離を感じる事はありません!! わたくし宇都宮出身ですし、餃子が大好きですし、本名も安広多恵子ですし!!」

苗木「あの……セレスさん?」

セレス「……はっ!!」

セレス(急に何を言っているんですのわたくしは……!! なぜ自分からこんな事を……!!!)

苗木「……でもさ、今日だけはその、隣に立ってもいいかな?」

セレス「か、構いませんわ……どうぞご勝手に……」

苗木「うん、ありがとう」ニコ

セレス「///」カァァ

セレス(わけが……わかりませんわ……)



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 14:28:12.92 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日 教室】


ザワザワ……


「まさか江ノ島がな……」
「戦刃がいなかったらマジやばかったぜ」
「にしてもテレビ見ろよこれ」


『世界的に“絶望”を名乗る集団が暴動を……』


セレス「……はぁ」

セレス(何やら物騒な事になっていますが、わたくしはそれよりも苗木君が相変わらず何もアクションを起こさない事の方が気になりますわ)ジッ


苗木「それで戦刃さんは!?」

霧切「どうやら、江ノ島さんを追うつもりらしいわよ」

舞園「やっぱり姉妹……だからなんでしょうね」


セレス(……あんまりのんびりしていると、他の男性の元へ行ってしまいますわよ)プイッ



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 14:34:15.69 ID:4Q04a5Q5P

 

【放課後】


セレス「ふぅ……今日の稼ぎはまぁまぁですわね。これでまた夢に一歩」ニコ

セレス(ですが、もう遅くなってしまいましたわね。最近は物騒ですし、真っ直ぐ帰っ)


苗木「戦刃さん!!」


セレス「っ!!」ビクッ

セレス(……な、なぜわたくしは隠れているのでしょう)


戦刃「……苗木君?」

苗木「本当に……行くの?」

戦刃「うん。盾子ちゃんは私がちゃんと絶望させてあげなくちゃいけないから」

苗木「それならボクも」

戦刃「ダメ。ごめんね、ハッキリ言うと足手まといになる」

苗木「……あはは、うん、そうだよね。分かってたよ」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 14:42:09.87 ID:4Q04a5Q5P

 

セレス(なっ……なぜ戦刃さんと一緒になどと言っているのですか!? あなたはわたくしの事が好きではないのですか!?)


苗木「……それじゃあさ、ボク強くなるから。いつかきっと、絶望にも立ち向かえるように」

戦刃「ふふ……うん、苗木君ならきっと大丈夫……」ニコ

苗木「それと約束してほしいんだ。無事でいてくれるって。ボクはキミに傷ついてほしくない」

戦刃「私は超高校級の軍人だよ? 今まで傷一つ負った事なんかないよ」

苗木「それでもだよ。何が起こるか分からないし」スッ

戦刃「……分かった、約束するよ」ギュッ


セレス(何なんですかあの会話……あれではまるで……まるで……)

セレス(それに、わたくしはどうしてこんなにも……!!)ズキズキ


戦刃「ねぇ、苗木君。最後に一つ聞いてほしい事があるの」

苗木「最後なら聞かないよ」

戦刃「あはは、じゃあ行く前に」

苗木「うん、なに?」



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 14:48:30.49 ID:4Q04a5Q5P

 

戦刃「苗木君、大好きだよ」


苗木「…………」

戦刃「……え、えっと、今のは友達としてとか、そういう事じゃなくてね///」

苗木「わ、分かってるって……流石に……///」

戦刃「そっか……そうだよね……!!」

苗木「…………」


セレス「…………」ブルブル

セレス(ま、まさか……受け入れたりはしませんよね……? 苗木……君……?)


苗木「ごめん、ボクには好きな人がいるんだ」


戦刃「…………そっか」

苗木「もちろん戦刃さんの気持ちはすごく嬉しい。でも」

戦刃「ふふ、大丈夫、何となく分かっていたから。相手もね。私、苗木君の事ずっと見ていたから」ニコ



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 14:54:27.44 ID:4Q04a5Q5P

苗木「そっか……ありがとう」

戦刃「こちらこそありがとう。あなたに会えて良かった」

苗木「ちょっと待った。そういう今生の別れみたいなのやめようよ」

戦刃「あっ……そうだね。じゃあ……」


戦刃「またね!」ニコ


スタスタ……


苗木「……うん。また」


セレス「…………」

セレス(何を……心の底からほっとしていますの……そんなに苗木君が誰かと恋人同士になるのが嫌……なのですか?)

セレス(そんな、それではまるで……わたくし…………っ!!)


セレス「だからありえません!!!!!」ガンッ!!!


苗木「うわっ!! セ、セレスさん!?」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:00:19.01 ID:4Q04a5Q5P

 
セレス「あ」

苗木「い、いつからそこに!? もしかして聞いてた!?」

セレス「……べ、別に盗み聞きするつもりはありませんでしたわ。ただ、出て行くタイミングがなくて……」オロオロ

苗木「ちなみに……どこから聞いた?」

セレス「『戦刃さん!!』から」

苗木「全部じゃないか!! うぅ……そ、そっか……」

セレス「心配しなくても、他人に言いふらすような事はしませんわ」

苗木「それは……うん、助かるけど……」

セレス「…………」

セレス(あぁ、もう!! 面倒くさい!!!)


セレス「一つ条件をつけましょうか」

苗木「条件?」

セレス「えぇ。今の話は他言しませんが、その代わり教えていただけます?」


セレス「あなたの想い人を」



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:10:48.16 ID:4Q04a5Q5P

 

苗木「…………」

セレス「もちろん、その想い人の事も他言はいたしませんわ」

セレス(さぁ……言ってしまいなさい!! 大体、好きなら好きとすぐ言ったらどうです!!)

苗木「……分かった」

セレス(あ、そうですわ! もしここで告白されたら何て答えればいいのでしょう!?)

セレス(う、受け入れる……? いえ、別にわたくしは苗木君の事なんて!! で、でも断るのも……何だか……)


苗木「それなら、今のことは口止めしないよ」


セレス「…………はい?」

苗木「ボクの好きな人の事は言えない。だから、さっきの戦刃さんの事は口止めしない……って事だよ」

セレス「なっ……ど、どうして言えないのですか!!」

苗木「ごめん、それも言えない」

セレス「っ!!」

セレス(どういう事ですか!? 今がチャンスでしょう!! 告白すればいいではないですか!!!)



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:17:53.22 ID:4Q04a5Q5P

 
苗木「……それじゃ、もう帰ろうか。最近は物騒だしさ」

セレス「え……あ……」

セレス(も、もしかして…………苗木君の好きな人というのは…………)


セレス(わたくしではない?)


苗木「セレスさん?」

セレス「…………」


セレス(そう……ですわ。結局直接聞いたのは、放課後の教室に男子が集まっていたあの時だけ。
     あの言葉が真実であるという保証などどこにもない……霧切さん達の言葉だってそうですわ……それなのに、わたくしは簡単に信じて……!!)

苗木「ど、どうしたの? 気分が悪いなら」

セレス「…………ふふっ」

苗木「えっ?」

セレス「何をショックを受けているのです……むしろ厄介事が片付いて良かったではないですか……」ブツブツ

苗木「何を――」

セレス「いえ、何でもありませんわ。それと先程の条件ですが、ほんの冗談です。元々戦刃さんの事を他言する気などありませんわ」ニコ



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:25:44.07 ID:4Q04a5Q5P

苗木「ホ、ホント!?」

セレス「えぇ、あれはただ苗木君の想い人を聞き出そうとしただけですので」

苗木「そっか……いや、セレスさんには敵わないな、あはは……」グデッ

セレス「…………」

セレス(それほど言いたくないのですか……やはり大切な人なんでしょうね。でも……それなら)


ギュッ


苗木「……え?」

セレス「最近は物騒でしょう? 男子としてこのくらいは当たり前では?」

苗木「あ、いや、もちろん送るけどさ……手を繋ぐ必要は……」

セレス「嫌……なのですか?」ウルッ

苗木「ッ!! そ、そんな事はないよ!!」アセアセ

セレス「……ふふ」ニコ


セレス(苗木君はナイト候補であることは確かですわ……こんな人畜無害な下僕を逃してなるものですか!)

セレス(…………決して他意はありません)



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:31:16.35 ID:4Q04a5Q5P

 

………
……



セレス(それから江ノ島さんと戦刃さんが居なくなった寂しさが何日か教室を漂っていましたが、段々と薄れていきました)

セレス(みなさんそれぞれ、絶望とやらに立ち向かう覚悟を決めたようですわ。わたくしは興味ありませんが)

セレス(他にも未来機関とかいう絶望に対向する組織もできたみたいですわね。希望ヶ峰学園のOBを中心に構成されているようですわ)


セレス(…………それよりも)


【教室】


苗木「霧切さん、今度の事件もついて行っていいかな!?」

霧切「えぇ構わないけど……どうしたの、最近はやけに熱心ね」

苗木「うん、まぁね! それよりどうだった前の事件のボクの推理は!!」

霧切「悪くはなかったけど……詰めが甘かったわね。証拠がないなんて」

苗木「うっ……」



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:40:29.60 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日】


舞園「苗木君、今日もドラマの演技練習付き合ってくれますか?」ニコ

苗木「うん、もちろん!」

桑田「あ、ずりーぞ苗木!! なぁなぁ舞園ちゃん、俺は!?」

舞園「結構です」ニコ

桑田「……あぽ」

舞園「それにしても、苗木君は演技力もついてきたと思います。それに、他人の顔色から考えている事を読み取る事も上手くなりました」

苗木「まぁ観察眼の方は霧切さんから散々鍛えろって言われてるからね……」

桑田「そういやオメー、最近は俺に女の子の情報とか聞いてくるようになってきたよな」

舞園「えっ、本当ですか苗木君!?」

苗木「ち、ちがっ……そういう事じゃなくて情報収集能力を」

桑田「ははははは、素直になれって! 結局苗木も男って事だろ!」ニヤニヤ

舞園「そ、そんなに女の子に興味あるなら私に……」ブツブツ



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:48:59.25 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日】


ドサドサッ


十神「苗木、持ってきてやったぞ、ありがたく思え」

苗木「あ、うん、ありがとう十神クン!」ニコ

腐川「なななななな苗木が白夜様からプレゼントをおおおおおおおおおおおおお!!!!!」ガクガク

十神「うるさい黙れ。コイツが帝王学を学びたいというから本を持ってきただけだ」

腐川「な、苗木が……帝王学……!? 身の程を知りなさいよ!!」ビシッ

苗木「あ、あはは……まぁその通りだと思うけど、何とか学んでみようかなって……」

十神「ふん、足掻くだけなら自由だしな」

腐川「……そういえばあんた、あたしにも文章の書き方とか聞いて来たわよね」

苗木「あの時はありがとうね! またお願いするかも」

腐川「別に……いいけど。いつも暇だし」



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 15:54:26.53 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日】


タッタッタ……


苗木「はぁ……はぁ……!!」ゼイゼイ

朝日奈「すごいすごい、苗木速くなってるじゃん!」ニコ

苗木「う、うん……ありがと……でもまだ朝日奈さんについていくだけで精一杯だよ……」

朝日奈「それでも十分すごいって! いやー、ついに苗木が運動の素晴らしさに気付いてくれて嬉しいよ!」ウンウン

大神「苗木よ、準備運動は終わったか?」

苗木「ご……ごめん……ちょっと待って」

朝日奈「あ、この後はさくらちゃんの格闘講座だっけ? 私も受けよっかな!」

大神「ふっ、しかしまさか苗木がこんな事を言ってくるとはな」

苗木「やっぱり今の時代そういう事は覚えておいたほうがいいかなってさ。絶望の事もあるし」

朝日奈「苗木えらい!! 褒めてあげる!!」バンバン!!

苗木「あ、あはは……どうも……あと背中痛いって……」



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:01:59.87 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日】


苗木「……どうかな?」

不二咲「えっと……これは……」カタカタ

七海『全然ダメなんじゃないかな。バグ多すぎでまともに動かない…………と思うよ?』

苗木「…………」ガクッ

不二咲「ちょ、ちょっとそんな言い方ダメだってば! プログラムなんてバグが出て当たり前なんだし!」

七海『でも苗木くんは急にどうしたの? なんか上の学年の人達にも色々教えてもらっているみたいだよね?』

苗木「うん……ボクも力になりたくてさ……」

不二咲「力に?」

山田「それはつまり、再びコスプレをして僕の販売会に出てくれるという事ですかな!!!」ヌッ

苗木「わっ、ビ、ビックリした……!! あれは変装の」

不二咲「コスプレ?」

山田「えぇ、そりゃもう大好評で。こちらが写真――」

苗木「わあああああああああああ!!!!!」グシャグシャ



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:11:33.93 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日】


石丸「さぁ、今日も真面目に勉強していこうではないか苗木君!!」

苗木「うん、よろしく!!」

大和田「にしても苗木の成績も随分上がったよな。ガリ勉に目覚めたか?」

石丸「むっ、そういう君はもっと頑張りたまえ!! この前の追試も前日に僕に泣きついてきただろう!!」

大和田「うっ……わ、分かったっつの……」

葉隠「へっへっへ、でも苗木っちは別にガリ勉になったわけでもねえべ」ニヤ

石丸「どういう事だ?」

葉隠「最近よく俺に聞いてくんぞ。借金取りからの逃げ方とかをな!!」

石丸「何だと!? 苗木君、借金があるのか!?」

苗木「い、いや、ないよ!! それは暗い部分も知っておかなきゃって思って……」

大和田「お、そういや苗木、単車にも興味出てきたみてえだよな。今度また行こうぜ!!」ニッ

石丸「コラァァあああああああああ!!!!! 君達そこに座れ、高校生が何たるかを教えこまなければいけないぞ!!!!!」ビシッ



361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:16:30.44 ID:4Q04a5Q5P

 

………
……



セレス(最近、苗木君は様々な超高校級の人達と共に自分を高めようとしているようですわね)

セレス(その理由……わたくしには分かります。戦刃さんと約束、自分も絶望を追う立場でありたいという事からでしょう)

セレス(……それは、分かるのですが)


【教室】


セレス「苗木君」

苗木「ん……どうしたのセレスさん?」

セレス「今日お時間あります? ギャンブラーとしての心得、少しばかり教えてさしあげてもよろしいですわよ」

苗木「え……あ、その、ごめん。今日はちょっと用事が」

セレス「……それでは明日は?」

苗木「あ、明日も……用事が……あるかな」

セレス「…………」



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:20:40.84 ID:4Q04a5Q5P

セレス(これって……避けられていますわよね……? この前誘った時もこんな感じでしたし……)

苗木「あの、セレスさんの誘いは本当に嬉しいんだけど」

セレス「苗木君、ポーカーフェイスというものはギャンブルだけではなく、様々な場面で役に立ちますわ。覚えておいて損はありませんわよ」

苗木「うん、それはそうだと思う。でも、その」

セレス「…………」

苗木「えーと……」

セレス「……分かりましたわ」

苗木「えっ?」

セレス「苗木君はわたくしには習いたくない、そういう事でしょう」

苗木「っ……そ、それは!!」

セレス「もういいですわ。さようなら」

苗木「あ、セレスさん!!!」


スタスタ……


苗木「…………はぁ」



364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:25:24.22 ID:4Q04a5Q5P

 

【セレスの部屋】


ドカッ!!! バキッ!!!


セレス「あああああああああああ何なんだよクソがああああああああああああ!!!!!」ドスドスッ!!

ぬいぐるみ「解せぬ」ボロボロ

セレス「何で私だけダメなんだよ凡人のくせにこの私が不満だってのか!!!!!!!!!」ボゴォ!!!

枕「解せぬ」ボロボロ


セレス「はぁ……はぁ…………!!!」


シーン


セレス「…………」ウルッ

セレス(わたくし……なんて惨めなんでしょう……)グスッ



370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:38:45.08 ID:4Q04a5Q5P

 

【ある日 教室】


セレス(気がつけばもう卒業が近付いてくる時期まで来てしまいました)

セレス(未だに苗木君はわたくしのナイトではありません……こんな屈辱は初めてですわ……)

セレス(しかも)


セレス「未来機関に?」

苗木「うん、絶望と戦う為に今まで頑張ってきたからね」

セレス(確かに体つきはしっかりしましたし、他の能力も以前とは段違いですわ……でも)

セレス「……理解できませんわね。なぜわざわざそんな危険な道に飛び込むのです」

苗木「うーん……やっぱり世界中に絶望に苦しんでいる人が居るって考えると、居ても立ってもいられないくて……」

セレス「はぁ……つまりあなたは根っからのお人好しという事ですわね」

苗木「あ、あはは……そうなのかな……」

セレス「…………あなたにもう一つ、道を示します」

苗木「道を示す?」



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:49:22.99 ID:4Q04a5Q5P

 

セレス「苗木君、あなたを正式なわたくしのナイトに任命しますわ。共に城まで来てください」


苗木「…………もしかして、お城が?」

セレス「えぇ、完成しました。もう夢はすぐそこです」

苗木「すごい!! おめでとうセレスさん!!!」

セレス「ですが、わたくしの夢は城を建てるだけではありませんわ。イケメン吸血鬼に囲まれていなくてはいけません!!」

苗木「あ、そ、そうだっけ……」

セレス「というわけで苗木君。あなたにはその吸血鬼……ナイトの一員になってもらいたいのです」ニコ

苗木「ボ、ボク吸血鬼にされちゃうの?」

セレス「はぁ……いえ本当に吸血鬼になるわけがないでしょう。格好だけですよ格好だけ」ジト

苗木「そっか……そうだよね……」

セレス「自分で言うのも何ですが、かなりの好待遇ではあると思いますわよ。
     給与に文句は言わせません。大きな重労働もなし。何よりこのわたくしの近くに居ることができます」

苗木「…………」

セレス「他のCランクの方々にも募集はかけましたが、瞬く間に埋まってしまいましたわ。これからわたくしが選別する予定です。
     そんな中で、苗木君。あなたには特別に一枠用意してさしあげると言っているのです」



375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:56:31.93 ID:4Q04a5Q5P

苗木「えっと……ありがとう。セレスさんに認められたみたいで嬉しいよ」

セレス「ふふ、そうでしょう。ですから、未来機関などという危険な職場よりもわたくしの城でのんびり」


苗木「でも、ごめん。ボクは未来機関に行くよ」


セレス「…………」

苗木「…………」

セレス「……どうして」

苗木「それがボクの選んだ道……だから」

セレス「…………」

苗木「えっと……その、本当に悪いとは思ってる。わざわざボクの為に席を用意してくれたのに。でも」


セレス「ほんっっっっと、バカじゃねえの!?」


苗木「いっ!?」ビクッ

セレス「よく考えてみろよ、未来機関なんて聞こえはいいがブラックもブラックだぞ!? そんなとこにわざわざ行くのかよテメェ和民の社畜かよ!!!!!」

苗木「セ、セレスさん、落ち着いて……!!」



378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:04:18.24 ID:4Q04a5Q5P

 
セレス「いいから首縦に振っときゃいいんだよ!!! ほら、ほらほらほら!!!!!」ガシッ

苗木「ま、待った……ちょっと待ってって……!!」

セレス「来いって、私のナイトになれっつってんだ!!!!!!」


苗木「セレスさん!!!!!」


セレス「っ!!」ビクッ

苗木「……とにかく離してほしい」

セレス「え……あ……す、すみません……」パッ

苗木「…………」

セレス「…………」オロオロ

苗木「ごめん、ボクの気持ちは変わらない。だからこれ以上話すことなんてないんだ」

セレス「苗木君……!!」ウルッ

苗木「沢山の応募は来てるんだよね? それならきっとその中に良い人は沢山いるよ」

セレス「…………ぅぅ」

苗木「それじゃあ……またね」



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:08:04.66 ID:4Q04a5Q5P

 

【城】


セレス(……希望ヶ峰学園を卒業してから少し経ちました。わたくしは)


ナイトA「セレス様、紅茶です」スッ

セレス「…………」コクッ


パリーン!!!


セレス「次」

ナイトB「はっ!!」スッ


パリーン!!!


セレス「次」

ナイトC「こちらです」スッ


パリーン!!!



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:18:02.86 ID:4Q04a5Q5P

 
セレス「もう結構ですわ。わたくしは部屋に戻ります。あなた達は自由にしてください」

ナイト「「畏まりました」」


スタスタ…………ガチャ


【セレスの部屋】


シーン


セレス「…………」

セレス(夢というのも……叶えてみるとあっけないものですわね。お金を貯めている時はもっと高揚していたはずですのに)

セレス(……暇ですわね。ナイト達とカードやってもつまらないですし…………テレビでも観ますか)ピッ


『さて、今日はあの国民的アイドル、舞園さやかさんとの噂が絶えないあの人に突撃してみます!!』


セレス「……くっだらない」

セレス(平和なニュースも増えてきましたわね。これも未来機関のお陰……というわけですか)イライラ

セレス(それにしても、舞園さんもこんな連中に追い回されて不憫ですこと)



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:26:52.29 ID:4Q04a5Q5P

 

『あ、出てきました!! すみません、こちら突撃ドキュンです!!』ダダッ

苗木『え、なに!?』


セレス「ぶっ!!! ごほっ、ごほっ!!!」


『未来機関の苗木誠さんですよね! あなたと十神さんと霧切さんで期待の新人エースと噂の!! 既に数々の功績も残していますし!!』

苗木『あ、いや……そんな事ないですって……!!』アセアセ

『またまた謙遜しちゃって! それで、どうなんですか!?』

苗木『どうって?』

『舞園さやかさんとの熱愛報道の事ですよ!!!』

苗木『いっ!? だからそれは全くのデマだって言ってるじゃないか!!!』

『えー、本当ですかー?』

苗木『本当だよ!! ていうかそういうの舞園さんにも迷惑だからやめてって!!』

『でも、この間彼女の方に取材したら、ウインクして「秘密です☆」って言われましたよ?』

苗木『舞園さん……!!』ガクッ



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:40:56.86 ID:4Q04a5Q5P

 

セレス(苗木君……噂では聞いていましたが活躍しているのですね……)

セレス(……いえ!! 今更あの方が何だと言うのです!!
     わたくしのありがたい誘いも無礼にも断って……彼の顔を見るだけで気分が悪くなってきますわ!!)スッ

セレス「…………」

セレス「せ、せっかくですので、もう少し観てみましょうか……」


苗木『だからですね、舞園さんもふざけてるだけで、本当に何も』

霧切『えぇ、その通りよ、彼女と苗木君は何もない』ヌッ

『あっ、霧切さんですね!! その能力だけではなく、美貌でも人気と評判の!!!』

霧切『私はどうでもいいでしょう。とにかく、彼と舞園さんは恋愛関係にはない。それだけは断言できるわ』

『うっ……あなたにそこまでハッキリ言われると納得するしか……ん、いや?』

苗木『今度は何……?』

『そういえば、霧切さんと苗木さんの熱愛疑惑もありましたよね!?』

苗木『だからそれもデマだってば!!!!!』

霧切『……ふふ、中々いい所に目を付けたわね』



395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:47:38.08 ID:4Q04a5Q5P

 
『おっ……という事は!?』ワクワク

霧切『ふふ、そうね……どこまで言っていいのかしら。とりあえず私は彼のアパートに泊まった事があるわね』ドヤァァァ

『おおおおおおおおおおおお!!!!!』

苗木『それ霧切さんが物凄く悪酔いして帰れなくなった時じゃないか!!! 他の人達もボクに任せて帰っちゃうし!!!』

霧切『朝目覚めたら……その……衣服が乱れていて…………』

『うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!』

苗木『それ自分で暑いって脱いでただけだから!!!!!』

霧切『ここまで言えば……分かるわね?』キリッ

『え、書いちゃいますよ!? 明日の一面載っちゃいますよ!?』

苗木『だああああああ!!!!! もう行くよ、ほら!!!!!』グイッ

霧切『あっ……もう、苗木君……乱暴ね///』ポッ

苗木『変な声出さないでよ!?』

『待ってくださいー!!!』


プツッ



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:52:01.70 ID:4Q04a5Q5P

 

セレス「…………」スタスタ


ドガァァァァァァァァァァ!!!!!


テレビ「解せぬ」


ガッシャァァァァァァァ!!!!!


食器棚「解せぬ」


ゴッシャァァァァァァァ!!!!!


シャンデリア「解せぬ」


ビリビリィィィィィィ!!!


ベッドシーツ「解せぬ」


セレス「はぁ……はぁ……!!!」



402:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 18:00:04.67 ID:4Q04a5Q5P

 

ポタポタッ


セレス「…………」ポロポロ

セレス(分かって……います……そのくらい……本当は……ずっと……分かっていました……)

セレス(どうしてこんなに胸が痛いのか……どうして彼を一緒に居るだけで舞い上がるのか……そんな事本当は……)

セレス(ただ……わたくしが臆病だった……向き合うのが怖かった……それだけの話…………)


セレス「どうして……わたくしは……っ!!!」


セレス「ひっぐ……ぐすっ……………!!!!!」


セレス「うっ……うぅぅ……ああ……ああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!」ポロポロ





515:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 22:30:21.60 ID:4Q04a5Q5P


【ある日 城】


セレス「…………」ボー

ナイトA「セレス様、紅茶です」

セレス「いりません」

ナイトB「それでは何か余興を……」

セレス「結構です」

ナイトC「恐れながらセレス様、最近は食事もほとんど」

セレス「各自ナイト専用部屋にて待機してください」

ナイト「「しかし!!」」

セレス「わたくしに口ごたえは許しません」

ナイト「「……畏まりました」」


ゾロゾロ…………バタン



523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 22:40:11.55 ID:4Q04a5Q5P

 

ナイトA「あの、セレス様」

ナイトB「少しお話が」

セレス「あなた達、ここから出て行きたいのですか? わたくしは部屋で待機と命令したはずですが」

ナイトA「どんな処分でも受けます。どうか話だけでも」

セレス「…………いいでしょう。その代わり、くだらない話でしたら二人共この城から出て行ってもらいますわよ」

ナイトB「はっ、了解いたしました。それで話の方なのですが…………」


ナイトB「セレス様のご様子の変化の原因。それは苗木誠ですね?」


ガシャン!!


セレス「今すぐ荷物をまとめて出て行きなさい」

ナイトA「セレス様。苗木誠の件で我々から提案が」


セレス「いいから早く出ていってください!!!!!」



527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 22:44:21.08 ID:F9njX0Gb0

ナイト良い奴だな



534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 22:48:33.47 ID:4Q04a5Q5P

 

シーン


ナイトA、B「「…………」」

セレス「はぁ……はぁ……!!!」ギロ

ナイトA「セレス様、あなたは苗木誠の件で絶望していらっしゃる」

セレス「そこまで知っているのなら、その口を閉じたらどうなのです」

ナイトB「いえ、そういうわけにはいきません。私達はあなたを救いたいのです」

セレス「……ふふ、ふふふふふふ!!! わたくしを救う!? 随分と身の程知らずな事を言いますわね!!!」

ナイトA「私達は本気です。セレス様、あなたは絶望を良くないものだと思っているでしょう?」

セレス「……まさか、違うとでも?」

ナイトB「はい。絶望とは決して悪いものではないのです」



535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 22:49:16.51 ID:LCvCaq9L0

…あれ?



541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 22:54:14.19 ID:eKxbapyX0

(あかん)



548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:05:04.08 ID:4Q04a5Q5P

セレス「何をわけのわからない事を……」

ナイトA「あなたは絶望に苦しんでいる。そしてそれを解消するのも難しい。ならばどうするか」

ナイトB「受け入れてしまえばいいのです」

セレス「…………受け入れる?」

ナイトA「はい。あなたがどれだけ苦しんでいるかは側で見ていた我々がよく知っています」

ナイトB「私達はあなたを心からお慕い申しております。これ以上あなたの苦しむ姿を見ていられません」

セレス「……絶望を受け入れる、とは具体的にどうすれば?」

ナイトA「絶望を体に慣らしていく……といいましょうか。すみません、私達も抽象的な表現しか持ち合わせておりません」

ナイトB「考え方を変えるのです。絶望を楽しむ、とでも言いましょうか」

セレス「絶望を……楽しむ?」



558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:23:53.99 ID:4Q04a5Q5P

ナイトA「そうですね…………あまりにも悪いことが重なると、なぜか笑いがこみ上げてくる、そんな事はありませんか?
      あれは現実逃避的な意味が大きいですが、それでも絶望の中から何とか楽しみを抽出しようとしているのです」

ナイトB「それを更に洗練した結果……どんな絶望でも楽しめてしまう究極の心を手にすることが出来ます。
      まずは……苗木誠に関する絶望から逃げずに、より多くのものを取り込んでみましょうか」

セレス「より多くの……絶望……」

ナイトA「えぇ、きっかけには大きな絶望がもっとも手っ取り早いです。
      そういえば、苗木誠は舞園さやかとスキャンダルがありましたね。その様子をより鮮明に想像してみるというのはいかがでしょう」

ナイトB「他にも彼には霧切響子という女性の影も見えます。セレス様、苦しいかもしれませんが、それは乗り越えなければいけない苦しみなのです」

セレス「……あなた方は、わたくしの事を思って助言してくださるのですね」

ナイトA、B「「もちろんです」」

セレス「分かりましたわ、処分は取り消しましょう。二人共、もう下がっていいです」

ナイトA、B「「畏まりました」」


スタスタ……


ナイトA「……すみません、一つ言い忘れていましたセレス様」

セレス「なんですか?」

ナイトA「あなたは希望ヶ峰学園出身……絶望に精通するあの方も興味を抱いております。もしかすれば、近い内にお見えになる可能性もあります」



564:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:31:22.38 ID:4Q04a5Q5P

 

【セレスの部屋】


セレス「…………」

セレス(より多くの絶望の先に……どんな絶望も楽しめる心が……)


苗木『ただいま、舞園さん』

舞園『おかえりなさい、誠君。それと名前!』

苗木『え、あ……ごめん、さやか』

舞園『もう、私もすぐに“苗木”になるんですから、しっかりしてくださいよ?』ニコ

苗木『う、うん……気をつけてはいるんだけど……』

舞園『ふふ、そんなあなたにはオシオキです!』


チュッ


苗木『……むしろご褒美なんだけど』

舞園『えへへ……正直に言いますと私がしたかっただけです///』



570:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:37:11.75 ID:4Q04a5Q5P

 

ズキン!!!


セレス「あっ……」フラッ


バタッ


セレス「…………ふふ、ふふふふふふふふふふふふっ!!」

セレス(ろくに食事もとっていなかったから……体に力が入りませんわ)


霧切『そういえば、セレスさんという人がいたわね。あなた、学生時代は彼女の事を気にかけていたわね?』

苗木『えっ、そうだっけ?』

霧切『えぇ、なんだか思い出したら少し……』


ギュッ


霧切『あっ……///』

苗木『大丈夫、今のボクはキミしか見えてないから』



571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:38:20.72 ID:s6Ne0SG60

やめてえええええええええええ



579:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:44:07.18 ID:4Q04a5Q5P

 

ズキン!!!


セレス「ふっ……ふふふ……そう……ですわよね……」

セレス「わたくしが彼の一番になるなど……ありえないのです……ふふふふふふふっ!!!」


苗木『戦刃さん!!』

戦刃『苗木君!?』


ギュッ


苗木『会いたかった。ずっと探したんだ……!!』

戦刃『どうして……苗木君……!!』

苗木『言ったでしょ、強くなるって。そして気付いたんだ、こんなにもキミと並びたい理由。それは、きっと』


チュッ


戦刃『苗木……君…………っ!!』ポロポロ



581:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:49:53.69 ID:4Q04a5Q5P

 

ズキン!!!


セレス「……まだ……ですわ……!!!」ポロポロ

セレス(こんなものでは足りない……もっと……もっとです……!!!)

セレス(では、どうしましょう……妄想なんかではダメ……となると、実際に、この目で……)

セレス(いえ……まだ、ありますわ。わたくしはもしかしたら、彼が幸せならば、と思ってしまうかもしれない。
     そんなのではダメ……です……。もっと……もっと大きな絶望が…………)


セレス「そう、ですわ…………簡単な事ではありませんか…………」


セレス「わたくしの……希望の象徴は…………苗木君」


セレス「それ……ならば…………」



ヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴヴ!!!!!!



585:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 23:56:23.22 ID:4Q04a5Q5P

 

セレス「…………」

セレス(着信……何とか這っていけば……ふふふ、無様ですわね)ズルズル


セレス「はぁ……はぁ……!!!」ピッ


霧切『もしもし、セレスさん?』

セレス「……その声は、霧切さんですか」

霧切『えぇ、久しぶり。急で悪いのだけど、今度食事でもどうかしら。舞園さんも一緒に』

セレス「お食事……」

霧切『積もる話もあるでしょう。特にセレスさんとはあまり話す機会もなかったものだから』

セレス「…………ふふ」

霧切『セレスさん?』

セレス『いいですわね。わたくしも霧切さんと舞園さんとお話したいと思っていたところですわ』

霧切『そう、良かったわ。それじゃあ日時は――――』



590:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 00:02:55.02 ID:h7oK5Qg+P

 

【数日後 中華レストラン】


舞園「セ、セレスさん、どうしたんですか?」

セレス「なにか?」

霧切「何かって……とても痩せたわよ。大丈夫?」

セレス「あぁ……問題ありませんわ。それより入りましょう?」

霧切「……えぇ」


バタン


セレス「ふふ、久しぶりに餃子でも食べてみましょうかね」

舞園「え、食べてなかったんですか?」

セレス「えぇ、なぜか気分が乗らなくて」

霧切「…………」


店員「お待たせしました」コト



594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 00:13:16.95 ID:h7oK5Qg+P

 

セレス「ふふ……やはり美味しいですわ」ニコニコ

舞園「もっと食べてくださいよ? 本当に心配になりますから」

セレス「あら、そうやって食べ過ぎるのが怖いのですわ。アイドルなら知っているでしょう?」

舞園「んー、私はそこまで食べ過ぎてしまうという事がないので……むしろステージで動くんで、意識して食べているくらいですよ」

霧切「アイドルと言えば……ああいうのは良くないんじゃないかしら」

舞園「ああいうの?」


霧切「苗木君との事よ」


バチバチッ!!


舞園「……別に、ウソは言っていませんけど」

霧切「本当の事も言っていないじゃない。苗木君との事は全くのデマなんだから、きちんと否定するべきよ」

舞園「そういう霧切さんだってどうなんですか? やたら事実を曲解した事を話しているみたいですけど」

霧切「事実は事実よ」

舞園「いいえ、あなたの方こそきちんと正しく解釈されるように話すべきではないですか」



602:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 00:25:53.97 ID:h7oK5Qg+P

霧切「大体、苗木君が嫌がっているのよ。あなたの勝手な都合に彼を振り回すのはやめて」

舞園「そういうあなたの方こそ苗木君を振り回していますよ。いつも近くに居ることをいいことに」

霧切「羨ましいかしら?」ドヤァァァ

舞園「羨ましいですよ!!!!!」

霧切「……そ、そこまで正面から言われるとは…………セレスさん?」

セレス「はい?」

霧切「いえ、あなたも何ていうか……苗木君の事に関して何か言いたい事とかはないの?」

セレス「言いたいこと……ですか。それより霧切さん達の話を聞きたいという方が強いかもしれませんわね」

舞園「えっと……セレスさんって苗木君の事好きですよね?」

セレス「はい、大好きですわ」ニコ

霧切「……随分と素直になったわね」

セレス「ふふ、いつまでも子供のままではいられませんもの」

舞園「えっ……でもそれなら苗木君関係のスキャンダルは気になるんじゃ……」

セレス「えぇ、もちろん気になりますわ。それでは舞園さん、あなたは苗木君とどこまで進んでいるのですか?」

舞園「ど、どこまでって……///」



604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 00:32:52.02 ID:h7oK5Qg+P

セレス「とりあえずハグくらいはしたのですか?」

舞園「っ……あ、その、後ろからなら……」

霧切「ちょっと何よそれ聞いていないのだけど」

舞園「当たり前ですよ、言ってませんから」

霧切「……どうせ彼の意思とは関係なく不意を狙ったのでしょう」

舞園「そ、そうですけど……」

セレス「それでもハグはハグでしょう。いいですわね。デートは頻繁にするのですか?」ニコニコ

霧切「…………」

舞園「そんなでもないですよ、私も仕事の方があるので……でも、暇を見つけて何とか二人きりになれるようにしています。
    でも、あの様子を見てると、苗木君って全然デートっていう自覚がないみたいなんですよねー」

霧切「それはそうでしょう。彼にとってあなたは単なる元クラスメイトにすぎないのだから」

舞園「なっ……そ、それは霧切さんもそうでしょう!!」

霧切「私は現在も職場の同僚よ」ドヤァァァ

舞園「くっ……!!!」

セレス「……それで、ハグ以上はいっていないのですか?」

舞園「ハ、ハグ以上って……!!///」



607:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 00:42:24.86 ID:h7oK5Qg+P

セレス「えぇ、キスとか」

舞園「む、無理です!! 流石にそこまでは無理ですって!!」

霧切「ふん、そこがあなたの限界よ」

舞園「そ、それなら霧切さんはキスまでいったって言うんですか!?」

霧切「成功はしなかったわ。でも、かなりおしい所まではいったわね。後数センチだったわ」

舞園「す、数センチ…………どうせ襲いかかったのでしょう!! 痴女ですよそれ!!」

霧切「人聞きの悪い事を言わないで。お酒の勢いで押し通そうとしただけよ」

舞園「いや全然言い訳にもなってないんですけど…………でも、お酒ですか。その手がありました」フムフム

セレス「しかし、キスまでもいっていないのですか。少々残念ですわ」ハァ

霧切「……残念?」

セレス「えぇ、あなた方の話を聞いていればもっと感じる事ができると思ったのですが」

舞園「か、感じるって……もしかしていやらしい意味じゃないですよね!? セレスさん、お酒入ってます!?」

霧切「…………」

セレス「ふふ、そんな事はありませんわ。では、もう少しお話を聞かせていただけます?
     苗木君があなた方にどのような笑顔を向けたのか、わたくしの知らない苗木君をどのくらい知っているのか。できるだけ詳しく」ニコ

舞園「え……は、はい……いいですけど……」



610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 00:49:38.57 ID:h7oK5Qg+P

 

………
……



セレス「ふふふ、とても良い話をたくさん聞かせていただきましたわ」ニコニコ

舞園「で、でも、大体が私や霧切さんがどう苗木君とイチャイチャしたかって話ですよ?」

セレス「それが何か?」キョトン

舞園「いや……その、苗木君の事が好きなら聞いていてあまり気持ちのいいものではないと思うのですが……」

セレス「……わたくしには必要なのです」

舞園「必要って……そういう話がですか?」

セレス「えぇ。まぁ、あなたには理解できない事でしょう。わたくし自身もまだまだ分かっていない事ですので」ニコ

舞園「??」

霧切「…………」

セレス「それではお二方、御機嫌よう。よい夜をありがとうございました」ペコ


スタスタ……



616:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 01:03:41.39 ID:h7oK5Qg+P

 

舞園「……な、何ていうか、セレスさんって変わりましたよね。でもあれって大人になったっていうのとは何か違うような……」

霧切「そうね、手を打つ必要があるわ」ピッ

舞園「え……手を打つ? 誰にかけているんですか?」

霧切「苗木君」

舞園「…………」ムスッ

霧切「安心して、真面目な話よ」


プルルルルルルルル、ガチャ


苗木『もしもし、霧切さん? 今日は舞園さんとセレスさんと食事をするって言ってなかった?』

霧切「えぇ、そうだけど……」チラ

舞園「…………」ジー

霧切「……はぁ。分かったわよ、少しなら代わってあげる」スッ

苗木『え? どうしたの霧切さん?』

舞園「こんばんは苗木君!」



626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 01:10:30.59 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木『あ、舞園さん? こんばんは、料理は美味しかった?』

舞園「はい、とっても! 苗木君も今度行きましょうよ、二人きりで!」

苗木『はは、どうせならみんな呼んで賑やかにいこうよ』

舞園「……あーあー、いつもの苗木君ですね、ホント」

苗木『えっ?』

舞園「こんなの普通に考えたらデートの誘いでしょう!! もう、空気読んでくださいよ!!」

苗木『あ……え、えっと……ごめん』

舞園「もう、苗木君だって私の気持ちは知っているでしょう。今まで何回告白した事か」

苗木『あのさ……だから、舞園さんには他にも』

舞園「それも聞き飽きましたー!! 一向にそんな人出てきませんし、それなら苗木君に行くしかないじゃないですか!!」

苗木『……そうなのかな』

舞園「そうなんです!! 霧切さんだって同じようなものですよ!!」

苗木『でも……ボクは』

舞園「……ですよね。はぁ、やっぱり強いですねあの人は」

霧切「舞園さん、そろそろいいかしら?」



628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 01:15:06.35 ID:h7oK5Qg+P

舞園「あ、はい。それじゃ、苗木君。これからも覚悟しておいてくださいね!」

苗木『お、お手柔からに……ていうかテレビ関係は勘弁してほしいんだけど……』

舞園「却下です! では霧切さんに代わります!」


霧切「もしもし、これから真面目な話だけどいいかしら?」

苗木『真面目な話? もしかして何かあったの?』

霧切「えぇ、実は――――」


………
……



苗木『…………そっか』

霧切「どう思う? 私にはやっぱり」

苗木『うん、ボクもたぶん……当たりだと思う』

霧切「そう……よね」

苗木『……霧切さん、一つ頼みがあるんだ』

霧切「頼み?」



635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 01:25:29.69 ID:h7oK5Qg+P

 

苗木『この件なんだけど、ボク一人に任せてほしいんだ』


霧切「……何となくそう言うとは思ったわ」

苗木『え、ホントに? なんで?』

霧切「エスパーだから」

舞園「あ、ちょっと! 何の話しているのか知らないですけど、私の言葉とらないでくださいよ!!」

苗木『……そっか。霧切さんには何でも分かっちゃうんだね』

霧切「当たり前でしょう。あなたの事だったら何でも知りたいわ」

舞園「……ねぇ、本当に真面目な話しているんでしょうね?」ジト

苗木『霧切さんには敵わないや……それで、その、頼みの方は……」

霧切「いいわよ、あなたの好きなようにしなさい。どうせ本部にも報告しないつもりなんでしょ?」

苗木『……うん』

霧切「相変わらず真面目な顔して結構問題行動取るものね。それを許してしまう私もどうかと思うけど」

苗木『いつもありがとう霧切さん。キミには本当に助けられてばかりだよ』

霧切「お礼なんていらないわ。私って結構尽くす女だったっていうだけよ」



638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 01:36:19.34 ID:h7oK5Qg+P

苗木『……でも、ボクは』

霧切「分かってる。でも諦められないのだから仕方ないじゃない。舞園さんも言っていたでしょう?」

苗木『うん……そっか……』

霧切「あなたは何も悪く思う必要はない。というかそう思うのはやめて」

苗木『分かった。ありがとう霧切さん』

霧切「どういたしまして。じゃあね苗木君。愛してるわ」

苗木『だからそれやめ』


プツッ


舞園「ちょっと!! 何なんですか最後の!!」

霧切「苗木君との電話では最後に言うようにしているのだけど……知らなかった?」

舞園「知るわけないじゃないですか!! それなら今度から私も実践します!!」

霧切「ふふ、どうぞご自由に。…………でも」

舞園「……? どうしました、こんな明るい場所では星なんか見えませんよ?」


霧切「…………私達って、損な役回りね」ハァ



651:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 02:10:26.12 ID:h7oK5Qg+P

 

【数日後 セレスの城】


セレス「…………」

ナイトA「どうしました、セレス様? その羊皮紙は?」

セレス「ナイトへの応募ですわ」

ナイトB「しかし、ナイトの募集はもう打ち切ったのでは?」

セレス「……少し、黙っていてくださる?」


セレス(苗木君……ですか。今更過ぎますわよ)


セレス「今日はもう部屋で休みますわ。あなた達は自由にしてください」

ナイト「「畏まりました」」


スタスタ……


セレス(わたくしは……何を考えて……)



653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 02:16:58.36 ID:h7oK5Qg+P

 

【セレスの部屋】


セレス「…………」

セレス(絶望を受け入れると決めたばかりですのに……本当にこの人はわたくしをどうしたいのでしょうか)

セレス(どうせこうやってわたくしに中途半端に近付いて、また遠くへ行ってしまうのでしょう)


セレス「……ふふ、それなら、わたくしにも考えがありますわ」


セレス(これは良い機会です。どんな絶望も楽しめるようになるには、巨大な絶望が必要。そして巨大な絶望には何が必要か)

セレス(答えは簡単、同じくらい大きな希望ですわ。そしてわたくしにとって、それは苗木君です)


セレス(ならば、その大きな希望を消した時…………わたくしにはこれまでで一番の絶望が訪れる事になりますわ……!!)


ギラッ!!


セレス(ナイフ……でいいですわよね。拳銃はダメです、命を刈り取る感覚がこの手に残らなければ)


セレス「ふふふふふふふふ、楽しみですわ苗木君」



749:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:10:28.62 ID:h7oK5Qg+P

【数日後 セレスの部屋】


コンコン


セレス「はい」

「苗木誠を連れてまいりました」

セレス「ご苦労様ですわ。あなたは部屋に戻っていてください」

「畏まりました」


スタスタ……


セレス「苗木君、どうぞ」


セレス(……ついに、この時が)

セレス(わたくしにとっての最大の希望……それをこのナイフで奪った時)ギュッ


セレス(わたくしには……これまでで一番の絶望がやってくる!!! その先には、きっと……!!!)



752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:16:11.41 ID:h7oK5Qg+P

 

ガチャ


苗木「久しぶり、セレスさん」ニコ


セレス「…………」ポカン

苗木「……えっと、セレスさん? どうしたの?」

セレス「あ、い、いえ……」

セレス(何を……していますの? すぐにこのナイフで……)

苗木「セレスさん、大丈夫?」

セレス「っ!!」

セレス(気付かれた!? そ、そういえば苗木君は高い洞察力を……)

苗木「すごく痩せたよね? ちゃんと食べてる?」

セレス「……え?」

苗木「あ、ごめん、なんだか親か何かみたいな事言っちゃって。でも、心配で……」

セレス「…………」



758:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:25:16.10 ID:h7oK5Qg+P

苗木「あ、そうだ、城見たよ! こうして実際に見ると、本当に凄いよ! 絵本の中に入り込んだ感じだ」ニコ

セレス「…………」

苗木「やっぱり尊敬するよセレスさんは。ずっと夢を追い続けて、こうして叶えてしまうんだから」

セレス「…………」

苗木「……だからさ、ボクも頑張ったんだ。何とかセレスさんに近付けるように……」


セレス「ごめん……なさい……苗木君……」ポロポロ


苗木「え……セレスさん?」

セレス「わたくしは……あなたが思っているような人間なんかじゃありません。もっと醜く……今だって……!!」ポロポロ

苗木「そんな事ないよ!! セレスさんは――」


セレス「もう、遅いのです。あなたの中に居るセレスティア・ルーデンベルクなど、どこにも居ないのです」スッ


苗木「セレスさん? そのナイフ……」

セレス「さようなら、苗木君」ニコ


苗木「セレスさんっ!!!!!」ダダッ!!



762:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:33:15.88 ID:h7oK5Qg+P

 

ドンッ!!! カランカラン……


セレス「……苗木君のくせに、良い動きですわね」

苗木「それなりに鍛えてるからね。役に立って良かったよ」

セレス「どうして、邪魔するのですか」

苗木「セレスさんが目の前で自殺しようとしていて止めないわけないじゃないか」

セレス「離してください」

苗木「いやだ」ギュッ

セレス「苗木君、あなたなら分かっているでしょう……!!」ポロポロ

苗木「…………」

セレス「あのナイフは本来は自殺の為のものではない……あなたを殺すためのものだったんですよ……!!」

苗木「……うん、まぁ、何となくは分かったよ」

セレス「それではなぜ!! もうわたくしは……」

苗木「セレスさんはセレスさんだよ。何も変わっていない」



764:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:41:28.69 ID:h7oK5Qg+P

セレス「……ふふ、それではあなたは元々わたくしがクラスメイトを殺すような人間だと思っていたのですか?」

苗木「もちろん違うよ。でもさ、誰だって間違いは犯す。セレスさんはそこから立ち直れる人だ」

セレス「間違いで……済ませられる様な事では……!!」

苗木「済ませられるよ。だって実際に殺されそうになったのはボクだ」


苗木「ボクが許すよ」ニコ


セレス「…………」

苗木「でも、自殺なんていうのは許せない。だから、やめてね?」

セレス「…………ぅぅ」ギュッ


セレス「苗木……君…………っ!!! ううううううううっ……ああああああああああああっ!!!!!」ポロポロ



767:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:50:22.37 ID:h7oK5Qg+P

 

………
……



苗木「……なるほど。それじゃあそのナイト二人が絶望か」

セレス「まさか、わたくしのナイトの中にそんな者が居るなんて……」

苗木「もしかしたら初めから江ノ島さんが狙っていたのかもしれない。ごめん、セレスさん。注意不足だった」

セレス「いえ、苗木君が謝るような事ではありませんわ」ギュッ

苗木「……あの、セレスさん? そろそろ」

セレス「嫌ですわ。今あなたはわたくしのナイト。主人の命令は絶対です」ギュッ

苗木「あ……う、うん……でも、なんていうか落ち着かなくて……」

セレス「それはわたくしも同じです……とても……ドキドキしています……///」

苗木「っ……それにほら、ナイトの勲章授与式とかあるんじゃなかった?」

セレス「それはここで済ませましょう。苗木君、顔をこちらに」スッ

苗木「……な、何をするの?」

セレス「ふふふっ」ペロッ



771:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 12:58:44.40 ID:h7oK5Qg+P

 

セレス「んっ」チュッ


苗木「ッ!!!!!」ゾクッ

セレス「んんっ……!!」チュゥゥッ

苗木「つっ!!」ズキッ


セレス「……ふぅ。終わりましたわ」ニコ


苗木「な……な……!!!///」カァァァァ

セレス「おや、案外ハッキリと残るものですわね」

苗木「ちょ、ちょっと待ってよ!! 今、首に……もしかして……!!!」


セレス「ふふ、綺麗についていますわよ、キスマークが」ニコ


苗木「いっ!? そ、そんな事全員にやってるの!?」

セレス「もちろん違います。今この瞬間限定で勲章を変えただけですわ」

苗木「無理矢理すぎる……」



775:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 13:21:13.83 ID:h7oK5Qg+P

 
セレス「いいではないですか。よく似合っていますわよ」ニコ

苗木「か、鏡……うわっ、結構目立つなぁ……」

セレス「何か問題が?」

苗木「いや、問題って……流石に恥ずかしいし……」

セレス「大丈夫ですわ、ナイトは襟立てシャツを着用するので、その部分は隠れます」

苗木「……なるほど、計算済みってわけか」

セレス「うふふ、それでは早速こちらに着替えてくださいな」スッ

苗木「あのさ、セレスさん。今回ボクがキミのナイトに応募したのは……」

セレス「分かっています。絶望を駆り出す為でしょう」

苗木「…………うん。絶望っていうのは中々立証しにくいんだ。だから、内部から探りを入れる必要があったんだ」

セレス「しかし、それならば身分は偽ったほうが良かったのでは? 未来機関の苗木誠は少々知られすぎていると思いますが」

苗木「まずセレスさんの安全を確保したかったんだ。アイツらも未来機関が近くに居る中でセレスさんに手を出すとは考えにくいから……」

セレス「……わたくしの為に?」

苗木「うん。何より優先しなければいけないのはセレスさんだし」

セレス「嬉しいですわっ!!」ギュッ



780:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 13:36:34.17 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「わっ!! セ、セレスさん、なんだか積極的になったっていうか……」

セレス「苗木君にだけですわ。本音を言えば、ずっとこうしていたかったのです」スリスリ

苗木「あ……え、えっと……ボクもう着替えるから……」

セレス「わたくしが着させてあげます」

苗木「自分で着るよ!!」


【大広間】


ナイトC「よぉ、新入り。これからセレス様のティータイムだけどよ、あんまり凹むんじゃねえぞ?」ニヤニヤ

苗木「え、何かあるの?」

ナイトD「実はセレス様は一度も俺達の紅茶に満足していない。カップ全部割っちまって、結局ご自分で淹れちまうんだ」

苗木「うわぁ……セレスさ……セレス様らしいね……」

ナイトE「まっ、確かに最初は目の前であんな事されるのは結構キツかったけどよ、慣れるとむしろ良くなってくるからあんま気にすんなよ!」

ナイトF「あ、分かる分かる!! あの蔑む目がいいんだよな!!」

苗木(顔はイケメンなのに……中身が山田クンに近いな……)



783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 13:47:54.24 ID:h7oK5Qg+P

 

ナイトA「どうぞ、セレス様」スッ

セレス「…………」コクッ


パリーン!!!


苗木「うっわ……」

ナイトG「このくらいでいちいちビビってたらやってらんねえぞ」ヒソヒソ


セレス「あ……」チラ

セレス(な、苗木君が……引いてる……? い、いや……ですわ……)オロオロ

ナイトB「セレス様、次の紅茶です」スッ

セレス(流石にカップを割るのは……や、やり過ぎですわよね……)コクッ


コト……


セレス「お、美味しくありませんわ。やり直しです」

ナイトB「え? あ、はい……」



788:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 13:58:44.31 ID:h7oK5Qg+P

 

ザワザワ……


苗木「あれ、今度はカップを割らなかった。最初の人より美味しかったって事なのかな?」


「おいどういう事だ……?」
「知らねえよ。ナイトBの奴、すげえの淹れたのか?」


苗木「あれ……どうしたの?」

ナイトG「初めてなんだ……セレス様がカップを割らなかったのは」

苗木(じゃあいつもは割りまくってるのか……もったいないなぁ……)


セレス「次」

ナイトC「は、はい……」スッ


コト……


セレス「美味しくありませんわ。作り直し」



791:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 14:04:50.07 ID:h7oK5Qg+P

 

………
……



ザワザワ


「どうなってんだ? 一つもカップ割らないぞ?」
「おそらく心境の変化……それかカップ代がかさんできた……とか?」
「バカ言え、セレス様の総資産がどれだけあると……」


ナイトG「逆に割られたナイトAは何なんだよ」

ナイトA「……くくくっ、これはいい絶望だ」ニヤニヤ

苗木(ちょっとは隠せよナイトA)


セレス「次」

苗木「あ、は、はい!」

苗木(うぅ……普段紅茶なんか淹れないから、自信ないんだよなぁ……カップ割られたらショックだ……)ビクビク


セレス「…………」コクッ



797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 14:13:20.70 ID:h7oK5Qg+P

 

セレス「美味しいですわ!」ニコ


苗木「……え?」

ナイト「「!!!!!!!!!!!!」」


セレス「これこそわたくしが求めていた究極のロイヤルミルクティー……素晴らしいです」


ザワザワ


ナイトG「(お、おい、後でどうやって淹れたか教えてくれねえか?)」ヒソヒソ

苗木「え、う、うん……いいけど別に変わった事は……」


セレス「いけませんわ」ジッ


ナイトG「は、はい、すみません!!!」ビクッ

苗木(相変わらず凄い目するなぁ、セレスさん……)


セレス「彼の紅茶はわたくし専用です。くれぐれも他の方々は口にしないように」



798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 14:19:44.40 ID:h7oK5Qg+P

 

苗木「あ、あのさ、セレスさ……セレス様。その、ボクも飲んでみていいですか?」

セレス「えっ!?」

苗木(正直上手く淹れられた気はしなかったんだけど……)

セレス「……構いません」

苗木「ありがとうございます」コクッ


苗木「…………??」


苗木(これって……美味しいのかな? いや、別にボクは紅茶の味が分かるわけではないけど……)

セレス「…………」ジー

苗木「ん、どうかしましたか?」キョトン


セレス「……間接キスですわね///」ニコ


苗木「ぶっ!!!」バシャ

ナイト「「!!!!!!!?????????」」



802:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 14:31:35.27 ID:h7oK5Qg+P

苗木「な、なにを……!!」

セレス「ふふふ、そこまで動揺する事もないでしょうに。あ、それでは間接とは言わず、直接してさしあげましょうか?」ニコ

ナイト「「!!!!!!!!!!???????????」」

苗木「ちょく……い、いや、どうしてそうなるの……!?」

セレス「あなたは素晴らしい紅茶を淹れてくださいました。そのお礼ですわ」

苗木「あ、えっと…………すみません、セレス様。そのご提案は嬉しいのですが、ボクからお願いをしてもよろしいでしょうか」

セレス「どうぞ、ご遠慮なく」

苗木「その、セレス様のカ、カードのお相手になりたくて……」

セレス「…………」

苗木「……ダ、ダメ、かな?」

セレス「はぁ……わたくしとのキスよりカードを取りますか。いいでしょう、あなたの頼みとあればいくらでも聞きましょう」

苗木「ありがとう!! …………じゃなくて、ありがとうございます!!」

セレス(まぁ……確かにキスはもっと雰囲気が良い時にした方がいいですわね……)


「おい何だよあれ!?」
「知らねえよ!! あんなセレス様見たことねえ!!」
「くっ……羨ましすぎる……!!!」



811:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 14:58:16.11 ID:h7oK5Qg+P

 

【夜 ナイト専用広間】


「それでセレス様とはどんな関係なんだよ!!」
「明らかにただのナイトじゃないだろ!? おら吐け!!」
「いや待てよお前ら、もしセレス様がこの人とくっついたら、この人もご主人様なんじゃね……?」


苗木「ちょ、ちょっと待ってって! だから何度も言ってるけど、セレス様とは高校が一緒だったってだけで、何もないんだってば!」

ナイトA「……ふん、そもそもお前はセレス様を苦しめていたのだしな」


「「えっ?」」


苗木「…………」

ナイトB「最近セレス様の様子が変わっていたのは、全てこの苗木誠のせいだ」

苗木「……それは否定しないよ。だからボクはセレスさんを救いたかったんだ!」

ナイトA「何を虫の良いことを……」


ナイトC「いや、でも実際に苗木が来てからセレス様には笑顔が戻った。あんな表情、初めて見たぞ」

ナイトD「あぁ……やっぱり苗木はセレス様にとって大切な存在……という事なんだろうな」



812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:02:01.45 ID:P1ONpdze0

ナイト言い奴大杉www



820:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:10:32.29 ID:h7oK5Qg+P

ナイトA「なっ……お前ら……!!」


「悔しいけどよ、セレス様があんなに笑顔になれるなら、苗木には感謝してえよ」
「その代わり、今度悲しませたらぶっ飛ばすからな!!」
「あ、俺今の内に苗木に媚び売っておこうかな。たぶんその内ご主人様になりそうだし」


苗木「みんな……」


『苗木君、今すぐわたくしの浴場まで来てください』


プツッ


「「…………」」


苗木「え……い、今なんて…………」


「「浴場ォォおおおおおおおおおお!?」」



822:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:15:59.60 ID:h7oK5Qg+P

 

【浴場】


苗木(一体どういうつもりなんだセレスさん……)

苗木「セレスさん? 苗木だけど」コンコン

セレス「入ってきてください」

苗木「そんな事できるわけないじゃないか!!」

セレス「大丈夫です、タオルは巻いていますわ。それにナイトのくせに主人に歯向かう気ですか?」

苗木「……うっ」


ガラガラ


セレス「苗木君……」

苗木「…………」ゴクッ

セレス「……そ、そんなに見ないでください。恥ずかしいですわ///」

苗木「それなら呼ばないでよ!!」



830:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:24:40.77 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「……そ、それで何の用?」

セレス「背中を流してください」シュル

苗木「わっ!! セレスさんタオルタオル!!!」

セレス「タオルを巻いていては流せないでしょう?」

苗木「そ、そもそも何で……それもナイトの仕事なの……!?」

セレス「いえ、苗木君の仕事です」

苗木「…………こ、断っていい?」

セレス「ダメです」ジッ

苗木「こっち向いたら見えるってば!! 分かった、分かったから!!」


ゴシゴシ……


セレス「んっ……ぁぁっ……」ビクッ

苗木「ねぇ、セレスさん、わざとだよね? わざとやってるよねそれ?」

セレス「……冷静ですね苗木君」

苗木「そんな事ないよ。本当にキツイから……」ゴシゴシ



835:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:41:02.78 ID:h7oK5Qg+P

 

ゴシゴシ……


苗木「こ、これでいいよね? ボクはもう行」

セレス「……まだ前が///」

苗木「やらないよ。ていうかそんな真っ赤になるなら言わなきゃいいのに……」

セレス「そ、そうもいきませんっ!!」バッ

苗木「いっ!?」


ギュッ


苗木「!!!!!!!」

セレス「/////」カァァァ

セレス(恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい恥ずかしい!!!!!///)

苗木「待っ……セ、セレスさん……本気でマズイって……!!!」ゴクッ

セレス「その……な、苗木君なら……いいですから……///」

苗木「……!!!」



838:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:46:15.42 ID:h7oK5Qg+P

 

苗木「それは違うよ!!!!!!!」ダダッ!!


ダダダダダダダダ……………バタン!!!!


セレス「……あ」ポツン


………
……



プルルルルルルルル、ガチャ


セレス「おいコラ豚ァァ!!! 全然ダメじゃねえかどうなってんだ!!!!!」

山田『なっ、ほ、本気でやったのですか!?』

セレス「当たり前だろうが!!!!! 逃げ出しちまったぞ!!!!!」

山田『いやそれは苗木誠殿がヘタレ…………』

セレス「おい今苗木君の悪口言ったか?」

山田『ひぃぃぃいいいいい!!! 言ってません言ってません!!!!!』



842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 15:58:45.70 ID:h7oK5Qg+P

 

【大広間】


セレス「…………」ムスッ

苗木「え、えっと、セレスさん。紅茶淹れたよ……?」

セレス「ありがとうございます」コクッ

苗木「……あのさ、さっきは」

セレス「わたくし、そんなに魅力がないでしょうか?」ウルッ

苗木「えっ!?」

セレス「確かに……わたくしはそんなに自慢できる身体を持っているわけではありません。それは分かっていますが……」

苗木「あ、いや、そういうわけじゃないよ!! でも……あんな流されて……っていうのはダメだと思うんだ」

セレス「…………」

苗木「こういう考えは古いのかもしれないけどさ、そういうのはもっと大切にすべきっていうか……もっと考えて……」

セレス「わたくしはあなただから……!!」

苗木「……それは凄く嬉しい。でも今はやらなければならない事があるはずだよ」

セレス「そう……ですけど……」



843:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:06:11.37 ID:h7oK5Qg+P

 

苗木「誰も居ない……よね」キョロキョロ

セレス「……?」

苗木「セレスさん、ボクは今江ノ島さんをおびき出そうとしているんだ」

セレス「えっ!?」

苗木「セレスさん程の人物が絶望に落ちかけていると知れば、彼女はきっと何かを仕掛けてくる。そこを狙う。
    今、外には他の未来機関の人達も待機していて、流石の江ノ島さんも逃げ切れはしないはずなんだ」


………
……



コソコソ


ナイトA「(おい……聞いたか!?)」

ナイトB「(あ、あぁ……マズイぞ、江ノ島様は苗木誠一人くらいどうにでもなると言っていたが、他にも居るとすれば……!!)」

ナイトA「(とにかくすぐ連絡だ!!)」


プルルルルルルルル、ガチャ



845:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:12:46.95 ID:h7oK5Qg+P

 

江ノ島『やっほー、どした? 今ちょい忙しいんだけど』ザザッ

ナイトA「えっ……ま、まさか未来機関に追われているんですか!?」

江ノ島『違う違う、ちょっと身内のいざこざ。そんで、何の用? セレスに何かあった?』

ナイトA「あ、いえ、罠です江ノ島様!! 苗木誠は」


バキッ!!!


ナイトB「がっ!!!」バタッ

ナイトA「ッ!?」


苗木「こんばんは。誰と電話?」ニコ


ナイトA「なっ……ぁ……!!!」

ナイトB「」ガクッ

苗木「流石にこれは言い逃れできないよね? 記録もちゃんと撮ったからさ」

ナイトA「くっ、そ…………!!!」ガチャ



847:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:21:48.58 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「こんな近い距離で拳銃は有効じゃないよ」ヒュッ


ドガッ!!! バタッ……


ナイトA「」ガクッ

江ノ島『……あー、こんなの聞いた事あるわ。だから電話中も気を抜くなって言ってんのに』

苗木「もしもし? 久しぶりだね江ノ島さん」

江ノ島『お、苗木? って事はそいつらやれちゃったか。あはは、やるじゃん流石超高校級の希望!
     大方、わざとそいつらがあたしに電話するように仕向けて、絶望の一味だっていう証拠を出そうとしたって感じ?』

苗木「全部分かっちゃうか。まぁボクがセレスさんを囮に使うなんて事するわけないしね。キミの方は……相変わらずみたいだね」

江ノ島『あったりまえじゃん! あたしって絶望的に諦め悪いからさ!』

苗木「諦めが悪いのはボクも同じだよ。いつか必ずキミを捕まえてみせる」

江ノ島『うぷぷ、まぁせいぜい頑張れば。そんじゃ、こっち立て込んでるからまたねー!』


プツッ


セレス「……苗木君?」



849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:31:56.53 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「……セレスさんが聞いた通りだよ。他の未来機関が外に居るっていうのはウソ。あくまでこれはボクの単独行動」

セレス「…………」

苗木「ごめん、キミを騙す事になっちゃったね。でも、こいつらが絶望の一味だという証拠を手に入れる為には必要だったんだ。
    ……っていくら言い訳しても仕事の為にキミを騙したのは変わらないよね。じゃあボクはこれで…………」


ギュッ


苗木「……え?」

セレス「格好良かったですわ、苗木君///」

苗木「あ……ありがとう。いや、でもボクはキミを騙して」

セレス「そんなの気にしていません。苗木君がわたくしを救ってくださったのは変わらないですから」ニコ

苗木「セレスさん……」

セレス「……苗木君、あの、やらなければいけない事は片付きましたわよね?」

苗木「えっ……あ、う、うん……」


セレス「わたくしの部屋まで……来ていただけますか?」ニコ





855:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:39:22.69 ID:h7oK5Qg+P

 

【セレスの部屋】


苗木「……あのさ、セレスさん。今回ボクがキミのナイトになったのは」

セレス「分かっています。絶望の一味を捕まえる為でしょう?」

苗木「ううん、ボクはセレスさんを助けたくて来たんだ」

セレス「……そう、ですか」

苗木「ごめん。ちゃんとキミと連絡をとっていたらすぐ気付けたはずだった。その言い訳を聞いてほしいんだ」

セレス「いやです」グイッ

苗木「えっ……?」グラッ


バフッ


セレス「……どうでしょう、最高級ベッドの寝心地は」

苗木「そ、そんなの分からないよ!! それよりボクの上から……」

セレス「ふふ、先程はあれ程の動きを見せたのに、こんなにも簡単に押し倒されてしまうのですね?」ニコ

苗木「……知り合いへの警戒心が足りないとは霧切さんからよく言われるよ」



859:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:45:12.81 ID:h7oK5Qg+P

 

チュッ


苗木「んんっ!?」

セレス「ん……ふふ///」ニコ

苗木「な、何を……!!///」

セレス「他の女性の名前を呼びすぎです。わたくしでも嫉妬しますわ」

苗木「…………あのさ、ボク!!」


チュッ


苗木「っ!!!」

セレス(えっと……ここから舌を……!!///)

セレス「んん……」ニュル

苗木「んっ!? んんんんっ!!! んん~~~~~!!!!!!」


ジュル、チュパ……



862:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:47:26.33 ID:GTR+VUrJ0

きたああああああああ



865:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:50:05.62 ID:h7oK5Qg+P

 

セレス「……ぷはっ。ごちそうさま///」


苗木「」チーン

セレス「起きてくださいな」ペチペチ

苗木「……えっ、あ、セ、セレスさん!!」ビクッ

セレス「随分と怯えられてしまいましたわね」

苗木「い、いきなり何するの!? それになんか凄く慣れてる感じだし!!」

セレス「あら、今のが初めてですわよ。そもそも、苗木君以外にこんな事するはずがないでしょう」

苗木「…………ねぇ、セレスさん。ボクは」


セレス「愛しています、苗木君」


苗木「…………」

セレス「おや、どうしました? わたくしの人生初の告白なのですが……」

苗木「あ、あのさ、もしかしてセレスさん、わざとやってる?」

セレス「何がでしょう?」ニコ



868:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:56:07.96 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「いやボクが先に」

セレス「言わせませんわ」スッ


チュッ


苗木「っ……んっ!!」グイッ

セレス「え……きゃっ!!」グラッ


バフッ


苗木「……ボクだって男だし大神さんにも鍛えてもらったんだ。力で負けたりしないよ」

セレス「ふふ……わたくし、苗木君に押し倒されているのですね」ニコ

苗木「セレスさん、聞いてほしい」

セレス「……いいでしょう」


苗木「ボクは…………セレスさんが好きなんだ」





871:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 16:57:50.50 ID:L62qKq/S0

えんだあああああああああああああああああ



874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:00:38.62 ID:RSP1YPZw0

いやあああああああああああああああああああああ



879:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:02:17.82 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「…………///」

セレス「……ふふ、同じですのね」

苗木「お、同じ?」

セレス「えぇ。学生時代、教室に男子が集まって自分の想い人を白状していたでしょう」

苗木「あー、そんな事も…………って聞いてたの!?」

セレス「はい。苗木君の言葉もしっかり」

苗木「う、うわ……そうなんだ……じゃあずっと知ってて……」

セレス「それなのに、あなたはわたくしに構ってくれませんでした!!」

苗木「……あー、それはさ、ボクとセレスさんが釣り合ってないと思ったからなんだ」

セレス「なっ!! そんな事!!」

苗木「ボク自身が許せなかったんだよ。だから胸を張れるような男になって、その時にキミに告白しようと思っていたんだ」

セレス「…………バカ」ギュッ

苗木「セレス……さん?」

セレス「ずっと、寂しかったです……!」ギュゥゥゥ

苗木「……ごめん」ギュッ



885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:10:31.92 ID:h7oK5Qg+P

 
苗木「……あれ、でもさ、セレスさんもボクに全然興味ないような態度…………」

セレス「あ、あれは!! その……恥ずかしくて…………///」

苗木「そ、そっか!! それなら仕方ないよね!!」

セレス「うぅ……あ、あの、それで苗木君。これでわたくしと苗木君は……婚約関係にあるという事でいいですわよね……?」

苗木「うん…………え、婚約!?」

セレス「違うのですか?」ウルッ

苗木「あ、いや、そりゃそうなれれば嬉しいけど……その前に恋人とか…………」

セレス「今更そんなものは必要ありませんわ! わたくしはあなたと今すぐ結婚したいのです!」

苗木「…………わ、分かったよ。結婚しよう」

セレス「はいっ!」ポロポロ

セレス(やっと……やっとわたくしは、この人と……!!)


セレス「そ、それでは……その、これで晴れて夫婦ですので……やらなければいけない事が……ありますわよね?///」カァァ


苗木「え、もしかして指輪? ごめん、まさかいきなり結婚だなんて思ってもみなかったから、用意してな」

セレス「そ、そうではなく……///」



889:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:16:30.21 ID:h7oK5Qg+P

 
セレス「ああもう、焦らしているのですか!? ちょっとお手を借りますわよ!」ガシッ

苗木「???」


ムニュ


苗木「ぶっ!!! な、何してんの!?」バッ

セレス「わ、わたくしの口から言わせないでください……/// それで、えっと、どうでした、わたくしの胸は……」

苗木「え、いや、凄く柔らか…………ってそうじゃなくて!!」

セレス「どうしました苗木君!! あなたはわたくしを押し倒しているのですよ!! それに胸も揉みました!! それならやるべき事は分かるでしょう!!」

苗木「あ……い、いや……えっと……!!!」オロオロ

セレス「お願いします……苗木君……///」ウルウル


苗木「」プツン




「あ、やっ……急に……んんっ!!!///」
「ダメ……ちょっと待って……あんっ……や、ぁぁあああっ!!」
「そこ汚い……んぁぁっ!!/// あんっ!! あああっ!!!」



897:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:22:45.06 ID:h7oK5Qg+P

 

【とある森の中】


江ノ島「あーあー、お姉ちゃんが邪魔するからセレスを絶望に落とせなかったじゃない。本当はもっと早くあの城に行くつもりだったのに」

戦刃「ふふ、だって私は盾子ちゃんの邪魔して絶望させてあげなきゃいけないから」ニコ

江ノ島「はいはい、何回も聞いたってのそれ。つか、たぶんこれで苗木とセレスくっつくよ? それでいいわけ?」

戦刃「……いいよ、別に」

江ノ島「強がりにしか見えないけど。ぶっちゃけ絶望しまくりでイキまくりなんじゃない?」ニヤニヤ

戦刃「そんな事はないよ。苗木君が幸せなら、私は嬉しい。それに」


戦刃「苗木君が誰のことを好きでも、私が苗木君の事を好きなのは変わらないから」ニコ


江ノ島「……どこまでも残念な奴」



900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:27:40.17 ID:h7oK5Qg+P

 

【霧切の部屋】


霧切「ん……」パチッ

舞園「うぅぅううううううう……苗木ぐぅぅぅうううううん……!!!」グビグビ

霧切「…………」ボー

霧切(どうして私の部屋で舞園さんが泣きながらお酒を…………それに頭いた…………)ズキズキ

霧切(えーと……確か苗木君からメールが来て……)パカッ


『セレスさんと結婚することにしました』


霧切「…………」

霧切「ううううううっ……ひっく……ああああああああああああっ!!!」ポロポロ

舞園「びえええええええええええん!!! 霧切ざんお酒もっどおおおおおおお!!!!!」



908:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:37:08.34 ID:h7oK5Qg+P

 

【ある日 セレスの城】


バタバタバタバタ!!!!!


苗木「やばいやばい!! 遅刻する!!」

セレス「あなた、トーストだけでも!!」

苗木「うん、ありがと! ていうかキミも毎朝こんな早起きしなくても、ナイトの人達も居るし……」

セレス「あなたの事は全てわたくしがするのです! ナイトには任せられません!! それに本当はここだって二人だけの愛の巣にするつもりでしたのに……」

苗木「はは、そんな事言っちゃダメだって、頼りになる人達じゃないか。それに、この城だって広いし、流石に二人じゃ手入れが届かないよ」

セレス「むぅ……そうですけど……」

苗木「……って時間ないんだった!! じゃあ行ってくるよセレスさん!!」チュッ

セレス「んっ……あの、誠くん。また“セレス”って言いましたわよ」

苗木「あ、ごめん。つい……」

セレス「もう、しっかりしてください。わたくしには――――」


セレス「苗木多恵子という素晴らしい名前があるのですから」ニコ



910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:38:07.64 ID:h7oK5Qg+P

おわり。くぅ疲



917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:39:53.11 ID:DoYtkrk80


ハッピーエンドで良かった



920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:40:50.96 ID:9kAfrovji

楽しませてもらいました
おつ



925:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:41:47.68 ID:fU2uzyGO0

最後まで楽しませてもらいましたわ
乙ですわ



935:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 17:49:38.94 ID:+hpDLA7A0


面白かった



944:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 18:02:28.78 ID:teRUhGbE0

面白かった乙!



945:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/11(水) 18:03:14.40 ID:9eTNlPYy0

お疲れさんです





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。


元スレに貼られていた画像

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 21:35:34.57 ID:TbxI4Yje0

各々の好きな人に告白すると・・・

もちろんちーたんの相手はモロコシだな?

26_1

そして十神の相手は苗木・・・



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:38:42.62 ID:0FxX9DX+0

あ、あの……盾子ちゃんが言ってたんだけど、わ、私と苗木君ってお似合いみたいなんだ//



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:39:30.36 ID:b+0t/pHZ0

>>66
残念かわいい



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:40:31.75 ID:7zTGlY6Z0

>>66
許した

69_1



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:51:39.82 ID:7zTGlY6Z0

やっべスレタイ的にこっちも燃料でおいときますね

76_1



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:54:05.22 ID:zRh0k2u90

80_1



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 22:58:47.84 ID:qD7IR5Sm0

>>80
ギターのチョイスが渋いw



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:00:14.11 ID:b+0t/pHZ0

84_1



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:01:18.54 ID:cIaI6XZT0

>>84
ジェノサイダーが美人に見える



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:21:37.04 ID:nlVVC/SQ0

>>84
やっぱり正妻は隣にいなきゃな



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:22:52.42 ID:oaFhDQzM0

>>105
お前のせいで、大和田をちーたんに取られて悔しがっている石丸の図に見えてきた



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/09(月) 23:24:48.39 ID:/Ud+z1l6O

>>106
おい、やめろ



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:55:09.76 ID:jZBUCk8n0

これか

186_1



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 02:58:15.17 ID:huM7BDOK0

>>186
なにこれ?
いい感じだな



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 05:24:19.99 ID:Kk+Rp8HC0

残姉かっわええええ

225_1



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 08:12:48.75 ID:y6mfkVuW0

これは親子でバーベキューしてるのでしょうか?微笑ましいですね、霧切さん^^
やっぱり苗木くんの隣にはアイドルのようにかわいい子が並ぶのがいいですよ!

246_1



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:52:57.70 ID:xNxnHZyW0

289_1

実際澪田唯吹ちゃんが一番可愛いっすよ



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 11:54:05.82 ID:WgdFRPFP0

>>289
それに賛成だ!



308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 13:26:21.10 ID:CcHFPpJC0

308_1



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 16:05:11.85 ID:WgdFRPFP0

359_1
359_2



390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:30:20.25 ID:atoZWSLB0

390_1

しえん



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 17:38:20.79 ID:A3BCU2Pz0

>>390
かわいい



482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/10(火) 21:17:36.12 ID:mAeSnzsPi

482_1



転載元
苗木「ボクは…………セレスさんが好きなんだ」 セレス「!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/13787290
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 20:34
          • おはようございました
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 20:41
          • セレスさんかわええ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 21:35
          • 4 苗木くんが一番可愛いんですよね
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 21:37
          • くぅ疲って便利な用語になったなぁ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 21:38
          • ナイト達が日常のなんかの帝国の従業員で再生された
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 21:56
          • 元ネタあまり知らないけど楽しめた
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 22:06
          • >>84の山田がブルマ履いているんですが。これはもうスルーするのが当たり前なんでしょうか?
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 22:11
          • ダンロンSSは画像がたくさんあって嬉しいです(小並感)
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 22:26
          • 5 たえちゃん可愛い
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 22:47
          • セレスちゃんが一番好きやわ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月11日 22:49
          • 気付いたらセレスさん好きになってたなぁ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:17
          • 本編自由時間でCランク認定された苗木君だけどCランクって他に誰かいんのかな
            苗木君って誰と絡んでも違和感無い辺りシュタゲのオカリンを彷彿させるわ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:19
          • >>390 クッソワロタ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:23
          • 良作
            多恵子ちゃんかわいい
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:37
          • 5 これスクールモードのエンディングでいい
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:49
          • Cランクって苗木しかいないはずだったんじゃ…
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:53
          • 朝日奈ちゃんのおっぱい揉めるとか最高の才能だな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 00:58
          • 途中まで読んで残姉ちゃんが可愛過ぎて我慢出来んかったんで一回報告しとくわ

            じゃあ、続き読むわ
          • 19. MCC
          • 2013年09月12日 01:04
          • 5
            すんごい良かった!!!
          • 20. MCC
          • 2013年09月12日 01:09
          • 5
            ※12
            凄く良く分かる!!!
            誰と絡んでも違和感のないキャラと云えば苗木クン、オカリンの他に上条さんや京介なんかもそんな感じだよな!!!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 01:28
          • だれかー!!書き手の人ー!!
            朝日奈と苗木のかわいいss量産してくれー!!
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 01:45
          • 苗木君が一番可愛い
            どの女性キャラよりも可愛い
            苗木君と結婚したい
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 04:04
          • セレスさんが感情豊かで良いなあ。胸を気にする辺り伏線かと思いきやなんでもなかった

            朝日奈よりいっそ腐川とのSSが見たい。個人イベントの腐川、可愛いと思わんか。かませには勿体ない
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 04:40
          • ※18
            俺もそれ
            続き読みに戻ります
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 05:28
          • 毎日2人のイチャイチャ見せられるとか、この城は絶望生産所になってそうだなwww

            そして、残姉ちゃん可愛いぃぃ!
            「苗木君が誰のことを好きでも、私が苗木君の事を好きなのは変わらないから」とか残姉ちゃんマジ聖女
            実際に本編でも言いそうなところがベネ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 06:17
          • ※16
            『学園内には』苗木しかいない。けど学園外には苗木以外にもCランクが数える程だがいる、だったと思う。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 06:19
          • 5
            綺麗に終わって良かった。ただ、個人的には残姉とのSSも読んでみたかったかな。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 07:40
          • 模擬刀の先制攻撃だべwww
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 09:51
          • 5 SSも支援画もいい名作だった

            まさか苗木に女装が似合うとは思わなかったぞ、ちーたん以上にいけるかもしれん
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 16:16
          • みんな可愛くて良かった
            しかしナイト良いやつ多いなww
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 17:46
          • 面白かった!
            この人に他の女キャラとのSSも書いてほしい!
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月12日 18:20
          • ※26
            それプラス「苗木が初のBランク、Aランクになる可能性もある」だったな
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月13日 00:59
          • 唐突なパンツと日向に草不可避
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月13日 11:59
          • >>186
            テルテルの周りの奴とか分からない奴が多いな
            ゼロのキャラ?麻雀打ってるのは学園長かな?
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月13日 14:31
          • エスパーかと思ったらエスパーダだった…
            どういう…ことだよ…!
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月16日 20:42
          • エスパーダわろたww
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月25日 16:05
          • >>34 ゼロのキャラクターのようですねw あとあれは学園長です,,,何故か顔がわからないんですよね、これが それにしてもこの作品最高っす。次はなにか、、、、そう!舞園がヒロインのやつなんかみたいっすね

          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月02日 01:20
          • 5 すんごいよかった
            もはやこれアニメ化してほしい。これはまじですごい
            セレスさんかわいすぎ
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月02日 18:58
          • 今まで見たので1番良かったやぁ〜♪
            セレスさん推しにとってはまさしく超高校級の作品だよ( ´ ▽ ` )ノ
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月22日 00:13
          • エスパーダwwwwwwwwww この後実は十番じゃなくて、零番だったことが判明して絶望の淵に立たされるんですね、わかります。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月07日 03:42
          • 枕「解せぬ」
            で舞園さんを連想したのは俺だけじゃないはず
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月10日 21:36
          • 5 自分涙いいすか?
            ポーカーフェイスが崩れて赤面するセレス姉貴かわいすぎぃ!
            絶望堕ちしかけたセレス姉貴を救済したNEG兄貴はナイトの鑑
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月11日 00:17
          • すっごく楽しかったです!

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【モバマス】橘ありす「あれは・・・あすかくらげ!?」
        • 【モバマス】橘ありす「あれは・・・あすかくらげ!?」
        • 俺「うわああああああツバメが巣を作りやがったああああああああ」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「天使で一番やべーやつ」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「フリースタイルダンジョン?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「フリースタイルダンジョン?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「フリースタイルダンジョン?」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        • 【モバマス】李衣菜「プロダクションのカフェに来てみたけど……」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ