TOP

アニ「アルミン……あんただから、だよ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 20:47:14 ID:mxk.WvH2

____________________

______________

_______



アルミン「エレン!エレーン!」

エレン「どうしたよアルミン」

アルミン「これ見てよ!またじいちゃんの書庫から持ってきたんだ。外の世界について書かれている本だって」

エレン「外の世界についてだって!?本当か!?見せてくれよ!」

アルミン「わわっ!ちょっと待って。落ち着いてよ。今開くから……」ペラッ

………

……



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 20:51:05 ID:mxk.WvH2


エレン「すげぇ……外の世界ってすげえな!」

アルミン「光のカーテンってどんなものなんだろう?空にカーテンがかかってるなんて、想像つかないね」

エレン「暑いところは草や木や川がなくて、一面が砂で、 その中をコブ生えた馬が歩いてんだろ!?すげぇよ……。なあ、アルミン!」

アルミン「なに?」

エレン「オレはいつか絶対、外の世界探検するよ!」

アルミン「僕もだよ。外の世界をこの目で見たい。この本に書いてある場所、全部に行ってみたい……」

エレン「なら、二人で世界中を探検しよう!」

アルミン「うん!でも、僕らの一生で廻りきれるかな? 外の世界はすごく広いんだ。壁内なんか比べ物にならないくらいだよ」



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 20:53:35 ID:mxk.WvH2


エレン「一生かけたっていいさ。オレはこんな壁の中でのんびり生きて死ぬのは嫌だ。外の世界を探検して……新しいものを見て、それで死ねたら本望だ」

アルミン「エレン……」

エレン「な。アルミン、一緒に……」



__________________

_____________

________






5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 20:59:01 ID:mxk.WvH2



アルミン「………………」パチッ


アルミン「……………ふぁあ………懐かしい夢だったな………」ムクッ


マルコ「おはよう」

アルミン「あ、おはよう」

マルコ「エレンって今日も自主練習してるんだよね?」

アルミン「ん……」チラッ

隣のベッド カラッ

アルミン「……だろうね」

マルコ「すごいよなぁ。早朝から走るのは分かるけど……筋トレもして、立体機動の練習だろ?僕には真似できないよ」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:01:12 ID:mxk.WvH2


アルミン「はは……僕にもだよ」

マルコ「あれ、でもジャケット忘れてるな」

アルミン「いつも忘れて行くんだよ……。大丈夫。僕が届けるから」

マルコ「着てても邪魔だろうからね。届けてもらえるから置いていってるんじゃない?」

アルミン「それはあるかもしれないね。僕は宅配屋さんじゃないんだけどな」



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:05:14 ID:mxk.WvH2

_____



アルミン「エレン!エレーン!」

エレン「ん」ピタッ

アルミン「おはよう。はい。ジャケット。もうすぐ朝食だよ」

エレン「おはよう。悪いな。もうそんな時間か……」

アルミン「エレンさ……自主練習はすごく良いことだけど、朝からそんなに汗かいてどうするの?着替えなく ちゃいけないんじゃない?」

エレン「汗臭いかな?」クンクン

アルミン「香水でも付けたら?」

エレン「やだよ。あれ好きじゃねぇ。拭いときゃ大丈夫だろ?どうせ訓練で汗まみれになるんだ」

アルミン「手拭きはある?」

エレン「ない」

アルミン「はい」

エレン「すまねぇ………はぁー」フキフキ



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:09:26 ID:mxk.WvH2


アルミン「……。もうすぐだったね。……総合成績の中間発表」

エレン「あぁ」フキフキ

アルミン「10位以内に入れてるといいね」

エレン「別に順位とかはどうでもいいんだよ……いや良くねぇけど。オレはただ巨人をぶっ殺すために強くなりてぇだけだから、誰が何位とかには拘らねえ。ミカサには負けたくねえけど。自分が強くなったことが分かりゃいい」

アルミン「エレンは憲兵団狙いでもないしね」

エレン「え?……あぁ。………お前はまた座学一位だろうな。どうやったらそんな頭よくなれんだ?」

アルミン「エレンが体を動かしているときに、僕は机に向かってるってだけの話だよ」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:16:12 ID:mxk.WvH2


エレン「オレだったら10分で机を蹴飛ばしてやるぜ」

アルミン「エレンらしいや。さ、行こうよ」

エレン「おう」


アルミン「……頭でっかちじゃ何の役にも立たないよ」ボソッ


エレン「ん?何か言ったか?」

アルミン「何でもない」ニコ

エレン「手拭き洗って返すよ」

アルミン「うん」


エレンが早朝に体を鍛えるようになったのは、訓練兵になって半年が過ぎた頃のことだ。

日々の鍛練に体が慣れて、段々と筋肉もついてきていたエレンは、空っぽの胃を揺らしても平気なようだった。

自主練習は、3年目に至る今日まで欠かさず続けている。

時間が許す限り、昨日の疲れを癒していたい僕とは大違いだった。



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:33:47 ID:mxk.WvH2

アルミン「今日、すごく懐かしい夢を見たんだ」

エレン「へえ。どんな?」

アルミン「二人で本を広げてさ、外の世界のーー……」

エレン「……あ、夢といえばさ。昨日コニーが、夜中に寝ぼけて叫んだの気づいたか?」

アルミン「あ、ううん」

エレン「あいつさ、芋の大群がオレの体を食おうとしてる!って。どんな夢見てんだって話だよ。なあ」

アルミン「うわ。怖いね」


エレンは自主練習を始めてから、僕に話さなくなったことがある。

外の世界の話だ。

それまでは寝る場所が隣同士だったのをいいことに、消灯時間が迫っても外の世界の話で盛り上がっていた。

でも急に、エレンは話すことを止めた。

正確には僕が話題に出しても、すぐ違う話にすり替えるようになった。

やがて僕も話しづらくなって、でもエレンとは一緒にいたかったから、違う話で彼との時間を作った。

そうして、いつしか外の世界の話は僕らの間で禁句となった……ような気がしている。



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:39:33 ID:mxk.WvH2


実際に、僕は今さら口に出すとなると躊躇してしまう。

母を奪われた復讐心が全てになっているエレンに、外の世界の話をして、幼い頃の思い出を否定されるのが怖かった。

それから、エレンが外の世界について話したがらないのはきっとーー。

アルミン(僕が、弱いからっていうのも、あるんだろうな……)

外の世界は周知の通り巨人達に支配されていて、僕みたいな力の弱い劣等生は一分だって生きていられない。

エレンが外の世界に出たとき、巨人を駆逐するとき、隣に立っているのが僕では頼り甲斐がない。

今だって、度々謂れのない嫌がらせを受けては、エレンやミカサに助けて貰っている僕だ。

訓練兵一人追い返せないようでは駄目だと分かっているのに、僕は今年卒業できるかも怪しい成績をキープしている。



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:43:05 ID:mxk.WvH2


____


対人格闘訓練

クリスタ「アルミンっ。私、今日は本気でいくから。アルミンも本気で、きて!」

アルミン(可愛い)

アルミン(でも彼女も僕よりずっと体力があるんだ。油断できない)

クリスタ「いくよぉっ!」ザザッ

アルミン「わっ!」パッ

クリスタ「えいっ!」バッ

アルミン「ちょっ。ちょっと待ってクリスタ!」ササッ

クリスタ「今日はっ!いつもの私じゃっ。ないのっ」ザ ザザッ!

ガシッ



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:46:53 ID:mxk.WvH2


アルミン「へっ……?」

クリスタ「やぁっ!」ブンッ

アルミン「い゛っ!!」ドサッ

クリスタ「投げれた……!」

アルミン(投げられた)ガーン

クリスタ「ライナーできたよ!教えられた通りに、投げることができたよ」 ピョンピョン

ライナー「結婚しよ」

アルミン(クリスタに……あんな可愛い女の子に……投げられた……)ガーン

アルミン(女の子に投げられるのは初めてじゃないよ…… 寧ろ慣れているよ……)マッサオ

アルミン(なのに……まずい……かなりショックだ……立てないよ……)マッサオ



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:50:43 ID:mxk.WvH2


エレン「…………」チラッチラッ

アルミン「ハッ!」

アルミン(エレンが見てる!)

クリスタ「アルミン。大丈夫?どこか痛めちゃったかな…?」

アルミン「だっ。だいじょうぶ!立てるよ」ムクッ

クリスタ「あの……アルミン。私ね、今の技を色んな人に試してみたいの……。だから、これで終わってもいいかな?」

アルミン「あっ、うんっ。そうだよねっ。もちろんだよ」

クリスタ「ごめんなさい。ありがとう」ニコッ

アルミン(可愛い)

ライナー「結婚した」



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:51:59 ID:FwrB8ur6

ライナー声でてるぞ



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 21:55:00 ID:mxk.WvH2



アルミン「イテテ……」

アルミン(誰と訓練しようか……エレン……は絶対嫌だし……ミカサは……ジャンとか。邪魔したら蹴られるな)キョ ロキョロ

アルミン「ん?」

アニ「……」ウロウロ

アルミン「アニ」

アニ「……!……なんだ、アルミンか」

アルミン「なんだ。って酷いなぁ……。またサボリ?」

アニ「そっちこそ随分な言い様じゃない?事実だけどね」



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:00:57 ID:mxk.WvH2


アルミン「ごめん。そういうつもりじゃ……。ねえ、僕でよかったら相手してくれないかな。受け身の取り方を教えてほしいんだ」


アニ「可愛こちゃんに投げられたときの対処法?」

アルミン「あ…………見てたんだ………」ギクッ

アニ「……何で私なの?」

アルミン「アニは強いし、エレンも相手したがるくらいだから。きっといいかわし方を知ってるだろ?」

アニ「………いいけど」

アルミン「弱いからって手加減しないでね」

アニ「わかったよ」



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:04:47 ID:mxk.WvH2


アルミン「じゃあ僕にかかってきっ」

アニ「」ブンッ

アルミン「」ドサッ

アニ「終わったよ。もういい?」

アルミン「いったぁ……まだだよっ」ムクッ

アニ「ちゃんと受け身取れてたよ。じゃあね」

アルミン「ま、待って!投げられないようにするには、 どうすればいいの!?」

アニ「………」

アルミン(うっ……怖い……)

アニ「さっさと構えて」

アルミン「う、うん」



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:08:51 ID:mxk.WvH2


アニ「」ザザッ

アルミン「わっ!」パッ

アニ「すぐ捕まる」ガシッ

アルミン「うっ」グググ…

アニ「技術の問題だけじゃない。アンタは遅い」ググッ

アルミン「………くっ……」グググ…

アニ「それに………………………………」グググッ

アルミン「い、いたい………」

アニ「…………」

アニ「」パッ

アルミン「はっ!はあっ!はあっ、はぁ」ドサッ

アニ「…………じゃあ、もういいよね。問題点は挙げたから」



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:11:49 ID:mxk.WvH2


アルミン「ど、どうやったら速く動けるか教えてよ」

アニ「……体力つけなよ」プイッ

アルミン「あ……ちょっとアニ……」

アニ「」スタスタ

アルミン(……基本的なことがなってないんだな。僕は……。3年も経つのに……)


アルミン(これじゃあ本当に、卒業できるか分からないよ……)



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:16:36 ID:mxk.WvH2


___



エレン「は?」

アルミン「……だから、明日から自主練習、僕も一緒にやる」

エレン「……オレは別にいいけど。大丈夫かよ?お前は他人より体力ないのに、急に……」

アルミン「………!…………平気だよ。だから、エレンが起きたときにまだ寝てたら起こして。起きるけど!おやすみっ」

エレン「あ、おい」

アルミン(これ以上成績が落ちるのは嫌だ)

アルミン(……………………足手まといには、ならない!)



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:20:21 ID:efGEzGB2


______


ミカサ「おはよう」

エレン「おう」

アルミン「おはよう。今日はミカサもいるんだね」

ミカサ「……………」

アルミン(驚いてる)

ミカサ「アルミン……」

アルミン「僕も今日から体を鍛えようと思ってさ」

ミカサ「……………」

アルミン(心配してる)



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:23:32 ID:efGEzGB2


ミカサ「……そう」

アルミン「うん」ニコッ

エレン「オレ先に行くぜ」タッ

ミカサ「待って。アルミン。またあとで」 タタッ

アルミン「うん」

アルミン(二人は肩を並べて走ることができるんだ)

アルミン(よーし!僕も!)



28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:33:30 ID:efGEzGB2


_____



アルミン「い、いたい……」


アルミン(朝は走っただけなのに朝御飯あんまり食べられなかったし、その後の立体機動の訓練で気持ち悪くなるし、足と腕が張って痛いし、エレンとミカサには追いつけなかったし。散々だよ……)フラフラ

アルミン(一日目だから。まだ一日目だから。続ければ体がついてくるようになる)


アルミン(……よね?)フラフラ



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:37:17 ID:efGEzGB2


書庫


アルミン「あれ……」

アニ「………」ジー

アルミン(あの本を取りたいのかな?)

アニ「………」ジー

アルミン「これ?」ヒョイ

アニ「…………!」

アルミン「あ……違った?」

アニ「…………ありがとう」

アルミン「どういたしまして。それって小説だよね?アニは本を読みに来たの?」

アニ「そうだよ。アンタは違うの?」



30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:41:55 ID:efGEzGB2


アルミン「僕は勉強」

アニ「座学トップはやることが違うね」

アルミン「あはは…。いつまでトップでいられるかなんて、分からないからね」

アニ「そう」

アルミン「うん」

アニ「………」

アルミン「…………………あ、じゃあ僕、行くね」

アニ「アンタさ」

アルミン「え?」

アニ「朝、走ってたね」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:44:58 ID:efGEzGB2


アルミン「え……うん。見てたの?」

アニ「大丈夫なの?体。体力ないんでしょ」

アルミン「はは。エレンと同じこと言うんだね」

アニ「そうなの?……なんか嫌だね」

アルミン「気に障った?ごめんね。平気だよ。心配してくれてありがとう」ニコッ

アニ「……どういたしまして」

アルミン「…………」

アニ「…………」



32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/31(土) 22:49:43 ID:efGEzGB2

アルミン「そうだ。アニ。明日の対人格闘訓練って誰とやるか決まってる?」

アニ「決まってない。決まっているわけないでしょ」

アルミン「じゃあまた僕の相手をしてくれない?」

アニ「どうしようかな。あんた弱いからね」

アルミン「う……そうだね……。君だってやるなら強い相手の方がいいよね」

アニ「……冗談だよ。少しくらいなら、いいよ」

アルミン「……!ありがとう。約束だよ」ニコ

アニ「……」



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:21:26 ID:YVvDwug2


翌日


アルミン(い゛……す……すごい……いたい……筋肉痛……………。全身ガッチガチだよ……)

アルミン「う゛っ……」ズキッ

エレン「おい大丈夫か?練習しねぇで休んだ方が……」

アルミン「エレン………。まだ二日目だよ?自主練習は続けるよ」

エレン「お前がそう言うんなら強くは止めねぇが…………。無理はすんなよ」

アルミン「してないよ……」ズキズキ

エレンに気遣われたときの、僕の心情の複雑さといったらない。

アルミン(すごく嬉しいのに…………すごく嫌だ)



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:26:29 ID:69HkGuO6


対人格闘訓練


アニ「ねえ、本当にやるの?」

アルミン「えっ?」ズキズキ

アニ「あんた、朝から動きが変だよ」

アルミン「そ……んなことない……よ?」ズキズキ

アニ「そう。……なら、さっさと構えてくれる?」

アルミン「うん!い゛っ」ズキッ

アニ「…………ねえ」

アルミン「平気だ!何ともないから。きて」

アニ「……。わかった」ザザッ

アルミン「わっ」パッ

アニ「」ゲシィッ

アルミン「っ!」ドサッ

アニ「終わったね。じゃあ」



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:30:00 ID:69HkGuO6


アルミン「ま、待ってよアニ!もう一回だよ!今度は僕が君を襲う番だ!」ムクッ

アニ「……なら、それで終わりだから」

アルミン「うん。行くよ!」ザザザッ

アニ「……」ヒョイ

ガシッ

アルミン「あっ!」

アニ「…………」グググ…

アルミン「う゛………」ググ

アニ「……………あんたさ、ちょっと失礼じゃない?」グググッ



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:33:01 ID:69HkGuO6


アルミン「えっ?いっ……いだだ」グググ

アニ「私はちゃんと相手をしているでしょ?こんな近くに乙女の顔があるっていうのに…………よそ見するなんて、 紳士のやることとは思えないね」グググ

アルミン「………!」ギクッ

アニ「」パッ

アルミン「」ドサッ

アニ「もういいよね。次はもっと腕をあげてから私を誘いなよ」

アルミン「……………………………アニ!」

アニ「」スタスタ

アルミン「う゛っ」ズキッ



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:36:28 ID:69HkGuO6

書庫

アニ「…………」ペラ

アルミン「やあアニ。邪魔じゃなかったら、隣いいかな?」

アニ「……!なんだ……アルミンか。いいよ」

アルミン「誰か待ってた?」ガタッ

アニ「なんで?」

アルミン「なんだって言うから……」

アニ「違うよ。びっくりさせるからでしょ?」



47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:41:06 ID:69HkGuO6


アルミン「驚かせてごめんね」

アニ「謝らなくていいよ」

アルミン「アニはさ、読書してると周りが見えなくなっちゃうタイプ?」

アニ「集中はするよ」

アルミン「僕も!本を読み始めるとさ、周りの音が聞こえなくなって、目も本の文字しか見えなくなるんだ」

アニ「へえ」

アルミン「でもずっと無音な訳じゃないんだよ。本の中の音が聞こえてくるんだ」

アニ「……」

アルミン「川のことが書いてあったら、川のせせらぎが聞こえるし、森のことが書いてあったら、小鳥のさえずりが聞こえる。目も文字を追っているだけじゃなくて、 瞼の裏に本の中の景色が浮かんでくるんだ。深く集中すると、臭いまで感じることができる」

アニ「すごいね」

アルミン「アニにもない?小説の主人公に自分を当てはめたりしないの?」

アニ「しないね」



48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:46:45 ID:69HkGuO6


アルミン「そっか……僕だけなのかな?でもそうすると、 アニも今より本の内容に入り込めて面白いと思うよ」

アニ「あんた、よく喋るね」

アルミン「えっ?」

アニ「私に用があるんでしょ?」

アルミン「………」

アニ「どうしたの?」

アルミン「……………………。…………あの。昨日の対人格闘訓練のことなんだけど」

アニ「…………」

アルミン「僕がよそ見してるって。……どういう意味かなと、思って」

アニ「別に。そのまんまの意味だよ」

アルミン「……そのまんまって?」

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「気づいてないの?それとも、もっとハッキリ言ってほしいの?」



49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:54:56 ID:69HkGuO6


アルミン「あ…………ええと…………」

アニ「あんた、訓練中にエレンの方を見てるでしょ?」

アルミン「……!」

アニ「気になるなら、最初からそっちと組めばいいのに。あんた達、仲良いんでしょ?」

アルミン「……それは………………………………嫌だ」

アニ「なんで?」

アルミン「…………」

アニ「別に、話したくないならいいよ。でも、私をあんな死に急ぎ野郎の代わりにしないで」



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 21:58:15 ID:69HkGuO6


アルミン「…………」

アニ「…………」ペラ



それから僕は無言で座学の復習を済ませ、書庫を後にした。

僕の顔は、劣等感に歪んでいたに違いない。

アニの言葉は事実だった。

僕は訓練中、エレンの姿が気になって仕方がなかった。

同期に軽々と投げられ、倒されている貧弱な僕は、彼の目にどう映っているのだろう。

これ以上僕の弱さを実感させたくない。確信させたくない。

だから力量が明確に分かる一対一の訓練では、エレンと組むことを避けた。

僕の悪あがきだった。



51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:01:26 ID:69HkGuO6


______



エレン「なあ、明日の買い出し、お前も来ねぇか?コニーとじゃ不安でさ。アイツすぐ寄り道するから」

アルミン「僕はいいかな。ちょっと勉強したいんだ」

エレン「またか?勉強ばっかしててよく疲れねぇな」

アルミン「好きなことだから平気なんだよ。エレンだってそうだろ?体を鍛えるのは好きじゃない?」

エレン「んー……そんなもんか?」

アルミン「ミカサなら買い出しに付き合ってくれるよ」

エレン「アイツはうるせえから」



52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:08:26 ID:69HkGuO6


アルミン「なら、適役じゃないか。コニーを上手く止めてくれるよ」

エレン「そうか?」

アルミン「そうだよ。おやすみ」


アルミン(……………体が痛い……)

アルミン(朝走ることは慣れてきたけど、続けて訓練することがまだ辛い………)

アルミン(休みの日は一日中眠いし…………。最近、座学の授業に集中できない。……………これじゃあ、ますま す………………)

アルミン(でも、自主練習は止めたくない。止めて、やっぱり僕には無理だったんだって、エレンに思われたくないんだ)



53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:12:59 ID:69HkGuO6


書庫


アニ「…………」ペラ

アルミン(アニの隣しか席が空いてない……。この前あんなことを言われたから、顔合わせづらいんだけどな…………)

アニ「…………」ペラ

アルミン(……でも、特に話すこともないか)ガタッ

アニ「…………」ペラ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」ペラ

アルミン「…………」カリカリ



54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:18:56 ID:69HkGuO6


アニ「……また勉強?」

アルミン「えっ……」ピタッ

アニ「…………」

アルミン「うん。復習しておきたくて………。アニは、小説読んでるんでしょ?」

アニ「うん」

アルミン「面白い?」

アニ「普通」

アルミン「そっか。ここって結構面白い小説置いてるよね」

アニ「そうだね」

アルミン「…………」

アニ「…………」ペラ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」ペラ

アルミン「…………」カリカリ



58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:50:52 ID:Eb6kwt42


…………


…………………


…………


ミン……

………………………え………………んた……………


……………よ

………


.



59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:53:09 ID:Eb6kwt42


………………え


…………ねえ



アニ「アルミン」

アルミン「はっ…………!?」パチッ

アニ「もう日が暮れるよ」

アルミン「えっ………ア、アニ?え?あれ?僕…… 」

アニ「ぐっすり寝てたよ」

アルミン「え!?い、いつから?どどどうしよう復習……」

アニ「昼前には寝てたよ。あんたのお昼ご飯はサシャが食べてた」

アルミン「うわ。え?そんなに……?よだれ出てたかな?」ゴ シゴシ



60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 22:57:02 ID:Eb6kwt42


アニ「…………ねえ」

アルミン「え?」 ゴシゴシ

アニ「書庫に来てるんだから、勉強じゃなくて、好きな本を読んだらどうなの?」

アルミン「……う、うん。僕もそうしたいけど。卒業も近いし、今は勉強しようかなって……」

アニ「そのうち頭がパンクしそうだね」

アルミン「…………」

アニ「…………」

アルミン「でも。…………。………うん。そうだね」

アニ「あんたの、好きな本ってなに?」

アルミン「えっ?」

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「なに驚いてるの?」



61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:02:27 ID:Eb6kwt42


アルミン「あ。いや。僕の好きな本だよね。割となんでも読むよ。小説も読むし、小説だったら推理ものが好きだな。図鑑を眺めるのもいいし、辞書も新しい言葉が発見できて楽しいよ。あとは研究書を見るのも好きだよ。 歴史や外の世界について書かれているものは興味深いね」

アニ「……外の世界?」

アルミン「うん。ここには置いてないけど、僕のじいちゃんが持ってたんだ。外の世界の本」

アニ「…………」

アルミン「……あ。アニは、憲兵団に行くんだったよね。気を悪くしたかな。ごめん」

アニ「憲兵にはなりたいけど、別に王政府のやり方を尊重してるわけじゃないから」

アルミン「そっか。ならよかった」

アニ「でもジャンとは一緒にしないで」

アルミン「そうなの?じゃあ何で憲兵になりたいの?」

アニ「…………外の世界の本って、何が書いてあるの?」



62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:10:08 ID:Eb6kwt42


アルミン「え?」

アニ「…………」

アルミン「海とか……」

アニ「海って?」

アルミン「海、はね。外の世界の陸地を囲んでいる塩水のことだよ。壁内にいては分からないけど、この世界の大半は海なんだ。海はとても深いんだけど、太陽の光が届かないくらい深い場所でも、何かしらの生物が存在してると言われているんだ。それからそうだね。海はほとんどが青い色をしているよ。塩水自体は透明なんだけど、塩水に太陽の光が反射しているのを僕ら人間の目は青色だと認識してしまうんだ」

アニ「見たことあるの?」

アルミン「えっ?あるわけないよ」

アニ「見たように言うから」

アルミン「本の内容を全部覚えてるだけだよ。海だけじゃないよ。砂漠っていう、砂や岩石ばかりの土地もあるんだ。雨の量がとても少ないところで、水がないから植物はほとんど育たなくて……」

……………

………

……



63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:14:02 ID:Eb6kwt42


アルミン「…………で、炎の水は流れながら冷えて固まっていくから、いろんな形にーー」

アニ「…………」

アルミン「あ。ごめん」

アニ「なにが?」

アルミン「誰かに話すのは久しぶりだから、夢中になっちゃったよ」

アニ「エレンとは、こういう話はしないんだ」

アルミン「……うん」

アニ「面白かったよ」

アルミン「……!ならいいんだ」

アニ「あんたの顔」

アルミン「えっ?」

アニ「じゃあね」フイッ

アルミン「……顔?」サワサワ



64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:21:31 ID:Eb6kwt42


僕の顔が面白いと言ったアニは微笑んでいて、何故だかその表情が寝床に潜った後も頭から離れなかった。

外の世界のことを、他人前で目一杯語ったのは久しぶりだった。反応も悪くはなかった。

禁忌とされていようが、それは僕の夢そのものだ。

夢を語って、少しでも理解を得られるのは嬉しかった。


アルミン「…………エレン……もう寝た?」

エレン「……………………」

アルミン「…………」


エレンとも、いつかもう一度外の世界について話したい。

二人で日が暮れるまで、暗くなっても月明かりの下で、 空腹になるのも忘れて、この喜びを分かち合いたい。


エレンがそれを許してくれる日は、まだ見えない。



65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:25:19 ID:Eb6kwt42


数日後、恐れていたことが起きてしまった。


ザワザワ

ザワザワ

サシャ「ヒャッハー!!このままいけば、美味しいご飯がたくさん食べられます!」

ジャン「なんで死に急ぎ野郎より下なんだよ……」

マルコ「中間発表だから、まだ巻き返せるよ」

コニー「8位だっ!よしっ!憲兵団にいけるっ!母ちゃんに手紙書くぜ!」

エレン「気が早ぇーな」

アルミン「…………………………………………………………うそだ」

エレン「アルミン、お前はどうだった?」

アルミン「……!」



66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:30:26 ID:Eb6kwt42


エレン「………座学で4位じゃねえか!やっぱりお前すげぇな。オレそっちは順位すらついてねぇよ……」

アルミン「うん。ありがとう……。1位はミカサだね……。 すごいな。本当に」

ミカサ「ありがとう」

それまで首位を守ってきた座学の成績が、落ちてしまった。

アルミン(体を鍛えるのに必死で……確かに勉強が疎かになっていた部分はあるだろう。でも、3つも下がるなんて……)

アルミン(身体面での向上は見られないし……。いや、 貼り出されているのはそれぞれ成績上位10名までだから、評価自体はあがっているかも。……いいや。もし上がっていたとしても、僕なんかたかが知れてる)

アルミン(エレンが僕を頼ってくれるのは、これだけだったのに…………)



67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:34:53 ID:Eb6kwt42


コニー「よぉエレンっ!」バシッ

エレン「って!何すんだ」

コニー「見たかよ!オレ8位だったんだぜ?お前はいつもバカバカ言うけどな、教官殿はちゃああんと見てんだな。お前はどうだったんだよ?」

エレン「5位だよ」

コニー「お前悔しいからって見栄張ってんじゃね…………アアッ!!マジだ!エレンお前5位じゃねぇか!」

エレン「教官殿はちゃああんと見ててくれるからな」

コニー「マジかよ!?すげぇな!マジかよ!?」

エレン「マジだよ。うるせぇ」

アルミン「あはは……」

ミカサ「…………」



68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:38:07 ID:Eb6kwt42


コニー「じゃあ……あれだな?お前5位だし8位のオレを労って今度飯でも奢れよ」

エレン「なんでだよ!おかしいだろ!」

コニー「げっ!冗談だっつぅのに!」ダッ

エレン「何が冗談なんだよ!」ダダッ

ミカサ「…………」

アルミン「二人とも元気だね」

ミカサ「…………アルミンは?」

アルミン「え?」

ミカサ「元気?」

アルミン「……元気だよ?」

ミカサ「エレン、楽しそう」

アルミン「そうだね。なんだかんだコニーとは気が合うんだと思うよ……」



69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:42:52 ID:Eb6kwt42


ミカサ「エレンに新しい友達ができるのは、悪いことじゃない」

アルミン「そうだね」

ミカサ「またあとで」

アルミン「うん」

マルコ「アルミン」

アルミン「マルコ。どうだった?」

マルコ「僕か?何とか10位以内に入れたってところだよ」

アルミン「着実に憲兵に近づいているね。うらやましいよ」

マルコ「そういえば、アルミンは入団先決めたのかい?」

アルミン「ううん…………。僕の場合、入団先を選ぶ権利があるのかって話なんだけどね……。卒業模擬戦闘試験に受かる自信がないし、今回で座学の成績も、落ちてしまった」



70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:45:24 ID:Eb6kwt42


マルコ「でも、まだ中間発表だよ。卒業までの評価がどうなるかなんて、今の時点では誰にも分からないさ。僕だってこの成績を維持できるか、正直自信はない」

アルミン「マルコ……」

マルコ「あまり気に病むなよ」

アルミン「うん。ありがとう」

コニー「よしっ!ここは間を取って7位のマルコにオムレツを奢ってもらおうぜ!」

エレン「おぉ、いいのか?」

マルコ「え?」ビクッ

アルミン「どうしてそうなったのかな……」



71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/01(日) 23:57:44 ID:Eb6kwt42


書庫


アニ「…………」パラ

アルミン「やあ、アニ」

アニ「……!……どうも」

アルミン「向かいに座ってもいいかな?」

アニ「いいよ」

アルミン「ありがとう」ガタッ

アニ「……また勉強?」

アルミン「うん。今日、中間発表があっただろ?座学の成績が落ちてたんだ……。ちょっと本気で巻き返さないと、 まずいんだ。僕はこれ以外では、評価されないから」

アニ「…………」

アルミン「アニは総合で4位だったね。すごいや」ニコ

アニ「どうも」



72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:00:39 ID:04NDFi9A


アルミン「アニはいつもその小説読んでるね。それってどんな内容なの?」

アニ「え…………」

アルミン「?」

アニ「……女の子が読むんだから、恋愛小説に決まってるでしょ?」

アルミン「あ……そうだよね」

アニ「あんた、思ってることが全部顔に出てるよ」

アルミン「えっ?」アタフタ

アニ「うそだよ」

アルミン「…………」ドキドキ

アニ「…………」パラ



73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:04:58 ID:04NDFi9A


アルミン「今、どの辺?主人公はどうなってるの?」

アニ「………今はね。主人公はずっと好きだった男の子を諦めて、新しくアプローチしてきた男の子に目移りしてるよ」

アルミン「三角関係なの?」

アニ「そう。この主人公はハッキリしない性格なんだ。読んでてイライラするよ」

アルミン「え?なら、読むのやめた方がいいんじゃ……」

アニ「いやだよ。続きが気になる」

アルミン「なんでずっと好きだった子を諦めたの?」

アニ「読みたい?」

アルミン「アニが良かったら、聞かせてくれないかな」

アニ「……。……主人公はさ、鈍くて、気づいてないんだ」

アルミン「うん」



74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:08:52 ID:04NDFi9A


アニ「ずっと好きだったのに、それが恋だって気づかなかった。気づかないまま、諦めた。諦めたことも気づいてない」

アルミン「……それって恋なの?」

アニ「恋だよ」

アルミン「僕にはよく分からないな。自覚のない恋なんて……」

アニ「分からないなら、それでいいんじゃない?」

アルミン「うん。教えてくれて、ありがとう」ニコ

アニ「どういたしまして」



75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 00:10:42 ID:04NDFi9A


アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」パラ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………私、花嫁になるのが夢なんだ」

アルミン「へ?」ピタッ

アニ「だから、こういうので勉強しとこうと思って」

アルミン「…………あ。そうか。だから憲兵団に入るんだね?内地の方がいいお婿さんが見つかるだろうし……」

アニ「……あんた達って、冗談通じないよね」

アルミン「……たち?」



81 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 20:41:46 ID:7e4drbPE


それから、元の成績を取り戻すために、僕は机に向かう時間を増やした。

自主練習も毎日かかさず続けていた。

卒業までの少ない日々の中、僅かでも体力と知力の向上を目指した。

けれど相変わらず座学の授業は身に入らなかったし、自習中に睡魔に負けてしまうことが多くなった。


コニー「わからねぇ。全然わからねぇ。なんで課題なんて出るんだ?オレ8位なんだから、もう勉強なんてしなくたっていいのに」

アルミン「うん。それはさっきも聞いたよ。どこが分からないの?一緒にやっていこうよ」

コニー「え?全部……」

アルミン「そっか……。じゃあまず今日の」

エレン「アルミン。オレは全部じゃねぇぞ。半分だからな」

アルミン「うん。じゃあ今日の授業の復習を一緒にしようよ」



82 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 20:47:02 ID:7e4drbPE


コニー「今日さ、授業中に教官殿の眼鏡がずれてたんだぜ……。右の方にずれてんのに、教官殿は全然気づかないで話してて、なんでだ?あれみんな指摘しねぇんだよ。 だからオレも教えてやれなくてよ。近くに来たとき笑いこらえんの大変だったぜ」カリカリ

エレン「そうなのか?気づかなかったな」カリカリ

コニー「マジかよ!サシャがオレの前の席で芋食ってたのは気づいたか?アイツいつもなら皮のままかぶりつくくせに、今日は丁寧に皮剥きながら食べてたんだよ。 で、剥いた皮はポケットにしまっててさ、授業終わってから皮どうすんのか聞いたら夜中の非常食ですよぉ、とか言いやがって。アイツほんとバカな」カリカリ

エレン「バカだな」カリカリ

アルミン(早速脱線してるよ……)

コニー「隣はアニだったんだけどさ、アイツ授業中に全然動かねえんだよ。目ぇ開けたまま眠ってんのかと思っ……あれ?アルミンこれって答えなんだ?」

アルミン「どれ?」

エレン「あ。そこオレも分かんねぇ」

アルミン「そうなの?これはね。…………………………………あれ」

エレン「どうした?」

アルミン「いや。ちょっと待って。これはこれ……………」

コニー「で、眠ってんのかと思って、ずっと顔見てたらすっげぇ睨まれた」

エレン「それはお前がわりぃだろ……」



83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 20:56:31 ID:7e4drbPE


アルミン(こんな問題、今日の授業中に出ていたっけ?今までと同じ解き方をしては問題自体がおかしくなってしまうし、だからといって)

エレン「アルミン?」

アルミン「あ…………。ええと………」

コニー「?」

アルミン「……………ごめん。僕も分からない…………」

コニー「え!?……アルミンにも分からねぇ問題、課題に出してどうすんだよ……」

アルミン「い、いや。僕にも分からないことは沢山あるよ」

エレン「他に分かる奴いねぇかな?」

アルミン「……!」

コニー「おいっ。おーいジャン!お前、この問題解いてみろよー」

ジャン「ハァ?お前それ解かんねぇってことだろ?それが他人に物を頼む態度かよ」

エレン「ジャンに分かんのか?」

ジャン「チッ。おいエレン。なんだって?」

マルコ「ちょっと、よしなよ。どの問題?」



84 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 20:59:49 ID:7e4drbPE



ジャン「マルコ!そんな失礼な奴等ほっとけ」

マルコ「そうはいかないだろ。……あーこれか。これは引っかけでさ……」カリカリ

アルミン「…………」

エレン「へぇ。なるほどな」カリカリ

アルミン「…………」

コニー「解けた!ありがとなマルコ!」

アルミン「……」

エレン「アルミン?」

アルミン「……!」ハッ

エレン「どうした?」

アルミン「え?…………………え、あぁ、なんでもないよ……。ありがとう、マルコ。僕も分からなかったから、 助かったよ……」

マルコ「どういたしまして。役に立ててよかったよ」

アルミン「…………」



85 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:16:20 ID:7e4drbPE


_________

_______


書庫


アルミン「…………」カリカリ

アルミン「…………」カリカリ

アルミン「…………」ケシケシ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」

アルミン「…………?」ピタッ

アニ「…………」

アルミン「わっ!アニ!?いつからそこに…………」



86 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:24:32 ID:7e4drbPE


アルミン「あ。もしかして隣の席?見ての通り空いてるから、どうぞ」

アニ「……どうも」ガタッ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「……随分がんばってるんだね」

アルミン「え?うん…………」カリカリ

アニ「どうして?」

アルミン「どうしてって?」カリカリ

アニ「あんたは、勉強にこと関してはいつも余裕そうに見えたよ」

アルミン「そんなことないよ……。今回なんて、解けない問題が出てきちゃったし……」カリカリ

アニ「…………そう」

アルミン「うん…………」カリカリ

アニ「…………」

アルミン「…………」カリカリ



87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:27:18 ID:7e4drbPE


アニ「……あんた、顔色悪いよ」

アルミン「えっ?」ピタッ

アニ「…………」

アルミン「そうかな?そんなことないよ……」

アニ「……」

アルミン「…………」カリカリ

アニ「……」パラ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」



88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:29:54 ID:7e4drbPE


翌日

書庫


アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」

アルミン「…………」カリカリ

アニ「ここ、いい?」

アルミン「えっ?あ。おはようアニ」

アニ「おはよう」ガタッ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「休みなのに朝から勉強するの?」

アルミン「うん」カリカリ

アニ「…………」パラ

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………」



89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:32:53 ID:7e4drbPE


翌日

書庫


アルミン(なんだろう…………。ボーッとする…………)フラフラ

アニ「…………」パラ

アルミン「……………アニ」フラフラ

アニ「……!……アルミン」

アルミン「隣いいかな?」

アニ「どうぞ」

アルミン「…………」カリカリ

アニ「…………あんた、寝不足?」

アルミン「え?」

アニ「目がとろんとしてるよ」

アルミン「そうかな?ちゃんと眠れてるよ。ちょっと目眩はするけど……」



90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:37:13 ID:u/RS0nyA


アニ「…………疲れてるんじゃない?」

アルミン「いいや。このくらい平気だよ」

アニ「止めたら?……自主練習」

アルミン「…………え?」

アニ「あんた弱っちいから、運動量に体がついていってないんだよ」

アルミン「……そんなことは」

アニ「だから頭も回らないんじゃないの?」

アルミン「……!」

アニ「…………」

アルミン「……そうかも。しれないけど。……………………でも、止めないよ」

アニ「なんで?」

アルミン「弱いって……思われたくないから……」

アニ「誰に?」

アルミン「……エレンに」



91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:40:34 ID:u/RS0nyA


アニ「…………」

アルミン「いや。エレンだって僕が弱いことくらいは知ってるよ。知ってるだろうけど、少しはできるってところを見せたいんだ」

アニ「…………」

アルミン「勉強だって。エレンが僕を頼りにしてくれるのはこれだけだったんだ。なのにこんなに成績を落としてしまって……この前なんて上手く教えられなかったし。 このままじゃ、いけないんだ」

アニ「…………」

アルミン「エレンやミカサはどんどん強くなる。呆れられたり、置いてかれるのは嫌なんだ」

アニ「…………あんたがもっと落ちこぼれたら、エレンはあんたを嫌うってことなんだね」

アルミン「え?………………ち、違うよ」

アニ「そうなの?……そう聞こえた」

アルミン「…………」



92 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:45:54 ID:u/RS0nyA


アルミン「…………」

アニ「……他に友達いないの?」

アルミン「え?いるけど……」

アニ「…………なら、死に急ぎ野郎にこだわる必要はないんじゃない?」

アルミン「でも、エレンは一番の友達なんだ」

アニ「よく分からない」

アルミン「……なにが?」

アニ「……一番の友達って……体調を崩してまで……引き留めないと……だめなの?」

アルミン「………」

アニ「……。……私にはいないから、分からないだけかもね」



93 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:49:24 ID:u/RS0nyA


_______


エレン「アルミン。お前さ……なんか顔色悪くねぇか?」

アルミン「え?」

エレン「元々白かったけど、いつもより白い気がする。 夕飯の時もボーッとしてたし」

アルミン「そんなことないよ……。えっと……。ああでも、 今日はいつもより疲れてるかも」

エレン「大丈夫か?」

アルミン「平気だよ。エレンこそ、僕なんかよりずっと身体を動かしてるんだ。早く休もう?」

エレン「ん?あぁ……おやすみ」

アルミン「おやすみ」



94 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:54:18 ID:u/RS0nyA


アニ『一番の友達って……体調を崩してまで……引き留めないと……ダメなの?』


アルミン(…………………エレンやミカサは僕から離れていったりしない)

アルミン(僕が怖いのは…………)


アニ『他に友達いないの?』


アルミン(…………………)

アルミン(…………エレンは…………僕と一緒じゃなくてもいいのか…………)

アルミン(………………………)

アルミン(僕より強くて……頼りがいがあって、エレンと肩を並べて歩ける人なんて……世の中にたくさんいる)



95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:56:19 ID:u/RS0nyA


アルミン(…………エレンは……本当に忘れているのかもしれない……)

アルミン(子供の頃の口約束なんて…………)


アニ『じゃあ、死に急ぎ野郎にこだわる必要はないんじゃない?』


アルミン(…………………………………)

アルミン(……………………………………………………嫌だ)


……………………

……………

………




96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 21:59:26 ID:u/RS0nyA



ザッザッザッ

ザッザッザッザッザッ


キース「アルレルト!また貴様だけ遅れているぞ!」

アルミン「く…………」ヨロヨロ

ライナー「アルミン!この坂越えりゃおしまいだ!踏ん張れ」

アルミン「う……ん…………」ヨロヨロ

アルミン「…………」ヨロヨロ

ドサッ

ライナー「アルミン!?」


………………………

………………

………



97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 22:02:05 ID:u/RS0nyA


__________

________

______



アルミン「……………」パチッ

アニ「……!……おはよう」

アルミン「…………………。……?…………………!?」ガバッ

アニ「ちょっと、アルミン……」

アルミン「……アニ?あれっ?ここどこ!?」

アニ「医務室だよ。あんた、兵站行進中に倒れたんだ」

アルミン「え?」



98 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 22:06:05 ID:u/RS0nyA


アニ「過労が原因だろうから、休めば問題ないって聞いたよ」

アルミン「そうなんだ……。…………………?」

アニ「うん」

アルミン「…………」

アニ「…………なに?」

アルミン「アニって……看病していてくれたの?」

アニ「いいや。何もしてないよ。…………訓練が終わって、 暇だったし…………。あんたに、悪いことしたと思っていたから…………話そうと」

アルミン「悪いこと?」

アニ「昨日、事情も知らないのに、色々言ったでしょ?……それを……謝ろうと思っただけで……」

アルミン「なんだ。そんなのいいのに。気にしてないから」

アニ「本当?」



99 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 22:12:29 ID:u/RS0nyA


アルミン「……ちょっと気にしたかも」

アニ「悪かったよ」

アルミン「あ。でも。本当にいいんだ」

アニ「……エレンとミカサが、心配してたよ」

アルミン「え?」

アニ「食事当番だから、戻ったけど……二人ともここにいたんだ。ミカサはよく分からないけど……エレンは真っ青になってた」

アルミン「そっか……。また…………。……。どうしてこう、 上手くいかないんだろう」

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「まだ寝てなよ」

アルミン「あ、うん」モゾモゾ



100 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 22:16:21 ID:u/RS0nyA


アニ「…………じゃあ。これで」

アルミン「アニ」

アニ「え?」

アルミン「…………あ。えっと。……小説!……小説読み終わった?」

アニ「あぁ……うん。読み終わったよ」

アルミン「主人公、どうなったの?三角関係だったよね?」

アニ「主人公は、どちらとも幸せにはなれなかったよ」

アルミン「えっ?なんで?」

アニ「鈍いって言ったでしょ?」

アルミン「うん」

アニ「ずっと好きだった男の子……まぁトーマスでいいよね。トーマスに恋しているとを気づかないまま、新しい方……サムエルでいいよね。サムエルにも恋をして、どっちも大事にしようとしたんだ」



101 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 22:20:26 ID:/vCap1nY


アルミン「二股ってこと?」

アニ「どちらとも恋人にはなってないけどね。それで、二人にプロポーズされるんだけど」

アルミン「うん」

アニ「主人公は選ぶことができなくて、二人を怒らせて……一人になって…… 終わり」

アルミン「…………恋愛小説なのに、ちょっとあんまりな最後だね」

アニ「……どっちも取ろうとするから」

アルミン「…………」

アニ「どっちもだなんて、欲張りなんだよ」

アルミン「……。……そうだね」



102 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 23:00:09 ID:/vCap1nY


翌日、倒れたことをいい理由にして、僕は自主練習を止めた。

エレンは「そうか」と言って、少し安堵したような顔を見せていた。

疲労はすぐに回復したし、日が経つにつれ、座学の授業にも打ち込めるようになった。

書庫でアニと会うことはなくなった。

僕は自習や読書のために通っていたけれど、アニは新しい小説を読む気にはならなかったらしい。

毎日食堂や訓練で顔を合わせているから、別に会う必要もないのだけど、そうなると特に話すきっかけもない。

時々、また外の世界の話を聞いてくれないかな、とぼんやり思っていた。

その後、卒業模擬戦闘試験に奇跡的に合格した僕は、同時に座学での首位を奪還した。

解散式を控え、明日からは最後の連休だった。

故郷がトロスト区からほど近い訓練兵は、里帰りする者が大半だった。

ジャンやマルコは里帰り組だ。

「オレも早く帰って、村のみんなに8位だって報せてやりてぇよ。そしてひれ伏せ」と居残り組のコニーが嘆いていた。

帰る家がない僕も、もちろん居残り組だ。



103 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 23:19:45 ID:/vCap1nY


廊下


アルミン「あれ?………やあ。アニ」

アニ「……アルミン」

アルミン「アニも残ってたんだね。みんな里帰りしてるから、てっきり……」

アニ「うん」

アルミン(そういえば、アニの故郷ってどこなんだろう?)

アニ「どうかしたの?」

アルミン「あ。えっと、アニってどこ出身だったっけ?」

アニ「……ウォールマリア内北東にある小さな街だよ」



104 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 23:27:25 ID:IzCKIt5U


アルミン「え?そうなんだ……そっか……」

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「それだけ?」

アルミン「あ。いや。…………あ、そうだ。アニ!明日もここにいるよね。予定はある?」

アニ「どうして?」

アルミン「何も予定がないんだったら、明日、僕と街に買い物に行かない?」

アニ「…………は?」

アルミン「前に看病してくれたお礼に、何か美味しいものをご馳走するよ」



105 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/02(月) 23:36:11 ID:IzCKIt5U

アニ「……看病なんて、してないんだけど」

アルミン「そ、そうだ。そう言ってたね……」

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「…………何でもいいの?」

アルミン「え?」

アニ「食べるの」

アルミン「……!うん!いいよ。アニの好きなものをどうぞ」 ニコ

アニ「牛の肉でも?」

アルミン「うし……!?」

アニ「うそだよ。いいよ」

アルミン「ありがとう。じゃあ昼に訓練所の入り口で待ち合わせしようか」

アニ「わかった」

アルミン「じゃあまた明日」ヒラヒラ

アニ「じゃあね」



112 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:27:48 ID:DTA/V8oE


翌日


アルミン「やあ、アニ。もう来てたんだ」

アニ「うん」

アルミン「もしかして、待たせた?」

アニ「待ってないよ」

アルミン「よかった。じゃあ行こうか。食べたい物決まってるの?」

アニ「決まってない。……あんたは?」

アルミン「え?」

アニ「食べたい物、ないの?」

アルミン「僕かい?……うーん……特に…………。あっ。魚かな?」

アニ「それでいい」

アルミン「へっ?」

アニ「魚でいいよ」

アルミン「え?そうなの?」



113 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:32:02 ID:DTA/V8oE


アニ「うん」

アルミン「でもさ、それって僕が食べたかった物だし……。今日はアニにご馳走するつもりだったから、僕が好きな物を食べるのは、気が引けるよ」

アニ「………」

アルミン「レストランの通りまでは屋台も出ているし、見ながら行こうか。食べたいものが見つかるかもしれない」

アニ「……そうだね」

アルミン「うん」

アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「……。………………あんたさ」

アルミン「え?」



114 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:37:11 ID:DTA/V8oE


アニ「女の子が、私服を着てきたのに……。感想のひとつも言えないの?」

アルミン「えっ……。あ。ごめんよ。……アニ、いつもフード付きの上着着てるよね。好きなんだ?」

アニ「…………」

アルミン「に、似合ってるよ」

アニ「…………」

アルミン「………」

アニ「………あんたこそ。そのカーディガン好きだね。水色の」

アルミン「これ?父さんのお下がりなんだ。 小さい頃はぶかぶかだったんだけど……今はピッタリなんだよ」

アニ「そう」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「……毛玉」プチッ

アルミン「ありがとう。古いから、すぐ出来ちゃうんだ……」



115 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:43:16 ID:DTA/V8oE


街の中

ガヤガヤ

ザワザワ


屋台のおばさん「甘い木苺のジャムがあるよー」

屋台のおにいさん「新鮮な魚が並んでるよ!買っていってくれ」

通行人「内地で人気のブランドから、新作の帽子が出たんですって」

通行人B「私、レースが欲しい。安い店ないかしら」

カップル男「この口紅、君にとても似合っているよ」

カップル女「そんな……///こんなそばかすだらけの顔、化粧したって変わらないよ」

通行人C「あんた、荷物くらい持ってくれたらどうなんだい!?」

カップル男「何言ってるんだよ!僕は君のそばかすごと君を……君を愛しているよ!」



116 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:46:51 ID:XwHkel3g

カップルおいwwwwww



117 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:48:06 ID:DTA/V8oE


カップル女「本当……?///」

通行人D「うっせババァッ!両手塞がってんの見えねぇのか!?これ以上持てねぇんだよ!」

カップル男「あぁ……何があっても僕が君を護るよ……」

屋台のおじさん「みんな安くしとくよー」

ガヤガヤ

ザワザワ


アルミン「……人が多いね。はぐれないようにしよう」

アニ「あんた、休日なのにエレンはいいの?」

アルミン「エレン?」

アニ「いつも一緒にいるじゃない」

アルミン「エレンやミカサとは、昨日の午前中に散歩しに来たよ。今日はエレンは……自主練習して、あとは寝てるって言ってたな」

アニ「買い物はしなかったんだ」

アルミン「僕は用事もなかったからね。エレンはしていたよ」



118 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:53:36 ID:DTA/V8oE


アニ「そう」

アルミン「うん」

屋台のおばさん「そこの二人!」

アルミン「装飾品とかも売られているね。アニはアクセサリーはつける?」

アニ「付けない」

屋台のおばさん「そこの若いの二人!アンタ達だよ!水色の!」

アルミン「……え?」キョロキョロ

アニ「…………」

屋台のおばさん「ふふふ」ニコニコ

アルミン「僕らみたいだね。行ってみようか」

アニ「……」

屋台のおばさん「木苺のジャムはどう?砂糖は使ってないけど、とっても甘いんだよ」

アルミン「へえ……すごい。真っ赤だ。見てよ、アニ」

アニ「そうだね」



119 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/03(火) 23:56:41 ID:DTA/V8oE


屋台のおばさん「よかったら実を摘まんでみて?煮てなくたって甘いんだから!」

アルミン「あ。ありがとうございます……」モグモグ

アニ「………」

アルミン「……本当だ!甘い」

屋台のおばさん「でしょう?」

アルミン「はいっ。……すっごく甘いよ。ほら、アニも」ズ イッ

アニ「え…………」

アルミン「食べてみてよ」

アニ「…………」

アルミン「…………?」

アニ「………………………自分で……食べられるよ」

アルミン「あ。そっか。はい」ポトッ

アニ「どうも」



120 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:00:56 ID:RaA7cqeM


屋台のおばさん「兄妹で御使い?」

アニ「…………」パクッ

アルミン「え?いえ、違います。兄妹じゃなくて僕らは……」

屋台のおばさん「そっかそっか!ごめんね。あ。ねえねえ、じゃあさ、結婚はするの?いやね、私がアンタぐらいの時はもう決まった人がいたもんさ」

アルミン「結婚?」

アニ「…………」ムグ……

アルミン「…………。……………………そうか。そういう風に……。結婚はしないです。僕らはただ」

アニ「」ケホッケホッ

アルミン「えっ……。アニ、大丈夫?」

アニ「………………酸っぱいよ……これ」ケホケホ



121 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:05:44 ID:RaA7cqeM



アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」ピタッ

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」

アルミン「…………?あれ?アニ?」ピタッ

アニ「…………」ジー

アルミン「何かあった?」

アニ「……え……うん」ジー

アルミン「靴屋さん?」

アニ「うん」ジー

アルミン「わっ。すごいな……この靴。キラキラしてるね」

アニ「うん」

アルミン「付いてるのってリボンと……宝石かな?内地ではこういうのが流行ってるのかもね」



122 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:11:14 ID:RaA7cqeM


アニ「肩にレースが付いたドレス」

アルミン「え?」

アニ「……とかも……流行ってる……」

アルミン「へえ……」

アニ「本で読んだから……」

アルミン「…………」

アニ「………………あんたが言いたいこと、当ててやろうか」

アルミン「えっ?」アタフタ

アニ「冗談だよ」

アルミン「…………」ドキドキ

アニ「内地じゃ、こんなの履いて歩いてんだ。幸せだね」

アルミン「アニも内地に行ったら、履く機会があるかもよ」

アニ「履きたい訳じゃないよ」

アルミン「汚れたら、どうやって洗うんだろう?」



123 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:19:47 ID:RaA7cqeM

アニ「…………」

アルミン「宝石は取り外すのかな?」

アニ「……そうだね……。靴洗い専門の……召し使いがいるんじゃない?」

アルミン「…………」ジー

アニ「…………?……なに?」

アルミン「こうして近くで見ると、アニって結構小さいよね……」

アニ「は?」

アルミン「普段は感じないんだけど……。私服だからそう見えるのかな?」

アニ「…………嬉しくない」

アルミン「あっ。バカにした訳じゃないよ?女の子らしいって意味で……」

アニ「…………」

アルミン(うっ……怖い……)

アニ「…………」

アルミン「本当だよ?でも、気に障ったなら、ごめん」

アニ「……どうも」



124 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:24:06 ID:RaA7cqeM


僕らは、食べ物から装飾品に至るまで、色んな物を見て歩いた。

アニは表情こそ変わらないけれど、興味があれば長いこと見つめているようだった。

レストランの看板が見えてから、アニにもう一度食べたい物を聞いたけれど、彼女の答えは「ない」の2文字だった。

遠慮している様子もなかったので、結局僕が食べたかった味の薄い白身魚の煮付けとパンのセットを、二人で注 文した。

アニは、食事中の一口がとても小さくて、そんなところも女の子だと思った。

アニにご馳走するという目的は、無事に達成された。

メニューが僕のリクエストだったことだけが悔やまれた。

……。

本気で……牛の肉が食べたかった……という可能性は、考えないようにしよう。



125 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:29:58 ID:RaA7cqeM


アルミン「今日は付き合ってくれてありがとう」

アニ「……こちらこそ。……美味しかったよ」

アルミン「よかった。……僕さ、これから本屋に寄って行こうと思うんだ。アニは帰るかい?」

アニ「…………そう……だね」

アルミン「……うん。じゃあ気をつけて」

アニ「いいや。私も、新しい小説が読みたいから……」

アルミン「そうなんだ。なら一緒に行こうか」

アニ「そうだね」

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク

アニ「…………」テクテク

アルミン「…………」テクテク



126 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:32:22 ID:RaA7cqeM


アニ「…………狭い路地だね。こんな所に本屋があるの?」

アルミン「うん。結構古い本屋さんだったよ。僕も昨日、エレン達と来たときに見つけたんだけど……」

アニ「……そのときは行かなかったの?」

アルミン「うん……。急だったからさ。二人を付き合わせるのも悪いだろ?」

アニ「…………」テクテク





127 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:36:22 ID:RaA7cqeM


本屋


アニ「…………」ジー

アルミン「いいの見つかりそうかい?」

アニ「……うん。これだけ量があれば……一つくらいはありそうだよ」

アルミン「僕、奥の方にいるね」

アニ「うん」

アニ「…………」ジー

アニ「…………」ヒョイ

アニ「…………」

アニ「…………」ペラ

アルミン「…………アニッ」

アニ「え?」



129 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:45:13 ID:RaA7cqeM


アルミン「ちょっと、来てくれ……!」グイッ

アニ「えっ……アルミン?」

アルミン「これを見てくれよ」

アニ「……古い本だね」

アルミン「外の世界の本なんだ……!」

アニ「……外の世界の?」

アルミン「うん。今、少し中身を見たんだけど……海について書いてあった」

アニ「…………」

アルミン「すごい!本当に置いてあるとは、思わなかったんだ。でも、もしかしたらって……すごい。やった!」

アニ「そう。……よかったね」

アルミン「うん……」

アニ「…………。……そんなに好きなんだね。外の世界が」

アルミン「好きだよ。だってこれは……僕の夢なんだ」

アニ「夢?」



130 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:52:53 ID:UpyA7.YU


アルミン「僕はね。いつか外の世界を探検したいんだ。じいちゃんの本にあった、海、氷の大地、炎の水、砂の雪原……全部。この目で、見たい」

アニ「…………」

アルミン「一生かかってもいいから、外の世界を探検し尽くすって、子供の頃に決めたんだ」

アニ「…………」

アルミン「うん。決めた。僕、決めたよ。調査兵団に入る」

アニ「え?」

アルミン「外の世界へ行くには、巨人を倒さないといけないだろ?壁の外に出たら、弱い僕なんかは、教官殿の言うように餌になるだけかもしれない」

アニ「…………」

アルミン「でも……少しでも外の世界に近づきたい。この世界のことを知るための、役に立ちたい……」

アニ「…………そう」



131 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 00:58:39 ID:UpyA7.YU


アルミン「うん……」

アニ「…………」

アルミン「…………」ニコニコ

アニ「…………あのさ」

アルミン「うん?」

アニ「…………手……痛いんだけど……」

アルミン「え?…………あっ!ごめん!」パッ

アニ「…………」

アルミン「ごめん。掴んだままだったね……。わ、ちょっと赤くなってるや」サワサワ

アニ「……いいよ。平気」

アルミン「本当かい?」

アニ「……あんたの顔、面白かったし……。それでいいことにしてあげるよ」

アルミン「え?」

アニ「…………」フイッ



132 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 01:05:14 ID:UpyA7.YU


アルミン「……僕の顔って……そんなに面白い……?」 サワサワ

アニ「…………」

アルミン「これって買えるのか?買ったら罪になるかな……」

アニ「………」

アルミン「あ……。高い……」


貯金をはたいても買えないような値段のそれを、 僕は床に座り読み耽った。

腰をあげたのは、空がオレンジ色に焼けてから。

今帰らなければ、門限に間に合わないという時だった。

アニは小説を読んでいたけれど、購入はしなかった。

帰り道、アニとの間に目立った会話はなく、訓練所の入り口で僕らは別れた。



138 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:32:05 ID:7ci3jMMs


________



書店で見つけた本には、海に関する記述しかなかった。

それでも僕は高揚していた。

じいちゃんの書庫から内緒で持ち出して、エレンと一緒に読んだ外の世界の本は、シガンシナ区にある実家で眠っている。

壁が破られた混乱の中で、あの本だけを持ち出すのは不可能だった。

禁忌とされた内容の本を並べる書店はまず見ない。

開拓地に身を移してから今日まで、外の世界の情報を文字で得ることはついぞなかった。



139 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:34:57 ID:7ci3jMMs


5年ぶりだったのだ。

埃臭い本の、インクの滲んだ文字を追いながら、僕は書かれた内容を頭の中で絵にしていた。

立つ波の高さ。

白くて細かい浜の砂。

貝殻から産まれた宝石の輝き。

水平線に沈む夕日の眩しさ。

両手で抱えられる本の中に、僕の知らない世界が詰まっていた。



140 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:41:30 ID:7ci3jMMs


エレン「街で何してきたんだ?」

アルミン「お昼ご飯を食べて、街を探索してきたよ。お昼はね、白身魚とパン。味は薄かったけど、魚の身が大きくてお腹いっぱいになった」

エレン「一人飯か?なんだよ。オレも誘えよ」

アルミン「いいや。アニと一緒だったよ」

エレン「アニ?……今更買い出し当番だったんじゃねぇよな」

アルミン「うん。完全にプライベートだよ」

エレン「ってことはお前!……デートか?」

アルミン「……まさかあのエレンに、そっちでからかわれるとは、思ってなかったよ」

エレン「あのってなんだ!あの、って」

アルミン「あはは。デートじゃないよ。ちょっと彼女に、お礼がしたかっただけさ。楽しかったよ。屋台を見てまわって……ご飯を食べて……本屋さんに行ってきたんだ」



141 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:46:21 ID:7ci3jMMs


エレン「お前は本の虫だからな……。気に入ったのは見つかったか?」

アルミン「うん。…………。………僕の好きな本があった」

エレン「どんなのだ?見せてくれよ。読まねぇけどな」

アルミン「…………高くて買えなかったんだ」

エレン「なんだ。残念だったな」

アルミン「……うん。でもエレンにも……」

エレン「オレ?」

アルミン「何でもない。明日は大事な解散式だし、もう寝ようよ」モゾモゾ

エレン「そうだな」モゾモゾ

アルミン「訓練兵でいられるのも、あと数日だね」

エレン「長かったな。この3年間。早く力をつけて、卒業したくて堪らなかった」

アルミン「…………」

エレン「…………」

アルミン「…………エレン。エレンは……調査兵団に入るんだよね」



142 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:49:32 ID:7ci3jMMs


エレン「…………あぁ」

アルミン「君は小さいときから、そう言って……」

エレン「そうだ。やっと、これで巨人どもをぶっ殺せるんだ。一匹だって生かしてやらねぇ。この手で、この世から。あいつらの存在を消し去ってやる」

アルミン「…………そうだね。…………その為に、ここまで頑 張ってきたんだ」

エレン「あぁ」

アルミン(エレンが追いかけているのは、それだけなんだ……)

エレン「……………………」

アルミン(僕の夢は…………)



143 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/04(水) 23:54:25 ID:7ci3jMMs







エレン「オレは……。オレには夢がある……」








144 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 00:00:14 ID:MZkqu5v2


翌日。

解散式を終え、一悶着あった送別会もお開きになって、僕はエレンと寮に戻った。

消灯されるまで、他愛のない会話を楽しむ。

いつもと変わらない夜の時間だ。

違うのは、僕の手が緊張で湿っていることだけだった。


アルミン「最後まで喧嘩していられるなんて、君達はある意味仲良しなんだよ」

エレン「んな訳ねぇだろ……。誰があんな敗北主義者と馴れ合うんだ」

アルミン(この3年間、関係が全く修復されないのもすごいな……)

エレン「…………」モゴモゴ

アルミン「どうかした?」

エレン「口ん中が染みる」

アルミン「切れたんだよ。顔を殴られてたじゃないか」

エレン「…………」モゴモゴ



145 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 00:06:33 ID:MZkqu5v2


アルミン「……舐めない方がいいんじゃないかい?」

エレン「気になっちまう」モゴモゴ

アルミン「……………」

エレン「なんかこの痛いのが癖になるよな」モゴモゴ

アルミン「それはちょっと分かる……」


いつ切り出そうか迷っていた。

こんなことなら、コニー先輩の積極性をもっとよく観察して学んでおくべきだった。


アルミン「…………」

エレン「…………」モゴモゴ

アルミン「…………」

エレン「……?アルミン。眠いのか?」

アルミン「……眠いといえばさ!ちょっと前に夢の話をしたの、覚えてるかい?」

エレン「え?」



146 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 00:10:38 ID:MZkqu5v2


アルミン(我ながら……下手だな……)

エレン「夢っていつのだよ?お前はよく夢の話するじゃねぇか。ベルトルトが便所の入口塞いで、みんな入れなくて困ってたやつか?」

アルミン「いいや。えっと……ちょっとじゃないか……結構前だ」

エレン「なら多分、覚えてねぇな」

アルミン「正確には……話すことはできなかったんだけど………。僕らが子供の頃……」

エレン「…………」

アルミン「僕のじいちゃんが持っていた…………外の世界の本を、一緒に読んだときの夢なんだ……」

エレン「……お前はいつも、じいさんの書庫から、何か引っ張り出してきてたよな」

アルミン「う。うん……」

エレン「…………」



147 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 00:15:07 ID:MZkqu5v2


アルミン「それでさ。僕たちは、外の世界に憧れただろ?……」

エレン「あぁ」

アルミン「……!……憧れて、一生かかったっていいから……外の世界を全部探検するって……」

エレン「言ったな」

アルミン「エレンは…………………」


エレンは、送別会でジャンに向かってこう言った。


エレン『オレは……。オレには夢がある……』

エレン『巨人を駆逐して、この狭い壁内の世界を出たら』


エレン『…………外の世界を、探検するんだ』



149 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 00:48:24 ID:m1l3PKlQ

彼の中で、外の世界への憧れはまだ生きている。 なら、聞きたいことはひとつだ。


アルミン「その後に、何て言ったか覚えてる?」


エレンにも、書店で見つけたあの海の本を読ませたかった。

でもエレンはもうきっと、外の世界に興味はない。

あの日から、エレンの瞳には、カルラさんの死に様が焼きついたままだから。

その目蓋の裏に僕との思い出は残っていない。

以前から薄々感じていたことは、解散式の迫る夜には、急に現実味を帯びていた。

もしエレンが覚えていても、彼の背中ばかり見てきた僕だ。

どんなに足掻いたって、同じ目線で夢を追えるはずがなかった。



150 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 00:55:27 ID:K5NxTasQ

僕はそう思っている。


アルミン「……………」


僕の夢が僕だけのものになる。

何もおかしい事ではないのに、僕はその瞬間をずっと恐れている。


エレン「オレと一緒に、外の世界に行こう。男同士の約束だ!……だろ?」



151 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 01:01:43 ID:K5NxTasQ


アルミン「…………!」

エレン「忘れねぇよ。大事なことだからな」

アルミン「…………い。いま。……今は!?今も……そう、思っているの?」

エレン「当たり前だ。……男の約束は破ったらゲンコツだって、お前のじいさんが言ってたんだろ?」

アルミン「そうだった」

エレン「お前は……。……言い出したら、聞かねぇしな」

アルミン「うん。……ははっ」

エレン「だろ」ニカッ

アルミン「…………」

エレン「…………」

アルミン(エレンは……覚えてくれていた………)

エレン「?」

アルミン(僕の夢は、まだエレンと一緒に追いかけることができるんだ…………)



152 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 01:08:17 ID:K5NxTasQ


エレン「…………」

アルミン「…………」

エレン「…………」

アルミン「…………」

エレン「やっぱり眠いのか?」

アルミン「……エレン」

エレン「ん?」

アルミン「寄りかかってもいいかな?」

エレン「え?」

アルミン「…………」

エレン「……………」パチクリ

アルミン「…………」

エレン「…………」パチパチ

アルミン「え?」



153 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 01:13:35 ID:K5NxTasQ


エレン「ん?」

アルミン「ごめん……。子供みたいなこと、言ったよね?僕……。ごめん」

エレン「いや。いいぜ?別に寄り掛かるくらい」

アルミン「え?」

エレン「ほら」グイ

アルミン「……」ポスッ

エレン「…………」

アルミン「……………………」ジワッ

エレン「急にどうしたよ。じいさんの事でも思い出したか?」ポンポン

アルミン「……そうか。そうかもしれない……」



154 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 01:22:21 ID:K5NxTasQ


エレンの手に宥められながら、僕は色んな事を思い出していた。

シガンシナ区にある僕の家。

暖炉の前で、ロッキングチェアに腰かけたまま居眠りをしている祖父。

祖父の書庫の匂い。

日常会話の合間に挟まれる母親からのキス。

父は幼い僕に、自分の夢を熱く語って聞かせた。

ガキ大将に叩かれて愚図る僕を、笑わせようとするエレン。

初めて見たミカサの笑顔。

夕焼けの下で拡げた外の世界の本。

あの日まで、僕の周りはこんな風に温かかった。



155 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 01:23:58 ID:K5NxTasQ


…………。


















……………アニの手も、温かかったな。



158 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:29:24 ID:yQgTuyH2





アルミン「あれ?」

アニ「…………」ビクッ

アルミン「アニ?……どうしたの?こんな時間に……。一人で」

アニ「…………」

アルミン「……?」

アニ「……別に……。ただの、散歩だよ」

アルミン「あぁ……今日は星が綺麗だから、眺めて歩くにはいいよね」

アニ「……あんたは、何してんの?」

アルミン「僕かい?僕は……少し涼みにきたんだ」

アニ「そう」

アルミン「うん」



159 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:37:03 ID:yQgTuyH2


アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「…………」

アルミン「アニ」

アニ「……なに?」

アルミン「良かったら、少し話さない?」

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「…………いいよ」

アルミン「よかった。じゃあ……。あそこの階段に座ろうか。灯りもあるし」

アニ「…………」

アルミン「…………」ストン

アニ「…………」ストン



160 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:43:14 ID:yQgTuyH2


アルミン「…………?」

アニ「…………」

アルミン(……なんだろう?…………怒ってる……?いや……落ち込んでる?)

アニ「…………」

アルミン&アニ「あの」

アルミン「あ。ごめん」

アニ「…………なに?」

アルミン「えっと……アニからどうぞ」

アニ「いいよ。あんたの話を聞く」

アルミン「いや。アニの話を聞くよ」

アニ「…………」

アルミン「ほら。レディーファーストだから」



161 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:47:31 ID:yQgTuyH2


アニ「…………」

アルミン「話してよ」

アニ「…………何か、良いことあったの?」

アルミン「え?」

アニ「嬉しそうだよ」

アルミン「そうかな……?」

アニ「顔、ニヤけてるよ」

アルミン「えっ」サワサワ

アニ「…………」

アルミン「…………」サワサワ

アニ「……」

アルミン「うん……。確かにさっき、嬉しいことはあったんだ」

アニ「そうでしょ?」

アルミン「うん。………エレンがさ」



162 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:52:02 ID:yQgTuyH2


アニ「………」

アルミン「小さい頃の約束を、覚えていてくれたんだ」

アニ「約束?」

アルミン「外の世界を探検する事が僕の夢だって、話しただろ?」

アニ「うん」

アルミン「それは、一人でじゃないんだ。二人で一緒に探検しようって……小さい頃に、エレンと約束していたんだ」

アニ「……そういや送別会で、あの死に急ぎ野郎も言ってたね。外の世界がどうたらって」

アルミン「うん。僕らは、同じ夢を持っていたんだ」

アニ「…………」

アルミン「でもエレンは、ここに来てから外の世界の話をしなくなった」

アニ「…………」



163 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 21:56:32 ID:yQgTuyH2


アルミン「それどころじゃないのも、あったんだろうけど。忘れてしまったか……僕と一緒に夢を叶える気がなくなったんだと、思っていたんだ」

アニ「…………そう」

アルミン「うん」

アニ「…………」

アルミン「でもそれは僕の思い過ごしだったよ。エレンはちゃんと、覚えていてくれたんだ。二人で、外の世界を探検しようって、約束したこと」

アニ「…………」

アルミン「今もそう思っているって、言ってくれたんだよ!」

アニ「………よかったね」

アルミン「……けど、それでやっぱり、僕は今のままじゃ駄目だって思ったよ」

アニ「…………」



164 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:01:04 ID:yQgTuyH2


アルミン「今までみたいに、エレンに助けられながら生きていては駄目だ。同じ夢を追うなら、エレンと対等でありたい………。僕は、エレンと同じ物を見たいんだ」

アニ「…………そう」

アルミン「だから、僕は強くなってみせる。逆にエレンを助けてあげられるくらい、強くなってやるんだ」

アニ「……強いあんたなんて、想像できないけどね」

アルミン「はは……。そうだよね……。いや。ムキムキになってやるよ」グッ

アニ「ムキムキ?あんたが?」

アルミン「あぁ!」

アニ「そりゃ楽しみだね。期待してるよ」

アルミン「……!」

アニ「……?なに?」

アルミン「あ。ううん」

アニ「……?」

アルミン(また笑ってくれた……)



165 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:13:07 ID:yQgTuyH2


アニ「…………」

アルミン(アニの笑顔って、僕にとっては貴重だよね)

アニ「……どうしたの?」

アルミン「あ……。アニの、夢はさ」

アニ「え?」

アルミン「花嫁になることだったよね?」

アニ「…………」

アルミン「あれ?違った?」

アニ「……そうだよ」

アルミン「合ってた?よかった」

アニ「それがなに?」

アルミン「アニも夢を叶えるために、頑張って。応援してるよ」

アニ「…………」

アルミン「アニなら良いお嫁さんになれるよ。料理が上手いって聞いたことあるし」



166 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:16:27 ID:yQgTuyH2


アニ「……そんなことないよ」

アルミン「そんなことあるよ!お嫁にしたいって人、 きっと沢山いると思うな」

アニ「……どうも」

アルミン「どういたしまして」

アニ「からかってるの?」

アルミン「えっ?本心だよ」

アニ「そう」

アルミン「……」ニコ

アニ「……」

アルミン「…………」ジー

アニ「…………」

アルミン「…………」ジー

アニ「……なに?」

アルミン「……アニってさ。他人に興味がなさそうなのに、実はよく見ているよね」



167 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:20:27 ID:yQgTuyH2


アニ「は?」

アルミン「さっきも僕が嬉しそうだって、言ってただろ?前に僕が体調を崩した時も、一番最初に気づいたのはアニだったよ。鋭いんだね」

アニ「…………それは……」

アルミン「…………」ジー

アニ「…………」

アルミン「…………」ジー

アニ「………………」

アルミン「…………」ジー

アニ「…………」フイッ

アルミン「…………アニ?なんか顔赤」ジー

アニ「ちょっと」グイ

アルミン「わぷっ!?……アニ!手、すごく冷たいじゃないか」ギュッ



168 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:24:57 ID:yQgTuyH2


アニ「~~……」

アルミン「中に入った方が……」サワサワ

アニ「……いつもそうだから、気にすることじゃないよ……。女の子ってのはさ、冷え性なんだ」

アルミン「でも……」

アニ「……。……あんたの手が、温かすぎるんでしょ」

アルミン「僕は普通だよ」

アニ「いいや。……子供の手みたいだよ」

アルミン「世間から見たら、アニも子供だよ」

アニ「……そうだね」

アルミン「うん」

アニ「……ささくれ。取ってやろうか」

アルミン「痛そうだから遠慮しとくよ……。装置の整備とかで、すぐ荒れちゃうんだ。でも、アニはそんなことないね?綺麗な手をしてる」

アニ「………」



169 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:29:30 ID:yQgTuyH2


アルミン「乾燥していないし、爪もぴかぴかだね」

アニ「………」

アルミン「羨ましいな」ニコ

アニ「…………」

アルミン「……」ニコニコ

アニ「…………」スクッ

アルミン「アニ?」

アニ「そろそろ戻らせてもらうよ。消灯の時間も近いでしょ?」

アルミン「そうだね。夜だし、寮まで送っていこうか?」

アニ「それはこっちの台詞だよ……」

アルミン「え?僕はいらないよ」

アニ「私もいらない」



170 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:32:52 ID:yQgTuyH2


アルミン「そうかい?なら、おやすみ」

アニ「…………」

アルミン「……?」

アニ「…………手」

アルミン「あ。ごめん」パッ

アニ「…………」

アルミン「…………」

アニ「……おやすみ」

アルミン「うん。また明日」



171 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:34:23 ID:yQgTuyH2


アルミン「…………」ヒラヒラ


アルミン「…………」ポツン


アルミン「…………」


アルミン「……星が……。……今日は本当に綺麗だな」



173 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:36:46 ID:yQgTuyH2


あの星空が続く場所に、僕の夢がある。

辿り着くまでにどれほどの時間がいるのだろう。

僕が海辺を歩ける頃……

その頃には、アニはとっくに誰かの花嫁になっているんだろうな。

内地は裕福な家庭が多いと聞いたから、ウエディングドレスというものも着たかもしれない。


………。





174 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:40:35 ID:yQgTuyH2


そうだ。アニに手紙を書こう。


入団が決まれば、会う機会もないだろうから、話したいことは文字にして送ろう。


僕の顔ほど面白い話は書けないだろうけれど、


外の世界のことでも、エレンのことでも、楽しい内容なら何でもいい。


僕の目に映るものを、アニにも見て欲しいんだ。





175 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:43:54 ID:yQgTuyH2


___



アニ「…………」ポツン


アニ「……他人をじろじろ見る趣味なんてないよ」


アニ「…………」


アニ「………………………アルミン……」


アニ「…………」


アニ「…………あんただから、だよ」



終わり **



176 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:46:30 ID:yQgTuyH2

以上です。
読んでくれた方、ありがとうございます。



177 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 22:47:28 ID:HfBIR6qA

良いにやにや!乙



180 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 23:05:53 ID:jiz44zt.

イイハナシダナー



181 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/09/05(木) 23:24:44 ID:jhBOcVhg

もっと書いてもええんやで



転載元
アニ「アルミン……あんただから、だよ」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1377949634/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (59)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 09:16
          • 1ゲッッッッット
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 09:38
          • 3ゲッチュ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 09:48
          • 雰囲気とキャラがすごくよかった
            もっと読みたい
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 09:57
          • せ、せつねぇ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 09:59
          • 私の中でアルアニが大正義であると決定

            もっと書いてもええんやで!!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 10:02
          • ほぅ・・・悪くない
            続けろ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 11:25
          • 5 アルアニ最高
            雰囲気もよかった
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 11:26
          • 5  違和感もなくて良かった
          • 9. 黒猫
          • 2013年09月06日 11:41
          • そしてアルミンはアニを罠に嵌めるわけか……
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 12:17
          • ※9やめろ……
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 12:20
          • ※9
            無慈悲なクロミン…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 12:26
          • エレアル最高や!
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 12:30
          • アルミン「アニは北にある地区のユトピアで拷問を受けているよ」
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 12:40
          • これはよいものだ!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 12:54
          • 5 いい距離感だ
            もっと書いてほしいな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 13:11
          • 5 アニは本当に恋愛小説を読んでたのか自分の立場を例えた話なのか解らんかった…
            まぁなんにしても可愛い。
            アルミンとの距離感も良いしエレンの存在も良いな。アニの口調も違和感無かったし。乙。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 13:21
          • 自然で素晴らしかった
            キャラに違和感を感じずにif読めると嬉しいな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 13:25
          • ?うーん、いまいちだったかな
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 13:25
          • 5 (;ω;)
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 13:38
          • 5
            やはり違和感を感じさせなく書くって大切やね。
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 13:48
          • 5 待ち伏せしてた時にアニが「傷付く」って言ってたのは本心からなのかな
            アルミンとアニはそんなに絡んでるイメージないけど描写されてないだけで意外と仲良かったんだろうか
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 14:14
          • 三年もいりゃ仲良くなるだろ
            ダズとかでもそらなりに
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:00
          • よかったよ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:04
          • 5 確かにアルミンはエレンの復讐心についていけない感じはあるな
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:11
          • 5 良かったです。
            アルミン未覚醒な感じが
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:23
          • マルコが死んだ後にアニがアルミンに言った言葉は何かしら心開いてる気がしたから
            原作で描写が無いだけで実はアニは見てるとこ見てたんだろうな…

            原作らしい距離感に、読みながら切なくなった
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:46
          • アルアニはクズ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:48
          • 5
            エレンとアルミンのすれ違いが切ない
            アニも切ない(´;ω;`)
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 15:53
          • 5 これだけ読めばきゅんきゅんするけど、この後のことを考えると泣けてくる。
          • 30. ???
          • 2013年09月06日 16:16


          • ふふふ…いよいよ我が家系に代々伝わる宝具『ソノウソホント』を使う時が来たようだな…

          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 16:53
          • で、
            アニはこのあとヒュンヒュンすると
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 16:59
          • 5 いい話だった。それだけにこの後(壁外)の事を思うと悲しいな。
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 18:28
          • 1 きっもwここで手放しで褒めまくってるクソザコ共きっもw
            この>>1は殺されたほうが世界のためやな^^^
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 19:42
          • じんわりきた…
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 20:34
          • 5 素晴らしかったです!アルミンとアニも良かったけど、アルミンとエレンの友情面も凄い良かった。
            心理描写の繊細さが好き!自然で良かったよ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 21:28
          • 4 アニさん…

            なんとかインチキできんのか!?
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 21:46
          • (和平を結んじゃ)いかんのか?
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月06日 23:29
          • 5 恋愛系のSSで久しぶりにキュンとしたわ
            アルミンの劣等感とか葛藤も凄くリアルで良かった
          • 39. MCC
          • 2013年09月06日 23:49
          • 5
            これは素晴らしい!アルアニ最高!!アルアニSSもっと増えろ~!!!
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 01:06
          • 5 アニの口調が違和感なくてよい

            この後色々辛いなー
            最新話ではゲスミンだし
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 02:18
          • 素敵じゃないのさ
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 08:00
          • この後アニはヒュンヒュンするのか…
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 08:33
          • アルミン「縄跳びを贈ろう」

            アニ「わーい」ヒュンヒュン




            うん、ヒュンヒュンOK。Let's Go.
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 10:43
          • 立場さえ違えば、この二人も…
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 17:48
          • 涙がこぼれて自分でも驚いた
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月07日 17:50
          • ※40
            (ピー)がアニの事を好きだと分かった上でアレだからな。
            初めてアルミンに恐怖を感じた。
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月08日 02:45
          • 5 これ以上続けると強制バッドエンドだからね。ここで終わってくれて丁度よかった。
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月08日 06:10
          • でもやはりアニエレのほうがしっくりくる
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月08日 09:17
          • 街中のカップル、フランツとハンナだろwww
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月08日 11:14
          • アルミンの事が気になりながらも一定の線以上踏み込めないあたり、ああアニだなって感じで読めた
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月08日 23:21
          • アニエレ厨が発狂して笑えるw

            あと※9だけは絶対に許さない
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月09日 00:23
          • いい話だった
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月14日 23:35
          • 良作乙!!
            自分的にはアルアニっつーかアニアルぽと思た

            最新のアレはまぁイロイロ言われてるみたいだが、作品の展開上仕方ない台詞で、しかしそれを踏まえてこのss読むと切ないな
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月29日 09:37
          • アルアニに見せかけたアルミン→エレンだと思ったは
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月29日 11:39
          • アニ可愛い
          • 56. 以下、VIPにかわりましてゲスミンがお送りします
          • 2014年02月16日 19:24
          • このあと
            [アニ「ここは?」いき過ぎたゲスミン「地下牢とだけ言っておこうか」]を見ると
            全てアルミンの策略だったと思えてしまうwwww
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月06日 10:46
          • 5 淡い感じが良かった!
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月25日 17:42
          • ハンナ&フランツに紛れてるが、さりげに通行人CとDもジャン親子だよな……。
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月14日 22:58
          • この後に待つ悲劇を思うと......

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 琴葉「おかえりなさい、あなた」
        • 女「はじめてレンタル彼氏利用しちゃった…」どきどき
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ