TOP

座敷童「お前は今幸せか?」 男「え……いや……え?」

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:39:55.80 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「ふぅ……まったく。 狭い部屋じゃのう」

男「ってか幸せって……え? 誰?」

座敷童「なんじゃ、儂を知らんのか? 教養がなっとらんの」

男「いや、全く知らないです。 ってか誰ですか!! ここは俺の部屋ですよ!!」

座敷童「人に名前を尋ねる時はまずは自分から名乗るのが筋じゃないか?」

男「あ、男です……じゃねーよ!! 本当に誰だよ!!」

座敷童「うぬ。 儂の名前は座敷童と申す。 これから宜しく頼む」

男「……座敷童?」

座敷童「そうじゃ」



2 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:43:59.17 ID:sKZr1Jsv0

男「百歩譲って貴女が座敷童だとしよう。 ……どこが童だ! どう見ても子供じゃねぇよ! 良くて高校生くらいだろ!!」

座敷童「それはお前の固定概念が生み出した幻想じゃ。 儂だって成長はする。 童が成長したら大人になる。 当たり前じゃろ?」

男「そうだけど……そうだけどなんか……!」

座敷童「目の前の現実を受け入れろ男よ」

男「これを現実だと受け入れれない俺がいるんだけど。 ってかまずお前が妖怪だってのを信じれない! 出てけ! 俺の家には金目の物なんかないぞ!!」

座敷童「儂を賊か何かと勘違いしているようじゃが、儂はれっきとした座敷童じゃ。 金目の物が無いような不幸に塗れたお前に幸せを与える為にやってきたんじゃ」

男「そんな簡単に信じれるか! 出てけ!」



3 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:44:54.95 ID:sKZr1Jsv0

男「百歩譲って貴女が座敷童だとしよう。 ……どこが童だ! どう見ても子供じゃねぇよ! 良くて高校生くらいだろ!!」

座敷童「それはお前の固定概念が生み出した幻想じゃ。 儂だって成長はする。 童が成長したら大人になる。 当たり前じゃろ?」

男「そうだけど……そうだけどなんか……!」

座敷童「目の前の現実を受け入れろ男よ」

男「これを現実だと受け入れれない俺がいるんだけど。 ってかまずお前が妖怪だってのを信じれない! 出てけ! 俺の家には金目の物なんかないぞ!!」

座敷童「儂を賊か何かと勘違いしているようじゃが、儂はれっきとした座敷童じゃ。 金目の物が無いような不幸に塗れたお前に幸せを与える為にやってきたんじゃ」

男「そんな簡単に信じれるか! 出てけ!」



4 :ダブったがっでむ 2013/09/02(月) 19:45:57.35 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「……お前は最近、結婚を前提に付き合っていた幼馴染と別れたそうじゃな。 幼馴染の浮気で幼馴染がそっちへ心移りしてしまったのが原因だったのう」

男「な、なんでそれを!?」

座敷童「それでお前はショックで寝込み、仕事を続けるやる気さえ失い現在は職無しじゃな」

男「……」

座敷童「今日珍しく出掛けていたのは、プロポーズの際に渡す予定だった指輪を質に入れに行っていたんじゃったな」

男「……なんでそれを知ってる?」

座敷童「座敷童じゃからの」

男「け、けどそんなの少し調べれば分かる事じゃないか!」

座敷童「……現在のお前の貯蓄額は八百五十三万六千円じゃろ? 結婚資金に当てようと頑張って働いたんじゃな。 涙がちょちょ切れそうじゃ……」

男「」

座敷童「お前の性癖に関しても突っ込んでやろうか? 好きな体位は対面座位。 少し早漏気味。 チャイナドレスのコスプレを幼馴染に要求して引かれた事もあったのう」

男「や……」

座敷童「後は別れた後もしっかりと性処理はしてるのう。 デリバリーヘルスで来たキャシーちゃんは少し不細工で残念だったのう」

男「分かった! 分かったからもう止めてくれ!」



5 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:47:19.67 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「ようやっと認める気になったか?」

男「はい……認めます……勘弁してください……」

座敷童「うぬ。 良きに計らえ」

男「ってか座敷童ってとり憑く人間の事そこまで詳しく知ってるもんなの?」

座敷童「素行調査は基本じゃ」

男「素行調査ってレベルじゃないところまで知られてる気がする……」

座敷童「儂も少し興味があったしのう」

男「oh……」

座敷童「兎にも角にもこれから宜しく頼むぞ」

男「あい……けど宜しくって言っても俺は何をすれば……?」

座敷童「幸せになれ。 それだけじゃ」

男「幸せったって……」



6 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:49:16.74 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「新しい仕事を探して、親友を見つけ、新しい恋人を見つける。 これが目標じゃ」

男「恋人……無理だ……どうせまた裏切られる……」

座敷童「うじうじと女々しい男じゃのう……それをサポートする為に儂が来たんじゃろうに」

男「だってさ……ずっと信じてきたのにさ……」

座敷童「……うがー!!」

男「うぉ!!!?」

座敷童「しゃきっとせい! 儂が付いておる! 何も一気に幸せになれとは言っとらん。 徐々にでいいのじゃ、儂が絶対に幸せにしてやる!」

男「……俺でも……幸せになれるのかな……?」

座敷童「儂を誰だと思っておる! 天下の座敷童様じゃぞ! 大船に乗ったつもりで構えておれ!」

男「……うしっ! 信じますよ座敷童さん!」

座敷童「うぬ! 任せておれ! ……ところで儂は腹が減った。 今日の夕餉はなにかの?」

男「全部台無しだよこの野郎!!」



7 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:52:01.15 ID:sKZr1Jsv0

――――――翌日(朝)――――――


男「Zzzzzz……」

座敷童「おい」

男「Zzzzzz……」

座敷童「おい、起きろ」

男「うぅ……後少し寝かせて幼馴染……Zzzzz……」

座敷童「……あちょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」ドカッ

男「痛ってえええええええええええええええええええええ!!!!」ガバッ



8 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:53:09.38 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「よし、起きたな」

男「いきなり何しやがる!!」

座敷童「朝なのに起きないお前が悪い」

男「俺は昼に起きるんだよ……ってか薄暗いな。 今何時?」

座敷童「朝四時じゃ」

男「早朝にも程があるわ!」

座敷童「この虚けが! 早起きは三文の徳という言葉があってじゃな!」

男「三文っぽっちの得なんかいらん、寝かせろ」

座敷童「三文を馬鹿にするか貴様! 塵も積もれば山となるという言葉があってな……」グゥー

男「……何故俺をこんなに早く起こしたか本音で言ってみろ」

座敷童「腹が減った、朝餉の用意をせい」

男「やっぱりかちくしょう!!」



9 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:54:59.40 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「目玉焼きにウインナー、レトルトの味噌汁に白米……まぁまぁじゃの」

男「何様だ」

座敷童「神様じゃ」

男「あれ? 座敷童って妖怪じゃないの?」

座敷童「妖怪、精霊、守護霊、福の神。 様々な呼び方があるが、儂は神であると自負しておる」

男「へえー、なんで?」

座敷童「神様って響き、かっこいいじゃろ?」

男「それだけかおい」



10 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:56:19.72 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「そんな事よりおかわりじゃ! はよ白米をもてい! 大盛りじゃからな!」

男「いつの間に食った!?」

座敷童「これぞ秘技“神隠し”」ドヤァ

男「飯をまだ食べてないのに胸焼けを起こしそうなドヤ顔ありがとう」

座敷童「褒めるでない……て、照れるじゃろ……////」テレテレ

男「わぁーポジティブー」



11 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:57:33.98 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「はふはふ」モグモグ

男「……そういや昨日の夜ってお前は何処で寝たんだ?」

座敷童「ケフッ……ん? 押し入れの中じゃがどうした?」

男「ドラえもんかよ。 ってかいきなり居なくなったから、わぁー妖怪っぽーいって関心してたのに」

座敷童「ドラえもん? なんじゃそれは? 話は変わるが夜はタヌキ鍋にせんか? 久しぶりに食いたくなった」

男「お前絶対知ってるだろ」

座敷童「?」

男「こ首を傾げるな、不覚にも可愛いって思っちゃったじゃねぇか」

座敷童「わ、儂を口説くのには千年早いぞ若造が!」ダンッ

男「顔真っ赤にして言うセリフじゃないよねそれ。 あとご飯粒がほっぺに付いてるぞ」

座敷童「え、どこどこ?」

男「あー動くな動くな……ほら取れた」ヒョイパク

座敷童「お、お前!!! そんな『もう。 お弁当持って何処行くんだよー』 的な行動はやめい!//////」

男「お前下手な人間より人間っぽいね」



12 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 19:59:58.96 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「ふー、食べた食べた。 余は満足じゃ」

男「お粗末さまでした。 ってかお前風呂とか着替えとか大丈夫なの? 今着てる着物も昨日のままみたいだけど」

座敷童「湯浴みはしたいのう。 服はこれしかないんじゃ」

男「なんか妖怪とかってそういったの不要なイメージあったから違和感覚えるわ」

座敷童「それはお前の固定概念じゃ。 儂だって『いい湯だな、びばのんのん』 とかやるぞ」

男「お前やっぱり人間だろ。 しかも結構古い」



13 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:02:11.31 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「もう三百年は経つかの、早いものじゃ……」シミジミ

男「ウッス、センパイウッス」

座敷童「何故じゃろう、無性に殴りたくなった」

男「まぁ冗談はこれくらいにして風呂入ってこいよ。 着替えは……幼馴染の残していったTシャツとかあるから………」

座敷童「お、おう……じゃあ失礼するかの……」

男「ああ……着替えやタオルはそっちの棚の中にあるから」

座敷童「分かった……覗くなよ?」

男「覗かねーよ!」



14 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:04:50.25 ID:sKZr1Jsv0


座敷童『男ー!! 大変じゃー!!!!』

男「な、なんだ!?」

座敷童『湯船が小さい! なんじゃこの狭さは! 五右衛門の茹で釜かこれは!!!?』

男「うっせ! 黙って入ってろ! お湯張ってやっただけありがたく思え!!」

座敷童『………』

男「やっと静かになった……」

座敷童『はぁーびばのんのん!!!』

男「鼻歌ならもっと声量抑えてもらえる!!!!??」



15 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:07:01.21 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「はぁー。 いい湯じゃった」

男「ちゃんと髪乾かせよ、風邪ひいちゃうから」

座敷童「承知の上じゃ」

男「……幼馴染もそうやって髪の毛乾かしてたな……同じTシャツ着て……」

座敷童「あー! この服小さいなー!! 男物の服ないかなー!!!!!!」



16 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:09:33.64 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「まったくお前は……どうしてそんなに心が弱いんじゃ」

男「だってよ……あ、お前まだ髪の毛濡れてるぞ。 俺がやってやるから動くなよ」

座敷童「あ、すまぬ」

男「……」ドライヤーブオーン

座敷童「……」

男「……長くて綺麗な黒髪だな」ブオーン

座敷童「儂の自慢の髪じゃ。 触れれる事を光栄に思うが良い!」

男「……幼馴染もこんな髪質してたな……」

座敷童「あー!! もう乾いたなー!!! もう満足だなー!!!!」



17 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:12:08.63 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「はぁ……よしっ! 遊んどる場合じゃない! 早速幸せへの第一歩を踏み出すのじゃ!」

男「……何するの?」

座敷童「新たな職を見つけるのじゃ」

男「おぉ、どうやって!? 座敷童の力とか使うのか!!!?」

座敷童「まぁそう急くでない」ゴソゴソ

男「……」ドキドキ

座敷童「ふふ……ここに取り出すは秘伝の書物! 数多もの職が列を連ね! その中から一つの職を選ぶ事が出来るという代物じゃ!」

男「………これって求人情報誌だよね?」

座敷童「近所のコンビニにあったのじゃ」

男「座敷童の力関係ねええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!」



18 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:14:26.62 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「楽して事を成そうなぞ笑止千万! 甘えるでない!!」

男「そうだけどさぁ……なんかなぁ……」

座敷童「まぁまぁ落ち着け。 ほれ、これなんかいいぞ。 まず店の名前がいい。 和の民と書く。
皆で協力し合い、会社の中の民として調和を謀ってゆく。 素晴らしいではないか!!」

男「止めろ! 俺を[ピーーー]つもりか!」

座敷童「[ピーーー]? ……はぁ……我が儘な奴じゃのう……」

男「もっと他に無いのかよ……」

座敷童「他力本願じゃの……おぉ! これはどうじゃ!? 王の将と書いてじゃな」

男「お前わざとやってんだろ!」



19 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:16:23.70 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「……結局何も決まらず夕方になってしもうた……」

男「そんな簡単に職なんて見つからないって」

座敷童「ぬう……」グー

男「晩飯の時間だな。 何か食いたいものあるか?」

座敷童「餃子が食べたい!」

男「お前そのネタ引っ張るね」



20 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:18:52.59 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「満腹満腹」

男「お粗末さまでした。 んでこの後はどうする?」

座敷童「どうするって……はっ!! まさかお前……儂にいやらしい事を……!!!」

男「しねーよ」

座敷童「根性無しじゃのう」

男「うっせーよ。 ってか飯食うの早すぎて寝るまで時間が結構あるからどうっすっかって話だよ」

座敷童「そうじゃのう……あ、ゲーム! ゲームしたい!」

男「ゲームか……幼馴染ともよく飯の後ゲームしたな……」

座敷童「いっけなーい!!! 今日はゲームより映画の気分だったわー!!! うっかりしてたわー!!!!」



21 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:20:54.70 ID:sKZr1Jsv0

男「映画か、じゃあちょっとなんか借りてくるわ」

座敷童「うぬ。 儂も行くとしよう」

男「え? お前も行くの?」

座敷童「ん? ダメなのか?」

男「いや……お前妖怪だから他の人に見えないじゃん? そうすると俺が一人芝居してるように見られるじゃん? 俺変人じゃん?」

座敷童「いや、他の人間からも儂の姿は見えるぞ?」

男「え?」

座敷童「何を不思議そうな顔しとるんじゃ?」

男「いや……お前って本当に座敷童なのかなって思って」

座敷童「……別れた後にお前がおもむろに幼馴染が置いていった下着をつかt」

男「よーし! 何観よっかなー!! 久しぶりだからテンション上がっちゃうなー!!!!」



22 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:23:11.43 ID:sKZr1Jsv0

―――――レンタルビデオ屋―――――――


座敷童「さて、何を観ようかのう……」キョロキョロ

男「あんまりうろちょろするなよー」

座敷童「分かっておる! あ、新作アニメコーナーじゃー!!!!」ダダダダッ

男「分かってねぇじゃん……」

?「あ、男。 久しぶりだね」

男「ん? おー、久しぶりだな友」

友「うん。 そういや男、最近幼馴染と別れたらしいじゃないか」

男「うぐっ……いきなり痛いとこ突くな……」

友「ははははっ。 原因は幼馴染の浮気だって? まさかそんな奴だったとはな」

男「そんな奴だったんだよ……はぁ……」

友「そう落ち込むな。 ……そういや男。 仕事は順調かい?」

男「……辞めた」

友「わぉ……それは丁度良かった」



23 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:26:56.58 ID:sKZr1Jsv0

男「良かったって……お前は俺をイジメる為にレンタルビデオ屋に来たの?」

友「すまんすまん、そんなつもりはないんだ。 実はな、今度BARをやろうと思ってるんだ」

男「え!? マジかよ!!? その年齢で!!?」

友「二十五でも企業する奴は意外と多いんだぞ?」

男「うへー、マジかー」

友「父さんの遺産が多く配分されたってのもあるけどね」

男「そういや親父さん亡くなったんだよな……」

友「なんで男が悲しそうな顔するんだ」

男「いや、結構俺も世話になったからさ」

友「情に厚い人だったからね。 ……んで話を戻すけど、ボクはBARを開く」

男「うん」

友「けれど人員が足りない」

男「へえ」

友「ってなわけで男を雇いたい」

男「……へ?」



24 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:28:19.98 ID:sKZr1Jsv0

友「いやぁ、何分ボクは女だ。 男尊女卑な社会が変わりつつあると言っても今だに舐めた態度を取られる事が多い。 若いし尚更だ」

男「……」

友「そこで男手が欲しいわけだよ。 何分夜の仕事だから危険も付き纏うしね」

男「確かに……そうだな」

友「うん。 で、協力してくれるね?」

男(……幸せを掴む第一歩か……よし!)

男「分かった。 詳しい事は後々連絡をくれ。 その時に話そう」

友「おぉ! 乗ってくれたか! やっぱり男は頼りになる!」

男「買い被り過ぎだって」

友「いやいや、昔からボクは一目置いていたんだよ。 虐められてたボクを助けて貰った事も含めて尊敬しているしね」

男「ああ、そんな事あったな。 懐かしい」

友「あの時は本当に死のうかとも考えてたからな……男の御蔭で助けられたよ」



25 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:30:20.13 ID:sKZr1Jsv0


男「あれは俺も許せなかったしな。 それにお前の問題だt」

座敷童「男ー!!!! ザンボット3、なるたる、ぼくらののどれを観るか決めるのじゃ!!!!」ダダダダッ

男「いきなり戻ってきてなんなのそのセレクト? 欝になりたいの? てか新作アニメ探してたんじゃないの?」

座敷童「新作アニメは心に響くものがないのじゃ……ん? この女性は誰じゃ?」

男「ああ、こいつは俺の昔の同級生で友っていうんだ」

友「始めまして。 ……おい男。 幼馴染と別れて直ぐに他の女と付き合うなんて随分と節操が無い事をしてるね」

男「あー、こいつは違う。 ……俺の従兄妹なんだ」

座敷童「ぬ。 儂はいとkんがっ」

男「ちょっと話合わせろ」ヒソヒソ

座敷童「ぬー……分かったのじゃ」ヒソヒソ

友「どうかしたかい節操無し君?」

男「その不名誉なあだ名を止めろ。 だからこいつは従兄妹だって言ったろ」

座敷童「そうじゃ。 儂はこの男の従兄妹で昔のアニメが好きな可愛い女の子じゃ」



26 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:33:26.68 ID:sKZr1Jsv0

友「確かに可愛らしいが……ふむ……」ジロッ

座敷童「な、なんじゃ……?」オドオド

友「……まぁいいか。 それじゃあ男。 仕事の件に関しては後々連絡するよ。 じゃあね」スタスタ

男「おーう。 またなー」

座敷童「こ、怖かったのじゃ……」ブルブル

男「どうしたよ?」

座敷童「いや、あの女の儂を見る目付きがな……その……獲物を狩る狩人の目をしとった……」ブルブル

男「ああ……昔から目付きが少し悪い奴だけどいい奴だから気にするな。 んで何を借りるか決まったか?」

座敷童「さっき言ったやつか、lain、灰羽、攻殻で悩んでおるのじゃ……」

男「アニメ以外にしろ」

座敷童「えぇ!!? な、なんでじゃ!!!??」

男「アニメを観続けるのは辛い。 だから一本で終わる映画にしよう」

座敷童「アニメ映画は……?」

男「……まぁいいか。 だけど一本な? 俺も一本借りて二つとも観よう」

座敷童「うぬ! じゃあ決まったらまた此処に集合じゃ!」ダダダダダッ

男「おーう………よし、仕事が決まった。 次は彼女……いや、友人だな……頑張るか……取り敢えずなんか借りよう」スタスタ



27 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:36:25.97 ID:sKZr1Jsv0

――――――男宅―――――――


座敷童「儂が借りたのはクレヨンしんちゃんのオトナ帝国の逆襲じゃ!」

男「俺が借りたのは……後でのお楽しみだな」

座敷童「ほう……余程良い作品を選んだようじゃな。 楽しみにしておるぞ!」


―――――映画視聴終了―――――


男「どうだった?」

座敷童「ふ、ふむ。 な、中々よい作品だったの」ブルブル

男「そうか、そりゃ良かった。 んじゃ俺ちょっとコンビニ行ってくるわ」

座敷童「わ、儂も一緒に行ってやってもよいぞ!」

男「いやいいよ、部屋で寛いでてくれ」

座敷童「い、いや。 お前が一人夜道を歩くのは怖くて可哀相だと思っての。 仕方なく儂が着いていってやろうと」

男「大丈夫大丈夫。 じゃあ行ってk」

座敷童「嘘ですごめんなさいいいいいいいいいい!! 一人は嫌じゃあああああああああああ!!! 貞子出るううううううううううううう!!!!!」

男「ホラー映画で怖がるとかお前本当に妖怪かよ」



28 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:38:11.02 ID:sKZr1Jsv0

男「おい、少し離れろ」

座敷童「貞子が……貞子が出るかもしれんじゃろ……」ブルブル

男「でねーよ。 あ、そういや仕事決まりそうだぞ」

座敷童「ぬ、それは本当か!!?」

男「ああ、さっきの友居ただろ? あいつがBARをやるらしくてな」

座敷童「おお! さっきはアニメに夢中で気付かんかったが、そう言えば仕事がどうこう言っていたのう!」

男「お水系だろうが仕事は仕事だ、取り敢えず幸せへの第一歩は踏み出したぞ」

座敷童「儂のお陰じゃの!」

男「いや、多分違う」

座敷童「儂のお陰じゃ儂のお陰なんじゃー!」ジタバタ

男「俺の腕にしがみつきながら暴れるな」



29 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:41:24.24 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「ハァハァ……」

男「落ち着いたか?」

座敷童「ああ……、大丈夫じゃ……」

男「なら良かった。 んじゃそろそろ寝るぞ」

座敷童「う、うぬ……」

男「なんだ? まだ怖いのか?」

座敷童「儂を誰だと思っておる!!! 福の神とも言われた座敷童じゃぞ!!! 怖くなんてない!!!!!」ブルブル

男「福の神様、震えておりますよ?」

座敷童「こ、これは武者震いじゃ! じゃ、じゃあ儂は押し入れで寝るとしよう! 怖くなっても儂を起こすでないぞ!!!!」ガラッピシャ

男「……大丈夫かよ。 まあいいや、寝よ」



30 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:43:26.06 ID:sKZr1Jsv0

男「……」

男「……」

男「……」

座敷童「……」ソロソロ

男「……」

座敷童「……んしょ」ソロー

男「……なにしてる?」

座敷童「ひゃあ!!!!」ビクッ

男「なんでお前は俺の布団の中に居る?」

座敷童「ちょ、ちょっと夜の見回りをな……貞子が出るかもしれんし……」

男「そういえば貞子も布団の中から出てくるシーンがあったな」

座敷童「そ、そうじゃろ! だから儂が護らければならない男の身に何かあってからじゃ遅いと思ってな!!」

男「……はいはい、ありがとうございますよ」

座敷童「ふ、ふん! 感謝するがよい!」ギュー

男「はいはい、座敷童様さまさまですよ」ナデナデ

座敷童「ふんっ…………グゥ」スヤスヤ

男「寝るのはえーな。 ……俺も寝なきゃな……明日はスーツを新調しなきゃ………」ナデナデ



31 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:46:50.62 ID:sKZr1Jsv0

.




座敷童「グゥ…………ハッ!!? さ、貞子はどこじゃ!!!?」ガバッ

男「いねーよ。 おはよう。 朝飯出来てるからはよ食え」

座敷童「なんだ夢か……はっ!! 寝ている間儂に何か変な事しなかったじゃろうな!!!!?」

男「してねーよ。 妖怪相手にそんな気も起きないわ」

座敷童「据え膳すら食わぬとは……まさかお前……いや、データには無かったが……EDか?」

男「なに? 朝飯いらないって? 分かった分かった。 じゃあ捨てておくわ」

座敷童「すいませんでしたぁ!!!! お天道様をも突き刺してしまいそうな立派な御本蔵をお持ちの男様に何て失礼な事をぉ!!!!」ドゲザァ

男「褒めているようで貶してんだろそれ」



32 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:49:27.04 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「満腹じゃ」

男「お粗末さまでした。 さて、ちょっと今日は出掛けてくるわ」

座敷童「ん? 何処へ行くのじゃ?」

男「今まで使ってたスーツじゃどう見てもサラリーマンだから夜らしいスーツを新調したくてな。 心機一転頑張るぞって意味も込めて」

座敷童「ふむ、良い心掛けじゃ。 んじゃ儂も用意するかの」

男「え? お前も来るのか?」

座敷童「儂が選ぶスーツには福が宿るぞ。 多分」

男「多分かよ。 まぁいいや、さっさと準備しろ」

座敷童「うむ。 着物は少し時間が掛かるのじゃ。 暫し待て」

男「着物か……」

座敷童「儂はこれしかもっとらんのじゃ。 座敷童のアイデンティティでもあるしの」



33 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:53:13.60 ID:sKZr1Jsv0

男「……よし。 今日はお前の服も買いに行くぞ」

座敷童「……え? いいのか?」

男「どうせ使い道が少ない貯蓄だ。 必要な時に使おう」

座敷童「ふむ……お前も徐々に吹っ切れてきたようで儂は嬉しいぞ」

男「まぁな。 お前と居るとツッコミに忙しくて悲しみに暮れてる暇もないわ」

座敷童「儂が何時ボケたというのじゃ?」

男「無意識でやってたとしたらお前すげーわ」

座敷童「腑に落ちん部分もあるが……まぁ良しとしよう。 ほれ、着替えるから出てけ出てけ」

男「ワンルームのマンションで出てけとは……まぁいいや。 少し散歩してくるわ。 三十分で戻る」

座敷童「うむ。 分かった」



34 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:54:04.70 ID:sKZr1Jsv0


男「はぁ……なんだかんだで上手く進んでる気がするな。 これも座敷童のお陰なのかな……」テクテク

?「あ……」

男「あ……」

?「あ……えっと……久しぶり……」

男「……ああ、久しぶり……」

?「あの……その……げ、元気だった?」

男「まぁ……そこそこかな……」

?「そ、そっか……じゃ、じゃあね」タタタッ

男「…………元気じゃねぇよ……ちくしょう……」




35 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:56:27.76 ID:sKZr1Jsv0

男「……」コンコン

座敷童『男か?』

男「おう……まだか?」

座敷童『準備万端じゃ! 今出るから待っておれ!』

男「おーう……」


ガチャ


座敷童「待たせたのじゃ!!! ……なんじゃなんじゃ暗い顔して」

男「いや……少しな……はぁ……」

座敷童「む、溜息は幸せが逃げるぞ? ほれ! 深呼吸じゃ! 吐き出した溜息を吸い込め! すーはー!」

男「……ぷっ……ははっ」

座敷童「な、なんじゃいきなり笑い出して」

男「いや、お前はおもしれーなって思ってよ」

座敷童「失礼な奴じゃのう……まぁ、笑ったって事は幸せが戻ってきたって事じゃな! うんうん!」

男「ああ、そうだな」

座敷童「これも儂のお陰じゃな! そうじゃな!!?」

男「……そうかもな」

座敷童「おぉう……な、なんじゃ張り合いがないのう……」

男「ひくなひくな。 よっし! そんじゃ買い物行くぞー!」

座敷童「おーう!!!!」



36 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 20:59:39.77 ID:sKZr1Jsv0

―――服屋―――


座敷童「こっちの色もいいのう……いや、こっちの色も……うーん……」

男「おい」

座敷童「いや、こっちも捨て難いのう……」

男「おいこら」

座敷童「ん? なんじゃ? 折角儂がお前のスーツを選んでやってるのじゃ。 邪魔するでない」

男「ってかどっから見つけてきたんだそんな色のスーツ。 黄色とか緑とか」

座敷童「黄色も緑も素晴らしい色じゃ! 福を呼ぶぞ!」

男「いや、絶対それ着てたら仕事にならん。 芸人じゃないんだから」

座敷童「なんじゃと!? ……何故じゃ……こんなに素晴らしい色なのに……」ブツブツ

男「あ、すいませーん。 このスーツ試着いいですかー?」

座敷童「なっ!? そんな鼠色のスーツなんぞ止めてこっちの紫のスーツはどうじゃ!!? 儂の着物とお揃いじゃぞ!!!!」

男「あ、そっちのネクタイも合わせていいですか?」

座敷童「無視するなー!!!!!」



37 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:02:12.04 ID:sKZr1Jsv0

.


男「いやぁ、いい買い物をした」

座敷童「何故儂の選んだスーツを着ないのじゃ……あれは素晴らしき色彩で福を呼べる……」ブツブツ

男「ぶつぶつうっせーな。 ほら、昼食だ。 何食う?」

座敷童「ラーメン!!」

男「おう、じゃあここ入るぞ」

座敷童「な、なんじゃここは……近寄っただけで腐臭がするぞ……並んでいる人間達も虚ろな目をしておる……き、危険じゃ! ここは危険じゃぞ男!!」

男「腐臭言うな。 ここは二郎って素敵なお店だ」

座敷童「二郎……こやつは次男なのか?」

男「知らん。 兎に角並ぶぞ」

座敷童「う、うぬ……」



38 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:05:56.02 ID:sKZr1Jsv0


ピザ「ヤサイマシマシニンニクカラメ!」

ピザ「オオブタダブルヤサイマシマシニンニクアブラアブラ!」

座敷童「な、なんじゃあの呪文は!!?? 儂を封印するつもりか!!!!!??」

男「落ち着け。 あいつらはジロリアンといって人畜無害な一般ピープルだ」

座敷童「ジロリアン……なんと恐ろしい……」ブルブル

男「あ、アブラナシヤサイカラメマシニンニクスクナメで」

座敷童「お、男までもがジロリアンに!!!? このままじゃ儂までジロリアンに……嫌じゃあああああああ!!!! 助けてくれええええええええええええ!!!!」

男「皆さんすみません。 馬鹿がうるさくて」



39 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:08:15.25 ID:sKZr1Jsv0

.



座敷童「美味であった!」

男「文句言いながらも完食しおった。 ゼンマシで……」

座敷童「ん? なんじゃ男?」

男「臭いっ! こいつニンニク臭いっ!!」




座敷童「なんで出先で歯磨きをしなきゃならんのじゃ……」

男「お前が臭いから。 因みに俺もしてきた」

座敷童「腹を満たすと共に、異様な臭いを纏ってしまうのか……諸刃の剣じゃな!」

男「目と口を閉じろー。 ファブリーズするから」シュッシュ

座敷童「んー」

男「……よし、それじゃあお前の服を見て回るぞ」

座敷童「待ってました!!!」

男「取り敢えずデパート行くか」

座敷童「うぬ!」ワクワク



40 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:11:21.32 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「男ー! こっちとこっちどっちがいいと思うー!!?」

店員「お客様……店内で騒がれては……」

男「すみません。 こいつ常識知らずで」

座敷童「うっひょー! 見ろ男! この服スケスケじゃ! 助平じゃ!」

男「本当にすみません……」

店員「いえ……もういいです……」

男「ほら、少し声量抑えろ」

座敷童「うぬ、すまんの。 少しテンションが上がってしもうた。 何分こういった場所に来るのは初めてでな」

男「まったく……なんかいいの見つかったか?」

座敷童「うぬ! こっちの紫のワンピースじゃ!!」

男「ワンピースか」

座敷童「ひと繋ぎの財宝を見付けた気分じゃ!」ドンッ

男「……取り敢えず試着してみ」

座敷童「うぬ! おーい! これを試着させてくれー!!!」ダダダッ

男「はぁ……元気だなあいつ……」



41 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:14:26.86 ID:sKZr1Jsv0

店員「ふふっ。 可愛らしい彼女さんをお持ちですね」

男「いや、あいつは彼女じゃ……」

店員「え? 違うんですか?」

男「えぇ、俺の従兄妹でして」

店員「そうなんですかー。 お似合いでしたのでてっきりカップルさんかと」

男「はははっ。 そんなわけないですよ」

店員「ふふっ。 それではその可愛らしい従兄妹さんにはこちらの新作スカートなんかお勧めですよ♪」

男「しっかり商売してますね」

店員「店員ですから♪」ニッコリ

男「ですね。 ……あのワンピースだけじゃ心許ないんで、適当に数セット見繕ってください」

店員「服屋で見繕うって初めて聞きましたよ」クスッ

男「あ……何分慣れてないもので……」

店員「ふふっ。 それでは可愛らしい彼女さん……従兄妹さんに腕に寄りをかけたコーディネートをしてあげますね♪」



42 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:18:54.37 ID:sKZr1Jsv0

男「だから彼女じゃ……」

座敷童「男ー! このワンピース似合うかー!!!!」

男「お、似合ってるぞ。 可愛いな」

座敷童「か……そんな恥ずかしいセリフを吐くでない……/////」

店員「ふふっ♪ それでは従兄妹さん。 もう少し試着室に篭もりましょうねー」

座敷童「ぬ? 何をするのじゃ?」

男「拷問だとよ」

座敷童「なっ……」サー

店員「はいはい行きますよー♪」ズルズル

座敷童「い、嫌じゃあああああああああああああああ!!!! 助けてくれ男おおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ズルズル

男「行ってらっしゃーい」



43 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:20:53.19 ID:sKZr1Jsv0

.


座敷童「散々な目にあったのじゃ……」トボトボ

男「お疲れさん」

座敷童「この! 何が拷問じゃ! 怯えて損をしたではないか!」

男「すまんすまん。 んじゃ会計行くか」

座敷童「流すなー!!!!」



44 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:23:36.14 ID:sKZr1Jsv0

.



男「次は……下着だな」

座敷童「儂は肌着なぞいらんのだがな」

男「今まで着けてなかったのか!?」

座敷童「うぬ。 着物には不要じゃ」

男「それでうろちょろしてたのかよ……」

座敷童「なんじゃ? 儂に欲情でもしたか? 助平め」

男「うっせぇよ。 ほらここがランジェリーショップだ、はよ買ってこい」

座敷童「お前は来ないのか?」

男「男は立ち入り禁止なんだ」

座敷童「ほう、そうなのか。 ならば儂一人で行ってくる!」テテテッ



45 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:25:09.96 ID:sKZr1Jsv0


男「……疲れたな……」

座敷童「おーい男ー! やっぱり紫の方がいいかのー!!? それともピンクかー!!!?」

男「店の中から叫ぶな!!」

座敷童「それともスケスケかー!!!? おっほう! こっちは細いぞ!! これでは食い込んでしまうー!!!」

男「頼むから静かにしてくれ!!!!」

座敷童「男のお前が立ち入り禁止だから仕方あるまい!!! で、スケスケ紫か、細いピンクだとどっちが良いのじゃー!!!!?」

男「分かった! 今そっち行くから黙って!!! さっきから周りの俺を見る視線がやばいの!!!!」



46 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:27:47.52 ID:sKZr1Jsv0


座敷童「なんじゃ、立ち入り禁止ではなかったのか?」

男「もういいの。 禁忌は犯してなんぼなんだ」

座敷童「な、なんと……」

男「取り敢えず早く買って出ようぜ」

座敷童「そうじゃがよく分からんのじゃ。 どの胸当てを買えばいいのかも分からん」

男「店員に聞け」

座敷童「そうじゃの。 おーい! どれが良いのか教えてくれー!!」ダダダッ

男「聞くのはいいけど俺を置いていかないで!! 取り残されると凄い恥ずかしい!!!」



47 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:30:10.35 ID:sKZr1Jsv0

.

座敷童「うむ! よい買い物をした!!」

男「良かったなちっぱい」

座敷童「ん? なんじゃその『ちっぱい』 というのは?」

男「なんでもないよちっぱい」

座敷童「なんじゃなんじゃ! 気になるではないか!!」

男「気にしたら負けだよちっぱい」

座敷童「語尾に付けるな!!! もういい! ちょっとさっきの店で聞いてくる!!!」ダダダッ

男「気を付けてなちっぱい」



49 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:32:28.45 ID:sKZr1Jsv0

.




座敷童「ち、小さくて悪かったな!!!!」カオマッカ

男「だから気にしたらまけだと言っただろちっぱい」

座敷童「止めい!!!」

男「そんじゃ行くぞちっぱい」

座敷童「んがー!!!!!!!」ポカポカ



50 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:34:46.64 ID:sKZr1Jsv0

.




男「今日は充実した一日だったな」

座敷童「男のスーツにジロリアン。 そして儂の服! 満足じゃ!!」

男「そいつは良かった。 んじゃ夕飯食って帰るか。 なに食いたいちっぱい?」

座敷童「止めろ!!……二郎!!!」

男「もう勘弁してくれ。 一日二回はきつい」

座敷童「うぬ……じゃあオムライスが食べたい!!」

男「よし分かった」



51 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:36:28.81 ID:sKZr1Jsv0

.

座敷童「真に美味であった!」

男「お前それしか言わないよな」

座敷童「事実であるから仕方が無い!」

男「はいはい。 そんじゃ帰るぞ」

座敷童「あ、帰りにアイスを買っていこう」

男「お前よく食うなほんと」

座敷童「はー。 お前を幸せにする前に儂が幸せでいっぱいじゃ♪」

男「良かったな。 俺の幸せもしっかりと頼むぞ」

座敷童「あい分かった!!」



52 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:39:00.52 ID:sKZr1Jsv0

.


男「平然とハーゲンダッツ買うのなお前」スタスタ

座敷童「頬っぺたが落ちる程美味しいと仲間の座敷童が言っていたのでな」テクテク

男「だからと言ってダース買いする事ないだろう」スタスタ

座敷童「幸せは長続きすればする程良いに決まっておる! だからこんなにハーゲンダッツがあれば幸せ長持ちじゃ!」テクテク

男「超理論だな……そろそろ着くぞ。 家に着いたら直ぐに冷凍庫に入れろよ」スタスタ

座敷童「うぬ!! ……ああっ!! 」

男「うぉ!!? なんだいきなり大声出して……」」

座敷童「ハーゲンダッツのスプーンが入っとらん……」

男「なんだそんな事……別に家にスプーンあるからそれでいいだろう」

座敷童「ダメじゃ! ハーゲンダッツ専用のスプーンでなければ美味しさ半減じゃ! ちょっとコンビニに戻って貰ってくる!!」ダダダッ

男「あ……まったく、家までもう少しだってのに…………」テクテク



53 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:41:03.44 ID:sKZr1Jsv0

?「あ、あのっ」

男「ん? …………朝も会ったな……なんか用か?」

?「い、いや……少しお話出来ないかなって……ごめんね待ち伏せしちゃって……」

男「話し? 何の話しだ?」

?「いや……ちょっと話しをしたかっただけなんだ……」

男「……俺は話す事はないがな」

?「……お、怒ってる……よね……」

男「いや、もう怒ってないよ」

?「ごめんなさい……」

男「謝るな。 俺が情けなくなる」

?「だ、だけど……」

座敷童「戻ったぞ男! あの店員めがスプーンを出し渋るものだから手こずってしもうたわ! ………ん? こちらの女性は誰じゃ?」

?「あ……」

男「……おかえり。 お前も知ってるだろ。 こいつは幼馴染、俺の元カノだ」



54 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:43:34.32 ID:sKZr1Jsv0


座敷童「お、おう……」

幼馴染「え、えっと……こちらの方は……」

座敷童「ん? 儂か? 儂は男のいとk」

男「俺の彼女だ」

幼馴染「え……?」

座敷童「ちょ、お前は何を……」

男「……」

座敷童(こいつ……震えておる……)

幼馴染「か、彼女出来たんだ……私と別れたばかりで……」

男「ああ、そうだ」

幼馴染「………また来るね……」スタスタ

男「……」

座敷童「…………なぁ、男……」

男「家に入ろう……ハーゲンダッツが溶けちまう……」

座敷童「う、うぬ……」



55 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:47:17.38 ID:sKZr1Jsv0

男「……」

座敷童「……」

男「……さっきはすまんかったな」

座敷童「ん? 何がじゃ?」

男「その……いきなり彼女だって言っちまって……」

座敷童「き、気にするでない! お前も何か考えがあったのであろう!」

男「ああ……ちょっと気が動転しちまってな……浮気された仕返しって感じなのかな……ははっ。 情けねぇ……」

座敷童「………男……」

男「すまんな変な空気にしちまって……大丈夫……大丈夫だから……」

座敷童「……ハーゲンダッツが全て溶けてしまっておるのじゃ……どうしよう……」グスッ

男「シリアスな雰囲気が台無しだよこの野郎!!!」



56 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:49:30.82 ID:sKZr1Jsv0

男「Zzzzz……」

座敷童「朝じゃー!!!!」

男「ぬぉ!!!!? 朝からうっせーな!! 近所迷惑だよ!」

座敷童「朝じゃー」ボソッ

男「おせーよ! まったく……ん? なんかいい匂いがする……」

座敷童「ふふん♪ お前が起きるの遅くてもう昼じゃ! じゃから今日は儂が飯の準備をしてやったぞ! 感謝せい!」

男「おぉ……お前もやれば出来るんだな!」

座敷童「儂は何時でも完璧じゃ!! これ食って元気出せ!」

男「お前……俺を元気付ける為に……ありがとうな……」

座敷童「気にするな! さぁ! 冷める前に食べろ食べろ!」

男「おぉ……すげぇ……こんな豪華な食事初めて見た……」ゴクリ

座敷童「ふふん! さぁ! 食べるがよい!」



59 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:52:05.29 ID:sKZr1Jsv0

ピンポーン


男「ん? こんな朝から誰だ?」スタスタ

座敷童「あっ! 儂が出る! 儂が出るから!」

男「はいはい、どちら様ですかー」ガチャ

ケータリング業者「すみませーん。 先程お持ちした料理の一品を出し忘れておりましたのでお持ち致しましたー」

男「………はい。 ありがとうございます」

ケータリング業者「それでは。 またのご利用お待ちしておりますー」バタン

男「……」

座敷童「……」

男「……おい」

座敷童「あの業者め……まったく、仕事がなっとらんのう」

男「感動して損したわ!!!!」



60 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:55:03.69 ID:sKZr1Jsv0

.


座敷童「満腹である!」

男「俺の金を使って、あたかも自分が作ったように見せ掛けて、遠慮なく殆どの料理を食べて満足ですか? お粗末さまです」

座敷童「うぬ! 満足じゃ!」

男「ダメだこいつ皮肉通じねぇ」

座敷童「ところで男よ。 今日の予定はなんじゃ?」

男「んー……電気代の支払いやらだけかな。 他は夕食の買い出しだな」

座敷童「なんじゃつまらん。 友人と遊んだりはせんのか?」

男「友人か……友くらいだな」

座敷童「友とはレンタルビデオ屋で会った狩人の目をした女性じゃな。 よし! 直ぐに連絡を取るのじゃ!」

男「は? なんで?」

座敷童「なんで? じゃなかろう! 友人との交流も幸せへの一歩じゃ!」

男「あー、そういやそうだったな。 ちょっと連絡してみるわ」

座敷童「うぬ。 それでよい」



61 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:57:49.46 ID:sKZr1Jsv0

男「友、友っと…………あ、もしもし。 今日は暇か?」

男「……おう、そりゃ丁度良い。 今日少し遊ば……え? ちょっと待て!」

座敷童「ん?」

男「んないきなり……あ! 切るな切るな! ………切れちまった……」

座敷童「どうしたんじゃ? そんな呆気にとられたような顔をして」

男「いや、友と遊ぶ事にはなったんだが……あいついきn」


ピンポーン


座敷童「お。 男の部屋に来客とは珍しい」

男「来やがった……はえーよ……」



62 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 21:59:41.87 ID:sKZr1Jsv0

.


友「いやー、久しぶりの男からの遊びの誘い嬉しかったよ」

男「だからっていきなり家に来る事ねぇだろ……」

友「丁度近くまで来てたからね。 偶然って怖い」

男「本当に偶然かそれ?」

座敷童「……」

友「……従兄妹ちゃん。 こんにちわ」ニコォ

座敷童「こ、こんにちわ……」ビクビク

男「なんでお前怯えてるんだ?」

友「なんでだろうねぇ……」ニヤァ

座敷童「お、男! こいつは妖か何かじゃ! 儂には分かる!」

男「あやかし……?」

友「面白い事を言う子だね」ニヤニヤ

座敷童「ひっ……!! ちょ、ちょっと押入れの中でやる事を思い出した!」バタバタガラッピシャ

男「なんだあいつ……」



63 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:01:49.02 ID:sKZr1Jsv0

友「さぁ? ところで男。 今度やるお店の事なんだがね」

男「おお、俺も丁度話したかったんだ」

友「父さんが好きだったお店に習って、落ち着いた雰囲気のjazzBARにしようと思ってるんだ」

男「いいなそれ」

友「だろう? 父さんが遺してくれたレコードも沢山あるし丁度いいと思ったんだ」

男「おじさんjazz好きだったからな。 なら俺が買ったスーツも無駄にならずに済みそうだ」

友「お、もう早スーツを買ったのかい?」

男「備えあれば憂い無しって言うだろ?」

友「そうだね。 ちょっとスーツを着て見せてくれないかい」

男「おう、ちょっと待っててくれよ」スタスタ


ガラッ


座敷童「!!!!??」ビクッ

男「布団に包まって何してんだお前……」

座敷童「え、えっと……そのじゃな………貞子の真似?」

男「はぁ……取り敢えず掛かってるスーツ取ってくれ」

座敷童「う、うぬ。 分かった」ガサッ

男「あんがとよ」ピシャ

友「……従兄妹さんは何をしていたのかな?」

男「芋虫になってた。 カフカの変身みたいに」

友「それは一大事だな」ケラケラ

男「んじゃちょっと着てくるわー」スタスタ

友「………」ニヤッ



64 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:01:49.02 ID:sKZr1Jsv0

友「さぁ? ところで男。 今度やるお店の事なんだがね」

男「おお、俺も丁度話したかったんだ」

友「父さんが好きだったお店に習って、落ち着いた雰囲気のjazzBARにしようと思ってるんだ」

男「いいなそれ」

友「だろう? 父さんが遺してくれたレコードも沢山あるし丁度いいと思ったんだ」

男「おじさんjazz好きだったからな。 なら俺が買ったスーツも無駄にならずに済みそうだ」

友「お、もう早スーツを買ったのかい?」

男「備えあれば憂い無しって言うだろ?」

友「そうだね。 ちょっとスーツを着て見せてくれないかい」

男「おう、ちょっと待っててくれよ」スタスタ


ガラッ


座敷童「!!!!??」ビクッ

男「布団に包まって何してんだお前……」

座敷童「え、えっと……そのじゃな………貞子の真似?」

男「はぁ……取り敢えず掛かってるスーツ取ってくれ」

座敷童「う、うぬ。 分かった」ガサッ

男「あんがとよ」ピシャ

友「……従兄妹さんは何をしていたのかな?」

男「芋虫になってた。 カフカの変身みたいに」

友「それは一大事だな」ケラケラ

男「んじゃちょっと着てくるわー」スタスタ

友「………」ニヤッ



65 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:03:21.39 ID:sKZr1Jsv0

――――座敷童 in 押入れ―――――


座敷童(なんなんじゃあの女は……今まで会ったどんな妖怪よりも鋭い目付きをしておる……殺気に近い何かも感じるし……)ブルブル


ガラッ


座敷童「ん? なんじゃおと……」

友「よいしょっと……お邪魔します」ニヤッ

座敷童「あわわわわわわわわわわ」ガタガタ

友「ふむ……押入れに入るのは初めてだが……意外と落ち着ける空間だね」

座敷童「わ、儂を食べても美味しくないぞ……!」ガタガタ

友「ん? 食べて欲しいのかい?」

座敷童「ひいいいいいいいいいいい!!!」ガタガタ

友「冗談だよ。 それよりも……最近の男について聞かせてくれないかい?」

座敷童「うぅ……お、男の事か……?」ブルブル

友「……そんなに怯えなくてもいいだろう」

座敷童「た、食べないか……?」ブルブル

友「食べない食べない」

座敷童「そ、そうか……ふぅ……」



66 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:05:27.72 ID:sKZr1Jsv0

友「んで、男の事を聞かせてくれ」

座敷童「最近の男か……うーん……最初に会った時に比べると落ち込む事が少なくなったかのう」

友「そうか……ん? 最初に会った?」

座敷童「(あ、従兄妹って設定じゃったな) い、いや。 久しぶりに男と会ったからのう。 初めて会うように新鮮って意味じゃ。 ははは……」

友「ふーん……じゃあもう幼馴染の事は吹っ切れたのかな」

座敷童「吹っ切れたのかは分からんがな……」

友「……そうかそうか。 いや、心配だったんだよ。 男は昔から先を考えないで猪突猛進的な勇気を持った奴だったが、
悩みや傷付くような事があればとことん落ち込むような奴だからね」

座敷童「そうなのか……昔の事は儂はよく知らんからのう」

友「従兄妹ちゃんは男の学生時代は知らないのかい?」

座敷童「あ、そ、そうじゃのう。 何分遠くに住んでおったからのう」アセアセ



67 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:07:23.22 ID:sKZr1Jsv0

友「へぇ……。 昔の男は……学生時代ね。 兎に角曲った事が大嫌いで、正義のヒーローみたいな奴だったんだ」

座敷童「ほう。 そうだったのか」

友「ああ、本当に凄い奴だったよ。 イジメの現場を見たら自分が弱いにも関わらず、突っ込んでいって助けだすような奴だった」

座敷童「あの男がのう……」

友「……ボクがイジメを受けていた時だって、真っ先に助け舟を出してくれたのが男だった」

座敷童「本当に正義のヒーローじゃな」

友「泣いてるボクを慰めてくれたり、隠された勉強道具を一緒に探してくれたり……本当にカッコイイ奴なんだ」

座敷童「ほう……」

友「けれど弱い面もあるんだよ? 最初にとことん落ち込むって言っただろ。 あれは幼馴染に振られた時だったな」

座敷童「え? 男は幼馴染に振られておったのか?」

友「うん。 『幼馴染以上の関係は考えられない』 って言われたらしい」

座敷童「ふむふむ」

友「その時は大変だったよ。 泣くわ引き篭るわで」

座敷童「おお……」

友「ボクはそんな男を毎日迎えにいったり、何も言わずに一緒に居たりしたんだ………ボクは助けてもらった恩返しがしたかったからね」

座敷童「……」

友「ボクを助けてくれた男を助けるのが恩返しだと思ってね。 その気持ちが通じたのか分からないけど、男は徐々に元気を取り戻していったんだ」

友「学校にも顔を出してくれるようになってボクは嬉しかった……男が居ない間にまたイジメが始まっていたからね」



68 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:09:30.43 ID:sKZr1Jsv0

座敷童「……男を必死で復帰させようとしていたのはそれが目的じゃったのか?」

友「いや……うん。 そうだったのかもしれない。 ボクは弱かったからね」

友「だから男に守ってもらいたかったんだと思う。 言い訳はしないよ」

座敷童「……人間とは一人では生きて行けぬものじゃ。 弱い部分をお互いカバーし合って生きておる。 恥じる事ではないぞ」

友「うん、ありがとう。 少し気が楽になったよ」

座敷童「……気になったのじゃが、男はいつ幼馴染と付き合い始めたのじゃ?」

友「ん? ああ、卒業間際に幼馴染が男に告白したんだよ。 『私気付いたの。 私やっぱり男君じゃなきゃダメ』 だってさ。 今考えれば勝手な奴だよ本当に」

座敷童「そして浮気か……しょうもない女じゃのう」

友「まったくだ。 あんだけ男を振り回しておいて……」

座敷童「……友は男が好きなのか?」

友「ん? 好きだよ? 友人としてね」

座敷童「ふむ……どうにも信じられんのう。 さっき男の事を話している時の顔は乙女のものだったぞ?」

友「……ボクがイジメられてた原因を話したら分かってくれると思う」

座敷童「ほう、それは興味深い。 是非とm」


ガラッ


男「お前ら布団に包まってなにしてんだ?」

座敷童「……なんと間の悪い男じゃ……」

友「はははっ。 少しガールズトークをね」

男「ガールズトークねぇ……」

友「そんな事より似合ってるじゃないか男。 カッコイイぞ」

座敷童「……やっぱり紫のスーツの方が良かったのじゃなかろうか……」ブツブツ

男「あんがとよ友。 そして紫は絶対着ない。 絶対にだ」

座敷童「むう……」

友「はははっ。 可愛いな従兄妹ちゃんは」ナデナデ

座敷童「うがー! 撫でるなー!!」

男「いつの間に仲良くなったんだよ……」



69 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:11:59.91 ID:sKZr1Jsv0

.



友「――――それじゃあボクは帰るよ。 お店の方は店舗が決まり次第改めて連絡するから。 またね」

男「おう、分かった。 またなー」

座敷童「じゃあのー」

男「……ふう……嵐が去ったか」

座敷童「……友人との交流。 これで幸せへの第二歩を踏み出したの」

男「だな。 次は……彼女か……」

座敷童「まあそう急くでない。 ……友人から恋人への変化も見られるかもしれんしな」

男「変化?」

座敷童「うぬ。 友も満更ではないだろうしな」

男「友? ……あー。 そういやお前は友の事をよく知らないんだっけ」

座敷童「うむ。 まともに会話したのは押し入れの中が初めてじゃったからな」

男「実はな……いや。 これは友の口から直接聞いた方がいいな」

座敷童「な、なんじゃその焦らしは! きーにーなーるーでーはーなーいーかー!!!!」

男「騒ぐな。 晩飯抜きにするぞ」

座敷童「な、なんだと……?」

男「そんな世界の終わりみたいな顔すんな。 んで何食う?」

座敷童「カレーじゃ! 儂はカレーを欲する!!」

男「おし。 じゃあちょっと買い出し行ってくる」

座敷童「あ、儂も行く!」

男「はいはい」



70 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:15:34.98 ID:sKZr1Jsv0

.




男「さぁ、召し上がれ」

座敷童「……」

男「召し上がれ!」

座敷童「……カレーはもう嫌じゃ……」

男「何をおっしゃるウサギさん。 今日はカレーうどんだ」

座敷童「カレーはカレーじゃ! ここ最近カレーばかりじゃないかー!!!」

男「カレーライスは三日間だけだろう。 その次はチキンカレー。 次はシーフードカレー。 次はポークカレー。 そしてカレーうどんだ」

座敷童「全部カレーじゃないか!!!」

男「因みに明日はスープカレーな」

座敷童「うぎゃあああああああああああ!!! カレーはもう嫌じゃああああああああああああ!!!」



71 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:17:11.32 ID:sKZr1Jsv0

.




座敷童「おかわりじゃ! 早うもてい!!」

男「なんだかんだ言いながら食うんじゃねぇか」

座敷童「カレーに罪は無い! 罰せられるのはお前じゃ!!」

男「日本を印度にしてしまえ!!」

座敷童「は? 日本は日本じゃろ? ついに頭が沸いたか?」

男「このネタが通じないのか……」



72 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:20:24.34 ID:sKZr1Jsv0

.



座敷童「今日の予定はなんじゃ?」

男「なーんも無い」

座敷童「ぬ……ここ最近は腐ってばかりじゃないか!」

男「だってしょうがないだろ何もないんだから」

座敷童「そ、そうじゃが……しかし最近は友も来んし儂は暇じゃ!」

男「友は今店舗探しや資格所得で忙しいんだってよ。 諦めろ」

座敷童「うぐ……し、しかし……」

男「テレビでも観てろ。 暇潰しにはなるぞ」

座敷童「くそう……」



73 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:22:15.42 ID:sKZr1Jsv0

.


座敷童「……」ジー

TV「ミテクダサイコノアイス!」

座敷童「……」ジー

TV「オイシソウデスネー」

座敷童「……」ジー

TV「……デハツギハサイキンオープンシタユウエンチノワダイデス」

座敷童「……」ピクッ

TV「コノユウエンチハニホンサイソクノジェットコースターガ……」

座敷童「……」ソワソワ

TV「ツヅイテオバケヤシキナンデスガ。 コチラモニホンサイダイノオオキサヲホコリ……」

座敷童「……」ワクワク

TV「ゼヒトモミナサンモイチドアシヲハコンデミテハイカガデショウカ?」

座敷童「……はいっ!!!」

男「うぉ!!!?」

座敷童「今日は行楽日和じゃな」

男「雨だけど?」

座敷童「……日本一という言葉に唆られるじゃろ?」

男「いや、全然」

座敷童「……では遊園地へ行くとするか」

男「なんで?」

座敷童「行くのじゃ!」

男「だからなんで?」

座敷童「……い、行くのじゃぁ……」ウルウル

男「わ、分かったから! 泣くな泣くな!」

座敷童「じゃあ用意をするのじゃ! 早う!」

男「けど今日は雨だからダメな」

座敷童「う、嘘吐きじゃ……」ウルウル

男「明日は晴れだから明日行こう。 今日は家でまったり映画でも観よう」

座敷童「ほ、本当じゃな! 嘘はつかんな!!?」

男「ほんとほんと」

座敷童「楽しみじゃの男!」パァァ

男「お、おう……」

座敷童「ん? なんじゃそのつれない返事は?」

男「な、なんでもねーよ! それよりレンタルビデオ屋行くぞ! 早く用意しろ!」

座敷童「? 変な男じゃのう……あ。 ホラーはいかんぞ! 約束じゃ!!」

男「分かった分かった」



74 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:23:52.67 ID:sKZr1Jsv0

.





座敷童「うぅ……ぐすっ……」

男「何時まで泣いてるんだよ」

座敷童「だって……恋人との別れが……あんまりじゃぁ……」メソメソ

男「あれはあれで一つのハッピーエンドだ」

座敷童「幸せを与えて天国へと去っていく恋人……モリーもサムも可哀相じゃ……」メソメソ

男「はぁ……ってか、そろそろ寝なきゃな。 明日は遊園地に行くんだろ?」

座敷童「そうじゃった! はよ寝るぞ男!」

男「切り替えはえーなおい」

座敷童「座敷童じゃからな!」

男「関係ないねそれ」



75 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/02(月) 22:26:16.26 ID:sKZr1Jsv0

.



座敷童「Zzzz……むにゃ……速い……速すぎるのじゃ……流石日本一……」スヤスヤ

男「……幸せそうに寝てるなこいつ……」

座敷童「むにゃ……お、男……」スヤスヤ

男「ん?」

座敷童「それはコーヒーカップじゃないぞ……マグカップじゃあ……ぐぅ……」スヤスヤ

男「ぷっ……どんな夢見てんだよ……」ナデナデ

座敷童「むにゃ……ぜったいに……」スヤスヤ

男「ん? 次はなんだ?」ナデナデ

座敷童「幸せ……にしてみせるからなぁ……」スヤスヤ

男「……」ナデナデ

座敷童「へへぇ……ぐぅ……」スヤスヤ

男「……頑張らなきゃな俺も……お休み、座敷童」


スー…ピシャ



82 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 16:52:38.73 ID:ub6GHkLW0

座敷童「朝じゃ! 遊園地じゃ! 日本一じゃー!!!!」

男「Zzzzz……」

座敷童「……朝じゃ!! 遊園地じゃ!!! にh」

男「二度も言うな!! うっさいわ!!!!」ガバッ

座敷童「遅いわ! 儂を待たせるとはいい度胸じゃのう!!」

男「お前が早起きなだけだよ……ねみぃ……」

座敷童「兎に角はよ準備をせい!」

男「へいへい……ってか、その紫のワンピース……」

座敷童「今日初お目見えじゃ! 似合っておるか!!?」

男「……ああ、スッゲェ可愛いぞ」

座敷童「か、可愛い………あ、あほー!! はよ準備せい!!!/////」

男「折角褒めたのに……はいはい……」スタスタ

座敷童「……不意を突くでないわ……阿呆……」ボソボソ



83 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 16:55:20.03 ID:ub6GHkLW0

.




座敷童「遊園地ー!!!!!!!!」

男「テンションたけーな」

座敷童「これがはしゃがずにいられるか!!!」ダダダッ

男「はしゃぎ過ぎるなよ。 転ぶぞ」

座敷童「ふん! 儂を誰だと思っておる!! 天下の座敷童様じゃぞ!!! そんな容易く転んでうわああああああああ!!!」ズシャ

男「はぁ……だから言ったろうが」

座敷童「い、痛いのじゃ……」ポロポロ

男「まったく……立てるか?」スッ

座敷童「ちょっと待つのじゃ……」グスグス

男「……今日は帰るか?」

座敷童「だ、大丈夫じゃ!! 今日は遊ぶのじゃ!!」スクッ

男「元気そうだな。 だけど膝から血が出てるぞ。 ちょっとそこのベンチに座って待ってろ」スタスタ

座敷童「う、うむ……」



84 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 16:59:36.01 ID:ub6GHkLW0

.






座敷童「……遅いのう……」

チャラ男「あれぇwwwww お姉さん一人っすかぁwwwwwwww」

座敷童「ぬ? 儂は今は一人じゃが、直に男が来るのじゃ」

チャラ男2「マジっすかーwwww そんな奴放っておいて俺らと遊ばない?wwwwwwww」

座敷童「遊ばぬ」

チャラ男「んな硬い事言わずにーwwwww ほらほら立ってwwwwww」ガシッ

座敷童「痛っ……!」

チャラ男2「あれぇwwww お姉さん膝怪我してんじゃんwwwwwwwww どれどれ俺が舐めて治してあげるよーwwwwwwwww」ジリジリ

チャラ男「うっわwww お前キモいwwww マジキモいwwww」

座敷童「ち、近寄るでない!!!」

チャラ男2「むーりでーすwwwwwwwwww」ジリジリ



85 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:02:32.94 ID:ub6GHkLW0

男「おいお前ら何してんだ」

座敷童「お、男!」

チャラ男「なんすかなんすかwwww 俺らこのお姉さんに用があるんすけどwwww お兄さん引っ込んでてよwwwwwww」

チャラ男2「そうそうwwwww今からお姉さんの治療始まるところだから下がっててwwwwww」

男「……平日の真昼間から男二人で遊園地か。 お前らゲイなのか?」

チャラ男「あぁ? なんだよお前。 やんのか?」

座敷童「お、男! 止めるのじゃ! こんな阿呆共に構うな!!」

チャラ男2「アホって酷くなーいwwww そんな事言うお姉さんにはハグしちゃうぞーwwwwwww」ガシッ

座敷童「ひぃ…!!!!」

男「!!? おい……いい加減にしろよお前ら!!!」

チャラ男「なんすかなんすかwwww 怒ってるんすかwwwww 彼女抱き締められて怒ってんすかwwwww」

チャラ男2「マジお姉さんやわらけーwwww 離したくねーwwwwwww」ギュウ

座敷童「や、止めろ! 離せ!!!!」ジタバタ

男「止めろって言ってんだろうが糞餓鬼!!!!」

警備員「おい! お前らなにしてんだ!!!」

チャラ男「あ、やべっ!!」ダダッ

警備員「待てお前ら!!」ダダッ



86 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:07:45.30 ID:ub6GHkLW0

男「はぁ……大丈夫か座敷童?」

座敷童「う、うむ……大丈夫じゃ……」

男「すまんな……助けるのが遅くなって……」

座敷童「……謝るでない。 寧ろあの阿呆共に手を出さなかったのを褒めたいくらいじゃ」

男「……」

座敷童「そう暗い顔をするでない! 今日は遊園地を楽しむ為に来たのじゃ!!! 暗い顔をしとったら置いてくぞ!!」

男「……ああ、分かった。 だけどその前に膝を出せ」

座敷童「ん? こうか?」スッ

男「ちょっと染みるけど我慢しろよ」シュッ

座敷童「んっ…!!」ビクッ

男「……よし、これでいいだろ」ペタペタ

座敷童「痛かったのじゃ……けど、この絆創膏はどうしたのじゃ?」

男「ちょっと遊園地の人に貰ってきた。 探すのに手間取ってな。 待たせて悪かった」ナデナデ

座敷童「な、撫でるでない!!/////」

男「おっと、すまんすまん」

座敷童「むぅ……その……なんだ……あ……有難う……//////」

男「ん。 いいって事よ。 それより楽しむぞ! 今日は一日を目一杯使うぞ!!」

座敷童「あ、当たり前じゃ!!! まずはジェットコースターからじゃ!!!!」

男「泣いてもしんねーぞ!!!」

座敷童「お前もな!!!!」

男「いざ往かん! ジェットコースター!!!!」ダダダッ

座敷童「ま、待つのじゃー!!!」ヒョコヒョコ



87 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:10:05.07 ID:ub6GHkLW0

.





男「気持ち悪い……」

座敷童「乗り過ぎたのう……」

男「そういやさっきは置いてって悪かったな。 お前が足痛いの忘れてた」

座敷童「まったくじゃ!」

男「すまんすまん。 ん、そろそろ飯食うか。 フードコート行こうぜ」

座敷童「あ、フードコートには行かなくても良いぞ」

男「な……なんだと……? あの飯がなきゃ死んだような顔をするお前がいらないだって……!!!?」

座敷童「失礼な奴じゃのう。 ……実は今日! お弁当を持ってきておるのじゃ!!」ドヤァ

男「え? マジで? 何処の弁当?」

座敷童「わ、儂が作ったのじゃ!」

男「マジかよ。 で、何処の弁当? ホモ弁?」

座敷童「儂が作ったと言っておろうがー!!!!!!!」



88 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:12:52.62 ID:ub6GHkLW0

男「……え? 本当?」

座敷童「どんだけ信用無いのじゃ儂は……」

男「だって今までの行いを見てたら……ねぇ」

座敷童「分かった分かった。 お前には食わせぬ。 一人でフードコートへでも行くが良い。 ふんっ」

男「すまんって。 ってか料理出来たのか」

座敷童「男の家に来る前に居た家でお婆ちゃんに教えてもらったのじゃ。 味は保証するぞ」

男「……お前何処の家に居てもそんな感じなのか?」

座敷童「ん? なにか可笑しいか?」

男「いや。 本当に座敷童かどうか疑惑が俺の中で再浮上してきた」

座敷童「失礼な。 儂はしっかりと福を呼ぶ座敷童じゃ。 お婆ちゃんの家では不妊に悩む娘さんに子を授けてやった。 これであの家系の子孫は繁栄し続けるじゃろうな」

男「おお、しっかりとやってるんだな」

座敷童「孫は可愛かったぞ。 儂の事を『お姉ちゃん』 と、呼んで慕ってくれておったわ」フンゾリ

男「お前家族の一員になってるじゃねーか」

座敷童「親戚一同が集まった時はよくお小遣いを貰ったものじゃ……懐かしい……」シミジミ

男「本当に家族じゃねーか」



89 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:15:03.55 ID:ub6GHkLW0

座敷童「じゃが福を与え終わって儂が家を出ようとした時に……人の天命とは逃れられぬものでな……お婆ちゃんの最後を看取って儂は行く手を無くしておった」

男「……」

座敷童「……まぁ、どの道その家に福を与え終わったら儂は用済みじゃからな。 座敷童の性分だから仕方が無い事なのじゃ」

男「……」ナデナデ

座敷童「な、何故撫でる!」

男「いや、お前が悲しそうな顔してたから」ナデナデ

座敷童「むう……///////」

男「……そしたらお前も何時かは俺の家から居なくなるのか?」ナデナデ

座敷童「……まぁ……そうじゃな……」

男「そうか……」ナデナデ

座敷童「……」ナデナデ

男「……何故お前が俺を撫でる」ナデナデ

座敷童「いや、お前も悲しそうな顔をしとったからな」ナデナデ

男「……ぷっ。 俺は大丈夫だよ」ナデナデ

座敷童「わ、笑うでない…………そんな事より弁当を食べるぞ! 箸を持て!」

男「おう。 そんじゃ……」

座敷童・男「「いただきます!!」」



90 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:17:43.63 ID:ub6GHkLW0

.




男「ごちそーさま!!!」

座敷童「お粗末さまでした」

男「マジ美味かったわ。 満腹満腹」

座敷童「そうじゃろう! 儂を見直したじゃろう!」ドヤッ

男「はいはい、見直した見直した」

座敷童「適当に返すなー!!!!!」

男「んじゃ次はお化け屋敷行くぞ!!」

座敷童「うぬ! 座敷童の儂が直々に出向いてやろう!!」

男「おっし! そんじゃ行くか!!」スッ

座敷童「ん? なんじゃその手は?」

男「お前走れないだろ? だから手を貸してやろうと思ってな」

座敷童「お、おう……で、では行くぞ!!」ギュ

男「おーう!!!」ギュ



91 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:21:07.73 ID:ub6GHkLW0

.



座敷童「うぐっ……ひっく……」メソメソ

男「お前はすぐ泣くな」

座敷童「あ、あんな怖いとは思っとらんかった……」メソメソ

男「お前本当に妖怪かよ」ナデナデ

座敷童「先輩である儂をあのように驚かすとは……侮れんな……」メソメソ

男「はいはい。 んじゃ次はどれ乗る?」

座敷童「……ゆっくりしたいのじゃ」

男「おし。 じゃあ次は観覧車だな。 そろそろ日も暮れてきたし締めには丁度いいだろ」

座敷童「うぬ……」



92 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:23:48.49 ID:ub6GHkLW0

――――観覧車ゴンドラ内――――


座敷童「高いのじゃ!!! 見ろ!! 人がゴミのようじゃ!!!」

男「頼むからゴンドラを揺らさないで!!! 暴れないで!!!」

座敷童「ははははっ!!! 見ろ!! 下のゴンドラの奴らキスしとるぞ!!!」

男「そんな出歯亀みたいな事やめとけ!! ……そりゃ観覧車だしな。 定番だろ」

座敷童「て、定番なのか……?」

男「そうだろうな。 デートの締めは観覧車ってテンプレがある」

座敷童「ほ、ほう……」

男「……俺が幼馴染との初デートでもそうだったしな……」

座敷童「……」

男「その時だ。 結婚の約束をしたのも……あの時は幸せだったのにな……」

座敷童「……お前はまだ幼馴染の事を忘れられないのか……?」

男「……そうなのかな。 俺は吹っ切れてるつもりだけど、まだ未練タラタラなのかもしれない」

座敷童「そうか……」

男「うん…………すまんな。 楽しい雰囲気ぶっ壊しちまって」



93 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:26:11.19 ID:ub6GHkLW0

座敷童「………儂が必ずに幸せにしてやる。 男にはもう絶対に辛い思いはさせないのじゃ」

男「ははっ。 信頼してるよ」

座敷童「座敷童じゃからな。 住む家に幸せを与えるのが仕事じゃ」

男「……」

座敷童「辛い思いはさせないと儂は言った……だから……そんな辛そうな顔をするな」

男「辛くねーし。 大丈夫だし」

座敷童「……お前はどうにも自分の内に辛さや悲しみを仕舞込んでしまう癖があるようじゃな。
大丈夫……儂が受け止めてやる。 辛い時は泣けば良いのじゃ」

男「……」

座敷童「儂を信用しろ……阿呆……」ギュッ

男「……うぐっ……ひっ……うあぁ……」ポロポロ

座敷童「…………絶対に……幸せにしてやるからな……」ナデナデ



94 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:28:36.00 ID:ub6GHkLW0

.






男「……今日は有難うな」スタスタ

座敷童「儂はお礼を言われるような事はしてないつもりだがな」テクテク

男「いや、感謝してるんだ。 素直に受け取れ」スタスタ

座敷童「うむ……分かったのじゃ。 ……にしてもお前の目は真っ赤じゃのう」テクテク

男「それは言うな恥ずかしい」スタスタ

座敷童「真っ赤っかー真っ赤っかー。 兎もびっくりじゃ」テクテク

男「うっせ!」スタスタ

座敷童「……ようやっと何時もの男に戻ってきたのう」テクテク

男「……ああ、俺復活だ」スタスタ

座敷童「うぬ! それでは復活記念に二郎へ行くぞ!!」テクテク

男「行かねーよ! ……また今度な」ギュッ

座敷童「な、何故手を握るのじゃ……?」

男「なんかそんな気分なんだよ……気にするな……」ギュ

座敷童「そ、そうか……気にしない事にするのじゃ……へへっ」ギュウ

男「ああ……気にしたら負けだちっぱい」

座敷童「台無しじゃ! 台無しなのじゃ!!」



95 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:32:10.06 ID:ub6GHkLW0

―――男宅―――



友「それでオープンの日取りが決まったわけだが」

男「いきなり過ぎるだろう。 俺なんもしてないぞ」

友「明後日からだから用意しておくように」

男「本当に急だな!」

座敷童「その店には食事はあるのか!!!?」

男「いきなり乗ってくるな!!!」

友「一応ピザやパスタは出すよ。 あとはジャーキーやナッツや生ハム、チーズくらいだ」

座敷童「よし、儂も行こう」

男「来んな!」

座敷童「な、何故じゃ……!!」

男「お前が来たら食材が尽きそうだし、何より俺の給料が無くなりそうだから」

座敷童「必要経費というものがあってじゃな」

男「なんも必要じゃねーよ」

座敷童「儂に餓死しろと言うのか!!!!」

男「飯は作って仕事行くから我慢しろ。 帰る時もお土産買ってくるから」

座敷童「ならば良い。 早く帰ってくるのじゃぞ」



96 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:34:46.37 ID:ub6GHkLW0

友「ふふっ。 本当に君らは仲が良いな」クスクス

男「まあ……従兄妹だしな」

座敷童「そうじゃな」

友「そうかそうか。 それじゃボクは行くよ。 挨拶周りもあるしね」

男「おう。 そんじゃ気を付けろよ」

座敷童「次来る時はなにかお土産を頼むのじゃ」

男「厚かましいなお前」

友「分かったよ従兄妹ちゃん、またね。 …………あ、男」

男「ん? なんだよ」

友「ちょっとね……最近ここら辺で幼馴染をよく見るんだ。 気を付けた方がいいと思ってね」

男「……そういやこの前も居たな……なんであいつ……」

友「よく分からないが……最近あの浮気相手と別れたらしいぞ」

座敷童「……」ピクッ



97 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 17:36:59.02 ID:ub6GHkLW0

男「そ、そうか……けど俺とはなんも関係無いな。 杞憂もいいとこだ」

友「……多分だが……幼馴染は男と寄りを戻そうと考えているんではないかと思ってね」

座敷童「……」

男「……へぇ……そうか」

友「一つ言っておくよ男。 浮気をした人間は必ずと言っていい程またそれを繰り返す。 それはもう中毒者のようにね」

男「なにが言いたい?」

友「いや。 ただの忠告だ。 変な考えは起こさないようにね」

男「……ねーよ」

友「そうか……すまない、それだけだ。 それじゃあね」ガチャバタン

男「……」

座敷童「……なあ、男……」

男「……なんだ?」

座敷童「今日は何を食べたい?」

男「……煮物」

座敷童「うむ。 分かったのじゃ」テクテク

男「……はぁ……」



101 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:13:33.95 ID:ub6GHkLW0

.




男「そんじゃ俺は仕事行ってくるからな。 ちゃんと飯食い終わったら片付けとけよ」

座敷童「うぬ! 任せるのじゃ!!」

男「あと寝る時は戸締りの確認を忘れるなよ」

座敷童「分かったのじゃ!」

男「あと夜道は出歩くなよ。 危険だからな」

座敷童「うがー!!! 儂は子供じゃない! さっさと行くのじゃ!!!」

男「おう、行ってきます」ガチャバタン

座敷童「行ってらっしゃい!」

座敷童「……映画でも観ようかの」



102 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:16:24.95 ID:ub6GHkLW0

.




座敷童「……」

TV「―――」

座敷童「……」

TV「――」

座敷童「……手がハサミの男が少女に恋する話か……実らぬ恋じゃな……」

TV「―――」

座敷童「……妖怪と人間が恋愛を成就させるようなものじゃ……そんなのは……」

TV「―――」

座敷童「……」

TV「――」

座敷童「……や、やっぱり結ばれぬのかこの二人は……」

TV「――――」

座敷童「……けれど……二人共幸せそうな顔しとるのう……」

TV「―――……」

座敷童「……あ、終わった……返却期限が今日までではないか。 ……返してこねば」スクッ



103 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:19:26.43 ID:ub6GHkLW0



―――――レンタルビデオ屋――――――


座敷童「この二本を返却するのじゃ。 そしてこれを貸してくれ」

店員「ウイッス。 アザッスアザッスオラィオラィ」

座敷童「ちゃんと日本語で喋らんか」

店員「あ、はい。 すみません」


ウィーン


座敷童「ふう……」

?「あ……」

座敷童「ん。 ……お前は……」

?「あの……男君の彼女さんですよね……?」

座敷童「お前は幼馴染と言ったかな。 なんじゃ、儂に何か用か?」



105 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:22:08.36 ID:ub6GHkLW0

幼馴染「いえ……その……」

座敷童「はっきりと喋らんか。 儂は今虫の居所が悪いのじゃ」

幼馴染「す、すみません!」

座敷童「……で、何用じゃ?」

幼馴染「……男君の事で……」

座敷童「…………男がどうかしたか?」

幼馴染「いえ……その……」

座敷童「……」

幼馴染「わ、私……その……男君に酷い事しちゃって……」

座敷童「そうじゃな。 男は酷く傷付いておった。 なにせ結婚の約束までした女に裏切られたのじゃからな」

幼馴染「……言い訳はしません……だけど……」

座敷童「……そう言えば友が言っておったのう。 幼馴染が男と寄りを戻したがっていると」

幼馴染「と、友ちゃんがなんで!?」

座敷童「同じ女じゃから分かるとこがあるのじゃろう。 儂にはその考えがよく分からんがのう」

幼馴染「……」



106 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:25:53.59 ID:ub6GHkLW0

座敷童「自分の都合で男を裏切り、傷付け、自分は一人だけ幸せになり
……その幸せが無くなったら自分の都合が良い男の元へ戻ろうとする。 まったく持って意味が分からん」

幼馴染「そ、そんな言い方!!」

座敷童「事実じゃろ? 儂はそれに腹が立っておる」

幼馴染「け、けど……私にはやっぱり男君じゃなきゃ……」

座敷童「昔男に告白した時と同じ事を言うんじゃな。 本当にしょうもない女じゃ」

幼馴染「な、なんで貴女がそんな事知ってるのよ!!」

座敷童「……儂は男の彼女だからの。 知ってて当たり前じゃ」

幼馴染「……」

座敷童「じゃが何故男にたいする気持ちを儂に伝える? 直に男に言えばいいだろうに」

幼馴染「……だって男君会ってくれないし……」

座敷童「それだから儂に宣戦布告か? 度胸が無いのか有るのか分からん女じゃのう」

幼馴染「……」

座敷童「儂に言うな男に言え。 そして無様に振られるといい。 儂はそれを傍観しといてやろう」

幼馴染「お、男君は私の気持ちに答えてくれる!!!!」

座敷童「その自信が何処から来るのか不思議でしょうがない。 お前は男を不幸せにしたのじゃ。 その時点で答えは決まっておろう」

幼馴染「つ、次は絶対に幸せにしてあげるし!!」

座敷童「お前じゃ無理じゃ」



107 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:28:10.91 ID:ub6GHkLW0

幼馴染「……もういい。 男君を貴女から奪ってみせる」

座敷童「おお怖い怖い。 おしっこちびりそうじゃ」

幼馴染「バカにしないで!!」

座敷童「馬鹿に馬鹿と言って何が悪いのじゃ? ああ、脳内お花畑には何を言っても無駄か」

幼馴染「う、うるさい!!」バチン!

座敷童「つっ……!! ……そうやって手を出す事でしか反抗出来ないから馬鹿だと言っておるのじゃ。 本当に男と同い年なのか? 子供過ぎて笑えてくるわ」

幼馴染「うるさいうるさい!! も、もういい!!!!」ダダダッ

座敷童「……ふう……行ったか」

座敷童「………痛いのじゃ……ほっぺた痛いのじゃ……男ぉ……ぐすっ……」ポロポロ



108 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:30:17.42 ID:ub6GHkLW0

.




男「ただいまー……っても寝てるか」ガチャ

座敷童「おかえりなのじゃ」

男「うぉ!? な、なんだお前起きてたのか?」

座敷童「ちょっと映画を観ててのう。 お陰で目が真っ赤じゃ」

男「まったくお前は……ってお前その頬どうした? 赤くなってるぞ?」

座敷童「ちょ、ちょっと転んでしもうての。 まいったまいった。 ははっ」

男「……何があった?」



109 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:32:56.59 ID:ub6GHkLW0

座敷童「何もないと言っておるじゃろう。 それより朝餉の用意は出来ておるぞ。 はよ食べるぞ男!」

男「……俺は何があったって聞いてるんだ」

座敷童「……なにもない」

男「……まあ喋りたくないならいいけどさ……無茶しないでくれよ。 俺を心配させないでくれ」ナデナデ

座敷童「な、撫でるでない……」

男「ならそんな悲しそうな顔するな」ナデナデ

座敷童「悲しくなんて……」

男「お前に何かあったら俺が悲しむんだ。 分かってくれよ」ナデナデ

座敷童「……うぅ……ぐすっ……男ぉ……うわああぁああぁぁああぁ……」ギュウ

男「よしよし……」ギュ



110 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:34:56.01 ID:ub6GHkLW0

.



座敷童「ぶ、無様な姿を見せてしまったの……」グスグス

男「いいって事よ」

座敷童「……うむ! 一頻り泣いたらすっきりしたぞ! さぁ! 食事じゃ食事!!」

男「おっし! 俺も腹減った! 今日の朝飯はなんだ!!」

座敷童「カツ丼じゃ!!!」

男「うわー朝から胃がやられるぅー」



111 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:37:44.79 ID:ub6GHkLW0

.






座敷童「……暇じゃ」

男「奇遇だな。 俺も暇だ」

座敷童「……そうではない! 儂は暇なのじゃ! ひーまーなーのーじゃー!!!」ジタバタ

男「暴れるな埃がたつ」

座敷童「ぬぐう……じゃあ映画を観るのじゃ!」

男「お婆さん。 映画ならさっきも観たでしょう」

座敷童「誰がお婆さんじゃ! 儂はまた観たい!」ムフー

男「はいはい。 じゃあ借りてくるか」

座敷童「うぬ。 じゃあシザーハンズじゃ!」

男「またかよ。 この前観たじゃねぇか」

座敷童「いいからはよ行くぞ!!」

男「はいはい」



112 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:40:31.33 ID:ub6GHkLW0

.



店員「アザッシター」

座敷童「毎度思うが、何故ここに勤めてる奴らは正しい日本語が使えんのじゃ……」

男「気にするな。 あれは人間であって人間じゃないからな」

座敷童「なんと……あ。 ちょっと儂はコンビニ寄ってから帰るのじゃ。 先に帰っててくれ」

男「なんだ? 俺も行くぞ」

座敷童「いいのじゃ。 どうせ大したものは買わん」

男「そうか。 じゃあ先行ってるぞー、気を付けてな」

座敷童「うぬ」



113 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:42:48.22 ID:ub6GHkLW0

.





座敷童「ポップコーンに男が好きなドクターペッパーも買った。 そして儂のハーゲンダッツ! これで映画の面白さも倍増するというものじゃ!」テクテク

座敷童「楽しみじゃー……ん、男? なんであんなとこに……隣におるのは……幼馴染じゃな……」

男「―――」

幼馴染「―――」

座敷童「ここからではよく聞こえん……もうちょっと近付いて……」ソロソロ

幼馴染「――男―――好き―――」

男「―――俺―――だけど―――」

座敷童「……なにか今好きという言葉が……ま、まさかのう……」

幼馴染「―――幸せに―――――」

男「―――彼女――――俺――――」

座敷童「まさかな……幼馴染なんかに……ははっ……」

幼馴染「――――愛してる――――」

男「―――俺――――愛してる―――――」

座敷童「え………い、今……愛して……え………」




座敷童(……なんで男と幼馴染はあんなにくっついておるのじゃ……なんで……幼馴染は男に抱き着いておるのじゃ……なんで……なんで……)



114 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:45:27.91 ID:ub6GHkLW0

ガチャバタン


座敷童「………先に帰ってきてしもうた……」

座敷童「……」


ガチャ


男「ん? なんだ、もう帰ってきてたのか」

座敷童「う、うぬ……」

男「……どうした? そんな顔して」

座敷童「……なんでもないのじゃ。 それより映画を観るぞ!」

男「お、おう」



115 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:48:42.91 ID:ub6GHkLW0

座敷童「……」

TV「……」

男「ジョニーデップ若いなー」

座敷童「……そうじゃな」

TV「……」

男「手がハサミの男が少女に恋するって……すげぇ話だよな」

座敷童「っ……そ、そうじゃな……」

TV「……」

男「ある意味身分違いの恋だよな。 だけど良いよな……お互いがどれだけ違う存在でも恋が出来るって」

座敷童「そうじゃな……(男の顔が見れん……なんでじゃ……なんでこんなに心臓が痛いのじゃ……) 」



116 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:53:23.43 ID:ub6GHkLW0

男「これも一つのハッピーエンドだよな」

座敷童(男と幼馴染が抱きしめ合ってるのを見てからじゃ……こんなに胸が締め付けられそうになっておるのは……)

男「ん? おい、座敷童」

座敷童(恋愛映画でよくあるやつなのか……嫉妬……けど……儂は妖怪で男は人間…………)

男「……なんで泣いてるんだよ?」

座敷童「……え?」ポロポロ

男「どうしたんだよ。 さっきからおかしいぞ?」

座敷童「なんで儂……」ポロポロ

男「だから泣くなよ……」ナデナデ

座敷童「!! な、撫でるでない!!!」バシッ

男「え? ど、どうしたんだ……?」

座敷童「あ……ご、ごめん……」

男「……なぁ、本当にどうしたんだよ……?」

座敷童「な、なんでも……(なんで儂は怒っておるのじゃ……男は悪くないのに……けど……今は優しくされたくない……) 」



117 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 19:57:49.67 ID:ub6GHkLW0

男「俺なんかしたか?」

座敷童「な、なんもしとらん! (なんもしとらん……男はなんもしとらん……儂が……儂が勝手に……) 」

男「そうか……なら大人しく俺に撫でられろ。 お前の辛そうな顔は見たくない」ナデナデ

座敷童「な、撫でるで……(ダメだ……今は優しくするな……)」

男「よーしよし」ナデナデ

座敷童(そんな笑顔を儂に見せるな……身分違いの恋なぞ……絶対にあってはならぬ……ダメなのじゃ……)

男「泣くなよ大丈夫だから。 俺はお前が前に居た家のお婆ちゃんみたく何処にも行ったりしないから」ナデナデ

座敷童「あ……」

男「ん? どうした?」



























座敷童「……す、好き……」



118 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:01:24.10 ID:ub6GHkLW0

男「……え?」

座敷童「す、好きじゃ! 男が好きじゃ!!」

男「え……えっ?」

座敷童「ずっと言わずに我慢しとった……じゃがお前が優しくするから言ってしまったではないか阿呆が!!!」

男「えっと……」

座敷童「なんじゃ? 幼馴染と寄りを戻す事になったから儂の言葉は受け入れられんか? さっきも仲良く抱きしめ合っておったしな!!」

男「なんでお前……ってか見てたのか!?」

座敷童「座敷童は見たじゃ阿呆! 市原悦子もビックリじゃ!! なんじゃ!? 儂が妖怪でお前が人間だから実らぬ恋だと言うか!!? シザーハンズのように!!」



119 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:05:00.21 ID:ub6GHkLW0

男「あー……あれな……断ったんだけどな」

座敷童「は、はぁ!!? じゃあ何で抱き締めあってたのじゃ!!」

男「いや、断ったら向こうがいきなり泣きながら抱き着いてきたんだよ。 すぐに引っペがしたけどな」

座敷童「え……」

男「向こうから捨てておいていきなり寄り戻そうって……おまけに『私には男しかいない』 だもんな。 都合がいいにも程がある」

座敷童「……」

男「だから俺は好きな人がいる! その人を愛してるんだ! って断ってやったわ!!」

座敷童「……」

男「……おい、大丈夫か?」

座敷童「……うわあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!! 恥ずかしいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!」ジタバタ

男「どうした俺の事を好きな座敷童ちゃん」ニヤニヤ

座敷童「うがああああああああああああぁぁぁぁあ!!!! 忘れろおおおおおおおおおぉぉぉぉおお!!!!」ポカポカ

男「いてっ! 叩くな叩くな!!」

座敷童「はぁはぁ……妖怪なのに人間に恋して……おまけに嫉妬で暴走までして……うぅ……一生の恥じゃ……」メソメソ



120 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:08:36.56 ID:ub6GHkLW0


男「……なあ。 身分違いの恋って良くね?」

座敷童「………はぁ?」

男「好きな奴へのハードルって高ければ高い程燃えね?」

座敷童「な、何を言っておるのじゃお前は」

男「シザーハンズは最高だよな。 人造人間と人間との恋……最高じゃん。 ……けど、二人が恋人として結ばれるエンドも観たいよな」

座敷童「な……何が言いたい……」

男「はあ……ここまで言って分かんないか? 教養足りてないんじゃね?」

座敷童「う、うっさいわ!」

男「……」ギュウ

座敷童「……何故抱き締めるのじゃ……」

男「いいから受け入れろアホ」ギュウ



121 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:11:07.88 ID:ub6GHkLW0

座敷童「……儂は妖怪じゃ……神様じゃ……」

男「ああ、身分違いだな」ギュッ

座敷童「嫉妬ばかりしてしまう妖怪じゃ……」

男「可愛いじゃないか」ギュウ

座敷童「……男は……そんな儂をどう思うのじゃ……?」

男「ん? 言わなきゃ分からんか? じゃあ……」

座敷童「あ! 待て待て!!」

男「なんだよ……いい雰囲気なのに……」

座敷童「……ちょっと……その言葉を受け入れる準備が必要なのじゃ……」

男「心の準備ってやつか。 分かった、待つよ」

座敷童「ああ、一ヶ月程な」

男「ながっ!!!? なにそれ!!??」

座敷童「だから準備なのじゃ!! 仕方なかろう!!! ……なので一ヶ月間家を開ける」

男「え?」

座敷童「ちょっとな……身の回りの準備とだけ言っておこう」

男「……分かった。 待つよ」

座敷童「物分りのいい男で良かったのじゃ」ナデナデ

男「へいへい。 有難い言葉ありがと」ナデナデ

座敷童「……出る前に……もう一回ギュッとしてくれ……」

男「はいよ。 幾らでもしてやるよ」ギュウ

座敷童「へへっ……温かいのじゃ……」ギュウ



122 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:13:33.51 ID:ub6GHkLW0

――――翌朝―――――


男「忘れ物は無いか? ハンカチ持ったか? 絆創膏は?」

座敷童「だから儂は子供じゃないと言っておろう!!! 大丈夫じゃ!!」

男「だって心配だからよ……」

座敷童「ふん……儂もお前が儂を待ってる間に浮気をしないか心配じゃ」

男「絶対しないって言い切れるね」

座敷童「どうだか……友との仲も怪しいからのう……」ジトッ

男「あれ? まだ聞いてなかったのか友の事」

座敷童「そういえば秘密があるとか言っておったのう。 すっかり忘れておった」



123 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:15:59.85 ID:ub6GHkLW0

男「……まあ、俺から言っても問題ないか。 あいつはビアンだ」

座敷童「……は?」

男「あ、レズビアンな。 絶対あいつの前でレズって言うなよ。 俺はそれで一回ボコボコにやられた」

座敷童「お、おう……」

男「あいつは昔から女が好きでな。 それで好きな女の子に告白したんだが……それが原因で昔イジメられたんだよ」

座敷童「なる程……イジメの原因はそれじゃったか……どうりでボーイッシュなわけじゃ……」

男「因みにあいつはお前の事狙ってるからな」

座敷童「え?」

男「初見から目を付けていたらしいぞ。 俺が絶対に手出しはさせんがな」

座敷童「最初の狩人の目はそれじゃったのか……恐ろしい……」ブルブル

男「まあ、そんなわけだ。 これで心配事は無くなったか?」

座敷童「ん……まあな……」

男「それじゃあ……待ってるぞ。 早く帰って来いよ……俺達の家に」

座敷童「あ、当たり前じゃ! それでは行ってくるぞ男!!」

男「ああ、行ってらっしゃい! 座敷童!」



124 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:20:20.04 ID:ub6GHkLW0

――――――
――――
――




――――1ヶ月後(友のBARにて)――――


友「開店休業とは正にこの事だな」

男「もう直ぐてっぺん超えるぞ。 それでノーゲスってどういう事だおい」

友「夜の店はてっぺん超えてからが勝負なんだよ。 黙ってお客さんを待て」

男「へいへい。 あー暇だわー」

幼馴染「……私居るんだけど」

友「なんだクズ女。 まだ居たのか」

幼馴染「酷くない!!?」

男「浮気をして俺を捨てたにも関わらず、その後俺に寄りを戻そうと言い寄ってきたけど振られて、
その後もしつこく俺の跡をつけてまわり、何回か俺に通報されても動じないストーカーの幼馴染さんじゃないですか。 ウッスウッス」

幼馴染「う、うるさい!! まだ私は諦めてないから!!!」

友「こんなのに付き纏われてる男が可哀相で……ヨヨヨ……」

男「ほんとにねぇ……ヨヨヨ……」

幼馴染「わざとらしい嘘泣き止めてよ!!」



125 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:22:45.35 ID:ub6GHkLW0

友「けれどそんなクズ女でもこの店の立派な収入源。 ほら、なんか頼め」

男「あー私シャンパン飲みたいなぁー」

幼馴染「お、男君がそう言うなら……へへっ……」

友「おい男こいつちょろ過ぎるぞ! もっとたかれ!!」

男「ガッテン承知の助!!」

幼馴染「うわーん!!!!」

友「まぁ、茶番はここまでにして……男。 そろそろ従兄妹ちゃ……座敷童ちゃんが帰ってくる頃じゃないか?」

男「ああ。 もう準備はしてあるんだ。 早く帰ってこねぇかな……」

友「まさか従兄妹ちゃんが座敷童だったとはね……最初にあった時から古臭い喋り方をする娘だなとは思ってたが……世の中不思議な事ばかりだ」

男「まったくなだな」

友「けど……妖怪でも可愛い事にはなんら変わりはない……」ジュル

男「手を出したらぶっ飛ばすぞ」

友「ははっ。 怖い怖い。 けどもし帰ってこなかったらどうするんだ?」

男「ぜ、絶対帰ってくるし!」

幼馴染「も、もし帰ってこなかったら私がいるからね! 男君!」

男「うっせビッチ。 黙ってろ」

座敷童「まったくじゃ。 黙っておれビッチが」

男・友・幼馴染「!!!?」



126 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:25:29.70 ID:ub6GHkLW0

座敷童「どうしたのじゃ? 鳩山が検察の捜査を食らったような顔して」

男「鳩だよそれは! ってかいつの間に入ってきた!!?」

友「やあ座敷童ちゃん。 今日も可愛いね」ススス

男「おい、それ以上俺の座敷童に近づいてみろ。 俺のマーシャルアーツが火を噴くぞ」

座敷童「お、俺のって……/////」

幼馴染「わ、私蚊帳の外じゃない?」

座敷童「黙っておれ雌豚が。 儂の男に手を出そうとしおって」

男「わ、儂のって……/////」

座敷童「……/////」



127 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:27:37.20 ID:ub6GHkLW0

友「……あーあー甘いなー。 ボク砂糖吐きそうだよ。 このままじゃ糖分過剰摂取で死にそうだから今日はもう帰れ、男」

男「え? いいのか?」

友「ここのマスター兼オーナーはボクだよ? そのボクがいいって言ってるんだ。 早く帰れ」

幼馴染「え、男君が帰るなら私も付いてく!」

男・座敷童「来んな」

幼馴染「酷い!!」

友「このクズ女はボクが縛っておくから、安心して二人の愛の巣へ帰りなさい」

男「すまんな友。 じゃあ任せた」タタタッ

座敷童「すまない」タタタッ

幼馴染「ま、待って!!」

友「野暮な事は言わずに黙っていろ」ギュー

幼馴染「痛い! 本当に縛らないでよ!」



128 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:31:25.61 ID:ub6GHkLW0

友「縛らなかったらお前は男達の邪魔をするだろう? ……それに縛った方がボクとしても好都合なんだ……」ニヤッ

幼馴染「え……な、なにそれ……」ビクッ

友「幼馴染はボクの好みじゃないけど……何分ボクも失恋した身でね。 傷の舐め合いをしようじゃないか……」ニヤニヤ

幼馴染「ひっ……!! お、男君助けてー!!!!!」ジタバタ

友「……お前はその今助けを求めてる男の心を酷く傷付けたんだ。 好き勝手振り回して滅茶苦茶にした。 ボクの親友である男をな」

幼馴染「だ、だって!」

友「だってもダッチも無い! これからヤル事はお仕置きでもあるんだよクズ女。 優しい男はお前に暴言を吐くだけで終わらせてるけど……ボクはそうはいかないからね……」ニヤァ

幼馴染「や、止めて……」

友「なに。 穴と穴の関係もいいものだぞ? ……店の鍵はかけたしね……安心していいよ……」ジリッ

幼馴染「や、やめ……うわあああああああああああああん!!!」



129 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:35:27.65 ID:ub6GHkLW0

――――男宅―――――



男「……友には感謝しなきゃな」

座敷童「ああ、そうじゃな……」

男「……紫のワンピース似合ってるぞ」

座敷童「あ、有難う……思い出の服じゃから……その……これを着て男に会いたかったのじゃ……////」

男「もうっ! 可愛いなくそっ!!!!!」ダンダン

座敷童「な、なんで床を殴るのじゃ!!!?」

男「少し昂ってしまった……すまん」ハァハァ

座敷童「お、おう……」



130 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:37:32.66 ID:ub6GHkLW0


男「それで……帰ってきたって事は準備が終わったって事でいいんだよな?」

座敷童「そ、そうじゃ!!! どうだ男!!! 儂の変化が分かるか!!?」クルッ

男「えっと……髪切った?」

座敷童「切っとらん!!」

男「身長が伸びた?」

座敷童「伸びても縮んでもおらん!!」

男「胸が大きくなったちっぱい?」

座敷童「大きくなっとらん! 泣くぞ!!!」

男「すまんすまん。 ……で、なんか変わったのか? 外見はまったく変わってないぞ?」

座敷童「ふふん♪ 分からぬか? 実はな……儂は人間にジョブチェンジしたのじゃ!!!」

男「……え?」



131 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:41:36.11 ID:ub6GHkLW0

座敷童「大変だったのじゃぞ? 仲間からは反対され、神々からは総スカンを食らったわ。 じゃが儂はそれらを振り解き、見事に人間の身体を手に入れた!!」

男「お、おう……」

座敷童「歳も二十歳で戸籍登録しておいた。 少しずるい手は使ったがの……けれど! これで儂は見事人間の仲間入りというわけじゃ!!!」

男「……」

座敷童「なんじゃなんじゃ!! リアクションの一つも寄越さぬのか!!!」

男「いや……その……」

座敷童「……なんじゃ? 嬉しくないのか?」

男「いやな……なんかお前に辛い思いさせたんじゃないかって思ってさ……」

座敷童「儂が好きでやった事じゃ。 男が苦しむ道理は無いぞ!!」

男「だけど……仲間とか……」

座敷童「ええい!! 女々しい男じゃのう!! これから儂の伴侶となるんじゃ!! 堂々としておれ!!!」

男「え……」



132 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:46:18.66 ID:ub6GHkLW0

座敷童「え……? わ、儂を生涯の伴侶として貰ってくれるのではなかったのか……?」

男「い、いや! それは!!」

座敷童「わ、儂は勝手に浮かれて……勝手に人間になって……阿保みたいに踊っていただけ……ぐすっ……だったのか……?」ポロポロ

男「ち、違う!」

座敷童「ヒック……うぅ……」グスッ

男「ああ!もう!」ギュ

座敷童「ひぐっ……!? な、なんで抱き締めるのじゃ……?」

男「ちょっと驚いて戸惑ってただけだっつーの! お、俺はお前が好きだよ! 大好きだよ! 結婚だってしたいよ!」

座敷童「……本当か?」

男「本当だ! 神様にも誓えるね!!」

座敷童「う、嘘じゃないな……?」

男「嘘じゃねーよ!! 俺を信じろ!!!」

座敷童「…………儂は幸せじゃ……本当に幸せじゃ……」ギュウ

男「座敷童……」

座敷童「なんじゃ……んっ」



133 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:51:08.30 ID:ub6GHkLW0


男「……ぷはっ。 これが誓いの口付けだ」

座敷童「あばばばばばばばば!!! ななななななにを!!!!!」

男「キョドりすぎだろ」

座敷童「わ、儂の……ファースト……キスじゃったのに……/////」

男「お前……可愛すぎだろ……」ギュ

座敷童「ふわっ……うう……////」ギュウ

男「…………あ、思い出した」ゴソゴソ

座敷童「ん? な、なんじゃ?」

男「お、あったあった。 ……これ、なんだか分かるか?」

座敷童「ん……指輪……じゃな?」

男「おう! これは俺が友にこき使われながら汗水流して働き、その金で買った指輪だ!」

座敷童「えっと……それがどうしたのじゃ……?」

男「余計な知識はあるのにこういったのは疎いのなお前……」

座敷童「わ、悪かったの!!」

男「これはな……その……婚約指輪ってやつだ!!」

座敷童「え……あ、あの……幼馴染に買って用意してたやつと同じ意味合いのか……?」

男「そうだ。 だけどこれは幼馴染との結婚資金に貯めた金とは別に、お前の為に働いて貯めた金で買ったものだ!!」

座敷童「……そ、それを儂にくれるのか……?」

男「あ、当たり前だ!!! えっと……その…………お、俺と結婚を前提にお付き合いしてください!!!」

座敷童「い……いいに決まっておろう!!! こ、交際などすっ飛ばして直ぐに結婚でもいいぞ!!!!!」



134 : ◆XhjyRoTt0Q 2013/09/03(火) 20:53:48.76 ID:ub6GHkLW0

男「お、おう……え、えっと……じゃあこれを左手の薬指に……」プルプル

座敷童「ふ、震え過ぎじゃろ……」プルプル

男「お、お前もな!!」プルプル

座敷童「お、お互い様じゃな!!」プルプル

男「……は、はめたぞ……」

座敷童「お、おう……こ、これで儂らはふ……夫婦でいいんじゃな!!!?」

男「お、おう!! おしどり夫婦ばっちこい!!!」

座敷童「そ、そうか……」

男「まぁ……正式な手続きは役所でやるけどな。 婚姻届もらって」

座敷童「……けれど……事実上儂らは夫婦じゃろ……?」

男「そうだ!! 解約は受け付けておりません!!!!」

座敷童「そ、それはこっちの台詞じゃ阿呆!!!!」

男「……ははっ……き、緊張した……」ヘタッ

座敷童「わ、儂もじゃ……」ヘタッ

男「一気に気が抜けたわ……」

座敷童「じゃな…………なぁ男……」

男「ん? なんだ?」










座敷童「お前は今幸せか?」

男「当たり前だ!!」











おわりおわり



137 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/03(火) 21:00:34.33 ID:PICLCwhAO

乙!
ホッコリした



140 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/03(火) 21:11:11.97 ID:vH9q3qCoo


幼馴染ざまあ!



143 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/03(火) 21:58:59.33 ID:ssOWQmcDO

おつ
ほっこりした



144 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/03(火) 22:53:24.29 ID:utxzHfO8o




転載元
座敷童「お前は今幸せか?」 男「え……いや……え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378118395/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

    • 月間ランキング
    • はてぶ新着
    • アクセスランキング

    SSをツイートする

    SSをはてブする

    コメント一覧

      • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月03日 23:44
      • いちげとwBY年末マン
      • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 00:16
      • 幼馴染が清々しいまでの悪役でいいねぇ
      • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 00:17
      • 4 面白かったけど、もっと幼なじみが不幸になる展開が欲しかった
      • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 00:25
      • 4 ちょっと座敷童子探してくる
      • 5. MCC
      • 2013年09月04日 00:36
      • 5 何か……ぬ~べ~を思い出す……
      • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 01:29
      • 4 めっちゃ可愛い
      • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 01:41
      • 座敷童「後は別れた後もしっかりと性処理はしてるのう。 デリバリーヘルスで来たキャシーちゃんは少し不細工で残念だったのう」

        …オーバーキルです 勘弁してやって下さい

      • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 02:48
      • 今度帰郷したら押し入れ探索するか
      • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 03:35
      • これは素晴らしい幼なじみざまぁSS
      • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 03:56
      • 5 友が優しすぎて生きているのがつらい ホントに優しいですよ、この友は……
      • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 05:16
      • 5 面白かった
        さくっと読めた後味爽やか
      • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 08:05
      • この子にあったら自分の性事情バラされるのか……耐える自信ある?
      • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 10:27
      • jazzにこだわるねぇ
      • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月04日 18:34
      • いいオチだった
        欲を言えば幼なじみに対するお仕置を見…いや何でもない、友も幸せになれば良いな
      • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月05日 05:52
      • なにが面白いのかまったくわからん
      • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月05日 10:49
      • さらりと読めてハッピーエンドで面白かった
        幼馴染が屑ではあるが傷害をしてくる展開じゃあなかったのも重すぎなくていい
      • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月07日 23:36
      • クズビッチの調教後が見たいです!
      • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月08日 02:07
      • 5 面白かった!
        座敷童かわええ!
      • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
      • 2013年09月19日 17:36
      • 5 おもろかった!
      • 20. 悶絶ビッチ専属調教師
      • 2014年09月03日 23:28
      • 5 皆さん、ご無沙汰しております。悶絶ビッチ専属調教師のタクヤと申します。
        今回調教するビッチは幼馴染。端正なマスクと、均整のとれた体、 このビッチは、私の調教に耐える事が出来るでしょうか?
        それでは、ご覧下さい。

    はじめに

    コメント、はてブなどなど
    ありがとうございます(`・ω・´)

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    スポンサードリンク
    最新記事
    新着コメント
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    スポンサードリンク

    ページトップへ

    © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ