TOP

狐娘「お主どんだけ出したら気がすむんじゃ。もう子種で溢れとるぞ」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 09:43:17.43 ID:q4EW6CWW0

童子「キツ姉ちゃん、おっす!」

狐娘「チッスじゃ。ほれ、さっさと寄越せ」

童子「なんだよそれ、確かに渡すつもりで持っては来たけど……」

狐娘「催促されるのは嫌か? ええじゃないか、はよう油揚げ食わせ」

童子「ん」

狐娘「ほほーう! 今日ええ色艶しとるのう、食べてくれと言わんばかりじゃ!」

童子「なー」

狐娘「なんじゃ?」

童子「そんなに油揚げ、好き?」

狐娘「好きじゃなあ、ワシは油揚げの為なら大抵の事はやるぞ」

童子「へ、へぇー……」

狐娘「なーにを企んでおる? ん? 言うてみい、言うてみいて」

童子「別に何も企んでねーよ! 体押し付けてくんな!」

狐娘「おや、もう帰るのけ? もちっとゆっくりしていったらどうじゃ」

童子「うっせ!」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 09:50:36.52 ID:q4EW6CWW0

狐娘「ん、今日は来んと思っとったが」

童子「……好きなんだろ、油揚げ」

狐娘「おお、好きじゃ好きじゃ大好きじゃ。ワシの為に持って来てくれたんじゃな? 優しいのう、きっと良い男に育つぞ、お?」

童子「ただじゃ、渡せない」

狐娘「ほほーう。なんじゃなんじゃ、今日は随分と様子が違うのう。そんなに怖い顔しとると人も獣も寄って来んぞ?」

童子「……う、うるさい! 油揚げ、欲しいんだろ!?」

狐娘「そうじゃな、断然欲しい」

童子「今日のはいつもより高い奴だ、隣村のあの店の」

狐娘「それはそれは、今から胸踊るのう。ほれ、はよう寄越せ」

童子「ただじゃ渡せないって言ってるだろ!」

狐娘「なら疾く用を言え。願掛けか? 呪いか? あまり暗いのは好かんのう」

童子「……結び」

狐娘「んー? はっきり申せ、ほれほれ」

童子「え、え、縁結び!」

狐娘「……年頃じゃのう、ふふふ」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:00:42.23 ID:q4EW6CWW0

童子「笑うな!」

狐娘「笑っとらん笑っとらん! これはその、なんだ、ふふふ! 思い出し笑いじゃ」

童子「く、くそ……!」

狐娘「くふふ、つい先頃まで寝小便こいたり泣きべそかいたりしてたお主がのう……ふふ! いやいや、目出度い!」

童子「笑うなったら!」

狐娘「うむうむ、悪かったな。して、どこの小娘じゃな? 家はどこじゃ? 尻はでかいか? べっぴんか、ん?」

童子「いっぺんに聞くな! 家は……この近くだと思う」

狐娘「うむ、よきかな。縁を結ぶにもお互い知らぬ者同士は難儀じゃからな」

童子「尻は、でかい」

狐娘「よしよし、尻のでかい女はええ。きっと元気なお子を産むじゃろ」

童子「……あと、すごく、キレイだ」

狐娘「なんだか妬けるのう、いよいよ主も男というわけじゃ。あいわかった、わしに委細任せるがよかろ」

童子「本当!? 絶対、絶対結んでくれる!?」

狐娘「なんじゃ、望みが叶うと分かった途端に……現金じゃのう。あとはー、そうじゃの。相手の名前、これがないとの」

童子「名前……」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:10:45.99 ID:q4EW6CWW0

狐娘「そ、名前じゃ。名は体を表す、その者の本質を掴み先行きを占い、お主との縁を結ぶ要となる。一字たりと間違えるなよ?」

童子「そ、そっか。じゃあ、口で言うより書いた方がいい?」

狐娘「そうじゃの。聞き違いがあって望まぬ相手と婚姻、などとは笑い噺にもならんからな」

童子「ええと……」

狐娘「紙と筆ならそこの棚じゃ、昨日の墨がまだ残っておるじゃろうから水を足して書け」

童子「う、ん」

狐娘「? なんじゃ、くねくねと気色の悪い。はよう書いて寄越せ」

童子「み、見るなよ!」

狐娘「謎掛けか? 見ずに書いてある字を知れるものか、それともこんなことに神通力を使わせる気かの?」

童子「紙は棚に入れとくから! 俺が帰った後に見ろよ!? 今すぐ見たりしたら、油揚げはなしだ!」

狐娘「……くっふふふ! 初心じゃのう、愛い奴じゃのう! そうかそうか、恥ずかしいか! ようし約束じゃ、きっと後で見るぞ」

童子「く、くっつくなー!」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:17:53.31 ID:q4EW6CWW0

狐娘「いやはや……ふふ、ぶっきらぼうに育ったとのと思っておったが、存外可愛らしくも育ったぞ」

狐娘「あやつの為にもワシが一肌脱がねばなるまいな、どれどれ……」

狐娘「……」

狐娘「ふむ、そう来たか」

狐娘「……頼れる姉として、接してきたつもりだったんじゃが」

狐娘「……ううむ」

狐娘「油揚げ、もう食ってしまったしのう」

狐娘「反故にするわけにもいかんしのう、しかし、しかし……ううむ」

狐娘「……」

狐娘「稲荷大権現の使い的にはやるしかないわけじゃ」

狐娘「わし的にはどうにも気が進まぬというか、望めぬというか、わしは狐であるからして、つまりそういうわけじゃ」

狐娘「……」

狐娘「……なんとしたもんかのう」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:24:03.28 ID:q4EW6CWW0

童子「キツ姉ちゃん、おっす」

狐娘「チッスじゃ。ほれ、さっさと寄越せ」

童子「う、うん。はい」

狐娘「今日もまた一段とよい黄金色じゃのう、はむ。うん、美味い!」

童子「……あの、さ」

狐娘「急くな。はぐ、もぐもぐ……まだ日も高い、夕暮れ時と相場は決まっておる」

童子「う、ん」

狐娘「何を呆けらっとしておる、今日は社の掃除の日じゃ。おなごに重い物を持たせる気か?」

童子「て、手伝う!」

狐娘「良い子じゃの。表の箒とハタキ、裏から雑巾と桶取って来い」

童子「うん!」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:32:40.41 ID:q4EW6CWW0

童子「……」

狐娘「こほん、こんこんっ。ひどい埃じゃのう、埃塗れの祠じゃあ祀った矛も誇れんぞ」

童子「……」

狐娘「ははっ、今のは中々上手くかかっておったろ?」

童子「……」

狐娘「聞こえておらん。若いのう、初心じゃのう」

童子「……」

狐娘「これ、いつまで同じ棚を拭いておる。はようこっちの祭壇を退かせ」

童子「え? あ、うん!」

狐娘「ぼうっとするな、こうして社を清めるのも縁結びの大事な一因じゃ」

童子「うん!」

狐娘「……ま、ええか。おい、次はこっちじゃ」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:39:20.50 ID:q4EW6CWW0

狐娘「なんとか日暮れ前に片が付いて良かったのう、ふふふ。見ろ、ピカピカじゃ」

童子「う、うん」

狐娘「誰がわしの体を見ろと言った、今は社が綺麗になったという話をしておるんじゃ」

童子「だって」

狐娘「しょうのない奴よ、一っ風呂浴びて来い」

童子「え、ええ!? まだ」

狐娘「まだお預けじゃ、当たり前じゃろう? 場を清め体を清め、その過程で心も清める。縁結びに限らず願掛けの基本じゃ」

童子「……うん」

狐娘「わしも汗臭いと思われるのは恥ずかしいんじゃ、分かれ」

童子「そんな、汗臭いなんて!」

狐娘「こりゃ、そういうのは寝床まで取っておけ。世辞言う暇があるならはよう湯浴みして来い」

童子「うん!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:44:01.49 ID:q4EW6CWW0

童子「……上がったよ、キツ姉ちゃん」

狐娘「ふふん、さっぱりしたのう。さっきまでの泥んこの埃塗れよりよっぽど男前じゃ」

童子「お、おとこまっ……!」

狐娘「照れるな、照れるな」

童子「う、ん……」

狐娘「さて、わしも風呂に行くかの」

童子「いいい行ってらっしゃい!」

狐娘「……覗くなよ?」

童子「覗かない! 絶対覗かない、約束する!!」

狐娘「阿呆。冗談じゃ、本気にするな」

童子「あ……うぅ」

狐娘「良い子にして待っておるんじゃぞ?」

童子「……うん!!」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:49:04.60 ID:q4EW6CWW0

狐娘「ふぅ」

狐娘「なんだかんだ、わしもまだまだ牝じゃのう。こんなに念入りに体を洗って」

狐娘「……なーにを期待しておるんじゃろうな、年増の女狐が」

狐娘「……」

狐娘「ええい、上がるか!」

狐娘「……いやいや、もう少しだけ湯に浸かろう、うん」

狐娘「……」

狐娘「どーしたもんかのー」

狐娘「……」

狐娘「なるようになるじゃろ、な?」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 10:54:59.93 ID:q4EW6CWW0

狐娘「上がったぞ」

童子「お、お帰りなさい!」

狐娘「ふふ、可愛い奴め。そんなにわしが待ち遠しかったか?」

童子「だってもう一刻も……!」

狐娘「おなごの長風呂を責めるでない、特にこういったことには何かと時間がかかるものじゃ」

童子「う、うん」

狐娘「良い子じゃな」

童子「あり、がとう」

狐娘「……」

童子「……」

狐娘「ふふ、緊張しておるのう?」

童子「だって俺、こんなの初めてでどうしていいか、あ、んむ……!?」

狐娘「はむ、んん、ちゅう……くふふ。まずは、緊張を解すところからじゃな?」

童子「っぷはぁ! え……えっ? ん」

狐娘「ちゅ、じゅる……ぁむ。」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 11:06:13.73 ID:q4EW6CWW0

狐娘「ほれ。お主、いつも見ておったろ? 今宵は好きにしてよいぞ?」

童子「ふわ……すごい、大きくて、柔らかくて、すごい……」

狐娘「ふふ、そんなに乳をこねくられてはくすぐったい。くふ、ふふふっ」

童子「あぅ……ごめ」

狐娘「責めてはおらんよ。お主、でかい胸は好きか?」

童子「……キツ姉ちゃんのだから、好き」

狐娘「くっふふふ、嬉しいこと言ってくれるのう、ん! 将来は女泣かせの色男かも知れんな」

童子「俺、キツ姉ちゃんの他の人とか考えられないからっ」

狐娘「そうかそうか、んん、はっ、わしも罪深いのう、こんな子供を虜にするとは、あん」

童子「ぺろ、ちゅ、ちゅちゅっ」

狐娘「ん、ゃ、んん……まるで赤子じゃな? くふふ、んぁ、ぃ」

童子「はむ、じゅる……キツ姉ちゃん、俺、今なんか変だ、ちゅ、ん」

狐娘「変になれ、でないとずるい、んっ。わしも恥ずかしくて、はぁ、はぁ、おかしくなりそうじゃからな」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 12:00:07.66 ID:q4EW6CWW0

童子「はむ、ちゅう、キツ姉ちゃん……キツ姉ちゃんの、じゅるるる、はぷ……」

狐娘「少しは、ん、ゆとりが出て来たか? 今度はわしの番じゃ、攻められっぱなしは性に合わぬで、なっ!」

童子「うわあ!? な、何を」

狐娘「ふふん、腹を見せるのは不安か? ほれ、もそっと足を開け。ねっとり可愛がってやるぞ」

童子「こ、こう……?」

狐娘「素直な良い子じゃ、こっちの方も辛抱たまらんか? ん?」

童子「あ!? ひっ、キツ姉、それ、そこぉ!?」

狐娘「随分と涙を流しておったみたいじゃのう、にちにちと恥ずかしい音を立てて……泣き虫は昔から変わらんの」

童子「キツ姉ちゃん、俺、なんか、なんか……!」

狐娘「もうか? もう少しゆっくり楽しめ、夜は長いんじゃから」

童子「あ、うぅ……いっ、あぁ!」

狐娘「くふふ、まだまだ果てさせぬ。せっかくの初物、ちゃんと中にもらわねば罰当たりというものじゃ」

童子「ひぃ、んっ、キツ姉、ちゃ……もっとぉ」

狐娘「そうか、ではもそっと激しく行くかの。ちゅ、はぁむ、んむ……じゅる、じゅずるる、はぷ、んっ、んっ、んっ」

童子「ぎ、ぃ、あぅ、あ! あー! あー! あー!」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 12:09:16.54 ID:q4EW6CWW0

狐娘「ぺろ……良いのう、真打がまだなのにこれだけで身体中に力が漲る」

童子「キツ姉ちゃ……早、くぅ……」

狐娘「そうかそうか、そんなにここが切ないか。どれ、一つまじないをかけてやろう」

童子「え? ……何も」

狐娘「起こってないと思うじゃろ? よいよい、今はそれでよい。次はお主の番じゃ、しっかり舐め解せ?」

童子「う、うんっ。でも、俺、ここがもう我慢出来ない……」

狐娘「はぁ……全く堪え性のない奴め、わしの上に乗れ。そう、足はこっちじゃ」

童子「俺、こんな格好……!」

狐娘「恥ずかしいのはお互い様じゃ、わしも先から心の臓が早鐘のようにやかましい。はぁ、じゅるるる!」

童子「ひぁ!?」

狐娘「じゅる、ちゅう、ん……お主も、な?」

童子「う、うん……れる、ちゅ、ぺろ」

狐娘「ん、ふっ、ぁ! あん、じゅ、ちゅるる、くふふ、中々上手いぞ、ちゅっ、ちゅ、ん、あふ」

童子「はぁ、はぁ……んん、じゅ、じゅるるっ」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 12:19:28.08 ID:q4EW6CWW0

狐娘「はぁ、はぁ、そろそろわしも我慢の限界じゃ。つまり、ん、分かるか? ……ま、初めてなら仕方ないの。こっちゃ来い」

童子「う、うん……うわ!?」

狐娘「ふふ、どくんどくんとやかましかろう? お主のも腹にようく響いておるぞ」

童子「すごい……キツ姉ちゃんも緊張、してるのか……?」

狐娘「当たり前じゃ、平生と同じような心持ちでいられる訳がない……ん」

童子「ふぁ……ぬるぬるだ……」

狐娘「お主が濡らしてくれたお陰じゃ、ん、ふ……ここに、お前のそれを、なんじゃ、ずずいと埋め込む」

童子「え? でも、さっき舌でもあんなに狭くて」

狐娘「不思議じゃのう? どういう訳か、惚れた男のモノは入るように出来ておる」

童子「な、あ!? ほ、惚れ、惚れれ!!」

狐娘「惚れた男と、そう言った。聞き間違いじゃあないぞ、わしはお前が愛しくてたまらん」

童子「俺、俺も! 俺も、キツ姉ちゃんのこと、大好きだ! 大好きだ!!」

狐娘「ようやくちゃんと口に出したか。あまり乙女に恥をかかせるな、こういうことはおのこから言うもんじゃ」

童子「ご、ごめんなさい……」

狐娘「しょげるな。ほれ、もっとよくその顔を見せい」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 12:26:02.23 ID:q4EW6CWW0

童子「ふぁ、んん、ちゅ……」

狐娘「ん、んんっ……ぷぁ! ふふ、舌を入れてくるとは、よい根性をしておるの?」

童子「ご、ごめん……キツ姉ちゃんの、もっと欲しかったから」

狐娘「そうかそうか、くっふふふ! 謝ることはないぞ、先よりわしはお前のものじゃからな」

童子「あ、あうぅ……」

狐娘「大胆かと思えば臆病な、そんな所も可愛いのう、んん?」

童子「か……からかうな!」

狐娘「ふっふふ、悪かったのう。可愛い照れ隠しじゃ、許せ」

童子「う、ん。あのさ、キツ姉ちゃん」

狐娘「ん?」

童子「こっち、来て」

狐娘「おう、お主が呼ぶならどこでも行くぞ、例え火の中水の、きゃっ!?」

童子「キツ姉ちゃん、好きだ」

狐娘「……卑怯じゃ。そんなっ、耳元で!」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 12:38:21.26 ID:q4EW6CWW0

狐娘「ヒトのやり方に乗っ取って進めるかのう……ふふ、お主もそろそろ辛そうじゃ」

童子「キツ、姉ちゃん……!」

狐娘「はぁ、んん、見えるか? 物欲しそうにヒクついてる、穴……そこへ押し込め、ん、はぁ」

童子「ふぅ、ふぅ、ん……こ、ここ?」

狐娘「ひんっ! あ、阿呆! そこは尻の、んぁ、今度は上過ぎじゃ、その少し、そう、そこへ、ぐっと押し、お、押し、おお!」

童子「うあ、あ……!? キツ姉、これ、これぇ……!」

狐娘「ひっ、ひ……くふ、ふふふ、まだ、んん! 半、分じゃぞ? それとも、んぉ、もう、これでやめるか? ん?」

童子「……こ、のぉ!」

狐娘「あぁ!? ぁ、ぁほ、う……いきな、ぃ、あ、んんっ」

童子「俺……! キツ姉ちゃん、怖い、これ、ダメ、溶ける、抜かな……きゃ!」

狐娘「ひぃい!? ああっ、待、んん! そんな、あ、ああ!」

童子「抜け、なぃ、い! あ、あっ、あ!? 吸い込まれ、う、うわぁ!?」

狐娘「お、おおっ!? ぉ、ぎぃ……お主、さっきより、大きさ、が、んぃ!!」

童子「あ、ああ、キツ姉ちゃん、これ、ダメだ、俺、俺もう……!」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 12:47:52.56 ID:q4EW6CWW0

狐娘「いっ、ひん、ひぃ! ……このっ!!」

童子「あぅ!? キツ姉ちゃ、動けない……俺、おかしくなっちゃうよぉ!」

狐娘「ふふふ、ふ、くふふふふ……! ここまで、んん、ぁ、追い詰められるとは、はぁ、はぁ……思ってなかった」

童子「足、足離してよぉ……俺、俺ぇ……!」

狐娘「くっふふ! あん、泣いてる顔もかわいいのう、ふふ、ぺろ……はぁ、はぁ」

童子「キツ姉ちゃん……キツ姉、ちゃん……!」

狐娘「ん、んっ、そのまま動くか? ん? 大きく擦れなくて切ないのう、くふふ」

童子「あ、あ、あ、は、は、キツ姉、ちゃ、俺、ムズムズして、これ、やだぁ!」

狐娘「時に、さっきお主に掛けたまじないは中々厄介でな」

童子「え……?」

狐娘「結ばれるお互いが同時に果てねば果てられぬ、と、そういう類のまじないじゃ」

童子「えーっと……?」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 13:12:02.46 ID:q4EW6CWW0

狐娘「はぁ、はぁ、んん……お主、先程から何度も股座がおかしな具合に、んっ、なっておるな?」

童子「うん、先っぽが熱くなって、体全部が弾けそうで……」

狐娘「本来ならそこで果て、子種を飛ばすんじゃが、ぁん、ふふ、その度にまじないが邪魔しておるわけだ」

童子「う、うん?」

狐娘「無論、わしも先から何度も意識が飛びそうになり、ん、その度にまじないに邪魔されておる。子宮も早く子種を寄越せと言っておる」

童子「うーん……? ぁ、うぁ」

狐娘「このまじない、思ってたよりも厳しいようでな。先から試しているが、丁度同時にというのが中々上手くいかん、んっ、のじゃ」

童子「それって、どういう?」

狐娘「はぁ、はぁ、予定ではわしがじっくり焦らした後、程よい所で同時に果てる予定だったんじゃが……予想以上に気持ちよくてのう」

童子「はぁ、はぁ……つ、つまり?」

狐娘「ん、ぁ……もう、手加減出来そうもないということじゃ。本気で精を吸いたくてたまらん。お主、快楽で気が狂うかも知れん」

童子「……へへ、いいよ。キツ姉ちゃんでおかしくなれるなら俺、ぁ、ひゃ、ああ!?」

狐娘「あんっ、ん、ああ!! よく言った! くふふ、お主も遠慮はいらんぞ! 好きなように、んぁ、突きまくれ!!」

童子「キツ姉ちゃ、ん、あ、うぁ!!」

狐娘「おっ、ああん! ひ、ひぃ、きゃん!? あ、ああ!! んん、ちゅ、ん、んぁっ!」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 13:27:10.87 ID:q4EW6CWW0

童子「んん、あ、すごい……うねうねして、熱っ……!」

狐娘「ひん、ゃ、ああん! あひっ、んん、んぁ! そこ、すご……んん!!」

童子「あぅ、ん! 溶けそう、頭、んん、おかしく、あ、キツ、姉!!」

狐娘「んっんっ、ぁ、ちゅ、じゅるる! んふ、んふぅ、ぷぁ……胸、もぉ、んん!」

童子「はふ、んん、ちゅう、んっ! キツ姉ちゃん、あー、ああ……!!」

狐娘「ぉん、お、あ! んん、ぃんっ、あん! ……はぁ、はぁ、んん! ああ!?」

童子「ぐう、う! っあ、ああ、んん!」

狐娘「や、ら、あぅ!? 尻尾、やぁ、ん、あん!!」

童子「キツ、姉、ん……好き、好きだ……!」

狐娘「やん! やぁ、耳、裏側ぁ!? いぁ、ひ、奥、深ぁ……!!」

童子「キツ姉ちゃん、もう俺、俺……!!」

狐娘「来る、っのか? あ、っん、やっあっ、子種ぇ、出すの、か!? わしの、中、んん!」

童子「はぁ、はぁ、ん、は、はっ、はっ、はっ、はっ、キツ姉、キツ姉ちゃん……っ~~~~~~!!」

狐娘「来、る♡ あ、ああ♡ 好き♡ もう、飛♡ 好き、すきぃ♡ あ、あっあっあっあっ……~~~~~~っ♡♡♡」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 13:35:28.54 ID:q4EW6CWW0

童子「……はぁ、はぁ」

狐娘「ひゅー……ひゅー……んん、ぁ」

童子「……はぁ、キツ姉、んぐっ……はぁ、はぁ……キツ姉ちゃん?」

狐娘「……ふぅ、ん……あ、んん! ん、腹の中、いっぱいに」

童子「キツ姉ちゃん……ちゅ」

狐娘「ん、んん……ぁむ、ちゅ」

童子「えへへ、キツ姉ちゃん……」

狐娘「くふふ、愛い奴め。もう少しこのままで……ん?」

童子「あ……ど、どうしよう?」

狐娘「どうしようも何も……治まるまでする他ないじゃろ」

童子「ご、ごめん。キツ姉ちゃん、もうしんどいよね?」

狐娘「嘗めるな。確かに少々はしゃぎ過ぎた感じはあるが、お主の精を受けたのもあって一晩は余裕じゃ。んふ、行くぞ?」

童子「う、うん」

狐娘「……ただし、もうまじないはなしで、な?」

童子「……うん!」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 13:44:42.33 ID:q4EW6CWW0

童子「キツ姉ちゃん、キツ姉ちゃーん」

狐娘「あ……ぅ……」

童子「おーい、キツ姉ちゃんったらー」

狐娘「ん、んん……? お主……ああ、確か六回目で」

童子「七回。キツ姉ちゃんの寝顔可愛くて、見てたらつい」

狐娘「お主、わしを木の穴っぽこか何かと勘違いしておるじゃろ?」

童子「ごめん……あ、また」

狐娘「……底なしか」

童子「だ、ダメ?」

狐娘「お主、どんだけ出したら気がすむんじゃ。もう子種で溢れとるぞ」

童子「キツ姉ちゃん……ダメ?」

狐娘「しょうがない奴じゃのう。おいで、まだまだもっともっと気持ちよくしてやろう」

童子「うん!」

狐娘「くふ……大好きじゃ」

童子「うん、俺もキツ姉ちゃん大好きだ!! ……キツ姉ちゃん?」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 14:03:08.67 ID:q4EW6CWW0

童子「あっつー……キツ姉ちゃん、西瓜も食べるのかな」

童子「そういえば油揚げ以外で何か食べてるの、見たことないような……」

童子「昨日のでヘバってなきゃいいけど……西瓜よりもっと栄養ある物の方が良かったか」

童子「キツ姉ちゃんおーっす、うちの畑で取れた西瓜持って来……あれ? キツ姉ちゃーん?」

童子「裏かな、キツ姉ちゃーん! キツ姉ちゃーん? キツ姉ちゃーん!」

童子「いない。出掛けてるのかな……ん? うわ! なんでいきなりこんな土砂降り!?」

童子「上がって待ってても、いいよな。俺、キツ姉ちゃんの……だ、旦那だし! 旦那になったんだし!!」

童子「お、お邪魔しまーすぅ……ん?」

童子「箪笥も卓袱台も捨てたのか? こんなにスッキリ……押入れの中まで。っていうか、この家こんなボロい造りだったっけ?」

童子「! ま、まさか」

童子「……普通、祭壇まで捨てるわけない。だってあれ、祭られてるのはお稲荷様の代わりの、キツ姉ちゃんで、だから」

童子「だから……祭壇がないから、キツ姉ちゃんは帰る家がなくなったのと同じで、もうここには戻ってこないってことで、だけど」

童子「俺、もしかして化かされてるのかな、ははは。キツ姉ちゃーん、もう十分驚いたよー、早く出て来てよー」

童子「……どこ行っちゃったんだよ、キツ姉ちゃん!!」

おわり



80:おまけ:2013/08/22(木) 15:02:31.43 ID:q4EW6CWW0

童子「はぁ……これからどうしよう。キツ姉ちゃん……」

童子「探さないと、ダメだよな。うん! あんな耳と尻尾だ、すぐ見つかるはず!」

童子「それに女の足じゃそう遠くには行ってないはずだし!」

童子「帰ってすぐに旅支度しなきゃ!」

童子「……うわあ!? な、なんだこれ、なんで俺の家、なくなって!?」

童子「なんなんだよ、くそ! なんなんだよこれ、なんでこんな屋敷、くそ! くそぉ!!」

童子「キツ姉ちゃんもいなくなって、家までなくなって、俺が何したって言うんだよ、ちくしょう!」

童子「うう、う、ぐす……!」

童子「ひ、一言文句言ってやらなきゃ気が済まない……この、馬鹿でかい門まで建てやがって! この、こなくそ!」

童子「……開いてる。へ、へへ、丁度良いや! 勝手に人の家潰したんだ、俺だって勝手に上がりこむぐらい許されらぁ!」

童子「やい、この野郎畜生こんこんちき!!」








狐娘「なんじゃ騒がしい。確かにわしは畜生の出でこんこんとは鳴くがの」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:03:04.40 ID:q4EW6CWW0

童子「……は?」

狐娘「は? はこっちの台詞じゃ。草鞋も脱がずに家に上がるなど阿呆の所業、嫁として情けないったらないのう」

童子「いや、え……は?」

狐娘「それに泥まみれのずぶ濡れで……お前様は汚すだけじゃろうが、片付けるのはわしぞ? 風邪引く前に風呂に入るがよい」

童子「ちょ、ま」

狐娘「湯なら沸いておる。わしが綺麗好きなのは知っておろ、風呂が済む頃には飯の支度も整う。ほれ、はよう行け」

童子「あの……」

狐娘「なんじゃ、一人ではロクに体も洗えんのか? 男を見せたかと思ったがやはりまだ子供じゃのう」

童子「……と、取りあえず、お風呂行ってきマス」

狐娘「うむ、素直が一番じゃ。ゆっくり温まっておいで」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:03:38.09 ID:q4EW6CWW0

童子「……」

狐娘「口に合わなかったか? これでも料理には自信があったのじゃが……あ、食後の西瓜が気に入らなかったか?」

童子「あの、なんで、いる?」

狐娘「お前様、嫁の顔を見忘れるなど流石のわしも怒るぞ?」

童子「え、だって、急にいなくなって」

狐娘「そりゃこっちに越して来たのだから古屋にはいなくて当然じゃ」

童子「道ですれ違わなかったし、祭壇も」

狐娘「嫁入り行列か? お山に寄ったからの、すれ違わなくて当たり前じゃ。」

童子「お山って」

狐娘「神様の真似事から下ろしてもらった。人の子の妻となった以上、お前様の隣で共に年を取りたいからの」

童子「えっと」

狐娘「神通力も何もなくなったが、お山の神様からも仲間の狐からも祝福された。式は後日改めて行う、覚悟しておけ」

童子「さ、最後に一つ。俺の家がこんなお屋敷になってるのは」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:04:09.63 ID:q4EW6CWW0

狐娘「二人で暮らし、また家族も増えていくのにあれでは手狭だったからの。それに薄い壁では……その、声が漏れる。恥ずかしいのじゃ」

童子「っ!」

狐娘「くふふ、早速効いたようじゃの? 精の付く物をたっぷり用意した甲斐があるというもの」

童子「で、でも昨日あんなにフラフラで」

狐娘「言ったろう? わしはやられっぱなしは性に合わん。今宵はお前様が泣いてもやめぬぞ?」

童子「う、うぁ」

狐娘「くふふ、もうこんなにはち切れそうに……でも、わしが風呂から上がるまでは我慢我慢」

童子「へ……」

狐娘「昨日あれだけわしを泣かせたんじゃ、その罰には丁度よい、くふ!」

童子「そ、そんなぁ」

狐娘「決して一人で慰めるでないぞ? くふふふ」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:05:45.69 ID:q4EW6CWW0

狐娘「ふぅ……またわしの負けか。お前様の種は真に底なしじゃのう」

童子「あ、あはは……」

狐娘「……本当は、あの晩で姿を消すつもりだった。人と狐など結ばれる筈もなく、お前様のことも可愛い弟程度に思っておった」

童子「……」

狐娘「思っておった、はずなんじゃがのう。気付けば虜じゃ。お前様のくれる快楽にではないぞ? お前様自身にじゃ」

童子「……う、うん」

狐娘「そうやってすぐ照れる所とか、な。色恋は惚れさせた者勝ちとは言うが、その通りであった。もうお前様なしでは生きて行けぬ」

童子「俺も、キツ姉ちゃ、ぉ、お、お前なしじゃ! ……生きて行けない」

狐娘「ありがたいのう、相思相愛じゃ。きっと幸せにしてくれ、でなきゃ泣いてしまうぞ?」

童子「誰よりも幸せにするから、絶対泣かせたりしないから! 俺、頑張るから!!」

狐娘「くふふ、頼もしい言葉じゃのう……お前様、愛しておりますよ」

おまけ おわり



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:07:11.23 ID:Lb0kOMI80

イイハナシダナー



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:08:50.08 ID:b71l+cfd0


すばらしい



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 15:30:24.66 ID:T1lml5OfO

すごく良かった
ラブラブはいいなぁ



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 16:03:53.99 ID:fgHH4Skv0

おつかれ



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/22(木) 17:05:12.55 ID:+Ay/rUNw0

大層乙であった



転載元
狐娘「お主どんだけ出したら気がすむんじゃ。もう子種で溢れとるぞ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377118713/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (47)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:11
          • 1 童貞SS乙
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:20
          • 赤い狐食った俺にタイムリーなスレ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:21
          • 童貞SS乙

            童貞だけど
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:32
          • 5 童貞SS乙

            また書いてくれ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:47
          • 5 ↑よう童貞
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:50
          • ※2何がタイムリーなんだよwww
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:51
          • 3 狐に巫女とな? (・ω☆)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 19:57
          • ナムカプしてた俺には本当にタイムリーなスレ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:02
          • 童帝SS乙
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:09
          • 1 どうやら緑のたぬきを食べてしまったオレには関係ないSSのようだな。

            フッ悔しくなんかないさ…
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:09
          • これなんてまんが日本昔話?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:18
          • これはまこと良きものです
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:26
          • お前様って呼び方、なんでかしらんが好きなんだよなぁ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:40
          • ※13
            おう、物語シリーズのセカンドシーズンやってるから見ろよ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:48
          • いつかは形だけ人に近い犬科が出来ることを願うか
            犬の寿命を大幅に延ばしてくれるだけでも嬉しいんだがね
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 20:59
          • 5 やーい、この童貞ー
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 21:48
          • 人外娘はもっともっともっと増えるべき
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 21:59
          • 大変結構な御手前で早漏。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月22日 23:33
          • 某東雲氏の漫画を揃えてある自分に隙はなかった。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 00:04
          • 良いな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 00:20
          • こういうSSを読むと、しいなかずき先生のばけバレ!と続・ばけバレ!
            を思い出して余計抜けるじゃないか
            (`∀')
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 00:38
          • おれはまだ、かのこんを諦めちゃいない。


            このSSでそう思えました。
            ありがとう。
          • 23. 七草粥
          • 2013年08月23日 01:12
          • 5 ふむ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 03:42
          • やはり狐っこはええなあ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 04:30
          • この狐はいくらで買えますか
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 06:32
          • 全然関係無いはずなのに恋姫の祭さんの声で再生された
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 07:02
          • こうして生まれたのが後の安倍晴明である
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 07:03
          • ブラボー!ブラボー!
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 07:40
          • この手のSSの中ではダントツで設定がしっかりしててワロタ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 10:55
          • 良かったけど折角の狐なんだから耳と尻尾のモフモフシーン入れろよ!
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 14:43
          • エロかったしハッピーエンドでいいな
            キツ姉かわいい
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 20:16
          • 畜生ォォ!!
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 20:34
          • 童子とか書かれると凄く微妙に見えてしまう
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 23:01
          • 姉ショタおいしいです
            某駄狐を思い出したけど口調が少し違うし巨乳なのか
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月24日 15:31
          • キツ姉ちゃんって呼び方なんかいいな
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月25日 10:50
          • うわぁこのSS凄く童貞臭い…///
            嫌いじゃない
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月25日 14:21
          • もう夏休みが終わる((遠い目
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月26日 22:41
          • ところで、キツ姉ちゃんを、まるこのおばあちゃんの声で脳内再生しつつ全部読んだ俺は、どうすればいい?
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月27日 22:15
          • 5 ※38なんでその選択になった(困惑)。                                                まあまるちゃんのおばあちゃんやさしいしいいんじゃない合っていて。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月28日 14:56
          • 某九尾の式神で再生された俺は勝ち組だな
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月24日 20:52
          • 3 米欄にcherryboyが多いね
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月22日 04:47
          • 5 良かった
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年10月07日 06:23
          • 昔言葉で喋るキャラってスゲェ良いよな。
            天神乱漫の卯ノ花とかさ。
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月02日 19:36
          • 5 低評価してるやつゴミ童貞かな?
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月03日 23:00
          • (某金髪BBAの式神+某吸血鬼の成れの果て)÷2で再生された
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年09月03日 08:08
          • もうこんなエロSSは拝めなくなるんだろうか……
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月05日 02:11
          • 5 モフコンっくす増えろ

            ロリBBA狐で再生された
            母性ロリ最高

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ