TOP

霧切「私はあなたに恋しているようなの」 苗木「それは違うよ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:04:06.52 ID:aFCaug18P

希望ヶ峰学園


霧切「……そこまで全力で否定されるとは思わなかったわ」

苗木「あっ、いや、ごめん。つい」

霧切「まぁ、あなたの言いたい事も分かるわ。こんな冷たい女が恋なんておかしいと思っているのでしょ」

苗木「それは違うよ! 霧切さんだって女の子なんだから恋する事が変だとは思わないよ!」

霧切「そ、そう///」

苗木「ただ、相手がボクっていうのが信じられなくてさ」

霧切「あなたを見ていると胸が高鳴るの」

苗木「へ?」

霧切「他にも、いつもよりたくさん話せた日はベッドの中で思い出して頬を緩ませてるし、あなたの隣に別の女の子が居ると、その子を何かの罠にはめて社会的に抹殺したくなるわ」

苗木「怖いよ!!」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:13:52.76 ID:aFCaug18P

霧切「そうかしら? 普通だと思うけど」

苗木「いやそれはどうだろう……」

霧切「とにかく、人生で一度もこんな気持ちになった事はなかったわ。【これは恋に違いないわ】」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!


霧切「何が違うの?」

苗木「霧切さん、君は今『こんな気持ちになった事はなかった』って言ったね?」

霧切「えぇ。この学校で苗木君と出会うまでね」

苗木「それなら、その気持ちが恋かどうかなんて分からないはずだ!」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:24:19.50 ID:aFCaug18P

霧切「…………」

苗木「女子高生というのは恋に恋してる人も多い。だから」

霧切「私もそうだって言うの?」

苗木「恋というものを勘違いしている可能性はあるはずだよ。例えば、それは友達に対しての『好き』だったりさ」

霧切「……確かにこの学校に来るまで、私には友達らしい友達はいなかったけど」

苗木「あ、ご、ごめん。ボクは別にそういうことを言うつもりは……」

霧切「あなたの言い分は分かったわ。でも苗木君、私はあなたに抱きしめてもらいたいと思う時もあるわ。これは友情かしら?」

苗木「そ、そうだよ! ほら、欧米だと普通だし!」

霧切「キスしたいとも思っているわ」

苗木「そ、れも……欧……米……な、ら……」ダラダラ

霧切「セッ」

苗木「ちょっと待った!!」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:33:16.83 ID:aFCaug18P

苗木「一旦落ち着こう霧切さん。もっと【客観的に】見てさ……」


霧切「それは違うわ」キリッ


ガシャーン!!


苗木「えっ?」

霧切「客観的に見る必要なんてないのよ。恋愛というものは主観的な面が大きい。だから」


霧切「私が恋だと思ったら恋なのよ」ドンッ


苗木「ぐっ!!」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:34:40.08 ID:4ekNkqGK0

なんて白熱した議論なんだ



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:44:28.19 ID:RcAZNb47O

レンアイロンパ



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:45:40.98 ID:aFCaug18P

霧切「ねぇ苗木君。あなたは私からこういう感情を向けられるのは迷惑なのかしら?」

苗木「なっ……そんな事は……」

霧切「さっきからあなたの言葉を聞いていると、どうしても私の気持ちを認めたくないように思えるわ」

苗木「……それは」

霧切「【迷惑】なら迷惑だとハッキリ言って。覚悟はできているから」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!


苗木「ボクが迷惑だなんて思うわけないじゃないか!」

霧切「どうして?」

苗木「なぜなら霧切さんは可愛い!!」ビシッ

霧切「!!///」カァァ

苗木「それに冷たいようでいて、いつも人の事を想って行動できる優しい人だし、実は人形が好きとかいう所も凄くいい!! それに加えて超高校級の探偵だ!!」


苗木「そんな人に好意を向けられて迷惑だなんて思うわけないんだ!!」ドンッ



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:01:25.70 ID:aFCaug18P

霧切「//////」シュー

苗木「だからこそ、霧切さんには正しい選択をしてもらいたいんだ」

霧切「私が苗木君を好きになるという事が間違っているというの……?」

苗木「だってボクはこれといって特徴のない、運でこの学校に入ってきただけの人間だよ?
    この『超高校級の幸運』だって狛枝クンのは超絶チート能力なのに、ボクのは全然役立たずだし……」

霧切「私はそんな超高校級の能力で誰かを好きになるわけじゃない。苗木君が好きなのよ」

苗木「そう言ってくれるのは嬉しいんだけど、やっぱりボクには霧切さんが何かを勘違いしているようにしか思えないんだ。
    ほら、初恋は失敗する事が多いって言うよね? ボクは霧切さんに後になって辛い思いをしてほしくないんだ」

霧切「そんなの……」

苗木「えーと、だからさ、もう少し考えてみてくれないかな?」

霧切「もう随分と考えたのだけど」

苗木「もうちょっと、ね?」

霧切「…………分かったわ。とてもこの気持ちが変わるとは思わないけど」

苗木「ありがとう。それでも気持ちが変わらなかったな、その時はちゃんと返事するよ」

霧切「どうかしらね。苗木君の事だし」

苗木「し、信用ないんだボク……」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:06:47.46 ID:aFCaug18P

放課後 教室


苗木「……はぁ」

苗木(参った……まさか霧切さんがあんな暴走するとは。こんなのファンクラブの人達に知られたら大変な事になるよ。そんなのは舞園さんだけで十分だ)

苗木(霧切さんの勘違いを解くには、どうしたらいいんだろう。といっても、ボクもそういう経験豊富ってわけじゃないし…………あ、そうだ)

苗木(こういう問題にはあの人が一番強いかもしれない! よし、相談してみよう!!)


スタスタ


苗木「ちょっといいかな? 君に相談があるんだ」

江ノ島「うん?」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:14:17.96 ID:aFCaug18P

江ノ島「なになに、もしかして苗木流のナンパ? えへへ、いーよ、どこ行く?」ニヤ

戦刃「…………」

江ノ島「あれあれ、どうしたの残姉ちゃん? そんな『盾子ちゃんが嬉しそうならいいんだけど、ちょっと複雑……』みたいな表情しちゃってさ!」

戦刃「な、何で分かるの!?」

苗木「え、えーと?」

戦刃「あっ、な、何でもないよ苗木君!!!」アセアセ

苗木「う、うん……それで江ノ島さん、相談なんだけどさ」

江ノ島「あれ、マジで相談なんだ。まぁ苗木がナンパなんてないかー。いいよん、聞いたげる」

苗木「ありがとう。実は――」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:24:36.19 ID:aFCaug18P

 

江ノ島「……ふんふん。なるほど、つまり苗木はモテモテってわけだね。霧切ちゃんに舞園ちゃんにセレスちゃん、あとお姉」

戦刃「わーわー!!!!!」

苗木「あ、あんまりからかわないでよ……それでさ、その霧切さんの勘違いを何とかしたいんだ」

江ノ島「勘違い……ふーん……」

戦刃「というかそれ勘違いじゃなくて……」

江ノ島「はいはい、お姉ちゃんはちょっと黙って」ドスッ

戦刃「ほぐっ!!!」

苗木「あはは……相変わらず仲いいね」

江ノ島「もっちろん! それで、その勘違いを霧切ちゃん本人に気付かせればいいんだね!」

苗木「うん、そうなんだ。こういう事は江ノ島さんが詳しいと思ってさ」

江ノ島「よく分かってんじゃん、あたしモテモテだしねー。といっても、チャラい奴らばっかで、よくお姉ちゃんにぶっ飛ばされてるけど」

戦刃「あんな奴らが盾子ちゃんをどうにかしようなんて1000年早い」

苗木「い、色々大変なんだね……それで、何か方法とかないかな?」

江ノ島「んー、とりあえず苗木さ、あたしと付き合わない?」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:32:44.26 ID:aFCaug18P

戦刃「えっ!?」

苗木「……そ、それって霧切さんの勘違いを解くのに必要なの?」

江ノ島「うんうん。あたしと苗木が付き合って反応を見るの。舞園ちゃん相手だとヒスって何されるか分かんないけど、【霧切ちゃんなら大丈夫】でしょ」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!


江ノ島「えっ?」

苗木「霧切さん言ってたんだ、『苗木君の隣に女の子が居ると社会的に抹殺したくなる』って。どう考えても危険だよ!」

戦刃「直接的な攻撃なら私が守ってあげられるんだけど……」

苗木「相手は霧切さんだ。どんな手で来るか……」

江ノ島「ふーん……じゃあそれはダメかぁ。良かったね、お姉ちゃん」

戦刃「な、何で私に振るのかな!?」アセアセ

苗木「他にはないかな……?」

江ノ島「えへへ、もちろんあるって。他にいい男をあてがえばいいんだよ!」ニコ



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:44:37.00 ID:aFCaug18P

苗木「他に男をあてがう……?」

江ノ島「恋人が別れる時の言葉って『他に好きな人ができた』っていうのが凄く多いの。まぁ結局はそこまで好きじゃなかったって話なんだけどね。
     だからさ、苗木の事なんか完全に吹っ飛んじゃう程のいい男を霧切ちゃんにあてがえば、自分の勘違いに気付くかもよ!」

苗木「なるほど……さすが江ノ島さん! それにボクより良い人なんていくらでもいるし、何とかなりそうだよ!」

戦刃「な、苗木君だって凄く良い人だよ!!」

江ノ島「と、やけに必死なお姉ちゃんが言ってるけど?」

苗木「あ、あはは、なんか照れるな……ありがと戦刃さん」ニコ

戦刃「っ……うん///」

江ノ島「じゃあチョロいお姉ちゃんは置いといて、実際に誰をあてがうか決めよっか?」

苗木「うーん……いい男っていう条件で言うと…………十神君なんかはどうかな?」

江ノ島「はは、まぁ分かりやすいって言えばそうなるかな。それじゃさっそくやってみる? ちょうどまだ教室に居るみたいだし」

戦刃「十神君が乗ってくれるのかな?」

江ノ島「大丈夫大丈夫。案外扱いやすいんだよねああいうのって」ニヤ

苗木「た、頼もしいな」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:52:21.15 ID:aFCaug18P

 

苗木「や、やぁ十神クン。ちょっといいかな?」

腐川「ダメよ!! 白夜様はこれから私とデートなんだから!!!」

十神「うるさい黙れ。おい苗木、話だけは聞いてやる」

苗木「ありがとう! 実は、その……霧切さんを口説いてほしいんだ!!」

十神「…………は?」

苗木「だ、だから霧切さんを……」

腐川「ちょっとおお!!! 何あんた私の恋路を粉砕しようとしてんのよぉぉおおおお!!!!!」

十神「まったく、お前がそんな事を言うのも珍しいな。何か理由があるのか?」

苗木「それは……」


江ノ島「いいじゃんいいじゃん、理由なんてのはさー!! いちいち理由なんて求めてどうすんのさー!!!」


十神「江ノ島……なるほど、これは貴様の悪ふざけというわけだな。付き合ってられん、俺は帰るぞ」スタスタ

腐川「ま、待ってくださいぃぃ!!」

江ノ島「あれ、逃げんの? 超高校級の御曹司も大したことないわね」ニヤ



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 23:58:09.50 ID:aFCaug18P

十神「……なんだと?」ピタッ

江ノ島「うぷぷ」ニヤニヤ

腐川「な、何あんた白夜様に向かって失礼な事言ってるのよ!!!」

苗木「江ノ島さん……?」

十神「聞き捨てならんな。逃げる? 【全てに勝利してきた】俺が?」


江ノ島「それは違うよん!」キリッ


ガシャーン!!


十神「何が言いたい……!!」ギリッ

江ノ島「女を落とすのだって一つの勝負じゃん。それを受けずに逃げといて『全てに勝利してきた』っていうのはないんじゃないかなー?」ニヤニヤ

十神「…………」

腐川「ダメよ白夜様!! こんな汚ギャルの言葉を聞いていては耳が腐る!!」

江ノ島「はぁぁあああああ!? なに、汚ギャル!?」


十神「いいだろう」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 00:08:22.36 ID:KM539V1nP

腐川「白夜様!?」

十神「確かにそいつの言い分にも一理ある。女一人落とせずに何が超高校級の御曹司という話だな」

江ノ島「うんうん、分かってんじゃん!」

苗木(よし、十神クンがやる気になってくれた! やっぱり江ノ島さんに頼んで正解だった、これなら……!)

腐川「きぃぃぃぃいいいいい!!! だいたいこのクラスの女子ってレベル高すぎんのよおおおおお、私がますますブスに見えるじゃない!!!!!」

苗木「そ、そんな事ないって、腐川さんはブスなんかじゃないよ!」

腐川「じゃあ私とあのアイドルどっちが可愛い……?」ギロ

苗木「えっ……それは……」

腐川「ほらあああああああ!!! 目で『比べるのも失礼なレベル』って言ってるわぁぁ!!!!!」

苗木「ご、誤解だよ!! そんな事思ってないって!!」

十神「うるさいぞお前ら。ちょうど霧切もまだ教室に残っているようだ。俺の力をその目に焼き付けておけ」フン

江ノ島「おっ、もう行っちゃうの?」

十神「はっ、この俺がたかだか女一人落とすのに下準備が必要だと思ったか? なめるなよ愚民が」スタスタ

苗木(さ、さすが十神クン……凄い自信だ!)


十神「おい霧切」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 00:16:24.19 ID:KM539V1nP

霧切「何かしら? あなたから話しかけてくるなんて珍しいわね」

十神「ふん、ありがたく思え。お前に一つ提案をしに来た」

霧切「提案?」


十神「お前は俺の愛人になれ」ドヤァ


苗木「(あ、愛人!?)」ヒソヒソ

腐川「(白夜様は一人の女に縛られるような方じゃないのよ!!)」

江ノ島「(十神らしー)」


霧切「…………」

十神「どうした、これは光栄な事だぞ? 俺はこれでもお前の力を認めている。顔もそこそこだ。だから誘ってやったんだぞ」

霧切「…………」

十神「なんだ、即答できないのか。理解しているのか? 俺が舵を取る十神財閥の恩恵を受けるチャンスなんだぞ?」

霧切「あなたが今までどれだけの功績を残してきたかは知っているけど」


霧切「私にとって、あなたなんか苗木君の足元にも及ばないわ」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 00:18:34.75 ID:v4PN22O5O

デデーン、十神アウトー



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 00:25:23.44 ID:KM539V1nP

十神「」

霧切「あなたは何も分かっていないわ。そうやって受け入れてくれるのは、あなたの財にしか目を向けていない人だけよ」

十神「」

霧切「話は終わり? それなら私はもう行くわよ」


スタスタ……


十神「」


江ノ島「ぶふっ!! くくくくっ!!! ぎゃははははははははははははははは!!!!!」

苗木「ちょ、笑い過ぎだって江ノ島さん!!!」

江ノ島「だ、だって……うぷぷ……『お前は俺の愛人になれ(ドヤァ』とか言っておきながら、あそこまで完膚なきまでに玉砕って……うぷぷぷぷぷぷぷ」

腐川「うぐぐ汚ギャルがぁぁ……!!! はっ、それより白夜様!!!」ダダッ


十神「」

腐川「びゃ、白夜様? あんな女の言うことなんて聞く必要ないわ!! 白夜様の素晴らしさを理解できないなんて、愚かしい……」ブツブツ


十神「苗木ぃぃ!!!」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 00:34:46.91 ID:KM539V1nP

苗木「えっ、ボ、ボク!?」ビクッ

十神「どうやら霧切にとっては、俺よりもお前のほうが魅力的に見えるらしい」ギロ

苗木「それは霧切さんが勘違いしてるだけだよ! どう考えてもボクよりも君の方が……」

十神「黙れ!!! 覚えていろ苗木!!! 俺は必ずお前に打ち勝ってみせる!!! この俺が負ける事なんて許されないんだ!!!!!」

腐川「あっ、白夜様ぁぁ!!!」


スタスタ……


江ノ島「いやー、清々しいまでの負け台詞だったね。さすがかませメガネ」ウププ

苗木「え、江ノ島さん? 君はボクに協力してくれるんじゃないの!?」

江ノ島「協力してあげてんじゃん。今のはただの十神の力不足。それだけの話だって」

苗木「そ、それでも何ていうか江ノ島さん、凄く楽しそうっていうか……」

江ノ島「……ふふ、だって見た? あの自信満々な顔が一言で絶望一色に染まったんだよ? 面白いに決まってるじゃん!!」ニコ

苗木「え……えぇ……」

江ノ島「あはは、そんな引かないでって。まっ、とりあえず今日はこんなもんで、また明日何か仕掛けるわよ。じゃねー」スタスタ

苗木「あ、ちょっと江ノ島さん!!」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 00:48:29.08 ID:KM539V1nP

 

戦刃「ねぇ盾子ちゃんって苗木君の事あまり好きじゃないって言ってなかったっけ?」

江ノ島「ん、そうだったっけ? 忘れちゃったよそんなの。なになに、あたしに取られそうで心配?」

戦刃「そういう事じゃないって! ただ、さ。ほら、苗木君は……希望だよね? 盾子ちゃんとは真逆だから……」

江ノ島「真逆だからって仲良くしちゃいけないわけでもないじゃん。それに、それはそれでとっても楽しそうだしさ」

戦刃「え?」

江ノ島「ふふ、ぶっちゃけ、苗木に付き合おうって言ったのも結構マジだったんだよね。
     ほら、光が強くなると影が濃くなるじゃん? それと同じなんだよ。苗木が近くに居ることであたしは更に大きくなれる」

戦刃「そういう……ものなの?」

江ノ島「まぁ残姉ちゃんには分からないかなー。例えばさー、あたしが苗木と恋人になっても、いずれあたしとアイツは潰し合う運命なわけじゃん?
     つまりさ、あたしがアイツを好きになればなるほど、決着の時の絶望も大きくなるって事よ。あたしが死ぬにしても、アイツが死ぬにしてもね!!」

戦刃「…………」

江ノ島「だから、あたしはアイツを好きになるよ! 頑張って頑張ってアイツを好きになるよ!! うっは、あたしって健気ー!!!」

戦刃「ふふ、いつもの盾子ちゃんで安心したよ」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 01:00:07.60 ID:KM539V1nP

苗木の部屋


苗木「ふぁ……」

苗木(なんだか今日は疲れたな……まぁ色々あったからなぁ)

苗木「あれ、メールが着てる? 気付かなかったな…………霧切さん3通、セレスさん5通、舞園さん30通か」

苗木(正直もう眠いから全部は読めないな……)


誰のを読む? >>49



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 01:00:25.77 ID:pip+fxZj0

セレス



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 01:09:01.52 ID:KM539V1nP

****************
from:セレスさん
sub:今年のクリスマスイブについて

少し先のことですが、何か予定はありますか?
よろしければ、わたくしと一緒にディナーでもいかがでしょうか? お返事待っていますわ

****************


苗木「…………」


苗木「少し先って、今7月なんだけど!?」


苗木(他は返事の催促メールだな……ていうかこの時期なら普通花火大会とかの誘いじゃないのか……?)

苗木(まぁ……でも今からクリスマスイブの予定なんて入ってないし、とりあえずいいよって送っておくか……)ピッ


苗木「ふぁ……もういい加減寝るかな……」グゥ



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 01:28:42.12 ID:KM539V1nP

次の日 放課後


江ノ島「じゃあ次の作戦いってみよー」

苗木「あのさ江ノ島さん、本気で考えてくれてるんだよね?」

江ノ島「あったりまえじゃん! 希望と絶望が合わされば最強だって!!」

苗木「どっちが希望でどっちが絶望かは分からないけど……次はどうするの?」

江ノ島「女の子が好きなものといったらなんでしょう!」

苗木「……えーと、甘いものとか可愛いものとか」

江ノ島「そう、占いです!!」

苗木「あー、まぁ確かに女子高生は占い好きだけど……まさか」

江ノ島「うん、偶然にもこのクラスには超高校級の占い師がいたよね?」ニヤ



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 01:40:04.53 ID:KM539V1nP

 

葉隠「呼ばれて飛び出て葉隠だべ!!」

江ノ島「よし、さっそく占ってもらおー!」

苗木「占うって……霧切さんの好きな人を?」

葉隠「お、なんだなんだ苗木っち、やっとくっつくつもりになったんか?」

苗木「やっとって……」

葉隠「まっ、苗木っちなら特別に無料で占ってやるべ! それじゃ早速――――」


葉隠「むむっ、おぉ、喜べ苗木っち! 霧切っちの好きな人は苗木っちって出たべ!!」


江ノ島「ちっ」

苗木「え……本当に?」

葉隠「あぁ、間違いないべ!! 霧切っちは【間違いなく苗木っちの事が好きだ!!】」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 01:49:41.45 ID:KM539V1nP

葉隠「な、何が違うべ!」

苗木「確かに君の占いではそう出たかもしれない。だけど、それは完璧なんかじゃないんだ!」

葉隠「超高校級の占い師にケチつけるんか!」

江ノ島「ねぇねぇ、あんたよく言ってたよね、確か『俺の占いは』」

葉隠「三割当たる!!」

苗木「逆に七割は外れるんだ!! だから霧切さんがボクの事を好きだとは言い切れない!!」

葉隠「ぐぅ……!!!」

江ノ島「はい論破、もう行こー」

苗木「え、ちょっと、というかそもそも江ノ島さんが葉隠クンを頼ろうって言ったんだよね?」

江ノ島「いやー、あたしとしては当てて欲しくなかったんだけどさー」

苗木「え?」

江ノ島「何でもないー。とにかく葉隠つかえねーって話」

葉隠「なんか散々な言われようだべ!!」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:02:45.18 ID:KM539V1nP

 

江ノ島「結局のところ、やっぱり男をぶつけるのが一番だと思うのよね」

苗木「でも、十神クンでもダメだったんだよ?」

江ノ島「うーん……じゃあちょっと他の人の助けも借りてみよっか。あたしだけの意見だと偏りそうだしさ」

苗木「他の人?」

江ノ島「ん、女子の意見って事で、あそこにいる朝日奈ちゃんとオーガちゃんとかいいんじゃない?」

苗木「なるほど……」


朝日奈「えっ、霧切ちゃんを落とす方法? なになに、苗木ってやっぱりそうなの!?」ニヤニヤ

苗木「や、やっぱりって……」

朝日奈「それで、霧切ちゃん攻略方法だっけ? ああいう子ってね、押しに弱いんだよ押しに!」

江ノ島「ふむふむ、それじゃあアイツかなぁ……」

朝日奈「へ? 苗木が霧切ちゃんにアタックするんじゃないの?」

苗木「違うよ、ボクなんかが自分からいけるわけないじゃないか」

大神「あまり自分を低く見るな苗木よ。お主は十分強い」

苗木「はは、大神さんに言われると嬉しいな」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:08:28.25 ID:KM539V1nP

江ノ島「オーガちゃんは何かないかな? 好きな男のタイプとか」

朝日奈「あ、そういえばさくらちゃんのそういう話聞いたことないー!」

大神「それはお主もだろう、朝日奈」

朝日奈「え、えへへ、私はまだそういうのないからさー。それで、さくらちゃんは!?」

大神「ふむ……我はやはり強い男が好みだ。体だけではなく心もな」

苗木「大神さんの基準は凄く高そうだね……」

江ノ島「まっ、とにかく助かったよ! そんじゃ行くよ苗木ー!!」グイッ

苗木「うわっ、分かったから引っ張らないでよ!」


タッタッタ……


朝日奈「それにしても珍しい組み合わせだったね?」

大神「確かにそうだな。まぁ苗木はクラス全員と仲が良いとは思うが……」

舞園「ちょっと近すぎですよねぇ」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:19:32.34 ID:KM539V1nP

苗木「押しが強い人か……」

江ノ島「苗木も何となく候補は浮かんでるんじゃない?」

苗木「うん。普段から女の子に対して押せ押せな人は居るね」


苗木江ノ島「「桑田(クン)」」


苗木「あ、でも待って。桑田クンは舞園さん狙いだったはずだよ。ボクと舞園さんが仲良いって勘違いして何度も怒られたよ」

江ノ島「まぁそこら辺はあたしに任せてって。おーい桑田!」

苗木(いきなり!?)

桑田「んあ? なんだ江ノ島か」

江ノ島「ねぇねぇ、あんたさ霧切ちゃんの事どう思ってる? 可愛いよね?」

桑田「んー、そりゃ可愛いけどよ、やっぱ舞園ちゃんがダントツだな」

江ノ島「でも霧切ちゃんはあんたの事気になってるみたいだけど?」

桑田「え、マジで!?」

苗木(食いついた……)

舞園「しょせんこの程度の男なんですよ」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:27:15.18 ID:KM539V1nP

苗木「!!」バッ

江ノ島「どしたの?」

苗木「あ、いや、なんかすぐ後ろから声が聞こえたような……」

桑田「それよりさっきの話は本当なのか!? 霧切が俺の事気になってるとかっての!!」

江ノ島「うん、確かな情報だよ!」

苗木「(え、江ノ島さん?)」ヒソヒソ

江ノ島「(こういうのはとにかくその気にさせちゃえばいいんだって!)」

桑田「そ、そうか……霧切が……。いやでも、アイツもマジ可愛いよな……ファンクラブとかもあるし……」

江ノ島「すぐ側に確実にゲットできる女の子がいるんだよ、行くしかないっしょ!」グッ

桑田「あぁ、そうだよな!!!」

苗木(結局可愛ければいいのか)


桑田「あのさ霧切!」

霧切「今度は桑田君? 何か用?」


桑田「聞いたぜお前の気持ち……俺はもちろんオーケーだ!! 何なら今日にでも夜の千本ノックいっとく!?」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:34:45.18 ID:KM539V1nP

 


その後、桑田の姿を見た者は居ない。



夜 苗木の部屋


苗木(はぁ……さすが霧切さん。超高校級の人達でも全く寄せ付けない。でも、だからこそボクの事を好きだっていうのが勘違いだって言えるんだ)

苗木(それにしてもどう考えても江ノ島さんって楽しんでるだけなんだよなぁ、桑田君があんな事になってもただ爆笑してたし……)

舞園「何か悩んでいるんですか?」

苗木「ちょっとね……」

舞園「それはもしかして女の子関係ですか?」

苗木「うん、まぁ……といっても何かの間違いっていうか、勘違いっていうか、そんな感じなんだ」

舞園「ちなみにお相手は?」

苗木「霧切さん」

舞園「へぇ……」


苗木「…………え?」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:44:23.06 ID:KM539V1nP

苗木「うわああああああああ!!!」ビクッ

舞園「ふふっ、どうしたんですか苗木君。そんなに驚いて」

苗木「舞園さん!? だ、だから鍵壊してボクの部屋に忍び込まないでって言ってるじゃないか!!」

舞園「壊してませんよ?」キョトン

苗木「えっ? ほ、本当だ、壊れてない……じゃあどうやって……」

舞園「エスパーです」ニコ

苗木「……もしかして合鍵とか作ってるんじゃ」

舞園「エスパーで作りました」

苗木「それエスパーでも何でもないから!!!」

舞園「まぁまぁ、細かいことはいいじゃないですか」

苗木「全然細かくないけどね……というか、アイドルが男の部屋に忍び込むとかダメだって。アイドルじゃなくてもダメだけどさ」

舞園「ふふ、アイドルなんて裏で何やってるか分かりませんよ?」

苗木「…………」

舞園「あ、もしかして苗木君、私も枕営業とかしてると思ってます? 大丈夫ですって、私はそういうのする必要ありませんし。苗木君の為に綺麗な体のままですよ?」

苗木「いや、そういう事じゃなくてさ、あー、うん、もうなんかいいや」ハァ



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:48:34.11 ID:v7OTFr920

いいのかよ



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:54:28.07 ID:KM539V1nP

舞園「それで霧切さんの事について話してもらいたいんですけど」

苗木(目が怖いよ。セレスさんの比じゃないよ、狛枝クンレベルだよこれ)

苗木「え、えっと、別になんでもないよ。ただ霧切さんにはいつもお世話になってるから、その」

舞園「何のお世話ですか? もしかして……」チラ

苗木「そういう意味じゃないって!!」

舞園「苗木君は嘘をついています。分かりやすいんですね」

苗木「そ、そんな事ないよ……」

舞園「そんな心配そうな顔しなくても大丈夫ですって、苗木君には酷いことできませんから、無理に聞き出すなんて無理ですよ」

苗木「そっか……いや、何も隠してるわけじゃないんだけど……」

舞園「まぁでも霧切さんは別ですけど」

苗木「ま、待って!」

舞園「何ですか? そんなにあの人の事が好きなんですか?」ゴゴゴ

苗木「舞園さんは勘違いしてるよ! ボクは別に霧切さんの事が好きとかそういうわけじゃ……」

舞園「でも霧切さんの事庇ってるじゃないですか!! 私のことはいつも犯罪者みたいに扱うくせに、あの人には優しいじゃないですか!!!」

苗木「いや犯罪者みたいっていうか……えっと……」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 02:56:19.06 ID:GVIY8e6Z0

いや、犯罪だろ



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 03:18:25.25 ID:KM539V1nP

苗木「とりあえず落ち着こうよ! ほら、麦茶しかなくて悪いけどさ……」コトン

舞園「…………」ゴクゴク

舞園「苗木君、私があなたに何回告白したか覚えていますか?」

苗木「あー、その……ごめん、正確な数は」

舞園「174回です。そして苗木君は一度も首を縦には振ってくれなかった……」

苗木「あのさ、やっぱりアイドルに恋人っていうのは」

舞園「……ダメなんですかね? でも私、スキャンダルで坊主にされて涙の会見するっておかしいと思うんです」

苗木「あー、えっと、確かにそれはボクもどうかとは思うけど……」

舞園「じゃあいいじゃないですか、というより」


ドンッ!! バフッ


苗木「……へっ? ま、舞園さん? なんでボクの上に……」

舞園「私は……その、そろそろ既成事実でも作ってしまおうかと思ってるんですよね……」

苗木(やっぱ枕してるよ絶対!!!)


ピンポーン



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 12:57:10.00 ID:KM539V1nP

苗木「いっ、誰か来た!! 舞園さん、どこか隠れて!!」

舞園「隠れろと言われても……あ、じゃあベッドの下でいいですか? もし何かあったら破いちゃいますけど♪」

苗木「いいよいいよ、そこには置いてないし! とにかく早く!」

舞園「はーい」ゴソゴソ


ガチャ


霧切「こんばんは、苗木君」

苗木「き、霧切さん? どうしたのこんな時間に」

霧切「いえ、少し苗木君に話したいことがあって…………ん?」

苗木「な、なにかな?」ビクビク

霧切「苗木君、今あなた一人?」

苗木「そう……だけど……」

霧切「ふぅん」ジー

苗木(ヤバイ……霧切さんは何かに気付いてる!!)


霧切「でも苗木君、奥のテーブルにはグラスが二つあるみたいだけど?」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 13:13:47.48 ID:KM539V1nP

苗木「ッ!!」

霧切「ねぇ苗木君、あなた本当に一人なの? 誰か部屋に隠れていたりしない?」

苗木「あ、そ、それは……さ、さっきまで人がいたんだ! もちろん男子だよ!」アセアセ

霧切「それって誰かしら? 確認取ってもいい?」

苗木「あ……ぐっ……」

霧切「苗木君?」


山田「苗木誠殿! 今日こそは僕と一緒に朝までゲームといきますぞ!!」ドスドス


苗木「や、山田クン!! やっと戻ってきてくれたんだね!!」

霧切「え?」

山田「はて? 僕は今」

苗木「そうなんだよ、さっきまで山田クンと一緒に居たんだ!! それで彼がゲームを取りに戻ってさ!!」

苗木(頼む山田クン!!)ジッ

山田(…………ふむ、これは……いわゆる修羅場というやつですな。それでは)

山田「いやー、実はそういう事なんですな!」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 13:22:48.04 ID:KM539V1nP

霧切「…………」

苗木「そ、そういうわけだからさ、霧切さん。話はまた今度で……」

霧切「私が苗木君に誰が来ていたのか聞いた時、あなたはかなり動揺していたわ。なぜすぐに山田君の事を言えなかったの?」

苗木「それは……そ、そう、そのゲームっていうのが問題でさ!」

霧切「ゲーム?」

苗木「実はそれ、えっと、女子にはちょっと言い難いようなものでさ……」

山田「ふひひ、もしや霧切響子殿もそういったものに興味がありますのかな?」ニヤ

霧切「…………」

苗木(……ダメだ、まだ霧切さんは納得した様子じゃない!!)

霧切「じゃあ…………」


霧切「…………いえ、いいわ」


苗木「えっ?」

霧切「そういう事ならまた出直すわ。お邪魔したわね」

苗木「あ……う、うん……」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 13:34:01.53 ID:KM539V1nP

バタン


霧切「…………」

霧切(苗木君の部屋、わずかに香水の香りが残っていた。苗木君からも山田君からもそんな香りはしなかった)

霧切(……いえ、ダメよ。恋愛においては全ての真実を明らかにする事が正しいとは限らない)


ペラペラ


『必要以上に男の事にズカズカと入り込んでくる女の子は嫌われちゃうぞ! 時には引くことも大事なのです!』


霧切(ふむ……勉強になるわ)


苗木の部屋


苗木「……はぁ。ありがとう、助かったよ山田クン」

山田「ふふふ、ですが分かっていますな苗木誠殿!」

苗木「うん、分かった分かった。ゲームでもなんでも付き合うけどさ、その前に……」


舞園「ふふ、危なかったですね」ニコ



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 13:45:14.94 ID:KM539V1nP

山田「どわぁぁ!!! え、ええ!?」

苗木「あー、えっと、これには深い理由があるから誤解しないでほしいんだ」

舞園「えぇ、とっても深い理由があるんですよね」ニコ

山田「ふ、深い……理由!? な、苗木誠殿、これはまさか……君は超高校級のアイドルとぉぉ……!!!」

苗木「だ、だからそういうんじゃないだって!」


苗木説明中


山田「……な、なるほど、そういう事でしたか。いやしかし、アイドルに愛されストーカーされるとは、なんと羨ましい!!!」

苗木「当事者じゃないからそんな事言えるんだよ……」ハァ

舞園「というわけですので、山田君は今すぐ出て行ってくださいね?」

山田「なっ、なななななな、そうやって二人きりになって、ど、どどどどどういった事を!?」

舞園「言わせないでくださいよ……恥ずかしいです……///」

山田「そ、そこをぜひ!!! あ、ちょっと待ってください、録音してもいいですかな!?」ハァハァ

舞園「ダメですって……///」


苗木「ああもう!!! だからそういうんじゃないんだってば!!!」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 23:35:03.31 ID:KM539V1nP

苗木「とにかく舞園さんはもう帰ろうよ!」

舞園「山田君はいいのに、どうして私はダメなんですか!!」

苗木「山田クンは男子、舞園さんは女子だからだよ!! それに寮則でもこの時間に異性を部屋に入れるのはダメじゃないか!!」

舞園「バレなきゃいいんですよ。簡単じゃないですか」

苗木「…………」

舞園「ダメですよ苗木君、私からはどうやっても離れられませんから♪」


苗木「それならボクが自分から言う。部屋に舞園さんが居るって」


舞園「……ふふふ、それで大変な事になるのは苗木君ですよ? アイドルをこんな時間に部屋に入れたって」ニコニコ

苗木「いいよ、もう決めたからさ」

舞園「…………え?」

苗木「法律も寮則も破っているのは君の方だ。ボクが全力で証明してみせる。まぁ確かに最初はボクの方が白い目で見られるだろうけど、耐えてみせる」

舞園「あ……ちょ、ちょっと……苗木君? もしかして怒ってます?」アセアセ


苗木「うん、正直もううんざりしてるんだ」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/08(木) 23:51:27.84 ID:KM539V1nP

舞園「わ、分かりました。それでは今日の内はこれで帰りますから……」

苗木「その前に合鍵渡してくれないかな?」

舞園「あ、は、はい……」スッ

苗木「まったく、勝手にこんなの作って……それじゃ早く出てってよ」

舞園「あ、あの!」

苗木「なに?」

舞園「その……ごめんなさい。どう考えてもやりすぎていました。だから……」

苗木「…………」

舞園「つ、つまり……苗木君は【これからは普通に仲良くしていこう】って言いたいんですよね?」アセアセ


苗木「それは違うよ……」


ガシャーン!!


舞園「えっ」ゾッ

苗木「ガッカリだ……本当にガッカリだよ舞園さん」

舞園「な、苗木君……?」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 00:07:04.68 ID:5dcb4qItP

苗木「ボクは本当にうんざりしているんだよ。まさか舞園さんがこんな人だとは思わなかった」

舞園「ごめんなさい!! わ、私……」

苗木「だからさぁ、謝って済む問題じゃないって言ってるんだよ……ボクが何を言いたいのか分かるよね……?」

舞園「私は、その、苗木君の事が好きなんです!!」

苗木「で?」

舞園「え……?」

苗木「ボクの事が好きなのは分かったよ。でも、それでストーカーしてしまいましたすみません……で終わらせるつもりじゃないよね?」

舞園「ぁ……ぅ……ぇ、えっと……」

苗木「ねぇ、舞園さんなら分かるよね? ボクみたいにただ運が良いだけの人間と違って、君は超高校級のアイドルだ。場の空気くらいはボクより読めるはずだよ」

舞園「…………」

苗木「お願いだ舞園さん、これ以上ボクをガッカリさせないでほしいよ。超高校級のアイドルらしい対応を見せてくれないかな」ジロ

舞園「……お邪魔……しました……」ペコリ


ガチャ、バタン



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 00:21:53.34 ID:5dcb4qItP

苗木「……はぁ」

山田「」

山田(いつの間にか苗木誠殿がドス黒くなっていた。何を言っているのかわからねーと思うが僕にも分からないですぞ)

苗木「あ、ご、ごめんね山田クン! こんな事に巻き込んじゃって!」ニコ

山田「な、苗木誠殿? 今のは一体……」

苗木「あ、あはは、なんか恥ずかしいな……どうやって舞園さんを突き放そうか考えてさ……」

山田「しかし、さすがにあれはやりすぎなのでは?」

苗木「今まで何度も怒ってやめさせようとしたんだけど、ダメだったんだ。だから、あれくらいやらなくちゃダメなんだよ……」

山田「……むぅ、それほど舞園さやか殿は強烈なストーカーだったのですな……」

苗木「うん……ボクだってできればあんな事したくないよ……。でも、ボクだけじゃなくて舞園さんの為でもあるんだ」

山田「ならば仕方ない……というわけですか。いやー、それにしても先程の苗木誠殿は凄まじかったですぞ」

苗木「そ、そんなに? 自分ではよく分からなくてさ……」

山田「はい、心なしか目もドロドロになっていて……うむ、しかしあれはあれで、女性にはかなりの需要がありそうな……」ブツブツ

苗木「山田クン?」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 00:35:10.58 ID:5dcb4qItP

山田「ほら、僕がそろそろオリジナルに手を出そうと思っているという事は言いましたよね?」

苗木「あー、うん、確かそんな事を聞いたような……」

山田「そして今日び、萌えキャラを出しまくっているだけではダメなのですよ。ズバリ、女性人気の出るキャラも大事なのです!」

苗木「そ、それで?」

山田「先程の苗木誠殿は素晴らしかった! 見るからに女性人気のありそうなキャラでしたぞ!」

苗木「なっ……そんな事ないって! ていうか、さっきのボクって相当冷たかったしさ!」

山田「ちっちっち、女性にはそういったキャラが受けるのですよ。というわけでもう一度!! 僕のインスピレーションの為にもう一度先程の苗木誠殿を!!」

苗木「い、嫌だよ!!」

山田「ぐふふ、僕には一つ借りがありましたな? 霧切響子殿との事で」

苗木「うっ!!」

山田「ほらほら、もう道は一つしか残されていませんぞおお!!!」

苗木「わ、分かったよ! やればいいんでしょ!」

山田「さすが苗木誠殿!! それではもう一度、『それは違うよ……』って言ってくだされ!! あの女性達をびしょ濡れにするねっとりボイスで!!!」

苗木「そんな声出してないって!!!」


ワー、ギャー



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 00:53:53.20 ID:5dcb4qItP

女子寮


スタスタ


舞園「…………」

霧切「こんばんわ、舞園さん」

舞園「…………」ピタ

霧切「やはりあなただったのね。苗木君の部屋から出てくるのを見たわ」

舞園「…………」

霧切「寮則を忘れたの? この時間に男子寮の部屋に入る事は禁止されているわよ」

舞園「……霧切さんだって苗木君の部屋に来たじゃないですか」

霧切「えぇ、だからあなたをどうこうするつもりはない。でも、確認だけしておきたくて」

舞園「確認?」

霧切「この時間に苗木君の部屋に行くという事は、あなたも彼の事が好きなのね?」

舞園「…………」


舞園「……ふふ、ふふふ、あはははははははははははははははは!!!!!」



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 01:05:11.86 ID:5dcb4qItP

霧切「……ま、舞園さん?」

舞園「やっぱりですか……やっぱりあなたも苗木君の事が好きなんですね……」

霧切「えぇ、そうよ」

舞園「じゃあ、アレも霧切さんの仕業ですかぁ」

霧切「アレって?」

霧切(舞園さん……目が酷い事になっているわね。一体何があったのかしら……)


舞園「苗木君が私を捨てたんですよ」


霧切「えっ」

舞園「許せない……全部霧切さんの仕業だったんですね……霧切さんが苗木君を……」ブツブツ

霧切「待って、言っている意味がよく分からないわ。まず、あなたと苗木君って付き合っていたの?」

舞園「はい」

霧切「…………」

霧切(……ショックを受けている暇はないわ。まだ私は事情を確認しきれていない)



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 01:20:53.94 ID:5dcb4qItP

舞園「それなのに……それなのに霧切さんは【私から苗木君を奪った】んですよ!!!」


霧切「それは違うわ」キリッ


ガシャーン!!


舞園「まだ何か言い訳する気ですか!?」

霧切「確かに私は苗木君の事が好きよ。そして告白もした」

舞園「やっぱりあなたじゃないですか!!! あなたのせいで苗木君がおかしくなったんですよ!!!」

霧切「落ち着いて最後まで聞いて。私は苗木君に告白したけど、返事は受け取っていないのよ」

舞園「……はい?」

霧切「苗木君は私にもっとよく考えるように言ったわ。この気持ちが本当に恋なのかどうかって」

舞園「…………」

霧切「だから、苗木君は私のものではないわ。あなたから奪ったはずがない」

舞園「そんな……じゃあどうして……」

霧切(……おかしい。苗木君が舞園さんと付き合っているのなら、苗木君はきっと彼女の事を想って、その場で私の告白を断るはず)

霧切「ねぇ、舞園さん。一つ聞いてもいいかしら?」



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 01:35:50.26 ID:5dcb4qItP

舞園「何ですか?」

霧切「あなたは本当に苗木君と付き合っているの?」

舞園「なっ……私と苗木君の仲を疑うんですか!!」

霧切「えぇ、ごめんなさい。いくつか腑に落ちない点があって」

舞園「いいですよ、それでは苗木君の事について何でも質問してみてください!! 彼のタンスの中の下着の数まで把握してますよ!!!」

霧切「…………」ピッピッ

舞園「ちょっと、何をしているんですか? 人と話しているのに電話なんて……」

霧切「あ、苗木君? 実は――」

舞園「なっ、苗木君と電話しているんですか!?」

霧切「……そう、やっぱり。えぇ、えぇ、私は大丈夫よ」

舞園「ねぇ!!! 私の苗木君と何勝手に話しているんですか!!!」

霧切「それじゃ……大丈夫、こっちで片付けるわ」ピッ

舞園「また何か苗木君に吹き込んだんですね!!!」

霧切「……舞園さん。ハッキリ言わせてもらうわ」


霧切「あなた、ストーカーよ」



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 01:50:54.97 ID:5dcb4qItP

舞園「……は?」

霧切「あなたは苗木君と付き合ってなんかいない。今本人に確認したわよ。それに」

舞園「な、何を……言っているんですか?」

霧切「舞園さん、あなた少し混乱しているのよ。一度ゆっくり眠って考えたほうがいいわ」

舞園「…………」

霧切「今回は大事にしないけど、もし同じような事を重ねるようなら、私にも考えがある。それだけは覚えておいて。それじゃ」


スタスタ


舞園「……うぅ」

舞園「ひっく……ぐすっ……!!!」ポロポロ


江ノ島「わわっ、舞園ちゃんどうしたん!?」


舞園「うわあああああああああああああん!!!」ボロボロ

江ノ島「おー、よしよし。とりあえず思いっきり泣いちゃえ。あ、でもここだと色々目立つから、とりあえず部屋には行こ?」

舞園「ぅぅ……」グスッ



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 02:18:47.10 ID:5dcb4qItP

次の日 教室


苗木「…………」チラチラ

苗木(遅いな舞園さん……やっぱり昨日は言いすぎたかな……。いや、でも言う時はちゃんと言わないとダメだ!!)

霧切「別にあなたの責任ではないわ」

苗木「うわっ!!」ビクッ

霧切「驚きすぎよ。私だって少し傷つくわ」

苗木「ご、ごめん……あのさ、ボクは……」

霧切「私も苗木君の対応は間違っていないと思う。あとは彼女次第よ」

苗木「……そう、なのかな」

霧切「えぇ、そうよ。だから」


舞園「苗木君、おはようございます」ニコ


苗木「あ……お、おはよう、舞園さん。あのさ、昨日は」

舞園「ごめんなさい、苗木君。本当にどうかしていました、私」ペコリ

苗木「そ、そっか、分かってくれればいいんだよ! 舞園さんもステージとかで疲れてたんだろうしさ!」



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 02:27:05.77 ID:5dcb4qItP

苗木(……なんだろうこの感じ。表面上はいつもの舞園さんなのに、どこか……)

舞園「やっぱり苗木君は優しいです、あんな事をした私にそんな言葉をかけてくれるなんて」

苗木「あー、うん、ボクも言い過ぎたと思ってたしさ」

舞園「そんな事ないですよ! むしろあのくらい言ってくれなければ、私はいつまでもダメなままでした!」

苗木「そ、そっか……」

霧切「……ねぇ舞園さん。あなた」

舞園「霧切さん、私あなたの事嫌いですので話しかけないでもらえますか?」ニコ

霧切「え?」

苗木「ま、舞園さん?」

舞園「なんですか、苗木君?」

苗木「いや、今、霧切さんに何て言ったのかな……」

舞園「嫌いですので話しかけないようにと言いました」ニコ

霧切「…………」

苗木「き、嫌い?」

舞園「はい。大嫌いです」



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:40:36.84 ID:5dcb4qItP

霧切「…………」

苗木「えっと、舞園さん?」

舞園「はい?」

苗木「き、霧切さんの事が嫌いって……本当なの?」

舞園「ええ。嘘ついても仕方ないじゃないですか」ニコニコ

霧切「…………」

苗木「あのさ……なんとか仲良くできないかな? ほら、クラスメイトなんだし……」

舞園「はい、分かりました」ニコ

苗木「えっ?」

舞園「苗木君がそう言うのでしたら、私はどんな人とでも仲良くなりますよ」

苗木「そ、そっか……ありがとう」

霧切「…………」

舞園「それでは霧切さん、仲直りをしましょう」スッ


霧切「その必要はないわ」



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 18:55:23.33 ID:5dcb4qItP

舞園「…………」

苗木「ちょ、霧切さん……?」

霧切「あなたは私の事が嫌いなのでしょう? それなのに無理に仲良くなる必要はないと思うけど」

苗木「そ、それは……」

舞園「やめましょうよ、霧切さん。苗木君が困っているじゃないですか」

霧切「だってそうでしょう? あそこまでハッキリと嫌いだと言っておいて仲良くしようなんておかしいわ」

苗木「舞園さんは【クラスメイトなんだから】仲良くしなきゃダメだって!」


霧切「それは違うわ」キリッ


ガシャーン!!


苗木「ち、違う?」

霧切「クラスメイトだからって全員と仲良くする必要なんてないはずよ。結局一度も話さなかったなんていうのも珍しくないわ」

苗木「でもこれからクラスで色々イベントとかもあるしさ!」

霧切「確かにそういう時は仲良くしていた方が楽かもしれないけど、絶対ではない。
   私はむしろその年に何度かのイベントの為だけに日頃から嫌いな相手と仲良くするということの方が苦痛ね」



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:03:49.13 ID:5dcb4qItP

苗木「でもさ!」

舞園「うーん、苗木君。彼女には彼女の考え方というものがありますし、そこまで強要しなくてもいいんじゃないですか?」

苗木「それは……そうかもしれないけど……」

舞園「まぁでも、一つ忠告しておきますけど、協調性は大事にしないとこれからも大変ですよ? あっ、ずっと一人で生きていくなら問題ありませんね」ニコ

霧切「誰も一人で生きていくとは言っていないわ。相手を選ぶということよ。数だけ多くて中身がスカスカというのも悲しいものだしね」フフッ

舞園「…………」

霧切「…………」


「なんだなんだ、朝からケンカか?」
「女同士のケンカってのは苦手だぜ……」
「君達、争いはやめたまえ!!」


苗木(な、なんでこうなっちゃうんだ……)



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 19:11:59.26 ID:5dcb4qItP

休み時間


江ノ島「そんなの決まってんじゃーん。どっちも苗木のことが好きだからだよ」

苗木「なっ、ボクのせいなのか……例え勘違いだとしても二人は本気で……」

江ノ島(まーだ勘違いとか言ってるよ。まぁ絶望的だからいいけど)

江ノ島「お姉ちゃんも恋敵は抹殺したくなるでしょ?」

戦刃「そ、そんなことしないって! クラスメイトなんだし!」

苗木「あれ、つまり戦刃さんの好きな人はこのクラスに居るってこと? ちょっと気になるな」

戦刃「えっ!?///」

江ノ島「気になるも何も、あんた」

戦刃「ストップ!! ストップ盾子ちゃん!!」

江ノ島「はいはい、心配しなくてもそんなすぐバレないって」

苗木「えっ、ボク?」

戦刃「!!!」

江ノ島「お」



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:23:08.87 ID:5dcb4qItP

戦刃「ななななな苗木君!? あ、あのね、私……///」

江ノ島(うーん、絶望的にはどうするべきかなぁ)

苗木「……なわけないか。まさか超高校級の軍人みたいな人がボクみたいなひょろい人が好きなわけないよね」

戦刃「えっ、そ、そんなこと……」

江ノ島「そんな事ない……つまり?」ニヤニヤ

戦刃「つ、つまり……///」

苗木「ボクがよく知ってる人って事か……まぁこのクラスなら当たり前だよね」

戦刃「……苗木君って肝心な所で抜けてるよね」

苗木「い、戦刃さん? なんか目がすわってるけど?」アセアセ

江ノ島(あたし的にはこれでいいけど……こうしても面白いかも!)


ドンッ


苗木「わっ」グラッ

戦刃「苗木君!?」


バフッ



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:28:33.13 ID:5dcb4qItP

 
苗木「いてて、急に押すなんて酷いよ江ノ島さん……ん?」ムニュ

戦刃「んっ///」

苗木「なんだろう、この小さいけど柔らかいの…………えっ」

戦刃「//////」カァァ

苗木「うわあっ!!! ご、ごごごごめん!!!」バッ

戦刃「う、ううん、いいよ……わざとじゃないんだし……///」

江ノ島「苗木やらしー、だいたんー」ニヤニヤ

苗木「え、江ノ島さんが押したからじゃないか!」


舞園「何やってるんですか、苗木君?」

霧切「…………」


苗木「二人共目が怖いって!!」



361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 21:41:40.03 ID:5dcb4qItP

舞園「あ、違いますよ、怒っているわけではありません。ただ、苗木君はそのくらいの大きさが好きなのかなと思いまして。それなら切ったり色々……」

苗木「切る!? ていうかアイドルが胸減らしたらダメだよね!?」

霧切「私も怒っているわけではないわ。ただ、そういう不純異性交遊は石丸君に報告して厳しく罰してもらおうと」

苗木「怒ってるよね? 霧切さん、凄く怒ってるよね?」

霧切「怒っていないわ」ジッ

苗木「……あのさ、今のは本当に事故なんだよ。というか、江ノ島さんが……っていつの間にかいなくなってるし」ハァ

戦刃「で、でも、苗木君がわざとやってないっていうのは本当だよ!」

舞園「苗木君に胸揉まれて変な声出してたくせに」ボソッ

戦刃「そんな声出してない!!///」


ドカッ!!


苗木「いたっ!!!」

セレス「あら、ごめんあそばせ。足が滑りましたわ」

苗木(今思いっきり蹴ってるの見えたような……)



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:00:58.21 ID:5dcb4qItP

昼休み 娯楽室


苗木「セレスさん……?」

セレス「遅いですわよ、苗木君」

苗木「ご、ごめん。霧切さんと舞園さんにどこに行くのかしつこく聞かれてさ」

セレス「当然答えてはいませんわよね?」

苗木「うん、メールに内密にって書いてあったからさ。それで話って何かな? もしかして何かの相談とか?」

セレス「相談でしたら苗木君の方があるのではなくて? 今朝の霧切さんと舞園さんの諍いは、あなたにも原因があるように思われましたが」

苗木「……あー、うん」

セレス「よろしければお話を聞きますわよ? わたくしも級友の問題は無視できませんもの」ニコ

苗木「セレスさん……ありがとう!」

苗木(そうだ、江ノ島さんだけじゃない。他にも協力してくれる人はいるんだ!)


セレス(さて、これであの泥棒猫二匹をどうにかできればいいのですが)



368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:12:30.11 ID:5dcb4qItP

苗木説明中


苗木「……ってわけなんだ」

セレス「……ふむ」

苗木「江ノ島さんは、他に好きな人が出来れば勘違いにも気付くって考えてるみたいなんだけど、十神クンでも桑田クンでもダメだったんだ」

セレス「それもそうですが、もっと手っ取り早い方法がありますわ」

苗木「ホントに!?」

セレス「えぇ、苗木君が他のどなたかとお付き合いすればいいのですわ」


苗木「…………え?」


セレス「そして相手はこのわたくしが引き受けます」ニコ

苗木「ちょ、ちょっと待ってよ!」

セレス「なにか?」

苗木「えーと、どうしてボクに恋人ができれば霧切さんや舞園さんが勘違いに気付く事になるのかな?」

セレス「既に苗木君にお相手がいると知れば、その気持ちを再確認する良い機会になりますわ」

苗木「あー、そう……かもしれないけどさ」



380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 22:55:49.70 ID:5dcb4qItP

セレス「歯切れが悪いですわね」

苗木「その、セレスさんに悪いと思ってさ。ほら、セレスさんって男子にも人気あるよね?」

セレス「もちろんですわ。男の方がわたくしに群がってしまうのは仕方のない事ですので」

苗木「それでボクと恋人のふりをすると、そうやってセレスさんに好意を向けている大勢の人達に悪いと思うんだ」

セレス(なぜその思考を自分のことに当てはめられないのかと激しくツッコミたいところですが、やめておいたほうがいいですわね)

セレス「ふふ、むしろ好都合ですわ。わたくしには想いを寄せる相手がいますので、そういった方達の告白を断ることにうんざりしていましたの」

苗木「えっ、セレスさんって好きな人いたんだ! でもそれだと、その相手にも誤解されちゃうんじゃないかな?」

セレス「問題はありませんわ。彼は普段外国に居ますので、会う機会は多くはないのです」

苗木「なるほど……って事は相手は外国人なの? あ、もしかして、セレスさんの名前も、その相手の人からとったとか?」

セレス「いえいえ、彼は日本人ですわ。名前は……」

セレス(ここは苗木誠のアナグラムでいってみましょうか)

セレス「えっと、コマエ……」

苗木「コマエダ……って狛枝クン!?」

セレス「誰があんな変人好きになるかっつーんだよおおおおおおおおおおお!!!」


狛枝「くしゅん!! はは、誰かボクの噂でもしているのかな…………いや、ボクみたいな人間の噂をする人なんているわけないよね」



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:08:10.20 ID:5dcb4qItP

苗木「ご、ごめん」

セレス「まったく、苗木君はいつもそうですわね」ハァ

セレス(ただ、あまり直接的に好意を示せばあの二人と同じことになりますわ。ここは慎重にいくべき……)

苗木「うーん……でもさ、やっぱりセレスさんに悪いよ」

セレス「えっ……?」

苗木「だってセレスさんには好きな人がいるんだよね? それなのに形だけとはいえ、ボクと恋人のふりをするなんて、君が何も思わないわけがないじゃないか!」

セレス「…………」

セレス(しくじりましたわ……こんなことなら好きな人などいないと言っておけば……)

苗木「さすがにセレスさんにそこまで我慢してもらってまで協力してもらう訳にはいかないよ。でも、その気持ちは本当に嬉しいよ」ニコ

セレス「っ!!///」ドキッ

苗木「セレスさん?」

セレス(い、いけませんわ……この超高校級のギャンブラーともあろう者が笑顔一つでポーカーフェイスを崩すなど!!)ドキドキドキドキ



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:29:30.31 ID:5dcb4qItP

セレス(まずは一度深呼吸を)スーハー

セレス「あなたは、今の所最高位であるCランクの人間ですわ。ですので、恋人のふりといってもそれ程の苦痛はありませんの」キリッ

苗木「あれ、その好きな人はもっと上のランクじゃないの?」

セレス「……す、好きと言いましても、少し気になる程度ですわ。まだまだわたくしと恋人になる為には色々と不満な部分も多いので、ランク的には苗木君と同じCランク……という事ですのよ」

苗木「はは、Cランクの中でも差があるんだね」

セレス「…………」


セレス「苗木君、良い知らせです」


苗木「ん?」

セレス「たった今、苗木君は前人未到のBランクへと昇格しましたわ。ここからはわたくしの恋人になる事が許可されます」

苗木「ええっ!? いや、さっき言ってた好きな人は!?」

セレス「よく考えたらあんな方、好きでもなんでもありませんでしたわ」

苗木「この数分で一体何があったの!?」



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/09(金) 23:50:34.32 ID:5dcb4qItP

セレス「そのような些細な事はどうでも良いでしょう。重要なのは、これで苗木君はわたくしの恋人になれる事ですわ」

苗木「待って待って! いくらなんでもこんな短時間で好きだって気持ちがなくなるわけないよ!」

セレス「女心と秋の空という言葉がありますわ。それだけ女性は心変わりしやすいのです」

苗木「そ、それにしたっていくらなんでも急に変わりすぎだよ! セレスさんが好きになったくらいの人なんだし、それだけ良い人なんでしょ!?」

セレス「……やけに肩を持つのですね。そんなにわたくしとその方を恋人にしたいのですか?」

苗木「……うん、そうかもしれない」

セレス「ああ!? 何言って…………ごほん、顔も見た事がない方を随分と高く評価していらっしゃるのですね」

苗木「ううん、ボクはその人じゃなくてセレスさんの事を凄い人だと思ってるんだよ」

セレス「えっ?」ドキッ

苗木「そんなセレスさんが好きになる人っていうのはきっと良い人だよ。だからさ、もう少しよく考えた方がいいと思うんだ」

セレス「…………」

セレス(まったく、人の事になるとこれですのに、自分に向けられる好意を全てありえないと切り捨てるなんて…………狛枝君レベルの卑屈さですわ)



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:03:08.50 ID:vwUgIDttP

セレス(もうここは少々強引にいくしかありませんわね)

セレス「苗木君、良い知らせです」

苗木「え?」


セレス「たった今、苗木君はAランクに昇格しましたわ。この瞬間、苗木君にはわたくしと一生を共にする義務が課せられます」


苗木「また上がったの!? なんか基準下がってない!?」

セレス「そんな事ありませんわ、苗木君だからこそです」ニコ

苗木「ま、待ってよ、セレスさんの好きな人っていうのは……」

セレス「もちろん苗木君ですが?」

苗木「あれ、そうだっけ!? 外国に住んでた人は!?」

セレス「その方はもう随分前に他に女を作って、わたくしに破滅させられましたわ」

苗木「ここにきて衝撃の新事実!!」



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:10:28.21 ID:vwUgIDttP

苗木「それにさっきなんて言ったっけ? 義務がどうとか……」

セレス「一生を共にする義務……要するに結婚のことですわ」

苗木「いやいやいや、唐突すぎるって、それに法律的にまだ無理だって」

セレス「それでは苗木君が18になれば結婚していただけるのですか!?」ガタッ

苗木「あ、ちがっ、そういう意味じゃないって! ていうか目が怖いよ!」

セレス「…………すみません、少々取り乱してしまいましたわ。それではここに名前と捺印を」スッ

苗木「……なにこれ?」

セレス「そんなに身構える事はありませんわ、【なんの変哲もない】紙切れですので」ニコ


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:30:13.77 ID:vwUgIDttP

苗木「変哲ありまくりだよ! 何この明らかに二枚重ねで、名前書く欄と判子押す所だけ虫食いみたいに空けられてる紙は!?」

セレス「ふふ、まぁ細かいことはいいじゃないですか」ニコニコ

苗木「細かくないって!! 似たようなトリック、デスノートで見たことあるよ!! この紙の下は何!?」

セレス「……仕方ないですわね。苗木君が書く欄の隣を少し見せてあげますわ」

苗木「う、うん……ってセレスさんの名前?」

セレス「はい」ニコ

苗木「…………」

セレス「どういたしました?」キョトン

苗木「ねぇ、どうして『セレスティア・ルーデンベルク』じゃなくて『安広多恵子』って書いてあるの?」

セレス「ふふふ、役所に出す正式な書類に偽名を使うわけにはいかないでしょう」ニコニコ

苗木「役所に出すって言っちゃったよ!!」



412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:48:03.83 ID:vwUgIDttP

セレス「いいから早く書けって言ってんだよおおおおお!!! 結婚できねえだろうが!!!」

苗木「もう答え言ってるからねそれ!? 書けるわけないじゃないか!!」

セレス「…………ぐすっ」ウルッ

苗木「えっ!?」

セレス「わたくしはこんなにもあなたを愛していますのに……受け入れてくれませんのね……」ウルウル

苗木「ま、待ってよ……だってさ、いきなり結婚なんて言われても……」

セレス「分かりましたわ、それでは苗木君はこの瞬間からSランクです!」

苗木「まだ上がるの!?」

セレス「Sランクはわたくしを好きなように扱う事ができますわ。苗木君、ご命令を。靴ですか? 靴を舐めればいいのですか?」スッ

苗木「そんな事しなくていいってば!! 暴走し過ぎだよ!!!」



414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:50:21.59 ID:vwUgIDttP

セレス「それではどうすればわたくしと結婚していただけるのですか!」ウルウル

苗木「そんな事言われても……そういうのはお互い好きな二人が……えっと……ボクもよく分からないけどさ」

セレス「苗木君……わたくしがあなたの事を愛していると証明すれば結婚していただけますか……?」ズイッ

苗木「……セレスさん、少し落ち着こうよ。ねぇ、何でこっち来てるの? 何する気なの!?」

セレス「愛を証明するのであれば一つしかありませんわ」ガシッ

苗木「いっ!? ちょ、セレスさん!?」


バタン!!


霧切「やっぱりここだったのね」

舞園「大丈夫ですか、苗木君!!」


セレス「ちっ」



418:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 00:56:39.40 ID:vwUgIDttP

霧切「……セレスさん、今あなた何をしようとしていたの?」

セレス「見れば分かるでしょう、キスですわ」

舞園「なっ、そんなのは苗木君に迷惑です!!」

セレス「苗木君……迷惑でしたか……?」

苗木「えっ、あー、その」

苗木(そんな目を向けられてハッキリ言えるわけないじゃないか……)

霧切「卑怯よ、苗木君の優しい性格を利用しているだけじゃない」

セレス「ふん、別に彼にどのようなアプローチをかけようが勝手じゃないですか」

舞園「そ、それにしたって…………じゃあ私が今苗木君とキスしてもいいんですよね!?」

苗木「いやそれはおかしい」

霧切「二人共落ち着きなさい。苗木君が戸惑っているじゃない。一番に尊重すべきなのは彼の気持ちよ」

苗木「霧切さん……」

霧切(……ふふ、これで苗木君からの印象アップね」

苗木「声に出てるってば」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 04:11:15.95 ID:vwUgIDttP

放課後 教室


江ノ島「あははっ、やっぱり苗木ってモテモテじゃん! この女たらしめ!」ニヤニヤ

苗木「笑い事じゃないんだってば!」

江ノ島「分かってる分かってる。それじゃ、今日も苗木以外の男を霧切ちゃんに突撃させよっか」

苗木「それ本当に上手くいくのかな……十神クンもダメだったし、桑田クンなんてあれから生死不明だし……」

江ノ島「しかもこの状況だと霧切ちゃんだけ何とかすればいいってわけでもなさそうだよね」

苗木「うん……舞園さんとセレスさんもだよ……」

江ノ島「まっ、何とかなるっしょ! 諦めずに頑張ってみよー!」


大和田「なっ、霧切に告れだぁ!?」

不二咲「そ、そんな、ボクにそんな事は無理だよぉ」

石丸「不純異性交遊はダメだぞ!!」

苗木「えっと……江ノ島さん? どうしてこの三人なの?」

江ノ島「ん、教室に残ってたから」

苗木「それだけ!?」



441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 04:36:06.15 ID:vwUgIDttP

江ノ島「まぁまぁ、女の子もどんな男が好みかは分かんないしさ!」

苗木「そりゃ確かにボクよりはずっと良いと思うけどさ……でもまた相手にされないっていうオチなんじゃ……」

大和田「んだとコラ苗木ぃぃ!!」

苗木「わっ、ご、ごめんごめん!」

大和田「ちっ、確かに俺はそういうのに関しちゃ負けっぱなしだ。けどよぉ、いつまでも負け続けるってのは俺の性に合わねえんだよ!!!」

不二咲「大和田君みたいに強い人ならきっと大丈夫だよ! ボクが女だったらきっと好きになってるもん!」

大和田「なっ!!///」

苗木「…………」

江ノ島「大和田、あんた……」

大和田「ち、ちっげえよ!!! 何見てんだオラァァ!!!」アセアセ

石丸「待ちたまえ! だから不純異性交遊は見過ごせないと言っているだろう!」

江ノ島「別にエッチとかするわけじゃないし、不純異性交遊じゃないっしょ」

石丸「むっ、そう……なのか……?」

苗木「まぁ、別に男女交際は禁止されていないからね」

石丸「ふむ……男女交際と不純異性交遊の違いもハッキリと定義して明記した方が良さそうだな……」



442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 04:37:50.44 ID:vwUgIDttP

不二咲「あ、そうだ! それなら今ボクが作ってるこれを使ってみてくれないかな?」カタカタ

苗木「これは……何かのソフト?」

不二咲「うん、なんとか自立型のAIを生み出せないかやってみてる所なんだ。それでプロトタイプが出来たから役に立たないかなって」カタカタ

大和田「えーあいってなんだ?」

苗木「人工知能……つまり自分で考える機械って事だね」

大和田「すっげえ!! マジでそんな事ができるのかよ!?」

江ノ島「うへぇ、さっすが超高校級のプログラマー」

石丸「学校で培った能力を世の中に役立てる……なんと素晴らしいんだ!!」

苗木「いやこれはどう考えても学校で教わるレベル超えてるけどね……」

不二咲「……うん、準備できたよ!」


霧切AI『何かしら?』


大和田「うおおおお!!! 霧切じゃねえか!!!」

苗木「す、すごい……表情とかも霧切さんそっくりだ……」

江ノ島「おもしろーい。ねぇ、何か話しかけてみてよ!」



444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 04:47:56.70 ID:vwUgIDttP

石丸「それでは僕が。やぁ、こんにちは霧切君!」

霧切AI『えぇ、こんにちは』

大和田「すげえええええええええ!!!!!」

江ノ島「大和田、あんた興奮しすぎ」

苗木「でも本当に凄いよ不二咲クン!」

不二咲「えへへ……///」

江ノ島「じゃあこの調子で告ってみよっか!」ニヤ

大和田「なっ……いきなりかよ!」

江ノ島「別にいいじゃん、相手はAIなんだし。不二咲もデータが集まっていいんじゃない?」

不二咲「うん。普段の皆のデータから作り出しているものなんだけど、そういう特殊なシチュエーションは試してないからね。僕も嬉しいな」

石丸「し、しかし、そういったものには順序というものがあるのではないか? 僕もあまり詳しいわけではないのだが……」

大和田「……へっ、兄弟。こういうのは案外勢いでいけば上手くいくもんなんだぜ」

石丸「なに、そうなのか!? ふむ、勉強になるな!!」

苗木(大和田クンは女子に告白して何連敗もしてるっていうのは黙っておこう)

大和田「つーわけで、さっそくいくぜ!!!」



445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 04:55:40.98 ID:vwUgIDttP

大和田「き、霧切!!! 俺と付き合ってくれねえか!?」

江ノ島「いやいやいやいや、なんで怒鳴るのよ」

大和田「怒鳴ってねえよ!!!」

苗木「思いっきり怒鳴ってたよ。怖いって絶対」

石丸「まぁ待ちたまえ。とにかく彼女の返事を聞こうではないか」


霧切AI『ごめんなさい、私は苗木君の事が好きなの。だからあなたとは付き合えないわ』


不二咲「わ、わぁ……」

江ノ島「マジで凄いわねこれ。歴史的大発明ってやつなんじゃないの不二咲」

苗木「ちょ、ちょっと待ってよ! どうして……」

大和田「苗木いいいいいいいいいいい!!!!!」ブンブン

苗木「いたたたたた、そんな揺らさないでよ!!! ボクは知らないって!!!」グラグラ

大和田「とぼけんじゃねえぞテメェこうなるの分かってたんだろうがよおおおおおおお!!!!!」

江ノ島「若干涙目になってるあたり可哀想ね」

石丸「よせ兄弟! 苗木君に罪はない!!」



541:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 16:26:10.99 ID:vwUgIDttP

苗木「ふ、不二咲クン! これバグってるとかないの!?」

不二咲「うーん……確かにまだまだ実験段階だけどぉ……」

江ノ島「あたしにはむしろ良くできてるように思えるけど」

大和田「おい苗木ぃぃ!! オメー不二咲の作ったやつがおかしいって言う気かぁ!?」

苗木「だ、だって、あんな返答おかしいじゃないか!! どう考えてもボクより大和田クンの方が男らしくていいと思うよ!!」

大和田「……ほぉ、分かってんじゃねえか苗木」

石丸「むぅ、僕が思うに兄弟の言い方が良くなかったのではないか?」

大和田「言い方つってもよぉ……」

江ノ島「それじゃ、石丸やってみれば?」ニヤニヤ

石丸「なに!? いや、しかし僕はそういった事に疎くてだな」

苗木「何事も勉強だって!」

不二咲「僕もできるだけたくさんの人のデータが取れたら嬉しいなぁ」

石丸「そ、そうか……うむ、それではやってみようか」



544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 16:50:02.81 ID:vwUgIDttP

石丸「霧切君!」

霧切AI『ごめんなさい、私は苗木君の事が好きなの。だからあなたとは付き合えないわ』

石丸「まだ何も言っていないのに!?」

苗木「や、やっぱりバグってるんだって!」

霧切AI『いいえ、あなた達の話している声が聞こえたの。それと苗木君、あなたに少し話があるわ』

苗木「話って……?」

霧切AI『どういうつもりなのかしら? 私はあなたのことが好きだと言っているのに、他の人に告白させるようなまねして』

江ノ島「ぎゃははははは! AIに怒られてる!」

大和田「おい苗木ぃぃ……!!」ボキボキ

苗木「そ、それは、霧切さんが勘違いしてるから……」

霧切AI『……はぁ。どうしたら勘違いではないと証明できるのかしら』

不二咲「あ、あのさ、苗木君のどこが好きなのか言ってみればいいんじゃないかな?」

霧切AI『なるほど……まず優しい所ね。それも形だけではなく、苗木君は本当に心の底から相手の事を想える人よ。
    それに決して折れない強い心を持っている。私が立ち止まってしまった時、苗木君は笑って引っ張ってくれた』

江ノ島「ほぉほぉ」ニヤニヤ

苗木「ちょ、ちょっと待ってよ! 恥ずかしいって!///」



548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 17:05:13.77 ID:vwUgIDttP

石丸「ぐっ……教えてくれ霧切君……僕はどこがダメなんだ……?」

霧切AI『全体的に話がつまらないわ』

石丸「ぐはぁぁ!!!!!」

大和田「お、俺は!?」

霧切AI『全体的に必死すぎるわ』

大和田「ごほぁっ!!!!!」

不二咲「そ、そんなハッキリ言っちゃダメだってば!!」アセアセ

石丸「…………」

大和田「…………」

苗木「えっと……そうだ! 霧切さんのデータが足りないからこんな事になってるんだよ! 他の人ならきっと大丈夫!」

江ノ島「あんたも絶望的に往生際が悪いわねー」

苗木「希望を捨てちゃダメだ!」キリッ

不二咲「それじゃあ……舞園さんにしてみよっか?」



554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 17:50:14.97 ID:vwUgIDttP

 

舞園AI『こんにちは』ニコ


大和田「お、おぉ……」ゴクッ

石丸「さすがアイドルらしい素晴らしい笑顔だ!」

江ノ島「どーせまた『苗木君が好きです』って断られるだけだってー」

苗木「それはやってみないと分からないよ!」

不二咲「うん……確かに霧切さんはあまり自分を表現するような人じゃないから、データ不足っていう事もあったのかも……」

石丸「よし、それでは、また僕かいこう!」

江ノ島「おっ、自信あるの?」

石丸「舞園君は品行方正な優等生だからな! きっと僕の言葉は響いてくれるはずだ!」

大和田「なるほどな……よし、決めてやれ兄弟!!」

石丸「任せておけ! では、舞園君!!」

舞園AI『はい?』ニコニコ


石丸「……僕と共に人生の勉強をしていかないか?」ドヤァ



555:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 17:56:15.70 ID:XiNPnRwVP

アカン



558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 18:01:17.70 ID:vwUgIDttP

舞園AI『……はい?』ニコ

江ノ島「うわぁ、ないわぁ……」

苗木「い、石丸君、よく分からなかったみたいだよ!」

不二咲「あれ、おかしいな……舞園さんならあのくらいの言葉なら理解できそうだけどぉ……」

大和田「いや、わりーが俺も分かんなかったぞ兄弟」

石丸「す、すまない! 恋人になってほしいという事だ」

舞園AI『…………はい?』ニコ

苗木「あ、あれ?」

大和田「よく聞き取れなかったんじゃねえの?」

石丸「舞園君、僕は君と恋人同士になりたいのだ!」

舞園AI『…………はい??』ニコ

江ノ島「ねぇ、これってもしかしてさぁ……」

石丸「ま、舞園君!! 僕は」


舞園AI『 は い ? 』ニコニコ





562:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 18:22:07.35 ID:XNX8PpNE0

舞園さん怖えwww



563:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 18:23:37.79 ID:vwUgIDttP

石丸「ぼ、く……は……」ブルブル

大和田「もうよせ!! やめろ兄弟!!!」

舞園AI『?』ニコニコ

苗木「ね、ねぇ、不二咲クン、この人って本当に舞園さんなの? いくらなんでも怖すぎるんだけど……」

不二咲「そ、その……はずなんだけど……」オロオロ

石丸「」チーン

大和田「おい兄弟、しっかりしろ!!」

江ノ島「いやこれよくできてるって。舞園ちゃんそのものだよ」

大和田「苗木、次はオメーがやってみろ」

苗木「えっ、ボク!?」

大和田「不二咲の作ったものを疑いたくはねえが、万が一ってこともあるからな。オメーが告白すればハッキリすんだろ」

江ノ島「いいねいいね!」



566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 18:39:33.74 ID:vwUgIDttP

不二咲「僕からもお願いしたいかな、バグかどうか分かりそうだし」

苗木「わ、分かったよ……舞園さん?」

舞園AI『はい、なんでしょう苗木君』ニコニコ


苗木「ボクは君のことが好きなんだ。良かったら付き合ってくれないかな?」


舞園AI『…………』

苗木(うぅ……怖いな……)ビクビク

舞園AI『……ぐすっ』ポロッ

苗木「えっ!?」

舞園AI『ひっく……わ、わたし……』ポロポロ

苗木「ご、ごめん!! 急に変な事言っちゃって!!」

大和田「おい何泣かせてんだ苗木ぃぃ!! ……あり? って事は別にまた苗木の事が好きだったとかいうオチじゃねえのか」

不二咲「じゃあやっぱりバグなのかなぁ……」

江ノ島「いやいや、もうちょっと様子見てようよ」ニヤニヤ



572:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 19:12:10.36 ID:vwUgIDttP

舞園AI『ち、違うんです……苗木君がそんな事言ってくれるなんて……私、嬉しくて……』ポロポロ

苗木「……えっ?」

舞園AI『ずっと片想いだと思ってました……苗木君は振り向いてくれないって……』

苗木「ま、舞園さん?」


舞園AI『苗木君、ありがとうございます。私、とっても嬉しいです。こんな私でよければ、お付き合いさせてください』ニコ


苗木「」

江ノ島「キャー! 何この青春学園ドラマ!!」

大和田「よーし、殺す!! 覚悟決めろや苗木よぉ……!!!」ボキボキ

苗木「ま、待ってよ!」

不二咲「苗木君……僕もこれはバグではないと思うんだけど……」

大和田「というわけらしいぞ、ああ!?」

苗木「ま、まだ二人分じゃないか!! これだけで決めつけるのは早いよ!!」

江ノ島「えー、まだ粘るのー?」



627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 22:14:26.28 ID:vwUgIDttP

不二咲「えっと、それじゃあ次はセレスさんにしてみようか?」

苗木「えっ、セレスさん……?」

江ノ島「あれ、どうしたの苗木? もしかしてセレスちゃんには好かれてるって思ってるわけ?」ニヤニヤ

苗木「そ、そんな事ないよ!」

大和田「じゃあやってみろや……けどこれが最後だぜ……?」ゴゴゴゴ

苗木(くっ……ボクは絶望には負けない!)


セレスAI『ごきげんよう』ニコ


苗木(きた……よし、まずは……)

苗木「と、とりあえず、ボク以外の誰かが告白してみようか?」

江ノ島「でもそうなると大和田くらいしかいなくない? 石丸はあれだし」

石丸「」チーン

大和田「なっ、お、俺かよ……」

江ノ島「あれあれ、もしかしてビビってる? まぁセレスちゃんも容赦なさそうだからねー」ニヤニヤ

大和田「ぐっ!!」



631:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 22:23:48.32 ID:vwUgIDttP

不二咲「お、大和田君は怖気づいたりしないよ! ねっ?」ニコ

大和田「お、おう!! 当たり前だオラ!!」


山田「ちょっと待っていただきたい!!」


苗木「や、山田クン?」

山田「ふっふっふっ、話は聞かせてもらいましたぞ。そういうことであれば僕が適任でしょう!!」

大和田「あー、確かにオメーってセレスと一緒にいる事が多いな」

不二咲「というか、召使いみたいな感じだけどね……」

山田「愛の形はそれぞれなんですぞ! あっ、ちなみに言っておきますと、不二咲千尋殿も十分いけますな!」

不二咲「ひっ」ビクッ

大和田「おいこのデブ! 不二咲に手ぇ出したらブッ殺すぞ!」

江ノ島「んで、山田がセレスちゃんに告るって事でいいの?」

山田「その通りです。ふふっ、エロゲで鍛えた僕の力、思い知らせてやりますよ!」

苗木(山田クンって二次元限定とか言ってた気がするけど……まぁでも期待できそうだぞ!)



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 22:35:45.64 ID:vwUgIDttP

山田「それに同人界隈でも苗木×セレスよりも山田×セレスの方が多かったりするのです!」

江ノ島「それほとんど自分で描いたやつでセレスちゃんに破かれてたじゃん」

苗木「ま、まぁ、とにかく頑張って山田クン!」

山田「……昨日の友は今日の敵。応援など無用ですぞ苗木誠殿」

苗木「へっ?」

山田「あー、ごほん!安広多恵子殿!」


セレスAI『あ?』ギロ


山田「おふぅぅ!!///」ビクン!!

苗木「いきなり本名はまずいって!」

大和田「つーか喜んでんぞコイツ……」

不二咲「セレスさんはいつもの名前を気に入ってるからね」

江ノ島「まぁ、セレスの方が文字数少ないから呼びやすいよね。フルネームは勘弁だけど」



648:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 22:56:23.47 ID:vwUgIDttP

山田「ふぅ……それでは、セレスティア・ルーデンベルク殿」

セレスAI『なんでしょう?』ニコ

山田「ぼ、僕と……」


山田「ぼぼぼぼぼぼ僕と、お、おつ、おつつつつつつ、きあいしてもらえませんか!?」


セレスAI『は?』

苗木「山田クン落ち着いて!」

大和田「エロゲで鍛えたってのはどうしたんだよ」

不二咲「とにかく深呼吸だよ!」

山田「は、はい……スーハースーハー……」


山田「僕と……お付き合いしてもらえませんかな?」ドヤァ


江ノ島「うわ、うざぁ……」

苗木「え、江ノ島さん!」

セレスAI『…………』



654:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 23:10:38.08 ID:vwUgIDttP

大和田「……お、なんか考えてるみてえじゃねえか?」

山田「な、なんですと!?」

苗木「ほ、本人がそこまで驚かなくても……」

不二咲「でも、やっぱりセレスさん、山田君の言葉に何かを考え込んでいるみたいだよ」

江ノ島「え、マジ? セレスちゃんってこんなデブがいいの?」

苗木(そっか、セレスさんも本当は山田クンの事が好きだったんだ!)


セレスAI『……誠意を見せてもらえませんこと?』


山田「は、はい?」

セレスAI『本当にわたくしの事が好きだとおっしゃるのであれば、当然わたくしの命令には全て従うと考えてよろしいのですね?』

山田「もちろんですぞ!」

セレスAI『それではまずは鳴いてもらえますか』

山田「……え?」

セレスAI『そこに四つん這いになって、豚のように鳴いてもらいたい、と言っています』

山田「…………あー、こ、ここで? 二人の時とかではなくて……」



655:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 23:15:38.81 ID:vwUgIDttP

セレスAI『はい、今この場で、です。もちろんできますわよね?』ニコ

山田「ひぃぃ……」

大和田「うお……俺としたことがマジで引いちまったぜ……」

江ノ島「でもセレスちゃんらしいよ」

不二咲「な、なんかごめんね、僕が作ったプログラムがこんな事……」オロオロ

苗木「不二咲クンは悪くないって! あー、山田クン? セレスさんもきっと本気で言っているわけじゃ……」


山田「ぶひっ、ぶひいいいいいい!!!」


江ノ島「うわぁ、本気でやってるよ」

苗木「や、山田クン! そんな事しちゃダメだって!!」

セレスAI『声が小さいですわよ』

苗木「セレスさん!?」


山田「ぶひいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」


大和田「なんだこれ」



659:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 23:29:23.76 ID:vwUgIDttP

不二咲「山田君もやめようよ!」

山田「……ふっ、止めてくださるな。男にはやらなければいけない時があるのですよ……」

江ノ島「なんか台詞だけなら格好いいけど、絵面が絶望的ね」

セレスAI『あら、なぜ豚が人間の言葉を話しているのですか?』ギロ

山田「ぶひいいいい!!!」


苗木「もうやめなよセレスさん!!」


セレスAI『っ!!』ビクッ

苗木「こんなのおかしいよ! どうしてクラスメイトにそんな事させるの!?」

セレスAI『な、苗木君……? あ、あの、これは……』

苗木「これは?」

セレスAI『…………ごめんなさい』

苗木「ごめんなさいじゃないよ。ボクはどうして君が山田クンにこんな事をしたのか聞いてるんだよ?」

セレスAI『そ、それは……えっと……』ブルブル

大和田「な、苗木が攻めてやがる……!!」



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 00:56:23.53 ID:ikNdrg26P

セレスAI『わ、わたくしは……その、少しおふざけで……』

苗木「やりすぎだよ。もうやめようね? 山田クンにも謝ろう?」

セレスAI『はい……ごめんなさい、山田君』

山田「い、いえそんな!! 僕は全然気にしていませんぞ!」

苗木(よし、これで)

大和田「おい苗木、上手くごまかせてような顔してっけど、まだオメーの告白がまだだぞ」

苗木「うっ!」

江ノ島「もしかして今のでうやむやにしようとか思ってたわけー?」

苗木「そ、そういうわけじゃないよ!」

不二咲「それじゃあ、苗木君も告白するの?」

苗木「それは……」

大和田「するよなぁ?」

苗木「わ、分かったよ! するってば!」


苗木「えーと、その、セレスさん。君の事が好きなんだ、もし良かったら付き合ってくれないかな?」





692:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:10:10.07 ID:ikNdrg26P

セレスAI『えっ……!』

苗木「ご、ごめんね、急に変な事言って……」

セレスAI『そんな事ありませんわ。わたくし、とても嬉しいです!!』

苗木「……え」

セレスAI『ふふ、まさか苗木君からそんな事を言っていただけるなんて……もちろん喜んでお受けしますわ』ニコ

苗木「」

セレスAI『いけませんわね……笑みを隠せませんわ/// これではギャンブラーとしてはやっていけないかもしれませんが、それでもわたくしは苗木君がいればいいです』ニコ

不二咲「お、おめでとう……」

大和田「そしてサヨウナラ」ゴゴゴゴゴゴ

苗木「ちょ、ちょっと待って!! あ、あのさ、これは」

山田「ぐっ……やはり僕では苗木誠殿には勝てないのですか……!!! いいでしょう、今回は僕の負けを認めます!!」

苗木「い、いや、違うんだって!! これはきっと」

江ノ島「はい、言い訳無用ー、おしおきターイム」

大和田「うらああああああああああ苗木ぃぃいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」

苗木「」



697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:22:05.07 ID:ikNdrg26P

喫茶店


苗木「いてて……」ズキズキ

江ノ島「あはは、思いっきりやられたわねー。まぁそりゃ他の男に勝ち目のない告白なんてやらせれば怒られるわ」

苗木「……ねぇ、江ノ島さん。やっぱり、そうなのかな」

江ノ島「ん、なにが?」

苗木「こんな事言うのは自信過剰みたいだけどさ、霧切さんも、舞園さんも、セレスさんも……本気でボクの事好きなのかな」

江ノ島「さー、どうだろうねー。あたしは人の心を読めるわけでもないし、分かんないよ」

苗木「そう……だよね」

江ノ島「だからさ、こうして待ちぶせて本心を聞こうってわけじゃない」ニヤ

苗木「へ?」


イラッシャイマセー


霧切「あそこの席でいいかしら?」

舞園「えぇ」

セレス「このような店、初めて来ましたわ」



703:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:28:41.44 ID:ikNdrg26P

苗木「なっ!!」

江ノ島「しー! 大きな声出すと気付かれるじゃん!」

苗木「い、いやでも、静かにしててもバレるんじゃ……」

江ノ島「大丈夫、大丈夫。ここってちょうどあの観葉植物のお陰で死角になってるから」

苗木「く、詳しいんだね江ノ島さん」

江ノ島「ふふ、そういう情報は大体頭に入ってるよ。近場のお店の情報なんてギャルにとって知ってて当然だよ」ニヤ


霧切「今日集まってもらった理由は言わなくても分かるわよね?」

舞園「えぇ、さすがにこの事に関しては嫌いだとか言ってられませんからね」

セレス「当然ですわ、苗木君の事ですもの」


苗木「ボ、ボク……?」

江ノ島「まぁ女の子が集まれば自然と恋バナにはなるでしょ」

苗木「ね、ねぇ、これってボクは聞いていいのかな?」

江ノ島「いいの、いいの。本人達が知らなければ問題なし」

苗木「そう……なのかな?」



705:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:38:35.39 ID:ikNdrg26P

霧切「とりあえず苗木君にアプローチするにあたって、ルールを決めましょうか」

セレス「ルール、とは?」

霧切「まず法律に反するような事は禁止よ。例えば拉致監禁とか」

舞園「当たり前じゃないですか、いくら苗木君が好きだといっても【法律を犯したりはしません】」


苗木「…………」

江ノ島「はい落ち着いてねー、ダンガンなんて撃ち込んだら一発でバレるよ」


霧切「そうとも言い切れないわ。今日のセレスさんだってそうじゃない」

セレス「わたくしはそのような事をした覚えはありませんが」

霧切「苗木君を騙して婚姻届を書かせようとしたわね? どう考えてもアウトよ」

セレス「……ふふ、別に遅いか早いかの違いではありませんか」

舞園「そんなわけないですよ!! 【私のお腹には苗木君の子供がいるんですよ!】」


苗木「…………」

江ノ島「だからコトダマはしまってよ」



707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:49:01.84 ID:ikNdrg26P

霧切「舞園さんのその虚言癖も何とかしたほうがいいわね。苗木君に迷惑よ」

舞園「くっ……な、なんですか自分は冷静装っちゃって……」

セレス「でも言いたいことは分かりましたわ、わたくし達は苗木君の事を想いすぎて暴走している、そう言いたいのですね?」

霧切「えぇ、理解がよくて助かるわ」


江ノ島「うーん、恋は盲目ってやつだねー。そう考えるとちょっとかわいくも思えるんじゃない?」

苗木「さ、さすがに犯罪とかは勘弁してほしいよ……でも、うん、まぁ……」


舞園「ていうか、霧切さんって本当に苗木君の事が好きなんですか?」

霧切「……何が言いたいのかしら?」

セレス「失礼ですが、霧切さんはそういった事に興味がないものだと思っていましたから」

霧切「そうね……自分でもここまで想える相手ができるなんて思わなかったわ。でも、この気持ちは本物よ。苗木君の好きな所だってあなた達よりはずっと多く言えるわ」

舞園「聞き捨てなりませんね。そんな事はありえません」

セレス「えぇ、身の程をわきまえてほしいですわね」

霧切「いいわ、それなら誰が一番苗木君の好きな所を言えるか勝負しましょうか」

舞園「望むところですよ!!」



711:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:58:52.23 ID:ikNdrg26P

一時間後


霧切「なかなか……やるわね……」ハァハァ

舞園「くっ、言うだけはあるじゃないですか……!!」ゼイゼイ

セレス「……まだまだ、わたくしにとってはウォーミングアップにすぎませんわ」フーフー


江ノ島「うおーい、苗木ー。一段落ついたよ、そろそろ聞きなよ」ユサユサ

苗木「な、なんで三人ともあんな恥ずかしいことをこんな所で言えるんだろう……///」

江ノ島「恋する乙女ってのはそんなもんだって。いや、でもセレスちゃんの『あの足で踏まれるとゾクゾクする』っていうのは、なかなか絶望的だったわね」

苗木「言っとくけど、ボクはセレスさんを踏んだ事なんてないからね!」


霧切「でも、これで私が苗木君の事を好きだっていう事は分かってもらえたかしら?」

舞園「……いいでしょう、認めてあげますよ。でも渡すつもりはありませんからね」

セレス「そんな事はわたくしも同じですわ」

霧切「繰り返すけど、苗木君へのアプローチで犯罪行為は禁止よ」

舞園「分かりましたって。抜け駆けとかはいいですよね?」

セレス「もちろんですわ、そんなものは出遅れる方が悪いのです」



728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 03:53:19.51 ID:ikNdrg26P

霧切「それじゃ、きちんとルールを守ってくれるなら、二人にはこれをあげるわ」スッ

舞園「これは…………苗木君の写真!?」ガタッ

セレス「そ、それもただの写真ではないですわね……!」ゴクリ

霧切「えぇ、超高校級の写真家の人に撮ってもらったものよ」


苗木「そういえば学校新聞なんかに使うって撮られたような……」ハァ

江ノ島「あはは、でも本当に嬉しそうに写真見てるよね、あの子達」

苗木「……うん」

江ノ島「どう? 流石にそろそろ認めるしかないんじゃない?」ニヤニヤ

苗木「…………」


舞園「霧切さん、あなたってとても良い人だったんですね。嫌いだなんて言ってすみませんでした」ペコリ

霧切「ふふ、現金ね。でもライバルであることには変わりないわよ?」ニヤ

セレス「えぇ、望むところですわ」ニコ



729:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 04:05:35.49 ID:ikNdrg26P

 

江ノ島「よし、そろそろお店出よっか苗木!!!」

苗木「え、江ノ島さん声大き……っ!!」


霧切「…………」

舞園「苗木君に……」

セレス「江ノ島さん?」

江ノ島「あ、霧切ちゃん達も来てたんだー!」

苗木「えっ……ちょっ……」

霧切「……まぁいいわ、それで二人はどうしてここに? そんなに仲の良い間柄だったかしら」

江ノ島「ふふ、苗木って割と誰とでも仲の良いじゃん!」

舞園「それはそうですけど、これではまるで……」

江ノ島「恋人同士みたい? って事は今はデート中ってわけか」ニヤ

セレス「まさか……本当に……?」

苗木「ち、違うよ! 江ノ島さんはただ……」

江ノ島「大丈夫、大丈夫! 心配しなくても苗木はまだあたしのものじゃないよ!」



733:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 04:15:32.27 ID:ikNdrg26P

霧切「まだ?」

舞園「江ノ島さん……あなたやっぱり……」

セレス「これは意外な伏兵がいたものですわね」

江ノ島「ちっちっ、分かってないねー。あたしは伏兵なんかじゃなくてド派手なラスボスだから。ほら、ドラクエみたいに何段階か変形して巨大化したりするやつ」

苗木「え、江ノ島さん……?」

江ノ島「ほら苗木。デートの続きしよ」グイッ

苗木「ちょ、ちょっと江ノ島さん!」


スタスタ……


霧切舞園セレス「「…………」」


ショッピングモール


江ノ島「んー、やっぱりつけられてる。これは犯罪じゃないのかなー?」

苗木「もしかして霧切さん?」

江ノ島「いや、三人ね」



735:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 04:25:10.76 ID:ikNdrg26P

苗木「やっぱり事情を詳しく説明するしか……」

江ノ島「大丈夫だよ、超高校級の探偵だかアイドルだかギャンブラーだか知らないけど」


江ノ島「街中では超高校級のギャルであるあたしが絶対的に有利なんだから」ニヤ


苗木「な、なんか頼もしいね江ノ島さん」

江ノ島「でしょ? それに今は幸運を呼ぶアイテムもあるしね!」

苗木「それってボクの事だよね……アイテムって……」


苗木の部屋


江ノ島「到着! 案外簡単だったね!」ニヤ

苗木「凄いよ江ノ島さん、あんな裏道ばかり」

江ノ島「えー、このくらい普通だよ普通。あの子達、まだ街中を探し回ってるんだろーね」

苗木「で、でもさ……どうしてボクの部屋に?」

江ノ島「ちょっと、お茶くらいは出してくれたっていいじゃんー!」

苗木「いや、別にそれはいいんだけど、何か飲みたいなら食堂でも……」



737:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 04:40:56.25 ID:ikNdrg26P

江ノ島「えいっ!」


ドンッ!!


苗木「わっ!!」


バフッ


苗木「……江ノ島さん?」

江ノ島「ふふ、いきなりベットに押し倒された感想は? しかも女の子に」ニヤ

苗木「ビ、ビックリしたとしか言えないよ」

江ノ島「そう? ドキドキとかはないの?」スッ

苗木「!?」

江ノ島「あはは、心臓の音すっごいじゃん」

苗木「こ、これはビックリしたからで……」

江ノ島「ホントにそれだけー? それはそれで、あたし的には結構絶望的なんだけど」ニヤ

苗木「……そ、そりゃこんな状態だし、少しはドキドキもしてるよ」



739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 04:58:44.58 ID:ikNdrg26P

江ノ島「つまり、あたしに興奮してるってこと?」

苗木「なっ……そ、それは……!!」

江ノ島「違うの?」ニヤニヤ

苗木「……そう、なのかも」

江ノ島「あはははははははは、苗木かわいいー!」

苗木「え、江ノ島はそうやってボクをからかってばかりじゃないか!」

江ノ島「あれ、怒っちゃった? ごめんごめん!」

苗木「ボクは君のことがまったく分からないよ……いや、それは霧切さん達に対しても同じか……」

江ノ島「……ねぇ苗木、いつまでそうしてる気?」

苗木「それは……」

江ノ島「いつまで女の子に押し倒されてるなんて状態でいるの? 普通逆でしょ」

苗木「そ、そっちのことなんだ!」

江ノ島「えっ、何の事だと思った?」ニコ

苗木「……江ノ島さんには敵わないよ」



741:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 05:13:49.28 ID:ikNdrg26P

江ノ島「そんな事ないよ。むしろ、あたしに敵うのはあんたくらいだよ、きっと」

苗木「そう……かな」

江ノ島「うん、あんたならあたしに勝てるかもしれない。このあたしがそんな絶望的な希望を持ってるんだよ」

苗木「……江ノ島さんの言ってる事はたまによく分からないや」

江ノ島「まぁこの辺は霧切ちゃん辺りの得意分野かな。それより苗木はいつまでこうしてるの?」

苗木「江ノ島さんがどいてくれないと、どうにもできないよ」

江ノ島「えー、男なんだから力技でなんとかすればいいじゃん」

苗木「自慢じゃないけど、ボクの力は女子並みだよ。それにあまり暴れると江ノ島さんもベッドから落ちそうで危ないよ」

江ノ島「あはは、ホント苗木らしいわ。分かった分かった、ほら」グイッ

苗木「えっ!?」


バフッ


江ノ島「これで正しい位置だよね、男が女を押し倒してるってさ。あは、あたし苗木に押し倒されちゃってるよ」

苗木「ちょ、江ノ島さん……!」

江ノ島「あれ、何もしないの? 桑田だったら今頃暴走してるよ」



745:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 05:24:18.99 ID:ikNdrg26P

苗木「桑田クンにも同じことしたの?」

江ノ島「まさか。あたしがこんな事するのは世界中で苗木だけだよ」

苗木「…………」

江ノ島「あ、照れた照れた?」ニヤニヤ

苗木「江ノ島さんは分かってるよね。ボクがここで何もしないって事くらい」

江ノ島「えー、ホントに? ほら、あたし今スカートとか凄いことになっちゃってるよ」

苗木「見てないよ」

江ノ島「胸は? お姉ちゃんの貧乳は揉んだのに、あたしのは興味なし?」

苗木「それも江ノ島さんの仕業じゃないか!」

江ノ島「あれ、そうだったっけ。お姉ちゃんがやけに嬉しそうだったのしか覚えてないわ」

苗木「とにかく、悪ふざけはもう終わりだよ。ほら、その内霧切さんにも気付かれるかもしれないし……」


ガシッ


江ノ島「待ってよ……苗木……」



794:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 13:30:18.42 ID:ikNdrg26P


苗木「そ、そんな目をしてもダメだって!」

江ノ島「……苗木ってさ、気付かないふりをしてるだけだよね? 霧切ちゃん達の事も本当は分かってたんでしょ?」

苗木「ッ!!」

江ノ島「それはそれで酷いよねー。あの子達の本気の気持ちにただ逃げてただけなんだもん」

苗木「……だって、分からないんだ」

江ノ島「ん?」

苗木「彼女達に好きだと言われても、ボクはどうすればいいのか分からないんだ」

江ノ島「……ふーん」

苗木「どれだけ好意を向けられてもボクには選べないんだよ! 選べるわけないじゃないか!!」

江ノ島「みんな嫌いってわけ?」

苗木「好きだよ! でも」

江ノ島「これは友達としての好きで、恋愛感情ではないって?」

苗木「……うん」

江ノ島「じゃあ全員ふるしかないじゃん」



798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 13:40:39.12 ID:ikNdrg26P

苗木「でも……それは……」

江ノ島「三人とも絶望的に傷つけちゃう? 苗木ー、誰も傷つかない都合のいい方法なんてないんだよー?」

苗木「分かってる……分かってるけど……」

江ノ島「いやいや、全然分かってないよ。ていうかさー、あの三人がそれで絶望に潰れるとは思わないけど?」

苗木「えっ?」

江ノ島「だって別に苗木は他に好きな子がいるわけじゃないんでしょ? それならきっとあの子達は諦めずに何度でも迫ってくるよ。いつか振り向いてくれるっていう希望を持ってね」

苗木「…………」

江ノ島「結局は苗木があの子達を信じられるかどうかっていう話なんだと思うよ。どうなの?」

苗木「……そっか、そうだよね。あの三人は強い」

江ノ島「で?」


苗木「あの三人にちゃんと返事をするよ。誰も選べないって」


江ノ島「……えへへ、いいぞ苗木男だねー!」ギュッ

苗木「いっ!?」

江ノ島「よしよし……ってどうしたの苗木? もしかして香水ダメなタイプ?」



802:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 13:51:41.85 ID:ikNdrg26P

苗木「そ、そういう問題じゃないって!///」

江ノ島「……あー、女の子にハグされてドキドキしてんだ!」ニヤニヤ

苗木「当たり前だよ!」

江ノ島「それじゃこっちも……あれ、ふにゃふにゃ」

苗木「ッ!!! ど、どこ触ってんの!!!」

江ノ島「ほら、あたしこう見えても肉食系女子だし?」ニヤ

苗木「見た目通りだよ!!」

江ノ島「あ、でも実は経験なかったりするんだよねー、お姉ちゃんがうっさくてさー。ろくな男もいないし」

苗木「わ、分かったからもう離してって……」

江ノ島「はいはい。さすがにシャワー浴びてからだよね」スッ

苗木「そういう事じゃないってば……ねぇ待って、どうしてそっち行くの!?」

江ノ島「どうしてってシャワー浴びるからだけど? あ、一緒に入る?」ニコ

苗木「入らないよ!!」

江ノ島「つまんなーい。それじゃ、期待して待っててね、苗木」


バタン



810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:09:37.24 ID:ikNdrg26P






江ノ島「おまたせ、苗木!」ニコ

苗木「待ってないよ。ほら、もういい加減……」

江ノ島「とうっ!!」


ドンッ!! バフッ


苗木「な、なんでこうなるのさ!」

江ノ島「まぁまぁ、力抜いてよ痛くしないから、あたし知らないけど。ていうかさ、部屋にあげといてそういうつもりはなかったとかはなしよねー?」ニヤニヤ

苗木「それ普通は男のほうが言う台詞だと思うんだけど……とにかくどいてって!」

江ノ島「やだ。ここまで来て何もなしっていうのはありえないっしょ!」

苗木「江ノ島さん」ガシッ

江ノ島「わっ、なに苗木、もしかして急に肉食系に!?」

苗木「どれだけ迫られてもボクは何もしない。そのくらい江ノ島さんにも分かってるでしょ」

江ノ島「…………」



812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:14:58.27 ID:ikNdrg26P

江ノ島「……はぁ、そうよね。どうせこうなるとは思ってたけどさー」

苗木「それならもういいじゃないか。とにかくボクの上から……」

江ノ島「なんかこのまま引き下がるのは絶望的に気に食わない!」ギュッ

苗木「なっ!! ちょ、ちょっと!!」

江ノ島「えへへ、こうしてると…………あ、なんかうとうと…………」コクリコクリ

苗木「ま、待って待って!! そんなの困るって!!」

江ノ島「もー、おっきな声出さないでよー、今日は色々疲れたんだしさ……」

苗木「ダメだって! この状態で寝るなんて……!!」

江ノ島「…………」スースー

苗木「……江ノ島さん?」

江ノ島「…………」スースー

苗木「おーい、江ノ島さん?」プニプニ

江ノ島「……んー…………」スースー

苗木「…………」


苗木(寝るの早すぎでしょ……!!!)



814:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:21:19.37 ID:ikNdrg26P

江ノ島「んー……」ギュッ

苗木「いぎっ……しま、締まってるって……!!」

苗木(な、何とかしないと……けどほとんど身動きとれないし……そうだ、ケータイ……)ゴソゴソ

苗木(誰を呼ぶ……とりあえず霧切さん達は絶対ダメだ。男子もダメ。何とか誤解されない人と言えば……)

苗木「あの人だ……!」


数分後


バタン!!


戦刃「苗木君!? …………えっ!?」

苗木「ご、ごめんね、戦刃さん。なんか江ノ島さんが寝ちゃったみたいでさ……」

戦刃「あっ、え、えっと…………お、お邪魔しました!!///」ダダッ

苗木「ま、待って!! そういうのじゃないんだ!!」

戦刃「で、でも……」

苗木「信じてよ、本当に何もないんだ。江ノ島さんはふざけてこんな所で寝ちゃっただけでさ……!!」

戦刃「……苗木君が……そう言うなら…………」



815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:22:42.46 ID:0UDywySn0

(ちょろい)



819:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:38:09.59 ID:ikNdrg26P

戦刃「よいしょっ」

苗木「す、すごいね戦刃さん、そんな軽々とおんぶできて……」

戦刃「う、うん、このくらいは……盾子ちゃん軽いし」

苗木「とにかく助かったよ! ありがとね、戦刃さん!」ニコ

戦刃「っ///」カァァ

苗木「戦刃さん?」

戦刃「……その、本当に盾子ちゃんとは何もなかったんだよね?」

苗木「うん、何もなかったよ。もしかして、信じてない……とか……? まぁ、そうだよね、あんな所見られたら……」

戦刃「ご、ごめんね! でも苗木君がそう言うなら私は信じるよ! ただ……苗木君は盾子ちゃんの事好き、なのかな?」

苗木「……えっと、ボクはそういう事がまだよく分からないんだ。江ノ島さんの事は好きだよ、もちろん戦刃さんもね。でも、それはきっと友達としてなんだ」

戦刃「そっか……うん、分かった。教えてくれてありがとね」ニコ

苗木「ううん、別にいいって。ボクも……いつかは誰かのことを好きになるのかな」

戦刃「そうだね……きっと苗木君もいつかは…………あのね、私も今は勇気がないけど、いつかは必ず言うから!」

苗木「えっ?」

戦刃「じゃ、じゃあね!」///



821:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:43:06.08 ID:ikNdrg26P

 

バタン


苗木「…………」

苗木(そうだ……霧切さん達は自分の気持ちを真っ直ぐ向けてくれているんだ。それにはちゃんと正面から受けなきゃダメだよね)


次の日 放課後


江ノ島「やってまいりました、学級裁判!」

十神「一体何を始めたかと思えば、またお前か江ノ島」

葉隠「江ノ島っちは思いつきですーぐ変な事始めるかんなー」

江ノ島「はいはい、そこ静粛に」

不二咲「で、でもこうやって机を円形に囲んで皆と向き合うと、それっぽいよね……」

大神「それで、一体何の話を始める気だ? 裁判というからには何か議題があるのだろう?」

江ノ島「もっちろん、議題は…………」


江ノ島「『苗木は誰の事が好きなのか』、これよ!!」



823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 14:55:11.09 ID:ikNdrg26P

苗木「ええっ!? 何それ!?」

腐川「なによそれ……【そんなものに興味ある人なんていないでしょ】」


霧切「それは違うわ」
舞園「それは違います!」
セレス「それは違いますわ」
戦刃「それは違うよ!」


ガシャーン!!


腐川「四人同時!? なによあんたら、あたしがそんなに嫌いなの!?」

霧切「そういう事ではないわ。ただ、苗木君の好きな人に興味がある人は居るという事よ」

朝日奈「あ、はいはい! あたしもちょっと興味あるかも! 面白そうだし!」

大和田「俺も大いに興味あるなぁ、苗木ぃぃ……!! そんで、お前がそいつに玉砕されるのが見たくてたまんねえぜ……」ボキボキ

苗木(ま、まだ根に持ってるよ大和田クン……)

石丸「しかし苗木君の好きな人か。僕はそういう事に疎いから想像もつかないな……」ウーン

桑田「いや、俺には心当たりがあるぜ」

江ノ島「おっ、さすが桑田、チャラいだけあるね」



824:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:04:56.99 ID:ikNdrg26P

大和田「それで、誰なんだコイツの好きな女ってのは!」

桑田「それはもちろん、舞園ちゃんだ!」

舞園「…………」

朝日奈「えー、なんかふつー! 不二咲ちゃんっていう展開を期待してたのにー!」

不二咲「そ、それは困るってば!」アセアセ

十神「ふん、随分と自信があるようだな。何か根拠はあるのか?」

桑田「もちろんだ! 苗木は事あるごとに舞園ちゃんと一緒に居て、ファンクラブの奴らの間でも要注意人物としてリストアップされてるんだ!」

大神「なるほどな……どうなんだ、苗木」

苗木「ま、待ってよ! それは誤解なんだって!!」

舞園「……ふふ」

葉隠「あ、あれ、舞園っち?」


舞園「ふふ、うふふふふふふふふふふふふふ!!!」


山田「なんかヤンデレっぽい笑い声キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

江ノ島「うんうん、盛り上がってきたね!」



825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:11:22.66 ID:ikNdrg26P

苗木「ま、舞園さん? どうしたの?」

舞園「バレてしまっては仕方ないですね…………」フフ


舞園「そうですよ、【苗木君は私の事が好きなんです】!!」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!


舞園「何が違うんですか!」

石丸「そうだぞ、苗木君! 男らしく認めたらどうだ!!」

戦刃「というか、苗木君の事で舞園さんが自白ってなんか違う気がするんだけど……」

苗木「……ボクは舞園さんから100回以上告白された」

舞園「174回です!」

桑田「おいふざけんなよ苗木!!!」

舞園「うるさいですよ桑田君?」ニコ

桑田「ひっ!!」ビクッ



831:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:19:57.91 ID:ikNdrg26P

苗木「でも、ボクはその一度も受け入れた時はない! ボクが舞園さんの事を好きなら、それはおかしいじゃないか!」

葉隠「確かに、桑田っちなら即答でオッケーするところだべ」

舞園「くっ……!!」ギリッ

大和田「ちっ、超高校級のアイドルの告白に揺らがねえとは、中々やるじゃねえか」

不二咲「そ、それじゃあ苗木君の好きな人って誰なのかな……?」

腐川「ア、アイドルでも不満とかもしかしてブス専とかなんじゃないの…………えっ、じゃ、じゃあもしかしてあたし!? ダメよ!! あたしには白夜様が!!!」

大神「卑屈だな……」

山田「あー、皆さんよろしいですかな? 僕にも一人心当たりがあります」

江ノ島「お、だれだれ?」


山田「ずばり、セレスティア・ルーデンベルク殿です!!」ビシッ


セレス「…………」

石丸「なんと、セレス君だったか! ほら苗木君、男らしく告白したまえ!!」

苗木「ちょっと待ってよ! 山田クン、どうしてそう思うの!?」

山田「ふっふっふ、そんなものは簡単ですな」ニヤ



834:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:26:48.92 ID:ikNdrg26P

山田「今現在、僕はセレスさんの格付けでEランクに位置しております。そして他の方達もE~Dの間に位置しているようです」


山田「苗木クン、君を除いてね!!」


苗木「なっ!」

十神「おい、俺がD~Eだと? ふざけるなよ」ギリギリ

朝日奈「えっ、それじゃあ苗木は何ランクなの!?」

山田「苗木君はCランクです! セレスティア・ルーデンベルク殿から直接聞きましたぞ!! このクラスで唯一と言っておりましたな!!」

セレス「ふふ、それは間違いですわ」ニコ

山田「ええっ!?」

舞園「そ、そうですよ、苗木君がセレスさんの事を好きであるはずなんてないんですよ」

セレス「そうではありません。苗木君はCランクではなく……」


セレス「Sランクですもの」ニコ


腐川「S!? 苗木、あんた大人しそうな顔して……このケダモノ!!」

桑田「なっ、マジかよ苗木!! って事はテメェ舞園ちゃんにも色んなプレイを……!!!」



835:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:34:29.56 ID:ikNdrg26P

舞園「やめてください、恥ずかしいです///」

不二咲「Sって?」キョトン

石丸「サディズムの事だな! 相手を身体的、精神的に痛めつける事で性的興奮を覚える……」

大和田「おい兄弟やめろ、不二咲はそんな事知らなくていいんだ!!」

苗木「ちょっと待ってよ!! 何でそんな話になってるのさ!! ランクの事だよね!?」

霧切「脱線しすぎよ、セレスさんの中の格付けでは苗木君はSランクにいるという事でしょう」

山田「え、Sランクですと……しかし、この間聞いた時は……!!」

セレス「あれから昇格したのですわ。それにSランクの者はわたくしが絶対服従、及び将来を共にするという契約が結ばれます」

大神「つまり……婚約ということか……!?」

セレス「えぇ、その通りですわ。【既に婚姻届も記入済みですもの】」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!


セレス「何が違うのですか……?」

苗木「確かに婚姻届は書かされそうになった……でも何とかボクは回避したんだ!!」



838:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:41:23.13 ID:ikNdrg26P

セレス「くっ……」

葉隠「ていうか、無理矢理婚姻届書かせようとするとか怖いべ」

朝日奈「あんただって色々法律すれすれのことやってんじゃん」

戦刃「でも、これでセレスさんはないみたいだね」

桑田「ったく、苗木のくせに選り好みしやがって」

苗木「そ、そんなつもりはないって! だって」

十神「ふん、それならアイツしかいないだろう」

江ノ島「次は十神ね! だれだれ?」


十神「苗木が好きな女……それは霧切響子だ」ドヤァ


霧切「…………」

苗木「ど、どうしてそう思うの?」

十神「俺は苗木から挑発を受けた。超高校級の御曹司であれば、女一人落とすくらい簡単だろうとな!」

腐川「そ、そういえばそうだったわ!! 白哉様にホントに失礼な事をしてた!!」

大和田「へぇ、オメーも誰かにケンカ売る事もあるんだな」



839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:51:09.73 ID:ikNdrg26P

苗木「いやボクっていうより江ノ島さんだって!」

江ノ島「えー、なんのことー? あたし忘れちゃった」テヘペロ

十神「とにかく、そいつは俺を霧切に告白させるように誘導させた」

桑田「あ、そういや俺も同じような事されたぞ!」

霧切「…………」

大神「むっ、しかしそれでは逆に苗木が霧切に好意を持っているとは言えないのではないか?」

朝日奈「うん、そうだよ! 他の男を自分が好きな人に告白させるなんてしないって!」

十神「おそらくそいつは知っていたのだろう、俺がフラれるという事をな」

葉隠「あはははは、フラれたんか十神っち!」

十神「黙れ……!!」ギリッ

山田「しかし十神白夜殿をふるとはさすがは霧切響子殿……」

腐川「白哉様の良さが分からないだけよ!!」

石丸「しかし十神君、君がフラれたからといって、霧切君が苗木君の事を好きだとは限らないのではないか?」

不二咲「う、うん……霧切さんだし、もしかしたら僕達が知らない凄い人とか……」


十神「いや、霧切はハッキリ言ったぞ。苗木が好きだから付き合えないとな」



843:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 15:59:25.60 ID:ikNdrg26P

大和田「そういや、それは俺も聞いたぜ、不二咲の人工知能だけどよ!」

戦刃「ど、どうなの、霧切さん?」

霧切「……えぇ、そうね。私は苗木君の事が好きよ」

桑田「苗木、オメーいい加減にしろよオラァァ!!」

舞園「なぜ苗木君のせいなんですか。良い人に惹かれる人が多いのは当然ですよ」

セレス「そこに関しては同意しますわ」

江ノ島「つまり、苗木はモテモテってわけだね!」

石丸「なんだと……! 苗木君、ぜひ人生の勉強に僕にもその術を教えてくれないか!」

苗木「ま、待ってよ! それで十神クン、ボクが霧切さんの事を好きだと思う根拠を言ってくれないかな?」

十神「お前に誘導されて告白した女はお前が好きだった。こんな偶然はない、お前は知っていたんだ霧切が自分の事を好きだとな。そしてここから考えられる事は一つしかない」


十神「お前は試したんだ。霧切の気持ちが本当なのかどうかを」


苗木「くっ……!!」

霧切「……はぁ、何かおかしいとは思ったわ。十神君と桑田君に立て続けに告白されるなんてね」

朝日奈「苗木サイッテー」



846:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:08:33.18 ID:ikNdrg26P

不二咲「えーと……つまりどういう事?」

十神「苗木は霧切は自分の事が好きだと考えたが、確証を持てなかった。だから俺を告白させる事にしたんだ」

苗木「なっ!!」

大神「苗木よ……それは男らしくないぞ……」

苗木「ちょ、ちょっと待って!! 誤解だよ!!」

葉隠「苗木っち、これはさすがの俺もちょっち引くぜー」

腐川「苗木ぃぃ……あんたアイツに殺させるわよ……!!!」ゴゴゴゴゴ

十神「観念しろ。【俺を使って霧切の好意を確かめたんだ】。ただで済むとは思うなよ」


霧切「それは違うわ」キリッ


ガシャーン!!


十神「……なに?」

霧切「苗木君に誘導されて告白したのは十神君だけではない。桑田君もよね?」

桑田「お、おう、そうだ!! くそっ、苗木のヤロー」

霧切「十神君の言う通り、私の好意を確かめたかったのなら、最初の十神君で十分じゃない? 桑田君まで巻き込んだりはしないんじゃないかしら?」



848:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:18:43.89 ID:ikNdrg26P

十神「それは念のためという事も……」

霧切「それに私は、十神君に告白される前に苗木君にハッキリ言ったわよ。好きだって」

戦刃「え、えーと、苗木君は霧切さんの事が好きで、その霧切さんから告白されたけどその気持ちが信じられなくて十神君と桑田君に告白させて確かめた……?」

舞園「苗木君が霧切さんの事を好きなはずはありません!」

セレス「少し苦しいですわね」

霧切「苗木君は私の告白に対して、やたら否定しようとしていたわ。私のこの気持ちそのものをね」

朝日奈「どっちにしろ苗木サイテーじゃん」

苗木「ぐっ……」

石丸「ふむ、それでは霧切君はどのように考えているんだ?」

霧切「そうね、苗木君の性格的に…………私の好意を他の人に向けさせようとしていた?」

山田「なっ、まさかのNTR属性持ちですかな!?」

苗木「な、なんでボクがそんな事を……」

霧切「苗木君、あなた私の告白をハッキリ断れなかったんじゃないのかしら?」

苗木「うっ……!!」

大和田「はぁ!? どんだけ根性なしなんだよオメーは!」



852:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:28:05.77 ID:ikNdrg26P

霧切「あなたは自分の言葉で私を傷つける事を恐れた。だから私のこの気持ち自体を自分以外に向けさせようとした」

舞園「そういえば私の告白もハッキリ断られた事がありませんね……」

セレス「考えてみればわたくしが迫った時も、この気持ち自体を否定しようとしていましたわね」

苗木「……そ、それは」


江ノ島「あはは、大正解!!! 証人はこのあたしでーす」ニコニコ


苗木「江ノ島さん!?」

戦刃「盾子ちゃん……じゃあ全部知ってたの?」

江ノ島「まぁ何となくねー。ハッキリ聞いたのは昨日だけどさ」

大神「……苗木よ。例えそれが相手を傷つけるような結果になってしまうとしても、言わねばならん時はあるぞ」

苗木「うん……そう、だよね……」

舞園「……わ、分かりました。覚悟はできています」

セレス「ふふ……わたくしは何かに負けるという事を初めて知るのですか……」

霧切「いつでもいいわよ、苗木君」


苗木「ごめん、三人とも。ボクは君達の事を女の子として好きなわけじゃないんだ。だから、付き合うことはできない」



855:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:31:21.11 ID:YFzGknT40

やはりさくらちゃんルートか…



864:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:39:37.01 ID:ikNdrg26P

ジェノ「うひゃひゃひゃひゃひゃ!!! 三人同時にフッてるよこの女たらし!!!」

葉隠「いつの間にかジェノサイダーになってるべ!!!」

十神「ちっ、なんだこの茶番は。おい江ノ島、もういいだろう。終わりだ」


江ノ島「え、なんで?」


苗木「……え?」

江ノ島「だって別にこれは苗木が三人をふる事が目的じゃなかったはずだけど?」

桑田「ん、なんだったか?」

石丸「まったく、そんなものも覚えていないのか! これは『苗木君は誰の事が好きなのか』をハッキリさせるものだぞ!」

霧切「……つまり、苗木君には他に好きな人がいるというわけね?」

江ノ島「そういう事!」ニヤ

苗木「ちょ、江ノ島さん!?」

舞園「本当ですか苗木君!? 誰なんですか!?」

セレス「わ、わたくしも興味ありますわね……」

不二咲「でも……これ以上の手がかりってあるのかな……?」



865:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:45:38.11 ID:ikNdrg26P

 

戦刃「……ある、かもしれない」


苗木「戦刃さん!?」

大和田「マジかよ!! まだ女の話出てくんのかコイツ!?」

大神「まだ出ていないものだと…………朝日奈か!!」

朝日奈「え……ええっ!? ちょ、ちょっっと困るってば……///」

山田「それではまさかの不二咲千尋殿なのでは!?」

不二咲「ぼ、僕は男の子だってばぁ!!」

ジェノ「まぁまぁ、待ちなさいってば。このあたしが残ってんじゃーん!!!!」

葉隠「さすがにそれは斜め上すぎるべ!!!」

十神「おい早く言え戦刃。いつまでこんなふざけたものを続ける気だ」

戦刃「う、うん……あのね……」

霧切「待って、私も一人思いつく人がいるわ。舞園さんとセレスさんも見たはずよ」

舞園「……えっ」

セレス「まさか……」



869:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 16:52:21.39 ID:ikNdrg26P

霧切「ねぇ、苗木君。一つ聞いてもいいかしら」

苗木「な、なにかな……?」


霧切「昨日、江ノ島さんと喫茶店から出て行った後、どこへ行ったのかしら?」


苗木「っ!!」ビクッ

舞園「そういえばそうです……尾行してたはずなのに上手くまかれて……」

セレス「さすがは超高校級のギャルといったところでしょうか。わたくし達はあの後の二人の動向を知りませんわ」

石丸「むっ、そういえば最近君達はいつも一緒にいるような気がするぞ!!」

十神「俺を挑発した時もお前ら二人だったな?」

桑田「俺の時もそうだ!!」

大和田「そういやぁ、俺達の時もそうだったよなぁ?」

不二咲「う、うん……苗木君と江ノ島さんだったね……」

朝日奈「あ、そういえば、私達に相談しに来た時もその二人だったよ! ねっ、さくらちゃん!?」

大神「うむ、そうだったな」

葉隠「俺に占えって言ってきた時もだべ!!!」



871:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:00:22.85 ID:ikNdrg26P

ジェノ「あら? あらあらあらあらあら? これはこれはこれはぁぁ!?」ニヤニヤ

霧切「苗木君、答えて。昨日、あの後江ノ島さんとどこへ行ったの?」

苗木「そ、それは……!!」


江ノ島「ん、苗木の部屋だけど?」


舞園「ッ!!」

セレス「う、うそですわ……そんな……」

江ノ島「ウソなんかじゃないってー。ねっ、お姉ちゃん?」ニコ

戦刃「…………」

霧切「戦刃さん?」

戦刃「うん、盾子ちゃんの言う通りだよ。私、昨日苗木君の部屋で眠ってる盾子ちゃんを引き取りに行ったから」

桑田「……決まりじゃねえか」

山田「な、苗木誠殿は……お、オトナの階段をぉぉぉぉおおおおお!?」

朝日奈「苗木も男の子だったんだねぇ……」

苗木「ち、違うんだ、誤解だよ!!!」



874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:10:38.48 ID:ikNdrg26P

ジェノ「おいおいおい!! もう覚悟決めちゃいなよ、まこぴょん! やったんだろ? やっちゃったんだろ!?」

苗木「やってないよ!!」

戦刃「盾子ちゃん……シャワーも浴びてたよね……?」

江ノ島「うん、苗木の部屋のを借りてね!」

石丸「けしからん!!! 苗木君、これは完全に不純異性交遊だぞ!!!!!」

葉隠「つまり苗木っちは自分の部屋に江ノ島っち連れ込んで……そこで模擬刀の先制攻撃だべ!!」

不二咲「も、模擬刀……?」

大和田「いや聞かなくていいぞ不二咲……」

大神「ふむ……これはいくら我でも感づくぞ苗木よ」

苗木「ち……違う……違うんだ……」

江ノ島「ちなみに、お姉ちゃんが来た時って私ってどんな事になってた?」ニヤニヤ

戦刃「な、苗木君に抱きついてベッドで寝てた……よ」

舞園「なっ……そ、そんな……!!!」

セレス「これは不倫ですわ!! 訴えます!! もちろんあなたを!!」

江ノ島「何言ってんのよー、別にあんた達って苗木にとってはただの友達じゃん。あたしと何してようが勝手でしょ?」ニヤ



875:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:18:49.23 ID:ikNdrg26P

セレス「くっ……ぅぅ……!!!」

江ノ島「あはははははは、いい加減諦めなって! 【苗木が好きなのはあたし】なのよ!!」


苗木「それは違うよ!」キリッ


ガシャーン!!


江ノ島「……ち、違うの? あんな事までしたのに?」ウルウル

朝日奈「ちょっと苗木ー、男なら責任取りなさいよー」ジト

苗木「い、いや、ボクはそんな事やってないんだ!」

十神「おい、往生際が悪いぞ苗木」

江ノ島「そうだよ、苗木はせめて部屋を暗くしてほしいっていうあたしの声を無視して、明るい中で堂々と……」

苗木「……江ノ島さん。それなら君は知っているはずだ」

江ノ島「えっ、何が?」


苗木「ボクのチ○コが包茎かどうかだ!!!」ビシッ



879:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:20:22.74 ID:W4UXN5XM0

苗木wwww



886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:31:27.89 ID:ikNdrg26P

朝日奈「いきなり何言ってんのよ苗木ー!!!///」

苗木「いや、これは大事なんだ。江ノ島さんの言葉がウソだと証明するためには!!」キリッ

江ノ島「…………」

苗木「確かに昨日は江ノ島さんと一緒に喫茶店へ行った。霧切さん達の本心を聞くためにね。その、盗み聞きは謝るよ、ごめん」

霧切「いいわ、続けて」

苗木「その後江ノ島さんと一緒に部屋まで逃げてきたのも事実だよ。そこで江ノ島さんがシャワーを浴びたのもそう」

苗木「でも、それだけなんだ!! いや、押し倒されたり色々あったけど、ボクは決して手を出したりはしなかった!!」

桑田「そんなもん信じられっか、そこまでいったらやるだろ普通!」

大神「まぁ待て、苗木に限っては手を出さないという事もありえる」

苗木「男子は何度か大浴場で一緒に入った事があるから分かるよね?」

葉隠「おう! 苗木っちは……」

霧切「葉隠君、それ以上は言ってはダメよ」

舞園「ど、どうなんですか!! 苗木君は包茎なんですか!?」

セレス「あなたの回答、そしてその事実。わたくし、とても気になりますわ」

戦刃「ま、舞園さんもセレスさんも目的が違うような気がするけど…………でも、どうなの盾子ちゃん?」



895:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:41:24.03 ID:ikNdrg26P

ジェノ「うひゃひゃひゃ、くだらねー!!! 何あたしら真面目にまーくんのチ○コの話してんの!!!」

十神「まさかお前の意見に同意する時がくるとはな……」

不二咲「あ、あの、包茎って……?」オドオド

大和田「お前みたいなのって事だ」

石丸「はっはっは、包茎でも何も恥ずかしいことはないぞ!! 剥けていたとしても、どうせほとんどが仮性包茎だ!!」

山田「ぼぼぼぼぼぼ僕は包茎なんかじゃないですぞ!!!」

大神「むぅ……何とも下品な会話だ……」

朝日奈「もうやめようってばぁ!!! 江ノ島ちゃん、早く答えちゃってよぉ!!!」

江ノ島「…………」


江ノ島「あはは、苗木がズル剥けなわけないじゃーん! あたしがちゃんと剥いてあげたよ!!」


苗木「……江ノ島さん、それが君の答えだね」

江ノ島「うん、だってちゃんと見たもん!!」

苗木「じゃあ葉隠クン、答えを言ってくれないかな」


葉隠「よしきた!! へへっ、苗木っちはなー…………」



899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:43:13.55 ID:ikNdrg26P

↓のレスの投稿時間のコンマ以下の数字で苗木のチ○コの状態が決定
偶数:ズル剥け
奇数:包茎



900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:43:33.12 ID:/awcsj0A0





904:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:44:06.91 ID:AqZ/iZ8b0

やってしまいましたなあ



908:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:44:37.15 ID:MUzyMbHM0

ズル剥け・・・か



915:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:52:19.51 ID:ikNdrg26P

 

葉隠「ズバリ、なんとズル剥けなんだべ!!!!!」


江ノ島「ッ!!!」

舞園「ズ、ズル剥け……!!」

セレス「ふふ、さすがですわ苗木君。まぁ例え包茎だとしてもわたくしの愛は揺らぎませんが」

霧切「あら、おかしいわね、江ノ島さん? これはどういう事かしら?」ニヤ

江ノ島「ぐっ……ぐぐ…………っ!!!」

十神「ふん、もし江ノ島が逆の事を言っていたらどうするつもりだったんだ苗木は」

苗木「その時は覚悟を決めたよ。でも、不思議と当てられるとは思わなかったんだ。ほら、ボクには超高校級の幸運があるしね」ニコ

江ノ島「……ふふ」

戦刃「じゅ、盾子ちゃん?」


江ノ島「ふふふふふ、あははははははははははははははははは!!!!!」


ジェノ「あひゃひゃ、なんかイカれちまったけど!?」

桑田「いやオメーにだけは言われたくねえだろ」



918:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 17:58:49.03 ID:ikNdrg26P

江ノ島「なんて絶望的……このあたしがチ○コで追い詰められるなんて!!!!!」ウットリ

朝日奈「うぅ……もうやだよこのクラスー!!!!!」

大神「朝日奈よ……耐えるんだ……」

不二咲「あ、あれ、じゃあ苗木君の好きな人って?」

苗木「あー、いや、ボクにはまだそんな人いないんだ。それが答えだよ」

大和田「なんだつまんねーな」

石丸「ほう、それなら僕と同じか!! 一緒に頑張っていくぞ苗木君!!!」

山田「ふひひ、この世は三次元だけではありませんぞ。お望みとあれば素晴らしく二次元の世界をご紹介しましょう」ニヤニヤ

葉隠「女関係はこじれると大変だべ。苗木っちも今回でよく分かったと思うけど」

苗木「う、うん……嫌というほどにね……」


江ノ島「まだよ!!!」ガッ


苗木「いたっ!! 江ノ島さん!?」

江ノ島「うふ、うふふふふふ、あたしは絶望的に諦めが悪いの。それなら今からでも、保健室にでも連れ込んで無理矢理に既成事実を作っちゃうし!」


霧切「それはさせないわ」ガッ



920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 18:05:21.47 ID:ikNdrg26P

江ノ島「ぐっ!?」

霧切「あなたの行動は読めた。苗木君は渡さないわ」

舞園「もちろんです」ニコ

セレス「何をおっしゃっているのやら。苗木君はわたくしと将来を誓い合った仲なのですよ」ガシッ

戦刃「え、えっと、私も盾子ちゃんを失敗させて絶望させてあげないとね」ガシッ

苗木「いたたたたたたたたた!!! ちょっと皆引っ張らないでよ!!!」

江ノ島「離しなさいよ!! 苗木痛がってんじゃん!!!」ギュー

霧切「離すのはあなたの方よ」ギュー

舞園「今の私の力は大神さんをも凌ぎます!!!」ギュー

セレス「だからそのような力を使えば苗木君を傷つけてしまうではありませんか。ここは公平にポーカーで決着をつけませんこと?」ギュー

戦刃(そ、そうだ、こういう時こそ超高校級の軍人らしく、人体の中で一番掴みやすい所を……)ギュー


苗木「痛い!! 痛いってばああああ!!! みんな助け……っていないし!?」


「なんだあのリア充」「行こうぜ行こうぜ」「そのままちぎれちまえ!!」



926:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 18:11:09.19 ID:ikNdrg26P

 

コロシアイ学園生活
おしおき:【超高校級の絶望的おしおき】


ズドン!!


江ノ島(……あは、何思い出してんだろあたし。あんなクソみたいな絶望的日常なんか)


ズドン!!


江ノ島(あぁ、そっか……)


ズドン!!


江ノ島(何だかんだ言って、あたしは結構楽しんでて……その事にまた絶望してたんだっけ……)


ズドン!!


江ノ島(それじゃあ、あたしは)



930:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 18:15:35.77 ID:ikNdrg26P

 

ズドン!!


江ノ島(やっぱり……苗木の事が……)


ズドン!!


江ノ島(でも、その苗木に負けて……何もかもおしまいになって……死んじゃうんだ)


ズドン!!


江ノ島(それって、とっても…………絶望的!!!!!!!!)ウットリ


ズドン!!


江ノ島「苗木…………大好きだよ」ニコ




グシャァァァァァッ!!!!!



932:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 18:16:54.13 ID:eY8e5RWf0

これは……



935:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 18:18:37.19 ID:ikNdrg26P

おわり。いつの間にか江ノ島メインになってた



938:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 18:19:54.13 ID:WtV2nYZuO

面白かった。おつ



967:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 19:06:54.64 ID:bqBIwOz/0

本当に乙!
江ノ島ちゃん最後の最後まで絶望的だったな……





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



元スレに貼られていた画像

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:04:37.48 ID:ITCNgPNQ0

2_1



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/07(水) 22:20:02.31 ID:+nL3GCGD0

支援

6_1



503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 12:13:15.35 ID:F/1YDcNR0

503_1



509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 12:47:11.34 ID:uNiFO0Pr0

>>503
それに賛成だ!



510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 12:48:09.92 ID:71uVH1fu0

>>503
それは違います!



504:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 12:17:01.22 ID:hBjMCcMJ0

霧切とセレスと残姉ルートをそれぞれお願いします!

504_1



516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 13:34:52.50 ID:F/1YDcNR0

516_1



517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 13:36:52.09 ID:izbaJ2qH0

>>516
それはちがうよ(震え声)



518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/10(土) 13:37:18.83 ID:5khK8gxF0

>>517
やめろ!!刺されるぞ



682:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 00:43:28.75 ID:1/7OYx9q0

682_1



691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 01:00:52.25 ID:LvU1j7/90

691_1



801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/11(日) 13:47:14.43 ID:LvU1j7/90

801_1



転載元
霧切「私はあなたに恋しているようなの」 苗木「それは違うよ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1375880646/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 21:59
          • アニメ化の影響でダンガンロンパのSSが増えてとても嬉しい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:10
          • 戦刃さんいいキャラやん…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:11
          • 5 これは面白い
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:14
          • なんで、舞園さんすぐ ハイライト消えてしまうん?
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:17
          • 狛枝さんの幸運は10億当てたり5/6の格率で弾丸入ってるロシアンルーレット余裕でこなしたりでチートすぎるからな…
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:20
          • しらんキャラがいたがネタバレなんだろうか
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:26
          • 模擬刀の先制攻撃(意味深)
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:38
          • 5 苗木くんが一番可愛いんだよなぁ…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:38
          • 画像いいな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:47
          • 狛枝の幸運は強烈な幸運の前後でそれに比例する不運が発生するリスキーダイス仕様だから…
            ちなみに2の作中でも幸運の前後に不運に襲われてる
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 22:56
          • セレスのメール関係ないやんけ!!!
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 23:16
          • さりげに狛枝いてびっくりした。解釈によってはネタバレになるかもね
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 23:31
          • 5 もう少し残姉ちゃんの恋愛絡みが見たかった
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 23:39
          • 狛枝の幸運は同レベルの不幸が伴うからなぁ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月11日 23:40
          • 5 面白かった!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 00:00
          • 狛枝のアレって弾五発じゃなくて、弾一発だけど五回連続で引鉄引いたんじゃなかったっけ? うろ覚えだけど
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 00:02
          • 弾五発だったわ、すまぬ

            公式で学園生活時代の話出してくれないかな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 00:16
          • どのSSでも舞園さん怖いわ・・・何故なんでしょうね?

          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 00:21
          • 舞園さんってなんかあやせと同じようなキャラ扱いされてると思うわ
            そういうキャラじゃないと思うんだが
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 00:46
          • 4 いやいや苗木君は包茎でしょ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 00:49
          • 真昼ちゃんも肩書きだけ出てたな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 01:13
          • アニメしか知らないんだけど、舞園さんってヤンデレ化するルートみたいなのがあったりするの?
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 01:22
          • 5 これは中々の良作
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 01:38
          • 5
            舞園→あこがれ、霧切→尊敬、セレス→こわい、江ノ島→変、戦刃→つよい、大神→かっこいい、朝比奈→元気、腐川→自信もってよ、ちーたん→小動物
            苗木はこんな感じな気がする。

          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 02:37
          • 狛枝くん…って
            先輩じゃないのか?
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 02:49
          • 舞園さんは実は裏だと...みたいなキャラだからヤンデレと結びつきやすいんだろうなw
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 03:29
          • 米25
            ダンロン1は二年間眠っていた
            対してダンロン2は「数年間」眠っていた
            そしてダンロン2には成長した姿の苗木、霧切、十神が登場してるから同年代である可能性もあると思う
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 03:36
          • あとすぐ退場するせいで出番が少ないから二次創作特有のキャラ付けをされやすいというのもあるな
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 03:55
          • 霧切さん個人的に好きです


            舞園?ビッチの臭いがするので苦手です
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 04:13
          • 絶望シスターズすき
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 04:47
          • 苗木が少し絶望サイドに落ちてるような気がするけど面白かった

            超高校級の探偵をまけるギャル+幸運アイテム強すぎる
            絶望×希望 大好物です

          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 06:26
          • 5 いや~面白かった
            長かったけど、苦なく一気に読めたよ。

            これからも良ダンガンロンパSS増える事に期待(・∀・)
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 06:38
          • 5 原作のノリまんまで面白かった。舞園さん怖いよ。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 15:26
          • 米27
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 15:30
          • 米27
            幸運は毎年一人で苗木達は最後の入学者、さすがに先輩に君付けはなくね?
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 17:29
          • それに2で江ノ島が先輩って言ってたしね
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 17:33
          • 苗木は高校の頃から希望だったのかな
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 20:06
          • ダンガンロンパSSが増えてきてなんかオラわくわくすっぞwwwo(^o^)o
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月12日 21:54
          • 戦刃と言うくぅカワ
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月13日 17:44
          • つか2で苗木は狛枝クンって呼んでるし
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月13日 19:23
          • 山田はノリ良いし面白いしでいいね
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月15日 13:33
          • 5
            もし安価で包茎になった場合のルートもおまけとして書いてほしかった。
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月15日 15:26
          • 5
            どうしてもダンガンロンパの日常SSは読む度に、切なくなってしまう…
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月16日 14:35
          • 5
            素晴らしい・・・
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月17日 00:18
          • 俺が最後の希望だ
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月18日 00:05
          • 妹様、ダンガンロンパゼロで好きな人を絶望させて頃すって既にやってたよね。
            生徒会の仇を討ちに来た超高校級のボディガードに人質に取られた苗木くんを助けた残姉ちゃん強かったけど、妹様と苗木くんのまえだとヘタれと化してて可愛かった。
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月18日 00:15
          • 5 よく考えれば日向とか狛枝もこの時は上の学年にいたんだよなあ。なんか楽しそう。
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月20日 13:21
          • 平和でいいなぁ・・・こんな78期生が見たかった
            でも夜の千本ノックは汚いwww
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月29日 23:35
          • 戦刃むくろとかいうぐうかわヒロイン
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月13日 02:51
          • ヤンデレが多すぎるw
            そしてさようならにはクソワロタwwwwwww
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月19日 11:57
          • 霧切さんが動揺したり赤くなることを想像するだけで悶える
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月05日 06:48
          • 5 霧切可愛い
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年02月18日 00:13
          • 舞園さんの下りは読んでてゾクゾクした……

            舞園さんがヤンデレ属性つけられやすいのは開発段階の舞園さんの見た目がヤンデレっぽかったからってのもあるんだろうな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • セル「セルゲームの準備してたら楽しくて凝るのを止められなくなった」
        • P「やよい、ちょっと」やよい「はーい!」
        • 楓「初めましてお義母様」武内P「」
        • 俺「くそっ死のう」 少女「待って」 俺「君は・・・?」
        • ユミラウネ「アイバユミダヨッ!」夕美「ユミラウネだよっ」/ぷちかれ「「「「「ナマイモアニバーサリー!」」」」」
        • ぷちきょこ「タニタニー♪」ぷちかれ「ポテポテー!」/ぷちなかの「おす。」モバP「引き戸だぞー」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ