TOP

平塚「……や、やっはろー!」ガラガラ  八幡「!?!?」ビクッ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 20:59:03.22 ID:fXxP9U3I0

八幡「……」

平塚「…………」

八幡「ひ、平塚先生?由比ヶ浜なら今日は」

平塚「いや、いい。それ以上言わないでくれたまえ……」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 21:27:07.56 ID:fXxP9U3I0

八幡「それにハローってかもう放課後じゃ」

平塚「だからもういいと」

八幡「というかぶっちゃけキャラ的に無理が」

平塚「いい根性だ比企谷くん、喋ってるいると下を噛むぞ」

八幡「すいません悪乗りしすぎました。謝りますから拳を引いてください」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 21:39:16.91 ID:fXxP9U3I0

八幡「んで何か用っすか?雪ノ下ならもう帰りましたし、由比ヶ浜は今日来てませんよ」

平塚「あぁ、だから今を狙って来た分けなんだが」

八幡「は?」

平塚「いや何でもない。たまたまだ、うん」

八幡「はぁ」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 21:53:41.39 ID:fXxP9U3I0

平塚「その、何だ。話し半分で聞いて欲しいんだが……」

八幡「はぁ」

平塚「や、やはり比企谷くんは、その……由比ケ浜のような女の子がタイプなのか?」

八幡「……チョット何言ってるか分か」

平塚「いや!いい!いいんだ!実は私も二人はお似合いだと前々から思って」

八幡「いや別段好みと言う訳では無いですけど」

平塚「!!!」パアー

八幡「むしろもう少し落ち着いている方が。雪ノ下」

平塚「……」ズーン

八幡「……ほどとは言いませんけど」

平塚「!!!」パアー

八幡(何か今日はやけに面倒くさいな……)



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 21:54:57.34 ID:UBxJKwkl0

可愛い



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 22:14:47.25 ID:fXxP9U3I0

平塚「つ、つまりだ!今の話しから考えるに比企谷くんの理想の女性とは、落ち着いた大人の女性で、かといって冷たいわけでもなく、まるで担任の先生のように接してくれるようなタイプという事だな!?」

八幡「え、いや、まるでタン……なんすか?」

平塚「いいから頷きたまえよ。な?」

八幡「は、はぁ」

平塚「……ウフ」

八幡「!?」ビクッ

平塚「フ、フフフ。そうかそうか、まさか比企谷くんが私のことをそんな風に見ていたとはなぁ。うーん、そうかぁ」

八幡(やばい完全にキャラが定まってねぇ、つか目の焦点が定まってねぇ)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 22:35:34.05 ID:fXxP9U3I0

平塚「だがな比企谷くん、私は一人の女である前に、お前の担任の教師なのだよ。そりゃあ気持ちは嬉しいが世間体もあるし、それに以外に優秀なお前の内申を傷つけたくはないんだ。辛いだろうがお前の気持ちに答えることは」

八幡(何言ってるんだこの人怖い)

平塚「い、いやアレだぞ?お前がどうしても、どぉーしてもと言うのなら、まぁ卒業まで待ってやらんことも無いが///フフ……」

八幡「あ、正門閉まるみたいなんで帰ります」スタスタ

平塚「え?あっ、ちょ、まって」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 22:51:00.30 ID:fXxP9U3I0

八幡「……何でついて来るんすか」

平塚「べ、別について行っている訳ではない。私も今から帰りなんだよ」

八幡「そーすっか」

平塚「そ、それより君こそどうしたんだ。学校が閉まる時間まで残っているなんて。放課後というよりもう夜だぞ」

八幡「あー実はですね」

平塚「うん?」

八幡「父親が思わぬ休暇を命じられたらしく」

平塚「え……す、すまない、不躾な質問をしてしまったな……」

八幡「や、別にリストラとかそういうんじゃねーから」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 23:06:48.87 ID:fXxP9U3I0

八幡「取り敢えずまとまった休みが出来たんで母親と一緒に旅行に行くことに。前倒しで結婚記念日のお祝い」

平塚「」ビクッ

八幡「かどうかは分からないんですけど」

平塚「そうなのか。特に何も無いのにご夫婦で旅行なんて、君のご両親は仲が良いのだな」

八幡「そ、そうっすね……」

平塚「それで遅くまで学校に残っていたのか?別にさっさと帰ればいいと思うが」

八幡「まぁそうなんですけどね。両親不在をいいことに、妹も友達の家でお泊り会だか女子会だかをするって言い出しまして」

平塚「……ほぅ」

八幡「帰っても一人なんで、晩飯時まで時間を潰そうかなと」

平塚「……ふむ」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 23:22:58.67 ID:fXxP9U3I0

八幡「どうせ一人だし、帰り際にコンビニで弁当でも……って先生こっちじゃないですよね」

平塚「つまりだ、君の両親は長期で不在、かつ妹さんはお泊り会で少なくとも今晩はいない、ということなんだな?」

八幡「はぁ、そういうことになりますね」(この人聞いてねぇ)

平塚「そうかそうか、それは仕方がないな」

八幡「や、別に仕方がなくは」

平塚「し、仕方がなくなくないに決まっている!つまりこのままでは君の夕飯はマズイ上に栄養もないコンビニ弁当なのだろ?」

八幡「おい国語教師、今だいぶ日本語おかしかったぞ」

平塚「そういう事なら仕方がない。ここは担任であるところの私が作りに行ってあげようではないか!君の家に!美味しい夕飯を!」

八幡「は?」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 23:37:36.44 ID:fXxP9U3I0

八幡「世間体とやらはどこにいったんですか」

平塚「あのな比企谷、そんなもので腹は膨らまないんだよ。世間体なんてものは犬にでも食わせておけばいい」

八幡(無茶苦茶だこの人……)

平塚「そうと決まれば帰りにスーパーだな!あ、比企谷はスーパーより八百屋とかを別々に回る派か?行きつけの八百屋さんに『お、奥さん!今日は夫婦で買い物かい?』なんて言われたら困るじゃないかぁ」ニヤニヤ

八幡「どっちかってーと親子じゃ」ボソッ

平塚「あ?」

八幡「いやーさすがに先生と姉弟に間違われるのは俺も恥ずかしいっすよー」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/25(火) 23:54:45.39 ID:fXxP9U3I0

平塚「それで比企谷は何が食べたいんだ?私としては生姜焼きなんてオススメなんだが」

八幡「そうっすね。生姜焼きもいいですけど、どっちかって言うと洋食か中華がいいかな……ハンバーグとか?」

平塚「う、うん。ハンバーグもいいな。だが私としては和食も捨てがたいと思うのだ。生姜焼きとか」

八幡「和食かぁ、丼物だと天丼とか親子丼ですか?魚の煮付けなんかもいいなぁ」

平塚「ど、丼系はコンビニでも買えるじゃないか。それに育ち盛りの男子は魚より肉だろう?やはりここは生姜焼きをだな」

八幡「でもやっぱり中華も捨てがたいっすよね。久しぶりに麻婆豆腐食べたくなってきななぁ」

平塚「し、生姜焼き……」

八幡「でもやっぱり先生の一番得意な料理でいいです」

平塚「そ、そうか!なら生姜焼きにしよう!こう見えても私は生姜焼きだけは得意なんだ!いっぱい練習したからな!」

八幡(あれからマジで練習したのか……)



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 00:08:40.41 ID:zzq5kuAa0

イラッシャイマセー

平塚「さて、生姜焼きといえばまずは肉だな。お肉のコーナーはっと」

八幡(お肉のコーナーとか言っちゃうキャラだったか?)

平塚「やはり比企谷は脂身の多いほうがいいのか?お、ほらこれなんて殆ど脂身で実に美味そ」

八幡「先生、それは世間一般ではこう呼ばれています。ラード、と」

平塚「……嫌だなぁ比企谷、肉は油で炒めるよりラードを使った方が美味いらしいのだよ。もちろんこっちの豚ロース生姜焼き用389円を買うつもりだったさ」

八幡「はは、そーっすよね」

平塚「……」

八幡「……」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 00:19:09.68 ID:zzq5kuAa0

平塚「に、肉はいいとして、生姜焼きの付け合せは何と言ってもキャベツの千切りだな。えーっと……こ、これ?」

八幡「ご存知かとは思いますが、それはレタスです。おい何でブロッコリーに手を伸ばすんだ」

平塚「うぅ……」ウルウル

八幡「はぁ……キャベツは後でコンビニ寄ってカット済みのを買っていきましょう。生姜焼きのタレはボトルの奴が多分家にありますから」

平塚「うん……ごめん」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 00:40:44.73 ID:zzq5kuAa0

平塚「ふぅ、ご馳走様でした。なんだ、比企谷は料理もできるんだな」

八幡「まぁさすがにキャベツとレタスの違いは分かりますからね」

平塚「うぅ……」グスッ

八幡「先生が手伝ってくれたおかげです。いや俺なんて殆ど邪魔してた様なもんでしたしマジで」

平塚「こ、今度はちゃんと一人で作るから!大丈夫だから!」

八幡「え、今度があるんですか……」

平塚「……ちょっと出てくる」

八幡「え?いや!冗談ですって!また先生の生姜焼き食べたいなー!すげー旨かったし!」

平塚「くふっ」

八幡「え?」

平塚「あはははっ。はぁ……食後の一服、タバコだよ」

八幡「ぐっ……後片付けしときますからっ」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 00:53:29.52 ID:zzq5kuAa0

八幡「つーか何なんだこの状況は」

八幡「俺一人の家に担任が晩飯作りに来て?」

八幡「二人揃っていただきますして?」

八幡「これが青春ラブコメ物のラノベだったら作者は読者の大半を敵に回してるだろ」

八幡「先生もよくわからないまま無駄に張り切るし。エプロンなんか付けちゃって」

八幡「でもちょっと可愛かったな」

八幡「なんかこう、後ろから抱きしめたいというか」

八幡「そのまま手をとって『だから左手は猫の手ですって』とか言いながら」

八幡「はぁ……」

平塚「にゃーん」

八幡「!?!?!?!!!!!!!」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 01:05:32.60 ID:zzq5kuAa0

八幡「オ、オカエリナサイ……」

平塚「あぁ、ただいま」

八幡「オソカッタデスネ……」

平塚「コンビニまで行ってきたからな」

八幡「チナミニドコカラキイテマシタ……?」

平塚「うん?そうだな。まぁ学校でも人目のない所なら後ろから抱きつくくらいなら」

八幡「分かりました。この話は止めましょう。お互いのために」

平塚「まさか比企谷が私をそんな風に見ていたとはなぁ」ニヤニヤ

八幡「はいおわり!この話は終わり!つーか何買ってきたんですか!?」

平塚「んー?何って決まってるじゃないか」

ビールドンッ!

ワインドンッ!

ショ-チュウドンッ!



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 02:25:59.60 ID:zzq5kuAa0

平塚「れ?」

八幡「は?れ?」

平塚「君は雪ノ下と由比ヶ浜どっちが本命……ヒック、なのら?」

八幡「いやロレツ回ってないじゃないですか。ちょっと飲み過ぎじゃ」

平塚「そういう君はれんれん減ってないじゃないか。ほらもっと飲みたまえよ」ドボドボドボ

八幡「ちょおま、ビールに焼酎はだめだろ」

平塚「そんらことより!どっちかハッキリしたまえ、男らしくない……んく」ゴクゴク

八幡「だからあいつらはただの部活の仲間ですって。俺はむしろどっちかっていうと先生のことが……なーんて、はは」

平塚「……」

八幡「え?先生?」

平塚「……本当?」

八幡「は?」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 02:36:25.80 ID:zzq5kuAa0

平塚「本当か?」

八幡「え、いや本当っていうか嘘ではないっていうか」

平塚「本気にするぞ?」

八幡「……本気っすか」

平塚「ああ本気だ」

八幡「……」

平塚「……」

八幡「先生、おれ……」

平塚「ん、いいよ」

八幡「先生……!」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 02:49:59.25 ID:zzq5kuAa0

ガチャ

小町「たっだいまー!やっほーお兄ちゃん、何かねぇお泊り先の子が体調崩しちゃってお泊り会途中でお開きになっちゃったぁ。でもでもお兄ちゃんの為に晩御飯の残りもって帰ってきてあげたよ。あ、今の小町的にポインt」

八幡「」

平塚「……コホン」



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 02:51:47.97 ID:t2VCBkpt0

(アカン)



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 03:12:11.56 ID:zzq5kuAa0

小町「え?なになに、何で家にお兄ちゃんの担任の先生がいるの?何でお互い見つめ合いながら抱き合ってたの?というか完全にしようとしてたよね、その、キ……キ……」

八幡「いや落ち着け小町。誤解だ、お前は今してはいけない誤解をしている」

平塚「え、ご、誤解だったのか?比企谷……ふぇ」

八幡「いや誤解じゃないですから!そんな目で見ないでください……あぁ泣いちゃったじゃないか小町!」

小町「私!?私が悪いの!?っていうか先生連れ込んで何しようとしてたのか説明して欲しいんだけど!小町的に!」

八幡「べ、べつに何もねーよ!アレだ、し、進路相談……的な?」

小町「絶対嘘じゃん!そんなことくらい小町にも分かるし!っていうかお兄ちゃんの趣味ってこんな年ま」

平塚「」ピクッ

八幡「あ……」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 03:23:36.99 ID:zzq5kuAa0

平塚「二人とも」

八幡・小町「」ビクッ

平塚「そこに座りなさい」

八幡・小町「……」

キュポン、ドボドボドボ

平塚「飲みなさい」

八幡「は?」

平塚「いいから飲みなさい」

小町「え、い、いゃあさすがに中学生にお酒を勧めるのは教育者としてどうかなーなんて小町的には」

平塚「年増のつぐ酒は飲めないか。そうかそうか」

小町「あははーちょっとだけなら大丈夫ですよねー……」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 03:47:51.63 ID:zzq5kuAa0

平塚「まったく、ろいつもこいつも人のこと好き勝手言ってくれられ……ヒック」

八幡「ちょ、先生さすがに飲み過ぎじゃ。小町なんて速攻でダウンしちゃいましたし」

平塚「ん?ああそれらららいじょうぶら、ヒッ。その子のはたらの水らから」

八幡「マジかよ人間って脅されると水で酔えるのか」

平塚「そーれーよーりー!らんで八幡はまだシラフらんですかぁ?飲み足りないんじゃないんれふかぁ?」

八幡「は、八幡!?ちょ、先生ひっ付きすぎですって。小町が起きちゃいますよ」

平塚「そんな八幡にはー、先生が飲ませてあげますらー!口移しれ!んー」

八幡「それはマズイ。それは本格的にマズ、んっ」ゴクッ

平塚「ん……ぷはぁ。あ、もしかして初めてらった?ねぇ初めて?」

八幡「おい何してるのか分かってるのかこの人、ってちょま」

平塚「んー……ぷはっ、二回目ぇ。これでもう八幡はわたひのものれーす」

八幡「う、嬉しいけど嬉しくない……」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 03:53:56.48 ID:/1ZVwc3DO

キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 03:56:41.61 ID:zzq5kuAa0

平塚「はぁー気持ちいいー、幸せー」ギュー

八幡「はいはい、それは良かったですね……」

平塚「はぁー……」

八幡「……」

平塚「……」

八幡「先生、俺」

平塚「うぷっ……ぎもちわ゛るい」

八幡「おい」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 04:07:47.67 ID:zzq5kuAa0

八幡「ちょ、マジでやばい系すか?トイレいきますか?」

平塚「いぐ……だめ、出そう」

八幡「まて、それはやめろ頼むから」

平塚「うぅ……」

八幡「ほ、ほら、つきましたから」

平塚「生徒の家で吐くなんて……教師の威厳が」

八幡「いや今更だよ、何言ってんだこの人は。あとで掃除しますから、出すもん全部出してから出てきてくださいよ」

平塚「うん……ずまない」ガチャ

八幡「さて、小町を部屋まで運んで、リビング掃除して」

八幡「どうしてこうなった……」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 04:16:03.21 ID:zzq5kuAa0

八幡(明日小町に何て説明するべきか)

八幡(やっぱり進路相談で通すか?)

八幡(というか絶対由比ヶ浜に言うだろアイツ)

八幡(……)

八幡(……いや)

八幡(問題はそこじゃないだろ)

八幡(キス……したんだよな、先生と。酔った勢いとはいえ)



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 04:32:42.39 ID:zzq5kuAa0

八幡(やっぱり先生は俺のことを……)

八幡(いや、むしろ俺は先生のことをどう思ってるんだ?)

八幡(酔った勢いでちょっとキスされたからって、そんなことで本気にするなんて俺が一番嫌いな奴らと同じじゃないか?)

八幡(でも先生の唇柔らかかったよなぁ)

八幡(考えてみれば今までこんな俺に一生懸命になってくれる先生なんていたっけ)

八幡(本気で俺のことを心配してくれて)

八幡(不器用な方法でしか問題を解決出来ない俺を理解してくれて)

八幡(それは教師だからっていうのもあるんだろうけど)

八幡(もしかして家族以外で今まで一番深く関わった人なんじゃないのか?)

八幡「やっぱり俺は、先生のことを……」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 04:42:08.20 ID:zzq5kuAa0

平塚「ひぃきぃがぁやぁ」

八幡「う、先生。もう大丈夫なんですか」

平塚「少し楽になった……横になりたい」

八幡「それじゃソファ、はさすがにアレなんで俺のベッド使ってください」

平塚「さっそく盛っているのか、君は」

八幡「……もちろん俺はリビングで寝ますから」

平塚「根性なし」

八幡「何とでも。ほら、階段上がれますか」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 04:59:31.98 ID:zzq5kuAa0

八幡「ほら、つきましたよ。っていきなり服脱がないでくださいよ!」

平塚「君にはこの状況でも私を襲う勇気もないんだろう?なら問題あるまい」

八幡「問題大有りだよ、せめて布団かぶってからにしてください。ほら、あと俺ので悪いですけどTシャツくらい着て寝てください」

平塚「ん。ふふ、優しいな比企谷は」

八幡「べつに優しくねーでしょ」

平塚「いいや、優しいよ。君のことなら何でも知っているからな、私は」

八幡「……もう寝ますから」

平塚「ん」

八幡「……」

平塚「……比企谷」

八幡「え?」

平塚「……やっぱり俺は、なに?」



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 11:41:57.24 ID:zzq5kuAa0

平塚「やっぱり俺は先生のことが……なに?」

八幡「いらんところをあざとく聞いてますよね、先生って」

平塚「この歳になるとな、聞くつもりが無いものまで聞こえてしまうものなのだよ」

八幡「はぁ、そんなもんすか」

平塚「……」

八幡「ま、まぁ他人が自分のことを噂してると、聞きたくなくても聞こえてきますよね。ぼっちの習性っつーか、特技……じぇねーか、はは」

平塚「比企谷」

八幡「うっ……」



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 11:47:37.32 ID:zzq5kuAa0

平塚「君はいつもそうやって肝心な所で相手から目をそらして後ろを向くじゃないか。」

八幡「……」

平塚「君が今までの人生でどういう経験をしてきて、どんなつらい目に合ってきたのか、私にはわからないよ。でも私からは逃げないでほしい。君の正直な気持ちを教えてほしい」

八幡「お、俺は……」

平塚「うん」

八幡「先生のことが……」

平塚「うん」

八幡「好き……です」

平塚「……うん。私も君のことが好きだよ、比企谷」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 12:03:22.07 ID:zzq5kuAa0

八幡「駄目だ恥ずかしすぎて死ぬっ」

平塚「君もわからん奴だな。大勢の前で平気で悪者を買って出たりするくせに」

八幡「それとこれでは恥ずかしさの方向性がちがうんですよ…・…つーか先生は平気なんすか」

平塚「め、めちゃくちゃ恥ずかしいに決っているじゃないか」

八幡「大人ぶるか恥ずかしがるのか、どっちかにしてくれませんかね」

平塚「っ、ちょっと私の恋人になったからって生意気だな。ついさっきまでは教師と教え子だったくせに」

八幡「……そのセリフは色々とヤバイんじゃないですかね」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 12:20:31.96 ID:zzq5kuAa0

平塚「んー?私としては、適度に背徳感があって非常に良いと思うのだが」

八幡「と、とりあえず今日はもう寝ますから!おやすみなさ」ギュ

平塚「……」

八幡「あのー先生?裾つかまれてると動けないんですけど。つーかぶっちゃけ早くいなくなりたいんですけど」

平塚「……ちがうだろ」

八幡「と、おっしゃいますのは?」

平塚「……」ベッドポンポン

八幡「そ、それはさすがに洒落にならないんじゃ」

平塚「君が朝まで自制すれば問題ない」

八幡「そういう問題じゃねーから!つーか結局俺かよ!」



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 12:43:13.66 ID:zzq5kuAa0

八幡「くっ、俺の人生設計に重大な問題が起こった気がする」モゾモゾ

平塚「問題とは失礼だな。こう見えても私は尽くすタイプなんだぞ?」

八幡「はぁ、そーなんですか。家事がアレじゃどこで尽くすのやら……す、すいません痛いですって」

平塚「ふん、家事なんてすぐ……というか君がやればいいじゃないか。主夫希望の比企谷くん?」

八幡「うわきたねぇ、なんて担任だ」

平塚「それに何も家事仕事だけが女の武器じゃないのだよ。ふふ」グリグリ

八幡「ちょ!あたってますって!」

平塚「んー?もちろんわざとだ。ほれほれ、私も捨てたものじゃないだろう。君ら世代と比べても引けをとらないんじゃないか?ふふふ」フニフニ

八幡「くっ、マジでどうなっても知りませんよ」

平塚「ん、まずはキスから……な」チュ



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 13:01:11.60 ID:zzq5kuAa0

アサチュン

八幡「結局一睡もできなかったじゃねーか……」

平塚「すー……」

八幡「人の気も知らないでこの人はまぁ」

平塚「くー……」

八幡(……かわいい)

平塚「……」

八幡(ほっぺたなら起きないよな……)

八幡「……」



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 13:10:42.58 ID:zzq5kuAa0

ガシイッ

八幡「!!!……んんっ!?」

平塚「ん……ぷはっ……ふぅ、おはよう。結局昨日はチキン野郎だったくせに寝起き早々唇を求めてくるなんて、いよいよ君もわからん奴だな」

八幡「……おはよーございます。寝てるふりして思春期男子の純情を弄ぶのもどーかとは思いますけどね」

平塚「弄ぶとは心外だな。私はいつだって本気だよ。君に対してはね」

八幡「ぐっ……だからそういうことは」

平塚「さてと、まだ外は少し暗いが……妹さんが起きてくる前に退散するとしよう。もちろん送ってくれるんだろう?」

八幡「そりゃまぁ、一応……カレシデスシ」

平塚「ん?聞こえなかったなぁ。一応なんだって?」ニヤニヤ

八幡「ぐっ、早く着替えてください!」



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 13:31:19.47 ID:zzq5kuAa0

平塚「うん、ここでかまわないよ」

八幡「そうっすか。んじゃおれはここで、ってもすぐ学校で合うんですけど」

平塚「名残惜しいか?」

八幡「ま、まぁそれなりには」

平塚「ふふ、私もだよ」

八幡「っ、帰ります!」

平塚「まぁ待ちたまえよ……なぁ比企谷」

八幡「はぁ」

平塚「後悔……してないか?」

八幡「は?」



248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 13:57:33.05 ID:zzq5kuAa0

平塚「私が君のことを好いているのは、一時の感情に流されたからではないよ」

平塚「私は君の自分の弱さを肯定できるところ、他人のために自らを犠牲にできるところが好きなんだ。それに人との距離のとり方が不器用なのも……どこか私に似ている」

平塚「でもそれはな、比企谷。同時に一人の生徒としても君のことを大事に思っているということでもあるのだよ」

平塚「そりゃ君は性格に少なからず問題があるし、ひねくれ者だし素直じゃないし天邪鬼だし人間不信で社交性皆無ではあるが……」

八幡「おいそのへんでやめとけ」

平塚「私のために今後の君の人生を棒に振るリスクを少なからず背負うこになる、ということだ」

平塚「その……今回だって、そもそも私が勝手に押しかけて勝手に舞い上がっていただけだし」

平塚「君が望むなら全部なかったことにしてもいいんだぞ?……というか君のことを考えればそっちのほうが」

八幡「……」

八幡「そっすね」

平塚「っ……」



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 14:19:30.38 ID:zzq5kuAa0

八幡「まぁたしかにおかしいですよね、こんな関係」

平塚「うっ……」

八幡「いくら学校では普通に振舞ってても、どこで誰が見てるかわかんねーし隠し通すのは無理があるかも」

平塚「うん……」

八幡「俺の両親はもちろん、学校の連中、もしかしたら雪ノ下や由比ヶ浜にも理解されないかもしれない」

平塚「そう……だな」

八幡「でも」

平塚「え?」

八幡「でも俺は、そんな間違った青春もいいかなって。先生となら」



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 14:43:46.62 ID:zzq5kuAa0

八幡「少なくとも世のリア充連中が、好きでも無いのにやれ彼女がほしいだの、紹介してくれだの言ってるのよりよっぽど俺らしいっすよ」

八幡「他人に後ろ指刺されることには慣れてますしね」

八幡「それに雪ノ下や由比ヶ浜も……そんな奴らじゃないと思います」

平塚「比企谷……」

八幡「というかもう、そんなことどうでもいいくらい先生のこと……その、好きです。俺も」

平塚「うん、うんっ。私も好きだ。比企谷のこと……大好きっ」ボロボロ

八幡「ちょ、泣くか嬉しがるかどっちかにしてください。俺がイジメてるみたいじゃないですか」

平塚「うぅ、だって怖かったからっ、君に嫌われるんじゃないかと……迷惑かけてるんじゃないかって」

八幡「はいはい、嫌ってもないし迷惑とも思ってません。大丈夫ですから、ね」

平塚「ふ……うえぇえ」

八幡「えー」



八幡(まぁこんな青春も……悪く無いかな……)

八幡(決して正しくはないけれど……)

八幡(あんがい俺の青春ラブコメはまちがっていない……か)



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 14:45:31.90 ID:zzq5kuAa0

OWARIMASU



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 14:57:38.85 ID:zzq5kuAa0

読み返した
我ながらダレ杉だわヒドイ

学校にバレて八幡かばって教師やめる先生とか
卒業後こっそり八幡と同じ大学入りなおして同級生になる先生とか
じゃあ同棲しようとか言われて本気で焦る先生とか
学生のうちに結婚してゆきのんとガハマさんに祝福されてマジ泣きする先生とか
妄想してたけどさすがにもう無理



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 14:59:23.29 ID:tKhC4ldp0

>>262
学生結婚のくだりは良いな!
次回作でよろしく



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/06/26(水) 15:06:21.23 ID:GlNSGUVg0

日を改めてでいいからまた書いてくれよ
しずかわいかったよ、乙



274:まいにくん ◆MLv2x9XEV6 :2013/06/26(水) 16:37:36.51 ID:kFyQkuhI0

おつおつ



転載元
平塚「……や、やっはろー!」ガラガラ  八幡「!?!?」ビクッ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372161543/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 21:23
          • しずかわいい!さすがヒロイン!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 21:30
          • 先生好き
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:14
          • やっぱり平塚先生はかわいい
          • 4. ELEPHANTマシマシ
          • 2013年06月26日 22:16
          • 実際、八幡は先生みたいなタイプと結婚した方が幸せになれそうだよな。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:27
          • 先生だやったあああああああ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:39
          • まったく!先生は可愛いなぁ!
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:41
          • このサイトだけでも先生ヒロインもの3本目じゃねーか!!
            知名度の割に多いな先生人気だなおい
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:42
          • 先生いいよね
            すごくいい
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:50
          • ぐうかわ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:58
          • 先生可愛すぎィ!!
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:59
          • 5 先生が一番フラグたててるからなw
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:02
          • 八幡16歳で先生29か30か…うん…その…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:19
          • 5 はまちは良作揃いだじえぃ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:23
          • 5 良かった!
            ゲームは先生のルートないのかね?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:44
          • 俺の脳内設定だと先生は今年25になるから余裕であり

            17歳と25歳、8歳差なんてよくある
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:44
          • 5 しずかっこいい上にしずかわいいw
            静先生はメインヒロインでもいけるね
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:47
          • アラフォールートでいいだろもう
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:52
          • 5 先生は主人公に対しての理解力が他ヒロインと比べ物にならないくらい高いな!
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 00:06
          • SSが公開されて速攻生姜焼きネタかwww
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 00:10
          • 下を噛むぞ?
            むしろ噛んでください
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 00:32
          • しょうが焼きはどっから?
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 00:34
          • デートした回数…トップ
            主人公への理解度…最高レベル
            スタイル…トップクラス
            好感度…トップクラス

            先生ENDへ、どうぞ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 00:53
          • 年齢…トップクラス
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 01:48
          • ※21
            6巻の店舗特典SSで静ちゃんが男ウケする家庭的な料理を教えて欲しいって相談に
            肉じゃがとかあざといし、おふくろの味ってのは適当に焼いた肉と白飯だって八幡が言って
            それを雪乃が生姜焼きなんてどうだろうか、と静ちゃんに薦めた経緯がある
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 02:19
          • 先生好きだけど、原作で三十路近いって言われてるから、どうしてもフィルターかけちゃうんだよなぁ。
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 02:39
          • ※15
            上級者ですね・・・
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 06:57
          • >>14先生ルートあるよ。戸塚ルートも
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 07:33
          • ※27
            ねえ、川島さんは?島崎さんルートある?(´・ω・`)
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 07:56
          • 5 「俺の妹がこんなにポイント高いわけがない」
            はまだですか?
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 09:25
          • ※24
            ありがとう
            そんなものがあったなんて知らなかったわ
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 11:15
          • 面白かった。
            関係ないけどこれのアニメ学生は見ない方がいい。楽しめなくなるぞ、学校生活。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 11:21
          • 材木「やっはろー」(勇者ボイス)
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 11:50
          • 某動画サイトでのコメントが異常なのは知ってる。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 18:22
          • なんか話し方がヒッキーっぽくないんだよなぁ。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 19:09
          • ゲームはあーしちゃんルートあるのかが一番気になる
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月29日 21:58
          • 先生かわいいよね
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月30日 12:37
          • アニメしか見てないからわからんのだが、先生こんなに家事力低いの?
            ブロッコリーってあんた・・・
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月15日 20:18
          • やはり先生SSはいいな またどこかで見れるといいな
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月19日 22:35
          • 先生27歳でいいでしょ?
            ちょうど一回りだったら全然ありっすよ。

            平塚先生はある程度の自活能力はあるんじゃないかな。ただ、雪ノ下のようなテキパキこなす感じじゃなくて、一人暮らし始めた男が自己流で学ぶ感じで身についているイメージ。

            嫁度判定の焼き肉丼にイメージが引っ張られていますが。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月17日 20:48
          • うむ、
            やっぱり平塚先生だな
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月27日 16:33
          • 平塚「いい根性だ比企谷くん、喋ってるいると下を噛むぞ」

            この一文字の誤字の破壊力w

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • 【アズールレーン安価】QE「優雅なお茶会」ベルファスト「その2」【アズレン】
        • 男「元奴隷が居候する事になった」【安価有】
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ