TOP

エレン「アニが頭をぶつけた?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:09:01 ID:cBN4Ek2E


以前書かせて頂いた『エレン「クリスタが頭をぶつけた?」』の続きです
ネタバレ前提で書いてるのでお嫌な方は回れ右推奨

~前回のあらすじ~

クリスタが頭を打って幼児退行してエレンの妹になったけど、なんやかんやで元に戻りました

戻った後もなんやかんやでエレンと仲が良いらしいよ

爆ぜればいいのに



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:10:29 ID:cBN4Ek2E


エレン「今度はアニかよ!?」

ライナー「あいつがそんなヘマやらかすなんてなぁ……」

アルミン「それで、容体は?」

ミーナ「それが……その……なんて言ったらいいか……とにかく来てっ!」

エレン「お、おう。わかったよ」

アルミン(面倒なことにならないといいなぁ……)



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:11:41 ID:cBN4Ek2E

~医務室~

コンコン

ミーナ「アニー、入るよー」

アニ「…………」

エレン「なんだよ。起きてんじゃん」

ライナー「見たところ怪我もないみたいだな。安心したぜ」

アルミン「心配したよ(ほっ……これならクリスタみたいなことにはならないかな?)」

アニ「あの……どちら様ですか?」

エレアルライ「「「!?」」」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:13:09 ID:cBN4Ek2E


アルミン「自分の名前はわかる?」

アニ「……いえ」

アルミン「ここが何処だか知ってる?」

アニ「……いいえ」

アルミン「そして、僕たちのこともわからない、と」

アニ「……すみません」シュン

アルミン「うーん……これは……」



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:14:07 ID:cBN4Ek2E


エレン「なぁアルミン!アニの奴はどうしちまったんだ!?」

ライナー「やっぱり、あれか?」

ミーナ「記憶喪失ってやつ?」

アルミン「……多分、ね」



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:15:28 ID:cBN4Ek2E


ミーナ「そんなっ!?」

エレン「つってもクリスタみたいにすぐ治るんじゃねぇの?」

アルミン「どうだろうね。こういうことは僕も簡単には断言できないから……」

アニ「すみません……」

ミーナ「アニは悪くないよっ!!」

ライナー「…………」

ライナー(……まぁ、目的も忘れているようなら逆に心配ないか。もとより、今は動くつもりはないし)

ライナー(だがこの状況……利用出来るかもしれん……!)ニヤァ



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:17:05 ID:cBN4Ek2E


ライナー「おい、アニ」

アニ「あ、えと、私のことですよね?」オドオド

ライナー「ああ、言ってなかったな。お前はアニ。アニ・レオンハートだ」

アニ「アニ……」

ライナー「俺はライナー。こっちの金髪はアルミン。そこの女の子はミーナ。みんなお前の仲間だ」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:18:28 ID:cBN4Ek2E


ミーナ「改めてよろしくねっ!」

アルミン「あ、えと、よろしくね」

ライナー「そして、そいつはエレン・イェーガー。お前の恋人だ」

エレン「よろ……はぁ!?」

ミーナ「そうだったの!?」

アルミン「!?」

アニ「こ、恋人……!?」カァッ



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:20:36 ID:cBN4Ek2E


エレン「おい、ライナー!どういうkもがっ!?」

ライナー「いいから、そういうことにしておけ」ボソボソ

エレン「ぷはっ……どうしてだよ?」ボソボソ

ライナー「お前、どうせあのアニを放っておくなんて出来ないんだろ?」ボソボソ

エレン「当たり前だろ!アニは大切な仲間なんだ!」ボソボソ

ライナー「それなら、そういうことにしといたほうがサポートしやすい」ボソボソ



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:21:40 ID:cBN4Ek2E


エレン「なんでだ?」ボソボソ

ライナー「クリスタは精神年齢が幼くなっていたから懐いてくれたかもしれんが、今のアニは精神的には普段のアニと変わらない」ボソボソ

エレン「確かに。受け答えもしっかりしてるもんな」ボソボソ

ライナー「しかし、俺たちはあいつからしてみれば見知らぬ他人。否が応でも不安になるだろう」ボソボソ

エレン「そ、そうなのか」ボソボソ

ライナー「ならば、恋人という信頼関係にあると説明しておけば、不安も軽減されるはずだ」ボソボソ

エレン「……すまん。途中までは何となくわかったんだが、最後でよくわからなくなった」ボソボソ



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:23:18 ID:cBN4Ek2E


ライナー「クリスタのときも兄貴のフリをしたろ?それと同じようなもんだ」ボソボソ

エレン「あれは……いや、ん?いいのか?そういうもんか?」ボソボソ

ライナー「そういうもんだ。よろしく頼むぞ」ボソボソ

エレン「ああ、うん……わかった……」ボソボソ

アニ「あの……」



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:25:39 ID:cBN4Ek2E


エレン「お、おう!なんだ!?」

アニ「……本当なんですか?」

エレン「な、なにが?」

アニ「恋人って……」

エレン「あ、ああ。本当だ」

アニ「……そうなんですか」ニコッ

エレン「っ!?」カァッ



22 :oh!改行missってる 2013/06/12(水) 01:27:55 ID:cBN4Ek2E


ミーナ(きゃー!きゃー!そうだったの!?)

アルミン(ライナー……一体何を考えて……はっ!?まさか!?)

ライナー ニヤッ

アルミン(アニをエレンの恋人に仕立て上げることにより、他の女性陣……いや、クリスタをエレンから引き剥がそうとしているのか……!?)

エレン「だ、だから……なんでも頼ってくれ!こ、恋人の頼みは聞くもんだからなっ!」マッカッカ

アニ「は、はいっ!」マッカッカ

アルミン(だけど、わかっているのかライナー……その作戦には重大な欠点があるということを……!)



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:29:32 ID:cBN4Ek2E


アルミン「それじゃ、僕とライナーは教官に報告しにいくから、みんなは先にご飯食べに行っててよ」

ライナー「お?おう」

エレン「わかった。頼んだぞ」

ミーナ「ほらっ!行こっアニ!」

アニ「え、ええ……」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:35:55 ID:cBN4Ek2E


アルミン「……ライナー」

ライナー「……気付いたか」

アルミン「そうだね。良い考えだとは思う。少なくともクリスタはエレンに近寄りづらくなるかもしれない」

ライナー「だろう?」ニッ

アルミン「でも、それじゃ甘いんだよ」

ライナー「どういうことだ?」

アルミン「それは……っと。先に教官に報告しちゃおう。話は後だ」



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:38:01 ID:cBN4Ek2E


アルミン「なんだかんだで教官は話をわかってくれるから助かるよ……」フゥ

ライナー「俺はお前の話術の凄さを痛感したがな。『一部記憶を無くしているようですが、肉体的、精神的にも比較的安定しており、訓練を続けるのに支障はないかと思われます』か」

アルミン「流石にみんなのサポートが必要だけどね。それと、アニの成績の良さもあるんだ。成績上位組はおいそれと手放したくはないはずだからね」

ライナー「なるほどな……。それで、話は戻るが甘いっていうのは……?」

アルミン「ああ、それはね……アニをエレンの『恋人』ということにしたことだよ」

ライナー「それの何がまずかったんだ?そのほうが手っ取り早いと思ったんだが……」



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:39:42 ID:cBN4Ek2E


アルミン「ミカサのこと、忘れてるんじゃない?」

ライナー「いや、ちゃんと考えたぞ。クリスタがエレンにべったりでも、ミカサは寛容だったじゃないか。案外すんなり受け入れるんじゃないか?」

アルミン「違うんだよライナー。クリスタは『妹』だったんだ。『恋人』とは違う」

ライナー「……いや、そんな……いやいや……まさか……」

アルミン「『妹』だからミカサは許容できたんだよ。アニが記憶を失ってることを考えても、ミカサが『恋人』だなんて聞いたら……」



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:41:04 ID:cBN4Ek2E

キィィ

ミカサ「………………」ゴゴゴゴゴゴゴ

アニ「………………」ゴゴゴゴゴゴゴ

アルミン「……まぁ、こうなるよね」ハァ



39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:53:53 ID:cBN4Ek2E


ミカサ「アニ……今なんて言ったの……?……よく……聞こえなかった……」

アニ「……あなたがどこのどなたかは存じませんが……私はエレンの恋人だと……言ったんです……」

ミカサ「……何を言っているのか……理解できない……とにかく、エレンから離れて……」

アニ「……お断りします」

エレン「おーい、落ち着けお前ら……あ、アルミン!助けてくれ!」

アルミン「はぁ……なんとなく想像はつくけど、どうしてこうなったの?」

エレン「あぁ、あのな……」



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:55:21 ID:cBN4Ek2E


クリスタ『あ、エレン!遅かったね……アニも倒れたって聞いたけど、大丈夫?』

アニ『え、ええ……』

クリスタ『よかったっ!』ニコッ

ミーナ『ただ、ちょっと問題が……』

クリスタ『問題?』

エレン「ああ、飯食ったら説明するよ。とりあえず腹減った」



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:56:37 ID:cBN4Ek2E


ミカサ『エレン、こっち……今日はアニも一緒?アルミンは?』

エレン『アルミンとライナーは教官のところだ。ほら、アニも座れって』スッ

アニ『あ、ありがとうございます……』

ミカサ『……?何かしてしまったの?それと、アニの様子が……』

エレン『後で説明するって。お、今日のスープは味が濃いめで美味いな』ズルズル



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:58:09 ID:cBN4Ek2E


ミカサ『……エレン、頬に付いて……』

アニ『エレン、ほっぺについてますよ』フキフキ

エレン『お?おぉ……悪ぃ……』

ミカサ『なっ!?』

アニ『いいですよ。恋人のお世話をするのも彼女の務めでしょう?』ニコッ

ガッシャーン

エレン『うわっ!?ミカサ、何やってんだよ!スープこぼれちゃったぞ!?』



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 01:59:22 ID:cBN4Ek2E


ミカサ『……ごめん。今アニが、よく分からないことを言っていた気がして……。』

ミカサ『……エレン、申し訳ないけどスープを一口でいいからくれる?』

エレン『ん?しかたねぇなぁ、ほれ』ヒョイ

ミカサ『あーん……うん、おいしい』チラッ

アニ『……』ムッ



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 02:01:10 ID:cBN4Ek2E


アニ『エレン、彼女の私には食べさせてくれないんですか?』

エレン『えっ?でも、お前の分あるじゃn』

アニ『あーん』アー

エレン『えー……ほらっ』ヒョイ

アニ『あーん……ふふっ、美味しいです』

メキャ

エレン『ん?おいミカサ!スプーン折るなよ!大事な備品だぞ?』



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 02:02:42 ID:cBN4Ek2E


ミカサ『ごめん……それよりアニ……さっきからなにかふざけたことを言っているようだけど……』

アニ『ふざけたことってなんでしょう……?あなたこそ、人の彼氏に何をさせているんですか?』

ミカサ『彼氏?アニは付き合ってる人がいたの?それならその人の為にエレンから離れなくては……』

アニ『だから……さっきから言っているでしょう?……私の恋人はエレンです』

ミカサ『………………』ゴゴゴゴゴゴゴ

アニ『………………』ゴゴゴゴゴゴゴ



47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 02:06:32 ID:cBN4Ek2E


エレン「って感じだな」

アルミン「はぁ……なんで先に説明しないのさ……」

エレン「腹減ってたんだよ……すまん」

ライナー「クリスタはどうしたんだ?」

エレン「最初の方でユミルがあっちに避難させた」

ユミル「おっかねぇ……」ガクガクブルブル

クリスタ「なに?なんなのユミル?手をどけてくれないとなにも見えないし聞こえないよー」ジタバタ



61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/12(水) 23:59:47 ID:cBN4Ek2E


アルミン「まぁ、アニがいるところじゃ説明できないから仕方ないか……僕からみんなに説明しておくから、アニを連れてどこかに行ってきてくれない?」

エレン「ごめんなアルミン、助かる。おーい、アニ!」

アニ「…………は、はい!なんですか?」

エレン「ちょっと外行こうぜ」

アニ「はい、わかりました」フッ

ミカサ「っ!!待って!まだ話はっ!!」

アルミン「僕が説明するから、まず落ち着いて……みんなも聞いて欲しいんだ」



62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:00:53 ID:q9TVjf3Q


エレン「なんでいきなり喧嘩腰なんだよお前ら……」

アニ「……あの人とは、いずれ殺し合いをするような気がして……」

エレン「……なんのこっちゃ」

アニ「いえ、なんでもありません…………あの人は、エレンの……その、何なんですか?」

エレン「なにって言われてもなぁ……ミカサは家族だよ」

アニ「姉弟では……ないですよね」

エレン「似たようなもんだな。ずっと一緒に育ってきたんだ」



63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:02:32 ID:q9TVjf3Q


アニ「……私は、エレンの恋人なんですよね?」

エレン「お、おう!もちろんだ!」

アニ「……ならあまり不安にさせないでください」ギュッ

エレン「(抱きつかれた!?)あ、あぁ、すまねぇ」

アニ「他の女の子にああいうことしちゃ、めっ、です」ギュウ

エレン「う、うん。もうやらねぇ……」

アニ「約束ですよ?」クスクス

エレン「あぁ……(可愛い)」



65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:04:18 ID:q9TVjf3Q


アニ「……では、そろそろ私は寝ますね」スッ

エレン「ん……そ、そうか。わかった」ドキドキ

アニ「お休みなさいエレン。また明日」ニコッ

エレン「ああ、お休みアニ」

アニ「~~♪」スタスタスタ

エレン(やっべ、あれ本当にアニかよ……可愛すぎるだろ……)

エレン(ん?あいつ女子寮の場所わかんのか?……まぁいいか)



67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:06:03 ID:q9TVjf3Q


~翌日~

アルミン「おはようエレン」

エレン「アルミンおはよう。昨日あの後どうなった?」

アルミン「……一応は説明したんだけどね」



69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:07:35 ID:q9TVjf3Q


アルミン『ってことなんだ』

クリスタ『そんなことが……』

ユミル『ぶはっ、ははっ……簡単すぎんだろお前らの頭』ケラケラ

アルミン『……』

コニー『エレンとアニは付き合ってたのか!?』

マルコ『コニー、今のアルミンの説明聞いてたの?』



70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:08:48 ID:q9TVjf3Q


ミカサ『…………』

アルミン『ミカサもわかってくれた?』

ミカサ『……理解はした。けど、ごめんなさい。私は手助けできそうにない』

アルミン『……やっぱり?』

ミカサ『私にも譲れないものがある……冷静でいられる自信がない』

アルミン『仕方ないね……。みんなは大丈夫?』



72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:09:56 ID:q9TVjf3Q


クリスタ『少し寂しいけど……アニの為なら私も手伝うよ!』

ユミル『めんどくせーけど、クリスタがやるっつーんだったら、手を貸してやってもいいぜ?』

サシャ『仲間の為ですからねっ!』ドヤァ

コニー『なにすりゃいいんだ?』

アルミン『いつも通りに接して、わからないことは教えてあげるくらいでいいよ。……エレンと恋人だって前提はあるけど』



73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:11:02 ID:q9TVjf3Q


クリスタ『むぅ……』プクー

ユミル『どーせすぐ元に戻るって』

コニー『おう!天才の俺様がなんでもおしえてやるぜ!』

ジャン『なぁ、マルコ。これってチャンスじゃないか?』

マルコ『君の考えてることは大体わかるけど、寝言は寝て言おうね?』



74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:12:08 ID:q9TVjf3Q


ミカサ『ちなみにその案を出したのは誰?』

アルミン『ライナーだよ』

サシャ『ライナーの晩御飯もらいますね』モグモグ

ライナー『もう食ってんじゃゲフゥ!?』ゲシッ

ユミル『悪ぃ、足が滑った』ヘラヘラ



75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 00:13:12 ID:q9TVjf3Q


ライナー『てめぇ……クリスタもなにか言ってくれ!』

クリスタ『ライナーのばーか』プックゥ

ライナー『はぅ!?』ガガーン

ミカサ『小便は済ませた?神様にお祈りは?部屋の隅でガタガタふるえて命乞いする心の準備はOK?』ゴゴゴゴゴ

ライナー『や、やめろミカサ!流石に洒落にならんっ!!やめっ』

アッー



84 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:07:32 ID:q9TVjf3Q


アルミン「……まぁ、みんなわかってくれたよ。……ミカサは協力できないかもだって」

エレン「ん、そっか」

アルミン「ずいぶん聞きわけがいいね?」

エレン「まぁ、ミカサも複雑だと思うぜ?俺も、演技とはいえミカサがジャンと付き合ってますとか言われたらゾッとしないしな」

アルミン「それって……」



85 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:09:02 ID:q9TVjf3Q


アニ「エレン!」タッタッタッ

エレン「おお、アニ。おはよう」

アニ「おはようございます。アルミンもおはようございます」ニコッ

アルミン「おはようアニ」

エレン「やっぱりまだ思いだせないか?」

アニ「……ええ……」



86 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:10:47 ID:q9TVjf3Q


エレン「ま、ゆっくり思いだしていこうぜ!」

アニ「……はい」

アルミン「…………」

クリスタ「おにいっ!……こほんっ。エレン、アルミン、アニ、おはよっ!」

エレン「おうクリスタ、おはよ」

アルミン「おはようクリスタ」

アニ「……おはようございます」



87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:12:38 ID:q9TVjf3Q


クリスタ「アニ、事情は聞いたよ。私はクリスタ。困ったことがあったらなんでも言ってね」キラキラ

アニ「え、ええ……ありがとうございます(眩しい……)」

アルミン(やはり天使か……!)

エレン「今日の訓練は立体起動に対人格闘、んで座学か……朝飯がもうちょっと力がつくもんだといいんだけど」



88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:14:36 ID:q9TVjf3Q


~立体起動訓練~

教官「では、行けっ!!」

アニ「こ、こうでしょうか?」バシュ

エレン「おお!上手いもんだな!」

ミーナ「あまり速度出てないとはいえ、アニは凄いね!やっぱり持って生まれたセンスなのかなぁ……」

エレン「努力すれば出来ないことなんてねぇよ!続くぜミーナ!」

ミーナ「う、うん!」



89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:15:47 ID:q9TVjf3Q


~対人格闘訓練~

ライナー「アニ、俺と組もうぜ」

アニ「は、はい。あの……お手柔らかに」オドオド

ライナー「ははっ、大丈夫だ。ちゃんと手加減するさ。……行くぞ!」ダッ

アニ「フッ!!」ドゲシッ

ライナー「すねえぇぇぇぇええええぇ!!?」

アニ「ああ、すみません……つい……」

エレン「体が覚えてるってやつか?」

アルミン「……かもね」



90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:16:30 ID:q9TVjf3Q


~座学~

教諭「巨人はいくら傷をつけても瞬時に再生する……レオンハート!」

アニ「は、はい!」

教諭「巨人の弱点はどこだ?」

アニ「えっと……うなじ部分です」

教諭「そうだ。うなじを削げば再生することはない。では、死亡した巨人はどうなる?」

アニ「え?……えっと……」

マルコ カキカキスッ

アニ「!……蒸発して、消滅します」

教諭「その通りだ。調査兵団のハンジ分隊長は巨人の研究を行っているが~」

アニ ペコッ

マルコ グッ



91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/13(木) 23:17:09 ID:q9TVjf3Q


エレン「なんとかやっていけそうだな」

アニ「……そうですね。皆さんよくして下さるので、助かります」

エレン「これなら、このまま記憶が戻らなくても大丈夫かもなー、なんて」アハハハ

アニ「……!…………」キュッ

エレン「ん?どうした?」

アニ「……いえ、なんでもありません……」



196 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:44:12 ID:HPLkUMok

~一か月後~

ライナー「もうひと月か。なかなか戻らないな……」

アルミン「そうだね……そろそろあっちも限界みたいだし……」チラッ

ライナー「あっち?」チラッ

ミカサ「エレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレン」ブツブツブツブツ

ライナー「なんだあれ……」ゾッ

アルミン「記憶喪失のアニの気持ちを酌んで、アニとエレンの関係を黙認した結果だよ。ミカサなりの最大限の譲歩なんだろうね」



198 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:45:04 ID:HPLkUMok


ライナー「……そろそろやめさせるべきだな」

アルミン「あ、やっぱりライナーもそう思う?」

ライナー「多分、だけどな」

アルミン「珍しくミカサは気付いてないみたいだけどね。やっぱり冷静じゃないみたいだ」

ライナー「どうする?」

アルミン「僕が話しに行くよ。失礼だけど、ライナーはこういうの向いてなさそうだから」クスッ

ライナー「ぐっ……だが、その通りだ。頼んだぞ」

アルミン「うん。だけど、あくまできっかけを作ってあげるだけだよ。そのあとは、エレンに任せよう」



199 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:46:02 ID:HPLkUMok


アニ「アルミン、話ってなんでしょうか?しかも、ひとりで来てだなんて……」

アルミン「大切な話だからね。エレンには聞かれない方がいいと思って」

アニ「そんな……ダメですよ?私にはエレンがいるんですかr」

アルミン「アニ、もうやめよう」

アニ「……何を、ですか?」

アルミン「記憶喪失のフリなんて、もうやめようよ」



200 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:47:04 ID:HPLkUMok


アニ「…………いつから気付いてたの?」スゥ

アルミン「最初から。って言いたいところだけど、半分は賭けだったよ。やっぱりフリだったんだ」

アニ「……ブラフだったか。可愛い顔して、なかなか汚いことするねアンタ」

アルミン「褒め言葉として受け取っておくよ……。まぁ、最初から疑ってはいたんだけどね」

アニ「……どうして?」



201 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:48:04 ID:HPLkUMok


アルミン「クリスタのときに色々調べたんだよ。過去に訓練兵で記憶障害を引き起こした事例は少なくない。とはいえ数年に1人くらいなんだ。それが、立て続けに記憶を失うなんてちょっと不自然じゃない?」

アニ「……そういうこともあるかもしれないじゃない」

アルミン「そうだね。だから言ったでしょ、賭けだって」

アニ「……チッ」

アルミン「みんなの話を聞いてると、ちょこちょこボロも出てたみたいだね。みんなは気がつかなかったみたいだけど」フフッ

アニ「アンタは気付いたんだろ。なら意味がないさ」



202 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:49:27 ID:HPLkUMok


アルミン「ねぇ、アニ……どうしてこんなことしたの?」

アニ「どうして、ねぇ……羨ましかったのかな」

アルミン「羨ましい?誰が?」

アニ「クリスタが。誰かに素直に甘えるなんて、私のキャラじゃないだろ……」

アルミン「『誰かに』じゃなくて、『エレンに』、でしょ?」クスッ

アニ「うるさいっ」カァッ

アルミン「それで記憶喪失ってことにしたんだね。それなら、最初からエレンに『おにいちゃーん』って言って抱きつけばよかったのに」クスクス

アニ「それは……流石に恥ずかしいから……。私は私なりにやろうと思ったんだ。ライナーが変なこと言ったせいで方向転換はしたけどね」



204 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:50:17 ID:HPLkUMok


アルミン「その割にはノリノリだったじゃないか」クスクス

アニ「なっ!?」

アルミン「アニはもっと自信をもっていいと思うよ?」

アニ「………………」

アルミン「少しの勇気でいいんだ。鈍感だって言われてるけど、人の気持ちをないがしろにするような人じゃないから」

アニ「…………そんなの、わかってるよ」



205 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:51:06 ID:HPLkUMok


アルミン「……僕の話はこれでおしまい。やめようって言ったけど、どうするかはアニ次第だよ」

アニ「………………」

アルミン「ミカサも限界みたいだから、出来れば早めに解決してほしいんだけどね。それじゃ」スタスタスタ

アニ「………………」

エレン『これなら、このまま記憶が戻らなくても大丈夫かもなー、なんて』

アニ(あいつは……どういうつもりで、言ったんだろ……)



206 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:52:01 ID:HPLkUMok


アニ(……普段の私より、今の私の方がいいってことなんだろうか)

アニ(このまま、何もわからないままフリをしていれば……あいつらを裏切らなくて済む)

アニ(でも、そうするとライナーやベルトルト達を裏切ることになる)

アニ(…………悩むくらいなら、最初からやるなって話だよね)

アニ「はぁ……どうしよう……」



207 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:53:00 ID:HPLkUMok


エレン「どうしたアニ。ため息なんかついて」

アニ「え、エレン!?な、なんでもないです!」

エレン「そ、そうか……隣いいか?」

アニ「え、ええ……」

エレン「…………」

アニ「…………」



208 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:54:00 ID:HPLkUMok


エレアニ「「あのっ!」」

エレン「あー……」

アニ「あっ、その……なんですか?」

エレン「あ、ああ……実はさ……」

アニ「はい……?」



209 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:55:00 ID:HPLkUMok


エレン「本当は俺とお前は恋人同士じゃないんだ!」

アニ「えっ?」

エレン「すまん!ライナーがそうした方がいいって言うからそうしちまったが、よくよく考えたらおかしいと思ってさ」

アニ「…………」

エレン「いつ言おうか迷ってるうちにズルズルと……。騙すつもりはなかったんだ!本当にすまん!」

アニ「…………」



210 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:56:00 ID:HPLkUMok


エレン「……怒ってる、よな?結果的に騙してたことに変わりはないわけだし……。でも、お前の為に何かしたかったのは本当なんだ!信じてくれ!」

アニ「……怒ってませんよ」

エレン「本当か!?」

アニ「えぇ、知ってましたから」クスッ

エレン「え゛っ」



211 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:57:01 ID:HPLkUMok


アニ「エレンは嘘が下手みたいですから」クスクス

エレン「マジかよ……。なんで気付いてるって黙ってたんだ?」

アニ「それは……その……」カァッ

エレン「?」

アニ「ま、まぁいいじゃないですか!」

エレン「お、おう……。あ、アニもなんか言いかけてたよな?なんだ?」



212 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:58:01 ID:HPLkUMok


アニ「えー……あの……記憶を失う前の私って、どんなでした?」

エレン「んー……別に今と変わらないんじゃね?」

アニ「え……いや、そんなことはないと、思いますけど……?」

エレン「?」

アニ「あ、なんでもないです!」アセアセ



213 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 21:59:00 ID:HPLkUMok


エレン「あー……そうだな、印象で言えば、無愛想だな」

アニ「…………」イラッ

エレン「いっつも怖い顔してるし、あんま喋んねぇから孤立気味だし、訓練のときも痛いからやめろつってもやめねぇし……」

アニ「…………」イライラ

エレン「最初は怖いだけの奴かと思ってたよ」

アニ「…………」イライライラ

エレン「全然違ったけどな」

アニ「……えっ」



214 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:00:02 ID:HPLkUMok


エレン「よく見りゃ結構色んな表情するんだよな」

アニ「あ、あの……」プスプス

エレン「みんながバカやってるときとか、呆れながらも微笑んでたりするし」

アニ「いや、その……」プスプス

エレン「意外と周りをよく見てて、さりげなくみんなのフォローしたりしてるし」

アニ「や、やめ……」プスプス

エレン「基本的に優しいんだよな、アニは」

アニ「あぅ……」プシュー



217 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:01:00 ID:HPLkUMok


エレン「うわっ!?どうした!?」

アニ「な、なんでもないです……」クラクラ

エレン「そうか……?あー……アニはアニだからな。記憶があろうとなかろうと本質は変わらねぇよ」

アニ「エレン……」



218 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:02:00 ID:HPLkUMok


アニ(……そうか。ちゃんと見ててくれてるんだ)

アニ(私は私。なにがあっても変わらない。こいつはわかってくれてる。演技なんてする必要ないんだ)

アニ(……ミカサにも、悪いことしちゃってるし……もう、いいかな。私は満足した)

アニ(本当のことを言おう。本当の私で、素直な気持ちを伝えよう……!)

アニ「え、エレン!」



219 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:03:02 ID:HPLkUMok


エレン「あ、でも対人格闘のやつは本当にやめて欲しいな」

アニ「……はっ?」

エレン「あれ、マジで痛いんだよ……やっぱり少し暴力的なのは直すべきだよなぁー」

アニ「…………」ゴゴゴゴゴ

エレン「ん?どうしたアニ?」



220 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:04:00 ID:HPLkUMok


アニ「痛いのは、嫌?」ガシッ

エレン「そりゃそうだろ。つか、なんだよいきなり掴んで……」

アニ「アンタは……」グイッ

エレン「あだだだだだだだだっ!?」

アニ「もう少し女の子との話し方を覚えるべきだね……!」ギリッ

エレン「……!アニっ、記憶がっ!?って痛い痛い!!やめろ腕はそっちにはまがらな……」

ギャー



222 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:05:41 ID:HPLkUMok

アニ記憶喪失事件は、エレンの腕と引き換えに終結したようです

アニは最初から演技だったってことはみんなには内緒にしてるみたい

それを言いふらそうとしたライナーがアニに殴られすぎて、「ぼくどうちてこんなところにいゆの?」などと指を咥えながら言った時には殺意すら覚えました(もう一発殴ったら戻ったけど)

最近は、また前みたいに少しエレンとも距離を置いてるようにも見えるけど、こっそりエレンの自主練に付き合ってるのを僕は知ってます

リア充め

アニの意外な一面が見れたということで、この事件も悪くはなかったんじゃないでしょうか

●月△日 アルミンの日記より抜粋


おしまい



223 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:08:29 ID:8YhddcSQ

おつー。



224 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:09:29 ID:6StI/Kr2

おつですー(^∇^)



227 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:12:48 ID:HPLkUMok



「ご馳走様でした!」

その一言に、食堂に居た者は皆自分の耳を疑った。

普通に生活していれば、何気ない食後の挨拶である。おかしな点などひとつもない。

しかし、それを発した人物と、タイミングが、異常だった。

彼女の皿には、まだ半分ほどの食料が残っていたのである。

彼女ならば、それはありえない。普段ならば、他人の皿に手を伸ばしていてもおかしくない。

食堂が静かなざわめきに包まれるなか、彼女は涼しい顔をしている。

クリスタ「ど、どうしたの?具合悪いの?」

クリスタの心配ももっともである。普段の彼女ならば、食事を残すことなどありはしないのだから。

しかし、彼女の次の一言で、さらなる喧騒が食堂を襲った。



サシャ「そんなことないですよ?もうお腹いっぱいです!」


次回『エレン「サシャ、頭でも打ったのか?」』

to be continued...?



230 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:14:51 ID:6StI/Kr2

次回作に勝手に期待してます。
本当におつかれ様でした(^∇^)



231 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/25(火) 22:16:24 ID:rNH2OCb2

よかった!
おつつ!



転載元
エレン「アニが頭をぶつけた?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1370966941/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (134)

          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 11:59
          • ※23と同じく、ライナー編が見たい。
            あの世界観なら、異様に人肌ってか、人の温もりが欲しくなりそうだから個人的にはアリかな。
            ただ、アニが温もりを求めてるのは・・・
            まぁ、エレンに惚れてるとしたら、父とエレンを天秤にかけてる感が有るし、心の不安定さが個人的に良く思えた。
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:00
          • 進撃SSをあげるとK談社からチャリンチャリンするってホントですかね管理人さん。

            それならこのサイトの進撃SSの異常な投稿数やコメント数も納得できますね。
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:07
          • ライナー編はよ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:09
          • 退行ライナー「おねぇたんだれ?」
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:14
          • ※36
            禁書 まどか アイマス モバマスの全盛期もずっと同じ状況だったろw今さら進撃に限ったことじゃーねよwド低能がw
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:26
          • 4 アニ可愛いよアニ
            サシャ編も期待してる
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:43
          • 2 そのまま死んで、どうぞ
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:45
          • 2 クリスタ「ふふ。エレンかあいいんだからあ//」ギュー

            エレン「お、おい。どうしたんだよ?」

            クリスタ「なんれもないお~//」

            チュ

            ユミル、男共「」

            クリスタ「えへへ~。エレンにキスしちゃったあ//」

            エレン「お、お前酒臭いぞ?酒飲んじまったのか?」

            これに限らず多くの進撃SSはこのレベルだと思うがどうだろう?今即興で書いたが、これでも面白い?自分の中では思い付いてもつまらないから却下するけど
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 12:53
          • ※42 そんでミカサが泥棒猫を削ぐとか言い出すんですね分かります。

            ありきたりやな
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:02
          • このssは誰に需要があるの?
            本当に下らない。

            進撃の巨人ssはエレミカだけでいいと前にも言ったはず。
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:02
          • ところでベルトルトさんが出て来ないのは何で?
            影薄いにしても、“実はいたよ”って素振りすら無いのは何で?
            この作者はキャラの好き嫌いで作品書くの?がっかりした。
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:06
          • ※42
            根本的に進撃でたいがい低評価なのは荒しを除いてもそういう恋愛モノが圧倒的だからね
            普通のギャグや程よい長さのシリアスが安定してランキングやツィートとかで評価されてること考えるとその系統は飛び抜けて駄作多い。
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:09
          • 1

            ※42 だな。 ほとんどワンパターンだもんな毎回
            ツマラナイものはツマラナイとレスすると変な擁護が現れるし(苦笑
            賛否あって当然なんだし、褒めるレスだけ欲しいなら自分のブログにでも書いてろって話だよ
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:10
          • >>42
            続きはどこで読めますか
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:12
          • おい1ヶ月経ったら
            農作業行きじゃねーのかよ
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:18
          • ※28
            蛇「えっ?」
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:37
          • 最後のライナー…殴りたい…
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:46
          • ※48 続きはwebで
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:47
          • 最後のライナーのやつ見たいな
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:53
          • ※42
            まぁ萌え層が少数派の進撃で萌えネタやれば、そりゃかなり良作でないとあまり評価されないのは自然と思うけどね。多数派のファンの趣向とは畑違いなわけだし。
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 13:54
          • ライナー編は名作になる予感。ライナー編楽しみ。
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 14:11
          • >>45
            お前が指摘するまでベルトルト居ない事に気付かなかったわwww
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 14:21
          • うん?むしろキャラ崩壊してること前提で進撃SSを見るべきなんじゃないか?まともにキャラを扱ってるSSってほとんどないだろ。
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 14:47
          • ※57
            正論。でもまともにキャラ扱ってるものには名作が多い。キャラ崩壊でも面白いのいっぱいあるけど。

            ようするに端から文句言うんじゃなく、面白いのは自分で探せよと。あるいは書けよと。
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 15:11
          • アニが戦士としての自分を忘れた姿には興味があるな…これは違うと思ったが

            ssの評価は人1人の絶対評価じゃなく、みんなの総合評価ですよ。批評するなってのはワガママですよ〜
            あ、荒らしとサテンサンは別よ?
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 15:22
          • 文句があるなら自分で書けばいいのにな
            批判のベクトルはだいたい共通してるんだから皆が書けば皆が納得する出来のが大量に更新されるやろ
            文句言うだけだから書く人は減り選択肢も減り出来の悪いのが更新される
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 15:27
          • ライナーの頭をもう一度殴るまでの時間は書いてない。つまり、5日くらい日が経ってから殴るのかもしれない。

            エレン「ライナーの頭を殴ったって?」がサシャ編の前後どっちかにあると信じたい。
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 15:35
          • ※60 極論だなぁ…。その反論借りるなら、駄作も何でかんでも褒めたたえてたら無作為にss大量生産されて面倒になるぞ?

            心配し過ぎだよ。沢山の人が見て評価付けてるんだから、正しい評価は出てる。変に気遣ってヨイショしなくても書いてくれる人は書くし、凹んだ奴はもっと良いのを書こうと思ってくれるさ。お前1人が未来憂う事じゃないべ
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 15:42
          • つか低評価受けてるssが多い進撃だけど、別に影響も無く大量生産されてるからな…杞憂だね。
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:11
          • 評価の高い作品、低い作品は進撃の場合はジャンルではっきりしてるわけだし、まとめ側としてはそこを見極めて比率を考えながらまとめれば一番良いんだけどね。
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:24
          • SSが大量生産されて何が悪いん?
            読むためじゃなくて書くためのものなんだが
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:31
          • ※65
            正論だな
            それと批評と批判の区別はつけてもらいたいものだ
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:39
          • ただ否定的な批評をただの批判ととらえて攻撃する多いヤツが多いのも問題だな。逆もしかりだが。
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:42
          • 分からないな。つまらないと思った奴は何故そんなものに時間使って最後まで見た挙句※までしていくのか。暇過ぎるだろ。
            批評するならするで、良い所、悪い所、なぜ悪かったのか書かないとただディスってるようにしか見えんし。

            とりあえずサシャ編の発端はどうなるのか楽しみ。
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:43
          • 批判を叩きだと思ってるやつの多いこと多いこと
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 16:43
          • ※62
            コメント見てるとごく一部の良作を基準にしてる節があると思うんだよ
            それこそ月に一つあるかないかの良作をさ
            そんな色眼鏡で全て読んでたら大半は駄作になるわけで
            書きたい人が書くのがSSって上にあるけどまさにその通りでコメントの価値観と作者、元スレの価値観にギャップを感じることが多々ある
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:05
          • ※65.以下賛同者
            ssが書くだけのものなら自由帳で十分じゃないか?書いてる人は自分のストーリーを見て貰いたくてネットに書いてるんだろ?なら読んで、評価するのは書いてる人の望む所じゃないか

            んで、好評価ばかりじゃ自分がどれだけの物を書いたのか分からなくなるだろ?だから正しく評価するのは決して間違いじゃないさ。
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:06
          • 1 キャラ崩壊つーより、
            恋愛系やハーレム系は同じようなのが多いからね
            マンネリ化して面白くない
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:08
          • あ、勿論キチガイとサテンサンは別よ?
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:14
          • ※71
            そういう真面目な意見持ち出して批判を肯定するなら、批判も真面目にしてくださいよ。
            悪かったって言うのは良いけど、なんで悪かったのか納得できる言い方しないと荒らしなのか違うのか分からんでしょ。

            少なくとも人が肯定してるものを否定するんだから、誠意がないと反感買うし、衝突もする。
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:14

          • ※72
            超同意!
            ライナーとかダズも増えれば良いんだが・・・
            大抵はエレンで同じような流れだからな(^^;
            バッドエンドとか趣向を変えてくれれば読み応えあるかもな
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:17
          • やっぱエレンハーレムSSは面白いな。
            モテて良いのはエレンだけ。
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:21
          • 進撃ファンはマンセーされないと満足できない子が多いからね、仕方ないね(笑)
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:22
          • キモい…
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:23
          • 退行ニキ編は無いんですか(落胆)
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:24
          • まぁ ド素人が書いてる訳だし期待しすぎなんじゃ。
            巨人SSは初心者の書き手が多いようだしね。
            読み手も普段こういうのを読まない子が多いようだし、
            批評と批判の区別がついてない子も多いね。
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:24
          • 最近、エレン×サシャが少ないから、次回作に期待。
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:27
          • 君達は恋愛経験のない童貞だから、恋愛の素晴らしさが分からない……
            俺は男子校でモテまくってるから、こういうSSは好きだぜ!
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:27
          • 勘違いしてる奴多いけど
            お前ら最下層の人間が偉そうに評価付けても惨めなだけだぞ(笑)

            お前らみたいなまとめてもらった物を感謝どころか注文付けて、逆ギレするような池沼共は黙ってア/フィ貢献だけしてろ。

            評価は本スレで終わってるから それこそチラシの裏にでも書いとけ(笑)
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:29

          • ※82
            童貞ほど童貞という言葉を使いたがる。失笑
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:29
          • ※71
            間違いだろ(笑)

            お前ゴキブリに評価してもらったからって為になるのか?
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:30
          • ※84
            君も使ってるじゃないか
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:30
          • ※84 落ち着け ※82をよ~く読むんだ!w
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:31
          • ※84
            こいつ二回も使ってるぞwwww
            確実じゃねーかwwww
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:33
          • エレン×ミカサ
            アルミン×アニ
            コニー×サシャ
            ライナー×暴力
            ベルトルト×ユミル
            クリスタ×俺

            この組み合わせ以外は認めない
          • 90. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:33
          • ※84
            俺は、レスリング部と柔道部と相撲部の先輩に無理矢理犯されたから、童貞じゃないよ!
          • 91. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:38
          • ※89
            他はともかく一番下は認めない。





            認めない。
          • 92. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:38
          • ※90
            マジかよ。
            俺なんか、ラグビー部と水泳部と漫画研究会の先輩に無理矢理掘られたぞw
          • 93. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:38
          • ※83
            そして君もその最下層の1人なわけだね
          • 94. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:40
          • この早さなら言える!アニがぼっちで便所飯するSSが読みたいです!
          • 95. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:40
          • 90に同情を禁じえない。


            いや、決めつけるのはよくないな。もしかしたらホモかもしれないし、俺よりよっぽど充実してるかもしれない。
            リア充爆発。
          • 96. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:42
          • ※93
            そうさ。そしてお前も。もちろん俺も。

            最底辺へようこそ。
          • 97. ああああ
          • 2013年06月26日 17:42
          • 1 もうそろそろこの作者も限界かな…
          • 98. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:44
          • ※96 やったぜ!
          • 99. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:52
          • ※96 Welcome to Underground…
          • 100. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:55
          • 間違われやすいけどこの人は幼馴染みトリオの退行とは無関係なんだよな確か。
          • 101. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:55
          • 100取ったナリィィィィイイイ!!
          • 102. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 17:59
          • 俺たちは皆、等しく最底辺の住人でありゴキブリである。

            勘違いしたゴキブリが、自分たちをカブトムシだと信じ、粋がるのは実に滑稽だ。

            忘れるな。自分達がどれだけ世間に必要とされていないのかを。どれだけゴミなのかを。誠実な、謙虚な心を。

            俺も忘れない。
          • 103. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 18:01
          • はっ!我々は全員、排水溝出身ウジ虫以下でありますッッッ!!
          • 104. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 18:03
          • これからエレ速は
            作者を叩くのではなく 勘違いしたコメ書く奴を叩くのに全力を費やすべき

            ノルマは100コメやな
          • 105. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 18:13
          • コメント記入欄に評価があるから付けているのであって、思い上がってるとかではなく…
            それにエレ速の評価なんだから別に終わってもなく…
            ゴキブリに褒められても同じくどうでも良いから別にどっちでも…


            真性とサテンサンはやっぱり別格ね
          • 106. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 18:21
          • やっぱ進撃SSは>>1の時点でカップリングの内容の明記必要だな

            エレンは
          • 107. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 18:46
          • 4 荒れ過ぎwなんだこれw
            もう少し気楽に読めや。だのSSだぞ
          • 108. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 18:48
          • 作者さん、めげないで頑張って下さいな
            自分は応援してますので
          • 109. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 19:13
          • 平和だねぇ
          • 110. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 19:17
          • 平和はいいこと
          • 111. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 19:23
          • 5
            むしろライナーの記憶喪失の方が気になるんだけど・・・
          • 112. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 19:35
          • ジャンとミカサがくっつく奴見てみたいな
          • 113. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:25
          • 俺が排水溝だとしたらお前らは排水溝の上を歩く女性だ
            そしてノゾキ魔は俺を利用してお前らを覗く
            全くなんてこったいビューティフォー
          • 114. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 22:54
          • まあSSは楽しむために見るものよ
            現行スレならともかくまとめサイトの※欄で批評しても何の意味もないし、お互いに楽しめないと思うよ
          • 115. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:11
          • 3
            クリスタ編の方が好きだったかな。今回は普通だな。

            ※113
            もうちょっといい例えなかったのかw
            全くなんてこったいビューティフォー

          • 116. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:14
          • 面白いかどうかの批評は好きにすればいいと思うけど
            自分の考えを正当化するのは駄目じゃね
          • 117. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月26日 23:53
          • 2 評価が無駄?散々反応してくれる方々が居るのにそりゃ無いだろwwwたまに作者が覗いて工作してる時もあるみたいだしな?www
            思った事書けば良いんだよ、そんで他人の感想には口出ししなけりゃ良い。自治のつもりか知らんが批判書くなって言ってる奴は何様だ?そういうの管理人がする仕事だから黙ってろよwww


            んでんで、これは何処かでみたssって感じだな。普通
          • 118. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 00:51
          • ※117
            他人の感想に文句付けるのも自由だろwwww
            お前こそ自治じゃねーか禿wwww

          • 119. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 03:16
          • ※118
            ハゲはいけない。
            例え本当に禿げててもハゲはいけない。
            あまり人の身体的特徴を馬鹿にするのはやめよう。

            117も118も言いたいこともわかるけど何事もほどほどにってことだね。
            意見が極端になってしまっては他の人の意見を聞き入れることが難しくなっちゃうから。
            だからこういう場であってもハゲとか軽々しく言っちゃいけない。
            そういうことを気にしてる人もここを見てることもあるんだから。
            人を思いやることも大事なことなんだよ。
            だからここ見て傷ついたハゲの人には謝っておいた方がいいと思うな。
          • 120. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 03:19
          • だから他のキャラの妄想カプものは批判せずマンセーしておいて、エレンの時だけ叩く奴って何なんなんだ?
            内容がつまらないって批判ならともかく、『このカプは~』『ハーレムは~』みたいなコメントは本当無駄でしかないわ
            お前の好みとか知るかよ。なんでお前に合わせ作らなきなんねーんだよって話だろ
            創作能力がないのなら自分に合う作品を自分で探せよ
          • 121. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 04:37
          • エレ速はSSよりも※欄の方が面白い
          • 122. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 06:40
          • 批判厨のガキおおすぎわろたwwwwww
            ステマステマうっさいんだよ無能ども黙って失せろ
          • 123. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 07:24
          • ※120,122 言いたい事は分かるが、批評してる人を全部その括りにされちゃ黙っていられないでしょ
            まさかssに駄作が無いとは言わないだろ?
          • 124. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 09:59
          • 俺は好きだな、良いじゃんか、好きも嫌いも個人の感想。他のカプ読みたいならリクエストしてみりゃいい
          • 125. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 10:02
          • 待ってるだけじゃ…読めない!
          • 126. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 11:47
          • ※123
            はいはい病院行け池沼^^
          • 127. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 12:12
          • 結論→米欄にあらわれるエレ速民は俺も含め全員池沼
          • 128. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月27日 13:43
          • いつまでも喧嘩してると放屁して教官を呼びますよ!
          • 129. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月28日 01:13
          • どんなジャンルだろうが内容が面白かろうがつまらなかろうが二次創作は全て著作権侵害の果ての産物で、書いてる奴もそれをマンセーしてる連中も等しくクソなのに、なんで一々優劣つけたがるだろうな
            同じ穴の狢だろうが
          • 130. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月28日 06:16
          • やっぱSSは深夜から直に見た方がいいな
            まとめは変なのが湧いて困る
            特に恋愛要素入ってるとなんか勘違いした奴が暴れ出すしな
          • 131. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月29日 20:48
          • 面白かったなぁ
            サシャ編にも期待しとくぜ!
          • 132. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月04日 03:08
          • ライナー編見たいってヤツが多いががっつり話として書くと鬱展開になりそうなんだが…
          • 133. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月06日 01:14
          • 100取れてねぇw
          • 134. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月19日 23:11
          • ミカサわらわらで草

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        • 【天気の子】ほだか「ヒナさん!俺たちは大丈夫だ!」ヒナ「ねえ…何が大丈夫なの…?」 ほだか「えっ…」
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ