TOP

奉太郎「千反田の耳元でささやいてみる」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:39:00.46 ID:Sy2hxobt0



ある日の放課後。地学準備室。


古典部の部室にいるのは、俺と千反田だけ。


今日も机を挟んで、向かい合わせで静かに読書をしている。



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:39:41.67 ID:Sy2hxobt0



える「これ、親戚からの頂き物です。好きにつまんでください」



そう言って千反田は、お菓子がたくさん入った箱を差し出してくる。


俺は何も言わず、一つつまんだ。




4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:40:54.01 ID:Sy2hxobt0



える「不毛です!」



奉太郎「……」



える「不毛なんです!」



奉太郎「……か」ボソッ



える「折木さん?」



奉太郎「『そうか』と言ったんだ」



える「そうでしたか。ですが折木さん、もっと大きな声で発言してください」



奉太郎「……」



える「そんなに小さな声でしゃべられても、聞こえませんよ?」




5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:41:49.02 ID:Sy2hxobt0



える「話が逸れてしまいました。とにかく、不毛なんです! 何かしましょう、折木さん!」



奉太郎「……んどくさい」ボソボソ



える「はい?」



奉太郎「『めんどくさい』と言ったんだ」ハァー



える「ですから、そんな小さな声じゃ聞こえません!」



奉太郎(めんどくさい……)



える「どうしたのですか、折木さん? 今日は一段とテンションが低いですよ?」




6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:42:34.22 ID:Sy2hxobt0



奉太郎(ただでさえ今日は声を発することすらだるいのに)



奉太郎(千反田といると、どうもしゃべらなければいけない羽目になる)



奉太郎「帰るか……」ボソッ



える「帰るのですか?」



奉太郎「今のは聞こえたんだな」



える「正直言ってよく聞こえませんでしたが、折木さんが発する雰囲気で察知しました」



奉太郎「……さいで」




7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:43:35.15 ID:Sy2hxobt0



える「というか、帰ってはダメです!」



奉太郎「なぜだ? 特別やることも無いし、帰っても問題ないだろう」



える「せっかくこうして部室にいるのですから、何かしなきゃ勿体無いです!」



奉太郎「……」



える「そうだ! こうしましょう!」ピキーン



奉太郎「?」



える「折木さんの発声練習をしましょう!」



奉太郎「」




8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:44:11.71 ID:Sy2hxobt0



奉太郎「は?」



える「ですから、もっと声が大きくはっきりしゃべれるように練習しましょう!」



奉太郎「やらん。やらなくても良いことはやらない」



える「面接試験とかでも重要なことですから、やらなくて良いことではないです!」



奉太郎「確かにそうかもしれんが、別に今やる必要はないだろ」



える「『善は急げ』です」




9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:44:49.75 ID:Sy2hxobt0



奉太郎(こいつは一度決めるとなかなか曲げないからな……)



奉太郎(なんとかこの状況を簡単に抜け出す方法はないだろうか……)



奉太郎「……あっ」ピキーン



える「では早速始めましょう。まずは息を大きく吸って深呼吸しまs」



奉太郎「なぁ千反田。こうすればもっと早く解決するんじゃないか?」




10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:45:49.55 ID:Sy2hxobt0



そう言って俺は座っていた椅子から立ち上がり、千反田の隣の椅子に座った。




奉太郎「ほら、こうすれば聞き取りやすいだろ?」



える「! た、確かにそうかもしれませんが……」



奉太郎「? まだ聞き取りづらいか? じゃあこうしよう」



える(!!??!???!!!!???//////////////)




11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:46:39.91 ID:Sy2hxobt0



奉太郎「こうすれば、さすがに聞こえるだろ……?」ボソボソ



える「お、折木さん! そんな、み、耳元でしゃべらないでください!//////」カァー



奉太郎「なぜだ? お前が俺の声が聞こえないって言ったからだぞ?」ミミモトデボソボソ



奉太郎「これが一番手っ取り早い方法じゃないか」ミミモトデボソボソ



奉太郎(やらなければならないことは手短に、だ)




12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:47:26.98 ID:Sy2hxobt0



える「そんな、耳元で話さなくても、大きな声で話せば済む話です!///」



奉太郎「めんどくさいんだよ。それに今日はもう可処分エネルギーが残されていない」ミミモトデボソボソ



える「だ、だからって……、そんな、恥ずかしぃ……、です……//////」ボソボソ



奉太郎「ん? どうした? 今度はお前の声が小さくなってるぞ」ミミモトデボソボソ



える「だって、折木さん、が……//////」ミミモトデボソボソ



奉太郎(……可愛い……)




13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:48:47.65 ID:Sy2hxobt0



ガラガラッ




里志「やぁ! ごめん二人とも! 遅くなっちゃった~、……って、あれ?」



摩耶花「ごめんね~! 福ちゃんが宿題忘れて先生に怒られt、……ん?」







奉太郎&える「」






里志&摩耶花「……帰ろっか」




14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:49:42.07 ID:Sy2hxobt0



える「ま、待ってくださいお二人とも!! ち、違うんです!!」



里志&摩耶花「ナニガー?」ニヤニヤ



える「折木さんの声が小さくて聞こえないから、もっと大きな声で話してと私が言ったら、こうしようって折木さんが……」



里志&摩耶花「ニヤニヤ」



える「私の耳元で話せば、大きな声を出す必要ないから、って//////」



里志&摩耶花「ふ~ん」ニヤニヤニヤ



奉太郎「これが一番手っ取り早い方法だろ?」




15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:50:32.10 ID:Sy2hxobt0



里志「いや~、まさか『あの』ホータローがね~」ニヤニヤ



摩耶花「ついに『あの』折木が……。良かったね、ちーちゃん」グスッ



奉太郎「おい、『あの』ってどういうことだ」



える「はぁ~、すごく緊張しました……///」



奉太郎「何で緊張するんだ?」ミミモトデボソボソ



える「だ、だから折木さん、やめて、ください……//////」



奉太郎「今度からお前と会話する時はこの方法でいこう(面白いから)」ミミモトデボソボソ





里志「やっぱ僕たち帰ろうか」コソコソ



摩耶花「そうね。二人の邪魔しちゃ悪いしね」コソコソ




16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:51:17.39 ID:Sy2hxobt0



翌日の放課後。地学準備室。


今日もまた、古典部の部室にいるのは、俺と千反田だけ。


今日、里志と伊原はいわゆるデートというやつらしい。




17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:53:11.31 ID:Sy2hxobt0



奉太郎(……)



える(……//////)



える「あ、あの、お、折木さん//////」



奉太郎「?」



える「な、何で今日は最初から、と、隣に座って本を読んでいるのですか……?///」



奉太郎「だから昨日言ったじゃないか。今度からお前と会話するときは、お前の耳元で話す、と」ミミモトデボソボソ



える「は、恥ずかしいので、や、やめて、ください……///」



奉太郎「そう言いつつ、お前逃げないじゃないか」ミミモトデボソボソ



える「はぅ……///」カァー



奉太郎(やべぇ超可愛い)




18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:54:57.21 ID:Sy2hxobt0



奉太郎(ちょっといたずらしてみよう)



奉太郎「」フゥー



える「はぅあ!!」ビククッ



奉太郎「」クスクス



える「な、何するんですか!? 折木さん!//////」



奉太郎「何って、お前の耳に息を吹きかけただけだが?」ミミモトデボソボソ



える「だから耳元でしゃべらないでください!///」



奉太郎「嫌なら逃げればいい」ミミモトデボソボソ



える「そ、それは、その……」シュン



奉太郎「その代わり、もう俺としゃべることはできなくなるだろうな」ミミモトデボソボソ



える「! それはダメです!」



奉太郎「なら、このままでいくしかないな」ミミモトデボソボソ



える「ぅ……//////」




19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 17:56:02.11 ID:Sy2hxobt0



~一方、里志と摩耶花は~





摩耶花「今頃、折木とちーちゃんは、またイチャイチャしてるのかしら」



里志「だろうね。ホータローには、僕たちが今日部室に行かないことをあらかじめ伝えておいたよ」ニヤッ



摩耶花「GJ福ちゃん!」ニヤニヤッ



里志「ところで、耳元でささやかれるのって、女の子的にはどうなの?」



摩耶花「さぁ? 人によって違うだろうし、私は別にどっちでも良いかな」



摩耶花「あと、男の声質にもよるんじゃない?」



里志「あぁ。確かにホータローはあぁ見えて、結構良い声してるしね」



摩耶花「えぇ~? あの折木が~?」



里志「なんと言っても、CV:中○悠一さんだしね」



摩耶花「あぁ……」




20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:02:24.38 ID:Sy2hxobt0



さらに翌日の放課後。地学準備室。



今日も、いつもの二人だけ。






える(//////)ドキドキ



奉太郎(……)



える(……?)



える(今日は折木さん、隣に座ってきません……)



える(何かあったのでしょうか……。私、気になります……)



える「あ、あの! 折木さん!」




21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:09:27.96 ID:Sy2hxobt0



奉太郎「?」



える「今日はなぜ、と、隣に座らないのですか?」ドキドキ



える(そういえば私ったら!)



える(こんなこと聞いたら、折木さんにまるで隣りに座って欲しいみたいじゃないですか!///)カァー



奉太郎「ふむ」





ガタッ トコトコ ストン





奉太郎「これで、良いのか?」ミミモトデボソボソ




22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:10:31.47 ID:Sy2hxobt0



える「えっ? あっ、いえ、あの、その……///」



奉太郎「なんだ、こうじゃないのか?」ミミモトデボソボソ



える「いえ、あの、ち、違います……!//////」カァー



奉太郎「そうか、じゃあ戻るぞ」





ガタッ トコトコ ストン





える「えっ……」



奉太郎「? お前は俺に隣りに座って欲しくないんだろ?」



奉太郎「だから元の位置に戻っただけだ」



える「あの……」




23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:12:05.58 ID:Sy2hxobt0



奉太郎「これで良いんだr」



える「折木さん!」





ガタッ トテトテ チョコン





奉太郎「なんだ」



える「はい! どうぞ!」グイ



奉太郎「いや、いきなり俺の膝の上に座ってきて、『どうぞ』と言われてもな」



える「! で、ですから!/// ね? わかるでしょう?///」



奉太郎「いやさっぱり」ニヤニヤ



える「くっ……。で、ですから、み、耳元でささやいてください!!//////」カァー




24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:15:36.53 ID:Sy2hxobt0



奉太郎「最初からそう素直になれば良いんだ……」ミミモトデボソボソ



える「はふぅ~//////」ウットリ



奉太郎「今日は何の本を読んでいたんだ?」ミミモトデボソボソ



える「何も読んでません……」



える「折木さんに耳元でささやいてもらいたくて、内容なんか覚えていません///」




25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:17:56.48 ID:Sy2hxobt0



奉太郎「お前は可愛いな……」ナデナデ



える「折木さん//////」



奉太郎「好きだよ、える……」ミミモトデササヤキ










【完】





26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:35:14.50 ID:fJo+5PVWo

ブラックコーヒーがパルスイートに。

乙したー



27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 18:57:47.02 ID:2tbWSkdfo

えるたそー



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 19:47:03.69 ID:Sy2hxobt0



思いつきで書いたので、結構適当になってしまいましたが、楽しかったです。


読んでくれた方ありがとうございました。




29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:08:47.71 ID:6SDwbq60o

また思いついたら書きにきてくれていいのよ



30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 20:28:31.08 ID:LAV/l5IzO

最高だった



31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/12(水) 22:21:22.71 ID:mlwNkWjNo

良かった



転載元
奉太郎「千反田の耳元でささやいてみる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371026259/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (18)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 06:09
          • いきなり対面座位とか…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 07:07
          • 改行がうぜえ
          • 3. 七草粥
          • 2013年06月13日 07:40
          • 壁殴り代行はよ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 08:04
          • ベルベルさんこの壁ぶっ壊して下さい(懇願)
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 09:00
          • ほうたそ~
          • 6. MCC
          • 2013年06月13日 09:38
          • 5
            ええでええで~
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 09:56
          • この折木さんは千反田さんが自分に好意を持っていると知っていますよね。全く…悪いお人です。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 10:06
          • 不慣れなものほど奇をてらうなら慣れている者ほど正攻法でいく
            この奉太郎は…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 10:58
          • えるたそ~
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 11:09
          • ※7
            千反田乙
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 11:23
          • ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 12:27
          • 少女漫画みたーい
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 12:37
          • 良いよ良いよー
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 13:57
          • パルスイートクッソワロタ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 21:30
          • はいはいえるたそえるたそ

            えるたそ~
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 22:59
          • 甘味は干し柿の甘さを超えちゃいけないって山岡さんが言ってた
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月14日 01:35
          • 中村ボイスでやられたら俺でも濡れてまうやろ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月12日 14:45
          • 甘酸っぱすぎてみてらんねーwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ