TOP

アルミン「相談があるんだけど……」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 16:46:46 ID:fy7phl1M

ミカサ「なに?」

アルミン「聞いてくれるのかい?」

ミカサ「アルミンはいつも私たちに的確なアドバイスをくれる」

ミカサ「ささやかだけど私もそのお礼がしたい」

ミカサ「だから何でも言って」

アルミン「ミカサ……」

アルミン「ありがとう!これはミカサにしか相談できないことなんだ!」



2 :m 2013/06/06(木) 16:47:36 ID:fy7phl1M

ミカサ「私にしか?」

アルミン「そうなんだ。エレンについてなんだけど……」

ミカサ「エレンがどうかしたの?」

アルミン「うん。実は……」



3 :m 2013/06/06(木) 16:48:10 ID:fy7phl1M

アルミン「エレンがミカサのことに夢中みたいなんだ!」

ミカサ「……………」

アルミン「……………」

ミカサ「……………」

アルミン「……………」

ミカサ「不本意だけど」

アルミン「?」

ミカサ「エレンは私の訓練の成績に対していつも対抗心を燃やしている」

ミカサ「食事の時も専ら訓練の話ばかり」

ミカサ「たとえば『今度こそミカサに勝ってやる』とか」



4 :m 2013/06/06(木) 16:48:41 ID:fy7phl1M

ミカサ「ねえ、アルミン」

アルミン「なんだい?」

ミカサ「確認するけど、そういう話ではないということ?」

アルミン「その通りだよ、ミカサ」

ミカサ「アルミン」ズイッ

アルミン「な、なんだい?」チカイヨ…

ミカサ「その話、詳しく聞かせてほしい」



5 :1 2013/06/06(木) 16:49:32 ID:fy7phl1M

名前欄を間違えた
1にかえる



6 :1 2013/06/06(木) 16:50:02 ID:fy7phl1M

アルミン「じゃあ、話すよ」

ミカサ「ええ」

アルミン「あれは昨日の訓練が終わった後のことだ」

アルミン「エレンが突然こんなことを言い出したんだ」

──エレン『ミカサって、髪の毛綺麗だよな』

アルミン「僕は『えっ?』って聞き返した」

ミカサ「……………」



7 :1 2013/06/06(木) 16:50:33 ID:fy7phl1M

アルミン「そうしたら、エレンが」

──エレン『いや、だからさ、ミカサの髪の毛綺麗だよな?』

──エレン『俺たちと同じように毎日泥まみれになって訓練して』

──エレン『あの栄養摂れてるのか分からない粗末な食事でさ』

──エレン『肌はもちろん、髪の毛まであんなサラサラのつやつやなのって』

──エレン『すごいことだよな?』

アルミン「って言ってさ。僕は、ああ……聞き間違いじゃなかったのか……って嘆息したんだ」

ミカサ「そう」



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 16:50:38 ID:DobvGQaE

鼻息荒いミカサ可愛い



9 :1 2013/06/06(木) 16:51:05 ID:fy7phl1M

アルミン「いや、確かにミカサの髪の毛は僕から見てもとってもきれいだと思うよ?」

アルミン「でも、エレンが突然そんなことを言い出すなんてさ……」

ミカサ「私はとても嬉しいし、エレンが成長しているようで微笑ましいと思うけれど」

アルミン「そ、そうだよね……やっぱり」

アルミン「でもさ、あれを他の女の子にも言い出す可能性がないわけじゃないよね?」

ミカサ「それは……少しいや」



10 :1 2013/06/06(木) 16:51:51 ID:fy7phl1M

アルミン「?……ごめん、聞こえなかった。もう一度いってくれないかな?」

ミカサ「なんでもない」

アルミン「そっか。……それでさ、昨日はそれだけだったんだけど、さっき起きたらエレンが」

──エレン『ミカサに会いたくなってきた』

──エレン『でもこのぼさぼさ頭じゃ会えねえな……。風呂入ってくるか』

アルミン「って言って、お風呂に行ってしまったんだよ!」

ミカサ「待ってアルミン。その話がさっきのことだとすると……」



11 :1 2013/06/06(木) 16:52:21 ID:fy7phl1M

アルミン「そうなんだよ!そろそろエレンがミカサに会いに来る頃合いなんだ!」

アルミン「だからエレンが少しおかしくても気にしないで、っていうのを君に伝えたかったんだ」

ミカサ「そう、分かっ……!」

アルミン「……どうしたんだいミカ……まさか!!」バッ

エレン「よう、二人とも!」ホクホク

ミカサ「おはようエレン」

アルミン「お、おはようエレン。お風呂は気持ちよかったかい?」

エレン「ああ!気分がしゃきっとしたぜ!」シャキーン

ミカサ(かわいい)



12 :1 2013/06/06(木) 16:53:06 ID:fy7phl1M

アルミン「そ、そうか……!」

ミカサ「エレンも朝ご飯を食べるといい。もっとしゃきっとするはず」

エレン「ああ、そうする!」シャキーン

ミカサ(かわいい)

アルミン「だ、大丈夫そう……かな?」

ミカサ「いつものエレン。心配は不要」

エレン「ふー、お腹空いたな!二人はもう食べたのか?」

ミカサ「食べた」

エレン「そうかそうか!なんか話してたのか?」

アルミン「ちょ、ちょっとね……あはは」



13 :1 2013/06/06(木) 16:53:37 ID:fy7phl1M

エレン「ん……ほうか!」モグモグ

ミカサ(かわいい)

エレン「二人は今日なんか予定とかあるのか?」

ミカサ「特にない……けれど、どうかしたの?」

エレン「いや、久しぶりに三人で外出しようかと思ってな。アルミンはどうだ?」

アルミン「僕も特に……」ハッ

アルミン「……………」

エレン「アルミン?」

ミカサ「どうかしたの?」



14 :1 2013/06/06(木) 16:54:15 ID:fy7phl1M

アルミン「いや、座学のことで分からないことがあって、今日の内に解決しておきたいんだ」

アルミン「だから今日は……ごめん」

エレン「そ、そんな申し訳なさそうな顔すんなって。アルミンのそういうところ大好きだぞ?」

ミカサ「私も」

エレン「だよな!だからアルミンは座学でトップとれるんだよ。俺もそういうところ見習わないとな!」

ミカサ「できるの?」

エレン「そ、そういうこと言うなよミカサ!」

アルミン「……ふふっ」

アルミン「今日は二人きりで楽しんできなよ。久しぶりなんだしさ」



15 :1 2013/06/06(木) 16:55:11 ID:fy7phl1M

エレン「ああ。今度また外出許可が出たときにでものんびりしようぜ!」

アルミン「うん」

エレン「……よし、食べ終わった!ミカサ、外出許可申請しに行くぞー」

ミカサ「うん」

エレン「じゃあ、アルミン頑張れよ~!」

ミカサ「じゃあね、アルミン」

アルミン「うん、行ってらっしゃい二人とも」

アルミン(これで後は様子見か……)



16 :1 2013/06/06(木) 16:55:46 ID:fy7phl1M

──町にて──


エレン「ミカサはどっか行きたいところとかあるか?」



17 :1 2013/06/06(木) 16:56:17 ID:fy7phl1M

エレンに見つかったので一時中断する



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 17:05:42 ID:DobvGQaE

(゚ω゚;)。o○(ぇ!?)



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 18:17:31 ID:nn75iy/I

これは…



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 17:27:34 ID:lEiI4Cus

>>7 アッカーマン訓練兵、配置に戻rギャボバベバババハ



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 18:14:39 ID:Pft4GCaI

もしかして間違った名前欄のmってミk(グシャッ



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 23:11:03 ID:faO9MCWg

やはり…妄想か…



24 :1 2013/06/06(木) 23:16:38 ID:fy7phl1M

>>20-21
私はミカサではない
エレンというのも間違えただけ

>>23
削ぐ




落ち着いたので続きを書く



25 :1 2013/06/06(木) 23:19:28 ID:fy7phl1M

──町にて──


エレン「ミカサはどっか行きたいところとかあるか?」

ミカサ「特にないけれど、エレンは?」

エレン「ん~そうだな~。……こういう時って男が先導するべきだよな」

ミカサ「私はエレンと一緒ならなんでもいい」

エレン「お前はもっと欲張った方がいいぞ」

ミカサ「欲張る?」

エレン「ああ。もっと自分がしたいことをした方がいい」

エレン「俺に合わせるなんてもったいないことすんな」

ミカサ「別にもったいなくはない。むしろ贅沢」

エレン「……はあ」

エレン「ちょっと適当に街とか見て回るか」

ミカサ「うん」



26 :1 2013/06/06(木) 23:20:08 ID:fy7phl1M

──雑貨屋にて──

ミカサ「……………」ジィ

エレン「何だミカサ、それ気に入ったのか?」

ミカサ「うん」ジィ

エレン「……………」ヒョイ

ミカサ「……?エレン?」

エレン「買ってやるよ。……ここ最近お前に何かプレゼントするなんてことしてないからな」

ミカサ「……嬉しい。ありがとう」ニコ

エレン「気にすんな」ニカ



27 :1 2013/06/06(木) 23:20:40 ID:fy7phl1M

エレン「……アルミンにもなんか買ってやるか」

ミカサ「それがいい」

エレン「じゃあミカサ、一緒に選ぼうぜ!」

ミカサ「うん」

────────
─────
───

エレン「服屋か~」

ミカサ「私達はあまり私服は必要ない」

エレン「確かにな。出かける時もこうやって訓練服だしなあ」

ミカサ「うん」

エレン「けどさ、ちょっと見てこうぜ」

エレン「流行に乗り遅れるのはまずいだろ?」

ミカサ「流行なんて言葉使うなんてエレンらしくない」

エレン「バカにすんな!」



28 :1 2013/06/06(木) 23:21:16 ID:fy7phl1M

ミカサ「ふふ」

エレン「ほら、中行くぞ」

ミカサ「待って」


──洋服店にて──

エレン「ミカサ、俺ちょっと男物の服見てくるわ!」

エレン「すぐ戻るから、女物の服でも見ててくれ」

ミカサ「私もいく」

エレン「大丈夫だって!すぐ戻る」

エレン「お前だって流行に乗り遅れるのはヤだろ?」

ミカサ「……………」

エレン「俺は流行りの服を着こなせる女の子って魅力的だと思うけどな~」シラー

ミカサ「婦人服のエリアで待ってる」スタスタ



29 :1 2013/06/06(木) 23:21:48 ID:fy7phl1M

エレン「……よっし」


────────
─────
───

エレン「ふぅー。結構歩いたな」

ミカサ「そろそろお昼」

エレン「そうだな。昼飯にするか」

エレン「そこらで買ってこうぜ。いい場所知ってるんだよ」

ミカサ「分かった」

エレン「まだ歩ける体力はあるだろ?」

ミカサ「運動能力は私の方が上」

エレン「……くそっ、言い返せねえ!」

ミカサ「……………」クス

エレン「笑うなよ」コノー



30 :1 2013/06/06(木) 23:22:18 ID:fy7phl1M

──どこかの丘の上──

エレン「ここだ」

エレン「見晴らしいいだろ」

ミカサ「とてもいい」

エレン「あの木の下、影になってるしあそこで食べようぜ」

ミカサ「私もそう言おうと思っていた」

エレン「だからどうしたんだよ」



31 :1 2013/06/06(木) 23:22:50 ID:fy7phl1M

ミカサ「これ、エレンの分」

エレン「ん、おう、さんきゅ」

ミカサ「……おいしそう」

エレン「だな!いっただっきまーす」ガブ

ミカサ「……………」ジィ

エレン「うめえなやっぱ!」モグモグ



32 :1 2013/06/06(木) 23:23:25 ID:fy7phl1M

エレン「ん?どうした?食べないのか?」

ミカサ「エレン」

エレン「あんあ?」モグモグ

ミカサ「……………」ハァ

エレン「?」

ミカサ「エレンが口の中の物をのみこんだら話す」

エレン「わあった……ん」ゴクン

エレン「飲み込んだぞ」



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 23:23:40 ID:R8hdTOmY

ミカサさんちーっす



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 23:28:22 ID:DobvGQaE

(゚ω゚;)・・・



35 :1 2013/06/06(木) 23:45:13 ID:fy7phl1M

エレン「わあった……ん」ゴクン

エレン「飲み込んだぞ」

ミカサ「エレン」

エレン「ん?」

ミカサ「どうしたの?」

エレン「どうしたって、何がだよ」

ミカサ「アルミンからエレンが少しおかしいと聞いた」



36 :1 2013/06/06(木) 23:45:58 ID:fy7phl1M

エレン「おかしい?俺が?」

ミカサ「そう。……最近」

ミカサ「……………」

エレン「最近……なんだよ」

ミカサ「……最近、エレンが私の話ばかりする。そうアルミンから聞いた」

エレン「……そうか」

ミカサ「でも私はアルミンに言っていないことがある」



37 :1 2013/06/06(木) 23:46:30 ID:fy7phl1M

エレン「言ってないこと?」

ミカサ「そう。言っていないこと」

エレン「……なんだよ、その“言ってないこと”って」

ミカサ「エレンは最近、私といるときアルミンの事ばかり話す」

エレン「……それがどうしたんだよ」

ミカサ「エレン」ズイ

エレン「……ハ、ハイ」

ミカサ「正直に言って。何かあったの?」ズイズイ



38 :1 2013/06/06(木) 23:47:00 ID:fy7phl1M

エレン「わ、分かった!言うから離れろって」

ミカサ「それならいい」スッ

エレン「はぁ……」

ミカサ「それで、どうしたの?」

エレン「……いやな、最近昔の夢をよく見るんだ。なんでか分かんねえんだけどな」



39 :1 2013/06/06(木) 23:47:32 ID:fy7phl1M

ミカサ「昔の夢?」

エレン「そう、昔の夢」

ミカサ「たとえばどんな?」

エレン「些細なことだよ」

エレン「例えば、アルミンと壁の外の世界について話してることとか」

エレン「ミカサと一緒に薪を拾いに行って、そのまま二人とも寝ちゃったこととか」

エレン「父さんや母さん、そしてミカサとアルミンと一緒にちょっとしたピクニックをしたこととか」

エレン「あと、アルミンの家に泊まってアルミンのじいちゃんからいろいろ話聞いたこととか」

エレン「ミカサと夜眠れなくて朝方まで二人でしゃべってたこととか」

エレン「別にどうってことない思い出ばっか夢に見るんだ」



40 :1 2013/06/06(木) 23:48:14 ID:fy7phl1M

ミカサ「……そうなの」

エレン「ああ。それで、なんだか懐かしくなった……ってわけじゃないけど」

エレン「お前らのことが気にかかってよ」

エレン「父さんはどこにいるのか分からねえし……母さんも、アルミンのじいちゃんも……もう……」

ミカサ「……エレン」

エレン「別にそのことはもういいんだ。いや、良くねえけど」

エレン「たださ、ミカサもアルミンも同じようなことないかなと思ってさ」

エレン「いろいろ考えてるうちに、その……」



41 :1 2013/06/06(木) 23:48:46 ID:fy7phl1M

ミカサ「?」

エレン「なんというか……あぁー、もう。だから言いたくなかったんだよ」

ミカサ「言いなさい、エレン」

エレン「分かってるって。男に二言はねえよ」

エレン「言うぞ」

ミカサ「うん」コク

エレン「その……一緒にいたいと思っちまうんだよ」

ミカサ「どういうこと?」

エレン「だから……!お前らと一緒にいたいって思っちゃうんだよ!」



43 :1 2013/06/06(木) 23:51:13 ID:fy7phl1M

ミカサ「……………」

エレン「あ……。わ、わりぃ。大声出し過ぎた」

ミカサ「少し……びっくりした」クス

エレン「お、お前ミカサ笑ってんじゃねえよ!」カァァ

ミカサ「エレン」

エレン「なんだよ」ムス

ミカサ「私は、エレンが大好き」

エレン「……………」

ミカサ「アルミンもきっと、エレンが大好き」



44 :1 2013/06/06(木) 23:52:17 ID:fy7phl1M

エレン「……………」フイ

ミカサ「だから、心配しなくても私たちはずっと一緒」

ミカサ(そのためなら私は何でもするから)

ミカサ(これは今は言えない……けど)

エレン「わ、分かってるよ」

ミカサ「エレン」

エレン「ん?」

ミカサ「……耳が赤くなってる」クス



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 00:18:43 ID:zN8rFDIw

可愛い



46 :1 2013/06/07(金) 00:35:25 ID:4ZIA5xnE

>>45
あなたは素晴らしい感性の持ち主。間違いない。



47 :1 2013/06/07(金) 00:35:58 ID:4ZIA5xnE

エレン「だあぁぁぁぁぁ!!!」

エレン「早く食うぞ!」ガツガツ

ミカサ「エレン、そんなに急いで食べたらのどに詰まって死んでしまう」

エレン「ほんなかんはんにひなねえよ!」モグモグ

ミカサ(そんな簡単に死なねえよ……?)クス

ミカサ「エレン、口の中の物がなくなってから喋った方がいい」

エレン「……………」モグモグ

ミカサ(かわいい)



48 :1 2013/06/07(金) 00:36:32 ID:4ZIA5xnE

エレン「……だぞ」

ミカサ「なに?」

エレン「ずっと一緒だぞ。俺たち」

ミカサ「うん。アルミンにも言ってあげるといい」

エレン「……そうだな」

エレン「あ、ミカサ。そういえばコレ─────」



───────
────
───



49 :1 2013/06/07(金) 00:37:23 ID:4ZIA5xnE

──男子宿舎──

エレン「なあ、アルミン」

アルミン「エレンおかえり!どうだった?久しぶりのミカサとの休日」

ジャン「ハァァァァァ!?」ガタガタッ

ジャン「なんだてめえエレン!こんな時にミカサと二人っきりでデートかァァァ!?」ガッ

エレン「は、離せよジャン!服が破れちゃうだろ……うがっ」ガッ

ジャン「ぅぐっ!……!?」グルンッ ドタッ

エレン「ったく、今はジャンに用はねーんだよ」

ジャン「……くそがぁっ」ググ



50 :1 2013/06/07(金) 00:38:01 ID:4ZIA5xnE

エレン「悪いな。アルミンとちょっと大事な話があるんだ」

アルミン「僕に大事な話?」

エレン「ああ」

ライナー「今のは見事な足技だったぞエレン」

エレン「ん?ありがとよライナー」

ライナー「おう。……ほら、いつまでも寝っころがってないで立てジャン」

ベルトルト「僕も手伝うよライナー。……エレンとアルミンは気にしないで話を続けて」



51 :1 2013/06/07(金) 00:40:01 ID:4ZIA5xnE

ライナー「大事な話みたいだからな。ほらコニー、お前もだ」

コニー「んぁ?」

マルコ「コニー、少しだけ起きてくれ」

ライナー「マルコ、コニーは任せた」

マルコ「りょうかい」

ベルトルト「行くよ、ジャン」

ジャン「くそぉぉぉ!うらやましいんだよてめえは!後で詳しく話聞かせろやぁぁぁ」

ベルトルト「はいはいわかったから」ガチャ

エレン「気を遣わせてすまねえなみんな」

ライナー「気にすんな」

マルコ「気にしないでよエレン。いつにも増して真剣な顔をしてるからさ。協力しないわけにはいかないよ」

マルコ「……それじゃ、ゆっくり話してくれ」バタン



52 :1 2013/06/07(金) 00:49:20 ID:4ZIA5xnE

エレン「……真剣な顔してるのか?」

アルミン「みたいだね」クス

エレン「まあ、それはいいんだ」

アルミン「大事な話って?今日ミカサと何かあったのかい?」

エレン「心配かけてたみたいだな」

アルミン「……ミカサから聞いたのかい?」

エレン「ああ。自分でも気づいてなかったけどな」

アルミン「……………」



53 :1 2013/06/07(金) 00:50:02 ID:4ZIA5xnE

エレン「ミカサからは、俺がミカサに対してアルミンの事ばかり話してるって言われたよ」

アルミン「そうだったの?」

エレン「みたいだな」

アルミン「そうか。……それで、何か気づけたんだね?」

エレン「ああ。……って、これアルミンにも言わないといけないのか?」

アルミン「これ、って?」

エレン「ん?ああ……恥ずかしいことなんだけどさ……。よし、言うぞ」

アルミン「う、うん」ゴク



54 :1 2013/06/07(金) 00:51:01 ID:4ZIA5xnE

エレン「俺、最近夢でアルミンやミカサたちとの思い出をよく見てたんだよ」

エレン「それはどれも些細な思い出なんだけどさ。でも大事な友達との思い出なんだ」

エレン「そんな中で、俺は思ったんだよ」

エレン「ミカサや、アルミンと一緒にいたい、って……」

エレン「だからさ……俺は……」

アルミン「……………ぷっ」

エレン「な!?」



55 :1 2013/06/07(金) 00:51:58 ID:4ZIA5xnE

アルミン「あはははは」

エレン「お、おま!ミカサでもそこまで笑わなかったのに!」カァァ

アルミン「いや、そのことで真剣に悩めるなんてエレンらしいなぁ、って思ってさ」クス

エレン「ああもう……なんで一日に二度も恥ずかしい思いをしないといけないんだ……」

アルミン「エレン!」

エレン「なんだよ……」

アルミン「僕は、いや僕とミカサはさ、エレンのことが大好きだよ!」

エレン「……!」



56 :1 2013/06/07(金) 00:52:42 ID:4ZIA5xnE

アルミン「ミカサにも同じこと言われたんじゃない?」

エレン「……よく分かったな」

アルミン「分かるさ。僕らは親友なんだから」

エレン「アルミン……」

アルミン「あ、ミカサはちょっと違うこと考えてるかもしれないけど」

エレン「違うこと?」

アルミン「エレンは気にしないでいいよ」

エレン「そうか」

アルミン「いやあ、すっきりしたよ!これでぐっすり眠れるな~」



57 :1 2013/06/07(金) 00:53:13 ID:4ZIA5xnE

エレン「悪かった。心配かけて」

アルミン「謝る必要なんてないよ!どうやら僕のおせっかいだったみたいだ」

エレン「そんなことねえよ。……それで、これ。ミカサと一緒に選んだんだ」

アルミン「わぁ……!ニット帽と手袋かぁ」

エレン「これから寒くなるし、きっとこれならアルミンに似合うだろうって二人で選んだんだ」

アルミン「ありがとうエレン!後でミカサにもお礼を言っておかなくちゃ!」

エレン「そうだな」

アルミン「ところでエレン」

エレン「ん?」

アルミン「ミカサにはプレゼントあげたの?」



59 :1 2013/06/07(金) 01:03:01 ID:4ZIA5xnE

エレン「……ああ!それでなアルミン!聞いて驚くなよ~」

アルミン「なんだい?」

エレン「ミカサにもサプライズで上げようと思ってプレゼント渡したらよ……」

アルミン「うんうん」

エレン「あいつ涙ぐんでありがとうって言ってくれてよ!いやあ、選んだ甲斐あったぜ」

ジャン「エレンてめえええ!!!死にくされぇぇぇぇぇ!!!!!」ガチャバタン!!!

ライナー「おいっ!ジャン!バカ野郎!……って、ん?ベルトルト?」

ベルトルト「ライナー……みなよ、ジャンの哀れな泣き顔を」

ライナー「……………そっとしといてやるか」

ベルトルト「……ああ、そうしよう」



60 :1 2013/06/07(金) 01:03:53 ID:4ZIA5xnE

コニー「もう寝ていいのか?」

マルコ「ああ。……寝れたら、の話だけどね……」

ジャン「ちくしょおおおおお!エレンてめえええええ!!!」

エレン「しつけえよジャン!ベッドで寝てろよ!」

ジャン「いっつもいっつもてめえはミカサと!……ちょっとは自重しろやあああ!!!」

コニー「くー……くー……」Zzz...

マルコ「コニーはすごいや……僕はとても眠れないよ……」



61 :1 2013/06/07(金) 01:04:30 ID:4ZIA5xnE

ライナー「おいジャン。少し静かにしろ。騒がしくて眠れやしねえ」

ベルトルト「耳栓使うかい?ライナー」

ライナー「いや、そろそろ教官が来るころだ。俺たちは静かにしてよう」

ベルトルト「それもそうだね。じゃあおやすみ」

ライナー「ああ、おやすみ」

アルミン「ほらエレン、ジャン。僕らも寝よう」

エレン「そうはいってもよアルミン!こいつがっ……くそ!すげえ力でつかんで離してくれねえんだっ……よ!」ガッ

ジャン「は、離さんぞぉ……っ!!!」ビリッ

エレン「あっ……!」



62 :1 2013/06/07(金) 01:05:08 ID:4ZIA5xnE

アルミン「あらら……」

エレン「てめえ……人の服を……!!」

ジャン「今日一日あそんでやがった報いだコノヤロー!」

アルミン「まあまあエレン。静かにしないと本当に教官が来ちゃうよ」

エレン「けどよ……」

アルミン「ほらほらエレン。ここは僕に免じて大人しく寝るってことで……」

エレン「アルミンがそこまで言うなら……」



63 :1 2013/06/07(金) 01:05:42 ID:4ZIA5xnE

ジャン「おいエレン。俺の話はまだ終わってねえぞ!!!」

エレン「はいはいわかったよ。明日聞くからもう寝ろよジャン」

アルミン「おやすみエレン。マルコも」

マルコ「おやすみ二人とも。ジャンも早く寝なよ」

エレン「アルミン、マルコ、おやすみ。騒いで悪かった」

ジャン「くっ……くそぅ……これじゃ俺が……!おれが負け犬じゃねえかぁ!!!」

キース教官「今しがた負け犬の遠吠えが聞こえたような気がしたが……」ガチャ…

ジャン「あぇ……?」



64 :1 2013/06/07(金) 01:06:13 ID:4ZIA5xnE

マルコ(言わんこっちゃない……)

アルミン(言わんこっちゃない)

ライナー(言わんこっちゃない)

ベルトルト「すー……すー……」Zzz...

コニー「くかー……」Zzz...

エレン(ざまあみろだ)



66 :1 2013/06/07(金) 01:21:31 ID:4ZIA5xnE

キース教官「貴様はなぜ就寝時間を過ぎているのに部屋の真ん中で慟哭しているのだ……?」スッ

ジャン「え、いや、これはですねっ、そのっ!!!」

キース教官「黙れ。周囲の者の睡眠を妨げるような真似は許さんぞ」ガッ

ジャン「うあっ」

キース教官「来い」ガチャ

ジャン「あ……あい……いてえ」サスサス

キース教官「黙って来い」

ジャン「は、はっ!」バタン



67 :1 2013/06/07(金) 01:22:22 ID:4ZIA5xnE

マルコ「ジャン……」ムク

アルミン「仕方ないよマルコ……。あれだけ騒いでたらもう……」

マルコ「そうだね……。考えても仕方がないや。今日はもう寝よう。おやすみ」ボス

アルミン「ああ、おやすみ」

アルミン(エレンは……)

エレン「くー……くー……」Zzz...

アルミン(もう寝てるか)

アルミン(それにしても)



68 :1 2013/06/07(金) 01:23:08 ID:4ZIA5xnE

──『ミカサと、アルミンと一緒にいたい、って……』

アルミン(あのエレンがそんなことを……)

アルミン(ふふ。今日はいい夢が見れそうだ)

アルミン(それに……)クス

アルミン(良かったね、ミカサ)


─────────
──────
────

 ──女子宿舎にて──

クリスタ「ねえねえミカサ。その包み、帰ってきてからずっと大切持ってるけどなあに?」

ミカサ「……私の宝物」



69 :1 2013/06/07(金) 01:23:58 ID:4ZIA5xnE

クリスタ「もしかしてエレンからもらったの?」

ミカサ「……」コクコク

クリスタ「いいなあ~」ニコニコ

ユミル「お、クリスタ!なんか欲しいものでもあるのか?」グイッ

クリスタ「うわっ、ユミル~!突然後ろから抱き寄せるのやめてよー」

ユミル「怒ってるクリスタも可愛いなー!よしよし」

クリスタ「わっ、もうユミル~。本当に怒るよ?」キッ

ユミル「ばーか。クリスタが睨んでも怖くないし、ただの上目遣いだからこっちがご馳走様だよ」

クリスタ「ユミルはいつもそうやって私を馬鹿にするんだー!もういいっ」



70 :1 2013/06/07(金) 01:24:33 ID:4ZIA5xnE

アニ「……………」ウワメ

ミカサ「アニ、少し怖い」

アニ「……悪かったね、目つき悪くて」

ミカサ「エレンは、鋭い目つきの女の子が好き」ボソ

アニ「……!」バッ

ミカサ「……私のような」

アニ「……そうかい」

ミカサ「……負けない」

アニ「……ふん」ポス

ミカサ「おやすみ、アニ」

アニ「……ああ、おやすみ」



72 :1 2013/06/07(金) 01:35:05 ID:4ZIA5xnE

クリスタ「ミカサ!またゆっくり話聞かせてね!」

ミカサ「分かった」

クリスタ「おやすみ、ミカサ」ニコ

ミカサ「おやすみ、クリスタ」ニコ

クリスタ「わあ……!」

ミカサ「……どうしたの?」

クリスタ「ミカサって笑顔がとっても綺麗だね!」

ユミル「なあ、私は?私はどうだ?」ニコォ

クリスタ「……やっぱりもっと笑ったほうがいいよミカサ!」

ミカサ「お世辞。それにクリスタの方がとてもかわいい」

ユミル「」



73 :1 2013/06/07(金) 01:35:37 ID:4ZIA5xnE

クリスタ「えへへ、ありがとう」テレ

クリスタ「って、そうじゃなくて!……お世辞なんかじゃないって!ミカサは綺麗だよやっぱり!」

ミカサ「ありがとうクリスタ。でも今は私じゃなくてユミルに構ってあげて」

ユミル「」

ミカサ「そこで固まっている。このままでは本当に石になってしまうかもしれない」

クリスタ「ユミルはいいの!……じゃあまた明日話そうね!」

ミカサ「そうしよう」

ユミル「」



74 :1 2013/06/07(金) 01:46:20 ID:4ZIA5xnE

クリスタ「ほらユミル!一緒に寝てあげるから目を覚まして!」

ユミル「ほぁっ!?それは本当か!クリスタ!」

クリスタ「うそ」

ユミル「はあんっ!?」

クリスタ「っていうのも嘘だよ」アハハ

ユミル「……!!」パァァ

クリスタ「あはは、ユミル可愛い~。ほら、寝よ?」

ユミル「……!!」コクコク

ミカサ(二人とも可愛い)



75 :1 2013/06/07(金) 01:46:52 ID:4ZIA5xnE

ミカサ(……今日はこれと一緒に寝よう)ポス

ミカサ(……………)ジィ

ミカサ(~~~~~!!)ジタバタ

アニ(……全く)

ミカサ(~~~~~!!!)ギュゥゥ

ミカサ(~~~~~………)ジィィ

ミカサ(~~~~~!!!)ギュゥゥ

ミカサ(~~~~~………)フゥ

ミカサ(……………)



76 :1 2013/06/07(金) 01:47:25 ID:4ZIA5xnE

ミカサ(……………エレン)

ミカサ(エレン……………私はあなたが大好き)

ミカサ(ただの家族という感情ではない……と思う)

ミカサ(いつか必ずあなたに伝えるから)

ミカサ(いつか……かならず……)

ミカサ(プレゼント……ありがとう……)

ミカサ(メッセージ……ありがとう……)



77 :1 2013/06/07(金) 01:47:59 ID:4ZIA5xnE

ミカサ「すぅ……すぅ……………エレ……ン………」Zzz...

──────
────
───

 “ミカサへ

  いつもありがとう”

───
────
──────







おわり。



78 :1 2013/06/07(金) 01:49:18 ID:4ZIA5xnE

読んでくれた人ありがとう。



82 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 09:24:56 ID:NamhAPig

>>1
なかなか良かったぞ、アッカーマン。
乙を捧げる!



83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 10:39:57 ID:aNFdl/U2

アッカーマンさんは文才もあるんですね



85 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 11:57:12 ID:KuXnEXwU

ふむ、ssに関しても非凡な才を発揮するか……
乙だったぞアッカーマン訓練兵、今日は目を瞑ってやる。素早く配置に戻るといい



79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/07(金) 01:54:26 ID:zN8rFDIw

乙乙
ほっこりした



転載元
アルミン「相談があるんだけど……」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1370504806/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:13
          • 良い加減にしろよアッカーマン


            何にせよミカサ可愛かった
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:17
          • 5 作者がミカサ風だったのは何だったんだ……
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:23
          • とんでねぇスレだったぜ…
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:24
          • やばいやばい
            ホモになっちゃう
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:32
          • それより
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:35
          • エレンの素直さを非常によく書けていたと思う
            作者は恐らくエレンに近しい人間だろうな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:51
          • 俺の
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 19:56
          • なん……だと?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:00
          • 劇中劇って事でいいんか
          • 10. 以下、VIPにかわりましてアッカーマンがお送りします
          • 2013年06月07日 20:05
          • 素晴らしい作品
            エレンの良さを広めるためにこれからも頑張って欲しい
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:06
          • 作者がミカサっぽいからこのSSが妄想捏造のように感じちゃうじゃないか・・
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:08
          • ※2
            さり気に仕込まれたギャグ
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:09
          • くそぅ、単体だといい話なのにどうしてもミカサの妄想劇にしか見えなくて笑っちまう
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:09
          • >>17
            ワロタ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:14
          • 5 俺、ミカサが自演風に書くSS好きなんだけど、こういう呈で書くSSが増えたら、その内、エレ速の米欄で二番煎じ乙とか言われるんじゃないかと思う。
            最初にやった人が続けるぶんにはいいんだろうけど。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:16
          • 手が込んでて面白かったよww
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:17
          • 5 エレミカかわええなやっぱ
            日常が上手い人が書くとよけい映える
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:37
          • 文章もうまいなんてさすが主席ですねアッカーマン
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:37
          • ミカサはかわいい

            かわいいのに…うっすら怖い…
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 20:46
          • 4
            ちょっとワロタw

            でも良いSSだった
            ほっこりする
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:00
          • ほっこりした
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:00
          • 一番ありえそうな感じ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:01
          • エレンとアニが付き合い初めてから
            ミカサがPCの前で笑いながらなんか打ち込んでるんだけど・・・
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:03
          • 4 なりちゃやらんでも十分いいと思うけどなぁ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:09
          • なにしてんすかアッカーマンさん
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:10
          • IDのさいごがMなんよね
            んで途中からEになってんのよね
            つまり
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:27
          • みんな平和ですっごくかわいかった!
            幸せな気持ちになったSSなんかで笑

            雰囲気すっごくよかた~!
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:32
          • 5 素晴らしい!エレンのことしっかり書かれてる!次回作品に期待 やっぱりミカサとエレンが一番
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:46
          • アッカ―マン、妄想もいい加減に・・・おい何するやめgoszぶbふぉb
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:49
          • 4 俺エレン・アッカーマンだけど感動した
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 22:11
          • ミカサ可愛い
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 22:21
          • 5 くっそ、死にたがり野郎め・・・
            さっさと爆ぜやがr・・・うぁああ!!?
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 22:50
          • 5 ヤバイ感動する!何回呼んでもぃい!
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 22:54
          • 5 エレンって、ミカサ大好きだよな!あれは、絶対ツンデレだよね?全くエレンは かわいいんだから、全くミカサとエレンは お似合いなんだから ミカエレ流行らしたい!エレンかわいいからミカサとお似合いだよな!まぢエレン萌える! ミカサとエレンはラブラブラブラブwwwwwww wwwwwww wwwwwww 異論は認めない!
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 22:57
          • もっとこう言う 作品広めるべき
            エレンの良さを 世間に広めないと!まぁでも ミカサがエレンの良さ一番わかってるよな
            うんうんうんヾ(@゜▽゜@)ノ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 23:05
          • アッカーマン、いつまで自分の投稿に自らコメントつけてるんだ!!
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 23:27
          • 5 何ともミカサらしいSSだったww
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 23:33
          • エレンとミカサってお似合いだな
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 23:34
          • ミカサかわいい!エレンも
          • 40. m
          • 2013年06月07日 23:35
          • ミカサが正妻だな!
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 23:40
          • ミカサが変態のSSが多いけど普通のがやっぱ一番いい
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 00:18
          • エレン『ミカサってかわいすぎじゃない?』
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 01:04
          • 素晴らしいぞアッカーマン!
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 01:34
          • エレン「ミカサと一緒に薪を拾いに行って、そのまま二人とも寝ちゃったこととか」

            夢の中で寝たの?違和感がそこはかとなく
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 02:18
          • エレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレンエレン

            ………はっ、いけない…………エ……レ…ン…エレンエレンエレンエレンエレンエレンエレ
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 05:14
          • はすはす ミカサとエレンは お似合い 夫婦異論は認めない!
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 05:17
          • ミカサとエレン は許嫁
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 05:18
          • ミカサとエレンは ずっと一緒
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 05:19
          • ミカサとエレンは 両思い
          • 50. エレン
          • 2013年06月08日 05:20
          • ミカサってかわいい!流石俺のよめ
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 07:15
          • ※41
            自分でエレンとのラブラブSSを作るって時点で相当変態的だぞw
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月09日 21:55
          • エレンとわたっ・・・ミカサの仲がもっと進展すればいいと思う
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月10日 16:46
          • アッカーマン訓練兵ご苦労!!
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月12日 19:03
          • 途中までmから1に変えた意味が分からなかったわwww
            お疲れアッカーマン訓練兵
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月29日 22:58
          • ※10
            アッカーマン乙。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 口裂け女「私、キレイ?」俺「>>4(美しい)」
        • 妹「兄貴汗臭いよ!部活の日は早くお風呂入ってよ!!」兄「ご、ごめん……」
        • 妹「兄貴汗臭いよ!部活の日は早くお風呂入ってよ!!」兄「ご、ごめん……」
        • 【はたらく細胞】赤血球「白血球さんの固い物が当たってる・・・」
        • 【殺戮の天使】レイ「ご休憩フロア?」
        • まゆ「泰葉ちゃんをお祝いします」
        • 【ミリマス】P
        • 【ミリマス】P
        • 提督「あぁもうっ! タシュケントは可愛いなぁ!!」
        • 勇気ちひろ「台風こわい……(;ω;)」森中花咲「ならウチくる?」
        • 【たぬき】早坂美玲「ウチの七日間妖怪戦争」
        • 【ミリマス】志保と静香と
        • 【ミリマス】志保と静香と
        • 【ミリマス】志保と静香と
        • 【ミリマス】志保と静香と
        • 【ミリマス】志保と静香と
        • 【ミリマス】志保と静香と
        • 【ミリマス】志保と静香と
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ