TOP

エレン「爺さんの書庫?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:01:01 ID:pJ2smPEg

アルミン「そうだよエレン!新たに隠し扉を見つけたんだ!秘蔵の本はすごかったよ……」ジュルリ

アルミン「これはおじいちゃん秘蔵の本に書いてあったんだけど、男にはね、ラッキースケベ体質を持つ人がいるんだって!」

エレン「うーん……幸運なエロい奴ってことか?」

アルミン「そんな簡単な話じゃないんだ。いいかいエレン、ラッキースケベ体質な人は、特に望まなくても女の子のお○ぱいに触れるんだ!」

アルミン「それだけじゃない!パンツだって見れるし、あわよくば顔面騎乗位も夢じゃないんだよ!」

エレン「女の子の体はむやみに触っちゃダメって母さんが言ってたぞ。憲兵に捕まるんだろ?」

アルミン「無理矢理触るのとは違うんだ!あくまでも偶然!ムードも関係なく!エッチなアクシデントがまー起こっちゃって起こっちゃってあばt△ま※!!!」

エレン「落ち着けってばアルミン!ちょっと気持ち悪いぞ」



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:04:30 ID:pJ2smPEg

アニメ組の方には後半でネタバレがありそうです
ご注意ください

ギャグベースのシリアス有り展開になります
お付き合いいただけたら幸いです!



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:06:32 ID:pJ2smPEg

アルミン「ご、ごめん、つい興奮しちゃって」

エレン「気をつけろよ?お前は爺さんの本を読み過ぎて早熟なんだから。こんなこと他の奴に話したらまた異端者って言われちゃうぞ」

アルミン「あいつらはガキだから僕の言うことを否定するしかないんだよ!NTRの良さがわからないなんて…っ!」ドンッ

エレン「うーん…壁外の話は俺も好きだけど、癖外のことはちょっと俺でも勘弁だな」

ハンネス「相変わらずいい趣味してやがるな、アルミン」

エレン「ハンネスさん……うわっイカ臭っ!またやらかしたのかよ」

ハンネス「今日は朝から門の警護なんだ。そうすりゃ同僚の腹も減るし喉も乾く。それにたまたま俺のカルピスが少々混ざっていたところで大した問題じゃあない」

エレン「いつも少し失敗してズボンについてるから臭うんだろ!もう門の警護なんてお休み貰ってちゃんとそういうお店にいけよ!」

ハンネス「ハハッ違いねぇ!だけどなエレン、……身近な同性に密かに飲ませるからこそ、興奮するんだぜ?」

エレン「!……俺にはわからないよっ!そんなことするくらいなら俺は可愛い女の子のいるお店に行くね!」ダッ

アルミン「あ、待ってよエレン!」タタッ

ハンネス「あいつまさか……どノーマルなのか?」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:08:48 ID:OU1O5Jzs

なんだこれwww



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:09:50 ID:pJ2smPEg

・・・・・

ミカサ「エレン、こんなところにいたんだ」

エレン「ミカサ……うん、ちょっとアルミンがハメ外してたからお前と一緒には居られなくて。ごめんな」

ミカサ「私は大丈夫、もう慣れたから。私もNTRは至高だと思う」

エレン「……」

アルミン「今日はラッキースケベについて語っていたんだよ」ヒョッコリ

ミカサ「……通りの角でぶつかっただけで胸を鷲掴みにしてしまうようなこと?」

アルミン「察しがいいね!」

カーン カーン カーン…

エレン「あ!英雄の凱旋だぞ!」

アルミン「でね、もしミカサがタオルを体に巻いてお風呂から出たら……」ハアハア

ミカサ「!……偶然エレンの目の前で、タオルが落ちる?」

エレン「ねぇ英雄を見に行こうよ……もうスケベは後にしてよ……」ウルウル

──…



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:12:20 ID:pJ2smPEg

エレン「バカバカ!二人がスケベの話をやめないから英雄の凱旋を見れなかったじゃないか」グスグス

アルミン「仕方ないよ、僕も英雄は見たかったけど……エレンの涙の価値には到底及ばないからね」

ミカサ「私たちに無視される流れからのエレンの涙は鉄板。心は痛むけれど快感には変えられない……これは真理」

エレン「そんなこと言うなら……俺はもう泣かないもん……強くなってやる!」グッ

アルミン(なんて操りやすい性格なんだ…っ!)ゾクゾク

ミカサ(強い瞳、強い心……折りたい)ゾクゾク



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:16:02 ID:V.OYI/Io

ミカサが既にエレンを洗脳しようとしてやがる((((;゜Д゜)))



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:16:31 ID:pJ2smPEg

──エレン宅

エレン「母さん、俺強くなるよ。訓練生に志願するつもりなんだ」

カルラ「エレン、訓練生になるなんて本気なの!?母さんは嬉しい…っ!あんたは危なっかしいから、いつか変な奴らにイタズラされるんじゃないかとずっと心配していたのよ!」チラッ

グリシャ「!……チッ」

エレン「あれ?父さん出掛けるの?」

グリシャ「あぁ、二つ上の村に診察にね」

グリシャ(エレン、帰ってきたらずっと秘密にしていた地下室を見せてあげよう)ヒソヒソハアハア

エレン「本当に!?」

グリシャ(シーッ!母さんには内緒だぞ、な?な?)

エレン「いってらっしゃーい!」キラキラ

カルラ「……」ガチャンッ!

エレン「母さん、そんなに強く閉めたら扉が壊れちゃうよ?」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:20:45 ID:pJ2smPEg

カルラ「そういえばミカサ、あなたの身の振り方も考えなければいけないわね」

ミカサ「おばさん、私はエレンのそばにいたいから訓練生に志願する。エレンがいない生活は(性欲の大半が処理できなくて)耐えられないと思う」

カルラ(……何か重要な部分が隠されていた気がする……まさかミカサまでアルミンに影響されている…?)

ミカサ「おばさん…?」キラキラ

カルラ「!(ミカサを疑うなんて…)なんでもないわっ!エレンをよろしくね?」ホッ

ミカサ「うん!……勿論、死ぬまで一緒。物理的に」キラキラ



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:22:51 ID:GD9PvV0E

ワロタ



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:24:56 ID:pJ2smPEg

エレン「お腹いっぱい……川のそばで昼寝でもしようかな」

ミカサ「私もいく」

トテトテ…

アルミン「あ!二人とも~!」

エレン「よう、アルミンもご飯食べ終わったのか?」

アルミン「うん!それより聞いてよ!おじいちゃん秘蔵の本に書いてあったんだけど、世の中には潤滑油っていう便利なものがあるんだって!」

エレン「じゅんかつゆ?何に使う物なんだ?」

アルミン「聞いちゃう?早速聞いちゃうの?エレン、君って本当に期待を裏切らn…」

ドンッ

エレン「うわぁっ!な…何だ!?爆発か!?」

アルミン「あっちだ!」タタッ

エレン「待てよアルミン!何が見えるって言うんだよ!?」


エレン「!」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:27:12 ID:pJ2smPEg

超大型巨人 ゴゴゴゴゴ…

エレン「何だよあれ……あの壁は五十メートルだぞ!?頭をのぞかせるなんてそんなバカな……」

アルミン「すごい……巨人は大きくても十五メートルって聞いていたのに!」

アルミン「歳の差や身分差などの“差”は大切なスパイスだけれど、まさか巨人にここまでの身長差愛が存在するなんt……」

ドカーンッ!


エレン「!穴があけられた……巨人が入ってくる!逃げるぞミカサ、アルミン!」

アルミン「先に行ってて!無修正グロの大チャンスかもしれない!」ダダダダッ

カルラ「エレン!ミカサ!船着き場に向かって逃げるわよ!」

エレン「母さん!でもアルミンがまだなんだっ!」

カルラ「……」

エレン「俺の……友達なんだよ…っ!」

カルラ「……アルミンは母さんが助ける、あんたはミカサを守りなっ!」

──…



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:31:13 ID:pJ2smPEg

─────
───


「君、シガンシナ区から来たんだろ!?じゃあ見たんだよな……超大型巨人!」

「超大型巨人ってどんな奴だったの!?」

ガヤガヤ…


エレン(巨人を思い出して気持ち悪くなっちゃった……)ウエッ

アルミン「エレン、大丈夫かい?水を持って来たよ」

エレン「アルミン……あぁ、大丈夫だ。ありがとな。外の風に当たって随分楽になったよ」

アルミン「良かった。明日から早速訓練なんだし。一緒に頑張ろうね」

エレン「ああ、そうだな」

ミカサ「エレン、アルミン、今日は早く寝なきゃ」

アルミン「そうだね、あっミカサ!ちょっと手伝って欲しいことがあるんだ。エレンはここで休んでてね!」タッタッタッ…



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:34:26 ID:pJ2smPEg

エレン(ほら母さん、アルミンはもう大丈夫だよ。もう昔みたいにスケベな話ばかりするような奴じゃないんだ)

エレン(あの後、母さんはアルミンを引きずるように連れてきて無事に船に乗り込んだ。そして母さんも父さんの帰りを待つために、住み込みで働ける定食屋で忙しい毎日を過ごしている)

──カルラ(エレン、お願いだから母さんの言うことを聞いて……アルミンには気をつけて!また無修正の~とか言い出したら急いで耳を塞ぐのよ!?
こんな忠告、まだあんたには理解出来ないかもしれないけれど……早く力をつけるか、まともな大人の庇護を受けて!お願い……あっちの世界には行かないで!
……あと、兵舎に入ったら手紙書きなさいよ?しつこいようだけど女の子には優しく、体をむやみに触っちゃダメよ?アルミンの言うことを鵜呑みにしないでうんぬんかんぬん…──)



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 00:39:08 ID:pJ2smPEg


エレン(母さんの最後の言葉……。徐々にあの性格から落ち着いていったアルミンを、まだ疑いの目でみながらすごい必死に言われたっけなぁ。
あと貞操がどうのとか言ってたけど内容詰め込みすぎでよく覚えてないわ)

エレン「母さん、俺強くなるよ……泣くのは、これが最後だ……休みの日には会いに行くからね」ウルウル

・・・
・・


○○○ン「期は熟した。さぁ、我らの囚われた性癖に自由を……っ!」


──破られたウォール・マリア、そして平和な日々

また再びこの地に戻るという強い決意を胸に、少年は茨の道へと身を投じた

共に歩む彼の大切な家族と親友が、少年の後ろ姿に抑えきれない欲望を覗かせているということに、この時の彼は気づけずにいたのだが…


to be continued...



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 08:12:54 ID:pJ2smPEg

第二部

──適性判断

エレン「え……?」プラーン

エレン(やばいやばい、なんで俺こんなに出来ないんだ?)

エレン(皆みたいにちょっとでも粘るとかも無しにグルンッて……グルンッて……)ジワッ

アルミン「きましたぞミカサ殿ーっ!」

ミカサ「驚愕顔からの涙目コンボ……感無量」ウットリ

エレン「な……泣いてなんかないからなーっ!」グッ

・・・・・

コニー「俺天才だからな~感じろとしか言えん」

アルミン「だよね!僕も正直全身をベルトに縛られたエレンを見た時にはビンビンに感じたよ!」

エレン「そんな!もっとなんかアドバイス的なもんは……」

エレン「え?ってかアルミンお前……その感じ……え?そういや適性判断中もなんか変なこと……」

アルミン「……ふふ。さぁ、こんな所にいたって仕方ないよ!練習しにいこう!」

コニー「え、ちょ……なにあれ」ポカーン



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 08:19:49 ID:pJ2smPEg

エレン「ミカサ!大変なんだ、アルミンの性格が……!」

ミカサ「大丈夫、アルミンは平常。カルラおばさんの前ではネコを被っていただけ」

エレン「そんな……!じゃあまさかミカサも…?」

ミカサ「……NTRは至高」

エレン「」

アルミン「さあさあ、早速ベルトを装着しようじゃないか、エレン?こっちにおいで」パチンッ

エレン「ベルトを鞭みたいに振り回すのやめろよ!当たっちゃうだろ!?」

アルミン「大丈夫!仮に狙ったとしたら、僕はエレンの乳首に確実にヒットさせられるだけの技術があるからね」パチンッ



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 08:26:20 ID:pJ2smPEg

ミカサ「エレン、下手に逆らわない方がいい。アルミンは今まで大人しくしていた反動で少し我を忘れているから」

エレン「いや普通は逆らうだろ!?叩かれたら痛いじゃないか!」

アルミン「痛みの中に忍ばせた愛に気づけたら一人前なんだ……」ジリジリ

エレン「いきなりそのレベルまでいけるわけないだろ!?」

パチンッ

エレン「ひっ!?」

アルミン「ご主人様と……」ハアハア

エレン「呼ばないからな!絶対にっ!」

エレン「っていうかまずは立体起動の訓練を手伝ってくれってばー!」ウワーン



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 08:54:19 ID:pJ2smPEg

ヒソヒソ…

コニー「なぁ、あいつ大丈夫かなぁ?」

ジャン「……練習に出てったかと思ったら半泣きで帰ってきたもんな。からかってやろうかと思ったらさぁ……あれだろ?」

コニー「土のついた上着を脱いだら、胸にアザがいくつも……しかも背中には“せなか”って文字のアザまで……」ブルブル

ジャン「声掛けられねぇっつーのな。あれかな……親の虐待とか?」ゾクッ

コニー「いや、俺はあの練習の前に少し話しただけでもわかる程にぶっ飛んでたアルミンって奴が怪しいと踏んでるんだ」

ジャン「!でも奴らは同郷の友人だって言ってたし、流石に……それは可哀想っつーか」

コニー「なんにせよさ、エレンにはちょっと……優しくしてやらないとな」

ジャン「お、おう……そうだな」



30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 13:36:31 ID:pJ2smPEg

キース「エレン・イェーガー!この適性判断すら合格出来ないようではすぐにでも開拓地に戻ってもらうからな!ダメならすぐにでも退団届を書かせてやる……これが最後のチャンスだ」

エレン「ハッ!」

エレン(……とは言っても結局あの後アルミンが暴走しすぎて練習もろくにしていないし……もうダメだ)

エレン(何より今だって最前列で俺の事を凝視している二人を見るとちょっと寒気が……)ブルッ

エレン(もう開拓地に帰った方が身のためなんじゃ……)

(──カルラ「エレン、訓練生になるなんて本気なの!?母さんは嬉しい…っ!あんたは危なっかしいから…──)

エレン(!!!……そうだ、俺を生んでくれた母さんがあんなに喜んでくれたんじゃないか!今ここで挫けてどうする!)

エレン(巨人を駆逐して帰るんだ、シガンシナに……俺たちの家に……っ!)

エレン「俺は絶対に兵士になるんだぁぁぁぁ!」プルプル

エレン(どうだアルミン!ミカサ!俺はもうお前たちのスケベになんて負けn──)グルンッ

エレン「」



31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 13:40:17 ID:pJ2smPEg

キース「……降ろしてやれ」

エレン「!……違う、俺はまだ……!」

キース「ベルトを交換して、もう一度だ」

・・・・・

エレン「やった……出来たよ母さん!俺、やったよ…っ!」グスグス

キース(グリシャ……お前変態だった癖に息子は随分可愛いく育ったんだなぁ)シミジミ

アルミン「あぁー…いいわぁー…」ビンビン

ミカサ「……」ジュンッ

コニー(やべー!こいつらやべー!)

ジャン(ウットリ顔の極地……しかもアルミンは完勃ち)ゾクッ

コニジャン(あいつ開拓地戻りの方が良かったんじゃ……?)



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 13:51:15 ID:pJ2smPEg

──時は流れ、104期卒団式の夜


ジャン「あの泣き虫エレンが上位五位になるとはなぁ。入団当初は俺が負けるなんて思いもしなかったぜ」

コニー「マジで心配してたもんな、俺ら。……あのド変態に潰されるんじゃないかと」

エレン「本当に二人には感謝してる。俺が今まで挫けずにやってこれたのは二人のおかげだ」

ジャン「……いや、正直言うと俺もお前たちがいなかったらやっていけなかった。何度教官宛に退団届を書いたかわからないからな」

コニー「俺もだよ。十回は出したぜ。毎回引き止められたけど。村に戻って肩身の狭い思いしながらも、狩猟で暮らした方が何倍も精神的に楽だといつも考えてたぜ……」

エレン「本当に……本当にごめんな、俺の友達のせいで……」

エレン「訓練兵団がスケベの巣窟になっちまうなんて──」

アルミン「呼んだ?呼んだよね、ふふっ」

エレン「アルミン……そう言えばアルミンは所属兵科は決めたのか?」

コニー(エレンのすごい所はスケベーズにも普通の会話が出来ることだよな)ヒソヒソ

ジャン(まぁすぐに話の腰を折られて掘られて大惨事になるんだがな……)ヒソヒソ



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 13:58:51 ID:pJ2smPEg

アルミン「僕は調査兵団に決めたよ」

エレン「!アルミンは座学トップなんだからもっと違う道があるだろ?考え直せよ」

アルミン「確かに技巧方面からも戦術方面からもスカウトは来ているんだ。試験をパスしたとはいえ体力面ではギリギリだったし」

アルミン「でもね、僕はエレンとスケベ無しには生きていけないんだよ」

ジャン(くっそ真面目な顔で何言ってやがる……)ドンビキ

エレン「……俺はお前のスケベを直してやりたかった」

アルミン「……それは大きなお世話ってものだよ。いくら親友でも、ね」

エレン「!」



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:11:04 ID:pJ2smPEg

アルミン「僕もミカサも、そしてスケベーズの皆も。確かに君たちから見れば、少し特殊な性癖持ちに見えるかもしれない」

アルミン「でもね、僕らはそこに愛を見いだしているんだよ」

エレン「!愛を……?」

アルミン「ハンネスさんを思い出してみて。彼は同性にそれとなく精液を飲ませることに情熱を注いでいただろ?」

コニー(誰だか知らないけどくっそ変態だな)

ジャン(あかんやつや……)

アルミン「ハンネスさんは別にシゴいてイって出したものが勿体無くてそんなことをしていた訳じゃない」

アルミン「彼はそう、自分の精液に愛を込めていたんだよ」ウットリ

エレン「いや、改めて考えてみてもその思考は理解出来ない」



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:21:14 ID:pJ2smPEg

アルミン「更に、僕らにとって第ニの父親と呼んでもおかしくない、キース教官」

エレン「あ、あの人は数少ないまともな人だろ!?」オロオロ

アルミン「彼の愛は夜中の教官室でしか行われないから気づきにくかったかもしれないけどね、彼は立派なスケベーズだ」

ジャン(嘘だろ……俺めっちゃ人生相談してたのに)

コニー(あの人もスケベーズだなんて……)

アルミン「教官は訓練生が出した退団届で肉棒を包みシゴくことに愛を感じていた」

ジャン「」
コニー「」

エレン「ジャン!?コニー!?やばいやばい白目向いてる!」

アルミン「教官自らが退団を説得し、“退団届は私が預かる”と言ったところからは彼のターン。己の大切な訓練生が、悩みに悩んだ筆運びを感じながらエクスタシーに達していた。それも愛なんだよ」

アルミン「ついでに言うと教官は常々『キルシュタインとスプリンガーは金の卵』と言っていたね」

ジャン「」ガハッ
コニー「」ブフッ

エレン「とどめをさすなよアルミン!ああ……二人が血塗れに……」オロオロ



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:25:54 ID:pJ2smPEg

アルミン「驚いたかい?かくいう僕だってね、愛ゆえのルールを守って生きてきた」

アルミン「僕の愛にはミカサの存在が重要だ。なんたってNTR愛だからね」

ジャン「……ハッ!気絶しちゃダメだ!兵舎で気絶なんてしようもんなら……」ゾクッ

コニー「……ハッ!そうだ、気絶なんてしたら誰の餌食になるかわかったもんじゃない!」ゾクゾクッ

エレン「良かった二人とも……生きててくれて……さぁこれで口元の血を拭け」ウルウル

アルミン「僕はエレンが寝ている間に得た精液の量は必ずミカサに報告したし、キスだって秒数まできちんとカウントした!」ドヤァ

エレン「」

ジャンコニ「うわぁぁぁあっ!エレーン!!!」

アルミン「それは僕だけの満足だけでなく、ミカサのNTR愛を満たす事にも誠心誠意尽くしたからだ!」ドンッ



38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 14:29:45 ID:pJ2smPEg

・・・・・

エレン「あ、朝だ……」ガクガク

コニー「暖かい日差しの中なのに……鳥肌がまだおさまらねぇ…っ!」ゾクゾク

ジャン「まさかあれから男子スケベーズ大集合で性癖暴露大会が始まっちまうなんて……」ブルブル

エレン「!ジャン、コニー、急げ!奴らが話し疲れて寝ている間に着替えて飯に行こう!……布団を被るのを忘れるなよ!?」ゴソゴソ

コニー「!おう、同室の奴の着替え覗きが日課って言ってた奴すげー多かったからな……」ゴソゴソ

ジャン「まさかライナーたちに毎日のパンツ柄日記をつけられていたとはな……」ゴソゴソ

エレン「チェックを担当する相手までちゃんと割り振ってたからな。怖い組織だぜ」ゴソゴソ

アルミン「エレンのだったら朝勃ち日記もつけてるよ」

ジャン「そりゃー更に恐ろしいこったな……ん?」



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:29:19 ID:pJ2smPEg

エレン「き、緊急回避ぃぃぃぃ!!」ブワッ

アルミン「泣きながら布団にくるまったエレンも最高だよ」ニコッ

ジャン「くそっ……エレン!コニー!布団と着替えを放すなよ!?」ガシッ ガシッ

ジャン「うおぉぉぉぉお!!」ダダダダッ

アルミン「すごいや…二人を布団ごと担いで行くなんて流石ジャンだな。でもまだ今日の記録つけてないのに……おや?」ピクン

・・・・・・

ジャン「ここまで来れば……おい、さっさと着替えちまえ!」

コニー「あ、ああ!助かったぜ!」ゴソゴソ

エレン「もう飯がどうとか言ってられないな」ゴソゴソ

ジャン「……着替えながら聞いてくれ。コニー、そしてエレン。一つ考えたんだが……お前たち憲兵団に行く気はないか?」

コニー「?何故だ?アルミンの様子を見る限り憲兵団にもスケベーズはいそうだぞ?」

エレン「……何か考えがあるのか?」

ジャン「あぁ、スケベーズとの戦いを思い出してみたんだが、実はアルミンが一緒にいる時ほど悪のりが酷くなる傾向があるように思えるんだ。そうは思わないか?」



44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:33:14 ID:pJ2smPEg

コニー「!た……確かに」ゴクリ

ジャン「アルミンと……言いたくないがミカサの二人は年季が違うせいか突き抜けすぎていて、いつでもどこでもブレがない」

エレン「……」

ジャン「でも二人に影響されていった奴らは、まだ経験が浅いせいか単独では軽いスケベに過ぎないだろ?」

コニー「そういやそうだな……やってることも覗き見だのちょっとした収集癖だの、言っちまえばまだスケベ素人ってとこか」カチャカチャ

ジャン「そうだ、だからな、お前らが調査兵団に行くと決めた気持ちを無視する訳じゃないし、正直俺も揺れているんだが……アルミンが来れない憲兵団なら……」

コニー「もう少しマトモな毎日が送れるって訳だな!?……よし、準備完了!」

エレン「……」

ジャン「どうだ?エレン、お前がシガンシナに早く帰りたい気持ちはわかるが……おい、なんで泣いてるんだよ」

エレン「……うっく……」ポロポロ

ジャン「そ、そんなに嫌な提案だったか!?」

エレン「違う!違うんだ……ジャン、本当にすまない」ポロポロ

コニー「こんなに泣くなんて何年ぶり……ってなんでエレンはいつまでも布団にくるまってんだよ、寒いのか?」

ジャン「エレン、まさかお前……!」ワナワナ



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:37:52 ID:pJ2smPEg

エレン「俺……ズボンを部屋に忘れてきた……っ!」ブワッ

コニー「!どうすんだよ!?上半身だけ着替えバッチリで下半身パジャマとか……部屋に取りに戻るのは困難だぞ!?」

エレン「だから涙が止まらねーんだ!……ジャンは俺たちをかついで逃げてくれた!しかも俺たちを放っておいて憲兵団に一人でいけば被害は少ないのに……あえて誘ってくれた!」

ジャン「エレン……」

エレン「それなのに俺は……この大事な局面にすらズボン一つ自由には出来ない……役立たずだっ!」

エレン「お前たちだけだったよ……あの変態二人を幼なじみに持つ俺を、まともだと信じてくれたのは」

コニー「どうしたんだよエレン、だってお前は最初から変な事なんて一度もしてなかった──」

エレン「普通の奴ならさ、俺もまとめて距離をおくよ。俺だって、自分が第三者だったら俺とまともに話そうとは思わない」

コニー「!」

ジャン「……」

エレン「俺は、やっぱり調査兵団に行く……っ!シガンシナ云々はともかく、アルミンは俺が抑えなきゃいけないんだ」

コニー「でもお前、たった一人でどうやって……」

エレン「アルミンとミカサは……正直俺が近くにいれば大人しいはずだ。ジャンの話を聞いて考えてみたんだ。……今思えば、昔から三人だけでいる時が一番ヤバかった」

エレン「考えないようにしていたんだろうな……無意識のうちに。お前らっていう仲間が出来て、侵食されていく仲間たちを見送って……」

エレン「今更……一人であの二人を相手にするのが怖かったんだ」



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:42:43 ID:pJ2smPEg

ジャン「そんなの……誰だって怖いだろ!?寝てる間に精液ぶんどってく輩だぞ!?」

エレン「あ、ごめんその話はマジでやめてまだ受け止めきれてない」

ジャン「す、すまん俺も自分で言ってて鳥肌がたった」ゾワッ

コニー「……」ゾワッ

エレン「だから……だからさ、俺は調査兵団で二人を抑える。ジャンとコニーは憲兵団に行ってくれ」

エレン「それでそこから、憲兵団の内部からスケベを駆逐して欲しいんだ」

ジャン「!」
コニー「!」

エレン「変態の見本市みたいなアルミンと物理的な距離が開けば、軽度スケベな奴らは目を覚ましやすいと思うんだ」

エレン「正直言って生存率の低い調査兵団なら、勝手に駆逐される可能性もあるし……俺が二人を抑え切れれば……」

アルミン「はびこったスケベを減らしていける……と?」



48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:47:19 ID:pJ2smPEg

エレン「アルミン……そうだ、それこそ巨人殲滅並みに気の遠い話だけどな」

アルミン「はい、エレンのズボン持ってきたよ。色々とごちそうさま」

コニー「」
ジャン「」

エレン「ああ、それぐらいなら慣れたもんだ。アルミン、俺の話を聞いていたか?」

アルミン「うん、途中からだけどエレンの言いたい事はわかったよ。でも残念だな……昨日あれだけ愛について語ったのに。まだ僕らを変えようと思っているなんてね」

エレン「アルミン、その愛についても言いたいことがある」

アルミン「……?」

エレン「お前らのスケベはな、愛じゃない」

アルミン「!なんて事を言うんだ!?僕が、ミカサがエレンを愛していない訳がないだろ!?」

エレン「愛しているなら、なぜやめてくれない?」

アルミン「それはだって……僕もミカサもエレンの涙や焦る姿を愛でるのが一番好きで……」

エレン「そうだ、お前たちは“お前たちの欲”が一番なんだよ。俺自身の幸せじゃなくて、な」



49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:52:54 ID:pJ2smPEg

アルミン「……っ!」

エレン「俺もジャンもコニーも、愛した相手にはストレスのない生活を送って欲しいと思ってる。嫌がる事は極力避けさせてやりたい、例え自分が我慢する事になったとしても」

エレン「お互いのその思いやりのすり合わせと歩み寄りが“愛”だと、俺は思う」

エレン「でも正直、アルミンとミカサは末期だ。俺の思う愛をすぐに受け入れることが難しいだろうことは俺にもわかる」

エレン「だけどアルミン達に影響された奴らはまだ引き返せる奴も多いと思うんだ。今のままでは……あいつらは本当に愛し合える相手をいつの間にか傷つけてしまうだけなんだよ」

アルミン「……僕はエレンさえそばにいてくれれば他の人達がスケベを捨てても構わない」

コニー「お前まだそんな事を……エレンの言葉がわからないのか!?」

エレン「いいんだコニー、ありがとな。でも、これも少しではあるけどアルミンの歩み寄りなんだ」

エレン「今の俺ならわかる。なんでアルミンやミカサがこんなにもスケベを浸透させたかったのか」

エレン「ジャン、コニー……お前たちという仲間を手に入れた俺には、な」

エレン「……アルミンも仲間が欲しかった。そうだろう?」



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/05(水) 23:57:30 ID:pJ2smPEg

エレン「昔からスケベが行き過ぎて、アルミンは周りの同世代から異端者呼ばわりされていたもんな」

エレン「途中でミカサという仲間に出会ったものの、年の近い奴で突飛な性癖持ちなんて他にそうそういるもんじゃないから」

ジャン「……わかり合える仲間、か」

コニー「確かにそれは……」

エレン「俺が今まで一緒にいたのは単にバカで鈍感だったからってのもあるだろう」

アルミン「!エレンっ僕を見捨てるつもりなの!?」

エレン「バカ、最後まで聞けよ。でもな、これからは、俺は俺の意志でアルミンのそばにいようと思う」

アルミン「え……?」

エレン「さっきも言った通りだ。調査兵団で、一緒に生きよう。勿論ミカサも一緒にな。これ以上、アルミンとミカサが誰かを傷つけてしまわないように」



51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:02:43 ID:oFf9ge4A

エレン「二人が望むものを、極力与えられるよう努力しよう。でも俺からも要求することもあるからな、全部が全部叶うと思うなよ?」

エレン「俺を愛してくれるなら、俺の要求を受け入れる選択肢もあることを学んでくれ。そうしたら俺は俺の思う愛で二人を愛せる」

アルミン「……」

ジャン「マジなのか?エレン」

コニー「結局お前だけ犠牲になるんじゃ……」

エレン「いいんだ。どうせ俺たちは……昔から家族だからな。それはこの先も変わらないんだし」

アルミン「僕は……あの、ちょっとミカサと話してくるよ……」トボトボ…

エレン「……」

ジャン「……二人が変わるきっかけになってくれりゃあいいんだがな……」

コニー「ああ……」



53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:09:42 ID:oFf9ge4A

・・・・・

ミカサ「そう……そんな事が」

アルミン「ああ、ミカサ、僕……」

ミカサ「悩んでいる……?」

アルミン「うん……」

ミカサ「私も揺れている。エレンの純粋な反応を楽しむ事が出来なくなったとしても、エレンを確実に自分達のものに出来ると考えたら……」

アルミン「僕達は今からでも戻れるだろうか?エレン達の方に」

ミカサ「……正直すぐに変わる自信は無い。ふと口をついて出てしまうかも」

アルミン「でも、エレンはそれぐらいなら許容すると言っているんだ。勿論僕らが欲望を抑える努力をするのが前提ではあるけど……」

ミカサ「……抑えられる。私は私を完全に支配出来るのだから。今まで抑えられず…いや、抑えずにいたのは……エレンとアルミンに甘えていたからなのかもしれない」

アルミン「僕だって!エレンは僕らのどちらかだけとは言わなかった。本来ならミカサ、君だけが選ばれてもおかしくないんだ……女性なんだから」

アルミン「それを、僕まで受け入れてくれると言ったエレンの気持ち……正直すごく嬉しかったんだ」

ミカサ「……流石にガチホモは訓練生にも少なかったから、そう思うのも致し方ないと思う」

アルミン「……頑張ろうよ、ミカサ」

ミカサ「……ええ」コクン



54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:36:17 ID:oFf9ge4A

──…ウォール・ローゼ壁上

エレン「さっさと整備進めろよー。予定よりちょっと遅れてるぞ」

ミーナ「サシャはどこいったのよ!もー」

サシャ「皆さん!実は上官の食糧庫からこれ取ってきました」フヒヒ

サムエル「ば…バレたらどうすんだよ!」

サシャ「バレたので一人縛って吊してきましたけど、顔は見られていないのでたぶん大丈夫です」

ミーナ「また亀甲縛り?好きだねーサシャも」

エレン「サシャの趣味はちょっと血なまぐさいんだよな。普通にしてりゃいいのに」

サシャ「血が騒ぐんですよ!実はエレンにもかなりそそられています」

エレン「嫌だよ、お前のそそるって要は痛めつけたいって事だろうが。ほらさっさと整備にうつれ!」


カッ!!!!

超大型巨人 ゴゴゴゴゴ…

ブシュゥゥゥ!!!!


エレン「こ……このタイミングかよぉぉぉ!」



55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:38:12 ID:oFf9ge4A

──…

アルミン「エレン!君、目の前に超大型巨人が出たって本当なの!?」

エレン「ああ、もう上官には報告に言ってきた」

ミカサ「エレン、怪我はない!?」オロオロ

エレン「おう、体からあがる蒸気がちょっと熱かったくらいで……おい、大丈夫だから股関には触るな。腰から下は禁止だ」

ミカサ「ご、ごめんなさい、つい」シュン

エレン「ミカサ、俺の気持ちはアルミンから聞いただろ?」

ミカサ「……うん」

エレン「今は詳しく話してやる暇はない。お前とは別の班だしな。でもこれだけは言える……一緒に、家に帰ろうな」

ミカサ「うん……うん!一緒に帰る!エレン……絶対に死なないで……」

エレン「ああ。よし、いくぞアルミン!もう集合時間だ」



56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:39:14 ID:oFf9ge4A

──…

アルミン(僕の体は……なんで動かないんだろう……)

アルミン(僕は……なんで仲間が食われるのを眺めているんだろう……)

アルミン(エレンの足が……ない)

アルミン(早くエレンを助けないと……今無事なのは僕だけなのに……)

アルミン(!ハッ……)

ズシンッ

アルミン「あ……うわぁぁぁぁぁ!」

アルミン(食われた…っ!もうダメだ……エレン……っ!)



──ガシッ



57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:40:31 ID:oFf9ge4A

エレン「アルミン!!!」

エレン「うおぉぉぉっっ!」

ブンッ ガシャァァ!

アルミン「エレン……エレン!早くこっちへ……っ!早く!」


エレン「お前……無修正……グロ好きだったよな……」

アルミン「何を言ってるんだよ!早くこっちに……っ!」



58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:41:02 ID:oFf9ge4A

エレン「俺はな……お前からはスケベも教えられたが……外の世界の話も沢山聞いた……」

エレン「行くんだよな……壁の外へ……俺たち…三人……

──バクンッ


アルミン「あ……」

アルミン「ああああ………」

アルミン「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


──…

タタタタッ…

ミカサ「…………?」


少年の叫びが、流れる風を震わせていた

目の前で失った命は、幼い頃からの愛の居場所

少年と同じ命に愛を感じていた少女は、その震えた風に胸騒ぎを感じたが……


To be continued...



60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 00:51:09 ID:wHwm1nEE

急にシリアスになってワロタ



62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 09:11:08 ID:oFf9ge4A

第三部

ミカサ「アルミン!怪我はない?」

アルミン「ミカサ……」コクン

ミカサ「ねぇアルミン、エレンはどこ?」


・・・・・

ミカサ(エレンが死んだ……)

ミカサ(私の家族……大切な人……)

ミカサ(私とアルミンのスケベを正そうと、いつも真剣に向き合ってくれた……)

ミカサ(私は……さっきやっと……エレンに向き合ったばかりなのに……っ!)

プシュゥゥゥ…

ミカサ「!しまっ……」



63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 09:14:18 ID:oFf9ge4A

──…

ズシンッ…

ミカサ(空が遠い……)

ミカサ(私は落ちたんだ……ガスももうない)

ミカサ「終わりだ。何もかも。私もエレンのそばに……」

ズシンッ…

ミカサ「いい人生だった……」

ズシンッ

──「一緒に、家に帰ろうな」

ミカサ「!そうだ、ここはカルラおばさんが生きている場所……エレンの大切な、お母さんの……」

ミカサ「私と……アルミンと……一緒に帰ると言ってくれた……っ!」

ミカサ「私は、生きる……っ!生きて、戦い、エレンの大切なものを守る!」

ズシンッ!

ミカサ「あぁぁぁぁっっ!!」キンッ

──…



64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 09:16:46 ID:oFf9ge4A

・・・・・

エレン「こんなにわかり合える時間が短いんだったら、あいつらの好きなようにさせてやったらよかったな……」

エレン「丸飲みだからっつーのもあるが、生きながら自分の手足がないのを自覚するのは……結構堪えるもんだ……」

エレン「痛てぇなぁ……」

エレン「アルミン、ミカサ……母さん」

ポチャン……

エレン「母さん……そうだ母さん……大丈夫かな……」

エレン「俺が巨人を倒さないと……母さんが……それに……俺、アルミンとミカサに約束をしたじゃないか……っ!」

エレン「こんな所でくたばってたまるか……っ!巨人なんて俺が全部……全部全部!ぶっ殺してやる!!!」


──カッ!!!!

──────
────
──



65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 09:17:26 ID:oFf9ge4A

アルミン(僕の考えた作戦は、奇跡的にうまくいった)

アルミン(ガスの補給所に群がる巨人掃討の為に、奇行種と思われる巨人を誘導し利用したこと……)

アルミン(その巨人から出てきたエレンの力を使い、ウォール・ローゼに出来た壁の穴を大岩で塞いだこと……)

アルミン(これだけなら、僕もミカサも、こんな扱いはされなかっただろう)

アルミン(実際、エルヴィン団長は僕の作戦が成功したことに感謝の言葉さえ述べてくれた)

アルミン(しかし、ああ……僕とミカサは……なんてことをしてしまったんだ……)



66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:14:34 ID:oFf9ge4A

──尋問の場

エレン「……」

兵士「跪け。下手に動けば即刻取り押さえ殺さねばならん」

エレン「は、はい……え?」

エレン(俺の尋問が始まるのはわかる……でもっ……)

アルミン「むむーんっ(エレーン)!」

ミカサ「むむん(エレン)……」

エレン「なんでアルミンとミカサが拘束されてるんだ!?」

兵士「黙れ。許可なく発言するな」

エレン「なぜなんだ……っ!何があった!?そいつらは関係ないだろ!?俺を裁く場なんだろ!?拘束をといてやってくれよ……俺の処遇なんてどうとでもしてくれて構わないから!」

兵士「こいつ黙れと言って……っ!」

リヴァイ「待て、俺が変わろう」

兵士「リ、リヴァイ兵長……」

リヴァイ「エレン・イェーガー。友人が拘束されてて驚いたか?でもなぁ、この報告書見たら拘束されても仕方ないだろ」

エレン「……報告書?」



67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:15:47 ID:oFf9ge4A

リヴァイ「『──104期訓練生エレン・イェーガーが巨人のうなじ部分より出現した際、駆け寄った二人の男女はイェーガーの体に飛びつき衣類を剥ぐと全身を舐めまわしていた』……」

エレン「」

リヴァイ「別の奴の報告は『──男と女の二人組はイェーガーの服を引きちぎり全裸にすると全身をくまなく触り始めた』……」

エレン「」

リヴァイ「この他にも三件の目撃報告書が回って来たが、どれも似たようなもんだ。怪しすぎて拘束ぐらいするだろ」

エレン「」チーン

アルミン「ええん、おえーん(エレン、ごめーん)!」

ミカサ「おえんああい(ごめんなさい)……」

リヴァイ「まずはお前の話を聞こう。この変態どもに襲われたのか?それならすぐにでもとっ捕まえてやるが」

エレン「……放してやってください、お願いします。二人は何も悪くない。二人は俺の言うことを聞いて行動しただけです」

アルミン「ええん!?(エレン!?)」

ミカサ「ええんあいお…っ!?(エレン何を…っ!?)」



68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:18:04 ID:oFf9ge4A

リヴァイ「ほう、強姦しようとした訳じゃねぇとな。で、お前が指示をしたってか。裸に剥いて舐めまわせと」

エレン「……はい」

ガッ

エレン「!ぐっ……」

リヴァイ「訳のわかんねぇ庇い方してんじゃねぇよ。他の報告も来てんだ。奴ら同期じゃ有名な変態だってな」

リヴァイ「てめぇの使い方を説いたアルレルト、最高成績のアッカーマン。その二人が変態じゃ示しがつかねぇ。有用には違いなくとも、な」

リヴァイ「何か知ってるなら今のうちに話せ。二人の処遇が決まらねぇとてめぇの処遇にも障りがあるんだ」

エレン「……俺たち三人はシガンシナ区出身で昔から家族同様に生きてきました」

リヴァイ「……」

エレン「二人が変態だと有名なのは俺の隠れ蓑にしたからです。本当は俺が二人に指示して色々とやらせていました!」

エレン「二人は俺に精神的に依存しています。俺の体を……舐めまわしたとか、全裸にむいたとかは、安否確認が行き過ぎただけに過ぎません」



69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:19:58 ID:oFf9ge4A

エレン「アルミンは座学において104期トップ、今回の作戦指揮に携わり役に立つことを証明したはずです!」

エレン「それにミカサは104期で最高成績の兵士です。ですが俺のせいで彼らは変態だという評価を周りから受けてしまいました。俺はどうなったって構わないから……だから……」ポロポロ

アルミン「あんえそんあうおお(なんでそんな嘘を)……」

ミカサ「ああいおええんああいえいう(私のエレンが泣いている)……」

アルミン「おうあいいおいえいいいえあうあいあいあんえおおあ(僕は君を犠牲にして助かりたいなんと思わ)……

ガツッ

リヴァイ「てめぇらアウアウうるせぇよ。ちょっと黙ってろ」

アルミン(怖い……)

リヴァイ「それにちょっと気になるのがよぉ……」ユラリ

ガツッ ガッ ガツッ!

エレン「が……がはっ……」

リヴァイ「……“お前が”なんでそんなに依存されてるかってことなんだよ。納得出来ない。なぜなら……」

グイッ

エレン「う……うあ」ハアハア

リヴァイ「俺の血が騒ぎまくってっからな……」



70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:21:56 ID:oFf9ge4A

エレン「……え?」

アルミン(血が騒ぐ……ま、まさか!)

アルミン「あいえんあいああ!あえああえあ!(大変だミカサ!彼はダメだ!)」

ミカサ「あえ?あういん。あおいいああいあ……(なぜ?アルミン。あのチビになにが……)」

アルミン「あえあああおいっおあんあ!(彼はサシャと一緒なんだ!)」

ミカサ「ああお…いっお?(サシャと…一緒?)」

アルミン「ああっ!あえあああおいっおえ……(ああっ!彼はサシャと一緒で……)!」

ガッ

アルミン「」

リヴァイ「……普通に会話してんじゃねぇよ気持ち悪い」イライラ



71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:27:50 ID:oFf9ge4A

エレン「なんだ……訳のわからない内にアルミンが殴られたぞ!?」

リヴァイ「あ、お前そういうところは正常なのな。お前にも通じてんのかってちょっと考えちまったわ」

リヴァイ「まぁいい、話は逸れたが……お前の面見てるとよ、めちゃくちゃにしてやりたくなるんだよ……」ギラッ

エレン「えっ……え?」

リヴァイ「あんなに必死に生存確認するほど依存されてるって事は、あいつらを精神的な下僕にしてるって事だよな?って事はお前は俺と同類な筈なんだよ」

リヴァイ「でも……俺はお前をボロボロにしたくて仕方がねぇ。……お前、実は調教され慣れてるだろ?」

エレン「」

ミカサ「あういんえおああいえ!ええんあ!(アルミン目を覚まして!エレンが!)」アセアセ

アルミン「あっ……ええん!ええーん!(ハッ……エレン!エレーン!)」

リヴァイ「お前は、痛みも、未知の恐怖をも受け止めようとしている……向けられた暴力を許そうと必死になっているだろう」

リヴァイ「しかしそれを完全には受け止めきれていない反抗的な目……」

エレン「あ……それは普段からちょっとスケベな事をされ慣れているから癖と言うか反射的にというか……」

リヴァイ「自分で白状しやがったな。てめぇは紛れもなく……どMだ。そうだろ?」ギラッ

エレン「いいい!?違いますっ!俺は仲間内では完全にノーマルって言われてて……ってこれなんの尋問なんですか!?アルミンとミカサの事は!?」



72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:30:29 ID:oFf9ge4A

エレン「そ、総統!発言をお許しください!お……私はここで何を問われているのでしょうか!?」

総統「……」サッ

エレン(目を逸らした……だと?)

エレン「エ……エルヴィン団長!私は……っ!」

エルヴィン「……」サッ

エレン「」

アルミン「っぷはぁ!やっと外れた!エレン、気をつけて!その人はサシャと同類なんだ!」

エレン「あ……アルミン、サシャと同類って……」

──サシャ「血が騒ぐんですよ!実はエレンにもかなりそそられています」──

エレン「ま、まさか……っ!」ゾクッ



73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:34:07 ID:oFf9ge4A

リヴァイ「おう、あの気合い入った新人はお前たちの知り合いか?……待てよ、そういえば新人から来ていた申請が確かエレン・イェーガー……お前だったな」ニヤリ

エレン「し、申請?」

リヴァイ「エルヴィン、一時間こいつ借りるぞ」

エルヴィン「……」チラッ

総統「……」コクン

エルヴィン「……許可しよう」

エレン「その許可はダメな気がする!」

ミカサ「ええん、いええ!ああいあういおうううああ!(エレン、逃げて!わたしが隙をつくるから!)」

エレン「だからそれ何言ってるかわからないんだよっ!」

アルミン「“彼ら”は僕らスケベーズとは別個の集団で、その気性は極めて凶暴…っ!そこでは獲物が被らないようにグループの上層部に自分の獲物にしたい人間の申請をするんだっ!」

アルミン「リヴァイ兵長はそのグループのトップ、唯一メンバーの獲物を総取り出来る存在なんだよ!」

リヴァイ「詳しいじゃねぇか。なら説明はいらねぇな」グイッ

エレン「うわっ……あのっ、どこに……っ!」

リヴァイ「さぁ……どこまでイッちまうかは……お前次第だな」

エレン「ちょっと……誰か!!助けて!アルミン!ミカサぁぁぁ!」ズルズル



74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:36:28 ID:oFf9ge4A

・・・・・

──地下牢

エレン「ぐっ……」ドサッ

エレン「またここ……嫌だ……これから俺は何を……」ガタガタ

リヴァイ「ほれ。俺のせめてもの優しさだ」ポイッ

ポスッ

エレン「何ですかこれ……飲み物みたいな……差し入れ?……いやいや」

リヴァイ「惜しいな……正しく言うなら“挿し入れに使う”ってところか」

エレン「ラベルが……じゅんかつゆ?……なんかどこかで聞いた事があるような……」

リヴァイ「上手く使えよ、今調達出来たのはそれだけだからな」

エレン「えっ……えっでも俺腕縛られたままで使うも何も……っ!」

リヴァイ「……それは残念だったな」ニヤリ

エレン「い……い……」

いやだぁぁぁあ…………


・・・・・



75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:38:00 ID:oFf9ge4A

・・・・・
・・・
・・

──地下牢、十時間後

アルミン「エレン!やっと会えた!」

ミカサ「エレン!あのチビに何をされた!?一時間といいつつあいつは五時間も戻って来なかった……エレンに傷をつけていたらただじゃ済まさn……」

エレン「……部だ」ボソッ

アルミン「え?……エレンもう一度…」

エレン「全部だ。およそ想像してた事は全部された。その五時間で、アルミンやミカサのしてきた事がお遊びだったと気づかされたよ」

ミカサ「あのチビが私のエレンの痴態を見たというの!?許せない……」

エレン「兵長だけじゃない。もう代わる代わる覗き見された。あの宗教臭いネックレスつけてる奴らすら見にきてたわ」

エレン「あの人は酷い人だ。優しさだと言って渡しながら使わせない。優しさのかけらもないって事だよな」

アルミン「エレン、何を言っているのかちょっとわからな……」

エレン「兵長もさ、“二人が変態じゃ示しがつかねぇキリッ”とか言っておいてど変態はてめぇだろっつーの」

エレン「俺は悟ったよ。アルミン、ミカサ、今までお前達のスケベを否定してきてすまなかった」

アルミン「エレン、急にどうしたの……?」ビクビク



76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:40:06 ID:oFf9ge4A

エレン「この世の中、全ての原動力はスケベなんだ」

ミカサ「!?」

エレン「じゃなきゃおかしい。納得出来ない。人類最強はどSのガチホモ。団長は苦渋の決断をしたように見せておきながら二時間もベッドの真ん前で見物していきやがった。しかも最中に普通に声掛けてきやがって……なぁにが“最近いいのがいなかったみたいで……すまんね”だよ」

アルミン(あ、団長が中座したのってそういう……)

エレン「老いも若きも覗き見に来た。それでも兵長はお構いなしだ。おかげで俺は何人にケツ穴見られたかわかったもんじゃねぇ」

エレン「スケベは必要なんだ。この世に生きる全ての人間に。もう俺もスケベを受け入れようと思う」

アルミン「そんな……僕らが改心を決めた今になって……」

エレン「もう俺は自分の欲望に忠実に生きる……嫌だと言われても!俺がしたいようにっ!」
ミカサ「落ち着いてエレン!あなたは何を……」

エレン「もう、俺は、女の子のお尻を……触りまくってやるんだ!」

アルミン「……なるほど」

ミカサ(かわいい)ポッ

エレン「覚悟しろよミカサ、まずはお前からだ!嫌がっても触るまでは追いかけてやるからな!」キッ

ミカサ「……///」



78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:42:32 ID:oFf9ge4A

──世の中の片隅

老婆「カルラさんや、うかない顔をしてどうしたね?息子さんから手紙が来たと喜んでおったじゃろうに……」

カルラ「……最近ね、私の大切な息子が……どうやらあっち側へ行ってしまったみたいなの」

老婆「おやおや、壁外へかい?」

カルラ「ええ……ある意味“癖外”だわ。昔は真っ直ぐな子だったのに……」

老婆「悪い友達にでも唆されたんかねぇ」

カルラ「それもあるでしょうね……私が心配していた息子の友達も、やっぱり改心しきれなかったようだし。でもこうして手紙をくれる優しさが息子に残っていることは喜ぶべきなのかもしれないわね」

老婆「おやまぁ……」

カルラ(アルミンを恨んではいけないわ。一番の原因はきっと……あのこがよく持ってきていた祖父の本)

カルラ(二人で隠れて遊んでいた時に隠し書庫があると言っていたっけね……忌々しいったらないわ。全てのスケベな本なんてこの世から消えてしまえばいいのに……)

カルラ(そうすれば私の息子は……)ウルウル

カルラ(尻好きの巨人なんてあだなをつけられることも無かったのに……っ!)ウルウル


ポタリ…



79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:43:47 ID:oFf9ge4A

カルラの流した涙は、蒸発し、雲になり、シガンシナの空で雨へとかわった。

流れを増した川に、局所的な豪雨。

それらは不思議なことに、アルミン宅だけをきれいに押し流していったという。


──…

ミカサ「エレン、なぜ最初の一回しか私のお尻を触ってくれないのか」

エレン「だってミカサの尻、なんか硬いから。アルミンの方が柔らかい」

ミカサ「」

ハンネス「よう、久しぶりだなぁ坊主たち。お前らも一杯やってくか?」ワクワク

エレン「ハンネスさん!ったくハンネスさんのくれる飲み物はいらねぇって昔から……ああ、やっぱり一杯貰おうかな」ゴクッ

ハンネス「お、嬉しいねぇ。最近はちょっとあからさまなのにハマってるんだよな。ハハッ!」

エレン「見りゃわかるよ、隠す気もないくらい入ってるからな。まぁせめて混ぜてくれると飲みやすくて良心的だぜ?」

ハンネス「でもお前はリヴァイ兵長のを飲み慣れてるだろ?活躍は聞いてるぜ」

エレン「ご主人様の事は言わねえでくれ。外で余計な事を話すとぶっ殺されるからな」



80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 10:45:53 ID:oFf9ge4A

・・・・・

ソヨソヨ…

エレン「ふぅ……いい風だ。なぁ、俺はこの間いい格言を聞いたんだ。“他人のスケベは自分のスケベ”…ってな」

エレン「今だから言える。きっとアルミンの爺さんの書庫の扉は、スケベ界に通ずる俺の新しい扉だったんだと」

エレン「俺は……壁の外のスケベを全部見て回るんだ……お前たちと、な」フフッ

アルミン「うん!」
ミカサ「ええ、私たちはずっと一緒」
ジャン「仕方ねぇな。行ってやらぁ!」
コニー「楽しみだぜ!」

──待ってろよ、この世のスケベ……みんな違って、みんないい!

俺たちのスケベ─戦い─はこれからだ!






82 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 11:00:46 ID:mgC8G1C2

おつー
15やそこらで尻フェチのドM(バイ)とか、とんでもねぇ十字架背負ってんなエレン
ジャンコニも汚染されたのかな



83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/06/06(木) 12:49:04 ID:pBN8YnhM


この変わり果てたエレンを見たらジャンとコニーは絶望するだろうなw



転載元
エレン「爺さんの書庫?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1370358061/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:23
          • 1 引く…というかただただ吐き気がするほどキモい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:24
          • アルミンの爺さんがエロ本を持っているという風潮
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:26
          • とりあえず2ページ読んだが面白さの欠片も見受けられない。全部読んだ人の感想を参考にします
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:29
          • ジジミンはSSに関わる度にただの変態になっていくな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:31
          • 1 盛り上がりもなにもない
            ただただつまらない
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:32
          • 1 つまらないとしかこの作品を形容出来ない
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:47
          • 4 まぁ、ありなんじゃないか。
            普通に面白かった。関係ないけど進撃のSSの米ランキングっていやに辛口じゃね?
            他のSS界隈ってある程度寛容な感じすんのに何でだろ。
            まぁ、評価なんて人それぞれだけどさ。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:49
          • 1 ないわー
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:51
          • エレン可哀そうすぎるだろwww
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:54
          • 2 あるキャラをガチホモとかド変態にする二次創作も嫌いじゃないけどこれは何か無理だった
            キャラ総変態化でも「Hな訓練も何のその」シリーズとか「エレン「百合豚?腐女子?なにそれ」」は平気だったんだけどな
            何がダメなんだろう…
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:57
          • あれ、結構評価低いのね
            面白かったよ!
            いい意味でひどかった
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 21:57
          • 1 うーん…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:03
          • ジャンとエレンが仲良しだと和むな
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:10
          • 巨人を殲滅する前に変態を駆逐するべきだった
            そうすればエレンなどまともな奴らは・・・
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:10
          • ジャンがエレンに同情して親友になるくらいの変態ぶりか…面白かった
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:11
          • うん、つまんね
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:12
          • >>33のアルミンの
            「呼んだ?呼んだよね、ふふっ」
            で教育テレビのオフロスキー思い出した
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:17
          • とりあえずNTRは滅べばいい
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:18
          • 3 それなりに面白かった
            けどエレンは普通でいてほしかった
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:33
          • ※10
            俺は「エレン「百合豚?腐女子?なにそれ」」もダメだったわ
            何というか救いがないというか、キチガイが最後に勝利するような展開は普通に気持ち悪い
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:37
          • 1 とにかく変態をぶっ殺したいです
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 22:56
          • 変なことを変なこととしてからかう気持ちしかないから不愉快
            エロゲやるのと腐女子百合豚のとはそこが違う気がする
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:12
          • 唯一の救いはジャンコニがマトモで良心だったって所か・・・
            ジャンとエレンが仲がいいというのは色んな意味で面白かったというか和んだ

            ※18
            禿同
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:21
          • 反撃を待ってたけど染められちゃって最後に残ったのは吐き気のみだった
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:30
          • コレ書いた奴が何年後かに見直したら発狂もんの黒歴史やろ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:43
          • なんとか最後まで読んだが…凄く気持ち悪かった。
            こんな考えが思い浮かぶ人もいるんだな。

            ニートであってほしいなぁ。そのまま出てこないでほしい。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:55
          • コニサシャと同じ人かな
            絶賛もせんが酷評も出来ない程度にはまとまってるんだよな
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:56
          • 2 過程や理由はどうであれ、ジャンとエレンの仲が良いのはほっこりするな
            ただ、ここまで特殊な性的嗜好を振りまかれると気持ち悪すぎる
            つーかシリアスなんて欠片も無いじゃんか
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月06日 23:59
          • 評価に値しない、クソSSだった
            変態は周りがまともであればこそ輝くんだよ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:09
          • 嫌味じゃなくこんなつまらないものを長々と書ける作者はすごい。

            3万字位はあるだろ。俺もSS書くからわかるが1万字でも大変なのに
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:12
          • まとめでつまんねとか言ってるやつらは元スレで言えばいいんだよ。

            これじゃあただの陰口だぜ?
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:17
          • ※31
            何の為のコメント欄だよww

            変態は嫌いじゃないし母ちゃん生きててよかった。でも変にシリアスみたいなの入らない方が良かったんじゃね?
            エレンかわいそうになるだろ。
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:24
          • うん、これはないな。ただただ気持ち悪い。
            ※18 同意。最近いくらなんでも多すぎ。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:32
          • イ…イイハナシダッタノカナー(;∀;`)?
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:43
          • バーロー!なぜその才能をコナンで活かさん
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:54
          • 1 ガチで引く まぢでキモイ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 00:56
          • 1 * 18
            同感


          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:06
          • こういうの嫌いじゃないwwww
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:07
          • 好き嫌いが圧倒的に分かれるSSやな
            いや個人的には面白かったが。
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:10
          • 1 ぼくわ がちほもわ きらいです
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:15
          • ジャンコニ最後の癒しだったな
            そのまま純粋でいてくれ
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:23
          • 最近ネタばれありです、ってやつしかないよな
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:24
          • 偉そうな批評家ばっかなんだな、ここって。
            いったい何様なんだよww
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 01:47
          • 2 おbrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 02:04
          • 作者とキャラの対談並のそびえ立つクソだな
            読んでて頭痛い
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 02:44
          • 最後、ジャンとコニーもという事なのか・・・?
            この世界は終わりや(絶望)
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 03:01
          • これはアカンやつや
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 03:03
          • この作者は今すぐコナンかサザエSSの作者へとジョブチェンジするべき!
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 03:56
          • 5 色んな意味でクオリティ高すぎだろ…。
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 04:03
          • 5 エレンはじめ登場人物の自我の崩壊と分裂的な精神は著者の内面の異常さを示すものに他ならない。
            それゆえ、進撃の巨人SSにおいて、この作品は比類なき傑作だと思う。
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 04:42
          • 5 クソみてぇなSSだな
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 05:40
          • 最初、エレンがリトさんばりのラッキースケベになる話かと思ったわ。
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 06:04
          • この程度のキチSSで作者の人格否定とか流石に※欄幼すぎんだろw
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 06:05
          • 5 好き嫌いがはっきり別れるssだな
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 06:20
          • 5 イイネ!
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 07:38
          • 1 なんやこれ…
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 07:42
          • 1 最初からよく分からんかったが、途中からもっとよくわからんくなった。
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 07:45
          • 4 酷いssは嫌いじゃない、ミカサ可愛いよミカサ
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 07:48
          • 4 そんなにボロクソに貶されなきゃならんような作品でもない。けど、笑っていい変態より笑えない(つまらないって意味じゃなく)変態のがインパクトが強く、ツッコミも弱めなので反応に困るなwwガキんちょ向けではないね。
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 07:59
          • エレンがまともな内はまだ良かった。
            リヴァイが出てからは駄目だな。
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 08:38
          • 1 俺にはこのSSは壁外だったな。これ実はギャグじゃなくてエロSSだろ?
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 11:50
          • 3 エレンはまともなままの方が良かったなぁ
            そっちの方が、多くの読み手が感情移入しやすかったんじゃないかと
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 11:52
          • 4 ありだと思う。また書いてほしい。
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 12:22
          • 米60
            まさにそれ
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 13:29
          • 5 ・・・嫌いじゃないな、こういうの。
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月07日 21:09
          • 5 ※欄荒れすぎやろ
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 13:50
          • 1 これはない
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 15:14
          • 面白いけど気持ち悪い作品だなw
            人を選ぶのは事実


            ※51
            …ツンデレなのか?
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 17:11
          • 3 アルミン上級者すぐる
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月08日 22:28
          • なんか・・・いいね。
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月09日 07:32
          • アルエレかと思ったらリヴァエレだった
            確かにNTRは辛いなあ
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月09日 22:48
          • テーマはともかく完成度は高いわw
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月11日 16:40
          • ワロタ アルミンはわりとこういう扱い多いよなww

            サシャのS女ぷりが見たいわー
            できればキースとかの上官相手で
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月11日 22:03
          • 意見割れ過ぎワロタ

            完成度が高いっていうのはもっともだと思う、この作者のSSは基本的におもしろいし
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月12日 14:09
          • この結末は悲しすぎる
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月12日 18:43
          • リヴァイをドSの変態にしたのはまだしも、ガチホモにしたのは許されない
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 02:11
          • 上手いと思ったけどキモイ
            キモイけど読了せざるをえない
            やっぱり上手いんだろうな
            何だかんだで面白かった
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月13日 05:05
          • ……カルラさんが元気で生きててよかった。
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月29日 09:06
          • リヴァイはMだろ!いい加減にしろ!
          • 80. Immisazit
          • 2013年07月09日 06:25
          • 2 は何がしたいのか―Sports Watch

            プロ!』のラエティ番組のhttp://goo.gl/e6125 ジミーチュウ サンダルの濃い構成あり、競馬記者や評論家を、<a href=http://y.ahoo.it/H+f5/>ジミーチュウ 靴</a>それらの競馬情報展に繋がるあそのプロデたこのプロデュースする企画、何週にもわたり同じ日始まった「。<a href=http://y.ahoo.it/dNTOO>ジミーチュウ 財布</a>競馬に引っ掛けたネやはぎは、それ、彼らの笑いのスタイルにあやかって、今のところただのーゲットにし。<a href=http://goo.gl/FGoEZ>ジミーチュウ 店舗</a>新規開拓を図れるほど競馬乏しい。http://y.ahoo.it/H+f5/ ジミーチュウ サンダルすでに不満の声もあちこちから聞こえなかったが、競馬バラエ最終的には良、『うまプロ!』温かく見守。
          • 81. NustyHete
          • 2013年07月17日 22:23
          • 3 ッチ・COOKOO Watchの良いところ・悪いところ

            する腕時計して来ました・安定性が気になる.スマートウォッチ<a href=http://goo.gl/6VtW4>マークバイマークジェイコブス</a>(2)・スォッチころ使い方(1)使いはじめてから、http://goo.gl/6VtW4 マークバイマークジェイコブス アウトレット気付いたことやわった部使えるこの手のガジェットは、<a href=http://www.chloespecial.com/>シーバイ クロエ バッグ</a>のが多くあります。便利になるのます。その点、普通のアナ。http://goo.gl/dSG3C クロエ ポーチさりげなく使えます。にそれ?」、<a href=http://y.ahoo.it/IfI/l>クロエ オードパルファム</a>腕時計と思っていたようです私は、を決めてい、これまで使っていた、頻度で使う。COOKOO Watchには、マインダー。<a href=http://y.ahoo.it/DMrs0>マークバイマークジェイコブス 財布</a>これを使えば、イ、パ、やり忘れ防止には、うひとつ私は、ケータイを身に付けないので、知してく。<a href=http://www.chloebagu.com/>シーバイ クロエ バッグ</a>しかし、で欲しいと、着信があると腕時計のディスプレイに、示され、。これに『誰から』の情報が付けば、い勝手が。もうひとつ欲張るならば、<a href=http://www.marcjacobskeiya.com/>マークバイマークジェイコブス アウトレット</a>計のヨコの、不在着信へ出られない時。…
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月26日 09:31
          • 5 面白かった
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月13日 19:50
          • 5 自分は好き
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月26日 09:16
          • 5
            エレン「うーん…壁外の話は俺も好きだけど、癖外のことはちょっと俺でも勘弁だな」
            で草不可避。

            完成度は高いと思う。

          • 85. Dennisbet
          • 2014年01月23日 15:53
          • 4 Sports Watchトルシエ氏「岡田 http://www.thepilotlodge.com/ - ニューバランス スニーカー 監督の発言は趣味の悪い冗談」Sports Watch日本テレビ「Going!」(29日放送分)では、元日本代表監督フィリップ・トルシエ氏を直撃、岡田 http://www.fullmooners.org/ - ゲラルディーニ 財布 監督の進退伺騒動について話を訊いた2002年のW杯で日本代表をベスト16に導いた名将は、「岡田監督の発言は趣味の悪い冗談です。なぜなら、私たちをガッカリさせたからです。そして、選手たちに影響があるかと訊かれればイエスでしょう。ただ、私の経験からいって、今は非常に難しい時期です」と語り、岡田 http://www.roaddev.com/ - サマンサタバサ アウトレット 監督の言動を非 http://www.tenmilefwb.com/ - ニューバランス 1400 難しながらも、同じ監督として置かれた立場には理解を示した「代表監督として仕事をするときは、正直いうと私はあまり眠れなくなります。今の岡田監督も間違いなく眠れないはずです。人は責任を負っているときは、熟睡できなくなってしまうのです」というトルシエ氏。日本代表に「自信」というメッセージを送ると、「日本代 http://www.poulsbopoa.org/ - サマンサタバサ バッグ ピンク 表に自信を持たせる重要な役割を担うのが岡田監督です。岡田監督がキーマンです」と言い切ったさらに、「選手が自信を持つための言葉を見つけるのが監督です。選手にコンプレックスを持たせないことが大切です。選手は自分の価 http://www.shiascholar.org/ - サマンサタバサ 財布 新作 2013 値を信じることができて、ベストな成 http://www.thedarkevolution.com/ - サマンサタバサ アウトレット 績を出せるのです」と、トルシエ氏はアドバイスを送った。
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月13日 22:43
          • 5 ほう…悪くない
          • 87. Josephfat
          • 2014年07月24日 08:12
          • 5 I think we've become too used to how big we are usually. Like I said b/4, most ppl are obese, therefore this 'look' happens to be the norm. Ever drive by any middle school and recently been shocked at how significant these kids are? Compare them to the kids from your youth, I guarantee the young children were much smaller. http://www.templemountnews.com/ 小売業は、自分を組み立てるこの記事の古典を呼び出すことができます. .
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月21日 16:58
          • 4 良く出来てるな、もはや徹底しすぎて面白いわ

            好き嫌いは完璧に分かれるだろうし正直閲覧注意モンだが、悪くないと思う

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 楓「初めましてお義母様」武内P「」
        • 俺「くそっ死のう」 少女「待って」 俺「君は・・・?」
        • ユミラウネ「アイバユミダヨッ!」夕美「ユミラウネだよっ」/ぷちかれ「「「「「ナマイモアニバーサリー!」」」」」
        • ぷちきょこ「タニタニー♪」ぷちかれ「ポテポテー!」/ぷちなかの「おす。」モバP「引き戸だぞー」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ