TOP

李衣菜「なーつきちーっ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:08:49.67 ID:pgBL6Nb/0

夏樹「お、だりーか。おはよう」

李衣菜「うんっ。おはよう!今日もギターの練習頑張ろうね!」

夏樹「その調子その調子。せめてコードは全部押さえられるようになってくれないとな」

李衣菜「うぐっ・・・ま、まぁそれはおいおいと言う事で・・・」

夏樹「おいおい、教えてるこっちだって暇じゃないんだから。さっさと上達してくれないと困るぜ?」

李衣菜「うぅ~・・・私だって頑張ってるんだよ!」

夏樹「肝心の結果がなぁ」

李衣菜「ぐぬぬ」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:13:36.43 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「ふんだ!すぐになつきちなんか追い抜いてやる!」

夏樹「ははっ。やれるもんならやってみな。アタシは準備してくっからさ、だりーも指慣らしとけよな」

李衣菜「がってんだー!」

夏樹「返事だけはいいだがな・・・」

スタスタスタ

李衣菜「・・・よし、行った」

李衣菜「それじゃあ今日も、歯ギターの特訓を始めますかぁ!」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:21:57.41 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「前に見つかった時は、もんのすごい怒られたもんねー」

李衣菜「まずは普通に弾けるようになるのが先ってのは分かるよ?」

李衣菜「でもね、安易な道に走るのはやっぱりロックじゃないと思うわけだよ!」

李衣菜「うへへ。弾ける様になったら、真っ先になつきちとPさんに見せたげるんだ」

P『お前、いつの間にこんなに上手くなったんだ!?』

夏樹『負けたぜ・・・アタシの完敗だ、だりー』

李衣菜「ふっ・・・よしてよなつきち、私達の仲じゃない」

李衣菜「なぁーんちゃって!ウッヒョー!」

李衣菜「よしっ!早速・・・」ガリッ

バチィンッ

李衣菜「うひいいぃっ!?」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:28:20.24 ID:pgBL6Nb/0

夏樹「どうした、だりー!!今すげぇ声が聞こえたぞ!?」

李衣菜「あひぃ・・・あ、あふひひぃ・・・」

夏樹「おま、どうしたその顔・・・って」

夏樹「こんにゃろ、だりー!てめぇ、また歯ギターやりやがったな!?」

李衣菜「!?」ビクッ

李衣菜「や、やっふぇあい、やっへらい」

夏樹「馬鹿言ってんじゃねぇ!じゃあなんだ、その残骸は!」

李衣菜「こ、こえは、その・・・」

夏樹「あーもう、いいから傷見せてみろ」

李衣菜「あふぃっ!いはい、いはいよあふひち!」

夏樹「るせー。自業自得だ馬鹿だりー」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:34:20.54 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「あー・・・痛かったー・・・」

夏樹「冗談じゃねえぜ本当。仮にもアイドルなんだからよ、顔には気ィ遣えっての」

李衣菜「面目ないっす」

夏樹「ったくもう・・・ほら、とりあえずアタシのギター使っとけ」

李衣菜「わっ、いいの!?」

夏樹「最大限の優しさだぜ?ありがたくお借りするこったな」

李衣菜「勿論だよ!じゃあさっそk」

夏樹「ちょっと待てや」

李衣菜「?」

夏樹「なぜ口を開ける必要がある?」

李衣菜「いや、弾き心地を確かめようかと」

夏樹「歯ギターはもうやめろってんだよ!」バキッ

李衣菜「あ痛ぁっ!?」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:38:28.79 ID:w7FZaKnHO

○○ってロックだよな
でだりーなはどこまでしてくれるのか



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:40:24.00 ID:SdRdvGuxi

>>8
ひらめいた



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:40:03.27 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「ってな事があったんですよー」

P「あぁうん、そりゃ夏樹もキレるわ。むしろ一発で済んで良かったよな」

李衣菜「そうですか?」

P「俺なら5~6発は入れた後メダルに換えるね」

李衣菜「怖い事言わないで下さいよ!?」

P「それは言い過ぎとしても、夏樹にしてみればそれくらいされてもしょうがないくらいの事はしたって自覚は持っとけよ」

李衣菜「うぅ、それを言われると・・・」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:46:50.05 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「よしっ。決めました!」

P「期待はしないが言ってみろ」

李衣菜「私、なつきちをツーリングに誘ってみます!」

P「何?」

李衣菜「ほら、なつきちってツーリング好きでしょ?それでご機嫌取れないかなーって」

P「そりゃ結構だが、お前バイク乗れんの?」

李衣菜「・・・無免許でバイクに乗るのってロックじゃないですか?」

P「早苗さんこいつでーす」

李衣菜「わー!嘘嘘ウソですって!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 21:56:02.81 ID:pgBL6Nb/0

P「でも、有効な方法ではあるか・・・」

李衣菜「でしょ?でしょ!?」

P「問題はお前がバイクに乗れないって事だが」

李衣菜「うぐっ」

P「そうだな・・・李衣菜。お前今度の日曜、空いてるよな?」

李衣菜「えぇ、そうですけど」

P「じゃあ俺とツーリングにでも行くか」

李衣菜「ひょっ!?」

P「最悪サイドカーに相乗りでも出来れば大丈夫だろう。どうする?」

李衣菜「あっ、や、でも・・・」

P「あぁ、嫌ならいいんだぞ。何も休日に俺なんかと出かける義理もないだろうし」

李衣菜「あっ!い、いいい行きます!もちろん行きますよ行くに決まってるじゃないですかッ!!」

P「お、おぉ、何か知らんがやる気みたいだな。じゃあ、詳しい予定は後で伝えるから」

李衣菜「はいっ!」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 22:07:09.27 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜(やたー♪Pさんと休日デートだっ!ウッヒョー!)

夏樹「おーい、だりー」

李衣菜「あ、なつきちじゃん。仕事の帰り?」

夏樹「そんなとこだ。それよりさ、だりー。お前今度の日曜、空いてないか?」

李衣菜「えっ」

李衣菜(どうしよう、ツーリングに誘うならやっぱり一度Pさんと行ってからの方が?でも折角誘ってくれたんだし)

夏樹「だりー?おい、だりーってば!」

李衣菜「ふぇっ!?あ、ご、ごめん!その日は私用事があってさ!」

夏樹「ん、そうだったか。それじゃあまだ今度、だな」

李衣菜「ご、ごめんね?」

夏樹「いや、大した用じゃねーから。またな、だりー」

李衣菜「うん、ま、またねっ」

夏樹「ははっ。何緊張してんだ?変なだりーだな」

李衣菜「あはは・・・」

李衣菜(うぅ・・・咄嗟に用事あるって言っちゃったよぉ、私の馬鹿!)



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 22:15:35.62 ID:pgBL6Nb/0

P「ん~っ。まさにツーリング日和!って感じのいい天気だ!」

P「・・・それに比べて」チラッ

李衣菜「・・・ハァ」ズーン

P「お前、何かあったのか」

李衣菜「ふふ・・・私はね、今巨大な自己嫌悪に苛まれているんですよ・・・」

P(訳が分からん)

李衣菜「はぁ・・・こんなんじゃ、今日のツーリングも全然楽しめそうにないです」

P「おいおい。このバイク、お前のためにわざわざ引っ張り出してきたんだからな」

李衣菜「分かってます、分かってますけど・・・はぁ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 22:22:53.36 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「ウッヒョー♪」

P「おい、楽しめないとか抜かしてたのはどこのどいつだ」

李衣菜「え?Pさん、今何か言いました?」

P「別に」

李衣菜「そうですか。それにしても、バイクってずいぶん早く走るんですね!」

P(まだ法定速度にも達してないんだけどな)

P「どれ」

ブロロロロロロン

李衣菜「!?」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 22:32:46.06 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「ちょちょちょ、まま、PPPさんはやややややや」

P「まだ60キロしか出てないぞ」

李衣菜「ほほっ、法定速度、おーばばばばば」

P「そろそろ高速だな」

李衣菜「!!!???」

P「まぁ落ち着け、夏樹がツーリングするって言ったら、こんなもんじゃ済まないかも知れないんだぞ?」

李衣菜「そそそれはそうででですけどどどどどど」

P「はいスピードあげまーす」

李衣菜「ひいいいいやああああああああ!?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 22:43:19.58 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「・・・・・・」

P「え、えっと、大丈夫か?」

李衣菜「んなわきゃあないでしょう!?」

P「ごめんっ!悪かった、正直調子に乗ってました!」

李衣菜「あ、謝りゃいいってもんじゃないんですからね、ホントに、ホントに怖かったんですからね!」

P「反省してるって。ほら、たこ焼き食べるか?」

李衣菜「何ですかもう!食べ物で釣ろうだなんて!」モッシャモッシャ

李衣菜「・・・インターで食べるたこ焼きって何故か美味しいですよねー」ニヘラッ

P(ちょろい)

李衣菜「Pさんもおひとつどうぞ。はい、あーん」

P「お、悪いな」

李衣菜「美味しいですか?」

P「うん。美味い美味い」

李衣菜「・・・はっ」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 22:57:14.90 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜(や、やだ、今のすっごい恋人っぽいじゃん!?)

P「李衣菜?ボーっとしてどうし」

李衣菜「ウッヒョーーーーーーーッ!!」

P「」ビクッ







夏樹「・・・・・・」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:01:44.18 ID:pgBL6Nb/0

夏樹(なるほどね)

夏樹(なんか様子がおかしいと思ったら、こういう事だったか)

夏樹「はぁ。気晴らしにと思ったが、こんな所来なけりゃ良かったぜ」チラッ

<ウッヒョー!
<オチツケ、ワカッタカラオチツケ

夏樹「あーあ・・・」

夏樹(一人で勝手に気にして。馬鹿みてぇ、アタシ)

夏樹(・・・帰ろ)



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:06:09.68 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「Pさん!昨日は色々お世話になりました!」

P「俺もいいストレス発散になったから。お互い様だよ」

李衣菜「とんでもないです。これでなつきちをツーリングに誘えますし、全部Pさんのお蔭ですよ」

P「ツーリングって言うか、お前は夏樹のバイクにくっ付いてくだけなんだがな」

李衣菜「それは言わぬが華ですよ、Pさん」

P「そーかい」

李衣菜「むーっ。もう!真面目に話を聞いて下さいよ!大体・・・」

夏樹「ちーっす」

李衣菜「あっ!なつきちっ、おはよう!」

夏樹「! あ、あぁ、だりーか・・・おはよう」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:12:30.03 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「ねぇなつきち。今度の休み、一緒にさ」

夏樹「悪い!アタシ、この後すぐ仕事あんだよ」

李衣菜「え、だって今来たばっかりで」

夏樹「だりーはプロデューサーと話してろって!な!」

李衣菜「ちょ、ちょっとなつきち、押さないでよ」

夏樹「じゃあな!アタシはもう行くから!」

李衣菜「あっ・・・なつきちー!」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:17:57.02 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「行っちゃった・・・今日のなつきち、何か変なの」

P「確かにな。夏樹の奴、一体どうしたってんだ?」

李衣菜「私にもさっぱりです・・・」

P「夏樹にも、たまにはこういう日があるって事なのかな」

李衣菜「でも、あんななつきちは初めて見ましたよ。余裕がないって言うか」

P「何にせよ、そっとしていてやるのが一番じゃないのか」

李衣菜「そうですか・・・折角機嫌直してもらおうと思ったのになー」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:25:53.16 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜(それからのなつきちは、とにかくおかしかった)

李衣菜「なつきち!ご飯一緒に食べよ!」

夏樹「悪い!アタシ、仕事先のお偉いさんと食って来ちまったんだ。プロデューサーとでも食べなよ」

李衣菜(何かって言うと理由を付けて、私を遠ざけて)

李衣菜「なつきちー。ギター教えてよー」

夏樹「ごめんな、これからレッスンあんだよ。あ、プロデューサーでも基礎くらいは教えられると思うぜ」

李衣菜(同時にやけに私とプロデューサーをセットで扱いたがるようになった)

李衣菜「なつ」

夏樹「しゅ、収録行ってきますッ!アタシは大丈夫だから、プロデューサーはだりーを見てやってくれな!」

李衣菜「あっ・・・」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:33:04.12 ID:pgBL6Nb/0

李衣菜「」ドヨーン

P「李衣菜ー。帰って来ーい。今のお前、アイドル失格一歩手前の顔してるから」

李衣菜「アイドルなんてどうでもいいんですよ・・・」

李衣菜「・・・うわあああああああ!なつきちに嫌われたあああああああんうわああああああん!!」

P「泣くなって!そう決まったわけじゃないだろ!?」

李衣菜「だ、だってぇ、最近ぜんっ、ぜんぜんっ!構って、くれないし・・・うあああああああ!」

P「もしかしたら誤解があるのかも知れないしさ、やっぱり一度話し合って来いって」

李衣菜「グスッ・・・話し合い、ですか」

P「あぁ。何事も口に出さねば通じないんだぞ?」

李衣菜「でも、そもそも話をしてくれないし」

P「力づくでもなんでもいいさ。とにかく話合って、落ち込むのはそれからだ!そうだろ」

李衣菜「・・・やってはみます」

P「うん。心配すんな、失敗したら骨は拾ってやるからさ」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:38:22.03 ID:pgBL6Nb/0

夏樹「っし、仕事終了っと。そんじゃあ事務所に帰・・・」

夏樹「・・・らなくて、いいか。二人の邪魔しちゃなんだし」

夏樹「だりーにゃプロデューサーさんがいる。後はアタシが我慢すりゃあいいだけなんだよな」

夏樹「思いっきり走りてぇな、こんな気分の日は・・・」

李衣菜「なつきちっ!」

夏樹「!? だ、だりー!?」

李衣菜「はぁはぁ、よかった、まだ、ここにいた・・・」

夏樹「おいおい、お前、どうしたってんだよ!そんなに息切らして、汗びっしょりじゃねぇか!待ってろ、今着替えを」

李衣菜「なつきちはさ!」

夏樹「・・・っ!」

李衣菜「私の事、嫌い?」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:46:24.85 ID:pgBL6Nb/0

夏樹「は、はぁ?」

李衣菜「だって、最近ずっと私の事避けてるし、目も合わせてくれないし!」

夏樹「何言ってんだよ、アタシがだりーを嫌いだなんて」

李衣菜「だったら何で!何で話もしてくれないの!同じ場所にいてくれないの!」

李衣菜「私達、二人で一つのロッキンアイドルだったんじゃないの!?」

夏樹「いや、それは」

李衣菜「そんななつきち、私は嫌だよっ!」

夏樹「・・・じゃあ言わせてもらうけどさ」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:53:23.46 ID:pgBL6Nb/0

夏樹(馬鹿。やめとけ、アタシはそんな事が言いたいんじゃない)

夏樹「ダチの誘い断って、男とつるむのがそんなに立派な用事なのかよ」

李衣菜「えっ・・・」

夏樹「びっくりしたよ。たまたま寄ったインターに、プロデューサーとだりーがいるんだもんな」

夏樹(だからどうした?それだけだろ、何をイラついてんだアタシは)

李衣菜「それは、」

夏樹「言い訳はいいんだよ。アタシは本当の事だけが知りたかったんだ」

夏樹「だりー。お前、否定しなかったよな。つまりそういう事でいいんだよな。それだけが知りたかったんだよ」

夏樹(止めろ。その先は、今はその言葉はダメだ)

夏樹「それじゃあ・・・」

夏樹(ダメだってのに・・・!)

夏樹「あばよ、だりー」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/01(水) 23:56:23.31 ID:LtrCN3pw0

あかん(アカン)



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:06:46.17 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「あっ・・・」

夏樹(あーあー。言っちまった。だりーも、何て顔してんだか)

夏樹(もうダメかな、アタシ・・・)

李衣菜「・・・なつきちっ!」ギュッ

夏樹「っ!?」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:12:56.16 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「ありがとう。正直に言ってくれて、本当にありがとう」

夏樹「な・・・何やってんだよ。アタシ、今、すごいひどい事言ったんだぞ」

李衣菜「うん」

夏樹「ものすごい、冷たい言葉、お前にかけたん、だぞ。」

李衣菜「うん」

夏樹「何で・・・引き留めてんだよ・・・ばかじゃねぇの・・・」

李衣菜「うん・・・そうだね。すっごくびっくりしたよ。でもね」

夏樹「・・・?」

李衣菜「なつきちと話が出来て、うれしかったから・・・!」

夏樹「・・・ばかっ!ばか、ばか、ばかやろー、なにいってんだよ、ほんとっ!ばかじゃねぇの!ばかじゃ、ねぇのっ・・・!」ポロポロ

李衣菜「えへへ・・・そうだね、ばかだね、私・・・!」ポロポロ



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:17:57.96 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「はぁ・・・すっかり泣き疲れちゃったね」

夏樹「こんなに泣いたの、いつ以来だっけな」

李衣菜「なつきちの泣き顔、今思えば結構レアかも。写真撮っとけばよかったかな」

夏樹「てめぇ、言うじゃねぇかだりー!」

李衣菜「きゃー!なつきちが怒ったー!」

夏樹「だりー!」この、待ちやがれ!」

李衣菜「きゃー!きゃーっ!」

夏樹「ははっ!ずいぶんすばしっこいじゃねぇか、こんにゃろう!」

李衣菜「・・・えへへっ!楽しいね、なつきち!」

夏樹「・・・あぁ、そうだな!だりー!」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:23:45.43 ID:MXW2zE5R0

夏樹「あ・・・ところでさ、だりー」

李衣菜「ん?なに、なつきち?」

夏樹「その、実際の所どうなんだよ、プロデューサーとは」

李衣菜「あー、それはね・・・」







李衣菜「・・・っていう事なんだけど」

夏樹「~~~~~~~~~ッ!?///」

夏樹「じゃ、じゃあ何か?今回の事は、殆どアタシの一人相撲で・・・」

李衣菜「ま、まぁ、言っちゃえばそうなのかな?」

夏樹「」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:30:15.65 ID:MXW2zE5R0

翌日

P「夏樹と李衣菜、上手くいってるといいがなぁ」

夏樹「プロデューサァーッ!!」

P「うぉっ!?な、何だなつk」

夏樹「成敗ッ!!」

P「うおぉ!?い、いきなり何しやがる!?」

夏樹「うるせえ!紛らわしい事しやがって、馬鹿にしてんのか畜生!」

李衣菜「な、なつきち、その辺で・・・」

P「李衣菜?これは、一体どういう・・・」

李衣菜「あっ、はい!この通り、バッチリ仲直りできました!Pさんのお蔭です。ありがとうございます!」

P「おぉ!それはよかっ」

夏樹「調子乗んなよ!そもそもアンタが余計な事しなけりゃよぉ!」ゲシッゲシッ

P「あべしっ!たわばっ!」

李衣菜「あわわ・・・」オロオロ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:36:05.71 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「なつきち!ほら、そろそろツーリング行こう、ね?」

夏樹「はー、はー・・・そうだった、この馬鹿に構ってるヒマじゃねーや」

P「」ボロッ

李衣菜(あぁ・・・Pさん、ごめんなさいっ!)

夏樹「よしっ。それじゃあ、行くか!だりー!」

李衣菜「うん。そうだね!」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:39:03.68 ID:MXW2zE5R0

夏樹「・・・へへっ」

夏樹「だーりいーっ!」

李衣菜「なーつきちーっ!」




















ちひろ「LPドリンク、今だけ限定価格でご提供してますけど?」

P「全部下さい」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:42:24.87 ID:MXW2zE5R0

終わったああああああ
だりーにわか可愛いよおおおお
髪おろしたなつきち可愛すぎて天国見えそうだよおおおおお
んほおおおおおおおおお



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:43:56.79 ID:ppolJGui0

なつきちとデートしてだりーがヤキモキするほうもはよ



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 00:54:50.10 ID:MXW2zE5R0

おまけで>>51
そろそろさるが怖いから適当に呟いててくれると助かる


李衣菜「ツーリング、楽しかったなぁ」

李衣菜「・・・まぁ私は乗ってただけだけど」

李衣菜「い、いやっ!ああいうのは気持ちが大事だもんね!」

李衣菜「たとえサイドカーであっても、バイクの一部である事には変わらないし!」

李衣菜「言わば、あの時の私はバイクと一体化していたとすら言えるね」

李衣菜「・・・ヤバイ。今のは我ながらロックな発言かも」

李衣菜「メモしとけばいつか使えるかなー」

<ダカラサー、モウチョットナンカアルダロ
<ンナコトイッタッテナー

李衣菜「? あの声は・・・」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:02:31.13 ID:MXW2zE5R0

夏樹「にしたってプロデューサー、これはちょっとなぁ」

P「そんなにか?結構いいと思ったんだけど」

李衣菜「なつきちとPさん?どうして二人がここに・・・」

夏樹「あのなぁ、アンタが使うんじゃないんだぜ?プレゼントくらいちゃんと選んでくれないと困るよ」

P「へいへい、分かったよ」

李衣菜「ぷれぜんとぉ?」

李衣菜「・・・まさか!?ふ、二人はそういう関係だったと言うの!?」

李衣菜「そうか、あの時なつきちがPさんをボコッたのも、そういう裏があったとすれば!」

李衣菜「名探偵多田李衣菜、閃いちゃったよ・・・!」

李衣菜「・・・とりあえずちょっと着けてみよう」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:08:01.91 ID:MXW2zE5R0

P「いいと思ったんだけどな、このギター・・・」

夏樹「アンタが個人的に買ってったらいいじゃんか」

P「ただのプロデューサーがギター二本も買ってどうすんだよ」

夏樹「はは、そりゃそうだ」


李衣菜「ぬ・・・結構いい雰囲気」

李衣菜「これはもうクロかなぁ?」

李衣菜「いやいや、もうちょっと、もうちょっとだけ見てみないとわかんない!ハズ!」

李衣菜「・・・なつきち、ギター買ってもらえるんだ。いいなぁ」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:13:59.46 ID:MXW2zE5R0

夏樹「これはちょっと玄人向けすぎるか?」

P「んー、ちょっと厳しいかな」

夏樹「デザインはアリなんだけどなー」

P「いいものはそう簡単には見つからないもんだろ。もうちょっと見ていこう」

夏樹「ああ。時間はいくらでもあるんだ、気長に行こうぜ」


李衣菜「なつきちで玄人向けすぎるって、私だったらどうなんのそれ」

李衣菜「でも確かにデザインはいいなぁ・・・」

李衣菜「なつきちと私、センスが近いのかな?」

李衣菜「えへへ。ちょっと嬉しいかも」

李衣菜「ハッ!二人に動きが!!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:19:02.03 ID:RKtSiJ3A0

だりーなかわいい



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:20:15.70 ID:MXW2zE5R0

夏樹「やっぱしこの辺りが無難じゃねぇのか」

P「あんまり凝っても仕方ないしな」

夏樹「まぁ・・・アイツに限っちゃ、まずこいつを使いこなすのが先だよな」

P「ははっ。違いない」

夏樹「じゃあこれ、買ってくるわ」

P「おう」


李衣菜「え?なつきちにあげるギターなんじゃないの?」

李衣菜「・・・まさか、未来の子供へのプレゼント!?」

李衣菜「恐ろしい、恐ろしい二人だ・・・!」

李衣菜「あぁっ、そんな事言ってるうちに店外に出ちゃう!」

李衣菜「おじさんおじさん!このコートと、帽子とサングラスと、あとこのマスク頂戴!大至急!」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:24:53.29 ID:MXW2zE5R0

P「んー、こういうのはよく分からんな」

夏樹「仕事の衣装はこれ以上ないくらいハマってる奴を選ぶクセに、ねぇ」

P「お仕事モードとプライベートは違うの」

夏樹「そういう事にしといてやるよ。ま、アタシに任せときな」

P「期待してるぞ」


李衣菜「今度は雑貨屋さん・・・定番すぎて逆に生々しい・・・!」

李衣菜「これは片時たりとも目が離せないね!」

李衣菜「ん?・・・あ、ああぁ!まさか、そんな!?」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:30:19.66 ID:MXW2zE5R0

夏樹「これなんか、結構いいだろ?」

P「これは・・・ペアリングか?」

夏樹「おうよ。これな、二つ重ねると・・・ほら、一個のリングになるんだぜ」

P「なるほど。二つで一つ、二人で一つのリングってわけか」

夏樹「そういう事。なかなか洒落てるだろ?」

P「確かに。そういう所のセンスは流石だな」

夏樹「へへっ。褒めたって何も出ないぜ?」


李衣菜「リング、リングだ・・・!指輪を選んでいる・・・!」

李衣菜「し、しかも、二人で、一つって、つまりはそういうアレで、その、」

李衣菜「ふ、二人が一つになる、的な・・・///」

李衣菜「・・・わーっ!ダメ、ダメっ!そんなのダメ―ッ!!」

P「!?」

夏樹「だりー!?お前、何でこんな所にいるんだ!?」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:34:25.61 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「それはこっちのセリフだよ!こんな公衆の面前で、は、恥ずかしいッ!!」

P・夏樹「「は?何言ってんのお前?」」

李衣菜「えっ」









夏樹「ぷっ・・・・くくっ、ひっ、ぷっふふふ・・・」プルプル

李衣菜「わっ、笑うなぁー!人の恥ずかしい失敗を笑うなぁー!」

P「そうだぞ、夏樹。そういうのは良くない事だと俺は思う」

夏樹「ん・・・そ、そうだな。悪い、ちょっと笑いすぎた」

P「全く。いくら李衣菜が変な勘違いをして、ギ、ギターが俺たちの、こっ、子供へのプレゼントだと思ったりとか」

P「に、にわっ、にわか丸出しの、かっこうで、店に、のっ、乗り込んで、来たからって・・・」

P「ぷっ、あっ、やっぱ無理っははははははははははははははは!!」

李衣菜「もー!何なんですかもーもーもーもーもー!!」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:38:00.43 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「全くもう、ホント、変に心配して損した・・・」

夏樹「んん?おいおいだりー、何で心配する必要があるんだ?」

李衣菜「えっ」

夏樹「何がそんなに心配だったんだよ~?えぇ~?」

李衣菜「そ、それは、うっ、っく・・・」

P「二人とも何の話をしてるんだ?」

李衣菜「何でもないですっ!」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:41:05.42 ID:MXW2zE5R0

李衣菜「て言うか、それじゃあ今日の買い物は何だったんですか?」

夏樹「ん・・・あー、それはー・・・」

P「お前へのプレゼントだよ、李衣菜」

李衣菜「はよぇっ!?」

夏樹「ちょっ、プロデューサー」

P「別にいいだろ?変に隠してまた誤解を招くのも嫌じゃないか」

夏樹「そりゃそうだが・・・もうちょっとサプライズ的に渡したかったんだけどな」

P「そりゃしょうがないさ。ほら、渡してやれ」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:45:22.64 ID:MXW2zE5R0

夏樹「ん・・・分かったよ。だりー、はいこれ、ギター」

李衣菜「え、あ、うん」

夏樹「お前、この前ギター壊しちゃったろ?こないだの詫びも兼ねて、って事で。大事にしろよ?」

李衣菜「え、あ、うん」

夏樹「それと、これはリングだな。話を聞いてたなら分かると思うが、これは二人で持って初めて意味のあるリングだ」

夏樹「何でも、それぞれ情熱と知性の意味を持つんだってさ」

李衣菜「え、あ、うん」

夏樹「情熱をアタシが持つとして、知性はまぁ、一応クール所属のお前が持っておけ」

李衣菜「え、あ、うん」

夏樹「・・・だりー?」

李衣菜「え、あ、うん」

P「・・・十分サプライズだったみたいっすね?」

夏樹「おいこら、気ィ失ってんじゃねぇよ!帰って来い、だりー!だりいいいいいいいいいっ!!」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:47:01.91 ID:MXW2zE5R0

今度こそおしまい
なつきちVer.に比べて勢いがないのはお察し



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:47:53.94 ID:eTbfaq0W0

乙乙

やっぱ良いコンビだな



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/05/02(木) 01:57:09.29 ID:kN9fI+1q0

おつおつ



転載元
李衣菜「なーつきちーっ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1367410129/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 09:31
          • やっぱいい組み合わせやね、ゆりにしたがる人が多くて困るけど
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 09:38
          • 4 この二人はいい距離感保ってると思うわ
            ほっこりほっこり
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 09:53
          • さすがFo(Fool)のだりー
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 09:55
          • だりーなはバカ可愛い。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:01
          • そういえば、なつきちとがっちり男女の関係になってたSSがあったな。
            エロいけど。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:05
          • 前半だけスレ追っかけて閉じちゃってたんだよね
            後半の可愛いだりーが読めて満足
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:24
          • なつきちがだりーに腹いせレズするのを期待してました
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:25
          • なつきちは前のイベント報酬がむちゃくちゃ良かったんだけど、いまいち人気がなぁ…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:26
          • ただただただりーなかわいい
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:31
          • だりなつは百合じゃなく友情だと思うの

            とても良かった、ほっこりした
            Pも含めたこの3人組は最高だわ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 10:35
          • 百合など不要!!
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 11:03
          • 5 バカわいい
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 12:41
          • だりーなもPaだったら三属性の勢力図は今と大きく変わってただろうにな…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 12:55
          • >>5
            スレタイ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 13:08
          • なつきち最高
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 14:00
          • 5 Pも含めたこの三人は、なんだか親子のようでいいですね
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 14:08
          • ウッヒョー!
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 14:20
          • いつ見てもなつきちのリーゼントがう○こ乗せてるように見える
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 16:03
          • ※18
            貴様許さん。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 16:29
          • Nの頃のだりーなは何処に行ってしまったんですかね
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 19:07
          • 歯ギターでギター壊すって、だりーなはどんだけ強靭な顎なんですかね
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 19:43
          • ※18

            てめーッ、東京タワーとファッ○させてやるぜ!
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 19:59
          • 蘭子「如月弦太郎(訳:夏樹先輩♪)」
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 20:37
          • 俺もだりーなとハイウェイスターになりたい
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 20:48
          • ※14
            5じゃないが、
            たしか「夏樹とボイスレッスン」
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 21:10
          • だりなつはナイスペアだな
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月02日 22:23
          • なんかスレタイ見た瞬間トトロで朝迎えに来たサツキの友達が「さーつきちゃーんっ!」って呼ぶシーンが脳内再生された
            ssはよかったです
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月03日 05:03
          • 5 だりーなの可愛さは異常
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月03日 18:57
          • ※18
            屋上

            面白かった。
            百合じゃなくてよかったわ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月05日 05:58
          • >李衣菜「私達、二人で一つのロッキンアイドルだったんじゃないの!?」

            すまないがこれは
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月06日 17:01
          • 5 なつきちの髪おろした時の可愛さって異常だよね。
            何て言うか真的な可愛さなんだけど、普段から髪あげたりしてない真と違ってギャップが凄い。良い
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月13日 23:33
          • なつきちは一番好きよ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月01日 09:40
          • だりーながこんなにバカワイイなんて失望しました。
            みくにゃんのファン辞めて前川さんのファンになります。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月12日 07:36
          • スレタイのなーつきちーっ!のリズムが完全にトトロのさーーつきちゃーーん!で再生された
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月17日 03:01
          • がってんだーからの歯ギターで笑ったわ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ガヴドロSS】天使と悪魔とスマホゲー『きららファンタジア編』
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • 【グラブル】グラン「服を着ろォォォォォォォォォッッッッッ!!!!」
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        • ルパン三世 Gifted Cinderella 魔法のトワレ
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ