TOP

モバP「罰ゲーム!!!」ちひろ「イェーーーイ!!!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:20:55.13 ID:SHf8yffV0

P「……」

                    カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

           カタカタカタカタ……

P「……あ、計算ミスってた」

ちひろ「……ぴぴぴぴぴー! プロデューサーさん、ミス発覚! ということはー……?」

P「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

ちひろ「イェーーーイ!!!」

P「さて今回の俺の罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」    ぺらっ

【対象:成宮由愛】

ちひろ「いえーい! 由愛ちゃんいえーい!!!」

P「さて、肝心の罰ゲームの内容はー?」       ごそごそ

ちひろ「なにかなー、なにかなー?」

P「よし、じゃあこれで!!」     ぺらっ

【内容:ムツゴロウさんのノリでアイドルを撫でまわしてくる】



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:27:16.96 ID:SHf8yffV0

―――

P「……」

由愛「あ、プロデューサーさん……おはよう、ございます……」

P「居ましたねー」

由愛「……?」

P「彼女がですねー、最近アイドルを始めたという、成宮由愛ちゃんですねー。
  こう、抱きしめてあげたくなる見た目をしてますねー、素敵ですねー」

由愛「あの、プロデューサーさん?」

P「こうやってですねー、ゆーっくり、近づいてですねー、ほらー、ボクはなにもしないよー、なにもしないよーって。
  なにもしないんだよーって見せてあげると、安心して、こっちに心を開いてくれるんですねー」

由愛「……えっと、なにしてるんですか?」

P「それじゃあですね、今日はここから、もう少ーし、仲良くしてみましょう!」

由愛「あの……」

            なでなで

由愛「あ……」

P「よーし、よしよしよしよーし!」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:35:52.37 ID:SHf8yffV0

由愛「あの、プロデューサーさん……? えっと……何を……」

P「よーしよしよしよしよーし」

           わしゃわしゃわしゃわしゃ

由愛「……ん……」

P「ほーら、由愛ちゃーん、よしよーし、いい子いい子ー、いい子だねー。
  この子はですねー、こうやって、頭を撫でてあげるとですねー、喜ぶんですよー。よしよーし」

由愛「……あ、あの、プロデューサーさん……なんでいきなり、撫でるんですか……?」

P「いつも頑張ってる由愛ちゃんをたくさん、たくさん、たーくさん、褒めてあげようって思ったんですねぇー。 ほーら、よしよし、よしよーし」

            わしゃわしゃわしゃわしゃ

由愛「そうだったんですか……えへへ……ママ以外に、こんなにいっぱい褒められたの、初めてです……♪」

P「おー、喜んでますねー、由愛ちゃん、喜んでますねー。これは、いい傾向ですよー」

             わしゃわしゃわしゃわしゃ

由愛「……あ、でも……確かに、嬉しいですけど……でも、でも、嬉しいだけじゃなくて……なんとなく、嬉しいのとは、違う気も……」

                  わしゃわしゃわしゃわしゃ

P「あらー、嬉しくないかなー? ご機嫌斜めかなー?」

由愛「嬉しいのもあるけど……でも、それよりも、なんだか、ドキドキします……」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:40:27.47 ID:SHf8yffV0

―――

ちひろ「……あ、誤字があった」

P「……ぴぴぴぴぴー! ちひろさん、ミス発覚! ということはー……?」

ちひろ「ば、罰ゲーム!!!」

P「イェェェェーーーイ!!!」

ちひろ「うわー……罰ゲームしなくていいように注意してたのに……誤変換見落としとは……」

P「さて今回のちひろさんの罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」   ぺらっ

【対象:高垣楓】

ちひろ「いえーい! 楓さん、いえーい!!!」

P「さて、肝心の罰ゲーム内容……ちひろさん、選んでください!」

ちひろ「……はい!」

               ごそごそ

ちひろ「えーっと、じゃあ、これで!!」

                           ぺらっ

【内容:笑わせる(一発芸・一発ギャグの類で。くすぐりや頼みこみは禁止)】



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:41:20.41 ID:4ub9Fuzl0

ヒャッハー楓さんだー!



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:45:12.67 ID:aJGMXo/A0

いえええええい



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:46:05.58 ID:SHf8yffV0

―――

ちひろ「楓さん、おはようございます」

楓「……あ、千川さん。おはようございます」

ちひろ「そうだそうだ、今日ですね、ちょっとおもしろいことがあったんです!」

楓「へぇ、そうなんですか」

ちひろ「実はですね、プロデューサーさんが連れてきたアイドルの子の初お仕事が今日入ってたわけですよ!」

楓「はい」

ちひろ「『いやぁ、何人アイドルを育てても、その子の初仕事はやっぱり緊張しますねぇ』なんて言ってて」

楓「へぇ」

ちひろ「ところで楓さん、今日が何日か知ってますか?」

楓「今日は……4月20日、ですね」

ちひろ「そうです、20日です! そこで私はプロデューサーさんにすかさずこう言ったわけですよ。成程、『はつk―――」

楓「『二十日が初か』……?」

ちひろ「……」

楓「……」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:48:34.17 ID:4ub9Fuzl0

楓さんマジ25歳児



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:51:13.49 ID:SHf8yffV0

ちひろ「……」

楓「……あ、続けてください」

ちひろ「……くっ……」

楓「……? あの……」

ちひろ「い、一発芸やりまぁす!!」

楓「……えっ、と……」

ちひろ「『ヘリコプター』!!」

ちひろ「こちら千川、管制塔、離陸準備OK、離陸許可を」

P<管制塔了解。よい空の旅を

楓(……今、プロデューサーさんの声が……)

ちひろ「プロペラ作動! ぶいーん、ぶいーん」

            ぐるっ、ぐるっ、ぐるっ……
楓「……」

ちひろ「よし、テイクオフ! ぶいーん、ぶいーん、ばばばばばばば」

                    ぐるぐるぐるぐる……

楓「……ぷぷ」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:54:06.30 ID:4ub9Fuzl0

あの三つ編みをプロペラに見立てて回転させてると思うと滑稽だな



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:54:46.38 ID:cdXcsmpPi

うちのちひろさんと替えてください



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 21:55:58.66 ID:SHf8yffV0

―――

P「……」

             カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

         カタカタカタカタ……

P「……あ」

ちひろ「……」

P「……っぶねえ……セーフ、セーフ……」

ちひろ「……チッ」

P「……ちひろさん、舌うち禁止ですよ」

ちひろ「……ミスすればよかったのに……」

P「……ははは、そう何度も何度もミスして」

          グシャッ

P「……」

ちひろ「ぴぴぴぴー!! ぴぴぴぴぴー! プロデューサーさん、紙を破りましたね! ということはー……?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:00:21.52 ID:SHf8yffV0

P「罰ゲーーーーム!!!」

ちひろ「いえーい!!!! いえーーーい!!!」

P「さて、今回対象となるアイドルはこちら!!」

【対象:東郷あい】

ちひろ「いえーい、あいさんいえーい!!!」

P「……」

ちひろ「あれ、プロデューサーさん、どうしました?」

P「……いや、俺、罰ゲームパスチケットの手持ちもう無かったかなぁって」

ちひろ「ないですね! つまりプロデューサーさんは、どんな罰ゲームが出てもやるしかないんです!!
     いえーい!!! 罰ゲームいえーい!!! ほら、プロデューサーさん、いえーい!!!」

                   ぺしっ

ちひろ「あいたっ!」

P「……頼む、滅多なのは出ないでくれよ……」

                 ごそごそごそごそ
                                    ぺらっ

【内容:中島みゆきの『時代』のサビを口ずさみながらアイドルをお姫様だっこして回転】



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:02:28.66 ID:cJpZNJISO

やったーあいさんだー



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:07:39.83 ID:SHf8yffV0

―――

あい「……」

あい「……今日はいつにもまして遅いな、プロデューサーくんは」

      ――――♪   ―――――――♪

あい「……ん? ……歌、か?」

           がちゃっ

P「今はこぉぉぉぉんんんんんなぁあぁぁにぃ、悲ぁぁぁぁしくてー♪」

あい「」

P「なみーーーーだぁぁぁぁも、かぁれぇぇぇぇぇはててーーーー♪」

あい「」

P「もう、二度と笑顔には……なれそうも、ないけーどー……♪」

あい「」

P「そんな、時代も……あぁっ……たねと♪」

              かつっ      かつっ

あい「ストップ、それ以上近寄らないでくれ」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:11:42.45 ID:uGg6Ir440

そら警戒されるわな



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:14:19.73 ID:SHf8yffV0

P「いつか、話せる……日が……来るわ……♪」

あい「待て、おかしい、今日の君はいつにも増しておかしいぞ、プロデューサーくん……熱でも……」

P「あんな……時代も……あぁっ、たねと……♪」

               かつっ    かつっ

P「……きっと笑って……話せるわ……♪」

あい「だから、近寄らないで、そこで立ち止まって話をだね……いや、まず歌うのをやめてくれないか」

P「だから……今日は……くよくよしないで……♪」

                  ぎゅっ

あい「……なっ、ちょっと待ってくれ、プロデューサーくん! なんでいきなり抱きついて……」

P「今日の……風に……吹かれましょう―――♪」

                         がばぁぁぁぁっ!!

あい「ひっ!?」

P「まわるうぅぅぅまぁぁぁわるぅぅぅうううよ、時代いいいいいいいは回るううううううううう!!!
  よろおおおおおおおおおこびいいいいいかなしみ繰り替えええええええええええええしいいいいいいいいい!!!!」

               ぐるんぐるんぐるんぐるん!!

あい「わっ、馬鹿っ、ま、回るな、回っ、や、お、降ろして、降ろしてっ!!」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:16:30.59 ID:5WCKOrqS0

罰ゲームだからね、しかたないね



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:21:13.87 ID:SHf8yffV0

P「……」

あい「はぁ……っ! はぁ……っ! ……い、いきなり何を……!!
    というよりも、い、いつまでその、抱き上げてるつもりだ、そろそろ、降ろしてくれないか」

P「繰り替えぇぇええ――――えええしぃいいいいい!!!!」

あい「ひ、ゃっ、うわああああ!!! ああああああああ!!!」
                                             ぐるんぐるんぐるんぐるんっ!!
P「……」

あい「……はぁっ……はぁっ……」

P「あいさん、降ろしますね」

あい「へっ!? あ、ああ……」

               どさっ

P「今日は……別れた……恋人たち、も……♪」

                           がちゃっ

P「生まれ変わって……めぐりあうよ……♪」
                                          ぱたん……
あい「……」

あい「……お、終わった……?」

あい「……な、なんだったんだ、一体……」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:26:02.93 ID:Ssay7blU0

あいさんかわいいよあいさん



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:27:51.99 ID:SHf8yffV0

―――
P「……」

                  カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

         カタカタカタカタ……

P「……」

                  カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

         カタカタカタカタ……

P「……ちひろさん、喉乾きませんか?」

ちひろ「あ、じゃあ私ついできますよ。お茶で良かったですか?」

P「はい。お願いしま……」

                   パキッ    ぐちゃっ

P「あ、芯が折れちゃった……うわっ、うわー……書いたところにまで被害が……書きなおさな……きゃ……」

ちひろ「……ぴぴぴぴぴー!!! プロデューサーさん、ミス発覚!!」

P「クソッ、油断したっ!!」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:33:04.05 ID:SHf8yffV0

P「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!」

ちひろ「いぇーーーい!!!」

P「今回対象となるアイドルは……こちらぁっ!!」

【対象:佐久間まゆ】

ちひろ「いぇーい!!! まゆちゃんいぇーい!!!」

P「……なんか俺だけ、危ない子が偏ってませんか? これ」

ちひろ「そんなことないですよ、ランダムです、ランダム!!」

P「……ランダムの神様に嫌われてるのかな……」

ちひろ「私がまゆちゃんなんて引いたら、それこそ大惨事ですからね! その辺は神様に感謝感謝!
     さぁさぁ、プロデューサーさん、罰ゲームの内容はなんですか!?」

P「……うわー、選びたくないなー……これ」

                 ごそごそ

P「……よしっ、これで!!」

                          ぺらっ

【内容:ガチビンタ】

P「」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:34:13.23 ID:qkUXroIlO

(アカン)



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:39:04.19 ID:SHf8yffV0

―――

P「まーゆっ」

まゆ「あ、プロデューサーさぁん……♪ おはようございます」

P「うん、おはよう」

まゆ「うふふ……レッスンに行く前に事務所に顔を出して正解でしたぁ……
    こうやって、プロデューサーさんと会うことができたんですもん……♪」

P「そうか。実は俺の方もまゆに用があってな……偶然事務所で出会えるなんて、探しに行く手間が省けたな」

まゆ「うふふ……それはもう、出会えますよぉ……だって、まゆとプロデューサーさんは、繋がってますから……ね?」

P「……あ、そうそう。実は俺、まゆに頼みがあってきたんだ」

まゆ「まゆにお願い事ですかぁ? いいですよ、まゆ、なんでも聞いちゃいますよぉ……♪」

P「じゃあ、まゆ。俺にガチビンタしてくれないか?」

まゆ「……えっ……」

P「こう、俺の頬をな、全力で、しばき倒して欲しいんだ」

まゆ「……」

P「一切の容赦なく、横っ面を、叩き抜いて欲しいんだ」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:40:00.86 ID:gBBKRY7x0

そっちかよ



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:39:23.65 ID:Wt3BqCOt0

感じちゃうだろ



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:46:27.38 ID:SHf8yffV0

まゆ「……あの、プロデューサーさん?」

P「ほら、ここだぞ、ここ。外れるとまゆの手の方が痛くなっちゃうから、気を付けてな!」

まゆ「……どうして、叩かなきゃなんないんですかぁ……?
    プロデューサーさんが傷つくところなんて、まゆ、見たくないですけど……」

P「どうしても、だ。さぁ、早く頼むぞ」

まゆ「……でも、プロデューサーさん……」

P「……なんだ、まゆの俺への思いってそんなもんだったのか」

まゆ「……え」

P「他の奴なら迷わずガチビンタしてくれるだろうに、まゆは俺のお願いなんて聞けないってワケだ」

まゆ「……そんなこと言ってないじゃないですかぁ。まゆはですね、ただ、プロデューサーさんの身体のことを思って……」

P「いいわけなんてしなくていいよ。ガチビンタしてくれないんだろ?」

まゆ「……」

P「はぁ……仕方ない。もっと俺のことを思ってくれてる子を探して、その子にガチビンタしてもらうかなー……まゆに断られちゃしょうがないなー」

まゆ「…………」

P「じゃあな、まゆ。さて、誰に頼むかなー」

まゆ「………………」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:50:03.71 ID:65Fk76r80

(アカン)



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:50:43.36 ID:SHf8yffV0

まゆ「……」

P「いやぁ、悪いな! ありがとうまゆ!!」

まゆ「…………じゃあ、行きますね……?」

P「おう、来い!! 頬が腫れるくらい張り倒してくれよ!!」

まゆ「……っ、……は、はい……!!」

             ぷるぷるぷる……

P「……」

まゆ「……ッ!」

                ぺちっ!

P「……」

まゆ「……こ、これで、いい、ですか?」

P「……まゆ」

まゆ「……はい」

P「あんまり俺を失望させないでくれ」

まゆ「……」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:51:43.90 ID:aJGMXo/A0

Pのおにちく!!!



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 22:57:12.77 ID:SHf8yffV0

P「安請け合いして、期待させるだけさせておいて、その結果がこれか」

まゆ「で、でも……まゆ……プロデューサーさんの顔、叩くなんて……」

P「じゃあ最初からやるなんて言わなきゃいいだろ」

まゆ「……」

P「はぁ……時間を無駄にしたな。お疲れ、まゆ。レッスン行ってきていいぞ」

まゆ「……」

             きゅっ

P「……なんだ、まだ何か用か?」

まゆ「……そんな、悲しいこと、いわないでください……まゆは、まゆはプロデューサーさんのこと……

P「じゃあ叩け」

まゆ「……」

P「簡単な事だ。叩けばいい。嫌なら叩くな、それだけだ」

まゆ「………………プロデューサーさん……ごめんなさい」

P「謝るな。頼んでるのは俺だろうが」

                                  パチィィィィィィィン!!!



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:00:29.53 ID:SHf8yffV0

―――

ちひろ「……痛みます?」

P「これくらいどうってことないですよ」

ちひろ「氷嚢、作ってきましょうか?」

P「お気になさらず。ところでちひろさん」

ちひろ「はい?」

P「お茶、頼んでましたよね。どこにあります?」

ちひろ「……」

P「……」

ちひろ「……わ、忘れてました……」

P「ぴぴーーー!!! ぴっぴっぴーーー!!! ちひろさん、ミス発覚!!! ということはー!?」

ちひろ「……」

P「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!! いえぇーーーーい!!!」

ちひろ「……うぅ、私の馬鹿ぁ……!」

P「ほら、ちひろさん、いえーい、いえーい!!!」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:07:34.30 ID:qkUXroIlO

鋼の心を持ったPだな



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:08:13.74 ID:SHf8yffV0

P「さて今回のちひろさんの罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちらぁっ!!!」

【対象:島村卯月】

P「いえーい!!! 卯月いえーい!!! ほらちひろさんもご一緒に!!!」

ちひろ「い、いえーい……」

P「さて、気になる罰ゲームの内容はー……こちらっ!!!」

【内容:ポッキーゲーム(ただし罰ゲームのため逃走不可)】

P「いえーい、ポッキーいえーい!!! さぁちひろさん、張り切って!」

ちひろ「すみません、罰ゲームチェンジチケット使用でお願いします!!」

P「は?」

ちひろ「……ちぇっ、チェンジ! チェンジ、チェンジいえー!!! いえーい、チェンジいえーい!!!」

P「……はぁ……」

ちひろ「……いや、よく考えてくださいよ……流石に、ポッキーゲームは、ねぇ?
     それにチケットあるんだからいいじゃないですか、別にいつ使っても……」

P「……はいはい、分かりましたよ……ったく、チケットまだ残ってたのか……クソッ、面白いものが見れると思ったのに……」

ちひろ「そんな上手いこと進みませんよ。世の中……えーっと、これで!!」

【内容:電車ごっこ】



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:14:52.93 ID:SHf8yffV0

―――

      がたーんごとーん、がたーんごとーん、がたーんごとーん

卯月「……えっ、あれっ?」

      がたーんごとーん、がたーんごとーん、がたーんごとーん

卯月「え、えっと……ちひろさん、なにしてるんですか?」

ちひろ「がたーんごとーん……きき、きききききー……ぷしゅー……」

卯月「……」

ちひろ「ッエーッ……タイヘンオマタセイタシヤシタァ……シマムラウヅキ……シマムラウヅキ、デ、ゴザイヤァス……」

卯月「……ちひろさん?」

P「うわっ、遅刻遅刻!!」

卯月「えっ、プロデューサーさん!?」

P「ほら、卯月も早く乗れって!!」

卯月「あ、えっ、ええっ!?」

ちひろ「カケコミジョーシャハ、ゴエンリョクダサァィ……ダァ、シェァリァス……ごとん、ぷしぃぃぃー……」

P「ふぅっ、なんとか間に合ったな……」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:18:17.92 ID:65Fk76r80

>>66
なんでまざってるんですかねぇ…



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:17:19.20 ID:fzXpdAMH0

この職場楽しそうだなwww



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:18:27.74 ID:aJGMXo/A0

仕事しろやwwww



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:19:46.40 ID:SHf8yffV0

P「ほら、卯月、ちひろさんの肩持って!」

卯月「えっ? は、はいっ!!」

ちひろ「ハッシャイタシャス……ごとーん、ごとーんごとーん、ごとんごとんごとんごとん」

P「いってらっしゃーい!! 仕事、頑張ってこいよー!!」

卯月「は、はいっ、頑張ってきます!!」

ちひろ「がたーんごとーん、がたーんごとーん、がたーんごとーん」

卯月「……」

P「あれ、あの電車、後ろの車両だけ動いてないな……あれじゃあいつまでたってもあの場で立ち往生だぞ」

ちひろ「がたーんごとーん、がたーんごとーん、がたーんごとーん」

卯月「……が、がたーんごとーん……」

P「動いてるのは動いてるけど、音が小さいから進めないな、これじゃあ!!」

ちひろ「がたーんごとーん、がたーんごとーん、がたーんごとーん」

卯月「が、がたーんごとーん!! がたーんごとーん!!」

P「お、進みだした! 進みだしたよ!! 今進んでるよー!!!」

凛(……なにやってんだろ、あの三人)



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:20:29.16 ID:qkUXroIlO

Pもやんのかよw



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:24:55.88 ID:MXrvraZm0

これは巧妙な電車ごっこのステマ



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:27:39.06 ID:SHf8yffV0

―――

ちひろ「……」

P「……引き直すのは勝手ですけど、ごっこ遊び引くのはやめてくださいよ」

【ごっこ遊びルール:○○ごっこ、と書かれた罰ゲームは二人+指定のアイドルで行う。
             ちなみに、○○ごっこをする、などとアイドルに伝えてはいけない。あくまで自然に参加させる必要がある
                           例.仮面ライダーごっこ、プリキュアごっこ、安部菜々ごっこ(難易度上位)、など】

ちひろ「……ごめんなさい」

P「……しかもなんで、よりによって年少組以外の時にばっかりごっこ遊び引くんですか。貴方は」

ちひろ「それは……運命のいたずらとしか」

P「……はぁ……」

ちひろ「……仕事、しますか」

P「……ですね」

ちひろ「……」

               カタカタカタカタ……

P「……」

           カリカリカリカリ……



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:31:21.01 ID:UZLSskox0

>安部菜々ごっこ(難易度上位)

なんだよこれ・・・おっかねぇ・・・



444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:51:27.71 ID:QFl0s0w70

444_1444_2
安部 菜々(17?)



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:35:07.68 ID:SHf8yffV0

P「……」

              カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

         カタカタカタカタ……

P「……そろそろ、お昼ご飯ですね」

ちひろ「……そうですね」

P「……仕事、ひと段落したらお昼休憩にしますか」

ちひろ「本当ですか?」

P「こんなことで嘘ついてもしょうがないでしょう」

ちひろ「よし、ちょっと待ってくださいね!! ここ終わらせたら……はい、キリがいいので私はここまでです!!」

P「わっ、ズルっ!!」

ちひろ「ズルくないです! お互いが了承したうえで終了時間を決めたあと終わったので、正当な終了でしょう!!」

P「そりゃまぁそうですけど……あれ、でもちひろさん……今、打ち込み終わったデータ保存しました?」

ちひろ「………………あっ」

P「ぴぴぴぴぴー!!! データ保存忘れは明らかなミスです!! ちひろさん、分かりますか、これが因果応報ですよ、因果応報!!」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:43:55.04 ID:SHf8yffV0

P「さて、ちひろさん。覚悟はいいですか?」

ちひろ「……やりたくないなぁ……」

P「言ってても仕方ないです! さぁ、行きますよ!! 今回の対象アイドルは……こちらぁっ!!」

【対象:宮本フレデリカ】

P「いえーい!!! フレちゃんいえーい!!!」

ちひろ「いえーい!!!」

P「お、一気に乗り気になりましたね!」

ちひろ「いや、フレデリカちゃんなら何とかなる気がするじゃないですか!
     ノリがいいし、だいぶ寛容だし!」

P「そうですね……まぁ、特定のネタ以外は安牌みたいなもんですからねぇ!」

ちひろ「さっさと終わらせてお昼ご飯食べましょう!!」

P「ですね。それじゃあ、今回の罰ゲームの内容は……」

                  ごそごそ

ちひろ「こちらで、お願いします!!」

                            ぺらっ

【内容:頭を撫でてもらう(ただし、撫でてくれと頼んではいけない)】



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:44:30.01 ID:hdRWdjaN0

ああ……



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:45:29.02 ID:lHKrSSTgO

地味に高難度……



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:50:35.03 ID:SHf8yffV0

―――

フレデリカ「フンフンフフーン♪」

           がちゃっ

ちひろ「……」

フレデリカ「お、やあやあちひろさん。元気ー? アタシはねー、んー、お腹すいてあんまり元気じゃないかなー」

ちひろ「……」

フレデリカ「……あれ、元気ないー? どうしたの? お腹痛いの?」

ちひろ「……く」

フレデリカ「く?」

ちひろ「くぅん、くぅん……」

フレデリカ「……」

ちひろ「わん、わん! くーん、くぅん、くぅーん……」

フレデリカ「……んー……犬! 柴犬!! どう、当たってる?」

ちひろ「わん、わん!」

P(……成程、犬の真似をしてれば、ノリのいいフレデリカなら撫でてくれるって計算ですね)



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/20(土) 23:56:36.48 ID:SHf8yffV0

ちひろ「くーん、くーん……」

フレデリカ「クイズじゃない? 違う? そっかー、違うかー……じゃあなんだろ」

ちひろ「わんっ、わんっ!!」

フレデリカ「……んー……」

ちひろ「わふっ、わふわふっ!」

フレデリカ「ううううう……ワンっ!!」

ちひろ「っ!?」

フレデリカ「ワンっ!! ワンワンっ!! えへへ、わんわーん♪」

ちひろ「……」

フレデリカ「あらら、どうしたワン?」

ちひろ「……」

P(……予想の斜め上を行く反応だな……どうせならフレデリカがさっきのごっこ遊びの相手だったらよかったのに。
  ちひろさん、一生懸命考えてるな……さて、どうするか)

ちひろ「……く、くぅーん……」

フレデリカ「ほらほら、元気がないワンっ! ちひろさんも一緒に、ワンワーンっ!!」

P(完全にペースを持ってかれてるな)



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:02:24.81 ID:dqNLMfAL0

ちひろ「くっ、せ、戦略的撤退っ!!」

            てててててっ

フレデリカ「あれ? おーい、ちひろさーん、前見て走らないとー……あっ」

               ごちんっ!!

ちひろ「はぎゅっ!? あ、痛っ、たたたたたっ!!」

フレデリカ「……だから言ったのにー……大丈夫? 痛くない?」

ちひろ「い、痛……うぅ……なんで私ばっかりこんな目にぃ……」

フレデリカ「あーあー、ダイジョブー? ほら、痛いの痛いの飛んでけー!」

                なでなで

ちひろ「あ……ありがとう、フレデリカちゃん」

フレデリカ「まったくー……世話が焼けるワンちゃんだねー。ほいほーい」

                なでなで

ちひろ「あの、フレデリカちゃん……もう撫でてくれなくていいんだけど」

フレデリカ「えへへ、サービスだよ。受け取っといてー!」

                なでなで



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:08:07.34 ID:dqNLMfAL0

ちひろ「ただいま戻りましたー」

P「あ、お帰りなさい」

ちひろ「あ、ちょっと! なんで先にお昼食べてるんですか!?」

P「いや、長期戦になりそうだから……」

ちひろ「だからってそんな……私がどれだけ体を張ったと……!!」

P「体を張ってるのは俺だって一緒ですよ」

ちひろ「……はぁ、じゃあ、私もお昼ご飯、いただきますね」

P「どうぞー。あ、これお茶です」

ちひろ「ありがとうございます」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:37:48.86 ID:dqNLMfAL0

―――

ちひろ「ぴぴぴぴー!! ぴぴぴー!!! プロデューサーさん、ミス発覚!!!」

P「あー……またか……」

ちひろ「と、いうことはー?」

P「罰ゲェェェェーーーーーム!!!!」

ちひろ「いぇぇぇーーい!!!」

P「もう腹くくっていきますよ。今回の対象となるアイドルは、こちら!!」    ぺらっ

【対象:ナターリア】

ちひろ「いぇーい!!! ナタちゃんいえーい!!!」

P「これはまた……行動によってはヤバくなりそうな子を……」

ちひろ「あれ、腹くくったんですよね? 腹くくってるんですよね? まさか怖気づいたりとかはないですよね?」

P「……やりますよ、やればいいんでしょ! やれば!!」

ちひろ「それでこそプロデューサーさんです! さ、さ、内容の方をボックスから引いてください!!」

P「……じゃあ……これで!!」               ぴらっ

【内容:語尾に『いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?』を付けて五分間会話】



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:45:33.51 ID:dqNLMfAL0

―――

ナターリア「プロデューサー、ナターリア来たヨー!!」

P「おはよう、ナターリア。それじゃあ早速今度のイベントの打ち合わせを始めるか。
  ……いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「ナターリア、ご飯ちゃんと食べてきたから大丈夫ネ!」

P「そうか、流石はナターリアだな。いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「だから、ナターリアご飯ちゃんと食べてきたヨー!! モウ、プロデューサー、オッコチョチョイダ!!」

P「悪い悪い。ちなみにおっちょこちょい、な。いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「だから、ナターリア、ご飯食べてきたノ!! キチンと話、聞かなきゃ、ダメ!!」

P「いや、俺はキチンとナターリアの話は聞いてるぞ。でもいや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「……プロデューサー、もしかして、お腹すいてるノカ?」

P「それほどすいてはないが……いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「しょうがないナ。じゃあナターリア、ご飯、作ってあげル!! だからもう、言うのナシ、ネ?」

P「ああ、頑張るよ……いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「モウ! もうちょっとだけガマンだヨ!! ナターリア作ってくるからナー! 待っててネ!」

                      てってってってって



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:47:28.78 ID:gg7VSIat0

ひどすぎwwww



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:49:03.18 ID:xpncl2hTO

RPGかよwwww



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:52:31.49 ID:dqNLMfAL0

―――2分後

ナターリア「ハイ!!」

P「……これは? いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「ナターリアはいいヨ! プロデューサー、食べて、食べて!!」

P「……ところで、これは、なんなんだ? いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「ナターリアのコト気にしなくてイイヨー! コレな、ナターリアが作ったスシダナ!!
        プロデューサーの好きな食べ物をな、スシにしたんダ!! 嬉しい、嬉しいカ?」

P「……」

☆ナターリアのスシ図解
                 スタドリ瓶
                 米米米米

ナターリア「エヘヘ、メシアガレー!」

P(……こっちの方が、罰ゲームとして難易度が高い気がする……)

P「しかし、これを乗り越えれば5分は経つ……やるしかない……いや、まずは飯だな。飯を食おう」

ナターリア「ウン! 食べていいヨ!」

P「お前も食うか?」

ナターリア「ナターリアそんなの食べれないヨ! それはプロデューサー用ネー!」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:52:34.57 ID:CCqE/VCZ0

いいこやな



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 00:54:14.18 ID:gg7VSIat0

スタドリ瓶ごとってガラス食べるのか



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:02:43.10 ID:dqNLMfAL0

P(無駄にしゃべれば傷口が広がる……このまま黙って食っちゃおう)

         もぐもぐ

ナターリア「お米とおかず、一緒に食べないノカ?」

P「流石にガラス瓶は食べられないからな……いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「だから、ソレはプロデューサーのだから、ナターリアは、食べちゃダメなノ!! 分かル?」

P(無難に頷いとこう)

             こくこく

ナターリア「フー……今日のプロデューサー、お世話焼けるナ! ナターリア大変ダ!」

P「迷惑かけるな……いや、まずは飯だな。飯を食おう!」

ナターリア「オカワリ?」

P「お前も食うか?」

ナターリア「……ム、マタ……」

P「ハハハ、冗談だよ、冗談! いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?」

ナターリア「もう! 冗談ばっかり、ダメ!」

P「はい、気をつけます。そして五分経過だ。それじゃあナターリア、打ち合わせするか」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:10:26.65 ID:dqNLMfAL0

―――

P「ぴぴぴぴぴーーー!!! ちひろさん、この資料のここ、ミスです! 入力ミスがあります!!」

ちひろ「えっ、そんなはず……あ、本当だ……」

P「ということはー……? 罰ゲぇぇぇーーーーム!!!!」

ちひろ「い、いぇー……」

P「今回対象となるアイドルは……こちら!!」

【対象:難波笑美】

ちひろ「……い、いぇぇーーーい!!! 笑美ちゃんいえーい!!!」

P「……さっきといい、今といい、対象の引きよすぎでしょ。ちひろさん」

ちひろ「えへへ、これも日頃の行いの賜物ですよ!」

P「は?」

ちひろ「さて、それじゃあ内容決めちゃいましょう!!
     まぁ、笑美ちゃんが対象ならなんでもそう苦もなく出来るでしょうけど」

P「それじゃあ、引きますよ……今回の内容は……これだ!!」

【内容:ぶりっ子キャラで打ち合わせ】



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:11:22.89 ID:zIpl33fTO

うわキツ



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:11:32.67 ID:J/r36yOV0

うわキツ



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:14:25.71 ID:sbz8u5PD0

うわキツ



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:16:10.38 ID:YtfRH23K0

うわキツ



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:16:13.07 ID:xpncl2hTO

うわキツ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:16:43.31 ID:Ua6cEsz20

20130421002


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:18:59.57 ID:1B8azQDBO

うわぁ…



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:19:21.27 ID:dqNLMfAL0

―――

笑美「いやぁ、どーもー……って、あらぁ? なんや、ちひろはんかいな。なんなん、今日はプロデューサーはんおらんのん?」

ちひろ「うん! 今日は~、ちひろがね、笑美ちゃんのお相手なの~!」

笑美「ほうかいほうかい。ほんじゃあ今日もキバっていきましょうかい!」

ちひろ「ちひろ、こういう文字とか多いの読めない~! 笑美ちゃん、読んで、読んで~!」

笑美「ってソレなにキャラやねん、自分!!」

             ビシィッ!

ちひろ「キャラってなによぉ~う! もぉ~、ちひろ、怒っちゃうよぉ~!! ぷんぷん!!」

笑美「……え?」

ちひろ「笑美ちゃん、キャラとか言っちゃ、めーっ! だよぅ?」

笑美「……ち、ちひろはん……頭打ったりしたか? お医者呼ぼか?」

ちひろ「ちひろ、今日は元気だよぅ! 笑美ちゃん心配性~☆」

笑美「うわ、アカン、サブイボ出てきた……」

ちひろ「んんー、今日の笑美ちゃん、失礼ちゃん!」

笑美「いや、人の態度に口出すならまずジブンがその鼻に付く喋り方やめぇや!」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:24:18.08 ID:CCqE/VCZ0

チッヒ…



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:26:50.64 ID:dqNLMfAL0

ちひろ「あれ~? お鼻にはなにもついてないよぉ?」

笑美「なんやもう、一回バシィーっとイワセた方が早そうやな……ハリセンどこや、ハリセン」

ちひろ「はい! ハーリセンっ☆」

笑美「ちゃう、コレ台本や……ってなんで台本ジャバラ折りしとんねん!?」

ちひろ「作ったのぉ~☆」

笑美「いや、作ったの~☆ ちゃうやろ! 仕舞いにゃどつくで!?」

ちひろ「えーん、えーん……今日の笑美ちゃん、怖いよぅー……えーん、えーん」

笑美「泣き真似すな、うっとおしい!」

ちひろ「ちぇーっ、しーっぱいっ☆」

                     こつんっ☆

笑美「あーー、もう! ああああああ、もう!!!! なんやこの、なんやこのぉ!!!」

ちひろ「あはは、笑美ちゃん面白い顔~☆ 顔真っ赤でカニさんみたぁい!」

笑美「えぇい、もうやめや、やめ!! プロデューサーはん、どこや!! どうせアンタの差し金やろ!!
    出て来るなら早い方が身のためやで!!」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:30:39.43 ID:IzctX3bo0

>>147
>ちひろ「えーん、えーん……今日の笑美ちゃん、怖いよぅー……えーん、えーん」

ちょっと可愛いと思ってしまったのは内緒



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:27:59.36 ID:J/r36yOV0

軽いホラーですよこれは



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:30:57.30 ID:dqNLMfAL0

―――

P「……」

ちひろ「……」

P「……お互い、傷口は浅い方ですよ」

ちひろ「……ですね」

P「じゃあ俺、笑美なだめて打ち合わせしてくるので」

ちひろ「お願いします」

P「今回の罰ゲームは未達成ってことでいいですか?」

ちひろ「それでお願いします」

P「はい。じゃあ次、ちひろさんがミスしたら、その時に未達成分の罰ゲームも精算するってことで」

ちひろ「はい、分かりました」

P「それじゃあ……行ってきます」

ちひろ「あ、プロデューサーさん。ヘルメット、被ります?」

P「そんなことしたら、笑美の機嫌をそこねちゃうでしょ。このまま行ってしばかれてきますよ」

ちひろ「ごめんなさい、私のぶりっこが完璧だったばっかりに……」



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:32:31.91 ID:zIpl33fTO

チッヒなんだよその謎の自信



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:33:43.05 ID:J/r36yOV0

ま、まあ完璧と言えば完璧だったよなウン



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:37:58.21 ID:dqNLMfAL0

―――

ちひろ「ぴぴぴっぴぴっぴぴー!! ミス発見、ミス発見!!」

P「えっ、ウソでしょ!? そんなはず……」

ちひろ「ほら、ここですよ、ここ!! ミスがある、ということはぁ~?」

P「罰ゲぇぇーーーム!!!」

ちひろ「いえーい!!!」

P「なんか今日やけに罰ゲーム多いけど、大丈夫ですか?」

ちひろ「大丈夫ですよ。罰ゲーム自体にそんなに時間かけてないし。
     そもそもプロデューサーさんが罰ゲームの時も、私は罰ゲームの観察をしながら仕事してますからね」

P「それじゃあ、対象から行きますか……対象は……この子で!!」

【対象:市原仁奈】

ちひろ「おお、仁奈ちゃんいえー!!! 大当たりじゃないですか!!」

P「ですね、ようやく運が巡ってきたかな? それじゃあこのまま、内容の方も……これだ!!」

【内容:対象アイドルにでこぴんする】

ちひろ「うわ、内容も楽な奴じゃないですか……まさか、何か裏でやってたんじゃ……」

P「やりませんよ。いやぁ、でも、こんな楽な罰ゲームでいいのか不安になっちゃいますね!」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:47:30.74 ID:dqNLMfAL0

―――

仁奈「プロデューサー、呼びやがりましたか!?」

P「おお、呼んだぞ。実は仁奈に見せたいものがあってな」

仁奈「なんでごぜーますか?」

P「仁奈は影絵って見たことあるか?」

仁奈「影絵ですか? ありますよ! こうやって、犬とか、カエルとか作る奴ですよね!」

P「そうだ。それでな、実は俺、ウサギが作れるようになったんだ」

仁奈「ウサギ、ですか?」

P「ああ。こうやって……こう、だ」

            ↓小指
            ヘノ ←人差し指
            ○ ←親指+中指・薬指でデコピンの構え

仁奈「なんだか、キツネみてーですね」

P「確かにそうだな。でも、キツネと違うところがあってな……近づいてよーく見てみろ」

仁奈「……? なんでしょう……なんにも……」

P「でこぴーん」                 ぺちん  ぺちーん!



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:50:32.98 ID:5wHyMFst0

まさかの二段撃ち



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 01:57:25.06 ID:dqNLMfAL0

P「はっはっはっはっは、引っかかった引っかかったー!!!」

仁奈「」

             ぽふ

P「いやー、ごめんな、仁奈。ちょっとやってみたくて……」

仁奈「……っ……」

             じわり……

仁奈「……っ、……っ、……っ!」

                      ぶわっ!

P「……に、仁奈?」

仁奈「ぁ、ぁぁぁぁぁ……ぁぁぁぁぁぁぁ……!!」

               ぽろぽろぽろぽろ……

P「えっ、嘘、仁奈!? な、えっ、ちょっ、待って、なんで、なんで!?」

仁奈「ぁぁぁぁぁぁ……ぷ、プロデューサー、プロデューサーが、た、叩、叩いたぁぁぁ……!!!
    仁奈、にな、なにも、グスッ、なにもしてない、ないのに、叩い、叩いたぁっ……ぁぁぁ、うあああああぁぁぁぁ……!!」

                ぽろぽろぽろぽろ……

P「た、タイム!! ちょっと待て仁奈! ちひろさん、ちひろさん手伝ってください!! ヤバいことになりましたって!!」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 02:00:48.39 ID:gg7VSIat0

なーかしたーなーかしたーせーんせにゆってやろー



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 02:02:55.52 ID:J/r36yOV0

これは待ったなしで早苗さん



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 02:03:31.18 ID:dqNLMfAL0

P「……」

          ぽん ぽん ぽん ぽん

仁奈「……グスッ……ぐしゅ、ズズ……」

P「ごめんな、仁奈」

仁奈「……や、です」

P「……ごめん」

仁奈「……ぜーったい、許してあげねーですもん」

             ぎゅーっ

P「……」

仁奈「……もう叩いちゃやーですよ?」

P「気をつけます」

仁奈「……じゃあ、今日は、大目に見てあげます。でも許してはあげねーです」

P「そうか、困ったな」

仁奈「叩かれた仁奈の方が困ったから、悪いのはプロデューサーの方です」

P「確かに」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 02:08:25.32 ID:dqNLMfAL0

―――

P「……」

                   カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

          カタカタカタカタ……

P「……」

                カリカリカリカリ……

ちひろ「……」

       カタカタカタカタ……

P「……やっぱり、罰ゲームがあると気が引き締まりますね」

ちひろ「の割にまだミスが多いですけどね」

P「でも、以前に比べたら十分減ったと思いますけど……あ」

ちひろ「……」

P「……自己申告します。ミスしました」

ちひろ「と、いうことはぁ~?」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 02:10:57.15 ID:dqNLMfAL0

グループごとに出てるアイドルの人数だいたい同じになったからキリがいいからひとまず終わり

このスレは久々の参加型にするなりこのまま落とすなり好きにしてください



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 02:17:20.95 ID:zIpl33fTO

やみのま!



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 11:13:47.83 ID:EkbqQL8v0

P「あ」バシャ

ちひろ「・・・Pさん、今デスクにお茶をこぼしましたね?」

P「・・・はい」

ちひろ「ではお待ちかねのー?」

P「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

ちひろ「イェーーーイ!!!」

P「さて今回の俺の罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」    ぺらっ

【対象:上条春菜】

P「・・・ふう比較的軽めの子でよかった」

ちひろ「では罰ゲームはー!?」  ぺらっ

【内容:嘘をついてアイドルを驚かせる】

P「ほう・・・」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 11:17:08.79 ID:EkbqQL8v0

ガチャ

春菜「おはようございます!・・・ってあれPさん、暗いですね。どうかしたんですか?」

P「春菜・・・お前に・・・どうしてもいわなければならないことがあるんだ・・・」

春菜「は、はい・・・」

P「春菜、実は俺・・・」

春菜「・・・」

P「メガネが大嫌いなんだ!!」

春菜「」パリーン

春菜「そ、そんな・・・」バタン

P「お、おい!?春菜!?」

ちひろ「あちゃー気絶しちゃいましたかー」

P「うーんそんなに驚くことだったのか?」

ちひろ「春菜ちゃんにそれは存在意義がないっていうのと同レベルですよ」

P「えーそう?」

ちひろ「そうです」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 11:20:36.60 ID:EkbqQL8v0

春菜「う、うーん・・・」ムクリ

P「おはよう春菜」

春菜「Pさん・・・」スチャ

P「何故メガネを外す?」

春菜「だって・・・Pさんがメガネ嫌いって・・・」

P「すまんあれは嘘だ」

春菜「・・・え?」

P「まあ大分遅れた四月馬鹿だと思ってくれ本当はメガネ大好きだ!」

春菜「よ、よかったぁ」スチャ

P「ははは、驚かせてすまなかったな」ナデナデ



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 11:21:20.79 ID:EkbqQL8v0

春菜「あ、あの・・・Pさん・・・じゃあメガネの女の子は・・・好きですか?」モジモジ

スッ

P「言わなくてもわかるだろ?」ボソリ

春菜「-!!」カアァ

ちひろ「お前ら事務所でラブコメしてんじゃねえよ!」

終わり



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 11:57:29.21 ID:TrrbankB0

ちひろ「……なんで?」

P「しょ、しょうがないでしょう罰ゲームなんですから」

【対象:千川ちひろ】
【内容:密着して甘い言葉をささやく】

ちひろ「こんなことなら細かい書類上のミスなんて探さなきゃよかった」
P「油断してました、そこは」

ちひろ「だいたい、なんでアイドルのクジに私が……」
P「俺が混ぜた」
ちひろ「えっ?」
P「内容もわざとだ」
ちひろ「はぇっ?」

P「君にこうして……好きだと、言いたかったから」
ちひろ「え、いや……その……あうあうあぅ……」
P「なーんてノリならいいんですかね! って……ちひろさん?」
ちひろ「」

チヒロサーン オーイ キコエテマスカー モミモミ
ちひろ「……いやん」テレテレ
P「あかん」

なんかスレの内容とずれてるな、ボツ



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 12:41:30.58 ID:TrrbankB0

ちひろ「……えへへ」
P「い、いつものちひろさんじゃない」

ちひろ「いつもってなんですか?」
P「いつもって、それはいつもの」
ちひろ「いいじゃないですかぁ。今は罰ゲーム中なんですしー」
P「……そうだな、ちひろ(何がいいのかはわからんが逆らってはまずそうだ)」ギュッ

ちひろ「ううん、そうですそうです」
凛「プロデューサー、なんだか最近変だってみんなが」ガチャリ

P「かわいいよ、ちひろ。君は俺の女神、そして」
P「俺の天使だ」
ちひろ「きゃうっ、もっともっとぉ」

凛「……オジャマシマシター」
P「」



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 13:02:31.48 ID:TrrbankB0

P「いやこれはね? 何か壮大な誤解をしているようだけど」

凛「いやいやもう説明はいらないってば、ノロケとか正直聞きたくないしね」

ちひろ「もうっ、今は私以外見ちゃダメなルールですよぷろでゅうさあさん」
P「こじれるからちょっと静かにして、つうか自分ルール足さないでマイエンジェル」
凛「うわー」

ちひろ「……で、実際罰ゲームだと説明してどうするんですか?」コソコソ
P「それは」
ちひろ「アイドルのみんなにバレたらもう罰ゲームとしてちゃんと機能しないかもしれませんよー?」
P「うっ」
ちひろ「そうなったらもう失敗を直そうとも思えないし、自分からゲームをおじゃんにして逃げるんですかぁ」
P「愛らしい天使の顔をした悪魔めが……」
ちひろ「もうっ、そんなイジワル言わないで下さいよ♪」



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 13:09:39.79 ID:TrrbankB0

凛「まったく、どうしてちひろさんをそんなに……ずるいずるいよ、もう……」
P「いや、その。急にちひろさんがとっても可愛く見えてなーアハハ」
凛「……うわあああんっ」ダッシュ
P「りいぃぃぃぃん!」

この後、背中にへばりつくちひろさんを背負いつつ凛をなんとか引き止めたPは
必死でごまかしつつ説得を繰り返し、なんとか週末の逢瀬と引き換えになだめることに成功した


P「今でも時々ちひろさんが蕩けるような眼をしてもたれかかってきます……みなさんどうすればいいでしょう」






243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 13:10:00.57 ID:h5GmGhvU0

ちひろさんはモバマス勢の中で一番可愛いから仕方ないね



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 13:14:11.23 ID:zLXDhEUD0

>>243
第六天魔王ちひろ



248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 13:31:58.54 ID:f5iMvlHtP

第六天か……

信長! 波旬! ちひろ!



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:11:04.43 ID:+CrzD5EwO

P「……ただ今戻りました」

ちひろ「お疲れ様です。それで、間に合いました?」

P「ギリギリですけどね。まさかスケジュールを書き間違えるなんて。はぁ……」

ちひろ「ま、まあ間に合ったならいいじゃないですか! 気にしてもしかたありませんよ」

P「もう言い逃れもできないミスですね。煮るなり焼くなり好きにしてください」

ちひろ「は、はい」(すごい落ち込み様……逆に思いっきり派手にした方がよさそうね)

ちひろ「そ、それじゃ、罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

Pちひろ「イェーーーイ!!!」

ちひろ「さてさて今回の罰ゲーム、対象アイドルは……こちら!!」 ぺらっ

【対象:黒川千秋】

P「」

ちひろ(大丈夫かしら……最近は心を許してくれていると思うんだけど)

ちひろ「では罰ゲームはー!?」 ぺらっ

【内容:ベアハッグ】

ちひろ「」



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:13:10.08 ID:OI5gZQR70

oh…



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:18:21.62 ID:CCqE/VCZ0

(アカン)



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:43:42.18 ID:HExN/xdEP

どんな技なんだよ



259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:48:52.93 ID:dqNLMfAL0

>>257
ベアハッグ
腰のあたりに腕をまわして思い切り締め付ける技
分かりやすく言えばきらりんほーるど☆



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:19:16.00 ID:+CrzD5EwO

P「うわぁ……こんな内容入れなきゃよかった」

ちひろ「っていうかこれ罰ゲームなんですか? ただ抱きつきたいだけじゃないんですか?」

P「ヒかれるのもそれはそれで、と思ってたんですよ、その時は。でも今は、今はなぁ……」

ちひろ「やる側のモチベーションに左右されますもんね、こういうの」

P「……やります。やりますよ。罰ゲームは絶対ですからね」

ちひろ(ホントに嬉しくなさそうだし、まあいっか)

――――

千秋「プロデューサ、どうしたのかしら? 急に呼び出したりして」

P「……ああ、実は千秋に、折り入って頼みがあるんだ」



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:32:11.14 ID:+CrzD5EwO

千秋「頼み……その思いつめた表情。そして応接室という邪魔の入らない場所。大事なことみたいね」

P「……ああ」

ちひろ(カメラ視点)「なぜそうまでして自分を追い込むんですか……」

千秋「分かったわ、聞きましょう。他ならぬアナタの頼みだもの」

P「……千秋はベアハッグって知ってるか?」

千秋「……ベアハッグ? 知らないわ。熊のキャラクターか何かかしら?」

(応接室のテレビでプロレス視聴)

千秋「プロレスって激しいのね、初めて観たわ。それで」

P「……」

千秋「ベアハッグが何かはわかったけれど」

P「」

千秋「それを、どうするのかしら?」



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:44:06.62 ID:+CrzD5EwO

P「千秋は」

千秋「ええ」

P「ベアハッグ」

千秋「ええ」

P「したいか? されたいか?」

千秋「ちょっと待ちなさい」

P「分かった」

千秋「いや待たれても困るわね……やっぱり待って。少し頭の整理をさせて」

ちひろカメラ(それは混乱もするでしょうね)
ちひろカメラ(……プロデューサーさん目が死んでる。決死の覚悟、ということか)


千秋「ひとつひとつ尋ねてもいいかしら? この二択は絶対なの?」

P「ああ」

千秋「あれは格闘技よね?」

P「そうだ」

千秋「そして私には、アナタを持ち上げられるような膂力はない」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 14:55:00.42 ID:+CrzD5EwO

千秋「つまり私は受け手にならざるをえない。アナタの二択が絶対だというのならね」

千秋「どうかしてるわ……」

P「」

ちひろカメラ()

千秋「どうして?」

P「えっ?」

千秋「どうしてこういうことをするのかと聞いているのよ。他ならぬ、Pさんだもの。理由もなくこういうことを言うはずがないわ」

ちひろカメラ(罰ゲームとは死んでもいえない)

P「……俺が、俺がしたい。千秋に」

千秋「……!」

P「千秋にベアハッグをしたくなったんだ」

ちひろカメラ(ストレートすぎぃぃぃぃ)

千秋「……あれって、痛い?」

ちひろカメラ(ノッてきたぁぁぁぁ)

P「……痛くもできる」



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 15:13:37.29 ID:+CrzD5EwO

千秋「痛くも……」ゴクリ

P「強く抱きしめるほどに痛くなる。歌にもけっこうあるだろ? 愛は痛いとか」

千秋「あ、愛って」

ちひろカメラ(この男ッ。土壇場に来て化けおったわッ)
ちひろカメラ(目は死んだままだけど)

千秋「……」スッ

ちひろカメラ(両腕を開いて腰を露わに……まさか)

P「千秋……?」

千秋「……はやくなさい。理解は出来ないけれど、それはアナタを突き飛ばす理由にならない。今までだってそうだった」

千秋「だからアナタを信じてみる。でも、その……」

千秋「あんまり痛いのは、嫌だけど……その、少しなら。ほら、あの、ストレッチと同じで」

P「」キュピーン
ちひろカメラ(目に光が戻ったッ)

千秋「痛いくらいが、気持ちいいかも……」



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 15:34:25.69 ID:bERhEk8jO

黒川さんエロ可愛い!



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 15:43:33.59 ID:+CrzD5EwO

P「それじゃ、いくぞ」ギュウッ
ちひろカメラ(いったぁぁぁぁぁ)

千秋「んっ」(私の腰に、腕が)

P「……」グイッ

千秋「あんっ!」(うそ、こんな簡単に持ち上げられるなんて……はしたない声が)

P「……痛くないか?」

千秋「え、ええ」(でも、すごい圧迫感……全然力は入っていなさそうなのに)
千秋(爪先が、つかない……縛られて吊るされてるみたい)

P「じゃあ続けるぞ」

ぎ、ぎり、ぎり

千秋「……んんっ、んはっ、ん」(すこしずつ、つよくなってるっ)
千秋(それに胸が、Pさんに押し潰されて……っ谷間が、Pさんの顔に!)

P「まだ、大丈夫か?」

千秋「だ、んん、まだ、大丈夫よっ。はー、はー」(正直、甘く見ていたわ……こんなに苦しいなんて)

P「それじゃちょっと趣向を変えてみるか……それ」

ゆっさ、ゆっさ、ゆっさ、ゆっさ

千秋「あ、や、んんっ、っこれなに、はっ、ああ!」(カラダが、揺さぶられて!)



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 16:01:22.66 ID:+CrzD5EwO

ゆっさゆっさゆっさゆっさ
千秋「あっ! はっ! あはっ! んん~!」(落とさないように、もっと強く抱かれてる!)
千秋「や、P、Pさんっ、サンダルが脱げ……あああ!」(こんなのぜったい逃げられない……)

P「千秋、ちあ、き……」

ゆっさゆっさ
千秋「あん! む、胸の中で、喋っちゃ、だめぇ……!」(こんな、恥ずかしい姿。恥ずかしい喘ぎ声)
千秋(男の人の腕力の前では、プライドもなにもない、メス)

千秋(でも)

千秋「Pさ、ぁあん! Pさんっ。もっと、もっと、つよ、く! あ、やあぁ!」

P「……いいんだな?」

千秋「おねがい! 私を、私を、私を傷付けて!」

ぎり、ぎり、ぎゅう、ぎゅう

千秋「かはっ、あっ!! あああッ!!」



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 16:13:55.73 ID:+CrzD5EwO

千秋(息が、息ができない!)

P「……」スタスタ

千秋「あ! あん、あぁ!! はっ」(……歩いてる?)

P「……」

ぐっ、ぐぐうっ

千秋「いたっ!! や、壁?! あああ、あ……」(こんな、磔みたいに)
(いつの間にかドレスも乱れて、むね、むねが……)

千秋(なんだか少し力が弱まってるような……でもよかった)

千秋(あんなの続けられたら、ほんとうにおかしくなる)

千秋「はぁー、はぁー」
千秋「……Pさん、その、そろそろ」

ぐぐい、ぎり、ぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎりぎり



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 16:15:46.01 ID:MpXwzkv90

ヒエッ



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 16:16:31.81 ID:bERhEk8jO

黒川さん死んでまう



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 16:27:29.23 ID:+CrzD5EwO

千秋「ああん! ああ!! あはぁぁぁぁぁぁぁ」(や、いや、いやいや、なにこれ、こわいっ、こわいっ! まるで)
(まるでひとりでシてるときみた――――――)

千秋「あ――――――」カクン



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 17:06:28.05 ID:+CrzD5EwO

ちひろカメラ(やべえ)

千秋「――――んむ、ぷはっ、はっ」(意識が一瞬……あたまが、クラクラする)

P「千秋」

千秋「はー、はー……なに、かしら」

P「ベアハッグ、と俺は言ったな」

千秋「そう、だったかしら」
P「ベアハッグじゃ足りない」
千秋「!」

P「逃げてくれ。このままじゃ遊びじゃすまない」
ちひろカメラ(もう遊びじゃすんでませんよ!!)

千秋「……愛は」
千秋「愛は痛いんでしょう?」
千秋「んん、んんん、とどめを……さして。はむっ」

P「……ちあき」ゴロッ

ちひろカメラ(ソファにもつれ込んだ)
ちひろカメラ(ソファにもつれ込んだ)
ちひろカメラ(やべえ)



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 17:08:47.08 ID:zIpl33fTO

(ヤベエ)



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 17:10:26.95 ID:bERhEk8jO

よい子は見ちゃダメ!



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 17:34:21.02 ID:+CrzD5EwO

ちひろ「どうしようどうしよう」オロオロ
ちひろ「落ち着け、落ち着くのよちひろ。諭吉を数えて落ち着くの」
ちひろ「諭吉は自分以外に5ケタを持たない孤独な紙幣。私に勇気を与えてくれる」

ちひろ「ともかくこのままじゃイタズラのカメラがハメ撮りカメラに……プロデューサーさんも淫行でタイホ……」チラッ

プロフィール
【黒川千秋;年齢 20】
【20】

ちひろ「セェ―――――フ!!!!」ガタッ
早苗「うわっ、ちひろさんいきなりどしたの?!」
ちひろ「あ、なんでもないですはい」
早苗「それならいいんだけど……」

ちひろ(もう知らん! それにあの桃色空間を割って入る勇気もない!)
ちひろ(この落とし前は後でつける!!)



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 17:57:32.35 ID:+CrzD5EwO

千秋「んん、あむ、ぷはっ、ああっ、ん……」(右手が私を抱き締めて)
千秋(左手が、下着をずらして)

P「千秋」ギュゥ

千秋「あ、は、んむぅ――うう?」(え?)

千秋(てっきり、胸を弄繰り回すのかと思った掌は。胸元をくぐりぬけて)

千秋「あ――」

千秋(喉元にそえられた――まさか)

P「千秋、ちあき……」

ぞくっ

千秋「や、待って、やぁ!」(暴れても、暴れても)
千秋(逃げられないことは分かっているのに、抵抗してしまうのは)

P「千秋」グイッ

千秋「いっ……」(振り回した手は絡め取られ、ソファの座面に張り付けられる)
千秋(抵抗は――彼の力に囚われる私を浮立たせる)
千秋(その感覚がきっと、私を)



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 18:19:53.89 ID:+CrzD5EwO

千秋「くっ、ふううぅ、んん、んぐっ」(右手は私の両手首を一括りにして頭上に抑え付け)
千秋(左手は再び首へ)

P「……」
千秋「首を――絞める?」(いったいどんな感覚なの……)ゾクゾク

P「……え?」

千秋「……え?」
千秋「だ、だってこの手は……」

P「あ、これはだな……まあ息苦しいのは同じか」

千秋「……?」

千秋「んっ」(指が顎を持ち上げて)

P「こっちから口付けしやすい」

千秋「あっ、んじゅ、んふっ。むむ」(さっきまでと違う!! 舌が割り込んできて)

千秋「あっ、んにゅ、りゃ、りゃめ、ふりゅ」(口中犯されてる!)



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 18:22:15.23 ID:eCkQc2gvO

これ罰ゲームなのか?



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:34:41.19 ID:+CrzD5EwO

千秋(それから彼は再び、私の身体をとらえた)
千秋(でも、今度は)
千秋(彼は、私のぜんぶを蹂躙していった)
千秋(私は、彼にぜんぶ蹂躙された)

P「ちあきの身体、細いな……」ギリギリ
千秋「や、うっく、うあ、あ。知ってるくせぇ、え……」
P「肌、白くてすべすべで……」カリッ
千秋「っつ……痕が、残ったら」
P「……ここは晒さない場所だから」カリッ
千秋「たしかにっ、うく、そうだけどぉ……!」

P「……ぐっ」ズブッ
千秋「いたっ……いたぁ」ジワァ
P「千秋……」
千秋「あぁ……かお、なめないでぇ」


千秋(そして最後は、やっぱり、ベアハッグ)
千秋(座った彼に跨り)
千秋(芯を貫かれた身体が、千切れそうなくらい抱き締められて)

千秋「うっあ、ぁ、ぁ――あああああぁ……」



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:36:49.83 ID:+CrzD5EwO

ちひろ「もう罰ゲームの趣旨もなにもかも忘れてましたよね途中から」
P「はい」
ちひろ「自暴自棄になってればなんでも許されるとでも?」
P「許されません」
ちひろ「まあ私もまったく同罪なんですけどね……で、罰ゲームということは伏せておきますよ?」
P「ハイ」
ちひろ「その後の彼女は?」
P「痛いのが好きみたいです」
ちひろ「しっとるわっ!」
P「あと格闘技に興味を持ち始めたみたいで」
ちひろ「」
P「よく戦います」
ちひろ「その結果?」
P「ボロ勝ちします」
ちひろ「……千秋ちゃんのMより、この人のSを目覚めさせた方がまずかったかも」



364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:38:59.24 ID:+CrzD5EwO

おわり、です。時間かかりすぎでごめんなさい



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 18:49:12.51 ID:sXC037TY0

P「ぶぁっくしょん!」

ちひろ「うわぁ、大きいくしゃみ。書類を汚しましたね」

P「ここ数日寒いので……ちょっと油断しました」

ちひろ「はいはい、あとで温かいものでも作ってあげますから。

    とにかくミスはミスです。さぁ~て、罰ゲームは……」

P「この娘だ!」バッ

【対象:片桐早苗】

P「…………」

ちひろ「ま、まだ、内容次第では致命傷で済むかもしれませんよ」

P「ノーダメージとは言わない。だが、仕事に支障のないレベルの怪我で済みますように」ゴソゴソ

【思いっきりくすぐる】



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 18:54:43.45 ID:sXC037TY0

P「……ちひろさん、今後3ヶ月間の皆のプロデュース方針に関しては鍵つき引き出しの中にある

 青いファイルに収めてあります。鍵は俺のロッカーにあります。後任のプロデューサーが決まるまでは

 それでつないでください。葬式については、実家の方で行うので、そちらと連絡お願いします」

ちひろ「Pさんは早苗さんのことを何だと思っているのですか!?」

P「いやあ、少しシリアスな感じにした方が盛り上がると思いまして。

 でも、プロデュース方針のファイルは本当ですから、何かあったときは使って下さいね」

ちひろ「はいはい、早苗さんも大人なんですから、笑って済むことと済まないことくらい心得てますよ」



343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:00:08.67 ID:sXC037TY0

――――――――

早苗「おっはよー! どうしたのP君、そんなに真剣な顔つきで」

P「おはようございます、早苗さん(下手に近づいても駄目だ。隙をうかがわないと)」

ちひろ「おはようございます。最近ちょっと寒いですね。あったかいお茶をどうぞ」

早苗「ありがとー。嬉しいわ」ズズズ

P「(ちひろさんナイスアシスト! 熱いお茶を手にしているからとっさの反応はできない。チャンス!)

  あっ、早苗さん服にほこりがついてますよ」サッ

早苗「キャッ!」ガチャン

ちひろ「こぼれたお茶は片付けておきますねー」

早苗「ちょっと、お姉さんの脇腹をいきなり触るなんてセクハラよ!」

P「そ~れ、こちょこちょこちょこちょ」



344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:06:26.71 ID:sXC037TY0

早苗「あはははははは。うひひひひ。やめなさい。ひひひ。やめないとシメるわよ。ははは」

P「やめてもシメるでしょう」コチョコチョ

早苗「当たり前、あはは、でしょう。あははは。ひぃ~ひぃ~」

P(だんだん楽しくなってきた)コチョコチョ

早苗「はははは、あたし、ふぅ~ふぅ~、そこ弱いのよ~、あはははは」

P(早苗さんの表情がアイドルにあるまじきものになってきた。ここらが潮時か)コチョコチョ

早苗「ははは、ひぃ~ひぃ~、あっ……」ジワ

P「えっ!?」

早苗「」チョロ……ジョボボボ



347: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) :2013/04/21(日) 19:07:25.29 ID:MN4FImep0

あ…



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:13:15.29 ID:sXC037TY0

早苗「えぐっえぐっ」

P「本当に申し訳ありませんでした。アイドルを泣かすなんてプロデューサー失格です」

ちひろ「ごめんなさい。笑って済むようなことではないのは重々承知しております。

    許してとは言えませんが、どうかアイドルを辞めるのだけは……」

早苗「ぐすっ……P君、ちひろさん」

P・ちひろ「は、はいっ!」

早苗「今日あたしはここに来なかった。いいわね」ジロ

P・ちひろ「イエス、マム!」

――――――――

P(その後、早苗さんは何事も無かったかのように振舞っている。しかし、たまに、ごくたまにだが、

  何かを期待するような目でこちらを見つめることがあるのだ)

早苗「…………」ポッ

P(もしかしたら、とんでもない性癖を植えつけてしまったかもしれない)

おしまい



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 19:25:59.72 ID:bERhEk8jO

すっかりエッチないたずらスレになりましたねぇ



378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:03:31.18 ID:tGzFyyi60

ちひろ「あ、プロデューサーさん。この資料、パンチ穴空いてませんよ」

P「え、あー……ホントだ」

ちひろ「ということはぁー?」

P「罰ゲームですね。はぁ……」

ちひろ「いぇーーーい、ってちょっとプロデューサーさん! ノリ悪いですよ?」

P「いえ、こんなことしてる間に、ぱぱっと仕事終わらせた方がいいかなって」

ちひろ「えー! 楽しいじゃないですかぁ!」

P「それに、いつか取り返しのつかないことになりそうで……」

ちひろ「大丈夫ですよ、その時は一緒に首括りましょう!」

P「絶対やだ……さて、誰かなぁっと」ゴソゴソ

【多田李衣菜】



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:10:36.24 ID:tGzFyyi60

ちひろ「李衣菜ちゃん! ウッヒョー!」

P「李衣菜か。あいつならなんだかんだで丸く収まる、かな?」

ちひろ「ではでは、李衣菜ちゃんとなにをするんでしょうか!?」

P「そう急かさないで……引きます引きます」

【あすなろ抱きして耳元で囁く】

ちひろ「きゃー! あすなろ抱きですって! 私が入れたやつです!」

P「う、うーん……なんか一昔前のドラマみたいですね、これ」

ちひろ「あ、ひどいです! 私そんなに年取ってないもん!」

P「あーはいはい、可愛くない可愛くない」

ちひろ「ちょっと!?」

P「行ってきまーす」

P(……あれ? そういや囁くって、なにをだ?)



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:17:13.31 ID:tGzFyyi60

―――

李衣菜「~~~♪」

P(結局なにも考えないまま李衣菜のところに来てしまった……囁く、囁く……)

李衣菜「あ、Pさん! お疲れさまでーす」

P「お、おお李衣菜、お疲れさま。なに聴いてたんだ?」

李衣菜「この前みんなで収録した曲です。もう嬉しくって嬉しくって、何度も聴いてるんです!」

P「『お願い!シンデレラ』か。李衣菜もアイドルらしくなったなぁ、随分と成長したよ」

李衣菜「えへへ……Pさんのおかげです。ロックフェスだって私のワガママ聞いてもらっちゃって……」

李衣菜「本当に、ありがとうございますっ」

P「!」



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:23:46.43 ID:tGzFyyi60

李衣菜「いやぁえへへ、なんか改まって言うと恥ずかしいですね……」テレテレ

P(……そうか)

P(俺も素直な気持ちを伝えればいい。罰ゲームなんて名目だけど、いい機会だよな)

李衣菜「Pさん? どうしたんですか、黙り込んじゃって。どこか具合でも……」

P「あぁ、いや。なんでもないよ、大丈夫」

李衣菜「ならいいですけど。なにかあったら言ってくださいね! ロックなリーナがPさんを元気づけますから!」



388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:29:43.61 ID:tGzFyyi60

P「うんうん、ありがとな」ナデナデ

李衣菜「ぁぅ……へへ」

P「李衣菜」

李衣菜「ん、なんですか?」

P「ちょっと後ろ向いてくれ」

李衣菜「? はい」クルッ

P「……失礼」

ぎゅっ

李衣菜「ひゃ、わわっ!? どっどどど、どうしたんですかっ!」

P「いいから、このまま聞いてくれ」

李衣菜「はっ、はいぃ!」



390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:35:53.00 ID:tGzFyyi60

P「……んん、李衣菜はあったかいな」

李衣菜「そそそそうでふか」

P「なぁ李衣菜?」

李衣菜「な、なんでしょ……?」

P「ロックフェスのステージ、素敵だったよ。最高に輝いてた」

李衣菜「……んく、はい」

P「本当に嬉そうに、ステージの上を駆け回ってはしゃいでさ……あの時のお前の笑顔、忘れないよ」

李衣菜「はい……」



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:41:36.54 ID:tGzFyyi60

P「夏樹だって、お前のことべた褒めだぞ? だいぶロックが分かってきたとか言ってたぞ」

李衣菜「なつきちが……。なつきち、私にはそんなこと言わないのに」

P「あいつなりの照れ隠しだよ。ギターも頑張ってるんだろ?」

李衣菜「はいっ、もう少し待っててくださいね。私の魂がこもった演奏、きっと聴かせますから」

P「あぁ、楽しみにしてるよ」

李衣菜「……へへへ。もっとぎゅってしてくれます?」

P「ん」

ぎゅー

李衣菜「はふ……んふふ」



395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:46:11.86 ID:tGzFyyi60

P「……」

李衣菜「……」

P「……李衣菜」

李衣菜「はい」

P「アイドル、楽しいか?」

李衣菜「はい……はいっ! すっごく楽しいです! もっともっとかっこよくて可愛いアイドルになりたい!」

P「うん、そうか」

李衣菜「だから、だから……えと、その……」

P「……あぁ」



P「ずっと、李衣菜のこと見てるよ(かすれ声)」

P(決まった……!)



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:47:58.86 ID:tGzFyyi60

李衣菜「……」

P「李衣菜?」

李衣菜「……きゅぅ」プシュー

P「おわ、気絶してる!?」

パシャッ

P「!?」

ちひろ「あ、どうも♪」パシャパシャ

P「なに撮ってんですかちひろさぁぁぁん!?」



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:51:11.40 ID:tGzFyyi60

ちひろ「いやぁなんだか罰ゲームっていうよりイチャコラだったもので、ついムカついて♪」

P「その写真をどうする気です!?」

ちひろ「んー……掲示板に貼ったり?」

P「やめて!」

ちひろ「李衣菜ちゃん、顔真っ赤ですねー可愛いですねー!」パシャパシャパシャパシャ

P「ちょっとカメラ止めろ! 李衣菜、起きてくれー!」

李衣菜「ふにゃ……えへ、Pしゃん……♪」



おわり



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:52:27.43 ID:tGzFyyi60

罰ゲームだと思ったらイチャコラだった
なにを言ってるか云々



401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 20:54:35.37 ID:+WmisxcB0

20130421003


406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:00:16.88 ID:3Opaa95Q0

菜々「おはようございまーす!」

P「あれ?こんな早くからどうした?忘れ物か?」

菜々「えっ?Pさん8時からレッスンって言いましたよね?」

P「えっ…あー……スマンな夜の8時だ」

ちひろ「これは伝達ミスですよね?ってことはー」

P「あれですね」

菜々「あれって?」



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:03:13.71 ID:3Opaa95Q0

P「罰ゲェェェェェェム!!!」

ちひろ「ィヤッホオオオオオオ!!!」

菜々「えっ?えぇ?」

ちひろ「今回のターゲットは菜々さん!!」

P「でも平日朝一はみんな学校でほとんど誰もいないんだからしかたない!!」

菜々「えっ何?何なんですか!?」



414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:06:44.50 ID:3Opaa95Q0

P「そーしーてー!内容はこれだ!!」

【ジャイアントスイング】

ちひろ「菜々さんをジャイアントスイングです!!」

P「よしいくぞ菜々ああああああああ!!」

菜々「えっ?えっ!?おかしいですよぉ!待って!まっtぎゃあああああああああ」



419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:11:02.60 ID:3Opaa95Q0

P「うぅっ…腰に来る……」

菜々「ナナも体が辛いです…それにしてもジャイアントスイングなんて懐かしいですねっ」

P「子供の頃プロレスブームでよくやったな」

菜々「あっ違うんです!友達のお父さんにヤッテモライマシタ!」



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:12:19.73 ID:3Opaa95Q0

おわり
なんかすまんこ



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:18:27.47 ID:sXC037TY0

P「ちひろさん、ここ、誤字ですよ」

ちひろ「えっ、あ……ほんとだ」

P「安部さんのことを奈々と書くなんて、本人に怒られますよ」

ちひろ「うう……。ついうっかり変換ミスをしてしまいました」

P「それじゃ、次の罰ゲームは……」

ちひろ「この娘です!」パッ

【対象:森久保乃々】

ちひろ「乃々ちゃんね。お互いに傷つかない罰ならいいんだけど……」ゴソゴソ

【内容:ののしられる】

ちひろ「よかった。大人しい乃々ちゃんなら軽く済みそうね」

P「フラグが立ちましたよ。今の発言で」



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:35:09.05 ID:IzctX3bo0

437_1437_2
乃々ちゃんは天使



426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:22:08.74 ID:sXC037TY0

―――――――

ちひろ「あっ、乃々ちゃん。ちょうどよかった」

乃々「何ですか……いきなり。あうぅ……帰りたいんですけど……」

ちひろ「ちょっと乃々ちゃんにお願いがあって」

乃々「私は何もできないんですけど……。きっと」

ちひろ「簡単ですぐに終わることだから、お願い」

乃々「そ、そんなこと言われても……むーりぃー」

ちひろ「無理じゃないわよ。私をののしって欲しいの」

乃々「乃々だけにですか? つまらないんですけど……」

?「ふふっ」



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:24:46.64 ID:T67wFe1D0

おい、なんか来たぞ



430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:27:37.29 ID:sXC037TY0

ちひろ「(今、誰かいたような?)そうそう、そんな感じで私のことをののしって」

乃々「本当にいいんですか?」

ちひろ「もちろん」

乃々「怒らないでほしいんですけど……。

   守銭奴! 業突く張り! 我利我利亡者! 浅ましい運営の犬! 吝嗇家! しわいや!

   プロデューサーの敵! 妖怪ドリンクババア! 拝金主義者! 吸血鬼! パタリロ!

   金色夜叉! しみったれ! 欲張り! 阿漕! インチキガチャ! 鬼! 悪魔! ちひろ!」


ちひろ「」

乃々「あうぅ……泣かないでほしいんですけど……」



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:31:14.80 ID:sXC037TY0

ちひろ「私……乃々ちゃんにそんなふうに思われてたんですね……」

P「い、いや、あれは乃々の本心じゃなくて、ののしるために無理に搾り出した言葉ですから」

ちひろ「いえ、私もいろいろ反省しました。ガチャでSRの出る確率をいじる頻度を減らします」

P「あ、そこはゼロにしないんですね」

ちひろ「あと、スタドリとエナドリの成分を合法なものにします」

P「えっ、ちょ、ちょっとちひろさん。何か恐ろしいことを言いませんでしたか? ちひろさーん!」


おしまい



447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:54:07.07 ID:F4krEzC10

ちひろ「あ……」

P「どうしました? 」

ちひろ「書類の日付を間違えてしまいました……」

P「ということは……」

ちひろ「ということは……」

P「罰ゲェェェェェム!! 」

ちひろ「いえぇぇぇぇぇぇい!! 」

P「さぁ!今回のターゲットは……」

ちひろ「この子です!」

【輿水幸子】

P「幸子か……面白そうだ」

ちひろ「では内容は……」

【ミュージカルごっこ】



448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:54:57.76 ID:F4krEzC10

ガチャ

輿水「カワイイボクが帰ってきましたよ」

ちひろ「お~か~え~り~なさ~い♪」

P「お~かえり~♪」

輿水「…………え? 」

P「今日も~♪お疲れ~様~♪幸子~♪ 」

ちひろ「お仕事は~♪どうでした~か~♪」



451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 21:57:09.59 ID:F4krEzC10

輿水「え?え?ど……どうしたんですか……?二人とも……」

P「お~れ~た~ち~は~♪」

ちひろ「い~つ~も~ど~お~り~♪」

輿水「いや……お、おかしいですよ……? 」

P「さぁ~♪」

ちひろ「さぁ~♪」

輿水「……ボクもやらないとだめなんですか? 」

P「…………」

ちひろ「…………」

輿水「そ……そんな期待した目で……見ないでくださいよ……」



456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:00:31.17 ID:F4krEzC10

P「さぁ~♪」

ちひろ「さぁ~♪」

輿水「…………」

輿水「…………コホン」

輿水「あ~♪ボクは~♪カワイイ~♪」

輿水「世界で~♪唯一のボク~♪」

輿水「誰も~♪ボクのカワいさを~♪否定できない~♪」

P「さ~ち~こ~♪」

ちひろ「さ~ち~こ~♪」

輿水「い~ざ~♪せ~か~い~へ~♪」



458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:02:34.66 ID:F4krEzC10

ガチャ

凛「おはようございま~……」

輿水「…………」

P「…………」

ちひろ「…………」

凛「……間違えました、すみません」

ガチャ



460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:04:04.19 ID:F4krEzC10

P「あの後の幸子すごかったな」

ちひろ「はい。真っ赤になって凛ちゃん追いかけていきましたからね」

P「可愛かったなぁ」

ちひろ「えぇ、可愛かったですね」

P「ですけど……」

ちひろ「はい? 」

P「ごっこを引いて俺を巻き込まないでください……」

おわり



461:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:04:43.49 ID:QFl0s0w70


もはや何が何やらwwww



467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:25:34.65 ID:EkbqQL8v0

P「あ、買い出しに不備があった・・・」

ちひろ「ということはぁー?」

P「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

ちひろ「イェーーーイ!!!」

P「さて今回の俺の罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」    ぺらっ

【対象:和久井留美】

P「・・・これは罰ゲーム次第でえらいことになりそうだ・・・」

ちひろ「おもし・・・恐ろしいですね」

P「おい待てお前今面白いって言おうとしたろ」

ちひろ「気のせいです!罰ゲームは!?」   ぺらっ

【内容:オラオラ系で口説く】

P「あ、死んだな俺」



468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:29:19.03 ID:EkbqQL8v0

ガチャ

留美「おはよう・・・」

P「おう!遅かったじゃねえか留美!俺を待たせるなんてどういう作戦だ!?」

留美「え?ええごめんなさい・・・ってなにその口調?」

P「んなこたあどうでもいいんだよ。さっさと座れよ」グイ

留美「あっ///(何で隣に?しかも肩に手が・・・)」モジモジ

P「じゃあ今日の予定をいうからしっかり頭に刻み込めよ!」

留美「・・・」ポー

P「おい聞いてんのか!?」

留美「え!?き、聞いてたわ・・・」



469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:33:21.27 ID:EkbqQL8v0

P「そうか?ずっと俺の顔しか見てなかったが!?」

留美「そ、そんなことないわ///」カオマッカ

P「何だその反応図星か!?俺の顔見て情事でも想像したか!?」

留美「じょ、情事なんて////」カオマッカマッカ

P「全くいやらしい女だぜ!!」

留美「い、いやらしくなんて・・・ないわ/////」カオマッカマッカマッカ

P「照れるなよ!褒めてんだ!」

留美「え?」

P「お前のその赤くなった面見てると・・・欲情するぜ・・・」

留美「!!」バクハツ



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:34:27.12 ID:EkbqQL8v0

P「留美・・・俺の物になれ!骨の髄まで愛しつくしてやるぜ」

留美「は、はひ・・・」ブシュー

P「・・・ちひろさん和久井さんが鼻血吹いて倒れました」

ちひろ(終始押されっぱなしの和久井さん・・・Sレア!!)



留美「う、うん・・・」ムクリ

P「和久井さん大丈夫ですか?大分うなされていましたが」

留美「きゃっ!ぴ、Pさん・・・」

P「?」

留美(夢・・・だったの?)

P「早速ですが仕事の予定詰まってます。さっさと行きましょう」

留美「え、ええ・・・」

留美(・・・男らしいPさんも・・・アリかもしれないわ・・・)ポッ

終わり



472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:36:15.62 ID:tGzFyyi60

これは結婚待ったなしだわ



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:36:28.04 ID:zIpl33fTO

夢で済んで良かったです(震え声)



484:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:57:26.28 ID:IzctX3bo0

P「これで完了…っと」

P「ちひろさーん、書類出来ましたよー」

ちひろ「くっ…こ、今回は早いんですね…」

P「はっはっは、スタドリ飲んで集中すればざっとこんなもんですよ」

ゴトッダバァ



485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:58:03.10 ID:IzctX3bo0

P「あ゛あ゛あ゛あああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!折角完成させた書類の上に飲みかけのスタドリがががが」

ちひろ「ふっふっふ…油断するからそうなるんです」

P「それにしても俺あんなとこに置いたかなぁ……ま、さ、か、ちひろさん?」

ちひろ「えー?なんのことー?ちひろわかんなーい☆」

ちひろ「それともープロデューサーくんはなーんの証拠もなしに自分の責任を私になすりつけるのかなー?」

P「あ、あんたって人はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」



486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:58:58.93 ID:IzctX3bo0

ちひろ「と、い・う・わ・け・で?」

P「罰ゲェェェェェェェェィィム!!」

ちひろ「イッエェーーーーーイ!」

P「FOOOOOOOOOOOOOOOO!!!」

ちひろ(この人もうヤケだな)

ちひろ「さて!今回の罰ゲーム対象となるアイドルは……こちら!」

【対象:佐城雪美】



487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 22:59:59.81 ID:IzctX3bo0

P「ふっ…こいつは楽勝ですね!」

P「雪美と俺の信頼関係は最高レベルですから!」

ちひろ(『繋がってる』仲ですもんねぇ…)

ちひろ「ちぇーっ、つまんないなぁ…罰ゲームの内容はこちらー…」

【内容:赤面させる】

P「」

ちひろ「あ、期待できるかも」



488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:00:52.86 ID:IzctX3bo0

ーーーーーー

雪美「P……何か…用?」

P「あ、あぁ…突然呼び出してすまないな、雪美」

雪美「ううん……構わない」

雪美「Pのやりたいことは…私のやりたいことだから」

P(さて…こいつは参ったなぁ)



490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:01:29.92 ID:IzctX3bo0

P(最近は笑ってくれるようになったとはいえ、ご存知佐城雪美は無口系クールロリ…感情の起伏にも乏しい)

P(正直赤面してるとこなんか俺でも見たことありません…!)

P(どう攻めたものか…)

雪美「……P…どうした、の?」

P「い、いやいや!なんでもないんだ、うん」



491:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:02:09.80 ID:IzctX3bo0

雪美「むぅ…今日のP…何か、変…」

雪美「私…あなたと繋がってるから…わかる…」

P「あ、あー!その!雪美!」

P「す、す、好きだ!」

雪美「!」

P(お、効果ありか…?)



492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:03:06.34 ID:IzctX3bo0

雪美「…嬉しい……」ニコッ

P(もうひと押しって感じだな…よし)

P「あ、愛してる!」

雪美「……うん」

雪美「…でも…知ってた…私とあなた…魂…繋がってるから……」ニコニコ

P(あぁぁぁぁ!とっても嬉しそうで超可愛いんだが俺が今見たい表情はそれじゃないんだよ雪美ぃぃぃ!)



494:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:06:35.56 ID:qvfXtAgD0

笑顔参考

497_1



496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:07:59.75 ID:IzctX3bo0

P(どうしよう…完全に行き詰まってしまったぞ…)

ナーオ

P「あれ?今日はペロも一緒なのか」

雪美「うん…今日は…ペロも…一緒がいいって」ニコニコ

P「そっかー」

P(ん?いや待てよ?この手なら…)

P(いやいやいや…しかしこれはどう考えても倫理的にまずいだろ!)

P(早苗さんにバレたらただじゃあすまねぇ)

P(しかし雪美を赤面させるとなるとこれぐらいしか手がないのも事実…)

P(やるしかないッ!)



498:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:09:25.64 ID:WYW5pKp10

(アカン)



500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:09:49.88 ID:IzctX3bo0

P「あ、あーそのだな雪美」

雪美「…何?」ニコニコ

P「ちょーっっとだけ、ペロ借りてもいいか?」

雪美「うん…いいよ……?」

P「すまんすぐ戻ってくるから!」ガッシ

ペロ「んにゃぁ!?」

雪美「いって……らっしゃい……」



507:猿った…:2013/04/21(日) 23:38:21.79 ID:IzctX3bo0

ーーーーーーーーーーー

ペロ「にゃーあ!にゃーあ!」ブンブン

P「すまん!頼むペロ!俺に力を貸してくれ!!」

ペロ「ナーオ!」

P「主人にこんなことをするのが憚られるのは重々承知だ!けど今はお前の力が必要なんだよ!」

ペロ「……」

P「この通り!神様仏様ペロ様!」

ペロ「…しょうがないにゃあ……」

ーーーーーーーーーーーー



512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:40:15.94 ID:V9YQ6gGa0

しゃべったwwwwww



514:猿ったんでスローペースで行きます:2013/04/21(日) 23:41:36.28 ID:IzctX3bo0

P「すまんすまん!今戻った!」

雪美「…おかえり……なさい……」

雪美「…ペロに…何の…用、だったの?」

P「…あー、それはだな……」

P(許せ雪美…!)

P「いっけぇペロ!雪美にたいあたりだ!」

ペロ(すまないご主人!)

雪美「?……きゃっ」



516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:44:03.83 ID:IzctX3bo0

P(ペロが雪美の『スカート』に下から体当たりをかまし捲りあげた先にあったもの)

P(それは ひもぱんというにはあまりにも簡素すぎた)

P(白く 小さく 花がらで そして猫のマークがついていた)

P(それは 正に一般的ようじょぱんつだった)

雪美「…?…????」

雪美「……っっ!?」カァッ

P(あ、赤面した)

P(やべ、鼻血が……)

ーーーーーーーーーーーーーー



518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:44:55.96 ID:WYW5pKp10

おまわりさーん



519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:45:20.07 ID:SeGM8bNb0

早苗さんこっちっす



522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:47:13.32 ID:IzctX3bo0

ちひろ「………」

P「………」

ちひろ「……おい」

P「ひっ」

ちひろ「言いたいことは、わかってますよねぇ?」

P「すませんっっっしたぁぁぁっっ!!!」

P「どうかしてたんです俺!!!」ドゲザー

ちひろ「ったく…いくら雪美ちゃんのポーカーフェイスを崩すためとはいえスカートめくりとか…」

ちひろ「小学生男児か!おのれはっっ!!」

ちひろ「しかもペロちゃんまで使って……さいってーですね!」

P「返す言葉もございません………」



523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:48:25.54 ID:zT2Brm+l0

Pはよくやったよ



525:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:50:37.06 ID:zIpl33fTO

Pに罪は無いとは言えねぇけどPを責めることは出来ねえよ



526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:50:57.03 ID:IzctX3bo0

ちひろ「しかも10歳児のパンツで興奮して鼻血噴くとか……」

ちひろ「うちのプロデューサーさんはロリコンだったのかなぁ~?」

P「し、仕方ないでしょう!」ガタタッ

ちひろ「!?」

P「普段は齢10歳にそぐわぬ落ち着いた雰囲気と妖艶な美声を持ったウチの事務所イチオシのアイドル佐城雪美!」

P「その佐城雪美が!普段絶対に見せない恥ずかしがった表情を見せ!」

P「しかもその下着は持った雰囲気とは真逆の歳相応のものだったんですよ!?」

P「このギャップに興奮しない男がいないでしょうか!?否ッ!!」

ちひろ「アッハイ、モウジュウブンワカッタノデダマッテイタダケマセンカ」

ちひろ(こりゃあ開けちゃいけないパンドラの箱を開いちまったやもしれませんね…)



529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:53:08.86 ID:IzctX3bo0

ちひろ「と!兎も角!!」

ちひろ「本来なら早苗さんに言いつける」

P「そ、それだけは!それだけはどうかご勘弁を!」

P「まだ死にたくないですぅぅぅぅ!」

ちひろ「…ところですが、今日はこのくらいにしておいてあげます」

P「へ?」

ちひろ「ほら、さっさと本人に謝ってきたらどうです?さっきは逃げられちゃったんでしょ?」

529_1

雪美「………グスッ」ジー



532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:56:17.87 ID:IzctX3bo0

P「雪美……」

ちひろ「ほーらごーよーんさーんにぃー…」

P「わわっ!!」ダッ

ちひろ「はぁもう…一つ貸しですよ?」

ちひろ(ところでさっきのプロデューサーさんのロリコン発言を雪美ちゃんは聞いてたんですかねー)

ちひろ「ま、いっか…相思相愛、ってことで」



533:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/21(日) 23:58:39.40 ID:IzctX3bo0

P「雪美、その俺……」

P「ほんっっとうに!すまなかった!許してくれ!」

雪美「グスッ……Pのえっち」

P「うっ…」

雪美「……へんたいさん…」

P「うぅっ……」

雪美「私…グスッ…とっても恥ずかしかった……」

P「すまん……」

雪美「とっても…とっても……恥ずかしかった」

P「本当にすまなかった…俺…」



534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:00:02.16 ID:PI5OXHKd0

雪美「…でも…許してあげる……」

P「……いいのか?」

雪美「……うん……でも……」

P「な、なんだ?俺に出来ることならなんだってするぞ!」

雪美「…じゃあ………」

雪美「……せきにん…とって?」ニコッ

P「へ?」


その後数週間、Pが雪美につきっきりとなり事務所のアイドル達から白い目で見られるのはまた別のお話…

おわり



538:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:02:11.98 ID:YPsFK0bG0

雪美ちゃん貫禄のデレデレ



540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:03:37.04 ID:aC+sGizn0

やみのまー



546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:09:46.78 ID:KstysFWS0

ちひろ「プロデューサーさん、プロデューサーさん」

P「はいはいなんでしょ」

ちひろ「(ゴソゴソ)

【橘ありす】

P「……その紙はなんでしょう」

ちひろ「いい加減ミスしただのイェーイ! だののくだり面倒じゃありません?」

P「>>1に謝れ」

ちひろ「なんだかんだ言ってアイドルと絡めたらそれで満足じゃないんですか?」

P「それはまあそうですけど……」ガサゴソ

【記憶喪失のフリをしてショックを与える】

P「また悪趣味な……ありすは賢いからすぐバレちゃいますよ」



547:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:10:52.37 ID:KstysFWS0

ちひろ「そこはプロデューサーさんの演技力次第ですよ」

P「あと、ありすがショック受けそうなこと……うーん」

ちひろ「簡単じゃないですか。呼び名ですよ、呼び名」

P「最近ようやく名前で呼ばせてくれた件ですか? 二人っきりの時だけですけど。
  呼ばれる度に顔を赤くして、まだ恥ずかしいみたいですね」

ちひろ「恥ずかしがってるだけじゃな……まあいいです。橘って呼んであげるだけで十分ですよ」

P「うーん……本当にうまくいくかな」

ちひろ「記憶喪失のキャラはこのゲームの主人公を参考にしてくださいね」

P「ほうほうコレは……」


----------------------------------------

ありす「……ノベル読み終わっちゃった。有栖川有栖作品面白いからなぁ。早く次の出ないかな」


???「おっ、そこのカワイコちゃんっ!」

ありす「あ、プロ……」



549:さるさんの安全な間隔ってなんぼだっけ:2013/04/22(月) 00:13:38.49 ID:KstysFWS0

P「ヒューッ、君みたいな子が俺のプロデュースするアイドルかあ! 感激なんだな、これが!」

ありす「わわっ、きゅ、急に抱っこしないで……」

P「おぉ? 事前に予告してからの方がよかったかな?」

ありす「どっちかっていうとその方が……って、プロデューサー?」

P「プロデューサー……ああ、プロデューサーらしいな、俺は」

ありす「え……?」

……………
………


ありす「記憶喪失?」

P「らしいな。てか、柱の影に隠れないで欲しいんだが」

ありす「ネタにするにはちょっと安直じゃないですか?」

P「それが実際なってみるとなんにも分からなくってな」

ありす「あやしい。ちひろさんと罰ゲームか何かしてるんじゃないですか?」

P(ギクッ)

ありす「嘘だったら許しませんからね」



550:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:15:05.56 ID:kg3mDUtlO

コブラじゃねえか!!



551:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:15:24.08 ID:obkfweZr0

551_1



557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:18:29.05 ID:KstysFWS0

P「ああ、そのちひろさん? だっけ、その子にもらった特製ドリンクを飲んだらぶっ倒れて今の状態らしい。
  責任取ってちゃんと介抱してくれたんだから天使だよなあ」

ありす「――――!!(ちひろさんなら、あり得るかも!)」

P(あ、それで騙されてくれるんだ)

ありす「体は大丈夫なんですか? 頭は? 特に頭」

P「おっと、安心してくれ。記憶がなくてもアイドル育成する腕は変わらんぜ?」

ありす「ダメです、安静にしてないと」

P「君も診てくれるのかい? 嬉しいなあ、だったらナース服かゴスロリがいいねえ」

ありす「着てあげますから、休んでください!
     そんな状態でプロデューサー続けるつもりなんですか?」

P(あらやだこの子、今だったら何言っても聞いてくれそう。さて、ここいらで…)チラ


P「コホン、まあ問題ないって。な、橘ちゃん」

ありす「――え」

P「橘ちゃん?」

ありす「名前…………」

P「橘ちゃんは橘ちゃんだろ? ちひろさんからそう呼んでたって聞いたぜ」



562:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:21:14.54 ID:KstysFWS0

ありす「ちがう……私の名前は……」

P「おっと、記憶無くす前は呼び捨てだったか? 橘。お、新鮮だな」

ありす「プロデューサー……本当に、全部、忘れちゃったんですか……?」

P「きれいさっぱり、まろやかに忘れたんだな、これが」

ありす「塾の帰りに突然声かけらえて、必死に頭下げられて……」

P「よく警察のお世話にならなかった。トンデモナイやつだな」

ありす「アイドルに興味ないとか言ったり、先輩の人たちを論破して困らせたりとか」

P「ツン期ここに極まれり、か」

ありす「頭ではわかってたのに、初めてのLIVE前に固まっちゃった私の手をぎゅっと握ってくれて……」

P「橘ちゃんにもそんな時期があったんだな。想像つかんぜ、こりゃ」

ありす「……ぐすっ…………私が、私が悩んでたこと……――っ」タッタッタ…

P「あ……橘ちゃん!」

……………
………




567:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:23:05.99 ID:KstysFWS0

P「ここにいたのか、橘ちゃ……」

567_1

ありす「プロデューサーさん……これ、私が初めて着せてもらったLIVE衣装」

P「…………」

ありす「あの時、誰にも言えなかった私の悩みをプロデューサーは笑わず聞いてくれて……」

P「橘ちゃん……」

ありす「この姿見て、思い出してくれませんか?」

P「………」

ありす「私、プロデューサーとの思い出がなくなるなんて……いやだよぉ」

P(ありすがここまで思っていただなんて……)







P「思い出せないよ」

ありす「……っ」



571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:25:24.37 ID:KstysFWS0

P「あの時の君の顔はそんな泣き顔じゃなかった」ポンポン

ありす「プロデューサー……?」

P「あの時もこうやって頭を撫でてあげたね。嫌じゃなかった?」

ありす「ううん……」

P『ありすって可愛い名前だね。今のカッコにピッタリのいい名前だ』

P「大丈夫だよ、全部覚えてるから。ごめんね、イジワルして」

ありす「よかった……うう…うわぁぁん……」

……………
………


ちひろ「それで、許してもらえたんですか?」



577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:28:27.80 ID:KstysFWS0

P「うん。一日10回はありすって呼ぶって刑」

ありす「次、橘って呼んだら罰ゲームですから」ムフー

P「悪かったって。もう変な遊びはしないから」

ちひろ「でも、結構ハマってましたね。記憶喪失キャラ」

ありす「まさかプロデューサーにいきなり抱きしめられるとは思いませんでした」

P「ハッハッハ、吹っ切れた俺の演技力も捨てたもんじゃないぜ。まさか橘ちゃんまで騙せるとは……ハッ」

ありす「…………(ぷぅー)」

P「す、すまんありす!」

ありす「ひどいです、プロデューサー。……えへへ、罰ゲームはね。えーっと……」

                                   -おわり-


-おまけ-
ありす「プロデューサーが前に着て欲しいって言ってた服……どうかな?」

577_1
P「」
ちひろ「あーこれはもう罰ゲームものですね。気持ち悪い。地獄に落ちてください」
P「ひでぇ」
---------------------------------------
スパロボで記憶喪失の主人公といったらAですよね! K……? なんだそれは



588:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:38:58.71 ID:KQysN3ZyP

   カリカリカリカリ……ベリッ

P「あ、書類が…」

ちひろ「はい、と言うことはー?」

P「罰ゲーームっ!!」

ちひろ「イエエェェーーーイッ!!」

P「さーて、今度のアイドルはーー?」ガサゴソ

【諸星きらり】

ちひろ「きらりんイエエェェーーーイッ!!」

P「イエエェェーーーイッ!!生命の危機イエエェェーーーイッ!!」

ちひろ「さぁて、気になる罰ゲームの内容はー?」

P「何が出るかなっ♪何が出るかなっ♪何が出るかなタラララン♪」ガサゴソ

【エナ茶スタドリ割り一気飲み対決 実況付き】



589:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:39:37.10 ID:YPsFK0bG0

※混ぜるな危険



592:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:40:26.37 ID:4skxGuED0

これは入院ですわ



594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:41:09.52 ID:bhkrerxO0

594_1
諸星きらり(17)



600:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:44:19.79 ID:KQysN3ZyP

―――――

きらり「おっすおっすおはよーっ☆」ガチャ

パッパラパラパラパッパラパラパラパッパラパラパラパー♪

ちひろ「決戦の舞台はエアコンの力で快適な気温に今日も保たれています
第1回エナ茶スタドリ割り一気飲み決戦、実況は何時もニコニコ天使な事務員、千川ちひろがお送りいたしまおおおーーっとっ!早くもチャレンジャーの登場ですっ!」

きらり「にょ?ちひろさんどーしたの、ペンに向かって喋って?」

ちひろ「チャレンジャー諸星きらり、その大きな体から繰り出される豪快な飲みっぷりで、見事王者プロデューサーを打ち破れるのかっ!?
さぁそれでは皆さんお待ちかねっ!王者プロデューサーの入場ですっ!!」

ガチャ

P「チャー、チャーチャー♪チャーチャー、チャー♪テー、テーテー♪テーテー、テー♪」

きらり「えっ、ピ、Pちゃん?」

ちひろ「両手にエナ茶スタドリ割りが並々と注がれた大ジョッキを持ち、王者の登場ですっ!
その背後にはまるで、積み上げられた屍の山のごとき空瓶が見えるような王者の風格っ!
チャレンジャー諸星きらりは、一体どのようにこの男と戦ってくれるのかっ!!」

P「チャーチャー♪」



603:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:47:25.69 ID:KQysN3ZyP

きらり「えっ、えっとー…Pちゃん…きらり、良く状況が掴めないんだけどーっ!え、えへへ…☆」

P「ファイッ…♪ファイッ…♪テー、テーテー♪」スッ…

ちひろ「さぁいま王者プロデューサーの手からチャレンジャーへエナ茶スタドリ割りが渡されますっ!」

きらり「にょっ!?Pちゃんっ!?えっとそのっ!きらり今は喉乾いて無いからエナドリはいらないにぃっ!お仕事終わって、きらりんパワーが減ったときに…」

P「バカヤローッ!」グイッ!!

きらり「っ!?」ガシッ

ちひろ「実物を目の前にして怖じ気付くチャレンジャーに王者プロデューサー強引にジョッキを握らせ今っ!セットアップが完了しましたっ!!」

きらり「えっ?こ、これ…ほんとにエナドリ…えっ?なんかすっごい色でボコボコ泡立ってるんだけどPちゃんっ!?」

P「元気があれば何でも出来るっ!行くぞーっ!!」グイッ



604:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:48:30.76 ID:bhkrerxO0

なんで猪木なんだよww



608:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:49:12.42 ID:obkfweZr0

きらり完全にとばっちりじゃねえかwwww



610:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:50:06.18 ID:KQysN3ZyP

ちひろ「おおーーっとっ!!王者プロデューサー飲み出したあぁぁあっ!勢い良く大ジョッキの中身を流し込んで行きますっ!
対する諸星きらりうごけなぁぁあぁいっ!完全に出遅れましたっ!これはこのまま勝負がきまってしまうのかぁぁっ!?」

きらり「えっ!?えっ!?一気飲みするのっ!?だいじょーぶなのPちゃんっ!?えと、えと…に、にょわーっ!!」グイッ

ちひろ「諸星きらりもいったぁぁっ!早い早い早いっ!まるで七オンスタンブラーに注がれたオレンジジュースを飲むようにっ!
違法すれすれのドーピングドリンクを飲み干していきますっ!」

P「(ミルキーはママの味)」ゴクゴクゴクゴク…

きらり「(時々固体だにぃ…)」ゴクゴクゴクゴク…

ちひろ「両者並んだかっ!?負けじと王者プロデューサーペースを上げて行くっ!抜くかチャレンジャー諸星きらりっ!
このまま逃げ切るか王者プロデューサーっ!これはわからなぁぁいっ!!
最早両者、ジョッキの底を天に見せ付けるように傾けっ!一心不乱に流し込んでっ!今っ!」

ダンッ!

ちひろ「同時に大ジョッキを机に叩きつけたぁぁぁぁっ!!!同時っ!全くの同時ですっ!



616:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:52:17.45 ID:aC+sGizn0

ただの罰ゲームw



617:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:52:49.81 ID:YPsFK0bG0

そりゃただの罰ゲームで当たり前じゃないですか



618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:56:34.20 ID:KQysN3ZyP

P「」

きらり「」

ちひろ「この事務所にいる誰が予想したでしょうかっ!全くの同時ですっ!全くの同時っ!
王者プロデューサー、チャレンジャーきらりっ!素晴らしいファイトを見せつけてくれましたっ!
チャレンジャーきらり、出遅れなければこの結果も分かりませんでしたが、そこは若さがでてしまったのでしょうか…
それではインタビューに入りたいと思います、先ずは王者プロデューサー、よろしくお願いします」

P「ハーイ」

ちひろ「……チャレンジャーきらり、よろしくお願いします」

きらり「オーイエス」

ちひろ「……次にジョッキを掲げるのは、あなたかもしれないっ!さよーならー♪」

パッパラパラパラパッパラパラパラパッパラパラパラパー♪



621:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:58:51.80 ID:KQysN3ZyP

おわり、スタエナカクテル駄目、絶対



622:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 00:59:26.36 ID:bhkrerxO0

ああ……後遺症が
おつきらりん



626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:11:17.36 ID:2obCq2rz0

P「ちひろさーん?」

ちひろ「はい?」

P「この間のフェス、書類どこですかー?」

ちひろ「あ」

P「おやまさか未だに?」

ちひろ「コピーしてませんでしたはい」

P「じゃあ久々にー?」

ちひろ「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

P「イェーーーイ!!!」

ちひろ「罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」    ぺらっ

【対象:南条光】

ちひろ「ほっ楽勝ですね!」

P「そういうことは内容決まってからいってください」    ぺらっ

【内容:もちあげて落とす】



628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:14:39.28 ID:obkfweZr0

628_1628_2
南条光(14)



632:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:20:42.27 ID:2obCq2rz0

ちひろ「光ちゃん!!」

光「おわっ!!なんだちひろさんいきなり大声あげて!?」

ちひろ「実は次の仮面ライダーの主題歌、光ちゃんに決まったの!!」

光「!!それは本当か!?」キラキラ

ちひろ「それだけじゃないわ!!初の主役女性ライダーにも抜擢!」

光「おお!!」

ちひろ「でも普通よね?こんなにカッコカワイイ子ヒーローにしないとかおかしいし」

光「お、おい言いすぎだぞ///」テレテレ

ちひろ「まったく番組ディレクター遅すぎ!もっと早く注目すべきだったのよ!」

光「え、えへへそんなに褒めるなよてれるじゃないか////」

ちひろ「よっ光ちゃん日本一!!」

光「そ、そんなことないって」ニヤニヤ

ちひろ「えっ全部嘘なんだけどなに思いあがってんの?」

光「え」



635:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:22:08.87 ID:PI5OXHKd0

あ、畜生だ



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:22:11.93 ID:obkfweZr0

これは酷いwww



637:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:22:23.39 ID:gClfFFix0

ひどすぎワロタ



638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:23:34.11 ID:2obCq2rz0

ちひろ「何度も言わせないでよ全部嘘だっていってんの」

光「・・・なんでそんなウソを・・・」

ちひろ「大体日本一って否定しなさいよ。」

光「うっ」グサ

ちひろ「中学生にライダーなんて10年早いわよ。本当に起用したらむしろ早すぎ」

光「・・・」ワナワナ

ちひろ「主役が女性のライダーってどの層向けよそれ」

光「うう・・・」ポロポロ

ちひろ(しまったやりすぎた)

光「P-!!ちひろさんがいじめるー!!」ダキ

P「ほんと、ちひろは鬼か悪魔だなー」ナデナデ

ちひろ(納得いかない・・・)



639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:24:35.26 ID:obkfweZr0

ファッキューチッヒ



641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:24:50.67 ID:2obCq2rz0

光「・・・ほうつまり罰ゲームで遊んでたと」

ちひろ「はいそうです。決して本心ではありません」

光「仕事しろ仕事を!!」バン

ちひろ「すいません・・・」

P「はいありがとうございます!失礼いたしますー!!」ガチャン

P「光ー!!CD出すぞCD!!」

光「・・・P。Pも遊んでないで仕事をしろ」

P「いやマジだよ大マジ。嘘がホントに!」

光「!?」

ちひろ「!?」

P「次のライダー、OPはお前だ!!」

光「・・・や、やったー!!」

終わり



645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 01:27:13.81 ID:bhkrerxO0

P有能チッヒ畜生
おつじょるの



658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 02:39:09.99 ID:KQysN3ZyP

ちひろ「……あ、家に資料置きっぱなし…」

P「おやおやおやぁーー?忘れ物ですかぁちひろさん…行けませんねぇ…というわけでぇ?」

ちひろ「運命の罰ゲーームっ!!」

P「イエエェェーーーイッ!!闇の扉は開かれたイエエェェーーーイッ!!」

ちひろ「憐れな私の憐れな生け贄アイドルはーーー、こちらっ!」

【前川みく】

ちひろ「みくにゃんイエエェェーーーイッ!!」

P「前川イヤッホオォォォッ!さぁて魔法カードはーーー?」

ちひろ「場に出される速攻魔法はーーーっ!こちらっ!」

【恋・KOI☆week end!】



662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 02:42:45.19 ID:KQysN3ZyP

みく「おっはよーにゃっ♪」ガチャ

P「みくっ!待ってたぞっ!センターが遅れるなんて、たるんでるぞっ!」

みく「にゃっ!Pチャン言い掛かりにゃっ!みく、遅れてないにゃっ!」

ちひろ「みくちゃんっ!良かったっ!間に合わないかと思っちゃったわよっ!」

みく「にゃにゃっ!ちひろさんまでっ!今日、寧ろみくは一寸早い位にゃっ!」

P「まぁ細かい事は良いっ!早速行くぞっ!」

ちひろ「はいっ!カチッと♪」

~♪~♪

みく「にゃ?なんなんだにゃっ!?この曲なんなのにゃっ!ピ、Pチャン説明してっ!」アセアセ

P&ちひろ「キャストオフッ!」バッ!

みく「」

P「一寸早起きして♪一番最初に♪」フリフリ

ちひろ「『今なにしてるかな?』って考えたり♪」フリフリ

みく「えっ!?えっ!?なにっ!?なにこれっ!みくの新曲にゃ!?と言うかPチャンもちひろさんも踊りうま過ぎにゃっ!」

みく「と言うかっ!なんなのにゃその衣装っ!胸元空きすぎにゃっ!Pチャン気持ち悪いにゃっ!」



664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 02:46:41.55 ID:KQysN3ZyP

P「カッコ悪い位、素直な」

P&ちひろ「き・も・ち♪」キャルピーン

みく「え、えぇー…ほんとになんなのにゃ…」

P「今日は何時もよりも早く、あいたいなぁぁーっ♪」チョイチョイ

みく「にゃ?…あ、前のPCに歌詞と振り付けが…」

ちひろ「約束してたって♪」サンハイ

みく「や、やっぱりふあんーでー♪?」ギクシャク

P「一昨日は、泣いちゃいましたぁ♪」サンハイ

P&みく&ちひろ「やあっとあーえーるぅぅーんだもーん♪」にゃ♪」

P&ちひろ「衣装被せっ!」ズポッ

みく「ゆーめーみーたーいだね♪ゆーめーみーたーいだね♪」



665:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 02:46:56.16 ID:vDxIf6d50

Pもやってんのかよwwwww



667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 02:51:05.10 ID:KQysN3ZyP

P「本気でもうすっごくすっごくう・れ・し・い・なぁ♪」

ちひろ「伝えたいこと♪ありすぎなんだもんっ♪」

ちひろ&みく「またこんどなんーてすねちゃうにゃ♪」

P&みく「とおておーきの♪ふたりのしゅうまつっ♪」

ちひろ「私なんだか♪」P「本当に♪」

みく「恋をしちゃった♪」

P&みく&ちひろ「みたいですー♪」

イヤッホオォォォッ!

P「お疲れさまっ!良くやったなみくっ!」

ちひろ「本当よみくちゃんっ!凄いわよっ!」

みく「にゃ、にゃはは…それほどでもないにゃあ…♪」テレテレ

みく「で、でっ!これはみくの新曲と新衣装って事で良いのかにゃっ!?すっごい嬉し」

P「違うぞ?なにいってるんだみく?」

みく「…………にゃーーーっ!」バリバリィ

ちひろ「あぁっ!?折角特注したのにっ!?」ガーン



668:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 02:58:05.10 ID:KQysN3ZyP

みく「なんなのにゃっ!?ほんとになんなのにゃっ!?みくをからかってそんなに楽しいのかにゃっ!?」

P「(そんなことないぞっ!俺達は何時でも真剣だっ!)楽しいです」

ちひろ「(そうよっ!私達がみくちゃんをからかうわけないじゃないっ!)楽しいです」

みく「にゃあぁぁぁーーんっ!」ダダダダ…バターンッ!

P「……罰ゲーム…ですかねぇ?」

ちひろ「うーん…、凛ちゃんとかだったら踊らせるって発送は無くて
フツーに見られて恥ずかしかったと思います」

P「……まぁ、みくですしねぇ」

ちひろ「ですねぇ♪」

ニャアァァァァァンッ!Pチャンノバカーーーッ!

タッタッタッタッ…

みくはお昼時に戻ってきた、おわり
ドリクラ衣装でないかなぁ…



670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:06:01.71 ID:mLTi+x9I0

みくが罰ゲームを受ける側になってますねえ



674:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:14:38.92 ID:2obCq2rz0

P「ああ・・・収録現場に書類忘れてきてしまった」

ちひろ「てことでー?」

P「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

ちひろ「イェーーーイ!!!」

P「罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」    ぺらっ

【対象:三船美優】

P「美優さん・・・内容によっては怖いなー」

ちひろ「内容はー?」     ぺら

【内容:愚痴を聞く】

P「なるほど」



675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:18:46.57 ID:2obCq2rz0

美優「おはようございます・・・急に呼び出したりして・・・何かありましたか?」

P「まあちょっと・・・そちらへどうぞ」

美優「はい」スタ

P「これからは、アイドルの精神ケアとして悩みなどを聞くカウンセリングをしていこうと思いまして・・・」

美優「それを・・・Pさんが?」

P「もちろん男性に言いにくいことはちひろさんに任せますのでご安心を・・・何かありますか?」

美優「はい・・・お恥ずかしながら・・・3つほど・・・///」

P「いえいえ全然かまいませんよ!若い女性には悩みが多いもんです!」

美優「ありがとうございます・・・1つ目なんですが・・・」

P「はい」

美優「時々、事務所の皆さんが怖いんです・・・」



676:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:22:27.18 ID:2obCq2rz0

P「はい?」

美優「クリスマスのときこと覚えてますか?」

P「もちろんですよ」

美優『Pさんへのプレゼントは…わ…私です…きゃ、きゃは…』

P「でしたよね?」

美優「は、はい///」

P「いやあドキッとしました・・・ところでそれが?」

美優「それを言った時、背中に凄まじい悪寒がして振り返ると・・・」

美優「みなさんに般若のごとき形相で睨みつけられていまして・・・」

ちひろ(あー・・・)

P「うーん不思議なこともあるもんですね?」

ちひろ(は?)



678:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:26:32.58 ID:2obCq2rz0

P「まあわかりました。対処を考えておきます。して次は?」

美優「二つ目は・・・衣装のことです・・・」

P「あー・・・」

美優「もう26なのにあんな恥ずかしい恰好ばかり///」

P「いやあでもそれがウケていますし・・・」

美優「近所の子どもにつけられたあだ名知ってますか・・・?」

美優「『ろしゅつきょーねえちゃん』・・・ですよ?」

P「す、すみません・・・善処します」

美優「すみません・・・」



679:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:31:26.75 ID:2obCq2rz0

P「さあ最後です!何でしょう!!」

美優「最近家に帰るのがさみしいんです」

P「はあ・・・」

美優「事務所や現場がにぎやかで楽しいから帰るとちょっと・・・」

P「なるほど、それは俺も思います。」

美優「Pさんもですか?」

P「ええ・・・いつもみんなと一緒に仲良く騒いだり遊んだり仕事したりしてる時思うんです。」

P「このまま時が止まってしまえばいいのにって」



680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:35:06.26 ID:2obCq2rz0

美優「でも、それは・・・」

P「無理ですよね。それに進んでほしい気もして複雑になるんです」

美優「何故・・・ですか?」

P「時が止まったら、アイドルが頂点に立つところが見れないから」

美優「Pさん・・・」

P「すみませんいい答え思い浮かばなくて・・・」

美優「いいんです。自分だけじゃないって思うと気が晴れました。」

P「そういっていただけると助かります。」

美優「じゃあ私はこれで・・・」

P「はいお疲れさまでした。」

美優「あ、あの・・・もうひとつ・・・」

P「?」

美優「りょ、両親が早く結婚してほしいって・・・いって・・・まし・・・失礼します!」バタン

P・ちひろ「」

終わり



681:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 03:38:35.91 ID:L5GwCTHW0

いいぞーこれ



695:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 07:39:12.93 ID:vN2iJamR0

P「あ、書類のコピー枚数間違えてた」

ちひろ「という事はー?」

P「罰ゲーーーーーーーーーーーーム!!」

ちひろ「イェーーーーーーーーーーーイ!!!」

P「なんか明らかに俺の割合ちひろさんより多くないですかね?」

ちひろ「ミスするプロデューサーさんが悪いんです」

P「返す言葉もございません」

ちひろ「はい、いいから早く引いちゃってください!」

P「こうなりゃヤケだ!!うをををををををを!!!!」ガサガサ



696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 07:41:47.30 ID:vN2iJamR0

【村上巴】

P「Oh...」

ちひろ「これ罰ゲーム次第ではとんでもないことになりますよ」

P「頼む、無難なの来てくれ!俺の命がかかってるんだ…!」ガサガサ

【愛の告白をする】

P「」

ちひろ「(アカン)」

P「ちひろさん、この季節の東京湾はまだ冷たいですかね…?」

ちひろ「だ、大丈夫ですよ!何かあったら全力で私もフォローしますから!!」

P「ありがとうございます、いつもは悪魔に見えるちひろさんが今だけは女神に見えます」

ちひろ「見捨ててもいいんですよ」

P「ごめんなさい見捨てないで下さい」



697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 07:43:25.47 ID:vN2iJamR0

巴「おう、ウチに大事な話ってなんじゃ、P」

P「あぁ、よくきてくれたな巴、まずは座ってくれ」

巴「ん、分かった」

P「それで、お前に大事な話というのはだな」

巴「まさかウチもついにCDデビューか!?渋い演歌とかがええのう!」

P「あぁ、い、いや、そうじゃないんだ」

巴「違うのか…」ショボーン

P「(かわいい)」



699:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 07:46:17.26 ID:vN2iJamR0

巴「一体何の話か知らんが、大事な話ならはよ話しぃ!しゃきっと言わんのは男らしくないぞ!」

P「…わかった、なら男らしくはっきりと言おう。巴!」

巴「おう、なんじゃ」

P「お前が好きだ。愛してる」

巴「」

ちひろ「いったーーーーーーーーー!!」(別室から隠しカメラで視聴)」

P「さぁ、ハッキリと伝えたぞ。巴、お前の気持ちも教えて欲しい」

巴「な、なななな、なぁ……」

P「(赤くなってる巴かわいいなぁ。いや、それより俺は自分の命の心配をしないといけないんだが)」



700:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 07:48:09.06 ID:vN2iJamR0

巴「……わかった」

P「え?」

巴「Pの気持ちはよくわかった。ウチもお前の気持ちに応えにゃいけん!それがケジメってもんじゃ!」

P「あ、あのー、巴さん?」

巴「まず親父に電話してくるわ!それから…」

P「待って下さい!お願いします待って下さい!それは一番拙いです!!助けてチッヒ!!」

ちひろ「(これはもうだめかもわからんね)」



P「それからなんやかんやあって上手い事告白は冗談だったってことで収まりました」



寝る前に書いたからいろいろいい加減だけど保守がてら
おやすみ



717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 13:00:21.44 ID:oenW1pkq0

717_1717_2717_3
前川みく(15)



741:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 14:46:30.98 ID:2obCq2rz0

P「あ」バキ

ちひろ「何やってるんですか!備品壊しちゃダメでしょ!」

P「いやでもこれ相当いたんでた・・・」

ちひろ「いいわけは結構!罰ゲーム!!」

P「くそうまたかよ!!」

ちひろ「今回のアイドルはこちら!」     ぺら

【対象:池袋晶葉】

P「晶葉か・・・割とユーモアがあるしなんとかなりそうだな」

ちひろ「まだ安心できませんよ?内容はこちら!」    ぺら

【内容:不味い手料理を振る舞う】

P「ええ・・・意図的にまずく作るのって難しいんだけど・・・」

ちひろ「がんばってください!」



784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:32:49.67 ID:IzgMHXR/0

784_1784_2
池袋晶葉(14)



743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 14:52:37.85 ID:2obCq2rz0

晶葉「~♪」

P「やあ晶葉ご機嫌だな!今はなにを作っているんだ?」

晶葉「Pか。そろそろGWだし、五月人形ロボをな!」

P「よし、頑張ってる晶葉に差し入れだ!俺特製フルーツサンドだぞー」ニコニコ

晶葉「おおすまないなP!いただくよ・・・」ハム

晶葉「!?!?!?!?!?」ゲホゲホ

晶葉(ごまだれペーストに八朔だと・・・!?)

P「どうした晶葉?気管に入ったのか?」

晶葉「いやなんでもない!なんでもないぞ!!」

晶葉(Pはこれが普通なのか・・・とんでもない味覚だな・・・)モグモグ

晶葉(う・・・これはタルタルソースか・・・挟まってるのは・・・リンゴ?)

P「晶葉どうだ?上手いか?」ニコニコ

晶葉「あ、ああ・・・」(この笑顔の前ではとても不味いとは言えん・・・!!)モグモグ



744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 14:53:44.12 ID:9hXKn+2jO

晶葉は優しいなぁ



746:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 14:56:21.27 ID:2obCq2rz0

晶葉「ご、ごちそうさま・・・」

P「お粗末さまでした・・・」

晶葉「きょ、今日はなんか疲れたし仕事もないから帰るぞ・・・」フラフラ

P「ああお疲れ様~」

晶葉(今度料理を教えるロボを作ろう・・・)

ちひろ「凄い顔して帰りましたねー」

P「はいちひろさんあーん」グイ

ちひろ「あーん・・・!?!?!?!?!?!?」バタン

P「ふむ。やはりマスカット焼肉のたれ漬は大した破壊力だ」

終わり



789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:50:01.59 ID:5uYllBDO0

ちひろ「はい……はい……この度は申し訳ございませんでした」

ガチャ

P「どうしたんですか? 」

ちひろ「いえ、昨日の現場でのプロデューサーさんの失敗に対してのクレームでした」

P「あー……あれか……」

ちひろ「ということは……」

P「罰ゲェェェェェム!!」

ちひろ「いぇぇぇぇぇぇい!!」

ちひろ「今回のアイドルは……」

P「はっ!」

【城ヶ崎美嘉】

P「美嘉か。難易度は引くそうだ」

ちひろ「では内容は……」

【「後生だから!」と叫びながら匍匐前進で突撃】



791:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:52:14.46 ID:IzgMHXR/0

791_1791_2
城ヶ崎美嘉(17)



793:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:54:16.89 ID:KstysFWS0

後生だから
読み方:ごしょうだから

人に懇願・哀願する際の言い回し。元の意味としては、死んで生まれ変わったときのためのことなので、特に教えて欲しい、という意味合いを持つ語。



792:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:53:06.24 ID:5uYllBDO0

ガチャ

美嘉「たっだいま~♪」
美嘉「……あれ?誰もいないのかな……」

P「…………」

美嘉「ちょっ!?プロデューサー!どうしたの!?そんなとこで倒れて……」

P「…………だから」

美嘉「……え? 」

P「後生だから~!!」バタバタバタバタ!!

美嘉「きゃあああぁぁぁぁぁ!! 」



795:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:56:05.31 ID:bhkrerxO0

軽くホラーじゃないですかー



796:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 20:56:49.60 ID:5uYllBDO0

P「後生だから!後生だから!」バタバタバタバタ!!

美嘉「ちょっ!?止め!……来な……いで……」ギュニュー!

P「後生……だから!後生だから!」グググッ

美嘉「わけ……わかんないんだけど……」グググッ

P「後生だから……っ!」グググッ

美嘉「マジで……!スカートだから……!」グググッ



800:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:00:41.30 ID:5uYllBDO0

P「後……生……だか……ら!」ググッ

美嘉「い……い……か……げ……ん……に……」ググッ

ガシッ!

美嘉「しろ!!」

ガツン!!

P「後生っ!!だ……か……ら……」ガクッ

美嘉「はぁ……はぁ……。ちょうどいいところにスタドリがあって助かった……」



803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:04:37.93 ID:5uYllBDO0

美嘉「まったく……いったいなんなのよ……」

P「…………」ムクッ

美嘉「…………へ?」

P「後生だからぁぁぁ!!」バタバタバタバタ

美嘉「嫌あぁぁぁぁぁ!!」

ガチャ

凛「はぁ……この前は何だったんだろ……おはようござ……」

P「後生だから!後生だから!」バタバタバタバタ

美嘉「ヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!!」

凛「…………」

凛「間違えました。すみません」

ガチャ

美嘉「助けて~!!り~ん!!」



805:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:07:42.68 ID:5uYllBDO0

ちひろ「まったく。アイドルにトラウマ植え付けてどうするんですか」

P「いや、その前になんでこんなの入ってるんですか……」

ちひろ「……あとでちゃんと美嘉ちゃんに謝ってくださいね」

P「あ、話そらした」

ちひろ「い・い・で・す・ね? 」

P「…………はい」


おわり



806:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:08:58.49 ID:IzgMHXR/0


トラウマ植えつけちゃいかんよね



815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:46:33.34 ID:h4ZAaCmf0

ちひろ「罰ゲーームッ!!」
P「イェーイッ!!」

ちひろ「始業2時間足らずで居眠りとかなめてんですか」

P「すみませんでした」

ちひろ「ドリンクが足りないようですねぇ」

P「」

ちひろ「それでは対象アイドルは……」

【対象:本田未央】

P「よしっ!! イージーモード確定!!」

ちひろ「そして内容はー?」

【内容:人間椅子】

P「ん?……ん?」

ちひろ「まあ未央ちゃんなら大丈夫でしょう」チッ
P「いや……ヤツもニュージェネレーションの一角。なにか、なにか起きる」
かな子「おはようございまーす」ガチャッ



830:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:13:41.21 ID:IzgMHXR/0

830_1830_2
本田未央(15)



817:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:53:29.25 ID:h4ZAaCmf0

――――――――――――

未央「おっはよー!!」

P「おはよう未央」〇| ̄|_
未央「……なにしてんのプロデューサー?」

P「そうそう、俺いまイスだからそのつもりで」〇| ̄|_

未央「あっなるほどイスかーそっかそっかー……ってなんでやねん!!
ちひろさん、プロデューサーなにやってんの?!」

ちひろ「イスよ」

未央「えっまさかイスだったなんて知らなかったなー……っておいおい!!」

ちひろ(ノリいいなあ)

P「もう一度言うぞ。俺はイスだ。イス男だ。おにぎりマンみたいなもんだ」〇| ̄|_

未央「む、無理してラジオネタをリスペクトしなくてもいいよ?」

P「とにかく、俺がイスなら……お前はどうすればいいか、わかるな?」

???「わかるわ」

ちひろ(誰だ今の)



818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 21:58:02.71 ID:h4ZAaCmf0

未央「い、イスには……え、ちょ、ちょっと待ってよプロデューサー!!」

P「」キラキラ

未央「そんなキラキラした目で見ないでっ!!」

P「」ギラギラ

未央「なお悪いよっ!!」

ちひろ「未央ちゃん、アレはいいものよ」

未央「え」

ちひろ「私はもう試したけれど……他の人に譲るのが惜しいくらい」

P(さすがちっひ!! 言いくるめに入った!!)

未央「ご、ごくり」

ちひろ「プロデューサーさんもいつまでも遊んでいるわけにはいかないから、アレに座るチャンスがあるのは今だけ、あなただけなのよ」

未央(遊んでるって自覚はあるんだー)



821:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:03:06.30 ID:h4ZAaCmf0

未央「もーしょうがないなー……そこまでいうなら」テクテク

Pちひ(計画通り)

未央(とはいったものの、スカートなんだよなー)

未央(……生になっちゃうよなー)

P「ハリーハリーハリーハリー」

未央「わ、分かったよぅ!!」(もうどうにでもなーれー!!)

のそっ

P「」

未央「……もしかして、その、重い?」

P「未央」

未央「な、なに?」

P「未央はここにいるんだなあ」



823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:05:00.93 ID:h4ZAaCmf0

未央「へ?」

P「俺の未央は間違いなくここにいるんだなあ」

未央「なななに言ってるのさ!!」

ちひろ「未央ちゃんの重みがプロデューサーに生きる喜びを与えているのよ」

未央「重みとか言わないで!」

未央(てゆーか俺の未央って………)

未央「!!」

未央「あ、あの、プロデューサー?」

P「ん?なんだ俺の未央」

未央「もっ、もう!! そのさ……プロデューサー、イスなんだよね?」

P「あ、ああ」

ちひろ(……雰囲気が変わった?)



825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:10:19.28 ID:h4ZAaCmf0

未央「じゃあさ、空気いすしてみてよ、空気いすっ!! 中腰になって、背もたれのあるやつ!!」

P「な、なして?」

未央「いいからいいからっ!! 私は一旦降りるねっ」

P「おっおう」

ちひろ(『一旦』、つまり彼女はまだ『ノリ気』ということ……)

P「……できたぞ」(けっこうキツイ)

ちひろ(何を企んで)

未央「……」

P「?」

未央「……よいしょ」ギュッ

Pちひ「?!」

解説ちひろ「あ、あれは!! 背もたれを両脚で挟んで後ろ向きに座る『青春スタイル』ッ!!
学生にしか許されない奔放にして爽やかなエロスは、私や瑞樹さんや菜々さんにはもはや『全て遠き理想郷』ッ!!」

P(しかしッ! それを人間椅子に行使した場合意味合いはまるで変わってくる……すなわち)


Pちひ「「だいしゅきホールド」」バァーーzン



833:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:18:02.86 ID:h4ZAaCmf0

ちひろ(なんてこと……未央ちゃんに性的な思惑は余りない筈。つまりあれは彼女の本能が生み出したスタイル)
P(それが受精を着実にする姿勢となった……あくまでも自然体で!!)

Pちひ((ちゃんみお、恐ろしい子!!))

未央「プロデューサー、えへへ……」ギュウギュム

P(みおっぱいが! みおっぱいが!)

未央「プロデューサー………」グラッ

P「ちょ、ちょっと未央、重心が……」

ビターン

P「いたた……だ、大丈夫か? どうして急に寄りかかって」

未央「ええと、その……」

未央「リクライニング……だめ?」


Pちひ((天使))


おわり



836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:23:06.10 ID:K/n3YKXs0

対面座位じゃねーか!



837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:24:03.22 ID:IzgMHXR/0

乙おつ
かわいかった~



845:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:45:33.97 ID:bhkrerxO0

ちひろ「あ……やっちゃった、誤字が」

P「お、ミスしましたか! やったぜちっひ、罰ゲームだ!」

ちひろ「いい笑顔ですね……じゃあいきます」スッ

ちひろ「罰ゲェェーーーム!!!」

P「イエエェェェーーイ!!!」

ちひろ「今回のターゲットはぁ……こちらっ!」

【渋谷凛】

P「おっと、きましたね凛。さてさて、お題は?」

ちひろ「引きまーす……よいしょ」

【ホモorレズだと告白する(ガチっぽく)】



850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:50:38.05 ID:IzgMHXR/0

850_1850_2850_3
渋谷凛(15)



849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:50:10.69 ID:bhkrerxO0

ちひろ「……」

P「……」

ちひろ「マジですか?」

P「……グッドラック」bグッ

ちひろ「ホントいい笑顔ですねちくしょう! 分かりましたよ行きます!」

―――

ガチャ

凛「ただいま戻りました」

ちひろ「おかえりなさい、凛ちゃん」

凛「あ、ちひろさん。ただいま」ニコニコ

ちひろ「あら、どうしたんです? ご機嫌ね♪」

凛「ふふ、そう見える? 今日ね、撮影で褒められたんだ」



854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 22:56:53.41 ID:bhkrerxO0

ちひろ「プロデューサーさんも喜びますよきっと!」

凛「え、べ、別にプロデューサーは関係ないよ……やることきちんと出来たってだけだし」

ちひろ「照れちゃって、凛ちゃん可愛い!」

凛「か、からかわないでよ……それで、プロデューサーは?」

ちひろ「彼なら奥で事務作業してますよ。……やっぱり褒められたいんじゃない♪」

凛「だから違っ、もう! ちひろさんの意地悪……」

ちひろ「本当に可愛い……凛ちゃん」ジリ

凛「え……」



857:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:01:02.58 ID:bhkrerxO0

ちひろ「今まで我慢してたけど……凛ちゃんが可愛いのが悪いんですよ?」ジリ ジリ

凛「え、ちょっと……ちひろさん? どうしたの、変だよ……?」

ちひろ「変にもなりますよ……だって、こんなに凛ちゃんが愛しいんですもの」

凛「愛し……なに言って、っきゃ!」トンッ

凛(か、壁……!)

ちひろ「ふふ、もう逃げられませんよ? 可愛い可愛い凛ちゃん……♪」



861:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:03:46.94 ID:bhkrerxO0

凛「なに、なにがなんだか……! ち、ちひろさんって、その……そういう……?」ガタガタ

ちひろ「あ、た、り♪」

ぎゅ……

凛「ひっ!?」

ちひろ「そんなに怯えないで? 大丈夫だから……ね?」

凛「なん、なんで……? 頼りになる、お姉さんだと思ってたのに……」

ちひろ「うふふ、ありがとう。でもね、私こうなんですよ……」スリスリ

凛「あ、あぁ……っ!」



865:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:06:34.91 ID:bhkrerxO0

ちひろ「あぁ、凛ちゃんの匂い甘ぁい……。もうキスしちゃいましょうか? うふ、うふふ……」

凛「え……!? や、や……わた、私っ、やだ!」フルフル

ちひろ「大丈夫……ちょっと目を瞑るだけです……」

凛「やだ、やだぁ……うぅ……たすけてぷろでゅぅさぁ……」ポロポロ

ちひろ「あ」



872:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:09:53.06 ID:bhkrerxO0

―――

凛「ぐすっ」

P「アンタなにしてんの!? ものには限度ってもんがあるでしょ!?」

ちひろ「ごめんなさいごめんなさい! 調子乗りました!」

P「謝るのは俺じゃなくて凛です! ほら謝る!」

ちひろ「はひっ! あの、凛ちゃん? ごめんなさい、怖い思いをさせて……反省してますっ」

凛「……うん、いいよ別に……。ちひろさん、ホントにレズ……じゃないんだよね?」

ちひろ「もちろんです、ドがつくノーマルですよっ!」

凛「ん、それならこれからも普通に過ごせる……かな」

P(そう言う割にビクビクしてるけど大丈夫か?)



874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:11:55.79 ID:bhkrerxO0

P「はぁ、いきなり凛が泣きついてきた時はどうしようかと」

ちひろ「いやぁえへへ」

P「えへへじゃないっ」ベシッ

ちひろ「あいたっ!」

P「凛、改めてごめんな? 変なことに巻き込んじゃって」ナデナデ

凛「あぅ……うん、やっぱりノーマルだな、私」

P「どういう意味だ?」

凛「ふふ、なんでもない」ニコッ



おわり



875:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:13:11.07 ID:IzgMHXR/0


いい終わり方だった



877:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:14:30.71 ID:bhkrerxO0

同性愛者だと告白する、の方がよかったかな
ちょっとガチにしすぎた感



878:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:14:31.08 ID:DTayYsjuO

凛ちゃんかわいい



885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:18:29.10 ID:PI5OXHKd0

P「………」

ちひろ「………来ませんねぇ、杏ちゃん」

P「…………」

<プロデューサーサン!メールデスヨ!メール!

from:杏

レッスンには行きたいんだが膝に矢を受けてしまってな…

そういうわけだから今日は休むね




P「………」プルプル



886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:20:52.67 ID:PI5OXHKd0

ちひろ「あらら」

P(最近少しは真面目になったかと思ったのに……っ!!)

ちひろ「これはプロデューサーさんの監督不行届」

ちひろ「つまりプロデューサーさんのミスになりますよねぇ~?」

P「ええっ!?」

ちひろ「おやぁ?違いますかぁ?」

P「ぐっ……」

P(後で覚えてろよ杏…!!)



887:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:24:03.96 ID:PI5OXHKd0

ちひろ「というわけで!」

P「罰ゲェェェェェェム!!」

ちひろ「イェーーーイ!!」

ちひろ「さぁ~て、今回のアイドルはぁ~?」ペラッ

【対象:白坂小梅】

P「……小梅かぁ…」

ちひろ「あらら?微妙な反応ですね」

P「小梅とは割と信頼関係築けてるとは思うんですが、あの子をこうびっくりさせたりするのは気が引けるというかなんというか…」

ちひろ「でも仕方ありませんよねー、罰ゲームですもん」

P「うっ…確かに」

ちひろ「肝心の内容はぁ~~これだっ!」

【内容:死んだふり】



889:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:25:33.27 ID:IzgMHXR/0

889_1889_2889_3
白坂小梅(13)



892:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:27:24.35 ID:PI5OXHKd0

小梅「ぷ、プロデューサーさんに呼ばれたけど…なんだ、ろ」

小梅「は、話があるって…言ってた、けど」

グァァァァァァァァァ!!

小梅「!!」

小梅「い、今の…プロデューサーさんの、声……?」

小梅「ぷ、プロデューサー…さん………ッ!!」タタタッ

-----------

小梅「プロデューサー…さんっ…!」ガチャ

P「」

小梅「ぷ、プロデューサーさん……?」

P「」

小梅「ね、ねぇ……」

P「」



894:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:30:18.64 ID:PI5OXHKd0

小梅「……あ…も、もしかして…この間の私の…ま、ね?」

P「」

小梅「ふふっ…ぷ、プロデューサーさん…すごい、です」

小梅「まるで…ホラー映画…みたい…」

P「」

P「」



895:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:30:48.05 ID:bhkrerxO0

ごくり……



897:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:33:32.90 ID:PI5OXHKd0

小梅「……ね、ねぇ」

小梅「お、起き……てよ…プロデューサーさん…」

小梅「…お、お仕事……あります…から…」ユサユサ

P「」ガクッ

小梅「!つ、冷……た、い」

小梅「え…え…」フルフル

小梅「…嘘…嘘…!」



899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:34:30.06 ID:XOVdZLcU0

まさか本当に……



907:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:37:45.53 ID:PI5OXHKd0

小梅「ねぇ…ねぇ…プロデューサー、さん…!」ユサユサ

小梅「ねぇ……起きてよぉ……」ポロッ

小梅「グスッ……やです…やぁ…!」

小梅「こ、んな……こんな、の……やだぁ……!」

小梅「…わ、たし…グスッ…プロデューサーさんのおかげで、変われたんです…!」

小梅「みんなの…前、で…歌えるようになったり……」

小梅「たくさん…たくさん!グスッ…新しい友達が出来たり……!」

小梅「なの、に…なのに……!」

小梅「私……!まだ…ヒック…な、何も…返せてないよぅ…!」



910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:42:00.00 ID:PI5OXHKd0

小梅「ごめん……なさいぃ……!」

小梅「あの、時…は…グスッ…驚かしたり…してぇ……!」

小梅「ヒック…プロデューサーさん、が…嫌がってた……のに…一緒にホラー映画…見ようなんて…言ってぇ……!」

小梅「も、もうしません……だから…だから…っ!」

小梅「神様…神様ぁ…!」

小梅「お、願い……します…!」

小梅「どうか……プロデューサーさん……を…!」



912:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:43:41.28 ID:PI5OXHKd0

P「ッッッ~~~!小梅ぇぇぇぇっ!」ガバッギュッ

小梅「!?!?!!」

小梅「え……?あ……?プロデューサー……さん?」

P「ごめん…ごめんな……小梅……!」ギュウウ

小梅「ほ、本当に…本当に……プロデューサーさんな、の?」

P「うん…うん…!」

小梅「よ、かった……」

小梅「よか、った…よぅ……うぁぁぁん!!」

P「ごめんな……本当に…ごめん……っ!」

------------



913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:46:00.54 ID:PI5OXHKd0

ちひろ「………」

P「…………」

ちひろ「……あの」

P「小梅なら泣き疲れて寝てますよ」

ちひろ「…ごめんなさい」

P「いえ、いいんですよ…元はと言えば俺の所為なんですし」

ちひろ(世の中には絶対騙したりしたら駄目な人っているんですね…)



915:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:48:57.92 ID:bhkrerxO0

小梅ちんはかわいいなぁ



916:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:49:01.38 ID:PI5OXHKd0

ちひろ「……ま、まぁ!本当に効く罰ゲームになりましたねっ!なんて!」

P「…………そうですね、俺もう二度とミスしませんよ」

ちひろ「……ごめんなさいごめんなさいごめんなさい………」

P「…まぁ…やってしまったことは仕方ありません」

P「小梅には後で土下座して謝っときますよ」

ちひろ「……私も一緒に行きます」



920:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:51:46.76 ID:PI5OXHKd0

杏「はぁ~もぉ~、今日は折角休めると思ったのに…」ガチャ

杏「来なきゃ当分飴なしなんて…プロデューサーは鬼だよ…」

杏「おはようございま~す、そしてさようn…え、何この雰囲気」

P「…………」スタスタスタスタ

杏「え、え、えっ…」

P「………」ガッシ

杏「ひっ!……な、何だよプロデューサー…今日なんか怖いよ?」

P「…………」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



921:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:53:45.96 ID:PI5OXHKd0

その日、双葉杏はいつもの倍以上キツいレッスンをマスタートレーナーに課せられ、半泣きになりながら、それをこなした

また、白坂小梅は無論二人に大変怒ったもののPとちひろの滅多に見れない誠心誠意の平謝りで何とか機嫌を直した

その代わりにPは1週間の心霊スポット巡りと名作ホラーマラソンが義務付けられ、またどういう訳かPもちひろも暫く悪夢と金縛りに苦しめられたのだった

おわり



922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:55:38.33 ID:IzgMHXR/0


小梅と心霊スポット巡りなんて素晴らしすぎる



924:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/22(月) 23:56:28.44 ID:YPsFK0bG0

乙乙
あの子も怒ってますね



936:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:32:45.84 ID:EXxsYzDe0

P「これは珍しい・・・」ボロ

ちひろ「ですね」ボロボロ

P「まさかの2人同時失敗!!」

ちひろ「ということでー!?」

P・ちひろ「罰ゲぇぇぇぇーーーーム!!!!」

P・ちひろ「イェーーーイ!!!」

P「さて今回の2人同時の罰ゲーム、対象となるアイドルは……こちら!!」    ぺらっ

【対象:櫻井桃華】

P「場合によっては困るなこれは」

ちひろ「してその内容は?」

【借金】

P・ちひろ「なんだこれ!?」



942:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:41:02.12 ID:MjMqXM7X0

942_1942_2
櫻井桃華(12)



938:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:36:00.30 ID:EXxsYzDe0

P「桃華に借りるなんてとんでもない!!とんでもない金額ポンと渡されますよ!?」

ちひろ「かといって貸す必要性も・・・」

P「うーんどうすれば・・・」

ちひろ「ふっ・・・甘いですねPさん」

P「そのにやけ面・・・まさか!!」

ちひろ「私にいい考えがある!!」

ガチャ

桃華「Pちゃまー来ましてよ!!」

P「やあおはよう桃華・・・早速仕事・・・と行きたいがそのまえに喉、渇いてないか?」

桃華「いえ?それほど渇いてはいませんわ?」

P「そうかでも俺は凄く乾いていてな!コンビニによっていいか?」

ちひろ「あー私も備品の買い出しに行かなくちゃー(棒)」

桃華「あらそうですの。では参りましょう!!」

P(作戦開始!!フェイズ1・・・わざと財布を忘れる!!)



941:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:40:01.16 ID:EXxsYzDe0

コンビニ

P「さーてオレンジジュースでも・・・あーしまったあああああああ!!!!」

桃華「きゃっ!?何事ですのそんな大声をあげまして・・・」

P「財布を!!事務所に忘れたあ!!」

ちひろ「あっ私もです(棒)」

ちひろ(フェイズ2・・・大げさにお金持ってないアピール!!)

P「でも今から変えると間に合わないよおおおお!!」

P(フェイズ3・・・とりに帰る暇がないことを宣言・・・これならった240円で罰ゲーム達成!!)

ちひろ(ふっ私の優れた頭脳が憎い・・・)



944:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:45:57.88 ID:EXxsYzDe0

桃華「なんですのそのことでしたら・・・」パチン

黒服「こちらを・・・」

P「あれ?これ俺の財布・・・」

桃華「御苦労さま、下がってよろしいですわよ?」

ちひろ「これってどういう・・・」

桃華「ただ取りに行かせただけですわ?なにもおかしいことは・・・」

ちひろ(おかしいよ速すぎだろ!!)

P「ちひろ作戦は失敗か」チャリーン

P「・・・!!閃いた!!」

ちひろ「!?」

P「桃華のおかげで時間に余裕ができた!すこし遊んでいこう!!」

桃華「まあ///デートのお誘いとは嬉しいですわ///」



947:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:53:09.67 ID:EXxsYzDe0

P「ここだ!!」

ちひろ(ガチャポンランド・・・なるほどそういうことか)

桃華「Pちゃま、ここはなにをするところなんですの?」

P「いいか桃華、これはガチャポンといってな、機械にお金を入れておもちゃを手に入れるものなんだ。」

桃華「?よくわかりませんわ。」

P「例えばこの台にはこのストラップのどれかが入っている」

桃華「まあ。かわいらしいストラップですわね。」

P「ここはそれを引き何が出るかを楽しむギャンブル要素と、ダブりを交換する交流を楽しめるところなんだ」」

桃華「なるほど面白そうですわね・・・あら?Pちゃま。この機械お札入れがありませんわ?」

P「甘いな桃華・・・ガチャポン台は基本、硬貨でなければ回せない!!」バーン



948:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 00:58:39.76 ID:EXxsYzDe0

桃華「まあそうなんですの!?カードも使えませんの?」

P「もちろん・・・だからこの場は俺が貸そうじゃないか」ニヤリ

ちひろ(上手い!!)

桃華「あらありがとうPちゃま。あとで黒服に返していただいて?」

P・ちひろ「おっしゃああああああ!!」

桃華「?」

終わり



949:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:00:02.10 ID:jLi5wDj20

これはうまかった



950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:01:20.45 ID:c1AtK1oQ0

よく考えたな



952:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:03:17.50 ID:EXxsYzDe0

いやいや最後かなり適当だぞ?
何故その場で黒服を呼ばないのか?とか両替機仕事しろwwとかあるだろ・・・



956:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:05:53.14 ID:df8YVdtl0

おつちゃま!



957:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:06:44.96 ID:9q+x4x0y0

P「……」カタカタ

ちひろ「……」ジー

P「……」カタカタカタカタ

ちひろ「……」ジィー

P「あの、そう後ろにじっと立っていられると集中できないんですが」

ちひろ「お気になさらず♪」

P「……はあ」カタカタ

ちひろ「わっ!」

P「あっ」カタカグシャア

P「……」

ちひろ「……タイプミス、ですね?」ニッコリ

P「もう止めにしませんか、ねえ?」

ちひろ「罰ゲェェェェェェェェム!!!」

P「い、イエェーーイ!!!」ヤケクソ



959:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:09:22.29 ID:9q+x4x0y0

(割りこんじゃったか、早めに終わらせます)


ちひろ「さて今回のアイドルは……?」

【対象:佐々木千枝】

P「千枝か、……これ、お題によっちゃ下手すると下手するなあ」

ちひろ「ま、まあまだごっこ遊びとかも残ってますし大丈夫ですよ」

P「じゃあ罰ゲームの方、引きますよ」

【内容:赤ちゃんプレイごっこ】



P「……おい、どういうことだちひろ」

ちひろ「え、えっと……」メソラシ



960:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:10:05.26 ID:AHzMYTRK0

これはwww



961:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:10:39.34 ID:df8YVdtl0

うわあああwww



964:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:14:06.77 ID:MjMqXM7X0

964_1964_2964_3
合法ロリ(11)



963:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:12:30.83 ID:9q+x4x0y0

P「ごっこってことは、ちひろさんも手伝ってくれるんですよね?」

ちひろ「そ、そうなりますね、はい」

P「……」

ちひろ「あ、そうですよね、これはさすがに……」






P「赤ちゃんプレイとかもう最高ですね!早くやりましょう今すぐやりましょうさあ早く準備しろちひろ!!」キラキラウッヒョー

ちひろ「!?」



965:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:14:28.68 ID:9q+x4x0y0

千枝「お、おはようございまーす」

P「ばぶぅー!ばぶぅー!!!!」

千枝「!?」

ちひろ「ほ、ほおらよしよし!Pちゃんおなかすいちゃったのかなぁー?」

P「たいやい!!」ゲシッ

千枝「……え、プロデューサーさん?ちひろさん?」

P「ばぶぅ、ばぶばぶばぶぅう」サワサワ

ちひろ「わっ!?どこ触って、だ、だめですよもう////」

千枝「――!?――っ!??」



966:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:15:18.16 ID:y3Swda070

俺だったら何も見なかったことにして帰る



968:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:16:14.18 ID:9q+x4x0y0

P「たぅあ!?」フリムキ

千枝「わ、こっち見た!?」

P「たいや、たいたいたいたい」ハイハイハイハイ

千枝「わ、わわわっ!?」

ちひろ「(大の大人が全力ハイハイしながら幼女に迫るとか、この絵は流石にひどいなあ)」

P「たいやぁ!」ズザザーゴロン

ちひろ「(ハイハイドリフトからの腹見せごろにゃんポーズ!?)」

千枝「ぷ、プロデューサーさん、どうしちゃったんですか!?」

P「ばびゅ、ばぶへへ」キラキラ



970:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:16:45.57 ID:yoC05SqY0

(アカン)



972:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:17:36.05 ID:df8YVdtl0

ひまわりじゃねぇか!



974:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:17:43.37 ID:9q+x4x0y0

ちひろ「……千枝ちゃん、Pさんは疲れているの」

千枝「えっ?」


ちひろ「150人以上ものアイドルのプロデュースを一身に背負っているんだもの、仕方ないことなんです」

千枝「でも、Pさんはいつも元気そうで、ドリンクだってたくさん飲んで……」

ちひろ「スタドリやエナドリで身体をごまかせても、疲れきってしまった精神が癒されることはなかったんです」

P「ばーびゅー、ばぶふふへ」ゴロゴロ

ちひろ「だから、Pさんは幼児退行を……精神が赤ちゃんに戻ってしまったの」

ちひろ「防衛本能が、すり減ってしまった精神を守るために」

千枝「そ、そんな!」



976:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:20:05.84 ID:9q+x4x0y0

千枝「ち、千枝に、……千枝に何か、できることはありませんか」

ちひろ「……甘えさせてあげてください。本当の、赤ちゃんのように」

P「たいやい、たいやい!」ダッコノポーズ

千枝「(Pさん、Pさんを甘えさせる……?)」

ちひろ「いえ、良いんですよ千枝ちゃんわかります、これは流石にドン引きですよねやらなくt」

千枝「――や、やります!千枝がんばっちゃいますよ、イェイ!」フンス

ちひろ「」

P「たぅああああいい!!」バンジャーイ



978:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:22:15.11 ID:9q+x4x0y0

千枝「ほ、ほーらPちゃん?ま、ママですよ~?」

P「まんま!まんま!」

千枝「じゃ、じゃあ最初はミルクをあげましょうね~」

千枝「え、えっと、ホントはちゃんとあげたいんだけど、千枝はまだ出ませんから」

千枝「ほ、哺乳瓶ですけど、その、どうぞ」

P「……っ」チュパチュパ

千枝「お、おいしいでちゅか?」

P「……」チュパチュパニコォー


ちひろ「(うわあ)」



981:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:23:55.91 ID:wApbsgee0

アカン…



984:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:25:06.44 ID:9q+x4x0y0

千枝「つ、次はえっと、……お、おむつですか?」

P「たいやい!」

千枝「え、えっと、じゃあ、……えいっ」

P「たいや、ひひひっ」ゴロン

千枝「ほ、ほーらPちゃん、新しいパンパースですよ~勇気百倍ですよ~」

P「ぶひひ、ぶひっへへ」ゴロゴロ






早苗「……ねえ、もうそろそろ良いかな?」



986:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:26:49.55 ID:9q+x4x0y0

P「ば、ぶで?(な、なんで?)」

ちひろ「ご、ごめんなさいPさん、何だかもう見ていられなくて……」

P「ぶ、ぶばびっばぼばびびろおおおおおおおお(う、裏切ったのかちひろおおおおおおおおお)!?」

早苗「はいはい、良いからシメルよ?」

千枝「だ、だめです!」

早苗「千枝ちゃん?」

千枝「Pさんは、千枝たちアイドルのために頑張ってくれて、それで、疲れきってこうなっちゃったんです!」

千枝「だから、これは、必要なことなんです!Pさんのためなんです!」

早苗「あ、あのね千枝ちゃん?」

千枝「だめなんです!」ギュッ

P「たぅ!?」



989:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:27:44.49 ID:9q+x4x0y0

早苗「ど、どうしようこれ、ちひろちゃん?」

ちひろ「」

千枝「だ、大丈夫ですから、Pちゃんは、ママが守ってあげるから、だから……」

P「(……あ、マイベイビーがスダンディン)」


ちひろ「」

早苗「え、えーと。あ、良い子は真似しちゃダメだぞ☆」


色々すまんかった。おむつ



990:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:28:32.45 ID:1HrGIKkL0

※ここからは数ある罰ゲームの中でもひときわ異彩を放っていたものを、ダイジェストでお楽しみください


―――対象:和久井留美
   内容:しらたき投げつける(投げたしらたきはあとで美味しくいただくこと)

ちひろ「えいやー!!!」

         べちゃっ   べちゃっ

留美「……」

       ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”

                    留美「……」

     ┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”┣”

ちひろ(あ、死んだ)

―――対象:緒方智絵里
   内容:由里子の趣味の本朗読

P「す、凄いっ、分かるー、は、入ってきてる、腹の底からぁー」

智絵里「」

P「前後ぉん、前後、前後ぉぉぉん!! 左右、左右、前後ぉぉぉおおおおん♪」

智絵里「」



991:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:29:06.46 ID:1HrGIKkL0

―――対象:向井拓海
   内容:出会いがしらに荷物を奪ってきてそれを生贄に雨乞い

     ドンドコドンドンドンドコドンドン

P「アーリェーショメヤーショメヤー、アーリェー、アリェー、ショウショウライエー」

子猫<ミー、ミー

        がちゃっ

拓海「プロデューサーよぉ……テメェ……覚悟出来てんだろうなァ……?」

P「ウェザラーイ、ウェザラーイ、ア、ア……あぁ……た、かっ、た、助けて、助けてええええええええ!!!!」

ちひろ(無事雨が降りました。赤かったけど)

―――対象:今井加奈
   内容:ヒットアンドアウェイ

ちひろ「てりゃぁっ!」

       ぺしっ!

加奈「痛っ!? ち、ちひろさん、なにをっ!」

ちひろ「てりゃぁっ! てりゃぁっ!!」    ぺしぺし!

加奈「や、やめ、痛っ、た、助けて、助けてプロデューサーさん!」



992:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:29:37.47 ID:1HrGIKkL0

―――対象:メアリー・コクラン
   内容:会話の途中からストリートファイターごっこ(なお罰ゲーム対象者はバルログ・ベガ・サガットから一人選ぶ)

P「つまり今度のイベントはヒョオオオオオオオオオオオオオオオウ!!!」

メアリー「っ!?」

ちひろ「ラウンワァン……ファイッ!」

P「ヒョオオオオオウ!! ヒョオオオオオオオウ!!!!」

メアリー「だ、ダーリン……? どうしたノ……いきなり、変な声あげて、バク宙なんて……」

P「ヒョオオオオオオオオオオオオオオウ!!!」

           のそ…… のそ……

ヒョウ君「……?」

ちひろ「あ、呼んでないからねー。ごめんねー、騒がしくしちゃってねー。
    さあメアリーちゃん、プロデューサーさんをなんとかして止めないと!!」

メアリー「わ、分かったワ……えっと……えいっ!」

             ぺしっ

P「ウゥワ……ウゥワ……ウゥワ……ウゥワ……!」

ちひろ「ユーウィン」



993:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:30:13.92 ID:1HrGIKkL0

―――

ちひろ「……」

P「……」

ちひろ「……就業時間までに、仕事、終わりませんでしたね」

P「ですね……」

ちひろ「……」

P「……ば、罰ゲぇぇぇーーーーム!!!!」

ちひろ「え、まだやるんですか!?」

P「もちろん、これもミスですからね!! さぁ、引きますよ!!」

              ごそごそ

ちひろ「もう、余裕ばっかりあるんだから……」

P「あれ、紙が一枚しかない……せーの、それっ!!!」

            ぺらっ

【対象:プロデューサー・千川ちひろ】

P「……ん?」



994:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:30:46.41 ID:1HrGIKkL0

P「こんなの入れましたっけ?」

ちひろ「いえ、私にも覚えが……」

P「まぁ、俺たちが対象ってのも面白いかもしれませんね」

ちひろ「それじゃあ最後に、二人でちゃっちゃとすませちゃいましょうか」

P「ですね、罰ゲームの内容は……あれ、こっちも、一枚だけ……」

       ぺらっ

【内容:遊んだことを反省し、徹夜で仕事を片付ける】

P「……」

ちひろ「……」

P「……誰の字だ、これ」

ちひろ「なんとなく見覚えはありますね……たぶん、罰ゲームの対象アイドルの誰かじゃないでしょうか?」

P「……仕方ない。真面目に仕事しますか」

ちひろ「……ですね」

                                            楽しい罰ゲームスレ
                                            お     わ    り



995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:31:40.62 ID:MjMqXM7X0


これでようやく皆報われる



998:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:32:15.99 ID:5M7zJjd70

いいオチだ乙



999:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:32:21.68 ID:vXtHe37m0

乙でした



1000:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/23(火) 01:32:37.46 ID:df8YVdtl0

おつおつ
嫁書けてよかった



1001:1001:Over 1000 ID:Thread

16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |


                                                              ニュー速VIP
                                                             http://hayabusa.2ch.net/news4vip/



転載元
モバP「罰ゲーム!!!」ちひろ「イェーーーイ!!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1366460455/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 04:46
          • はえーよ(驚愕)
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 04:50
          • 楽しそうだなwwww

            ちひろさん含めアイドル達全員可愛かったな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 05:06
          • 完全にアイドルがとばっちりじゃねえか
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 05:23
          • 5 良かった。
            しぶりんで落ちを作るの多すぎwww
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 05:42
          • 5 千秋、雪美、ありす、凛、わくわくさん、美優さんが特に素晴らしかった!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 05:47
          • きれいにまとまったな
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 05:55
          • ちひ凛……ありだな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 06:01
          • テンション高過ぎやろ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 06:29
          • M系ドSP
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 06:52
          • 千秋から滲み出る第二のわんわん臭

            ありやな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 07:05
          • どうして上条さんはショックを受けるとメガネが割れてしまうん?

            あ、SSはとてもよかったです
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 07:06
          • 5 千秋苛めたい。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 07:17
          • ちひろがかわいいんですが・・・
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 07:41
          • いい落ちじゃないか
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 08:32
          • >>1に全部書いて欲しかった
            まあ無理なのはわかるけど
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 08:37
          • おい、まゆが救われてねーぞ!
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 08:37
          • 面白い奴が面白いことをする → 評価され面 白くない奴らが真似をする
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 09:09
          • ストリートファイターごっこwww
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 09:18
          • 5 信長と波旬、名誉毀損を訴えるも敗訴濃厚。

            デレチッヒー可愛いです。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 09:39
          • 「諭吉は自分以外に5ケタを持たない孤独な紙幣」で思わずぐぐってしまった
            よく考えたなwちひろらしい
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 09:39
          • >>ちひろ「落ち着け、落ち着くのよちひろ。諭吉を数えて落ち着くの」
            >>ちひろ「諭吉は自分以外に5ケタを持たない孤独な紙幣。私に勇気を与えてくれる」
            クッソ吹いたwww
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 09:42
          • だから、くすぐったい場所は『性感帯』だと何度言えば理解出来るんだ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 10:12
          • ストリートファイターごっこの定番と言えば

            ダルシム、エドモンド本田だとウサミン成人ならわかってくれる。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 10:21
          • こういうノリのSS好きなんだが、いつもの画像さんがいないと名前とキャラが把握しきれない
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 10:27
          • 画像先生規制
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 10:30
          • 三船さん、凛、小梅、姉ヶ崎、ちゃんみおが良かった
            ちひろ可愛いじゃないですか
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 10:32
          • Pとちひろさんの仲がいい話は見ててほっこりする
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 10:58
          • これはなかなかwww
            しかしちひろが罰ゲームする側にまわるのは珍しいな
          • 29. 七草粥
          • 2013年04月23日 11:05
          • 5 こういったSSはやっぱ>>1以外は質が落ちるな
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 11:42
          • 5 イェーーーーーーイ!!
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 11:48
          • 他のも面白かったけど1が今回は上手すぎたな
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 11:50
          • 少し前にあった事務所が軌道にのってかえってやることがなくなったPが暇潰ししてるように見えた
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 12:11
          • 1以外あんまり面白くない
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 12:22
          • ≫1の趣旨を理解してないやつが多すぎる
            罰ゲームつったのにいちゃラブっておかしいだろそれよぉ!?
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 12:30
          • 安価形式にしたらまた面白そうなネタだな
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 12:54
          • むしろ>>1より面白いのが多々ある方がおかしい
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 13:08
          • >>1以降アイドルといちゃラブしたいだけの奴多すぎだろ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 13:30
          • まあ>>1が上手すぎたぶんクオリティ落ちるのは仕方ないが、>>1以外イチャラブエロに走りすぎなんだよ
            完全にノリが脱線してるだろ…俺のwktk返せよ
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 13:47
          • >>1以外のだと、きらりとダイジェストのが面白かったな
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 13:53
          • Mと化した黒川さんがかわいかった
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 13:57
          • >>1以外だときらりと赤ちゃんプレイと最後のダイジェストが面白かったね
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 14:08
          • ウサミン画像コラだろ!
            後ろのポスターに川島さんがいるじゃねえか!
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 14:23
          • 参加型だから方向性が変わってしまうのは仕方ないことだと思うが……いや、まずは飯だな。飯を食おう! お前も食うか?
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 14:31
          • なんとなくM川さんでその後の流れが決まってしまった感がある…ヒョオオオォォォォォォウ!!
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 15:14
          • 5 最近、SSが不作だったけどこれは、名作!
            電車内で何度も笑っちまったwww
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 16:05
          • なんだろ事務所のアイドルより事務員のことが大好きになれる
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 16:13
          • ガチビンタされるのがPで心底ほっとした
            電車の中でふぅってなった
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 16:38
          • くすぐり禁止とかねえわ
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 17:33
          • 全員面白かったと俺は思うけどな

            てか最近のモバマスSSはっちゃけ過ぎだろw
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 18:07
          • 第六天魔王→波旬の流れで草不可避

            大欲界課金道ね、わかるわ
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 18:07
          • いきなり関係ないところでみくにゃんの絵が出てきたのでみくにゃんのファンやめます

            それにしても>>1の作品とそれ以外の人の作品の温度差が…
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 18:13
          • ちょっと>>1以外が残念でしたね…
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 18:23
          • 誰も触れないけど、一瞬だけ現れたかな子は何だったんだ・・・?
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 18:53
          • P「うにゅぱぁ」


            千秋さんが可愛すぎたのでみくにゃんのファンやめます
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 18:54
          • まぁ、誰書いてもいいんだったら基本嫁を書くだろうし、嫁書くならイチャイチャしたいだろうし
            参加型だったらこうなっちゃうのは仕方ないいや、まずは飯だな。飯を食おう!お前も食うか?
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 19:03
          • ちひろさんと心霊スポットしたところで取り憑かれるのはちひろさんじゃなくて幽霊の方だろ!
            いいかげんにしろ!
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 19:29
          • 今後のSSで千秋さんが変態になったらこのSSのせいw
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 19:29
          • 後半は>>1の時とレベルが違い過ぎてなぁ…
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 19:39
          • シリアスなMって、なんか、いいよね…こう、破滅的な感じがすごくそそられる。
            黒川さん綺麗だよ黒川さん、傷と真珠は切っても切れない関係だもんね。
            もっと傷付いて、もっと美しくなってほしいな。
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 20:02
          • >>1ときらりのやつが面白かったwww
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 20:04
          • バルログで爆笑したwwwwwwwww
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 20:08
          • 信長! 波旬! ちひろ!
            誰かーっ! お豊か蓮たん連れてきてーっ!
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 20:13
          • ちひろさんのぶりっ子→うわキツの見事な流れに草不可避
            あとは母性本能に目覚めた千枝ちゃん…ありだな…
          • 64. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 20:45
          • 途中の乱入者が罰ゲームにもならないような只のラブコメなのは残念だった
          • 65. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 21:48
          • 安部菜々ごっこが非常に気になる
          • 66. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 22:27
          • >>444
            なんでkwsmさんのコラ画像なんですかねぇ……?
          • 67. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月23日 23:39
          • おもしれーw
            これアイドル達にとってはたちの悪いドッキリだよw
          • 68. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月24日 08:23
          • ムツゴロウのノリが予想以上にムツゴロウしてた
          • 69. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月24日 13:42
          • 確かに中盤から毛色が変わっちゃったけど、それはそれとして黒川さんがエロ杉でおっきした。

            あとMい早苗さんは素敵だと思います。
          • 70. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月24日 14:25
          • 5 >>1の発想も後半の勢いも良かったと思うけどなあ
            個人的にはバルログがツボw
          • 71. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月24日 18:55
          • 3 中盤が酷かったなイチャイチャ無駄に長いのばっか
          • 72. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月24日 19:35
          • 5 ※12※40※59全面的に同意。Mな千秋可愛い!
          • 73. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月26日 03:56
          • 5 >>1以外の話も面白い
            凛オチ大杉ィ!
          • 74. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月26日 22:40
          • しぶりんがオチ役で本編に出てこずやや不満だったが、しぶりん回が来た瞬間ガッツポーズをしてしまった俺は多分もうダメだ
          • 75. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月28日 16:53
          • ちひろさんが金縛り(かねしばり)・・・?
          • 76. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月28日 23:35
          • ちょっと待てウサミンの画像がkwsmさんコラなのはどういうことだ。

            不意打ち過ぎて一番笑ったぞ。
          • 77. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月30日 08:42
          • 流石に「波旬!」は言いすぎだろちひろが可哀想だろ…
          • 78. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月04日 04:06
          • 早苗さんくすぐりがエロかった。さあ期待を裏切らないようにしよう
          • 79. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月09日 13:07
          • あいさん、美優さん、留美さんの三人が良いわぁwww黒川さんは別の意味で良いわぁwww
          • 80. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月22日 05:40
          • >>P「ほんと、ちひろは鬼か悪魔だなー」ナデナデ

            HBK「この人と一緒にされるのは…」
            DCD「勘弁してくれ。」
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月18日 13:47
          • この千秋て主演シリーズのひとだよな
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月20日 22:10
          • 妖怪ドリンクババァワロタ
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月18日 11:53
          • 突っ込みどころが多すぎてww楽しかったwwwww
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月22日 12:26
          • ちひろさん、ヒットさせたらアウェイしてください。加奈ちゃんが可哀想です

            凛ちゃんはPさんで自分がノーマルだと言うことを再確認したってことはあっちの気もあるってことですよね?ピヨヘヘヘヘ
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年02月05日 02:51
          • いいセンスだ…
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月06日 07:33
          • >諭吉は自分以外に5ケタを持たない孤独な紙幣

            誰が上手いことを言えと
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月20日 16:00
          • 最後の両方に罰ゲームはシャッチョさんがコッソリそれ以外を抜いておいたと言う可能性はないかね、ちみぃ?
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年11月01日 02:33
          • ものすごい長くてワロタ
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年10月03日 21:45
          • とりあえず気になったから先にきたんだけどナターリアって言ってるのにこれフェイフェイじゃね?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ミリマス】北沢志保「ネコのお考え」
        • 【ミリマス】北沢志保「ネコのお考え」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 【ミリマス】静香「逆志保」
        • 人形(♀)「フフフ……今日はずいぶんと帰りが遅いのね。」
        • 結城友奈「これは勇者たちの物語」
        • 敵女錬金術師(♀)「フゥ……キミも馬鹿だねぇ。大人しくワタシに媚びておけば、永遠の命をくれてやるって言っているのに…。」
        • モバP「おべろぼばびやばぽえぽこ」
        • モバP「おべろぼばびやばぽえぽこ」
        • モバP「おべろぼばびやばぽえぽこ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ