TOP

冬馬「朝起きたら女になってた」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:05:57.00 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ふぁああ……もう朝かよ、ねみぃ……」

冬馬「……」チラッ

冬馬「……二度寝は無理だな。もう起きねえと」

冬馬「……?何か違和感が」

冬馬「……」

冬馬「……服がめちゃめちゃだぼついてやがる。寝てる間にのびちまったのか?……ってありえねえ」

冬馬「それにいつもより視界が低いような……」

冬馬「って……考え事してる場合じゃねえ!早く顔洗って準備だ」



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:06:33.54 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ギャアアアアアアアアアアアアアアア!!誰だお前えええええええええ!?」

冬馬「……」

冬馬「……俺?」

冬馬「ゲッチュ」ビッ

冬馬「なんだ……やっぱり俺か。驚かせやがって」

冬馬「……」

冬馬「ってなんでだよおおおお!!縮みすぎだろ!!」

冬馬「誰だよお前!!てか俺の声も俺じゃなくなってるじゃねえか!キンキンしてる!!」

冬馬「……」

冬馬「……なるほど、まだ夢見てるんだな俺は。はははは!」

冬馬「ふぁぁ、夢の中なのに眠い……もう一眠りするか」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:07:35.63 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ほらみろ、起きて鏡を見れば」

冬馬「……チョラブリー!!」

冬馬「自分で言うのもあれだが結構可愛い」

冬馬「胸も中々ある」

冬馬「……」フニ

冬馬「おっ、おお……!柔らかい……」

冬馬「……」ジーン

冬馬「って感動してる場合じゃねえ!急がねえと!!」



冬馬「服は……ダボダボ。いや、この際気にしてられねえ!折れば何とでも……!」

冬馬「靴のサイズが……めんどくせえ!!」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:09:27.12 ID:j6hoH5pY0

翔太「冬馬君遅いねー。何してるんだろう、携帯にも出ないし」

北斗「あいつが遅刻するのって何気に初めてじゃないか?事故にでも巻き込まれてなければ良いけど」

ガチャッ

冬馬「悪い!遅れた!」

翔太「……お姉さん、スタッフの人?」

冬馬「はぁ?」ゼェゼェ

北斗「ずいぶんお疲れの様ですね。大丈夫ですか?」

冬馬「そんな事言ってる場合じゃねえ!準備しねえと!」ダッ

翔太「あっ、行っちゃった」

北斗「美しい人だった。もっとゆっくり話したかったな」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:10:12.20 ID:j6hoH5pY0

冬馬「だから!俺は天ヶ瀬冬馬だって!!」

冬馬「え!?どう見ても女!?」

冬馬「……知らねえ!目が覚めたらこうなって…!」

冬馬「証拠?えーっと……誕生日とか好きな食べ物とか」

冬馬「あ!おい、離せよ!てめえ!!」バタバタ



冬馬「摘まみだされた」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:11:05.60 ID:j6hoH5pY0

翔太「結局来なかったかー」

北斗「連絡も無しに一体何やってるんだあいつは」

翔太「今回はちょっとしたゲスト扱いだったから何とかなったけどね」

北斗「まあね。しかし冬馬には厳しいお仕置きを……ん?」

冬馬「はぁ……」

翔太「あれー?昼間のお姉さんじゃん」

北斗「どうしたんですか?あなたにため息なんて似合いませんよ、お嬢さん」

冬馬「……」

翔太「ん?」

冬馬「翔太、北斗……信じてもらえないかもしれないけど1つ良いか?」

翔太「うわっ、いきなり呼び捨てだなんて馴れ馴れしいなぁ」

北斗「何ですか?エンジェルちゃんの言う事はどんな事でも信じますよ」

冬馬「俺、冬馬なんだ」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:12:07.08 ID:j6hoH5pY0

北斗「……プッ、ははは!面白い冗談を言いますね」

翔太「いや、全然面白くないんだけど」

冬馬「冗談じゃねえ!!」

北斗「って言われましても」

冬馬「本当に俺は天ヶ瀬冬馬だって!目が覚めたら女になってたんだよ!」

翔太「『俺』ってお姉さんキャラ付けしてるの?」

冬馬「そんなんじゃねえ!男だから俺が普通だろうが!」

翔太「ふぅん……」

冬馬「くっ……信じてねえな」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:13:19.94 ID:j6hoH5pY0

翔太「……そうだ、それなら冬馬君が最後に買ったフィギュア分かる?」

冬馬「それ言えば信じるのかよ」

北斗「いや、いくら熱心なファンでもこれは分かるはず」

冬馬「そんなのナイスマの……」

翔太「!!何で知ってるの?僕たちでさえ苦労して手に入れた情報なのに」

冬馬「俺が天ヶ瀬冬馬だからだ!」

北斗「……もし君が本物の冬馬なら身分証明になるものを持ってる筈だけど」

冬馬「……あー、そうか。最初っからそうすりゃ良かったんだ」ゴソゴソ

翔太(挙動が冬馬君。どう見ても女の人なのに)



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:14:34.83 ID:j6hoH5pY0

翔太「で、これからどうすんの?」

冬馬「……それなんだよな」

北斗「冬馬にそのままなりきって活動……は無理があるな」

翔太「天ヶ瀬冬馬、謎の失踪!っていいネタになるんじゃないの?」

冬馬「そんなの冗談じゃねえぞ」

北斗「と言ってもその姿じゃな。冬馬の代役としてジュピターに入りましたってのもキツそうだ」

冬馬「何で本物の俺が代役扱いされなきゃなんねえんだ」

翔太「それにそうすると風当たりきついよ。リーダーがいきなり無名の女の子になっちゃうんだから」

北斗「ファンの皆から快く応援してもらうのは難しそうだな」

冬馬「あー、元の身体に戻りてぇ……どうすればいいんだ」

翔太「961プロを辞めた今黒ちゃんに相談するのも無理だね。となると」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:15:37.12 ID:j6hoH5pY0

北斗「と言う訳でお願いします」

P「何故俺が」

翔太(だって面白そうだから)

冬馬「……」

翔太「ほらー、冬馬君も困ってるんだよ」

P「……それなら黒井社長に頼めば」

北斗「俺たちはもう辞めましたからそれは無理です」

P「じゃあ新しい事務所の人に相談すれば良いだろ」

北斗「……あなたはこんな可愛いエンジェルちゃんを見放すんですか!?」

P「エンジェルちゃんって冬馬だろ……」

翔太「僕たち若いからどうすれば良いか全然分かんなくて……」

P「いや、起きたら女になってた元男のアイドルの扱いなんて俺も分からないって」

北斗「それじゃ後は頼みました。ジュピターの事は俺達で何とかしますんで、チャオ☆」

翔太「765のお兄さんは冬馬君のことよろしくー」

P「お、おい!マジか!?冗談じゃないのか!?」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:16:55.48 ID:j6hoH5pY0

P「……」

冬馬「……」

P(元冬馬だけあってビジュアルは申し分ない)

P(歌唱力や身体能力も冬馬と同程度とすればトップクラスのポテンシャルだが)

P(……って別に俺は冬馬をプロデュースする訳じゃないぞ)

冬馬「やっぱり迷惑だよな。いきなり敵アイドルの面倒見なきゃいけねえなんて」

P「そうだ、いや、そういう訳じゃないんだが……とにかく元に戻る方法を探さないとな」

冬馬「ただでさえプロデュースしてるアイドルが多いんだから無理しなくて良いぜ」

冬馬「これは俺の問題だからあんたには何の関係も無いしな」

P「事情を知ってしまったら放っとけないよ。俺も出来る限り手伝う」

冬馬「……相変わらず甘いな。でもあんたは自分の事を最優先してくれ」

冬馬「俺のせいであんたのプロデュースに支障が出るなんて冗談じゃねえからな」

P「ああ」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:17:48.60 ID:j6hoH5pY0

P「とにもかくにもまずは女になりきらないとな」

冬馬「はぁ!?何で?嫌だよ、気持ち悪いじゃねえか」

P「だっていつ戻れるか分からないんだろう?最悪一生このままって事もあり得るし」

P「男として行動して取り返しのつかない事になったら間違いなく困るぞ」

冬馬「……一理あるかもしれねえな」

P「とりあえず最低限服装や持ち物をそれっぽくしないと」

冬馬「っつっても俺そんなん全然知らねえぞ」

P「そこは本物が良く知っているはずだ」



P「この娘アイドル志望らしいですけど」

高木「ほほう、ティンときた!」

冬馬(何だこれ)



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:18:27.23 ID:j6hoH5pY0

P「しばらくの間アイドルとして活動する事になった天ヶ崎冬子だ」

冬馬「あー、えっと……いつまでいるか分からないけどよろしく」

ザワザワ

P「冬子は……何だ、その……最近女に目覚めたっていうか……」

P「とにかく!女としての自覚をようやく持ち始めた所だ!お前達から色々教えてやってくれ!」

冬馬「全然オシャレとか分からないから変なとこあるかもしれねえ」

P「というわけだ!仲良くしてやってくれ!」

冬馬(こんな女だらけの中で俺は生きていけるのか……頭がどうにかなっちまう)

冬馬(とりあえず一旦どこかに……)

ズラッ

冬馬(しかし取り囲まれてしまった、逃げられない)



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:19:27.60 ID:j6hoH5pY0

春香「竜子ちゃんって何歳なのかな?」

冬馬「17。竜子って誰だ」

千早「私たちと同じね。前に雑誌のモデルとかやってたのかしら?」

冬馬「……いや」

美希「まだお化粧してないよね?そのままでも十分だけどお化粧したらもっと綺麗になると思うな」

冬馬「そうか?」

あずさ「まだ少し緊張してるみたいね~。はい、リラックスリラックスー」

冬馬「……」

真「何だか余計緊張しちゃったみたい」

冬馬(こんな中に放り込まれたら誰でもこうなるっての!!)



貴音「……響」

響「貴音もか……」

貴音「どこかで……」

響「会ったことある気が……」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:20:05.35 ID:j6hoH5pY0

冬馬「……今日は帰る」

小鳥「ええー!?まだ何もしてないわよ?」

伊織「ちょっとぐらい見ていきなさいよ。合同ライブのために今日は皆でレッスンするから」

亜美「そうだそうだー、自分だけとっとと帰ろうだなんてそうは問屋がおろさねぇ!」

真美「地獄の特訓を目の当たりにして恐怖するのだ!」

冬馬「いや、自分でしてるし……」

雪歩「普段から自主トレしてるんですか?」

冬馬「まあな」

律子「感心するわ。でも他のやり方を見ても損は無いと思うけど」

P「これからはこの事務所の人間だからな。俺も賛成だ」

冬馬(帰りてえ……)



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:21:05.38 ID:j6hoH5pY0

冬馬(結構ハードなレッスンこなしてるんだな)

P「どうだ?」

冬馬「思ったよりやるじゃねえか」

P「そうだろ。お前達に追い抜かれる訳にはいかないからな」

冬馬「フン、このぐらい張り合いがねえと面白くねえよ」

やよい「何お話ししてるんですかー?」

P「えっ!?い、いや、レッスンすごいなーって!」

冬馬「お、おう」

やよい「?」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:22:12.21 ID:j6hoH5pY0

春香「ふはぁ~、もうダメ……」パタッ

真美「このまま昇天できるかも……」

千早「ふぅ……」

やよい「今日はいつもよりちょっと大変だったかもです……」ハァハァ

冬馬「プロデューサーから飲み物だってよ」

春香「ありがとう、刹子ちゃん」

冬馬「刹子って誰だよ」

真美「大地の味がする」ゴクゴク

千早「……」パタパタ

冬馬(シャ、シャツが……無防備すぎるだろ!!)

P「おい」

冬馬「ち、違う!!勘違いすんな!」

千早「……?」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:24:16.22 ID:j6hoH5pY0

春香「ねぇねぇ」

冬馬(う、汗で……なんか色気が)

春香「目逸らしてどうしたの?」

冬馬「なんでもねーよ!!」

真美「顔が真っ赤ですぞー。……はっ、もしやそっち系なのか!?」

やよい「そっちけい?」

冬馬「ん、んな訳ねーだろ!俺はノーマルだ!!」

千早「俺……?」

冬馬「な、何だよ。ボクが良いなら俺でも良いだろ。それより用件言えよ」

春香「あっ、そうだ!今度のオフに買い物でもどうかなーって」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:25:14.32 ID:j6hoH5pY0

冬馬(はぁ……気乗りしねえ)

冬馬(今までファン以外の女と接する機会がほとんど無かったのにこれじゃ滅入るぜ)

冬馬(……でも女社会についても知る必要があるな。万一の事を考えて)



春香「冬子ちゃん!おはよう」

冬馬「ああ」

千早「後は美希だけね」

P「そうだな、まあ時間までには来るだろう」

冬馬「……何でプロデューサーがいるんだ」

P「まあ、お目付役だな。色々心配だし」

冬馬「……なるほど」

春香「それってどういう意味ですか?私達変な事しませんよぉ」

P「ははは、ほんと、変な事したら許さんからな」

千早「……あ、来たみたいね」

美希「おまたせー」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:26:02.38 ID:j6hoH5pY0

冬馬(当然ながらこの店女しかいねえ!!男なんて女の彼氏が数人いるだけじゃねえか)ソワソワ

春香「うーん……これが良いかな。でもこっちのパステルカラーも捨て難いなぁ」

千早「大人らしさを出すなら、落ち着いた色合いを」

美希「ミキ的にはカッコイイ系の方が意外と似合うと思うな」

冬馬「お、おい。別にそんなん適当で……俺のコーディネイトじゃなくて自分のを」

美希「ダメダメ!そんなお母さんがジャスコで買ってきたみたいな服着てちゃ勿体ないよ」

冬馬(俺が考えに考え抜いて買った服を全否定された)

P「しかし素材が良いからか大体何でも似合うな」

美希「むっ!浮気はダメなの!」

P「とうm……冬子に浮気する事は死んでも無いから安心してくれ」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:26:52.86 ID:j6hoH5pY0

冬馬「これ……全部か?」

春香「うん、ちゃんと上下の組み合わせも考えて選んだよ」

千早「とりあえずこれだけあれば大丈夫だと思うから」

冬馬(おいおい……いくらすんだコレ)



冬馬「女の服って意外と安いな」

美希「え?女の服?」

冬馬「ああ、今着てるのも男物の小さいやつだから」

千早「……何でわざわざ男物を?」

冬馬「あ」

P「よっし!!!!次行こう!」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:27:51.23 ID:j6hoH5pY0

春香「あっ、似合ってる!ハットが決まるって良いなぁ」



千早「リュックじゃ無くてこっちのバッグの方が」



美希「この口紅を使えばみんなイチコロなの!ファンデとマニキュア、香水それから乳液も!それからそれから」



春香「ヒールはいてみない?ピシッ!ってなるし足も細く見えるよ」



千早「ネックレスとかどうかしら」



美希「ポニーテールも意外と……このシュシュ買っちゃおうよ!」



冬馬「何でこいつらこんなテンション高いんだ」

P「そういうもんだ」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:28:58.79 ID:j6hoH5pY0

春香「ふふっ、この手帳欲しかったんだー」

千早「その淡い色合いが春香らしいわね」

冬馬(金が消し飛んだ)

美希「……」

千早「どうしたの美希?」

美希「冬子っていっつもブラしてないよね」

冬馬「ブラ!?」

春香「……そういえば」

P「は、ははっ……そういう事はあまり言わない方が」

美希「どうしてつけないの?」

冬馬(下着売り場なんか行けるわけねえだろ!!)タラタラ

P「まあ色々あるんだろ。うん」

千早「……その胸で着けないのはちょっと不味いと思うわ。色々……ね」

冬馬「べ、別に俺は大丈夫だから。ちょっとぐらい我慢s」

春香「ダメだよそんなの!選んであげるから!」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:29:49.03 ID:j6hoH5pY0

P(流石にこの店には入るのは……変な事してないだろうな)



冬馬(お、俺は何も見えねえ!見えねえぞ!)

美希「はい、これセクシーだよ!」

冬馬「!?お、あ、だ、ダメだろ!こんなの!」

春香「じゃあこっちの可愛いのは?」

冬馬「うわぁ!!だから見せるんじゃねえ!」

千早「どうしてそんなに慌ててるの?」

冬馬「だ、だって当たり前だろ!」

美希「とりあえず一回試着してみるの、サイズ合ってるかどうか」グイグイ

冬馬「無理無理無理!無理!!!」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:30:25.83 ID:j6hoH5pY0

冬馬「……」ヒョコッ

春香「顔出してどうしたの?」

冬馬「どうやってつけるんだ」

千早「えっ」

冬馬「だからどうやるんだよ!ブラの構造とか知らねえよ!」



美希「今時着け方分からない人っているんだ。学校で習わなかった?」

冬馬「……」

美希「で、ホックをとめれば終わりなの」

冬馬「は、はい」

美希「……何でそんなに緊張してるの?」

冬馬(そりゃ誰でもこうなるって……)



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:31:04.53 ID:j6hoH5pY0

春香「これで大体揃ったかな?」

冬馬「ちょっと便所……」フラフラ

千早「私も」

美希「女の子が便所って言い方しない方が良いと思うな……」



冬馬(疲れた、精神的に……)

千早「……そっちは男性用トイレよ」

冬馬(あっ、やっべ。無意識のうちに)

千早「……」

冬馬「ちょ、ちょっとボーッとしてて」

千早「……そう。気を付けた方が良いわよ」

冬馬「ああ……」

千早「……」

冬馬(気まずい)



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:32:04.96 ID:j6hoH5pY0

冬馬「お前先行ってこいよ、待ってるから」

千早「何でわざわざバラバラに?」

冬馬「意味なんてねえよ。それなら俺が先に行くぜ」

千早「だから何でずらすの?」

冬馬「う……」

P「冬子は恥ずかしがり屋だからな!一緒に行くのは嫌なんだ!」

千早「そう……なんですか?あの、それで何故プロデューサーがここに」

P「それは、うん、ちょっとトイレをどうするか気になって」

千早「えっ」

P「違う!変態的な意味じゃない!俺の目を見ろ!」

千早「ああ、そうですか」

冬馬「じゃあ俺別のトイレ行くから!!」

P「お、おう!」

千早「……」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:34:00.02 ID:j6hoH5pY0

冬馬「……」フキフキ

冬馬「……ヒウッ」ビクッ

冬馬「うぅ……この拭く感触慣れないな……」ゴソゴソ



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:34:30.87 ID:j6hoH5pY0

ウィウィウィウィウィ

冬馬「……」

ストッ

冬馬「よしっ!」

春香「うわー、また成功!どうなってるの!?」

千早「クレーンゲームの神様みたいね」

冬馬「他のゲームもある程度は出来るぜ」

美希「冬子ってオタクなの?」

冬馬「はぁ!?オタクじゃねえし。別に『萌え~』とか言わねえぞ」

P「俺はアイドルオタクだな。間違いなく」

美希「む……ハ、プロデューサーはミキオタじゃないとダメ!」

冬馬(……星井とプロデューサーって仲間の絆があるだけだよな。恋人関係とかじゃないんだよな)



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:35:01.48 ID:j6hoH5pY0

美希「……千早さん、何とも言えない顔してるの」カキカキ

千早「い、1枚目以外はちゃんと笑ってるでしょ?」

春香「冬子ちゃんも負けてないよ。ほとんど仏頂面っていうか……」カキカキ

冬馬「プリクラとかほとんどしねえし……」

P「しかし撮影でーすって言ったら満面の笑みになるのは流石だな」

冬馬「あれは反射的に……自分でも驚いた」

美希「最後のやつだけ顔が違いすぎて誰コレ状態だね」

冬馬「大きなお世話だ」



春香「はい、じゃあ良い笑顔のを冬子ちゃんに」チョキチョキ

冬馬「えぇ……別にいらないって」

P「まあまあ、ほら。思い出だろ?」

冬馬「……」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:35:34.48 ID:j6hoH5pY0

千早「イ・ッ・パ・イ・タ・ベ・ヨ・ウ♪」

P「出た!千早のメカご飯!」

冬馬(これが765プロの歌姫……)

ダララララ バン

冬馬「な、何ぃ!?あれで満点!?」

春香「もう極めたね!」

千早「そ、そんなことないわよ。他の曲でも点数取れるように頑張らなきゃ」

美希「冬子も何か入れたら?ずっと聞いてるだけだし」

冬馬(こんな所でジュピターの曲歌うわけにもいかねえし……かと言って765の曲はなんか……)

P「じゃあこれでも歌えよ」ピッ

冬馬「うぉい!?」

千早「キラメキラリですか。良い所突きますね」

美希「ちゃんとフリもつけてねー」

春香「がんばってー」

冬馬「」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:36:03.28 ID:j6hoH5pY0

北斗「どうだった?至福のひと時だっただろ」

冬馬「買い物してゲーセンとカラオケに行っただけで死ぬほど疲れた……」

翔太「え?どうして?」

冬馬「色々あるんだよ!やっぱり男といるほうが気楽だな」

北斗「女の子がそういう事言うのは感心しないぞ」

冬馬「うるせえなぁ。それと今日はっきりと確信できたのは……この身体になってから女に興奮しねえ」

翔太「うぇ!?本当に!?キングオブDTの冬馬君が!?」

冬馬「だれがキングオブDTだよ!……恥ずかしかったり緊張する事は確かにある。でもそれは見たらダメって罪悪感とかからだ」

北斗「ああ、なんて可哀想なんだ……女の子を見ても何も感じないなんて」

翔太「今まで女の子と触れ合う機会が無かったから……とうとう……」

冬馬「そこは関係ねーだろ!……男に戻ったらちゃんと治る……はずだ」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:36:36.11 ID:j6hoH5pY0

冬馬「元に戻る方法……全く見当もつかねえ」

P「何も分からんな」

冬馬「……クソッ」

P「まあ焦るな。そのうちなんとかなるさ」

冬馬「なんだ、その根拠のない自信」

P「ぶっちゃけ戻れなくても俺にはかんけーし」

冬馬「……」

P「いっそ女アイドルとして生きる道も良いんじゃないか?」

冬馬「嫌だ!俺はジュピターでトップアイドルになるんだ!!」

P「って言ってもな……ネットで検索して情報が手に入るわけでも無し」

冬馬「くっ……」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:37:06.82 ID:j6hoH5pY0

亜美「あまとう、ほらもう1回!」

冬馬「あまとうじゃねえ!もう良いだろ!」

真美「ダメダメ!俺っ娘はパパ認めないよ」

冬馬「菊地は良いのかよ……」

亜美「まこちんはかっこいいからオッケーなのさ。でもあまとうは見た目キュート系だしね」

冬馬「どう見てもクールだろうが!」

真美「性格はパッションだねぇ。それよりほら言ってみんさい」

冬馬「何回も言っただろうが……」

亜美「じゃあ今更恥ずかしがる事無いじゃん」

冬馬「っ……」

真美「このぐらいの仕事がこなせないとアイドルやってけないよん?」

冬馬「……わ、……私は天ヶ崎冬子……です……」

亜美・真美「「オッケー!」」

冬馬「……」



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:37:43.06 ID:j6hoH5pY0

やよい「あっ、冬子さんお疲れ様です!」

冬馬「ああ、お疲れ」

やよい「ハイ、ターッチ!」

冬馬「い、いぇい」

伊織「へ~」ニヤニヤ

冬馬「な、何ニヤニヤしてんだよ!」

伊織「別に?ただ最近随分女の子らしくなったと思っただけよ」

冬馬「どこがだよ!私はただ……あ」

やよい「そういえば最近俺じゃなくて私って」

冬馬「ち、違う!これはあいつらに無理やり!」

伊織「でも無意識に言うって事はもう慣れたんでしょ?最近は化粧にも力入れてるし」

冬馬「そんなはず……俺は俺だあああああああああぁぁぁぁ!!」

やよい「ど、どこに行くんですかー?」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:38:22.45 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ヤバイな……このままだとマジで女に……」

冬馬「それだけは……!」

―1ヵ月後―

やよい「冬子さん、私の家に来ませんか?」

冬馬「なんでまた急に」

やよい「この前テスト勉強で助けて貰ったのでお礼がしたいなーって」

冬馬「あー、……でもわざわざお礼してもらう程の事じゃ」

伊織「あんたも765プロなら一度はもやし祭りを体験しておきなさい」

冬馬「もやし祭り……?」

亜美「行ってみれば分かるって!」

真美「レッツゴーあまとう!」

冬馬「だからあまとうじゃない!」

亜美「相変わらず本家あまとう並のツッコミですな」

真美「そういえば本家の方はどこいったんだろねー」

冬馬「さ、さあな」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:39:11.75 ID:j6hoH5pY0

やよい「ようこそー!」

冬馬「……随分大家族だな」

伊織「そうよ、やよいが頑張って支えてるの」

亜美「それじゃいつも通り!」

真美「やりますか!」



浩太郎「バーンバーン!」

亜美「ぬぐっ!不意打ちとは卑怯なり!」

浩司「悪いやつにはこうだ!ドカーン!」

真美「グハァ!やるなぁ!」

伊織「甘いわ!その程度の攻撃で私を倒せるとでも!?」

冬馬「ぷっ」

伊織「な、何よ……」

冬馬「別に」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:39:42.13 ID:j6hoH5pY0

冬馬「……」ウズウズ

浩太郎「うりゃー!」

亜美・真美「「ぬわあああああああ!!」」

冬馬「……」ウズウズ

浩司「ビビビビビ!!」

伊織「ぐはああああああああああああ!!ザ・おでこと呼ばれるこの私が……」

冬馬「ちがう!!」

伊織「え」



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:40:44.46 ID:j6hoH5pY0

冬馬「良いか!?ビームの時のポーズはこうだ!」

浩太郎「こう?」

冬馬「違う!もっとビシッと!」

浩司「ビシッ!」

冬馬「お、そうそう。それだ、かっこいいぞ」



冬馬「そして変身の時のポーズはバシッ!だ。ここで重要なのは腕を曲げないこと!」

浩太郎「とう!」

浩司「はっ!!」

冬馬「飲み込みはやいな、チビ共!次は……」

伊織「ぷっ」

冬馬「な、何だよ……」

伊織「別に」



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:41:23.46 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ふぅ……」

かすみ「お姉ちゃん疲れた?」

冬馬「いや、そんなことない」

かすみ「良かった!絵本読んでくれる?」

冬馬「……何の本だ?」

かすみ「これ」

冬馬(こ、これは……!日曜朝の魔法少女物!)

かすみ「……お姉ちゃん?」

冬馬「仕方ない、特別になりきって読んでやる……んっ、んん!」



冬馬「ピカピカぴかりんじゃんけんぽん♪」

かすみ(すごくそっくり……だけど……)

亜美(ちらっと様子見に来たら)

真美(大変な事になってたでござる)



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:42:36.16 ID:j6hoH5pY0

長介「洗濯物終わりっと」

冬馬「お前は遊ばなくて良いのか?」

長介「姉ちゃんも頑張ってるのに俺だけ遊ぶ訳には」

冬馬「お、偉いな。兄ちゃんなだけある」

長介「あはは、冬子さんこそ大変だったんじゃないですか?」

冬馬「へ?」

長介「浩太郎達のために色々してるの見ました」

長介「あそこまでやると恥ずかしくないですか?」

冬馬「……あー、マジで恥ずかしかった。ほんと大変だったなー」

長介「でもずっと笑顔でいられるなんて、流石アイドルですね」

冬馬「ま、まあな」



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:43:26.91 ID:j6hoH5pY0

やよい「えっ!?トイレしたいの!?今ちょっと手が離せない……」

冬馬「私が代わりに準備しとくよ」

やよい「で、でも……」

冬馬「ほら行ってくれよ。それとも私の料理の腕が信用出来ないのか?」

やよい「……うー、そういうわけでは」

冬馬「じゃあ任せな」

やよい「……すみません。お願いします!」

冬馬(大変だな……こいつの家も。こんな中でアイドル活動を)

冬馬(この忙しさを表に出さずやってるのか……すごいな)



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:44:38.08 ID:j6hoH5pY0

やよい「すみません!遅くなって……」

冬馬「おっ、ある程度準備しといたから」トントントン

やよい「えっ!?こ、こんなに!?」

冬馬「他何か手伝える事無いか?」

やよい「あぅー、それは流石に申し訳ないです。お礼がしたくて誘ったのに……」

冬馬「料理するの好きだからむしろ手伝いたいんだけど」

やよい「……ありがとうございます」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:45:11.97 ID:j6hoH5pY0

ジュワアアアアアアアアア

「「「いっただきまーす!!!」」」

伊織「うん、変わらない美味しさね」モグモグ

真美「まいうー!もやしなのに!」モグモグ

亜美「これが一袋100円だなんてすごいよねー」

やよい「100円……?9円だよ」

亜美「は、はい」

冬馬「安い食材でも工夫次第でうまくなるもんだ」モグモグ

浩太郎「ねえ、姉ちゃん」

冬馬「ん?」

浩司「また色々かっこいいポーズ教えてね!」

冬馬「……おう!」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:46:07.50 ID:j6hoH5pY0

北斗「へぇ、そんなことが」

翔太「良いなー、楽しそう」

冬馬「まあ、それなりにな、最近はあの事務所にも結構慣れてきたな。そっちはどうなんだ?」

北斗「今までと変わらないよ」

翔太「うん、こっちの事は心配しなくて良いよ」

冬馬「……本当か?」

翔太「冬馬君が消えたぐらいじゃ何も変わらないってー」

北斗「俺と翔太の人気を甘く見ない方が良いよ?」

冬馬「そうか、そうだよな」



冬馬(あいつらの反応……ウソついてやがるな。ジュピター相当ヤバそうだ)

冬馬(ちくしょう、どうすれば……)



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:46:46.35 ID:j6hoH5pY0

響「冬子ってアイドルやってたことあるの?」

冬馬「だから無いって言ってるだろ」

貴音「しかし未経験の割にはどのレッスンもそつなくこなしているようですが」

響「まるで今までそういう活動してたみたいな動きだぞ。初心者とはとても思えない」

冬馬「それは……自主トレとかで」

貴音「そう言えば天ヶ瀬冬馬の活動休止とほとんど同じ時期にあなたはこの事務所に来ましたね」

冬馬「たまたまだから……」

響「天ヶ崎冬子、名前の響もそっくりだね」

冬馬「偶然だ、私は天ヶ瀬冬馬と関係無い」

貴音「……」

冬馬(……な、何なんだ。こいつ……。全て見透かされてるみたいなこの感じ……)

響「まあ、何となく気になっただけだから」

冬馬(本当にそうなのか……)



47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:47:55.40 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ライブに……?」

P「ああ、ゲストとしてな」

冬馬「萩原と菊地と一緒に出るんだろ?私が入っても邪魔じゃん」

P「そう言うなって、久しぶりにステージに立ってみたいだろ?」

冬馬「そりゃそうだけど、何歌うんだ……765プロの曲じゃないだろうな」

P「『ふるふるフューチャー☆』だ」

冬馬「ふーん……っておい!!その歌はあいつの専売特許だろ!!」

P「ちなみにもう決定してるからよろしく、圧倒的なパフォーマンスを見せてくれ」

冬馬(……765プロってこんな事務所なのか)



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:48:43.22 ID:j6hoH5pY0

真「じゃあ今日は素敵なゲストを紹介するよ!」

雪歩「765プロの新しい仲間、天ヶ崎冬子ちゃんです!」

冬馬(くそっ!!こうなりゃヤケだ!!!)

冬馬「初めまして!天ヶ崎冬子です!今日は盛り上がろう!!」

ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!

真「すごい歓声!それじゃあ冬子にバトンタッチ!」

雪歩「曲は『ふるふるフューチャー☆』!!」



~♪    ~♪    ~♪



冬馬「大好きハーニー♪いちごみたーいにー♪」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:49:53.45 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ふっきれたって言うか全て終わったていうか……」

真「何で?お客さん盛り上がってたよ?」

冬馬「色々あるんだよ……」

雪歩「それにしても初めてのライブとは思えないぐらいすごかったよ」

真「うん、緊張も見られなかったしパフォーマンスとか盛り上げ方も手慣れてたね」

冬馬「い、いや!すっげえ緊張してたから!!」

雪歩「緊張しててあれだけ出来るなら余計にすごいよ~」

真「ほんと、ウカウカしてたら一気に追い抜かれそう」

冬馬(こっちもお前達のステージを間近で見て驚いたけどな)

冬馬(相当頑張らねえと同じレベルに到達するのも難しそうだ)



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:50:28.86 ID:j6hoH5pY0

冬馬「で、何でこんなことに」

真「たまにはね」

雪歩「初ライブ成功のお祝いに」

響「みんなで遊ぼうって」

貴音「息抜きは必要です」

冬馬(私の事疑ってる2人もいるのか……)

P「今日ははじけようじゃないか」

冬馬「やっぱりあんたもいるのかよ」



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:51:22.97 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ここは……」

貴音「くっぱ寿司ですよ」

冬馬「へぇ、四条がいるんだからラーメン屋でも行くのかと思った」

P「別に貴音は常にラーメン食べてるわけじゃないぞ」

真「久しぶりだなー、色々食べたい物がありすぎるよ」

響「自分もー!今日はプロデューサーの奢りだし!」

雪歩「ふふっ、お腹壊さないでね」

P「あれ?そんなの聞いてない」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:52:05.02 ID:j6hoH5pY0

雪歩「パネルの千早ちゃんと春香ちゃん可愛いなー」

真「春香はともかく千早のこういう姿は貴重だよね」

貴音「冬子は何を食べるのですか?」

冬馬「うーん、そうだな。おっ、ハンバーグきた!」カチャッ

P「ハンバーグ食うのか……」

響「結構おこちゃまだね」

冬馬「こういうところのハンバーグは手間暇かかってるんだ。舐めちゃだめだ」モグモグ

真「へー、そうなんだ」

貴音「はて、……そういえば以前同じ事を聞いたような」

冬馬「っ!!……そうか、それは偶然だな」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:53:11.62 ID:j6hoH5pY0

冬馬「おい!食べすぎだ!!」

貴音「良いではありませんか。減る物でもありませんし」

P「あの、俺そんなにお金無いからね?分かってるよね?」

冬馬「というか私に寿司がまわって来ない!もう少し加減しろ!」

真「端の席だから貴音の被害は最小限に出来て良かったよ……」

雪歩「いつも以上に四条さんの食べる速度がすごい気がします……」

貴音「こちらのボタンで注文をすれば良いのでは?」

冬馬「私は回ってくる寿司を取るのが好きなんだよ。そういえば四条って前も」

響「前も?」

冬馬「……何でも無い」

貴音「……」ジー

冬馬(そういうことか……マジで疑われてるなこれ……)



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:53:51.98 ID:j6hoH5pY0

カチャカチャカチャカチャカチャ

雪歩「5枚入れて」

真「さーて、当たるかなー」

ハズレー

真「あー、春香しっかりしてよー」

雪歩「これって春香ちゃんがやるか千早ちゃんがやるかで確率違うのかな?」

冬馬(もう余計な事は言わねえように)

響「へっへーん、自分が代わりに当ててあげる!」

オメデトー

P「おおっ!やるな!」

響「やったー!!ふふっ、冬子にはこんなの無理だよね?」

冬馬「……ふん」カチャカチャカチャカチャカチャ

オメデトー

冬馬「ゲッチュウ!見たか……ってまた景品こいつかよ」

貴音・響(……)



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:54:30.40 ID:j6hoH5pY0

真「食べた後は軽い運動しなきゃね!」

響「じゃあボーリングでも行く?」

冬馬「おっ、面白そうだな」

雪歩「掘る方のボーリングなら自信あるけど……」

P「雪歩以外出来ないって」

貴音「ぼうりんぐ……?」



ゴロゴロゴロ パコーン

真「やーりぃ!ストライク!」

冬馬「なっ……!」

雪歩「真ちゃんすごーい!!」

響「いきなりストライクかぁ……」

貴音「ふむ、要はあのピンを全て倒せばいいのですね」

P「簡単に言うけど意外と難しいぞ、全部倒したと思っても1本だけ残ったりするし」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:55:08.37 ID:j6hoH5pY0

冬馬「うおおおおおおお!!」ブン

P「ボーリングの球とは思えないスピードだな」

ドゴーン

冬馬「ふっ、完璧だぜ。見たか!」



響「ふぅ……よしっ!」タタタ スッ

ゴロゴロ パコーン

響「やったー!!」

P「あれ、何か皆当然のようにストライク?」



雪歩「えい」スッ

コロコロコロコロ カコカコカコッ

雪歩「あ、全部倒れちゃった……」

P「どういうことだってばよ」



57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:55:48.95 ID:j6hoH5pY0

貴音「ふふっ、見極めました」

P「初めてでこの自信か……」

貴音「いざ……」スッ 

冬馬「ははっ、どこ狙ってるんだよ」

真「いや、あれは……」

響「回転をかけてる」

雪歩「す、すごい!あんなにカーブするなんて!」

貴音「ふっ」

キュルルルル ガーター

貴音「!?」

冬馬「……」

真「……」

雪歩「……」

響「……」

P「ど、ドンマイ……ちょっと曲げすぎたな」



58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:56:24.12 ID:j6hoH5pY0

真「てやぁ!!」パコーン

冬馬「おりゃ!」ドコーン

響「ここだぁ!!」パコーン

雪歩「んしょ」カコカコカコッ



P「レベルたけーよ!4人ともターキーとかどういうことだ!」

貴音「こ、今度こそ!」スッ

ガーター

貴音「面妖なっ!」

P「そして何故お前はカーブしか投げられない」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:56:57.15 ID:j6hoH5pY0

響「あー、腕がおかしくなりそう……」

真「でも楽しかったね!」

冬馬「そうだな、意外とお前らやるじゃん」

雪歩「こっちのボーリングも結構楽しいかも」

貴音「……」トボトボ

P「た、貴音!最初だから仕方ない!徐々に慣れよう」

貴音「はい……」



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:57:46.60 ID:j6hoH5pY0

真「今日は、充実充実って感じ!」

雪歩「たまにあるお休みって良いよね」

響「また皆で集まって遊びたいぞ!」

貴音「私も次回までに必ず腕を磨いておきます……!」

P「じゃあ解散だな、みんな気を付けて帰れよ」

冬馬「じゃあな」


冬馬(家に帰ってシャワー浴びて……ん?)

貴音・響「……」

冬馬「お、お前ら……」

響「まあ、そっちの事情はよく分かんないけどなんくるないさー」

貴音「あまり思い詰めないように、それでは」スタスタ

冬馬(……疑いは晴れた……のか……?)



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:58:16.31 ID:j6hoH5pY0

北斗「真ちゃんと遊んだのか……羨ましい」

冬馬「あいつ、やりやがるぜ。流石に王子様やってるだけある」

翔太「どうせムキになったんでしょ?」

冬馬「勝負は全力でやらないとつまんないだろ。で、そっちは?」

北斗「はは……まあなんとかやってるさ」

冬馬「……」

翔太「リーダーはしばらく必要ないよね」

冬馬「無理しないでくれよ」

北斗「冬馬と言えどエンジェルちゃんに心配してもらえると嬉しいな」

冬馬「誰がエンジェルちゃんだ」



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:59:05.25 ID:j6hoH5pY0

<天ヶ瀬冬馬は何処へ?

冬馬(ニュースか……結構大事になってるな)

あずさ「冬馬君、まだ復帰しないのかしら~」

小鳥「少し心配ですね」

律子「一部じゃ死亡説も流れてますよ」

冬馬(……このままじゃ……マジで天ヶ瀬冬馬の存在が)

あずさ「あれ?そういえば冬子ちゃんって……」

冬馬(!やっぱり疑われて……)

あずさ「最近お化粧するようになったのね」

冬馬「へ?」

小鳥「えー!?随分前からそうじゃないですか」

律子「最近ではいっちょまえに小物にまで手を出しちゃって」

冬馬「べ、別に良いだろ……」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 21:59:38.42 ID:j6hoH5pY0

あずさ「そういえば今日の夜は皆さん時間空いてますか?」

律子「そうですね」

小鳥「私も今日は早く帰れそうです」

P「俺もかな」

冬馬「どっから現れた」

あずさ「それじゃあ私の家でパーティしましょう!」

小鳥「お、良いですね~。やりますかー」

冬馬「わ、私は……」

あずさ「うふふ、律子さんもいるんだから未成年でも大丈夫よ」

律子「あんまりハメ外さないで下さいね」

冬馬(またこうなるのかよ……)



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:00:40.45 ID:j6hoH5pY0

冬馬「はぁ……そろそろ行くかな」

P「お、お前も今から行くのか?一緒に行くか」

冬馬「……ああ」



P「アイドル達に何もしてないだろうな」

冬馬「してねーよ、それ以前に女に対して何も感じなくなってきた」

P「ふぅん……そういえば最近ずいぶん女らしくなってきたじゃないか。色々」

冬馬「うるさい、仕方ないだろ」

P「とても元男だとは思えんな」ワシャワシャ

冬馬「ヒッ!?あ、、おい……」

P「え、何その反応……」

冬馬「だって……なんか恥ずかしいっていうか……ああああ!!何だよその目は!!」

P(こ、これは……女に染まりかかっているな……)



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:01:36.07 ID:j6hoH5pY0

P「おじゃましまーす」

あずさ「いらっしゃい~」

小鳥「もう準備出来てますよー」

冬馬(何気に女の部屋って入るの初めてだな……どうでもいいか)

律子「じゃあ冬子は何飲む?アルコールはダメよ」

冬馬「ソーダが良い」

律子「はい、プロデューサーは?」

P「俺はもちろんビールっと」



66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:02:10.80 ID:j6hoH5pY0

プシュッ カンパーイ

小鳥「プハァ……ああ!この瞬間に生きてます!」

あずさ「今日は盛り上がっちゃいましょう!」

P「鍋とビールは最強だな……」モグモグ

律子「私はどうにもアルコールのにおいが……」モグモグ

小鳥「あっ!肉団子!!私が狙ってたのに!」

P「早い者勝ちです」モグモグ

あずさ「音無さんはしらたきをどうぞ~」

冬馬「……」モグモグ

あずさ「あら~?冬子ちゃん元気ないの?」

冬馬「いや、そういうわけじゃ……」

P「年頃の女の子には色々あるんですよ」

律子「親父が何言ってるんですか」

P「20代で親父とな」

小鳥「……」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:03:57.94 ID:j6hoH5pY0

あずさ「あれ~?鍋の具が足りない~?」

小鳥「ちょっとー、どこに隠したんですかー!?」

律子「ここにありますってば……ちょっと待って下さい」

あずさ「はやくはやくー、もう我慢出来ませんー」

小鳥「はりーはりー、おつまみも欲しくなってきましたー!」

冬馬(2人とも原形とどめてない)

P「おい、何かまととぶって大人しくしてるんだ~?」

冬馬「ひぁ?!」

P「いつもみたいにもっとオラオラしてみろよ、あ~ん?」

あずさ「まあ~、プロデューサーさんがオラオラ系になっちゃったわ~」

冬馬(これが絡み酒っていうやつか……)



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:05:14.60 ID:j6hoH5pY0

あずさ「いえーい!!ねこねこにゃんにゃんねこにゃんにゃん」

P「あずささん可愛い!!最高!地上に舞い降りた天使!!」

あずさ「ありがとうございます~」

冬馬「……」

小鳥「むー、あずささんずるいー!それなら私もやっちゃいますよー!」

律子「後で思い出して後悔しないでくださいね」

小鳥「音無小鳥2×歳!!ラブリ!!」

P「ここでラブリを歌う勇気!!流石です!!」

冬馬「ひゅ、ひゅーひゅー」

律子「無理しなくて良いわよ……」

冬馬「……そうだな」



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:07:03.86 ID:j6hoH5pY0

冬馬(……おつまみでも作った方が良いか。材料を……)スッ

P「あー、どこに行くんだ」ガシッ

冬馬「!!あ、足つかむな!!」

律子「あの、それは世間一般で言うセクハラですよ」

P「平気平気、生足気持ち良いな」サスサス

冬馬「ちょ、あ、もう!!やめろ!!」

P「あ、パンツ見えた」

冬馬「えっ……あぁぇぁ、ぅぅぁ……ぅぅ……」

律子「プロデューサー殿?」ゴゴゴゴ

P「ん?律子、どうしたんだ……?その右手のハリセンはどこから」

あずさ「あら~?律子さんに角が見えるのは気のせいかしら~」

小鳥「うわーん!!人が歌ってるのに聞いてくださいよぉ!!」



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:09:09.03 ID:j6hoH5pY0

P「」ピクピク

律子「ふぅ……まったく」

冬馬「プロデューサーっていつもこうなのか……?」

律子「いや、酔ってもセクハラする事は無かったわね……今日はどうしたのかしら」

冬馬(やっぱり元男だから……か)

小鳥「だからぁ、どうして結婚しなきゃいけないんですか!!」

あずさ「傍にいると約束をしたあなたはうそつきね」

小鳥「本人が一番分かってるんだからわざわざ言わなくても良いじゃないれすかぁ!」

あずさ「うぇぇぇん、そんな人いませんよぉぉぉぉ……グスッ」

律子「ダメだこりゃ……」

冬馬「毎回こんな目に遭ってるんだろ?よく参加する気になるな」

律子「私がいないと本当に何するか分からないから」

冬馬「なるほど」



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:17:05.03 ID:j6hoH5pY0

冬馬「おい、いい加減酔い覚めただろ」

小鳥「うぅん……ここは誰?私はどこ?」

P「あれー、何で外にいるの?」

冬馬「もうパーティは終わったよ」

P「……あっ、良さげな胸にπタッチ」モミ

冬馬「ん……な、何やって!!」

小鳥「あれー、プロデューサーさん、私の胸もあいてますよ?」

P「あ、そっちは遠慮しときます」モミ

冬馬「はぅっ……おい!!いつまでやってんだ!」

P「気にするな、男なんだから減るもんじゃないし」

小鳥「へー、冬子ちゃんって男なんですかぁ……んん?」

P「そうですよー、正確には元男ですけど」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:18:19.49 ID:j6hoH5pY0

冬馬「なななな何言ってるんだ!!?変なプロデューサーだなぁ!!」

P「だって冬子って元冬馬じゃん。天ヶ瀬冬馬で天ヶ崎冬子。俺に助けてくれって頼んで」

冬馬(くそっ!いくら酔ったからって口軽すぎだろ……!)

小鳥「へー、そういえば冬馬君が消えたのと冬子ちゃんが来たのって」

P「そうなんです!流石音無さん!!理解が早い!」

小鳥「ふふっ、伊達に二次元見てませんよ」

冬馬「いやいや、証拠がないだろ!そんなでたらめ、常識的にありえないって!」

P「あははー、何言ってるんだ」モミモミ

冬馬「だから揉むな!!」



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:20:09.82 ID:j6hoH5pY0

冬馬(あの日の事は流石に忘れてるよな……)

小鳥「ねえ冬子ちゃん!ちょっとお話しがあるんだけど」

冬馬「はい?」



冬馬「な、何すか」

小鳥「じ・つ・は、良い薬があるのよ♪」

冬馬「薬?」

小鳥「そう!今の冬子ちゃんがとっても欲しがるような」

冬馬「はっきり言って下さいよ」

小鳥「実はこの前の夜の事私覚えてるの、冬馬君」

冬馬「そうですか……冬馬君!?」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:22:13.59 ID:j6hoH5pY0

冬馬「ははっ……やだなぁ。何のことっすか?」

小鳥「あの後調べに調べたわよ~」

小鳥「今までの言動思い返したりみんなの証言を聞き回ったり」

小鳥「そして確信したの!あなたは絶対冬馬君!」

冬馬「はぁ?そんなのありえないです」

小鳥「ふーん……じゃあこの男になれる薬もいらないかぁ」ヒョイッ

冬馬「えっ!?」

小鳥「むふふ、独自√で手に入れたの……もちろん入手方法はトップシークレット」

冬馬「……」ゴクリ

小鳥「ほしい?」

冬馬「いや、そんな薬ありえないし……私は冬馬じゃない……」



75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:24:27.13 ID:j6hoH5pY0

小鳥「あー、そうなんだ。それなら捨てちゃおうかな」

冬馬「!!待て待て待って下さい!!」

小鳥「ん?」

冬馬「それ本当に効果あるのか……?」

小鳥「それはもちろん」

冬馬「その薬……ほしいです」

小鳥「素直にそう言えば良いのに……」



P「そんな物まで……流石音無さんだな」

冬馬「ああ」

P「で、何で俺が呼ばれたの?」



76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:28:21.91 ID:j6hoH5pY0

P「俺達が絡んでる写真を撮りたい!?」

冬馬「だってさ」

P「アウトー!!」

小鳥「何言ってるんですか!あの日色々やらかしてたじゃないですか!」

P「記憶にないです!素面で出来るはずないでしょうが!!」

冬馬「私は素面の時にやられたんだよ!!」

P「……」

冬馬「いくら元男だからって、あんな事されたら……」

P「わ、悪かったよ……」

冬馬「フン……」

小鳥(ほほー!!)



77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/03(日) 22:30:32.04 ID:j6hoH5pY0

小鳥「さあ、別にそんな無理なの要求しませんって!最初はハグで!」

P「……仕方ないですね、いくぞ冬馬」

冬馬「あ、お、おう……仕方ないな」

P「……」スッ

冬馬「……」ドキドキ

小鳥(スタンバーイスタンバーイ)

P「……と見せかけて!!」サッ

小鳥「!?は、早い!!」

P「ふふふ、撮影に気を取られて油断しすぎですよ」

小鳥「ぐぬぬ」

冬馬「……はぁ」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 00:36:19.67 ID:RnytSNyB0

冬馬「……」ゴクゴクッ

P「で、飲んでどれぐらいで効果出るんですか?」

小鳥「そうですねぇ、大体10時間後には男になってると思いますよ」

P「だそうだ、良かったな」

冬馬「正直一生女になること考えてた」

P「相変わらず音無さんはよく分からないアイテムを持ってますね」

小鳥「そうだ!女になる薬もあるんですよ!プロデューサーさんどうですか?」

P「断固拒否します」



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 00:41:45.14 ID:RnytSNyB0

冬馬「ふぅ、この身体ともこれでおさらばか」

P「これでジュピターもどうにかなりそうだな」

冬馬「ああ、本当に助かった。ありがとう」

P「みんなにはなんとか誤魔化しとくよ」

冬馬「大分世話になったな……礼になんかしたいとこだけど」

P「わざわざそんな事する必要ないって」

冬馬「最後に揉みたいなら、揉めば?」

P「だからあれは酒のせいだ!勘弁してくれ!!」

冬馬「ははは、あんたにそんな度胸ねえか」

P「うるさい」

冬馬「……感謝はしてるけど、だからってフェスで競う事になったら手加減しない」

P「手加減されちゃこっちも不本意だ。全力で来い!」

冬馬「……じゃあもう行くから。またな」

P「ああ、元気でな」

冬馬(元に戻ったら……私って存在が消えて)

冬馬(そしてあんたに対する妙な気持ちも消え失せてるんだろうな)



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 00:45:55.63 ID:RnytSNyB0

冬馬「……元に戻った、半信半疑だったけど」

冬馬「よしっ!やるぜ!!天ヶ瀬冬馬復活だ!!」



冬馬「悪い、待たせたな」

北斗「あーあ……ついに戻っちゃったか」

冬馬「何で不満そうなんだよ」

翔太「だって、ねぇ?可愛い女の子から冬馬君じゃ……」

冬馬「て、てめえら……」

翔太「面白い話ないの!765プロで色々あったでしょ?」

冬馬「ありすぎて分からねえよ。温泉旅館に泊まったりとか」

北斗「その話詳しく」

冬馬「ってそんな話はまた今度だ。今までの遅れを取り返すぞ!」



82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 00:51:35.31 ID:RnytSNyB0

北斗「そんな話って俺にとっては相当重要なんだけど……ま、リーダーこれからもよろしく」ポンッ

冬馬「ヒァッ!?」

翔太「えっ」

冬馬「あ、あれ……?」



冬馬「私の前で着替えるな!!」



冬馬「うああー!!勝手に入ってくるな!」



冬馬「も、もうちょっと考えろ!!ベタベタするな!」



北斗(ジュピターに所属しているんだが俺はもう限界かもしれない)

翔太(冬馬君が死ぬほどめんどくさくて気色悪い。どうしよう)

冬馬「くそっ、スカート穿きたい……マニキュア使わないと落ち着かない……!」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 01:04:23.61 ID:RnytSNyB0

――数ヵ月後――

冬馬「ふぅ……なんとか、元の俺に戻れた気がするぜ……」

冬馬「もう男相手に抵抗も無い!!」

冬馬「ジュピターも765とフェスで当たるまでに成長した!リベンジマッチだ、見てろよ!」



冬馬「よお」

P「お、久しぶりだな冬子」

冬馬「お、お、おい……その名前は……」

春香「あー、冬子ちゃん元気にしてた?」

冬馬「!?と、と、と、冬子って誰のことだ!?」

伊織「最近調子良いみたいじゃない冬子」

冬馬「おい、聞いてんのか!」

貴音「冬子、私はぼうりんぐを極めましたよ。ふふふ」

冬馬「」

「冬子」 「冬子ちゃん」 「冬子」 「あまとう」 「冬子さん」 

俺が765プロに冬馬と呼ばれる事は二度となかった。

END



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 01:07:46.83 ID:RnytSNyB0

VIPで猿さん食らったのでこちらに投下しました
ありがとうございます



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/03/04(月) 01:16:56.58 ID:pLqDNN5w0

乙でした



転載元
冬馬「朝起きたら女になってた」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362312356/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (43)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 18:49
          • みなみけの冬馬は最初から女じゃねーか!
            って思いながらスレ開いたらアイマスかよ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 18:54
          • ※1
            あれ俺書き込みしたっけ…
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 18:55
          • 毎度毎度「みなみけかと思った」って寒いんだけどおとなしくそっ閉じすれば?

            それにしてもあまとうは何故こんなにも性転換率が高いのか
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 19:03
          • みなみけと間違う人ってやっぱいるんだなー
            羅刹名義なら間違えないのに
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 19:06
          • あまとうの性転換ネタ、初めて見たんだが、良ければ既出のタイトル教えてくれん?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 19:17
          • >P「いや、起きたら女になってた元男のアイドルの扱いなんて俺も分からないって」

            生まれてからイケメンだった女の子の扱い方は知ってるくせに!
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 19:47
          • あまとう性転換ネタのスレタイなんだっけ?
            これと同じ感じのスレタイの両アイドルで生きるENDもあったし、魔法少女(痛)として生きるのもあったし
            765全キャラ性転換の話でもモブとして出て来たり……

            スレタイ覚えてる人誰かおせーてくだせー><
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 19:49
          • >>7
            両アイドルで生きるやつは、
            P「この美少女が冬馬?」
            http://elephant.2chblog.jp/lite/archives/51990341.html

            ってやつじゃない?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:11
          • さすが響と貴音すぐに感づいたなと思いきや、ほとんどの人がすぐに感づいていたみたいだな。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:11
          • >>8おぉ!ありがとう!久しぶりに読んでみるか

            当初は嫌がられてたジュピターだけど今では愛されるようになって……感慨深いな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:13
          • どういうことかSSではあまとう人気あるよな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:20
          • 水樹奈々ボイスで再生すればいいか?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:22
          • よっしゃ!P冬スレやんけ!
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:35
          • 5
            冬馬は女にさせたら最高だな!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:47
          • なんで俺女体化こんなに好きなんだろう
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 20:54
          • 冬子ちゃんかわいい、どうせなら俺っ娘のままの方がよかったよ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 21:10
          • ※10
            というか、少数ながらも声だけは大きかった否定派が完全に消滅した
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 21:20
          • ※11
            アイマス2発表当時は荒れに荒れまくってたのになw
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 21:48
          • CVは沢城さんがいいです
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 21:59
          • つまり小鳥さんが元男である可能性が…
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:01
          • 5
            まったくもって俺得なSSだったよ。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:02
          • ※10
            でも、その愛され指数はあまとうさんが圧倒的で
            チャオはホモネタで少し見る程度でトイレ君は殆どつかほぼ見ないんだよな…
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:04
          • 名前で呼ばれないのは悲しい。
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:06
          • 冬馬
            千秋
            春香

            何でこんな被ってるの?
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:09
          • 僕はトイレ君好きよ?
            肩車して走り回りたい
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:45
          • あまとうかわいい
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 22:49
          • ※18
            もともとは竜宮小町のヒロイン落ちのせいで被害を被っただけだし、キャラ的には憎めないからだろうなぁ。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 23:01
          • ぶっちゃけ黒井社長の役が3人増えただけ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月04日 23:42
          • これ昔あったよな、途中でスレ落ちたけど
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 00:53
          • 千秋?千早と間違えたか?
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 01:14
          • かんけーしって中の人ネタかww
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 01:15
          • みなみけじゃないならタイトルにそう書いとけよボケ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 02:53
          • 許してないし、木星なんてゴミ共はいらない
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 06:25
          • ↓執念深過ぎワロタw
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 06:29
          • みなみけなら冬馬もともと女だろう
            そのくらいは察せよ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 06:44
          • 二次創作ならともかく、公式に登場は本当にしないで良いとは思う
            SSなら好きよ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 07:41
          • ※34-35のチームワークがすばらしいとおもった(KONAMI)

            冬子のビジュアルが何故か如月小夜子だった俺は葉鍵厨
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 12:09
          • ※1
            全く同じ発想しててわろた
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月06日 12:31
          • 面白かった、ピピンさんはいじられてる時が一番かわいいな
            ほくほくはホモネタ以外にも横切ったりしてたよね…
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月07日 23:59
          • 冬馬は今まで何百回女にされたのか…そしてこれから何千回女にされるのか…

            どんどんやれ!
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月15日 02:22
          • ウィウィウィウィウィ で何故か黒ちゃんが匍匐前進して近づいてくるのを想像してしまった。
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年11月21日 12:32
          • 冬馬君ははるるんを励ますところで大体のPが見直したんじゃないかなあってキャラ
            悪気無く騙されてた馬鹿正直な男だった
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年04月10日 22:57
          • あまとうが一番可愛いってはっきりわかんだね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ