TOP

あずさ「顔が怖いプロデューサーのとても長い日」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:19:41.54 ID:AkGJTYvt0

千早「……なぜ事務所にヤ○ザが……?」
やよい「ううー…、プロデューサーの顔が怖いです…」

の続きです



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:20:11.51 ID:AkGJTYvt0

??「かっかー!」


P「……何だ……?」

通行人「ヒッ!!!」

P「……何もいないか……」

通行人(すげえ怖い人がキョロキョロしてる……)



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:22:11.42 ID:AkGJTYvt0

―事務所―

P「……お早うございます……」

春香「プロデューサーさん、おはようございます」

真美「おっちゃんおはよー!」

小鳥「おはようございます」

亜美「さて、生年月日と血液型を吐きたまえー!」

P「……?」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:23:11.46 ID:AkGJTYvt0

春香「これですよ、これ!」

P「……ファッション雑誌か……む、これは……」

春香「そうです!あずささんが占いコーナーの連載持ってる雑誌ですよ」

真美「すごい当たるって評判なんだよねー」

亜美(『マダムあずさの占いコーナー』
   ってタイトル言うとすごい怒るんだけどね……)



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:24:54.02 ID:AkGJTYvt0

小鳥「あずささん、ドラマも決まって絶好調ですね、最近。
   キャリアウーマン役でしたよね?」

P「……ええ。役作りには苦労しているようですが……」

春香「プロデューサーさんも占ってみます?」

P「……」

春香「あれ?占いとか嫌いですか……?」

P「……嫌いではない……」

真美「じゃーさー、何年何月何日生まれー?あと何型ー?」

P「……昭和○○年×月△日……で□型」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:27:24.39 ID:AkGJTYvt0

春香「えーっと、プロデューサーさんの今日の運勢は……」

春香「あ……」

P「……?」

小鳥「ど、どうしたの……?」

春香「あ、あははー、えっとですねー」

亜美「……見してー!えーっと……あ……」

真美「どしたの?」

春香「それがその……」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:28:35.62 ID:AkGJTYvt0

マダムあずさ
『あらあら~、これは酷いですね~
 10年に1度の最悪な運勢!といってもいいと思いますよ~
 最悪の事態を避けるために、おうちで大人しくしていましょうね~』


P「……」

春香「あ、すっごい落ち込んでる……」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:30:20.20 ID:AkGJTYvt0

小鳥「え?プロデューサーさんの表情分かるの?」

真美「ほうほう、はるるんもおっちゃんの表情が分かるようになったんだね!」

亜美「ほとんど表情変わらないからねー」

春香「うん、えへへ……

  プロデューサーさん、元気出して下さい!」

P「ああ……」

P「……」←しょんぼりしている



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:31:52.94 ID:AkGJTYvt0

prrrrrrrrr


小鳥「あ、電話電話……
 お電話ありがとうございます。765プロです」

律子『あ、小鳥さんですか?!そこにプロデューサーいます?』

小鳥「ええ、いますよ?」

律子『よかったー……代わってもらえます?』


P「私です……ふむ、なるほど……分かりました……お安い御用で……」

P「では…また後ほど……それでは……」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:34:17.94 ID:AkGJTYvt0

小鳥「律子さんは何て?」

P「……仕事が押してるので、代わりに三浦サンを駅まで迎えに言って欲しいと……」

小鳥「あ、今日ドラマの収録ですもんね」

P「……ええ…そのまま…現場まで送って行きます」


真美「え?」

亜美「10年に1度の最悪運勢……」

春香「だ、大丈夫かなあ……」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:35:25.65 ID:AkGJTYvt0

春香「……あのー
  本当に独りで大丈夫ですか?」

P「……レッスン優先……」

亜美「分かったよおっちゃん」

真美「でも、気を付けて行ってね」

小鳥「な、何かあったらすぐ連絡してくださいね」

P「ハイ…それじゃ、行ってきます……」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:36:55.19 ID:AkGJTYvt0

―駅までの道―

カラス「……」

P「……」

カラス「カァーーー!!!」

P「……!!」ビクッ


P「……」←最近のカラスは態度が大きいと思っている



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:38:33.31 ID:AkGJTYvt0

??「かっかー」(舐めまわしがいのある人がいます)

P「……」←またカラスかと思っている

??「はるかっかー」(飛びついて舐めまわします)

P「……!!」

P「……これは……」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:39:48.19 ID:AkGJTYvt0

??「はーるかっかー!!」ぴょんっ

??「かっか!」もちゃもちゃ

P「……おい……!」

??「ヴぁい?」

P「……ウチに来い……!かわいがってやる……!」

千早「ダメです!」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:40:53.05 ID:AkGJTYvt0

P「……ち、千早サン……」

千早「はるかさんはとてもアクティブで手がかかるんです!」

千早「どうせなら大人しい子にしてください……ちひゃーとか」


P「……」←はるかさん?この生き物ははるかさんというのか、と思っている



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:42:37.71 ID:AkGJTYvt0

千早「大体、連れ帰って誰がお世話するんですか
  プロデューサーも私も最近忙しいじゃないですか」

P「ハイ……」

千早「一時の感情に惑わされず、きちんと状況を考えて行動してください
 たとえば、ちひゃーのような子を選ぶとか!」

P「ハイ……」

千早「あ、それから、名前は私が考えますからね?!」

P「……ハイ?」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:44:13.80 ID:AkGJTYvt0

千早「あ!そういえば、はるかさんがいない!」

P「……!!」

通行人「あっ!!あぶなーい!!」

通行人2「熱帯魚店に搬入する用の塩水が!!」

ばしゃっ!!!

千早「し、塩水っ!!?」


はるかさん(大)「はーるかっかー!!」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:46:14.42 ID:AkGJTYvt0

P「……」

はるかさん(大)「かっか!」じー

P「……」じー

P「ウチに来……」

千早「逃げますよ!プロデューサー!!」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:47:54.51 ID:AkGJTYvt0

「はーるかっかー!!」

「ひいい!!!」

「ぎゃー!!!」


千早「……私には何も聞こえないわ……」

P「……」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:49:16.33 ID:AkGJTYvt0

―駅―

千早「あずささんを迎えに来てたんですか」

P「……今日はドラマの撮影だから……」

千早「あずささん、とても気合の入った準備をしていましたね」


ガヤガヤ


千早「……あれ?あそこにいるの、あずささんでは」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:51:56.83 ID:AkGJTYvt0

P「……待ち合わせはここではないはずだが……」

千早「なぜ……改札の方に向かっていくのでしょう?」


あずさ「待ち合わせはこっちよね?今日は迷わないようにしなきゃいけないわ!」


千早「あ、あずささー……きゃっ!」

通行人「あ、すんませーん」

P「……今日に限って、人が多いじゃあないか……」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:53:55.33 ID:AkGJTYvt0

千早「仕方がありませんね……プロデューサー、少しかがんでください」

P「……ハイ?」

千早「このサングラスをかけて、髪をきちんとセットして……」

千早「はいっ、できました。では、少し歩いてみてください」

P「……ハア……」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:55:24.75 ID:AkGJTYvt0

ドカッ

通行人A「あ、すいませー……ヒィ!!!」

通行人B「きゃあ!!!」

通行人C「ヒソヒソ……」

千早「さあ、円形にスペースができました。行きましょうプロデューサー」

P「……」←ちょっと悲しい

P「……まあいい……」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:57:37.32 ID:AkGJTYvt0

P「……む、あそこに見えるのは……」

千早「ようやく追いつきましたね」

あずさ「あっ、プロデューサーさんに千早ちゃんだわ!おーい!」

千早「あずささん、気が付いたようですね」

P「合流しよう」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 23:59:10.29 ID:AkGJTYvt0

おばちゃんA「ちょっとみんなこっちよー」

おばちゃんB「しばらく来ないうちにずいぶんかわったわねー」

おばちゃんC「不便だわー」





おばちゃんX「あら、電車遅れそうじゃない?」

おばちゃんY「ちょっとぐらい待たせればいいのよ」

おばちゃんZ「それもそうねー」


あずさ「あ、あの、ちょ、ちょっと……プ、プロデューサーさ~ん!!」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:00:28.44 ID:gvrX12KD0

千早「……あ、あずささんがおばさんの波に飲まれて……」

P「……追わなくては……」

爺さん「な、何じゃ今のは……」

千早「おじいさんがおばさんに撥ね飛ばされていますね……」

P「……爺サン……立てるかい……?」

爺さん「おお、これは親切に……」

爺さん「まったくけしからんな!!」

爺さん「お前さん方、どうもありがとう」

P「……いいってことよ……」

千早「プロデューサー、早く追わなくては」

P「……応」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:02:02.73 ID:gvrX12KD0

千早「プロデューサー、あずささんから連絡が。~線に乗ってしまったので
  ○○駅で降りるそうです」

P「……現場に近づいてはいるな……」


―○○駅―

千早「あずささんは……?」

P「いないな……」

千早「ひょっとして駅から出てしまったのでは?」

P「……探そう」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:04:20.69 ID:gvrX12KD0

千早「いませんね……道行く人に聞いてみましょうか?」

P「……ん……あ、あれは!!」

千早「プ、プロデューサー?」

P「あの……スンマセン……この辺で三浦あずさサンを見かけませんでしたか?」

??「え?……キャー!!!!!」

黒服A「ど、どうしました?麗華様!」

黒服B「む、この男に絡まれたのですね?貴様ァ……!」

P「……え……?」

黒服A「成敗してくれるわー!!」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:05:40.25 ID:gvrX12KD0

P「……」←こんなに怖がられてしまうなんて、やはり今日は厄日だと思っている



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:06:59.99 ID:SB1sr07f0

今日は厄日だわ!



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:07:44.64 ID:gvrX12KD0

ドカッ

黒服A「ぐあああああっ!!!」

真「プロデューサー、大丈夫ですか?」

千早「ま、真?!」

真「この黒い服の連中に襲われてるんですね?助太刀しますよ」

真「せいっ!!!」

ドカッ

黒服A「ぎゃあああ!!!」

P「……いや……そういうわけでは……」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:10:12.70 ID:gvrX12KD0

黒服B「こ、このガキ!!!」

千早「真!危ない!」

真「え?」

P「…………おい」

黒服B「……は……?」

P「手前、今ウチのアイドルを殴ろうとしやがったな?」

黒服B「あ、いてててててててて!お、折れる!!」

麗華「おお、流れるように腕を極めた……
   じゃなくて、止めて!はい、止め止め!!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:12:04.80 ID:gvrX12KD0

黒服A「れ、麗華さん……」

麗華「いきなり叫んだのは私が悪かったからさ、離してやって」

P「……」スッ

黒服B「……おおっ……ハァハァ……」

真「あれ……?襲われてたんじゃないんですか?
  ご、ごめんなさい、思いっきり蹴っちゃって!!」

黒服A「あ、ああ」(いてて……)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:14:55.58 ID:gvrX12KD0

P「……」

麗華「で、何?」

P「この辺で……三浦…あずさサンを見ませんでしたか……?」

麗華「三浦……あー、あのおっぱい大きい人?
  あれはおっきいよなあ……」

千早「くっ……」

麗華「くっ……」

真「?」

P「……」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:16:54.44 ID:gvrX12KD0

麗華「あー、おっぱいの話ね……見たよ?」

千早「ど、どこで?」

麗華「ついさっき、すぐそこで。あっちに歩いて行ったけど
  ぶつぶつ言いながら」

千早「あ、ありがとう!」

麗華「いえいえ」

P「よし……行くか……」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:17:59.87 ID:gvrX12KD0

真「?今あずささんを探してるんですか?ボクも手伝いましょうか?」

P「……レッスン優先……」

真「はーい。それじゃあ、頑張ってくださいね!」

P「……ああ……」

千早「それじゃあ、行きましょうか」

P「そうだ……」

P「……魔王エンジェル……応援してますよ……」

麗華「765もね」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:22:02.25 ID:gvrX12KD0

― 一方 あずさ―

あずさ(また迷ってしまったわ……ずっとプロデューサーさんや律子さんに迷惑かけて……)

あずさ(今回のドラマ、頑張ったのに……結局役を掴めていないし……)

あずさ(私、みんなの足を引っ張ってばかりね……)

あずさ「やっぱり、向いてないのかしら……」

P「……そんなことは……ない」

あずさ「ひゃっ!!」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:24:21.00 ID:gvrX12KD0

あずさ「プ、プロデューサーさん……」

千早「ようやく見つけましたね、プロデューサー」

P「……ああ……」

あずさ「あっ……千早ちゃん」

千早「向いてないなんて……そんなことは無いと思います
  あずささんの努力と、それに見合った実力は誰しもが認めるところかと……」

あずさ「でも、こんな風に迷惑ばっかりかけて……」

P「……そこを補うのが、我々の役目ですよ……」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:26:08.87 ID:gvrX12KD0

千早「欠点は……私にだってあります……冷たいとか……表情が固いとか……」

あずさ「……千早ちゃん……千早ちゃん、冷たくはないわよ」

千早「そ、そうでしょうか?」

あずさ「少なくとも、プロデューサーさんに出会って以降はね」

千早「なっ……!!!」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:28:15.29 ID:gvrX12KD0

??「かっかー」

P「……むっ!」

千早「今のは……」

はるかさん(大)「はるかっか!!!」(舐めまわしがいのある人をようやく見つけました)

P「……デカくなっているっ……!!」

千早「……これは……噛みつかれたら死ぬのでは……?」

あずさ「あらあら~」

はるかさん(大)「ヴぁい!!!!」(思う存分もちゃもちゃします)



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:30:26.80 ID:gvrX12KD0

P「……名残惜しいが、仕方がない。三浦サン、失礼」

あずさ「きゃっ!」

あずさ(嫁入り前なのに、お姫様抱っこなんて……)

あずさ「うふふ」

千早「?」

P「さ、千早サン、逃げるぞ」

千早「はいっ!!!」

はるかさん(大)「かっかー」(鬼ごっこは楽しいです)



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:31:36.45 ID:gvrX12KD0

P「……」←ああ飼いたい、実に飼いたいと思っている



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:33:45.16 ID:gvrX12KD0

はるかさん「かっかー!!!」

千早「は、速い!!」

P「……追いつかれる……仕方がない。どこかの建物に避難しよう」

千早「は、はい」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:35:36.00 ID:gvrX12KD0

―どこかの建物―

P「……逃げ切ったか……?」

あずさ「は、はい~」

千早「……プロデューサー、もう降ろしてもいいのでは?」

P「む……」

あずさ「あっ、ご、ごめんなさい!降ります降ります」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:36:53.67 ID:gvrX12KD0

怖い人A「テメエ等、なんじゃい?!!!」

怖い人B「出入りかコラァ!!!」

P「……」

怖い人C「この野郎……ただモンじゃねエな……」ゴクリ


P「……」←あ、怖い人がいっぱいだ、と思っている



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:38:18.12 ID:gvrX12KD0

あずさ「……」

千早「一難去ってまた一難……どうして今日に限って……」

あずさ「あっ……、そういえば今日はプロデューサーさん……」

千早「プロデューサーがどうかしたんですか?」

あずさ「……そうか……千早ちゃんなら……」

あずさ「千早ちゃん、今日はなるべくプロデューサーさんの傍にいてあげて」

千早「え?」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:40:52.38 ID:gvrX12KD0

怖い人A「何とか言えやコラァ!!!」

P「……」スッ

怖い人B「うっ……!」

P「……勝手に入ってきたのは済まなかった」

P「偉い人はいるかい……?詫びを入れさせてくれ……」

偉い人「おう、俺だ」

P「……済まなかったな、出入りってワケじゃねえんだ」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:42:06.67 ID:gvrX12KD0

偉い人「ふ、そういうことなら……」ツルッ


どんがらがっしゃーん!!!


千早「な、何も無い所で転んだわ……!」

あずさ「どこかで見たような光景ね~」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:43:56.71 ID:gvrX12KD0

偉い人「て、テメエ……!!!」

P「……大丈夫か?」

偉い人「チッ……この野郎」ツルッ


どんがらがっしゃーん!!!!


千早「ま、また……」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:46:01.53 ID:gvrX12KD0

怖い人C「こ、この野郎……何かしやがったな……」

怖い人A「油断させておいて、卑劣な奴……!!」

P「……おいおい……」

偉い人「そういうことなら……ちょっと痛い目見てもらうぜ……」

偉い人「覚悟しなよ……」

偉い人「そうだな……今日はゴルフクラブで勘弁してやろう……」

あずさ「プ、プロデューサーさん……」

P「三浦サン、千早サン……俺の後ろに下がっていてくれ……」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:47:38.11 ID:gvrX12KD0

千早「ちょ、ちょっと!止めてください!!」

偉い人「そういうワケにはいかねえんだよ!!」

偉い人「オラァ!!!」ツルッ


どんがらがっしゃーん!!!!!

ぼかっ!!!

偉い人「ほげっ!!!」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:49:12.80 ID:gvrX12KD0

千早「器用に転んだあとゴルフクラブが頭を直撃……」

怖い人B「あ、アニキ!!」

怖い人C「しっかりしてくだせえ!!!」

怖い人A「畜生……!もう生かしちゃおけねえ……」

P「……時間が無えンだ……いっぺんにかかって来てくれ」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:51:31.51 ID:gvrX12KD0

どかーん!!!


偉い人「な、何だ!?今の音は?」

??「かっかー」

あずさ「はるかさん?」

怖い人A「何だい……こりゃ……?」

はるかさん(大)「はーるかっかー!!!」(まとめて舐めまわします)

怖い人C「ひいっ!!!!食われる!!!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:52:55.33 ID:gvrX12KD0

怖い人B「あ、あれ……?」

P「……」ぐぐぐぐぐ

千早「す、すごい……はるかさん(大)を素手で止めるなんて!!」

偉い人「お、おめえ、俺達まで助けてくれるのかよ……」

怖い人A「何て器がデカい人だ……」

P「……」←早くどっかに逃げてくれと思っている



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:54:54.94 ID:gvrX12KD0

あずさ「あ、あの~、早くどいてあげたほうが……」

偉い人「そ、そうだな……」

はるかさん(特大)「はるかっか!!」(人がたくさんいます)

はるかさんたち「「「はるかっか!!」」」(たくさん舐めまわします)

怖い人B「あ、新手が来た!!」

怖い人C「今度こそ終わりだー!!」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:56:08.98 ID:gvrX12KD0

千早(律子、力を貸して!!)

千早「こらー!!!!!」

はるかさんズ「「!!」」

千早「整列!!!!!」

はるかさんズ「」ササッ

千早「戻りなさい!!!!!」

はるかさん(普通)「かっかー……」

偉い人「おお……」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 00:58:31.72 ID:gvrX12KD0

爺さん「かえったぞーって、おいおい、何だこりゃ?」

偉い人「か、会長!!」

会長「おや、お前さん方……」

千早「あ、さっきの撥ね飛ばされていたおじいさん……」

あずさ「?」

P「……どうも……」

雪歩父「おや、兄さんじゃねえか。どうしてこんなところに」

P「……ご無沙汰してます……」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:01:41.09 ID:gvrX12KD0

―超高級車内―

偉い人「いやー、今日は勘違いしてしまって失礼しました」

P「いや……いいってことよ」

千早「まさか、建設会社だったなんて……」

P「……親父さんと関係があったとは……」

偉い人「ははは、ガラが悪いって怒られるんですがね」

あずさ「送っていただいて、どうもありがとうございます~」

怖い人A「いえいえ、とんでもないっす!」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:03:09.03 ID:gvrX12KD0

あずさ「何とか、間に合いそうですね」

千早「ええ……」

あずさ「……今日の千早ちゃんを見ていて、何だか役柄が掴めてきた気がするわ」

千早「……ええ?!そ、そんなこと……」

あずさ「ふふっ、期待していてね」

P「……」ウンウン



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:04:46.98 ID:gvrX12KD0

P「ところで……」

偉い人「はい?」

P「アンタ、生年月日と血液型は?」

偉い人「はあ……?昭和○○年×月△日で□型ですけど?」

P「へえ……」

偉い人「な、何ですか?」

P「見た目より若い…と思ってな……」

P「……あ、今日は絶対車運転するなよ……」

偉い人「?」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:08:02.19 ID:gvrX12KD0

―現場―


あずさ『……話しかけないで下さい』


千早「何とか、間に合いましたね」

P「……ああ……」

千早「私まで見学しちゃって、良かったんですか?」

P「……大丈夫」

千早「ふふっ……」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:10:04.87 ID:gvrX12KD0

あずさ『話すことはありません。お引き取りを!!』


千早「……あずささん、普段とは全く違う役ですね」

P「苦労していたよ……でも、乗り越えたようだ……」


あずさ『なっ……か、かわいいなんて……からかわないで下さい!!』


千早(でも……)

千早(これのどこが私なのかしら?)



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:11:53.78 ID:gvrX12KD0

―収録後―

あずさ「今日は本当にありがとうございました」

P「……無事、済んで良かった……」

P「……演技も、素晴らしかったですよ」

あずさ「ありがとうございます」

あずさ「……それじゃあ、私、スタッフの皆さんに挨拶してきますね」

P「……」

千早「それじゃあ、帰り支度しましょうか」

P「……ああ……」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:13:41.12 ID:gvrX12KD0

千早「今日は行きは送られてしまいましたからね……」

あずさ「本当に助かりましたね~」

P「……疲れたからタクシーで帰ろう……」

千早「はい……」

P「……む、ちょうど来たか……」

P「……お……」

通行人「お、おい、あのトラック危ないぞ!!!」


キキー!!!ドカッ!!!!



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:15:29.03 ID:gvrX12KD0

その時、私の目には、トラックに撥ねられた

プロデューサーの大きな体が、木の葉のように舞って

アスファルトに叩きつけられる光景が、スローモーションのように

映っていました……


千早「プロデューサー……?」

あずさ「ち、千早ちゃん!救急車!!」

千早「嘘……」

千早「いやああああああああああああ!!!」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:21:19.40 ID:gvrX12KD0

―病院―

千早「……」

千早「……」

P「…………」

千早「プ、プロデューサー……!?」

P「……お早う……千早サン……」

千早「プロデューサー……、私、プロデューサーが死んでしまうんじゃないかと」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:22:47.06 ID:gvrX12KD0

千早「どうしたらいいか……わからなくて……」

千早「プロデューサー……ううっ……」

P「……」

千早「もう、目を覚まさないんじゃないかって……」

P「……おいで……」

千早「プロデューサー……!!」

P「……私は、千早サンを置いていったりはしない……」

P「……絶対に……」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:24:43.38 ID:gvrX12KD0

あずさ「プロデューサーさん……目を覚ましたんですね?」

あずさ「……」  

あずさ「……し、失礼しました……」

千早「…………はっ!!すすすすいませんプロデューサー!!」

P「……い、いや……」

小鳥「あ、プロデューサーさん起きたんですか?みんなも来てますよ?」

真「律子ー、中に入れてよ」亜美「そうだよー」春香「具合はどうですかー?」

律子「だーめ、あんた達、絶対うるさくするんだから!」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:27:13.39 ID:gvrX12KD0

P「……」ニヤリ

P「……みんな、入りなさい……」

千早「だ、駄目ですよ、目を覚ましたばかりなんですから!」

真美「入っていいってー!!」

亜美「それじゃあ入ろう入ろう!!」

真「もー、騒いじゃ駄目って言ってるじゃないか」

小鳥「す、すいません、何だか……」

千早「結局こうなるんですね……」

P「……」ニヤリ

千早「ふふっ……」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:28:53.67 ID:gvrX12KD0

番外編1


社長「ほ、本当なんですか?」

医者「ええ、私も驚きました」

社長「トラックに轢かれたんですよ?」

医者「はい、頭部に裂傷、あと左の手のひらに擦り傷……というようにお怪我されてますね」

医者「脳に関しては……念入りに画像診断もしましたが……特に問題はありませんね」

医者「まあ、大事を取って今日は泊まってもらって、
  何事も無ければ明日退院です」

社長「……」

医者「こういうこともあるんですねー」

社長(今回ばかりは、君には驚いたよ)



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:29:59.58 ID:gvrX12KD0

番外編2

―765プロ ライブ―

偉い人「テメエ等、準備はいいか!!」

怖い?人達「はい!!!」

偉い人「今日は千早姐さんとあずさ姐さんの晴れ舞台だ!!抜かるなよ!!」

怖い人A「チケットはばっちりです!!」

怖い人B「サイリウムもばっちり!!」

怖い人C「おそろいのハッピもばっちりです!!」

偉い人「じゃあ、お前ら、コールの確認すんぞ!」

怖い?人D~Z「応!!!」

偉い人「命の限り応援だ!!蒼い鳥や隣に…で疲れて休むアホはしばくぞ!!」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:30:36.87 ID:gvrX12KD0

番外編3

―765プロ 事務所前―

「かっかー!!」

「くっ?」

「あらー」

「やー?」

「ぽえー……」

「しじょ」『765ぷろ』

「はーるかっかー!!!」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:32:47.72 ID:gvrX12KD0

番外編4

―ちょっと前のこと―

あずさ「余計なことはしないで~」

律子「うーん……キャリアウーマン……という感じではないですね」

あずさ「余計なことはしないで!!」

律子「うーん、今度は無暗に冷たくなり過ぎな気がします」

あずさ「……むずかしいわ……
   律子さんなら、こう、出来る女って雰囲気の参考になると思ったんですけど」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:33:42.81 ID:gvrX12KD0

番外編4の続き

律子「今回の役柄は私みたいな感じとは少し違いますからね……」

律子「普段は冷たい感じだけど、折に触れて優しくてかわいい表情を見せる……」

律子「伊織……ともちょっと違うし……」

律子「あっ、そうだ、千早、観察してみたらどうです?」

あずさ「千早ちゃん?」

律子「はい、今の千早なら……きっと……」

P「……」←熱が入っている様子なので入りにくい

P「……その……差し入れを……」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:35:50.36 ID:gvrX12KD0

―後日談―

P「ほう……」

千早「どうしたんですか?雑誌を熱心に読んで」

P「いや……
 千早サン、ありがとう……」

千早「な、何ですか、いきなり……!?」

P「……飯でもおごろう……」

P「……そうだ、欲しいモノはあるかい……?」

千早「た、誕生日プレゼント……ですか?」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:36:58.18 ID:gvrX12KD0

千早「そ、それなら……あの……」

P「……何でも言ってくれ」

千早「そ、それなら……指輪を……ゴニュゴニョ」

P「……」

千早(聞こえなかったのかしら……?)

P「期待していてくれ」ニヤリ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:39:21.83 ID:gvrX12KD0

マダムあずさ
『あらあら~、これは酷いですね~
 10年に1度の最悪な運勢!といってもいいと思いますよ~
 最悪の事態を避けるために、おうちで大人しくしていましょうね~


 そうは言っても、外に出ないなんてできないよ~とお嘆きの皆さん
 ラッキーカラーとラッキーワードを特別に教えますね!!
 これらに関係するモノ、場所、人を見つけて
 その傍にいてくださいね~

  ラッキーカラー:深い青、藍、蒼
  ラッキーワード:鳥』

終わり



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:41:15.57 ID:xYT2V6lL0

>>99
上手い〆だな、乙!



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:42:19.64 ID:gvrX12KD0

読んで下さった皆さん、ありがとうございました



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/18(月) 01:53:38.72 ID:P0KJmqYi0


また書いてくれ



転載元
あずさ「顔が怖いプロデューサーのとても長い日」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361110781/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (30)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 04:28
          • この人か!
            やはりほのぼのする!

            またトラックに引かれても死なないPか!

            千早のお陰か!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 04:58
          • この人のSS大好き、ただPの心情描写は1レスを消費して書く方式の方が好みだな。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:08
          • このシリーズ好きだから続きが読めて嬉しい
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:18
          • 忘れたころに続きが来たな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:18
          • 鳥なら別に事務員さんでもよかったんじゃないかな!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:19
          • 久しぶりだなコワモテP。
            また書いてくれ。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:35
          • おお、エンジェル伝説なPさん久しぶりだなw
            また続き楽しみにしとります
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:47
          • ブラボー!!おおブラボー!!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 08:50
          • 強面なP久しぶりだわ、読めて嬉しいよ!
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 09:10
          • 千早の正妻っぷりが素晴らしいと思いました(小並感)
            このPなら最終的に某動画の成実みたいなぷちマスターになれる(確信)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 09:14
          • 3 話自体は面白いし好きなんだが、アニマスとかもそうだけどなんで真を好戦的なキャラにするかなぁ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 09:19
          • なんでTDN建設会社の社員が「出入り」とか普通に使ってるんですかねえ・・・
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 10:18
          • 久々過ぎてキャラ崩壊してるわ
            時事ネタうまく絡めたつもりで破たんしてるわでてぃんてぃん萎えた
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 11:53
          • あのさぁ……(憤怒)
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 12:39
          • ババアはなんで改札出たところで立ち止まったり、電車とホームで会話したりするんだろうな
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 12:44
          • 1 真うっざ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 13:53
          • ※10
            成実だと正妻は千早じゃなくて律っちゃんになるけどな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 13:58
          • ※12
            出入り(の業者)かコラァ!ってことなんちゃう?(すっとぼけ)
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 14:16
          • このPなんか可愛いww
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 15:07
          • ぷちは必要だったのだろうか
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 16:46
          • 顔が長いプロデューサーの怖い1日
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 22:40
          • このシリーズ大好きだから久々に見れて嬉しいけど、ぷちはいらなかったと思う
            今ぷちますやってるからそれに合わせたんだろうが、何か無理矢理出した感じだし‥
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 22:49
          • そういや ぷちますやってるわりには、ぷちメインのSS意外と増えないね。やっぱ書くのがムズすぎか?
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 23:21
          • 何が疑問なのかわからんけど、893が建築会社してるとか別に普通なんですがねぇ……
            まあ最近はあんまりないらしいけど

            このPは相変わらず癒し系だな
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 23:38
          • このP好きだから新作よめて嬉しいわ。
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 23:56
          • 4 前作、前々作と比較するとどうしても見劣りするというか……
            ぷち要素はいらんかったなぁ
            完全に方向性を見失ってる感じがする
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月14日 21:11
          • 3 真のキャラが・・・
            それ以外は好き
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月07日 15:46
          • 見た目に反してかわいいPさんだなぁ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年05月19日 07:52
          • これもう続き無いのかな?
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月26日 12:25
          • Pかわええなwwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 俺「ムラムラする…>>4(リスカ)しないと」妹「!?」
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ