TOP

モバP「担当アイドルが怖いです」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:21:51.67 ID:EvX0R0AP0

P(どうも、プロデューサーです。今、ユニットを担当しています)

P(全員非常に実力が高く、苦労はしていないです。でも……)


のあ「………」

雪美「………」

蘭子「ク、ククク……」


P(アイドル達が怖いです)


高峯のあ(24)

i0856612-1361070534

佐城雪美(10)

i0856614-1361070534

神崎蘭子(14)

i0856616-1361070534



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:27:02.56 ID:EvX0R0AP0

P「あ、あの」

のあ「………どうしたの?」

雪美「……何……?」

蘭子「ククク、如何した?」

P「次の撮影があるので移動を……しようと思うんですけれど……」

のあ「そう………移ろう場所は、まるで心のようね……」

雪美「………わかった……」

蘭子「フッ……よかろう。この私を導いてみせるがいい」

P「……は、はい」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:33:33.38 ID:EvX0R0AP0

のあ「………」

P「ど、どうしたんですか?」

のあ「……場所は移ろう。心もそうでしょうね……でも、変わらないものもあるかもしれない」

P「は、はぁ」

のあ「…………確かなものなど、ないかもしれないけれど。あなたはそれを感じさせるわ」

P「……えっと、ありがとうございます……?」

雪美「…………」

P「ど、どうしたのかな?」

雪美「………大丈夫……変わらない………ずっと……」

P「う、うん……そっかぁ、そうだね……?」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:37:55.95 ID:EvX0R0AP0

蘭子「ククク……」

P「神崎さんも、いきましょう……ね?」

蘭子「フフ、いいだろう。導き手よ、我が手を取りたまえ!」

P「手をって……そういわれても……こうですか?」スッ

蘭子「お、愚か者めっ! ほ、ほんとに……もうっ」

P「え、あ……ちょっと」

のあ「…………」

雪美「…………」

P「あの、2人とも……?」

のあ「………伝わる熱は、本当に体のものだけなのかしら」

雪美「………繋がる………1人じゃない……」

P「な、なんで両手を……?」

のあ「…………いきましょう」

雪美「……うん………」


P(わ、わからない……よくわからない次元で会話してて怖い……)



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 12:49:47.73 ID:EvX0R0AP0

P(でも本当に、3人とも実力も人気も高いんだよなぁ……持ってきた仕事は完璧にこなしてくれるし……)


蘭子『フフ……導き手の求めるものが即ち私たちの目指すものとなるのよ……』

のあ『私の空白は………貴方が埋める……貴方に足りぬ力は………私が授ける……私たちの関係はそういうもの………覚えておいて』

雪美『…………魂……繋がってる………知ってる……信じてる……』


P(………決意表明の時はこんな感じのことを言われた気がする。わからないです、怖いです)


雪美「………どうしたの………?」

P「あ、いや。少し考え事を……」

のあ「……あなたの悩みは私の悩み………そうでしょう?」

P「そ、そうなんですか……?」

雪美「…………そう……」

P「そうなんですか……」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:09:57.26 ID:EvX0R0AP0

P「えっと……些細な悩みなので特に問題は……」

のあ「……それを決めるのはあなたではない。他者の視点でこそ見える真実もある」

P「は?」

雪美「………教えて……」

P「ま、まぁ悩みって言っても……その……」

蘭子「……永劫たる空虚……」

P「あ、神崎さん。すみません待たせちゃいましたよ……ね……?」

雪美「…………ダメ……」

P「あ、あの……?」

のあ「消えないものは……絆で十分。そうでしょう?」

蘭子「……?」

P「え、えっと……ちょっと悩み相談をしててですね……」

蘭子「……導きたる光よ! 我が元へと捧げるがいい!」

P「……?」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:17:32.22 ID:EvX0R0AP0

雪美「………相談……して……?」

P「……あ、相談しろって言ってくれてるんです……か」

蘭子「如何にも。ククッ……児戯にも等しい」

のあ「…………言いなさい。さぁ……」

P(……流石にあなたたちが怖いです。なんていうのも……だけど……)

蘭子「さぁ……」

雪美「……………」ジー

のあ「……語らなければ伝わらないものもあるわ」

P(ごまかせる雰囲気でもない……どうしよう……)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:33:43.12 ID:EvX0R0AP0

P「え、えーっと……」

雪美「…………」

P「その、みなさんときちんとしたコミュニケーションがとれてないなぁ、と思ってですね……」

のあ「…………」

P「もっと仲良くなれるようになりたいなぁ、なんて……はは……」

蘭子「……禁断の園へと踏み込むか……!」

P「は、はい?」

雪美「………わかった……」

P「………うん……?」

のあ「そうね……いいわ」

P「……?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 13:47:22.39 ID:EvX0R0AP0

――――

――

P(どうも、プロデューサーです)

P(本日はオフです。オフなんですけど……)


雪美「………遊園地……」

蘭子「あぁ、魂の調べが高鳴る!」

のあ「………どうしたの?」


P(なぜか担当アイドルと一緒に遊園地に来てます)



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:06:07.13 ID:EvX0R0AP0

P「……なんで?」

のあ「あなたが望んだことよ」

P「そうでしたっけ……」

雪美「………メリーゴーランド……」

蘭子「ククク……」

P「……そうでしたっけ?」

のあ「お互いを深く知ることはこれから先も生きるでしょう?」

P「そうですけれど……」

雪美「………いこう……」

蘭子「フハハハ! 白馬すら黒く染めてくれよう!」

P「あっ、こら2人とも!」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:13:37.19 ID:EvX0R0AP0

P「……流石に、いい年した男がメリーゴーランドに乗るのはちょっと……」

蘭子「むぅ……それでも王たる器か!」

雪美「………王子様……?」

P「ははは……ほら、こっちで見てますから。ね?」

蘭子「……仕方なし。往くぞ、寡黙たる幻想者よ!」

雪美「………うん……」


P「……はは、結構子供らしいところもあるんだなぁ」

のあ「そうね」

P「うわぁっ!?」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:20:39.39 ID:EvX0R0AP0

P「あ、あの……?」

のあ「………あなたが、私たちを知ることを望むように。私もあなたのことを知りたいと思う」

P「はい?」

のあ「……あの2人は、いい子よ。雪美も蘭子も照れているだけ」

P「……照れてるだけで、あんな……」

のあ「それも若さでしょう……フッ、らしくないわ。私がこんなに他人を気に掛けるなんてね」

P「……そうなんですか?」

のあ「………でも、起こりうることしか起こらない。この世には必然しか存在しないでしょう」

P「はい?」

のあ「つまりは、そういうこと………あとは考えなさい」

P「………わかり、ました……」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:28:53.41 ID:EvX0R0AP0

雪美「…………」フリフリ

蘭子「フハハハ、さぁ、我が姿を焼き付けよ!」


P(……あの2人、楽しそうだな……そうだよな、まだあの2人は子供なんだし……)

P「……って高峯さんは……あれ? いない?」

P「探しに……ってあの2人をほうっておくわけには……」

P「……すぐに戻ってくる、かな……?」


雪美「………たのしい……」

蘭子「中々の余興だったわ」

P「うん、おかえりなさい……楽しかった?」

雪美「………次は……あなたも……」

蘭子「さぁ、ともに舞おう。宴よ……!」

P「へ? ちょ、ちょっと高峯さんがまだ……」

のあ「私が、何?」

P「ひゃぁっ!?」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:33:30.52 ID:EvX0R0AP0

のあ「………滑稽ね。それほどまでに驚くこと?」

P「い、いつ戻ってきたんですか……?」

のあ「2人とも、ドリンクよ……少し買ってきただけ。これもまた私……」

P「は、はぁ……」

雪美「………ありがとう……」

蘭子「フフッ、恩に着るぞ……」

P「って、言ってくれれば俺が買ってきたのに。1人でいかなくてもよかったんじゃないですか?」

のあ「……そうね。でも、1人でできることは1人で……それでいい。あなたが必要なのはそこじゃない」

P「は、はぁ……」

のあ「次は……あれね……」

雪美「………じぇっと……こーすたー……?」

蘭子「……ふ、ははは……たやすいことよ……」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:41:43.89 ID:EvX0R0AP0

P「でも身長制限は……130センチか」

雪美「………乗れる……」

蘭子「……た、たやすい……」

P(……神崎さん、さっきから顔がひきつってるけど……大丈夫かな……?)

のあ「………雪美。乗るのなら、隣にしなさい……傍なら、届くでしょう」

雪美「………うん……」

P「え? ちょっと、高峯さんは……」

のあ「蘭子と話があるわ。2人でいきなさい」

蘭子「ぇ? あっ……フッ、致し方なし。導かれよう、聖邪の魔眼の持ち主よ!」

のあ「…………」

蘭子「……う、はい……」

P「わ、わかりました。それじゃあいきましょうか……・」

雪美「………うん……」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:48:34.30 ID:EvX0R0AP0

P(……ジェットコースターなんていつぶりかな……)

雪美「………手……」

P「え? あぁ、はい」

雪美「………あたたかい……繋がり……」

P「……」

雪美「……障害………超えられる……きっと……」

   ぎゅっ…

P「……怖いなら、やめておいたほうがいいんじゃないかな……?」

雪美「………平気……一緒だから………」

P(……ひょっとして、この子は……ただ、口下手なだけだったんじゃないか……?)



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 14:56:02.85 ID:EvX0R0AP0

P「……佐城さん」

雪美「…………違う……呼ぶなら………名前……」

P「雪美さん?」

雪美「………呼び捨て。名前は……つながり……のあが言ってた……」

P「……じゃあ、雪美。大丈夫?」

雪美「…………怖くない……いっしょ……」

P「そっか。うん……そろそろ動くよ」

雪美「……うん………」


P(はは、そうか……だってまだ10歳だもんな。なんで怖がっちゃって……)

  ガタン  ガタン   ガタン   ガタン     ガタン

P「……あ、よく考えたら絶叫マシンにがてぇぇええええああああああああっ!」

雪美「……きゃぁー……………」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:01:13.29 ID:EvX0R0AP0

P「………」

雪美「……楽しかった……」キラキラ

P「よ、よかったです……」

雪美「………もういっかい……」

P「え? そ、それはその……」

のあ「………無数の中から1つを選ぶ。それだけに夢中になるのも悪くないわ」

P「あ、高峯さん」

のあ「でも、それだけじゃ……退屈でしょう?」

雪美「………そう……」

のあ「……いい子ね」

P「……え、えーっと……?」

蘭子「次に向かうは納涼たる暗黒の館! さぁ、蹴散らそうぞ!」

P「か、神崎さん……?」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:11:02.06 ID:EvX0R0AP0

P(暗黒の館って……お化け屋敷か……あれ?)

蘭子「フハハハ、交霊の術もまた我が手中よ……」

P「あの、震えてますけど」

蘭子「これは、魔のモノへと対抗する結界。ククク、解すことは容易くないか」

P「……そうなんですか……」

蘭子「そうだ。フッ、瞳の持ち主ではないそなたには不可能か?」

P「……えーっと、大丈夫ですよ。怖くないです」

蘭子「ならばよしだ……さぁ、往くぞ!」

雪美「………おばけ……ひゅー、どろどろ………」

P「あぁ、雪美もほら……」

雪美「……うん………」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:21:30.35 ID:EvX0R0AP0

P(お化け屋敷か……結構凝ってるけど……)

   ガタンッ!

蘭子「ひゃぁっ……あ、ふ、ふはは。このていどか、ふ、ふはははー」

雪美「……………」キュッ

P(この2人が結構怖がってるのを見たら、平気だなぁ)


蘭子「フッ……ハハハ、たやすっ」

    ガタガタガタッ

蘭子「はっ、あぅぅぅ………」

雪美「………蘭子…………大丈夫………私がいる………」

蘭子「……お、おぉ……恩に着る……!」

P(……神崎さんも、かわいらしいなぁ……)



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:33:43.18 ID:EvX0R0AP0

P「……ん?」

蘭子「ど、如何したというのだ!」

P「いや、そういえば高峰さんは………」

のあ「ばあ」

蘭子「きゃぁぁっ!?」

雪美「……!」

P「な、何をしてるんですか……びっくりしたぁ……

のあ「………ほんの戯れ。霊がいたとしてもそれは思う人の心の中……私はそう思うわ」

P「は、はい?」

蘭子「……うぅぅ……いじわる……」

P「え?」

蘭子「はっ!? あ……フン、この程度で我が瞳を欺けると思わぬことだな!」

のあ「腰が抜けているでしょう? 手を借りなさい」

蘭子「………はい……」

P「え? た、高峯さんちょっと……!」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:40:33.78 ID:EvX0R0AP0

P「……神崎さん、立てる?」

蘭子「……我が翼は折れ、堕天した……」

P「……えっと……?」

雪美「………立てない……」

P「……そういう意味なのかな?」

蘭子「………い、如何にも」

P「どうしようかな……高峯さん、先にいっちゃったから両側を支えることもできないし……」

雪美「………ひらめいた……」

P「どうしたんだ? 雪美……」

雪美「………めいあん……」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:46:19.28 ID:EvX0R0AP0

P「………」

蘭子「……」

雪美「……おんぶ………」

P「あの、神崎さん? 嫌ならほら、係員の人とか呼ぶから……」

蘭子「よ、よい……我が身を預けるは信ずるに値するもののみよ……」

P「……今のはなんとなくわかった。ありがとう」

蘭子「………」

P「まぁ、ゆっくりいこう。大丈夫そうだったら言ってね」

蘭子「……うむ」

雪美「……おばけ………」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 15:52:13.09 ID:EvX0R0AP0

P「……雪美は大丈夫か?」

雪美「………平気……あなたがいる………」

蘭子「あ……」

P「あ、神崎さん? どうしたの……?」

蘭子「そ、そなたに……我が真名を呼ぶことを………」

P「……しんめ……?」

蘭子「……わ、わたしも、なまえで、いいです……」

P「え?」

蘭子「………」

P「……えっと、蘭子……?」

蘭子「……フフ。それでよいのだ。さぁ進め、下僕よ!」

P「し、しもべってひどいなぁ」

雪美「………すすめ……しもべ……」

P「ゆ、雪美まで!?」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:00:55.92 ID:EvX0R0AP0

   ヒュルルルル……

蘭子「ひゃぁっ!?」


    ザプンッ  ザバーッ!

蘭子「ひぅぅぅ……」


   ドロドロドロドロ……ヌゥッ

蘭子「やぁぁ……も、やだ……グスッ……」


P(さ、さっきから背中の蘭子がどんどん泣きそうに……というか、泣いてないか……!?)

P「あぁ、やっと出口が見えた……!」

蘭子「ほ、ほんと……?」

P「あぁ、ほら……」

蘭子「……グスッ……ふ、ふはは! この程度の道で我が覇道はやまぬ!」

雪美「………楽しかった……」

P「あはは、そうだ――」

のあ「ばぁっ」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:07:58.17 ID:EvX0R0AP0

P「う、わぁっ!?」

のあ「遅かったのね。楽しめたかしら」

P「た、高峯さん……驚かせないでくださいよ……」

のあ「これは待った分。期待というのは、時間と共に膨らむものよ」

P「いや、でも……あ、そうだ蘭子……」

蘭子「……もう、やだぁ……グスッ……」

P「ら、蘭子?」

のあ「…………」

雪美「……よしよし………」

蘭子「うっ……ん……」ポロポロ



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:21:58.45 ID:EvX0R0AP0

のあ「………迂闊ね」

P「ちょっと、高峯さん! 何を――」

のあ「ごめんなさい。距離というものは近いようで、遠いものだったわ」

蘭子「……ふぇ?」

のあ「あなたの涙は私のせいよ。好きにしなさい」

P「え? な、なにしてるんですか」

のあ「ケジメよ……私が泣かせてしまった。ここまでするつもりではなかったのだけれど」

蘭子「……ふ、ふん……この、ていど……なんともないわ……」

のあ「感情を出すときは小出しよりも一気によ……ごめんなさい」

蘭子「……恐れは、わが……ううん」

蘭子「……こわ、かった……です。おこりました……」

のあ「……えぇ、少し世話がすぎたようね……」

蘭子「………でも、このまま……ちょっと、いれば……へいき……かも」

     ギュッ    むにっ

P(……いかん、立ち止まった状態でこんな強くもたれかかられたら……! というか、普通にしゃべって……!?)



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:32:17.64 ID:EvX0R0AP0

蘭子「フハハハ! さぁ、我が魔力は既に満ちた!」

雪美「………ふっかつ……」

のあ「……あなたにも世話をかけたわ。楽しむというのは難しいわね」

P「え? いや、まぁ……おんぶしただけだし、蘭子が嫌がっていないなら別にかまいませんけれど……」

蘭子「さぁ、往くぞ下僕よ!」

P「……いいのかな?」

のあ「望まぬことを強いるのは、容易くない……当然のことよ」

P「は、はい」

蘭子「次なる運命はいずこへ揺蕩う!」

雪美「………あっち……」

P「あ、あぁひっぱらないで! 2人とも落ち着いて……」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:45:09.24 ID:EvX0R0AP0

P「コーヒーカップ……」

雪美「……ぐるぐる………たのしい……」

蘭子「ふ、ははは……」

P「蘭子、大丈夫か?」

のあ「………」

蘭子「……すまぬぅ……」

P「……瞳の持ち主でも目が回るんだなぁ」

雪美「……へーき………」

P「雪美はすごいんだなぁ」

雪美「………ぶい」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 16:52:33.30 ID:EvX0R0AP0

P(蘭子も、雪美も……こっちが勝手に怖がってただけで……いい子だったな)

P(……だけど……)

のあ「…………」

P(高峯さんだけは読めない……気を使ってくれているのはわかるけど、距離が近いようで遠い……)


雪美「………観覧車……」

蘭子「遊覧たる回転塔……フハハ、よかろう! 往くぞ!」

P「あ……2人とも、ちょっといいかな」

雪美「………なに……?」

蘭子「フッ、如何なる出来事も我が前には些事に等しい!」

P「……実は……」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:01:40.45 ID:EvX0R0AP0

のあ「………観覧車ね。回る世界は……まるで縮図のよう。堂々巡り……」

雪美「………」

蘭子「………」

P「さ、乗りましょうか」

のあ「えぇ、じゃあ私は……」

P「……」

   ガチャンッ

のあ「………? あなた、何をしているの……あの子たちは」

P「1週目は2人ずつに分かれよう、って相談をしたんです」

のあ「………どういう意味かしら」

P「高峯さんと、話がしたくて。こうしないと逃げられてしまいそうだったから」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:18:15.80 ID:EvX0R0AP0

のあ「………そう」

P「高峯さん。今日はいろいろと助かりました」

のあ「私は何もしていないわ。ただの偶然……いえ、あなたのための必然よ」

P「いいえ。助けてくれてたことぐらいわかりますよ……神崎さんのフォローについても」

のあ「あの子は……まるで月ね。見せているのは常に同じ面………本質は裏にあるのに」

P「話してみると、結構ふつうな女の子で驚きました」

のあ「………そう」

P「まぁ、その……何を話しているかはだいたいしかわかりませんけど」

のあ「人と人が本当に分かり合う……たやすくはないでしょうね。あなたも、私を知らない」

P「でも、知りたいです。助けてくれた……のあさんのこと」

のあ「………」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:28:10.78 ID:EvX0R0AP0

のあ「……自分を語る術なんて知らないわ」

P「……それでも知りたいです」

のあ「そう……私すら知らない私を、あなたが見つけるというの?」

P「……はい。見つけます。のあさんは、素敵な人だと思うから」

のあ「面白いわ………ふふっ、ならば証明しなさい。私たちの隣に立つにふさわしいのは自分だと」

P「はいっ。これからはもっと、3人それぞれに合った仕事をとってきて見せます」

のあ「そう………なら、待つわ。あなたが照らすその面が美しいと信じて、ね」

P「どんな仕事だってのあさんなら、こなしちゃいそうですけれど……」

のあ「……起こりうることしか、起こらないわ。私ができるのは、私にできることだけよ」

P「……?」

のあ「フッ……いいわ。あなたはそんなところも含めてあなたなんでしょう」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:35:05.56 ID:EvX0R0AP0

P「……」

のあ「……悪くない気分ね。空へ近づくというのは………星に手が届くよう」

P「観覧車は、真上が見えませんけどね……」

のあ「見えるもの……そうね。見えるものだけが真実とは限らないかもしれない」

P「え?」

のあ「…………」

P「あ、あの……近い……」

のあ「……がおっ」

P「わぁっ!?」

のあ「冗談よ………こういう趣向もありでしょう?」

P(……キ、キスされるかと思った)

のあ「……そういう方がお好み?」

P「え?」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:38:42.48 ID:EvX0R0AP0

   ゴウン  ゴウン  ゴウン……

P「あ、もう下につきますよ」

のあ「……」

P「のあさん……?」

のあ「……あなたから、名前を呼んだ……そのご褒美よ」

   チュッ

P「は?」

のあ「……耳。意味は調べなさい」

P「……え、いや、えっと……」

のあ「……次は4人ね。それもまた、悪くない……」

P「の、のあさんちょっと!?」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:46:26.67 ID:EvX0R0AP0

P(結局、そのあとはのあさんが目を合わせてくれなくなって……)

P(……遊園地、楽しかったな。久しぶりだったけど……3人とも、仲良くなれたし……)


雪美「………」

P「あ、どうしたの?」

雪美「…………ずるい……」

P「え?」

蘭子「わ、我が瞳を誤魔化すことはできぬ!」

P「な、なんのこと……?」

雪美「……ちゅー……」

P「な……い、いやあれは……」

のあ「…………」

P「の、のあさん!」

のあ「………導くのなら、すべての上に立つ器も必要ね」

P「は、はいっ?」

蘭子「おのれ……! 時の流れがこうも残酷とはな……!」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 17:53:25.55 ID:EvX0R0AP0

P「ら、蘭子……?」

蘭子「我が仮のヨリシロがこのような呪縛になろうとは……ぐぅぅ……」

雪美「………ちゅー」

  チュッ

P「ちょ、ちょっと雪美! やめなさい!」

雪美「………ぶい」

P「ぶいじゃなくて……」

蘭子「……むぅ……」

P「のあさんも何か言ってください、ね?」

のあ「………あなたにはあるかしら……? 清濁併せのむだけの、器が」

P「うつわって……」

のあ「ふふっ、今日は帰りましょう」

蘭子「………いいもんっ」

のあ「……瞳を名乗るなら、もっと思慮深くなるべきね」

蘭子「……あぅぅ」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:00:52.73 ID:EvX0R0AP0

P(拝啓、父上様。私は元気です)

P(担当アイドルが怖いと相談をしましたね。今ではすっかり仲良くなりました)

P(彼女たちに合う仕事を、話し合って決めて。プロデュース業はとても楽しいです。ですが――)





i0856617-1361070534

蘭子「フハハハ! さぁ、今こそ契約の時!」

P「け、契約ってどうやるのかな?」

蘭子「……せ、接触により互いのアルマの波動を同調させ……」

P「同調って……手を握るとかでいいのかな」

蘭子「……えへへ」

P「あ、あはは……」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:01:30.66 ID:QqSH5HaR0

(カワイイ)



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:02:58.99 ID:EvX0R0AP0

i0856615-1361070534

P「………えっと、雪美?」

雪美「………?」

P「なんで、膝の上に座るのかな……?」

雪美「………気持ちいい……から……?」

P「そっかぁ……うん、もう少しあとでやってあげるから……」

雪美「…………座るの、気持ちいい………あなたも……する……?」

P「え?」

雪美「………かむひあー……」ポンポン

P「……」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:09:55.19 ID:EvX0R0AP0

i0856613-1361070534

P「……その、のあさん。確かに仕事は持ってきましたけれど、私服にすることは……」

のあ「……………にゃん」

P「にゃ、にゃん?」

のあ「……服は外観を印象付け………私を社会の一部として位置づける」

P「は、はぁ……」

のあ「つまり、望む姿になれば望む心へと周りが変えるものよ」

P「そ、そうなんですか……」

のあ「………感じなさい。私の熱を」

P「ちょっ、だから近いですってば!」



P(拝啓、母上様)

P(アイドルたちは可愛いですが、可愛いが故につらいです)

P(……耐えられる子に産んでくださってありがとうございます。それでも――)

P(担当アイドルたちのアピールが怖いです)



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:12:35.91 ID:EvX0R0AP0

おわり

のあさん結構デレデレで可愛い人
そしてそんなのあさんがリミテッドガチャで入手可能です!
今なら10回に限定アイドル確定チケット1回、スタミナドリンク13個付きで3000モバコイン!

保守支援ありがとうございました



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:16:11.21 ID:NJc0TBbF0

なんという販促SSスレ…
これは回さざるをえない



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:13:39.70 ID:hQHytuFD0

おっつし☆
よーしちょっと回してくる!



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/17(日) 18:21:57.44 ID:lvys/Duf0

乙ー



転載元
モバP「担当アイドルが怖いです」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361071311/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 19:45
          • これは心が折れても仕方無いかもしれん
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 19:51
          • 仲良くなったら凄い楽しそうなメンツだけどな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 19:57
          • しょーがないにゃあ(ガチャガチャ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:02
          • 蘭子はともかくのあさんはガチだからな
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:13
          • 5 コミュ力の足りないPだなぁ。
            三人共普通の事しか言ってないじゃあないか。

            さあ今宵再び、偉人達との別れの刻ぞ!(ガチャガチャ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:16
          • のあさん可愛いからモバマス始めてみたいわ〜
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:16
          • なんだ、ただのちひろのステマじゃないか(ガチャガチャ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:18
          • でもこのP気弱過ぎてPa持て余しそうだし、あの三人かわせないならCuの重い面々も厳しそう
            というわけで可愛くて明るくて手のかからない前川みくちゃんがお勧めです にゃ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:35
          • コメ欄まで販促だらけ、嫌になるね(ガチャガチャ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:38
          • 5 のあさんが素晴らしい過ぎてガチャを回すのが辛い。(ガチャガチャガチャガチャ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 20:49
          • (´-ω-`)y - ~ 何が怖いってモバPは勿論アイドル同士も会話が噛み合ってない事何だが。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:01
          • のあさんメインで出るSS少ない気が
            これは良いSSだった
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:04
          • 大人の美人さんは良いものだ。ところでなんか無機質な感じがするんだけど、どんなキャラなのよ?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:07
          • アレ私服にするのか。尻尾とか原理不明で動かしてそう。

            ※8
            元猫アイドル代表ってどんな気持ち?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:10
          • これは回すしかねぇ(ガチャガチャ)


            メイドカワイイヤッター!!!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:22
          • ガチャガチャガチャガチャガチャガチャガチャ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:24
          • お互いを理解出来ればこれ程接していて面白い人達は無いだろうけど、
            そこに行きつくまでは大変だわな。この三人の他に小梅やキノコもいたら胃に穴あきそう。

            ※13
            言い回しが女性版鳳凰院さんやルルーシュなだけで親愛度上がると無茶苦茶デレる。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:32
          • ※17さん。ありがとう。ますます好きになったかもしれん。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:33
          • ガチャガチャうるせぇ※欄だな!(ガチャ…ガチャ…)
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:46
          • 幸子、キノ子、のあにゃん、やみのま、にょわー

            Pは死ぬ(胃潰瘍)
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:52
          • ああ、怖いって厨二病とデムパとアウアウアーですか。確かに怖いですね
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 21:54
          • のあさんの台詞考えるの大変だったろうな
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 22:13
          • 5 かわいいじゃん(ガチャガチャ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 22:16
          • いつやるの?今でしょ!(ガチャガチャ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 22:41
          • 無課金なんだがのあさんのせいで重課金戦士になりそうなんだ

            誰か助けてくれないか
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 22:45
          • 奈良づくしだな。県民としては、ここ最近ののあさん推しは嬉しい。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 23:21
          • なんで俺はPaPになっちまったんだ…クソッ!!(ガチャガチャガチャ)
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 23:21
          • ※24 お前は俺か。あと※23、マジでそのCMがちひろさんで脳内再生されたからやめれ
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 23:49
          • いいかげん、ガチャガチャうるさいっての (ガチャガチャ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 23:58
          • 怯えておもわず素の口調になっちゃう蘭子ちゃんが凄く可愛いと思いました(粉ミカン)


            あとお前らガチャ回しすぎだ(ガチャガチャガチャガチャガチャガチャ
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 00:01
          • 耳へのキスは誘惑だったかな?
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 00:07
          • 耳にするのは誘惑のしるしだっけか
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 00:20
          • エレ速ステマやめてくんねぇかな(ガチャガチャ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 01:11
          • P「そっか。うん……そろそろ動くよ」
            ここだけ聞くと完全にアレなんですが大丈夫なんですかねぇ…
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 01:14
          • ガチャに金使うなんてお前ら終わってるな(ガチャガチャ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 01:57
          • 手は尊敬、額は友情、頬は厚意、唇は愛情、瞼は憧憬、掌は懇願、手首は欲望、それ以外は狂気の沙汰よ
            というか此処の米欄がガチャガチャ怖ぇよ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:27
          • のあさん可愛いけど結構良い歳(ガチャ)
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 05:53
          • ガッチャ!
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 09:56
          • 楽しいSSだったぜ!(ガチャガチャ
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 14:12
          • おいお前ら落ち着けよ
            回してもちひろの掌の上だぜ?(ガチャガチャ
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 15:01
          • 蘭子は今さら運営がプッシュする必要無いくらい人気のキャラだけど、
            そろそろ新SRとか出てほしいなあ~
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月18日 22:07
          • 確かに蘭子は新しいSRほしいな。
            今回の面子だと雪美ちゃんが先日にクリスマスドール出て、
            のあさんがのあにゃんに進化したし。
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月19日 01:39
          • 4 モバマスって属性?変えられるの?
            クールにしたいんだが
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月19日 02:14
          • くそ、販促SSスレなんかの誘惑なんかに負け(ガチャガチャ
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月19日 15:13
          • このSSはちひろの陰謀だ (ガチャガチャ
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月22日 16:02
          • つーか著ちひろだろ (ガチャガチャ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 楓「初めましてお義母様」武内P「」
        • 俺「くそっ死のう」 少女「待って」 俺「君は・・・?」
        • ユミラウネ「アイバユミダヨッ!」夕美「ユミラウネだよっ」/ぷちかれ「「「「「ナマイモアニバーサリー!」」」」」
        • ぷちきょこ「タニタニー♪」ぷちかれ「ポテポテー!」/ぷちなかの「おす。」モバP「引き戸だぞー」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ミリマス】桃子「家に帰りたくない」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        • 【ポケモン】リーリエ「アニメの放送日が日曜日に変更するんですか?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ