TOP

モバP「……何か視線を感じる」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 19:58:29.45 ID:d2OnTPxX0

P「……」

   カタカタ…

P「……」

    カタカタカタ…

P「……んー」

    カタ…カタカタ…

P「はぁ。疲れた……」

   カタカタ…ッターン

P「あー、休憩休憩……」


P「……? 何か視線を感じるような……」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:02:17.46 ID:d2OnTPxX0

P「……」

P「……」スッ…


P「そこだ!」ビッ

  ガタンッ

幸子「な、なんですか急に……」

P「あれ? 幸子か」

幸子「あれ、とはなんですかアレとは!」

P「そういう意味じゃないんだが」


輿水幸子(14)

i0852801-1360662287



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:06:36.39 ID:d2OnTPxX0

P「いや、妙な視線を感じた気がしてな」

幸子「ふぅん、大変そうですね」

P「幸子ではない、か」

幸子「まぁ、しかしプロデューサーさんのことを見ているなんてよっぽど暇な人なんでしょうね!」

P「ひどい言い草だなぁ」

幸子「当然でしょう? ずっとパソコンに向かってカタカタカタカタ……周りを気にもしていないんですからつまらないでしょうし」

P「仕事中だし仕方ないじゃないか」

幸子「それもそうですけどね。そんなプロデューサーさんのことを見てるだけだなんてつまらないでしょうし!」

P「はいはい、それじゃあレッスンいってこい」

幸子「むーん……もう少しおしゃべりしていてあげてもいいんですよ?」

P「いや、大丈夫だから。いってらっしゃい」

幸子「……わかりました。いってきます」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:10:47.20 ID:d2OnTPxX0

P「はぁ、勘違いか……」

  カタカタ……カタカタ……

P「……あっ、これ経費で落とせないはずなのに落ちたことになってる……ちひろさん、いや、亜子か……」

  カタカタ… カタッ…

P「…………」

    カタ…カタカタ…

P「……ん、やっぱり視線を感じるな」

  カタ… カタンッ

P「何か気になるなぁ……」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:15:58.20 ID:d2OnTPxX0

P(……心を無にして集中するんだ)

P(音をよく聞けば……どこにいるのか……)


      ガチャッ…


P「そこだーっ!」ガシッ

  グイッ…

智絵里「あっ……」

P「あっ」

智絵里「あ、お、おはようございますっ……」

P「お、おはよう。智絵里……」

智絵里「あの、どうしたん、ですか……?」

P「ど、どうもしないよ……うん……」


緒方智絵里(16)

i0852802-1360662287



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:25:29.56 ID:d2OnTPxX0

智絵里「そ、それじゃあ……えっと、どうして……」

P「あっ……す、すまん」パッ

智絵里「ぁ……」

P「いやな、少し視線を感じた気がして……気のせいかなぁ」

智絵里「視線ですか……こわいです……」

P「あぁ、大丈夫だから。……たぶんだけど、嫌な感じじゃなかったし」

智絵里「そうですか……?」

P「うん。そうそう」

智絵里「……あの、わたしがみはりをしますっ!」

P「見張り?」

智絵里「はいっ、まかせてください」

P「ははは、気持ちは嬉しいけど大丈夫だよ」

智絵里「でもっ……」

P「いいからいいから。さ、今日はダンスレッスンだぞ」

智絵里「……わかりました。でも、きをつけてください」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:33:32.56 ID:d2OnTPxX0

P「智絵里も頑張り屋さんだよなぁ……あと少しだ」

   カタカタ…  カタ…

P「……………」

   カタ…   カタカタカタカタ…

P「……………」

   カタカタカタ  カタカタ…

P「……………」
  
   カタカタ…                                                             カタンッ
    
P「……?」


P「………」


P「……やっぱり、気配がするな」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:40:20.95 ID:d2OnTPxX0

P「………ふぅ」


P「……………」


P「……………」


P「……雪美か?」

                            カタンッ

P「そこか……ほら」

雪美「……やっと………気づいた……」


佐城雪美(10)

i0852799-1360662287



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:44:28.03 ID:d2OnTPxX0

P「……なんで見てたんだ?」

雪美「……忙しそう………邪魔……ダメだから………」

P「あー。なるほどな……気を使わせちゃったか」

雪美「……いい……」

P「雪美はやさしいなぁ」

雪美「……………」キュッ

P「雪美?」

雪美「……でも……さみしい………だから……もっと……」

P「あぁ、はいはい……」ナデナデ

雪美「…………♪」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:48:56.52 ID:d2OnTPxX0

雪美「…………」

P「……なぁ、雪美」

雪美「…………?」

P「膝に座られるとすごく作業がしづらいんだが……」

雪美「………そう……なら…………どく……」

P「……」

雪美「………どく……」

P「……」

雪美「…………」

P「……わかった、このままでいいから」

雪美「………好き……」ギュ…

P「はぁ……まぁ、いいか……」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 20:55:27.20 ID:d2OnTPxX0

P「…………」

雪美「………」


        カタカタカタ…       カタカタ…

                カタカタ…



P「………」

雪美「……」ツンツン

P「ん、どうした?」

雪美「……仕事………大変……?」

P「まぁ、やりがいはあるなぁ……どうしたんだ?」

雪美「………任せて……」

P「任せるって何を……」

雪美「………」ニコッ



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 21:04:16.76 ID:d2OnTPxX0

雪美「…………」

P「……ぁー、いい感じ……」

雪美「………」ギュ…ギュ…

P「しかし、雪美にマッサージしてもらうってなんだか悪い気がするなぁ」

雪美「………いい……」

P「ははは……よーしっ、元気がでたぞー」

雪美「………よかった……」

P「ありがとうな、雪美。それじゃあ終わらせ……」

   きゅっ

雪美「…………」

P「……どうした?」

雪美「次は………私……」

P「……んん?」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 21:11:55.23 ID:d2OnTPxX0

P「………」

雪美「……」

P「……雪美の番?」

雪美「………うん……」

P「マッサージ?」

雪美「…………気持ちよさそう……」

P「まだ早いなぁ……」

雪美「……夕方じゃ………ダメ……?」

P「そういう意味じゃ……そういう意味でもあるけど、ほら、こってないだろ?」

雪美「…………固い……」

P「いや、ふにふにじゃないか」

雪美「……むんっ……」

P「……力こぶもできてないしな……うん……」

雪美「………ショック……」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 21:19:54.90 ID:d2OnTPxX0

雪美「………」

P「……」

雪美「………寂しい……」

P「……わかった。それじゃあもう少し待っていてくれ」

雪美「…………」

P「膝の上でいいから」

雪美「……なら………我慢する……」

     テクテクテク    

雪美「………落ち着く……」チョコン

P「……よし、終わらせないとな」

    カタカタカタ……

雪美「………」

P「………」

    カタカタ… カタカタカタ…



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 21:23:48.28 ID:d2OnTPxX0

P「ふぅ……まぁ、これでいいや」

雪美「……終わり………?」

P「うん。そうだな」

雪美「…………」ナデナデ

P「な、なんだ?」

雪美「……よく…できました………えらい……」ナデナデ

P「………」

雪美「………?」ナデナデ

P「……うん、ありがとう」

雪美「………いい……」ニコッ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 21:53:40.80 ID:d2OnTPxX0

P「……はぁ……」

雪美「………?」

P「あぁ、いや。ちょっと気が抜けた」

雪美「………いいこ、いいこ………」ナデナデ

P「雪美がお姉さんみたいだなぁ……」

雪美「……仁奈………私、お姉さんみたいって……」

P「あぁ、なるほど……」

雪美「………Pも……甘える……?」

P「んー、いや……もう十分甘えさせてもらってるかな……」

雪美「…………甘える……?」

P「………あー、雪美に甘えたくなってきた。いいかな?」

雪美「………いい……」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 21:59:39.64 ID:d2OnTPxX0

P「…………」

雪美「………♪」ナデナデ

P(なんだかなぁ……やわらかいし、すごく心地いいが……)

雪美「…………いい子……」ナデナデ

P(……大人として、いいのか、これは……?)

雪美「………にゃぁ……」

P「……!?」

雪美「…………」

P「……雪美……?」

雪美「………かんきゅうをつけるのが………大事………」

P「……誰から習ったんだ、それ………」

雪美「唯………」

P「……あぁ……うん……」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:04:45.20 ID:d2OnTPxX0

雪美「………猫が撫でると……痛い………」カリカリ

P「お………な、んっ……!?」

雪美「……痛いの………ダメ……だから……」カリカリ

P「く、くすぐったいんだが……」

雪美「……………しかたない……」カリカリ

P「……仕方ないなら、仕方ないか……」

雪美「……うん…………」カリカリ

P(なんか……こう、雪美の小さな手でカリカリひっかかれると……くすぐったいような、気持ちがいいような……)

雪美「…………♪」カリカリ


P「……ん? 何か、視線を感じるような……」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:09:59.79 ID:d2OnTPxX0

雪美「にゃぁ…………」カリカリ

P「……雪美、ストップ」

雪美「………どうして……?」

P「あー、それは………そこ、いるだろ?」

                            ガタッ

雪美「………誰……?」

P「……智絵里」


智絵里「あ、あのっ……ちがうんです、その……のぞこうと、したわけじゃなくて……」

P「あぁ……うん、わかってるから……」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:17:05.82 ID:d2OnTPxX0

智絵里「………・」

P「……」

雪美「………どうしたの……?」

智絵里「レッスン、終わったから……えっと、プロデューサーさんが、いそがしいかなって……」

雪美「………いたわり……?」

智絵里「う、うん……おつかれさまです、っていおうかなって……」

P「……智絵里、ありがとうな」

智絵里「あ、あの……おじゃましました……」

P「いや、邪魔じゃないよ」

雪美「…………隣……来る……?」

智絵里「い、いいんですか……?」

雪美「………いい……」

P「……まぁ、うん。いいんじゃないかな……」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:21:02.72 ID:d2OnTPxX0

P「………」

雪美「………りゅーこーの……つんでれ………」

智絵里「つ、つんでれ……?」

雪美「…………まず、つん……」

P「………」

   つんつん   つんつん

智絵里「つ、つん……しつれいします……」

    つんつん   つんつん

P(……なんで俺は担当アイドルに両脇を固められてつつかれてるんだろう……)

雪美「………つんつん……」

智絵里「ご、ごめんなさい……でも、たくましい、かも………えへへ……」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:25:07.55 ID:d2OnTPxX0

智絵里「えへへ……」

  つんつん  つんつん

P「………」

雪美「………次は……でれ……」

   ぴとっ

P「」

智絵里「えっ、だ、だきつっ……」

雪美「……大丈夫………ぎゃっぷもえ……」

智絵里「……う、うんっ………えいっ」

  ぎゅっ

P「」


雪美「…………♪」

智絵里「え、えへへ………はずかしいけど、でも……あったかいです……♪」

  すりすり…

P「」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:28:45.97 ID:d2OnTPxX0

P(落ち着こう、落ち着いて、素数を数えるんだ……)

雪美「…………落ち着く……」

    すりすり…

P(素数は1と自分自身でしか割ることのできない孤独な数字……)

智絵里「……えへへ……」

    きゅっ……

P(2,4,6,8,10,12………)

雪美「………♪」

智絵里「………♪」

P「あ、だめだわ。もう偶数しかでないわ」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:36:42.34 ID:d2OnTPxX0

P「………」

雪美「………P……?」

P「う、うん?」

智絵里「あの、どうしたんですか……?」

P「いや……ね。ちょっと……」

雪美「………疲れてる……?」

P「…………大丈夫。俺はきれいなプロデューサーだよ」

智絵里「……無理、しちゃだめですっ」

P「平気だから、大丈夫……体力は……ん?」


P「……また視線を感じる………」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:44:06.15 ID:d2OnTPxX0

雪美「……・…誰……?」

智絵里「こ、こわいです……」

P「……いや、抱き着かないでくれ。怖い人っていうか……」

P「……カワイイ人だな」

                                  ガタッ

雪美「………」

智絵里「………あ……」

P「……幸子、いつから見てたんだ?」

幸子「別に! 今帰ってきたところですけれどね!」

P「……うん、誤解しないでくれ。違うんだよ」

幸子「何が違うんですか! 緒方さんや佐城さんのような幼い人を手籠めにするだなんて!」

智絵里「あ、あの……わたし、幸子ちゃんよりとしうえ……」

幸子「いいんです! これぐらい言っても!」

雪美「…………幸子……」

幸子「まったく、ボクが止めなかったらどうなっていたことか……」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:50:36.26 ID:d2OnTPxX0

雪美「…………」

幸子「だいたいいつもいつもプロデューサーさんは変なことばかりしたりさせたりしてですね……」

雪美「………幸子……」

幸子「なんですか?」

雪美「…………一緒にする……?」

幸子「な、何を言ってるんですか! プロデューサーさんは変態ですよ! 危険人物なんですよ!」

雪美「………きけんなおとこも………・しげきてき……?」

P「……誰から習ったんだ、それ」

雪美「……礼子……」

P「あぁ、うん………幸子、いいか? これは……」

幸子「……なるほど、仕方ありませんね」

P「え? う、うん。そうなんだよ仕方ないんだよ」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:54:58.78 ID:d2OnTPxX0

幸子「……となると……」

    スタスタスタスタ…

P「ほら、智絵里も雪美も終わりだ。送っていくから……」

    ぽすんっ

幸子「仕方ありませんね。ボクを膝の上に乗せられるだなんてプロデューサーさんは幸せ者ですね!」

P「」


智絵里「あっ……いいなぁ……」

幸子「……これも後学のためということでしょう? あとで変わってあげますよ」

雪美「………私……経験済み……」

幸子「むむっ……先をこされていたとは……」

智絵里「……わたしも、が、がんばろうっ」

P「」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 22:59:10.60 ID:d2OnTPxX0

P「………」

智絵里「……それで、つんでれの極意を雪美ちゃんが……」

雪美「………ぶい」

幸子「ふふん、ツンデレなんて時代遅れですね」

智絵里「えぇっ……!?」

雪美「……どうして……?」

幸子「時代はヤンデレです!」

智絵里「わ、わー」

雪美「……やんでれ………?」

幸子「そうです。最近のはやりだって聞きました」

智絵里「そ、それってどういうのかな……?」

幸子「それはですね……・」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:03:29.49 ID:d2OnTPxX0

P(……俺、死ぬのかな……)

幸子「……えっと……」

雪美「………わくわく……」

幸子「……」

智絵里「ど、どうやるの……?」

P(……・最後にいい思い出ができたな……)

幸子「………」

雪美「………幸子……?」

幸子「や、やーん」

P「!?」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:09:21.53 ID:d2OnTPxX0

智絵里「そ、それが……ヤンデレ……?」

幸子「そ、そうです。えっと……は、ハプニングで、いやーんってなるけど、特別な人だから許しちゃうんですよ!」

雪美「………なるほど……」

P(ん………んん……?)

幸子「や、やーん」チラッ

智絵里「……ゃーん………は、はずかしいです……」チラッ

雪美「………・やーん?」チラッ

P(……なんで俺の目の前で見えるか見えないかギリギリのラインを攻めてる美少女が3人もいるんだろう……)

幸子「ほ、ほら! どうですか! プロデューサーさんもくぎづけですよ! あ、あははは!」

智絵里「で、でも……やっぱりはずかしい……」

雪美「………・やーん……♪」チラッ

P(………なるほど、最近のやんでれってそういう意味だったのかぁ。勉強になるなぁ……)



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:12:02.70 ID:d2OnTPxX0

P「………」

幸子「どうですか。見てください、文句を言っていたプロデューサーさんが黙っちゃいましたよ」

智絵里「や、やっぱりだめだったのかな……」

雪美「……平気………」

   ぴとっ

P「あふっ」

雪美「ドキドキしてる……」

幸子「ど、どれどれ。確認しないといけませんね」

   ぴとっ

P「あふんっ」

智絵里「わ、わたしは……えっと……わたしも、どきどきしてますっ、えいっ」

   ぎゅっ  むにっ

P「」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:17:58.09 ID:d2OnTPxX0

P(アイドルは非合法アイドルは非合法アイドルは非合法)

智絵里「だ、だから、普通です。だ、だいじょうぶですっ」

幸子「緒方さん、それはどうなんですか……」

雪美「………・ない……」ペタペタ

幸子「だ、大丈夫です。プロデューサーさんは小さい子が好きな変態なんですから!」

P(俺はプロデューサー俺はプロデューサー俺はプロデューサー)

雪美「………」

智絵里「じゃ、じゃあわたしも大きくないからだいじょうぶ……かな……?」

幸子「ぼ、ボクにはまだ伸びしろがあるので大きい方が好きになるかもしれませんけどね!」

智絵里「ま、負けないですっ」

雪美「…………いちばん……決める……?」

P「あ、無理だわこれ」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:24:02.80 ID:d2OnTPxX0

P「ひゃっはー! もうどうにでもなれってんだー!」

智絵里「は、はいっ……」

幸子「プロデューサーさんはケダモノですね! 本当に仕方ない人なんですから!」

雪美「………うん……」

P「……」

智絵里「ど、どうしたんですか……?」

幸子「ほ、ほら。どうしたんですか? 来るなら来てくださいよ。ボクなら特別にゆるしてあげなくもないですよ」

雪美「………私……大丈夫……」

P「ひゃ、ひゃっはー、おそっちゃうぞー」

智絵里「が、がんばりますっ……」

幸子「ほ、ほら。するなら……その、優しくしてくださいね。カワイイボクをいじめるなんて、しませんよね?」

雪美「……いい……」


P(お、おかしい……まゆも早苗さんも来ない……だと……!?)

ちひろ(やだなぁ。2人ともあなたの担当アイドルじゃないじゃないですか♪)

P(こいつ直接脳内に……!?)



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:28:27.22 ID:d2OnTPxX0

P(ちょ、ちょっと待ってください。アイドルと関係を持つだなんて)

ちひろ(たまにはハッピーエンドもいいですよね。頑張ってくださいねー♪)

P「ちょっ……」

智絵里「あ、あのっ……たいせつにしてください、ね……?」

P「智絵里、どーどー」

幸子「ボクのこと、一番にしてくれなきゃダメですからね♪」

P「幸子、落ち着こう」

雪美「…………一度の火遊びでもいいから……?」

P「雪美にはまだその曲は早い」


P「あっ……うおおおああああぁぁ!」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:33:37.67 ID:d2OnTPxX0

――


P「………」

智絵里「えへへっ、これからもお仕事がんばりますね♪」

P「うん……智絵里はえらいなぁ」

幸子「ふふん、待ってる人たちには応えてあげないといけませんからね!」

P「幸子は可愛いなぁ。けなげだなぁ」

雪美「………幸せ……?」

P「……雪美たちはこれでいいのか……?」

幸子「何言ってるんですか。10歳から結婚できるって法案が通ったんだから問題ありませんよ」

智絵里「わたしは、いっしょにいられたらなら、それで……」

雪美「……」ニコッ

P「……誰も止めないなら、いいのかなぁ……」



重婚 END



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:34:32.34 ID:d2OnTPxX0

なんだこれ
最近雪美SS減ってるから……つい……
あと、ロリコンではないです。ロリコンではないです

保守支援ありがとうございました



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:36:01.06 ID:dDNX7+i/0

なんだロリコンか



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/12(火) 23:39:14.95 ID:9zLo5Y7T0

おっつおっつ!
重婚最高や!



転載元
モバP「……何か視線を感じる」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360666709/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (27)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:16
          • 素晴らしい人選だった
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:19
          • 最近の幸子推しは一体……
            俺得ではあるんだが
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:26
          • >幸子「や、やーん」

            こんなヤンデレならいつでも大歓迎。
            というか最近モバマスというだけでヤンデレを警戒する俺がいる‥‥
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:26
          • 輿水幸子か、グリマスで似たようなの出て来たから立場危うしだもんな・・・
            アニマス劇場版でゲストがあったとしてどちらの勢力が出るのか非常に楽しみだw

            今後SSも『グリP』と『モバP』と『P』が入り混じるのか、面倒な事になったもんだ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:33
          • このやーんデレを流行らそう(真剣)
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:35
          • 真壁さんと似てるの髪形だけやろあの娘17歳B73の千早枠やで!?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 02:42
          • 間違いなくロリコンだった
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 03:02
          • これあのロリコン書いてたDOTE Pの人か?
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 03:27
          • 雪美ちゃんにLittle Match Girl!
            そういうのもあるのか
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 04:06
          • あぁ〜^ロリコンになる〜^
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 04:27
          • 5 幸子はヤンデレ分かってなかったのか
            分かってやーんに走ったのか

            しかしこれはロリコン待ったなし
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 06:20
          • ヤンデレオチ担当ままゆ、ロリオチ担当早苗が出てこなくて物足りなく感じるのは何故だろう?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 08:05
          • 誰がそんな法案通したんだよ!グッジョブだよ!
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 08:43
          • これはきれいなちひろさん
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 08:49
          • 雪美のSSマジでありがとDESU(^_^)ゞ雪美大好きー( ^^)/
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 09:09
          • 5 新ジャンル「やーんデレ」
            いいと思います!
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 09:43
          • 5 やーん♪
            …うふふ、こういうのが好きなんですかぁ?
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 11:45
          • 5 雪美ちゃんが可愛すぎて生きるのがつらい
            どうしたらスマホの中で生きられるようになるのだろう
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 12:19
          • ちえりん可愛いよちえりん
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 13:11
          • 5 雪美と幸子が幸せそうで何よりです!!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 16:09
          • 5
            十歳から結婚+一夫多妻制が認められたのなら問題ないな。
            そして俺はヤンデレのことを間違えて覚えていたようだ。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 16:10
          • さあ、お前の罪を数えろ!!
          • 23. 新人P
          • 2013年02月13日 17:43
          • こいつロリコンの人だ(たぶん)
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 18:13
          • 5 やーんデレ、素晴らしいです…
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 19:44
          • これこそが答え
            真理なのである
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月13日 21:00
          • YESロリータ!!NOタッチ!!
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月17日 15:17
          • ヤドンの鳴き声じゃねえか

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • モバP「楓さんも敬語を崩したりするんですか?」
        • 勇者「長老、なんかこの剣喋ってない?」長老「なんじゃと」聖剣「……」
        • 彡(゚)(゚)「ワイがこの国を変えたるわ」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 周防桃子「みんな、桃子のことバカにしてるんでしょ!」
        • 女神官(マッチョ)「ゴブリンスレイヤーさん、トゥットゥルー♪」
        • テッラ「ほう…私が禁書キャラと戦うスッドレですか」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        • ロコ「チヅルもタカネも、ロコのことをバカにしてますね!?」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ