TOP

モバP「ありすのお兄さん……?」朔也「俺は橘、ギャレンだ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:16:26.16 ID:bm+a+d9R0

P「ぎゃ、ぎゃれんさんですか……ははは……」

朔也「おっと、すまない。そっちはあだ名みたいなものだな」

P「え?」

朔也「朔也。橘朔也だ」

P「あぁ……そうなんですか。変わったあだ名ですね……」

朔也「気にしないでくれ」

P「えぇ、わかりました」

P(……ありすの兄だからてっきり本名かと思ったが、違うんだな)



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:21:20.56 ID:bm+a+d9R0

P「それで、いったいどうしてこんなところに?」

朔也「実はありすが家に弁当を忘れてな。ほら」

P「……な、なるほど……?」

朔也「俺としてはやっぱりたくさん食べて大きく育って欲しいんだ。栄養もまんてんだぞ!」

P「そ、それはすごいですね……ははは……」

朔也「まぁ、そういうわけでありすに会いたいんだが」

P「わかりました……少々お待ちください」

朔也「ああ、頼んだ」

P(ちょっと変わった人だな……ありす、お兄さんなんていたのか……)



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:24:16.43 ID:bm+a+d9R0

橘ありす(12)

i0838405-1359274404


P「ありす、ちょっといいか?」

ありす「……名前で呼ばないでください。なんですか?」

P「す、すまん。実はお前のお兄さんがな……」

ありす「兄さんが……?」

P「うん。お弁当を忘れたから届けに来たらしいんだ」

ありす「……そうですか」

P「どうした?」

ありす「いえ、大丈夫です……はぁ。今行きますから」

P「そ、そうか……」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:28:49.58 ID:PQ7w0GAO0

何このキャラ?



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:38:01.15 ID:melthdYS0

>>8
仮面ライダー剣にでてくるおちゃめな先輩



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:30:25.29 ID:bm+a+d9R0

P「お待たせしました」

朔也「ありす! まったく、お前もドジだなぁ」

ありす「……兄さん。なんで来たんですか?」

朔也「お前が弁当を忘れてたからな。届けに来たぞj!」

ありす「そうですか……別に、こっちで勝手に食べるから平気ですよ」

朔也「そうはいかん! 俺が必死に考えたこの弁当のバランスはすごいんだぞ!」

ありす「……いりません」

朔也「ほら、もずくもある! 赤いスパゲッティもだ!」

ありす「いらないって言ってるんです!」ベシッ

  ガンッ からから…

ありす「……あっ」

朔也「うわぁぁぁぁ! 弁当が!」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:36:33.82 ID:bm+a+d9R0

ありす「……あ、明日からもいらないですから」

朔也「俺の弁当が……ボロボロに……」

P「あ、ありす……」

ありす「名前で呼ばないでください……もういいですよね。レッスンに戻りますから」

P「お、おい!」

朔也「うおぉぉぉ……ありすぅぅぅ……」

P(う、ほうっておくわけにはいかないか。しかし弁当箱をひっくり返されただけでずいぶんショックをうけて……)

朔也「……なぁ、キミはありすをプロデュースしてくれているんだよな」

P「え? は、はい。そうですけれど……」

朔也「少し詳しく話を聞かせてくれないか」

P「ちょ、ちょっと待ってください。急に言われても……」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:42:28.83 ID:bm+a+d9R0

――――

――

P「……はぁ、2人暮らしなんですね」

朔也「俺が面倒を見てきたんだ……ありすは本当にしっかりした子でな……」

P(捕まった……帰りたい……)

朔也「だが、最近は様子がおかしい」

P「そうなんですか……」

朔也「あぁ。昔はとてもなついてくれていて……遊んでくれとねだってきたんだが、最近はあの調子だ」

P「まぁ……もう、中学生ですしね……」

朔也「……ありす……」シュン…

P(め、目に見えて落ち込んでる……子供かこの人は……)

朔也「……すまない、昼食がまだなんだが何か食ってもいいかな?」

P「あー、じゃあ……社員食堂がそこなのでどうぞ。飯ぐらいなら……」

朔也「恩に着る」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:47:13.90 ID:bm+a+d9R0

朔也「じゃあこのエースランチを」

P「はい、じゃあ俺も……っと」ピッ

朔也「……それで、ありすのことなんだが」

P「まぁ、難しい年頃の女の子ですから……仕事に対してはきちんと真面目に取り組んでくれてますし」

朔也「そう……か……」

P「あまり干渉しすぎるのもよくないんじゃないでしょうか? その、距離感って難しいですけれど」

朔也「距離……距離か!」

P「え? どうしたんですか?」

朔也「なぁ、しばらく俺にここの仕事を見学させてくれないか! 手伝いもするぞ!」

P「は、はぁ?」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 17:51:40.60 ID:bm+a+d9R0

朔也「思うに、最近は俺も忙しくてありすのことをかまってやれなかったからな」

P「いや、あの」

朔也「大丈夫だ、最近はアンデッドの活動もおとなしい」

P「あ、あんでっど?」

朔也「おっと、気にしなくてもいい。どうだ? これでも腕には自信がある」

P「急に言われても……その……」

朔也「邪魔しない。約束する」

P「一存では決めかねますし……」

朔也「……そうか……」

P「熱意は伝わりましたから、こちらで少しそうだんをしてからまた連絡を……」

朔也「……」モグモグ

ちひろ「その必要はありません!」

P「ち、ちひろさん!?」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:00:06.96 ID:bm+a+d9R0

ちひろ「ふふっ、妹さん思いのいいお兄さんじゃありませんか!」

朔也「この人は……?」

P「うちの事務員……兼謎の人物、ちひろさんです」

ちひろ「うふふっ♪ ありすちゃんとの距離、なかなか縮まらずに困ってましたよね。プロデューサーさん?」

P「……そうですけれど」

ちひろ「えーっと、橘朔也さん。元BOARD研究員で間違いありませんか?」

朔也「どこでそれを!?」

ちひろ「ちょっとした情報網がありまして」

朔也「……最近の芸能事務所はすごいんだな」モグモグ

P「たぶんちひろさんはイレギュラーだと思いますけど……」

ちひろ「ありがとうございます。それで、妹さんのことは大切ですか?」

朔也「あぁ、何よりも大切だ。俺にとって、宝なんだ」

ちひろ「なるほど、素敵ですね」

朔也「俺の手元に残っているものなんて、ほとんどない。だから守りたいんだ……ありすは、残った最後の家族だからな」

P(……この人は、悪い人じゃないんだろうな。少しばかり、熱意がからまわりしてるだけで)



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:05:17.27 ID:bm+a+d9R0

ちひろ「……いいでしょう!」

朔也「?」

P「えっ?」

ちひろ「私が話をつけておきます! お手伝い、お願いできますか?」

朔也「いいのか?」

ちひろ「はい! とっても面白……素敵な気持ちをお持ちのようなので!」

P(この人、今あきらかに面白そうって言いかけたよな)

朔也「本当か!? ありがとう!」

P(うわぁ、いい笑顔してる……)

ちひろ「ふふっ、とりあえずどんなお仕事かきちんと……」

朔也「ちょっと待ってくれ」

ちひろ「……なんですか? 私についての質問なら――」

朔也「……おかわり、いいかな?」

ちひろ「あ、あはは。どうぞ……」

P「い、いつの間に……」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:09:09.44 ID:bm+a+d9R0

朔也「ふぅ、食った食った」

P(結局3杯もおかわりを……すごいな)

朔也「よし。これからキミは俺の先輩だな、いろいろといたらないこともあるだろうが頼む」

P「は、はい。よろしくお願いします」

ちひろ「指導はプロデューサーさん、あなたがお願いしますね♪」

P「え? ちょっと!」

朔也「いろいろとすまないな、ありがとう」

P「……あー。まぁ、俺の担当は3人なんですけれど……」

朔也「ふむふむ……」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:15:20.22 ID:bm+a+d9R0

ありす「まったく……」

桃華「どうなさりましたの? 橘さん」

ありす「いえ、少し頭が痛くて」

莉嘉「たいへんだぁ! 大丈夫?」

ありす「大したことはないです……まったく、もう。兄さんは……」

莉嘉「お兄ちゃん?」

ありす「気にしないでください。レッスン、再開しましょう」

桃華「無理はいけませんわよ? 体調が悪いのならば、早退することも考えなくては……」

ありす「家に帰るとますますひどくなりそうですから、結構です」


櫻井桃華(12)

i0838466-1359277795

城ヶ崎莉嘉(12)

i0838467-1359277795



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:00:37.34 ID:bm+a+d9R0

ありす「いち、にっ、さん……むぅ」

莉嘉「ダイジョーブ? やっぱり調子悪そうだけど……」

ありす「大丈夫です。振り切るためにも、もっとレッスンに集中……」

 ガチャッ

ありす「あっ、遅かったですね。プロデュー、さ……」

P「……えーっと」

朔也「ありす!」

桃華「どちら様ですの……?」

莉嘉「わー! ひょっとして新しいプロデューサーの人? それともアイドルとか!」

ありす「」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:06:58.51 ID:bm+a+d9R0

P「――というわけで、俺たちについてくれることになった補佐の橘朔也さんだ」

朔也「俺は橘、プロデューサーだ。よろしく」

莉嘉「たちばな、ってことは……ひょっとしてお兄さん!」

桃華「まぁ、橘さんのお兄様ですの?」

ありす「……」

朔也「あぁ、俺はありすの兄として……ありす?」

ありす「……ちょっと頭が痛いんです」

朔也「なんだと!? まさかアンデッドの毒に!」

莉嘉「あんでっどってなぁに?」

桃華「さぁ、よくわかりませんけれど……」

ありす「平気です。兄さんのおかげですから」

朔也「そ、そうか。無理はするな」

ありす「……」

P(あぁ、わかってないなこの人……)



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:13:35.52 ID:bm+a+d9R0

莉嘉「へぇー、ありすちゃんのお兄さん、カッコイイかも?」

ありす「欲しいならあげます。あと、橘です」

莉嘉「えーっ! 家族は大切にしなきゃダメなんだよ! アタシだってお姉ちゃんのこと大好きだし!」

ありす「……城ヶ崎さんのお姉さんはいい人ですから、うらやましいです」

莉嘉「むぅー、そういうことかなー?」

桃華「まぁまぁ、それよりも……補佐ということは、私たちのお手伝いをしてくださるんですわよね?」

朔也「あぁ、任せろ! 特訓や訓練なら、科学者としてきちんと監修できるはずだ」

莉嘉「すっごーい! ガクシャさんなの?」

朔也「あえていうなら研究職かな」

桃華「……監修って科学と関係あったかしら……?」

ありす「……櫻井さんはごまかされないでくださいね」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:20:13.40 ID:bm+a+d9R0

P「今日のところは、レッスンだけだから顔見せ程度かな」

ありす「……まぁ、なんでもいいです。再開しましょう」

桃華「そうですわね……それでは、ごらんあれ!」

莉嘉「アタシ達のこと、教えてアゲルっ☆」

 ~~♪  ~~~♪ ~♪ ~♪

朔也「……ほう」

P「この3人が俺の担当している子たちです」

朔也「なるほど、ありすはユニットメンバーなんだな」

P「そろそろテレビ露出もできるかと……あの、お嬢様みたいな雰囲気の子が櫻井桃華です」

朔也「桃華……」

P「家のしがらみを抜け出てアイドルを志願。……いや、俺がスカウトしたんですけれどね? 年不相応なぐらい落ち着いてしっかりしてます」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:26:06.06 ID:bm+a+d9R0

朔也「……」

P「それで、あのギャル風の女の子が城ヶ崎莉嘉」

朔也「莉嘉……」

P「あの子はお姉ちゃんもアイドルをしていますね。後を追う形でこの業界に入ってきました」

朔也「同じユニットじゃないのか?」

P「お姉さんはすでに売れていますから。だからこそ、別のものとして隣に立ちたいって本人も望んでます」

朔也「なるほど……しっかりしている」

P「はい。みんな上を目指す気持ちは一緒です……それから、橘ありす」

朔也「ありす……」

P「アイドル自体には興味がなかったみたいなんですけれど……将来のことを考えてのステップとして、デビューを望みました」

朔也「……」

P「あの、橘さん?」

朔也「あぁ、大丈夫だ……わかった」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:34:36.86 ID:bm+a+d9R0

P「そうですか? それからなんですが……」

 ~~♪ ~♪ ~~カチッ

朔也「すまない、ちょっといいか」

莉嘉「わ、っとっと……急に音楽止めてどうしたの?」

朔也「いや、見ていて思ったことが少しあってな」

桃華「思ったこと、ですか?」

朔也「あぁ。ひょっとしてありすの調子が悪いのが影響するのかもしれないが……なぜありすがセンターなんだ?」

ありす「っ……」

P「あの、橘さん」

朔也「今のままだと、2人に比べて頼りない気がする。よければ俺が……」

ありす「兄さんは黙っててください!」

莉嘉「あ、ありすちゃん……」

桃華「橘さん……?」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:41:35.78 ID:bm+a+d9R0

ありす「勝手に事務所まで来たと思ったら仕事の手伝いだなんて……でしゃばりすぎです」

朔也「ありす、俺は……」

ありす「……知りません。帰ります」

朔也「待てありす!」

ありす「ついてこないで!」

朔也「あ……」

 ガチャッ……バタンッ

P「お、おい! ……すまん、追いかけてくる」

莉嘉「う、うん」

桃華「わかりましたわ。こちらは大丈夫ですから」

P「あぁ」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:45:30.59 ID:bm+a+d9R0

朔也「……・俺は」

莉嘉「ねぇねぇ、ありすちゃんのお兄ちゃん!」

朔也「あぁ……どうしたんだ?」

莉嘉「あのね、最近ありすちゃんケッコー悩んでたんだよ?」

朔也「そうだったのか?」

莉嘉「うん! おうちではそんな風に見えなかった?」

朔也「家……家、か」

桃華「……その様子では、まともに帰ってすらいなかったのではありませんくて?」

朔也「……入院や、仕事の都合で、確かに減っていた……かもしれないな……」

桃華「まったく、レディの扱いがなっておりませんわ」

朔也「すまない……」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:51:25.78 ID:bm+a+d9R0

桃華「謝るべきはわたくし達に対して、ですか?」

朔也「……そうだな、俺がすべきことはそうじゃない」

莉嘉「わぁ、桃華ちゃんカッコいい!」

桃華「正しき道を示すもまた、ノブレス・オブリージュ……高貴たるものの義務ですわ」

朔也「ありすのことは、しっかり向き合うよ。キミは本当にしっかりした子だ」

桃華「うふふ、ありがとうございます」

朔也「だが、レッスン中少し気になったことがあるんだ……いいか?」

桃華「まぁ、なんでしょう?」

朔也「ここのくだりなんだが……」

桃華「その部分は立ち位置が変わって難しいですわね」

朔也「個人的には後ろから回った方がいいと思うんだが、どうだろう?」

桃華「そういう考え方もありかもしれませんわね。ですが、その場合は次の動きが問題になりませんこと?」

朔也「そこは……こう……」クルッ…シュタッ

桃華「ま、まぁ……」

朔也「ん、どうしたんだ?」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 19:58:57.57 ID:bm+a+d9R0

桃華「今の動き、どうやってなさいましたの?」

朔也「何、ちょっとひねってだな……」

莉嘉「スゴーい! バク宙とかもできるの?」

朔也「できないことはないな。こう……」

    バッ
         スタッ

朔也「こんな感じか」

桃華「……素晴らしいですわね。何か訓練でも?」

朔也「訓練か……まぁ、確かにいろいろとしたが。キミたちにもできることとなると……」

莉嘉「わわわ、ヒミツの特訓? ちょっとカッコいいかも……」

朔也「……ありすには、笑われたんだがな。帰ってきたら、やってみようか」

桃華「今、あなたがいけばきっと話がこじれてしまいますわ。 Pちゃまを信じてくださいまし」

朔也「わかった……待とう。ありすと、キミたちのプロデューサーを」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:05:52.23 ID:bm+a+d9R0

――――

――

P「ありす! ありーす!」

ありす「名前を呼びながらついてこないでください!」

P「待ってくれ、ありす。お兄さんだって悪気があったわけじゃ……」

ありす「……何がわかるっていうんですか!」

P「あ、ありす?」

ありす「最近はなんだか忙しいって、家をすぐ留守にして……たまに、帰ってきたと思ったら……」

ありす「恋人だった、小夜子さんが亡くなったって……なのにお葬式の、最後までいないで、抜け出して……」

P「……」

ありす「他にも、帰ってきたと思ったら入院してたり、ちゃんと帰ってきても寝てるばっかりで!」

ありす「なのに、あんなふうに、わかったみたいに文句を言われて……腹が立たないわけ、ないじゃないですか!」

P「ありす……」

P(目がうるんでる。泣きそう……いや、少し泣いていたのか?)



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:12:02.13 ID:bm+a+d9R0

ありす「名前で呼ばないでください……」

P「ありす、お兄さんのこと……嫌いなのか?」

ありす「嫌いです。名前で呼ばれるのも、兄さんも、大嫌いです」

P「……そうか」

ありす「帰ってこない兄さんのことなんて、知りません。私は1人でも大丈夫です」

P「なぁ、ありす」

ありす「だから名前で呼ばないでください」

P「お兄さんな、やっと時間が取れそうだからここで働くって言い出したんだぞ?」

ありす「……え?」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:20:54.77 ID:bm+a+d9R0

P「何があったかなんて、わからない。だけど、きっと大変なことがいっぱいあったんだと思う」

ありす「……それで、ほうっておいて、暇になったから構うんですか。勝手です。大人って、卑怯です」

P「そうだな、大人はズルい。だけど……ちょっと話をしただけだけどさ、お兄さんは悪い人じゃないと思うな」

ありす「なんで、そんなことが言えるんですか」

P「俺、人を見る目は確かだからな」

ありす「……」

P「それに、何よりも……ありすのお兄さんだろ? だったら、間違いないはずだ」

ありす「……ふふっ、なんですか、それ」

P「だって、お兄さんはありすのことが好きみたいだしなぁ。ありすだってお兄さんのこと、好きだろ?」

ありす「……知りません。根拠は何ですか、証拠を出してください」

P「ははは……ごめんな。許してあげてくれ」

ありす「本当、大人ってズルいですね……男の人が、ズルいのかな?」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:26:28.91 ID:bm+a+d9R0

――――

――

 ガチャッ…

P「ただいま」

桃華「お帰りなさいませ、Pちゃま……あら?」

莉嘉「ねぇねぇPくん、ありすちゃんは?」

朔也「どうしたんだ、いったい! まさか……」

P「……ありす、ほら」

ありす「……」

朔也「よ、よかった。無事だったんだな! すまない、さっきは俺が思いやりが足りなかった」

ありす「……兄さん」

朔也「どうした? ひょっとして頭痛がひどくなったか!? もしそうなら、そうだな。救急車は……119番って何番だ?」

ありす「落ち着いてください、恥ずかしいじゃないですか。……怒ってませんから」

朔也「本当か……?」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:29:34.85 ID:CUup9p3W0

>>86
>朔也「どうした? ひょっとして頭痛がひどくなったか!? もしそうなら、そうだな。救急車は……119番って何番だ?」

橘さん…急遽作ったライダーシステムのせいで…



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:31:27.72 ID:bm+a+d9R0

ありす「だけど、1つだけ聞かせてください」

朔也「あぁ、なんでも聞いてくれ!」

ありす「……今まで、私に内緒で何をしていたんですか?」

朔也「それは……」

ありす「……」

朔也「……研究員として、働いて……いや、違うな」

朔也「俺は……そう、俺は……」

ありす「……そこから先は、今は話せないんですね」

朔也「……すまない」

ありす「いいです。言ってくれようとしただけでも、嬉しいですから」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:40:39.50 ID:bm+a+d9R0

朔也「ありす……」

ありす「本当に、昔から兄さんは隠し事が下手なんですから」

朔也「ありすにはいつも見破られていたからな……だけど、これは教えられないことなんだ」

ありす「そうですか……でも、嘘はつきませんよね?」

朔也「あぁ、大丈夫だ。俺の戦いは……ひと段落ついて、もうすぐきっと終わる」

ありす「プロデューサーをするのって、大変ですよ?」

朔也「ちゃんと先輩の言うことは聞くさ。ありすが信じている相手なら大丈夫だろう」

P「お、俺ですか?」

朔也「当然じゃないか。ありすは人に騙されないタイプだしな」

ありす「……兄さんは、私が見てないとすぐ詐欺とかにひっかかりそうですから」

朔也「そんなことはない! 俺だって、そう簡単には騙されないさ」

ありす「……プロデューサーはどう思います? 兄さんは騙されにくいタイプだと思いますか?」

P「え? いや……えーっと……」

朔也「見ての通りだ。そうだろう?」

P「……あはは、そうですね」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:44:53.31 ID:bm+a+d9R0

桃華「うふふっ、どうやら一件落着のようですわね?」

P「も、桃華?」

莉嘉「よかったねありすちゃん! お兄さんと仲直りできて!」

ありす「名前で……」

朔也「ありす、俺も橘なんだが……」

ありす「……仕方ないですね」

莉嘉「えっへへ~☆ あーりすちゃん♪」

ありす「なんですか?」

莉嘉「呼んだだけ! これからはお兄ちゃんと一緒にいるときは名前で呼んでいいんだよねー?」

ありす「……兄さんがいる時だけですよ」

桃華「うふふ、つまり事務所にいる間は平気ということですわよね……ありすさん?」

ありす「桃華さんまで……もうっ」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:51:37.94 ID:bm+a+d9R0

P「あぁ、仲良くなれたみたいでよかった……」

莉嘉「お兄さんもなかなかイケてるよね! ぐっじょーぶ!」

朔也「ありがとう!」

桃華「ところでお兄様? 先ほどのことなのですけれど……」

ありす「さっきのことって、なんですか?」

朔也「あぁ、ありすのことを俺が追いかけたら逆効果だって止められてな」

ありす「……まぁ、さっきのままだったら話もしたくなかったと思います」

P「あ、ありす……」

朔也「やはりそうか……それで、俺もいろいろと聞かせてもらったんだ。そのお礼に少しレッスンをな」

P「レッスンですって? 大丈夫だったんですか?」

莉嘉「あのねPくん! すっごいんだよ! 足とかぶわーってあがるし、動きはもうプロのダンサーの人よりもかも!」

桃華「えぇ、素直に感心してしまいましたわ。それで訓練方法についてうかがっておりましたの」

ありす「……そうなんですか」

朔也「少し照れくさいな」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 20:58:38.70 ID:bm+a+d9R0

P「へぇ……すごいですね。いったいどんな風に?」

莉嘉「それはありすちゃんが帰ってきてからのヒミツって言われちゃってねー」

桃華「Pちゃまでしたら、きちんとお話をしてくださると思っておりましたから……ありすさんも、帰ってきてくれると、ね」

ありす「……なるほど、だいたいわかりました。ご迷惑をおかけしましたね」

桃華「いえいえ。一度傷つくことで深まる絆というものもありますわ」

朔也「それじゃあ、俺の訓練の中でも……全体のバランスを見たりする、目の特訓をしてみようか」

莉嘉「目の特訓? こう、じーっと見つめて……のーさつウィンク☆」

ありす「城ヶ崎さん……」

莉嘉「ジョークジョーク♪ どんなのー?」

朔也「確か近場に……うん、ついてきてくれ」

P「へぇ、外ですか……わかりました、いったん着替えたほうがいいかな」

朔也「……そうだな、動きやすい方がいいが目がメインなら……」

莉嘉「わかったー☆」

桃華「着替えてまいりますわ」

ありす「……兄さんの特訓、か……ふふっ」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:01:39.72 ID:4utl/3UD0

(アカン)



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:10:18.11 ID:bm+a+d9R0

 ――バッティングセンター

莉嘉「ここ……?」

桃華「わたくし、野球をしたことはありませんわね……」

P「うーん、体ができてないのにいきなりバットにボールを当てるのは難しいような……橘さん?」

朔也「いいか、よく見ているんだ」

ありす「兄さん? その位置は危ないんじゃ……」

        バシュンッ!

P「ぼ、ボールが……!」

    20130128001



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:13:40.95 ID:melthdYS0

T6moBMo



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:15:17.51 ID:bm+a+d9R0

桃華「」

莉嘉「」

ありす「」

P「」


朔也「こうやって、書いてある数字を読み取る。基礎訓練のひとつだ」

ありす「……兄さん」

朔也「安心しろ、慣れないうちは別にキャッチはしなくても……どうした、ありす?」

ありす「普通はああいうことはしません。何をさせようとしてるんですか!」

朔也「……俺はただ、聞かれたから訓練法を……」

ありす「12歳に何をさせようっていうんですか。兄さんはおかしいです」

朔也「す、すまん」

莉嘉「あ、あははー、お兄ちゃんすごいね……」

桃華「えぇ、本当……」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:21:46.28 ID:bm+a+d9R0

朔也「そうか、これは流石に女の子にやらせるべきではなかったかな……」

P「……」

朔也「どうしたんだ?」

P「ちょっと俺も1回試していいですか」

桃華「Pちゃま!?」

莉嘉「あ、危ないよPくん!」

P「あぁいう特訓ってなんだか男の子的にはすごく……いいんだよ」

朔也「そうか……じゃあ、一回だ」

P「はい!」

          バシュンッ!

20130128002



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:22:49.88 ID:+Sk/Bpt+0

穴抜けたwwwww卑怯だwwwwww



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:26:47.38 ID:bm+a+d9R0

P「どうですか?」

朔也「……やるな」

莉嘉「えぇっ!? あたってる!」

桃華「Pちゃま……」

P「目には自信があるんだよ。いろいろとな」ドヤッ

朔也「会う形によっては、隣に立っていたかもしれないな」

ありす「……」

P「どうしたありす?」

朔也「何かあったのか?」

ありす「いえ、別に……ただ、勝手に別のボールを混ぜたりして怒られないのかなと」

朔也「普段は話をつけてあるんだがな……まぁ、大丈夫だ。俺が話をしてこよう」

P「ちゃんと回収もしないといけませんしね」

 スタスタ…

ありす「……あの2人が話している間に帰りましょう。怒られかねませんし」

莉嘉「えぇぇーっ!?」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:30:57.59 ID:bm+a+d9R0

――――

P「……おはよう、ありす」

ありす「おはようございます。どうしたんですか?」

P「昨日、勝手なことをしないでくださいってすごく怒られた」

ありす「当然です。まったく」

P「あれ、お兄さんは?」

ありす「熟睡していたので放ってきました。起きたら来ると思います」

P「そ、そうか……」

ありす「……なんですか?」

P「いや、調子に乗るもんじゃないなぁと」

ありす「兄さんも、プロデューサーも子供みたいですね」

P「そうかな?」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:35:27.39 ID:bm+a+d9R0

ありす「そうです。櫻井さんも城ヶ崎さんもしっかりしているからいいですけれど、ちゃんとしてもらわなきゃ困ります」

P「気を付けるよ……」

 ガチャッ!

莉嘉「Pくんおっはよー☆ ありすちゃんも、おはよっ!」

ありす「あぁ、おはようございます」

莉嘉「……あっ!」

ありす「な、なんですか?」

莉嘉「今普通に返事してくれた! やっりぃ~♪ えっへへ~☆」

ありす「……兄さんが遅刻なんてするから悪いんです」

莉嘉「でも、呼んでもいいよね? ありすちゃん!」

ありす「……お好きにどうぞ」

莉嘉「だって! ねぇねぇ聞いた! Pくん!」

ありす「名前で呼ぶの、禁止しますよ?」

莉嘉「あぅっ、ごめんね?」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:42:02.56 ID:bm+a+d9R0

ありす「まぁ、別に……いちいち咎めなくてもいいと思っただけですから」

P「ありす……」

莉嘉「ありすちゃん、えらーい!」

ありす「……なんだかむず痒いですけれど」

 ガチャッ…

桃華「ふふっ、にぎやかですわね?」

莉嘉「あ、桃華ちゃんおっはよー!」

ありす「おはようございます」

桃華「えぇ、おはようございます。本日はお兄様は?」

ありす「少し遅刻するんじゃないでしょうか……研修中みたいなものなのに、至らない兄ですけれど」

桃華「ふふっ、そうですか。かしこまりましたわ」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:47:11.49 ID:bm+a+d9R0

P「さて、本日の業務だ!」

莉嘉「よーし、がんばろーっ!」

P「まずはバラエティの収録だな。うまくすれば名が一気に売れるぞ」

桃華「動物とのふれあいですの? 楽しみですわ……」

ありす「あまり、大きな動物は……」

莉嘉「んんー? ありすちゃん怖いの?」

ありす「そういうわけではありません。怖くなんてありませんから」

                                スタスタ
                  ヤハリソウイウコトカ>(0M0 ))))))

ありす「に、兄さん!?」

朔也「あぁ、危うく遅刻だったな」

莉嘉(いつの間に入ったんだろ……?)



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:50:51.73 ID:bm+a+d9R0

P「それで、やはりって?」

朔也「何、ありすは……」

ありす「兄さん」

朔也「……」

ありす「……ハンバーグ作ってあげませんよ」

朔也「すまない、なんでもないんだ」

P「あぁ、はい……わかりました……」

莉嘉(あれでいいのかなー?)

桃華(うふふっ、きょうだいの仲がいいというのは素晴らしいことでしてよ?)



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:00:50.07 ID:bm+a+d9R0

――――

――


莉嘉「すごーい! キリンさんの舌って長いんだねー!」

桃華「うふふっ、象さんって本当にたくましいんですのね。ごつごつとしていて、乗り心地も……なんだか不思議でしたわ」

ありす「……ポニーって、ああ見えて力もあるんですね。馬力という言葉があるだけあります」

莉嘉「ありすちゃん、ぺろぺろってされてびっくりしてたよね?」

ありす「忘れてください」

桃華「よろしいではありませんか。スタッフの方々も……」

ありす「……あのカメラ、どうにか止めてもらえないでしょうか。無かったことに……」

P「まぁまぁ、いいじゃないか……」

ありす「……あれ? 兄さんはどうしたんですか?」

P「ウサギに襲われてるよ」

ありす「えぇ……?」

(;0M0)<ウワァァァァァァ!
※参考サイズ

i0838694-1359291624



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:06:23.27 ID:bm+a+d9R0

――――
――

記者「今回は子役たちで構成された映画ということで……どうでしたか?」

桃華「わたくしたちだけで、考え、作る。とてもやりがいのあるお仕事でしたわ」

莉嘉「あのね、だけど……すっごーく楽しい映画になったと思うから、見てよねっ☆」

ありす「えぇ、スタッフの方々ともたくさん話し合ったりして――」

 ガチャーンッ!

朔也「みんな! スシがある! ウニもだ!」

記者「へ?」

桃華「……あらあら」

ありす「……兄さん?」

(;0M0)<……

ありす「……」

莉嘉(あれは相当怒ってるよぉ……)

――

――――



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:15:01.61 ID:bm+a+d9R0

――――
――

ありす「……というわけで、今回の散歩はここまでです。次回のナビゲーターの方は」

莉嘉「アタシだよっ☆ えっへっへ~それじゃあ、まったねー!」

監督「はい、オッケーでーす!」

ありす「ふぅ……あれ? 兄さんとプロデューサーは?」

莉嘉「んーと……あっ」

朔也「……」ゴソゴソ

P「……」ゴソゴソ

莉嘉「何やってるの? Pくん」

朔也「四葉のクローバー探しだ」ゴソゴソ

莉嘉「へぇー……じゃあアタシもやるー」ゴソゴソ


監督「……これは次回使えるな、俺も探そう」

ありす「!?」

――
――――



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:22:09.39 ID:bm+a+d9R0

――――

――

ありす「まったく、最近の兄さんときたら……」

莉嘉「ありすちゃん、お兄さんのこと大好きだねっ♪」

ありす「そういうのじゃありません。撮影の邪魔になったりとか、取材の邪魔になったりだとか……」

桃華「ですが、どこか憎めないというか……そこから、また大きなお話もいただいたりもしましたし」

ありす「……甘いですよ、2人とも」

桃華「そういうありすさん自身が一番甘いのでは? ……実は、家で」

ありす「なっ、なにを言ってるんですか!」

桃華「あら、本当にそうですの?」

ありす「っ……もうっ!」

桃華「うふふ、失礼しました」

莉嘉「アタシもお姉ちゃんのこと大好きだし、わかるけどなー?」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:29:06.29 ID:bm+a+d9R0

P「おーい、お待たせ」

桃華「あら、お帰りなさいませ」

莉嘉「もーっ、Pくんおそーい!」

P「近くの自販機のジュースが売切れてて……ほら、ありすも」

ありす「ありがとうございます……兄さんは?」

P「ん? なんだか緊急の連絡があったとかで……」

ありす「そうですか……また、忙しくなるのかな……」

莉嘉「大丈夫だよ、おうちにはちゃんと帰ってきてくれるって約束でしょ?」

ありす「そうですけれど……」

P「ありすも素直になったなぁ……」

ありす「なんですかその言い方は。心外です」

P「あぁ、ごめん。だけどよく笑うようになってさ……本当に可愛いと思うぞ?」

ありす「……そうですか。ありがとうございます」

桃華「ふふっ……あら?」

幼女「ふぇぇぇ……」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:34:30.01 ID:bm+a+d9R0

桃華「どうしたのですか?」

幼女「ふぇぇぇぇ……」

P「ひょっとして迷子か? キミ、お名前は?」

幼女「……ぐすん、ぐすん」

莉嘉「なんだかPくん怪しいヒトみたーい!」

P「ひ、ひどいな! 俺だって傷つくぞ?」

ありす「あの、あなた……」

幼女「……」ニタァ…

ありす「っ……!?」ゾクッ



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:40:51.62 ID:bm+a+d9R0

              ザシュッ!



ありす「え……あ……」

幼女「ふぇぇぇ……はずしちゃったよぉ……」

P「っ痛ぅ……な、なんだ……いったい!」

莉嘉「Pくん、血が出てる! な、なに今の……」

幼女「……たぶん、こんかいのばとるふぁいとはれいがいなんだよぉ……」

桃華「な、何を言ってるんですの……?」

幼女「だから、ふういんのしゅだんをてにいれるひつようがあるんだよぉ……」

ありす「に、人間……じゃない……!?」

幼女「いいかんがえだとおもったのになぁ……たいせつなかぞくとひきかえにー、って……」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:45:36.11 ID:bm+a+d9R0

幼女「ねぇ、そうおもうよねぇ……?」

ありす「ひっ……!」

P「や、やめろ!」

幼女「もぉ……じゃまなんだよぉ……」


     グイッ… 
             ドンッ!


P「っあ……!」

莉嘉「Pくん!」  桃華「Pちゃまっ!?」

幼女「かみじょうむつきのまわりはなんだかちょろちょろしてるくいーんがうっとおしいんだよぉ……」

幼女「けんざきかずまはかぞくもともだちもいないさびしいひとだったよぉ……」

幼女「じょーかーなんて、こっちがふりなだけでなにもできないんだよぉ……」

幼女「だから、たちばなさくやの『たいせつなかぞく』をいただくよぉ……?」

ありす「い、いや……!」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:51:00.78 ID:bm+a+d9R0

幼女「ちゃんとらいだーしすてむをもらったらかえしてあげるからおとなしくしてほしいんだよぉ……」


    シュルッ……


ありす(や、やだ……助けて、誰か……誰か……)


幼女「ふぇぇぇ……らくしてずるしていただきなんだよぉ……」


     シュルルルッ……


ありす「――兄さんっ――!」


     ガァン!
      ガァン! ガァン!



ありす「……え?」



朔也「……」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 22:56:22.97 ID:bm+a+d9R0

幼女「ふぇぇぇ……いたいよぉ……」

ありす「に、兄さん……?」

朔也「……」チャキッ


幼女「あれれー、おかしいよぉ……?」

朔也「……」

幼女「ゆうどうのために、かいのあんでっどをはなれたばしょであばれさせたはずだよぉ……?」

朔也「剣崎がそっちへ向かった」

幼女「うわぁ……まちのひとをみすてるなんてわるいおとなだよぉ……」

朔也「嫌な予感がしてな」

幼女「ふぇぇぇ……まったくもってりかいふのうだよぉ……」



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:04:02.05 ID:bm+a+d9R0

幼女「……でも、きちゃったものはしかたないよぉ……」

朔也「俺の家族に……その、大切な仲間に……」

  ガチャッ  シュルルルルッ  シャキンッ

ありす「ベル……ト……?」


幼女「おしえてあげるよぉ……きんぐの、じつりょくをぉー!」

        パキッ  パキパキパキッ……パリンッ!

朔也「手出しはさせない! 変身!」

       ≪Turn Up≫

ありす「……変わった……」



パラドキサ・アンデッド「……」

ギャレン「……」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:07:43.54 ID:bm+a+d9R0

ギャレン「……ありす」

ありす「あ……は、はい」

ギャレン「みんなを連れて逃げるんだ」

ありす「兄さんは……」

ギャレン「大丈夫だ、必ず帰る……急げ」

ありす「……はい!」


莉嘉「ど、どーいうことなの……?」

桃華「わ、わかりませんわ……でも、は、はやく……」

ありす「2人とも! プロデューサーは……」

桃華「お、おそらく気絶しているだけ……だと思いますけれど、でも」

ありす「……3人で抱えましょう。せーのでいきますよ」

莉嘉「う、うん。せーのっ……!」

 ズルッ… ズルッ…



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:15:41.57 ID:bm+a+d9R0

パラドキサ「……ふふふ」

ギャレン「何がおかしい」

パラドキサ「しょうじきなはなしをすると、けんざきかずまやじょーかーがいなくてほっとしてるんだよぉ……?」

ギャレン「……」

パラドキサ「あのふたりはそこがしれないよぉ……だから、あいてにしないでらいだーしすてむだけてにいれられてらっきーなんだよぉ……」

ギャレン「俺は負けない……仲間のために。残された、痛みは……誰にも!」

パラドキサ「やれるものなら……やってみるんだよぉっ!」

      グアッ!

ギャレン「……フッ!」

   ≪Absorb Queen≫

パラドキサ「むむむ……? うえかぁッ!」

   ≪Fusion Jack!≫

Jギャレン「ハァーッ!」

    ガァンッ! ガァンッ!



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:17:03.68 ID:+Sk/Bpt+0

あっ……Jは……



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:22:18.01 ID:bm+a+d9R0

  バチュンッ!  バチュンッ!
      バチュンッ!


パラドキサ「いたいよぉ……」

Jギャレン「よし、当たる……このまま……」

パラドキサ「このぉッ!」


   ブンッ            バチュンッ!   バチュンッ!
      スカッ      ダァン!   ダァン!


パラドキサ「ぴょんぴょんとびまわって……うっとおしいんだよぉ……」

Jギャレン「まだだ!」


   ダァン!  ダァン!   ダァン!


パラドキサ「ふ……ふふ、ふふ、あは、あはははは……」

Jギャレン「な、なんだ?」

パラドキサ「アーハッハッハッハ! でもこんな豆鉄砲じゃぁ、ききや……しないんだよぉッ!」

Jギャレン「……!?」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:27:58.39 ID:bm+a+d9R0

    ヒィ―――ン……       ザシュッ!


Jギャレン「な、に……!?」

パラドキサ「あれあれ~? 羽に当たっちゃったかぁ……ざぁんねん……」

Jギャレン「くっ!」


       ダァン! ダァン! ダァン!
    ガァン!    ガァン!    ガァン!


パラドキサ「無駄だよぉ……? うふふ、飛び道具っていうのはこうやって……」キィィ…

Jギャレン(まずい、来る!)

パラドキサ「やるんだ……よぉッ!」


      ヒィ――――ン……ザシュッ!


ギャレン「く……うっ」

パラドキサ「あれあれ~? まただめかぁ……でもこれで飛べないねえ?」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:35:48.53 ID:bm+a+d9R0

ギャレン「まだだ……!」

パラドキサ「諦めの悪い男は嫌われるよぉ……?」

ギャレン「貴様に好かれるつもりはない!」

パラドキサ「そぉ……ざ~んねん……」キィィ…

ギャレン「今だ! はぁっ!」

パラドキサ「えっ!? くっ!」


  ダァン!
    パシュンッ!


ギャレン「見えない刃の正体は……ウォーターカッターか!」

パラドキサ「……それがわかったところで、なんだっていうのかなぁ……?」

ギャレン「……お前に、勝つ」

パラドキサ「ふぅん……できるもんなら……」キィィ…

ギャレン「……」チャキッ

パラドキサ「やってみなよぉッ!」 ダンッ!



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:43:10.91 ID:bm+a+d9R0

    ダァン!               ダァン!
      パシュンッ!   ダァン!        パシュンッ!
   ダァン!            パシュンッ!      ダァン!
       パシュンッ!                       パシュンッ!


パラドキサ「ちぃぃ……うっとぉしいなぁ……!」

ギャレン「……」

パラドキサ「……でもそのなまっちょろい銃じゃあ致命傷にはならないんだよぉ……?」

ギャレン「……」

パラドキサ「打ち消せないぐらい強烈なのをお見舞いして……」キィィィィィィ……!

パラドキサ「あげる、よぉッ!」

ギャレン「……」スッ  ピピピッ!  

    ≪Thief≫


パラドキサ「あ、あれ? おかし……」


   ヒィ―――ン……ザシュッ!


パラドキサ「ッあ……!?」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:52:41.52 ID:bm+a+d9R0

パラドキサ「なん、で……あた、しに……」

ギャレン「カテゴリー10、シーフでお前の最大の攻撃を盗み、返した」

パラドキサ「なんだ、って……このっ……! あ、あれ……?」

ギャレン「無駄だ」

パラドキサ「な、なんで……刃が……」

ギャレン「発生源は見極めた。そこを正確に打ち抜かせてもらったぞ……カテゴリー8の力でな」

パラドキサ「な、なめるなあぁぁぁぁっ! きんぐを! このていどでっ!」

ギャレン「……」スッ ピピピッ!


    ダァン!     ダァン!    ダァン!
       バキュンッ! ≪Drop≫   バキュンッ!
      ダァン!   バキュン!  ダァン!


パラドキサ「ぐ、う、ぅぅぅ……!」

ギャレン「……」スッ ピピピッ!


    ガァン!    バァン!!  バキュンッ!
       バキュンッ! ≪Fire≫    バキュンッ!
      ダァン!   バキュン!  ダァン!



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:57:12.14 ID:StwVeVk40

スコープだっけ?8って



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:58:21.62 ID:+6UN28gP0

本編では使われた形跡のないスコープだと思う



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:59:17.96 ID:70wBcguP0

面白いとか言われた割に使われなかったバットのあれか



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 23:59:44.21 ID:bm+a+d9R0

パラドキサ「うわぁぁぁぁぁぁっ!」

ギャレン「……」ピピピッ!


 ダァン!   ダァン!  ダァン!   ダァン!  ダァン!
    バキュンッ! ドォンッ!≪Gemini≫ バキュンッ!  バチュンッ!
  ドォンッ! ガァン! バチュンッ!  バキュン  ダァン!


パラドキサ「あっ……!」

ギャレン「ウオォォォォォォッ!」


    ≪Burning Divide!≫

   ダッ  シュミンッ!
          ギュルッ
            ―――ドガガガッ!


           ドオォーンッ!

ギャレン「……」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:07:35.49 ID:vaNq7em/0

パラドキサ「ぜったいに……こうかいするんだよぉ……」

ギャレン「まだ……いや、もう立てないか」

パラドキサ「だって……あなたたちは、みんな――」

   ヒュンッ    シュンシュンシュン―――パシッ

ギャレン「……」

ギャレン「終わった……か……」カシャンッ


朔也「くっ……」

朔也「剣崎の方は……大丈夫か……? いかなく、ては……」ズルッ…ズルッ…

ありす「兄さん!」

朔也「……あり、す……?」

ありす「ひ、ひどいケガですよ! 病院にいかないと!」

朔也「大丈夫だ……まだ、戦ってる、仲間……が……」

ありす「兄さん……? 兄さん、兄さん! しっかりしてください!」

桃華「血が……何か、止血しなくては……!」

莉嘉「うー、救急車! 早く来てよぉ……!」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:13:29.41 ID:vaNq7em/0

ありす「……」

桃華「ありすさん? いったい何を……」

ありす「……」バッ

莉嘉「え、ちょっと! なんで脱いで……」

ありす「圧迫止血には、布がいるって……読みました。だから……」

桃華「……でしたら、これを使いましょう。清潔な布のほうがよろしいでしょうし」

ありす「これって……?」

桃華「わたくしたちの新しい衣装ですわ。よろしいですわよね、莉嘉さん?」

莉嘉「う、うん! 服より、お兄さんの方が大切だよ! どうすればいいの!?」

ありす「……すみません、ありがとうございます」

桃華「いえ、それより全身裂傷だらけ……本当に、ひどい状態ですわ……血を止めないと……」

莉嘉「Pくんも、目を覚まさないし心配だよ……うぅ……」



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:17:44.99 ID:vaNq7em/0

――――

――

ありす「……」


ありす「嘘つきです。あなたは……あなたたちは……」


ありす「大切だって、思ったのに……」


ありす「……遠くに、いっちゃいましたね」


ありす「私たちを、おいていくなんて……最低です……」


ありす「……ねぇ、お願いです。やっと、素直になれたんですから……」


ありす「……もう一度だけ、名前を呼んでください……」



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:23:12.79 ID:vaNq7em/0

ありす「……」


 トテトテトテ……ガチャッ


桃華「あ、ありすさん。お帰りなさいませ」

莉嘉「あ、ありすちゃん。何か飲む?」

ありす「結構です。ところで……」



P「ありすぅぅぅぅぅぅぅ……」ボロボロ

朔也「アリズゥゥゥゥゥゥ……」ボドボド


ありす「……私の主演のドラマ、見てくれるのはありがたいんですけれど何回リピートする気なんでしょう」

桃華「ふふっ、良いことではありませんか! それだけ思われているということでしょう?」

莉嘉「ねー! ありすちゃんすっごーいきれいでステキだもん!」



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:29:37.59 ID:vaNq7em/0

ありす「そうですか?」

桃華「えぇ、とっても。うらやましいぐらいですわ」

莉嘉「アタシもあんなふうにきゅーんってなるドラマとか出てみたいなー」

ありす「……莉嘉さんなら、私とは別の分野できっと素敵なお仕事が来ると思いますよ」

莉嘉「そうかな? えっへっへー、その時はアタシにクギヅケにしちゃうからねっ☆」

P「お……あ、ありす!」

ありす「なんですか?」

朔也「アリズゥゥゥゥ……」

ありす「あぁもう、大の大人がだらしない……何回目なんですか、まったく」

桃華「でもいやではないのでしょう?」

ありす「……そうですけれど」



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:35:38.35 ID:vaNq7em/0

P「だって……だって、なぁ!」

ありす「はいはい、わかりましたから」

朔也「俺は死なない、約束する!」

ありす「何回目だと思ってるんですか、もう」

莉嘉「ぷぷぷーっ、まるでありすちゃんがお姉ちゃんみたい!」

P「ありすはしっかりしてるもんなぁ」

朔也「俺の自慢の妹だ」

桃華「それも耳が痛くなるほどお聞きしましたわ」



ありす(――あのあと、兄さんとプロデューサーはすぐに入院しました)

ありす(思っていた以上に大変な状態だったみたいで、2人ともひょっとしたら目が覚めないかも、なんて言われて……)

ありす(……泣いてませんよ。本当です)

ありす(でも、なんとわずか2週間で完全回復。でたらめすぎます)



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:36:03.90 ID:WLcGDvfN0

もずくのおかげだな



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:41:59.08 ID:vaNq7em/0

ありす(……まぁ、だけど……)


朔也「どうしたんだ、ありす?」

P「ま、まさか! 何か嫌なことが!」

ありす「いいえ、特に」

朔也「そうか、何かあったら相談するんだぞ」

P「俺たちがついてるからな!」

ありす「そうですか、すごいですね」

朔也「あぁ、仮面ライダーと――」

P「プロデューサーがいるんだ。無敵だろ?」

ありす「ふふっ……意味わかんない」

P・朔也「「!?」」


ありす(私、今とっても楽しいです)

ありす(お仕事も、家族も、名前を呼ばれることだって!)


おわり



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:43:10.28 ID:vaNq7em/0

橘さんは本当にかっこよくて素敵で一流な人
フォーゼクロスの人を一部参考にしました、ありがとう

保守支援ありがとうございました



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:43:50.67 ID:Jg3H0pKL0


やっぱ一流だよなぁ橘さんは



259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:44:26.62 ID:qwDgSWBI0


ダディチョーイイネサイコー



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:44:44.88 ID:vaNq7em/0

それから、このお話は一応本編とは矛盾するようにしてあるの
解放されなかったアンデッド、解放されたアンデッドは微妙に食い違ってるよ!
天王寺はたぶん別のアンデッドでティターンポジを作ると思うよ!

おつぁーしゃー☆



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 00:45:53.76 ID:BkSVL/Fh0

面白かったわ!乙



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 01:08:59.39 ID:ly+R2YYH0

おっつおっつ





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



ちらっと探してみた

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:41:23.18 ID:+Sk/Bpt+0

橘ありす(12)画像は>>6

141cm,34kg
BWH:68-52-67
血液型:A
誕生日:7/31(獅子座)
利き手:右
出身地:兵庫
趣味:ゲーム・読書(ミステリー)

他にもモバマスの登場キャラで「速水」という苗字も居る



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:45:02.31 ID:CUup9p3W0

12歳組なんですか!やったー!


ところでライダーで速水って誰だっけ?龍騎?



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:47:31.80 ID:jRkvMzBa0

>>46
天野さん(ダディヤナズァン)の演じてるフォーゼの悪役が速水公平



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 18:49:38.26 ID:+Sk/Bpt+0

そしてモバのが速水奏(17)


kanadeR+



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:40:32.16 ID:+Sk/Bpt+0

ちらっと探してみた

相川始……相川千夏
橘朔也………橘ありす
上城……×(中の人苗字で北条なら『北条加蓮』が繋がるが……)

栗原天音……栗原ネネ


相川千~1d03b9161栗原ネ~1



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/27(日) 21:44:22.84 ID:UQzBuTpG0

>>118
上条春菜「……」


上条春~2



五代が春香と絡む奴

280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 01:15:29.46 ID:dPvjYt010

たしか五代が春香と絡む奴があった気が
本編未登場のネズミグロンギと戦ってた



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/28(月) 01:16:26.63 ID:qwDgSWBI0

春香「こんな奴らのために、もう誰かの涙はみたくない!」
だっけか



転載元
モバP「ありすのお兄さん……?」朔也「俺は橘、ギャレンだ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359274586/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 03:53
          • いいSSだ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 04:02
          • 5 途中の件はダディじゃなくて もう天野さんになってるじゃねーかwww

            SSは上の上でしたよ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 04:09
          • |/|-|\
            | 0M0) ニヤニヤ
            |⊂ /
            |  /
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 04:10
          • 誰かやると思ったww
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 04:15
          • 5 ※3 ナズェミテルンディス!?
            やはりダディは普段抜けてるけどやる時はやるってのが格好いいんだよ!
            ( 0M0)<辛味噌!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 04:31
          • いや、やっぱライダーというか特撮クロス物はいいねぇー GJ!
            カマタとは違う剣本来の世界でのパラドキサが見れたのは良かった
            男のスペードQがいるんだからやっぱハートKは女性の方がいいもんね
            本編終了後時系列でSICのギャレンKF対パラドキサでキング対決なんてのも面白いかもね

            欲を言えば南条ちゃんも何らかの絡みが欲しかったかも…(南条光とタイガーUの城光で名前ネタできそうだし)

            ちなみに昔クウガ超全集の警視庁事件カレンダーに書いてあったが、>>280の本編未登場ネズミ種グロンギはズ・ネズマ・ダとズ・ネズモ・ダの2種がいて、片方はゲゲルのタイムリミットで自爆死、もう片方はドラゴンFで撃破とかだった気がする(若干うろ覚えだが…)

            あと>>118の加蓮がままゆコラになってるのが…w
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 04:33
          • 5
            まぁ、ブレイド知ってると考えちゃうよなwww
            (0H0)<さて、次は最強のライダーをだな……
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 05:22
          • 前に弦太朗と千早が兄妹のSSもあったし、意外とライダーとアイマスはよく合うのかもなw
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 07:53
          • やっぱり確変入ったギャレンは最強だな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 08:36
          • ▲「お前は一体何物なのだっ!!」

            ?「通りすがりのプロデューサーだ、覚えとけ!!」


            なヤツを誰か頼む
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 08:56
          • SS……ですか……モバマスらしい

            確かナンジョルノは誕生日がカイザの人と同じだったはずだ……科学者アイドルもいるしG3ぐらいなら開発してそうではある

            しかし天n……橘さんは凄いな!事務所でサッカーやったら勝手に骨折したりするんだろうな……
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 09:34
          • ※1
            感動的だな。
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 09:38
          • ( 0M0)<乙彼
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 09:58
          • どうしても幼女キサが鎌田で再生される
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 10:00
          • ※12
            だが無意味だ。(腹パン)
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 11:38
          • どうした?乙しないのか?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 11:44
          • 肇ちゃんは字が違うから駄目ですか
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 12:38
          • これはありすを初めて引いた時真っ先にギャレンを連想してしまった俺にとても良し。
            やっぱり橘さんは一流だよな~
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 12:51
          • 寿司とクローバーネタで笑った
            それ天野さんの方や

            内容の方も良かった
            ありすちゃんにアレコレしたい欲望
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 14:03
          • 流石ダディだ。決めるべきところで決めてくれるぜ!

            欲を言えば序盤の距離云々で「この距離ならバリアは~」を言ってほしかったwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 14:41
          • 橘さんの脳内再生率がヤバい。


            幼女「ふぇぇぇ……らくしてずるしていただきなんだよぉ……でローゼンの金糸雀思い出した。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 15:46
          • やっぱ一流だよなぁ橘さんは
          • 23. 検索用七草粥
          • 2013年01月28日 15:58
          • カナビソウルをBGMにバーニングザヨゴを決めてた橘さんと、
            「今分身したじゃないか」とか言ってフロート()さんと喧嘩してるダディーナサンは別人
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 16:46
          • 5 ( 0M0)<恐ろしい奴だ…戦って分かる
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 17:44
          • 安定の弱フォームwwww
            橘さんは騙されやすいけど騙したやつには漏れなく死亡フラグが立つからなwwww
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 18:08
          • ※15
            幸子「う”っっ!?」
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 21:06
          • 俺もアイマス×ライダーSS書いてみたいけどどこに書けばいいんだろ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月28日 22:11
          • 合間の天野浩成伝説に吹いた
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月29日 02:12
          • 鎌田「ふぇぇ…」
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月29日 03:35
          • まだ剣崎がジョーカーになる前なんだな…

            橘さんは剣崎の体を元に戻すための実験を自分の体で試して半不死身になるから結果として愛する妹の最後も看取る羽目になるな…

            まあ第二期平成ライダーの世界観ではきっと救いがあるだろうけど
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月29日 05:37
          • 天野さんじゃねーか!
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月29日 07:25
          • 橘「星に、願いを」
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月29日 07:25
          • クウガ、フォーゼ、ブレイドと後昭和ライダーの奴もあったっけな
            何にせよ面白かった
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月29日 11:26
          • 4 まあいつか来るだろうなと思ってたよ橘繋がり
            しかし止血のくだりで清潔な布=衣装っておかしいだろ……
            他になんかなかったのかよ……
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月30日 10:01
          • ナンジョルノはメタるから逆に特撮とクロスさせ難い不遇な子
            お面がまんまギャレンだし
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月31日 17:02
          • 5 アイマスキャラは『守るべき人々』『帰ってこれる日常』役をやれることが良くわかるSS
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月12日 12:40
          • おもしろかった!
            身内にこんな兄がいたら苗字で呼ばれる方がイヤになりそうだがw
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月25日 22:07
          • 橘さん結婚おめでとう。
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月26日 23:31
          • 5 天野さん結婚記念
          • 40. gucci リング
          • 2013年07月21日 13:15
          • モバP「ありすのお兄さん……?」朔也「俺は橘、ギャレンだ」|エレファント速報:SSまとめブログ gucci リング http://www.gucciencounterjp.biz/
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月07日 19:28
          • 前作これか
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月07日 22:02
          • 今見直してみて思ったが幼女がどう見てもこず(ry

            ####このこめんとはさくじょされました####

          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年09月05日 15:09
          • >>「剣崎一真は家族も友達もいない寂しい人だったんだよ」
            友達はともかく血縁者いないのは事実だが幾ら何でもあんまりすぎるw
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月10日 17:50
          • 何故ありすが兄を相手に敬語で話すのか理由を知りたい
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月29日 10:37
          • パラドキサアンデット扮する幼女が、別の世界では鎌田だと思うとゲロ吐きそう
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年05月01日 07:48
          • そういや剣崎くんの妹もアイドルだったな
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月27日 00:27
          • この後、橘さんは剣崎を救うために己の肉体で人体実験を繰り返すんだよなぁ…
            その結果、周囲の人々が老人になっているのにただ一人若いまま…ありすが救われないわ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 彡(゚)(゚)「えっ、ワイがスティールボールランレースに参加!?」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        • 【艦これ】提督「懺悔室始めました」
        • 【エグゼイド】駆け抜けるSonic!【ソニック】
        • 【モバマス】みく「りーなチャンが変な仮面つけてからおかしいにゃ」
        • 【モバマス】みく「りーなチャンが変な仮面つけてからおかしいにゃ」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ