TOP

宿屋の親父「勿論うちの娘を選ぶよな?」魔物使い「ないしww」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/12(土) 09:20:15 ID:41l/IJCg

以下親父

親父「何故だ!?」

魔物使い「いやいや、ありえんでしょwwwまじウケるww」

親父「自分で言っちゃなんだが、娘は器量もあるし顔立ちも富豪の娘に引けを取らないはずだ!!」

魔物使い「何それww親バカwww」



2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/12(土) 09:20:55 ID:41l/IJCg

魔物使い「そもそも俺冒険者よ?wwそんなの二の次だしww」

親父「それなら何が不満だというんだ!」

魔物使い「ぶっちゃけ弱いしww」

親父「は!?何をいっとるんだ!あの貧弱な娘より弱いわけがない!」

魔物使い「俺魔物使いよ?ww将来的な素質なんて一目瞭然で見抜けちゃうからww」

親父「そんなのただの可能性にすぎん!まだ交渉の余地はあるはずだ!」

魔物使い「ネゴシエーターwww ktkr wwwww」



3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/12(土) 09:21:14 ID:41l/IJCg

こんな感じでどうですかね?

天空嫁選びの交渉合戦です。



4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/12(土) 21:47:45 ID:41l/IJCg

親父「そもそも、娘との思い出はどうした!?心揺さぶるものが無いのかね?」

魔物使い「思い出補正とかwww超受けるんですけどwwwwww」

魔物使い「俺こう見えてもパーティー率いる長よ?」

魔物使い「戦況しだいでは爆弾岩に死んで来いって命令させることもあるわけ」

魔物使い「指揮力保つために日頃、締めるとこ締めとかんとね、色々イカンわけよ」

魔物使い「そんな時、旅の途中で過去バナとかされたらマジかなわんwwwww」

親父「娘も言って聞かせればそれぐらい理解するはずだ!!」

魔物使い「無理無理wwwww」



5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/12(土) 21:48:14 ID:41l/IJCg

魔物使い「だってさっき滝と火山一緒に行ったけど超ウザかったww」

魔物使い「指揮系統理解してなさすぎww俺の部下に勝手に指示だしてるしwww」

親父「それは貴様のことを想ってしたことだろう!言いすぎじゃないか!?」

魔物使い「はい逆切れwwあんたら親子超めんどいww」

魔物使い「その点あっちの親父さんは物事の本質をとてもよく理解していらっしゃる。娘さんの躾もできてるし」

魔物使い「なにしろ、経営という形で切った切られたの世界を歩んで来てるから、言わなくてもこちらの真意をちゃんと汲み取ってくれてるわ」



6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/12(土) 23:18:14 ID:aMS7dp6A

いいぞ



7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 08:58:43 ID:IYoTnuEI

親父「・・・何が言いたいんだ?・・つまりは金なんだな?」

魔物使い「wwこっちのおっさんはww言わなきゃ汲み取ってねれねぇwwwww」

魔物使い「最終的な協議はまだ先なんなんだが、有事における戦力支援を条件にまだいくらか引っ張りあげられるとして・・・」

魔物使い「・・・まぁ、月当たり1000?1200ってところで落ち着きそうなんだわ」

魔物使い「これがあっちから受けられそうな経済援助、ここらへんの敵なら30・・・いや、40は狩らなければ手に入れられないGだ」



8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 08:59:06 ID:IYoTnuEI

親父「・・・金」

親父「金じゃ買えないものもあるだろう!」

魔物使い「wwなにそのプライスレスwww」

魔物使い「現実的にいきましょうやwww金がなきゃ蘇生すら出来ないってのwwパーティー維持すんのいくら掛かるかわかってんの?ww」

親父「ダイコン出す!うちの畑で採れたダイコン出すから!!」

魔物使い「wwダイコンキター!wwwwwwwww」

魔物使い「それww反則www」

魔物使い「・・・・・・・まじ反則」



9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 09:12:34 ID:IYoTnuEI

―――――回想

魔物使い「おい、王子!どうしたんだ!ボロボロじゃないか!?」

奴隷王子「マイッタ、マイッタwwいやぁ、ムチ男に見つかっちまってよぅwww」

魔物使い「お前またなにかやらかしたのか?」

奴隷王子「ホラ、ダイコンかっぱらってきたwww」

魔物使い「盗ってきたのか!?それで殴られただけでよくすんだな?」

奴隷王子「泣きながら、靴舐めたら見逃してくれたwwww」

奴隷王子「あいつら超馬鹿www騙されてやんのww俺演技ウマすぎwwwww」



10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 09:14:02 ID:IYoTnuEI

奴隷王子「さっそく喰おうぜ!!ホイッ、お前の分」

魔物使い「それはお前が命懸けで・・・」

奴隷王子「www一人で喰えるかってのww、葉っぱもやるしwww」

…シャクシャク

シャクシャクシャク…ガツガツガツガツ

魔物使い「・・・ちくしょう・・・うめえな」

奴隷王子「超うめえなwww」

魔物使い「ああ・・・・マジ、うめえ」

――――――回想終わり



12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 12:37:45 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・・・・・・・ダイコンはねえよ」

魔物使い「ダイコンは反則だろおがあああああぁぁぁ!!!!」

親父「・・・確かに俺には金はない。しかしこのダイコンには溢れんばかりに詰まっているものがある、わかるな?」

魔物使い「聞こえない!聞こえない!あー!!!あーーーーー!!!」

親父「耳を塞いでも無駄だ!!!お前のその手じゃ心の耳は塞げんぞ!!」ガシッ

親父「よく聞け!!」


親父「・・・・・・・・それは愛なんだよ」



14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 13:31:04 ID:IYoTnuEI

魔物使い「うわあああぁぁぁ!!
――――――愛なんていらねえんだよぉ!!!!!」


親父「否定したい気持ちもわかる、若さ故だな・・・俺も昔はそうだった」

親父「しかしなぁ・・・こればっかりは理屈じゃないんだな・・・」

親父「・・・魂が欲する無限大の絆。それ即ち愛」



13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 12:58:45 ID:QyHWGOTw

この魔物使いは王子とシスターの結婚を泣きながら祝福しそうだな



15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 14:06:41 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・・あの修道尼も王子を選んだんだ・・・結局は金なんだよ」

親父「お前は言ったよな、『現実的な話をしましょうや』と」

親父「お前こそ現実に目を背けるな!!」

親父「・・・お前の言うその王子は本当に金だけの男なのか?」

親父「その修道院の娘さんは金で選んだのかい?」

親父「>>13も言っているだろう?・・・お前は心から祝福しているはずだ」



17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 15:25:21 ID:IYoTnuEI

―――――回想

奴隷女「・・・樽の中は寒い・・・」ブルブル

奴隷女「もしこのまま漂流し続けたら・・・・・怖いです」

奴隷王子「俺の服かしてやるよwwwボロ布だけどwww」

奴隷女「そんな、駄目です!」

奴隷王子「へーき、へーきwww」ヌギヌギ

奴隷王子 ブッ



18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 15:25:43 ID:IYoTnuEI

奴隷王子「あww勢いで屁が出たwww」

奴隷王子「ちょっと温もったwwwあったけーww」

奴隷女「やだー・・・あはは」アハハ

魔物使い「臭ぇよ!www」パシン

奴隷王子 ブブッ

奴隷王子「また出たww俺のヌクモリティwww」

3人「「「あははははははははは」」」

―――――回想終わり



11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 09:25:43 ID:kobjeiIQ

まぁ、イケメンナイトとゴーレムいりゃいらんな。



19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 15:26:20 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・・ああ、わかってるあいつらはそんなんじゃない」

魔物使い「そんなんじゃねえことくらいは解ってんだよ!!」


魔物使い「・・・でも、でも金じゃなくても武力(ステータス)はどうなる!?」

魔物使い「>>11の言うとおり、旅を続ける以上、馬車の限られた1/8枠に弱っちい奴は入れられねえんだよ!!」



20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 15:57:30 ID:IYoTnuEI

親父「お前の言う武力(ステータス)とはなんだ?」

親父「敵をぶん殴る力のことか?」

親父「敵を葬る魔力のことか?」

親父「素早さ?もしくは運なのか?・・・ちがうだろう?」



21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 16:00:20 ID:IYoTnuEI

親父「共に仲間を思いやる気持ち、どんな逆境でも挫けない、諦めない心」

親父「俺はそれをちっさい頃からあいつにゃ、叩き込んできたつもりだ」

親父「それが・・・本当の武力=強さ(ステータス)じゃないのかい?」


魔物使い「・・・・・・・かもしれない・・でもさぁ・・」



16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 14:45:27 ID:aK9k9aLE

そもそもルックス的に富豪の娘のが好みなんだよ



22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 16:06:48 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・・・・・・かもしれない・・でもさぁ・・」


親父「歯切れがわるいぞ・・・なんか隠しているなぁ・・・お前の心の闇に棲まう、桃色悪魔がチラリとみえる」

親父「あー、ひょっとして、なんだあれか?>>16が言っていたようにあっちの娘の顔が好みなのか?それとも身体か?」

魔物使い「・・・・・・・・・うんどっちも、割と好み」カァー



24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 16:18:39 ID:IYoTnuEI

親父「若いなぁ・・・いやぁお前は若い!!」ガシッ

親父「断言しよう!ああいう美人は3日で飽きるッ!」


親父「耳を貸せ」チョイチョイ

親父「ああいうのはなぁ、妻に内緒でちょろっと遊んで癒されるくらいが・・・ちょうどいいんだよ」ポンポン



25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 17:02:42 ID:IYoTnuEI

魔物使い「ばっ馬鹿か、鬼畜か!・・・愛だの思いやりだの言ってたくせに何だソレ。ただの浮気じゃねえかよ」オロオロ

親父「はっはっはっ、色んなもん背負ってる男にゃ、全部忘れて遊びたいときもあるってもんだ!」

親父「そんなときゃ、決して自分の心に抗っちゃいけねえ」

親父「恋も想いも下心、全部忘れて下心ッ。大丈夫、一発オワりゃあ下にスルッと抜け落ちていくもんさ」



23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 16:07:43 ID:box3eseA

俺はどちらを嫁にしようと子供と一緒に酒場に預けていたな。俺の中ではあそこは酒場でなくて王宮の私室だし、愛する者達を戦場に連れて行く事なんてしないから(震え声)



26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 17:03:24 ID:IYoTnuEI

親父「しかしな、愛ってのは違うぞ、上からも下からもガッチリ鷲づかみされているからなぁ、ちょろっと遊んだ程度で揺るぐもんじゃあない。心配すんな!」


魔物使い「でもよぅ・・・仮にアンタの娘と一緒になって・・・その・・・ごにょごにょがばれた時さあ。正直怖いじゃん?・・・ぶっちゃけおっかないじゃん?アイツ」ボソボソ

親父「がっはっは、意外と心配性だなお前は。その間は>>23の言うとおり酒場にでも預けときゃばれやしねえさ!」バンバン



27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 17:22:56 ID:vx1Y2.NE

すっかり調子のりやがった



28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 17:36:46 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・そんなんほら、倫理的にさぁ」

親父「>>6もいいぞって言ってるじゃないか!いいんだよ。男は太いもんが真にビシッと一本通ってたら、枝葉は多少ブレてても別にいいんだよ!」ビシッ

魔物使い「ちょっ、おまっ・・・それレス無理に拾いすぎだろ?」

親父「拾ってナンボの世界だろ?俺は何でも拾うぞ!」

親父「その拾い癖が功を奏して、あいつを、捨て子を拾えたんだ。」

親父「あいつぁ確かに血は繋がってない拾った娘だ。でもなあ、実の娘と同じ、いや、それ以上に愛を持って育て上げた」

親父「ほんとに素晴らしい子に育ってくれた。どこに出しても恥ずかしくない、親思いの良い子なんだ」



29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 18:00:25 ID:ZnU4EAsY

親父が貰えばええのんに



33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 20:14:49 ID:IYoTnuEI

親父「本当に、本当に、思いやりのある娘なんだよ・・・・・」

魔物使い「そんなに言うんならよぅ・・・血が繋がってないんだろ?>>29が言うようにあんたが貰ってやればええですやん」

親父「・・・・・・・・・・・・ばかやろうぉ・・・バカヤロウ!」バキッ

魔物使い「グハッ」



34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 20:15:51 ID:IYoTnuEI

―――――親父回想 10年前

親父「どうした娘よ、料理なんか勉強しているのか?」

娘「へへへー、上手になってアイツにぎゃふんと言わせてやるんだから」

親父「おっ?将来あいつに貰ってもらうつもりかぁ?」

娘「違うーーー、わたしが貰ってあ げ る の!」



35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 20:16:14 ID:IYoTnuEI

―――――親父回想 7年前

娘「お父さんアイツなかなか来てくれないよ、ずっと待ってるのになぁ」

親父「あの親子は大事な大事な旅をしているんだよ。でも、大丈夫お前がいい子にしてたらきっとまた会えるさ」

娘「うん、いい子にするっ!」



36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 20:16:42 ID:IYoTnuEI

―――――親父回想 5年前

娘「お父さん、ちょっと出かけてくるね」

親父「なんだ、また協会か?ひょっとして“あいつに会えますように”ってお祈りするのか?」

娘「ちょっとお父さん何言ってんの・・・そんなんじゃないっていうか・・・」

娘「・・・せめてアイツが無事でいますようにってお願いしているの」

―――――回想終わり

親父「娘はなぁ!娘はずっとお前のことを愛しているんだよおおおおお!!!」ドガシッ



37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 22:58:32 ID:IYoTnuEI

親父「なぁ!解ってくれよ!」ユサッユサッ

親父「娘の気持ちを汲んでやってくれよ!」ユサユサ

魔物使い「・・・・・離してくれ」

親父「すまない、取り乱した・・・」

親父「なぁ・・・娘のことどう思っているのか、お前の本当の気持ちを教えてくれ」

親父「真実の気持ちをだ!・・・素直になれ・・・素直になれよぅ」



38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 22:59:03 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・・・・・・・ぅだよ」

魔物使い「そうだよ、俺だってあいつの事大好きだよ!愛してるよ!」

魔物使い「・・・ずっと好きだったんだよ」



39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 22:59:55 ID:IYoTnuEI

――――――じゃあ、わたしが本をよんであげるね
魔物使い「小さな俺に本を読んでくれたあいつが好きだった」

――――――あのオバケは強敵よ、私の後ろに隠れて
魔物使い「どんな敵にも怯まないあいつが好きだった」

――――――もう大丈夫よ子ネコちゃん
魔物使い「いつも周りに優しさを振りまくあいつが好きだった」

――――――また一緒に遊ぼうね。約束よ、絶対にね。
魔物使い「好きだった、好きだった!好きだった!!・・・あいつの全てが好きでした」



40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 23:01:56 ID:IYoTnuEI

魔物使い「・・・・・・」スゥ

―――――え?魔物使いなの・・・本当に魔物使いなのね!
魔物使い「再び出会えたとき、俺は生まれて初めて神に感謝した」

魔物使い「10年の奴隷生活の間に神の存在なんか欠片も残さず忘れちまった俺が、心の底から感謝したんだ」



魔物使い「―――――――滝のダンジョンが永遠に続いて欲しかった」



41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 23:14:34 ID:IYoTnuEI

親父「・・・・・・それならどうして・・」


魔物使い「・・・俺がよぅ、あいつ貰っちまったら・・あんたはどうなるんだよ」

魔物使い「病人のあんた残して俺があいつを連れていけるわけがないだろうがああああぁぁぁ!!!!!!!!」ウワーーー

親父「バカヤローーーーーー!!!!!!!!」ドカーン 

魔物使い「ぐはぁ!」ガシャーン



42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 23:16:32 ID:FVs5EZhE

親はなあ娘が幸せになったらそれの倍以上幸せなんだよ!汲み取ってやれよ!



43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 23:38:04 ID:IYoTnuEI

親父「まさに>>42だよッ!もう、それしかないんだよ!!」

親父「10年続く命が半分に縮まっても!明日くたばっちまったとしても!娘が幸せなら俺はちっとも惜しくはないんだよ!!」

親父「娘も 夢も 俺の気持ちも ダイコンも みんなまとめて貰ってくれよ!!!!!」

魔物使い「親父ィーーーーーーー!!!!」タッタッタッタッタッ

親父「息子ォーーーーーーー!!!!!」ダッダッダッ

魔物使い 親父「!!!」ダキッ



45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 23:55:37 ID:IYoTnuEI

ビアンカ「あんたら五月蝿い!!!>>27の言うとおり調子に乗りすぎよ!!」

ビアンカ「お父さん、お酒は控えなさいってお医者さんに言われてるでしょうが!」ペチン

ビアンカ「アンタもアンタよ!式も終わったってのにお互い3日連続同じネタでよく呑み明かせるわね!いい加減にしないと別れるわよッ!」ペチン

ビアンカ「・・・・・空き瓶ちゃんと片付けといてよ」チッ

魔物使い 親父「「すんませんしたー」」ドゲザッ

――――――――――――――――――――――――――   THE END



46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/13(日) 23:58:33 ID:/d5/juB6

酔っ払いのテンションだったのかよww乙!



47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 00:19:00 ID:xy19S0eQ

終わりです。

どうもありがとうございました。

レスのおかげでなんとかある程度続けられました。

滝と火山一緒に行ったってところは勘違いでした。
火山は一緒じゃないですねww



50 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 02:44:30 ID:Xk3/vTpU

乙ー楽しかったぜ



51 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 05:35:57 ID:MAvLhSiA

乙、

酔っ払いどもめwww


金髪嫁「これからは学問を学ばせるわ!」魔物使い「ありえん!」



転載元
宿屋の親父「勿論うちの娘を選ぶよな?」魔物使い「ないしww」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1357950015/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (14)

          • 1. MCC
          • 2013年01月24日 17:38
          • 5
            ドラクエをプレイしたくなったお☆
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 17:47
          • 1 つまらない
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 18:59
          • リメイク前だと富豪の娘は言うこと聞いてくれんかったから実質一択だったなー
            おかげでリメイク後は迷うことなく富豪の娘でした
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 19:02
          • デボラ一択
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 19:48
          • 1 デボラが一番得だよなぁ。
            ルドマンから貢ぎ物来るし、他の嫁と違って肉弾戦出来るし、子供の髪が黒に出来るしで。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 19:51
          • 何故ビアンカだけ実名?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 19:54
          • ピエール「もうここは間をとって魔物オンリーでいいでしょ」

            ゴレムス「一理ある」

            オークス「一理ある」

            ホイミン「一理ある」
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月24日 23:09
          • いやあの黒髪娘派なんで
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月25日 03:35
          • お、男ならビアンカ一択だから(震え声)
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月25日 05:29
          • 最初は金髪選んだけど2度目は黒髪選んだ金槌で黒髪会心出来るからメタル狩りが楽だった。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月15日 22:03
          • 富豪の娘(青髪)しか選びません

            本気で好きなんだ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月25日 18:54
          • 金髪嫁だろ。幼馴染みだし、一緒に冒険したし
            だが昔はエルフのあの娘√が欲しかった
            氷の女王だか何だか倒したあの娘
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月23日 18:53
          • 第三の女という選択肢を
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月31日 18:29
          • 4 良かったよ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「やきう応援もできるし、女子たくさんおるから吹奏楽部入ったろ!」
        • 【バンドリ】白鷺千聖「フィクション」
        • 女騎士「くっ、すぐに殺せ!」敵「え?くすぐり殺せ?」
        • 後輩(実は淫魔♀)「せんぱぁい……魔物の巣に入り込むなんて食べられに来てるような物ですよぉ……♥」
        • 俺「月曜日やだぁ。>>4(おえかき)して現実逃避しよう…」妹「お兄ちゃん…」
        • 俺「月曜日やだぁ。>>4(おえかき)して現実逃避しよう…」妹「お兄ちゃん…」
        • 獣耳娘「ふふーん、どうですか?この世界って。」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 俺「暇だし>>4(腹パン)するか」妹「うん!」
        • 【ミリマスSS】未来「静香ちゃんの!」翼「晩ごはんを!」静香「当てる?」
        • のび太「独裁者…?」
        • ジャイアン「皆さん、ぼくと一緒にお勉強しませんか?」
        • 俺「店長、俺…今月でバイト辞めたいンすけど?」店長「えっ」
        • 【仮面ライダージオウ】ウール「す、スウォルツ!勝手にアナザーライダー作らないで!」
        • 【ウルトラマン×艦これ】吹雪「ジーッとしてても、ドーにもなりません!」
        • citrus 柚子「芽衣!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ