TOP

千早「あなたはどれくらい遠い場所にいるんだろう」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:33:11.10 ID:midrKtmv0

 
―――風が優しく吹いた


千早「……少し疲れたわ」


小さく零した

すっかり夜もふけた
もうすぐ朝が訪れる


夜が終わる前に、この坂道を乗り越えられるかしら

いいえ、考えても無駄ね


千早「私は、私のペースを守りましょう」


自分に言い聞かせる



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:34:15.82 ID:midrKtmv0

 
千早「……綺麗ね」


立ち止まり、空を見た


星があった
消えそうだけど、それでも精一杯輝いていた

あなたも同じ空と星を見ているのかしら


いいえ、同じ空も星も見えるはずがない


私は再び歩き始めた



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:37:16.63 ID:midrKtmv0

 
千早「……もう少し荷物を減らしても良かったかしら」


背負うリュックサックはずしりと重たい

あなたはどう言うだろう
いつも曖昧な事ばかりを言うあなたならば


いつか誰かが言った
言葉は伝わらないことが多いって


だから、曖昧なのは私も同じ
むしろ私のほうが、もっと言葉が足りないのかしれないわね





4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:40:40.05 ID:midrKtmv0

 
ポケットからイヤホンを取り出す
それを耳に付けて、曲を流す


機械を使えない私のために、必死に使い方を教えてくれたあなた


その機械を使って、音楽を聴いている

唄が口から出た
曖昧な、足りない言葉を補う私の唄


千早「……――」


こうして、私は今も歩き続ける



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:45:17.53 ID:midrKtmv0

 
千早「――――」


あなたはこの消えそうな星を見ていますか

この星に気付けたのはあなたのおかげなのだから

だから、あなたにも見ていて欲しいと願う

この道のずっと先にいるあなたにも



千早「……くす」


まるで詩ね
思い浮かんだ言葉が少し、私には可笑しく思えた



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:50:21.20 ID:midrKtmv0

 
千早「……あ」


歩き続けると、それだけで困難に出逢う
歩かなくても出逢うけれど


困ったわね
あなたならこの道もまっすぐ進むのでしょうけれど

私には無理そう

だから、ちょっとだけ遠回りをすることにした

……なんて、思わない



だから、私は手を使っても登ってみようと思う
怪我をしていなければいいけれど



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 00:55:09.91 ID:midrKtmv0

 
千早「……っくち」


くしゃみが出た

いざ進もうと思うと、ちょっと怖くて立ち止まってしまう
それで気付いたのだけど……寒い



千早「……ふふ」

それも、笑うくらい


リュックサックを下ろして、上着を取り出す
持ってきたかどうかすら忘れていたけど、確かにあったそれを確認して安心した



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:00:05.35 ID:midrKtmv0

 
千早「……行きましょう」


自分を鼓舞した

どうしてこんなに頑張っているのかしら
そんな疑問は持たないことにした


だって、あなたに会って伝えたい言葉がある

伝わるかどうかも分からないけど


千早「……がんばれ、私」


伝えようとすればするほど、言葉は迷子になってしまうもの



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:05:13.47 ID:midrKtmv0

 
千早「……?」


少し足が痛む

確認すると、靴ずれが起きそうになっていた


でも、険しい道はもう終わり

問題が無さそうだから、進むことにしましょう


千早「少しでも、近づきたいわね……」


でも、以前の私たちは近くても遠かった



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:10:30.39 ID:midrKtmv0

 
だから、行動にしてみた


あなたに会いたい、ということだけを行動にしてみた
言葉で伝えるよりも呆気なくてすごく判り易い


千早「でも、少し疲れるわね」



最近、一人が多いせいでまた独り言が増えた気がする

けれど楽しいと思う



まだあなたを見失っていないもの



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:15:37.59 ID:midrKtmv0

 
朝が訪れる前、私は街についた


そこで、写真を片手に慣れない言葉を使って人尋ねをする

すると何故かあなたの向かった場所がわかる




千早「……あなたは、どの場所でも人を笑顔にしているのね」



お節介焼き、でも少し羨ましい



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:20:37.51 ID:midrKtmv0

 
少し滞在して、私はまた歩き出す


この旅と、この道の先にあなたがいることだけをいつも願う

祈りといってもいい


思い返せば、アイドルすらも休業して何をしているのかしら私



千早「でも、諦められない……」


あなたにもう一度会わないといけない
そうしないと、もう一度アイドルとして生きていけない



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:25:07.24 ID:midrKtmv0

 
風が優しい


朝も昼も過ぎた

再び夜が差し迫る頃でも、私は歩いていた


その中で、風に揺れる花を見つけた



千早「まるで私みたいね……」


風に揺れるその姿が震えているように見える

でも、私はこの闇なんて怖くない
だって、あなたもこの道を歩いたのでしょう?



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:30:11.89 ID:midrKtmv0

 
千早「――――」



また私は唄いだす

あなたはどれほど遠くにいるの、と
唄しかないと思っていたけれど

唄の他にも、私には色んなものがあった


それを教えてくれたのがあなた


千早「――――」


夜空に向かって、唄った




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:36:46.86 ID:midrKtmv0

 

千早「……ふぅ」



一つ唄い終わって、ため息をついた

思えば、この旅を始めるときたくさんの人に迷惑をかけた
アイドルとして一区切りした後に始めたけれど、それでもたくさん迷惑をかけた


千早「ごめんなさい」


仲間の顔を夜空に思い浮かべて、謝罪した

試しに、あなたのように舌を出してみた
誰も見ていないけど、すごく恥ずかしくなった



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:40:52.75 ID:midrKtmv0

 
千早「……どうして」


あなたはどうして居なくなったのかしら


別に、言いたいことはないわ
聞きたいことだってないもの


でも、たった一つ、伝えたい事があるの


千早「……――」


それを伝える方法を、私はまだ見つけられずにいるけれど
せめて唄に載せて伝えられたなら



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:45:44.70 ID:midrKtmv0

 
ここまであなたを追いかけて
ここまであなたに付いて生きた今までを

価値なんてないわ
でも、伝えたい、知って欲しい



千早「あなたはどれくらい遠い場所にいるんだろう」



私はあなたを見つけられるでしょうか

あなたはいつも私を見つけてくれたけれど



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:50:29.21 ID:midrKtmv0

 
千早「……あら」


思い出を浮かべて、泣きそうになったとき
靴紐が解けていることに気付いた

私は道を少し逸れて、しゃがみ込んでから靴紐を結ぶ


そしてそのまま、寝転んだ

こんなこと、あっちじゃとても出来ない
水筒がからんと音を立てて、世界は静まり返った



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 01:55:06.00 ID:midrKtmv0

 
静寂だった

世界が私に微笑みかけているようだった
涙を浮かべた目で、月が滲んで揺れた



泣いてたまるものか

それだけの気持ちで、再び私は立ち上がった
また歩き出す


千早「……くっ」


嗚咽を堪えた



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:00:06.37 ID:midrKtmv0

 
この心が、よく分からない何かで一杯になった

こんなに疲れても、私の弱い足は動いてくれた



あなたが今、何をしているのか知らない


千早「……私は、あなたのいる場所に向かっている訳じゃなかった」


ただ、あなたに向かって歩いているだけ
私はあなたになれないから



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:05:05.71 ID:midrKtmv0

 
千早「――――」


唄いながら思う

いっしょに生きている事は、本当はすごい奇跡だった

あのとき、いっしょに居られたことが奇跡だった
当たり前じゃない


それでも、懸命にあなたの呼吸を読んで、こんな所まで生きてきた

あなたもきっとそう


私はさらに声を大きく唄う
周りには誰もいないけれど、あなたに届けばいいなと思って



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:09:49.76 ID:midrKtmv0

 
千早「――――」


あなたにだけ向けた唄
気付いているかしら

それとも気付いていないのなら

いつまでも唄おう


私はあなたを必ず見付ける
あなたは私を必ず見付けてくれるから


ほら、お互い様ね



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:10:34.69 ID:midrKtmv0

 

 
――風が吹きすさぶ


私は、逃げ込んだ

この嵐が過ぎ去るのを待つ
海では波が荒れ狂い、船を襲っている



それでも私は唄う

あなたは、どれだけ先にいるの? どれくらい離れているの?
私はどれくらい追いつけたかしら


千早「……セントエルモの火」


――ねえ、どんな唄を歌う




終わり



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:11:25.47 ID:midrKtmv0

読んでくれた人がいたなら、ありがとうございました
原作はありますが、知っていなくても大丈夫

宣伝
千早「私のもの」
美希「こんな終わり方ってないの!!」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:16:30.34 ID:S4UjzMUd0

バンプか



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:46:04.00 ID:nsnHKn220

今度聴いてみようかな



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/14(月) 02:12:03.71 ID:USU9nrlR0

おつ



BUMP |COSMONAUT| 10 セントエルモの火 (Sento... 投稿者 Lawliet1814



転載元
千早「あなたはどれくらい遠い場所にいるんだろう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358091191/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (27)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 05:11
          • なぜか序盤でBUMPと気付いた自分はもう末期だ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 06:54
          • 1 まぁ…うん。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 07:08
          • 1 またポエムSSか
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 07:20
          • この曲じたいは好きだよ

            千早ペロペロ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 09:54
          • 2 うーん バンプが悪いとは言わないけど、バンプに乗っかるのは須らく痛いんだよね
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 09:56
          • 春香が死んだやつの続きかと思った。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 10:14
          • 1 キモい
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 10:17
          • スレタイでわかってしまった…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 10:30
          • 1 愚劣な私には理解できませぬ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 10:34
          • 1
            くさい
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 11:06
          • こういうのって、歌詞に乗っかってるだけで何が面白いの?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 11:24
          • 1 書き手も描かれてる千早も痛い人にしか見えない
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 11:26
          • 面白いとは思わなかったけれども、別に嫌いじゃないわ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 12:22
          • この手のタイトルはハードルが上がってしまうからな。よっぽど上手く作らないとポエム(笑)になってしまう
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 14:18
          • ゴメンさっぱりだった
            歌詞はストーリーにはならないんだよな・・・
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 14:49
          • ポエム(笑)
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 16:52
          • 1 はぁ…
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 20:40
          • 1 知識はないからなのか、全く引き込まれないし、シーンも思い浮かべれなかった。
            で、この千早は誰を思ってのシーンだったの????
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 20:44
          • 1 クッソ寒い
            この曲知らんがもし知ってても大して感想変わらんだろう
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 21:32
          • お前らは作者に恨みでもあんのか
            感想が自由なのは分かるけどいくらなんでも恐ろしいわ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月14日 21:42
          • 1  
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月15日 01:49
          • 鳥肌たったわ…
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月15日 03:06
          • タイトルですぐわかった
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月15日 03:32
          • ※5
            SSは割とどうでもいいけどすべからくの意味辞書で調べてこい
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月15日 05:38
          • 2
            叩いてる奴が同じ様な時間に星1つ付けてコメしてるせいで
            BUMPアンチが1人で荒ぶってるよう見えるから不思議
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月15日 19:23
          • すぐ元曲分かるくらいにはうまかったと思うけど総スカンでわろた

            俺は結構好きだったよ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月16日 02:34
          • ※24
            すまん知らんかった…というかメジャーな誤用のか
            でもSSどうでもいいと言いつつわざわざそれ指摘するお前もなかなかアレだぞ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【シンフォギアXV】マリア「切歌の変身バンクエロすぎ問題」
        • 【安価】彡;(゚)(゚)  「あかん・・・腹が痛い」
        • 俺「暇だ..>>6(就職)するか」家族「!?」
        • 彡(゚)(゚) 「ワイが>>2(ゴミ)やと?!」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 息子「アレクサ、タイマー切って」
        • 【デレマス】ロマツア水戸黄門
        • 【ゼロワン】福添准「美食家なヒューマギア?馬鹿馬鹿しい」
        • 【うちの娘。】ラティナ「大きい方が好き?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「ワイが……仮面ライダー!?」ヒロイン「そうよ」
        • 死後俺「うっ…ここは?」係員「はい、以上で底辺シミュレーターは終了です」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 彡#(◎)(◎)「あ…?工事中やと…!?」
        • 【変好き】紗雪「根本的な事を忘れていたわ・・・」
        • 暗殺者(♀)「よう。こんな夜更けになにをしているんだ?」
        • 男「へぇ~、課長ってスト2がお好きなんですか」女上司「ファイッ」
        • 【天気の子】ほだか「ヒナさん!俺たちは大丈夫だ!」ヒナ「ねえ…何が大丈夫なの…?」 ほだか「えっ…」
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ