TOP

紗羽「明日への道を」 田中「その先へ続く」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:01:32.75 ID:B+3gxfaN0

――――沖田家


紗羽「……」

紗羽(……眠れない) ゴロン

紗羽(昨日夜更かししたせいで、昼寝しちゃったからかな)

紗羽(……今、何時だろ。ケータイケータイ……) ゴソゴソ

紗羽(あった) カチッ

紗羽(うわ、もう1時過ぎてる。)

紗羽(明日休みだけど、変に生活リズム崩すわけにもいかないよね)

紗羽(とはいえ、寝れないし……)

紗羽(ちょっと散歩でもしようかな)



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:04:22.86 ID:B+3gxfaN0

キィ……

紗羽(うわっ、寒ッ! 上着きてもこれかー)

紗羽(……あ、そういえば青少年なんとかって法律で、深夜の外出はダメだったような……)

紗羽(でもあれ、18歳未満だったっけ。なら大丈夫か)

紗羽(……)

紗羽(この時間なら、街の灯りも全然ないんだ)

紗羽(いつもより、たくさん星が見える)

紗羽(…………)

紗羽(白祭も終わっちゃったし……)

紗羽(弓道部も、試合はもう出られないから実質引退だしなぁ)

紗羽(でも、どっちもやりきったから良し!)

紗羽(……後は、進路のことだけ)



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:06:52.62 ID:B+3gxfaN0

紗羽(普通に考えたら、やっぱり大学受験?)

紗羽(でも、大学で何をするだろう。興味もない、やりたいことも出来ないで、大学に入って)

紗羽(それこそ、時間の無駄だよ)

紗羽(けど、だからって、何もしないで卒業はしたくないなぁ)

紗羽(……あ、流れ星!)

紗羽(騎手になれますように、騎手になれますように、騎手になれますように!)

紗羽(……)

紗羽(実際、流れてるうちに3回も願い事なんて言えるわけないよね)

紗羽「はぁ……」




――――田中家

田中(推薦受かりますように、推薦受かりますように、推薦受かりますように!)

田中「……」

田中(……流れ星が見えてるうちに三回も願い事なんて、言えるわけねーよな)

田中(はー……眠れねぇ)



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:10:26.66 ID:B+3gxfaN0

田中(筋トレの後、カフェイン入りのプロテイン飲んだせいか? たまーになるんだよな)

田中(…………夢……か)

田中(俺の夢。将来は、バドミントンの世界選手権に出ること)

田中(今さっき願ったのは、その夢からしたら小さなもんだよな)

田中(……なんかすげー乙女チックだな、今の俺)

田中(やめやめ、寝るぞ!) ゴロン

田中(……今の流れ星、沖田も見てたりしねーかな)

田中(そしたら、やっぱ騎手になりたいとか願うんかな)

田中(……ま、こんな時間に起きてるわけねーか)

田中(寝よう寝よう)


――――

ザザー……

紗羽(あ、いつの間にか海まで来ちゃった)

ザザー……ザザー……

紗羽(……良い音)



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:14:36.02 ID:B+3gxfaN0

ザザー……

紗羽(……なんか眠たくなってきた)

紗羽(こんなところで寝たら凍死しちゃうか)

紗羽(良い感じに疲れたし、そろそろ帰ろうかな)

ザッザッザッザ……

紗羽(もし、わたしが騎手の学校に入れたとしたら)

紗羽(もう、ここにはいられないよね。学校、県外だし)

紗羽(……このいつも見てる風景も、たまたま見た景色も)

紗羽(見られなくなる)

紗羽(…………)

紗羽(もっと時間は大事にしないとね)

紗羽(さ、帰って寝よっかな!)



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:18:17.33 ID:B+3gxfaN0

――――とある日の下校時


ザーーーー!!

紗羽「うっわー。本降りになってきちゃった……」

紗羽(今日に限って雨合羽忘れるし……どうしよ)

紗羽「……ん?」

バシャバシャバシャ

田中(ったく、なんでこんな寒い季節に雨降るんだよ!)

田中(というか、学校に置いてた傘はパクられたのが一番腹立つ)

田中「ハックション!」

田中(やべえ、このままじゃ風邪ひく。ちょっとどこかで雨宿りでも……)

田中(お、バス停だ。あそこで一旦……)

バシャバシャ

ピタッ

紗羽「……」

田中「……」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:21:28.59 ID:B+3gxfaN0

紗羽「なにしてんの?」

田中「お、沖田!? お前こそ、なんで……」

紗羽「合羽忘れちゃったの。通り雨だろうから、止むまで待ってるだけだよ」

紗羽「そんなとこ居ないで、こっち来たら? 雨宿りしようと思ったんじゃないの?」

田中「お、おう」


ザァアアアアア……


田中「……」

紗羽「……」

田中「なんか、さっきより強くなってねーか?」

紗羽「たしかに」

田中「このバスじゃ俺んち帰れねーしなぁ……」

紗羽「わたしも」

田中「止むまでは待つしかないか」

紗羽「うん」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:25:05.68 ID:B+3gxfaN0

田中「……」

紗羽「……」

田中(……間が……)

紗羽「……」

紗羽「ねえ、田中」

田中「ん?」

紗羽「田中って、血液型何?」

田中「B型」

紗羽「あ、わたしと一緒なんだ」

田中「そうなのか」

紗羽「B型同士ってマイペースだから、関係が自然消滅しやすいらしいね」

田中「……血液型占いなんて、あてにならねーだろ。人間が4つのタイプなんかに分類されるかよ。
   女子って、こういう話題好きだよな」

紗羽「でも、同じ目標がある場合は、一番相性いいらしいね」

田中(否定しなきゃ良かった)



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:30:14.06 ID:B+3gxfaN0

紗羽「ところで推薦入試、どうだった?」

田中「ああ。面接練習もしっかりしたから大丈夫だったし、論文もいい出来だったぜ」

紗羽「何について書いたの?」

田中「そりゃ、バドミントンについて」

紗羽「やっぱり」

田中「スポーツ推薦なんだから当たり前だろ!? そんな、やっぱりバドミ脳なんだ、みたいな目でみるな!」

紗羽「ふふ。それで、具体的には何て書いたの?」

田中「……バドミントンで、これからどうしたいとか、どうなりたいとか。そんなんだ」

紗羽「ふーん」

田中「沖田は? 結局、どうすんだよ」

紗羽「うん……」

田中「……まだ、考えてないのか?」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:33:17.32 ID:B+3gxfaN0

紗羽「そういうわけじゃない。
    わたしは、とにかく馬に関わる仕事が将来したいと思ってる」

田中「でも、騎手は無理なんだろ? 調教師も、なんか違うって言ってたし」

紗羽「だから、今一生懸命調べてるとこなの」

田中「……そっか。頑張れよ」

紗羽「うん」

田中「そういや、宮本達はどうするんだろうな」

紗羽「来夏は進学するため勉強中だし、和奏も色々と考えてるみたいだよ」

田中「ウィーンは、とりあえずは高校を卒業することを最優先にしたいってさ。
    三年からまた急に日本に来たんだから、大変だよな」

紗羽「そっか……。じゃあ、卒業したらみんな離れ離れになっちゃうかもね」

田中「みんなそれぞれ、やりたいことがあるしな。仕方ねぇよ」

紗羽「……そうだね」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:36:22.65 ID:B+3gxfaN0

田中「……」

紗羽「ねえ、田中」

田中「ん?」

紗羽「田中はさ、バドミントンで世界選手権に出るって夢。叶うと思う?」

田中「もちろん」

紗羽「うわっ、即答!?」

田中「当たり前だろ。最初っから、出来ないとかやれないとか考えてプレーしてねーよ」

紗羽「ふーん」

田中「絶対勝てなさそうな相手とかも居るけど……。
    それでも、俺は。いつか必ず、バドミントンで世界に認められる選手になるって、決めてんだ」

紗羽「カッコいー♪」

田中「……うっせ」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:39:50.04 ID:B+3gxfaN0

紗羽「わたしも、そういうところは見習わないとね」

田中「お、晴れてきたぞ」

紗羽「あ、ホントだ。良かったー」

田中「おお、虹まで出てるぜ。」

紗羽「へー、久しぶりに見たなぁ」

田中「……」

紗羽「さて、じゃあ雨もあがったし。帰ろっかな」

田中「そうだな」

紗羽「じゃ、またね」

田中「おう」

紗羽「あ、わたし自転車だし、後ろ乗っけてもいいけど?」

田中「なっ!?」

紗羽「冗談だよ、冗談。まさか本気にした?」

田中「し、してねーよ!」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:43:47.80 ID:B+3gxfaN0

紗羽「……田中」

田中「ん?」

紗羽「わたしもさ、やっぱり諦めないよ」

田中「……」

紗羽「田中みたいには、出来ないかもしれないけど……」

紗羽「やりたいと思ったことだから。だから、絶対叶えてみせる」

田中「ああ。頑張ろうぜ、お互いな」

紗羽「うん。それじゃ」

田中「じゃーな」



――――――――

――――




月日は流れ……



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:48:07.42 ID:B+3gxfaN0

――――海岸


田中「……」

ブー! ブー!

田中「おっ」

ゴソゴソ。ピッ

田中「もしもし?」

紗羽〈もしもし? 田中?〉

田中「よお。なんか電話するのも久しぶりだな」

紗羽〈そうだね。お互い、それぞれの生活があるし〉

田中「そうだな。今、何してんだ?」

紗羽〈散歩中。パックス通りって所歩いてるんだー〉

田中「そっか。そっちは今、夏だっけ?」

紗羽〈うん。マリンスポーツ真っ盛り!〉

田中「こっちはスキーやスノボーが流行り始めた頃だぜ」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:51:11.06 ID:B+3gxfaN0

紗羽〈あはは。変な感じ。同じ時間なのにね〉

田中「こっちは真夜中だけどな」

紗羽〈あ、そうだったね〉

田中「……元気そうだな」

紗羽〈まーね。この街路樹も、坂道も。もう慣れたもんですよ〉

田中「沖田って、ホントすげーよな。わざわざ外国まで行って夢を叶えるなんてさ」

紗羽〈……まだだよ〉

田中「え?」

紗羽〈まだ、なれたわけじゃない。学校に通ってるだけで、ライセンスを取るまでは時間も技術も、もっと必要なの〉

田中「……これからなんだな、沖田は」

紗羽〈でも、ここまでやっとこれた。春が来て、夏が来て、秋が来て、冬が来て〉

紗羽〈不安で寂しかったけど、でも、確実に一歩ずつ進んでるって自覚はあったから〉

紗羽〈だから、頑張れた〉



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:55:00.97 ID:B+3gxfaN0

田中「……」

紗羽〈みんなが送ってくれた歌もあるしね〉

田中「ああ。俺も、良く聞いてるよ」

紗羽〈懐かしいメロディーが、いっつも助けてくれたんだ〉

田中「坂井や宮本たちには感謝しねーとな。もちろん、ウィーンにも」

紗羽〈うん。そうだね〉

田中「……」

紗羽〈……〉

ザザー……

田中「……寒っ」

紗羽〈波の音がするね〉

田中「ああ、海岸に居るしな」

紗羽〈そうなんだ。どこの?〉

田中「よく、みんなで集まった場所だ」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 19:58:17.12 ID:B+3gxfaN0

紗羽〈ああ、あそこ。いいよね、景色も綺麗だし〉

田中「そうだな」

ザザー……

田中「……」

ザザ―……

紗羽〈……〉

田中「……おっ、沖田ッ!!」

紗羽〈うわっ! ちょっと、いきなり大声出さないでよ!〉

田中「わ、悪い」

紗羽〈それで?〉

田中「あ、ああ」

紗羽〈うん〉



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:01:24.26 ID:B+3gxfaN0

田中「……その、な。俺さ、この前全国大会に出たんだ」

紗羽〈うん。来夏から聞いた〉

田中「でも、またベスト8で負けちまってさ……」

紗羽〈和奏が言ってたね〉

田中「でも、来年こそは絶対勝つから!」

紗羽〈うん。頑張ってね〉

田中「……それでさ」

紗羽〈なに?〉

田中「来年も、また勝てばさ。世界選手権に行けるかもしれねえんだ!」

紗羽〈へー、凄いじゃん〉

田中「ああ。そしたら、俺……夢がかなうんだ」

紗羽〈高校生の時から言ってたもんね〉



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:04:11.03 ID:B+3gxfaN0

田中「……だから、さ」

紗羽〈うん〉

田中「俺の……夢が叶ったら……」

紗羽〈……〉

田中「…………お……」

紗羽〈お?〉

田中「…………」

紗羽〈……?〉


田中「……お前も……頑張れよ!」



紗羽〈言われなくても、頑張るって〉

田中(ああああ!!! そうじゃない! そうじゃねーんだよ!)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:07:22.39 ID:B+3gxfaN0

紗羽〈言いたいことってそれだけ?〉

田中「ああ……えっと……」

紗羽〈わざわざ、電話したいなんてメールで言ってきたのに、それだけなんだ〉

紗羽〈なにか、重要な話でもあるかと思ったのに〉

田中「……それは……」

紗羽〈ん?〉

田中「それは、俺が本当に夢を叶えられた時に。また、言う」

紗羽〈……〉

田中「だから、それまでは待っててくれ。絶対、言うから」


紗羽〈……うん。わかった。待ってるね〉


田中「ホントか!?」

紗羽〈でも、こっちも色々あるんだよ?〉

田中「え?」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:10:19.04 ID:B+3gxfaN0

紗羽〈日本人と違って背も高いし、イケメンも多いし〉

田中「そ、そうなのか」

紗羽〈この前、同じスクールの人に食事誘われたんだ〉

田中「え」

紗羽〈忙しいから断ろうとしたんだけどねー。あの青い目で見られたら、なんか断れなくてさー〉

田中「……そ、そうか」 プルプル

紗羽〈……〉 クスッ

紗羽〈でも、田中が待ってて、って言うなら〉

紗羽〈ちゃんと待ってるから。安心して〉

田中「え?」

紗羽〈気が変わらないうちに、早くしてもらうからね〉

田中「あ、ああ! もちろんだ!」

紗羽〈空港でのことも、忘れてないから〉

田中「覚えてたのか」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:12:56.95 ID:B+3gxfaN0

紗羽〈忘れるわけないでしょ? あんなみんなの前で言ったこと〉

田中「そ、そりゃそうか……そうだよな。あの後、お前の親父さんに殴られそうで大変だったんだぜ」

紗羽〈あちゃー。じゃ、もっと大変かもね。今後は〉

田中「う……」

紗羽〈ふふ。それじゃ、もういい?〉

田中「おう。ありがとうな」

紗羽〈こっちこそ、ありがとう。頑張ってね〉

田中「沖田もな」

紗羽〈うん。じゃ、またね〉

田中「ああ。またな」

ピッ



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:16:34.76 ID:B+3gxfaN0

田中「ふー……」

田中(よし、よし。よし。うん。よし。)

田中(うぉっし! 来年、来年だ。ぜってー優勝してやる!)

田中(今日は走って帰ってやるぜ!)

田中(うおおおおお!!)

ダダダダダダダ……




ピッ

紗羽「……」

紗羽(田中、相変わらずモジモジしてたなー。ハッキリしないし)

紗羽(結局言いたいことはこっちに言わせるし。根性なしめ)

紗羽(……ま)

紗羽(そういうところも嫌いじゃないけどね)


紗羽「さーて、じゃあ今日も頑張りますか!」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:18:52.34 ID:B+3gxfaN0

不器用でも一生懸命でも

明日への道を、しっかりと歩んでいこう


そして



その先へ続く、、、




二人の未来へ






おしまい



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:23:31.95 ID:22AHDpVR0

乙っぱい



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/08(火) 20:26:37.34 ID:fwsi8jMZ0

おつ



転載元
紗羽「明日への道を」 田中「その先へ続く」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357639292/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (8)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月08日 22:52
          • 紗羽で恋愛ネタやめろやああああああ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月08日 23:41
          • 俺得
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月09日 01:47
          • 良かったです


            TARITRIのSSって綺麗なSS多い
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月09日 03:51
          • ( ゚∀゚)o彡゚さわぱい!さわぱい!

            ( ゚∀゚)

            ( ゚д゚ )
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月09日 18:25
          • 久々にパックス見たなwwww

            このサッワは南米にいるのか?
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月09日 18:29
          • どんな話だったか忘れちったからよくわからなかった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月10日 00:31
          • 5 すごい良かった!!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月31日 01:13
          • ありがとうございます

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ