TOP

織莉子「私達が救世を成し遂……」キリカ「引力、即ち愛!」【後編】

関連記事:織莉子「私達が救世を成し遂……」キリカ「引力、即ち愛!」【前編】





織莉子「私達が救世を成し遂……」キリカ「引力、即ち愛!」【後編】





425 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:21:27.46 ID:w6fA4+mN0

#9『志筑仁美のナイトメア』


――病院

ここには、さやかの幼なじみである上条恭介が入院している。

事故に遭い、腕と脚を負傷したのだ。

幼なじみのよしみでか、別の感情があってか、頻繁に見舞っている。


さやか「元気ィ?」

恭介「さやか……」

さやか「お土産持ってきたよ。恭介」

さやか「はい。バイオリンのCD」

さやか「これ手に入れるのに結構手こずったよぉ~」

恭介「…………」

恭介「……さやか」

さやか「うん?」



426 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:24:02.80 ID:w6fA4+mN0

恭介「さやかは、僕をイジめて楽しいのかい?」

さやか「え……」

恭介「腕が動かないのに……そんな、CDを土産にするなんて……」

さやか「…………」

さやか「そ、それは……」

恭介「もう、医者に言われたんだ。もう、不可能だって……!」

恭介「もう、腕は動かないんだ」

恭介「もう、バイオリンは弾けないんだ……」

さやか「あ、諦めちゃダメだよ!」

さやか「そんな気持ちじゃ、心持ちじゃあ奇跡なんて起きやしないって!」

恭介「起きないさ!奇跡なんてものはッ!」



427 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:25:12.81 ID:w6fA4+mN0

さやか「奇跡はある!奇跡も、魔法もあるんだってば!」

さやか「気持ちの問題だよ!そんなんじゃ……」

恭介「弾けもしないバイオリンの音色なんてッ!」

ガシャンッ!

さやかの言葉は、恭介の衝動を抑えることはなかった。

さやかがベッドの上にポンと置いたCD。それを動く方の腕で掴み、床に投げ叩きつけた。

ケースは分解し、中のCDが飛び出した。


さやか「……ッ!」

さやか「あ、あんた何てこと……!」

さやか「折角買ってきたのに……恭介が頼んだのに……これは酷すぎ……」

恭介「いい加減にしてくれッ!」

さやか「ッ!」



428 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:26:09.22 ID:w6fA4+mN0

さやか「きょ、恭介……」

恭介「さやかには僕の感じてる恐怖がわかっていないんだ!」

さやか「そ、そんなことないよ!」

さやか「恭介が辛い思いをしてるって、重々わかっ――」

恭介「うるさいッ!知った風な口を言うんじゃあないッ!」

さやか「し、知った風なって……」

恭介「さやかは何もわかっちゃいない!」

恭介「さやかは見えていないんだよッ!」

さやか「きょ、きょうす……」

恭介「さやかだけじゃない!医者も看護師も!誰一人!」



429 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:27:31.16 ID:w6fA4+mN0

恭介「誰一人として僕の恐怖を認識できていないッ!」

恭介「勝手なことを……無責任な言葉を投げかけないでくれ……!」

さやか「…………」

恭介「お願いだ……さやか。もう、出てってくれ……」

さやか「で、でも……」

恭介「一人にしてくれ……!」

さやか「と、とにかく落ち着い……」

恭介「出てけと言ったのが聞こえないのかよッ!」

さやか「……!」

さやか「……わかった。今日は……帰る」

さやか「また、来るね……」

パタン…



430 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:28:25.76 ID:w6fA4+mN0

恭介「…………」

恭介「うぅ……くそ……っ!」

恭介(また来る、だって?……別にもう来なくてもいいのに)

恭介「誰も……誰も僕のことをわかっちゃあいない……!」

恭介「さやかも……誰も……!」

恭介「くそっ!この恐怖を誰かに話そうとしても……」

恭介「周囲の人間の『カワイソー』とか、『知らんぷりしてテキトーに相槌打っておこう』って態度が……」

恭介「ますます僕の恐怖を煽るッ!」

恭介「誰も、誰もわかっていないんだッ!」

恭介「どうしてだ……どうして、納得のいく答えを誰もくれないんだ……」

恭介「本当に……本当に何なんだ……!一体何なんだよ……!」


恭介「『こいつ』は……!」



431 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:30:14.51 ID:w6fA4+mN0

ベッド横にある机の上には、ケースにヒビの走ったCDが置かれている。

丁寧にもその欠けた数個の破片までもがその隣に並べられている。

床には何もない。正確には、何もなくなった。


コン、コン

ノックの音。

恭介は声を出す気にもならなかった。

来客は、その無言を「拒否はしていない」

イコール「入ってもいい」と判断した。


「……失礼します」

恭介「…………」

「……上条くん」

恭介「……志筑さん?」

仁美「今……さやかさんが走って出ていったのですが……」



432 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:31:28.96 ID:w6fA4+mN0

仁美「何か……あったんですか?さやかさん。私に気付かずにすごい勢いで……」

恭介「……君には、関係のないことだよ」

仁美「………」

仁美「あの、私……お尋ねしたいことがあるんです」

仁美「世間話というには少しズレてるかもしれませんが……大切なこと」

恭介「……悪いけど、一人にしてくれないかな」

仁美「お時間は取らせませんので」

恭介「……何、かな」

仁美「…………」


仁美「『悪魔の手の平』……という噂、知っていますか?」



433 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:33:11.34 ID:w6fA4+mN0

恭介「…………」

仁美「これは、あくまで都市伝説です」

仁美「いつもの通り、暗くなってきた道を歩いて……」

仁美「少し時間を節約しようと脇道や近道を通る……」

仁美「すると、突如として妙な空間に迷い込んでしまうことがあるそうです」

仁美「何でも、空がピンク色で、断層が隆起していて、家がズタボロらしいのです」

仁美「カフェと思しき建物の崩れたらせん階段。天使のイラストや何やら妙な落書きがあって……枯れた紫陽花もありま……あるそうです」

仁美「そして、そこに迷い込んだ人に、お化けが迫ってくるのです。それで何とか、その廃墟の街から逃げ切ると……その人は……」

仁美「生き延びた報酬なのか……不思議な『能力』を得るそうです」

恭介「……ッ!」



434 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:34:28.53 ID:w6fA4+mN0

仁美「風の噂では、血縁者が件の能力を得ると……」

仁美「その兄弟やご子息も、それに目覚めると言うのです」

恭介「…………」

仁美「まるで、共通の遺伝子と共鳴するかのように……」

仁美「外を出歩かずとも突如としてそれが目覚めるということもありうるという……」

恭介「志筑さん……き、君は……君は一体、何を言って……」

仁美「私が個人的に調べた結果です」

恭介「何が……君は何を言いたいんだい……?」

仁美「…………」

仁美「上条くん……あなたは……」


仁美「私と同じ『能力者』です」




435 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:35:36.67 ID:w6fA4+mN0

――翌日


ピンポーン

ガチャ


ゆま「ほむほむ!」

ほむら「こんにちは。ゆまちゃん」

ドタドタ

ゆま「マミお姉ちゃん!ほむほむ達来たー!」

ほむら「……ふふ、ゆまちゃん、楽しそうだね」

まどか「あ、うん。そうだね……」

さやか「お邪魔します……っと」

ほむら「…………?」

ほむら(何だろう……鹿目さんも美樹さんも、今朝から何か……)

ほむら(元気がない……何かあったのかな)



436 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:37:07.13 ID:w6fA4+mN0


QB「やぁ。三人とも」

マミ「いらっしゃい」

まどか「お邪魔します」

ゆま「お茶とケーキだよ!」

さやか「お、ありがとう」

マミ「ゆまちゃん、よく家事を手伝ってくれて私本当に助かっちゃうわ」

ゆま「えへへぇ……ゆま、マミお姉ちゃんのお手伝いするの楽しくって、大好き!」

マミ「あぁ……何ていい子なの……!」

マミ「よぉ~しよしよしよしよしよし」

ナデナデナデナデ

ゆま「あぅん、くすぐったいよぉ。えへへぇ」



437 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:38:44.64 ID:w6fA4+mN0

マミ「さぁさぁさぁさぁ、みんな。召し上がれ」

さやか「……いただきます」

まどか「わぁ、美味しそう」

ほむら「いつもすみません」

ゆま「ケーキ美味しい。むしゃむしゃ」

マミ「あらあら、クリーム付いてるわよ。拭いてあげる」

ゆま「んー」

まどか「何だか、本当の姉妹みたいだね」

ほむら「うん。微笑ましい」

さやか「……そうだね……本当に、幸せそう」

ほむら「……ね、ねぇ、鹿目さん。美樹さん、どうかしたの?」

まどか「……うん。昨日、ちょっと……」

ほむら「?」



438 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:40:00.65 ID:w6fA4+mN0

マミ「……それで、美樹さん」

さやか「はい」

マミ「『大事な話』って何?」

ほむら「え?」

まどか「…………」

ほむら「あの、大事な話って……」

マミ「暁美さんは聞かされてなかったようね」

ゆま「ゆまも聞いてないっ」

QB「何かあったのかい?」



439 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:40:44.81 ID:w6fA4+mN0

さやか「マミさん、転校生、ゆまちゃん、キュゥべえ」

ほむら(……もしかして)

ゆま「なぁに?」

QB「何かな」

まどか「…………」

さやか「……あたし」

さやか「……『契約』したい」

マミ「!」

ゆま「ふぇ……?」

ほむら「ッ!?」



440 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:42:17.58 ID:w6fA4+mN0

さやか「あたし……決心しました」

さやか「あたしは……知り合いを助けたい」

QB「……へぇ」

まどか(……今朝、さやかちゃんから上条くんと喧嘩した話を聞いた)

まどか(ずっと……思い悩んでいるって感じだった……)

さやか「あんな大人しいあいつが……取り乱して……」

さやか「これ以上辛そうなの見てられないんです」

さやか「あたしは、あいつを助けたい。契約したいんです」

ゆま「さやか……」

QB「それが、君の望みなんだね?」

さやか「うん。……でも、やっぱり、予め話しておきたくて」



441 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:43:18.13 ID:w6fA4+mN0

ほむら「……ダ」

マミ「……そうね。美樹さんがその気なら――」

ほむら「ダメッ!」

さやか「へ?」

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「……あっ」

ゆま「ほむほむ……?どうしたの?」

さやか「きゅ、急に大きな声で……ダメって……」

QB「さやかに契約させたくない理由でもあるのかい?」

さやか「…………」

さやか「どうなの?転校生」




442 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:44:34.23 ID:w6fA4+mN0

ほむら「え、えっと……その、あ、危ない目に、遭わせたくないですし……」

ほむら(ま、まずい……思わず大きな声を出して変な空気に……)

さやか「心配してくれてるのか……優しいね。転校生」

さやか「でもね、あたしは覚悟を決めたよ」

さやか「本気で叶えたい願い事ができたんだよね」

さやか「やっぱり、勝手に契約はできないからこうやって相談して……」

ほむら「い、いくら覚悟があるからって……契約したら……いつ死ぬかわからないし……」

さやか「大丈夫だよ!マミさんも転校生もいてくれるでしょ?それにゆまちゃんだっている」

さやか「ですよね?マミさん。ゆまちゃん」

マミ「えぇ。そうね。契約をするのなら、ちゃんと面倒を見るわ」

ゆま「ゆまはさやかのセンパイになるね?」

QB「マミはベテランだし、一度見習いの魔法少女を教育した経験がある。ゆまもスタンドという力がある」

QB「すぐに安定するようになるだろう」



443 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:45:35.97 ID:w6fA4+mN0

ほむら「で、でも……」

さやか「あたし、本気なんだ。わかってほしい」

ほむら「…………」

ほむら「……上条くんのことですよね」

さやか「え、な、何で知って……」

まどか「あれ?ほむらちゃん、上条くんのこと知ってたっけ?」

ほむら「え、あ、うん。一応……」

マミ「美樹さんの知り合い?」

ゆま「さやかのふぃあんせ?」

さやか「フィ、フィア……っ!ち、違うよぉ!た、ただの幼なじみスよぉ!」




444 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:48:08.09 ID:w6fA4+mN0

さやか「事故で腕が動かなくなって……治る見込みもないって言われて」

さやか「それで、あたし、恭介の腕を治したいんです」

マミ「そうなのね……」

ほむら(え、えっと……どうしよう。どうしよう……!)

さやか「いいよね?転校生。あたしの気持ち、わかってよ」

ほむら「…………」

ほむら「そ、それって……」

ほむら「えっと……その」

ほむら「……上条くんの望み、ですよね」

さやか「……は?」

さやか「い、いや……だから、恭介の望みじゃなくて、恭介の腕を治すのがあたしの望みだよ」



445 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:49:23.03 ID:w6fA4+mN0

ほむら「腕を治して……えっと、美樹さんはどう……したいんですか……?」

さやか「どうって……」

さやか「……転校生、あんたは何が言いたいの?」

まどか「ほ、ほむらちゃん……?」

ほむら「美樹さんは、上条君に……その、恩を売りたい、ということなんですか?」

さやか「……何、だって?」

ほむら「あ……不快に思ったらすみません。その、いい言葉が浮かばなくて……」

ほむら「多分、ですが……上条くんを哀れに思って、突発的に契約しようと思った」

ほむら「……そう、見受けられました」

ほむら「なので……もっと冷静になっていただきたいんです」

ほむら「後悔のない選択を……してほしいんです」

さやか「……あたしは、後悔なんかしないよ」



446 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:50:43.11 ID:w6fA4+mN0

ほむら「いや、あの、その……今後、美樹さんは……」

ほむら「上条くんの腕を治してあげたっていう……えっと……」

ほむら「何て言うか……普通の意識ができなくなると思うんです」

まどか「普通の……意識?」

ほむら「無意識的に見返りを求めるというか……」

ゆま「ほむほむー話が長いよー難しいよぉ」

マミ「えっと……大切な話をしているのよ」

さやか「つまり……転校生はこう言いたいんだな?」

さやか「あたしが『恭介の恩人になった自分に酔う未来が目に見えてる』と」

ほむら「そ、そこまでは……」

ほむら「そ、それに上条くんは、幼なじみの美樹さんに、魔法少女だなんて危険な身分になられてまで治っても嬉しくない……と思うんです」



447 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:51:33.90 ID:w6fA4+mN0

ほむら「もし、上条くんが魔法少女のことを知ったすると……美樹さんに罪悪感を覚えるかと……」

ほむら「そうなったら……二人の仲はギクシャクして……きっと、前と同じ仲にはなりにくいと思います」

ほむら「そうなったら……美樹さんは、その……後悔する……私は、普通の人生を送って欲しい」

ほむら「あの……えっと……それに……」

ほむら「み、美樹さんは……その、逃げてるんだと思います」

ほむら「腕が動かなくなった後のフォローを諦めて、一番簡単な自己犠牲の選択を……」

ダンッ!

さやか「いい加減にしろよッ!!」

ゆま「ひぃっ!?」


テーブルに手を叩き付け、さやかは大声で怒鳴った。

重苦しい空気に乱気流が発生した。



448 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:52:42.20 ID:w6fA4+mN0

ほむら、マミ、まどか、ゆまは体をビクリと強ばらせた。

キュゥべえは動じも口出しもせず、ただ黙って見ていた。


マミ「…………」

ゆま「さ、さやかぁ……」

まどか「…………」

ほむら「え、えと、その……」

さやか「何!?何なのさっきから!?」

さやか「あたしの願いを頭ごなしに否定してさぁ!何なのよ!?」

マミ「み、美樹さん。落ち着いて……」

ほむら「わ、私はただ、後悔してほしくなくて……」

さやか「後悔なんてあるわけない!さっきからそう言ってるだろッ!」

ほむら「で、でも、それは……」

さやか「だったら、さぞあんたは素晴らしいことを願ったんだろうね!」

ほむら「え……」



449 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 10:53:53.32 ID:w6fA4+mN0

さやか「マミさんは生きたい。ゆまは恩人の力になりたい……」

さやか「あんたの願いは何?あたしの願いを否定するってことは、それらに相当するものなんでしょ?!」

さやか「あんただけ、願いを聞いていない!」

まどか「さ、さや……」

さやか「まどかは黙ってて!」

さやか「ほら、転校生!言ってみろよッ!あたしの覚悟よりもずっと高尚な願いなんだろ!?」

ほむら「う……」

ほむら(……鹿目さんを救うために、魔女に、魔法少女にさせないために未来から来た)

ほむら(そんなこと、言えるわけがない……)

ほむら(救うためと言われても、どういうことなのか必ず食い下がって聞いてくる。それにも答えられないと真偽を疑われる)



450 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:04:37.11 ID:w6fA4+mN0

ほむら(かと言ってワルプルギスの夜に殺されるから契約をさせたくない、と言っても押しが弱い)

ほむら(例え、話したとしても美樹さんの性格から、戦力になりたいと意気込むだけ……)

ほむら(魔女化のことを、今、話すわけにはいかない……)

ほむら(うぅ……巴さんが自棄になって佐倉さんを殺した光景が脳に焼き付いてしまっている……浮かんでくる……)

ほむら(それに……それだけじゃない)

QB「他人のために契約することはそう珍しいことじゃないよ」

ゆま「ほ、ほむほむ……」

ほむら(……ゆまちゃんに、キュゥべえに知られるわけにはいかない)

ほむら(自分が魔女になるかもしれないと知ってしまったら……ゆまちゃんはどうなる?)

ほむら(ゆまちゃんは佐倉さんのために契約して、その佐倉さんに見捨てられた……)

ほむら(まだ、まだこんな幼いのに、これ以上、残酷なことは……!)

ほむら(キュゥべえに、私の目的を知られたら、何をするかわかったものじゃない)

ほむら(…………ダメだ)



451 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:07:04.97 ID:w6fA4+mN0

ほむら「……言えません」

ほむら(言えない……言えるわけがない……!)

さやか「!」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら(残酷な真実を教えない限り、美樹さんの契約を止めることができないだろう……でも……でも……!)

ゆま「だ、大丈夫?ほむほむ……お腹痛いの?」

ほむら「うぅ……」

マミ「……暁美さん。あなた……」

ほむら「…………」

さやか「……ふーん。言えないんだ」

さやか「ってことは……さ」

さやか「あんた、契約したことを後悔したんでしょ」

ほむら「こ、後悔……?」

さやか「だからあたしにも……契約したことを後悔させたくないと思っている」

ほむら「わ、私は後悔なんか……!」



452 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:10:18.94 ID:w6fA4+mN0

さやか「どうせ『しょうもない理由』で契約したんじゃないの?」

ほむら「……え」

さやか「いつだったか、キュゥべえは契約した覚えがないって言ってたっけ……キュゥべえが忘れちゃうようなしょうもない理由」

ほむら(しょうもない理由……)

QB(忘れるなんてことはないはずなんだけれどな……)

ほむら(『しょうもない理由』……!?)

マミ「美樹さん!それは言い過ぎよ!」

まどか「さ、さやかちゃん……」

さやか「だって!それしか考えられない!ここまで意地になって言えない理由なんてさッ!」

さやか「くだらないことを願っちまったから恥ずかしくて言えないんじゃあないのッ!?」

ほむら「しょうもない……理由……!」

ほむら「……ッ!」


まどか「ッ!」




453 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:11:48.19 ID:w6fA4+mN0

まどか「ほむらちゃんッ!やめてッ!」

ガシッ

マミ「二人とも落ち着いて!」

ゆま「ほ、ほむ、ほむが……『怒った』……」

さやか「へ、へぇ……あ、あんたでも怒って殴りかかる度胸は、あるんだ……」

ほむら「…………」

ほむら(――ッ!?)


気が付くとほむらは、身を乗り出し右腕を振り上げていた。

テーブルに足を乗せ、左手でさやかの胸ぐらを掴んでいた。

右腕に、まどかがしがみついている。ゆまは涙目になり、怯えた表情をしている。

マミは表情や態度に出さないように振る舞っているが、焦燥を隠し切れていない

さやかはゴクリと唾を飲み、動揺を押し殺している。

キュゥべえは物珍しそうにほむらの表情を見つめていた。



454 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:16:14.61 ID:w6fA4+mN0

ほむら(私……まさか)

ほむら(まさか『美樹さんを殴ろう』と……した?)


空気で張った風船が萎んでいくかのように、ほむらの体から力が抜けていく。

その脱力を感知したまどかは、ほむらの腕から手を放し、そのまま肩と背中に触れた。


ほむら(初めてだ……こんな感情)

ほむら(……私なんかでも……カッとなること……あったんだ)

ほむら(目の前が見えなくなって……体が何かに取り憑かれたかのような……)

ほむら「…………」

ほむら(……こればっかりは、私の言い方が悪かった。それは明らかだ)

ほむら(こんなの……こんなのただの逆ギレだよ……)



455 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:17:53.69 ID:w6fA4+mN0

まどか「ほ、ほら。ほむらちゃん。座って……落ち着いて……」

ほむら「……うぅ」

ゆま「あ、あうぅ……」

マミ「……美樹さん。暁美さんに謝りなさい」

さやか「…………」

さやか「マミさんはこいつの味方ってわけですか」

マミ「何もそうは言ってないわ」

マミ「私は美樹さんが覚悟を決めているというのなら別に反対はしない」

マミ「確かに暁美さんの言い方というか、態度にも問題はあると思うわ」

ほむら「…………」

マミ「でもね、美樹さん。あなたの言い方、いくらなんでも酷いわ」



456 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:18:49.33 ID:w6fA4+mN0

マミ「暁美さんが何を願ったのかは私も知らないけど……」

マミ「踏み込んではいけない領域という可能性もあるわ」

さやか「踏み込んではいけないって……例えばなんですか?いじめっこを殺してくださいとか?」

まどか「さやかちゃん!」

ゆま「はぅ!」


まどかの声にゆまは再び身構える。

さやかは既に落ち着いている。マミは真剣な表情でジッとさやかを見つめる。


さやか「まどか。これは可能性の一つだ。……恥ずかしい理由で契約して、言えないって可能性もあるっちゃあるさ」

さやか「でもねぇ、言えないってことは、そういう推測されるのも仕方ないってことなんだよ」

マミ「その可能性も……確かにあるかもしれないわね」

マミ「とは言え、あなたもカッとなって無神経な言い方をして……暁美さんを傷つけたことには変わらない」



457 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:22:36.69 ID:w6fA4+mN0

マミ「暁美さんの、魔法少女の戦いに巻き込みたくないという気持ち、あなたはどう思っているの」

マミ「ただ一言、暁美さんに謝りなさい。言い過ぎたって」

さやか「…………」

さやか「……いや、やっぱり納得できない」

さやか「あたしの覚悟を否定したことには変わらないもん」

さやか「あたし達は仲間だし友達だ」

さやか「……なのに、契約した理由は絶対に言わない」

さやか「秘密にするってことは信用されてないってことだとあたしは思うんですよ」

さやか「マミさんにはすいませんけど、あたし、謝りません」

マミ「美樹さん!」




458 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:23:25.75 ID:w6fA4+mN0

さやか「例えマミさんでも、こればっかりは譲れないんですよ……」

ゆま「さやか……」

さやか「……もう、帰ります。お邪魔しました……」

ほむら「…………」

まどか「…………」

ゆま「…………」

マミ「そう……。美樹さん。帰って落ち着いてから、もう一度考えて」

マミ「それは、命を賭けるに値する願いなのかどうか……」

マミ「……明日」

マミ「明日、その決意をもう一度聞かせて。その上で、契約すること。いいわね?」

さやか「…………はい」



459 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:24:03.71 ID:w6fA4+mN0

ガチャ…パタン

ドアの閉まる音。さやかは帰路に立った。

まどか、ほむら、マミ、ゆま、キュゥべえ。誰も何も言わない。

感情のないキュゥべえ以外全員が「重苦しい空気」を感じた。


QB「…………」

QB(ほむらのような性格でも、感情に流されて暴力に出ようとするものなのか)

QB(これは珍しいものを見させてもらった)

QB(しかしやはり感情は精神疾患だね。興味深いとは思うけれど)

QB(……さて、さやかは……)

QB(ちょっとでも促せば、すぐにでも契約できそうだ)

QB(……行ってくるかな)




460 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:24:51.50 ID:w6fA4+mN0

まどか「…………」

ほむら「…………」

マミ「…………」

ゆま「…………」

ほむら「……ごめんなさい」

ゆま「ほむほむ……」

ほむら「私……、どうしてあんなこと言っちゃったんだろう」

ほむら「もっと……もっと言い方があったのに……逆ギレだよ……あんなの……」

マミ「……いいのよ。暁美さん。気にしないで」

まどか「そうだよ。ほむらちゃん……。ほむらちゃんは、優しすぎたんだよ」

まどか「さやかちゃんも、上条くんのことで色々あったんだよ。だから、少し感情的になってるだけ……」

ゆま「えと……元気出して?」

ほむら「……ありがとう」



461 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:25:27.33 ID:w6fA4+mN0

マミ「…………」

マミ(暁美さんは……初めて会った時「友達を失った」と話していた……)

マミ(だからこそ、友達を魔法少女の戦いに巻き込みたくないんだ、私はそう認識している)

マミ(暁美さんには『そのこと』を黙っているように言われたけど……)

マミ「……美樹さんには、後でちゃんと話しておくわ」

マミ「暁美さん……色々あって疲れたでしょう?帰ってゆっくり休むといいわ。今日のパトロールは私とゆまちゃんがやるから」

ほむら「……すいません。お邪魔、しました……」

まどか「それじゃあ、わたしも……失礼します。ゆまちゃん、またね」

ゆま「うん……」

マミ「えぇ……」



462 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:26:38.94 ID:w6fA4+mN0

ほむら「…………」

まどか「…………」

まどか「え、えっと……」

まどか「ほむらちゃん……元気、出して」

ほむら「……うん」

まどか「さやかちゃんは、少し意地っ張りなところがあるから……」

まどか「あと思い込みも激しいんだ。一度そうだと思っちゃうと……誤解すると、なかなか改めないの」

ほむら「……そう……なんだ」

まどか「少し前、三年生の人がさやかちゃんにやったロッキー占い。的を射てると思う」

まどか「……すぐに、と言うには難しいかもだけど、ちゃんとわかってくれるよ」

ほむら「うん……そうだね。……ありがとう」

まどか「ううん。わたし……少しでも、みんなの役に立ちたいから」



463 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:27:52.82 ID:w6fA4+mN0

ほむら「……ねぇ、鹿目さん」

まどか「なぁに?」

ほむら「よかったら、なんだけど……」

ほむら「その……門限とかもあるだろうから、無理にとは言わないけど」

まどか「えっと……うん。大丈夫だよ。寄り道?」

ほむら「うん。お買い物に付き合って欲しいなって思って」

ほむら「食材を買って帰りたいんだけど……」

まどか「もちろん大丈夫だよっ!」

ほむら「本当?ありがとう。鹿目さん……」

まどか「ううん。気にしないでっ」

まどか「じゃあ行こっ」

ほむら「うん」




464 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:31:11.87 ID:w6fA4+mN0

――
――――

日は暮れかけ、電灯の点いていない部屋が薄暗くなってきた頃。

さやかはベッドの上で膝の臭いを嗅ぎながらブツブツと独り言を呟いていた。

マミからは落ち着いて考え直すよう言われたが、それは無理だと思った。


さやか「…………」

さやか「何なんだよ……何なんだっていうんだよ……」

さやか「あたしの願いなんだから……」

さやか「あたしの素質なんだからどう願おうがいいじゃないか」

さやか「……あたし、言い過ぎたのかな」

さやか「いや……何を願ったのか隠す理由って何なの?」

さやか「やましいことがあるに違いない……」



465 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:32:43.12 ID:w6fA4+mN0

さやか「……ああ、ムカつく」

さやか「転校生のヤツ……」

さやか「人の気も知らないで、知った風なことを言いやがって」

さやか「結局、見舞う側の気持ちなんかわかっちゃいないんだ」

さやか「転校生も……恭介も……」

さやか「…………」


「やぁ、さやか」


さやか「…………キュゥべえ」


見慣れた白い体が、逆行で黒く見えた。



466 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:33:26.92 ID:w6fA4+mN0


――同時刻


ほむら「ご、ごめんね。鹿目さん」

まどか「え?」

ほむら「結構暗くなるまで付き合わせちゃって」

まどか「ううん。大丈夫だよ」

まどか「だからって早歩きにならなくていいんだよ」

ほむら「あ、そ、そう?」

ほむら「でも、ご両親に心配かけちゃうだろうから、帰ろう」

まどか「うん」



467 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:35:30.42 ID:w6fA4+mN0


仁美「あら……鹿目さん、暁美さん……ご機嫌よう」

まどか「あ、仁美ちゃん」

仁美「お買い物ですか?」

ほむら「はい。鹿目さんに付き合ってもらって。今はその帰りです」

仁美「仲がよろしそうで何よりですわ」

まどか「……あれ?」

まどか「仁美ちゃん、今日お稽古じゃなかったっけ?」

仁美「そうですねぇ。大丈夫ですわ」

仁美「……お二人とも、これから良いとこに行きませんか?」

ほむら「良いとこ?」



468 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:36:32.31 ID:w6fA4+mN0

仁美「一緒に行きましょう?」

まどか「帰るのが遅くなっちゃうよ」

仁美「大丈夫ですよぉ。楽しいですよぉ」

ほむら(……?何か、志筑さん……違和感、というか……)

ほむら「――ッ!」

ほむら「か、鹿目さん……!」

まどか「?」

ほむら「し、志筑さんの首……」

まどか「へ?……あッ!?」

まどか「魔女の口づけ……ッ!」




469 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:39:06.67 ID:w6fA4+mN0

まどか「ど、どうしよう!」

ほむら「魔女の口づけは、その魔女を倒さないといけない……」

仁美「行きましょうよぉ」

まどか「うぅっ……こ、この力……!?」

ガシッ

仁美は二人の手首を掴んだ。

その力は女子中学生の握力ではない。


まどか「ほ、ほむらちゃん、どうしよう……」

ほむら「…………」

ほむら「と、取りあえず、志筑さんについていこう」

仁美「まぁ、流石暁美さん。聡明なご判断ですわ」



470 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:41:27.43 ID:w6fA4+mN0

まどか「……大丈夫なの?」

ほむら「魔女の口づけが付いているということは、その良いとこってのは魔女のとこかも……」

ほむら「蓋然性は高いよ……それに……」

ほむら「魔女の口づけは魔女を倒さないと決して消えない。早くしないと手遅れになっちゃう」

ほむら「だから、魔女が現れたら私が相手をする」

まどか「う、うん」

ほむら「一応、巴さんにも電話で助けを呼ぼうと思ったんだけど、ケータイ繋がらなくて……」

まどか「繋がらないの?っていうかいつの間に?」

ほむら「うん。巴さんの家の番号は覚えてないから……テレパシーもここまで離れると……」

ほむら「後でまたかけてみるけど魔女が現れたらきっと来てくれるから、厳しそうなら時間を稼ぐ」

ほむら「私のことは心配いらないから……鹿目さんは先に……」



471 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:45:35.87 ID:w6fA4+mN0

仁美「鹿目さんは、用事でもあるのですか?」

ほむら「そうみたいなので、私が……」

まどか「……ううん。大丈夫だよ」

ほむら「か、鹿目さん!?」

仁美「多い方が楽しいですわ」

まどか「ほむらちゃんにばっかり……大変な思いさせたくない」

ほむら「危険すぎるよ!ダメだよ!」

まどか「わたしには……いざって時にはスタープラチナがあるよ」

まどか「仁美ちゃんを助けなくちゃ……!」

ほむら「でも…………」

まどか「ほむらちゃんにもしものことがあったら……わたし……!」

ほむら「鹿目さん……」

ほむら「…………うん。一緒に行こう」

まどか「ほむらちゃん……!」

ほむら(……確かにスタープラチナは強い。それに、いざって時には時間を止めれば何てこともない……!)



472 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:47:17.59 ID:w6fA4+mN0


仁美は、そのまま二人を、町外れの廃工場へ招いた。

西日が入ってきていないため、内部は薄暗い。

三人の足音がコツン、コツンと響く。

荷物はほむらの盾に入れた。


仁美「あら?暁美さん。いつの間に着替えたんですか?」

まどか「ねぇ、仁美ちゃん……ここって」

仁美「え、あぁ……ここに、皆さんと待ちあわせをしておりますの」

ほむら「皆さんって?誰もいませんけど……」

仁美「もうすぐ来ますわ……私は、このパーティのリーダーですわ」

ほむら(リーダー?)

仁美「さぁ、どうぞ……座ってください」

まどか「じ、地べたに直接……?」

ほむら(魔女は……どこから現れるんだろうか)



473 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:48:24.88 ID:w6fA4+mN0


まどか「……?」

まどか「何、これ……?」

ほむら「どうしたの?鹿目さん」

まどか「これ、落ちてた」

ほむら「……何かの容器?」

ほむら「ラベルが汚れてて……読みづらい」


まどかが拾った容器のような物は、廃工場内そこら中に落ちていた。

大きめの容器、その口部分は何やら濡れていて、ヌルヌルしている。


ほむら「……業務用洗剤?」



474 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:49:28.20 ID:w6fA4+mN0

まどか「洗剤?」

仁美「あぁ……それですか」

まどか「仁美ちゃん」

仁美「これは重要アイテムみたいなものですわ~」

ほむら「何に……使うの?」

仁美「皆さんが来てからの、お・た・の・し・み。ですわ」

仁美「パーティグッズのようなものです」

ほむら「……?」

まどか「…………」

まどか「……あ!」

ほむら「え、ど、どうしたの?」



475 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:51:05.56 ID:w6fA4+mN0

まどか「ほむらちゃん……あれ……!」

ほむら「あれ?」

まどか「そこのバケツの隣にある……」

ほむら「……容器?」

まどか「ウチでも同じの使ってる……」

ほむら「使ってるって……」

まどか「確か、塩素系だった……」

ほむら「……もしかして!」

ほむら「あのバケツの中は……洗剤?!」

まどか「も、もしかしたら……混ぜたら危険……!」

ほむら「……!」



476 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:52:22.73 ID:w6fA4+mN0

ほむら「鹿目さん!手を!」

まどか「えっ!?」

ほむら「手を握って!」

まどか「う、うん……!」

カチッ

ほむら「時間を止めた……」

まどか「え?え?」

ほむら「私に触れることで、時の止まった世界に入れる」

まどか「何か……すごい。本当に仁美ちゃんが止まってる……」

ほむら「……この洗剤とバケツの洗剤」

ほむら「……やっぱり酸性だね。混ぜると塩素ガスが出る……」

まどか「……!」



477 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:54:41.79 ID:w6fA4+mN0

ほむら「つまり、魔女がこれで集団自殺をさせようとしてる」

ほむら「だから……鹿目さん」

まどか「……うん!」

まどか「スタープラチナッ!」


「ウオオオオォォォォォ!!」

まどかの背後に現れたスタープラチナは大きな声を発しながら、洗剤の入ったバケツを一滴も零さないように投げた。

窓から飛び出し、どこへ飛んでいくかはわからないが、少なくとも塩素ガスの発生を防いだ。


まどか「洗剤を放り投げた……これで大丈夫だね」

ほむら「うん……時は動き出す」


仁美「…………」

仁美「……あら?」

仁美「いつの間に、二人とも……」



478 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:56:32.56 ID:w6fA4+mN0

仁美「……?」

仁美「……あの、さっきまでそこにあったバケツ、知りません?」

仁美「…………知りません?」

まどか「あのバケツなら、わたしが遠くへやったよ」

仁美「……何故?」

まどか「何故って!危ないから……」

仁美「人が死ぬ程度に危なくないといけないんですが」

ほむら「やっぱり、魔女に操られて……」

仁美「…………」

仁美「どうして……ですの?」

仁美「よくわからないのですが……質問をします」



479 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 11:58:58.06 ID:w6fA4+mN0

仁美「何故、邪魔をするのですか?」

まどか「じゃ、邪魔って……」

仁美「あなた達英雄になろうとしているのかしら?」

仁美「それとも命を大事にとでも言うつもり?」

仁美「やめてください……あなた達なんかの薄っぺらな『倫理』などどうでもいいことです」

まどか「仁美ちゃんッ!目を醒ましてッ!」

ほむら「鹿目さん……今の志筑さんには何を言っても無駄だよ……!」

仁美「あなた達は私達の『幸せ』を邪魔している。今……『女神』が迎えにくるの……」

仁美「この人間世界の『平和』と『幸福』は、くだらない人間同士の手と手を取り合った偽善なんかで成り立たない」

仁美「『女神』が魂を救うことで始まる……それをあなた達は邪魔している」

仁美「女神は、何の苦痛もなく幸せの世界へつれてってくれるそうですわ……」



480 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:02:34.81 ID:w6fA4+mN0

仁美「女神は、私の持つ『能力』を見込み……私は選ばれました」

まどか「え……?」

仁美「天国は目の前にあるのですわ。あなたも、行きましょうよ……」

仁美「イヤだと言うのなら、集合時間までにあなたを『説得』するまでですわッ!」

まどか「のう……なんだって?」

ほむら「ま、まさか!志筑さっ……!」


ズォォォォォッ!


まどか「うあッ!?ま、眩し……ッ!?」

まどか「な、何……?今、何かされた……?」

まどか「…………え?」

まどか「う……そ……!?」


薄暗い廃工場は、突如として明るくなった。

まどかは目を瞑った。

そして目が慣れてきて、理解した。



481 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:05:16.43 ID:w6fA4+mN0

明るくなったのではない。

正確には、廃工場という空間が別の空間に置き換わっていた。

壊れた階段。錆びたポスト。イチジクの実のようなダークピンク色をした空。

枯れた紫陽花。二次関数グラフの落書き。デフォルメされた天使のイラスト。

廃墟の街並み。隆起した穴のあいた断層。


まどか「この結界は……!ええと……なんだっけ……」

まどか「そう!引力の魔女レイミの……!ま、まさか……あの魔女だったの!?」

まどか「ほ、ほむらちゃんッ!」

まどか「……ほむらちゃん?」

まどか「ほむらちゃん!」

まどか「どこ!?どこに行ったの!?」

まどか「ひ、一人にしないでッ!」

「Oyuriinokok」

まどか「ッ!」



482 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:05:58.47 ID:w6fA4+mN0

壊れたラジオの音声を逆再生したかのような不快な音。

黒いマントを羽織ったマネキン。

いつの間にか、まどかのすぐ側に使い魔がいた。


まどか「ひ、ヒィッ!」

まどか(つ、使い魔……!)

まどか(いつの間に……!いつの間にこんな近くにッ!)

まどか(どうしよう……!)

まどか(ほ、ほむらちゃんはいないし……!)

まどか(わ、わたし一人じゃ……)

使い魔「Onatiihsuod――nasemanak」

まどか(……いや、違う。わたしは、一人じゃない!)

まどか(わたしは、怯えに来たんじゃないッ!)



483 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:08:51.18 ID:w6fA4+mN0

使い魔「Akotukakneg――akasam」

まどか「スタープラチナ!」

「オラァッ!」

ドガァァッ

使い魔「――!」

ドサッ!

まどかのスタンド。スタープラチナが使い魔の顔面を殴った。

まどかは水を熱湯に変えるスタンド使いが来た時以降、スタンドをあまり使っていなかった。

その有り余る程強いパワーを使う機会が、日常生活の上で全くないためである。

最後に使ったのが二日程前。その器用さと速さを活かし、ゆまのためにぬいぐるみを自作して以来。

殴られた使い魔は十メートル程吹き飛んだ。



484 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:10:55.41 ID:w6fA4+mN0

まどか「よ、よしっ!わたしでも戦えるっ!」

まどか「使い慣れてないからか……全力って訳でもないけど……!」


仁美「乱暴なことをなさるんですね……」

まどか「ひ、仁美ちゃん!」

まどか「仁美ちゃん!目を醒ましてッ!」

まどか「この結界から逃げてッ!……あ、いや、一人にするのも危険かな……やっぱわたしの側を離れないで!」

仁美「まさか……鹿目さんまで私と『同じような能力』を……!」

まどか「え?仁美ちゃん、今……何て……」

仁美「大丈夫ですか?暁美さん」

まどか「ほ、ほむらちゃん!?どこ!?どこにいるの!?ま、まさかケガを……!?」

まどか「ほむらちゃん!どこに――」

まどか「……え?」

まどか「あ……ああ……!そ……そ、そんなッ!そんなッ!」



485 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:12:49.08 ID:w6fA4+mN0

一瞬目を離した隙に、吹き飛ばされた使い魔の黒いマントの形が変わったように見えた。

白と黒の二色でしか構成されていなかった、人型の使い魔の姿が、実際に変わっていた。

肌色が見える。紫のスカートとリボンが見える。赤い眼鏡と黒い銃。灰色の盾が見える。

まどかは殴り飛ばした対象が何か理解した。ほむらだった。まどかは全力で走り寄った。


まどか「『ほむらちゃん』ッ!」

まどか「ほむらちゃん!目を開けて!」

まどか「うぅ……き、気を失ってる……!脳震盪か何かを起こしたからだ……!」

まどか「ど、どうして……!?ほむらちゃん!」

まどか「……か、考えたくもないことだけど」

まどか「この真っ赤な顔……まさか……いや、やっぱり……」

まどか「わたしが……『殴った』?」

まどか「嘘……そ、そんな……確かに、確かにスタープラチナは使い魔を……!」

まどか「あの声はあの使い魔の声だったし……ぎこちない動きもそうだった……」

まどか「そんな……そんな!」



486 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:15:34.61 ID:w6fA4+mN0

一瞬目を離した隙に、吹き飛ばされた使い魔の黒いマントの形が変わったように見えた。

白と黒の二色でしか構成されていなかった、人型の使い魔の姿が、実際に変わっていた。

肌色が見える。紫のスカートとリボンが見える。赤い眼鏡と黒い銃。灰色の盾が見える。

まどかは殴り飛ばした対象が何か理解した。ほむらだった。まどかは全力で走り寄った。


まどか「『ほむらちゃん』ッ!」

まどか「ほむらちゃん!目を開けて!」

まどか「うぅ……き、気を失ってる……!脳震盪か何かを起こしたからだ……!」

まどか「ど、どうして……!?ほむらちゃん!」

まどか「……か、考えたくもないことだけど」

まどか「この真っ赤な顔……まさか……いや、やっぱり……」

まどか「わたしが……『殴った』?」

まどか「嘘……そ、そんな……確かに、確かにスタープラチナは使い魔を……!」

まどか「あの声はあの使い魔の声だったし……ぎこちない動きもそうだった……」

まどか「そんな……そんな!」



487 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:18:38.69 ID:w6fA4+mN0


仁美「これが私の……悪魔の手の平で手に入れた……」

まどか「ッ!」

仁美「生き延びた報酬……!」

仁美「名を冠するなら『ティナー・サックス』ッ!」

まどか「ティナー……」

まどか「まさか……」

まどか「仁美ちゃん……『スタンド』をッ!」

仁美「あなたが見たのは『幻覚』……五感に語りかける擬似リアリティ」

仁美「幻覚を暁美さんの上に『被せ』た……」

仁美「だから、鹿目さん。あなたは暁美さんが『それ』に見えたのです」

まどか「……!」

仁美「暁美さんも同じ景色を見ていました。ですが、彼女にはあなたが急にイカれて殴ったように見えたはずですわ」

まどか「う、うぅ……!」



488 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:19:27.01 ID:w6fA4+mN0

仁美「女神のおかげで……パワーアップしたというところでしょうか」

仁美「この空間は、私の支配下……」

仁美「私が望めば、私の知る範囲で、想像ができる範囲で全てを疑似体験ができますわ……」

仁美「そして、あなたのように……『敵』とする方がおられるのなら……」

仁美「見せましょう!志筑仁美のナイトメアッ!」

まどか「す、スタープラチナ!警戒してッ!」

仁美「これは私が見た景色の再現ッ!」

仁美「使い魔と仰いましたね?使い魔と一括りするのも味気ない……名前をつけましょう」

仁美「キャメロン!マーチン!バージニア!ドルチ!マイク!鹿目さんを捕獲なさい!」



489 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:23:05.52 ID:w6fA4+mN0

仁美の背後の建物から、五体、黒マントのマネキンが現れた。

一直線にまどかに向けて歩いてくる。


まどか「スタープラチナ!」

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」

ほむらを庇いながら、スタープラチナは拳のラッシュを放つ。

仁美の作り出した幻覚の使い魔は五体とも難なく突き飛ばされた。


仁美「……!」

仁美「強い……そして速い……!」

仁美「まさか……優しい鹿目さんがこんなパワー型のスタンド……ですか?能力を……!」

仁美「……ああ、もう。鹿目さん」



490 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:24:46.61 ID:w6fA4+mN0

仁美「あなた達が台無しにしてくれたものだから……」

仁美「女神が痺れを切らしてしまったようですわ……」

まどか「……え?」

仁美「ああ……不甲斐なくて申し訳、ない、です……」

まどか「仁美ちゃん!?」


仁美はそう呟いて、ドサリと倒れた。

その瞬間、ティナー・サックスの幻覚の世界は解除される。

ダークピンクの世界は、廃工場の薄暗い灰色――ではなく、水の中のような明るい青い世界に染まった。


まどか「えっ……!?」

まどか「こ、これは……!」

まどか「『別』の結界ッ!?」

まどか「こ、これが……本物。仁美ちゃんを操っていた……」



491 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:26:34.90 ID:w6fA4+mN0

そこにいたのは、パーソナルコンピューターのような姿をした魔女。

液晶にはツインテールの少女のシルエットが映っている。


まどか「ま、魔女……!」

まどか「どうしよう……」

まどか「ほむらちゃんは、気絶させちゃったし……」

まどか「や……やるしかないッ!やらなきゃやられるッ!」

まどか「ス、スタープラチ……」

魔女「――――」

まどか「…………うっ」

まどか「うぐっ……くっ……!」

まどか「あ、頭が……胸が苦し……い……?」

まどか「う、うぅぅ……!」

まどか「そ、そんな……そんなこと……」

まどか「あああ……ああ!」



492 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:30:24.92 ID:w6fA4+mN0

モニターに、ある映像が映し出された。

その映像の一場面一場面が、まどかの心を抉り傷つける。

大人に叱られたこと。友人に嘘をつかれたこと。他人に嫌がらせをされたこと。

人を憎らしく感じたこと。友を妬んだこと。己が悲しんだこと。


公園で遊んでいると大きな昆虫を踏みつぶした時の景色。

固い甲殻を砕く感触と柔らかい内臓を押し出していく光景。

寝ている野良猫にこっそり近づいて驚かせてしまい、道路に飛び出した猫が少し離れた場所で車に轢かれた映像。

薄汚れた体をブチ破り飛び出された内臓。吹き飛んだ眼球を対向車線の軽自動車が踏みつぶした瞬間。


そしてたった今、意図しなかったとは言え、ほむらを攻撃してしまった罪悪感。

スタープラチナの拳が、ほむらの頬を殴った瞬間を、コマ送りで見せつけられた。

みるみると力が込められ忍苦に歪んでいく友人の表情。

頬骨が割れる音、もの凄く軽い感覚、滲む涙、鼓膜を揺さぶる悲鳴。

ティナー・サックスで目視できなかったことを、改めて見せつけられる。



493 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:32:45.45 ID:w6fA4+mN0


その他、多くの嫌な記憶を、トラウマを脳内に直接見せられる『追体験』をさせられた。

脳が内側から頭蓋骨を押し破ろうとしているような、圧迫感のある頭痛。

それが、この魔女の力。トラウマを呼び起こし人の精神を蝕む。

仁美のスタンド、ティナー・サックスと性質が近い。

映像を見せられているだけでこのリアリティー。

むしろティナー・サックスの力が合わさっていると考えた方が自然だった。


まどか「あ……ああ……い、い、や……!」


その場で腰を落としてしまったまどかは、隣で倒れているほむらを揺さぶる。

ほむらは反応しない。悪夢を見ているかのように、その寝顔は曇っている。

脳震盪を起こしたからか、魔女の力なのか、最早まどかには、気絶の理由を判別できない。



494 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:33:51.40 ID:w6fA4+mN0

まどか「起きて……ほ、ほむらちゃん……」

まどか「痛いよ……頭が……割れそうに痛いの……お願い……」

まどか「ほむらちゃん……!」


スタンドは精神力。自身の魂で動かしているようなもの。

魔女の魔力を浴びて精神が一時的に衰弱したまどかにスタープラチナを操る力はない。

例え、操れたとしても、再び騙されてほむらを殴るのではないかという畏怖が戦意を沸かせない。


まどか「だ、誰……か……助……け……!」

まどか「う……ぅ……」


ザシュッ!



495 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:36:39.32 ID:w6fA4+mN0

魔女「――!」

まどか「て……?」

「うああああありゃあああああッ!」

ズバッ

まどか「な、何……?」

まどか「こ、この声……」

まどか「さやかちゃんッ!」


白いマントを揺らし、剣で魔女を斬る魔法少女。

まどかはその顔を知っている。

さやかはその剣で魔女を真っ二つに断ち割った。

――戦いは一瞬だった。

魔女の結界は解除された。



496 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:40:15.07 ID:w6fA4+mN0

さやか「ふぅ……」

まどか「さ、さやかちゃん……」

さやか「何だい。転校生。気を失ってら……ハハ、情けないなぁ」

さやか「仁美までいる……何があったんだ?」

さやか「まどか。どうなったのか説明してくれる?」

まどか「そ、その格好……!」

さやか「あはは……うん。そうだね」

さやか「契約、しちゃったよ」

まどか「…………」

さやか「それで?転校生は何だってまどかと仁美ほったらかしで倒れてんのさ」

まどか「……そ、それは」

まどか「仁美ちゃんがナイトメアで魔女の口づけはスタープラチナと引力の魔女をスタンドのティナー・サックスで……」

まどか「わたしのせいなの……わたしのせいでほむらちゃんが……」

さやか「……ごめん。あたしにもわかるよう、もうちょっとわかりやすく……」



497 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:42:23.17 ID:w6fA4+mN0



「まどかお姉ちゃん!ほむほむ!」


さやか「ん?」

まどか「あ!ゆまちゃん!」

ゆま「ハァ……ハァ……だ、大丈夫だった!?」

まどか「う、うん……でも、ほむらちゃんが気を失っちゃって」

ゆま「ほむほむ……!」

さやか「何だか、タイミングがアレだったねぇ」

ゆま「ッ!」



498 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:43:21.00 ID:w6fA4+mN0

ゆま「さ、さやか……!」

さやか「…………」

ゆま「契約……しちゃったの……?!」

さやか「……うん」

ゆま「ど、どうして……マミお姉ちゃんが、よく考えてって言ったのに……」

さやか「いやぁ……へへ、どうにも、抑えきれなくて」

ゆま「どうして……さやか……!」

ゆま「…………」

ゆま「さやかの馬鹿ッ!」

さやか「えっ」

まどか「ゆ、ゆまちゃん……」



499 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:44:14.26 ID:w6fA4+mN0

ゆま「どうしてマミお姉ちゃんの電話を無視したのッ!」

ゆま「どうしてほむほむの話も!マミお姉ちゃんの話すらも!無視しちゃうの!」

まどか「電話?」

まどか(マミさん、さやかちゃんと電話してたんだ……だから電話が繋がんなかったんだ)

さやか「で、電話……」

さやか(……その時は、その時はどうせマミさんは転校生の肩を持つに決まってるって……そう思ったからだ)

さやか(マミさんに、怒られる気がしたからだ。そして……怖かったからだ)

さやか(キュゥべえに、契約をチラつかせられて……その気になってたのにマミさんに何か言われて……)

さやか(色々言われて恭介の腕を治す決意が揺らいでしまいそうで怖かったからだ……)

さやか「……ごめん」

ゆま「……あのね、マミお姉ちゃんが言ってたの」



500 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:44:58.01 ID:w6fA4+mN0

ゆま「ほむほむはね……マミお姉ちゃんと出会う前に、お友達がいたの」

ゆま「魔法少女のお友達……」

ゆま「だけど……死んじゃったんだって……」

まどか「……!」

さやか「え……」

ゆま「ほむほむはね、自分が弱いからって、一人で頑張ろうとしてたの」

ゆま「もう、友達が戦いで死んじゃうの嫌だから……」

ゆま「それでマミお姉ちゃんと出会って……今のほむほむがいるの」

ゆま「ほむほむは……ほむほむは、苦しみたくないから……!」

ゆま「巻き込みたくないから……!お友達を失いたくないから……!」

ゆま「だから、さやかを契約させたくなかったんだって……!」

まどか「……そ、そんなことが……ほむらちゃん……」



501 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:46:25.64 ID:w6fA4+mN0

まどか「……辛かったんだね……そんな様子、全然見せなかったのに……」

まどか「隠してたんだね……わたし達に気を使わせちゃうって……」

まどか「きっと……いや、絶対に気を使っちゃうよ……うぅ、ほむらちゃん……!」

ゆま「それなのに……さやか……!」

さやか「…………」

さやか「……そっか」

さやか「転校生、そんなことがあったんだ……」

さやか「だから、あんな風に、あたしを巻き込みたくなくて……」

さやか「願いを秘密にしてた理由は……きっとその死んだ友達に関係してたんだ」

さやか「だから言いたくなかったんだ……」

さやか「あんたは多分、その人が死んでるってことを隠すだろうね」

さやか「そしたらあたし、きっとその友達のことを無神経に聞くわ……。どんな子だった?今どこに居る?って」

さやか「転校生に、悲しい思いをさせかねなかったんだ……」

さやか「……正直、この話を聞かされて今後どう接してやればいいのかわからない部分もある」



502 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:47:47.04 ID:w6fA4+mN0

さやか「あたし……」

さやか「……ほむらのこと、誤解してたかも」

さやか「あたしって、ほんと馬鹿」

ゆま「……もう、遅いもん」

さやか「うん。そうだね……」

さやか「でもね……ほむら。あたし、今、すっごい心が安らいでる」

さやか「あたしでも、人を助けることができた。とっても嬉しいの」

さやか「特に、親友のまどかと仁美……そして、あんたを救えることができた」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「ほむら……」



503 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:48:27.18 ID:w6fA4+mN0

さやかはほむらの頭に優しく手を置いた。

先程まで辛苦を浮かべていた表情は解消され、平穏な寝顔になっている。


さやか「あんたもあたしの嫁だ……!」

ゆま「さやか何言ってるの?女の子同士はケッコンできないよ」

さやか「ぐっ、ま、真面目に返された……!」

さやか「と、とにかくっ!」

さやか「後悔なんて、あるわけない……!」



504 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:49:01.88 ID:w6fA4+mN0

さやか「……さて!と」

さやか「あたしはそこでぶっ倒れてる仁美を送ってくよ」

さやか「これから、ほむらとどう接してやろうか考えないといけないからね」

さやか「ゆまちゃん、マミさんにゴメンなさいって言っておいて!」

ゆま「……直接言ってよ」

さやか「わ、わかったって……でも、反省してるってだけは伝えて?お願い」

まどか「……あれ?」

まどか「そういえばゆまちゃん」

ゆま「なぁに?」

まどか「マミさんは?一人で来たの?」

ゆま「途中まで一緒だったよ」

さやか「別の結界が出来たとか?」

ゆま「ううん、何だか『キャー空から洗剤が降ってきた』とか言ってどっか行っちゃった」

さやか「は?洗剤?」

まどか「…………」



505 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:52:52.31 ID:w6fA4+mN0


ティナー・サックス 本体:志筑仁美

破壊力 ― スピード ―  射程距離 B
持続力 B 精密動作性 E 成長性 C

『幻覚』を見せるスタンド能力。その性質は「逡巡」
実際に見た光景を再現、現実にあり得ないような光景を作り出す。
幻覚に捕らわれた相手は五感の全てで錯覚に陥る。
幻覚は「空間」に作用するため精密動作性は低い。
しかし、魔女の力と共鳴し一度だけ「個人」を対象にした幻覚を作れた。
仁美が抱いている心の迷いが反映されて発現したと思われる。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



506 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 12:55:17.45 ID:w6fA4+mN0
うわ長い。今回はここまで。

杏子の魔法と丸被りであっさりやられたティナー・サックスです。
ほむらがプッツンするシーンは個人的にちょっとアレなのですが、まぁサラっと流してください
幻覚を被せるって何?ってなると思われますが、まぁサラっと流してください

ちなみに仁美のネーミングの元ネタ
キャメロン:アウトローマンの馬の名前
マーチン:バオー来訪者の敵の名前
バージニア:バージニアによろしくの爆弾の名前
ドルチ:ドルチ ~ダイ・ハード・ザ・キャット~
マイク:武装ポーカーのビーフシチュー食べましたの人


今夜再開します



509 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 19:49:06.21 ID:w6fA4+mN0

#10『大丈夫、私達が支えるから』


――翌日


さやかは、病院に来た。

自分の願いの結果を確かめるために。


さやか「喧嘩別れは気まずいけど……」

さやか「大丈夫……落ち着け」

さやか「恭介だって、そういうナーバスな時もあるさ」

さやか「今は、腕だって奇跡的に治って落ち着いてるはず……」

さやか「…………」

さやか「ほむら……恭介と普通に接することができなくなるみたいなこと言ってたけど……」

さやか「意識してみれば……そうかもしれない。何か、恩着せがましい気分というか……」

さやか「……何を言ってるんだろうね。あたしは……実際、恩人なんだから、それがなんだって言うのさ」

さやか「……今日は……顔を見るだけだよ」



510 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 19:49:45.94 ID:w6fA4+mN0

さやか「可愛い女の子だと思った?」

さやか「残念!さやかちゃんでした!」

さやか「やぁ、恭介。元気?」

恭介「あ……さやか。どうしたんだい?」

さやか「ど、どうしたも何も……う、腕……」

恭介「あぁ……うん。実は、そうなんだ」

恭介「腕が治ったんだ」

さやか「も、もう。どうして真っ先に連絡くれなかったのさっ」

恭介「あ、いや……ごめん。なんだか、実感が湧かなくて」

さやか(まぁ、無理もないよね)



511 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 19:54:51.78 ID:w6fA4+mN0

恭介「それに……何というか、気まずくてね」

恭介「さやか……その、ゴメン」

さやか「え?」

恭介「こないだ……さやかにきついこと言って追い出しただろう……?」

恭介「反省してる……」

さやか「あ、あぁ……うん。そのことね……」

さやか「気にしないで!あたしも無神経だったわけだし……」

さやか「いやぁ、本当に奇跡ってあるもんだね!」

恭介「はは……そうだね。絶望的だって言われたのに……」

さやか「ははは、よかったよかった」

恭介「もしかして、なんだけどさ……」

さやか「へ?」



514 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 19:56:28.85 ID:w6fA4+mN0

恭介「こういうことを言うのも、憚れるというか……何だけど」

さやか「…………」

恭介「もしかして……さやか」

さやか「う、うん……?」

恭介「僕の腕が治ったのって……」

さやか「な、何……?」

恭介「僕の『精神が成長』したからそれに呼応したのかも」

さやか「…………」

さやか「……は?」

恭介「そりゃそう反応するよね……自分で精神が成長しただなんて……」

恭介「ねぇ、さやか。ほら『これ』……」



515 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 19:57:52.00 ID:w6fA4+mN0

恭介は動けるようになった腕を、さやかの方へ差し出した。

手の平を見せている。


さやか「これ、って……?」

恭介「……『見える』のかい?」

恭介「見えていないようだね。さやか。手の上に『いる』んだけど」

さやか「…………」

恭介「僕はちょっとした『超能力』のようなものを持っているんだ」

さやか「え……!?」

恭介「いきなり何を言っているんだって思うだろうけど……これは、フィクションの話とかじゃなく、本当なんだ」

恭介「ほら、さやか、これなら見えるかい?」

さやか「へ……!?う、嘘……?!」



516 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 19:58:28.43 ID:w6fA4+mN0

さやかは自分の目を疑った。

ベッド横の机の上に置かれているCDが『浮いて滑って』いる。

その下には何もないが、CDが何かに運ばれているかのようだった。

そしてCDは恭介の体を伝い、腕を通り、手の平に収まった。

CDケースにはセロハンテープが張られている。


恭介「この前は、さやか。折角買ってきてくれたCDを投げつけてごめんよ」

恭介「ケースはこの通り割れちゃったけど、中身は無事だったんだ。いい曲だったよ」

さやか「……スタンドッ!?」

恭介「スタンド?まさか、『これ』を知っているのかい?」



517 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:00:43.21 ID:w6fA4+mN0

さやか「あ、う、うん……」

恭介「でも見えていないということは、知ってるだけ、かな」

恭介「ねぇさやか。『悪魔の手の平』という噂を知っているかい?」

恭介「悪魔の手の平……気が付くと、空がピンク色の不思議な住宅地に迷い込んでしまっている……」

恭介「そこではマネキンに襲われそうになるらしいが、無事帰ることができると……不思議な力に目覚めるらしい」

恭介「その力に目覚めると、血縁者も同じような力に目覚めることがあるらしいんだ」

恭介「実は……後からわかったことなんだが、父さんがその中に入ったらしいんだ」

恭介「父さんはその時疲れ気味で……少しぼうっとしていたらしくあまり記憶にないそうだが……」

恭介「父さんはまだその噂と能力を持っていることは知らないが……僕は、目覚めてしまったようだ」

さやか「……スタンドに」

恭介「そう……」



518 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:01:22.22 ID:w6fA4+mN0

恭介「気が付けば僕も、スタンド?それを使えるようになっていた」

恭介「僕は個人的に『ハーヴェスト』と呼んでいるよ」

恭介「小さい虫みたいなのがたくさんいて一つなんだ。一匹一匹の力は弱い。何に使えばいいのか今のところ不明」

さやか「…………」

恭介「スタンド。それは……精神と深い繋がりがあるらしくてね」

恭介「それを使いこなせるようになって、僕の精神は成長したんだと思う」

恭介「スタンドが傷つけば使い手も傷がつく。使い手のダメージはスタンドにも反映される」

恭介「だから、スタンドが成長して……腕の断裂した筋がそれに応じて回復した」

恭介「都合の良い考え方だけど……それ意外に考えられない。奇跡でもない限り……」

さやか「…………じゃあ、つ、つまり」

さやか「……恭介は……こう思ってるの?」



519 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:02:07.09 ID:w6fA4+mN0

さやか「腕が治ったのは、自分のスタンドのおかげって」

恭介「確証はないよ。ただ、本当にそれしか心当たりがないんだ」

さやか「そ、そんな……」

さやか「納得いかない……!」

恭介「はは、まぁ、そりゃそうだよね……」

さやか(……あれ?)

さやか(あたしは今……何で、納得いかないなんて言ったんだ?)

さやか(あたしの納得できないと恭介の解釈で差があったけど……)

さやか(自分で言って……何を……?)

さやか「…………」

さやか「う、腕……」

恭介「うん?」



520 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:03:03.17 ID:w6fA4+mN0

さやか「腕が治って……よかった、ね。うん。何だとしてもさ……ハハ」

恭介「……?」

恭介「まぁ、確かに。日常生活に支障はあっただろうけど……」

さやか「あった『だろう』?」

恭介「失って初めて気付く大切さもあるけど、取り戻して気付く『さも当然』もある」

恭介「今にして思えば『ハーヴェスト』がいれば特に困らなかったかな」

恭介「こうやってハーヴェストがいれば何でもできそうな気がするし」

恭介「もうハーヴェストで文字が書けるようにも箸を持つこともできるようになったんだ」

恭介「……なんて、ちょっと思っちゃったりしてる僕がいるよ」

さやか「……な、何よ、それ……」

恭介「あ……折角お見舞いにきてくれていたさやかに今の表現は過剰が過ぎたね……ごめん」

恭介「さやかには本当に迷惑をかけたよね。CDのプレゼントを拒絶したり、面会を拒否したり……」

恭介「本当にごめん。そして、今までありがとう。さやか」



521 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:04:37.16 ID:w6fA4+mN0

さやか「…………」

さやか「ば、バイオリン……」

恭介「ん?」

さやか「そう!バイオリン!あたしは、恭介のバイオリンがまた聴きたくてさぁ!」

恭介「バイオリンを?」

さやか「う、うん。子どもの頃に聴いたコンクール。あの時の音色が忘れられなくてっ!う、嬉しいなぁ~アハハ」

恭介「うーん……」

さやか「……ど、どうしたの?バイオリン」

恭介「今は、バイオリンって気分じゃないかな」

さやか「……は?」

恭介「あ、いや。バイオリンも大事だよ」



522 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:06:17.28 ID:w6fA4+mN0

恭介「僕の生き甲斐だからね。ただ今はスタンドの訓練をしたいというか……脚のリハビリもあるからね」

恭介「知ってるかい?学校には既に何人かスタンド使いがいるらしいんだ」

恭介「これからスタンド使いはもっと増えると僕は思うんだ」

恭介「今後を考えるとスタンドは上手く扱えるようにならないとね。今はバイオリンよりもそっちに夢中って感じかな」

恭介「あ、ハーヴェストを使ってバイオリンを弾くっていうのも面白そうだなぁ」

さやか「…………」

恭介「もちろんバイオリンは続けるつもりではあるよ」

さやか「そ、そう……まぁ、うん……なら……いいんだけど……」

恭介「……どうかしたのかい?何だか顔色が悪そうに見えるけど……」

さやか「い、いやいやっ!何でもないよ。あはは……」

恭介「……」



523 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:07:16.72 ID:w6fA4+mN0

恭介「あの、さ。さやか……」

さやか「……?」

恭介「その……ちょっと、聞いてほしいことがあるんだけどさ……」

さやか「聞いて欲しいこと?」

恭介「あのさ、折角来てもらったのに、そういうこと聞くのも何だけどさ」

さやか「き、気にしないで。それで……えっと、なに?」

恭介「さやかは……志筑さんと仲が良いだろう」

さやか「……仁美?」

恭介「さやかを追い出したあの日の後……志筑さんが来てくれたんだ」

さやか「…………」

恭介「彼女は……僕の全てを理解してくれたんだ」

恭介「突然現れた群体型スタンド、ハーヴェスト……」



524 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:08:32.66 ID:w6fA4+mN0

恭介「自分で言うのもアレだけど、小さい虫みたいなものがわさわさと現れて気持ち悪いだろう?」

恭介「しかし誰にも見えない。僕は怖かったんだ。幻覚が見えるようになったのかって」

恭介「そんな中、志筑さんは僕のことを理解してくれた。彼女もスタンド使いだった」

恭介「僕のハーヴェストが見えていたんだ……能力名はティナー・サックス」

さやか「あぁ……うん」

恭介「彼女は言ってくれたよ……」

恭介「認識することが大事なんだって」

恭介「空気を吸って吐くことのように、鉛筆をベキッとへし折ることと同じように、扱えて当然と思うこと。大切なのは『認識』すること……ってね」

恭介「人間は誰しも不安や恐怖を克服して安心を欲する……」

恭介「不安に押しつぶされそうだった僕の心に……手を差し伸べてくれたんだ」

恭介「安心したんだ……それで、その安心は……その……」



525 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:09:06.59 ID:w6fA4+mN0

恭介「照れくさいけど……恋愛感情に置き換わっていたんだ」

さやか「え……れ、恋愛!?」

恭介「もう、さ……正直に言うとだね……」

恭介「僕、志筑さんのことが好きなんだ」

さやか「…………」

恭介「恋愛なんて、今まで考えたことなかったのに……志筑さんのことばかり思い浮かぶ……」

さやか「…………」

恭介「こ、こんな恥ずかしいことを相談できるのはさやかくらいしかいないんだ」

恭介「ああ、精神の成長、スタンド、恋、退院、それと再び弾けるようになったバイオリン」

恭介「清々しい気分だよ……今、僕は青春を感じている」

さやか「…………」

恭介「それで……なんだけどさ、さやか」



526 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:09:49.01 ID:w6fA4+mN0

恭介「志筑さんは、誰かと付き合ってたりしていないかな……?」

恭介「好きな人いたりするのか、とか……その、異性のタイプとか……さ、その、それとなく聞いてくれると嬉しいんだけど……」

さやか「…………」

さやか「……そ、そうなんだ」

さやか「あ、あははは……ひ、仁美に目を付けるとはなかなか見る目あるよ。恭介……」

さやか「はは……お、応援、するよ……うん」

さやか「お似合いだと……思う……よ」

恭介「そうかい?ありがとう……と言えばいいのかな。それって……」

さやか「…………」

さやか「恭介……今日は、もう帰るね」

恭介「そうかい?今日はありがとう。わざわざ来てくれて」

さやか「う、ううん……それじゃあ……」

恭介「うん」

さやか「…………」



527 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:10:31.86 ID:w6fA4+mN0

――
――――

――喫茶店


仁美「それじゃあ、ミルクセーキを下さい」

仁美「ダブルで」

さやか「…………」

さやか「いやぁびっくりしたよ。仁美がスタンド使いだったなんて」

仁美「えぇ……私も鹿目さんがスタンド使いだっただなんて……」

さやか「そりゃぁ、ねぇ」

さやか「……それで」

さやか「話ってスタンドのこと?」

仁美「…………」

仁美「美樹さん。私は……」

仁美「上条くんのこと、お慕いしておりました」

さやか「え……」


――――
――



528 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:11:31.80 ID:w6fA4+mN0

さやか「…………」

さやか「何だよ……」

さやか「何なんだよ……!」

さやか「両思いじゃあねーかよ……ッ!」

さやか「あたしが入る場所なんて……ないじゃん……!」

さやか「もう、『既に』……!」

さやか「…………」

さやか「うぅ……」

さやか「あたし……あたしってヤツは……!」

さやか「あたし……何を考えて……!」

さやか「くそぅ……!」



529 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:12:28.66 ID:w6fA4+mN0




――次の日



まどか「あ、おはよう。仁美ちゃん」

仁美「あっ……お、おはようございます」

まどか「いつもの待ち合わせに来なかったけど……委員会のお仕事?」

仁美「え、ああ……はい。まぁ、そんな感じです。すみません」

まどか「?謝ることなんて……」

仁美「それで、その……美樹さんは?」

ほむら「い、いえ……来てませんでしたけど」

仁美「……そうですか」



530 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:12:57.17 ID:w6fA4+mN0
ほむら「……何か、あったんですか?」

まどか「?」

仁美「…………」

仁美「実は……その……」

仁美「美樹さんと……ちょっと、その……」

まどか「さやかちゃん、と?」

仁美「ちょっと……言い争ったというか、気まずいというか……」

まどか「さやかちゃんと……」

ほむら「…………」



531 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:13:47.98 ID:w6fA4+mN0


ほむら「……ッ!」


瞬間、ほむらの脳に走る電気的衝撃。

ほむらは「嫌な予感」を感じ取った。


ほむら「……鹿目さん」

仁美「暁美さん?」

まどか「どうしたの?ほむらちゃん」

ほむら「ほ、保健室……連れてって、もらえる……?」

まどか「えぇ!?」

仁美「だ、大丈夫ですか?もしかして心臓が……」

ほむら「えっと……さ、さっきから……お、お腹が……」

仁美「さ、さっきからって……どうして言わなかったんですの?」

ほむら「その……言い出しにくくて……」



532 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:14:52.43 ID:w6fA4+mN0

ほむら「ほ、保健室……」

まどか「わ、わかった!」

仁美「無理しないで遠慮なく言ってくださればいいのに……」

まどか「えっと、言ってくるね。仁美ちゃん」

仁美「は、はい。先生には言っておきますわ」


まどか「大丈夫?ほむらちゃん……」

ほむら「……ごめんね」

まどか「ん?どうしたの?」

ほむら「ごめんね」



533 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:15:27.33 ID:w6fA4+mN0

まどか「ほ、ほむらちゃん?」

ほむら「鹿目さん。私、早退する」

まどか「そんなに痛いの?本当に大丈夫?」

ほむら「……ずる休みしちゃうの」

まどか「えぇッ!?」

ほむら「心臓病のフリをするのも卑怯かなって思って」

まどか「…………」

ほむら「ずる休みは二回目になっちゃう」

まどか「……うん。わかった」

ほむら「保健室の先生いるかな?」



534 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:16:16.14 ID:w6fA4+mN0

――教室


女子生徒A「マミりぃん。見て見てぇ」

マミ「何かしら?あとマミりんって何かしら?」

女子生徒A「お祖父ちゃんが再婚することになるんだけどね」

マミ「そうなの?おめで……え?お祖父ちゃん?」

女子生徒A「うんうん。日はまだ決まってないけど、慶事で公欠するつもり」

マミ「そ、そう……」

女子生徒A「でねでね、これ。その人の連れ子の写メェ。きゃわわ」

マミ「……と、いうことは」

女子生徒A「そう。奇妙なことだけど……戸籍上私は叔母ってことになるよ」

女子生徒A「中学生で叔母さんって、何か切ないよ。オバサンだからね」

マミ「そ、そうなの……何だか、大変ね」

女子生徒A「でもでも、私の姪っ子、可愛い」

マミ「そ、そうね……」

マミ(見たところゆまちゃんと同じくらいだけど……再婚相手はいくつなのかしら……)



535 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:17:34.34 ID:w6fA4+mN0

『巴さん!巴さん!』

マミ(テレパシー?)

マミ『どうしたの?暁美さん』

ほむら『巴さん!いきなりですみません!』

マミ『あの、暁美さん?何をそんなに焦って……』

ほむら『ゆまちゃんをお借ります!』

マミ『……へ?』

マミ『あの、ゴメン。何を言ってるのかわからないんだけど……』

ほむら『美樹さんを探します!』

マミ『余計に拗れてきたんだけど!?美樹さん何かあったの!?』



536 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:18:20.40 ID:w6fA4+mN0

マミ『うーん……』

マミ『……な、なんかわからないけど、わかったわ』

マミ『鹿目さんの時みたいに早退する気ね?』 

ほむら『は、はい!』

マミ『ゆまちゃんに合い鍵の場所を教えてあるから……、ちゃんと戸締まりして、鍵絶対に無くさないようにしてね』

ほむら『わかりました!』

女子生徒A「ねぇねぇ、マミりんってば。聞いてるの?」

マミ「え?あ、ごめんなさい」

女子生徒A「いつになるかわからないけど、公欠した日の授業分ノート見せてね」

マミ「ええ、いいけど……」

女子生徒A「巴さん頭いいからねぇ」

マミ(……暁美さん。何をするつもりなのかしら)



537 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:18:55.61 ID:w6fA4+mN0


――廃墟の街。


支柱の折れたらせん階段。甲虫色の錆びたポスト。

イチジクのタルトのような空色。紫陽花畑をぶち破った断層。

地面に二次関数グラフと特異点の数学的な落書き。塀に簡易的な天使のイラスト。

最も大きな家の窓から有名な画家をオマージュしたかのようなが絵画が見える。

その家までの道のりは荒廃が特に著しい苦難への道。

断層にあいた穴。顔も服もない輪郭だけの秘密の少女。


黒いマントをつけた人型の使い魔と対峙する少女がそこにいる。

白いマントをつけた青い魔法少女が剣を構えて敵を睨みつける。



538 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:19:34.95 ID:w6fA4+mN0

さやか「はぁ……はぁ……」

さやか「その気になれば……『痛み』なんて消せる……!」

さやか「くっ……しかし……」

使い魔「Ura――Agihcimonustatufikebuakum――Awineamo」

さやか「うぉらァッ!」

ザシュッ!

さやか「……くそッ!や、やはり……!」

使い魔「Ihcimoneh"onomurerabarae"etiki――Awustotih」

さやか「数が……多すぎるッ!」


断層に背をつける。背水の陣。

さやかは今、追い込まれている。



539 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:20:35.40 ID:w6fA4+mN0

さやかを逃さないかのように黒い影が取り囲む。

少し離れた位置で、引力の魔女――レイミが様子を窺っている。


さやか「ハァ……ハァ……」

さやか「引力の魔女、レイミ……」

さやか「こいつが、スタンドの元凶」

さやか「……許さない」

さやか「やっと……やっと見つけたんだ……」

さやか「必ず……ブチ殺してやる……!」

さやか「おまえさえ……貴様さえいなければ……!」

さやか「あたしは……あたしは……!」

さやか(だが……どうするか)



540 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:22:04.23 ID:w6fA4+mN0

さやか(背中は断層。これ以上引き下がれない)

さやか(使い魔の握力は結構強い。数も多い。押さえつけられたら……かなりマズイ)

さやか(だが、動きはそれ程早くない)

さやか(一気に突っ込めばいいだろう)

さやか(問題は魔女だ……)

さやか(あのシルエットみたいな体。何をしてくるかわからないし読めない)

さやか(……だが、とにもかくにも、斬るしかない!)

さやか(あの魔女……見た目は人間っぽいから……胸か、頭を斬る!)


クラウチングスタートの姿勢になったさやかは、剣先を魔女に向けた。

走りだそうとしたその途端。


ズルッ



541 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:23:17.68 ID:w6fA4+mN0

さやか「うっ!?」

ドサァッ

明日が滑り、転倒した。

頬を地べたに打ち付けてしまった。


さやか「な……ッ!?」

さやか「な、何……?!」

さやか「足……が……!」

さやか「足から……血!?」


いつの間にか、足から、脹ら脛から血が流れ出ていた。

痛みは無いが出血が激しい。

地面に垂れた血で足が滑ったらしい。


「咬み傷」ができている。



542 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:24:46.86 ID:w6fA4+mN0

さやか「どうして……?!い、いつの間に?!」

さやか「……ッ!」

さやか「だ、断層に……血がついてる……?」

さやか「断層の……穴に、血……?」

さやか「ま、まさぁ……この穴か……!?」

さやか「この断層の『穴』があたしを噛んだのかッ!?」

使い魔「Aterabare――Awiihsamatonok」

さやか「く、くそ……ッ!使い魔が……!」


完全に包囲された。

口から流れるように血が垂れる断層の穴。

黒い影で魔女が見えなくなる。



543 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:25:16.73 ID:w6fA4+mN0

さやか「もう……ダメだ」

さやか「……『死ぬ』」

さやか「…………」

さやか(……死、か)

さやか(そうか。あたし、死ぬんだ……)

さやか(使い魔に体を押さえつけられて……何をされる?)

さやか「何で……何であたしはここに来ちゃったんだろう」

さやか「どうしてあたし……一人で乗り込もうなんて思っちゃったんだろう」

さやか「意味が分からない……パソコンの魔女倒して、調子に乗っていたのかな……」

さやか「……あたしって……ほんと馬鹿……」

さやか「…………」

さやか「いや、違う……」



544 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:26:28.83 ID:w6fA4+mN0


さやか「あたしは馬鹿じゃない」


さやか「あたしは何も悪くない……むしろ、悪いのはスタンドの方だよ……」

さやか「あたしは、恭介のために魔法少女になったのに……戦いの運命に飛び込んだのに……」

さやか「恭介と仁美にスタンドが発現しないで……」

さやか「バイオリンよりも夢中になれることを見つけなければ……」

さやか「それがわかっていれば……あたしは契約しなかったのに!」

さやか「後悔なんてあるはずなかったのに……!」

さやか「パソコンの魔女の時、仁美を助けなきゃよかっただなんてほんの一瞬でも思ってしまったのも……」

さやか「ほむらがもっとちゃんと止めてくれればよかったのになんて思ってしまったのも……」

さやか「スタンドのせいッ!あたしは悪くない!」

さやか「だから……あたしは、あたしは馬鹿じゃない……!」

さやか「あたしは何も悪くない……あたしは何も悪くないッ!」

さやか「あたしは……」



545 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:27:33.25 ID:w6fA4+mN0

魔女「――――」

魔女は言葉にもならない声を発した。

それに呼応するように、使い魔はその身を引いた。

さやかと魔女が向かい合う形となる。


使い魔「Aragannennaz――Iihsaratiusagakano」

使い魔「Uranotaseonijuraagaw――Awiihsamatonok」

魔女は腕を伸ばし、さやかに攻撃を仕掛けた。

さやか「あたしは――」


美樹さやかが最期に思うこと……それは仕事中の両親のことではなかった。

両親のことを深く思ってはいた。

しかし最後に浮かんだ本当の気持ちの前に、走馬燈のような形で向き合った。



546 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:28:44.56 ID:w6fA4+mN0

さやか(マミさん……勝手なことしてごめんなさい)

さやか(ゆま……あたしが死んでも悲しまないで)

さやか(まどか……ありがとう。今まで楽しかったよ)

さやか(ほむら……幸せになってほしい。あたしの願いはそれだけだ……)

さやか「……はは、は」

さやか(シケた人生、だった、なぁ……)


ザシュッ!



547 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:29:22.85 ID:w6fA4+mN0

「KYAAAAAAAAAAAAAAA!」

ボゴンッ!


さやか「グフッ!?」

さやか「ゲホ、ゲホッ……ゲホ!」

さやか「な、何……?」


少女の影の胸の部分に、『穴』があいた。

向こう側の景色が見える。


さやか「何が起こった……!?何が……!」


さやかの頭は軽いパニック状態に陥った。

魔女は叫び声をあげた。ダメージを受けている。

魔女の攻撃を喰らった。それは事実。胸に痛みがある。

しかし今、目に見えて、自分よりも魔女の方にダメージがある。


使い魔「Atekutuzikowijura――Awiihsamatonok!」


使い魔は魔女を守るかのように、再びさやかを囲んだ。

両腕をつきだし、迫り来る。



548 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:31:11.56 ID:w6fA4+mN0

さやか「何が起こったんだ……?」

さやか「胸貫かれたと思ったら……魔女が……?」

さやか「な、何が……何が……一体……?」

さやか「……ま、まさか」

さやか「まさか……あたし……」

さやか「……クッ!」

使い魔「Ihcimonehihs――Abukanomas!」

さやか「く、来るか……!?」

さやか「な、何が起こっているのかわかんないままだけど……」



キュルキュルキュルキュル……

さやか「……ん?」

「ェ~」

さやか「……何じゃこりゃ?」



549 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:32:04.16 ID:w6fA4+mN0

「コッチヲミテェ~」


さやか「……戦車?」


鉄塊のような、キャラピラが付いた物体。

錆びかけた鉄が擦れ合うような音と、機会音声のような音声。

戦車のようなそれは、使い魔の群れに向かって速度を微妙にあげ、走り突っ込んでいく。

その速度は親についてくる健康な仔猫のよたよたした走り程度。


「コッチヲミテェ~」


戦車はそのまま使い魔の足にぶつかった。

カチリ



550 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:36:59.57 ID:w6fA4+mN0


――轟音をたて、戦車と使い魔群は炎に包まれた。

それは「爆発」した。


さやか「う、うおおおあッ!?」

さやか「な、何ィッ!?」

さやか「どうしたことが……何が起こった!?」

さやか「ば、爆発したッ!」

さやか「使い魔が……ドガーン!って爆発し……」

さやか「……『爆発』だってッ!?」


「魔力を探知して走る『じどーそーじゅー』スタンド!」



551 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:38:07.74 ID:w6fA4+mN0

さやか「!」

「キラークイーン第二の爆弾。爆弾戦車『猫車』……さやかを探知した」

「最初は普通に分担して探そうとしたけど、そういうのが使えるって言うもので、使わせていただきました」

さやか「そ、そんな、あんたらは……!」

さやか「ゆま!?ほむら!?」


さやかは、爆弾戦車が走ってきた方向を見た。

細い体と小さい体が、そこにはいた。


ゆま「猫さんッ!」

ズギャンッ!


ゆまの体から飛び出した、精神のエネルギー。

キラークイーンは地面に落ちていた小石を広い、投げた。



552 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:39:39.02 ID:w6fA4+mN0

投げ飛ばされた小石は、他の使い魔と衝突する。

瞬間、その使い魔群は爆発した。


ゆま「石ころを爆弾にした!」

ゆま「頑張れ猫さん!」


バンッバンッ!

ほむら「ハンドガンッ!」


盾から取り出した黒光りする拳銃。

小さな爆発――発砲音が響く。

使い魔の頭部を的確に撃つ。

急所を撃ち抜かれた使い魔は強い衝撃を受けてす故障る寸前のラジオのような音をたてる。

マネキンの体と黒いマントは煙のようになって消えていく。



553 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:41:03.45 ID:w6fA4+mN0

さやか「……!」

ゆま「大丈夫!?さやか」

さやか「ゆまちゃん……」

ほむら「足、ケガしてる……立てますか?」

さやか「ほむら……」

さやか「ど、どうしてここに……」

ほむら「…………」

ほむら「……サボってきちゃいました」

さやか「ッ!」

ほむら「それで、巴さんからゆまちゃんを借りて探しに来ました」

ゆま「大変だったよ!何度注意してもほむほむの魔力を探知しちゃうんだもん!」

ゆま「ごめんねほむほむ」

ほむら「ううん。これがなかったら美樹さん見つけられなかったよ」

ほむら「いいこいいこ」

ゆま「えへぇ」



554 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:42:24.52 ID:w6fA4+mN0

ピンクの空は、水色の空へ。

廃墟の街は、廃ビルのフロアへ。

魔女の結界はその世界を消し去った。


ほむら「……あ」

ゆま「結界が解けちゃったね」

ほむら「おかしいね……魔女もいたはずなんだけど……」

ほむら「私達が来た時には既に逃げちゃってたのかな」

さやか「…………」

さやか「……ねぇ、ほむら」

ほむら「はい?」

さやか「その……ごめん」



555 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:43:25.41 ID:w6fA4+mN0

ほむら「へ?」

さやか「あたし……その……」

さやか「契約したこと後悔しちゃった……」

ほむら「……」

さやか「恭介の腕を治すなんてしなきゃよかった……しなくてもよかったって思っちゃった……ぐすっ」

さやか「許せないよ……恭介も、治さなきゃよかったって思ってるあたし自身がさぁ……」

さやか「こんな辛い目に遭うなら……契約なんてしなきゃよかった……!」

さやか「……うぅ……ごめんね……ほむら……ごめん……!」

さやか「折角止めてくれたのに……契約しないでって言ってくれたのに……!」

さやか「結局あたしは、恭介の腕を治した見返りが欲しかっただけだったんだ……」

さやか「あたしは……恭介が好きだった……でも、でも……恭介は仁美が好きだってぇ……」

さやか「う、うあああぁぁぅ……」



556 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:44:55.37 ID:w6fA4+mN0

さやか「後悔しちゃったよぉ……魔法少女になっちゃったよぉ……あうぅ……ぐすっエグッ」

さやか「失恋だよォォ~~……!」

ゆま「しつれん……」

ほむら「…………」

ほむら「いえ……美樹さん」

ほむら「結局、私は契約を止められなかったという結果しかありません」

ほむら「私の方こそ、しっかりしていれば……」

さやか「うぅ……ほむら……」

ほむら「巴さんなら、こう言うと思います」

ほむら「『大丈夫、私達が支えるから』……私も、同意見です」

ほむら「だって……その……」

ほむら「と、友達だから……」

さやか「……ほむら」



557 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:46:05.90 ID:w6fA4+mN0

さやか「あたし……あたし……!」

ゆま「ねぇ、さやか……」

ゆま「ゆまもね?実は、契約しなきゃよかったって、思ったことあるの」

ゆま「キョーコの役に立ちたいから、スタンドが欲しいって願って、猫さんを発現した……」

ゆま「でも、スタンドを持っちゃったから、ゆまはキョーコに嫌われた……」

ゆま「だから、後悔しちゃった」

ゆま「でもね?ゆま、契約してよかったって今は思ってるよ」

ゆま「こうして、さやかを助けることができたし……」

ゆま「さやか、お姉ちゃん、ほむほむ、まどかお姉ちゃんに出会えたし……」

ゆま「ゆま、今幸せなの。キョーコの嫌いな力を持ったゆまを、受け入れてもらえて……」

ゆま「ゆまは、もう一人ぼっちじゃないの。ひとりぼっちは寂しいもんね」

さやか「ゆまっち……」

ゆま「ゆまっち?」



558 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:47:21.90 ID:w6fA4+mN0

さやか「…………」

さやか「……あはは」

ほむら「……な、何かおかしいこと言いましたか?私」

さやか「いやさ……だって、あんたが友達だから、だなんて……」

さやか「えへへ……何だか、おかしくって……あんたの方から、手を差し伸べてくれるだなんて……」

さやか「あたしはあんたを否定して……あんたはあたしに手をあげようとしたのに」

ほむら「……ほむぅ」

さやか「ありがとう。ほむら、ゆま……」

さやか「それと……猫さん?」

ほむら「え……?」



559 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:49:03.82 ID:w6fA4+mN0

ゆま「えッ!?」

さやか「こんな顔だったんだね……猫さんって言うからもっとキュートなもんかと思ったけど」

ゆま「み……『見えてる』!さやか……猫さんと目を合わせてる……!」

ほむら「……!」

さやか「うん……」

さやか「あたしも……なの」

さやか「あたしもスタンドが……身に付いたみたい」

さやか「あの壁みたいな断層にさ……穴、あったじゃん」

ほむら「……はい」

さやか「あの穴に噛まれてさ……その直後に、何か変なことが起こったんだ」

ほむら「噛まれた?」

ゆま「変なこと?」



560 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:50:30.08 ID:w6fA4+mN0

さやか「あたしにもよくわからないんだ……」

さやか「魔女から攻撃を喰らったと思ったんだ」

さやか「でも、魔女の方が突然苦しんだ」

さやか「何を言ってるのかわからないと思うけど……」

ほむら「……えっと?」

さやか「ダメージが『反射』されたって言えばいいのかな……」

ゆま「反射……?え……?」

ゆま「でもさやかケガして……ん?」

さやか「だからわからなんだよね……実際に攻撃を受けたのに反射した……」

さやか「その辺、研究する必要があるね」



561 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:52:17.06 ID:w6fA4+mN0

さやか「とにかく……その時だと思う。スタンドに目覚めたのって」

ほむら「スタンド……」

ゆま「穴『そのもの』が使い魔だったんだね……」

さやか「スタンドの名前……何にしよう」

さやか「恭介じゃないけど……」

さやか「あたしもスタンドを認識して訓練をしなくちゃいけないなぁ……」

さやか「ほむら……」

さやか「『あんたの友達』に負けないくらいにさ……強くなるね」

ほむら「……え」

さやか「ほむらには……もう、辛い思いをさせない」

ほむら「……はい」



562 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:55:12.81 ID:w6fA4+mN0

――数日後


杏子が美国邸に世話になり始め、幾日が経過した。

毎日風呂とベッドと美味い飯にありつけるのはとても幸せなことだと、杏子はつくづく思った。


しかし同居人とは特別仲がよくなったということはない。

織莉子とは軽い世間話をする程の関係にはなった。事務的にしている感は否めない。

借りをあまり作りたくないという理由で食器を片付けのを手伝おうにも、食器に触らせてもらえない。

キリカとはいまいち反りが合わない。「折角の二人の世界」に割り込んでしまった感が否めない。

「織莉子の言うことだから仕方ない」という余所余所しい態度が見え隠れして明らかに気を使われている。


暮らしやすいが居辛い。総合的に言えば「少し良い」程度の生活をしている。



564 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:55:53.99 ID:w6fA4+mN0

織莉子「ねぇ、佐倉さん。夕食も終えたことで、少しお話があるの」

杏子「……何だ?」

織莉子「共闘するということで、改めて自己紹介をしてみない?」

杏子「あ?なんだよいきなり」

織莉子「いいじゃない。この機会、お互いにとって実に重要な世界よ」

キリカ「流石は織莉子。名案だ」

杏子「……まぁ、構わんが」

織莉子「既に知っていることとは言え念のためおさらいとしてフルネーム」

織莉子「そして『得意な魔法』と『魔法武器』……『スタンドの能力』を言うのよ」

杏子「…………」

杏子「あたしとしては自分の手の内を晒すのは好きでないんだがな」

織莉子「そう。能力を教えるということはスタンドの弱点を教えることにつながる」

織莉子「だから、時期を見たかった」

キリカ「杏子。私と織莉子は互いに能力を知っている。知らないのは君のだけなんだ」



565 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:57:26.31 ID:w6fA4+mN0


キリカ「まぁ、私達も具体的に自分の手札を見せてたわけじゃないからね」

杏子「……それも、そうかもしれないが」

杏子(……こいつらの能力。知っておいて損はないだろう)

織莉子「まず私から……」

織莉子「名前は美国織莉子。これは知ってると思うけど、未来予知の固有魔法を有しているわ。魔法武器は水晶玉」

織莉子「スタンドの名前はリトル・フィート」

織莉子「能力は、相手を小さくする能力」

織莉子「自分も小さくなれるわよ」

杏子「なんだそれ。くだらない能力だな」

キリカ「そんなことない!」

杏子「何怒ってんだよ」




566 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 20:59:41.61 ID:w6fA4+mN0

織莉子「まぁまぁ。……これまで試した限りでは人間程度の大きさなら最小で十二分の一くらいのサイズにできるわ」

杏子「それって、つまり……どれくらいだよ」

織莉子「そうね……。その気になれば人間を消しゴムくらいの大きさにできるということよ」

キリカ「小さくなればクッキー一枚でもお腹一杯になれるファンタスティックな能力さ」

杏子「なるほど……スゲー羨ましいな」

織莉子「やってみる?」

杏子「今度な」

キリカ「あ、食べるんだ」

キリカ「そんじゃあ、次は私」

キリカ「私の名前は呉キリカ。相手の動きを遅めるようなことが得意だね。魔法武器は爪」

キリカ「スタンドの名前はクリーム」



567 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:00:20.69 ID:w6fA4+mN0

杏子「クリームゥ……へっ、何だか弱そうな名前だな」

織莉子「敵じゃなくてよかったと思うわよ。あなたでは勝てない」

杏子「あ?何だとコノヤローっ。言葉に気をつけろ」

織莉子「本当のことよ」

キリカ「おい。杏子。織莉子にヤローとは何だ。クリームで消し去るよ?」

杏子「消し去る?」

キリカ「それがクリームの能力だ」

キリカ「相手は死ぬ」

杏子「は?」

織莉子「ざっくばらんに言えば、透明になって移動して、その際に触れたものを粉微塵にする」

杏子「何それ怖い」



568 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:01:43.25 ID:w6fA4+mN0

キリカ「まぁそれなりに弱点はあるけどね」

杏子「弱点?」

織莉子「さて、最後はあなたよ。佐倉さん」

杏子「…………」

キリカ「おっと、私達のことを知っといて自分はやっぱいい、だなんてフェアじゃないこと言わないよね?」

杏子「あんたらが勝手に話し出したんだろうが」

織莉子「過程はどうあれ、あなたが協力をすると言った、という真実を忘れてはいけない」

杏子「わぁーったよ……ったく」

杏子「あたしは佐倉杏子。……幻惑の固有魔法だ。魔法武器は槍」

杏子「スタンドの名前はシビル・ウォー」

杏子「シビル・ウォーは特定の結界を作り、その中で幻覚を見せる能力だ」

キリカ「魔法とスタンド被ってんじゃん」

杏子「うるせぇ」



569 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:03:13.44 ID:w6fA4+mN0

杏子「で、幻覚の内容は、『相手が捨てたもの』だ。ポイ捨て見捨てる切り捨てる……人は捨てることに罪悪感を覚える」

杏子「……ま、簡単に言ってしまえば罪悪感で心身を押しつぶす能力だ」

織莉子「捨てたもの……ね」

キリカ「わぁお、陰湿~」

杏子「何だとこら」

織莉子(捨てたもの……私はむしろ捨てられた方だと自分では思っているけれども……どうなるかしら)

杏子「まぁ何だ。魔法少女を魔女にするのにうってつけの能力だ」

杏子「実を言うとテリトリーを侵略しに来た魔法少女は全員魔女にしてグリーフシードにしてきた。そういう実績がある」

キリカ「うわぁ……」

織莉子「あら、それはちょっとだけ頼もしい」

キリカ「え?暁美ほむらを魔女にしたらマズイんじゃ……」

織莉子「スタンドを発現される前に魔女にしてしまえばそれはそれで救世の形なのよ」



570 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:04:46.48 ID:w6fA4+mN0

キリカ「……さて、これでお互いスッキリしたかな?」

織莉子「そうね。これでいざというとき混乱せずに済むわ」

杏子「…………」

杏子(シビル・ウォーには『二つの弱点』と『隠された能力』があるのだが……)

キリカ「織莉子。紅茶のおかわりちょーだい」

織莉子「お砂糖いくつ?ジャム何杯?」

キリカ「スプーン三杯ずつ」

杏子(この二人には『言わない』)

杏子(あたしが……)

杏子(いつかこの二人を『裏切る』時……あるいはその『逆』の時に見せることになるだろう)



571 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:05:23.55 ID:w6fA4+mN0

杏子(あたしの切り札だ)

杏子(最も、弱点の一つは克服したと言っても過言ではないがね)

織莉子「佐倉さんはいるかしら?おかわり」

杏子「いや、あたしはいい」

杏子(……まぁ、お互い様だよな)

杏子(あいつらもあいつらで、あたしに隠している事柄がある)

杏子(こういう場面で言わないということは、あたしを信頼していないことを証明している)

杏子(その辺り、食い下がって聞かなかったのは敢えてだ)

杏子(聞くということは『あんたらを疑ってる』と自分からバラしてるようなもんだからな……)



572 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:07:44.60 ID:w6fA4+mN0

織莉子「さて……」

織莉子「見滝原中学校襲撃計画の決行まで、後三日よ」

杏子「それまで結局ろくなことしてねぇけどな」

キリカ「まぁね」

織莉子「……そこで、明日と明後日、二日間かけて、事前準備に取りかかるわ」

織莉子「二日目に事前準備を踏まえて簡単な作戦……私のプランを伝える」

杏子「事前準備……随分とギリギリじゃあないか?」

織莉子「そうね……使いたい道具が道具だからよ」

杏子「使いたい道具?」

織莉子「まぁそれは追々……まず、キリカ」

キリカ「私は何をすればいい?」



573 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:09:09.49 ID:w6fA4+mN0

織莉子「学校の見取り図を用意してちょうだい」

キリカ「見取り図?学校の地図ってこと?」

織莉子「えぇ。私と佐倉さんは見滝原中学校のことを知らない」

織莉子「魔法少女とスタンド使い……ターゲットがどの教室にいるのかを把握する必要がある」

キリカ「ふぅーん。オッケー」

織莉子「佐倉さんは何か追加注文とかある?」

キリカ「帰りにお菓子買ってきてとかパシリ的な内容以外なら融通効かすよ」

杏子「……できれば写真とかもあるといい」

キリカ「写真?」

杏子「シビル・ウォーが扱うに丁度良い室内でもあればと思ってな」

キリカ「図書室とか音楽室とか?」



574 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:10:33.69 ID:w6fA4+mN0

杏子「シビル・ウォーの特性上、相手を誘い込むことが重要だ。標的のいる教室との位置関係による」

杏子「三階なら三階にあるそういう部屋。四階なら四階だ」

キリカ「うん。わかったよ」

杏子「……で、あたしは何をすればいい」

織莉子「そうね……佐倉さんさえよければ、なのだけど」

織莉子「少しばかり、顔を出してやってほしいのよ」

杏子「……いいのか?わざわざそんなこと」

織莉子「えぇ。どうせ顔知らないでしょ?そんな大したことしなくていいわ」

杏子「何か意味あるのか?それ。顔ぐらい、写真なりなんなりで何とでもなるだろ」

織莉子「注意を惹かせる、ということよ」

杏子「注意?」



575 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:11:51.29 ID:w6fA4+mN0


織莉子「明日、予知によると暁美ほむら、鹿目まどか、美樹さやか、三人仲良く帰路に立っている……」

織莉子「そこで三人の前に現れて、力試しだ何だ言って時間を稼いでほしい。人通りは少ないからその辺り気にしなくていい」

織莉子「するとたまたま半径約二、三百メートル内にある書店で参考書を探しにきていた巴マミ、付き添いの千歳ゆまがテレパシーで助けを呼び出され現れる」

織莉子「……魔法少女が集まるということね」

織莉子「その間に、私が行動をする」

杏子(ゆま……か……)

杏子「……ダリィな」

キリカ「別にそこで殺してもいいだろう何て思わないことだ」

織莉子「暁美ほむらが既にスタンド使いである可能性がゼロではない以上、余計なことはしないに限る」

織莉子「あなたが負けたら元も子もない」

杏子「つまりあたしに逃げろと。で、逃げれるのか?あたしは」

織莉子「五人と顔を合わせたら……これを」

コン



576 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:12:35.64 ID:w6fA4+mN0

杏子「……グリーフシード?」

織莉子「穢れを計画的に溜め込ませ、孵化するタイミングを予知して調節させた……」

織莉子「言うなれば時限魔女発生装置よ。これをキリカに仕掛けさせておく」

織莉子「魔女の結界に閉じこめて退散なさい。結界に誘い込むのは得意でしょう?」

杏子「……なるほどな」

織莉子「場所は後で地図を用意するとして……明日の予定をまとめると……」

キリカ「私は学校の見取り図と杏子にとっていい感じの部屋を探して、帰り道地図の場所にグリーフシードを仕組むこと」

杏子「……あたしはほむら達を地図の場所で待ち伏せして、マミとゆま、魔女の孵化を待ち、時間を稼ぐ」

織莉子「その通り。二人とも、明日はよろしくお願いね。明日の朝もう一度おさらいするから。佐倉さん。腕時計忘れずにね」

杏子「……なぁ、織莉子」

織莉子「何か質問でも?」

杏子「内容は今のと関係はないんだが……一つ、聞いてみたいことがある。ちょっとした好奇心だ」



577 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:14:01.11 ID:w6fA4+mN0

織莉子「何かしら?」

杏子「あんたは……キリカが怖いと感じたことないのか?」

キリカ「へ?」

杏子「キリカのスタンドを聞く限り、使われたらもう手出しができない」

織莉子「……」

杏子「もし裏切ろうと思えば、何もできずに殺されちまうぞ」

キリカ「ッ!」

キリカ「おいッ!杏子ォ!」

杏子「うおッ!?」


キリカはテーブルに膝をつき杏子の胸ぐらを掴んだ。

先程までヘラヘラしていた表情は一変した。

その場の勢いで人を殺してしまいそうな、そういう目だった。

杏子はそれと似たような目を、一度見たことがある。



578 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:16:19.05 ID:w6fA4+mN0

キリカ「この私が織莉子を裏切るだとッ!?」

キリカ「どの口が抜かしているんだッ!この小汚いホームレスのクサレ脳みそがッ!」

杏子(こ、こいつ……!)

キリカ「例え仮定の話でもッ!言っていいことッ!と悪いことがあるッ!」

キリカ「二度とそんな口聞けないように声帯ブチ斬ってやろうかッ!ああ!?」

杏子(い、いきなりプッツンしやがった……暗黒空間だって?)

杏子(こいつの心の中の方がバリバリ裂けるドス黒いクレバスだッ!)

キリカ「私と織莉子の愛と絆を侮辱しやがっ――」

織莉子「キリカ!」

キリカ「ッ!」



579 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:18:03.00 ID:w6fA4+mN0

キリカ「お、織莉子……」

織莉子「淑女失格だわ。直りなさい」

キリカ「ご、ごめんなさい……」

織莉子「佐倉さんに謝りなさい」

織莉子「……と、言いたいところだけど、佐倉さん。あなたの質問は私に対しても無礼に値するわ」

織莉子「敬意を払いなさい。キリカは、もしこの計画が失敗してレクイエムが生まれてしまった際……最後の希望なのだから」

杏子「…………」

織莉子「しかし、その質問……ごもっともというヤツでもあるわね。やっかいなことに」

キリカ「私が織莉子を裏切るなんてありえないよ!」

織莉子「えぇ。わかっているわ」

織莉子「でも、もしも裏切られるなんてことになれば……」

織莉子「……キリカに裏切られるということは、キリカに嫌われたということ」



580 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:18:49.49 ID:w6fA4+mN0

織莉子「……私はキリカを愛している」

キリカ「!」

織莉子「嫌われるくらいならいっそ、キリカに殺されるのも悪くないと思っている……。それが答えよ」

杏子「マジかよ……こいつ……」

キリカ「お、織莉子……!君ってヤツは……!君ってヤツはぁ……!」

キリカ「私も織莉子を愛してるよッ!嫌いになるわけないじゃあないかァ――ッ!」

織莉子「キリカ……!」

キリカ「織莉子……!」

織莉子「キリカァー!」

キリカ「織莉子ォー!」

杏子(……あたしって本当に必要なのか?)


紅茶とクッキーが散乱したテーブル。

目の前で抱擁し合う二人。

疎外感を強く覚えた杏子は、ハァと一息。溜息をついた。



581 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:19:26.12 ID:w6fA4+mN0


ドリー・ダガー 本体:美樹さやか

破壊力 A スピード A  射程距離 C
持続力 A 精密動作性 C 成長性 D

魔法武器の剣に取り憑いているスタンド。その性質は「転嫁」
自身へのダメージの「七割」を刀身に映りこんだ相手に『押しつける』能力。
さやかの特化された治癒能力とあらゆるダメージに対する半自動カウンターとの相性は抜群。
悪い結果が訪れても自分に落ち度はないはずだ。という責任転嫁願望から発現。
魔法武器に憑いているため、このスタンドは変身しないと扱えない。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある




582 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/28(金) 21:25:11.30 ID:w6fA4+mN0

今回はここまで。次回のインターバルを挟んで戦が始まります。

連載当初は900レスとか2スレ目行くんじゃないかとか思ってたけど、
1レス分の文量を多めに設定したからおまけ含めても大分余裕ありそうです
おまけと言っても前レスのスタンド解説をまとめただけなんですが
場合によっては前作と同じように最後に質問コーナーでも設けてみようかななんて思ってみたり

さやかのスタンド、ドリー・ダガーは原作には出てきません。
小説の恥知らずのパープルヘイズに登場する二次創作スタンドです。
ダメージの反射は他にもラバーズやスーパーフライ辺りがいますが、
後者は論外としてラバーズは流石にちょっと……
さやかにそれは何か皮肉っぽいし……脳みそがどうこうとか書きたくないし……



586 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 00:04:00.06 ID:UuH8DLrAO
ここで小説版出すあたりスタンド予想を当てさす気ないな……!
マミさんワンチャンあるで



587 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 00:05:06.74 ID:y15SqqUSo
まだ三部はスタプラとクリームしか出てないよね?



588 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 00:11:53.88 ID:UuH8DLrAO
>>587
ティナー・サックスが出てる

ついでにまとめると
3 スタプラ クリーム ティナーサックス
4 キラークイーン ハーヴェスト
5 リトルフィート
6 水を熱湯に変わるスタンド
7 シビルウォー チューブラーベルズ
小説 ドリーダガー



591 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 09:56:02.93 ID:JeiFXyZo0

#11『インタールード(間奏曲)』


――翌日

日が傾きかけ景色が橙色に染まる頃。

杏子は屋台で買った人形焼きを食べながら、壁にもたれかかって、待っていた。


緊張がないこともない。

シビル・ウォーという能力を得てから、杏子は「捨てる」という行為と言葉にも敏感になっている。

自分が「捨てた」存在……ゆまと会うことになるためである。


杏子「……来たか」


杏子は人形焼きを一気に詰め込み、半ば強引に飲み込むことにした。



592 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 09:57:45.87 ID:JeiFXyZo0

まどか「何かお腹空いちゃったなぁ」

さやか「どっかで食べてく?」

まどか「うーん。いいや。今晩はクリームシチューだから」

ほむら「鹿目さんクリームシチュー好きだものね」

まどか「うんっ。だからパパ、いつもたくさん作ってくれてるの」

まどか「……あれ?わたし、ほむらちゃんにクリームシチューが好きってこと話したことあったっけ?」

ほむら「あ」

ほむら「え、えっと……あ、あるよ!前に!わ、忘れちゃったの?」

さやか「何を慌ててるんだ?」

まどか「?」

まどか「……あっ、ほむらちゃん。肩……」

ほむら「え?」



593 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:03:05.19 ID:JeiFXyZo0

ほむら「……あ、これは……」

さやか「毛?……ってまたエイミ~の毛かい?ほむら」

ほむら「気付かなかった……じゃあ今日一日中ついてたことに……」

まどか「エイミーにモテモテだね」

ほむら「モ、モテモテって……」

さやか「一体何をどうしたらそこまで懐かれる訳?あたし何て思い切り避けられる」

まどか「さやかちゃんは嫌がってるのに尻尾摘んだりしてちょっかいだすからだよ」

さやか「うっ……だ、だって尻尾可愛いし気持ちいいんだもん」

さやか「あ、猫と言えばゆまちゃんって変身するとネコミミつけるけど……何で?」

ほむら「何でと聞かれても……」

まどか「あれネコミミなのかな?」

さやか「いやぁ、あれはどう見てもネコミ……」



594 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:04:54.10 ID:JeiFXyZo0

さやか「……ん?」

まどか「どうしたの?」

さやか「いや、ほら、あそこ……」

ほむら「?」


さやかが指さした先には、人がいた。

赤銅色のポニーテール。緑のパーカー。ホットパンツ。

壁と口に手を当て、床を睨んでいる。


さやか「泣いてんのかな?」

ほむら「……ッ!」

ほむら「あ、あれは……!」

まどか「知ってる人?」



595 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:06:00.02 ID:JeiFXyZo0

ほむら「佐倉さん……!?」

さやか「佐倉って……佐倉杏子?」

まどか「そ、その人って……!」

ほむら「いつか見滝原に来るとは思ってたけど……」

さやか「あいつ……か」

まどか「さ、さやかちゃん?」

さやか「あいつが……あいつがゆまちゃんを……!」

さやか「ゆまちゃんを見捨てたヤツッ!」

ダッ

ほむら「美樹さんッ!」


杏子はゆまのスタンド、キラークイーンに恐怖を覚え、突き放した。

それは杏子がスタンド使いであることを示している。



596 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:07:45.99 ID:JeiFXyZo0

魔法少女の姿でないとは言え、突っ込むのはあまりにも愚直。

しかし突沸した感情を抑えきれず、さやかは走り出してしまった。


杏子「も、もがが……もごふ……!」

さやか「おい!そこのあんたッ!」

杏子「もが!?」

さやか「佐倉杏子でしょ!あんたは!」

杏子「もむむー!もぐぐ!」

さやか「何を言って……」

さやか「食っとる場合かァ――ッ!」

杏子「…………プハッ!」



597 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:08:51.10 ID:JeiFXyZo0

杏子「あ゙ー……やっと飲み込めた」

杏子「いやぁー……やれやれ」

杏子「予想以上に人形焼きのアンコが熱くてよォ……」

杏子「いや、熱いのを知らずに丸飲みするようなアホなことをしたんじゃあない」

杏子「頭の方をチビチビ食べてたからさぁ……」

杏子「腹の方のアンコもいい加減冷めただろうと思ったんだよ……ところがどっこい熱々でさ」

杏子「全く……何が食っとる場合かー、だよ。あんたの都合なんか知るか」

さやか「何をしに見滝原に来たんだ!」

杏子「あぁ、そうだった。気になったんだがよ」

杏子「何であたしの名前がわかった?」

さやか「……ゆまちゃんを迎えに来たのか……?捨てたくせに」



598 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:10:52.20 ID:JeiFXyZo0


杏子「……そうか。ゆまか」

杏子「だが百歩譲って名前は知ってても顔は知らないだろ」

杏子「マミにあたしの写真でも見せてもらったのか?」

ほむら「美樹さん!」

杏子「お……」

まどか「さやかちゃん!急に走って……!」

さやか「で、でもまどか……こいつ……!」

ほむら「…………」

ほむら「佐倉さん……」

杏子(こいつがさやか……そっちはまどか……)

杏子(消去法で考えると、こいつが暁美ほむらか?)



599 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:13:46.51 ID:JeiFXyZo0

ほむら「……まさか、見滝原を狙って?」

まどか「……ッ!」

杏子「質問を質問で返すな……まぁいい」

杏子「……別に、だぜ」

杏子「強いて言うなら、見滝原の魔法少女ってのはどんな面してんのか見に来たってくらいさ」

さやか「…………」

さやか「何でだよ……」

杏子「ん?」

さやか「何でゆまちゃんを見捨てたんだよ!あんなに優しくていい子なのにッ!」

杏子「ゆまから聞かされてないのか?」

杏子「キラークイーンは危険すぎる。爆発に巻き込まれかねんからだ」

杏子「……だから、あたしは捨てた」



600 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:14:46.31 ID:JeiFXyZo0

さやか「だ、だからって……!ゆまちゃんの気持ちを考えたことあんのかッ!」

杏子「他人の気持ちより自分の命のが大切って考えがあるからだ」

杏子「今気付いたけど……あんた、魔法少女」

杏子「そうか……契約したのか」

さやか「…………」

杏子「あんたは……違うようだな」

まどか「…………」

さやか「ぶっ飛ばすッ!」

ほむら「み、美樹さんッ!」


さやかは変身し、剣を構えた。

一方で杏子はうんざりとした顔をしている。



601 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:16:08.55 ID:JeiFXyZo0

杏子「あのなぁ……あたしは戦いに来たんじゃあないぜ」

杏子「落ち着けよ」

さやか「ほむら!あんたは下がっていて……」

さやか「あたしはゆまちゃんのことが好きだ。とってもいい子だし、可愛いからな……」

さやか「ゆまちゃんに悲しい思いをさせたヤツがいるというなら、怒りがフツフツわき上がる!」

さやか「その怒り!あたしが先に晴らす権利がある!」

さやか「杏子とやら!このあたしが、あんたを!ゆまちゃんに土下座させてやる!」

杏子「うわ、うぜー……」

まどか「お、落ち着いてさやかちゃん!」

ほむら「美樹さん!あなたも下がって!」



602 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:18:02.99 ID:JeiFXyZo0

ほむら「彼女にはあなたの知らない能力がある!経験もある!」

杏子「ふーん。あたしのことをよくご存じって感じだな」

まどか「さ、さやかちゃん……!」

さやか(……確かに、そうさ)

さやか(確かにあたしは魔法少女としてはペーペーさ……)

さやか(だが、あたしには……)

さやか(あたしには無敵の『スタンド』があるッ!)

さやか(あたしの魔法とこの能力さえあれば誰にだって負けるはずがないッ!)

さやか(あたしとこのスタンドのタッグは無敵だッ!)



603 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:19:35.36 ID:JeiFXyZo0

さやか「行くぞオイ!」

杏子「…………」

杏子「おいほむら」

さやか「無視すんな!コラァ!」

ほむら「…………」

杏子「こんなのが側にいて喧しいと思わないのか?」

杏子「まぁいい……」

杏子「あんたは次にマミに『助けに来てもらおう』と思う」

ほむら「……!」

「それは……遅かったわね」

杏子「あ?」



604 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:21:44.21 ID:JeiFXyZo0

ほむら「巴さん!」

杏子「…………既に、かよ。既に呼んでたのか。くそっ、カッコワリィ……」

まどか「マミさん!それにゆまちゃん!」

さやか「ど、どうしてここに……!?買い物の途中ですか?」

マミ「えぇ。たまたまね……」

ゆま「キョーコ……!」

杏子「……チッ」

杏子(こんなに早いなんて聞いてないぞ……)

マミ「……佐倉さん」

マミ「あなたって人は……あなたは……!」

杏子(だが、まぁいい。これで全員揃った)



605 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:22:59.66 ID:JeiFXyZo0

マミ「何をしに、ここに……」

杏子「だから、別に何も……だよ。強いて言えば見滝原の魔法少女の顔を見に来たってところだ」

杏子「…………」

杏子(シビル・ウォーは、屋内に罪悪感を支配する空間を創る能力だ)

杏子(故に、屋外では全くもって役に立たない)

杏子(屋内限定というのが弱点の一つだ)

杏子(……ただし、人は成長する。成長は、弱さを受け入れること、あるいは克服すること)

杏子(封印されていた幻惑の魔法が使えるようになったからな)

杏子(幻惑の魔法で『擬似的な屋内』を創造すれば、それで結界を張ることが可能である)

杏子(弱点の一つは既に克服している!あたしとシビル・ウォーのコンビの方が無敵だ)



606 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:26:21.33 ID:JeiFXyZo0

杏子(さらにこの能力には切り札があるからな……)

杏子(まぁ、魔女に対してはクソの役にも立たねぇ切り札だが……)

杏子(マミだろうが織莉キリコンビだろうが、魔法少女相手には必ず勝てる!)

杏子(ここで全員まとめて魔女にしてやろうか)

杏子(あいつらは相手するなと言った)

杏子(余計なことをせずに退散しろと言った……)

杏子(だが、あたしがその気になればやれないこともない……)

杏子(だがしかし……)



607 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:27:31.36 ID:JeiFXyZo0

ゆま「キョーコ……!」

杏子「……ゆま」

ゆま「キョーコ……!会いたかったよォ……!」

ゆま「ゆま、信じてたよ……キョーコ、絶対に、絶対に迎え来てくれるって……」

ゆま「キョーコ……色々あったけど、ゆま……今でもキョーコのことが大好きだよ」

ゆま「ゆまね……勉強したの。虎か何かは自分の子を崖から敢えて突き落とすんだって」

ゆま「試練が必要なんだって」

ゆま「キョーコは、敢えてゆまを、突き落としてくれたんでしょ?」

ゆま「ゆまね……キラークイーンの使い方、ちゃんとわかったの。マスターしたの!」

ゆま「ほむほむに、爆発の『のーはう』を教えてもらったの!」

ゆま「だから、もう大丈夫だよ」



608 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:30:12.89 ID:JeiFXyZo0

ゆま「キョーコを爆発に巻き込むなんてこと、絶対にないよ!怖くないよ!」

ゆま「キョーコ、お姉ちゃんと一緒に暮らしてたことあるんだよね?!」

ゆま「だ、だったら……ゆま達と三人で……ダメ?お姉ちゃん」

マミ「…………」

ほむら「笑顔で泣いてる……」

まどか「よっぽど……だったんだね」

ゆま「だから……だから……!」

ゆま「ゆま……ゆまは……」

ゆま「キョーコとも一緒にいたい!」

ゆま「一緒に暮らしたいよぉ!キョーコ!」

さやか「……くっ!」



609 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:30:52.10 ID:JeiFXyZo0

さやか「こんなに……」

さやか「こんなにゆまちゃんが……あんたに再会できて喜んでいるのに!」

さやか「あんなにゆまちゃんを悲しませたというのに……ッ!」

さやか「あんたは何とも思わないのかッ!」

杏子「…………」

杏子(うぜぇ……)

ゆま「キョーコ……」

マミ「…………」

マミ『佐倉さん。聞こえる?』

杏子(テレパシー……)



610 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:32:25.98 ID:JeiFXyZo0

マミ『佐倉さん……あなたはゆまちゃんの額を見たことある?』

マミ『私は一緒にお風呂に入って見たわ』

マミ『ゆまちゃんの額……前髪で見えないけれど、火傷痕があるのよ』

杏子「…………」

マミ『ゆまちゃんは虐待を受けていたのよ』

マミ『美樹さんの怒鳴り声や暁美さんがキレかけた時、必要以上に怯えていた……』

マミ『……今の私は、例え佐倉さんだろうと、ゆまちゃんの恩人であろうと……』

マミ『怒りに身を任してとんでもないことをしでかしかねない』

マミ『だからゆまちゃんには……そんな私を見せられない』

マミ『両親に見捨てられたトラウマをさらに抉ったあなたに対して、冷静でいられる自信がない』

杏子『つまり、帰ってくれってことか』

マミ『飲み込みが早くて助かるわ』



611 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:33:21.80 ID:JeiFXyZo0

杏子「……安心しろ。あんたら」

杏子「本当にやりあおうってわけじゃあないんだ」

杏子「強いて言えば、あんたらの顔を見に来たとでも言おうか。ゆまも元気そうで何よりだ」

ゆま「じゃ、じゃあ……」

杏子「何がじゃあなのかはわからんが、あたしはもう帰るつもりだ」

ゆま「そ、そんなぁ……」

杏子「……一つだけ、聞きたい。マミ」

杏子「今も使い魔を全員潰してるのか?」

さやか(……あいつは、使い魔をわざと逃して魔女を増やそうとしているって……言ってたっけ)

マミ「えぇ……全て倒しているわ」

杏子「……そうか。いや、別にどうとも言わないけどさ。今はあんたのテリトリーだからな」

杏子「それじゃあな――」



612 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:34:31.55 ID:JeiFXyZo0

ピキンッ

マミ「――ハッ!」

ほむら「こ、この反応は……!」

さやか「『結界』ッ!?」

まどか「えぇ!?こ、ここで!?」

杏子(案外遅かったな)

ほむら「魔女……!」

杏子「この魔女はあんたらの獲物だ……横取りしようなんざガッつきはしない」

杏子「先に帰らせてもらう」

ゆま「あっ、キョーコ……」

ゆま「い、行っちゃやだぁ……!」

杏子「…………」



613 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:35:35.43 ID:JeiFXyZo0

杏子「別れの言葉として……あんたらに言っておくことがある」

杏子「聞いたことはあるか?『スタンド使いとスタンド使いは引かれ合う』という格言があるんだ」

杏子「もしかしたら、あたし達とあんたらが出会うのは必然だったのかもしれねぇな……じゃあな」

ほむら「……『達』?」

マミ「さ、佐倉さん!話はまだ半分も……」

さやか「マミさん!……行きましょう」

マミ「くっ……。……暁美さん。鹿目さんと一緒にいて。ほら、行くわよ。ゆまちゃん……」

ほむら「……はい」

ゆま「うぅ……キョーコォ……」

ゆま「むぅ……魔女が出てこなかったらもっとお話できたのに……!」

ゆま「ゆま怒った!『猫さん』ッ!」

さやか「わーっ!やめろ!キラークイーンはまだおさえろ!」



614 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:37:12.86 ID:JeiFXyZo0

杏子「…………」

杏子「騒がしいなぁ……」

杏子「だが、余所余所しい同居人と豪邸で暮らすよりも……」

杏子「こう……あぁいう騒がしい方があたしの性に合ってそうではあるかもな」

杏子「……ふむ」

杏子「例の格言の理論で言えば、ゆまとマミが出会っているって時点でマミはスタンド使いだったりすっかもしんねぇ」

杏子「確証はないが……どうせその辺見極めろとは言われなかったからな」

杏子「いつ目覚めたのか?あるいは目覚めるのか?」

杏子「まぁいいさ」


「お疲れさま」

杏子「ん?」



615 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:38:39.63 ID:JeiFXyZo0

杏子「織莉子じゃねぇか……何でここに?」

織莉子「下準備よ」

杏子「下準備ィ?」

織莉子「えぇ……『これ』よ」

杏子「ん……?」

杏子「な……こ、これって……!」

織莉子「数日後が楽しみね」

杏子「いや、楽しみでは……」

織莉子「一緒に帰る?」

杏子「適当にブラついて一人で帰る」

織莉子「あら、寄り道はダメよ」

杏子「あんたと一緒に帰ったらキリカが何を言うか」

織莉子「……ごめんなさいね。あの子ヤキモチやきだから」



616 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:39:52.76 ID:JeiFXyZo0


Raymea(レイミ)

引力の魔女。その性質は「伝承」
『スタンド』という異世界、別次元の概念この世界に引き入れた。
あるいは創造した、または魂の持つ未知の力を覚醒させたとされる。
その力は必ずや平和と誇りに繋がるものだと信じている。
しかし魔女自身はそのスタンドを持っていない。


Cavenome(カヴェノメ)

引力の魔女の手下。その役割は「発現」
結界内の断層にある穴そのものが使い魔である。
近づいてきた者に、こっそりと歯形を残す。
歯形をつけられた者はスタンドという能力を発現する。
人によっては高熱を伴い、そのまま死んでしまうこともあるらしい。


Sabbath(サバス)

引力の魔女の手下。その役割は「選別」
結界内を住民のように彷徨う、黒いマントを羽織ったマネキンのような姿。
「スタンド」の素質を見出し、カヴェノメへ誘導する。
レイミに敵意を向ける者、既にスタンドを持つ者は排除する。
則ちスタンドの素質のない者には、さもなくば死への道。




617 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:43:52.64 ID:JeiFXyZo0
今回はここまで。み、短い……
7日で一週間パロディということでここは一つ

次回から戦いが始まります。今夜再開
いともたやすく行われるえげつないシーンがあるので色々アレに思われるかもです



618 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 10:45:33.94 ID:xSgbXMODO
乙、さやかちゃん相変わらず話きかねぇなww



619 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:44:26.91 ID:JeiFXyZo0

#12『クリーム』



――数日後


学校。三年生の教室。

マミは今、英語の授業を受けている。

魔法少女と勉学の両立は、ハッキリ言って難しい。

特にマミは三年生……則ち、受験生である。

魔法少女、家事、勉学、子守り。巴マミは忙しい。


マミ(……眠い)

マミ(昨夜、ゆまちゃんがなかなか寝つかないものだから……)

マミ(あぁ、眠いわ。瞼がストーンと落ちそう……)

マミ(……寝たらダメよ。巴マミ……私は優等生で通ってるんだから……)

マミ(今までだって頑張ってきたじゃない……!)



620 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:44:57.27 ID:JeiFXyZo0

教諭「それじゃあ、この文の訳を――」

マミ(仮主語や分詞構文で複雑そうに見えるが……内容自体は簡単)

マミ(単語の意味さえわかれば文章は完成する……)

マミ(Funky……熱狂か、原始だったか……幻想ではないわね)

マミ(確か……原始……そう。"Funky music"は原始の音楽)

マミ(大丈夫……眠気に襲われても……頭は働く……)

教諭「じゃあ、巴さん。直訳でもいいので日本語にして読んでみてください」

マミ「……!」

マミ(……いけるわ!)



621 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:45:38.27 ID:JeiFXyZo0


「お姉ちゃんッ!」


マミ「ハイィッ!?」

マミ「……え?」

マミ「……う、嘘……?」

「ハァ……ハァ……!お、お姉ちゃん!」

マミ「ゆ……ゆ……」

マミ「……『ゆまちゃん』ッ!?」


教諭の淡々とした声くらいしか聞こえなかった教室に響く、高い声。

ざわめく教室。

教室にいる全員が声のする方を見る。

そこにいたのは、黄色い球のついたヘアゴムで結われた、ツインテールの童女だった。

頬を紅潮させ、はぁはぁ、と魔女や使い魔との戦いで聞き慣れている……普段通りの息切れ。



622 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:47:28.11 ID:JeiFXyZo0

ゆま「お姉ちゃん見っけ!お姉ちゃん!大変なのォッ!」

マミ「ゆまちゃんッ!」

マミ「ど、ど、どど、どうしてここに?!」

ゆま「忍び込んできた!」

マミ「ダ、ダメでしょォッ!お留守番してなさいって言ったでしょ?!」

ゆま「鍵閉めたもん!」

マミ「そうじゃあないッ!」


ゆまはマミを見つけるや否や呆然とする人々を尻目によたよた走る。

そして棒立ちのマミに飛びついた。胸に頭が埋まる。

視線が集中していることにマミは今気が付いた。遅れてゆまも悟った。


マミ「…………」

ゆま「……ゆま、お邪魔した?」

マミ「…………うん」



623 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:48:26.57 ID:JeiFXyZo0

マミ「え、えっと……お、お騒がせしました」

マミ「こ、この子は……その……」

マミ「し、親戚の子で……訳あってウチで預かってまして……」

ゆま「千歳ゆまです!お姉ちゃんがお世話になってます!」

マミ「と、とにかく!失礼しますっ!」

ゆま「しつれーしました!」

マミ「き、来なさい!ゆまちゃん!」

ゆま「あぁん!待ってぇ!」

マミ(ああっ!思い切り!思い切り見られてるわ!)

マミ(目立ってしまった……!あまりよろしくない形で目立ってしまった!)

マミ(は、恥ずかしい……!)



624 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:49:56.67 ID:JeiFXyZo0

マミ「……もう!ゆまちゃん!」

ゆま「お姉ちゃん……怒っちゃいやぁ」

マミ「学校まで来てあなた……!」

マミ「美樹さんから貰ったゲーム飽きちゃったの?」

ゆま「それよりも聞いて!」

マミ「それよりも、じゃあないでしょ」

ゆま「キョーコが!キョーコがぁ!」

マミ「……佐倉さんがどうしたの?」

ゆま「ここに『いる』って!」

マミ「……ごめんなさい。今、なんて?」

ゆま「キョーコが『ここにいる』って言ってたの!」



625 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:51:29.49 ID:JeiFXyZo0

マミ「……なんですって?」

マミ「佐倉さんが……『学校』にいるっていうの!?」

ゆま「うん!」

マミ「ど、どうして……」

ゆま「キョーコがテレパシーで、お姉ちゃんの学校にいるから来いって言って……」

ゆま「ゆまもわかんないの」

マミ「そ、そんな……」

マミ「一体……何をしようと言うの……?」

ゆま「キョーコ……」

マミ「……佐倉さん」

マミ「……一体、一体どうして、そしてどこに……」



626 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:52:26.57 ID:JeiFXyZo0

マミ「何か聞かされてない?」

ゆま「んーん。そればっかりはわかんない……」

マミ「うーん……」

マミ「……何やらさっきから下の方が騒がしいわね」

ゆま「うん」

マミ「……え?」

ゆま「お姉ちゃん?」

マミ「こ、これ……!」

ゆま「へ?」


ふと目に入った、移動教室のため今は空室となっている教室。

施錠されて中には入れない……はずである。



627 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:53:48.73 ID:JeiFXyZo0

その教室の中央付近に、黒いカーペットのようなものがある。

何かしらの物体であると思ったそれを、よく見てみる。

それは「穴」だった。

床に円形の穴があいている。殆ど歪みのない、綺麗な円。


ゆま「え!?な、何、これ……!?」

マミ「あ、穴……!?どうしてこんな所に……」


『仁美に何をしたッ!?』


マミ「あ、穴から声がッ!」

ゆま「さやかの声だッ!?」

マミ「ここ……真下は暁美さん達の教室……!」



628 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:54:30.77 ID:JeiFXyZo0


『貴っ……様ァァァァッ!』


ゆま「さやか……!」

マミ「ま、まさかッ!」

マミ「ゆまちゃん!」

ゆま「うん!」


マミは変身し、手の平から細いリボンを出した。

リボンを鍵穴に通し、開錠する。

ゆまはマミが変身した様子を見て、追って変身した。

二人は教室に侵入し、穴へ走り寄る。


マミ「ゆまちゃん。私に捕まって!」

ガッシ!

ゆま「う、うん!どうするの?!」

マミ「この穴を降りて暁美さん達と合流するわッ!」



629 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:55:58.81 ID:JeiFXyZo0


――時を少し遡る。



二年生の教室。


ほむら達は今、英語の授業を受けている。

魔法少女と勉学の両立は非常に難しい。

さやかは特に影響を受けている。

昨日実施された英単語テストは十点満点中二点だった。

一方ほむらは、ループ中同じ内容の授業を何度も受けている。

そのため、難しいことは特にない。

ただし、それ故に油断をしてしまう。


和子「はい。この文の主語である"They"……さて、この"They"は何のことをいってるのでしょうか。あてますよ」

さやか(あたるな……あたるな……!)

まどか(指されたくない……指されたくない……!)



630 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 20:58:49.10 ID:JeiFXyZo0

和子「関係代名詞に注目して、さらに接続詞に注意します」

和子「どれが動詞なのかを見極めなければなりません」

和子「文章そのものは難しそうですね。カンマの多い文は大変です」

和子「……さて?この大変な文の主語である"They"とは何か」

和子「誰にしましょうか、なぁ~……と」

ほむら「…………」

和子「…………」

ほむら「…………」

和子「…………」

ほむら「…………」

和子「……暁美さん」



631 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:00:42.71 ID:JeiFXyZo0

和子「……ずいぶんと……まぁ、気持ちよさそうですねぇ」

ほむら「……すぅ」

和子「んっふっふ……随分と可愛い寝顔じゃあないですか」

まどか(ほ、ほむらちゃんが寝てる……!)

さやか(結構優等生な感じのキャラで頑張ってたのに……)

仁美(あー……)

和子「あ、け、み、さ~ん?」

ほむら「…………うにゃ?」

和子「おはようございます」

ほむら「…………あ」

ほむら「……す、すみません」



632 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:02:59.16 ID:JeiFXyZo0

和子「お疲れですか?それとも、先生の授業退屈?」

ほむら「い、いえ……その……」

和子「ところで、この"They"の意味、わかる?」

ほむら「え?えっと……前の文の『生産・分配・消費』……?」

和子「は、はい、正解です……」

まどか「おぉ~……流石ほむらちゃん」

さやか「どこか抜けてる秀才……萌えか。これが萌えなのか……!」

仁美「流石……です、わ……ねぇ」

さやか「仁美さっきから何か様子が変だよ。具合悪い?」

仁美「あ、いや……い、いえ……その、大丈夫でしてわよ?」

さやか(動揺してる……やっぱりあたしに気を使ってるのかなぁ……恭介のこと)

さやか(……もういいのに。気にしなくたって)


ガラッ



633 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:04:00.05 ID:JeiFXyZo0


「失礼します」


和子「え?」

ほむら「……へ?」

「どうも。こんにちは。先生」

和子「は、はぁ……こんにちは」

「おはようございます。皆様」

和子「えっと……あの、どちら様……でしょうか?」

まどか「な、何……?」

さやか「誰……?」

仁美「…………」

「私……『美国織莉子』と申します。以後お見知り置きを……」



634 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:06:56.55 ID:JeiFXyZo0

ざわめく教室の中、織莉子と名乗る少女は、和子に向けて会釈した。

銀色のサイドテール、高質な洋服、ロングスカート。

肩にカバンを提げている。上品な佇まいをしている。

織莉子は辺りを見回した。そしてほむらと目が合う。

織莉子はニコリと微笑んで見せた。ほむらは訳も分からず会釈して返した。


和子「えっと……来校者の方?アポは取ってありますか?」

織莉子「……」

織莉子「どうやら、伝わっておられないようですね……」

和子「私は聞いておりませんが……」



635 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:08:11.78 ID:JeiFXyZo0

和子「来校者でしたら、来校者カードを提げてください」

織莉子「来校者カード?」

和子「貰っていないんですか?受付に置いてあるはずですが……」

和子「首から提げれるようになってるので、次からは提げて校内をまわってください」

織莉子「気を付けます」

和子「それで……何か御用ですか?」

織莉子「用?用ですか?」

織莉子「そうですね……」

織莉子「早速で申し訳ないのですが、みなさん」

和子「?」


織莉子「今から我々は、あなた達を『皆殺し』にします」



636 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:08:49.70 ID:JeiFXyZo0

ほむら「ッ!?」

まどか「へ?」

さやか「……今、あの人何て言った?」

仁美「……皆殺し、とか何とか」

和子「…………は?」

織莉子「英語の授業中でしたか……では、Massacre(マサクゥル)というものです」


突然現れた謎の少女と、ブッ飛んだ発言。

「三年の巴さんとどっちが胸でかいか」等と呑気に内緒話をしていた男子も、思わず目を見開く。

教室の空気が固まった。静止の世界となる。




637 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:09:57.38 ID:JeiFXyZo0

和子は平和な日常でくすみかけていた、教諭の勘が働いた。

織莉子から感じる「嫌な臭い」を察知したのだ。


織莉子「あなたの次のセリフはこう……」

織莉子「みなさん落ち着いて、離れて」

和子「み、みなさんッ!」

和子「落ち着いて!離れてくだ――ハッ!?」

織莉子「不審者に対してはまず距離を置く。妥当ですね。先生」



638 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:11:12.91 ID:JeiFXyZo0

和子の大声を皮切りに、ざわめいた教室に悲鳴があがる。

この少女が不審者であるとは誰も思わなかったのだ。

こんな自然な流れで現れるとは思わなかったのだ。


まどか「な、何ッ!?何なのッ!?」

さやか「う、うあおおッ!?」

仁美「こっち!こっち!」

ほむら「――ッ!」

和子「暁美さんも離れてッ!」


織莉子「あらあら、大変なことになってるわね」



639 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:12:31.63 ID:JeiFXyZo0

生徒達は教室の端に偏った。

一部の男子は拳を構え精一杯の威嚇をしている。

一部の女子は互いに身を寄せ合って怯えている。

和子は生徒達より一歩前に立つ。ゴクリと唾を飲んだ。

まどか、ほむら、さやか、仁美は四人で固まって、織莉子の様子を窺っている。


ほむら(間違いない……)

ほむら(あの指輪……魔法少女だ!)

ほむら(テリトリーを狙って来たのだろうか……!?)

ほむら(鹿目さんの家に来た魔法少女兼スタンド使いみたいに……ど、どうする!?)

ほむら(まさか……学校に攻め込んでくるだなんて……!)

ほむら(これじゃ、大勢の人を巻き込んでしまう!)

ほむら(あり得ない!)



640 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:13:32.33 ID:JeiFXyZo0

さやか『ほむら!どうすんの!?変身する!?』

ほむら(テレパシー……)

ほむら『で、でも……クラスのみんなにバレてしまいます……』

ほむら『それは……色々と不都合があります。変身はマズイかも……』

ほむら『それに、向こうも変身していない!』

ほむら『……でも、もし攻撃を仕掛けようものなら、すぐに変身できるようにしてください!』

さやか『ガッテン!』


織莉子「……何にしても、距離は取るのはいい判断ね」

織莉子「いつだったか、不審者対応訓練で似たようなことをした……」

織莉子「でも、そんなしょうもないことで『私達』から対応できると思って?」



641 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:15:08.30 ID:JeiFXyZo0

織莉子は肩に提げた鞄に手を入れ、何やら細くて黒い枝のような物を何本か手に取った。

すると、織莉子はヒョイ、と生徒群に向けて放り投げる。


――瞬間。織莉子の背後に人影。

まどかとさやかと仁美はそれを理解している。


まどか「あッ!」

仁美「あ、あれは……」

さやか「スタンドッ!?」

ほむら「え?」

織莉子「受け身の対応者は必要ない」



642 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:16:41.26 ID:JeiFXyZo0

今の動揺の隙に、目の前が薄暗くなった。

織莉子の放った枝一本一本が『大きくなった』のだ。

ガサガサした外面が見る見る目に見えて目立ってくる。


和子「き、きゃああああああ!?」


和子の叫びをトリガーに、教室全体が再び悲鳴に包まれた。


ほむら「こ、これはッ!?」

まどか「す、スタープラチナァッ!」

「オラオラオラオラオオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」

ドガガ ガガガ ガガ ガガガガ


スタープラチナはその拳で目の前の物を殴った。

それはバキバキ音を立てて折れていく。

織莉子が投げた枝が「大木」に変化したのだ。



643 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:17:19.79 ID:JeiFXyZo0

仁美「あ、ああぁっ!」

さやか「や、ヤバイ!こいつ!スタンド使いだッ!」

和子「あ……ああ……!?」

「オラァァァオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァァッ!」

ほむら(ま、間に合わな――)

バキッベギベギッ

五、六本の大木は、和子の頭上を通り抜け、まどかが殴り砕いた場所が折れた。

『他』の大木はそのまま『生徒達の上』に落ちてきた。

ドブチャッ

弾けるような音とともに悲鳴が途絶えた。

折れた大木の下から、赤い液体が流れ出る。

ほむらとさやかは、たった今変身を終えた。



644 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:18:50.04 ID:JeiFXyZo0

スタープラチナは、迫り来る大木を砕き、潰されることを回避した。

しかし、助かったのは本体のまどかと周りにいたさやか、ほむら、仁美だけだった。

織莉子の眼中に入らなかった和子は、顔を真っ青にして、ガタガタ震えていた。


まどか「……う、うぅ!……クッ!」

さやか「そ、そんな……そんな……!」

仁美「…………」

ほむら「ひ、酷い……!ざ……残酷すぎるッ!」

和子「ああ……あああ……!」

和子「そんな……ことって……そんな……!」

和子「みんな……あああ……ああ……!」

和子「ああああ……あああああああっ!」



645 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:19:41.52 ID:JeiFXyZo0

和子「よ……よくもッ!」

和子「よくもォォォッ!」

和子「よくも私の生徒達をォォッ!許せないッ!」


枝が巨大化したような大木が頭上を通られ、何も出来ずに生徒の殆どを死なせてしまった。

和子は泣いた。教諭人生における宝物を壊された。

守れなかった。奪われた。誇りを崩された。

その無力感はすぐさま怒りに変換された。

織莉子に向けて、叫んだ。生徒を怒鳴る時よりもずっと低く荒い。

微塵とも愛が込められていない、怒りと憎悪の叫び声。


しかし……その場にいるはずである対象の姿は、既になかった。



646 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:20:47.22 ID:JeiFXyZo0

和子「……え!?」

ほむら「い、いないッ!?」

さやか「ば、馬鹿なッ!今の一瞬で逃げたのか!?」

まどか「い、一体どこへ……」

和子「ど……どこへ行ったの……?」

和子「……いや……待って……!?」

和子「どうして他のクラスは……何も気付いていないの?」

和子「こんな異常事態に……!?どうして……?!」

和子「ま、マズイ!私、パニクっている!」

ほむら「せ、先生……!」

和子「あ、そ、そうだ!ぶ、無事ですか皆さん!?大丈夫!?」

さやか「あたし達は大丈夫です……まどかに助けられた」



647 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:22:23.50 ID:JeiFXyZo0

ガォンッ!

「死」は立て続けに表れる。


日常生活において一度も聞いたことがないような音がした。

削るような、飲み込むような、消すような、壊すような、何とも言えない音。

音のした方を見ると、天井にポッカリと穴があいていた。

不審者がいなくなったと思ったら、今度は天井が『なくなっ』ていた。


和子「ッ?!」

まどか「て、天井がッ!」

ほむら「天井に……円形の……穴?」

仁美「ど、どういうこと、ですの……!?い、一体どんなスタンド……!」

さやか「て、敵は二人いるッ!白いヤツと穴あけたヤツッ!」



648 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:23:10.02 ID:JeiFXyZo0

和子「……皆さん!避難してください!」

和子「何が起こっているのか全く見当もつきませんが……」

和子「ここは私が何とかします!皆さんは逃げて!」

仁美「な、何を言って――」

和子「いいから行って!ここは何かヤバ――」

まどか「あッ!?」

さやか「せ、先生ッ!」

ほむら「ッ!?」

和子「……ど、どうしました?」



649 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:23:55.36 ID:JeiFXyZo0

まどか達の見た光景。

和子の背後に、黒い魔法少女の姿があった。

まどかと目が合うと、その者はニヤリとその口角をあげた。


まどか「あ……あああ……!」

ほむら「あ、あの人は……!」

和子「……もしかして」

和子「私の後ろに何かいる?」

「私のことかい?」

和子「――ッ!」

和子「ス、スケアリ――」


ガォンッ!



650 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:24:28.80 ID:JeiFXyZo0

まどか「……!」

さやか「え……」

仁美「そ、そんな……」

ほむら「う……そ……!」


和子が消えた。

左腕があった場所に、左腕そのものがあった。

そしてゴトッと音をたてて左腕が床に落ちた。

左腕を残して和子の存在が抹消された。


眼帯をつけた黒い魔法少女――キリカが現れた。

髑髏をモチーフにしたかのようなフードを被っている。

キリカは今、和子が最期に立っていた場所。そこに立っている。

和子は、クリームで暗黒空間に飲み込まれてしまったのだった。



651 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:25:55.55 ID:JeiFXyZo0

キリカ「早乙女先生は……」


キリカは、その頭に被っていた漆黒色のフードを脱いだ。

そして「粉微塵になって死んだ」と、淡々とした口調で続けた。

この場に生きている人物――まどか、ほむら、さやか、仁美は、何も言えない。


キリカ「やぁ、久しぶりだねぇ。覚えてる?」

ほむら「あ……あなたは……!」

キリカ「やぁほむら。私はさっきの美少女の仲間だ」

キリカ「私達は君達を殺すよ」

ほむら「う……くっ!」

ほむら(い、今の能力は……なんだ?)



652 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:27:57.56 ID:JeiFXyZo0

ほむら(天井に穴をあけて……早乙女先生を殺した……)

ほむら(り、理解できない……いや、したくない)

ほむら(私が想像している事実を認めたくない……)

ほむら(あの能力は……あの能力は……!)

ほむら(触れた物を『消す』ッ!)

ほむら(お、恐ろしい!恐ろしすぎるッ!)

ほむら(今しかない!)

ほむら(彼女を殺すには!今しかない!止めるとかではなく『殺す』しかッ!)

ほむら(ソウルジェムを撃ち『砕く』しかないッ!)

ほむら(ソウルジェムが砕けると魔法少女が死ぬことは……美樹さんもゆまちゃんも鹿目さんも……巴さんさえまだ知らない)

ほむら(そのことを知られてしまうのは……後のことが思い悩まれるけどやむを得ないッ!)

ほむら(時を止めて、ソウルジェムを撃ち砕――)


ガシッ



653 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:29:50.92 ID:JeiFXyZo0


ほむら「え……?」


ほむらの腕が掴まれた。

その力加減は、今までで感じたことがない。

痛いくらいに強い。

腕を掴んでいる者は……緑色の髪をしていた。


仁美「ストップ……ですわ」

ほむら「え!?し、志筑さん!?」

ほむら「う、腕を……」

まどか「ひ、仁美ちゃ……?」



654 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:30:49.63 ID:JeiFXyZo0

ほむら(そんな……何故、止める……?)

ほむら(ま、まさか……志筑さん……あなたも!?)

ほむら(あなたが……その、ティナー・サックスとやらを、敵のために使うと言うの!?)

さやか「な、何をし――」

仁美「私の幻覚で周りの教室の様子を隠しているのですわ……」

仁美「……あぁもうこの口調メンドクセー」

まどか「ッ!?」

ほむら「なッ……!?」

仁美「あたしだよ」

ほむら「そ……そんな……さ、さく……」



655 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:32:39.26 ID:JeiFXyZo0

仁美「当て身」

ガスッ

ほむら「うっ……!」

まどか「ほむらちゃんッ!」

ガクリ

仁美「これで時間停止は一時しのぎにだが封じ――」

「オラァッ!」

仁美「ウオアッ!?」

ピタァッ

まどか「くっ……う……ほ、ほむらちゃんを盾に……!」

仁美「び、ビックリしたぁっ!何すんだよ!やめろよ!」

さやか「あ、あんたはッ!まさか!そんな!」


仁美だった者は、いつの間にか姿を変えていた。

ウェーブがかった緑の髪は、赤銅色のポニーテールに変わっている。

おっとりした目は鋭い目、見滝原中学校の制服は赤い衣装。



656 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:34:10.41 ID:JeiFXyZo0

志筑仁美の姿は佐倉杏子の姿に変わっていた。


杏子「よぉ、また会ったな」

まどか「あ、あなたは……!」

さやか「な、何で杏子が仁美の姿に……!」

さやか「――ハッ!?」

さやか「ひ、仁美は!?仁美をどうしたッ!」

杏子「へぇ、意外と鋭いんだな」

杏子「幻惑魔法で仁美というヤツに化けた。既にな」

杏子「仁美ってヤツと恭介ってヤツは既に殺したぞ」

まどか「えっ……」

さやか「なッ!?」



657 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:36:06.67 ID:JeiFXyZo0

杏子「殺した証拠欲しいか?ねぇよそんなもん。遺体を持ってこいとでも言うか?」

まどか「そ、そんな……ひ、仁美ちゃんが……!?上条くんが……!?」

さやか「…………!」

杏子「まぁ、悪く思うな。スタンド使いも処理するって契約なんでね」

杏子「はぁ~あ。あたしも堕ちたもんだな。こんな無意味な殺生を割と平気でやってのけてしまえるだなんて」

杏子「だが、スタンドのおかげで心因的理由で封印されていた幻惑魔法も、こうしてまた使えるようになった」

さやか「貴……様……」

さやか「貴っ……様ァァァァッ!」

杏子「おぉ、怖い怖い……」

ダッ!

さやかは剣を振り回し、怒りに歪んだ表情で杏子に向かって地面を蹴る。

杏子は、気を失ったほむらを抱えているまどかを一瞥し、教室から走って出ていった。

キリカは二人が出ていく様を腕を組んで眺めていた。



658 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:37:28.68 ID:JeiFXyZo0

まどか「さ、さやかちゃん!」

まどか「い、行っちゃった……」

まどか(……さやかちゃんを追うか、マミさんと合流するか)

まどか(それも考えなきゃだけど、気になるのは……忽然と姿を消した……美国織莉子って人……)

まどか(……そして、目の前の……)

キリカ「……ん?」

まどか「うぅ……!」

まどか「仁美ちゃん、上条くん、早乙女先生、みんな……」

まどか「酷い……酷いよ……そんなのってないよ……!」

キリカ「あぁ……茶番はもういいかい?」

まどか「この……この……!」

まどか「この、人でなしっ……!」



659 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:37:54.30 ID:JeiFXyZo0

まどかは気を失ったほむらを抱えて、目の前の敵に注意を払う。

クラスメート含む二年生のほとんどを殺し忽然と姿を消した白い魔法少女。

担任である早乙女先生を消滅させ、不敵に微笑む黒い魔法少女。

スタープラチナはいつでも強烈な拳の一撃を放てる体勢を構える。


まどか「スタープラチナ!警戒して……!」

キリカ「それが君の能力か……」

キリカ「スタープラチナ……ものスゴイスピードなんだそうだね……」

キリカ「さっきの大木をオラオラ言って防御したんだろう?」

キリカ「あれで三人守り切ったんだ。予想以上という称号を与えよう」

キリカ(時間を遅くしても、それをカバーできる程早かったりするのかな……?)



660 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:41:26.22 ID:JeiFXyZo0
キリカ「だがしかし」

キリカ「魔法少女でスタンド使いの私……」

キリカ「ただのスタンド使いの君……」

キリカ「挙げ句に気絶しちゃった情けない人一人抱えてさぁ」

キリカ「どう控えめに見たって私のが有利だよ」

まどか(確かに……そうだ。しかし……逃げ道はない)

まどか(やるしかない……!)

キリカ「個人的に君には恨みはないが……そうなる運命だったとして受け入れなよ」

キリカ「魔女の結界に入ったことあるんだろう?君はあの時既に死んでいた、ということでさ」

まどか「くッ……!」


「レガーレッ!」



661 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:42:28.30 ID:JeiFXyZo0

シュルッ!


キリカ「うッ!?」

まどか「ッ!?」

ダンッ!

突如、キリカの足下が光った途端、床からリボンが飛び出してきた。

地面から蔦のように生えたリボンはしなりながらキリカを束縛した。

そして、天井の穴から二人、飛び降りてきてまどかとキリカの間に割り込んだ。


キリカ「リ、リボン……!」

まどか「マミさんッ!」



662 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:43:53.44 ID:JeiFXyZo0

マミ「大丈夫だった!?鹿目さん!」

ゆま「まどかお姉ちゃん!怪我はない!?」

まどか「え?ゆまちゃん!?何で!?」

ゆま「後で!」

まどか「後でって……」

マミ「あ、暁美さん……!」

まどか「不意を突かれたんです……」

マミ「……気を失っているだけのようね」

ゆま「ほむほむ……」

ゆま「……あっ?」



663 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:44:41.60 ID:JeiFXyZo0

ゆまの意識は教室の状況に向いた。

折れた大木の一部が教室に横たわっていた。その下から赤い液体が流れている。

そこから少し離れた位置、天井にあいた穴の真下の位置に左腕が落ちている。


マミ「――ッ!」

ゆま「……うぅ」

マミ「ゆまちゃん!見ちゃダメ!」

マミ「…………なんて、酷いことを……!」

キリカ「くっ……!う、動けない……!不意を突かれた」

マミ「許せない……!」

まどか「気をつけてマミさん!あの人の他に白い魔法少女がさっきまでいたんです!敵は少なくとも三人います!」

まどか「で、でも、白い魔法少女は急にいなくなって……」



664 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:45:50.07 ID:JeiFXyZo0

ゆま「まどかお姉ちゃん!さやかは?!」

まどか「さ、さやかちゃんは、その……杏子って魔法少女を追って行っちゃった……」

マミ「……!」

ゆま「キョーコ……!」

マミ「……そう」

マミ「ゆまちゃんは美樹さんを追って!」

ゆま「へ?」

マミ「…………」

ゆま(……さやかはキョーコを追った。ってことは……)

ゆま「……うん!わ、わかった!」

マミ「鹿目さんは、暁美さんを抱えて逃げて」

まどか「……はい!」

ダッ

キリカ「……おいおい、束縛してるからって私をほったらかしで話を進めるんじゃあないぞ」

マミ「あなたの相手は私がするわ……!」



665 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:48:03.52 ID:JeiFXyZo0


――廊下


まどかはほむらを背負い、どこへ行くべきか考えながら走った。

力強いスタープラチナのおかげか、ほむらが軽いからか、気を失った人間一人を背負っていることにあまり負担を感じない。


まどか「……なっ!?」


まどかは足を止めた。目の前の光景に、これ以上進む術を失った。

廊下に「木」が敷き詰められている。

それも背の低くて細い木ではなく、あきらかに大木をそのまま押し込められていた。


まるでビーバーの作ったダムを間近で見ているかのようだった。


まどか「うぅ……!ろ、廊下に木が……」

まどか「織莉子って人が放り投げた木の枝が大木に変化したように……」



666 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:48:43.43 ID:JeiFXyZo0

まどか「こうやって、大木を廊下に詰め込んでいたんだ……」

まどか「そういうことができる能力なんだ……」

まどか「……敵は三人しかいない。確実に三人」

まどか「四人とかそれ以上いるなら既にわたしと対峙させているし……」

まどか「こうやって逃げ道を塞ぐ意味がない」

まどか「つまり……こういう大木は他にもたくさん用意してあるはずだ……」

まどか「スタープラチナで破壊しながら進むしかない……」

まどか「…………どの教室にも、人がいない」

まどか「そう考えると……」



667 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:49:38.03 ID:JeiFXyZo0

まどか「やっぱり……」

まどか「他のクラスの人も……先生達もきっと……」

まどか「だから……あんな騒動があったのに静かだったんだ」

まどか「仁美ちゃんに変装してた杏子って人は……幻影を使うらしいから……」

まどか「多分それで私達も気付かなかったんだ……」

まどか「…………」

まどか「……閉ざされた道は、自分の力で切り開くッ!」

まどか「スタープラチナッ!この木を何とかしてッ!」


「ウオオオオオォォォォォ!」

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」




668 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:50:51.53 ID:JeiFXyZo0



――教室


マミとキリカは対峙する。

キリカは赤いリボンに束縛されている。

マミは白いマスケット銃の銃口を、キリカの額に向けている。


マミ「……呉さん」

キリカ「おや?私の名前を知っているんだね」

マミ「あなたは越えてはならない一線を越えた。私はあなたを魔女と同類、非人間として見させてもらうわ」

マミ「いえ……あなたも、と言ったほうがよさそうね」

キリカ「君、杏子とは知り合いだったんだってね?」

キリカ「杏子の件については、同情する」

キリカ「彼女も私も、言ってしまえば人殺しさ。既に同類だ」

マミ「……ッ!」



669 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:52:20.42 ID:JeiFXyZo0

マミ「……不意打ちで束縛したあなたを撃ち殺すのに、罪悪感なし!」

キリカ「ふーん、そう……」

キリカ「だったらどうしてペチャクチャ喋ってさっさと撃たないんだ?」

キリカ「心理学者じゃあないが、断言出来る。それは君自身が、人を撃ちたくないと思っているからだ」

キリカ「君は怖いんだよ……人を撃つのが」

マミ「…………」

キリカ「…………」

マミ「ファイア(発砲)ッ!」

キリカ「躊躇したなッ!この甘ちゃんめッ!」


ドッギャァ―――z___ン!



670 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:53:18.33 ID:JeiFXyZo0

キリカ「時間を遅くしたッ!」

キリカ「これが私の固有魔法!」

キリカ「銃弾もゆっくりさ」

キリカ「私以外が遅くなったということは、その銃撃も簡単に避けられるということ……」

キリカ「さらに、このうざったいリボンを斬るだろ……?」

キリカ「……よし。そんで、君に難なく近づいて……」

キリカ「何とか頑張って君の首を斬り落とす」

キリカ「あっけないな。これが私にプラ――」


ブシャッ



671 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:53:44.37 ID:JeiFXyZo0


キリカ「ンッ!?」

ドサッ!

キリカ「ぐへっ!」


突如、ズキリとした痛みを感じ、膝に力が入らなくなった。

立つことができず、転倒する。床に頬を打ちつける。


キリカ「……え?」

キリカ「わ、私……何を……?」

キリカ「足が、痛い……!そして、何で私……倒れて……!?」

キリカ「――ハッ!」

キリカ「う、うおおおッ!?わ、私の『脚』がッ!?」



672 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:54:46.21 ID:JeiFXyZo0

キリカの左足膝、白いハイソックスが局所的に赤く染まっている。

膝の関節が砕けたらしく、動きそうにない。


キリカ「う、うぅ……!」


キリカは爪を床に突き刺し、立ち上がる。

松葉杖のように体を支え、マミを見た。

銃撃は一発のみ。銃口は自身が倒れていた位置に向いている。

マスケット銃以外の攻撃をしたようには見えない。

このダメージがマミの『スタンド攻撃』によるものであることはすぐに理解した。

しかし、攻撃された瞬間が見えなかった。



673 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:55:53.80 ID:JeiFXyZo0

キリカ(あ……脚をやられてしまった……!)

キリカ(既に、だったのか……恐らく、リボンを巻き付かれたその時に既に……!)

キリカ(ソックスが真っ赤っかで傷は見えないが……)

キリカ(それ程パワーのあるスタンドではない。もしもっと強力なら足は切断されていただろうからね)

キリカ(スタンドでリボンに何か仕掛けを……?)

キリカ(いや、それともスタンドそのものが小さいとか透明とかで、死角を突いたとか……)

キリカ(むしろこのリボンそのものがスタンドなんじゃあなかろうか?)

キリカ(……まぁ、いい。悔やんでも喰らってしまった結果しかない)

キリカ(それよりも……この足じゃ、マズイ)

キリカ(時間を遅くしても、私自身が自由に動けなければ意味がない……)

キリカ(このまま戦えば!魔力を浪費するだけ!治療に回す程余裕なんかない!)




674 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:56:35.79 ID:JeiFXyZo0

キリカ「くぅ……!や、やはり、経験の差が出たのか……?」

キリカ「クゥ……魔法を解除する……」

キリカ「リボンを切断するためだけに時間を遅くしたって感じだよ。これじゃ……」


マミ「――ハッ!」

キリカ「……ハ、ハハハ……ハハ」

マミ「あなた……その傷……」

キリカ「君ィ……やるじゃあないか……」

キリカ「時間を遅くしたのに……脚をやられてしまった……」

キリカ「スタンド攻撃だよね?全く……見えなかったよ……」

マミ「……スタンド」



675 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:57:24.37 ID:JeiFXyZo0

マミ「……なるほど」

キリカ「私は一体……何をされたんだ?ん?」

キリカ「どこかに隠れて攻撃したのかな……?ここは教室。机の中や影とか死角が多いからね……」

キリカ「大穴は実はリボンがスタンドだった、なんて思っちゃったりなんかして」

マミ「……あなたが近接武器ということがわかったからこそ、脚を狙いたいと、強く願ったわ」

マミ「どうやら、私のスタンドは不本意ながら不意打ちが得意なようね」

キリカ「どうやら?……そうか。そういうことか」

キリカ「怒りとかそういうので、たった『今目覚めた』ということか……」

キリカ「はは……参ったね。土壇場で『新しい能力の覚醒』か……」

キリカ「少年漫画とかでよくある『勝ちフラグ』ってヤツじゃあないか」

マミ「…………」

キリカ「だが……私は負けないね」



676 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:58:02.02 ID:JeiFXyZo0

マミ「……今のでわかったことがある」

マミ「あなたの武器とそのフードみたいなスタンドは、遠距離から攻撃はできないようね」

キリカ「もしできていたら最初から攻撃していたって言うんだろう?」

マミ「さらに、スタンドと魔法の両立ができない」

キリカ「……ッ!」

マミ「違う?」

キリカ「……ご明察だ。何が決め手でわかったんだ?正解だよ……」

キリカ「どうせバレちまったんだ。先に言っておこう。私のスタンドには弱点がある」

キリカ「強力な能力である代わりに……今使った、時間を遅くする魔法は使えなくなる……」

キリカ「それは……私がその魔法の効果範囲内から『いなくなる』からだ」

マミ「……いなく……なる?」



677 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 21:59:48.87 ID:JeiFXyZo0

キリカ「そう!私のスタンドは『暗黒空間』という概念を創造し、その中に隠れることだッ!」

キリカ「私に触れることは死を意味する!『クリーム』ッ!」

ガバッ!

キリカは床に刺した爪を消し、片足立ちになり、両手を首の後ろへ向ける。

そして勢いよくフードを被った。髑髏を象った「クリーム」の瞳が妖しく光る。

キリカはそのまま体重を後ろへ傾ける。

後方へ倒れそうになったところ――


マミ「――き、消えたッ!?」


空間の「穴」が背後に生成されていたかのように、その穴に飛び込むように、キリカは姿を消した。

暗黒空間に身を隠したのだ。



678 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:02:14.39 ID:JeiFXyZo0

マミ「と、透明化の能力……!?」

マミ「……『触れることは死を意味する』」

ガォンッ!

マミ「ッ!」

マミ「え……!?」

マミ「つ、机が……『消えた』ッ!」

マミ「あの時の床……もとい、天井と同じッ!」

マミ「マズイ!な、何かマズイ!」


マミは身を翻して左方向へ回避した。

体勢を整えたと同時に、背に向けていた強化ガラスの一部が消えた。

透明な壁に、コルク栓を抜いた後のような、綺麗な切り口の穴があいた。

マミが目の前の光景に驚いていると、突如として廊下にキリカの頭が浮かぶ。



679 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:03:13.02 ID:JeiFXyZo0

マミ「こ、これは……!」

キリカ「やはり避けたね……」

キリカ「これが、クリームの能力だ。暗黒空間を創造し、その中に隠れる能力」

キリカ「一々こうやって、暗黒空間から顔を出さないと外の様子が見えないっていう弱点もある」

キリカ「まぁその代わり、中にいる限りは無敵という素晴らしい能力なんだけどさ」

キリカ「気に入らないこともあるんだ。こうやって暗黒空間から顔を出すと端から生首が浮いてるみたいになること」

キリカ「あとクリームのヴィジュアルそのものがあまり好みじゃないこと。まぁ最近はちょーっと愛着沸いてきたよ」

マミ「クッ!」

ガシャァァン!

キリカ「あっ、ちょっと!逃げないでよ!」


マミはマスケット銃の銃身でガラスを殴り破り、廊下へ飛び出す。

キリカは暗黒空間に再び隠れ、マミを追う。



680 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:03:41.12 ID:JeiFXyZo0

一定距離移動しては顔を出し、一定距離移動しては顔を出し、その繰り返し。

顔を出した瞬間を狙われないように、覗くタイミングをズラし、座標をズラし、工夫をする。

マミはその様子、後方をチラチラと見ながら走る。

全力ではない。逃げるのではなく、あくまで戦うために走っている。


マミ(……2、3、5、7、11)

マミ(落ち着いて……素数を数えて落ち着くのよ……13、17……)

マミ(素数は1とその数字でしか割れない孤独の数字……私に勇気を与えてくれる……19、23)

マミ(あの能力は、危険すぎる)

マミ(触れたらその時点で……その部分がなくなってしまう)

マミ(相手が悪すぎる。暁美さんなら、顔を出した瞬間に時間を止めれば何とでもなるでしょうけど……)

マミ(いえ、だからこそ、暁美さんが狙われたのよ。幻惑で不意を突いて……)

マミ(私は今、逃げるのではない……)



681 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:04:12.38 ID:JeiFXyZo0

ガォン!ガォン!

床、壁、天井が削られていく。

マミは離れ過ぎず近すぎずの速度を保ち移動する。

校内は静かだった。何人の生徒が既に犠牲となっているのか、考えたくもない。


マミ(階段……)

マミ(ここから降りれば誰かしらと合流できる蓋然性が高い……)

マミ「……しかし、私は!私がこのクリームを相手しなければならないッ!」

マミ「むしろ引き離さなければッ!上に行くッ!追ってきなさい!」


マミは階段を駆け上がる。この階層の上は屋上。

キリカは暗黒空間から顔をひょっこりと出し、マミの行方を確認した。


キリカ「へぇ、下りないんだ……フフ……」

キリカ「織莉子の読み通り」



682 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:05:36.10 ID:JeiFXyZo0

マミは屋上へ出た。

やたら豪勢な柵で囲まれている、物静かで、晴れた日には爽やかな青空を眺めることができる場所。

魔法少女という秘密を理解してくれている友達との思い入れのある場所。

空は青かった。雲一つない。


マミ「……やれやれ、ね」

マミ「どうしてこんなことになってしまったのやら……」

マミ「……いる」

マミ「私が降りて味方と合流、逃走を敢えてしないで屋上に現れる……よくわかったものね」


友達と談笑しながら昼食を食べていたベンチが無惨な形になっている。

ベンチの残骸の傍らに、ぽっかりと穴があいている。



683 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:06:39.27 ID:JeiFXyZo0

マミ「クリーム……既に……」

マミ「既にここにいる」

マミ「…………」

マミ「あなたの能力は、屋上とか見開けた場所がベストフィールド」

マミ「それは……『常に何かを飲み込まなければならない』から!」

マミ「教室では、机や壁を飲み込んでしまう。障害物を飲み込まれるタイミングを読めば、軌道がわかってしまう!」

マミ「故に、ここでは軌道のヒントが見えない。いること自体がわかりにくい……」

マミ「なら……そんな場所に先回りされたら危険極まりない」

マミ「しかし何の問題もないッ!」

マミ「それを理解した上で屋上に、開けた場所に来たッ!」



684 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:07:12.15 ID:JeiFXyZo0

マミ「トッカ・バッリエーラ(リボンの結界)ッ!」


マミの手から、赤いリボンが縦横無尽に勢いよく飛び出す。

リボンは柵に結びつき、リボン同士は絡み合い、屋上にあやとりのような景色を作り出す。


マミ「リボンの結界を張った!」

マミ「あなたが飲み込んだ床や机がヒントになったわ」

マミ「クリームは、常に何かを消しながらでないと移動ができない!」

マミ「クリームはこのリボンの結界を……」

マミ「軌跡のヒントを飲み込んで移動する」

マミ「リボンが消える瞬間を追っていけば、それは則ち、あなたが移動した軌跡となるッ!」

マミ「つまり!『軌道』が読めるわ!」

マミ「常にリボンを生成し続けなくちゃいけないという困った要素はあるけどもねッ!」



685 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:07:50.67 ID:JeiFXyZo0

リボンの結界は、マミの読み通り穴を空けていく。

リボンは、消える度にゆらりと揺れて再び結び合い、自動修復される。

リボンが消えた瞬間。そこにキリカがいる。


マミ「……そこにいるのね。読めたわ」

マミ「あなたの能力は、隠れている間は外の様子が見えない……」

マミ「もし見えているならもっと正確な先回りができるはずだし……そういう自己申告もした」

マミ「必ず、必ず外の様子を見るために顔を出してくるタイミングがあるッ!」

マミ「見えていない間に逃げられては本末転倒。だから必ず。それもそう長い間隔をあけずに現れるはずッ!」

マミ「そこを狙い撃ってやるわッ!」

ジャキィ



686 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:08:36.11 ID:JeiFXyZo0


――暗黒空間内


キリカ(……そろそろ、かな)

キリカ(そろそろ様子を見てみよう)

キリカ(下手な鉄砲数撃ちゃ当たる戦法)

キリカ(念のため空中で覗く。たまたま目の前にってなったら困るし)

キリカ(まぁ一番困るのは暗黒空間にいる間に逃げられていることなんだけどね)

キリカ「よっと……」

キリカ「……ん?」


キリカは暗黒空間から上半身を出す。

外は、赤い線が前後上下左右に走っている。


キリカ「な、何だこれ……」

キリカ「ヒモ?」

キリカ「いや……違う」

キリカ「これは……リ……『リボン』……!」




687 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:09:15.16 ID:JeiFXyZo0

「そこッ!」

キリカ「ハッ!」


声のする下方を向くと、マミが巨大な大砲を構えていた。

正確には、巨大化したマスケット銃。

銃口はキリカの顔面、その中央を狙っている。


マミ「あなた、覚悟して来てるのよね……」

マミ「人を殺したってことは、殺される覚悟できてるってことよね。私も殺す覚悟は既につけたわ」

キリカ「し、しまっ……!」

キリカ「う、うわあアァァァァァァッ!?」

マミ「ティロ・フィナーレッ!」


ドギャァァ――――z__ンッ!



マミ「勝ったッ!」




688 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:10:23.20 ID:JeiFXyZo0

キリカ「…………」

キリカ「いっ……たぁ~……!」

キリカ「痛いなぁ!もうッ!」

マミ「!?」

キリカ「あぁ、チクッとしたぁ……」


キリカは涙目で鼻の頭を抑えてマミを睨みつける。

宙を浮くキリカの上半身はゆっくりと降りてくる。


マミ「え……?」

キリカ「やっぱり読まれちゃったか……クリームの軌道……流石はベテラン。素晴らしい立ち回りだ」

キリカ「よく飲み込みながらでないといけないって特徴に気付いたね」




689 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:11:19.67 ID:JeiFXyZo0

マミ「ど、どうして……」

マミ「ティロ・フィナーレの直撃を喰らったのに……!」

マミ「何で効いていないのッ!?」

キリカ「それは自分自身に聞いてみなよ」

マミ「……」

キリカ「無駄に豊満な胸に聞くといい」


マミは自分の手を見た。手首に小さな切り傷がある程度で特に異常なし。

次に銃を見た。異常なし。

空を見た。いつもより広く感じた。リボンの結界が消えている。

ゆっくりと降りてくる敵を見た。みるみるとその姿は大きくなる。

足下にはサッカーボールくらいの大きさの石がある。


マミ「……ん?」



690 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:12:26.46 ID:JeiFXyZo0

マミ「な、何……この……石?石よね……」

マミ「何でこんな大きな石が、屋上に……」

マミ「え……?」

マミ「リ、リボンの結界も……なくなっている……」

マミ「嘘……」

『予知通りよ……』

マミ「ッ!?」

『私の予知……「屋上のこの座標であなたはキリカに攻撃する」……』


空の方から声がする。背後を振り返る。

マミの目の前に、靴のつま先があった。

ついさっきまでそんなものはなかった。




691 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:13:35.71 ID:JeiFXyZo0

マミは視線を上にあげる。

白いカーテンのような衣装を着た少女がいた。

異常なまでに巨大な少女が、自分を見下している。

少女が影になってよくは見えないが、その傍らに人影――スタンドが見える。


マミ「まさか……まさかそんな……!」

マミ「私の体が……」

マミ「『縮んでいる』ッ!?」

織莉子「…………」

織莉子「リトル・フィート」

織莉子「私の能力……ものを小さくする」



692 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:15:35.43 ID:JeiFXyZo0

織莉子「あと、自分自身も小さくなれるわ……」

織莉子「小さくなって『既に』私はあなたの服の中に隠れていた」

織莉子「具体的にはあなたがキリカを縛り付けた時には既に……よ」

織莉子「すごいことよね。飲み込まれるかもしれないのに、あなたの服に隠れるだなんて……」

織莉子「それも、『私もろとも巴マミを飲み込んだりはしない』という『予知』を見たからできら芸当よ……」

織莉子「私が直接干渉しない限り、予知は確実。学校に忍び込んだ時点でそういう予知だった」

織莉子「何をどうしても、あなたは今まで逃げられるという真実」

織莉子「いつからタイマンで戦っていると錯覚していたのかしら」

マミ「……!」

キリカ「そういうことだよ。私は最初から君をクリームで飲み込むつもりはなかったんだ」

キリカ「最も、織莉子がいるとわかっていた以上、むしろうっかり飲み込まないように立ち回ったんだ」

キリカ「折角のティロ何とかも、君自身が小さくなってしまったことで銃が縮んで威力も半減以下……」

マミ「そん……な……!」



693 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:16:38.61 ID:JeiFXyZo0

キリカ「リボンも細くなって見えやしないよ」

織莉子「……何はともあれ、よくもキリカの肌に傷をつけたわね」

ガシィッ

マミ「ぐッ!」


屈んだ織莉子は、マミを握った、というより、拾った。

マミは棒立ちすることしかできなかった。


マミ「う、うぅっ……!」

織莉子「さて、あなた、殺す人間は殺される覚悟を持つべきだと言ったわね」

織莉子「あなたもその覚悟をできていると言ったわよね……?」

織莉子「あなたは私のキリカに殺意を向けた」

キリカ「えへぇ……『私の』だなんて……照れるなぁ」



694 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:17:13.16 ID:JeiFXyZo0

織莉子「キリカの可愛い顔に傷をつけた。そして、私の目的の邪魔をした……」

織莉子「よって判決は……」

キリカ「死刑ッ!」

マミ「ッ?!」

織莉子「はい、キリカ。あーん」

マミ(さ、37、41、43、47、53、59、61……)

キリカ「……そのセリフはどうかと思うんだ」

マミ(67!71!73!79!83!89!97!)

マミ「い……」

マミ「いやあああああぁぁぁぁぁぁぁぁ―――」


ガォンッ




695 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:19:25.82 ID:JeiFXyZo0


織莉子はクリームにマミを投げ入れた。絶叫がプツンと途絶える。

マミがこの世界からいなくなってキッカリ三秒後。キリカは暗黒空間を解除した。

そして背筋を伸ばし、大きな欠伸をする。


キリカ「ん~……っとぉ、ふぅ。いっちょあがりだね。次はどうする?」

織莉子「散々干渉したから最早未来はわからないわね」

織莉子「ターゲットは今どこかしら」

キリカ「そっか。うーん。外に逃したりなんかすりゃ、それはとっても面倒なことになるね」

織莉子「そうね……」

織莉子「そのために、小さくした大木を持ち込んでそこら中にバラ撒いては元の大きさに戻す、という策をとってはいるけど……」

キリカ「廊下を塞ぐのも楽じゃないねぇ」

織莉子「……ところで、キリカ。この学校の生徒の中に、スタンド使いは他にもいるかしら?」

キリカ「さあ?」



696 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:20:05.81 ID:JeiFXyZo0


織莉子「それはそうよね。区別できたら苦労ないわよね」

キリカ「そもそも皆殺しにしちゃうからできても意味ないし」

織莉子「まぁそれはそうだけれども……さて、暁美ほむらを殺しに行くわよ」

キリカ「そうだね」

キリカ「……ねぇ織莉子。ちょっと時間いいかい?大事なことなんだ。聞いてもいい?」

織莉子「何?」

キリカ「鹿目まどかのことなんだけど……」

織莉子「えぇ」

キリカ「彼女には魔法少女の素質がある。もし、私達を殺せって願われたらどうしようか」

織莉子「…………」

キリカ「もしもだよぉ。もしものこととは言え、絶対にないとは言えないよぉ!」

キリカ「いや、こんなギリギリで聞くのもおかしいとは思うけどさ。今思ったんだ」

織莉子「心配ないわ」




697 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:24:18.66 ID:JeiFXyZo0

懐に白い手を入れて、何かを取り出した。

ガラス質で、ストロベリーと書かれたラベルが貼られている。


織莉子「これを見て」

キリカ「……『ビン』?」

キリカ「って織莉子、そのビンどっから出したの?」

織莉子「帽子から」

キリカ「嘘ッ!?」

織莉子「嘘よ」

織莉子「衣装にポケットを作ったわ。リトル・フィートで小さくした物をビンに入れて、さらにポケットに入れ直して持ち運んでるのよ。カバンは机に置きっぱなし」

キリカ「小さくした物……?じゃあ何か入ってるの?このビン……」

織莉子「もっと近くで見てみれば……」

キリカ「んー……?」

キリカ「……あーっ!」



698 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:25:15.39 ID:JeiFXyZo0

ラップと輪ゴムで蓋をされたジャムのビンの中に、白い猫のような生き物がいた。

キリカはこいつを知っている。その大きな尻尾と赤い目を知っている。


キリカ「しろまる?!久しぶりじゃあないか!」

QB「ん、ここは……」

QB「マミ達のいる学校じゃないか……いつの間に」

キリカ「こんなところで何してるの?縮んだ?」

QB「わけがわからないよ……」

織莉子「作戦の事前準備として、私が『捕まえて』おいたのよ」



699 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:27:22.21 ID:JeiFXyZo0

織莉子「リトル・フィートで小さくしてビンの中に入れて既に監禁している」

織莉子「監禁だなんて柄でもないから内緒にしてたのだけれど」

キリカ「秘密にする必要どっちみちないよ……」

織莉子「とにかく、もしキュゥべえが何かの間違いでビンから抜け出せたとしても……」

織莉子「このサイズならグラウンドを往復するだけでも数時間はかかる。鹿目まどかの所へは行けないわ」

織莉子「テレパシーも距離からして届かない。届いたとしても自分の居場所がわからない」

キリカ「へぇ~」

織莉子「これで鹿目まどかの契約は防げている。ということよ」

織莉子「まぁもちろん……そんなスタンド使い、早く抹殺するに越したことはないのだけれど」

織莉子「スタープラチナ……実際に見てみたけど、予想以上に骨が折れそうだわ」

キリカ「うーん……」



700 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:27:58.71 ID:JeiFXyZo0


織莉子「でも、私とキリカがいれば、敵ではない」

織莉子「鹿目まどかはリトル・フィートで小さくして踏みつぶして殺すことにしましょう。クリームで飲み込んでもいいのだけれど」

キリカ「…………」

織莉子「ん?」

キリカ「ね、ねぇ、織莉子……前から気になってたんだけど……」

織莉子「何?」

キリカ「その……キャラ変わった?」

織莉子「キャラ?」

キリカ「あ、いや……やっぱいいや……何でもない」

織莉子「?」



701 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:29:03.67 ID:JeiFXyZo0

「ェ~」


キリカ「……うん?今何か言った?」

織莉子「え?」

「テェ~」

織莉子「て?」


キュルキュルキュルキュルキュル


キリカ「え? ……何?何の音?」

「コッチヲ見テェ~~~」

キュルキュルキュルキュルキュルキュル

織莉子「は……?」

キリカ「な、何?これは……」



702 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:30:36.51 ID:JeiFXyZo0

キリカ「……『戦車』?」


油の切れた蝶番のような音をたてながら、合成音声のような声を発する物。

足下のそれは、キャタピラのついた鉄塊のような、戦車の玩具のような物。

この玩具の未来を見るまでもなく、織莉子は瞬時に危険な物であることを理解した。

しかし、間に合わなかった。


織莉子「ッ!」

キリカ「お、おりッ……!」


カチリ


キリカ「はうッ!?」

織莉子「ああッ!」



703 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:32:01.65 ID:JeiFXyZo0

戦車の玩具が轟音をたてて爆発した。

織莉子は理解した。この爆発は、千歳ゆまの能力。キラークイーンの一部。

理解しても遅かった。


「今ノ爆発ハ魔法少女ダネェ~~~」


これの正体。「魔力」を探知して自動追尾するキラークイーン第二の爆弾。

既にゆまは攻撃を仕掛けていた。今、屋上に追いついた。

その名は「猫車」

ドサッ!

肉を裂き体から血を吹き出すキリカと織莉子は爆風に飛ばされた。




704 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:32:56.74 ID:JeiFXyZo0


クリーム 本体:呉キリカ

破壊力 A スピード C  射程距離 E
持続力 C 精密動作性 C 成長性 E


『暗黒空間』という概念を創造・干渉する能力。その性質は「孤立」
フードのような姿をしている。それを被ることで暗黒空間を創る。
その中に隠れることで姿を消し、浮遊して移動ができる。
移動中に触れたものは暗黒空間へ飲み込まれて粉微塵にされる。
暗黒空間の大きさはキリカの身長を直径とした球の範囲。
暗黒空間内外で干渉ができないため、隠れている間はキリカの魔法は作用しない。
孤独感や暗闇のような心底の精神が反映されて発現した。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



705 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 22:35:14.66 ID:JeiFXyZo0
今回はここまで

結局何のスタンドかわからないままマミさんガォンされちゃいました。
マミさんのスタンドに期待していた方、申し訳ないです。
ちゃんとそれなりに理由はあるのですが、それはまぁ置いといて。

一方で早乙女先生はスケアリー・モンスターズのスタンド使いでした。
前作で出したからという、ほとんどゲスト出演みたいなノリですが。



708 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 23:06:15.27 ID:UYgjE2T0o
マミさんとガォン!この世にこれほど相性のいいものが あるだろうかッ! :



711 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 23:23:02.32 ID:VayEDvNu0
読み終わったらまず『乙』るだろ?
誰だってそーする、俺だってそーする



712 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 23:56:02.31 ID:JeiFXyZo0


#13『シビル・ウォー』


――図書室


さやか「くそっ、杏子め……図書室なんかに逃げ込みやがって……!」

さやか「……多分、これは罠だ。あたしは誘い込まれたんだ」

さやか「だが、あいつは許せない……!あたしだってスタンド使いだ。やれるんだ……!」

さやか「しかし、図書室か……」

さやか「来るのは初めてってわけじゃないけど……ほぼ未知の空間と考えていい」

さやか「どの本棚に隠れれば、どの角度なら見えないか……思いの外入り組んでいるからな……」

さやか「……」

さやか「ダンテの神曲、ああ無情」

さやか「成る程、図書館らしい難しそうな本が本棚ぎっしりだ」

さやか「頭が痛くなってくる」

さやか「……ん、テーブルの上にノートが……誰かの忘れ物かな」



713 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 23:57:30.08 ID:JeiFXyZo0


「ようこそ、来訪者」

さやか「ッ!佐倉杏子ッ!」


本棚の上で胡座を掻き面倒そうに座っている杏子。

それを憎悪と怒りを込めた目で睨みつけるさやか。


杏子「よっと」

シャン!

スタッ

グゥゥン

バァーン!

杏子「そういうあんたは美樹さやか」

杏子「猪突猛進に追ってきたな。クールじゃない。……馬鹿丸出しだぞ」



714 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 23:58:41.15 ID:JeiFXyZo0

さやか(こっ、こっ、こいつ……こっ、こいつがッ!)

さやか(こんなヤツが……!仁美を……恭介を……みんなを……!)

さやか(目の前にいるこの女がッ!あたしの目の前にいるこの女がッ!)

さやか「うおおおおおおあああああァァァァァッ!」

ダッ

杏子「……突っ込んでくるか」

杏子「と、いうことは近距離型のスタンド、といったとこか……?」

杏子「いや、固有武器が剣ということもあるし、そうだと決めつけるのは早いか」

杏子「おっと、危ねェ、ッとォ」


余裕を見せつけて相手の神経を逆撫でするような声を出した。

そのまま杏子は本棚の影に隠れる。



715 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/29(土) 23:59:39.80 ID:JeiFXyZo0

さやか「逃がすかァァッ!」

さやか「オラァッ!」

バキッ!

杏子「あッ!?」


さやかは本棚に剣を突き立てた。

杏子側、本棚から刃が突き出してきて、剣が杏子の腕の肉を斬る。

ザシュッ!

杏子「ぐあっ!?」

さやか「よし!当たった!」

杏子「ほ、本棚越しごと貫いて攻撃してくるとは……」

杏子「てめぇ……!物は大切にしろって学校で習わなかったのか!?」

さやか「虫のいいことを言ってるんじゃあないぞッ!この人でなし!」

さやか「まずは一撃!ガンガンいっ――」

バサリ

さやか「……ん?」



716 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:01:17.07 ID:c1541ufP0

本棚を貫いた剣を引き抜いた際、何冊かの本が床に落ちた。

さやかはその中の一冊が目に入る。


さやか「あ、この本……」

さやか(……懐かしい。この絵本……『人魚姫』)

さやか(小学校二年……いや一年の時だったかな?もういらないって……捨てた覚えがある)

さやか(まどかや仁美と一緒に、読み合ったっけ……懐かしい)

さやか「……こんな時に何考えてんだろう。あたし」

さやか「その仁美も殺されたっていうのに……ちくしょう……!」

さやか(い、今は……悲しんでる場合じゃあないな……)

さやか(やれやれ、こんなのも置いてたんだな……)

さやか(図書室なんて行かないから知らなかっ……)

さやか「…………え?」



717 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:02:45.25 ID:c1541ufP0

さやか「いやいやいや……え?」

さやか「おかしいよ……何でこの本棚からこれが出てくる……?」

さやか「だってこの本棚……『辞書コーナー』って書いてある……」

さやか「国語辞書とか英語辞典とかもちゃんとある……」

さやか「図書委員が間違えた……?いや、これは間違えないだろう……」

さやか「っていうか……それよりも何で……」

さやか「何で子どもが読むような『絵本』が『中学校の図書室』にあるってのさ……小学校ならまだしも」

さやか「……嘘?」

さやか「ピ……ピノキオ、白雪姫、赤ずきん、七匹の子ヤギ、ピーターパン」

さやか「何で中学校の辞書コーナーに絵本が充実してるんだよ……?」

さやか「まさか……幻覚の能力?」

さやか「いや、こ、こんな幻覚見せて……一体何になるっていうんだ?」



718 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:04:33.49 ID:c1541ufP0

ヒラリ

さやか「……ん?何か落ちた?」

さやか「……ポストカード?」

さやか「おおっ!?竹久夢二か!?これ!マジィ!?いやポストカードだけど」

さやか「確かこれに似たようなの貰ったことあるような気がする……随分と昔」

さやか「異常すぎるぞ……この図書室……何かヤバイ……!」

スッ


杏子「あたしならそれに触れない」

さやか「ッ!?」

ブアッ

瞬間、ポストカードが磁石のように、ベタンとさやかの近づけた手に張り付いた。

そしてそれは皮膜のように形状を変化させ、手を覆い、締め付け始めた。



719 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:05:15.92 ID:c1541ufP0

さやか「う、うおおッ!?た、竹久夢二が!」

さやか「手がッ!手が締め付けられているッ!?」

さやか「な、何だっ!?あたしに何が起こっているんだッ!?」

さやか「う、うわッ!」

ドタンッ

さやかは思わず尻餅をついた。


さやか「っつ~……!」

さやか「ん?」

バサバサッ コトンッ

その衝撃からか、本棚から先程の絵本がさやかの上に落ちてきた。

 ドパァァン!

すると、その絵本も同様に、さやかの体に触れる度に皮膜へと変化し、巻き付いた。


さやか「うおおおおおッ!?」




720 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:06:04.73 ID:c1541ufP0

さやか「な、なんだこの『膜』はッ!?し、締め付けられる!?全身がァッ!」

さやか「か、体の自由が、効かないッ!ち、ちくしょ!どうなってんだッ!?」

杏子「さっきからうるさいヤツだな……」

さやか「杏子……!」

杏子「人は何かを『捨て』なくては前へ進めない」

杏子「それとも……『拾って』帰るか……?さやか」

さやか「な、何を……」


杏子は腕を庇いつつ、本棚の影から姿を現して言う。

本棚のあいたスペースから、依然何かがボロボロと落ちてくる。

明らかに、そのスペース以上の体積分落ちてきている。


杏子「どれ……?」

杏子「余白たっぷりのノート。小学生時代の教科書。10点満点中2点の小テスト。ちっこい消しゴム。ふむふむ……」



721 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:07:10.33 ID:c1541ufP0

杏子「あんたも色々捨ててきたんだな。ま、それが人間だ」


杏子はボロボロの藁半紙を丸めてさやかに投げる。

やはりそれも、さやかに触れた途端皮膜に変化し、圧迫する。


さやか「が……つ、潰される……!」

杏子「これがあたしのスタンド……『シビル・ウォー』だ」

さやか「スタンド……!」

杏子「まず、擬似的にでもいいから図書室とか廃教会の中とか……屋内に『結界』を設定する」

杏子「で、このゴミは結界が見せる幻覚であり、あんたが『捨てた事実』でもある」

杏子「スタンドは精神のエネルギー。精神は肉体。表裏一体の関係……」

杏子「精神への攻撃は肉体への攻撃。罪悪感がその身を滅ぼす」

杏子「物理的な痛みであり抽象的な苦しみだ」

杏子「『捨てたもの』で押しつぶす。それが我がシビル・ウォー」



722 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:07:56.15 ID:c1541ufP0

佐倉杏子の能力――シビル・ウォー。

閉鎖的な空間で発動する。

標的が今までに「捨ててきた物」の幻覚を見せる。

幻覚に触れると、それは皮膜のように変化して、標的を包み『圧縮』する。

スタンドが傷つくと本体も傷つく……。

精神が押しつぶされれば肉体も押しつぶされるのだ。その逆も然り。

罪悪感という精神的ダメージを肉体的ダメージに変換するという見方も可能。

それが、杏子のスタンド。シビル・ウォー。


杏子「誰しも、何かを捨てる時、ほんのちょっぴり、ほんの1ミクロンにも罪悪感というものを感じる……そういうことらしい。そういうことにしろ」

杏子「あんたはその罪悪感に襲われている」

さやか「くっ、うぅっ……!」

杏子「あたしは不意打ちをした……『公平』じゃあない。だから『弱点』を教えてやろう」

杏子「清潔な水で清められるぞ。コーラや泥水じゃあダメだ。罠ではない。試してみるべきだ」

杏子「と、言ってもこんなとこに水なんてないがね」



723 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:08:43.09 ID:c1541ufP0

さやか「あ……あんたの目的は一体……何なんだ!」

さやか「何故、何故そんなことを……!」

さやか「何故仁美と恭介を殺したッ!何故『あいつら』の味方をするッ!」

杏子「ふん。それをあんたに話してあたしに何か得することでもあるのか?」

杏子「まぁいっか……。そうだな。強いて言えば、だが……」

杏子「……『スタンド狩り』と言えばいいだろうか?」

さやか「スタンド……狩り……?そ、それとあたし達の学校を襲撃することの何の関係が……」

杏子「ところで、もう一つの理由を教えてやる」

杏子「織莉子に協力する理由。……それはたった一つのシンプルな答え」

杏子「安定した暮らしだ。テリトリーの確保だ」

さやか「……」

杏子「しかしだな……」



724 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:09:20.43 ID:c1541ufP0

杏子「スタンドという力があるが故に今、縄張り争いは激化している」

杏子「力が複雑化することで、力の差がわからなくなるわけよ」

杏子「何が言いたいか、わかるだろう?」

さやか「……スタンドが怖いから、スタンド使いを消すっていうのか?」

杏子「鋭いな。まぁ怖いって言い方は気に入らないが……」

杏子「スタンドを悪用する可能性のある一般人も邪魔……それも雇い主の考えだ」

杏子「あんたの学校にはスタンド使いが何人かいるという見込み。判別なんてできないから皆殺し」

さやか「勝手なヤツだ……!」

杏子「あたしに言うなよ」

杏子「だが……皆殺しはともかく、あたしも『そういうヤツ』を消すこと自体は賛成だ。魔法少女はいてもいいって思う」

杏子「そんでもって、織莉子はほむらってヤツを殺すつもりでいる。スタンド使いではなかったようだが……」

さやか「……!」

杏子「理由は秘密。まぁ、ほむら殺しに協力する代わりとしてあたしはこの狩り場をいただけるってことさ」



725 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:10:01.12 ID:c1541ufP0

杏子「あたしとしてはグリーフシードさえ手に入ればいいから、ほむらなんて正直どうでも……」

杏子「いや、よくはないか」

さやか「ほ、ほむら……まで……!」

さやか「くっ……!き、貴様ッ!」

杏子「スタンドは……使わないのか?」

さやか「…………」

杏子「あん時、織莉子のリトル・フィートを視認していただろ」

杏子「出してみろよ。スタンドを」

さやか「……舐めているのか?」

杏子「かもな」

杏子(この状況で使わないってことは、遠くまで行けないタイプと見た。遠くまでいけるなら既に攻撃しているはずだからな)

杏子(とは言え……ヤツはもうまともに身動きが取れない……使えたところで大したことできねぇ)



726 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:10:43.16 ID:c1541ufP0

杏子は……油断していた。

相手は既に自分の術中に嵌っている。

故に何をしても無駄である、と。

だから今後の見聞のためにもスタンドを見ておきたい、と。


杏子「見せてみろ。あんたのスタンドを」

さやか「……既に見せてるぞッ!」

さやか「『ドリー・ダガー』ッ!」

杏子「んっ……」


全身が圧迫されているさやかは身を捩って、剣を杏子に見せつけた。

刀身が光を反射して、妖しく光ったように見えた。



727 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:13:02.56 ID:c1541ufP0

杏子「……その魔法武器のことか?」

さやか「あたしのスタンドは……この剣に取り憑いている。実像を持たないスタンドだ」

杏子「ふーん、実体化型なの……」

杏子「かッ!?」

ドサッ


杏子は突如、呼吸が苦しくなり床に膝をついた。

『体が締め付けられて』いる。


杏子「な、何ィィィッ!?」

杏子「ぐっ……ふっ……!な、なんだ……?!何が起こって……!」

杏子「この感覚……!まさかッ!てめぇっ!」

さやか「『ドリー・ダガー』……」

さやか「あたしへの『ダメージ』を……ググ……て、『転嫁』したッ!」



728 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:13:52.99 ID:c1541ufP0

杏子「グッ……!?うぅッ……!」

杏子「転……嫁……?」


ドリー・ダガー。

剣に取り憑いている、実像を持たないスタンド。

その能力は、剣の刀身に映っている相手に、自身への『ダメージの七割を転嫁』する。

さやかの頭を吹き飛ばそうものなら、相手は頭の七割が吹き飛ぶ。

体を突き刺せば、その七割分の傷を、相手は負う。

全身が締め付けられれば、その七割の力が相手を圧迫する。


ただし、ダメージの三割はそのまま喰らってしまう。

頭の三割は吹き飛んだまま、三割の傷を負い、三割の力で圧迫される。


さやか「平たく言えばあたし自身へのダメージを三割に軽減できる……」

さやか「そしてあたしの得意な魔法は回復!」

さやか「半自動カウンターと回復ッ!この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!?」

杏子「くっ……!」



729 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:15:13.16 ID:c1541ufP0

杏子(し、しまった……)

杏子(くそっ……情けねぇ……油断なんて、するもんじゃねぇな……)

杏子(……反省だ)

さやか「後は……この三割の圧迫を……膜みたいなものをどう対処するか……だ!」

さやか「残念ながら……圧迫感は軽くなったとは言え体が自由に動かないのは変わらない……」

さやか「テレパシーで既に来ていることがわかっていた……助っ人だ」

さやか「そもそも、あんたが呼んだんだそうじゃないか。そうなんでしょう?」

「キョーコ……!」

杏子「……!」

杏子「ゆま……!」



730 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:16:05.25 ID:c1541ufP0

複雑な顔をしているゆまと目が合った。

しかし、ゆまはすぐに目を逸らした。


杏子「そうか……さやかを助けに行けって言われたのか」

杏子(よりによってあたしのとこに向かわせるとは……やむを得ずってとこなんだろーが……)

杏子(マミも残酷な選択をする)

さやか「ゆま!この辺りにある物には絶対に触れるな!」

ゆま「う、うん!」

杏子「……無駄だよ」

杏子「人は、何か捨てなければ生きていけないんだ」


『うぅ……あぁ……』


さやか「な、何だ……この音……いや、声……?」

『おまえさんは……僕を……殺したんだ』

ゆま「……え?」



731 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:17:35.48 ID:c1541ufP0

『この恨み……晴らさずにおくべきか……』

さやか「こ、こいつは……!」

ゆま「そ……そんな……嘘……!?」


さやかとゆまは、この少女を知っている。

この衣装と首元の傷を知っている。


さやか「いつぞやに会ったぞ……!そして、確か……そう!『水を熱湯に変えるスタンド使い』ッ!」

杏子「おう。そうだ。風見野のテリトリーも狙った熱湯女だ。ゆま、あんたが一番よく知っているだろう」

ゆま「あ……ああ……!」

杏子「思い出したか?ゆま……」



732 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:19:00.13 ID:c1541ufP0

杏子「あんたがキラークイーンを発現させたあの日……」

杏子「初めての殺人。その被害者」

さやか「え……?」

杏子「あんたはこいつを『捨てた』……」

杏子「わかるか?『殺す』ということは、『そういうこと』なんだ」

さやか「ゆ、ゆまちゃん……!?あんた……」

ゆま「ち、違うの!さやか!ゆまは!ゆまは……」

杏子「まぁ、攻めてやるな……正当なる防衛だよ……」

杏子「しかし、ゆまは殺したことに罪悪感を覚えているから、こいつの亡霊……幻覚が現れた」

杏子「あんたから殺人に対して罪悪感をあまり覚えていないと感じたのは、気のせいではなかった」

杏子「いや、マミ達と出会って、ふと思い出して心でひっかかるようになったのかもしんねぇ」

杏子「それは良いことだ。自分の罪を認めるということはな。……本当に自分がやったって思うのであればだがね」



733 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:20:47.55 ID:c1541ufP0
少女『殺してやる……脳を……グツグツの……シチューにしてやる……!』

ゆま「う、うぅぅ……!」

さやか(ま、まずい……!)

さやか(精神的な理由で……ゆまちゃんじゃ勝てない)

さやか(ゆまちゃんがキラークイーンで人を殺したことがあるってのはショックではあるが……それはいいとして)

さやか(本気で怯えている……少なくとも『今の』ゆまちゃんでは……幻覚と言えど、戦えない!)

さやか(だったら……!)

さやか「……ゆまちゃん!」

ゆま「さやか……」

さやか「あたしにまとわりついている膜を『爆破』するんだ!」

ゆま「えっ!?」



734 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:22:36.31 ID:c1541ufP0

杏子「……ふん」

さやか「早くっ!このままだとやられる!こいつはあたしが斬るッ!」

ゆま「で、でも……」

さやか「早くッ!」

少女『僕に……殺されるべきなんだ……!』

さやか「早く!早く膜を爆発させろ!」

ゆま「で、でも……」

杏子「…………」

杏子(さやか……あんた、頭脳がマヌケか?)

杏子(確かに、捨てたものは皮膜にようになって圧縮している)

杏子(幻覚ではあるが……シビル・ウォーに対してのキラークイーン……スタンド同士ならもしかしたら破れるかもしれない)

杏子(しかしだな、さやか。あの化け物能力で爆発されたら、いくら回復に優れていようと……死ぬぞ)



735 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:23:32.74 ID:c1541ufP0

杏子(ゆまは、自分の爆発を調整できない。できるならこうやって躊躇しないからな)

杏子(三割とは言え……大丈夫なのか?)

ゆま「ね、猫さんッ!『第一の爆弾』ッ!」

ズアッ

さやか「急げッ!遠慮するなッ!」


さやかは自身の回復能力を過信している。

ゆまは自身の能力を把握できていない。

さやかはキラークイーンの爆発で即死。

ゆまはそのままさやかの遺体の前で、シビル・ウォーの亡霊に喰われて死ぬ。

勝った。


――杏子は今、そう考えていた。



736 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:26:15.83 ID:c1541ufP0

杏子「……ん?」

杏子(さやかの能力。ドリー・ダガー)

杏子(ダメージを七割『刀身に映した相手』に移す……)

杏子(さやかの剣の向きって……)

杏子(……あ)

杏子(し、しまっ――!)

杏子「ゆまッ!やめろッ!」

杏子「く、くそぅ!動けない!動けッ!あたしの体……!じ、自分の能力なのに……!」

杏子「キラークイーンを収めろォォォッ!」

さやか「殺らいでかッ!杏子!」

杏子「やめろォォッ!ゆまッ!やめてくれェ――ッ!」

ゆま「起爆ッ!」

カチッ



737 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:27:51.60 ID:c1541ufP0


さやか「グハァッ!」


ドグオォォォンッ!

バリバリバリ

背中が裂ける。熱風が襲う。

骨が折れる。肉が焼ける。血反吐を撒く。

爆音に紛れて、さやかの苦痛の声があがる。


さやか「う、がァァァ!」

ゆま「キョーコ……!」

ゆま「……ゴメンね」

杏子「あ……!ああ……!」



738 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:28:44.93 ID:c1541ufP0

杏子「ゆ……ま……テ、メェ……!」

ビシッ、ビキ…

杏子「嘘だ……」

杏子「嘘だ……そんな……」

杏子「織莉子の……予知通りに……なって……」

ドブチャァッ

杏子「グバァッ!」


さやかを包んでいた膜は爆発した。

僅かの時間差をおいて、杏子の『七割』が爆散した。

服は無傷のままだが、皮膚や肉は裂け骨は砕けていく。

さやかは体の自由を手に入れた。

少女の幻覚も、消えていた。



739 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:30:33.32 ID:c1541ufP0

さやか「う、うぐぐ……!グハッ!」

さやか「ド、ドリー……ダガー……」

さやか「そう……キラークイーンの爆発は強力すぎる……」

さやか「あたしの回復能力でも、間に合うかどうか……」

さやか「だからこそのドリー・ダガー!」

さやか「自身へのダメージは……刀身に映った相手に七割、移る……」

さやか「爆発のダメージの七割は、杏子に移った!」

さやか「あたしの体の三割はズタボロだが……」

さやか「五割以下ってんなら、まぁ大丈夫だった!」

さやか「……あんたがキラークイーンを呼んだんだ」

さやか「あんたの能力が自分の回避を封じたんだ」

さやか「あんたは自分自身の行動に……引力に負けたんだ」

ゆま「…………」




740 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:31:11.78 ID:c1541ufP0

本当に能力を過信していたのは杏子自身だった。

相手の能力を把握できていなかった。

しかし、杏子に後悔する暇はなかった。


ゆま「うぅ……」


ゆまは目から涙を零した。

見捨てられても、人を殺しても、ゆまにとって杏子は恩人だった。

両親から学ぶはずの「人を信じる」という当たり前のことを、ゆまは杏子を通じて知ったのだ。

そんな存在を、自分の手で葬ってしまった。


ゆま「キョーコォ……グスッ、うえぇう……」

さやか「ゆまちゃん……」

さやか「あんたが杏子をどう思っているかは計り知れないし、あたしは頭悪いから上手くと言葉にできないけども……」



741 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:32:16.30 ID:c1541ufP0

さやか「あいつはもう、人として引き下がれない領域にいるんだ。あいつは黒。あたし達は白」

さやか「そういうことなんだ。とにもかくにも、ね……」

ゆま「ゆま……辛いよ……こんなの……酷すぎるよ……あんまりだよぉ……」

さやか「ゆまちゃん……」

ギュッ

傷を治療したさやかはゆまの肩に手を置き、そっと抱き寄せた。

温かくて柔らかい感触が耳にあたり、さらさらした液体が頬を伝って首筋を流れる。


ゆま「うぅ……グスッ」

さやか「大丈夫……どんなに辛いことがあっても……どんなに悲しい別れがあっても……」

さやか「それを乗り越えるのが、人間というものなんだ」

さやか「あたしも、友達とクラスメート、先生……そして幼なじみを失った」

さやか「一緒に乗り越えよう」

ゆま「さやかぁ……」

さやか「ま、その前に犯人をとっ捕まえてやらんといかんね!」

ゆま「……うんっ」



742 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:32:52.48 ID:c1541ufP0

「さやかさん……」


ゆま「え?」

さやか「い、今……何か聞こえ……」


「どうしてですの……?」


さやか「……!」

さやか「こ、この声……」

さやか「嘘だ……そんな……!」

さやか「ひ、仁美ッ!?」


仁美「……さやかさん」



743 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:34:03.79 ID:c1541ufP0

さやかは目を見開いて驚いた。

杏子が殺したと語っていた親友が、今、本棚の影から顔を出した。

憂鬱そうな顔をして、さやかの方をじっと見つめている。


さやか「あんた……死んだはずじゃ……!?」

仁美「さやかさん……どうして」

ゆま「な、なに……?こ、この人、だぁれ……?」

ゆま「何だか、怖いよぅ……」

仁美「何故、私を『捨てた』んですの……?」

さやか「へ……?」

仁美「理由を教えていただけません、か……!」

さやか「な、何を言ってるのよ……」

さやか「捨てたって……言ってる意味がわからな……」



744 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:35:19.30 ID:c1541ufP0


「いいや、あんたがそいつを捨てたんだ」


さやか「……ッ!」

ゆま「キョッ……!」

さやか「杏子ッ!?」

杏子「あんたが口では否定してもな……あんたがこいつを捨てたことになってるんだよ」

杏子「だから、あんたは今、そいつの幻覚を見ているんだ。『あたしが捨てたもの』を……」

さやか「ば、馬鹿な……!」

さやか「確かに、確かに殺したはずなのに……!」

さやか「七割の爆発を喰らって!ぶ、無傷なはずがないッ!」


杏子はさも当然のように腕を組んでさやか達を見て言った。

杏子は本棚の影で恨めしそうに見つめる仁美を引っ張った。

仁美は抵抗することなく、その身体を二人に向けた。



745 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:36:58.14 ID:c1541ufP0

仁美の腹部には、大きな穴があいていた。制服は赤黒く染まっている。

歯を軽く食いしばり、唇をピクピクと動かしている。


ゆま「ひッ!?」

杏子「こいつは、あたしが捨てた。そして、あたしは捨てられた」

さやか「ひ、仁美ッ!」

杏子「あたしが最終的にしたかったのは、これなんだ。だが……しかし……」

杏子「まさかこんな形で……シビル・ウォーが『完成』するとはな……」

杏子「あー……くそっ。やっぱり油断しちまったんだな。情けねぇ」

杏子「あたしは反省が苦手なんだ。今悟ったね」

杏子「あークソッ……織莉子はどうでもいいが、クリームを相手にした時に使いたかったのに……」

ゆま「キョ、キョーコ!い、生きてたんだね!?」



746 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:38:54.36 ID:c1541ufP0

杏子「……チッ、うぜぇ。人を殺しておいてよくもぬけぬけとそんな言い方できるな……」

杏子「いい加減にしろよな……あたしはあんたが嫌いなんだよ」

ゆま「え……」

杏子「え、じゃねーよ。あんたのスタンドは危険すぎるんだよ」

杏子「いいか。スタンドという能力がこの世に現れた」

杏子「新しい能力を得たら、力の差ってもんがわからなくなるもんなんだよ」

杏子「だから縄張り争いが激化した。今の自分なら、スタンドのある自分ならどんな奴が相手でも勝てる……って増長してな」

杏子「そんな最中、そんな化け物みたいなスタンド。はっきり言って怖いんだよ」

杏子「いつ寝首を狩られるもんか。爆発にも巻き込まれるだなんてすりゃぁ、文字通り骨が折れる。っていうか既に砕けた」

ゆま「…………」

杏子「まぁいいか。完成したシビル・ウォー。心の中に『そうなる実感』はあったものの、本当に『そうなる』のか不安だったんだ」

杏子「それがハッキリしただけ……むしろサンキューだ。ゆま」



747 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:40:17.05 ID:c1541ufP0

さやか「ど、どうして……だ?」

さやか「どうして『殺された』のに『生きている』……!?」

杏子「そうだな……よし、解説してやろう」

杏子「これからは、あんたらはあたしを『捨てて』前へ進む」

杏子「あたしを殺すということは『そういうこと』なんだ」

杏子「では、死んだあたしの『罪』はどこへいっちまうのか……?行き場はどこか?」

杏子「何も赤ん坊の魂がどこから来るのかとか死んだ魂がどこへ行くのかとかイビキかいて眠っちまいそうな話をするつもりはない」

杏子「シビル・ウォーはその答えの道標。その答えは目の前にある……」

さやか「目の前……?」

杏子「『あんたら』だよ。あんたらが新しい罪の行き場だ」

杏子「爆発の直接的要因はゆまだが、それを押しつけたのはさやかだからな……」

杏子「あんたらは二人であたしの行き場をなくした罪を『おっかぶる』んだ!」

杏子「『捨てられたあたし』から『捨てたあんたら』へッ!それがシビル・ウォーの完成型だッ!」

さやか「ど、どういうことだよ……?」

杏子「これであたしの罪は『清め』られた」



748 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:41:03.61 ID:c1541ufP0

青年『喰われた……俺は何に……喰われたんだ……』

さやか「!?」

杏子「……こいつは、使い魔に襲われてたヤツだな。あたしがわざと見捨てたヤツだ」

男『おお……神よ。あなたは連れて行くべき者を間違えた……』

モモ『やだ……やだよぅ……いやだよぉ……』

杏子「そいつらはあたしの家族だ。こっちは妹。モモって言うんだ」

杏子「あたしは……家族を捨てたんだ」

童女『お姉ちゃぁぁぁ~~~~ん……ああああ……』

魔法少女『ああああ……ううう……』

杏子「あいつらはあたしのシビル・ウォーの結界内で犠牲になったヤツらだな」

杏子「こんなところで姉妹の再会を果たすとは……あ、いや、あたしも再会はしているのか。妹と」



749 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:41:48.69 ID:c1541ufP0

仁美『置いていかないで……寂しい……』

恭介『助けてくれ……誰か……』

杏子「そういやこいつら、二人きりでいたなぁ。まさかカップルだったとはなぁ。まとめて殺ってやったけど」


図書室に、虚ろな目をした人々が現れた。

頭が半分ない者。体の一部が骨になっている者。肌が赤黒く焼けている者。

体が「ペシャンコ」な者。腹に穴があいている者。上半身で這いずる者。

聞くに堪えない呻き声の合唱が図書室全体に響き渡る。



さやか「グッ、クク……!」

さやか「い、一体、一体何が起こっているんだッ!?」

ゆま「う、うぅ……っ!」




750 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:43:04.07 ID:c1541ufP0

杏子「あれだけ説明したのにまだ理解できてないか?頭脳がマヌケか?」

杏子「だからァ……あたしが捨てたものだっつってるだろ」

杏子「使い魔や魔女は出てこない(なる前はいるが――)からな。言っておくけど」

杏子「あくまで捨てたと認識してる対象だけってわけだ」

杏子「仁美とか言ったっけ?あたしはそいつを殺った時も、悪いとは思っていたんだ」

杏子「何にしても、それらがあんたらにおっかぶった」

杏子「ゆま……あんたは罪深い子羊になった。さやか……あんたもだ」

杏子「一方で、あたしは『清め』られて蘇った……」

さやか「……つまり、自分の罪を他人に押しつけるわけだな」

さやか「あたしのドリー・ダガーと似たようなタイプってところか……」

杏子「あたしのは浄罪だ。そんなチンケな能力と一緒にするな」



751 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:43:53.62 ID:c1541ufP0

シビル・ウォー。

それは、本体を殺させる、則ち『捨てさせる』ことで『完成』する。

杏子は、魔性少女になったが故に家族を失った。杏子は家族を捨てたのだ。

そしてゆまとさやかは杏子を殺した。

行き場を失った杏子の罪は、杏子を殺した相手におっかぶる。

――これがシビル・ウォーの完成型。

シビル・ウォーは、死をもって罪が清められる。

実際に殺されないと知り得ないような能力であるが、杏子は死なずとも理解していた。

野生動物が産まれてすぐに授乳を求めるように、本能にインプットされていたのだ。




752 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:44:58.07 ID:c1541ufP0

杏子「あたしは、家族を捨てたって言ったよな」

杏子「全部を話すつもりはないが……契約したが故の結果だとだけ言っておこう」

杏子「ずっと、その罪を抱えていた……」

杏子「だからこんなスタンドが身に付いたのかもしれない」

杏子「……あたしは清められた……つまり、許されたんだよ」

杏子「家族を捨てたことをな……」

さやか「…………」

杏子「……生き返った理屈がイマイチわからないって言いたそうだな」

杏子「これはあたしの推測だが、あたしはこれで何も捨てたことのない『ゼロ』となったんだ」

杏子「産まれたての赤ん坊ですら臍の緒や胎盤を捨てて生きるのに……それさえもリセットされる」

杏子「だからそういう奇跡もあるんじゃねぇの?」

杏子「臍の緒とかは母親が捨てたことになるんじゃないかとか異論を唱えても受け付けねーからな」



753 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:46:15.83 ID:c1541ufP0

杏子「それからもう一つ。忠告しておく」

杏子「今のあたしは、あんたらの罪に『護られて』いるぞ」

さやか「な、何が言いたい!」

杏子「結論から言おう」

杏子「『この結界にいる限り、あたしはあんたらに殺されないということ』だッ!」

さやか「なッ!?」

杏子「ざっくばらんに言えば、この結界内においてあたしは不死身ってことだッ!わかったかマヌケッ!」

杏子「わざわざ殺されてやるんだ。そんぐらいのことはあってもよかろうよ」

さやか(くっ……ど、どうすればいいんだ……!こいつ……無敵か……!)

杏子「……ところで、さっきから震えてばっかりであたしの話を聞いていないヤツがいるようだ」

さやか「……はッ」

さやか「ゆ、ゆまちゃ……」

ゆま「う、うああ……ああ……!」



754 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:47:11.26 ID:c1541ufP0

モモ『お姉ちゃああぁ~~~ん……』

男『おまえは呪われた子だ……』

青年『恨めしい……恨めしいよォォォ』

仁美『さやかさん……私を救って……』

恭介『無念しかない……僕の人生』

童女『うううううううううううう』

魔法少女『ああああああああああ』


ゆま「ああ……あああ……あぅ……」

さやか「く、くそぅ……!怯えている……。ヤバイ……!これはヤバイぞ……ッ!」

さやか(どうする……?どうやって打開する?)

さやか(図書室から逃げるか……いや、この数だ。ゆまちゃんを庇いながらでは……)

さやか(どうする!?どうすればいい!?)

さやか「…………」

さやか(ゆまちゃんを……見捨て……)



755 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:49:06.91 ID:c1541ufP0

さやか(……ふざけるなッ!)

さやか(万が一にでも見捨ててしまえば!あたしはあいつと同じになってしまうッ!)

さやか(くそっ……!落ち着くんだ……!)

さやか(必ず、必ず活路はあるッ!どんな時だって!諦めなければ……!諦めなければッ!)

ゆま「こ……で……こな……で……」

ゆま「来ない……で……!来ないで……!来ないでェッ!」

仁美『命だけは……どうか命だけは……!』

モモ『助けてぇ……熱いよぉ……死んじゃうよォ……』

さやか「ゆまちゃん……?」

ゆま「ち、違うの……ゆまは……ゆまは……!」

童女『嘘つき……嘘つきぃぃぃぃ……!』

魔法少女『くれるって……分けてくれるって言ったのにぃぃぃ……!』

ゆま「ゆ、ゆまは知らなかったの!キョーコが殺しちゃっただなんて!知らなかったのぉっ!」

さやか「こ、この中に知ってるヤツがいるのか……?」



756 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:49:52.24 ID:c1541ufP0

ゆま「あ……ああ……あぅあ……ああ……!」

ゆま「…………あぅ」

プッツン

ゆま「もうやだァァァァいやだァァァァァッ!ごわいよォォォォォッ!!」

さやか「ゆ、ゆまッ!?お、落ち着け!これは幻覚だッ!」

ゆま「ひィィィィィィィィッ!いやぁぁぁッ!やめてッ!やだァッ!」

ゆま「いやァァァァァァッ!あアァァァァ!あひぃぃぃぃャぁぁぁぁぁ!」

杏子「あ~あ……キレちまったな……。怒ったって意味じゃない……『限界』なんだよ」

ゆま「ダズゲデェッ!ギョーゴォ!オネ゙ェヂャァァ!ヤ゙アアアアアア!」

さやか(だ、ダメだ……!ただでさえ杏子を殺したことが重荷になっているのに……!)

さやか(ゆまは戦えない……!あたし一人で何とかできるのかッ!?)

さやか(無敵のキラークイーンで何とかしてくれると思ったのに……!)

杏子「あ、そうだ……知ってるか?あんたら」



757 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:50:41.38 ID:c1541ufP0

杏子「魔法少女って、絶望すると魔女になるんだぜ」

ゆま「あああああああああああああああああッ!」

杏子「ゆま。あんたのソウルジェムは既に真っ黒だが、ここまでやってまだ人の姿を維持していられるあたり……」

ゆま「ア゙アアアアアアアアアアアアアアアアッ!」

杏子「キラークイーンを目覚めて、それなりに精神が成長したの……か、も、な」

さやか「く、くそッ!精神面ではあたしにゃどうすることもできないッ!」

杏子「……って聞いてねぇなこりゃ」

ゆま「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ッ!」

杏子「ってうるせぇよッ!」

ゆま「ギ……キ……!」

ゆま「キラァァァァァァ――クイィィィィィ――ンッ!」

ズアッ

さやか「な、何を……!」

ゆま「ゆまの……ゆまの!」



758 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:51:07.99 ID:c1541ufP0


ゆま「ゆまのッ!」


ゆまの顔は恐怖と自責に歪んでいた。

足をガクガク揺らし、歯をガタガタ鳴らしている。

ソウルジェムを黒く、頬を赤く、下着を黄色く染めていた。


ゆま「ゆまのソウルジェムを爆弾にしてッ!」

さやか「なッ!?な、何を言って……!」

ゆま「嫌だ……もう、嫌だよぉ……」

ゆま「助けて……猫さん……!」

ゆま「ゆまを殺してェェェッ!」

さやか「ゆまちゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁんッ!」



759 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:52:05.05 ID:c1541ufP0

さやかの制止も間に合わず、そして気に留めず。

キラークイーンは漆黒のソウルジェムに触れてしまった。

その目はいつにもまして冷たかったように見えた。

まるで主人の精神的弱さを悟り、見限ったかのように。

ゆまはソウルジェムが自身の魂であることを知らない。

しかし、ゆまの生命の大車輪がゆまの直感をプッシュしたのだ。

これが一番苦痛のない死に方である、と。


さやか「マ、マズイッ!ゆまちゃんはもうダメだ!」

さやか「クッ!ば、爆発に巻き込まれる……!」

ゆま「キラークイーンッ!ゆまのソウルジェムの爆弾を……」

さやか「ドリー・ダガーッ!爆発のダメージを……」

ゆま「点火ッ!」

さやか「転嫁ッ!」



760 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:52:45.15 ID:c1541ufP0

ドッゴォォォァァッ!

図書室に大きな爆発音が響き、白煙があがった。

キラークイーンの爆発のエネルギーの像。

杏子の頬へ空気に伝わる爆発の衝撃をピリピリと感じさせる。


杏子「おーおー……やってくれちゃったねぇ」

杏子「ゆまの精神がブッ壊れたからか、成長したからか……」

杏子「前見た時より爆発の威力がずっとスゴイな」


その白煙からぼんやりと人影が浮かんでくる。

ただし、一人だけ。

杏子は腕を組み、その影を薄目で見る。

さやかが魔法武器の剣、ドリー・ダガーを構えて立っている。




761 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:54:07.17 ID:c1541ufP0

杏子「……さやか」

杏子「…………」

杏子「残念、だったな……」

杏子「種が分かればなんてこともない」

杏子「あんたの転移能力は、刀身に映ったものに向かう」

杏子「その刀身に映ったのはあたしじゃあなかった……」

杏子「あんたが爆発のエネルギーを転嫁されたのは『天井』だ」

杏子「テンパっちまったかなぁ……あるいは爆風のせいか……狙いが逸れたんだ」

杏子「まぁ逸れたからと言って……あたしに避けられないもんじゃなかったがな」

さやか「…………」

杏子「転移できるダメージが七割……三割は喰らってしまう」

杏子「運の悪いことに……さやか……」



762 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:54:41.86 ID:c1541ufP0

杏子「ゆまの爆発に、あんたの『ソウルジェム』が巻き込まれちまったわけだ。三割移せようとも意味がなかった」

杏子「咄嗟のことでそのことに頭が回らなかったんだ。ソウルジェムへのダメージまでは転嫁できなかったんだ」

杏子「まぁ、確かめようがないか。ちょっとでも傷つけるわけにはいかないからね」

杏子「むしろシビル・ウォーの膜を爆破した時よく生きてられたもんだ」

杏子「……さやか」

杏子「あんたの敗因はたった一つのシンプルな答えだ」

杏子「……『ソウルジェム』が『魂』であることを知らなかった」

さやか「……」


さやかの変身が解け、剣が消えた。

ドタン、と大きな音を立てさやかは床に倒れた。

遺体は一つしかないが、今、この場で二人の魔法少女が死んだ。



763 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:55:35.73 ID:c1541ufP0

杏子「スタンドが傷つけば本体も傷つく。またその逆も然りと聞くが……」

杏子「ソウルジェムが砕かれたらスタンドはどうなるんだろうな。キラークイーンはさやかに気を取られていた上に白煙に紛れてて見えなかったが……」

杏子「まぁいいや」


絵本、ガラクタの数々は、さやかとゆまの死によって消えた。

杏子の家族、殺した魔法少女、見捨てた人間、仁美、恭介、全て消えた。


杏子「シビル・ウォーを解除した……」

杏子「…………」

杏子「……これで」

杏子「これで……あたしの罪は清められた」

杏子「あいつらがあたしの罪を引き取って死んだからだ」

杏子「……結局、あたしの一人勝ちってわけだ」

杏子「それにしても……ゆま」



764 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:57:13.02 ID:c1541ufP0

杏子「本当に可哀想なヤツだ。目の前で両親が魔女に食われ、信頼していたあたしに捨てられて……」

杏子「しかも、さやかはゆまをギリッギリのとこで見捨てちまった」

杏子「可哀想に……三回も捨てられるだなんてな……」

杏子「いや、さやかを攻めるつもりはない。あの状況だ。誰だってそーする。あたしだってそーする」

杏子「でもな、ゆま……同情はしてやるが、あんたはあたしを殺っちまったんだ」

杏子「……スタンドを得ちまったから仕方ないんだ」

杏子「仕方ないことなんだよ……」

杏子「ま……もし、あんたがスタンド使いでなければ……契約なんてしなければ……」

杏子「キラークイーンだなんて化けモンじみた能力でなかったのなら……」

杏子「あたしはあんたを捨てなかったんだろうがね」

杏子「マミに出会えただけ、まだまだ救いようのある死といったところか」



765 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 00:58:36.61 ID:c1541ufP0

杏子「……そして、さやか」

杏子「何となくだが、別の所で会ってたらあんたとは友達になれた気がするよ」

杏子「何でだろうな?」

杏子「まぁ、死んじまった以上……どうでもいいことだ」


杏子は、勝利と浄罪に「やってやったぜ。嬉しいなぁ」と思った。

しかしその表情は濁っていた。


杏子「……なんていうか、アレだな」

杏子「あたしが原因で……もとい、あたしは家族を捨てたから……その罪を晴らすためにこんな能力が発現したんだろうけど」

杏子「折角その罪が晴れたってのに、なんか後味良くないな……もっとこう……」

杏子「新しいパンツを穿いたばかりの新年の朝のみたいにスッキリすると思ってたが……」

杏子「ああ、くそっ。なんだよ。この感じ。キモイねぇ」



766 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:02:21.57 ID:c1541ufP0

杏子「…………」

杏子「……お」

杏子「さやかの手にグリーフシードが……しかも未使用じゃん」

杏子「ラッキー……だな。身を呈してグリーフシードを爆発から庇ってくれたのか?」


さやかの遺体から、コロリと一個グリーフシードが転がった。

杏子は後頭部を掻きながら歩み寄る。


杏子「ポケットにでも入れてたのか?アホみたいに突っ込んだと思ってたが……」

杏子「ゆまのか?それともその辺ちゃんと考え――」

バゴンッ!


杏子「ッ!?」

杏子「な、何だッ!?」



767 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:02:57.05 ID:c1541ufP0

杏子「……チッ」

杏子「何だよ……」

杏子「『床』が……『抜け』やがった……!」

杏子「ああ……くそっ。いってぇ……」

杏子「足が嵌っちまった……」

杏子「爆発の衝撃か……?」

杏子「あるいは……クリームが下の階の天井……もとい、床を食っちまったか……」

杏子「どっちでもいいか……やれやれ」

杏子「全くよぉ……抜けねぇし」


顔を歪めながら、あいた穴に嵌った足を引き抜こうと杏子はもがいた。

どこかが引っかかっているらしい。

目の前には遺体。ギリギリ届かない位置にグリーフシード。

もどかしい気持ちで一杯になる。



768 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:04:31.21 ID:c1541ufP0


バキィッ!

杏子「うん?」

杏子「今度は何の音だ――」

グシァッ!

杏子「ぐっへぇ!?」

杏子「うおおッ!いッ……てェ……!」

杏子「何だ……!?チクショウ!」


視界の横から本棚が突如に倒れてきて、杏子を押し倒した。

下半身を圧迫し、脚と腰の骨を折ってしまった。


杏子「ほ、本棚が……!?」

杏子「今の爆発のせい……か?」

杏子「本棚の一番下の段とか側面を壊したからってところか……」

杏子「ソウルジェムさえ壊れなければ死なないからって……やれやれ、痛ぇもんは痛ぇんだよ」

杏子「全く……ついてね――」



769 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:05:07.13 ID:c1541ufP0


ピシ…

杏子「……あん?」

杏子「……ゲ」

杏子「おいおい……嘘だろ……?」

杏子「冗談じゃねぇ……!」

杏子「どういうことだよおい……」

杏子「『天井のヒビ』が……大きく……」

杏子「ドリー・ダガーのダメージ転嫁能力……」

杏子「爆発のエネルギーが天井に転移した……」

杏子「……今、なのか?」



770 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:05:36.14 ID:c1541ufP0

杏子「たった今、身動き取れなくなって、転移箇所に近づいちまった今……」

杏子「こんな最悪なタイミングで天井が崩れるのか……?」

杏子「グ……」

杏子「グリーフシードが見えたから……」

杏子「床に穴があいたから……」

杏子「爆発のエネルギーで本棚が脆くなったから……」

杏子「能力で衝撃が天井に転移したから……」

杏子「まるで、初めからこうなるのが決まっていたかのように……」

杏子「ま、まさか……まさか!」

杏子「さやかッ!そこまで考えて……!?」

杏子「あたしを道連れにするつもりかッ!?」



771 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:08:47.86 ID:c1541ufP0


杏子「い、いや……落ち着け……」

杏子「ただの偶然だ……まぐれに違いない……!」

杏子「ただの……偶然さ……」

杏子「た、たかが天井が崩れたぐらいで!」

杏子「身動きが取れない状態で下敷きになる程度でッ!」

杏子「魔法少女であるあたしが……『清められた』あたしが死ぬはずがないからな!」

杏子「て、天井が崩れ落ちようとも!這い出るくらいの力はあるはずさ!」

ガラガラガラッ

杏子「う、うおおおおぉぉぉッ!」


天井はけたたましい音をたて崩れた。

瓦礫が下半身が固定された杏子の上に、そしてさやかの遺体の上に降り注ぐ。

ザグッ

杏子「……ッ!」




772 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:09:54.84 ID:c1541ufP0

――偶然。


杏子がそう思いたいという「優しい」答え。

だが、杏子は悟った。そうなる「運命」だったのだと。


「何をやったって、しくじるもんなんだ」

「自分の罪を他人に押しつけようとする……あたしのようなゲスにはな……」


天井から降り注ぐ瓦礫の中に、鋭利な形をしたコンクリート塊があった。


杏子「……」


それが杏子の首に突き刺さり、脊椎と肉を貫通してデコルテのソウルジェムを砕き割る。

その刹那のことだった。



美樹さやか――死亡 千歳ゆま――死亡 佐倉杏子――死亡



773 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:12:50.23 ID:c1541ufP0



――屋上


「う……うぅ……くっ」


「あ、頭が痛い……」

「……爆発を思い切り喰らったけど」

「ケホッ、ど、どうやら、生きているようね……私……」

「……ハッ!」

「キ、キリカッ!?」


美国織莉子は勢いよく起立する。

すぐさま状況を脳内で確認する。

マミを殺した。

瓶詰めキュゥべえを自慢した。

キリカと約束を交わした。

動く戦車の玩具みたいな爆弾が現れた。爆発した。

それを踏まえて今。目の前の光景――。



774 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:13:26.72 ID:c1541ufP0

織莉子「――ッ!」

織莉子「そ、そんな……そんなことって……!」

織莉子「そんなの……残酷過ぎる……!」

織莉子「嘘よ……こんなの……ッ!」

織莉子「……『キリ、カ』……!」

織莉子「キリカァ……!」


最愛の人が、倒れている。

華奢で小柄な体から「こんなに入ってるものなのか」と思えるくらいに血が流れ出ていた。

左腕は少し引っ張れば千切れてしまいそうだった。

右脚があり得ない方向に曲がっていた。指が数本吹き飛んでいた。

脇腹にあいた穴から、コンクリートの灰色が少しだけ見えそうだった。




775 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:14:38.71 ID:c1541ufP0

織莉子「そんな……」

織莉子「爆弾戦車が爆発する寸前、キリカ……」

織莉子「あなたが私を庇ってくれていなかったら……私は死んでいた……」

織莉子「でも……ああ……キリカ……!」

織莉子「クリームで爆弾を飲み込んでいれば……こんなことにならなかったものを……」

織莉子「咄嗟のこととはいえ、私を庇うだなんて……」

織莉子「自分を犠牲にするだなんて……ッ!」

織莉子「あなたは……あなたは判断を誤った……!」

織莉子「冷静でなかった。だから、こうなってしまったのよ……!」

織莉子「キリカ……どうしてあなたは……!」

織莉子「あぁっ……どうして……!」

織莉子「キリカ……!」



776 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:16:47.19 ID:c1541ufP0

織莉子「あなたがいなくなったら……私は……!」

織莉子「私の……心の支えが……!」

織莉子「……まさか、まさかあなたを失ってしまうだなんて」

織莉子「あなたと二人なら、あらゆる障害も怖くなかったのに……」


キリカが死んだ。織莉子は深く悲しんだ。

先程までニコリと可愛らしい笑顔を見せてくれたキリカ。

私の心に爽やかで温かい風を吹き込んでくれたキリカ。

体調を崩したら本気で心配してくれていたキリカ。

抱きしめてみたら柔らかく温かかったキリカ。

頭を撫でたら顔を赤くして喜んだキリカ。

そのキリカが、死んでしまった。

息がない。脈がない。指輪がない。眼帯がない。

ソウルジェムが形を留めていない。爆発で粉々に砕けたらしい。

爆弾があった場所と、織莉子の間に割り込むような位置で死んでいる。



777 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:18:45.18 ID:c1541ufP0

織莉子「……許せない。決して……許せない……!」

織莉子「暁美……ほむら……!」

織莉子「…………」

織莉子「ヤツは……スタンドに目覚めていない」

織莉子「教室に来た際、リトル・フィートを視認できていなかった。目線が移らなかった」

織莉子「だから、ただ殺すだけでいい……全ての元凶は必ず殺してやる……」

織莉子「ライターの火で炙り四肢を刻んで釘で串刺しにして生きたまま虫の餌にしてくれる……!」

織莉子「産まれたことを後悔させながら殺してやる……!絶対に……!」

織莉子「ん……」

織莉子「……!」

織莉子「ビ、ビンが……」



778 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:20:22.49 ID:c1541ufP0

傍らに、爆発の衝撃で落下したビン。

そのビンはバラバラに割れている。

その破片が『中身』に刺さったらしい。

キュゥべえは、小さい状態だった。

小さい体であれば、ビンの破片は刃のシャワーに等しい。

ガラス片が頭を貫通したらしき傷をつけ、死亡している。


織莉子「……しまった。今の爆発でキュゥべえを死なせてしまった」

織莉子「死んだことがフラグとなって新しいキュゥべえが現れると聞いたことがある」

織莉子「だとしたら……まずいわ。鹿目まどかと接触されて、契約なんてされたら……」

織莉子「契約の内容によってはチェックメイトになってしまう」

織莉子「…………」



779 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:22:23.61 ID:c1541ufP0

織莉子「爆弾戦車は生きていた私を追い打ちすることなく消えた」

織莉子「つまり『千歳ゆま』は死んだ……」

織莉子「そして『美樹さやか』を追っていったから彼女も……」

織莉子「そして連絡がないから『佐倉杏子』も死んだ」

織莉子「残すは……『暁美ほむら』と『鹿目まどか』だけ」

織莉子「……見ていて。これから私は、逆境を乗り越えてやるわ……!」

織莉子「二人を殺し……スタンド使い同士は引かれ合うという『引力』と『予知』能力を利用して……」

織莉子「必ずやスタンド使いを滅ぼすわ」

織莉子「それが終わり次第すぐに、あなたの元へ向かうから……」

織莉子「待っていてね……キリカ」


織莉子は、キリカの首に手をまわし、その唇に自分の唇をそっと重ねた。

まだ温かかった。柔らかかった。幸福と虚無、甘さと苦さの混じった味がした。



780 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:24:01.64 ID:c1541ufP0

この唇の温もりの中には……ああなんてこと。

『死』の実感がある……私のキリカは本当に死んだんだわ。

でも……いつかは二人一緒になれるから……。

それがわかっていれば……もう、何も怖くない。

救世を終え……互いに何も縛るものがなくなって……互いに何も悩むことがなくなるのよ。

ただ……あなたの吐息と鼓動を感じながらしたかった。しておけばよかった。


この接吻は……『同性愛』なぞというチンケな次元で語れない無限の愛。

そしてあなたを殺した敵へ……報復を成し遂げるという誓い。

私があなたへ送る……愛と復讐のキッス。


織莉子「また、会いましょう。私のキリカ……」

織莉子「私は……私の人生に決着をつける……」



巴マミ――死亡 呉キリカ――死亡



781 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:24:35.35 ID:c1541ufP0


シビル・ウォー 本体:佐倉杏子

破壊力 ― スピード C  射程距離 B
持続力 A 精密動作性 C 成長性 E

「過去に捨てたもの」の『幻覚』を見せる能力。その性質は「浄罪」
「捨てたもの」は相手に物理的、あるいは精神的に襲いかかる。
図書室や廃教会等の屋内に「結界」を設定し、その結界に入り込んだ相手に作用。
結界内で本体が殺された場合、殺した相手に本体の捨てたものがおっかぶる。
罪悪感がある限り、何者でも他人に押しつけ清められるしか逃れる方法はない。
自分の捨ててきたものを清めたいという願望から発現した。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



782 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:26:47.14 ID:c1541ufP0

今回はここまで。なりふり構わずお亡くなりです。お疲れさまでした。
リトル・フィートで小さくした遺体を食べて「これでずっと一緒よ」なんてやろうと思ったけど流石にエグいのでやめました。

原作のシビル・ウォーの幻覚は体内に取り込まれて一体化してますが、多少異なるのです。
その杏子はピタゴラスイッチみたいな死に方しましたが、引力なら仕方ない。

次回、決着ゥゥゥ――回です

もうこの惨状からして、次の時間軸で頑張りますエンドが見えてますが……
残るところあと二回。よろしくおねがいします。



786 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 01:35:27.81 ID:Z98y/un20

シビルウォーの清める能力は本当に厄介だな



790 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:12:15.02 ID:c1541ufP0

#14『リトル・フィート』


ほむらは目を醒ます。

ぼやけた視界に、心配そうにしている表情が見える。


ほむら「ん……う……」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「かな……めさん」

ほむら「ハッ!か、鹿目さん!」

まどか「お、大きな声出さないでっ」

ほむら「え……?」

ほむら「……鹿目さん。ここは?」

まどか「『体育館』だよ。逃げてきたんだよ。ここは体育館の放送室。鍵はスタープラチナにピッキングさせた」

ほむら「体育館……」



791 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:12:41.28 ID:c1541ufP0

ほむら「私、気を失って……」

ほむら「…………守ってあげられなくてごめんね」

まどか「…………」

まどか「ほむらちゃん。このまま隠れてる訳にはいかないみたい」

ほむら「……え?」

まどか「わたし、心を決めたよ」

まどか「わたし、契約する」

ほむえ「ッ!?」

ほむら「だ、ダメッ!契約なんてッ!」



792 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:13:32.08 ID:c1541ufP0

ほむら「鹿目さんは戦ってはいけない!危険すぎる!」

まどか「わたしには、戦う理由がある。資格もある」

まどか「あの人は……わたしの友達を……みんなを……学校を奪った」

まどか「みんなを、わたしの日常を取り戻すには、契約して、困難に打ち克つしかないよ……」

ほむら「あなたは……契約なんてしてはいけないッ!」

ほむら「私は……私は、鹿目さんを……戦いに、争いに巻き込みたくないッ!」

まどか「でも、ほむらちゃん!もう、もう……!」

まどか「巻き込むだとか巻き込まないだとかそういうことを言っている状態じゃないんだよッ!」

まどか「わたしも、戦わなくてはならない!」

まどか「わたしは、あなたを守るわたしになりたい!」

まどか「そして、全てを救いたい!」

ほむら「……っ!」

まどか「スタープラチナはそのためにいる!」



793 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:14:38.91 ID:c1541ufP0

まどか「奇跡も魔法も、わたしは手に入れられる……!」

ほむら「…………でも」

ほむら「それでも……ダメ、だよ……危険過ぎる……」

ほむら「あなたには……魔法少女なんかには……そんな……!」

まどか「ほむらちゃん……」

まどか「……教えて」

まどか「ほむらちゃんは、何を知っているの?」

まどか「わたしを巻き込ませたくない理由。契約させたくない理由」

まどか「ほむらちゃんの友達が亡くなったから、じゃないよね……?」

ほむら「……!」

まどか「目に見えて怯えてる……」

まどか「ほむらちゃんは、わたしが魔法少女になることに、怖いことでもあるの?」



794 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:15:30.70 ID:c1541ufP0

ほむら「…………」

ほむら(この目……声のトーン……鹿目さんは、わかってる)

ほむら(『友達を失ったから巻き込ませたくない』というのは表向きの理由ということに)

ほむら(……いや、表向きと表現したけど……偽りではない。真実とは少し違う)

ほむら(私は……この顔になった鹿目さんを、今までに何度か見た)

ほむら(決意の表れ。確信の表情。迷いなき覚悟)

ほむら(この目をされたら……私には……鹿目さんを止める術がわからない)

ほむら(……言おう。もう、隠すことはできない)

ほむら「…………」

ほむら「……私は、ね。鹿目さん」

ほむら「私は……未来から来たんだよ」

まどか「……え?」



795 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:16:58.39 ID:c1541ufP0

ほむら「時間がないから……事実だけを話すね」

ほむら「今まで内緒にしてきたけど……私の願いは、鹿目さん。あなたを守ること」

まどか「わたし?」

ほむら「私は、魔法少女になる前は、体が弱くて内気で弱虫で、一人では何もできないような人間だった」

ほむら「そんな私に、優しく声をかけてくれて、友達になってくれたのが、魔法少女の鹿目さんだった」

ほむら「私は、鹿目さんに色々教えてもらった。助けてもらった」

ほむら「すごく、嬉しかった。私、それまで友達なんてろくにいなかったから……」

ほむら「だけど……あなたはワルプルギスの夜という魔女と戦い命を落とした」

ほむら「だから私は、あなたを守りたいと、出会いをやり直したいと願ったの」

ほむら「全てはその時から……ううん、鹿目さんと出会った時点で始まっていた」

まどか「ほ……ほむらちゃん」

ほむら「巴さんも、美樹さんも……実は佐倉さんも、失った友達だった」

ほむら「今まで秘密にしててごめんね」



796 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:17:53.59 ID:c1541ufP0

ほむら「でも、言えなかった理由がある」

ほむら「未来から来ただなんて信じてもらえないだろうからっていうのもあるんだけど……」

ほむら「魔法少女はね、ソウルジェムが穢れきってしまうと、魔女になってしまう」

まどか「え……」

ほむら「巴さん、美樹さん、ゆまちゃん……少なくともあの三人は、この残酷な真実を知らない。私はある時間軸で知ったけど、教えられなかった」

ほむら「別の時間軸で、それを教えた結果より悲惨なことになった経験があるから」

ほむら「……そして、鹿目さん。あなたは魔女になると、世界を滅ぼしうる魔女となる」

まどか「わ、わたしが……世界……を?」

ほむら「そう……」

ほむら「かつての鹿目さんは言ったの……『わたしを救って』……と」

ほむら「私は約束した。鹿目まどかという人間を魔法少女にしない」

ほむら「……それが私の誓いであり、生きる目的」



797 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:20:20.31 ID:c1541ufP0

ほむら「信じてもらわなくても構わない。でも、それが私が、鹿目さんを守る理由」

ほむら「私は、あなたを守る私になると誓った」

ほむら「私の目的は、鹿目さんを契約させずに、鹿目さんを守りつつワルプルギスの夜を越えること」

ほむら「……だけど、今はどうだろう。むしろ、魔法少女でない鹿目さんに守られてしまっている……」

ほむら「だから、今こそ、鹿目さん。私があなたを守らなければならない」

ほむら「これが私の。未来への道標」

まどか「わ、わからないよ……わたし、何がなんだか、わからないよ……!」

まどか「急に……未来だとか、わたしが魔女になるだとか言われても……わたし、どうすれば……」

ほむら「鹿目さんは、隠れていればいい」

ほむら「私が敵を迎え撃つ。一人でやらないといけない」

まどか「ダ、ダメだよ!相手はスタンド使い!スタンドを持ってないほむらちゃんには……!」



798 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:21:46.39 ID:c1541ufP0

ほむら「大丈夫!時間を止めて、ソウルジェムを撃ち抜くッ!」

まどか「だ、だったらわたしと二人で……二人がかりならより確実というか……」

ほむら「魔法少女でないあなたでは……魔法に対処できない」

ほむら「どういう魔法武器を使ってくるかわからない以上、魔法少女でない鹿目さんには危険すぎる」

まどか「ほ、ほむらちゃんだってスタンドに対処できないじゃない!」

まどか「二人で、お互いのマイナスをうち消し合って、ゼロにして、初めて対等……いや、それ以上になるッ!」

ほむら「……あなたは、腕がもげても戦える?」

まどか「う……で、でも……」

ほむら「ここで待ってて」

ほむら(鹿目さん。今度こそ、私があなたを守る……!)



799 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:24:16.56 ID:c1541ufP0

織莉子「……体育館」

織莉子「校外に逃げる予知をしていたけれど……やはり、やめたようね」

織莉子「あなた達は、私から逃げるために校外へ出るはずだった」

織莉子「出ないようにそれなりの対策をとったにも関わらず……」

織莉子「未来は変わる……」

織莉子「しかし、ここで私を討つことにした。だから私はここに来た」

織莉子「出てきなさい。暁美ほむら」

「――ッ!」

織莉子「あなたが私を不意打ちで殺そうとか考えているのはわかっているわ」

織莉子「当然の選択よね」

ほむら「…………」

織莉子「最終ラウンド……になるといいわね」



800 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:26:00.29 ID:c1541ufP0

ほむら「……これ以上近づかないで」

織莉子「あら、こんな距離でいいの?」

ほむら「もし遠くからでも干渉できるのであれば私達の教室に来る意味がない」

ほむら「その射程は最大でも5か6メートルであると推測が可能」

織莉子「……なるほど。あなた、なかなか冷静になれるのね」

織莉子「残念ながら私のスタンドの射程は短い……敢えて言うと、せいぜい2メートルよ」

ほむら「……一体、何故」

織莉子「ん?」

ほむら「どういう目的で、こんなことを……」

織莉子「知りたい?」

ほむら「あなたの目的は結局一体何だったのか、それを教えてほしい」

ほむら(スタンド関連だとは思う。スタンドさえいなければ現れなかったと思えば何も気にすることはない)

ほむら(しかし……呉キリカという人は、不登校と言えど、同じ学校の生徒!それなら、気にしないわけにもいかない……)

ほむら(今回、もしもワルプルギスの夜を越えられなかったら……次以降の時間軸のためにも知っておかなければならない)

ほむら(それに……時間稼ぎにもなる……)

ほむら(交戦中であろう巴さん達が……きっと来てくれる)



801 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:26:49.59 ID:c1541ufP0

織莉子「そうね……何も知らずに殺されるというのも嫌でしょう……」

織莉子「今更過ぎるけど、もしかしたら理由を聞いて命を差し出してくれる……か、も」

ほむら「……?」

織莉子「前置きとして……私の願い。それは、生きる意味を知ること」

織莉子「そして私は、予知能力を得た。そして未来を見た……」

ほむら「……予知」

ほむら「まさか……世界を滅ぼす魔女を見た、と……?」

織莉子「気味が悪いくらいに察しがいいわね……ご名答」

織莉子「私が見た未来……世界を滅ぼす魔女の誕生」

織莉子「私が学校を襲撃したのは、その魔女の誕生を阻止するため……元の魔法少女を抹殺するため」

ほむら(鹿目さんを……)



802 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:28:33.90 ID:c1541ufP0

織莉子「何気にあなたが魔女化のことを知っていたのには意外だったけど……ともかく」

織莉子「だからあなたは、世界のために殺されるべきなのよ」

ほむら「……は?」

織莉子「何か?」

ほむら「『私』が……世界を……?」

織莉子「えぇ、そうよ。あなたは世界を滅ぼす」

織莉子「だから私はあなたを殺して、救世を成し遂げる」

ほむら「あ、あり得ない……」

ほむら「魔法少女としての素質があればある程、強力な魔女が産まれるという……」

ほむら「でも!私にはそんな素質はない!」

織莉子「……何をそんな狼狽えているのかしら?まぁいいわ」



803 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:31:05.71 ID:c1541ufP0

織莉子「魔法少女としての素質があろうかなかろうかは関係ない」

織莉子「あなたは、私達がレクイエムと呼ぶ……そういう力に目覚めるのよ」

ほむら「レクイ……エム?」

織莉子「あなたに、いつかスタンドが目覚め……そして魔女化に伴い、レクイエムが覚醒する」

ほむら「わ、私にスタンドが……!?」

織莉子「私の予知ではそうだった」

織莉子「私の予知は、私が干渉することで、予知をした事実の元に行動すれば未来を変えられる……」

織莉子「しかし、もしそれを実行したらというIfの未来は見ることができない。未来を変えるには実際にやってみるしかない」

織莉子「人は未知を恐れる。あなたにスタンドを発現させない努力をするよりも、あなたを殺した方が、Ifの未来は確定される上に、確実で手っ取り早い」

織莉子「巴マミも美樹さやかも千歳ゆまも……佐倉杏子も、そして私のキリカも……あなたが生きているがために死んだ」

ほむら「ッ!?」

ほむら「し、死ん……!?」



804 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:32:01.35 ID:c1541ufP0

織莉子「そう……もはや、見滝原の魔法少女の生き残りは、私とあなたしかいない……今のところは」

織莉子「さぁ、私に殺されて。あなたが死ぬことで、世界は救われる……」

織莉子「あなたの死が、救世に繋がる」

織莉子「世界を滅ぼす存在となることを知って、それを未然に防ぐために死ぬ……これ以上の美談はない」

ほむら「ふ、ふざけないでッ!」

ほむら「私には、私には命を超越した使命があるッ!」

ほむら「そんな……そんな理由で死ねないッ!」

織莉子「しょうがないわねぇ……だから私があなたを殺すのよ。そういう予知だから……」

ほむら「クッ……」

ほむら(『殺し』てやる……ッ!)

ほむら(許せない……絶対に、絶対に……ッ!)



805 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:32:47.32 ID:c1541ufP0

ほむら(巴さんを……ゆまちゃんを……美樹さんを……!)

ほむら(だが……落ち着いて。私)

ほむら(感傷で動いてはならない……今ここで怒ったら、非常にマズイ状況になる)

ほむら(……そうか、予知能力、か)

ほむら(下手をすれば、鹿目さんの魔女を予知して、鹿目さんを殺すために襲撃してくる可能性もあったのか……)

ほむら(それなら、標的が私に移ったから、鹿目さんに飛び火しないで済んだ。と前向きに捉えよう)

ほむら(とにもかくにも、もういい。目的は理解した)

ほむら(時を止めて、ソウルジェムを撃ち砕……)

ほむら「……ん?」

ほむら「予、知……?」

織莉子「飲み込みが悪いのね」

ほむら「――ハッ!」

織莉子「さぁ!あなたにプレゼントよ」



806 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:33:31.58 ID:c1541ufP0


織莉子はほむらに「何か」を投げて寄越した。


何かは光を反射している。何かは透明で向こうの景色が見える。

何かはガラスで出来ている。何かは中に「生き物」が入っている。

回転する自身の入れ物の中で、もがいている。

ほむらは、その生き物を知っている。その『ビン』の中の『猫』を知っている。


ほむら「エ……」

ほむら「『エイミー』ッ!?」

織莉子「あなたが時を止めて私を殺すということを予知していないと思ったのかッ!?」

織莉子「時間停止のタイミングを『予習』したッ!」

織莉子「時間停止を防ぐための対抗策!あなたは動揺した!則ち隙を生んだッ!」

ほむら「し、しまっ――」



807 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:34:12.88 ID:c1541ufP0

ギャンッ!

織莉子の背後から、死角となっていた場所から「球体」が飛び出してきた。

それは、時を止めるタイミングを見失ったほむらに向かって飛んで来る。


織莉子「私の魔法武器。水晶玉ッ!」

織莉子「敢えてわざわざ一切使わずにここまで来たわ。全てはこのために!飛び道具を隠していた!」

メメタァ!

ほむら「がふッ!……うッ」

ギャルギャルギャルギャルギャルギャルギャルギャル

ほむら「うおおああアァァッ!」


水晶玉が顔面に激突する。

その衝撃で眼鏡が割れた。

水晶玉が顔面で回転する。

その摩擦で頬肉が裂けた。



808 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:36:35.23 ID:c1541ufP0

割れた眼鏡のレンズが瞼を切る。

水晶玉は血で濡れる。

奥歯がゆっくりと折れる。


ほむら「ゲハッ!」


体勢が崩れた。そこに、織莉子は既に、ほむらの側に、走り寄っていた。


織莉子「私のスタンドは近距離型……近づかなければならない」

織莉子「しょうがないわね……わざわざこんなこと……そして、爪の届く範囲に入った」

織莉子「もらったッ!リトル・フィートッ!」

スパァッ!

リトル・フィートは、右腕を大きく振った。

そしてほむらの体を服ごと一文字に切った。


ほむら「グッ!」

ほむら「……ッ!?か、体が……!」



809 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:37:37.05 ID:c1541ufP0

ガシィッ!

ほむらの体は指人形くらいの大きさに縮んだ。

リトル・フィートは左手でほむらを拾い上げる。

ほむらにはスタンドが見えない。

そのため、見えない何かが体を束縛し、宙に浮いたように感じている。


ほむら「ッ!」

織莉子「掴んだわ」

ほむら「うぅっ……!」

織莉子「リトル・フィート……小さくする能力」

織莉子「学校襲撃の下準備としてその猫も小さくしてビン詰めしておいた」

織莉子「ちなみにあなた達がこの猫を可愛がっていることも予習済み」

織莉子「ビンの中でもがく顔見知りの猫……誰だって驚く。私だってこの能力でなかったら驚くわ」



810 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:38:22.08 ID:c1541ufP0

織莉子「いつだったか佐倉さんはこれをくだらない能力と言った……」

織莉子「まぁ……『くだる』『くだらない』というのは所詮、使い方次第よ」

織莉子「……あぁ、そうそう」

織莉子「あなたがビンをキャッチしなかったから、ビンが落ちてしまったのよね」

ほむら「ッ!?」

織莉子「あなたは悪くないわ。気に病まなくていいのよ。急だったものね」

ほむら「あ、ああ……あああ……!」

織莉子「でも、あなたがビンをキャッチできていれば、助かったのに」


織莉子の放ったビンは、床に落ち、割れていた。

その破片が、『中身』の喉に突き刺さっている。

その中身は、赤い液体を流しながらピクリとも動かない。



811 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:39:23.75 ID:c1541ufP0

ほむら「エ……イミー……!」

織莉子「あの小汚い野良猫は、救世のための人柱ならぬ猫柱となるのよ」

ほむら「なんて……なんてことを……!」

織莉子「私のこと……ゲスだと思う?怒り心頭かしら?」

織莉子「そんな今更……既に私はどれだけ人を殺したと思っているのよ」

織莉子「世界の救世と勝利に……犠牲はつきものであり、利用はできるものはするべきである」

ほむら「ひ、酷い……!何も関係ない命までッ!」

織莉子「そんなことで泣かないの。しょうがないわねぇ……」

織莉子「もう一度聞くけど……あなたには私がゲスな人間に見えるかしら?」

織莉子「もう一度言うけど……世界の救世のための、やむを得ない犠牲なの」

織莉子「これはあなたが悪いのよ……あなたが世界を滅ぼしうるから……」



812 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:40:11.92 ID:c1541ufP0

織莉子「私を悪だと思っているあなたは被害者のつもりなんでしょうけど……」

織莉子「自分が悪くないと思っていて、しかもそれが事実だというのがやっかいなところ」

織莉子「あなたが死ぬことは世界を救うこと!」

ほむら「くっ……!」

織莉子「しかし、私もしょうがないわね……ここまでやって、何とも思わない」

織莉子「ん?何をって……罪悪感が薄いのよ……」

織莉子「フフ……フ……我ながら思う……仔猫を殺し、無関係の人を殺し……」

織莉子「救世のためとは言え、私ってばこんなことをして『しょうがないわ』っていともたやすく割り切れる性格だったかしら……?」

ほむら「な、何を言って……」

織莉子「正直、自分自身でもビックリしている」

織莉子「キリカを失って自棄になっているのか……それとも……」

織莉子「スタンドのせいでそうなった。……と言うのは、責任転嫁が過ぎるかしら」

織莉子「キラークイーンを得て、人を爆死させるのに躊躇をしなかったという千歳ゆまのように……スタンド故に性格が書き変えられたの……か、も」



813 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:41:25.56 ID:c1541ufP0

ほむら「くっ……!」

ほむら(な、何とか……)

ほむら(何とか抜け出さなければ……)

ほむら(どうする……!私にはスタンドが見えないが……きっと掴まれているのだろう……)

ほむら(元より時間を止めてどうこうできる状況ではない……!)

ほむら(ならば……)

織莉子「あなたは次に『盾から爆弾を出し、自爆してでも脱出しよう』と思う」

ほむら(盾から爆弾を出して自爆してでも……)

ほむら「――ハッ!」

織莉子「それくらい、予知の能力を使わなくてもわかるわ」

織莉子「あなたには見えていないだろうから解説すると……」

織莉子「例外はあるでしょうけど、スタンドはスタンドでしか傷つけられない」

織莉子「則ち、リトル・フィートに掴まれているあなたが自爆をしても、リトル・フィートは衝撃も熱さも感じない」



814 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:43:51.59 ID:c1541ufP0

ほむら「う、うぅッ!」

織莉子「救世は別として……暁美ほむら。キリカを失ったのはあなたのせいよ」

織莉子「私は、全ての元凶であるあなたが憎い。許せない。私個人としてあなたを拷問する」

織莉子「じっくりと痛めつけた後に女郎蜘蛛の餌にして殺してやる」

ギリ……

織莉子「体の中を蜘蛛の消化液でバニラシェイクみたいに溶かされてしまえばいいと思っている」

ほむら「ガ……!ぐ、ぐぐ……!」

織莉子「残念ながらリトル・フィートは爪で傷つけることが売りであり元々は力の弱いスタンド……」

織莉子「気を失わせる程度はできても……小さいと言えど人間の骨格を砕く程の握力はないし……」

織莉子「その暇もなさそうだわ。蜘蛛を捕まえる時間が必要だと言うのに」

ほむら「な……」

織莉子「と、いうことで間近でピーピー喚かれたり魔女になられても煩わしいので……」

ほむら「な、にを……」



815 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:45:53.20 ID:c1541ufP0

織莉子「しばらく黙って、これに入っていなさい」

織莉子「あなたを殺すのは、その後……。先に相手しなければならないヤツがいる」

ギリ……ッ!

ほむら「グアッ……!ま、まさか……!」

ほむら「ま……まど……」

ほむら「……」


ほむらは血を吐いて再び気を失ってしまった。

織莉子は懐から小ビンを取り出し、リトル・フィートから受け取ったほむらを中に入れる。

そしてコルクで蓋をした。そのまま窒息死させるのではない。

織莉子は半歩左斜め後方に一歩退いた。


瞬間――

ギュゥゥゥォォ――ンッ!

織莉子の視界に桃色の閃光が走った。

頬が切れ赤い線が描かれる。

弓を持った桃色の魔法少女が、そこにいた。



816 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:49:15.26 ID:c1541ufP0

まどか「…………」

織莉子「あなた、さっきまで指輪してなかったのに……」

織莉子「漫画やアニメの世界からそのまま出てきたかのような魔法少女……」

織莉子「そんな姿の敵は……予知でも見なかったわ」

織莉子「あなたは何を願ったのか……興味がないこともない」

織莉子「……『契約』してしまったのね。暁美ほむらを守るために」

まどか「…………」


「負傷を強いられる」――織莉子はそう思った。

目の前の最後の障壁を取り除いた後、ケガの具合によっては個人的拷問を廃止せざるをえない。

その際、この小ビンは床に落とし、中身もろとも踏み潰すことにする。

そう誓った。



817 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:50:32.42 ID:c1541ufP0

織莉子「あなたの武器は『弓と矢』……なのね」

まどか「…………」

まどか「さやかちゃんやゆまちゃん。そしてマミさんのことを考えると体が震える」

まどか「さやかちゃんは昔からの親友だった。マミさんはいつでも頼もしい先輩だった。ゆまちゃんはとっても可愛くてもっともっと一緒に遊びたかった」

まどか「だけど、あなた達が……いえ、あなたが奪ってしまった……!」

織莉子「……スタンドはあってはならないものよ」

織莉子「私が思うに、自動車は便利だけれど誰もかれもが乗るから渋滞が起こる……」

織莉子「そういうのを持っているのは私とキリカだけ……あるいは元より存在しない方がよかった」

織莉子「最もこの虫のせいでキリカを失ってしまったのだけれどね」

まどか「…………わたしが」

まどか「わたしが初めて魔女と出会った時……心の奥底まで恐怖を覚えた」



818 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:52:53.27 ID:c1541ufP0

まどか「ハッキリ言って、ここで死んじゃうんだなって思った。本当に怖かった」

まどか「そんな時に助けてくれたのが、ほむらちゃんとマミさんだった」

まどか「ほむらちゃんは、わたしのことを本当に大切に思ってくれていた。すっごく嬉しかった」

まどか「わたしは尊敬した。いつでも気遣ってくれて優しくて頭も良くて格好良くて可愛くてどんなことでも相談できる……わたしの理想のヒーロー」

まどか「わたしは……みんなに守られるわたしでなく、みんなを守るわたしになりたい」

まどか「わたしは全てを救いたい」

まどか「……あなたはわたしから色んなものを奪った。奪おうとしている」

まどか「今、わたしは恐怖をこれっぽっちも感じていない」

まどか「わたしに今あるのは闘志!」

まどか「それは、スタープラチナに目覚めたから、戦う力があるからだけじゃない」

まどか「魔法少女との出会い……スタンドの目覚め、そしてこの数十分の間の……友達の死がわたしの中から『敵』への恐れを吹き飛ばした!」



819 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:53:56.87 ID:c1541ufP0

織莉子「ふぅん……そう」

まどか「『吐き気を催す邪悪』とは自分自身のためだけに、他者の命を踏みにじるようなことをする人ッ!」

まどか「よくも……よくも学校を……!そして、みんなを!エイミーまでッ!」

まどか「絶対に許せない!あなたの行為は法律では裁けない……だからッ!」

まどか「わたしが裁くッ!」

織莉子「……邪悪?黙っていればいい気になっているわね」

織莉子「この私が悪、ですって。救世を成し遂げるこの私が……」

織莉子「世界を滅ぼす可能性を孕む暁美ほむらの方が悪なのよ……」

織莉子「本人はそんな素質を持ちたくて持ったんじゃないでしょうけど……滅ぼすという真実がある」

織莉子「悪はあなたの方もよ。暁美ほむらを庇うと言うのならね」



820 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:55:10.31 ID:c1541ufP0

織莉子「私は、世界を滅ぼしうる素質を抹殺する……世界を救世する『正義』」

織莉子「私こそが、正義。悪の反対。真実の、光り輝く道……真実へ向かう意志は決して滅びない」

織莉子「我が心と行動に一点の曇りなし……全てが『正義』よ」

まどか「あなたは……自分を悪だと自覚していない最もドス黒い悪……!」

織莉子「……フン」

織莉子「悪のレッテルを押しつけ合う、これではいたちごっこね」

織莉子「結局、敗者が悪……ということに収集される」

まどか「…………」

まどか「あなたに伝えておくべきことがある」

織莉子「……何かしら」



821 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:56:24.67 ID:c1541ufP0

まどか「キュゥべえは言っていた」

まどか「わたしにはすごい素質があるって。魔法少女になったら、素晴らしい活躍が期待できるって」

まどか「そしてほむらちゃんは言っていた!わたしも、世界を滅ぼす魔女になるとッ!」

織莉子「……」

織莉子「……何を……言っているのかしら?頭おかしいの?」

まどか「もう一度言う……『わたしは世界を滅ぼす魔女になる』ッ!」

織莉子「……馬鹿なことを」

織莉子「……私の予知には……暁美ほむらしかいなかった」

織莉子「もしあなたがそんな大それた魔女になるというのなら……予知で見えないはずがない……」

まどか「ほむらちゃんは嘘なんかつかない。それにキュゥべえも、隠し事はすれど嘘はつかないんだよ」



822 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:57:52.82 ID:c1541ufP0

まどか「ほむらちゃんはそのためにこの世界に来た……予知なんてうやむやな上辺だけの真実ではなく、事実ッ!」

まどか「わたしの魔女化……もとい、魔法少女にさせないために……」

まどか「あなたの言う救世なんかよりも、ずっとずっと、黄金のように輝かしい救世の形!」

織莉子「…………」

まどか「いい?これは、お互いのために、珍しく怒り心頭なわたしなりの優しさで教えたの……」

織莉子「結局、何が言いたいのかしら?」

まどか「ほむらちゃんを殺したら、わたしは家族以外の全てを失ったことになる」

まどか「そしてきっと……ううん、絶対に絶望して魔女になる」

織莉子「……自分を人質にするとでも?」

まどか「何だったら、今、予知でわたしの未来を見るといいよ」



823 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 14:58:31.73 ID:c1541ufP0

まどか「ほむらちゃんのレクイエムとやらが発現する時系列が……わたしの魔女よりも前だった……あるいはその前にわたしが死んだから……」

まどか「だから見えうるであろうわたしの魔女よりも、ほむらちゃんのレクイエムが見えたんだと思う」

まどか「確認してみてよ。わたしの未来を……どう見えるかはわからないけどね」

まどか「本音を言えば……その隙にスタープラチナをブチ込みたいからむしろ見て欲しいなって」

織莉子「……あなたは今、プッツン寸前、というヤツなわけね。何が言いたいのか伝わらないわ」

織莉子(この目……漆黒の殺意を宿していると言うには大げさね)

織莉子(油断は端からするつもりはないが、少しでも気を抜いたらやられてしまうのは間違いない……)

織莉子(スタープラチナのパワーとスピードは既に覚えた。当然、この状況で悠長に予知なんてしてられるはずがない)

織莉子(ほんの数秒でも、予知しようとすれば……鹿目まどかへの警戒の心を、別のことに気を取られたら……私は『死ぬ』)

織莉子(世界を滅ぼす魔女……素質……)



824 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:00:05.21 ID:c1541ufP0

織莉子(鹿目まどかが世界を滅ぼすということ自体がハッタリの可能性がある)

織莉子(だがさっき私に放った矢の威力から……素質はある。そしてスタンド使いという真実が存在する)

織莉子(少なくとも強力な魔女になることは請け合いかもしれない。そして魔女化に伴ってスタンドが変わりレクイエムを発現する可能性もなきにしもあらず)

織莉子(暁美ほむらはまだスタンド使いでないから、猶予というものがあるのだけれども……)

織莉子(……しょうがないわねぇ)

織莉子(私の第一目標は暁美ほむらを殺すこと……それは問題なくやれる)

織莉子(ただし、キリカの仇を取るために暁美ほむらを拷問するというのは諦めるざるを得ない)

織莉子「……私のリトル・フィート、は……」

織莉子「あなたのスタープラチナ程ではないでしょうけれど、素早いわよ」

まどか「やってみなよ……その前にわたしがあなたを『殺し』てみせる」



825 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:02:04.10 ID:c1541ufP0

織莉子「私が救世を成し遂げる……命を賭してでも」

織莉子「……鹿目まどか。暁美ほむらが潰されたら絶望して魔女になると言ったわね……」

織莉子「スタンドは精神力。果たして、そんなハッタリをかませるその精神力で……」

織莉子「スタープラチナという強力なスタンド使いでありながら」

織莉子「私のリトル・フィートよりも『早く』魂を濁せるのかしら?」

まどか「試してみる?どっちが早いか……本当にハッタリかどうか……」

まどか「ほぼ確実に言えるのは『スタープラチナがあなたのソウルジェムを壊すことそのものについては、何も難しいことはない』ってことだよ」

織莉子「暁美ほむらを殺す。あなたを殺す」

織莉子「……両方やるのは難しいことだが……賽は投げられた。進むしかないのよ」

織莉子「…………」

まどか「…………」



826 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:03:36.91 ID:c1541ufP0

織莉子「ところで……」


織莉子は傍らに転がる仔猫の死骸を一瞥して言う。

まどかは、織莉子から目を逸らさない。

エイミーの遺体を見たくない、というのが正直な気持ち。


織莉子「野良猫の平均寿命は四年くらいと言うわ」

織莉子「平均というのは言うまでもないけど……ゼロと10の平均は5」

織莉子「一年、一年、十三年で平均は五年……つまり、そういうことよ」

織莉子「仔猫の時は免疫も弱いから衰弱死しやすいし……病気や怪我の治療はできやしない。冬なんかは特に死にやすい」

織莉子「その一方、可愛いだとか可哀想だとかで人から餌を貰ってばかりで自分で獲ることを満足に学べない……生ゴミを食べる日々……お腹を壊して死んだりもする」

織莉子「また、車の事故死も多いし、人に虐げられたり、保健所に放り込まれて駆除されたりもする……」

織莉子「野良猫として生まれた時点で幸福は訪れないと言っても過言ではない」

まどか「…………」

織莉子「エイミーとやらは短命だったわね」


――プッツン



827 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:04:36.15 ID:c1541ufP0


まどか「スタープラチナァァッ!!」


まどかの背後から現れる黒髪の戦士。

スタープラチナは本体であるまどかから半径2m程しか離れることができない。

そのため、この距離からでは殴ることができない。近づく必要がある。

まどかは地面を蹴り、「殺す」ことを目的として接近をする。

産まれて初めて覚えたドス黒い憎悪。初めて抱いた殺意。

それらを持ってして、美国織莉子に全てを砕く拳を叩き込むために。


織莉子「来るか……鹿目まどかッ!」

バァッ!

織莉子の背後から水晶玉が飛び出される。

ハンドボール程度の大きさの水晶玉が多量に現れる。


織莉子「水晶玉は既にッ!話している間に召喚し準備しておいたッ!」




828 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:06:38.94 ID:c1541ufP0

織莉子「暁美ほむらの時は一球だったが、この水晶群!躱せるかァッ!」

ギュゥォ――z___ッ!

そして、水晶玉はまどかに、一斉に襲いかかる。

目の前の状況に対し、まどかは一切怯まない。

むしろ逆に、さらに勢いを増して織莉子に突っ込んだ。

「オオオオォォォォォォォォォ!」

スタープラチナ雄叫びをあげる。

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」

ドガガガガッガガガガッ!

スタープラチナの拳のラッシュが炸裂する。

強く早く正確な一拳一拳が、水晶玉を確実に砕き、的確に捌く。

エイミーの遺体にその破片が降り注がないよう留意する。

水晶玉の破片でまどかは瞼を切った。思わず片目を閉じる。



829 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:07:09.39 ID:c1541ufP0

まどか「くっ……!」

織莉子「よしッ!今ッ!」

織莉子「『隙』が出来たッ!リトル・フィートォッ!」


双スタンドの射程距離内に入った瞬間、リトル・フィートはすかさずまどかに向かう。

スタープラチナが水晶玉群を捌いている拳と拳の間、策略でこじ開けた一瞬の隙を突いた。


織莉子「勝った!」


その爪で切った瞬間に、体の縮小が開始する。

体が縮めばスタープラチナの腕も短くなる。

織莉子が魔力を込めれば込める程、そのスピードは早くなる。

即ち、ほんの一瞬でまどかを仔猫の遺体よりも一回り小さくすることができる。

そのリトル・フィートの爪が、スタープラチナに触れ――


「オラァァッ!」




830 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:07:52.45 ID:c1541ufP0

ベギャッ!


織莉子「イギャァッ!?」

織莉子「……へ?」

ボタ…ボタ…

まどか「…………」

織莉子「え……!?」

織莉子「あ……ああ……!」

織莉子「なあァァッ!?」


気が付くと、織莉子の右拳が砕けていた。

皮膚と肉が裂け、骨が突き出ている。血が流れ落ちる。

織莉子はその傷を左手で押さえた。

魔力で痛覚を遮断したため、骨を体内に押し戻そうとも痛みは感じない。

織莉子は、相手と自分のスタンドを交互に見た。

スタープラチナは無表情。

水晶玉の破片が足下に散らばっている。全て砕いたらしい。

一方、リトル・フィートの右手は陶器のように砕けていた。



831 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:10:11.30 ID:c1541ufP0

織莉子「な……」

織莉子「何が……起こった……!?」

織莉子(……は、速い)

織莉子(速すぎる……い、いつの間にリトル・フィートの右手を……爪ごと砕き折った……!?)

織莉子(この私が……殴る瞬間さえ見れなかった!)

織莉子(水晶群を捌いて……隙ができていたはず……!)

織莉子(隙を作るために水晶玉を放ち、実際に隙ができたからッ!だから私は……!)

織莉子「……え?」

織莉子(ちょっと待って……思わず、思わず左手で負傷した手を押さえたが……)

織莉子(何故……私は『手ぶら』なんだ……?)

織莉子(ビンが……)

織莉子(左手に持っていた暁美ほむら入りのビンが……!)

織莉子「暁美ほむらがないッ!?」

まどか「……『既に』……だよ」

織莉子「ッ!?」

まどか「既に取り返した」


織莉子の覚えた違和感の答え。それは目の前にあった。

まどかの左手の上には既に、力無く横たわるほむらがいる。


織莉子「い、いつの間に……!?」

織莉子「いつだ……!」

織莉子「いつ私から『暁美ほむらを奪った』ッ!?」



832 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:11:25.30 ID:c1541ufP0

織莉子「答えなさいッ!鹿目まどかァッ!」

まどか「さあ……なんのこと……?わからないよ」

織莉子「しらばっくれるなァッ!」

織莉子(な、何が……何が起こったんだ……!)

織莉子(水晶玉をはじき飛ばしてから……いつ、私を攻撃した)

織莉子(いつ、ビンを奪った。いつ、ビンのコルクを抜いた!?)

織莉子(おかしい……ありえない。いくら素早いからといって……そんな……)

織莉子(ま……まるで時間でも止められたかのように――)

織莉子(……時?)

織莉子(まさか、本当に『時』を……?暁美ほむらのように……)

織莉子(新しい能力が覚醒した可能性がッ!?)

織莉子(まさか……そんな……ほんの一瞬で……)

織莉子(『スタンドが成長した』とでもいうのかッ?!)



833 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:14:03.49 ID:c1541ufP0

まどか「スタープラチナッ!」

「オラァッ!」

ドゴォッ!

織莉子「ブッ……!ゲッ……!」


動揺した隙に、スタープラチナの拳がリトル・フィートの顔面に叩き込まれる。

織莉子の同じ場所――魔力で治癒したばかりの絹のような頬、が再び裂けて血が飛び散る。


まどか「……やれやれだよ」

織莉子「……ッ!」

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」

織莉子「リトル・フィートォォッ!み、身を守……ッ!」

織莉子「う、うおあああッ!」


爪を失なったスタンドは、腕力もなければ射程距離も短い。

スタープラチナよりも速いというわけでもない。無力となった。

最早腕を胸の前で交差させ防御の姿勢をとらせるしかない。



834 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:15:22.55 ID:c1541ufP0

マシンガンのような拳のラッシュは襲いかかる。

リトル・フィートの顔面に亀裂が入ると、絹のようなその肌が同じ形に裂けていく。

リトル・フィートの体からピキピキと音がする。同時に織莉子の白い衣装が赤く染まっていく。


織莉子「ぐぶッ!うゥッ!」

織莉子(ダ、ダメだ……ッ!)

織莉子(逃れられない……!防ぎきれないッ!)

織莉子(……負ける)

織莉子(まさか……まさか、そんな……!)

織莉子(私が……『負ける』ッ!?)

織莉子(そ、そんなことって……!ここで負けるッ!)

織莉子(予知をするまでもなく、死のヴィジョンが見えるッ!本能でわかる!)

織莉子(そんな……『ずるい』……!)



835 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:16:45.40 ID:c1541ufP0

織莉子(あんな強くて速いのに……挙げ句に時間を止めるなんて……)

織莉子(ずるすぎる!ずるいッ!不公平だッ!)

織莉子(い、いやだ……!)

織莉子(私が……負けたら……世界が……!)

織莉子(キリカの遺志が……!私の人生が……!人類の未来が……ッ!)

織莉子(い、いやぁ……!)

織莉子(私が……世界を……)

織莉子「……グッ!」

「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラッ!」

織莉子「救……うッ……のにィ……ッ!」

織莉子(…………)



836 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:17:14.76 ID:c1541ufP0

織莉子(しょうが、ない……わね……!)


――抵抗ができないわけではない。

その防御は、スタープラチナの攻撃を一秒でも長く受ける結果を生み出した。

そして『水晶玉を一球だけ召喚し』まどかに向けて飛ばす余裕を作り出した。


織莉子(鹿目まどか……)

織莉子(貴様さえいなければ……!)

織莉子(貴様さえいなければもっと楽に暁美ほむらを抹殺できたのに……!)

織莉子(許さない……!貴様は、貴様だけはッ!私の手で必ず殺すッ!)

織莉子(こうなればッ!貴様を殺してッ!暁美ほむらに無力感をッ!絶望させてやるッ!)

織莉子(これは賭けだ!暁美ほむらの絶望に、私の魂を賭けるッ!)

織莉子(スタンドに目覚める前に、魔女にしてやるッ!)



837 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:17:59.55 ID:c1541ufP0

織莉子(死に晒せッ!鹿目まどか!)

織莉子(そして苦しめッ!絶望しろッ!暁美――)

「ウォォオオオオオオオオオオ!」

織莉子「ほォォォオオォォォォむらァァァァァァアアァァァッ!」

「オラァァァァァッ!」

織莉子「ア゙ア゙アアアアアァァァァッ!」

ボキベキッ!ボゴォッ!


織莉子「ガフッ……!」


ガシャンッ!


織莉子「……」

織莉子(キリ……カ……!)



838 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:19:17.54 ID:c1541ufP0

まどか「……!」


スタープラチナの拳がリトル・フィートの体を、その腕ごとブチ抜いた。

そのまま背後にいた織莉子……そのソウルジェムを砕いた。

リトル・フィートの胸に穴があき、両手首は砕け散った。

ボト、ボトッ、と鈍い音を立てて織莉子の両手首が床に落下した。

織莉子の胸は間接的に貫かれた。


白い装束の面積半分近くは既に赤に染まっている。

水風船を口に入れていたかのように血を吹き出た。整った顔と体はズタボロになっている。

リトル・フィートは全身にヒビが走り、ポロポロと破片が落ちていった。

破片の一つ一つは、床に触れる前に塵のようになって消えていく。

――織莉子の意識は完全に途絶えた。




839 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:19:53.96 ID:c1541ufP0


リトル・フィートは塵になった。

織莉子の体は、スタープラチナの渾身の一撃を受けて宙に浮き、水平に吹き飛んでいた。

ドゴンッ!

勢いそのまま、壁を壊し穴をあけ、細く白い脚が穴の淵に引っかかったまま動かなくなった。

美国織莉子は死んだ。


しかし、死の寸前。織莉子は自身の闘争心の全て。

織莉子の――救世に生きた人間の魂その全てを賭けた殺意を向けていた。


ボゴンッ!


まどか「――うッ!」

まどか「…………」

まどか(ほむ……ら、ちゃ――)



840 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:20:47.59 ID:c1541ufP0

――最後の戦いはすぐに終わった。


スタンドはスタンドでしか傷つけることができない。

故に、例外を除いて魔法武器はスタンドに当たらない。

小さな水晶玉は、スタープラチナの体をすり抜けた。

死の直前に放たれた最期の攻撃。

織莉子の七つの頸椎全てが砕け折れたと同時に、水晶玉は標的の体に到達していた。

ソウルジェムを砕き、肉に埋まり、胸骨柄を砕き、貫通した。

まどかの胸元と背中に円形の穴があいた。そこから湧き水のように血が流れ出る。

スタープラチナの胸にも同型の穴があいたが、その表情は一切崩さず、そのまま霧のように消えた。

――まどかの体は力を失い、水晶玉に引っ張られ崩れ落ちる。変身は既に解けていた。

仲間を失った悲しみ。

スタンドの操作に必死だったこと。

「人を殺した」という実感。

この三つの動揺が、織莉子による最期の一撃を気付かせなかった。

最期の抵抗を想定することがなかった。



841 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:21:58.70 ID:c1541ufP0

――
――――


QB「…………」

QB「酷い惨状だ」

QB「やっとまどかと契約できたのに……折角のエネルギーが……」

QB「スタンド……か」

QB「やれやれ」


この場には、片や血まみれ、片や全身ズタボロの遺体。

片方の遺体に覆い被さる負傷者。その側に佇むインキュベーター。

そしてガラスの破片が喉に突き刺さった猫の死体だけが残った。


リトル・フィートが解除されたことで、ほむらの体は元の大きさに戻っている。

ほむらは、まどかの遺体の上で眠った。



鹿目まどか――死亡 美国織莉子――死亡



842 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:22:33.66 ID:c1541ufP0

――教室


女子生徒A「何かさっきから騒がしいわね」

女子生徒B「全く……受験生舐めんなっつーの!」

女子生徒C「それにしてもさ、さっきの女の子、可愛かったよね」

女子生徒A「あー、ゆまちゃんって言ったっけ?ペロペロしたい」

女子生徒C「休み時間に会いに行こうよ!」

女子生徒B「賛成ぃ~!」

女子生徒A「巴さんの親戚の子、だってね。預かってるって言ったけど」

女子生徒B「やっぱ美人の家系はみんな美人なんだろうね」

女子生徒C「遺伝子いいなぁ。少しでいいから分けてほしいよ」

女子生徒B「せめて巨乳遺伝子だけでもいただけないかなぁ」



843 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:24:54.27 ID:c1541ufP0

教諭「おい、そこ。さっきからうるさいぞ」

男子生徒A「先生。お言葉っスけどォ~」

男子生徒B「むしろうるさいのはよそのクラスだって」

男子生徒A「そうそう。そういうの注意してくださいよォー」

教諭「めんどい」

男子生徒C「ダ、ダメ教師だ……」

教諭「転職したいなぁ」

ポリポリ

女子生徒E「クロスワードパズル難しいなぁ」

カリカリ



844 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:25:27.29 ID:c1541ufP0

男子生徒D「ネアポリスのピッツァがないなら、大きなカエルを食うしかないじゃない」

男子生徒I「シザーハンズチョキチョキサイコー!」

女子生徒A「何か外天気いいしさあー、一日ぐらい勉強しなくたってさあー」

男子生徒V「さっきからテメーらやかましいぞ!うっおとしいぜッ!」

女子生徒O「な~にさ!気取っちゃってェ!プンスカプン!」

男子生徒L「うわぁ、プンスカプンだって、ブリっ子キモイわぁ。BIIITCH!」

女子生徒O「おぉ?!やんのか!?女だからってナメくさっとんなよポコチン野郎がッ!」


チョークを咀嚼する教諭、鉛筆の芯を囓る女子生徒、授業中にノートパソコンを開く男子生徒。

椅子を舐める者、音楽を聴く者、爪を切る者、黒板消しクリーナーを分解する者、水を飲む者。

映画談議をする者、殴り合う者、踊り出す者、奇声を発す者、その辺りをバタバタ走り回る者。

教室の中で異様な行動をとる教諭と生徒達の首筋には、奇妙なマークが描かれている。


魔女の結界が生じた。



845 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:25:54.78 ID:c1541ufP0

リトル・フィート 本体:美国織莉子

破壊力 D スピード B  射程距離 E
持続力 B 精密動作性 C 成長性 C

人差し指に鋭い爪のある人型スタンド。その性質は「瑣末」
その爪で傷つけたものの大きさを『縮める』能力。また、自身も小さくできる。
縮んでいくスピードは魔力依存。魔力を込めれば込める程早く縮む。
スタンドは引力の魔女レイミの呪い。得たスタンドによっては本体の性格に影響を与えることがある。
今の織莉子は、縮めた人間を踏みつぶしたり嬲り殺したりすることに何の躊躇もない。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



846 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:31:56.38 ID:c1541ufP0
今回はここまで。次回最終回です。

リトル・フィートは好きですがディアボロの大冒険で酷い目にあったのでホルマジオは嫌いです
思い返せば血がよく出てますねぇ

最終回を終えてスレの余り具合によっては質問コーナーみたいなのを設けてみます。前作みたいに。
HTML化は新年に依頼します。1000いけばそれはそれでいいんですが……



848 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 15:35:53.80 ID:32o+Mr2yo

これでほむら以外敵味方全滅?
あとは魔女を処理して終わりか
結局レクイエムは発現しないのかな



849 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 20:48:16.38 ID:c1541ufP0

#15『守る私になりたい』



織莉子が見滝原中学校の敷地に入ってから、まだ三十分か否かくらいしか経っていない。

その間に、ほむらは大きすぎて多すぎるものを失った。

巴マミ。美樹さやか。千歳ゆま。

志筑仁美。早乙女先生。他クラスメイト。エイミー。

そして、鹿目まどか。


目を覚ましたほむらは、すぐに状況を把握できた。

顔に赤黒く酸化した血が塗られている。

そして胸に穴がポッカリとあいた遺体の側で、無表情のまま、その顔を見つめることにした。

眠っていると錯覚に陥りそうな程、顔面だけは綺麗だった。

ふと、キュゥべえがその場にいないことに気付いた時、やっと口が動いた。


ほむら「…………どうして」



850 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 20:49:17.52 ID:c1541ufP0

ほむら「どうして……こんなことに……」

ほむら「巴さんも美樹さんもゆまちゃんも……みんな……みんな死んだ……」

ほむら「それも……私のせいだ……!」

ほむら「私が、世界を滅ぼすと予知されたせい……」

ほむら「私に……スタンドの素質があったせい……」

ほむら「魔女レイミが、生まれてしまったせい……」

ほむら「レイミを殺すことができなったからだ……」

ほむら「だから、こんなことになった……」

ほむら「…………」



851 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 20:55:26.58 ID:c1541ufP0

ほむら「……私は」

ほむら「私は、鹿目さんを守りたい、守るために魔法少女になった」

ほむら「けど……この時間軸はどう?」

ほむら「魔法少女でない鹿目さんに『守られ』た……」

ほむら「そして私は何度も不甲斐ない無様な様を……」

ほむら「この……この少しの間だけで二回も気を失った」

ほむら「大切な時に……結局何もできなかった」

ほむら「鹿目さんに守られる私でなくて、守る私になりたいと誓ったのに……」

ほむら「私は何のために守ると願ったのか……!」



852 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 20:56:58.63 ID:c1541ufP0

ほむら「何て……何てザマだ……私は……!」

ほむら「情けない……無様すぎる……」

ほむら「う……うぅ……」

ほむら「うぅぅぅ……!」

ほむら「私は……私は!また救えなかった……!」

ほむら「……守れなかったッ!」


ダンッ!

ほむらは感情にまかせて床を殴った。

無意識的に魔力で力を高めていたため、骨にひびが入る。

下唇の肉を噛み千切り、ダラダラと血を流す。

痛みは感じない。



853 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 20:59:11.54 ID:c1541ufP0

ほむら「また守れなかったッ!」

ほむら「それどころかッ!みんな死んだッ!」

ほむら「全て失ったッ!」

ほむら「ああ……スタンドッ!」

ほむら「スタンドという……『呪い』が……!」

ほむら「私はスタンドという概念が憎いッ!」

ほむら「よくも!よくもッ!」

ほむら「よくもまどかをッ!」

ほむら「スタンドなんかがなければッ!」



854 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:00:37.20 ID:c1541ufP0

ほむら「私にスタンドが発現する可能性がなければッ!」

ほむら「スタンドという概念が存在したからッ!」

ほむら「引力の魔女などというものがいなければッ!」

ほむら「絶対に殺してやるッ!あの魔女めッ!」

ほむら「殺してやる……!許せない……!」

ほむら「グッ……!クゥゥ……!」

ほむら「…………」

ほむら「……いや」

ほむら「違う……」

ほむら「悪いのは私だ……」



855 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:02:41.41 ID:c1541ufP0

ほむら「私が弱いから……」

ほむら「私にスタンドの素質があったことよりも、レイミのせいでも何でもない……」

ほむら「私の弱さが悪いんだ。魔法少女としての実力だけでなく……精神的にも……」

ほむら「佐倉杏子の不意打ちを食らわなければ……」

ほむら「呉キリカを変わり者でなく怪しい人物として見ていれば……」

ほむら「私が……あの時、時を止めて美国織莉子を殺せていれば……」

ほむら「時を止めてさえいれば、誰だって殺せていたはずだ」

ほむら「いざという時は時を止めればいいなどとほざいておきながら……!」

ほむら「私は結局、何もできなかった……」

ほむら「結局、それができなかった……!」



856 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:03:54.69 ID:c1541ufP0

ほむら「クラスメートがいたからだ。人を殺すのが怖かったからだ」

ほむら「それを容易にできる勇気を持っていれば……」

ほむら「生半可な覚悟でなかったなら……」

ほむら「殺せない相手ではなかった」

ほむら「勝てない相手ではなかった……!」

ほむら「殺そうと思えば!呉キリカも佐倉杏子も美国織莉子も!誰であろうと殺せていたはずだったのにッ!」

ほむら「私の弱さが……それをできなかったこの性格が全て悪い!」


ほむらは立ち上がり、眼鏡を取り、投げ捨てた。

そしておさげを結っていたリボンを、髪ごとちぎるくらいの勢いで引き解き、同様に捨てた。

ほむらは、まどかを守るために契約し魔法少女となった。

そのことに、闘っている自分に少なからずとも「誇り」があった。

しかし、その誇りが砕け散ったのだ。この数分で。

あるいは、まどかにスタンドという力が目覚めた時点で誇りに皹が入っていたのかもしれない。



857 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:05:02.06 ID:c1541ufP0

ほむら「こんな眼鏡はもういらない!」

ほむら「おさげなんかいらないッ!」

ほむら「『弱い私』を思い出すッ!いらない!眼鏡もおさげもいらないッ!」

ほむら「愚図でノロマで!臆病で貧弱で!卑怯者のド低脳の役立たず!」

ほむら「守ってもらうことしかできなかった、そんな私を思い出すッ!」

ほむら「私はッ!私は……ッ!」

ほむら「ハァ……ハァ……!」

ほむら「……うぅ」


激高と嫌悪が落ち着き、今までの自分を捨てた瞬間、ほむらの中の何かが切れた。

目から涙が溢れ出した。

涙は額から流れていた血と混じり、薄い赤の液体となっている。



858 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:07:38.58 ID:c1541ufP0

ほむら「ごめんなさい……」

ほむら「本当にごめんね……まどか……」

ほむら「今度こそ……次こそ、あなたを守るからね……」

ほむら「守ると誓ったのに……また、私はあなたを守れなかった」

ほむら「本当にごめんなさい。それを許してとは言わない」

ほむら「ただ、今は……魂の安らぎを祈らせて……」

ほむら「次こそ……私は、あなたを救うからね」

ほむら「信念さえあれば……」

ほむら「信念さえあれば人間に不可能はない。人間は成長する……してみせる」


ほむらはまどかの遺体、その顔から目を逸らし、振り返った。



859 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:08:43.30 ID:c1541ufP0

瞬間、近くに魔女の結界が生じたことを感じ取った。

グリーフシードには余裕がある。

しかし、力が出ないため、見なかったことにした。

体が重い。血を失ったからではない。

体が痛い。負傷を受けたからではない。


ほむら「……さようなら。まどか」


そのままほむらは、この場を去っていった。

貫いた思いが、未来を拓くことを信じて。



860 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:10:26.74 ID:c1541ufP0

某県の見滝原中学校にて、当日出席・出勤していた生徒職員の全員が行方不明となる事件が発生した。

今回の事件は全国各地で大々的に報道された。

警察の捜査が入った所、既に校内の壁や天井が酷く破壊されていたらしいが、その詳細は公表されていない。

また、正確な行方不明者数も今のところわかっていない。


同中学校の体育館にて、当校生徒である鹿目まどかさん、他校生徒である美国織莉子さんの遺体が発見された。

美国さんの遺体の損傷は激しく、骨格が変形し内臓が破裂している。死因は外傷性ショックとされる。

鹿目さんの遺体の胸には杙創があり、それが致命傷となったと思われる。

司法解剖を行ったところ、鹿目さんの体内にはガラスと思われる破片があることがわかった。

ペンダントか何かが、胸を貫いた際に体内にめり込んだと考えられる。凶器は未だ特定できない。



861 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:12:45.88 ID:c1541ufP0

警察は事件の捜査を続けるとともに、事件を通報した少女の捜索にあたっている。

某県教育委員会は、当日欠席していた生徒達の心のケアに力を入れる。という方針を語った。


また、美国さんが故美国久臣元議員の娘がいるということが、事件をさらに複雑化させている。

「被害者の美国久臣氏の娘は実は加害者で、社会への復讐のために今回の事件を首謀した」

という仮説を、教育評論家である虹村氏はとある情報サービスで呟いた。

その後「不謹慎だ」「被害者を侮辱している」といった非難を浴び、アカウントを削除した。


(某ニュースサイトの記事より抜粋)



862 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:13:19.32 ID:c1541ufP0


事件の真相――。


美国織莉子、呉キリカ、佐倉杏子は魔法とスタンドを駆使し襲撃し、多くの生徒を殺害した。

そして魔法少女同士の死闘の結果、暁美ほむらだけが生き残った。


暁美ほむらが学校を去った後、そこに魔女の結界が誕生した。

それは呉キリカが濁ったグリーフシードを予め設置していたためである。

学校に発生した結界に住む魔女と使い魔は、全ての遺体を食し、結界に取り込まれた。

――結果として結界に巻き込まれなかった、体育館にある二人分の遺体以外がのこの世から消えた。



863 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:14:10.82 ID:c1541ufP0


一週間後。


行方不明者の一人。

暁美ほむらは今、とある高層建築物の屋上に座り夜風に当てられている。

ストレートの黒髪は夜の闇に同化している。表情にも影が濃くなった。

そのすぐ隣に、対照的に白い小動物が歩み寄り、ちょこんと座った。


既にほむらは、「あなたの目的を知っている」ということを伝えてある。



864 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:15:00.75 ID:c1541ufP0


ほむら「…………」

QB「結局、ここ見滝原では誰一人として魔女にならなかった」

QB「全く……困ったものだね。スタンドというものは……」

ほむら「……そうでしょうね」

ほむら「魔女になる前に死んだらエネルギーなんて無いもの」

QB「うん。大損だよ」

QB「折角まどかとの契約が取れたのに……」

ほむら「…………」

ほむら「スタンドは……」

QB「ん?」

ほむら「呪われた能力は……人を変える」



865 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:15:56.24 ID:c1541ufP0

ほむら「まどかは……全てを守る戦士の風貌を得た。彼女は特別だった。しかし……」

ほむら「佐倉杏子は……人間らしさを完全に失ってしまったとでも言えばよいのか……」

ほむら「美樹さやかは……説明はできないが、どこか違和感があった気がする」

ほむら「巴さんは……わからない。ゆまちゃんも同じく」

ほむら「スタンドは……人の精神を成長させるか、劣化させてしまう」

QB「……随分とあやふやだね。成長と劣化は全く意味が違うじゃないか」

QB「でも杏子が一番、それが顕著だったと僕は感じたね」

ほむら「……そう」

QB「どうにも反応が薄いね。この最近で君も随分と変わってしまった」

ほむら「……」

QB「少なくとも相槌を打ってくれていたのに」



866 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:18:51.36 ID:c1541ufP0

ほむら「……私は、基地に侵入して銃器を盗んできた」

ほむら「そして訓練した。銃や対戦車兵器の扱い方、威力と弾速を把握した」

ほむら「そして……レイミはもちろんのことあらゆる魔女を殺してきた」

QB「あぁ。よく働いたと思うよ」

ほむら「全ては、下積みに過ぎない」

QB「下積み?」

ほむら「私は……あの弱い私と決別した」

ほむら「もう二度と、武器を盗むことと魔法少女を殺すのに躊躇はしない」

ほむら「どんな魔女にも、決して負けない」

QB「それは、ワルプルギスの夜も含まれるのかい?」

ほむら「……ワルプルギスを殺すことが、私のそもそもの目的」

QB「へぇ……そうだったんだ」



867 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:20:20.58 ID:c1541ufP0

QB「非常に興味深いね」

QB「自分の身を守るために戦うというのはわかる」

QB「あるいは友人を救うために戦うというのもちょっとわからない気持ちはあるけど……まあ理解はできる」

QB「でも、死ぬためにワルプルギスの夜に立ち向かう気持ちはよくわからない」

QB「はっきり言って、君一人では無理だね。今更仲間を集めるつもりかい?もう数日も経たずに来るよ」

ほむら「何を勘違いしているの?」

QB「……?」

ほむら「私の戦場はここではない」

QB「じゃあ、やっぱり逃げるのかな?」

ほむら「逃げない。ワルプルギスの夜からは、決して」

QB「矛盾してるよ」



868 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:21:18.51 ID:c1541ufP0

ほむら「あなたには話していないことだけど……」

ほむら「私の願いは、まどかとの出会いをやり直すこと。則ち、時間遡行の能力」

ほむら「つまり、私はこの時間軸から去るのよ」

ほむら「まどかがいない世界のワルプルギスとは戦う価値がない」

ほむら「逃げるのではなく、無視するだけ。スーパーセルが収まるまで、見滝原を離れるだけ」

QB「…………」

QB「……そうかい。なるほど。時間遡行者か……」

QB「言われてみれば、時間停止の能力や君と契約した覚えがない理由、色々頷けることもある」

ほむら「そう」

ほむら「そして私は次の時間軸へ……旅立つ」



869 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:23:16.43 ID:c1541ufP0

ほむら「まどかを救うために」

QB「…………」

ほむら「だからこそ、決意した。私は過去の自分から決別したのよ」

ほむら「今の私は……誰であっても殺す時は殺す」

QB「それはまどかでもかい?」

ほむら「……契約したまどかに救う意味がない。もちろん撃てる。それができる覚悟をするために、私は虚しい時間を過ごした」

ほむら「それくらいできないと、私は勝利と栄光を掴めない」

QB「まどかに助けられて今の君がいるというのに……わけがわからないよ」

ほむら「言ってなさい。私が救う対象は既に別のまどかになっているのよ」

ほむら「私の目的は、まどかを救うこと。それ以上でもそれ以下でもない」



870 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:25:00.91 ID:c1541ufP0

声の調子が少し荒々しかった。苛立っているようだった。

冷たい目でキュゥべえを一瞥し、スッとほむらは立ち上がる。


QB「おや、もう行くのかい?次の時間軸とやらに」

ほむら「違うわ。そもそもまだ砂時計の中身が空になっていないから遡行はできない」

QB「グリーフシードは?」

ほむら「うるさいわね」

ほむら「もし呼ばれてもいないのに私の前に現れたら事情を知ろうが知らまいがどのインキュベーターでも散弾銃でバラバラにしてやるわ」

ほむら「個体が惜しければ、他のインキュベーターにも私のことを知らせておくといい」

QB「……わかったよ」

QB「まぁ、どちらにしても、君が時間遡行者であることが本当なら……」

QB「エネルギーを回収以前にこの世界から消えてしまうのだろう」



871 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:26:00.84 ID:c1541ufP0

QB「だから別に会う必要もない……だから呼ばれない限り現れないよ。心配しなくていい」

QB「それじゃあ……ひとまずさよなら、なのかな?」

QB「…………って」

QB「もう、いないや」

QB「……………………」

QB「……やれやれ」

QB「まどかの『願い』……」

QB「叶えた僕が言うのもなんだけど、結局何のことかよくわからなかった」

QB「ほむらはその意味、何か知ってるんじゃないかと思ったんだけど……聞きそびれちゃったな」

QB「まぁ、いいか。ここももう滅びる……僕も別の場所へ行こう」

QB「……そういえば」

QB「そういえば結局、ほむらはまどかが契約したことを知っていたのかな?」



872 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:27:18.74 ID:c1541ufP0

――
――――


実際にあった会話――。


ほむらが美国織莉子を迎え撃つべく体育館の中央に立っている頃。

まどかは体育館内の放送室に、隠伏、待機している。

まどかは不安だった。


まどか(……わたしにはスタープラチナという能力がある)

まどか(だけど、魔法少女でない以上……厳しいものもある)

まどか(でもわたしだって、ほむらちゃんを守りたい。ほむらちゃんを救いたい)

まどか(なのに……勇気が……出ない)

まどか(ほむらちゃんの隠れていてという言葉を無視してまで突貫する勇気がない)

まどか(わたしは……)

まどか「勇気が欲しい……」



873 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:28:09.46 ID:c1541ufP0

QB「まどか」

まどか「……キュゥべえ」

QB「探したよ」

まどか「……どこに行ってたの?」


もう少し前にキュゥべえが来ていたら、まどかの不安も少しは安らいだかもしれない。

しかし、まどかは既に、ほむらから真実を聞かされている。

魔法少女が魔女になること。自分が世界を滅ぼす魔女になること。

ほむらとは出会う前から友達だったこと。別の世界の自分は魔法少女だったこと。

全ての元凶は、目の前の異星人であること。

キュゥべえに対して、決して良い感情は浮かばなかった。

もし、まどかが杏子のような性格だったら、顔を見た瞬間に舌打ちをしていたことであろう。



874 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:28:39.51 ID:c1541ufP0

QB「まどか。落ち着いて聞いてほしい」

まどか「…………」

QB「マミが死んだ」

まどか「…………」

まどか「……え?」

QB「ゆまも、さやかも死んだ」

まどか「ちょ、ちょっと、待って……」

QB「代わりと言ってはなんだけど、杏子とキリカが死んだ」

まどか「マミさんが……さやかちゃんが……ゆまちゃんが……」

まどか「し、死ん……?」

QB「事実だよ」



875 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:30:52.61 ID:c1541ufP0

まどか「そんな……そんな……!」


嘘ではない。

キュゥべえは物事を隠すことはあれど、嘘は決してつかない。

ほむらから聞かされた特徴。

そしてこういう状況で嘘を付く意義もない。

マミ、さやか、ゆまが死んだという紛れもない真実を、まどかは突きつけられた。


まどか「…………」

QB「まどか。契約をするのはあくまでも君の自由意志だ」

QB「けれども……」

QB「君なら三人を、望むなら五人でも十人でも、生き返らせるなんて願いでも可能だ」

QB「あるいは今回の事件をなかったことに、時間を巻き戻すこともできないこともない」

QB「時間を巻き戻すのであれば、今回の犠牲者はゼロということになるね」



876 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:37:26.74 ID:c1541ufP0

まどか「…………」

QB「さて、どうする?」

まどか「…………」

まどか(わたしが契約して……)

まどか(みんなを生き返らせて、みんなでワルプルギスの夜を超える)

まどか(この選択のメリットは……みんながこの世界で生きているということ)

まどか(デメリットは、スタンドがあるとは言え、全員が全員、無事にワルプルギスの夜を倒せるとは限らないこと)

まどか(そして……ほむらちゃんの望みではないこと)

まどか(だから……違う)

まどか(わたしがすべきことはこれじゃない)



877 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:38:18.43 ID:c1541ufP0

まどか「キュゥべえ……わたし、契約する」

QB「そうかい。生き返らせるのかな?」

まどか「違う。生き返らせない」

QB「…………」

まどか「ほむらちゃんはそれを望まない……」

まどか「ほむらちゃんは、魔法少女のわたしを求めていないから」

QB「それじゃあ、君は……」

QB「……君は、この状況下で一体何を望むんだい?」

まどか「…………」



878 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:39:35.97 ID:c1541ufP0

まどか「わたしは……『託す』」

QB「……託す?」

まどか(ほむらちゃんに託すのは……ゆまちゃんであり……さやかちゃんであり、マミさん、そしてわたし……)

まどか(生き延びて……ほむらちゃん)

まどか(あなたは『希望』!)

まどか(自分勝手なことだと思うけど……あなたなら……)

まどか(あなたならできる!)

まどか(あの三人だって……あなたなら救えるはず!)

まどか(わたしには、これくらいのことしかできないけれど……ほむらちゃん)

まどか(『次』で……みんなを救って……!)



879 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:40:14.50 ID:c1541ufP0

QB「とにかく、契約するんだよね?」

QB「さぁ、まどか。君はどんな願いでその魂を輝かせる?」

まどか「わたしの……」

まどか「わたしの願いは……」

まどか「ほむらちゃんに、希望を託したい!」

まどか「ほむらちゃんに、大切なものを救う力、守る力を!」

QB「……それが君の望みだね」

QB「君の願いは叶えられる」


―――――
―――




880 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:41:14.24 ID:c1541ufP0

――次の時間軸


目を覚ました時。いつもの病院の天井。

時間遡行をした。今は『次の一ヶ月』である。

ほむらはまず眼鏡を外した。

ソウルジェムをこめかみにあてる。

ぼやけた視界がハッキリとする。

次におさげを解き、ファサ、と髪をかきあげた。



881 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:41:44.64 ID:c1541ufP0

その夜。

ほむらは目を開けたその当日に病院を抜け出した。

そして、時間停止の魔法を用いてめぼしい武器を一通り盗んできた。


ほむら「…………」

ほむら「そろそろ帰らないといけないわね……」

ほむら「しかし、新しい時間軸初日に病院から抜け出して武器を集めるというのは……」

ほむら「流石に焦りすぎだったかしら。グリーフシードに余裕はないのに……」

ほむら「いえ……それでいい」

ほむら「早くていい」

ほむら「今まで、私はトロかった……早いに越したことはない」

ほむら「……引力の魔女レイミ……この時間軸でも現れたりするだろうか」

ほむら「…………」



882 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:42:40.70 ID:c1541ufP0

――
――――


ほむらは……砂時計が再び回転するまでの期間、別の地域で過ごしていた。

東京ではない。

両親との会話は感傷に繋がり、弱くて愚図な自分を呼び起こすものだと考えていたためだ。

十数分歩けば海岸を一望できる高台がある――そんな地域にいた。

そこで時間遡行をしてもよかったが、しなかった。


ほむらは見滝原に帰ってきた。

見滝原でやり直すことに意義があると考えていたからだ。

戻ってきて、目に入った物。それは瓦礫、瓦礫、瓦礫、瓦礫、瓦礫。

未曾有のスーパーセルにより、見滝原のほぼ全域が壊滅していた。

その災害により住民のほとんどが犠牲となった。

最も被害の大きかった地域の生存者は、現時点で一人としていない。

住んでいたアパートも、知り合いが暮らしていたマンションも、避難所も全て壊滅した。



883 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:46:56.71 ID:c1541ufP0

ワルプルギスの夜は、予定よりもずっと早く現れた。


これまでの時間軸では何時何分に現れたかいちいち確認していなかったが――

明らかに一日単位で早かった。

理由はわからない。

ほむらは身を潜めている地域で「見滝原と風見野の魔法少女が死んだ」という風の噂を聞いていた。

見滝原に、他の市町村から魔法少女が集まっていたそうだった。


――ほむらは考えた。

「スタンド使いとスタンド使いは引かれ合う」という格言がある……。

スタンドの元凶、レイミは「引力」の魔女と呼ばれていた。

その格言が正しいとすれば、本当に引力のような力が働いていたのかもしれない。

自然に集まるようにプログラムされているのかもしれない。



884 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:47:52.30 ID:c1541ufP0

ならば果たして……魔法少女と魔女の間。

その関係にも引力というものはあったりするのだろうか。

魔法少女のいるところに魔女が現れるとすれば……

あるいは魔女の現れるところに魔法少女が無意識の内に来るものだとすれば……

それならワルプルギスの夜が一日早く現れた理由も納得がいく。

確証も根拠もない。

ただのループにおけるラグと考える方が自然ではあるが……。



885 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:48:35.53 ID:c1541ufP0

各地の魔法少女達は見滝原に集まっていた。

それが本当だとして、その魔法少女達はワルプルギスの夜と闘ったのだろうか。

時期的に見滝原に来て早々現れた伝説級の魔女にどうしただろうか。

戦ったのだろうか。

この惨状からして少なくとも勝利はしていないだろう。

逃げたか、犠牲となったか。

後者なら実に報われない。彼女達にも基本的に家族はいるだろう。

その家族も報われない。娘がわざわざ死にに行ったようなものだから。



886 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:49:44.08 ID:c1541ufP0

家族と言えば……鹿目家では娘の死をどのように感じていたのだろう。

気丈な気さくな母親は涙を流して泣いたのだろうか。

人の良い優しい父親は妻をいかに慰めたのだろうか。

死を知らない弟は姉の帰りを待っていたのだろうか。

そしてそのまま、倒壊した避難所の下敷きとなったのだろうか。

……想像しただけで吐き気を催す。



――ほむらは考えるのをやめた。

――――
――



887 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:52:25.47 ID:c1541ufP0

ほむら「…………」

ほむら(まどか……)

ほむら(私は……あなたを守る私になりたい。……そう、誓った)

ほむら(私は、成長できたのかしら……あなたを守れる私に近づけているだろうか?)

ほむら(……私は、動揺をしてしまった)

ほむら(エイミーを見せつけられて、動揺をしてしまったから負けてしまった)

ほむら(だから、もうそんな心の弱さは捨てたつもりよ)

ほむら(例え、あなた以外の誰かがやむを得ない犠牲となっても……絶対に、動揺しないと誓った)

ほむら(あなた以外の誰が死のうと、それがゆまちゃんやエイミーであろうと、絶対に……)

ほむら(絶対に必ずや!次こそあなたを守ってみせる!)

ほむら(あなたと交わした約束……必ず果たすッ!)



888 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:53:22.67 ID:c1541ufP0

ほむら「…………」

ほむら「さて、と」

ほむら「病院に戻る前に、軍の基地とチンケな暴力団事務所からいただいてきた武器……」

ほむら「その整理でもしようかしら」

ほむら「……爆弾は作るべきか?」

ほむら「手榴弾を多量に手に入れた……わざわざ作る必要はあるだろうか?」

ほむら「……いえ、あって困ることもないでしょう」

ほむら「えっと……」

ほむら「ハンドガン、ショットガン、ライフル銃、マシンガン、手榴弾、ロケットランチャー……」

ほむら「それから……これは――」



ほむら「――痛ッ!?」



889 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:54:30.10 ID:c1541ufP0

ほむらの指にチクリと痛みが走った。

思わず盾から手を引き抜く。すると、白い指から、赤い血が流れ出していた。


ほむら「な、何……?」

ほむら「指を切った……どうして?」

ほむら「強いて言えばナイフ……」

ほむら「いや、しかし鞘がついている……だから切るような物は……」

ほむら「……え?」

ほむら「何、これ……?」

ほむら「『こんなの』……盾に入れた覚えがない……」

ほむら「いつ、どこでこんなものを……?」

ほむら「一体これは……?」



890 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 21:55:28.03 ID:c1541ufP0




ほむら「『矢じり』……?」




織莉子「私達が救世を成し遂……」キリカ「引力、即ち愛!」(完)


<| TO BE CONTINUED..... 



891 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:05:36.72 ID:c1541ufP0
これにて完結です。

スタンドクロスは元々過去二作の波紋鉄球クロスの続編でしたが、
色々あって新しいものとして書き始めた次第です。
初めての地の文や今までで一番長くなった出来に戸惑いましたが、何とかなりました。
何とか完結できて感無量です。

最後までお付き合いいただきありがとうごさいました。ディ・モールトグラッツェでした。


ちなみに本作は二部構成となっています。マミさんのスタンドが未判明なのはそういう理由です。
肝心のそれはまだできてませんが、完成し投下した際はよろしくおねがいします。



892 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:06:29.23 ID:c1541ufP0

おまけ:スタンドとかの解説まとめ


スタープラチナ 本体:鹿目まどか

破壊力 A スピード A 射程距離 E
持続力 E 精密動作性 A 成長性 E

まどか曰く、「強くて速い」人型スタンド。その性質は「勇気」
誰かの力になりたい、守りたいという強い思いから発現した。
何ら特別な能力は持たないが、最強レベルの性能を誇る。
しかしまどかの精神力に伴っていないため、その力を出し切れていない。
まどかは、このスタンドには成長の余地があるという確信がある。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



ドリー・ダガー 本体:美樹さやか

破壊力 A スピード A  射程距離 C
持続力 A 精密動作性 C 成長性 D

魔法武器の剣に取り憑いているスタンド。その性質は「転嫁」
自身へのダメージの「七割」を刀身に映りこんだ相手に『押しつける』能力。
あらゆる肉体的ダメージを反射するが、ソウルジェムへの衝撃は返せない。
悪い結果が訪れても自分に落ち度はないはずだ。という責任転嫁願望から発現。
魔法武器に憑いているため、このスタンドは変身しないと扱えない。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



893 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:06:56.85 ID:c1541ufP0

キラークイーン 本体:千歳ゆま

破壊力 A スピード C  射程距離 E
持続力 D 精密動作性 C 成長性 B

触れた物を『爆弾』にする能力(一度に一つだけ)。その性質は「護身」
キラークイーンが触れた物はどんな物でも爆弾になる。
爆弾の大小問わず大爆発。強い力が欲しいと願ったことで発現。
体型はゆまと同じくらい。ゆまはキラークイーンを「猫さん」と呼ぶことがある。
左手の甲から、魔力を探知して自動追尾する爆弾戦車「猫車」を出すことができる。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



ティナー・サックス 本体:志筑仁美

破壊力 ― スピード ―  射程距離 B
持続力 B 精密動作性 E 成長性 C

『幻覚』を見せるスタンド能力。その性質は「逡巡」
実際に見た光景を再現、現実にあり得ないような光景を作り出す。
幻覚に捕らわれた相手は五感の全てで騙されてしまう。
幻覚は「空間」に作用するため精密動作性は低い。
しかし、魔女の力と共鳴し一度だけ「個人」を対象にした幻覚を作れた。
仁美が抱いている心の迷いが反映されて発現したと思われる。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



894 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:07:22.16 ID:c1541ufP0

リトル・フィート 本体:美国織莉子

破壊力 D スピード B  射程距離 E
持続力 B 精密動作性 C 成長性 C

右手人差し指に鋭い爪のある人型スタンド。その性質は「瑣末」
その爪で傷つけたものの大きさを『縮める』能力。また、自身も小さくできる。
縮んでいくスピードは魔力依存。魔力を込めれば込める程早く縮む。
スタンドは得たものによっては本体の性格に影響を与えることがある。
今の織莉子は、縮めた人間を踏みつぶすことに何の躊躇もない。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



クリーム 本体:呉キリカ

破壊力 A スピード C  射程距離 E
持続力 C 精密動作性 C 成長性 E


『暗黒空間』という概念を創造・干渉する能力。その性質は「孤立」
フードのような姿をしている。それを被ることで暗黒空間を創る。
その中に隠れることで姿を消し、浮遊して移動ができる。
移動中に触れたものは暗黒空間へ飲み込まれて粉微塵にされる。
暗黒空間の大きさはキリカの身長を直径とした球の範囲。
暗黒空間内外で干渉ができないため、隠れている間はキリカの魔法は作用しない。
孤独感や暗闇のような心底の精神が反映されて発現した。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



895 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:07:50.40 ID:c1541ufP0

シビル・ウォー 本体:佐倉杏子

破壊力 ― スピード C  射程距離 B
持続力 A 精密動作性 C 成長性 E

「過去に捨てたもの」の『幻覚』を見せる能力。その性質は「浄罪」
「捨てたもの」は相手に物理的、あるいは精神的に襲いかかる。
図書室や廃教会等の屋内に「結界」を設定し、その結界に入り込んだ相手に作用。
結界内で本体が殺された場合、殺した相手に本体の捨てたものがおっかぶる。
罪悪感がある限り、何者でも他人に押しつけ清められるしか逃れる方法はない。
自分の捨ててきたものを清めたいという願望から発現した。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



水を熱湯に変えるスタンド 本体:M市の魔法少女

破壊力 B スピード C  射程距離 B
持続力 C 精密動作性 C 成長性 C

水を『熱湯』に変えるスタンド。その性質は「傍流」
半径42m以内に存在する水の温度を最大99.974℃まで上昇させる。
また、生物を構成する水分の温度も上昇させることも可能。
ただしその場合は直に触れなければならない。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ

*実在するスタンドとデザイン・能力が多少異なる場合がある



896 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:08:16.75 ID:c1541ufP0

Raymea(レイミ)

引力の魔女。その性質は「伝承」
『スタンド』という異世界、別次元の概念この世界に引き入れた。
あるいは創造した、または魂の持つ未知の力を覚醒させたとされる。
その力は必ずや平和と誇りに繋がるものだと信じている。
しかし魔女自身はそのスタンドを持っていない。


Cavenome(カヴェノメ)

引力の魔女の手下。その役割は「発現」
結界内の断層にある穴そのものが使い魔である。
近づいてきた者に噛みついて歯形を残す。
歯形をつけられた者はスタンドという能力を発現する。
人によっては高熱を伴い、そのまま死んでしまうこともあるらしい。


Sabbath(サバス)

引力の魔女の手下。その役割は「選別」
結界内を住民のように彷徨う、黒いマントを羽織ったマネキンのような姿。
「スタンド」の素質を見出し、カヴェノメへ誘導する。
レイミに敵意を向ける者、既にスタンドを持つ者は排除する。
則ちスタンドの素質のない者には、さもなくば死への道。



レクイエム 本体:此岸の魔女 Homulilly(ホムリリー)

破壊力 - スピード -  射程距離 -
持続力 - 精密動作性 - 成長性 -

ほむらが発現するかもしれなかったスタンドの先の領域(レクイエム)
レクイエムとは全ての魂を支配するエネルギーのことである。
予知で見たマギアは地球上の全生命の魂を十日以内に『消滅』させる。
魔女を殺さない限りレクイエムは暴走を続けるが、魔女に干渉すると死ぬ。
このレクイエムは織莉子の予知で見た可能性の一つに過ぎない。

A―超スゴイ B―スゴイ C―人間と同じ D―ニガテ E―超ニガテ



897 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:14:42.76 ID:c1541ufP0
これにてホントのホントに終わりです。

前作でも似たようなことをしましたが、何か質問コーナー的な物を設けます。
何か聞きたいこと等があったらどうぞ。
特になければスタンド談義するなりクールに去るか適当にオラオラとか書くなりしてください


そんなわけでHTML依頼は少し間を置いてからします。
それまでに1000いったらそれはそれでいいのですが



898 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:16:56.72 ID:OnOo9x26o
元旦には新品のパンツおろすんですか?


という冗談はおいておいて、キリカがクリームだったのは甘いもの繋がりですか?それとも吸血鬼繋がりですか?



901 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:32:23.61 ID:c1541ufP0
>>898
ブルマ。……というのは冗談として、何となくクリームっぽいと思った+名前は甘い物+主に盲信してるという繋がりです。



899 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:19:09.74 ID:V7BdpQnN0

改めて感じるリトル・フィートvsスタプラの絶望感



902 : ◆H5Ebiy6tLDQ1 2012/12/30(日) 22:33:36.55 ID:c1541ufP0
今日はこの辺りで落ちますが、質問の類があり次第答えさせていただきます。
あとトリップを付けてみる

それでは



903 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:37:27.30 ID:OnOo9x26o
二部があるからそれの伏線なんだろうなで終わることが多くてあんまり質問することがないなぁ……

ホワイトスネイクとかヨーヨーマッとか占いの龍の奴とかみたいな自分でも喋るタイプは出て来てないなそういや



905 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:44:41.57 ID:ZMBRX62AO
各々のスタンドを採用した理由とか知りたい
恭介にハーヴェストが特に気になる。まあなんとなくで終わりそうだけど


しかし第二部があるからマミさんの能力が未判明ってことはだよ
第二部にそのマミさん出るってことだよな…
D4C来るのか…?



915 : ◆H5Ebiy6tLDQ1 2012/12/31(月) 08:05:32.82 ID:jvSMOhtQ0
>>905
まどか-スタープラチナ:主人公だから
さやか-ドリー・ダガー:剣だから+奇をてらいたくて
ゆま-キラークイーン:猫+虐待繋がり
織莉子-リトル・フィート:五部のスタンドを使いたい一心で特に丁度いいのがなくて妥協した感じ
杏子-シビル・ウォー:七部のスタンドを使いたい一心で特に丁度いいのがなくで妥協した感じ+幻覚繋がり
キリカ-クリーム:インスピレーション+スイーツ+主に盲信
仁美-ティナー・サックス:ナイトメアっぽい(デス13は寝てないといけないので除外)
恭介-ハーヴェスト:四部の(ry

といった感じです。魔女の呪いという設定なので悪役のスタンドを意識しています。
そうなるとまどかは因果パワーでいいとしてもハーヴェストが微妙ですが……



904 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2012/12/30(日) 22:39:08.15 ID:U5XVySh2o

二部楽しみにしてます。



まどか「夢の中で会った……」ほむら「私の名前はほむらです」



転載元
織莉子「私達が救世を成し遂……」キリカ「引力、即ち愛!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1356269020/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 彡(゚)(゚)「あの洞窟に宝箱あるんか?」
        • ルールー「キマリ! 『竜剣』を ためしてみたら?」
        • フリーザ「宇宙最強の僕には勝てないよ」悟空「ちくしょう……」俺「待て!!!」
        • 女「えーすごい立派…」女2「ちょっと待ってヤバイよ」女3「私これ好きかも…」俺「えへへ」
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        • やる夫が勇者をやめるそうです
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ