TOP

スパイク「765プロでプロデューサー!?冗談じゃねえぞ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:06:28.73 ID:bMjGNJQG0

律子「じゃあこの壊れた事務所……どうするんですか?」

スパイク「……元からボロかったじゃねえか」

律子「なんですって!?」

ジェット『あー、スパイク、聞こえてるか?』

スパイク「ああ」

ジェット『まぁ、観念するんだな。賞金首には逃した挙句、マシンで建物に突っ込むなんてな』

スパイク「勘弁してくれよ……」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:13:28.40 ID:bMjGNJQG0

ジェット『てめえで起こした事故だ。自分のケツくらい自分で拭け。
      母ちゃんに習わなかったのか?』

スパイク「生憎、そんな記憶はねえよ」

律子「……なるほど。お金は払わなくてもいいわよ。ただし」

スパイク「……?」

律子「ちょうど、今の事故で怪我したのがうちのプロデューサーなの」

律子「あなたにはここでプロデューサーの代わりをしてもらいましょう!」

スパイク「俺が!? 冗談じゃねえぞ!」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:18:29.89 ID:bMjGNJQG0

フェイ『なあに? あんた餓鬼のお守りするの? あはははは! いいわねぇ!』

スパイク「ぐぬぬ」

エド『プロデューサー? わーい! プロデューサー!』

ジェット『ま、こっちはゆっくりお前さんが逃がした賞金首の情報を追うとするさ』




――数日前、ビバップ号――

ジェット「で、今度の獲物なんだが」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:24:30.86 ID:BlG3rU33P

すげえクロスだな



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:25:03.56 ID:bMjGNJQG0

スパイク「悪徳又一? また、いかにも名前だな」

ジェット「なんでも、どっかのヤクザまがいの連中を起こらすゴシップ記事を書いちまったそうでな」

ジェット「それで賞金が出た、というわけよ」

スパイク「いくら?」

ジェット「ほれ」

スパイク「ほう……チョロいもんさ」

ジェット「場所は地球のアキバ付近らしい」

スパイク「だったらすぐに行かないとな」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:30:49.09 ID:bMjGNJQG0

スパイク「先を越されたら溜まったもんじゃないからな」

ジェット「ああ、だが、奴はコンピューターウイルスだのなんだのに精通してるらしくってな」

ジェット「そいつを食らうとマシンが言うことを聞かなくなっちまうらしいんだ」

ジェット「で、問題はそのウイルスを撃ってくるブツがわからんのだ」

ジェット「……って、おい! スパイク!? スパイクー!」

エド「もう行っちゃったよー?」

ジェット「……どうなっても知らんぞ、俺は」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:37:57.13 ID:bMjGNJQG0

――現在、ビバップ号――


ジェット「ま、言わんこっちゃ無いわな」

ジェット「とりあえず、マシンを直してやりながら、地球に滞在しているスパイクに
      情報収集も兼ねてもらうか」


――――


――765プロ事務所――

律子「と、言うわけで、代理のプロデューサーをしてくれることになった
    事務所に突っ込んできたスパイク・スピーゲルさんです」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:41:02.24 ID:bMjGNJQG0

スパイク「……よろしく」

真美「おお~! 今度の兄ちゃんはなんだかもじゃもじゃさんだね!」

スパイク「……餓鬼は嫌いなんだよ」

あずさ「ふふ、そうですか?」

あずさ「まずはみんなのこと。知ってみてもらってもいいんじゃないですか?」

スパイク「じゃ、あんた。なんでまたこんな所でアイドルなんてやってるんだ?」

あずさ「私は短大を出てから、なんとなく……ですね」

スパイク「へぇ……」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:46:45.92 ID:bMjGNJQG0

律子「はい、これみんなの資料です。ちゃんと覚えてあげてくださいね」

スパイク「……はぁ。へいへい」

響「ねえねえスパイク! スパイクは普段何やってるんだ?」

スパイク「……色々とな」

響「……色々? ねえ、例えば?」

貴音「言えない、ということでしょうか?」

スパイク「危険な仕事なだけだ。恨みを買うこともある」

貴音「わたくしも人には言えないことがありますので」

響「貴音は多すぎだぞ……」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:50:31.24 ID:bMjGNJQG0

千早「なんだか近寄りがたい人ね」

春香「そうかなぁ?」

千早「まぁ春香はそうでしょうね」

真「危険な仕事……人には言えない! く~! なんかカッコいいよね!」

雪歩「うぅ……また男の人ぉ」

美希「ふぅん……ま、美希は寝るの」

やよい「うっうー! これからよろしくお願いします!」

スパイク「……あぁ」

スパイク「はぁ……。帰りてえ」

律子「だめですよ! えっと、今回は私が選ばせてもらいますね。
    あなたのプロデュースする女の子は>>20です」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:54:24.59 ID:bMjGNJQG0

kskst



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:55:28.63 ID:mvpR1pdG0

りっちゃん



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:55:46.34 ID:UjJ3lxCe0





21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 15:59:28.80 ID:bMjGNJQG0

律子「響よ」

響「自分!? 本当か!? やったなハム蔵!」

ハム蔵「ヂュイ!」

スパイク「ああ、よろしく」

響「うん! よろしくね! スパイク!」

律子「それじゃあ今から二人で、オーディションに行ってきてもらえるかしら?」

響「なんくるないさー! よし、ほら、行くよスパイク!」

スパイク「お、おい……引っ張るなって!」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:04:12.85 ID:bMjGNJQG0

――オーディション会場――

響「……うぅ、ごめんなさい」

スパイク「まさか、電車の乗り方を知らないとはな」

響「自分電車ってすごい苦手なんだ……なんかこう、入り組んでるでしょ?」

スパイク「確かにこの駅のは複雑だった。俺もいつもマシンに乗ってるからな」

響「ねえねえ、あの事務所に乗ってきた飛行機っていつも乗ってるの?」

スパイク「まあな。だからこんな移動なんてのは久しぶりだ」

響「ふーん」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:09:37.19 ID:bMjGNJQG0

ハム蔵「チュチュイ!」

響「え? あっ! もうすぐオーディション始まるって!」

スパイク「そのちっこいの……なんとかなんねえのか?」

響「え? ハム蔵のこと? えへへ、可愛いだろう?」

響「まぁ、スパイクの言うマシンと同じで自分にとっては相棒って感じなんだ!」

スパイク「悪いがその珍獣と俺のマシンを同列に考えるのはやめてくれ」

響「ハム蔵は珍獣なんかじゃないぞ! ハムスターだぞ!」

スパイク「俺はケダモノが嫌いなんだよ」

響「……むー、スパイクには後で絶対にわからせてあげるからね!」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:14:48.98 ID:bMjGNJQG0

響「……」

スパイク「どうした」

響「じ、自分、こういうオーディションってすごい久しぶりだから……」

響「そ、その……き、緊張しちゃって……」

スパイク「えっと、確か今回のオーディションは……バラエティ番組のレギュラーねぇ」

響「ね、ねえ! じ、自分の良い所、教えて!」

スパイク「そんなもん、ついさっき会ったばかりの人間に聞くな」

スパイク「俺は知らん」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:19:11.65 ID:bMjGNJQG0

響「確かにそれもそうだよね。ごめん」

スパイク「そんなもの、お前自身が一番わかってるはずだぜ」

スパイク「自分のことなんだ。わかるだろ? 他人に聞かなくたって」

響「う、うん。自分……頑張るよ! ありがとうね、スパイク!」

響「あ、でも絶対に動物達の良さはわからせてあげるぞ!」

響「じゃあ、行ってくる!」タッ

スパイク「……勘弁してくれよ」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:25:30.47 ID:bMjGNJQG0

…………
……



響「……だめだったぞ」

スパイク「そうか。ま、縁がなかった。それだけだ」

響「自分、今回の番組は動物を取り扱う番組だったからすごく出たかったんだぞ」

スパイク「仕方がない。諦めろ」

響「……どうして、そんなさらっと言えるんだよ! もっと、こう慰めてもいいだろ!?」

スパイク「慰めたら……何か変わるのか?」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:31:58.17 ID:bMjGNJQG0

響「か、変わらないけど……」

スパイク「じゃあ何も意味はない」

響「うっ……うぐ……」グス

ハム蔵「ヂュイ~~!」

スパイク「睨むな。お前が俺を攻めたって、何も変わりはしない。だろ?」

ハム蔵「……チュイ」

スパイク「響。ありのままの自分を出してきたんだろ?
     だったら何も後悔することはない。全部出しきって、
     それでもダメだったんだ。今日はもう帰ろう」


響「うん……」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:37:29.85 ID:bMjGNJQG0

――次の日――


律子「今日はレッスンに行ってもらいます!」

スパイク「俺は何も教えられないぞ。だから今日はここにいてもいいんだな?」

律子「昨日、響を泣かせたそうですね?」

スパイク「っ……」

律子「貴音から聞きました」

律子「レッスン、一緒に行きますよね?」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:43:24.02 ID:bMjGNJQG0

スパイク「あれは俺のせいじゃ」

律子「あー、昨日、響のこと泣かせておいて、謝りもしてないんですかーー!?」

スパイク「なっ……おい!」


ザワザワ……

律子「かわいそうに!! あー! 可哀想!」


「響を泣かせた?」
「一体何したの?」
「やっぱり男の人って怖い……」
「許すまじ、ああ、愛しき我が響」
「あーあ、兄ちゃん最低っしょ」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:49:45.83 ID:bMjGNJQG0

スパイク「だーっ! わかったよ! 行けばいいんだろ?」

スパイク「場所は?」

律子「はい、これが地図です」

律子「あの子、ああ見えても結構泣き虫な所、あるからちゃんと謝ってくださいよ」

スパイク「……」


――レッスンスタジオ――


響「……っ、よっ」タンタンッ



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 16:55:21.24 ID:bMjGNJQG0

スパイク「よお」ガチャ

響「あ、……スパイク」

響「来てくれたんだ」

スパイク「事務所の鬼がうるさくてな」

響「律子? えへへ、スパイクも律子に怒られたのか?」

スパイク「別に。そうじゃないさ」

スパイク「レッスンは一人で?」

響「今日は……ね。いつもはトレーナーさんがいるんだけど」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:00:18.28 ID:bMjGNJQG0

響「自分はダンスの振りは全部覚えてるから、今日はそれの仕上げ」

響「こうやって鏡を見ながら自分の動きを確認するの」

スパイク「へぇ」

響「よっ、……っ!」タンタンッ タタンッ

スパイク「なぁ」

響「自分、昨日のことはもういいよ」

スパイク「……」

響「だって、別にスパイクは間違ったことを言ってなかったし」

響「自分、少し甘かったのかも」タタンッ タンッ



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:07:39.57 ID:bMjGNJQG0

響「でも、いつか完璧にこなしてみせるからね」

スパイク「ああ」

響「ねえ、自分の踊り……どう? 完璧?」

スパイク「さあな。俺にはわからん」

響「そっか、じゃあ見ててね!」

響「~♪ ~~♪」タタンッ タタンッ

スパイク「器用なもんだな」

………
……




響「今日はありがとう! 付きあわせちゃってごめんね」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:13:28.60 ID:bMjGNJQG0

スパイク「気にするな。あの事務所でガミガミ言われるより
     よっぽどいい光景だったさ」

響「そ、そっか。えへへ」

スパイク「ああ、じゃ、またな」

響「ねえ! 今日、うちに来ないか?」

スパイク「はぁ?」

響「ご飯、作るからさ!」

響「ね、お願い! 一回でいいからさ!」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:18:34.41 ID:bMjGNJQG0

スパイク「……あんまり気乗りはしねえな」

響「えへへ、なんくるないさー! ほら、行くよ!」

スパイク「だから引っ張るなっての!」



――響宅――


響「ただいまーーっ!」ガチャ

スパイク「げぇっ!?」


ワンワンッ ニャー
ブーブー チュイッ


スパイク「な、なんだこりゃぁ!?」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:24:08.65 ID:bMjGNJQG0

響「ほら、遠慮しないであがっていいよ!?」

スパイク「いや、やっぱり俺は今日はもう帰るわ」

スパイク「疲れたし」

響「何言ってんだよ、ここまで来ておいて」

響「ほらほら」

スパイク「お、おい……いいか。俺はケダモノが嫌いなんだって言ったよな

?」

響「うん、だから今日はそれを直してあげようと思って」

スパイク「余計なお世話だ!」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:30:28.22 ID:bMjGNJQG0

スパイク「だいたいなんだこのミニ動物園は!」

響「えへへ」

スパイク「褒めてねえよ」

響「ささっ、入った入った」グイグイ

スパイク「おい……!」

いぬ美「バウッ」

スパイク「寄るな!」

響「えへへ、みんな歓迎してくれてるんだぞ」

スパイク「……ああ、そうかよ」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:36:56.91 ID:bMjGNJQG0

響「今、準備するからちょっと待っててね!」

スパイク「なるべく、早くしてくれ」


『……イ……。ザザー。スパイク。おい、聞こえるか、スパイク』


スパイク「ジェットか? 何かわかったのか?」

ジェット『ああ、奴は現在は裏を逃げ回っているみたいだな』

ジェット『だが、東京近郊にいるはずだ。気を抜くな』



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:40:20.82 ID:bMjGNJQG0

ジェット『それとソードフィッシュに入ったウイルスを解析した所、
     拳銃から打ち込むタイプらしい』

ジェット『だから、奴が拳銃を出してきた時は気をつけろ』

スパイク「ああ、わかった」

ジェット『どうやらマシンだけじゃなくて人間にも効いちまうタイプらしい



ジェット『ちょっとでも当たったら脳みそをぐちゃぐちゃにかき回されるぞ



スパイク「おっかねえな……ったく」

ジェット『また何かわかれば連絡する』

スパイク「ああ、頼む」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:45:33.09 ID:bMjGNJQG0

響「誰と電話してたんだ?」

スパイク「同僚さ」

響「ふーん、例の言えないお仕事の?」

スパイク「まぁな」

響「そっか。よーし、みんなーご飯できたぞー!」

響「はい、いぬ美のはこれで、ハム蔵のはこっち」

響「ねこ吉のはこれで、ブタ太のはこれで……」

響「で、スパイクと自分のがこれだぞ!」

スパイク「……鍋?」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:51:22.56 ID:bMjGNJQG0

響「自分、お鍋持ってるんだけどなかなかやれなくてさ」

響「あ、違うぞ! 事務所のみんなも忙しいから一緒にできないだけだからな!」

響「別に、スパイクとした方わけじゃないんだからね!」

スパイク「わかってるよ……」

響「えへへ……じゃ、じゃあいただきます」

スパイク「いただきます」

響「ねえ、自分、昨日のオーディション何がいけなかったのかな?」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 17:56:01.02 ID:bMjGNJQG0

スパイク「さあな。タイミングが悪かったのかもな」

響「タイミング?」

スパイク「ああ、何事においても重要なタイミングがある」

スパイク「そいつを履き違えると、必ず失敗する」

スパイク「世の中タイミングさ」

響「ふーん、自分にはあんまりわからないぞ」

スパイク「そのうちわかるさ」

………
……



響「じゃあ、また自分の家に遊びに来てね!」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:01:20.74 ID:bMjGNJQG0

スパイク「遠慮しとくよ」

響「もう! なんで!?」

スパイク「苦手なんだよ」

響「そうかなぁ? だってみんなご飯食べてるから大人しくしてたぞ」

スパイク「そう言う問題じゃねえんだよ」

響「あ、ねえ送っていかなくて平気?」

スパイク「付いてこなくていいよ。お子様はもう寝る時間だ」

響「そっか……。ねえ次はいつ来てくれる?」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:05:42.59 ID:bMjGNJQG0

スパイク「もう二度とこない」

響「……むー、じゃあどうしたら来てくれるんだ?」

スパイク「動物がいなくなったら」

響「うぎゃー! それは無理だぞ!」

響「ま、まさか……ふたりきりがいいのか!?」

スパイク「はあ!? んなこと言ってねえだろ!」

響「そ、そういうのは、ま、まだだめだぞ!」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:10:24.02 ID:bMjGNJQG0

響「な、なんというか、そ、その……えっちだし」

響「ば、ばかーー! もう知らない!」

響「じゃあね! おやすみ!」


バタンッ!!


スパイク「はぁ……? なんだ急に?」

スパイク「……やっと帰れるのか」


……



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:16:40.43 ID:bMjGNJQG0

……

「……あ、あいつは!」

「ん? 今、家に入ってったのは……確か」

「なんであそこから……? ほほう、なるほどね」

「宇宙に逃亡しようと思って買ったマシンもお釈迦にされちまったし、
 まぁ、逃げられたからいいが……」

「しっかりと借りは返してやらなくちゃな……へっへっへ」

……



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:20:37.56 ID:bMjGNJQG0

――数日後――


スパイク「ジェットの野郎、まだ見つからねえのか」

スパイク「……ったく」

律子「あら、今日は、フェスに参加してもらうわよ」

スパイク「フェス?」

律子「ステージでのバトルよ」

律子「今日はあなたのプロデュースする響が参加するからそれに着いて行ってあげて」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:26:23.81 ID:bMjGNJQG0

律子「響自身は何回か参加してるから、ノウハウはわかるはず」

スパイク「じゃあ俺は着いて行く必要はないんじゃ」

律子「早く行ってきてください」

スパイク「わーったよ。しょうがねえ」

スパイク「んじゃ、行ってくるか」ガチャ



――フェス会場――

響「あうー、や、やっぱり緊張してきたぞ」

響「スパイク遅いなぁ」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:30:54.03 ID:bMjGNJQG0

響「どうしよう……今日もまた失敗したら……」

響「い、いや、だめだぞ! 絶対に諦めない!
  全力を出しきればいいんだ! 自分らしく!」

ハム蔵「チュチュイ!」

響「えへへ、ありがとう!」


「我那覇さーん、事前の打ち合わせがありますのでいいですかー?」


響「はーい! じゃあちょっと行ってくるね、ハム蔵」


…………
……



スパイク「ん? 響は?」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:35:27.93 ID:bMjGNJQG0

ハム蔵「チュチュイ!」

スパイク「またお前か、珍獣……」

スパイク「お前じゃなくてお前のご主人に用があるんだよ俺は」

ハム蔵「チュチュイ! チュイ! チュイ~~!」

スパイク「何だそのジェスチャー?」

「あのー、我那覇さんはいらっしゃいますか? 事前の打ち合わせがしたのですが?」

スパイク「あぁ、えっとー……」

ハム蔵「ヂュイ!? チュヂュイ!」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:40:15.80 ID:bMjGNJQG0

スパイク「あぁ? ついて来いって? 俺に命令するな」ダッ

スパイク「どこ行ったんだ……!」


「うぎゃー! 放して!」
「おら! 早くこの車に乗れってんだ!」


スパイク「響!? あっちか!」

ハム蔵「チュイ!」



悪徳「へっへっへ、あばよ!」ブロロロロ

響「スパイクーー! 助けてーー!」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:43:58.78 ID:bMjGNJQG0

スパイク「チッ、ジェット! おいジェット! 悪徳だ!」

ジェット『何ぃ!? 場所を送ってくれ。こっちも向かう』

スパイク「ソードフィッシュはどこだ!」

ジェット『お前が昨日のうちに送っとけなんて言うもんだからな。
      言われた通り、そこの会場の駐車場に送り停めてある』

スパイク「わかった!」

ハム蔵「……チュイ」

スパイク「何してんだ珍獣! 一緒に来い!」

ハム蔵「……ッ! チュ、チュイ!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:47:12.72 ID:bMjGNJQG0

…………
……



響「降ろしてよ! 自分これからフェスに出なくちゃいけなくて……!」

悪徳「へっへっへ、お宅、765プロなんでしょう?
    竜宮なんとかで最近稼いじゃってるらしいからね」

悪徳「そのお金をがっつり身代金として要求しちゃうからね」

響「うぅ~……じ、自分がドジだから……こんなことに」

響「う、うぐっ、……うぅっ」



ズガガガガガガ!!


悪徳「な、なんだ!? このマシンガン……!」

スパイク「見つけたぜ!」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:52:09.37 ID:bMjGNJQG0

響「スパイク!」

スパイク「さっさと停まりな!」


ズガガガガガガ!


ハム蔵「チュイチュイ!」

スパイク「あぁ!? 響がいるから撃つな!?」

スパイク「じゃあどうしろってんだよ」

ハム蔵「チュイチュイ! ヂュイ!」

スパイク「だーっ、乗せんじゃなかったぜ」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 18:56:28.69 ID:bMjGNJQG0

悪徳「チッ、これでも喰らいな!」バッ



『奴が拳銃を出してきた時は気をつけろ』


悪徳「おらっ!」

バンッ!



スパイク「……っ!」


ぐるんっ

ハム蔵「ヂュイ~~!」


悪徳「避けられた!? くそ!」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:00:40.23 ID:bMjGNJQG0

悪徳「だったらこの……!」

ガシャンッ


悪徳「ホーミングタイプのウイルス弾ならどうかな!?」


バシュゥゥッ!


スパイク「なっ……んの野郎!!」


ドガァンッ


悪徳「へっへっへ! 当たったぜ!」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:03:03.86 ID:bMjGNJQG0

悪徳「ざまぁねえな!」

響「う、うぎゃーー! 前!! 前!!」

悪徳「な、なんだこのマシンは!」

フェイ「はーい、停まってー? そこまでよ」

……

スパイク「ジェット! 不味い、またウイルスに感染した」

ジェット『またか! 今そっちにはフェイが向かったが……』

ジェット『何やってんだ! って、こっちもか!』

……

フェイ「ちょ、ちょっとやだ! なにこれ! マシンが! 勝手に!」ぐわんぐわん

悪徳「おら、車降りてこっち来い!」グイ

響「い、痛い! 痛いってば!」

悪徳「喚くんじゃねえ! おら、こっちだ!」



74:保守ありがとうございます:2012/12/16(日) 19:42:50.97 ID:bMjGNJQG0

スパイク「だめだ、ジェット、一回どこに不時着する!」

ハム蔵「チュイ! チュチュイ!」

スパイク「はぁ? あっちの方角にしろって!?」

スパイク「あっちはお前の家の方……一体どうするんだ」


ゴォォオオ……!

ガガガガガガ……。


ハム蔵「チュイッ!」バッ

スパイク「あ、おい! どこ行くんだ! ったく、だからケダモノは嫌いなんだよ!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:45:05.79 ID:bMjGNJQG0

ハム蔵「……!」タッタッタッタッ

スパイク「響の家……?」

スパイク「……」ガチャ


ハム蔵「チュチュイ! チュイチュイ!」

いぬ美「バウッ!」

へび香「シャー!」

ねこ吉「ニャー!」

ブタ太「ブー!」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:46:36.01 ID:bMjGNJQG0

ゾロゾロ……。



スパイク「おい、お前らまさか……」

スパイク「……しょうがねえ。よし、ケダモノ達、自分のご主人の匂いくらいはわかるな?」

スパイク「まだこの近くにいるはずだ。全員で取り返しにいくぞ」


…………
……




78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:50:49.44 ID:bMjGNJQG0

悪徳「はぁ……はぁ……よし、とりあえずこの廃工場に隠れよう」

響「は、離せ! 何をしても無駄だからな! 悪いことしたら捕まるんだぞ!」

悪徳「冗談じゃねえ!」

響「今に見てろよ! きっとスパイクが助けに来てくれるんだからな!」

悪徳「ただでさえ……黒井社長を敵に回しちまって追われてるのに」

悪徳「こんな所で!!」

スパイク「残念だったな。あんたもお終いさ、観念するんだな」

悪徳「な、なにィ!? な、何故ここが……」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:54:39.49 ID:bMjGNJQG0

スパイク「俺の相棒があんたの薄汚いバイ菌にかかっちまったんでな」

スパイク「ちょっとばかし、他人の相棒と手を組んだってわけさ」

スパイク「マシンよりも、鼻の効く相棒にな」

悪徳「くっ……!」

響「スパイク! 自分、信じてたぞ!」

スパイク「悪いな、今は俺は響に用があるんじゃないのさ。
      そっちの首にかかった賞金に用があるんだよ」

響「え?……賞金?」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:57:06.53 ID:bMjGNJQG0

悪徳「チィッ! やっぱりあんた、賞金稼ぎだったか!」

スパイク「だとしたら、どうする?」

悪徳「う、動くなよ! 動いたら! この餓鬼にウイルスぶち込んでやるからな!」

響「ひぃっ!? た、助けて……スパイク……!」

スパイク「言ったろ? あんたはお終いなんだって」

スパイク「それに、俺は響には用はない。だからやりたきゃやれ」

悪徳「な、なにぃ!?」

響「……!? そ、そんな……」

スパイク「だけどなぁ……俺以外は許さないと思うぜ?」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 19:58:36.07 ID:bMjGNJQG0

へび香「シャーーー!」ガブッ

悪徳「い、いでえええ!? な、なんだぁ!?」

いぬ美「バウッ!」ガブゥッ


悪徳「あああああ!!」

響「へび香!? いぬ美!?」


悪徳「は、離せ! くそ!」

ねこ吉「ニャー!」ガリガリッ

悪徳「ぎゃあああああ!」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:02:13.69 ID:bMjGNJQG0

ハム蔵「ヂュイイイ~~!」ドガッ

悪徳「ぐふぅ!? こ、こいつらいつの間に!?」

スパイク「俺に気を取られているうちに背後に回ったのさ」

いぬ美「バウッ!」ガブッ

悪徳「ぎゃああーーーっ!」

ワニ子「…………」ギロッ

悪徳「ひっ!? ひぃいいいい!?」

悪徳「や、やめろ……やめてくれぇぇえ!!」

悪徳「あぁぁああ~~~…………」ドサッ



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:08:03.17 ID:bMjGNJQG0

スパイク「響、大丈夫か!」

響「す、スパイク……うぅ、うわぁぁああん!」

スパイク「悪かったな、遅くなって」

スパイク「大丈夫だ。もう安心しろ」

響「……うぅ、うぐっ、自分……怖かったぞ」

スパイク「ああ、さあ、帰ろう……フェスが始まっちまう。最高のショーを見せてくれ」

響「……うん! でもここからじゃ間に合わない……」

スパイク「心配するな。すぐになんとかする」

ジェット「おーい、スパイク!」

スパイク「よお、遅かったな。こいつの身柄は頼んだぜ。
      おっと、言っとくが賞金は俺のものだからな?」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:11:42.81 ID:bMjGNJQG0

ジェット「あぁ、俺は構わんが……フェイの野郎は何を言うかわからんぞ」

スパイク「放っておけ。それより、アレ、ちょっと借りるぜ」

スパイク「着いてきな、響。それとお前たちもだ」

いぬ美「バウッ!」

ハム蔵「ヂュイッ!」

ゾロゾロ……

響「え!? えぇぇ!? ま、まさかこれで飛んで行くの!?」


ジェット「お、おい! それは俺の! 待て、そいつがねえとこの身柄を連行できねえぞ!?」

ジェット「おい、スパイクーーー!」

ジェット「…………くそ、行っちまいやがった。……ったく」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:17:22.95 ID:bMjGNJQG0

――フェス会場――


『我那覇響さんはご都合上、フェスへの出場を辞退し……』


響「ちょっと待ったーーーー!」



「な、なんだあれ!? 上からマシンが!?」
「おい、アレ見ろよ! 中から誰か出てきたぞ!」


響「はいさーい! みんなー! 遅れてごめんなさい!」

響「今日は自分の大好きな動物達と一緒にパフォーマンス決めるぞ!」

響「曲は! Brand New Day!」



…………
……




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:20:22.51 ID:bMjGNJQG0

――数日後、ビバップ号――


ジェット「事務所の修理代で賞金もパーだ。また貧乏暮らしだな、スパイク」

スパイク「あれは俺の賞金なんだから別にいいだろ」

フェイ「ふぅーん。案外名残り惜しかったりして?」

スパイク「けっ。なわけあるか。あんな場所に閉じ込められて、
      ずっといっしょにいさせられて、お守りなんて御免だぜ」

フェイ「あら、案外似合ってたわよ? お守り」

エド「わーい、お守り~! あははは」

アイン「ワンッ!」

スパイク「チッ、こいつらを見てるとあっちの餓鬼共とケダモノのがましに思えてくる」

ジェット「……同感だ」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:23:55.28 ID:bMjGNJQG0

ジェット「ん? スパイク? なんだそれは?」

スパイク「あぁ、これか? 新しく出すCDだとよ」

ジェット「もらったのか?」

スパイク「持ってけってうるさいからな」

ジェット「曲のタイトルは?」

スパイク「……”いっしょ” ……だとよ」





END



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:27:18.73 ID:bMjGNJQG0

短いですが、終わりますね。
ありがとうございました。



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/16(日) 20:26:25.11 ID:K61DuWgH0

意外と合うもんだな




転載元
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 22:05
          • 5 互いのキャラを崩さずにビバップ特有の乾いた空気を良く表現できていて楽しめた、
            欲を言うなら他のアイマスキャラとの絡みももっと見たかったかも
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 22:34
          • ジェット「スパイクって…誰だっけ?」
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 22:47
          • 4 ある意味前衛的ですらある、でも俺得コラボ。
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 22:54
          • スパイクやジェットがソードフィッシュのこと「マシン」なんて言うかなぁ、なんて考えてたらずっと違和感感じて楽しめなかった。
            俺の馬鹿……。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 22:55
          • 5 互いの作品に過干渉せずに引き立てあう素晴らしいクロスだった
            出来れば全キャラ分か劇場版テイストの長編を読みたい
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 23:39
          • タイトル3度見した
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 23:50
          • 4
            このクロスの発想はなかった
            でもどっちかと言うとスパイクよりジェットの方がキャラ的には合ってる気がする
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 23:54
          • 4 まさかと思ったらビバップですか……意外だったよwww
            他のアイドルとの絡みも見たかったけど、>>1GJ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 00:50
          • 只今WOWOWで朝の5:00までビバップ最終回までを放送中
            24日0:00から劇場版放送
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 02:00
          • 5 まさしく俺得ゥ!!
            スパイクは相変わらずドライだな
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 10:29
          • ※7
            確かにジェットの方が合いそうだな
            風水師の女の子の面倒を見る回が思い浮かぶ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 10:50
          • このクロスは良いな
            スパイクのジークンドーの腕を知った真が弟子になりたがるとか、年少組に懐かれるジェットとか、エドに振り回されながら賞金首を追っかけるハメになるPとか、フェイを見て「くっ…」ってなる千早とかを想像した
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 11:31
          • >スパイクのジークンドーの腕を知った真が弟子になりたがるとか、

            なんか撃たれて死にそうだなその真
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 12:02
          • ※12
            亜美真美「おっちゃん→おっちゃ-ん→」

            ジェット「俺はまだ35だ!」

            ※13
            そういやビバップ本編でそんな話あったな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 12:17
          • 5 良かったよ、読みやすかったし雰囲気がでてたと思う。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 12:30
          • 5 765プロがビバップ号に間借りする第二部はまだですか?
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 12:43
          • ジェット「今日のメニューは特製チャーシュー麺だ」

            貴音「……あなた様、ちゃあしゅうが無い麺はちゃあしゅう麺とはいわないのではありませぬか?」

            ジェット「金が無い時ゃゆうんだよ!」
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月18日 16:57
          • 5 最後が、ENDじゃなくて、See You Space Cowboy なら、完璧だった。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 20:37
          • 正直内容は微妙だった
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月05日 22:40
          • 5 確かにそんなチャーシュー麺なら貴音は文句言うだろうな(笑)

            そういえばエドって女の子だったな
            …いける!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月17日 20:22
          • ブギウギフンシェイのメインがスパイクだったら、みたいな感じだな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月02日 10:25
          • 5 よかったよー
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月22日 23:56
          • 5 野良犬のストラットみたいな軽いお話だったな
            良い、実に良い
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月05日 01:05
          • ※23 自分もそれを思い浮かべてたw
            ビバップssもっと増えないかな・・
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年01月12日 12:54
          • これは良作ですな
            エドワードが影薄過ぎたのが残念やったくらいか、2回目はアンチウイルスでも作って対抗する流れやと思った
            あと、ワニはやべーわ、噛まれなくてよかったねー
            田舎育ちやから土の匂いとか獣の匂いとかしまくる響の部屋は入ってみたいわ、たぶん安心感あると思う
            ただ猫や犬のトイレ単体だけでもスゲー臭うからあの頭数のトイレ設置してあると扉で区切っても関係ないくらいキツいやろうなぁ、その中で鍋とか死にそう
            蚤・虱とか寄生虫の類も怖過ぎやしあの連中は放し飼いもキツいが室内飼いするには相当の面積いるやろ
            庭付き一戸建てで高めの壁に返しのついたフェンスでも付けて何とか…
            ってか、そんな空間あったら住みたいわ
            賃貸なら隣室への異臭騒ぎで追い出されそうやしやっぱ広い一軒家は必須か、いくら知能が高くても避けれない問題は多いしな
            事務所に連れてくるのも、衣装に毛がついたり地面が汚れたりで迷惑そうやし、ワニとかは往路で通報されるやろなぁ。予防注射とか医療費も動物ってでかいし食費もワニとか大変やし猫や犬ですら万単位やし一人暮らしなら家賃も発生するし広いとこは高いやろし貧乏事務所なら出してやれるか分からんし寮は動物不可やろし遊興費も若いから欲しいやろうし仕事の関係で服やメイクやアクセに金かけないといけないだろうし…………正直かなりの金持ちやろ売れてないときから。もしくは水瀬の小遣い安くても月数百万とかやろし(某車メーカーの息子はそんな感じやったらしいし)、そっから恵んでもろてるかくらいか…円光したらあのルックスなら一回10万でもいけると思うけど
            動物好きやけど壁は大きいな、千早の壁ならいいのに
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年01月29日 00:15
          • 765プロ(ミリマスじゃない方)だとクロスしても妙な安心感があるんだよ。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月19日 06:47
          • アイマス全然詳しくないのに素晴らしい安定感だったわ

            もっと増えないかなビバップss

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • ( ^ω^)戦車道史秘話ヒストリア!のようです
        • 【アズールレーン安価】QE「優雅なお茶会」ベルファスト「その2」【アズレン】
        • 男「元奴隷が居候する事になった」【安価有】
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        • 【モバマス】高森藍子「追いつめた? まさか。誘い込まれたんですよ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ