TOP

美琴「あ、あんた…どーせクリスマス暇なんでしょ?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:25:09.84 ID:lqkZcndIO

上条「なっ!?おい、ちょーっと失礼じゃないですかぁ?流石の俺も傷つくぞ!!……ま、暇だけどな…はは…は…はぁ…」

美琴「ほらっ、やっぱり暇なんじゃない♪」

上条「……なんでお前は嬉しそうなんだよ…」

美琴「ね、ね、暇ならクリスマスイブ…その…買い物にでも付き合って欲しいんだけど…」ゴニョゴニョ

上条「はぁっ!?俺が?お前と!?……ふ、不幸だ……」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:27:06.04 ID:lqkZcndIO

美琴「なっ!?あ、あんたこそ失礼じゃないっ!!あんたが暇だって言うからせっかく私が誘ってあげたんじゃない!!」ピリピリ

上条「わかった、わかったから!!街中で電撃止めろ!!」

美琴「そうそう、始めから素直になればいいのよ」

上条「……やっぱり…不幸だ…」

美琴「…なんか言った?」

上条「……なんでもないです……はぁ…」

美琴「じ、じゃあ駅前に2時っ!!遅れたら殺すからっ!!」

上条「…はいよ……」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:27:50.40 ID:lqkZcndIO

ーーーーーーーーー
上条「はぁ……(とは言ったものの…インデックスはどうしたものか…)」

上条「おーい、インデックス!」

禁書「なになに?」

上条「クリスマスの日留守番頼めるか?出掛けにゃならなくなった」

禁書「えっ!!き、聞いて無いんだよ!?」

上条「今言ったしなぁ…急用ができたんだよ…うん、ホントに急用」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:30:07.93 ID:lqkZcndIO

禁書「そ、そんなの知らないんだよ!?……トーマ、どーせ他の女の子と出掛けるんでしょ」ジトーッ

上条「ち、違うわっ!!(鋭い!!)」

禁書「………ご飯はどうなるの…?」

上条「…そうだなぁ……多分晩メシは食ってくるかと…」

禁書「……」プチン



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:33:17.54 ID:lqkZcndIO

禁書「…トーマは楽しい思いして美味しいものも食べるんだ?…幸せだね?私を置いて一人でっ!!私を見捨ててっ!!」バンッバンッ

上条「……はは…ま、まぁ落ち着いて…(……やっぱりこうなるか…)」

禁書「むーっ!!お腹空いて死んじゃうよっ!!トーマ、私死んじゃうよっ!?」

上条「そ、そうだ!小萌先生の所に行って…な?それなら晩飯食えるぞ!?なんなら泊まって…俺が先生にお願いしてみるからっ!」

上条「ほらっ、このとーり!!」

禁書「う~っ!!!…いいもんっ!!私は大人だからそれで許してあげるもんっ!!」プイッ

上条「は…はは…アリガトウゴザイマス…」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:34:06.71 ID:lqkZcndIO

ーーーーーーーーー
上条(さて、当日になったわけですが………とあるシスターがふてくされてたが…何とか先生にもOKもらえたしな……)

上条「雪降ってら…待ち合わせは…2時だったよな……おし、10分前だ………ん?」

美琴「おっそい!!」

上条「……げ…」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:34:59.97 ID:lqkZcndIO

美琴「はぁ…待ち合わせで女の子待たせるなんて、あんたどういう神経してんのよ?」

上条「ちょっ、ちゃんと2時前だろっ!!お前何分前に来てんだよ!?」

美琴「え…それは……あ~っ、もうっ!!うっさいわね、ほらっ、さっさといくわよ!!」

上条「………ふむ…」

美琴「…なによ?」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:36:37.07 ID:lqkZcndIO

上条「いや…何か新鮮だな~って…ほら、いつも制服しか見てないだろ?」

美琴「…え…あ、あぁ…そういえばそうね…」

上条「似合ってんじゃん」

御坂「は、はぁっ!?な、何言って、バ、バッカじゃないの!?っていうかあんたはもう少し服に気を使いなさいよねっ!今日はクリスマスよ!?クリスマス!!」ドキドキ

上条「は、はい……すんませんでした……(…俺は何で褒めたのに謝ってんだ…?…わからん)」

美琴(……コイツといるとホント調子狂うわね…)ドキドキ



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:39:31.95 ID:lqkZcndIO

ーーーーーーーーー
上条「……で、服見て雑貨見て…次は何処行くんですかぁ?」

美琴「そうね…少し休憩しよっか、近くの喫茶店でも……」

上条「りょーかい」

美琴「……あっ…」

初春「……あ…」

佐天「あぁっ!!御坂さんじゃないですかっ!!」

バッタリ



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:40:13.79 ID:lqkZcndIO

初春「偶然ですね~、こんな所で会うなんて」

美琴「そ、そうね…二人は買い物か何か?(……マズい…見られちゃった…)」

佐天「そうなんですよ~!!私達独り身ですから、クリスマスなんて…ね……ところで…」ニヤニヤ

美琴「うっ…」

佐天「その人は彼氏さんですかぁ?流石御坂さん、隅に置けないですね」ニヤニヤ



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:40:58.13 ID:lqkZcndIO

美琴「ち、違っ…!!」アセアセ

初春「御坂さん、彼氏さんがいたんですね!!紹介して下さいよ~」

美琴「~~~っ!!!違うからっ!!!だっ、誰がこんな奴と付き合うもんですかっ!!!見るからに頭悪そうでっ…っていうか馬鹿!!そうっ、コイツ馬鹿だしっ!!!こんな奴願い下げだっつーのっ!!!!」

佐天「…へ…?」

初春「…えっ……え…?」

上条(…ほ、本人の目の前でここまで言いますか…?……普通に傷つくんですけど…)



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:42:15.40 ID:lqkZcndIO

美琴「はーっ…はーっ…と、とにかく違うからっ!!」

佐天「…でも…クリスマスに男女二人で歩いてたら普通カップルにしか見えませんって…ねぇ?」

初春「そ、そうですよ…」

美琴「な、ななっ、わ、私とコイツが…カ、カ、カップ…」チラッ

美琴「」ボンッ



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:43:01.86 ID:lqkZcndIO

上条(……助け船出してあげますか…)

上条「あ~、そうそう、俺ら全然付き合ってないから…今日はコイツの買い物の付き添い…タダの友達ですよ、はい」

美琴「っ!!」

佐天「そうなんですか…ちぇー、残念だなぁ」

初春「まぁまぁ、あ、時間が…それではこの辺で失礼しますね……さ、行きますよ、佐天さん」

佐天「あっ、初春待って…じゃあ失礼します!!」ペコ



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:48:12.39 ID:lqkZcndIO

上条「ほっ……助かったぞ、おーい…」

美琴「……」

上条「…?」

美琴「…ていっ!!」ドゴッ

上条「ぐはっ!!ちょっ、待て待て待て!!!」

美琴「はーっ……ん、スッキリした」

上条「え…ちょ…上条さんはあまりの理不尽さに混乱を隠せないのですが」

美琴「いいからっ!!次、行くわよ!!」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:49:38.78 ID:lqkZcndIO

ーーーーーーーーー
上条「ぷはー、食った食った…」

美琴「はぁ…あんたねぇ……クリスマスにファミレスってどうなのよ……もうちょっとお洒落なお店とかさぁ…」

上条「貧乏学生ナメんじゃねーぞっ……っていうか、店内でそーゆー話はしちゃいけません!……それにうまそーに特大のパフェ頬張って奴は誰ですかぁ?」

美琴「で、デザートはいいのっ!別腹だからっ!!」カアァッ



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:50:26.87 ID:lqkZcndIO

上条「…さいですか……んじゃ、そろそろ出ますか」

美琴「あ、うん…」

ウィーン
上条「寒っ!!…って雪積もってんじゃねーか!!」

美琴「うわっ、ホントだっ…クリスマスに雪が積もるなんて何年振りかしら」

上条「凍ったりしてないよなぁ……さて、と…次は何処行くんだ?」

美琴「ん~……あ、あんた何処か行きたい場所ある?」

上条「俺か?……そうだな……んじゃ一ヶ所だけいいか?」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:51:18.92 ID:lqkZcndIO

ーーーーーーーーー
アリガトウゴザイマシター
美琴「ケーキ屋……あんたが…ねぇ…」

上条「別にいいだろ……(……噛まれたくはないからな…うん…)」

美琴「別に構わないけどさぁ……何でホールケーキなのよ…一人で食べれるの?」

上条「食う、食うぞ!(……多分インデックスならかるーく…)」

美琴「むっ……そっか…一人でね…ふーん」

上条「?」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:54:51.34 ID:lqkZcndIO

美琴「…あっ……うわぁっ!!ね、ね、アレ見てアレ!」

上条「あー?どうした……って…うわ…すげ……」

美琴「おっきなクリスマスツリー…ライトアップされてて…雪も降って…キレー…」

上条「っ!」

美琴「?……どうしたの?」

上条「い、いやぁ…ははっ…お前もそんな顔するんだなぁってさ…眉間にシワ寄せるよりそっちのが女の子っぽいと思うぞ」

美琴「なっ!!~~~っ!!………ば、ばか……(…っていうかよく見たら周りカップルだらけだし…うぅ…何か変に意識しちゃうじゃない…)」ドキドキ



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:57:09.31 ID:lqkZcndIO

美琴「あっ、そ、そう!!あんたにコレあげる!!」ガサッ

上条「ん?何これ?」

美琴「ふふっ、私からのクリスマスプレゼント!!感謝しなさいよね~」

上条「それはそれは………へぇ、マフラーか」

美琴「ほら、あんた持って無さそーだったから実は私の服を買うときに一緒に買ってたのよ……か、勘違いしないでよ!?ついでなんだからねっ!ついで!!(…わ、渡せた!!)」

上条「サンキューな」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:57:51.02 ID:lqkZcndIO

上条「あ、でも俺プレゼントとか何も準備してねぇぞ」

美琴「い、いいのよ…ホントについでだったから(……ちょっとだけ期待してたんだけどな…)」

上条「……そうか?」

美琴(……うわ…あのカップル…キ、キスして……他にも……すご…)ドキドキ

上条(…ふむ……とはいえ…もらったままじゃ流石に悪いよなぁ…)



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:58:47.02 ID:lqkZcndIO

上条「おし、ちょっと待っててくれ何か買って…」

美琴「ま、待って!」ガシッ

上条「?なん……」

美琴「んっ!」チュッ

上条「んぐっ!?(……はぁ!?な、何ですかぁっ!?)」

美琴「…んっ……はぁ…(あわわ…キ、キス…しちゃった……私の…初めて……)」ドキドキ

上条「あの…御坂さん?これは一体どういう…」

美琴「へっ!?あっ、いや、違うの!!周りの雰囲気に流されたとかそんなんじゃなくてっ…!!」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 19:59:17.35 ID:dmK12cyYO

ビリビリやるじゃん



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 20:02:06.15 ID:lqkZcndIO

上条(……何なんだ……おい……)

美琴「プ、プレゼント!!そう、あんたから私へのプレゼントってことで…あっ、それも違っ…あぅ…」アタフタ

上条(……コイツってこんな…)

美琴「うぅ……い、今の無し!!やっぱ忘れてっ!!」カアァッ

上条(……可愛かったっけ…)ドクンッ



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 20:03:17.69 ID:lqkZcndIO

上条「なぁ、御坂…(…もう……)」

美琴「な、何っ!?」ビクッ

上条「プレゼントってのは貰って嬉しいもんなんだよな?(…どーなってもいいか……)」

美琴「そりゃ…そうなんじゃないの?」

上条「……ってことは…お前は俺にキスされると嬉しいのか…?」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 20:04:03.17 ID:lqkZcndIO

美琴「は、はぁっ!?そ、そんなわけ無いじゃないっ!!一回くらいのキ、キ、キスで調子に乗るんじゃな……んぐっ!!」チュウ

美琴「~~~っ!!!ん~~~っ!!(そんな…アイツから…キスなんて…)」

上条「…ん……(…あったけー……)」ニュルッ

美琴「っ!!!?(う、うそっ!?し、舌入れっ…)」ピクンッ

上条「…んっ……」チュパッ

美琴「ん~っ!!んっ……ん……」

上条「…ぷはっ……御坂…」

美琴「はぁ…はぁ……」トローン

上条「御坂…?」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 20:04:54.84 ID:lqkZcndIO

美琴「ハッ!!だだだ誰がっ!!!」

上条「?」

美琴「し、舌入れていいって言ったのよっ!!!!!」

ザワ…

上条「ばっ!!」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 20:05:41.80 ID:lqkZcndIO

上条「ちょっ!!公衆の面前でっ…見てるからっ!みんなこっち見てるからっ!!」

美琴「…え…嘘っ………っ!!!!か、帰るっ!!」ダッ

上条「お、おいっ、滑って危な…」

ツルッ ドシャーン

上条(…いわんこっちゃない……盛大にコケやがって…)



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 21:47:09.09 ID:lqkZcndIO

美琴「あうぅ…」グッショリ

上条「あの…御坂さん…?大丈夫で…」

美琴「うっさい馬鹿!!話しかけんなっ、この変態っ!!」

上条「…はぁ…ったくコイツは……はいはい…わかったからどっかで着替えてこいよ…ほら、さっき買った服もあんだろ?」

美琴「……コート……濡れた…」

上条「……ったく…」ヌギッ

上条「ほれ、俺のジャケット貸すからコレ羽織ってろ」

美琴「っ!!で、でもっ!!これじゃあんたがっ…」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 21:52:15.21 ID:lqkZcndIO

上条「あー、気にすんなって」

美琴「でも…」

上条「いいからいいから…ほら、待っててやっから」

美琴「う、うん……す、すぐ戻るからっ!!」タッ

上条「おーう…………やっぱ…さみ……」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 22:08:20.01 ID:lqkZcndIO

ーーーーーーーーー
美琴(うぅ…やっちゃった……何よ…アイツはアイツで馬鹿みたいにカッコつけちゃってさ……)ドキドキ

美琴(いやいやいやいや!!元はと言えばアイツがいきなりあんなことっ!!)

美琴(………私からじゃん…)

美琴(………うぅ…恥ずかしくて死にそう…)カアァッ

美琴「と、とりあえず着替えないと…」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/24(木) 23:09:09.79 ID:m60pnzuE0

ふむ…
続けたまえ



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 11:37:01.75 ID:NghEFJKVP

>>1まだー?



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 17:36:58.88 ID:h9gopHLKO

なんか適当に書いていいですか?



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 17:45:38.88 ID:6TUMoywD0

聞くな わかってるだろう



180:取り敢えずバイトの時間まで頑張ります:2009/12/25(金) 17:55:56.88 ID:h9gopHLKO

美琴「ん? あれは……お~い」

上条「……なんだ、ビリビリか」

美琴「ビリビリ言うな。どうしたのよ、しょぼくれた顔なんかして」

上条「何を言ってんですか、美琴センセー。今日も今日とて上条さんは元気いっぱい夢いっぱいですよ。は、はは……」

美琴「笑いが乾いてるんだけど……。はは~ん、さては……」

上条「な、なんだよ」

美琴「一人っきりのクリスマスが寂しくて、落ち込んでたとか……なんてね~」
上条「…………」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 18:05:39.64 ID:h9gopHLKO

美琴「あ、あれ? 図星?」

上条「は、ははは……クリスマスなんて幻想ですよ……。カップル共にはそれが分からんのですよ……」

美琴「なんていうか、掛ける言葉が見つかんないわ……」

上条「きっと君は来ぉな~い~。一人っきりのクリスマスイィ~ヴ……。この幻想は……上条さん、ぶち殺せませんでしたよ……」

美琴「あ、あははは……」

上条「あいつはあいつで用事があるとかでイギリスに帰っちまうしなぁ……」

美琴「……じゃ、じゃああんた、今日は一人なんだ?」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 18:13:53.92 ID:h9gopHLKO

上条「えーえー、上条さんは聖なる夜もオンリーロンリーグローリーを貫かせていただきますですよ」

美琴「そ、それならさ……」

佐天「お~い、御坂さーん」

初春「こんにちは~」

上条「御坂は友達とクリスマスパーティーかなんかか? うんうん、青春ですねぇ……。俺の分までしっかり楽しんでこいよな。じゃあ」

美琴「あ……」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 18:25:40.20 ID:h9gopHLKO

初春「すいません、お邪魔でしたか?」

美琴「……ううん。二人はどうしたの? これからどっか行くとか?」

佐天「あ、はい。これからセブンスミストにプレゼントを買いに。それで初春と交換し合おうと思いまして。ねー」

初春「はい♪」

美琴「仲がいいわよねー、あなたたち」

佐天「御坂さんは彼氏にプレゼント贈るんですか?」

美琴「はぁ!? べ、べべべ別にあいつはそんなんじゃないし! さっき一緒にいたのもただの偶然だし!」

初春「別にさっきの人が彼氏かどうかは聞いてなかったんですけど……」

美琴「……!」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 18:35:49.15 ID:h9gopHLKO

佐天「語るに落ちるってこういうことを言うんですねぇ。でもそれならチャンスじゃないですか」

美琴「……チャンス?」

初春「今日は聖なる夜ですよ?」

佐天「プレゼントを渡してそのまま告白! そして二人は……なんて素敵じゃないですか」

美琴「でも私は……」

初春「御坂さん」

美琴「……なぁに?」

初春「クリスマスは女の子が大胆になれる日なんですよ? 素直な想いを伝えるにはこれ以上はない日だと思います」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 18:42:18.26 ID:h9gopHLKO

美琴「でもプレゼントなんて、何を贈ればいいか分かんないし……」

佐天「あ、じゃあ御坂さんも私達と一緒に行きません? 私と初春でばっちりプロデュースしちゃいますよー」

初春「そうと決まれば早速GOです!」

美琴「え、あ、ちょっとー?」

佐天「まあまあここは一つ任せてくださいって」



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 18:54:38.00 ID:h9gopHLKO

~セブンスミスト~

佐天「じゃ~ん! これなんてどうッスか?」

美琴「これは……サンタの衣装? その割りにはなんかいろいろと丈が短いような……」

初春「取り敢えず試着してみましょう」

美琴「いや、ちょっ……」
~試着中~

美琴「無理! なんかこれ、いろいろと無理だって!」

初春「うわあ~、可愛いです御坂さん!」

佐天「これで迫られたらどんな男の子でもいちころだね! もう寧ろ墜ちない奴は男じゃないね!」

初春「これ、白井さんが見たらどんな顔するんだろう……写メ撮ってもいいですか?」

美琴「ってもう撮ってるじゃない!?」



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 19:28:10.21 ID:h9gopHLKO

美琴「ほんとに無理だってぇ……。こんなの私なんかじゃ似合わないし……」

佐天「…………」

初春「…………」

美琴「な、なによぅ」

佐天「ッてえーぃ!」

美琴「あいたっ!? な、なんでいきなりチョップ……?」

初春「御坂さんは一度自分の可愛さを知るべきです!」

佐天「えぇーい! こうなったらとことんやっちゃうよ、初春!」

初春「了解です、佐天さん!」

美琴「い、いやあぁ~……!」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 22:17:19.36 ID:h9gopHLKO

~上条宅前~

美琴「う~……ど、どうしよう……。あの二人の勢いに負けてあいつん家まで来たけど……」

初春『御坂さんは一度自分の可愛さを知るべきです!』

美琴「あいつも……可愛いって、思ってくれる、かな……」

いつも子供扱いばかりだけど、今日ぐらいちゃんと女の子として見てくれるかな……?

美琴「……っくしゅん! う~、いつまでもここでこうしてるわけにもいかないし……えい!」

胸の高鳴りを押さえ、勇気を出して呼び鈴を押す。
上条「はいは~い、なんでせうか~? 今、上条さんは機嫌が悪いので、何かの勧誘なら容赦しませんよ~、と……」

美琴「…………」

上条「…………」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 22:30:04.64 ID:h9gopHLKO

美琴「め、メリークリスマス……」

上条「…………」

美琴「……な、何か言いなさいよ……」

上条「これは……」

美琴「きゃっ!?」

上条「右手で触っても消えない……!? 幻想じゃないのか!?」

美琴「あ、あの……」

上条「あ、あぁ、わりぃ。御坂、だよな? 一瞬誰かと思った」

美琴「どういう意味よ」

上条「いや、いつもより可愛かったから、ちょっと分からんかった」

美琴「んなッ!?」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/25(金) 22:39:10.84 ID:h9gopHLKO

美琴「な、なな……」

上条「つーかお前、すごい指先冷えてんじゃねえか。もしかしてその格好でここまで来たのか?」

美琴「う、うん……」

上条「はぁ、何やってんだよ。風邪ひいちまうだろ」

美琴「う……」

上条「とにかく上がれ。今、何か温かいもん用意すっから」

美琴「あ、ありがと……」



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 00:37:34.52 ID:wx9b++xOO

上条「ほら、ホットココア。熱いから気をつけろよ」

美琴「あ、ありがと……ふー……」

上条「で?」

美琴「うん?」

上条「どうしたんだよ、急に?」

美琴「え、え~と……」

美琴(ど、どうしよう。佐天は……)

佐天『こう前屈みになってですね、上目使いでじっと相手を見つめてですね……』

美琴(えっと前屈みになって……)

上条「どうした? 腹でも痛いのか?」

美琴(上目使いで……)

上条「な、なんで上条さん、睨まれてるのでしょーか?」

美琴(全然駄目だよ、佐天さーん!)



252:佐天さんにさん付け忘れたorz:2009/12/26(土) 00:53:35.14 ID:wx9b++xOO

美琴(くっ、くじけるもんですか。え~と最後は……)

佐天『プレゼントはわ・た・しって甘く耳元で囁いてとどめです。ベタかもしれませんが、ここまでされて嬉しくない男の子はいないと思いますよ』

美琴「ぷ、プレ、わた、あた……」

上条「顔真っ赤だぞ。熱でもあるんじゃないか? どれ……」

美琴「ッ!! あたぁッ!」

上条「いたッ!? ……なんでおでこをど突かれるのでせうか。熱を計ろうとしただけなのに……」

美琴「ほ、北斗の拳の真似」

上条「指先一つであの世行き!? クリスマスになんてもん、プレゼントしてくれやがりますか!?」

美琴「う、うぅ~……。やっぱり無理ー!」

上条「あ、おい、御坂!?」



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 01:07:26.02 ID:wx9b++xOO

美琴「はぁ……」

きらびやかにライトアップされた街の中を、とぼとぼと歩く。
街は聖夜を楽しむカップルで溢れ、浮かれた格好をした自分がいたたまれなくなり、逃げるようにいつもの公園へと足を向けた。
閑散とした公園のベンチに腰掛け、一人、物思いに沈む。

美琴「なんで素直になれないんだろう……せっかくのクリスマスなのに……」

女の子にとって特別な日。
そんな日までこんな調子だと、あいつに自分の素直な気持ちを伝えるなんて夢のまた夢だ。

美琴(あ、やばい。泣きそう……)

涙を零さぬよう、星空を仰ぐ。
空は恋人達を祝福するかのように綺麗だった。

美琴「はぁ、さむ……」



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 02:13:50.51 ID:wx9b++xOO

上条「そんな格好してたら寒いのは当たり前だっての」

美琴「え……?」

そんな言葉と共に、上着が肩に掛けられた。

美琴「あんた……どうして……?」

上条「心配だから追っかけてきた」

美琴「心配って、私が?」

上条「お前以外に誰がいるんだよ」

美琴「そ、そっか。……えへへ」

美琴(なんでだろ、さっきまで落ち込んでたのに……)

あいつの何気ない一言を聞いただけで心が軽くなる。



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 03:32:13.80 ID:wx9b++xOO

上条「はっくしょい!」

美琴「ってあんた震えてるじゃない。自分の上着はどうしたのよ?」

上条「急いでたんで、それ一枚しか持ってこなかった。なぁに、問題なしですよ。上条さんは普段から鍛えて……ふあっくしょい!」
美琴「……ん」

上条「ッ!? あの~、御坂さん? 何故急に抱き着いてきたりされたのでせうか?」

美琴「こ、こうやってくっついてれば少しは温かいでしょ」

上条「いやしかしですね」

美琴「う、うるさいわね。これであんたに風邪でもひかれたら、後味悪いでしょ。だから……そう! 仕方なくってやつよ!」

上条「…………」

美琴「…………」



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 03:47:30.81 ID:wx9b++xOO

美琴「……何か喋ってよ。黙られると、その……恥ずかしい、じゃない」

上条「あ~……そういえばさっき言いそびれたんだけど」

美琴「なぁに?」

上条(ちょっ、この体勢からの上目使いはまずいって!)

上条「その、な。似合ってるぜ、その服」

美琴「……えへへ、ありがと」

上条(だからここでその笑顔はやばいって!)

美琴「……ねぇ」

上条「ん?」

美琴「メリークリスマス……と、とうま」

上条「お、おう。その、メリークリスマス……み……」

美琴「み?」

上条「……御坂」

美琴「……ふふ、今はそれで許したげる♪」


fin



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 03:58:13.48 ID:0r2IKOBfP

乙。よかった
美琴は可愛いな



283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 04:10:00.46 ID:wx9b++xOO

サンタ服で上条さんに迫る美琴が書きたくてやった。反省はしているが、後悔はしていない。

だらだらとした書き込みで申し訳ありませんでした。
取り敢えずバイトに戻ります。
では皆さん乙!



美琴は上条さんの嫁。



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 04:24:59.53 ID:H59Xc3gJO

>>283
ありがとう
本当にありがとう



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 04:59:42.16 ID:0r2IKOBfP

>>283
いい上条×美琴をありがとう
バイトがんばれよ



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 06:35:16.40 ID:wx9b++xOO

バイトが終わったので、家に着いて寝るまで、後日談を書きたいとおもいます。
多分それまでに終わらないような気もしますが、よろしければお付き合い下さい。



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 06:41:12.42 ID:6dK310Wh0

おつかれ
wktk



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 06:45:14.32 ID:wx9b++xOO

上条「うだー……」

御坂サンタが家にやってきたその次の日、案の定俺は風邪をひき、一人寂しく寝込む羽目になったのだった。

上条「不幸……でもないか。御坂のサンタ姿を拝めたんだし。……可愛かったよなぁ、あいつ」

サンタの格好で抱き着く御坂の姿を思い返すが、途端に熱が上がったような気がしたので、すぐさま頭から追い払った。

上条「しかしこれはちょっとまずいような……。食うもんもないし。どうすっかなぁ……」

茹だった頭でぼんやりと考え事をしていたら、不意に呼び鈴がなった。



292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 06:59:37.84 ID:wx9b++xOO

美琴「おーい、生きてるー? ……あー、やっぱり寝込んでた」

上条「御坂? どうしてここに?」

美琴「あんたが風邪ひいてないか、やっぱり気になってね。そしたら案の定これよ」

上条「これぐらいどってことねぇよ。元気だけが取り柄のかみ……っくしょい!」

美琴「ほらほら、やせ我慢しないで大人しく寝てなさい。ご飯は食べた?」

上条「いや、食うもん無かったんで」

美琴「じゃあちょっと待ってて。薬飲むにしてもお腹の中からっぽじゃ駄目だし」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 07:13:18.18 ID:wx9b++xOO

上条「…………」

美琴「なによ、きょとんとしちゃって」

上条「いや、なんか良き母親ってかんじだなぁと思って。御坂、絶対いいお母さんになれるぞ」

美琴「ッ!! 寝言言ってないで大人しく寝てなさい! ま、まったく……」

上条「何怒ってんだ、御坂のやつ? まあいいか。ここは一つ、あいつの厚意に甘えるとしますかね」



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 07:25:16.99 ID:wx9b++xOO

美琴「はい、おじや出来たわよー」

上条「おぉ、ありがたい……」

美琴「……ちょっとあんた、ほんとに大丈夫? すごい辛そうだけど」

上条「さすがにやばいかも……。いつもの軽口トークも切れ味半減ですよ……」

美琴「今の台詞だけ聞くと平気そうにも思えるけど。……う~ん」

上条「飯食って寝れば治りますよ。というわけでいただきます」

美琴「…………」

上条「あの~、美琴センセー? そのおじや、俺に作ってくれたんじゃないのでせうか?」

美琴「そ、そうよね、相手は病人なんだし……深い意味なんて無いわよね。……うん」

上条「もしも~し?」



301:打ち間違えて消しちゃった…… orz:2009/12/26(土) 07:51:54.71 ID:wx9b++xOO

美琴「は、はい、あ~ん」
上条「ッ!? いやいやいや、そんなことして頂かなくとも一人で食べられますって!」

美琴「起き上がるのも辛そうにしてるやつが何言ってんのよ。ほら、あ~ん」

上条「…………」

美琴「背筋に電気を流して脊髄反射で口をこじ開けて食べさせ―――」

上条「あ、あーん!」

美琴「素直にそうしていればいーの。……はい」

上条「……ん。アチアチ!」

美琴「あ、ごめん、熱かった? ふー……ふー……」

上条「ッ!? (そわそわしちゃう。だって男の子だもん!)」



302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 08:03:18.35 ID:wx9b++xOO

美琴「結構食べたわねー。うん、食欲があるんなら大丈夫かな」

上条「け、結構なお点前でした……」

美琴「お粗末さまでした。じゃあはい、後は薬飲んで安静にしてなさい。落ち着くまで傍にいてあげるから」

上条(いや、あなたに傍にいられると落ち着けないんですけど)

上条「で、ではお休みなさい」

美琴「おやすみ」



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 08:23:45.65 ID:wx9b++xOO

美琴「ふぅ……部屋の片付けも大体済んだかな。あいつは……うん、よく寝てるわね」

上条「むにゃ……その幻想をぉ、ぶち殺すぅ……」

美琴「いったいどんな夢見てんのよ……。ふわ~ぁ……なんだか私も眠たくなっちゃった。少しだけ寝よっかな……」

美琴「おやすみなさーい……」



326:おはようございます:2009/12/26(土) 14:57:30.95 ID:wx9b++xOO

上条「……ん、ん~。あー、よく寝たぁ。……うん? 御坂?」

美琴「ん……」

付きっきりの看病に疲れたのか、御坂はベッドに突っ伏したまま、眠っていた。

上条「気持ち良さそうに眠っちゃってまあ……」

美琴「ん~……ふふふ……」

楽しい夢でも見ているのか、覗く横顔は幸せそのものといったかんじだ。

上条「ありがとな、御坂」

髪を梳くように御坂の頭を撫でる。
日だまりの中で眠っていたせいか、御坂の髪は温かくてさらさらとしていた。
美琴「……ふにゃー」

上条「あーぁ、髪、食っちゃってんじゃねえか」

くわえた髪を払ってやろうて御坂の口許に指を掛ける。

美琴「はむ」

上条「ッ!?」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 15:07:05.04 ID:wx9b++xOO

上条「み、みみみ御坂サン!? なにゆえわたくしめの指をおくわえになられているのでせうか!?」

美琴「ん……む……」

寝ぼけているのか、まるで乳飲み子のように指をくわえる御坂。

上条「起きてーッ! 美琴センセー起きてーッ!! これ以上は上条さんの精神がなんかもういろいろとやばいからー!」

美琴「ん……ちゅ」

上条「ぐぬぬぬぬぬ……!」



331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 15:19:03.33 ID:wx9b++xOO

上条(落ち着け、落ち着くんだ、紳士・上条当麻。訓練された紳士はうろたえない!)

美琴「んむ……ちゅ……」

上条「ああぁあぁ、舐めちゃだめえぇ」

再び熱が振り返し、頭の中が朦朧としてきた。

上条「相手は中学生相手は中学生相手は中学生……」

美琴「ん……とーまぁ」

上条「ぐわあぁ~……」

そこで名前ですか。そこで名前を呼んじゃうんですか。

上条(いかん、何がなんだかよく分からんくなってきた……こうなったら……こうなったらぁ……!)



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 15:29:11.58 ID:wx9b++xOO

上条「ふっ……ふっ……」

美琴「ん……ふわ~ぁ、よく寝たぁ。さて、あいつは……何してんの……?」

上条「よお、御坂、ふっ、いや、風邪とか煩悩を払うには、ふっ、やはり汗を流すのが、ふっ、一番だと思ってな。ふっ」

美琴「それで腹筋なんかやってるわけ?」

上条「あぁ」

美琴「あほか! 体力なんて使ったら余計熱が上がるだけでしょ!」

上条「いやしかしこうでもしないと俺の心の平穏がだな……」



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 15:42:25.04 ID:wx9b++xOO

美琴「あーあー、汗びっしょりじゃない。しょうがないなぁ、寝る前に身体拭いた方がいいか。すぐ準備するからちょっと待ってて」

上条「いやいやいや、そんなことして頂かなくとも、上条さんはこれこの通り元気なわけでして」

美琴「こぉら」

上条「あう」

子供を叱るかのように、こつんと頭を小突かれる。
美琴「病人は大人しくしてなさい。……これは治るまで付きっきりで見てないとだめかなぁ」

上条「……こいつ絶対、天然の小悪魔だ……」

こうして俺は風邪が治るまでの間、己の煩悩と格闘し続けることとなったのだった……。



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 15:51:30.07 ID:wx9b++xOO

~数日後~

美琴「っくしゅん!」

黒子「あら、お姉さま、風邪ですの?」

美琴「そうみたいね。……これはあいつのが移ったかな……」

黒子「……お姉さま、今、何と? ま、まさか……!」

美琴「ち、違うから! 黒子が考えてるようなことじゃないから!」

黒子「その反応……! きぃ――っ、あ、あ、あの類人猿んん!!」

美琴「あ、あはは……っくちゅん」

美琴「あいつの風邪、かぁ……ふふ♪」



fin



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 16:16:08.78 ID:ksaiVpjn0

>>338
良かった乙



343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 16:25:10.09 ID:wx9b++xOO

カミコトにエ口はいらない、いちゃいちゃがあればそれでいい……。

すいません、エ口は無理でした……。

何度も中断して申し訳ありません。

保守と支援してくださった方々、有難うございました。



誰か 続き 頼む



345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 16:30:06.83 ID:ZesW/PlVO

おつかれちゃん



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 16:32:17.05 ID:KgLSlvPMO

乙でした。



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 16:48:13.48 ID:H59Xc3gJO

お―――――――(*´Д`)―――――――つ



349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 17:21:46.52 ID:BtGRapXX0

保―――――――(*´Д`)―――――――守



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 21:56:30.08 ID:wx9b++xOO

もはやクリスマス関係ないけど、だらだらと後日談書きます。
オチとか決めてない&バイトの合間に書くので、中途半端なとこで終わるかもしれませんが、よろしければお付き合い下さい。



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:07:58.07 ID:wx9b++xOO

美琴「やっほー、来たわよー」

上条「早かったなー。まあ上がってくれ」

美琴「うん、お邪魔しまーす」

上条「そういえばお前、実家には帰らないのか? 年末年始くらい親御さんも顔、見たがってるんじゃないか?」

美琴「超能力者<レベル5>ともなると学外への外出許可を取るのが難しいのよ。そういうあんたは?」

上条「便りが無いのは元気な証拠ってやつですよ」

美琴「要するに帰るのがめんどくさい、と」

上条「そういうこと」



387:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:12:23.43 ID:wx9b++xOO

美琴「わ、こたつじゃない」

上条「ふふ~ん、それだけじゃありませんよ。もれなくみかんと猫も付いてきます」

スフィンクス「にゃ~」

美琴「分かってるじゃない、あんた♪」

上条「ふふふ、上条さんに抜かりはありませんよ」



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:17:49.63 ID:wx9b++xOO

美琴「はー……やっぱり冬はこたつでぬくぬくよねぇ」

上条「日本人に生まれてよかったと思える瞬間だよなぁ。それで何時頃出掛ける?」

美琴「まだちょっと早いし、まったりしてましょ。そういえばどこにお参りに行くの?」

上条「知り合いの巫女さんがバイトしてる神社」

美琴「……知り合いの巫女さん?」



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:28:58.16 ID:wx9b++xOO

美琴「巫女さんが知り合いってどういう交遊関係よ……。あれでしょ、またどこかで人助けして知り合ったんでしょ」

上条「よく分かったな……って、美琴センセーは何故に怒ってるのでせうか?」

美琴「別に怒ってまーせーんー。……あんたがそういうやつだってのは、よく知ってるしね」



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:40:22.84 ID:wx9b++xOO

美琴「はぁ~、それにしてもやっぱりこたつに入っちゃうと駄目ね。出られなくなっちゃうもん」

上条「こたつの魔力はあなどれねえよなぁ。あ、お茶いれたけど、緑茶でよかったか?」

美琴「ん、ありがと。……はぁ~、ぬくぬく~」

上条「そうしてるとなんか猫みたいだな」

美琴「ん~」



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 22:44:55.74 ID:wx9b++xOO

上条「はは、すっかり骨抜きだな。あ、みかん食うか?」

美琴「ん~、皮むくのがめんどくさい~」

上条「やれやれ、さすがの美琴センセーもこたつの魔力には勝てませんか」

美琴「勝てるやつがいたら見てみたいわ」



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:16:58.99 ID:ICrdZ8y7O

上条「ほれ、皮むけたぞー」

美琴「んー」

上条「……食べさせてやろうか?」

美琴「な、なにばかなこと言ってんのよ……って、うわ、白い筋全部取ってある。几帳面ねぇ」

上条「そーかー? ほれ」

美琴「だ、だから自分で食べられるってば」

上条「そういう割りには両手をこたつに突っ込んだままのはどうしてなんですかー?」

美琴「…………」

上条「はい、あ~ん」

美琴「…………」

上条「あ~ん」

美琴「あ、あ~ん」

上条「ほい」



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 00:34:30.10 ID:ICrdZ8y7O

美琴「……あ、甘い」

上条「もう一切れいくか?」

美琴「……あ~ん」

上条「ほいほい」

美琴「あ~……」

上条「と見せ掛けてフェイント!」

美琴「ん!」

上条「はっはっは、まだまだですな、美琴センセー。おぉ、このみかんの甘いこと」

美琴「むぅ~」



412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 01:09:54.25 ID:ICrdZ8y7O

上条「ほい、もう一切れ。ほーれほーれ」

美琴「む~……む!」

上条「はっ!」

美琴「甘い! はむっ!」

上条「ちょ……!」

美琴「むぐむぐ……ふっふ~ん、ざっとこんなもんよ」



413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 01:18:11.89 ID:ICrdZ8y7O

美琴「何よ、顔真っ赤にしちゃって」

上条「いやぁ……まさか指まで食べられるとは上条さん、思ってなかったもので」

美琴「…………」

美琴「……!? ちょ、なに訳分かんないこと言ってんのよ!」

上条「上条さん、不覚にもときめいてしまいましたよ」

美琴「も、もー、いいからそのみかん寄越しなさい」

上条「はいよ」



419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:00:54.48 ID:ICrdZ8y7O

美琴「…………」

上条「食べないのか?」

美琴「……あ、あ~ん」

上条「ッ!? いやいやいや、美琴センセー手ずから食べさせて頂くなんてそんな恐れ多い……」

美琴「やられっぱなしってのは、性に合わないの。いーから口、開けなさい。あ~ん」

上条「ちょっ、分かった。分かったから押し付けるのやめて」

美琴「あ~ん」

上条「あ~ん……うん、甘い。なんかもういろんな意味で」

美琴「ふふ~ん♪」



420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 03:17:06.45 ID:ICrdZ8y7O

上条「紅白でも見るか」

美琴「これ見るとなんか大晦日ってかんじよね。あ、一一一(ひとついはじめ)だ」

上条「好きなのか? このアーティスト」

美琴「友達がね。ほら、クリスマスにちょっと会ったでしょ。長い黒髪の……」

上条「あぁ、あの可愛い子」

美琴「…………」



423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:12:00.03 ID:ICrdZ8y7O

美琴「あんた、ほんと女の子には目敏いわよね」

上条「? お前の友達だしな」

美琴「……あんたって、その、髪の長い女の子が、タイプ、なの?」

上条「いや、俺はお前の方が好きだぞ」

美琴「ッ!? な、なな……!」

上条「……?」



425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 04:29:07.74 ID:ICrdZ8y7O

上条「……あ! 髪型! 髪型の話だからな!?」

美琴「わ、分かってるわよ、そんなの! なにうろたえてんのよ、ばーかばーか!」

上条「うろたえてまーせーんー! 御坂サンこそ顔赤くしちゃってどーしちゃったんですかー!?」

スフィンクス「にゃー(小学生か、こいつら)」



430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:35:03.37 ID:ICrdZ8y7O

美琴「あ~……騒いだらなんかお腹空いてきちゃった」

上条「年越蕎麦でも食うか。細く長く生きられますようにってね」

美琴「あんたの場合、ほんと切実な願いよね、それ。……今年何回入院したの?」

上条「数えたくもありません……」

美琴「来年は少し自重しなさいよ。……その、心配してるやつだっているだろうし、さ」

上条「前向きに善処させていただきますよ」

美琴「まあ入院したら、その、お見舞いぐらい行ってあげるわよ」



431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 05:59:21.68 ID:ICrdZ8y7O

美琴「ふあ……お蕎麦食べたら、なんか眠くなってきちゃった……」

上条「寝るなー、御坂ー。今寝たら、絶対朝まで熟睡しちまうぞー……」

美琴「そういうあんたもかなり眠そうじゃない……。あーもうだめ……」

上条「こたつの魔力、恐る、べし……」

美琴「くぅ……」

上条「ぐぅ……」



433:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:39:27.19 ID:ICrdZ8y7O

美琴「くぅ……」

上条「ぐぅ……」

美琴「ん~……トイレぇ……」

・・・・・・・

・・・・・

・・・

美琴「ふー……」

上条「……そげぶ……」

美琴「さむい……」

上条「ぐおー……」

美琴「…………」

・・・・・・・

・・・・・

・・・



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 06:50:03.72 ID:ICrdZ8y7O

上条「……く、あぁ~……いけね、すっかり寝こけちま……」

美琴「すぅ……」

上条「え~と……何故に上条さんは抱き枕にされているのでせうか?」

美琴「ん~……ゲコ太ぁ」
上条「こいつ、俺をぬいぐるみか何かと間違えてやがる……ちょっ、すりすりすんな!」

美琴「ん~……ふふふふ……」

上条「はぁ……こりゃ起きたら新年一発目のビリビリだな」

美琴「くぅ……」

上条「今年も思いやられそうだ。まあ……」

美琴「ん~……」

上条「今年もよろしくな……美琴」


fin



436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 07:08:06.57 ID:ICrdZ8y7O

取り敢えずキリがいいので、この辺で終わりとしておきます。

冬コミはレールガンのいちゃいちゃものが増えたらいいなぁ。

では家に帰って寝ます。

皆さん、乙!



437:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 07:11:35.79 ID:1VjmYfixO


ニヤニヤがとまんね~



441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/27(日) 10:28:32.81 ID:cIeqcqGdO

全く上琴は素晴らしい
乙!



転載元
美琴「あ、あんた…どーせクリスマス暇なんでしょ?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1261650309/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 20:35
          • 初春「クリスマスは女の子が大胆になれる日なんですよ? 素直な想いを伝えるにはこれ以上はない日だと思います」

            このセリフよく覚えてるわ

            このころの禁書SSは結構面白いの多かったなぁ
            AA付きのクリスマスネタSSがあった気がするから探してこよう
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 20:36
          • 2009年って・・・
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 20:38
          • 上条「暇だろだって…?その幻想を(ry」
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 20:54
          • 5 懐かしいssを掘り出してきたもんだな
            しかし御坂かわいいよ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 21:13
          • 魚おおおおおがあああううおおおおおおおおおお
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 21:51
          • 最初のほうが悪いツンデレの見本過ぎるというかなんというか
            いや美琴がどうとかいうんじゃなく
            作者の書き方が
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 21:54
          • トーマって呼び方のせいで牛っぽいイメージが
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 21:58
          • 御坂の学校って私服禁止じゃね?って思ったけどまあいいか
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 22:31
          • 上条さん、クリスマスまで生きていられるのかな……。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 22:40
          • クリスマスネタで禁書SSを見ると、上条ケーキ屋でバイト
            ビリビリも急遽参加でサンタコスプレでバカ売れして上条さんイラネってなって最終的にイチャイチャになるやつのタイトルが思い出せん…(´・ω・`)
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月12日 23:55
          • うん、御坂さんのツンデレはこれとはタイプが違うわ
            照れ隠しに「バッカじゃないの!?///」みたいなタイプじゃなくてテンパったらしおらしくなるよな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月13日 00:30
          • 1 キムチ割る
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月13日 02:55
          • 桐乃みたいなツンデレだな
            種類が違う
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月13日 03:52
          • ※7 メガロマックス、ファイヤーッ!!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月13日 09:05
          • 5 懐けーな。
            でも面白かったお☆
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月15日 02:19
          • たまに映ってると見てたけど
            上条さんって人は器でかい人なんですか?
            すごいイケメンに思えましたが
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月22日 00:46
          • アカン、最初の1が書いてた美琴がツンデレどころかキ○ガイすぎてアカン。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月05日 22:42
          • 御坂美琴、無能力者に対する能力での攻撃、及び脅迫の現行犯で逮捕……
            て、なるんじゃないの?
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月05日 01:34
          • 最後まで読んでないけど、この美琴ウザいよ
            悪いツンデレの典型例だ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月15日 14:20
          • クリスマスに魔術サイドの事件が起きないわけがないんだよなぁ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 男「金髪ヒロインのみのギャルゲーを作りたい」
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        • 【ガルパン】みほ「第2回フリースタイルMCバトル!」 【前半】
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ