TOP

P「俺と律子が相合傘で」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 21:48:18.88 ID:mSqlnh3O0

P「……二人の名前が」

P「ホワイトボードの隅っこの方に」

P「仕事から戻ってきたら発見した」

P「スケジュールを確認しようと思っただけで」


律子「すぅ……すぅ……」


P「本人寝てるし」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 21:52:53.80 ID:mSqlnh3O0

律子「すぅ……」

P「ぐっすりだな……よほど疲れてたんだろうな」

P「どうしよう、この相合傘」

P「……」

P「どうしようって何だよ、消すとかそういうことか?」

P「待て、これを律子が書いたと決まったわけじゃ」

P「音無さんあたりがイタズラで」


律子「……うぅん」

律子「ぷろでゅーさぁ……」


P「……」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 21:56:00.63 ID:mSqlnh3O0

P「どうしてそんな普段の律子からは想像もできない甘えた声を出すんだ」

律子「すぅ……」

P「熟睡してるな」

P「律子は……どうしよう」

P「このあと何もないし寝かせといてあげよう、疲れてるんだもんな」

P「今起きられたら、なんか困るような気もする」

P「……」

P「どう見ても律子の字なんだよなぁ」


律子「なぁむ……もうっ……」


P「なんの夢見てるんだろう」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 21:59:57.78 ID:mSqlnh3O0

P「自分の両手を枕にして、顔は横に向けて」

P「寝相まできっちりしてるけど、寝言は言うんだな」

P「くそ……無防備にしやがって」


ヴヴヴヴーッ!!


P「のわっ!」

P「……」


ヴーッ! ヴーッ!


P「律子の携帯か……?」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:03:27.58 ID:mSqlnh3O0

P「……あった、書類の上だ」

P「見つけたはいいが」


ヴーッ! ヴーッ!


律子「すぅ……すぅ……」スヤスヤ


P「全然起きないし」

P「どうしようかな……電話だなこの長さ」

P「プライベートなアレならいいんだけど、これ仕事用の携帯だよな」

P「……」

P「事務所のみんなだったら俺でもかまわないよな?」

P「発信者を見るだけでも」

P「すまん、律子」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:06:48.79 ID:mSqlnh3O0

パカッ


P「……あれ? 電話じゃない?」

P「ああ、スケジュールを知らせる機能」

P「『ToDo』ってやつかな」


『もうすぐプロデューサーが帰ってくる時間! 頑張るのよ律子!』


P「……」

P「もう帰ってきてるんだよな……」

P「今日けっこう現場が早めに終わってさ……」

P「……」

P「俺が帰ってくるから……なんなんだろう」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:10:37.90 ID:J9ngAUpp0

P「なんでそんな俺の知らない一面を次々に見せるんだ律子」

律子「んぅ」

P「あー、今起こせばよかったかな……」

P「いやいや、寝かせてやると決めたんだ、俺がいれば大丈夫だろう」

P「……コーヒーでも入れてくるか」


P「あ、しまった」

P「帰りにプリン買ってくるの忘れた」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:14:21.04 ID:J9ngAUpp0

P「コーヒーとプリンは仕事の疲れをふっとばす俺の最強の組み合わせ」

P「……なんだけど、まあ一日くらい食べれなくとも」

P「あれ? 買ってある?」


ヴーッ!! ヴーッ!!


P「うぇっ、また!?」

P「っとっとっと」

パカッ


『プリンを忘れてないでしょうね! ちゃんと渡すのよ律子!』


P「……」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:17:54.07 ID:J9ngAUpp0

P「これ、律子が買ってきてくれた?」

P「……」

P「どうしよう」

P「律子の寝顔を見ながら食べちゃおうかな」

P「それとも気づいてないフリして待ってた方が」


律子「んぅ……すぅ……」


P「……やっぱりあとで、だな」

P「スプーンが2つもついてる」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:21:13.90 ID:J9ngAUpp0

P「……さぶ」

P「冷えてきたな、よっこいせ」


ファサ…


P「俺のコート羽織っとけ律子」

律子「ん……」

P「ふぅ」

律子「……すぅ……」

P「あ」

P「眼鏡も外しておいた方がいいのかな」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:23:55.57 ID:J9ngAUpp0

P「ちょっと失礼しますよー……っと」

律子「うぅん……」


ガシッ!!


P「!?」

P「っえ、ちょ、え!?」

律子「んぅ……」

P「り、律子さんっ、何つかんでるの!?」

律子「……」

律子「いかないで……」

P「行かないよどこにも、大丈夫だからっ!」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:27:37.54 ID:J9ngAUpp0

律子「だぁから……そっちの道じゃぁ、なーんですよぅ……」

P「……」

律子「待ってくぅさい……あるくの早い……」

P「……」

律子「……うん」

律子「いっしょに歩けば、いいじゃない……こうして」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:30:13.13 ID:J9ngAUpp0

P「……」

律子「あったか……」スリスリ

P「ちょぉおおっ……すりすりするなあっ」


P「離しなさい律子っ」

律子「……ふぁい」

P「……」

P「言うこと聞いた」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:33:24.10 ID:J9ngAUpp0

P「じゃあ外すからな? ……ようし、外れた」

律子「うぅん」


P「律子はすごい寝ぼけるタイプだろうとは思ってたよ」

スッ

P「眼鏡はここに置いて……」


律子「すぅ……ん……」


P「こうして見ると、やっぱり美人だよなぁ」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:35:50.25 ID:J9ngAUpp0

P「いや、眼鏡かけててもキリっとしてて美人なんだけど」

P「外すと目鼻立ちのくっきりしてるのがわかるっていうか」

P「……うわ、まつ毛なげぇ……」

P「肌すべすべしてそう」

P「……変態かよ俺」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:38:55.41 ID:J9ngAUpp0

P「まあ俺は悪くない。全部律子がきれいなせいだ、うん」

P「……あれ?」

P「なんか違和感が……」


律子「すぅ……すぅう……」


P「あ!」

P「律っ、こいつ! 俺のクッション膝に乗せてやがる!」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:42:35.06 ID:J9ngAUpp0

P「待てよ、それいつも俺が尻に敷いてるやつだぞ、汚いぞ……」

律子「んむぅ……」

P「くそぉ、人のもの勝手にとりやがって」

律子「……」

P「仕返ししてやる」

律子「……」スヤスヤ

P「……寝顔の写真撮ってやる」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:47:23.70 ID:J9ngAUpp0

P「ただ撮るんじゃ面白くないな」

P「ぐへへ、運が悪かったな律子。今日の俺は眼鏡を持ってきてるんだ」

P「ほら、お前がこのあいだ見繕ってくれたPC用のやつ」

P「これを……」スッ


律子「……」


P「おお、律子が俺の眼鏡をかけている」

P「なんだこの背徳感」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:51:56.67 ID:J9ngAUpp0

P「というか、コートといいクッションといい……」

律子「……ん」

P「俺づくしの刑だなぁ、律子」

律子「……」


律子「……えへへ」


P「笑うなよぉ……」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 22:56:29.87 ID:J9ngAUpp0

P「そうだ、写真」


パシャッ!


P「ぐへへ、あとでこの画像を添付してメールしてやろう」

P「いや待て、それだと律子のリアクションが見れないな」

P「……どっちでもいいか」


律子「すぅ……」


P「眼鏡外して、っと」

P「……こんな感じで律子と二人きりになるの、いつぶりだろうな」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:01:17.67 ID:J9ngAUpp0

P「あー、あれだ、二人で外回りに行った時!」

P「二ヶ月前かな? 台風すごかったんだよな」

P「おかげで急に宿をとる羽目になって大変だった」


律子「んぅ……」


P「何を勘違いされたのか、布団がくっつけて敷いてあったりもしたな……」


律子「んむ……おきてますよぅ……すぅ……」


P「あぁでも、台風一過の朝焼けはめちゃくちゃきれいだったなぁ……」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:04:15.76 ID:J9ngAUpp0

律子「……ふふっ」

律子「ぷろでゅーさぁ」


P「……え?」


律子「あしゃやけ……きれいですねぇ……」


P「……」


律子「すぅ……」


P「……」

P「さっきから……あの時の夢だったのか?」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:07:47.16 ID:J9ngAUpp0

ヴヴヴーーッ!!


P「うひっ!?」


P「……おいおい、もう三度目だぞ。心臓に悪いし」

P「さすがにもうこれ以上のぞくのは」

P「……くぅ」

パカッ

P「なんか気になるんだ……すまん律子」


『三浦 あずさ』


P「あずささん?」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:11:43.84 ID:J9ngAUpp0

ピッ


P「迷子ですか、救急ですか?」

あずさ『迷子で……って違います~!』

あずさ『って、あら~、プロデューサーさん?』

P「すみません、律子寝てるので俺が出ちゃいました」

あずさ『律子さんと一緒にいらっしゃるんですか?』



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:17:18.97 ID:J9ngAUpp0

P「ええ、まあ……仕事から戻ってきたら事務所で眠っちゃってて」

P「俺も特に予定ないし、作業がてら寝かせておいてあげようかなって」

あずさ『……』

P「仕事用の方にかけてきたってことは……何かあったんですか?」

あずさ『うふふ』



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:22:23.81 ID:J9ngAUpp0

P「あずささん?」

あずさ『プロデューサーさん、プリンはお食べになったんですか?』

P「いえ、まだで……どうして知って?」

あずさ『大好物だっていつもおっしゃってますよ~?』

P「そ、そうですけど」

あずさ『うふふ、実はお昼ごろに、私がたまたま冷蔵庫の中をのぞいていた時に見つけて』

あずさ『「このプリンは誰のかしら~」ってつぶやいてみたら』

あずさ『律子さんがものすごい勢いで私の方に来て』

P「……」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:26:50.45 ID:J9ngAUpp0

あずさ『「それはプロデューサーのだから食べちゃダメです!」って』

P「そ、そうですか、はは」

あずさ『律子さんたら、ひどいんですよっ。私は純粋に「誰のかしら」って聞いただけなのに』

あずさ『「絶対にダメですからね!」』

あずさ『「プロデューサーがショック受けたら慰めるの大変なんですから」って』

あずさ『私、この前春香ちゃんに教えてもらった「フリ」というものなのかと~』

P「あずささん用事の方はっ!?」

あずさ『いえ~平気ですよ~。明日の予定の確認だけでしたから』



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:31:16.73 ID:J9ngAUpp0

あずさ『それと、律子さん最近疲れているみたいだから、少し心配になって』

P「あ……」

あずさ『でも、プロデューサーさんがついているのなら安心、ですね?』

P「……はい」

P「ありがとうございます、あずささん」

あずさ『ふふっ、プロデューサーさんにお礼を言われるの、ちょっとヘンです』

P「はは、そうですね」

あずさ『楽しみが増えたわ~。今度律子さんにランチをおごってもらわなくっちゃ♪』

P「ほ、ほどほどにしてあげてくださいねっ?」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:35:56.00 ID:J9ngAUpp0

あずさ『あら~? 何をおっしゃってるんですか?』

P「え?」

あずさ『プロデューサーさんも一緒、ですよ♪』

P「……」


・・・


ピッ

パタン

P「あずささんの大物感は異常だな」

P「どっと冷や汗が出た……ん?」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:38:48.18 ID:J9ngAUpp0

パカッ


P「……」


パタン

パカッ


P「……おいおい」

P「……」

P「なんで待ち受けが俺の寝顔なんだよ」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:44:28.59 ID:J9ngAUpp0

P「だめだろこれ。仕事用だろ?」

P「――って違うそうじゃない!」

P「いつ撮られたんだよコレ! 布団で寝てる俺! なんでこんな写真が存在してるんっ……」


律子「……」スヤスヤ


P「あぁ」

P「やられた、あの時だ、二ヶ月前の泊まりの……」

P「くそっ、くそ……」

P「……結局俺たちは……似たようなことをやりあってたのか……」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:49:24.23 ID:J9ngAUpp0

P「……忘れてたけど、この相合傘は何なんだろうな」

P「律子が書いた」

P「書いて……疲れてたから、油断して、そのまま寝ちゃった?」

P「この姿勢のまま眠ったってことは、何か悩んでたんだろうか」

P「……」

P「何だろう……なんでこんなモヤモヤするんだ」


小鳥「プロデューサーさーん?」


P「わっひゃぁあい!?」ケシケシッ!



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:53:14.72 ID:J9ngAUpp0

小鳥「ご、ごめんなさいっ、驚かせちゃいましたか?」

P「おとおとおと、おとなしさん今!?」

小鳥「あの、私も今日は外に用事があって、今帰ってきたところで」

小鳥「事務所の方はどうなってるかなって、ちょっとのぞきに来たんですけど」

P「ああ……」

P(というか勢いで相合傘消してしまった……)


律子「んぅ……」


小鳥「今帰ってきたところでぇ……ぐへへぇ」

P「なんですか何もないですからね!」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:56:26.29 ID:J9ngAUpp0

小鳥「お二人はいつからこの状況なんでしょうかねぇ……?」

P「ついさっきですよさっき!」

小鳥「まあ、あとは若い二人に任せて退散するとしましょうかねぇ!」

P「その台詞を言うには母親になってからじゃないと」

小鳥「……」

P「俺が悪かったです」

小鳥「尋常ならざるダメージを受けました、今度おごってもらわないと気がすみません」

P「どいつもこいつも!」


律子「うぅ…ん……?」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/07(金) 23:59:34.38 ID:J9ngAUpp0

P「え……?」


律子「ふぇ……今何時ぃ……?」


P「あああぁぁ今まで全然起きなかったのに!!」

小鳥「それはつまりプロデューサーさんと二人きりだったからぐっすり安心して」

P「知りませんよもう!」

小鳥「それじゃ、事務員はこれにて~」

P「え!? 音無さん!?」


バタンッ


P「……」

律子「……プロデューサー?」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:04:03.89 ID:7lC9jAq30

P「律子……お、おはよう」

律子「……」

律子「……」

律子「……」

律子「!!!???」

律子「ぷぷぷぷプロデューサー!? あのっ、これは、えぇえと、違うんです!!」

律子「全部まぼろし、幻想! ファンタジー!! 恋物語!!」 

P「律子落ち着け! 大丈夫だから!」

律子「あのこのクッションもっ、コートも、コート? わかんない何!?」

律子「ああぁぁ、やだもう……とにかくっ」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:07:42.82 ID:MBhpPWO/0

律子「……あ、あれ」

P「あ」

P(ホワイトボートの方、見てる)

律子「……」

律子「あの、プロデューサー……あそこに何か」

律子「……書いてありませんでした?」

P「……」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:10:17.96 ID:MBhpPWO/0

P「……書いて、なかったよ」

律子「そう……ですか」

P「……」

律子「……」

P(違う、これじゃダメだ)

P(俺は律子に……)

P「すまん律子、俺、嘘ついた」

律子「え?」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:14:28.79 ID:MBhpPWO/0

P「相合傘、あれ律子が書いたのか?」

律子「―――」

P「見たよ俺。あとついでに……ついでにっていうか、その」

P「すまん、携帯の、予定のやつも見てしまった」

律子「」

P「待ち受けも」

律子「」

P「いろいろ寝言も言ってたけど……このあいだの台風の時の」

律子「ころしてください」

P「律子!?」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:19:30.79 ID:MBhpPWO/0

律子「うわぁああんいっそ殺してくださいお願いっ、もう終わらせてぇ!」

律子「あなたになら何されたってかまいませんから!!」

P「それはそれでスゴいこと言ってるぞ!」

律子「何であなたなの、何でぇっ!?」

P「わからない! でもすまん!」

律子「なんでっ、なんで」


律子「もういやああぁああっ!!」ダッ


P「ちょ、律子! バッグ! いや戸締りっ、電気も……」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:23:49.57 ID:MBhpPWO/0

・・・



P「うぉお、外はいっそう寒いなぁ……」

律子「……」

P「ひぇえ、もうイルミネーションが飾られるような時期なんだなぁ……」

律子「……」

P「……」

P「り、律子……元気出してくれよ。悪かったと思ってるよ……」

律子「そういう問題じゃありません……」

P「プリン多めにあげたじゃないか」

律子「そ、そういう問題でもありません!」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:28:01.20 ID:EnaBlU2w0

律子「わかってます。仕事の電話だと思って出てくれようとしたんでしょう?」

律子「あなたが変なことはしない人だって知ってます」

P(最後の方は危なかったけど)

律子「私は自分が情けなくて腹が立ってるんです」

P「……」

律子「あれは、その、気にしないでくださいね……」

P「え?」

律子「遊びみたいなものですから!」

律子「そう、落書き! 疲れてたから! それでそのまま眠っちゃって……」

P「……うん」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:32:30.87 ID:EnaBlU2w0

律子「……あの」

律子「このコート、本当に返さなくても平気なんですか?」

P「大丈夫だよ。俺にはこの、前から事務所に置いてたやつがあるから」

律子「そう……ですか」

P「……」

律子「……」

P「なあ、律子」

P「やっぱり……気にしたら駄目か?」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:36:47.12 ID:EnaBlU2w0

律子「……え」

P「律子の、落書き」

律子「っ」

P「その、律子、俺さ……」

律子「プロ……デューサー」

P「……」

律子「……あ」


律子「駅……着いちゃいましたね……」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:40:58.58 ID:EnaBlU2w0

律子「……」


P「送ってく――」
律子「『送っていく』なんて言わないでくださいね?」


P「っ、え、なん」

律子「やっぱり、今日はやめにしましょう」

律子「プロデューサー、焦ってませんか? 今日はゆっくり、落ち着いて休んでください」

律子「色々あったし、ちゃんとゆっくり考えをまとめて……」

P「律子……」

律子「そ、そのかわり」


律子「今日は……このコートをプロデューサーだと思って帰りますからっ……」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:44:30.43 ID:EnaBlU2w0

P「え……」

律子「~~~っ」

律子「さ、さよならっ」


タタッ


P「……」

P「ま」

P「また明日な……」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:47:44.35 ID:EnaBlU2w0

・・・



P「だめだ」

P「だめだダメだ駄目だ」

P「ううぅ、さっきの律子の恥ずかしそうに赤らんだ顔が焼きついて離れない!」

P「中学生かよ俺情けない!」

P「……ああ」

P「家帰りたくない……」


ヴーッ! ヴーッ!


P「なんだ、誰だこんな時に……」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:49:22.52 ID:EnaBlU2w0

P「え」

P「律子……メール……」


『やっぱり、これだけは言わせてください』


P「……」



『あなたのことが好きです』



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:53:19.43 ID:+Bc8Rjvx0

えんだあああああああああ



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:54:27.95 ID:kJop39JC0

いやああああああああああああああああ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:53:47.44 ID:EnaBlU2w0

P「っ」


P「……」

P「……情けないな、俺」

P「向こうから言わせるなんて……」

ヴーッ!


『「向こうから言わせるなんて情けない」……なんて思ってませんか?』


P「う゛」


『そんなこと気にしないでください』

『これはきっと、私が先に始めた恋だから』

『私から先に言っておきたかったんです』



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:56:08.83 ID:EnaBlU2w0

『うじうじ悩んでたけど、前に進もうって決めたんです』

『その勇気は、あなたがくれたんだと思います』

『自分勝手でごめんなさい』


P「……」


『そんなことない』


『俺も律子が好きだよ』


『大好きだ』



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 00:59:19.51 ID:EnaBlU2w0

ヴーッ!

『本当ですか嘘じゃありませんよねうそだったらゆりゅしませんかえあね』


P「落ち着け!」

P「ったく、意外に慌てやすいんだよな律子は……」

P「ええと……」

P「……」


『嘘なんかじゃない。その証拠に、ほら』



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 01:01:26.57 ID:EnaBlU2w0

ヴーッ!


P「……ぷっ」


『なんですかこの写真は! 人の寝顔を撮るだなんてすごく悪趣味です!』


P「……どの口が言うんだ」


『すまんすまん、律子のことが大好きだからつい。今度デートに連れて行くから許してほしい』

ヴーッ


『明日……直接言ってくれなきゃ、いやです』



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 01:03:32.47 ID:EnaBlU2w0

P「……」


『了解』


パタン



P「……明日、か」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 01:04:28.95 ID:EnaBlU2w0

P「明日からどんな毎日になるんだろうな」

P「律子、まだ怒ってるかな」


P「なんとか笑顔になってもらって、そしたら二人で、ちゃんと確かめ合って」

P「その時には、もう一度……今度は俺が」



P「……相合傘でも書いてみるかな」



                      

                                          おわり



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 01:07:50.54 ID:OkdCUaEx0

>>1
大義であった!乙!



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 01:09:53.06 ID:22nPVD3a0

乙乙
りっちゃん可愛すぎるわ



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/12/08(土) 01:10:24.14 ID:ytSVCCtG0

ζ;ヮ;)ζ<イイハナシダナー



転載元
P「俺と律子が相合傘で」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1354884498/
このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (20)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 03:13
          • 律子の可愛さで世界がヤバい
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 03:24
          • ニヤニヤし過ぎて顔の筋肉痛い
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 03:34
          • 5 何という破壊力……
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 05:23
          • 5
            ニヤニヤが止まらなかった。
            これは……破壊力がヤバい
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 07:02
          • 律子はカワイイ
            そう律子はカワイイ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 07:55
          • 5 りっちゃんQWERTY使ってるのか
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 08:30
          • 5 律子かわいい。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 09:38
          • りっちゃんってしっかりしてそうで、意外と打たれ弱いよな。そこがめちゃんこ可愛いんだけど
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 11:00
          • リッチャンハカワイイデスヨ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 18:59
          • 監獄にいた囚人たちが

            「壁がなくなった! 早く殴るための壁を!!」

            と看守に懇願するレベル
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 19:10
          • 壁殴り代行呼びすぎて部屋がなくなった
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 19:29
          • 響アンチがいないコメ欄はなんと平和な事か…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 21:11
          • 可愛すぎるやろ…クソッ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 21:53
          • 5 律子SSもっと増えてほしいね
            きゅんきゅんした!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 22:57
          • なんで他キャラと違ってりっちゃんだけこういうのが多いんだろうな。
            そこがいいけど。
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月08日 23:23
          • ああ、甘い
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月09日 00:15
          • あーん!りっちゃん可愛いよう!!
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月09日 04:35
          • 5 律子ラブ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月10日 00:30
          • 自分の眼鏡を律子にかけて喜ぶとは…なんという変態プロデューサーだ。気持ちはわかる
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月08日 13:57
          • 律子SSは良作多いな

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • バーン「ハドラーよ、2020夏アニメのオススメは何だ?」
        • 暴走族の総長「俺の女になれや」優等生JK「私、不良の男の人とか嫌いなので無理です」
        • 男「ゲームでどんな名前をつけてた?」
        • J( 'ー`)し「ワイは結婚しないんか?」彡(゚)(゚)(キタ!!)
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • 幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」
        • オレ「ライターで火つけるか」ボッ エルフ♀「詠唱無しで火炎魔法を炸裂させるだと…!?」
        • 先輩「イクラはイクラでも食えるなw」先輩B「ギャハハw」ワイ「はは……w」
        • DQN「おう姉ちゃん」幼馴染(美少女)「ひっ...」ワイ「...」
        • 俺「拳銃を持った相手は危険だと思うか?」モブ「そりゃ危険じゃないですか!」俺「素人だな」
        • 主人公「人を食ってないならキミはまだ人間だよ、さぁ早くここから逃げるんだ」怪物「うぅ、ありがとう……」
        • ホラー映像番組視聴中妹「…」俺「わあああっ!!」妹「…」ビクッ
        • 俺「お、電車きたきた」電車「キィィィーーwwww」
        • 俺「お、電車きたきた」電車「キィィィーーwwww」
        • 武器屋「どれに?」 彡(゚)(゚)「槍」( ^ω^)「剣!」(ヽ´ん`)「槍がコスパ最強」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        • 【モバマス】楓「辻野あかりのクイズ$ミリオネア!」あかり「んご!」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ