TOP

藤木源之助「どこだここは?」千早(この人怖い)

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:32:34.70 ID:/qBsIkgv0

社長「というわけで、新しいプロデューサーを紹介する」

藤木「藤木、源……」

社長「そう、藤木源君だ。みんな、よろしく頼むよ」


アイドル一同(怖い……)



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:34:18.69 ID:/qBsIkgv0

これはどうしたことか、と源之助は思った

果し合いで敗れ、片腕を失い

御前試合で勝利し

全てを失った……はずだった


藤木(腕がある……)

異常な状況下で、まず剣士としての本能が動いた



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:35:36.53 ID:/qBsIkgv0

藤木(芸能事務所、プロデュース、知っている……)


およそ見たことも聞いたことも無い世界へ放り込まれた源之助であったが

うっすらと

言葉も、知識も、己の中にあると感じていた

ここでの名は、藤木源……



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:36:25.55 ID:/qBsIkgv0

亜美(ねー、あの人めっちゃ怖いんだけど……)

真美(目が死んでるよね……)

小鳥(社長は何が良かったのかしら……?)

律子(本当に大丈夫なんでしょうね?)



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:37:55.55 ID:/qBsIkgv0

藤木(アイドル……歌い踊る……遊女とも違うのだな……)


動揺をおくびにも出さず

状況の確認をする

虎眼「へへえ……」

不意に、掛川の虎と謳われた師匠、岩本虎眼のへつらう顔が浮かんだ



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:39:38.30 ID:/qBsIkgv0

その日は顔見せ程度ということで、早々に返された源之助は

未だ混乱していた

藤木「……」

鏡を見た源之助は言葉を失った

そこに映ったのは紛れもなく

藤木源之助の顔であった

藤木「夢……」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:41:14.31 ID:/qBsIkgv0

あの苛烈な日々は全て夢であったのか

紛れもなく美濃最強の剣士であった師、虎眼

まさしく兄ともいえる存在であった師範、牛股権左衛門

ともに腕を磨いた、数々の兄弟弟子たち

それらを奪った、仇敵、伊良子清玄

そして、許嫁であった、岩本三重……



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:43:28.13 ID:/qBsIkgv0

藤木(「アイドル」を「プロデュース」するために、「社長」に雇われた)

これが、現実の自分であった


歌い、踊る……

藤木「伊良子……」

かつての宿敵の名を、思わず口にしていた



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:46:01.06 ID:/qBsIkgv0

―次の日―

社長「ふむ、では、プロデュースするアイドル候補生を選んでくれたまえ」

藤木「……では」

千早「わ、私ですか……?」

アイドル一同(ほっ……)


あちらが夢であるならば、こちらを生きねばなるまい

最早、あちらに未練も無かった



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:46:51.55 ID:/qBsIkgv0

―面談―

藤木「……」

千早「……」

千早(お、重い……)

藤木「藤木、源……だ……」

千早「如月、千早です。よろしくお願いします」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:48:23.69 ID:/qBsIkgv0

藤木「……」

千早「……」

千早(何か……話さないと……)

千早「あの、私、歌の仕事がしたくて」

藤木「歌……」

千早「は、はい、私、ずっと歌のことばかり考えていて」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:49:24.57 ID:/qBsIkgv0

藤木「歌のことばかり考えている……」

千早「は、はい」

藤木「そうか。俺も剣のことばかり考えてきた」

千早「剣道ですか?」

藤木「剣の道……そうだな」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:50:56.91 ID:/qBsIkgv0

―レッスン―

千早「蒼いー鳥ー♪」

藤木「……」


歌のことなど何一つ分からない源之助であったが

磨き続けた剣の技前が

純粋な筋肉の動きとしての知覚を可能にしていた



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:51:34.30 ID:/qBsIkgv0

千早「いかがでしょう……?」

藤木「もう一度だ」

千早「は、はい……」


これでは駄目だ



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:52:53.08 ID:/qBsIkgv0

千早「あの……?」

藤木「もう一度だ」

千早「は、はい!」


千早(何が気に食わないんだろう……?プロデューサーは何も教えてくれない……)



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:54:46.26 ID:/qBsIkgv0

―その後―

社長「……彼はどうだね?」

小鳥「はあ、誰よりも早く仕事場に来て、誰よりも熱心に黙々と仕事してます」

社長「そうだろうね」

小鳥「でも、心ここにあらずというか……」

社長「……そうだろうね」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:55:59.86 ID:/qBsIkgv0

社長「藤木君」

藤木「はい」

社長「例の話、決まったよ」


千早「……デビュー……ですか?!」

藤木「ああ」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:57:04.77 ID:/qBsIkgv0

藤木「曲は、『蒼い鳥』」

藤木「すぐにレコーディングに入る」

千早「……」

藤木「如月、鍛錬を怠るな」

千早「はい……」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 00:59:01.11 ID:/qBsIkgv0

―レコーディング―

スタッフA「何時間使ってんだよ……」

スタッフB「誰か文句言えよ」

スタッフC「嫌ですよ、あの人超怖いし」


千早「……ハァ……ハァ……」

藤木「もう一度だ」

千早「も、もういい加減にしてください!」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:00:08.78 ID:/qBsIkgv0

スタッフA「お、何か揉めてるぞ」

スタッフB「なんでもいいから早く終わってくれ」


千早「いったい何が不満だというんですか!」

藤木「……」

千早「嫌がらせのつもりなんですか?!」

藤木「そのようなつもりはない」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:01:19.83 ID:/qBsIkgv0

千早「……レッスンの時も何も教えてくれない!」

千早「プロデューサーが何を考えているのか、私には全くわかりません!」


痛くなければ憶えない

そう言いかけた源之助であったが

牛股「もう少しこう、手心というか」

諭す兄弟子

そして、欠けた徳利を差し出す師、虎眼の姿

藤木(なるほど……)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:02:32.09 ID:/qBsIkgv0

藤木「如月、来い」

千早「は、はあ?」


スタッフC「なんか出て行きましたけど……」

スタッフB「お前、文句言ってこいよ」

スタッフC「……呼んできますけど、文句は先輩が言ってくださいよ」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:03:55.76 ID:/qBsIkgv0

―廊下―

千早「なんですか?」

藤木「見ろ」


手には、花瓶

千早「……花瓶がどうしたんですか?」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:05:55.86 ID:/qBsIkgv0

藤木「よく見ていろ」

藤木「『虎眼流 流れ星』」

花瓶を宙に放り投げると

猫科動物のような、異様な構え

そこから

キン、という金属音と、やや遅れて何かが壁にぶつかり弾ける音が響いた

藤木源之助の拳は、無刀であろうと凶器そのものである



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:07:49.70 ID:/qBsIkgv0

千早「あ……あ……」

藤木「腰が抜けたか」

藤木「それだ、憶えておけ」

千早「そ……」

藤木「『流れ星』の速力を生み出すには、脱力が必要だ」

藤木「力みと脱力の繰り返しが、淀みのない力の流れを生む」

藤木「如月、お前には力みしかない」

藤木「脱力しろ」

藤木「……立て」

千早「は、はい……」

腹の部分だけが綺麗に欠けた花瓶が残された



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:09:22.54 ID:/qBsIkgv0

スタッフC「……」ガタガタ

藤木「如月、先に行っていろ」

千早「は、はい!」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:12:06.00 ID:/qBsIkgv0

藤木「見たのか?」

スタッフC「見てません!」ガタガタ

藤木「そうか」

スタッフC「はい!」ガタガタ

藤木「お前の口を封じなければならないかと思っていた」

スタッフC「」

藤木「ならばよし」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:13:59.09 ID:/qBsIkgv0

藤木源之助が、およそ人に何かを教えるのは、初めてのことであった



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:14:30.84 ID:/qBsIkgv0

―その後―

律子「千早、何というか、一皮むけましたね」

社長「ああ、そうだね」

律子「仕事も凄く熱心ですし」

社長「プロデューサーの影響を受けているんだろうね」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:16:19.90 ID:/qBsIkgv0

千早「あの、プロデューサー?時代劇のお芝居の仕事も、受けてみようと思うんです」

藤木「そうか」

千早「最近、歌に直接関係ないことも、実は巡り巡って歌に関わってくるって

  そう思えるようになったんです」

千早「プロデューサーのおかげです」

藤木「そうか」

千早「私、プロデューサーに会うまでは、事務所のみんなに嫉妬してたんです」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:17:12.14 ID:/qBsIkgv0

千早「ずっとデビューできなくて」

千早「私の方が歌の実力があるのにどうしてって」

千早「私は、どうしてもデビューして、歌わなければならなかった」

千早「でも、薄々分かっていたんです。このままの私ではいけないということが」

藤木「……」

千早「ありがとうございます」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:18:14.03 ID:/qBsIkgv0

藤木「……失うことからすべては始まる」

千早「は?」

藤木「如月、お前はきっと、一度何かを失った」

藤木「だから、俺はお前を担当すると決めたのだろう」

千早「……プロデューサーも?」

藤木「腕と、剣の道と、全てを」

千早「プロデューサー……」


藤木源之助の瞳に、再び光が差し始めた



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:19:48.27 ID:/qBsIkgv0

小鳥「あら?それ……」

藤木「次、如月が出る芝居の過去の映像です」

小鳥「あ、千早ちゃん、受けるんですね」

藤木「はい」

藤木「私は、芝居が全く分かりませんので、少しでも勉強をと」

小鳥「随分変わりましたね」

藤木「ええ、如月は……」

小鳥「いえ、プロデューサーさんが、ですよ」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:21:18.23 ID:/qBsIkgv0

藤木(変わった……か)

あれが「夢」か否か

秘め置きし魔剣『流れ星』が使えたことは、

これが単なる夢幻ではないことを物語っていた

藤木(そういえば、あのとき「蓋」をしなかった)

『流れ星』の術理の一つに、刀身を押さえる動作がある

あふれ出る勢いを押しとどめることで、かえって高速で斬ることが可能になる



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:22:07.12 ID:/qBsIkgv0

藤木(俺も変わりゆく)

ふと、舞台の資料に目をやると、「徳川忠長」の文字

藤木(徳川忠長、改易の後、自刃……)

あの凄惨な御前試合の主催者にして、神のごとく振舞っていた男

藤木「……」

藤木「ふふ……」

藤木源之助の笑みであった



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:23:31.15 ID:/qBsIkgv0

―その後―

小鳥「最近、よく笑うようになりましたね」

社長「それはどっちが?」

小鳥「どっちもです」

社長「そうかね」

小鳥「スタッフの間では、「天国で結ばれたような二人」と言われてるそうです」

小鳥「確かに、何か入り込めないようなものを感じますね」

社長「ふむ」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:24:13.40 ID:/qBsIkgv0

藤木「如月、次の歌が決まった」

千早「本当ですか?」

藤木「これだ」

千早「『眠り姫』……」

藤木「お前のための歌だ」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:25:03.81 ID:/qBsIkgv0

―レコーディング―

千早(プロデューサー、いきます)

―誰も明日に向かって生まれたよ―

―朝に気づいて目を開け―

―きっと涙を希望に変えてくために―

―人は新たに生まれ変わるから―



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:25:33.93 ID:/qBsIkgv0

藤木「……」

源之助の目から、熱いものが溢れた

藤木「如月、俺はお前に会えてよかった」

そして、目を閉じた



「藤木殿、藤木殿!」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:26:37.77 ID:/qBsIkgv0

気が付くと、藤木の目の前には、徳川忠長が家臣達

藤木(腕が無い……)

御前試合において、手傷を負わずに勝ち残ったのは藤木源之助ただ一名

剣術指南役の大役を、今まさに仰せつかっていた


「して、いかがなさいますかな?藤木殿?」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:27:31.93 ID:/qBsIkgv0

隻腕の剣士が、この話を断るはずがない


藤木(泡沫の夢……か……)

藤木「折角だが、拙者、固辞したく候」

「……何と……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:29:24.80 ID:/qBsIkgv0

藤木「以後は、一剣士として……」

「物狂いか……。御前試合の剣士をみすみす逃すわけには」

侍であれば、忠長に睨まれれば、駿府では生きてはいけない

「ここで討つ」

しかし、藤木源之助の目に光が戻り、

頬には赤みが差していることに気付く者はいなかった

虎眼流の斬撃は最少にして最速

源之助の流れが、喉元を捉えた、その時



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:30:56.22 ID:/qBsIkgv0

藤木「……」

「止めた……」

藤木「できれば、追うな。直に追う必要も無くなる」

「剣を捨てるのか?」

藤木「藤木源之助は生まれついての侍なれば、剣を手放すことは御座らぬ」

藤木「……が、他にもすべきことが見つかったのだ」

顔には、穏やかな笑みが湛えられていた



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:31:27.81 ID:/qBsIkgv0

以後、藤木源之助の名が歴史に登場することはない

一説によれば、駿府に留まり、賊の手にかかったとも

追手から逃げ切れず自害したとも


しかし、穏やかな笑みを湛えた隻腕の剣士の伝承は、各地に残っている



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:32:42.82 ID:/qBsIkgv0

千早「プロデューサー、どうかしたんですか?」

P「夢を、見ていた」

千早「ダメですよ、居眠りしちゃ」

P「済まない」

千早「それで、どんな夢を?」

P「全てを失った、悲しい夢だった」

千早「……」

千早「よしよし……」

P「……む」


社長「おーい、藤木君いるかねー?次の仕事のことだがー?」

P「はい、こちらに」


終わり



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:34:56.88 ID:RwAZyh820

乙ー

最後の夢は指南役固辞したからこっちの世界に戻れたって解釈でおk?



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:37:04.54 ID:/qBsIkgv0

>>83
シグルイは夢と現の境が曖昧でありますれば……



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:38:20.62 ID:Kq1FC8910

>>85
しかし何故にシグルイとアイマスで書こうと思われたのか…



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:40:38.42 ID:/qBsIkgv0

>>86
葉隠覚悟がそうだったように、
藤木源之助にも歌を聞かせてやりたかったのです



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:35:40.13 ID:/qBsIkgv0

読んで下さった皆さん、ありがとうございました



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/12(月) 01:44:59.41 ID:Iwqc1AcE0

大義



転載元
藤木源之助「どこだここは?」千早(この人怖い)
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352647954/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (62)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:10
          • なんだろう、この高揚感
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:15
          • お美事にございまする
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:19
          • まこと素晴らしきSSであった……
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:22
          • ぬふぅ!!
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:23
          • 考えるな感じるんだ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:42
          • まことに素晴らしいものを見せてもらった
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:48
          • この>>1…出来おる濃……。
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:53
          • 師範代なんだから教えた事ないってのはないだろうと思ったけど虎眼流だしな

            よきssにござった
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:56
          • 人に活力を与えるのが偶像なればこそ…
            お美事にございました
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 18:57
          • パッと舞って、ガッとやってチュッと吸ってぬふぅ!
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 19:03
          • 出来ておる喃…この>>1は…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 19:03
          • 出来ておる喃・・・
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 19:10
          • 出来ておる喃…
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 19:39
          • シグルイの剣士はプロデュースすることが出来るのか?そもアイマスにクロスすることが出来るのか?
            出来る、出来るのだ
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 19:55
          • お美事にございまする
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 20:27
          • 「駿河城御前試合」の源之助の末路、かなり悲惨だからな…
            いいものを見させてもらった
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 20:28
          • む~ざ~んむ~ざ~ん
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 21:00
          • 無駄に男らしかった…
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 21:05
          • む~ざ~んむ~ざ~ん
            あ~か~いとりと~ん~だ
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 21:11
          • 何だか知らんがとにかくよし!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 21:13
          • 今宵はめでたき日にござる……
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 21:24
          • 正気にては大業ならずアイドルとはシグルイなり
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 22:08
          • やってくれた喃、>>1!
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 22:24
          • ステージは芝居をするところではござらん
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 22:45
          • お美事にござりまする
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 22:56
          • ※24
            戯れなれば……
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 22:58
          • 孤高の歌姫の歌は 心を打つことが出来るのか?
            虎口の剣士のPは 才能に触れることが出来るのか?

            出来る 出来るのだ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月12日 23:56
          • 5 伊良子もプロデューサーになってほしかったのである。
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 00:05
          • ※28
            伊良子がプロデューサーになると事務所がヤバい
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 14:17
          • 平沢進のあれといい、ちーちゃんはこういうの適任だなあ。
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 15:16
          • なんとよく訓練された米欄にござる
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 16:03
          • やってくれた喃。

            やってくれた喃。
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 17:22
          • >>1は天禀の才
            私は敵わぬ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 18:19
          • 歌を聴かせたかった、か。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 20:14
          • お美事にございまする
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月13日 21:03
          • 大義
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月14日 02:15
          • できる、できるのだ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月14日 04:40
          • 5 シグルイ知らないのに凄く面白かった
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月14日 11:37
          • こは壁にあらず!
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月14日 20:54
          • 4 このPと千早なら二輪が出来そう。
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月17日 06:07
          • 壁と申したか
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月17日 09:50
          • 拙者、そのようなことは……
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月17日 09:57
          • 口は災いのもと・・・
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月17日 11:11
          • 如月千早を笑うことなど不可能であった
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月04日 03:55
          • で か し た ! !
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月31日 14:30
          • お美事!
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月28日 01:57
          • 切ないほど不器用でストイックな二人が寄り添う姿は静かにゆっくりと絡みあう連理の枝
            読了後の気分はまさに比翼の鳥が雨上がりの空へ飛び立つ姿を見送るような晴れ晴れとした爽やかさと穏やかさ
            そして本編もさることながら簡潔かつ万感の思いを感じる優しいあとがき

            お美事にございまする
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月04日 23:14
          • 後書きでいい意味でゾクッとした

            素晴らしい
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月28日 13:10
          • 5 よくぞ書された…やはり歌というのは人の心を説いてくれる。
            千早と藤木に幸あれ。
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年06月20日 18:46
          • 良い話だなぁあああああああああ!!!!!
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月27日 21:00
          • ぬふぅ
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年10月10日 00:26
          • 不覚にも感動した。お美事でございまする!
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月08日 15:03
          • 5 無乳星流れ
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月03日 22:19
          • 天晴れ
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月14日 15:58
          • 5 事務所…まこと広うなり申した
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月16日 19:46
          • 源之助よりは覚悟っぽいイメージが…。

            でも、どちらにしても良かった
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月22日 00:46
          • このような素晴らしきSSを今まで読んでなかったことを恥じた
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月07日 10:39
          • 素晴らしい!

            網羅された「シグルイ」のエピソードがこのSSのために存在しているかのように思えてしまった。
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月06日 15:17
          • 5 お美事にございまする
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年04月14日 03:10
          • 藤木にも歌を聞かせてやりたかった、という最後の言葉でグッとくる
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年08月22日 21:20
          • 時折、読みたくなるss。もう5年も前なのか
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月11日 22:17
          • 週一で読んでしまう

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 魔王の娘「あ…こ、ころさないで…」ブルブル
        • 肝臓「ワイちゃん!飲酒激しくしないで!」ワイ「うるさいですね」グビグビ
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 【ミリオン】ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」  響 「うんっ!」
        • 友「お前の彼女ってサバサバ系なんだって?」男(ていうかサバなんだけどね……)
        • 紙兎ロペ「シンデレラガールズ……すか?」アキラ先輩「最近ハマってんだよ」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ