TOP

唯「私の名前は平沢唯!えら~い人だ!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 00:51:46.61 ID:bPsJSsNg0

唯「いずれ私の名前は全国の音楽の教科書に載り」

唯「私の誕生日は国民の休日となるだろう」ふんす!

律「い、いきなりなんだぁ?」

紬「凄い自信家ね…」

澪「と、隣のクラスの平沢さん…だよな?な、何か用ですか?」

唯「部員が四人集まらなければこの部は廃部になると聞いてな」

唯「この千年に一人の超・音楽の天才である平沢唯様が入部してやろうというワケだ」クイッ

律「(なんで初対面なのに上から目線なんだよ…!)」

澪「にゅ、入部希望…ってこと?」

唯「平たく言えばそうだな、平沢だけに。アッハッハッ」

紬「(頭からお茶ぶっかけた~い)」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 00:57:33.33 ID:bPsJSsNg0

律「そこまでゆーからには何か楽器出来るんだろうな?」

澪「おい、そんな喧嘩腰に言わなくても…」

唯「私に出来ない楽器は無い!」

唯「その証拠に一曲演奏してやろう」すっ

紬「え?…バイオリン?」

唯「本来ならば演奏料三千万はいただく所だが…」

唯「今日は五千円で良い」

律「払わねーよ!」

唯「」~♪

澪「(あ…)」

紬「(…自分で天才って言うだけあって上手ね)」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:03:37.24 ID:bPsJSsNg0



唯「」…♪

唯「どうだ聞き惚れたか?それとも私に惚れたか?」

唯「来るキス拒まず、楯突く男は殺すが私のモットーだ」

唯「さぁ存分に私に愛をぶつけろ!」

律「ていっ!」ばしっ

唯「あ痛っ!」

律「調子に乗るな」

律「(…凄かったけど)」

澪「良い演奏だったよ!」

紬「感動しちゃった~」

唯「当然だ、何故なら天は俺に二物…いや、三物も四物も与えてしまったからな」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:08:46.22 ID:bPsJSsNg0

澪「実力は申し分無いな」

澪「でも…」

唯「なんだ告白か?赤い糸なら既に両手両足の指全てにつながっているぞ?」

澪「いや、そうじゃなくて」

澪「ここ、軽音部だからさ…バイオリンはちょっと…」

唯「がーん」

紬「他に出来る楽器はある?」

唯「言ったはずだぞお嬢さん」

唯「私に出来ない楽器は無い」

澪「じゃあギターは弾けるかな?」

唯「ギター?」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:15:28.51 ID:bPsJSsNg0

澪「この軽音部、ギターが居なくてさ」

澪「前に出るの好きそうだし…どう?」

唯「良いだろう、バンドには華が無ければな」

唯「私がその華になってやろう!」

律「…」イラッ

紬「じゃあ、平沢さんこれ」すっ

唯「…随分ぼろっちぃギターだな」

紬「物置にあった奴でごめんね、でも実力を見てみたくて…」

唯「そういうことなら仕方無い、弾いてやろう」

唯「…」

律「…弾かないの?」

唯「弾き方が分からん」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:21:13.76 ID:bPsJSsNg0

律「おおっと!」ガタッ

澪「大丈夫か?」

律「いてて…」

紬「出来ない楽器は無いんじゃ…」

唯「その通り、私に出来ない楽器は無い」

唯「どんな難解な楽器も一日でモノに出来る」ふんす!

律「そういう意味かよ…」

澪「これからに期待…かな?」

唯「まぁ見てろ」

唯「何かギターの指南書的な物はあるか?」

澪「これで良ければ…」すっ

唯「センキューお嬢さん」





16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:28:44.21 ID:bPsJSsNg0



唯「…で、これがこうか」~♪

澪「凄い…弾けてる…」

律「マジかよ…一時間も経ってないぞ」

紬「本当に天才なのかも」

唯「何度も言わせるな、私は天才だ」

唯「二千年に一度のな」

紬「(さっきは千年に一度って言ってたような…)」

澪「なんだか凄い人が入部してきたな…私も負けられないな」

律「だな」

唯「…そういえばお前達の演奏を聞いてないな」

唯「是非聞かせてくれ」

澪「…分かった」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:32:12.81 ID:bPsJSsNg0



律「じゃあ行くぞ?ワン、ツー…」カッカッ


澪「」~♪

紬「」~♪

律「」~♪


唯「…」

唯「…」

唯「(オムライス食べたい…)」ぐ~



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:37:49.22 ID:bPsJSsNg0



澪「ど、どうだったかな?」

唯「なんというか…」

唯「まぁまぁだな」あっさり

律「…あたしらが大して上手くないのは分かってるけどムカつくな」

唯「う~ん…や~ば~い~お前らは天才だ~私の負けだ~」

律「真面目に聞けよ!」

唯「まぁまぁだな」あっさり

律「ぐっ…!」

紬「あ、あはは…」

唯「…でもまぁ」

唯「とても楽しそうな演奏だった」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:44:26.21 ID:bPsJSsNg0

唯「改めてお願いしよう」

唯「軽音部に入部させてくれ」

澪「…これから宜しくな!」グッ

唯「こちらこそ」グッ

律「あの~…あたしが部長なんだけど」

唯「ハッハッ、冗談はカチューシャだけにしておけ」

律「どーゆー意味だっ!」

唯「そんなにカッカするな、可愛い顔が二割増しだぞ」

律「それもどーゆー…って、可愛くなってるなら良いだろ!」

澪「何をやってるんだか…」


紬「お茶、いれましょうか」くすっ



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:52:26.29 ID:bPsJSsNg0

いっしゅうかんご!

紬「お茶が入りましたよ~」

律「待ってました!」

唯「これの為にココへ来ているな私は」

澪「…おい」

唯「なんだしかめっ面なんかして、彼氏にでも振られたか?」

唯「おいで、優しく抱きしめてや…」

ゴン!

唯「」

澪「そうじゃない!」

律「(み…澪があたし以外の人間に鉄拳を振るっただと…?)」

澪「お前ら、ココをなんだと思ってる」

唯「喫茶店」

澪「違う!」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 01:59:06.20 ID:bPsJSsNg0

澪「私達は軽音部だ!練習しないでどうする!」

律「…あ」

紬「ご、ごめんなさい…」しゅん

唯「そういえばそうだったな」

澪「それに唯!」

唯「はい!」

澪「いつまで借り物のギターを使う気だ?」

澪「軽音部員たるもの自分の楽器を持たずしてどうする!」

唯「!」

唯「(確かに…あのギターじゃ私の才能の5%も出せないしな)」

唯「仕方無い」がたっ

律「唯?」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:04:46.75 ID:bPsJSsNg0

唯「ちょっと出かけて来る」

紬「どこに行くの?」

唯「楽器屋」

律「…まさかギターを買いに行くのか?」

唯「そのまさかだ」ふんす!

澪「ちょ、ちょっと待て!」

澪「ギターがどれだけするのか知ってるのか?いくらピンキリとはいえ…」

唯「私に金は必要ない」

唯「必要なのはコイツだけだ」すっ

律「バイオリン!?」

唯「それじゃあな、ふふっふ~ん♪」すたすた…



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:08:18.58 ID:bPsJSsNg0

律「行っちゃった…」

紬「唯ちゃん、鞄置きっぱなし…」

澪「本当にバイオリンだけ持ってったのか…!?」

律「も、もしかして…」


唯『ぐへへ…誰も見ていない…盗むなら今のうちだ』


律「なんてことを!」

紬「た、大変!」

澪「唯を追いかけよう!」





37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:13:01.33 ID:bPsJSsNg0

がっきてん!

澪「はぁ…はぁ…た、多分ココに唯は…」

律「ぜぇ…ぜぇ…息が…」

紬「!」

紬「い、居たわ!」

律「どこだ!?」

紬「カウンターの所!」



唯「もしもーし店員さーん、このギターをくれ」

店員「はぁ…じゅ、十五万円になりますが…?」

唯「なんだそれっぽっちか」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:20:02.10 ID:bPsJSsNg0

唯「良いか、今日この日…私と巡り会えた幸運に存分に感謝しろ」

唯「お前の為だけの平沢唯オンステージだ!」すっ…

店員「バイオリン…?」


唯「」~♪


律「店内で演奏し始めたー!」

紬「凄い綺麗な音…」

澪「バイオリンを弾くときはホント別人みたいだな…」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:25:41.85 ID:bPsJSsNg0



唯「」…♪

唯「…私の演奏には百万ドルの価値がある」

唯「釣りはいらねぇ、取っておけ!」

店員「!」じーん

店員「か、感動しました!このギターは持っていって下さい!」

店員「ああでも、これだけじゃ足りませんよね…ええと」

唯「いーや、これで充分だ」

唯「私の演奏を聞けたことを好きなだけ友達に自慢する許可をやろう」

店員「ありがとうございます!」ばっ


澪「嘘だろ…」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:30:37.49 ID:bPsJSsNg0

唯「ん?なんだお前達も来てたのか」

唯「そんなに私が恋しかったか?仕方無いな…」

唯「さぁ来い!三人まとめて愛してやる!」

律「そいやっ」ばしっ

唯「あ痛っ!」

律「調子に乗るな」

唯「あたた…ん?」

唯「(意外と叩かれるのも…悪くない)」

唯「もう一度お願いします!」

律「な、なんだよ!」ぶるっ



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:36:27.50 ID:bPsJSsNg0

律「み、みお~…」

澪「はは…」

澪「そ、それより凄いな唯!」

澪「そのギター、結構良さそうじゃないか」

澪「まさかタダで手に入れるとは…」

唯「タダ?」

唯「支払いなら済ませた、この店丸ごと持ってける程な」

律「…本当にお前の自信はどっから来るんだ」

唯「自信が有りすぎて私も困っている…天才故の悩みだな」

紬「(素なのか計算なのか…)」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:44:09.52 ID:bPsJSsNg0

唯「さて、もう行くぞ」

澪「そうだな、唯もギターを買った?し」

澪「これで練習が出来…」

唯「?帰るんだよ」

澪「え?」

唯「必要以上のサービスはしない主義なんだ」

唯「じゃ、また明日」すたすた…


澪「ゆ、唯!」

律「…行っちゃったな」

紬「もう見えない…」

澪「ち、ちくしょー!」


唯「ウワハハハハハハ」たたたっ…



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:50:51.46 ID:bPsJSsNg0

そのひのよる!

唯「さて…ギターを買った(これ大事)は良いが」

唯「ぶっちゃけ、良いもんなのか悪いもんか分からん」

唯「とりあえず高そうなのにしたけど」


憂「お姉ちゃん、ただいま」


唯「憂か」

憂「あ、お姉ちゃんギター買ったんだね」

唯「まぁな」

唯「そういえば憂、テトラなんちゃらってバンドやってたよな?」

憂「うん、ボーカルだよ」

唯「ならこのギターの価値分かるか?」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 02:57:27.89 ID:bPsJSsNg0

憂「見せて」

唯「ほーれ」

憂「よっとと…」

憂「…うん、良いものだと思うよ」

憂「でもちょっとお姉ちゃんには大きすぎるんじゃないかな」

憂「割と重量もあるし…」

唯「私の相棒になるんだ、じゃじゃ馬くらいが丁度良い」

唯「楽器も女もな」

憂「…ならなにも言わないよ、大切にしてあげてね」

憂「そうだ、名前とか付けてあげたらどうかな」

憂「相棒なんでしょ?」

唯「名前か…」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:02:32.17 ID:bPsJSsNg0

唯「…」

唯「ギター…ぎったん…ターギー…チャンネー…ギロッポン…」

憂「お、お姉ちゃん?」

唯「決めた」

唯「お前は今日から…」

憂「ごくり…」

唯「ブラッディギー太だ!」デデン!

憂「…」

唯「どうだ憂?」

憂「…す」

唯「す?」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:07:19.33 ID:bPsJSsNg0

憂「凄い良い名前だよお姉ちゃん!」

憂「クールさの中にキュートさもあって…」

憂「とにかく良いよお姉ちゃん!」

唯「さすがは私の妹…このセンスを理解出来るとは将来が楽しみだ、ハッハッハッ」

憂「お姉ちゃん!」

唯「憂!」

憂「お姉ちゃん!」

唯「憂!」

唯 憂「「ウワハハハハハハ」」





60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:16:17.14 ID:bPsJSsNg0

よくじつ!

唯「」…♪

律「ふー…」

澪「今のは良い感じに出来たな」

紬「ええ、ぴったり合わせられてたわ」

律「もう一回やっとく?」

澪「(これ!これだよ私が求めていた軽音部は…!)」よよよ

澪「じゃあもう一度…」

唯「悪い、帰る」

澪「え」

紬「何か用事でも?」

唯「女を待たせてるんだ」

唯「アデュー」すたすた…


律「女って…唯も女だろ」

澪「せ、せっかくまともに練習出来たと思ったら…!」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:21:46.06 ID:bPsJSsNg0



唯「待ったか和?」

和「ううん、丁度生徒会の仕事終わった所よ」

唯「おっと気を遣わなくても良いぞ織姫」

和「織姫?」

唯「そう…織姫を待たせる罪な彦星が私で、和が恋煩う織姫だ」

和「くだらないこと言ってないで帰るわよ」

唯「クールビューティも嫌いじゃない」

和「はいはい」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:28:10.30 ID:bPsJSsNg0

和「唯、軽音部は楽しい?」

唯「ぼちぼちと言った所だ」

唯「大した音楽は出来そうに無い」

唯「だが…」

唯「アイツらと居るのは楽しいな」

和「そう、良かったわ」

和「貴方の性格がアレだから、友達が出来るか心配で」

唯「な!このフレンドリーさ溢れる天才捕まえて何を言うかと思えば…」

和「フレンドリーというか、なれなれしいのよ」

唯「むむむ…!」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:32:01.47 ID:bPsJSsNg0

和「あと軽い」

唯「ぐっ」

和「女たらし」

唯「うぐっ」

和「馬鹿」

唯「もう許して下さい!」ばっ

和「あと二十はあるわよ?」

唯「言葉の暴力だけは駄目だ、私のハートがチュクチュクする…」

和「そう」

和「あ、馬鹿と言えば…」

唯「まだ何かあるのか」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:38:32.08 ID:bPsJSsNg0

和「貴方、ちゃんと勉強してる?」

唯「は?勉強?」

和「もうすぐ中間テストよ?」

唯「…テスト?」

和「知らなかった…なんて言わないわよね」

唯「そんなことある訳無いだろ織姫、ちょっと学校に戻ってくる」

和「…何をする気?」

唯「試験時にバイオリンを持ち込めるか聞いてくる」

和「やめなさい」むんず

唯「は、離せー!」じたばた

和「(こりゃ駄目ね)」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:43:12.87 ID:bPsJSsNg0

しけんび!

唯「…」カリカリ…

唯「…」カリカリ…

唯「…」ぴたっ

唯「…」ゴシゴシ…

唯「…」すっ…

唯「…」コロコロコロ…ピタッ

唯「(3か)」

唯「…」カリカリ…





68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:46:25.25 ID:NUeVi8f90

勉強はからっきしなのか



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:49:12.28 ID:bPsJSsNg0

けっかはっぴょうのひ!

律「やっと終わったー!」

紬「やっぱり高校になると一気に難しくなって大変ね」

澪「うん、範囲も広いし…」

律「さすがのあたしも死を覚悟したね!」

紬「うふふ、大げさねりっちゃん」

律「いや割とマジでさ…」

澪「しかし…」チラッ


唯「マスター、今日の体脂肪率は?…ふっ、私の勝ちだな」


澪「幻覚を見る程ヤバかった奴がココに一人…」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 03:56:22.73 ID:bPsJSsNg0

律「そんなにヤバかったの?」

澪「クラスで一人だけ追試だそうだ」

紬「天才の意外な弱点発見ね!」

唯「…良いか、天才にだって駄目なもんはある」

唯「私の場合はそれが勉強だったってだけだ」

律「それって結構マズくね?ぷぷっ」

唯「!」

唯「ほ、ほ~お…じゃあお前は何点だったのかな…?」

律「あたしはホレ」ぴらっ

唯「…」

唯「田井中のバーカバーカ!」

律「なんだとー!」

紬「(あっ二割増し//)」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:03:40.35 ID:bPsJSsNg0

律「へへーんだ!りっちゃんは勉強出来る子ですもんねー!」

唯「ぐっ…糸こんにゃくぐらいムカつく…!」

澪「(糸こん?)」

澪「唯、落ち着け。律も煽るな」

澪「大体、律だってテスト前日に勉強教えて~って私に泣きついて来たじゃないか」

律「わっ!言うなよ!」

唯「」ニヤッ

唯「律、お前も仲間だったか!抱きしめてやろう!」

律「いらねー!」


紬「お茶とお菓子ですよ~♪」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:09:48.52 ID:bPsJSsNg0



律「ふぅ、お茶が体に染みますなぁ」

澪「お婆さんかお前は」

唯「ムギ、私コーヒー駄目だから紅茶で」

紬「はーい」コポコポ…

唯「あー、あとな…」

澪「どうした?」ずず…

唯「追試で合格点取るまで部活道禁止だそうだ」

澪「ぶーっ!」

澪「ほ、本当か唯!?」

唯「ああ、だから勉強教えてくれ」ぐっしょり



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:15:40.52 ID:bPsJSsNg0

澪「わ、私がか?」

律「良いじゃん澪、教えてあげなよ」

律「澪ってそういうの上手いじゃん?」

澪「そ、そうかな//」

律「上手いよ、一夜漬け術教えるの」

澪「普通に勉強教えてます!」

紬「じゃあ今日はみんなで勉強会やりましょうか!」

唯「良し、なら私の家に行こう」びっしょり

唯「私の妹も紹介してやる」ぽたぽた…

紬「楽しみね~」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:24:06.49 ID:bPsJSsNg0

ひらさわけ!

唯「さ、入ってくれ」

唯「(三人同時に家に連れ込んだのは最高記録だな、ハッハッ)」

澪「お邪魔します…」

律「お邪魔しま…臭っ!」

紬「(…失礼よりっちゃん!)」ぼそぼそ

律「(いやだって、これは…)」ひそひそ

唯「あー悪い、ニスの匂いがキツイだろ?今、換気するから」

唯「憂!」


憂「お…おかえりお姉ちゃん…」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:29:58.14 ID:bPsJSsNg0

唯「まーた変なモノをニスの材料にしたな?」

憂「今日はくさやを試してみたんだ…ツヤはいまいちだったけど」

唯「その向上心と探求心は評価に値するが、まずは換気扇を回せ」

憂「ごっごめんなさい」カチッ

唯「これでマシになるだろ」

唯「さぁ憂、ご挨拶だ。お姉ちゃんはしっかり見てるぞ」

憂「う、うん」

憂「妹の平沢憂です…よっ、宜しくお願いします」

律「あ、ああ…宜しくなー」

澪 紬「「(可愛い…//)」」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:37:27.53 ID:bPsJSsNg0

憂「…」

憂「も、もう良いかな…?そろそろ仕上げたいから…//」

唯「はい、いってらっしゃい」

憂「じ、じゃあ皆さんまた後で…」たたっ


澪「(持ち帰りたい…//)」

紬「憂ちゃん、何か作ってるの?」

唯「誰に似たか知らんが、アイツの趣味はバイオリン作りでな」

唯「暇さえあればせっせと勤しんでいる」

律「…そろそろ部屋に行きませんか?気分が…」

澪「大丈夫か?」

唯「オーケー、私の部屋はこっちだ」





85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:45:34.79 ID:bPsJSsNg0

唯「さぁくつろげ!なんなら私のベッドを使っても良いぞ」

唯「今なら平沢唯の温もり30%増量中だ、ハッハッ」


澪「横になるか律?」

律「うん…悪い」

紬「私の膝を貸してあげましょう、はいどうぞ♪」

律「ありがとムギ…やらかい」

紬「うふふ//」

澪「ほら、お茶飲むか?ペットボトルのだけど」


唯「ハッハッ…」

唯「…」

唯「…天才は孤独とは良く言ったものだな」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:50:24.33 ID:bPsJSsNg0

べんきょう!

唯「…」カリカリ

澪「違う、~が~になって…」

唯「…」カリカリ

紬「そう、合ってるわ唯ちゃん」

唯「…」カリカリ

律「ぐが~…むにゃむにゃ…」

唯「…」ベキッ!






89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 04:57:07.51 ID:bPsJSsNg0

澪「ん、もうこんな時間か」

紬「すっかり暗くなっちゃったわね」

律「ふにゅ…今何時…?」ごしごし

澪「お前は何しに来たんだか…」くすっ


唯「…」カリカリ


紬「唯ちゃん、暗いから今日はもう終わりにしましょう?」

唯「…なんだ、もう夜か?」

澪「私達はもう帰るよ、今日は頑張ったな唯」

律「みお~…お腹減った…」

澪「分かった分かった」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:03:45.29 ID:bPsJSsNg0

澪「じゃあ帰るよ。また明日」

紬「またね唯ちゃん」

律「憂ちゃんに宜しく~…」

唯「おいおい待った待った」

澪「なんだ?」

唯「夜道をレディだけで歩かせるほど、私は廃れちゃいない」

唯「送りがてら、夕食をご馳走してやろう」

律「だからお前も女だ」

紬「良いの?唯ちゃん」

唯「勉強を教えてくれた礼だ、それに…」

唯「人生は短い…だが夜は長い」ニヤッ



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:13:04.89 ID:bPsJSsNg0

きっさてん!

カランカラン…

唯「ここのパスタは中々に美味いぞ」

律「へぇ、小洒落てんな」

マスター「いらっしゃい、何飲む?」

唯「だからコーヒーは飲まないと何度言ったら分かる」

マスター「ココ、一応コーヒーが名物なんだけど唯ちゃん」

唯「パスタだパスタ、四人分」

マスター「分かりましたよっと」

紬「あ…犬を飼ってるんだ」キラキラ

ブルマン「ワン!」

唯「そいつはブルマンって言ってな、気難しい犬…」

ブルマン「わふっ!」

紬「もふもふ~//」

唯「…わお」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:21:38.13 ID:bPsJSsNg0

マスター「こんな時間に来るのは珍しいね」

マスター「しかもまた知らない女の子連れてきて」

唯「コイツらはそんなんじゃない」

マスター「どうだか」

澪「(今サラっと爆弾発言が…)」

唯「さっきまで勉強会をやってたんだ、学生らしくな」

マスター「唯ちゃんが勉強?」

唯「なんだその目は」

マスター「明日は雹かな」

唯「ハッハッ、喧嘩なら買うぞ」

マスター「どうせ赤点でも取ってせっぱ詰まったんでしょ」

マスター「ね?」

澪「そうなんですよ…」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:31:50.78 ID:bPsJSsNg0

唯「マスター、パスタまだかなー!!」

マスター「もうすぐ」


律「こいつめー!」わしゃわしゃ

ブルマン「わうっ!」

紬「あはは!く、くすぐったぁ~い!」


澪「(楽しそうだな)」

唯「余計なことをペラペラと…口は災いのなんとやらという言葉を知らないのか」

澪「お前が言うなよ…」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:37:20.40 ID:bPsJSsNg0

マスター「はいお待たせ」コトッ

澪「わぁ…美味しそう」

律「食欲をそそりますなぁ」

紬「うんうん!」

唯「美味しそうじゃない、美味しいんだ」

唯「遠慮は要らん、食べてくれ」

澪 律 紬「「「いただきまーす!」」」

唯「私もいただきまーす」

唯「」ぱくっ

唯「!!!」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:41:26.85 ID:bPsJSsNg0

マスター「どう?」

澪「凄く美味しいです!」

律「ちょっと辛みが利いてるのが良いな!」

紬「うちのシェフにも負けてません!」

マスター「そーお?良かった」

マスター「唯ちゃんは?」


唯「おろろろろろろろ」


律「ぎゃー!」

澪「わーっ!?」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:49:40.63 ID:bPsJSsNg0

紬「ゆ、唯ちゃんハンカチ!」

唯「おえっぷ…」

律「酷い顔してるぞ…」

唯「マスター…アンタ、私のパスタに何した?」

マスター「頭が良くなりますようにって」

マスター「糸こんパスタにしたの、唯ちゃんだけ」

唯「わざとやっ…おろろろろろろ」

澪「わーっ!?第二波!?」

紬「て、ティッシュー!」

律「止まりません隊長ー!」


ブルマン「わふぅ…」ヤレヤレ



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 05:53:12.55 ID:bPsJSsNg0

ごじつだん!

唯「糸こんか勉強会かどっちのおかげかは分からないが」

唯「全教科百点取れました」ぺらっ


澪 律 紬「「「(腐っても天才か…)」」」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:02:12.86 ID:bPsJSsNg0

澪「夏休み、合宿をしよう!」

律「合宿!?」

唯「海か山かなら、海だな」

澪「先に釘を差すが、遊びじゃないぞ」

澪「バンドの強化合宿だ!」

澪「良いか?残念なことにこの部活はまともな練習を数える程しかしたことが無い」

澪「このままでは夏休み明けの学園祭で大恥をかくこと請け合いだ」

律「あたしら学園祭で何かやるの?」

澪「ライブやるに決まってるだろー!」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:11:20.31 ID:bPsJSsNg0

律「ジ、ジョークだよ…あはは」

澪「むー!」

唯「合宿先の手配とかはどうするんだ?」

律「そうだぞー何故かこの部活、部費が貰えないからカツカツだし」

澪「う…」

紬「はい!」びしっ

唯「秋山澪選手に代わりまして、代打・琴吹紬ー」

紬「私の家で使ってない別荘が幾つかあるので、そこを使うのはいかがでしょうか!」

律「本当か!?」

紬「ええ、夏休みの間借りれるように言ってみるわ」

澪「ありがとうムギ!」


唯「ホームラン、琴吹選手ホームランです!」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:21:04.86 ID:bPsJSsNg0

がっしゅく!

律「夏だ!」

唯「ウェミダー!」

律「泳ぐぞー!」

唯「ナンパだー!」

澪「ちっがーう!」

澪「私達は練習に…!」

律「そう言いながら水着に着替えてるみおしゃんであった」

澪「うっ!」

唯「まるでビーチに降り立った人魚姫だ」

唯「どうか私を竜宮城に連れてってくれ!」

紬「うふふふ」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:28:34.79 ID:bPsJSsNg0

澪「こ、これは…みんなが着替えてるから私も仕方無く…//」

律「四の五の言わずに海へレッツゴー!」がしっ

澪「りつ!?」


ザッパーン!


唯「ムギは行かないのか?」

紬「私は見てるだけで楽しいから~」キラキラ

唯「…それは結構な趣味だな、ハハ」

唯「…」

唯「しかしまぁ、本当にデカイ別荘だな」

紬「そうかな?こんな小さい所しか取れなくて申し訳無いと思ってたんだけど…」

唯「(…金持ちの感覚は分からん)」

紬「?」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:37:32.46 ID:bPsJSsNg0

律「スイカ割りしよう!」すっ

澪「どっから取り出したんだ」

律「夏といえばやっぱりこれだよなー」

唯「良いだろう、スイカ割りにおいても天才な平沢唯が…」

律「唯はこっち」

すぽっ

唯「?」

唯「なんで私が砂の中に埋められてるんだ?」

律「一番手、琴吹紬!」

紬「よーし!」ふらふら



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:44:02.52 ID:bPsJSsNg0

唯「ちょっと待った」

紬「ここかな…えい!」ブンッ!

ドグワシャア!!!

澪「地面が割れた…」

律「ムギー!もうちょい左ー!」

唯「おーい私がスイカに見えるかー?」

紬「そこ!」ブンッ

ドグワシャア!!!

律「惜しい!」

唯「いや、本当に笑えないって!」

紬「あ…ここだ」

唯「!」ゾクッ

紬「てぇーい!」ブンッ

唯「わーーーーーっ!?」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 06:50:36.18 ID:bPsJSsNg0

唯「もうローライズジーンズを覗きこんだりしません!」がばっ

唯「…」

澪「すー…」

紬「くー…」

律「むにゅむにゅ…」

唯「夢、か」

唯「(結局、海で遊び疲れて練習する間も無く眠ったんだっけ…)」

唯「…」

唯「…夢で良かったぁ!」

唯「…」

唯「気晴らしに散歩に行くか」

唯「夜の海もオツなものだからな」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:08:11.08 ID:bPsJSsNg0



ざざーん…

唯「潮風が心地良いな」

唯「こんな景色を見ていると」

唯「つくづく、自然とは美しいものだと実感させられる」

唯「私ほどじゃないがな」

唯「…」

唯「『君の愛を得る為なら』」

唯「『戦士にもなれるさ』」

唯「『If you need me...』」

唯「…」

唯「なんだ、作詞家としての才能も開花してしまったか私は?」

唯「自分が怖い!でも好き!」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:14:44.26 ID:bPsJSsNg0

唯「『太陽に憧れて』」

唯「『高く高く飛んだ翼』」

唯「『その熱に溶かされて』」

唯「『深い海へと落ちて行く…』」

唯「…」

唯「ヤバい、インスピレーションが止まらなーい」

唯「さーて、次はどうするか」

ざっ

唯「!」

唯「(今、足音が…)」

ざっ

唯「!!」

唯「(こ、こんな時間に誰だ…?)」

唯「(まままさか、お化けなんてことは…)」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:23:00.90 ID:bPsJSsNg0

ざっ

唯「(いーや、落ち着け平沢唯)」

唯「(お化けごときに天才がビビってどうする)」

唯「(潔く振り向け!振り向くんだ!)」

ざっ

唯「ヤるなら優しくしてください!」くるっ

唯「…あれ、居ない?」

紬「わっ!!」ぎゅっ

唯「わーーーーーっ!」

唯「」

紬「ゆ、唯ちゃん起きて~!」

紬「そ、そんなに驚いた!?」





142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:30:46.68 ID:bPsJSsNg0

唯「…」

唯「…ん?」

唯「ココは…?」

紬「唯ちゃん起きた?」

唯「ムギ…?」

紬「ココは別荘のロビーよ」

紬「唯ちゃん、びっくりして気絶しちゃうんだもん」

紬「ここまで運ぶの大変だったのよ?」

唯「(気絶…)」

唯「違うぞ、ムギ」

唯「あれは天才特有の急に眠くなっちゃう病だ」

唯「気絶じゃない」

紬「そうなの?」くすっ

唯「そうだ」

唯「そしてその優しいお母さんみたいな態度をやめるんだ、何故か心にクる」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:40:19.77 ID:bPsJSsNg0

紬「はい、分かりました」にこっ

唯「…」

唯「ずっと私を看ていてくれたのか?…ありがとうな」

紬「いいのよ。私、世話好きだから」

唯「お前は良い女になるな…」

唯「私と沿い遂げるか?」

紬「お断りします、他に好きな人が居るから」にこっ

唯「好きな人…私か?」

紬「ううん」

紬「皆よ」

唯「ハーレム願望とは将来が楽しみだな、ハッハッハ」

紬「私ね、本当は合唱部に入るつもりだったの」

紬「でも偶然、りっちゃんと澪ちゃんと出会って…」

紬「軽音部に入って下さいって言われたんだ」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:49:47.07 ID:bPsJSsNg0

紬「最初は数合わせの為なのかなって思ってたんだけど」

紬「話しているうちに二人の真剣な気持ちが伝わってね」

紬「私を必要としてくれるんだ、なら力になってあげたいなって思って軽音部に入ったの」

唯「感動必至の秘話って奴だな」

紬「だから、こんな私でも必要としてくれる皆が好き」

紬「もちろん、唯ちゃんも好きよ?」

唯「愛を囁かれる側になるのは久しぶりだ」

紬「もう、そういう好きじゃなくて…」

唯「愛には愛で応えなければな、行くぞムギ」すくっ

紬「どこに行くの?」

唯「知れたこと、暗い所だ」

紬「行きません!」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 12:57:32.20 ID:bPsJSsNg0

よくじつ!

…♪

澪「律、また走ってたぞ」

律「海行きたーい…」

澪「駄目、練習するの」

澪「昨日は一日中遊んで練習出来なかったからな…」

律「一番はしゃいでたくせに」

澪「そ、そんなこと無い!」


唯「今日も平常運転か、良く飽きないなあの二人は」

紬「なんだかいつもの部室みたいね」


律「うみー!」

澪「れーんーしゅーうー!」



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 13:09:51.30 ID:bPsJSsNg0

…♪

律「もう駄目、ホントにちかれた…」

澪「実のある練習が出来たな!」

澪「これなら学園祭もバッチリだ」

唯「しっかし、汗でベートベトだ」

唯「風呂に入りたいな」

紬「それなら近くに露天風呂があるんだけどどうかしら?」

律「露天風呂?」

澪「そんなものまであるのか…」

紬「あまり大きくは無いけどね」

唯「決まりだ、行くぞ」

唯「女同士、裸の付き合いも大切だからな」

唯「いーざ、すすめーやーゆ・いー!」すたすた…

律「(テンション高っ)」

澪「(なんとなく唯と一緒に入っちゃいけない気がする…)」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 13:18:28.93 ID:bPsJSsNg0

ろてんぶろ!

律「ふぃ~…」

澪「きもちいい…//」

紬「気に入って貰えて良かったわ~」

律「見て見て澪!泳げるくらい広いぞ!」すい~

澪「泳ぐな!」

紬「うふふ」

紬「…あれ?唯ちゃんは?」きょろきょろ

澪「そういえば居ないな」

律「一番最初に来てたはずなのに」


唯「世界初、エベレストとヒマラヤのダブル登山に挑むは平沢唯ー平沢唯ー」

唯「平沢唯でございまーす」


澪「わっ!何時の間に後ろに…」


むにゅ



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 13:26:03.10 ID:bPsJSsNg0

澪「…へ?」

唯「D…いや、少なくともE以上といった所だな」ふにゅん

紬「(わー…//)」

律「(手からこぼれてる…//)」

唯「全く、何食ったらこんなデカく…」

澪「き…」

澪「きゃあああああ!//」


ごん!


唯「」ぷか~…

澪「馬鹿唯!//」

律「(それで良いのかお前のポジション…)」

紬「(わ、私も触りたい…//)」


唯「お、お約束だからな…」がくっ



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 13:36:34.84 ID:bPsJSsNg0

澪「はー…!はー…!」

律「どうどう」

紬「深呼吸よ澪ちゃん」

唯「つつ…お前の愛は痛すぎる、おかげでせっかく覚えたコードが吹っ飛んだぞ」

澪「自業自得だ!」

律「いや、コード忘れたらマズいだろ…演奏出来なくなる」

澪「はっ!そ、そうかしまった!思い出せ唯!」がくがく

唯「私の頭を揺らすな、どうせ揺らすならその巨乳を揺らせ」

澪「馬鹿唯!」


律「大丈夫かあのコンビ」

紬「漫才みたいね!」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 13:48:07.34 ID:bPsJSsNg0

澪「はぁ…学園祭が不安になってきた」

唯「なーんで?」

澪「お前だお前…学園祭でもこの調子で何かやらかしそうだからな」

唯「なんだそんなことか、心配するな」

唯「私は音楽に対しては真摯だ」

律「ほんまかいな」

唯「全ての人の中には音楽が流れている」

唯「その音楽は何物にも代えられない唯一無二のものだ」

唯「そして私はその音楽を心から愛している」

唯「どんな女よりもだ」

澪「全ての人の中に…音楽が…?」

唯「以上、平沢唯の音楽とは?でした。ご静聴ありがとう」

律「(最後言わなきゃ決まってたのに)」

紬「わー!」ぱちぱち



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 13:54:29.39 ID:bPsJSsNg0

唯「初めての学園祭、絶対に成功させよう」

唯「お前達の中の音楽を観客に響かせろ!」

唯「そして喝采を!」

律「…なんかやる気出てきた!」

紬「唯ちゃんの言うとおりよ!響かせましょう!」

澪「…うん、そうだな!頑張ろう皆!」

唯「そして私にLOVEを!」

澪「結局それか!」

唯「最初は澪からだ、では愛をどうぞ」

澪「やらん!」





164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 14:06:14.59 ID:bPsJSsNg0

なつやすみあけ!

がらっ

唯「みんな元気にやってるか?」

唯「ちなみに私は元気だ、おちゃめなくらいにな」

唯「今日は登校する時に美人のねーちゃんと五回もすれ違ったから気分が良い」

律「おっす唯」

澪「一回くらいまともに喋れないのか」

唯「これは私の性格だ、アイデンティティだ、どうにもならん」

唯「それよりアルバムなんか広げて何してる?」

唯「私との思い出のページを作りたいならいくらでも協力してやるぞ」

律「昔の軽音部の写真を見てたんだ」

澪「物置を整理してたら出てきてさ」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 14:16:49.28 ID:bPsJSsNg0

唯「昔の?…どれどれ」

唯「…」

唯「なんだこの時代錯誤したバンドは」

律「凄い化粧と顔だよな~」

澪「迫力有りすぎ…」

唯「こんなもの見ていてもなんの参考にもならん」

唯「ポイポーイだ」


がらっ


紬「み、みんな大変よ!」

澪「お、ムギか」

唯「そんなに息を切らして慌てなくても平沢唯は逃げないぞ?」

紬「そ、そうじゃなくて…」

紬「学園祭でステージが借りられないの!」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:07:56.13 ID:bPsJSsNg0

律「ふーん」

澪「へぇ、ステージが借りられないのか」

唯「そんなことより、私にチューをだな…」

律 澪 唯「「「…」」」

紬「…」

律 澪 唯「「「な、なんだってぇー!?」」」

紬「…軽音部はちゃんとしたクラブと認められて無いから使用許可は出せないって」

律「な、なんだそりゃ!」

澪「四人以上居ればクラブとして認められるんじゃ…」

紬「そのはずなんだけど…」

唯「(…確か和が生徒会役員だったな)」

唯「(聞いてみるか)」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:15:47.01 ID:bPsJSsNg0



和「…確かに部活道のリストに軽音部は無いわね」

和「私が思うに部活申請用紙が未提出なんじゃないかしら」

律「あ!」

澪「…お前確か、私が部長なんだから私が出しておくって言ってたよな?」

律「…てへぺろ☆」

澪「馬鹿律!」


唯「じゃあその申請なんたらを出せば問題は無いんだな和?」

和「いいえ、それもあるけど部活の新設にはもう一つ足りないのがあるわ」

唯「キスか?」

和「違う」

和「顧問よ」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:22:48.82 ID:bPsJSsNg0

唯「顧問?」

和「そ、どの部活にも監督役として最低でも一人は顧問が必要なの」

唯「なんだ監督役なら私がやってやっても良いぞ?私に不可能は無いからな」

和「どう考えても貴方は監督される側でしょ?」

和「放っておいたら、手当たり次第に女の子に手を出すんだから」

和「それ関係のトラブルを今幾つ抱えてると思ってるの?」

和「A4ファイル六冊分よ六冊分」

和「大体…」


唯「必ずや立派な顧問を探してきます」びしっ



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:30:38.62 ID:bPsJSsNg0

律「…で、どうやって顧問見つけるんだ」

紬「今から顧問になってくれる先生なんているかしら?」

澪「見つからなかったら、ライブどころか廃部だぞ…」

澪「…」

澪「い、今のは別にシャレでもなんでもないからな//」

律「お、おう」

紬「唯ちゃん、どうする?」

唯「ターゲットならもう決めている」ぴらっ

律「写真?あ、昔の軽音部の…?」

唯「さぁて、職員室までホップステップだ」

唯「アッハッハッハ…」ぴょーん



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:38:43.76 ID:bPsJSsNg0

しょくいんしつ!

さわ子「私を軽音部の顧問に?」

唯「そうだ、お前こそ私を愛の規則で縛るにふさわしい!」

唯「いや、縛ってくれ!」

さわ子「…そんな趣味は無いから」

さわ子「それに私はもう吹奏楽部の顧問をやっているから」

さわ子「ごめんなさいね」

澪「(…駄目じゃないか)」

唯「(良いから見てろ)」

唯「時に先生」

さわ子「なにかしら?」

唯「先生はこの学校の卒業生ですか?」

さわ子「そうだけど…」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:45:38.65 ID:bPsJSsNg0

唯「なーら、この写真に見覚えがあるな?」ぴらっ

さわ子「!」

さわ子「(ば、馬鹿な…!全て焼却処分したはず…!)」

唯「」ニヤッ

さわ子「(…それを渡しなさい!)」ぼそっ

唯「やーなこったベロベロバー」

さわ子「!?」

律「ちょ!先生になんてことを!」

唯「さぁ欲しけりゃ捕まえて見ろ!」

唯「ウワハハハハハハ」たったっ…

紬「ゆ、唯ちゃーん!」

さわ子「逃がさない!」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:52:18.44 ID:bPsJSsNg0



さわ子「」キキィーッ!

さわ子「(どこまで行きやがった?)」

さわ子「(そう遠くは行けないはず…)」

澪「はぁっ!はぁっ!せ、先生待って…」

律「あ、あの写真がどうしたのさ…」

さわ子「え、え?べ、別に…」

さわ子「ちょっと体を動かしたくなっただけよ、おほほ…」

律「(嘘だ…)」


~♪


紬「あれ?この音は…」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 15:58:09.90 ID:bPsJSsNg0

澪「バイオリン…音楽室から?」

律「唯か!」

さわ子「」しゅばっ!

律「速っ!」

がらっ

さわ子「見つけたわよ平沢唯!」

唯「ずいぶん遅かったな、待ちくたびれたぞ」

唯「やはり私は追われるより、女の尻を追っかけている方が性にあってる」

澪「それはどうかと思うぞ…」

さわ子「写真を返しなさい!」

唯「だーめーだ」

さわ子「なら力づくでも…!」



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:04:50.27 ID:bPsJSsNg0

紬「…あのぉ」

さわ子「ちょっと待ってて琴吹さん、今大事な…」

紬「なんであの写真にこだわるんですか?」

さわ子「へ!?そ、それは…」

唯「知りたいか?」

紬「」こくこく

唯「ならば教えてやろう!」

唯「この写真に写っているパンクなお嬢さんと」

唯「山中さわ子は同一人物だからだ!」

さわ子「(終わった…)」よよよ

律 澪 紬「「「ええええええ!?」」」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:13:18.35 ID:bPsJSsNg0

律「確かに見比べれば分かるような…」

紬「分からないような…」

澪「…よく分かったな」

唯「私は一度見た女の顔は絶対に忘れない」

さわ子「…そう、その写真のギタリストは私よ」

さわ子「私はこの学校の軽音部員だったの」

澪「そうだったんですか…」

律「先生はギター上手だったの?」

さわ子「」ピクッ

紬「聞いてみたいです!」

さわ子「しゃーねぇなぁ…」

澪「!?」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:21:06.46 ID:bPsJSsNg0

さわ子「このギター借りるぞ」すっ

唯「おい!私のブラッディギー太!」

さわ子「いっくぜぇ!」

さわ子「」~♪

律「な、なんて早弾き…!?」

澪「それにタッピングまで…」

さわ子「」~♪

紬「歯ギター!」

律「すご…」

唯「ええい…!」

唯「やーめろやめろ!私には聞こえる、ブラッディギー太の悲鳴がな!」

唯「お前にそれを持つ資格は無い、こっちに返せ!」ばっ

さわ子「あふん」

律「あ、素に戻った」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:34:36.60 ID:bPsJSsNg0

さわ子「…」へたり

さわ子「先生になったらおしとやかなキャラで行くと決めたのに…」

さわ子「このことが広まったらおしまいよぉ!」よよよ

澪「せ、先生…」

紬「お、お茶でも飲んで落ち着いて下さい」

さわ子「うう…美味しい…」

唯「さわちゃん」

さわ子「平沢さん…?」

唯「この写真をばら撒かれたくなければ顧問になってくれ!」にこっ

さわ子「!」

さわ子「…チクショウ!」


律「こうして軽音部は設立を認められたのであった」



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:45:58.77 ID:bPsJSsNg0

よくじつ!

唯「さぁ、顧問も決まったことだし練習に励むんだお前ら!」

さわ子「(…無理矢理だけどね)」

澪「唯も練習するんだよ」ぐいっ

唯「ハッハッ、天才暇無しだな」ずるずる…

律「はいはいお約束」

紬「じゃあ何からやろうか?」

さわ子「…」

さわ子「貴方達は学園祭で何を演奏するの?」

澪「最初はコピーだったんですけど、やっぱりオリジナル曲にしようかと」

律「今、練習中なんだよ」

さわ子「ふーん」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:52:10.36 ID:bPsJSsNg0

さわ子「ちょっと聞かせて貰える?」

澪「は、はい!」


うぇいくあっぷ!


…♪

律「っと!ま、こんなものかな」

紬「良い感じに出来たわね!」

澪「ど、どうでしたか?」

さわ子「そうねぇ…とりあえず言えることは…」

さわ子「ボーカルは?」

律 澪 紬「「「あっ」」」

さわ子「オリジナルなんだから歌詞もつけないと」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 16:57:26.02 ID:bPsJSsNg0

律「そこらへん、失念してたな…」

紬「何かと足りないと思ったら…」

唯「全くこのおバカさん達は」

律「お前も忘れてたろー!」

澪「か、歌詞ならこの前考えてみたのが…」

さわ子「見せて貰える?」

澪「ど、どうぞ//」すっ

さわ子「どれどれ…」


『キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI 揺れる…』


さわ子「…」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:05:06.63 ID:bPsJSsNg0

唯「おいおい、さわちゃんは歌詞を見せろと言ったんだぞ」

唯「誰が私への愛情ラブレターを出せと言った、澪?」

澪「…いや、歌詞だけど」

律「か、痒いっ!全身が痒く…!」

さわ子「こ、このセンスは…」

澪「自信作なのにぃ…」

紬「わ、私は好きよ澪ちゃん!」

唯「脳内ふわふわ時間だな」

澪「ぐすっ」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:12:05.44 ID:bPsJSsNg0

律「この歌詞は無いよな…」

紬「私は良いと思います!」

律「うそ!」

唯「一つはイロモノを混ぜるのが相場と決まってる」

澪「…真面目に書いたもん」

さわ子「まぁ良いんじゃない?他に歌詞も無いし」

律「えー…OKの方向ですか…」

澪「りつぅ…」うるうる

律「ぐっ…!」

律「分かったよ…これで行こう」はぁ



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:18:56.60 ID:bPsJSsNg0

澪「(勝った!)」ぐっ

さわ子「じゃあ次は誰が歌うか決めましょう?」

律「そりゃ歌詞の作者に決まってるだろ」

澪「えっ」

澪「いや無理無理無理無理無理」

澪「こんな歌詞歌えるワケ無いだろ」

唯「ナチュラルに自ら否定したな」

澪「恥ずかしいし…//」

紬「困ったわね…」

さわ子「うーん…じゃあ唯ちゃんは?」

唯「は?」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:29:31.81 ID:bPsJSsNg0

律「そうだな~目立ちたがり屋で自信家の唯ちゃんならボーカルいけるんじゃないか?」ニヤニヤ

澪「そ、そうだそうだ!私より唯が適任だ!」

唯「ちょっと待った、幾ら天才の私でもこの歌詞を歌いきれる自信は無い」

唯「よく考えろ、私のキャラで『マシュマロ~』なんぞ歌った日には」

唯「客席から拍手喝采、アンコール、ファンレター雨あられという惨事に…」

律「え、良くね?」

唯「とにかくパ…」

紬「唯ちゃんが歌う所、見てみたいなぁ…駄目?」キラキラ

唯「その願い、聞き届けたぜ私の女神」

唯「お前の為だけに歌ってやろう!」

紬「(計画通り)」



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:38:28.33 ID:bPsJSsNg0

唯「そうと決まれば早速歌のレッスンだ」

唯「付き合ってくれさわちゃん!個人的にも!」

さわ子「良いけど、私の教え方は厳しいわよ?」

唯「愛も障害も大きい方が燃える」

さわ子「そこまでの覚悟があるなら教えてあげる、ただし…」

さわ子「一時間や二時間でお家に帰れるとは思わないことね?」

唯「二時間じゃ足りないな、三時間…」

唯「いや、深夜までだ!夜のレッスンの方が楽しいからな」

さわ子「よーし!今夜は帰さないわよー!」


澪「が、がんばれー…」

律「意外と良いコンビかもな」

紬「(まぁまぁまぁまぁまぁまぁ//)」



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:43:51.70 ID:bPsJSsNg0

ごじつだん!

唯「ごえががれまじだ」

さわ子「やり過ぎた」

律 澪「「どーするんだ学園祭!?」」


紬「(ヤリ過ぎた…?キャッ//)」ドキドキ



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 17:54:13.51 ID:bPsJSsNg0

がくえんさい!

澪「無理だ…絶対無理だ…わわわ私がボーカルなんて…」

紬「大丈夫よ、澪ちゃんなら出来るわ」

澪「無理だよぉ…人前で歌うなんて…」

澪「しかもこんなドレスまで着せられて…」

唯「眼福、眼福」

澪「ううう…//」

さわ子「衣装制作は私が一晩でやりました」

律「素直に凄ぇ…」

紬「でも、皆はドレスなのになんで唯ちゃんはスーツなの?」

さわ子「本人の希望なのよ」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:02:08.61 ID:bPsJSsNg0

唯「私にヒラヒラは似合わない」

さわ子「って言って聞かなくて」

澪「ゆいー!せめて衣装交換してー!」がばっ

唯「なっ!ちょ、引っ張るな!愛なら好きなだけくれてやるから!」

澪「愛なんていらない!思い出なんていらない!」

唯「破れる!スーツが破れる!」


紬「(愛憎劇//)」

律「…ムギ、鼻血出てるぞ」

紬「!」



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:09:42.17 ID:bPsJSsNg0

唯「いいから落ち着け澪!お前なら大丈夫だ!」

澪「無理無理!無理だよぉ!」

澪「ぜ、絶対上手く歌えない!」

唯「自信を持て、お前はお前が思っている以上に強い女だ」

澪「でも…!」

唯「上手くやろうなんて思うな、むしろ楽しめ、遊び心を持て」

唯「緊張して張りつめた糸は切れるだけだ」

澪「…」

唯「それに私は知ってる」

唯「澪が空き教室でこっそり歌の練習していたのをな」

澪「…み、見てたの?」

唯「ナンパしてたらたまたま見かけただけだ」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:18:42.20 ID:bPsJSsNg0

唯「お前なら大丈夫」

唯「この三千年に一人の天才、平沢唯がここまで言ってるんだ」

唯「このライブは必ず成功する!」

澪「…」

澪「…頑張る」

唯「その意気だ」


律「おい、そろそろあたしらの出番だぞ」

紬「やれそう澪ちゃん?」

澪「うん、もう大丈夫だ」

さわ子「頑張りなさい!」

唯「さぁ行くぞ、ショータイムだ」



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:29:20.43 ID:bPsJSsNg0

『次は桜高軽音部、』

『四千年に一人の大天才・平沢唯と運命の女神達による演奏です』

律「(なんじゃそりゃあ!)」

紬「(絶対唯ちゃんだ…)」

澪「(こいつ…見直したと思ったらこれだ!)」

唯「ハッハッハッ!さぁ私を見ろ!」

ぱちぱちぱちぱち…

律「(えーい、もうヤケだ!)」

律「ワン、ツー、スリー、フォー!」カッカッ

唯「」~♪



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:36:56.38 ID:bPsJSsNg0

澪「キミを見てるといつもハートDOKI☆DOKI♪」

澪「揺れる思いはマシュマロみたいにふわ☆ふわ♪」

紬「(凄い澪ちゃん…ちゃんと歌えてる!)」

律「(…頑張ったんだな、澪!)」

唯「いつも頑張るキミの横顔♪」

澪「!」

唯「(ほら、合わせろ)」ぱくぱく

澪「(う、うん!)」

澪「ずっと見てても気づかないよね♪」

唯「夢の中なら二人の距離縮められるのにな♪」

律「」~♪



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:41:07.60 ID:bPsJSsNg0

唯 澪「「あぁカミサマお願い♪」」

唯 澪「「二人だけのDream Timeください☆♪」」

唯 澪「「お気に入りのうさちゃん抱いて今夜もオヤスミ♪」」

澪「ふわふわ時間♪」

唯「ふわふわ時間♪」

唯 澪「「ふわふわ時間♪」」

紬「」~♪





226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:50:37.84 ID:bPsJSsNg0

ぱちぱちぱちぱちぱち!

澪「はぁ…はぁ…」

唯「言ったとおりだろ?」

澪「…」

唯「大成功、拍手喝采だ」

澪「…ああ」

律「やったな、澪」

紬「凄いわね私達!」

唯「一番凄いのは私だ」

澪「…うん」

澪「うん!」にこっ

澪「みんなぁー!!ありがとぉー!!」

わああああああああああ!



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 18:57:40.24 ID:bPsJSsNg0

澪「本当にありが…」

ガッ!

澪「え?わわっ!!」ぐらっ

律「澪!」

紬「澪ちゃん!」

澪「(こ、転んじゃ…!!)」

唯「おっと」すっ

澪「きゃっ!」

澪「…」

澪「あ、あれ?転んでない…」

唯「全くお前はそそっかしいな」

澪「ゆ、唯?」


紬「(お姫様だっこキマシタワー!!//)」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:05:21.31 ID:bPsJSsNg0

澪「ゆゆゆゆ唯!?//」

唯「ステージでねんねする奴があるか」

唯「ちゃんと足元を見ろ」

律「(こ、この女は…!)」

紬「(まさか、この為にスーツを着たの唯ちゃん!?だとしたら、なんて恐ろしい子//)」

澪「お…お…//」

唯「ん?感謝のキスか?」

唯「みんなが見てるというのにしょうがない奴だ、ハッハッハ」

唯「さぁ、ぶちゅーっと…」

澪「降ろせぇぇぇぇぇ!//」


ごん!



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:15:05.45 ID:bPsJSsNg0

こうして私の学園祭はまさかのたんこぶで終わった

全く澪の奴め、照れ隠しにも限度があるぞ限度が

だが、学園祭そのものは成功したといえるだろう

まぁ、五千年に一人の天才である平沢唯が居る時点で分かりきっていたがな!

さて、もうすぐ二年生だ

軽音部に後輩は来るだろうか?

来るとしたらどんな後輩だろうか?

きっと、私にベタ惚れの美女に間違いないだろう


私の未来は明るい


おしまひ



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:20:08.08 ID:bPsJSsNg0

はるのひ!

梓「…ここが桜高ですか」

梓「軽音部はどこに…あったあった」

梓「…ふぅ」

梓「行きますよ中野梓」

がらっ

唯「ん?だーれだお前?」

梓「私を軽音部に入れなさい」



To Be Continued...



239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:28:08.73 ID:+F/GFUoB0

エンドレスか
乙でした



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:35:21.28 ID:HLuKCdFGO

本当に続きないのか
でも面白かった乙



242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:42:18.56 ID:bPsJSsNg0

ぶっちゃけネタ切れだ
後半なんか訳分からなかった

続きは思いついたらやる

梓「猫耳だ…私の猫耳だ!!」



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/08(土) 19:56:44.55 ID:BnLTu6Qh0

おもろかったからまた続き書いてくれ


唯「私の名前は平沢唯!えら~い…」梓「待ちなさい」



転載元
唯「私の名前は平沢唯!えら~い人だ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1347033106/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 21:37
          • この唯は唯の皮被った只の音也じゃないですかやだなあ!
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 21:39
          • 音うやんっぽいと思いながら読んでたら体脂肪率のネタでにやけたwww
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 22:16
          • 油断してたらウェミダーで吹いたわwwww
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 22:22
          • この唯のキャラの元ネタがあんのか、どこかのバンドマンの話?こんな奴いたっけ
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 22:23
          • 元ネタがわからん
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 22:23
          • ※4
            仮面ライダーキバ
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 22:38
          • ネタキャラとして後発の名護さんを越えられない紅音也さん
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 23:10
          • この性格のけいおんも観たい
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 23:27
          • 5 唯が音也で憂が渡で
            あずにゃんが…753?
            面白かった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月08日 23:57
          • おとーやんは最高のクソ野郎だった
            俺の親父になってくれ唯
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 00:41
          • >7
            0108は後半ガチキャラだったからな、逆に753は後半にネタキャラ化・・・
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 00:55
          • 元ネタはわからなくても面白かった。

            後、憂ちゃんが作ろうとしているバイオリンって、まさかストラディバリウス?
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 01:21
          • 音やんっぽいキャラなのかと見てたらまんま音やんじゃないですかwww

            米12憂ちゃんが作ろうとしてるのはたふ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 01:21
          • 人見知りな憂ちゃんも新鮮だ。あと作ってたのはブラッディローズ級の何かだっけ?
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 01:29
          • 2月→5月→9月

            何気に約三ヶ月おきにけいおん更新されてんだなww
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 01:59
          • まさかの音也ネタとは…!
            俺得過ぎる、ありがとうございました
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 02:24
          • 完全におとーやんだこれ
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 02:25
          • 5 けいおん!と仮面ライダーキバの夢のコラボwwwしかも天才音也だし
            まさに俺得
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 04:21
          • たまに見たくなるのがけいおんssとハルヒss
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 07:41
          • で、最終回は未来からきたネオ合唱部を相手にするところで終わるのか?
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 11:02
          • むしろ赤セイバーだろこれ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 11:34
          • みおさんが原作通りヤンデレ化しなくてよかった
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 12:16
          • 21
            赤セイバーも自信家だが音やんはお調子者にユーモアも持っているからな
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 12:38
          • 23

            おとーやんと赤セイバーは気が合うかもなお互い芸術大好きだしw

            そういや以前、草加がけいおんに介入するSSもあったがあっちはBADだったな
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 13:16
          • けいおんSSも以前よりは面白くなくなった印象だ
            やはり色んなSSがあると色褪せるな
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 13:16
          • けいおんSS全盛期を彷彿とさせる良作だな
          • 27. タイラント
          • 2012年09月09日 16:25
          • 面白かった!
            続きがはよ読みたい!
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 16:43
          • 面白い。続き読みたくなった
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 18:59
          • まさかのキバネタ……
            ウェミダーは卑怯だわwww
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月15日 01:17
          • 5 最近のけいおんSSで一番好き
          • 31. ま
          • 2012年09月21日 23:39
          • 3 なぜかこのキャラでも違和感がない・・・。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月22日 14:17
          • これは新しい改変だな。
            面白かった。
            ただ唯の声が別の声で再生されて困ったW
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月24日 15:33
          • 進お父さんでも憑依したのかと思ったら、おとやさんだつた
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月11日 12:54
          • 俺も誰かさんの声が脳内で鳴り響いて困る。
            久々に腹筋崩壊した
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月11日 23:32
          • 5 お前誰だよぉ!


            ……でも面白すぎた。めちゃくちゃ笑わせてもらいました

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」
        • 【モバマス】藤原肇「蜃気楼少女」
        • 【モバマス】藤原肇「蜃気楼少女」
        • 【リトバス】理樹「見ただけでパニックを起こすメール?」佳奈多「ええ……」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ