TOP

マミ「神名あすみちゃん、って言うのね?」あすみ「…うん」

参考リンク:神名あすみとは (カンナアスミとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
参考リンク:神名あすみ (かんなあすみ)とは【ピクシブ百科事典】
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:13:14.01 ID:hHUwceux0

マミ「ティロ・フィナーレ!」ズガァァァン!!

ズライカ「:agr;ohia:;bzdhs:;:;:;――――!!」ドギャァァァン


マミ「……ふぅ。魔女を撃破、と……」

マミ「……」チラッ

少女「……」

マミ「(銀髪の女の子……。小学生ぐらいかしら?)」

マミ「(こんな小さな子が夜一人で……)」

少女「……」フルフル



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:16:50.73 ID:hHUwceux0

マミ「大丈夫?どこにも怪我は無い?」

少女「……」コクリ

マミ「そう!よかったぁ…!」

少女「……」

マミ「……」


マミ「(……口数が異様に少ない)」


マミ「…怖かったよね?けどもう、大丈夫だから…」

少女「……」

マミ「……」


マミ「(まぁ、しょうがないわよね。魔女に襲われたんですもの……)」



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:20:21.18 ID:hHUwceux0

マミ「(……けど、この子の両親は……?)」


マミ「……ねぇ、お嬢ちゃん?」

少女「……?」

マミ「その…、お父さんお母さんは……?」

少女「……」


少女「死んだ」

マミ「……!」

少女「ずっと前に、お母さん死んじゃった……」

マミ「……」

少女「行くところ、ないの……」

マミ「そんな……」

少女「……」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:23:16.98 ID:hHUwceux0

少女「助けてくれて、ありがとう……」

マミ「えっ、ちょっと」

少女「それじゃ」

マミ「あっ……」


マミ「(どうしよう)」

マミ「(このままじゃあの子、きっとずっと独りぼっちだわ…)

マミ「(なんとかしてあげなくちゃ!)」


マミ「…待って!」

少女「……?」


マミ「…貴女、お名前は?」

少女「……」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:28:20.97 ID:hHUwceux0

あすみ「…あすみ。神名あすみ」

マミ「……」


マミ「神名あすみちゃん、って言うのね?」

あすみ「…うん」

マミ「そう、なら……」


マミ「私のお家に、来てみない?」

あすみ「……」

マミ「ずっと独りぼっちは、寂しいわよね……?」

あすみ「……」

マミ「……せめて晩御飯なら、一緒にご馳走してあげれるわ」

あすみ「……」コクリ

マミ「……そう、よかった」ニコッ

マミ「私は巴マミ、よろしくね?」

あすみ「……」コクリ



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:35:40.67 ID:hHUwceux0

マミ宅


マミ「……どう?美味しい?」

あすみ「……」モキュモキュモキュ

マミ「……もしかして、不味かったかしら……?」オロオロ

あすみ「……」ゴクン


あすみ「……美味しい」

マミ「……!」パァァ

マミ「よかったぁ。お口に合って……」

あすみ「……お代わり、良い?」

マミ「えぇ、もちろん!たくさん食べてね?」

あすみ「……うん」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:38:33.36 ID:hHUwceux0

あすみ「……ごちそうさま」

マミ「えぇ、お粗末様でした」ニコッ

あすみ「……」


あすみ「……ふわぁぁ……」ウトウト

マミ「あら……」

あすみ「……」ウトウト

マミ「もしよかったら、泊まっていく?」

あすみ「……」

マミ「もう夜も遅いし……」

あすみ「……」コクリ



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:39:44.36 ID:hHUwceux0

マミ「分かったわ、じゃあお布団敷いてくるわね?」

あすみ「……」コクリ

マミ「ゆっくりしていくのよ?」

あすみ「……うん」

マミ「じゃあ、お紅茶でも飲んでくつろいでいてね?」タッタッタ


あすみ「……」


あすみ「……下らない」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:42:01.68 ID:hHUwceux0

―深夜。

マミ「ZZZZZzzzz」

あすみ「……」


『やぁ、あすみ』

あすみ「……」


あすみ『……外で話そうよ』

『あぁ、分かったよ』



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:48:14.79 ID:hHUwceux0

―マミ宅マンション屋上

QB「やぁ、神名あすみ」

あすみ「やっぱりキュゥべえね。何の用なの?」

QB「いやぁ、まさか君がここに来るとは思わなくてね」

あすみ「何?来ちゃ悪いの?」

QB「いやいや、寧ろ大歓迎さ!」

QB「何と言ったって、君はある意味ではイレギュラーだからね」

QB「言うなれば、僕の唯一の理解者なのだから」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 14:55:04.62 ID:hHUwceux0

あすみ「絶望と希望はプラマイゼロ、だったっけ?」

QB「それもそうなんだが、君は僕の活動に協力してくれる数少ない逸材とも言えるね」

あすみ「幼気な女の子騙して、絶望に突き落とすアンタの活動にねぇ……?」

QB「騙すとは人聞きが悪いじゃないか。これでも双方の合意を得たつもりだよ?」

あすみ「それ当て嵌まってるのってある意味わたしだけよね」

QB「そうかい?」

あすみ「……まぁ、どうでもいいよ、アンタが合意を得ようがなにしようと」

あすみ「それにわたしは、アンタの活動に協力してるわけじゃないから」


あすみ「ただ、人の不幸が美味しいだけ」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:02:09.24 ID:hHUwceux0

QB「……」

あすみ「……幸せを満喫している人たちを見てると、ずっと思うんだ」

あすみ「全て、壊れちゃえばいいのに、って」

QB「へぇ」

あすみ「ねぇ?知ってる?」

あすみ「本当に幸せな人ってね?不幸な他人が傍に居る事なんて気付かないの」

あすみ「例えそれが、自分の大事な大事な肉親さんでもね…?」

QB「ふむ」

あすみ「己の下方に居過ぎて、きっと見下ろすまでもないんだよね……」

QB「へぇ、それで?」

あすみ「……」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:06:44.95 ID:hHUwceux0

あすみ「けれどね、わたしね」

あすみ「そんな人が堕としちゃうのが好き」

QB「……へぇ」


あすみ「メインディッシュの幸せの味を噛みしめている人が」

あすみ「食後を彩るデザートとして、とびっきりの不幸を味わうの」

あすみ「それも、甘ったるく……とても苦い、黒色の不幸を……」


あすみ「そしてその甘美なお味に悶えてジタバタ……」

あすみ「虫螻の様に足掻く人間がたまらなく好きなの」

QB「……」

あすみ「だからわたし、いろぉんな人に是非知ってもらいたいなぁ」


あすみ「おいしいおいしい不幸の味を、ね?」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:09:09.21 ID:hHUwceux0

QB「……そうだったね、君のソレとはあくまでも嗜好だったね」

あすみ「そうよ。だからアンタに協力するつもりなんてないし、絶対に有り得ないの」

あすみ「結果的にアンタの利害と一致してるだけよ?あくまで」

QB「……そしてその今度の嗜好品となるのが、マミって訳だね?」

あすみ「まぁ、そうなるわね」

QB「そうかい、楽しみにしてるよ」


あすみ「けど、アイツ頂くのは最後にするわ」

QB「それはどうして?」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:13:44.80 ID:hHUwceux0

あすみ「アイツの顔、どんな顔してるか分かってるでしょう?」

QB「僕は感情が無いからね、わからないよ」

あすみ「うふっ。なら教えてあげるわ」


あすみ「傲慢」

QB「……ほう?」

あすみ「高い自尊心、他人より重要、魅力的になりたいという欲望」

あすみ「……賞賛をそれに値する者へ送ることの怠慢、過度の自己愛、ってところね」

QB「七つの大罪の一つとも言われるね」

あすみ「うん。わたしをアイツん家に誘う時の奴の顔を見た?」

あすみ「ドヤってたわよ?絶対わたしを憐れみを含んだ目でみてたわ」

QB「へぇ、それはわからなかったね」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:20:57.54 ID:hHUwceux0

あすみ「だから、最後にその楽しみはとっておくの」

あすみ「……初めて味わう甘美って、決まって感動するものよ?」

あすみ「だから、傲慢なアイツがね?」

あすみ「……わたし特製のビタースイーツを味わう所想像すると……ね?」

QB「……」


QB「まぁ確かに、エネルギー収穫量は上がるだろうね。感謝するよ」

あすみ「……はぁ。お前に話しても駄目よねやっぱり」

あすみ「ぜんっぜんわかってないわね」

QB「それはすまなかったね」


QB「……けれど、いいのかい?」

あすみ「うん?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:28:01.55 ID:hHUwceux0

QB「君の言う嗜好品に値するものが、この町には沢山ある様だ」

あすみ「……ん」ピクッ

QB「総数にして8人さ」

あすみ「……」


あすみ「……在り処を教えなさい」

QB「いいけど……その内何人かは未契約だよ?」

あすみ「構わないわね。皆契約する様誘導していただいちゃえばいいのよ」

QB「えぇ?全部グリーフシードにするつもりかい?」

あすみ「当然」

QB「……」


QB「……やれやれ、君の強欲ぶりは称賛に値するよ」

あすみ「アンタに言われたくはないわねホント」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:38:59.53 ID:hHUwceux0

あすみ「―と、言う事、でッ!」バッ

QB「うん?どうかしたかい?」

あすみ「まぁ見てよ、これ、ソウルジェム」ペカァァァ

QB「魔女の反応だね」

あすみ「うん、せっかくだから行ってくるよ」

QB「あぁ、頑張ってね。君は僕達インキュベーターにとっては非常に有益な逸材だからね」

あすみ「だから、協力なんてしないの!」ヒュバッ


QB「……やれやれ、つくづく違う方向でイレギュラーな魔法少女だね」

QB「大概の魔法少女の願いと言えば、大切な者を救う願いだったり」

QB「己の欲望を貫いた、例えば地位や名誉や才能だったりする」

QB「けれど彼女、神名あすみはその中でも異彩を放っている」


QB「その願いは、『自分の知る周囲の人間の不幸』」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:43:12.23 ID:hHUwceux0

QB「願いからの希望から産まれ、絶望の呪いを撒き散らし了る」

QB「それが魔法少女」

QB「だが彼女の場合は、絶望からの呪いで産まれた魔法少女さ」

QB「そんな彼女も、何れは真の絶望を知る事になるだろう」

QB「果たして、それがどの様な物かは些か興味深い所さ」


QB「人間の感情を知るための情報として、ね」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:49:12.67 ID:hHUwceux0

―結界。

あすみ「……まったく、せっかく孵化を早めてやったと言うのに」

あすみ「なぁに?この結界は」

あすみ「お菓子だからけじゃないの!」

あすみ「もうっ。甘ったるぅい臭いがプンプンするじゃない」


あすみ「……わたしこう言うの嫌い」

あすみ「ただただ甘ったるいクソ甘いだけの菓子なんてゴメンね」

あすみ「舌がバカになっちゃうわ」


ピョートル「キャッキャ」トテトテ

あすみ「―可愛い子ぶってるつもりなの……?」

あすみ「あぁもう!この使い魔見てて鬱陶しい!」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:51:03.67 ID:hHUwceux0

あすみ「お前等には味わわせる物なんてないわよ!」ジャララッ!!

あすみ「このわたしのフレイル型のモーニングスターで」ビュンビュン


あすみ「消し飛べッ!!」ゴウゥッ!!


ピョートルs「ギャアアアア」シュワァァァ

あすみ「……弱っ」

あすみ「さっさと魔女さんのトコ行きましょう、もう……」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:53:49.72 ID:hHUwceux0

―最深部。

あすみ「さぁて……」

あすみ「なにっが出るかなっ?なにっが出るかなっ?」

ゴゴ……グニュグニュ……

あすみ「わくわく、わくわく」

ググググ……ポンッ


シャルロッテ「……」

あすみ「あら、可愛い」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:57:44.12 ID:hHUwceux0

シャルロッテ「……」

あすみ「せっかく出てきてくれたのにだんまりなのぉ?」

シャルロッテ「……」

あすみ「……もう、しょうがないなぁ」

あすみ「あなたと同じ目線に座ったげる」ポスッ


あすみ「ねぇねぇ、何か欲しいものない?」

シャルロッテ「……」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 15:59:29.55 ID:hHUwceux0

あすみ「……だんまりだとわたしわかんないよ?」

シャルロッテ「……」

あすみ「……しょうがないなぁ」

あすみ「わたしが当ててあげよっか?」

シャルロッテ「……」

あすみ「ふふっ。実はわたしね?」

あすみ「その人がどんな人か、目を見るだけでわかるの!」

シャルロッテ「……」

あすみ「だから、その人が何が好きか、とか一発で当てれるよ?」

あすみ「だから……わたしの目をじっと見つめていてね?驚かないでね?」


あすみ「――」キイイイィィィン...!!



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:02:33.93 ID:hHUwceux0

あすみ「……」アトズサル

あすみ「……そっか、ずっと食べられなくてもんもんしてたんだね?」

シャルロッテ「……」

あすみ「でももう大丈夫だよ?わたし、ちゃんと持ってきてるから」


あすみ「ほら!チーズ!」スッ

シャルロッテ「...!!」

あすみ「ふふっ?これが好きなんでしょう?」

シャルロッテ「...!!」

あすみ「いいわよ?好きなだけ食べさせてあげる」

あすみ「だから、遠慮なく……ね?」

シャルロッテ「...」

あすみ「だからこっちおいで、ね?」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:04:35.14 ID:hHUwceux0

シャルロッテ「...」トテトテ

あすみ「うふふ……」

シャルロッテ「...」トテトテ

あすみ「ふふっ、もうちょっとだよ、がんばれっ」

シャルロッテ「...」トテトテ

あすみ「あっ、着いたね!」

シャルロッテ「...」

あすみ「……じゃあ、どうぞ、召し上がれ?」

シャルロッテ「...」アーン

あすみ「……ふふっ」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:07:22.42 ID:hHUwceux0

あすみ「―サヨナラ勝ちってねェッ!!」ゴウゥッ!!



シャルロッt「!?」グチャァッ!!

あすみ「あははハハはは!アハハははははハ」ビュンッ!!ビュンッ!ビュンッ!!

cルrッテ「!?..!?..!?」グチャッ!!グチョッ!!メキィッ!!グチョッ!!

あすみ「アハハハハハハハハハッ!!!結局アンタ釣られてるんじゃないか!!」ビュンビュン!!

cル...t「...」グチュッ!!メキッ!!ゴチャッ


あすみ「……一丁上がり!!」ゴゥッ!!

シャルロッテだった物「...」ドロォッ



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:12:19.55 ID:hHUwceux0

あすみ「あはッ!グリーフシードゲット!!」

あすみ「はいはい浄化浄化っと……」


あすみ「……けど、やっぱり美味しくないよねぇ」

あすみ「奴等、所詮人語分かんない畜生だし」

あすみ「直ぐに釣られちゃうまでに脳無しだし」

あすみ「はぁあ。やっぱり理性のある奴等のが良いや」

あすみ「そっちのが葛藤見れて美味しいもん」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:20:52.75 ID:hHUwceux0

QB「……また派手にやった様だね」

あすみ「うん。中々グロかったでしょ?」

QB「まぁ、そうだね」

あすみ「けどわたし、あぁ言う物理的なグロさってやっぱり好きじゃないな」

QB「あぁ、君の場合は精神的な物の方だったね」


QB「何せ願いから産まれた魔法が、精神攻撃だからね」

あすみ「結果的に今回みたいに物理で利いたりするけどね」

QB「まぁそれはともかくとして君のその魔法、僕は高く買っているよ」


QB「事実上、絶望によって魔法少女は了る」

QB「そして君は、その魔法少女の精神を操れる」

QB「その者を生かすも殺すも、そしてグリーフシードと化させるも」


QB「君の自由だからね」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:24:25.40 ID:hHUwceux0

あすみ「ま、お陰でグリーフシードには困ってないしね」

QB「あぁ、その調子でこれからも頼むよ」

あすみ「はいはい。協力じゃないけれどね」


QB「で、マミの所へ帰るのかい?」

あすみ「……」


あすみ「まぁね。ここの魔法少女やその候補の人等頂いて」

あすみ「あの傲慢お姉ちゃん頂く時まで、寄生してあげるよ」

QB「そうかい。期待してるよ」

あすみ「うん。だったらもう消えて」

QB「はいはいわかったよ。それじゃあ」


あすみ「……」

あすみ「さて、帰ろ……」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:30:05.75 ID:hHUwceux0

―マミ宅

あすみ「……」ガチャ...

あすみ「(……よし、多分起きてない)」

あすみ「(足音立てない様に、そぉっと)」ソロォッ...


ドタドタ

あすみ「(……へ?)」

ガチャバタン!!

マミ「あすみちゃん!」

あすみ「あ……」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:32:06.65 ID:hHUwceux0

マミ「どこ行ってたの!?」

あすみ「あ、え……っ、と……」


あすみ「(……チッ)」


マミ「こんな夜遅くに、1人でどこ行ってたの!?」

あすみ「ぁ……っあ……」


あすみ「……ご、めんな、さい……」

マミ「……あっ……」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:35:57.45 ID:hHUwceux0

あすみ「っく……ごめ、なさ……っ……」

あすみ「わた…し…ね……?コンビニ……お菓子買いにいってたの……」ポロポロ

マミ「……えぇっ?」

あすみ「今日…ごはんとおかし、マミお姉ちゃんに、もら、ったから……」

マミ「……」

あすみ「だから、そのお返し、に……」グスッ

あすみ「ごめんな、さい……っ、ごめ、……ん……!」


マミ「そうだったの……」ギュ

あすみ「っ……マミ、お姉ちゃん…?」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:38:53.44 ID:hHUwceux0

マミ「私の方こそごめんね?怒鳴っちゃって……」

マミ「私なんかの為に、お礼してくれるんだものね……?」

あすみ「っ……うん」

マミ「許して、くれる……?」

あすみ「……」コクリ

マミ「……ふふっ、ありがとうっ。お菓子も、ね?」ニコッ

あすみ「マミお姉ちゃん……!」パァァ

マミ「……はぁ、なんだか目が覚めちゃった」

マミ「一緒にお菓子食べよう?」

あすみ「うんっ!」

マミ「ふふっ、じゃあ食器用意してくるわね?」

あすみ「うん!」


あすみ「……」

あすみ「(ちょろいわぁ……!)」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:45:44.66 ID:hHUwceux0

マミ「……」モグモグ

あすみ「わたしの買って来たの、美味しい?」

マミ「うん、美味しいわ」ニコッ

あすみ「あ、ありがとう……!」


あすみ「(何言ってんの?この傲慢お姉ちゃん)」

あすみ「(たかがコンビニの菓子、美味い訳ないじゃない)」

あすみ「(ぶっちゃけバカよね?)」


マミ「あすみちゃんは食べないの?」

あすみ「あ、わたしは……その……」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:49:17.84 ID:hHUwceux0

あすみ「(ぶっちゃけ食いたくないわ)」

あすみ「マミおねえちゃんに、全部食べてもらいたいな、って……」

マミ「そう……、気持ちは有り難いわ。でも……」

マミ「一緒に食べた方が、美味しかったりするのよ?」

あすみ「……!」パァァ


あすみ「(……まぁ、食べてやっても良いか)」

あすみ「(後で悶々とした表情に彩られた顔を見れると思っとけば、悪くは無いわね)」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:50:00.08 ID:hHUwceux0

あすみ「じゃ、じゃあ……いただきますっ!」

あすみ「あむっ……」モグモグ

マミ「ふふっ」ニコッ

あすみ「……」


あすみ「(チッ)」


あすみ「美味しいねっ!」

マミ「ふふっ、良かった」ニコッ

あすみ「あむっ……」モグモグ



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 16:59:49.67 ID:hHUwceux0

―朝のマミ宅の食卓

マミ「ふわぁぁぁ……」ウトウト

あすみ「マミお姉ちゃん、ねむいの?」

マミ「うん、ちょっと、ね……」

あすみ「……わたしが出て行っちゃったから?」

マミ「いえ。私の睡眠の質が悪いだけだから……」

あすみ「でも、わたしのせいで起きちゃって……」

マミ「あら、気にしなくていいのに?」

あすみ「でも……」

マミ「それに、あなたとお茶出来て楽しかったんですもの」

あすみ「……」

マミ「だから、そんなに自分を責めないで?ね?」

あすみ「……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:03:24.36 ID:hHUwceux0

あすみ「……わかった!」

マミ「うん、それで良いのよ」ニコッ

あすみ「えへへっ」

マミ「ところで、今日の朝ごはんはどう?」

あすみ「美味しいよ!すっごく!」

マミ「……不味かったらちゃんと言ってね?」

あすみ「ううん、すっごく美味しい……」


あすみ「……あすみ、ずっと独りだったから……」

マミ「……」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:06:06.99 ID:hHUwceux0

マミ「……」ナデナデ

あすみ「ふぇ……?」

マミ「大丈夫、もう独りぼっちじゃないもの」ナデナデ

あすみ「……」

マミ「私が付いてるから、ね?」

あすみ「……」

マミ「もしかして、私じゃ迷惑かな……?」

あすみ「……ううん、うれしい」


あすみ「マミお姉ちゃんと食べるご飯、すっごく美味しいし」

あすみ「わたし、すっごく嬉しいよ?」

マミ「……よかったぁ」

あすみ「ありがと、マミおねえちゃん」

マミ「ふふっ、私の方こそ、ね」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:08:10.25 ID:hHUwceux0

マミ「……っと」チラッ

あすみ「……?もしかして学校の時間……」

マミ「いえ、大丈夫よ」

マミ「けど、そろそろ行かなきゃだから……」

あすみ「うんっ、いってらっしゃい!」

マミ「えっ、でもお留守番とかは……」

あすみ「大丈夫!わたしちゃんと出来るよ?」

マミ「でも……」

あすみ「わたし、マミお姉ちゃんには学校楽しんで行って欲しいなぁ」

マミ「……」


マミ「……そう、ね、ありがとう」

あすみ「えへへ」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:10:41.59 ID:hHUwceux0

マミ「じゃあ、行ってくるわね?」

あすみ「うんっ!いってらっしゃい!」


あすみ「……」

あすみ「……はぁ、ダルい」

あすみ「やっと出て行ったわねあの姉御」

あすみ「……」


あすみ「にしても、我ながら白々しいわね」

あすみ「アイツにありがとう、だって?」

あすみ「ふふっ、何のギャグだって言うのよ」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:14:05.01 ID:hHUwceux0

QB「それは本当に本心かい?」


あすみ「……キュゥべえか。何の用よ」

QB「いやぁ、人間の感情って本当に分からないな、って思ったんだ」

あすみ「まぁ、アンタにはわかんないでしょうね」

あすみ「誰かに『感情くれこの野郎!』って願いで契約させない限りは無理でしょうね?」

あすみ「ま、そうなっちゃえばノルマも達成不能になるでしょうけれど?」

QB「それは勘弁願いたいね。遠慮しておくよ」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:18:07.59 ID:hHUwceux0

QB「ところで、あすみ」

あすみ「……何よ」

QB「君は独りで居る時、何かとマミに悪態をついてるようだね?」

QB「しかも、独り言として」

あすみ「……それが何か」

QB「いや、僕にも分からないんだ、それが」

あすみ「……」


QB「あすみ、君は人間関係を渡り歩くのが歳不相応に上手だ」

あすみ「当然」

QB「よって、演技力もお手の物だと言う事は分かって居る」

あすみ「……で?」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:21:27.78 ID:hHUwceux0

QB「まぁ、僕の気のせいならばそれまでの話で済まされるんだが……」


QB「マミとの朝食、満更でも無い様に見えたのだけれど」


あすみ「……」

QB「……」


あすみ「……」ジャキィッ

QB「……」


あすみ「―消えろ、潰されない内にね」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:22:55.37 ID:hHUwceux0

QB「……否定、するんだね?」

あすみ「聞こえなかった?」

QB「……」


QB「やれやれ、わかったよ。スペアはあれど、無駄に潰されるのも困るんだ」

あすみ「賢明よね。さっ。帰った帰った」

QB「はいはい」


あすみ「……」

あすみ「あぁ、食後の余韻が不味くなったわあのクソ淫獣」


あすみ「……さて、気分を入れ替えて動きましょうか!」

あすみ「その7人とやらを頂くべく……ね」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:32:54.39 ID:hHUwceux0

―見滝原中学

まどか「こんにちは~マミさん!」

さやか「ちわーっす!」

マミ「あら鹿目さんに美樹さん」ニコッ

まどか「一緒にお昼ご飯食べていいですか?」

マミ「えぇ、もちろん」

さやか「あざーっす!」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:37:15.68 ID:hHUwceux0

さやか「まどかの卵焼きもーらいっ!」

まどか「あぁ!ひどいよさやかちゃん!」

さやか「うんうん、流石はあたしの嫁!良い物食ってらっしゃる!」

まどか「もぉ!」

マミ「ふふっ」


さやか「あ、ところでマミさん」

マミ「なぁに?」

さやか「今日も魔女退治行くんですよね?」

マミ「えぇ、まぁ……」

まどか「わたし達も連れてって欲しいな、って……」

マミ「……」



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:44:08.44 ID:hHUwceux0

マミ「ごめんね?今日はちょっと……」

マミ「……と言うより、これから魔女退治ツアーは出来なくなるかもしれないわ」

さやか「え?何でですか!?」

まどか「さ、さやかちゃん!ちょっと!」

マミ「あ、いいのよ、鹿目さん」

まどか「で、でも……」


マミ「とにかく、悪いけれどこれからはちょっと……」

さやか「……そっか……」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:49:00.43 ID:hHUwceux0

マミ「……ごめんね?」

さやか「い、いえいえ!あたし等の方こそ無理に付いてってすんません!」

マミ「あら、元はと言えば私の方が誘った話なのに……」


まどか「残念だけど、しょうがないね」

さやか「うん、そだね」

マミ「あ、でもこうやって一緒にお昼ご飯食べたりとか」

マミ「何時でも電話してきて良いのよ?あと何か有った時とか……」

さやか「それはもちろんですよ!ね?まどか」

まどか「あ、うん!」

マミ「ふふっ、じゃあこれからも改めてよろしくね?」

まどか「はい!」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:53:53.59 ID:hHUwceux0

―放課後

仁美「じゃあ私はお稽古がありますので」

まどか「うんっ、頑張ってね」

さやか「あ、っと……ごめんまどか、今日は……」

まどか「また上条君?」ニコッ

さやか「へへ、そんな所だね!」


まどか「じゃあまたねっ、さやかちゃん」

さやか「おう!また」


さやか「……さて、と」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:56:23.34 ID:hHUwceux0

さやか「そんじゃ、病院行きますか――とッ!?」


さやか「うっ!」ドゴッ!!

あすみ「わっ!」ドゴッ


さやか「……ってて……っ……」

あすみ「っ……ぅぅ……!」

さやか「……!」


さやか「だ、大丈夫!?怪我ない!?」

あすみ「……」ギロォッ

さやか「!?」


あすみ「……」キイイィィィン...



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 17:58:40.47 ID:hHUwceux0

さやか「―!!」


さやか「……あれ、あたし今、何してたんだっけ……?」

さやか「えーっと……?」


さやか「……って、なんでコケてんのよあたし!」

さやか「あたしってホントばか!!」

さやか「しかもスカート汚れちゃってるじゃない!」

さやか「……」


さやか「……早く病院行こう……」タッタッタ




あすみ「……」

あすみ「……」ニタァ



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:02:47.45 ID:hHUwceux0

あすみ「―くふ……フフフ……」




あすみ「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハ――!!」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:08:45.95 ID:hHUwceux0

あすみ「これは良い!これは美味しそう!良い物見つけた!!」

あすみ「上手い調理すれば、これはかなり良い味になりそう!」

あすみ「絶望風味の、不幸の味!」

あすみ「あぁ、想像しただけでたまんないわぁ……」


あすみ「けれど、まだ足りない……!」

あすみ「まだ足りないのよ!!」

あすみ「もっと、もっとよ……!」

あすみ「もっとうまい具合に不幸で彩る事が出来る筈!!」

あすみ「何か、何か無いの……?」

あすみ「うふふふ……!フフフフフフ……!!」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:18:34.26 ID:hHUwceux0

―病室

さやか「はい、これ!」

恭介「……」


恭介「何時も本当にありがとう。さやかはレアなCDを見つける天才だね」

さやか「ははっ。まぐれだよきっと」

恭介「……この人の演奏は本当に凄いんだ」

さやか「え、マジ?」

恭介「うん、本当はスピーカーで聴かせたいけど病院だしね」

恭介「聴いてみるかい?」

さやか「え……、い、いいのかな?」

恭介「うん、さぁおいでおいで」

さやか「え……えぇぇ……///」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:20:31.17 ID:hHUwceux0

さやか「じゃあまたねっ恭介!」

恭介「あぁ、また明日!」


さやか「……ふぅ」

さやか「……また恭介に喜ばれちゃった///」

さやか「うふ、ふふふ///」

さやか「次、どれ買ってあげよっかなぁ」スタスタ




あすみ「……」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:22:30.69 ID:hHUwceux0

恭介「……はぁ」

コンコン

恭介「……?はい?」

ガラララッ

あすみ「……」

恭介「……えーっと……?」

あすみ「……」

恭介「き、君は、だ、誰かな……?」

あすみ「……」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:23:36.77 ID:hHUwceux0

あすみ「……」ポスッ

恭介「うわっ!べ、ベッドに座らないで!」

あすみ「……」ニタァ

恭介「……!?」



あすみ「……」キイイイィィィン...



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:27:57.22 ID:hHUwceux0

あすみ「……ふふ、うふふふふ……!」

あすみ「今日は二人も覗いちゃったぁ……」

あすみ「片方は健気な恋する乙女」

あすみ「そして片方は腕を奪われた天才バイオリニスト」


あすみ「……けどもう、既に不幸よね、彼」

あすみ「……け、れ、ど……」


あすみ「アハッ☆」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:36:34.46 ID:hHUwceux0

マミ「……はぁ、今日はハズレか」

マミ「まぁ、魔女なんて居ないに越したことは無いし」

マミ「寧ろ喜ぶべき事なんだけど……」

マミ「って、あら?あれは……」


杏子「うめー」ムグムグ

ゆま「うめー」モッキュモッキュ


マミ「佐倉さん……!?」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:39:24.63 ID:hHUwceux0

マミ「佐倉さん!?佐倉さんよね……!?」

杏子「あ?」


杏子「……げ、マミ」

ゆま「だれ~?」


マミ「……なんでこんな所に居る訳?」

杏子「……はぁぁ、ウゼっ」


杏子「アタシんトコの狩場が枯れちまってね」

杏子「ンで、ここに来てるワケ」

マミ「……へぇ」

杏子「ンだよ……」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:42:38.12 ID:hHUwceux0

ゆま「てぇ~い!」バッ!!

マミ「きゃっ!?」

杏子「(あ、スカートめくった)」


ゆま「こら!キョーコはわるい魔法少女じゃないよ!」

ゆま「キョーコいじめるやつはゆまがやっつけてやるんだから!!」

マミ「ちょ、やめ……!」

杏子「……はぁ」ヤレヤレ


杏子「あー、その、なんだ、いじめられてないって、な?」

ゆま「で、でもわたしの願いは……!」

杏子「……あぁもう!」ナデナデ

ゆま「!」

杏子「ンな事ぐらいわかってるっつの……!」ナデナデ



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:45:06.39 ID:hHUwceux0

マミ「……ふふっ」

杏子「あ?」

マミ「ごめんね?お邪魔だった様子ね」

杏子「あー、良いって良いって」

ゆま「むー!」


マミ「えーっと、その子の名前は……」

ゆま「ゆま!千歳ゆま!」

マミ「あ、ゆまちゃんね?」


マミ「丁度、ゆまちゃんの少し上ぐらいの子と出会ってね?」

杏子「あ?」

マミ「うん、一緒に暮らしているの」

杏子「へぇ」モシャモシャ



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:48:14.06 ID:hHUwceux0

マミ「だから、良かったらまた昔みたいに遊びに来てみない?」

杏子「はあ?」

ゆま「はあ~?」

マミ「……」


マミ「よ、四人でお茶するのも悪い話じゃないと思わない?」

杏子「……」


杏子「……ま、考えといてやるよ」

マミ「……!」パァァ

杏子「ただし、行くとは言ってねえからな?ソコんトコ勘違いすんなよ?」

ゆま「すんなよ!」

マミ「えぇ、分かった、ありがとう」ニコッ

杏子「あぁ、もういいだろ?早く行けようぜぇ」

マミ「ふふっ、失礼するわね?」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 18:58:13.66 ID:hHUwceux0

―マミ宅

あすみ「あ、マミおねえちゃん!」

マミ「ふふっ、ただいま」


あすみ「マミお姉ちゃんのお友達?」

マミ「……とは言っても、そう呼べるかどうか疑問なのよね……」

あすみ「大丈夫だよ、きっと来てくれる!」

マミ「あら、どうして?」

あすみ「……」


あすみ「……マミおねえちゃん、優しいんだもん」

あすみ「なんか、お母さんみたい……」

マミ「あらあら、まだそんな歳じゃないわよ」

あすみ「ご、ごめん……」

マミ「ふふっ、いいのよ?むしろなんか嬉しいわ」ギュ

あすみ「わっ……」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:02:31.49 ID:hHUwceux0

マミ「じゃあ、お風呂入りましょうか!」

あすみ「うんっ!」

あすみ「(まぁ、出来ればそのダチ二人にも来てもらわない困るしね)」


―屋上

QB「やぁ」

あすみ「どうも、クソ淫獣」

QB「相変わらず酷い言われようだね」

あすみ「だって事実だもん」

QB「やれやれ……」


QB「で、どうかな?そちらの収穫は」

あすみ「みっきーちゃんが中々良さそうよ?」

QB「?」

あすみ「美樹さやか」

QB「あぁ、さやかか」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:07:30.31 ID:hHUwceux0

QB「けれど今、誰にでも勝るものすごい素質を持つ子が居るんだ」

あすみ「と、言うと?」

QB「鹿目まどかさ」

あすみ「……どのくらい?」

QB「魔法少女の素質と言うのは、その者の背負った因果の量で決まる」

QB「一国の王や救世主ならともかく、何故平凡な彼女がそんな素質を兼ね備えているのかは分からない」

QB「……そんなレベルだよ」

あすみ「ふーん」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:10:51.86 ID:hHUwceux0

QB「けれど、中々契約を結んでくれないんだ」

QB「大抵の子なら二つ返事なのにさ」

あすみ「じゃあ契約せざるを得ない状況作れば?」

QB「と、言うと?」

あすみ「決まってるわね」

あすみ「いっそ周りの人間皆殺しにするとか」

あすみ「そしたら変化あるんじゃない?」

QB「いやいや、僕が直接手を下すのはルール違反だよ」

あすみ「淫獣のクセにヘタレねぇ」

QB「……」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:13:10.68 ID:hHUwceux0

あすみ「……まぁいいわ、協力する訳じゃないけどわたしやる」

QB「それは本当かい!?」

あすみ「うん、周りの人間ってみっきーとワカメでしょ?あと傲慢お姉ちゃん」

あすみ「ワカメはともかく、残り二人はわたしのターゲットだから」

あすみ「キュゥべえの足しにはなると思うわね?」

QB「いや、それがそうもいかないんだ」

あすみ「何よ?」

QB「暁美ほむら」

あすみ「この前言ってたイレギュラーね」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:16:21.91 ID:hHUwceux0

QB「気を付けた方が良い、彼女は何を考えているか分からない」

あすみ「契約したのに?」

QB「そもそも契約した覚えが無いんだ」

あすみ「淫獣今度は痴呆入ったのね」

あすみ「きもっ!」

QB「……だから、願いも魔法も分からないんだ」

QB「そして何より、僕が鹿目まどかと契約しようとした時に限って邪魔しに来るんだ」

あすみ「……」ピクッ


あすみ「……へぇ」ニタァ



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:23:28.44 ID:hHUwceux0

あすみ「面白そうじゃない」

QB「いや、彼女には好奇心で近付かない方が良い」

QB「さっきも言った通り、どう動くか分からない極めつけのイレギュラーなんだ」

あすみ「なぁに?わたしが負けるって言うの?」

QB「いや、それは……」

あすみ「今までも見てきた筈よ?」

あすみ「わたしがさぁ…」


あすみ「たくさんの魔法少女をグリーフシードにしちゃったトコを」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:24:53.01 ID:hHUwceux0

QB「……そうだったね、まぁ勝算は無くは無い……か?」

あすみ「でしょお?だから大丈夫よ」

あすみ「魔女味の豆腐メンタルがウリの魔法少女が相手である限り」

あすみ「負ける気しないわ」

QB「……そうだね」

あすみ「あと、みっきー関連で良い事思いついたの」

QB「へぇ、聞いてみようか」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:26:03.38 ID:hHUwceux0

あすみ「ワカメって素質あるの?ないの?」

QB「さっきから誰だい?」

あすみ「ほら、シカメとみっきーと一緒に居る人」

QB「志筑仁美だね。あとシカメじゃなくてカナメだね」

あすみ「……」


あすみ「……無理っぽい?」

QB「……出来なくは無いね」

あすみ「……じゃあさ……」


あすみ「――」

QB「――」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:30:08.62 ID:hHUwceux0

QB「……うん、悪くは無い案だね」

あすみ「でしょお?これでシカメも狼狽えるわよ」

QB「まったく、本当に人間と言うのは」

QB「いや、感情と言うのは訳が分からないよ」

QB「今までサンプルにしてきた魔法少女の中でも、極めて稀だね」

QB「彼等人間の倫理観で言うと、惨い……が当てはまるんだろうね」

QB「まったく、よく思いつける物さ」

あすみ「当然よ、ワカメの契約はよろしく頼むわね」

QB「いや、待った」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:31:49.38 ID:hHUwceux0

あすみ「なによ、もう寝たいんだけど?」

QB「最近、魔法少女狩りも出てるんだ」

あすみ「……」

QB「だから、予定より長く鹿目まどかの傍を離れなければならない頻度が……」

あすみ「ほっといたら?」

QB「えっ」

あすみ「ほっといたら?」

QB「……」


あすみ「魔法少女狩りほっといたら?」

QB「え、でも……」

あすみ「……はぁ、キュゥべえらしくないわね」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:35:44.11 ID:hHUwceux0

あすみ「アンタは利益重視」

QB「そうだね」

あすみ「そして一番の目的はシカメ」

QB「うん」

あすみ「けれど目先の小さい事に捕われる」

あすみ「そして営業失敗、なんてね」

QB「……」


QB「……本当、僕の唯一の理解者だね君は」

あすみ「ううん、みっきーちゃん達を不幸にするには、アンタを扱き使う必要があるの」

あすみ「今居なくなっては困るわ」

QB「あぁ、そうだったね」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 19:38:35.13 ID:XmJVZuYl0

あすみ「それじゃあ、明日から行きますか!」

QB「へぇ、やるんだね?」

あすみ「うん。あの傲慢お姉ちゃんのダチって言うあんこと餓鬼も魔法少女だったでしょ?」

QB「佐倉杏子と千歳ゆまだね。そうだよ」

あすみ「一先ず、そいつらから頂くとするよ」

QB「あぁ、楽しみにしてるさ」


あすみ「……フフ」ニタァ



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:24:53.47 ID:XmJVZuYl0

―マミ宅

マミ「今日も紅茶が美味しいわね」

あすみ「うんっ」

マミ「ふふっ」


あすみ「(あぁ、今日はこの傲慢お姉ちゃん休みなんだっけ)」

あすみ「(今、こうして朝食の余韻に紅茶を飲んでる)」

あすみ「(……流石に拘ってるからか、紅茶の味はわるくない)」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:31:02.44 ID:XmJVZuYl0

マミ「今日は休みなのよね」

あすみ「(知ってる)」

マミ「どこ行こっか?」

あすみ「マミお姉ちゃんの行きたい所ならどこでもいいよ?」

マミ「ふふっ、そう言う返しって何気に一番困るのよねぇ」

あすみ「ご、ごめん……」

マミ「あぁ、いえ。どこに行こうか迷っちゃうな、って話」

あすみ「(どこでもいいわよもう)」


マミ「ん~……じゃあ適当にお散歩でもしましょうか」

あすみ「うんっ」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:35:21.91 ID:XmJVZuYl0

マミ「ん~っ、良い天気ねぇ!」

あすみ「だねっ」

あすみ「(どちらかと言えば雨の方が好きなのだけれど)」


マミ「あのね、あすみちゃん」

あすみ「なぁに?」

マミ「……あなたが居てくれて、本当によかった」

あすみ「?」

あすみ「(…何を言ってるんだコイツ)」


マミ「私もね、ずっと独りぼっちだったの」

あすみ「……」



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:43:17.47 ID:XmJVZuYl0

マミ「この前の様にね?あすみちゃんを助けた時みたいに」

マミ「魔法少女として色んな人を助けて周って、ずっと戦って」

マミ「正義の魔法少女で有り続けるんだ、って意気込んでる振りをしていたけれど」

マミ「本当はね?とても怖かったの……」

あすみ「……」

マミ「怪我もするし、恋したり遊んだりしてる暇もなくなっちゃうし……」

マミ「無理してカッコつけてるだけで、怖くても辛くても、誰にも相談できないし」

マミ「一人ぼっちで泣いてばかりなの」

あすみ「……」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:47:35.60 ID:XmJVZuYl0

マミ「けど、それでも戦わなくちゃいけないの」

あすみ「……どうして?」

マミ「……私の責任なの」

あすみ「……?」


マミ「……そう願えばよかったのに、私はしなかったの」

マミ「お父さんとお母さんを助ける事が出来なかったの……!」

マミ「そしてそれからは、公園に居たあの子が食べられちゃう所を見逃して」

マミ「……おめおめと、逃げてしまったの」

あすみ「……」


マミ「……だから、私は出来るだけ多くの人を助けようって思ったの」

マミ「それが、私の贖罪だから……」



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:51:25.58 ID:XmJVZuYl0

マミ「救うのはもちろんの事だけれど」

マミ「そんな私にも、今は守りたい人が居るの」

あすみ「守りたい人?」

マミ「えぇ、ごく最近出会った子だけれど」

マミ「一緒に居る時間がとても楽しくて、温かくて」

マミ「心地よくて……」

あすみ「その人って?」

マミ「えぇ、あなたよ。あすみちゃん」

あすみ「……」


マミ「あなたが迷惑とさえ思わなければ、だけれど」

マミ「どうかあなたを私に守らせて欲しいの」

あすみ「……」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:56:03.33 ID:XmJVZuYl0

あすみ「……いいよ」

マミ「……本当?」

あすみ「うん。わたしも、ずっとずっと頑張ってきたマミお姉ちゃんの居場所になりたいな……」

あすみ「でね?守られる側じゃなくて、マミお姉ちゃんの助けになるの」

マミ「あすみちゃん……」

あすみ「……わたしにはキュゥべえが見えないし、魔法少女にはなれないけれど」

あすみ「一緒に居てあげる事なら出来る、よ……?」

マミ「……」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 20:59:17.09 ID:XmJVZuYl0

マミ「……っ!」ギュ

あすみ「わっ……!マミお姉ちゃん……!?」

マミ「ありがとう……!本当にありがとう……!」

あすみ「……うん。うん……」

マミ「こんな私の、傍にいてくれて……っ!」

あすみ「うん……!」

マミ「っ……、ありがとう……っ!」

あすみ「……わたしも、ありがとうって」ギュ

マミ「っ……うん……!」

あすみ「……マミお姉ちゃん、大好き」

マミ「うん……!私も……!」

あすみ「……」






あすみ「…………」ニタァァァァァァァ....!!



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:03:29.41 ID:XmJVZuYl0

あすみ「(駄目……!こらえて……!わたし……っ!)」

あすみ「(笑っちゃ……笑っちゃダメ……!)」


あすみ「(い、いや、まさか傲慢なお姉ちゃんかと思えば)」

あすみ「(実はその皮被った所謂ボッチってオチとか……!)」

あすみ「(傑作にも程があるわよね!?これ!!)」


あすみ「(……良いわ、良いわよ……!)」

あすみ「(傲慢なお姉ちゃんを堕としてやるつもりだったけれど)」

あすみ「(こりゃあわたしに依存してるわね、これ……!)」

あすみ「(なら話は早いわ…!)」

あすみ「(その麻薬となった私に、裏切られる展開を――!?)」



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:04:51.59 ID:XmJVZuYl0

QB『それは本当に本心かい?』

QB『マミとの朝食、満更でも無い様に見えたのだけれど』

あすみ「(…)」


あすみ「(チッ)」

あすみ「(何で思い出すかなぁ、あの淫獣のセリフ)」

あすみ「(折角昂ぶってきたのに、台無しじゃないのよ)」


あすみ「(……白けた。恨むわよあの淫獣)」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:08:45.44 ID:XmJVZuYl0

マミ「……さて、そろそろ行きましょうか」

あすみ「うんっ」


「マミさ~ん!」

マミ「って、あら?」

あすみ「?」


さやか「あ!やっぱりマミさんだ!こんちわっす!」

まどか「うぇひひっ、こんにちは」

マミ「あら、二人でお出かけ?」

あすみ「……」


あすみ「(今ここでスキャニングするのはやめましょう)」

あすみ「(折角キュゥべえに口止めしてあるのに、お姉ちゃんに魔法少女だってバレてしまうわ)」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:13:36.75 ID:XmJVZuYl0

まどか「えっと、そっちの子は?」

マミ「うん、この子はね……」

あすみ「か、神名あすみ……」

まどか「へぇ、あすみちゃんって言うんだ!」

まどか「わたし、鹿目まd」

さやか「残念!美樹さやかちゃんでした!」

あすみ「(五月蠅い)」

まどか「ちょ、ちょっとさやかちゃん!」

さやか「はっはっは!」


まどか「え、えっと……わ、わたし鹿目まどか。よろしくね!」

あすみ「(いや、知ってるし)」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:18:04.19 ID:XmJVZuYl0

さやか「……ん~?」

あすみ「……?」

あすみ「(何こいつ、わたしをジロジロ見ないでくれる?)」

あすみ「(私の真似で、スキャニングでもするつもりなのかしら?)」

あすみ「(おぉこわいこわい……)」


さやか「……あすみちゃん、どこかで会った?」

あすみ「……はあ?」

さやか「?」

あすみ「(おっといけない……)」

あすみ「ご、ごめんなさい……覚えて、ないの……」

さやか「……」


さやか「ですよねー!ごめんねごめんね!」

あすみ「……」


あすみ「(無駄に勘が鋭いって所?ウザったい……)」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:24:11.49 ID:XmJVZuYl0

さやか「それじゃ、アタシ等まどかと出かけてくるから!」

マミ「えぇ」ニコッ

まどか「マミさん!あすみちゃん!また会おうね!」

あすみ「う、うん!バイバイ!」


マミ「……さて、一旦家戻りましょうか」

あすみ「うんっ」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:26:21.58 ID:XmJVZuYl0

―マミ'sマンション

マミ「歩いたら少しお腹減ったわねぇ」

あすみ「だね、お家にあるケーキ食べたいね」

マミ「ふふっ、なら頂きましょうか」

あすみ「うんっ」

マミ「さて、鍵は鍵は、と」

ガチャ、ガチャ...

マミ「――!」

あすみ「?どうしたの?」


マミ「……鍵、開いてる……」

あすみ「え……」



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:28:06.76 ID:XmJVZuYl0

マミ「泥棒、かしら……?」

あすみ「……」


あすみ「……大丈夫、マミお姉ちゃん」

あすみ「マミお姉ちゃん、強いもん!」

マミ「……」

あすみ「だから、泥棒さんになんか絶対負けないもん……!」

マミ「……」


マミ「……ありがとう、あすみちゃん」

あすみ「えへへっ」

マミ「それじゃあ、入るわよ……!」

あすみ「うんっ!」


あすみ「(頼むから魔法少女じゃないで居てよね?面倒だからホント)」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:30:59.67 ID:XmJVZuYl0

ガチャ、バタン!!

マミ「出て来なさい!侵入者!」

あすみ「マミおねえちゃんがやっつけてやるんだから!」


杏子「よう、邪魔してるぜ」

マミ「な!」

ゆま「よう~」モシャモシャ

マミ「佐倉さん……!」

あすみ「……」


あすみ「(てっきり戦闘態勢の魔法少女とかが居ると思えば)」

あすみ「(獲物があっちから来てくれた!!)」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:33:43.94 ID:XmJVZuYl0

マミ「もう!駄目でしょ!?勝手には入っちゃ!」

杏子「うるせぇ。ガード甘いマミがバカなだけだ」

杏子「なぁ?ゆま?」

ゆま「ば~かば~か!」

マミ「……どう言う教育してんのよ」


マミ「はぁ、まぁ良いわ」

マミ「来てくれた事には礼を言うわ」

マミ「けど、今度からちゃんとした形で来ること!良いわね?」

杏子「へいへい」

ゆま「へいへ~い」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:35:46.72 ID:XmJVZuYl0

マミ「それじゃあ、大きいケーキの用意するから適当にくつろいでて良いわよ?」

杏子「おっ!マジか!いただきます!!」

杏子「おいゆま!うめぇケーキ食えるぞ!やったな!」

ゆま「うん!たのしみ!」

あすみ「……」


あすみ「(餓鬼はともかく、お姉ちゃんと同じくベテラン、って感じ?)」

あすみ「(どんな声で鳴いてくれるんだろ)」



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:42:21.16 ID:XmJVZuYl0

杏子「よぉ、ガキ」

あすみ「あ、こ、こんにちは……」

あすみ「(誰に物言ってんのこの狂犬)」

杏子「お前、名前は?」

あすみ「……神名あすみ」

杏子「そうか、あすみか」

あすみ「う、うん」


杏子「……食うかい?」

あすみ「(ロッキー?シケてるわ)」

あすみ「あ、ありがとう……」ポリポリ

杏子「しかしお前も災難だな、マミの奴に拾われるとは」

あすみ「え、どうして?」



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:53:34.34 ID:XmJVZuYl0

杏子「アイツ、独り善がりなトコあるからさ」

あすみ「(その実態は……ふふっ)」

杏子「ま、精々振り回されねえようにな」

あすみ「だ、大丈夫。マミお姉ちゃん優しいもん」

杏子「…はっ、すっかり毒されちまって」


マミ「誰が災難ですって?」

杏子「げェっ!聞いてたのかよ!」

マミ「もちろん」ニコッ

杏子「う、あ……その」

マミ「そんな事言うんだったら、ケーキはあげません」

杏子「……だあもう!悪かったよ!だからケーキ寄越せよ!」

マミ「はいはい」

あすみ「…」


あすみ「(…仕掛けるならそろそろ、かな)」



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:56:14.43 ID:XmJVZuYl0

杏子「ふぅ、食った食ったぁ」

ゆま「おいしかった!」

あすみ「ごちそうさまっ」

マミ「ふふっ、ありがとう」


杏子「つってもこれからどうするよ?暇なんだけど」

マミ「そうねぇ」

ゆま「外であそぼ!」

マミ「あら、良いわね、何して遊ぶ?」

あすみ「…」ニタァ


あすみ「わ、わたし、4人でかかくれんぼとかしてみたいかも!」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 21:59:03.40 ID:XmJVZuYl0

杏子「はあ!?マミも居るんだぜ?そんな歳じゃねーだろうが」

マミ「あら良いじゃない。天気もいいし、ゆまちゃんも居るんだし」

杏子「はああ?」

ゆま「わたしさんせい!」

マミ「ふふっ、私も」

杏子「あぁもう!一回だけだからな!」

マミ「よかったねあすみちゃん」

あすみ「うんっ!」


あすみ「(……本当に、よかったわ)」ニタァ



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:02:50.16 ID:XmJVZuYl0

あすみ「(そんなこんなで、鬼が赤い狂犬女に決まった)」

杏子「あークソっ、柄じゃねえっつうのに」

ゆま「キョーコがんばれー!」

マミ「ふふっ、見つけれるかしら」


あすみ「……」ニタァ

あすみ「ねぇねぇ、マミお姉ちゃん、ゆまちゃん」ヒソヒソ

マミ「うん?なあに?」ヒソヒソ

ゆま「どしたの?」ヒソヒソ


あすみ「作戦があるの」

マミ「どんな?」



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:05:30.17 ID:XmJVZuYl0

あすみ「わたしとゆまちゃんの一組、そしてマミお姉ちゃん1人でにげるの」

マミ「えっ、それはどうして」

あすみ「いいから、わたしの言う通りにすれば勝てるの」

ゆま「あすみおねえちゃん……?」

マミ「……」

マミ「(年代が近いお友達が出来たから、二人だけでお話したかったりするのかしら)」

マミ「(それなら、別に良いわよね?)」

マミ「えぇ、わかったわ」

あすみ「ありがとうっ、マミお姉ちゃん」

マミ「ふふっ、がんばってね」


杏子「はいイチ、はい弐、はい三」

あすみ「それじゃあ、逃げるよゆまちゃん!」

ゆま「うんっ!」

マミ「いってらっしゃい!」

杏子「4,5,6」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:08:17.07 ID:XmJVZuYl0

タッタッタ...

ゆま「ねぇ、あすみおねえちゃん」

あすみ「どうしたの?」

ゆま「どこににげるのっ?」

あすみ「えっとね、わたしね、隠れるのに良い場所知ってるの」

あすみ「(両方の意味で、ね)」

あすみ「(一先ず、ソウルジェムで探知される範囲の圏外に逃げる)」


ゆま「すごいね!」

あすみ「だからちょっと遠くに逃げちゃう事になるの」

ゆま「え、でもそれずるいよ!」

あすみ「隠れたもの勝ちなの、気にしないで」

ゆま「う、うん!」


あすみ「(……さぁて、行きましょうか)」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:11:04.71 ID:XmJVZuYl0

―廃ビル

ゆま「こ、ここは……?」

あすみ「うん、さっき言ってた隠れる所に丁度良い所」

ゆま「……なんか、ここ、やだ」

あすみ「え、なんで?」

ゆま「なんか、こわい……暗い」

あすみ「……ふふっ」

ゆま「……?」


あすみ「……本当の怖さってね、そう言う物じゃないのよ」

ゆま「あ、あすみおねえちゃん……?」

あすみ「良いわ。私が教えてあげる」

あすみ「本当の恐怖とは」

キュピーン

ゆま「……!魔法少女!」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:13:57.42 ID:XmJVZuYl0

あすみ「……うふふ」

ゆま「……っ!」キュピーン

あすみ「あら、わたしと戦うと言うの?」

ゆま「あすみおねえちゃん、いったいどうしたの!?」

あすみ「どうした?ですって?」


あすみ「馬鹿なの?貴女」

ゆま「!?」

あすみ「流石はクソガキ、オツムも随分弱い様ね」フッ...

ゆま「こ、こないで!」

あすみ「それじゃあ、その弱いオツムの中身を見てあげる」


あすみ「……」キイイイィィィン...



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:16:01.10 ID:XmJVZuYl0

あすみ「(……これは)」

ゆま「……?」

あすみ「……」


あすみ「――クふ、っ」

ゆま「な、なに?」


あすみ「――くはははははははははははははははッ!!」

ゆま「!?」


あすみ「そうかそうかァ……!あなたそう言う人だったの……!!」

あすみ「これはかなり弄り甲斐があるって物ね!!」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:17:25.73 ID:XmJVZuYl0

ゆま「な、なにがおかしいの!!」

あすみ「うん……とってもおかしい」

あすみ「ほんとおかしい」

あすみ「あんな目に遭ったクセに、性懲りもなく狂犬に着いてくのね?」


あすみ「 要 ら な い 子 さ ん ?」

ゆま「……ッ!!」ゾクッ



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:22:51.23 ID:XmJVZuYl0

ゆま「や、やあああああああああっ!!」ブンッ!!

あすみ「遅いッ!!」ビュンッ!!

ゆま「!?」

ゆま「あっ……!」ドスンッ

あすみ「そんな長い得物、先端に予期せぬ重石付けられたら一巻の終わりよねェ!?」

あすみ「加えてソレを鎖で巻き付けれる、わたしのフレイルとは相性最悪ってね!!!」

あすみ「引っ張ぃの!!」ゴゥッ!!

ゆま「わぁっ!!」

あすみ「ふっ!!」ゴスッ

ゆま「うぶっ!!」

あすみ「腹に一発、幼い身体には結構なダメージかもね!?」

あすみ「しかも引っ張られた時の相対速度もあるもんね!?」

ゆま「か……はっ……」



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:27:28.24 ID:XmJVZuYl0

あすみ「あはッ、勝負あったね?」

ゆま「っうぅぅ……!」

あすみ「……そういえば、杏子ちゃんはどこだろうね?」

ゆま「キョーコ、いじめないで……!」

あすみ「あぁ、虐めないよ?」


あすみ「今は、ね?」

ゆま「どういうこと!?」

あすみ「それよりも貴女よ、ゆまちゃん」

あすみ「いえ」


あすみ「捨てられ屋さんの役立たず」



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:38:28.80 ID:XmJVZuYl0

ゆま「!!」

あすみ「ねぇ、何で杏子ちゃん来ないと思う?」

ゆま「……あすみがなにかやったの!?」

あすみ「アハっ!アンタの目は節穴なの!?」

あすみ「さっき見たよね?杏子はずっとあそこに立ってて」

あすみ「お前と一緒に居たわたしじゃ何もできないよ?」

ゆま「じゃあ何!!」


あすみ「杏子ちゃんはね?捨てたんだ」

あすみ「あなたを。お前を。ゆまちゃんを」


ゆま「で、でも、ただのかくれんぼだって思ってる!」

あすみ「でも、もう1時間も経ってるよ?流石におかしいよね?」

あすみ「大切なんなら絶対魔力を使ってでも探してるってば」

ゆま「嘘をいうな!!」



247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:43:45.51 ID:XmJVZuYl0

あすみ「じゃあナニか?捨てられないと言う自信があるの?」

ゆま「!」

あすみ「確信はあるの?」

ゆま「っ、キョーコは優しくて強いもん!そんなことしないもん!」

あすみ「ふぅん」ニタァ


あすみ「……実は内心、気付いてるんでしょう?」

ゆま「なに!」

あすみ「自分が、大して杏子の役に立ったことが無い、って」

ゆま「そ、そんなこと……!」

あすみ「今でこそ、拾ってしまった事による仮初めの温情で一時的に傍に置いて貰えてる」


あすみ「けれどその温情が切れた時、どうなるかしら?」クスクス

ゆま「……!!」



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:48:10.71 ID:XmJVZuYl0

あすみ「もう、お前の事なんかどうでも良くなるでしょうね?」

あすみ「それどころか、嫌気差すの」

あすみ「役立たずなお前に」

ゆま「……!」

あすみ「なんでこんな荷物なんか、なんでこんな生ゴミなんか」

あすみ「なんで、こんな可愛くない娘なんかを、ってね」

ゆま「……」

あすみ「……なんでそう言えるか知ってる?」

ゆま「……」フルフル



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:51:30.63 ID:XmJVZuYl0

あすみ「知っての通りわたし、目を見た相手の心が読めるの」

あすみ「そして、好きなように心を弄れるの」

ゆま「……」

あすみ「だからわたし、杏子の心を覗いちゃったんだ?」



あすみ「アンタ、要らない子だってさ」

あすみ「何もできない役立たずを、早く独りぼっちにしたい、ってさ」


ゆま「……」


ズズズ...



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:51:59.65 ID:XmJVZuYl0

あすみ「(この子の精神は、割と強い方と言える)」

あすみ「(いや?もういろいろな事に慣れてしまっていると言っても良いのかしら?)」


あすみ「(だけれど、これだけには弱い)」

あすみ「(佐倉杏子と言う人間に捨てられる事にだけは一番弱い)」

あすみ「(その孔を突けば、酷く脆く崩れ去ってしまう)」


ゆま「……」ズズズ...


あすみ「……あはッ!ソウルジェムどんどん濁ってくよぉ……?」

あすみ「どんな魔女になるのかなぁ、わたし楽しみだなぁ……!」

あすみ「猫耳帽子付けてる所から、猫科の魔女になるのかしら!?」

あすみ「捨てられた猫みたいな貴女!リアルな化け猫として具現するのね!?」

あすみ「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!」



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:54:36.22 ID:XmJVZuYl0

ゆま「……」ズズズ...

あすみ「……さぁ、お別れね、ゆまちゃん」

あすみ「これから貴女、魔女になるの」

あすみ「役に立たないどころか、害悪にすら成り得る魔女になるの!」

ゆま「……」ズズズ...

あすみ「そしてその手を、杏子の血で染めるの」

ゆま「……」ズズズ

あすみ「さぁ、早く見せてよ……!その魔女姿を」

ゆま「……」ズズズ

あすみ「そろそろ、ね?」ニタァ

ゆま「……」ズズズ

あすみ「……じゃあね?ゆまちゃん?」


あすみ「――サヨナラ勝ちね」



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:57:00.32 ID:XmJVZuYl0

ピカァァァ

あすみ「……!こんな時にソウルジェムの反応が」

あすみ「それも、魔法少女三体」

あすみ「……あぁ鬱陶しい!」

あすみ「一旦、意識ブラックアウトさせてやるわよ!!」パチンッ!!

ゆま「……」ガクッ


あすみ「……さて、ここから早い所逃げて、っと……」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 22:59:40.41 ID:XmJVZuYl0

ガタンッ!!

杏子「ゆま!!」

マミ「ゆまちゃん!!」

ほむら「千歳ゆま!!」


ゆま「」


杏子「ッ!ゆまっ!!」

杏子「おい!ゆま!大丈夫か!?何があったんだ!?ゆま!!」

ゆま「」

杏子「……クソっ!!目ぇ開けねえぞ!」

杏子「おいイレギュラー!!こっち来てくれ!」

ほむら「……!」

ほむら「マズい……!」



262:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:02:57.55 ID:XmJVZuYl0

マミ「あすみちゃん!?どこに居るの!?あすみちゃん!!」

マミ「あすみちゃ……!」


あすみ「……っ」フルフル


マミ「あすみちゃん!?大丈夫!?」

あすみ「……っ!」フルフル

マミ「あすみちゃん…!!どうしたの!?大丈夫!!?あすみちゃんっ!!!」

あすみ「……く、くろ……の、ま、魔法少女……!」フルフル

マミ「……えぇっ?」

あすみ「あ、わ、わたし達、こうげ、き、して……っ!!」フルフル

マミ「……!」

あすみ「う……う、……う……!」


あすみ「うわぁあああああああああん!!」



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:07:54.95 ID:XmJVZuYl0

―マミ宅

ゆま「……」

ほむら「駄目……!全然濁りが取れない!すぐ濁る……!」

あすみ「うぅっ……」グスグス

マミ「ね、ねぇ暁美さん」

ほむら「何よ……!」

マミ「ソウルジェムが濁り切ると、どうなるの……?」

杏子「やっぱり、死んじまうのか!?」

ほむら「えぇ、大体は合ってるわ」

杏子「……クソっ!!」ガンッ!!



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:12:20.44 ID:XmJVZuYl0

あすみ「……わたしのせいだ。わたしに魔法少女の資格が無かったから!」ポロポロ

マミ「いいえ、違うわ!」ギュッ

あすみ「っ。マミおねえちゃん」ポロポロ

マミ「私達の不注意のせいよ。もっと早くに異変に気付くべきだった」

マミ「だから、ごめんなさい。酷い目遭わせちゃって、ごめんなさい……!」

あすみ「っふぇ……っ!うぅ……ぇぐ……!」ポロポロ



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:13:15.69 ID:XmJVZuYl0

ほむら「……」


杏子「オイ、これからどうすんだよほむら」

杏子「このままじゃゆまが死んじまうよ!なぁ、頼むよ……!」

ほむら「出来るだけ多量のグリーフシードを集めるしかないわ」

ほむら「あと、濁ってるとは言ったものの、100%と言う訳ではないわ」

ほむら「なのにこの昏倒している様。普通じゃないわ」

杏子「じゃあどうしろってんだよ!?」

ほむら「……なにかがおかしい、原因がある筈」

ほむら「それを真っ先に叩きましょう」

杏子「ッ!畜生!!」



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:16:27.17 ID:XmJVZuYl0

ほむら「……えっと、神名あすみ、だったわね?」

あすみ「ぐす。っうん」

ほむら「悪いけれど、ちょっと着いてきてくれるかしら?」

マミ「ちょ、ちょっと暁美さん!?」

ほむら「心配しないで」

ほむら「この子に、黒い魔法少女がどんなのだったか聞くだけだから」

マミ「……手を出したら承知しないわよ」

ほむら「えぇ、分かってるわ」

ほむら「さぁ行きましょう」

あすみ「っ……うん」



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:18:55.21 ID:XmJVZuYl0

―マミ宅屋上

あすみ「え、っと。ほむらお姉ちゃん?」

ほむら「私がここに呼んだ理由、分かってるわね?」

あすみ「っ……。くろの、魔法少女がどんなのか、って」グスグス

ほむら「えぇ。貴女から聞きたいの」

ほむら「どんな姿だったか、を」

あすみ「……」


あすみ「(あーっと、確か……)」


QB『鉤爪を武器にした、スローを使う魔法少女だね』

QB『他者からは相対的に超加速しているかの様に見えるね』



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:20:37.72 ID:XmJVZuYl0

あすみ「ぐす。っ……つめで、きってきたのっ」グスグス

ほむら「……」

あすみ「それでね?ものすごくはやいの……っ!」グスッ

ほむら「……」

あすみ「で、ね……ゆまちゃんも、わたしも、襲われて……っ!グスッ

ほむら「……」

あすみ「こわかった、怖かったよぅ……!」グスッ

ほむら「……」



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:21:29.55 ID:XmJVZuYl0

ほむら「そう、それは災難だったわね」

あすみ「っぐす。うんっ……」

ほむら「……じゃあ、もう一つ質問良いかしら?」

あすみ「っ……うん。ぐす……」

ほむら「……」


ほむら「 お 前 は 誰 だ ? 」



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:23:55.95 ID:XmJVZuYl0

あすみ「……」

ほむら「確かに私は、二人の魔法少女の気配を探知して」

ほむら「巴マミと佐倉杏子に協力を呼びかけた」

あすみ「……」

ほむら「……けれど誤算だったわね?」

ほむら「私、その黒の魔法少女をかなり知っているのよ」

ほむら「それも、忌々しいぐらいにね」

あすみ「……」

ほむら「あの魔力のパターンは彼女の物ではなかった」

ほむら「紛れもなく、初めて感じ取ったパターンだったわね」

あすみ「……」


ほむら「……さぁ、答えなさい」ジャキッ

あすみ「……」

ほむら「お前は何者?魔法少女よね?」

あすみ「……」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:27:51.85 ID:XmJVZuYl0

あすみ「……あーあ。迫真の演技のつもりだったのになぁ」

あすみ「でも、まぁ。バレちゃったのならソレもやる必要ない、か」

ほむら「……貴女っ!」ジャキッ

あすみ「あぁあぁもう。そんな物騒な物向けないでよみっともない」

ほむら「やはり、貴女が!」


あすみ「えぇ、そうよ?」フフッ

あすみ「わたしが、あの餓鬼を昏倒させたの」

ほむら「……」



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:31:00.15 ID:XmJVZuYl0

ほむら「っ!」ピカァァ

あすみ「あ、待った」ニタァ

ほむら「何よ!!」

あすみ「今ここで、変身しても良い訳?」

ほむら「何が言いたいの?命乞いのつもり?」

あすみ「ううん、どっちかと言えばそれは貴女でしょお?」

ほむら「は……?」


あすみ「さっきのマミお姉ちゃんの口ぶりからするに」

あすみ「貴女、些か信用されてない様ね?」

ほむら「……何が言いたいの」

あすみ「これだけでまだ分からないの?イレギュラーと言う割にはフシアナね」

ほむら「ゴタクは良いわ。その下衆い口を今ここで閉じなさい」

あすみ「あら、せっかく警告してあげてるのに」



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:32:49.92 ID:XmJVZuYl0

ほむら「……」ピカァァ

あすみ「あぁもうせっかちね!単刀直入に言うわ!」

あすみ「貴女、信用されてないのよ!」


ほむら「……」ピタッ

あすみ「良い?ここで貴女が今変身したところで」

あすみ「絶対、わたしに襲いかかってると思われてもおかしくは無いわ」

ほむら「……」

あすみ「当然よね?今の時点では貴女より」

あすみ「私の方が信頼が上なんだから」

ほむら「……」

あすみ「……さぁ、そんな物騒な物おろしておろして」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:39:15.17 ID:XmJVZuYl0

ほむら「……」キュピーン


あすみ「……お姉ちゃん、本気なの?」

ほむら「残念だったわね。私は忌み嫌われる事には慣れているの」

あすみ「へぇ、そぉ……」


あすみ「それは気の毒にッ!!」キュピーン



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:39:44.72 ID:XmJVZuYl0

あすみ「っ!」キィィン...!!

ほむら「っ!」カチッ


あすみ「(―!!)」



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:42:59.11 ID:XmJVZuYl0

あすみ「(こ、れ、は……!)」


あすみ「ぅぐ……っ!」ドサッ

ほむら「動くな」チャキッ

あすみ「……」


ほむら「貴女、ソウルジェムが何かを知ってるわね?」

あすみ「……」

ほむら「今なら、チャンスをやるわ」

あすみ「……」

ほむら「一つ、千歳ゆまを元に戻しなさい」

ほむら「そうしてもう一つ。手持ちのグリーフシードを寄越しなさい」

あすみ「……」

ほむら「さもなくば、貴女の右太腿に付いているソウルジェムごと吹っ飛ばす」

あすみ「……」



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:47:57.67 ID:XmJVZuYl0

あすみ「……」キュピーン

あすみ「……」スッ

ほむら「変身解除にハンズアップ?何のつもり?」

あすみ「……」


あすみ「――くふ、うふふ」

あすみ「―ハっ!ヒ―」

ほむら「……何を」

あすみ「――フフ、フフフフふ、あは、アハハ……!!」


あすみ「―――――――――――――――――ッ!!」



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:50:50.13 ID:XmJVZuYl0

ほむら「何か、引き笑いさせる事でも言ったかしら?」

あすみ「い、いいえ……?でも……フフッ―!!」

ほむら「何がおかしいの!?」

あすみ「……」


あすみ「どんだけ繰り返してるの!!!!」

ほむら「!?」

あすみ「……あぁ、本当に良い。貴女すっごく良いよぉ……!」

ほむら「ッこいつ!」



307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/02(日) 23:54:27.29 ID:XmJVZuYl0

あすみ「ねぇ?貴女が鹿目まどかを執拗に狙ってる理由、当ててあげるわ?」

ほむら「ッ!」ッダン!!

あすみ「ぐふ……っ!」


ほむら「……その口閉じろ……!」

あすみ「……ふふ……っ」

あすみ「弱く、気持ちの悪い自分に唯一構ってくれた女の子」

ほむら「っるさい!!」ッダン!!ッダン!!

あすみ「ぐふ、がふっ!」


あすみ「ほんの少しだけの優しさを向けられただけで、あの子に依存する」

ほむら「黙れ!!」ッダン!!ッダン!!ッダン!!

あすみ「っがは―っ!」



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:00:44.74 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「黙れ……!黙れ黙れ黙れェッ!!」

あすみ「それでね?依存するだけでなく、その子を執拗に追い求めるの」

あすみ「まるでストーカー」

あすみ「いや、ストーカーね。気持ち悪い」

ほむら「ッ!!!!!」ッダンッ!!

あすみ「ぐ……」


あすみ「……それでね、今度はあの子に面倒事を押しつけられたの」

ほむら「……」ピタッ



315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:03:25.76 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「『キュゥべえに騙される前のわたしを、助けてあげてくれないかな……?』」

ほむら「……」

あすみ「……本当、なんでこんな面倒な事を押しつけられたのかな?」

ほむら「……」


あすみ「……えぇ、そうよ」

あすみ「貴女、その程度の女だったのよ」

ほむら「……何が言いたい……!?」


あすみ「自分の判断ミスで、契約してしまった事の尻拭い」

あすみ「それも、都合の良く動いてくれる【最高の友達】を利用してでの、ね……」

ほむら「ッ!?!?」

あすみ「ふふっ、もうパシリ確定ね……!」



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:08:39.08 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「死ね……!」ッダン!!

あすみ「……っ」


あすみ「……うふふ、最後に一つだけ」

あすみ「貴女、その約束を律儀に守ろうとして何度も繰り返してるのよね?」

あすみ「それでね?それで聞くんだけど……」

あすみ「本当にあの子を救いたいの?」

ほむら「……」


あすみ「ねぇ、知ってる?人を助けるって言うのはね?」

あすみ「相手からも、助けられちゃったって思ってこそ成り立つ物なの」

あすみ「けど貴女、そう出来た試しがあるの?」

ほむら「……」


あすみ「あの子の為でなく、自分自身の為だけに動いてる」

あすみ「……もう、独り善がりのエゴってレベルじゃない?」



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:10:04.95 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「……えぇ、そんなに死にたいのね」

あすみ「ううん、貴女に私は殺せない」

ほむら「いいえ、もう千歳ゆまもどうだっていい」

ほむら「いずれ貴女は、きっとまどかにまで手を及ぼす」

ほむら「ならばいっそ、この手で」

ほむら「今すぐ殺してあげるわ!神名あすみ!」

あすみ「……」ニタァ



あすみ「っぁああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

ほむら「!?」



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:12:03.32 ID:5vM6Xsdt0

バタン!!

マミ「何してるの暁美さん!!」

杏子「ほむら、てめえ!!」

ほむら「ッ!!」カチッ

シュンッ

杏子「くっ!逃げやがった!」

マミ「酷い怪我っ……!」

あすみ「痛い痛い痛い痛い痛いいたいたいたいたいイタイタイタイタイ!!」

あすみ「痛いよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

マミ「っ。治癒魔法!」パァァァ

あすみ「ぁああああああああああああああ!!!!」



330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:22:17.34 ID:5vM6Xsdt0

―マミ宅

マミ「これでもう、とりあえずは大丈夫な筈」

あすみ「はぁ、はぁ、っはぁ……」

杏子「マミの魔法の由来は命を繋げる事だ」

杏子「だから治癒魔法も普通のよりかなり効いてる筈さ」

あすみ「っありがと……う。やっぱり魔法ってすご、い……げほっ」

マミ「っ!無理しないで!」

あすみ「っ、さっきの、黒い魔法少女も、来たの……!」

杏子「……ゆまをやった奴か!」

あすみ「っうん。それでね?ほむらお姉ちゃんといっしょに、わたし、を……げほっ!」

マミ「もういい!喋らないで!怪我が悪化するから……!」

あすみ「ごめ、んね……」

杏子「……」


杏子「魔法少女相手ならともかく、こんなただの一般人相手にも……!」

杏子「奴等、一体何を考えて……!」



338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:33:50.95 ID:5vM6Xsdt0

―深夜

杏子「ZZZzzz...」

マミ「っ……」パァァァ

あすみ「マミお姉ちゃん、もう怪我大丈夫だよ……?」

マミ「っいい、え……まだ、早く、治さない、と……」

あすみ「もういいよ。マミお姉ちゃん、寝ないと倒れちゃうよ」

マミ「っ、でも……」

あすみ「わたし、さっきと違って喋れるよ?歩けるよ?」

あすみ「ゆまちゃんの宝石も、綺麗にできるよ?」

あすみ「あの、黒い球を当てればいいんだよね……?」



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:35:13.81 ID:5vM6Xsdt0

マミ「っ、……分かった、そこまで言うのなら」

あすみ「うん、治してくれてありがとう。お陰で元気になっちゃった」ニコッ

マミ「もし、辛いようなら起こすのよ?」

あすみ「うん、わかってる」

あすみ「おやすみ、マミお姉ちゃん」

マミ「え、えぇ……おやす……」

マミ「ZZZzzz...」

あすみ「……」


あすみ「(……そこまでやる?普通)」

あすみ「(気を抜いたら寝ちゃったよ)」



341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:38:12.86 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(け、れ、ど……)」


ゆま「」

あすみ「(今ここで魔女になって、マミお姉ちゃん達が食われても興醒めね)」

あすみ「(……適度に浄化しておきましょうか)」

あすみ「(まぁ、幾ら浄化してもグリーフシードの浪費だけどね)」

あすみ「(捨てるほど持ってる私にとっては無問題だけど)」


あすみ「はい、お薬ですよー」ギュォォォォ

ゆま「」パァァァ


ゆま「」ズズズ...

あすみ「精々生死の狭間で苦しんでなさい」



345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:47:58.09 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(それから数日経った今)」

あすみ「(千歳ゆまは今もなお昏倒し続けてるわ)」

あすみ「(グリーフシードの方は相変わらず私持ち)」

あすみ「(もちろん、マミお姉ちゃんに怪しまれてはならないので)」

あすみ「(二人の目を盗んで、私が使った使用済みを孵化させてばら撒き)」

あすみ「(あたかも新種の魔女が出現しているかの様に見せかけて)」

あすみ「(幾つかの段階を経由して再利用させてもらってるわ)」


マミ「じゃあ、魔女探し行ってくる……」

杏子「あぁ、気を付けてな」

あすみ「……」



347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:52:30.81 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……チッ。こっちも反応出やがった」ピカァァ

杏子「わりぃ、あすみ。アタシ行ってくる!」

あすみ「う、うん……!」


あすみ「(……ま、私がばら撒いたんだけれどね)」

あすみ「(一応、出来るだけ二人が分散して狩りに行くようにキュゥべえによる誘導は付けてあるわ)」


あすみ「って、こっちもか。これは私のばら撒いた奴じゃないや」ピカァァァ

あすみ「っはぁ。最近身体動かしてないからかなぁ」

あすみ「あちこちがポキポキ言うの言うの……」

あすみ「しょうがない、私も行きましょうか」



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:56:39.71 ID:5vM6Xsdt0

―夜の繁華街

まどか「ほむらちゃん、ちゃんと話せばお友達になれそうなのに」

まどか「どうしてマミさんとは仲が悪いのかな」

まどか「……て、あれっ?」


仁美「うふふふ、うふふふ」

まどか「仁美ちゃ~ん!今日はお稽古……えっ?」


まどか「(!これ、魔女の口づけ……!)」

まどか「ひ、仁美ちゃん!?」

仁美「あらまどかさん、ごきげんよう」

まどか「ど、どうしたの!?どうしちゃったの!?」

仁美「ここよりずっといい場所ですわ。まどかさんも是非ご一緒に」



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 00:59:09.53 ID:5vM6Xsdt0

まどか「(どうしよう!どうしようどうしよう!)」

まどか「(そ、そうだ!マミさんに電話を!)」

仁美「あら、そんな無粋な真似はやめますのよ」ガシッ

まどか「ひっ!」

仁美「さぁ、ご一緒にご一緒に……」

まどか「(うぅ……!携帯掴まれて使えないよう……!)」


無気力な工場長「そうだよ、俺は、駄目なんだ、こんな小さな工場一つ、満足に切り盛りできなかった」

無気力な工場長の息子「親父、一緒に行こうよ」

無気力な工場長の妻「えぇ、行きましょう」


まどか「えっ、えっ……!」



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:02:51.83 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「っと、ここね。魔女の出てくる場所って」

あすみ「さぁて、一緒に遊びましょうか」


ダニイェル「ヘッヘッヘ」

イェニフェル「ヘッヘッヘ」

あすみ「……あぁ、ムカつく顔ね」

あすみ「ニヤニヤして、さ」

エリー「……」

あすみ「それに、何?そのブラウン管」

あすみ「型遅れもいい所よね?」

エリー「……」



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:05:10.86 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「さて、先ずは……」

エリー「……」

あすみ「貴女の特性を見るとするわね?」


エリー「……」プツン

あすみ「……は?」

エリー「……」ザザ...ザザザ...

エリー「……」キィィィン...!!



あすみ「――!!」



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:12:01.16 ID:5vM6Xsdt0

「きゃっ!おとうさんたかいよぉ!」

「はっはっは!それ!高い高い~!」

「きゃぁあっ!きゃっきゃ!」


「あすみ?今度の誕生日何が良いかしら?」

「うーん、おはながいい!」

「えぇ?それでいいのかしら?」

「うん!たっくさんのバラがほしい!」

「良いじゃないか、買ってあげれば」

「ふふっ、そうね」



361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:12:23.06 ID:5vM6Xsdt0

「おとうさん、どこいっちゃったの?」

「……おとうさんはね、外国へお仕事に行ったの」

「いつ、かえってくるの?」

「うーん、あすみが中学生になったら、かな?」

「そっかぁ」

「だからね?あすみ。それまで頑張って勉強して」

「えらい子になって、お父さんをビックリさせてあげましょうね?」

「うんっ!!」



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:15:01.57 ID:5vM6Xsdt0

「おかあさん、だいじょうぶ……?」

「え、えぇ……。ちょっと、疲れちゃっただけ」

「あんまり、むりしないで……?」

「ううん。我が子の為だもの」

「ちょっとやそっとの無理ぐらいは出来るわよ?」

「け、けど、いまおとうさん居ないんだよ?」

「も、もしおかあさんがたおれちゃったら、わたし……」

「……」


「……そうね、ごめんね?」

「おかあさん……!」

「これからはもっと休憩して、あすみと一緒に居られるようにするから」

「だから大丈夫。ね?」

「うんっ!!」



365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:16:53.59 ID:5vM6Xsdt0

【神名――子 葬儀式場】

「……」


「……おかあ、さん……」グスッ

「っぁ、ぁあ……!」

「っぁああああ……!!ああああああ!!」



367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:19:30.43 ID:5vM6Xsdt0

「―邪魔だ」ガスッ

「っ!!」

「叔母さんのガキだからっつって仕方なく引き取ったけどよぉ」

「ぶっちゃけ、ウザいだけなんだよなぁ!?」ッガンッ!!

「っぁあぅ!!!!」

「ま、こちらとらしゃーなし引き取ってる訳だから?」

「精々、感謝する事、だっ!!」バキッ

「っああぁあ!ったい!いたいっ!!」

「……ペッ」

「っ……!」ベチャッ



371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:25:03.05 ID:5vM6Xsdt0

「……」フラフラ


「っぐ、ぐすっ……」

「たすけ、て……!おかあさん……!」

「おと、うさん……!」

「っも、やだ……もうやだぁ!」

「……!」


「おと、うさん……?」

「おとうさんだ……!おとうさんがあそこにいる!!」

「おとうさん!!」



372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:28:12.49 ID:5vM6Xsdt0

「うおっ!すっげ!親父たかいって!

「はっはっは!それ!高い高い~!」

「うわぁあ!すげぇえ!」


「――朗?今度の誕生日何が良いかしら?」

「プレ3!!」

「もう、またゲームなのね?」

「うん!やっぱプレ3だろ!」

「良いじゃないか、買ってあげれば」

「ふふっ、そうね」

「あぁ、なんたって――朗は」


「僕の た っ た 一 人 の大事な息子なんだから」



377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:32:14.61 ID:5vM6Xsdt0

「……」ガクッ

「……おと、う、さ……ん……」


「幸せ、幸せ……幸せ……!!」

「……もう、わたしにはないんだ」

「ずっと、このままなんだ」

「ずっと、不幸のままなんだ……!」

「わたし、もう幸せなんてないんだ!」


「っ…ぁぁ、ぁあああ……!!!」

「ぁああああああああああああぁああっ!!」



378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:34:23.20 ID:5vM6Xsdt0

「ルサナイ……!」


「……絶対に許さナい……!」

「わたしの、わたしがどんな目に遭ってるかも知らないで!!」

「わたしの苦しみも知らず、悠々と過ごして!!」

「お父さんも!!伯父さんのあいつらも!!」


「みんな、みんな不幸になっちゃえばいいんだ!!」

「ただ、死んでもらうだけじゃ絶対に許さない!!!」

「あいつらも、皆不幸を知るべきなんだ!!」

「皆、みんな、全員不幸になればいいんだ!!」


「誰か、誰か叶えてよ!!!」

「わたしのこの気持ち、誰か叶えてよ!!」


「わたしの知る周囲の人間の不幸!!だれか叶えてよッ!!!!!!」



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:36:21.08 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」

エリー「……」ザザッザザザ...

ダニイェル「ヒャヒャヒャ」

イェニフェル「ヒャッヒャッヒャ」

あすみ「……」


あすみ「ッざ……けるな……っ!!」

エリー「……」ザザッザザザ...

あすみ「……ふざけるなっっっ!!」ビュンッ!!

エリー「」ゴキャッ



381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:40:03.75 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「っははは……あははハハハははハハ!!」ビュンッ!!ビュンッ!!

エリー「」グシャッバキッメキッ

あすみ「あはははハハハハはハはハハハハハ!!!」ビュンッ!!ビュンッ!!

エリー「」グチャッドロォッメキッ

あすみ「よくも!!よくもあの時の!!あの時のお話を!!」ガスッガスッ

エリー「」ドロォッグチャッヌチョッ

あすみ「死ね!!!死んでしまえ!!!!殺す!!殺してやる!!!!」ガスッガスッ

あすみ「あははははははははは!!!!雑魚の癖に私の心を見透かして!!」

あすみ「死ね!死んでよ!!早く死んでよ!!!ねえ!?」ビュンッ!!ビュンッ!!

エリー「」グチュグチュグチュ



383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:42:48.83 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「あはははハハハ!死ね!!しねえっ!!」ビュンッビュンッ

ゴンッ!!ゴンッ!!ゴンッ!!

あすみ「ははは!!あははははは!!ハハハヒヒッヒイヒヒイイヒイ!」ビュンッビュンッ!!

ゴンッ!!ゴンッ!!ゴンッ!!

あすみ「はははははははははははははははははははは!!」

あすみ「死んで!死んでよ!死んでよおっ!!」ビュンッビュンッ

ゴンッ!!ゴンッ!!ゴンッ!!


さやか「……!」



386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:45:58.18 ID:5vM6Xsdt0

さやか「も、もうやめなよ!!」ガシッ

あすみ「ッ!!」

さやか「もう魔女居ないんだよ!?何してるのあすみちゃん!?」

あすみ「ッなせェ!!ハナセぇっ!!!!」

さやか「落ち着いて!落ち着いてって!!」

あすみ「離せ!!離せ離せ離せ!!離せェァッ!!」

さやか「だめ!離さない!!今のあすみちゃん、見過ごす事なんて出来ない!」

あすみ「っなせェ……!っはナセぇ……!!」

さやか「……落ち着いて、お願い、落ち着いて……」

あすみ「っな、して……。離して……っ」

さやか「……っ」バッ



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:47:53.58 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「っ……ぅ、ぅうう……!」

さやか「あすみちゃん……」

あすみ「っぁ、ぁあ……っ!」

さやか「……」

あすみ「っぅ、ぅぁ、ぁああ……!」


あすみ「っぁあああああああああああああ!!」



391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:51:11.55 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」グスッ

さやか「……」

あすみ「……」フルフル

さやか「……やっと落ち着いてくれた、か」


ほむら「……」

さやか「ッ!?転校生……!」

ほむら「貴女、それに」

ほむら「神名、あすみ……!

さやか「ふ、ふん!遅かったじゃない!転校生」

ほむら「……っ」スタッ


さやか「……ふぅ、行ったか」



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 01:59:58.88 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」フルフル」

さやか「あすみちゃん?大丈夫?」

あすみ「……うん」

さやか「つ、辛かったらアタシに言ってよね?」

さやか「アタシ、どうやら魔法が治癒魔法みたいだからさ?」

あすみ「……ありがとう」

さやか「しっかし、まさかあすみちゃんも魔法少女だったとはねぇ」

さやか「まぁ、マミさんに付きっきりだから当たり前よね」

あすみ「……!」ギュ



395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:01:56.92 ID:5vM6Xsdt0

さやか「ん?どしたの?」

あすみ「……言わないで」

さやか「何を?」

あすみ「わたしが魔法少女だ、って、マミお姉ちゃんに……」

さやか「えぇっ!?もしかして知らないの!?」

さやか「でも何で!?」

あすみ「……ほむらお姉ちゃん」

さやか「!」


あすみ「わたし、ほむらお姉ちゃんからずっと狙われてるの!」

さやか「っ、そんな、事が……!」



397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:05:24.05 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「だ、だからね?わ、わたしが魔法少女で」

あすみ「ほ、ほむらお姉ちゃんに狙われてる、って、マミお姉ちゃんが知っちゃったら……」

あすみ「っマミ、お姉ちゃん、に、もっと迷惑、かかって……っ」ポロポロ

さやか「で、でも!このままじゃよくないよ!!」

さやか「そ、そうだ!アタシとあすみちゃんとマミさんで転校生をやっつければ!」

あすみ「やめてっ!!」

さやか「なんで!!」

あすみ「もう、マミお姉ちゃんに嫌われたくない!捨てられたくない!!」

さやか「……けど!」

あすみ「お願い!言わないで!マミお姉ちゃんに、言わないでっ!」

さやか「……」



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:08:14.93 ID:5vM6Xsdt0

さやか「……分かった、約束する」

あすみ「っほんと……?」

さやか「当然だよ……。そんなに嫌がってるのに、言える訳ないもん」

あすみ「……!」パァァ

さやか「だから、絶対にマミさんにも言わないよ」

さやか「アタシとあすみちゃんだけの、二人だけの秘密にする!」

あすみ「ありがとう!さやかお姉ちゃん!」

さやか「……」


さやか「っはは!さやかお姉ちゃん、かぁ」

あすみ「だ、だめだった……?」

さやか「ううん、何か気分いいわ。うん!」

あすみ「わぁ……!ありがとう!!」

さやか「はっはっは。お姉さんに何でも頼ってくれたまへ!!」

あすみ「うんっ!!」



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:09:39.80 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(……けどこのみっきー、絶対口軽そうよね)」

さやか「……?」

あすみ「(さっさとグリーフシードにしてしまった方が賢明だわ)」

さやか「……どうか、した?」

あすみ「(あ、ヤバ)」

あすみ「う、ううん!なんでもないよっ?」

さやか「?そう?」

あすみ「うん!」


あすみ「(更にこいつ、油断ならない)」



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:18:33.72 ID:5vM6Xsdt0

―マミ宅

ガチャ

マミ「あすみちゃんっ!どこ行ってたの!?」

マミ「って、美樹さんも!?」

あすみ「っごめ、ん……なさ」

さやか「あー、えっと、その」

さやか「あ、アタシが連れまわしてたんですよ!遊びに!」

マミ「け、けど、最近物騒だから」

さやか「あぁ、その事なら大丈夫。ほら」

マミ「これ……!美樹さん、あなた契約したのね」

さやか「えぇ、まぁ!」

さやか「だから、これからはマミさんと一緒に戦えますよ!うん!」



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:21:44.32 ID:5vM6Xsdt0

マミ「なら、美樹さんの耳に入れておかなければならない事があるの」

さやか「と、言いますと?」

マミ「……こっちに来て」

さやか「う、うん?」


杏子「……いい加減、目ぇ覚ましてくれねえかなぁ、ゆま」

ゆま「」

さやか「な、にこ、れ……」

マミ「恐らくは、暁美ほむらさん一派の手でこうなったの」

さやか「なっ!?」

マミ「しかもこの前、あすみちゃんにまで銃を向けて……」

さやか「……なんて、事を……!!」



407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:24:14.85 ID:5vM6Xsdt0

さやか「くっ!」パァァァ

杏子「お、おい!何しやがる!!」

マミ「無駄よ!美樹さん!治癒魔法をかけてもゆまちゃんの目は覚めないわ」

さやか「で、でも!やってみないとわからないじゃないですか!!」

マミ「いいえ、何度もやったわ!」

さやか「けど!アタシの治癒魔法なら!」

マミ「何時間も掛けたわ!けど変化は無かった!」

さやか「っ!」バッ

マミ「だから、今はとにかくソウルジェムの維持が必要なの」

さやか「えっ?」


さやか「……濁れば、ただ魔法が使えなくなるんじゃ?」

マミ「なら、今のゆまちゃんの状態を見てみなさい」

さやか「……死ぬんですか?」

マミ「……恐らくは」

さやか「……っ」プルプル



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:30:46.26 ID:5vM6Xsdt0

さやか「……許せない!許せないですよこんな事!」

マミ「えぇ、そうね」

さやか「マミさん!アタシも戦います!!」

マミ「骨が折れるわよ?グリーフシード集めも」

さやか「それでもですよ!こんな事!見過ごせる筈ないじゃないですか!!」

さやか「なんで、なんでこんな子達までこんな目に遭わなきゃいけないんですか!」

マミ「グリーフシードの争奪戦って所かしら」

さやか「……尚更許せないですよ」

さやか「だからお願いします!アタシにも戦わせてください!」

さやか「アイツらからこの街も!恭介も!まどかやあすみちゃんもゆまちゃんも!」

さやか「そしてマミさんも守ってみせますよ!!」

杏子「おい、アタシは?」

さやか「……誰だかわかんないけど、アンタも」



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:38:51.90 ID:5vM6Xsdt0

マミ「分かったわ、美樹さん」

マミ「貴女の覚悟、しっかりと受け止めたわ」

さやか「あ、ありがとうございますマミさん!」

マミ「それじゃあ、美樹さんには私と護衛に徹してもらうわ」

マミ「あすみちゃんの、ね」

さやか「了解!」

あすみ「ありがとう……!」

あすみ「(けどすっげぇやだ)」

マミ「佐倉さんはグリーフシードの調達をお願い!」

杏子「分かったよ、んじゃ行ってくるわ」


マミ「さて、美樹さん。魔法少女の戦術の事だけれど……」

さやか「はい!」

あすみ「(ホントこのみっきー、馬鹿っぽい)」



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 02:43:06.36 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(けど、直ぐにまた動けるようになるけどね)」

あすみ「(分散するように誘導してあるんだから)」


あすみ「(えーっと、わたしの得物はマミおねえちゃん、狂犬、餓鬼)」

あすみ「(みっきー、黒イレギュラ、シカメ、ワカメ)」

あすみ「(……魔法少女狩り一派はもういいや)」

あすみ「(あいつら、キュゥべえによると素質莫大のシカメ狙ってるそうだし)」

あすみ「(その辺の邪魔はイレギュラーヤンデレストーカーさんがやってくれるでしょ)」

あすみ「(2の不幸を取るより、わたしは6の不幸を取るわ)」

あすみ「(よし、次はみっきーとワカメね)」



459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:02:11.48 ID:5vM6Xsdt0

―マミ宅屋上

QB「やぁ、あすみ。調子はどうだい?」

あすみ「あまり良くは無いわ、これでもギリギリだし」

QB「3人の目がついてるからね、さぞ動きにくい事だろうね」

あすみ「ホントよ。分散する時はあるけど四六時中監視されてる身にもなってみなさいと言うのに」

あすみ「しかも本人等は善意でやってるつもりだから余計タチの悪い事悪い事」



461:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:12:37.57 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「それで?ワカメの件どうなってるの?」

QB「あぁ、どうにか取り付ける事は出来たよ」

QB「ただ、もちろん素質は薄いからエネルギー源としては全然期待できないけれどね。1個体としては如何せん効率が悪すぎる」

あすみ「ふぅん。とか言いつつ結構やるじゃない」

QB「当然さ!」

QB「まどかとの契約に結び付くと思えば、あながち徒労とも言いきれないよ」

あすみ「それで?言われた通り誘導はつけたんでしょうね?」

QB「もちろん」

あすみ「契約内容は……」

QB「事実上、美樹さやかの物と重複していると言えるだろうね」

QB「形式上、微妙に変えてはいるけれど」

あすみ「やるじゃない」


あすみ「これで、万能の力で再び手を治せる頼みの綱は消え去ったと言う訳ね」

QB「上条恭介と接点を持つ者は他に居ないからね」



463:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:23:50.25 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「ふふっ、今回ばかりは礼を言うわね」

あすみ「ありがと、キュゥべえ」

QB「いやいや、とんでもない」

あすみ「それじゃ、わたしも動くとしますかね!」

QB「あ、待つんだあすみ」

あすみ「何よ?」


QB「千歳ゆまの事なんだが」

あすみ「……」



464:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:26:34.04 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「なによ」

QB「やはり、気のせいでは済まされないと思ってね」

あすみ「はあ?」

QB「千歳ゆまの事さ」

あすみ「……」

QB「どうして直ぐにグリーフシードにさせないんだい?」

あすみ「……」


あすみ「……マミお姉ちゃんが食われたら、興醒めするから」

QB「いやいや、マミが食われる心配は無いさ。しかも杏子が付いている」

QB「何せ、ベテランの魔法少女だからね?」

QB「それに元はと言えば、千歳ゆまにはそれほどの才能は無いしそれほど強い魔女になるとは思えない」

QB「僕としても、織莉子に言われて仕方なく契約しただけなんだからね」

あすみ「……」



467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:40:35.08 ID:5vM6Xsdt0

QB「もう充分だろう?ゆまさえグリーフシードにしてしまえばマミや杏子のだって望めるさ」

あすみ「言った筈よ。マミお姉ちゃんは最後にするって」

QB「それが分からないんだよ、僕には」

あすみ「どうして」

QB「現状を見るに、これ以上マミに希望が湧く兆しは無い」

QB「湧かせるとするならばゆまの復活だろうけれど、それじゃあ本末転倒だ」

QB「寧ろゆまも消え、そして連鎖的に杏子も消える」

QB「後は絶望するだけだね?」

QB「何せ、希望と絶望の差は今の時点で頭打ちになっているからね?」


あすみ「それはあくまでお前の価値観でしょう?」

QB「いやいや、君の嗜好にもそぐわないと思うんだ」



468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:46:35.91 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……は?」

QB「言うなれば、幸せの絶頂に居るマミを奈落へと導く事が君の嗜好」

QB「けれど実際はどうか?今のマミは幸せか?」

あすみ「……」

QB「違う様だね?それはもちろんさ」

QB「ゆまも復活しない、そしていずれは杏子も消えてしまう」

QB「やはり、残されるは真なる絶望しかない訳だ。これ以上希望と絶望の差異を大きくすることは不可能だ」

QB「なのにこれ以上引っ張っても、無意味じゃないか?」


あすみ「いいえ、まだよ。まだみっきーとワカメが残っている」

QB「自らの運命を恨み、魔女と化す。結果は杏子が消えるのと変わらないさ」



469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:54:04.99 ID:5vM6Xsdt0

QB「グリーフシードと化す条件としては整い過ぎている」

QB「けれど君は、賢明にそれを阻止しようとしている風にしか見えないな」

あすみ「……」

QB「その上で問うよ、あすみ」

QB「先に述べた通り、僕と利害が一致するのかと思えば節々に不可解な点が見受けられる」

QB「君は一体、何がしたいんだい?」

あすみ「……」


QB「僕の勝手な推測で済まされるのならばそれまで、だが」

QB「どうも、こうとしか思えないね」

QB「君にはまだ、彼等人間で言う所の」


QB「良心、と言う物が残っているんじゃないかな?」

あすみ「……」



470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 11:54:09.60 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「あーあ、ホント下らないわねアンタ」

あすみ「まるっきり分かってないんだからホント」

QB「えぇ?それはどうしてだい?」

あすみ「決まってるわ」

あすみ「わたしはね?ただ絶望するのを見てグリーフシードゲットしてハイ終わり、ってのが好きなわけじゃないの」

あすみ「虫螻の様に足掻く所を見るのが好きなの」

QB「そうかい?今も十分足掻いてるじゃないか」

あすみ「いいえまだよ。今の彼女等の不幸はまだどん底じゃないわ」

あすみ「奈落で這いずり回ってこそ、よ」

QB「……」


QB「はぁ、まぁそんな所だろうとは思ってたよ。僕の話が通るとは思ってなかったけど」

あすみ「当然ね」

QB「邪魔したね。失礼するよ」

あすみ「シッシッ」



471:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:01:42.00 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「っあー気分悪っ」

あすみ「さて、と。天才バイオリニストの所へ行きますか」


QB「……神名あすみ」

QB「君はどうにも、不幸を受け入れてしまっている様だ」

QB「よって生半可な方法でだと、魔女を産めるとは思えない」

QB「君には今まで効率的に動いてもらった、それは感謝しているよ」

QB「けれど鹿目まどかが現れた以上、もう時の終わりは近い」


QB「美樹さやか、佐倉杏子、巴マミ、千歳ゆま」

QB「彼女等四者の絶望と共に、神名あすみの絶望を望むよ」

QB「僕に出来る事はそのせめてもの引導を渡す事だね」



472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:04:29.85 ID:5vM6Xsdt0

―病室

カッ...カッ...カッ...

ガラッ

恭介「ZZzzzzz...」

あすみ「……」


あすみ「……」ニタァ

あすみ「フッ!!」ドゴシャァ

恭介「ごはぁっ!!」


恭介「な、なに……?」

あすみ「……」ニコッ

恭介「き、君は……?」

あすみ「……」ニタァァァ...

恭介「ひっ……!」


あすみ「……」キイイイィィィン...



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:13:07.92 ID:5vM6Xsdt0

恭介「っ……!このっ……!」グッ

恭介「……!?」


あすみ「……ふふっ」

恭介「な、なんで。なんで……!」

あすみ「……ふふふふふっ」

恭介「っそ、そんな筈は……!」

あすみ「ふふふ……どうしたのぉ?」

恭介「け、今朝までは!今朝までは動いてたのに……!?」

あすみ「……あらぁ?」

恭介「どうして、な、なんで……!」

恭介「なんで僕の腕がまた動かないんだ!?」



474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:15:33.77 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「うふふふふフフふッ……!」

恭介「な、なんで、な、ど、どうして!?」


あすみ「ねぇえ?」ニタァ

恭介「ひっ……!」

あすみ「あなたにとってのバイオリンってなぁに?」

恭介「く、くるな……!くるなあ!」

あすみ「わたしが当ててあげましょうか?」

恭介「くるな!こないでくれ!うああ!」


あすみ「バイオリンとは、あなたの生きる意味」

あすみ「言うなればあなたの魂そのものであり」

あすみ「あなたがバイオリンで、バイオリンがあなたなの」

恭介「……!」



475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:17:34.66 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「けれど、もうそれおしまぁい」

恭介「あ……ああ……っ……!」

あすみ「もう、二度とあなたの腕は動かない」

恭介「ぁあああ!!ああああ!!」

あすみ「もう二度と、その輝かしい音を奏でる事は出来ないの」

恭介「ッァアアアアア!!!」

あすみ「だからもうあなた、人としても」


あすみ「死んでるわね」

あすみ「もう二度と、動かないの」


恭介「ッァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」


あすみ「……」キイイイィィィン...



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:24:22.98 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」


あすみ「っふフふ、ク、フハ、アハはははハハハ……っ」

あすみ「―――――――――ッひィ!」

あすみ「駄目、笑いが止まらないわ!ほんと止まらない!」

あすみ「ほんと最高ね!ほんと!」

あすみ「最初に覗いちゃったみっきーを絶望させる為、とも最初は思ってたけれど!」

あすみ「あの子一人でも充分噴飯モノよホント!」

あすみ「あぁ……オカシい!契約前のみっきーを覗いてよかったわ!」

あすみ「契約後だと記憶消すまでは厳しいものね!」


あすみ「……と、言うところで」

あすみ「みっきーのトコ、行きますか」

あすみ「もうワカメも契約済みだから、尚更バイオリニストの腕を復活させる事は無理ね」

あすみ「何せ、わたし特製の心の猛毒で動かなくしているんだもの」

あすみ「動かすには、わたしを殺すほかないわね!」



482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:37:15.44 ID:5vM6Xsdt0

―翌日

恭介「ッはなせ!離してくれよぉっ!!」

看護婦「お、落ち着いて上条さん!しっかりして!」

恭介「はなせえええ!!はなしてよぉおお!!!」

看護師「落ち着くんだ!!」ガシッ

恭介「うわあああああ!離せ!!離せえええええ!!」

看護婦「ドクター!鎮静剤を!」

医者「うむ」プスッ

恭介「うっ……」


恭介「っはなせえええええええ!!」

看護師「ドクター!鎮静剤効いてません!」

医師「……何故だ」


さやか「……」



483:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:42:18.15 ID:5vM6Xsdt0

さやか「……」


『気の毒ねぇ、あの子も』

『えぇ、せっかく奇跡的に腕が治ったと言うのに』

『また呪いの様に動かなくなったなんて、ねぇ?』

『しかもそれ、原因不明の精神疾患なんでしょう?』

『本当気の毒でならないわ……』

『治る見込みもないし、ねぇ?』


さやか「……なんで、なんで恭介が、こんな目に……」



484:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:48:48.89 ID:5vM6Xsdt0

さやか「やっぱりあたし、恭介を追いつめてたんだ」

さやか「良かれと思って、なけなしのお金でCDを買ってあげてたけど」

さやか「それが、あそこまで恭介を……」


さやか「やっぱあたし、駄目な子だ」

さやか「癒してあげるどころか、また不幸にさせてしまった」

さやか「もう、ありがとうとも言われない。それ以上の事も言われない」

さやか「……って、何考えてるのよあたし」


さやか「ほんと、嫌な子……」



485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:51:52.67 ID:5vM6Xsdt0

さやか「……ん?」


あすみ「……」ヨロヨロ

さやか「……あすみちゃん!?」ダッ


あすみ「さ、さやかおねえちゃん」ヨロッ

さやか「あすみちゃん!?どうしたの!?」

さやか「……っ!?酷い怪我……!」

さやか「待って!今治してあげる!!」パァァァ

あすみ「っ、ぐす……あり、が……」

あすみ「っふぇ……怖かっ……た」



486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:54:46.20 ID:5vM6Xsdt0

さやか「また転校生?」

あすみ「ぐすっ、うん……」

さやか「あいつ……!」

あすみ「それでね……?ほむらお姉ちゃんがね?」

あすみ「さ、さやかお姉ちゃんに、お話があるって……」

さやか「……」


さやか「……分かった、アタシ行くよ!」

さやか「何時までもこんな真似、絶対に許せないもんね!」

さやか「あすみちゃんも、絶対守ってあげるから!」

あすみ「っ、うん、ぐす……」


あすみ「ありがとう」ニコッ

さやか「……」


さやか(?)



488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 12:57:09.69 ID:5vM6Xsdt0

さやか「(前から思ってたけど、何だろ?この違和感)」

さやか「(何か、あすみちゃんの顔見てるとすっごい何か変?)」

さやか「(…?)」


さやか「(って、何考えてるのよあたし。こんな小さい子相手に)」

さやか「(こんな純粋な子が変な事なんて考える訳ないじゃない)」

さやか「(あぁもう、あたし本当に嫌な子!)」


さやか「よし!あすみちゃん!橋行くよ!」ダッ

あすみ「あ、まって!さやかお姉ちゃん!」


あすみ「……」ニヤァ



489:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:02:27.95 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(既に手は回してある)」

あすみ「(こうやって、ね?)」


ほむら『美樹さやかが私に?』

あすみ『えぇ、何か語りたいそうよ?あの青臭いみっきー』

ほむら『私には関係ないわね』

ほむら『どうせ貴女何か企んでるんでしょう?』

あすみ『あらぁ?そんな事言っても良いのぉ?』

ほむら『えぇ』

あすみ『やだぁ、薄情者なのね』

ほむら『何とでも言うが良いわ』



490:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:04:19.03 ID:5vM6Xsdt0

あすみ『けれど、あながち放っておくわけにはいかないんじゃないかしら?』

ほむら『何が言いたいの』

あすみ『貴女、鹿目まどかを救いたいんでしょう?』

あすみ『もし、美樹さやかに何か有ったら、鹿目まどかは……』

あすみ『契☆約。ってね?』

ほむら『……』


あすみ『まどかお姉ちゃん!さやかお姉ちゃん達が大変なの!』

まどか『ど、どう言う事!?』

あすみ『ほ、ほむらお姉ちゃんと、喧嘩……』

あすみ『いや、殺し合っちゃう!!』

まどか『!!大変!!!』

あすみ『わ、わたし場所しってる!地図のここ!』

まどか『う、うん!』



492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:08:15.92 ID:5vM6Xsdt0

―橋

さやか「転校生ッ!!」

ほむら「あら、早かったのね」

ほむら「それで?話って何」

さやか「……アタシ、お前を絶対に許さないから!!」

ほむら「……」

さやか「あすみちゃんを、ゆまちゃんを!あんな目に遭わせて……!」

さやか「まだ小学生なのよ!?血も涙も無いの!?」

ほむら「違う……」

さやか「いいや違わない!アンタは鬼よ!!悪魔よ!!!」



493:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:11:03.57 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「私は二人をやっていない!誤解よ……」

さやか「何が誤解なのよ!?だったらなんであぁなってるの!?」

ほむら「千歳ゆまは、神名あすみに眠らされてる」

ほむら「そして神名あすみ自身、恐らくは自傷行為を……」

さやか「ア、ン、タ、ねぇ……!」プルプル

さやか「そんな支離滅裂な話があってたまるか!!」

ほむら「こっちが聞きたいぐらいよ、もう」


さやか「アタシはアンタを倒す!絶対に!」

さやか「倒して、絶対にあすみtyんとゆまちゃんどっちも助けるんだから!」

ほむら「……はぁ、しょうがないわね」パッ



494:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:14:07.62 ID:5vM6Xsdt0

まどか「待って、さやかちゃん!」

さやか「まどか!?」

ほむら「……!」

さやか「邪魔しないでよ!まどかは関係ないでしょ!?」

まどか「ダメだよ、こんなの絶対おかしいよ!」

さやか「うるさい!これはまどかの為でもあるの!」

さやか「退いて!あいつを!あいつを倒せない!!」

まどか「で、でも……!」

まどか「……!」


まどか「さやかちゃん!ごめんっ!」

さやか「あ、ちょ、あたしのソウルジェムっ!!」

まどか「うぇひいぃっ!!」ポイッ



497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:15:45.67 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「っ!!」パッ


まどか「はぁ、はぁ……!」

さやか「……ま、ど、かぁ!」

さやか「あんた!なんて事を!!」

まどか「だ、だってこうしないと!」

さやか「っ――」

まどか「えっ」


さやか「」バタリ

まどか「え、ちょ、さやか……ちゃん?」



499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:17:53.79 ID:5vM6Xsdt0

QB「今のは流石に不味かったね、まどか」

まどか「きゅ、キュゥべえ!?」

QB「よりにもよって親友を放り投げるなんて、わけがわからないよ」

まどか「……どういう、事……?」

まどか「っ、そうだ……!さやかちゃん!」

さやか「」

まどか「……ねぇ!おきてよさやかちゃん!どうしちゃったの!?ねぇ!!」

QB「……」

まどか「やだよ……!こんなのやだよ!!」

QB「……」



500:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:19:16.62 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「……」パッ

まどか「ほ、ほむらちゃん……!?」

ほむら「……」スッ


さやか「……っ!?」ムクリ

まどか「さ、さやかちゃん!!」

さやか「……?」

さやか「何、なの……?」


QB「僕が説明しよう」

さやか「は……?」

QB「魔法少女が身体をコントロールできるのは、せいぜい100m圏内が限度だからね」

さやか「え……?」



501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:21:30.62 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「(そして阻害虚しく、インキュベーターが赤裸々に明かしてしまった)」

ほむら「(ソウルジェムの仕組みを)」

さやか「そ、ん、な……」ガクリ

QB「むしろ感謝こそされるべきだと思うよ」

QB「心臓を破かれても血を抜かれても生きてられる、便利な体にしてあげたんだから」

さやか「ふざけないでよ……!」

さやか「それじゃああたし、ゾンビじゃない!!」

QB「わけがわからないよ」

QB「どうしてそんなに魂の在り処にこだわるのかを、ね」

ほむら「……」



503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:22:54.82 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「消えろ」ッダン!!

QB「」ッパン!!


QB「やれやれ、相変わらずおっかないな。暁美ほむら」モシャモシャ

QB「それじゃあ、今日の所はここで立ち去るとするよ」

QB「じゃあね?」


さやか「……」

まどか「さやか、ちゃん……」

さやか「……っ」ダッ!!

まどか「さ、さやかちゃん!!」



506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:26:27.15 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「ッひィ――――――――っハひ―――――――ッ!!」

あすみ「だ、だめ、も、だめ、引き笑いが止まらない」ピクピク

あすみ「し、シカ、め、シカメが、まさか、あんな素っ頓狂なアドリブに出るとは」プルプル

あすみ「く、るし、ぃ。さいこ、う」プルプル


あすみ「……さぁて、と」

あすみ「何時か訪れる上条恭介の死により絶望、とも思ったけれど」

あすみ「これは予想外」

あすみ「けれど充分、愉しめる見込みはあるわ」

あすみ「それも予想以上に、ね」



507:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:30:04.82 ID:5vM6Xsdt0

―病室

カッ...カッ...カッ...

ガラッ

恭介「……こんな時間に誰だい?」

あすみ「……」


あすみ「(まだ死んでもらっては困るわ)」

あすみ「(もっともがいてもらわないと)」


あすみ「……」ニタァ

恭介「な、なに……?」

あすみ「……」ニコッ

恭介「……ぁ」


あすみ「(記憶を一日前に巻き戻しいーの)」


あすみ「……」キイイイィィィン...



511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:38:19.14 ID:5vM6Xsdt0

―モスド○ノレド

さやか「……話って何よ」

仁美「恋の相談ですわ」

さやか「……へ?」

仁美「前からさやかさんやまどかさんに秘密にしてきた事があるんです」

さやか「なによ」

仁美「ずっと前から、上条恭介君の事をお慕いしてましたの」

さやか「……」


さやか「んで?告白するっての?」

仁美「……明日の放課後には」

さやか「へぇ」



512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:40:35.92 ID:5vM6Xsdt0

さやか「あいつが、恭介がどんな状態か分かってて言ってんの……?」

仁美「と、言いますと?」

さやか「また腕が動かなくなっちゃったんだ」

仁美「!?」

さやか「それで、自暴自棄になっちゃって」

さやか「もう壊れちゃってるんだ……」

仁美「……」



514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:43:55.87 ID:5vM6Xsdt0

仁美「……ならば、尚更上条君を支えなくてはなりません」

さやか「……」

仁美「今の私には、そうする術が有ります」

さやか「……そう」

仁美「けれど、あなたも私の大切なお友達ですわ」

仁美「出来れば抜け駆けも、横取りする様な事もしたくないんですの」

さやか「……はあ」

仁美「丸一日だけお待ちしますわ」

仁美「……さやかさんの後悔の無い様、選択なさるよう」

仁美「それでは」


さやか「……」



517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:46:36.14 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「さやかお姉ちゃん!」

さやか「……あすみちゃん」

あすみ「どうしたの?お顔が暗いよ?」

さやか「……うん」

あすみ「だったら、わたしと一緒にご飯食べよっ?」

さやか「……」


さやか「……ごめん、1人で食べてて……」

あすみ「……さやかお姉ちゃん」

さやか「あたし、ちょっと一人になりたい……」

あすみ「……ごめん」

さやか「きにしないで、それじゃ……」


あすみ「……」

あすみ「―っヒハッ!」プルプル



519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 13:53:13.76 ID:5vM6Xsdt0

さやか「仁美に恭介取られちゃうっ!あたし何も出来ないよ……!」ポロポロ

まどか「さやかちゃん……」

さやか「だって、あたし、っ、死んでるんだもん!ゾンビなんだもん……!」ポロポロ

さやか「こんな身体、で、抱き締めてっ、あげられない……っ!」ポロポロ

さやか「触れる事、なんて、っ、できな、い……っ!」ポロポロ

まどか「……っ」ギュッ


あすみ「――ヒッ」プルプル

あすみ「(馬鹿な奴よねぇ!?)」

あすみ「(今のみっきーは、ワカメの契約を知らない!)」

あすみ「(だから、ただの人間を相手にしていると思い込んでいる!!)」

あすみ「(バイオリニスト君を手にすることも出来ないんだわ!)」

あすみ「(よし、そのまま自滅してしまえ……!)」

あすみ「(みっきィ!!)」



522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:03:33.00 ID:5vM6Xsdt0

―病院屋上

ヒュオォォォォ...

恭介「……」


恭介「ハ、はは……は」

恭介「そう、だよ。もう僕は死んでるんだ」

恭介「ゾンビみたいなものさ」



523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:05:42.67 ID:5vM6Xsdt0

恭介「バイオリンと言う魂を失った僕は、ただの抜け殻さ」

恭介「最早、生きている意味なんて」

恭介「……どこにも、ない」

恭介「僕は、要らない存在なんだ」


恭介「―はは、アハハ……」

恭介「なら、死んでも同じだよね」

恭介「既に、死んでる様な物なんだから」

恭介「こうやって、生きている振りをして生きたままで居て」

恭介「こんなに、辛いの、なら……」


恭介「もう、死ぬしかないじゃないか……!」



524:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:07:29.83 ID:5vM6Xsdt0

恭介「……さようなら、お父さん、お母さん、さやか」

恭介「今まで、世話になったね」

恭介「もう、僕は居なくなるよ」


恭介「僕の役目はもう、終わったんだ」

恭介「……さようなら」フラッ...


恭介「――」



527:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:11:49.97 ID:5vM6Xsdt0

―見滝原中学

さやか「……恭介」

まどか「さやかちゃん……」

仁美「……」

ほむら「……」


ガララッ

和子「……」

まどか「っあれっ?今休み時間だよね?早乙女先生どうしたんだろ」

さやか「……?」



528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:13:26.20 ID:5vM6Xsdt0

和子「……皆さんに、残念なお知らせがあります」

さやか「……」

まどか「……?」

ほむら「……?」

仁美「……」


和子「今日未明、見滝原××病院にて」

さやか「え……」




和子「―上条君が、遺体で発見されました」



530:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:16:56.79 ID:5vM6Xsdt0

ほむら「!?」


さやか「……え……」

仁美「……あ……っ……?」


さやか「っ、そ、んな、、、どう、して、、、、」

仁美「………………っ……っ!」


さやか「っぁ……ぁああ……!ああああっ!!」

仁美「……っ!」


ほむら「ば、かな……っ!?」



536:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:22:13.92 ID:5vM6Xsdt0

―深夜の病院屋上

ガララッ

さやか「……」フラフラ

仁美「……さやかさん」

さやか「……来てたんだ、仁美」

仁美「……えぇ」


さやか「……」

仁美「……」


さやか「……見てよ、これ」

さやか「ね、とっても黒いでしょ」

さやか「コレ、あたしの魂なんだ……」

仁美「……」



538:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:24:35.61 ID:5vM6Xsdt0

仁美「……さやかさんも、でしたか」

さやか「……は?」

仁美「私も、ですわ」スッ

さやか「……なんだ、仁美もそうだったのか」

仁美「えぇ……」


さやか「なんか、さ、分かっちゃうんだよね」

仁美「……」

さやか「もうあたしたち終わりなんじゃないか、って」

仁美「……ですわね」



542:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:28:32.89 ID:5vM6Xsdt0

さやか「もう、抜け駆けとかそう言うの、どうでもよくなっちゃったね」

さやか「恭介自身、居ないんだし……」

仁美「……えぇ」


さやか「これ、黒くなり切ったらどうなるんだろうね」

さやか「どんな終わり方するんだろうね」

仁美「……」


仁美「魔女になる、、、とか?」

さやか「あは。なんかそれっぽいね」

さやか「意外と当たってるかも」



544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:30:03.87 ID:5vM6Xsdt0

さやか「……なんか、もう、どうでもいいや」

仁美「……」

さやか「二人で、全部めちゃくちゃにしちゃおうか」

さやか「希望と絶望のバランスは差し引きゼロなんだね」

仁美「……えぇ」


さやか「あたしって、ほんとバカ」



548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:35:05.89 ID:5vM6Xsdt0

―パキンッ


オクタヴィア・フォン・ゼッケンドルフ「ヴォォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

仁美「……」


仁美「……まさに、その通りでしたわね」

仁美「なんと、愚かしい運命ですこと」


仁美「……思えば、私こそがさやかさんを追いつめたのかもしれません」ピシッ

仁美「うふふっ、まさに感じの悪い女ですこと、私」ピシピシッ

仁美「これを魔女と言わずして」ピシピシピシッ


仁美「何と、言うのでしょうか」


パキンッ



551:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:36:58.41 ID:5vM6Xsdt0

オクタヴィア「ヴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオアアアアアアア!!」

アルゲン「キェェェエエエエエエエエエアアアアアアアアアアアアアアアア!!」


あすみ「……」


あすみ「青魚にワカメ触手、と言った所かしら」


あすみ「シーウィード、さん……いえ」

あすみ「洒落てドイツ語風に言えば」

あすみ「Algen...」

あすみ「……と言った所かしら?」



553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:39:09.12 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……もう充分わたしは愉しんだわ」

オクタヴィア「ヴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!」

あすみ「だからもう、貴女達は要らないの」



あすみ「―サヨナラ勝ち、ね」



554:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:41:50.25 ID:5vM6Xsdt0

―グチャ。

あすみ「……グリーフシード、二個ゲット」

あすみ「……」


あすみ「――ック、ふふふ!フフフフフ!!!」

あすみ「アはははははハハハハhアハハハhあッ!!」

あすみ「馬鹿めッ!馬鹿な奴らめッ!!」

あすみ「アホだわ!お前等全員アホだわ!!!!」

あすみ「勝手に思い込んで自滅するとは、アホの極みね!!」

あすみ「それも、たかが恋愛事情で!?笑わせるな!!!」

あすみ「アハハハハハハハっ!本当に受けるわね!愉しませるわね!!」

あすみ「はははははははあッ!!」




あすみ「……なんでだろ」

あすみ「つまんない」



558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:43:51.80 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……おかしいな、今わたしは最高にハイな筈なのに」

あすみ「なんでだろ、昂ぶらない」

あすみ「前みたいに、とてもイイ気持ちになれない」

あすみ「もっと、甚振り足りなかったからかな?」


あすみ「……いや、わたしが充分楽しんだ筈」

あすみ「だから、今ここで潰しても問題なかった」

あすみ「なのに、なんで」


あすみ「……この虚しさ、なんなの?」



561:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:46:33.57 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「残るは狂犬に……」

あすみ「マミおねえちゃんだけ、か」

あすみ「ほむらは鉄メンタルだから、面倒だわ」


あすみ「……もう帰ろ」

あすみ「なんか、気分悪いな」


QB「やぁ」

あすみ「……なんだ、淫獣か」



565:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:52:05.52 ID:5vM6Xsdt0

QB「二人もグリーフシードにした様だね」

QB「やれやれ、この前のは僕の勘違いだった様だ」

QB「お手柄だよ。あすみ」

あすみ「はいはい、どーも」

QB「この調子で、残りの者も頼むよ」

QB「これで鹿目まどかの契約に持ち込める」

あすみ「……もう帰って良いよ」

QB「……いつもは語るのに、わけがわからないよ」

QB「それじゃあね?」


あすみ「……」

あすみ「……なんか、やな気分」



567:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 14:53:37.09 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……ま、そんな事は忘れましょっか」

あすみ「忘れるついでにもう、もういいよね?もう頂いちゃっていいよね?」


あすみ「……マミお姉ちゃんと杏子お姉ちゃん」

あすみ「どっちも頂いちゃうよ?」



638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 20:46:32.10 ID:5vM6Xsdt0

「ねぇねぇ、このしゃしんって?」

「これはね、お母さんとお父さんの結婚式の写真よ?」

「へぇ~!このおかあさんきれいだね!」

「ふふっ、ありがとう」

「わたしも、おかあさんみたいになれるかな?」

「うーん」

「……むりなの?」



641:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 20:50:25.95 ID:5vM6Xsdt0

「その前に、良い人見つけないとね?」

「あ、そっか」

「うん、きっとあすみなら良いお嫁さんになれるわね」

「わぁ!」

「それで、可愛い子供を授かって」

「幸せな家庭の中で過ごすの」

「うん!わたしがんばる!」

「ふふっ、楽しみね」


「あすみならきっと、幸せになれるわ」



643:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 20:52:38.53 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……っん」


あすみ「(……まだ夜明けか)」

あすみ「(変な時間に起きたものね)」


あすみ「(それに、変な夢)」


あすみ「(嗚呼、気分悪いわね)」

あすみ「(水でも飲も)」



644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 20:53:56.31 ID:5vM6Xsdt0

ガララッ

杏子「ん?」

あすみ「おはよ……」

杏子「あぁ、起きちまったのか」

あすみ「おつかれさま……」

杏子「おう」


あすみ「……まだゆまちゃん、起きないんだ」

杏子「……あぁ」



645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 20:55:39.93 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……杏子お姉ちゃん」

杏子「何だい」

あすみ「今日の夕方ね?お姉ちゃんと行きたい所があるの」

杏子「また突然だなぁオイ」

杏子「ま、いいケドさ」

杏子「ンで?どこなワケ?」

あすみ「その時おしえる」

杏子「はあ?」

あすみ「……わたしが連れてくまで、内緒にしたいの」

杏子「……」



647:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 20:58:40.41 ID:5vM6Xsdt0

杏子「わァったよ。いいよ。一緒に行ってやるよ」

杏子「んじゃ、ゆまの世話はとりあえずマミに任せとくか」

あすみ「……ありがとう」

杏子「へッ」


ガララッ

マミ「ふぁああ」

杏子「って、マミも起きてきやがったか」

マミ「おはよう、おつかれさま」

杏子「うい」


マミ「……もうせっかくだからご飯にしちゃいましょうか」

杏子「そりゃありがたい」



650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:04:04.53 ID:5vM6Xsdt0

―夕方

杏子「マミ」

マミ「うん?」

杏子「わりィ、ちょっとあすみと約束してんだ」

マミ「あら……」

杏子「だから、ゆまを頼む」

マミ「……気を付けてね?」

杏子「……あぁ」


あすみ「それじゃ、行こ?」

杏子「おう」


TV『今週は、全国的に雨が降る恐れがあります』

TV『夕立に注意し、傘を忘れない様に―』



653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:16:35.52 ID:5vM6Xsdt0

杏子「なぁ、あすみ」

あすみ「ん?」

杏子「柄にもねぇけどさ」

あすみ「?」

杏子「ゆまのやつ、あたしの妹みたいなもんなのさ」

杏子「……いや、妹は一人しか居なかったけど、さ」

あすみ「……」



656:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:21:29.89 ID:5vM6Xsdt0

杏子「何で過去形か、ってーとさ」

杏子「皆、あたしが殺しちまった様なモンでさ」

あすみ「えっ……」

杏子「家族の為を願って魔法少女になって、それでさ」

杏子「皆、死んじまったんだ」

杏子「あたしの願いのせいでな」

あすみ「……」

杏子「それからはずっと、もう人の為に魔法なんて絶対使わねえって心に決めてた」

あすみ「……」



657:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:28:31.72 ID:5vM6Xsdt0

杏子「んでそれからは好き勝手に生きて、好き勝手に暴れてってな人生だったけど」

杏子「やっぱ、隠し切れるもんじゃねえよな、って」

あすみ「……」

杏子「ゆまってさ、織莉子って魔法少女のせいでこの世界に入っちまってさ」

杏子「ま、ある意味あたしも同じような原因なんだけどさ」

杏子「それからはオトシマエを付ける為に、あいつと過ごしてたんだ」



658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:29:24.51 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……とか言いつつ、どうしても思い出しちまうんだ」

杏子「あたしの妹、モモの事をさ」

あすみ「……」

杏子「ま、そりゃそうとゆまとの共同生活は悪かないよ。それは否定しない」

杏子「それで、今度はマミと再会してさ」

杏子「あぁやって、4人で過ごしてさ」

杏子「裏切っちまった上に今更虫が良すぎるかもしれねぇけど」

杏子「またアイツと、マミとやり直せたらな、とも思ってるよ」

杏子「今度は四人で、な」


杏子「……なのに。なのに。ゆまの、やつ……っ」

あすみ「……」



659:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:30:42.55 ID:5vM6Xsdt0

杏子「っ……と、わりぃ。しんみりしちまって」

あすみ「……いいよ」

杏子「……って、もう結構歩いてるぞ」

杏子「そろそろ何処に行くか教えてくれても良いんじゃないの?」

あすみ「……うん、わかった」


あすみ「わたしが、つれてってあげる」

杏子「あぁ、頼むよ」


杏子「(……?けどこの道って……)」



660:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:31:47.61 ID:5vM6Xsdt0

―教会

杏子「……!!」

あすみ「……」

杏子「こ、こ……は……!?」

あすみ「……」

杏子「……」


杏子「……おい、あすみ」

あすみ「……なぁに?」ニコッ

杏子「オマエ、何でココを知ってる?」

あすみ「……」


あすみ「……」ニタァ



662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:33:51.00 ID:5vM6Xsdt0

杏子「―!?」


杏子「(な、なんだコイツ……!?)」

杏子「(引き裂いた様な笑みを浮かべる口に、血走った眼)」

杏子「(コイツ、こんな顔だったか……!?)」


あすみ「うふふっ……」

杏子「(……やな予感がプンプンするぜ……!)」


杏子「答えろ」

あすみ「ふふふっ……」

杏子「……何がおかしい?答えろ!!」

あすみ「……」ニタァァァァ...!!


あすみ「もう、そんなに焦らないのっ」



663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:36:54.45 ID:5vM6Xsdt0

杏子「ゴチャゴチャうるせえ!なんでココをオマエが知ってんだ!?」

杏子「あたし、オマエに教えた覚えはないぞ!?」

杏子「さぁ、答えろよっ!!ゴタクなんて並べてないでさ!!」

あすみ「今から言おうと思ってたトコなのに」

あすみ「ホント、アンタまるで……そう」

あすみ「メシを前にした狂犬みたい♪」

杏子「アァ!?」


あすみ「ココの事はね?」

あすみ「ゆまちゃんから聞いたの」



665:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:39:17.96 ID:5vM6Xsdt0

杏子「はあ!?」

あすみ「……あぁ、聞いちゃったってのはちょっと違うわ」

あすみ「わたしがね?この眼でね?」


あすみ「ゆまちゃんの頭の中、ぜぇんぶ覗いちゃったんだ!」

杏子「―!!」

あすみ「うふふ……っ!」

杏子「……まさ、か……オマエ……ッ!」

あすみ「……そう」

キュピーン

あすみ「わたしが魔法少女、あすみ!」

あすみ「好きな事は、色んな人に不幸の味を知ってもらうことっ!」



667:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:41:35.11 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……」

あすみ「……4人でやり直すんだったよね?」

杏子「……」

あすみ「どうするの?そんななのに」

あすみ「貴女にわたしを殺せるの?」

杏子「……」

キュピーン

杏子「……やってやるよ……」

杏子「……アタシの、最後の希望を、よくも……!」

あすみ「ウフフッ」

杏子「……さぁ」


杏子「覚悟決めとけよッ!!」バッ



671:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:44:27.61 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」キイイイィィィン...!

杏子「!?」ピタッ


杏子「……?」

杏子「(……何だ?今の感覚)」

杏子「(けど、今んトコどこかどうなったワケでも無い)」

あすみ「……うふふ」

杏子「(……相手はモーニングスター。いや、フレイルか)」

杏子「(聖職者気取りってかぁ?笑わせんなよ!?)」


あすみ「……ふふっ」

杏子「……しゃらくせえ!」ヒュバッ!!

あすみ「へぇ、貴女も長い得物なの、ねッ!」ヒュンッ!!

杏子「なっ!?」ドスンッ



672:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:49:10.17 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「アハっ!ゆまちゃんも同じ手にかかってたわよぉ?」

あすみ「そんな長い得物、先端に予期せぬ重石付けられたら一巻の終わりよねェ!?」

あすみ「加えてソレを鎖で巻き付けれる、わたしのフレイルとは相性最悪ってね!!!」

杏子「クソ……っ!」


杏子「……な、ん、て、なァ!!」ジャララッ!!

あすみ「……へぇ、多節槍ね」ニタァ

杏子「おらァッ!!」ビュンッ!!

あすみ「……っ!!」ジャララッ

杏子「甘いってーの!仕掛けのねえ武器だと思ったか!?」

杏子「こうやって槍の後端伸ばして、曲げて、テメェの首だって締めれるんだよっ!!」



674:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:51:13.24 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「ぐ……っ!」グググ...

杏子「……へッ」グググ...

あすみ「……引っ張るっ!」グイッ

杏子「っ!!」グイッ

ドスンッ

あすみ「あぐっ!」

杏子「ぐッ!!」


―ザァァァァァァ...



678:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 21:56:02.74 ID:5vM6Xsdt0

ザァァァァァァ...

あすみ「仕掛けの無い武器だって?」チャプ...

杏子「あぁ。ガキが甘く見過ぎなんだよ」

あすみ「なら、わたしのはどうッ!?」ジャララッ

杏子「っと!!」バシャッ!!

あすみ「あら、避けたのね」バシャ...

杏子「伸びるフレイル?アタシのパクりかよッ!!」ビュンッ!!

あすみ「っ!!」ガキンッ!!

杏子「ッはぁぁぁぁぁああああああああアアアア!!」ビュンッビュンッビュンッ!!

あすみ「吠えるんじゃないわよォオオオオオオオ!!」ビュンッビュンッビュンッ!!

ザァァァァァァ...



680:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:00:01.00 ID:5vM6Xsdt0

杏子「ったく、埒が明かねえな……!」バシャ...ッ

あすみ「ふふっ、それが貴女の限界よ?」

あすみ「大人しく、さっさとこの雨水の溜まりの上に」

あすみ「臥せてしまえばいいのよ」

杏子「……限界、だって?」

あすみ「そうよ」

杏子「っハ!笑わせてんなよ!イカレ女!!」

杏子「これが本気と思ったか!?」

あすみ「なら見せてみなさいよ、狂犬」

杏子「あぁ、見せてやんよ!滅多に見れねえアタシの本気だ!目に焼き付けとけ!」

杏子「それがテメェの最期の光景だ!」


杏子「ロッソ・ファンタズマ!!」



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:03:19.25 ID:5vM6Xsdt0

バババババッ

杏子「「「「「「「「「「さぁ、どれが本物か当ててみろよ!!」」」」」」」」」

あすみ「うわぁ、犬っころがうじゃうじゃと」

あすみ「鬱陶しいったらありゃしないわねッ!!」ビュンッ!!

スカッ

杏子「「「「「「「「残念!ハズレだ!」」」」」」」」

杏子「ホンモノはコッチってなァ!!」ドガンッ!!

あすみ「ぐ……っ!!」

バタッ

杏子「……終ったな」



691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:14:48.65 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」グッタリ

杏子「……」


杏子「……」ジャキッ

あすみ「……何?」

杏子「ここで早いトコテメェをぶっ刺して、終わりにしたいのはヤマヤマだ」

あすみ「……」

杏子「だが、そうすりゃゆまの目が覚めねえ」

あすみ「……」

杏子「……ゆまを元に戻せ」

杏子「じゃねえと」


杏子「殺す」



692:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:17:03.68 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……自分が何言ってるか分かってる?」

あすみ「ゆまちゃんを元に戻さなかったら殺す?」

あすみ「どの道戻らない。矛盾ね。馬鹿?」

杏子「……」ジャキッ

あすみ「……」

杏子「次は本気でぶっ刺す」

あすみ「……」

杏子「さぁ、元に戻せよ」

あすみ「…」



695:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:17:58.76 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「4人でやり直す、ねぇ?」

杏子「他の答えは要らねぇ、さっさと戻せよ……!」

あすみ「……」

杏子「聞こえなかったか?戻せってんだよ!!」

あすみ「……」ニタァ


あすみ「やり直して、どうするの?」

杏子「あ……?」



696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:20:10.68 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「それで、また繰り返すの?」

杏子「……何だと」

あすみ「杏子お姉ちゃん、モモ、そしてその母親に佐倉神父」

あすみ「皆、杏子お姉ちゃんの願いが災いして」

あすみ「神父が悪魔の言葉を持つと言う、皮肉的な出来事が襲いかかってきた」

杏子「……」

あすみ「教会神父がそのザマって、笑えるんだけど」

杏子「……黙れ」



698:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:22:42.84 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「それで、家族を皆殺しにしちゃった後は」

あすみ「傍若無人に振る舞う」

杏子「ッるさい……!」

あすみ「ベテラン魔法少女として、先輩面するプライド」

あすみ「傲慢」

杏子「黙れ……!!」

あすみ「グリーフシードを欲し、他人を押し退けてまで這いずり回る」

あすみ「強欲」

杏子「黙れよ……!」



700:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:26:10.94 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「食い物を粗末にするな?モノも言い様ね」

あすみ「それ、自分の愚かさを誤魔化す為のその場凌ぎの憂さ晴らしでしか無いワケよね?」

あすみ「百姓が聞いて笑い転げるわ」

あすみ「暴食」

杏子「黙れってんだろ!!」

あすみ「そして、自らの罪を無きモノとし」

あすみ「4人でだとか、都合の良い夢を見ようとする」

あすみ「怠惰」

杏子「黙れよ!!ゆまを戻せよ!!!」

あすみ「そしてそうやって、自らの愚かさを棚に置き」

あすみ「わたしに八つ当たりしちゃう」

あすみ「憤怒」



701:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:28:39.45 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……ゆまを戻せ!」

杏子「そしてその口を閉じろ!!」

あすみ「神父の娘なのに七つの大罪5つを獲得するなんて」

あすみ「アンタ、本当に神父の娘?」

あすみ「どっちかと言えば……そう」

佐倉神父『お前は魔女だ』

杏子「……!!」

佐倉神父『人の心を惑わす魔女だ』

杏子「……っ」



702:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:30:38.66 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……それに飽きたらず」

あすみ「ゆまちゃんが妹分?」

あすみ「アハっ!!」

杏子「……」

あすみ「所詮、自分の欲望を満たす為だけの玩具として扱き使われてるだけよねえ!?」

あすみ「ゆまちゃんってさァ!!」

杏子「……」

あすみ「亡き妹の代わり?思い出しちゃう?」

あすみ「アンタ、本当は誰でも良いんでしょう?」

あすみ「ゆまちゃんじゃないんでしょぉ?」

杏子「……」



705:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:32:45.23 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……まったく、ゆまちゃんも災難よね」

あすみ「自分が魔女の玩具だと知らず」

あすみ「成すがままに扱き使われるなんてさぁ!?」

杏子「……」

あすみ「……どうせ、次に乗り換えるわよ」

あすみ「ゆまちゃんが死ねば」

あすみ「別の、幼気な子を取り込むわ」

杏子「……」

あすみ「そしてそれだけでは飽き足らず、もっと取り込むの」

あすみ「今度は父親代わり、母親代わり」

あすみ「もうっ、キリったらなわねェ!?」

あすみ「何人家族が居れば気が済むのよって感じよネェ!?」

あすみ「どこの大家族!?ねェ!?」


杏子「……」



707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:35:07.96 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……」ズズズ...

あすみ「……アハっ!もう杏子お姉ちゃんのソウルジェム濁り始めてる……!」

あすみ「……図星?ねぇ?図星だった?」

あすみ「当然よね!自分の醜い本性を曝け出されてるもんねェ!?」

杏子「……」ズズズ...

あすみ「……けど、もう終わりよ?」

あすみ「さっさとその身を漆黒の濁りに染まって」


あすみ「霧の中を虚ろな足どりで永遠にさまよい続ける」

あすみ「魔女となれば良いのよ……?」

杏子「……」

あすみ「……絶望に身を任せた方が、心地いいわよ……?」

杏子「……」



708:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:35:51.05 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……さぁ、そろそろ限界ね?」

杏子「……」ズズズ...

あすみ「……お終いっ、杏子お姉ちゃん」

杏子「……」ズズズ...


あすみ「―サヨナラ勝ちだよっ」



710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:36:43.39 ID:5vM6Xsdt0

『―佐倉さん!』

『キョーコ!』




「―ッ!!」




ズビャァッ!!



712:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:37:59.62 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「―――――――ハ?」


杏子「ッはァ……!はぁ……ッ!ッ……はァ……!」ギチギチ


あすみ「―――――――え?」


あすみ「――――が―――――――はッ」ボシャァッ


杏子「はぁ……!……はぁ!」ギチギチ



713:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:39:39.05 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……確かに、アタシは罪深いさ」

あすみ「――――な、に―――――――を」ボタ...

杏子「全部、否定するつもりもない」

杏子「あぁ、テメェの言う通り図星さ。全部」

あすみ「――な、ん――――――で」ボタ...


杏子「……絶望して、死ねば楽になれる?」

杏子「笑わせてんなよ、クソガキ」


あすみ「―――――――あ」ボタ...



719:やっべ、ゆまの対杏子の呼称間違えた:2012/09/03(月) 22:43:03.59 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……罪深いからこそ、あたしは生きなきゃなんねぇんだよ」

あすみ「――――ど、して―――――――」ボタ...ボタ...

杏子「テメェ言ったよな?」

杏子「『「そして、自らの罪を無きモノとする怠惰』って」

あすみ「―――あ、が――――――」

杏子「……なら尚更、死んじゃいけないんだよ」

杏子「死んで『はいそうですか』で済ませるワケにはいかねぇんだよ!!」

あすみ「――――――い―――――――」



720:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:44:48.10 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……あたしは、生き残る」

あすみ「―――――――――――――」

杏子「生きて、戦う」

あすみ「―――――――――――――」

杏子「戦って、償う」

杏子「この罪を、一生背負って生きてやる!」

杏子「例えそれが醜く、虫螻の様でも」

杏子「それが、アタシのケジメなんだよ」

あすみ「―――――――――――――」



728:ヤッチャッター:2012/09/03(月) 22:48:04.76 ID:5vM6Xsdt0

杏子「……さぁ、頼むよ。もうマジ勝負ついたろ……?」

杏子「ゆまを、元に戻してやってくれよ……」

杏子「頼むよ……」

あすみ「―――――――――――――」


あすみ「――――――イ、や――――」


バタンッ!!

マミ「佐倉さん!!あすみちゃん!!」

杏子「!!」

あすみ「――――!!」


ズビャァッ!!

あすみ「っがァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」


杏子「なっ……!自分から槍を腹から抜いて……っ!」



726:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:47:37.32 ID:5vM6Xsdt0

マミ「!?」


あすみ「―――――フゥ―――――フゥ―――――!」ギロリ

マミ「ひ……っ!」

あすみ「―――――――――――――ッ!!」ダッ

杏子「あっ、おい待て!!」

マミ「あすみちゃん!!」



731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:50:15.60 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「ッハァ……!ハァ……!……ハァ!!」

あすみ「……ッこんなッ、馬鹿なァ……!!」プルプル

あすみ「わたし、が……負ける……!?だって……!?」プルプル


あすみ「有り得ない……!有り得ない有り得ない有り得ない!!」

あすみ「ほんッとォにありえなイ!!!」

あすみ「わたしは魔法少女には無敵!!最強の魔法少女!!!」

あすみ「嘆きを糧とする最強の魔法少女!!」

あすみ「そんなわたしが、負けた!?」

あすみ「ふざけるな!!!ふざけるな!!!」


あすみ「ッァアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」




「―愛は無限に有限」



735:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:52:51.81 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……!?」バッ

「―だからこそ、私は彼女に無限に尽くす」

あすみ「……ぁ、ぁあ……!?」

「―だから、他の者を故人にする事は」

「無限の中の有限に過ぎない」

あすみ「……!?」

「そう、私は」

「彼女を無限とする為に、ここに立つ」


あすみ「な……!」

キリカ「私の名は、呉キリカ」



736:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:55:00.26 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(魔法少女――狩りッ―――!?)」

キリカ「……」ニィッ

あすみ「……!」

あすみ「(マズい!早く精神読解を……!)」

あすみ「……っ!」キイイィィ

キリカ「……ッ」クルッ

あすみ「な……!」

あすみ「(後ろに振り向かれた……!?)」

あすみ「(これじゃあ、相手の目を見れない……!)」

あすみ「(心が、読めない!!)」


キリカ「―ッシィ!!」ズシャァッ

あすみ「ぁぐ!!」



740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 22:58:12.11 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(回りざまに斬られた……!)」

キリカ「――」クルッ

あすみ「(また!)」

キリカ「っフッ!!」ズシャァッ

あすみ「ッァアア!」

キリカ「あハハッ!!マインドリーダーさんは慎み深いのかなッ!?」クルッ

キリカ「私の攻撃を次々と受けてくれるッ!!とんだドMだねッ!!」ズシャァァッ

あすみ「っぁう!!」


キリカ「次もあるよ!」クルッ

キリカ「次々次次次ィ!!!!」ズシャズシャズシャァァァ!!

あすみ「ッァアアアア!!」



745:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:01:45.01 ID:5vM6Xsdt0

キリカ「ひゅっ―!!」ヒュアッ!!

あすみ「あ……」バッ

あすみ「ぁああああああ!!」


キリカ「……やはり織莉子の言う通りだ」

あすみ「(……!よし、動きが止まった!)」

あすみ「(今の内にコイツの目を見て……!)」

キリカ「……」クルッ

あすみ「(……クソっ!)」

あすみ「ぁぐ――!」ズビャッ

キリカ「キミの瞳を視なければ、どうと言う事は無い」クルッ

キリカ「ッシィ!!」ズシャッ

あすみ「ッぁあああ!」



748:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:05:16.59 ID:5vM6Xsdt0

キリカ「……キミの能力は読心」クルッ

キリカ「及び、精神操作、改竄、ブラックアウト」スッ

キリカ「ひっくるめてソレを、精神攻撃と呼ぶとする」ズシャァァァ!!

あすみ「――――ッ!!」

キリカ「そのチカラを得て、自らが最強の魔法少女だと豪語する」クルッ

キリカ「笑わせてくれるネェ!!!」ズシャァァァ!!

あすみ「っぃぃいあああ!」


キリカ「――だが彼女は違う」

キリカ「彼女、織莉子はキミの先を行く」

キリカ「心を読むその先の、未来を掴む」


キリカ「それが予知能力者、織莉子だよ」ズシャxt!!

あすみ「ぁう――!」



749:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:07:02.79 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(瞳を見ようとすれば、避けられてしまう)」

あすみ「(そして、速すぎて見ようにも見れない……!)」

あすみ「(……勝てない……!)」

あすみ「(コイツ相手には、絶対に勝てない!!)」


あすみ「(どうしよう……!どうしようどうしようどうしよう!!)」

あすみ「(どうしようどうしようどうしようドウシヨウドウシヨウドウシヨウドウシヨウ!!)」


あすみ「――!!」

あすみ「(……そうよ、コレなら……!)」



751:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:08:07.75 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「ふふっ……。随分織莉子とやらにご執心の様ね」

キリカ「……」ピタッ

あすみ「……なんなの?忠犬?奴隷?」

キリカ「……」

あすみ「……どっちにしろ、行き場の無い」


あすみ「子供みたい」



752:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:09:51.73 ID:5vM6Xsdt0

キリカ「――だ、れ、が……」

あすみ「……」ニタァッ

キリカ「――こっここ……」


キリカ「子供だァ!?」ビュンッ!!

あすみ「ッ!!」

キリカ「一手で十手だ!さぁ散ねッ!!」


あすみ「ッ!!」キイイイィィィン...!!



754:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:11:41.75 ID:5vM6Xsdt0

キリカ「ぐ―――ッ!」ギチギチ

あすみ「ッはぁ……!……はぁ……!」

キリカ「か、ら、だ、が……動かな……!」ギチギチ

あすみ「……ッ!」ダダッ

キリカ「……な、んだ……!逃げるのか……!最強の魔法少女さんッ!!」ギチギチ

キリカ「面白くない……!バカみたいっ!」ギチギチ

キリカ「もっとやってよ!!」ギチギチ

キリカ「やってみせてくれよッ!!」ギチギチ


キリカ「ッァアアアアアアアアアアアアアア!!!!」



755:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:14:20.21 ID:5vM6Xsdt0

キリカ「……」ガクッ


「……失敗してしまったようね」

キリカ「お、織莉子!?」

織莉子「……」フフッ

キリカ「ぁ、あ……!」

キリカ「ご、ごめんよ!怒らないで!!」

キリカ「きみに嫌われたら私は腐って果てるよ!!」


織莉子「いえ、大丈夫よ」ニコッ

キリカ「お、織莉子ぉ!」ダキッ



757:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:16:12.60 ID:5vM6Xsdt0

織莉子「元々賭けみたいなものだったもの」

織莉子「出来れば殺れたら良いな、程度の」

キリカ「ごめんよ織莉子!大っ好き!」

織莉子「いいえ、ありがとうキリカ」ナデナデ


キリカ「ねぇ織莉子」

織莉子「なにかしら」

キリカ「あの最強の魔法少女さんは放っておくの?」

織莉子「えぇ、その方が賢明ね」

キリカ「どうして?」

織莉子「あの子に関われば、私の未来予知までもが汚染されてしまうわ」

織莉子「そう言うビジョンが見えたもの」

キリカ「あ、そっかぁ!」


キリカ「やっぱり織莉子が一番スゴいや!!」

織莉子「はいはい」ナデナデ



761:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:18:44.55 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「はぁ……はぁ……はぁ……」

あすみ「(わたし、なにしてるんだっけ……)」

あすみ「はぁ……はぁ……はぁ……」

あすみ「(軋って、汚して、彷徨い)」

あすみ「っはぁ……ぁっはぁ……!」

あすみ「(こんな虫螻みたいに、這いずり回って)」

あすみ「はぁ……!はぁ……!」

あすみ「(……なんだっけ)」

あすみ「っはぁ……ぁ……はぁ……ァッ!」


あすみ「(何のために、生きてるんだっけ)」



763:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:25:45.50 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(これが、わたしの望んだ生き方なのかな)」

あすみ「――っ――はぁ――――ッ――――は――――ァ」

あすみ「(いろんな人の愛憎、嘆き、絶望を食い物に)」

あすみ「(嗜んで、愉しんで)」

あすみ「(それで、こうやって醜く)」

あすみ「(血痕を刻む蛆虫として這う)」

あすみ「はぁ――ッ――――は――――ッ」

あすみ「(それが、わたしのたった一つの幸せ)」

あすみ「(そして、わたしの生きる意味――?)」

あすみ「――――――は――――――――ぁ――――」



769:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:30:54.19 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「(……答えが知りたい)」

あすみ「(わたしの、わたし自身の意味を知りたい)」

あすみ「(産まれ、喜ばれ、捨て去られ、罵倒され、虐げられ)」

あすみ「(その苦い蜜を散らし、悦びとして)」

あすみ「(地べたを這うわたしって)」

あすみ「(何だったんだろう)」

あすみ「(今までわたしが生きてきた意味って、なんなの?)」


『―あすみちゃん』

あすみ「……」

『―どうかあなたを私に守らせて』

あすみ「……」


あすみ「(マミ、お、姉ちゃん……)」

あすみ「(……)」



771:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:32:52.07 ID:5vM6Xsdt0

―――……。

あすみ「……んぅ」パチッ


マミ「あ、あすみちゃん!!」

あすみ「……マミ、おねえちゃん……?」

マミ「よかったぁ……!目が覚めて……!」ギュゥッ

あすみ「……マミおねえちゃん」


マミ「よかったぁ、本当によかったぁ……!」ポロポロ

あすみ「……うん、ごめんなさい」ギュ



775:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:39:30.68 ID:5vM6Xsdt0

―――……。

マミ「はい、召し上がれ」

あすみ「……」

マミ「……覚えてるかしら?」

あすみ「……」

マミ「あすみちゃんと出会った夜に、初めて食べたデザートのケーキ」

マミ「それに紅茶、ね」

あすみ「……」


あすみ「……いただきます」



777:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:40:39.30 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……」モグモグ

マミ「……美味しい?」

あすみ「……うん、美味しい」

マミ「よかった」ニコッ

あすみ「……」ズズッ

あすみ「……紅茶も美味しい」

マミ「ふふっ、紅茶の淹れ方には自信があるの」

あすみ「……」ズズッ



778:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:43:28.16 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……ごちそうさま」

マミ「はい、お粗末様でした」ニコッ

あすみ「……」

マミ「……食器、洗うわね?」

あすみ「……うん」


マミ「~♪」カチャカチャ

あすみ「……」

マミ「……ねぇ、あすみちゃん?」カチャカチャ

あすみ「……なに」


マミ「……佐倉さんから聞いたわ」

あすみ「……」

マミ「全部、貴女がやった事って」

あすみ「……」



779:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:46:12.71 ID:5vM6Xsdt0

マミ「まったく、佐倉さんも無茶し過ぎよ……」

マミ「自分に幻惑魔法を応用して、限界ギリギリまで精神を保ってたなんて」

マミ「……でも、今は眠ってしまっているけれど、ね?」

あすみ「……」


マミ「あすみちゃん」

あすみ「うん……?」

マミ「話してくれないかしら?」

あすみ「……?」

マミ「……貴女が今までやってきた事の、理由を」

あすみ「……」



782:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:49:27.89 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「……あすみね?お父さんとお母さんが大好きだったの」

マミ「……」

あすみ「あたたかくて、やさしくて、しあわせで」

あすみ「自慢の、家族だったの」

マミ「……」

あすみ「……けど、お母さんとお父さん、離ればなれになっちゃったんだ」

あすみ「お父さん、外国へお仕事に行ってる。ってお母さん言ってた」

マミ「……」



784:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:52:28.42 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「それから、お母さんと二人で頑張って暮らしてたの」

あすみ「帰ってくるのはおそいけど、それでも幸せだったの」

あすみ「お母さんと一緒に、頑張って生きる毎日が」

あすみ「とても楽しかった」

マミ「……」

あすみ「けど、死んじゃったんだ」

あすみ「お母さん、お仕事のし過ぎで死んじゃったんだ」

マミ「……」


あすみ「……それから、叔父さん叔母さんの家に連れてかれたの」

あすみ「そこでね?あすみ、毎日いじめられるの」

マミ「……っ」



785:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:55:27.60 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「殴られて、蹴られて、馬鹿にされ、罵られ」

あすみ「甚振られ、嬲られ、いじめられるの」

マミ「…………っ」

あすみ「……それでね?おとうさんに、助けてもらおうと思ったの」

マミ「……えぇ」

あすみ「……けどおとうさん、あすみのことなんて忘れちゃってたんだ……」

マミ「……!」

あすみ「新しい家族を、作ってたの」

マミ「……」


あすみ「……許せなかった」

マミ「……!」



787:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/03(月) 23:58:05.29 ID:5vM6Xsdt0

あすみ「みんな、許せなかった!」


あすみ「あすみの苦しみも知らないで!どれだけ辛かったか見て見ぬ振りして!!」

あすみ「知らない振りして!!幸せな日々を悠々と過ごしてるみんなが許せなかった!!」

あすみ「叔父さんも、叔母さんも!!」

あすみ「そして、あすみのおとうさんも!!」

あすみ「みんな、みんな許せなかった!!」

あすみ「不幸になっちゃえばいいんだって思った!!!」


あすみ「……だから、キュゥべえにお願いしたの」

マミ「……それが、貴女の願い」

あすみ「……うん、『自分の知る周囲の人間の不幸』」

あすみ「この願いで」


あすみ「……ううん、呪いで産まれた魔法少女なの」



789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:03:56.57 ID:LgIAaePH0

マミ「……その人たちは……」

あすみ「もちろん、死んだ」

マミ「……っ」

あすみ「……詳しい事は、言えない」

あすみ「言っちゃえば、マミお姉ちゃんびっくりしちゃうから……」

マミ「……そんな」



792:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:08:52.01 ID:LgIAaePH0

あすみ「……それからのあすみは、いろんな人に不幸を撒き散らした」

あすみ「……希望から産まれた魔法少女を相手に」

マミ「……!」

あすみ「それで、その嘆きや愛憎、そして絶望を糧としたの」


あすみ「……あすみが生きてきた、今までの時間を"普通"にするために」

あすみ「あすみが生きてきた、今までの時間を正当化するために」


あすみ「あすみの生きてきた事って、普通な事なの」

あすみ「……そうやって絶望と不幸に染まってしまった方が」

あすみ「心地良い、から……」



795:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:11:33.88 ID:LgIAaePH0

マミ「……違う、それ違う、あすみちゃん……!」

あすみ「うん、もうわかってる」

マミ「なら……!」

あすみ「わたしのやって来た事、ぜんぶ無意味だったって事わかってる」

あすみ「いくら、いろんな人を殴って、蹴って、馬鹿にして、罵って」

あすみ「甚振って、いじめて、嘲笑っても」

あすみ「全部、虚しい事だったってもうわかかってる」

あすみ「……後は、いもむしの様に這うしかないのはわかってる」



797:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:14:32.08 ID:LgIAaePH0

あすみ「……でももう、いらない」

あすみ「あすみ、幸せなんていらない」

あすみ「もう、あすみに幸せなんてない」

マミ「……そん、な……」

あすみ「……あたりまえな事なの」

あすみ「あすみ、何人も殺してきた」

あすみ「それで悦んだ振りをして、ニセモノの自分を作ってきた」

あすみ「ぜんぶぜんぶ、自分のため」


あすみ「……さやかお姉ちゃんや仁美おねえちゃんだってそう」

あすみ「わたしが、殺したの」

マミ「……!」

あすみ「……だから、幸せなんてわたしにはこない」

あすみ「そしてもう、いらない」

あすみ「……だって、ないものなんてぜったいてにはいらないから……」



798:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:16:34.61 ID:LgIAaePH0

マミ「……っ!」

あすみ「……さようなら、マミお姉ちゃん」

あすみ「……ケーキ、おいしかった」

あすみ「紅茶、おいしかった」

マミ「…………っっ!!」

あすみ「……じゃあ、行くね?」


あすみ「ばいばい、マミお姉ちゃん」

マミ「………………っっっ!!!」


ガシッ

あすみ「……え……?」



801:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:19:40.79 ID:LgIAaePH0

マミ「……行かせない……!」

あすみ「……なんで……?」

マミ「行かせるもんですか……!」

あすみ「……?」

マミ「今のあなた、放っておく事なんて出来ないわ!」

あすみ「……」


マミ「……私の傍に居なさい」

あすみ「えっ……?」

マミ「せめて、『お姉ちゃんの居場所』になってよ……!」

あすみ「……!」

マミ「『お姉ちゃんの助け』になってよ……!!」

あすみ「……」



803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:22:10.77 ID:LgIAaePH0

あすみ「……だって、許される訳ないじゃない……」


あすみ「だってあすみ、許されるわけないじゃないっ!!」

あすみ「さやかお姉ちゃんも仁美お姉ちゃんも殺したんだよ!!??」

あすみ「ゆまちゃんや杏子お姉ちゃんだって!!あんなにしちゃったんだよ!?」

あすみ「絶対許されるわけない!!!あすみも絶対にゆるさない!!!!!」

あすみ「なのに、なのにわたし……っ!」

あすみ「マミお姉ちゃんと一緒に居るなんて、出来る訳ないじゃないっ!!!!」

マミ「いいえ、一緒に居なさい!」

あすみ「どうして!!」



806:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:27:56.91 ID:LgIAaePH0

マミ「……確かに、あすみちゃんのやってきた事は」

マミ「絶対に許されない。許してはならない事よ」

あすみ「だったら……!」

マミ「だからこそ、よ!!」

あすみ「なんで!!」


マミ「……あすみちゃん、貴女には幸せを知ってもらう必要があるの」

あすみ「……」

マミ「貴女は不幸しか知らない、それ故に大罪を犯してしまった」

あすみ「……」

マミ「だったら、尚の事幸せを知ってもらう必要があるわ」

マミ「……もう二度と、人の不幸が当然だとしない為に、思えない様に」

マミ「貴女には、幸せになってもらわなければならない」

あすみ「……」


マミ「それが、貴女に残されたたった一つの贖罪よ」



809:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:30:22.29 ID:LgIAaePH0

あすみ「……」

マミ「……」


あすみ「……えへへっ」

マミ「あすみちゃん……」

あすみ「やっぱりマミお姉ちゃん、お母さんみたい……」

マミ「……あの時言った事って、もしかして……?」

あすみ「うん、ほんとのあすみ」

マミ「まぁ……!」


あすみ「……ほんとはね、マミお姉ちゃんとの時間、楽しかったんだよ?」

あすみ「心の中で、あすみに言い聞かせるようにいろいろいじわる言ってたけど」

あすみ「ほんとは、楽しかったんだ」

マミ「……よかった」ニコッ



810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:33:52.57 ID:LgIAaePH0

あすみ「……ねぇ、マミおねえちゃん」ピシッ...

マミ「うん?なぁに?」

あすみ「……これからのあすみはね?マミおねえちゃんの中でいきてくの」パキッ...

マミ「……え?」


あすみ「マミお姉ちゃんの魂といっしょに、ずっといっしょに……」ピシィ...!!

マミ「あすみ……ちゃん……?」

あすみ「……あすみ、幸せになっても良いんだよね……?」パキィ...!!

マミ「え、えぇ……!」

あすみ「……よかった……ぁ……」ピシィッ!!

マミ「……あすみちゃん……!?」

あすみ「……最初で最期の、あすみのわがままきいてくれる?」パキィィ...!!

マミ「最期って何よ……!?そんなの、いつでも良いのに……!」

マミ「いつでも、わがまま言ってもいいのに……!!」

あすみ「……」



811:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:34:31.76 ID:LgIAaePH0

あすみ「"あすみの分"も」

あすみ「生きていて、ほしいな」







パキィンッ



813:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:35:58.12 ID:LgIAaePH0






~ E n t b e h r l i c h e ・ B r a u t ~








815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:36:36.91 ID:LgIAaePH0

マミ「……あ、すみ……ちゃ、ん……?」


ブラウト「ッァアアアアアアアアアアアアアアアアアアア――――――――――――!!!」


マミ「……な、に……?なん、なの……?」


ブラウト「―――――――――――aaaaaaaaaAAAAAAAAAAAAAA!!!!!」


マミ「……なん、で……ねぇ、……!?」


マミ「どうして……!?」


マミ「どうして、あすみちゃん、が……!?」



818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:38:02.35 ID:LgIAaePH0

ほむら「……」

マミ「……あ、暁美さん!?」


ほむら「――ッ!」カチッ



カチッ



ドァアアアアアアアン!!

ブラウト「ぁぁぁぁァァァァァァァァァァあああああああああアアアアアアアアア!!」

ブラウト「亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜亜ああああああああaaaaaaAAAAAAAAAa!!!」


マミ「……」


マミ「……や、めて……」



820:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:40:11.27 ID:LgIAaePH0

ほむら「―――!」ズドンッ!!


ドガァアアアアアアン!!

ブラウト「ァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!」


マミ「あ、けみさん……!やめ、て……!」

ほむら「―――――!!」ズドンッ!!ズドンッ!!


ドガァアアアアアアアアアア!!

ブラウト「AAAAAAAAAAaaaaaaaaaaaaaaaああああああああああああ!!」


マミ「やめて……!お願い!!やめて!!!!!!」ガシッ

ほむら「――――ッ!」ガンッ!!

マミ「ぁうっ!!」

ドサッ

マミ「……やめて……やめてよ……!」ポロポロ

マミ「あすみちゃんを、これ以上不幸にしないでよ……!!」ポロポロ



824:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:42:14.24 ID:LgIAaePH0

ほむら「……」ガチャッ

ブラウト「―――――――――――――――――」


ほむら「……次で決める」

マミ「……いや……」


ほむら「―神名あすみ」

ほむら「お前を、狩らせてもらうわ」


マミ「いや……いやいやいやいやいや……いやいやいやいやいやぁあ!!」

ほむら「……」スッ

マミ「やめて……!お願いっ!!!!やめてぇっ!!!!!!!!!!!」



ほむら「……」カチッ



マミ「いやぁあああああああああああああああああああああああああああああ!!」



826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:43:41.45 ID:LgIAaePH0

ギュオォォォォォ...

ほむら「……」パシッ

マミ「……」


マミ「……」ガクッ

ほむら「……」


マミ「……な、んで……」

ほむら「……」

マミ「ね、ぇ……どうし、て……!」

ほむら「……」スタスタ


マミ「ねぇっ!!」ガシッ

ほむら「……」ピタッ



828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:45:20.52 ID:LgIAaePH0

マミ「……あすみちゃん、幸せになるべきだったの……」

ほむら「……」

マミ「……幸せに、なるべきだったの……!」

ほむら「……」

マミ「……なのに、なのに貴女は……!暁美さんは……!」

ほむら「……」

マミ「な、んで……なんで殺してしまうのよぉおお!?」

ほむら「……」

マミ「……もっと、幸せになってくれれば……っ……!」

マミ「元に……戻れたかもしれないのに……っ!!」

ほむら「……」



832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:47:11.81 ID:LgIAaePH0

ほむら「彼女は敢えて、腐敗した世の中を受け入れた」

マミ「……」

ほむら「そして、歪んだ幸せを見出した」

マミ「……」

ほむら「歪んだ正義に生かされていた魔法少女が、まっとうな正義や幸せを見つけた時……」

ほむら「……今までの自分の犯してしまった過ちに対する後悔と懺悔と共に」

ほむら「……魔女へと成り果ててしまう」

マミ「……」



836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:49:24.11 ID:LgIAaePH0

ほむら「希望から産まれた魔法少女が絶望を抱いて」

ほむら「そして魔女となる事は、よくある話だけれど―」


ほむら「―彼女の場合『幸せを知って絶望する』ということになるわ」

マミ「……」


ほむら「……キュゥべえの言葉よ」

マミ「……」


ほむら「……そもそも、彼女を救うと言う事自体……」


ほむら「 絶 対 に 不 可 能 。……だった事なのよ」

マミ「……」



837:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:53:20.10 ID:LgIAaePH0

ほむら「……けれどまどかは違う」

マミ「……」

ほむら「まどかだけは絶対に救える」

ほむら「救ってみせる」

マミ「……」

ほむら「……出来れば、貴女達も救いたい」

ほむら「……けれど、彼女だけは」

ほむら「神名あすみを救う事だけは、絶対に無理」

マミ「……」



840:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:55:22.76 ID:LgIAaePH0

ほむら「……悪いけれど、巴マミ」

マミ「……」

ほむら「私は、ワルプルギスの夜を倒さないといけないの」

ほむら「絶対に」

マミ「……」


ほむら「だから、このグリーフシードは頂くわ」

マミ「……」

ほむら「きっともう、貴女は決して永くはない」

マミ「……」

ほむら「……けれど、最期の時まで、せめて永く」

ほむら「生きてる事を願うわ」

マミ「……」


ほむら「……さようなら、巴マミ」


マミ「……」



843:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:56:52.11 ID:LgIAaePH0

マミ「っぐ……ぅぅ……!……ぅぅ……ぁあ……!」

マミ「ぁぁ……!……っああ……!ああっ……!」


マミ「……あ、すみ、ちゃん……!あすみ、ちゃん……!」

マミ「ぅ……ぇう……っ……!……ぐす……っ……ぅぅ……うう……!」



845:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 00:57:07.04 ID:LgIAaePH0






マミ「っぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああッ!!」








850:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:00:18.91 ID:LgIAaePH0

ほむら「(……経過報告)」


ほむら「(美国織莉子に次ぐ、新たなイレギュラーな要素)」

ほむら「(神名あすみ)」


ほむら「(巴マミ、そして佐倉杏子と同じぐらいのベテランと言っても過言ではない)」

ほむら「(……それだけに、救う術が見当たらない)」

ほむら「(彼女にとっては、希望こそが絶望なのだから)」


ほむら「(……ならば、もう消すしかない)」

ほむら「(彼女の性格上、ワルプルギスの夜撃退の為の戦力になってくれるとは)」

ほむら「(到底、思えない)」



851:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:01:36.42 ID:LgIAaePH0

ほむら「―――――――ッ!!」ズドンッ!!

ほむら「……」カチッ


ズライカ「:agr;ohia:;bzdhs:;:;:;――――!!」ドギャァァァン


ほむら「……魔女を撃破」

ほむら「……」チラッ

あすみ「……」

ほむら「(銀髪の女の子……。小学生)」

ほむら「(神名、あすみ……)」

あすみ「……」フルフル



852:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:03:08.84 ID:LgIAaePH0

ほむら「……」カツ...カツ...カツ...

あすみ「……?」フルフル

ほむら「……」


ほむら「(……口数が異様に少ない)」

ほむら「(こうやって、前の時間軸で取り込まれたのね)」

ほむら「(巴マミは……)」


ほむら「……神名あすみ、よね」

あすみ「……」



854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:03:50.70 ID:LgIAaePH0

ほむら「……」チャキッ

あすみ「……」


ほむら「……さようなら」





ほむら「―『生贄の花嫁』さん」



856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:05:13.95 ID:LgIAaePH0






―ッダンッ……!








857:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:07:44.60 ID:LgIAaePH0

「お母さん!」

「うん、なあに?」

「わたしのウェディングドレス似合ってる?どう?」

「えぇ、すっごく綺麗よ?」

「えへへっ、ありがとう……!」


「……じゃあわたし、行ってくるね?」

「えぇ、行ってらっしゃい」


「あすみちゃんならきっと、幸せになれると思ってた……!」



858:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:07:59.31 ID:LgIAaePH0











Fin.



859:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:09:08.13 ID:LgIAaePH0

長らくのお付き合いをありがとうございました
以上。



861:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:10:21.68 ID:nJEaytgL0

おっつ

黒い終わり方…



868:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:11:31.53 ID:8S8rU4hX0


劇場版が待ち遠しいな



872:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:15:14.19 ID:/jpDgOgA0


おりキリは出す必要があったのか



873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/09/04(火) 01:17:36.82 ID:LgIAaePH0

>>872
魔法少女ゆまの出現条件→織莉子「なぁ……契約しようや……」 QB「絶対得やから……」
だから無理にでも出す必要が有った。あとはオマケ。

キリカとの戦闘シーンは予定には無かった



転載元
マミ「神名あすみちゃん、って言うのね?」あすみ「…うん」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1346562794/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 11:35
          • 誰なのかわからなかったから参考リンクが地味に役立った
            って長すぎわろ…
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 11:41
          • おお、ここはフリーズしないwww
            他のまとめで見かけたときフリーズして読む気失せたんだ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 11:55
          • この子VIPの釣りキャラだけどクオリティ高いんだよな
            話もキャラも設定に沿ってて、よくできてる
            救われない終わりが何とも悲しい

            彼女が救われる結末も見てみたいもんだ
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 11:56
          • ついにSSに来たか
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 12:05
          • なげーよ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 12:31
          • 釣りキャラがSSに出るのは面白いがもう少し短くてもよかったような・・・
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 12:39
          • いいね
            救いようが無くて

            やはり、キャラクターがしっかり出来ていると物語は動くものなんだね
            図らずも勉強になった

            誰か映像化してくれないかな(笑)
            最後の部分だけでもいいから
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 12:46
          • 5 この救いの無さはまさしくまどか☆マギカだな…
            しかしオリキャラを中心にしながらここまで世界観を保って書けるのはすごい
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 13:26
          • 釣りスレで出来たキャラにしては妙に完成度高いな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 13:33
          • オリキャラ状態のキャラをからめてここまで長いのを作れるのはすごいと思うけど
            さすがに長すぎではないかと……
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 13:46
          • VIPの釣りスレ何作ってんだよwww
            ああいうスレはgdgdで終わるのが常だと思ってたわ
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 14:17
          • 釣りキャラでSS作れるって凄いなw
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 17:08
          • 釣りキャラで大作SSワロタ

            でもこのキャラ良く出来てるよなぁw
            名前もシャフト主役常連の阿澄佳奈っぽくて、余計にw
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 17:31
          • 長いのに最後まで読んじゃった
            面白いんだけど、ちょっと安いかな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 17:49
          • 長いって意見が多いけど、
            俺は丁度いい長さかなーって思うんだ
            気合い入った劇場版アニメ一本分くらいって考えれば、いい感じかも
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 17:52
          • 凄い
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 17:58
          • 5 一気に読んじまった。よく出来てるな。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 18:06
          • これがあすみが登場する幾つか目のSSだったら長くても全然構わないんだけど
            俺が知る限り初登場だし、もう少し短めでもよかったかなって 
            アニメの初登場回みたいな感じでさ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 18:23
          • ※18
            俺の知る限りではこれ含めて完結済みが3つ
            連載中が2つあった筈
            計5つ中3つがSS速報
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 19:27
          • 5 やべぇ…キリカ登場で鳥肌たったwww
            これはすごい。大作も大作だ
            作者に最大限の乙を送りたい
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 19:40
          • 5 まさかさや仁恭3人とも死ぬとは
            でも話全体は面白かった
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 20:55
          • 流石はマミさん
            天使といっても過言ではない
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 20:55
          • 5 面白かった
            しかしシカメは空気だな
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 21:29
          • 面白かった
            ほむらが徹底してダークキャラなのもいいね
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 22:36
          • 5 これが劇場版…

            しかし素晴らしい
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 23:18
          • なんかバトルが面白かった
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月05日 23:44
          • 神名あすみ。ある意味ネタキャラなのに、ガチで「まどマギ」の世界にぴったり過ぎるキャラだな。
            流石、うろぶちをつり上げた事はある
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 00:14
          • 流石はマミさん
            天使といっても過言ではない
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 00:39
          • ほむら安定のド畜生でワロタ
            杏子が比較的きれいにまとめられちゃって残念。せっかくゆまも出したんだからもっと上手く使ってドロッとさせて欲しかった。精神崩壊で阿鼻叫喚的なものを期待したのに何だよ罪を償うために生きるってわけわからん。
            でもマミさんが毒牙にかからなくて安心してる俺がいる。いいんだよマミさんは本編で十分アレな目にあったんだから…
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 01:08
          • あすみんの設定で不安なの「逆転勝ち」ぐらいしかないからな(俺はこのセリフすげぇ好きなんだが)
            安価でよくここまでいい設定揃ったよな
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 01:25
          • おりこキャラとかどうでもいいから
            まどかの出番を増やせよ
            蚊帳の外すぎるだろ…
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 01:33
          • どう見てもラスト以外は{(草加+浅倉+北崎+ダグバ+カザリ)/5}^言峰綺礼=あすみんだったよな
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 03:08
          • エンリコマクスウェルみたいな最期を遂げると面白いと思うんだ、この子。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 06:07
          • ※29
            罪を償う為に生きるは鉄板だろ

            俺は逆に巴マミに絶望して欲しかったわ
            友達が出来たと思いきやそれは違ったみたいな
            さらに一人ぼっちにして魔女化して欲しかった
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 13:53
          • 杏子やマミさんがいつ絶望するかハラハラしてたけど、さやかが魔女化しても特に何も思わない…ふしぎ!
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 19:10
          • これがVIPで生まれた釣りキャラかよ…
            VIP終わってなかった
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 22:18
          • 釣りキャラどんだけ伸ばす気だw
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月06日 23:30
          • さや仁恭に救いはないんか…
            どのSSでもそうだがまどかはどうせ最後の最後ではっちゃけまくるから空気も気にならなかった
            個人的にキリカの戦闘シーンが最高に爽快
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月07日 01:00
          • 完成度高いなー、凄く
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月07日 01:00
          • 4 どうしてこうなった?(AA略
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月07日 20:54
          • 5 存在がどうしようもないからほむらが先回りで消してたとすると本編とも辻褄が合うし、設定を活かしてあって凄い上手くできてると思った。もうこれが神名あすみの正史でいいんじゃないかな
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月07日 21:02
          • こいよ虚淵!
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月09日 19:54
          • 5 おぉ、ここまで書けるのか……すごい
            ひきこまれた
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月11日 10:04
          • 確かに、マクスウェルみたいに死んだらまどマギっぽいな。

            あすみは釣りでよかったけど、虚淵のアラから生まれた矛盾を突っつくために新しいキャラがでて来るのは嫌だな。
            おりこですら蛇足だったのに。
            一昔前のさやか叩きは異常だったけど、最近のほむら叩いときゃいいだろってのも嫌だね。
            そもそもほむらいなかったら話が進まねえ。
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月12日 16:18
          • 5 欲を言わせてもらえば、もっとほむらのセリフが欲しかった。
            釣りとは言え、あすみはほむらを否定させることによってほむらを相対化し、あえて戦い抜く覚悟を決めるための「ほむらが自分自身を掘り下げる契機」となるキャラなだけに。
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月15日 20:11
          • あすみが何故か水銀燈ボイスで再生された

            名前、新房シャフト、ウメスと阿澄ボイスじゃなきゃいけないはずなのに
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月20日 21:07
          • ところでまどか契約してないのにほむら時を巻き戻したんだな
            マミがあの後に魔女ったからかな?
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月21日 08:44
          • まあ、あの後なんやかやあったんだろ
            あんな状態でワルプル倒せるとは思えんし
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月08日 09:00
          • ほむらに始末された時は最高にザマーだったわ
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月25日 21:39
          • そういえば新劇場版って新キャラが出てくるらしいね。まさか…。
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月27日 23:13
          • お前がすべき事は罪を償って生きる事じゃない、罪とともに死ぬ事だ
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月10日 17:19
          • これはすごい。いやマジで。釣りキャラなのにここまで作り込めるなんて尊敬するわ。あすみちゃんいい感じに毒気があって虚淵らしいキャラなんだけどな。公式に出てこないのが残念なくらい。
            欲を言えばもうちょっと展開をエグくしても良かったかなと思う。あとまどっちももうちょっと出してあげて下さい(笑)
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月10日 12:35
          • 最低限の設定だけのキャラをうまく動かしていて良いね。
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月10日 12:42
          • わかめドイツ語わかめ
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年04月06日 15:15
          • 4
            良かった!
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月18日 00:04
          • この終わり方も悪くはないがずっとクズのままでコロコロして回って欲しかったわ
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月12日 03:08
          • 乙。良かった。
            今読んでる奴る?

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【モバマス】ピンクチェックスクール・バーサス!
        • 【モバマス】ピンクチェックスクール・バーサス!
        • モバP「寝起きのあさん」
        • モバP「寝起きのあさん」
        • モバP「寝起きのあさん」
        • モバP「寝起きのあさん」
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【ミリマス】春日未来と学ぶ数学
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        • 【モバマス】案外知らない藤居朋
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ