TOP

P「俺が、女……?」アイドル逹「私達が男の子……?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 22:15:37.00 ID:tbrJ2CsfO

小鳥(私は女……)

律子・涼「私達は両方ある……」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 22:18:02.86 ID:cHcZfr0c0

あ?


男の子の脳、女の子の脳―こんなにちがう見え方、聞こえ方、学び方



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 22:38:13.57 ID:4YS0WbIM0

P「……あれ? ん?」

春香「……あれ?」

P「……ある」プニプニ

春香「な、ない……」ペタペタ

P「……ない」ポンポン

春香「……あ、ある」チラッ

P「……」

春香「……」

P「春香?」

春香「プロデューサーさん?」

P「……俺、今……女になってるのか?」

春香「……私、今……男の子になっちゃってます?」




っていう方向でいこうと思ったけどコレ絵が伝わんないと面白くないな



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 22:42:25.70 ID:4YS0WbIM0

Pが実は女だった
Pがなぜか女になった
アイドル達含めて性別反転した

タイトル無視するなら上が一番書きやすそうだけどいいのかそれで



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 22:52:31.30 ID:4YS0WbIM0

P「……困ったなぁ」

春香「あはは……どうしましょうかこれ」

P「『突発性性別反転症候群』だっけか。妙な病気もあったもんだな」

春香「本当に……驚きですよ」

P「春香は……うん。普通にかっこいいな」

春香「ふ、普通って……」

P「まぁ、数日で治るらしいし仕事先の人にも事情を話してだな……」

春香「……あの」

P「ん?」

春香「プロデューサーさん……その、服をどうにかしたいんですけれど」

P「あぁ……うん。体格も大きくなってるしなぁ。骨格ごと変わるとはどうしたもんか」

春香「プロデューサーさんも、スーツをずるずるひきずっちゃってませんか?」

P「ん……そうだな」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 22:57:38.58 ID:4YS0WbIM0

P「あぁ、そうだ」

春香「はい?」

P「俺のスーツ着るか? たぶん反転前の俺と同じぐらいの体格になってるし」

春香「え、ええっ!?」

P「……っと、さすがに嫌か。となると俺が服を買ってくるから」

春香「いえ……その、いいんですか?」

P「ん?」

春香「そうするとプロデューサーさんが……」

P「……あぁ」

春香「女の子が半裸になるのはまずいですよ!」

P「うん、俺も今気がついた」

春香「も、もう……」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:03:11.38 ID:4YS0WbIM0

春香「あの、プロデューサーさん!」

P「ん?」

春香「わ、私の服着ますか?」

P「いやいや、待て春香! さすがにそれは……」

春香「で、でもこのままの格好はつらいですし……服を取り換えれば」

P「それはそうかもしれないけど、俺が春香の服っていうのはなぁ」

春香「大丈夫です。私は平気ですから」

P「だが……」

春香「そ、それに私はプロデューサーさんの服、プロデューサーさんは私の服を着れば半裸状態なんてこともないですし」

P「……それもそうだけどなぁ」

春香「ず、ずっとこの格好でいるのもつらいですし」

P「うん……まぁイケメンが若干パッツンパッツンになりながら女の子の服を無理して着てたらそうなるよな」

春香「お願いします……プロデューサーさん……」ガシッ

P「ちょっ……肩、いたっ……」

春香「あっ、すいません」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:07:35.90 ID:4YS0WbIM0

P「どうにか人目につかずに移動できた……かな」

春香「ち、小さな子に指さされてましたよ……」

P「気のせいだ、気のせいだと思おう……うん」

春香「はい……」

P「……多機能トイレで着替えよう」

春香「そうですね……じゃあ一緒に」

P「えっ?」

春香「だ、だってプロデューサーさん。服を取り換えるんですよ?」

P「……そうだったなぁ」

春香「大丈夫ですよ……だって、元々の自分の性別が相手ですよ?」

P「あぁ、まぁ俺が男の裸を見てうんぬんはありえないか」

春香「私だって女の子をどうこうしようって趣味はないですから」

P「……まぁ、いいだろう。わかったよ」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:13:08.15 ID:4YS0WbIM0

春香「その……こっち、みないでくださいね?」

P「わかってるよ。……あ、春香は俺の方みなくていいのか?」

春香「プロデューサーさん!」

P「ジョークだよジョーク。さてと」シュルッ

バサッ プチッ…… ドサッ

春香「まったくもう、プロデューサーさんは……」シュルッ

スルッ シュルルッ…… パサッ

P「……うわぁ」

P(思ったよりでかいな……あ、やわらかい)

春香「……うわぁ」

春香(結構たくましいんだぁ……あ、すごい。力こぶできる)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:19:03.75 ID:4YS0WbIM0

P(……にしても)

スルッ パサッ

P(はぁ、後ろで春香が服を脱いでるというのに興奮しないな)

P(いや、したらマズいんだけどな。男になってるわけだし……仕方ないか)

P(……パンツとシャツはどうしようか。下着まで交換するわけにもいかないだろうし)



春香(……にしても)

スルッ トサッ

春香(う、後ろでプロデューサーさんが服を脱いでるって思うとなんだかドキドキしちゃうな)

春香(女の子相手なのになぁ……でも今の私は男の子だし……仕方ないのかな?)

春香(あっ……ブラとショーツどうしよう。さすがにきついし……でも貸すのも流石に……)



春香「あのっ」

P「ん?」

春香「下着……どうします?」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:25:32.91 ID:4YS0WbIM0

P「あぁ……うん、どうする?」

春香「さすがに……下はちょっと」

P「うん、まぁ同感かな」

春香「でも、その……プロデューサーさんって女の子になってますよね?」

P「ん? そりゃそうだろ」

春香「ブラぐらいはしといたほうがいいと思うんです」

P「……は?」

春香「へ、変な意味じゃないですよ?」

P「いやいや、わからんのだが」

春香「流石に下になにも着ないで着るのは女の子としてどうかなーって」

P「俺は男のつもりなんだが」

春香「身体は乙女ですよ?」

P「あっ、そのセリフは男がいうとなんかエロいな」

春香「からかわないでくださいよ……」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:30:13.67 ID:4YS0WbIM0

P「……しかし、いいのか?」

春香「代わりに……シャツ、貸してもらっていいですか?」

P「それぐらいなら……でもたぶん汗臭いぞ?」

春香「だ、大丈夫ですよ。暑いから仕方ないですよね」

P「春香が大丈夫ならいいんだけどな……」

春香「あと……ブラのつけ方わかりますか?」

P「……ど、どうにか?」

春香「まぁ、わからないのが普通ですよね……」

P「めんぼくない」

春香「わかったらわかったでびっくりしますよ」

P「うん……その、じゃあ着けてもらってもいいかな」

春香「わかりました……その、振り返っても大丈夫ですか?」

P「あ……うん。シャツも脱いで……背中向ければいいのか?」

春香「はい。お願いします」

P「……ん、大丈夫だ」パサッ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:37:48.86 ID:4YS0WbIM0

春香(プロデューサーさんの背中……すごく綺麗……)

春香(下は男の人のを履いてるけど……でも……)

春香「……」ゴクリッ

P「……おーい、春香?」

春香「ひゃいっ!?」

P「あの、早めに頼む……我が身体ながらちょっとどこに目をやったもんか困るんだ」

春香「わ、わかりました」

P「……ん、すまん」

春香(……本当に綺麗な肌だなぁ、妬けちゃうかも)

春香(ちょっとだけ……)ツッ

P「んひゃっ!?」

春香「!?」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:46:30.59 ID:4YS0WbIM0

P「は、はるかぁ……なにするんだよ……」

春香「す、すいませんちょっと出来心で」

P「まったく……勘弁してくれ……頼む」

春香「それじゃあ……失礼します」

P「うん……」

春香「……んー」

P「……どうした?」

春香「いえ、結構大きいですよね……私……いや、響ちゃんぐらい?」

P「そ、そうなのかな」

春香「えぇ、ほんとに……」ムニッ

P「……ぁ」

春香「入る……かなぁ、んしょっ」グニッ

P「……んん」

春香「……んんー、しょ」プチッ

P「ん……春香、ちょっとくるし……」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火) 23:52:29.37 ID:4YS0WbIM0

春香「ホック……結構ギリギリですね」グッ

P「そう、なのか……?」

春香「やっぱり私より大きい……のかな。ウエストも細いですし」スッ

P「ちょっ、春香!」

春香「まぁまぁ、女の子同士ってことで……」

P「いやいや、今の春香は男の子だろうが!」

春香「あっ、そうでした! いっけなーい、私ったら」テヘペロ

P「……はぁ」

春香「げふんっ……まぁとにかく、あとは私の服を着てください」

P「春香の……服か……」

春香「着れますか?」

P「服ぐらいならまぁ……あとさ」

春香「どうしました?」

P「や、やっぱりこれ……キツいんだけど。つけないとダメか?」ジッ

春香(……!? な、なに? この胸の高鳴りは……)



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:00:09.94 ID:4YS0WbIM0

P「は、春香……?」

春香「……プロ、デューサーさん」ガシッ

P「……ど、どうしたんだ?」

春香「……っ」ギリッ

P「春香……?」

春香「ス、スーツとってもらってもいいですか」スッ

P「ん、あぁ……ほら」

春香「……ん、着替え、ますから……プロデューサーさんも、早く」

P「わ、わかった……その」

春香「ブラのサイズがあってないせいですよ。買いに行きましょう」

P「あぁ……す、すまん」

春香「大丈夫ですよ……大丈夫、大丈夫ですから……」

P「……?」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:08:36.34 ID:iAAmI2Iu0

P「……どうにか、着れたかな」

春香「……えぇ、問題なさそうですね」

P「さて、さすがに借り物を着っぱなしってのもなんだし……服を買いにいこうか」

春香「……ちゃんとサイズにあった服を着ないとダメですよ?」

P「あぁ……うん。ありがとう」

春香「いえいえ……」

P「……春香?」

春香「どうか……しましたか?」

P「いや、春香こそ……なにか問題あるんじゃないか?」

春香「そんなこと……」

P「いや、ある。たとえ俺が女になろうと、春香が男になろうと俺はお前のプロデューサーだ」

P「アイドルの体調が悪いかぐらいはわかるし……心配にもなるんだよ」

春香「……プロ、デューサーさん……」

P「なぁ……春香……?」



66: 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2012/06/27(水) 00:16:46.67 ID:vUsUA6ef0

なるほどこういうのもあるのか…



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:27:08.19 ID:iAAmI2Iu0

春香「プロデューサーさん……」

P「ん?」

春香「……ダメ、ですよ?」

P「は、春香……顔近い……」

春香「そんな誘い方されたら……止められなくなっちゃいますから」グイッ

P「ま、待て! 春香、俺は今、女だぞ!?」

春香「大丈夫です。私は今、男ですから」

P「だ、だいじょうぶじゃないって……お前、どうかしてるんだよ!」

春香「きっと……プロデューサーさんのせいですよ」シュルッ

P「ちょっ……」

春香「プロデューサーさん……私もう……」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:31:37.04 ID:iAAmI2Iu0

女の子「あーっ」

春香「!?」

P「!」

女の子「おにいちゃんなにしてるのー?」

春香「こ、これは」

P「……っ!」ダッ

春香「あ、ちょっと! プロデューサーさん!」

女の子「ねーねー」

春香「あっ……う、うん。今ね……おね、お兄ちゃんは……」

春香「……なに、しようとしちゃったんだろうね」

女の子「?」

春香「……はぁ、とりあえず。止めてくれてありがとうね?」

女の子「う、うん」

春香「飴食べる?」ニコッ

女の子「……たべる」キュンッ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:40:12.40 ID:iAAmI2Iu0

P「……はぁっ、はぁっ……んっ……」

P「まったく……春香……どうしちゃったんだよ……」

P「逃げてきちゃったけどどうするかな……」

P「あー、くそ。服も……胸がきついし」

P「どうしたもんかな……」

P「一人で服屋にいくとか……無理だな。女物の服とか」

P「……アイドルの誰かに買い物つきあってもらおうか」

P「となると……美希か? メールして……でも女になったなんていっても」

P「美希が知ってるかどうか……でも……」

ドンッ

P「あっ、すいませ……」

チンピラ「アーン? ねぇちゃんどこに目ぇつけてんのぉ?」

P(……うげっ、あんまり関わりあいになりたくないタイプの)



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:45:55.81 ID:iAAmI2Iu0

P「す、すいません。不注意でした……お詫びしますから」

チンピラ「なぁなぁ、俺ホネおれちまってるかもしれネーんよなぁ」

P「それは……流石に」

チンピラ「あぁん!? 文句あんのかよぉ!」

P「……ありえないんじゃないでしょうか。非はこちらにあります。ですが」

チンピラ「んだよナマイキだなぁ……ワビしてくれんだろ? ならよぉ」グイッ

P「ちょっ……離してください」

チンピラ「まぁまぁ、いいからこっちに」

P「離……せっ!」ドンッ

チンピラ「っつ……ヤサしくしてやりゃあチョーシのりやがって! イテーめみないとわかんねぇか!」

P「くっ……だから」

??「おやめなさい!」

チンピラ「!?」

P「!?」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 00:53:08.16 ID:iAAmI2Iu0

チンピラ「んだよにぃちゃんよぉ……オンナのコの前でカッコつけよーってか?」

銀髪「いいえ。ただ少し……目障りでしたので」

チンピラ「あぁん?」

銀髪「この少女へ謝罪し、ひくのならば許しましょう。ですが……」

チンピラ「きどったシャべりかたしてんじゃねぇぞ!」バッ

銀髪「ふむ……交渉決裂、ですか」ガシッ ブンッ!

チンピラ「うおっ!? いででででででっ!」

銀髪「……ふぅ。無事ですか?」

P「あ……あぁ。ありがとうございます」

銀髪「……おや、ひょっとして何処かで?」

P「……その、間違っていたらすいません」

銀髪「?」

P「……貴音、か?」

貴音「……ふむ、確かにそうですが……貴女は?」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:01:15.49 ID:iAAmI2Iu0

P「俺は……プロデューサーだよ。765プロの」

貴音「なんと」

P「いや、信じられないのもわかるんだけどさ……でも……」

貴音「面妖なこともあったものですね……まさかあなた様の性別まで変わっているとは」

P「信じてくれるのか?」

貴音「えぇ、わたくし自身もこのような状況ですので……」

P「……身近に3人か、参ったなぁ」

貴音「なるほど……あなた様はもう響にお会いになられたのですか?」

P「へっ?」

貴音「……おや?」

P「響も……男に?」

貴音「えぇ、朝起きたら男性になっていて家族の皆に認識してもらえぬと嘆く電話が」

P「おいおい……それで今は?」

貴音「どうにか落ちついたようですが服がないというのでわたくしが仕入れに。あなた様は……」

P「春香と営業中に意識が落ちたと思って、目が覚めたらこのざま……春香も入れ替わってる」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:11:31.50 ID:iAAmI2Iu0

貴音「……面妖な」

P「本当にな……はぁ」

貴音「……ふむ」

P「ん?」

貴音「いえ。なるほど……こうしてみると」

P「……?」

貴音「男性の視点からみる女性というのは、なかなかに嗜虐心を煽るものがありますね」ニィ

P「ひっ……!?」

貴音「……冗談です」

P「び、びっくりさせないでくれよ……勘弁してくれ」

貴音「ふむ、場を和ませようと思ったのですが」



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:20:52.34 ID:iAAmI2Iu0

P「ははは……うん、女の視点からみると男って怖いなぁ」

貴音「……ほう?」

P「貴音は感じたことないのか? なんかこう……こう、落ちつかない感じとかさ」

貴音「ふふ、あなた様がいつも守ってくださりますから」

P「いやいや、俺なんか全然……」フルフル

貴音「……」

P「……アイドルのみんなはすごいなぁ。こんなもんじゃないだろうにさ」

貴音「……」

P「俺も無責任に任せ過ぎかもなぁ……移動ぐらいは毎回きちんとしたものを……」

貴音「……」

P「……おい、貴音?」

貴音「なんでしょうか」

P「どうした? 急に黙って……変だぞ?」

貴音「いえ。なにも……」

P「?」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:27:35.03 ID:iAAmI2Iu0

P「あとさ……その、貴音」

貴音「なんでしょうか?」

P「服と……あと、下着……ブラだけでいいから……買うのつきあってもらえないかな」

貴音「……ふむ」

P「この服、実は春香のなんだけどな……ちょ、ちょーっとだけ胸が苦しくて」

貴音「なるほど、かしこまりました」

P「おぉ、すまん恩に着る……」

貴音「ならば上着も変えたほうがよろしいかと……春香は何処に?」

P「あぁ、その……春香とははぐれちゃってな」

貴音「……?」ジッ

P「……な、なんだよ」

貴音「……いえ。そうでしたか」

P「う、うん。だから困ってたところなんだ……」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:34:39.23 ID:iAAmI2Iu0

貴音「あなた様」

P「ん?」

貴音「……嘘はよろしくないですよ?」

P「う、嘘なんか……」

貴音「春香に……なにをされたのですか?」

P「っ……」

貴音「言えぬようなことを……ですか。妬けますね」

P「ち、違う。あれはちょっとおかしくなってただけで……なにもしてない! 本当だ!」

貴音「なるほど。なにも……ですか」

P「あ、あぁ。誓ってもいい」

貴音「ならば……まだなににも染まってはいないあなた様を自らの色へと染め上げることもできるということですか」

P「へっ?」

貴音「お慕い申しております……」スッ

P「えっ、ちょっ……ま、まって!」グッ

貴音「……」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:40:47.08 ID:iAAmI2Iu0

P「ど、どうしてこんな……」

貴音「さて……何故でしょうか」

P「だって、さっきのは冗談だったんだろ?」

貴音「そのつもりでしたが……ふふ」

P「な、なんだよ……」

貴音「なるほど、殿方というのは……これほどの衝動を常に胸に秘めているものなのですね」ニィ…

P「ひっ……」

貴音「あなた様……」

P「や、やめてくれ……頼むから……」

貴音「あなた様は……まこといけずです……そのようにおっしゃられては……」

P「う……貴音……頼むから……」ウルウル

貴音「……」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:48:45.31 ID:iAAmI2Iu0

P「貴音ぇ……」

貴音「……という、冗談ですよ」

P「へっ?」

貴音「まこと、あなた様は……」

P「か、勘弁してくれよ……本当に怖かったんだぞ」

貴音「ふふっ、嗜虐心が煽られるというのは嘘ではありませんから」

P「……はぁ、もう」

貴音「さて、あなた様の服でしたか」

P「ん、うん。ちょっとこのままはなぁ……」

貴音「……響の服を借りてはどうでしょうか?」

P「え?」

貴音「みたところ、現在のあなた様の身体はほぼ響と同程度に見受けられます」

P「だが……その、男に服を貸すってのは」

貴音「今のあなた様は立派な女性ですよ」

P「……くっ」



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 01:55:20.70 ID:iAAmI2Iu0

P「それに、服ぐらい買えるし……」

貴音「服を買うこと自体はよろしいのですが……今の服装のままでは動きづらいのも事実でしょう」

P「ま、まぁそうだけどさ」

貴音「響の私服ならば、ある程度は動きやすくなるでしょうし……着やすい服を売っている店も知っているでしょう」

P「……そうかなぁ」

貴音「えぇ、間違いありません」

P「なら……頼ってみようかな」

貴音「そして……申し訳ございません。本来ならばわたくしも共にいきたいのですが……」

P「ん?」

貴音「急な用事が入ってしまいました……響には連絡を入れておきますので、どうか」

P「そうか……大丈夫か?」

貴音「えぇ、なにも……問題は」

P「うん、無理はしないでくれよ? ……なにからなにまですまない。それじゃあ響のところにお世話になるよ」

貴音「えぇ、それではあなた様……ごきげんよう」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:03:00.12 ID:iAAmI2Iu0

貴音「……いってしまいましたか」

貴音「ふふっ……まこと、殿方の身体というものは……面妖な……」

貴音「……あの方を、振り向かせるのは他の何事でもなく純粋なわたくし自身の魅力で」

貴音「その決心がまさか鈍ることがあろうとは」

貴音「いけずですよ……」

―――――


P「……?」ブルッ

P「なんか今、寒気が……」

P「気のせいか。響の家は……わりと近いんだっけな」

P「ボーイッシュな服とかも多く持ってるしな……胸も、苦しいのよくなるかな……」

P「んっ……はぁ。あとちょっと……の我慢だから……」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:10:50.48 ID:iAAmI2Iu0

ピンポーン

響『……誰?』

P「あぁ、響か……? 俺だよ、プロデューサーだ」

響『プロデューサー……? 本当に?』

P「あぁ。女になってるけど間違いなくお前たちのプロデューサーだ」

響『自分……今、男になっちゃって……』

P「あぁ、貴音から聞いて来たんだ……それで、ごめん」

響『どうしたの?』

P「服……貸してくれないか。今の服が、ちょっときつくて……」

響『わかった……じゃあ、ドア開けるね』



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:14:37.27 ID:iAAmI2Iu0

ガチャッ

P「すまんな、ひび……き……?」

響「……プロデューサー、中入って」

P(……この身長180センチはありそうな健康的な肌をした半裸のお兄さんは誰だ?)

響「プロデューサー?」

P「へっ、あぁ、はい」

響「どうしたの?」

P「ひ……響?」

響「うん……」

P「……」

響「あ、あんまり見ないで。恥ずかしいから」

P「えっ、あぁごめん……?」

P(響って元々の身長は低いからな……着れる服が無いのか……?)



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:24:53.78 ID:iAAmI2Iu0

響「とりあえず……お茶でいい?」

P「えっ、あぁ……うん」

響「……はい」コトッ

P「……うん、ありがとう」

響「……」

P「……響?」

響「朝起きたら……こんなことになってて」

P「……うん」

響「病気のことは、テレビでみたから知ってたんだけど……着れる服が無いから外にもでられなくてて困ってたんだ」

P「あぁ……半裸だもんな」

響「へっ、変態!」

P「ご、ごめん」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:35:54.11 ID:iAAmI2Iu0

P「それでさ……その……」

響「……服を貸して、って話だよね」

P「うん」

響「別にいいけど……下は大丈夫なの?」

P「……あはは、春香に借りてるんだけどちょっとキツいかな」

響「それはよくないと思うぞ……し、しかたないから自分のを貸してあげる」

P「……いいのか?」

響「本当は……ダメだけど。でも女の子の身体になってるならちゃんと大切にしないといけないさー」

P「まぁ……確かに、女の子の身体って大変なんだなぁ」

響「ん?」

P「いやぁ、力は出ないし変な視線も受けるしさ……アイドルのみんなもこうだったのかと思うとね」

響「プロデューサー、ヘンなヤツに襲われたりとかしたのか!?」

P「いや、大丈夫。貴音に助けてもらえたし……」

響「うがー! 襲われてるじゃないか! 本当に大丈夫なの!?」

P「えっ、うん……」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:43:54.89 ID:iAAmI2Iu0

響「男はみーんな狼なんさー!」

P「はい」

響「だから容赦しちゃいけないし油断もしちゃいけないんだぞ!」

P「はい」

響「……まぁ、プロデューサーも少しは女の子の気持ちってのがわかったか?」

P「……うん、まぁ」

響「困ったことは他には?」

P「一応……無いかな」

響「なにかあったら自分にいってね! なんたって自分、完璧だからな!」

P「ふふっ……あぁ、頼むよ」

響「なっ、なんで笑うんだー!」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 02:52:27.44 ID:iAAmI2Iu0

P「響はやっぱり響だなぁ」

響「……むっ、それってどういう意味?」

P「いや、明るくて一緒にいて楽しくなれるってこと……響、今の響に合う服も買ってこようか?」

響「えっ、いいの?」

P「うん、まぁ……響の服借りるわけだし」

響「う、まぁ……そうだけど。女の子になっちゃったから仕方ないし……」

P「だから、響も男になっちゃたのは仕方ないよな? 服買ってくるぐらいしかできないけどさ……」

響「……ううん、プロデューサーが買ってきてくれるならどんなのだってうれしいぞ」

P「そこまでいってくれるとは……信用されてるんだなぁ。似合う服探すからな!」

響「……そういう意味じゃないぞ、フラー」

P「ん?」

響「なんでもないっ! さっさといっちゃえばいいんだ」

P「おいおい……」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 03:01:29.79 ID:iAAmI2Iu0

P「じゃあ、服買ってくるけど……響」

響「なに?」

P「……ありがとな! 本当に感謝してる!」ニコッ

響「……」ドキッ

P「それじゃ、いってきます!」

響「い、いってらっしゃい……」

ガチャッ バタン ………


響「あ、あれ……おかしいぞ? 自分はイナグで、プロデューサーも今はイナグで……」

響「で、でも今の自分はイキガだから……でも、普段のプロデューサーもイキガで」

響「変だ……変だぞ……うがー!」

イヌ美「……ばうっ」

響「うがー! イヌ美ー!」ダキッ

イヌ美「ばうっ」

響「自分、おかしくなっちゃんだー! うわーん!」ギュウゥ

イヌ美「ばうばうっ」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 08:02:32.86 ID:y4k3tr23O

P「うん、だいぶ楽になったなぁ……サイズが近いってことか」

P「さて、響の服と……あと俺の服も買わないとなぁ」

P「……でも一人で買いにいくのはなぁ。さっぱりわからんし」

P「誰かにつきあってもらうか……」

P「となると……誰が妥当なんだ?」

P「伊織には変態って言われそうだし……」

P「年少組もなぁ……やよいはともかく亜美真美にはおもちゃ扱いされかねないし」

P「あずささん……は今から適当に待ち合わせして合流できるか怪しいし」

P「雪歩か真……もしくは律子に頼るか……」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 08:12:23.07 ID:y4k3tr23O

P「とりあえず雪歩にメールするか……ん?」

チンピラ「なぁねぇちゃんよぉ……」

短髪「やめっ……」

P「あいつさっきの……? 懲りてないのか、止めに……」

チンピラ「まぁまぁそういわずによぉ……」

短髪「……だからっ……! 今のボクは男だあぁぁっ!」バキッ

チンピラ「へぶぁっ!?」

P「……おぉ、見頃な突き」

短髪「あっ……やっちゃった……どうしよう……」

P「あの……大丈夫ですか?」

短髪「え? まぁボクは大丈夫だけど……その……」

P「……ん?」

短髪「……どうしたの?」

P「んん……ひょっとして真……か?」

真「……よく、わかったね。学校の後輩ちゃんかな?」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 08:28:53.14 ID:y4k3tr23O

P「いや、俺だ……プロデューサーだよ」

真「プロデューサー? いやいやプロデューサーはボクより年上でね……」

P「この前の番組でカットされた『乙女らしさとは?』トークの内容を全部言えばわかるか?」

真「なっ……どこでそれを……」

P「流石に30分編集点無しはどうかと思ったぞ……」

真「……本当に、プロデューサーなんですか?」

P「あぁ、こんなになってるけどな……真こそ最初わからなかったぞ?」

真「あはは……今のボクは男の子なんですけどね……ナンパされるなんて……」

P「どことなく雪歩みたいな雰囲気になってるからなぁ……」

真「あっ、その……」

P「こいつのことなら警察にちゃんと引き取ってもらおうか。正当防衛だし……ある程度話を聞かれるぐらいで済むさ」

真「そうなんですか……?」

P「俺も絡まれたしな。悪質だったから他に通報もあるだろうし」

真「プロデューサーが?」

P「まったくもってお恥ずかしい」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 08:42:49.98 ID:y4k3tr23O

―――――

警官「ご協力ありがとうございました」

P「いえ、お勤めご苦労様です……いこうか、真」

真「……はぁ」

P「ん、どうした?」

真「いや、やっぱりプロデューサーなんですね」

P「おいおい……疑ってたのか?」

真「そういうわけじゃないんですけれど……実感がわかなくて」

P「あぁ、俺も冗談みたいな話だと思うけどさ……」

真「でもやっぱりプロデューサーは頼りになりますね!」

P「ははっ、ありがとう。大人の男だからな」

真「……まるで逆の状態ですけどね」

P「うん、今気づいた……」



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 09:03:51.95 ID:y4k3tr23O

P「にしても、なんだってあんなところに?」

真「実は……雪歩も同じ症状が起きちゃったらしくて……」

P「雪歩も!?」

真「えぇ、だから家もてんやわんやで飛び出したらしくて」

P「あぁ……」

真「とりあえずほとぼりが冷めて落ち着くまではボクが一緒にいてあげたほうがいいかなって」

P「うん、確かに一人でいるのは不安だろうしな……俺もついていっていいか?」

真「問題ないと思います。雪歩もプロデューサーなら平気なはずですし」

P「うん……しかしこれで6人かぁ」

真「6人?」

P「性別が反転してるのがさ。俺、春香、貴音、響、真、雪歩で6人」

真「春香や貴音まで……」



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 09:13:26.24 ID:y4k3tr23O

P「ちなみに春香は普通にイケメンだったぞ」

真「普通に……ってイマイチ想像しづらいんですけれど」

P「一番最初に浮かんだ感じでだいたいあってるぞ、たぶん」

真「んー……なるほど? じゃあ、他のみんなは?」

P「貴音は……漫画に出てくる貴公子みたいな謎オーラがすごかったな」

真「貴公子……王子様かぁ……」

P「あー……あれ? そういえば貴音は普通に男の服着てたな」

真「え?」

P「いや、反転してるみんなは服に困ってたんだけど貴音は普通に男物の服着て出歩いてたからさ」

真「へぇ……さすがだなぁ」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 09:27:37.49 ID:y4k3tr23O

P「真は……普段と体格もほとんど変わってないみたいだから服は大丈夫、なのか?」

真「まぁ、一応は……」

P「……普段よりガーリィだな」

真「言わないでください……一人でいれいろ着てみてる時に雪歩から連絡が来たんで慌ててたんです……」

P「うん、でも似合うぞ?」

真「男になってる時に言われると複雑なんですけれど……」

P「あぁ、すまん……そうそう、体格といえば」

真「?」

P「響はなんかやたらでかくなってた」

真「えぇー……」

P「元の俺よりでかかったな。服が無いって困ってて……」

真「あぁ、確かに……あれ?」

P「ん?」

真「じゃあプロデューサーの服っていったい……普通に着てますけど」

P「これか、響の私服だけど」



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 09:37:38.63 ID:y4k3tr23O

真「……はい?」

P「いや、服を買いにいこうと思ってるんだけどな……それまでの緊急対策っていうか」

真「いやいや……え?」

P「とりあえず響が一番体格近そうだったのもあって借りてるんだよ」

真「プロデューサー……女の子の服借りるのはちょっと……」

P「自覚はあるけどさ……どうしようもないんだよ……」

真「いやいやそれは……」

P「胸だって苦しいかったし、元々のスーツは春香が着たまんまだし」

真「は、春香が?」

P「うん、服を取り替えようって話になってさ」

真「……積極的だなぁ」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 09:53:37.98 ID:y4k3tr23O

P「……あっ」

真「どうしたんですか?」

P「いや、よく考えたらこのままだと春香の親御さんが困るよな……」

真「あぁ……そうですよね。ボクの家もお父さんが落ち着かない感じになってましたし」

P「真はそこまで変化してないからなぁ……急に雰囲気が変わった娘に戸惑ってたんじゃないかな」

真「……男になってるんですけど」

P「いや、なんだか可憐な雰囲気でてるしなぁ……」

真「はぁ……複雑な気分ですよまったく……そろそろ雪歩との待ち合わせしてる公園ですね」

P「ん……どこか……な……」

黒服「……」

P「」

真「」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 10:02:24.85 ID:y4k3tr23O

P「なぁ真、ここで待ち合わせで間違いないんだよな?」ヒソヒソ

真「そ、そのはずなんですけど……」ヒソヒソ

P「じゃあ、あのスコップかついだ若干いかつい黒服さんが……」ヒソヒソ

真「いやいや、でも流石に変わりすぎっていうか……」ヒソヒソ

黒服「ど、どうしたんだい子猫ちゃんたち?」

P「!?」

黒服「こ、困っていることがあるのならわた……お、オレに相談してみないかい?」

真「……じゃ、じゃあひとつだけ質問を」

黒服「う、うん……じゃなくて……おう。任せてくれ」

真「……雪歩、なの?」

雪歩「えっ……あ、あぁ、ま、まこ、真ちゃん!?」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 10:09:49.08 ID:y4k3tr23O

P「……真のことを一発で見抜くとはすごいな、さすが雪歩だ」

雪歩「えっ? あっ、あの……この子は……?」

真「……プロデューサーだよ」

雪歩「えっ……えぇぇぇ!?」

P「や、男じゃなくなっちゃったしこれでもう怖くないな!」

雪歩「冗談はやめてください!」

P「……お、おう。すまん」

雪歩「まったくもう……プロデューサーは……」

P(プリプリ怒るのは普段かわいいんだけどなぁ……今の雪歩に怒られるのは怖いぞ、これ)



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 10:21:25.31 ID:y4k3tr23O

P「それで、なんだってあんなことを?」

雪歩「その、最初は詩でも書きながら待ってようと思ったんですぅ……」

P「ふむふむ」

雪歩「でも、せっかく男の人になったんだから、少しでも慣れなきゃって……」

P「うん……うん?」

雪歩「だからその、男の人らしいことをしてみようかなって……」

真「それで……ナンパ?」

雪歩「みんな逃げちゃいました……やっぱり男の人って怖いんですよ……」

真「あぁ……うん……」

雪歩「自分の身体が男の人になってるから、少しは大丈夫かと思ったら他の人はやっぱり怖いし……」ギラッ

P「ちょっ……雪歩?」

雪歩「こんなダメダメな私は穴掘って埋まってますぅー!」ザックザック

真「やめてー!」

P「ストップ、ストーップ!」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 10:32:00.78 ID:y4k3tr23O

真「はぁっ……落ち着いた?」

雪歩「ま、真ちゃぁん……私、男の人が怖いままじゃダメだと思って……」ウルウル

真「……大丈夫だよ、雪歩。今のボクだって男なんだから」

雪歩「えっ、えぇっ!?」

真「雪歩はボクのこと、怖い?」

雪歩「う、ううん」

真「なら、大丈夫。急に変わろうとしなくてもいいじゃないか」

雪歩「真……ちゃん……」

真「ほら、怖くない」ギュッ

雪歩「うん……うん……」ポロポロ

真「雪歩……大丈夫だよ」ナデナデ

P(いい話なんだけど……)

P(黒服の強面が可憐な少女に抱きついて泣いてる絵面は……)

P(いや、少女に見えるほうも男なんだけどそういう問題じゃなくて)

P(性別って、大事だな……)



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 10:45:09.77 ID:y4k3tr23O

真「……」ナデナデ

雪歩「うん……ありがとう。もう大丈夫だから」スッ

真「そう? 無理はしないでね」

雪歩「ううん、真ちゃんのおかげですっごく元気でたから!」

真「そっか、よかった……」

雪歩「あの、プロデューサー!」

P「ん、どうした?」

雪歩「私、お父さんともちゃんと話をしてきます!」

P「お、おう?」

雪歩「男の人から……逃げません!」

P「うん……そうか。大丈夫か?」

雪歩「真ちゃんが勇気をくれました……それに」

P「ん?」

雪歩「今の私は、男の子ですから……お父さんを超えなきゃいけないんですぅ!」

真「雪歩……!」



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 10:54:07.49 ID:y4k3tr23O

P「……そうか」

雪歩「はい」

P「無理はするなよ?」

雪歩「大丈夫ですよ。……今のプロデューサーはかわいいですね」ナデナデ

P「ちょっ、雪歩!?」

雪歩「あっ、すみません!」

P「うん……雪歩に頭を撫でられる日が来るとは思わなかったよ……」

雪歩「えへへ、こうやって撫でるのって気持ちいいんですね。少しだけ男の人の気持ちがわかった気がします」

P「ん、まぁ撫でられる気持ちもちょっとはわかったかな……悪くないもんだなぁ」

真「……プロデューサー」

P「ん?」

真「ボクも……いいですか?」

P「……まぁ、別に問題ないが」

真「へへっ、やーりぃ……じゃあ失礼します」



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:00:19.01 ID:y4k3tr23O

真「わ、サラサラ……いいなぁ」スッ

P「ん?」

真「いや、プロデューサーの髪すごく気持ちいいですよ」

P「そうか……なんだかくすぐったいんだが……」

真「あー……うん、男の人が女の子を撫でたりするのが好きな理由がわかる気がします」

P「ん。そういってもらえると悪い気はしないかな」

真「うん……」ナデナデ

P「……ん」

真「…………」ナデナデ

P「ふわぁ……んん」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:08:43.30 ID:y4k3tr23O

P「……ん」

真「…………」ナデナデ

P「……あっ」ピクッ

真「……どうしたんですか?」ナデナデ

P「ごめん。真、雪歩……春香の両親に連絡と響に服買っていかないといけないんだった」スッ

真「あっ……そう、ですか」

P「すまん、埋め合わせはするからさ……」

真「わかりました……約束ですよ?」

P「うん、指切りだ」

雪歩「3人で……?」

P「はい、指を絡めて……」

真「わっ……プロデューサー」

P「まぁまぁ」



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:12:46.28 ID:y4k3tr23O

P「うっそついたらはりせんぼんのーます! ゆびきった!」

真「ちょっ、だからプロデューサー……」

P「ははは、じゃあな!」パッ

タッタッタッタ……

雪歩「いっちゃったね……」

真「うん……」

雪歩「ねぇ、真ちゃん」

真「どうしたの?」

雪歩「男の人って、鈍感だっていうけど……」

真「うん……」

雪歩「こんなに、ドキドキすることもあるんだね……」

真「……うん」



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:22:19.65 ID:y4k3tr23O

P「すいません、ですので……はい、はい。かしこまりました。はい。それでは……」ピッ

P「どうにか春香の親御さんには事情の説明できたが……服どうするかな」

P「んー、やっぱり響に何着か借りるか……」

ババン!

P「ん?」

少年M「おっとまちなーおじょーちゃん」

少年A「マブいスケつれてんじゃ……あれ?」

グイッ

少年M「ちょっ、それは別パターンのトキっしょー……」ヒソヒソ

少年A「えー、でも一回も使ってないじゃん」ヒソヒソ

少年M「だって男のヒトがマジで怒ったら怖いじゃん……」ヒソヒソ

P「……あの」

少年AM「「ちょっと待ってて!」」

P「あ、うん」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:38:47.07 ID:y4k3tr23O

少年M「気をとりもどして……」

P「気をとりなおして?」

少年M「そ、そうともいうかな」

P「いやいや、そうとしか言わないぞ坊や達」

少年A「むっ、あ……にきを侮ると痛い目みちゃうぜー?」

グイッ

少年M「ちょっ、あにきって……」ヒソヒソ

少年A「しょうがないっしょー、名前いうわけにもいかないし!」ヒソヒソ

少年M「ならもっと『俺たち』とかいえばよかったじゃん!」ヒソヒソ

少年A「あっ、その手があったか……」ヒソヒソ

少年M「もー、結局ナンパは成功しないしさ……」ヒソヒソ

P「……ん?」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:45:22.80 ID:y4k3tr23O

P「なぁ、君たちひょっとして……」

少年M「な、なにかな? 危険なワイルドのかおりにメロメロになっちゃったかーい?」

少年A「わっ、初めてナンパ成功するかもしれないね、真美!」

少年M「ちょっ、亜美! だから名前いうなんて……」

P「やっぱりか……双海亜美! 双海真美!」

真美「うあ~! ほら、亜美が余計なこというから!」

亜美「むっ、そもそもナンパしようっていったのは真美っしょー!」

P「……お前らなぁ、何やってるんだよ」

真美「うっ……お姉ちゃんには関係ないっしょー!」

亜美「そ→だそ→だ!」



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:50:03.23 ID:y4k3tr23O

P「関係大有りだ、バカ」ゴン ゴン

真美「いったーい!」

亜美「ひ、ひどい! いきなりぶつなんて!」

P「俺以外にバレでもしたら妙なゴシップ記事でも書かれかねなかったんだぞ、反省しろ!」

真美「うー、なんなのさ!」

亜美「まるで律っちゃん軍曹だよ……」

P「まぁ、お前達のプロデューサーだからな」

真美「へっ?」

亜美「えっ?」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 11:56:02.00 ID:y4k3tr23O

真美「……亜美」チラッ

亜美「……」コクッ

P「おい、2人とも……なんでこんな」

亜美「あっ、あれは!」

P「ん?」クルッ

真美「いまだ!」ガシッ

P「ちょっ……」

亜美「秘技……ズボン落とし!」ズルッ

P「わあぁぁ!?」

真美「こ、この色気のかけらもないパンチーは……」

亜美「兄ちゃん……なの……?」

P「そうだって言っただろうが! 離せぇっ!」ジタバタ



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 12:06:48.46 ID:y4k3tr23O

P「くっ……もうお婿にいけない……」

真美「兄ちゃん男らしくないYO!」

亜美「そうそう、犬に噛ませにされたと思って忘れないと」

P「人通りがないとはいえ路上で脱がされて平気でいられるかぁ!」

真美「まぁまぁ」

亜美「落ち着いて落ち着いて……」

P「……真美、明日からのレッスンは覚悟しとけよ」

真美「うあうあ~! そりゃないぜとっつぁん!」

亜美「んっふっふ~がんばってね真美ー」

P「もちろん律子にも報告するがな」

亜美「うえぇー!?」

真美「ふふん、死なばもろもろっしょー」

P「死なばもろとも、な」



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 13:43:10.29 ID:y4k3tr23O

P「……で、なんでこんなことをした?」

亜美「その……」

真美「朝起きたら男の子になってて……」

P「うんうん」

亜美「パパとママは何日かすれば治るっていうし……」

P「うん……?」

真美「男の子のカラダでしかできないことやりまくっちゃおー! ってなって」

P「……」

亜美「で、最初は真美が……」

真美「その前に亜美がワンリョクが強くなってるか試そうって」

亜美「でもあれはこれと関係ないじゃん!」

真美「じゃあ男の子っぽいカッコしようっていったのも関係ないじゃん!」

亜美「むむむーっ」

真美「ぐぬぬーっ」

P「……はぁ」



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 13:51:43.19 ID:y4k3tr23O

P「まぁ、ようするに悪ふざけの延長線か」

亜美「……うん」

真美「……ごめんなさい」

亜美「ごめんなさい……」

P「やれやれ、さっきのくちぶりだと何人も声をかけたみたいだな?」

P「どうオシオキしてやろうか……」

真美「お、男の子のカッコしたら、けっこーカッチョイーんじゃない? って言ったのは真美だよ!」

亜美「あっ、ナンパしてみようっていわれて作戦を考えたのは亜美だよ?」

P「……ほう?」

真美「そりゃ、亜美も悪いけどさ……真美ものっかったし、やろうって言ったし……」

亜美「んーん、違うよ……亜美が譲らなかったんだし……」

P「反省はしてるんだな?」

真美「うん……」

亜美「はい……」



247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 13:59:50.75 ID:y4k3tr23O

P「じゃあ……2人とも目をつむれ」

真美「ん……」

亜美「わ、わかった……」

P「オシオキはな……」

真美「……」

P「…………」

亜美「……」

P「……ていっ」ピンッ ピンッ

真美「いてっ!」

亜美「あうちっ!」

P「ふふん」

真美「な、なにするのさ!」

亜美「亜美のキュートなおでこがはれたりしたらいおりんの形無しだYO!」

P「デコピンぐらいでそんなにはれるわけがあるか」

亜美「むぅ……」



249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:07:52.05 ID:y4k3tr23O

P「2人とも反省はしてるみたいだから今回はこれでよしとする」

真美「ホント!?」

亜美「やーりぃ!」

P「ただし」

真美「うん?」

亜美「どしたのさにい……ねえちゃん?」

P「呼び方まで変えんでよろしい」

亜美「はーい、兄ちゃん」

P「ん、よろしい。ごほん……ただし、二度とこんなバカな真似はしないように」

真美「うん……わかった」

亜美「クンシあやうきしちかよらずって奴だね……」

P「亜美、それ違う」
亜美「えっ、そうなの?」



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:12:44.71 ID:y4k3tr23O

P「あと、俺相手だからよかったものの……急に女性の服を脱がすような真似はやめろよ?」

真美「んんー? つまり兄ちゃんは脱がしてもいいってことですかなー?」

亜美「ですかなー?」

P「……」スッ

真美「わわわっ、タンマタンマ! 無言で構えないでよ!」

亜美「ジョークだよ!……だいたい、兄ちゃんが自分のこと兄ちゃんだっていったからだかんね!」

P「はい?」

真美「だってー、兄ちゃんがこんなべっぴんさんになるなんてフツー思わないっしょー」

亜美「ねー」



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:19:38.61 ID:y4k3tr23O

P「そうかぁ……?」

真美「ショージキ、真美達とイッショにアイドルやってもいいと思うぐらいかな?」

亜美「まぁ亜美達ほどじゃないけどねー」

P「はは……お世辞でも嬉しいよ」

真美「んー、女の子になった兄ちゃんはなんかハリがないねー」

P「ちょっと今日1日だけでいろいろありすぎてな……」

亜美「兄ちゃん、トシだねぇ……」

P「うるせー、ほっとけ!」

真美「……まぁ今はそんな年にみえないけどさ」



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:25:46.00 ID:y4k3tr23O

P「そうそう、服買おうと思ってたんだった」

亜美「服?」

P「あぁ、これ借り物だからさ……1着だけでのりきるのもつらいかなって」

真美「ふむふむ……って誰から借りたの!?」

P「響だよ。あいつも性別反転しててものすっごいでかくなってた」

亜美「うわー、チョ→見たい!」

真美「へ、へぇ……兄ちゃんは女の子から服借りちゃえるなんてとんだヘンタイさんですなぁ」

P「背に腹は変えられないんだよ……」

真美「ふぅん……へぇ……」

P「なんだよ」

真美「べつに!」

P「おいおい」



257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:31:33.09 ID:y4k3tr23O

P「まぁ、そろそろいくよ」

亜美「えー、もう?」

P「明日も事務所で会うために必要なことだからな」

亜美「んー……しょうがないなぁ」

真美「……あのさ、兄ちゃん」

P「ん?」

真美「ふ、服なら真美のも貸したげるよ?」

P「……気持ちは嬉しいんだが、ちょっと胸がな」

真美「あっ……ふん、まだショーライセーがあるもんね」

P「はいはい、期待してるよ」

真美「ぐぬぬー……」



258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:40:38.20 ID:y4k3tr23O

P「じゃあ、また明日……と」

亜美「ん、どったの?」

P「いや、女物の服なんてわからないからさ、選ぶのついてきてもらえないかな?」

真美「あっ……それなら」

亜美「んー、いきたいけど無理かも……」

P「ん、そうか……」

亜美「うん、たっぷり宿題だされちゃって……しかもむちゃくちゃキビシー先生なんだ……」

P「それは仕方ないな……無理いってすまん」

亜美「んーん、亜美達こそ力になれなくてごめんね?」

P「気持ちだけでもありがたいさ」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:47:53.68 ID:y4k3tr23O

亜美「明日、兄ちゃんがとびっきりのおしゃれしてるの期待してるかんね?」

P「おいおい、プレッシャーだな……じゃあまた明日な」

亜美「バイバーイ!」

真美「あっ……バイバイ」

亜美「……ん?」

真美「な、なに?」

亜美「なんか真美、急に元気なくなったよね……?」

真美「そんなことないよ? ぜんぜん……」

亜美「……はっはーん」

真美「な、なにさ?」

亜美「元に戻るまでのオヤツ全部でいいよ?」

真美「へ?」

亜美「宿題、どうせおんなじ内容だしやっといてあげる」



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 14:54:40.07 ID:y4k3tr23O

真美「あ、亜美……」

亜美「まったく真美隊員はできる妹……弟?をもって幸せですなー」

真美「いいの……?」

亜美「ふっ……笑止! 男に二言はないのだぜ」

真美「亜美ぃ……」ギュッ

亜美「はぁーっはっはっはー……さ、早くいかないと兄ちゃんを見失っちゃうよ?」

真美「うん……うん」

亜美「がんばってね?」

真美「……うん!」

タッタッタッタ……

亜美「……あー、真美のぶんの宿題も国語ならいいんだけどなぁ」



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:14:42.40 ID:iAAmI2Iu0

P「……しかしどうしたもんかなぁ」

P「服っていってもどこで買えばいいのやら……」

……ッタッタッタッタ

真美「にいちゃーん!」

P「えっ……真美?」

真美「っは、っはぁっ……追いついたぁ……」

P「真美、お前……」

真美「宿題ね、亜美がやってくれるっていうから……」

P「いいのか?」

真美「うん、たぶん大丈夫……そのかわりにオヤツは戻るまであげることになったけどね!」

P「……おいおい」

真美「ま、真美が来たからには泥船に乗った気でいてよねー」

P「沈んでどうするんだよ……」



267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:20:13.17 ID:iAAmI2Iu0

真美「いいのいいの。いこっ?」

P「ん……ありがとうな?」

真美「気にしないでも……あっ」

P「ん?」

真美「お礼、してくれるの?」

P「あぁ、俺にできる範囲ならな」

真美「そっか……」

P「……財布の余裕はそんなにないかもしれなんだけどな」

真美「ん、そうじゃなくて……あのね……」

P「どうした?」

真美「あ、頭……なでて、ほしいなーって……」

P「……なでるだけでいいのか?」

真美「うん……ダメ?」

P「いや、そんなことでいいならいくらでもやってやるさ」

真美「わぁっ、ありがと→兄ちゃん!」



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:28:20.95 ID:iAAmI2Iu0

P「……じゃあ、いくぞ」クシャッ

真美「……んん」

P「……結構毛質が堅くなってるんだな。男の髪ってこんなもんなのか」ナデナデ

真美「……そうなのかな」

P「うん。まぁなでなれてるわけじゃないけどさ」ナデナデ

真美「……でも、気持ちいいよ?」

P「んー、確かになでられるのも結構気持ちいいんだよなぁ」ナデナデ

真美「えっ?」ピクッ

P「ん?」ナデナデ

真美「に、兄ちゃんなでられたことあるの?」

P「まぁ……うん……」ピタッ


真美「いつ、だれに!?」

P「この身体の時だぞ?」

真美「ず、ずるいよ!」

P「えぇー?」



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:37:10.43 ID:iAAmI2Iu0

真美「真美も……なでたい」

P「いや、その……」

真美「なんでもするっていったじゃん!」

P「……はぁ、わかったけど。なでても面白くないだろうに」

真美「いいの!」

P「わかったよ……じゃあ、ほら」スッ

真美「かがまなくても届くってばー」

P「あ、すまんつい……」

真美「まったくもう……」スッ

P「ん……」

真美「……あっ、やわらかい」クシャクシャ

P「ちょ、真美ぃ……」

真美「あっ、ごめん……すごいなぁ」ナデナデ

P「……いや、別にいいんだけどさ……ぐしゃぐしゃ髪のまま隣歩くと真美が恥ずかしいかなとか」

真美「ちょっ、兄ちゃん急に恥ずかしいセリフ禁止!」ワシャワシャ



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:46:48.25 ID:iAAmI2Iu0

P「わぷっ……ちょ、真美?」

真美「別に真美は気にしないからいいの。クシだってもってるし……」スッ

P「んぁ……?」

真美「髪梳かすのうまいっしょー?」サッ…スルッ…

P「あぁー、なんかこれは新感覚かもしれない」

真美「んっふっふー、オトコのコがされることってないもんねー」サッ…シュル…

P「んー……」

真美「……あのさ、兄ちゃん」サッ…シュルッ…

P「……ん?」

真美「…………」サッ…スルルッ…

P「どうした、真美?」

真美「あのね」サッ…グイッ…

P「いたたたっ!?」

真美「あっ、ごめん! ひっかけちゃった」

P「い、いや……大丈夫だ」



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:49:49.06 ID:iAAmI2Iu0

P「それより今なにか……」

真美「ん、ごめんやっぱりなんでもない」

P「そうか……?」

真美「うん。じゃあ服……買おっか」

P「あっ……あぁ」

真美「近くにいい店あるんだよねー」

P「期待してるよ」

真美「まっかしといてー!」

P「……あっ、財布にはできる限りお手柔らかに」

真美「んー、そこらへんはコーデ次第っしょー」

P「あー……際限無しな感じはするもんなぁ」

真美「そしてそのパーフェクトバージョンがサチコEXさんだね!」

P「いや、あれはそういうのとは違うからな!?」



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 15:57:29.49 ID:iAAmI2Iu0

―――――
ウィーン……

P「んー、すごいな……」

真美「キョロキョロしてると田舎者っぽいって思われちゃうよ?」

P「いや、だって慣れてないし……」

真美「まったく、に……姉ちゃんてば」

P「へ?」

真美「さすがに女の子の服買って着るのに店の中で兄ちゃん呼びはないっしょー……?」ヒソヒソ

P「あぁ、なるほど……すまんな真美」

真美「ま、悪いと思ってるなら後でオヤツでも買ってもらおうかなー?」

P「それぐらいなら……」

真美「モ・チ・ロ・ン! 亜美の分もね?」

P「わかってるって。本当に感謝してるよ」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 16:07:43.32 ID:iAAmI2Iu0

P「……なぁ真美」

真美「なぁに、姉ちゃん?」

P「さ、さすがにちょっと買いすぎじゃないか?」ドッサリ

真美「いやいや、乙女のたしなみっしょー」

P「しかし数日で戻るわけだし……」

真美「女の子の視点からアイドルのみんなが見れるんだからいろいろやっておくといいと思うよ?」

P「……一理あるなぁ」

真美「ねー?」

P「……わかった、買おう」

真美「組み合わせとかはアドバイスしてあげる!」

P「本当にか? ありがたいなぁ……あっ」

真美「どしたの?」

P「いや、全部買わなくても試着して試せばいいんじゃないか?」

真美「……んー、まぁそうだけど」

P「何パターンか作っておけば大丈夫だろうしさ」



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 16:28:32.67 ID:iAAmI2Iu0

P「……で、だ」

真美「どう、に……姉ちゃん?」

シャーッ……

P「なんで下が全部スカートなんだよ……気付かなかった俺も俺だけどさぁ」

真美「うんうん、似合ってるよ姉ちゃん。でもさ」

P「……なんだよもう」

真美「乙女なら自分のことを『オレ』なんていわないよねー?」

P「……僕」

真美「えーっ」

P「真だってそうだろ、いいじゃないか」

真美「ゴージョーですなぁ……ちゃんと『わたし』って言わなきゃー」

P「……」

真美「なんでもいうこと聞いてくれるっていったのに……」ボソッ

P「!?」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 16:47:45.99 ID:iAAmI2Iu0

P「う……わ、わかった」

真美「……ホントに?」

P「でも、買い物の間だけだからな?」

真美「うん……それでもいいよ」

P「……まったく、こんなことして何が楽しいんだよ」

真美「じゃあ、次の服ねー」

P「はいはい……」

シャッ……シュルッ パサッ

真美「……んっふっふ、なんだか楽しくなんてきちゃったかも」

P「真美ー、なんかいったかー?」

真美「んー、なんにもー?」

P「そうか……うえっ、これはさすがにないだろ……」



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 16:56:28.52 ID:iAAmI2Iu0

P「なぁ、真美……」

シャーッ……

真美「ん……うん、いいじゃん姉ちゃん!」

P「いや、さすがにこういうのはさ……フリフリだしお……わた、しにはちょっときついかなと」

真美「そんなことないよー、大丈夫大丈夫!」

P「無理無理無理! だっておれ……じゃなくて、私は男だぞ!?」

真美「今は立派な女の子じゃあーりませんか」

P「あぁもう……頼むから勘弁してくれよ……」

真美「ダーメ、今の兄ちゃんは姉ちゃんなんだからね」

P「……真美ぃ」

真美「……んふふっ」



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 16:58:21.76 ID:2Wyi6QMk0

何かに目覚めそうだ・・・



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:10:53.53 ID:iAAmI2Iu0

P「はぁ……結局ほとんど買うことになるし……」

真美「まぁまぁ姉ちゃん、よく似合ってたよ?」

P「あのなぁ、真美……その呼び方」

真美「気にしない気にしない♪」

P「……はぁ」

真美「大丈夫だよ、かわいかったし!」

P「あのな、俺は男だって……」

真美「えー、もう『わたし』って言わないの?」

P「なんでそんな……」

真美「イッショーのおねがい! ね?」

P「……あのなぁ」

真美「このまま進展無しだったら死んだ亜美が浮かばれないYO!」

P「おいおい、妹を殺すなよ……」



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:20:02.19 ID:iAAmI2Iu0

真美「まぁ、でもさ?」

P「ん?」

真美「しばらくはそのままっしょー?」

P「……まぁそうだな」

真美「なら、何日かはオンナのコを楽しんだほうがいいと思うんだよねー」

P「そうかな?」

真美「うん、真美的にはそれオススメだよ?」

P「うーん、だがなぁ……」

真美「ダイジョーブ、真美はね……今」

P「ん?」

真美「オトコのコしてて、すっごく楽しいよ?」

P「……そう、か?」

真美「うん♪」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:28:22.71 ID:iAAmI2Iu0

P「まぁ……他の人の前では多少女っぽくふるまおうかな」

真美「えー?」

P「なんだよ?」

真美「真美達の前ではいつも通りってことっしょー? つまんないよー」

P「……恥ずかしいだろ、さすがに?」

真美「大丈夫だってばー、今の姉ちゃんならカワイイって」

P「真美、お前なんかジュピターのちっこいのみたいになってるぞ……」

真美「えっ、ウソっ!?」

P「本当……なんか若干生意気っぽいところが上回ってるけど」

真美「……それってホメてる?」

P「ホメてるように聞こえたか?」

真美「もー、姉ちゃんはイジワルだなぁ……」

P「あのなぁ……」



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:33:21.77 ID:iAAmI2Iu0

P「あんまり遅くに帰るのもなんだろ、そろそろ帰れよ?」

真美「えー……」

P「エーもビーもない」

真美「……あっ」

P「ん?」

真美「お姉さん、今夜はキミを離さない」キリッ

P「……」

真美「どう、ちょっとキュンときちゃった?」

P「アホなことやっとる場合か」ビシッ

真美「ぎゃんっ!?」

P「男が男を見てときめくわけがないだろ?」

真美「むー、今の姉ちゃんは女の子だから効くかと思ったのになぁ」



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:37:44.06 ID:iAAmI2Iu0

P「……で、一人で帰れるか?」

真美「やだなぁ姉ちゃん、今の真美は男なんだから大丈夫だってば」

P「だけどなぁ……最近は物騒だし」

真美「それに、真美を送ったあと姉ちゃんが一人で帰るほうが心配だよ?」

P「……いやいや、俺は」

真美「今は女の子」

P「……そうだけどさ」

真美「ね? ダイジョーブだから……今日は楽しかったよ?」

P「なんだかいつも以上に疲れたけど……服買うのつきあってくれてありがとうな。助かった」

真美「んっふっふー、おやすいごようだYO!」

P「それじゃあ、また明日」

真美「うん、また明日……ちゃんと乙女言葉でしゃべってよねー!」

P「するかっ!」



299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:43:10.85 ID:iAAmI2Iu0

真美「あー、結局進展なし……かなぁ」

真美「でも、ちょーっとだけ男の子の気持ちわかっちゃったかなー」

真美「好きな子には……イジワルしたくなっちゃうなんて」

真美「困ってる姉ちゃん……かわいかったなぁ……」

―――――


P「……まったく、真美の奴……」

P「響の服買って……届けて……帰るかな」

P「あー、なんだかすっごい疲れたなぁ」

P「胸のせいか……」

P「……いやん♪」

P「いやいや、ないな。これはない」



301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 17:51:56.20 ID:iAAmI2Iu0

P「……あー、響の服これで大丈夫かな」

P「一応ジャージでも無いよりはまし、か……ちゃんとした服はウエストがわかんないとなぁ」

P「さて……」

金髪「……?」

P「……ん?」

金髪「……」ジッ

P「……なんだあの金髪。ずっとこっち見てるぞ?」

金髪「……」

P「……目を合わせないほうがよさそうだな」

金髪「……!」

P「……さてと、あとは下着もやっぱり女ものってわけにもいかないだろうし」



306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:02:03.74 ID:iAAmI2Iu0

P「適当に大きいサイズのでも……」

金髪「……!」トコトコトコ

P(……ちょ、ちょっと待て。後ろにさっきの金髪が? なんでだ?)

金髪「……」ニコニコ

P(ナンパ? いやしかし……男物の服を一人で見る女が珍しかった?)

金髪「……ねぇ」

P(ここは適当に流して……いざとなったら助けを呼ぶ準備ぐらいはしとくか……)

P「は、はい。なんですか?」ニコッ

金髪「……やっぱり」

P「……?」

金髪「ねぇ、ハニーだよね?」

P「……はい?」

P(初対面の女に対してハニー呼びするようなチャラ男に……チャラ……んん?)

P「……美希?」

美希「そうだよ! こんなとこで会うなんてミキ、運命感じちゃうなっ!」



309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:09:14.93 ID:iAAmI2Iu0

P「本当に美希か……いったいどうして?」

美希「うーん、よくわかんないけどお昼寝してて目が覚めたら男の子になっちゃってたの」

P「……これで9人か」

美希「?」

P「俺、春香、貴音、響、真、雪歩、亜美、真美……が性別反転してたんだ」

美希「えっ、みんなも?」

P「うん、だから美希を入れると9人だな」

美希「男の子だらけのボーイズトークができちゃうね?」

P「ははっ……うん、反転しちゃったアイドルの分は別のアイドルを回す予定だったんだけどこれは厳しいかもな」

美希「たまにはみんなでゴロゴロするのー!」

P「あぁ、うん……偶然って怖いなぁ」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:18:50.78 ID:iAAmI2Iu0

美希「そうそう、なんでハニーはこんなところにいるの?」

P「ん、響も反転したっていったよな?」

美希「うん」

P「反転した響はなんかもうすっごいさわやかな運動部系の健康的な肌の持ち主でな……」

美希「うんうん」

P「ついでに、普段の俺よりも背がでかかったんだよ……で、着れる服が無いっていってたからさ」

美希「ふーん……だいじょうぶだよ、ハニー」

P「何がだ?」

美希「キスしやすい身長ってね、12センチ差なんだって?」

P「……はい?」

美希「ハニーはミキと相性バッチシなの!」

P「それはまぁ……うん、光栄だな?」

美希「ハニーはおつかい中だったんだね……うーん、いってくれればミキも手伝ったのに」

P「あー、正直できる限り広めたくなかったんだよ……響のことも、俺のことも」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:29:10.41 ID:iAAmI2Iu0

美希「あはっ、ハニーってば照れ屋さんなの!」

P「いや、そういう問題じゃなくて……っていうかだな」

美希「どうしたの、ハニー?」

P「ちょっと周りの目が痛い……あと、なんで俺だってわかったんだよ?」

美希「……?」

P「いや、自分でいうのもなんだが……冴えない俺とこのかわいい女の子が一致するとは思えないんだが」

美希「うーん……なんとなく?」

P「なんとなく!?」

美希「うん、『あっ、この子どこかでみたことある気がするな』って思ったからじーっと見てたらなんだかハニーを思い出したの」

P「……オカルトレベルだな」

美希「どんなになってハニーはハニーなの!」ギュッ

P「ぁー……うん……」



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:31:32.77 ID:uW40u0ZY0

キスしやすい身長って聞くたびに思うんだけど、全く一緒じゃしづらいの?
って聞こうと思ったけどキスした事あるやつがここにいるわけなかったな忘れてくれ



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:34:55.61 ID:x4behPB4O

>>316
愛があれば身長なんか関係ないって、じっちゃんが言ってた



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:34:35.14 ID:iAAmI2Iu0

P「あのな、美希」

美希「どうしたの?」

P「いや、頼むから離れてくれないかな……」ググッ…

美希「ヤ!」

P「あのな……女の子から男に抱きつくのもたいがいだが……」グググッ

美希「んー!」

P「男が、女の子に! 抱きつくのはっ……目立つんだ、よっ!」バッ

美希「あっ、ハニー……」

P「せめて……人目につかない場所なりでだな……」

美希「見られてなければオッケーってことだよね?」

P「ちっがうっ! 最低条件だし許可もしてない。どうしてもっていうなら考えなくもないってことだ!」



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:36:53.01 ID:iAAmI2Iu0

>>316
まったく同じ身長だと抱きつくようにしてキスしなきゃ頭の高さが一緒にならない
あと、12センチ差だと確か

「ねぇ」

「ん?」

「……こっちみて?」

「どうしたんだ?」

グイッ

「……んっ」

「……!?」

「えへへ、キスしちゃったね?」


的に背伸びしてちょうどいい感じになるはず



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:46:07.64 ID:iAAmI2Iu0

―――――

P「はぁ……とりあえず買い物は終了かな」

美希「ねぇねぇ、ハニー?」

P「ん、どうした?」

美希「なんでもないよ? ……うん、女の子になっちゃったハニーもかわいいの!」

P「男になった美希もかっこいいよ……うん……」

美希「えっへん! それほどでもあるの」

P「……うぬぼれって言えないもんなぁ」

美希「でも男の子のミキよりもハニーのほうがカッコいいの」

P「……ほめられると悪い気はしないけどさ。さすがにいいすぎじゃないか」

美希「ミキの一番はハニーなのー」ギュッ

P「ちょっ、だから苦しい……」

美希「あっ、ごめんね?」

P「うん、ちょっとかんべんしてほしい……はぁ、女の身体ってもろいんだなぁ……」



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 18:57:52.44 ID:iAAmI2Iu0

美希「……ねぇねぇ、ハニー?」

P「ん?」

美希「ちょっと、暗くなってきたね?」

P「……だいぶ日も長くなったんだよなぁ」

美希「……人も、あんまり通らないの」

P「あー、一人だと危なかったかもな。美希が一緒で心強いよ」

美希「……」

P「……ん?」

美希「ハニー……」

P「……どうした?」

美希「ミキね、なんだかヘンなの……ハニーを見てると胸がドキドキするだけじゃなくて……」ギュッ

P「ちょっ……美希、だから抱きつくのは……」

美希「……イジめたく、なってきちゃうの」ボソッ

P「えっ?」



343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:09:13.67 ID:iAAmI2Iu0

P「み、美希……?」

美希「……ハニー」グッ

P「っぁ……くるし……」

美希「あはっ……ハニーの身体、とってもやわらかいの……」

P「み、き……はな、せ……」

美希「だぁーめ……」

P「……み、き」

美希「……いいにおいなの」

P「……やめ、て」

美希「…………ハニー」

P「……なん、で、だ?」

美希「……ドキドキするのが、止まらないの。ハニー……すっごくあったかくて、気持ちいい」

P「……!」

美希「ねぇハニー、この体勢だとキスしほうだいだよね……?」

P「やめっ……」



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:21:08.62 ID:iAAmI2Iu0

??「まちなー!」

美希「……誰?」

茶髪「お……私は、通りすがりの正義の味方だ、よ!」

P「女の子……?」

茶髪「ふっ……私の前に立つんじゃねぇ、です!」

美希「……ふぅん」

茶髪「なん……なによ?」

美希「まさか961の人まで変わってるとは思わなかったの」

P「えっ?」

茶髪「なんのことか……わかんない、な」

美希「鬼ヶ島羅刹クンだっけ?」

冬馬「天ヶ瀬冬馬だ! ヶしかあってねぇじゃねぇか!

P「えぇっ!?」

冬馬「あっ」

美希「やっぱりなの」



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:21:55.63 ID:w5HqAXDi0

あまとうwwwww



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:22:28.20 ID:ZvvT3f1sO

あまとうキターww



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:28:41.17 ID:iAAmI2Iu0

冬馬「……っち、まさかバレちまうとはな」

美希「その服って自分で作ったの?」

冬馬「う、うるせー!」

美希「ふりふりでミキ達のステージ衣装より派手なの」

冬馬「せ、正義のヒロインっていったらこうだろうが!」

美希「……ダサいの」

冬馬「うぐっ!?」

美希「それに、ハニーとミキは両思いなの」

冬馬「へっ? ハニー……って、そっちの子とは付き合ってるのかよ?」

美希「そうだよ?」

冬馬「じゃ、邪魔して悪かったな……? なら俺は……」

P「違う! だまされるなピピン板橋!」

冬馬「文字の数しか合ってねぇじゃねーか! なんだその名前!?」

P「いいか、この男は765アイドルの星井美希で俺は765プロのプロデューサーだ!」

冬馬「はぁっ!?」



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:36:54.20 ID:iAAmI2Iu0

冬馬「えっ、あ……765プロってのはそういう恋愛もありなのかよ」

P「そんなわけないだろ、今まさに……」

美希「……はぁ、もういいの」スッ

冬馬「ちょっ……待てよ」

美希「ミキの邪魔をしたのは覚えておくから……じゃあね、天ヶ崎竜馬クン?」

冬馬「てめっ……名前も覚えやがれ! 俺の名は」

美希「あはっ、バイバイハニー。今度は邪魔されないようにしようね?」ダッ

タッタッタッタッタ……

P「……美希……」

冬馬「……なぁ」

P「ん?」

冬馬「……いや、何があったんだよ」

P「……正直把握し切れてないかもしれないけどな」

冬馬「ならゆっくりでもいいから聞かせろよ。正義のアイドルとしては見過ごせねー」

P「……お前こそ何があったんだよ、そのフリフリ衣装は」



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:54:29.40 ID:iAAmI2Iu0

P「――――ってわけだ」

冬馬「……マジかよ。発症はごくまれって聞いたぞ?」

P「まぁ信じられないよなぁ、同じ事務所から8人なんて」

冬馬「お前達も大変なんだな……」

P「あぁ、それで……」

冬馬「うん?」

P「お前の、その格好はなんなんだよ?」

冬馬「……俺も発症して女になっちまったんだ」

P「あぁ」

冬馬「だけどな、だからって俺は俺のままだ。変わったりしねぇ」

P「……」

冬馬「だから俺は正義のヒロインアイドルとして人知れず街の平和を」

P「待て」



378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 19:59:34.89 ID:iAAmI2Iu0

冬馬「どうした?」

P「ごめん、もう一回いいか?」

冬馬「あぁ……ちゃんと聞けよ? 俺は昨日、突如として女になっちまった」

P「うん」

冬馬「だけどな、身体が変わったからって俺そのものがなくなるわけじゃねぇ」

P「……そうだな」

冬馬「でもな、ジュピターの天ヶ瀬冬馬は男だ。ファンが求めているのだってそうだ」

P「……なるほど?」

冬馬「なら、俺は影でいい。だから俺は正義のヒロインアイドルとして人知れず」

P「そこだ」

冬馬「あん?」



379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:03:37.52 ID:iAAmI2Iu0

P「どうして影でいい……ってところから正義のヒロインアイドルなんてキーワードがでてくるんだ」

冬馬「バカ野郎! 女になったんならやることはひとつだろうが!」

P「は?」

冬馬「男にはなれねぇモノがあるんだよ……!」

P「……それは?」

冬馬「プリキュアだ」

P「」



385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:10:27.22 ID:iAAmI2Iu0

冬馬「まぁ、そのものになんかなれっこないのはわかってるけどよ……」

P「え、あぁ……はい」

冬馬「でもせめて、誰かの涙を止められるなら……なんてな」

P「はぁ……そうですか」

冬馬「なんならお前もやるか? 俺とお前で2人はプリキュアだ」

P「すいません、ちょっと届けものがあるので」

冬馬「ちょ、ちょっと待てよ」

P「助けてくれてありがとうございました。失礼します」

冬馬「名前が被るのが嫌ならプリキュアダブルとかどうだ!? お前の分の衣装もどうにか……おい!」

P「すいません、急いでるので……」タッ

タッタッタッタッタ……

冬馬「ちょっ、おい……! おい! くそっ……わかっちゃくれねぇのかよ……」ダンッ

緑髪「待ちなよ」

ボイン「チャオ☆ つれないね……」

冬馬「お、お前らは……!」



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:15:00.15 ID:iAAmI2Iu0

このあと、5日間だけ活動した幻のアイドル
「マーキュリー」がいたのだが、それは別の話

「私が!」

「「私達が!」」

「「「プリキュアだぁっ!」」」


――――――

P「……美希」

P「男になって……おかしくなってたんだよな?」

P「……もう、家に帰っちゃったかな」ピッピップッ

P「……話を、しないと」prrr…ガチャッ



394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:23:53.25 ID:iAAmI2Iu0

美希『あはっ、ハニー?』

P「美希……」

美希『どうしたの?』

P「話がしたかったんだ……今の美希は、おかしい」

美希『そんなことないよ……ハニーのことを考えてるだけで、すっごくドキドキするのはいつもと一緒だもん』

P「美希……」

美希『ハニー、ハニー、ハニー……ねぇ、ハニー。まださっきの場所にいるの?』

P「……近くの交差点だ」

美希『あはっ……そっか。待ってて?』

P「あぁ」

美希『だいじょうぶだよ、ハニー。優しくしてあげるから……』

P「……」ピッ

P「……美希」

P「……こんな……こんなのって……ないよなぁ」



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:35:02.44 ID:iAAmI2Iu0

……トントントントン

P「……来たか」

美希「あはっ、ハニー……ミキが来るのわかったんだ! やっぱりこれって運命なの!」

P「……美希」

美希「だいじょうぶだよ。今度はね……」

P「……」ギュッ

美希「……? ハニーから抱きついてくるなんて積極的だね?」

P「……ごめんな、美希」

美希「え?」

P「俺がお前への返事をいいようにはぐらかしたから……こんなことになったんだよな……」

美希「……? だいじょうぶだよ、ハニー。ミキはハニーのこと大好きだよ?」

P「子供のじゃれつきだと思ってた。でも、そこまで思っててくれたんだよな……」

美希「……ハニー?」



407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:44:47.48 ID:iAAmI2Iu0

P「男の辛さはわかるからさ……美希」

美希「……?」

P「俺の全部をやるから……いつもの美希に戻ってくれよ……」ポロポロ

美希「ハ、ニー……」

P「なぁ……好きにしてくれていい。俺にできることならなんだってする」

美希「ミキ、は……」

P「頼むよ……俺は……俺は……」

美希「うっ……あぁっ……!」

P「いつもの美希が……キラキラしてるアイドル、星井美希が好きなんだよ……!」

美希「ああぁぁぁああああああ!!」グイッ

P「……!」



409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:48:00.59 ID:QZ5/m/QxO

美希の理性が吹きとんだか



416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 20:54:16.70 ID:iAAmI2Iu0

美希「ミキは、ミキはっ……!」

P「……」

美希「好きなの、ハニーが好きなの! 大好きなの!」

P「あぁ、俺も……星井美希のことが大好きだよ」

美希「でも、違うの……ミキは、こんな風にハニーとしたくないの!」

P「……美希」

美希「でも、モヤモヤするの! ドキドキするのが止まらなくて、苦しくって、切なくって!」

P「……」

美希「壊しちゃいそうなのに。今のミキはミキじゃないし、ハニーはハニーじゃないのに!」

P「美希」

美希「ダメなの。ハニーのことを……今眼の前にいる貴女のことを、めちゃくちゃにしちゃいそうなの!」

P「……いいんだ。元の性別でするよりずっと美希が傷つかないで済むんだから」

美希「ハニー、ハニー……!」



421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:05:07.14 ID:iAAmI2Iu0

P「あぁ、でもひとつだけしたいことがあるな」

美希「う、うん……なぁに? ミキ、なんでもするから……」

P「美希……」クイッ

美希「んっ……んんっ!?」

P「んくっ……ぁ……はは、キスぐらいは俺主体でもいいだろ?」

美希「ハニー!」ギュッ

P「……優しくしてね? なんてな」

美希「ごめんね、ごめんね……」

P「だいじょうぶだ。美希……だいじょうぶだから」

美希「はにぃ……はにぃいい……」

P「……」



428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:11:44.33 ID:iAAmI2Iu0


―――
―――――

P「……っつ」

美希「……ハニー」

P「うん……だいじょうぶだから」

美希「ごめんね、ミキ……」

P「男はケダモ○なんだぞー、美希も気をつけなきゃな……いてて」

美希「は、ハニーは……」

P「ん、女の子の身体って痛いのに強いんだなぁ……痛いけど耐えれるよ」

美希「でも……」

P「はいはい……だいじょうぶ……ってうわ、手もベトベトだな。これじゃ頭もなでられない」

美希「ハニー……」

P「ん、なんでもないって。お手ふきとかバッグに入ってたかな……」



435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:17:30.91 ID:iAAmI2Iu0

美希「あのね、ハニー……」

P「……美希」

美希「う、うん」

P「こんな痛いの、今の美希には味わせられないな」

美希「……それって」

P「まぁ……大人になったらな?」

美希「ま、待っててくれるの?」

P「美希が俺のことを好きでいてくれるならな」

美希「ハニー……」

P「あはは……んっ」スクッ

美希「あっ、無理しちゃだめだよ……?」

P「だいじょうぶだって……あはは……」



436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:19:09.43 ID:iAAmI2Iu0

―――――
キング・クリムゾン

我以外の時間はすべて消し飛ぶ!
―――――

されたから事後



442:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:22:49.34 ID:iAAmI2Iu0

P「あのさ、美希」

美希「……?」

P「ちょっと、かがんでくれないかな」

美希「う、うん」

P「よっ……んっ」クイッ

美希「んんっ……!?」

P「っぷぁ……ん、あのさ」

美希「ハニー……」

P「12センチ差がちょうどいいとかいうけど……片方がかがんで、片方が背伸びする身長差ってのも悪くないな?」

美希「うん……」

P「……美希」

美希「……ハニー」

P「……好きだよ」

美希「……大好きなの」


おわり



443:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:23:23.27 ID:7GjwCLM20

は?



445:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:23:48.85 ID:iAAmI2Iu0

あのさ、全員分書こうと思うと毎回美希に正妻持ってかれるのは美希がかわいいのがいけないの?

それとも俺が疲れて頭が回らなくなるのがいけないの?なんなの?死ぬの?



448:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:24:41.19 ID:brkaKzLi0

かわいいから仕方ないね



450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:25:10.72 ID:iAAmI2Iu0

一応全員分のネタとオチは考えてた

やよいと美希だけは回避方法がみつからなかった

ごめん。風呂入ってきてまだ残ってたらどうにか美希回避からの他アイドルいくよ……



455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:27:45.52 ID:fHbOA9PN0

お願いします、全員分お願いします。



467:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:53:07.52 ID:iAAmI2Iu0

>>343から

美希「ハニー……」

P「美希……」ウルッ

美希「……!」

P「ごめんな……俺……」

美希「あっ……あぁ……」スッ

P「美希……?」

美希「今……ミキは……ハニーを……」

P「お、おい」

美希「いやっ! ハニー……違うの、これは……」

P「……美希」



471:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 21:59:37.14 ID:iAAmI2Iu0

美希「ご、ごめんなさいなのっ!」ダッ

P「待て!」ガシッ

美希「ヤっ……離して!」

P「ダメだ。このままじゃ美希は……」

美希「うぅ……で、でも」

P「だいじょうぶだ、きっと男の身体に慣れてないせいだから……」

美希「う、うん……」

P「男の性衝動ってのはかなり激しいからな……我慢のしすぎもよくないぞ」

美希「……わかったの……」

P「うん、なんていうか……力になれなくてすまない」

美希「ううん……ミキ、だいじょうぶだよ」

P「美希……」

美希「あはっ、そんな暗い顔してちゃダメなの!」

P「ん、すまない……」

美希「……今日は、ごめんね? ミキ帰る」



473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:04:05.72 ID:iAAmI2Iu0

P「美希……」

美希「また明日ね、ハニー」

P「……あぁ、また明日」

テクテクテクテク……


P「……俺は何やってるんだか」

P「……あっ、このままだと響が半裸で一夜を過ごすことになる」

P「届けないとな……」

P「……本当に、まったく」



475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:08:22.11 ID:iAAmI2Iu0

―――――

ピーンポーン

P「……響ー」

響『プ、プロデューサーか?』

P「うん、遅くなったな……」

響『本当に遅すぎだぞ!』

P「すまん……」

響『……ねぇ』

P「ん、あぁ」

響『なにか……あったの?』

P「い、いや。別に」

響『嘘だ……ちょっと待ってて』

タッタッタッタ ガチャッ

響「プロデューサー……あがってよ」

P「……すまん。お邪魔します」



478:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:13:07.33 ID:iAAmI2Iu0

響「それで、何があったの?」

P「実は……さ」



―――

―――――


P「―――ってわけで」

響「……プロデューサー、サイッテーだぞ」

P「うん、これまで後回しにしてきたツケだよなぁ」

響「美希のこと……どう思ってるの?」

P「……嫌いではない。むしろ好きだ。だけど」

響「そういう中途半端が一番よくないさー」

P「……わかってるけど。もう何が何だかわからなくて」

響「もう、そんなんじゃ……」

グゥ~

P「……すまん」



479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:16:32.67 ID:iAAmI2Iu0

響「まさか、ご飯も食べてないの?」

P「あ、あはは……めんぼくない」

響「しょうがないなぁ……なにがあったっけ」

P「え?」

響「帰る途中でお腹減りすぎて倒れるなんてことになったら嫌だし、ご飯食べてきなよ」

P「あぁ、ありがとう……」

響「ん、自分完璧だからな! 期待してもいいぞ!」

P「……すまん」

響「お腹減ってたら考えだってまとまらないさー」



481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:20:22.24 ID:iAAmI2Iu0

P「……うまい」

響「まぁね?」

P「本当に響はすごいなぁ……ありがとう」

響「うん……プロデューサーも無理しちゃだめだぞ」

P「ありがとう……んん、なんだか疲れが……」

響「ちょっ、プロデューサー。こんなところで寝たら風邪……」

P「だいじょーぶだって……ちょっと、よこになってるだけだから……ねないよ……」

響「……はぁ。まったくもう」

P「……ねてないからなぁ…………」

響「はいはい、ちょっと布団出してくるから待っててね」



485:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:24:49.28 ID:iAAmI2Iu0

P「……んん、すぅ……」

響「結局寝てるんだから……まったくもう」

P「……ぁ……ぃ」

響「ん?」

P「…………きいろいにおいがする………」

響「き、黄色いにおいってなんだ!?」

P「……んー……すぅ……すぅ……」

響「ちょっ……はぁ、寝言にしたって意味不明すぎるぞ……」

P「………すぅ……すぅ……」

響「……寝てるんだよね?」



488:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:27:51.15 ID:iAAmI2Iu0

響「……」ゴクッ

P「……んっ……」ゴロン

響「ぁっ……プ、プロデューサー?」

P「………すぅ……すぅ……」

響「っ……じ、自分……今……」

響「うがー! なし、なしなし! 今のは気のせい! 気のせいだから!」

響「もうなにも考えない! おやすみ!」バッ

響「……ふ、布団がちょっとちっちゃい……足がはみでるぞ……」

響「うわーん!」



492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:33:43.31 ID:iAAmI2Iu0

―――――

P「……ぁ……んん?」

P「あれ……俺……」

P「ここは……えっと……」

P「そうだ、昨日は響の家で……あっ」

イヌ美「……」

P「……あはは、お邪魔してます。ありがとう」

イヌ美「……わふっ」

P「そうか、響の家でそのまま寝ちゃったのか……」

P「響は……まだ寝てるのかな?」

P「とりあえず起きるまで待とうかな……いや、書き起きだけでも残していこう」

P「……服やらも買ったままだしな」



494:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:40:18.13 ID:iAAmI2Iu0

―――――

P「……はぁ、早朝の空気ってのは澄んでるなぁ」

P「なんか、気分が少し落ち着く感じだ……健康になった気がする」

P「……ん?」

長髪「……あら~?」

P「……あの人、なにやってるんだ?」

長髪「あの~、そこのお嬢さん」

P「へっ、お……私ですか?」

長髪「そうです~、あの、ここってどこなんでしょう?」

P「ここって……×○町ですけれど」

長髪「あらあら~……」

P「……ひょっとして、道に迷ってるんですか?」

長髪「あらあら、ばれちゃったかしら……お恥ずかしいけれど……そうなんです」

P「なるほど……」



497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:43:19.43 ID:JvdRy1oS0

あずささんカマいな



499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:44:31.16 ID:iAAmI2Iu0

P「目的地は?」

長髪「たるき亭っていうお店なんですけれど……」

P「……あずささん、これだけ離れた場所でその名前だけいってわかる人はいないと思います」

長髪「……そうなのかしら。って……あら?」

P「……やっぱりですか」

あずさ「あの、失礼ですけれど……名乗りましたっけ……?」

P「いや、俺です。プロデューサーですよ」

あずさ「プ、プロデューサーさん……!?」

P「あはは……もう慣れてきちゃいました」



501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:47:36.82 ID:iAAmI2Iu0

P「……しかしあずささん」

あずさ「どうしました?」

P「いえ。思ったよりも雰囲気が変わって無くて安心してるんです」

あずさ「あらあら~……なにかあったんですか?」

P「えぇ、雪歩とか……響とか、いろいろと」

あずさ「まぁ、2人もなんですか……」

P「いえ、あずささんで記念すべき10人目です」

あずさ「えぇっ……そんなに……」

P「もう全員反転してても驚きませんよ……」



503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 22:54:11.14 ID:iAAmI2Iu0

あずさ「プロデューサーさん、大丈夫ですか……?」ギュッ

P「えっ、あぁ……はい。大丈夫です」

あずさ「なんだか顔が赤いみたいですけれど……」スッ

P「い、いやいや。本当になんでもありませんから!」

あずさ「そうですか……?」

P「えぇ……本当ですから」


P(あ、あれ? なんだこれ……顔が熱い……!?)

P(俺……いったい……どうなってるんだ……?)


あずさ「……あの~」

P「へっ、ひゃい!」

あずさ「あっ、ごめんなさい……考え事中でしたか?」

P「ぜ、ぜんぜん! なんにも考えてないですから! だ、だいじょうぶです!」

あずさ「そうですか~、無理はしちゃいけませんよ?」



507:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:00:34.62 ID:iAAmI2Iu0

P「……あ、あぁそうだ。事務所に向かってるんですよね?」

あずさ「そうなんですけれど、身体がいつもと違うせいか迷ってしまって……」

P「なら俺が一緒にいきますよ。任せてください」

あずさ「プロデューサーさん……ありがとうございます」

P「いえいえ、これぐらい……」

あずさ「……あっ」

P「どうしました?」

あずさ「その……手を繋いでもいいでしょうか?」

P「手……ですか?」

あずさ「本当に気がついたらはぐれていることがあって……律子さんにはいつも頼むんですけれど」

P「……まぁ、あずささんが嫌でないのなら」

あずさ「だいじょうぶですよ~。プロデューサーさんとなら楽しいぐらいです」



508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:06:10.73 ID:iAAmI2Iu0

P(お……おかしい)

P(手を繋いでるだけなのに……こんな……)

あずさ「あら、あれは……」

P「あ、あずささん」

あずさ「あぁ、すいません……綺麗なちょうちょが飛んでたんですよ~」

P「まったくもう……」

あずさ「おはずかしいですね……ふふっ」

P「……ほ、ほら。いきますよ」グイッ

あずさ「あっ……はい」

てくてくてくてく……

P「……でも」

あずさ「なんでしょう?」

P「……いえ、あずささん、歩くペースあわせてくれてますよね」

あずさ「……あらあら~」

P「……すいません、こんな身体で」



512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:13:45.61 ID:iAAmI2Iu0

P(これは……なんなんだろう)

てくてくてくてく……

あずさ「あっ、見てくださいプロデューサーさん、あそこのお花……あら?」

P(少なくとも、男のころに感じたことはないような……)

てくてくてくてく……

あずさ「あの、プロデューサーさん……」

P(わかんないな……これは……いったい……)

てくてくてく……

あずさ「プロデューサーさん?」

P「……あっ、なんでしょうか?」

あずさ「……ふふっ、呼んだだけですよ」

P「えっ……そんな」

あずさ「ぼーっとしてちゃ危ないですよ?」

P「……気をつけます」



514:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:17:39.19 ID:iAAmI2Iu0

―――――

P(どうにかついたけど……これはいったいなんなんだろう?)

P(恋とか……とは違う気がするんだけど……)

あずさ「プロデューサーさん……」

P「あっ、大丈夫ですよ? ちょっと今日の業務の復習してただけですから」

あずさ「そうなんですか……?」

P「えぇ、まったく問題ありませんから……じゃあとりあえず事務所入りましょうか」

あずさ「あぁ、そうですね~。いつまでもドアの前にいても仕方ないですものね」

ガチャッ

漢「……」

バタンッ

P「……なんだ今の」



517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:20:04.34 ID:iAAmI2Iu0

あずさ「あ、あの……プロデューサーさん」

P「は、はい」

あずさ「今……見間違いだったかしら? すごくたくましい男の人がいたような……」

P「……北斗の拳とか男塾にでてきそうな人がいましたね」

あずさ「あっ、やっぱり……」

P「……一応もう一回見てみましょうか」

ガチャッ

漢「……うぬら、何用じゃ」

P「すいません間違えました」

バタンッ

P「……うぬっていわれました」

あずさ「……初めてきいたかもしれないわ~」



523:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:23:21.19 ID:bUcsIYu70

わろた



526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:25:38.32 ID:iAAmI2Iu0

P「いったいどういうことでしょう? 新しい社員さん……プロデューサーかな」

あずさ「えぇっ、あの……失礼な言い方ですけれど雪歩ちゃんには辛いと思いますけれど」

P「ですよね……社長もそこら辺はわかってるはずなのにいったい……」

ガチャッ

漢「……」ヌッ

P「ひっ、うるさくしてすいません!」

漢「やだなぁ、冗談ですよ冗談」

あずさ「えっ……」

漢「あれ、わかりませんか? ほらこのインカムを……」

パキンッ

P「あっ……折れた……」

漢「……」



529:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:26:11.04 ID:1HwRpZEI0

どうすんのこれ



534:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:31:46.73 ID:iAAmI2Iu0

P「……すごい……人間って落ち込むとあんなに小さくなるんだ」

あずさ「あ、あの……音無? さん……」

漢「……違うんですよぉ……朝目が覚めたらこんなになってて……」ツゥ…

P(……すごい。まるでずっと共に闘ってきた友が散った時のような見事な男泣きだ)

小鳥「それで……朝来た人を驚かせようと思ったら知らない人が二人も入ってきて……」

P「あっ……連絡してませんでしたっけ」

小鳥「お話だけは一応聞いてたので、ちょっと考えたらわかりましたけどぉ……」

あずさ「まぁまぁ、音無……さん……?」

小鳥「そこに疑問符をうたないでください……」

P「だから……」

小鳥「とっさに『うぬ』とか言っちゃいましたけど、あれ私の趣味じゃないですからね?」

P「えぇ、まぁ趣味なら趣味でいいんじゃないですかね……」

小鳥「そんな殺生な!」ガシッ

P(超怖い)



544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:35:50.15 ID:2Wyi6QMk0

もうこれ何の事務所だよ・・・



551:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:40:04.42 ID:iAAmI2Iu0

タッタッタッタ……ガチャッ!

春香「おっはようご……間違えました!」

バタン!

P「待て春香! 間違えてないから!」

キィ…

春香「えっ……プロデューサーさん?」

P「うん、ここは765事務所に間違いないから!」

春香「……え、あの……えーっと」

あずさ「春香ちゃん、かっこよくなったのね~」

春香「あっ、あずささん?」

あずさ「うふふ、なんだか不思議ね」

春香「……と……」

小鳥「……新しいプロデューサーとしてやってきた拳王だ」

春香「は、はい……よろしくおねがいします……」

P「音無さん、それジョークになってません」



558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:45:45.50 ID:iAAmI2Iu0

春香「えっ……音無……ええぇぇぇっ!?」

小鳥「……うん、びっくりよね。私ですよ?」

春香「ちょっ……小鳥さんなんですか? 本当に!?」

小鳥「私が一番ショック受けてるのよ……春香ちゃんもあずささんもまぁかっこよくなって……」

春香「小鳥さんもかっこいいですよ……?」

小鳥「うん……うん……確かにかっこいいけどね……私が求めてたかっこよさってこうじゃないの……」

P「拳ひとつで覇道を歩くタイプのかっこよさですものね……」

小鳥「……あぁ、なんだかもう……私だけ不公平じゃない!」ダァン!

あずさ「あっ」

春香「……わぁ」

P「……あの」

小鳥「……はい」

P「机、歪みましたね」

小鳥「……そんなに力入れたつもりはなかったんですけれどね」



569:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:51:21.34 ID:iAAmI2Iu0

小鳥「……もう、諦めます」

P「いやいや、でも……」

ガチャッ

雪歩「おはようござ……ひいぃぃっ! 男の人が!」

真「ちょっ、雪歩……ってうわぁ! 誰だお前!」

小鳥「きゃあぁぁぁっ!? 黒服さん!?」

P「ちょっ、落ちつけ! 落ちついて!」

雪歩「だ、だってこんなに男の人が、おと、おととと……」プシュゥ……

P「あっ……限界がきたのか」

真「だ、誰だお前は!」

小鳥「……我が名は」

P「だからそれギャグになんないですってば! 自分でダメージ受けてるんだからやめてくださいよ」

小鳥「……はい。私よ……ほら、これ」スッ

真「折れたインカム……!? お前、小鳥さんになにを!」

春香「……真、それ本人だよ」



571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:52:31.45 ID:JvdRy1oS0

インカムが本体!?



580:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:59:03.43 ID:iAAmI2Iu0

P「もう……音無さんはちょっとタイミングずらして出てもらえませんか?」

小鳥「……わかりました、給湯室いきます」

雪歩「あ、あれが本当に小鳥さんだなんて信じられないですぅ……」

春香「うん、私としては雪歩もそうとうインパクトあるんだけど……」

真「……はぁ、めちゃくちゃですね」

あずさ「いつもよりも事務所がにぎやかね~」


……ガチャッ

春香「!」

青髪「……あら?」

P「……男の子、いや」

青髪「ここは……765プロ事務所よね?」

P「千早……か」

千早「……? 貴女はどちらさま?」



586:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:04:08.71 ID:ov1xgWsL0

P「……みんな千早と同じ状態になった765プロのメンバーだよ」

千早「えっ……ええっ?」

春香「あはは、やっほ……千早ちゃん」

千早「春香……?」

あずさ「おそろいなんてすごいわね~」

千早「あずささん……?」

真「……うん」

千早「真……」

雪歩「あの……」

千早「……だ、誰?」

小鳥「あの、お茶を……」

千早「……!?」

P「あっ、待て千早。黒服は雪歩でたくましいのが音無さんだから」

千早「は……はい……?」



595:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:13:00.33 ID:ov1xgWsL0

千早「……なんというか、そんなこともありえるんですね」

P「俺もびっくりだ……あー、午前から営業やレッスンあるのはこれで全員かな?」

あずさ「あの、律子さん達がまだなんですけれど~」

P「……あずささんは午後からでしたよ?」

あずさ「あらあら、だいぶ早くついたんですね……」

P「普段どれだけ迷う前提なんですか……さて他は?」

春香「あの……レッスンはともかく営業は……」

P「……うん、事情を説明して使ってくれそうなところにはそのままねじこもうかなと」

真「大丈夫かな……」

P「まぁ、正直他のメンバーをっていうのも辛い感じだからな……ヘタをすれば全員反転済みかもしれないし」

小鳥「ありえないっていいきれないところが怖いですね……」ゴゴゴゴ

雪歩「あっ、みなさんお茶ですぅ……」

P(……この2人が一番怖い気がするが)



606:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:22:50.79 ID:ov1xgWsL0

ガチャッ…

橙髪「……あ、あのっ」

P「ん、迷子……じゃないよな」

橙髪「はわっ……お、お姉さんはどちらさまですか?」

P「……プロデューサーだよ、やよい」

やよい「はわわっ!?」

千早「高槻さんまで……男の子に……?」

春香「……でもあんまり雰囲気は変わってないんじゃないかな?」

あずさ「やよいちゃーん、こっちにいらっしゃい?」

やよい「あ、あの……じゃあお兄さん達は……」

あずさ「私はあずさよー、みーんな男の子になっちゃってるの」

やよい「はわっ……み、みんなですか!?」

真「うん……やよいまでとは思わなかったよ。大丈夫?」

やよい「う、うん……あの、真さんですか?」

真「……ボクはみんな一発でわかるんだよね、なんだか複雑な気分」



612:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:31:54.84 ID:ov1xgWsL0

やよい「あ、あのっ……私……」

P「ん、朝起きたら男になっててどうすればいいかわからなかった……のか?」

やよい「あっ、そうです! プロデューサーすごいですーっ!」

P「まぁこれぐらい……」

やよい「あ、あと……その……」

P「ど、どうした?」

やよい「……えっと……へん、なんです」

P「……変?」

やよい「わ、私……その……実は……」

春香「あっ……時間……!」

P「へ? あっ……あぁぁっ!?」

真「ちょっ、春香収録なんじゃ……」

春香「う、うん! ちょっとドタバタしすぎてて時間がたってたなんて……ご、ごめんねやよい! 話遮っちゃって」

P「……あーもう、いくぞ! ごめんやよい。絶対あとで聞くから!」

やよい「……うっうー……」



624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:43:53.36 ID:ov1xgWsL0

千早「……高槻さん、大丈夫?」

やよい「だ、だいじょうぶです……ちょっぴりへんかなーって、いおうと思ってただけで……」

千早「変って何が……」

やよい「それは……あの、起きた時から、その……」

千早「……?」

やよい「ご、ごめんなさい! やっぱり男の人にしかいえないかも……」

千早「そう……気にしないで。でもなにか力になれることがあったらいってね?」

やよい「はい……」

千早「……私はボーカルレッスンが入ってるのだけど」

やよい「あっ……」

千早「高槻さんは今日は午後からだったわよね? どうするのかしら」

やよい「どうしよう……」

千早「……よければ一緒にやってみる?」

やよい「えっ……いいんですかぁ!?」

千早「えぇ、男の子の身体じゃないと出せない声もあるでしょうしいろいろ試したいから……意見は多く聞きたいし」



634:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:53:58.35 ID:ov1xgWsL0

―――――

千早「~♪……んっ、あー」

千早「……なるほど、喉仏があるだけでだいぶ出せる声の幅は広がるのね」

やよい「うわぁ……すごいです!」

千早「ありがとう……でも、出せる幅が広がる代わりに出にくくもなってるのよね……」

やよい「……? えーっと」

千早「あぁ、ごめんなさい……一応、男の身体でも女の声は出せるみたいなの……こんな風に」スゥ

千早「~♪ ~♪ ……ね」

やよい「わぁ……あの、でも……」

千早「えぇ、聞いての通りノイズが混じるのは……純粋な私の力不足よ」

やよい「……そうなんですか?」

千早「もっと完璧に身体を操作できれば……ふふっ、男の人の身体って面白いわ……燃えてきた」



636:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:59:59.36 ID:ov1xgWsL0

―――――

P「すいません……このたびは」

D「いえいえ、大変ですねぇ……春香ちゃん、いえ春香君? だけじゃなくてプロデューサーくんまで反転しちゃうなんて」

P「いやぁまったく……」

D「そうそう、ここだけの話……最近ジュピターをみないと思わない?」

P「……あぁ、そういえば」

D「あれ、全員が反転しちゃって変な趣味に目覚めたからとかなんとか……」

P「えぇー……流行り病じゃないんですから」

D「まぁ、765プロさんも流行の最先端をいってるってワケね?」

P「あはは……」



639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:10:29.66 ID:ov1xgWsL0

P(……どうにか春香は『流行り病にかかっちゃってますけど元気です。健康には問題ありません』ってアピール含めてで出られるみたいだ)

P(いやいや、健康には害がないしうつらないっていうのに風評被害が結構あるかららしいけど)

P(まぁ、僥倖だな……ついてる。他のみんなもおおむね問題ないだろう)

P(……雪歩以外)

P「……イメージがすさまじい誤差を起こしてるのって音無さんと雪歩ぐらいだしなぁ」

P「はてさて……」

prrrr prrrr

P「っと、電話?」

P「誰から……って」

着信[律子]

P「……? 俺の携帯に個人的に? 珍しいこともあったもんだ」



648:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:25:04.80 ID:ov1xgWsL0

男声『あの、プロデューサーですか?』

P「ん……あれ? 律子……?」

男声『あれっ、番号間違えたかな……すいません!あの』

P「まて、律子だな? 俺だ。765プロプロデューサーに間違いないぞ」

律子『えっ……プロデューサー!? 本当に?』

P「うん……まぁ、たぶん今の律子と同じ……逆の状態になってる」

律子『……なるほど』

P「それで……どうしたんだ?」

律子『……実は、その。おはずかしながら服が……』

P「……あぁ、なるほど。律子も結構背が小さめだもんな……」

律子『や、やたら大きくなっちゃってて……助けてもらえませんか?』

P「ん、わかった……家までいけばいいのか?」

律子『えっと……大丈夫なんですか?』

P「ん。たぶんどうにかなるさ……午後組合流しても俺一人ってほうがキツい」



653:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:36:02.07 ID:ov1xgWsL0

―――――

P「さて、春香には一応メモを残してきて……」

P「まあ収録が終わるまでに往復できそうな距離だし問題ないだろう」

P「とりあえずフリーサイズの大きいジャージでいったん出てもらって、ちゃんとした服はその状態で自分で買ってもらうか」

P「んんー、しかしなぁ……」

P「……あとは伊織だけか?」

P「これで伊織だけ普通のままだったら笑えるんだけどなぁ、音無さんみた時のリアクションとか知りたい」

P「……ん、よし。ここらへんか?」

P「律子の家は……っと」

P「秋月……秋月……」

P「あっ、部屋番号聞けばいいのか」prrrr prrrr



654:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:40:19.98 ID:ov1xgWsL0

律子『はい』

P「律子か? 部屋番号って何番だっけ」

律子『えっ……もう買ってきてくれたんですか?』

P「仕事が早くなきゃプロデューサーなんてやってられないんだぜ」

律子『……まったく、頼りになりますね。プロデューサー殿は』

P「嫌味か?」

律子『本心ですよ』

P「ははっ……それで?」

律子『部屋は306号室です。ありがとうございました』

P「いえいえどういたしまして……それじゃあ後で」ピッ



658:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:47:17.35 ID:ov1xgWsL0

ピーン…ポーン……

P「……」

ガチャッ

P「あっ、り……つ……?」

眼鏡「あぁ、ありがとうございます! 助かりました」

P「え、あぁ……うん……」

眼鏡「しかし……プロデューサー、本当にかなり縮んじゃったみたいですね……」

P「う、うん」

眼鏡「私もバリバリお手伝いしますから、なにかあったらいってくださいね?」

P「……うん」

P(……まさかのダークホースだ)

P(音無さんが男塾なら律子は……まるで少女漫画)

P(腕が……足が……長い、内臓入ってるのかあのウエスト? 男だよな?)

P(それでいて上背が180以上……なんだろう、すごくかっこいいアンガールズみたいだ)

P(……いや、かっこいいんだけどさ。これは危ういな。いろいろと……)



662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:51:50.82 ID:KBhtVDJx0

>>658
凄くカッコイイアンガールズ






アンガールズ?



663:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:53:28.70 ID:Z4/W+e760

それアンガールズじゃない……



664:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 01:55:01.89 ID:ov1xgWsL0

律子「……・どうしたんですか?」

P「ん、あぁ……律子もかなりイメージが変わる反転したんだなぁって」

律子「私……『も』?」

P「うん、雪歩なんてガチムチのたくましい男になっててさ」

律子「雪歩がぁ!?」

P「うん。あとは響が高身長のさわやかなスポーツボーイになってる」

律子「あー……あ、でもなんかそれは納得できるかも」

P「そうか……うん。あとは……」

律子「あとは?」

P「……音無さんもだいぶおっきくなってたかな。律子以上に」

律子「へぇ……音無さんまでですか……よし、じゃあ着替えますからちょっと外で待っててください」

P「ん……わかった」



672:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:05:26.42 ID:ov1xgWsL0

律子「お待たせしました……ってまぁ、これじゃあ……」

P「……まさかの丈が微妙に足りないパターンとはな」

律子「……まぁ、もともとこれで仕事いくわけにもいかないわけですしちゃんとしたのを買ってからいきますよ」

P「すまん」

律子「いえ、やっぱりこれ……手も足も長いってことですよね……」

P「……うん、まぁ正直見た時はびっくりしたよ」

律子「あはは……はぁ。まるで」

P「かっこいいアンガールズみたいだなぁって」

律子「はい?」

P「……ん?」

律子「……他に言い方があるんじゃないですかね、プロデューサー殿?」

P「……第一印象って大事だよな」

律子「……」グリグリ

P「いでででっ!? ちょ、俺は亜美じゃな、いたいいたいって!」



675:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:10:50.84 ID:ov1xgWsL0

P「……あいたたた」

律子「まったく、冗談にしたってひどすぎますよ!」

P「すまん……」

律子「……じゃあ、今度こそちゃんとした服にしてからいきますから」

P「ん、頼むよ」

律子「……はぁ」

P「ん?」

律子「いーえ、なんでも!」

P「そうか?」

律子「そうです。……じゃ、またあとで!」

P「うん。じゃあまた?」



676:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:17:28.72 ID:ov1xgWsL0

P「なんで律子はあんなに怒ったのかな……うーん」

P「っと、春香を迎えに行って……いったん事務所に戻って……」

P「今日はなんだかんだで割と忙しいなぁ……」

P「……美希のことも考えないといけないけどアイツ今日はオフだっけ」

P「……はぁ」

P「あと……なんなんだろうなあ」

P「時々……胸が痛いのは……いったい……」



685:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:24:25.26 ID:ov1xgWsL0

―――――

ガチャッ

P「ただいまー」

春香「ただいま帰りましたー……って、あれ?」

デコ「……」

P「……そこの利発そうな少年は?」

デコ「……あんた、プロデューサー?」

P「えっ、あぁ」

デコ「ふぅん……じゃあそこの普通の感じなのが春香?」

春香「ふつっ……失礼な……ってあれ?」

P「……なぁ、伊織だよな?」

伊織「……そうだけど?」



693:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:30:18.95 ID:ov1xgWsL0

P「……どうした? なんだかやけに機嫌が悪そうだけど」

伊織「別にそんなことないわよ」

あずさ「……あの、プロデューサーさん」

P「あっ、あずささん……いったい何が?」

あずさ「実は……」

伊織「ちょっと! いくらあずさでも勝手にいったら怒るわよ!」

あずさ「……でも、プロデューサーさんはバカにしたりしないと思うわ」

伊織「……」

P「……なぁ、伊織。なにがあったんだよ?」

伊織「……絶対笑わない?」

P「あぁ、約束する」

伊織「……なら、いい。いうわ」



695:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:38:08.47 ID:ov1xgWsL0

伊織「……さっき、事務所についたの」

P「うんうん」

伊織「で、ドアを開けたら……小鳥がいて……」

P「……あぁ、うん」

伊織「何度も確認したわ。ドッキリカメラだと思ったもの」

P「……また『うぬ』とかいってた?」

伊織「……うん」

P「……本人に悪気はないらしいから許してやってくれないか」

伊織「……それで、驚いてたら雪歩が帰ってきて」

P「……あぁ」

伊織「ねぇ、スコップ担いだ強面がすごい速度で階段を駆け上がってくる恐怖がアンタにわかる!?」

P「……いや、ちょっとイメージ力のキャパを超えてるかもしれない」



696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:42:21.28 ID:ov1xgWsL0

伊織「そしたら後ろから小鳥がなんか変なこといいながら迫ってくるから……私……」

P「……?」

伊織「その、しっ……しっ……しっ、ししっ」

P「笑い方変えたのか?」

伊織「違うわよ! その、しちゃったのよ……しっ……」

P「あぁ、失神か」

伊織「……えっ、あの」

P「なんだ伊織も案外怖がりだなぁ……」

伊織「ちょっ……ちが……」

春香「……伊織」ボソッ

伊織「……なによ」ボソボソ

春香「きっとプロデューサーさんなりに気を使ってくれたんだよ……私だって何も知らずに挟まれたら怖いと思うし」ボソボソ

伊織「気をって……そんな器用なことできるようなバカじゃないじゃない」ボソボソ

春香「ほら……それも実は世間を欺くための姿みたいな」ボソボソ

P「……ん?」



698:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:45:52.42 ID:ov1xgWsL0

P「まぁ、いいじゃないか。人生何事も経験だと思うぞ?」

伊織「……はぁ、もう」

P「どうした?」

伊織「ん、もういいわ。ジュース買ってきて」

P「かしこまりましたお嬢様」

伊織「……今の私は一応男なんだけど」

P「ん、じゃあ……かしこまりましたおぼっちゃま?」

伊織「……何故か若干字面がまぬけっぽいわね」

P「おぼっちゃまくんとかいろいろあったからなぁ……」



702:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:50:27.56 ID:ov1xgWsL0

伊織「……女になっても変わってないのね」

P「ん、まぁ俺は俺だしなぁ……でもさ」

伊織「……なによ?」

P「いや。女の身体って結構大変だなぁって思うことも多々あるんだよな」

伊織「……ふぅん?」

春香「でも、男の人の身体も大変だなぁって思いますよ……?」

P「そうか?」

春香「えぇ、特に……って、あぁっ!」

P「ど、どうした?」

春香「昨日は本当にすいませんでした! よく考えたら正式にお詫びしてなかったですよね……」

P「いやいや、あの後電話で謝ってくれたじゃないか……」

春香「でも、面と向かって言ってなかったのを忘れてたなんて……私ったら」

P「まぁ、ドジなところも春香らしくていいんじゃないか? いいよ、気にしなくても」



705:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:54:34.31 ID:ov1xgWsL0

伊織「……」イライラ

春香「でも、プロデューサーさんが……」

P「いやいや、だからな……」

伊織「ちょっと!」

P「あぁ……すまん」

春香「あっ……ごめんね?」

伊織「……別に、ヒマだからいかせないで話を聞いてあげてるけど。本当はジュース買いに走ってなきゃいけないのよ?」

P「あぁ……なら今からひとっ走りでも」

伊織「そうじゃなくて……」

P「ん?」

伊織「女の身体になって何が大変だと思ったのかとか、聞いてあげるっていってるのよ」

P「んー……いいのか?」

伊織「私が聞かせなさいって言ってるのよ。文句ある?」

P「いいえ、なにも」



706:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:56:10.16 ID:ov1xgWsL0

実は今日も早い上に携帯ぽちぽちも厳しいんだ
昼過ぎまで残せっていうには残りも微妙だし

一人だけENDまで書く。>>709で



709:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:58:02.54 ID:KBhtVDJx0

うーんじゃあ春香かなーなんかかわいそう。



715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:05:38.68 ID:ov1xgWsL0

P「あのさ……女の子の身体って見られてるんだなぁって」

伊織「はぁ?」

P「いやね……男の立場からしてみればチラ見ぐらいならバレないと思ってるしやるのが普通だと思ってるフシがあるけど」

伊織「……変態」

P「返す言葉もないな……」

春香「で、でも男の人になってみると……ね、わからない? 伊織」

伊織「……べ、別に」

P「まぁ……とにかく。そんな好奇の視線にさらされるってのが思ってたよりも辛かった」

伊織「女の子は見られて綺麗になるともいうわね。常に見られていると思って意識して達ふるまえって」

P「あー……すごいな伊織は。そんな昇華のしかたはできないよ」

伊織「別に、これぐらい常識よ?」

P「……そうなのかなぁ、春香」

春香「えっ、えっと……その……聞いたことあるような」

P「そうかぁ……すごいな淑女諸君……俺は紳士失格だよ……」



717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:12:36.81 ID:ov1xgWsL0

P「……はぁ」

伊織「……まぁ、あんたもがんばりなさいよね」

P「あぁ、プロデューサーとしてちゃんと女性ってものを知っとかないとな。貴重な機会だし」

春香「あっ……じゃあ私達もちゃんと男の子っていうものを知っといたほうがいいんですかね?」

P「ん……確かにそうだなぁ。マーケティングのメイン層の気持ちを味わえるわけだし」

伊織「……いつもよりなんかムカムカするんだけど、これもメイン層の気持ちってやつなのかしら」

P「え?」

伊織「あんたがそばにいると……なんか、こうね」

P「……俺のこと、嫌いか?」

伊織「……わかんないわよ、バカ」

春香「……」



718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:16:36.42 ID:ov1xgWsL0

P「んー、伊織は思春期男子になったわけだし……そこら辺はあるかもしれないなぁ」

伊織「どういう意味よ」

P「こう、自分は特別な存在だって信じちゃったりとかしてさ……」

伊織「なに? アンタのことを嫌いなのが特別なことだとでもいいたいわけ!?」

P「いやいや、そうじゃなくてさ……」

伊織「……ふん、わかってるわよ。言いがかりでもつけたくなるような気分になってくるの」

P「……伊織」

伊織「むやみに当たり散らしてもモヤモヤがはれないし……ちょっと散歩してくる」

P「大丈夫か?」

伊織「……別に、遠くまでいこうってわけでもないんだから問題ないわよ」

P「そうか? 気をつけろよ」



720:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:21:26.62 ID:ov1xgWsL0

ガチャン……バタン

P「……そういえば音無さんはどこいったんだろうな?」

春香「……さぁ、どこでしょう?」

P「……」

春香「……」

P春香「「あの」」

P「……先にどうぞ?」

春香「いや、プロデューサーさんこそ……」

P「……ん」

春香「……ね?」

P「……わかった、あのさ」

春香「……はい」



721:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:25:23.39 ID:ov1xgWsL0

P「…………あー」

春香「……?」

P「いや……なんかさ、ちょっと」

春香「どうしたんですか……?」

P「わかんない。胸が苦しくなる時があってさ……俺が、俺じゃなくなりそうで」

春香「えっ?」

P「……反転した性別の感覚って、どこまで正常だと思う?」

春香「……えーっと……なんの話ですか?」

P「……今の俺、いや……私は、男にときめくみたいでさ」

春香「え、えぇっ……?」



722:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:29:25.81 ID:ov1xgWsL0

P「いやぁ、ドン引きだろ……?」

春香「で、でも仕方ないですよ。身体がまるごと変わっちゃってるんですもん」

P「……でもなぁ」

春香「だ、だいたい……なんで私にそんなこと話してくれたんですか?」

P「……あっ、なんでだろ」

春香「えぇっ、理由とかないんですか!?」

P「わかんない……かなぁ」

春香「プロデューサーさん……」

P「でも……春香ならいいかなって思ったのかもな」

春香「えっ……そ、それって」

P「最初に一緒に反転したしな?」

春香「……まぁ、そうですけれどね」



724:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:33:29.56 ID:ov1xgWsL0

P「…………」

春香「……あの」

P「ん、どうした?」

春香「実は……私もなんです」

P「私も、って……?」

春香「……今の私、女の子にときめいちゃうみたいなんです」

P「……へぇ」

春香「奇遇、ですかね?」

P「……そうだなぁ、奇遇だな」

春香「おそろいですかね?」

P「……どうだろう、逆の気持ちなわけだし」



725:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:37:12.24 ID:ov1xgWsL0

春香「……あの、プロデューサーさん」

P「……どうした?」

春香「……だから、っていうと変なんですけれど」

P「うん……?」

春香「プロデューサーさんのスーツ、クリーニングに出して家に置いてありますから」

P「……あぁ、そういえば昨日」

春香「貸してくれてありがとうございました。それと……」

P「……ん?」

春香「…………正直に言ったほうがいいと思います?」

P「……なんのことかイマイチピンとこないけど、正面突破のほうが気持ちがいいらしいぞ?」

春香「……じゃあ、それで」



728:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:41:37.93 ID:ov1xgWsL0

P「……うん」

春香「あの、襲っちゃったのって……相手がプロデューサーさんだったからだと思うんです」

P「……?」

春香「私、実は……男の人と、女の子の時から、アイドルとプロデューサーになってすぐに」

春香「……プロデューサーさんのことが、好きになっちゃったんです」

P「…………」

春香「……あっ、でもプロデューサーとアイドルって許されない恋だっていうのも知ってるんですよ?」

P「……そう、か」

春香「……だから、返事は無くても……別に、大丈夫ですから」

P「……なぁ、春香」

春香「……どうしたんですか?」



729:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:45:39.88 ID:ov1xgWsL0

P「…………」

春香「プロデューサーさん……?」

P「……プロデューサーがアイドルを襲うのはまずいけどさ」

春香「……そう、ですよね」

P「……アイドルがプロデューサーを襲うんならいいんじゃないかな」

春香「……あぁ……って、えっ?」

P「……いや、同意があっても、男が加害者で女が被害者って構図は変わらないだろ?」

春香「……この前のニュースで女教師が逮捕されてましたけど」

P「…………」

春香「……あの」

P「……うん、おいとこう」

春香「……はい」



731:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:53:35.00 ID:h9AZcisbO

P「……はぐらかすのはやめるよ」

春香「……はい」

P「……俺も、春香のことが好きだ」

春香「……!」

P「プロデューサーとアイドルって立場を超えたいと思ってる」

春香「……そ、それなら」

P「……でもな」

春香「……」

P「……普通のアイドルが恋人を持つなんて許されないんだ」

春香「……はい、知ってます」



734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 03:59:31.45 ID:h9AZcisbO

P「……だけど例外はあるよな」

春香「……例外……?」

P「日高、舞」

春香「……!」

P「……16歳でのデキ婚を日本中が祝う……なんてな。あれがトップアイドルなんだろう」

春香「……私が……ですか?」

P「……春香だからできると思ってるんだ」

春香「…………トップアイドル」

P「彼女のための場、Sランクアイドルに……なれたなら。無理を通せる。道理をねじ曲げられる」

春香「……」

P「……無理はしなくていい。きっと思っているよりずっとつらいはずだ」



736:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 04:04:48.07 ID:ov1xgWsL0

春香「……プロデューサーさんは待てるんですか?」

P「……ん、なんか女になってから性欲が薄くなってるのかな? いくらでも待てそうだよ」

春香「……私、男の子としては……我慢できそうにないと思うんですけど」

P「……でも、それを我慢するよりもずっと辛いことになるだろう」

春香「……それでも」

P「……それでも、一緒にいたいって思うんだ」

春香「……一緒にいてくれるんですか?」

P「……春香をトップアイドルにしてみせるから。それまで」

春香「…………」

P「……いや、それから先もずっと、一緒にいたいんだよ……春香」

春香「プロデューサーさん……」



737:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 04:12:25.50 ID:ov1xgWsL0

P「……あとさ」

春香「……?」

P「アイドルをキズものにするのはダメだけど……」シュルッ

春香「えっ……な、なんで脱いでるんですか?」

P「……今、春香が男だろ? 男の辛さはわかるつもりだからさ」

春香「……プロデューサーさん?」

P「……繋がりが、証が欲しいって思うのは男だからなのかな、女だからなのかな」

春香「……好きだから、じゃないですか?」

P「……あぁ、そうかもな」

春香「……プロデューサーさん、いいんですか?」

P「……春香が欲しい」

春香「……ん」スッ

P「……んん」

春香「…………好きです、プロデューサーさん」

P「…………大好きだよ、春香」



739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 04:15:13.76 ID:ov1xgWsL0

お わ り










暴漢「うおおおー! ムシャクシャするぜー! このビルの中に爆弾をしかけてやる!」

小鳥「……」

暴漢「な、なんだてめぇ! どかねぇとナイフでぶっ刺すぞ!」

ブンッ! スカッ

暴漢「な、なにィ!?」

小鳥「……ふふ、この小鳥の拳も悲しみを背負うことができたわ!」スゥッ…

暴漢「バ、バカな!」

小鳥「無想転生!」

暴漢「ぐあああああああああ!」

KEN-O END



740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 04:16:17.95 ID:ov1xgWsL0

勢いでののっとりから長々とありがとうございました
実は拳王ぴよ子が一番最初に浮かんでそこが書きたかっただけなんだ……

おやすみなさい。よい夢を



744:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 04:18:39.10 ID:hzl9NPcp0

乙でしたー



760:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 10:31:58.23 ID:vzPkNtxUO

おつかれ。
おもしろかったぞ



762:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 10:39:17.45 ID:EWo5ktn90

ゃょぃはどうなったんだ・・・



763:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 10:53:33.26 ID:81LVYBj2O

やよい√を・・・



764:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 11:37:02.08 ID:DNZE01J+0

やよいはなんだったんだよ



766: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/06/28(木) 12:24:51.05 ID:GN3/ol0X0

なんまだ残ってるんだwww



769:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 12:55:15.59 ID:ov1xgWsL0

……なんで残ってんの?

ちょっと待ってね、やよいルートでいいかな



770:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 12:55:47.84 ID:qAYhgolx0

キタワァ!!



772:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 13:00:38.76 ID:ov1xgWsL0

>>718から

春香「あっ、私もついていっていい?」

伊織「ん……別にいいけど……いいの?」

春香「あー……うん、大丈夫」

P「いってらっしゃい」

春香「いってきます」

伊織「……ん、じゃあね」

ガチャ… バタン

P「……あー」

P「……なんだろうなぁ、俺……男だよな?」

P「なんで男に……ときめいてるんだか……」



774:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 13:10:54.74 ID:ov1xgWsL0

ガチャッ

やよい「ただいまーっ!」

千早「……ただいま」

P「ん、おかえり」

千早「プロデューサーだけ、ですか?」

P「うん、他のみんなはそれぞれ用事があるみたいでさ……春香と伊織はすぐ戻ってくるんじゃないか」

千早「なるほど……プロデューサー」

P「ん、どうした?」

千早「なってみて初めて思いましたけど……男の人の身体って面白いんですね」

P「……え?」

千早「出せる声の種類も幅もだいぶ変わりましたし、女のままじゃ出せない領域の声が出せるのはなかなか面白いです」

P「あ、あぁ。そういう意味だよな……うん」

千早「?」

P「なんでもない。気にしないでくれ」

千早「……? わかりました」



778:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 13:20:44.27 ID:ov1xgWsL0

P「そうだ、やよい……」

やよい「は、はい」

P「出る前になにか言いかけてたよな? どうしたんだ」

やよい「うぅ……実は……」

P「あぁ、ゆっくりでもいいからな」

やよい「……あ、あの、さっきまではだいじょうぶだったんです」

P「うん……?」

やよい「……その……えーっと……朝、起きた時も……だったんです、けど……」

千早「……高槻さん」

やよい「はわっ、はい!」

千早「さっきのレッスンの時もいってたけれど……私には話しづらいこと、なのかしら」

やよい「……うぅ、その、男の人に聞いてもらわないとだめかなー……って」

千早「……席を外しましょうか?」

やよい「あっ、あの……」

千早「いいの、他の人には聞かせられない話ってあるものだから……」



783:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 13:37:34.46 ID:ov1xgWsL0

やよい「ご、ごめんなさい……」

千早「謝ることないわ……プロデューサー」

P「あ、あぁ」

千早「……高槻さんの力になってあげてくださいね」

P「……俺に出来ることはなんでもするよ。プロデューサーだしな」

千早「じゃあ、高槻さん。またあとで」

やよい「ごめんなさい……」

千早「ふふ、大丈夫よ……」ナデナデ

やよい「うぅ……千早さん……」

千早「……じゃあ、しばらく席を外しますから」

P「……あぁ、わかった」



787:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 13:56:05.62 ID:ov1xgWsL0

ガチャ バタン

やよい「……あの」

P「うん、ゆっくりでいいからな」

やよい「……すぅ、はぁ……はい」

P「……うん」ポンポン

やよい「はわっ……」

P「……大丈夫か?」

やよい「……あ、ぅ……また……」

P「……ん?」

やよい「……ぅう、変なんです……私……」



789:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 14:15:35.02 ID:ov1xgWsL0

やよい「……朝、起きた……時も……」

P「……うん」

やよい「あの……お、お……おなかの、したの……」

P「……あぁ、なるほど」

やよい「……ぉ、ち…………が……」

P「やよい、もういい。言わなくてもいいから……」ポンポン

やよい「ぅ……ぅうー……」

P「男の身体はそういうものなんだよ……だいじょうぶだ、変じゃない」

やよい「で、でも……プロデューサー……」

P「・・…どうした?」

やよい「わ、わたし……く、くるしいんです……プロデューサーに、なでてもらってると……」

P「苦しいって……」

やよい「また……お、おっきく……なっちゃって……」

P「……やよい」トクン



794:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 14:27:14.32 ID:ov1xgWsL0

P(あっ……ダメだ……)

P(……我慢できないかも)

やよい「プロ、デューサー……?」

P「……やよい」

やよい「う?」

P「苦しいんだよな……?」スッ

やよい「あっ、あの……」

P「……怖くないから」

やよい「で、でもっ……その……」

P「やよい……」

やよい「あっ……プロデューサー……」



799:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 14:52:35.39 ID:ov1xgWsL0

P「やよい……あのな……」

やよい「ぁ……あの……」

P「…………」

やよい「……プロデューサー?」

P「……男の身体だと、そういう衝動が強くなるのも仕方ないんだ」

やよい「で、でも……」

P「ましてや、中学生なら……なおのことな」

やよい「……は、はずかしいです…………」

P「変じゃないから大丈夫だ……それに……」グイッ

やよい「え、えっ……」

P「変になってるとしたら……俺もなんだよ……」ムニッ

やよい「は、はわっ……プ、プロデューサー、胸……」

P「ドキドキしちゃうんだ……やよい……」



803:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 15:13:02.52 ID:ov1xgWsL0

P「やよい……」

やよい「ぷろ、でゅーさー」

P「……」スッ

やよい「……ちゅう、するんですか?」

P「……ダメかな」

やよい「…………私も、したいです」

P「……なら」

やよい「で、でもっ……すごく、くるしくて、したいけど、でもっ……」

P「……ん」

やよい「ダ、ダメ……ですっ……」グッ

P「…………なんでだ?」



806:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 15:20:12.80 ID:ov1xgWsL0

やよい「だって、だって……これ……こんなの……ちがうもん……」

P「違う……?」

やよい「私……私が、好きなのは……プロデューサーです……!」

P「……なら」

やよい「でも、でも……今の私は、私じゃないから……プロデューサーも、ヘンになっちゃってるんです……!」

P「……」

やよい「好きな、人とじゃなきゃ……ダメだから……私、こんなの、いやです……」

P「やよい……」

やよい「やめてください……プロデューサー……」

P「……」



807:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 15:24:07.63 ID:ov1xgWsL0

やよい「……ぅぅ」

P「……すまない、やよい」

やよい「プロ、デューサー……?」

P「今……取り返しのつかないことをしでかすところだった……」スッ

やよい「あっ……」

P「ごめんな……怖かったよな……」ギュッ

やよい「……ん、ドキドキしてます……」

P「……ショタコンか。音無さんを笑えないよなぁ」ボソッ

やよい「う?」

P「……なんでもない。あのさ、やよい」

やよい「なんですか……?」



810:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 15:32:25.25 ID:ov1xgWsL0

P「……さっきいったこと覚えてるか?」

やよい「さっき……」

P「……やよいが、好きな人の話」

やよい「はわっ……あっ、ああぁっ!」

P「……」

やよい「ち、ちがうんですっ、あの……わ、私っ、そのっ」

P「ふふっ……やよいはかわいいなぁ」ナデナデ

やよい「うー……」

P「……ありがとうな、元の俺を好きっていってくれて」

やよい「……あの……」

P「おかげで……止められた」



812:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 15:43:57.56 ID:ov1xgWsL0

やよい「プロデューサー……」

P「……襲おうとしといていうセリフじゃないんだろうけどな」

やよい「……?」

P「元の身体でじゃ、やよいをそういう目で見ることはできない」

やよい「……そう、ですか……」

P「……でも……」

やよい「……?」

P「……大切な人……だとは思ってる」

やよい「……それって、その」

P「……すごく身勝手な言い方だけどな」

やよい「……プロデューサー?」



815:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:10:50.24 ID:ov1xgWsL0

P「……男の好きってのは直情的なもんなんだ」

やよい「えっと……」

P「だから……普段のやよいをそういう対象にすることはない……と、思ってた」

やよい「……??」

P「……やよい」

やよい「は、はい」

P「……女の身体になってわかったよ。こういうのもあるんだってな」

やよい「あの……」

P「……すぅ……はぁ」

やよい「…………」

P「……好きだ。やよい」

やよい「……!」



819:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:30:39.81 ID:ov1xgWsL0

やよい「……プロデューサー、それって」

P「……」

やよい「あの……?」

P「……うまくいえないんだけどさ」

やよい「は、はい」

P「……家族になりたいって気持ちなのかな、これは」

やよい「家族……」

P「やよいのお兄ちゃんに……いや、いまはお姉ちゃんか」

やよい「そ、それって……」

P「……そういう風に、なってもいいか?」

やよい「…………」



823:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:36:36.31 ID:ov1xgWsL0

P「……そばにいて、支えたい。男の俺は、たぶんそれ以上にはまだなれない」

やよい「……プロデューサー」

P「でも……それでもいいっていってくれるなら。たぶん、これは好きってことなんだと思うんだ」

やよい「……お兄ちゃん、かぁ」

P「……ダメかな」

やよい「……えへへ、じゃあ今はそれでいいです!」

P「やよい……」

やよい「でも、お兄ちゃんも欲しいけど……私が、一番欲しいのは……」

P「……?」

やよい「……やっぱりやめときます。ずーっと、そばにいてくれたらきっと言えるようになりますから」

P「それって……」

やよい「えへへ、ひみつです!」



おわり



825:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:38:15.51 ID:ov1xgWsL0

すまん、蛇足だった

もうろくなことにならなそうだしやめとく



827:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:41:54.72 ID:IIJ1h+bdO

雪歩頼む!



828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:44:14.74 ID:RpJiA4vD0

貴音ルートはよ



829:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:48:09.10 ID:81LVYBj2O

ピヨルートがいいピヨ



833:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 16:55:12.18 ID:ov1xgWsL0

>>829

P「……ん、ここは」

小鳥「……」ズゥン…

P「ひっ……お、音無さん!」

小鳥「我が妻となれ」グオォォォ…

P「ちょ、ちょっと……やめっ……」

小鳥「案ずるな……せめて痛みを知らず逝くがいい……」ゴゴゴゴゴ…

P「それどっちの意味ですか!? いや、どっちでも嫌ですけど! ちょっと!あっ……」

ヌポヌポアオオー

――――――

小鳥(……っていう展開はないのかしら……)

小鳥(いやいや、でも犯罪は……しかしそういう願望って誰でもあるし)

小鳥「ふっふっふ……」ニヤリ

P(……なんだろう、今すごい寒気が……)


妄想END



834:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:00:42.08 ID:ov1xgWsL0

>>827

P「ん……あれは……」

雪歩「……」ズーン……

P「雪歩……?」

雪歩「……はぁ、ちんちくりんじゃなくなっても心はちんちくりんのまんまなダメダメな私なんて……」

P「おーい、雪歩?」

雪歩「ひゃうっ!? あっ……プロデューサー。びっくりさせないでください……」

P「す、すまん……」

雪歩「……えぇっと、お茶……ですか?」

P「いや、そうじゃなくて……なんかおちこんでる風だったからさ。どうしたんだ?」

雪歩「……実は、お仕事で失敗しちゃって」

P「あぁ……」



835:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:06:19.42 ID:ov1xgWsL0

雪歩「それで……いつもよりも皆さんの反応が冷たくて……その、見捨てられちゃったのかもって思ったら私……」

P(……今の雪歩に気軽に慰めの言葉を投げられなかっただけな気もするが……)

雪歩「やっぱり、私はダメダメですぅ! 穴掘って埋まるしかないんです!」

P「ま、待て雪歩!」

雪歩「ふぇっ……」

P「……それはたぶん、男だからなんだ」

雪歩「男……」

P「あぁ、今の雪歩は男の身体だろ? 男は結構周りにシビアに扱われるもんなんだよ……」

雪歩「そ、そうなんですか?」

P「うん、中身が雪歩だってわかっててもついそういう風にあつかっちゃうのも仕方ないんじゃないかな?」

雪歩「……男の人も、大変なんですね……」

P「……そ、そうなんだよ……たぶん」

雪歩「?」



836:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:12:53.82 ID:ov1xgWsL0

P「まぁ、女は女でいろいろあるっていうのは俺もわかったけどさ……」

雪歩「そうですか……?」

P「うん、まぁいろいろと……」

雪歩「えーっと……」

P「男のこと、嫌いになる気持ちもわからなくもないかもってちょっと思ったよ」

雪歩「えっ?」

P「……いやぁ、わかるもんだないろいろと」

雪歩「プロデューサー……」

P「うん……まぁ。普段から雪歩はがんばってくれてるんだなぁって思ったよ」スッ…

雪歩「……?」

P「……すまん、ちょっとかがんでくれ」

雪歩「は、はい」グッ

P「……うん、雪歩はすごいよ」ナデナデ

雪歩「……あ、ありがとうございますぅ……」



838:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:19:13.90 ID:ov1xgWsL0

P「それでさ、雪歩」スッ

雪歩「……あっ」

P「ん、どうした?」

雪歩「な、なんでも……ありません……」

P「そうか……?」

雪歩「……はい」

P「……なら、いいんだが……そう、今の雪歩は男の身体だろ?」

雪歩「は、はい」

P「自分の身体には慣れたか?」

雪歩「さ、最初は……着替えるのも怖かったです……」

P「……うん、まぁな」

雪歩「でも……今はだいぶ落ちついて、他の男の人も大丈夫になってきましたぁ……」

P「身体になれた、というか……男に近づいてるのかもしれないな」

雪歩「えっ……」

P「あぁ、変な意味じゃなくて。身体に心がひっぱられるみたいな話を聞いたことがあってさ」



839:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:26:20.08 ID:ov1xgWsL0

雪歩「そうなんですか……」

P「まぁ、男の心がわかれば元に戻っても男のことが怖くなくなるんじゃないか?」

雪歩「……そう、ですか?」

P「いや、確信は持てないけど……どうだろう?」

雪歩「でも……確かにそうかもって思いますぅ」

P「なら……雪歩」

雪歩「は、はい!」

P「男の気持ちを理解するために……いろいろやってみるか?」

雪歩「い、いろいろですか?」

P「あぁ、男が女を見て思うこととか……わかるか?」

雪歩「えっと……その……」

P「……今の俺の身体は女だし。好きに試してみてくれて構わないからさ」

雪歩「え、ええぇっ!?」



842:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:33:48.49 ID:ov1xgWsL0

P「っていってもまぁ、せいぜい……」

雪歩「……プロデューサー」グイッ

P「ちょっ……雪歩?」

雪歩「だ、だめですよ……お、男の人は、こ、こ、こわいんですよ?」

P「あ、あぁ……す、すまん。ちょっと近い……」

雪歩「あ……だ、だって……」

P「雪歩……?」

雪歩「プロデューサーが、プロデューサーが……」

P「……お、おい」

雪歩「……っ!」



845:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:41:39.02 ID:ov1xgWsL0

雪歩「……ご、ごめんなさいっ!」バッ

P「いや……俺こそ変なこといってすまなかった」

雪歩「……うぅ」

P「雪歩……?」

雪歩「……男の人って、やっぱり怖いですぅ」

P「どうしたんだ?」

雪歩「だって……今、簡単に……」

P「……いやいや、別に」

雪歩「やめなかったら……プロデューサーを……」

P「おい、雪歩?」



848:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:47:30.03 ID:ov1xgWsL0

雪歩「……ご、ごめんなさい」

P「いや、だから気にしなくてもさ……冗談だったんだろ?」

雪歩「違いますぅ!」

P「へっ?」

雪歩「わ、私は……私は、プロデューサーが好きなんです!」

P「えっ……」

雪歩「あっ……あ、ちがっ……」

P「雪歩……お前……」

雪歩「あ、穴掘って……」

P「待ってくれ」ダキッ

雪歩「ひゃっ……プ、プロデューサー?」



849:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:53:13.27 ID:ov1xgWsL0

雪歩「は、離してください……もうダメですぅ……穴掘って埋まってますぅ……」

P「ダメだ……まだ、話の途中だろ」

雪歩「あ、あのっ……プロデューサー、胸あたってます……」

P「あててるんだよ」

雪歩「うぅ……勘違いしちゃいますから……」

P「なぁ、雪歩」

雪歩「……なん、ですか」

P「……流石にさ、女の身体で男相手に好きにしろなんて信用してない相手になんか言わないぞ?」

雪歩「えっ……あの……」

P「俺も、雪歩のことが好きだ」



852:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 17:59:54.59 ID:ov1xgWsL0

雪歩「プ、プロデューサー……」

P「……だからさ」スッ…

雪歩「あ、あの……私……」

P「どうしたんだよ、泣きそうな顔して……」

雪歩「い、いいんですか?」

P「俺が頼みたいぐらいだよ……雪歩こそ、いいのか?」

雪歩「……ほ、本当に……」

P「……うん、好きだよ。雪歩」

雪歩「……うぅ、私……」ギュッ

P「……んん、抱きしめられるのって気持ちいいんだな」



853:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:06:48.35 ID:ov1xgWsL0

雪歩「……プロデューサー」

P「……ん?」

雪歩「す、好きな人に抱きしめられるのって……気持ちいいんですか?」

P「……あぁ、最高に幸せな気分になれるよ」

雪歩「いいなぁ……」

P「……ふふん、いいだろ?」

雪歩「……あの、プロデューサー」

P「どうした?」

雪歩「……好きな人を抱きしめるのも、気持ちいいんですよ?」

P「……それはうらやましいな」

雪歩「えへへ、いいでしょ?」

P「戻ったら……」

雪歩「……戻ったら?」

P「抱きしめられる気持ち、おしえてやるから」

雪歩「じゃあ……抱きしめる気持ち、あじわってみてくださいね?」



854:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:13:55.83 ID:ov1xgWsL0

雪歩終わり



856:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:16:55.48 ID:nm8R0CQh0

最高乙

では、次行ってみよう♪



858:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:24:44.06 ID:ov1xgWsL0

>>828

P「……はぁ」

貴音「……あなた様?」

P「ひゃっ……あ、貴音……」

貴音「いかがなされたのですか? お疲れのようですが……」

P「ん……あぁ、女って……大変なんだなぁってさ」

貴音「ふむ……殿方も、なかなかに苦労することが多いような気もいたしますが」

P「別方向の心労……かなぁ……」

貴音「……?」

P「いや、一般人になった俺でもこれなんだからアイドルはもっと苦労するよなぁって」

貴音「人の眼……ということでしょうか?」

P「あぁ、特に男からな……スケベ親父って怖いなぁ……」

貴音「ほう?」



860:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:29:37.31 ID:ov1xgWsL0

P「……元男なんだから大丈夫だろ? みたいにいってくるタイプとかはさらにキツいし」

貴音「あなた様……」

P「あぁ、すまん愚痴っぽくなった……」

貴音「……お疲れ様です。ありがとうございます」スッ

P「ちょっ……貴音……」

貴音「なんでしょうか?」ナデナデ

P「頭なでるのは……ちょっと……」

貴音「ふむ……ですが……」ナデナデ

P「な、なんだよ……」

貴音「……口では嫌がってても、身体は正直だな?」ナデナデ

P「はぁっ!?」ガタッ

貴音「はて、使い方を間違えましたか」



862:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:34:20.64 ID:ov1xgWsL0

P「貴音お前、それどこで……」

貴音「小鳥嬢に教えていただきました。素直ではない相手にいってみるとよい、と……」

P「あんの世紀末覇者ぁ……! 戻ったら覚えてろ……!」

貴音「……ふむ。ですがあなた様」

P「ん?」

貴音「先ほどの……撫でられている最中のあなた様はまんざらでもないご様子でしたが」

P「そんなこと……」

貴音「……」

P「……ある、かもしれないけどさ」

貴音「ふふっ……もう一度お撫でいたしましょうか?」

P「……うん」



864:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:40:49.19 ID:ov1xgWsL0

貴音「……」ナデナデ

P「……ぁー、貴音……ありがとう」

貴音「ふむ……」ナデナデ

P「……んぁ?」

貴音「いえ……少し殿方の楽しみというものが理解できた気がしたのです」ナデナデ

P「……そうか……それってなんだ……?」

貴音「……」ナデナデ

P「……なぁ、貴音……」

貴音「……ふふっ、さてはて」ナデナデ

P「おしえてくれよ……なぁ……」

貴音「ふふふっ……」ナデナデ



873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 18:58:57.04 ID:ov1xgWsL0

P「……貴音……」

貴音「……いかがなされたのですか?」ナデナデ

P「……いや、ありがとうな……」

貴音「……ふむ?」ナデナデ

P「……ん、なんだか……すごく楽になったからさ」スッ

貴音「そうですか……もう、よろしいのですか?」

P「うん、なんだか続けてもらってたら戻れなくなりそうだったから」

貴音「……ほう」

P「俺はどんなになってもお前たちのプロデューサーだからな。男でいなくちゃ」

貴音「あなた様……」

P「なんて、ちょっとかっこつけすぎかな?」



874:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:04:03.96 ID:ov1xgWsL0

貴音「……いいえ」

P「そうか、じゃあバリバリがんばらないとなー!」

貴音「ですが……あなた様」

P「ん、どうした?」

貴音「あなた様が思っているよりもずっと……女性の身体というのは脆いものなのですよ」グイッ

P「ちょっ、貴音……」トスン

貴音「ご自愛ください、あなた様……せめて、元に戻るまで」

P「あ……あぁ」

貴音「……撫でるのがせめて癒しになるのならば。いくらでもいたしますから」

P「ん……いいのか?」

貴音「ふふっ、撫でる側というのもなかなかに愉しいものですよ」

P「そういうもの……なのかな」

貴音「えぇ、そうですとも」



875:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:09:04.50 ID:ov1xgWsL0

P「……わかった、無理はしないようにするから」

貴音「ふふ、約束ですよ?」ギュッ

P「あぁ、だからさ……その」

貴音「はて、いかがなされました?」

P「はなして……くれないかな……」

貴音「……ふむ、そういえば膝の上に座っていただいたままでしたね」

P「は、恥ずかしいんだよ……頼むからさ……」

貴音「……それはそれは」

P「貴音……」

貴音「……ですが、お断りします」

P「ちょっ……」



878:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:18:14.51 ID:ov1xgWsL0

貴音「このような気持ちを味わえる機会も少ないでしょうからね……」

P「貴音……」

貴音「なんでしょう?」

P「頼むから……なぁ……」

貴音「ふふっ……さて、どうしましょうか?」

P「貴音らしくないじゃないか、こんなの……」

貴音「……今のあなた様は女性で、わたくしは男ですので」

P「……は?」

貴音「申したはずですよ、殿方の楽しみが理解できた気がすると」

P「いや、その……」

貴音「……ふふっ、男性というのは嗜虐心が強いものなのですね」

P「貴音ぇ……」



881:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:24:14.11 ID:ov1xgWsL0

貴音「……あなた様」

P「た、貴音?」

貴音「……」

P「……お、おい……」

貴音「……ふふっ」

P「なぁ、なんなんだよ……貴音……」

貴音「というように……」

P「へっ?」

貴音「女性というものは狙われやすいものでもあるのです」

P「えっ、あの……」

貴音「お気を付けくださいませ……あなた様」

P「あ……あぁ。わかった……?」



883:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:30:21.14 ID:ov1xgWsL0

貴音「……さて、そろそろお時間ではないでしょうか?」

P「えっ……あぁ、こんなに時間たってたのか……」

貴音「まこと、楽しい時間でした……あなた様」

P「ん?」

貴音「…………」

P「どうしたんだ、貴音?」

貴音「いえ、よろしければまた……撫でさせていただけませんでしょうか」

P「あぁ……それならむしろこっちからお願いしたいぐらいだよ」

貴音「ふふっ……ありがとうございます」

P「貴音に撫でられると本当に気持ち良くてさ……うん、がんばれる気がしたよ! ありがとうな」

貴音「いえいえ、これしきのこと……」

P「……っと、ごめん。そろそろ迎えに行かなきゃ」

貴音「えぇ、いってらっしゃいませ……あなた様」

P「うん、本当にありがとう。元気でたよ」

ガチャッ バタン



885:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:36:09.16 ID:ov1xgWsL0

貴音「……いってしまわれましたか」

貴音「……ふふっ、殿方というのは本当に我儘なのですね」

貴音「まさかこれほど、独占したいという気持ちが強く沸いてこようとは……」

貴音「……ふぅ」

貴音「元に戻った暁には、わたくしも撫でていただきましょうか……」

貴音「それとも……」

貴音「……ふふっ。このような気持ち、おさえていられるでしょうか」

貴音「そして……お待ちいただけるでしょうか……」

貴音「お慕い申しておりますと、伝えられるその日まで」


おわり



888:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:41:59.21 ID:ov1xgWsL0

亜美 真美 おまけ

亜美「あのさー、真美」

真美「どうしたのー?」

亜美「……結局、兄ちゃんとはどこまでいったワケ?」

真美「ぶっ!?」

亜美「うえっ、キッタなーい!」

真美「きゅ、急にいうからびっくりしちゃったじゃん!」

亜美「えー、それだけ?」

真美「それだけって、なにさ!」

亜美「なんだかいろいろあったからいいたくなーい、とか」

真美「そ、そんなのじゃないよ!」

亜美「ふーん?」



891:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:47:31.65 ID:ov1xgWsL0

真美「だいたい……姉ちゃんになっちゃった兄ちゃんといると、なんか変になってくるし」

亜美「変って?」

真美「……イジワルしたくなる」

亜美「えー、いつものことっしょー?」

真美「そういうんじゃなくて……なんか、ワーってなんの! ガーって!」

亜美「うーん……亜美もイタズラしてみたらわかるかな?」

真美「そ、それはダメ!」

亜美「えー、なんで!?」

真美「だ、だって……なんか、真美以外が兄ちゃんからかうの見るのヤだし……」

亜美「わっかんないなー」

真美「真美だってわかんないよ……」

亜美「ふーん……」



894:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:51:09.47 ID:ov1xgWsL0

亜美「あのさ、真美」

真美「なに?」

亜美「……オトコノコってさー、好きな女の子のことからかうよねー」

真美「なななっ……」

亜美「あっ、赤くなった。やっぱズボシなんだー?」

真美「そ、そんなんじゃないもん! 兄ちゃんなんかベツに好きとかじゃないし!」

亜美「ホントにー?」

真美「ホントだもん!」

亜美「……ふぅ、やれやれ素直じゃないなぁ真美は」

真美「むぅ……なにさ、そのいいかた……」

亜美「いやいや、いじっぱりなお兄ちゃんを持つ弟は大変だなーってね」



895:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:55:13.93 ID:ov1xgWsL0

真美「……」

亜美「素直になっちゃいなよ、真美」

真美「……確かに兄ちゃんのこと、好きだけどさ」

亜美「うんうん」

真美「でも……今は近くにいるとなんかもっと……ヘンになっちゃいそうなんだ」

亜美「ヘン?」

真美「うん……チンチンおっきくなるんだよね……」

亜美「うそっ?」

真美「ホント……オトコノコしてるよねー、真美」

亜美「今は?」

真美「今はフツーかな……」

亜美「ほうほう……亜美のはちっちゃいまんまなのになー」



899:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 19:58:24.50 ID:ov1xgWsL0

真美「あっ、おっきくなってもしばらくしたら戻ったよ」

亜美「そうなの? なんかしないと苦しいまんまってピヨちゃんの持ってた本に書いてあったじゃん!」

真美「んーん、兄ちゃんから離れてぼーっとしてたらなおっちゃった」

亜美「く、くるしくなかったの?」

真美「よくわかんない……オトコノコってフクザツだね……」

亜美「そうなんだ……」

真美「……ところでさ、亜美」

亜美「どうしたの?」


真美「……宿題どれだけ残ってるかわかる……?」

亜美「あはは……ちょーっとわかんないかも……」


おわり



900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:02:52.87 ID:ov1xgWsL0

真編


真「……はぁ」

P「……真?」

真「あっ、プロデューサー」

P「どうした、溜息なんかついて……」

真「……ちょっと、憂鬱で」

P「憂鬱?」

真「他のみんなは結構男としての部分に周りも自分も戸惑ったりしてるじゃないですか」

P「ん……まぁ、そうだな」

真「ボクだけ……周りやお仕事先の人にはそこまでいわれないんです」

P「真……」



905:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:07:11.93 ID:ov1xgWsL0

真「イメージ変わった? とか、そういうツッコミはあるんですけど……問題にならないっていうか……」

P「結構変わってるけどなぁ……」

真「かわいくなったね、なんて言われたこともあって……なんだかボク自信無くしちゃいそうです」

P「……」

真「ボク、かわいくなりたかったですけど……こんな、男になってるのに……」

P「真……」

真「……ごめんなさい、ちょっとらしくなかったですよね」スッ

P「待て、真」ガシッ

真「ちょっ……な、なんですか?」

P「らしくない、なんてことはないだろ? 真は前から誰よりも女の子らしくあろうとしてたじゃないか」



907:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:12:56.73 ID:ov1xgWsL0

真「……それはそうですけれど」

P「無理しようとしないでくれ。な?」

真「……プロデューサー……」

P「……」

真「ボク……ボクは……!」

P「……どうした?」

真「ヘンなんです、周りはいつもと同じようにしてくるのに、ボクの身体が……」

P「……真?」

真「女の子のファンに応援されて、なんだか変な気になってきて……ボク、女の子なのに……!」

P「今の真の身体は男の子だから……」

真「でもっ! 気持ちは、女の子のまんまでいられると思ってたんです……なのに……なのに……!」

P「……」



908:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:16:16.57 ID:ov1xgWsL0

P「なぁ、真」

真「……なんですか?」

P「……それは別に、ヘンなことじゃないんだぞ?」

真「そんなわけ……」

P「ある。俺は今、女の身体になってるよな?」

真「……えぇ、まぁ」

P「正直いうとな、男相手にキュンと来ることがあるんだよ」

真「えっ?」

P「ははっ……ありえないだろ?」

真「で、でもプロデューサーは今、女の子になってるわけですし……」

P「じゃあ、それと真と何が違うんだ?」

真「……」



910:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:21:11.53 ID:ov1xgWsL0

P「アイドルだからって、周りに求められるままの姿でいる必要はないんだぞ?」

真「プロデューサー……」

P「ちなみに、今の俺は女の時の真にはときめかない」

真「……それって慰めてます?」

P「えーっと、一応?」

真「ふぅん……でも」

P「ん?」

真「女の時の、ってことは今のボクにはときめいちゃったりするんですか?」

真「なーんて……」

P「……ぁ」

真(プロデューサーの顔が真っ赤だー!?)



911:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:26:19.71 ID:ov1xgWsL0

真「ちょっ、プロデューサー?」

P「え、いや……その……」

真「えっ……男にときめくって、その……ボクのこと、なんですか?」

P「……う、うん」

真「……えぇー」

P「……確かめたよ……真の王子様キャラにやられただけだろうと思ってな」

真「……それで、結果は?」

P「女の真の映像を見てもときめかなかった。別の男性アイドルでも……」

真「別のって……」

P「ジュピター。普通にかっこいいとは思ったがそれ以上はなかった」

真「……あ、じゃあ今のボクが女の子みたいだから」

P「女性アイドルのも見たよ……うん、素直にパフォーマンスに感心してた」

真「えぇーっと、じゃあ……」

P「……うん、おはずかしながら女として、男の真にときめいてるみたいなんだ」



913:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:32:08.72 ID:ov1xgWsL0

真「ちょっ……プロデューサー……」

P「あはは……うん、だからさ。今の真は男の子で、普段の真は女の子だよ」

真「…・…いや、あの」

P「……な、なんだよ」

真「……普段の、プロデューサーは」

P「……うん」

真「女の子の、ボクに……ときめいてましたか?」

P「……うん」

真「ほ、本当に……?」

P「……こんな嘘つかないさ。真にはドキドキしてた」

真「……!」



915:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:36:43.89 ID:ov1xgWsL0

P「……というか、いつもドキドキしてるんだよ」

真「へっ?」

P「あー、なるほど乙女の気持ちってこういうのの事なんだな……」

真「あ、あの……プロデューサー?」

P「……もう、この際だから言わせてもらおう」

真「どうしたんですか? なんだか、ちょっと変に……」

P「こんな身体になってる時にいうとは思ってなかったけど……」

真「えっ? あの……」

P「……好きだ、真」

真「えええぇぇっ!?」

P「……男として女の子の真を、女として男の子になった真を好きになっちゃったんだ」



917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:41:55.08 ID:ov1xgWsL0

真「えっ、あ、あのっ、ボク……」

P「……ごめん。言わないでいるのが辛くて」

真「あっ……その……」

P「身勝手なこと言ってるとは思うけど……忘れてくれていいからな。ただ、そういうファンもいるっていうのを……」

真「ま、待ってください!」

P「……どうした?」

真「返事を聞かないなんて……フェアじゃないですよ、男らしくないじゃないですか」

P「……今の俺は女だからな」

真「はぐらかさないでください。それなら今のボクは男なんだからきっちり答えを出さなきゃいけませんよね?」

P「……あぁ」

真「……座ってもらっていいですか」

P「……ん」トスン



919:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:49:58.46 ID:ov1xgWsL0

真「……」

P「……」

真「……今のボクは男の子です」

P「……うん」

真「だから……男の子らしく、返事をします」

P「…………」

真「ボクも、好きだ」

P「……! 本当に……」

真「……ズルいですよ、プロデューサー」

P「……えっ」

真「なんだか……女の子らしくて嫉妬しちゃいます。返事聞いて泣くなんて……」

P「あっ……あれっ、あの、これ……嬉しくて……」ポロポロ

真「……うん、わかってるから」

P「真ぉ……」



922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 20:54:56.09 ID:ov1xgWsL0

真「……落ちつきました?」

P「うん……ごめんな、なんだか思ってたよりも乙女チックになってたみたいでさ」

真「まったくもう……」

P「……ごめん。でも両思いだなんて嬉しいよ……元に戻っても」

真「……プロデューサー」

P「……な、なに?」

真「男の人から情熱的に告白されるのもいいですけど……その……」

P「……?」

真「す、好きな人に勇気を出して告白するっていうのも、女の子らしいっていうか、その……」

P「あっ……」

真「ボクとプロデューサーが元に戻ったら……今度はボクから告白してもいいですか?」

P「うっ……うん。待ってる」



923:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 21:00:51.80 ID:ov1xgWsL0

真「……約束ですよ?」

P「うん、約束する」

真「……ゆびきりげんまんうそついたら針千本のーます、ゆびきった」

P「……ん、真」

真「なんですか?」

P「……男と女で、ファーストキスって別カウントかな?」

真「……どうなんでしょうね。でもボクならもっとロマンチックなほうが嬉しいかな」

P「……じゃあ、別カウントってことにしておいてくれ」チュッ

真「……っ、もう……プロデューサーは」

P「あはは……がんばれ、真」

真「なにをですか、もう……」



おわり



926:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 21:04:46.16 ID:ov1xgWsL0

ごめん、限界だ
ちょっとしばらく書けそうにない用事も入ったから終わりだよ

のっとりからだらだらと蛇足まで含めてまるっと2日
ありがとうございました。書けなかったキャラの分は脳内で保管するなり誰か書くなりすればいいんじゃないかな



929:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 21:07:44.36 ID:IIJ1h+bdO

そっか

2日間お疲れ様!
また書きに来てくれ



938:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 21:33:00.07 ID:u/APudUi0

たのしかったぜ!乙





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



赤羽根Pが反転したイメージなんだが…

684:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:22:48.67 ID:MKXZUgTTO

赤羽根Pが反転したイメージなんだが…
つ④

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3138758.png



686:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 02:25:00.37 ID:4NQvpLO40

>>684
描いたのか!?
可愛い!
そして右上のはあの人だよね……



うぬら 何用だ

553:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:40:46.19 ID:un67iEmB0

                      ノヽ)) ヽ,,rーrヽ,, ,,ノi
                  ,ノ~'tiii"(t i}}|j     " "ツヽ|t
               iヽ/ツii|}}从、}iii)''ijリリ}  、      ノツリ、   う
               ii}}y"}!、iii、'';/r"t}}}(iij,yiiヽ-リヽii}j、,, "リ   ぬ
              t,`、i、}ヽ''ii);;|iMtヽ''" `" ノ ""ノノノjjり ''フ   ら
              、)" ミ;;,,t、ti;i、 t;;、、))リiノツノ/""''彡"彡 ョ
              i、`''i ;;;;:::ijj}、`';;;;;;'"":::;;;'" ,,,,   廴r''ツ r'   何
              't、 ;;;、 t;; ::;;;`;;;;;;;;;;|}:::'"::;;'"ii"  、迄 彡ノツ   用
              ヽ, ;) (|;;ヽ;;、;;;;;;;;;ノ':::i:::;'":::';;"  ::'≡ " ノ   だ
               'i ,;i,,、;;、、,;; ;;;;、;;;i'i},,ir')ノ,,,,,,,,___ :::ミ≡:r'i
               t ;t;;iitーミゥテ;;、刈シ='r'-ミュォヲヲ  ')'''/'|:|
                '',、,i'"` ̄"::::了 j''"` ̄:::::"   ;;リ/)リ/i       ,,
.                t、i'::::  :::::::| ,'  j""     :::リ'、/イ'(,, 、、 -ー '",、 ~ヽ
                 ヽt::::::: :::::t,,ハ ,、)    ;;;;:::i-ー'"t))::::: ..;、-'",, "  ヽ
                  i;t :::::::::::~'- '":"    了 ,i;;;;:::  t:::;、-'" '"     /
              ,,, 、 - ーt;ヽ ::::::::;;、、、:::,,,   ;;'" /;;;;::: ,、'":::::彡
          ,,、- ''":::::::::::::::::::t:;ヽ :::::":::::::::::::`'  / , ';;;;;;;r''":::::::...
       ,,、-'"::::::::::::::::::::::::::::::::::t::;;ヽ ;;;:::::::::    "/;;;;/::::::::::
   ,,、- '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;ヽ ::::::::::::  、';;;;;r'"::::::::
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::t:::;;;;;;'、;;;;;;;;;,、-';、-'":::::
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::;;;、 - ーー'''"::::::::::: ....::''"
./  ;;;;;;;;;;、 -ーー ''''' """ '''' ー,-ー''''::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::
"""           ー ニ"、,,,,,,,,_:::,,,,,,,,,:::__,,,、 -ー'"
                【事務員】



556:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:43:43.91 ID:ygKRhzUK0

拳王「ピヨ」



560:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:46:28.71 ID:flOZCVDE0

                      ,,、   ,,,  、,,     ,, ,,,,,,,,,, ,,,,,,, ,,,,,  ,,, ,,,,,,
                      ヽ、,,メy ;;; r";;;;;;´ヽ`;;;;;ヽ`i;;;;;;;;;|;/;;;;;;ii;;;;;|;;,,トt、t;
                     `''フ, ii ;;;Y/;;、;;;;;;(;;;;; ;; ;;;;;i|;;;i;;;;;;;;、t;;;;;;ii;;从、;;;;、、     ピ ピ ピ
                      ノノij、、;;;; ;;;t ;;;;t;t;;ノノ;;;;ノtt;;;、升込ヘ、从`;;;;;ii
   ,,、、、                  iyi)从;;;;i r'"iiii||||iiiヽ;;t'''"iiiiiii||||i體逡;; <;;;;;`      ピ ヨ  ヨ
  r"   '' 、                /フ-i;;;;;i:ン、zモテテ、;;t≦;;ー;rモテチゝz'"  〉;;;;;;
  't     ` ' 、              从;;;;;;t:::`:::"";;;;;リΞ :::::::"",,,",ノ"  i;;;;;リ,     ヨ ピ  ピ
  ヽ,        、             刈ii、t::::::::::::::;;; i::     :::::::::::::::'" i;;;;/ノ
    ' 、 ,,、、::'''  ヽ,            i;;ヽ, ;、::::::::::::;; i、__,,,_ ::::   :::::  i;r"/;;     ピ ヨ  ヨ
      ~' 、""" :::;;; ヽ,           t; ;;;`it  ::::::::ヽ、;;;~''     :::  /~r;;;;;;;;;;
  ,,、--、,,,,、'ヽ,       '' 、,        ノi; ;;;| t  ::  ,,ii,,,,,       / |;;i;;;;;;;;;;;;   ヨ
ー'";; ;;''''';;;; ''"ヽ;;;;;;'''"",,    ヽ,       ヽ;;;i ;t   ''";;",`' -     /;;:::ヽリ;;;;;;;;;;;;,,,
;; ;; ;;"  ;;;    `t''''""  ~'' ,,  ヽ,,rr"iiitt、r"t;;;i ヽ  '' ;;~;; ''ー    ,, ';;::::  "i|;;;;;;;;;ヽ"" !
,,r"  /    :::ヽ;;tヽ、,,,,,、、-'",,   ヽ,ー-;;、iiii"ヽii;;ヽ;;ヽ r';;;;     ,,r";;:::::::   i|レ"|;;;;ノ
"   /   ::::: i;`''-、;;;;;;;;;;;;'":::、,    t  ~'' 、;;;;ii"ii:::ヽヽ,ヽ-ー  ,、 ';;;  ::::    :::  |'"ヽ''';;-、、,,,,,,,,,,,,,,
   /   :::  ノ''ー、;;;;;;、,,,,,,,::::::::::;;    t ''"""'ヽ;;;; ""ii::;;;~~~~~~";;;;;  ::::::::''"  :::  |;;;;""''ヽ;;;~'- 、==~、''''' ー 、
  ソ   "r '"ヽ/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 '/:     t   '"ヽ;;;; 彡;;;;;;;::~'-、;;;;;;  ;;::::'"   ;;;;  |、;;;;"''";;;ヽ;;;;、~''ー 、,>~' 、
  ヽ,;;;""  ''""' ,ソ;;;;;;;;;;;;;;;、'" r'"     ヽ  yii;; t;;;; 彡、;;y;;;; ::~' 、  ;;::::''"   ;;;;; tヽ,、;;;;  "ヽ;;;;;;;; ;;;;~ '"'z
ヽ、;;;;;;~,二フ"~~~;;;;;;;;;;;;;;;r'" ,,r"      リ    リi;;;; 彡tヽ;;y;;;; :;;ヽ;;;;;;''"     |i ヽtヽ;;;; ミヽ;;;; ;; ;;;iii/;/
-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、 -ーー - 、、-ーー'"   ,,,,,,,;;;;;; /;;;     i;;;; 彡;t、ヽ;y;;;; ;;;ヽr''ー、、、、,,,,、、 ー''" リ t;;;; ミ''ヽ ;;;;;;;;/;/



561:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:47:08.64 ID:b85ZkNI90

http://i.imgur.com/JYdnV.jpg

事務員



562:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:48:31.66 ID:Z73dj3YI0

>>561
おっぱ○丸出しじゃないすか



575:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:55:12.24 ID:OBR4jr/f0

_    ,、-'t,,、-、_/|                              、   ,,,,,,、-'"t     ..:::::
)  ̄ ̄        /                   、,,ni、rj、,,r、,     r' ~~~     `'ー'| .:::'' ..::::..'''::
  の 歴 真 こ 了                 (レ'"     ~''-,   i'~  小 屠 最   |.::: ,ry'''i/)::
  だ 史 の の  |                 ,{''` ,,, ,, ,,,,、 从  イ,  |  鳥 る 強   |r'Y ノ./ー,' ::
  //  は ア 小  |                ミj,ミ、,iツ(Y、iirリイ''ノ、,}  ノ  // 者 の  |,ノ''リ ノ ,,r ::'' ::
 ・・   始 イ 鳥  |                'i ミ' ::~'':'、iir''イ"''〉"リ  |  ・・  の ア  |{ ~j .リ__ i ,,'~'i ::
     ま ド  よ  〉                i{,i| ;;、ti;(从ノ,_,'、''j,,イ ノ      名 イ  | ー',,"-ー't(  ', ::
     る ル り  ,>              ,r/ヽ't`""'ミ|~ミ''''''"イ)/ー-ヽ     は  ド   〉}  ,、 ''~  / ::
        の    /   ,, 、、、、,,、r-ー――r―';/'"i |t " 、,j,/" ''/イヽ' 、;;;;i        ル  /'i/)ヽ'"  r' ::
          _( ,、-'"::::::::::::::::~' 、''"""''ヽ|;;;;'i ,、'":ヽ ー==- ,i':::リ;;;;;)'ヽ,|        を ,、-'./ー,':::::  / ::
        _)  (;;;:::::::::: ::::::::::::::::~'ー、三ーヽ;;t  ::::::'、"、~ /:: ::リ|ii;;;| ,t|,、-'),、-―、/'リ ノ ,,r::: / ::
~'''''i  __(    ,r'~'''''ー- 、、;;;;;;;::::::::::ヽ,三=::;ヽ ::::: :'''''''":::''::: :::リ;;;;ヽ"::ヽ ,ry'''i/) ~j .リ__ i ,'~'i ::
  |/        iリ ::'"    ::::: ::::,~ー、 ,、ー、 ,i;;`'、;;;;,、、、、 , -、 ,ー、;;;;;;|ir ,r'Y ノ./ー,''. ー',,"-ー't,i  i ::
       , ー、 ,,、ー、:::   ::r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、;;r'~'i /、,,,ノ/、, /~)リ ,' ,ノ''リ ノ ,,r~''"} :::,、 ''~ / ::
   r'''i  /、,,,ノ/、, ノ:::::,,、 、:j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ;;j ;;イ./,,, //, /,、/;/ i ー{ ~j .リ__ i ,'~'i /:::: r' ::  r''ヽ
   j ;;イ. /,,, //, ,r",、 '~ ノ:i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '";;;;;j、-tj r'''レ::~'/ /;ノ'=i -' ー',,"-ー't,i  ',、 ,、-'" r''ヽr''ヽ( ヽ
   i、,-tj r'''レ::~'/,r'"、,、 '"::::,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ ー(、,,,,iー' ー'' 二,,,,,,(~ ヽ,,ノ ~''"}  ,、 ''~ /''";;; ,,ti''ヽr''ヽ, ヽ
   ,〉ー' ー'' 二,,,,,,'ーリ  :::::j ~'''''''""  ,,,、-~ノ    j ~''''''"" ,,,、-イヽ ''||   ヽ /   r'::::::, '( . '、 ''t,, ', r 、',
 ,r"j ~'''''''""  ,,,、-~ヽ ::::::::/:::  :::::~'''~   ヽ-("~,)/:::  ::::~''~  t /、(:、,,,,ソ、、 ,、-"::,、 '"  ヽー',〉-.〉 |.| .i
,、"'/:::  :::::~'''~   ア~'Y'"~_,) ),,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、ー'"   t,,;;;; ,,;;; ,,、 '"'、;;;;`''ーー,、-'":::,,、 "_、,'''' 、 {ー ''ー t,,,,ii'ー|:
: 从;;;;;;;;,,,,,,,;;;; ,,,;;;  ,',,,,、、ー'"~'ー-- ーヲ''''ヲー'i ::::~'ー-- ーヲ''''ヲ'" '、,,,,,, ,、-ー'"::::::,、'"  (  ' 、,,,、''~ ~'''''ー、  :
:ヽミ;;`'''ー--- ーヲ''''",('''"(~'ー---ー''''"-'"从:::' 、;;;;;;r、;;;;;; 、-'"'ー 、~'''''',、 '":::::::::::,、 '"    `'-、   ~';;、 '' リ:: :



594:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:12:01.32 ID:u7zCs1/p0

http://viptop.2ch.tc/img/viptop08977.jpg

ピヨ助可愛い



596:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:13:26.55 ID:F8hEeK9l0

>>594
目付きやべぇwwww



631:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/28(木) 00:52:05.22 ID:vsNosJ1F0

                         ,,,,、 '' "",,,,,       '''ー- 、
                       ,,,r""  '""" ,,''''",,,,,、、      ~''' 、
                      j"   ''"""''',,,'' """ "  "       ~'、,
                    ,r"  ii((  "" ',r ,r'r'''''r'"    リソ  ))i  ソ、
                    ,j ,,,,iiii;;i|,,i|iiii|iy/,,ツ/::/""//   /ノ)| ノ) `'t
                   (i|||,,ir'" ~'ー、ii||((|Yii  /" ,,,, ,, // ー''"ノ 彡  )
                  (ii ||/   ,,:::::::::~'ー|iiiiii"iii''"ノノ;;;;":::;;;;''彡  彡"彡ヽ
                  iiヽ|/   ,,::::: iリ" '"''")))"" ~~~~~ 彡",, 三彡 i)
                  、i(ミ/,,iii  i|""i" ::::  ノノリ       彡彡 ''"",, リ
                  iミ;iii{{iY|ッ ::)、リ:::::  /''"       彡彡 '''"",, )
                  Ciリ'iiijヽ,iit :::::::: ○ r'"        彡彡 彡 ツy'
     ,,、 -ーー ''''"""~~~~~ ""'|,| ミ|t、,、iiヽ、;;j"/,,r'" :::       、;;彡 ー'",,'' ア
   ,r'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ti =ヽミ-'ヽ、;リ  {iii'ー- - ー '''"'"彡::ヽ辷,ノノリノ
   |~ '' ー- 、、、;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::|   :::::~~~~ii 三ー、z=モ≦ヲご,、彡" リ: ,r"//,)
ーー 、,i :::::::::      |::::::::::::::::::::::i|    :::::: / '" ~~::::::~''~~-ー''"'" :://ノ,r'ー'こ'' 、
    t :::::::::      |::::::::::::   i'| :::::''''" /    ,,'''"       :::/、"ー'"t;;;   ̄ ~''''''''
ーー-- t ::::::::::     t   ,,,,,,,, リ i '::: !, '(⌒ __ ) ::::     ,::::'"_/(:: ::: ::::    ノ;;
:::::::::::::::t :::::::::      t;/::::::::::i :::i |i ヽ、'っ""''   "     " ,r"  ~i; :::: ::::   ヽ、;;
 :::::::::::::ヽ :::::::::     ヽ;:::::::::::::i ::i '  、 ,~' - 、 ,,,,,,,,      ,r"~'' 、 i:  ::::::::;;、、 、、、,,
:::::::::::::::::::::ヽ ::::::::::    ヽ;::::::::| ::::i  ::::~'ー、、、,,,      /i;;;;;;、,,,:ヽ::::... ,、-'~::::::::   ~
::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::::    ヽ;:Y ::::::| :::::::::      ,,、- '":::::ヽ,"'、;;;;::::::/:::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;::::::::::    ヽ :::::ヽ、, ''"   ,、- '" ::::::::;;、 -'ヽヽ、''/::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::~' 、::::::::::    ヽ;:::  ~''' ー''":::::  ,、- ''"     ~'-i|ii|;;ii";;;;;:::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~' 、::::::::::   ~' 、  :::::::::::::,、-'"        :::::;;、ゝiiiiii":::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'' 、、;;;;    ~''ー 、,-'":::::::::::::::::::::::;;;、 -ー''";;;;;;;;)iiii::::::::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~''' ー- 、,   ~~'''',=ー''''"'" '" ノ リ;;;;;;/ ツ::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~~/''"~  ,、 ''ノ  /,r';r'"/ r";;::::::::::::::::
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   /    ''"''"  / /''""/ ソ""":::::::::::

                     音無 小鳥(2X歳)



577:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/27(水) 23:56:45.95 ID:JvdRy1oS0

いつの間にケンシロウスレになったんだ・・・



転載元
P「俺が、女……?」アイドル逹「私達が男の子……?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340716537/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 22:46
          • 美少女P…なるほど
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:05
          • おもしろかった(小並感)

          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:23
          • 声は?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:24
          • 4
            おまけ笑ったw
            なんでアイドルを屠ることになってるんだよwww
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:29
          • 真はもとから男だろ
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:30
          • 5 これは面白いな。
            途中は美希がかわいいからしょうがない。
            ただ春香さんもおねがいします!笑
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:34
          • 5


            面白いが、雪歩だけイメージと違う。
            何故あんな悲惨な姿に・・・
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 23:41
          • 5 何でピヨちゃん世紀末覇王になってしもうたん?www
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 00:07
          • 5 ヤバイ何かに目覚めそう…その何かがわからないけど目覚めそう…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 00:07
          • なんかPが頭悪いし理性なさ過ぎるし微妙だなぁ…
            性別反転ネタは面白いからまた違う人にかいて欲しい
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 00:08
          • 5 拳王www

            ところで、いぬ美も反転しててあふれるパッションを響にぶちまける展開はないんですか?(迫真)
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 00:27
          • 5 最後の拳王に全部持ってかれたwww
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 00:29
          • あぁ、そうだよプリキュアだよ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 00:59
          • いおりんの前は拳王 後ろ(横?)のスコップ黒服に挟まれる姿を想像したらワロタ
            漏らしてもしかたないね
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 01:22
          • こういう性別転換ものって胸がキュンキュンして良い。
            美希の所が良かった
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 01:51
          • 5 プリキュアが一番お気に入りすぎるw

            拳王と葛西さんに挟まれたと仮定したら……心臓発作起こしても不思議じゃないな。
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 02:07
          • 5
            大都会岡山にはプリキュアになった男がいるけどな

            ※10
            頭悪いってのはよくわからんが理性無いって事はないだろ、各キャラENDはパラレルなんだし
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 03:00
          • 5 ……【むむむ】。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 03:10
          • 世紀末覇者のとこで盛大に吹いたw
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 04:10
          • 3 中盤までは面白かったけど、キャラ別ENDに持っていくのが強引すぎる感があるね

            世紀末覇者とか姿形が大きくかけ離れるのはギャグとしてはありだけど、世界観としてシリアス方面にはあわないな
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 06:58
          • 伊織…拳王と黒服に前後とられたんじゃ無理もないな…
          • 22. たこきむち
          • 2012年06月29日 08:37
          • 全キャラみたいなー・・・
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 08:55
          • 4 のっとり即興でよくもまぁこんなに書いたな……
            不満をいうなら全員分エンドは欲しかった

            プリキュアは笑った
            愛されてるな、ジュピター
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 09:36
          • 屠っちゃだめです小鳥さん

            ギャグは結構好きだけどシリアス部分は微妙かな…
            でも面白かったからまたなんか書いてほしい
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 10:19
          • 個別ルートはなくてよかったかなぁ
            ストーリーを追う形でやってほしかった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 11:36
          • 貴音はバカ王子っぽいイメージだな。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 12:51
          • 5
            プリキュアをもっとメインにだな
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 15:48
          • Pがやよいを逆レ○プすると思った俺は心が汚れてるな
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 16:56
          • 拳王のせいで東鳩の北斗の拳Verの同人誌思い出したわwww
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 17:14
          • 拳王のくだりが面白かったです
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 17:53
          • 響エンドが無かったけどたぶんこの作者は響好き
            だから早く響エンドを書くべき

            拳王ぴよ子はもう単品でスレ立てるべきネタじゃないだろうか
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 18:37
          • 千早の「漲ってきた! 俺の歌を聞けぇー!!」な展開を見たかった
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月29日 19:02
          • これってプロデューサーズの人か。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月04日 16:10
          • 5 話は面白かったけど男の方が性欲を押さえられないってのは医学的には迷信と証明されてるよ。男尊女卑が強かった時代の名残。元は浮気を正当化する為の論理。歴史的にはそういう背景がある。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月05日 02:35
          • ※34
            それドーパミンとセロトニンの分泌量に男女で違いが無いってだけの話じゃなかったか?
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月16日 21:20
          • 個別に入ってからの尻窄み感というか蛇足感たるや。
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月17日 19:52
          • はじめかなり面白かっただけにミキあたりから微妙に…
            Pが恋愛感情持たなかったらいい感じだと思ったんだがなぁ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月11日 16:39
          • 美希ENDはないわ~
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月18日 12:38
          • 性転換ネタになるとな……765女性陣に00の顔つけたネタを思い出してな……千早&伊織の絵がな……

            ttp://blog-imgs-41-origin.fc2.com/d/a/n/danceofeternity/20081116203641.jpg
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月07日 06:48
          • ミキはイケメンなんだろうなー
          • 41. rrg5demq2y8
          • 2013年11月30日 02:36
          • 1 役割分担 ならず者 厭離 破産申請 激高 虚しい ケリー 各種学校 文弱 通俗 最新式 |牛角 汚れ 粘度 自習室 考古学 歓 易断 巣 名付け親 お目々 夢夢 囲炉裏 見届ける 背びれ 除去 氷結 地上絵 困窮者 足下 嫁 突き上げる PV 出棺 追い上げる 備蓄 足摺 <a href=http://www.bestin.net/images/ugg-c-4.html>アグ ブーツ コーディネート</a> <a href=http://www.endotoday.com/qps/ugg-c-5.html>http://www.endotoday.com/qps/ugg-c-5.html</a> ささやか 連絡を取る 定例 正答率 昔ながら 横断歩道 体技 資材 明けましておめでとうございます 背番号 房 ワル 増額 |家族計画 血縁 常連 エスニック料理 一晩中 器械 夏 写す,映す 酒呑 ときには 生産拠点 居心地のよい 物価 <a href=http://www.dreamresort.co.kr/css/ugg-c-1.html>UGG ムートンブーツ 2013</a> ジャン 語 バタ 仕入れ 講和条約 爺ちゃん 団体 協同 |採決 気概 魚 日本全国 課題 手玉に 体操着 後塵 黒衣 世界最大 直火 肌触り 品種改良 <a href=http://www.bestin.net/images/ugg-c-4.html>UGG ブーツ 店舗</a>
            アグブーツ 楽天 ugg ムートンブーツ 偽物 ugg スニーカー ハワイ ugg 店舗 アグのモカシン ugg ミニ ugg japan 偽物 ugg bailey button mini アグブーツ通販 ugg ブーツ 価格 ugg ブーツ 激安 偽物 ugg新作ブーツ ugg au ugg サイズ キッズ クラシックショート ugg アグ オーストラリア シューズ ugg ファッションスタイル アマゾンアグブーツ ugg シープスキン ugg 店舗 東京
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年12月23日 07:54
          • 小鳥さんは男になっても、所詮は小鳥さんだったかー
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月05日 21:17
          • ピヨまさかのラオウ化w
            そういや初登場時のラオウとあんまり年変わらんなw

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【アズールレーン】青葉「人気投票Bグループ!私もいるぞー!」
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ハルヒ】涼宮ハルヒの冷夏【SS】
        • 【ラブライブサンシャイン】8人「ポッキーの日だからCM撮るよ果南ちゃん!」果南「えっ!?」
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 琴葉「最後の夜だから」【ミリマス】
        • 【ミリマス】千鶴「懐古」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ