TOP

真美「亜美→、そろそろ寝るよ」亜美「あ→い」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 22:48:52.15 ID:3DyiszLL0

真美「どっちが上で寝る?」

亜美「亜美今日は下って気分」

真美「んじゃ上で寝る」

亜美「おっけー」


真美「電気消すよ→」

亜美「うん」


カチッ


おやすみラフマニノフ



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 22:50:53.67 ID:3DyiszLL0

亜美「おやすみ」

真美「おやすみ」



………………



亜美「…………まみー」

真美「……んー?」

亜美「もう寝た?」

真美「まだー」

亜美「亜美あんま眠くないや」

真美「真美も」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 22:55:26.05 ID:3DyiszLL0

亜美「今日も律っちゃんにしごかれたから、疲れてるはずなのになー」

真美「律っちゃん怖いよねー」

亜美「でも優しいよ」

真美「へー」

亜美「今日も最後は『お疲れさま』って言ってジュースくれたし」

真美「いいなー………」

亜美「…………」

真美「竜宮楽しい?」

亜美「まあまあねー」

真美「そっか」

亜美「いおりんも最近気合入ってるし」

真美「もうすぐライブだもんね」

亜美「うん」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 22:57:53.09 ID:3DyiszLL0

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「観に行っていい?」

亜美「えー、別にいいよ恥ずかしーし」

真美「いいじゃん」

亜美「うーん」

真美「嫌なの?」

亜美「そんなわけないよ」

真美「…………」

亜美「今度兄ちゃんに聞いてみたら?」

真美「そうする」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:00:45.83 ID:3DyiszLL0

亜美「兄ちゃんは元気?」

真美「まあまあ」

亜美「ふーん」

真美「いや、やっぱあんま元気ないかも」

亜美「そなの?」

真美「わかんない」

亜美「何それ」

真美「分かんないんだもん」

亜美「そっかー」

真美「でもこないだお昼ご飯一緒に食べた」

亜美「えー、いいなー」

真美「コンビニ弁当だった」

亜美「あー、分かる」

真美「料理できなさそうだモンね」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:03:32.06 ID:3DyiszLL0

真美「誰かに作ってもらったら良いのに」

亜美「そんな相手いないっしょー」

真美「ピヨちゃんは?」

亜美「ないよー」

真美「えー?わかんないよ」

亜美「そうかなー」

真美「似合ってると思うなー」

亜美「うーん…言われてみれば……」

真美「でしょ」

亜美「でもあの二人は……」

真美「やっぱないなー」

亜美「どっちだよ」

真美「あはは」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:06:51.15 ID:3DyiszLL0

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「…………あみー」

亜美「……んー?」

真美「もう寝た?」

亜美「まだー」

真美「真美全然眠くないや」

亜美「亜美も」

真美「しりとりしよっか」

亜美「真美からね」

真美「兄ちゃん」

亜美「終わりー」

真美「タイム。今のなし」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:09:10.05 ID:3DyiszLL0

亜美「あれ?本気だったの?」

真美「なんか変だった」

亜美「わかるー、あるよね」

真美「でしょ?」

亜美「でも今のはないなー」

真美「やっぱ疲れてるのかも」

亜美「眠い?」

真美「ううん」

亜美「何でだろうねー」

真美「ねー」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:12:08.09 ID:3DyiszLL0

真美「そういや今日ゆきぴょんがさ」

亜美「なになに?」

真美「レッスンで失敗して『うまってますぅ』ってなったんだけどさ」

亜美「うんうん」

真美「スコップ忘れたからできなかったんだって」

亜美「へー」

真美「………」

亜美「………」

真美「………」

亜美「…………終わり?」

真美「おわり」

亜美「えー」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:16:59.59 ID:3DyiszLL0

真美「あーあとね、お姫ちんがお昼にカップ麺2個食べて兄ちゃんに怒られてた」

亜美「お姫ちんだもんねー」

真美「シュンってなってた」

亜美「見たかったなー」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「………まみー」

真美「んー?」

亜美「事務所のみんな元気?」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「………げんきだよ」

亜美「そっかー、よかった」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:19:44.50 ID:3DyiszLL0

真美「最近いないもんねー、亜美」

亜美「そうだねー」

真美「あずさお姉ちゃんは?」

亜美「今日は30分遅れだった」

真美「ほんと?」

亜美「うん」

真美「すごいじゃん」

亜美「次は10分以内に来るって」

真美「それはムズいんじゃない?」

亜美「かもねー」

真美「…………」

亜美「…………」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:23:13.96 ID:3DyiszLL0

真美「…………」

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「…………寝た?」

真美「………ううん」

亜美「………ごめん」

真美「何?」

亜美「やっぱ今日下って気分じゃなかった」

真美「そうなの?」

亜美「うん」

真美「上来る?」

亜美「いいの?」

真美「今日は涼しいから」

亜美「ありがと」

ギシ……



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:26:51.07 ID:3DyiszLL0

真美「あー………」

亜美「どったの?」

真美「やっぱ暑い」

亜美「えー、暑いんじゃん」

真美「ゴメンやっぱ降りて」

亜美「いやだよー、ハシゴめんどい」

真美「もー………」

亜美「いいじゃん。たまにはさ」

真美「まーいいけど」

亜美「ありがと」

ポスン…



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:32:29.08 ID:3DyiszLL0

真美「これ布団いらないね」

亜美「ねー」

真美「そっちのけといて」

亜美「分かった……あっ」

バサッ

真美「え?落とした?」

亜美「ごめん」

真美「いいよ、今日は多分いらない」

亜美「寒くなるかもよ?」

真美「亜美で我慢する」ギュゥー

亜美「うわーやめろー」

真美「……あっちー」バッ

亜美「暑いんじゃん」

真美「だから言ってるじゃん」

亜美「なんだよそれー」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:38:08.05 ID:3DyiszLL0

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「………久しぶりだねー」

真美「んー?」

亜美「一緒に寝るの」

真美「だねー」

亜美「最後に寝たのいつだっけ?」

真美「覚えてないなー…」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:42:14.00 ID:3DyiszLL0

亜美「5年生くらいかな」

真美「そんくらいだね」

亜美「事務所に入る前だねー」

真美「……そっか、そんなになるんだ」

亜美「そんなになるんだよー」

真美「だねー」

亜美「だよー」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「…………」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:46:03.98 ID:3DyiszLL0

真美「…………」

亜美「…………」

真美「………亜美」

亜美「んー?」

真美「もう寝た?」

亜美「寝かけてた……」

真美「あ、ごめん」

亜美「いいよ。何?」

真美「……好きな人いる?」

亜美「えー、いきなり何?」

真美「なんとなく」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:51:14.07 ID:3DyiszLL0

亜美「…いないかなー」

真美「そっか」

亜美「真美は?」

真美「真美も」

亜美「え?…なーんだ」

真美「え?」

亜美「てっきりできたのかと思った」

真美「できないよー、忙しいし」

亜美「だよねー」

真美「それにさー、学校の男子はなんかガキっぽいよねー」

亜美「そうかな?」

真美「…わかんない」

亜美「えー」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 23:56:04.30 ID:3DyiszLL0

真美「だってさー、同い年にガキっぽいとかあんまり思わないっしょ」

亜美「今言ってたじゃん」

真美「……なんとなく言ってみただけ」

亜美「ほう」

真美「え?」

亜美「もしかしてー、真美はちょっとオトナぶりたいオトシゴロですかな?んふふ」

真美「そ、そんなんじゃないよ」

亜美「あやC→」

真美「……もう寝る!」

亜美「あらあら→ん」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:01:49.97 ID:CtMDPUDr0

真美「…………」

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「………真美」

真美「…んー?」

亜美「もう寝た?」

真美「…寝かけてた」

亜美「あ、ごめん」

真美「いいよ。何?」

亜美「今まで黙ってたんだけどさ…」

真美「?」

亜美「枕下に置いてきちゃった」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:07:15.95 ID:CtMDPUDr0

真美「取りにいきなよ」

亜美「ハシゴめんどいもん」

真美「えー?」

亜美「だから真美の半分かして」

真美「ヤだよー、暑いもん」

亜美「えー。あなたさまいけずぅ」

真美「マネしてもだめ」

亜美「おねがーい」

真美「………もう」ゴソゴソ

亜美「わーい」ポスン



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:11:47.12 ID:CtMDPUDr0

真美「………近い」

亜美「……近いねー」

真美「………」

亜美「………」

真美「………」

亜美「……ねぇ」

真美「ん?」

亜美「もしさー今さー」

真美「何?」

亜美「亜美が兄ちゃんだったらどうする?」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:14:20.68 ID:CtMDPUDr0

真美「えー?」

亜美「どうするー?」

真美「分かんないよ、なった事ないもん」

亜美「だから聞いてんじゃ→ん」


亜美「マンガで読んだんだー」

真美「何を?」

亜美「好きな人だったらドキドキすんだって」

真美「もー、何言ってんの?」

亜美「どーお?」

真美「……何で兄ちゃんが出て来んのさ」

亜美「さあ?」

真美「…………」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:17:50.04 ID:CtMDPUDr0

亜美「『ほら真美、もうこんな時間だぜ?早くオネンネしねぇと襲っちまうぜ?』」

真美「誰それ」

亜美「兄ちゃん」

真美「似てない」

亜美「ぶー」

真美「まあ………」

亜美「?」

真美「…ちょっとはするかも」

亜美「ほらー」

真美「ちょ、ちょっとだけだもん」

亜美「へぇ~…?」

真美「な、何?」

亜美「真美はかわE→なぁ!」ガバッ

真美「うわっ」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:21:03.67 ID:CtMDPUDr0

亜美「ほれほれ、どっからその可愛さが出てるんだ?顔か?おムネか?」グリグリ

真美「ちょ、ちょっと、さわるの禁止!」

亜美「亜美が兄ちゃんならほっとかないなー」コネコネ

真美「そんなこといわれても…だから触んないでっ!」

亜美「…………」

真美「…………」

亜美「…………」

真美「………亜美?」

亜美「………ゲキレツ眠い…」

真美「…そだね」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:24:11.25 ID:CtMDPUDr0

真美「もう寝よっか」

亜美「真美~……最後にもうひとつ…」

真美「…今度は何?」

亜美「……手ぇつないで」

真美「……なんで?」

亜美「…なんとなく」

真美「………いいよ」

亜美「…ありがと」ギュッ

真美「……亜美」

亜美「…ん~?」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:27:33.19 ID:CtMDPUDr0

真美「今は亜美だけだけどさ」

亜美「うん……」

真美「いつか真美も有名になれたらさ」

亜美「うん……」

真美「また二人で遊びに行こうね」

亜美「…うん……」

真美「約束ね」

亜美「…………」

真美「…………おやすみ」

亜美「……zzz…」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:31:02.02 ID:CtMDPUDr0

真美「………」


ギュゥー


真美「………」

真美「……暑いけど温かいや」

亜美「……暑ぃ………ぅ~ん……zzz…」


おやすみ→



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:32:04.30 ID:v8fHIBmd0

乙 よかったわ



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:33:20.03 ID:CtMDPUDr0

今日は気分がいい

こういう空気でいいなら他の組み合わせも書いてみようかしら



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:34:25.59 ID:xfbjsUhz0

書いてみたらいいんじゃないかな



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:35:10.93 ID:CtMDPUDr0

ではお好きな組み合わせをどうぞ

>>90&>>92



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:37:39.25 ID:HygQelU50

春香



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:37:40.60 ID:S9yalxQ/0

響と!



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:44:33.37 ID:CtMDPUDr0

春香「響ちゃん、もう寝るよ」

響「分かったー」

春香「ベッドと布団、どっちがいい?」

響「布団でいいさー。いつも使ってるんでしょ?」

春香「別に遠慮しなくてもいいよ」

響「…じゃあ、ベッドで寝てみたい……」

春香「ふふっ。いいよ」


春香「じゃあ電気消すね」

響「うん。おやすみー」

春香「おやすみ、響ちゃん」

カチッ



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:47:26.03 ID:CtMDPUDr0

響「…………」

春香「…………」

響「……はるかー」

春香「…どうかした?」

響「このベッド寝心地いいなー」

春香「そう?」

響「ありがと」

春香「どういたしまして」

響「…………」

春香「…………」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:50:37.93 ID:CtMDPUDr0

春香「響ちゃん、お家布団なんだ?」

響「うん。ベッドだと下にちっちゃい動物達が隠れて大変だから」

春香「そっかー。大変だね」

響「大変だぞー」

春香「私も、自分の部屋で布団の中にいるの初めてだから新鮮」

響「そっか」

春香「うん」

響「…………」

春香「…………」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:54:22.73 ID:CtMDPUDr0

響「…………」

春香「…………」

響「………いい匂いだなー」ボソッ

春香「………」

響「………」

春香「……あれ?」

響「ん?」

春香「今何か言った?」

響「え?」

春香「何か聞こえたから」

響「ううん。ただ、いい匂いだなって」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 00:59:32.02 ID:CtMDPUDr0

春香「何が?」

響「ベッド。春香と同じ匂いがする」

春香「そう?」

響「うん。なんか好き」

春香「えっ?」

響「ん?」

春香「…あ、ありがとう……」

響「どうかした?」

春香「う、嬉しいけど…ちょっと恥ずかしいかな…」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:03:57.06 ID:CtMDPUDr0

響「そうか?自分、春香の匂い好きだぞ」

春香「え、あの……」

響「なんか甘ーい感じで、ふんわりしてる」

春香「あ、ぅ……」

響「…そうそう。お菓子のにおいって感じかな」

春香「そ、そうなんだ………」

響「まあ、それだけ」

春香「う、うん……」

響「…………」

春香「…………」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:07:07.93 ID:CtMDPUDr0

春香「…………」

響「…………」

春香「………響ちゃん」

響「……んー?」

春香「寝てた?」

響「ううん。あんまり眠くない」

春香「そっか」

響「久しぶりだから」

春香「何が?」

響「誰かんちに泊まるの」

春香「そっか」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:11:27.96 ID:CtMDPUDr0

響「春香はよくお泊りするのか?」

春香「千早ちゃんの家にはよく行くかなー」

響「へー、そうなんだ」

春香「うん」

響「…………」

春香「………」

響「………ちょっと楽しい」

春香「え?」

響「お泊りって楽しい」

春香「そうだね」

響「うん」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:16:33.71 ID:CtMDPUDr0

春香「来たいときがあったらいつでもおいでよ」

響「いいの?」

春香「うん。今度はみんなも誘って」

響「楽しそうだなー」

春香「でしょ」

響「ありがとう」

春香「そんなのいいのに」

響「ううん。嬉しいぞ」

春香「そっか。どういたしまして」

響「うん」

春香「…………」

響「…………」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:22:28.99 ID:CtMDPUDr0

響「………」

春香「…………」

響「………はるかー」

春香「どうかした?」

響「呼んだだけ」

春香「えー。何それ」

響「えへへ、ごめん」

春香「…………」

響「…………」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:25:22.51 ID:CtMDPUDr0

春香「…………」

響「…………」

春香「……ひびきちゃん?」

響「何?」

春香「呼んだだけ」

響「何だよそれー」

春香「えへへ。ごめんね」

響「…………」

春香「…………」



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:29:29.21 ID:CtMDPUDr0

響「…………」モゾモゾ

春香「…………」

響「…………」モゾモゾ

春香「…………響ちゃん?」

響「………何?」モゾモゾ

春香「どうかした?」

響「何が?」モゾモゾ

春香「何だかもぞもぞしてるみたいだから」

響「………ベッドで寝るの初めてだから、落ち着かなくって……」

春香「そうだったんだ」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:34:05.30 ID:CtMDPUDr0

響「うん……やっぱり自分には布団があってるみたい」

春香「分かるよ。私も修学旅行とかあんまり寝付きよくなかったし」

響「そうだったのかー」

春香「うん」

響「修学旅行ってどこ行ったの?」

春香「私?」

響「うん」モゾ

春香「中学のときは沖縄だったよ」

響「へー。来てたんだ」

春香「そうだね」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:40:08.07 ID:CtMDPUDr0

響「自分は東京だったなー」

春香「へー。意外」

響「そう?」

春香「意外って言うか、沖縄って行き先になることが多いから、沖縄の学校がどこに旅行に行くのか普段考えたりしないなー」

響「でしょ。意外と普通だぞ」

春香「だねー」

響「…………」モゾ

春香「…………」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:43:14.06 ID:CtMDPUDr0

響「…………」

春香「…………」

響「…………」モゾ

春香「………そうそう」

響「ん?」

春香「いい忘れてた」

響「何を?」モゾ

春香「響ちゃんさー」

響「ん?」

春香「さっきからずっともぞもぞしてるよね」

響「あ、ごめん」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:45:52.21 ID:CtMDPUDr0

春香「いいよ。ふふふ」

響「寝心地よすぎるのもダメなんだなー」

春香「それでね」

響「うん?」

春香「よかったらこっち来る?」

響「え?」

春香「布団で一緒に寝よっ」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:50:26.07 ID:CtMDPUDr0

響「…いいのか?」

春香「いいに決まってるよ」

響「……じゃあ、お邪魔しよっかな」

春香「どうぞどうぞ」


ゴソゴソ……


響「あぁ……落ち着く」

春香「暑苦しくない?」

響「全然そんなことないぞ。そっちこそ大丈夫か?」

春香「私も平気」

響「そっか」

春香「…………」

響「…………」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:53:09.14 ID:CtMDPUDr0

春香「…………」

響「…………」

春香「………響ちゃんのことこんなに近くで見たの、初めて」

響「えっ?」

春香「…響ちゃん、お肌綺麗だね」

響「え、あ……ありがと……」

春香「髪もきれいだねー。羨ましい」

響「…そ、そんな風に言われると……」

春香「どうかした?」

響「その………ちょっと、照れる」

春香「…響ちゃん、かーわいい♪」

響「や、やめろよぅ!」

春香「えへへ」



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 01:56:39.13 ID:CtMDPUDr0

響「…………」

春香「…………」

響「…………」

春香「……ねえ響ちゃん」

響「んー?」

春香「髪、触っていい?」

響「えっ?何で?」

春香「どんなリンス使ってるのかなーって」

響「いや、今日は春香のと同じリンスだろ……」

春香「ダメ?」

響「うぐ………ちょっとだけだぞ」

春香「えへへ、それじゃ失礼しまーす……」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:00:10.61 ID:CtMDPUDr0

サワッ

響「っ」ピクッ

春香「うわー…さらさら」サワサワ

響「う、うん……自分、カンペキだから」

春香「こんなに長いのに…手入れ大変じゃない?」

響「まあ、結構時間かかるかな………」

春香「すごーい……」サワサワ

響「…も、もうおしまい!」

春香「えー」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:03:17.68 ID:CtMDPUDr0

響「で、でもさ」

春香「ん?」

響「は、春香だって……髪綺麗だし、その…かわいいと思ぅ」ボソッ

春香「響ちゃん、聞こえてるよ」

響「………」

春香「ありがと。嬉しいな」

響「……どういたしまして…」

春香「…………」

響「…………」

春香「…………」



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:05:38.09 ID:CtMDPUDr0

響「…………」

春香「…………」

響「………春香」

春香「…………」

響「…………寝ちゃったか」


響「……今日はありがとうな。楽しかった」

響「また、お泊り誘ってね」

響「…………おやすみ」



春香「…ん……ひびきちゃぁん……zzz」

就寝ですよ、就寝!



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:06:20.37 ID:7UF0DByO0

乙!さぁ次の安価だ



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:07:56.18 ID:CtMDPUDr0

風呂に入ってくる

今度は>>157と>>160がお泊りするようです



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:10:05.82 ID:zHzapoIi0

貴音



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:10:42.39 ID:81OB0HJ90

美希



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:11:52.78 ID:dommzH3Z0

これまた珍しい組み合わせですな



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:29:39.76 ID:CtMDPUDr0

貴音「美希、そろそろ寝ましょうか」

美希「そうだね。星井美希も正直眠いの。あふぅ」

貴音「ええ。ところで、私はどこで寝ればよいのでしょう」

美希「え?ここに決まってるの」

貴音「しかし、そこは貴女のべっどでは」

美希「せっかくなんだし、一緒に寝ようよ!ね?」

貴音「……それはまこと善き考えですね」


美希「電気消すよー」

貴音「ええ。どうぞ」

カチッ

美希「んじゃ、貴音の隣に失礼するの」ゴソゴソ



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:33:41.46 ID:CtMDPUDr0

貴音「しかし、こうして美希と寝床を共にする日がこようとは」

美希「そうだねー。貴音って、お泊りとか来そうなイメージじゃないもん」

貴音「私は催しごとは好きですよ」

美希「んー…それでも、なの」

貴音「そうでしょうか」

美希「うん」

貴音「…………」

美希「…………」

貴音「…………」

美希「…………」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:38:41.40 ID:CtMDPUDr0

美希「…………」

貴音「…………」

美希「………貴音」

貴音「…どうかしましたか?」

美希「不思議なの。こうやって布団に入ると、なんだか眠くなくなってきちゃった」

貴音「…ふふ、奇遇ですね。私もそう考えていたところです」

美希「…ねえ、眠くなるまでもう少しお話しよっか。貴音のこともっと知りたいし」

貴音「そうしましょう。幸い、明かりなどなくとも…」

美希「……ホントだ。満月だね」



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:43:26.00 ID:CtMDPUDr0

貴音「街にいるときは気づきにくいですが、月とはかくも明るいものなのですね」

美希「窓から入ってくる光だけで、こんなに明るいんだね。知らなかった」

美希「とっても綺麗なの……なんだか貴音みたい」

貴音「私のよう、ですか」

美希「うん」

貴音「…そうですね。私は月に似ているかもしれません」

美希「………」

貴音「………」

美希「………」

貴音「………」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:48:14.03 ID:CtMDPUDr0

貴音「………」

美希「………貴音、もう寝た?」

貴音「いえ」

美希「そっか………うーん、何話せばいいのかな…」

貴音「このような機会ですし、私も貴女のことをよく知りたいですね」

美希「えっ、ミキのこと?」

貴音「ええ」

美希「えーと……ミキは星井美希で…15歳なの。好きなものはおにぎりとイチゴババロアと……」

貴音「…ふふっ。それはもう知っていますよ」

美希「あ、ごめん」

貴音「いえ」



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:51:10.50 ID:CtMDPUDr0

美希「うーん…貴音はミキに聞きたいこと、何かある?」

貴音「聞きたいこと……そういえば」

美希「なになに?」

貴音「美希は何故、プロデューサーのことをはにぃと呼ぶのですか?」

美希「えっ?」

貴音「気になります」

美希「え、えっと……だって、ハニーは優しいし……かっこいいし……それに」

貴音「続きを」

美希「つ、続き…?うん、み、ミキのこといっつもちゃんと見てくれてるし……あとは……」

貴音「…なるほど、貴女はあの方のことを大変慕っているのですね」

美希「……あはは、他の人に言われると…恥ずかしいの……」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 02:55:46.79 ID:CtMDPUDr0

貴音「それでは、今度は美希の番ですよ。私に聞きたいことがあれば何でも」

美希「…え?これってそういう感じなの?」

貴音「遠慮なく」

美希「…そうだねー……んじゃあ、貴音はどうしてアイドルになろうと思ったの?」

貴音「なるほど……」

美希「教えて教えて!」

貴音「……簡単に申し上げますと、離れ離れになった故郷の者達に『私はここにいる』と知らせるためです」

美希「故郷?」

貴音「…遠い遠い異国の地です」

美希「へぇー、貴音ってガイジンさんだったの」

貴音「ありていに言えば、そうです」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:00:20.91 ID:CtMDPUDr0

美希「あ。貴音、髪が光ってるの」

貴音「む…月に照らされていたのですね」

美希「ホントに綺麗な銀色してるんだね……」

貴音「美希の金髪も素敵ですよ」

美希「ううん。貴音には負けるの」

貴音「……そう言っていただけるとは、光栄ですね」

美希「………すっごくサラサラしてるし……」

貴音「触ってもいいことなどありませんよ」

美希「……ううん。ホントに…綺麗」

貴音「ありがとうございます」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:05:14.00 ID:CtMDPUDr0

美希「………あ、でも」

貴音「…何でしょう」

美希「貴音の髪は、ストレートじゃないんだね」

貴音「…確かに、少々癖のある髪質かも知れませんね」

美希「765プロで一番髪がまっすぐなのは誰かな?」

貴音「響か…千早でしょうか」

美希「デコちゃんも綺麗な髪だよね」

貴音「ええ。反対に癖毛といえば、私以外には……」

美希「やよいじゃないかな?」

貴音「…そうですね。ふふ」

美希「それでね、ミキが梳いてあげようと思って。貴音の髪の毛」

貴音「…よろしいのですか?」

美希「うん!櫛とってくるね」

貴音「暗いので、気をつけて……」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:10:19.80 ID:CtMDPUDr0

スゥー…スゥー……

美希「…どう?気持ちいい?」

貴音「ええ。大変いい心地です」

美希「よかった」スゥー

貴音「…美希、上手なのですね」

美希「自分の髪の毛も手入れしてるし、このくらい…ヨユー、なの……」スゥー

貴音「流石ですね」

美希「………」

貴音「………美希」

美希「……あっ。ごめん」スゥー



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:14:56.75 ID:CtMDPUDr0

貴音「どうかしましたか?」

美希「ううん……貴音の顔がね」スゥー

貴音「私の顔?」

美希「月に照らされてて……すっごく真っ白で……見とれちゃった」スゥー

貴音「………そうですか」

美希「………うん。ちょっとドキドキしてる」スゥー

貴音「………」

美希「………」



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:19:59.35 ID:CtMDPUDr0

貴音「美希、ありがとうございます。もう結構ですよ」

美希「…そ、そう?」

貴音「次は私が」

美希「もしかして、してくれるの?」

貴音「もちろんです。私の前へ」

美希「う、うん…じゃあお願いするね」


スゥー…スゥー…

貴音「やはり……美希も美しい髪を持っていますね」

美希「そう?ありがとうなの」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:22:59.30 ID:CtMDPUDr0

貴音「ええ。それに……」スゥー

美希「それに?」

貴音「…貴女の髪の金色が、白い光と重なって……大変輝きを放っているのです」スゥー

美希「…そうなんだ……」

貴音「私が月ならば、さしずめ貴女は太陽のよう」

美希「…………」

貴音「………思わず見とれてしまいます」スゥー

美希「………ありがとう、なの」

貴音「ぎぶあんどていく、というものですよ」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:28:32.00 ID:CtMDPUDr0

美希「あふぅ……」

貴音「美希。眠くなってきましたか?」スゥー

美希「うん、ちょっとだけ……貴音の手、とっても優しいから……」

貴音「この辺にしておきましょうか?」

美希「…ううん」

貴音「?」

美希「…貴音、あのね……ちょっとだけでいいから」

貴音「何か?」

美希「…ミキの頭、ナデナデしてほしいの……」

貴音「………」

美希「………」

貴音「…ええ。構いませんよ」



194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:33:11.84 ID:CtMDPUDr0

ナデリナデリ…

貴音「…こうでしょうか」

美希「ふわぁ………いぃ…いぃの貴音……」

貴音「…喜んでくれているようで何よりです」ナデリ

美希「…はぁ……最高なの……」

貴音「………」ナデリナデリ

美希「………」

貴音「………」ナデリナデリ

美希「……はん……」

貴音「………美希は可愛いですね…」ナデリ

美希「………ふぅ…っ……」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:36:45.68 ID:CtMDPUDr0

貴音「その年齢にして大人顔負けのすたいると、年齢に相応しい子供らしさ……」ナデリ

美希「…………」

貴音「貴女のあふれる魅力は、そこから来ているのでしょうね。おそらく」ナデリ

美希「…………」

貴音「…………」ナデリ

美希「………すぅ……すぅ……」

貴音「………」ナデリ……



200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:39:08.02 ID:CtMDPUDr0

貴音「寝てしまったようですね」

美希「………すぅ…すぅ……」

貴音「………起こさないように……」ポスン

貴音「…すでに宵も越しているでしょうか」

貴音「………」


貴音「おやすみなさい、美希……よい夢を」ナデリナデリ


美希「……zzz……」

おやすみなのー



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:48:41.01 ID:zHzapoIi0

おつなの



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:52:13.92 ID:CtMDPUDr0

最近さるくらいまくりワロリンゴ
おやすみSS書いてる俺が寝れないってどういうことよ!

つーわけで>>207と>>209が代わりに寝てくれるそうです



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:57:21.25 ID:wzLZop8D0

あずさ



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 03:58:16.52 ID:uOq1SbSL0

雪歩



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:06:31.28 ID:x+Eon/Ts0

なんだこのほのぼのするスレは・・・



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:10:39.71 ID:CtMDPUDr0

あずさ「雪歩ちゃん、そろそろ寝ましょうか~」

雪歩「は、はい。私床で寝てますね……」

あずさ「あらあら~、だめよ。大事なお客さんなんだから、きちんとベッドで寝てもらわないと」

雪歩「で、でも、私が寝たらあずささんの寝る場所が……」

あずさ「一緒に寝れば、問題はないでしょう?うふふ」

雪歩「そ、そんな…ご迷惑じゃないんですか……?」

あずさ「そんなわけないじゃない。変な雪歩ちゃん」

雪歩「……そ、それじゃ…失礼しますぅ……」

あずさ「うふふ。電気消すわよ~」

カチッ



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:17:08.70 ID:CtMDPUDr0

あずさ「それにしても、私なんかの家にお泊りしてくれるお客さんなんて今までいなかったから嬉しいわ」

雪歩「そ、そうですか?」

あずさ「ええ。しかもそれが雪歩ちゃんだなんて、もう昨日から楽しみで。うふふ、ふふ」

雪歩「いえ……私のほうこそ、ご飯までご馳走になっちゃって……」

あずさ「料理を練習しても、振るう相手がいないんじゃ意味ないもの。いつでも遊びに来てほしいわ」

雪歩「あ、ありがとうございます……」

あずさ「………じゃ、そろそろ寝ましょうか」

雪歩「はい。おやすみなさい……」

あずさ「おやすみ~」



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:25:39.36 ID:CtMDPUDr0

あずさ「…………」

雪歩「…………」

あずさ「…………」

雪歩「…………あの、あずささん……寝てたらごめんなさい」

あずさ「なぁに?まだ起きてるわよ」

雪歩「あ、あの…そ、そういう風にこっちを向かれると……」

あずさ「あら、ダメだったかしら?」

雪歩「いえ…えと、む、胸があたっちゃうんです……」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:33:13.94 ID:CtMDPUDr0

あずさ「………」

雪歩「そ、それに…き、気になって眠れないというか…ご、ごめんなさい、生意気なこと言っちゃって…!」

あずさ「………」

雪歩「…あずささん……?」

あずさ「雪歩ちゃん、可愛い♪」ダキッ

雪歩「えっ!?」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:40:08.82 ID:CtMDPUDr0

あずさ「雪歩ちゃんったら、照れ屋さんなのね~。気にしなくていいのよ、女同士なんだもの」

雪歩「…そ、それは分かってますけど…うぅ…」

あずさ「うふふ…うふふ♪」

雪歩「あ、あずささん……もしかして、さっきお酒飲んでました……?」

あずさ「雪歩ちゃ~ん♪」ギュゥー

雪歩「は、ぁぅぅ………///」

あずさ「お酒はちょっとだけよ~?大丈夫、雪歩ちゃんには飲ませてないから」ギュゥー

雪歩「そ、それは分かりますけど………あ、あの…そんなに抱きしめられると……はぅ…」

あずさ「……あら、ごめんなさい……苦しかった?」

雪歩「い、いえ……そんなことは……」



224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:48:08.08 ID:CtMDPUDr0

雪歩「…と、とにかく…もう遅いですし、寝たほうが……」

あずさ「そうね~……」

雪歩「そ、それと…できればまっすぐ向いて寝てほしいかな、って……」

あずさ「…うーん…でも私、上を向いて寝るとなんだか苦しくって……」

雪歩「え………」

あずさ「つまりその……ね?」

雪歩「…………」

あずさ「……………」

雪歩「……ごめんなさぃ…」

あずさ「えっ?」

雪歩「ひんそーな癖に変なこといってしまって、ごめんなさい………」

あずさ「そ、そんな…気にしなくていいのよ~?」

雪歩「うぅ……」



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 04:54:43.91 ID:CtMDPUDr0

あずさ「…………」

雪歩「…………」

あずさ「………雪歩ちゃん、まだ起きてる?」

雪歩「………はい」

あずさ「そう、よかった…私だけ眠れなかったらどうしようかと……」

雪歩「……しばらく寝れそうにないですぅ……」

あずさ「……なら、眠くなるまでお話しましょうか?」

雪歩「はい…」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:02:56.08 ID:CtMDPUDr0

雪歩「あの、あずささん……最近竜宮小町はどうですか?」

あずさ「ええ、おかげさまで順調よ~。律子さんや伊織ちゃんがしっかりしてくれてるから、私はついていくだけなんだけども」

雪歩「そ、そうなんですか……」

あずさ「でもね~、私も頑張って色々気をつけてるのよ?うふふ」

雪歩「い、色々ですか?」

あずさ「ええ。この間もね、30分だけの遅刻で済んだの~」

雪歩「そ、それはよかっ…さ、30分?」

あずさ「次は10分以内につくのが目標なの~」

雪歩「……そ、それは…頑張ってください……」

あずさ「ありがとう、雪歩ちゃん」ニコ

雪歩「…………」

あずさ「…………」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:11:43.90 ID:CtMDPUDr0

あずさ「………」

雪歩「………」

あずさ「………あ、そうだ」

雪歩「はい?」

あずさ「こないだ街で真ちゃんに会ってね~」

雪歩「そうなんですか?」

あずさ「どこに向かうの?って聞いたらね」

雪歩「はい」

あずさ「真ちゃん、とっても可愛いフリフリのスカートを履いてたの~」

雪歩「へぇ………」

あずさ「…………」

雪歩「…………」


雪歩「?」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:14:43.91 ID:CtMDPUDr0

あずさ「…………」

雪歩「…………」

あずさ「…………」

雪歩「…………温かいですね」

あずさ「………そうね~」

雪歩「…………」

あずさ「…………」

雪歩「…今何時なんでしょう?」

あずさ「……さぁ~」

雪歩「…………」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:20:44.18 ID:CtMDPUDr0

あずさ「…………」

雪歩「…………」

あずさ「…………」

雪歩「…………あずささん」

あずさ「…………」

雪歩「……寝ました?」

あずさ「………」

雪歩「…………」

あずさ「…………」

雪歩「…………」

ギュゥ

あずさ「………ん……」

雪歩「…あずささん、温かい………」



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:22:47.17 ID:CtMDPUDr0

雪歩「……呼んでくれてありがとうございます」

雪歩「こんな私にも、優しくしてくれて………」

あずさ「………」

雪歩「………だからちょっとだけ…ちょっとだけ、甘えたくなっちゃいました…」

あずさ「………」

雪歩「………おやすみなさい」



231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:25:08.43 ID:CtMDPUDr0

あずさ「………ん……」

あずさ「………あら?」

雪歩「………すぅ…すぅ……」

あずさ「……あらあら。うふふ」

あずさ「雪歩ちゃんったら………」ナデナデ


あずさ「…可愛い……」ギュウ

あずさ「おやすみなさい………」


雪歩「………すぅ…すぅ…」


おやすみなさいですぅ…



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:27:14.99 ID:CtMDPUDr0

だめだこの二人は難しい

学校なので一旦落ちます
12時半ごろにちょっとだけもどってきますんで
その時残ってたら>>235と>>238で書こうと思いますでは



235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:32:32.44 ID:t/A/3GgJ0

ちーちゃん



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 05:35:42.82 ID:ENx8MYwv0





267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:31:22.21 ID:CxRDBpJn0

千早「真、そろそろ寝ましょう」

真「え、もうこんな時間か。早いなー」

千早「ベッドと布団、どっちがいい?」

真「そっちは千早のベッドなんだから、ボクは布団で寝るよ」

千早「そう?なら私はベッドで」

真「電気消すよ」

千早「お願いするわ」

カチッ

真「おやすみ。千早」

千早「おやすみなさい」



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:33:40.63 ID:CxRDBpJn0

真「………」

千早「…………」

真「…………ちはやー」

千早「………どうかした?」

真「やっぱりそんなに眠くないや、ボク」

千早「もう…だめよ、睡眠はきちんととらないと」

真「へへっ…分かってるけどさ」

千早「目を閉じていれば自然と眠たくなるはずだから、ゆっくりしておきなさい」

真「…了解」



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:38:16.66 ID:CxRDBpJn0

真「…………」

千早「…………」

真「…………」

千早「………真、もう寝たかしら」

真「…ううん、まだ…」

千早「……そう」

真「…………」

千早「…………」

真「…………千早」

千早「……何?」

真「寝れない」



271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:41:38.06 ID:CxRDBpJn0

千早「どうして?」

真「…なんか、落ち着かないんだ」

千早「布団のせい?」

真「ボク…枕が変わると寝れないみたい」

千早「………」

真「………」

千早「……クスッ」

真「ええ?な、なんで笑うのさ…」

千早「ご、ごめんなさい…くっ、…ふふっ、何だか意外で……真らしくないっていうか……ぷふっ」



274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:44:18.29 ID:CxRDBpJn0

真「…もう、失礼じゃない?」

千早「そ、そうね……」

真「………」

千早「………」

真「………」

千早「………ブフッ」

真「ち、ちょっと千早あ!」

千早「真が変わると寝れない枕……クスクス」

真「何を想像してるんだよ!?」



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:48:02.45 ID:CxRDBpJn0

千早「…ごめんなさい、脱線してしまったわ」

真「もう、ビックリしたよ………」

千早「………」

真「………」

千早「……寝ましょうか」

真「………うん」



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:51:37.84 ID:CxRDBpJn0

千早「………」

真「………千早ってさ」

千早「ええ」

真「声きれいだよね」

千早「…そう?」

真「うん」

千早「ありがとう」

真「うらやましいな」

千早「真だって、ハスキーで素敵な声だと思うわ」

真「そうかな?」

千早「そうよ」

真「………」

千早「………」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:55:32.12 ID:CxRDBpJn0

真「………」

千早「………」

真「……あ~♪」

千早「いい声だわ」

真「ありがとう」

千早「あ~♪」

真「………」

千早「………」

真「………」

千早「…あの、何か言ってほしいんだけど……」

真「…ごめん、聞き惚れた」



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 12:58:15.73 ID:CxRDBpJn0

千早「………」

真「………」

千早「…あ、ありがとう………」

真「ううん」


千早「……………」

真「…………」

千早「…………」

真「………千早」

千早「………何?」

真「起きてた?」

千早「…寝かけてたわ」

真「あ、ごめんね」



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:00:21.16 ID:CxRDBpJn0

千早「いいのよ。……どうかした?」

真「…何でもない」

千早「…何よそれ」

真「なんだろう……ちょっと声聞きたくなっただけ」

千早「………」

真「ごめんね起こして」

千早「別に気にしてないわ」

真「………」



282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:03:36.49 ID:CxRDBpJn0

千早「……真」

真「ん?」

千早「何か話して」

真「…どうして?」

千早「……何となく」

真「なんだよ…」

千早「…ふふ」



285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:06:56.74 ID:CxRDBpJn0

真「話変わるけどさ」

千早「ええ」

真「千早さ、最近変わったね」

千早「…そう?」

真「うん」

千早「どのへんが?」

真「うーん……」

千早「………」

真「………よく笑うようになった」

千早「…私が?」

真「うん」

千早「そう……」



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:08:54.73 ID:CxRDBpJn0

真「千早、たまにしか笑わないからさ」

千早「……ええ」

真「笑ったら特別かわいくなると思うんだ」

千早「…そうかしら」

真「そうだよ」

千早「…私なんかより、真のほうが可愛いげあるわよ」

真「えっ……」

千早「王子様キャラだか何だか知らないけど」

真「そ、そうかな…へへ」



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 13:11:12.10 ID:CxRDBpJn0

千早「真も、私と同じように」

真「ん?」

千早「たまに女の子らしい時があるから可愛いんじゃないかしら」

真「………そっか」

千早「…ええ」

真「千早が言うなら、たまにだけ可愛くなろっかな」

千早「私もそうするわ」

真「ボクたち、似た者同士なんだね」

千早「そうみたいね」

真「………」

千早「………」



309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:05:10.24 ID:CtMDPUDr0

真「…………」

千早「…………」

真「……千早」

千早「……なに?」

真「今度さ、服買いに行きたいんだ」

千早「そうなの」

真「…………」

千早「…………」

真「……付き合ってくれない?」

千早「………私、センスないわよ」



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:09:09.81 ID:CtMDPUDr0

真「そんなことないよ」

千早「本当に?」

真「うん。千早ならボクにちょうどいいのを選んでくれそう」

千早「……そう。いいわよ」

真「ありがとう」

千早「その代わり、私もCDを買いに行きたいの」

真「付き合うよ」

千早「ありがとう。……一日かかりそうね」

真「そうだね」

千早「………」



313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:12:33.64 ID:CtMDPUDr0

真「……デートって」

千早「え?」

真「こんな感じなのかな」

千早「………」

真「………」

千早「……デートに誘ってくれたの?」

真「い、いや…そういう意味じゃ」

千早「…そう。残念だわ」

真「えっ?」

千早「冗談よ」

真「……もう、驚かさないでよ」

千早「ふふっ」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:17:58.31 ID:CtMDPUDr0

真「…………」

千早「…………」

真「………眠い?」

千早「……少しだけ」

真「……こういうときさ」

千早「ええ」

真「添い寝とか、膝枕とかさ」

千早「………」

真「……されたら、よく眠れたよね」



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:22:08.04 ID:CtMDPUDr0

千早「………」

真「………」

千早「……私、してもらったことないわ」

真「……そうなんだ」

千早「…………」

真「…………」

千早「…………」

真「……してあげよっか?」

千早「真が?」

真「うん」

千早「添い寝?」

真「そう」



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:27:26.14 ID:CtMDPUDr0

千早「そんなの、悪いわよ」

真「気にしなくていいよ」

千早「でも……この年になって」

真「…………」

千早「…………」

真「……ま、いらないなら別に」

千早「まあ、少し……」

真「えっ?」

千早「………」

真「…どうかした?」



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:32:26.14 ID:CtMDPUDr0

千早「………」

真「…遠慮しなくて良いよ」

千早「……本当にいいの?」

真「うん」

千早「なら……少しだけ」

真「うん。おいで…千早」

千早「………」ゴソゴソ



320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:36:14.13 ID:CtMDPUDr0

千早「これ…恥ずかしいわね」

真「でも、結構気持ちいいでしょ?」

千早「ええ……悪くないわ」

真「…おやすみ」

千早「…おやすみ」


真「…………」

千早「………」

真「……千早、寝た?」

千早「……すぅ……すぅ……」

真「……なあんだ。こんなに可愛い寝顔しちゃってさ」

千早「………すぅ……」

真「……おやすみ」ナデナデ


千早「……すぅ………すぅ……」

ええ。おやすみなさい



322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:40:38.15 ID:CtMDPUDr0

何か最初とノリが大きく変わってきてるな

流れ的にやよいおはなんとなく避けたいところだけど
>>325と>>328なら仲良くお泊りしてるんじゃないかな



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:42:09.75 ID:kuL/11gL0

いおり



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:42:50.20 ID:nUI9bTfZ0

しゃちょう



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:43:02.00 ID:kuL/11gL0

>>328
おっと?



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:43:47.30 ID:5LCl1Z9O0

これはどうなるんだ?



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:44:27.85 ID:CtMDPUDr0

最安価
伊織と>>335



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:45:39.38 ID:X4gI2Tud0

双葉杏



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:46:34.32 ID:CtMDPUDr0

悪いがモバマスは書けない
いおぴよで良い?



339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:47:57.73 ID:TzcCUbht0

ぴよでいいよ



345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 16:55:09.22 ID:CtMDPUDr0

小鳥「伊織ちゃん、そろそろ寝るわよー」

伊織「そうね。で、私はどこで寝れば良いわけ?」

小鳥「私のベッドを貸してあげるわ」

伊織「何言ってんのよ……じゃあアンタはどこで寝るって言うの?」

小鳥「あのソファで……」

伊織「もうっ!馬鹿ね。招いてもらってる身でそんなこと出来るわけないでしょ」

小鳥「で、でも…」

伊織「もう良いから、こっち来なさいっ」グイグイ

小鳥「きゃぁっ!?い、伊織ちゃん…そんな大胆な……」

伊織「…やっぱソファで寝なさい、この変態!」

小鳥「冗談!冗談よ!ごめんなさい!」



348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:00:33.66 ID:CtMDPUDr0

伊織「この私が一緒のベッドで寝てあげるんだから、ちょっとは感謝しなさいよね」

小鳥「そうね。ありがとう、伊織ちゃん」

伊織「さっさと電気消して」

小鳥「はーい」


カチッ



349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:07:32.59 ID:CtMDPUDr0

小鳥「はぁー、落ち着くわぁ……」

伊織「…ねぇ、小鳥って毎晩何時まで起きてるの?」

小鳥「うーん……最近残業多いからなぁ……」

伊織「…毎晩遅いの?」

小鳥「そうね……今日もクタクタだわ……」

伊織「………そう。気をつけなさいよね…ホントに」

小鳥「………」

伊織「………なによ、何とか言いなさいよ」

小鳥「…もしかして、私の心配してくれてるの?」

伊織「………」

小鳥「………」

伊織「………ちょっとだけよ。ジロジロ見てるんじゃないわよ……」



351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:12:53.65 ID:CtMDPUDr0

小鳥「真っ暗なのに、分かるの?見られてるって」

伊織「……なんとなく感じるのよ……」

小鳥「…うふふ……嬉しいわ…」

伊織「…何よ……」

小鳥「……伊織ちゃんだけよ…私のこと労わってくれるのは…!」ギュゥー

伊織「ちょっ、抱きつかないでっ!アンタが体調崩したら他に事務やる人間がいないからよっ……!」

小鳥「伊織ちゃぁん……!」ギュゥー

伊織「あぁもう、暑苦しい……離れろっ!」ゲシゲシ

小鳥「痛い、痛い!ごめんなさい!舞い上がっちゃったのっ!離れるからっ!」

伊織「………もう、びっくりするじゃない…」



352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:17:21.26 ID:CtMDPUDr0

伊織「全く……こんなんなら泊まりになんて来るんじゃなかったわ……」

小鳥「そ、そんなこと言わないでちょうだい……お姉さん最近寂しかったのよ、だから……!」

伊織「…アンタもつくづく不憫ね」

小鳥「だって………」

伊織「何で誰ももらってくれないのかしらねぇ……」

小鳥「…そ、そんなストレートに言われると……」

伊織「事実ですもの」

小鳥「………うぅ…」



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:21:23.54 ID:CtMDPUDr0

伊織「………でも」

小鳥「え…?」

伊織「アンタがどこの馬の骨とも知らない男の嫁に行っちゃうのも、それはそれで癪だから」

小鳥「………」

伊織「きっとみんなも寂しがるでしょうしね」

小鳥「………」

伊織「……も、もう寝るわよ!」

小鳥「……ええ」



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:25:32.15 ID:CtMDPUDr0

小鳥「…………」

伊織「…………」

小鳥「……伊織ちゃん」

伊織「……何?」

小鳥「………眠い?」

伊織「……ちょっとね」

小鳥「…そう。私も」

伊織「………」

小鳥「………」

伊織「……静かね」

小鳥「………ね」



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:34:27.92 ID:CtMDPUDr0

伊織「屋敷で寝てるときのほうが、時計の音でまだうるさいわ」

小鳥「へぇ~……」

伊織「そうそう。こないだやよいを家に泊めたことがあるのよ」

小鳥「あら。そうなの?」

伊織「やよいは初め客用の寝室で寝てたんだけど……」

小鳥「うんうん」

伊織「あの子、一人で寝るの初めてだったみたいで…半泣きで私のところにやってきたわ」

小鳥「……あら…可愛い…」

伊織「やっぱりやよいは、いつもにぎやかな場所で寝てるんでしょうね………」

小鳥「楽しそうね……」

伊織「………」



360:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:39:58.61 ID:CtMDPUDr0

小鳥「………伊織ちゃん」

伊織「…何?」

小鳥「何でもない。呼んだだけ」

伊織「…何よそれ?」

小鳥「…うふふ」

伊織「もう……おやすみ」

小鳥「おやすみー…」ポンポン

伊織「…………」

小鳥「…………」ポンポン

伊織「………あの」

小鳥「んー…?」ポンポン

伊織「どうして私のお腹をポンポンしてくるの?」

小鳥「あら…嫌だったかしら?」ポンポン



361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:46:08.13 ID:CtMDPUDr0

伊織「…別に…嫌じゃないけど」

小鳥「それは、もう少し続けてほしいって意味かしら?」

伊織「…うるっさいわね……子ども扱いしないで」

小鳥「それはごめんなさいね」ポンポン

伊織「……もう…何なのよ……」

小鳥「………」ポンポン

伊織「………怒る気力もなくなってきちゃうわ…」

小鳥「………」ポンポン

伊織「………」

小鳥「………」ポンポン

伊織「………グスッ」



363:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 17:52:08.14 ID:CtMDPUDr0

小鳥「………伊織ちゃん。気持ちいい…?」ポンポン

伊織「……うん…」

小鳥「今日はお姉さんに甘えちゃっていいのよ……?」ポンポン

伊織「………うん…」

小鳥「…………」ナデナデ

伊織「あっ………」

小鳥「………」ナデナデ

伊織「………」

小鳥「………」

伊織「……はぁ……」

小鳥「………」

伊織「ねぇ」

小鳥「…なぁに?」

伊織「ちょっと……ギュッてしてみて」

小鳥「……うふふ、もちろんいいわよ」



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 18:00:51.82 ID:CtMDPUDr0

小鳥「……これでいいかしら?」ギュゥ

伊織「…ええ、ちょうどいいわ………」

小鳥「…………」

伊織「…………」

小鳥「…………」

伊織「………なでて」

小鳥「……はいはい」ナデナデ

伊織「…………」

小鳥「伊織ちゃんも、何だかんだで甘えん坊さんなのね」

伊織「……いいじゃない、たまには…」

小鳥「…そうね。いいわよね」ナデナデ



368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 18:09:38.86 ID:CtMDPUDr0

伊織「………温かいわね」

小鳥「…そうね」

伊織「やめないで」

小鳥「ごめんなさいね」ナデナデ

伊織「…………」

小鳥「…………」ナデナデ

伊織「………小鳥…」

小鳥「んー?」ナデナデ

伊織「今日のこと誰かに言ったら、承知しないから…」

小鳥「……言わないわよ」ナデナデ

伊織「………ありがと」

小鳥「……秘密ね」ナデナデ

伊織「…うん」



369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 18:15:32.17 ID:CtMDPUDr0

小鳥「…………」ナデナデ…

伊織「……すぅ……すぅ…」

小鳥「…………」ナデ…

伊織「……すぅ……すぅ…」

小鳥「………寝ちゃったかしら」

伊織「……すぅ……すぅ…」

小鳥「……お嬢様も、やっぱり悩みの一つや二つあるわよね…」

伊織「……すぅ……すぅ…」

小鳥「さて……あとはゆっくり寝かせてあげましょ……あら」


ギュー


小鳥「………伊織ちゃん、手を離してくれないと…」

伊織「…………」

小鳥「…………」


小鳥「……ふふっ。しょうがないわね」



371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 18:22:38.45 ID:CtMDPUDr0

伊織「………すぅ……すぅ…」

小鳥「……おやすみなさい、伊織ちゃん」

伊織「………すぅ……すぅ…」

小鳥「…今日はずっとこうやってギュッってしててあげるわ」

伊織「……すぅ……すぅ…」

小鳥「…………また明日ね」



伊織「………ん…すぅ……すぅ…」

フ、フンッ。……おやすみ



373:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 18:25:21.96 ID:CtMDPUDr0

次で最後かな?やよりつを残すとはよく分かってるじゃないか

30分ほど休憩



374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 18:26:29.09 ID:dyGc9jLi0

全員書くとかこの>>1はイケメンだな



384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:05:16.67 ID:CtMDPUDr0

律子「やよい、そろそろ寝るわよ」

やよい「あ、分かりました!私、どこで寝ればいいでしょうか?」

律子「私のいつも使ってるベッドで寝てちょうだい。私は床に布団を敷いて寝るわ」

やよい「いいんですか?ありがとうございまーす!」

律子「ええ。さ、明日も早いし……電気消すわよ」

やよい「はい。おやすみなさい、律子さん」

律子「おやすみ」


カチッ



386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:12:35.75 ID:CtMDPUDr0

律子「…………」

やよい「………」ソワソワ

律子「………」

やよい「………」ソワソワ

律子「……やよい?どうかしたの?」

やよい「あ…えへへ、ごめんなさい……伊織ちゃん以外の人のお家に泊まるの初めてで、ちょっと緊張しちゃって」

律子「あら。そうだったの?悪いわね、殺風景な部屋に泊めちゃって」

やよい「そんなことないです。律子さんのお部屋、すっごく素敵だと思います」

律子「……ありがとう」



389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:19:50.14 ID:CtMDPUDr0

やよい「…………」

律子「…………」

やよい「…………りつこさん」

律子「……ん?」

やよい「起きてます?」

律子「……私の返事聞いてからそれ聞いてもしょうがないわよ?」

やよい「あ、ごめんなさい……」

律子「大丈夫よ。なんだか今日はあんまり眠れないわね」

やよい「…私もです」

律子「ベッドの寝心地はどう?」

やよい「フカフカでとーっても気持ちいいですよ」

律子「そう。よかった」



391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:26:29.65 ID:CtMDPUDr0

やよい「伊織ちゃんは元気にしてますか?」

律子「そうね…ライブが近いから、少しピリピリしてるけど」

やよい「そうなんですか…」

律子「でも調子もいいし、しっかりやってくれてるわよ」

やよい「さすがですねー。伊織ちゃんはすごいなぁ……」

律子「…やよいだって毎日頑張ってるでしょ」

やよい「みなさんに比べたら、私なんてまだまだです」

律子「……そう」

やよい「だから、もっと頑張らないといけませんねー」

律子「そうね。でも、無理は禁物よ」

やよい「はーい」

律子「…………」

やよい「…………」



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:32:47.44 ID:CtMDPUDr0

律子「…………」

やよい「…………そういえば律子さん、お家では髪下ろすんですね」

律子「ええ、まあ……やよいも今解いてるでしょ?」

やよい「はい……いつもの律子さん、後ろでビシッとくくってて何だかかっこいいなーって思ってましたけど」

律子「あ、あら…それはありがとう」

やよい「今のほどいてる律子さんは、なんだかとっても綺麗だなーって…」

律子「……もう。ほめても何もでないわよ」

やよい「えへへ……」

律子「…………」

やよい「………」



396:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:36:08.18 ID:CtMDPUDr0

律子「……やよいも可愛いわよ」

やよい「えっ?」

律子「髪下ろしてるの」

やよい「えっ……あ、ありがとうございます……」

律子「…………」

やよい「はぅ………」



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:41:20.33 ID:CtMDPUDr0

やよい「…………」

律子「…………」

やよい「………あの、律子さん…」

律子「……どうしたの?」

やよい「なんででしょう……ちょっと眠たいはずなのに、全然眠れません~……」

律子「あら…ベッドのせいかしら」

やよい「私、普段お布団だから……あんまりフカフカだと、ちょっと……」

律子「なるほどね……代わる?」

やよい「い、いえ!律子さんはそのまま寝てください…私も頑張って寝ますから!」

律子「遠慮しなくてもいいのに」

やよい「うぅ……」



400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:50:08.03 ID:CtMDPUDr0

律子「やよいの家は布団なのね」

やよい「はい。家族みんなで一緒になって寝るんです」

律子「そ、そうなの?…ずいぶんと賑やかね」

やよい「そうですねー……弟達は寝相悪いし、朝起きたら顔を蹴られてたりします。えへへ……」

律子「でも、そういう大家族っていうのもなんだか憧れるわね」

やよい「そうですか?」

律子「ええ?毎日楽しいでしょ?」

やよい「…はい!」



402:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:54:14.09 ID:CtMDPUDr0

律子「…………」

やよい「………ぅ…」

律子「…………」

やよい「…………うぅ……」

律子「……やよい?」

やよい「……はぃ…?」

律子「さっきからうなされてるみたいだけど、大丈夫?」

やよい「………いえ、なんでもないんです……」

律子「…………」スクッ

やよい「……あの、ホントに平気です……」

律子「………」ガバッ

やよい「…あっ………」

律子「やよい………どうしてそんなにちっちゃく丸まってるの?」



405:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:59:42.43 ID:CtMDPUDr0

やよい「あの……これは……」

律子「もしかして、お腹でも痛いの?」

やよい「そうじゃないです、ただ………」

律子「ただ?」

やよい「………」

律子「………?」

やよい「…あの、ベッドが広くて…落ち着かないんです……」



406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:05:44.17 ID:CtMDPUDr0

律子「え?これは一般的なサイズのシングルベッドだけど」

やよい「そ、そうなんですか?あうぅ……」

律子「そんなに広く感じる?………あ、もしかして……」

やよい「…………」

律子「…やよい、もしかして……普段家族と一緒に寝てるから、一人が寂しかった?」

やよい「………ごめんなさい」

律子「謝ることじゃないわ。……そうね、どうしようかしら………」

やよい「…あの、私頑張って寝ますから…律子さんは気にしないで下さい」

律子「そういうわけにも行かないわ。大事なお客さんだもの」



律子「やよい。よかったら……こっちに来る?」

やよい「………お布団ですか…?」



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:16:20.13 ID:CtMDPUDr0

律子「やよい、いつも家族と布団を分け合って寝てるんじゃない?」

やよい「そ、そうです……お布団の数が足りないから…」

律子「なら、そういう寝方のほうが落ち着くってことよね」

やよい「だけど…律子さんが狭いんじゃ」

律子「気にしないわよ。ほら、こっちに来なさい」

やよい「じゃ、じゃぁ……お邪魔します…」

律子「せっかくだし、今夜は高槻家流で寝ましょう」

やよい「……はい!」



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:21:41.03 ID:CtMDPUDr0

律子「さ、入ってらっしゃい」

やよい「はい…」ゴソゴソ


律子「…どう?少しは落ち着くかしら」

やよい「はい……すっごく温かいです……」

律子「………」

やよい「………」

律子「………私も、懐かしいわ」

やよい「えっ?」

律子「子供の頃は、こうやって従弟と一緒に寝たりもしたものよ」

やよい「へー……イトコさんがいるんですね」

律子「昔は可愛かったわ。まあ今もだけど」

やよい「そうなんですかー」



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:28:56.15 ID:CtMDPUDr0

律子「ええ…まだやよいよりも小さかった頃かしらね」

やよい「…………」

律子「…………」

やよい「……あ、あの、律子さん……じーっと見られると、なんだか……」

律子「………」ギュゥ

やよい「ひゃぅっ……!?」

律子「…あ、ごめんなさい……つい」パッ

やよい「あ、あぅ…びっくりしましたー……」

律子「あの、なんていうか悪気はなくて…やよいを見てると思わず……許して」

やよい「……いえ、気にしないで下さい……」

律子「……?」

やよい「えへへ……」ギュゥ

律子「ちょっ、やよい……?」



419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:33:26.13 ID:CtMDPUDr0

やよい「律子さんもあったかいですねー…」

律子「………」

やよい「私、お家ではよくこうやって弟達を抱きしめながら寝たりしてたんです」

律子「そ、そうなの……」

やよい「はい…でも、私にお姉ちゃんはいませんから……」

律子「………」

やよい「してあげるよりも、してもらうほうが嬉しいですねー……」

律子「……やよい」

やよい「高槻家流のおやすみをするんですよね?なら…」


やよい「今日は律子さんがお姉ちゃんだったら、とっても嬉しいかなーって……わがままですか?」

律子「………」

やよい「…………」

律子「…………」ギュゥ



424:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:41:56.11 ID:CtMDPUDr0

律子「……まるで、小鳥さんにでもなった気分ね」

やよい「………♪」スリスリ

律子「………まあいいわ…やよい」

やよい「はい…?」ギュゥ

律子「……ゆっくり寝ましょう」

やよい「………はい…」スリスリ

律子「…………」

やよい「あ、あの……」

律子「……何かしら?」

やよい「……お、お姉ちゃん…」

律子「!」



425:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:44:14.12 ID:CtMDPUDr0

やよい「う、あぅ…やっぱりこれは恥ずかしいんでやめときます……!」

律子「……そ、そう?」

やよい「とりあえず、あとはいつも通りにしときますね……」

律子「………そうね」

やよい「…………」

律子「…………」

やよい「…………」

律子「………眠れそう?」

やよい「………はい…ありがとうございます…」

律子「よかったわね。……おやすみ」

やよい「………1つ忘れてました」

律子「えっ?」



427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:50:21.09 ID:CtMDPUDr0

やよい「寝る前に家族にしてあげることです」

律子「………?」

やよい「………ほっぺに」

律子「…………ほっぺに」

やよい「…………律子さんがしてくれたら、ぐっすり眠れるかなーって……」

律子「わ、私が………!?」

やよい「あの、嫌なら別にいいんですけど……」

律子「………」

やよい「…………」

律子「……そうね」


律子「高槻家流って言ったものね、今日は」



429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:56:53.58 ID:CtMDPUDr0

律子「やよい…じゃあ、こっち来て」

やよい「……はい」

律子「……その………おやすみなさい。はい」チュ

やよい「…えへ、えへへへ……おやすみなさい!」

律子「…はい、いい加減にもう寝る!いいわね?」

やよい「はーい」

律子「よし。おやすみ、やよい」

やよい「はい。おやすみなさい」



431:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 20:59:27.50 ID:CtMDPUDr0

律子「……スゥ……」

やよい「…………」

律子「……スゥ……」

やよい「………律子さん……」

律子「……スゥ……」

やよい「………寝ちゃってますね」


やよい「………」チュ

律子「…ん………」

やよい「おやすみなさい!」


律子「……スゥー……」

そうね。おやすみ



432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 21:01:56.04 ID:CtMDPUDr0

はーい終わりです

途中からはただのマイナー百合でしたわい
新たな可能性の発掘に一役買えれば幸いです

お付き合いありがとう



435:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 21:03:19.89 ID:xywmsG/T0

おやすみー
すげぇよ、新しい世界が見えたよ乙



450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 21:10:32.25 ID:bx+UAvHJ0

乙乙。いい癒し系ssだった。



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 21:14:35.25 ID:RW7yKHS60


いい雰囲気だった



469:私、タム動物園でございます ◆l/TMzooVYv9/ :2012/06/21(木) 21:53:20.89 ID:jgW/Sa8f0

おつ!!、!!!



転載元
真美「亜美→、そろそろ寝るよ」亜美「あ→い」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340200132/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (32)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 22:44
          • にはには
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 22:48
          • これが癒し系の魔力か……
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 22:58
          • 意外な組み合わせが多くて面白かった
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:02
          • 双子の夜は長い。うちもそうだった。それが楽しんだわ。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:20
          • どの組み合わせでもイケるな
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:31
          • おいおい、千早と真ってむn...うgdhj
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:40
          • 意外な組み合わせの二人。共通点は…………ペチャパィィウゥゥゥゥワァァァァ!
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:41
          • この>>1イケメンすぎる!!
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:44
          • 5 外野はよく空気を読んだな
            モバマスは除く
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:49
          • 素晴らしいです
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月21日 23:51
          • あれ?Pと社長は?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 00:19
          • 5 神はサイコロを振らないで泣いてこれで癒された
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 00:50
          • 5
            とても素晴らしい!
            何て言うか……とても素晴らしい!!
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 00:51
          • 5 >>1の漢っぷりに感服致し申した!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 01:00
          • いい夢見られそうだ、サンキュー>>1
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 01:16
          • いつPや木星が出るのかとハラハラ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 01:21
          • ありがとう
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 02:38
          • 双子の雰囲気とか、子供のころ思い出してぐっと来た…大人になってからもこういうのってあるのかな…
            月明かりに照らされた部屋の中で髪を梳かし合うみきたかがぐう美しい…。ファンタジーの世界やね。
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 03:13
          • アイマスはどのキャラを絡ませても大丈夫だということを証明したな
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 06:01
          • 意外な組み合わせが続いたのに違和感がほとんどない
            この>>1やりおる
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 07:16
          • 珍しい組み合わせが多いな
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 09:55
          • 確かに普段あまり見ない組合せばかりだったけど、凄い違和感なくてすらーっと読めたわ。
            しかも全員書いてくれるなんてイケメンすぎるぞ。
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 10:00
          • あずちはの悲劇は回避されたか…空気の読める安価だったな
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 13:05
          • あずゆき、はるひびとか超俺得。もっと増えろ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 13:08
          • みきたかの金銀コンビすきだw
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 13:20
          • 5 >>12

            奇遇だな
            俺もその口だ
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 23:58
          • めずらしコンビSSは俺も書こうと思ってたが‥
            こんな可愛いのの後に書ける気がしねぇ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月23日 12:52
          • あれ?ってことはPと社長は………アッー!
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月24日 01:07
          • >>25
            俺も

            今度の音ゲーではそれが見れるか・・・?
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月24日 22:03
          • みきたかは割りと二人ともスペック高いから、案ましセットで絡まないのが多いのかな?

            フェアリーだと、漏れ無く響が付いてきて、二人きりでイチャコラってしないし、出来ない。

            だから、非常に新鮮で貴音に甘える美希が可愛かった!
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月23日 15:39
          • 5 にやにやが止まらない!
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月06日 19:06
          • がなはるっていいものですね

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【モバマス】塩見周子「Everything(It's you)」
        • 【アイマス】滄の惨劇【前半】
        • 【アイマス】滄の惨劇【前半】
        • 【モバマス】まゆ・凛「事務所の赤と青と言えば?」
        • >>2>>3「デュエル!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        • 武内P「姉を望んだ末路」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ