TOP

雪歩「ライフ・イズ・ビューティフル」

関連記事:美希「イッツ・マイ・ライフ!」
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 20:36:43.00 ID:eY5TN4oI0

代行です



3:代行感謝!:2012/06/17(日) 20:38:46.78 ID:ngpX3WUjO

「ひょっとして……ナ、ナンパ屋さんですか!?」

今でも良く覚えています
これがプロデューサーと交わした、最初の言葉
そう言われたプロデューサーは、戸惑ったような表情でアタフタしてましたっけ

だけど仕方ないですよね?
街を歩いていたら、いきなり後ろから声をかけらたんですから

私、思わずお父さんに電話しちゃうとこだったんですよ?

そっか…
あれから5年も経つんですね
私、今でも覚えてますよ?

「俺、今日から765プロでプロデューサーをやらせて貰うことになりました」

プロデューサーからそう言われたときの、胸のドキドキを


ライフ・イズ・ビューティフル



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 20:43:00.00 ID:ngpX3WUjO

あれは高校2年生の6月
梅雨入りして間もない、蒸し暑い日でした
プロデューサーと2人で事務所まで歩いている間、いろんなこと考えてたんですよ?
「優しい人だといいなぁ」とか、いろんなことを

もちろん、「大股で3歩」の距離は保ったままでしたけど
プロデューサーはそんな私を何度も振り返って

「歩くの早い?大丈夫?」

って聞いてくれました

「大丈夫ですぅ……」

自分でもやっと聞き取れるくらいの小さな返事にも、プロデューサーは優しく笑ってくれました
いまと同じように、優しく、優しく



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 20:47:47.90 ID:ngpX3WUjO

「おかえり雪歩! プロデューサーさんもおかえりなさい!」

事務所に帰ると、春香ちゃんが元気に出迎えてくれました

その頃の765プロには、春香ちゃん、千早ちゃん、伊織ちゃん、美希ちゃん、あずささん、律子さん、それから私の7人しかいなかったんですよ?

その7人もまだまだ候補生で、厳しいレッスンを積みながら、デビューする日を心待ちにしていました

そんな時期に現れた待望のプロデューサー
みんなすっごくテンションが上がってました

もちろん私もですよ?
プロデューサーは気付いてなかったかもしれませんけど
いまと同じで鈍感でしたから!



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 20:56:03.95 ID:ngpX3WUjO

「おや、雪歩君も戻ったようだね。それではあらためて紹介しよう!」

社長に促されて照れくさそうに挨拶したプロデューサー
ああいうときはもっとビシッとしてなきゃダメなんですよ?

だけど、たどたどしく決意表明しているプロデューサーに、みんなが好感を持ったのは確かです

「あぁ、この人もまだまだ候補生なんだぁ」

って

1人のプロデューサー候補生と7人のアイドル候補生
上手くやっていけそうだって、そのときに確信しました

ウ、ウソじゃないですぅ!



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:03:41.26 ID:ngpX3WUjO

次の日からは、プロデューサーもレッスンに同行してくれるようになりました
やっぱり、チェックしてくれる人がいると空気が引き締まります

美希ちゃんからはレッスン終了後に

「ちょっとそこの人? ミキ、ジュース飲みたい」

って言われてましたけど

ああいうときもビシッと言わなきゃダメなんですよ?
…律子さんみたいに

「ミ、ミキ、自分で買ってくる!」

頭を押さえた美希ちゃんが自動販売機の方に走って行くのを、みんなで苦笑いしながら見てたっけ



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:09:11.81 ID:ngpX3WUjO

梅雨が明けて夏本番を迎えたころ、765プロに新しい仲間が増えました

「高槻やよいですぅ!」

夏のお日さまみたいなやよいちゃんの笑顔
最初に声をかけたのは伊織ちゃんでした

「み、水瀬伊織よ! 分からないことがあったら遠慮なく声をかけてちょうだい」

えへへ
伊織ちゃんがやよいちゃんに優しいのは、あの頃から同じだね



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:16:12.76 ID:ngpX3WUjO

「双海真美だよ!」

「同じく、双海亜美!」

私、本物の双子さんを見たのはこのときが初めてだったんですぅ!
感想は…

「ふわぁ…そ、そっくり…」

って…

うぅ…
情けない感想でごめんなさいぃ…

「左で髪を束ねてるのが真美だよ! ねっ、亜美?」

「そうそう! 『右亜美、左真美』って覚えてよねっ、おねーちゃんたち!」

…いまだに間違えちゃうのは内緒ですぅ



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:24:59.09 ID:ngpX3WUjO

10人に増えた765プロ
レッスンは徐々にキツくなっていきましたけど、新しく加入した3人のおかげで張り合いも生まれました

亜美ちゃんと真美ちゃんは当時小学校6年生、やよいちゃんは中学1年生

「年少の3人には負けられない!」

って、私でも気合い入っちゃいましたから!

そうそう
亜美ちゃんと真美ちゃんから「とっても可愛い」ニックネームを付けられたのはこの頃でした
『ゆきぴょん』って…



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:34:07.63 ID:ngpX3WUjO

高校2年生の8月
夏休みの課題を終わらせて事務所に向かいました
入り口のドアの前に立つと、中からは美希ちゃんがはしゃいでいる声

「ねぇねぇ! 真君って呼んでもいい?」

私にとっての、もう1人の「運命の人」
真ちゃんとの出会い

私、ちゃんと日付まで覚えてるんだよ?

あれは8月2日
その日はね…

私の人生が、また1つ豊かになった日なんだよ?
えへへ…



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:41:50.74 ID:ngpX3WUjO

「はじめまして! 今日からお世話になる菊地真です!」

「は、萩原雪歩ですぅ…」

…正直に言うと、ちょっと見とれちゃいました
真ちゃんが高校の制服を着ていなかったら、男の子だと勘違いしちゃったかも

「えっと…ボク、いちおう女だからね? 制服着てるのは補講があったからで、そういう趣味なわけじゃないからね?」

「だ、大丈夫だよ!」

何が大丈夫なのか自分でも分からなかったけど、全力で取り繕った私
あのときの真ちゃんもカッコ良かったなぁ…



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:49:26.19 ID:ngpX3WUjO

「えっと…」

真ちゃんに見とれてる私を見ながら、ちょっと困惑した様子のやよいちゃん

「どうしたのやよい?」

そんなやよいちゃんをいつものように気遣う伊織ちゃん

「えっと…雪歩さんて…」

「わ、私? どうしたのやよいちゃん?」

やよいちゃんの何を切り出すのか、みんなの注目が集まります

「雪歩さんて…雪歩さんて、『はぎわらさん』だったんですね!」

「えっ!?」

「私、いままで『おぎわらさん』だって思ってましたぁ!」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 21:55:22.10 ID:ngpX3WUjO

うぅ…
私、出会ってから約1ヶ月の間、やよいちゃんの中で『おぎわらゆきほ』だったみたいですぅ…

「まったく、やよいらしいわね」

そう言いながら笑ってた伊織ちゃん

わ、笑い事じゃないよぅ!
『おぎわら』だったら出席番号が前の方になっちゃうんだから!

そしたら…入学式とか卒業式の席順も前の方になって…
名前呼ばれるのも前の方で…

うぅ…
やっぱり『はぎわら』が良いよぅ…



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:03:35.54 ID:ngpX3WUjO

その年の夏休みが終わって間もないころ
765プロに吉報がもたらされました

「いよいよ動き出した!」

と言うべきかもしれません

「みんな聞いてくれ!」

事務所に駆け込んできたプロデューサーが、荒い息使いのまま声を張り上げました

その声に吸い寄せられるように、プロデューサーの周りに集まった私たち
そんな私たちをゆっくりと見回したあと、プロデューサーが言いました

「あずささんと千早、そして美希のデビューが決まったぞ!」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:11:50.43 ID:ngpX3WUjO

「デビュー…ですか…?」

呆然とした様子で小さく呟いたあずささん
千早ちゃんと美希ちゃんも、同じような表情でプロデューサーを見つめていました
ああいう顔を、「キツネにつままれたような顔」って言うんだと思います

「はい、デビューです! 小さな仕事かもしれませんけど、みんなにとって初めての、『アイドルとしてギャラを貰う』仕事です!」

「アイドルとしてギャラを貰う」

ひょっとしたら私たちは、あのときプロデューサーに言われて初めて気付いたのかもしれません
少なくとも、私はそうでした

アイドルは職業なんだ、ただのきれい事じゃなく、お給料をもらうものなんだ、って



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:22:13.23 ID:ngpX3WUjO

私がアイドルを目指した理由
それは、「自分を変えたかったから」

ウジウジしている自分が嫌で…
情けない自分が嫌で…
ひんそーでちんちくりんな自分が嫌で…

アイドルとして頑張っていれば、少しは自分に自信が持てるかもしれない…

私のそんな甘い考えを、プロデューサーの言葉でひっぱたかれたような気がしました
私だけじゃなく、他のみんなもそうだったんじゃないかって思います
次の日のレッスンから、みんなの目の色が変わってましたから



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:29:04.32 ID:ngpX3WUjO

あずささんは通販雑誌のモデル、千早ちゃんは有名アイドルの前座、美希ちゃんは学園ドラマの生徒役

確かに小さなお仕事かもしれないけど、ステップアップには違いありません

「頑張っていれば私にも…」

そう思わせてくれるには十分でした

「では、行ってきますね」

そう言って初めてのお仕事に向かったあずささんの姿が、とっても眩しく映りました



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:37:55.88 ID:ngpX3WUjO

すっかり秋めいてきた11時
私にもついに、その時が訪れました

レッスンの休憩中にプロデューサーからかかってきた電話

『雪歩! 仕事決まったぞ!』

私、思わず飛び上がっちゃいました

「ほ、ホントですかぁ!? 私にですよね? 間違えてませんよねっ?」

『お前にだよ、萩原雪歩!!!』

このときが、私が『アイドル』になった瞬間だったのかもしれません
一緒に休憩していた真ちゃんとやよいちゃんも、まるで自分のことのみたいに喜んでくれました



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:46:08.99 ID:ngpX3WUjO

ただ、そのお仕事には…
深刻な…
極めて深刻な問題がありました…

『仕事内容はドッグフードのCMだ』

「…え?」

『雪歩は犬を散歩させてる女の子を演じてもらう。ちゃんと訓練されてる犬だから、犬の方が演技上手いかもな。あはは』

うぅ…
このときはまだ、誰にも言ってなかったんですぅ…

「あの…ですね、プロデューサー…」

『ん? どうした、暗い声出して?』

「私…私、犬はダメなんですぅ!」

『えっ!?』

横にいた真ちゃんとやよいちゃんも、プロデューサーと同じ反応してました…



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:53:39.84 ID:ngpX3WUjO

レッスンを終えて事務所に帰ると、険しい顔のプロデューサーが待っていました

「ただいま戻りました…」

「お疲れさん」

「あの…私…」

「怒るつもりは無いんだが…ああいうことはもっと早く言ってくれなきゃ」

「はい…ごめんなさい…」

本気で穴掘って埋まりたくなったのは、このときが初めてだったかもしれません…



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 22:58:30.85 ID:ngpX3WUjO

「まぁ…あれだ。気持ちは分かる」

「え? それはどういう…?」

私から目をそらしたプロデューサーは、窓の外を見ながら言いました

「俺も苦手なんだ、犬」

このときのプロデューサーの顔、いまでもハッキリと覚えてます
悪戯をして叱られた男の子みたいな、何となく恥ずかしそうな、そしてバツの悪そうな顔

いまでも同じ顔するときがあるんですよ?
もちろん、私に叱られたときにです。えへへ



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:08:13.04 ID:ngpX3WUjO

「せっかくのオファーを断るわけにはいかない。それもこちらの勝手な理由で。分かるな?」

「はい…」

「撮影までにあと半月ほどある。それまでに犬嫌いを克服してもらう! 多少なりともな!」

「え、えぇ!? むむむ無理ですぅ!!!」

私、もう少しで逃げ出しちゃうところでした

だけどプロデューサーは、いつもみたいに優しく笑いながら言ってくれたんです

「俺も付き合うよ、雪歩に」

って



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:15:07.58 ID:ngpX3WUjO

次の日の仕事終わり
私とプロデューサーは小さなペットショップを訪れました

もちろん、犬を飼い始めるためじゃありません
プロデューサーの

「最初は目を合わせるところから始めよう」

っていう提案を実行するためです

透明なアクリルで仕切られた向こう側は、10部屋ほどに区切られていました
その1部屋1部屋にはもちろん…

「い、犬ぅ!!!」

あのときのワンちゃんたち、ビックリさせてごめんなさいでした…



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:21:40.06 ID:ngpX3WUjO

「お客様。動物たちが驚いてしまいますので、店内ではお静かに願います」

「あ…ご、ごめんなさいぃ…」

店員さんに怒られながらも、身体の震えが止まらない私

「だだだ大丈夫だよ雪歩。ちゃんと仕切られてるから飛びかかってはこないよ」

そう言いながら、同じように震えているプロデューサー

犬好きな人には理解できないだろうけど…

怖いものは怖いんですぅ!



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:31:17.34 ID:ngpX3WUjO

その日は結局、5秒以上は目を合わせることができずに終わってしまいました
あまりにも不甲斐ない結果に、2人とも肩を落としたままトボトボ歩きました

でも、この日おうちに帰ってから気付いたんです

「そういえば私、プロデューサーのすぐ側にいたよね」

って

出会ってから5ヵ月の間、縮まることのなかった「大股で3歩」の距離
「吊り橋効果」っていうんでしたっけ、こういうの?

ペットショップで肩が触れそうなくらい近くにいたプロデューサーのことを思い出しちゃって、その日はなかなか寝付けませんでした



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:39:52.76 ID:ngpX3WUjO

「おはようございますぅ…」

次の日、ちょっとだけ寝不足になりながら事務所を訪れました
中ではプロデューサーと伊織ちゃんが何やらお話し中

「あんた、本気なの?」

「ああ、本気だ」

プロデューサーのあんなに真剣な顔、初めて見ました

「お、おはようございますぅ…」

恐る恐る2人に声をかけた私
そんな私を見るなり、伊織ちゃんが言いました

「今日からよろしくね、雪歩。ジャンバルジャンはいい子だから大丈夫よ。たぶんね…」

って



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:49:59.63 ID:ngpX3WUjO

その日のレッスンを終えて指定された場所に向かうと…

「萩原雪歩様でございますね?」

し、新堂さんが悪いんですぅ!
いきなり声をかけるから、思わずカレー屋さんの看板に隠れちゃいました…

「失礼いたしました。私、水瀬家で執事をしております。新堂と申します」

綺麗に整えられた頭髪とお髭、それに燕尾服
紳士ってこういう人のことを言うんだろうなって、勝手に思っちゃいました

だけどその手には綱が握られていて、その先には…

「当家にて飼育しております、ジャンバルジャンルでございます」

おっきい犬がいました…



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 23:58:04.15 ID:ngpX3WUjO

「えっと…えっと…」

看板に隠れたまま震えている私
だって仕方無いんですぅ…

初めて会った男の人と、おっきい犬
逃げ出さない方がどうかしてますぅ!

「もう少しでプロデューサー様もお見えになるはずです」

「お見えになって…その後はどうなるんですか?」

「はい。本日は私がご一緒致しますが、明日からはお二人にジャンバルジャンの散歩をお任せいたします」

「えっ!?ふ、2人って…」

「プロデューサー様とあなた様、でございます」

貧血を起こしそうになったのは、言うまでもありません…



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:06:12.48 ID:8kAoWS6FO

10分ほどして現れたプロデューサーも、ジャンバルジャンを見て明らかに怯んでました
見ていて分かるくらい、「ビクッ!」ってしてましたから…

「ではお二人とも、参りましょうか」

悠然と歩き出した新堂さんとジャンバルジャン
その後ろにコソコソと着いていく私とプロデューサー

「ルートはジャンバルジャンが覚えておりますので、汚物の処理だけお願いいたします。無論、明日からですが」

「はい…」

「はいぃ…」

どんなに厳しいレッスンも、この特訓に比べたら可愛いものでした…



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:12:36.93 ID:8kAoWS6FO

「プ、プロデューサー?」

「ど、どうした雪歩?」

夕焼けに染まる街並の中を相変わらずコソコソ歩きながら、プロデューサーに確認しました

「ほ、ホントに明日から2人で…?」

「し、仕方ないだろ! あんなにデカいとは思わなかったんだから!」

ジャンバルジャンの大きなお口…
うぅ…
あんなお口で噛まれたら、私の身体の1/3くらい持っていかれちゃいますぅ…
そ、そうだよね! やられる前に埋めちゃおう!

「全部聞こえてるからな、雪歩…」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:18:58.36 ID:8kAoWS6FO

「やっぱり、もう少し小さな犬から始めた方が…」

「そ、それはダメだ! 伊織に何て言われることやら…」

「何て言われちゃいますか?」

「男のクセに…かなぁ?」

「私は女ですぅ!」

その声に反応したジャンバルジャンが、私の方へ視線を移しました

「ッ………!」

目が合っちゃいました…
全身鳥肌ですぅ…
ぜったいムリですよぅ…



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:24:24.27 ID:8kAoWS6FO

「大丈夫!」

「…何がですか?」

「手綱は俺が持つ!」

「で、でも、プロデューサー…」

「お、俺がやらないと説得力無いからな!」

小刻み震えながら宣言したプロデューサー
頼りがいがあるだなんて言えないけど…

ちょっとだけ、「私も頑張ってみよう」って、そう思えました



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:31:38.07 ID:8kAoWS6FO

次の日からはホントに2人でお散歩…
のハズだったんですけど、心配した真ちゃんが着いてきてくれたんですぅ!

「おっ! キミがジャンバルジャンだね? よろしくね!」

出会ってから10秒もしないうちにじゃれ合ってる、真ちゃんとジャンバルジャン

さすが真ちゃんだよ!
犬と遊んでるだけであんなにカッコいいなんて!
あのときコッソリ撮った写メ、まだ持ってからね!!!

「助かった…」

そう呟いてたプロデューサーのことも、ちゃんと覚えてますからね?



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:38:50.53 ID:8kAoWS6FO

「大変だったんですよ? 美希が、『ミキも着いていくのー!』って言い出しちゃって」

「ははは。美希は真のことが大好きだからな」

「ちょっと持て余しちゃうこともありますけどね。だけど、大事な仲間ですよ!」

ふーん…
ふーん!
そうですかぁ!

「どうしたの雪歩? 怖い顔して?」

「な、何でもないよぅ!」

ヤキモチとかじゃないですよ?
ホ、ホントに違いますから!



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 00:48:51.09 ID:8kAoWS6FO

3人と1匹で歩きながら、いろんなことを話しました
犬嫌いになった理由、初恋の話、それから、理想のアイドル像

少し冷たくなった夕暮れどきの風も、ぜんぜん気になりませんでした

「そうそう。明日はやよいが来てくれるみたいです。その次は真美が亜美が」

「そっか。みんな協力してくれるんだな」

「雪歩の初仕事のためですから! みんな喜んで協力しますよ!」

そして私に向けられた、2つの笑顔
どちらもとっても優しくて…

案の定、泣いちゃいました
それは765プロに入ってから初めての、嬉し涙でした



85:まだ予定の1/3くらいなんで、遠慮せず寝て下さい:2012/06/18(月) 00:57:24.42 ID:8kAoWS6FO

真ちゃんが言ってた通り、次の日はやよいちゃんが来てくれました
その次の日は亜美ちゃんと真美ちゃん
次の次の日は春香ちゃん

「初めてのお仕事を成功させてほしいから」

みんなにそう言われるたびに泣いてしまった私
だけど、嬉し涙は恥ずかしくなんてないですよね?

その後何度も流すことになる嬉し涙
あるときは1人で、あるときはみんなで…

そのたびに、みんなとジャンバルジャンを散歩させたときのことを思い出しました
そして、次に嬉し涙を流すときも、きっと…



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:08:11.36 ID:8kAoWS6FO

「さ、触れた…触れましたぁ!」

散歩開始から10日目
ついに私は、ジャンバルジャンの頭を撫でることに成功しました!

「ふふ…おめでとう、萩原さん」

その日付き添ってくれていた千早ちゃんも、一緒に喜んでくれました
千早ちゃんらしく控えめな喜び方だったけど、やっぱり嬉しかったですぅ!

「良かったな、雪歩」

「はい! プロデューサーに2日遅れちゃいましたけど」

「ははは。別に競争じゃないからな?」

えへへ
私、意外と負けず嫌いなんですよ?



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:15:21.43 ID:8kAoWS6FO

最後の日。つまり、撮影の前日
その日はプロデューサーと2人でお散歩させました
私は結局、手綱を握ることは出来なかったけど…

「雪歩は本番に強そうだから大丈夫!」

プロデューサーはそう言って励ましてくれました
そしてこの頃には、プロデューサーと並んで歩くことが自然になっていました

男の人と並んで、犬のお散歩…
5ヵ月前の自分からは想像もできない光景
そこには、少しずつ変わり始めている私がいました



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:24:51.11 ID:8kAoWS6FO

「半月もの間、お疲れ様でございました」

いつも場所で新堂さんにジャンバルジャンを返しながら、プロデューサーは少し寂しそうでした

「ふふ。名残惜しいですかな?」

「はい…」

「いつでも遊びにお越しください。ジャンバルジャンともども、歓迎いたします」

ジャンバルジャンルを乗せた車を見送りながら、私も名残惜しい気持ちでいっぱいでした
今度会うときにはもっと仲良くなれるかなぁ、って

だけど、初めてイヌ美ちゃんを見たときは逃げちゃいました
だってジャンバルジャンよりもおっきいんだもん…



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:30:12.51 ID:8kAoWS6FO

「よし、帰るか! 明日に備えてゆっくり休んでくれ!」

「は、はいぃ…」

「どうした? まだ不安か?」

ネガティブでごめんなさい…
いまでもそうだけど、いろんな事を考えちゃうんです…

失敗したらどうしよう、スタッフさんたちに迷惑をかけたらどうしよう、って
このときは初仕事の前日だったから、なおさらでした



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:35:54.64 ID:8kAoWS6FO

「…雪歩」

「えっ?」

俯いている私に、プロデューサーが右手の小指を差し出しました

「願掛けだよ」

そう言って、あの優しい笑顔を向けてくれました

「…はい」

小さく震える小指をプロデューサーの小指に絡めて、それから…

うぅ…
正直に言うと、あまり覚えてないんですぅ…
だって、初めてお父さん以外の男の人に触れたんですから!



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:43:22.15 ID:8kAoWS6FO

そして撮影当日
用意されてたワンちゃんは、ジャンバルジャンの1/5くらいの大きさのチワワでした

「こ、これなら大丈夫そうですぅ!」

「よし! 頑張ってな!」

スタッフさんから手綱を受け取ってリハーサル開始
演技といっても5秒くらい歩くだけなんですけど…
緊張し過ぎて3回も失敗しちゃいました…

ワンちゃんにまでため息をつかれてるように思えたのは、きっと気のせいですよね…?



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 01:52:06.80 ID:8kAoWS6FO

「次は本番だぞ。しっかりな」

「はいぃ…」

「雪歩」

そう言って小指を立てたプロデューサー

「…はい。小指ですね!」

本番の撮影1回目
私は手綱を握った右手の小指を見つめながら歩きました

「願掛け…願掛け…」

口の中で何度も呟きながら、小指を見つめて
いまでも緊張したときはそうしてるんですよ?
知らなかったでしょ、プロデューサー?
えへへ…



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:00:17.64 ID:8kAoWS6FO

「ハイ、オッケーです!」

このお仕事を初めて最初の「オッケー」
何だそんなのって言う人もいるかもしれないけど…
私にとっては、大事なことだったんです
大げさかもしれないけど

「この仕事続けても良いよ」

って、そう言われた気がしました

「お疲れさま、雪歩!」

「プロデューサー…」

緊張が弛んで泣き出してしまった私
これはちょっと恥ずかしいかもですぅ…

だけどプロデューサーは、そんな私の頭を撫でてくれました

「頑張ったな、雪歩」

って、優しく、優しく…



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:27:04.09 ID:8kAoWS6FO

初めてCMが流れる日
私は事務所で、みんなと一緒にテレビを観ていました

おうちではお父さんが、大勢のお弟子さんと一緒にテレビにかじり付いていたそうです
あとでお母さんから聞いた話しだと

「雪歩の出演時間が短い!」

って怒ってしまって、広告代理店に電話しそうになったみたいです
止めてよね、お父さん…



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:33:51.56 ID:8kAoWS6FO

初めてテレビの画面に自分が映ったとき、ですか…?
えっと…
み、観てませんでしたぁ!

うぅ…
恥ずかしくてずっと目を閉じちゃってました…

隣に座ってた真ちゃんが

「ほら雪歩! いま映ってるよ! ほらほらっ!」

って言いながら私の身体を揺さぶってましたけど、やっぱり無理でした
自分の映像を観るのは、いまだに慣れないません…



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:42:11.64 ID:8kAoWS6FO

自分では分からなかったけど、CMの反響はけっこう大きかったみたいです
クライアントさんや広告代理店さんに

「あの女の子は誰?」

って問い合わせがたくさん来たみたいです

えっと…それから…
自分で言うのは恐れ多いのですが…
「噂のCM美少女」っていう雑誌の特集にも取り上げられたんですぅ…

わ、私が自分で言ったわけじゃありませんからね!
私なんていつまで経ってもひんそーでちんちくりんでおぎわらで…



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:50:32.36 ID:8kAoWS6FO

12月も半ばを過ぎたころ
先にデビューしていたあずささんたちの頑張りのお陰もあって、少しずつだけどみんなに仕事のオファーが入るようになってきました
業界の中で

「765プロのアイドルはみんな礼儀正しいし、個性も豊かだ」

って評判になりつつあったみたいです
だけど、「礼儀正しい」って、亜美ちゃん真美ちゃんや、それに美希ちゃんは…?

…あ
今のは聞かなかったことにして下さい…



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:57:52.60 ID:8kAoWS6FO

「ハッピーバースデー、雪歩!」

クリスマスイブの事務所に、みんなの声が響きました
この日は私の17歳の誕生日

綺麗に飾り付けられた事務所の中に、みんなの笑顔
春香ちゃんとやよいちゃんはケーキを手作りしてくれたんですよ?

私は1人っ子だから、賑やかなお誕生日会にずっと憧れてたんです
お父さんは寂しがってましたけどね…



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:03:15.29 ID:8kAoWS6FO

そういえばお父さん、私がアイドルになることにあんなに反対してたのに

「庭に雪歩専用のレッスンルームを作ろう!」

って言い出しちゃって…
お金が勿体無いから止めるように言ったんですけど、3日くらいで完成させちゃいました

手伝わされたお弟子さん方、あのときはすみませんでした…



114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:14:03.34 ID:8kAoWS6FO

「荷物持ちきれないだろ? 車で家まで送ってやるよ」

お誕生日会が終わったあと、たくさんのプレゼントを抱えてフラフラしてる私に、プロデューサーがそう言ってくれました

「あ、ありがとうございますぅ…」

「クリスマスイブだから道が混んでそうだな」

「では、雪歩ちゃんのお宅には私から連絡しておきます」

「よろしくお願いします、小鳥さん」

小鳥さんは765プロみんなのお姉さんです
優しくてキレイ、なんですけど…
たまに…

…や、やっぱり何でもないですぅ!



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:24:01.02 ID:8kAoWS6FO

車の窓越しに見る22時過ぎの街は恋人さんたちで溢れていて、目のやり場に困ってしまいました

「クリスマスイブですね…」

「そういや雪歩は、イブのこの時間に家の外にいるのは初めてか?」

「はい。去年まではおうちでお誕生日会をしてましたから。お父さんお母さんと3人で」

「そっか。そういや、雪歩のうちって何か商売してるんだっけ?」

「はい。お弟子さんたちがたくさんいますぅ」

怪訝な顔をしていたプロデューサー
もっとちゃんと説明しておくべきでしたね…



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:29:57.56 ID:8kAoWS6FO

「あれが私のおうちですぅ!」

「えっ? あれが? 立派な家だなぁ!」

私の指差した建物に向かって車を走らせるプロデューサー
ちょっとだけ嫌な予感がしてたんですけど…

「ん? 家の前に人だかりができてるぞ?」

やっぱり当たっちゃうんですね、嫌な予感って…

「えっ!? ちょっ!? えぇっ!?」

プロデューサーが声にならない声を上げてる間に、車の周りを取り囲まれちゃいましたぁ…



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:36:45.22 ID:8kAoWS6FO

「おやっさん! 雪歩お嬢に間違いありません!」

「運転席のこの野郎、どうしてやりましょうか!」

あまりの事態に、プロデューサーは呆然としてました
仕方ないですよね、これじゃあ…

「えっと…みんなに説明してきますね?」

「…はい」

視線を宙に浮かせて放心状態のプロデューサーを横目に、私は車を降りました



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:43:19.48 ID:8kAoWS6FO

「ただいま、お父さん…」

「雪歩、正直に答えなさい。運転席の野郎はどこのどいつだ? ん?」

「な、765プロのプロデューサーさんだよぅ! 荷物が多かったから、車で送って貰ったの! 事務所から連絡あったでしょ?」

「あった。しかしな、それとこの野郎とは別だ!」

「別じゃないよぅ!」

「この野郎、雪歩を助手席に乗せやがった! ただじゃおかねぇ!」

「やっちまいましょう、おやっさん!」

「ドラム缶用意してきます!」

うぅ…
止めて下さいぃ…



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:49:25.89 ID:8kAoWS6FO

「はいはい。お父さん、いい加減にしなさい」

助け舟を出してくれたのはお母さんでした

「だ、だってよう母ちゃん!」

「だってもヘッタクレも無い! あんた達もいつまでも道塞いでんじゃないよ!」

「す、すいませんあねさん…」

やっぱりお母さんは強いですぅ!
一番上のお弟子さんなんて、お母さんに怒られてちょっと涙目になってましたから



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 03:58:43.49 ID:8kAoWS6FO

「いやぁ、すんませんでしたね兄さん!」

「雪歩お嬢がお世話になってる方とは知らず、ご無礼いたしました!」

「い、いえ、こちらこそ…」

プレゼントは降ろし終わったのに、まだ放心状態のプロデューサー

「プロデューサー、ごめんなさいぃ…」

「い、いえ、こちらこそ…」

「し、しっかりしてくださいよぅ!」

その後20分ほどかかって、やっと我に返ったプロデューサー

「じゃあ、また明日…」

そう言い残して去って行きました
次の日から門限が30分早くなったのは言うまでもありません…



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:09:46.27 ID:8kAoWS6FO

「あけましておめでとうございますぅ!」

年が明けて最初の営業日
お正月太りを気にしながら事務所のドアを開けました

「あら、雪歩。あけましておめでとう」

最初に声をかけてくれたのは律子さん
だけどその日は様子が違いました
後ろ髪をアップにしてるし、何よりスーツ姿でしたから

「どうしたんですか、律子さん?」

「え? ああ、この格好? みんなが揃ってから説明するわ」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:15:43.16 ID:8kAoWS6FO

最後に出社してきたのはやっぱり美希ちゃん
その美希ちゃんも、律子さんの姿を見て驚いてました

「ど、どうしたの律子!?」

「年明け早々叩かれたいのかしら?」

「…さん」

いつもこんな感じな2人ですけど、ホントは認め合ってるんですよ?
2人とも、いつまで経っても素直になれないみたいですけどね



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:23:07.36 ID:8kAoWS6FO

「うん、全員集まったようだね。まずは、明けましておめでとう!」

社長からの新年の挨拶が終わると、律子さんが社長の隣に呼ばれました

「秋月律子君なんだが、このたび、アイドルを引退することになった」

事務所に響いた、9色の驚きの声
どうやらプロデューサーは知っていたみたいです

「引退と言っても、この事務所を離れるわけではないんだ。まぁ、詳しいことは本人から説明して貰おうかね」

「はい、社長」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:33:39.02 ID:8kAoWS6FO

律子さんは私たちに諭すように話してくれました

「まず最初に…アイドルを引退するのは、より経営に携われるような仕事がしたかったから
 これからはプロデューサー兼事務方として、みんなのバックアップをしていきます。アイドルから逃げた訳じゃないから、誤解しないように!」

「律子らしい言い方だわ、まったく」

これは律子さんのスピーチが終わったあとに伊織ちゃんが漏らしてた言葉
私もそう思います
ホントに律子さんらしい…



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:43:16.71 ID:8kAoWS6FO

「最近みんなの仕事も増えてきたし、プロデューサー1人じゃさすがに面倒見切れないわ」

確かにそうですよね
1人で10人のアイドルを管理するのは、やっぱり無理があります

そして結果的には、律子さんの決断は765プロにとって大きなプラスになりました

「ふーんだ。765プロも辞めちゃえば良かったのに」

これは美希ちゃんの言葉
律子さんがアイドルを引退して一番寂しがってたのは、間違いなく美希ちゃんでした

もちろん、素直にはなれませんでしたけどね?



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:50:54.63 ID:8kAoWS6FO

徐々に春めいてきた3月の半ば
765プロに新しい仲間が増えました!

「はいさーい! 自分、我那覇響! 沖縄から来たんだ!」

「わたくしは四条貴音と申します。お見知りおき下さい」

元気で明るい響ちゃんと、古風でどこか神秘的な貴音さん
2人とも別の事務所から移籍してきたんです

たしか…961プロだったかなぁ…?
とにかく、前の事務所はいろいろ問題を起こして倒産しちゃったみたいです



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 04:59:21.49 ID:8kAoWS6FO

「おっ、キミが菊地真だね? オーディションのときにキミのダンス見たけど、自分とおんなじくらい上手かったぞ!」

「ボクもキミのこと覚えてるよ! 負けないからね!」

真ちゃんと響ちゃんは早速意気投合してました
ちょっと羨ましかったです…

「あら~。とっても綺麗な銀色の髪ね~」

「ふふ。お褒めにあずかり光栄です、三浦あずさ」

あずささんと四条さんは…
何というか…

2人の間には立ちたくない感じです!



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:06:28.65 ID:8kAoWS6FO

2人が加わって12人になった765プロのアイドル
季節は4月を迎え、私は高校3年生になりました

身体測定では身長が1㎝伸びてたんですぅ!
だけど…
体重も2Kg増えてましぁ…

えっ?
む、胸ですか?

な、765プロの公式プロフィールを見てくださいぃ!



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:15:09.26 ID:8kAoWS6FO

関東が梅雨入りした6月のある日
レッスンを終えて事務所に帰ると、プロデューサーに手招きされました

「おーい雪歩。ちょっと談話室に来てくれ」

談話室に呼ばれるのは、仕事の打ち合わせのときくらい

「新しいお仕事かな?」

それくらいの軽い気持ちで、プロデューサーの待つ談話室に入りました
だってそれまでは、想像すらできませんでしたから

自分がCDデビューするだなんて



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:24:21.71 ID:8kAoWS6FO

「ふえぇ!?」

あのときの私ったら、ものすごく情けない声出しちゃました…
だって、それくらい驚いちゃったんですから!

「と、とりあえず落ち着け、雪歩。お茶でも飲むか?」

「は、はいぃ…」

小鳥さんが淹れてくれたお茶を啜ると、少しだけ気持ちが落ち着きました
たしか、静岡の長谷さんって方が栽培したお茶っ葉だったと思います



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:31:15.50 ID:8kAoWS6FO

「説明は以上だ。何か質問は?」

プロデューサーの説明をまとめると、デモテープを聴いたディレクターさんが私の声を気に入って下さって、765プロにオファーが届いたみたいです

「えっと…その…」

「何だ? 遠慮せずに聞いてくれ」

「あのぅ…せ、接待とかは無いですよね?」

「…は?」

し、仕方ないんですぅ!
このとかの私は、まだまだ業界のことを知りませんでしたから!



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:38:20.51 ID:8kAoWS6FO

「あのなぁ…そんなことさせるワケないだろ! 第一、社長がそんなマネ許さない」

「そ、そうですよね…そうですよね!」

「お前、ネットの見過ぎじゃないか?」

「み、見てないですぅ!」

小鳥さんとは違いますぅ、って言いかけたけど、さすがに止めときました…

「それにそのディレクターさんは女性だ。安心しろ」

「そ、それを先に言って下さいぃ!」

女性なら安心です
プロデューサーと社長以外の男性には、相変わらず「大股で3歩」必要な私でしたから…



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:48:30.25 ID:8kAoWS6FO

談話室から出ると、私のCDデビューをみんなが祝福してくれました

「おめでとう萩原さん」

「ありがとう千早ちゃん」

千早ちゃんに対しては少し申し訳ない気持ちもありました
私なんかよりずっと歌が上手いのに…

だけどそんな気持ちを見透かしたかのように、律子さんに言われました

「上手ければ良いってものでは無いわ。そこらへんは千早も分かってる。そうでしょ?」

「…ええ。分かっているわ」

「聞いたでしょ?雪歩は余計なこと考えずに、自分の仕事に集中しなさい」

「は、はい!」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 05:57:15.89 ID:8kAoWS6FO

7月の第1日曜日に行われるCDのレコーディングに向け、次の日からはボーカルを重点的にレッスンすることになりました

「もっと肺活量を鍛えなさい! レコーディングスタジオに酸素ボンベ持ち込む気?」

「は、はい!」

先生の指導も一気に厳しくなりました
それは私だけじゃなくて、みんなに対しても

「あんたたちもいずれCDデビューするのよ? そのときに恥をかきたくないでしょ?」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 06:05:58.96 ID:8kAoWS6FO

後になって美希ちゃんから聞いた話ですけど、私のCDデビューが決まってからは本気でレッスンに励むようになったそうです

それまでの美希ちゃんはすぐに手を抜きたがるところがありました

「だけどね、ミキ、雪歩のCDデビューが決まって分かったの。『あぁ、頑張ってればホントにCDとか出せちゃうんだぁ』って」
それに、もっとドキドキしたいから!

そう言ってウィンクした美希ちゃんは、私の目にも輝いてみえました

自分が周りの人に良い影響を与えるだなんて、アイドルをやっていなければ経験できなかったかもしれません



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 06:11:33.47 ID:rXqllIgtP

これで半分くらいか?
まあ頑張れ



147:>>146 ありがとう:2012/06/18(月) 06:20:35.05 ID:8kAoWS6FO

ガイドボーカルの入った音源が事務所に届いたのは、レコーディングの1週間前でした

タイトルは『Kosmos,Cosmos』

想像していたのとは全然違う、サイバーテクノと呼ばれるジャンルの曲

だけど浮遊間のあるイントロを聴いた瞬間、全身に鳥肌が立ちました

生意気かもしれないけど

「あぁ、これは私のために創られた曲なんだ」

って、そう思えたんです
私の声を活かすためにプロの音楽家さんたちが生み出してくれた、私だけの曲なんだって



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 06:31:16.74 ID:8kAoWS6FO

それからの一週間は、空いた時間があれば『Kosmos,Cosmos』を聴いていました
この曲をもっと理解するために、自分の一部にするために

歌詞を何度もノートに書き起こし、 何百回も口ずさみました
まだほとんど名前の知られていない私が歌っても、大して売れないかもしれない

だけど…
少なくとも、この曲を聴いてくれた人にだけは、ちゃんと届けたかったから

「こんなに素敵な曲があるんだよ!」

って、知って欲しかったから



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 06:40:36.38 ID:8kAoWS6FO

そして迎えたレコーディング当日

「はじめまして。ディレクターの落合杏美です」

ディレクターの落合さんは笑顔の素敵な大人の女性でした

「緊張してる?」

「してます…だけど…早く歌いたいですぅ!」

その返事を聞いてニッコリと笑った落合さん
私の思ってたこと、分かってくれたみたいです

「素敵な曲にしましょう」

そう言って軽く肩を叩いてくれましたから



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 06:53:37.33 ID:8kAoWS6FO

「それでは始めます」

「よろしくお願いしますぅ!」

ヘッドホンからあのイントロが流れてきて、私は一瞬だけ目を閉じました

そしてゆっくり目を開け、この曲を聴いてくれるすべての人に向けて語りかけるように歌い出しました


『Kosmos,Cosmos 跳び出してゆく 無限と宇宙(そら)の彼方
 Kosmos,Cosmos もう止まれない イメージを塗り替えて』

スタジオの中の景色は、もう見えませんでした



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 07:06:56.34 ID:8kAoWS6FO

歌っている間のことは、良く覚えていません
気付いたら曲が終わっていて、ヘッドホンからは落合さんの声が聞こえていました

「オッケーよ、萩原さん」

「もう…終わりですか?」

「ボーカルラインはね。少し休憩してから、コーラス部分を録音しましょう」

もっと歌いたかったです
全部の録音が終わったあとで落合にそう告げると、苦笑いされちゃいました

「初めてのレコーディングで1発オッケーだったのも驚いたけどね」

そう言ってまた肩を叩いた落合さん
こうして、私の初めてのレコーディングは終了しました



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 07:26:55.61 ID:8kAoWS6FO

CDは7月23日に発売されました
まだほとんど名前も知られていなかった私、そして宣伝にお金をかける余裕の無かった765プロ

当たり前かも知れませんけど、CDは泣きたくなるくらい売れませんでした
発売から一週間後の売上は876枚…

そのうちの何十枚かは、いわゆる「身内」が購入してくれたものでした

ホントに泣きそうになっていたけど、事務所に届いた私宛のファンレターにはたくさん励まされました



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 07:36:53.47 ID:8kAoWS6FO

『雪歩ちゃんの声が大好きです!』

『カラオケで配信されたら歌いまくりますからね!』

『めっちゃ良い曲! 友達にも勧めてます!』

『1発でファンになりました!

決して多いとはいえないファンレターに込められた、たくさんの気持ち
うん! 泣いてる場合じゃないよね!
私はこの人たちに、ちゃんとお返ししなきゃ!

高校最後の夏が盛りを迎える中、私はまた少し強くなれました



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 07:40:45.34 ID:fLGzqdon0

帰るまで残しといて下さいお願いします



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 07:47:50.16 ID:8kAoWS6FO

「合宿!どこで!?海?それとも山?」

クーラーが故障したせいで扇風機とうちわがフル稼働していた8月初旬の事務所

「落ち着け響。大声出すと余計熱くなるだろ」

「より一層のレベルアップを図る」っていう名目のもと、海での合宿が企画されました
どう考えても避暑のためなんですけど、もちろん異論を唱える人はいませんでした
なにしろ発案者が、氷満載のバケツに両足を突っ込んでいる律子さんでしたから!



163:>>161 いってらっしゃい:2012/06/18(月) 07:55:07.49 ID:8kAoWS6FO

「見えたぁ!海だよ、海!」

春香ちゃんの声に誘われるように、みんなで電車の窓から身体を乗り出しました
いつもは怒るハズの律子さんも、一緒になって乗り出してました

「キレイな砂浜だね、雪歩!」

「そうだね真ちゃん!堀り甲斐がありそうだね!」

「…ん?」

みんなで海に行くのは小学校の臨海学校以来だったから、思わずはしゃいじゃいました
たまにはいいですよね?



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 08:05:53.26 ID:8kAoWS6FO

「とりあえず夕方まで自由行動な!アイドルとしての自覚を持って」

「真!あそこの岩まで競争だぞ!」

「よーし!負けないからね!」

「はて?何やらあちらの小屋かららぁめんの香りが…」

「ちょっとやよい。ちゃんと日焼け止め塗った?」

「持ってくるの忘れちゃいましたぁ…。伊織ちゃん、日焼け止め貸して!」

当然と言うべきでしょうか…
プロデューサーが言い終わる前に、早くも自由行動開始ですぅ!



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 08:18:59.10 ID:8kAoWS6FO

私は砂浜にいた子供たちに混じって、ひたすら穴を掘ってました
思う存分掘れる機会なんてなかなか無いですからね!
2メートルくらい掘ったところで太陽が沈み始めて、打ち止めになっちゃいました

そのあと人の少なくなった砂浜にみんなで集まって、ゆっくりと水平線に沈んでゆく太陽を眺めていました

「来年もまたみんなで来れるかなぁ」

そんな亜美ちゃんの呟きに、伊織ちゃんが答えました

「みんなで来れないくらい忙しくなってるわよ、きっと」

晩夏の夕焼けに身体を染めながら、私はその言葉に頷いていました



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 08:27:35.51 ID:8kAoWS6FO

夜は泊まっている民宿の近くの砂浜でバーベキュー
BGM代わりのラジオからは、夏らしい爽やかな曲が流れていました

私が四条さんのお皿に焼き上がったお肉を載せていた、そのときでした

『続いてはP.N しそっぱさんからのリクエスト。現在じわじわとラジオチャートを上昇中のナンバーです。萩原雪歩で「Kosmos,Cosmos」』

「あら~。雪歩ちゃんの曲だわ~」

曲が流れ始めると、みんな箸を止めて耳をラジオに傾けていました
もちろん私も、目を閉じて



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 08:41:17.36 ID:8kAoWS6FO

夜の砂浜に流れる私の声
自分でも分かるくらい、細くて頼りない声ゆっくりと眼を開けて夜空を見上げてみました

東京で見るよりもハッキリと見える天の川
気が付くとみんなも同じように夜空を見上げていていました
私は右手の小指へ、それからプロデューサーへと視線を移しました

私をここまで連れてきてくれたプロデューサー
いつも優しい笑顔を向けてくれる人

曲がクライマックスを迎える中、私はハッキリと、その人への気持ちの正体に気付きました
みんなといた、あの日の砂浜で…



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 08:51:37.42 ID:8kAoWS6FO

9月の半ばを迎えるころ
ラジオから火が付いた『Kosmos,Cosmos』は、オリコンチャートでも13位まで順位を上げていました

累計の売上枚数は10万枚に迫っていて、律子さんからは

「雪歩のおかげでソファー買い替えられそうね」

って言われちゃいました
落合さんからも

『まだまだ売れるわよ!』

ってメールが届きました

細くて頼りない私の声だけど、少しずつ鳴り響き始めたような気がしました



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 08:59:35.23 ID:8kAoWS6FO

「新ユニット?私がリーダーなの?」

「そうよ。あずささん、伊織、亜美の3人。リーダーは伊織」

『Kosmos,Cosmos』がオリコンチャートの8位を記録した9月最後の週末
765プロにまた新しい動きがありました

律子さんがプロデューサーを務める新ユニット結成
ユニット名は『竜宮小町』

由来は、3人の名字に「水」にちなんだ漢字が含まれているからだそうです

「私の名字にも海って漢字が使われてるんだけどなぁ」

春香ちゃんは少し残念そうでした



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 09:12:31.77 ID:8kAoWS6FO

「雪歩のヒットのおかげで、765プロがいままで以上に注目されてるわ。この機を逃さずに、一気に攻勢をかけるわよ!」

「えぇ~。良いなぁ亜美。真美ももっとお仕事したいよ兄ちゃん!」

「私ももっともーっとお仕事して、家計を助けたいですぅ!」

「そう言うと思ってな、オーディションに書類送りまくっといたぞ!」

えへへ…
自分のお仕事がキッカケで物事が前に進み始めるのって、何だか誇らしい気持ちになりますね

千早も待望のCDデビューが決まりそうだし、響ちゃんはゴールデンタイムの動物バラエティーの準レギュラーに起用されそう
みんなが本格的に、前へと進み始めていました



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 09:16:24.52 ID:sqJ9+yOPO

しそっぱお兄ちゃんwww



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 09:22:55.82 ID:8kAoWS6FO

11月を迎えるころには、いろいろな場所で765プロのみんなの姿を見かけるようになりました

春香ちゃんと美希ちゃんは有名な演出家さん舞台で、それぞれが重要な役柄を演じることになりました

やよいちゃんはNHKの夕方の子供向け番組でお料理コーナーを担当

貴音さんは存在感と歌唱力を認められてミュージカルに進出

真美ちゃんはローティーン向けのファッション誌でモデルオーディションに合格しました

竜宮小町は3人の個性を活かして幅広いファンを獲得することに成功
特にあずささんは、うちのお弟子さんたちの間でも大人気でした!



177:>>175 覚えてたかw:2012/06/18(月) 09:31:41.07 ID:8kAoWS6FO

そして真ちゃん
私の大事な親友は…

「また王子さまキャラですか…」

「そう言うな。お前が出れば女性の視聴者が増えるって評判なんだ」


何故か不満げでした

「ボク、雪歩や伊織みたいな服も着たいです」

おかしいよ真ちゃん!
そんなのぜったいおかしいよ!
そんなの誰も望んでない、誰も得しないよぅ!

「ぜんぶ聞こえてるからね、雪歩…」

「あ、ごめん…」

真ちゃんのことになると、いつも我を忘れてしまいますぅ…



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 09:42:52.06 ID:8kAoWS6FO

そして、高校最後の誕生日
つまり、高校最後のクリスマスイブ

忙しい時間を縫って、みんな私のお誕生日会のために集まってくれました

「今年もケーキ焼きましたぁ!」

「今年はチョコレートだよ、チョコレート!」

「ありがとう…。春香ちゃん、やよいちゃん…」

「ふふ…。泣き出すのはまだ早いですよ?蝋燭に火も着いていないというのに」

「えへへ…。ごめんなさい」

18歳になった私を包む、みんなの笑顔
もちろん、プロデューサーの笑顔もそこにはありました

ありがとう、みんな

精一杯の感謝の気持ちを込めて、18本のローソクを吹き消しました



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 09:50:07.71 ID:8kAoWS6FO

「今年も車出した方が良さそうだな」

「お願いしますぅ…」

1年前より増えたプレゼントの前で途方に暮れている私に、プロデューサーが声をかけてくれました

「では、おうちには私から連絡を」

「毎度すいません、小鳥さん」

「うふふ。気にしないでください」

前の年にあんなことがあったからちょっと気が引けちゃったんですけどね

だけど…えっと…
プロデューサーと2人切りになりたかったから…

うぅ…
穴掘りたくなってきましたぁ…



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 09:55:03.62 ID:8kAoWS6FO

「今年はやけに混んでるなぁ」

渋滞に捕まってしまってちっとも進まない車の中
私は緊急してしまって、何も喋れずにあました

だって久しぶりだったから…
プロデューサーと2人切りになるのは…

「眠かった寝てていいぞ?」

「だ、大丈夫ですぅ!」

寝ちゃうのは勿体無いですから…



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:05:18.41 ID:8kAoWS6FO

「もう1年になるんだな」

「え?」

「お前のうちの前で、『お弟子さんたち』に囲まれてから」

「あうぅ…その節はご迷惑をおかけしましたぁ…」

「はは。今となっては笑い話だよ」

当時は笑い話じゃなかったんですね…?
当然といえば当然ですけど…

「雪歩もだいぶ強くなったよな」

「まだまだですぅ…相変わらずひんそーでちんちく」

「いや、雪歩は可愛いよ」

「りん……………ふえぇっっっ!?」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:14:52.28 ID:8kAoWS6FO

プロデューサーのせいで挙動不審になった私は、心を落ち着けるために『穴掘りの歌』を口ずさんでいました

「ひ、ひとつ掘っては父のため…人を呪わば穴ふたつ…」

「ゆ、雪歩?」

「みっつ見かねた悪党を…よっつ四つ葉のクローバー…」

「お、落ち着け雪歩!」

「は、はわわ…私…私ぃ…」

「クリスマスイブに何て歌うたってんだよ…」

プ、プロデューサーが悪いんですぅ!
いきなりあんなこと言われたら、誰だって自作の歌くらい口ずさんじゃますよぅ!



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:20:53.31 ID:8kAoWS6FO

そのあとに続いた20分くらいの沈黙
耐えかねたように、プロデューサーが口を開きました

「えっとだな…」

「は、はい…」

「こんなことを言うのはプロデューサーとしてだけじゃなくて人間失格なのかもしれないけど」

そのときの私は、心臓止まっちゃうんじゃないかってくらいドキドキしてました
いくら私が鈍感で男の人と犬が苦手でひんそーでちんちくりでおぎわらでも…

これからプロデューサーが言おうとしてることくらいは分かりましたから



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:26:28.01 ID:8kAoWS6FO

「お前のことが…好きだ」

まるでその言葉を待っていたかのように、街角から聞こえてきた山下達郎さんのあの曲
ズルいですよね、こんなシチュエーション…

こんなの…
言うしかないじゃないですか…

「私もですぅ…」

って、言うしかないじゃないですか!
日本で一番深い穴ってどこにありますかぁ!



188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:35:03.12 ID:8kAoWS6FO

「えっとな、雪歩」

「は、はいぃ…」

このときの私は…一番キツいレッスンを終わらせた後よりも疲れてました

「お前はまだ未成年の、しかもアイドルだ。つーか高校生だ」

「そ、そうですぅ…」

「さすがに手を出せない。今度こそドラム缶に放り込まれちまう」

そう…なっちゃうかもしれません…
割と本気で…

「それに来春からは短大生だろ?」

お父さんが

「女子大生の雪歩が見たい」

って言ってきかなくて…



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:44:27.83 ID:8kAoWS6FO

「だからだな…あと4年我慢する」

「4年…ですか?」

「4年だ。4年後の22歳の誕生日に、もう一度同じこと言うよ」

「その後は…?」

「それは…雪歩の返事次第だよ」

いまだったら…もっと違うこと言えると思います
だけどあのときの私は、まだまだ子供でしたから…

「じゃあ…お父さんに挨拶してください!」

「はっ!?何て!?」

「ゆ、雪歩の彼氏ですって挨拶してくださいぃ!!!」

ヒドいですね、あのときの私…



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:48:58.75 ID:8kAoWS6FO

「あ、あのお父さんにか…?」

「あのお父さんにですぅ!」

プロデューサーの身体が小刻みに震え始めました
あのときはごめんなさい、プロデューサー…

「あ、挨拶すれば良いんだな?」

「よ、4年後の今日!」

「クリスマスイブだな!!」

「私の誕生日でもありますぅ!!!」

2人しておかしなテンションになってましたね…

笑い話には…
あまりなって無いかもですぅ…



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 10:56:22.76 ID:8kAoWS6FO

予定より1時間おうちの前に着いた私を、仁王立ちのお父さんが出迎えてくれました
お母さんから何か言われてたみたいで、お弟子さんたちが車を取り囲むことはありませんでした

「そ、それじゃあまた明日!」

「あ、ありがとうございましたぁ!」

あのときのプロデューサーってば、絶対に4年後のこと考えてましたよね…?
自分で言ったこと、後悔したりしませんでしたか?

私はちゃんと信じ続けてましたけどね。えへへ



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:18:03.25 ID:8kAoWS6FO

高校生活最後の日
クシャクシャになった顔でみんなと抱きしめ合いながら、私の高校生活が幕を閉じました

ここにも、大切な人たちがたくさんいました
仕事が忙しくては勉強が遅れている私のために、みんなが協力してくれました
この場所にも間違いなく、私の青春がありました

「またね、みんな!」

簡単には会えなくなるだろうけど、みんなからも見えるように、もっともっと頑張るから!

ありがとう、みんな!
またね!



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:24:48.57 ID:8kAoWS6FO

短大生になって最初のお仕事は、映画のヒロインでした!
と言っても、幽霊役なんですけどね

「あらあら~。雪歩ちゃんにとっとも似合うわ~」

「雪歩にぴったりなの!」

…一応、みんなも喜んでくれたみたいです

「ゆ、幽霊などと…。面妖な…」

貴音さんはどうやら幽霊系が苦手みたいです
可愛いですよ、貴音さん



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:32:56.21 ID:8kAoWS6FO

季節が過ぎるたびに、みんなの忙しさが増してゆきました
もう全員で海に行くことも、誰かのお誕生日に全員で集まることも叶いません

あの日、沈んでゆく太陽を見つめながら伊織ちゃんが言っていた

「みんなで来れないくらい忙しくなってるわよ」

って言葉が現実になりました

ときどき寂しくなることもあるけど…
そんなときは、右手の小指を見て気合いを入れてます

ずっと変わらない、私の『願掛け』ですから。えへへ



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:38:33.25 ID:8kAoWS6FO

真ちゃんのハタチの誕生日
私は真ちゃんに似合いそうなカッコいい時計と、自作の詩集をプレゼントしました

「カッコいい…時計だね。あはは…」

えへへ
真ちゃんってば、照れてたのかなぁ?
だけど、もっと素直に喜んでくれても良いんだよ?
詩集については何も言ってくれなかったけど、やっばり照れてるんだよね?

カッコいいの可愛いだなんて、真ちゃんズルい!



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:43:45.65 ID:8kAoWS6FO

私とプロデューサーの関係は、アイドルとプロデューサーのままでした
たまに2人切りになっても、恋愛の話はしないように努めました

もちろん、手を握ったこともありません
プロデューサーに触れたのは、『願掛け』したときが最後です

プロデューサーは辛かった思いますけど…
私はけっこう幸せでした

大好きな人が見守ってくれているってことだけで、いくらでも頑張れちゃいますから!



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:51:26.20 ID:8kAoWS6FO

過ぎてゆく時間の中で、少しずつ大人になっていく私たち
みんなそれぞれに恋をして、失恋して、いっぱい泣いて…
そのたびに綺麗になっていきました

それに可愛い後輩たちも続々と加入してきて、プロデューサーの数も増えたんですよ?
『あの』プロデューサーはいまや、『チーフプロデューサー』になってますから!

後輩さんたちからは『チーフ』って呼ばれてちょっと偉そうにしてますけど、私たちにとっては今も変わらず『プロデューサー』です

相変わらず、あずささんと律子さんには頭が上がりませんしね



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 11:57:37.02 ID:8kAoWS6FO

そういえば、やよいちゃんの妹のかすみちゃんも765プロのアイドル候補生なんですよ?
とってもとっても可愛い、765プロ期待の星なんですぅ!

やよいちゃんは高校3年生になっていて、すっかり大人っぽくなりました
もう、「うっうー!」とは言わなくなっちゃったのが残念です

お願いしたらほっぺたを赤くしながら言ってくれるんですけどね?
いつまでも経っても可愛い、私たちの妹です



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:05:13.08 ID:8kAoWS6FO

春香ちゃんは舞台女優として成功して、オフ・ブロードウェイの舞台にも何度か立ってるんですよ?
トレードマークのリボンはいまでも健在です

千早ちゃんは1年間の英国留学のあと、本番のジャズを学ぶために今度はニューオリンズに留学中
この間久しぶり会ったときは、びっくりするくらい明るくなってましたぁ!

響ちゃんはトークの面白さを活かしてテレビで活躍中
だけどダンススキルは錆び付いてなくて、いまや765プロのダンストレーナーでもあります



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:12:31.70 ID:8kAoWS6FO

竜宮小町はいまでも健在で、765プロの稼ぎ頭です
今度は2日連続の東京ドーム公演に挑戦するみたいです!

真美ちゃんはローティーン雑誌からハイティーン雑誌に昇格して、高校生のカリスマとして活躍中
イタズラ好きな性格は相変わらずで、主にプロデューサーと小鳥さんが被害者です


貴音さんは私と同じく映画女優として頑張ってます
何本か競演作もあるんですよ?
先に主演女優賞取られちゃったか、私ももっと頑張らないとですぅ!



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:19:07.94 ID:8kAoWS6FO

美希ちゃんはドラマで大活躍中!
今度朝ドラのヒロインに抜擢されたんですよ?
律子さんは

「何考えてんのよNHK…」

って呟いてましたけど

そして真ちゃん!
22歳になったいまも相変わらずの王子さまですぅ!
私と美希ちゃんは真ちゃんのファンクラブにも入ってるんですよ?
もちろん、真ちゃんには内緒ですけど

今度戦隊ヒーロー物のレッドをやるみたいです
これでママさんたちのファンも増えるね、真ちゃん!



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:23:05.40 ID:8kAoWS6FO

あ…
そういえば小鳥さんは…
えっと…

あ、相変わらず、私たちにとっての良いお姉さんですぅ!
背中に視線を感じるので、この話はこれくらいで!

だ、大丈夫ですよ小鳥さん!
次のお見合いは絶対成功しますからぁ!



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:29:58.21 ID:8kAoWS6FO

そして最後に私のお話
18歳のお誕生日から、今日で4年が経ちます
22歳になった私は、あの日と同じ道の上にいました

運転席にはもちろんあの人
4年間私を見守り続けてくれた、優しい笑顔の持ち主さん

22時過ぎの東京は恋人さんたちで溢れていて、いつもより華やいで見えました

そして、空からは白い雪が舞い落ちてきました
その雪がイルミネーションに照らされて、幻想的に輝いています



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:36:32.88 ID:8kAoWS6FO

「4年経ったんだな」

「はい。あっという間でした」

4年の間、何度も流した涙
悲しい涙、悔しい涙

だけどそれよりもたくさんの、嬉し涙

きっとみんながいたから
そして、この人がいたから

「いまでも好きだよ」

「私もです」

クリスマスイブの道路はとても混んでいて、初めてのキスをしている間、車の流れはは止まってくれていました



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:44:44.92 ID:8kAoWS6FO

「ジャンバルジャン…」

少し潤んだ眼で、そう呟きました

「え?」

「えへへ…覚えてますか?」

「…カレー屋の看板に隠れてたっけな」

もぅ…
そういうのは忘れてくれて構わないですぅ!

「まだ元気かな、ジャンバルジャン?」

「元気だろ。まだあれからたったの5年だ。いや、5年半か」

「はい。あっという間でした」

あの日街角で『ナンパ屋さん』に声をかけられてから、私の本当の人生が始まったんだと思います

素敵な、素敵な、みんなとの人生が



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:56:44.51 ID:8kAoWS6FO

「お父さんにちゃんと言えますか?」

「も、もちろん!この4年間、何度もシュミレートしてきたからな!」

「えへへ。何かあったときはまた、お母さんが助け舟を出してくれると思います」

「そ、そうかな?」

「はい!お母さんには一週間前に報告済みですから!」

「お前…強くなったな…」

えへへ
私はまだまだ、強くなんかないですよ?
ひんそーでちんちくりんで男の人と犬が苦手でおぎわらで…

「だって、プロデューサーが一緒ですから!」

そしてこの雪と同じように真っ白な、765プロのアイドルなんですぅ!


お し ま い



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 12:58:37.67 ID:8kAoWS6FO

終わり…
予定時間大幅に超えた…

支援してくれた人たち本当に感謝!
雪歩可愛い!

読み返してきます!



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 13:00:35.16 ID:8kAoWS6FO

あと、例によって他のアイドルを全然絡ませられなくてごめん



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 13:01:10.18 ID:rpyBDXPSO

お疲れさん



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 14:31:59.02 ID:drP6/U+u0

素晴らしかった。乙。



転載元
雪歩「ライフ・イズ・ビューティフル」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339933003/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:05
          • いちげっつ
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:07
          • ゆきぽおおおおおおおおおお結婚してくれえええええええええ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:08
          • 新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:27
          • やっときたのか
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:32
          • この作者のSS久しぶりだな
            相変わらずの綺麗な作品でした。GJ!
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:39
          • 久しぶりに見かけたわ
            読み返してきますの人
            乙でした
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:43
          • 面白かった
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 20:45
          • そういやこのシリーズは読み返してきますの人か
            久々に見かけたわ 今回もGJ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:10
          • 5 この人の地の文は本当に脳内再生余裕
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:27
          • ゆきぽおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうわああああああああああああ
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:29
          • この調子で全員分やってくれるんだろ?そうなんだろう?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:31
          • いい話だ…
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:37
          • ※11
            このペースだと1年かかりそうだなww
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:39
          • ※13
            だとしても構わない…そう思うだろ?あんたも!
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:43
          • ゆきぽおおおおおおおかわいいよおおおお

            高校生のやよいに期待して待ってます
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:44
          • さて、次は誰なんだろう
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 21:49
          • ※11
            「全員分」の中にはもちろん小鳥さんも含まれてるんだよな?なっ?
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 22:08
          • なんか設定おかしいのが気になって途中で読むのやめちゃt
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 22:56
          • 5
            だから雪歩の実家をヤ○ザにするのヤメロってwww

            久しぶりって言ってもつい最近もコメディ書いてたぞ。
            タイトル忘れたけど、アイドルの楽屋にエ□本置いて様子見るってやつ。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月18日 23:53
          • ※19
            最初だけ見てドン引きしたやつだわそれ
            同じ人なのか…… 行き過ぎたセクハラにしか見えなかったわ
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 00:08
          • 5
            おぎわらさん可愛い…
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 00:24
          • イイネイイネ~
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 00:43
          • 5 この人の作品は久しぶりに読んだわ
            雪歩好きな自分としては最高だった
            この調子で全員分書いてくれると嬉しいね
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 01:15
          • この人の他のシリーズ誰か教えてくださいオネシャス
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 01:44
          • 雪歩好きだ!結婚してくれ!
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 02:01
          • ※24
            シリーズはこの、タイトルにライフがつくやつだけじゃないかな
            その他にも結構書いてるけど多すぎるからここに晒せそうもない
            だいたい最後に読み返してきます系のことが書いてあるから読み終わったあとに
            ああこの人かくらいの認識でいいと思うよ
          • 27. 鰤井智
          • 2012年06月19日 02:14
          • 5 できれば親父との直接対決まで書いてほしかったぜぇ・・・いやおもしろかったけども。
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 02:19
          • ※26
            ありがとう!
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 03:44
          • SSの内容とは全く関係ないけどライフ・イズ・ビューティフルはいい映画だよね
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 08:58
          • 5 そしてPはドラム缶の中か……
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 09:46
          • 短大って二年か三年だろ、あれか一年余裕見てるのか
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 10:28
          • これは良いものだ…
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 11:02
          • 社長は雪歩君ではなく萩原君と苗字で呼ぶよな。

            何はともあれ乙ぅ!
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 14:37
          • 5 素晴らしい雪歩だった。
            他のアイドルが絡められなくてごめんってあるけど、それはそれで原作のゲーム的な雰囲気があって良かったと思う。
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月19日 22:02
          • ※29
            うむ。ひそかに戦車オチを期待してしまった。
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月20日 02:22
          • ※34

            そっか、この人の作品ってなんか受け入れやすいと思ったら
            原作を別視点で見れてる感じだからか

            あと素直に二人の距離感とかが好きなんだろうなあ
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月20日 22:21
          • 5 読ませる文章だね
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月21日 01:40

          • ま た し そ っ ぱ か
            しそっぱお兄ちゃんについてあまり触れられてない件について
            有名人なんだけどなぁw
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月21日 23:21
          • >>38 「ゆりしー」って呼び名を付けたのもしそっぱなんだよな
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月05日 16:50
          • エグゼイドのLife is beautifulがどっかできいた事あると思ったらこれだった

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 美少女「…あんたのことが好きどす」お前ら「あーはいはい嫌味ねwwww」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 北沢志保「雨が止むまで」
        • 黒騎士(♀)「貴様…………私のそばへ、来い。」
        • P「ピクミン?」
        • P「ピクミン?」
        • 奏「3連休…」文香「引きこもり組…」美嘉「イェー…」パチパチパチ
        • やよい「クレジットカード?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • ユミラウネ「リコッタチーズパンケーキッ」藍子「食べてみる?」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 【安価】彡(゚)(゚)「反応が二つ…!戦闘力>>3と>>4!!」
        • 俺「可愛いね~好きだよー」 女の子「....」 俺(相変わらず冷たいなぁ....) 女の子「....から....」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        • 【モバマス】朋「青葉、見ちゃいました!」雪菜「まってちがう」
        • 【モバマス】海「暑い夏には」薫「苺入りのおにぎりー!」朋・雪菜「えー」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ