TOP

あずさ「プロデューサーさん、さよならってどういう意味ですか…?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 21:47:23.75 ID:S2xwrE0P0

運命の人なんているわけがないわ。

私が、いつも起き抜けに呟く言葉。
ほどよい体の痺れと、気だるさが、夢と現実の境界線を曖昧にさせてくれる。

その数分間だけは、全てを忘れられる時間。
だけど……

「ふぅ……ふぅ……」
右のつま先を擦らせながら、いつもの場所へと向かう。
蝉がうっすらと鳴いている。乱れた前髪が、汗でおでこに張りつく。

……もう、そろそろ夏なのね。

「今日も、時間通りね」
私は、腕時計で時間を確認する。AM10:00……の5分前ね。
うふふ、5分前行動の心がけ、ですよね?

「……」
白いハンドバッグを両手で握りしめて、ぽつりと言った。
「……プロデューサーさん、まだかしら」

だけど……あなたはいつまでも、強く抱きしめた私の心を、離してくれないんですね。


さよならドビュッシー



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 22:03:37.08 ID:S2xwrE0P0

「あと3分……」
日焼けした手首を裏返して、また腕時計を確認する。
秒針が、そろりそろりと動く。
それに合わせるかのように、鼓動がゆっくりと高まっていく。

「……」
私は、ぼんやりと目の前の風景を眺める。
ここも、何も変わらないわね~。

ハンカチを額に当てて歩くサラリーマンのお方が、ふと私に視線を投げかけた。
「あ、あれ……?」
そのお方の、表情がふいに変わる。
あらあら、口をぽっかりと開けているわ~。とってもチャーミングね~。

「うふふ……」
にっこりとほほ笑みかけると、恥ずかしそうに、その方は行ってしまいました。
さすがに、話しかけてくる人はいないのね~。

──まっこまっこり~ん! 菊地真が10時をお知らせしま~す!

AM10:00を知らせる鐘が鳴った。
近くの時計塔のものね。11時は……確か雪歩ちゃんね~。

もう、プロデューサーさん、遅刻ですよ。



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 22:22:58.31 ID:S2xwrE0P0

「……真ちゃん、元気かしら」
真ちゃんのとびっきりの笑顔を思い出す。
テレビで彼……ごめんなさい、彼女のドラマは毎週チェックしている。
タキシードを纏って、ワルモノさんをやっつける真ちゃんは何度見ても素敵ね~。

私の、すぐ隣の電話ボックスにも、ドラマの大きなポスターが張られている。
うぅん、それだけじゃないわ。
どこまでも伸びていくガードレールにも、隙間もないほど立ち並んだお店の窓にも……。

[天海春香 ドームソロライブ]
[星井美希 映画主演 近日公開]

765プロの、みんなの笑顔がどこにでもある。

「うふふ、デビューした頃は、まさかこんなことになるとは思わなかったわ~」
目を閉じると、みんなの顔が浮かんでくる。
雪歩ちゃんの微笑みも、伊織ちゃんの意地悪そうな笑い声も。

えぇ、目を閉じれば、すぐに、笑顔を思いだせるの。

……たった一人を除いて。



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 22:39:17.94 ID:S2xwrE0P0

きゅぅとお腹の、小さな虫が鳴いた。
「あらあら~……」

今の、誰かに聞かれてないかしら~。
両手を頬に当てて、辺りをきょろきょろと見渡す。

数人の学生さんが、楽しそうにお喋りしながら、真横を通り過ぎる。
みんな、息を切らして額の汗を拭っている。

「うぅん……」
その後ろ姿を、ひたすら見つめる。
だんだんと、影が小さくなっていく……。

私は、首をゆっくり左右に振る。
玉になった汗がアスファルトに、ぽとりと落ちた。

……きっと違う。でも、もしかしたらあの時と似てるかも知れない。

やがて、学生さんは数十メートル先の小さなお店の前で立ち止まる。
私は、その後を追うように左足を前に出す。体をぐっと前に倒す。
つられて右足が動く。動く、というより、無理やり引っ張られる。

「はぁ……はぁ……」
ようやく小さなプリン屋さんの前にまで辿り着いた時には、
学生さんはもう居なくなっていた。



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 23:05:10.98 ID:S2xwrE0P0

若い男性の、店員さんは、明るい笑顔を店中に振りまいている。
だけど、私を見るなり、一瞬、きゅっと苦しそうな顔つきをして……
「いらっしゃいませ、今日も来たんですね」
またすぐにいつもの声色になって、笑った。

「今日も、いつものですか」
「えぇ、いつものお願いします~」
「数も……」
「はい、2つでお願いします~」

それきり、店員さんは黙って、店の奥へと入って行って……
丁寧に包装された紙包みを、そっと私に手渡す。

「ありがとうございます~」
ひんやりと冷たいお店の壁に、手をつきながら自動ドアを抜ける。
むわっとした夏の匂いと熱気が、すべりこんで私の体を包む。

その時に、こめかみの辺りがキュッと締めつけられる。

この感覚……。
急いで、振り向く。もう一度、自動ドアをくぐろうとする。
同じ動きで、同じ気持ちで。

「あっ……!」
足がもつれて、尻餅をついてしまった。
「大丈夫ですか?!」
大慌てで、店員さんが私に駆け寄ってくる。

……ドジね~私ったら。
もう激しい動きはしちゃダメってちゃんと言われたのに。



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 23:26:52.51 ID:S2xwrE0P0

お日様のよくあたるここのテラスは、いつも盛況ね~。
平日なのに、ずいぶんと賑わっているわ~。

「よいしょ……」
日傘のある白いテーブルにたっぷりと時間をかけて、座る。
プリンを紙包みから取り出す。
向かい側に、私とお揃いのプリンがちょこんと置かれている。

「うふふ、美味しいですよね。ここのプリン」
返事は返ってこない。私の声はすぐに、喧騒に掻き消される。

……。

──は、萩原雪歩ですぅ! 11時になったので、穴掘ってうまってますぅ~。

あら……?
もうこんな時間なのね。少しだけ、お昼寝しちゃったみたい。
目の前には、スプーンが丁寧に乗っているプリンが2つ。

もう少しだけ、待ってみようかしら。



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/08(金) 23:46:40.30 ID:S2xwrE0P0

──水瀬伊織ちゃんが、12時をお知らせしまぁす! にひひっ。

「……」
膝に強く握った手を置いて、その手と、にらめっこする。

そうしている間に、テラスの人は、くるくると入れ替わる。
お似合いのカップルが、猫のように笑いながら、急な坂道を駆けあがっていった。
うふふ、きっと、登りきる頃には息が上がってるわ。

きっと、あの男の子はちょっと意地を張って、
疲れてないよ、って言うわ。恋人の前だものね。

なんだか、あの子、ちょっと雰囲気が似てますよ?
ちょっと、エッチそうな……なんて言ったら怒られちゃうかしら、うふふ。

その時、不意に肩を叩かれた。



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 00:03:43.46 ID:S2xwrE0P0

「……!」

全身が、逆立った。
つま先から頭のてっぺんまで、ぞわっとした塊が駆けあがる。

「プロ……!」
「あ、あの、申し訳ございません。長時間のお席の占有は……」
知らない店員さんだった。初めて見る顔。
怪訝そうな顔つきで見つめてくる。
まるで、お化けか何かを見るみたいに。

……あら、今日は、いつもの店員さんじゃないのね。

「ご、ごめんなさい~」
立ち上がろうとすると、また、ぽんと肩を叩かれた。

「見ぃつけた」
背中越しから、12時の時報と同じ声がした。

ゆっくりと振り向くと……
あら~、大きなおデコね。
視線を、すとんと落とすと、
頬っぺたがリンゴのように染まった少女がいた。

「伊織ちゃん……」
「あんた、まだこんなことしてるのね……」

頬の赤さは、暑さのせいじゃなかった。



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 00:25:20.50 ID:sZtOs6yH0

雑踏が、水をうったように静まった気がした。
私たちの周りに、透明な膜が覆ってる、そんな感覚だった。

伊織ちゃんは、何を言うか迷ってるみたいだった。
口をぱくぱくと動かしている。

……私もおなじ。何を言えばいいのかわからない。

伊織ちゃんは、ぬるくなって、ドロドロになったプリンに視線を移す。
「……っ……!」
息を呑む声が、ハッキリと私の耳に届いた。
それから、伊織ちゃんは、きゅっと目を瞑って、歯を食いしばった。
「あんた、まだこんなこと……!」

体の奥深くで、棘がちくりと刺さった気がした。

「あの……混んでおりますので……」
見かねた店員さんが、低くこもった声でそう言った。
その声で、雑踏の中に引き戻される。

伊織ちゃんが、横目できっと睨んだ。店員さんがたじろぐ。
椅子に、乱暴にお尻を落として、伊織ちゃんは言った。

「……じゃあ、何か注文するわよ。何でもいいから持ってきなさい」
「……」
「あずさ、少し、話をしましょう。いいでしょ?」
「えぇ……」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 00:53:43.19 ID:sZtOs6yH0

店員さんが、オレンジジュースを2つテーブルに置いた。
それまで、私と伊織ちゃんは一言も言葉を交わさず、ただ坂道を行き交う人を眺めていた。

「ねぇ」
厚い沈黙の殻を破ったのは伊織ちゃんだった。
そういえば、こういう時はいつも伊織ちゃんが先ね。
オレンジジュースを啜りながら、ぽつぽつと喋り出した。

「765プロの皆は、元気にしてる」
「えぇ、いつも見ているわ~」
「まだ事務所に顔は出せない?」
「……」
「そう、その顔じゃ無理そうね」
「……ごめんなさい」

それきり、また静かになる。
ジュースの氷が、崩れる音がひびく。
それをきっかけに、伊織ちゃんはお腹の底から言葉を吐き出す。

「……いつから?」
「えっ?」
「いつから、こんな事してるの?」
「退院して、しばらくしてからかしら」
「そう、あの時は大変だったわね」
「うぅん、ダメね~、私ったら……」

数か月前、アイドルを引退した。



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 01:16:05.43 ID:sZtOs6yH0

いいえ、引退という言葉はちょっと違うかもしれないわ。
形の上では、無期限休養。

記者会見も何もしてない。
週刊誌では、色々な憶測が飛び交っている。

出来るかぎり、笑みを崩さずに、口調を変えずに、言った。
「でも復帰は、無理よね」

伊織ちゃんは何も言わない。
ただ、ストローを噛みしめて、ひたすら何かに耐えている。

「ごめんなさい、今のは意地悪だったわね」
「席は、残ってる、わ」
「無理よ、ね?」

そう言って、右足の付け根の辺りを指差す。
「ダンスは……」
喉の奥が詰まった。
つかえを取るみたいに、小さく息を吸って、勢いをつけながら言った。
「ダンスは、一番苦手だったけれど、あの人が必死になって教えてくれたものだったの」
「……」
「満員のドームで踊れるようになったのは、あの人のお陰ね~」
「……」
「でも……」

大きく息を吸って、言った。
「失ってしまったの」
そう、ダンスは、あの人が遺した証そのものだった。



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 01:51:10.66 ID:sZtOs6yH0

周りのお客さんたちは、楽しそうに談笑している。
大体の人は、坂道にまつわる噂を楽しそうに話している。

ある人は、共有の手帳に同じペンで予定を書かきこんで、
ある人は携帯電話で友人と来週の約束を交わす。

この坂道は、都内でも有名なスポットだった。
春は桜の並木がアスファルトに模様を作って、冬は雪で真っ白なウェディングロードが出来あがる。
そして……。
ここを登りきった先には、煌めく街の大パノラマが広がる。

それを目当てにやってきたお客さんで、テラスは連日、賑わっていた。
だから、ここには自然と笑顔が溢れる。みんなゴールの景色を、心待ちにしている。

その中で、私と伊織ちゃんの席だけ、明るい笑顔が抜け落ちていた。
店員さんが、怪しがるのもわかるわ。

……私は、もうこの坂道を一人では登りきれない。

目を伏せて、言った。
「アイドルは、楽しかったわ、とっても」
「……」
「でもダンスも踊れないアイドルなんて、ちょっと困りものよね」

伊織ちゃんは私の言葉に、ただただ耳を傾ける。
乱暴に氷をかき混ぜるストローが、くしゃくしゃに折れ曲がっていた。



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 02:13:07.43 ID:sZtOs6yH0

伊織ちゃんは、テーブルに肘をついて、頬に手を当てている。
丁度、横顔を向けている形ね。唇には、ストローを咥えている。

不機嫌そうな表情を変えずに、小さな声で言った。
「千早は、最近CDのレコーディングをはじめた」
「えっ……?」
「けれど、その前まで、ずっと上の空で、声がまるで出なかったのよ」
そのまま、無表情で続ける。

「真も今、ドラマで活躍してるのは、あのポスターを見れば分かるわね」
「……」
「だけど、キャンセルしたドラマのオファーは数十本はある」

唇だけで、無理やり笑顔をつくって、伊織ちゃんは言った。
「ま、私はそんな軟弱ものじゃないけどね」

よく見ると、伊織ちゃんの頬に、うっすらと影が入ってた。

「みんな、なんとか前に進めた」
そう呟いて……
伊織ちゃんは、正面に向き直って、私の瞳をまっすぐ見据えた。
そのルビーのような瞳に、吸い込まれそうになる。汚れのない瞳だった。

私の手を、強く握る。
ほんのりと熱がこもっていて、心地よい体温が、肌の下へそのまま伝わってくるようだった。

温かい。久々ね……。

それからハッキリと、大きな声で言った。
「あんたは、いつよ」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 02:33:40.02 ID:sZtOs6yH0

そのまま、伊織ちゃんは眼を決して逸らさない。
震える唇が、ゆっくりと開く。
「別に、復帰しろとも、頑張れとも言わない」

握った手に、力がこもっていく。
「だけど、こんなこと毎日、毎日……同じこと繰り返してて……」
少しだけ、握られた手が、痛くなってきた。
なんだか伊織ちゃんから伝わるこの熱で、体が焼けてしまいそう。

視線が、真っ白なテーブルへと下がっていく。
「何になるのよ……」

……。

「留守番電話……」
「えっ……」
伊織ちゃんの俯いた顔が、持ちあがる。
目じりに涙がかすかに、溜まっていた。

伊織ちゃんの瞳を、見据える。
「留守番電話に、残っていたメッセージの1つ」
「……?」
「AM10:00に、ここで待ち合わせをしましょう」
「……」
「ただ、私は捜しているの。あの日を」

それから私は、奥底に溜まっていた言葉を紡いでいく。
自分でもビックリするくらい、迷いの無い声だった。



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 03:02:31.47 ID:sZtOs6yH0

そっと、数十メートル先を指さす。
つられて伊織ちゃんの視線がそっちへ向く。

「待ち合わせ場所は、あそこの電話ボックスなのは、わかったわ」
「えっ……?」
「それからプリンを買って、二人で、食べた気がするの」
「……気がする?」
「えぇ、さっきこめかみが痛くなったから」

伊織ちゃんは、眉を潜めて、私の顔をじっと見つめている。
普段の伊織ちゃんだったら、
何を言っているのか、さっぱり分からないわ!とでも言いそうなお顔ね。

「後は、まだ捜しているの。まだ、たったこれだけ」
「な、何を言ってるのか、さっぱりだわ……」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 03:10:30.94 ID:sZtOs6yH0

「私は……ただ、知りたいだけなの」
「……?」
「どこに行って、何を食べたか」
「えっ……?」
「何を話して、どんな手の繋ぎ方をしたのか」
「……」
「そして最期に、あの人は何て言ったのか、どんな表情だったのか」
「……!」
「私は、最期に、あの人に、何を伝えられたのか」
「まさか……」

病院の真っ白い天井を見た時には、もう何もかもが終わっていた。
起きたら、全てを失っていた。

いくら"終わり"だけを、事細かに説明されても、
写真をいくら見せられても、
私にとっては、全て夢の中の出来事だった。

涙も、一滴も出なかった。

「何も思い出せないの」

パズルのピースのように、バラバラに砕け散った、あの日。
私は、ひたすら、この坂道で、破片をかき集めている。



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 03:14:00.65 ID:sZtOs6yH0

だから、1秒だけでもいい。
あなたを、たしかに、感じられたなら……。

きっと、私は、この坂道を登りきれる気がする。



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 03:17:38.06 ID:sZtOs6yH0

第1部 完!

一旦セーブしよ――――!!!



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/09(土) 03:18:40.53 ID:QYSOEKAO0

セーブしたよー!!



転載元
あずさ「プロデューサーさん、さよならってどういう意味ですか…?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339159643/
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (44)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 17:20
          • ロー→ディング、ロ→ディング長いの嫌だ~
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 17:47
          • わたーしをひとーりおきざーりにしてー
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 17:52
          • アイマスの悲惨傾向SSは何故かあずささんが多い。これまめな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 18:18
          • あずささんは持ち歌の影響で「Pとの死別」の二次創作が結構多いな。
            個人的には3A07以降は全部二番煎じに思えちゃうんだけど。
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 18:24
          • なんだよこれ・・・
            なんだよこれ・・・
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 18:39
          • 完結前どころか絶賛執筆中の作品はアレなんだが
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 18:44
          • 隣に…ってJazzMixで偉い明るい曲になったよな
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 18:56
          • 続きが非常に気になる……。
            完結するまで星は付けないでおこう。
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 19:02
          • 乳輪の作者だろ?この人。
            幅広いよなぁ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 19:02
          • ここで一旦終了か…非常に続きが気になるので楽しみに待ってます。
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 19:04
          • 何コレ切ねぇ…次章に期待!
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 19:11
          • 続きに激しく期待
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 19:20
          • ロードはよ
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 19:33
          •  
            このーさかーみちーをー
            のーぼーるーたーびにー
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 20:07
          • ろ~でぃんぐ~、ろ~でぃんぐ
            短め希望、それ!
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 20:39
          • もしかーみさまがーいるとしたらーあのーひとをかーえしてー
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 23:03
          • おい続きが(ry
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 23:15
          • ユキポックスの次回作がこれっていう
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 23:30
          • ユキポックスの次に書いたのはFFじゃね?
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 23:44
          • ロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロードロード
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 23:54
          • おい、これの続きも気になるが※9の乳輪ってのもスゲー気になるぞ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月09日 23:54
          • ※20
            最初見た時、なんでカード引きまくってんだ?、と思ってしまった
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 00:12
          • あずささんの乳輪はマキシシングルサイズ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 00:19
          • アルバムサイズだろ。いい加減にしろ。
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 00:39
          • ちょっと隣に…を意識し過ぎて坂道坂道言ってるのが気になった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 00:41
          • 最近、続きもの多いよ!
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 00:50
          • 続きはよ


            はよ!
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 00:55
          • 驚くことにこの人のSSって
            これも含めて全部即興なんだよな
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 01:17
          • ※28
            マジで!?もう凄いとしか言いようがないわ…
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 01:36
          • やっぱ倒産は地の文うまいな
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 01:41
          • 愛ちゃんうるせぇ 爆笑しちまった
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 02:44
          • マジレスするとあずささんの乳輪はシングルサイズだから

            ※21まとめ依頼だすか他のSSサイトでみれば
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 03:26
          • どうしてみんな倒産だと分かるんだ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 03:27
          • 匿名掲示板でコテつけてるわけでもないんだからそういう作者特定やらなんやらやめてもらいたいわ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 18:30
          • 4 ※34
            まあ別にいいんじゃね?作者をディスってるわけじゃないし。
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月10日 21:39
          • 33
            なんとなく。倒産かどうかわからないけど。
            この作者は絶望的に遅筆だから。
          • 37. 鰤井智
          • 2012年06月11日 20:39
          • 続きがきになる・・・・・・

            スレタイでてっきり101回目のプロデュースの続きかと思ってしまった
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月22日 20:21
          • 何気に乳輪の話と設定リンクしてるな。わざとだね。
            しかし、マジキチばかりかかないでもっとこのSSやいおたかみたいの書けばいいのに。
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月14日 07:20
          • ロードはまだですか?
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月23日 01:46
          • 打ち切りを迎えたの?
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月11日 12:26
          • 続きは?
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月20日 22:36
          • なんでPすぐ死んでしまうん?
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月13日 00:16
          • 続きないんでしょ?
            終わってないSSまとめるとこういうことがあるから、完結するまでまとめるのやめたほうがよくない?
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月15日 02:14
          • 唐突のセーブに笑ったw

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ