TOP

森島「画面から出てきちゃった!」男「えぇぇ!?森島先輩!?」

参考画像:http://livedoor.blogimg.jp/tmg24news/imgs/e/2/e27f732f.jpg
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:21:32.81 ID:NYRxXECi0

大学一年生。
高校三年生で危機を感じて何とか滑り込み
晴れて大学生として新学期を迎えたのだが…
何というか…周りの女の子はみんな化粧が濃くて…とにかくケバい
俺達、野郎はんなもん求めてねーっつうの!
黒髪ロング最強やほぉぉい!お前ら全員染め直して出直して来い!
と彼女らとすれ違う度に心の中で叫ぶ。

そんな俺でも友人は出来たわけで、なんとかボッチ生活は回避できた。
出だしは好調?だろう。多分…


リング



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:22:04.68 ID:NYRxXECi0

大学 昼休み

男「んだよ!どいつもこいつも!ケバすぎだろ!糞して寝ろ!」

友「ま~た始まった…。お前さぁ…最近の女子はみんな、あんな感じだぜ?
  お洒落でいいじゃん」

男「るっせー!俺はあんなの認めないからな!」

友「誰もお前に認められたいなんて思ってないけどな」

男「は?お前!?やんのか?ここでやんのか!?いいぜ!来いよ!オラオラ!」ブンブン

友(うっざ…)プチッ



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:24:50.79 ID:NYRxXECi0

友「だから!お前はいつまで経っても彼女できねーんだよ!カス!」

男「…」

友「え?」

男「あっれ…?もしかして…本当に怒っちゃった感じ?ごめん、いつもなら面白い突っ込みとか
  入れてくれるのに…あっれ?なんかごめんね…?いや、本当に…あっれ?」

友(うわ…面倒くせぇ…)

男「うん…そうだよね。俺みたいなこんな偏屈者そりゃぁ彼女できないよね。
  何が黒髪ロング最強だよ…んなのいた所で俺に振り向くわけねーよ…
  て言うか、女の子たちからしてもこんな社会の最底辺のクズに髪型とかどうこう言われる
   筋合いなんてないよね?俺、何様つもりなんだろうな?あはは…」

友(打たれ弱すぎだろ…マジできめぇ…)



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:27:41.30 ID:NYRxXECi0

友「ごめん!ごめん!言い過ぎたよ!悪かった!」

男「はぁ…彼女欲しいな…、きっと俺みたいなクズは一生独り身で
  いずれはどっかのボロアパートで孤独死するんだろうな…」

友「大丈夫だって!大学生の内に絶対彼女できるって!お前のルックスそこそこだし!」

男「え?マジで!?俺ってそんなにイケメン?」

友(うわ…変なところに食いついてきた…イケメンとか言ってねーよ!コイツの脳内変換すさまじすぎ…)

男「ねぇ!?どの辺がイケメン?福山雅治でいうのどの辺?」

友(うぜーよ!こいつの中ではイケメン=福山雅治ていう考えだけなのがまたうぜーよ!)



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:29:50.31 ID:NYRxXECi0

友「まぁまぁ…落ち着くけ…な?」

男「なぁ!いつ彼女できるんだろうな?俺もう我慢できねーよ!」

友「知らねーよ!お前の努力次第だろ!そりゃぁ!」

男「それだったら!いつ彼女できるかわかんねーじゃん!」

友「はぁ…しばらくは我慢だな…。そして、お前も努力しろ!行動しろ!」

男「行動ねぇ…。」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:32:55.27 ID:NYRxXECi0

友「まぁ、お前が高校の頃どんな恋愛をしていたか知らないが、今は大学生だ。
  また新規でやり直す!スタートラインは皆同じだと思って頑張れ!」

男「また新しく…か」

友「そうそう、高校で彼氏いたやつも卒業を着に別れたやつも多いし。
  お前にだっていくらでもチャンスはあるよ」

男「うぉっしゃ!!俺!頑張るぜ!でも、今すぐ欲しいな!やっぱり!」

友「はぁ…俺がゲーム貸してやるから…しばらくはそっちで我慢しろよ」

男「ゲーム?」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:35:21.37 ID:NYRxXECi0

友「アマガミってやつ!所謂恋愛シュミレーションってやつだな。結構おもしろいし
  お前にぴったりだと思うぜ」

男「お!是非貸してくれ!」

友「また明日持ってくるよ。けど、あんまり現実逃避するなよ?ちゃんとリアルで
  彼女作るよう努力しろよ。俺も手伝うから」

男「おう!わかった!」キラキラ

友(はぁ…コイツやっぱ疲れるわ…)



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:38:37.82 ID:NYRxXECi0

翌日、男宅

男「よっしゃぁぁ!人生初の恋愛シュミレーション!ワクワクが止まらねー!」

男(へぇ、ヒロインは6人かぁ…この中からじっくり選別するわけだな…)ゴクリッ

男(ん?森島はるか…え!?何このメッチャ可愛い!完全に俺の理想の投影じゃん!)

男(よぉし!森島はるかを攻略するぞ!ふふ!ふはっはっはっは!)



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:42:05.86 ID:NYRxXECi0

大学

友「よう!今度さぁ、合コンがあるんだけど…もちろんお前も来るよな!?」

男「え?あぁ…うん悪い、パスで」

友「はぁ?お前、努力するって言ってたじゃん!つーか、彼女いらねーのかよ!」

男「え?いや、諦めてないよ?ただ、今はな…ふふ」

友(おいおい…マジでコイツ現実逃避してるんじゃないだろうな…)

友「わかったよ…、俺はお前を応援してるからな。だから、お前も何て言うか」

男「大丈夫!大丈夫!また今度誘ってくれ!じゃぁな!」

友(はぁ…、ゲーム貸したのは失敗だったかな…)



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:45:32.45 ID:NYRxXECi0

男宅

男(よぉし!今日も森島先輩を攻略するぞ!ふふふ)

男(あぁ…癒される…。現実もこのくらい簡単にうまくいけばいいなぁ。ふふふふふ)

男(でも、もうすぐクリアだよな…。その後、どうしようか…)

男(まぁ!二週でも三週でも気が済むまでやればいいいか!あっはっはっはは!)



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:50:13.24 ID:NYRxXECi0

そして、俺は幾度も森島先輩ルートを攻略した。
そのうちに主人公の思考や行動が嫌になっていった。
正直、自分でもそんなことを思ってしまうことに気持ち悪いとは感じていたが…

男「違う!俺はそんなこと思ってないのに!」

男「俺が伝えたいのはそんな生ぬるい気持ちじゃない!」

男(はぁ…何か俺…かなり毒されてるような…。もうゲームはやめよう…)

男(そういやぁアニメもやってたみたいだな。森島先輩の回だけ見てみよう!)



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:54:55.44 ID:NYRxXECi0

男宅

男「橘…。え?主人公って?え?俺じゃないの?」

男「確かにいい奴だけどさぁ…なんかさぁ…」

やっぱり、森島先輩にはああいうドジで可愛い後輩キャラが
お似合いなのだろう。
俺ならもっと幸せにしてやれるのに!と思いつつも
テレビに映る彼らの幸せそうな表情を見ていると…
なんとも言えない気持ちになる…



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 19:59:33.02 ID:NYRxXECi0

大学

男(はぁ…そりゃ、所詮ゲームだしなぁ…主人公は俺じゃなくて橘だよなぁ…
   現に俺はあいつの思考の中の選択しを選んだだけであって自分の意思で
   森島先輩を攻略したわけじゃないし…)

友「おい、なに物思いにふけてんだよ?」

男「え?いや、別に…」

友(おいおい…かなりヤバイとこまできてんじゃねーの?コイツ…)

友「ま、ゲームのヒロインに恋したところでだな…何も起きないし何も解決しないだろ?」

男「ちょ?っばっか!おめぇ!ちげーよ!そんな現実逃避してねーし!」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:03:49.55 ID:NYRxXECi0

友「いや、バレバレだから…。」

男「はぁ…。お前のせいだぞ?あんな薬みたいなゲーム俺に貸すから」

友「酷い言いがかりだな。俺はお前があまりにも辛そうにしてたから
   貸し手てやっただけだぞ?で、リアルの方はどうなんだよ?」

男「…」

友「おいおい…しっかりしろよ?合コンとかなら、また誘ってやるから」

男「なんか辛いんだよ…。この世界に森島先輩はいないって考えるのが…」

友「まぁその気持ちはわからんでもないがな…」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:09:06.95 ID:NYRxXECi0

男「自分でもわかってるよ?こんなこと真剣にかんがえちゃうのマジきめぇって…」

友「ま、誰もが通る道だしな!自然にその気持ちも薄れていくさ!」

男「そうかな?」

友「まぁ、俺もそうだったし!全国のオタ共も乗り越えてるわけだしな!」

男「はぁ…」

友「とりあえず、ゲーム返せ。それだけで少しは気持ちも変わってくるだろう」

男「わかった…。明日返すよ」

友「よし、心配するな!リアルでも俺がアマガミなみに熱い青春を送れるように手助けするからさ!」

男「何かありがとうな!」

友「まぁ、お前も俺の手助けはしろよ?俺だって彼女欲しいし!」

男「おう!まかせろ!」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:12:49.27 ID:NYRxXECi0

男宅

男「ただいま~、はぁ…疲れた~。よし!現実逃避ばっかしてないで!明日から頑張るぞ!!うぉっしゃぁぁ!!」

森島「もう!きみ!おそいよ!いつまで待たせるつもりだったの?」

男「すいません、ちょっと友人と語り合ってたら熱くなっちゃいまして……は?」

森島「?」

男「え?」

森島「え?」

男「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:19:14.21 ID:NYRxXECi0

男(っべーわぁ…マジっべーわ…ついに脳みそまでアマガミに汚染されちまったよ…
   救急車?とりあえず病院?)

森島「きみ!女の子を待たせておいて第一声が変な雄叫び?」プンプン

男(うわうわうわうわうわ…森島先輩だよ…モノホンだよ…でも、折角、ぶっ壊れた頭が
   いい感じの幻想を見せてくてるんだし…少しくらいこのままでも…)

森島「ねぇ!人の話聞いてるの?」

男「はい!聞いてます!聞いてますとも!で、ご用件は?」

森島「はぁ…きみが会いたいって言うからわざわざ来て上げたのに…」フンッ

男「俺が会いたい?」(あぁ…、そういえば授業そっちのけでずっと念じてたこともあったような…)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:24:52.66 ID:NYRxXECi0

男「なんかすいません!俺のせいでこんなむさ苦しい部屋に呼び出しちゃって!本当!すいません!」

森島「そ、そんなに謝らなくてもいいんだけどね」

男「あのぉ…本当に…森島先輩なんですか?」

森島「えぇ!もちろん!」ニコッ

男「どうやってここへ来たんですか?」

森島「えぇ?そんなこと私に聞かれても」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:33:59.01 ID:NYRxXECi0

男「いやいや!どんな技術使ったんですか!?ありえない!俺の脳がイカレてるとしか考えられない!」

森島「だから知らないって!それに君の頭も壊れてないと思う」

男(奇跡だ…これはきっと神様があまりにも不運な人生を送ってきた俺に与えてくたチャンスなんだ!)

男「えっと、森島先輩はいつまでこの世界に?」

森島「えぇ…わからないよそんなの」

男「泊まる場所は?」

森島「ここ!」

男(げ!いくら森島先輩でも俺ん家はまずいだろ…つか、家族になんて説明すればいいんだよ!)

男「あ、もしかして!サーバントみたく消える能力とかあるとか?」

森島「サーバント?なにそれ?そんな能力ないわ」ニコッ

男(えぇぇぇ…どうすんの?どうすればいいの?下手すりゃ俺捕まるじゃん…)



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:39:44.26 ID:NYRxXECi0

男「あのぉ…、俺が呼んだのもアレなんですけど…。この先どうすればいいですかね?」

森島「そうね…観光とか!?きみの通う大学とか行って見たいな!」

男「大学とか…行っても楽しくないと思いますが…」

森島「一足先に大学生活を味わいたいの!大学生って何かあこがれるじゃない!」

男「は、はぁ。まぁとりあえず明日にでもご案内…」

男(って待てよ…俺が大学生って事を知っているなら普通敬語じゃね?いやいや…森島先輩に
  敬語を使わせるのか?俺は…そもそも森島先輩って呼ぶのもどうなんだ?)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 20:56:46.34 ID:NYRxXECi0

森島「ねぇ、どうしたの?」

男(あぁ…可愛い…。やっぱり森島先輩は森島先輩だ!)

男「い、いえ!なんでも!」

男(とりあえず…今はこの状況をどう説明するかだな…)

男「あのぉ…森島先輩」

森島「?」

男「あのですね…家にいる間だけでいいんで…」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:03:28.33 ID:NYRxXECi0

男宅

父「で、そ、その可愛らしい子は?」(ま、まさかな…)

男「俺の彼女だよ」ドヤァ

森島「男くんの彼女です」ニコ

父「そ、そうか…いやぁお前にもやっと彼女ができたか…あははは」

父(嘘だろ?だまされてるんじゃないのか?壷とか買わされてるんじゃ…)

男「でさぁ、親父…、じつはこいつちょっと家庭の事情で…」

父(うわぁぁぁ…そう来たか!?家庭の事情を装って多額の金を振り込ませようという魂胆だな?)

父「ど、どうしたんだ?」ガクガク

男「詳しいことは言えないけど…少しの間、うちに泊めてあげたいんだけど」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:08:25.91 ID:NYRxXECi0

父「え?」(ど、どういうことだ)

男「頼む!息子の一生の願いだ!」

父「いや、でもなぁ…」

母「いいんじゃないですか?困ってるんでしょ?その子」

森島「」コクリッ(なんか騙して悪いなぁ…)

母「部屋も一つ空いているし、いいでしょ?あなた?」

父「う~む…仕方がないな…」(このままでは…私の家庭が崩壊してしまう…)



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:11:55.84 ID:NYRxXECi0

リビング

父「ちょっと…男…こっちへ来なさい…」

男「なんだよ…親父」

父「なぁ、あの子に変な壷買わされなかったか?店とかに連れ込まれたりとか…」ガクガク

男「ねーよ!あの子は詐欺師じゃないから!」

父「そうか…だといいんだが…」

男「心配しすぎだよ親父。それに少しの間だし」

父「あ、あぁ…わかった」

男(少しの間って言ったけど…森島先輩いつまでここにいるんだろう…)



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:17:11.52 ID:NYRxXECi0

男「ふぅ…なんとかなった~。親父は相当びびってたけど」

森島「なんか、お父さんに悪いことしちゃったかな~」

男「そんなことないです!ていうか、変な子芝居やらせちゃってすいません」

森島「もう謝らないでよ、きみは普段からそんなに人に謝るような人じゃないでしょ?」

男「ま、まぁ…そうですね。ていうかなんで俺のこと」

森島「ふふっ内緒」ニコッ

男「あ、あのじゃぁ明日早いんで俺はもう寝ますね。それじゃ」

森島「うん!明日の大学見学楽しみにしてるから!」

男(夢じゃないよな…これ…。)



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:21:55.62 ID:NYRxXECi0

翌朝

男「くっそ!くっそ!緊張して寝れなかった!くっそ!」

男(あ!森島先輩は!?もしかして…消えてたり…そんな!)

男「森島先輩!」ガチャッ

森島「ん~?おはよう…」ムニャムニャ

男(よっしゃぁぁぁぁ!消えてない!つか寝起き可愛いぃぃぃ!!)

男「起きてください~。大学行くんでしょう?」

森島「う~ん…そうだったねぇ…」ムニャムニャ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:25:18.71 ID:NYRxXECi0

電車

男(眠い…無理だ…授業中は爆睡だなコレ…)

森島「やっぱ大学って遠いの?」

男「え?まぁ少し遠いですね。でも、慣れれば全然苦じゃないですよ?」

森島「え~、でも私は近い方がいいかな!だって楽じゃない!」

男(あぁ…俺…すげぇ幸せ…いやふぉぉぉぉぉぉぉぃ!!!!!!)



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:31:15.92 ID:NYRxXECi0

大学に着いた後
授業までの空き時間で俺は森島先輩と
大学の色々な建物をまわった。
森島先輩すごく興味津々でまるで幼い子供ようだった。
俺はもちろんにやけるのを堪えるのに必死であった。

男「すいません、そろそろ講義が始まるので…図書館で待っていてもらえますか?」

森島「うん、わかったわ」ニコッ

男「講義が終わればまたすぐに戻ってきます!それじゃ!」

森島「は~い!」ニコッ



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:37:35.95 ID:NYRxXECi0

友「遅かったな。今日はぎりぎりだな」

男「ちょっとな♪」

友「随分と機嫌がいいな。もしかして…好きな人でもできたか?」コノコノー

男「えへへへへ、まぁそんな感じっていうかぁぁあ」アヘアヘ

友(うわ…うっざ…いつになくうざいなこいつ…でも今そんな感じって)

友「そうかそうか!お前にもついに青春到来か?」

男「ぐへへへへ、そんな青春ってぐふふふふふ」

友「よし!じゃぁ、どんな子か俺にも紹介してくれよ!」

男「え…?ごめんそれはちょっと…」(ゲームから飛び出して来ちゃいましたうふふ☆おっけ~なんて言えない…)



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:46:54.78 ID:NYRxXECi0

友「おいおい…なんでだよ?俺はお前の恋愛に協力するつもりなのに…」

男「いや…でも、それは…」

友「まぁ、事情があるなら仕方ないな。次の昼休みにじっくり話聞かせろよ」ニコッ

男(うっ…森島先輩を待たせるわけにはいかないけど…こいつ…ずっと俺のこと気にかけてくれてたし…)

男「そうだな…でも、用事があるからあまり長くはいられないぞ?」

友「了解、じゃぁこの講義が終わればすぐ食堂な!」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:52:08.39 ID:NYRxXECi0

食堂

俺は友には悪いが口から出任せであれこれ喋った。

男「とまぁ、今はそんな感じかな」

友「ふむ、お前もなかなかやるな。電車で声をかけただなんて。
   ていうか、お前がそこまでするくらいなんだからよっぽど可愛いんだろうな」

男「当たり前だろ!もり…いや、あの子マジで超美人だから!」

友「お!マジか!カーッ俺も見てみてぇぇ!」

森島「あっれ~?ちょっと!ここでなにしてるのよ!」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 21:58:51.60 ID:NYRxXECi0

男(ぎゃぁぁぁぁぁ!図書館で大人しくててよ!森島先輩!!!!!!!)

友「え?え?え?もり…え?は?」

男(やべーよ…友のやつ…完全に思考回路がショートしちゃってるよ…
   やっぱり大学へ連れて来るべきじゃなかったのかな?)

男「ちょっと!森島先輩!図書館にいてって!言ったじゃないですか!」

森島「だって!きみがあまりにも遅いもんだから!きみだってなんで食堂にいるのよ!」

友「オレ イマ ゲンジツ オレ ユメジャナイ」ガクガク

男「おい!ちょ!友!しっかりしてくれ!友!!!!!!!!!!!!」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:03:33.88 ID:NYRxXECi0

そして、俺は友に真実を伝えた。
もちろん、信じてもらうのには苦労したが…
現実に…目の前には森島先輩がいる。
友は理解せざる得なかった。

友「信じられない…。ていうかなんでお前のところに!」

男「さぁ…なんでだろ…」

友「それに!あのゲームは元々俺のだろ?だったら…」

男「いやでも昨日返したし…」

友「俺のところにだって絢辻さんが現れてもいいじゃんか!」

男「…」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:08:47.02 ID:NYRxXECi0

確かにおかしな話である…。
俺は所詮はにわか。ゲームをプレイしたのだってついこの間の話…
森島先輩のことを本当に、俺以上に好きでいる人なんていくらでもいるはず…。
なのに…なんでなんだろう…

友「うらやましいって言うかずるいな!」

ずるい…
俺も逆の立場であれば発狂するくらい許せないことだと思う…
俺は森島先輩が好きだ。
だから、そんな森島先輩が自分のとろでなく
他人のところへ現れるなんて…

男「ごめん…先輩…帰ろう?」

森島「え?ちょっと…いいの?って、ねぇ?まってよ!」

友「…」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:12:58.98 ID:NYRxXECi0

帰り道
俺は今日撮った森島先輩の写真を眺めていた。
夢じゃなくて現実である証…そんな気がした。

男「今日は色々ありましたけど…どうでしたか?」

森島「とても楽しかった!きみの友人とのいざこざは…ちょっとあれだったけど」

男「あの」

森島「なに?」ニコッ

男「先輩はなんで俺のところに現れたんですか?」

森島「そんなのわからないわ♪」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:16:24.75 ID:NYRxXECi0

男「わからないって…じゃぁ!森島先輩は俺のこと好きですか!?」

森島「え?」

男「俺のことが…橘よりも…誰よりも好きだから俺の前に現れたんじゃ」

森島「そんなの…」

男「だって!現に俺の前に!こうしているじゃないですか!」

森島「そんなこと!答えられるわけない!」

男「え…」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:23:20.68 ID:NYRxXECi0

森島「知らないの!?私は森島はるか!私は私のことを愛してくれるならそれでいいの!
    だってみんな大好きなんだから!」

男「え?」

森島「私にだってよくわかない…けど!この世界には私を愛してくれる人がたくさんいる!
     だから…誰か一人を選ぶなんてできない!私は…私を愛してくれる人の数だけいるの!」ウルウル


ゲームでは到底聞けない森島先輩のセリフだった…
彼女はゲームの世界の人。
そして彼女の役目は俺たちみたいなやつに
青春や恋愛を与えてくれるというもの。

男「森島先輩って…、そのやっぱり自分がゲームの世界の人間だってこと…」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:27:59.53 ID:NYRxXECi0

森島「理解してるわ」

男「嫌じゃないんですか?」

森島「どうして?きみとは…う~ん、なんていうんだろうな…
    根本が違う?う~ん」

男「あ!そんなに無理して考えなくていいですから!」アセアセ

森島「なんか、ごめんね…突然怒鳴ったりして」

男「い、いえ!そんな!」

せっかく、俺のもとへ現れてくれたのに…俺は…
何がしたいんだろう…

森島「あ~あ、おなかすいちゃったな~」

男「あ、そうですね!早くかえりましょう!」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:33:32.19 ID:NYRxXECi0

男宅

男「ふぅ…おなかいっぱいだ」

森島「ねぇ!明日は何処にいこっか!?」

今日は色々、考えさせられる一日だった…
未だに何も解決してはいないが、俺は…
やっぱり誰にも森島先輩を渡したくなかった
例え、憎まれようとも…

男「明日は休みだからどこでもいいですよ?」

森島「じゃぁ!水族館!」

男(またまたベタな場所だな…)

男「いいですね!じゃぁ明日は水族館へ行きましょう!」

森島「いえ~い♪」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:36:33.07 ID:NYRxXECi0



突然、俺の携帯が鳴り出した。
友からの電話であった。

友「今日は、なんか悪かったな…その、変に取り乱しちゃって」

男「俺だって…折角、力になってくれるって言ってたのに…嘘ついちゃって」

友「で、森島先輩と今後どうするつもりだ?」

男「明日、水族館へ行ってきます!」

友「そういうのじゃなくて…」

男「え?」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:42:22.41 ID:NYRxXECi0

友「普通に考えてこういう生活がずっと送れると思っているのか?」

男「そりゃぁ…、いつか消えてしまうのはわかってるけど…」

友「まぁ、それもあるがだな…」

男「ん?」

友「なんでお前はそこまで鈍感なんだよ…。今、お前の家にいるのはあの森島はるかなんだぞ?
   こんなこと…世間に広まってみろ…」

男「それはちょっとまずいなぁ…」

友「ちょっとどころの騒ぎじゃない!中には発狂して襲いにかかってくるオタが出てくるかもしれないし…
  そもそも、架空の世界の人間を実体化するなんてそんな技術…どんな奴が彼女を狙ってくるか…」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:47:08.17 ID:NYRxXECi0

友「今日、お前が大学へ連れ出しただけで…ネットで噂が流れ始めてる…」

男「そんな…でも、森島先輩は俺が絶対守る!」

友「…、明日も遊びに行くんだって?」

男「うん…」

友「ちゃんと…、ばれないようにな…」

男「わかった…ありがとう」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:51:19.90 ID:NYRxXECi0

翌日 水族館

森島「すっご~い!大きい魚さんがいっぱい!ねぇ!見て!こっちにも!」

男(可愛いなぁ…魚じゃなく森島先輩が…ずっとこのまま一緒にいられたらなぁ)

男「ここにも大きなサメがいますよ!」

森島「わお!ちょっと怖いけど可愛い!」キラキラ

俺はデートを楽しみつつも周囲を警戒していた…
いつ先輩が襲われるかわからない…
最悪の事態が頭によぎるが必死で振り払った



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:55:35.29 ID:NYRxXECi0

「おい…あれってアマガミの…マジにてねー?」

「あれ森島先輩だろ!?すっげ!ほんものじゃね!」

ガヤガヤ

男(くっ…このままじゃまずい…)

男「あ、あの先輩…そろそろ」アセアセ

森島「えぇ!?もう帰るの?」

男「い、いや…場所を変えましょう!ね!?」

森島「なんか…今日のきみ変だよ?」

男「変…ですか?」

森島「なんか!ずっとそわそわしてる!」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:01:11.50 ID:NYRxXECi0

なんとか無事に水族館でのデートを終えた…

男「ふぅ…」(なんとか…ばれずに済んだ)

森島「ねぇ?楽しかった?」

男「もちろん!楽しかったです!」

森島「そう、ならいいんだけど…」

男「せんぱい?」

森島「なんか、私のせいできみに迷惑をかけてる気がしてね」

男「そんなことないです!俺は今めちゃくちゃ幸せなんですから!
   森島先輩は俺が命に代えてでも絶対守りますから…」

森島「そんな…、駄目だよ。命に代えるなんて」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:04:53.21 ID:NYRxXECi0

俺は彼女のためなら本当に死ぬ覚悟だった。
そして、彼女には一生幸せになって欲しいと思った。

そして、日々は過ぎて行った。
森島先輩の噂は徐々に広がり
俺と先輩が二人で出かけることも
ほとんどなくなってしまっていた。

すべては彼女を守るためだ!
これを乗り越えればきっと!幸せになれるはず!



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:07:30.44 ID:NYRxXECi0

大学

友「最近…また噂を聞いたよ…お前とあの子の」

男「そうか…」

友「今日は彼女は?」

男「家にいてもらってる…」

友「はぁ、もう限界じゃないのか?」

男「何が限界だよ?だったらどうしろって言うんだよ?」

友「彼女に帰ってもらうんだよ」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:13:02.24 ID:NYRxXECi0

男「どうやって?」

友「お前言ってただろ?彼女が何でここに来たか」

男「俺が…会いたいって願ったから…?」

友「そう、お前が彼女をこの世界に留めてるんだよ」

男「だからなんだよ!」

友「お前が帰れと願えばいいんだよ」

男「ふざけるな!そんなこと!願えるわけないだろ!」タッタッタッタ

友「おい!ちょっと!待てって!」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:18:33.54 ID:NYRxXECi0

そんなこと…考えられるわけ…願えるわけないだろ!?
俺はここでずっと先輩と幸せに暮らすんだ!
先輩を幸せにできるのは俺だけなんだ!

男宅

男「ただいま…」

森島「あら?今日は早かったのね?もしかしてさぼった?」ヒョコッ

男「ま、まぁ…そんな感じです。えへへ…」

森島「だめだよ!?今日は許してあげるけど明日は追い返すわよ?」フフ

男「わかりましたよ。先輩」ニコッ

先輩は今…本当に幸せなのだろうか…
俺の願いのせいで無理やりここに留まっているのだろうか…



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:24:51.71 ID:NYRxXECi0

男「先輩…」

森島「どうしたの?」

男「先輩は今、幸せですか?」

森島「きみが私のことを好きでいてくれているならね」ニコッ

男「そりゃぁ好きですよ!これからもずっと!」

森島「じゃぁ私はこれかもずっと幸せかな♪」

男「…そうですか。俺も幸せです」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:29:34.31 ID:NYRxXECi0

俺には無理だ…
森島先輩をもと世界に帰すなんて…
もし、帰ってしまったら俺はどうすればいい?
また、ゲームでも借りるか?
ふざけるな!あんなのじゃ…
俺の気持ちなんてこれっぽちも伝わらない!
同じイベント…同じセリフ…
何度繰り返したところで!

その時、友から電話がかかってきた。



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:34:14.77 ID:NYRxXECi0

友「どうだ?決心は着いたか?」

男「やっぱり俺には無理だよ…」ポロポロ

友「もう十分じゃないか…。」

男「全然だよ…まだ…まだ…」ポロポロ

友「もういいじゃないか!」

男「え?」ビクッ

友「お前は既に、みんなが願っても叶わない夢を実現したじゃないか!」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:40:58.27 ID:NYRxXECi0

友「俺だって!絢辻さんと一緒にデートしたり!大学へ通ったり!普通に会話だってしたかった!」

男「お前…」

友「俺以外にもそんなやつは山ほどいる!会いたくても会えない!そんな思いを味わってるやつがな!
   でも、お前は…お前は会えたじゃないか!」

男「それは…」

友「もうお前は十分すぎるくらいの時を彼女とすごしたろ!?それでいいじゃないか!」



89: ◆yztYh0D2aI :2012/05/27(日) 23:52:12.64 ID:NYRxXECi0

確かに友の言うとおりだ…
俺は十分すぎるくらい幸せな日々を
先輩と過ごすことができた。

先輩は俺だけのものじゃない…


俺だけが…幸せになんてなっちゃいけない

そう、彼女は森島はるか…


元の世界へ帰さないと…



92: ◆yztYh0D2aI :2012/05/27(日) 23:57:18.98 ID:NYRxXECi0

男「あの!先輩!」ガチャッ

森島「ん~?どうしたの?」ムニャムニャ

男「明日!一緒にデートしましょう!」

森島「え?でも外に出るのは…」

男「大丈夫です!俺が何とかしますから!」


俺は先輩を最後のデートに誘った。
そういえば…俺はまだちゃんと
先輩に気持ちを伝えていなかった。
だから、明日…全てを告白しよう



93: ◆yztYh0D2aI :2012/05/28(月) 00:02:58.53 ID:Kz/vzsQ50

とは言ったものの
急いで考えたデートプラン
都会に出て、買い物してご飯を食べて…と
実にシンプルなものだった。
それでも、先輩はいつものように
無邪気な笑顔を見せてくれた。

帰り道

男「あ、あの先輩…」

森島「今日は久々にお出かけできて、すっごく楽しかったな~♪」

男「聞いて欲しいことがあるんです…」



94: ◆yztYh0D2aI :2012/05/28(月) 00:12:11.70 ID:Kz/vzsQ50

森島「どうしたの?急に」

男「俺!森島先輩のことが好きです!大好きです!」ウルウル

森島「私もきみがすきだよ!」ニコッ

男「だから…先輩の幸せのためにも…もう帰っていいですよ…」

森島「きみ…」

男「ごめんなさい!俺のせいでずっとこの世界で退屈な日々過ごさせてしまって!」

森島「ううん、そんなことない!そんなことないわ!」



95: ◆yztYh0D2aI :2012/05/28(月) 00:15:29.85 ID:Kz/vzsQ50

森島「私は楽しかったし、後悔もしてないわ!確かに君を待って間寂しかったけどね」

男「本当に…今までありがとうございました…俺のことはもう心配ないですだから…」シクシク

森島「泣かないで!またいつでも会えるじゃない!」

男「会えないですよ…だって…あれはゲームですし…俺の気持ちなんて」

森島「伝わってる!伝わってたわ!」ウルウル

男「え?」



97: ◆yztYh0D2aI :2012/05/28(月) 00:24:23.86 ID:Kz/vzsQ50

森島「きみ前に言ってたよね?なんで俺のことをしっているのかって」

男「でも、あの時は教えてくれませんでしたよね…確か」

森島「きみがね、あのゲームをプレイして…そして、選択肢に悩んで…ボタンを押して…
    君の気持ちはね…全部伝わってたのよ?」

男「え?それって…」

森島「だから、そんな悲しいこと言わないで!」ポロポロ

男「で、でも…」

森島「私が同じセリフしか言わなくても…私はわかってるから!きみの本当の気持ちを!だから…
    さよならは言わないで!」ポロポロ

男「先輩!俺!」

森島「ふふ、また明日ね!男くん!」


そして先輩は光に包まれて消えていった



99: ◆yztYh0D2aI :2012/05/28(月) 00:31:56.81 ID:Kz/vzsQ50

そして、次の日からまた退屈な大学生活が始まった

友「森島先輩は…?」

男「帰ったよ」

友「そ、そっか…こんな時にもなんだがまた合コンの話がきてるんだが…」

男「お!いいね~!いくいく!」

友「よし!すっげー可愛い子もいっぱいくるみたいだから!期待しとけよ~!!!」


俺は友と合コンの話題で盛り上がりつつも携帯の
写真フォルダを眺めていた。
そこに移っているのは何の変哲も無い大学の風景や
水族館で泳ぐ魚たち…
それを見ているだけで俺はなんだか癒された。
そこに…美しい女の子の無邪気な笑顔が写っている気がして…




おわり



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:32:31.86 ID:jOBI/2Sb0

悲しくて辛い系

男「俺の嫁とか言ってお前の嫁何人いやがるんだよ!!!!!!」



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (50)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 17:39
          • きめえけどこういう妄想してるやつ絶対いるよなwwwwwww






            わたしのことです
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 17:42
          • ※1
            なんだお前か






            わたしのことだ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:02
          • ※1お前wwwwww




            私もです
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:04
          • ※1お前もかよwwwwwwww




            そうだよ、“も”だよ
          • 5. スターダスト☆高坂
          • 2012年05月28日 18:08
          • ※1お前wwwそんなのお前だけwww






            わたしもです
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:14
          • ※1 良い歳してそんなキモい夢見てる奴なんかいねぇよ






            私を除いては
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:37
          • ※1さすがにそんなやついねーだろwwwwwwwwwwwwww







            わたしだ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:39
          • おれ7回もコメント残したっけか
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:40
          • 俺がいっぱい居る…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:42
          • SSをきめえと思うと自動的に自己嫌悪に陥る記事はここですか?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:46
          • 何かこう…泣きたくなってくるSSだった。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 18:56
          • なんで俺の妄想がssになってるんだろう
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:01
          • なんなのだこれは!?どうすれば良いのだ!?
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:08
          • おいおい!お前ら正気かよ!







            俺は駄目だったよw
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:09
          • 皆まで言うな、







            わたしもです
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:12
          • 俺はこのSSを否定しない
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:18
          • ルイズのコピペでなんかあったよね
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:24
          • 全く、アマガミは変態しかやってないのか?










            私も……だと……?
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:35
          • お前らキモすぎwwwww
            いつまで二次元に夢見てんだよwwww
            そんなんだから三次元の女の味を知ることができねえんだよwwwwww
            まあ俺はキモオタロリコン犯罪者予備軍なんですけどね
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 19:57
          • このSSを否定したら俺の中の大事なものが崩れる気がするんだ・・・
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 20:16
          • 相当 のに
            とは言えない、言っちゃいけない
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 20:19
          • 橘さんの視点に立って先輩と付き合う妄想はするけど
            俺が俺のまま森島先輩と付き合うってのはないわ
            お前らどんだけ自分好きなんだよ
            自分の好きなキャラと自分みたいなのが会話してると考えただけでも不愉快だわ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 20:24
          • ※22
            肩の力抜けよ……
            「男」って書いてあるんだからお前は橘で妄想すればいいだけの話
            「男」を「俺」って捉えるのもまたあり
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 21:15
          • これを書いた勇気に敬意を表すぜ




            まあ、キモいけどw

          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 21:57
          • なんでこんなに俺がいるんだ?
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月28日 22:26
          • あいたたたた
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 00:37
          • キモいわ




            俺も考えるけど
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 03:52
          • 考えたわー10年前に考えたわー
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 04:45
          • おまえらなんで俺のことを知ってるんだ!?
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 14:36
          • 俺が沢山いる…
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 14:41
          • 小学校時代:この世界にいきてえ

            中学校時代:俺が主人公だ

            高校時代:二次元は割りきって楽しむもんだ

            大学時代:いやもしかすると画面から出てくんじゃね…?

            社会人:この世界にいきてえ

            だいたいこういうもんだ
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 20:09
          • ※31

            社会人2:この世界に行っても、主人公は俺じゃないんだよな……

            年寄り:やっとあの世界に行ける……これで勝つる
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月29日 20:26
          • 社会人3:でもこの世界で働くのすんげー楽そう……町人Dあたりでいっか……
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月30日 00:05
          • 橘さんになら任せられる
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月01日 07:48
          • ecstasy「あなたは世界の秘密を知っていますか?」
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月02日 00:27
          • なんだ俺かぁ~
            びっくりした~…

            あれ…俺…今何歳だっけ…
            あら?もう8月か…
            もう少しで花火大会か…

            浴衣?なにそれ?

            え?彼女?なにそれおいし…カノジョ?カノジョ?
            う…うぁ…うぁぁぁぁぁぁぁぁ!?
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月05日 15:47
          • 5 こいし 美希 プル 二見さん 上崎 ワユ かぐや 水銀燈あたりで10万回はシミュレーションした
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月25日 03:18
          • おまえらそんなんで大丈夫なのかよ....






            おれはもう駄目だったけどなw
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年07月26日 20:02
          • 君達、ちゃんと現実見ようよ…無理なのは分かってるんだろ?






            それでも手が届かないからこそ恋焦がれ、憧れるんだけどなw
          • 42. MCC
          • 2014年01月15日 02:26
          • 5
            SSもコメント欄のノリも最高だわwwwwwwwww
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年10月26日 17:27
          • このSSはやばい、ダメージがでか過ぎる…
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年01月11日 06:29
          • 久しぶりに見にきた。
            そして深いダメージを負った
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月28日 04:47
          • これ狂乱の暴走ロケット飛ばしたときの感情も伝わってるの?
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月29日 03:26
          • うわあああああああああ ああああああああ!…あぁ…も…森島せん…ぱ…
          • 47. 緋ノ上卑火希
          • 2016年01月31日 02:20
          • お前らマジでキモいな。こんな妄想してるなんてよ……。正直引くわ。







            まあ俺が言えたことじゃねぇけどな!!
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月14日 15:28
          • 二次元キャラとデートとか…





            行きたいむしろ結婚したい
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年03月23日 21:42
          • お前らwwwwwwwwwww






            お前ら……………
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月19日 22:20
          • 10万回シミュレーションしたら、
            もうそれは具現化しているのと同じ。
            渚ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ああああああああぁ~~ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年05月25日 02:22
          • お前らキモ過ぎwwwww


            七咲…七咲…グスッ
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月26日 10:16
          • 何年たって見てもきっついわ これ
            心に来るものがある しにてぇ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ