TOP

赤沢「は?なにそれ。私がデレるわけないじゃない」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:36:48.01 ID:/rNhWaq/0

綾野「そ、そうだよね。泉美だもんね」

赤沢「当たり前じゃない」

勅使河原「お、おう。変なこと聞いて悪かったな」

赤沢「話はそれだけ?それなら、私もう行くから」

赤沢「あっ、恒一君。一緒に帰りましょう♪」


綾野・勅使河原「デレるわけない……ねぇ……」


~ツンデレ?~
おわり


ツンデレ大全 完全保存版?僕たちの大好きなツンデレキャラが大集合!!



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:38:14.18 ID:/rNhWaq/0

恒一「赤沢さんってピンク色が好きなの?」

赤沢「どうしてそう思うの?」

恒一「赤沢さんの私服って何度か見たけど、ピンク色が多いなって思って」

赤沢「……そうね。特に意識したことはなかったけど」

恒一「じゃあ、やっぱりピンク色が好き?」

赤沢「かもしれない。……恒一君はピンク色好き?」

恒一「う~ん。僕は男だし、あまり好きとはいえないかも」

赤沢「そう……」

恒一「けど、赤沢さんはピンク色、似合ってると思うよ」

赤沢「あ、ありがと……」カァア



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:41:27.62 ID:/rNhWaq/0

――翌日――

赤沢「おはよう」ガラッ

綾野「おはー。……あれ、今日はリボンの色いつもと違うね」

赤沢「ええ。今日は変えてみたの」

綾野「ピンクかぁ~。カワイイじゃん」

赤沢「ありがとう。……あっ、恒一君おはよう」

恒一「赤沢さん、おはよう」

赤沢「……」ジー

恒一「…………えっと、なにかな?」

赤沢「……なんでも」プイッ

恒一「う、うん。じゃあ、席に戻るね……」

赤沢「……」

赤沢「……気付きなさいよ。ばか」ボソッ


~好きな色~
おわり



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:43:41.81 ID:BELrIvII0

短編が何個も続くのか?

とにかく赤沢さん可愛い!



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:44:05.93 ID:/rNhWaq/0

赤沢「恒一君、手つなぎ鬼って知ってる?」

恒一「あれのことだよね。つかまった人は鬼と手を繋いでいくっていう」

赤沢「そうよ」

恒一「子供の頃にやった記憶があるなぁ」

赤沢「ちょっと、やってみましょうか」

恒一「え、今?!二人だけで?!」

赤沢「ええ」

恒一「楽しくないと思うよ……」

赤沢「いいから。まず、恒一君が鬼ね」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:46:38.93 ID:/rNhWaq/0

恒一「うん……。じゃあ、逃げて」

赤沢「……」

恒一「あの、逃げないの?」

赤沢「つかまえていいわよ」

恒一「……はい。つかまえた」

赤沢「それじゃあ、手、つないで」

恒一「うん……」

ギュッ

恒一「……これから、どうするの?」

赤沢「このまま帰りましょう。もちろん、手は繋いだままだから」

恒一「わかったよ。けど、これゲームとして成立してないと思うんだけど」

赤沢「そうかもしれないわね。……ふふっ♪」


~手つなぎ鬼~
おわり



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:49:04.06 ID:/rNhWaq/0

赤沢「恒一君。ごめんなさい」ペコ

恒一「ど、どうしたの、突然?」

赤沢「あなたのこと、いないものにしてしまって。改めて謝りたかったのよ」

恒一「いいよ。全然気にしてないから」

赤沢「そう言ってくれるとありがたいわ。……けど、やっぱり私はいまいち納得できない」

恒一「もう過ぎたことだからいいのに」

赤沢「……そうね。私も同じようにするっていうのはどうかしら?」

恒一「えっと、つまり……」

赤沢「私がいないものになるってことよ。この場でだけ、恒一君は私のこと無視してくれればいいの」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:51:36.63 ID:/rNhWaq/0

恒一「……それでいいなら、構わないけど」

赤沢「それなら、始めましょう。恒一君はそこに座ってて」

恒一「うん」

赤沢「……恒一君」

恒一「……」ツーン

赤沢(無視されるのってやっぱり辛いわね……)

恒一(ごっことはいえ少し罪悪感が……)

赤沢「ねぇ、こういちくん」

ギュウ

恒一「?!」ビクッ

恒一(あ、赤沢さん、なんで後ろから抱きついて来てんの?!)



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:53:58.02 ID:/rNhWaq/0

赤沢「……私は今いないものなんだから。そのままよ」ボソッ

恒一(み、耳元で……)

赤沢「……ふぅ~」

恒一(うわぁ、耳に息が……)ビクン

赤沢「ふふっ、おもしろいわね」

赤沢「それじゃあ、次は……」

恒一(なにするんだろう?)

ナデナデ

赤沢「恒一君の髪、サラサラしてる」

恒一(うわぁ、これはくすぐったいよ)カア



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:56:29.65 ID:/rNhWaq/0

赤沢「ずっと撫でていたいわね。……そうね、ここをこうして」

恒一(なにか髪をいじられてる気がする)

赤沢「出来た。……くすっ、似合ってるわよ。二つ結び」クスクス

恒一(あ~、もうどうしてこんなことに……)

―――――
―――


恒一「それで、赤沢さんの気は晴れた?」

赤沢「ええ。ありがとう」マンゾク

恒一(……結局、僕が遊ばれただけだったような)


~いないものごっこ~
おわり



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 02:59:01.38 ID:/rNhWaq/0

赤沢「失礼します」ガラッ

恒一「あれ、赤沢さん。どうしたの?」

赤沢「恒一君の様子を見に来たのよ」

恒一「そうなんだ。わざわざ保健室までありがとう」

赤沢「お礼なんていいのよ。それより、大丈夫?」

恒一「うん。少し横になれば平気だから」

赤沢「そう、安心したわ」

恒一「ははは、心配かけてごめん」

赤沢「……そうね。そのせいかも。私もなんだか疲れたわ」

恒一「それなら少し休む?」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:11:09.39 ID:/rNhWaq/0

赤沢「ええ。そうさせてもらうわね」スッ

恒一「えっ、なんで僕のベッドに入ってきてるの?!」

赤沢「他のベッド、荷物が置いてあって寝れないのよ」

恒一「だからって……」

赤沢「ふう、あったかいわね」

恒一(赤沢さん、近い……)ドキドキ



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:13:44.50 ID:/rNhWaq/0

赤沢「……恒一君、あまり端によると落ちるわよ」

恒一「いや、大丈夫だから」

赤沢「ふぅん。……だったら、私もそっちに」モゾモゾ

ガラッ

恒一「?!」

綾野「こういっちゃ~ん。いる~?」

小椋「こら!大声ださない。保健室だよ」

綾野「ごめんごめん」

恒一(綾野さんと小椋さん?!)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:16:05.57 ID:/rNhWaq/0

恒一「赤沢さん、隠れて!」ボソッ

赤沢「そうね」モグリ

恒一「……な、なにかな」

綾野「あっ、いた。大丈夫?」

小椋「もう平気?」

恒一「うん。もう大丈夫だから」

綾野「よかった~」

小椋「授業中だったからさ、ちょっと心配だったんだよね」

恒一「ありがとう。もう少ししたら戻るから」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:18:54.97 ID:/rNhWaq/0

綾野「ねぇ、こういっちゃん。看病してあげようか?」

恒一「えっ」

綾野「ほら、熱測ったり、汗ふいてあげたり」ニヤニヤ

恒一「風邪じゃないんだし。それはいいよ」アセアセ

小椋「あたしも興味あるなぁ」ニヤニヤ

恒一「そんなこ、とぉっ!」

綾野「どしたの?こういっちゃん」

恒一(赤沢さん、つねらないでよ。痛いって)



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:21:42.33 ID:/rNhWaq/0

赤沢「……」ムー

恒一「なんでもないから」

小椋「なんか顔色も悪い気がするけど……」

恒一「大丈夫だから!ほら、もうすぐ授業はじまるからさ。行った方がいいよ」アセアセ

綾野「そっか。残念……」

小椋「榊原君がそう言うなら仕方ないね。それじゃあ、あたし達行くね」

恒一「うん。すぐ戻るから」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:23:55.22 ID:/rNhWaq/0

ガララッ

恒一「……」

恒一「……赤沢さん。もう行ったよ」

赤沢「そうみたいね」ヒョコ

恒一「もう、やめてよ。あんなこと」

赤沢「なんのこと。私も、もう行くから」スッ

恒一「えっ」

赤沢「それじゃあ、お・だ・い・じ・に」

ガララッ

恒一「……なんだったんだろう」


~お見舞い~
おわり



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:26:11.98 ID:/rNhWaq/0

赤沢「恒一君、少しいい?」

恒一「どうしたの?」

赤沢「数学の課題でわからない所があるのよ。教えて欲しんだけど」

恒一「いいよ」

赤沢「ありがとう。ここなんだけど……」

―――――
―――


赤沢「へえ、こうなるのね」

恒一「うん。ここはこの公式を使って……」チラ



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:28:40.84 ID:/rNhWaq/0

恒一(胸元のボタンがはずれてる……。って、見ちゃだめだよね)

赤沢「ねえ、ここって」ズイ

恒一「う、わ」

赤沢「なに?」ジト

恒一「なんでないよっ」カア

恒一(どうしよう……。少し見えた……)

赤沢「ふぅん。……ところで、さっきから落ち着きがないようにみえるんだけど」

恒一「そう、かな……。あはは」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:32:35.44 ID:/rNhWaq/0

赤沢「なにか気になることでもあるの?こっちも落ち着かないんだけど」

恒一「えっと……」

赤沢「はっきり言ったら」

恒一(こうなったら、覚悟決めるか……)

恒一「その、ボタンが……、はずれてるから。直したほうが……//」

赤沢「……そんなこと?」

恒一「え?」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:34:48.57 ID:/rNhWaq/0

赤沢「これはね、わざとはずしてたの」

赤沢「……恒一君のこと、誘惑しようと思って」ニヤリ

恒一「あ、あの……。それって……」


赤沢「……なんて、冗談よ」

恒一「え?!」

赤沢「ふふっ。恒一君、顔真っ赤よ」クスクス

恒一「か、からかわないでよ」

赤沢「ごめんなさい。……くすっ」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:37:00.26 ID:/rNhWaq/0

恒一「もう……。向こうむいてるから早く直してよ」

赤沢「ええ」

赤沢(……冗談じゃないって言ったら、あなたはどんな顔をするのかしら)


~ボタン~
おわり



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:37:11.23 ID:9ek6VBFai

小悪魔やでぇ



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:40:09.06 ID:/rNhWaq/0

赤沢「あれ?」

恒一「どうしたの?」

赤沢「消しゴムがないのよ。なくしちゃったみたい」

恒一「それは災難だね」

赤沢「ホント、嫌になっちゃう」ハァ

恒一「……あのさぁ、よかったらこの消しゴムあげるよ」

赤沢「そんな、悪いわよ」

恒一「いいから。普段から二つ持ってるし。それに高いものでもないからさ」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:42:22.15 ID:/rNhWaq/0

赤沢「でも……」

恒一「いつもお世話になってるし。そのお礼だと思って」

赤沢「……わかった。受け取るわ。ありがとう」

―――――
―――


――夜・赤沢自室――

赤沢「恒一君はやさしい。……けど、それって誰に対してもなのよね」ハア

赤沢「……恒一君がくれた消しゴム」マジマジ



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:45:06.26 ID:/rNhWaq/0

赤沢「……」キョロキョロ

赤沢「」クンクン

赤沢(……恒一君の匂い、する気がする)ポワー

赤沢「……んっ」モゾモゾ



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:47:26.56 ID:/rNhWaq/0

赤沢「はあ……こういちくん……あっ……」クンクン

赤沢「あっ、ん……はあ、んっ……」

赤沢「ふぁ……あっ、だ、だめ……ああ……っ」クチュ

赤沢「んんっ、こう、いちくん、あ、ひゃ……」

赤沢「ああ、んっ……こういちくぅん、あ、すきぃ……っ」クチュクチュ



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:49:53.54 ID:/rNhWaq/0

赤沢「もっと……あっ、んん……あ、すき、すき……!」

赤沢「あっ……く、る……きちゃう、あっ、んっ……っ」

赤沢「こういち、くん……あっ、だめ、ん、あ、あ、あああぁぁぁあああっ!!」

赤沢「はあ、はあ……」

赤沢(……わたし、なにしてんだろう)グスッ


~消しゴム~
おわり



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:52:56.33 ID:/rNhWaq/0

恒一「赤沢さん?」

赤沢「恒一君、奇遇ね。図書室になにか用なの?」

恒一「うん、ちょっとね。赤沢さんは?」

赤沢「私は千曳先生に聞きたいことがあってきたの」

恒一「その用事はもう終わったの?」

赤沢「ええ。けど、先生急用が入ったみたいで帰っちゃったの」

赤沢「それで、戸締りをお願いされちゃって」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:55:13.20 ID:/rNhWaq/0

恒一「そうなんだ」

赤沢「もともと予定もなかったし、用が済んだらここで少し勉強するつもりだったけど」

恒一「そっか……。千曳先生に聞きたいことがあったんだけどなぁ」

赤沢「それはお気の毒ね」

恒一「しょうがない。明日にするよ」

赤沢「そうね」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 03:57:59.18 ID:/rNhWaq/0

恒一「……あのさ、もう少しここにいていいかな?赤沢さんがよかったらだけど」

赤沢「かまわないわよ」

恒一「よかった。読みかけの本を読んじゃいたくてさ」

赤沢「へぇ、どんなものを読むの?」

―――――
―――


恒一(……もうこんな時間か。帰らなきゃな)

恒一「赤沢さん。そろそろ……」



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:00:27.30 ID:/rNhWaq/0

赤沢「すぅー……すぅー……」

恒一「あれ、寝てる」

恒一(どうしようかな……。って、起こすしかないよね)

恒一「おーい。赤沢さん」ユサユサ

赤沢「……んっ」

恒一「あ、起きた?」

赤沢「こう、いちくん……?」トローン

恒一「うん。もう帰らないと」

赤沢「恒一君っ」ダキッ

恒一「え?!」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:02:42.78 ID:/rNhWaq/0

赤沢「」スリスリ

恒一「あ、あの寝ぼけてる?//」

赤沢「…………き」

恒一「え?」

赤沢「こういちくん、すきよ」

恒一「あ、あ……」ドキドキ

赤沢「」ハッ

赤沢「こ、恒一君……私……今……//」

恒一「その……えっと……//」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:05:02.00 ID:/rNhWaq/0

赤沢「……ば」

恒一「ば?」

赤沢「馬鹿じゃないの!変な勘違いしないでよ!」カァア

赤沢「あなたのことなんてなんとも思ってないわよ!」

恒一「あの」

赤沢「……私、帰るから。戸締りお願い」スタスタ

バタン

恒一「……」


赤沢(なんで、素直になれないのよ……)グスン


~告白?~
おわり



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:08:38.29 ID:/rNhWaq/0

恒一「あの、赤沢さん」

赤沢「なに?」キッ

恒一「その、この間のことなんだけど」

赤沢「ごめんなさい。今いそがしいから、後にして」

恒一「ごめん……」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:11:13.56 ID:/rNhWaq/0

―――――
―――


――屋上・放課後――

赤沢(なんで、こうなるのよ……。私の馬鹿……)

赤沢(このまま恒一君と疎遠になるの……?そんなの嫌よ……)グスッ

ギィバタン

赤沢「こ、恒一君?!」

恒一「やあ」

赤沢「なんの用?」ゴシゴシ

恒一「この前の話、ね」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:13:53.37 ID:/rNhWaq/0

赤沢「……あれはただ、あなたをからかっただけよ。それだけ」

赤沢(違う……。違うのに……)

赤沢「それじゃあ、戻るから」スタスタ

恒一「待ってっ」ガシッ

赤沢「離してっ」

恒一「……いつまで逃げるの?」

赤沢「……っ」

恒一「まあ、僕はそういう所も赤沢さんらしいなって思うんだけどね」

赤沢「なにが言いたいの」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:16:17.01 ID:/rNhWaq/0

恒一「……僕は赤沢泉美さんが好きです」

赤沢「え……」

恒一「これは僕の嘘偽りのない気持ち。ふられてもかまわない。だから……」

恒一「赤沢さんの本当の気持ちを聞かせて欲しいんだ」

赤沢「私は……」

恒一「うん」

赤沢「…………私も好きよ。恒一君のこと大好き」ニコ



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:19:47.72 ID:/rNhWaq/0

恒一「よかった。両想いだね」

赤沢「そう、ね……うぅ、ぐすっ……ごめん、なさぃ……」ポロポロ

恒一「大丈夫。気にしてないよ。僕こそもっと早く言えばよかったね」ナデナデ

赤沢「ありがとう……」グスン

恒一「僕の方こそありがとう」ギュッ

―――――
―――


恒一「落ち着いた?」

赤沢「もう、平気よ」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:22:18.14 ID:/rNhWaq/0

恒一「そっか。それじゃあ、帰ろうか。はい、手」

赤沢「ええ」ギュウ

恒一「……言いそびれてたんだけどさ、この前のピンクのリボン似合ってたよ」

赤沢「すっごく今更ね」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:24:11.34 ID:9ek6VBFai

ザーさんマジかわいい



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:25:35.26 ID:/rNhWaq/0

恒一「ごめん……」

赤沢「いいわよ、もう。……また、つけようかしら?」

恒一「うん。また見たいな」

赤沢「それは恒一君次第ね。私は簡単にはデレないんだから♪」


~告白~
おわり



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:27:55.44 ID:/rNhWaq/0

以上です
お付き合い頂きありがとうございました
これで赤沢さんのところへ行けます



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:30:05.84 ID:ULyYcSjV0

お疲れ



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 04:36:54.67 ID:YQjBRPIM0

赤沢さんが幸せそうでなにより



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 06:54:43.87 ID:Nc0yKSoC0

素晴らしかった



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/04(金) 07:54:47.97 ID:YQjBRPIM0





このエントリーをはてなブックマークに追加

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (11)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 06:11
          • 1ゲト
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 06:58
          • 2ゲト そしてAnother2期オメ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 07:11
          • あかざーさんの良い感じのSSが載る度に涙が出る
            SSでしか幸せになれないのね、と
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 08:01
          • デレデレじゃないかー
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 08:44
          • 凄く可愛い
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 09:42
          • 作者ー、行くなー(笑)
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 10:01
          • 作者曰く続編の構想を練っているらしいが
            死者はアカザーさんでお願いしたいわ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 12:23
          • ※7
            それじゃイヤミなモブ沢さんが蘇るだけじゃないですかーやだー

            ここはやはりアニメ二期をだな…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 12:55
          • アカザーさんえぇわぁ……
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月05日 21:02
          • 赤沢さん・・・・
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月06日 03:40
          • 作中で理不尽に殺されたからこそ、アカザーさんはここまで愛されることになったんだと思うわ。
            逆説だけど。

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • バーン「ハドラーよ、2020秋アニメのオススメは何だ?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • 彡(゚)(゚)「受験…?」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • メカニックチーフ「こりゃあひでぇ・・・修理に2日はかかりますぜ!」 パイロット「駄目だ。12時間で何とかしろ」
        • ワイ(98)「うっ…死ぬ…」バタン 上位世界の友達「人間世界体験ゲームおつかれ~w」
        • 母「月曜日から部屋にこもって何してるの!?」俺「>>4(VIPにスレ立て)だよクソババア!」
        • 美容師「今日どうします?」ぼく「前と同じ感じで」美容師「わかりました」
        • 同窓会女の子「ワイ君今なにやってるの?」宇宙飛行士ワイ「無職w」
        • 小学生の頃の俺、作文の時間「将来の夢。ぼくは普通の会社員になりたいです」
        • ルフィ「vtuberはおんもしれえなぁー!」
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        • 【ミリマス】33分探偵ナンナン
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ