TOP

ほむら「体が縮んだわ…」まどか「じゃあ代わりにわたしが頑張るね!」 その2

前スレ:ほむら「体が縮んだわ…」まどか「じゃあ代わりにわたしが頑張るね!」




その2






706:1:2011/09/12(月) 22:38:48.44 ID:muo+N4Nn0

さやか「なっ、まどか?!」

まどか「ほむらちゃん! しっかりして、ほむらちゃん!」

さやか「ちょっとキュゥべえ! 何で、まどかがここに!」

QB「知らないよ。僕は何もしていない」

さやか「なにとぼけているのよ! あんたがテレパシーを使えるようにしたんでしょ?!」

QB「まさか。そんなことをして、一体何の意味があるんだい? テレパシーの制限はかけたままだよ」

さやか「じゃあ、なんでまどかがここにいるのよ!」

QB「さあね。どうやって彼女がここに来たのか。僕も興味があるよ」

まどか「待ってて、今治してあげるから!」ポウ

QB「…凄いね、お互いの傷なら治療できるようになったんだ。思ったより状況は進行してるみたいだ」

さやか(これじゃあ…。こんなはずじゃあ…)

まどか「ほむらちゃん! ほむらちゃん!」



707:1:2011/09/12(月) 22:39:31.73 ID:muo+N4Nn0

まどか「…さやかちゃん」





さやか「…っ」

まどか「何してるの…。何なのこれ…」

さやか「ち、違うの…。これは…その…」

まどか「どうしてさやかちゃんが、こんなことしてるの…?」

さやか「ま、まどか、話を聞いて…」

まどか「こんなことするのが、さやかちゃんのやりたいことだったの…? さやかちゃんはみんなを守りたいんじゃなかったの?」

さやか「ま、まどか…。だって、そいつは…。まどかを…」

まどか「弱い者いじめをするなんて、そんなのさやかちゃんらしくないよっ…」

さやか「…」

まどか「なんで…こんな酷いこと…」



708:1:2011/09/12(月) 22:40:08.38 ID:muo+N4Nn0

さやか「…るさい」

まどか「…さやかちゃん?」

さやか「…うるさい」

まどか「…え」

さやか「うるさいうるさいうるさい!」



709:1:2011/09/12(月) 22:42:33.61 ID:muo+N4Nn0

さやか「あんたにあたしの何がわかるっていうのよ!

    あたしはね! 恭介のことが好きだった! マミさんみたいに街を守りたかった! まどかが傷つくのが嫌だった! それだけなの!
    それが何?! 何でどれも上手くいかないの! 何で誰もあたしを認めてくれないのよ!
    恭介は仁美が好きだったし、街の人は誰もあたしに感謝なんかしてくれない! 挙句に、あんたまであたしのことを否定するの?!

    あんたはそいつに戦わされたんでしょ?! 辛かったんでしょ! だったらあたしが、何とかしてあげるわよ! いつもそうだったもんね! あんたは優しくて、貧乏くじばっか引いてさ!
    あたしがあんたを守ってるのよ! それなのに、あたしのことを責めるの?! ふざけるんじゃないわよ!

    何で…何で、みんな、あたしを必要としてくれないの!」



710:1:2011/09/12(月) 22:43:33.79 ID:muo+N4Nn0

まどか「さやかちゃん…」

さやか「…まどか、そいつをこっちに渡して」

まどか「…だめだよ」

さやか「そいつがいなくなれば、まどかは苦しまなくてすむんだ。
    魔女と戦うことになったも、こんなふざけた運命に巻き込まれたのも、全部そいつの都合でしょ?」

まどか「…」

さやか「まどかがそんなことに付き合う必要なんてないじゃん。だからさ…」




まどか「…勝手なこといわないで」



711:1:2011/09/12(月) 22:45:03.78 ID:muo+N4Nn0

まどか「きっかけは確かにほむらちゃんだよ。でも魔法少女になるって決めたのは、わたし自身なの」

さやか「違う! まどかはそいつのせいで…」

まどか「ううん、他の誰でもない、わたしの気持ち」

さやか「そんなことない! だってまどかは優しいから、そいつの身代わりになろうとしたんでしょ?!
    辛かったんでしょ! 止めたかったんでしょ! だからあたしは…っ!」

まどか「…違うよ。それに辛いこともあったけど、それは全部自分で決めたことだから。誰のせいでもないの。

    さやかちゃん。さやかちゃんからみたら、わたしは状況に流されているように見えたのかもしれない。
    でも違う。こんなことがなくても、わたしはきっと魔法少女になっていたと思う」

さやか「…」



712:1:2011/09/12(月) 22:46:35.06 ID:muo+N4Nn0

まどか「さやかちゃん、魔法少女になったのは誰のせいでもない、わたしの意思。
    自分で始めたことだから、その運命も因果もわたし自身がなんとかしなきゃいけないの。

    わたしが魔法少女になって守れたものがあって、でもその一方で苦しんだり泣いている人がいるのも確かで。
    だからこそ、そのことは自分でなんとかしなくちゃいけない。

    わたしはわたしの始めたことについて、責任を取らなきゃいけない。
    そのことをさやかちゃん押しつけるようなことはできないよ。

    わたしが…頑張らなきゃ」



713:1:2011/09/12(月) 22:47:23.28 ID:muo+N4Nn0

まどか「さやかちゃん。ほむらちゃんは傷つけさせないよ」

さやか「…」

まどか「ほむらちゃんも、わたしのせいで苦しんでる人の一人だから、助けたいの」

さやか「…」

まどか「だから、さやかちゃんお願い。こんなことはもう止めて」

さやか「…」

まどか「ほむらちゃんのせいじゃない。全部、わたしが決めてはじめたことだから…」

さやか「…」



715:1:2011/09/12(月) 22:48:04.49 ID:muo+N4Nn0

さやか「…ああ、そう」

まどか「さやかちゃん…!」

さやか「…つまり、こういうことでしょ」





さやか「あんたも、あたしがいらないんだ」



716:1:2011/09/12(月) 22:48:45.71 ID:muo+N4Nn0

まどか「…!」

さやか「あんたも他の奴と同じだ。あたしのこと必要ないんでしょ?」

まどか「違うよ、さやかちゃん! そういうことじゃないの! さやかちゃんは友達なの!
    友達だから、甘えちゃいけないの! 自分で決着をつけないと!」

さやか「…まどか、そいつを渡さないなら。力づくでも、いくよ?」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「もうまどかは戦わせない…。こんなふざけた現実、まどかに必要ない…」

まどか「…ほむらちゃんはこれ以上、傷つけさせないよ」

さやか「まどかはわたしが守る…。守るんだ…」

まどか「…さやかちゃん」



717:1:2011/09/12(月) 22:49:52.28 ID:muo+N4Nn0

さやか「…まどか。最後だよ。そいつをこっちに渡して」

まどか「できないよ。さやかちゃん」

さやか「…あ、そう」ジャキッ

まどか「…」ギュッ

さやか「…手間かけさせないでよ。あたしにこれ以上まどかを傷つけさせる気なの?」

まどか「ごめん、さやかちゃん。でも…」




まどか「ほむらちゃんは、やらせない」

さやか「…っ!」





さやか「――――――――――――!」
まどか「…」



718:1:2011/09/12(月) 22:50:37.89 ID:muo+N4Nn0

   ガキン




杏子「何やってんだ! さやか!」バキッ

さやか「あうっ…!」ドサ

まどか「杏子…ちゃん?」

杏子「まどか! 大丈夫か!」

さやか「杏子…!」

杏子「おい、ほむほむが…!」

さやか「またあんたは、あたしの邪魔を…!」



719:1:2011/09/12(月) 22:51:23.32 ID:muo+N4Nn0

杏子「いい加減にしろ!」

さやか「っ!」ビクッ

杏子「何だよこれは!」

さやか「あんたには関係ない! これはあたしとまどかの…」

杏子「さやかはまどかの友達だろ! 友達に何しようとしてたんだよ!」

さやか「違う! あたしもこんなこと…したく」

杏子「どんな理由があったら、まどかを傷つけるっていうんだ!」

さやか「…あたし…だって…」

杏子「まどかを守るっていうのは嘘だったのか! そんなことも忘れちまったのかよ!」

さやか「!」



720:1:2011/09/12(月) 22:52:11.20 ID:muo+N4Nn0

杏子「自分が何をしたのか見てみろ!」

まどか「さやかちゃん…」

ほむら「…」

杏子「まどかは斬りつけられる寸前だったし、ほむの奴はボロボロだ。酷い有様だ!」

さやか「…そんな…の…」

杏子「全部お前がやったことだよ! 友達を傷つけようとしたのも、弱い奴に暴力をふるったのも全部!」

さやか「ち…ちが…」

杏子「正義の味方なんじゃなかったのか! さやか」

さやか「あ…あ…」




杏子「これが…正義の味方のやることかよ!」

さやか「う、あ…」



721:1:2011/09/12(月) 22:53:38.00 ID:muo+N4Nn0

    (あたしは見返りが欲しいわけじゃない)

    (それにこれは、まどかを助けるためでもあるんだから!)



    「当然です! だって、ここで願いを叶えなくちゃ絶対後悔するって思ったんですから!」




    「だから、まどかは安心していいよ。これからはアタシも街の平和を守るから!」



    「マミさん、あたし決めました。あたしはあんな魔法少女には絶対になりません」





さやか「あああああああああっ!」ダッ



722:1:2011/09/12(月) 22:54:28.22 ID:muo+N4Nn0

杏子「待て逃げんな、さやか!」

まどか「杏子ちゃん!」

杏子「あっ…くっ…まどか、ちょっと待ってろ。マミの奴を探して…」

まどか「わたし達は、大丈夫だから! それよりさやかちゃんを!」

杏子「でも…っ!」

まどか「さやかちゃんを追いかけて! 今のわたしじゃ追いつけるかわからないけど、杏子ちゃんなら間に合う!」

杏子「まどか…?」

まどか「今追いかけなきゃダメなの! じゃないとさやかちゃんが…、本当に…手遅れに…」



723:1:2011/09/12(月) 22:55:27.63 ID:muo+N4Nn0

杏子「手遅れ? 手遅れってなんだおい!」

まどか「わたしは、手を離しちゃったから…」

杏子「え…?」

まどか「お願い、杏子ちゃんは手を離さないで上げて! さやかちゃんの傍にいてあげて!」

杏子「まどか…」

まどか「杏子ちゃん!」

杏子「…わかった」

まどか「さやかちゃんのこと、助けてあげて…」

杏子「任せろ! あいつの首根っこ捕まえて、まどかの前で土下座させてやるからな!」シュタッ



まどか「…さやかちゃん」



724:1:2011/09/12(月) 22:56:45.96 ID:muo+N4Nn0

―駅―

さやか「…」

杏子「こんなとこに居やがったか。どっか遠くにでも逃げるつもりだったのか?」

さやか「…」

杏子「少しは頭冷えたか?」

さやか「…」

杏子「とにかく、反省しろ。んでもって、まどかに謝りに行け。気まずいなら、アタシも一緒について行ってやるからさ」

さやか「…無理だよ」

杏子「無理じゃねェよ。ったく、ホントお人よしだぜ。あんなことになっても、まだアンタのこと心配してるんだぜアイツ」

さやか「…あはは、まどからしいや」



杏子「でも、アタシはそれくらいじゃ許さねえ」

さやか「…うん、そうだろうね」

杏子「とりあえず、謝るときは土下座しろ。ほむほむには元気になるまで不眠不休で看病だな。
   あと、しばらくお前を監視するからな。変なことをしようとしたら、マジでしばらく再起不能になるまでボッコボコにしてやる」

さやか「…はは、厳しいね」

杏子「当たりめぇだ、バカ。とにかく、一人にはしないからな」

さやか「…」

杏子「…だからさ、もう帰ってこいよ」

さやか「…」

杏子「アンタは一人じゃないよ。気付いてないかもしれなけど、アンタを必要としてくれる人が一杯いるんだからさ」



725:1:2011/09/12(月) 22:57:40.60 ID:muo+N4Nn0

さやか「…ダメなの」

杏子「え…?」

さやか「もうだめなの…あたし」

杏子「おい、大丈夫か…?」

さやか「一体何が大切で何を守ろうとしてたのか、もう何もかも、わけ分かんなくなっちゃった」

杏子「おい! しっかりしろ、さやか!」

さやか「挙句の果てに、まどかを傷つけて…。おかしいなぁ…あたしはまどかを守るはずだったのに」

杏子「今からでもいいじゃねーか! 一度の失敗くらいで諦めんなよ! 失敗したんなら、もう間違えることもないだろ!」

さやか「結局あたしは何もわかってなかったんだ。正義の味方がなんなのかも、自分が何を望んでたのかも」

杏子「おい、こっち見ろ! どこ見てんだよ、さやか!」



さやか「その結果が…このありさま」



726:1:2011/09/12(月) 22:58:56.64 ID:muo+N4Nn0

杏子「おまっ…」

杏子(ソウルジェムが…穢れでどす黒く…!)

さやか「はは…。これあたしなんだっけ」

杏子「待ってろ! 今グリーフシードを…」

さやか「恨みや妬みで汚れきって…、これがあたしなんだね」

杏子「早く貸せ! これじゃあ、お前…!」

さやか「本当…自分が嫌になる」

杏子「さやか!」





さやか「あたしって、ホントばか」



727:1:2011/09/12(月) 23:03:01.75 ID:muo+N4Nn0

QB「この国では、成長途中の女性のことを、少女って呼ぶんだろう?」

QB「だったら、やがて魔女になる君たちのことは、魔法少女と呼ぶべきだよね」



728:1:2011/09/12(月) 23:03:42.41 ID:muo+N4Nn0

―魔女の結界内―

杏子「んなっ…!」

杏子(魔女の結界?! さっきまで何も感じなかったんだぞ…!)

魔女「ooooooooooooooooooooooo!!!!!!」

使い魔「waaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!」

杏子「何だテメェ…」ジェムショウカン

魔女「aaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!」

使い魔「waaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!」

杏子「さやかに何しやがった!」シュッ



730:1:2011/09/12(月) 23:05:14.01 ID:muo+N4Nn0

魔女「uuuuuuuuuiiiaaaaaaaaaaaaa!!」

杏子(騎士…? 馬鹿でかい剣振り回しやがって!)

使い魔「waaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!」
使い魔「waaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!」
使い魔「waaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!」

杏子(それになんだ…? あの使い魔、こいつを応援してんのか?)

魔女「iiiiiiiiiiiaaaaaaaaaoooooo!!!」バシュバシュ

杏子(おまけに変な車輪まで…。くっそ、近づけねェ…!)

さやか「…」

杏子「おい、さやか! なに寝てんだ!」

魔女「nnnnnnnnnnooooooooonnnnnnnuuuuuuuuuuu!!!」

杏子(畜生…! さやかにやられた傷のせいで…調子も…)

魔女「qqqqqqqqqqaqaaaaaaaaaaaaafffffffffuuuuu!!!」

杏子(さやかをここから連れ出さなきゃならねェってのに…!)



733:1:2011/09/12(月) 23:06:27.12 ID:muo+N4Nn0

   ドンドンドンドンドン


魔女「gggaaaaaaaagggggaaa!!」

マミ「佐倉さん! 平気?!」

杏子「! マミか!」

マミ「パトロールをしていたら、魔女の急に気配が出て来てみたんだけど…」

魔女「uuuuuuuuuuuiiiiiiiiii!!!」

マミ「もう動けるの?! かなり撃ちこんだのに!」

杏子「あの野郎…、さやかと話していたら急に現れやがった」

マミ「美樹さんと?」

杏子「ああ、さやかのやつはあそこに…っく」

マミ「佐倉さん、その傷…!」

杏子「ちょいと、またさやかのやつとやりあってな。おかげで調子がでねぇ。
   正直、ヤバかった。来てくれて、サンキューな」

マミ「そう…。でも私もあまり余裕があるとは言えないわ。今日は、もう何回か戦ってきたところだし…」



735:1:2011/09/12(月) 23:07:19.12 ID:muo+N4Nn0

杏子「…しかたねぇ、逃げるか」

マミ「…そうね、それが懸命だと思うわ。美樹さんも倒れていることだし」

杏子「一発、デカいのかましてくれ。その隙にアタシはさやかのやつを」

マミ「ええ、お願いね。出来るだけ、派手に行くわ」

魔女「mmmmmmmmmmmmmmmhhhhhhhhhhaaaaaaaaa!!!」

杏子「来やがった!」

マミ「佐倉さん、上に投げて!」

杏子(おっしゃ、槍を巻きつけて…)ジャラジャラ

杏子「どぉうりゃ!」ブオン

マミ「ティロ・フィナーレ!」


   ドォォォォォォォォン!


マミ『佐倉さん!』

杏子『っし、逃げるぞ!』ダダダダ

魔女「aaaaaaaaaaaaaaaaa!!!」



736:1:2011/09/12(月) 23:07:56.22 ID:muo+N4Nn0

―線路―

杏子「…」ハァハァ

マミ「なんとか…結界から抜けたわね…」ゼェゼェ

杏子「っぐ!」

マミ「ちょっと待って、今傷をふさぐから…」ヒール

杏子「悪ィいな…。やっぱり、傷を治すのはマミの方が上手だな」

マミ「そういう祈りで魔法少女になったのだもの、当然よ」

杏子「アタシはもういい。それより、さやかのほうを…」

マミ「…ええ」



737:1:2011/09/12(月) 23:08:36.99 ID:muo+N4Nn0

さやか「…」

マミ「おかしいわ…。外傷は何もない。体に特に問題は無いわよ?」

杏子「んじゃあ、やっぱりソウルジェムに何かあったのか…」

マミ「そういえば美樹さんのソウルジェムは? どこにも見当たらないけれど…」

杏子「わからねぇ…急に何か起きたと思ったら、いきなりあの魔女が現れて…」

マミ「じゃあ、ソウルジェムが体から離れているのかしら。この感じ、あなたの時とそっくりよ」

杏子「じゃあ、あそこにあるのか? くっそ、魔女の奴が他の場所に移ってるといいんだが…」



738:1:2011/09/12(月) 23:09:46.82 ID:muo+N4Nn0

QB「無駄なことは止めたほうが良いよ」

マミ「…キュゥべえ」

杏子「無駄だと? ふざけんな、さやかを探すことのどこが無駄なんだよ」

QB「杏子。君はもしかしたら、とっくに事実に気が付いているんじゃないのかい? だったら、現実を見つめるべきだよ」

杏子「…!」

マミ「佐倉さん、何か知っているの…?」

杏子「違う! そんなわけねぇ! そんなこと…」

QB「やれやれ、じゃあ僕から言わせてもらうよ。その方が君も認識しやすいだろう」

マミ「…キュゥべえ、何か知っているの?」

QB「ああ、美樹さやかの居場所をね。といっても、君たちがついさっき戦っていたんだけど」

杏子「…」

マミ「え?」




QB「美樹さやかは、穢れを溜め込み過ぎて、ソウルジェムをグリーフシードに変化させた。魔女を生んで消滅したよ」

マミ杏「…」

QB「さっきの魔女が生まれ変わった美樹さやかだよ。といっても、もう彼女は何も覚えていないだろうけどね」



739:1:2011/09/12(月) 23:10:37.56 ID:muo+N4Nn0

杏子「てめぇ…」

QB「その死体は早く処理してしまったほうが懸命だと思うな。君たちの社会でも、確認されていない死体の処理は面倒なんだろう?」

杏子「そんなこと、今まで黙ってやがったのか!」

QB「魔法少女と魔女の関係のことかい? 聞かれなかったからね。それに警告はちゃんとしたから、非難される道理はないと思うけれど」

杏子「ふざけんな! これがテメェの目的か…! アタシ達を同士討ちさせることが、狙いだったんだな!」

QB「それは目的でなくて手段だよ。そのおかげで、僕たちは自分たちの目的を達成できる。教えてあげるよ、これは君たちにとっても有益な話だしね」

杏子「…!」

QB「君たちの…」ザシュ



740:1:2011/09/12(月) 23:11:09.86 ID:muo+N4Nn0

  ザシュズブザシュザスドスドスブシュ



杏子「…んなもん、聞きたくねぇ。どうせ、ロクでもないもんに決まってる」

QB「…」

杏子「畜生、さやか…」



741:1:2011/09/12(月) 23:12:53.45 ID:muo+N4Nn0

   シュル


杏子「?!」

杏子(リボンが…体に巻きついて!)

マミ「…」

杏子「おいマミ! どうしちまったんだ!」

マミ「…うっ…うっ」ジャキ

杏子「ちょっと待て! 冗談きついぞ!」

マミ「…うっ…あ…」ポロポロ

杏子(やべえ、ショックがデカすぎたのか?!)

マミ「あ…ああ…うあああ」ポロポロポロ

杏子(っていうか、人のこと考えてる場合か! これじゃあ避けられねぇぞ!)

マミ「ああああああああああ」



742:1:2011/09/12(月) 23:13:24.77 ID:muo+N4Nn0

マミ「ソウルジェムが魔女を産むなら、みんな死ぬしかないじゃない!」

マミ「あなたも、私も…!」




 ドン



744:1:2011/09/12(月) 23:14:07.44 ID:muo+N4Nn0

杏子「うぉりゃ!」シャッ




マミ「きゃっ!」

杏子(あぶねェ、寸前でリボンを切れたぜ…。武器が刃物でよかった)

マミ「離して! 離してよ!」

杏子「離したら、また心中しようとするだろ! いいから大人しくしろ!」

マミ「だって私たち、みんな魔女になるのよ! どうしようもないじゃない!」

杏子(完全に錯乱してやがる…。ひっぱたくなり、なんなりして落ち着かせねーと…)

マミ「魔女になんかになりたくない! なりたくない!」

杏子(くっ、両手は抑え込んでて使えねーし。何がショックを与えられる方法は…)

マミ「もうやだあぁ、やだよぉ!」

杏子「あああああああああああ! もう!」



745:1:2011/09/12(月) 23:15:17.27 ID:muo+N4Nn0

   ムチュ




マミ「!!!!?????!!!!」

杏子(ちくしょう、こんなやり方しか思いつかなかったじゃねーか!)

マミ「んー! んー!」

杏子(あっ、こら逃げんな!)ガッシ

マミ「?!?!?!?!?!?!?」バタバタ

杏子(ええい、こうなったら)チロ

マミ「??!!!??!!……」

杏子(…ついでに)ペロペロ

マミ「…――」

杏子(初めてだったんだけどなぁ…)

マミ「―」



747:1:2011/09/12(月) 23:16:24.30 ID:muo+N4Nn0

杏子「ぶはあっ!」

マミ「…」

杏子「この…、やっと大人しくなったな」ゼェゼェ

マミ「…」

杏子「ったく、何でこうアタシのまわりはこう面倒なやつが多いんだ…」

杏子(まあ、こいつが錯乱したからこっちは冷静になれたけどよ)

マミ「…」

杏子「さて、こいつも連れてまどか達と合流しねーと」



779:1:2011/09/14(水) 22:40:29.01 ID:qvmU5e160

―まど部屋―

ほむら「…」

まどか「…ほむらちゃん」

ほむら「…」

まどか「さやかちゃん、止められなかった…」

ほむら「…」

まどか「こうならないように、頑張ってきたはずだったのに…」

ほむら「…」

まどか「ほむらちゃんはずっとこんな気持ちで戦ってたんだよね。何度も何度も」

ほむら「…」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん」

ほむら「…」

まどか「わたし諦めないよ。きっと、さやかちゃんを元に戻す方法はあるよ。ほむらちゃんが諦めなかったように、わたしも諦めない」

ほむら「…」

まどか「もちろん、ほむらちゃんのことも絶対」

ほむら「…」

まどか「だから、早く元気になって。ほむらちゃん」



780:1:2011/09/14(水) 22:41:12.97 ID:qvmU5e160

―マミ宅―


マミ「あの…、そろそろソウルジェムを返してほしいのだけれど…」

杏子「うるせぇ、豆腐メンタル」

マミ「と、豆腐メンタル?!」

杏子「ショックだったとはいえ、いきなり心中しようとしやがって」

マミ「あ、あれは…その…」

杏子「とにかく、ソウルジェムはこっちで預かる。また、錯乱して無理心中されるのは勘弁してほしいからな」

マミ「学校はどうするのよ! まさか、ついてくるつもり?」

杏子「あのなぁ…、もう呑気に学校なんかいってる場合じゃねーだろ。今日と同じく当分休め。どーせ、大した用事なんか無いだろ」

マミ「…」ズーン



781:1:2011/09/14(水) 22:42:13.32 ID:qvmU5e160

マミ「…鹿目さんは?」

杏子「ほむらの看病してるよ、まだ目を覚まさないんだとさ」

マミ「ほむら?」

杏子「ああ、マミにはまだ言ってなかったな。ほむほむの本名だと。暁美ほむら」

マミ「そういえば、ほむほむも本当は普通の人間だったのよね。すっかり忘れていたわ」

杏子「まぁ、あんななりだしな」

マミ「考えたら何も知らないのよね、あの子のこと。喋れないからというのもあるけど」

杏子「まぁ、何か色々あるのは確かだろうな。魔法少女が魔女になることも、知っていたみたいだし」

マミ「え?」

杏子「まどかがあんまりショック受けてなかったからな。こっちはマミん時みたいになるんじゃないかと、ヒヤヒヤしてたっつーのに」

マミ「そう…なの」



782:1:2011/09/14(水) 22:42:58.30 ID:qvmU5e160

杏子「ほむほむ知っていたのかもな。魔女と魔法少女のこと」

マミ「そうね…。そういえば、ソウルジェムの浄化に関しては、私が言わなくても特に念入りしていたような気がするわ。美樹さんはサボることが多かったのに」

杏子「そっか。まあ、知ってりゃそうなるわな」

マミ「ええ。誰しも魔女になんかなりたくないものね…。絶対に」

杏子「まあ魔女の正体に関しては隠して正解だと思うけどな。
   こんなこと実際に直面しないと信じられないし、マミは豆腐メンタルで受け入れられないしな」

マミ「それはもういいでしょ!」



784:1:2011/09/14(水) 22:43:46.46 ID:qvmU5e160

杏子「だっていきなりリボンで縛って、銃向けてられたんだぜ。文句の一つも言いたくなるっつーの」

マミ「だ、だって仕方ないじゃない! あ、あんなこと急に知らされたら誰だって…」

杏子「納得いくか、そんな理由! 正気に戻すのに、スゲー苦労したし」

マミ「…!」

杏子「あん? 何顔赤くしてんだ?」

マミ「あなたがそんなこと言うからでしょ! そ、それに…あんな方法で」

杏子「ああ、ちゅーか」

マミ「っ…!」カァァァァァァァァァ

杏子「言っておくけど、アタシはファーストキスだったんだ。こっちだって失うもんがあったんだから文句いうなよな」

マミ「ファ、ファ、ファ…」

杏子「あー、でも昔妹と遊びでちゅーしたっけか。家族相手じゃノーカンなんだっけ?」

マミ「知らないわよ!」

杏子「なんで怒るんだよ? 理不尽だぞ」

マミ「もういいからこの話は!」

杏子「ああ、そうだな。じゃあこの件はもう、蒸し返さないってことで」

マミ(キスなんて、わたしだって初めてだったのに!)



785:1:2011/09/14(水) 22:44:37.86 ID:qvmU5e160

マミ「…美樹さんは」

杏子「…向こうの部屋に体はある」

マミ「そう…」

杏子「魔法で状態は保ってるけど、所詮は一時しのぎだ。いつかは…」

マミ「それ以上はいいわ、佐倉さん」

杏子「悪りぃ…」

マミ「いえ、辛いのはわたしも同じだもの。こんなことに、巻き込んでしまった身としては、ね」



786:1:2011/09/14(水) 22:45:10.63 ID:qvmU5e160

杏子「…なんとかならねーかな」

マミ「今まで魔女が魔法少女の成れの果てなんて、聞いたこともなかったわ。
   それだけ情報が少ないのだもの。恐らく前例はほとんどないでしょうね。戻れるとしたら、それこそ奇跡みたいなものでしょう」

杏子「奇跡か…。アタシ達魔法少女はテレビじゃ奇跡を起こせる存在だったんだけどな」

マミ「現実は上手くいかないものよね。奇跡を起こすどころか最後は…」





QB「可能性がないわけじゃ――」



787:1:2011/09/14(水) 22:46:56.19 ID:qvmU5e160

   ドン





杏子「声を聞いただけで瞬殺かよ」

マミ「気持ちはちゃんと表現しないと伝わらないわよ」

QB「酷いなあ、マミ。話くらいは聞いたらどうだい? 代わりはいくらでもあるけど、無意味に潰されるのは困るんだよね」

杏子「まあ、死なないみたいだしな」

マミ「それでも、こちらの意思は十分伝わったでしょう。きっと」

QB「こんなことしなくても、僕は君たちのことは理解できるよ。そのように努力しているからね」




杏子「…で、どの面下げてきやがった、テメェ」ジャキ

QB「僕は君たちに有益な情報を持っているかもしれないんだよ? 少しは、歓迎してもらいたいものだね」

マミ「これまでの自分の振り返ることね。キュゥべえ。そうすれば、口が裂けてもそんなことは言えないと思うけれど」

QB「まったく、認識の相違から生じた判断ミスを後悔する時、何故か人間は、他者を憎悪するんだよね。理不尽と言わざるを得ないよ」

マミ「認識の相違を自覚しておきながら、事が有利に運ぶように黙っていたのなら、憎悪されても仕方ないと思うけれど?」

QB「自らの優位性を保つように行動するのは、当たり前だよ。それが合理的というものだ」

マミ「そうやって自分のことしか考えない人間は嫌われるわ。といっても、あなたは人間じゃないから人間関係のことなんて理解できないのでしょうけど」

QB「わかっているじゃないか、マミ。多くひしめく君たちが、どうして単一個体に大騒ぎするのか。その価値基準こそ、僕らは理解に苦しむなあ」

マミ「私も、あなたの考えは理解に苦しむわ」

杏子「そんな話をしに来たのか、てめぇは。それなら、無意味にその体を潰してやるけど」

QB「話をしてきたのは、君たちも同じじゃないか。まったく、理不尽だよ」



788:1:2011/09/14(水) 22:47:56.77 ID:qvmU5e160

マミ「有益な情報と言ったわね。それは美樹さんのことについてかしら」

QB「まあ、そうだね。魔女になった美樹さやかは、この街に結界を張って暴れているよ」

杏子「…!」

マミ「…それだけ? あまり有益とは言えないわね」

QB「他にもあるけれど、さっきも言った通り、僕と君たちでは価値基準が違うんだ。何が有益になるかは、そちらが質問してくれないと分からないよ」

杏子「じゃあ、答えろ! さやかを元に戻す方法はあるのか!」

QB「魔女が元の人間に戻った前例は、僕の知る限りでは、無いね」

杏子「っ…」




マミ「『僕の知る限りでは』と言ったわね。じゃあ、可能性はあるということかしら?」

QB「魔法少女は条理を覆す存在だ。君たちがどれ程の不条理を成し遂げたとしても、驚くには値しない。
   さっきも言った通り、前例はないから方法はわからないけれどね。こればかりは助言のしようがないよ」

マミ「そう…、もういいわ」

QB「そうかい? 聞かれれば、まだ答えられることもあると思うけれど?」

杏子「役立たずは帰れっつってんだよ、糞害獣」

QB「酷い言われようだね。こっちは君たちの言う善意で来てるというのに。じゃあね」タッ



789:1:2011/09/14(水) 22:48:57.98 ID:qvmU5e160

杏子「…どう思う?」

マミ「…たぶん、罠ね」

杏子「だよなぁ?」

マミ「希望があるような言い方をしてたけど、その実、具体的な案は何も無し。
   目的は分からないけれど、私たちに美樹さんの救出を行わせて、そして失敗してほしいのでしょうね。キュゥべえは」

杏子「やっぱ、むかつくな。アタシも引き裂いてやりゃよかった」

マミ「それよりも…、どうするの?」

杏子「…」

マミ「美樹さんのこと」



791:1:2011/09/14(水) 22:50:16.42 ID:qvmU5e160

―まど部屋―


まどか(ほむらちゃん、まだ起きない)

まどか(どうしよう…、このまま起きないなんてことないよね?)

まどか(怪我の方は、魔法で治した。だから、大丈夫だよね?)

まどか(ほむらちゃん…)



  コンコン



まどか「?」

杏子「まどか、いいかい?」

まどか「あ、杏子ちゃん…」

マミ「こんにちわ、鹿目さん」

まどか「マミさんまで…、玄関から上がってもらえばよかったのに」

杏子「バカ野郎。アタシはともかく、マミのやつは学校に行っている時間なんだぞ。怪しまれるだろう」

まど「あ、そっか…」

マミ「ふふっ。後輩の家に窓からお邪魔するなんて、なかなか無い体験ね」

杏子「あのなぁ、遊びに来たんじゃないんだぞ?」

マミ「わかっているわよ。ちょっと言ってみただけ。じゃあ、鹿目さん。入るわね」

まどか「あ、はい」



792:1:2011/09/14(水) 22:51:43.62 ID:qvmU5e160

まどか「さやかちゃんを助けに行く…?」

マミ「ええ」

杏子「おう」

まどか「何か方法が見つかったんですか?」

杏子「確実というわけじゃないが、一応、作戦はね」

マミ「考えたのだけれど、魔女になったとしても、あれは美樹さんに変わりはないわ」

杏子「だからさ、ひたすら呼びかけてみようと思うんだ。呼びかけるのはアイツが憧れていたマミで、アタシはそのフォロー」

マミ「もしかしたら、これで美樹さんの意識を呼び覚ませるかもしれない。それでグリーフシードがソウルジェムに戻るかはわからないけれど…」

杏子「なあに、あれだけ頑固なやつだったんだ。魔女になったところで、そう簡単に意識が消えやしねぇよ。そのままグリーフシードがソウルジェムの変わりになるかもしれねぇしな」

マミ「とにかく作戦はこれ。後は状況に応じて出たとこ勝負ってところね」

杏子「まあ、もしかしたら、あの魔女倒したら中からさやかのソウルジェムがひょっこり出てくるかもしれないし。そうしたら万々歳。上手く行くことを祈っててくれよ、まどか」


まどか「でもそれは…」

杏子「…ああ、わかってるよ」

マミ「ええ、万に一つの可能性も無いでしょうね」

杏子「でもだからって、諦めることはできないからな」



793:1:2011/09/14(水) 22:52:30.86 ID:qvmU5e160

まどか「…もしかして、キュゥべえに何か言われたんですか?」

マミ「! どうして、そう思うの?」

まどか「キュゥべえは魔法少女の祈りと、絶望して魔女になったときのエネルギーを集めているんです。
    もし、マミ達やほむほむが居なくなったら、ワルプルギスと戦う為にわたしがちゃんとした魔法少女になるしかないから…」

マミ「…成る程、辻褄はあうわね」

杏子「これでアタシたちがやられれば、まどかが魔法少女になってまたエネルギーが得られる。まどかはすんげぇ才能があるんだよな」

マミ「ええ、キュウベエが見てきた中では一番の才能といっていたわ。恐らく、得られるエネルギーも膨大なものになるのでしょうね」

杏子「ついでにさやかの奴を戻せなくてアタシ達が絶望すれば、そっちのエネルギーも回収できて一石二鳥ってわけか。くっそ、腹立たしい」



794:1:2011/09/14(水) 22:53:29.01 ID:qvmU5e160

マミ「…それでも、やるわ」

杏子「…ああ、そうだな」

マミ「そうだとしても、美樹さんを見捨てる理由にはならないもの」

杏子「キュゥべえの奴の手の平の上ってのは気に食わないが、さやかが戻れば何の問題もねぇ。
   それに放置するわけにもいかないしな。魔女になったとはいえ、さやかに人を襲わせるわけにはいかないんだ。
   …アイツはそんなこと、望んでなかったはずだからな」

マミ「貴方も美樹さんを見捨てるつもりは無いのね」

杏子「当たり前だ」

マミ「不思議ね。あんなに仲が悪そうだったのに。てっきり、見捨てて退治するものだと思ってたわ」

杏子「こっちにも色々あるんだよ。見捨てる気はねェよ」

マミ「…」



795:1:2011/09/14(水) 22:54:28.65 ID:qvmU5e160

杏子「まどかは、悪いがここでほむほむの面倒を見ててくれ」

マミ「そうね。酷なようだけど、今の変身出来ない鹿目さんを守れるほど、こちらには余力がないわ。
   只でさえ、下手に攻撃を加えられない相手ですもの。魔法少女じゃないと…」

杏子「ま、足手まといだな」

まどか「…」

マミ「ちょ、ちょっと…」

杏子「何だよ、こういうことははっきりしておいたほうが良いだろ?」

マミ「それはそうだけど、もうちょっと言い方を…」

杏子「まぁ、確かにまどかも一緒に語りかけてくれれば、少しは可能性が増えるとは思うんだがな。
   今回はダメだ。おとなしく、そいつの面倒を見てやってくれ」

マミ「鹿目さん。あなたはその子の側に付いていてあげて。美樹さんのほうは私達に任せて、ね?」



796:1:2011/09/14(水) 22:55:22.73 ID:qvmU5e160

まどか「…だめです」



杏子「まどか?」

まど「だめ…です。そんなんじゃ、マミさんや杏子ちゃんを…行かせるわけに…は」

マミ「鹿目さん? あなた…泣いて?」

杏子「…無謀だとはアタシも思うよ、まどか。でも、さやかの奴を魔女にしたままにはおけないんだ。
   どんなに上手くいく目が薄くても、やるしかねぇ。ほんの小さな可能性でも、そこにかけるしか今のアタシ達には…」

まどか「…可能性…なんて…な…い」

杏子「え?」

まどか「あの時だって、みんなで…一生懸命、呼びかけたの。でも、どうにもならなくて…結局…ほむら…ちゃんが…」

杏子「あの時?」

マミ「ちょっと待って、鹿目さん何の話をしているの?」

まどか「それで…みんな…死んじゃって…。ワルプルギスの夜には勝ったけど…、わたし、ほむらちゃんに…お願いを…」

マミ「ほむら…さん? それってほむほむの…」

杏子「ああ、本名だけど…」

まどか「…ひっく…ひっく…」



797:1:2011/09/14(水) 22:56:22.39 ID:qvmU5e160

マミ「…鹿目さん、前々から気にはなっていたのだけれど」

まどか「…はい」

マミ「あなたは何を知っているの?」

まどか「…それ、は」

マミ「もしくは、貴方たち、ね」

杏子「どーいうことだよ、おい?」

マミ「鹿目さん、別にあなたを敵だとかそういう風に言いたいわけじゃないの。そんなことないのは、出会ってからのあなたを見ればわかるわ
   ただ、何かを隠していることがあるのは、…その、あまりいい気分ではないわ」

杏子「おい、マミ。隠し事の一つや二つくらいいーじゃねーか。そこまでおおっぴらにするのもどうかと思うぞ」

マミ「悪いけれど、今回はそうもいかないの。もし魔法少女と魔女に関する情報があるなら、美樹さんを戻すためにも聞かなければいけないわ」

杏子「…そりゃ、そうだけどよ」

まどか「…」

マミ「鹿目さん、あなたどうして美樹さんにこの作戦が通用しないことを確信しているの?
   美樹さんを元に戻すために役立つ情報があるなら、教えて頂戴?」



798:1:2011/09/14(水) 22:57:50.89 ID:qvmU5e160

杏子「いや、マミ。やっぱりやめとけよ」

マミ「佐倉さん…、でも」

杏子「まどかはさやかの友達なんだ。そんな情報があるなら、隠しゃしねーよ」

マミ「それは、そうだと思うけど…」

杏子「言えないなら、言えないなりの理由があって、それがアタシたちのためでもあるんだろ。
   まどかにあの糞害獣みたいに都合よく物事隠して、事を運ぶような頭はねーよ」

マミ「酷いことをさらりと言ってるわよ。でもまあ、そうね…。鹿目さんはそんな子じゃないわね」

杏子「だろ?」

マミ「…いいわ。鹿目さんごめんなさい。聞きづらいことを聞いてしまって」

まどか「そんな…」



杏子「でも、話せるようになったら話してくれよ? 何か気になるし」

マミ「…結局、貴方も気になるんじゃない」

杏子「だって気になるじゃんよ。善人まっしぐらのまどかが隠し事だぜ? こりゃ、明日にも槍の雨が降るな」

マミ「貴方が降らすんじゃないでしょうね? 気になってウズウズするとかで」

杏子「ワルプルギス用にアタシもそんな必殺技考えてみるかなー。『槍・フィナーレ!』なんつって」

マミ「…」

杏子「おい、何かいってくれよ。けっこー辛い」

マミ「…全く。これから美樹さんを助けに行くっていうのに、貴方ときたら…」

杏子「肩に力を入れ過ぎると、ロクなことにならないからな。これくらいがいいんだよ」

マミ「貴方はもっと、ギラついた野獣のような子だと思ってたのだけれど。私の勘違いだったみたいね」

杏子「野獣だって、屋根の下で三食付きの生活をすりゃ、少しは余裕も出て来るさ」

まどか「…」



799:1:2011/09/14(水) 22:58:50.48 ID:qvmU5e160

まどか「ごめんさい」

マミ「鹿目さん?」

まどか「マミさんも、杏子ちゃんも。わたしのこと信用してくれてるのに、何も言えなくて…。
    ほむらちゃんにも、仲間に隠し事はダメだって言ったのに…」

マミ「気にしないで。でも、言えるときになったら言って頂戴ね?」

まどか「…はい。でも、ダメなんです。全部わたしが何とかしないと。絶対に。みんなを巻き込んじゃ…」

マミ「…」



800:1:2011/09/14(水) 22:59:20.33 ID:qvmU5e160

マミ「鹿目さん、少しいい?」

まどか「…はい」

マミ「貴方は私たちに話せないことがある…いいわね?」

まどか「…」コク

マミ「それは、あなたとほむほむに関係すること」

まどか「…」コク

マミ「それを話してしまうと、私たちを何かに巻き込んでしまう」

まどか「…」コク

マミ「そして、それは絶対にやりとげなければいけないこと」

まどか「…」コク

マミ「…そう」

まどか「…」



801:1:2011/09/14(水) 22:59:52.12 ID:qvmU5e160

マミ「鹿目さん」

まどか「…はい」

マミ「貴方が何をしようとしているのか。何をしなければならないのか。それは分からないわ」

まどか「…」

マミ「でも、馬鹿にしないでくれる?」

まどか「え…?」

マミ「言えないだなんて、私たちが役立たずだとでも言いたいの?」

まどか「ち、ちがいます…そんなんじゃ…」



802:1:2011/09/14(水) 23:01:55.38 ID:qvmU5e160

マミ「だったら、私たちを頼りなさい」

まどか「え…?」

マミ「私たちは、鹿目さんの先輩なの。貴方が何か困っているなら力になりたい。こういうときに頼られて押し付けられてしまうのが、先輩の役割よ」

まどか「でも…」

マミ「人間、一人でできることなんてそう多くないわ。魔法少女でもそう。だから、みんなでどうすればいいか考えましょう?」

杏子「そうだぞ、まどか。難しいことがあるなら、誰かに押し付けて巻き込んじまえ」

まどか「杏子ちゃん…」

杏子「絶対にやらなきゃいけないことなんだろ? 
   だったら周りを利用でも何でもして、ちゃんと達成しろよ。手段なんか選んでんじゃねぇ」

まどか「…」

杏子「幸い、ここには巻き込まれても平気だって言ってるやつが二人いるんだからさ。頼っちまえよ。こんなチャンスは滅多にねぇぞ」


まどか「本当に、いいんですか…? 全部、わたしがいけないのに…」

マミ「かまわないわ。後輩に頼られないなんて、悲しいもの」

杏子「先輩なんて、後輩にしてみりゃ面倒押し付けるくらいしか役に立たないんだからさ。遠慮する必要はないよ」



803:1:2011/09/14(水) 23:02:37.56 ID:qvmU5e160

まどか「………」

まどか「……」

まどか「…」




まどか「わたしは…――――」



804:1:2011/09/14(水) 23:04:04.82 ID:qvmU5e160

今日の投下はここまでです。

次は金曜日に投下します。
さやかちゃん関連は次で終わる予定です。

ご拝読、ありがとうございました。



809:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank):2011/09/14(水) 23:40:53.31 ID:k58zz9WG0

乙!

さやかはどうなるんだろうか
アニメ通りにいくと殺してしまうことになるんだが・・・



816:1:2011/09/16(金) 22:09:41.88 ID:eP3VFy740

続きを投下します。



817:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府):2011/09/16(金) 22:10:38.21 ID:pEr6AqK9o

きたか……!



818:1:2011/09/16(金) 22:11:19.52 ID:eP3VFy740

―魔女結界内―


マミ「美樹さんは、ここね」

杏子「間違いねェ、魔力のパターンが昨日と一緒だ。この先にいるのは間違いなくアイツだよ」

マミ「…」

杏子「なんだよ、急に黙っちまって。怖気づいたのか?」

マミ「そうじゃないけど。…元々穴だらけな作戦だったけど、さらに以前失敗したって聞かされると、ちょっとね」

杏子「そうは言っても、他に考えが浮かばなかったしなぁ。かといって、さやかをこのままにしとくわけにもいかねーし」

マミ「…ええ、美樹さんを魔女のままにするわけにはいかないわ」

杏子「ああ、アイツは正義の味方を目指してたっていうのに。そんな残酷なことはさせられるもんか」

マミ「…やっぱり、私が」

杏子「…ごめん、そこは譲れないよ」

マミ「でも…」

杏子「いざとなった時の、止めはアタシが刺す。それがアタシのけじめだ。マミは優しい先輩のままでいてくれ」

マミ「…」



819:1:2011/09/16(金) 22:12:13.29 ID:eP3VFy740

杏子「それよりも、大丈夫だよな?」

マミ「何が?」

杏子「ソウルジェム。返したけど、またいきなり発狂なんてなったら困るんだけど」

マミ「大丈夫よ、もう」

杏子「嘘じゃないよな?」

マミ「…死ぬことはいつでもできるけど、生きることは今しかできないもの。
   それに、まだやり残したことがあるのに死ぬのは勝手すぎる。鹿目さん達との約束もあることだしね」

杏子「それからはどうするんだよ?」

マミ「…」

杏子「やることが終わって、ワルプルギスの夜を倒したら、マミは死ぬのか?」

マミ「少なくとも、魔女になる前には、ね。ソウルジェム…砕かない…と…」



820:1:2011/09/16(金) 22:12:46.71 ID:eP3VFy740

杏子「…悪い。意地悪だったな」

マミ「ごめんなさい。やっぱり、まだダメみたい。その時のことを考えると…」

杏子「死ぬ時のこと、考えると怖いよな。アタシも小さいころ考えてよく泣いてたよ。親父があやしてくれたけどな」

マミ「…そうなの」

杏子「やれ、いいことしてりゃ天国に行けるだのなんだの言われたけど、話の中身よりも、親父の声を聞いたら安心して怖くなくなっちまったなぁ。懐かしいよ」

マミ「…」



821:1:2011/09/16(金) 22:13:43.35 ID:eP3VFy740

杏子「だからさ、マミ。一人でいるのはもう止めることにしようぜ」

マミ「え?」

杏子「誰かと居りゃ、怖いことなんて何もないよ。魔女になりかけても、きっとそいつがソウルジェムを砕いてくれるだろうし、人を襲う前に退治してくれる。
   死ぬ時のことを考えて怖くなっても、誰かが声を聞かせてくれたり手を握ってくれれば、怖くなくなるよ、きっと」

マミ「…そうね、そうかもしれない」

杏子「ワルプルギスの夜を倒しても、一緒に戦おうぜ。倒したら、アタシ達は最強の魔法少女だ。怖いものなんて何もないよ」

マミ「ふふっ、じゃあ魔法少女カルテットの誕生ね」

杏子「おー、それならさやかのやつが戻ってくれば、ちょうど五人でヒーローになれるな! もちろん、レッドはアタシだぞ!」

マミ「私はイエロー? あんまり、いいポジションじゃないわね」

杏子「いやいや、その胸のおかげでポジションはぴったり…。じょ、冗談だよ冗談」

マミ「あんまりつまらない冗談を言うと、撃ち抜くわよ?」

杏子(やっぱり、ジェムを返すのは早まったかな…)



822:1:2011/09/16(金) 22:15:47.58 ID:eP3VFy740

マミ「そういえば、佐倉さん」

杏子「何だ?」

マミ「あなたは、どうして美樹さんをそこまで気にするの?」

杏子「やっぱり変か?」

マミ「鹿目さんは『似た者同士』って、貴方と美樹さんのことを言っていたけど」

杏子「まどかも失礼な奴だな。アタシと似ているなんて言ったら、さやかが可哀そうだよ」

マミ「必要以上に自分を卑下するのは、感心しないわね。で、どうなの。本当のところは?」



823:1:2011/09/16(金) 22:16:54.23 ID:eP3VFy740

杏子「マミは、昔ヒーロー物のテレビとかアニメ、見てたか?」

マミ「? 魔法少女ならよく見てたけど…」

杏子「アタシは何とかレンジャーとかも好きだったな。親父が厳しいから、あんまり見れなかったけど」

マミ「確かに佐倉さんはそういうの、好きそうよね。でもそれが…?」

杏子「アタシはさ、ああいうのになりたかったんだよ。きっと」

マミ「そうなの?」

杏子「そ。悪と戦う正義の味方。みんなを守る無敵のヒーローってね。アタシと親父で、表と裏からこの世界を救うんだって、魔法少女になった時はそうやって息巻いてたよ」

マミ「…それで」

杏子「大失敗。親父は一家心中図って、生き残ったのはアタシだけ」

マミ「…え?」



824:1:2011/09/16(金) 22:20:10.48 ID:eP3VFy740

杏子「アタシの祈りでみんなぶっ壊れちまった。あんなこと、望んだはずじゃなかったんだけどな」

マミ「そんな…。そんなの…」

杏子「それからは見ての通りだよ。二度と他人のために魔法を使ったりしない、この力は、全て自分のためだけに使い切るって誓って、マミの知ってるアタシの完成」

マミ「そう…ごめんなさい。貴方のこと、誤解していたわ。そんなことがあったなんて」

杏子「別にいいよ。誤解も何も、過去に何があったってアタシはアタシだ。マミの印象で何も変わらないよ」

マミ「でも…」

杏子「そんなこと言いたいんじゃないんだ。それで、アタシはヒーローになることを諦めちまった。そんなこと、やるのはバカしかいないってね」

マミ「…」




杏子「そんなとき、ヒーローになろうとしてるバカが目の前に現れた。それがさやかだったんだ」

マミ「美樹さんが?」

杏子「最初はバカにしてた。次に止めさせようと思った。アタシの二の舞になる奴がいるなら、止めるのがアタシの役目だと思ったんだ」

マミ「…」

杏子「で、アイツの口論になって気付いちまった。ヒーローになれなかったアタシは、アイツにヒーローにほしかったんだってね」

マミ「ヒーローになってほしかった?」

杏子「そ。本当はアタシはヒーローが居てほしかったんだよ。悪い奴に罰を与えて、正しいことをする奴が報われる様にしてくれるヒーローがね。
   親父のために戦ってたのが、その証拠さ。親父は正しいことをしていたのに、報われなかった。だから、アタシはヒーローになろうと思ったんだ。世の中にヒーローが居ないなら、なってやろうってね」

マミ「…でも、なれなかったのよね。佐倉さんは」

杏子「そう。だからアタシはさやかに本物のヒーローになってほしかった。希望だったんださやかは。
   だから、アイツがヒーローらしくないことしたから、あんなに腹が立ったんだろうな」

マミ「そうだったの…」

杏子「アタシが勝手にアイツにヒーローをやらせようとしちまったんだ。ヒーローなんて他人の面倒を押しつけられる貧乏くじ以外の何でもないのにな。
   そんなもん、押し付けられた方はたまったもんじゃないよ」

マミ「…」

杏子「…ああ、やっぱりまどかの言う通りかもな。さやかの奴はアタシに似てたから、アタシが出来なかったことをしてもらおうと思ったんだ、きっと」

マミ「…」

杏子「ホント、バカはアタシだよ。ちゃんと止めてやりゃ、こんなことにはならなかったのかもしれないのに…」



825:1:2011/09/16(金) 22:21:06.80 ID:eP3VFy740

マミ「…美樹さんは」

杏子「うん?」

マミ「あなたが何もしなくても、美樹さんは正義の味方になったと思うわ。それが、彼女のやろうとしていたことだもの」

杏子「…そうかもな」

マミ「だから、佐倉さんだけのせいじゃないと思う。何か一つに原因を求めるのは間違いよ。だから、佐倉さんがそこまで背負い込む必要はないわ」

杏子「…ありがとよ」

マミ「ちょっと、怖かったから。美樹さんのことで思いつめていたみたいで」

杏子「そうかもしれねぇな」




マミ「それと、ヒーローが欲しいなら、まず自分がなるべきよ、佐倉さん」

杏子「え?」

マミ「美樹さんにヒーローになったほしかったのなら、貴方が手本を見せればいいのよ。
   好きだったんでしょ? ヒーロー物。じゃあ、その心得をあなたが美樹さんに教えないと」

杏子「ば、馬鹿言え! アタシは失敗したんだぞ! アタシがヒーローなんて…」

マミ「一度、失敗したから何だというの? だからといって、正義に味方になれない理由にはならないわ。元悪役が改心してヒーローになるのも王道でしょ。
   それにトラウマがあるのかもしれないけれど、ヒーローが欲しいというのがあなたの願望でしょう? そこを何とかしないと、また同じことを繰り返すわ」

杏子「…」

マミ「誰かが正義の味方になれば、それはあなたの望む正義の味方になるの? 結局、貴方が欲しい正義の味方になれるのは貴方だけじゃないかしら」

杏子「…」



826:1:2011/09/16(金) 22:21:46.07 ID:eP3VFy740

マミ「…お喋りはここまで見たいね」

杏子「ああ、扉の向こうから音楽が鳴り響いてやがる」

マミ「ここまで来た道、劇場の廊下みたいだったわね」

杏子「この先にいるんだろうな、さやかの奴。自分を必要とする奴の応援を聞きながら」

マミ「佐倉さん…」

杏子「確認するぜ。アタシがおとりでマミが説得役。マミはとにかく呼びかけることに集中な」

マミ「…失敗したら、退治ね」

杏子「ああ、そのときはアタシがやる」

マミ「絶対に避けるのは、ここで私と貴方、片方でも脱落することね」

杏子「ああ、さやかだけじゃない。アタシ達には、助けてやらなきゃいけない後輩が、まだいるんだからな」

マミ「それじゃあ、行きましょう」



827:1:2011/09/16(金) 22:22:20.09 ID:eP3VFy740

杏子「…ヒーロー」

マミ「え?」

杏子「これで、さやかの奴助けられたら、ヒーローみたいだよな、アタシ達」

マミ「そうね。ヒーローアニメって、絶対こういう時成功するものよね」

杏子「…じゃあ、行くぞ」

マミ「準備はできてるわよ」

杏子「じゃあ…」





  バタン





魔女「uuuuuiiiiiiiiaaaaaaaaoooooo!!!!!」

使い魔「waaaaaaaaaaaaa!!!!!!」

杏子「今助けるぞ、さやか!」



828:1:2011/09/16(金) 22:23:14.15 ID:eP3VFy740

―まど部屋―


   「ねぇ、ほむ――」


   「できれば、わたしはさやかちゃんに魔法少女になってほしくない」

   「魔法少女は祈りによって存在している。何かを祈って、その祈りでソウルジェムを輝かせる。そういう契約」

   「杏子ちゃんを、仲間にできないかなって」

   「…いなくならないでね?」

   「なんか、こう、踊るみたいな感じのがあったと思うんだけど…」

   「わたしね、色んな人に迷惑かけて生きてきたって最近分かったんだ」

   「ほむほむ! 変身するよ!」

   「…追いかけなきゃダメだったのに。手を離しちゃ、いけなかったのに…」



   「ほむらちゃん!」



829:1:2011/09/16(金) 22:23:43.90 ID:eP3VFy740

ほむら『…ん』

まどか「! ほむほむ!」

ほむら『…まどか?』

まどか「そうだよ、ほむほむ! 良かった…起きてくれて」

ほむら『…ここは』

まどか「わたしの部屋。昨日、ほむほむはひどい怪我を負って…、それで…」

ほむら『覚えているわ。美樹さやかに私は…』



830:1:2011/09/16(金) 22:24:12.43 ID:eP3VFy740

まどか「ほむほむ?」

ほむら『…まどか。美樹さやかは?』

まどか「…さやかちゃんは、魔女に」

ほむら『…そう』

まどか「…今、マミさんと杏子ちゃんが向かってる。さやかちゃんを助けるって」

ほむら「…」

まどか「あ、ごめん。お腹、空いてるよね? 何か持ってくるよ。ちょっと待ってて」



831:1:2011/09/16(金) 22:25:03.92 ID:eP3VFy740

ほむら「…まどか」

まどか「ん? なに、ほむほむ?」




ほむら(思えば、おかしなことはいくつもあった)

    (たぶん、心のどこかでは薄々勘づいてた。それでも何も聞かなかったのは、期待を裏切られるのが怖かっただけ)

    (もう自分を理解してくれる人はいない。そのはずだったから)

    (だから、この有様。もっと早く、この質問をするべきだったのに)



832:1:2011/09/16(金) 22:25:37.04 ID:eP3VFy740

ほむら「貴方は、わたしを知っているの?」











まどか「…うん、ほむらちゃん」



833:1:2011/09/16(金) 22:26:23.52 ID:eP3VFy740

―魔女の結界内―


杏子「くっそ、さやか! いい加減にしろ!」

魔女「oooooooooooeeeeeeeeiiiiii!!!」

マミ「美樹さん! あなたがしたかったのは、こんなことじゃないでしょう?!」

魔女「aaaaaaaaaaaaaaaa!!!!」

使い魔「waaaaaaaaaaaaa!!!!!!」
使い魔「waaaaaaaaaaaaa!!!!!!」
使い魔「waaaaaaaaaaaaa!!!!!!」

杏子(使い魔の応援がうるさい…! 伝わる伝わらない以前に、本当に聞こえてんのか…?
   かといって、あの周りの応援している使い魔を倒したら、きっとさやかは…)

杏子(畜生…。でも、これくらいしか方法は…)

マミ「街の人たちを守るんじゃなかったの! 鹿目さんを助けたかったんでしょう! 思い出して、美樹さん!」



834:1:2011/09/16(金) 22:27:28.53 ID:eP3VFy740

魔女「vvvbbbbggggggggggaaaaaaaa!!!!」

杏子「! マミ、あぶねェ!」

マミ「きゃっ!」


  ガラガラガラガラガラ!!


杏子「悪い! あの変な車輪を捌ききれなかった」

マミ「こっちは大丈夫。佐倉さんは…」

杏子「アタシもまだ行けるよ。大丈夫だ」

マミ「役割を交代しましょう。私が車輪を処理するから、佐倉さんが美樹さんを引き付けつつ呼びかけて!」

杏子「わかった!」



835:1:2011/09/16(金) 22:27:57.53 ID:eP3VFy740

杏子「おい聞け! さやか!」

魔女「ggggggggggaaaaaaaaaaa!!!」

杏子「正義の味方になるんだろ! 誰かに幸せになってほしかったんだろ!」

魔女「vvvvvvvvviiiiiiiiiieeeeeeeee!!!」

杏子「弱い人たちを守りたかったんだろ!」

魔女「xxxxxxxxxuuuuuuuuuggeeeeeeee!!!!」

杏子「魔女から守りたいって! お前が魔女になってどうするんだよ、さやか!」



836:1:2011/09/16(金) 22:28:44.27 ID:eP3VFy740

杏子(…全く、本当に世話が焼けるね)

   (力もないの突っかかってきたり、人の忠告聞かなかったり)

   (でも、こんなことしたくなる気持ちもわかるよ)

   (許せないんだろ? まどかを傷つけた自分が。何がしたかったのか、見失った自分が)

   (癇癪くらいは受け止めてやるからさ。だからさ、いい加減戻ってきなよ)

   (まどかは許してくれるよ。マミだって迎えてくれる)

   (助けを欲しがっている、ほむらみたいな奴だって、いるんだぜ?)

   (気が済んだら目ェ覚ましなよ。なぁ、さやか…)



837:1:2011/09/16(金) 22:29:17.97 ID:eP3VFy740

――――――

魔女「oooooooooooooooooooooo!!!」




杏子「…悪い。限界だ」

マミ「…こっちも、そうみたい」

杏子「これ以上は本当にダメだ。ワルプルギスと戦えなくなる」

マミ「グリーフシードの余裕ももうない…。ここまでね」

杏子「…畜生」

マミ「…やっぱりわたしが」

杏子「いや、大丈夫だよ。もう、覚悟は決めた」

マミ「…ごめんなさい」

杏子「あやまることはないよ。全部、アタシの勝手だ」

マミ「…」



838:1:2011/09/16(金) 22:29:59.41 ID:eP3VFy740

杏子「あと、アタシ。やっぱりヒーローになれそうにないや」

マミ「え?」

杏子「友達を救えずに殺す奴なんて、ヒーローになれるわけないもんな…」

マミ「佐倉さん…」

杏子「…援護してくれ、頼むよ」

マミ「…」ポロポロ

杏子「…泣くなよ」

マミ「だ、だって…こんな結末…」

杏子「アタシだって嫌さ! でも、仕方ないじゃねぇか!
   アイツに人殺しなんて…そんなこと…させるわけには…」

マミ「…ご、ごめん…なさ…」

杏子「…行くよ。援護できそうなら、援護してくれ」

マミ「…」コク

杏子「…ありがとな」



839:1:2011/09/16(金) 22:30:52.49 ID:eP3VFy740

まどか「だめだよ。杏子ちゃん」
マミ杏「…!」




マミ「鹿目さん?!」

杏子「まどか?! お前何でここに…」

ほむら「…」

マミ「ほむ――暁美さんまで…」

まどか「マミさん、杏子ちゃん。少しの間でいいから、さやかちゃんの動きを止めることはできますか?」

マミ「え…。それは…できるけど」

杏子「おい、まどか! 何するつもりだ! さやかの奴を殺すなら、アタシがっ…!」



840:1:2011/09/16(金) 22:31:27.96 ID:eP3VFy740

まどか「…違うよ、杏子ちゃん。そんなことしないよ。
    とにかく、動きを止めて。そうすれば、もしかしたら…」

杏子「…」

まどか「杏子ちゃん、お願い」

杏子「…アタシは、友達が友達を殺すところなんて見たくねぇぞ」

まどか「…うん、わたしも同じだよ」

杏子「…」



841:1:2011/09/16(金) 22:32:17.09 ID:eP3VFy740

マミ「…もしかして、美樹さんを救う方法があるの? 鹿目さん」

杏子「何だって?!」

まどか「…わかりません。さっきほむらちゃんと二人で思いついたことだから。上手くいくかどうかも分からないし…」

マミ「でも、可能性はあるのね?」

まどか「…はい」

ほむら「…」

マミ「佐倉さん。私がリボンで拘束するから、あなたは…」

杏子「ああ、周りを何とかするよ。まどかは悪いけど、自分の身は自分で守ってくれ」

マミ「それじゃ」シュ

杏子「…頼むぜ」シュ

まどか(…ありがとう)



842:1:2011/09/16(金) 22:32:59.88 ID:eP3VFy740

ほむら『…まどか』

まどか「うん」

ほむら『正直な所、上手くいく保証はないわ』

まどか「そうだね」

ほむら『でも、変身するたびにあなたの魔法少女としての力は上がっていった。その可能性に賭ける価値はあると思う』

まどか「うん。諦めたくないもんね。絶対に」

ほむら『…そうね』

まどか「それに、これが上手くいったら証明できる。不可能なことなんてないって。そうすれば、ほむらちゃんも…」

ほむら『…後で聞かせてちょうだいね。まだ、全部聞いていないから』

まどか「うん。約束するよ」

ほむら『じゃあ、まどか…』



843:1:2011/09/16(金) 22:33:42.31 ID:eP3VFy740

まどほむ「『変身!』」カッ!




――――

―――

――





844:1:2011/09/16(金) 22:34:35.28 ID:eP3VFy740

杏子「魔女が、消えた…?」

マミ「鹿目さん…、いったい何をしたの?」

杏子「グリーフシードも落ちてない…。本当に消えたのか…?」

まどか「…消えたんじゃありません。戻したんです」

マミ「戻した…?」

まどか「とにかく、さやかちゃんの所に。まだ、上手くいったかどうかわからないし…」

マミ「よくわからないけれど、鹿目さんの作戦はこれで終わったのね?」

杏子「そ、そうだな。とりあえず、マミの家に行ってみよう!」



845:1:2011/09/16(金) 22:35:24.95 ID:eP3VFy740

―マミ宅―


マミ「美樹さんに呼吸が戻ってる…!」

杏子「ほ、ホントか?」

マミ「ええ、心臓も動いているし体は健康そのものよ」

杏子「それじゃあ…!」

マミ「…でも、どうすればこんなことが…」



846:1:2011/09/16(金) 22:36:55.44 ID:eP3VFy740

まどか「…時間を戻したんです」



杏子「え…?」

まどか「わたしとほむらちゃんの能力は時間を操作することだから…。
    もしかしたら、応用すれば誰かの時間も戻せるんじゃないかって、それで…」

マミ「まさか…! それを、魔女に使ったの?!」

まどか「…はい」

マミ「…普通の人間が魔法少女になって、ソウルジェムに魂が変わる。
   そして、ソウルジェムはグリーフシードになって魔女が生まれる…のよね?」

まどか「だから、魔女の時間を戻して、その前の状態までに…」

杏子「そんなことが、出来たのか?」

まどか「ううん、出来なかったよ。最初の変身じゃ能力そのものが使えなかったし。
    でも、変身を重ねるうちに、能力も戻ってどんどん魔法でできることが増えていったから、今のわたしならもしかしたらって」

マミ「確かに鹿目さんは才能の持ち主だけど。でもこんなことまで出来るなんて…」

まどか「ほむらちゃんが、今のわたしの能力と才能なら出来るかもって言ってくれたから」

ほむら「…」



847:1:2011/09/16(金) 22:37:41.03 ID:eP3VFy740

杏子「ちょっと待て! 時間を戻したんだよな、ソウルジェムはどこにいったんだ?!」

マミ「落ち着いて考えましょう。時間を戻すということは、今のプロセスを逆に辿っていったということ。だとしたら…」

杏子「…もしかしたら、さやかは」

マミ「魔法少女じゃ…なくなった?」





さやか「…う…うん…」



848:1:2011/09/16(金) 22:38:28.30 ID:eP3VFy740

杏子「さやか!」

まどか「さやかちゃん!」

さやか「え…あれ…?」

マミ「ちょっと、二人とも気持ちはわかるけど落ちついて!」

さやか「…あれ…あたし…ここは?」

杏子「おい、さやか! さやかなんだよな!」

さやか「え…あ…?」

まどか「さやかちゃん…。よかった…よかったよ…」

マミ「美樹さん。体は大丈夫? どこか、おかしいところはない?」

さやか「あ…あの…」






さやか「あなた達…誰?」



849:1:2011/09/16(金) 22:39:14.01 ID:eP3VFy740

QB(まさか、魔女を元の人間に戻してしまうなんてね。恐れ入ったよ、まどか)

QB(とはいえ、美樹さやかの魔女化のエネルギーは手に入ったし、マミと杏子も相当に消耗した。こちらとしても有益な出来事だったね)

QB(…さて、予定通り状況は上手く進んだみたいだ)



850:1:2011/09/16(金) 22:39:45.25 ID:eP3VFy740





QB(まどか。君はもう変身できないよ)







851:1:2011/09/16(金) 22:41:02.72 ID:eP3VFy740

今日の投下はここまでです。

次は日曜日になると思います。
長く話が続きましたが、9月中には終わりそうです。

ご拝読ありがとうございました。



854:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:02:13.31 ID:sRqKcnOC0

乙ですたー
なるほど、時間を戻す効果を目標を指定してかけるのか
しかし、もう変身できないって…QBぇ…



857:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/16(金) 23:37:03.62 ID:/ShTSt+Co



・・・・恭介の腕はどうなった?



861:1:2011/09/18(日) 22:43:03.93 ID:XWzemqKO0

>>857
恭介の腕は治ったままです。

続きを投下します。



862:1:2011/09/18(日) 22:44:18.28 ID:XWzemqKO0

―翌日 マミ宅―


マミ「ただいま…」

杏子「おう、お帰り。飯、できてるぞー」

マミ「ありがとう、さっそくいただくわ」

杏子「飯はカレーな。これしか、作れなくてよ」

マミ「ううん、ありがとう佐倉さん。疲れちゃって、とても夕飯を作る余裕がなかったの」

杏子「ほれ」ゴト

マミ「…佐倉さん、これ」

杏子「カレー味なら大抵のもんは食えるからな。食い物を粗末にしない良い料理だ」

マミ「…冷蔵庫の残り物、全部入れたわね?」

杏子「不味かったか?」

マミ「味の方なら、たぶん」

杏子「食おうぜ。もしかしたら奇跡が起きるかもしれないしな」

マミ「奇跡が起きないと、おいしくならないものを入れたのね…」

杏子「まぁ、そういうなよ。奇跡を起こすのが魔法少女なんだから」

マミ「…とりあえず、いただくわね」



杏子「で…、さやかは、どうだった?」



863:1:2011/09/18(日) 22:45:03.95 ID:XWzemqKO0

杏子「じゃあ、何とかなったんだな?」

マミ「ええ。警察には道端で倒れていたのを家に運んだということで、押し通したわ」

杏子「…さやかの様子は?」

マミ「記憶がないこと以外は、健康そのものらしいわ。ただ、情緒が不安定で泣いていることが多いらしいの」

杏子「やっぱりアタシも見舞いに…」

マミ「それは我慢して。目を覚ました時にいたことは、美樹さんも覚えているだろうし。
   下手に警察にそのときの事情を聞かれて、天涯孤独の身だってバレたら、面倒なことになるわよ?」

杏子「あー、くっそ。見舞い一つ行けないなんて。何もできないのかよ」

マミ「今度、会えるような隙を見つけてみるわ。美樹さんも、目覚めた時にいた私たちに会いたいといっていたようだし、何とかしてみましょう」



864:1:2011/09/18(日) 22:48:55.88 ID:XWzemqKO0

杏子「しかし、何で記憶喪失なんかに…」

マミ「…ソウルジェムに関してはわからないことも多いわ。これが私達の魂だっていうけれど、そもそも記憶とかも魂に含まれるのかどうかもわからないし。
   時間を戻したことが原因でバグみたいなものが起きてこうなったのか、それとも記憶はあくまで肉体の問題で長い間死んでしまっていたことが原因なのか。  
   とにかく、真相はわからないわよね…」

杏子「まどかは?」

マミ「今日は学校を休んだみたい。暁美さんがついているから、大丈夫だと思うけど…」

杏子「…あんときのまどかは、見てられなかったな」

マミ「そうね…。泣き叫んで、何度もごめんねって美樹さんに謝って」

杏子「どうすりゃいいんだ。あのまま、魔女として退治されるよりはマシだ、って言っても…」

マミ「でも放ってはおけないわ。辛い状態にあるんですもの。何とかしてあげないと」

杏子「そうだよなぁ」

マミ「明日、鹿目さんの家に行ってみましょ? とりあえず今日は美樹さんの状態は電話で伝えておくわ」

杏子「ああ、頼むよ。これで少しは元気になってくれるといいけど」



マミ「もう、時間もないのよね」

杏子「…そうなんだよな」



865:1:2011/09/18(日) 22:49:57.30 ID:XWzemqKO0

―まど部屋―


まどか「…はい…はい。…そうですか。…はい。…ありがとうございます。
    …わたしは大丈夫です。…はい、おねがいします」


   PI!


まどか「…」

ほむら『…まどか』

まどか「…さやかちゃん。お父さんやお母さんのことも思い出せないんだって」

ほむら『…そう』

まどか「ご飯の食べ方とか、言葉とか。そういうことは大丈夫だけど、自分のことは何にも憶えていないんだって」

ほむら『…辛いわね』

まどか「誰も知ってる人がいなくて、不安で眠れないんだって。マミさんが言ってたの。怖くて、泣いてるんだって」

ほむら『…』

まどか「わたしが悪いんだ。もっと、何かできたはずなのに…。わたしが…」

ほむら『まどか、あなたはやれるだけのことはやった。魔女を人間に戻すなんて、それまで不可能だったこともやり遂げた。
    美樹さやかは十分救われたわ』

まどか「…救われてなんかいないよ。好きだった上条君のことも忘れちゃって、他にも色んなものをなくしちゃって」

ほむら『…じゃあ、貴方は美樹さやかはあのまま魔女として死んだ方が良かったとでも言いたいの?』

まどか「違う! そんなの絶対違うよ!」

ほむら『まどか。貴方は神様じゃない。出来ることと出来ないことがある。何でも出来ると思っているのなら、それは傲慢だわ』

まどか「でも、もしかしたら他に良いやり方があったかもしれないんだよ? これじゃあ、さやかちゃんが可哀そうすぎるよ…」

ほむら『可哀そうなんかじゃないわ。美樹さやかは救われた。呪いを撒き散らすこともなく、魔法少女の運命からも解放されて、普通の人間として生活を送れるようになった。
    あの状況から、ここまで戻れたのが奇跡よ』

まどか「でも…」



866:1:2011/09/18(日) 22:51:27.62 ID:XWzemqKO0

ほむら『…いい加減にして』

まどか「…ほむらちゃん?」

ほむら『まどかのおかげで確かに救われた人がいる。なのに貴方はその人を否定するの? あなたは不幸な人間ですって』

まどか「…そんな、わたしは」

ほむら『貴方は人を助けたの。貴方に救われた人がいるの。でもまどかは『あなたは不幸です』ってその人に言うの?
    ふざけないでよ。救われたのに、救われてなんかいないって言ってもう一度絶望させるの?』

まどか「…それは」

ほむら『…助けられたわ。美樹さやかも、そして私も』

まどか「…!」

ほむら『…ねぇ、貴方と出会ったのは間違いだったの? あそこで魔女に殺された方が、私は幸せだったの? 
    貴方と友達にならないほうが、私にとっては良かったの?』

まどか「…ごめん」

ほむら『わたしだって…、貴方に助けられたのに…。助けてくれて…嬉しかったのに…』

まどか「…ごめん、ごめんね」

ほむら『それが間違ってるだなんて…そんなこと…言わないで』





まどか「…ごめん、ほむらちゃん」

ほむら『…私は貴方を助けるって…、でも、まどかを助けることが出来なくて…、でも、貴方を死なせたくなくって、それで…』

まどか「…うん、全部知ってる。ほむらちゃんのソウルジェムが教えてくれたから」



867:1:2011/09/18(日) 22:52:18.53 ID:XWzemqKO0

まどか「最初はね、夢だと思ってたの」

ほむら『夢?』

まどか「うん。会う前に見たほむらちゃんが、何か怖いものと戦ってる夢。
    でも、最初に変身したときから、その夢が妙に鮮明に思い出せるようになって…」

ほむら『…それは、たぶん』

まどか「うん。夢じゃなかったんだって、マミさんからワルプルギスの夜のことを聞いたときに分かったの。
    話の中の光景と夢が、あんまりにもそっくりだったから」

ほむら『…前の世界の戦いね、きっと』

まどか「…実はね。あのときに、ほむらちゃんの名前、もう知ってたんだ」

ほむら『え?』

まどか「結構、大変だったんだよ? 何度も『ほむらちゃん』って言いそうになっちゃって。
    でも、ほむらちゃんは自分のこと隠してるみたいだし、どうしてほむらちゃんの記憶が見えるのか自分でも説明できなかったから、言い出せなくて」

ほむら『そうだったの…』



まどか「それからね、変身するたびに自分の知らない記憶が思い出せるようになったの。
    さやかちゃんが魔法少女になってて戦ってたり、杏子ちゃんが一緒に戦ってくれてたり。杏子ちゃんのことを思い出したのは出会った後だったけど」

ほむら『…まさか、以前の世界の記憶? でも、どうして…』

まどか「ちょっとちがうよ、ほむらちゃん」

ほむら『え?』

まどか「だって、その記憶の中にほむらちゃんがいなかったもん。
    居たのは、わたし。ほむらちゃんに守られたり、魔法少女になって戦ってたりしてたわたしだった」

ほむら『ま、まさか…』

まどか「うん、わたしは記憶を思い出したんじゃない。ほむらちゃん記憶が見えるようになってたの」



868:1:2011/09/18(日) 22:53:02.70 ID:XWzemqKO0

ほむら『…まどか』

まどか「なに?」

ほむら『…恥ずかしいわ』

まどか「ふぇっ?! だ、大丈夫だよ! 魔法少女に関係あること以外は触れないようにしているし…」

ほむら『…でも、見たのでしょう?』

まどか「な、何でも見えるわけじゃないの。ほむらちゃんが忘れているよな記憶はわたしもわからないし」

ほむら『…』

まどか「見てほしくないような記憶や見ちゃいけないような記憶はわかるから見てないよ、ホントだよ?」

ほむら『…まどか』



869:1:2011/09/18(日) 22:54:21.22 ID:XWzemqKO0





ほむら『どうして…打ち明けてくれなかったの?』







870:1:2011/09/18(日) 22:55:53.13 ID:XWzemqKO0

まどか「…言えるわけないよ」

ほむら『どうして?』

まどか「ほむらちゃんは、わたしを助けるために何度も何度もやり直して、何度も泣いて、それでも諦めなくて」

ほむら『…』

まどか「わたし、そんなほむらちゃんの気持ちも知らないで魔法少女になって、その気持ちを踏みにじってたんだよ?」

ほむら『え…?』

まどか「最低だよ、わたし。こんなに心配してくれてた友達がいたのに、何も気がつかないで勝手なことばかりいって」

ほむら『違うわ、貴方は知らなくて当然よ! 私も何も言わなかった。貴方が責任を感じることなんて…』

まどか「…関係ないよ。結局、ほむらちゃんをこんなに苦しめたことには変わらないもん」

ほむら『まどか…』



871:1:2011/09/18(日) 22:58:37.93 ID:XWzemqKO0

まどか「だからね、わたしはほむらちゃんの友達でいちゃいけないんだって思った」

ほむら『…え』

まどか「ほむらちゃんの友達でいる資格なんてわたしには無いもの。

    でも、ほむらちゃんをこんな運命から救ってあげたかった。繰り返しから助けてあげたかった。
    だからわたしは、ほむらちゃんと契約した魔法少女のわたしは、ただほむらちゃんを助けるだけの存在でいようって決めたの。

    ほむらちゃんがわたしに他の世界のわたしを重ねてくれても構わない。わたしを見てくれなくても、それでいいって」

ほむら『他の世界の…まどか?』

まどか「うん、ほむらちゃんがこれまで会ったわたしは違うわたし。
    今のわたしは、何も知らずに友達を苦しめてきた、最低な人間なんだよ…」

ほむら『違う…そんなことないわ…』

まどか「うん、ほむらちゃんは違うって言ってくれるかもしれない。
    
    でも、わたしはわたしを許すことができない。ほむらちゃんのことを知ったら、わたしは悪くなかったなんてことは言えないから。
    
    だから、全部を知ったわたしは、ほむらちゃんの友達のわたしになっちゃいけない。
    ただほむらちゃんに助けられる、何も知らないわたしのままでいようって決めたの」

ほむら『…』

まどか「…それが、わたしがほむらちゃんにしてあげられること。だから、何も言わないで、何も知らないままでいるつもりだった。
    
    そのままワルプルギスを倒して、みんなで明日を迎えて笑えるような日常を送れるようになって。
    わたしはほむらちゃんの望むわたしになって、…ほむらちゃんに少しでも幸せになって…欲しかった…のに」



872:1:2011/09/18(日) 22:59:42.71 ID:XWzemqKO0

ほむら『…貴方は馬鹿だわ』

まどか「…うん。ほむらちゃんをこんなに苦しめてきたんだから」

ほむら『違う。こんなことで私が喜ぶとでも思ったの?』

まどか「…ううん。ほむらちゃんは優しいから。喜ばないことも分かってた。
    でも…、わたしにはこれしか…だから、こんなこと知ってほしくなかった…のに」

ほむら『…』

まどか「ボロボロのほむらちゃんを見たとき、頭が真っ白になっちゃった。
    死んじゃっているって思った、そうしたら、何もわからなくなって、気が付いたら名前を呼んでて…。
    だめだな…わたし。また、ほむらちゃんを傷つけただけ。結局、わたしが出来ることなんて…何も…」



873:1:2011/09/18(日) 23:01:05.03 ID:XWzemqKO0

   ぎゅっ




まどか「え…?」

ほむら『小さい体でごめんなさい。今は、これでお願い』

まどか「…抱きしめられる価値なんて、ないよ」

ほむら『そんなことない。貴方を救いたいのが私の気持ちなの』

まどか「わたし、ほむらちゃんに守ってもらえるような、人間じゃ…」

ほむら『貴方は何も変わらないわ。自分より他人のことを考えてしまって、自信が無くて、でも自分ができることを一生懸命探す女の子』

まどか「…それは他のわたしだよ」

ほむら『他のまどかなんていない。まどかはまどか、貴方一人だけだわ』

まどか「そんなの…違うよ」

ほむら『違わない。貴方はいつだって、変わらなかった。こんな不器用な私に優しくしてくれた。そうやって、他人に優しくあろうとする姿もみんな同じ。
    まどかだから、私は助けたいの。どんなまどかでも、私は守りたい。それが私の願い』

まどか「…」

ほむら『貴方が死んでしまう運命が嫌だった。どうすれば運命を変えられるのか、その答えだけを探して、何度も始めからやり直して』

まどか「…」

ほむら『色々頑張ってくれたんだよね。嬉しい
    でも、貴方が苦しんでどうするの。私の望む都合のいいまどかなんて私には必要ない。
    貴方は、鹿目まどかのままでいてくれれば、それだけでよかったのに』

まどか「ほむら…ちゃん…」



874:1:2011/09/18(日) 23:02:19.50 ID:XWzemqKO0

ほむら『私ね。迷子だったんだよ?』

ほむら『繰り返せば、繰り返すほど、貴方は私を知らなくなっていって、想いもズレていって』

ほむら『だから、もう諦めてた。まどかを助けても、もう世界には私を知っている人なんて誰も居なくて、ずっと一人ぼっちなんだったて考えてた』

ほむら『でも、まどかは見つけてくれた。貴方は私を知ってくれた』

ほむら『だ、だから…私嬉しくて…』

ほむら『ありが…とう』




まどか「…ほむらちゃん!」



875:1:2011/09/18(日) 23:03:10.97 ID:XWzemqKO0

ほむら『…まどか』

まどか「…ごめんね、ほむらちゃん」

ほむら『私こそ、ごめんなさい。まどかに、こんなことをさせてしまって』

まどか「…いいの」

ほむら『私ね。今度こそ、ワルプルギスの夜を倒せると思うの。
    まどかと、こんなにもわかり合えた。力だってある。まどかには、また迷惑かけちゃうけど…』

まどか「気にしないで。わたしもほむらちゃんやみんなを助けたい。気持ちはほむらちゃんと同じだよ。
    マミさんや杏子ちゃんだっている。頼れる仲間もいるんだもの。負けるわけないよ」

ほむら『そうだよね。きっと…勝てるよね?』

まどか「うん。大丈夫だよ。みんなで頑張ろう? 一緒にワルプルギスの夜を倒そう 」

ほむら『…まどか』

まどか「えへへ。あの時は、わたしがほむらちゃんに励ましてもらえたから。今度はわたしの番」

ほむら『…うん。頑張ろう。そして、今度こそ運命を二人で――』



876:1:2011/09/18(日) 23:04:14.04 ID:XWzemqKO0

QB「それは止めたほうが良いと思うな」

まどほむ「!」



877:1:2011/09/18(日) 23:05:32.25 ID:XWzemqKO0

QB「実に興味深い話だったよ。暁美ほむら。時間を操ることから予測はしていたけど、時間遡行者をこの目で見るのは初めてだ。
  君たち人類は本当に驚かせてくれるね」

ほむら『インキュベーター…。どうして、私の言葉が…』

QB「ようやく、君のその言葉から思考を読み取ることが出来るようになったのさ。時間はかかったけどね」

ほむら『…盗み聞きとは破廉恥ね、インキュベーター。あなた達には感情だけでなく、プライドすらもないのかしら?』

QB「合理的な判断と行動をするためにはそんなものは不要だと思うけれどね。その前に自尊心も感情の一部だから僕たちには理解できないのだけれど」

ほむら『消えなさい。無理解を正当化する生き物に用はないわ』

QB「やれやれ、君達といいマミ達といい嫌われたものだ。僕らのしていることは君達人類の為でもあるんだけどね」

ほむら『ふざけないで。まどかを人類滅ぼす魔女に変えても何もしない連中に、そんなことを言う資格はないわ』

QB「なるほど。まどかがちゃんと魔女になった未来も存在するんだね。それは良い情報だ」

ほむら『…』ギリ




QB「でも、今回は帰るわけには行かないよ。僕は君達にお願いがあってきたんだ」

まどか「お願い…?」

ほむら『それを私たちが聞くと思って?』

QB「もちろん、ただの要求なら今の君達の関係を考えたら無理だろうね。でも、これは違う。何せ君達にも意味のある要求だ」

ほむら『…意味ですって?』



878:1:2011/09/18(日) 23:06:37.67 ID:XWzemqKO0

QB「暁美ほむら。どうしてまどかがこれだけの力を持っているか考えたことがあるかい? 

ほむら「…?」

QB『魔法少女の資質はその身に背負い込んだ因果の量で決まる。でも、ごく普通の少女であるまどかに、どうして最強の魔法少女になるだけの因果があるのか。それがわかるかな?」

ほむ『…何が言いたいの?』




QB「原因は君だよ、暁美ほむら」




ほむら『…え?』

QB「君が時間旅行者ということで一つの仮説が成り立つ。
  君の行動はまどかを中心にして成り立っていた。その君が時間旅行を繰り返すことで、まどかに本来集まるはずのない、因果の糸が収束したのさ
  もしかしたらまどかは、君が同じ時間を繰り返す毎に、強力な魔法少女になっていったんじゃないのかな?
  それはね、君が繰り返してきた時間――その中で循環した因果の全てが、巡り巡って、鹿目まどかに繋がった事が原因さ。あらゆる出来事の元凶としてね」

ほむら『…!』

QB「結果は見ての通りだ。まどかは君のソウルジェムを通して時間逆行現象を起こせるような、奇跡のような存在になった」



879:1:2011/09/18(日) 23:07:39.95 ID:XWzemqKO0

ほむら『そんな…そんなの。じゃあ、私のしてきたことは…』

QB「ああ、君の考えている通りだよ。まぁ君にとってはマイナスの要因かもしれないが、僕らにとっては非常に有益な事実だ」

ほむら『あ…あ…』

QB「感謝するよ、暁美ほむら。君がまどかを、最強の魔法少女に育ててくれたんだ」

ほむら「…!」ガクッ




まどか「ほむらちゃん!」

ほむら『まどか…。私…私は…』

まどか「大丈夫、まだ結果なんて出ていない。わたしは魔女なっていないし、ワルプルギスの夜だって倒せないって決まったわけじゃない。
    絶望する必要なんて無い。無いんだよ…」

ほむら『まど…か…』

QB「うん。確かに君の手にかかれば、ワルプルギスの夜など問題にならないだろう。何せ最強の魔法少女だ。契約していないから魔女になる危険もない。暁美ほむらにとってはこの上なく都合の良い存在だろうね」
  でも忠告する。まどか、君はこれ以上暁美ほむらの力で変身するのは止めたほうがいい。これは君達のためにもならないよ」

まどか「…どういうことなの、キュゥべえ」

QB「事態は君たちが思っているよりも、深刻だということさ。僕たちにとってもね」

まどか「…?」



880:1:2011/09/18(日) 23:08:50.68 ID:XWzemqKO0

QB「まどか。君は暁美ほむらのソウルジェムによって、魔法少女に等しい能力を手に入れた。
  
  なぜ、こんなことが起きたのか。それは僕にもわからない。
  
  もしかしたら、暁美ほむらが辿ってきた世界が関係しているのかもしれないけど、当の本人にも理由は分からないみたいだし、こちらは推測の立てようもない。
  
  まぁ、原因はたいした問題じゃない。問題はそれによって現れた君の変化だ。
  君自信、変身を続けたことで起こった変化が、記憶の共有だけだとは思っていないんだろう?」

まどか「…」

ほむら『どういうことなの! まどか、貴方に何が起こっているの?!』

まどか「…それ、は」



881:1:2011/09/18(日) 23:10:44.64 ID:XWzemqKO0

QB「言いにくいなら、僕が言ってあげるよ。
  
  まず起きたのは先ほど君が言った通り、記憶の共有だ。ただし、魂がソウルジェム化していないから、暁美ほむらには君の記憶は見えないみたいだけれどね。
  
  次に起きたのは因果の力が暁美ほむらの能力を増大させたこと。本来、時間の停止・遡行だけだったはずの能力が、今では他の物質にまで影響を及ぼすまでになった。これだけの能力、まどかの因果の力が関わっているのは明らかだ。
  
  最後に起きたのが、感覚の共有さ。もっともこれも、暁美ほむらは感じ取ることができないようだけど」



ほむ「感覚の…共有ですって?」

QB「覚えているかい? 美樹さやかが君を襲った時のことを。あの時、まどかは君の危機に現れた。
  でも、どうやってそれを感じ取ったのかな? 僕の方で念話は使えないようにしていたのに。 
  念話が使えない以上、別の何かでそれを察知したと考えるのが妥当だ。さて、あの時君が思考以外で送れた『異常』と呼べる信号は何があったかな?」

ほむら『痛…み? まさか…』

QB「信じられないかい? でも、それしかない。思考を読み取れるなら、さやかが現れた時点でまどかは駆けつけることができたはずだ。なにせ、それほど距離はなかったしね。
  それ以外で、君に明らかに異常と呼べる強い信号が出たのは、さやかに重傷を負わされた時だ。実際、あの後まどかは君の下に駆け付けた」
  何なら、試してみるといいい。痛みは異常を知らせる信号だ。強い刺激を与えれば、嫌でも反応が体に出るよ」

まどか「…その必要はないよ。ほむらちゃん」

ほむら『まどか…。じゃあ…』

まどか「…うん、キュゥべえの言うとおり。
    全部ってわけじゃないけど、ほむらちゃんに何か強い痛みが走るとわたしにも伝わるの。あの時もそうだった」

QB「やはりね」



882:1:2011/09/18(日) 23:11:28.12 ID:XWzemqKO0

QB「さて、これで判断材料は大体出そろった。
  
  記憶と感覚の共有・まどかの因果による暁美ほむらの能力を拡張。
  
  これらから、まどかに起きていることについて一つの仮説が成り立つんだ」



883:1:2011/09/18(日) 23:12:14.61 ID:XWzemqKO0

ほむら(やめて)


QB「君らは二人で一人の魔法少女だ。暁美ほむらの能力と、まどかの体・才能で一つの存在となる」


ほむら(聞きたくない)


QB「それを繰り返すうちに僕が本来行うようなことが、まどかに起きていたんだろうね」


ほむら(知りたくない)


QB「おそらくより効率よく魔力を運営するために、暁美ほむらのソウルジェムが本来異物であるはずのまどかの魂を最適化させていったんだろう」


ほむら(お願いだから)



884:1:2011/09/18(日) 23:13:12.84 ID:XWzemqKO0





QB「まどか、君の魂は暁美ほむらのソウルジェムと一体化しつつあるんだよ」







885:1:2011/09/18(日) 23:14:32.58 ID:XWzemqKO0

今日の投下はこれで終わりです。

なんというか、説明で終わってしまいました。

次の投下は火曜日になります。
ご拝読ありがとうございました。



889:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/18(日) 23:27:05.17 ID:UXDraPvDO

乙!!

火曜日が待ちきれないぜ…



893:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank):2011/09/19(月) 00:03:07.06 ID:O/7JZh0w0

乙!

一体どう収拾つけるんだこれ



907:1:2011/09/20(火) 22:08:08.75 ID:qQsEJ0Z50

>>893
一応、考えてはあります。

続きを投下します。



908:1:2011/09/20(火) 22:09:51.73 ID:qQsEJ0Z50

―マミ宅―


杏子「じゃあ、ここで待機だな。ここなら、アタシらの足ですぐに駆けつけられる」

マミ「それじゃあ、ここで。予測が正しければ、ワルプルギスの夜が現れてもこれで対応できるはずよ。そうよね、鹿目さん?」

まどか「大丈夫です。この範囲内を越えて現れたことはありませんから」

マミ「じゃあ、あとはグリーフシードの配分ね。確認するけれど、7対3で私が多めに所持するということで、本当に良いのね?」

杏子「おう。聞く限り、でかすぎてアタシの槍じゃダメージを与えられそうにないからな。ほむの奴が用意した仕掛けを使ったら、あとは使い魔の相手をさせてもらうさ」

マミ「その間に、私が出来うる限りの射撃を撃ち込む。これでいきましょう」

杏子「ああ、二人に減っちまったが、これで何とか対応できるだろ」

ほむら「…」



909:1:2011/09/20(火) 22:12:16.62 ID:qQsEJ0Z50

まどか「ごめんなさい。最後の最後で何もできないなんて…」

マミ「そんな顔しないで、二人とも」

杏子「アタシらが大丈夫だって言ってんだ。後輩は黙って従えばいいんだよ」

まどか「でも…」

マミ「貴方たち二人に生きていて欲しいのは私たちも同じよ。魔法少女になってほしくないし、永遠にさ迷うようなことにもなってほしくない。
   私たちが全力でこの街を守るわ」

杏子「それにさやかの時はこっちが助けられたんだ。今度はアタシ達の番。ここいらでちゃんと恩を返さねーとな」

ほむら「…」



910:1:2011/09/20(火) 22:19:47.57 ID:qQsEJ0Z50

――――

QB「鹿目まどか。君は契約せずとも、本来の魔法少女になりつつある。
  今の君の能力は、他の物質にまで時間干渉を行える状態だ。もうかなりのレベルまで同化は進行している。
  恐らく次の変身で君の魂は完全にソウルジェムと一つになるだろう」

QB「暁美ほむらのソウルジェムと同化すれば、一体どうなるのかな。魂の同化なんて、僕も初めてだよ。
   君の自我と暁美ほむらの自我が混ざり合うのか。それとも、強いほうが残るのか。はたまた、全く新しい自我が生まれるのか。
   何せこんなことはこれまで例がない。どうなるか、誰にも分からないね。

QB「まあ、そんなことは僕らにとってはどうでもいんだけどね。重要なのは、強大な力を持った最強の魔法少女が誕生するということだ」

QB「うん。それだけなら、僕にとって有益な話で終わったんだけどね」

QB「問題は君達が扱う魔法だ。
  君達の時間操作の魔法。これがまどかの膨大な魔力係数によって発揮されたらどうなるか。想像できるかい?」

QB「恐らく、君達はありとあらゆる時間を操れるようになる。限定的でない過去や未来への移動なんて序の口さ。
  時間を意のままに操るということは、すなわち時間の枷から外れることと同義だ。
  時間の楔から解放されればソウルジェムが変化することもない。君たちは魔女化もしなくなり、永遠に存在し続けることになるだろう」

QB「わかるかい? 永遠に生きつづける君たちは、全ての時間移動の可能性をその身に受け止め、過去と未来あらゆる時間軸に存在するようになるんだ。
  そうなれば、もはやそれは人間でも魔法少女でもない。人間としての存在は消滅し、今の時限とは違う高次元の生き物だ。
  それが、どんな存在のかは分からない。そんな存在は僕らの科学力でも認識できないからね」

QB「そうなるのを避けたいのは僕も同じさ。まどかのエネルギーを回収出来ないどころか、そんなわけのわからない存在が生まれたら、僕らの目的を達するのに支障が出る危険もある」



911:1:2011/09/20(火) 22:20:48.15 ID:qQsEJ0Z50

QB「さて、鹿目まどか。君はどうする?」


QB「君に残された道は三つだ。

  暁美ほむらを巻き込んで永遠の時間遡行者になるか。

  巴マミと佐倉杏子の二人がワルプルギスの夜を倒す無いに等しい可能性にかけるか。

  それとも…」


QB「まあ君が何を守りたいかを考えたなら、選択の余地は無いと思うけど」

QB「鹿目まどか。僕と契約して本物の魔法少女になってよ」



912:1:2011/09/20(火) 22:21:58.31 ID:qQsEJ0Z50

――――


杏子「ったくあの野郎。何が『無きに等しい可能性』だ。ワルプルギスを倒して、絶対に一泡吹かせてやる。なぁ、マミ」

マミ「ええ、そうね。びっくりさせてあげましょう。それこそ、びっくりしすぎて感情が生まれるくらいにね」

杏子「そりゃいいや。そうすれば、もう魔法少女なんて必要なくなるかもな。なにせ、自前でエネルギーを作れるんだし」

ほむら『…』スッ

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら『少し寄るところがあるの。作戦の確認も終わったし、先に戻らせてもらうわ』

まどか「あ、うん…」

ほむら『それじゃあ、まどか。お先に。私がいないからって無茶しちゃダメよ』

マミ「あら、暁美さんは帰るの?」

杏子「明日はまどかと大人しくしてろよ。ワルプルギスなんか、ちゃっちゃと片付けてやるからさ」

ほむら「ほむ」タッ



913:1:2011/09/20(火) 22:24:29.33 ID:qQsEJ0Z50

マミ「…暁美さん。辛そうだったわね」

杏子「肝心なときに何も出来なくなっちまったんだ。無理もないよ」

マミ「やっぱり、信用されてないのかしら、わたし達」

杏子「端目に見りゃ状況は絶望的だしな。ベテランとはいえ、戦力は二人。相手は最強の魔女ときてる」

まどか「…」

杏子「まどかもそう思うか?」

まどか「そんなことは…」

杏子「ま、アタシは負ける気は無いけれど。この街にはさやかの奴だっているし、意地でも負ける訳にはいかないんだ」

マミ「私も同じよ。暁美さんには、他の世界じゃ迷惑かけてしまったようだし。その分も助けてあげないと」

杏子「ああ、勝てば全部解決だ。さやか達だって守れるし、まどか達の問題もなくなる」

マミ「そうね、これで全部終わらせましょう。宇宙のためじゃない。人を助ける魔法少女がいてもいいはずだもの」



914:1:2011/09/20(火) 22:24:56.84 ID:qQsEJ0Z50

まどか「…マミさん、杏子ちゃん」

杏子「ん? どうした、まどか?」

まどか「…ちょっと、いいですか?」



915:1:2011/09/20(火) 22:27:16.38 ID:qQsEJ0Z50

――――


ほむら(結局、私のしたことは、まどかを追い詰めただけだった)

ほむら(守るどころか、危険に晒しただけだった)

ほむら(わかっている。私はまどかと一緒にいかった。一緒に戦ってくれるといってくれて、嬉しかった。だから、その言葉に甘えたのだ)

ほむら(何度もまどかが死ぬところを見て、その度に時間を遡り、それでも運命を変えることは出来なくて)

ほむら(一人時間の迷路に迷い込んで、出口なんて見えなくて、失敗するたびにまどかを犠牲にして、涙も渇れ果てて)

ほむら(だから、まどかの優しさにすがったのだ)






ほむら(でも、もう助けなんて要らない)

ほむら(もう誰にも頼らない。もうまどかには戦わせない)

ほむら(こんな当たり前の事、とっくの昔に決意したはずだったのに)

ほむら(ワルプルギスは私が倒す。たとえ、どんな犠牲を払っても)



916:1:2011/09/20(火) 22:27:52.22 ID:qQsEJ0Z50

―ワルプルギス戦当日―


まどか「…」



To ほむほむ
件名 まどかへ
私の家で待ってます。



まどか「ほむらちゃん…」



917:1:2011/09/20(火) 22:28:52.10 ID:qQsEJ0Z50

   ピンポーン




まどか「…」



   ガチャ



まどか「!」

ほむら「入って、まどか」

まどか「ほむらちゃん、その体…」



918:1:2011/09/20(火) 22:29:48.26 ID:qQsEJ0Z50

ほむら「ごめんなさいね。避難で忙しくて、来るのは大変だったでしょうに」

まどか「久しぶりだよね、ほむらちゃんの家。てっきりもう引き払われてたんだと思ってた」

ほむら「ここは私の両親の持ち家だから。引き払われることはないの。鍵さえあれば自由に入れるわ」

まどか「そうなんだ。知らなかったよ」

ほむら「貴方は、私の記憶が見れるのではないの?」

まどか「プライベートなのは見ないようにしてたから。何でも知っている訳じゃないよ」

ほむら「…」

まどか「…それで、どうしたの? 体も元に戻ってるし、一体…」



919:1:2011/09/20(火) 22:30:48.82 ID:qQsEJ0Z50

ほむら「まどか。貴方との契約を終わりにするわ」






まどか「え? それって…」

ほむら「この通り、私は新しい体を手に入れた。もう貴方がいなくとも魔女と戦うことができる」

まどか「新しい体って…。ほむらちゃんは元に戻ったんじゃないの?」

ほむら「いいえ。元に戻る方法が分からないから、新しく別の肉体を一から作ったの。小さいほうは別にあるわ」

まどか「…そうなんだ」

ほむら「貴方を早く魔法少女の戦いから解放するために、以前から準備はしていた。
    苦労したけれど、ようやく完成させる事ができたわ」

まどか「…」

ほむら「まどか。貴方との契約はこれでおしまい。今までありがとう。ここからは私一人で戦うわ」



920:1:2011/09/20(火) 22:31:40.42 ID:qQsEJ0Z50

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「貴方をこれ以上戦わせるわけにはいかない。永遠の時間をさ迷うことも、魔法少女にもさせない。
    ワルプルギスの夜は、私がカタをつける」

まどか「…でも」

ほむら「わかってる。勝てる可能性は高くない。勝てても何かしらの犠牲は避けられないでしょうね」

まどか「…」

ほむら「でも、そんなこと関係ない。ワルプルギスを倒してまどかの運命を変える。絶対に」



921:1:2011/09/20(火) 22:33:01.42 ID:qQsEJ0Z50

――――


ほむら「まどかは、魔法少女にはさせないわ…。絶対に」

QB「でも、それ以外にワルプルギスの夜に対抗する手段があるのかな?」

ほむら「巴マミも佐倉杏子も生存している。勝ち目はゼロじゃない」

QB「以前ならともかく、今はマミも杏子も本調子じゃない。さやかのことで相当に消耗したからね。
   おまけにグリーフシードの余裕もなし。君だって分かっているんだろう?」

ほむら「…」

QB「まぁ、勝ち目のあるなしに関わらず、君は戦うんだろうけどね。君にはそれしかない。
   君にとって、最早立ち止まることと、諦めることは同義だ。希望を持つ限り、君はこの勝ち目の無い戦いを続けるんだろう。
   何度でも性懲りもなく、この無意味な連鎖を繰り返すんだろうね」



まどか「…無意味なんかじゃない」

ほむら「まどか?」

まどか「ほむらちゃんのしてきたことは、絶対に無意味なんかじゃない」

QB「ああ、無意味というのは語弊があったね。暁美ほむらのおかげで、君が最強の魔法少女になることができた。その点では意味があったよ
   でも、それは暁美ほむらが望んだ結末じゃないんだろう?
   そして、君がどんなに暁美ほむらの行為に価値を感じていても意味はないよ。結局、彼女はまた過去に戻ってやり直すのだから」

ほむら「…」



922:1:2011/09/20(火) 22:34:21.65 ID:qQsEJ0Z50

QB「理不尽だと思うかい? まどか」

QB「でも、これは全て君たちの願いがもたらした結果さ。
   暁美ほむらは君との出会いをやり直すことで、君という最強の魔女を作り上げ、君は守るために変身を繰り返した結果、何もできない無力な存在となった」

QB「ある意味、この状況は君たち魔法少女の運命の縮図とも言えるね」

QB「数え切れないほど大勢の少女が、僕たちとと契約し、希望を叶え、そして絶望に身を委ねていった。
   祈りから始まり、呪いで終わる――これまで、数多の魔法少女たちが繰り返してきたサイクルさ」

QB「彼女たちを裏切ったのは他でもない、自分自身の祈りだよ」

QB「在りもしない希望を求めて、条理にそぐわない祈りを捧げる。それが歪みを生み、災厄を引き起こすのは当然のことさ。
   これを不条理だというのなら、そもそも希望を求めたのが間違いなんだよ」

QB「暁美ほむらの結末も、君の結末も、過去の全ての魔法少女たちと同じさ」   

QB「希望を持つ限り、救われない。この状況が、それを何よりも証明しているじゃないか」



923:1:2011/09/20(火) 22:37:05.05 ID:qQsEJ0Z50

――――


ほむら「本当は、何も言わずに行こうって思ってた。でも貴方との約束があったから」

まどか「約束?」

ほむら「『何も言わずにいなくならない』。貴方との約束よ」

まどか「…覚えていてくれたんだ。ほむらちゃん」

ほむら「貴方との約束ですもの。忘れるわけない。もう一つの方も絶対に守って見せる。だから安心して」

まどか「そんなの…無理だよ。このままじゃ勝ち目なんて…」

ほむら「…どちらにしろもう後は無いの。やり直せば、それだけまどかの因果が増える。
    それに状況を見ても、おそらくこれ以上の戦力の増強は望めない。今回でケリをつけないと」

まどか「…」

ほむら「貴方のおかげで、巴マミや佐倉杏子の協力を得ることができた。美樹さやかも生存した。もう十分、貴方は頑張ったわ。
    だから、今度は私の番。後は私が頑張らないと」

まどか「…」

ほむら「大丈夫。これまでの時間で、ここまでうまく事が運んだことはなかった。誰も死んでいないし、貴方も契約していない。
    流れはこちらにある。あとは、ワルプルギスの夜さえ倒せば、全てが終わるわ」



924:1:2011/09/20(火) 22:39:01.97 ID:qQsEJ0Z50

  「君にとって、最早立ち止まることと、諦めることは同義だ」
  「希望を持つ限り、君はこの勝ち目のない戦いを続けるんだろう」
  「何度でも性懲りもなく、この無意味な連鎖を繰り返すんだろうね」
  「結局、彼女はまた過去に戻ってやり直すのだから」




ほむら「…そろそろ、行くわ。私が増えたことで作戦も少し見直さなきゃいけないし、マミ達と合流しないと」

まどか「…」

ほむら「まどか、最後に貴方と話せてよかった」

まどか「…」

ほむら「じゃあ、また――」

まどか「…ほむらちゃん」







まどか「ごめんね」



925:1:2011/09/20(火) 22:40:19.50 ID:qQsEJ0Z50

    シュン



ほむら「な?!」

ほむら(体が…縛られた?!)

まどか「…」

ほむら「まどか! 貴方なにをしたの?!」

まどか「ごめん、ほむらちゃん。でも、これ以上ほむらちゃんに辛いことをさせたくないから」

ほむら(一瞬で、体が縛られて。…まさか)

ほむら「まどか、あなた…まさか」

まどか「…」

ほむら「変身せずに、時間を止めたんじゃ…」

まどか「…うん、そうだよ」

ほむら(そこまで、能力が増大してるなんて…)



926:1:2011/09/20(火) 22:41:11.38 ID:qQsEJ0Z50

まどか「ほむらちゃん。わたしね、考えたんだ」

    「わたしに何ができるんだろうって。ほむらちゃんが何度も助けようとしてくれたわたしは、一体何をすればいいんだろうって、考えたの」

    「わたしね。これ以上、ほむらちゃんが悲しむ姿を見たくない。
     ううん、ほむらちゃんだけじゃない。さやかちゃんやマミさんや杏子ちゃん。
     それに希望を信じた沢山の魔法少女のみんな。そんな、みんなをもう泣かせたくないの」

    「だから、わたしは…」



928:1:2011/09/20(火) 22:41:54.39 ID:qQsEJ0Z50

――――


マミ「…鹿目さん。それがどんなに恐ろしい願いかわかっているの?」

マミ「ううん。貴方はわかってないわ。未来と過去と、全ての時間で、あなたは永遠に戦い続けることになるのよ?」

マミ「そうなればきっと、あなたはあなたという個体を保てなくなる。
   死ぬなんてことすらできなくなるわ。未来永劫に終わりなく、魔女を滅ぼす概念として、この宇宙に固定されてしまうのよ?」

マミ「鹿目さん…」




杏子「…いいんじゃねぇの」

杏子「やれるもんならやってみなよ」

杏子「それがやりたいことなんだろだろ? 逃げないって自分で決めたんだろ? 
   なら仕方ないじゃん。後はもう、とことん突っ走るしかねぇんだからさ」



929:1:2011/09/20(火) 22:44:15.90 ID:qQsEJ0Z50

――――


ほむら「そ、んな…」

まどか「これが、わたしのやりたいこと。希望を信じた魔法少女のみんなが絶望で泣くこともない。そんな世界をわたしは作りたいの」

ほむら「それでどうなるか分かってるの?! 巴マミの言う通りなら貴方は…!」

まどか「うん。でも希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、わたし、そんなのは違うって、何度でもそう言い返せる。
    きっといつまでも言い張れる。だからね、決めたの」



まどか「全ての魔女を、生まれる前に消し去る。全ての宇宙、過去と未来の全ての魔女を、この手で、って」



930:1:2011/09/20(火) 22:46:07.26 ID:qQsEJ0Z50

ほむら「ダメ! そんなのダメ! そんなことしたら…」

まどか「うん、わかってる。でもね、これしか思いつかなかったの。
    これなら、ほむらちゃんのこれまでの頑張りも無駄にしない。もう魔法少女が泣くこともない。みんな、希望を持てる」

ほむら「希望なんてないわ! まどかがそんなことになる世界なんて、私は…」

まどか「ううん。こうすれば、ほむらちゃんが絶望して死ぬこともない。ほむらちゃんが、ちゃんと明日を迎えられるようになるの」

ほむら「私のことなんてどうでもいいの! 貴方はどうなるの?! 貴方を大事に思ってた人たちはどうなるのよ!」

まどか「…」

ほむら「大切だって、言ってたじゃない…。家族も、友達のみんなも。大好きで、とっても大事な人達だって…」

まどか「ほむらちゃん…」

ほむら「帰る場所もなくなって…、大好きな人たちとも離れ離れになって…、そんな…そんなことって…」



931:1:2011/09/20(火) 22:48:53.49 ID:qQsEJ0Z50

まどか「泣かないで。ほむらちゃん」

ほむら「お願い、まどか…。契約しないで…」

まどか「ごめん、ごめんね」

ほむら「これじゃあ、私は何のために…。貴方に普通に生きてほしい、ただそれだけなのに…」

まどか「死ぬわけじゃないよ。多分わたしは世界のどこにでもいる存在になるの。
    一人になるわけじゃない。ほむらちゃんことも、ずっと見守ってる」

ほむら「でも…貴方は…」

まどか「わたしはきっと大丈夫。だからお願い。希望をもって、ほむらちゃん」

ほむら「まどか…」



932:1:2011/09/20(火) 22:49:20.40 ID:qQsEJ0Z50

まどか「じゃあ、約束」

ほむら「え?」

まどか「ほむらちゃんは、わたしとの約束を守ってくれたから、今度はわたしがほむらちゃんと約束する」

ほむら「私、結局貴方との約束なんて…」



まどか「ううん。ほむらちゃんは守ってくれた。わたしとの約束。
    だからわたしはキュゥべえに騙されていないし、何度も私をも守ってくれた」

    「だから、今度はわたしが約束するよ。また必ず、どこかで会えるって。そうすれば、ほむらちゃんも希望が持てるから」

    「大丈夫。難しいことなんかじゃないよ。友達と会うことなんて、難しいことなんかじゃない」

    「それに、ほむらちゃんはわたしの最高の友達だから。絶対にわたしは忘れない。どんなことがあっても、絶対に」



ほむら「う、うあ…。うあああ。まどか…まどかぁ…」

まどか「ずっと、ずっと友達だよ。ほむらちゃん」ギュッ

ほむら「まどかぁぁ…」



933:1:2011/09/20(火) 22:56:40.09 ID:qQsEJ0Z50

    「わたし、鹿目まどか。まどかって呼んで」

    「いいって。だから、わたしもほむらちゃんって呼んでいいかな?」

    「えー? そんなことないよ。なにかさ、燃え上がれーって感じでカッコいいと思うな」

    「うん? そんなのもったいないよ。せっかく素敵な名前なんだから、ほむらちゃんもカッコよくなっちゃえばいいんだよ」



934:1:2011/09/20(火) 22:57:24.44 ID:qQsEJ0Z50

まどか「…行かないと」

ほむら「…!」

まどか「マミさん達が待ってるんだ。決意が変わらなかったら来てほしい、って」

ほむら「やだ…」

まどか「それにワルプルギスの夜が来る。あの子も助けてあげないと」

ほむら「やだ…行っちゃ、やだ…!」

まどか「ほむらちゃん。大丈夫、ほんの少しお別れするだけだから」

ほむら「待って…行かないで…」

まどか「…ごめん」

ほむら「謝らないで…」

まどか「これでみんな助かる。やっと本当に自分が出来ることが見つかったの。ほむらちゃんに望まれたわたしが出来る本当のことが。
    ほむらちゃんの戦いを絶対に無駄にしない。無駄だったなんて誰にも言わせない。それがわたしの戦いなの」



936:1:2011/09/20(火) 22:58:24.30 ID:qQsEJ0Z50

まどか「じゃあ、『またね』。ほむらちゃん」

ほむら「まどかあぁぁぁぁ!」



937:1:2011/09/20(火) 23:00:39.40 ID:qQsEJ0Z50

今日の投下はこれで終わりです。

次は水曜日になります。
ご拝読ありがとうございました。



939:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/20(火) 23:08:25.74 ID:6Jkvegd6o

乙乙
毎度いいところで切るなぁwwwwww



941:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(群馬県):2011/09/20(火) 23:41:49.99 ID:bkh4nxdv0

乙です
気になる引きだ、次回が待ち遠しい……!



948:1:2011/09/22(木) 21:11:10.17 ID:3JxX8uwh0

すみません。木曜日の投下のつもりでしたが、読み直すと水曜日になっていました。
途中まで投下して、次スレに移行します。

続きを投下します。



949:1:2011/09/22(木) 21:13:05.46 ID:3JxX8uwh0

―迎撃地点―


マミ「…」

杏子「おーい、今から気を張ってもしょうがねーぞ」

マミ「今、気を張らないでいつ気を張るのよ。この街を守るのが私の役目なんだから」

杏子「そうだけどさ。天気は荒れてるけど、魔女も使い魔も気配はなし。
   少し休もうぜ。ほむらの情報通りなら、現れるまでまだ時間がある」

マミ「…」

杏子「『いざという時に戦えませんでしたじゃ、困る』だろ?」

マミ「…そうね。少し休ませてもらうわ」

杏子「ほれ、パンや何やら持ってきた。少し腹に入れようぜ」



950:1:2011/09/22(木) 21:19:41.42 ID:3JxX8uwh0

マミ「…」ムグムグ

杏子「…」モッチモッチ

マミ「…ねえ、鹿目さんは、来ると思う?」

杏子「来るだろ、多分。アイツ意外と頑固だし、一度決めたら考えを変えないんじゃないか?」

マミ「そうよね…」

杏子「まだ、納得いかないのか?」

マミ「当たり前じゃない。鹿目さんに、全部背負わせて解決するなんて、そんなの残酷だわ」

杏子「アイツ自身がそうしたいって決めたんだ。アタシらがとやかく言うことはできないよ」

マミ「でも…」

杏子「アタシだって、残酷だと思う。でも、願いをかなえたらどうなるか、そのことを一番理解してるのはアイツさ。
   全部、知った上で決めたんだ。じゃあ、アタシ達が口を出せること何て無いだろ」

マミ「それでも、私はこんなのおかしいと思うの。一人の女の子に押し付けて平和になりました、
こんな結末希望も何もないじゃない」

杏子「そうだよ。魔法少女に希望なんて無いんだ。だから、アイツが希望になるんだよ。魔法少女のな」



951:1:2011/09/22(木) 21:20:33.11 ID:3JxX8uwh0

マミ「じゃあ、鹿目さんの希望はどこにあるの?」

杏子「…」

マミ「人間ですらなくなって、何者でもなくなって。彼女は何に希望を持って魔法少女を救えばいいの?」

杏子「…じゃあなにか? アイツがしようとしてることは間違いだっていうのかよ」

マミ「間違いじゃないわ。これで、魔法少女に救いが生まれて魔女がいなくなる。
   でも、貴方だって本当は鹿目さんに全て背負わせることに、納得してるわけではないのでしょう?」

杏子「…」



952:1:2011/09/22(木) 21:21:24.34 ID:3JxX8uwh0

杏子「アイツが願いを叶えたら、魔法少女が希望を持てる世界になる」
   
   「でも、誰もそのことを覚えちゃいない。まどかは一人で戦い続けるのに、誰も感謝しないし、そのことを知らないんだ。
    こんな話があるかよ。全部背負ったのに誰もそのことを知らなくなるんだぜ。もしかしたら、アタシ達だって」
   
   「だから、アタシはせめて今だけでも、まどかのすることを誉めてやりたいんだ。正しいことだ、ありがとうって」
   
   「そうじゃなきゃ、寂しすぎるだろ」




マミ「佐倉さん…」

杏子「だから、アタシはアイツのすることが間違いだなんて言わない。アイツに感謝してやれるのは、アタシ達しかいないんだから」

マミ「…」



953:1:2011/09/22(木) 21:24:18.30 ID:3JxX8uwh0

マミ「…ねえ」

杏子「あんだよ」

マミ「本当に私達が出来ることは、それしかないのかしら」

杏子「他に何があんだよ。まどかの力に比べたらアタシ達の力なんて、無いようなもんさ」

マミ「力の有る無しじゃないの。鹿目さんに希望を与えられるようなこと、何か出来ないかしら」

杏子「何かって…」

マミ「佐倉さんの考えも正しいと思う。でも、何も出来ないって諦めるのは早いんじゃないの?
   そうやって諦めて生きていたら、それこそ鹿目さんのすることの否定になってしまうんじゃないかしら」

杏子「それは…」

マミ「鹿目さんに頼るだけじゃなく、私たち自身も希望を持てば世界は変わるんじゃないかしら」

杏子「…」



マミ「うん。決めたわ。私は鹿目さんの希望になるような魔法少女になる」

杏子「え…?」

マミ「どんなときでも、諦めない。希望を振り撒くような魔法少女にね」

杏子「…決意したって無駄かもしれねえぞ。まどかが世界を変えたら、アタシ達はそのことを忘れちまうかもしれないんだ」

マミ「その考え方が既に諦めよ。もしかしたら、憶えているかもしれない。だったら私はそっちの可能性にかけるわ。
   私は、鹿目さんの希望になるの。みんなの希望になる女の子を悲しませない希望にね」

杏子「…」



954:1:2011/09/22(木) 21:25:03.67 ID:3JxX8uwh0

マミ「バカだと思う?」

杏子「うん」

マミ「でも、諦めないわ」

杏子「そうかい」

マミ「だから、貴方も素直になりなさい。みんなの希望をになって女の子を助けるなんて、ヒーローの十八番じゃない」

杏子「…そうか、そうだよな」



955:1:2011/09/22(木) 21:26:01.69 ID:3JxX8uwh0

杏子「なんかウジウジ考えてたのがバカみてーだ」

マミ「そうよ。貴方は自分のしたいように生きるんでしょ? らしくないにもほどがあったわ」

杏子「アタシだって迷うことくらいあるんだよ。
   でも、これでスッキリした。アタシもその話に乗るよ。まどかにヒーローとしての生きざまを見せてやる」

マミ「その調子よ。世界が改変されようが、関係ない。鹿目さん一人に苦労はさせないわ」

杏子「ほむらの奴も誘おうぜ。アイツは絶対にまどかのこと、忘れないだろうからな」



956:1:2011/09/22(木) 21:26:47.14 ID:3JxX8uwh0

マミ「…鹿目さん、ちゃんと暁美さんと話が出来たかしら」

杏子「…さてな」

マミ「…暁美さんには、辛い選択になってしまうわね」

杏子「二人は親友同士なんだ。きっといつか再会できるよ。そんなことも許さないほど、神様は厳しくないさ」

マミ「そうよね…」

杏子「…」

マミ「…」



957:1:2011/09/22(木) 21:27:28.27 ID:3JxX8uwh0

まどか「マミさん、杏子ちゃん」






マミ「…鹿目さん」

まどか「ごめんなさい。少し遅れちゃいました」

杏子「家族と一緒に過ごせたか?」

まどか「うん。パパやママとお話ししてきたよ。たっくんとも遊べた。ありがとう、時間をくれて」

杏子「そうか。そりゃ良かった」

マミ「鹿目さん。暁美さんは…」

まどか「…やっぱり、泣かせちゃいました」

マミ「そう…」

まどか「マミさん、杏子ちゃん。一つお願いがあるんですけど、良いですか?」

杏子「言ってみな」

まどか「ほむらちゃんのこと、頼みます。しばらくわたしは一緒にいてあげられないから…」

マミ「わかったわ。暁美さんのことはまかせて。いつかきっと再会できるわ。だから貴方も希望をなくさないで」

まどか「ありがとうございます。マミさん」



958:1:2011/09/22(木) 21:28:24.25 ID:3JxX8uwh0

杏子「こっちも頑張るよ、まどか。お前一人が頑張らなくても、みんなが希望を持てるような世界を作るよ」

まどか「杏子ちゃん…」

杏子「だから、挫けそうになったら、アタシ達の姿を見てくれ。
   まどかが魔法少女の希望になるなら、アタシらがまどかの希望になる。マミとそう決めたんだ」

マミ「ええ。鹿目さん、私達にあなたような力はない。
   でもそんなこと関係ないの。あなたが希望を持つような魔法少女になるわ。それが先輩として私達にできることだから」

まどか「マミさん…」

杏子「ほむらのやつもきっとそうすると思う。だから三人で頑張るよ」

マミ「世界が変わろうがこれだけは絶対に忘れないわ。
   だから鹿目さん、あなたも希望を無くさないで。希望になるだけじゃなくて、貴方にも希望を持ってほしいの」

まどか「はい。わたしも絶対に忘れません。どんなことがあったって、わたしには沢山の仲間や友達がいるってことを、絶対に」



959:1:2011/09/22(木) 21:29:33.39 ID:3JxX8uwh0

     ピタ



マミ「!」

杏子「風が止まったな。いよいよおでましか」

まどか「…キュウベエ。いるんでしょ?」

QB「ああ」

まどか「わたし、契約するよ。貴方と」

QB「やっと、その気になってくれたんだね、まどか。有難う、これで宇宙は救われるよ」

まどか「わたしなら、どんな願い事でも叶うんだよね」

QB「もちろんだよ。君は最強の魔法少女になる子だ。今の君に叶えられない願いはないはずだよ」

まどか「…」




QB「さて、鹿目まどか。あまたの因果をその身に背負い、君はどんな祈りでソウルジェムを輝かせるんだい?」

まどか「わたしは…」



960:1:2011/09/22(木) 21:30:30.94 ID:3JxX8uwh0

まどか「全ての魔女を消し去りたい。過去と未来、全ての魔女を生まれる前に!」

QB「! その祈りは」



961:1:2011/09/22(木) 21:31:23.01 ID:3JxX8uwh0

―――――

QB(やれやれ、これまでしてきたことは無駄になったようだね)

QB(まさか、こんな結果になるなんて。これが運命というものなのかな)

QB(まあいいさ。またエネルギーを集めよう。宇宙の存続は僕らインキュベーターの使命だ。止めるわけにはいかないからね)

QB(鹿目まどか。君と暁美ほむらとの出会いは非常に興味深かった)

QB(予定していたエネルギーは手に入れられなかったけど、君らは条理を覆す魔法少女の可能性を見せてくれた。
  これだけでも、有益だったよ)



962:1:2011/09/22(木) 21:32:38.35 ID:3JxX8uwh0

QB(…それにしても)

QB(全ての魔女を消し去る、か)







QB(そんな願い、叶うと思っているのかな)



963:1:2011/09/22(木) 21:38:13.94 ID:3JxX8uwh0

次スレに続きます。
ご拝読ありがとうございました。


http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1316695007/



966:1:2011/10/07(金) 02:36:17.55 ID:tlkuSAx90

中途半端にスレが残ってしまったので、短編を書きます。



967:1:2011/10/07(金) 02:37:42.11 ID:tlkuSAx90

(まどかが、一人で魔女がしている時期)


―まど家―


ほむら(はぁ…、まどかの負担にならないように最近は学校について行っていないけど…)


ほむら(やっぱり心配だわ…)


ほむら(最近、特に無理をしているし。なんとかもうちょっと楽をさせる方法はないかしら)


ほむら(巴マミが復帰してくれるのが一番ありがたいのだけれど、まだ時間がかかる。何か手を打たないと…)



968:1:2011/10/07(金) 02:38:36.11 ID:tlkuSAx90

ほむら(…それにしても、静かだわ)


ほむら(昼間は武器の調達にも行けないし、学校にも行かず、魔女狩りにも行けないとなるとこんなに時間って余るものなのね)


ほむら(ずっと、まどかを助けるために動いていたから、余計に長く感じるわ)


ほむら(病院では、ずっとこんな感じだったから。懐かしいともいえるわね)


ほむら(本当は、こんなことをしている場合じゃないのだけれど)



969:1:2011/10/07(金) 02:39:43.34 ID:tlkuSAx90

ほむら(さて、今日も部屋の掃除でも始めましょう)


ほむら(まどかが頑張っているんだから、せめてこれくらいのことはしてあげないと)


ほむら(ああ、朝の時間がなかったのか下着が出しっぱなしだわ。ちゃんとしまわないと)


ほむら(この前みたいに、下着の山の中で埋もれないように気をつけましょう)


ほむら(それが終わったら、まどかのアルバムの続きでも見ましょうか。部屋の小さいころの写真があったのは僥倖だったわね)


ほむら(小さいころのまどか…天使のようでとってもかわいかったわ…)ホムホム



970:1:2011/10/07(金) 02:40:11.40 ID:tlkuSAx90

―昼―


ほむら(…)ホムホム


ほむら(…)ホムホム


ほむら(あら…? いつの間にかこんな時間に。時間が経つのは早いわね)


ほむら(じゃあ、まどかが用意してくれたパンをいただきましょう)


ほむら(小さくきってあって食べやすいわ。ありがとう、まどか)ムグムグ


ほむら(でも、カレーパンは止めてほしかったわ。このサイズだと油がキツイわね。パンとカレーを混ぜるのも大変だし)



971:1:2011/10/07(金) 02:40:53.17 ID:tlkuSAx90

ほむら(ごちそうさま。おいしかったわ、まどか)


ほむら(さて、アルバムの続きでも見ましょう)


ほむら(ちょっと冷えるから、まどかの寝巻にでもくるまりましょうか)


ほむら(次は海水浴に行った時の写真のはず。メインイベントね)ホムホム



972:1:2011/10/07(金) 02:41:47.43 ID:tlkuSAx90

   ガチャ


タツヤ「ねーちゃ! ねーちゃ!」


ほむら(あ)


タツヤ「…う?」


ほむら「…」



973:1:2011/10/07(金) 02:42:15.52 ID:tlkuSAx90

ほむら(し、し、し、しまった…!)


ほむら(確かこの子は、まどかの弟のタツヤくん…!)


ほむら(聞いてはいたけれど、会うのは初めてだわって、そうじゃない!)


ほむら(ど、どうしましょう。こうなったら一か八か人形の振りを…)



974:1:2011/10/07(金) 02:42:44.47 ID:tlkuSAx90

タツヤ「あ!」テクテク


ほむら「…」


タツヤ「にんにょ! にんにょ!」ガシッ


ほむら「…!」ビクッ


タツヤ「さいくろん、じょーかー!」


ほむら「…」ブルブル


タツヤ「しょちょー! しょちょー!」



975:1:2011/10/07(金) 02:43:10.15 ID:tlkuSAx90

ほむら「…」


タツヤ「…」


ほむら「…」




タツヤ「ぬぎぬぎー!」


ほむら「ほむーーーーーーーーーーーー!!!!」



976:1:2011/10/07(金) 02:43:55.25 ID:tlkuSAx90

ほむら(貞操の危機に思わず叫んでしまったわ…)


ほむら(でもしかたないわ。タツヤくん、この身はまどかに捧げているの。ごめんなさいね)


タツヤ「にんにょ! おはなしー!」


ほむら(さて、どうしましょう…)



977:1:2011/10/07(金) 02:44:22.21 ID:tlkuSAx90

ほむら「ほ、ほむ?」


タツヤ「ほむ?」


ほむら「ほむむむ」


タツヤ「ほむ? ほむ?」


ほむら「ほむむ、ほむむ」


タツヤ「ほむー! ほむー!」キャッキャッ


ほむら(…伝わっているのかしら?)



978:1:2011/10/07(金) 02:44:52.15 ID:tlkuSAx90

ほむら(私は暁美ほむらよ。タツヤくんよろしくね)


タツヤ「ほむー! ほむー! ほむー!」


ほむら(と言っても、分からないわよね。『ほむー』でいいわ)


タツヤ「ほむあー! ほむあー!」


ほむら(え…?)


タツヤ「ほむあー!」


ほむら(そう、ほむらよ! タツヤくん!)


ほむら「ほむっ、ほむっ!」


タツヤ「ほむあー!」キャッ キャッ



979:1:2011/10/07(金) 02:45:43.27 ID:tlkuSAx90

ほむら(流石まどかの弟さんね。私との相性は抜群だわ)


タツヤ「ほむー! ほむー!」


ほむら(今日はこの子と遊びましょうか。お父様の助けになるかもしれないし、子守くらいはこの体でも…)


タツヤ「あー、ねーちゃ!」


ほむら(ああ、アルバムが出しっぱなしだったわね。片付けないと)



980:1:2011/10/07(金) 02:46:20.38 ID:tlkuSAx90

タツヤ「あいー?」


ほむら(あら、タツヤくん。アルバムが見たいの?)


タツヤ「パパ―。ママー!」


ほむら(ええ、貴方とまどかのご両親ね。機会があればご挨拶したいわ)


タツヤ「あい? だれ、これー?」


ほむら(これは小さいことのまどか。あなたに似ているわよ)


タツヤ「ねーちゃ?」


ほむら(そう、まどかよ)


タツヤ「ねーちゃ! ねーちゃ!」


ほむら(そう、かわいいわね…)ホムホム



981:1:2011/10/07(金) 02:46:57.42 ID:tlkuSAx90

タツヤ「ほむあー、ほむあー」


ほむら「ほむ?」


タツヤ「ねーちゃ、すきー?」


ほむら「ほびゃ!」ブッ


タツヤ「すきー? すきー?」


ほむら(な、な、なにを…)///



982:1:2011/10/07(金) 02:47:22.90 ID:tlkuSAx90

ほむら「…」


ほむら「……」


ほむら「……ほむ」


タツヤ「ほむあー、ねーちゃ、すきー!」キャッ キャッ


ほむら(伝わるものね…)



983:1:2011/10/07(金) 02:47:55.45 ID:tlkuSAx90

タツヤ「たちゃーも、ねーちゃすきー」


ほむら(ええ、私も大好きよ)


ほむら(でも…私はその大好きな人を守れなくて、何度も何度も…)


ほむら(挙句の果てに今はこのザマ。本当に何をしているのかしらね…)


ほむら(守るどころか、何もできない体になってしまって…)


ほむら(本当に…、なにを…)



984:1:2011/10/07(金) 02:48:24.67 ID:tlkuSAx90

タツヤ「ほむあー?」


ほむら(え?)


タツヤ「ほむあー、だいじょぶー? どこかいたい?」ナデナデ


ほむら(タツヤくん…)


タツヤ「とんでけー。とんでけー」スリスリ


ほむら(ええ、大丈夫。挫けたりなんかしない)


ほむら(必ず、まどかを救って、成長した貴方と会えるようにするわ)


タツヤ「わらったー! ほむあー!」キャッ キャッ



985:1:2011/10/07(金) 02:49:01.99 ID:tlkuSAx90

――――――

タツヤ「さいくろん! じょーかー!」


ほむら(ええと、この人形と戦えばいいのかしら?)


タツヤ「どーぱんとー! うぇざー!」


ほむら(とりあえず、えい)ホムキック


タツヤ「まきまむどらいぶー!」ボカッ


ほむら(あふっ! なかなかダメージが大きいわ…)



986:1:2011/10/07(金) 02:51:37.84 ID:tlkuSAx90

――――――

タツヤ「たーとーばー! たとばーたーとーばー!」


ほむら「ほーむーむー」


ほむら(変な歌ね…)


タツヤ「うヴぁ―。こそこそー。ごきぶり―」


ほむら(ゴキブリがいるのかしら? 始末しないと)



987:1:2011/10/07(金) 02:52:31.79 ID:tlkuSAx90

――――――

タツヤ「ればー! へちんー!」


ほむら(そう、変身って言ってレバーを入れて! こう!)


タツヤ「うちゅー! きたー!」


ほむら(こんなこともあろうかと視聴しておいてよかったわ)



988:1:2011/10/07(金) 02:55:20.24 ID:tlkuSAx90

―夕方―

まどか「ただいまー!」


知久「お帰り、まどか。今日は早かったね」


まどか「うん。でも今日はこれからまた出かけるの。友達が待ってるんだ」


知久「そうなんだ。あんまり遅くならないようにね。最近、ちょっと多いよ?」


まどか「うん、気を付けるね」


まどか(今日は何もないといいな…)



989:1:2011/10/07(金) 02:55:48.17 ID:tlkuSAx90

タツヤ「ねちゃー、おかえり―」


まどか「あ、たっくん。ただいま」


タツヤ「ほむーほむー!」


まどか「え?」


タツヤ「ほむあー、あそんだー」キャッキャッ


知久「そういえば、今日はタツヤはまどかの部屋でずっと遊んでいたね。何か面白いものでもあったのかな」


まどか(ま、まさか…)



990:1:2011/10/07(金) 02:56:19.76 ID:tlkuSAx90

まどか「ただいまー、ほむほむ。今日たっくんと…って!」


ほむら「…」ピクピク


まどか「ほ、ほむほむ?」


ほむら(お、おかえりなさい…まどか…)


まどか「な、何かいい感じに汚れた感じになってるけど、大丈夫?」


ほむら(幼児のパワーを侮っていたわ…。最後は結局着せ替え人形に…)


まどか「ご、ごめん! ウチのたっくんが取り返しのつかないことを…」


ほむら(償いは…貴方の膝枕と…頬すりで…がくっ)


まどか「ほむほむー!」



991:1:2011/10/07(金) 02:56:49.92 ID:tlkuSAx90

タツヤ「ほむあー、だいすきー!」


知久「楽しそうだね。新しい友達でもできたのかな」


タツヤ「ねーちゃすきー、ほむあー!」キャッキャッ



992:1:2011/10/07(金) 02:57:35.89 ID:tlkuSAx90

投下終了です。

ご拝読ありがとうございました。



995:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(大阪府):2011/10/07(金) 07:15:25.99 ID:r8A20TqJo

おつー




2:1:2011/09/22(木) 21:39:29.41 ID:3JxX8uwh0

―ほむ家―


ほむら「…うっ…うっ…」




    「じゃあ、『またね』ほむらちゃん」




ほむら「まどかぁ…まどかぁ…」

ほむら(まどかが、行っちゃった…)

ほむら(私のせいだ。私がちゃんと守れなかったから…)

ほむら(やりなおす? また、いつものように?)

ほむら(まどかの願いも、思い出も、絆もなかったことにして?)



3:1:2011/09/22(木) 21:40:33.63 ID:3JxX8uwh0

   「これでみんな助かる。やっと本当に自分が出来ることが見つかったの。ほむらちゃんに望まれたわたしが出来る本当のことが。
    ほむらちゃんの戦いを絶対に無駄にしない。無駄だったなんて誰にも言わせない。それがわたしの戦いなの」




ほむら(できない。できないよ…)

ほむら(まどかが無駄にしないって言ったのを、私が無駄にするなんてできない)

ほむら(それに、繰り返せば繰り返すほどまどかの因果が増えていく。もうこれ以上、時間を繰り返すことは…とても)

ほむら(これで、終わりなの?)

ほむら(私がしてきたことはこれで…?)

ほむら(まどかは結局、魔法少女になって。世界の為に一人犠牲になって)

ほむら(私の願いの結果が、これなの…?)



4:1:2011/09/22(木) 21:41:14.42 ID:3JxX8uwh0

    ゴボ





ほむら(! ソウルジェムが…)

ほむら「やだ…、やだぁ…!」

ほむら(まどかが無駄にしないって言ったのに…。希望を持ってほしいって言ってたのに)

ほむら(でも、まどかを助けられなかった世界に希望なんて…)

ほむら(無駄にするの? 結局、まどかの願いも思いも私が全部…)

ほむら(まどかにただ普通に生きていてほしかった。助けたかった、それだけなのに…)

ほむら(無駄にしたくない。まどかの決意を無駄にしたくないよ…)

ほむら(まどか…)



5:1:2011/09/22(木) 21:42:48.23 ID:3JxX8uwh0

ほむら(…貴方は、いつだって、そうやって自分を犠牲にして)

ほむら(でも、どんなときも本当にそれしか道が無くて)

ほむら(貴方は本当にそれでよかったの? たった一人で全部背負って苦しくなかったの?)

ほむら(嫌だって、言ってほしかった。怖いって、言ってほしかった。助けてって、言ってほしかった)

ほむら(貴方が助けてほしいって言ってくれたのはたった一度きりだった。それが私には嬉しかった。貴方に出来ることが一つでもあったから)

ほむら(でも、私は何もあなたにしてあげられなかった。そればかりか貴方をこんな選択をさせるまでに追いつめて)

ほむら(貴方に私の助けは必要なかったの? 何もしないほうが、私も貴方も幸せだったの?)

ほむら(貴方は、結局一人で頑張って、何もかも…)

ほむら(もう、私がいる意味なんて…)



6:1:2011/09/22(木) 21:43:42.08 ID:3JxX8uwh0

   「まどかを守れないわたしは、もう何の価値もないんだからさ」





ほむら(…!)

ほむら(価値が無い…それを私が言うの…?)

ほむら(あの美樹さやかを否定した、私が…?)

ほむら(美樹さやかに価値はあった。まどかもマミも杏子もみんな必要としていて、だから彼女を取り戻そうと必死になった)

ほむら(わたしも…彼女は嫌いじゃなかった。苦手ではあったけれど)

ほむら(自分の価値も分からず、意味がないと言った彼女を私は認めることは出来ない。だって、それは必要としてくれた人たちも裏切ることになるのだから)

ほむら(まどかは私に居てほしいと言ってくれた。それを裏切るの? 価値が無いと言って。まどかの気持ちは無意味と言って)

ほむら(でも、私の居る意味は、私は何が出来るの…?)



7:1:2011/09/22(木) 21:44:35.43 ID:3JxX8uwh0

    「何でも一人でできるのかもしれないけど、それってすごく大変だと思うの」

ほむら(私は…)

    「それでもいいんじゃないかな。お互いに助けあっていければ、きっと何だってうまくいくよ」

ほむら(貴方は私を必要としてくれた。でも私は、貴方に何もできなかった)

    「じゃあ、二人の勝利! だね!」

ほむら(守る…違う?)

    「一人じゃないよ、さやかちゃん。ほむほむもいたし」

ほむら(私は、まどかに何が出来るの?)
    
    「だったら、だからこそ一緒にいることを大事にしようよ。あなたと出会ったことが間違いだなんて、わたし思いたくない。友達のこと、そんなふうに思いたくないもん」



8:1:2011/09/22(木) 21:45:39.51 ID:3JxX8uwh0

ほむら「…」



ほむら(そうだ、まだ終わったわけじゃない…)

ほむら(私は…)



9:1:2011/09/22(木) 21:46:29.61 ID:3JxX8uwh0

―見滝原市―



    …ハハ



まどか「そんな…どうして…」



    …ハハハハ



まどか「祈りを捧げたのに…」



    …ハハハハハハハハハハハハ



まどか「なんで…なんで、倒せないの?!」


ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハ!!」



10:1:2011/09/22(木) 21:47:18.27 ID:3JxX8uwh0

使い魔「…」

まどか「なんで…」バシュ

使い魔「――」

まどか「なんで、こんなことに…」



マミ『鹿目さん! しっかりして!』

杏子『まどか! しっかりしろ』

マミ『佐倉さん、鹿目さんのフォローをお願い!』

杏子『わかった! 今――がっ!』

マミ『佐倉さん――きゃっ!』



まどか「杏子ちゃん! マミさん!」



11:1:2011/09/22(木) 21:47:57.75 ID:3JxX8uwh0

 アハハハハハハハハハハハハ アハハハハハハハハハ




まどか「使い魔なら、これで…!」


 バシューン チュドドドドドドドドドドドド!!!!!


使い魔「―」
使い魔「―」
使い魔「―」


まどか「二人とも無事でいて…!」



12:1:2011/09/22(木) 21:48:54.45 ID:3JxX8uwh0

 アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ




まどか「! ワルプルギス…!」
 
ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハ!!!」バシュバシュ

まどか(光弾! 回避でき…)



13:1:2011/09/22(木) 21:49:56.82 ID:3JxX8uwh0

   ドンドンドンドンドンドン 


まどか「あうっ…!」ドシャ

まどか(吹き飛ばされ…、マミさんと…杏子ちゃんは…)



ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハ!!」

まどか「私は…」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハ!!!」

まどか「あなたに負けない…!」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!」

まどか「絶対に負けられないの…!」

 バシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュバシュ

ワルプルギスの夜「アハハハハハ――」

まどか(お願い…! 倒れて…!)



14:1:2011/09/22(木) 21:50:40.21 ID:3JxX8uwh0

まどか「はぁっ…はぁっ…」

まどか(ワルプルギスの夜…は…)




        「――――ハハハハハハハハハハ」




まどか「う…そ…」

ワルプルギスの夜「アハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

まどか「そん…な…」

まどか(あれだけ撃ちこんだのに…倒せない…なんて)

まどか「う…うう…」

まどか(なんで…どうして…)



15:1:2011/09/22(木) 21:54:56.90 ID:3JxX8uwh0

QB「どうやら、無理だったようだね」

まどか「キュゥべえ…!」

QB「その状態でも僕が見てきた中では一番の能力の高さだけど、ワルプルギスには届かなかったようだね」

まどか「なんで倒せ…ないの? わたしなら叶わない願いは無いんでしょ…?」

QB「ああ、無数の因果の特異点となった君なら、叶わない願いはない」

まどか「じゃあ、なんで…」

QB「本来なら、そのはずだったんだけどね」

まどか「どういう…こと?」

QB「最初に会ったときに言っただろう。僕と契約せずに魔法少女の力を手に入れた君は、僕にとっても分からないことだらけだって
   だから、何が起きるかまでは実際に起こるまでは予想は出来なかった。契約する身としてはこれはこちらの不備だ。あやまるよ」

まどか「そんなことはいいの! 早く願いを叶えて! このままじゃ…」

QB「まどか、君の祈りによってもう君の魂はソウルジェムになっているよ。それにもかかわらず、願いが叶わないのは君が原因だ。
   僕にどうにかしろと言われても困るね」



18:1:2011/09/22(木) 21:56:58.94 ID:3JxX8uwh0

まどか「わた…し…?」

QB「そうさ、まどか。君はこれまで変身を重ねてきた。そしてその影響で君の魂は暁美ほむらのソウルジェムに同化しつつあった。
   君はもう普通の人間じゃなかった。僕が手を加えずとも魂はソウルジェム化しつつあり、普通と呼べる状態からはかけ離れていたんだ。
   そんな状態の魂をソウルジェムに変えたのが、原因なんだろうね。僕にも予想できなかった不具合が発生したんだ」

まどか「不具合…? 不具合って…どういうこと?」

QB「君の魂は確かにソウルジェムになった。でも既に魂の大部分がソウルジェム化していて、本来の機能が発揮できなかったんだよ。
   魔法少女の能力は因果の量で決まる。でも、君はその因果の量を能力に変えることができないんだよ、まどか」

まどか「…!」

QB「今の君は、いわば取り出し口のないタンクのようなものさ。どんなに大きなエネルギーを秘めていてもそれを開放することができない。
   全く、とんだ宝の持ち腐れさ。君にとっても僕にとってもね」

まどか「そ…ん…な…」

QB「まどか、君は確かに強力な魔法少女だ。おそらく、因果の量の一部を得ているのだろう。その能力は十分驚嘆に値するものだよ」

まどか「…」

QB「でも、残念ながら君の願いを叶えるほどの力は無かったみたいだ。今の君に、君の望む奇跡を起こせる力はないんだよ」

まどか「…」

QB「僕としても残念だよ。予定なら、君が魔法少女になり魔女になることで、エネルギー回収のノルマを達成できるはずだったんだけどね。
   この分だと、魔女になっても得られるエネルギーは大幅に少なくなりそうだ。この星の少女からエネルギーを得ないといけないのは、当分変わらないみたいだね」

まどか「…」

QB「まどか? 聞いているのかい、まどか?」

まどか「…」

QB「ああ、ソウルジェムが濁り始めたようだね」



20:1:2011/09/22(木) 21:57:39.27 ID:3JxX8uwh0

まどか(何も…出来なかった)

まどか(またほむらちゃんを裏切ったのに。泣かせちゃったのに)

まどか(なんで、こうなんだろう。なんで奇跡も魔法もないんだろう。
    希望を抱くのが間違いなはずなんてないのに、なんでそんなことも許してくれないんだろう)

まどか(わたし、みんなを助けたかった。それを出来る力もあった。それなのに…)

まどか(結局、わたしは何もできない。弱くて、嘘つきで、友達も救えなくて…)

まどか(あ、ソウルジェムが…)



21:1:2011/09/22(木) 21:58:26.18 ID:3JxX8uwh0

まどか(…! だめ!)

まどか(希望を抱くのが間違いなんて、そんなこと絶対ない!)

まどか(止めて…! 濁らないで…! )

まどか(やだ…やだぁ…!)

まどか(何で…何で…)

まどか(……)

まどか(…)



22:1:2011/09/22(木) 21:58:56.31 ID:3JxX8uwh0

QB「ソウルジェムを砕くつもりだね、まどか」

まどか「…」

QB「残念だよ。君はこの宇宙を救うと思ってたんだけどね。結局は、ただの魔法少女だったというわけだ」

まどか「…」



23:1:2011/09/22(木) 21:59:36.43 ID:3JxX8uwh0

まどか(…誰か)








まどか(…助けて)



24:1:2011/09/22(木) 22:00:15.88 ID:3JxX8uwh0





   『それには及ばないわ』







25:1:2011/09/22(木) 22:01:01.75 ID:3JxX8uwh0

まどか「…え」

QB「おや?」

???『よかった…。また、会えた』

QB「そういえば、君の姿が見えなかったね。もう何もできないから、放っておいても問題ないと思っていたのだけれど」

???『否定はしないわ。私一人では何もできないのは事実だから』

QB「では、何をしにここに来たのかな? それなら、わざわざこんなところまで来る理由はないと思うのだけれど」

???『お前には言ってもわからないでしょうね。出来る出来ないに関係なく、やらなければいけないことはあるのよ』

QB「わけがわからないよ」

???『さて…』



26:1:2011/09/22(木) 22:01:37.79 ID:3JxX8uwh0

ほむら『困っているなら相談に乗るわ、まどか』

まどか「ほむら…ちゃん」



40:1:2011/09/25(日) 21:16:11.00 ID:NGrhgjFT0

まどか「なんで…、どうして…?」

ほむら『あれでお別れなんて嫌だったから。急いできたけど間に合ったみたい』

まどか「…」

ほむら『まどか?』

まどか「…体」

ほむら『ああ、これ? 本物の方は貴方が縛り上げてしまったでしょ。ほどく方法が見つからなかったから、仕方なくこちらの体を使ったの。
    ここまで来るのに苦労したんだよ?』

まどか「…」



41:1:2011/09/25(日) 21:17:32.45 ID:NGrhgjFT0

ほむら『で? 貴方はどうしてソウルジェムを砕こうとしているの?』

まどか「それ…は…」

ほむら『「希望を信じた魔法少女のみんなが絶望で泣くこともない。そんな世界をわたしは作りたい」
    「希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、何度でもそう言い返せる」
    私にそう言ったのは嘘だったの?』

まどか「違う…。わたしだってそうしたかった…。でも…、結局…何もできなくて…」

ほむら『話して、まどか』

まどか「…でも」

ほむら『困ったことがあるなら何でも相談して、私は貴方の力になりたいの』

まどか「…」

ほむら『お願い、まどか』

まどか「…」



42:1:2011/09/25(日) 21:18:38.91 ID:NGrhgjFT0

まどか「ほむらちゃん…ごめんね…。わたし、何もできなかった…!」

    「魔法少女のみんなが希望を持てる世界にしたかったのに…! さやかちゃんやマミさんや杏子ちゃんやほむらちゃんが泣かないような世界にするはずだったのに…!」

    「何も…、何もできなかったの…!」

    「今のわたしは、何の力も奇跡も起こせないただの魔法少女で…! 祈りを捧げても願いが叶わなくて…!」

    「最低だよ…わたし…。またほむらちゃんを泣かせて…裏切って…魔法少女になったのに…!」

    「結局…、何も…できなかったの…!」

    「…うう…ぐすっ…ひっく…ひっく…う…ああ…」

    「うう…ううううぅぅ……うぅ……うう゛うう゛うう゛うう゛う……!!!」



43:1:2011/09/25(日) 21:19:38.98 ID:NGrhgjFT0

ほむら『まどか、泣かないで』

まどか「でも…でも…」

ほむら『キュゥべえ、どういうこと? まどかなら、どんな願いでも叶うんじゃなかったの?』

QB「そのはずだったんだけどね。君との変身を重ねたせいで魂が変質した結果、予想もしなかった不具合が発生して、背負った因果を力に変えることができないんだ。
   今の彼女は強いことには変わらないけれど、そんな途方もない願いを叶えるほどの力はないよ。ワルプルギスの夜を倒すこともね」

ほむら『そう…』

QB「僕としては、本来のエネルギー回収が見込めなくて残念なんだけれど」

ほむら『お前のことは聞いてないわ』




まどか「ごめん…ほむらちゃん…ごめんね…」

ほむら『謝らないで、まどか。私は大丈夫だよ』

まどか「でも…ほむらちゃんを…裏切ったのに…」

ほむら『裏切ってなんかいない。全ての魔法少女を救おうとしてくれたんでしょ? その中に私も含まれてるなら、それは裏切りじゃないわ』

まどか「でも…何も…できなくて…」



44:1:2011/09/25(日) 21:20:07.11 ID:NGrhgjFT0

ほむら『…ねえ、まどか。一つ聞いていい?』

まどか「…?」

ほむら『今でも、希望を信じた魔法少女が絶望で泣くこともない世界を作りたいと思ってる?
    希望を抱くのが間違いだなんて言われたら、何度でもそう言い返せると思う?』

まどか「…うん」

ほむら『それが、貴方のやりたいこと? どんなことになっても後悔はない?』

まどか「うん…でも…」

ほむら『わかったわ』

まどか「え…?」

ほむら『まどか、一つ提案があるの』



45:1:2011/09/25(日) 21:20:44.87 ID:NGrhgjFT0

ほむら『私と、変身して』

まどか「…!」



46:1:2011/09/25(日) 21:21:52.66 ID:NGrhgjFT0

QB「何を言っているんだい、暁美ほむら。次に変身すればどうなるか、君にも説明しただろう?」

ほむら『時間操作の能力が極限まで肥大化した結果、永遠の時間をさまようことになるのでしょ?
    過去と未来の私達の全ての時間への移動の可能性を受け止めて、過去と未来あらゆる場所と時間軸に存在するようになる。そうだったかしら』

QB「わかっているじゃないか。そんなことになったら、君たちは…」





ほむら『過去と未来の、全ての魔女と戦うことができるようになるわね』





QB「…!」

ほむら『あらゆる場所と時間に存在できるなら、当然派生した他の未来でも私達は存在する。
    全ての魔女を消し去れるわ。過去と未来、全ての魔女を生まれる前に』



47:1:2011/09/25(日) 21:23:30.02 ID:NGrhgjFT0

QB「…君は自分が何を言っているのか、分かっているのかい?」

ほむら『お前が叶えられなかったまどかの願いを、わたしなら叶えることができる。という話よ』

QB「自我の問題はどうするんだい? 君とまどか、どちらかがあるいは両方が消える可能性だって…」

ほむら『貴方と契約したせいで、まどかの魂が別のソウルジェムとなったのなら、案外自我も融合しないで済むんじゃないかしら。まあ希望的観測だけど』

QB「君は忘れている。そうなれば、君たちの存在は耐えられない。人としての存在が消滅するんだ。
   魔女を倒すという使命を消えてしまう。魔女を消し去ることは出来ないよ」

ほむら『忘れたの? まどかはその願いでお前と契約したのよ。契約は絶対。使命は消えることはないわ。
    
    まどかに力が無いから願いが叶わないというなら、私と変身すればソウルジェムも本来の機能を取り戻して力が戻る。
    
    大体、高次元の生き物になったらどうなるか。それはお前達にも分からないと言っていたでしょう? 
    
    だったら、どうなるかなんて誰にも分からないんじゃないのかしら』

QB「…君は、本気なのか? 本気で、高次元の…神にでもなろうとしているのかい?」

ほむら『私は神様になんてなる気はないわ。なりたいものは他にあるの』

QB「…」



48:1:2011/09/25(日) 21:24:18.75 ID:NGrhgjFT0

ほむら『まどか、時間が無いわ』

まどか「…」

ほむら『私と変身して。そうすれば、貴方の願いは叶う。全ての魔法少女に希望を与えることができる』

まどか「…」

ほむら『貴方がやろうとしたことができるの。まどか』

まどか「…」



49:1:2011/09/25(日) 21:24:56.42 ID:NGrhgjFT0

まどか「…できないよ」


ほむら『…』

まどか「ほむらちゃんを…、巻き込むなんてこと…できない」

ほむら『…』

まどか「永遠に戦うことになるんだよ? 後戻りもできない。そんなことにほむらちゃんに…」

ほむら『…』

まどか「ほむらちゃんは、もうずっとわたしのために戦ってきてくれてたのに…。今までだって、何度も何度もやり直して…。
    それなのにこれ以上、わたしのために辛い目に合って…」

ほむら『…』

まどか「ごめん、ごめんね…。だけど、そんなこと…」



50:1:2011/09/25(日) 21:25:36.31 ID:NGrhgjFT0

ほむら『…まどか』

まどか「うっ…うっ…」


ほむら『私ね、自分に何のとりえもなくて、生きる価値なんてないと思っていたの』


まどか「ほむらちゃん…?」

ほむら『心臓の病気で色んな人に迷惑かけちゃって、学校に通えるようになってからも何にもできなくて。自分に生きる価値なんてないって思ってた』

まどか「…うん」

ほむら『でもね、そんな私に価値をくれたのが貴方なの。
    貴方は私のことを友達だと言ってくれた。私を助けることができたのが誇りだって言ってくれた。それで私は、自分がここに居てもいいって思えるようになったの。
    だから、私は貴方が死んでしまうのが嫌だった。私に力が無くて貴方が死んでしまうのが運命なら、その出会いをやり直そうと思ったの』

まどか「…でも、わたしはそんなこと知らなくて…、それでほむらちゃんは何度も…」



51:1:2011/09/25(日) 21:26:52.88 ID:NGrhgjFT0

ほむら『まどかは言ったわよね。勝手なことばかり言って、私の気持ちを踏みにじってきたって』

まどか「そうだよ…。ほむらちゃんの思いを何度も無駄にして、わたしは…」

ほむら『私も、貴方と同じよ』

まどか「え…?」

ほむら『魔法少女になっても構わないという、貴方の決意や祈りを無かったことにして、自分のことを優先した』

まどか「違うよ…。ほむらちゃんはわたしとの約束が…」

ほむら『ううん。まどかの為と言って、貴方の祈りを否定した。約束と言って、そこに全部押しつけて。
    私が魔法少女になってでも叶えたい願いがあったように、貴方にも自分の運命を差し出してでも叶えたい願いがあった。
    私は、そんなまどかの大事な願いをないがしろにしてきたの』

まどか「でもそれが約束だったから…。助けてほしいって、わたしとの…」



52:1:2011/09/25(日) 21:27:40.19 ID:NGrhgjFT0

ほむら『私ね。いつも貴方の背中を見ていた。貴方はいつも誰かを助けるために戦って、そんな貴方のようになりたいって思ってたの。
    でも、貴方を助けるために何度もやり直すうちに、いつの間にか私は貴方の前に立つようになった。
    貴方を見ないで、守ることだけを考えて、貴方を後ろに隠すようになったの』

ほむら『たぶん、守るってそういうことなんだと思う。
    弱い人を守るって、聞こえはいいけれど、それは守る人を閉じ込めることだと思うの。
    傷つかないようにどこかに閉じ込めて、何にも触れないようにする。でもそれって必ずしも相手にとって良いことだとは限らない。
    そんなの、相手を見ていない。自分を押し付けていることに過ぎないから』

ほむら『最低なのは私よ。まどかを守ったふりして、まどかを見ていなかった。勝手なことばかり言ってまどかの気持ちを踏みにじってた。
    挙句に思い通りにならなかったら、人間が滅ぶことや約束を言い訳に自分のことを優先した』

ほむら『ごめん…。ごめんなさい…まどか…』

まどか「ほむらちゃん…」  



53:1:2011/09/25(日) 21:28:34.65 ID:NGrhgjFT0

ほむら『体が小さくなってね。私は貴方を守る力を失った。また私は何にも価値が無くなったって思った。
    でも、そんなことなかった。小さくなってからの貴方との日々は、今までとは全く違ったけどね』

まどか「うん…そうだよね。あんなに、ほむらちゃんとたくさん話したことはなかったよ」

ほむら『一緒に相談して、互いに協力して、魔女と戦うために練習して、たまに意見が合わなかったり、お互いにダメな部分を注意したり。
    そんな風にして、私と貴方は魔女や運命と戦っていった』

まどか「迷惑かけちゃったよね、色々と」

ほむら『私もね。貴方に負担をかけてしまった。でもそれで、ここまでこれたの。マミやさやかや杏子という仲間ができて。さやかを運命から救えて。
    お互いに隠していたことを言えて、ここまでこれた』

まどか「…そうだね」



54:1:2011/09/25(日) 21:29:11.66 ID:NGrhgjFT0

ほむら『まどか。貴方は本当に、一人で未来永劫戦い続けられると思ってたの?』

まどか「…うん」

ほむら『嘘』

まどか「…」

ほむら『貴方はいつだって、一人で背負いきれないものを背負い込んでいた。
    一人でワルプルギスと戦ったり、私やさやかのことを考えて一人で奔走しようとした』

まどか「…」

ほむら『私はそんな貴方を、助けたいって思ったの』

まどか「…!」

ほむら『守るんじゃない、助けたいの。この一か月間みたいに一緒に相談して、協力して、戦って。良い結果を出すために。
    背中に隠すんじゃない。お互いに顔を合わせて、向き合っていきたいの、まどかと』

まどか「でも…!」



55:1:2011/09/25(日) 21:30:32.09 ID:NGrhgjFT0

ほむら『何でも一人でできるのかもしれないけど、それってすごく大変だと思う』

まどか「え…?」

ほむら『お互いに助けあっていければ、きっと何だってうまくいく。一緒にいることを大事にしよう』

まどか「あ…」

ほむら『全部、貴方から教わったことよ、まどか』

まどか「でも…! でも…、わたしは…! ほむらちゃんに…、幸せに…」

ほむら『貴方一人に全て任せて、自分だけ何もしないで生きることは、私にはできないわ』

まどか「…」



56:1:2011/09/25(日) 21:31:00.69 ID:NGrhgjFT0

まどか「…本当に、どうなるか。分からないんだよ?」

ほむら『分かってるわ』

まどか「マミさんや杏子ちゃん、それに家族や友達。みんなに忘れられちゃうかもしれないんだよ?」

ほむら『そうだと決まったわけではないわよ』

まどか「人間じゃなくなっちゃったんだよ。もう誰にも見えなくなっちゃうかもしれないよ?」

ほむら『それでも、やりたかったんでしょ? なら、私は貴方についていくわ』



57:1:2011/09/25(日) 21:31:30.23 ID:NGrhgjFT0

まどか「…なんで、なんでそこまで…ほむらちゃんはしてくれるの…? 
    なんで、こんなわたしを…助けてくれるの?」

ほむら『…あたり前じゃない』



58:1:2011/09/25(日) 21:32:09.48 ID:NGrhgjFT0





ほむら『友達、なんだから』







59:1:2011/09/25(日) 21:32:45.81 ID:NGrhgjFT0

まどか「う…」

ほむら『友達だから、まどかと向き合いたいの。助けたいの』

まどか「う…うう…」

ほむら『まどかは私を助けてくれた。私に希望をくれたから』

まどか「うう…うああ…ああ…」

ほむら『別れた時にまどかが言ってくれたように、私も言うね』

まどか「うあああ…ほ…むら…ちゃん」



60:1:2011/09/25(日) 21:33:16.76 ID:NGrhgjFT0

ほむら『鹿目まどか。貴方は、私の、最高の友達だよ!』

まどか「ほむら…ちゃん!」



61:1:2011/09/25(日) 21:34:06.55 ID:NGrhgjFT0

QB「君たち…本気なのかい?」

ほむら『決心はついたわ』

まどか「うん…もう決めたの」

QB「まどか。永遠とも呼べる時の流れは残酷さ。どんな願いも意思も、これらの前では無意味だ。
   暁美ほむらを道連れにしたところで、彼女に君をこの残酷な現実から守る力はないよ」

まどか「…違うよ、キュゥべえ」

ほむら『貴方に目はついているの? こんな体の小さな生き物に、そもそも力なんてないわ。
    私は強い人間じゃない。まどかを守る力もないし、運命を変える力もない。だから、助け合うの』

まどか「うん。一人じゃできないことも、二人ならきっとできる」

QB「理解に苦しむ考えだね。現実がまるで見えていない」

ほむら『その理解に苦しむ考えで行動するのが私達よ。それが感情というもの。
    このエネルギーが宇宙を救うんだから、世界を作り直すことなんて訳ないわ』

まどか「うん。わたし達は絶対に負けない」

QB「やれやれ、魔法少女は宇宙を救うために存在しているんだけどね。その妨害をするなんて、本末転倒だよ」

ほむら『貴方たちの定義ではそうなんでしょうけどね。私達のなかでの魔法少女は違うのよ』



62:1:2011/09/25(日) 21:34:45.00 ID:NGrhgjFT0

QB「君たちの中の魔法少女って?」


ほむら『魔法少女は、絶対に希望を忘れない』

まどか「うん。夢と希望で世界を救うのが、魔法少女なんだから!」



63:1:2011/09/25(日) 21:35:38.97 ID:NGrhgjFT0

ほむら『まどか…』

まどか「…うん」








まどほむ「『変身!』」










――――――――――

――――――――

――――――

――――

――





64:1:2011/09/25(日) 21:36:08.42 ID:NGrhgjFT0

―見滝原市―



杏子「うぉりゃ!」ザシュ

魔獣「#####…」

杏子「うし、これで終わりっと」



65:1:2011/09/25(日) 21:36:38.90 ID:NGrhgjFT0

マミ『佐倉さん。そっちはどう?』

杏子『ああ、今片付いたよ。マミは大丈夫か?』

マミ『ええ、こちらも問題なし。帰って夕飯にしましょう』

杏子『おう』

マミ『美樹さんも、どう? 寒いから鍋物にしようと思ってるんだけど』

さやか『いいんですか?! いやー、実は今日親がいなくて夕飯に困ってたんですよー』



66:1:2011/09/25(日) 21:37:32.02 ID:NGrhgjFT0

杏子『その前に、お前は今日の反省な。ったく、いつの間にかマミの方についていきやがって。
   ちゃんと師匠の方について来いっつーの!』

さやか『だれが師匠よ! あたしの師匠はマミさんだっての!』

杏子『うるせー! マミは遠距離専門じゃねえか! さやかはアタシについて来ればいいんだよ!』

さやか『あんたは教え方が無茶苦茶なのよ! 剣一本だけで魔獣と戦えとか無理だってーの!』

杏子『お前は回復に頼り過ぎなんだよ! 少しは先輩の言うこと聞けボケナス!』

さやか『あんだとー!』



67:1:2011/09/25(日) 21:38:00.33 ID:NGrhgjFT0

マミ『まぁまぁ、美樹さん。戦い方を教わるなら佐倉さんの方が教わることが多いのは事実だから』

さやか『マ、マミさーん…』

杏子『ほれみろ』

マミ『そこも含めて、帰って反省会をしましょう。おいしいご飯も作るから、ね?』

杏子『おっしゃー。鳥団子入れてくれよ鳥。終わりはうどんな!』

さやか『あんた、居候なのにどんだけ厚かましいのよ…』



68:1:2011/09/25(日) 21:38:53.46 ID:NGrhgjFT0

―マミ宅―


杏子「とにかくな、さやかは無駄に魔力を使いすぎ。剣を一から作ってぶんぶん投げるわ、回復に頼って怪我を気にせず突っ込むわ。
   早死にしたいのかっつーの」

さやか「う、うっさいわね。それがあたしの能力なんだから、使わなきゃ勿体ないじゃん!」

杏子「使いすぎなんだよ! 能力に頼らず、もっと動きとか攻撃打ちこむ場所とか考えろ! じゃないと本当に消耗して死んじまうぞ」

マミ「そこは佐倉さんの言う通りね。上手い戦い方を身に着けないと危ないわ」

さやか「ううー、…わかりましたマミさん」

杏子「ったく、なんでアタシの言うことは聞かないでマミの言うことは聞くんだよ…」



69:1:2011/09/25(日) 21:39:46.96 ID:NGrhgjFT0

さやか「だって杏子ってば、乱暴なんだもん。失敗したら槍で尻たたくわ、蹴り入れてくるわ」

杏子「ていうか、なんでマミには『さん』付なのにアタシは呼び捨てなんだよ」

さやか「んー、杏子って先輩って感じがしないし。下手すりゃ後輩?」

杏子「ぶっ殺す!」

マミ「まぁまぁ佐倉さん、落ち着いて。そうやってすぐ怒ってたら、先輩としての威厳は保てないわよ?」

さやか「あー、やっぱそうですよねー。マミさんはなんというか先輩としての貫録があるというか、大人の包容力があるというか」

マミ「あら、ありがとう美樹さん」

杏子「うう…、大して年齢も違わないのに、何が足りないっていうんだよ…」



70:1:2011/09/25(日) 21:40:44.90 ID:NGrhgjFT0

マミ「でも最初の頃は、美樹さんは佐倉さんにべったりだったわよね?」

杏子「そ、そうだよな? 何かと頼りにされてたし」

マミ「初めて会った時も、佐倉さんの後ろに隠れてたし。呼び方も『佐倉さん』で何かと後ろに着いて回ってたわよね?」

杏子「少し前までは可愛げがあったのに、どうしてこうなった…」

さやか「…」



71:1:2011/09/25(日) 21:41:28.90 ID:NGrhgjFT0

さやか「…あんたのせいじゃない」ボソ



杏子「へ?」

さやか「そりゃあね、最初の頃は杏子に憧れてたわよ。魔獣に襲われてたところを助けてもらったんだし」

マミ「そういえば、危ないところだったんですってね。美樹さん」

さやか「わけわかんない、モザイクのデカいのが襲ってきて、もうダメだって思ったんですよ。そんなときに颯爽と杏子が来てくれて…」

杏子「そ、そうだったか?」

さやか「あの時の本当に杏子はかっこよかったんですよ。槍を唸らせてバッタバッタと倒していっていったんですから!
    最後のは必殺技みたいなのでドカーンって、ポーズまで決まってて」

杏子「い、いやぁ、そこまでほめられると照れるな…」

さやか「『大丈夫か?』って手を差し伸べられたときには、思わず泣いちゃいましたもん」

マミ「それなら、あんなにべったりしてたのも納得ね。美樹さんにとって佐倉さんはヒーローのようなものだもの」

さやか「その後、キュゥべえから魔法少女のことを聞かされた時も、色々相談に乗ってもらいましたし。
    絶対に後悔しないようにとか、杏子の過去のことを聞かされて色々考えるための材料を用意してもらいましたしね。
    そう言った意味では、杏子は恩人ですよ間違いなく。居なかったら、あたしどうなってたかわかりませんしね」

杏子「さやか…」グス

マミ「んー、ならどうして美樹さん最近佐倉さんの扱いがぞんざいなのかしら? それならもっとべったりしててもいいはずだけど」

杏子「そ、そうだよ。何でなんだ?」



72:1:2011/09/25(日) 21:43:26.92 ID:NGrhgjFT0

さやか「だって、魔法少女になってみたら、杏子ってマミさんの家でグータラしてるだけなんだもん」

杏子「…」

マミ「あー…」

さやか「秘密基地で作戦を立ててるとか、椅子に座って優雅にコーヒー飲んでるとかそこまでとはいいませんけど、まさかヒモだとは思いませんでしたよ」

杏子「ひ、ヒモって…」

マミ(まぁ、一応そういうことになるのかしら?)

さやか「昼間はマミさんの家でグータラしてるだけだし…」

杏子「そ、それはだな…」

マミ(家事はしてくれているんだけど、そんなこと美樹さんはしらないわよね…)

さやか「挙句の果てに、鏡の前でポーズの練習したり…。『ハッ』とか『トリャ』とか掛け声までつけて…」

マミ「確かに一生懸命練習してるわよね、佐倉さん」

杏子「ち、ちゃんと練習しないと決まらないんだよ! ああいいうのは!」



73:1:2011/09/25(日) 21:44:12.16 ID:NGrhgjFT0

さやか「あたしの中のカッコイイ杏子像がぶち壊しですよ。カッコイイはずのヒーローは、実は相棒のヒモで格好つけだったんですから。
    もう夢崩壊ってレベルじゃないですよ。ホント」

杏子「あ、あのなぁ。アタシだっていつでも肩肘張って生きてるわけにはいかねーんだぞ! マミんとこなら安心するから、その…」

マミ「まぁ、でももう少し格好つけるべきだったのかもね。一度格好つけたのなら、最後までやり通さないと」

さやか「その点、マミさんは家事もしっかりしてるし、料理はおいしいし、何よりいつでも頼りになりそうな雰囲気がありますから!
    だから私はマミさんについていきます! これからもお願いしますね!」

杏子「さ、さやかぁ…」




マミ「夢を与えなきゃいけないヒーローは大変ね、佐倉さん」

杏子「うるせー!」



74:1:2011/09/25(日) 21:45:13.39 ID:NGrhgjFT0

マミ「そういえば、美樹さんはその後、幼馴染の男の子とは上手くいっているの?」

さやか「あー、マミさん。すみません、また後で相談に乗ってもらえますか?」

マミ「ええ、私でよければ力になるわ」




杏子「あー、アタシもよければ相談に乗るぞ、うん」

さやか「あんたのはアドバイスにならないからパス」

杏子「あんだと、人がせっかく親切で言ってやってるのに」

さやか「あんたの意見は極端なのよ。そんなんじゃ、さやかちゃんの恋愛の役には立ちません」

杏子「面倒くせえな。そんなに好きなら、手足潰して自分無しで生きられないようにしちまえばいいんだよ」

さやか「それが極端だっての! 大体そんなことしたら、腕組んで歩けないじゃん! バイオリンも聞けなくなっちゃうし!」

マミ(え、ツッコむところはそこなの?)

杏子「そ、そうか。そうだよな」

さやか「そう! だから、恭介が自分からこっちに来るようにしないと!」

マミ(…何かズレているような気がするけど、まぁ良しとしましょう)



75:1:2011/09/25(日) 21:46:17.69 ID:NGrhgjFT0

―土手―



杏子「ったく、マミの奴。『美樹さんに尊敬されるようにならないとね』なんて言って、買い物押しつけやがって。
   自分が運ばないからって、こんなに頼むかよ、フツ―」



  キャッキャッ



杏子(ん? あれ、さやかだ。何やってんだあいつ)

さやか「こら、タっくん。そっち行っちゃ危ないよ!」

杏子(たっくん? アイツ弟なんていたのか?)



76:1:2011/09/25(日) 21:46:53.70 ID:NGrhgjFT0

さやか「なんで、あんたがこんなところにいるのよ…」

杏子「買い物の帰りだ。ついでに散歩」

さやか「早く帰らないと、マミさんに怒られるわよ?」

杏子「大丈夫だよ。それよりオマエこそ何してたんだよ、ていうか弟なんかいたのか?」

さやか「弟? ああ違う違う。あの子は近所の子だよ。鹿目タツヤ君っていってね、ご両親とウチの親が仲良いから、たまに遊んでいるんだ」

杏子「鹿目…? ふーん」

さやか「なに? 知り合いなの?」

杏子「いんや、ちょいと聞き覚えがあっただけだ」



77:1:2011/09/25(日) 21:48:50.58 ID:NGrhgjFT0

さやか「なんか最近は『まどか』ってキャラにハマってるらしくってさ。よく絵をかいてるんだ。アニメか何かのキャラなのかな?」

杏子「しらねーなぁ。アニメ見ないし」

さやか「ヒーローものは見てるのに?」

杏子「うるせぇ」

さやか「あ、そうそう。タツヤ君の家ってお母さんが働いててね。お父さんの方が主夫やってるんだ。お母さんの方が出来る女!って感じでかっこよくてねー」

杏子「へー、珍しいな」

さやか「お、噂をすれば。詢子さーん!」

杏子(…あー、確かに似てるなー)



78:1:2011/09/25(日) 21:49:21.33 ID:NGrhgjFT0

―マミ宅―

杏子「さっき、まどかの奴の家族を見たよ」

マミ「え、本当に?」

杏子「うん。はっきりとは言えないけど、ぼんやりとは覚えてるみたいだ」

マミ「…そう。暁美さんの家族も元気なのかしらね」

杏子「今度探してみようぜ。何が出来るわけじゃないけどな」

マミ「そうね、探してみましょう。あの資料のあったアパートの大家のはずだから、そんなに苦労はないはずだわ」

杏子「あいつら、元気でやってるかな?」

マミ「大丈夫よ、きっと」



79:1:2011/09/25(日) 21:50:10.34 ID:NGrhgjFT0

―夜―


杏子「今日はこんなとこかな」

マミ「佐倉さん、お疲れ様。美樹さんもね」




さやか「ほら、杏子。言い付けどおり、剣一本で戦ったわよ」

杏子「やればできるんじゃねぇか」

さやか「あんだけ、毎日しごかれればそりゃ強くなるわよ。すんごい疲れたけどね…」

マミ「ソウルジェムに穢れも溜まってきたわ。あとで抽出して、キュゥべえに回収してもらわないと」

杏子「…」

マミ「佐倉さん、キュゥべえが嫌いなのはわかるけど我慢してね」

杏子「…分かってるよ」

さやか(マミさん、なんで杏子ってキュゥべえのことが嫌いなんですか?)

マミ(彼女にも色々あるのよ。本人もあまり聞かれたくないことだから、そっとしておいてあげてね)

さやか(気になるなぁ…)



80:1:2011/09/25(日) 21:50:49.34 ID:NGrhgjFT0

さやか「ねぇ、杏子」

杏子「ん、なんだ? 尻叩き止めろって話なら止めねーぞ。さやかはまだまだ未熟なんだからな」

さやか「いや止めてほしいけど、その話じゃないわよ」

杏子「じゃ、なんだよ?」

さやか「何で杏子って、いちいち戦う時に格好つけるの?」

杏子「だって、かっこいいじゃん」

さやか「それは認めるけどさぁ…。戦う時に隙とかできない? いや、弱いあたしが言うまでもないことだと思うんだけどさ」



81:1:2011/09/25(日) 21:51:16.32 ID:NGrhgjFT0

杏子「さやかはアタシに助けられたとき、どう思った?」

さやか「そりゃあ、嬉しかったよ。あと強くてカッコイイって思った」

杏子「そういうこと。強くてかっこいい人間がいるってことを、アタシは証明したいんだよ」

さやか「なにそれ」

杏子「そういう人間がこの世の中にいるってわかれば、まだまだ世の中捨てたもんじゃないって思うだろ?」

さやか「まぁ、確かにそうだけどさ」

杏子「だからアタシは格好つけるの。中身が伴わなくても、とにかく戦う時は格好だけはつける。
   いつどこかで、誰かに見られてもはずかしくないようにな。そうすりゃ、その姿に誰かが希望を持ってくれるかもしれないし」

さやか「…」



82:1:2011/09/25(日) 21:51:54.00 ID:NGrhgjFT0

さやか「…杏子」

杏子「なんだ?」

さやか「あたしにも、格好のつけ方教えてくれない?」

杏子「難しいぞ。さやかの言う通り、隙が出来るし」

さやか「うん」

杏子「…とりあえず、決めポーズから考えるか」

さやか「うん!」

マミ「必殺技なら、私の出番ね!」

杏子「聞いてたのかよ…」



83:1:2011/09/25(日) 21:52:28.59 ID:NGrhgjFT0

―――――


QB「きゅっぷい。確かにもらったよ」

杏子「用が済んだらさっさと帰れ。しっしっ」

QB「酷いなぁ、杏子。昔の君はそんな子じゃなかったのに」

さやか「そうだよ、キュゥべえが可哀そうだって」

杏子「うるせぇ。こっちにも色々あるんだよ」

QB「やれやれ、わけがわからないよ。じゃあね」



84:1:2011/09/25(日) 21:53:01.49 ID:NGrhgjFT0

さやか「にしても、不思議ですよね。ソウルジェムって。こんなのがあたしの魂だなんて未だに信じられないなぁ」

マミ「だめよ、美樹さん。信じられなくても本当のことなんだから、大切に扱わないと」

さやか「あたしたちが死んじゃうときって、このソウルジェムがきれいさっぱりどこかに行っちゃうんですよね」

マミ「ええ。希望を求めた因果がこの世に呪いをもたらす前に、私達は消えてしまうの。どこかにね」

杏子「どこへ行くかは誰にもわからねェ。まぁ世の中に呪いをまき散らすよりは、よっぽど希望がある終わり方さ」



85:1:2011/09/25(日) 21:54:04.17 ID:NGrhgjFT0

さやか「そういえば知ってます? 『円環の理』って」




マミ「『円環の理』?」

杏子「なんだよ、それ?」

さやか「魔法少女が死んじゃうときに現れるそうです。女の子と、小人みたいのが現れたって。もっぱらの噂ですよ」

マミ杏「…」

さやか「なんかそういう魔法少女を呪いから救ってくれる神様だか、システムがあって、それを『円環の理』っていうらしいんですよ。
    で、その二人がその神様だか、システムを作った妖精らしいです」

マミ「そうなの…」

さやか「やっぱり、神様なんですかね? 魔法少女の。いやー、ありがたいなぁ」

杏子「…」



86:1:2011/09/25(日) 21:54:46.81 ID:NGrhgjFT0

杏子「…違うんじゃねぇの?」

マミ「佐倉さん?」

さやか「違うって? あたし達を守って救ってくれるって、それって神様みたいなもんじゃん」

杏子「たぶん、そいつらはアタシ達がいつまでも自分たちに希望を持てるようにしてくれてるんだ。
   アタシたちの希望を持ったことが間違いじゃないようにな」

さやか「うーん、そうなのかなー。でもそれって、やっぱり神様ってことじゃないの?」

杏子「いんや違うね。どこかの誰かが、いつまでも夢や希望を持てるように頑張る奴にはさ、もっとふさわしい呼び方があるよ」

さやか「呼び方って?」



87:1:2011/09/25(日) 21:55:36.69 ID:NGrhgjFT0





杏子「そういうのはさ、『魔法少女』っていうんじゃないかな。夢と希望を叶える、本物のな」







88:1:2011/09/25(日) 21:56:44.52 ID:NGrhgjFT0

―――――


さやか「そういえば、杏子っていつもプリクラ持ってるよね」

杏子「ああ、これか?」

さやか「誰なの、コレ。何かとても仲よさそうだけど…」

杏子「アタシとマミの古い友達。マミの奴も持ってるぞ、これ」

さやか「そうなの?」

杏子「そ。こいつらは、今はちょっと遠くへ行ってるんだけどな」

さやか「ふーん。そいえば隣の子、変わってるよね。人形持っててさ。まぁかわいいけど」

杏子「そいつも大切な友達なんだよ。あんまりバカにすんじゃねェぞ」

さやか「そんなんじゃないよ、なんかあたしも友達になれないかなって思っただけ。でも、遠くに行ってるなら無理かなー」





杏子「そのうち、会えるよ。必ずな」

さやか「そうなの? んじゃ楽しみにしとくわ」

杏子「おう、こっちから会いに行けるように頑張るさ」



89:1:2011/09/25(日) 21:57:14.16 ID:NGrhgjFT0

―――――


まどか「…杏子ちゃんやマミさん、それにさやかちゃんも」

ほむら『頑張っているようね』

まどか「うん、こっちも頑張れそうだよ」

ほむら『色んな世界が見えるね。今まで私が辿ってきた世界もある。懐かしい感じもするわ』

まどか「…」

ほむら『私とまどかの自我が消えなくてよかったわ。いえ、もしかしたら一緒なのかしら? 二重人格のようになっているとか』

まどか「…」

ほむら『まあ、こうやって互いの意思を確認できる以上、どうでもいいことなのかしらね』

まどか「…」



90:1:2011/09/25(日) 21:57:55.40 ID:NGrhgjFT0

まどか「ほむらちゃん」

ほむら『なに?』

まどか「ありがとう、一緒にいてくれて」

ほむら『こちらこそ、ね。ありがとう、まどか』

まどか「それにマミさんたちもいる。大丈夫だよね、わたし達」

ほむら『ええ、当然よ』



91:1:2011/09/25(日) 21:58:29.11 ID:NGrhgjFT0

ほむら『さて、魔法少女を救いましょう、まどか』

まどか「うん! あ、そういえば。ほむらちゃん」

ほむら『なに?』

まどか「体は、元に戻らないの? もうわたし達、体ってあってないようなものだから、自由に変えられると思うんだけど…」

ほむら『ええ。その気になれば戻せるわ』

まどか「じゃあ、なんで?」

ほむら『魔法少女にはマスコットがいるものでしょ? 私が戻ったら、マスコットがいなくなっちゃうじゃない』

まどか「んー、じゃあわたしがちっちゃくなるっていうのも、ありなのかなぁ」

ほむら『そのうち、ぜひお願いするわ』



92:1:2011/09/25(日) 21:59:21.12 ID:NGrhgjFT0

まどか「じゃあ、これからもよろしくね! ほむらちゃん」

ほむら『うん! まどか!』



93:1:2011/09/25(日) 21:59:51.92 ID:NGrhgjFT0

―見滝原市―


まどか「わたしの願いは、『ほむらちゃんがもっとみんなを頼れるようにしてほしい』だよ、キュゥべえ」

QB「そんな願いで本当にいいのかい? まどか。君ならもっと他に叶えたい願いがあるんじゃないかな?」

まどか「ううん。これがわたしの願い。さあ、叶えてよ、キュゥべえ」

QB「まあ、君がそういうなら。君の祈りはエントロピーを凌駕した!」カッ

まどか「くっ…あ…」



94:1:2011/09/25(日) 22:00:31.64 ID:NGrhgjFT0

ほむら(…誰も、未来を信じない。誰も、未来を受け止められないの。だから、私は…)


まどか(ほむらちゃん…。わたしのなんかの為にありがとう。でも…)


ほむら(もう、誰にも頼らない)


まどか(どうにもならないときは、誰かに頼るのも大事だよ、ほむらちゃん)



95:1:2011/09/25(日) 22:01:01.18 ID:NGrhgjFT0

ほむら「まどか…まどかぁぁぁぁぁ!!!」



まどか(さようなら…ほむらちゃん)

まどか(でも、次のわたしはきっと助けてくれるから)

まどか(だから…頑張って)



96:1:2011/09/25(日) 22:01:51.78 ID:NGrhgjFT0

―見滝原市―


ほむら「どうして…。死んじゃうって、わかってたのに…。私なんか助けるよりも、あなたに、生きててほしかったのに…」

QB「その言葉は本当かい? 暁美ほむら。君のその祈りの為に、魂を賭けられるかい?
   戦いの定めを受け入れてまで叶えたい望みがあるなら、僕が力になってあげられるよ」

ほむら「あなたと契約すれば、どんな願いも叶えられるの?」

QB「そうとも。君にはその資格がありそうだ。教えてごらん。君はどんな祈りで、ソウルジェムを輝かせるのかい?」

ほむら「私は…」



97:1:2011/09/25(日) 22:02:59.39 ID:NGrhgjFT0

ほむら「私は、鹿目さんとの出会いをやり直したい。『彼女に守られる私じゃなくて、彼女を守る』私になりたい!」





  終わり



98:1:2011/09/25(日) 22:04:43.89 ID:NGrhgjFT0

これで、このSSは終わりになります。

いつの間に始まってから2か月以上も経ってしまいました。
もう少し、早く進めればよかったと思います。

ご拝読ありがとうございました。



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/25(日) 22:06:01.01 ID:3BjR/5Qo0

乙ですたー!
よかった・・・杏子ちゃんもマミさんも2人の事をちゃんと覚えててくれて・・・



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(静岡県):2011/09/25(日) 22:08:20.93 ID:fNO06ihdo

乙でしたー
よかった……二人は救われてた



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/26(月) 00:22:30.16 ID:hqtfCUfSO

完走乙です
最後に救いあってよかったー
やっぱ一人ぼっちやだもんなまど神様~



118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/26(月) 04:01:33.16 ID:WvxgSLSlo

乙ー。
救いがあって良かったさー。



119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/26(月) 05:45:37.68 ID:h9rkM26DO

乙!!
とても読み応えがあって楽しめたよ~



120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/09/26(月) 16:28:14.43 ID:fBbS+trVo

おつかれさん
長い間楽しませてもらったよ



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区):2011/09/26(月) 23:38:02.00 ID:1UsL8QBco

完結乙でした



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (89)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 18:55
          • ズサー
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 20:13
          • 5 良作だが

            なげえ
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 21:44
          • いい話だがそんな事より長いw
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 22:08
          • 5 久々の良作
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 22:35
          • 4 良作だとは思うけどさやかの扱いが酷過ぎないか
            それに所々日本語が変だし
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 22:48
          • 良作だけど最後はそんなに原作と変わんないのね
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 23:28
          • やべぇやべぇ
            熱中して読んでたら3時間くらい経ってたよバカ!くそ面白かったわ!

            ただ誤字は確かに気になったw
            他は完璧かな
            プロットがしっかりしていて、伏線も上手に張ってあるし、会話文だけでの心理描写も上手い
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 23:37
          • ※6
            それだけ、魔法少女システムが少女にとって残酷だってことなんだろうなぁ

            魔法少女システムに干渉せずに終わらせたSSはどれもどことなく絶望が見えてしまうし
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 23:49
          • やっと読み終わったでござる(´・ω・`)
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 23:54
          • なんつーか、書いた人はよっぽど杏子が好きでよっぽどさやかが嫌いなんだろうなあと思わされたね

            ラストのまどほむは、
            まどか→ほむらが小さくなったのはまどかが「ほむらが周りを頼るように」祈ったから
            ほむら→歴史は繰り返す
            ってことでいいのかな?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 00:01
          • この手のまどマギSSの結末はどれも似たり寄ったりって感じだが、
            そこに至るまでの過程が様々で面白いな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 00:48
          • なかなかだったけど本当に、本当に長かった
            携帯のページ表記だと前編だけで90P越え
            少なくて二桁前後、長くても50位なのに
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 01:17
          • ラストを拝むことができた、まとめてくれてありがとう
            以下、長い禁止
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 01:38
          • 本来の魔法少女とマスコットの関係はそう言うものだよな
            と思わせてくれる話だった

            だが杏さやかと思ったら杏マミで衝撃を受けた
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 02:02
          • 前半は良かったけどさやか復活で萎えたわ
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 02:16
          • いやぁ大作で面白くて良かった良かった

            さやかちゃんの扱いがちょっと悪い気もしたかもしんないけど最後には救われてるし良いじゃないか……本当に嫌いならSS書かないよ
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 02:25
          • 5 さやかの扱い悪いけど生きているから良いやw

            原作と似てるようで違うのがいいね 
            特にラスト
            きっとこっちのほむらは救われている
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 03:42
          • 5 よくここまで考えたと思う
            長さを感じさせなかった
            こういう結末もステキ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 04:49
          • ティロ(ry一発でオクタ(ry倒せない所で萎えた。タトバコンボ懐かしくて萎えた。スレ主の文章力で萎えた。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 05:52
          • 5 扱いが悪いもなにもさやかは基本魔法少女の真実について知らせるトリガーだからな あれだけ本編なぞって死ななかっただけでも扱いいいほうだろう
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 07:54
          • 長い
            けどそれに見合ういい話だった
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 09:01
          • もうこれ本編でいいよ
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 12:21
          • 作者GJ
            一気に読んでしまった
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 13:20
          • 5 面白かった
            読み応えのある大作でした
            この作者さんにはまた別のん書いてもらいたいなぁ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 13:32
          • 5 滅多に見ない素晴らしい作品だ
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 14:28
          • さやかの死を防ぎ、全ての魔法少女を救うまどほむ&あんマミルート…さやかが一番愛されてると思うけどなー。みんなさやかを救うのに必死だし。
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 15:16
          • さやかの扱いがちょっと酷いなwww
            でも面白かったよ
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 15:32
          • 杏子ちゃんが魅力的だった
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 16:16
          • このさやかは扱いが悪いというよりは脚本上…この場合はプロット上、前半でいじめる必要があったってだけじゃね
            後半ではさやかを救うために全員で奔走したりさ、杏子によるヒーロー云々のフォローもあるしさ、魔法少女の運命から逃れて生存してたりでかなり救われてるし、全体的に見て扱いが悪いってことはないと思うぜ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 19:59
          • ここまでさやかの気持ちを汲んだSSも少ないと思う
            さやかの正義の味方像があったからこそ、杏子とマミさんは希望を振り撒く魔法少女になることを決意した
            5人の思想のバランスが絶妙なSSだった
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 21:58
          • さやかちゃんの扱い悪くないだろう
            さやかちゃんの相反してる願いの結果を考えると本編のように魔女化は避けられない気がするし、その上で最善は尽くしてるように見えたぞ
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 22:17
          • 良かった。色々感想もあるが一言だけ

            この>>1は綺麗な虚淵
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 22:29
          • 上手くまとめてあるな。面白かった。
            原作EDとの比較だと、さやかが一番救われているな。恭介とも頑張り次第でなんとかなりそうだし。
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月01日 23:15
          • 1 正直微妙
            こんな扱いならさやか復活なくてもよかった
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 00:19
          • 5 さやかの性格上これ以上良くすると別人なるだろ、原作と大差ない終わり方だけど確り完結できていい作品でした
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 01:25
          • さやかは原作と対して変わらないでしょ
            というか原作より扱い良いし
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 03:32
          • 5 さやかの心理描写が凄い生々しいな。絢子さんの言葉通り「間違え方を知らない」ために、少しずつ泥沼にハマっていく様子が秀逸だわ。

            ほむらが小さくなる、っていう一見荒唐無稽な設定にも、ちゃんとラストで原因を説明してるのが好印象
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 11:41
          • 最後に出てくるさや杏の雰囲気いいわぁ
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 12:28
          • そくまぁ、さやかはさやカスだしこんなもんで安定でしょ
            SSでやたら美化されること多いし(さやかに限った話でもないけど)、これぐらいでちょうどいいんじゃねぇの
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 17:31
          • ほむら「...まるで犬のようね」と並ぶ良作だな
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月03日 05:35
          • はぁ…やっと読み終えた。もう朝の5時だわ。
            でも面白かった!最終的には本編ルートと同じ感じで終わるけど、それまでが本編とまた違ってよかった。
            犠牲もあんまりないし、キャラごとにライトあててたから文句なし。

            これがまどマギの書籍でても買うレベルだった。
          • 42. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月03日 11:41
          • 3 テレビアニメって大体良いところで切るよね・・・。
          • 43. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月04日 21:42
          • 4 長かったけど面白かった!
            変な美化もなく原作に沿ってるし、数あるまどマギssの中でもかなりの傑作

            ただ本音を言うとさやかにはあんこの説得だけで魔女化しないで闇堕ちフラグへし折ってほしかったな…
          • 44. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月07日 08:40
          • 5 おもしろかった。
            また書いてほしいな。もっと長編でも普通に読めそうだ
          • 45. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月17日 21:10
          • 正統派大作をありがとう
            魔法少女は夢と希望を叶えるって本当に良い言葉だな
          • 46. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月30日 16:53
          • 神スレだった!
          • 47. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月01日 11:18
          • 5 ここまで原作と乖離が無く、なおかつオリジナル製も持ち合わせているSSは始めて見た。

            綺麗な魔法少女まどか☆マギカすぎて、もうこれが本編でいいんじゃないか?
          • 48. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月23日 06:49
          • 「ご拝読ありがとう」っておかしくないか?
            「拝読する」って謙譲語だろうよ。
          • 49. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年06月28日 20:12
          • 超大作きたー
            これはかなり完璧に近かった
            ストーリー展開がすげぇ上手いわ
            あと個人的に最初の最初に真っ先に立てておいた伏線を最後の最後にトリとして回収するっていう構成が凄く好きだわ
            一気に最後まで読んでしまった
          • 50. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月13日 17:52
          • 面白かった。面白かったんだが…上の※でもあるようにさやかの扱いが酷すぎる。

            生き残っているとか他のキャラに愛されているとかいう問題ではなくて、全編に渡ってキャラがsageられて気持ち悪い役目ばかり負わされている。
            (まどかの事を親友面して見下したり、罪悪感もなく無力なほむらを虐待したり、実力で劣る杏子を無抵抗なのをいい事に貶しながらいたぶったり…)

            挙げ句の果てには、本編ではほむらに次ぐぐらいまどかに近い位置にいるのに、一人だけまどかのことを覚えていないと言うハブられっぷり(まるで「お前だけまどかにとってはその他一般の人程度の価値しか無いんだよ」とでも言われている様)

            物語の顛末である「ほむらがまどかと一緒に円環の理になる」って言う展開は俺が求めてやまないものでとても嬉しかっただけに、この点がとても残念だった。

            個人的にはキャラsageってのは、それが誰かによらず物語全体の印象が悪くなってしまうので出来るだけしないで欲しいと思う。
          • 51. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月03日 03:25
          • 3 良く分からんオリジナル設定をべらべら説明されて萎えた。
          • 52. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月07日 02:31
          • なんかブリーチ思い出した

            ほむら&まどか「私たちが、円環の理になることよ」
          • 53. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月07日 19:49
          • こうやって見るとループの中でさやかがほむらに殺されるのは仕方ないよね
            根っからのクズだし
          • 54. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月07日 20:07
          • 1 でもさやか無理に生き返らす必要なかった
          • 55. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月16日 04:10
          • ※50

            それ以前に自分の事以外全部忘れてますしおすし

            これじゃあ引き継ごうにも……ねぇ?

            それと共依存ってのがある。
            まどかを守ってる自分を自覚する事で「まどかの親友」という自分を保ってたのに急にまどかが強くなって守られる必要が無くなったら……相当重度の共依存の人はソレを取り上げた人を殺しにかかる。
            所謂「性別、立場に関わらないヤンデレ」
            立派な精神疾患の一つだよ。

            一緒に居た期間が長く、そして守り続け過ぎた。
            まどかもそれに甘え過ぎた。
            だからこそのあの事態。
          • 56. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年12月17日 02:07
          • ※55
            うん、まあ共依存のことは知っているよ。
            俺が言っているのは、何でさやかを「そういう人物」として描いたのかって事
            本編のさやかはまどかの事をちゃんと対等の存在として真摯に扱ってたと思うんだけどな

            それに記憶云々だって特にこれと言った必然性も無かったろう?
            覚えてて、過去の自分を背負っていくっていう選択肢もあったのに、そうしなかったというのは意図的な物を少々疑ってしまう。

            要するに
            「なんだこのさやか、ただのお荷物じゃね?」
            って事が言いたかったの
          • 57. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月01日 07:37
          • 2 結局の話あまり救いはなかったと思う
            さやかは自分がどのような思考をしてどのような結末に至ったかわからないままだし
            結局2人は心の底から和解できたのかできなかったのかわからないままだし
          • 58. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月28日 00:43
          • 本編準拠で少しずつ救いあるようにしてるのはいいけど、さやかちゃん‥
          • 59. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月28日 10:28
          • ※56
            だから杏子に指摘されるまで対等に接してるつもりだったじゃんか。

            指摘されてから壊れるのはよくある話
          • 60. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月07日 22:47
          • ※59
            いや、それって結局そういうことじゃんw
            まあ、このSSのさやかにとってまどかの事は実際そこまで大きくなくて
            色んな出来事の順序やタイミングの問題の可能性もあるし
            どこまで行っても>>1と俺のさやか観が合わないってだけの話なんだけどね
          • 61. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月20日 06:39
          • なかなかよかったけど結局さやかは狂言回しになるわけね…まあ改編後さやかは生き残りそうだからいいか。作者さんお疲れ様
          • 62. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年09月21日 03:43
          • さやかsageって言ってる人はさやかを美化しすぎなんじゃない?

            見下す:友人を一切見下すことがないような人のほうが少ない。
            暴力:原作で電車内で一般人であるホストに危害を加えた(コミカライズ版では殺害)
            記憶:さやかが一番欲しいものはまどかではなく上条。
               記憶があれば罪悪感で不幸になる可能性が高く、覚えてない方が幸せ。
               もし記憶があれば流石に契約しないだろうし、そうなると上条の腕は治らず一生演奏を聴けない。

            原作のさやかは恋もすれば嫉妬もする「リアルな普通の女子中学生」で、どちらかと言うと他のメンバーが異常。
            原作からして非現実的な善人が多い中に現実的な中学生がいるから違和感があるんじゃないかな?
          • 63. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年11月17日 22:09
          • すげぇ面白かった
            スレタイがほのぼのだったから見事に騙されたわ
            さやかが絶望していく際の心理描写がかなり丁寧でゾクゾク引き込まれたわ
          • 64. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:32
          • 5
            サイコーだぜ♪
          • 65. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:33
          • 5
            ってかスゲー長いね♪
          • 66. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:33
          • 5
            まぁ沢山の時間を楽しめたからいいけどね♪
          • 67. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:34
          • 5
            でも最後がよくわからんかった。
          • 68. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:35
          • 5
            また繰り返す的な感じなのかな?
          • 69. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:36
          • 5
            ほむらが小さくなったのは過去まどかが願ったからだよね?
          • 70. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:38
          • 5
            ってか、ほむねん念話で話しないの?
          • 71. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:39
          • 5
            魔法少女はQB 経由無しで念話できるよね?
          • 72. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:45
          • 5
            あとさ、さやかちゃん酷いよ!
          • 73. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:45
          • 5
            ほむほむのこといじめないで下さい
          • 74. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:46
          • 5
            でも、さやかちゃんの壊れ方がリアルな感じでGJ !
          • 75. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:47
          • 5
            杏子とマミは覚えてルんだね。
          • 76. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:48
          • 5
            よかったよ覚えてて。
          • 77. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:49
          • 5
            杏子がまどかたちの希望になれるように頑張ってる姿がいい感じだね!
          • 78. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:50
          • 5
            そろそろ眠いや
          • 79. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:51
          • 5
            映画面白かったな。
          • 80. ハネヤギテ
          • 2013年11月24日 02:52
          • 5
            ほむら悪魔になっちゃったけど私はほむらの見方だぜ♪
          • 81. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月16日 00:30
          • 5 悪魔のほむらに女神まどかの反撃みたいな続編が作られたらいいな・・・
          • 82. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月22日 23:28
          • 5 無駄にコメントわけて書いてる奴いて草

            長編SSに長いっつってる奴は「S」Sじゃねーとでも言いたいのかと

            ただ長い以外のコメントや、この作品のさやかの扱いに良い悪いなど書いてる人たちはいいと思うで
            ちな俺はこのさやかが生きてるのはアリだとおもうが記憶が消えるのは如何なものかって感じかな、原作で魔法少女の縮図であり、次に叛逆で株うなぎのぼりしたというあるいみこの魔法少女かつ年相応っていうキャラだからこそ汚れ役といってはあれだがそういう役でも担えるというか
            だがこの程度でさやカス呼ばわりするのは中学レベルの視点にすら適応できない小学生のようなものかと思う。大人ならわかるはずなのだが・・・老害にでもなってしまったか?
          • 83. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 21:36
          • 良い
          • 84. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年03月14日 19:24
          • これ大分前にも読んだけど、反逆観てから読むとまた違った気分になるな
          • 85. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月22日 00:38
          • 5 面白かったです
            合体は笑いましたが上手く歪さも出てて良かったです
            個人的にはまどかの強さやさやかの弱さの引き立て方が非常に好みでした
            さやかのいい部分も理解してそうな書き方なのでもう少し
            活躍できる場面があればとは少し感じましたが

            いい作品でした
          • 86. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年07月04日 10:49
          • これもまどかSSの大作だよな
            上のコメントでも書かれてるけど、展開の緩急と会話文だけでの心理描写が秀逸
            そして伏線の張り方が見事。これも書かれてるけど、最初に立てておいた伏線…というか謎?に関する答えを最後の最後に回収してEndという構成に唸らされますわ
          • 87. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月23日 22:56
          • 5 長いけど面白かった。
            さやかの扱いが…とも思ったが、
            願い自体が矛盾をはらむ物だし、願いと現実の乖離から絶望して魔女化するのは仕方ないかな。
            本編だとホストの所で魔女化だけど、そこを越えて更に壊れていったと解釈している。
          • 88. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年02月26日 16:12
          • すばらしかった~
            あれかな、それぞれをひとりぼっちにしないように終わらせたかったのかな

            それはそうと、助かった人を否定云々でパンプキンシザーズを思い出した。
          • 89. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2019年10月15日 11:28
          • まどマギを朝8時くらいやってたらこんな内容だったかもしれない
            親しい人の闇落ちといい二人で新しい世界に行ったり同じ虚淵脚本の鎧武にそっくり

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ