TOP

まどか「誰かが求めた幸福」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 04:31:12.09 ID:2GPEYJFx0

※注意※
このSSは、短めのまどマギSSです。
なお……
・ご都合主義
・こまけぇこたぁいいんだよ!
・キャラちょっとだけ崩壊
が含まれております。
特にご都合主義が多分ですので、苦手な人はブラウザバックを推奨。


幸福について―人生論



2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 04:32:12.15 ID:2GPEYJFx0

マミ「パパ? ママ? 返事……して? うっ……」

マミ「(体が……痛い。体に、ガラスが刺さってる。血も流れてる。……そうか、私の車、事故にあったんだ)」

マミ「(声も出ない……痛い。煙が濃くなってきて、どんどん意識が……。誰か……)」

マミ「助けて……」

???「手を伸ばして!」

マミ「……あ」

???「大丈夫、あなたはちゃんと手を伸ばせる! だから! 早く!」

マミ「あ、あ……」

ガシッ

???「んしょ……やっぱり、出血量が多い。今、救急車は呼んだから!」

マミ「……あっ! ママ、パパ!」

???「声を出さないで! ギリギリの状態だから! ……私が、出来るだけ助けてあげる! 待ってて!」



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 04:33:05.36 ID:2GPEYJFx0

およそ十分ほどで、私たちの元に救急車がやってきた。

私は出血多量ながらも一命を取り留め、しばらくしてから無事に退院した。

けれど、パパは即死だった。

救いとしては、ママが下半身不随にはなったものの、私を助けてくれた「お姉さん」が早急に助けてくれたおかげで、命は救われた。

生活には、パパの死亡保険と遺産のおかげで困らずに済んだ。

死んだ後も、私たちを守ってくれているパパに一層と感謝し、葬式では号泣した。

その葬式の時も、あのお姉さんの姿はあった。

「ごめんね、私がもう少し早く駆けつければ……」

即死だと分かっていながらも、自責し、死を悔んでくれたお姉さんの優しさに、私はつい、お姉さんに抱かれながら、また泣いた。

その後、私とママは見滝原という大型ニュータウンに移り住んだ。



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 04:37:44.36 ID:2GPEYJFx0

今日もまた、お父さんと私たちの前を、たくさんの人が通り過ぎていく。

浴びせられる、疑念、卑下、拒絶の視線。

傍から見れば、疑わしい集団を作り上げようとする変人。

純粋に優しい人だと言うことは、私たち家族が証明する。

だが、周囲はお父さんを、変人を見る目でしか見ない。

信仰者が離れていく中、ついに本部からも破門されたらしい。

私とモモには伝えられていないが、私は偶然お父さんとお母さんの会話を聞いて発覚した事実だ。

もはやお金すらなくなっていく状況、まともに生活できるのも貯蓄が無くなるまで。

がらんとした教会に用はない、だから、こうして私とモモ、お父さんは路上でお金を入れてもらう缶を持ちながら話歩いている。

けど、缶の中には小石すら入っていない。

今日もこのまま坊主で帰って行くのが悔しい。

お金がもらえないのが悔しいのではない。お父さんと言う存在に理解を、お父さんの話の素晴らしさを理解してもらえないのが悔しいのだ。

「奇跡というものは、降って来るべき人に降って来るものだ。無暗に求めるものではない」

お父さんはそう言ったが、私は、お父さんにこそ降ってきてほしい。

そう、奇跡が……。



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 04:45:25.16 ID:2GPEYJFx0

杏子父「時計の秒針が時を刻むたび、世界では理不尽な死を迎える人々が多数います! 平穏な日本で生きる皆様方! 私達の日々もたらされる幸福を、少しでも、そういった方々に分けようではありませんか!」

杏子「(……言っていることは正しいのに、なんでみんなは聞かず、そっぽを向くばかりなのだろう)」

杏子父「行動するかしないかは貴方方次第です! ですが、行動する後悔と、行動しない後悔は訳が違うと私は思います! 皆様、今日から行動しましょう!」

杏子「(そう、みんな、動こうとしないんだ。お父さんの話は絶対に正しい、でも、聞かなければ意味がない。優しさに満ち溢れているのに、なんで、なんで……)」

パチパチパチ……

杏子「……へ?」

お姉さん「とても素敵な話でした。その服、どこのなんですか?」

杏子父「え、いや、その……実は、本部から破門を受けまして、この服はただ見た目だけという感じで……」

お姉さん「と、言うことは、先程の言葉は貴方自身の意見なんですか」

杏子父「まぁ、おかげで人からは厄介払いされがちですが……」

お姉さん「でも、あなたの言葉、素敵で、優しい言葉でした。なんとういうか、気持ちが伝わって来るような」ニコッ

杏子父「そ、そうですか! 大変嬉しい限りです!」

お姉さん「継続は力です。是非、負けずに頑張ってください! これは気持ちですが」

っ千円

お姉さん「はい、お嬢さん。あなたのお父さん、素敵な人ね」ニコッ

モモ「私の自慢のお父さんだよ! ありがとう、お姉さん!」

お姉さん「ふふっ。そっちのお嬢さんも、またねっ」

杏子「そ、その……ありがとっ!」

杏子父「ありがとうございます!」ぺこぺこ



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 04:51:35.03 ID:2GPEYJFx0

初めて、お父さんの話を聞いてもらえた。

そのことが、私にはとても、それはそれは、とても嬉しかった。

その後も、お父さんが路上で話しているたびに、あのお姉さんは姿を表し、千円をくれた。

たびたび、お菓子や果物をくれることもあって、おかげで食事は最低限補完できるようになった。

毎回のように話を聞いてくれるお姉さんの優しさに、お父さん、泣くこともあって、相変わらずだな、と家族から言われることもあったっけ。

でも、人には必ず死がやって来るものだ。

お母さんは元々病気持ちで、虚弱体質だった。

短命だとは言われていたが、こっくりと死んだときには家族みんなで悲しんだ。

その話を聞いたお姉さんは、涙を流してお母さんの死を悔んでくれた。

お姉さんの存在は、当時の私とモモにとって、まるで童話に出てくる女神のようだった。


そしてその一年後、ついにお父さんも死んだ。

飲酒運転のトラックに轢かれた、交通事故だった。

そして両親が死んだ私たちは、路上に投げ出された。

親戚からは、鼻つまみ者にされて、頼るところがなかった。

その後は、孤児施設に住むことになった。

しばらくはお世話になる……と、思ったのだが、思ったより早く里親が見つかった。



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 05:35:33.84 ID:2GPEYJFx0

杏子「そ、その……初めまして! 佐倉杏子です! よろしくお願いします!」ガチガチ

モモ「さ、佐倉、モモ、です。よろしきゅ、よろしく、お願いします」

マミ「そこまで硬くならなくてもいいのよ? 巴マミです。よろしく」

マミ母「色々と大変だったでしょう? ここだったら何も困らないから、ね?」

モモ「ふぇ……うわぁん!」

杏子「こら、モモ」グズッ



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 05:38:40.76 ID:2GPEYJFx0

マミ姉の家での生活は、まさに幸福とも言えるべきものだった。

最初はお姉さんと呼ぶことに結構抵抗はあったが、マミ姉は本当に頼れるお姉さんだったので、今では違和感なくそう呼んでいる。

こういった温かくて、充実した生活は、お母さんやお父さんとも送りたかったけど……でも、向こうで二人とも、喜んでくれている気がするんだ。

モモの笑顔を見ていると、一層とそう思える……。



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 05:40:25.53 ID:2GPEYJFx0

幼なじみの恭介とは、よく他愛のない会話をしたものだ。

昨日のテレビはどうだ、とか、今度のコンクールはどう望む、とか……。

けれど、その日常は……壊れた。

恭介の動かない指、もう響くことはないだろう恭介お気に入りのヴァイオリン。

夕焼けを見ながら、ふと涙を流す恭介……。

私の淡い恋心は、その涙に胸を締め付けられる。

車椅子を押しながら、屋上で風がなびく。

けれど、生ぬるい風は一層と哀愁を強くする。

私には、どうにもできない。

そう、奇跡を祈ることでしか……。

「おじゃま、しちゃったかな?」

後ろから不意に聞こえた、優しい女性の声。

そのお姉さんは、何故だか天から降りてきた、そんな感じがした。



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:20:59.46 ID:2GPEYJFx0

お姉さん「ねえ、上条君」

上条「はい」

お姉さん「話は大体分かった。……けれど、君は大事なことをね、二つ、見失っているよ」

上条「……二つ?」

お姉さん「まずはね……君は、無限の可能性を秘めていること。君にとって、ヴァイオリンは何?」

上条「……強いて言うならば、僕の人生、ですかね。幼いころから、ずっと共にしてきました。ヴァイオリンと一緒にいる時、僕は初めて上条恭介になる、そう思って、今まで弾いてきた……ですけど、今はそれを失ってしまった」

お姉さん「……じゃあ、今の上条君って、何?」

上条「今の? ……分かりません」

お姉さん「そう、分からないんだ。自分が将来、どうなるか、自分は一体、どんな存在なのか……分からないのが当たり前なの。だからね、君の人生はヴァイオリンなんかじゃない。君自身なんだよ」

上条「でも、僕からヴァイオリンを取ったら、僕は何にも……」

お姉さん「ううん、それは違うよ。今の君は、君と言う存在から、ヴァイオリンが見えなくなったような感じ。でも、君の中には、ヴァイオリンじゃない、けど、すごく輝いているものが絶対にあるはずなんだよ」

上条「ヴァイオリン、以外にですか?」

お姉さん「そう。もしかしたら、ヴァイオリン以上に輝いているかもしれない。たとえば、音楽に関わるって言っても、ヴァイオリンだけじゃないよね? 作曲家だったり、作詞家だったり、指揮者だったり……音楽だけじゃなくてもいいんだよ? 手が使えないなら脚があるし、口もあるし、何より頭がある。そして、君は優しい。君の雰囲気だったり、言葉だったりで、私はそう感じた。そこのお嬢さんもね」

さやか「あ、その……ありがとうございます」

上条「……でも、僕は、割りきれません。今まで自分のほとんでだったヴァイオリンがなくなったとたん、何か、ポカンと穴が開いたような気がして、それが怖くて……」

お姉さん「今は……それでもいいと思うよ?」

上条「?」

お姉さん「焦らなくていいんだよ。君にはいーっぱい時間がある。それに、支えてくれる優しい友達も、ね?」

さやか「え! あっ、その……ええ! 恭介の面倒はしっかり見ますよ! だから……少しは、甘えてもいいんだよ? あれがしたいこれがしたいって、私はそれを全力で手伝うから」

上条「さやか……」

お姉さん「上条君の可能性は決してゼロなんかじゃない。君だけの輝いている何かを見つけて欲しいなって!」

上条「お姉さん……ありがとうございました。何だか、これからへの希望が持てたような気がします!」

お姉さん「うん……それじゃあ、元気でね! あ、後……」

さやか「?」

お姉さん「上条君、少し鈍いようだから、諦めずがんばって! あなたと彼、お似合いだから」ボソッ

さやか「ひゃああ!? え、あ、あ、そ、その!?」

お姉さん「またねっ」ニコッ



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:24:02.38 ID:2GPEYJFx0

希望に満ち溢れていた。

みんながお父さまに憧れ、私に憧れた。

幸福だった。

学校も楽しかった。

お父さまとの生活も、充実したものだった。

……政治家だったお父さまが失脚し、自殺するまでは……。

家の壁に毎晩書かれる、誹謗、中傷の言葉。

学校で浴びせられる批難の視線、言葉。

私は世界から……見放された。

空虚の空間、荒れ果てた私の家。

私は、なんのために生まれてきたのか。

不幸になるため? みんなに笑われるため?

理解できない、答えが見つからない。

答えを出すものは、何処……?



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:25:13.99 ID:2GPEYJFx0

???「お姉ちゃん、大丈夫? 風邪、ひいてるの?」ピタッ

織莉子「……子供?」

ゆま「子供じゃなくて、ゆま。……熱がある」

???「こら、危険だから空き家に入り込むんじゃ……人? 空き家じゃなかったのか?」

ゆま「お姉ちゃん、この人、風邪ひいてる」

???「同年代の子だと思うけど……大丈夫かい? 様子を見る限り、独り暮らし? 病院、連れて行こうか?」

織莉子「え、その……」

???「あー、さすがに新参者は信用できないか。大丈夫、病院まで同行するだけだからさ。……あ、名前言わなくちゃね」

キリカ「呉キリカ。こっちは妹のゆまだ。よろしくやってくれ」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:34:23.49 ID:2GPEYJFx0

キリカ「いきなりゆまが織莉子さんの家に入って、びっくりして追いかけたら……まったく、偶然に感謝だね」

ゆま「お姉ちゃん、大丈夫?」

織莉子「……優しいのね、貴方達」

ゆま「お姉さんが教えてくれたんだよ」

キリカ「お姉さん? あの家に、他の奴っている?」

ゆま「ううん。入口に立ってて、家の方を指さしてた。けど、気が付いたらどこかに行っちゃった」

キリカ「……あんたの家、幽霊屋敷だとか?」

織莉子「……いや、あの家は、お父様が立てた新しい家」

キリカ「にしては、随分と荒れてたようだけど……」

織莉子「……」

キリカ「……まぁ、言いたくないなら根掘り葉掘り聞かないけどさ」

ゆま「……お姉ちゃん、泣いてる」

キリカ「え? ……あっ! もしかして、聞いちゃいけないことだった? すまない!」

織莉子「……グスッ……」

キリカ「……目的地変更! 家に帰るぞ、ゆま!」

織莉子「……え?」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:46:05.32 ID:2GPEYJFx0

キリカ「……熱は下がったみたいだな。雑炊、食えるか?」

織莉子「ええ……ごめんなさい、私のために」

ゆま「人と人は、助け合う生き物だって、テレビが言ってた」

キリカ「……しかし、なんであんなところ、それも独りで? あそこはもう荒れてて、電気も通ってないって聞いたけど。それに、あの家って、確か美国議員の……あ、もしかして……」

織莉子「……そう、私の名前は美国織莉子」

キリカ「……道理でね。でもよ、親戚の家には……」

織莉子「……鼻つまみ者にされてるの。お父様が、ああだったから……政治家家系だから、余計に。でも、遺産で生活は出来るから……」

キリカ「あそこに住んでた、ってか。……だったらよ、ココに住まないか?」

織莉子「……え?」

キリカ「ここの部屋、無駄に広くて、私とゆまの二人暮らしでも空き部屋が出来るんだよ。うちの父さん、親馬鹿でさ。生活費だったら、うちから出せるし」

織莉子「……なんで、あなたはそこまで優しいの? 私のお父様は、汚職にまみれた政治家で、私は、周りから厄介者扱いされて……。私は、生きる意味がないのよ。だったら、こんなことには……」

ゆま「そんなことないよ」

織莉子「……ゆまちゃん?」

ゆま「私、キリカお姉ちゃんの家に、里子で来たの。前の家では、お母さんに虐められてたの」

織莉子「え……!?」

ゆま「その時、私も、お姉ちゃんと同じようなことを思ってた。お母さんに捨てられて、施設に行ったけど、同じように親戚の人から邪魔者扱いされた。けれど、キリカお姉ちゃんと、キリカのママとパパが、私を助けてくれた。最初は怖かった。どうせ、私はいらない子って言われて、また捨てられるんだって。でも、キリカお姉ちゃん達は、私に優しくしてくれた。でね、キリカお姉ちゃんが言ってくれたんだ。『今の私には、ゆまは必要不可欠な存在、可愛い妹だ』って」

キリカ「私も、ゆまと触れ合って、教えてもらったんだ。私、この世界が嫌いだったんだよ。人と人とが疑いあって、傷つけあう、虚ろな世界だって。けど、ゆまと出会って、変わったんだ。無色だった日常が、彩り豊かになった。で、昔の自分を振り返って、分かっちまったんだ。本当はただ臆病なだけで、理由を押しつけて、ずっと逃げてたんだって。けれど、ゆまは現実から逃げずに、生きてきた。で、思ったんだ。妹分に負けられるかって。そしたら、学校に行くにも、外に出かけるのにも、すっごく面白くなった!」

ゆま「お姉ちゃんが見えてる世界は、多分、昔の私と一緒で、まだ狭いんだと思う」

キリカ「でもよ、見えてる世界は今見えてる範囲だけじゃないんだ。絶対に、救いはあるんだ。生きる意味なんて、後から探せばいいじゃん! 見つからなかったら、私が一緒に探してやるって! だって、私があなたを、友達だって勝手に決めたからさ!」

ゆま「ゆ、ゆまも手伝うもん!」

織莉子「……いいの? だって私は……」

キリカ「言っただろ? 勝手に友達として認定したって! 私のしつこさは美滝原中学一だからね!」

織莉子「……ありがとう、あり、がとう」グスッ



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:46:51.27 ID:2GPEYJFx0

和子「それでは、今日は転校生を紹介します! 暁美さん、どうぞ」

ガララ……

トテトテトテ……

ほむら「あ、暁美、ほむらです。よ、よろしく、お願い、します……」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:52:05.30 ID:2GPEYJFx0

モブA「暁美さんって、髪綺麗だよね。シャンプーは何使ってるの?」

モブB「前の学校ってどうだったの?」

モブC「長い間入院してたって聞いたけど、なんで?」

ほむら「ふぇぇ! は、はわわわ!」

???「はいはいはいはい! 転校生を初日から困らせてどうするの!?」

???「質問は順番ってのが決まりだろ?」

???「まだ学校に慣れてないはずだから、まずは慣れさせることが大事でしょ!」

???「大丈夫ですか? 私も、転校してきた時はこんな感じでしたから」

ほむら「あ、その……すいません、私のために。あなた方は?」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:56:56.96 ID:2GPEYJFx0

さやか「そうそう、自己紹介しなきゃね。私は美樹さやか」

杏子「佐倉杏子だ。まぁ、まずはリラックスが大事さ。食うかい?」っロッキー

さやか「だーかーら! 学校にお菓子持ってくるなっつの! またマミさんに怒られるぞぉ?」

杏子「なーに、マミ姉に見つからなければいいんだって!」

キリカ「私は呉キリカ。まぁ、この二人の仲介役? ってところかな」

杏子「仲介役かぁ?」

キリカ「あんたらの喧嘩は、私の妹と同年代の子との喧嘩にそっくりなのよ」

さやか「ってことは、杏子が子供っぽいってことじゃない?」ケラケラ

杏子「言いやがったな!? お前こそ、上条と話せなかったときとかに、急にしおらしくなるくせによ!」

さやか「なにぃ!?」

キリカ「はいはいストーップ、こうなるから仲介役が必要なんでしょ?」

さやか・杏子「ぐぬぬ」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 06:59:55.76 ID:2GPEYJFx0

織莉子「私は美国織莉子と申します。私も最近転校してきた身ですから、お互い仲良くしていきましょう」

ほむら「あ、はい、ありがとうございます」

杏子「よっし! だったら、今日の放課後はほむらの歓迎パーティだな! お菓子をたんまり準備してやるぜ!」

さやか「とか言って、杏子が食べたいだけでしょ?」

杏子「いや、半分は歓迎の気持ちだ!」

さやか「半分は肯定かよ!?」

キリカ「いいね! ゲーセンかな、カラオケかな?」

織莉子「ここは、誰かの家でやるのもいいですけど……」

マミ「だったら、私の家でどうかしら?」

杏子「あっ、マミ姉!」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 07:03:49.66 ID:2GPEYJFx0

マミ「噂の転校生を見に来たの。私は巴マミ、よろしくね」

ほむら「先輩、ですか?」

マミ「ええ、三年生よ。……それに、私も久しぶりに手作りケーキをふるまえるし、丁度いいと思うけど」

さやか「賛成! またマミさんのケーキが食べたいです!」

杏子「お前もよく丸出しじゃねぇか!? まぁ、それには賛成だな。うちは十分広いし」

キリカ「だったら、ゆまも連れて行っていいかな? 杏子とモモちゃんと、また遊びたがってたし」

マミ「もちろん、大歓迎よ」

織莉子「ほむらさんも、用事がないのでしたら……よろしいですか?」

ほむら「で、でも、私のためにそんな……」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 07:04:24.76 ID:2GPEYJFx0

キリカ「問題なし! 何故かって、私が勝手に友達として認定したからな!」

杏子「それに、マミ姉のケーキは天下一品だぜ? 食って損はない!」

さやか「もうちょっとほむらは積極的になってもいいと思うよ? そ・れ・に、あなたはいい子だってわかっちゃうんだよね!」

織莉子「みんな、とても優しい方達です。それに、私たちはあなたを歓迎しています。これで理由は十分だと思いますが」

マミ「それに、新しい友達はモモちゃんが喜ぶわ。もちろん、迷惑じゃなければだけど」

ほむら「そんな! 迷惑だなんて。ただ、その……嬉しくて」

杏子「だったら決まりだな! よし、今日はスーパーでお菓子大人買いだな!」

マミ「お菓子は少しだけよ? ケーキの材料と飲み物を買うだけなんだから」

さやか「久しぶりのケーキだ! それに今度、恭介にも紹介しないとね」

キリカ「ゆま、マミさんのケーキ好きだから、すっごい喜ぶだろうな!」

織莉子「ふふっ、そういうキリカもゆまちゃんみたいに喜んでるわよ?」

ほむら「……ふふっ。(……学校って聞いて、不安だったり、怖かったけど……楽しい場所でよかったな。そうか、これが……幸せ、かな?)」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 07:05:29.36 ID:2GPEYJFx0

???「……見て、QB。みんな、嬉しそうな笑顔でしょ? これを見てると、こっちも幸せになってこない?」

QB「あいにく、そういった感情を持ち合わせないからね。……まぁ、順調にエネルギーは回収できてるから、こういった感情を幸福っていうのかな?」

???「それはちょっと違うかな? まぁ、ゆっくり見ていけば、いつかわかると思うから」

QB「……君が『全ての人を幸せにしたい』と契約してから、いつぐらい時間が経ったかな?」

???「さぁ、私にもさっぱり……けど、みんなの笑顔を見てると、今までの疲れも忘れられるんだ。だから、私もそれが嬉しいなって、思う」

QB「自己犠牲にしか過ぎないんだけれどね。まぁ、君のおかげで、無限機関である『幸福エネルギー』が作られたから、僕は何も言わないけどね」

???「でも、私と旅をして、楽しくない? いろんな人たちの、色んな幸福を見て、あなたは本当に、何も感じないの?」

QB「……さあね。それは僕も知らないよ。……でも、興味深くはある。君の旅先には、ね」

???「……さて、また旅立ちましょうか」

QB「次の目的地はどこだい?」ヒョイッ

???「ふふっ……幸福を求める誰かさんのところ」



END



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 07:07:30.35 ID:2GPEYJFx0

まどマギのみんなをそれなりに幸せにしたかっただけのSSでした。
ごめんね、ご都合主義パラダイス&文才、ストーリー構築力皆無で。
ただ、おりこマギカとまどかマギカの面子の絡みを書いてみたくなったのね。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 10:09:57.92 ID:2E9b6mUqo

おつっつ

いいね、純粋にこういうの!



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 07:25:00.80 ID:41o8uxTDO

お疲れ様ですっ!
良いお話、ありがとうございました。不幸から幸福へ変える事で、魔女とか要らなくなる訳ですね。QBも幸福普及委員として有効活用出来ると。まさに一石二鳥ですね!素晴らしい!

ただ惜しむらくは、現実もこれくらい優しければなぁ…。



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 07:32:31.66 ID:2GPEYJFx0

>>23

現実は非常である。

……と、いうより、私はアマガミSSを書いていたはずなのに、なぜまどマギSSを書きあげているんだろうか。
不思議だなぁ。
……息抜きに龍騎見よう。



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(三重県):2012/03/28(水) 21:39:36.29 ID:FJ8PEgk80

乙乙

話の内容が感動的だっただけにキリカの口調が気になったぜwwww
誰だあの姐御wwwwwwww



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/28(水) 22:10:48.96 ID:2GPEYJFx0

>>26

キリカの漫画上での人格は契約によって変化したものですからね、本来の性格がわからないんですよ。
精々、思春期の子特有の思考回路だな、ってぐらい。
ゆまも介入させたので、まぁ、杏子とは違った姐御キャラにしました。



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/03/29(木) 03:54:40.25 ID:E9FydpNDo

いいなあこの世界



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (21)

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 22:11
          • こんな世界があってもいい
            しかし虚淵の外道っぷりェ……今更ながら思い知らされる

            ぶっちーの次回作はどんなんになるかな
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 22:29
          • だれも悲しまない話で良かった
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 22:30
          • ところでオリキリは三年じゃなかったのかな?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 22:33
          • いや、でもその中心にまどかがいないのはちょっと寂しい。
            ほむらが、まどかを忘れて生きているのも悲しい。
            でも、いいはなしだと思います
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 23:18
          • 悪くない
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 23:32
          • たまには、こんな話も悪くない

            まどマギで虚渕がシナリオ書く代わりにうめてんてーがシナリオ書いたらこうなりそう
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 23:33
          • ※3
            つまりそれが細けぇことはいいんだよということになるのだろうさ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 23:38
          • やっぱり本編が暗い分こういうのはいいよな
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月30日 23:55
          • 5
            自分の幸せよりも他人の幸せのほうが大事なまどかにしてみれば、
            皆が幸せならそれでいいのかもしれない。
            うん、切ないけれどハッピーエンドだ。
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 02:09
          • こんな世界も良いな
            ちょっち切ないが
          • 11. 名無し文書で世界が
          • 2012年03月31日 12:31
          • 最初にあういう文があると速攻で読む気失せる
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月31日 12:56
          • 5 こういう話もいいな!乙
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 05:24
          • >>11

            次回からは極力なくしてみたいと思います。
            ご意見ありがとうございます。
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 11:25
          • 本編ご都合主義すぎたのにわけわからんコメしてるやつなんなの
            はいはい概念すごいねーって感じだったし
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 11:25
          • まどほむ厨きもい
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月02日 22:20
          • せっかく面白いんだから、始まりと終わりの言い訳というか予防線みたいなのはやめてほしいな
            SSに高いクオリティを期待してるわけじゃないし
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月03日 04:26
          • 仁美ェ……
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月05日 04:06
          • 5 正直こっちの願いの方が原作まどかよりもまどからしいと思えて好きだなぁ
            QBとの関係も何か好きだw

            当たりが出たらラッキー位の気持ちで読む人が多いだろうし、前書き部分はこの手のSSにはいらんと思う
            とは言え作者の後書きまでいらないとは言わんなぁ
            それこそ読みたくなければ読まなければ良いんだし
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月25日 13:20
          • 3 ※11は今までどんなお話しを見てきたのか、非常に気になる・・・・・・
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月21日 01:44
          • いいね
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月16日 13:56
          • あういう

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 家出少女「なんでもするので泊めてください」俺「>>4(就職)」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • キモオタデブ男「彼女欲しいからマッチングアプリ使うことにしたお。まずはプロフィール画像が必要みたいだから>>3にするお」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ