TOP

響「プロデューサーから美希の匂いがするぞ……」

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:27:08.77 ID:8Gllp2T6O

美希「ハニー! お仕事終わったのー!」

P「あぁ、美希か。お疲れさま」

美希「あのね、ミキ今度のCMにも使ってもらえるかも知れないの!」

P「ん? 誰かに聞いたのか?」

美希「収録現場に、あのマスカラ作ってる会社のだいひょーとりしまりやく?
   の人が来てて、ミキのことたくさん誉めてくれたの」

P「そりゃ凄いな」


香りの愉しみ、匂いの秘密



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:31:03.46 ID:8Gllp2T6O

美希「それで、『次のCMも必ずお願いします』って!」

P「そうか。さすが天下のアイドル星井美希だ」

美希「えへへ、ミキえらい? ミキ、きらきらしてる?」

P「してるしてる。
  最近は一段とな」

美希「全部ハニーのおかげなの!
   もっとハニーがミキのこと誉めてくれたら、
   誉められた分だけ次も頑張れると思うな?」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:37:19.79 ID:8Gllp2T6O

P「そうだな。
  ここの所は結構ハードなスケジュールも元気にこなしてくれてるし、
  いろんな現場の人から美希の頑張りは良く聞いてる。
  俺が一番嬉しいのは、そんな風に美希達が現場のスタッフや、
  スポンサーの人に誉められてるのを聞くことなんだ。
  良くやったな、美希。俺も嬉しいぞ」

美希「じゃあ、えへへ……ミキ、ご褒美、欲しいな?」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:42:47.43 ID:8Gllp2T6O

P「ご褒美、か。
  まぁ一応リクエストは聞いてやろう。あんまり無茶は言うなよ?」

美希「簡単なの!
   あのね……ちょっと立って、後ろ向いてくれる?」

P「ん? こうか?」

美希「いいよ! そのまま、しばらくじっとしててね!」

P「あぁ。でも、一体何を」

美希「えいっ!」ムギュー

P「お、おい、美希」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:45:05.75 ID:8Gllp2T6O

美希「ハニーの背中、あったかいの……」スリスリ

P「やれやれ……」

美希「ミキ、次のお仕事も頑張るから。
   それで、いっぱいいろんな人から誉めてもらって、
   ハニーに喜んでもらうから。
   それから、ハニーにいっぱい誉めてもらうから……」

P「わかったわかった、その時はまたいっぱい誉めてやるよ」

美希「ハニー、大好きなの!」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:50:54.93 ID:8Gllp2T6O

美希「じゃあね、ハニー!
   また明日なのー」フリフリ

P「あぁ、また明日な」



……バタン。



P「全く美希のやつ、最近どんどん甘えん坊になってる気がするな……」

響「……お疲れさま、プロデューサー」

P「おぉ、響もお疲れさん。
  今日の収録はどうだった?」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:54:40.13 ID:8Gllp2T6O

響「……自分としてはよくやれたと思うけど、どうかな」

P「響がそう言うなら大丈夫だろう。
  お前も良くやってくれてるよ」

響「うん。自分、完璧だからな」

P「ははは。
  ほんとに、同じAランクアイドルでも美希と違って全然手が掛からないからな。
  俺としても、やりやすくてありがたいよ」

響「……うん」



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 05:59:06.10 ID:8Gllp2T6O

P「まぁでも、あれだ。
  たまには何かちょっとぐらいのわがままなら聞いてやれるぞ?
  美希を引き合いに出すわけじゃないが、
  ちょっと響はストイック過ぎるように思えるんだが」

響「そうかな?
  別に自分は平気だけど……」

P「それならいいんだがな。
  でも、ほんとに何もないか?」

響「――――うん。今のところは」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:03:15.25 ID:8Gllp2T6O

P「そうか?
  別に無理にとは言わないが」

響「……何か思い付いたら、その時に相談してもいいか?」

P「あぁ、もちろんだ」

響「じゃあ、そうする。
  ……自分もそろそろ帰るぞ」

P「気を付けてな。また明日」

響「ばいばい、プロデューサー」フリフリ



……バタン。



響「……」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:08:42.64 ID:8Gllp2T6O

響(ほんとは、美希みたいに、プロデューサーにたくさんなでて欲しい。
  頑張ったなって、抱きしめてほしいぞ。

  ……でも、自分、家に色んな動物が居るから……
  きっと、どんなにお風呂に入っても、美希みたいに、
  良い匂いにはなれないんだ。
  それで、もしプロデューサーに変な匂いだって思われたら……

  ……それに……)



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:12:39.93 ID:8Gllp2T6O

響「プロデューサーから、美希の匂いがしたら……
  ……きっと、自分、すっごく惨めな気持ちになっちゃうから……」



響「……」



響「……良いんだ、ちゃんと気にしてもらえるだけで。
  それで、自分はもう、満足なんだぞ、プロデューサー」



響「……」



響「……はぁ……」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:19:01.51 ID:8Gllp2T6O

響「……あ」



 『あなたの髪に、あの人を振り向かせる香りを――――』



響「美希のCMしてるシャンプー……

  ……うぅん、やめとこう。
  気にしないって、決めたんだ。
  自分は、自分のお仕事をしてれば……振り向いてもらえなくたって……

  ……」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:26:20.91 ID:8Gllp2T6O

響「……え? 美希と競演?」

P「あぁ、例のシャンプーのCMな。
  美希のオファーは決まってたんだが、
  せっかくだから他のアイドルも勧めたら、お前が指名されたわけだ」

響「そう、なのか。
  で、でも、自分そんな、美希みたいに出来るかどうか……」

P「なんだ、らしくないな?」

響「……」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:32:35.73 ID:8Gllp2T6O

P「俺は良い人選だと思うんだけどな。
  ほら、響、こんなに髪の毛綺麗だし」スッ

響「――――やっ」パシッ

P「お、おっと」

響「……あ、……ご、ごめん、プロデューサー!」

P「い、……いや、俺の方こそごめんな?
  不用意に触ろうとして、嫌だったよな?
  つい美希によくやるクセで、……すまん……」

響「――――……」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:37:14.03 ID:8Gllp2T6O

P「ほんとにすまなかった。
  もうしないから、許してくれ……」

響「……ちょっと驚いただけだから、別に怒ってるわけじゃないぞ、自分」

P「そうなのか?
  いや、でも、……とにかく、ごめんな、響。
  もし、嫌じゃなかったら、CMの件、考えておいてくれ」

響「……うん」

P「じゃあ、俺は美希を迎えに行ってくるから」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:40:43.20 ID:8Gllp2T6O

響「……気を付けて、いってらっしゃい」

P「あぁ」



……バタン。……



響「……違うんだ。プロデューサー。
  プロデューサーになでられるのは全然嫌なんかじゃないんだ。
  ただ、……ただ、プロデューサーに、変な匂いだって思われるのが……

  ……

  ……プロデューサー……」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:48:34.43 ID:8Gllp2T6O

美希「響、今日はよろしくなの!」

響「うん。よろしくな、美希」

P「もう説明があったと思うが、今回は二種類のシャンプーのCMだ。
  美希のはこないだのと同じで、響の方は新商品だな」

美希「美希も新しいやつがよかったのにー」

P「まぁそう言うな。
  新商品の方は、落ち着いたツヤと海のイメージだから、
  響の方がぴったりなんだよ」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:52:18.91 ID:8Gllp2T6O

美希「むー……それなら仕方ないの」

響「で、でも、自分ちょっとシャンプーのCMなんてよくわからないから、
  美希に色々教えて欲しいぞ」

美希「教えるって言っても、ミキは普通に家のお風呂でシャンプーしてるときと
   あんまり変わらないかなー。うーん、強いて言えば……」

響「言えば……?」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 06:56:35.15 ID:8Gllp2T6O

美希「ミキ、シャンプーの匂いって好きだから、
   あわあわーってなるだけで、楽しくなっちゃうんだよね。
   自分がどんどん可愛くなる感じ、って言うか」

響「……」

美希「だから、とにかく、シャンプーを楽しむようにすればいいと思うな!」

P「今回は特に香りが大事なコンセプトだしな」

美希「まぁ美希はハニーの匂いが一番好きだけどね!」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:00:41.57 ID:8Gllp2T6O

P「またお前はそう言うことを……」

美希「だってほんとなんだもーん」

響「……プロデューサーは、シャンプーの匂い、好きなのか?」

P「そうだな、うん、人並みには。
  と言うか、嫌いなやつはなかなか居ないと思うけど」

美希「よく言う『女の子っぽい匂い』だよね」

P「そうそう。不思議と安心すると言うかなんと言うか」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:04:36.49 ID:8Gllp2T6O

美希「美希の匂いだったら、好きなだけ嗅いで良いよ?」

P「変態か俺は。
  それにわざわざそんなことしなくても、近くに居たら普通に香ってくるよ」

響「――――え?」

P「ん? まぁ、こう、すぐ横をすれ違った時とかにな」

響「……そ……そう、なのか……」

P・美希「「?」」

響「……」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:09:36.53 ID:8Gllp2T6O

  「765プロさん、そろそろ準備お願いしまーす!」

P「あ、はーい!
  まぁそう言うことで、あとは頼んだぞ」

美希「えー! ハニー帰っちゃうの?」

P「お前ら二人とも収録で服脱ぐだろ。
  俺が居ていいのか?」

美希「ミキは全然いいよ?」

P「はぁ……お前はともかく、……響がだな。
  俺がいたら嫌だろ? 響」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:13:51.75 ID:8Gllp2T6O

響「さ、……さすがに恥ずかしいぞ……」

P「と言うわけで、俺はもう行くからな。
  二人とも、頑張れよ」

美希「ちぇー。はーいなのー」

響「……」

美希「あーあ。
   せっかく美希の入浴シーンでハニーを骨抜きにしようと思ったのに」

響「……美希はいつも良い匂いがするよな」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:18:47.47 ID:8Gllp2T6O

美希「最近は、一日に絶対二回はお風呂入ってるからねー」

響「……そうなんだ」

美希「乙女のたしなみなの。
   そう言う響は……」クンクン

響「あっ、や、やだぞっ!」

美希「……うん、響らしい、良い匂いがするの」

響「……私……らしい……?」

美希「そうだよ。響らしい匂い」

響「そ、それっつどう言う――――」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:20:55.98 ID:8Gllp2T6O

 「星井さん、我那覇さん、スタンバイお願いしまーす!」



美希「あっ、もう行かなきゃ!
   響も急いで!」

響「え? あ、う、うん」







響(自分の匂いって……やっぱり、変、なんだな……)



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:23:53.10 ID:8Gllp2T6O

寝る



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:24:32.93 ID:IjUHuYtw0

ちょ、待てよ



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 07:24:45.18 ID:8OXTHpTs0

おい…
まさかの保守かよ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:08:49.01 ID:8Gllp2T6O

P「ほー、良く撮れてるじゃないか」

美希「思ったより健康的な感じでちょっと拍子抜けなの」

響「自分はこれでも充分恥ずかしいぞー……」

P「最近は色々うるさいからな。
  しかし、そうは言ってもやっぱりドキッとするものはあると思うが」

美希「えへへ、そうかな?
   ほらほら、実物もよく見るの!」ファサッ

P「おー、良い匂いだ」



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:11:31.07 ID:7LneQ9WS0

きたか



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:15:30.12 ID:8Gllp2T6O

響「……自分、ちょっと疲れたから、ちょっと控え室に戻ってるぞ」

P「ん? 響、大丈夫か?」

響「へーき。なんくるないさー」

P「……なら、良いんだけど、無理はするなよ」

響「うん。わかってるぞ、プロデューサー」

P「もうじき出発するからな」

響「はーい」

P「……」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:20:32.15 ID:8Gllp2T6O

P「……なぁ美希、今日の撮影、響の様子どうだった?」

美希「響? うーん……ちょっと恥ずかしがってたぐらいで、
   別に普通だったと思うけど……慣れない撮影で緊張したんじゃないかな。
   シャンプーとか化粧品のCM、初めてなんだよね?」

P「そうだと良いんだが……
  あぁ、それと、……」ナデナデ



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:24:17.84 ID:8Gllp2T6O

美希「ん……あれっ、今日は言わなくてもなでなでしてくれたの!
   ハニーもついにミキの魅力に」

P「普通さ、いきなり男に髪の毛触られたら嫌だよな?」

美希「そりゃそうなの」

P「だよなー……」

美希「でも、例えばミキとか、事務所のみんななら基本的に
   ハニーのなでなではいつでも歓迎だと思うな」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:27:48.56 ID:8Gllp2T6O

P「みんな、って……千早とか、響もか?」

美希「うん。千早さんは照れて嫌がるかもしれないけど。
   ……響? 響は素直に喜ぶんじゃないの?」

P「そう……だったら良かったんだが」

美希「?」








響「……いいなぁ、美希は……」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:33:16.12 ID:8Gllp2T6O

響(でも……やっぱり美希みたいに、プロデューサーに甘えるのは……
  自分、どんなにお風呂に入っても、変な匂いだし……
  きっと、べたべたくっついたら、プロデューサーに嫌われちゃうんだぞ……

  ……イヌ美たちのせいじゃなくて、自分が元々変な匂いなのかもな……
  美希は、別にあのシャンプーじゃなくてもいつも良い匂いだし……)



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:38:49.41 ID:8Gllp2T6O

響(……あれ、気にしないって決めたはずなのに……なんか変だな、自分。

  それに……もし、自分が変な匂いじゃなくても、
  きっとプロデューサーには、あんな風に甘えられないし……
  ……大好き、なんて、言えるはずないぞ……

  ……うん、だから自分は、一生懸命お仕事して、
  それで、プロデューサーにちょっとだけ誉めてもらえたら……)



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:42:22.69 ID:8Gllp2T6O

  『ハニー、大好きなの!』



響(……プロデューサーも、自分なんかより、
  美希みたいなきらきらしてる子の方が良いに決まってるぞ。
  自分なんかより……美希の方が……



  プロデューサーって、美希のこと、どう思ってるのかな……?)



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:48:28.55 ID:8Gllp2T6O

P「じゃあ、二人ともお疲れさん。
  もう暗いから、気を付けて帰るんだぞ」

美希「また明日ね、ハニー!」

P「おう、また明日。
  響も、気を付けてな?」

響「うん。明日もよろしく、な」

P「あぁ。一緒に頑張ろう」





響(美希と比べて、この距離感が……ちょっとだけ寂しいんだぞ、プロデューサー)



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 14:53:20.70 ID:8Gllp2T6O

響(やっぱり、こないだのこと、気にしてるのかな……
  でも、あれはいきなりプロデューサーが……
  うぅん、あんなことしたら、距離を置かれても当然だぞ。

  ……髪の毛、触られてても、変な匂いって思われただろうし、
  結局どっちにしても……同じかな。

  ……お仕事、頑張ろう。
  これ以上、プロデューサーに嫌われないために……)



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:02:04.41 ID:8Gllp2T6O

美希「ハニー! ミキ、やったの!」

P「あぁ。ソロアルバム、初登場オリコン一位。
  千早は悔しがってたが、間違い無く美希の実力だよ。
  頑張ったな、美希」ナデナデ

美希「んーっ、もっと! もっと誉めてなの!」

P「も、もっとって」

美希「……ぎゅっとしてほしいな?」

P「バカ、そんなこと出来るわけないだろ」



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:08:46.14 ID:8Gllp2T6O

美希「でもやっちゃうもんねー!」ギュウッ

P「こ、こら、離れないか。まだ話は……

  あー、響。
  響のソロアルバムも僅差の二位だ。ほんとにほとんど差は無いんだけどな。
  実質、同着一位と考えて良い。良くやったな」

響「うん。プロデューサーのおかげだぞ」




響(……でも、美希を無理やり引き離したりはしないんだよな)



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:13:34.25 ID:8Gllp2T6O

美希「んー……えへへ……」スリスリ

P「二人とも、例のシャンプーのCMのタイアップが……おい、いい加減にしろ」

美希「だって嬉しいんだもん!
   美希とハニーの力が認められたんだよ? ハニーは嬉しくないの?」

P「嬉しいに決まってるだろ。
  俺のアイドルが同着一位なんて、夢みたいだ」

美希「だったら、今日ぐらいいいでしょ?」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:18:24.17 ID:8Gllp2T6O

P「あー、もう、わかったわかった。
  今だけだからな。ちゃんと話は聞いてろよ」

美希「やったぁ! んふー」ムギュウ



響(……ほらな)



P「で、あー、二人はこれから更に忙しくなると思う。
  お前たちの勢いに引っ張られて、春香や千早、雪歩なんかもかなり好調だ。
  だから、二人とはこれまで以上に密な連携を取りたいと思う」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:22:47.34 ID:8Gllp2T6O

響「密な連携?」

P「あぁ。
  何かちょっとでも気になることがあったら、
  なんでも遠慮無く俺に相談してくれ。
  可能な限り力になるようにする」

美希「じゃあじゃあ、例えばどーしても二人っきりで落ち着いてお話したいな……
   って美希がお願いしたら、どうなるの?」

P「……まぁ、考えてやる」

美希「ほんとに!?」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:27:36.62 ID:8Gllp2T6O

P「美希も響も、今は特に自分で思ってる以上にハードワークになってるんだ。
  知らないうちに疲れが溜まることもある。
  それで体調崩したりしたら元も子も無いからな」

美希「それって要するに、
   お仕事頑張ったらハニーとデート出来るってことだよね?」

P「デートじゃない。仕事の一環」

美希「どっちでもいいの! 約束だからね、ハニー!」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:32:01.52 ID:8Gllp2T6O

P「響も、何かあれば、遠慮しないで言うんだぞ」

響「うん、……そうする」

美希「ねぇねぇ、響はハニーとデートしたくないの?」

響「えっ……そんな、自分は別に……」

P「響はお前と違って、仕事に対してストイックなんだよ。
  ちょっとは見習え。
  ……まぁ、だからこそ美希より心配ではあるんだが」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:37:01.20 ID:8Gllp2T6O

美希「えー! ハニーはミキのこと心配じゃないの?」

P「何かあればすぐわかるって意味ではな」

美希「うー……貴音みたいなミステリアスさがほしくなってきたの……」

P「美希には似合わないな。
  いつも通り、美希は素直な方が良いよ」

美希「ハニーが良いなら、それで全然かまわないの!」ギュッ

響「あはは。……」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:41:00.83 ID:8Gllp2T6O

響(……プロデューサー、やっぱり、
  ちゃんと自分のことも考えてくれてるんだな。

  でも、……美希があんな感じだから、
  自分はあんまりプロデューサーに迷惑掛けないようにしようと思ってたのに、
  なんだか逆効果だったみたいだ……

  どうしよう……どうしたらいいのかな……

  わからないよ、……自分には。プロデューサー……)



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:46:21.60 ID:8Gllp2T6O

~♪
   ~♪
 ~♪

響「プロデューサー、また美希からメールか?」

P「あぁ。
  まったく美希のやつ、早速権利をフル活用しやがって……」

響「……でも、プロデューサーもまんざらじゃなさそうだな?」

P「そう見えるか?
  まぁ、……楽しいことは否定しないよ。
  美希にも響にも、俺の方が元気をもらうことは多いからな」



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:51:12.90 ID:8Gllp2T6O

響「え? 美希はわかるけど……自分も?」

P「あぁ。響が一生懸命仕事を頑張ってくれてるのを見てると、
  俺も頑張らないとなーって思うわけだ。
  それに、何というか……こんな言い方したら嫌かも知れないが、
  響の場合、こう、……ほんとに大丈夫かな、と。
  頑張りすぎてないかって、どうしても気になっちゃってな」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:54:56.73 ID:8Gllp2T6O

響「……自分は、大丈夫だぞ、プロデューサー」

P「うーん……実は、美希に『仕事は響の方をよく見てあげて』って言われてな」

響「……え?」

P「美希から見ても、やっぱりちょっと心配なんだと思うぞ。
  だから、しばらくは響と同じ現場に行くことが多いと思う」

響「……美希……」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 15:58:48.24 ID:8Gllp2T6O

P「もちろん、響が嫌じゃなかったら、だが」

響「そんなの!……嫌じゃないに、決まってるぞ」

P「ん、そうか。そりゃ良かった。
  じゃあ、これからも一緒に、ますます頑張って行こうな」

響「あぁ、自分、もっともっと頑張るぞ!」

~♪
   ~♪
 ~♪

P「……はぁ、人が大事な話をしてるときに……」



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:02:08.84 ID:8Gllp2T6O

響「ひょっとして、その……デートのお誘い、ってやつか?」

P「んー、まぁ、さすがにもう大っぴらに出歩けたりはしないから、
  ちょっと喫茶店で話したりするぐらいだけどな。

  仕事は響とか、他の子をよく見とく代わりに、
  こう言う……デートは、こまめにしてくれ、ってさ」

響「――――……」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:07:39.55 ID:8Gllp2T6O

響(自分がうじうじ悩んでる間に、美希はどんどんプロデューサーと……
  ……自分がどんなにお仕事を頑張っても、素直で女の子らしい美希に、
  勝てるわけないって、最初からわかってたのに……

  万に一つなんて、なんの根拠もなくぼんやり考えてた自分が、余計に情けないぞ。
  そりゃ美希の方が……プロデューサーも、楽しそうだったし……)



179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:11:37.77 ID:8Gllp2T6O

響(……自分も、今より、もうちょっとだけ、素直になっても、良いかも知れない。
  せっかく、プロデューサーと一緒にお仕事することは増えたんだし、
  美希みたいには出来なくても、美希に勝てなくても、
  もうちょっとだけ、……プロデューサーに甘えても、良いかも知れない。

  それでもしプロデューサーに嫌われたら……そのときは、仕事が恋人、さー)



180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:17:41.68 ID:8Gllp2T6O

P「おはよう、響。
  こんな早くからすまないな。
  車の中で寝て良いぞ」

響「おはよう、プロデューサー。
  今日はスキー場で収録だよな」

P「あぁ、そうだ。
  このところ特に寒いから、風邪とかひかないように気を付けろよ」

響「うん。ほんと、今日は寒いな……」

P「……あれ、響、マフラーはどうしたんだ?」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:21:05.67 ID:8Gllp2T6O

響「あ、あぁ、朝あせって家を出たから、うっかり忘れちゃって……」

P「おいおい、首もと冷やしちゃだめだろ。
  ほら、これ巻いとけ」シュルッ

響「え?……えっと、……」

P「……あ、嫌なら、もちろん無理にとは言わないけどさ」






響(プロデューサーの、マフラー……)



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:24:24.75 ID:8Gllp2T6O

響「い、嫌じゃないぞ!
  ただ、その、えっと……えっと、だな……」

P「ん? どうした?」

響「そのマフラー、自分に巻いて!……ほしいぞ、プロデューサーに……」

P「俺が響に、これを巻くのか?
  そりゃ別に構わないが……良いのか?」

響「……」コクン

P「そ、そうか。じゃあ、もうちょっとこっちに来てくれ」



184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 16:27:37.60 ID:8Gllp2T6O

P「よっと」シュルシュル

響「……っ」ギュッ

P「ははは。
  そんな思いっきり目をつむるぐらいなら、自分でやればいいじゃないか。
  ほら、巻けたぞ。変になってるところは、自分で直してくれ」

響「……」





響(プロデューサーの匂い……これが……
  ふわってして、優しくて……あったかい……)



190:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:02:10.83 ID:8Gllp2T6O

響「ぷ、プロデューサー」

P「なんだ?」

響「えいっ」ギュッ

P「ちょっ、ひ、響?」

響「さ、寒いから! 自分寒いのは苦手だから、ちょっとだけ――――」

P「おいおい、だからって」


――――パッ


P「……も、もう良いのか? いや、聞き分けがよくて助かるが」

響「うん……もう、良いよ」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:05:39.73 ID:8Gllp2T6O

響「あ、出発の前にちょっとお手洗い行って来て良い?」

P「まだ少し時間に余裕はあるから、構わないぞ」

響「うん。なるべく急ぐから」



タッタッタッ……







響「プロデューサーから美希の匂いがするぞ……
  プロデューサーも自分も朝一番で来たのに、なんで……?
  なんで、なんで、なんで、……」ポロポロ



193: 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 :2012/03/24(土) 17:06:59.24 ID:sr5gkPUE0

ここでスレタイ回収か



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:18:52.83 ID:VirgxlpO0

すばらしい



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:20:28.45 ID:8Gllp2T6O

響「……なんで、って……そんなの、わかってるけどさ……
  そっか、そうだよな、美希とプロデューサーだもんな……

  ……うん、もうぐちゃぐちゃだ。
  頭の中も、お化粧も……

  でも、……暖かいなぁ……プロデューサーのマフラー……暖かいなぁ……」ポロポロ…



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:26:02.39 ID:8Gllp2T6O

P「そろそろ出発するか」

響「うん。遅刻したら、早起きしたのが無駄になっちゃうもんな」

P「だな。
  暖房が効き始めるまで寒いけど、我慢してくれよ」

響「平気だぞ。……平気だ」キュッ

P「ん……どうかしたか、響?」

響「別に、なんでもないぞ。ちょっと寝ていい?」

P「あぁ、もちろん。着いたら起こすよ」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:30:08.30 ID:8Gllp2T6O

響(……このマフラーのせいで、プロデューサーと一緒に寝てるみたい……
  すごく、安心する匂い……気持ちいい……暖かい……

  ……これが、もう、全部、美希のものなんだなぁ……
  自分なんか、こんなおこぼれをちょっとだけ貰えたら、ラッキーなんだな……

  良いんだ、それで……)



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:33:48.63 ID:8Gllp2T6O

響(きっと、自分といるより、美希と居た方が、
  プロデューサーも良いだろうし……

  自分はやっぱり、プロデューサーにもう、迷惑を掛けないようにしよう。
  それで、二人を応援しよう……お仕事を一生懸命頑張って、
  プロデューサーが美希のお仕事も見てあげられるように、しよう。

  プロデューサーが幸せなら、自分も、それで……)



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:37:15.19 ID:8Gllp2T6O

響(……わかってる。
  言い訳なんだ、これ。
  自分が美希みたいに、ちゃんと頑張らなかった、言い訳なんだ。
  ほんとは、悔しくて、羨ましくて、仕方ないんだ。

  これからはもう、美希がプロデューサーの、
  あの優しい言葉も、あの優しい暖かさも、あの優しい匂いも、
  好きなだけ全部、全部独り占めできるっていうのが)



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:39:16.70 ID:8Gllp2T6O

響(……マフラーに、自分の変な匂いがついてたら、
  プロデューサー、自分のこと、嫌いになるかな……)



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:15:33.80 ID:8Gllp2T6O

P「響、響。もうすぐ到着するぞ」ユサユサ

響「……うん。運転お疲れさま、プロデューサー」

P「響にはこれから頑張ってもらわないといけないけどな。
  よく寝れたか?」

響「かなり熟睡出来たぞ。
  プロデューサー、安全運転だったし、それに、……」

P「ん?」

響「……なんでもない。
  マフラー、返すね」



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:20:17.53 ID:8Gllp2T6O

P「別に、まだ着けてて良いぞ。
  外は雪だからな、事務所よりずっと寒い」

響「……でも、プロデューサーが風邪引いちゃったら……」

P「バカ、そんなこと気にするなよ。俺は平気だ。
  さぁ、着いたぞ。……お、おっと、地面が凍ってるなこれ。
  響、ちょっとそのまま待ってろ」

響「え? う、うん」



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:22:42.53 ID:8Gllp2T6O

ガチャッ、



P「ほら、こけないように気をつけて降りろよ」

響「……ありがとう、プロデューサー」



……ギュッ、



P「ここから少し歩くから、ゆっくり行こう」

響「……うん」



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:29:27.09 ID:8Gllp2T6O

響(このまま手をつないで、どこか遠く、
  もっと寒いところに、逃げられたらな……なんて。
  こんなこと考えてたら、プロデューサーに怒られちゃうかな)


P「……それにしても、寒いな。道路も凍るわけだ」


響(……。
  ……。
  ……、……)



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:32:25.93 ID:8Gllp2T6O

響(やっぱり、やめとこう。
  今こけるふりしてプロデューサーに抱き付いたりなんかしたら、
  きっと、もう二度と離れられなくなる。
  ……どんなに惨めな気持ちになっても。

  今は……これで、充分すぎるぐらいだよな)



ギュッ……



P「お、雪も降ってきたな」

響「……そうだな」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:40:18.74 ID:8Gllp2T6O

P「……おい響、どうしたんだ?
  泣いてるのか?」

響「……雪が、目に入った、だけだぞ」

P「そうか……? それなら良いんだが……ほんとに大丈夫か?」

響「なぁ、プロデューサー」

P「ん、どうした?」





響「……やっぱり、マフラー返すよ」



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:43:18.83 ID:8Gllp2T6O

P「え? いや、寒いだろ?」

響「いいから。ほら、こっち向いてくれ」グイッ

P「わっ、ちょっ、わっぷ」

響「……うん、これでよし」

P「な、なんだよいきなり」

響「プロデューサー、そのマフラー、何の匂いがする?」



223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:45:57.94 ID:8Gllp2T6O

P「なんのって……」

響「プロデューサー」

P「……響の匂いが、するよ。ちょっとだけ」

響「変な匂い? 嫌な匂い?
  ……ごめんな、プロデューサー。マフラー、そんなにして」

P「いや、いやいや、なに言ってんだ。
  そんな変な匂いなんかしないぞ」

響「……プロデューサーは優しいな」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:00:07.82 ID:8Gllp2T6O

P「ほんとだって。
  全然嫌じゃないぞ。
  響は……そうだな、元気な匂いと言うか、お日様の匂いがする」

響「……」

P「色んなことを一生懸命頑張ってる、響の匂いだ。
  俺は好きだよ、これ。変な匂いなんかじゃない」




響「……プロデューサーの、ばか」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:03:45.32 ID:8Gllp2T6O

P「え?」

響「なんでもない。行こ?」ギュッ

P「お、おい、響」

響「自分も好きだぞ、プロデューサーの匂い。

  ……大好きだ」



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:09:59.11 ID:8Gllp2T6O

 数年続いた我那覇響と星井美希のトップアイドル争いは、
 星井美希の電撃入籍によって終結する。

 当時は下世話な週刊誌に酷く煽られたりしていたが、
 我那覇響が急遽開いた記者会見で二人を必死に擁護すると、
 誹謗は幻に消えていった。

 そして今やその座を不動のものにした我那覇響は、
 しかし、時折、あの雪の降る日の出来事を思い出し、――――



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:13:00.00 ID:8Gllp2T6O

ペラ…

響「あはは、赤ちゃんはお母さん似だ。
  よかったな、プロデューサー。

  ……マフラー、やっぱり、あのときに無理言ってもらっておけば、よかったかな」





END



248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:27:23.82 ID:7oov9Zno0

うわぁぁぁ切ねえええ



252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:34:15.51 ID:8Gllp2T6O

俺が響を書くといつも病んでしまう法則
なんでだろうね。でも好きなんだ。
ちょっと病める切ない響。
存外HAPPY ENDになることもあるし。


でもこの話はこれでおしまい。
分岐もないし、続きもない。
響の恋は、終わってないけど続かない。
そう言う話が書きたかったんだ。



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:36:23.20 ID:tXTiygS90

響ハッピーエンド書ける奴はよ



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:44:33.68 ID:ehBe37Mn0

乙 これでいいんじゃないか



257:REST@RT:2012/03/24(土) 19:54:35.25 ID:8Gllp2T6O

響「プロデューサー」

P「おぉ、なんだ響、もう帰ったんじゃなかったのか?
  みんな結構前に出て行っちゃったぞ」

響「あ、あのさ、……」

P「ん? 何か相談か?」

響「自分……こないだ、シャンプーのCMに出ただろ?」

P「あぁ、あれな。かなり評判が良いみたいじゃないか」

響「う、うん。それで、な……う、うぅ……あの……」



259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:56:00.33 ID:bwR3gtKi0

お前はやってくれる奴だと信じてたよ



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 19:59:16.26 ID:8Gllp2T6O

P「どうしたんだ、珍しく煮え切らないな」

響「……匂いを……」

P「え?」

響「じゃなくて、えっと……ほら、あの普段、よく美希にしてるみたいな……」

P「美希? なんのことだ?」

響「うぅー……プロデューサー! 手、だして! 手!」

P「うおっ、な、なんだいきなり」

響「いいから、早く!」



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:05:58.53 ID:8Gllp2T6O

P「わ、わかったわかった。こうか?」スッ

響「もうちょっと上」

P「上?」ススッ

響「その辺。そこで掌を下に向けて、そのままな」

P「あぁ。
  それで、しゃがんでどうするつもりだ?」

響「えいっ」バッ


スカッ


響「あ、あれ?」

P「ほら、暴れるから書類落ちただろ」バサバサ

響「……」



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:09:40.88 ID:8Gllp2T6O

響「そのままって言ったのに……」

P「それで、なんだったっけ。手?」

響「も、もういいっ!」フイッ

P「なんだそりゃ。
  ……ん、あ、なんか良い匂いがするな、響。
  あのシャンプー使ってみたのか?」

響「なっ、なっ、……」

P「これなら、あの人も振り向く、ってやつだな。ははは」

響「……プロデューサーの、ばか」



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:13:44.56 ID:8Gllp2T6O

P「ところで、次は同じ会社のトリートメントのCMのオファーがあるんだが」

響「……自分でいいならやるぞ」

P「そうこなくっちゃな。
  響にぴったりの仕事だ。確か、海をイメージ商品でな」

響「へぇ、そうなのか。
  それはちょっと楽しみだぞ」

P「だろ?」



269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:18:17.81 ID:8Gllp2T6O

響「でも自分、そこまで髪の毛とか気にしてこなかったからよくわからないけど、
  自分なんかがやっていいのか? もっとこう、美希とか……」

P「なに言ってんだ。
  さっきも言ったけど、お前が適役だよ。
  髪の毛だってほら、さらさらだし」ナデナデ

響「あっ」

P「あ、嫌だったか?」

響「べ、べっ、べ、別に……」



270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:22:43.66 ID:8Gllp2T6O

P「さて、じゃあそろそろ帰るか」スッ

響「あっ……うん」

P「んー、ちょっと遅いけどなんか食べていくか?」

響「えっ、あ、うん、なんでも食べるぞ自分!」ガタッ

P「そんなに腹が減ってたのか」



272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:26:35.29 ID:8Gllp2T6O

P「おー、雪だなぁ。
  春分を過ぎても七回は積もるって言うが」

響「プロデューサーは、寒いのは好きか?」

P「んー、別に普通かな。
  暑いのも寒いのも苦手だ」

響「そっか。
  自分はこっちに来てから、結構寒いのも好きになってきたぞ」

P「へぇ。そりゃたくましいな」



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:30:39.30 ID:8Gllp2T6O

響「前に雪がちょっとだけつもったときにさ」

P「うん」

響「雪だるまを作ってみたんだ。ちっちゃいやつだけど」

P「ほほう。響と雪だるまって、なんか結構新鮮な組み合わせだな」

響「でも、次の日からまた急に暖かくなっただろ?」

P「あぁ、確かそうだったかな」



276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 20:33:34.56 ID:8Gllp2T6O

響「そしたら、ベランダに置いてあった雪だるまがだんだん溶けて来ちゃって……」

P「まぁそう言うもんだしな。仕方無い」

響「……かわいそうだったから、冷凍庫に入れてあるんだ」

P「えっ、今も?」

響「うん」

P「マジかよ」

響「なんか、ほっとけなくて……」

P「ははは、響は優しいなぁ」



283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:01:18.19 ID:8Gllp2T6O

響「この雪が積もったら、仲間を作ってあげられるかな」

P「おいおい、冷凍庫が一杯になるぞ」

響「うぅ……だって……」

P「……まぁ俺も昔、同じことやって親に怒られたけどさ」

響「そうなのか?」

P「まだちっちゃかった時にな」

響「……ひょっとしてプロデューサーって、泥団子とか大切にするタイプ?」

P「正解」



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:03:51.56 ID:8Gllp2T6O

響「それで、何食べよっか、プロデューサー」

P「俺も何でもいいんだけどな。
  あんまり高いものじゃなけりゃ」

響「うーん……今日はラーメンの気分な気がするぞ」

P「ラーメンか。いいな、それで行こう。
  実はこないだ結構うまい店を見つけてな」

響「貴音に教えてもらったのか?」



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:06:00.09 ID:8Gllp2T6O

P「いやぁ、たまたま入った店だったよ。
  今度貴音を連れて行ってやろうと思ってたんだが、
  まずは響で事前調査だな」

響「むっ、自分も結構貴音に付き合ってラーメン食べてるから、
  きびしめに審査するぞ!」

P「もちろん、それを見越してのチョイスさ」

響「自信満々だなぁ。楽しみだぞ」

P「まぁ付いて来いって」



289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:12:19.46 ID:8Gllp2T6O

P「しかし、なんか冬の匂いってあるよな」

響「あぁ、冬の都会の匂いならわかるぞ。
  冷たい排気ガスの匂い」

P「それそれ。
  なんかちょっと切なくなるよな」

響「そうだな。自分はちょっと好きだけど」

P「変わってるな」

響「そうか?」

P「……あ、とんこつの匂い」グー

響「カレーっぽい匂いもするぞ」グゥ



291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:15:47.56 ID:8Gllp2T6O

P「さぁ、ここだ」

響「こんな路地裏にあるんだな」

P「名店っぽいだろ?」

響「いかにもにわかっぽいコメントだな」

P「実際にわかだし良いんだよ別に。
  俺はチャーシュー麺だ」

響「自分は普通の醤油ラーメンで」

P「ほほう、シンプルに行くのか」

響「まずは基本からだぞ」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:24:13.07 ID:8Gllp2T6O

響「ごちそーさまだぞ」

P「ごちそうさま。で、どうだった?」

響「うーん……思いの外公正な審査が難しいかも」

P「ん? どうしてだ?」

響「だって、元々かなりお腹減ってたし、それに……
  ……プロデューサーと……久し振りの……ご飯だったし……」

P「? 久し振りのなんだって?」

響「なっ、ななっ、なんでもないぞ!」



294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:29:41.16 ID:8Gllp2T6O

P「響、ガムいるか?」

響「うん」

P「はい」スッ

響「まさかのバブリシャスだぞ……」

P「冗談だ。キスミントをやろう。おい、冗談だってば。そんな引くなよ」

響「いつも持ち歩いてるのか?」

P「たまたま見かけたから買っただけだって。
  たまに噛むとうまいんだよこれ」

響「ふぅん……」



297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:38:11.43 ID:8Gllp2T6O

P「まぁそう言うわけで、また明日な」

響「うん。今日はラーメン、ありがとうな、プロデューサー」

P「気にするな。俺も久し振りに響と飯食えて楽しかったよ」

響「……」

P「ん? なんだ、忘れ物か?」

響「……なんでもないぞ。
  それじゃ、おやすみなさい、プロデューサー」

P「あぁ、おやすみ。寒いから暖かくして寝ろよ」



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 21:48:36.72 ID:8Gllp2T6O

ガチャッ、


響「ただいま。
  元気か? 形はあんまり変わってないけど……ひょっとしたら、
  明日になったら仲間が出来るかも知れないぞ。どうなるかな。

  ……お前、ひょっとしたら、
  プロデューサーの作った雪だるまの生まれ変わりなのかも……なんて」


……パタン。


響「……ラーメン、美味しかったな」



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:02:56.06 ID:8Gllp2T6O

P「おはよう、響」

響「プロデューサー、おはよう」

P「残念だったな」

響「え? 何が?」

P「雪、積もってなくて」

響「あぁ……まぁ、仕方ないさ。
  こんなに寒いなら積もってくれてもいいのに、とは思ったけど」

P「だよな。
  今日もよく冷える」



304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:06:18.79 ID:8Gllp2T6O

響「昨日、寝てるときに思ったんだけどさ」

P「うん」

響「多分、美希だったら、
  『雪だるまを南極あたりまで連れて行けば良い』とかって言いそうだよな」

P「あー、多分な。
  っつーかあいつなら本気でやりかねん」

響「あはは。
  でも、冷凍庫の中よりはずっと良い環境かもな……」

P「すっかり情が移ってるな」



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:10:51.43 ID:8Gllp2T6O

P「それはさておき、今日の仕事は……撮影だな。雑誌の表紙とカットの」

響「うん、昨日確認したぞ。
  前と同じスタジオだよな?」

P「そうだ。俺は今回、別件で顔を出せないが……響なら一人で大丈夫だろう」

響「自分、完璧だからな!」

P「よーし、その意気だ。
  じゃあ早速で悪いが、そろそろ出発してくれ」

響「はーい」



309:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:21:30.92 ID:8Gllp2T6O

響「はぁ……なんかいつもと違う感じの撮影だったから、
  ちょっとくたびれたな……」

P「響、お疲れさん」

響「あれっ、プロデューサー? なんで?
  今日は来れないんじゃなかったっけ?」

P「予定より早く用が済んだからな。
  こっちの撮影も気になってたし。
  ほら……なんと言うか、アーティスティックな感じだっただろ?」



311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:24:18.81 ID:8Gllp2T6O

響「う、うん。
  なんか、こんな服、いつの間に用意したんだ?
  って感じの衣装で撮影だったぞ……」

P「だろうな。
  で、どれどれ、出来映えの方は」

響「だっ、ダメだぞっ!」バッ

P「おいおい、そりゃないだろう。せっかく来たのに」

響「ダメだったらダメだ!
  恥ずかしいんだから!」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:39:42.96 ID:8Gllp2T6O

P「まぁ結局使うカットは事務所に届くんだけどな」

響「うわぁああああっ!
  これ使わないって言ってたのにぃ……」

P「ははは、盛大にこけてるな。
  その後の恥ずかしそうな表情も良い。
  文句なしの完璧だな」

響「そんなじっくり見ないでってば!」

P「こっちのはこんなキメ顔なのにな」

響「ううううぅ……」



322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 22:59:45.69 ID:8Gllp2T6O

P「いやぁ、響の魅力全開だ。眼福眼福」

響「ひどいぞプロデューサー……人を笑い者にして……」

P「何を言ってる。
  思わず笑顔になっちゃうんだから仕方ないだろ。
  ほら、こんな可愛いんだぞ? 笑うなって方が無理だ」

響「なっ、まっ、またそうやってからかってるんだぞ!」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:02:48.78 ID:8Gllp2T6O

P「だから違うって。
  ……しかしまぁ、あれだな」

響「こ……今度は何を言うつもりさー……」

P「やっぱり写真より、実物の方が可愛いもんだよな、うん」

響「……っ、……プロデューサーのばか……もう知らないんだぞ……」プイッ

P「ははは、照れるな照れるな」



325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:06:54.83 ID:8Gllp2T6O

響「雪山でロケ?」

P「雪山っていってもスキー場だけどな。
  子供と雪合戦して、おいしい鍋を食べて、温泉に入るってやつだ」

響「おおっ! なんかすごい役得だな!」

P「だろ?
  日帰りだからちょっとバタバタするけど、まぁそんな感じの仕事だよ」

響「スキー場かぁ、初めてだなぁ」

P「そうなのか。じゃあまぁ、楽しみにな」



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:09:58.89 ID:8Gllp2T6O

響「へぇー、このホテルに行くのかぁ……
  ほんとにこんな一面ずっと雪なのかな……
  今度一回スキーとかスノーボードもやってみたいぞ。
  765プロのみんなで旅行とか出来ないかなぁ。
  それにしても、やっぱり寒そうだぞ……

  ……あっ、そうだ!」ガタッ



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:13:45.35 ID:8Gllp2T6O

P「響、響。もうすぐ到着するぞ」ユサユサ

響「う、うぅーん……もう着いたのか……ふぁーあ……」ゴシゴシ

P「見ろ、すっかり銀世界だぞ」

響「ん……うわっ、ほんとだ!」

P「雪焼けしないように日焼け止め塗っとかないとな」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:17:14.18 ID:8Gllp2T6O

響「プロデューサー! もう車から降りて良いかっ?」

P「おっと、こりゃ地面が凍ってるな。
  ちょっと待ってろ響」ガチャッ

響「早く早くっ! 早く外に出たいぞっ!」

P「そんなにはしゃいでたらこけるぞー。
  ほら、気をつけて降りろよ」スッ

響「あっ……うん、ありがとうな、プロデューサー」



ギュッ、



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:21:54.63 ID:8Gllp2T6O

響「すごいな! ふわふわだぞ、ふわふわ!」ザクザク

P「新雪だな。昨日ちょっと降ってたんだろう。
  足元のは一旦溶けかかった雪だな」

響「ずっとこんなに雪があるのか……通りで……へくちょっ!」

P「お前マフラーはどうしたんだよ、寒いとこに行くなんてわかりきってただろ」

響「いや、朝寝坊しちゃってさ……それでうっかり」



334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:26:01.39 ID:8Gllp2T6O

P「まったく、はしゃぎすぎだっつーの。
  ほら、じっとしてろ」シュルッ

響「えっ、うわわっ」

P「帰ったら歌の仕事もあるんだから、喉元冷やしちゃいかんだろうが」クルクル

響「こ、これ……で、でも、プロデューサーの……」

P「安物のマフラーだが、無いよりずっと良いだろう。
  ……嫌だったか?」

響「そっ、そんなことないぞっ!」



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:28:37.61 ID:8Gllp2T6O

P「じゃあ、しばらくそれで我慢してくれ」

響「……えへへ。暖かいぞ」

P「そうか、そりゃよかった」

響「……プロデューサーの匂い……」ボソッ

P「ん?」

響「あっ、いやっ、なっ、なんでもなっ」ツルッ

P「うわバカ、危ないぞっ」



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:31:39.06 ID:8Gllp2T6O

P「じゃあ俺は、ちょっと用事を済ませてくるから」

響「わかったぞ。そんなに難しい仕事でもないし、
  楽しんでやるさー」

P「それが一番だ。頑張ってくれよ。
  ただし、無茶はしすぎないようにな」ナデナデ

響「も……もう、わかってるってば……」プイッ



340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:36:47.58 ID:8Gllp2T6O

響「さて、プロデューサーは……まだみたいだな。
  じゃあ、今のうちに……」ゴソゴソ



ザクッ、ザクッ、ザクッ、……



響「よし、この辺でいいかな」

パカッ

響「お、よかった、とけてないな。
  ほら、ここがお前の新しいおうちだぞ。
  冷凍庫よりずっと広いだろ? 南極ほどじゃないけどさ」

ザクッ、ザクッ、ギュッ、ギュッ、



345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:54:25.53 ID:8Gllp2T6O

響「……ほら、友達も作ったぞ。
  これで寂しくないな? ひとりぼっちじゃないもんな?
  仲良くしないとダメだぞ、二人とも。
  約束だからな」



P「おーい、響ー。
  そんなところで何やってるんだー?」

響「うっ、うわっ、プロデューサー!?
  い、今行くから待っててーっ」

P「あっ、こら、だから走るなって――――」



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:57:23.91 ID:8Gllp2T6O

響「うわぁっ!」ツルッ

P「予想通りすぎる」ガシッ

響「……ぷ、プロデューサー……」

P「なんだよ、世話の焼けるアイドルだな」ギュッ

響「こ、これ、誰かに見られたら、その……」

P「それもそうだな」パッ

響「あっ……うぅ……そんなあっさり……ん?」

P「なんだ? どうかしたか?」



348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 23:59:18.93 ID:8Gllp2T6O

響「……」

P「響?」

響「……」ムギュッ

P「お、おいなにやってるんだ」

響「……」スンスン

P「響、こら、離れろって」

響「プロデューサーから美希の匂いがするぞ……」

P「なっ」



350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:02:19.12 ID:8Gllp2T6O

響「どういうことだ? なんで美希の匂いが……
  今日はプロデューサーと自分だけのお仕事じゃなかったのか……?」

P「い、いや、だからそれはだな……」

響「……」

P「……」

響「……」

P「……」

響「……」

P「いや、いつまで抱きついてるつもりだよ」





  「あーーーーっ!!」



351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:05:39.27 ID:lrxPC4BFO

美希「こらぁーっ!
   ハニーから離れるのーっ!」グイグイッ

響「うわぁっ! 美希!?」

P「あっ、おい、まだ出てくるなって言っただろ!」

美希「こんなの見過ごせるわけないの!
   でも……まさか響がここまで抜け目なかったなんて知らなかったの」

響「……えっ、あっ、そんな、べ、別に自分は……!」



353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:08:45.61 ID:lrxPC4BFO

響「って言うかなんで美希がこんなところにいるんだよっ!」

美希「響が抜け駆けしないようにと、ハニーが浮気しないように見張るためなの。
   まったく、みんな油断ならないの……こしたんたんってやつなの」

響「なにそれ? ラーメン?」

P「何もかも違うっての。

  あー、響、実はな……」



354:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:13:35.36 ID:lrxPC4BFO

響「慰安旅行?」

P「そうだ。
  企画したは良いが、響だけどうしても予定が合わなくてな。
  だったらいっそ、ここにみんなを集めたら、ってことになったわけだ」

響「む……むちゃくちゃだぞ……」

P「社長と律子に言ってくれ」

美希「ちゃんと響の着替えも準備しといたから、今日の夜はみんなで女子会なの。
   ハニーも来る?」

P「やだよ。なんか怖い」



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:17:37.25 ID:lrxPC4BFO

響「……なんかいきなりだけど、つまり、みんな来てるんだな?」

P「あぁ、上の部屋にいるぞ」

美希「響もはやく浴衣に着替えて、温泉に行くのっ!」グイッ

響「あっ、ちょ、美希っ、引っ張るなよーっ」

P「やれやれ、急に騒々しいな」



356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:22:17.43 ID:lrxPC4BFO

 響の家の冷凍庫から引っ越してきた小さな雪だるまと、
 その隣の、もうひとまわり小さな雪だるま。

 二つの雪だるまの首には、毛糸の小さなマフラーが一本巻かれていて、
 寄り添うようにして三人の後ろ姿を眺めていたと言う。







END



357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:23:05.40 ID:doKmX3hi0

あえてこの言葉を感謝とともに送ろう

乙であったと



362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:38:25.89 ID:JzHAx+3n0

乙である!

割とがちでありがとう



365: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/25(日) 00:51:09.79 ID:nD2hJd2E0

よかったぞ!お疲れ



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/25(日) 00:55:44.47 ID:U+CM3Y270

乙です!





◆以下、おまけ(小ネタ)になります。



代行

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:42:08.03 ID:8Gllp2T6O

ラーメン食ってくる



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:44:00.12 ID:MG/e9N5l0

ラーメン代行はよ



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 17:53:48.46 ID:e5iWs1Ig0

★お食事代行始めました★
お腹減ったけど料理作るのが面倒くさい、お食事食べたいけど食べる時間がない、そんなときに!
暴飲暴食で鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに食事を食べてくれます!
モチロンお食事を用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の冷蔵庫の中身を無差別に食べまくります!
1時間\1200~ 24時間営業 年中無休!

           _ / ̄/ ̄''''‐、        ら
         /::/ /::::::::::::::::::::::\.   お.  あ
        /::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.   か  め
        /_/__i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  わ.  ん
         ./ | .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  り
        /┃ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        (   (7::::::::i:::::::::::::::::::::::::/
        \ /::::::::::/:::::::::::::::::::::::(
          /:::::::::::く::::::::::::::::::__\___
_______\::::::::\:::::::::::/ __  _  /___   
    ,r'―――//_,,..-‐"::::::/ /  / /// /
    ,`‐η‐-' く::::::\::::::::::::/ /ヽ / /~/ /
―――ヽ‐<...,,__/)λ" ):/ / / / / / /―――――
            ヽ ) (/ / "/ / / /

お食事代行では同時にスタッフも募集しています
胃袋に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
お食事を食べるだけの簡単なお仕事です!



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:10:17.85 ID:T7lUFamg0

>>211
これって貴音なの?



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/24(土) 18:17:31.25 ID:e5iWs1Ig0

>>213
一応貴音AAに分類されてる



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 02:11
          • 貴音や千早は悲恋が似合うが、響は見てて辛いな……
            出来が良すぎて感情移入しちまったぜ……
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:00
          • ラーメン代行ってなんだよww
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:01
          • 確かに響はきついわ
            なんでだろね

            ラーメン代行で〆には笑ったわ
            ラーメン食ってくるかな
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:05
          • 美希派だが切ないな。これは名作
          • 5. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:06
          • 響は普段から元気なイメージがあるからねえ、実はそれを無理してやっているとかいうのが千早とかと違うのかな。だかこういうSS は良いものだ、もっとやれ。
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:22
          • 雪だるまの話、なんか覚えがあるんだが、何だっけ?
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:25
          • この作者=ヤンデレ化伊織の響verの人=美希「ハニー大好きなの」の人
            ちょっとしたセルフパロですな。芸が細かいぜ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:26
          • 5 PSPで出たばっかりの頃はあんなネタキャラだったのに。
            ようやくキャラの奥深さが掘り下げられてきた感じだ。
          • 9. モバマスP
          • 2012年03月25日 03:26
          • 4 雪歩派だが最近響が可愛いSSばっかりで困る

            響ってこんなに可愛かったのな
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 03:55
          • 5 ひびみきの可能性はないんですか!?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 04:05
          • 5
            やっべ、前半がかなり来る。やっぱりヤンデレ響の人なのか?
            この人の作品もなかなか名作揃いだなぁ。
            Pが美少女化する奴も続き書いてくれないかな……。
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 04:14
          • すっげー可哀想だったわ
            響に救いをくれ
          • 13. 819P
          • 2012年03月25日 04:40
          • SPのときから好きでよかった
            俺も犬2匹、猫3匹とオウゴンオニクワガタ飼ってるから
            匂い気にする事はよくある

            俺にとっちゃ、響の匂いはご褒美でしかない
          • 14. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 08:07
          • ネガティブ響もアリだな
          • 15. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 09:33
          • 響SSは素晴らしい
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 10:38
          • まあだいたいの人はアイドルにハニーハニーって言われたら結婚しちゃうよね
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 12:19
          • 最近は響と真美のSSが多いな
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 12:21
          • 5 同じタイミングでまとめられてる
            響「パン買ってきてよ」
            のSSと比べてギャップがwww

            ひびきはかわいいなあ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 12:56
          • 4 響の恋は終わってないけど続かないって言葉にちょっとぐっときた
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 13:16
          • この作者がやよいの長編悲恋物なんか書いた日には、いよいよ首吊るやつが出るんじゃないだろうか……
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 13:28
          • 恋愛は結局サバイバルみたいなもんだからな。
            ライバルが積極的なら分が悪いに決まってる。
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 13:51
          • 5 やっぱり元気イメージな響だと悲恋とか切ない話しはグッとくるな
            これからもこういうSS増えてくれる事に期待したい
          • 23. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 17:13
          • 気弱な響いいなあ
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 19:14
          • ※18
            だよなあ
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月25日 19:46
          • 女子会パートも別の機会に書いてくれると嬉しい
            まぁ展開は読めるけどね
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月26日 00:43
          • 分岐も続きもないと書いていてもちゃんと期待にこたえてくれるくれる。
            作者さん最高です。乙!
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月26日 01:44
          • ダメだ何回も読んでしまう……
            もう俺はダメかも知れん
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年03月26日 07:29
          • ふう・・・分岐書いてくれて助かった、読んでるこっちが胸が痛くてやばかった
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年05月04日 00:57
          • この話はこれでおしまい。
            分岐もないし、続きもない。
            響の恋は、終わってないけど続かない。

            この言葉が名言すぎてやばい
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月29日 11:08
          • 響「プロデューサーからミキの匂いが……げっほ!?何!?匂いが超甘い!?滅茶苦茶甘いぞ!?…これは…いちごババロア…ッ!?」

            美樹「くく…ミキの身体はいちごババロアで出来てるの…」

            響「な…!?」

            美樹「因みに、お顔はおにぎりなのー♪鮭なの♪」

            響「美味しそうだぞー!」

            美樹「やーん♪えっちー♪」
            ほら、ひびみきに出来………ごめん
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月04日 02:06
          • そうか、これ後半は分岐じゃなくて最初からパラレルなのか。
            改めて読んだら気付いた。考えられてるなぁ。
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月15日 16:58
          • くさくない(確信)
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年01月17日 04:53
          • このPは児ポ法とか色々省みるべき
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年02月09日 23:28
          • あのこにもしもーあきたーらーすぐによびーだーしてー

            我那覇くんくさくない、ぜったいいいにおい(確信)
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年03月13日 15:11
          • どうしてもミキをうざく感じてしまうなぁ…
            根本的に合わないタイプなんやろうな
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年04月26日 16:57
          • 響をクンカクンカしてドン引きされたい
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年05月01日 01:02
          • 5 なんとなく冬の雫を聞きながら読んでたら切なさ倍増したわ
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年08月27日 17:46
          • ネガティブ響系統のSSはお初だったが、とても良かったわ。
            …は続かない、もなかなかいいと思うが、マフラーもらっとけば…の方が俺的にはグサっときた。
          • 39. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年11月23日 02:28
          • 響は可愛い,いい匂い
          • 40. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年07月03日 08:39
          • このss凄く印象に残ってるから定期的に見に来ちゃうなあ
          • 41. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年03月28日 21:27
          • ※38 ~グサッときた
            刺さってる刺さってる

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」
        • 【ガヴドロ】ガヴリール「タプリスの手料理?」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマス】P「夏コミが終わってしまった」
        • 【ミリマスSS】「桂馬が跳ねたら」
        • 【ミリマスSS】「桂馬が跳ねたら」
        • 【ミリマスSS】「桂馬が跳ねたら」
        • 【ミリマスSS】「桂馬が跳ねたら」
        新着コメント
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ