TOP

死神「本当に良いのだな?」男「はい」

1:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:16:40.39 ID:XxPnu4+fO

~病院~

母「半年……ですか」

医者「残念ながら」

男「…………」

母「余命を伸ばすことは出来ないんですか?」

医者「抗がん剤治療をしても」

医者「息子さんの癌は既に体中に転移しています」

医者「気休め程度にしかならないでしょう」


死神の精度



4:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:19:48.80 ID:XxPnu4+fO

母「うぅ……」

男「母さん。いいんだ」

男「そんな気はしてたから」

医者「無理な運動は避け、思い残すことが無いようにしてはどうですか?」

男「はい。そうさせてもらいます」

母「男……!本当にそれでいいの?」



5:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:28:21.81 ID:XxPnu4+fO

~3日後~

ニュース「速報です。埼玉県さいたま市に住む男(18)が行方不明になりました」

女「え?」

ニュース「男さんの身内によると、男さんは三日前末期ガンを宣告されたらしく」

ニュース「置き手紙には遺書とも見られる文章が綴られていたようです」

女「男君なの?え、嘘でしょ……」

ニュース「以上、速報でした」



7:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:30:34.78 ID:XxPnu4+fO

女「男君……癌なのになんで……」

カサカサ

女「ん?」

女「窓の外から?」

カサカサ

女「誰ですかー?」

ガラッ(開)

猫「にゃーお」



9:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:35:11.64 ID:XxPnu4+fO

猫「にゃーお」

女「猫ちゃん?」

サッサッサッ

女「入っちゃった……」

猫「にゃにゃあ!」

女「仕方ないなぁ」



12:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:38:50.46 ID:XxPnu4+fO

猫「にゃっ」

女「こら!ちゃんと足拭かなきゃダメでしょ」

猫「にゃあ?」

女「それにしてもあなた、綺麗な毛並みね」

女「(野良猫に見えない……)」

女「(捨てられちゃったのかな)」



17:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:43:13.55 ID:XxPnu4+fO

PLLLL PLLLL……ピッ

女「はい、もしもし」

イケメン『おい!ニュース見たか?』

女「男君のこと……だよね」

イケメン『あぁ』

イケメン『アイツと最近連絡取ったか?』

女「全然……」

女「中学を境にパッタリだよ」



23:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:48:10.10 ID:XxPnu4+fO

イケメン『お前もか……』

女「イケメン君は?男君とは親友だったんでしょ?」

イケメン『高校に上がってしばらくは連絡取ってたけど』

イケメン『流石に卒業する頃には……な』

女「そうだよね」

女「でも、なんでイケメン君は」

女「男君が私に連絡してくると思ったの?」

イケメン『え?』



24:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:53:46.76 ID:XxPnu4+fO

イケメン『い、いや!中学時代の友達皆に』

イケメン『男の情報を今、聞き回ってるんだよ!』

女「そうなんだ……」

女「(私も一応男君のアドレスは知ってるけど)」

女「(年始の挨拶以外メールを送ったことないんだよなぁ)」

イケメン『そ、それじゃあ俺、男の家をちょっと見てくるわ』

イケメン『じゃあな』

プチッ

女「イケメン君、何であんなにも焦ってたんだろ」

猫「にゃあ?」



25:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 12:57:52.66 ID:XxPnu4+fO

猫「」スリスリ

女「何でも無いよ」ナデナデ

女「(私も明日、男君の家に行ってみようかな)」

女「(あまり話したことは無いけど)」

女「(誰にも優しい人だったっけ)」

猫「」zzz

女「君のトイレとご飯も買わなきゃね」



27:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:02:31.24 ID:XxPnu4+fO

~翌日~

女「ふぁ~あ」

猫「」zzz

女「おはよ」ニコ

女「(あ、留守電が入ってる……)」

女「(非通知からだ)」

女「(誰だろう)」

携帯「メッセージヲ再生シマス」

ピーッ

携帯「あと、6日だ……」

プーッ

携帯「メッセージヲ再生シマシタ」



28:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:07:52.00 ID:XxPnu4+fO

女「(あと6日?どういうこと?)」

女「(悪戯かな……)」

ポチ

携帯「再生済ミノメッセージヲ削除シマスタ」

猫「ふみゃぁ~」

女「とりあえず、お水とお魚置いとくから食べててね」

猫「みゃ」

女「行ってきます」



31:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:12:38.23 ID:XxPnu4+fO

~男宅~

ピンポーン

女「男君と同級生だった女です」

母「女ちゃんね。言いたいことは分かるわ」

母「まぁ上がりなさい」

女「お邪魔します……」

母「男の部屋なら二階よ。好きに見ていいわよ」

女「はい。失礼します」



32:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:17:50.79 ID:XxPnu4+fO

女「(ここが男君の部屋)」

女「(整理されててとても綺麗)」

女「ん、これは……」

《遺書とも見られる文章が……》

女「あ、これが例の手紙か……」


内容

母さん。今までありがとう。

俺は残りの人生を好きにさせてもらうことをどうか許して欲しい。

心残りは親友のイケメンと最近話してないことかな(笑)

では、さようなら


女「…………」



33:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:22:26.07 ID:XxPnu4+fO

女「(男君、高校卒業してもまだイケメン君のこと大切に思ってたんだ……)」

女「(イケメン君は昨日、この手紙を読んだのかな)」

母「読んだ?」

女「」ビクッ

女「す、すみません!勝手に読んでしまって……」



34:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:28:34.90 ID:XxPnu4+fO

母「いいのよ。それは男のモノだから」

女「…………」

母「昨日もイケメン君がうちに来てね、その手紙を読んでいたわ」

女「そうなんですか……」

母「あなた、男の友達ならあの子の行きそうな場所を知らないかしら?」

女「いえ…すみません」

母「そう。もう三年も経ってるしね」

母「あの子、癌の痛みも抱えてるはずなのに……」

母「良い年して家出なんかして……」ポロポロ

女「」



35:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:34:55.73 ID:XxPnu4+fO

女「あの、イケメン君はこの家を出て行った後はどこへ?」

母「さぁ……」

母「手紙を読むなりすぐに家を出て行ったわよ」

女「そうですか」

女「(イケメン君、相当ショックだったんだろうな)」



36:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:38:31.63 ID:XxPnu4+fO

~自宅~

ガチャ

女「ただいまー」

猫「みゃおーん」ピョンピョン

女「ご飯と君のトイレを買ってきたよ」

猫「みゃー!」

女「うわっ。随分綺麗に魚食べたね」

猫「みゃあん」ドヤ



39:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:44:41.93 ID:XxPnu4+fO

女「(結局男君がどこにいるのかは分からなかったな)」

女「(歩きだろうから遠くへは行ってないと思うけど)」

女「…………」

女「(そうだ!)」

猫「?」

女「(電話を掛けてみれば、もしかしたら……)」



40:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:48:52.90 ID:XxPnu4+fO

PLLLL……PLLLL……

女「(やっぱり繋がらないのかな)」

PLLLL……PLL…カチャ

女「(繋がった!?)」

?『もしもし』

女「あの、えっと女です!」

女「男君……ですか?」

?「明日××高校へ行け」

プチッ



41:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:52:02.29 ID:XxPnu4+fO

女「(××高校って……)」

女「(男君の高校だったよね?)」

女「(そこに男君が居るのかな)」

猫「」ムシャムシャ

女「(とりあえずイケメン君にも伝えなきゃ!)」



42:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:55:28.11 ID:XxPnu4+fO

イケメン『もしもし?』

女「イケメン君?あの、さっき男君に電話かけたんだけど……」

イケメン『繋がったのか!?』

女「うん。でも声は男君ぽくなかった……」

イケメン『え、どういう意味?』

女「分からないけど、××高校に来いって言ってた……」



44:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:56:20.35 ID:XxPnu4+fO

昼飯買ってくる。ちょい放置



45:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 13:59:04.29 ID:INTSDgZ80

>>44
わかった



46:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:12:19.13 ID:XxPnu4+fO

舞い戻った

イケメン「××高校ってアイツの通ってた高校だよな?」

女「……うん」

イケメン「とりあえず明日の午前10時に一緒に行こう」

女「そうだね」

イケメン「じゃあまた明日な」

プチッ



47:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:17:58.03 ID:zjJzMoAm0

おかえり



48:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:18:29.56 ID:XxPnu4+fO

~翌日~

携帯「メッセージヲ再生シマス」

携帯「あと5日だ」

携帯「メッセージヲ再生シマシタ」

女「(なんなの。この悪戯)」

猫「?」



49:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:21:43.43 ID:XxPnu4+fO

女「(あれ…。もう一つ留守電がある)」

携帯「メッセージヲ再生シマス」

携帯「あ、俺。元彼だけど元気してるか?」

携帯「良かったら連絡くれよな」

携帯「メッセージヲ再生シマシタ」

女「…………」



52:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:26:43.23 ID:XxPnu4+fO

××高校前

女「久しぶり。イケメン君」

イケメン「よ!久しぶり」

女「(意外と元気そうだなぁ)」

イケメン「ん、どうしたの?」

女「いや何でもないよ」

女「さっ、中へ入ってみよう」



58:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:32:43.13 ID:XxPnu4+fO

~職員室~
イケメン「すみませーん」

教師「なんですか?」

イケメン「俺達、男のt…」

教師「あぁ。男の友達か」

イケメン「はい。今は彼の手掛かりを探してるんです」

教師「残念ながら、行方に関するものは何もないですよ」

教師「警察も来ましたが、何も無いと言ってましたし」



60:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:36:02.51 ID:XxPnu4+fO

女「じゃあ!彼に思い出のある物とかは無いんですか?」

イケメン「女?」

女「何でも良いんです!作文でも、筆記用具でも」

女「(あれ、私何を言って……)」

教師「それならありますよ」

イケメン「それは?」



61:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:40:20.94 ID:XxPnu4+fO

教師「彼が陸上の県大会で優勝したトロフィーですよ」

教師「彼はとても真面目な生徒でした」

女「…………」

イケメン「…………」

教師「誰にでも優しく、友達も多かったです」

教師「彼が三年生の時に担任だった私もニュースを見た時は驚きました」



62:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:48:55.23 ID:XxPnu4+fO

女「(男君、高校に行っても変わらないんだなぁ)」

イケメン「ありがとうございました」

教師「いえいえ」

イケメン「では俺達はこれで」ペコリ

女「」ペコリ

教師「もしも男に会ったら、亡くなる前にもう一度私が会いたいと…」

イケメン「伝えますよ。必ず」ニコリ



64:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:53:46.53 ID:XxPnu4+fO

女「手掛かりは無かったね」

イケメン「ああ。だよな……」

PLLLL……PLLLL……

女「ごめん。ちょっと電話」

イケメン「おう」



68:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:04:04.08 ID:XxPnu4+fO

電話を→『』にするの忘れたけど気にしないで。


イケメン「どした?苛立って見えるけど」

女「元彼から、ちょっとね……」

イケメン「高校で恋人作ったんだ」

女「一回だけね。イケメン君は?」

イケメン「俺は0ww」

女「嘘だぁww」

イケメン「本当だよ。一番も彼女作ったこと無い」



66:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 14:58:36.58 ID:XxPnu4+fO

元彼「あ、もしもし?俺だけど」

女「何?」

元彼「冷たいなぁww」

女「用が無いなら切るけど……」

元彼「明後日、会えないか?」

女「嫌だ」

元彼「別に良いだろ?」

女「嫌だって言ってるでしょ!」


ブチッ



69:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:07:12.49 ID:XxPnu4+fO

女「でもイケメン君、モテるでしょ?」

イケメン「確かに何度かは」

イケメン「話したこともない子から告白されたけど」

イケメン「誰も俺の内面までは見てないよ」

女「でもイケメン君は優しいと思うよ」

女「男君のためにこんなに必死になってるんだもの」

イケメン「ありがとうな。女」



70:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:11:27.01 ID:XxPnu4+fO

~自宅~

女「ただいまー」

猫「にゃおん♪」

女「良い子にしてた?」ヨシヨシ

女「(男君が消えてからもう2日が経とうとしてる)」

女「(警察も探してるはずなのに、未だに見つからないなんて…)」

女「(何か事件に巻き込まれているのかな)」

猫「…………」



71:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:14:53.68 ID:XxPnu4+fO

PLLLL……PLLLL……

女「(あれ。また着信…)」

女「(男君の番号だ!)」

ピッ

女「もしもし!?」

?「明日は△△中学へ向かえ」

女「えっ」

?「イケメンも連れてこい」

女「ちょ!アナタは誰なの?」



73:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:17:18.21 ID:XxPnu4+fO

?「…………」

女「まさか、男君に何か危害を与えてるの?」

?「…………」

女「答えてよ!!」

?「………我が輩は、死神だ」

プチッ。ツー…ツー…


女「(死神……?)」



74:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:19:49.78 ID:XxPnu4+fO

猫「みゃーお」

スリスリ

女「…………」

女「(悪戯……だよね)」

パッピップッペッピ

女「もしもし?」

イケメン「どうした?」

女「それがね……」



75:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:22:51.88 ID:XxPnu4+fO

――――――
――――
――

女「……という訳なの」

イケメン「でも悪戯にしては、男の携帯から電話を掛けるのは…」

女「やっぱ何かあるのかな?」

イケメン「とりあえず明日も△△中学に行こう」

イケメン「俺、有給を取ったからしばらくは大丈夫だ」

女「う、うん」



77:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:26:44.92 ID:XxPnu4+fO

~翌日~

携帯「メッセージヲ再生シマス」

携帯「……あと4日だ」

携帯「メッセージヲ再生シマシタ」

女「…………」

女「(このカウントダウンも、今思えばあの声と同じ)」

女「(何の意味があるんだろう……)」

猫「みゃー…」ゴロゴロ



79:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:31:06.61 ID:XxPnu4+fO

△△中学

イケメン「っよ」

女「おはよう」

女「(結局は来ちゃったけど、ここって……)」

イケメン「久しぶりだな。俺達の母校」

女「うん。全然変わってないね」

女「(ここに、男君の手掛かりがあるのかな……)」



81:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:36:28.36 ID:XxPnu4+fO

イケメン「今日は確か運動会の振替休日だっけ」

女「そっか。だからこんなに静かなんだ」

女「開いてるのかな?」

イケメン「中学のころは男とよく休日ここに潜り込んで遊んだんだ」

イケメン「確か非常階段から中に入れるはずだよ」

女「えぇ…怒られない?」

イケメン「大丈夫!それに男の手掛かり、探すんだろ?」

女「うん……!」



83:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:44:27.20 ID:XxPnu4+fO

ガチャ

イケメン「開いた開いた♪」

女「なんか、小さな頃に戻ったみたい…」

女「(そうだ。確かこの階で初めて男君と会ったんだっけ)」


*ショート回想タイム*


タッタッタッ

女「あわわ!入学式なのに遅刻しちゃう…!」

男「ん、どうしたの?もう入学式始まってるよ?」

女「嘘っ!?でも君は?」

男「僕は先生の忘れ物を取りに来たんだよww」

女「じゃあ、私も付き添いで行ってたことにしてくれない!?」

男「……仕方ないなぁ」



84:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:48:33.36 ID:XxPnu4+fO

男「じゃあ、メールアドレス教えてくれる」

女「っえ?」

男「ダメ……かな?」

女「いいよ!大歓迎だよ」

男「ありがとう」ニコリ

男「じゃあこの紙のアドレス、登録しといてね」ヒョイ

女「うん!」

男「さっ、早く入学式に戻ろ♪」


**



87:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:54:16.86 ID:XxPnu4+fO

イケメン「何ぼーっとしてんのww」

女「え、いや…何でもないよ……」

イケメン「とりあえず手分けして全部の教室を回るか」

女「……うん」

女「(でも、あれ以来全然話すことが無くなったんだったっけ……)」

女「(何でなんだろ)」



90:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:05:02.16 ID:XxPnu4+fO

女「ここは……」

女「(自習室)」

**

教官「女、お前また追試食らったのか」

女「すみません……」

教官「おい男、女にこの問題教えてやれ!」

男「はい」



88:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 15:57:36.51 ID:j1fWoVwn0

教えてくれる?と言いながら自分のアドレスをなぜか紙に書いててそれを渡す男ワロタ



93:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:09:27.34 ID:XxPnu4+fO

>>88
書きながら喋ってる設定だったんだけど、都合が良すぎると思うなら

入学式はみんな用意周到ということにしといて


男「xが2で、yが4だから…うんたら」

男「これで分かった?」

女「さ、さっぱり……」

男「…………」ハァ

女「ごめんなさい……」

**



91:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:06:27.88 ID:ncLRdbdO0

教官ってw
教師じゃねーのかよwww



94:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:15:57.75 ID:XxPnu4+fO

>>91
高校で教師って出しちゃったから、教官にしといた。


女「やっぱり男君との思い出って」

女「あまり無いな……」

女「ん?あれは……」

女「(修正ペンで何か書いてある)」

卒業しても一生親友
  イケメン、男

女「(二人とも、本当に仲が良かったんだ……)」



95:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:25:41.39 ID:XxPnu4+fO

~職員室前~

イケメン「(あれ、扉が開いてやがる)」

ガラッ

イケメン「誰かいるんですかぁ?」

イケメン「って、いないよな」

イケメン「(これは……生徒の記録をまとめた資料か?)」


男♂ 15歳
生徒会長を勤める。
学級委員を勤める。
三年間無欠席。

人柄が良く、誰にでも優しい性格。
他人が嫌がる仕事を自ら率先する。
頭脳明晰、スポーツ万能。
私が将来を期待する生徒の一人だ。


イケメン「(本当、マジメな奴だったなぁ)」



97:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:30:22.61 ID:XxPnu4+fO

イケメン「俺の記録は無いのかなー」

イケメン「お、あったあった」


イケメン♂ 15歳
サッカー部キャプテン。
体育委員。

学校はサボりがちだが、成績は良い。
学級委員の男と仲が良く、クラスの評判も良い。
私が将来を期待する生徒の一人だ。


イケメン「…………」クスッ

イケメン「男、本当にどこにいっちまったんだろうな」



99:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:36:10.08 ID:XxPnu4+fO

~昇降口~

女「どうだった?」

イケメン「手掛かりになりそうな情報はゼロだった」

イケメン「そっちは?」

女「特に何もなかったよ……」

イケメン「そっか」

イケメン「とりあえず、暗くなったから今日は帰るか」

女「そうだね」



103:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:40:24.58 ID:XxPnu4+fO

イケメン「また何かあったら連絡してくれよな」

女「うん、今日はありがとう」

イケメン「いやいや」

イケメン「どういたしまして」

女「(結局、ここも手掛かりは何もなかった)」

女「(何のために私達はあの電話の声に呼ばれているんだろ)」



105:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:47:49.41 ID:XxPnu4+fO

~自宅~

猫「みゃおん♪」スリスリ

女「ただいま」

女「今日は帰りに首輪を買ってきたよ」

猫「にゃ?」

女「ちゃんと君の名前も入ってるよ」

ゴソゴソ

女「うん、似合ってる!」

猫「にゃーお」



111:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 16:56:46.25 ID:XxPnu4+fO

PLLLL……PLLLL……

女「(また電話……)」

ポチッ

女「もしもし」

死神「明日は一人で男の家に行け」

女「どういう意m」

死神「男の部屋にある日記を読め」

ブチッ

女「日記……か」



115:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:02:31.89 ID:XxPnu4+fO

~翌日~

女「ふあぁ~…」ゴシゴシ

女「今日は雨かぁ」

携帯「メッセージヲ再生シマス」

携帯「あと3日だ……」

携帯「メッセージヲ再生シマシタ」

女「…………」

女「男君……」



117:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:05:45.01 ID:XxPnu4+fO

~男宅~

ピンポーン

女「男君のお母さんいますかー?」

インターホン「…………」

女「(お留守なのかな)」

ガチャ

女「(勝手に開いた……?)」



120:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:08:45.59 ID:XxPnu4+fO

女「お母さん、いるんですか?」

廊下「…………」

女「…………」

女「(二階に行けば、いいのかな)」

タッタッタッ

ガチャ

女「あった……」



122:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:14:37.73 ID:XxPnu4+fO

女「(これが、男君の日記……)」

ペラッ

女「(中学一年生のころから日記が書かれてる)」


04/07
今日は中学校の入学式。
知らない人ばかりで緊張してたけど、クラスメートのイケメン君が声をかけてくれた。

あと、入学式の途中で出会った女さんが可愛かった(笑)
メールアドレスも教えてもらっちゃった


女「…………」



123:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:19:14.97 ID:XxPnu4+fO

ペラッ


05/24
やっとクラスのみんなと友達になれた。
きっとイケメンのおかげ。

気弱な僕だけじゃきっと友達は出来なかった。
初めて親友と思える人ができた。


女「男君、元々たくさん友達がいたわけじゃないんだ……」



125:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:22:21.98 ID:XxPnu4+fO

ペラッ

08/13
イケメンに好きな人は誰か聞いたら女さんだと言っていた。

僕が女さんを好きなことは黙っていた。

僕のわがままで溝を作りたくない。


女「(イケメン君も、男君も私のことを……?)」



126:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:23:40.84 ID:9a8t4fSE0

そういうことか



128:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:28:09.89 ID:XxPnu4+fO

ペラッ

02/03
僕はイケメンに僕も女さんが好きだと言った。
それでもイケメンは親友だと言ってくれた。

嬉しかった。
でもやっぱり裏で嫌われてないか怖い


女「(イケメン君も、同じ気持ちだったのかな)」



130:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:32:31.17 ID:TYgKu7mF0

なるほどね



132:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:34:00.24 ID:XxPnu4+fO

そこから先は何気ない日記ばかり綴られており、居場所の手掛かりになりそうなものはなかった。


パタン

女「イケメン君、だから高校の間も彼女を作らなかったんだ……」

死神「そうだ」

女「っ!?」

死神「我が輩は第三の男の願いを叶えた。残りは二つ」

スゥー…

女「なによ……さっきの人」



135:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:38:33.80 ID:XxPnu4+fO

PLLLL……PLLLL……

ピッ

女「もしもし?」

元彼『今どこにいる?』

女「元彼には関係ないでしょ」

元彼『そう言うなよww』

女「もう私に関わらないで!」

ブチッ





元彼「(くそっ。あの野郎)」



136:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:43:30.52 ID:XxPnu4+fO

~自宅~

女「ただいま」

猫「にゃーお」

タッタッタッ

女「そっちは外…ああ…!」

タッタッタッ

女「待ってよぉ」

女「(どこへ行くんだろう……)」



137:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:48:07.14 ID:XxPnu4+fO

女「もう帰ろうよ。真っ暗だよ?」

猫「…………」

タッタッタッ

女「…っもう」

タッタッタッ

女「(今日は満月だ……)」

女「(綺麗だな)」



139:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:53:25.55 ID:XxPnu4+fO

女「(この道は確か……)」

猫「…………」

サッサッサッ

女「(△△中学……)」

女「(屋上へ行く階段が開いてる……)」

タッタッタッ

猫「にゃーお」スリスリ

女「これを私に?」

猫「にゃん」



140:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 17:58:04.29 ID:XxPnu4+fO

~△△中学屋上~

女「……綺麗」

猫「」ゴロゴロ

女「この辺り街灯が少ないから星が綺麗に見えるんだね」

猫「みゃー」

女「ありがとうね」



143:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:04:08.44 ID:XxPnu4+fO

~翌日~

猫「」zzz

女「昨日は夜更かししちゃったからまだ眠いな……」

携帯「メッセージヲ再生シマス」

携帯「あと2日だ」

携帯「メッセージヲ再生シマシタ」

女「(この日にちにも何か意味はあるのかな)」

女「(男君がどこにいるのかもまだ分からないし)」



145:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:11:36.45 ID:XxPnu4+fO

女「あれ?合い鍵が無い……」

女「どこやったんだろう」

女「昨日鍵を掛け忘れて家を出たからかな」

女「(鍵穴を買い換えるまでチェーンかけて寝ないといけないな……)」

猫「」zzz

PLLLL……PLLLL……



148:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:16:14.44 ID:XxPnu4+fO

ピッ

女「もしもし」

イケメン『あのさ、今日も有給取ったんだけど今から会えない?』

女「いいよ」

イケメン『じゃあ1時に○○駅に待ち合わせでいい?』

女「うん」

イケメン『またね』

ブチッ



150:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:20:06.47 ID:XxPnu4+fO

女「(イケメン君も私のこと好きなんだよね)」

女「(どんな顔して会えばいいんだろ)」

女「って1時まであと30分じゃん!」

女「(昨日遅くまで起きてたからだぁぁ…)」

猫「にゃお?」

女「急いで着替えなきゃ…」

バタバタ



153:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:29:11.08 ID:XxPnu4+fO

イケメン「ダメかな?」

女「別にいいけど」

女「(さっきバタバタしてたから散らかってるんだよね……)」

イケメン「じゃあ行こう!」

女「(気のせいかな。いつもよりイケメン君の雰囲気が違う……)」



149:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:19:31.82 ID:9a8t4fSE0

プチッがブチッになった



152:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:23:20.18 ID:XxPnu4+fO

>>149
握力が上がったの!


~○○駅前~
女「お、おまたせぇ~」

女「待った?」

イケメン「いや今来たとこ」ニコリ

女「それじゃあ、どこ行く?」

イケメン「女の家に行きたいなぁ」

女「わ、私の家!?」



155:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:33:33.22 ID:XxPnu4+fO

そろそろクライマックスです。


女「さ、ちょっと散らかってるけど上がって上がって!」

イケメン「女の人の家入るの初めてだから緊張するww」

女「あ、そっか。初めてなんだよねw」

イケメン「にしても汚えなww」

女「ひどっ!」

イケメン「wwww」

猫「……にゃーお?」



159:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:42:30.72 ID:9a8t4fSE0

クライマックスきちゃうか



158:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:39:07.28 ID:XxPnu4+fO

イケメン「あれ?猫なんか飼ってたの?」

女「なんてゆーか成り行きでね」

女「(あれ。そういえば猫を飼い始めたのも……)」

イケメン「男が消えてからもう5日になるのか」

女「(そうだ。この猫も男が消えた時に…)」

イケメン「やっぱ俺ってズルいかな?」

女「っえ?」

イケメン「いや、何でもない……」



160:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:45:44.61 ID:XxPnu4+fO

イケメン「気を取り直して、何かゲームしようぜ!」

イケメン「何か盛り上がるやつ!」

女「う、うん。待ってて」

ガサガサ

猫「にゃん」

イケメン「お前、どっかであったことある?」ナデナデ

猫「…………」ガブ

イケメン「いててww噛むなよww」



162:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:50:03.03 ID:XxPnu4+fO

――――――
――――
――

イケメン「女、ゲーム強いなw」

女「だって持ち主だもん」ドヤ

イケメン「そろそろ暗くなってきたな」

女「そうだね」

イケメン「俺、行きたいところあるんだけど」

イケメン「ついてきてくれる?」

女「どこ?」


……ガチャ


女「え?」



163:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:51:54.03 ID:XxPnu4+fO

ちょい飯。待っててケロ



164:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 18:53:04.29 ID:9a8t4fSE0

>>163
よし行ってこい



168:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:08:57.51 ID:XxPnu4+fO

舞い戻った

元彼「…………」ニヤリ

女「なんであんたがここ……ひっ」

女「(ナイフ……)」

元彼「酷いよなぁ」

元彼「俺を捨てて次はあの二枚目に移り変わるのか」ニヤニヤ

イケメン「おい、どうしt……!?」

イケメン「誰だよテメェ!」



169:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:18:40.72 ID:XxPnu4+fO

元彼「邪魔者は引っ込んでろよ」

イケメン「うっせぇ!!さっさとナイフを捨てて消えろ!」

ボコッ

元彼「痛っ……」

元彼「…………」ギロ

女「」ビクビク

元彼「お前さえいなければ……」

元彼「シネェェェェェ!!」

イケメン「女っ!!」



171:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:23:54.87 ID:XxPnu4+fO

グサッ


イケメン「っ……」パタリ

女「いやぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

イケメン「……うぅ…」

女「血が、お腹から……」

女「止まんないよ……」

元彼「」ニヤニヤ

ガシッ

女「うぐっ…苦し……」

元彼「お前さえ、お前さえ死ねばいいんだ」ニヤニヤ



172:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:28:02.72 ID:XxPnu4+fO

女「……息…が………」ガタガタ

元彼「ククク…クククク」ニヤニヤ

女「(私、このまま死ぬの……?)」

イケメン「お…んな……」





女「(助けて……。男君…)」





猫「に゙ゃ゙ぁぁぁ!!!」



173:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:28:12.82 ID:9a8t4fSE0

なんだと…



176:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:29:10.17 ID:VQy1+bNd0

こうきたかー



177:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:32:35.59 ID:XxPnu4+fO

猫「ヴゥゥ!!」シャッ

元彼「いてっ……」

元彼「クソ猫がぁぁ!!」

ッパ

女「ハァハァハァ……」

女「(猫っ…!)」

元彼「死ね!クソ猫!」



グサッ

猫「にゃ゙ぁ゙!」

グサッ

猫「………っ!」

グサッ

猫「…………」

グサッ…グサッ…グサッ…

女「や…め……て」ポロポロ



178:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:34:38.85 ID:qzuvQ+LF0

うわああああああああああ



179:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:35:21.10 ID:XxPnu4+fO

女「やめて……やめてよ………やめ…」


元彼「ふははははははは」ニヤニヤ

元彼「暖かい……ククク…」

「……おい」

元彼「あん?」

死神「貴様は何をしている」



180:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:35:58.75 ID:9a8t4fSE0

まさかの死神キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!



182:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:38:39.95 ID:XxPnu4+fO

死神「我が輩の契約者を殺すとは、良い度胸だ」

元彼「あんだよ……テメェも死にてえのか?」ニヤニヤ

グサリ

死神「っふ。この程度で我が輩を殺せると?」

元彼「……は?」

死神「では我が輩の契約者の命を我が輩よりも先に奪った」

死神「貴様の命を貰うとしようか」




























184:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:42:48.22 ID:XxPnu4+fO

元彼「…………」パタリ

死神「哀れな者だ」

女「あなた……は?」

死神「言ったであろう。死を司る神だ」

死神「我が輩は男と契約していたのだが……」

猫「…………」グッタリ

死神「どうやら契約は果たせなかったようだ」



188:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:45:51.59 ID:XxPnu4+fO

女「どういう……意味…」

死神「まずはこの男を病院に運んでからだ」

イケメン「…………」グッタリ

女「は、はい!そうですね……」

死神「詳細は病院の屋上で話そうと思う。先に行ってまっておるぞ」


スゥー……


女「…………」



189:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:49:47.71 ID:XxPnu4+fO

~病院屋上~

ガチャ

死神「来たか」

女「あの……」

死神「まぁ座れ」

女「はい」スッ

死神「あの男は大丈夫だったか?」

女「はい。命に別状は無いみたいです」

女「ただ、猫と元彼は……」

死神「…………」



191:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:52:06.57 ID:XxPnu4+fO

死神「貴様は優しいな」

女「えっ」

死神「自分を殺そうとした者の命を心配するとは」

死神「神の世界にもいないぞ」

女「そ、そうなんですか……」

死神「余談が過ぎたな。本題に移ろうか」

女「」ゴクリ



193:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:56:05.15 ID:XxPnu4+fO

死神「男は余命半年を申告された頃、私を読んだ」

女「男君が、死神を?」

死神「あぁ。善良な人間が寿命の一年以内にやり残したことがあれば」

死神「我が輩が残り少ない人間の寿命と引き換えに夢を叶えるのだ」

死神「これを契約と呼ぶ」



194:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 19:56:56.88 ID:Gr2nZoIT0

死神はどんな学校なんだろ?デスノートのリュークみたいな?



197:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:03:13.30 ID:XxPnu4+fO

>>194
黒の燕尾服にシルクハット、ステッキが揃ったジェントルマン!

て設定です



196:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:01:11.98 ID:XxPnu4+fO

死神「男には幾つものやり残したことがあったらしい」

死神「一つ目は貴様に自分の過去を知って欲しい」

死神「二つ目は貴様に中学の屋上から見える景色をみせたい」

死神「三つ目はさっき刺された男、イケメンに会いたい」

死神「四つ目はイケメンと貴様が結ばれて欲しい」

死神「最後は貴様と共に過ごしたい。だ」



198:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:07:27.23 ID:XxPnu4+fO

死神「だが全てを叶えるには男の寿命は少なすぎた」

死神「我が輩は条件を出した」

死神「願いを叶える間、男の姿を猫にし、言葉を失い、記憶も全ていただくと」

女「………そんな」

死神「しかし男は構わないと言った」

死神「心さえ残っていれば……とな」



202:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:26:59.32 ID:XxPnu4+fO

死神「我が輩には心というものが無い」

死神「その為、男が言った言葉は正直理解出来なかった」

死神「だが男は記憶を失っても貴様を愛する気持ちは変わらなかった」

死神「それが人間の良いところであるな」

女「男君は私のために寿命を減らして……」

死神「…………」



206:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:35:21.17 ID:XxPnu4+fO

死神「そうだ。もう一つ契約が残っていることを忘れていた」

女「?」

死神「男からの伝言だ」

死神「幸せに長生きして下さい。そしてどうか僕のことは忘れて下さい。だそうだ」

スゥー……

女「ま、待って!」

女「…………」



207:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:41:09.50 ID:XxPnu4+fO

女「(私、何か大事な事を忘れてる気がする……)」


ガチャ


イケメン「よ。……女」

――
――――
――――――


死神「本当に良いのだな?」

男「はい」
            完



210:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:43:32.79 ID:9a8t4fSE0

>>1 乙でーす



211:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:44:58.87 ID:XxPnu4+fO

最大のミスを犯した。夢を叶える期間は一週間という条件付きです!

本当にすみません



213:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 20:57:02.71 ID:grjHXriDO

貴様にはタップリと乙してやろう



215:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 21:29:54.64 ID:ZVSQpD6r0

おつ!
読みやすかった



218:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 22:00:19.30 ID:m6ngbzMk0

おつかれさま

面白かったよ



220:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 22:21:29.67 ID:oFtW/IKX0

おつかれー(`・ω・´)
楽しませてもらった



221:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 22:28:01.04 ID:u+BarMwa0

楽しかったですーおつ!



222:名も無き被検体774号+:2012/02/01(水) 22:29:45.67 ID:zjJzMoAm0





リボルテックタケヤ SERIES No.003 阿修羅リボルテックタケヤ SERIES No.003 阿修羅


海洋堂 2012-04-01
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る by AZlink
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (25)

          • 1. 名無し
          • 2012年02月03日 19:56
          • お疲れ様と。
            とりあえず誤字が目立ってたという。
            内容は悪くなかったけど、元彼はあまりいらなかった気がする。
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月03日 21:07
          • 起こるイベントがいちいち不自然だな
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月03日 21:11
          • アマゾンwwwww
          • 4. か
          • 2012年02月03日 21:44
          • 続きまだ?
          • 5. あ
          • 2012年02月03日 22:06
          • 猫がすぐ男だとわかってしまったから、何となく微妙になってしまった…
          • 6. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月03日 22:40
          • レスが前後するとか編集下手すぎだろ…
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月03日 22:59
          • ツリーで編集して直すのミスったとかだろ
          • 8. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月03日 23:09
          • 「我輩」だとどうにも厨二臭いから
            普通に「私」とか「俺」の方が良かったかも
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月03日 23:11
          • なんだろう、なんかいまいちだった
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月04日 00:01
          • 最後のイケメンのセリフに嫌な予感したのは気のせいか?
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月04日 00:02
          • 最後のイケメンのセリフに嫌な予感したのは気のせいか?
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月04日 00:24
          • 結ばれるって・・・
          • 13. あ
          • 2012年02月04日 00:24
          • イイネ!
          • 14. あ
          • 2012年02月04日 01:17
          • こういう言い訳がましい人はあまり好きじゃないな
            自分の書くものには自信持てよと

            内容も言い回しも稚拙だし、リアル厨房が妄想を文字におこしたんだろうな

            魔王「お前を待っていた」の厨房を見習って欲しいわ
          • 15.
          • 2012年02月04日 01:23
          • 所詮携帯だな
          • 16. arein
          • 2012年02月04日 08:56
          • なんかしっくりこない
            最後の女が忘れてる事ってなによ?

            おもしろかったけど何かイベがショボイ
          • 17. やっべ…
          • 2012年02月04日 10:30
          • クソ 時間無駄にしたは
          • 18. 名無しさん
          • 2012年02月04日 11:44
          • 忘れてることってのは男のことや死神のことを忘れたってことか?
            読者に読ませるためにしても伏線や説明が不十分すぎるし書き方もマズい。ラストのせいで駄作だな
            途中まで面白かったのに残念。こういうのを時間を無駄にしたっていうんだな
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月04日 11:49
          • ガン患者が逃げ出しただけで速報ってのはおかしくないか?
            ピリズンブレイクした殺人鬼じゃあるまいに
          • 20. 19
          • 2012年02月04日 11:50
          • 打ち間違えたw
          • 21. あ
          • 2012年02月04日 14:49
          • 1 どう考えても俺=猫だし、
            過去を知ってほしいのに記憶消すとかイミフ過ぎる
          • 22. かた
          • 2012年02月04日 15:02
          • 毒味係ありがとう

          • 23. 名無し
          • 2012年02月05日 21:47
          • 2 閣下のSS見た後のせいで「我輩」って聞いたら死神が閣下で再生されてしまったww
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月11日 13:42
          • みんな辛口www

            まあ面白かったよ
          • 25. あ
          • 2012年02月20日 10:43
          • 先が嫁すぎる
            駄作

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 【アイマス 】亜美「りっちゃんと…」真美「ゲームしたい!」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 彡(゚)(゚)「将来の夢は>>3(なんJ民)や…」
        • 【モバマス】城ヶ崎美嘉「いつまでも」
        • 【バンドリ×けいおん】唯「バンドリ?」香澄「けいおん?」【前半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ