TOP

セイバー「問おう。貴方が私のご主人様(マスター)か?」士郎「え」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:21:32.91 ID:AihHfLLs0

―――衛宮邸

セイバー「どうなのですか?」

士郎「あの……」

セイバー「はい」

士郎「えと……君が?」

セイバー「は?」

士郎「だから……今日から来ることになってる……」

セイバー「はい、サーヴァントです」

士郎「サーヴァント?」

セイバー「メイドのことです」

士郎「あぁ」


英国メイドの世界



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:23:21.21 ID:AihHfLLs0

士郎「じゃあ、案内するよ」

セイバー「はい」

士郎「こっちが居間、キッチン」

セイバー「ふむ」

士郎「向こうが洗面所と風呂」

セイバー「なるほど」

士郎「で、ここはトイレ」

セイバー「……」

士郎「ここを真っ直ぐ行けば離れ」

セイバー「見取り図は?」

士郎「えっと……はい」

セイバー「どうも」



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:26:15.71 ID:AihHfLLs0

セイバー「意外と広いですね」

士郎「ああ。でも、実質住んでるのは俺だけなんだ」

セイバー「なぜですか?」

士郎「切嗣……俺の親父は随分前に死んじゃって、母親もいないんだ」

セイバー「それは……失礼なことを」

士郎「いいんだ」

セイバー「では、これからは私が家事全般をこなします!!」

士郎「ありがとう。家が広いから掃除とか大変だったんだ」

セイバー「それにしては行き届いている気もしますが」

士郎「ああ、実は―――」

桜「ただいまー。先輩、いますかぁー」

セイバー「曲者!?」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:30:30.85 ID:AihHfLLs0

桜「だれですか!?」

セイバー「貴女こそ」

士郎「桜、言ってただろ。メイドさんだ」

桜「あ、ああ……」

セイバー「どうも。メイドです」

桜(こんな綺麗な家政婦さんなんて……!!)

士郎「桜っていって、幼馴染なんだ」

セイバー「そうですか。以後、お見知りおきを」

桜「は、はい」

士郎「いつも桜が掃除を手伝ってくれてたんだけど、流石に悪いって思って」

桜「そんなことないのに……」

セイバー「なるほど。これからは私に任せてください、桜」

桜(呼び捨てだし……)

士郎「よし、じゃあ後のことは任せていいかな?」

セイバー「はい。マスターの期待に沿えるよう尽力いたします」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:33:09.08 ID:AihHfLLs0

桜「むぅ……」

士郎「お昼ご飯かって来てくれたんだろ?」

桜「はい」

士郎「じゃあ、一緒に作るか」

桜「は、はい!!」

桜(そうです。私はずっと先輩の傍にいたんです。家政婦に危機感を覚えるなんてどうかしてました)

セイバー「……」

セイバー「まずは……拭き掃除から」

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「お腹すきました」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:34:28.21 ID:M8e47jha0

家事のできるセイバーさんなんて…



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:36:08.98 ID:AihHfLLs0

セイバー「ふぅ……こんなところでしょうか」

セイバー「次は……」

士郎「休憩にしようか」

セイバー「え?しかし……」

士郎「ご飯、できてるよ」

セイバー「ありがとうございます」

士郎「こっちだ」

セイバー「すいません。本来なら食事は私が作ることになっているのですが」

士郎「いいんだ。料理は好きだから」

セイバー「そうですか」

士郎「でも、メイドさんの料理も食べてみたいな」

セイバー「マスター」

士郎「ん?」

セイバー「私のことはセイバーで構いません」

士郎「そうか。なら俺のことも士郎でいいよ、セイバー?」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:39:15.34 ID:AihHfLLs0

居間

桜「……」

セイバー「これは美味しいです、士郎」

士郎「ありがとう。そういってくれると嬉しいよ、セイバー」

セイバー「うん……いつもはこのように凝った料理はしないもので」

士郎「別に凝ってないよ」

セイバー「いえ。この舌の奥までしみこんで来るような味わい……特別な技術があるに違いない」

士郎「ないない」

セイバー「本当ですか?」

士郎「うん。あ、おかわりは?」

セイバー「頂きます」

桜「あの!!」

士郎「え?」

セイバー「なんですか、桜?」

桜「変ですよね?なんで家政婦さんが次のお茶碗を出すんですか?」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:42:25.84 ID:AihHfLLs0

士郎「どうしたんだよ、桜。別にいいじゃないか」

桜「……」

セイバー「桜?」

桜「それも変です」

セイバー「は?」

桜「私はともかく、どうして先輩のことを呼び捨てにしているんですか?」

セイバー「それは士郎からの許可が」

桜「許可が出たからって、家政婦としての立場があるんじゃないですか?」

セイバー「え……?」

士郎「桜、どうして怒ってるんだ?」

桜「先輩も!!」

士郎「は、はい」

桜「主人と家政婦。互いの立場をきちんと理解してください!!」

士郎「わ、わかった……」

セイバー「……で、ではおかわりは控えます……」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:45:25.04 ID:AihHfLLs0

セイバー「ご馳走様でした」

士郎「お粗末さまでした」

セイバー「洗い物は私が―――」

桜「私がします」

セイバー「そうですか」

士郎「セイバーはお風呂掃除してくれないか?」

セイバー「かしこまりました」

桜「……」

士郎「桜?」

桜「なんですか?」

士郎「言いすぎじゃないか?俺は別におかわりぐらいいいと思うぞ?」

桜「だって……」

士郎「……」

桜「ごめんなさい……」

士郎「いいけど……」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:49:16.62 ID:AihHfLLs0

浴室

セイバー「立派な浴槽ですね」ゴシゴシ

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「三時のおやつはあるのでしょうか……」

桜「―――セイバーさん?」

セイバー「はい?」

桜「あの……さっきはごめんなさい」

セイバー「いえ。桜の言うとおり、給仕が家人の許可なく腕を差し出すほうが悪いのです」

桜「……」

セイバー「なんですか?」

桜「いえ……」

桜(そうよ……別に焦ることなんてない。先輩はずっと私と一緒だったんだから)

セイバー「桜?」

桜「あの……セイバーさんは何時までここに?」

セイバー「は?住み込みなので24時間、ここで過ごしますが。契約期間は半年です」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:53:38.94 ID:AihHfLLs0

桜「え……!?」

セイバー「何を驚かれているのですか?」

桜「だって普通は交代制じゃあ……」

セイバー「我が経営者が中々の悪人でして、人件費削減とかでこのような体制なのです」

桜「なんで辞めないんですか!!そんなのブラックですよ!!」

セイバー「お給料がよくて」

桜「……」

セイバー「桜?」

桜(ということは……先輩とセイバーさんはずっと一緒……)

セイバー『士郎……今日は夜のご奉仕もさせていただきます』

士郎『ありがとう……』

セイバー『ぁ……ん……』

桜「―――だめぇぇ!!!」

セイバー「え?この『バスマジック凛』は使用不可ですか?いい洗剤なのですが」

桜(まずい……先輩をとられちゃう……!!)



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:56:39.29 ID:AihHfLLs0

セイバー「困りましたね」

桜「こうなったら……!!」

セイバー「あ、桜?」

セイバー「……ふむ」

セイバー「とにかく清掃を終わらせましょう」

セイバー「えーと……」

セイバー「排水溝も……」

セイバー「ん?」

セイバー「……」

セイバー「士郎……」

セイバー「お風呂では止めるように言っておいたほうがいいですね」

セイバー「……」ゴシゴシ



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 11:59:51.25 ID:AihHfLLs0

居間

士郎「うーん……セイバーがいるからやることがないなぁ」

桜「先輩!!」

士郎「どうした?」

桜「私もここに住みます!!」

士郎「駄目だ。お姉ちゃんが怒るだろ」

桜「でも……!!」

士郎「どうしたんだよ、さっきから変だぞ?」

桜「だって……だって……」

士郎「桜?」

桜「……じゃあ、姉さんも一緒ならいいですか?」

士郎「な!?」

桜「相談してきます!!」

士郎「馬鹿!!桜!!!そんなことしたら俺の身が持たない!!」

士郎「……いっちまった……」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:03:19.38 ID:AihHfLLs0

セイバー「士郎」

士郎「あ、お疲れ様。お茶いれるな」

セイバー「どうも」

士郎「大変だったろ。うちの風呂結構広いからな」

セイバー「あの……」

士郎「ん?」

セイバー「申し上げにくいのですが」

士郎「どうしたんだ?」

セイバー「お風呂でするのは控えたほうが……いいかと……」

士郎「……」

セイバー「その……取るのが……」

士郎「あの……え……?」

セイバー「きっと今までは桜がやっていたために気づかなかったのでしょうが……その……残るのです。あれは」

士郎「……」

セイバー「……」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:06:07.54 ID:AihHfLLs0

セイバー「……」ズズッ

桜「先輩!!」

セイバー「桜。おかえり―――おや、そちらの女性は?」

桜「私の姉さんです」

ライダー「どうも」

セイバー「似ても似つきませんね」

桜「その……実の姉ではないんです」

ライダー「はい」

セイバー「そうですか。本日は何用で?」

ライダー「それが私も詳しくは……」

桜「セイバーさん!先輩は?!」

セイバー「部屋に居ると思います」

桜「姉さん、いきましょう!!」

ライダー「桜、待ちなさい」

セイバー「……」ズズッ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:09:33.56 ID:AihHfLLs0

士郎の自室

士郎「……はぁ」

桜「せんぱーい!!」

士郎「桜か?」

桜「……あの」

士郎「あ……」

士郎(桜も知ってるんだよな……きっと……)

桜「姉さんをつれてきました」

士郎「え?!」

ライダー「お久しぶりです」

士郎「あ……うん……」

ライダー「……」

桜「あの……姉さんと一緒になら住んでもいいんですよね?」

ライダー「えぇ?!?!」

士郎「だめだ!!」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:12:33.44 ID:AihHfLLs0

桜「どうしてですか?!」

士郎「いや……その……」

ライダー「……私も結構です」

桜「姉さん!!」

ライダー「桜……自力でどうにかするべきです」

桜「でも……住み込みのメイドさんになんて……どうやって……」

ライダー「でしたら……」ゴニョゴニョ

桜「ふんふん……」

士郎「……?」

ライダー「そうすればきっとメイドのほうから音を上げます」

桜「や、やってみる」

ライダー「その意気です」

士郎「ライダー……」

ライダー「士郎……失礼します」

桜「……?」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:15:07.87 ID:AihHfLLs0

桜「先輩?」

士郎「ん?」

桜「姉さんとなにかあったんですか?」

士郎「え……いや」

桜「そうですか」

士郎「……」

桜「さてと……」

士郎「どうした?」

桜「セイバーさんは掃除を担当するんですよね?」

士郎「ああ」

桜「わかりました」

士郎「桜?」

桜「……」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:17:49.38 ID:AihHfLLs0

居間

セイバー「……」モグモグ

セイバー「この菓子は美味だ」

桜「セイバーさん、ちょっといいですか?」

セイバー「なんでしょう?」

桜「こっちへ」

セイバー「はい」

桜「ここ、掃除したんですよね?」

セイバー「ええ」

桜「……じゃあ、この埃はなんですか?」

セイバー「え……」

桜「これで掃除したって言えるんですか?」

セイバー「申し訳ありません。すぐに―――」

桜「自分の仕事もできずに食事だけはきっちり取るなんて何を考えているんですか?」

セイバー「返す言葉もありません」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:20:51.66 ID:AihHfLLs0

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「ふぅ……これで」

桜「セイバーさん」

セイバー「はい?」

桜「こっちへ」

セイバー「はい」トテトテ

桜「この部屋も掃除したんですよね?」

セイバー「はい。ここは念入りに……」

桜「エアコンのフィルター、埃だらけですけど?」

セイバー「あ……」

桜「これで掃除したって言えるんですか?」

セイバー「見落としていました」

桜「プロなんでしょう?こんなミスがあってもいいと思ってるんですか?」

セイバー「はい……申し訳―――」

桜「謝る前に掃除をしてください」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:23:41.03 ID:AihHfLLs0

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「うむ……完璧です」

セイバー「さてと……」

桜「セイバーさん?」

セイバー「は、はい!!」

桜「こっちへ」

セイバー「は、はい……」トテトテ

桜「お風呂掃除、したんですよね?」

セイバー「はい……なにか問題でも?」

桜「ここ。水垢がとれてません」

セイバー「いや……これは中々とれなくて……」

桜「綺麗にするために掃除ってするんですよね?汚いままなのに掃除っていうんですか?」

セイバー「す、すぐにとりかかります……」

桜「急いでくださいね」

セイバー「は、はい……かしこまりました……」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:26:32.93 ID:AihHfLLs0

セイバー「ふぅ……ふぅ……」ゴシゴシ

士郎「あ、セイバー?」

セイバー「士郎」

士郎「なにやってんだよ?」

セイバー「いえ、水垢が落ちなくて……」

士郎「もう休憩にしよう」

セイバー「いえ……士郎に気持ちよくなってもらうためにがんばります」

士郎「セイバー……」

セイバー「……」ゴシゴシ

士郎「今から買出しにいってくるけど、留守番頼めるか?」

セイバー「はい」

士郎「ごめんな」

セイバー「いえ」

士郎「……」

セイバー「……」ゴシゴシ



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:29:11.10 ID:AihHfLLs0

セイバー「落ちました……」

セイバー「マジック凛は万能ですね」

セイバー「さてと……」

ピンポーン

セイバー「ん?」

セイバー「お客様でしょうか……」トテトテ

セイバー「どちら様ですか?」

『貴女は?』

セイバー「今日からここで住み込みで働いている者です」

『ああ、そう。とりあえずあけてちょうだい』

セイバー「しかし……」

『私は知り合い』

セイバー「わかりました」

イリヤ「お兄ちゃんは?」

セイバー「お兄ちゃん……士郎のことですか?」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:32:46.61 ID:AihHfLLs0

イリヤ「そう、士郎のこと」

セイバー「今は買い出しにでかけております」

イリヤ「ふぅん」

セイバー「……なにか?」

イリヤ「じゃ、上がらせて」

セイバー「失礼ですが、貴女は?」

イリヤ「イリヤ」

セイバー「いえ……士郎との関係を聞きたいのですが」

イリヤ「従妹」

セイバー「しかし……あなたはどう見ても日本人では……」

イリヤ「うるさいわね。侍女のくせに生意気よ?」

セイバー「む……申し訳ありません。口が過ぎました」

イリヤ「よろしい」

セイバー(なんて高圧的な人だ……)



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:35:43.71 ID:AihHfLLs0

セイバー「……」

イリヤ「ねえ?」

セイバー「はい?」

イリヤ「なんで座ってるの?」

セイバー「え?」

イリヤ「普通、侍女は主人が寝るまで立っているものでしょ?」

セイバー「そ、そうですか……」

イリヤ「なにもわかってないのね?」

セイバー「はい……日が浅いもので」

イリヤ「ほら、起立」

セイバー「はい」

イリヤ「両手は臍のあたりで重ねて」

セイバー「こうですか?」

イリヤ「それでいいの。主人がなにかいうまでそうしていなさい」

セイバー「は、はい……」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:38:39.81 ID:AihHfLLs0

士郎「―――ただいま」

イリヤ「おにーちゃーん!!!」ダダダッ

士郎「イリヤ!?どうしたんだよ?」

イリヤ「きちゃった」

士郎「来るときは連絡してくれないと」

イリヤ「だって、お兄ちゃんをびっくりさせたかったんだもーん」

士郎「そうか」

セイバー「お帰りなさい、士郎」

士郎「ただいま、セイバー」

イリヤ「今日は泊まってもいいでしょ?」

士郎「駄目だ。俺がまた怒られるだろ?」

イリヤ「士郎を怒るやつを私が怒るから安心して」

士郎「それしたら余計に俺が怒られるんだって」

セイバー「……」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:41:45.32 ID:AihHfLLs0

士郎「さてと料理をつくるか」

イリヤ「あれ?この人がつくるんじゃないの?」

士郎「え?」

セイバー「……」

イリヤ「だって侍女でしょ?」

士郎「そうだけど……」

イリヤ「食事の用意なんてこの人に任せて、お兄ちゃんは私と遊ぼうよ」

士郎「いや……そういうわけにも」

セイバー「構いません」

士郎「え?」

セイバー「私がします」

イリヤ「ほら、こういってるし」

士郎「……じゃあ、頼めるか?」

セイバー「はい。腕によりをかけます」

士郎「それじゃあ……お願い、セイバー」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:45:09.32 ID:AihHfLLs0

―――二時間後

イリヤ「……」

士郎「……」

セイバー「あの……」

イリヤ「まずいわ」

セイバー「……っ」

イリヤ「なにこれ?ここまで素材の味を貶めることができるなんて初めて知ったんだけど」

士郎「イリヤ!!」

セイバー「……申し訳ありません」

イリヤ「魚もこれ……ただ焼けばいいってわけじゃないわよ?」

セイバー「……」

イリヤ「味も極端。辛いか薄いか。こんなの犬だってしかめっ面になるわ」

セイバー「……」ウルウル

イリヤ「侍女に向いてないわ、貴女」

士郎「イリヤ!!言いすぎだ!!」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:48:14.88 ID:AihHfLLs0

イリヤ「今日は帰る」

士郎「送っていくよ」

イリヤ「うん」

セイバー「……」

イリヤ「……ふん」

士郎「セイバー、俺が片付けるから……」

セイバー「いえ……全て私がやります」

イリヤ「当然でしょ」

士郎「イリヤ!!」

イリヤ「……いこ、お兄ちゃん」

士郎「ああ」

セイバー「……」モグモグ

セイバー「……」ウルウル

セイバー「……まずい」ポロポロ



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:52:12.80 ID:AihHfLLs0

士郎「ただいま」

セイバー「おかえりなさい、士郎。お風呂の準備を始めたところです」

士郎「セイバー……イリヤはあの、本当のお嬢様でさ……その……」

セイバー「さ、士郎。準備が整うまでしばらくお待ちください」

士郎「セイバー……」

セイバー「外は冷えたでしょう?」

士郎「……」

セイバー「くつろいでいてください。私は寝具の用意をしますので」

士郎「ありがとう……」

セイバー「それでは失礼します」

士郎「……」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:55:39.80 ID:AihHfLLs0

浴室

士郎「はぁ……」

士郎「セイバー……無理してたな……」

士郎「イリヤもきついところがあるからなぁ……」

士郎「……」

セイバー『士郎?湯加減は?』

士郎「え、うん。ちょうどいいよ」

セイバー『着替えを置いておきます』

士郎「ありがとう」

士郎「……セイバー!!」

セイバー『は、はい!?』

士郎「セイバーもお風呂に入っていいから。というか、いつでもいい。俺より先にはいっても全然問題ない」

セイバー『……ありがとうございます』

士郎「それだけ」

セイバー『はい』



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 12:57:34.77 ID:AihHfLLs0

士郎の自室

士郎「布団まで……」

士郎「……」

士郎「寝よう……」

士郎「……セイバーかぁ……」

士郎「綺麗だよな……」

士郎「……」

士郎「かわいいし……何事にも一生懸命なのは今日だけでもわかったし」

士郎「……」

士郎「セイバー……すぅ……すぅ……」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:00:12.74 ID:AihHfLLs0

翌朝

士郎「ん……」

士郎「四時か……」

士郎「顔、洗おう……」


―――洗面所

士郎「ん?」

士郎「浴室の電気が……」

士郎「消し忘れて―――」

ガララ

セイバー「ふぅ……」

士郎「は―――」

セイバー「し、しろう……」

士郎「あ……あの……」

セイバー「あ……えと……私……朝風呂がすきで……」

士郎「ごめん!!!」ダダダッ



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:03:25.15 ID:AihHfLLs0

居間

士郎「はぁ……はぁ……」

士郎「全部……みちゃった……」

士郎「……っ」

士郎「……なんで!!なんで気づかなかった!!」

セイバー「あ、あの……」

士郎「わぁ!?!?」

セイバー「申し訳ありません……いつでもいいという言葉に甘えてしまって……その……」

士郎「い、いや……きにするな!!」

セイバー「しかし……」

士郎「……」

セイバー「士郎……」

士郎「ごめん!!ちょっとトイレ!!」

セイバー「あ……」

セイバー「朝ごはん……」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:05:55.16 ID:AihHfLLs0

セイバー「士郎?」

士郎『―――な、なんだ!?』

セイバー「いえ……かなり長いようなので体調でも悪いのかと……」

士郎『大丈夫!!もうちょっとだから!!』

セイバー「わ、わかりました。あの、庭の掃除をしてきます」

士郎『うん!!』

セイバー「……」

セイバー「士郎……大丈夫でしょうか?」

セイバー「よし」

セイバー「今日も一日、がんばらなければ」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:09:48.02 ID:q3UaVnKQ0

ふぅ…



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:10:13.34 ID:AihHfLLs0



セイバー「……」ザッザッ

セイバー「……ん?」

大河「ふわぁぁ……」

セイバー「……」

大河「……誰?」

セイバー「貴女こそ。堂々と敷地内に入ってくるとは無礼です」

大河「失礼ね。私は士郎の姉的存在よ?」

セイバー「姉?」

大河「そうよ」

セイバー「士郎に姉がいるなど初耳ですが」

大河「あなたこそ、誰なの?」

セイバー「私は昨日からここで働かせていただいているセイバーというものです」

大河「あー!!メイドさんかぁ!!士郎が言ってた!」

セイバー「なにか御用ですか?」



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:13:45.84 ID:AihHfLLs0

大河「朝ごはんを食べにきたのよぉ」

セイバー「いつも朝食をとりに?」

大河「週に5日ぐらいかなぁ」

セイバー「そうですか」

大河「じゃ、掃除がんばってね」

セイバー「わかりました」

大河「……ところで」

セイバー「なにか?」

大河「士郎のこと好きになっちゃだめよ?」

セイバー「え?!」

大河「士郎にはもう将来を誓い合った人がいるんだから」

セイバー「そうなのですか!?」

大河「うん」

セイバー「それは……しりませんでした」

大河「だから、くれぐれも惚れちゃだめよ?惚れるだけ損だから」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:17:16.04 ID:AihHfLLs0

居間

セイバー「庭掃除終わりました」

士郎「あ、うん……お、お、おつかれ……」

セイバー「士郎……あの、今朝はお見苦しいものを……見せてしまい……大変申し訳ありません」

士郎「な、なにいってるんだ!!そんなことない!!」

セイバー「え?」

士郎「あ、いや……その……綺麗……だったし」

セイバー「は?」

士郎「あ……俺なにいってんだ!?ごめん!!忘れてくれ!!」

セイバー「はい……」

大河「おかわり!!!」

士郎「はいはい……。セイバーの分はそれな」

セイバー「ありがとうございます」

士郎「おかわりもしていいから」

セイバー「はい」



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:20:34.26 ID:AihHfLLs0

士郎「それじゃあ、学校に行って来るよ」

セイバー「お気をつけて」

士郎「さっき渡した紙にやってほしいことは全部書いてるからな」

セイバー「はい」

士郎「行ってきます」

セイバー「行ってらっしゃいませ」

セイバー「……」

セイバー「さて……」

セイバー「……」ペラッ

セイバー「居間の掃除に……買出し……」

セイバー「これは全部午前中に終わってしまいますね……」

セイバー「幸いこの屋敷は広い。全てを掃除するだけで一日が終わるでしょう」

セイバー「始めましょうか」



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:23:36.79 ID:AihHfLLs0

居間

セイバー「……」ゴォォォ

セイバー「ん?」

セイバー「これは……お弁当……」

セイバー「二つありますね……」

セイバー「もしや……私の分でしょうか?」

セイバー「士郎……本当に優しい……」

セイバー「……」キョロキョロ

セイバー「……」パカッ

セイバー「これは……?!」

セイバー「……」ゴクリ

セイバー「……」キョロキョロ

セイバー「……」モグモグ



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:26:07.00 ID:tntTvvbBO

弁当…嫌な予感がするな…



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:28:43.93 ID:AihHfLLs0

セイバー「ふぅ……居間の掃除はこれぐらいでいいでしょう」

セイバー「次は離れでも……」

トゥルルルル

セイバー「電話ですね」トテトテ

セイバー「はい、衛宮です」

士郎『セイバー、悪いんだけど。居間のほうにお弁当箱が二つなかったか?』

セイバー「はい、ありました」

士郎『ごめん。それ俺と桜の昼飯なんだ』

セイバー「え……?」

士郎『お昼までにいいから学校に届けてくれないか?学校までの道は今からいうから』

セイバー「あ、あの……」オロオロ

士郎『なんだ?もうすぐ休み時間終わるから早くしてほしいんだけど』

セイバー「あ、いえ。はい。メモを用意しました……」

士郎『じゃあ、まずな―――』

セイバー(なんて失態を……!!)



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:34:04.60 ID:AihHfLLs0

士郎『―――わかったか?』

セイバー「な、なんとか」

士郎『それじゃあ、悪いけど届けてくれ』

セイバー「は、はい!!」

ガチャン

セイバー「……」

セイバー「……」トテトテ

セイバー「……半分食べてしまった」

セイバー「……考えてみれば、私の分が弁当箱に詰まっているはずがない」

セイバー「……」

セイバー「くそっ……!!」

セイバー「作らないと……!!」

セイバー「私が士郎のお弁当を」オロオロ



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:37:38.15 ID:AihHfLLs0

学校

士郎「そろそろかな……」

セイバー「し、しろー……」

士郎「あ、セイバー。迷わなかったか?」

セイバー「は、はい……残念なことに」

士郎「え?」

セイバー「いえ……」

「なんだ、すげー美人なひとがいるけど」

「メイドさんだって」

「まじかよ」

セイバー「……」オロオロ

士郎「あ、ごめん。ここじゃ目立つからな」

セイバー「いえ……」

士郎「ありがとう、セイバー」ニコッ

セイバー「は、はい……では、失礼します……」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:44:34.81 ID:AihHfLLs0

昼休み 道場

士郎「桜」

桜「あ、先輩」

士郎「はい、お弁当」

桜「先輩、ありがとうございます」

士郎「今日は俺の番だからな」

桜「先輩のお弁当、いつもおいしくて大好きです」

士郎「桜もかなり腕をあげたからな。そろそろ免許皆伝だ」

桜「そ、そんなことありません。先輩にはもっと色んなことを学びたいです!!」

士郎「そうか?」

桜「はい」

士郎「それじゃ、食べるか」

桜「はい」パカッ

士郎「今日のは自信作―――」パカッ

桜「……なにこれ?」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:45:30.45 ID:ZEvn1SSm0

ああ・・・



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:46:24.21 ID:05il257C0

やめてあげて・・・



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:49:21.74 ID:AihHfLLs0

衛宮邸

セイバー「……」ソワソワ

セイバー(見てくれは悪いですが……味は……)

セイバー「悪いんですよね……」

セイバー「……こわい」

セイバー「どうしたら……このままでは……」

士郎『このサーヴァントだめだ。使えない』

桜『クビでいいんじゃないですか?』

イリヤ『メイドの風上にもおけないわね、この体たらくじゃ』

セイバー「……」ウルウル

セイバー「あぁぁ……」ポロポロ

セイバー「私は……なんてことを……してしまったんでしょうか……」ポロポロ

士郎「―――ただいま」

セイバー「……?!」ビクッ



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:50:17.74 ID:ZHKK/ObJ0

セイバー.....



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:53:42.82 ID:AihHfLLs0

士郎「セイバー?」

セイバー「し、しろう……!!」

士郎「セイバー……このお弁当……」

セイバー「申し訳ありません!!!あの!!」

士郎「わざわざ作ってくれたのか?」

セイバー「えと……」

士郎「間違って食べちゃったんだろ?」

セイバー「士郎……」

士郎「それならそうといってくれればいいのに。学校には購買もあるし食堂もあるんだから」

セイバー「士郎……あの……」ウルウル

士郎「料理はこれから練習しような?」

セイバー「はい……はい……」ポロポロ

士郎「うん。でも、セイバーはきっと上達するよ。真面目だし、何事にも一生懸命だから」

セイバー「し、ろぉ……」ポロポロ

士郎「お疲れ様。家の中、すごいピカピカじゃないか。すごいな」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:54:31.26 ID:BdKx5dDQ0

これは惚れる



151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:55:34.87 ID:75p7PERVO

士郎優し過ぎマジイケメン



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:56:23.77 ID:IEkqN6ak0

士郎が良い奴で助かった。



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:58:01.68 ID:AihHfLLs0

セイバー「しろう……」

士郎「セイバー、俺ちょっと出かけてくるけど、しばらく留守番しててくれ」

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「はい!!任せてください!!」

士郎「うん。お願い」

セイバー「……」

セイバー(士郎……)

セイバー「……」

セイバー「ここに来れてよかった……」

桜「―――セイバーさん?」

セイバー「あ、桜。お帰りなさい」

桜「ちょっとお話いいですか?」

セイバー「はい」

桜「―――なんですか、この残飯?」パカッ

セイバー「……」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 13:58:26.78 ID:y6+cJ7ih0

いやああいじめないであげて!



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:02:31.99 ID:AihHfLLs0

桜「セイバーさんが作ったんですよね?」

セイバー「はい……」

桜「こんなものを先輩に食べさせようとしたんですか?」

セイバー「……」

桜「どうなんです?」

セイバー「そ、そのとおりです……」

桜「はぁ……信じられません」

セイバー「……っ」

桜「何かいいたいことは?」

セイバー「申し訳ありません……」

桜「謝るようなことをどうしてしようと思ったんですか?」

セイバー「……」

桜「セイバーさん?」

セイバー「すいません」

桜「謝罪はいいです。理由をきかせてください。どうしてこんなお弁当を作ろうと思ったんですか?」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:06:19.67 ID:AihHfLLs0

セイバー「あの……その……」

桜「……」

セイバー「……すいません」

桜「セイバーさんは台所に立たなくてもいいです。むしろ立たないでください」

セイバー「……はい」

桜「全く……こんなメイドを置いておくメリットなんてどこにあるんでしょうか」

セイバー「……」ウルウル

セイバー「……士郎は……ゆるして……くれました……」ウルウル

桜「……なんていいました?」

セイバー「士郎は……ゆるしてくれましたっ!」ポロポロ

桜「なにそれ?もう恋人気取りですか?」

セイバー「……!?」

桜「最低ですね……メイドのくせに」

セイバー「……っ!!」ダダダッ

桜「……」



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:10:11.23 ID:AihHfLLs0



セイバー「……」ポロポロ

セイバー「ぐすっ……」ゴシゴシ

セイバー「私は……どうして逃げてしまったんでしょうか……」

セイバー「……」

ライダー「セイバー?」

セイバー「あ……」

ライダー「どうかしましたか?」

セイバー「いえ……」

ライダー「桜に苛められましたか?」ニヤニヤ

セイバー「ち、ちがいます!!」

ライダー「……」

セイバー「……なんですか?」

ライダー「少し、お茶でもどうですか?」

セイバー「え?」



197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:15:34.64 ID:AihHfLLs0

喫茶店

ランサー「おまちどう」

ライダー「どうも」

セイバー「……」

ライダー「ここのコーヒーは絶品です」

セイバー「……あの話とは?」

ライダー「士郎のことで」

セイバー「……?」

ライダー「まだ二日目の貴女にこういうことをいうのは気がひけますが……士郎にはあまり近づかないようにしていただきたい」

セイバー「え……?」

ライダー「私も……以前、間違いを犯しそうになったことがあります」

セイバー「間違い……?」

ライダー「士郎には将来を誓った人がいるのに……。だからは私はもう極力、士郎には会わないようにしています」

セイバー「そう……なんですか」

ライダー「士郎は優しいですからね。すぐに好きになってしまう。いけないとはわかっているのに」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:21:44.41 ID:AihHfLLs0

セイバー「あの……何がいいたいのですか?」

ライダー「好きになってしまう前に出て行ってください」

セイバー「……?!」

ライダー「ずっといれば恐らく貴女も士郎の人柄に惚れこんでしまうでしょう……。でも、それは士郎を困らせるだけ」

セイバー「……」

ライダー「そして、貴女も虚しいだけです」

セイバー「はい……」

ライダー「私が言いたかったのはそれだけです」

セイバー「……でも」

ライダー「……」

セイバー「私は士郎に仕えたい。今日、心からそう思えました」

ライダー「貴女……」

セイバー「士郎の幸せを心から願い……そして傍で支えたい……そう思うのはいけませんか?」

ライダー「……好きにすればいい。後悔するのは貴女です」

セイバー「後悔なんてするはずがない。私はメイドとして士郎のお傍に仕えるだけですから」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:26:13.24 ID:AihHfLLs0

衛宮邸

セイバー「……ただいま戻りました」

士郎「セイバー!!」

セイバー「あ……」

士郎「どこ行ってたんだ、心配したじゃないか」

セイバー「申し訳ありません」

士郎「じゃあ居間で―――」

セイバー「折角ですが、まだ掃除が残っていますので」

士郎「え……あ、そうなのか?」

セイバー「はい」

士郎「じゃあ、また晩御飯になったら―――」

セイバー「これからは晩御飯も結構です」

士郎「なんでさ?」

セイバー「家人の者が食べ終えてから、食事にします」

士郎「セイバー……?」



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:29:48.96 ID:AihHfLLs0



士郎「セイバー?」

セイバー「はい?」

士郎「寝ないのか?」

セイバー「士郎が就寝した後に寝ます」

士郎「そう……」

セイバー「それまで縫い物を……いっ!?」

士郎「あ、大丈夫か?!」

セイバー「平気です」

士郎「見せてみろ」

セイバー「士郎はもう就寝を」

士郎「セイバー、いいから」

セイバー「……やめてください!!」

士郎「え……」

セイバー「私はメイドです。優しくされても困ります」



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:33:08.59 ID:AihHfLLs0

士郎「セイバー……なんでさ?」

セイバー「……っ」

士郎「昼間のことなら……俺……」

セイバー「……」

士郎「ごめん……セイバーが困るなら……もう、何も言わない」

セイバー「あ……」

士郎「おやすみ……」

セイバー「……」

セイバー「士郎……」

セイバー「……」ウルウル

セイバー「堪えろ……私はメイドだ……」

セイバー「マスターとメイドでしかないんだ……!!」



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:35:16.53 ID:AihHfLLs0

翌朝

士郎「セイバーは?」

桜「庭掃除をしていました」

士郎「そう……」

桜「先輩?」

士郎「いや、なんでもない」

桜「そうですか」

士郎「はい、これお弁当」

桜「いいんですか?今日は私の番だったのに」

士郎「昨日は結局食べられなかったからな」

桜「ふふ……」

士郎「じゃ、早く食っちまおう」

桜「はい」



232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:37:15.24 ID:AihHfLLs0

玄関

セイバー「あ……」

士郎「学校にいってくる」

セイバー「お気をつけて」

桜「行きましょう、先輩」

士郎「ああ……」

セイバー「……」

士郎「セイバー、あの……」

セイバー「……」スタスタ

士郎「……」

桜「先輩」

士郎「行こうか」

セイバー「……」

セイバー「いってらっしゃいませ……」



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:38:47.55 ID:AihHfLLs0



士郎「セイバー、お風呂あいたから」

セイバー「はい」

士郎「……」

セイバー「おやすみなさい、士郎」

士郎「あ、ああ……」

セイバー「……」

セイバー「はぁ……」

セイバー「士郎……」



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:42:06.89 ID:AihHfLLs0

数日後 朝

士郎「……いってきます」

セイバー「お気をつけて」

士郎「……」スタスタ

セイバー「……」スタスタ

セイバー(もう殆ど口をきかなくなりましたね)

セイバー(主従関係でしかないのですから……当然ですが……)

セイバー「さてと……」

セイバー「……」

セイバー「……」ポロポロ

セイバー「あれ……」ポロポロ

セイバー「……」ゴシゴシ

セイバー「掃除をしましょう……」



254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:46:40.03 ID:AihHfLLs0

セイバー「ふぅ……慣れてくると、この広い屋敷の掃除もすぐに終わってしまいますね」

セイバー「あとは……士郎の部屋ですね」

セイバー「……」ガラッ

セイバー「とはいえ……綺麗なのでどこを掃除していいやら……」

セイバー「そうです。今日はお天気もいいし、布団でも干しましょう」

セイバー「よっと……」

セイバー「あ……士郎の匂い……」

セイバー「……」クンクン

セイバー「はぁぁ……」

セイバー「……」クンクン

セイバー「……」

セイバー「……ちょっとだけ」

セイバー「……」モゾモゾ

セイバー「士郎の匂い……」

セイバー「……すぅ……すぅ……」



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:50:38.15 ID:AihHfLLs0

セイバー「すぅ……すぅ……」

ゲシッ!!

セイバー「わぁ?!」

イリヤ「……」

セイバー「な……!?」

イリヤ「主がいないからって昼寝とは……肝が据わった侍女もいたものね」

セイバー「どどど、どこから……!?」

イリヤ「裏口が開いてたわ。無用心ね」

セイバー「あぁ……」

イリヤ「……」

セイバー「あの……このとこは……」

イリヤ「最近、士郎と喋ってないんだって?」

セイバー「え?」

イリヤ「士郎から聞いたわ。どうして?」

セイバー「えと……私はメイドとして士郎に仕えると決心したからです……」



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:54:52.50 ID:AihHfLLs0

イリヤ「料理もできないくせに?」

セイバー「うぐ……」

イリヤ「貴女……本当に侍女に向いてないわ」

セイバー「料理はこれから―――」

イリヤ「違う」

セイバー「は?」

イリヤ「主の気持ちを察することもできない侍女は料理ができても掃除ができても、駄目なの」

セイバー「……」

イリヤ「家事をこなすことよりも、主のことを想う。それが侍女よ。今の貴女は料理もできない、掃除も中途半端、主も想えない最低の侍女なの」

セイバー「な……!!」

イリヤ「士郎の顔、ちゃんと見てる?」

セイバー「え?」

イリヤ「今にも海の底に向かっていきそうなほどくらーい顔してるのよ?」

セイバー「それは……」

イリヤ「何が原因か、わかる?」



271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 14:58:19.59 ID:AihHfLLs0

セイバー「……」

イリヤ「あんたが暗い顔してるからよ」

セイバー「私が……?」

イリヤ「そして会話も最低限しかしてないんでしょ?」

セイバー「はい……」

イリヤ「はぁ……味付けも極端なら行動も極端なのね」

セイバー「……」

イリヤ「士郎は貴女と喋りたいし、ご飯も一緒に食べたいって想ってるのよ?」

セイバー「ですが……!!」

イリヤ「なに?」

セイバー「あの……士郎には将来を誓った人がいると……」

イリヤ「それで?」

セイバー「その……必要以上に親密になっては……士郎を困らせるだけだろうと……」

イリヤ「……ふふ」

セイバー「え?」



281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:01:46.37 ID:AihHfLLs0

イリヤ「あーそれね。気にしなくていいと思うわ」

セイバー「そんなこと!?」

イリヤ「多分、士郎はそんな気ないと思うし」

セイバー「え……?」

イリヤ「いいから、これから士郎とはちゃんと会話すること」

セイバー「でも……」

イリヤ「好きになったならそれでいいじゃない。無理に気持ちを押しとどめることもないわ」

セイバー「いいのでしょうか……?」

イリヤ「誰を選ぶかは士郎だもん」

セイバー「イリヤ……」

イリヤ「はい!それじゃあ、家事を始める!!」

セイバー「は、はい!!」

イリヤ「居眠りしていた分、取り戻すのよ?」

セイバー「わかりました!!」

イリヤ「ふふ……」



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:05:11.22 ID:AihHfLLs0

―――数時間後

セイバー「お、おわりました……」

イリヤ「まぁまぁ、ね」

セイバー「あの……」

イリヤ「なに?」

セイバー「士郎の誓い人とは……?」

イリヤ「それは―――」

士郎「―――ただいま」

イリヤ「ほら、帰ってきたわよ」

セイバー「あ、えと……」

士郎「あ……」

セイバー「お、おかえりなさい……」

士郎「あ、ああ……」

セイバー「……士郎。おやつの菓子が切れましたので……その……一緒に買い物でも……どうでしょう、か?」

士郎「え……」



293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:08:17.88 ID:AihHfLLs0

商店街

セイバー「……」

士郎「……」

セイバー(気まずい……何を喋ったら……)

士郎「セイバー?」

セイバー「は、はい!?」

士郎「……」

セイバー「……」

士郎「あのさ……その……」

セイバー「はい……」

士郎「俺……セイバーになにかしたかな?」

セイバー「え?」

士郎「その……セイバーはずっとなにかに怒ってるんじゃないかって……でも、見当がつかなくて……」

セイバー「士郎……」

士郎「悪いところがあったら直すから……その……機嫌なおしてくれないかな?」



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:12:35.04 ID:AihHfLLs0

セイバー「……いえ、違います」

士郎「違う?」

セイバー「全ては私が悪いのです」

士郎「セイバー?」

セイバー「貴方に仕えようと気負うばかりに、主に多大なる心労を与えてしまった」

士郎「そんなこと……」

セイバー「最低のメイドです」

士郎「セイバーは最低じゃない!!」

セイバー「士郎……」

士郎「掃除だって毎日隅々までやってくれてるし……普段気にしないような細かいところも……」

セイバー「……」

士郎「洗濯物も綺麗になってるし……それから……」

セイバー「ふふ……士郎?それはメイドとして当然のことでして……あまりそこばかりを褒められると……私が無能みたいで……悲しくなります……」

士郎「いや!!!そういうことじゃない!!だから……あの……なんていえばいいか……」

セイバー「……」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:18:09.71 ID:AihHfLLs0

士郎「セイバーは傍に居てくれるだけで、俺が嬉しいんだ!!」

セイバー「は?」

士郎「あ……いや……えと……うん……そういうこと……なんだ」

セイバー「それは……あの……」

士郎「セイバー……これからは……一緒にご飯食べてくれ」

セイバー「……はい」

士郎「セイバーのこと、もっと知りたいし……見ていたいんだ」

セイバー「私もです……士郎」

士郎「料理は俺が作るから……セイバーは他のことをしててくれ」

セイバー「いいえ。いつかマスターの舌をうならせるぐらい、上手くなります」

士郎「それだとセイバーが完璧になるからなぁ……」

セイバー「完璧はだめですか?」

士郎「だって、一個ぐらいセイバーを補えるところがあれば、セイバーとずっと一緒にいても飽きないし、楽しいと思う」

セイバー「士郎……」

士郎「セイバー……」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:19:56.57 ID:1K+Bp6Kj0

プロポーズじゃねえか



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:21:55.37 ID:AihHfLLs0

衛宮邸

士郎「ただいま」

桜「おかえりなさい、先ぱ―――」

セイバー「士郎……」イチャイチャ

士郎「セイバー、すぐにおやつにするからな?」イチャイチャ

桜「……え?」

イリヤ「おかえりー、お兄ちゃん」

士郎「おう」

イリヤ「仲直りできたみたいね」

士郎「え、いや……」

セイバー「初めから仲違いなど起こしてません」

イリヤ「はいはい」

士郎「セイバーは座ってていいから」

セイバー「なりません。士郎こそ座っていてください」

桜「なんで……なにが……あったの……?」



329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:24:56.99 ID:AihHfLLs0

セイバー「士郎、どうぞ」

士郎「ありがとう、セイバー」

桜「先輩?」

士郎「ん?」

桜「えと……」

イリヤ「駄目よ、桜。今は何を言っても無駄よ」

桜「そんな……」

士郎「どうかしたのか?」

セイバー「顔色がよろしくないようですが」

イリヤ「気にしないで。そろそろ帰るから」

士郎「もうか?」

イリヤ「ほら、桜。立ちなさい」

桜「いや……そんな……どうして……」

セイバー「あの……」

イリヤ「お幸せに」



333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:28:14.51 ID:HyAV6CC7O

桜タソかわいそう(´;ω;`)



335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:28:51.57 ID:AihHfLLs0



士郎「あはは」

セイバー「もう笑わないでください」

士郎「セイバーは綺麗なだけじゃなくてかわいいな」

セイバー「やめてください」

士郎「あ、そろそろお風呂にはいるか」

セイバー「そうですね」

士郎「先にどうぞ」

セイバー「滅相もありません!!」

士郎「いいから」

セイバー「そんな士郎から!!」

士郎「……」

セイバー「……」

士郎「そうだな。じゃあ、俺から入ろうかな」

セイバー「え、ええ……そうしてください」



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:31:28.27 ID:AihHfLLs0

士郎の自室

士郎「……」

トントン

士郎「セイバー?」

セイバー「はい……入ってもよろしいですか?」

士郎「うん」

セイバー「失礼します……」

士郎「どうしたんだ?」

セイバー「……」

士郎「セイバー?」

セイバー「あの……一緒に寝ても?」

士郎「な、なんでさ!?」

セイバー「あ、いえ……士郎がだめというなら……!!」

士郎「あ……うん……だめなことは、ない……」

セイバー「で、では……失礼します……」ゴソゴソ



358:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:33:57.59 ID:AihHfLLs0

士郎「……」ドキドキ

セイバー(士郎の動悸が伝わってくる……)ドキドキ

士郎(セイバー……いい匂い……)

セイバー「……あの」

士郎「な、なんだ?」

セイバー「とても……幸せです」

士郎「あ、ああ……俺も……」

セイバー「―――あの……士郎?」

士郎「ん?」

セイバー「士郎には婚約者がいると……聞いたのですが……」

士郎「……」

セイバー「あの……この幸福がとても怖いのです」

士郎「セイバー……」

セイバー「いつか崩れてしまうものなら私は……」

士郎「イリヤのことか……」



374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:40:19.15 ID:AihHfLLs0

セイバー「え……イリヤが婚約者なのですか?」

士郎「ああ」

セイバー「でも……どうして?」

士郎「親同士が決めたことなんだ。一族のためとか、よくわかんないけど」

セイバー「それなら……士郎は……」

士郎「イリヤが昔さ、こう言ったんだ」

イリヤ『―――士郎が20歳になっても好きな人ができなかったら、結婚してあげる』

イリヤ『好きな人ができたらその人を幸せにしてあげること。私のことは保険とかそう言う風に考えてて』

士郎「イリヤは俺と結婚なんてしたくなかったんじゃないかな」

セイバー(違う……そんなことは……)

士郎「でも……もう……」

セイバー「え……?」

士郎「俺には好きな人……できちゃったし……」

セイバー「士郎……あの……」

士郎「セイバー……好きだ……」



390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:44:44.43 ID:AihHfLLs0

セイバー「ししし、しろう!!ななな、なにをとつぜん……!!!」

士郎「いや……この状況なら……言えるかなって……」

セイバー「……こんな私を好きになっても……後悔するだけですよ?」

士郎「後悔なんてしない」

セイバー「え……」

士郎「俺はセイバーが傍に居てくれれば……いいから」

セイバー「料理……できませんけど」

士郎「俺がする」

セイバー「じゃあ……掃除は私がします」

士郎「洗濯は……当番制かな?」

セイバー「洗濯もします!!」

士郎「俺の仕事がなくなるんだけど」

セイバー「士郎は……美味しい料理を毎日つくってくれれば……」

士郎「そっか。がんばる」

セイバー「はい……」



395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:47:47.16 ID:AihHfLLs0

数日後 朝

士郎「セイバー!!」

セイバー「はい」

士郎「行ってきます」

セイバー「いってらっしゃいませ」

士郎「うん……」

セイバー「……」

桜「先輩!!はやく!!」

士郎「あ、ああ、ごめん!!」

桜「セイバーさん!!」

セイバー「はい?」

桜「私は諦めてませんから!!!」

セイバー「いつでも受けてたちます」

桜「くっ……!!!なんて余裕なの……!!!!」

セイバー「お気をつけて」



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:51:51.93 ID:AihHfLLs0



セイバー「む……もうマジック凛がないですね」

セイバー「新しいのを買いにいかないと」

イリヤ「―――ごめんあそばせ」

セイバー「イリヤ」

イリヤ「がんばってる?」

セイバー「あの……」

イリヤ「なに?」

セイバー「イリヤは士郎のことを……」

イリヤ「いいの。だって士郎が恋をしらないままで、私を好きだって錯覚されても嫌だもん」

セイバー「……」

イリヤ「そのかわり、士郎を泣かせたら……殺す」

セイバー「わ、わかりました……」

イリヤ「ふふ……さてと、ランチの用意でもしてくれるかしら?」

セイバー「は、はい!!ただいま!!」



408:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:54:26.48 ID:AihHfLLs0



セイバー「はぁ……」

士郎「お疲れ様、セイバー?」

セイバー「いえ」

士郎「今日も一日、ありがとうございます」

セイバー「いえいえ……士郎のためですから」

士郎「あはは」

セイバー「ふふ」

士郎「じゃ、おやすみ」

セイバー「はい、おやすみなさい」

セイバー「……士郎?」

士郎「ん?」


セイバー「―――よい夢を」



END



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:55:28.02 ID:RDlYSPDG0


面白かったよ



412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:55:29.61 ID:MW/XXwHqO

>>1乙!!



415:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:55:45.41 ID:zIq2tP7d0

おつおつ



417:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:56:51.00 ID:QIkVK2EL0

お疲れ



426:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 15:59:43.92 ID:usiEwMDw0


セイバーが幸せになってよかった



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 名無し
          • 2011年12月28日 18:48
          • セイバーは王様に見えないし働いてる方がかわいいな
          • 2. 名無し
          • 2011年12月28日 18:54
          • ライダーとやったのにセイバー選ぶのか
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月28日 19:05
          • おい、ヒロインの凛ちゃんが出てこないってどうゆうことなんだ!?
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月28日 19:32
          • 米3
            洗剤として出てきたじゃないか
          • 5. 名無し文書で世界が
          • 2011年12月28日 19:45
          • 桜ざまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ
          • 6. 名無し
          • 2011年12月28日 20:46
          • メイドのはずが嫁姑問題とは…桜怖いよ桜
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月28日 21:01
          • 凛もちゃんと活躍してたな、水垢落としで
          • 8. 名無し
          • 2011年12月28日 21:58
          • イリヤがいい奴で良かった
          • 9. 名無し
          • 2011年12月28日 23:06
          • 桜ざまぁ
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 00:00
          • せめてセイバーが士郎呼ぶときはシロウにしてほしいもんだ
          • 11.  
          • 2011年12月29日 02:28
          • アルトリアはイギリス人だから…
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 07:23
          • 誰かを持ち上げるために誰かを悪役に回すのは…悪役…
            あれ、サクラは元から悪役だったか
            それじゃなんの問題もないな
          • 13. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 07:46
          • さすが十年に一人の天才
            水垢落としも難なくこなすぜ
          • 14. 伽耶
          • 2011年12月29日 08:24
          • 5 セイバー可愛かった
            桜のいびり怖かった
            イリヤ優しかった

            それだけ
          • 15.
          • 2011年12月29日 09:55
          • マジック凜はすごい
          • 16. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 10:59
          • *15 なんたって今はやりの魔法少女だからな
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 12:33
          • マジック凛で噴いたがまさかあれしか出番がないとは……不憫な子
          • 18. 名無し
          • 2011年12月29日 22:04
          • セイバーかわええ
          • 19. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月01日 21:11
          • 私男だけど士郎になら掘られてもいい
            あとマジック凛が気になる
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月09日 03:46
          • 誰か桜に、別な側面から光を!スポットライトを!
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月17日 01:05
          • 魔法少女 マジックリーーン
            水垢も落とせるすごい奴だよ
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月21日 10:05
          • >セイバー「いつでも受けてたちます」
            この安定感ときたらもう…
          • 23. 名無し
          • 2012年02月01日 11:20
          • けどそんな桜が好きだぜ俺は!
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年02月16日 23:49
          • セイバー「排水溝も……」

            セイバー「ん?」

            セイバー「……」

            セイバー「士郎……」

            セイバー「お風呂では止めるように言っておいたほうがいいですね」

            セイバー「……」ゴシゴシ



            ワロタ
          • 25. John F.K
          • 2012年08月07日 15:20
          • イリヤ使いがいいね
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年09月16日 19:40
          • 使用人レイプ!姑と化した桜
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年10月29日 15:26
          • よおいい
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年06月09日 15:29
          • 5 やっぱりこの2人だよな〜と思わせるssだった
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年08月02日 14:05
          • 5 二人が幸せなら良いんだ
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年09月30日 23:11
          • 5 バスマジック凛は反則だわ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ラブライブサンシャイン】曜「千歌ちゃんたちに好きって言ってみるよーそろー!」
        • 【モバマス】荒木比奈「今日までの記憶が全て」
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】その仕事場は(プロちゃんにとって)タブー
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 【ミリマス】千早「メンドクサイフェアリー?」
        • 彡(゚)(゚)「えっ、ワイがスティールボールランレースに参加!?」
        • 【モバマス】輝子「LoveとLikeの境界線」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ