TOP

男「人生に絶望したら女になった」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:00:46.16 ID:xfi8CN6SO

友「かんぱーい!」

男「かんぱーい!」

男「幼馴染みがイケメンと付き合ってた記念!」

友「女友が優等生と付き合ってた記念!」

男「女さんからごめん男君は友達以上には見えないって言われた記念!」

男・友「イエーイ!!」

男「死にたい」

友「飲もう…」



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:02:22.75 ID:N+pWBKMBO

なるほど俺には絶望が足らないのか


さよなら絶望先生



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:02:24.46 ID:xfi8CN6SO

――――――――朝

友「頭いてぇ…」

男「んー…」

友「!?誰だこの美少女!?」

男「うあ…頭いたい……おお友おはよう…」

友「ドチラサマデショウカ」

男「あー?なに寝ぼけてんだ…お前の愛しの男様だろう…あーあたまいてぇ…」

友「え?」

男「ちょっとシャワー浴びてくるわ…」

友「………何がどうなってんだ…」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:09:47.02 ID:xfi8CN6SO

男「うわああああああああ」

友「ななななんだ!?」

男「たたたた大変だ!?俺女になってる!?」

友「いいから前を隠しなさい!!隠して!!」

男「あ」

友「素数を数えて落ち着くんだ俺…0120117117…」

友「これは違う」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:20:32.79 ID:xfi8CN6SO

男「頭がいたいけどさっぱりしたのに未だに状況が飲み込めん」

友「未だにお前が男だとか信じられん」

男「ミキちゃん花子ちゃんカオルちゃん女友さん」

友「やめて!信じるから古傷をえぐらないで!!」

男「よろしい」



10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:37:51.99 ID:nkQGAGxnO

せめて書き溜めてから始めろよ
はよ



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:44:33.61 ID:xfi8CN6SO

すまぬ書き溜めと併用してやってるんだ

友「でもまさかお前が女になるとはな…」

男「俺が言いてぇよクソが」

友「中身と見た目が…これが残念美人か…いやジャージだし見た目も残念だな…」

男「俺の体であって俺の体じゃないからいいもーん」

友「あ、そのもーんっていうの可愛い」

男「●ね」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 17:58:08.81 ID:xfi8CN6SO

友「てか大学どうすんだよ」

男「あー……」

友「講義はよくてもテストはアウトだろ」

男「うー……」

友「とりあえずバイク出してやるからお袋さんと話し合え」

男「あー助かるわ」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:06:18.42 ID:xfi8CN6SO

女体化ってなんでこんなに夢が溢れてるんだろうな



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:12:21.59 ID:xfi8CN6SO

友「というわけでつきました男の実家」

男「イエーイ」

友「背中にでかい乳があたって天国でした」

男「●ね」

友「よし、行ってこい」

男「お前も来るんだよ」

友「いやだ!助けて!!」

男「駄々こねてないでこいや!!」
友「タスケテー!」

ガララッ

母「じゃぁしいわっ人の家の前でちちくりあってんじゃねぇ!!」

友「ひいっ」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:12:46.06 ID:xfi8CN6SO

母「あら、友君じゃないか」

友「オヒサシブリデス」

母「隣の女はどちらさま?」

男「あー…」

友「そういったの諸々説明したいんで上がらせて貰ってもいいですかね」

母「訳ありか、面白そうだし上がりな」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:13:07.88 ID:xfi8CN6SO

母「つまりこいつが男だと」

友「はい」

母「いやー信じろと言われてもあまりにも…」

男「お袋、あのおっさんとはうまk」

母「ハハハハハ、よく帰ってきたな我が息子よ!!」

男「なんで俺のまわりはこんなのが多いんだ…」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:13:31.75 ID:xfi8CN6SO

母「なんでそんないもくせぇ格好してんのよ、男が女になったら可愛らしい格好したがるんじゃないの?ジャージてあんた」

男「ねーよ俺は男だ、あんなヒラヒラした格好なんかするかっつーの」

友「ブーブー」

母「ブーブー」

男「だまらっしゃい!!」

友「うひゃひゃひゃ」

母「げらげらげら」

男「もうやだこいつら…」

妹「ただいまー…ってあれ?」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:14:05.14 ID:xfi8CN6SO

妹「なるほど、嘘をいってるようには見えませんし信じましょう」

男「やっとまともに話せる人がいて兄さん嬉しいよ…」

妹「…兄さん失礼します」

ムニュッ

男「妹さん何をしてらっしゃいますか!?」

妹「ブラ着けてないんですか…」

男「いやだって俺は」

妹「今は女です」

男「でも」

妹「兄さん?」

男「はい…」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:14:33.13 ID:xfi8CN6SO

妹「というわけで行ってまいります」

男「タスケテー」

母「じゃあ私も」

妹「母さんは大学に休学する旨を伝えてください」

母「」

友「じゃあ俺が」

妹「友さんは顔が厭らしいので結構です」

友「」

男「妹が天使に見える」

妹「もう兄さんったら…行きますよ」

男「へーい」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:15:00.94 ID:xfi8CN6SO

店員「ラッシャーセー」

妹「あ、すいませんこの人のサイズはかってもらえませんか?」

店員「ウーイ(ォライッォライッ」

妹「それではお願いします」


店員「ウーイ(ォライッォライッ(トランクスにノーブラだと…?若く見積もっても…まさかこの歳までノーブラトランクス…)」

店員「あなたはいったいなに考えているんですか!?」

男「ひぇい!?」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:15:27.20 ID:xfi8CN6SO

店員「上から89・56・87ですねー」

妹「兄さんに女として負けるとは思いませんでした」

男「いやほらな?妹はまだまだ延びしろが…」

妹「クッ…情けをかけられるのがこれほど惨めとは…!」

妹「こほん、まぁいいです、さっそく選びましょう」

男「この秘密の花園からはやく離脱したい…」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:16:07.20 ID:xfi8CN6SO

男「なんで黒が多いんだろう」

妹「似合ってましたし」

店員「おすし」

男「途中で店員さん参戦しだすし…」

店員「元がいいのに残念な人を見るとつい」

妹「なら仕方ありませんね」

男「お前ら仲いいな」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:39:53.38 ID:xfi8CN6SO

店員「次は服ですね」

男「え?」

妹「そうですね」

男「え?」

男「いやまて下着だけだろ服はジャージで十分」

店員「これとか似合いそうですね」

妹「いやいやそれなら上をこれで」

男「聞いちゃいねえ…」

妹「兄さんこれを着てください」

男「えっいや」

妹「拒否権は」

店員「ありません」

男「ドチクショウ」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 18:54:55.11 ID:xfi8CN6SO

妹「兄さん可愛い」

店員「次はこっちね」

男「なんでファッションショーになってんだ…」

店員「てへ」

妹「ぺろ」

男「可愛いのがさらにムカつく」

店員「さぁ着替えた着替えた」

男「ぬわーーーーー!」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:12:21.42 ID:xfi8CN6SO

店員「8万4000円になります」

男「うおっそんな金…」

妹「はい」

店員「ウーイ(ォライッォライッ」

店員「あ、これ私のアドレス。働きたかったらいつでも言ってね」

妹「はい、確かに」

男「なんで意気投合してんだ…」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:29:17.76 ID:xfi8CN6SO

男「なんであんな大金…」

妹「母さんがくれました」

男「太っ腹だなぁ」

妹「ね、兄さん久しぶりに二人でごはん食べていきましょうよ」

男「そうだなー」



母「」

友「大変!へそくりが消えておばさんが息してないの!!」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 19:50:16.97 ID:xfi8CN6SO

男「ただいまー」

妹「ただいま帰りました」

母「あぁ…お帰り……私の金で買った服はどうだった…」

妹「バッチリですよ、母さん」

男「ありがとうお袋」

母「あ、ああ!いいってことよ!ふはははは!」

母(眩しい!なにも知らないであろう息子の笑顔が眩しい!!)



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:04:57.24 ID:xfi8CN6SO

母「で、なんでジャージなんだ」
男「ヒラヒラしたのダメやねん…ほんまアカンのや…」

母「初めて女装した男子かおのれは」

男「似たようなものです」

友「似たようなものだが」

妹「見てみたいですね」

男「妹は腐るほど見ただろ!!」

妹「兄さん見たいです」ジッ

男「う…い、一着だけだぞ」

妹「チョロい」

友「黒い」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:17:07.30 ID:xfi8CN6SO

男「ぐぬぬ…」

友「やべぇ」

母「ヤバい」

妹「兄さん可愛い」

男「もういやだー!」

妹「さ、次はこっちです」

母「はよ」

友「さぁ」

男「おい一着だけって」

妹「問答無用」

男「ぬわーーーーー!」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:17:30.49 ID:xfi8CN6SO

男「もうお婿に行けない…」

母「お嫁だな」

妹「お嫁さんですね」

友「嫁にこいよ」

男「死んでしまえ!」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:17:58.57 ID:xfi8CN6SO

母「さて、そろそろ飯にするか」

妹「手伝います」

男「」

友「こいつ見ときますわ」

母「よろしくー」

妹「変なことしたら殺しますよ」

友「仮にも親友だよ!手出すわけないだろう!」

妹「冗談です」

友(あれは狩る奴の目だった)



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:18:27.74 ID:xfi8CN6SO

友「大丈夫かー」

男「うーい…」

友「まぁ少しは気が紛れたろ」

男「え?」

友「無理してるのが一目でわかったぞ」

男「う゛…」

友「まぁ少しはよくなったみたいでよかったよ」

男「……サンキュー…」

友「おう」



母「あれってBLになるのかしら」

妹「一応男女ですしNLじゃないでしょうか」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:18:51.14 ID:xfi8CN6SO

男「ごっそさん、風呂入ってくるわ」

妹「なら私も」

母「いや私が」

友「じゃあ俺が」

妹・母「どうぞどうぞ」

男「いや一人ではいるからな?」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:19:11.32 ID:xfi8CN6SO

男「ホント女になったんだなー…」

男「胸もあるし」

男「細い手足」

男「ちんこもない」

男「髪は…そんなに長くないな…」

男「これからどうなるんだろうなー…」ぶくぶくぶく



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:20:25.24 ID:xfi8CN6SO

男「上がったぞ」

母「風呂上がりの息子がエロい」

妹「火照ったからだって表現がエロいですよね」

友「なのになんでジャージなんだ…!」

男「うるせぇ●ね」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:20:45.95 ID:xfi8CN6SO

――――――――次の日
男「んじゃ帰るわー」

妹「いつでも帰ってきてくださいね」

母「あ、大学は休学しといたから仕送りはするけどちゃんとバイトもしろよー」

男「へいへい」

友「おーい男はよしろー」

男「悪いな待たせた」

友「気にすんな」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:21:28.43 ID:xfi8CN6SO

男「ただいま我が家」

友「んじゃ俺は帰るわ」

男「おう、ありがとな」

友「お礼にキスでも」

男「●ね!さっさと帰れや!」

友「あってめ人のバイク蹴るな!」

男「べー」

ガチャン

友「ったく…もう大丈夫そうだな」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:22:07.29 ID:xfi8CN6SO

男「バイトどうすっかなー…前のバイトはばっくれるとして…」

男「適当にブラついてみるか」


本屋「バイト募集してないんですわ」

古本屋「バイト募集してな」

ファミレス「バイト募集」

ラーメン屋「すまないホモ以外は帰ってくれないか」



男「っべー全滅だ…」

男「ん?喫茶店か…」

カランカラン

マスター「いらっしゃい」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:22:27.44 ID:xfi8CN6SO

男(うわっきれーな人だな…)

マスター「どうした?入らないのか?」

男「あ、ええとバイト募集と書いてあったので」

マスター「あー、なるほどんじゃ今日から働ける?」

男「へ?」

マスター「今日の働きぶりで採用するか決めるから」

男「あ、は、はい!」

マスター「んじゃ早速、着替えはこっちだ」



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:22:51.67 ID:xfi8CN6SO

男「ロングスカートにカッターシャツ、黒のエプロンか…」

男「あの時着せられた服よりよっぽどましだな…」



マスター「お、似合ってるじゃないか。ジャージなんかよりよっぽど」

男「ありがとうございます」

マスター「んじゃ仕事の簡単な説明だけするから」

男「はい」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:23:14.22 ID:xfi8CN6SO

男「いらっしゃいませ」

老人「おや、新しいバイトの子かな」

マスター「そうそう、中々上玉拾ったよ。いつものでいいね」

老人「そうしてくれ」

マスター「はいはい」

老人「べっぴんさんだな、あの娘さんは」

マスター「そうね、真面目だしいい子よ。多分正式採用するわ」

男「いらっしゃいませ」

老人「若い頃のアンタを見てるようだよ」

マスター「違いない」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:23:40.52 ID:xfi8CN6SO

男「終わったー…」

マスター「お疲れさん、ほらサービス」

男「ありがとうございます」ズズッ

男「あ、美味しい」

マスター「コーヒーはうちの自慢だからね、その内淹れ方教えるよ」

男「え、じゃあ」

マスター「合格、明日はシフトの話もしたいからよろしくね」

男「はい!」

マスター「一応履歴書とかもね」

男「は……」

マスター「ん?」

男「あー…ええと…」

マスター「ふむ…口出しはしないし警察にも連絡しないから一応もっておいで、いいね」

男「あ…ありがとうございます!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:32:35.07 ID:xfi8CN6SO

男「ただいまーっと、そうだ、バイト決まったこと友に電話しとこ」プルプルプルー!

友『もっすー』

男「うぜぇ●ね」

友『sorry』

男「バイト決まったから」

友『おう、おめでとう』

男「んじゃそれだけ」

友『おやすみ』

男「おやすみ」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 20:55:44.35 ID:xfi8CN6SO

男「朝ですおはよう」

男「さて、履歴書も持ったしバイト行くか」

男「流石にジャージじゃ問題だよな…ちゃんとした格好で行くか…」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:15:12.52 ID:xfi8CN6SO

カランカラン

マスター「お、来たね。うん、やっぱりそういった格好の方がいいね、前来た時はアンバランスだったからね」

男「ははは…あ、履歴書も持ってきました」

マスター「はい確かに……ふむ…男……君かな、ちゃんかな」

男「…君でいいです」

マスター「はいよ、じゃあ着替えておいで、男君」

男「は、はい!」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:29:08.94 ID:xfi8CN6SO

男「朝はあんまり人来ませんねー」

マスター「まぁね、昼、夕方がピークだから覚悟しなさいよ」

男「うっ…はい…」

マスター「ところで男君」

男「はい」

マスター「両親にはちゃんと了承取ってるんだろうね」

男「あ、それは大丈夫です」

マスター「それならなんの問題もない、改めてよろしくね」

男「よろしくお願いします」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:38:35.78 ID:xfi8CN6SO

男「終わった…」

マスター「お疲れ様、今日は昼まででいいよ」

男「え?」

マスター「夕方は娘が入るからね」

男「あ、なるほど」

マスター「それじゃあシフトはこれでいいのね」

男「はい、お疲れ様です」

マスター「はいお疲れさん」


男「暇になったぞ…やることもないし大学に行くか…確か友もまだ大学にいるだろうし」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:39:26.79 ID:xfi8CN6SO

男「講義ないのに大学くるのは新鮮だな、サークル入ってないし」

男「もしもし友?大学ついたから迎え来い」

友『了解』

チャラ男「うわwwwマジマブイwwwゲキマブwwwwww」

チャラ男2「声かけてこいよwwwwwwお前に落とせない城はないwwwwwwwww」

チャラ男「お嬢さん僕とホテルに行きませんか」

男「すんません嫌いな上に生理的に無理です」

チャラ男「チャラ男2ぃぃぃぃぃ」

チャラ男2「お前はよく頑張ったよ…」

チャラ男「チャラ男2…」

チャラ男2「チャラ男…」

友「お待たせ、なんだあれホモか」

男「知らん、学食行こうぜ」

友「ん?おう、それにしても服まともだな」

男「一応バイト行ってきたしな」
友「なるほど」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:39:54.56 ID:xfi8CN6SO

男「はーやっぱうめーな学食の担々麺」

友「すげぇシュールだわ、美少女がズルズル担々麺すする姿」

男「ふぉうふぁ?」

友「いいから食い終わってしゃぶれ」

幼馴染み「あれ、友じゃんオーッス」



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:41:22.13 ID:xfi8CN6SO

友「あれ、幼馴染みじゃん」

イケメン「友達?」

幼「うん、男の友達」

イケメン「なるほど、そっちの可愛い子は?」

幼「彼女の目の前でよく他の女口説けるわね」

男「あー」

友「あーこいつ男の彼女なんだ」

男「!?」

幼「!!」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:42:49.58 ID:xfi8CN6SO

男「おいなに言い出すんだ…」ボソッ

友「いや一番誤解招かないかなって」ボソッ

幼「ちょっと表に出てくれる?」

男「え?俺?あ、はい」



友「お前も苦労してんだな」

イケメン「恋人から別の男の話楽しげに喋ってるの聞くって辛いんやで…」

友「まぁ奢ってやるから元気出せよ…」

イケメン「あんさんホンマえぇ人や…」



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:43:51.05 ID:xfi8CN6SO

幼「名前は」

男「あー…」

幼「歳」

男「21です」

幼「男と付き合いはじめてどのくらい」

男「あー…あー…す、数日」

幼「男のどこに」

男「だぁぁぁぁぁぁっお前には関係ないだろ!!」

幼「あるわよ!」

男「!?まさか彼氏がいるのに」

幼「それはない」

男「そうですか…」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 21:44:22.47 ID:xfi8CN6SO

幼「あれは私の幼馴染みなの変な女に引っ掛かったら可哀想だもの、言うなればできの悪い弟ね」

男「イラッ」

男「そういえば男が言ってましたね、めんどくさい幼馴染みがいるって」

幼「は?」

男「やたらと構ってくるのがめんどくさいといってた気がしますー」

幼「……上等じゃ!喧嘩なら買うわよ!!」

男「いいだろう全力で相手してやる!!」



友「あれ止めれる自信ある?」

イケメン「馬鹿にするな、あるわけないだろう」

友「俺もねーわ」

イケメン・友「wwwwww」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:19:43.73 ID:xfi8CN6SO

男「やるじゃねぇか…」

幼「あんたこそ…まさかすでに男の事をそこまで把握してるとはね…」

男「ふんっ幼こそ…」



イケメン「あ、そういや姦染知ってる?」

友「あーこないだ5出たな」

イケメン「褐色可愛い」

友「まさか幼を彼女にしたのって」

イケメン「バカ言うな!話すきっかけになっただけだ!!」

友・イケメン「wwwwww」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:35:13.68 ID:xfi8CN6SO

幼「それじゃあまたね」

男「おう、またな」

イケメン「今度飯食おう」

友「ああ、必ず」




友「どうなった?」

男「いやー中々話わかるやつだったよ幼も、男との恋仲応援してるって」

友「おい」

男「」

友「」

男「」



男「俺じゃねぇか!!!」

友「むしろなんで気付かなかったんだよ!!」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 22:49:44.43 ID:xfi8CN6SO

男「あ、メール…」

幼:いい彼女さんじゃない!大事にしなさいよ!

男「」

友「おバカさん…」

男「どうしよう」

友「正直に言うのが吉だと思うけどな」

男「心の準備マジ必要」



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:04:44.97 ID:xfi8CN6SO

友「で、今晩呼び出して言う、と」

男「ああ、このままでもどうしようもないしな」

友「頑張れよ!!」

男「お前も一緒にだよアホ」

友「えっ」

男「お前の不用意な一言が原因だ」

友「うっ」

男「責任とれよ」

友「そのセリフエロい」

男「●ね」



128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:05:11.29 ID:xfi8CN6SO

幼「しんっじらんない」

男「すいません…」

幼「男もだけどあんたよ友」

友「うっ…」

幼「本人の彼女とかアホだわ」

友「面目次第もございません…」

イケメン「まぁまぁそれくらいに」

幼「黙ってなさい」

イケメン「はい」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:05:34.86 ID:xfi8CN6SO

幼「はぁ…もういいわ、男」

男「は、はい!」

幼「なんかあったらすぐ連絡しなさいよ」

男「うい」

幼「友」

友「はい!」

幼「全員分の支払いよろしく」

友「」

イケメン「半分出してやるよ…」

友「イケメンさんイケメンや…」

イケメン「よせやい」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/26(月) 23:05:56.85 ID:xfi8CN6SO

男「うへー疲れた」

友「主に財布の中身が疲れた…」

男「自業自得」

友「今日は泊まるわ…寝る…」

男「おい」

友「zzz…」

男「仮にとはいえ女の部屋に泊まるとか…」

友「」

男「はぁ…風邪引くぞばーか」ボフッ

男「俺も寝るか…」




1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:05:31.86 ID:LO6/i/Hg0

落ちていたことに絶望したから立てた
反省はしていない



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:19:59.44 ID:yTUfoN0n0

またおちそうだな



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 00:38:37.98 ID:G94buzwk0

はよ投下



12: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/12/27(火) 01:00:23.81 ID:U9YGHq1W0

全力で保守



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:49:08.54 ID:U9YGHq1W0

>>1がこねぇ…

そうか、>>1は俺を絶望させて女にするつもりなんだな?



25: ◆.k/i/iBwu2 :2011/12/27(火) 01:49:27.59 ID:5SRTIDLw0

男「ん・・・」

友「zzz・・・」

男「あーそういや泊まってたんだっけ…」

友「うへへ…」

男「幸せそうに寝やがって・・・・」

男「朝飯でも作るか…」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 01:51:30.26 ID:U9YGHq1W0

きたぁぁぁ!!!!



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:05:38.50 ID:5SRTIDLw0

男「ほら、起きろ馬鹿」

友「あと5分…あと5分だけ…」

男「うるせぇさっさと起きろお前は講義俺はバイトだ」

友「うわっ今何時!?」

男「まだ7時だ、さっさと朝飯食って行ってこい」

友「おーすげぇいただきます」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:14:52.27 ID:5SRTIDLw0

友「ごちそうさま」

男「はいお粗末さん」

友「っと今何時だっけ」

男「あー今は…まだ7時30分だ、ここから大学までは30分だからお茶でも飲んで出て行け」

友(新婚夫婦みたいだなぁとかいったら●ねって言われるんだろうな)

友「・・・・・・」ズズッ

男「・・・・・・」ズズッ

友「新婚夫婦みたいだな」

男「●ね」

友「うん、予想通り」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:40:58.84 ID:5SRTIDLw0

友「んじゃ行ってきます」

男「ちゃんと自分の家に帰れよ」

友「わかってるって」

男「気を付けてな」

友「おう、お前もな」

男「ん」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 02:44:13.44 ID:5SRTIDLw0

男「さて、バイトいくか」

男「新婚夫婦・・・か・・・」

男「このまま戻らなかったらそれも悪くは・・・・・いやないないない!!!!」

男「さっさとバイトだバイト!!!!」

_____

マスター「お、いらっしゃい」

男「どうも」

マスター「頬が赤いけどどうしたの」

男「いえ、弛んでたので自分に喝を」

マスター「ふーん・・・青春だね」ニヤニヤ

男「ち・・・ちがいます!!!!」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:11:46.07 ID:5SRTIDLw0

男「いらっしゃいませー」

老人「お、あの時の娘さん」

男「どうも」

老人「どうだ、バイトには慣れたかね」

男「ええ、お陰様で」

老人「では今度わしと」

マスター「女子大学生口説いてんじゃないよこの色ボケ爺」

男「ははは…」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:25:48.21 ID:5SRTIDLw0

マスター「あ、男君」

男「はい?」

マスター「男君のここ来たお祝いしようと思うんだけど」

男「い、いやいや!大丈夫です!そんな気遣わなくて!」

マスター「アタシが酒飲みたいのよ」

男「へ?」

マスター「娘がうるさくてね…歳考えろって、なかなか酒飲めないのよ」

男「あー」

マスター「だから、ね?」

男「わかりました…お受けしましょう」

マスター「話が早くて助かるね」



51: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/12/27(火) 03:28:38.27 ID:5SRTIDLw0

マスター「一応従業員とも顔合わせさせたいしね」

男「後付ですね」

マスター「うっ…言うようになったじゃない…」

男「あはは、さ、もうすぐ人くる時間です」

マスター「あら、もう時間か、それじゃあ今度の土曜日は空けといてね」

男「了解です」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:32:39.00 ID:5SRTIDLw0

______土曜日

男「ほかの従業員かー…今まで働いて一度も見てないな…」

カランカラン

男「こんばんはー」

パーン!!!!

「「「いらっしゃーい」」」

マスター「店長のマスターです」

バイト「バイトのバイトです」

女「ええとここの店長の娘の女です」

男「女さん!?」

女「え!?もしかしてどこかでお会いして…」

男「え、あ、いやその知り合いに話を聞いたことがあったもので」

女「そ、そうですか・・・」

マスター「えーとそれじゃあ紹介します、今度からここで働くことになった男君です」

女「えっ!?」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:38:44.50 ID:5SRTIDLw0

男(アチャー…)

女「え?え?」

男「すいませんマスター女さんと話があるので酒飲んでてください」

マスター「はいよー」

女「??」

男「女さんちょっとお話があるから喫茶店の外いいかな」

女「は、はい…」

男「もしもし友ー大変なことになったから至急○○駅前の喫茶店に来てくれ」

友『なんだ!?わかった!!すぐ行く!!!』

男「ふぅ・・・・」

女「どういうことでしょう・・・・?」

男「えーとだな…とりあえず友が来てから話そう」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:44:56.63 ID:5SRTIDLw0

友「また世界を縮めてしまった・・・」

男「●ね」

友「それはツッコミやない、ただの悪口や」

男「話進めると」

友「突っ込んで!!!悪口でもいいから!!!」

女「クスクス」

友「笑われてるやん」

男「お前だよアホ」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 03:58:43.75 ID:5SRTIDLw0

女「それじゃあ…あなたが男君・・・・?」

男「信じられないかもしれないけど…」

女「信じますよ、男君大事なことでは絶対嘘つかない人ですから」

男「女さん」キュン

女「でも友達以上にはやっぱり見れませんね」

男「」

友「女さんすごい棘がある」

女「え?」

男「ええんや…わかってた・・・・わかってたで・・・・」

友「泣いていい!お前は今泣いていい・・・・!」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:13:27.84 ID:5SRTIDLw0

女「とりあえず戻りませんか?主役がいなかったら盛り上がりませんよ」

男「主役と言われると恥ずかしいな…」

友「んじゃ俺は帰るかな」

女「友さんもいらしてくださいな」

友「えっいいの」

男「いいんじゃねぇの、ここまで来させて帰らせるのも気が引けるし」

友「ならお言葉にあまえようかな」

女「それじゃあみんなに先に知らせてきますね」


友「女さん…ええ子や…」

男「だなぁ、さて、俺たちも行くか」

友「おう」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:19:44.52 ID:5SRTIDLw0

_____朝

男「なんだこの惨状は・・・・うがっ…頭いてぇ…」

友「うわなんだこれ…ぐげっ…頭痛い…」

男「おう起きたか…」

友「うむ…酷いなこれは・・・・」

男「ほい水」

友「サンキュー…」

男「片付けとくか…」

友「だなー…この屍共は起きる気配もないし…」

男「開店準備もしとくか…」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:23:09.75 ID:5SRTIDLw0

男「ざっとこんなもんか」

友「死ぬ…」

男「悪いな、あれ全員運んでもらっちゃって」

友「気にすんなって、一応女なんだし力仕事は流石にさせれない」

男「俺が女なら惚れてたよ」

友「女じゃねぇか、惚れろよ」

男「男に戻ったときにケツの穴ほじくっていいなら」

友「マジ勘弁」

男「こっちから願い下げだ阿呆」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:29:04.47 ID:5SRTIDLw0

友「なんだか新鮮だな」

男「あ?」

友「なんかすげぇ楽しそうだわおまえ」

男「そうか?ただコップ磨いてるだけなんだが…」

友「なんつーか・・・・なんなんだろうな」

男「なんだそりゃ」

友「なんかよくわかんねーけど綺麗だなーって」

男「っ・・・た、たくまだ寝ぼけてんのか、ホレ」

友「へぶっ」

男「おしぼりだ、顔でも拭いて目醒ませ」

友「んー」ゴシゴシ



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:34:18.38 ID:5SRTIDLw0

マスター「頭いてぇ…」

女「うあー…」

バイト「死ぬ…」

男「おはようございます、もう昼ですが」

マスター「あー男君…おはよう・・・・開店してくれてたんだ…ありがとう・・・・・・」

男「礼ならあれに言ってください、俺一人じゃ流石にきつかったですよ」

友「コーヒーとトースト一丁!」

男「へいへい」

マスター「珈琲は…」

男「正規の店員が全員出払っておりますので味が多少落ちるかもしれません、申し訳ありません」

男「そういいながらやってます」

マスター「セーフ!・・・・・いたたた」

男「さ、コーヒーさっさといれてくださいマスター」

マスター「うーい…」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:40:08.39 ID:5SRTIDLw0

男「ありがとうございました」

マスター「これで今日は店じまいね」

男「ですね」

マスター「ほんと助かったわ、男君に友君」

男「店員ですから」

友「男に一人でさせるわけにはいかないので」

マスター「・・・・二人は付き合ってんの?」

男・友「なっ・・・馬鹿言わないでください!」

マスター「息ピッタリじゃん」

男「こいつは悪友ですよ悪友」

友「そうそう、流石に付き合うとかそういうのは」

マスター「へぇぇ」

男「なんなんですかまったく…」

友「変にほじくられる前に退散するぞ男」

男「おう」



68:煙草吸うから携帯から:2011/12/27(火) 04:48:39.29 ID:NhWVvzrWO

カランカラン

マスター「んー…ありゃあ恋する乙女の顔だった気がしたんだけど…」

女「どうしたんです?」

マスター「いやー男君と友君って付き合ってるのかなって」

女「何それ詳しく」

マスター「えー…まぁいいや、実は…」



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 04:52:19.62 ID:NhWVvzrWO

男「ただいまーっと」

友「ただいま」

男「何でさも当然のように家に上がり込んでんだ」

友「いーじゃん暇なんだよ…」

男「…まぁ今日は助かったし晩飯くらいはご馳走してやる」

友「さっすが男!結婚しよう!」

男「かえれ」

友「冗談だよ冗談」

男「ったく…」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 05:03:54.54 ID:NhWVvzrWO

友「ふひーうまかった」

男「はいはいお粗末様でした」

友「でさー、真面目な話」

男「ん?」

友「男に戻れなかったらどうすんだ」

男「……」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 05:05:28.70 ID:NhWVvzrWO

友「ある日突然女になったからある日突然男に戻る可能性だってあるけど」

友「一生そのまんまって可能性だってあるじゃん?」

男「……」

友「そんときは…」

男「うるさい!」

友「!?」

男「かえれ!さっさと帰れ!」

友「お、おい」

男「いいから帰ってくれよ…頼むから!」

友「わかった…なんかあったら連絡しろよ」

男「帰れ!」

バタン!



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 05:12:12.94 ID:NhWVvzrWO

男「サイテーだわ俺」

男「気にしてる事言われたからってあれはないよな」

男「これじゃそこらへんのヒス女とまるっきり一緒じゃねぇか…」

男「はぁ…友からもそろそろ見限られるかもな」

男「そうだ、そっちの方がいいに決まってる、俺みたいな男から女になったみたいな変なのに構ってたらアイツも出会い少なくなるだろうしな」

男「……」

男「ふっ…うぐ……ひぐっ…」


――――――――

友「あいつ大分参ってたな…」

友「いつも普通に振る舞ってたからって一番気にしてそうなことを軽々しく…」

友「そういや今まで散々デリカシーないって言われてたっけ…」

友「サイテーだわ」

友「合わせる顔がねえ…」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 05:18:29.04 ID:NhWVvzrWO

――――――
マスター「最近元気ないけど大丈夫?彼氏さんと喧嘩でもした?」ニヤニヤ

男「ははは、大丈夫です、それにあいつはそんなんじゃないですよ…」

マスター(あー地雷だわこれ完璧にど真ん中踏み抜いた…)

カランカラン

男「いらっしゃいませ」

マスター(笑顔が見てて痛々しい…)

男「マスター、コーヒー」

マスター「あ、ああはいはい」



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 06:06:47.25 ID:NhWVvzrWO

男「終わりっと」

マスター「お疲れさま、はいコーヒー」

男「あ、ありがとうございます」

マスター「さ、おばさんに話してごらん」

男「え?」

マスター「正直今の男君はすごく辛そうなのよ、見てて痛々しいわ」

男「…別にそんなことは」

マスター「嘘言っちゃいけないわ、これでもマスターよ」

男「何のマスターですか…」フフッ

マスター「私が見たいのはその笑顔、無理矢理作った笑顔なんていらないわ」

男「っ…」

マスター「さ、話してごらん」

男「……もしも、もしもの話です……」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 06:14:05.46 ID:NhWVvzrWO

――――
――――――
――――――――

マスター「……」

男「あはは、男が女になんて変な仮定ですよね、すいません」

マスター「…いいじゃない」

男「え?」

マスター「いいじゃない親友だってなんだって」

男「でも」

マスター「でももデマもないわよ、かけるだけかけちゃいなさいよ迷惑、それで一緒にいてくれたのなら儲けモノじゃない」

男「……」

マスター「男は度胸!女は愛嬌!二つが備わったら無敵よ」

男「でも今更…もう2ヶ月も連絡してないし…」

マスター「まだ心には金たまついてんだろ!うじうじすんな!」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 06:18:29.93 ID:NhWVvzrWO

男「結局遊びに行く約束取り付けるまでシフト入れさせないとか言われた…」

男「直接いった方がいいのか…?」

男「いやメールでいった方が楽だよな…」

マスター『逃げてちゃ始まらないよ』

男「…明日は講義あるだろうし直接言うか……」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 06:23:50.45 ID:NhWVvzrWO

―――――翌日大学

男「友達に遊ぶ約束取り付けるだけだ友達に遊ぶ約束取り付けるだけだ」

男「学食に……あ…」


女友「――――」

友「――――――」

女友「――――――」

友「―――」



男「は…はは…なんだ女友とうまくいったのか…めでたいな」

男「めでたいよホント…俺さえいなけりゃもっとはやくうまくいったんだな」

男「帰るかー!」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 06:29:18.20 ID:NhWVvzrWO

男「……ははっ…はははっ…」

男「なんだよ一人でもやもやしてばっかみてぇ」

男「俺は男だ、体が女になっても心は男だ」

男「友に彼女が出来て辛いのは先を越されたから」

男「友と離ればなれになったからなんて絶対にないんだ」

男「マスターに明日謝ろう、全部勘違いだったんだって」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 06:35:40.81 ID:NhWVvzrWO

――――――時間遡り大学

友「よし、作戦会議を始める」

女友「なんなのよ作戦会議って…しかもまだ幼と女とイケメン来てないし」

友「状況はさっき話した通りだ」

女友「無視すんなし…」

女友「…ん?あの子写メの子じゃない?」

友「え?」

女友「泣きそう…あ、帰った」

友「」

女友「誤解が誤解を呼ぶサクセスストーリー」

友「」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 13:57:08.95 ID:NhWVvzrWO

友「やべぇよどうしようどうしよう」

幼「どうしたの」

イケメン「なんだ回りの人間が姦染してどうしようみたいな顔して」

女「すいません遅れました」

友「遅れたことを謝るのが女さんだけてお前ら」

女「あ?」

友「急に呼び出してすいませんでした」

イケメン「担々麺うまい」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:03:50.79 ID:NhWVvzrWO

友「今の現状を簡単に説明するとかくかくしかじかというわけだ」

幼「なるほど、これこれうまうまと言うわけね」

友「イエス」

幼「まさかあんたがホモになるとは…」

女「」ガタッ

友「いやホモじゃねぇよ!大体アイツの性格思い返してみろ!それで女になって四六時中一緒にいたら惚れない方がホモだぜ」

幼「あーそれは言えてるかもしれないわ」

女「男君ほんといい子ですからねー」



イケメン「話に割り込めない…」

女友「私もいるぞ」

イケメン「これが友情パワーか…」



130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:09:04.22 ID:NhWVvzrWO

幼「で、アンタはどうしたいわけ」

友「お…男と付き合いたい…」

女「字面だけ見たらすさまじいんですけどね」

友「あいつと一緒にいたい、笑いたい、怒りたい、泣きたい」

友「何よりあいつのそばにいてやりたい」



イケメン「背中がむず痒いわ」

女友「青春って感じね」

イケメン・女友「俺(私)たち茅の外だけどな!!」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:14:03.50 ID:NhWVvzrWO

―――――――
男「はぁ…」

ピンポーン

男「はいはい…」ガチャッ

妹「やっほー兄さん」

母「よう我が息子元気にしてたか」

男「えっ何なんなんだ」

妹「遊びに来ました」

母「同じく」

男「連絡くらいしてくれないと二人も泊まれる状況じゃ…」

母「男は誰か友達の家でも泊まれ」ゲシッ

バタン!!

男「」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:16:52.05 ID:NhWVvzrWO

男「誰の家に泊まれってんだ…」

男「あ、マスターに聞いてみよう…」



カランカラン

マスター「きたね」

男「え?」

マスター「あ、いやなんでもないバイトシフト入ってなかったね」

男「ええと実はお願いが…」



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:20:27.71 ID:NhWVvzrWO

マスター「残念だけどうちは無理ね、ちょっと今日親戚来る予定だから」

男「そうですか…」

マスター「あ」

男「?」

マスター「そういえば遊園地のチケットあるんだけどもらってくれない?」

男「え」

マスター「代金はいいから、よろしく」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:26:34.11 ID:NhWVvzrWO

男「ペアチケットって…」

幼「よっ」

イケメン「やあ」

男「あ、幼にイケメン」

男「……二人さ、遊園地興味ない?」

幼「興味も何も…」

イケメン「今から行くところだよ」

男「なんという」

幼「友でも誘えばいいじゃんあんたらいつも一緒なんだし」

イケメン「あーもしもし友?今暇?ああうんそんだけ」

イケメン「暇だってさ」

男「」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:32:48.82 ID:NhWVvzrWO

―――――友家
男「なんで来たんだ…」

男「このチケット捨てようか…」

男「いやさすがに悪いしなぁ…」

男「はぁ…」

ガチャッ

女「じゃあね、友君」

友「ああ、じゃあな」

男「え…」ズキッ

女「あ、男君こんにちは」

友「よう、上がってけよ」

男「い、いや…」

友「いいから」グイッ

男「うわっ」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:38:37.04 ID:NhWVvzrWO

男「……」

友「で、なんか用か?」

男「……女さんと付き合ってんのか」

友「へ?い、いやお前には関係ないだろ」

男「関係…ない」ズキズキ

男「あ、あのさ、遊園地のチケットあるんだけど、女さん…と」

友「あ、これペアチケットじゃねぇか」

男「だから女さんt…」

友「今日までだし」

男「へ?今日まで?」

友「男、行こうぜ」

男「えっ」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:42:26.72 ID:NhWVvzrWO

友「女さん今日用事みたいだし」

男「ほ、ほかのやつと…」

友「たまにはいいだろ、最近ろくに遊んでなかったんだし」

男「う…いやほら女友さんとか」

友「なんで彼氏いるやつと二人でいかにゃならんのだ、ほら行くぞ」グイッ

男「うわわっ」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 14:46:25.01 ID:NhWVvzrWO

友「さぁやってきました遊園地!」

男「……」

友「なんだよまだ不貞腐れてんのか」

男「ふんっ」

友「ったく行くぞ」

男「……」

友「人多いな…はぐれるなよ」ギュッ

男「うあ…」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 15:36:05.05 ID:NhWVvzrWO

男「おい」

友「ん?」ニヤニヤ

男「てめぇわざとか!!俺ホラーだめなんだよ!」

友「知ってるから来たんじゃないかハハハ」

男「鬼か!悪魔か!」

友「鋼鉄のカイザーかな」

男「え?」



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 15:39:55.40 ID:NhWVvzrWO

ギャオーッ

男「ひっ」

アオーッ

男「ふぇい!?」

友(男同士で言ったときは野郎に抱きつかれて気持ち悪いと思ってたが…)

デュフフ

男「ひゃあ!」ムニュッ

友「役得や…」



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 15:46:18.25 ID:NhWVvzrWO

男「うう…」

友「お前ホラー駄目なのは相変わらずだな」

男「鬼畜…」

友「さーて次は」

男「……」グイッ

友「お?」

男「……」グイッグイッ

友「おっ?おっ?」



157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 15:51:26.76 ID:NhWVvzrWO

友「」

男「おやー?怖いのか?友君」ニヤニヤ

友「べべべべつに怖くねーし!」

男「じゃあいいだろ?」

友「いやでもほら」

男「友君…乗ろ?」ジッ

友「喜んで」



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 15:55:36.21 ID:NhWVvzrWO

ジェットコースター

友「ぎえぴー!」

男「うひゃー!」

友「ひぃぃぃぃぃ!」

男「たのしぃぃぃ!」

友「父ちゃん…回ってる…回ってるよ…」

男「あははははははは」



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 15:58:07.07 ID:NhWVvzrWO

男「さぁもう一回」

友「勘弁して…」

男「ダメだ」

友「いやあああああ」ズルズルズル



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:01:46.58 ID:NhWVvzrWO

男「はー楽しかった」

友「俺は燃え尽きたよ…真っ白にな…」

男「んじゃ帰るかー」

友「!」

友(頑張れ俺まわりの人間みんな手伝ってくれたんだここで男を見せろ!ゲロ吐きそう!)

友「な、なぁ」

男「ん?」

友「最後あれ乗らないか」

男「あれ?」

友「おう」



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:04:43.84 ID:NhWVvzrWO

観覧車

男「……」

友(気まずいってレベルじゃねーぞ…)

男「……」

友・男「「なぁ…」」

男「お、お前から言えよ」

友「お、おう…」



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:08:36.37 ID:NhWVvzrWO

友「…大分すっきりしたみたいだな」

男「え?」

友「顔会わせたときすげぇ思い詰めた顔してたから」

男「あ…」

友「あ、あのさ」

男「…なんだよ」

友「俺…さ…その…」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:11:01.35 ID:NhWVvzrWO

友「俺…」

男「聞きたくない…!」

友「……」ガッ

男「っ…」

友「聞け」

男「う…」

友「……」




友「俺はお前が好きになった」



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:19:03.91 ID:NhWVvzrWO

男「!」

男「いや…その…ええっと…え?あれ?だってお前女さんと付き合って…」

友「んなわけないだろ」

男「今日お前の家から…」

友「後で話す」

男「俺元は男で…」

友「好きになったもんはしょうがない」

男「男に戻る可能性も…」

友「それはそん時考えればいい」

男「でも」

友「答えだけでいい」

男「う……」



170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:25:49.69 ID:NhWVvzrWO

男「…も…きだ…と思う」

友「え?」

男「俺も好きだ…と思う」

友「マジで…?」

男「お前が女さんといるとき…お前じゃなくて女さんに嫉妬した…気がする…」

友「お、おお…」

男「痛い」

友「え?」

男「手」

友「あ、わ、悪い」パッ



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:28:55.18 ID:NhWVvzrWO

男「……」チュ

友「」

男「返事のついでだ、とっとけ」

友「」

男「……」

友「いやっほぉぉぉぉう!」ガタンッ

男「ちょっおまっゆれ…揺れる!やめろ!……やめて!」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:36:52.73 ID:NhWVvzrWO

友「ついたついた」

男「恥ずかしすぎて死にそう…」


女「このすっきりした顔は…」

男「えっ」

幼「成功みたいね」

イケメン「なかなかいい顔してるじゃないか」

妹「友さんがホモだった…」

母「うちの息子が娘に…」

マスター「いい乙女の顔になったじゃない」

男「」




男「なんだこれ…」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:45:20.20 ID:NhWVvzrWO

妹「気になったので…」

女「手伝ったのでこのぐらいの役得は必要です」

男「手伝った…?」

友「ええと」

幼「こいつがヘタレだから…」

イケメン「色々僕たちが手助けしてあげたんだよ」

マスター「友君が告白しやすい環境を整えて男君に自分の気持ちに気付いてもらう」

男「……友?」

友「ハイ…」

パァンッ

男「これで勘弁してやる!!」

友「ありがとうございます!ありがとうございます!」



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 16:48:27.90 ID:NhWVvzrWO

男「幸せにしろよボケナス」

友「…おう」



ギャーギャーワーワー




男「人生に絶望したら女になった」

男「でも」

男「最高の幸せをてに入れた」

友「おう」

男「…」チュ




おわれ



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:02:34.15 ID:x0fX+2F80

とてもよかった
ちょっと女に振られてくる



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:03:06.84 ID:5wIvMdLy0

か、かゆい!!
だそこがいい!!



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:18:23.25 ID:x0fX+2F80

夢が広がるな



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:31:23.50 ID:/k4B4gufO





191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/27(火) 17:35:48.15 ID:ZvrWcDXIi

おつカレー



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

         コメント一覧 (38)

          • 1. ななし
          • 2011年12月27日 19:42
          • 5 好物いただきました
          • 2. 名無し
          • 2011年12月27日 19:50
          • 絶望が希望とかになったら、男に戻る気がしてきた。
          • 3. 名無し
          • 2011年12月27日 19:55
          • 大好物です
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月27日 20:24
          • ログ速助かるわー
          • 5. 名無し
          • 2011年12月27日 20:39
          • ところどころのネタでクスリと来る
          • 6. 名無し
          • 2011年12月27日 21:06
          • TSはやっぱ無理だぁ・・・。
          • 7. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月27日 22:34
          • 絶望と希望の相転移って奴ですかァー!
            女になるのはいいが、男と付き合うとなると覚悟がいるな
          • 8. ウボァー
          • 2011年12月27日 23:35
          • おホモだち…
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月27日 23:41
          • なかなかよかった
            ちょっと複雑な気分になったけど…
          • 10. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月28日 00:04
          • TS趣味じゃないけど楽しかった
            でもきっつー・・・w
          • 11. 名無し
          • 2011年12月28日 00:21
          • やはりTSは素晴らしい
          • 12. 名無し
          • 2011年12月28日 01:54
          • TS物って女体化する男はホモかバイなの?
          • 13. 名無し
          • 2011年12月28日 05:45
          • これは無理だな。気持ち悪くて受け付けない。
          • 14. 名無し
          • 2011年12月28日 08:56
          • 有りだわ
          • 15.
          • 2011年12月28日 10:52
          • 女体化まではいいんだよ…
            友が男好きになるのもまだわかる

            でもホモはないだろ……
            こういうのはあやふやで終わるのが丁度いい
          • 16. 名無し
          • 2011年12月28日 11:13
          • ちょっと人生絶望してくる
          • 17. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月28日 19:48
          • 絶望のあまりエントロピーを凌駕した、と。
          • 18. 名無し
          • 2011年12月28日 20:43
          • いや、ホモは無理っす……きっつ。
            女性しか好きになれない女さんとのかしましボーイミーツガールなら大好物だったのに……。
          • 19. 名無し
          • 2011年12月28日 22:58
          • この手のは、女体化に伴って脳みそも乙女化してるんだと思う事にしてる
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 00:54
          • 5 途中からニヤニヤしてたw
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月29日 17:20
          • これはホモでは無いと思うんだがどうなんかね?
          • 22. 名無し
          • 2012年01月06日 21:29
          • 心は体に引きずられるって聞いたことがあるがどうなんだろうな
          • 23. もしもし
          • 2012年01月10日 18:53
          • トランスファーからの男女くっつきはBLなの?難しい…。でも確かに脳も女化しないと、ホモか性同一の疑惑が
          • 24. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月19日 22:42
          • 良かった
            俺はむしろTS百合が無理
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年08月06日 23:45
          • やっぱ会話のテンポって重要だな
            サクサク読めてよかった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2013年12月18日 21:42
          • 5 合法ホモォ...
            でも良かった
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月10日 16:16
          • ぎえぴーで吹いたわwwwwwww
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年02月09日 10:59
          • 萌えたけど
            男が元に戻ったら二人の黒歴史になるのかと思うと悲しいな
            マスターも元♂なのかと予想したがそんなことはなかったか
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年01月06日 13:42
          • あれおかしいな
            もう充分絶望したはずなのにまだ男のままだ
            絶望が足りないのかなぁ…
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2015年11月30日 01:23
          • 男を好きになったらホモ、女を好きになったら百合ってwww

            同性愛好きやな
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年01月11日 15:53
          • 男に戻って絶望して欲しかった
          • 32. fotbollströjor
          • 2017年03月18日 00:12
          • fotbollströjor http://myvajra.com/pals/blogs/entry/billiga-fotbollstr-jor-frnvaro-frn-montreal-impact-roster-r-osannolikt \n<br/> Thank you for every other fantastic article. The place else could anybody get that type of info in such a perfect manner of writing? I have a presentation next week, and I am on the search for fotbollstrojor sverigen such information.|
          • 33. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年06月17日 00:25
          • 俺も親友欲しいわ
          • 34. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年07月09日 06:54
          • ただのホモやん
            つまらんかったわ
          • 35. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年09月22日 18:10
          • 俺も絶望して女性化して友みたいなのとくっつこうかと思ったが
            そもそも友達もいなかったわ
          • 36. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2017年12月23日 23:43
          • 何処にもホモ要素無かったね。
            女とくっつくとか、百合は一番受け付けない。百合とか汚いだけだよ。
            やっぱTS最高だよ。
          • 37. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年06月21日 20:25
          • 5 最高かよ・・・
          • 38. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2018年09月24日 18:50
          • ※36同士よ

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        画像・動画
        • 女「すいません…カレー作りすぎちゃって……!」
        • 父「父さんな>>5(ペプシマン)になろうと思うんだ」
        • 【とある】佐天「ツァーリ・ボンバを落とす能力か~」
        • 【グランベルム】満月「最近私の私物がなくなってる気がする…」
        • 彡(゚)(゚)「ワイは空条J太郎やで」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • 彡(゚)(゚)「ワイはヤキウ・Jスターや!」
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【前半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        • ドラえもん「ダンガンロンパ?」【後半】
        新着コメント
        最新記事
        読者登録
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ
        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ