TOP

まどか「ウルトラマン先生」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:09:47.47 ID:dUqKFPkv0

さやか「今日だっけ、新しい担任の先生が来るの」

まどか「うん、確かそうだったはず」

さやか「でも驚いたよねえ、早乙女先生が寿退職なんて……」

まどか「結婚、できたんだねえ……」

さやか「うん……」

まどか「……新しい先生、どんな人だろうね」

さやか「男の先生らしいけど。……あっ、来たよ」

ガラッ
矢的猛「やあ、おはよう。みんな席につけー」


おしえてウルトラマン



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:17:38.15 ID:dUqKFPkv0

猛「今日から早乙女先生に変わって
  このクラスの担任になる矢的猛だ。よろしく」

さやか「へえー、なかなかかっこいい先生だね」

まどか「若いころの長谷川初範に似てるー」

猛「実は先生が担任を持つのはこれが初めてなんだ。
  緊張して失敗するところもあるかも知れないけど、
  その時はみんなに助けてもらえると嬉しい」

さやか「さわやか系だね」

まどか「かっこいいしねー」

ほむら「……」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:19:31.57 ID:b4AsuYeT0

ウルトラマン80 OP





7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:22:24.20 ID:bzftllfLO

まどかも>>1も渋いなw



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:25:55.74 ID:dUqKFPkv0

猛「まずみんなに伝えておきたい言葉がある。
  先生がモットーにしていることなんだが……」

 一生懸命→一所懸命

さやか「いっしょけんめい?」

猛「そうだ。何かの目的を達成するために、一生懸命になる。
  それはもちろん大事なことだ」

まどか「……」

猛「人には、一生、命をかけてやらねばならない事があるよな。
  その大きな目的を達する為には、その人が今いる所で、
  今やっていることに最大を尽くす。
  一所懸命、ひとところに命をかける。
  そういう事が必要なんだと、僕は思うんだよね……」

キーンコーンカーンコーン

猛「おっと、もう1時間目が始まっちゃうな。
  それじゃあまた、放課後に」


さやか「いいこという先生だね、私ちょっと感動しちゃったよ」

まどか「私も~」

ほむら(あの先生……)



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:34:04.37 ID:fjzgbOdH0

まさか80先生とは思わなかったw



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:34:05.01 ID:dUqKFPkv0

昼休み
屋上

マミ「あら、鹿目さんに美樹さんじゃない」

まどか「マミさん!」

さやか「マミさんもここでお弁当食べてたんですか?」

マミ「ええ、よかったら一緒に食べましょ」

まどか「はい、喜んで!」

さやか「ていうかマミさんってよく一人でお弁当食べてますよね。
   クラスのお友達とかと一緒に食べたりしないんですか?」

マミ「ええ……たまに物思いにふけりたくなる時があってね」フッ

さやか「ふうん……」

マミ「ところでふたりとも、魔法少女になるための願い事は決めた?」

さやか「あー……実はまだ全然決められなくて~」

まどか「私もです……いざ何でも叶えてあげる、って言われたら
    迷っちゃうものですね~」

QB「そんなに焦らなくてもいいよ、僕はいつでもいいからね」

まどか「あっ、きゅうべえもいたの」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:38:33.16 ID:VUlODAwl0

80さんとか懐かしいな



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:39:49.26 ID:dUqKFPkv0

マミ「まっ、今悩んでてもしょうがないわ。
   とりあえずお弁当を食べましょう」

まどか「そうですね、いただきまーす」

さやか「いただきまーす」

まどか「あっ、さやかちゃんの卵焼き美味しそ~、交換しよ~」

さやか「いいよー、じゃあそっちのチーズちくわちょうだい」

QB「女学生の食事というのはかしましいね」

マミ「ほんとにねえ」

まどか「あっ、そうだ。今日新しい担任の先生が来たんですよ~」

マミ「へえ、早乙女先生の代わりに来た人よね。どんな先生なの?」

さやか「それが結構なイケメンなんですよ~」

ガチャッ
猛「ここが屋上か……おっ、なんだ先客がいたか」

まどか「あっ、噂をすればなんとやら」

さやか「せんせーい」

猛「なんだおまえら、ここで昼飯食べてたのかー」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:44:36.65 ID:dUqKFPkv0

まどか「今ちょうど先生の話をしてたんです」

さやか「先生、このひと先輩の巴マミさん」

マミ「初めまして、巴マミです」

猛「どうもよろしく。鹿目と美樹の担任の、矢的猛です」

まどか「先生、もう私たちの名前覚えてくれたんですか?」

猛「ああ、さっきの時間がちょうど開いてたからね。
  クラス写真を見て覚えたんだ」

さやか「先生気合いはいってるね~」

猛「ははは、まあ初めての担任クラスだからな。そりゃ気合いも入るさ」

マミ「良い先生ね、羨ましいわ~」

さやか「でしょー?」

まどか「そうだ、先生は何で屋上に来たんですか?」

猛「うん、学校内を探索しててね……、……!?」

QB「…………」

猛(インキュベーター!なぜここにいる……)

QB(それはこっちのセリフだよウルトラマン80)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 13:54:00.94 ID:dUqKFPkv0

猛(貴様、まさかこの学校の生徒を利用するつもりじゃないだろうな)

QB(そのまさかだよ。この学校には既に二人の魔法少女がいる。
  この巴マミと、そして暁美ほむらだ)

猛(暁美ほむら?うちのクラスの生徒じゃないか……
  あの子を魔法少女にしたのか)

QB(暁美ほむらについてはイレギュラーな存在だよ。
   僕もその正体についてはよく分からない)

猛(とにかく許さないぞ……お前たちの勝手な計画に
  この学校の生徒を、いや無関係な子供たちを巻き込むのは!)

QB(まったく、なぜ分からないんだい?
  君も宇宙人ならば分かるはずだろう、
  宇宙エネルギーが限界を迎えたらどうなるかを……
  僕は宇宙の寿命をのばす手伝いをしているだけなんだけどね)

猛(やり方に問題があると言っているんだ!)

QB(やれやれ、じゃあ君たちウルトラの一族にどうにかできるとでもいうのかい?)

猛(それはっ……)

まどか「あの……先生?どうしたんですか、怖い顔して」

猛「はっ……!あ、いや、すまん、なんでもない」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:00:24.98 ID:dUqKFPkv0

猛「いや、ちょっと初めて担任を持ったもんで、
  気負いすぎて気分が悪くなってきたよ、あはは」

さやか「はは、そんなに緊張しすぎなくていいのに」

まどか「そうですよ、もっとリラックスしてください。
    私達も先生を応援してますから、ね」

猛「あっ、ああ……ありがとう。
  それじゃあ先生はもう職員室に戻るよ」

まどか「はい、がんばってくださいねっ」

猛「ああ……」

QB「……」

猛(インキュベーター……お前の思い通りにはさせないぞ。
  僕の生徒は僕の手で守りぬいてみせる……)

QB(ウルトラの一族といっても所詮は戦うためだけの存在でしかない。
  戦士であって神ではないんだ。
  君に出来るのは敵を倒すことだけであって
  守ることなど出来はしないんだよ、ウルトラマン80)

猛(それでも、僕は……)

マミ「ごちそうさまでした」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:07:06.37 ID:dUqKFPkv0

放課後

猛「よし、じゃあ今日はこれで終わりだ。日直、号令頼む」

仁美「起立、礼」

ガタガタッ
「さよならー」

猛「うん、さよならー」

ワイワイガヤガヤ

猛「ふう……」

まどか「先生~、もう気分は大丈夫なんですか?」

猛「えっ、ああ、もう大丈夫だ。
  5時間目に休んでいたらすっかり良くなったよ」

さやか「そうなんだ、良かった」

まどか「ウェヒヒ、私保健委員ですから、
    体調が悪くなったりしたらすぐ言ってくださいねっ」

猛「うん、ありがとう」

まどか「それじゃあさようなら、先生」

猛「あっ、ちょっと待ってくれ!」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:14:13.68 ID:dUqKFPkv0

まどか「なんですか?」

猛「いいか、鹿目……それから美樹もだ」

さやか「え、何?」

猛「あのな、お前たち、家族や友達のことは、大切だと思っているか?」

まどか「え?はい、そりゃ……」

さやか「大切に思ってますよ」

猛「そうか、それなら、その気持ちが本当なら、これだけは守ってくれ。
  お前たちのような少女に、甘い言葉で誘いを持ちかけてくる奴がいる。
  でも決してそんな奴の言葉に耳を貸すんじゃないぞ。
  お前たちに何かを与えてくれるとか、お前たちの現状を変えてくれるとか、
  そんな夢みたいな話には絶対に裏があるんだ。
  何か成し遂げたいことがあるなら自分の力だけで叶えなければいけない。
  そうしなければ、お前たちの大切なものを、すべて失うことになるんだ。いいな」

さやか「えっ、ど、どうしたの、先生……いきなり……」

まどか「あはは……なんか同じようなこと、前にほむらちゃんも言ってたような」

猛「えっ、暁美が?」

ほむら「さようなら、先生」

猛「あ、ああ……」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:16:05.40 ID:jTp3Lbmc0

こんな先生良いな



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:24:15.58 ID:dUqKFPkv0

街中

猛(まさかインキュベーターがうちの学校に狙いをつけていたとはな……)

猛(かといって生徒たちに真実を伝えるわけにも行かない)

猛(伝えたところで信じて貰える話でもない)

猛(それならば僕に出来るのは1つだけだ)

猛(この街の魔女を倒すこと……)

猛(魔女さえいなければ魔法少女が生まれる必要もない)

猛(既存の魔法少女が戦うこともなくなる)

猛(インキュベーターの野望を完全に食い止められるわけではないが)

猛(とりあえず今はこうするしかない)

猛(!!)

猛(ブライトスティックに魔女の反応が……)

猛(こっちか……)

猛(……ここは病院じゃないか!)

猛(まずいな、こんなところで魔女が生まれると……!
  迷っているヒマはない、魔女空間に突入だ)



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:32:57.46 ID:dUqKFPkv0

魔女空間

猛「まさか勤務初日から魔女と戦うことになるとはな……」

猛「魔女空間……他のウルトラマンたちから聞いていた通りの
  不気味な、不条理な空間だ」

使い魔「キーッ」
使い魔「キーッキーッ」

猛「はっ!」ビーッ

使い魔「ギギ……」

猛「このブライトスティックには光線も出せるんだ」

猛「幸い魔女自体はまだ孵化していないようだ」

猛「よし、こうなったら変身して一気に……!」

猛「!!」

猛「あれは……暁美? 暁美なのか?」

ほむら「矢的先生……っ」

猛「どうした、こんなに縛られて……使い魔にやられたのか?」

ほむら「いえ、巴マミにやられたのよ」



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:39:17.95 ID:dUqKFPkv0

猛「巴に? なんでだ、お前たちは同じ魔法少女なんだろう?」

ほむら「彼女は私を目の敵にしていてね」

猛「よく分からんが、今ほどいてやるからな……
  くそっ、きついな……」

ほむら「私のことはいいわ。それよりこの先にまどかがいる。
    それから美樹さやかと巴マミも」

猛「なにっ、あいつらもうここに来てたのか!?」

ほむら「とにかくすぐにあの子たちのもとに行って!
    この魔女はただの魔女じゃない……巴マミでは勝てない!」

猛「勝てないって、どうしてそんなこと……」

ほむら「とにかく、早く!
    魔法少女のことを知っていて今この場にいるってことは、
    あなたも『そういうこと』なんでしょう!?」

猛「……あっ、ああ、分かった!
  巴たちは先生がきっと助けるから待っててくれ!」

ほむら「ええ」

猛(暁美は僕のことを知っている? 他にも色々と訳知りのようだが……
  いや、今はそんなことはどうでもいい!
  生徒たちを助けることが先だっ!)ダダッ



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:49:11.01 ID:dUqKFPkv0

 猛「エイッティ!!」

今さらだが説明しよう
矢的猛は光の国からやってきたウルトラマン80だったのだ
彼はウルトラマンとして魔女を倒す使命を果たす一方
人間から発生するマイナスエネルギー……
つまり憎しみや怒りといった負の感情こそが
魔女を生み出し、その力を増幅させると考えて
教育という見地から人の心を清く正しい方向へと導くべく
中学教師としても活動しているのであった

QB「孵化が始まった、魔女が出てくる!」

さやか「ええっ、マミさんがまだ……」

マミ「おまたせ、美樹さん!」

まどか「さやかちゃん、大丈夫だった?」

さやか「お、遅いですよおマミさん!
    もう孵化し始めちゃってますよ!」

マミ「お出ましのとこ悪いけど、一気に片付けてやるわ!」シュシュッ

シャルロッテ「…………」

マミ「えっ!?」

シャルロッテ「グバアアアアアァ」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:54:55.09 ID:dUqKFPkv0

  ヽ __: : : : : : : : : : :/    _,,..-―――∠..-‐''"´::ヽ、         _二 -‐''"´:::::::::::/
     ̄ ̄\ : : ∠_,,..-''" ,.-''`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-..,,__,,..-''":::::::::::::::::::::::::::::::/
         \/::_,,-‐-'    └―-.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         /::::/             └―-.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        ,.'::::_,,┘       ,.-‐-.、      ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         /:::/ .,.--.、    ,l_   '.,       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      .,':::::l .,' , - ',    ト、 ヽ ヽ ',    `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      l:::::::〉 .l / // |    !・ l | | l       丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,.'
       |:::::,'  | l l l ・|     .'/ / / ,'     `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::., '
        |:::::l   ヽ\ヾ.,' __   ヽ´__ノ          }:::::::::::::::::::::::::::, '
      l::::::〉  _lヽ-.''/  ヽ      /ヽ、  __ノ:::::::::::::::::::::::/
      .',::::l  (_::::::::::}___ノ     /  |  _)::::::::::::::::::::::/
         ',::ヽ__. ゝ'`´      _,,-''´   /  ヽ:::::::::::::::::/
          ヽ::::::',     --=二___,,..-''´    ノ:::::::::::/
         \::ヽ-.、            ___,,..-''":::::::::/

マミ「……えっ………・?」

さやか「マ、マミさん、逃げてええええっ!」

まどか「い……いやあああっ!!」

80「サクシウム光線!」シュビビビビ

シャルロッテ「グギイイイ!!」ボカーン

まどか「えっ……な、何が……」

さやか「まどか、マミさん、あれ!!」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 14:59:01.50 ID:dUqKFPkv0

80「…………」

まどか「なっ、なに、あのでっかい人……」

さやか「まさか新しい魔女!?」

まどか「でも今あの人が魔女を攻撃したんでしょ!?」

さやか「じゃ、じゃあ私たちを助けてくれたの?」

マミ「は、はああ……助かった、のね……」

まどか「味方なの、あの巨人は……」

QB「ウルトラマン……」

さやか「ウルトラマン!?」

QB「あの巨人の名前だよ……
  人類を、地球を守るために戦う正義の超人だ」

まどか「……ウルトラマン……」

80(言っただろう、インキュベーター。
  お前の思い通りにはさせないと)

QB(つくづく邪魔な存在だね、正義を標榜して人助けを生きがいにする連中は)

まどか「あっ、魔女が起き上がるよ!」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:03:59.39 ID:dUqKFPkv0

80「ここは私が戦う……君たちは逃げなさい」

マミ「で、でも」

80「いいから逃げるんだ。
  この魔女は君には勝つことはできない」

さやか「に、逃げましょうマミさん」

まどか「そうですよ、ウルトラマンは私達を助けてくれるみたいですし」

マミ「……そうね、悔しいけれど……
  ここはあなたにお任せしてもいいかしら、ウルトラマン」

80「任せてくれ。私は魔女と戦うために地球に来たのだ!」

さやか「さあ、行きましょう!」

マミ「ええ」タタッ

まどか「頑張ってくださいねーっ」タタッ

シャルロッテ「ギャアアアアアアアス」

80「フンゥ!イヨーアァー!」
ドタンバタン

QB(ウルトラマン80……せっかくまどかとさやかに
  契約させるチャンスだったのに……まったく)



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:11:56.86 ID:dUqKFPkv0

外界

マミ「はあ、ふう……」

まどか「なんとか逃げてこられましたね」

さやか「あのウルトラマンとかいう人、勝ったのかなあ」

QB「大丈夫だよ、なんたって彼は……」

ほむら「全宇宙を股にかける正義の集団、宇宙警備隊の一員だもの」

まどか「ほむらちゃん!」

マミ「ああ、ほどくの忘れてたわ。抜けだしてこられたのね」

ほむら「死ねばよかったのに」

さやか「それより転校生、あんたあのウルトラマンのこと知ってんの?」

ほむら「ええ、まあね」

QB「…………」

まどか「あっ、見て、魔女空間の入り口が」

さやか「消えていく……」

マミ「倒したのね、魔女を」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:17:39.85 ID:dUqKFPkv0

まどか「…………」

さやか「…………」

マミ「何者なのかしら、あのウルトラマン……」

ほむら「私達の味方よ、間違いなくね」

マミ「ふん、あなたの言うことはあてにならないわ」

QB「そうだね。マミを助けたとはいっても
  得体のしれない存在には違いないんだから。
  なんの目的があって戦っているのかも分からないんだし」

ほむら「それは貴方も同じでしょう、きゅうべぇ」

まどか「でもっ、きっと良い人だと思うよ。
    なんていうか……嫌な感じがしなかったもん」

さやか「私もそう思う。魔女とか見ると全身に怖気が走るけど
    ウルトラマンと出会った時、なんだかほっとしたもん」

QB「君達……」

ほむら「巴マミ。これからはあのウルトラマンと協力して戦っていくことね」

マミ「フン」

ほむら「それから……まどか、美樹さやか」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:24:03.35 ID:dUqKFPkv0

まどか「何?」

ほむら「あなたたちももう魔法少女になろうなんて考えないようにね。
    この街にはあのウルトラマンがいてくれるんだから」

まどか「う、うん……」

さやか「…………」

ほむら「あなたたちが戦う必要なんてどこにもないの。
    いいわね……」

マミ「待ちなさい、暁美さん。あなたはどうしてそうやって
   自分の考えを鹿目さんたちに押し付けようとするの。
   魔法少女になるかならないかは、この二人の自由でしょう、ねえ?」

さやか「そうですよねえ、別に転校生には関係ない話じゃん」

ほむら「関係なくなんかないわ」

マミ「そうよね、関係なくないわよね。魔法少女が増えると
  この街での自分の取り分が減ってしまうから……」

ほむら「そういう話じゃないわよ」

まどか「み、みんなちょっと落ち着いて……」

猛「おーい、みんな!」タタタッ



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:27:42.39 ID:dUqKFPkv0

まどか「あっ、先生!?」

さやか「何やってんの、こんなところで」

猛「いや、ちょっと用事があってな。
  そういえばさっき、こんなものが落ちてたんだが……
  これ、なんだか分かるか?」

マミ「あ、グリーフシード……」

さやか「もしかして、さっきの魔女の?」

猛「なんだ、これはグリーフシードっていうのか?」

マミ「え、ええまあ……でもどこでこれを」

猛「ああ、さっきそこに落ちてたんだ。
  じゃあこれは巴、お前に渡しておこう」

マミ「えっ、はい……ありがとうございます」

猛「じゃあみんな、遅くならないうちに帰れよー」

まどか「はーい」

ほむら(……この人が、この時間でのウルトラマン)

中学教師と魔女退治の二足のわらじを履く矢的猛。
矢的猛の戦いは、まだ始まったばかりなのだ。



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:33:24.40 ID:dUqKFPkv0

第2話 泣くな初恋魔法少女

中学教師の仕事にも慣れてきた矢的猛。
彼がある朝学校に到着するととある事件が発生していた。

生徒「先生おはようございまーっす」

猛「おう、おはよー」

生徒「はよざーっす」

猛「おはよーう」

生徒「先生、先生!タイヘンですっ」

猛「な、なんだどうした?」

生徒「ちょっときてください、美樹さんと志筑さんが殴り合いの喧嘩を」

猛「はあ?な、殴り合い?どこでやってるんだ」

生徒「グラウンドの真ん中です」

猛「な、なんでそんなところで……」

生徒「とにかく早く来てください!」

猛「わ、わかった!」タタッ



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:39:29.71 ID:dUqKFPkv0

野次馬「やれやれーっ」
野次馬「おう、そこだ、やっちまえ~」
野次馬「いいぞいいぞー」

さやか「この女狐!泥棒猫!くそびっち!」ガッシボカッ

仁美「人聞きの悪いことを言わないで!
   上條くんは私の方を選んでくれたんですのよ」ドカッバキッ

まどか「はわわわ、さやかちゃん、仁美ちゃん……」

ほむら「醜いわね」

猛「おい、何やってるんだ!」タタッ

まどか「あ、先生!」

猛「やめろー、お前らー!」

仁美「ふんぬらばっ!」グオッ

さやか「うわああっ!!」ドシーン

仁美「ふっ、私は柔道も習っているんですのよ」

さやか「く、くっそおおお……」

猛「いったいどうしたっていうんだ、お前たち……」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:44:24.44 ID:dUqKFPkv0

上條「…………」

さやか「……ちくしょーっ!」ダダダッ

猛「美樹ーっ!」

まどか「さやかちゃん……」

猛「志筑、これはどういうことだ?」

仁美「私は別に何もしてませんわよ」

上條「仁美、怪我してるじゃないか……」

仁美「かすり傷ですわ」

上條「ダメだよ、保健室に行って手当てしなくては」

仁美「別にいいですわよ」

上條「ダメ、一緒に行こう」

仁美「ええ」

猛「お、おい待てよ、志筑……何がどうなってるんだよ一体……」

生徒「決闘。決闘見滝原中学です」

生徒「志筑のやつがさあ、美樹のボーイフレンドを取っちゃったんだよ」



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:47:33.32 ID:twsaIsGZO

ウルトラによくある展開



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:49:14.22 ID:dUqKFPkv0

生徒「で、美樹さんが怒ったってわけ」

生徒「女の嫉妬って、見苦しいよな~」

生徒「上條も上條だよ、ころっと裏切っちゃってさ~」

生徒「それが女心よ。
   上條くんはファッショナブルだし、バイオリニストだし。
   私だってああいう人が現れたら、喜んで靡いちゃう。ねえみんな」

生徒「そうよそうよ」

生徒「あーあー、女は怖いなー」

生徒「もう行こうぜ!」

生徒「いこいこー」

猛「…………」

まどか「大丈夫かなあ、さやかちゃん……」

ほむら「さあね。私ももう行くわ。今日は日直だから」

まどか「あ、うん……」

猛「上條、上條……
  あんな生徒うちの学校にいたかなあ……」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 15:58:14.88 ID:dUqKFPkv0

職員室

猛「…………」ペラリペラリ

猛「かみじょう、かみじょう……」ペラリペラリ

猛「あった、この生徒だ!」

猛「バイオリンで数々の賞を受賞……
  天才バイオリニスト……ふうむ」

猛「何、事故で最近まで入院してたのか。
  どうりで見覚えがなかったはずだな」

京子「あっ、その生徒さん……」

猛「京子先生、どうしたんですか?」

京子「その子、バイオリンがすごく上手な子でしょ?
   でも事故で指が動かなくなっちゃったんですって」

猛「そうなんですか?」

京子「ええ、それで二度と動かないかもって言われてて、
   回復は絶望的だったけど、見事に回復したって。
   まるで奇跡か魔法でもあったみたいだって、
   噂されてるのを聞いたことがあるわ」

猛「奇跡……魔法? まさか.……」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:06:55.98 ID:dUqKFPkv0

校内某所

まどか「さやかちゃん、大丈夫?」

さやか「いっつつ……腰めっちゃ打った……」

まどか「保健室行かなくていい?」

さやか「バカ、保健室行ったら仁美たちと会っちゃうじゃん」

まどか「でもそんな傷だらけの体じゃ……」

さやか「大丈夫だよ、私の魔法は癒しの特性があるんだって。
    こんなケガぐらいすぐなんともなくなるよ」

まどか「…………」

さやか「魔女とも戦わなきゃいけないし、
    こんなことでへたばってられますかっての」

まどか「……あのさ、さやかちゃん」

さやか「何?」

まどか「魔法少女になって、怖くない?」

さやか「……そりゃ、ちょっとは怖いけど。でも、私は後悔なんかしてないよ。
    見滝原の平和はこの魔法少女さやかちゃんが守りまくっちゃいますよー、なんてね」

まどか「さやかちゃん……」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:15:22.77 ID:dUqKFPkv0

さやか「それに、ウルトラマンもついてるしね」

まどか「ウルトラマン……か」

さやか「私やっぱりウルトラマンは私達の味方だと思う。
   なんかそんな気がするんだ」

まどか「……」

さやか「そしてウルトラマンと一緒に戦えば、
    どんな強敵にも立ち向かっていける……とも思うんだよね。
    私はもう、戦うしかないからさ……」

まどか「さやかちゃん……」

さやか「そうだよ、戦うしかないんだよ……
    だから……もう……
    恭介のことは……」

まどか「……」

さやか「……」

キーンコーンカーンコーン

まどか「あっ、じゅ、授業始まっちゃう!
    いこっ、さやかちゃん!」

さやか「うん……」



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:25:23.28 ID:dUqKFPkv0

猛(奇跡、魔法……)

猛(奇跡的に完治した上條恭介の指……)

猛(明らかに魔法の力が働いたとしか思えない)

猛(やはりインキュベーターに願いを叶えてもらった者がいるんだ)

猛(そう、それは間違いなく美樹……)

猛(上條に思いを寄せていた美樹が)

猛(願いと引換に魔法少女になってしまったんだ!)

猛(その希望が絶望を生み出すとも知らないで……)

猛(くそっ、どうすれば……)

ほむら「先生」

猛「暁美!どうした」

ほむら「ちょっときてください」

猛「……」



98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:32:29.64 ID:dUqKFPkv0

猛「暁美、前から気になっていたが……
  お前は何者なんだ?」

ほむら「……」

猛「……お前は何を知っているんだ?
  先生のことを……どこまで知ってる?」

ほむら「矢的先生、あなたがウルトラマンね」

猛「! なぜ、それを……」

ほむら「分かるわ、他の人には分からなくても。
    ウルトラマンとともに戦ってきた私には……」

猛「どういうことだ、暁美……」

ほむら「今はそんなことはどうでもいいことよ。
    それより美樹さやかが魔法少女になったことについては知ってる?」

猛「あ、ああ……やはり美樹が上條恭介の指を」

ほむら「ええ。私達の警告を無視して
    美樹さやかはインキュベーターと契約を交わした」

猛「やはりそうだったのか……
  僕がもっと、しっかりあいつらを見守ってやっていれば……」

ほむら「そのことについて今さら後悔しても遅いわ。
    問題はこれから先のこと」



103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:39:15.53 ID:dUqKFPkv0

猛「これから先……」

ほむら「ええ。彼女は上條恭介を救うべく契約した。
    でも上條恭介の気持ちは美樹さやかではなく……」

猛「志筑に向いてしまった……」

ほむら「そうよ。このままではどうなるか、
    あなたも理解しているわよね」

猛「ああ……恋が破れたことによる
  失意と絶望で……美樹のソウルジェムは」

ほむら「魔女に変わるわ。間違いなくね」

猛「しかし、だからといってどうすれば……!
  上條をむりやり美樹とくっつけさせるわけにもいかないだろう!
  美樹の恋をどうにかする方法なんて……」

ほむら「しっかりして。あなた、教師でしょう」

猛「!」

ほむら「子供を正しく導くのが教師の役目。
    今美樹さやかを魔女堕ちから救えるのは、あなたしかいない」

猛「暁美……」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:44:45.31 ID:dUqKFPkv0

ほむら「私はいまひとつ彼女から信用されてはいない。
    だからあなたこそが適任」

猛「分かった……先生が、美樹さやかの心を、
  きっと救ってみせる!」

ほむら「ええ、頼んだわ。時間がないから急いで」

猛「ああ、待っていてくれ。
  それと暁美」

ほむら「何?」

猛「お前はクールな感じだけど、実は友達思いなんだな。
  ちょっと見なおしたよ」

ほむら「……別に。さやかが魔女になって
    まどかを悲しませたくないだけよ」

猛「それでも立派だよ」

ほむら「……時間がないといったはずよ。早く行って」

猛「ああ。ありがとう、暁美!」

ほむら「…………」



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 16:52:21.25 ID:dUqKFPkv0

構内某所

上條「あはははは」
仁美「うふふふふ」

さやか「くそっ、くそっ、うううっ……」

さやか「うっ、うぐっ……なにこれ……」

さやか「う、うううっ……」

猛「美樹っ!」

さやか「せ、先生っ……」

猛「大丈夫か、美樹!」

さやか「先生、先生……助けて……
    胸が痛くて、苦しくて……」

猛「それはお前の、心の痛みだ……」

さやか「う、ああ……」

猛「憎しみや悲しみ……マイナスの感情によって
  お前の心が悲鳴を上げてるんだ」

さやか「っ……」



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:01:33.08 ID:dUqKFPkv0

猛「愛しているから、愛されたい。
  愛されなければ、腹が立つ。
  でもほんとの愛って、そんなちっぽけなもんなのか?
  人のお返しを期待する愛なんて、偽物じゃないかなあ」

さやか「…………」

猛「想う人には想われず!よくあることだぞっ」

さやか「でも……」

猛「先生だってそんなことあったよ」

さやか「先生も?」

猛「ふるさとにいた頃、本当に好きな女の子がいてなあ。
  その子のためなら、なんでもしようと思った。
  その子、楽器を欲しがってたんだ。
  先生、どうしても買ってあげたくてさ。必死になってバイトをした。
  だけどなあ、2ヶ月目にやっと手に入れたときには、もう遅かったよ。
  その子には、新しい恋人ができてたんだ。
  悲しかった。悔しかった。憎かったよ。
  だけどなあ、先生そのままプレゼントしたよ。
  その楽器が、先生の本当の心を鳴らしてくれると思ったんだ。
  それで終わりだ。今はもう懐かしい思い出だ。
  なあ美樹、志筑や上條を憎む気持ちが、
  お前の本当の気持ちだなんて先生思わないぞ。
  今にきっとお前にも分かる」

さやか「分からないよっ!!」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:07:58.01 ID:dUqKFPkv0

さやか「私、憎いんだ!! 悔しいんだよっ!!」

猛「美樹っ!?」

さやか「悔しいんだ――――っ!!!」

猛「美樹ぃぃぃぃぃっ!!」

ゴオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ



ほむら「間に合わなかったのね……」

QB「遅かれ早かれこうなる運命だったんだ。
  あの教師が悪かったわけではないよ」

まどか「何、ほむらちゃん、なにがどうなってるの!?」

ほむら「美樹さやかが、魔女になったわ」

まどか「そっ……そんなっ! さやかちゃん!」



さやか「ごめんね、先生」

猛「美樹っ!!」

さやか「あたしってほんとバカ」



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:14:16.82 ID:dUqKFPkv0

  猛「……エイッティ!!」ピカーン


: : ``:ヽ.、      V::/´ `Y´`Y´ `Y´ r二 ̄ニi `Y´ `Y´ `Y´ `::/       /: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : :`ヽ、 _ \、__人__人_人Y=ミr三Y=ヽ.人_人_人__:/      ./: _: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : / ̄ ̄: : : `ー\Y´ `Y´ `Y´{{0}{{iO}{{0ノ:::Y´ `Y´ `Y/____∠:-:/: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : `ヽ、_: : : : : : : : : : \ 人  ノi:::ヾt`tt'tY:::::::i|、__人__/ : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : `ヾ<{ |://ヽニノ>‐<ノヽ./ : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : >、 : : : : : : : : : : _Y ̄`ヽ<>'´   }´/: : : : : : _:. - ‐ ´ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : ヽ ` ー--─;<´、ヽ_.フフヽ、__.ノヾ、_,:< ´     ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : :<
: : : : : : : : : : : : : : >、    ノl|、・ ヽ._/ / ヽ\   /・人__>、_ / |: : : : : : : : : : : : : : : : : _:>

オクタ「ゴゴゴゴゴゴゴゴ」

80「正気を取り戻せ、美樹!お前は……」

ほむら「加勢するわ、ウルトラマン」タタッ

80「暁美、来てくれたのかっ」

まどか「あ、あああ……あれが、さやかちゃん……?
    嘘だよね、そんなの……こんなのって……」

ほむら「残念だけど……これが現実よ……」

まどか「ねえっ、元に戻せないの?
    元のさやかちゃんに戻してあげられないの!?」

80「そうだ、何か手はあるはずだ!彼女をもとに戻す方法が」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:19:56.78 ID:dUqKFPkv0

QB「不可能だよ」

まどか「きゅうべぇ!」

QB「魔女になった魔法少女が元の姿に戻った事例は存在しない。
  もはや魔女になってしまった時点で手遅れなんだよ」

まどか「そ、そんな……」

ほむら「でも、ウルトラマンの力ならあるいは……」

QB「無駄だよ。ウルトラマンは戦うことしかできない。
  何かを守ったり、救ったりすることは彼らの力の範疇外なんだよ。
  ウルトラマンの力は、魔女を倒すことにしか使われない」

80「っ……」

QB「でも、1つだけ方法がある」

まどか「えっ、本当に!?」

QB「うん、君が僕と契約すればいいのさ」

ほむら「!!」

まどか「私が契約すれば……本当にさやかちゃんは救われるの?」

QB「そうだよ。君がそう願えば、僕は何でも叶えてあげられる」



127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:24:12.58 ID:dUqKFPkv0

ほむら「だめよまどか、そいつの言葉に耳を貸しちゃ……!」

まどか「分かった、私……魔法少女に……」

ほむら「だめええっ!」ボカッ

まどか「グフゥ……」ガクッ

QB「なかなか強引なことをするね、君は」

ほむら「……まどかには何としても契約させるわけにはいかない。
    それに……」

QB「それに?」

ほむら「美樹さやかを倒すところなんて、
    この子には見せたくないから……」

80「やはり倒すしかないのか……」

ほむら「ええ……こうなった以上はもうそうするしか」

80「……」

ほむら「それに、戦うための力しかない、
    守ることも救うこともできない……それは、
    ウルトラマンだけじゃなく魔法少女も同じだから」

80「っ……」



131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:29:32.03 ID:dUqKFPkv0

オクタ「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」

ほむら「動き出したわ。いくわよ」

80「私は……自分の生徒をこの手で
  倒さなければならないというのか……」

ほむら「そうよ。今のあなたは教師である以前に
    ウルトラマンなのよ」

80「くそうっ……」

ほむら「私が援護するわ。
    あなたはすきを見て魔女にサクシウム光線を叩きこんで」

80「あ、ああ……」

オクタ「ウゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」 三◎ 三◎ ピュー

ほむら「はっ!とう!うらっ!」

80「…………」

ほむら「今よ、撃って」

80「っ……」

ほむら「早く!」

80「私には……できない」



132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:33:44.74 ID:dUqKFPkv0

80「自分の生徒を撃つなんてことは、私には……」

ほむら「そんなこと言ってる場合じゃないでしょう!」

80「しかし……!」

オクタ「ウゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」 三◎ 三◎ ピュー

ほむら「ぐあっ!」ボカッ

80「暁美っ!」

ほむら「うぐっ……」

80「大丈夫か、暁美……!」

ほむら「早く、倒して……あの魔女を」

80「だが……」

ほむら「あれはもうあなたの生徒じゃない、人類に危機をもたらす存在なのよ!」

80「しかし、あれは……」

マミ「ティロ・フィナーレ!」ドーン

オクタ「グオオオオオオオオオオオオ」ドターン

ほむら「巴マミ!」



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:40:33.05 ID:dUqKFPkv0

マミ「大丈夫だった?ごめんなさいね、遅れちゃって」

ほむら「え、ええ……」

80「…………」

マミ「暁美さん、あなたもたいしたことないわね……
  こんな魔女に手こずっちゃって」

ほむら「巴マミ……この魔女はあなたに任せるわ」

マミ「ええ、引き受けたわ!」

オクタ「ウゴゴゴゴ……」

80「くそっ……やっぱりこうするしかないのか……」

マミ「ウルトラマンさんも何へたばってるの?
   早く一緒に攻撃してちょうだい」

80「あ……ああ……わかった……」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

80「……バックルビーム!」

オクタ「ウ、ゴゴオオオオオオ…………」ボカーン

ほむら「……」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:41:23.68 ID:NjoJ2Qe+0

マミさん……



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:44:58.34 ID:dUqKFPkv0

ほむら「勝ったわね」

マミ「ええ」

まどか「……」

マミ「ところで、美樹さんがいないようだけど。サボりかしら」

ほむら「いたわ」

マミ「え、どこに?」

ほむら「あなたと戦ってたじゃない」

マミ「えっ?」

QB「今君達が倒した魔女は、美樹さやかが魔女になったものなんだよ」

マミ「えっ………・えっ!?」

ほむら「そういうことよ、巴マミ」

マミ「そんな……」

ほむら「グリーフシード……あなたにあげるわ。それじゃ」

マミ「…………」

魔女になってしまったとはいえ自分の生徒を撃ってしまった矢的猛。
そのことに罪の意識を感じ、彼は学校に来なくなってしまったのだった。



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:50:23.31 ID:dUqKFPkv0

第3話 暁美ほむらの限りなきチャレンジ魂



QB『君の祈りのために、魂を懸けられるかい?』

QB『戦いのさだめを受け入れてまで叶えたい望みがあるならば』

QB『僕が力になってあげるよ』

QB『さあ聞かせてごらん』

QB『君はどんな祈りでソウルジェムを輝かせるのかい?』

ほむら『私、鹿目さんとの出会いをやり直したい』

ほむら『彼女に守られる私じゃなくて彼女を守る私になりたい』

QB『契約は成立だ』

QB『さあ、解き放ってごらん』

QB『新しい力を……』



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:52:58.57 ID:bzftllfLO

サブタイwww



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 17:57:29.33 ID:dUqKFPkv0

マミ「この子が新しい魔法少女?」

ほむら「はいっ、よろしくお願いします!」

まどか「ほむらちゃんの能力は、時間停止なんだよね」

マミ「時間停止能力……ねえ。
   具体的にはどういう感じなのかしら?」

ほむら「えっと……あっ、じゃあのドラム缶を見ててください」

マミ「ええ」

ほむら「……」カチッ

まどか「あっ、すごい!べっこべこになってる!」

ほむら「はあ、はあ、はあ、はあ……」

マミ「すごいけど、そんなに息切らして……大丈夫?」

ほむら「ずみまぜん……虚弱体質で……ぜえはあ」

まどか「これだと魔女と戦うのは……ちょっときついかな……」

ほむら「えっ……」

マミ「そうね……私達と一緒に戦うのは、まず体を鍛えてからね」

ほむら「そ、そんな……」



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 18:03:45.69 ID:dUqKFPkv0

ほむら「そんな……せっかく……」

ほむら「せっかく鹿目さんと一緒に戦えると思って」

ほむら「鹿目さんを守れる私になれたと思ったのに……」

ほむら「魔法少女になっても……」

ほむら「私は無力なままなの……?」

ほむら「そんなの……」グスッ

ダン「その顔はなんだ」

ほむら「!!」ビクッ

ダン「その目はなんだ、その涙はなんだ!!!」

ほむら「えっ、ええっ!?」

ダン「お前のその涙で、鹿目まどかを救えるか!!」

ほむら「誰ですか貴方は……」

ダン「私の名前か。そうだな、モロボシダンとでもしておこうか!」

ほむら「は、はあ……」



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 18:09:02.28 ID:dUqKFPkv0

ダン「物陰から見せてもらったぞ、さっきのお前たちのやりとり」

ほむら「えっ……」

ダン「お前は新米の魔法少女だそうだな」

ほむら「し、知ってるんですか、魔法少女のことを……」

ダン「ああ、知っている。俺も変身して魔女と戦っていた男だ」

ほむら「そ、そうだったんですか……
    やっぱりきゅうべぇと契約して……?」

ダン「いや、俺は違う。奴は思春期の少女を自分の捨て駒にすべく
   魔法少女を生み出し続けている悪魔のような存在だ!」

ほむら「ええっ!?」

ダン「いや……今はそんなことはどうでもいい」

ほむら「えっ、すごく気になるんですけど……
    どういうことなんですか? きゅうべぇが悪魔って……」

ダン「いずれお前も身をもって実感する時が来る!
   それより今、お前がなすべきことはただひとつ!違うか!」

ほむら「体を鍛えること……」

ダン「そうだ!」



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 18:09:52.78 ID:dUqKFPkv0

              |;|
            _r-||-
           /  .||  \
          /   ||   ヽ
         _/ _  | _,,,,_ |
         |Y. |,. ヽ | (  ) |-i
      _  .||  '-" | 'ー' |/   保守しといてくれ
      /  ̄'-ヽ    |    /
     /' ヽヽ|-'ヽ r====-i /
    /  <ー   ヽ_ヽ|_|.ノ/
   /   /   丿;;;; ̄ ̄;;;ヽ、_
  /'    / ̄"''"o ̄ ̄'ヽ;;r ̄  0"ー-
 ./\___/;;;; ヽ;;|  O   |;;|   O |   \
. /    /  |;;||;;|  O  (_)  O  |;;|;;;ヽヽ
 |    /;;;;;;;;;;;;;||;;ヽ  O  /-ヽ O  |;;;|;;;;;ヽ.ヽ
 ヽ__/_,,,ヽ;;;;;;;;ヽ  ヽ--"/ヽヽ;;;;;;;ノ |;;;;;;;ヾヽ
       \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/∧;;;;;;;;;;;;;ヽ



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 18:14:59.75 ID:VBObQ7RE0

なんか重要なことあっさり言っちゃってますけど



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 18:49:52.83 ID:DtlslyV50

保守でございます



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:03:17.47 ID:dUqKFPkv0

ダン「いくら強力な魔法を持っていようとも、
   体が弱くては満足に戦うこともできない!」

ほむら「はい!」

ダン「体を鍛えるには特訓あるのみだ!いいな!」

ほむら「はい、ダンさん!」

ダン「俺のことは親父と呼べ!」

ほむら「はい親父!」

ダン「良い返事だ! よし、まずは腕立てからやるぞ!
   いっちに! いっちに!」

ほむら「いっち……に……いっち……も、もうだめ……」ガクッ

ダン「なんだなんだその腕立ては!
   そんなこともできないのかお前は!」

ほむら「だ、だって……今までずっと入院してて運動なんて全然……」

ダン「弱音を吐くんじゃない!
   まったく……貴様は体を鍛える前に
   性根から叩き直さないといけないようだな」

ほむら「え、えええっ……」

ダン「こいっ!」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:12:51.85 ID:dUqKFPkv0

ほむら「親父……これは?」

ダン「見たことがないか。ジープだ」

ほむら「これでドライブでもするんですか?」

ダン「バカヤロー!」

ほむら「ひいっ!」

ダン「俺は言ったはずだ。お前の性根を叩き直すと」

ほむら「ジープに乗ってどうするんですか?」

ダン「お前はそこに立っていろ」

ほむら「どうしてエンジンを掛けるんですか?」

ダン「行くぞ、逃げるなよ!」ブロロロロロ

ほむら「ど、どうして私に向かって……ひいいい!」

ダン「逃げるなあああっ!」ブロロロロロロ

ほむら「や、やめてくださいいいっ!いやあああ!」

ダン「逃げるなっ、ぶつかってこい!!」ブロロロロロロロ

ほむら「ひいいい!」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:21:11.54 ID:dUqKFPkv0

ほむら「お願いです、やめてください!!」

ダン「バカヤロー!逃げるなと言ってるだろう!」ブロロロロロロ

ほむら「だからってこんなっ……むちゃくちゃな」

ダン「真夏竜はスタント無しで撮影したんだぞ!」ブロロロロロロロ

ほむら「何の話ですか!?」

ダン「逃げるな、車に向かってこいっ!」ブロロロロロロ

ほむら「いやあああ!」

ダン「今のままではお前はいつまでも弱いままだぞ!それでいいのか!」ブロロロロロロロロ

ほむら「うっ、そっ、それはああ……」

ダン「こいっ、暁美ほむら!」ブロロロロロロ

ほむら「はっ、はいいいっ!」

ダン「逃げるんじゃないぞっ!」ブロロロロ

ほむら「はいぃ…………ぎゃーっ!」ドカッ

ダン「よくやった……よく逃げなかったな、暁美ほむら……」キッ

ほむら「まさか本当にぶつかってくるとは……痛い……」



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:27:41.33 ID:dUqKFPkv0

ダン「いいか。お前は逃げなかった。逃げようと思えば逃げられたのに、だ」

ほむら「あっ、魔法を使えば……」

ダン「そうだ。お前の時間停止能力を使えば、いつだって逃げられた。
   だがお前は向かってきた!俺のジープに!」

ほむら「……」

ダン「お前は体は弱いが……心は強くなった。人一倍な」

ほむら「親父…………」

ダン「さあ、特訓を再開するぞ。今度はお前の体を鍛えあげてやる」

ほむら「はいっ、体を鍛えて……親父とも一緒に戦いたいです」

ダン「すまないが、俺はもう戦うことはできない……変身能力は失われている」

ほむら「そ、そうなんですか?」

ダン「だから俺が持っている全てをお前に叩きこむ!
   戦えない俺のぶんまで戦ってもらう!いいな!」

ほむら「はいっ!」

ダン「あそこに沈む夕陽が私なら……
   明日の朝日は、暁美ほむら、お前だ!」

ほむら「はいっ!(感涙)」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:35:43.28 ID:dUqKFPkv0

――

――――

――――――

まどか「うっ……うあああっ……」

ほむら「鹿目さんっ、しっかりして!どうしちゃったのっ!」

まどか「うあっ……ほむらちゃん……逃げ……」

ほむら「どうして、こんな……ワルプルギスの夜倒したのに……!」

まどか「うっ、ううっ、うああああああああっ!!」グバアアアアア

ほむら「こっ、これは……魔女……!?」

ダン「そうだ!」

ほむら「親父、どうしてこんなところに……!
    あっそれより鹿目さんがっ……」

ダン「そう、それこそが魔法少女の真実だ!」

ほむら「えっ!?」

ダン「力を使い果たした魔法少女は……魔女へと変わり果てる」

ほむら「そん……な……」



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:44:52.73 ID:dUqKFPkv0

ほむら「知ってたんですか……
    どうして教えてくれなかったんですか……?」

ダン「この絶望をお前が味わう必要があったからだ!」

ほむら「どうして……」

ダン「鹿目まどかを救うこと……
   お前が成し遂げようとしているのは果てしなく長い道のりだ……
   生半可な覚悟だけでは到底達成することなどできん!」

ほむら「……」

ダン「だが今お前は絶望を知った!
   その絶望が、お前の意志と、決意と、覚悟を!
   さらに強固なものへと変えたはずだ!」

ほむら「っ……」

ダン「行けっ、暁美ほむら!
   お前は生き続けなければならん!
   インキュベーターの策略から、鹿目まどかを救うんだ!」

ほむら「はいっ!」

ダン「鹿目まどかの最期は俺が見届ける!早く行けっ!
   お前の命は、お前一人のものではないことを忘れるな!行けーっ!」

カチッ
キュルルルウルルルルル



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:52:37.15 ID:dUqKFPkv0

 私はやり直す。
  何度でも、何度でも。
    まどかを救う、ただそれだけのために……

ワルプルギス「アーハハハハハアーハハハハハ」

まどか「…………………」

ほむら「まただ……また救えなかった」

郷秀樹「僕ももう戦う力は残っていない……
    君は時間を遡行できるんだろう。ならば過去に飛んで……
    全てをやり直すんだ……
    ワルプルギスを倒すため……そして君の友を救うために」

ほむら「ほんとに……救えるのかな……私……
    親父、まどか、ごめんなさい……私もう自信ないよ……」

秀樹「自信がない、か……じゃあこれを君に託そう……
   君が自分自身の運命に負けそうになった時、思い出してくれ」

ほむら「これは……?」

秀樹「……ウルトラ5つの誓いだ……
   ウルトラマンと、人間との、繋がりの証だよ」

ほむら「ありがとう、郷さん……いえ、ウルトラマンジャック……」

カチッ
キュルルルウルルルルル



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 19:59:36.59 ID:dUqKFPkv0

北斗星司「新しい担任の北斗星司だ。よろしく」

まどか「優しそうな先生だね~」

さやか「なんか変な指輪つけてるね」

ほむら(この人がこの時間でのウルトラマン……)

北斗「早速だがみんなは魔女というものを知っているか?」

生徒「は?魔女?」「魔女って漫画に出てくる魔女?」「おジャ魔女どれみ?」

北斗「魔女はこの世界のあちこちに潜んで君達を狙ってるんだ!
   君達の心の隙間に漬け込んで、悪さをしたり人を苦しめたり……」

生徒「何言ってんの」「バカジャネーノ」「頭おかしいんですか?」

北斗「おい、もしかして信じてないのか?本当なんだ、本当に魔女はいるんだ!
   なんで信じてくれないんだよ、おい!なあ!」

生徒「この先生やべー」「狂ってるよ」「こえー」

北斗「俺は一つも嘘は言ってない!魔女はほんとうにいるんだ!いるんだよ!信じてくれ!」

まどか「あ、あはは……」

ほむら(このウルトラマンはダメね……)

カチッ
キュルルルウルルルルル



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:10:07.74 ID:dUqKFPkv0

ほむら(巴マミも美樹さやかも佐倉杏子も生存してる……
    ウルトラマンタロウの強力があれば、
    きっとワルプルギスの夜にも余裕で勝てるはず……)

マミ「きたわ。あれがワルプルギスね」

さやか「この街は私達が守るんだよ。いいね」

杏子「分かってる。頼りにしてるぜ、ウルトラマンタロウさん」

東光太郎「ウルトラマンの力に依存してはいけない」

ほむら「は?」

光太郎「君達は心のどこかで、タロウに助けて欲しいと思ってたんだ。
    タロウのことを忘れて、自分の力だけで戦おうとするのは、大変なことだ。
    だが、そんな苦労を君たちだけにさせない。
    僕も、ひとりの人間として生きてみせる。僕はウルトラバッジをもう、頼りにはしない!」

ほむら「ちょっと?」

光太郎「魔法少女達、よく見ておくんだ!
    人間には知恵と勇気があることをーっ!」ダダダッ

杏子「生身のままで行っちまったけど、いいのか?」

ほむら「…………」

カチッ
キュルルルウルルルルル



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:12:06.45 ID:xr9/ELLn0

そりゃあないだろ、タロウwww



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:13:30.50 ID:0kIcrZFM0

だめだこのタロウwwwww



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:16:41.11 ID:dUqKFPkv0

ほむら「そんな……たった一人の魔女に
    魔法少女3人が倒されてしまうなんて……
    それにまどかまで犠牲に……」

おゝとりゲン「円盤魔女シルバーブルーメ……なんて恐ろしい敵だ」

QB「シルバーブルーメだけじゃない。
  円盤魔女はこれからも続々と飛来するだろうね」

ほむら「そんな……」

ゲン「君は行け。自分の戦場へ」

ほむら「でも貴方は……」

ゲン「俺はこの世界で戦い続ける!
   俺のこの身に変えてでも、地球と人類を守ってみせる!」

ほむら「…………」

カチッ
キュルルルウルルルルル



 私はやり直す。
   たくさんの出会いをなかったことにして。
     何度でも、何度でも、何度でも、何度でも。
        まどかを救う、ただそれだけのために……
  



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:25:48.68 ID:dUqKFPkv0

現在

猛「そうか……君は同じ時間を何度もやり直していたんだな……
  だから全てを知っていたわけだ」

ほむら「ええ」

猛「強いな、君は……
  僕は生徒一人を失ってしまっただけで
  こんなにも悲しいというのに……」

ほむら「ウルトラマンは、決して神ではない。
    どんなに頑張ろうとも、救えない命があれば、届かない思いもある……
    他のウルトラマンが言っていた言葉よ」

猛「…………」

ほむら「だからこそ、大切なのは、最後まで諦めないことなのよ」

猛「諦めないこと……」

ほむら「あなたは確かに生徒を救えなかったけれど。
    だからといっていつまでもうじうじしていてはいけないわ。
    これからはもう誰も死なせない……そういう気持ちが大事なのよ」

猛「……」

ほむら「あなたならそれが出来るわ。なんたってウルトラマンなんだもの」

猛「暁美……」



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:30:16.51 ID:dUqKFPkv0

ほむら「立ち上がって、矢的猛先生。
    もう一度戦いましょう」

猛「ああ、ありがとう……暁美。
  ……ははは、教師なのに生徒に励まされてしまったな……」

ほむら「私は他のウルトラマンたちから愛と勇気を教えてもらった。
    そのお返しをしたまでよ」

猛「そうか。じゃあ僕も……ウルトラマンとして最後まで戦うことで
  みんなに愛と勇気を教えることにしようか」

ほむら「その意気よ、先生」

猛「ああ」

ほむら「ワルプルギスの夜はもうすぐそこまで迫ってる……
    ここが正念場よ」

猛「ワルプルギスを倒して、この街を守る」

ほむら「まどかを救ってみせる、今度こそ……」


暁美ほむらに励まされて再び立ち上がった矢的猛。
しかし彼の前に立ちはだかるのはワルプルギスの夜という恐るべき強敵である。
はたして矢的猛の運命やいかに。



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:35:36.43 ID:dUqKFPkv0

第4話 あっ!杏子もマミも死体になった!!


ワルプルギスの夜・襲来当日。

ほむら「ワルプル迎撃のために有能な魔法少女を連れてきたわ」

杏子「よろしく」ムシャムシャ

マミ「戦力が増えるのは心強いわ」

杏子「まあどんだけ強いやつかは知らねえけど、
   魔法少女が4人もいりゃあ勝てるだろ」

マミ「4人?」

杏子「え?私と、こいつと、あんたと、そっちので4人だろ」

まどか「あ、私は違うの……ごめんね」

杏子「ああん?なんで魔法少女じゃないやつがここにいんだよ」

まどか「応援したくって……」

杏子「ちっ……しょうがねえな……
   そういやここにはウルトラマンってのもいるんだって?」

ほむら「ええ、もうすぐ……あっ、来たわ」

猛「おーい、みんな~」タタタッ



227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:38:32.22 ID:0kIcrZFM0

サブタイwwwwwwwwwwww



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:40:53.47 ID:dUqKFPkv0

マミ「あら、先生? なんでここに……」

猛「すまない、遅れてしまって。テストの採点があって」

ほむら「いえ、別に大丈夫よ」

杏子「なんだこのオッサン」

まどか「先生、なにしてるんですか?」

猛「鹿目……まずお前に謝らせて欲しい」

まどか「え?」

猛「すまん!美樹を……
  お前の友達を、救ってやることができなくて……ほんとにすまん!」

まどか「先生、そんなに自分を責めないでください……
    さやかちゃんを救えなかったのは私も同じですから……
    それにほむらちゃんや、マミさんだってそうです」

マミ「えっうん」

猛「鹿目……許してくれるか、こんな先生を……」

まどか「はいっ」

杏子「ん?おいオッサン、なんか落としたぞ」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:46:25.51 ID:dUqKFPkv0

猛「ああ、それは僕のブライトスティックだ……」

杏子「ブライトスティック?」

猛「ウルトラマン80に変身するための道具だよ」

まどか「えっ!?」

杏子「じゃあ、あんたが……」

マミ「ウルトラマン……」

猛「そうだ。すまなかったな、今まで隠していて」

まどか「いえ……でも、なんとなくそんな気はしてました」

猛「そうか。女の子は勘が鋭いな」

マミ「ウルトラマン先生……」

猛「はは、なんだそりゃ」

杏子「おい、そろそろ和やかムードも終わりにしろよ」

ほむら「風が騒がしくなってきたわ」

マミ「ついに来るのね……」

猛「ワルプルギスの夜……」



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:49:08.62 ID:dUqKFPkv0

     ,-=‐- 、        ' ,       ヽ丶 lヽ⌒ヽミヽフ'´.            ,.┴'‐-'
     ノ  \ ヽ       ヽ.     Vヘl三ヽ,ィ<≡=-‐''" ̄ ゙̄'''7' ´
    く     ヽ l         \:....   l ll{/'´             /
     \  \ l_ヘ         へ ::::mnv'、          ,.イ
      ` -( `ヾ ∧            〉}メ{{:::::::........ _ . -=''"´
         ̄、  \       /,}刈l´  ̄ ̄ ´       _
          `丶、 丶_    _ム}},'}{ l            /´   ̄ヽ
              `ー- ニ二{゙==={―――-----‐=--―    }
                   __〕 ,-‐'==‐- ....,,__〃 ̄ヾ}ー--=/
                     / -=、ヽ           `  ̄´ヘニ _ノ´
               _.。ャぁリゝ、__...イ
             O ̄ ̄ ̄ ̄\ ∧
                        ヽ∧

ワルプル「アーハハハハハハ、アーハハハハハアハアハアハ」

マミ「あいつがワルプルギスの夜!?」

ほむら「いくわよ。事前に打ち合わせた作戦通りに」

杏子「おうよ」

マミ「がってん」

まどか「頑張って、みんな……先生も」

猛「ああ、ありがとう……
  美樹のぶんも、先生が戦ってみせる!
  エイッティ!」



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 20:59:31.28 ID:dUqKFPkv0

3分後

ワルプル「アーハハハハハハハハハ、アーハハハハハハハ」

ほむら「くそっ、なんて強い……」

80「我々が束になってもかなわないなんて……」ピコンピコン

まどか「マミさん、目を覚ましてください!杏子ちゃんもっ」

マミ「…………………」

杏子「…………………」

QB「魔法少女は二人死に、そしてウルトラマンもすぐに変身が解ける……
  もはや君達に勝ち目はないよ」

ほむら「どうして、こんなに強くなかったはず……!」

QB「知らなかったのかい?ワルプルギスの夜は地球外から飛来したんだ」

ほむら「えっ?」

QB「海王星、天王星、土星、木星、火星でウルトラ兄弟と交戦。
  そして勝利しているんだ。
  そのウルトラ兄弟の力を吸収して強くなっていくんだよ。
  君が何度も時間をやり直すたびに太陽系のウルトラ兄弟が増えていってたんだ」

ほむら「そんな……じゃあ……」



236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:02:02.76 ID:V39Dmdm10

タイラントかよ



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:02:43.52 ID:0kIcrZFM0

何と言うタイラント



241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:07:08.83 ID:dUqKFPkv0

QB「そう、ワルプルギスの夜は君が時間をやり直すたび強くなる。
  すべては君の自業自得というわけさ……」

ほむら「そん……な……」ガクッ

猛「暁美、しっかりしろ!」

ほむら「でも……全部私のせいだったなんて……」

猛「諦めちゃダメだ!まだ勝機は……」

ほむら「勝機なんてもうないじゃない……!
    先生だってもう変身が解けてるんだし……もう終わりよ……」

猛「暁美っ……!」

ほむら「また時間をやり直しても無駄……
    ワルプルギスの夜はもっと強くなって帰ってくる……もうどん詰まりなのよ」

猛「諦めるなっ!」

ほむら「!!」

猛「お前の覚悟はそんなものだったのか?
  何が何でも、鹿目を救い出すんじゃなかったのか!?」

まどか「えっ……私?」

猛「そうだ!暁美はお前を助けるために、
  何度も時間をやり直して戦ってきたんだ」



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:13:57.53 ID:dUqKFPkv0

まどか「そうだったの……」

ほむら「ええ……何度も時間を巻き戻して……
    たくさんのウルトラマンと協力して……
    でもあなたを救うことができなかった……」

まどか「…………」

ほむら「あなたを救うこともできない……
    ウルトラマンたちの思いも無駄にしてしまう……
    私たち魔法少女は結局……
    戦って、絶望して、死ぬ運命しかなかったのよ」

猛「そんなことはない。
  魔法少女だって、ウルトラマンだって、戦うだけじゃない。
  諦めなければ、なんだって救える、守れるはずだ!」

まどか「先生の言うとおりだよ、ほむらちゃん」

ほむら「まどか……」

まどか「私、ずっとほむらちゃんの戦いを見てきた。
    先生が戦う姿も目に焼きついてる。
    ほむらちゃんも先生も、何かを守るために戦ってきたってこと、私は知ってるよ。
    救えなかったっていうのは、ただの結果でしかない。
    救うために頑張ってる。それで充分なんだよ」

ほむら「……」

まどか「きゅうべぇ、私、願いごと決まったよ」



245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:18:03.58 ID:dUqKFPkv0

QB「マジで?」

まどか「うん」

ほむら「ダメよ、まどか!
    契約しちゃ……魔法少女になっちゃ駄目っ!」

猛「そうだぞ、鹿目……
  ワルプルギスの夜は先生たちが倒す、だから……!」

まどか「先生たちは、休んでいてください。
    ほむらちゃん、今まで私のために頑張ってくれてありがとう。
    今度は私がほむらちゃんのために戦うね」

ほむら「ダメっ、そんなこと、私は望んでない……」

猛「やめるんだ、鹿目っ……うぐっ、傷が……」ガクリ

QB「さあ、早く聞かせておくれよ。君の願いごとはなんだい?
  君ほどの魔力の素質があれば、君が望むものは
  なんでも叶えてあげられるよ……」

まどか「私は……」

ほむら「やめてっ、まどかっ!」

まどか「……私は、ウルトラマンになりたい」

QB「えっ?」



247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:20:59.65 ID:ATxvDZHj0

おいこらwwwwwwww



255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:25:31.38 ID:HLd0RrwOO

紅茶返せwwwww



256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:25:47.21 ID:dUqKFPkv0

まどか「私たちを守ってきてくれたウルトラマンに。
    ほむらちゃんに勇気を与えてくれたウルトラマンに、私はなりたい。
    ウルトラマンになって、誰かを守るために、戦いたい」

ほむら「…………」

QB「何を言っているんだ……魔法少女になるための願いごとなのに……
  ウルトラマンになりたいだなんて……!」

ほむら「まどか……ウルトラマンになりたいって、どういうことなの!?」

まどか「恩返しだよ。
    今まで私を守ってくれていた全ての人への。
    今度は私がウルトラマンになって、みんなを守る。
    ウルトラマンになって、ほむらちゃんに勇気をあげたい。
    ウルトラマンになって、先生と同じように戦いたい。
    ウルトラマンになって、全宇宙のあらゆる人達を救いたい。
    これが私の願いだよ、きゅうべぇ」

QB「っ……」

まどか「さあ早く……叶えてよっ!」





        「ユリアーン!」
 




257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:26:37.39 ID:ooRL+L5w0

ユリアンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!



265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:30:17.35 ID:dUqKFPkv0

ユリアン「これが……私の新しい体……」

ほむら「まどか……」

猛「…………」

QB「取り返しの付かない願いを叶えてしまった気がするよ」

ユリアン「先生、私のエネルギーを分けてあげます!」シュビビビビビ

猛「あ、ありがとう、鹿目……いや、ユリアン!」

ユリアン「一緒に戦いましょう!」

猛「ああ……エイッティ!!」ピカーン

ほむら「まどかっ!」

ユリアン「ほむらちゃんはそこで見てて!私の戦いを!」

ほむら「えっ、ええ……」

80「いくぞ、ユリアン!」

ユリアン「はい、先生!」

ほむら「どうしてこうなった……」

QB「こっちの台詞だよ」



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:36:28.82 ID:dUqKFPkv0

ユリアン「イヨアアアアッ」

80「デヤアアアアアア」

ワルプル「キャアアアアアアアアアアアアアアアア」

ほむら「すごい……ワルプルギスの夜を圧倒してる……」

QB「そんな馬鹿な。最強クラスの魔女なのに」

ほむら「このままいけば、本当に勝てるんじゃ……」

ダン「いや。勝てないな」

ほむら「親父!?なんでこんなところに……」

ダン「いい面構えになったな、ほむら」

ほむら「それより、勝てないってどういうことですか?」

秀樹「ワルプルギスを倒すために決定的に足りないものがある」

ほむら「そ、それは?」

北斗「君の力だ……あの二人に君の力が加われば、
   あの恐るべき魔女を完全に倒すことが出来るだろう」

ほむら「私の力……」



279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:44:01.13 ID:dUqKFPkv0

光太郎「そうだ、ほむら。まさか『見ていてくれ』と言われて
    馬鹿正直に見てるだけなんてことはないよな?」

ほむら「でも、私もワルプルギスの攻撃でダメージを受けすぎて、
    戦うための余力は……」

ゲン「それなら大丈夫だ。ゾフィー兄さんにいいものを持ってきてもらった」

ほむら「いいもの?」

サコミズ「これを君に授けよう。メテオール『マジカルコンバーター』だ」

ほむら「これは……」

サコミズ「我々が開発した、魔法少女のためのアイテムだ。
     体内の魔力を増幅・変換することでダメージを回復することができる」

ほむら「ありがとうございます、ゾフィーさん」

サコミズ「さっそく使ってみてくれ」

ほむら「…………すごい……全身の傷が治ってく」

サコミズ「これで戦えるな。君の大切な友と一緒に」

ほむら「はい」

サコミズ「魔法少女、サリー・ゴー!」

ほむら「GIG!」バビューン



280:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:45:07.05 ID:X/X1VKUw0

ほむらノリいいなwww



284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:50:00.69 ID:dUqKFPkv0

ほむら「まどかっ!」

ユリアン「ほむらちゃん!?」

ほむら「私も一緒に戦うわ!」

80「体は大丈夫なのか?」

ほむら「ええ、ウルトラ兄弟たちのおかげで」

ユリアン「そっか、じゃあ一緒にワルプルギスの夜を倒そう!」

ほむら「ええ!」

ほむら(そうだ、私は……
     まどかを救うのは勿論だけど……
     こうやって一緒に戦うことを……
     一番夢見ていたのかも知れない……)

ワルプル「アーハアハアハアハアハアハアハアアアハハハハハ」

80「よし、3人合体攻撃だ!一気に止めを刺すぞ!」

ユリアン「はい!」

ほむら「今度こそ倒す……ワルプルギスの夜を!」

80「行くぞ!」



287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 21:57:58.14 ID:dUqKFPkv0

80「必殺!」

80・ユリアン・ほむら「トリプル・パワー!」


説明しよう
トリプル・パワーとはダブル・パワーの強化版である
ウルトラマン8049話に登場した怪獣・プラズマとマイナズマ
この二体の怪獣はたいへん強力でサクシウム光線も効果はなく
合体・分離を繰り返してタッグ攻撃で80を追い詰め
無敗記録を打ち立てていた80を敗北寸前に追い込んだ
そこに助けに入ったユリアンが80を救い
80とユリアンが合体して使った技がダブル・パワーであった
プラズマとマイナズマを粉砕したこの強力な技に
僕らの暁美ほむらが加われば最強なのは確定的に明らかである


80・ユリアン・ほむら「うおおおおおおおおおお!!!」

ワルプル「ウギャアアアアアアアアアアアアアア!」


QB「ありえない……ワルプルギスを粉々にするなんて」

ハヤタ「お前の負けだ、インキュベーター。
     最強の魔女を用意して鹿目まどかを契約に持ち込ませる算段だったようだが、
     みごとに失敗してしまったな」

QB「やれやれ……これだからウルトラの一族は厄介なんだ」



290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:05:29.42 ID:dUqKFPkv0

――

――――

――――――


魔法少女とウルトラマンの活躍によって
最強の魔女は打ち破られた

ワルプルギスの夜が倒されたことで
見滝原に迫っていた大災害は消滅、街は救われた

そしてきゅうべぇ……インキュベーターも
ほむらたちの前から姿を消したのであった


ほむら「行ってしまうのね、まどか。そして先生も」

ユリアン「うん。私はこの力を役立てたいんだ。
     宇宙には困ってる人がたくさんいると思うの。
     私はそういう人を救ってあげたいんだ」

80「今までありがとう、暁美。
  お前がいたから、私は最後まで戦い抜けた」

ほむら「それは私も同じです、先生」



295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:11:30.03 ID:dUqKFPkv0

80「この地球上には、まだまだ魔女が残っている。
  そしてインキュベーターも暗躍している。
  暁美一人では大変かもしれないが、
  どうかこの地球と、人々を守っていってくれ」

ほむら「はい。
    巴マミや佐倉杏子、美樹さやかのぶんまで頑張ります」

ユリアン「私も頑張るよ。マミさんも、杏子ちゃんも、さやかちゃんも。
     どこかできっと私たちを見守ってくれてるって思うから」

ほむら「忘れないからね、まどか。
    宇宙の果てに行っちゃっても、私のこと忘れないでね」

ユリアン「うん、分かってる。何万光年離れても、
     ほむらちゃんとの絆は永遠だよ」

ほむら「うん……
    それから、人類とウルトラマンの絆も」

80「ああ、ありがとう、暁美」

ユリアン「じゃあ行きましょうか、先生」

80「そうだな……」



298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:17:52.48 ID:dUqKFPkv0

ユリアン「さようなら、ほむらちゃん!」

80「さよなら、暁美!そして地球!」

ほむら「さようなら、まどか、先生……忘れないから、ずっと」


ユリアン「シュワッチ」

80「シュワッ」


ほむら「ひとーつ、腹ペコのまま学校に行かぬことー!」

ほむら「ひとーつ、天気のいい日に布団を干すことー!」

ほむら「ひとーつ、道を歩くときは車に気を付けることー!」

ほむら「ひとーつ、他人の力を頼りにしないことー!」

ほむら「ひとーつ、土の上を裸足で走りまわって遊ぶことーっ!!」

ほむら「まどか、先生!」

ほむら「私も頑張るからー!」



これがウルトラマンと魔法少女の物語の全てである
彼らが育み、繋いできた絆はけして途絶えることはないだろう



305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:23:56.85 ID:dUqKFPkv0

最終話 思い出の魔法少女


あれからしばらくが経過し
すべてが元の日常に戻った

見滝原に出現する魔女は激減し
ほむらも戦いから解放され
平和な日々を過ごしていた


そんなある日の通学路

ほむら(今日から新学期……)

ほむら(夕べ夜中までティガのDVD見てたから寝不足だわ)

ほむら「ふあああー……」

ミライ「すごいあくびだね、暁美さん。おはよう」

ほむら「ヒビノ先生。おはようございます」

ミライ「そうだ、暁美さん。今日から新しい先生が来るらしいよ」

ほむら「へえ、そうなんですか」

ミライ「うん、それじゃ僕用事があるから先行くね!じゃ学校で!」

ほむら「相変わらず元気な先生ね」



314:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:28:48.79 ID:dUqKFPkv0

ほむら「新しい先生……」

ほむら「私が本当に先生と呼べるのは……」

ほむら「あの矢的先生ただ一人」

ほむら「今頃はどこで何をしているのかしらね」

猛「ぶえっくぅしゅい!」

ほむら「!!」

猛「よう、久しぶり」

ほむら「や、矢的先生……!? なんでここに」

猛「ああ、またお前たちの中学で教師することになってな。
  聞いてないか?新しい先生が来るって」

ほむら「聞いてはいましたけど……」

猛「それが先生のことなんだ。あははは」

ほむら「あはははじゃないでしょう。
    宇宙に帰ったんじゃなかったんですか?」

猛「ウルトラの星に地球での戦いのデータを持って行ってただけだ。
  今後の魔女対策の参考にするらしい」

ほむら「な……それだけだったんですか……」



317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:35:30.79 ID:dUqKFPkv0

猛「僕にはこの地球を守るっていう役目もあるし、
  子供たちを教育によって魔女の脅威から救うっていう目標も、
  まっとうしないといけないからね」

ほむら「そうですか」

猛「これからもよろしく頼むぞ、暁美!」

ほむら「はい、こちらこそよろしく……
    って、まどかは? まどかは帰って来てないんですか?」

猛「鹿目なら今頃は外宇宙で戦っているはずだよ。
  ユリアンはかなり優秀なウルトラ戦士だ、もう僕も敵わないくらいだよ」

ほむら「へえ……すごいんですね、まどか」

猛「それが一段落したら、地球に遊びに来るそうだ」

ほむら「ほんとですか?」

猛「ああ。いつになるかは、まだ分からないけどな」

ほむら「でもいつの日か、きっと」

猛「うん、また会えるさ」

ほむら「はい」

ほむら(まどか……私、まどかに負けないように頑張るから。
     だから、絶対……会いに来てね)



318:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:35:54.25 ID:dUqKFPkv0

おしまいです

冬休みはウルトラマン80を見よう

ウルトラマン80 DVD30周年メモリアルBOX I 熱血!矢的先生編 (初回限定生産)
ウルトラマン80 DVD30周年メモリアルBOX II激闘!ウルトラマン80編 (初回限定生産)



321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:37:42.57 ID:HLd0RrwOO

乙!
素晴らしいクロスオーバーだったぜ!



322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:38:33.23 ID:fRFbuNCR0

>>1乙~もっとこんなの増えないかなー!



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:38:51.80 ID:ooRL+L5w0

乙!最近見た中で最高の出来だった!



327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:38:58.81 ID:ATxvDZHj0


珍しいクロスだったがおもしろかった



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/24(土) 22:45:45.56 ID:dp35/3t/O

乙なんだよ



このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

        • 月間ランキング
        • はてぶ新着
        • アクセスランキング

        SSをツイートする

        SSをはてブする

        コメント一覧

          • 1. 名無し
          • 2011年12月24日 23:46
          • >>1乙
            さり気ないゾフィーの存在感
          • 2. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月25日 00:03
          • サブタイとか、色々酷いのになぜか面白かった。
          • 3. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月25日 00:44
          • ヒーケイムトゥアスフロムアスター
          • 4. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月25日 00:48
          • すばらしい!!
            自分がウルトラ好きなのを再認識した
            サリー、ゴーはマジやばい
          • 5. あ
          • 2011年12月25日 00:58
          • まどかの願いに吹いたwwwww
          • 6. 名無し
          • 2011年12月25日 01:10
          • マミさんが変な願いでドンキーコングと戦ったり、魔女を仲間にする系は結構あるけど、これは新しいな
            前半面白いし最後は熱い展開だし、シリアスなのかコメディなのかわからんわ

            面白かったぜ
          • 7. 名無し
          • 2011年12月25日 02:43
          • コスモスの出番まだー?
          • 8.
          • 2011年12月25日 03:15
          • ネタの仕込み方上手すぎるだろ
          • 9. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月25日 03:42
          • 80好きなのは分かったけどマミさんと杏子の死に方は許さない。あれがやりたかっただけだろ!w
          • 10. 名無し
          • 2011年12月25日 06:20
          • まあ円谷プロ公式でキュウべぇはウルトラ警備隊から指名手配されてるからなw
          • 11. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月25日 08:30
          • エースの扱いに笑ったwwww
            作者はホントにウルトラ好きなんだな
          • 12. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月25日 12:42
          • 2 さやかたち完全に死に損だ。エメリウム還元光線とかいろいろ方法はあっただろうに…
            80だってタイマーショットは邪念を消し去る効果があったのに……ウルトラ作品としては後味が悪すぎる

            >>10
            ウルトラ警備隊はセブンの防衛チーム、ウルトラ戦士が所属してるのは宇宙警備隊
          • 13. ヂュワ
          • 2011年12月25日 14:09
          • 今さらウルトラ銀河伝説みたが
            やっぱ80は挙動がかっこいいわ
            当時つかの間に噂されたメビウス・レオ・80の映画みたかった
          • 14. あ
          • 2011年12月25日 15:46
          • 80先生というとボンボンのウル忍思い出すな
          • 15. 名無し
          • 2011年12月25日 22:06
          • 何でまどかは若いころの長谷川初範を知ってるんだ
          • 16. 名無し
          • 2011年12月25日 22:07
          • 何でまどかは若いころの長谷川初範を知ってるんだ
          • 17. 名無し
          • 2011年12月26日 00:51
          • ネクサスとまどマギって結構似てるよね。
          • 18. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2011年12月26日 17:57
          • >>1はエース嫌いなのかよwとか言いたいこと色々あったけど
            伝説のジープ特訓で全て許せる気持ちになった
            朝日≒暁だけにあの名言はほむらにはぴったりだな
          • 19. 友達の友達が一の谷博士
          • 2011年12月30日 00:49
          • ダンなら仕様がない。ダンなら。


            おいらもウルトラ好きを再確認。まどかの願いに吹いたけど。
          • 20. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月07日 18:40
          • >>まどか「……私は、ウルトラマンになりたい」

            ここでめっちゃ吹いたwww
          • 21. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月13日 01:57
          • すげぇ面白かった
          • 22. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年01月22日 12:38
          • 80見たくなった
          • 23. 名無し
          • 2012年01月30日 00:21
          • 5 だいたいのシーンは特撮に脳内変換された。ナイスコラボ
          • 24. ウルトラ
          • 2012年04月17日 00:56
          • マイナーパワーって辺りや怪獣がなんとなく魔女みたいな感じだった
          • 25. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年04月17日 02:51
          • サコミズの登場でふとそういや田中実さん亡くなったんだよなぁ、と思い出しちゃった
          • 26. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年07月06日 00:27
          • まどかだと思ってたら何時の間にかウルトラマン80vs巨大怪獣でした
          • 27. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月18日 15:04
          • ぜひ仮面ライダー版も見てみたい
          • 28. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2012年11月25日 21:27
          • 言ってしまったわ。円谷の理に導かれて…。
          • 29. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年01月13日 18:17
          • 4 12
            わかる

            28
          • 30. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年04月27日 06:52
          • やはりジープ特訓には笑った。
          • 31. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2014年08月25日 00:24
          • 途中まで良かったのに後半投げやりになったな
          • 32. 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします
          • 2016年12月01日 10:16
          • イロイロ噴いたwww
            ウルトラマンAやっぱりどこの世界でも信じてもらえないのねwww

        はじめに

        コメント、はてブなどなど
        ありがとうございます(`・ω・´)

        カテゴリ別アーカイブ
        月別アーカイブ
        記事検索
        スポンサードリンク
        新着コメント
        画像・動画
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!
        • 【モバマス】五十嵐響子「私から私へ」
        • 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
        • 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
        • 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
        • 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
        • 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
        • 【ミリマス】春の訪れ、未来の予感
        • 【ストパン】わりとヒマなラル隊長の一日
        • 【ストパン】わりとヒマなラル隊長の一日
        • 【ストパン】わりとヒマなラル隊長の一日
        • 【モバマス】奈緒「おおっと、今週も魔法少女ハートフルままゆの時間になったな」
        最新記事
        LINE読者登録QRコード
        LINE読者登録QRコード
        スポンサードリンク

        • ライブドアブログ

        ページトップへ

        © 2011 エレファント速報:SSまとめブログ. Customize by yoshihira Powered by ライブドアブログ